株式会社ドトール・日レスホールディングス 四半期報告書 第16期第2四半期(令和4年6月1日-令和4年8月31日)

提出書類 四半期報告書-第16期第2四半期(令和4年6月1日-令和4年8月31日)
提出日
提出者 株式会社ドトール・日レスホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2022年10月14日
     【四半期会計期間】                    第16期第2四半期(自 2022年6月1日 至 2022年8月31日)
     【会社名】                    株式会社ドトール・日レスホールディングス
     【英訳名】                    DOUTOR・NICHIRES Holdings Co.,                              Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  星野 正則
     【本店の所在の場所】                    東京都渋谷区猿楽町10番11号
     【電話番号】                    03-5459-9178(代表)
     【事務連絡者氏名】                    常務取締役  竹林 基哉
     【最寄りの連絡場所】                    東京都渋谷区猿楽町10番11号
     【電話番号】                    03-5459-9178(代表)
     【事務連絡者氏名】                    常務取締役  竹林 基哉
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/25













                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第15期           第16期

              回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第15期
                              累計期間           累計期間
                              自2021年           自2022年           自2021年

                              3月1日           3月1日           3月1日
             会計期間
                              至2021年           至2022年           至2022年
                              8月31日           8月31日           2月28日
                                  53,739           62,135           109,363
     売上高               (百万円)
                                             1,869
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)              △ 668                    △ 1,478
     親会社株主に帰属する四半期
                                  2,049           2,528           1,221
                    (百万円)
     (当期)純利益
                                  2,049           2,567           1,172
     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)
                                  95,517           96,055           94,109
     純資産額               (百万円)
                                 118,353           121,733           118,227
     総資産額               (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                                  46.34           57.19           27.63
                     (円)
     益
     潜在株式調整後1株当たり四半
                     (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                                   80.5           78.7           79.4
     自己資本比率                (%)
     営業活動によるキャッシュ・フ
                                  6,772           1,948           14,637
                    (百万円)
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                    (百万円)             △ 2,582          △ 3,926          △ 4,933
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                    (百万円)              △ 899          △ 958         △ 1,503
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                  29,617           31,683           34,546
                    (百万円)
     (期末)残高
                              第15期           第16期

              回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2021年           自2022年

                              6月1日           6月1日
             会計期間
                              至2021年           至2022年
                              8月31日           8月31日
                                  16.39           28.18
     1株当たり四半期純利益                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため、記載しておりませ
           ん。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期
           首から適用しており、当第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等に
           ついては、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
                                 2/25



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について重要な
      変更はありません。
                                 3/25




















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、また、前事業年度の有価証券報告書に記載し
      た事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1)経営成績の状況
       当第2四半期連結累計期間(2022年3月1日~2022年8月31日)におけるわが国経済は、一昨年来続く新型コロナ
      ウイルスの第7波により、活発化しつつあった人流が低下、徐々に正常化してきた経済も一時停滞を余儀なくされま
      した。また、ウクライナ問題をはじめとした国際的なさまざまな要因から、エネルギーや穀物をはじめとしたコモ
      ディティや半導体の不足が顕著となり、企業物価が急上昇するなど、先行きの不透明感が増し、消費の低迷は長引く
      可能性が高まっております。
       外食業界におきましても、新型コロナウイルス感染が収まりつつあるものの、在宅勤務の増加など、コロナ前の生
      活習慣がもとに戻ることはなく、回復と言えるまでの状況には至っておりません。また、原材料をはじめ人件費や物
      流費など、さまざまなコストの上昇が、企業努力での対応可能な範囲を超えつつあり、今後更にコストの上昇が見込
      まれるなど、厳しい経営環境はますます悪化しており、予断を許さない状況となっております。
       このような状況のもとで、当社グループは、「外食産業におけるエクセレント・リーディングカンパニー」の地位
      確立を目指し、立地を厳選してグループ全体で40店舗(直営店26店舗、加盟店12店舗、海外2店舗)を新規出店しま
      した。
       既存事業においては、店舗において各業態別での新商品の導入やリニューアルをはじめ、テイクアウトメニューや
      売店商品の拡充、卸売事業の拡大など、コロナ禍に取組んだ活動を継続するとともに、さまざまなキャンペーンを実
      施し、販促活動を強化することで、売上および客数の回復を目指しました。また、自社流通センターを稼働させるな
      ど、物流や購買の見直しを図り、業務の効率化を推進するとともに、徹底した管理コストの削減など、事業基盤の強
      化に努めました。
       新規出店においては、メガネスーパーと連携した郊外への新規出店や金融機関との連携など新たな立地に対する取
      組みを強化しております。
       その結果、コロナ前の経営数値への改善には至っていないものの、回復傾向はハッキリと見える形で出てきた状況
      となっております。しかしながら、昨年は営業規制を受けていた期間でもあり、売上高や経常利益は昨年比で大きく
      改善したものの、コロナ前との比較において根本的な改善には至っていない状況となっております。
       以上の結果、当第2四半期連結累計期間における経営成績は、売上高621億35百万円(前年同期比15.6%増)、営
      業利益14億74百万円(前年同期営業損失7億74百万円)、経常利益18億69百万円(前年同期経常損失6億68百万
      円)、親会社株主に帰属する四半期純利益25億28百万円(前年同期比23.4%増)となりました。
       各セグメントの概況は次のとおりであります。

      (日本レストランシステムグループ)
       日本レストランシステムグループでは、3月以降全国的にまん延防止重点措置が順次解除され、その後3年ぶりに
      自粛要請のない大型連休や夏季期間の中、着実に売上高を確保してまいりました。
       新規出店につきましては、引続き積極的に「星乃珈琲店」をオープンし、また「カフェモーツアルト」等のブラン
      ドを出店し、合計で13店舗を新規出店するなど、店舗網の拡大に努めました。その結果、「星乃珈琲店」の店舗数
      は、2022年8月末時点で国内においては285店舗となり、うち加盟店は38店舗となりました。
       商品戦略につきましては、引き続き、季節に合わせたメニューの導入を始めとしたマーケティング力の強化に努
      め、既存ブランド、新規ブランドともに商品力を高めることでお客様にご満足頂ける商品を提供すると同時に、多ブ
      ランド展開における効率化を考慮した商品開発を実施し、原価管理を徹底しております。
       以上の結果、日本レストランシステムグループにおける売上高は218億26百万円(前年同期比21.9%増)、セグメ
      ント利益は3億78百万円(前年同期セグメント損失7億98百万円)となりました。
                                 4/25





                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
      (ドトールコーヒーグループ)
       ドトールコーヒーグループの小売事業及びフランチャイズ事業では、春先の規制解除以降、回復傾向が顕著となっ
      たものの、第7波と同時に回復度合が停滞するなど、コロナの影響により一進一退が継続することとなりました。時
      間帯や立地別などにより回復状況に差異が見受けられるものの、前年比では着実に業績の回復に繋がっております。
       店舗においては、コロナ禍に対応したテイクアウト施策や売店商品の拡大を継続しながら、季節ごとの商品など付
      加価値の高いメニューを随時導入し、顧客単価を上げることで売上の回復に努めました。また、ハウスカードである
      ドトールバリューカードやキャッシュレスなどのキャンペーンを行うことで、客数の回復を目指した施策を打ちまし
      た。一方で、人件費や原材料をはじめとしたコストアップに対し、節水機器の導入や清掃の見直しなど、維持管理コ
      ストの削減に着手することで、着実に利益を積み上げる体制を整えております。
       卸売事業においては、ドリップコーヒーやインスタントコーヒーなど、通販や量販店での販売を拡大、巣ごもり消
      費に合わせた新商品の投入を引続き継続し、新たな商品の開発・販売を展開したほか、人気コンテンツとのコラボ商
      品を導入するなど、販売強化に努め、引き続き業容拡大に邁進しました。また、卸売事業にかかるコスト増に対して
      は、容器形態の変更、段ボールやシュリンクの削減、間接経費の削減に取り組むことで、利益の確保に努めました。
       現状、コロナ前の業績とは開きがあるものの、売上高は確実に回復の途上にあり、今後さまざまな施策を講じるこ
      とで、更なる回復を図ってまいります。
       以上の結果、ドトールコーヒーグループにおける売上高は372億24百万円(前年同期比12.8%増)、セグメント利
      益は6億63百万円(前年同期セグメント損失2億35百万円)となりました。
      (その他)

       その他セグメントにおいては、主に国内及び海外における外食事業に係る小売及び卸売に関する事業となります。
      売上高は30億83百万円(前年同期比8.7%増)、セグメント利益は3億97百万円(前年同期比76.9%増)となりまし
      た。
      (2)財政状態の分析

       当第2四半期連結会計期間末における総資産は、受取手形及び売掛金の増加等により1,217億33百万円と前連結会
      計年度末と比べ35億6百万円の増加となりました。負債は、支払手形及び買掛金の増加等により256億78百万円と前
      連結会計年度末と比べ15億60百万円の増加となりました。純資産は、剰余金の増加等により960億55百万円となり前
      連結会計年度末と比べ19億45百万円の増加となりました。
      (3)キャッシュ・フローの状況

       当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比べ28億62百万円減少
      し、316億83百万円となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動によるキャッシュ・フローは、税金等調整前四半期純利益が32億43百万円となったことや法人税の支払等
      により19億48百万円の収入(前年同期は67億72百万円の収入)となりました。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動によるキャッシュ・フローは、新規出店や店舗改装等の有形固定資産の取得による支出34億46百万円等に
      より、39億26百万円の支出(前年同期は25億82百万円の支出)となりました。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動によるキャッシュ・フローは、配当金の支払額6億16百万円等により9億58百万円の支出(前年同期は8
      億99百万円の支出)となりました。
      (4)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事実上及び財務上の課題について重要な
      変更はありません。
      (5)研究開発活動

       特記事項はありません。
                                 5/25



                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/25




















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                         200,000,000

                  計                               200,000,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名又
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          は登録認可金融商品取引               内容
                            (2022年10月14日)
              (2022年8月31日)                          業協会名
                                        東京証券取引所
                   45,609,761             45,609,761
      普通株式                                              単元株式数100株
                                        (プライム市場)
                   45,609,761             45,609,761
        計                                    -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総                              資本準備金増

                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
        年月日       数増減数                              減額
                       数残高(株)        (百万円)        (百万円)              高(百万円)
                 (株)                             (百万円)
    2022年6月1日~
                     -   45,609,761            -      1,000         -      1,000
    2022年8月31日
                                 7/25









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2022年8月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                    住所                      総数に対する所有
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             6,779          15.33

     大林 豁史               東京都世田谷区
     日本マスタートラスト信託銀
                    東京都港区浜松町2-11-3                         5,231          11.83
     行株式会社(信託口)
                    東京都世田谷区奥沢6-9-20                         3,732          8.44
     株式会社マダム・ヒロ
     株式会社日本カストディ銀行

                    東京都中央区晴海1-8-12                         2,159          4.88
     (信託口)
                                             1,360          3.08

     鳥羽 博道               東京都大田区
                    東京都港区虎ノ門4-1-1                         1,320          2.99

     日本たばこ産業株式会社
                                              833         1.88

     鳥羽 豊               東京都港区
     パーシングディヴィジョンオ

     ブドナルドソンラフキンアン
                    ONE  PERSHING     PLAZA   JERSEY    CITY   NEW
     ドジェンレットエスイーシー
                    JERSEY    U.S.A.
     コーポレイション                                         584         1.32
                    (常任代理人 東京都新宿区新宿6-27-
     (常任代理人 シティバン
                    30)
     ク、エヌ・エイ東京支店)
                                              466         1.06

     大林 美重子               東京都世田谷区
     ステート ストリート バン
                    1776   HERITAGE     DRIVE,NORTH       QUINCY,MA
     ク ウェスト クライアン
                    02171,U.S.A.
                                              395         0.89
     ト トリーティー 505234
                    (常任代理人 東京都港区港南2丁目15-
     (常任代理人 株式会社みず
                    1 品川インターシティA棟)
     ほ銀行決済営業部)
                                            22,861          51.70
           計                  -
    (注)1.上記信託銀行の所有株式数は、信託業務に係るものであります。
       2.発行済株式(自己株式を除く。)総数に対する所有株式数の割合は小数点以下第3位を四捨五入しておりま
         す。
        3.当社は1,390千株(発行済株式(自己株式を除く。)総数に対する所有株式数の割合3.05%)を保有しており
         ますが、当該自己株式には議決権がないため、上記の大株主から除いております。
                                 8/25








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                (2022年8月31日現在)
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容
      無議決権株式                              -       -           -

      議決権制限株式(自己株式等)                              -       -           -

      議決権制限株式(その他)                              -       -           -

                                1,390,500
      完全議決権株式(自己株式等)                   普通株式                 -           -
                               44,165,700             441,657
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                             -
                                 53,561
      単元未満株式                   普通株式                 -           -
                               45,609,761
      発行済株式総数                                     -           -
                                            441,657
      総株主の議決権                              -                  -
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式50株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                (2022年8月31日現在)
                                                  発行済株式総数に
     所有者の氏名又は                     自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                 所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                     株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                  の割合(%)
     ㈱ドトール・日レス          東京都渋谷区猿楽町

                            1,390,500                 1,390,500           3.05
                                       -
     ホールディングス          10番11号
                            1,390,500                 1,390,500           3.05

         計              -                 -
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 9/25









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年6月1日から2022
      年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年3月1日から2022年8月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任           あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                10/25

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年2月28日)              (2022年8月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        34,546              31,683
        現金及び預金
                                         4,998              6,765
        受取手形及び売掛金
                                         2,478              2,861
        商品及び製品
                                          107              145
        仕掛品
                                         1,451              1,813
        原材料及び貯蔵品
                                         5,622              6,797
        その他
                                         △ 22             △ 26
        貸倒引当金
                                        49,180              50,039
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        21,141              21,792
          建物及び構築物(純額)
                                          932              987
          機械装置及び運搬具(純額)
                                        19,419              20,876
          土地
                                         2,277              2,317
          リース資産(純額)
                                         1,326              1,686
          その他(純額)
                                        45,098              47,661
          有形固定資産合計
                                          575              762
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                          639              696
          投資有価証券
                                          600              495
          繰延税金資産
                                       ※ 20,592             ※ 20,498
          敷金及び保証金
                                          28              28
          退職給付に係る資産
                                         1,511              1,550
          その他
                                        23,372              23,270
          投資その他の資産合計
                                        69,046              71,694
        固定資産合計
                                        118,227              121,733
       資産合計
                                11/25










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2022年2月28日)              (2022年8月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         5,034              7,620
        支払手形及び買掛金
                                          470              470
        短期借入金
                                          60              60
        1年内返済予定の長期借入金
                                         1,898               939
        未払法人税等
                                         1,051              1,152
        賞与引当金
                                          15              14
        役員賞与引当金
                                          134
        株主優待引当金                                                 -
                                         7,746              7,669
        その他
                                        16,409              17,926
        流動負債合計
       固定負債
                                          215              185
        長期借入金
                                          794              834
        リース債務
                                         2,215              2,252
        退職給付に係る負債
                                         2,221              2,268
        資産除去債務
                                         2,260              2,212
        その他
                                         7,707              7,752
        固定負債合計
                                        24,117              25,678
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         1,000              1,000
        資本金
                                        16,638              16,638
        資本剰余金
                                        78,792              80,702
        利益剰余金
                                        △ 2,574             △ 2,570
        自己株式
                                        93,856              95,770
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          79              80
        その他有価証券評価差額金
                                                        276
        繰延ヘッジ損益                                  -
        為替換算調整勘定                                 △ 42             △ 315
                                         △ 36             △ 15
        退職給付に係る調整累計額
                                           0              25
        その他の包括利益累計額合計
                                          252              259
       非支配株主持分
                                        94,109              96,055
       純資産合計
                                        118,227              121,733
     負債純資産合計
                                12/25








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
                                        53,739              62,135
     売上高
                                        22,127              25,417
     売上原価
                                        31,612              36,717
     売上総利益
                                       ※1  32,387             ※1  35,242
     販売費及び一般管理費
                                                       1,474
     営業利益又は営業損失(△)                                    △ 774
     営業外収益
                                           9              7
       受取利息
                                           7              8
       受取配当金
                                          34              34
       不動産賃貸料
                                          57              349
       為替差益
                                          50              31
       その他
                                          159              430
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           8              5
       支払利息
                                          23              23
       不動産賃貸費用
                                          17               2
       持分法による投資損失
                                           4              4
       その他
                                          53              36
       営業外費用合計
                                                       1,869
     経常利益又は経常損失(△)                                    △ 668
     特別利益
                                           0              0
       固定資産売却益
                                                        285
       退店補償金収入                                    -
                                       ※2  3,602             ※2  1,175
       助成金収入
                                         3,602              1,461
       特別利益合計
     特別損失
                                          11               7
       固定資産除却損
                                          77              79
       減損損失
                                          88              87
       特別損失合計
                                         2,845              3,243
     税金等調整前四半期純利益
                                          778              701
     法人税等
                                         2,067              2,541
     四半期純利益
                                          18              13
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         2,049              2,528
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                13/25








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
                                         2,067              2,541
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                           5              1
       その他有価証券評価差額金
                                                        276
       繰延ヘッジ損益                                    -
       為替換算調整勘定                                   △ 33             △ 273
                                          10              20
       退職給付に係る調整額
                                                         25
       その他の包括利益合計                                   △ 17
                                         2,049              2,567
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         2,031              2,554
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          18              13
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                14/25















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2021年3月1日              (自 2022年3月1日
                                至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         2,845              3,243
       税金等調整前四半期純利益
                                         2,060              1,898
       減価償却費
                                          70              57
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                                         2
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 4
                                          129               97
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                          16
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                                 △ 0
                                          11               7
       固定資産除却損
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0             △ 0
                                          77              79
       減損損失
                                          17               2
       持分法による投資損益(△は益)
       受取利息及び受取配当金                                   △ 16             △ 15
                                           8              5
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                   △ 3             △ 39
                                          411
       売上債権の増減額(△は増加)                                               △ 1,761
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 426             △ 780
                                          545             2,528
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         1,404
                                                      △ 1,918
       その他
                                         7,146              3,405
       小計
                                          10              10
       利息及び配当金の受取額
       利息の支払額                                   △ 8             △ 5
                                         △ 376            △ 1,461
       法人税等の支払額
                                         6,772              1,948
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       関係会社株式の取得による支出                                   △ 46             △ 39
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 2,118             △ 3,446
                                           0              0
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                  △ 174             △ 293
       敷金及び保証金の差入による支出                                  △ 410             △ 254
                                          232              324
       敷金及び保証金の回収による収入
       貸付けによる支出                                   △ 22             △ 48
                                         △ 43             △ 170
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 2,582             △ 3,926
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                    -             △ 30
       リース債務の返済による支出                                  △ 366             △ 305
       配当金の支払額                                  △ 527             △ 616
                                          △ 6             △ 6
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 899             △ 958
                                          18              73
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                         3,308
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                 △ 2,862
                                        26,309              34,546
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 29,617             ※ 31,683
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                15/25






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
       (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
       を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又
       はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しております。
        これにより、従来、販売費及び一般管理費に計上していた販売促進費等の顧客に支払われる対価については、取
       引価格から減額する方法に変更しております。この変更が四半期連結財務諸表に与える影響は軽微であります。
       なお、収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っ
       ておりますが、利益剰余金期首残高に与える影響はありません。
        また   、「  四半期財務諸表に関する会計基準                」 (企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的
       な取扱いに従って        、 前第2四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しておりま
       せん  。
        (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
       等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企
       業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
       たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。これによる、四半期連結財務諸表に与える影響は
       ありません。
        (追加情報)

       (会計上の見積りに関する新型コロナウイルス感染症の影響)
        新型コロナウイルス感染症の影響については                      、 当社グループの事業活動に重大な影響を及ぼしており                         、 その収束     時
       期は依然として不透明な状況にあるものの前連結会計年度の有価証券報告書(会計上の見積り)に記載した内容に
       ついて重要な変更はありません。
                                16/25












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
         ※ 直接控除している貸倒引当金
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2022年2月28日)                 (2022年8月31日)
     敷金及び保証金                                 27 百万円                27 百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※1. 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年3月1日              (自    2022年3月1日
                             至     2021年8月31日)               至     2022年8月31日)
     給与手当                               10,942   百万円              12,117   百万円
                                     912                1,083
     賞与引当金繰入額
                                     199                 218
     退職給付費用
                                    7,822                 8,365
     賃借料
                                    1,885                 1,726
     減価償却費
                                    1,334                 1,791
     水道光熱費
                                    1,665                 1,912
     支払手数料
                                    2,347                 2,465
     配送費
        ※2. 助成金収入

         前第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)
         新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、政府や各自治体から支給された給付金等を助成金収入として特別
        利益に計上しております。なお、主な内訳は、営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金であります。
         当第2四半期連結累計期間(自 2022年3月1日 至 2022年8月31日)

         新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴い、政府や各自治体から支給された給付金等を助成金収入として特別
        利益に計上しております。なお、主な内訳は、営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金であります。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2021年3月1日              (自    2022年3月1日
                             至   2021年8月31日)               至   2022年8月31日)
     現金及び預金勘定                               29,617百万円                 31,683百万円
     現金及び現金同等物                               29,617                 31,683
                                17/25








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)
           配当に関する事項
         (1)配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
      2021年5月25日
                                     2021年2月28日        2021年5月26日
                 普通株式          530      12.00                     利益剰余金
       定時株主総会
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末
          後となるもの
                              1株当たり
                       配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
      2021年10月15日
                                     2021年8月31日        2021年11月18日
                 普通株式          530      12.00                     利益剰余金
        取締役会
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2022年3月1日 至 2022年8月31日)

           配当に関する事項
         (1)配当金支払額
                              1株当たり
                       配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
      2022年5月25日
                                     2022年2月28日        2022年5月26日
                 普通株式          619      14.00                     利益剰余金
       定時株主総会
         (2)基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間末
          後となるもの
                              1株当たり
                       配当金の総額
         決議       株式の種類                       基準日       効力発生日        配当の原資
                               配当額
                       (百万円)
                               (円)
      2022年10月14日
                                     2022年8月31日        2022年11月18日
                 普通株式          619      14.00                     利益剰余金
        取締役会
                                18/25










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
        Ⅰ 報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
        の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社を持株会社とする当社グループは、2つの中核事業会社を基礎としたセグメントから構成されており、「日
        本レストランシステムグループ」、「ドトールコーヒーグループ」、「その他」を事業セグメントとしておりま
        す。
         「日本レストランシステムグループ」は、主に直営店におけるレストランチェーンを経営しており、食材の仕
        入、製造及び販売までを事業活動としております。
         「ドトールコーヒーグループ」は、主に直営店及びフランチャイズシステムによるコーヒーチェーンの経営をし
        ており、コーヒー豆の仕入、焙煎加工、直営店舗における販売、フランチャイズ店舗への卸売りやロイヤリティ等
        の収入、また、コンビニエンスストア等へのコーヒー製品の販売を事業活動として展開しております。
         「その他」は、主に国内及び海外における外食事業に係る小売及び卸売に関する事業活動としております。
        Ⅱ 前第2四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年8月31日)

         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:百万円)
                                                  四半期連結
                           報告セグメント
                                              調整額     損益計算書
                  日本レストラン       ドトールコーヒー
                                             (注)1      計上額
                                  その他
                                         計
                  システムグループ         グループ
                                                   (注)2
     売上高
                     17,908       32,994        2,836     53,739           53,739
      外部顧客への売上高                                           -
      セグメント間の内部
                      652       250      1,725      2,627
                                              △ 2,627        -
      売上高又は振替高
                     18,561       33,244        4,561     56,367           53,739
          計                                    △ 2,627
     セグメント利益又は損失
                                     224            33
                     △ 798      △ 235            △ 808          △ 774
     (△)
    (注)1.セグメント利益又は損失の調整額33百万円には、主として親会社の管理部門に係わる費用等である配賦
          不能営業費用354百万円及びセグメント間取引消去388百万円が含まれております。
        2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
          「日本レストランシステムグループ」及び「ドトールコーヒーグループ」セグメントにおいて、処分を予定し
         ている事業資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上して
         おります。なお、当該減損損失計上額は「日本レストランシステムグループ」で8百万円、「ドトールコーヒー
         グループ」で66百万円、「その他」で2百万円であります。
                                19/25







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
        Ⅲ 当第2四半期連結累計期間(自 2022年3月1日 至 2022年8月31日)
         1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                (単位:百万円)
                                                  四半期連結
                           報告セグメント
                                              調整額     損益計算書
                  日本レストラン       ドトールコーヒー
                                             (注)1      計上額
                                  その他
                                         計
                  システムグループ         グループ
                                                   (注)2
     売上高
      小売               21,632       14,046        2,462     38,141        -   38,141
      卸売                151      22,039         620    22,811        -   22,811
      その他                 43      1,138         -    1,181        -    1,181
      顧客との契約から生じ
                     21,826       37,224        3,083     62,135        -   62,135
      る収益
      その他の収益                 -       -       -      -      -      -
                     21,826       37,224        3,083     62,135           62,135
      外部顧客への売上高                                           -
      セグメント間の内部
                      704       277      2,060      3,043
                                              △ 3,043        -
      売上高又は振替高
                     22,531       37,502        5,144     65,178           62,135
          計                                    △ 3,043
                      378       663       397     1,439       35    1,474
     セグメント利益
    (注)1.セグメント利益の調整額35百万円には、主として親会社の管理部門に係わる費用等である配賦不能営業費用
          349百万円及びセグメント間取引消去384百万円が含まれております。
       2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

           (固定資産に係る重要な減損損失)
          「日本レストランシステムグループ」及び「ドトールコーヒーグループ」セグメントにおいて、処分を予定し
         ている事業資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上して
         おります。なお、当該減損損失計上額は「日本レストランシステムグループ」で71百万円、「ドトールコーヒー
         グループ」で6百万円、「その他」で1百万円であります。
         3.報告セグメントの変更等に関する事項

          会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識
         に関する会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しております。
         なお、当該変更による各事業セグメントの当第2四半期連結累計期間の損益に与える影響は軽微であります。
          第1四半期連結会計期間より、従来「その他」に含まれていた「その他事業」について量的な重要性が増した
         ため報告セグメントとして記載する方法に変更しております。なお、前第2四半期連結累計期間のセグメント情
         報については、変更後の区分により作成したものを記載しております。
                                20/25







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
        す。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2021年3月1日               (自 2022年3月1日
                                 至 2021年8月31日)               至 2022年8月31日)
      1株当たり四半期純利益                                  46円34銭               57円19銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  2,049               2,528

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -               -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                        2,049               2,528
      (百万円)
      普通株式の期中平均株式数(千株)                                  44,215               44,217
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                21/25












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
       2022年10月14日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
      (イ)配当金の総額…………………………………………619百万円
      (ロ)1株当たりの金額……………………………………14円00銭
      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日……………2022年11月18日
      (注)2022年8月31日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを行います。
                                22/25



















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                23/25




















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年10月14日

    株式会社ドトール・日レスホールディングス

      取締役会 御中

                             有限責任     あずさ監査法人

                             東京事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             上野 直樹
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             木村 純一
                            業務執行社員
    監査人の結論
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ドトー
    ル・日レスホールディングスの2022年3月1日から2023年2月28日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2022
    年6月1日から2022年8月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2022年3月1日から2022年8月31日まで)に係る四
    半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
    キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ドトール・日レスホールディングス及び連結子会社の2022年
    8月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況
    を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手

     続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
     年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら

     れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認
                                24/25


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社ドトール・日レスホールディングス(E03518)
                                                            四半期報告書
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
     か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四
     半 期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適
     切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の
     結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業と
     して存続できなくなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基
     準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸
     表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせ
     る事項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人
     は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人
     の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
     項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
     査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じ
     ている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                       以  上

     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                25/25












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。