株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス 四半期報告書 第15期第2四半期(令和4年6月1日-令和4年8月31日)

提出書類 四半期報告書-第15期第2四半期(令和4年6月1日-令和4年8月31日)
提出日
提出者 株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年10月14日
     【四半期会計期間】                   第15期第2四半期(自 2022年6月1日 至 2022年8月31日)
     【会社名】                   株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス
     【英訳名】                   Yoshimura     Food   Holdings     K.K.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役CEO  吉村 元久
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区内幸町二丁目2番2号
     【電話番号】                   03-6206-1271(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO  安東 俊
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区内幸町二丁目2番2号
     【電話番号】                   03-6206-1271(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役CFO  安東 俊
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/24













                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第14期           第15期
              回次               第2四半期           第2四半期            第14期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自2021年3月1日           自2022年3月1日           自2021年3月1日

             会計期間
                           至2021年8月31日           至2022年8月31日           至2022年2月28日
                                14,790,105           16,349,011           29,283,701
     売上高                (千円)
                                 583,847           747,861           993,969
     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当
                                 338,970           406,975           500,101
                     (千円)
     期)純利益
                                 644,451          1,164,541            950,387
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                                7,944,965           9,494,069           8,314,748
     純資産額                (千円)
                                22,031,698           26,930,704           23,743,529
     総資産額                (千円)
     1株当たり四半期(当期)純利益
                                  14.25           17.11           21.03
                      (円)
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                                  14.15           17.01           20.88
                      (円)
     (当期)純利益金額
                                  27.30           26.79           26.58
     自己資本比率                 (%)
     営業活動によるキャッシュ・フ
                                 964,548                     1,320,020
                     (千円)                       △ 8,827
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           △ 309,486          △ 459,134         △ 1,168,598
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                                            913,727
                     (千円)          △ 1,129,513                     △ 1,938,625
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                4,162,685           3,419,182           2,879,831
                     (千円)
     (期末)残高
                              第14期           第15期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自2021年6月1日           自2022年6月1日

             会計期間
                           至2021年8月31日           至2022年8月31日
                                   3.56           4.88
     1株当たり四半期純利益金額                 (円)
     (注)   1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
        2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期
           首から適用しており、当第2四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を
           適用した後の指標等になっております。
                                 2/24





                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
       主要な関係会社の異動については、以下のとおりです。

      <製造事業>

       当第2四半期連結会計期間において、株式会社小田喜商店の全株式を取得したため、連結の範囲に含めておりま
      す。
      <販売事業>

       主要な関係会社の異動はありません。
      <その他事業>

       第1四半期連結会計期間において、株式会社ONESTORYを株式の取得により子会社化し、連結の範囲に含めておりま
      す。
                                 3/24















                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の状況
         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、ロシア・ウクライナ情勢の長期化等の影響や急激な円安の影
        響により原材料価格およびエネルギー価格が高騰し、また、新型コロナウイルス感染症の感染第7波が急拡大した
        ことにより、わが国経済の先行きは依然として不透明な状況が続いております。
         国内の食品業界におきましては、原材料価格やエネルギー価格の高騰による食料品価格の価格改定の動きがみら
        れるものの、さらなる円安が進行する中で、さらなる原材料価格やエネルギー価格の高騰が見込まれるなど、厳し
        い経営環境が続くことが予想されます。
         このような状況下において当社グループは、「中小企業支援プラットフォーム」による傘下企業の業績向上支
        援、および積極的なM&A案件の開拓および検討を進めることで、企業価値の向上に努めてまいりました。
         その結果、当第2四半期連結累計期間の経営成績につきましては、国内事業は、一部グループ企業において食品
        スーパーやドラッグストア等小売店向けの販売が苦戦したものの、産業給食事業者向けの売上が回復したこと、お
        よび新たに十二堂株式会社がグループに加わったことで、売上は前年同期を上回ったものの、原材料価格等が高騰
        したことで利益は前年同期と同水準となりました。海外事業は、新型コロナウイルス感染症に対する規制が緩和さ
        れたことで、売上は前年同期を上回ったものの、原材料価格、物流費、および人件費が高騰したことで、利益は前
        年同期を下回る結果となりました。
         以上により、売上高は16,349,011千円(前年同期比10.5%増)、営業利益は193,491千円(同54.8%減)、経常
        利益は747,861千円(同28.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は406,975千円(同20.1%増)となりまし
        た。
         セグメントの業績は、次のとおりであります。
        ① 製造事業
          製造事業につきましては、M&Aにより国内および海外事業の拡大を図るとともに、「中小企業支援プラット
         フォーム」の各機能による支援により、取引先の新規開拓や新商品の開発、生産効率化等の取り組みをおこなっ
         てまいりました。
          こうした中、国内製造子会社は、スーパー等小売店向けの売上が苦戦に転じたものの、十二堂株式会社をグ
         ループ化したことによる増加要因に加え、生産効率化や物流費をはじめとした費用の削減等を推進した結果、増
         収増益となりました。また、海外製造子会社は、新型コロナウイルス感染症による社会経済活動の規制が緩和さ
         れたことでホテルや飲食店向けの売上が回復に転じた一方で、原材料価格等の高騰の影響を受け増収減益となり
         ました。その結果、外部顧客への売上高は12,098,466千円(前年同期比9.3%増)、セグメント利益は371,177千
         円(前年同期比19.9%減)となりました。
        ② 販売事業
          販売事業につきましては、「中小企業支援プラットフォーム」による情報網等を活用し、既存取引先への深耕
         および企画販売の強化に努めてまいりました。
          こうした中、国内販売子会社は、産業給食向けの売上が回復したことに加え、引き続き生協向けの売上が好調
         に推移したことにより増収増益となりました。また、海外販売子会社は、売上は回復傾向にあるものの、一部原
         料価格が上昇したことで増収減益となりました。その結果、外部顧客への売上高は4,143,399千円(前年同期比
         11.2%増)、セグメント利益は173,481千円(前年同期比18.5%減)となりました。
      (2)財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末における総資産は26,930,704千円となり、前連結会計年度末に比べて3,187,174千
        円増加しました。これは主に、棚卸資産の増加725,876千円、受取手形、売掛金及び契約資産(前連結会計年度末
        は「受取手形及び売掛金」)の増加596,004千円、現金及び預金の増加588,027千円、および有形固定資産の増加
        476,224千円があったことによるものです。
         負債は17,436,634千円となり、前連結会計年度末に比べて2,007,853千円増加しました。これは主に、借入金等
        の増加1,321,963千円、および買掛金の増加319,802千円があったことによるものです。
         また、純資産は9,494,069千円となり、前連結会計年度末に比べて1,179,321千円増加しました。これは主に、利
        益剰余金の増加406,975千円、為替換算調整勘定の増加482,620千円、および非支配株主持分の増加276,647千円が
        あったことによるものです。
                                 4/24


                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      (3)キャッシュ・フロー

         当第2四半期連結累計期間における現金および現金同等物(以下「資金」という。)は、前第2四半期連結累計
        期間に比べ、743,503千円減少し、3,419,182千円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果使用した資金は、8,827千円(前第2四半期連結累計期間は964,548千円の収入)となりまし
         た。
          これは主に、税金等調整前四半期純利益725,023千円、減価償却費264,020千円、およびのれん償却額206,726
         千円等の増加要因に対し、棚卸資産の増加421,810千円、為替差益361,465千円、売上債権の増加321,641千円、
         および法人税等の支払額209,874千円等の減少要因があったことによるものです。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

          投資活動の結果使用した資金は、459,134千円(前第2四半期連結累計期間は309,486千円の使用)となりまし
         た。
          これは主に、有形固定資産の取得による支出219,024千円、貸付による支出124,678千円、および連結範囲の変
         更を伴う子会社株式の取得による支出107,486千円等の減少要因があったことによるものです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

          財務活動の結果得られた資金は、913,727千円(前第2四半期連結累計期間は1,129,513千円の使用)となりま
         した。
          これは主に、長期借入れによる収入3,414,856千円等の増加要因に対し、長期借入金の返済による支出
         2,368,407千円、および短期借入金の減少83,731千円等の減少要因があったことによるものです。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/24










                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 75,000,000

                  計                                75,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
        種類      現在発行数(株)                         又は登録認可金融商品               内容
                           (2022年10月14日)
                                       取引業協会名
              (2022年8月31日)
                                        東京証券取引所            単元株式数
                    23,810,944            23,810,944
       普通株式
                                        プライム市場            100株
                    23,810,944            23,810,944
         計                                   -           -
    (注)「提出日現在発行数」欄には、2022年10月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
        された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】
           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日        数増減数
                        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                   (株)
     2022年6月20日               26,349     23,810,944          6,771     1,114,393         6,771     1,114,393

     (注)2022年6月20日を払込期日とする譲渡制限付株式報酬としての新株式の発行によるものであります。

           発行価格            514円
           資本組入額           257円
           割当先             取締役2名、従業員2名
                                 6/24







                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2022年8月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             6,914,191           29.04

     吉村 元久                 東京都千代田区
     日本マスタートラスト信託銀行株式
                      東京都港区浜松町2-11-3                       2,184,400            9.17
     会社(信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(信託
                      東京都中央区晴海1-8-12                       2,166,300            9.10
     口)
     株式会社MY                 東京都千代田区丸の内2-1-1                       1,900,000            7.98
                      東京都中央区日本橋1-1-1                       1,188,500            4.99

     国分グループ本社株式会社
                                             1,084,000            4.55
     山口 貴弘                 東京都港区
                      東京都港区虎ノ門4-1-1                       1,052,500            4.42
     日本たばこ産業株式会社
     RBC  ISB  LUX  NON  RES/DOM
                      14  PORTE   DE  FRANCE,    ESCH-SUR-
     RATEUCITS     CLIENTS    ACCOUNT-MIG                                208,400           0.88
                      ALZETTE,LUXEMBOURG,          L-4360
     (常任代理人       シティバンク)
                      (東京都新宿区新宿6-27-30)
                      兵庫県神戸市須磨区弥栄台2-1-3                        206,500           0.87
     株式会社G-7ホールディングス
                      東京都港区南青山2-6-21                        146,600           0.62
     楽天証券株式会社
                                             17,051,391            71.62

             計                  -
    (注)1.当第2四半期会計期間末現在における上記信託銀行の信託業務に係る株式数については、当社として把握する
          ことができないため記載しておりません。
        2.2022年9月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、アセットマネジメン
          トOne株式会社が2022年8月31日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として当
          第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めてお
          りません。なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりです。
                                          所有株式数        株券等保有割合
            氏名又は名称                 住所
                                           (株)         (%)
          アセットマネジメント

                      東京都千代田区丸の内1-8-2                      1,623,600           6.82
          One株式会社
        3.2022年8月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、レオス・キャピタルワークス株式会

          社が2022年7月29日現在で以下の株式を保有している旨が記載されておりますが、当社として当第2四半期会
          計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
          なお、大量保有報告書の内容は以下のとおりです。
                                          所有株式数        株券等保有割合

            氏名又は名称                 住所
                                           (株)         (%)
          レオス・キャピタル

                      東京都千代田区丸の内1-11-1                      1,194,247           5.02
          ワークス株式会社
                                 7/24





                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年8月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -            -       -

     議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -

     議決権制限株式(その他)                             -            -       -

                                2,300
     完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                      -       -
                             23,804,500              238,045
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                              -
                                4,144
     単元未満株式                  普通株式                      -       -
                             23,810,944
     発行済株式総数                                         -       -
                                           238,045
     総株主の議決権                             -                   -
        ②【自己株式等】

                                                  2022年8月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所                               対する所有株式数
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                   の割合(%)
                  東京都千代田区内幸町

     株式会社ヨシムラ・フー
                                 2,300              2,300          0.01
                                          -
                  2-2-2
     ド・ホールディングス
                                 2,300              2,300          0.01

           計            -                   -
    (注)発行済株式総数に対する所有株式数の割合は、小数点以下第3位を四捨五入しております。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 8/24










                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年6月1日から2022
      年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年3月1日から2022年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 9/24

















                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年2月28日)              (2022年8月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,293,154              3,881,181
        現金及び預金
                                       4,347,488
        受取手形及び売掛金                                                -
                                                     4,943,493
        受取手形、売掛金及び契約資産                                  -
                                       3,442,485              3,764,909
        商品及び製品
                                       1,061,364              1,464,816
        原材料及び貯蔵品
                                        487,040              894,785
        その他
                                       △ 85,897             △ 71,926
        貸倒引当金
                                      12,545,635              14,877,260
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       2,700,553              2,945,691
          建物及び構築物(純額)
                                        758,384              758,016
          機械装置及び運搬具(純額)
                                       2,213,310              2,444,764
          その他(純額)
                                       5,672,248              6,148,472
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                       4,071,215              4,494,940
          のれん
                                        89,316              74,951
          その他
                                       4,160,531              4,569,891
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,385,531              1,357,869
          その他
                                       △ 20,418             △ 22,789
          貸倒引当金
                                       1,365,113              1,335,079
          投資その他の資産合計
                                      11,197,893              12,053,443
        固定資産合計
                                      23,743,529              26,930,704
       資産合計
                                10/24











                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年2月28日)              (2022年8月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       2,338,871              2,658,674
        買掛金
                                        738,181              666,918
        短期借入金
                                       1,469,828              2,215,146
        1年内返済予定の長期借入金
                                        261,395              379,415
        未払法人税等
                                        110,340               8,754
        未払消費税等
                                        214,320              184,874
        賞与引当金
                                       1,234,962              1,498,358
        その他
                                       6,367,900              7,612,143
        流動負債合計
       固定負債
                                       8,354,612              9,002,520
        長期借入金
                                        12,889              56,442
        退職給付に係る負債
                                        693,377              765,528
        その他
                                       9,060,880              9,824,491
        固定負債合計
                                      15,428,781              17,436,634
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,107,621              1,114,393
        資本金
                                       1,959,514              1,966,286
        資本剰余金
                                       3,115,502              3,522,477
        利益剰余金
                                         △ 759             △ 759
        自己株式
                                       6,181,879              6,602,397
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                               △ 10,014             △ 10,479
                                        139,637              622,258
        為替換算調整勘定
                                        129,623              611,778
        その他の包括利益累計額合計
                                          546              546
       新株予約権
                                       2,002,699              2,279,347
       非支配株主持分
                                       8,314,748              9,494,069
       純資産合計
                                      23,743,529              26,930,704
     負債純資産合計
                                11/24









                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
                                      14,790,105              16,349,011
     売上高
                                      11,479,469              13,132,249
     売上原価
                                       3,310,635              3,216,761
     売上総利益
                                     ※1  2,882,115            ※1  3,023,270
     販売費及び一般管理費
                                        428,519              193,491
     営業利益
     営業外収益
                                        14,941              17,691
       受取賃貸料
                                        51,763              39,128
       補助金収入
                                                       1,359
       受取補償金                                    -
                                        89,411              446,964
       為替差益
                                        23,249              96,133
       その他
                                        179,366              601,276
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        19,737              38,679
       支払利息
                                         4,300              8,228
       その他
                                        24,037              46,907
       営業外費用合計
                                        583,847              747,861
     経常利益
     特別利益
                                         4,668               766
       固定資産売却益
                                        15,061
       投資有価証券売却益                                                  -
                                                       14,477
                                          -
       受取保険金
                                        19,729              15,243
       特別利益合計
     特別損失
                                          751              563
       固定資産除却損
                                                       1,577
       固定資産売却損                                    -
                                                     ※2  31,447
       減損損失                                    -
                                                       4,493
                                          -
       関係会社清算損
                                          751             38,081
       特別損失合計
                                        602,826              725,023
     税金等調整前四半期純利益
                                        215,825              344,894
     法人税、住民税及び事業税
                                        46,415              18,618
     法人税等調整額
                                        262,240              363,512
     法人税等合計
                                        340,585              361,510
     四半期純利益
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                         1,614
                                                      △ 45,464
     に帰属する四半期純損失(△)
                                        338,970              406,975
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                12/24







                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
                                        340,585              361,510
     四半期純利益
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                 △ 11,898               △ 935
                                        315,794              803,797
       為替換算調整勘定
                                                        167
                                         △ 30
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        303,865              803,030
       その他の包括利益合計
                                        644,451             1,164,541
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        565,527              889,130
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        78,924              275,411
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                13/24















                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                     (単位:千円)
                                 前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                  (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                  至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          602,826              725,023
       税金等調整前四半期純利益
                                          225,093              264,020
       減価償却費
                                          168,179              206,726
       のれん償却額
                                                         31,447
       減損損失                                      -
                                           3,530
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 21,241
                                           26,626
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 55,176
                                             46              102
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
       受取利息及び受取配当金                                   △ 5,423             △ 2,888
                                           19,737              38,679
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 85,308             △ 361,465
                                            648
       持分法による投資損益(△は益)                                                  △ 2,108
       補助金収入                                   △ 51,763             △ 39,128
                                                          810
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 4,668
                                            751              563
       固定資産除却損
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 15,061                -
                                          611,876
       売上債権の増減額(△は増加)                                                △ 321,641
                                          187,338
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                                △ 421,810
                                                        195,279
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  △ 146,133
                                                         73,683
       差入保証金の増減額(△は増加)                                   △ 16,912
       未払金の増減額(△は減少)                                  △ 144,466              △ 48,595
       未払費用の増減額(△は減少)                                   △ 58,306             △ 44,814
                                            655
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                                 △ 92,533
                                                         77,206
                                         △ 130,323
       その他
                                         1,188,943               202,137
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    5,423              2,888
       利息の支払額                                   △ 20,089             △ 43,103
                                           53,390              39,123
       補助金の受取額
                                         △ 263,119             △ 209,874
       法人税等の支払額
                                          964,548
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                                  △ 8,827
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                  △ 370,268             △ 219,024
                                           4,571              7,541
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                   △ 2,778             △ 17,728
       投資有価証券の取得による支出                                    △ 185              △ 98
                                           42,977
       投資有価証券の売却による収入                                                    -
                                           13,906               2,000
       定期預金の払戻による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出                                      -           △ 107,486
       貸付けによる支出                                      -           △ 124,678
                                           2,290               339
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 309,486             △ 459,134
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 101,180              △ 83,731
                                                       3,414,856
       長期借入れによる収入                                      -
       長期借入金の返済による支出                                  △ 943,435            △ 2,368,407
                                          △ 84,897             △ 48,988
       リース債務の返済による支出
                                                        913,727
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,129,513
                                           99,953              93,585
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                                        539,351
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 374,496
                                         4,544,175              2,879,831
     現金及び現金同等物の期首残高
     連結除外に伴う現金及び現金同等物の減少額                                     △ 6,992                -
                                        ※ 4,162,685             ※ 3,419,182
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/24



                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         第1四半期連結会計期間において、株式会社ONESTORYの株式を取得したため、連結の範囲に含めております。ま
        た、当第2四半期連結会計期間において、株式会社小田喜商店の全株式を取得したため、連結の範囲に含めており
        ます。
        (会計方針の変更)

         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
         う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
         で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。これによ
         り、販売促進費として販売費及び一般管理費に計上していた、顧客に支払われる対価の一部を、売上高から控除
         して表示する方法に変更しております。収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし
         書きに定める経過的な取扱いに従っており、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
          この結果、当第2四半期連結累計期間の売上高は3,005千円減少し、販売費及び一般管理費は3,005千円減少し
         ております。収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に
         表示していた「受取手形及び売掛金」は、第1四半期連結会計期間より「受取手形、売掛金及び契約資産」に含
         めて表示することとしました。なお、収益認識会計基準89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計
         年度について新たな表示方法により組替をおこなっておりません。また、「四半期財務諸表に関する会計基準」
         (企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第2四半期連結累計
         期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しておりません。
         (時価の算定に関する会計基準等の適用)

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
         う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
         準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準
         等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与え
         る影響はありません。
        (追加情報)

         新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で、わが国において緊急事態宣言が発出されたことや、海外におい
        て経済・社会活動が制限されたことにより、当社グループの事業活動に影響を及ぼしております。新型コロナウイ
        ルス感染症の収束時期については不確実性を伴うため、見通しが困難ではありますが、当社グループでは、四半期
        連結財務諸表作成時点において入手可能な情報に基づいて判断した結果、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が
        当連結会計年度末にかけて徐々に収束し回復に向かうものと仮定して、繰延税金資産の回収可能性の判断や固定資
        産の減損損失の判定等の会計上の見積りをおこなっております。
                                15/24








                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結損益計算書関係)
         ※1. 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年3月1日              (自    2022年3月1日
                             至     2021年8月31日)               至     2022年8月31日)
     運搬費                               882,600    千円              826,453    千円
     給料及び手当                               617,592    千円              645,672    千円
     貸倒引当金繰入額                                3,873   千円             △ 20,008   千円
         ※2. 減損損失

         当第2四半期連結累計期間(自               2022年3月1日        至  2022年8月31日)
          当第2四半期連結累計期間において                 、 当社グループは主に以下の資産について減損損失を計上いたしました                                。
                                              減損損失
           場所           用途             種類
                                              (千円)
                              機械装置及び運搬具、その
       埼玉県大里郡           事業用資産                                 31,447
                              他
          当社グループは        、 事業区分を基に       、 独立してキャッシュ・フローを生み出し                  、 継続的な収支の把握がなされる               も
         のを最小単位として資産のグルーピングを行っております                           。
          新型コロナウイルス感染拡大の影響、急激な円安の進行や急激な原材料価格の高騰を踏まえて、当社の連結子
         会社である株式会社エスケーフーズの今後の事業計画の見直しを行い、将来収益に関する不透明感が高まったこ
         とから、回収可能性を慎重に検討した結果、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、31,447千円を減損損失として
         特別損失に計上しております。なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しており、当該正味売却価額は、
         不動産鑑定評価額等を基準にして合理的に算定しております。
         主な固定資産の種類ごとの金額の内訳は次のとおりであります。
         機械装置及び運搬具  27,384千円
         その他                    4,062
                    31,447
          計
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
          とおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年3月1日              (自    2022年3月1日
                             至   2021年8月31日)               至   2022年8月31日)
     現金及び預金勘定                              4,562,239千円                 3,881,181千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                              △399,553千円                 △461,999千円
     現金及び現金同等物                              4,162,685千円                 3,419,182千円
        (株主資本等関係)

         前第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)
          株主資本の金額の著しい変動
           該当事項はありません。
         当第2四半期連結累計期間(自 2022年3月1日 至 2022年8月31日)

          株主資本の金額の著しい変動
           該当事項はありません。
                                16/24





                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                              (単位:千円)
                                               四半期連結
                         報告セグメント
                                         調整額      損益計算書
                                         (注)1      計上額
                    製造事業       販売事業        計
                                               (注)2
     売上高
                    11,064,571       3,725,534      14,790,105              14,790,105
      外部顧客への売上高                                      -
      セグメント間の内部売上高
                     216,788       98,373      315,161
                                         △ 315,161         -
      又は振替高
                    11,281,359       3,823,907      15,105,266              14,790,105
           計                              △ 315,161
                     463,161       212,745       675,907              428,519
     セグメント利益                                    △ 247,387
     (注)1.セグメント利益の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない全社費用であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2022年3月1日 至 2022年8月31日)

          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                     (単位:千円)
                                                     四半期連結
                             報告セグメント
                                                調整額      損益計算書
                                               (注)1      計上額
                    製造事業       販売事業      その他事業         計
                                                     (注)2
     売上高
      日本国内              9,140,694       3,230,759        37,644     12,409,098           -   12,409,098
      シンガポール              2,071,259        912,640         -   2,983,900          -   2,983,900

      その他海外               886,512         -       -    886,512         -    886,512
     顧客との契約から生じる収益               12,098,466       4,143,399        37,644     16,279,511           -   16,279,511

     その他の収益(注)3                   -       -     69,499       69,499         -     69,499
                    12,098,466       4,143,399        107,144     16,349,011              16,349,011

      外部顧客への売上高                                             -
      セグメント間の内部売上高
                     186,040       235,166       44,702      465,909
                                                △ 465,909         -
      又は振替高
                    12,284,507       4,378,565        151,847     16,814,920              16,349,011
           計                                     △ 465,909
     セグメント利益又は損失
                     371,177       173,481              466,782              193,491
                                   △ 77,876            △ 273,290
     (△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額は、主に報告セグメントに帰属しない全社費用であります。
         2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整をおこなっております。
         3.その他の収益は、「リース取引に関する会計基準」(企業会計基準第13号)に基づく賃貸料収入等でありま
           す。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            「製造事業」セグメントにおいて、固定資産の減損損失を計上しております。なお、当該減損損失の計上
           額は、当第2四半期連結累計期間末において、31,447千円であります。
                                17/24



                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
          3.報告セグメントの変更等に関する事項
           会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認
          識に関する会計処理方法を変更したため、報告セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しておりま
          す。
           当該変更に伴う影響は、会計方針の変更に記載のとおりであります。
                                18/24



















                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
        (企業結合等関係)
     取得による企業結合
     1.企業結合の概要
      (1)  被取得企業の名称および事業の内容
        被取得企業の名称 株式会社小田喜商店
        事業の内容    栗及び栗加工品、製菓材料等の製造、販売
      (2)  企業結合を行った主な理由
         株式会社小田喜商店(以下、「小田喜商店」といいます。)は、栗の生産量日本一を誇る茨城県笠間市におい
        て、テレビなどのメディアで紹介され一躍有名になった栗菓子「ぎゅ」や「栗の甘露煮」等に代表される、栗及
        び和洋菓子向けの栗加工品・製菓原料等の製造、販売をおこなう企業です。地域に根差した経営により、地元の
        栗農家様と連携した独自の仕入ルートにおいて厳選した良質な地元産の「いわまの栗」にこだわり、長年にわた
        り培われてきた高い製造技術により、栗本来のおいしさを活かした栗ペースト、栗菓子等のオリジナル商品か
        ら、焼き栗や甘露煮等の定番商品に至るまで、高品質な商品をお客様に届け続けております。販売先にはEC・自
        社店舗での小売の他、著名な和菓子店や洋菓子店、大手菓子卸売業者等を持ち、また、数多くのテレビ番組、雑
        誌・WEBメディア等にも頻繁に掲載されるなど、その商品力が市場から高く評価され、自社店舗は秋の栗のシーズ
        ンには行列が絶えない人気店となっております。
         当社は、小田喜商店が持つ高付加価値な商品、良質な地元産の栗を安定して仕入れることのできる調達力、仕
        入~加工~最終製品化まで一気通貫で手掛けられる高度な製造技術、食材としての和栗とその高いポテンシャル
        に魅力を感じ、株式を取得することにいたしました。小田喜商店が持つ強みを活かしながら、当社が持つ経営ノ
        ウハウの共有や中小企業支援プラットフォームによる支援体制を構築し、両社のより一層の成長を目指すととも
        に、日本一の栗の産地である茨城県笠間市の「いわまの栗」の更なるブランド力向上に向け、グループ一丸と
        なって取り組んでまいります。
      (3)  企業結合日
        2022年8月31日
      (4)  企業結合の法的形式
        現金を対価とした株式取得
      (5)  結合後企業の名称
        変更はありません。
      (6)  取得した議決権比率
        100%
      (7)  取得企業を決定するに至った主な根拠
        当社が現金を対価として株式を取得したことによるものです。
     2.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に含まれる被取得企業の業績の期間

        2022年8月31日に企業結合を行ったため、貸借対照表のみを連結しております。
     3.被取得企業の取得原価および対価の種類ごとの内訳

       取得の対価      現金及び預金                        319,800千円
       取得原価                        319,800千円
     4.主要な取得関連費用の内訳および金額

       アドバイザー等に対する報酬・手数料                        38,705千円
     5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法および償却期間

      (1)  発生したのれんの金額
        81,145千円
         なお、上記金額は当第2四半期連結会計期間末において取得価額の配分が完了していないため、暫定的に算定
        された金額であります。
      (2)  発生原因
        被取得企業に係る当社持分と取得原価との差額により、発生したものであります。
      (3)  償却方法及び償却期間
        10年にわたる均等償却
                                19/24



                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」の売上高に記載のとおりで
        あります。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年3月1日               (自 2022年3月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                   14.25円               17.11円

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                  338,970               406,975

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                        338,970               406,975
      益金額(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 23,782,272               23,792,725
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                   14.15円               17.01円

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額                                     -               -

      普通株式増加数(株)                                  171,320               137,353

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当

     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                    -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
                                20/24










                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
        (重要な後発事象)
         当社は    、 2022年9月28日開催の取締役会において                  、 株式会社細川食品(以下、「細川食品」といいます。)及び有
        限会社細川フーズ(以下、「細川フーズ」といいます。)の株式を取得することを決議し、同日付で株式譲渡契約
        の締結及び株式の取得をいたしました                 。
        1.企業結合の概要
        (1)  被取得企業の名称および事業の内容
         a.被取得企業の名称  株式会社細川食品
          事業の内容    かき揚げ、チヂミ、赤飯等の冷凍食品製造、野菜加工等
         b.被取得企業の名称  有限会社細川フーズ
          事業の内容    冷凍食品の製造、野菜加工業
        (2)  企業結合を行った主な理由
           細川食品は、香川県三豊市に工場を構え、国産野菜を使用したかき揚げ、チヂミなどの冷凍総菜や、赤飯
          などの冷凍米飯製品を製造する企業です。
           同社の強みは、創業時に青果販売をおこなっていたことから、新鮮な野菜を直接調達できるネットワーク
          を持つことに加え、工場内に併設されたカット野菜工場により、野菜の鮮度を維持した状態で製品の製造が
          可能であること、長年培われてきた高い製造技術や独自の製造設備により、野菜本来のおいしさを活かした
          冷凍かき揚げや冷凍チヂミ等を製造できる点にあります。それらが評価され、大手食品メーカーのプライ
          ベートブランド製品の製造受託を中心として安定した業績を維持している企業です。
           当社は、細川食品が持つ高い商品力、良質な野菜を安定して仕入れることのできる調達力、蒸しかき揚げ
          製造ラインをはじめとした高度な製造技術・製造設備、それらがもたらす安定した事業基盤に魅力を感じ、
          株式を取得することにいたしました。
           当社のグループ企業であり、愛媛県四国中央市で冷凍カキフライ等を製造する株式会社オーブンは、以前
          より細川食品が製造する冷凍かき揚げの仕入実績があります。今後は、株式会社オーブンとの協業、及び当
          社グループが持つ製造効率化ノウハウを活用するなどして、細川食品が持つ強みを活かしながら、当社が持
          つ経営ノウハウの共有や中小企業支援プラットフォームによる支援体制を構築し、両社のより一層の成長を
          目指してまいります。
        (3)  企業結合日
          2022年11月30日(予定)
        (4)  企業結合の法的形式
          現金を対価とした株式取得
        (5)  結合後企業の名称
          変更ありません       。
        (6)  取得した議決権比率
          100%
        2.被取得企業の取得原価および対価の種類ごとの内訳

          取得の対価      現金及び預金                      1,068,300千円
          取得原価                      1,068,300千円
        3.主要な取得関連費用の内訳および金額

                                  77,000千円(予定)
          アドバイザー等に対する報酬・手数料
        4.発生したのれんの金額            、 発生原因    、 償却方法および償却期間

          現時点では確定しておりません              。
        5.企業結合日に受け入れた資産および引き受けた負債の額並びにその主な内訳

          現時点では確定しておりません              。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                21/24




                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                22/24




















                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年10月13日

     株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス
                      取締役会 御中
                             有限責任監査法人トーマツ

                                     東京事務所
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              鈴 木 泰 司
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              森 竹 美 江
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ヨシム
    ラ・フード・ホールディングスの2022年3月1日から2023年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間
    (2022年6月1日から2022年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年3月1日から2022年8月31日まで)に
    係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半
    期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス及び連結子会社の2022
    年8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状
    況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
                                23/24


                                                          EDINET提出書類
                                           株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス(E32138)
                                                            四半期報告書
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
      ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                24/24













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。