株式会社ダイイチ 四半期報告書 第68期第2四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第68期第2四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社ダイイチ
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   北海道財務局長
     【提出日】                   2022年6月30日
     【四半期会計期間】                   第68期第2四半期(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   株式会社ダイイチ
     【英訳名】                   DAIICHI    CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  若園 清
     【本店の所在の場所】                   北海道帯広市西20条南1丁目14番地47
     【電話番号】                   0155(38)3456(代表)
     【事務連絡者氏名】                   企画IR部企画IR室長  柳内 祐子
     【最寄りの連絡場所】                   北海道帯広市西20条南1丁目14番地47
     【電話番号】                   0155(38)3456(代表)
     【事務連絡者氏名】                   企画IR部企画IR室長  柳内 祐子
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         証券会員制法人札幌証券取引所
                         (札幌市中央区南一条西五丁目14番地の1)
                                 1/19












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第67期           第68期

               回次               第2四半期           第2四半期            第67期
                              累計期間           累計期間
                              自2020年           自2021年           自2020年

                               10月1日            10月1日            10月1日
              会計期間
                              至2021年           至2022年           至2021年
                               3月31日            3月31日            9月30日
                                21,957,423           23,256,273           44,015,200
      売上高                (千円)
                                 1,050,283            864,539          1,970,522

      経常利益                (千円)
                                  694,812           586,358          1,286,380

      四半期(当期)純利益                (千円)
      持分法を適用した場合の投資利益                (千円)              -           -           -

                                 1,639,253           1,639,253           1,639,253

      資本金                (千円)
                                11,438,640           11,438,640           11,438,640

      発行済株式総数                 (株)
                                13,297,449           14,254,802           13,884,828

      純資産額                (千円)
                                20,130,491           21,438,150           21,230,673

      総資産額                (千円)
                                   60.81           51.32          112.58

      1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)
      潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)             -           -           -
      (当期)純利益
                                                         19.00
      1株当たり配当額                 (円)             -           -
                                   66.1           66.5           65.4

      自己資本比率                 (%)
      営業活動によるキャッシュ・フ
                                 1,006,987            959,718          2,010,262
                      (千円)
      ロー
      投資活動によるキャッシュ・フ
                                  104,685
                      (千円)                     △ 225,261         △ 1,495,924
      ロー
      財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)          △ 418,416          △ 412,802          △ 383,035
      ロー
      現金及び現金同等物の四半期末
                                 5,668,634           5,428,334           5,106,680
                      (千円)
      (期末)残高
                               第67期           第68期

               回次               第2四半期           第2四半期
                              会計期間           会計期間
                              自2021年           自2022年

                               1月1日            1月1日
              会計期間
                              至2021年           至2022年
                               3月31日            3月31日
                                   21.95           20.75

      1株当たり四半期純利益                 (円)
     (注)1.当社は、四半期連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度にかかる主要な経営指標等の推移に
           ついては記載しておりません。
         2.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
           ん。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)を第1四半期会計期間の期首から
           適用しており、当第2四半期累計期間及び当第2四半期会計期間に係る主要な経営指標等については、当該
           会計基準等を適用した後の指標等となっております。
                                 2/19


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】

       当第2四半期累計期間において、当社が営む事業の内容について、重要な変更はありません。また、主要な関係会
      社における異動もありません。
                                 3/19



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期会計期間の末日現在において判断したものであります。
       また、当社は、単一セグメントであるため、事業セグメントを一括して記載しております。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

         ① 経営成績の状況
          当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響のあるなか、ワクチン接種
         率が上昇し一旦は新規感染者数が減少し持ち直しの動きがありましたが、変異株の拡大により一進一退の状況
         が続いております。加えて、ロシア・ウクライナ情勢の長期化が懸念され、それに起因する資源価格の上昇
         等、不透明な状況が続いております。
          個人消費につきましては、行動自粛の緩和などで幾分明るさを取り戻しつつありますが、雇用・所得環境の
         悪化は改善されず、厳しい状況で推移いたしました。
          スーパーマーケット業界は、新型コロナウイルス感染症の拡大縮小の波を受けながら、お客様の「低価格志
         向」と「生活防衛志向」の継続と企業間の価格競争がさらに激しさを増し、依然として厳しい経営環境が続い
         ております。
          このような経営環境のもとで当社は、これまで通り食品スーパーマーケット事業に資源を集中し、当事業年
         度の重点実施事項である、①新型コロナウイルス感染予防対策の徹底、②札幌ブロック6店舗目「平岸店」を早
         期に軌道に乗せる、③コンプライアンスの徹底と職場環境の改善、④人材確保と職階別教育の推進、⑤売上高
         対経常利益率と売上総利益率の目標達成、⑥商品力の強化(コア商品の開発)による差別化戦略の推進、⑦社
         会貢献、地域貢献による地域密着企業へのさらなる挑戦、の7項目を徹底し、お客様の確固たる信頼と支持を
         得るため、安心・安全で魅力ある商品の提供に努め、引き続き地域のお客様の食文化と食のライフラインに貢
         献できる店舗作りに取り組んでまいります。
          また、コーポレート・ガバナンスの一層の強化を図るとともに、「フレッシュ&ハート」を合言葉に、①地
         域No.1の店作り、人づくり、商品作りの徹底、②従業員全員が活き活きと仕事ができ、お客様や共に働く仲間
         に感謝と思いやりを持てる職場の醸成、③自由活発で、風通しの良い企業風土の醸成を引き続き進めてまいり
         ます。
          日頃のお買い物にご不便されている方々に商品をお届けする「移動スーパー(とくし丸)事業」は、地域貢
         献活動の一環として取り組んでおり、3月末現在で13台が稼働中ですが、今後も地域のニーズには積極的に対応
         すべく、増車を検討してまいります。
          店舗の状況につきまして、2021年11月に、札幌ブロック6店舗目となる「平岸店」をオープンいたしました。
         また、1月に「啓北店」(帯広ブロック)を改装しリュニューアルオープンいたしました。3月末現在で、帯広
         ブロック9店舗、旭川ブロック7店舗と合わせ、合計22店舗となりました。今後も、お客様の利便性向上と既
         存店舗の活性化を図るため、既存店のリニューアルを積極的に進めてまいります。
          イトーヨーカ堂との協働につきましては、セブンプレミアム商品の取り組み強化、帯広地区における共同販
         促の実施、リスク管理など有用な情報の交換に努めております。
          売上高につきましては、11月の「平岸店」オープンの効果に加え、地域別・店舗別のきめ細やかな販売戦略
         とお客様の期待に沿える価格戦略の展開、品揃え、サービス、接客に向けた継続的なレベルアップの取組みの
         結果、前年同期に比べ5.9%増となりました。また、地域別の売上高につきましては、帯広ブロックは98億58百
         万円(前年同期比1.6%増)、旭川ブロックは67億37百万円(前年同期比4.1%増)、札幌ブロックは新規出店
         の効果により66億57百万円(前年同期比15.2%増)となりました。
          売上総利益率につきましては、商品ロスの削減や在庫効率の改善に取り組みましたが、前年同期に比べ0.6ポ

         イント減少し、24.2%となりました。販売費及び一般管理費の売上高に対する比率は、人件費の上昇、電気料
         負担の増加、新規出店に係る一時的な費用発生等により21.7%となり、前年同期比0.4ポイント上昇いたしまし
         た。
          これらの結果、当第2四半期累計期間における売上高は232億56百万円(前年同期比5.9%増)、営業利益は
         8億60百万円(前年同期比17.6%減)、経常利益は8億64百万円(前年同期比17.7%減)、四半期純利益は5
         億86百万円(前年同期比15.6%減)となりました。
         ② 財政状態の状況

