株式会社アドバンテッジリスクマネジメント 四半期報告書 第25期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第25期第1四半期(令和4年4月1日-令和4年6月30日)
提出日
提出者 株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年8月5日
     【四半期会計期間】                   第25期第1四半期(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)
     【会社名】                   株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
     【英訳名】                   Advantage     Risk   Management      Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  鳥越 慎二
     【本店の所在の場所】                   東京都目黒区上目黒二丁目1番1号
     【電話番号】                   03-5794-3800
     【事務連絡者氏名】                   取締役    経営管理本部長  天田 貴之
     【最寄りの連絡場所】                   東京都目黒区上目黒二丁目1番1号
     【電話番号】                   03-5794-3800
     【事務連絡者氏名】                   取締役    経営管理本部長  天田 貴之
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/19













                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第24期           第25期
              回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第24期
                              累計期間           累計期間
                           自 2021年4月1日           自 2022年4月1日           自 2021年4月1日

             会計期間
                           至 2021年6月30日           至 2022年6月30日           至 2022年3月31日
                                1,331,176           1,454,333           5,792,477

     売上高                (千円)
                                  25,391           48,163           362,854

     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                                  8,795           23,662           201,806
                     (千円)
     (当期)純利益
                                  8,795           23,662           201,806
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                                3,231,910           3,279,286           3,425,418

     純資産額                (千円)
                                5,666,044           5,722,703           5,678,991

     総資産額                (千円)
                                   0.52           1.42           12.07

     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                                   56.1           56.4           59.4
     自己資本比率                 (%)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しな
           いため記載しておりません。
         3.第24期第1四半期連結会計期間より、「株式給付信託(J-ESOP)」を導入しており、「株式給付型ESOP信託
           口」が保有する当社株式を、1株当たり四半期(当期)純利益及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当
           期)純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
     2【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、
      主要な関係会社についても、異動はありません。
                                 2/19









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
        また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当第1四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

        当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症が再拡大し、いまだ収束時期が不明
       な状況にあるものの、ワクチン接種率上昇による感染リスク低減と社会経済活動継続との両立を図ることを基本方針
       とする対策が講じられたことに伴い、景気は持ち直しの動きも見られるようになりました。一方、ロシアによるウク
       ライナ侵攻に対する各国政府の経済制裁の影響等も懸念され、原材料・燃料価格の高騰や急激な円安による物価上昇
       等、先行き不透明な状況が続いております。
        このような経済状況の下、当社は、昨年5月に策定した「中期経営計画2023」(2021年度~2023年度)の実現に向
       けた取り組みを推進いたしました。「中期経営計画2023」につきましては、“ウェルビーイング領域におけるNo.1プ
       ラットフォーマーへ”を骨子とし、従来の事業ドメインを内包するウェルビーイング関連領域(*)において実効性
       のある課題解決策をSaaSにて展開し、既存事業の深掘りとドメイン拡大を進めることにより、同領域におけるソ
       リューション提供のリーディングカンパニーを目指すことを基本方針としております。具体的には、(1)                                                DXプラッ
       トフォームの展開、(2)           BtoBtoE領域への進出、(3)              資本提携・オープンイノベーションの加速、(4)                       人材育成強
       化・健康経営推進、(5)           ITケイパビリティの強化を重点テーマとして各種施策を実施し、顧客企業の生産性向上を通
       じた「企業価値の向上」と「従業員の元気」の実現を経営ビジョンとした事業活動を展開いたします。
        当第1四半期連結累計期間におきましては、「中期経営計画2023」のコア商品であるデータマネジメントプラット
       フォーム「アドバンテッジ             ウェルビーイング         DXP」を軸とした顧客企業への複数サービス提供の総合提案営業を
       引き続き推進し、ウェルビーイング関連の事業領域の拡大に取り組みました。
        (*)当社事業における心身の健康、従業員の成長、リスクの予防と発生時の支援、両立支援、福利厚生、
           余暇支援、会社との一体感醸成等の業務領域
        当第1四半期連結累計期間の売上高につきましては、各事業ともに堅調に推移し、増収となりました。費用面につ

       きましては、各事業の成長戦略に基づくシステム投資やマーケティング強化等の諸施策を継続実施し経費負担が増加
       いたしましたが、売上高が伸長したことにより増益となりました。
        その結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は1,454百万円(前年同期比9.3%増)、営業利益は56百万円(前年
       同期比70.9%増)、経常利益は48百万円(前年同期比89.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は23百万円
       (前年同期比169.0%増)となりました。
        セグメントごとの経営成績は以下のとおりです。

      (メンタリティマネジメント事業)

        当事業におきましては、引き続き、昨年度に刷新した新「アドバンテッジ                                   タフネス」の顧客企業への旧プログラ
       ムからの切り替え対応及び新規顧客の獲得に注力いたしました。また、「アドバンテッジ                                          タフネス」によるストレ
       スチェック結果や健康診断結果など心身の健康データや、勤怠、休業等の人事労務情報を集約し、ダッシュボードで
       の見える化、データ分析、課題抽出、効果的なソリューションの提案を行う「アドバンテッジ                                            ウェルビーイング         D
       XP」、ならびに組織改善のPDCAを加速するパルスサーベイシステム「アドバンテッジpdCa(ピディカ)」の
       導入を推進いたしました。さらに、当社の健康経営・両立支援サービスと持分法適用関連会社リソルライフサポート
       株式会社の総合的福利厚生サービスを一体化するとともに、GLTD(Group                                    Long   Term   Disability:団体長期障害
       所得補償保険)及びエンゲージメントサーベイを包含したストレスチェックをパッケージにしたウェルビーイング支
       援型福利厚生サービス「アドバンテッジWellGage(ウェルゲージ)」の販売に注力いたしました。
        当第1四半期連結累計期間の売上高につきましては、「アドバンテッジ                                  タフネス」が堅調に推移、また「健診管
       理システム」や「産業医・保健師サービス」が伸長したことにより増収となりました。費用面につきましては、「ア
       ドバンテッジ       タフネス」「EQ(感情マネジメント力)研修」など既存サービスの改良や中期経営計画実現に向けた
       「アドバンテッジ         ウェルビーイングDXP」「アドバンテッジpdCa(ピディカ)」の開発に伴う償却費負担の増
       加、今後の事業展開を見据えた人的投資等により経費負担が増加いたしました。
        これらの結果、メンタリティマネジメント事業の売上高は1,041百万円(前年同期比6.7%増)、セグメント利益は
       94百万円(前年同期比30.2%減)となりました。
                                 3/19


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
      (就業障がい者支援事業)
        当事業におきましては、引き続き、新たな連携先との関係構築及び既存連携先との関係深化によるGLTD
       (Group    Long   Term   Disability:団体長期障害所得補償保険)の新規顧客開拓に取り組みました。また、会社と傷病
       休のほか産休・育休・介護休業等により休業中の従業員を繋ぐ休業者管理支援クラウドサービス「ADVANTAG
       E  HARMONY(アドバンテッジハーモニー)」について、2022年4月から段階的に施行される育児・介護休業法
       改正への対応を図りつつ営業活動を展開しました。
        当第1四半期連結累計期間の売上高につきましては、GLTD販売はコロナ禍による一部顧客における従業員削減
       や経費見直しの影響が依然としてあるものの、新規顧客の獲得が堅調に推移し増収となりました。また、「ADVA
       NTAGE      HARMONY(アドバンテッジハーモニー)」の新規契約が順調に増加いたしました。費用面につきま
       しては、「ADVANTAGE               HARMONY(アドバンテッジハーモニー)」のシステム開発投資に伴い償却費は
       増加したものの、システム移行関連のスポットコスト減少等により前年同期比で減少いたしました。
        これらの結果、就業障がい者支援事業の売上高は333百万円(前年同期比18.8%増)、セグメント利益は65百万円
       (前年同期はセグメント利益4百万円)となりました。
      (リスクファイナンシング事業)

        主に企業等に勤務する個人を対象として保険商品を販売している当事業におきましては、当第1四半期連結累計期
      間の売上高は前年同期比で増収となりました。費用面につきましては、効率的なオペレーション業務体制の維持によ
      りコスト抑制に努めました。
        これらの結果、リスクファイナンシング事業の売上高は78百万円(前年同期比6.1%増)、セグメント利益は59百
      万円(前年同期比8.1%増)となりました。
      (2)財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末の総資産は前連結会計年度末より43百万円増加し、5,722百万円となりました。流動
      資産は34百万円減少し、2,169百万円となりました。これは主に、当期間の経営成績の結果により現金及び預金が増
      加した一方で、保険代理店勘定が減少したことによるものです。固定資産は77百万円増加し、3,552百万円となりま
      した。これは主に事業用システム投資に伴う無形固定資産の取得によるものです。
        当第1四半期連結会計期間末の負債は前連結会計年度末より189百万円増加し、2,443百万円となりました。流動負
      債は183百万円増加し、2,285百万円となりました。これは主に、前受収益が増加した一方で、保険料預り金が減少し
      たことによるものです。固定負債は6百万円増加し、157百万円となりました。これは主に、「株式給付信託(J-
      ESOP)」による株式給付引当金の増加によるものです。
        当第1四半期連結会計期間末の純資産は前連結会計年度末より146百万円減少し、3,279百万円となりました。これ
      は主に、配当を実施したことによるものです。
        なお、保険会社に帰属する保険料で当社の口座に残高のあるものについては、保険代理店勘定及び保険料預り金と
      して対照勘定処理を行っております。これらを除いた場合の自己資本比率は57.9%となります。
      (3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な
      変更はありません。
      (4)研究開発活動

        該当事項はありません。
                                 4/19






                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
        当社が保険代理店として代理店委託契約を締結している損害保険会社及び生命保険会社については、以下のとおり
      となっております。
        代理店委託契約状況

        ① 損害保険会社との代理店契約(11社)
          あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
          アメリカンホーム医療・損害保険株式会社
          AIG損害保険株式会社
          キャピタル損害保険株式会社
          共栄火災海上保険株式会社
          損害保険ジャパン株式会社
          Chubb損害保険株式会社
          東京海上日動火災保険株式会社
          三井住友海上火災保険株式会社
          明治安田損害保険株式会社
          ユーラーヘルメス信用保険会社
        ② 生命保険会社との代理店契約(8社)

          アフラック生命保険株式会社
          オリックス生命保険株式会社
          SOMPOひまわり生命保険株式会社
          第一生命保険株式会社
          東京海上日動あんしん生命保険株式会社
          はなさく生命保険株式会社
          三井住友海上あいおい生命保険株式会社
          メットライフ生命保険株式会社
                                 5/19












                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                        36,500,000

                  計                            36,500,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末現                           上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                           又は登録認可金融商品               内容
                             (2022年8月5日)
               (2022年6月30日)                           取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数
                   17,280,200             17,280,200
       普通株式
                                           プライム市場           100株
                   17,280,200             17,280,200
        計                                     -          -
      (注)「提出日現在発行数」欄には、2022年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総数
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       増減数
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                 (株)
      2022年4月1日〜
                     -   17,280,200            -     365,964          -     327,462
      2022年6月30日
      (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/19







                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2022年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  2022年6月30日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -       -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -

     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                               300,600
     完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                 -            -
                             16,976,600             169,766
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                          単元株式数 100株
                                3,000
     単元未満株式                  普通株式                 -            -
                             17,280,200
     発行済株式総数                                    -            -
                                          169,766
     総株主の議決権                             -                   -
     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社株式310,000株
          (議決権数3,100個)及び証券保管振替機構名義の株式10,000株(議決権数100個)が含まれております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式51株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に
     所有者の氏名又は                    自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
     名称                    株式数(株)         株式数(株)         計(株)
                                                   の割合(%)
     株式会社アドバン           東京都目黒区上
                            300,600                 300,600           1.74
     テッジリスクマネジ           目黒二丁目1番                     -
     メント           1号
                            300,600                 300,600           1.74
         計          -                 -
    (注)1.発行済株式総数に対する所有株式数の割合は、小数点第3位を四捨五入して表示しております。
        2.株式給付信託(J-ESOP)が保有する当社株式310,000株(1.79%)は、上記自己株式には含めておりません。
        3.当社は上記のほか、単元未満自己株式51株を保有しております。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 7/19








                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022
      年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 8/19

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        717,933             1,086,127
        現金及び預金
                                        919,185              742,449
        売掛金
                                        441,830              144,683
        保険代理店勘定
                                        125,086              196,496
        その他
                                       2,204,036              2,169,757
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        321,697              321,697
          建物附属設備
                                       △ 161,560             △ 166,649
           減価償却累計額
                                        160,137              155,048
           建物附属設備(純額)
          工具、器具及び備品                              204,344              203,282
                                       △ 165,684             △ 168,184
           減価償却累計額
                                        38,660              35,097
           工具、器具及び備品(純額)
                                        198,798              190,146
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        34,296              20,595
          のれん
                                       1,215,098              1,384,356
          ソフトウエア
                                        498,791              467,605
          ソフトウエア仮勘定
                                        10,082              12,500
          その他
                                       1,758,268              1,885,057
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,200,296              1,185,605
          投資有価証券
                                        187,225              185,703
          敷金及び保証金
                                        120,178               96,116
          繰延税金資産
                                        10,187              10,316
          その他
                                       1,517,888              1,477,742
          投資その他の資産合計
                                       3,474,955              3,552,946
        固定資産合計
                                       5,678,991              5,722,703
       資産合計
                                 9/19









                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2022年3月31日)              (2022年6月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        170,000              170,000
        短期借入金
                                        351,277              342,732
        未払金
                                        65,229               9,738
        未払法人税等
                                        730,677             1,245,411
        前受収益
                                        441,830              144,683
        保険料預り金
                                        192,401              104,533
        賞与引当金
                                         1,066
        役員賞与引当金                                                -
                                        149,928              268,768
        その他
                                       2,102,411              2,285,868
        流動負債合計
       固定負債
                                        73,732              80,014
        株式給付引当金
                                        77,428              77,533
        資産除去債務
                                        151,160              157,548
        固定負債合計
                                       2,253,572              2,443,417
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        365,964              365,964
        資本金
                                        317,554              317,554
        資本剰余金
                                       3,305,628              3,159,496
        利益剰余金
                                       △ 614,858             △ 614,858
        自己株式
                                       3,374,288              3,228,156
        株主資本合計
                                        51,130              51,130
       新株予約権
                                       3,425,418              3,279,286
       純資産合計
                                       5,678,991              5,722,703
     負債純資産合計
                                10/19











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                       1,331,176              1,454,333
     売上高
                                        314,648              385,573
     売上原価
                                       1,016,527              1,068,759
     売上総利益
                                        983,662             1,012,591
     販売費及び一般管理費
                                        32,864              56,168
     営業利益
     営業外収益
                                                       6,646
       受取配当金                                    -
                                          188              254
       未払配当金除斥益
                                          29              26
       その他
                                          218             6,927
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          241              240
       支払利息
                                         7,450              14,691
       持分法による投資損失
                                         7,691              14,931
       営業外費用合計
                                        25,391              48,163
     経常利益
     特別損失
                                                         0
                                          -
       固定資産除却損
                                                         0
       特別損失合計                                    -
                                        25,391              48,163
     税金等調整前四半期純利益
                                          438              438
     法人税、住民税及び事業税
                                        16,157              24,062
     法人税等調整額
                                        16,596              24,500
     法人税等合計
                                         8,795              23,662
     四半期純利益
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                     -              -
                                         8,795              23,662
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                11/19










                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日              (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
                                         8,795              23,662
     四半期純利益
                                         8,795              23,662
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         8,795              23,662
       親会社株主に係る四半期包括利益
       非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                12/19

















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
         (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)
          当社は、当社の株価や業績と正社員の処遇の連動性をより高め、経済的な効果を株主の皆様と共有することに
         より、株価及び業績向上への正社員の意欲や士気を高めるため、2021年5月25日より「株式給付信託(J-
         ESOP)」を導入しております。
         (1)取引の概要
           予め当社が定めた株式給付規程に基づき、一定の要件を満たした当社の正社員に対し、当社株式を給付する
          仕組みです。当社は、正社員に対し勤続年数、業績貢献度等に応じてポイントを付与し、原則として退職時に
          当該付与ポイントに相当する当社株式を給付します。将来給付する株式を予め取得するために、当社はみずほ
          信託銀行株式会社(再信託受託者:株式会社日本カストディ銀行)に金銭を信託し、当該信託銀行は信託され
          た金銭により当社株式を取得しております。
           当該信託契約に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する
          実務上の取扱い」(実務対応報告第30号                   2015年3月26日)に基づき、総額法を適用しております。
         (2)信託に残存する自社の株式
           信託に残存する当社株式を純資産の部に自己株式として計上しております。当第1四半期連結会計期間末に
          おいて、当該自己株式の帳簿価額は298,842千円、株式数は310,000株です。
         (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
           該当事項はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    2021年4月1日              (自    2022年4月1日
                             至   2021年6月30日)               至   2022年6月30日)
     減価償却費                                73,321千円                 104,897千円
     のれんの償却額                                13,701                 13,701
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
           1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      2021年6月24日
                普通株式        169,796        10.0    2021年3月31日         2021年6月25日         利益剰余金
       定時株主総会
           2.株主資本の金額の著しい変動
              当第1四半期連結累計期間において「株式給付信託(J-ESOP)」を導入したことにより、金銭の信託
             先であるみずほ信託銀行株式会社は当社株式310,600株、299,421千円の取得を行いました。この結果、
             当第1四半期連結会計期間末において自己株式が615,356千円となっております。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

           1.配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
         決議      株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      2022年6月28日
                普通株式        169,795        10.0    2022年3月31日         2022年6月29日         利益剰余金
       定時株主総会
    (注)2022年6月28日定時株主総会決議による配当金の総額には、「株式給付型ESOP信託口」が保有する当社株式に対す
        る配当金3,100千円が含まれております。
           2.株主資本の金額の著しい変動
             該当事項はありません。
                                13/19


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                         メンタリティ         就業障がい者        リスクファイナン
                                                       合計
                        マネジメント事業           支援事業         シング事業
         売上高
                            975,877         280,861          74,437        1,331,176
          外部顧客への売上高
          セグメント間の内部売上高又
                               -         -         -         -
          は振替高
                            975,877         280,861          74,437        1,331,176
                計
                            135,213          4,457         54,933         194,604
            セグメント利益
        2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

          内容(差異調整に関する事項)
                                           (単位:千円)
                  利益                     金額
         報告セグメント計                                     194,604
         全社費用(注)                                   △161,739
         四半期連結損益計算書の営業利益                                     32,864
        (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門等の販売費及び一般管理費であります。
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

        1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                      (単位:千円)
                         メンタリティ         就業障がい者        リスクファイナン
                                                       合計
                        マネジメント事業           支援事業         シング事業
         売上高
                           1,041,686          333,680          78,966        1,454,333
          外部顧客への売上高
          セグメント間の内部売上高又
                               -         -         -         -
          は振替高
                           1,041,686          333,680          78,966        1,454,333
                計
                             94,439         65,825         59,380         219,645
            セグメント利益
        2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の主な

          内容(差異調整に関する事項)
                                           (単位:千円)
                  利益                     金額
         報告セグメント計                                     219,645
         全社費用(注)                                   △163,477
         四半期連結損益計算書の営業利益                                     56,168
        (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない管理部門等の販売費及び一般管理費であります。
                                14/19




                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         前第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
                                                     (単位:千円)
                                 報告セグメント
                                                      合計
                       メンタリティマネジ          就業障がい者支援         リスクファイナンシ
                         メント事業           事業        ング事業
         一時点で移転される財または
                            328,069         266,770          74,437         669,277
         サービス
         一定の期間にわたり移転され
                            647,807          14,091           -       661,898
         る財またはサービス
                            975,877         280,861          74,437        1,331,176
         顧客との契約から生じる収益
                              -         -         -         -
         その他の収益
                            975,877         280,861          74,437        1,331,176
         外部顧客への売上高
         当第1四半期連結累計期間(自 2022年4月1日 至 2022年6月30日)

                                                     (単位:千円)
                                 報告セグメント
                                                      合計
                       メンタリティマネジ          就業障がい者支援         リスクファイナンシ
                         メント事業           事業        ング事業
         一時点で移転される財または
                            377,119         308,379          78,966         764,465
         サービス
         一定の期間にわたり移転され
                            664,566          25,301           -       689,867
         る財またはサービス
                           1,041,686          333,680          78,966        1,454,333
         顧客との契約から生じる収益
                              -         -         -         -
         その他の収益
                           1,041,686          333,680          78,966        1,454,333
         外部顧客への売上高
                                15/19











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
        1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年4月1日               (自 2022年4月1日
                                至 2021年6月30日)               至 2022年6月30日)
     1株当たり四半期純利益                                  0円52銭               1円42銭
       (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 8,795               23,662

        普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

        普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期
                                        8,795               23,662
        純利益(千円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                              16,895,717               16,669,549
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                    -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
    (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載
          しておりません。
        2.「株式給付型ESOP信託口」が保有する当社株式を、1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算
          において控除する自己株式に含めております。(当第1四半期連結累計期間310,000株、前第1四半期連結累
          計期間83,953株)
        (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                16/19











                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                17/19




















                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
                  独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                    2022年8月5日

    株式会社        アドバンテッジリスクマネジメント

      取締役会 御中

                     有限責任監査法人ト ー マ ツ

                        東 京 事 務 所
                      指定有限責任社員

                                  公認会計士
                                          小林 弘幸
                      業  務  執  行  社  員
                      指定有限責任社員
                                  公認会計士
                                          宮澤 達也
                      業  務  執  行  社  員
    監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株
    式会社アドバンテッジリスクマネジメントの2022年4月1日から2023年3月31日までの連結会計年度の第1
    四半期連結会計期間(2022年4月1日から2022年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年4月1
    日から2022年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結
    損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般
    に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社アドバンテッジリスクマ
    ネジメント及び連結子会社の2022年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累
    計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかっ
    た。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期
    レビューを行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半
    期レビューにおける監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関す
    る規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任
    を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠
    して四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚
    偽表示のない四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
    備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を
    作成することが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結
    財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示す
    る責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視するこ
    とにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

                                18/19


                                                          EDINET提出書類
                                            株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(E05648)
                                                            四半期報告書
      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立
    の立場から四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レ
    ビューの過程を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その
       他の四半期レビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
       められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
       要な不確実性が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表にお
       いて、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適
       正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前
       提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連結財務諸
       表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項
       が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求
       められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、
       将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期
       連結財務諸表の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関
       連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が
       基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評
       価する。
      ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証
       拠を入手する。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関
       して責任がある。監査人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー
    上の重要な発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守し
    たこと、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽
    減するためにセーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべ
    き利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本

           は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                19/19






PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク