株式会社ディー・ディー・エス 訂正有価証券報告書 第25期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)

提出書類 訂正有価証券報告書-第25期(平成31年1月1日-令和1年12月31日)
提出日
提出者 株式会社ディー・ディー・エス
カテゴリ 訂正有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書の訂正報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の2第1項
     【提出先】                   東海財務局長
     【提出日】                   2022年8月12日
     【事業年度】                   第25期(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)
     【会社名】                   株式会社 ディー・ディー・エス
     【英訳名】                   DDS,Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締社長  久保 統義
     【本店の所在の場所】                   愛知県名古屋市中区丸の内三丁目6番41号
     【電話番号】                   (052)955-6600(代表)
     【事務連絡者氏名】                   経営管理部      部長 小野寺 光広
     【最寄りの連絡場所】                   愛知県名古屋市中区丸の内三丁目6番41号
     【電話番号】                   (052)955-6600(代表)
     【事務連絡者氏名】                   経営管理部      部長 小野寺 光広
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/87













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    1【有価証券報告書の訂正報告書の提出理由】
      当社は2022年5月12日付「2022年12月期第1四半期決算発表の延期及び第三者委員会設置に関するお知らせ」にてお
     知らせしましたとおり、新たな関連当事者及び関連当事者取引の事実を確認し、第三者委員会による調査を行いまし
     た。
      当該調査によって過年度における不適切な会計処理が判明したため、過去に提出した有価証券報告書及び四半期報告
     書に含まれる連結財務諸表及び財務諸表並びに四半期連結財務諸表に含まれる一連の会計処理を訂正することとなりま
     した。
      この訂正により、当社が令和2年3月30日に提出いたしました第25期(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31
     日)有価証券報告書の記載事項の一部に誤りがありましたので、これを訂正するため有価証券報告書の訂正報告書を提
     出するものであります。
      なお、訂正後の連結財務諸表及び財務諸表については、太陽有限責任監査法人の監査を受けております。
    2【訂正事項】

      第一部 企業情報
    3【訂正箇所】

      訂正箇所は___を付して表示しております。なお、訂正箇所が多数に及ぶことから、上記の訂正事項については、
     訂正後のみを記載しております。
                                 2/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
            回次            第21期       第22期        第23期       第24期        第25期
           決算年月            平成27年12月       平成28年12月        平成29年12月       平成30年12月        令和元年12月

                               1,064,583         883,542        726,923      1,034,953
     売上高             (千円)       605,655
                               △191,943        △180,875       △557,623        △448,970
     経常利益又は経常損失(△)             (千円)      △513,160
     親会社株主に帰属する当期
                               △197,858        △193,801      △1,151,095         △154,933
     純利益又は親会社株主に帰             (千円)      △550,100
     属する当期純損失(△)
                               △186,706        △234,786      △1,130,741         △140,661
     包括利益             (千円)      △527,560
                               1,297,406        1,317,456       △982,622         891,634
     純資産額             (千円)      1,354,602
                               1,811,937        1,813,765       1,367,344        1,379,283
     総資産額             (千円)      2,179,862
                                 30.29       30.66        22.06       21.07
     1株当たり純資産額             (円)        33.67
     1株当たり当期純利益又は
                                 △5.41       △5.11       △28.59        △3.71
                  (円)       △15.70
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                   -                       -
                  (円)         -               -       -
     当期純利益
                                  62.3       65.4        66.8       63.8
     自己資本比率             (%)        55.4
                                  17.0      △16.9        △98.4       △13.56
     自己資本利益率             (%)       △39.7
                                 △73.6                      △94.01
     株価収益率             (倍)         -               -       -
     営業活動によるキャッ
                               △119,738         40,941      △269,122        △100,696
                  (千円)      △806,465
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                                424,978      △112,544       △275,330        △374,801
                  (千円)        75,158
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                  (千円)       382,568      △162,692         231,868        798,050       123,556
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                                250,113       329,032        585,470       230,979
                  (千円)       107,264
     残高
     従業員数                       41       45        49       48        56
                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      (15)       (15)        (14)       (13)        (11)
     (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.第21期、第23期及び第24期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存在するも
           のの1株当たり当期純損失金額であるため記載しておりません。
         3.第21期、第23期及び第24期の株価収益率については、親会社株主に帰属する当期純損失であるため記載して
           おりません。
         4.株価収益率の算定には、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を用いております。
                                 3/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
            回次            第21期       第22期        第23期       第24期        第25期
           決算年月            平成27年12月       平成28年12月        平成29年12月       平成30年12月        令和元年12月

                               1,058,440         883,407        722,587      1,021,827
     売上高             (千円)       605,655
     経常利益又は経常損失
                               △154,154        △223,005         540,453      △413,160
                  (千円)      △488,821
     (△)
     当期純利益又は当期純損失
                               △160,069        △237,306      △1,135,137         △119,055
                  (千円)      △525,761
     (△)
     資本金             (千円)      2,869,536       2,923,331        3,069,358       3,497,252         763,842
     発行済株式総数             (株)     35,859,300       37,255,300        38,708,300       41,409,300        41,790,300

                               1,319,442        1,336,610         991,825       929,216
     純資産額             (千円)      1,358,360
                               1,319,442        1,336,610         991,825      1,319,883
     総資産額             (千円)      2,165,258
                                 30.75        31.0       22.05       21.97
     1株当たり純資産額             (円)        33.78
     1株当たり配当額                       -       -        -       -        -

                  (円)
     (うち1株当たり中間配当
                           (-)       (-)        (-)       (-)        (-)
     額)
     1株当たり当期純利益又は
                                 △4.38       △6.25        △28.2       △2.86
                  (円)       △15.01
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                                   -                       -
                  (円)         -               -       -
     当期純利益金額
                                  63.5       67.2        70.1       70.0
     自己資本比率             (%)        55.9
                                 △13.6       △20.2       △107.4         13.0
     自己資本利益率             (%)       △37.8
                                △90.97                      △122.34
     株価収益率             (倍)         -               -       -
     配当性向             (%)         -       -        -       -        -

     従業員数                       40       44        47       46        54

                  (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                      (15)       (15)        (14)       (13)        (11)
     株主総利回り             (%)        71.4        62.8       106.7        48.9       58.6

     (比較指標:東証マザーズ
                  (%)        (97.5)       (103.6)       (135.4)        (89.3)       (98.7)
     指数)
     最高株価             (円)         865       468      1,396         728        421
     最低株価             (円)         320       254        373       243        306

     (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.第21期、第23期及び第24期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの
           1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         3.第21期、第23期及び第24期の株価収益率については、当期純損失であるため記載しておりません。
         4.株価収益率の算定には、潜在株式調整後1株当たり当期純利益を用いております。
         5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(マザーズ)におけるものであります。
                                 4/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【沿革】
       年月                            事項
             組込み系ソフトウェア受託開発(現受託開発事業)を主たる事業として有限会社ディー・ディー・
     平成   7年  9月
             エス設立。名古屋市中川区のベンチャー支援施設「名古屋ビジネスインキュベータ」に入居。
     平成   9年  2月   (財)京都高度技術研究所と地理情報システム関連の共同研究を始める。
     平成10年     1月   株式会社ディー・ディー・エスに組織変更。資本金1000万円となる。
     平成10年     4月   愛知県立大学畑研究室、名古屋工業大学内匠研究室と高次元トーラス結び目符号による「誤り訂正
             技術」に関する共同研究を開始。
             旧通産省管轄の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から「デジタル情報系における高性
     平成10年     9月
             能誤り訂正技術の半導体化」に関する委託研究を受託。
             中部大学梅崎研究室とニューラルネットワーク・音声/画像認識技術による応用製品の共同研究を
     平成10年10月
             開始。
             東京大学先端科学技術研究センター安田研究室の主導する超々高速高機能通信網(テラビット・
     平成11年     1月
             スープラネット)産学協同開発プロジェクト(情報処理推進機構:IPA)に参加。
     平成11年     2月   技術移転会社「梅テック有限会社」を中部大学梅崎教授と共同出資にて設立。
     平成11年12月        資本金2000万円となる。
     平成12年     9月   第2回自動認識総合展に指紋認証ソリューション「UB-safe」を出展、販売する。
     平成13年     1月   経済産業省から新事業創出促進法認定企業の認定を受ける。
     平成13年     3月   資本金4000万円となる。
             自社開発の特定用途向け半導体「誤り訂正コーデック」がLSIデザイン・オブ・ザ・イヤー2001にお
     平成13年     6月
             いてデバイス部門優秀賞を受賞。
     平成13年     7月   べンチャーキャピタル等に対し第三者割当増資実施。資本金1億5000万円となる。
     平成14年     6月   東京大学生産技術研究所橋本研究室とインテリジェントスペースに関する共同研究を開始。
     平成14年     9月   東京都千代田区に営業及び開発の拠点として東京オフィスを開設。
     平成14年10月        オウル大学松本研究室(フィンランド)と次世代誤り訂正技術に関する共同研究を開始。
     平成16年     4月   アドバンストプロダクツ事業とエンジニアリング事業の2事業体制に分け、業務拡大を図る。
     平成17年     3月   資本金2億5400万円となる。
     平成17年     5月   本社を名古屋市中川区尾頭橋より名古屋市中村区名駅南へ移転。
     平成17年11月        東京証券取引所マザーズに株式を上場。公募増資により資本金8億8512万円となる。
     平成17年12月        第三者割当増資により資本金9億5525万円となる。
     平成18年     1月   組織変更により、バイオメトリクス事業と戦略事業の2事業本部制とする。
     平成18年     2月   韓国ソウル市に100%子会社、DDS                Korea,    Inc.   を設立。
     平成18年     3月   SuperPix     Micro   Technology      Ltd.(英国領バージンアイランド)の普通株式の6%を取得。
     平成18年     5月   USBメモリ指紋認証ユニット、「UBF-mini」を発表。
             東京大学先端科学技術センター、株式会社ソルコムと三者共同で「匿名による電子商取引を行うた
     平成18年     6月
             めの認証アルゴリズム」を開発。
     平成18年     7月   普通株式1株を3株に分割。
             車載用ワンセグチューナーの製品化及び生産開始。
     平成18年11月
             DigitalSecu      Co.,Ltd.(韓国)の普通株式18%の取得と業務提携の実施。
     平成19年     2月   Mobim   Technologies       Co.(ケイマン諸島)の株式5.15%を取得。
     平成19年     3月   株式会社ブライセンの株式1.65%を取得。
     平成19年     4月   マイクロソフト株式会社のゴールドパートナーに認定。
     平成19年     4月   複合認証プラットフォーム、「EVE」シリーズを発表。
     平成19年     7月   株式会社インテリジェント ウェイブと情報漏洩対策ソリューションで販売提携。
             美和ロック株式会社、名古屋大学大学院福田研究室と「次世代ドアロックセキュリティシステム」
     平成19年     8月
             の開発に着手。
     平成20年     1月   新世代指紋認証技術「ハイブリッド指紋認証方式」を開発。
     平成20年     2月   中国香港特別区に100%子会社、DDS                 Hong   Kong,Ltd.を設立。
     平成20年     5月   中国上海市に100%子会社、DDS               Shanghai     Technology,Inc.を設立。
             「周波数解析法を用いた生体認証装置の開発」により、第6回産学官連携功労者表彰において科学技
     平成20年     6月
             術政策担当大臣賞を受賞。
     平成20年10月        指紋認証ソリューション「EVE              FA」がITセキュリティ国際基準となるCC認証を取得。
     平成20年12月        周波数解析による指紋照合アルゴリズムに関する原理特許を国内で取得。
                                 5/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
       年月                            事項
     平成21年     6月   本社を名古屋市中村区名駅南から名古屋市西区名駅へ移転。
     平成21年     7月   第三者割当による新株発行と第2回新株予約権発行を実施。
     平成21年11月        第三者割当による新株発行を実施、資本金13億527万円となる。
     平成22年     3月   東京オフィスを東京都千代田区から東京都中央区へ移転。
     平成22年     4月   第三者割当による新株発行を実施、資本金13億4527万円となる。
     平成22年12月        第三者割当による新株発行を実施、資本金17億1472万円となる。
     平成24年     1月   本社を名古屋市西区名駅から名古屋市中区丸の内へ移転。
     平成24年10月        第三者割当による新株発行を実施、資本金17億9521万円となる。
     平成25年     2月   周波数解析による指紋照合アルゴリズムに関する原理特許を米国で取得。
     平成25年     9月   第三者割当による新株発行を実施、資本金21億9193万円となる。
     平成25年     12月   新世代指紋認証技術「ハイブリッド指紋認証方式」の特許を国内で取得。
     平成26年     1月   1:100の株式分割を実施し、100株を1単元とする単位株制度を採用。
     平成26年     1月   第三者割当による新株発行を実施、資本金21億9985万円となる。
     平成26年     4月   東京オフィスを東京都中央区日本橋から東京都中央区八重洲へ移転。
     平成26年     4月   FIDO   Allianceに加盟。
     平成26年     4月   第三者割当による新株発行を実施、資本金27億8537万円となる。
     平成27年     5月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金28億6953万円となる。
     平成28年     2月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金28億7724万円となる。
     平成28年     6月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金28億8479万円となる。
     平成28年7月        ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金29億1562万円となる。
     平成28年     12月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金29億2333万円となる。
     平成29年     1月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金29億3088万円となる。
     平成29年     2月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金29億3843万円となる。
     平成29年     8月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金29億4596万円となる。
     平成29年     9月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金30億6935万円となる。
     平成30年     2月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金32億3381万円となる。
     平成30年9月        第8回新株予約権発行および権利行使による新株発行を実施し、資本金34億3720万円となる。
     平成30年10月        第8回新株予約権権利行使による新株発行を実施、資本金34億6625万円となる。
     平成30年11月        第8回新株予約権権利行使による新株発行を実施、資本金34億9725万円となる。
     平成31年     2月   ストックオプションの権利行使による新株発行を実施、資本金35億1218万円となる。
     平成31年     4月   減資により資本金7億1347万円となる。
     令和元年     8月   第8回新株予約権権利行使による新株発行を実施、資本金7億2510万円となる。
     令和元年     9月   第8回新株予約権権利行使による新株発行を実施、資本金7億6384万円となる。
     令和元年10月        米国カリフォルニア州に100%子会社、DIGITAL                      DEVELOPMENT      SYSTEMS,Inc.を設立。
                                 6/87









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【事業の内容】
      当社グループは、当社(株式会社ディー・ディー・エス)及び子会社2社(DDS                                      Korea,Inc.及びDIGITAL
     DEVELOPMENT      SYSTEMS,Inc.)で構成されており、指紋認証機器(UBFシリーズ)の設計、開発、生産、販売を主たる事業
     としております。生産については、ファブレス企業であり、日本及び台湾及び中国のEMS(Electric                                              Manufacturing
     Service)に生産委託を行っており、当社は生産管理、品質管理を行っております。
      当社グループの状況を事業系統図に示すと次のとおりです。
                                 7/87



















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                        議決権の所有割合
                         資本金
         名称         住所            主要な事業の内容         又は被所有割合            関係内容
                        (百万円)
                                          (%)
     (連結子会社)

                                                 当社製品を韓国国内
                              韓国における当社
                                                 で販売している。
               大韓民国ソウル               製品の開発、生産
     DDS  Korea,Inc.
                           61                 100.00
               市               管理、販売、バイ
                                                 資金援助及び役員の
                              オメトリクス事業
                                                 兼任等あり。
     5【従業員の状況】

      (1)連結会社の状況
                      令和元年12月31日現在
               従業員数(人)
                     56     (11)

     (注)1.従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を(                                      )外数で記載しています。
        2.当社グループは単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けて記載しておりません。
      (2)提出会社の状況

                                                 令和元年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
            54    (11)            42.2          6年  3ヶ月                6,540

     (注)1.従業員数は、就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を(                                      )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.当社は単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付けて記載しておりません。
      (3)労働組合の状況

         労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 8/87










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
     (1)会社の経営の基本方針
       当社は、産学連携により培われた生体認証技術をもとに、"バイバイパスワードカンパニー"として、世の中に氾濫
      するパスワードに関するトラブルやシステム課題を解決してまいります。また継続的・発展的な研究開発を推進し、
      広く生体認証技術の普及を目指した国際標準であるFIDO規格に準拠した製品の開発・販売を通じて、パスワードを使
      わない「いつでもどこでもカンタン」な本人確認による、便利かつ効率的で安全・安心な社会実現に貢献してまいり
      ます。
     (2)目標とする経営指標
       当社は、情報セキュリティ事業の更なる拡大を目標とし、かかるコア事業を中心に経常利益率といった事業の収益
      性を重視した事業運営に注力してまいります。
     (3)中長期的な会社の経営戦略
       当社が属する情報セキュリティ市場は外部環境要因の変遷が早く、特に当社のメイン市場である生体認証市場につ
      いては、指紋認証機能搭載スマートフォンの発売およびウェブサービス上での本人確認手段としての利用を契機に急
      速に変化しております。
       当社は10数年来指紋認証事業を行ってきた蓄積を活かし、市場ニーズにあった要素技術の発掘と実用化のため国内
      外機関とのアライアンスを通じた新製品の投入、販売からサービス課金への収益モデルの変更などの新事業の推進、
      他社製品との連携により付加価値を高めた製品販売、マイナンバー制度に対応する新規製品の開発・販売、さらにこ
      れらの活動を支える管理体制の強化、適時開示体制の構築や日本版SOX法に対応する内部統制組織の構築とコーポ
      レート・ガバナンスの強化を中長期的な経営戦略として捉え、それらを総合的に達成する新しい組織体制の構築を
      行ってまいります。
     (4)会社の対処すべき課題
      ①収益の安定化
       バイオ事業については、セキュリティ対策として自治体をはじめとした官公庁ならびに民間企業での採用の増加
      が見込まれること、および、PC入れ替え需要に伴う引き合いも活発化していることから、市場環境は、拡大基調に
      あるものと認識しております。それらに対し数年来構築してきた代理店網を活用し、売上増加を実現させていきま
      す。
       マガタマ・FIDO事業については、FIDO2の普及に合わせた形でバイオ事業同様に販売代理店網を活用し、また、
      当分野における高度人材の採用、ノックノックラブズ社(NNL社)との提携強化や新たなアライアンスを積極的に実施
      していきます。
       アルゴリズム事業については、海外センサーメーカー経由で市場投入を行い、売上拡大に貢献させていきます。
       また、ブロックチェーン関連事業については、本人確認手段としての生体認証の利用増加にあわせてアライアンス
      強化による当社事業との融合を行い、早期段階での売上貢献を実現させていきます。
       上記のとおり売上を拡大させ、ここ数年進めてきた費用の見直しを持続していくことにより、収益安定化を目指し
      ます。
      ②ライセンスビジネスなどの新規事業の推進
       当社は情報セキュリティ業界のリーディングカンパニーとしてパスワードに変わる新しいユーザーの認証方法とし
      ての指紋認証を市場に浸透させることに注力しております。従来の自社開発製品事業の主力製品である大企業・官公
      庁向け指紋認証セキュリティシステムの販売に引き続き注力するとともに、当社独自の指紋認証のアルゴリズムであ
      る「ハイブリッド指紋認証方式」を採用した、広範な生体認証関連製品のラインナップを充実します。従来事業に加
      えて今後発売される国内外の各メーカーのスマートフォン・タブレット型PC・パソコンなどの情報端末に当社の指紋
      認証ソフトウェアの使用権許諾を行うライセンスビジネスを推進してまいります。特に成長著しいクラウドコン
      ピューティングやスマートフォンやタブレット端末に代表される端末機器メーカの開拓に注力してまいります。さら
      に、様々な情報機器において指紋認証を利用できるFIDO準拠の自社製品・サービスである"magatama"プラットフォー
      ムの提供を開始し、ネットワーク社会における本人認証インフラとしての普及を目指します。
      ③FIDO規格の普及
       FIDO    Alliance(      Fast   Identity     Online    )は、生体認証をはじめとしたオンラインにおける安全な認証の世界標
      準の提唱と啓蒙を行う国際的な非営利団体です。当社は、FIDOのデファクトスタンダード化の可能性を先取りし、日
      本初のFIDO加盟企業となりました。またFIDOの創業時からの中核的加盟企業である米国のNNL社と業務提携を行いま
      した。
       情報システムのクラウド化やサービス化が進むことなどにより、利用者が管理するパスワードの数が飛躍的に増加
      し、日常的な使用の限界を迎えつつあります。FIDO規格はパスワード使用を生体認証とPKI認証に置き換えることで
      利用者の安全性、利便性を両立させることを目的とした標準化を目指しており、当社はNNL社及びその他のFIDO加盟
      企業とも連携してFIDO準拠製品を国内外で販売していくことで当社技術・製品・サービスの市場拡大と普及に繋げて
      まいります。
                                 9/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      ④研究開発の推進

       当社は産学連携ベンチャーの草分け的存在として、創業以来大学との共同研究により技術的競争力のある製品を生
      み出してまいりました。生体認証市場において、当社は長年の蓄積があり、現状技術的に優位な立場にあると認識し
      ておりますが、本格的な普及期に入り、他社参入により競争が激化する可能性も十分に想定されます。これまで継続
      的に名古屋工業大学、東京大学等の各校との共同研究を進めて参りました。引き続き他の追随を許さないレベルの技
      術を確立すべく、積極的な研究開発を行ってまいります。
     (5)株式会社の支配に関する基本方針
       当社は、平成20年2月に「当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針」を策定いた
      しました。安定的かつ持続的な企業価値の向上が当社の経営にとって最優先の課題と考え、その実現に日々努めてお
      ります。従いまして、当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の経営理念、企業価値のさま
      ざまな源泉、当社を支えるステークホルダーとの信頼関係を充分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益
      を中長期的に確保、向上させる者でなければならないと考えております。
       上場会社である当社の株式は、株主、投資家の皆様による自由な取引が認められており、当社の株式に対する大規
      模買付提案又はこれに類似する行為があった場合においても、企業価値ひいては株主共同の利益に資するものであれ
      ば、当社といたしましては、一概にこれを否定するものではなく、最終的には株主全体の意思により判断されるべき
      ものと考えております。
       しかしながら、近時、わが国の資本市場においては、対象となる企業の経営陣の賛同を得ずに、一方的に大規模買
      付提案又はこれに類似する行為を強行する動きが顕在化しております。こうした大規模買付の中には、その目的など
      からみて企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要する
      恐れがあるもの、対象企業の取締役会や株主が大規模買付の内容などについて検討し、あるいは対象会社の取締役会
      が代替案を提案するための充分な時間や情報を提供しないもの、対象会社が買付者の提示した条件よりも有利な条件
      をもたらすために買付者との交渉を必要とするものなど、対象会社の企業価値ひいては株主共同の利益に資さないも
      のも少なくありません。
       当社は、当社株式に対してこのような大規模な買付行為などを行う者は、例外的に当社の財務及び事業の方針の決
      定を支配する者として適切でないと考えております。
     2【事業等のリスク】

      当社グループの経営成績、財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクは以下のようなものがあります。
     なお、本項に記載した将来に関する事項は、本有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであ
    り、将来に対する不確実性、あるいはリスクを含んでいるため、実際に生じる結果と大きく異なる可能性があります。
    ①事業環境に関するリスク
    イ.インターネットの普及について
     当社が行っているマガタマ事業は、SaaS形態で提供するサービスであり、インターネットを利用する顧客を対象として
    おります。しかし、利用料金の改定を含む通信事業者の動向、新たな法的規制の導入など、当社グループの予期せぬ要因
    によりインターネット利用環境が現状より改悪される場合、サービスの質や利便性の低下に繋がる可能性があり、これら
    を維持改善するためのコストが増加し、業績に影響を及ぼす可能性があります。
    ロ.法的規制・制度の新設・改定等による影響について
     現在、当社が営む指紋認証システムの販売やインターネットを利用して提供するサービスに関連した規制法令等はあり
    ませんが、今後、インターネットの利用者や関連するサービス及び事業者を規制対象とする法令等の制定や、既存の法令
    等の適用、あるいは何らかの自主的なルールの制定等が行われた場合、当社グループの事業が制約され、業績に影響を及
    ぼす可能性があります。
    ハ.技術革新について
     指紋認証をはじめとした生体認証技術に関連する分野は、近年市場が急拡大しており大手企業をはじめ様々な企業が参
    入を検討している分野です。当社は、こうした技術革新への変化に対応するべく、積極的に最新情報の蓄積、分析及び当
    社のサービスへの導入に取り組んでおります。しかしながら、技術革新において当社が予期しない急激な変化があり、対
    応が遅れた場合には、当社の技術およびサービスの陳腐化や競争力の低下を引き起こし、業績に影響を及ぼす可能性があ
    ります。
    ニ.生体認証に関する研究開発について
     当社は、長期に亘り生体認証、特に指紋認証に関する研究開発を行っております。研究開発が予定どおりに進行せず遅
    延したり、事業環境の急変や想定外の事態の発生等により、開発の中断・中止又は想定以上の開発費が発生した場合、業
    績にその影響を及ぼす可能性があります。
    ホ.需要の変動について
     当社グループの顧客は、官公庁、地方自治体および金融、医療、文教業界などの事業会社および各種法人、団体が中心
    です。マイナンバー制度の施行を受け、現在中央省庁や業界団体などからセキュリティ強化に関するガイドラインが発表
    され、需要拡大が見込まれております。これらの顧客が属する業界において、何らかの法制度等の変更、景気変動があっ
                                10/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    た場合、あるいは顧客の方針変更(例:セキュリティ予算の縮小等)があった場合には、当社グループが提供するサービ
    スへの需要が大きく変動する場合があり、業績に影響を及ぼす可能性があります。
    ヘ.競合と参入障壁について
     生体認証業界は、1980年初頭に初の商用システムが開発されて以来、30年以上の歴史を持つ業界です。指紋認証におい
    ては、これまで大手企業、大学発ベンチャーなどさまざまな企業が参入しましたが、現在ではそのほとんどが撤退してお
    ります。パスワードに変わる認証分野では指紋認証以外では静脈認証や、顔認証などの導入も進んでおります。当社は独
    自の認証アルゴリズム方式により、指紋認証の従来の問題点を解決することに成功し、継続して指紋認証を提供し続けて
    きております。
     スマートフォンへの指紋認証搭載を契機に、コンパクトでコスト的に優位な生体認証方式として指紋認証があらためて
    注目されております。その中で認証精度や偽造対策の問題を改善した当社の製品は現時点では総合的な観点で競争力が高
    いと考えております。
     大量の実証データによる検証の必要性、認証精度の向上や導入実績、販売価格などにより業界参入障壁は決して低いと
    は考えておりませんが、海外企業も含め、圧倒的な認証率、低価格の製品を提供する会社が出てきた場合には、業績に影
    響を及ぼす可能性があります。
    ト.為替変動等の影響について
     当社は、韓国子会社への貸付をはじめ、複数の海外債権を有しております。為替レートが大きく変動した場合、業績及
    び財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ②事業内容に関するリスク

    イ.製品の欠陥について
     当社は、徹底した品質管理基準のもと製造を行っておりますが、将来にわたり、全ての製品において欠陥やリコールが
    ないという保証はありません。大規模なリコールにつながる製品の欠陥は、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性が
    あります。
    ロ.マガタマ事業の瑕疵・過失について
     当社グループが行っているマガタマ事業は、インターネット上でのサービス提供を行っております。顧客企業のサービ
    ス提供の入口となる認証部分を担っているため、想定外の要因によりサービスが中断したことが原因で認証が出来ずに
    サービス提供が中断することとなり、顧客に重大な損害を発生させてしまう可能性があります。
     バックアップ体制も含めサービスの安定供給のために適切なセキュリティ対策を施し、中断が起こらないような体制を
    構築しておりますが、今後、ハードウェア・ソフトウェアの不具合、人為的なミス、コンピューターウィルス、第三者に
    よるサイバー攻撃、自然災害等の予期せぬ事象が発生し、想定していないシステム障害等が発生し、当社グループが提供
    するサービスが原因で顧客に何らかの重大な損害が発生した場合には、賠償金の支払い、信用低下により、業績及び財務
    状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ハ.販売価格の下落について
     当社の主力製品であるEVEシリーズおよびUBFシリーズに関しては、類似製品を取り扱う他社との競合や大口顧客からの
    要請等により、販売価格が下落する可能性があります。販売価格の下落幅や下落スピードが当社の予想を超えて進行する
    場合には、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ニ.生産体制について
     当社の主力製品であるUBFシリーズについては、中国および台湾の企業に生産を委託しております。何らかの理由で生
    産が出来なくなった場合に備えて一定程度の在庫の確保と、国内での生産手段の確保を行っておりますが、当社の想定を
    超える注文量の増加と中国および台湾との外交政策、税制など変更が重なった場合、生産コストの増加もしくは、生産自
    体が間に合わないなどの事態が発生し業績及び財政状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ③事業運営体制に関するリスク

    イ.小規模組織であることについて
     当社グループは、有価証券報告書提出日現在において、従業員67人(臨時従業員11人を含む)と小規模組織となってお
    り、内部管理体制もこの規模に応じたものとなっております。当社グループは今後の業容拡大に対応するため、人員の増
    強及び内部管理体制の一層の充実を経営上の重要な課題と位置づけて取り組んでおりますが、人材の拡充が予定どおり進
    まなかった場合、又は人材の社外流出があった場合は、業務執行体制や内部管理体制が有効に機能しなくなり、当社グ
    ループの事業展開に支障が生じ、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ロ.人材の確保等について
     当社グループは、開発部門、研究部門、営業部門、海外部門等における優秀な人材の確保を重要な経営課題の一つと認
    識しており、積極的に採用活動を行い、全役職員が最大限の能力を発揮できる組織体制づくり等に取り組んでおります。
    しかしながら、これらの施策により優秀な人材を確保・維持できなかった場合等には、当社グループにおいて新製品の開
    発の遅れ、販売戦略の見直し、提供しているサービスの質の低下等により、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ④コンプライアンスに関するリスク
    イ.個人情報の保護について
                                11/87

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     当社グループでは、基本的に顧客の指紋データは保持しておりませんが、研究用に多数の指紋情報を保有しておりま
    す。また、展示会等で収集した大量の名刺データも保有しております。当社グループでは、個人情報をシステムで管理し
    て おり、これらの情報へのアクセスは職位及び業務内容により制約されております。また、当社グループではプライバ
    シーマーク(プライバシーマークとは、日本工業規格「JIS                            Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に
    適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定する制度)を取得しており、情
    報管理規程の策定・運用、全役職員を対象に定期的な研修等による教育を実施するなど、個人情報の保護に努めておりま
    す。しかし、不測の事態の発生により、当社グループの保有する個人情報が外部に漏洩した場合には、損害賠償等の補償
    や信用低下等により、業績に悪影響を及ぼす可能性があります。
    ロ.コンプライアンスについて
     当社グループでは、コンプライアンス体制が有効に機能していることが極めて重要であると認識しております。そのた
    め「コンプライアンス管理規程」を策定し、全役職員を対象に「行動規範」の周知徹底に努めております。
     また、代表取締役CEOを委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、コンプライアンス体制の強化に取り組ん
    でおります。しかし、これらの取り組みにもかかわらず、コンプライアンス上のリスクを完全に排除することは困難であ
    り、今後の当社グループの事業運営に関して法令等に抵触する事態が発生した場合、当社グループの企業価値が毀損し、
    事業継続及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
    ハ.第三者との係争について
     当社グループは、法令遵守を基本としたコンプライアンス活動の推進により、法令違反、情報漏洩、知的財産侵害等を
    防止し、法改正等への適切な対応、契約行為が及ぼす法的効果の充分な検討を行うことで、訴訟に発展するリスクを排除
    するよう努めております。しかしながら、何らかの予期せぬ事象により、法令違反等の有無に関わらず、顧客や取引先、
    第三者との予期せぬトラブルが訴訟等に発展する可能性があります。訴訟の内容及び結果によっては、多大な訴訟対応費
    用の発生や信用低下等により、当社グループの事業継続及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
    ⑤その他のリスク

    イ.新株予約権について
     当社グループでは、株主価値の向上を意識した経営の推進を図るとともに、役職員の業績向上に対する意欲や意識を一
    層高めることを目的として、当社役員及び従業員並びに社外部協力者に対して新株予約権を付与しております。
    発表日現在、新株予約権による潜在株式数は2,660,000株であり、発行済株式総数41,790,300株の6.4%に相当しておりま
    す。これらの新株予約権が権利行使された場合は、1株当たりの株式価値が希薄化する可能性があり、将来における株価
    形成へ影響を及ぼす可能性があります。
    ロ.自然災害について
     地震や津波、台風等の自然災害、感染症の蔓延、事故、火災、テロ、戦争等により人的・物的な被害が生じた場合、あ
    るいはそれらの自然災害及び事故等に起因する電力・ガス・水道・交通網の遮断等により、正常な事業活動が阻害された
    場合、業績に影響を及ぼす可能性があります。
    ⑦継続企業の前提に関する重要事象等について

     当社グループは、営業損失を継続して計上しており、当連結会計年度においては営業損失356,424千円、経常損失
    448,970千円、親会社株主に帰属する当期純損失154,933千円を計上しております。財務基盤も盤石とはいえず、不測の事
    態が発生すれば継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在します。
     このため、当社グループは安定的な黒字基盤を確立し健全な財務体質を確保することを最優先課題として、以下に示す
    3つの施策を積極的に推進し、当社グループにおける経営基盤の強化を進めて参ります。
    ●コーポレート・ガバナンスの充実
     社外取締役の比率向上や、任意の指名委員会、報酬委員会の設置などを検討し、一部の者への権限集中を避け正しい判
    断を行う環境を整備することにより、投資効果を引き上げます。
     また、役員や社員へのコンプライアンス、ガバナンス教育を徹底し、規律ある業務遂行を徹底し業務効率の向上を目指
    します。
    ●投資に対する費用対効果の検証徹底
     新たな投資や、費用が大きい投資について定期的に、得られる売上や利益が十分なものであるかを検証します。
     それにより、無駄な投資を素早く止めることができるだけでなく、収益の可能性についても検証し収益の向上に向け効
    果を出して参ります。
    ●既存事業の再構築と関連商材強化
     既存事業は安定した収益を得ておりますが、コンプライアンス、ガバナンスについて再検討いたします。
     また、多数の優良顧客に恵まれている環境にありますので、従来通り顧客満足度を維持するとともに、お客様のニーズ
    に合った関連製品の販売も検討して行きます。
     既に、ID管理ソリューションや、ログ統合ソリューションなど実績も出てきております。アライアンスメーカー様とと
    もにそれを進めて参ります。
     上記の施策により、収益基盤を確保し経営の安定化を図り、当該状況が解消されると判断しております。そのため、業
    績の安定化は経済環境等の影響を受け、計画通りに進捗しない可能性があるものの、現時点では継続企業の前提に関する
    重要な不確実性は認められないと判断しております。
                                12/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      経営成績等の概要
      経営成績
       当連結会計年度におけるわが国経済は、米中間の貿易摩擦等による緊張や、自然災害による生産停止、日韓関係悪
      化によるインバウンドの低迷など、不安定要素が多くあったものの高水準な企業収益は弱含みながら持続しました。
       当社の主たる事業領域である情報セキュリティ業界においては、サイバー攻撃による情報漏えい事故やキャッシュ
      レス決済の不正利用が、国内外で発生し、官公庁、企業サイドや個人を含めた社会全体で情報セキュリティ対策に対
      する関心は高まっており、また、ネット販売、ウェブサービスの利用者増加に伴い、利用者サイドにおいては、パス
      ワードにとってかわる、より安全かつより簡単な本人確認に対するニーズが拡大してきております。
       製品面においては、我が国が普及に努めている「マイナンバーカード対応」、今後文教市場において不可欠なデバ
      イスに位置付けられている「Chromebook対応」を行い、多くの引き合いをいただきました。
       販売面においては、案件開拓力向上のため、製品連携やSIerのソリューションとして当社製品が採用されるよう他
      社との連携を推進し、従来から行ってきた展示会出展やセミナーへの参加による販売促進活動においても、パート
      ナー企業との共同出展や、パートナー企業に当社製品を出展いただくなどの活動を強化、継続しております。
       このような環境のなか、当社の主力事業であるクライアント・サーバーシステムEVEシリーズ・万能認証基盤
      Themisと指紋認証機器UBFシリーズを中心にしたバイオ事業については、改正個人情報保護法による各府省からのガ
      イドラインに従った官公庁・自治体に加え、社会インフラを支える公的な企業から大規模案件を多数受注し概ね計画
      通りに推移しました。
       マガタマ・FIDO事業については、ios版SafariのFIDO2対応の遅れにより普及が遅れ来年初頭より急速に普及が予想
      されるものの、当連結会計年度は試験導入に留まりましたが、計画からの大きなブレは無く推移しました。さらに、
      株式会社ランシステム(本社:東京都豊島区、代表取締役社長                             日高   大輔、以下      ランシステム)が展開する「セル
      フ店舗システム」に採用され、人手不足や人件費高騰の中大きな注目を受け、来年度への大きな布石となりました。
       アルゴリズム事業については、海外センサーメーカーへのスマートフォンメーカー向けの商談を18年度に受注しま
      した。当連結会計年度は技術革新によるニーズが大きく変化しましたが、それに追随し技術的な課題は解消され、
      Micrometrics       Technologies       Pte.   Ltd.(本社:シンガポール、Managing                  Director:Ying        Changwei、以下MMT)製
      「超薄型インディスプレイ光学式指紋センサー」に対応した指紋認証ライブラリをリリースし、機能面・価格面など
      競業優位性により非常に確度の高い商談を進めて来ました。しかしながら、最終段階まで来ていた受注が先送りにな
      り年度内での受注には今一歩届きませんでした。
       また、主に業務提携先への貸付金に対する貸倒引当金66百万円を営業外費用に、保有する投資有価証券の売却益
      240百万円を特別利益に計上いたしました。
       これらの結果、当連結会計年度の売上高は                    1,034   百万円(前期比       29.7%増    )となりました。損益面においては、販
      売費及び一般管理費は平成30年度12月期の主要取引先に対する売上にかかる売掛金について、その一部は回収してお
      りますが、保守的観点においてその一部70百万円を貸倒引当金に計上したことなどにより前期比                                            165  百万円増、営業
      損失  356  百万円(前期は営業損益           419  百万円)、経常損失         448  百万円(前期は経常損失           565  百万円)、親会社株主に帰属
      する当期純     損失154    百万円(前期は親会社株主に帰属する当期純損失                       1,159   百万円)となりました。
      生産、受注及び販売の実績

      (1)生産実績
      当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
             セグメントの名称                  (自 平成31年1月1日                 前年同期比(%)
                                至 令和元年12月31日)
     バイオメトリクス事業(千円)
                                    318,887                 95.2
             合計(千円)                       318,887                 95.2

     (注)1.当社グループは、バイオメトリクス事業の単一セグメントであります。
         2.上記の金額は、製造原価によっております。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)受注実績

      該当事項はありません。
                                13/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (3)販売実績

      当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                 当連結会計年度
             セグメントの名称                  (自 平成31年1月1日                 前年同期比(%)
                                至 令和元年12月31日)
     バイオメトリクス事業(千円)                              1,034,953                  70.2
                                   1,034,953                  70.2

              合計(千円)
     (注)1.当社グループは、バイオメトリクス事業の単一セグメントであります。
        2.前連結会計年度及び当連結会計年度の主要な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割
           合は、次のとおりであります。
                         前連結会計年度                    当連結会計年度

                       (自 平成30年1月1日                    (自 平成31年1月1日
                        至 平成30年12月31日)                    至 令和元年12月31日)
          相手先
                     金額(千円)           割合(%)          金額(千円)           割合(%)
     ダイワボウ情報システム株
                       125,267          17.3           109,802          18.5
     式会社
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析

       文中に記載した将来に関する事項は、本有価証券報告書提出日現在において当社グループの将来に関する見通し及
      び計画に基づいた将来予測であります。これらの将来予測には、リスクや不確定な要素などの要因が含まれており、
      実際の成果や業績等は、記載の見通しとは異なる可能性があります。
      (1)財政状態の分析
      (流動資産)
       当連結会計年度末の流動資産は、主として投資有価証券の売却による未収入金の増加(250百万円の増加)により
      前連結会計年度末に比べて            16 百万円(    1.8  %)増加し、      937  百万円となりました。この主な内訳は、現金及び預金                         230
      百万円、売掛金       146  百万円、製品      161  百万円であります。
      (固定資産)

       当連結会計年度末の固定資産は、主として関係会社株式の取得よる増加(32百万円の増加)により前連結会計年度
      末に比べて37百万円(9.5%)増加し、                  442  百万円となりました。この内訳は、有形固定資産277百万円、無形固定資
      産 24 百万円、投資その他の資産132百万円であります。
      (流動負債)

       当連結会計年度末の流動負債は、主として前受収益の増加(41百万円の増加)により前連結会計年度末に比べて
      147  百万円(    61.8  %)増加し、      385  百万円となりました。この主な内訳は、前受収益127百万円、未払法人税等10百万
      円、買掛金44百万円であります。
      (固定負債)

       当連結会計年度末の固定負債は、主として長期前受収益の減少(9百万円の減少)により、前連結会計年度末に比
      べて9百万円(8.7%)減少し、102百万円となりました。この主な内訳は、退職給付に係る負債29百万円、長期前受
      収益72百万円であります。
      (純資産)

       当連結会計年度末における純資産は、                  減資による資本金の減少           ( 2,733百万円の減少         )及び資本剰余金の         減少
      ( 2,823百万円の減少         )により、前連結会計年度末に比べて                 79 百万円(    12.3  %)  減少  し、  891  百万円となりました。
                                14/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)キャッシュ・フローの分析

       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ                                                352  百万円
      減少し、    230  百万円となりました。
       当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       売上債権の増加による減少             48 百万円などにより資金が減少し              100  百万円の支出(前年同期は            318  百万円の支出)とな
      りました。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資有価証券の取得による支出54百万円、貸付による支出66百万円などがあったため、                                         374  百万円の支出(前年同
      期は  227  百万円の支出)となりました。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       株式の発行による収入123百万円があったため、123百万円の収入(前年同期は                                     798  百万円の収入)となりました。
      (3)経営成績の分析

      (売上高)
       バイオ事業については、改正個人情報保護法による各府省からのガイドラインに従った官公庁・自治体に加え、社
      会インフラを支える公的な企業から大規模案件を多数受注し概ね計画通りに推移しました。
       マガタマ・FIDO事業については、ios版SafariのFIDO2対応の遅れにより普及が遅れ来年初頭より急速に普及が予想
      されるものの、当連結会計年度は試験導入に留まりましたが、計画からの大きなブレは無く推移しました。さらに、
      株式会社ランシステム(本社:東京都豊島区、代表取締役社長                             日高   大輔)が展開する「セルフ店舗システム」に採
      用され、人手不足や人件費高騰の中大きな注目を受け、来年度への大きな布石となりました。
       アルゴリズム事業については、海外センサーメーカーへのスマートフォンメーカー向けの商談を18年度に受注しま
      した。当連結会計年度は技術革新によるニーズが大きく変化しましたが、それに追随し技術的な課題は解消され、
      Micrometrics       Technologies       Pte.   Ltd.(本社:シンガポール、Managing                  Director:Ying        Changwei、以下MMT)製
      「超薄型インディスプレイ光学式指紋センサー」に対応した指紋認証ライブラリをリリースし、機能面・価格面など
      競業優位性により非常に確度の高い商談を進めて来ました。しかしながら、最終段階まで来ていた受注が先送りにな
      り年度内での受注には今一歩届きませんでした。
        これらの結果、当連結会計年度は、売上高は                       1,034,953     千円(前連結会計年度比           70.2%増    )となりました。
       (売上総利益)

        売上高の増加により         、堅調な粗利率を維持し、            599,352    千円(前連結会計年度比           67.3%減    )となりました。
       (営業利益)

        販売費および一般管理費は、             955,973    千円(前連結会計年度比           42.8%   増)となり、営業損失は           356,424    千円(前連結
      会計年度は、営業損失          416,563    千円)となりました。
       (経常利益)

        業務提携先への貸付金に対する貸倒引当金ならびに韓国子会社への貸付金などに対する為替差損の発生による営
       業外費用     96,155   千円の影響により、経常損失             448,970    千円(前連結会計年度は、経常損失                561,888    千円)となりまし
       た。
      (親会社株主に帰属する当期純利益)

        親会社株主に帰属する当期純損失154,933                   千円(前連結会計年度は、親会社株主に帰属する当期純損失                            1,156,641     千
      円)となりました。
        (継続企業の前提に関する重要事象等について)

        当社グループは、営業損失を継続して計上しており、当連結会計年度においては営業損失356,424千円、経常損失
    448,970千円、親会社株主に帰属する当期純損失154,933千円を計上しております。財務基盤も盤石とはいえず、不測の事
    態が発生すれば継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が存在します。
     このため、当社グループは安定的な黒字基盤を確立し健全な財務体質を確保することを最優先課題として、以下に示す
    3つの施策を積極的に推進し、当社グループにおける経営基盤の強化を進めて参ります。
    ●コーポレート・ガバナンスの充実

                                15/87

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     社外取締役の比率向上や、任意の指名委員会、報酬委員会の設置などを検討し、一部の者への権限集中を避け正しい判
    断を行う環境を整備することにより、投資効果を引き上げます。
     また、役員や社員へのコンプライアンス、ガバナンス教育を徹底し、規律ある業務遂行を徹底し業務効率の向上を目指
    します。
    ●投資に対する費用対効果の検証徹底
     新たな投資や、費用が大きい投資について定期的に、得られる売上や利益が十分なものであるかを検証します。
     それにより、無駄な投資を素早く止めることができるだけでなく、収益の可能性についても検証し収益の向上に向け効
    果を出して参ります。
    ●既存事業の再構築と関連商材強化
     既存事業は安定した収益を得ておりますが、コンプライアンス、ガバナンスについて再検討いたします。
     また、多数の優良顧客に恵まれている環境にありますので、従来通り顧客満足度を維持するとともに、お客様のニーズ
    に合った関連製品の販売も検討して行きます。
     既に、ID管理ソリューションや、ログ統合ソリューションなど実績も出てきております。アライアンスメーカー様とと
    もにそれを進めて参ります。
     上記の施策により、収益基盤を確保し経営の安定化を図り、当該状況が解消されると判断しております。そのため、業

    績の安定化は経済環境等の影響を受け、計画通りに進捗しない可能性があるものの、現時点では継続企業の前提に関する
    重要な不確実性は認められないと判断しております。
                                16/87















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
      契約相手先        契約の名称             契約の内容                    契約期間

              指紋認証技術に        両者が行う指紋認証技術の共同研究及び
                                         平成23年8月1日より平成24年3月末日
     梅崎太造         関するライセン        事業化に関するライセンス契約等を定め
                                         (更新条項あり)
              ス契約        た契約
                     指紋認証製品(EVE         FA/EVE    MA)の日本国
     エヌ・ティ・
                                         平成20年11月20日より平成21年3月31日
     ティ・コムウェア         販売代理店契約
                     内における販売代理権及び取次権を相手
                                         (更新条項あり)
     西日本株式会社
                     先に付与する契約
                     指紋認証分野におけるEMSとして秀でた生
     World   Wide   Touch
                     産技術力、コスト競争力を有する同社グ
                                         平成24年9月24日より平成25年12月31日
              事業提携契約        ループと共にコスト的、技術的に優れた
     Technology
                                         (更新条項あり)
                     製品の開発及び新たなビジネスモデルの
     (Holdings)Ltd.
                     構築を図る技術提携契約
                     NNL社の開発するソフトウェアの日本での
     Nok  Nok  Labs,Inc.
              事業提携契約                           期間の定めなし
                     販売活動を行う。
     5【研究開発活動】

       当社グループは研究開発活動として、中部大学大学院梅崎研究室、公益財団法人京都高度技術研究所などとの産学
      連携による技術移転に基づいた様々な研究開発を行っております。技術革新の激しい市場において、技術を維持向上
      させるために複数の研究テーマを継続的に取り組んでおります。
                  組込み技術        大学の技術

         DDSの研究開発        =        +
                  (基盤技術)        (要素技術)
       当連結会計年度における主な研究開発活動、研究成果及び研究開発費は次のとおりであります。なお、当連結会計

      年度の研究開発費の総額は120,761千円となっております。
       ①指紋認証アルゴリズム、及び多要素認証基盤に関する研究

         複数の指紋認証方式を組み合わせるハイブリッド認証アルゴリズムの研究開発及びエンタープライズ市場向け
        Active    Directory(注)連携多要素アクセス認証基盤ミドルウェアの研究開発などを継続しております。これらの
        研究成果は、自社製品の性能向上に寄与しています。これらの研究については今後も継続して推進してまいりま
        す。
        ②組み込み機器で動作する高速顔検索エンジン
         梅崎研究室とともに高速な顔検索エンジンの研究開発活動を継続しております。
      (注)Active       Directoryとは、マイクロソフト社が提供するエンタープライズ向けの大規模認証サービス・ディレク

          トリサービス製品であります。
                                17/87







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループは、急速な技術革新や販売競争の激化に対応するため、当連結会計年度において開発用機材等に783
      千円の設備投資を行いました。主な内訳は次のとおりであります。
          セグメントの名称              設備投資金額(千円)                   主な内容
        バイオメトリクス事業                        783  開発用機材等
      (注)金額には消費税等は含まれておりません。
      なお、当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

      当社グループの主要な設備は以下のとおりであります。
      (1)提出会社                            (令和元年12月31日現在)
                                  帳簿価額(千円)
         事業所名    セグメントの                                     従業員数
                    設備の内容
        (所在地)      名称                    工具、器具     ソフトウ          (人)
                           建物    車両運搬具                合計
                                    及び備品      エア
        本社
             バイオメトリ      総括業務設備、
         (名古屋市
             クス事業      ソフトウエア
                            -     -    1,555    24,782     25,828      37
                   開発用設備
          中区)
        東京オ
                   営業用設備、
        フィス
             バイオメトリ
                   ソフトウエア
                            196     568      33     -     798     17
             クス事業
         (東京都中
                   開発用設備
          央区)
        (注)1.金額には消費税等は含んでおりません。
           2.リース契約による主な賃借設備は、重要性が乏しいため記載しておりません。
           3.上記のほか、貸借している主な設備の内容は以下のとおりであります。
                              (令和元年12月31日現在)

             名称          設備の内容         年間賃貸料(千円)
         名古屋オフィス               事務所               19,000
         東京オフィス               事務所               35,085
     3【設備の新設、除却等の計画】

       該当事項はありません。
                                18/87









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                             124,600,000

                  計                            124,600,000

        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数                         上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類          (株)                      又は登録認可金融商品               内容
                           (令和2年3月30日)
              (令和元年12月31日)                         取引業協会名
                                         東京証券取引所           単元株式数
     普通株式              41,790,300             41,790,300
                                          (マザーズ)            100株
        計          41,790,300             41,790,300             -          -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、令和2年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使による
          株式の増加は含まれておりません。
                                19/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
           平成28年5月31日取締役会決議
                                   事業年度末現在             提出日の前月末現在
                                  (令和元年12月31日)              (令和2年2月29日)
                                   当社取締役2名
      付与対象者の区分及び人数                                              同左
                                   当社従業員48名
      新株予約権の数(個) (注)1                                10,757              同左
      新株予約権の目的となる株式の種類                               普通株式               同左

      新株予約権の目的となる株式の数(株) (注)1                               1,075,700               同左

      新株予約権の行使時の払込金額(円) (注)3                                 308              同左

                                  自 令和2年4月1日
      新株予約権の行使期間 (注)4                                              同左
                                  至 令和6年6月15日
                                   発行価格         310
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
                                                    同左
      発行価格及び資本組入額(円) (注)5                              資本組入額       155
      新株予約権の行使の条件                               (注)6               同左
                                譲渡による本新株予約権の取

      新株予約権の譲渡に関する事項                           得については、当社取締役会                   同左
                                の承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                               (注)8               同左

     (注)1.新株予約権の目的である株式の種類及び数又はその算定方法
          普通株式107万5700株
          本新株予約権1個当たりの目的である株式の数(以下、「付与株式数」という。)は、当社普通株式100株と
          する。
          ただし、付与株式数は、次の「付与株式数の調整」の定めにより調整を受けることがある。
          (付与株式数の調整)
          付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下同じ。)
          または株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとする。ただし、かかる調整は、本新株予約権の
          うち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整の結果生じる
          1株未満の端数については、これを切り捨てるものとする。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割または資本金の額の減少を行う場合その他これらの場
          合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものとす
          る。
        2.新株予約権の払込金額若しくはその算定方法又は払込を要しないとする旨
          新株予約権1個につき200円
        3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額または算定方法
          本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次に決定される1株あたりの払込金額(以下、「行使
          価額」という。)に、付与株式数を乗じた金額とする。行使価額は、金308円とする。
          ただし、行使価額は次の「行使価格の調整」の定めにより調整を受けることがある。
          (行使価額の調整)
          本新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整し、調
          整による1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
             調整後払込金額        =  調整前払込金額        ×
                                分割(または併合)の比率
          また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行または自己株式の
          処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換による自己株式の
          移転の場合を除く。)、次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は切り上げる。
                                20/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                                         新規発行株式数×1株当たり払込金額

                                既発行株式数+
                                          新規発行前の1株あたりの時価
             調整後行使価額        =  調整前行使価額        ×
                                      既発行株式数+新規発行株式数
          なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式にか
          かる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規発行
          株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとする。
          さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他こ
          れらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調整を
          行うことができるものとする。
        4.新株予約権を行使することができる期間
          令和2年4月1日から令和6年6月15日(但し、令和6年6月15日が銀行営業日でない場合にはその前銀行営
          業日)まで。
        5.増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          ①本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項
          の規定に従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とする。なお、計算の結果1円未満の端数が生
          じたときは、その端数を切り上げるものとする。
          ②本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金等
          増加度額から、上記①に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
        6.新株予約権の行使の条件
          ①本新株予約権の割当を受けた者(以下、「受託者」という。)は、本新株予約権を行使することができな
          い。
          ②受託者より本新株予約権の交付を受けた者(以下、「受益者」という。)は、平成30年12月期から令和2年
          12月期までの事業年度に係る当社が提出した有価証券報告書に記載される監査済みの当社連結損益計算書の経
          常利益が、下記各号に掲げる条件を満たした場合、満たした条件に応じて、交付を受けた本新株予約権のうち
          当該条件に応じた割合を乗じた本新株予約権を行使することができる。この場合において、かかる割合に基づ
          き算定される行使可能な本新株予約権の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、かかる端数を切り捨て
          た個数の本新株予約権についてのみ行使することができるものとする。また、国際財務報告基準の適用等によ
          り参照すべき経常利益等の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべき指標を取締役会にて定めるも
          のとする。
          (a)300百万円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権のうち30%
          (b)500百万円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権のうち60%
          (c)700百万円を超過している場合:受益者が交付を受けた本新株予約権のうち100%
          ③受益者は、本新株予約権を取得した時点において当社取締役等の役員又は使用人である場合は、本新株予約
          権の取得時から権利行使時まで継続して、当社又は当社の関係会社の取締役等の役員又は使用人のいずれかの
          地位にあることを要する。但し、当社取締役会が正当な理由があるものと認めた場合にはこの限りではない。
          ④受益者が権利行使期間中に死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行使することができない。
          ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなる
          ときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
          ⑥各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
        7.会社が新株予約権を取得することができる自由および取得の条件
          ①当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる会社分割についての分割契約もしくは分割計画、ま
          たは当社が完全子会社となる株式交換契約もしくは株式移転計画について株主総会の承認(株主総会の承認を
          要しない場合には取締役会決議)がなされた場合は、当社は、当社取締役会が別途定める日の到来をもって、
          本新株予約権の全部を無償で取得することができる。
          ②新株予約権者が権利行使をする前に、「新株予約権の行使の条件」に定める規定により本新株予約権の行使
          ができなくなった場合は、当社は新株予約権を無償で取得することができる。
        8.組織再編行為の際の新株予約権の取扱い
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換または株式移転
          (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新株
          予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社(以
          下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。ただし、
          以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契
          約、新設分割計画、株式交換契約または株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
          ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
                                21/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
          ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類

          再編対象会社の普通株式とする。
          ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
          組織再編行為の条件を勘案のうえ、上記1.新株予約権の目的である株式の種類及び数に準じて決定する。
          ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額

          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、上記
          3.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額または算定方法で定められる行使価額を調整して得られ
          る再編後行使価額に、上記4.新株予約権を行使することができる期間に従って決定される当該新株予約権の
          目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額とする。
          ⑤新株予約権を行使することができる期間
          上記4.に定める行使期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうち、いずれか遅い日から上記4.に定める
          行使期間の末日までとする。
          ⑥新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
          上記5.に準じて決定する。
          ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限期間
          譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとする。
          ⑧その他新株予約権の行使の条件
          上記6.に準じて決定する。
          ⑨新株予約権の取得事由及び条件
          上記7.に準じて決定する。
          ⑩その他の条件については、再編対象会社の条件に準じて決定する。
        9.新株予約権にかかる新株予約権証券に関する事項
          当社は、本新株予約権にかかる新株予約権証券を発行しないものとする。
       10.新株予約権と引換えにする金銭の払込みの期日
          平成28年6月16日
        ②【ライツプランの内容】

       該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

            会社法に基づき発行した新株予約権は、次のとおりであります。
      決議年月日                                  平成30年8月17日
      新株予約権の数(個)                                     266

      新株予約権のうち自己新株予約権の数(個)                                      -

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数
                                       普通株式2,660,000
      (株)(注)1
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                   (注)2
                                           384
                                      自 平成30年9月3日
      新株予約権の行使期間
                                      至 令和2年9月2日
                                       発行価格         387.41
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の
      発行価格及び資本組入額(円)                                 資本組入額       193.705
      新株予約権の行使の条件                                    (注)4
      新株予約権の譲渡に関する事項                                    (注)5

      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                                    (注)6

    ※事業年度の末日(令和元年12月31日)における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在
     (令和2年2月29日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月
           末現在に係る記載を省略しております。
    (注)1.新株予約権の目的である株式の種類及び数

       ①本新株予約権の目的である株式の種類及び総数は、当社普通株式2,660,000株とする(本新株予約権1個あたり
                                22/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
       の目的である株式の数(以下「割当株式数」という。)は10,000株とする。)。但し、②及び③により割当株式
       数が調整される場合には、本新株予約権の目的である株式の総数は調整後割当株式数に応じて調整されるものとす
       る。
       ②当社が注2の規定に従って行使価額の調整を行う場合には、割当株式数は次の算式により調整される。但し、
       かかる調整は当該時点において未行使の本新株予約権にかかる割当株式数についてのみ行われ、調整の結果生じる
       1株未満の端数は切り捨てる。なお、かかる算式における調整前行使価額及び調整後行使価額は、注2に定める調
       整前行使価額及び調整後行使価額とする。
                   調整前割当株式数×調整前行使価額
       調整後割当株式数=―――――――――――――――――――――
                         調整後行使価額
       ③調整後割当株式数の適用日は、当該調整事由にかかる注2②及び⑤による行使価額の調整に関し、各号に定め
       る調整後行使価額を適用する日と同日とする。
       ④割当株式数の調整を行うときは、当社は、調整後割当株式数の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対
       し、かかる調整を行う旨並びにその事由、調整前割当株式数、調整後割当株式数及びその適用開始日その他必要な
        事項を書面で通知する。但し、適用開始日の前日までに上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降
        速やかにこれを行う。
    (注)2.行使価額の調整
       ①当社は、当社が本新株予約権の発行後、②に掲げる各事由により当社の発行済普通株式数に変更を生じる場合
       又は変更を生じる可能性がある場合には、次に定める算式(以下「行使価額調整式」という。)をもって行使価額
       を調整する。
                                交付株式数×1株当たりの払込金額
                         既発行株式数+―――――――――――――――――
                                    1株当たりの時価
         調整後行使価額=調整前行使価額×――――――――――――――――――――――――
                                既発行株式数+交付株式数
       ②行使価額調整式により行使価額の調整を行う場合及び調整後行使価額の適用時期については、次に定めるところ
       による。
       (a)④(b)に定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式を交付する場合(無償割当てによる場合を含む。)
       (但し、新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の行使、取得請求権付株式又は取得条項付株式
       の取得、その他当社普通株式の交付を請求できる権利の行使によって当社普通株式を交付する場合、及び会社分
       割、株式交換又は合併により当社普通株式を交付する場合を除く。)
       調整後行使価額は、払込期日(募集に際して払込期間を定めた場合はその最終日とし、無償割当ての場合はその効
       力発生日とする。)以降、又はかかる交付につき株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はそ
       の日の翌日以降これを適用する。
       (b)普通株式について株式の分割をする場合
       調整後行使価額は、株式の分割のための基準日の翌日以降これを適用する。
       (c)④(b)に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する定めのある取得請求権付株式又は④(b)に
        定める時価を下回る払込金額をもって当社普通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付された
        ものを含む。)を発行又は付与する場合調整後行使価額は、取得請求権付株式の全部にかかる取得請求権又は新
        株予約権の全部が当初の条件で行使されたものとみなして行使価額調整式を適用して算出するものとし、払込期日
        (新株予約権の場合は割当日)以降又は(無償割当ての場合は)効力発生日以降これを適用する。但し、株主に割
        当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合には、その日の翌日以降これを適用する。
       (d)当社の発行した取得条項付株式又は取得条項付新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の
        取得と引換えに④(b)に定める時価を下回る価額をもって当社普通株式を交付する場合
       調整後行使価額は、取得日の翌日以降これを適用する。
       (e)②(a)から(d)までの各取引において、株主に割当を受ける権利を与えるための基準日が設定され、かつ各取
        引の効力の発生が当該基準日以降の株主総会又は取締役会その他当社の機関の承認を条件としているときには
        ②(a)から(d)にかかわらず、調整後転換価額は、当該承認があった日の翌日以降、これを適用する。
        この場合において当該基準日の翌日から当該取引の承認があった日までに、本新株予約権を行使した本新株予約
       権者に対しては、次の算出方法により、当社普通株式を交付するものとする。
           (調整前行使価額-調整後行使価額)×調整前行使価額により当該期間内に交付された株式数
       株式数=―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
                           調整後行使価額
       この場合、1株未満の端数が生じるときはこれを切り捨て、現金による調整は行わない。
       ③行使価額調整式により算出された調整後行使価額と調整前行使価額との差額が1円未満にとどまる場合は、行使
       価額の調整は行わない。但し、その後行使価額の調整を必要とする事由が発生し、行使価額を調整する場合には、
       行使価額調整式中の調整前行使価額に代えて調整前行使価額からこの差額を差し引いた額を使用する。
                                23/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
       ④(a)行使価額調整式の計算については、円位未満小数第2位まで算出し、小数第2位を切り捨てるものとする。
        (b)行使価額調整式で使用する時価は、調整後行使価額が初めて適用される日に先立つ45                                         取引日目に始まる30取引
       日(終値のない日を除く。)の株式会社東京証券取引所マザーズ市場(以下「マザーズ」という。)における当社
       普通株式の普通取引の終値の単純平均値とする。この場合、単純平均値の計算は、円位未満小数第2位まで算出
       し、小数第2位を切り捨てるものとする。
       (c)行使価額調整式で使用する既発行株式数は、株主に割当てを受ける権利を与えるための基準日がある場合はそ
       の日、また、かかる基準日がない場合は、調整後行使価額を初めて適用する日の1ヶ月前の日における当社の発行
       済普通株式の総数から、当該日において当社の保有する当社普通株式を控除した数とする。
       ⑤②の行使価額の調整を必要とする場合以外にも、次に掲げる場合には、当社は、必要な行使価額の調整を行う。
       (a)株式の併合、資本の減少、会社分割、株式移転、株式交換又は合併の為に行使価額の調整を必要とするとき。
       (b)その他当社の発行済普通株式数の変更又は変更の可能性が生じる事由の発生により行使価額の調整を必要とす
       るとき。
       (c)行使価額を調整すべき複数の事由が相接して発生し、一方の事由に基づく調整後行使価額の算出にあたり使用
       すべき時価につき、他方の事由による影響を考慮する必要があるとき。
       ⑥行使価額の調整を行うときは、当社は、調整後行使価額の適用開始日の前日までに、本新株予約権者に対し、か
       かる調整を行う旨並びにその事由、調整前行使価額、調整後行使価額及びその適用開始日その他必要な事項を書面
       で通知する。但し、上記通知を行うことができない場合には、適用開始日以降速やかにこれを行う。
    (注)3.新株予約権の特質は以下の通りです。
       ①行使指示
       (a)当社は、本新株予約権を行使することができる期間中のマザーズ市場における当社の普通株式の各取引日にお
       いて、当日を含めた5連続取引日(終値のない日を除く。)のマザーズ市場における当社の普通株式の普通取引の
       終値単純平均が本新株予約権の行使価額の130%を超過した場合(かかる場合を以下「条件成就」という。)、本
       新株予約権の行使を行わせることができる。
       (b)条件成就の場合において、当社が本新株予約権の行使を行わせることができる本新株予約権の個数は、条件成
       就の日のマザーズ市場における当社の出来高の15%を、発行要項に従い定められる本新株予約権1個の目的である
       株式の数で除し、1株未満の端数を四捨五入することによって得られた個数を上限とする。
       (c)条件成就の日において、当日を含めた5連続取引日(終値のない日を除く。)のマザーズ市場における当社普
       通株式の普通取引の終値単純平均が本新株予約権の行使価格の150%を超過した場合、前項の規定の適用について
       は、同項中「15%」とあるのは、「20%」とする。
       ②取得条項
       本新株予約権の割当日から3ヶ月を経過した日以降いつでも、当社は取締役会により本新株予約権を取得する旨及
       び本新株予約権を取得する日(以下「取得日」という。)を決議することができる。当社は、当該取締役会決議の
       後、取得の対象となる本新株予約権の新株予約権者に対し、取得日の通知又は公告を当該取得日の20営業日前まで
       に行うことにより、取得日の到来をもって、本新株予約権1個につき本新株予約権1個当たりの払込価額と同額
       で、当該取得日に残存する本新株予約権の全部又は一部を取得することができる。本新株予約権の一部の取得をす
        る場合には、抽選その他の合理的な方法により行うものとする。
    (注)4.新株予約権の行使の条件は以下の通りです。
       ①本新株予約権の行使によって、当社の発行株済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとなると
       きは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
       ②各本新株予約権の一部行使はできない。
    (注)5.新株予約権の譲渡制限
       新株予約権を譲渡するには、会社の取締役会の承認を要する。
    (注)6.組織再編行為の際の新株予約権の取り扱い
       当社が吸収合併消滅会社となる吸収合併、新設合併消滅会社となる新設合併、吸収分割会社となる吸収分割、新設
       分割会社となる新設分割、株式交換完全子会社となる株式交換、又は株式移転完全子会社となる株式移転(以下
       「組織再編行為」と総称する。)を行う場合は、当該組織再編行為の効力発生日の直前において残存する
       本新株予約権に代わり、それぞれ吸収合併存続会社、新設合併設立会社、吸収分割承継会社、新設分割設立会社、
       株式交換完全親会社又は株式移転設立完全親会社(以下「再編当事会社」と総称する。)は以下の条件に基づき本
       新株予約権にかかる新株予約権者に新たに新株予約権を交付するものとする。
       ①新たに交付される新株予約権の数
       新株予約権者が有する本新株予約権の数をもとに、組織再編行為の条件等を勘案して合理的に調整する。調整後の
       1個未満の端数は切り捨てる。
       ②新たに交付される新株予約権の目的たる株式の種類
       再編当事会社の同種の株式
       ③新たに交付される新株予約権の目的たる株式の数の算定方法
       組織再編行為の条件等を勘案して合理的に調整する。調整後の1株未満の端数は切り上げる。
       ④新たに交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                                24/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
       組織再編行為の条件等を勘案して合理的に調整する。調整後の1円未満の端数は切り上げる。
       ⑤新たに交付される新株予約権にかかる行使期間、当該新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加
       する資本金及び資本準備金、再編当事会社による当該新株予約権の取得事由、組織再編行為の場合の新株予約権の
       交付、新株予約権証券及び行使の条件
       組織再編行為に際して決定する。
       ⑥新たに交付される新株予約権の譲渡による取得の制限
       新たに交付される新株予約権の譲渡による取得については、再編当事会社の取締役会の承認を要する。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
       該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総                                      資本準備金
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増
        年月日       数増減数                                      残高(千
                       数残高(株)         (千円)        (千円)       減額(千円)
                 (株)                                     円)
      平成27年5月18日
                 588,000      34,263,300          22,658       2,808,034         22,658     2,898,050
       (注)1
      平成27年5月19日
                1,154,000       35,417,300          44,469       2,852,503         44,469     2,942,519
       (注)1
      平成27年5月22日
                 442,000      35,859,300          17,032       2,869,536         17,032     2,959,552
       (注)1
      平成28年2月3日
                 196,000      36,055,300          7,552      2,877,089          7,552     2,967,105
       (注)1
      平成28年2月5日
                  4,000     36,059,300           154     2,877,243           154    2,967,259
       (注)1
      平成28年6月22日
                 196,000      36,255,300          7,552      2,884,796          7,552     2,974,812
       (注)1
      平成28年7月1日
                 600,000      36,855,300          23,121       2,907,917         23,121     2,997,933
       (注)1
      平成28年7月5日
                 200,000      37,055,300          7,707      2,915,624          7,707     3,005,640
       (注)1
      平成28年12月1日
                 200,000      37,255,300          7,707      2,923,331          7,707     3,013,347
       (注)1
      平成29年1月31日
                 196,000      37,451,300          7,552      2,930,883          7,552     3,020,899
       (注)1
      平成29年2月28日
                 196,000      37,647,300          7,552      2,938,436          7,552     3,028,452
       (注)1
      平成29年8月31日
                  61,000     37,708,300          7,527      2,945,963          7,527     3,035,979
       (注)1
      平成29年9月6日
                 800,000      38,508,300          98,716       3,044,679         98,717     3,134,695
       (注)1
      平成29年9月11日
                 200,000      38,708,300          24,679       3,069,358         24,679     3,159,374
       (注)1
      平成30年2月8日
                  69,000     38,777,300          7,495      3,076,854          7,495     3,166,870
       (注)1
      平成30年2月13日
                  61,000     38,838,300          7,527      3,084,381          7,527     3,174,397
       (注)1
      平成30年2月15日
                 900,000      39,738,300         111,055       3,195,437         111,055      3,285,453
       (注)1
                                25/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
               発行済株式総                                      資本準備金
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増
        年月日       数増減数                                      残高(千
                       数残高(株)         (千円)        (千円)       減額(千円)
                 (株)                                     円)
      平成30年2月20日
                  61,000     39,799,300          7,527      3,202,964          7,527     3,292,980
       (注)1
      平成30年2月21日
                  50,000     39,849,300          6,169      3,209,134          6,169     3,299,150
       (注)1
      平成30年2月23日
                 200,000      40,049,300          24,679       3,233,813         24,679     3,323,829
       (注)1
      平成30年9月3日
                 800,000      40,849,300         154,964       3,388,777         154,964      3,478,793
       (注)2
      平成30年9月27日
                 250,000      41,099,300          48,426       3,437,203         48,426     3,527,219
       (注)2
      平成30年10月5日
                 150,000      41,249,300          29,055       3,466,259         29,055     3,556,275
       (注)2
      平成30年11月29日
                 160,000      41,409,300          30,992       3,497,252         30,992     3,587,268
       (注)2
     平成31年2月13日
                  61,000     41,470,300          7,527      3,504,779          7,527     3,594,795
       (注)1
     平成31年2月15日
                  60,000     41,530,300          7,403      3,512,182          7,403     3,602,198
       (注)1
     平成31年4月26日
                    -   41,530,300       △2,798,704          713,478      △2,888,720         713,478
       (注)3
     令和元年8月21日
                  20,000     41,550,300          3,874       717,352         3,874      717,352
       (注)2
     令和元年8月22日
                  40,000     41,590,300          7,748       725,101         7,748      725,101
       (注)2
     令和元年9月2日
                 200,000      41,790,300          38,741        763,842        38,741      763,842
       (注)2
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
         2.第三者割当
           発行価額     387.41円
           資本組入額            193.705円
           割当先     マイルストーン・キャピタル・マネジメント株式会社
         3.減資による減少であります。
         4.平成30年8月17日に提出しました有価証券届出書の第三者割当により発行される第8回新株予約権の発行に
           よる手取金の使途は、当初以下の通り開示しました。
                 具体的な使途                    金額(百万円)            支出予定時期
     ① ブロックチェーン(注2)市場参入のための研究開発投資                                     1,450

       うち(1)ハードウェアウォレット(注3)の開発                                    384

       うち(2)決済関連システムの開発                                    333   平成30年9月~平成33年8月

       うち(3)『どこでも本人確認』(注4)機能強化                                    133

       うち(4)ブロックチェーンをベースとした分散認証基盤の開発                                    600

     ② 生体認証手段に関する基礎研究開発投資(外部委託費)                                      202

       うち(5)顔認証アルゴリズム(注5)の研究                                    108   平成30年9月~平成32年1月

       うち(6)虹彩認証アルゴリズムの研究                                     94

     (注1) 上記、各資金使途は優先順位の順に記載しております。
     (注2) ブロックチェーンとは、インターネットなどのネットワーク上で、高い信頼性が求められる金融取引や重要
           データのやり取りなどを可能にする「分散型台帳技術」のこと。
                                26/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     (注3) ハードウェアウォレットとは、仮想通貨を保管するための手段の1つであり、ソフトウェア内に保管する方
           式ではなく、専用端末で管理をする形式のこと。複数ある手段の中でセキュリティ上もっとも優れていると
           言われている。
     (注4) 『どこでも本人確認』は当社が平成29年12月に発売した遠隔地間における本人確認手続き手段としてスマー
           トフォンなどのネットワーク端末を用いてオンラインによる対面認証サービスを実現するサービス。
     (注5) アルゴリズムとは、コンピュータにおいて目的の処理を行う際の手順。
     手取金の使途に一部変更があり、変更後の手取金使途は以下の通りです。

                 具体的な使途                    金額(百万円)            支出予定時期
     ① ブロックチェーン市場参入のための研究開発投資                                     1,367

       うち(1)ハードウェアウォレットの開発                                    344

       うち(2)決済関連システムの開発                                    293   平成30年9月~令和3年8月

       うち(3)『どこでも本人確認』機能強化                                    133

       うち(4)ブロックチェーンをベースとした分散認証基盤の開発                                    597

     ② 生体認証手段に関する基礎研究開発投資(外部委託費)                                      198

       うち(5)顔認証アルゴリズムの研究                                    104   平成30年9月~令和2年1月

       うち(6)虹彩認証アルゴリズムの研究                                     94

     ③ 運転資金等への充当                                       87  平成30年10月~令和元年5月

     当社は平成30年8月17日に提出しました有価証券届出書の第三者割当により発行される第8回新株予約権による資金調
    達の実施に伴い、当初の計画ではブロックチェーン市場参入のための研究開発投資として総額1,450百万円、その内訳と
    してハードウェアウォレットの開発に384百万円、決済関連システムの開発に333百万円、ブロックチェーンをベースとし
    た分散認証基盤の開発に600百万円を充当すると開示しておりました。また、生体認証手段に関する基礎研究開発投資と
    して総額202百万円、その内訳として顔認証アルゴリズムの研究に108百万円を充当すると開示しておりました。しかし、
    平成30年10月以降、当社の運転資金等の支払に不足が生じたため第8回新株予約権による資金調達のうち令和元年5月迄
    に87百万円を運転資金等として充当致しました。具体的には、運転資金、協業先への出資、役員立替金の一部となりま
    す。その結果、平成30年8月17日発行の第三者割当により発行された第8回新株予約権の発行による手取金の使途は、上
    記のように変更しております。
      (5)【所有者別状況】

                                                 令和元年12月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満
           政府及び
       区分                           外国法人等                    株式の状況
                     金融商品      その他の
           地方公共     金融機関                          個人その他        計
                                                       (株)
                     取引業者      法人
                                個人以外      個人
           団体
     株主数
              -     3     34     115      35    40    21,169      21,396       -
     (人)
     所有株式数
              -   1,419     38,124     23,386      6,484     614    347,834      417,861      4,200
     (単元)
     所有株式数
     の割合         -    0.34      9.12     5.60     1.55    0.15      83.24        100      -
     (%)
                                27/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                 令和元年12月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                    住所                     総数に対する所有
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     株式会社SBI証券                東京都港区六本木1丁目6番1号                      1,180,192            2.82

     三吉野      健滋
                     愛知県名古屋市東区                       994,500           2.38
     株式会社カクカ                東京都渋谷区大山町24-13                       688,500           1.65

                     東京都千代田区大手町1丁目3番2号
     カブドットコム証券株式会社                                       679,400           1.63
                     経団連会館6階
     株式会社東広                東京都渋谷区大山町24-13                       582,900           1.39
     楽天証券株式会社                東京都世田谷区玉川1丁目14番1号                       406,200           0.97

     マイルストーンキャピタルマネ                東京都千代田区大手町1丁目6-1大手町
                                            396,500           0.95
     ジメント株式会社                ビル4階
     マネックス証券株式会社                東京都港区赤坂1丁目12番32号                       390,989           0.94
     松井証券株式会社                東京都千代田区麹町1丁目4番地                       352,900           0.84

     太等 浩二                愛知県名古屋市熱田区                       312,100           0.75
            計                  -             5,984,181            14.32

      (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                 令和元年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -       -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -

      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                             -       -            -

                                                権利内容に何ら限定の
                                                ない当社における標準
      完全議決権株式(その他)                   普通株式     41,786,100          417,861        となる株式であり、単
                                                元株式数は100株であ
                                                ります。
      単元未満株式                   普通株式        4,200        -            -
      発行済株式総数                         41,790,300           -            -

      総株主の議決権                             -      417,861             -

        ②【自己株式等】

       該当事項はありません。
                                28/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】
       該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
     3【配当政策】

       当社は、利益配分につきましては、経営上の重要課題と認識し、収益力の拡充を図りながら各期の経営成績と今後
      の成長に備えるための内部留保の充実とを勘案して決定することを基本方針としております。
       当社の剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会でありますが、当
      面は業績に応じて期末配当による年1回の剰余金の配当を行うことを検討してまいります。当期の配当につきまして
      は、業績動向や今後の財務状況などを総合的に勘案した結果、誠に遺憾ながら無配としております。
       また、当社は「取締役会の決議により、毎年6月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款
      に定めております。
                                29/87












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
    ⑴コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
       当社は、コーポレート・ガバナンスを、企業価値の最大化と健全性の確保を両立させるための企業活動を規律する枠
     組みであり、経営上の最も重要な課題の一つと認識しており、必要な経営組織や社内体制の整備拡充を図っておりま
     す。さらに、適時開示を重視して、情報提供の迅速性・公平性を図るべく、当社ウェブサイトに最新の情報を掲載する
     ことと併せ、継続的なIR活動を活発に行うことによりコーポレート・ガバナンスの充実に努めてまいります。
      なお、本コーポレート・ガバナンスの状況は有価証券報告書提出日現在の当社の状況について記載しております。
    ⑵企業統治の体制

     企業統治の体制の概要及び党が体制を採用する理由
        当社は、監査役会設置会社であり、電気機器事業における長年の経験を有している社外取締役を1名選任してお
      り、その社外取締役が経営の統制が働くよう客観的な観点をもって経営に参画し、また社外監査役を3名選任してお
      り、うち1名が常勤監査役となっております。当社では、審議に充分な時間をかけた取締役会を毎月開催するととも
      に、社外取締役による経営モニター機能を充実し、また監査役監査及び内部監査担当者による経営チェック機能の充
      実も重視しております。
      ①取締役及び取締役会

         当社の取締役会は社内取締役4名及び社外取締役1名の計5名で構成されており、毎月1回定例で開催されてお
        ります。緊急を要する場合には、その都度臨時取締役会を開催し重要事項の決定や業務執行状況の監督を行ってお
        ります。
        (当事業年度における体制 代表取締役会長三吉野健滋、代表取締役社長久保統義(議長)、柚木健一郎、松下重
        悳、林森太郎)
      ②監査役及び監査役会
         当社の監査役会は、監視・監督機能の強化のため常勤社外監査役1名と非常勤社外監査役2名と併せ3名体制と
        しております。また、各監査役は、取締役会に出席するほか、その他重要な会議などに適宜出席しています。
       (当事業年度における体制 常勤社外監査役大島一純(議長)、宗岡徹、山口順平)
      ③経営会議
         経営の監督と執行を分離し、日常的な業務執行の権限と責任を代表取締役社長以下本部長が正確に担う体制とす
        ることで、一層のコーポレート・ガバナンスの強化、並びに業務執行力の強化を図ることを目的に、業務執行上の
        重要事項に関する代表取締役社長の諮問機関として、本部長等から構成される経営会議を設置しております。
        (当事業年度における体制 代表取締役会長三吉野健滋、代表取締役社長久保統義(議長)、柚木健一郎、林森太
        郎、大島一純)
      ④コンプライアンス&リスクマネージメント委員会

         コンプライアンス全体を統括する組織として、社長を委員長とする全社的な「コンプライアンス&リスクマネー
        ジメント委員会」を設けております。コンプライアンス&リスクマネージメント委員会は、当社だけでなくグルー
        プ全体のコンプライアンスを統括・推進してまいります。また、社内におけるコンプライアンス違反の発見には通
        報ルートを設け、通報者の匿名性及び不利益が発生しないことを保証する体制をとっています。
       業務執行の体制、経営監視及び内部統制の仕組は下図のとおりです。

                                30/87







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    ⑶企業統治に関するその他の事項
     内部統制システムの整備状況
      ①取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         取締役の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任を果たすため、コンプライアンス規程に基づいて
        職務を執行しております。コンプライアンスに関する研修等を通じて、全取締役のコンプライアンスに対する意識
        を高め、それに基づいて職務の執行を徹底しております。
         当社は社外取締役を1名選任しており、その社外取締役が経営の統制が働くよう客観的な観点をもって経営に参
        画しております。
         当社は社外監査役を3名選任しており、うち1名が常勤監査役となっております。監査役監査及び内部監査担当者
        による経営チェック機能の充実も重視しております。
         取締役会は、取締役会規程に基づいて運営し、原則として月1回開催しております。取締役間の意思疎通を図る
        とともに相互に業務執行を監督します。
      ②取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         取締役会その他重要な会議の意思決定に係る情報及び稟議書等、その職務執行に係る情報の保存及び管理につい
        ては、「文書管理規程」に定めるところにより行います。
      ③損失の危機の管理に関する規程その他の体制
         市場や顧客ニーズの変化、経済環境の変化等のビジネスリスクについては、事業・投資に係る主管部門が自ら把
        握・評価し、適切に対応します。また、新たな事業・投資については、事前にビジネスリスクについて調査・検討
        を行った後、取締役会又は経営会議の決定により実行します。
         当社は指紋認証製品を開発しているという自負から、個人情報等重要情報の保護のため社員が使用するパソコン
        には指紋認証によるログインを採用し、セキュリティ対策を行っております。また、セキュリティポリシーについ
        て明文化し、それに従い、より強固なセキュリティ対策を行うよう図っております。なお、平成20年11月にプライ
        バシーマークを取得し、より基準の明確な管理体制、運用を行っております。
         また、昨今東海地方において大規模地震の発生が予想されていますので、計画的に災害対策の強化を図ってまい
        ります。特に災害発生時の状況確認のための体制と業務復旧のための体制、重要データなどのバックアップにつき
        継続的に対策の強化を図っております。
         内部通報制度運用規程を整備し、ヘルプライン等の設置により内部告発者が情報提供をしやすい環境を整備して
        おります。これにより、当社の業務に不正・違法行為等の不祥事の未然防止と良好な職場秩序を維持することで、
        顧客・ステークホルダー当の信頼を確保するとともに、あらゆる不祥事の早期発見と是正を図っております。
      ④取締役の職務の執行が効率的に行われていることを確保するための体制
         取締役会決議事項を除く経営・業務執行に関する重要事項については、経営会議において審議・決定します。
         主要な事項の執行決定とプロセスは職務権限規程基準表に定めるところによります。
         社内管理体制を強化するため、業務と権限を明確にし、権限を委譲し、相互牽制が働くようにしております。ま
        た、業務システムを改善し、人為的なミス、データ改ざんなどの発生の可能性をより少なくする対策、内部統制の
        ための予算制度及び諸規程の整備拡充を図っております。
      ⑤従業員の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         コンプライアンス全体を統括する組織として、コンプライアンス&リスクマネージメント委員会を設け、コンプ
        ライアンスの徹底を図ってまいります。また、社内におけるコンプライアンス違反の発見には通報ルートを設け、
        通報者の匿名性及び不利益が発生しないことを保証する体制をとっています。
      ⑥監査役がその職務を補助すべき従業員を置くことを求めた場合における当該従業員に関する事項
         監査役の職務を補助すべき従業員は、当社の内部統制上重要であるとの認識から内部監査担当者を指名しており
        ます。
      ⑦監査役がその職務を補助すべき従業員の取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当該従業員に対する支持の
        実行性の確保に関する事項
         監査役の職務を補助すべき従業員が監査役からその職務に関して必要な指示を受けた場合、当該指示に従うよう
        必要な体制を整備します。
         当社は監査役の職務を補助すべき取締役はおかないこととしております。
      ⑧監査役への報告に関する体制及び監査役に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けな
        いことを確保するための体制
         内部監査担当者は特に監査役会との連携を密にし、年度監査契約の立案時において監査役会と協議を行い、監査
        実施後においては代表取締役に監査報告を行うと同時に監査役からの助言、指導を仰いでおります。また、社内に
        おけるコンプライアンス違反の発見には通報ルートを設け、通報者の匿名性及び不利益が発生しないことを保証す
        る体制をとっています。
      ⑨監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の職務の執行について生ずる費用の処理に関
        する事項
                                31/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         監査役がその職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の請求をしたときは、当該請求に係る費用又は債務
        が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を支払します。
      ⑩反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及び体制
         反社会的勢力への対応につきましては、顧問弁護士等外部専門機関との密接な連携のもと、反社会的勢力に関す
        る情報収集と適切な助言・協力を確保できる体制を整備・強化するとともに、コンプライアンス研修等を通じて、
        反社会的勢力排除の周知徹底を図ります。
      ⑪その他、当社定款規程について
        ⑴取締役の定数
          当社は、取締役の定数を15名以内と定款に定めております。
        ⑵取締役の選任の決議要件
          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することのできる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
          また、取締役の選任決議については、累積投票によらない旨定款に定めております。
        ⑶取締役及び監査役の責任の減免
          当社は、取締役及び監査役が期待される役割を充分に発揮できることを可能とするため、会社法第426条第1
         項の規定により、取締役会の決議をもって会社法第423条第1項の取締役及び監査役の責任につき会社法に定め
         る限度において減免することができる旨を定款に定めております。
        ⑷責任限定契約の内容の概要
          当社と社外取締役及び社外監査役並びに会計監査人は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第
         1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任は法令の限度額におい
         て免除することとしております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役、社外監査役又は会計
         監査人が責任の原因となった職務の遂行について善意かつ重大な過失がないときに限られます。
        ⑸株主総会の特別決議
          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてお
         ります。これは株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
                                32/87











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性8名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              平成4年3月      佐賀大学    経済学部卒業
                              平成4年4月      和光証券株式会社(現みずほ証券株式会
                                    社)入社
                              平成7年9月      有限会社ディー・ディー・エス設立
                                    取締役就任
        代表取締役
                              平成10年1月
                                    株式会社ディー・ディー・エス改組
                三吉野 健滋      昭和42年9月19日生
                                                     注3    994
                                    代表取締役社長
         会長
                              平成17年3月      当社代表取締役社長就任
                              平成18年2月
                                    DDS  Korea,Inc.取締役就任(現任)
                              平成20年1月      当社代表取締役社長兼開発本部長
                              平成29年1月      当社代表取締役社長
                              平成31年3月
                                    当社代表取締役会長(現任)
                              昭和62年3月      愛知工業大学工学部卒業

                              昭和62年4月      株式会社キラ・コーポレーション入社
                              平成3年8月      株式会社ジャストシステム入社・名古屋営
                                    業所長、システム営業部次長歴任
                              平成10年5月      シマンテック株式会社入社
                                    法人事業部長
                              平成13年8月      トレンドマイクロ株式会社入社・エンター
                                    プライズ営業本部長
                              平成16年7月      シスコシステムズ株式会社入社・セキュリ
        代表取締役
                                    ティ・ワイヤレス営業本部長
                 久保 統義     昭和39年10月18日生                               注3    10
         社長
                              平成21年2月      クオリティグループ入社
                              平成22年6月      クオリティソフト株式会社取締役
                              平成22年12月      同社常務取締役
                              平成23年12月      同社代表取締役社長
                              平成27年12月      同社取締役
                              平成28年3月      当社取締役
                              平成29年1月      当社取締役兼営業本部長就任
                              平成29年3月      当社専務取締役兼営業本部長就任
                              平成31年3月
                                    当社代表取締役社長(現任)
                              昭和54年3月      同志社大学社会学部産業関係学科卒業

                              平成3年1月      ミノルタ株式会社(現コニカミノルタ株式
                                    会社)カメラ欧州本部国際部長
                              平成12年4月      新事業開発センター新事業推進室室長
                              平成13年4月      研究開発本部i-Projectリーダー
                              平成18年1月      当社入社・戦略事業本部長
        取締役副社長
                柚木 健一郎      昭和31年11月3日生                               注3    177
                              平成18年2月      DDS  Korea,Inc.取締役就任(現任)
        海外本部長
                              平成18年3月      当社取締役副社長戦略事業本部長
                              平成22年1月      当社取締役副社長バイオセキュリティ事業
                                    本部長
                              平成28年1月      当社取締役副社長兼海外本部長就任(現
                                    任)
                                    DIGITAL   DEVELOPMENT     SYSTEMS,Inc.取締役
                              令和元年10月
                                    就任(現任)
                              昭和34年3月      東京大学    工学部卒業

                              昭和34年4月      東京芝浦電気株式会社(現株式会社東芝)
                                    入社
                              昭和38年3月      イリノイ大学修士取得
                                                     注1
         取締役        松下 重悳     昭和11年3月11日生                                   64
                              昭和49年10月      東京大学    工学博士
                                                     注3
                              平成5年10月      東芝情報システム株式会社
                                    専務取締役兼システム事業本部長
                              平成17年3月
                                    当社取締役就任(現任)
                                33/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期
                                                        (千株)
                              昭和60年4月      大阪大学基礎工学部中退
                              昭和60年5月      株式会社クレオ入社
                              平成9年4月      同社オープンビジネス事業部オープンシス
                                    テム部部長
                              平成19年4月      同社プロダクト事業部事業部長
                              平成22年7月      同社経営企画室室長
         取締役
                              平成23年2月      株式会社クレオ取締役
                 林 森太郎     昭和35年12月4日生
                                                     注3
                                                         -
                              平成23年4月      株式会社クレオマーケティング代表取締役
       研究開発本部長
                                    社長
                              平成24年4月      株式会社クレオ代表取締役社社長
                              平成27年3月      当社取締役
                              平成28年4月
                                    当社取締役兼研究開発本部長就任(現任)
                              平成30年12月      カレンシーポート株式会社取締役就任(現
                                    任)
                              昭和45年3月      早稲田大学大学院理工学研究課修士課程終
                                    了
                              昭和45年4月      日本電信電話公社(電気通信研究所)入社
                              平成7年7月      同社グループ事業本部企画部担当部長
                                                     注2
                              平成8年4月      エヌ・ティ・ティ・ファネット・システム
        常勤監査役         大島 一純     昭和19年9月1日生
                                                         -
                                    ズ株式会社取締役マルチメディア事業部長
                                                     注4
                              平成15年4月      同社取締役マルチメディア事業本部長
                              平成18年3月      当社監査役
                              平成19年7月      当社常勤監査役就任(現任)
                              昭和56年3月      東京大学文学部卒業

                              昭和61年3月      神戸商科大学(現在の兵庫県立大学)
                                    大学院経営学研究科修士課程修了
                              昭和63年2月      公認会計士登録
                              平成2年9月      株式会社日本興業銀行入行
                                                     注2
                              平成15年4月      ソニー株式会社入社
         監査役        宗岡 徹     昭和32年6月27日生
                                                         -
                                                     注4
                              平成18年4月      関西大学大学院会計研究科 教授(現任)
                              平成23年3月      当社監査役就任(現任)
                              平成28年1月      泉州電業株式会社取締役就任(現任)
                              平成28年8月      東京大学大学院情報学環(SiSOC             TOKYO)
                                    客員教授(現任)
                              平成31年1月
                                    共英製鋼株式会社仮監査役就任
                              令和元年6月
                                    共英製鋼株式会社社外監査役就任
                              昭和44年3月      大阪府立大学工学部卒業
                              昭和44年4月      ミノルタカメラ株式会社入社
                              平成11年4月      同社情報システム部長
                              平成12年4月      同社新事業開発センター所長
                                                     注2
         監査役        山口 順平     昭和22年1月5日生
                                                         -
                              平成13年11月      ポータル株式会社西日本支社長
                                                     注4
                              平成20年1月      ワクコンサルティング株式会社執行役員・
                                    関西支社長
                              平成24年3月      当社補欠監査役
                              平成25年3月
                                    当社監査役就任(現任)
                          計                                1,245

     (注)1.松下重悳氏は、社外取締役であります。
         2.大島一純氏、宗岡徹氏、山口順平氏の3氏は、社外監査役であります。
         3.平成31年3月20日開催の定時株主総会の終結の時から2年間。
         4.令和2年3月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
        ② 社外役員の状況

        a.社外取締役及び社外監査役の員数並びに当社との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
         本報告書提出日現在、当社の社外取締役は1名、社外監査役は3名であります。
         社外取締役松下重悳氏は当社株式64千株を所有しておりますが、社外監査役大島一純氏、宗岡徹氏及び山口順平
        氏は当社株式を所有しておりません。
        b.社外取締役及び社外監査役を選任する際の独立性に関する基準又は方針
                                34/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         当社は、社外取締役及び社外監査役を選任する際には、特段の基準は設けておりませんが、会社法が定める要件
        に合致することを確認の上、人格、識見、経歴などを総合的に考慮の上選定しております。
        c.社外取締役及び社外監査役が会社の企業統治において果たす機能、役割及び選任状況に関する考え方
         当社は、企業経営に対し監視機能を充実することが重要と考え、社外取締役及び社外監査役を選任しておりま
        す。社外取締役及び社外監査役は、経営陣や特定の利害関係者から独立した客観的な視点に立ち、一般株主の保護
        並びに株主共同の利益の確保のために経営の監督を担っております。社外取締役及び社外監査役は取締役会の中
        で、意思決定、業務執行に関し、一般株主の視点に立ち発言することに加え、専門知識と豊富な企業経営経験に基
        づいて適宜助言を行い、経営の効率性及び透明性の向上に貢献しております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
        a.内部監査の組織、人員及び手続について
         内部監査につきましては少人数ではありますが、当社の内部統制上重要であるとの認識から担当者を指名してお
        ります。内部監査は年間監査計画を作成し、それに基づき内部監査を部門毎に実施し、監査結果及び改善点を当該
        部門に報告し、改善計画を受領し、改善進捗を管理しております。この一連のPDCAサイクルにより内部統制の充実
        を図っております。
        b.監査役監査の組織、人員及び手続について
         当社は常勤監査役1名、非常勤監査役2名の計3名により監査役会を構成しております。監査の具体的な手続に
        つきましては、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役の業務執行に対し質問を実施し、取締役の職務遂行が
        適法性を欠くおそれがある場合には必要な助言などを実施しております。
         また、重要な決裁書類を閲覧し、各部門において業務及び財産の状況を調査し、決算期においては会計監査人の
        監査に立ち会うほか自らも計算書類及び附属明細書に検討を加えた上で、監査報告書を作成するなどの職務を遂行
        しております。
        c.内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携について
         内部監査担当者は特に監査役会との連携を密にし、年度監査計画の立案時において監査役会と協議を行い、監査
        実施後においては代表取締役に監査報告を行うと同時に監査役から助言、指導を仰いでおります。
         また、内部監査担当者は、会計監査人からの指摘事項を内部監査時の監査事項に反映させるよう連携を行ってお
        ります。
         会計監査人は、監査役会に統括した会計監査結果を報告しております。
         なお、当社は太陽有限責任監査法人に金融商品取引法及び会社法に基づく会計監査を依頼しております。
                                35/87










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ①監査役監査の状況
          当社は常勤監査役1名、非常勤監査役2名の計3名により監査役会を構成しております。監査の具体的な手続
         につきましては、取締役会その他重要な会議に出席し、取締役の業務執行に対し質問を実施し、取締役の職務遂
         行が適法性を欠くおそれがある場合には必要な助言などを実施しております。
          また、重要な決裁書類を閲覧し、各部門において業務及び財産の状況を調査し、決算期においては会計監査人
         の監査に立ち会うほか自らも計算書類及び附属明細書に検討を加えた上で、監査報告書を作成するなどの職務を
         遂行しております。
        ②内部監査の状況

          内部監査につきましては少人数ではありますが、当社の内部統制上重要であるとの認識から担当者を指名して
         おります。内部監査は年間監査計画を作成し、それに基づき内部監査を部門毎に実施し、監査結果及び改善点を
         当該部門に報告し、改善計画を受領し、改善進捗を管理しております。この一連のPDCAサイクルにより内部統制
         の充実を図っております。
        ③会計監査の状況

         ⑴監査法人の名称
          太陽有限責任監査法人
         ⑵業務を執行した公認会計士
          公認会計士 藤本 浩巳(指定有限責任社員 業務執行社員)
          公認会計士 樹神 祐也(指定有限責任社員 業務執行社員)
         ⑶監査業務に係る補助者の構成
          公認会計士 6名
          その他   6名
         ⑷監査法人の選定方針と理由
          監査法人の選定に際しては、監査品質の維持・向上を図りつつ効率的に行われていることが重要と考え、監査
         役会の決議を経て株主総会に付議することとしています。
         また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査役全員の合意に
         基づき監査役会が会計監査人を解任いたします。
         ⑸監査役及び監査役会による監査法人の評価
          監査役及び監査役会は「会計監査人の評価基準」に基づき監査法人の評価を行い、会計監査は適正に行われて
         いることを確認しております。
         ⑹監査報酬の内容等
          ①監査公認会計士等に対する報酬
                        前連結会計年度                   当連結会計年度
            区分
                  監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                  く報酬(千円)          報酬(千円)          く報酬(千円)          報酬(千円)
        提出会社                23,500            -        23,000            -
        連結子会社                  -          -          -          -

            計            23,500            -        23,000            -

          ②その他重要な報酬の内容

           該当事項はありません
          ③監査報酬の決定方針

           監査報酬の決定方針は定めておりませんが、監査日数等を勘案したうえで決定しております。
          ④監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務執行状況及び報酬見積りの算出根拠などが適切
           であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたし
           ました。
                                36/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        役員報酬等の概要
        ①役員報酬等の額の決定に関する方針
         方針は定めておりません。
        ②提出会社の役員報酬等の総額
        提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(千円)
                 報酬等の総額                                  対象となる役員
         役員区分
                  (千円)             ストックオプ                     の員数(名)
                         基本報酬              賞与     退職慰労金
                                ション
     取締役
     (社外取締役を除               67,899       67,899         -       -       -         5
     く。)
     社外取締役                2,400       2,400        -       -       -         1
     社外監査役                9,600       9,600        -       -       -         3

       ③提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                37/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
    ① 投資株式の区分の基準及び考え方
     当社は、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とする株式を純投資目的である投
    資株式とし、当社の中長期的な企業価値向上に必要と判断した場合に保有する政策保有株式等を純投資目的以外の目的で
    ある投資株式として区分しております。
    ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

     a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
        当社が保有する保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式は政策保有株式であります。非上場株式の政策保
      有は、相手先企業との取引関係の維持・強化など、当該投資がもたらす当社事業への貢献度、経済的合理性等を総合
      的に勘案し、当社の中長期的な企業価値向上に必要と判断した場合に、政策保有株式として保有することとしており
      ます。
     b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
     非上場株式                 4           55,271

     非上場株式以外の株式                -             -

    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
     非上場株式                 1           54,240    追加出資

     非上場株式以外の株式                -             -  -

    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
     非上場株式                 1          258,942

     非上場株式以外の株式                -             -

                                38/87









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

     特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                      -        2,232

     SuperPix     Micro
                                  取引先との関係強化                      無
     Technology      Ltd.
                      -       25,834
                    693,350         693,350

     BASDE   IND(HK)LTD
                                  取引先との関係強化                      無
                      485         488
                     1,250         1,250

     ㈱フェアカード                             取引先との関係強化                      無
                       6         6
                   3,501,154         2,309,581

                                  取引先との関係強化、追加出資により増
     NokNokLabs.      Inc
                                                        無
                                  加
                    54,780           -
                    61,385         61,385

     DSN  Tech.Inc
                                  取引先との関係強化                      無
                      -         -
     みなし保有株式

      該当事項はありません。
    ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

      当該株式の保有はありません。
    ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

      当該株式の保有はありません。
    ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

      当該株式の保有はありません。
                                39/87









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28
         号)に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号 以下

         「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成31年1月1日から令和元年12月
      31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成31年1月1日から令和元年12月31日まで)の財務諸表について、太陽
      有限責任監査法人による監査を受けております。
        なお、金融商品取引法第24条の2第1項の規定に基づき、有価証券報告書の訂正報告書を提出しておりますが、訂
      正後の連結財務諸表及び財務諸表について、太陽有限責任監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みとして、公益財団法人財務会計基準機構へ加入す
      るとともに、同機構や監査法人等の行う研修への参加や会計専門誌の定期購読等を行い、会計基準等の内容を適切に
      把握できる体制を整備しております。
                                40/87













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成30年12月31日)              (令和元年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        583,591              230,979
        現金及び預金
                                        107,472              146,356
        売掛金
        電子記録債権                                40,476              50,075
                                        126,062              161,674
        製品
                                        146,000              418,448
        短期貸付金
                                         1,949                -
        立替金
        未収入金                                  -            250,901
                                        59,471              67,721
        その他
                                                     △389,078
                                       △149,644
        貸倒引当金
                                        915,379              937,076
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          土地                              272,083              275,083
                                       ※1  4,812             ※1  2,355
          その他(純額)
          有形固定資産合計                              276,896              277,438
        無形固定資産
                                                       32,383
                                        36,992
          ソフトウエア
                                        36,992              32,383
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       ※2  26,329             ※2  55,271
          投資有価証券
          関係会社株式                                 -            32,922
                                                         -
          役員に対する短期貸付金                                 -
                                        83,375
          その他                                             83,407
                                       △19,217              △39,217
          貸倒引当金
                                        90,487
          投資その他の資産合計                                            132,382
                                        404,377              442,205
        固定資産合計
                                       1,319,756              1,379,283
       資産合計
                                41/87









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (平成30年12月31日)              (令和元年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         7,846
        買掛金                                              44,668
                                        36,360              13,081
        未払法人税等
        賞与引当金                                 4,231              4,612
        前受収益                                86,112              127,360
                                        102,059              195,493
        その他
                                        236,610              385,214
        流動負債合計
       固定負債
        長期前受収益                                82,211              72,552
        退職給付に係る負債                                26,849              29,709
                                         3,088               170
        繰延税金負債
        固定負債合計                                112,150              102,432
                                                      487,645
       負債合計                                 348,760
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               3,497,252               763,842
        資本剰余金                               3,587,268               763,842
                                      △6,039,760               △508,828
        利益剰余金
                                       1,045,067              1,018,856
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                 7,151               430
                                       △159,866              △138,874
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △152,715              △138,443
       新株予約権                                  78,643              11,222
                                        970,995              891,634
       純資産合計
                                       1,319,756              1,379,283
     負債純資産合計
                                42/87











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                至 平成30年12月31日)               至 令和元年12月31日)
                                        726,923             1,034,953
     売上高
                                      ※2  377,861             ※2  435,404
     売上原価
                                        349,061              599,549
     売上総利益
                                    ※1,※2   765,624           ※1,※2   955,973
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △416,563              △356,424
     営業外収益
       受取利息及び受取配当金                                   161             3,608
       契約に基づく売上連動収益                                  6,325                -
                                        20,425                -
       雑収入
                                                       3,608
       営業外収益合計                                  26,910
     営業外費用
       租税公課                                  2,204              2,211
       貸倒引当金繰入額                                 140,000               66,000
       支払報酬                                  1,323              4,966
                                                       22,526
       為替差損                                  28,595
                                           0             319
       雑損失
                                                        130
                                          112
       その他
                                        172,236               96,155
       営業外費用合計
                                       △561,888              △448,970
     経常損失(△)
     特別利益
       投資有価証券売却益                                    -            240,194
       新株予約権戻入益                                    -            60,389
                                                       3,453
                                          -
       資産除去債務戻入益
                                                      304,036
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                      ※3  118,536
       減損損失                                                  -
                                        477,406                 -
       投資有価証券評価損
                                        595,943
       特別損失合計                                                  -
                                      △1,157,831               △144,934
     税金等調整前当期純損失(△             )
                                         7,732              4,617
     法人税、住民税及び事業税
     過年度法人税等                                     -             8,471
                                        △8,923              △3,088
     法人税等調整額
                                        △1,190               9,999
     法人税等合計
     当期純損失(△)                                △1,156,641               △154,933
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                △1,156,641               △154,933
                                43/87







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                至 平成30年12月31日)               至 令和元年12月31日)
                                      △1,156,641               △154,933
     当期純利益又は当期純損失(△)
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                 △7,441              △6,720
                                                       20,992
                                        29,095
       為替換算調整勘定
                                       ※ 21,654             ※ 14,272
       その他の包括利益合計
                                      △1,135,006               △140,661
     包括利益
     (内訳)
                                      △1,135,006               △128,830
       親会社株主に係る包括利益
                                44/87
















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                     資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高
                       3,069,358           3,159,374          △4,895,778           1,345,922
     当期変動額
      新株の発行                  427,893           427,893                     855,786
      減資                                                    -
      親会社株主に帰属する当期
                                            △1,156,641           △1,156,641
      純損失(△)
      新規連結による減少高

                                               -           -
      株主資本以外の項目の当期

      変動額(純額)
     当期変動額合計                   427,893           427,893         △1,156,641           △300,855
     当期末残高                  3,497,252           3,587,268          △6,039,452           1,045,067
                         その他の包括利益累計額

                                             新株予約権         純資産合計
                 その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                 差額金                 計額合計
     当期首残高                 14,592       △188,943         △174,350         136,636        1,308,208
     当期変動額
      新株の発行                                                  855,786
      減資                                                    -
      親会社株主に帰属する当期
                                                      △1,156,641
      純損失(△)
      新規連結による減少高                                                    -

      株主資本以外の項目の当期

                      △7,441         29,076         21,634        △57,992         △36,358
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △7,441         29,076         21,634        △57,992        △337,213
     当期末残高                  7,151       △159,866         △152,715          78,643        970,995
                                45/87








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
          当連結会計年度(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                     資本金          資本剰余金           利益剰余金          株主資本合計
     当期首残高                  3,497,252           3,587,268          △6,040,784           1,043,734
     当期変動額
      新株の発行
                        65,294           65,294                     130,588
      減資

                      △2,798,704           △2,888,720            5,687,424              -
      親会社株主に帰属する当期

                                            △155,467           △155,467
      純損失(△)
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 △2,733,410           △2,823,426            5,531,956           △24,880
     当期末残高                   763,842           763,842          △508,828           1,018,856
                         その他の包括利益累計額

                                             新株予約権         純資産合計
                 その他有価証券評価                 その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                 差額金                 計額合計
     当期首残高
                       7,151       △159,866         △152,715          78,643        969,662
     当期変動額
      新株の発行                                                  130,588
      減資                                                    -

      親会社株主に帰属する当期

                                                       △155,467
      純損失(△)
      株主資本以外の項目の当期
                      △6,720         20,992         14,272        △67,421         △53,149
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                      △6,720         20,992         14,272        △67,421         △78,028
     当期末残高                   430      △138,874         △138,443          11,222        891,634
                                46/87










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 平成30年1月1日             (自 平成31年1月1日
                                至 平成30年12月31日)              至 令和元年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純損失(△)                               △1,157,831              △145,370
                                        22,795
       減価償却費                                              21,790
                                        33,772
       減損損失                                                -
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                   187             381
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  1,977             2,859
                                        139,934             259,926
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
       契約損失引当金の増減額(△は減少)                                 147,927
                                                       -
                                         3,918
       為替差損益(△は益)                                              22,526
       受取利息及び受取配当金                                  △161            △3,608
       新株予約権戻入益                                    -          △60,389
       資産除去債務戻入益                                    -          △3,453
                                        462,814
       投資有価証券評価損益(△は益)                                                -
       契約に基づく売上連動収益                                 △6,325               -
                                       △14,864             △48,817
       売上債権の増減額(△は増加)
       有価証券及び投資有価証券売却損益(△は益)                                    -         △240,194
                                        52,119            △35,545
       たな卸資産の増減額(△は増加)
                                        △7,328             37,248
       仕入債務の増減額(△は減少)
       立替金の増減額(△は増加)                                 171,892              △238
                                        134,810             111,869
       その他
                                       △310,215             △81,014
       小計
       利息及び配当金の受取額
                                          161            3,608
       法人税等の支払額                                 △14,470             △24,012
                                         5,728              723
       法人税等の還付額
                                       △318,796             △100,696
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                       △21,099             △3,000
       有形固定資産の取得による支出
       敷金及び保証金の差入による支出                                   △36             △3
       投資有価証券の取得による支出                                 △63,644             △54,240
       関係会社株式の取得による支出                                    -          △32,922
       契約に基づく売上連動収入                                  6,276              -
       貸付金の回収による収入                                  20,000             6,000
       貸付けによる支出                                △140,000             △66,000
                                                    △209,913
       役員に対する貸付による支出                                    -
                                       △29,060             △14,722
       無形固定資産の取得による支出
                                       △227,564             △374,801
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       新株予約権の発行による収入                                  14,594               -
                                        783,456             123,556
       株式の発行による収入
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 798,050             123,556
                                         △990             △670
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                        254,559            △352,612
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        329,032             583,591
     現金及び現金同等物の期首残高
                                         1,878              -
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                       ※ 583,591            ※ 230,979
     現金及び現金同等物の期末残高
                                47/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1.連結の範囲に関する事項
        (1)連結子会社の数    :               3 社
           連結子会社の名称   :DDS                   Korea,    Inc.、エスアンドエステクノロジー(有)                      、MICROMETRICS
        TECHNOLOGIES       PTE.LTD.
        上記のうち、MICROMETRICS             TECHNOLOGIES       PTE.LTD.については、重要性が増したため、当連結会計年度より連結の
        範囲に含めております。
        (2)非連結子会社の名称:GUNSMITH                  & SONS   CORPORATION
        上記2社は当連結会計年度に新たに設立された小規模な会社であり、連結の範囲から除いても連結財務諸表に及ぼ
        す影響が軽微であることから連結の範囲からのぞいております。
      2.持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうちDDS Korea, Inc.の決算日は12月31日で、連結決算日と一致しております。
        連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は次のとおりであります。
        エスアンドエステクノロジー(有) 4月30日 ※

        MICROMETRICS       TECHNOLOGIES       PTE.LTD. 6月30日 ※
       ※:連結子会社の決算日現在の財務諸表を使用しております。ただし、連結決算日との間に生じた重要な取引につ
       いては、連結上必要な調整を行っております。
      4.会計方針に関する事項

        (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         ①有価証券
          その他有価証券
          時価のあるもの  :期末日の市場価格等による時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
                    価は移動平均法により算定)
          時価のないもの  :移動平均法による原価法
         ②たな卸資産
          製品       :移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げ
                    の方法)
        (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         ①有形固定資産   :定率法により償却しております。
           ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得
          した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物 15年      工具器具備品 2年~8年
         ②無形固定資産   :定額法により償却しております。
           なお、販売目的のソフトウエアについては、見込販売収益に基づく償却額と見込販売可能期間(3年)に基
          づく償却額のいずれか大きい額により償却しております。
        (3)重要な引当金の計上基準
         ①貸倒引当金    :売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、当社は一般債権については貸倒実績率に
                    より、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込
                    額を計上しております。また在外連結子会社は主として特定の債権について回収不能見
                    込額を計上しております。
         ②賞与引当金    :従業員に支給する賞与に充てるため、将来の支給見込額のうち、当連結会計年度負担額
                    を計上しております。
        (4)退職給付に係る会計処理の方法
          当社及び連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給
         額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
        (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
          外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
         ます。
          なお、在外連結子会社の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期
         中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に計上しております。
        (6)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
          手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
         負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
        (7)その他の連結財務諸表作成のための重要な事項
         消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                48/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                                49/87





















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
         1.時価の算定に関する会計基準等
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 令和元年7月4日)
          (1)  概要
          国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
          定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関す
          るガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
          ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
          (2)  適用予定日
          令和2年12月期の期首より適用予定であります。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響
          影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります
          2.収益認識

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 平成30年3月30日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 平成30年3月30日 企業会計基
          準委員会)
          (1)概要
           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な
          会計基準の開発を行い、平成26年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASB
          においてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は平成30年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606
          は平成29年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、
          収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整
          合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れるこ
          とを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項
          目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
          (2)適用予定日
           令和4年12月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響
           「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
          あります。
         (連結貸借対照表関係)

      ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成30年12月31日)                 (令和元年12月31日)
     有形固定資産の減価償却累計額                               108,104    千円              110,488千円
      ※2.非連結子会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (平成30年12月31日)                 (令和元年12月31日)
     関係会社株式                                  -千円               32,922千円
         (連結損益計算書関係)

      ※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                             至 平成30年12月31日)                   至 令和元年12月31日)
     1.給料手当                               124,069千円                 159,797千円
                                                      87,941
     2.役員報酬                                97,840
     3.賞与引当金繰入額                                2,702                 2,664
                                                       2,973
     4.退職給付費用                                2,330
                                    108,404                 113,543
     5.支払報酬
      ※2.一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は次のとおりであります。

                                50/87

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 平成30年1月1日                            (自 平成31年1月1日
              至 平成30年12月31日)                              至 令和元年12月31日)
                          111,743千円                            120,761千円
                                51/87



















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      ※3.前連結会計年度において当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。

         事業          用途        場所           種類           金額(千円)
     全社            遊休地        宮城県登米市       土地                      11,765
      当社グループは単一の事業を行っていることから、グループ全体がキャッシュ・フローを生み出す最小の単位である
     と判断しております。
      土地につきましては、該当する資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に
     計上しております。減損損失の測定における回収可能価額は不動産鑑定評価額に基づく正味売却価額によっておりま
     す。
         (連結包括利益計算書関係)

      ※その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 平成30年1月1日               (自 平成31年1月1日
                                至 平成30年12月31日)               至 令和元年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △421,204千円                  366千円
      組替調整額                                413,762               △7,086
       税効果調整前
                                      △7,441               △6,720
       税効果額                                  -               -
       その他有価証券評価差額金
                                      △7,441               △6,720
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                 29,095               21,037
        その他の包括利益合計
                                       21,654               14,317
                                52/87












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                               当連結会計年度          当連結会計年度
                     当連結会計年度                             当連結会計年度末
                     期首株式数(株)                             株式数(株)
                               増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                   38,708,300          2,701,000             -      41,409,300

            合計             38,708,300          2,701,000             -      41,409,300

     自己株式

      普通株式                       -          -          -          -

            合計                 -          -          -          -

     (注)普通株式の株式数の増加2,701,000株は、ストック・オプションの権利行使による増加1,341,000株、第三者割当

         による新株予約権の行使による増加1,360,000株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                   新株予約権の目的となる株式の数(株)                     当連結会

                        新株予約権の目的                               計年度末
      区分       新株予約権の内訳
                        となる株式の種類                                残高 
                                 当連結会計     当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                 年度期首     年度増加      年度減少      年度末     (千円)
     提出会社

          第6回ストック・オプション
                            -         -     -      -      -  66,534
    (親会社)      としての新株予約権
     提出会社

          第7回ストック・オプション
                            -         -     -      -      -   2,151
    (親会社)      としての新株予約権(注)1
     提出会社

          第8回新株予約権(注)2.
                          普通株式          -  4,280,000      1,360,000      2,920,000      9,957
    (親会社)      3
             合計               -         -  4,280,000      1,360,000      2,920,000      78,643

     (注)1.第7回ストック・オプションとしての新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。

        2.第8回新株予約権の当連結会計年度増加は、新株予約権の発行によるものであります。
        3.第8回新株予約権の当連結会計年度減少は、新株予約権の行使によるものであります。
    3.配当に関する事項

        該当事項はありません。
                                53/87






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      当連結会計年度(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                               当連結会計年度          当連結会計年度
                     当連結会計年度                             当連結会計年度末
                     期首株式数(株)                             株式数(株)
                               増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)                   41,409,300           381,000            -      41,790,300

            合計             41,409,300           381,000            -      41,790,300

     自己株式

      普通株式                       -          -          -          -

            合計                 -          -          -          -

     (注)普通株式の株式数の増加381,000株は、ストック・オプションの権利行使による増加121,000株、第三者割当によ

         る新株予約権の行使による増加260,000株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                   新株予約権の目的となる株式の数(株)                     当連結会

                        新株予約権の目的                               計年度末
      区分       新株予約権の内訳
                        となる株式の種類                                残高 
                                 当連結会計     当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                        (千円)
                                 年度期首     年度増加      年度減少      年度末
     提出会社

          第6回ストック・オプション
                            -         -     -      -      -    -
    (親会社)      としての新株予約権
     提出会社

          第7回ストック・オプション
                            -         -     -      -      -   2,151
    (親会社)      としての新株予約権(注)1
     提出会社

          第8回新株予約権(注)2                普通株式       2,920,000         -    260,000     2,660,000      9,070
    (親会社)
             合計               -     2,920,000         -    260,000     2,660,000      11,222

     (注)1.第7回ストック・オプションとしての新株予約権は、権利行使期間の初日が到来しておりません。

        2.第8回新株予約権の当連結会計年度減少は、新株予約権の行使によるものであります。
    3.配当に関する事項

        該当事項はありません。
                                54/87






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                 至 平成30年12月31日)              至 令和元年12月31日)
     現金及び預金勘定                                  585,470    千円           230,979    千円
                                       585,470              230,979
     現金及び現金同等物
      1.重要な非資金取引の内容

        (1)新株予約権に関するもの
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                 至 平成30年12月31日)              至 令和元年12月31日)
      新株予約権の行使による資本金増加額                                 427,893千円               65,294千円
      新株予約権の行使による資本準備金増加額                                 427,893               65,294
         (リース取引関係)

        該当事項はありません。
         (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
        (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、営業取引計画、設備投資計画に照らして、主に借入や新株の発行によって必要な資金を調達
         しております。一時的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用しております。現在デリバティブ取引は行って
         おりません。
        (2)金融商品の内容及びそのリスク
          営業債権である売掛金及び電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。また、海外で事業を行う
         にあたり生じる外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、デリバティブ取引は行ってお
         りません。
          投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、為替の変動リスクに晒されております。
          営業債務である買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。一部外貨建のものについては、
         為替の変動リスクに晒されておりますが、デリバティブ取引は行っておりません。
        (3)金融商品に係るリスク管理体制
         ①信用リスク(取引先の契約不履行などに係るリスク)の管理
           当社は、与信管理規程に従い、与信調査サービスを利用して与信管理を行っております。
         ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
           当社は、外貨建ての営業債権債務について、デリバティブ取引は行っておりません。
           金利の変動リスクについては、個別契約や金利変更の情報を毎月確認して管理を行っております。
           投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況などを把握し保有状況を継続的
          に見直しております。
         ③流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
           当社は、毎月及び必要に応じてより短期で、資金繰計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維持など
          により流動性リスクを管理しております。
        (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明
          金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
         れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件などを採用すること
         により、当該価額が変動することがあります。
        (5)リスクの集中
          当連結会計年度の連結決算日現在における営業債権のうち、45.0%がMICROMETRICS                                       TECHNOLOGIES       PTE.LTD.に
         対するものであります。
                                55/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
        が極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
     前連結会計年度(平成30年12月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                                 583,591           583,591
     (1)現金及び預金                                                     -
                                 107,472
     (2)売掛金                                       107,472              -
                                 40,476           40,476
     (3)電子記録債権                                                     -
                                 731,539           731,539

              資産計                                            -
                                  7,846           7,846
     (1)買掛金                                                     -
                                  7,846           7,846
              負債計                                            -
     (注)1.金融商品の時価の算定方法
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)電子記録債権、(4)短期貸付金
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
         負 債
          (1)買掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
     当連結会計年度(令和元年12月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)           差額(千円)
                              (千円)
                                 224,061           224,061

     (1)現金及び預金                                                     -
                                 146,356           146,356
     (2)売掛金                                                     -
     (3)電子記録債権                            50,075           50,075             -

     (4)短期貸付金                            209,000           209,000              -

                                 250,901           250,901

     (5)未収入金
                                △179,630           △179,630

      貸倒引当金                                                     -
     (6)役員に対する長期貸付金                            209,913           209,913              -

                                △209,913           △209,913

      貸倒引当金                                                     -
                                 700,763           700,763

              資産計                                            -
     (1)買掛金                            44,668           44,668             -

              負債計                   44,668           44,668             -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)電子記録債権、(4)短期貸付金
           これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額に
           よっております。
                                56/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         負 債

          (1)買掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
           によっております。
           2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

             区分
                           (平成30年12月31日)                  (令和元年12月31日)
     非上場株式                                26,329                  55,271

           非上場株式は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、金融商品の時価
          等に関する事項に記載しておりません。
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(平成30年12月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                           583,591

     現金及び預金                                  -         -         -
                           107,472
     売掛金                                  -         -         -
     電子記録債権                       40,476           -         -         -

     短期貸付金                      146,000            -         -         -

                          △149,644
     貸倒引当金                                  -         -         -
                           727,895

             合計                           -         -         -
          当連結会計年度(令和元年12月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
                           230,979

     現金及び預金                                  -         -         -
                           146,356
     売掛金                                  -         -         -
     電子記録債権                       50,075           -         -         -

                           209,000
     短期貸付金                                  -         -         -
                          △389,078
     貸倒引当金                                  -         -         -
                           209,913            -
     役員に対する長期貸付金
                           457,245

             合計                           -         -         -
         4.社債、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(平成30年12月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(令和元年12月31日)

           該当事項はありません。
                                57/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (有価証券関係)
      1.その他有価証券
       前連結会計年度(平成30年12月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                              額(千円)
                  (1)株式                 26,329           19,178           7,151
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     小計             26,329           19,178           7,151
                  (1)株式                   -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     小計               -           -           -
               合計                    26,329           19,178           7,151
     (注)減損処理を行った有価証券については、減損後の価格を取得原価としております。
       当連結会計年度(令和元年12月31日)

                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                              額(千円)
                  (1)株式                 55,271           54,670            601
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                     小計             55,271           54,670            601
                  (1)株式                   -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                     小計               -           -           -
               合計                    55,271           54,670            601
     (注)減損処理を行った有価証券については、減損後の価格を取得原価としております。
      2.売却したその他有価証券

       前連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
        当連結会計年度中に売却したその他有価証券はありません。
       当連結会計年度(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)

                             売却益の合計額           売却損の合計額

    種類              売却額(千円)
                               (千円)           (千円)
     (1)株式                  258,942           240,194             -
     (2)債券
      ①国債・地方債等                     -           -           -
      ②社債                     -           -           -
      ③その他                     -           -           -
     (3)その他                     -           -           -
          合計             258,942           240,194             -
      3.減損処理を行った有価証券

       前連結会計年度(平成30年12月31日)
        当連結会計年度において、投資有価証券について477,406千円の減損処理を行っております。
        なお、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式の減損処理にあたっては、期末における実質価
       額に対する取得価額からの下落率、および、回復可能性を鑑みて、減損処理を行っております。
       当連結会計年度(令和元年12月31日)

        該当事項はありません。
                                58/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (デリバティブ取引関係)
       該当事項はありません。
                                59/87




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、退職給付制度として、退職金規程に基づく確定給付型の退職一時金制度を採用しております。
        当社が有する退職一時金制度は、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法
      により、退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算しております。
      2.確定給付制度

        (1)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                前連結会計年度               当連結会計年度

                              (平成30年12月31日)               (令和元年12月31日)
     退職給付に係る負債の期首残高                                 24,872千円               26,849千円

      退職給付費用                                 3,263               3,478
      退職給付の支払額                                 △807                △80
      外貨換算差額                                 △479               △538
     退職給付に係る負債の期末残高                                 26,849               29,709
        (2)退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                前連結会計年度               当連結会計年度

                              (平成30年12月31日)               (令和元年12月31日)
      非積立型制度の退職給付債務                                26,849千円               29,709千円

      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                26,849               29,709
      退職給付に係る負債                                26,849千円               29,709千円

      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                26,849               29,709
        (3)退職給付費用

                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (自 平成30年1月1日               (自 平成31年1月1日
                               至 平成30年12月31日)               至 令和元年12月31日)
      簡便法で計算した退職給付費用                                 3,263千円               3,478千円
                                60/87










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
      1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
      該当事項はありません。
      2.権利不行使による失効により利益として計上した金額
                                       (単位:千円)
                     前連結会計年度              当連結会計年度
                   (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                   至 平成30年12月31日)              至 令和元年12月31日)
     新株予約権戻入益                         -

                                          60,389
      3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

        (1)ストック・オプションの内容
                      平成25年              平成28年
                   ストック・オプション              ストック・オプション
                                当社取締役2名

     付与対象者の区分及び人数             当社取締役4名
                                当社従業員48名
     ストック・オプション数             普通株式 4,000,000株              普通株式 1,075,700株

     付与日             平成25年6月27日              平成28年6月16日

                  付与日(平成25年6月27

                  日)以降、権利確定時まで
                                     (注3)
     権利確定条件
                  継続して勤務しているこ
                  と。
                   平成25年6月28日から
     対象勤務期間                                 -
                   平成29年6月27日まで。
                  平成29年6月28日から令和              令和2年4月1日から令和

                  元年6月27日まで。ただ              6年6月15日まで。ただ
     権利行使期間
                  し、権利確定後退職した場              し、権利確定後退職した場
                  合は行使できない。              合は行使できない。
     (注)1.ストック・オプションの数については株式数に換算して記載しております。

         2.平成26年1月1日付で普通株式1株を100株に分割しておりますので、ストック・オプションの数について
           は、株式分割後の数値を記載しております。
         3.権利確定条件
          ①本新株予約権の割当を受けた者(以下、「受託者」という。)は、本新株予約権を行使することができな
           い。
          ②受託者より本新株予約権の交付を受けた者(以下、「受益者」という。)は、平成30年12月期から令和2年
           12月期までの事業年度に係る当社が提出した有価証券報告書に記載される監査済みの当社連結損益計算書の
           経常利益が、下記各号に掲げる条件を満たした場合、満たした条件に応じて、交付を受けた本新株予約権の
           うち当該条件に応じた割合を乗じた本新株予約権を行使することができる。この場合において、かかる割合
           に基づき算定される行使可能な本新株予約権の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、かかる端数を
           切り捨てた個数の本新株予約権についてのみ行使することができるものとする。また、国際財務報告基準の
           適用等により参照すべき経常利益等の概念に重要な変更があった場合には、別途参照すべき指標を取締役会
           にて定めるものとする。
           (a)300百万円を超過している場合
            受益者が交付を受けた本新株予約権のうち30%
           (b)500百万円を超過している場合
            受益者が交付を受けた本新株予約権のうち60%
           (c)700百万円を超過している場合
            受益者が交付を受けた本新株予約権のうち100%
          ③受益者は、本新株予約権を取得した時点において当社取締役等の役員又は使用人である場合は、本新株予約
           権の取得時から権利行使時まで継続して、当社取締役等の役員又は使用人のいずれかの地位にあることを要
           する。但し、当社取締役会が正当な理由があるものと認めた場合にはこの限りではない。
                                61/87

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
          ④受益者が権利行使期間中に死亡した場合、その相続人は本新株予約権を行使することができない。
          ⑤本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における授権株式数を超過することとな
           るときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできない。
          ⑥各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできない。
        (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

         ①ストック・オプションの数
                    平成25年          平成28年
                  ストック・オプション          ストック・オプション
      権利確定前(株)
       前連結会計年度末                -       1,075,700
       付与                -          -
       失効                -          -
       権利確定                -          -
       未確定残                -       1,075,700
      権利確定後(株)
       前連結会計年度末             1,310,000              -
       権利確定                -          -
       権利行使              121,000             -
       失効             1,189,000              -
       未行使残                -          -
     (注)1.ストック・オプションの数については株式数に換算して記載しております。

         2.平成26年1月1日付で普通株式1株を100株に分割しておりますので、ストック・オプションの数について
           は、株式分割後の数値を記載しております。
         ②単価情報
                    平成25年          平成28年
                  ストック・オプション          ストック・オプション
      権利行使価格(円)                 196          308

      行使時平均株価(円)                 414           -
      付与日における公正な
                       51          200
      評価単価(円)
     (注)平成26年1月1日付で普通株式1株を100株に分割しておりますので、ストック・オプションの単価情報につい
         ては、株式分割後の数値を記載しております。
      4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積もりは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
                                62/87






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (平成30年12月31日)              (令和元年12月31日)
      繰延税金資産
        減価償却超過額                             32,191千円              30,132千円
        退職給付に係る負債                              5,975              6,675
        賞与引当金                              1,488              1,610
        資産除去債務                              1,897              1,455
        投資有価証券評価損                             338,555              291,923
        固定資産減損損失                             122,684              90,108
        電話加入権償却                               88              86
        貸倒引当金(長期)                             190,331              243,493
        投資有価証券                               -           △2,369
        未収利息                               -            3,863
        為替差損                               -            14,228
        製品評価減                             26,142              24,427
        株式報酬費用                             20,822                -
        関連会社株式評価損                             19,262              18,836
        未払事業税                             15,001              3,011
                                    616,813              450,998
        繰越欠損金(注)2
      繰延税金資産小計
                                   1,391,254              1,178,482
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △616,813              △450,998
                                   △774,436              △727,484
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
      評価性引当額小計※1(注)1                            △1,391,254              △1,178,482
      繰延税金資産合計
                                       -              -
      繰延税金負債

        その他有価証券評価差額金                               -              -
                                     3,088               170
        子会社貸付金
      繰延税金負債合計                               3,088               170
      (注)1.繰延税金資産から控除された額(評価性引当額)に重要な変動が生じている当該変動の主な内容は前連結

            会計年度における税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額560,778千円の繰越期限切れによるものです。
      (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
      当連結会計年度(令和元年12月31日)
                         2年超3年以       3年超4年以       4年超5年以

                   1年超2年以内
            1 年  以  内                             5   年   超    合計
                         内       内       内
            (  千  円  )                                   (  千  円  )
                   (  千  円  )                       (千円)
                         (  千  円  )   (千円)       (千円)
     税務上の繰越
             72,448       52,402       62,168       23,709      136,550       103,718       450,998
      欠損金※1
     評価性引当額
             △72,448       △52,402       △62,168       △23,709      △136,550       △103,718       △450,998
     繰延税金資産

              -       -       -       -       -       -       -
    ※1税務上の繰越欠損金は法定実効税率を乗じた額であります。

                                63/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
         た主要な項目別の内訳
         前連結会計年度及び当連結会計年度は、税金等調整前当期純損失のため記載を省略しております。
         (企業結合等関係)

      該当事項はありません。
                                64/87



















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (賃貸等不動産関係)
        当社では、宮城県登米市及び岐阜県多治見市において遊休不動産(土地)を有しております。前連結会計年度にお
      ける当該遊休不動産に関する損益は管理費用3,640千円(営業外費用に計上)、減損損失11,765千円(特別損失に計
      上)であります。当連結会計年度における当該遊休不動産に関する損益は管理費用7,179千円(営業外費用に計上)
      であります。
        当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、当連結会計年度増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                            至 平成30年12月31日)                 至 令和元年12月31日)
     連結貸借対照表計上額

         期首残高                             263,533                 272,083

         期中増減額                              8,549                 3,000

         期末残高                             272,083                 275,083

     期末時価                                 272,083                 275,083

     (注)1.連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額であります。
        2.期末の時価は、社外の不動産鑑定士による不動産鑑定評価を基に自社で合理的に算定した方法により評価し
          ております。
         (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
       当社グループは、「バイオメトリクス事業」の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      【関連情報】

        前連結会計年度(自           平成30年1月1日          至   平成30年12月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分「バイオメトリクス事業」の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の
         90%を超えるため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高
                                                 (単位:千円)
                 日本                 アジア               合計
                       758,901                456,239            1,215,140
          (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
         (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
                  顧客の名称又は氏名                    売上高      関連するセグメント名
         MICROMETRICS TECHNOLOGIES              PTE.LTD.
                                       442,948     バイオメトリクス事業
         ダイワボウ情報システム株式会社                              125,267     バイオメトリクス事業

                                65/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        当連結会計年度(自           平成31年1月1日          至   令和元年12月31日)
        1.製品及びサービスごとの情報
          単一の製品・サービスの区分「バイオメトリクス事業」の外部顧客への売上高が、連結損益計算書の売上高の
         90%を超えるため、記載を省略しております。
        2.地域ごとの情報

         (1)売上高
                                                 (単位:千円)
                 日本                 アジア               合計
                      1,149,774                  14,244           1,164,019
          (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
         (2)有形固定資産

           本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
          を省略しております。
       3.主要な顧客ごとの情報

                                                 (単位:千円)
                  顧客の名称又は氏名                    売上高      関連するセグメント名
         ダイワボウ情報システム株式会社                              255,629     バイオメトリクス事業

      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

        前連結会計年度(自           平成30年1月1日          至   平成30年12月31日)
                                                     (単位:千円)
                    バイオメトリクス事業                全社・消去               合計
     減損損失                       344,450              11,765             356,215

    (注)「全社・消去」の金額は、全社資産に係る金額であります。
        当連結会計年度(自           平成31年1月1日          至   令和元年12月31日)

        該当事項はありません。

      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自           平成30年1月1日          至   平成30年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           平成31年1月1日          至   令和元年12月31日)

         該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自           平成30年1月1日          至   平成30年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自           平成31年1月1日          至   令和元年12月31日)

         該当事項はありません。
                                66/87




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         【関連当事者情報】
      関連当事者との取引
        (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
         前連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)

          該当事項はありません。
        (イ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

      前連結会計年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                        取引金額
                          議決権等の所
                   事 業 の 内 容
                                                      期末残高
            会社等の名称
     種     類                有(被所有)       取引の内容      (  千  円  )   科 目
            又  は  氏  名                                   (  千  円  )
                   又  は  職  業
                          割     合
                                        (注1)
                                当社が負担して
                                いる立替金の支
                                          171,204      立替金          -
                                   払
                          (被所有)

                                 資金貸付
                   当社代表取締役
                                          29,000               -
       役 員      三吉野 健滋                直接
                                 (注2)
                   社長
                                               短期貸付金
                           2.50%
                                 貸付返済         29,000               -
                                 資金の預り         14,221              20,397

                                               預り金
                           Pacific

                   ソフトウエア
     役員及びその                            業務委託
             松下 愛輝                              13,132     未払費用          999
                          Rim,INC.の取締
       近親者                           (注2)
                   開発
                            役
     (注)1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針
          (1)利息は市場金利を勘案し決定しております。
         (2)業務委託料は、取引内容を基礎として交渉の上決定しております。
      当連結会計年度(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)

                          議決権等の所              取引金額
                   事 業 の 内 容
            会社等の名称                                          期末残高
     種     類                有(被所有)       取引の内容      (  千  円  )   科 目
            又  は  氏  名                                   (  千  円  )
                   又  は  職  業
                          割     合          (注1)
                                 資金貸付
                                          193,926
                                 (注2)
                                               役員貸付金
                                                        193,926
                          (被所有)
                                 利息の受取
                   当社代表取締役
                                           1,530
       役 員      三吉野 健滋                直接
                                 (注2)
                   会長
                           2.38%
                                 資金の預り
                                          24,564
                                                        44,961
                                               預り金
                           Pacific

     役員及びその             ソフトウエア               業務委託
             松下 愛輝                              10,842     未払費用           -
                          Rim,INC.の取締
       近親者            開発               (注2)
                            役
     財務諸表作成
     会社の役員が
             GUNSMITH    &
     議決権の過半
              SONS
     数を自己の計               子会社        -     資金の借入         29,703     未払金        29,703
     算において所
            CORPORATION
     有している会
       社
     (注)1.上記の取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針
          (1)利息は市場金利を勘案し決定しております。
         (2)業務委託料は、取引内容を基礎として交渉の上決定しております。
                                67/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                             至 平成30年12月31日)                 至 令和元年12月31日)
     1株当たり純資産額                                 33円91銭                 1円98銭
     1株当たり当期純利益又は
                                     △22円60銭                 △3円46銭
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                    -                 -
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの1株当たり当期純損失である
           ため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益又は当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下の
           とおりであります。
                               前連結会計年度                 当連結会計年度

                            (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                             至 平成30年12月31日)                 至 令和元年12月31日)
     1株当たり当期純利益又は当期純損失

      親会社株主に帰属する当期純利益又は親
                                  △1,156,641                  △154,933
      会社株主に帰属する当期純損失(△)
     (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -                 -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当
                                  △1,156,641                  △154,933
      期純利益又は親会社株主に帰属する当期
      純損失(△)(千円)
      期中平均株式数(株)                             40,258,984                 41,603,771
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益
      親会社株主に帰属する当期純利益調整額

                                       -                 -
     (千円)
      普通株式増加数(株)
                                       -              131,108
       (うち新株予約権(株))
                                       -             (131,108)
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
     後1株当たり当期純利益の算定に含めな                                  -                 -
     かった潜在株式の概要
         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                68/87







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

         該当事項はありません。
         【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
      (2)【その他】

      当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
                         209,192          566,236          815,801         1,034,953
     売上高(千円)
     税金等調整前四半期純損失
                        △246,042          △238,139          △289,024          △133,149
     (△)又は税金等調整前四半
     期純利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
     純損失(△)又は親会社株主
                        △244,741           235,359         △286,598          △143,148
     に帰属する当期純利益(千
     円)
     1株当たり四半期純損失
                         △5.90           4.88         △3.56           3.46
    (△)又は1株当たり当期純
    利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は
                         △5.90          △4.97          △3.88          △0.61
     1株当たり四半期純損失
     (△)(円)
                                69/87










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成30年12月31日)              (令和元年12月31日)
     資産の部
       流動資産
        現金及び預金                                571,853              206,434
                                        101,554              145,822
        売掛金
        電子記録債権                                40,476              50,075
                                        126,842              146,283
        製品
                                          -            261,202
        未収入金
                                        146,000              212,000
        短期貸付金
        貯蔵品                                  778              635
                                        36,182              37,265
        前渡金
        前払費用                                21,187              24,724
                                         1,949
        立替金                                               2,187
                                                         -
                                         1,303
        未収消費税
                                           -           ※ 10,202
        その他
                                       △149,083              △420,430
        貸倒引当金
                                        908,145              870,330
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          土地                              272,083              275,083
                                         4,811              2,354
          その他(純額)
          有形固定資産合計                              276,895              277,437
        無形固定資産
                                        36,992              32,383
          ソフトウエア
                                        36,992              32,383
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
          投資有価証券                               26,329              55,271
          関係会社株式                                 -            32,922
          関係会社長期貸付金                              430,792              430,602
                                        82,779              82,839
          その他
          役員貸付金                                 -           193,926
                                       △459,094              △652,830
          貸倒引当金
                                        80,807              139,731
          投資その他の資産合計
                                        394,696              449,552
        固定資産合計
                                       1,302,841              1,319,883
       資産合計
                                70/87








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成30年12月31日)              (令和元年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         7,846
        買掛金                                              44,668
        未払金                                 7,709              8,713
        未払費用                                40,476              51,365
        前受金                                  87              87
                                        13,198
        預り金                                                266
                                        36,360              13,081
        未払法人税等
        賞与引当金                                 4,231              4,612
        前受収益                                86,112              127,360
                                        27,132              49,786
        その他
                                        223,155              299,943
        流動負債合計
       固定負債
        長期前受収益                                82,211              72,552
        退職給付引当金                                15,520              18,001
                                         3,088               170
        繰延税金負債
        固定負債合計                                100,820               90,723
                                        311,016              390,666
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
        資本金                               3,497,252               763,842
        資本剰余金
                                       3,587,268               763,842
          資本準備金
          資本剰余金合計                             3,587,268               763,842
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                      △6,191,449               △610,120
           繰越利益剰余金
                                      △6,191,449               △610,120
          利益剰余金合計
                                        893,070              917,563
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         7,151               430
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                 7,151               430
       新株予約権                                  78,643              11,222
                                        978,865
       純資産合計                                               929,216
                                       1,302,841              1,319,883
     負債純資産合計
                                71/87








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 平成30年1月1日              (自 平成31年1月1日
                                至 平成30年12月31日)               至 令和元年12月31日)
                                      ※1  722,587           ※1  1,021,827
     売上高
                                        342,912              423,360
     売上原価
                                        379,674              598,467
     売上総利益
                                      ※2  741,292             ※2  911,590
     販売費及び一般管理費
                                       △361,617              △313,123
     営業損失(△)
     営業外収益
       受取利息及び配当金                                   149             3,599
       契約に基づく売上連動収益                                  6,325                -
                                          -            20,189
       貸倒引当金戻入
                                                       23,194
                                        20,348
       その他
                                                       46,983
       営業外収益合計                                  26,822
     営業外費用
                                                       87,118
       貸倒引当金繰入額                                 142,738
                                                       22,526
       為替差損                                  28,595
       支払報酬                                  1,323              4,966
                                        37,265              32,409
       その他
                                        209,923              147,020
      営業外費用合計
                                       △541,755              △413,160
     経常損失(△)
     特別利益
       投資有価証券売却益                                    -            240,194
       新株予約権戻入益                                    -            60,389
                                          -             3,453
       資産除去債務戻入益
                                                      300,583
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                        118,536
       減損損失                                                  -
                                        477,406                 -
       投資有価証券評価損
                                        595,943                 -
       特別損失合計
                                      △1,136,396               △109,124
     税引前当期純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                    7,663              4,548
     過年度法人税等                                     -             8,471
                                        △8,923              △3,088
     法人税等調整額
                                        △1,260               9,930
     法人税等合計
                                      △1,139,402               △119,055
     当期純損失(△)
                                72/87








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                          前事業年度                 当事業年度
                      (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                       至 平成30年12月31日)                 至 令和元年12月31日)
           区分           金額(千円)         構成比(%)        金額(千円)         構成比(%)

                         181,550       35.1                 22.1

        製品期首たな卸高                                  125,640
                         233,494       53.8          293,416       51.6
        当期製品製造原価
                          57,481       11.2          149,614       26.3
        当期製品仕入高
           合計              472,526                 568,671
                                100.0                 100.0
                           2,771
        他勘定振替高                                     229
                         126,842                 145,081
        製品期末たな卸高
                            -                 -
        たな卸評価損
                         342,912                 423,360
        製品売上原価
     原価計算の方法
      原価計算の方法は、個別原価計算による実際原価計算であります。
                                73/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自 平成30年1月1日 至 平成30年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                             資本剰余金              利益剰余金
                    資本金                  その他利益剰余金               株主資本合計
                          資本準備金      資本剰余金合計               利益剰余金合計
                                       繰越利益剰余金
     当期首残高               3,069,358       3,159,374       3,159,374       △5,052,047       △5,052,047       1,176,686
     当期変動額
      新株の発行
                     427,893       427,893       427,893                     855,786
      当期純損失(△)                                   △1,139,402       △1,139,402       △1,139,402
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計
                     427,893       427,893       427,893      △1,139,402       △1,139,402       △283,615
     当期末残高               3,497,252       3,587,268       3,587,268       △6,191,449       △6,191,449        893,070
                       評価・換算差額等

                                   新株予約権       純資産合計
                  その他有価証券評        評価・換算差額等
                  価差額金        合計
     当期首残高                  14,592        14,592      136,636      1,327,915
     当期変動額
      新株の発行                                      855,786
      当期純損失(△)                                    △1,139,402
      株主資本以外の項目の当期変
                      △7,441        △7,441      △57,992       △65,434
      動額(純額)
     当期変動額合計                  △7,441        △7,441      △57,992      △349,050
     当期末残高
                       7,151        7,151      78,643      978,865
                                74/87










                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      当事業年度(自 平成31年1月1日 至 令和元年12月31日)
                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                             資本剰余金              利益剰余金
                    資本金                  その他利益剰余金               株主資本合計
                          資本準備金      資本剰余金合計               利益剰余金合計
                                       繰越利益剰余金
     当期首残高
                    3,497,252       3,587,268       3,587,268       △6,178,489       △6,178,489        906,030
     当期変動額
      新株の発行                65,294       65,294       65,294                     130,588
      減資
                   △2,798,704       △2,888,720       △2,888,720         5,687,424       5,687,424          -
      当期純利益                                    △119,055       △119,055       △119,055
      株主資本以外の項目の当期変
      動額(純額)
     当期変動額合計              △2,733,410       △2,823,426       △2,823,426         5,568,369       5,568,369        11,533
     当期末残高
                     763,842       763,842       763,842       △610,120       △610,120       917,563
                       評価・換算差額等

                                   新株予約権       純資産合計
                  その他有価証券評        評価・換算差額等
                  価差額金        合計
     当期首残高
                       7,151        7,151      78,643      991,825
     当期変動額
      新株の発行                                      130,588
      減資
                                              -
      当期純利益                                     △119,055
      株主資本以外の項目の当期変
                      △6,720        △6,720      △67,421       △74,141
      動額(純額)
     当期変動額合計                  △6,720        △6,720      △67,421       △62,608
     当期末残高
                        430        430     11,222      929,216
                                75/87









                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
        (1)有価証券の評価基準及び評価方法
         子会社株式     :移動平均法による原価法
         その他有価証券
         時価のあるもの   :期末日の市場価格等による時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原
                    価は移動平均法により算定)
         時価のないもの   :移動平均法による原価法
        (2)たな卸資産の評価基準及び評価方法
         製品・   仕掛品       :移動平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げ
                    の方法)
      2.固定資産の減価償却の方法
        (1)有形固定資産             :定率法により償却しております。
          ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに平成28年4月1日以降に取得
         した建物附属設備及び構築物については、定額法により償却しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物        :15年
         工具器具備品    :2年~8年
        (2)無形固定資産             :定額法により償却しております。
          なお、販売目的のソフトウエアについては、見込販売収益に基づく償却額と見込販売可能期間(3年)に基づ
         く償却額のいずれか大きい額により償却しております。
      3.引当金の計上基準
        (1)貸倒引当金              :売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、
                    貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計
                    上しております。
        (2)賞与引当金              :従業員に支給する賞与に充てるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度の負担額を
                    計上しております。
        (3)   契約損失引当金         : 将来において損失が発生することが見込まれる契約に基づき、当期に帰属する金額を当
                    期の損失として計上しております。
        (3)退職給付引当金            :従業員の退職給付に備えるため、期末における退職給付債務の見込額に基づき計上して
                    おります。なお、退職給付債務の算定にあたり期末自己都合要支給額を退職給付債務と
                    する簡便法によっております。
      4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       (1)外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
         外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
        す。
        (2)消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
         (追加情報)

         該当事項はありません。
                                76/87








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
      ※関係会社に対する金銭債権(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度
                            (平成30年12月31日)                 (令和元年12月31日)
     短期金銭債権                                9,083千円                 10,202千円
         (損益計算書関係)

      ※1.関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                             至 平成30年12月31日)                   至 令和元年12月31日)
     営業取引による取引高
      売上高                                8,954千円                 1,118千円
      ※2.販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度                           5.2  %、当事業年度3.9%、一般管理費に属する費用のおお

          よその割合は前事業年度           94.8  %、当事業年度96.1%であります。
          販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 平成30年1月1日                 (自 平成31年1月1日
                             至 平成30年12月31日)                   至 令和元年12月31日)
     1.給料手当                               120,652                 156,563
     2.役員報酬                                89,799                 79,899
     3.賞与引当金繰入額                                2,702                 2,664
     4.退職給付費用                                1,314                 1,510
                                                      113,543
     5.支払報酬                               113,804
     6.減価償却費                                2,538                 2,432
                                77/87











                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
         (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前事業年度              当事業年度
                                (平成30年12月31日)              (令和元年12月31日)
        繰延税金資産
         減価償却超過額                             32,191千円              30,132千円
         退職給付引当金                              4,857              5,509
         賞与引当金                              1,488              1,610
         資産除去債務                              1,897              1,455
         投資有価証券評価損                             338,555              291,923
         固定資産減損損失                             122,684              90,108
         電話加入権償却                               88              86
         貸倒引当金                             190,331              243,434
         製品評価減                             20,800              19,344
         投資有価証券                               -           △2,369
         未収利息                               -            3,863
         為替差損                               -            3,567
         株式報酬費用                             20,822                -
         関連会社株式評価損                             19,262              18,836
         未払事業税                             15,001              3,011
                                     579,339              413,729
         繰越欠損金(注)2
        繰延税金資産小計
                                    1,347,320              1,124,244
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △579,339              △413,729
                                    △767,981              △710,515
         将来減算一次差異等の合計に係る評価性引当額
        評価性引当額小計(注)1                            △1,347,320              △1,124,244
        繰延税金資産合計
                                        -              -
        繰延税金負債

                                      3,088               170
         子会社貸付金
        繰延税金負債合計                               3,088               170
       (注)1.繰延税金資産から控除された額(評価性引当額)に重要な変動が生じている当該変動の主な内容は前連

            結会計年度における税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額560,778千円の繰越期限切れによるもので
            す。
       (注)2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
      当事業年度(令和元年12月31日)
                         2年超3年以       3年超4年以       4年超5年以

                   1年超2年以内
            1 年  以  内                             5   年   超    合計
                         内       内       内
            (  千  円  )                                   (  千  円  )
                   (  千  円  )                       (千円)
                         (  千  円  )   (千円)       (千円)
     税務上の繰越
             72,448       51,336       35,199       23,709      134,643       96,392       413,729
      欠損金※1
     評価性引当額        △72,448       △51,336       △35,199       △23,709      △134,643       △96,392       △413,729
     繰延税金資産         -       -       -       -       -       -       -

    ※1税務上の繰越欠損金は法定実効税率を乗じた額であります。

                                78/87





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
         た主要な項目別の内訳
                                  前事業年度            当事業年度

                                (平成30年12月31日)            (令和元年12月31日)
        法定実効税率
                                         -%           30.60%
         (調整)
         交際費等永久に損金に算入されない項目                                 -           16.5
         住民税均等割                                 -            1.9
         評価性引当額の増減                                 -          △42.4
         過年度税金の追徴等                                              16.3
         その他                                 -            4.3
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 -           27.21
        前事業年度は、税金等調整前当期純損失のため記載を省略しております。

         (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                79/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     減価償却累

                                                       計額
        区分      資産の種類       当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高
                     (千円)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
                                                      (千円)
             建物            212       -       -       15      196     31,776

             車両運搬具          1,140        -       -      571       568     6,930

             工具、器具
     有形固定資産
                       3,459        -       -     1,870       1,588      70,336
             及び備品
             土地         272,083        3,000        -       -    275,083         -
                  計    276,895        3,000        -     2,457      277,437       109,043

                       36,992                           32,383

             ソフトウエア                 14,722         -     19,332               -
     無形固定資産
                       36,992                           32,383
                  計           14,722         -     19,332               -
     (注)増加額の主な内容は次のとおりであります。
         ソフトウエア           自社利用のソフトウエアの開発費用                           14,722千円

         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
           科目           当期首残高          当期増加額          当期減少額          当期末残高

                                    869,032                    869,032

      貸倒引当金                    608,177                       -
      賞与引当金                     4,231          4,612          4,231          4,612

      (2)【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

       該当事項はありません。
                                80/87








                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 1月1日から12月31日まで
      定時株主総会                 3月中

      基準日                 12月31日

      剰余金の配当の基準日                 6月30日、12月31日

      1単元の株式数                 100株

                      当社の公告は電子公告により行います。
                      ただし、電子公告による公告ができない事故その他やむを得ない事由が生じた
      公告掲載方法
                      ときは、日本経済新聞に掲載して公告を行います。公告はウェブサイト
                      (http://kmasterplus.pronexus.co.jp/main/corp/3/7/3782/index.html)に
                      掲載いたします。
      株主に対する特典                 該当事項はありません。
     (注)当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができません。
      (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
      (2)募集株式又は募集新株予約権の割り当てを受ける権利
      (3)前条に規定する単元未満株式の売渡しを請求する権利
                                81/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
         事業年度(第24期)(自            平成30年1月1日 至           平成30年12月31日)平成31年3月22日東海財務局長に提出
        (2)内部統制報告書及びその添付書類
         平成31年3月22日東海財務局長に提出
        (3)四半期報告書及び確認書
         (第25期第1四半期)(自             平成31年1月1日 至           平成31年3月31日)令和元年5月10日東海財務局長に提出
         (第25期第2四半期)(自             平成31年4月1日 至           令和元年6月30日)令和元年8月9日東海財務局長に提出
         (第25期第3四半期)(自             令和元年7月1日 至           令和元年9月30日)令和元年11月8日東海財務局長に提出
        (4)臨時報告書
         平成31年3月22日東海財務局長に提出
         企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
        時報告書であります。
                                82/87














                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                83/87




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                   令和4年8月12日

    株式会社ディー・ディー・エス

      取締役会 御中

                             太陽有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                藤 本 浩 巳  印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                樹 神 祐 也  印
                              業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ディー・ディー・エスの平成31年1月1日から令和元年12月31日までの連結会計年度の訂正後の連結財務諸
    表、すなわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・
    フロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
    た。
    連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明するこ
    とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準
    は、当監査法人に連結財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定
    し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、連結財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
    監査法人の判断により、不正又は誤謬による連結財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
    る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価
    の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、連結財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制
    を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価
    も含め全体としての連結財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式
    会社ディー・ディー・エス及び連結子会社の令和元年12月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度
    の経営成績及びキャッシュ・フローの状況をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    その他の事項

     有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、連結財務諸表を訂正している。なお、当監
    査法人は、訂正前の連結財務諸表に対して令和2年3月30日に監査報告書を提出しているが、当該訂正に伴い、訂正後の
    連結財務諸表に対して本監査報告書を提出する。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                84/87


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                                                         以 上
     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                85/87



















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                   令和4年8月12日

    株式会社ディー・ディー・エス

      取締役会 御中

                             太陽有限責任監査法人

                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                藤 本 浩 巳  印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                                樹 神 祐 也  印
                              業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて

    いる株式会社ディー・ディー・エスの平成31年1月1日から令和元年12月31日までの第25期事業年度の訂正後の財務諸
    表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につい
    て監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することに
    ある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準は、
    当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策定し、これに
    基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当監査
    法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用される。財務
    諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク評価の実施に
    際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部統制を検討する。
    また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め全体と
    しての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見

     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    ディー・ディー・エスの令和元年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績をすべての重要
    な点において適正に表示しているものと認める。
    その他の事項

     有価証券報告書の訂正報告書の提出理由に記載されているとおり、会社は、財務諸表を訂正している。なお、当監査法
    人は、訂正前の財務諸表に対して令和2年3月30日に監査報告書を提出しているが、当該訂正に伴い、訂正後の財務諸表
    に対して本監査報告書を提出する。
                                86/87



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社ディー・ディー・エス(E02104)
                                                         訂正有価証券報告書
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提
          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                87/87


















PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。