          (資産)
                                 4/19


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
           当第2四半期会計期間末の資産につきましては、前事業年度末に比べ2億7百万円増加の214億38百万円と
          なりました。流動資産においては、主に現金及び預金の増加3億28百万円及び売掛金1億6百万円増加に対
          し、  その他の減少2億62百万円及び商品及び製品の減少93百万円,、原材料及び貯蔵品の減少37百万等によ
          り、前事業年度末に比べ41百万円増加の79億70百万円となりました。固定資産においては、有形固定資産の建
          物(純額)の増加1億11百万円及び投資その他の資産の長期貸付金の増加1億87百万円等に対し、投資その他
          の資産のその他の減少1億45百万円により、前事業年度末に比べ1億66百万円増加の134億68百万円となりま
          した。
          (負債)
           当第2四半期会計期間末の負債につきましては、前事業年度末に比べ2億29百万円減少の71億16百万円とな
          りました。流動負債においては、主に買掛金の増加1億48百万円に対し、その他の減少3億24百万円、未払法
          人税等の減少35百万円及び賞与引当金の減少65百万円等により、前事業年度末に比べ2億81百万円減少の52億
          72百万円となりました。固定負債においては、その他の増加1億26百万円、退職給付引当金の増加15百万円等
          に対し、長期借入金の減少28百万円により、前事業年度末に比べ1億19百万円増加の19億11百万円となりまし
          た。
          (純資産)
           当第2四半期会計期間末の純資産につきましては、前事業年度末に比べ3億69百万円増加の142億54百万円
          となりました。これは主に、利益剰余金の増加3億69百万円等によるものであります。この結果、自己資本比
          率は66.5%となりました。
      (2)キャッシュ・フローの状況

          当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ3億
         21百万円増加の54億28百万円となりました。
          当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動の結果得られた資金は、9億59百万円(前年同期比4.7%減)となりました。これは主に、税引前四
         半期純利益8億56百万円、減価償却費3億30百万円、その他の資産の減少額2億41百万円、仕入債務の増加額1
         億48百万円、たな卸資産の減少額1億31百万円等に対し、その他の負債の減少額4億23百万円、法人税等の支払
         額2億78百万円、売上債権の増加額1億6百万円等によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果使用した資金は、2億25百万円(前年同期は得られた資金1億4百万円)となりました。これ
         は主に、有形固定資産の取得による支出1億56百万円、建設協力金の支払による支出1億14百万円等に対し、建
         設協力金の回収による収入55百万円等によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果使用した資金は、4億12百万円(前年同期比1.3%減)となりました。これは主に、配当金の
         支払額2億17百万円、リース債務の返済による支出1億62百万円、長期借入金の返済による支出32百万円による
         ものであります。
      (3)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の
         分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (4)経営方針・経営戦略等

          当第2四半期累計期間において、当社が定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

          当第2四半期累計期間において、当社が優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な変更はあ
         りません。
                                 5/19





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
      (6)研究開発活動
          該当事項はありません。
      (7)従業員数

          当第2四半期累計期間において、当社の従業員数について著しい増減はありません。
      (8)生産、受注及び販売の実績

          当第2四半期累計期間において、当社の生産、受注及び販売の実績について著しい変動はありません。
      (9)主要な設備

          前事業年度末において計画中であった主要な設備について、当第2四半期累計期間に完成したものは次のとお
         りであります。
          重要な設備の新設
             事業所名             所在地            設備の内容             完成年月
         平岸店             北海道札幌市             店舗設備             2021年11月
      (10)経営成績に重要な影響を与える要因

          当第2四半期累計期間において、当社の経営成績に重要な影響を与える要因について重要な変更はありませ
         ん。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/19













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          24,000,000

                  計                                24,000,000

        ②【発行済株式】

            第2四半期会計期間末                         上場金融商品取引所
                        提出日現在発行数(株)
       種類     現在発行数(株)                         名又は登録認可金融               内容
                         (2022年6月30日)
            (2022年3月31日)                         商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                     JASDAQ
                                     (スタンダード)(第
                                     2四半期会計期間末現
                11,438,640             11,438,640
      普通株式                                            単元株式数100株
                                     在)
                                     スタンダード市場(提
                                     出日現在)
                                     札幌証券取引所
                11,438,640             11,438,640
        計                                   -           -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      2022年1月1日
                    -   11,438,640            -    1,639,253           -    1,566,100
     ~2022年3月31日
                                 7/19







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                             所有株式数
          氏名又は名称                     住所                     く。)の総数に
                                             (千株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
                      東京都千代田区二番町8-8                        3,432        30.03
     株式会社イトーヨーカ堂
                      北海道帯広市西20条南1丁目14番地47                         519        4.54
     ダイイチ取引先持株会
                      100  KING   STREET    WEST,SUITE      3500,PO    BOX
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                      23  TORONTO,ONTARIO        M5X  1A9  CANADA
     CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT    OM02
                                               440        3.85
     505002
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行
                      (東京都港区港南2丁目15-1 品川インター
     決済営業部)
                      シティA棟)
                                               267        2.34
     若園 清                 北海道帯広市
     BBH  FOR  FIDELITY     PURITAN    TR:     245  SUMMER    STREET    BOSTON,    MA  02210   U.  S.
     FIDELITY     SR  INTRINSIC           A.
                                               200        1.75
     OPPORTUNITIES       FUND
                      (東京都千代田区丸の内2丁目7-1 決済
     (常任代理人 株式会社三菱UFJ
                      事業部)
     銀行)
                      富山県富山市堤町通り1丁目2-26                         193        1.68
     株式会社北陸銀行
                      北海道札幌市中央区大通西3丁目7                         186        1.62
     株式会社北洋銀行
     野村信託銀行株式会社(投信口)                 東京都千代田区大手町2丁目2-2                         175        1.53
                                               169        1.48

     鈴木達雄                 北海道帯広市
                      北海道札幌市中央区南六条西9丁目1018-3                         164        1.43
     国分北海道株式会社
                                              5,748        50.31

             計                   -
    (注)2021年12月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、フィデリティ投信株式会
        社が2021年11月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2022年3月31日現在
        における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
       なお、その大量保有報告書(変更報告書)の内容は次のとおりであります。
        大量保有者                  フィデリティ投信株式会社
        住所                  東京都港区六本木七丁目7番7号
        保有株券等の数                  株式 824,531株
        株券等保有割合                  7.21%
                                 8/19








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
               区分             株式数(株)           議決権の数(個)              内容
         無議決権株式                           -       -           -

         議決権制限株式(自己株式等)                           -       -           -

         議決権制限株式(その他)                           -       -           -

                                 12,000
         完全議決権株式(自己株式等)                 普通株式                 -           -
                               11,423,200             114,232
         完全議決権株式(その他)                 普通株式                            -
                                  3,440
         単元未満株式                 普通株式                 -           -
                               11,438,640
         発行済株式総数                                  -           -
                                            114,232
         総株主の議決権                           -                   -
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式総数
        所有者の氏名又は名                    自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                                                   に対する所有株
                   所有者の住所
            称                株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   式数の割合
                                                   (%)
                  北海道帯広市西20条
                                12,000                12,000          0.10
        株式会社ダイイチ                                 -
                  南1丁目14番地47
                                12,000                12,000          0.10

            計          -                    -
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 9/19










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期財務諸表の作成方法について
       当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第63
      号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2022年1月1日から2022年3
      月31日まで)及び第2四半期累計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期財務諸表について、
      監査法人シドーによる四半期レビューを受けております。
     3.四半期連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、四半期連結財務諸表を作成しておりません。
                                10/19
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
     1【四半期財務諸表】
      (1)【四半期貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度            当第2四半期会計期間
                                (2021年9月30日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       5,665,683              5,993,938
        現金及び預金
                                        598,266              704,627
        売掛金
                                       1,054,137               960,636
        商品及び製品
                                        38,459               1,125
        原材料及び貯蔵品
                                        573,864              311,217
        その他
                                        △ 1,500             △ 1,500
        貸倒引当金
                                       7,928,912              7,970,045
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       4,410,242              4,522,222
          建物(純額)
                                       6,293,439              6,293,439
          土地
                                       1,006,384              1,009,121
          その他(純額)
                                      11,710,066              11,824,783
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        14,490              24,323
          その他
                                        14,490              24,323
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        499,222              686,964
          長期貸付金
                                       1,077,981               932,033
          その他
                                       1,577,203              1,618,997
          投資その他の資産合計
                                      13,301,760              13,468,105
        固定資産合計
                                      21,230,673              21,438,150
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                       2,690,756              2,839,726
        買掛金
                                        60,793              56,004
        1年内返済予定の長期借入金
                                        408,512              372,814
        未払法人税等
                                        196,238              130,918
        賞与引当金
                                       2,197,497              1,872,703
        その他
                                       5,553,797              5,272,166
        流動負債合計
       固定負債
                                        209,995              181,993
        長期借入金
                                        649,022              664,626
        退職給付引当金
                                        96,682              101,741
        役員退職慰労引当金
                                        16,980              16,980
        資産除去債務
                                        819,366              945,841
        その他
                                       1,792,046              1,911,181
        固定負債合計
                                       7,345,844              7,183,347
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,639,253              1,639,253
        資本金
                                       1,566,100              1,566,100
        資本剰余金
                                      10,697,907              11,067,160
        利益剰余金
                                        △ 2,980             △ 2,980
        自己株式
                                      13,900,279              14,269,533
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                       △ 15,451             △ 14,730
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                               △ 15,451             △ 14,730
                                      13,884,828              14,254,802
       純資産合計
                                      21,230,673              21,438,150
     負債純資産合計
                                11/19


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期損益計算書】
        【第2四半期累計期間】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                               (自 2020年10月1日              (自 2021年10月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                      21,957,423              23,256,273
     売上高
                                      16,509,963              17,624,718
     売上原価
                                       5,447,460              5,631,555
     売上総利益
                                        271,640              265,400
     営業収入
                                       5,719,100              5,896,955
     営業総利益
                                      ※ 4,674,692             ※ 5,036,311
     販売費及び一般管理費
                                       1,044,408               860,643
     営業利益
     営業外収益
                                         2,970              2,261
       受取利息
                                          193              181
       受取配当金
                                         3,986              2,307
       その他
                                         7,151              4,749
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          356              387
       支払利息
                                          919              465
       その他
                                         1,276               853
       営業外費用合計
                                       1,050,283               864,539
     経常利益
     特別損失
                                        25,593
       固定資産売却損                                                  -
                                         6,535              8,419
       固定資産除却損
                                         7,400
                                                         -
       役員退職慰労金
                                        39,529               8,419
       特別損失合計
                                       1,010,754               856,120
     税引前四半期純利益
                                        280,219              239,830
     法人税、住民税及び事業税
                                        35,723              29,932
     法人税等調整額
                                        315,942              269,762
     法人税等合計
                                        694,812              586,358
     四半期純利益
                                12/19










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                               (自 2020年10月1日              (自 2021年10月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       1,010,754               856,120
       税引前四半期純利益
                                        297,806              330,259
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 56,989             △ 65,320
                                        11,806              15,603
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                                       5,059
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 9,577
       受取利息及び受取配当金                                 △ 3,164             △ 2,442
                                          356              387
       支払利息
                                        25,593
       固定資産売却損                                                  -
                                         4,847              4,599
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 58,918             △ 106,360
                                        80,013              131,179
       棚卸資産の増減額(△は増加)
                                        92,281              241,019
       その他の資産の増減額(△は増加)
                                        218,986              148,970
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        18,188              102,846
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                       △ 255,305             △ 423,073
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                       1,376,681              1,238,850
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   204              205
       利息の支払額                                  △ 318             △ 374
                                       △ 369,579             △ 278,962
       法人税等の支払額
                                       1,006,987               959,718
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 6,600             △ 6,600
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 66,191             △ 156,942
                                        138,393
       有形固定資産の売却による収入                                                  -
       無形固定資産の取得による支出                                    -           △ 10,000
       建設協力金の支払による支出                                    -           △ 114,300
                                        38,084              55,380
       建設協力金の回収による収入
                                         1,000              1,000
       投資有価証券の償還による収入
                                                         40
       出資金の回収による収入                                    -
       敷金及び保証金の差入による支出                                    -             △ 438
                                                       6,599
                                          -
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        104,685
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                              △ 225,261
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                 △ 79,164             △ 32,791
       リース債務の返済による支出                                △ 156,407             △ 162,950
                                       △ 182,845             △ 217,061
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 418,416             △ 412,802
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                     -              -
                                        693,256              321,654
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       4,975,378              5,106,680
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 5,668,634             ※ 5,428,334
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                13/19






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
         う。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当
         該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
          収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
         おりますが、第2四半期累計期間の損益に与える影響はありません。また、利益剰余金の当期首残高へ与える影
         響もありません。
          なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示方法によ
         り組替えを行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 2020年3
         月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第2四半期累計期間に係る顧客との契約から生じる収
         益を分解した情報を記載しておりません。
         (時価の算定に関する会計基準等の適用)

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
         う。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」
         (企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が
         定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これによる四半期財務諸表に与える影
         響はありません。
        (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

          該当事項はありません。
        (追加情報)

         当第2四半期累計期間(自2021年10月1日 至2022年3月31日)
         (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
          前事業年度の有価証券報告書の追加情報に記載した新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定について重
         要な変更はありません。
        (四半期損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前第2四半期累計期間                  当第2四半期累計期間
                            (自    2020年10月1日              (自    2021年10月1日
                             至     2021年3月31日)               至     2022年3月31日)
     従業員給料及び賞与                              1,784,660     千円             1,924,825     千円
                                    126,344                 130,918
     賞与引当金繰入額
                                     28,557                 29,391
     退職給付費用
                                     16,023                  5,059
     役員退職慰労引当金繰入額
        (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のとおり
          であります。
                            前第2四半期累計期間                 当第2四半期累計期間
                            (自    2020年10月1日              (自    2021年10月1日
                             至   2021年3月31日)               至   2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                              5,726,937千円                 5,993,938千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △58,303                 △565,603
     現金及び現金同等物                              5,668,634                 5,428,334
                                14/19




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期累計期間(自2020年10月1日 至2021年3月31日)
          配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり
                 株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
       (決議)
       2020年12月22日
                 普通株式        182,824         16   2020年9月30日         2020年12月23日        利益剰余金
        定時株主総会
         Ⅱ 当第2四半期累計期間(自2021年10月1日 至2022年3月31日)

          配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり
                 株式の種類                      基準日       効力発生日        配当の原資
                        (千円)      配当額(円)
       (決議)
       2021年12月23日
                 普通株式        217,104         19   2021年9月30日         2021年12月24日        利益剰余金
        定時株主総会
        (金融商品関係)

         前事業年度末(2021年9月30日)及び当第2四半期会計期間末(2022年3月31日)
          金融商品の当第2四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動はありま
         せん。
        (有価証券関係)

         前事業年度末(2021年9月30日)及び当第2四半期会計期間末(2022年3月31日)
          有価証券の当第2四半期貸借対照表計上額その他の金額は、前事業年度の末日と比較して著しい変動はありま
         せん。
        (デリバティブ取引関係)

         前事業年度末(2021年9月30日)及び当第2四半期会計期間末(2022年3月31日)
          該当事項はありません。
        (企業結合等関係)

         当第2四半期会計期間(自2022年1月1日 至2022年3月31日)
          該当事項はありません。
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          前第2四半期累計期間(自2020年10月1日 至2021年3月31日)及び当第2四半期累計期間(自2021年10月1
          日 至2022年3月31日)
           当社は、食料品主体のスーパーマーケット事業及びこれらの付帯業務の単一セグメントであるため、記載を
          省略しております。
                                15/19






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
         当社は、スーパーマーケット事業を営む単一セグメントであり、主要な顧客との契約から生じる収益を分解した
        情報は、以下のとおりであります。
                          当第2四半期累計期間
                          (自 2021年10月1日
                           至 2022年3月31日)
        売上高                       23,256,273千円
        営業収入                        265,400千円
        合計                       23,521,673千円
       (注)四半期損益計算書上の営業収入に含まれる顧客との契約から生じる収益以外の収益は、当第2四半期累計期
          間において203,196千円であります。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期累計期間               当第2四半期累計期間
                                (自 2020年10月1日               (自 2021年10月1日
                                 至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     1株当たり四半期純利益                                  60円81銭               51円32銭
      (算定上の基礎)

       四半期純利益(千円)                                694,812               586,358

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -               -

       普通株式に係る四半期純利益(千円)                                694,812               586,358

       普通株式の期中平均株式数(株)                               11,426,552               11,426,552

    (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

        (過年度決算の修正)
         当社は、社外からの指摘により、一部不適切な会計処理が行われていたことが判明し、調査を行った結果、2017
        年以降の決算の訂正を行う可能性がでてきました。そのため、本件の適切性等につき深度ある調査、検証を実施す
        るべく、独立性、専門性の高い第三者委員会を設置し、調査を行ってまいりましたが、2022年6月24日に第三者委
        員会から調査報告を受領し、2017年以降の仕入等の訂正があったことの報告を受けました。これにより、当社は、
        2022年6月30日に過年度決算の訂正を行っております。
         なお、当該調査費用及び過年度決算の訂正に係る費用は、2022年9月期第3四半期会計期間の決算において特別
        損失として計上する予定であり、本報告書提出日時点における金額は未定であります。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                16/19







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                17/19




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年6月30日

    株式会社ダイイチ

      取締役会 御中

                             監査法人シドー

                             札幌事務所
                              指定社員

                                      公認会計士
                                             沢田石 吉英
                              業務執行社員
                              指定社員

                                      公認会計士
                                             有光 洋介
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ダイイ
    チの2021年10月1日から2022年9月30日までの第68期事業年度の第2四半期会計期間(2022年1月1日から2022年3月31
    日まで)及び第2四半期累計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期財務諸表、すなわち、四半期
    貸借対照表、四半期損益計算書、四半期キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められ
    る四半期財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ダイイチの2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了す
    る第2四半期累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要
    な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人
    としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断してい
    る。
    強調事項

     注記事項(重要な後発事象)に記載されているとおり、会社は、2022年6月30日に過年度決算の訂正を行っており、当
    該訂正に係る費用を2022年9月期第3四半期会計期間の決算において特別損失として計上する予定である。
     当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
    四半期財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準拠して四半期財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期財務諸表を作成し適正に
    表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期財務諸表を作成することが適切である
    かどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に基づいて継続企業に関する
    事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                18/19


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社ダイイチ(E03340)
                                                            四半期報告書
    ・   主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論
     付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期財務諸表の注記事項が適切でない場合
     は、四半期財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レ
     ビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなく
     なる可能性がある。
    ・   四半期財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期財務諸表の作成基準に準
     拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期財務諸表の表示、
     構成及び内容、並びに四半期財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認めら
     れないかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                19/19












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク