大井電気株式会社 有価証券報告書 第98期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第98期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 大井電気株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年6月30日
     【事業年度】                   第98期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   大井電気株式会社
     【英訳名】                   Oi  Electric     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  石田 甲
     【本店の所在の場所】                   神奈川県横浜市港北区菊名七丁目3番16号
     【電話番号】                   045(433)1361(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役経営管理本部長  仁井 克己
     【最寄りの連絡場所】                   神奈川県横浜市港北区菊名七丁目3番16号
     【電話番号】                   045(433)1361(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役経営管理本部長  仁井 克己
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/92













                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)  連結経営指標等
           回次           第94期        第95期        第96期        第97期        第98期
          決算年月           2018年3月        2019年3月        2020年3月        2021年3月        2022年3月
                     23,830,534        22,561,995        25,314,544        29,410,371        24,735,568
     売上高           (千円)
     経常利益又は経常損失
                       162,093                620,405        375,869
                (千円)             △ 1,480,623                        △ 794,971
     (△)
     親会社株主に帰属する
     当期純利益又は親会社
                                       523,843        139,653
                (千円)      △ 116,062      △ 2,779,482                       △ 1,023,544
     株主に帰属する当期純
     損失(△)
                       171,028                479,419        821,325
     包括利益           (千円)             △ 2,736,538                        △ 988,671
                      9,994,986        7,205,241        7,684,610        8,451,599        7,405,199
     純資産額           (千円)
                     19,269,273        17,143,189        20,219,305        22,416,836        21,796,174
     総資産額           (千円)
                      7,091.39        4,798.54        5,109.96        5,522.53        4,638.85
     1株当たり純資産額           (円)
     1株当たり当期純利益
                                       405.70        107.87
     又は1株当たり当期純           (円)       △ 90.30      △ 2,157.39                        △ 788.03
     損失(△)
     潜在株式調整後1株当
                (円)         -        -        -        -        -
     たり当期純利益
                        47.3        36.1        32.6        31.9        27.7
     自己資本比率           (%)
                                         8.2        2.0
     自己資本利益率           (%)        △ 1.3       △ 36.3                       △ 15.5
                                         6.3        24.4
     株価収益率           (倍)       △ 37.2        △ 0.9                       △ 3.0
     営業活動によるキャッ
                (千円)      △ 310,668       △ 233,379      △ 2,004,352       △ 1,114,732       △ 1,102,458
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                               163,200
                (千円)      △ 498,653               △ 330,116       △ 611,557      △ 1,065,157
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                                      1,294,013        2,414,049        2,701,099
                (千円)      △ 106,529       △ 369,166
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                      3,811,509        3,370,100        2,326,741        3,007,318        3,540,801
                (千円)
     期末残高
                        1,019        1,010        1,019        1,019        1,021
     従業員数           (人)
     (注)1.当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第94期の期首に
          当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失
          を算定しております。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、第96期及び第97期は潜在株式が存在しないため、第94
          期、第95期及び第98期は1株当たり当期純損失を計上しており、また潜在株式が存在しないため、記載してお
          りません。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適
          用しており、当連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等と
          なっております。
                                 2/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第94期        第95期        第96期        第97期        第98期
          決算年月           2018年3月        2019年3月        2020年3月        2021年3月        2022年3月
                     12,942,971        11,471,569        13,541,008        17,439,789        12,830,610
     売上高           (千円)
     経常利益又は経常損失
                                       437,933        239,229
                (千円)      △ 258,590      △ 1,737,221                       △ 1,115,701
     (△)
     当期純利益又は当期純
                                       427,851        258,646
                (千円)      △ 331,877      △ 2,898,537                       △ 1,130,258
     損失(△)
                      2,708,389        2,708,389        2,708,389        2,708,389        2,708,389
     資本金           (千円)
                       14,700         1,470        1,470        1,470        1,470
     発行済株式総数           (千株)
                      7,171,934        4,177,653        4,607,187        4,837,490        3,641,867
     純資産額           (千円)
                     12,916,805        10,996,150        13,842,635        15,596,755        15,010,139
     総資産額           (千円)
                      5,580.14        3,239.04        3,566.46        3,733.11        2,801.01
     1株当たり純資産額           (円)
                          5                50        50
     1株当たり配当額           (円)                 -                        -
     (内1株当たり中間配
                (円)         ( -)        ( -)        ( -)        ( -)        ( -)
     当額)
     1株当たり当期純利益
                                       331.36        199.79
     又は1株当たり当期純           (円)      △ 258.20      △ 2,249.79                        △ 870.19
     損失(△)
     潜在株式調整後1株当
                (円)         -        -        -        -        -
     たり当期純利益
                        55.5        38.0        33.3        31.0        24.3
     自己資本比率           (%)
                                         9.7        5.5
     自己資本利益率           (%)        △ 4.5       △ 51.1                       △ 26.7
                                         7.7        13.2
     株価収益率           (倍)       △ 13.0        △ 0.9                       △ 2.8
                                        15.1        25.0
     配当性向           (%)       △ 19.4         -                        -
                         439        433        432        436        435
     従業員数           (人)
                        111.8         66.2        87.1        91.2        83.6
     株主総利回り           (%)
     (比較指標:配当込み
                (%)       ( 115.9   )     ( 110.0   )      ( 99.6  )     ( 141.5   )     ( 144.3   )
     TOPIX)
     最高株価           (円)         410       2,999        4,970        3,980        2,750
                                (351)
     最低株価           (円)         270       1,908        1,717        2,440        2,020
                                (289)
     (注)1.当社は、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で株式併合を行っております。第94期の期首に
          当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失
          を算定しております。また、第95期の株価については株式併合後の最高株価及び最低株価を記載しており、
          ( )内に株式併合前の最高株価及び最低株価を記載しております。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第96期及び第97期は潜在株式が存在しないため、第
          94期、第95期及び第98期は1株当たり当期純損失を計上しており、また潜在株式が存在しないため、記載して
          おりません。
         3.最高株価及び最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用し
          ており、当事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっており
          ます。
                                 3/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        年月                            沿革
      1950年1月        搬送装置を中心とする通信機器の製造販売を目的として、東京都品川区に大井電気株式会社を設立
              (資本金50万円)
      1960年5月        横浜市港北区(現本社)に移転
      1961年1月        増資時、三菱電機㈱が当社株式を取得
      1963年2月        機器のメンテナンス業務を行う日本フィールド・エンジニアリング㈱(現・連結子会社)を設立
      1963年4月        ポケットベルを開発
      1966年4月        機器の据付工事及びメンテナンス業務を行う日本テクニカル・サービス㈱(現・連結子会社)を設
              立
      1967年1月        機器生産を行う子会社大井電子㈱(現水沢製作所)を設立
      1982年7月        福岡市に福岡営業所(現九州支社)を開設
      1984年5月        札幌市に札幌営業所(現北海道支社)を開設
      1986年4月        ソフトウエア業務を行うオオイテクノ㈱(現・連結子会社)を設立
      1987年5月        本社工場内に研究開発棟を増設
      1987年8月        国内各テレメッセージ会社に公衆用ポケットベルを納入開始
      1988年12月        資本金1,130百万円に増資
      1989年4月        大阪府吹田市に大阪支社を、仙台市に仙台営業所(現東北支社)を開設
      1989年8月        名古屋市に名古屋支社(現中部支社)を開設
      1989年10月        子会社大井電子㈱を合併
      1990年3月        資本金1,577百万円に増資
      1990年4月        仙台市に仙台研究開発センターを新設
      1993年6月        広島市に広島営業所(現広島支社)を開設
              日本フィールド・エンジニアリング㈱の子会社として㈱エヌ・エフ・サービス(現・連結子会社)
      1995年7月
              を設立
      1995年8月        日本証券業協会店頭登録銘柄として売買開始、資本金2,708百万円に増資
      1996年7月        品質保証の国際規格「ISO9001」を取得
      1998年11月        環境マネジメントの国際規格「ISO14001」を取得
      2004年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2010年4月        ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQに上場
      2013年7月
              東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に
              上場
      2022年4月
              東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)からス
              タンダード市場に移行
                                 4/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社と子会社5社の計6社で構成されております。
       当社グループは、情報通信機器の製造販売及びネットワーク工事保守を主な事業内容としており、当社及び当社の
      関係会社がそれぞれ独立した経営単位として、事業活動を展開しております。
       事業内容及び当社グループの当該事業に係る位置付け並びにセグメントとの関連は、次のとおりであります。な
      お、事業区分([その他]を除く)は、「第一部 企業情報 第5 経理の状況 1連結財務諸表等 (1)                                                 連結財務
      諸表 注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメントと同一であります。
      [情報通信機器製造販売]
         情報通信機器製造販売については、当社が光伝送システム、セキュリティ・監視システム、リモート計測・セン
        シングシステム、無線応用システムの関連機器を製造販売しております。
         また、オオイテクノ㈱は、関連機器のソフトウエアの製造販売をするほか、当社製品に用いるソフトウエアの製
        造を受託しております。
      [ネットワーク工事保守]
         ネットワーク工事保守については、主に日本フィールド・エンジニアリング㈱、日本テクニカル・サービス㈱で
        通信設備、光ネットワーク、CATV等の工事及び保守を行っており、日本フィールド・エンジニアリング㈱の工
        事及び保守の一部については、㈱エヌ・エフ・サービスに委託しております。
      [その他]
         当社の本社及び製作所の清掃並びに食堂業務等、会社施設周りのサービス業務や当社従業員に対する福利厚生業
        務の一部を㈱クリエイト・オオイに委託しております。
         事業内容と当社及び関係会社の当該事業に係る位置付けは以下のとおりであります。

        事業区分               主要製品他                      主要な会社
                                     当社、オオイテクノ㈱
                 光伝送システム、セキュリティ・監視シス
     情報通信機器製造販売            テム、リモート計測・センシングシステ
                 ム、無線応用システムの関連機器
                 通信設備、光ネットワーク、CATV等の                    日本フィールド・エンジニアリング㈱、日本テク
     ネットワーク工事保守
                 工事及び保守                    ニカル・サービス㈱、㈱エヌ・エフ・サービス
     その他            食堂業務、ビル管理、人材派遣等                    ㈱クリエイト・オオイ
       以上の当社グループについて図示すると次のとおりであります。

                                 5/92










                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                         資本金               有割合又は
         名称          住所             主要な事業の内容                    関係内容
                         (千円)                被所有割合
                                          (%)
    (連結子会社)
     日本フィールド・エ                                           当社製品の据付及び保守
                               ネットワーク工事
     ンジニアリング㈱           東京都品川区           75,000                 53.2   をしている。
                               保守
     (注)3、4                                           役員の兼任等あり。
                                                当社製品の据付及び保守
     日本テクニカル・                          ネットワーク工事                をしている。
                東京都世田谷区           50,000                100.0
     サービス㈱                          保守                 なお、当社所有の建物を
                                               賃借している。
                                                当社製品のソフトウエア
     オオイテクノ㈱                          情報通信機器製造            100.0    を製造している。
                横浜市港北区           20,000
     (注)2                          販売            (25.0)     なお、当社所有の建物を
                                               賃借している。
     ㈱エヌ・エフ・サー                                           日本フィールド・エンジ
                               ネットワーク工事             53.2
     ビス           東京都板橋区           10,000                    ニアリング㈱の業務を受託
                               保守            (53.2)
     (注)2                                          している。
     (注)1.連結子会社の「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合を内数で記載しております。
         3.日本フィールド・エンジニアリング㈱については売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上
          高に占める割合が10%を超えております。
                      主要な損益情報等(1)          売上高    9,801,969千円
                              (2)  経常利益    269,744千円
                              (3)  当期純利益   191,957千円
                              (4)  純資産額   2,888,795千円
                              (5)  総資産額   5,064,412千円
         4.日本フィールド・エンジニアリング㈱は、特定子会社に該当しております。
                                 6/92











                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)  連結会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                      493
      情報通信機器製造販売
                                                      528
      ネットワーク工事保守
                                                     1,021
                 合計
     (注) 従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向
         者を含む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー)は、従業員数の10%未満であるため、記載を省略してお
         ります。
      (2)  提出会社の状況

                                                  2022年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年令(才)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
             435             46.1              22.7           6,481,046
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                      435
      情報通信機器製造販売
      ネットワーク工事保守                                                 -
                                                      435
                 合計
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
          用者数(パートタイマー)は、従業員数の10%未満であるため、記載を省略しております。
         2.平均年間給与(税込み)は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
      (3)  労働組合の状況

         当社グループ(当社及び連結子会社)は、当社においてのみ労働組合が組織されており、大井電気労働組合と称
        し、2022年3月31日現在における組合員数は321人で、三菱電機関連労働組合連合会に属しております。
         なお、労使関係は円満に推移しており、特記すべき事項はありません。
                                 7/92










                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)  経営方針

         当社グループは「豊かな自然環境の保護・存続を使命とし、技術革新に努め、生産活動を通じて、広く社会に貢
        献する。」という経営理念の下、社会インフラ向けの情報通信機器及び関連サービスを提供する企業グループとし
        て、社会の安定・発展に貢献し、企業価値の向上を目指すことで、持続的成長を遂げてまいります。
      (2)  経営戦略等

         当社グループは、大井電気㈱及びオオイテクノ㈱が主に情報通信機器製造販売事業を、日本フィールド・エンジ
        ニアリング㈱及び日本テクニカル・サービス㈱が主にネットワーク工事保守事業を営んでおります。各社の自立経
        営を基本としつつ、グループ間でのシナジーを発揮することで、グループ全体での事業規模・利益拡大を図ってま
        いります。
         各セグメントの経営戦略は以下のとおりです。
        (情報通信機器製造販売)

          情報通信機器業界は、事業環境の変化が激しく、特に成長分野においては競争が激化する傾向にあることか
         ら、将来を見据えた研究開発・人材育成を着実に推進するとともに、コスト競争力の強化に取組むことで、中長
         期的な事業規模の拡大・利益成長を目指してまいります。
          社会インフラ(電力、鉄道、官公庁、通信キャリア等)向けの情報通信機器については、シェアの拡大を図る
         とともに、第5世代移動通信システム(5G)の普及、インターネット利用拡大によるデータトラヒックの増大
         を背景としたOTN(*1)プラットフォーム機器を主力とした「光多重伝送システム事業」、IoT関連に利用さ
         れるLPWA(*2)事業等の昨今の通信インフラの多様化・効率化ニーズに対応した「IoTシステム事業」、主
         に地方自治体向けの「防災・減災ソリューション事業」の3事業を成長ドライバーとして事業規模の拡大を図り
         つつ、エネルギーマネジメントシステム関連事業等の社会的ニーズの高い新規事業に積極的に取組んでまいりま
         す。
         *1  Optical    Transport     Network
         *2  Low  Power   Wide   Area
        (ネットワーク工事保守)

          ネットワーク工事保守事業につきましては、安全確保を大前提に、従来から実施している事業の着実な展開に
         加え、品質調査から設計・工事・保守までを一気通貫に行える技術・要員・体制の整備をさらに進め、携帯基地
         局工事を始めとする事業領域の拡大・利益成長に取組んでまいります。
      (3)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、より一層のお客様への貢献を通じて中長期的な成長を目指して2022年度を最終年度とする3年
        間の中期計画を策定し、これの達成に向け事業活動を推進して参りました。しかしながら、策定後における新型コ
        ロナウイルス感染症の感染拡大や全世界規模の部材調達問題の影響等の事業環境の変化により、現時点における
        2022年度の業績予想と乖離が生じており、連結売上高については当初の中期計画を達成する見込みであるものの、
        連結営業利益については達成が困難な見込みとなっております。
                                             単位:百万円
                                     2022年度
                           (中期計画最終年度)               (予想)
          連結売上高                         28,000            28,200
          連結営業利益                          1,100             640
                                 8/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (4)  経営環境
         当社グループの属する情報通信機器業界は、第5世代移動通信システム(5G)に代表される新たな情報通信
        ニーズ、増大する通信トラヒックへの対応として通信インフラへの設備投資が拡大基調にあること、IoT技術の
        利用による未開拓分野への情報通信技術の適用拡大を背景に、情報通信機器市場のより一層の拡大が期待されてい
        ます。加えて新型コロナウイルス感染症拡大に伴うテレワークの導入拡大、働き方改革の推進に必要な情報通信環
        境整備、DX(デジタルトランスフォーメーション)の進展や巣ごもり需要の増加等が情報通信設備の需要を後押
        ししております。
         一方で情報通信技術の発展に伴う技術の更なる高度化、情報通信機器のコモディティ化が進展しており、これに
        対応するためには技術力及び製品付加価値の継続的な向上が必須であります。また、新型コロナウイルス感染症拡
        大やその他複合的な要因から、世界的な半導体不足を始め部材調達において不透明な状況が発生しております。当
        社の製造計画に及ぼす影響のみならず、顧客の投資計画が流動的となる可能性についても注視する必要があると考
        えております。
         当社グループといたしましては、こうした環境変化に対応して、安定的な収益基盤の構築を図り、成長分野に向
        け、引き続き以下の具体的施策の展開を推進してまいります。
      (5)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        ① 経営体質の強化
          当社グループは、電力会社・官公庁等の事業の関係から下半期に売上計上が集中し、また、顧客の調達方針の
         変化等が業績に与える影響も大きいことから、収益規模変動に柔軟に対応できる経営体質を確保してまいりま
         す。具体的には、生産性向上活動の推進や事業性を吟味した設備投資、原価低減に資する生産・調達方式の検
         討・実践、そのために必要な資金調達手段の確保等に取組んでまいります。
        ② 企業価値向上に向けた取組み

          コア技術や将来方向を見据えた人的資源の配置と人材育成に努めるとともに、コンプライアンス、環境等の社
         会的責任課題に対して、全体最適の観点から企業価値向上に取組んでまいります。
                                 9/92












                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
      であります。
       なお、文中における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2022年6月30日)現在において当社グループが
      判断したものであります。
      (1)  一部顧客への依存

         当社グループ事業は電力や通信キャリア関連の一部の顧客への依存度が高く、顧客ニーズの把握、収集が充分で
        きず、魅力ある製品やサービスを提供できない場合は、将来の成長と収益性を低下させ、財政状態及び業績に影響
        を及ぼす可能性があります。
         特に、大規模自然災害の発生や重大な社会情勢の変化等に伴う顧客の設備投資計画の見直し等によっては、当社
        グループの財政状態及び業績に多大な悪影響を及ぼす可能性があります。
      (2)  事業拡大

         当社グループは、第5世代移動通信システム(5G)の普及、インターネット利用拡大によるデータトラヒック
        の増大、IoTデバイスの急速な普及等に対応した新たな製品や工事・保守受託業務を含めたシステム提案等の展
        開により、事業規模を拡大していく方針ですが、以下のようなリスクが含まれています。
        ① 当社グループが、情報通信機器やインターネット市場等の動向の急激な変化を正確に予測できるとは限らず、
         開発した製品の販売が必ず成功するとの保証はありません。事業の戦略的提携先やOEM供給先の業績不振や戦
         略変更等によってもその影響を受けることがあり、計画どおりの収益規模が確保できなくなる場合があります。
         また、与信管理には十分留意をしておりますが、売掛債権の回収リスクが生じ、当社グループの財政状態及び業
         績に悪影響を及ぼす可能性があります。
        ② 情報通信機器市場は、当社グループ以外にもメーカーや商社等多くの企業が参入してきており、その一部は当
         社グループよりも多くの経営資源を有しております。こうした競合先が同種の製品・サービス等をより低価格で
         提供すること等によっては、当社製品・サービスが必ず差別化できるという保証はありません。その場合は、計
         画どおりの収益をあげることができない可能性があります。
        ③ 情報通信機器市場は技術の急激な進歩と市場のニーズの変化により、製品開発中に新技術の出現や規格が変更
         され当社グループ製品が市場投入前から陳腐化する可能性があります。
          また、市場の急激な変動によっては、開発製品の投入遅れやサービス対応要員の不足が生じないという保証は
         なく、需要に対応できず市場でのシェア拡大の機会を逃してしまう可能性があります。
      (3)  製品・サービスの品質と責任について

         当社グループが販売する製品や提供するサービスは、その一部を外部の会社に委託する場合を含め、製品やサー
        ビスの品質管理については品質保証の専任部署を設置し、取引先に対して品質が維持できるように努めておりま
        す。しかし、提供した全ての製品やサービスに欠陥が発生しないという保証はありません。不測の事態で大規模な
        欠陥等の問題が発生した場合には、当社グループとして、そのことによって生じた損害の責任を負う可能性があり
        ます。
      (4)  資金調達に関するリスク

         当社グループは主に金融機関から資金の調達を行っておりますが、金融機関の方針変更等により資金調達が不十
        分あるいは不調に終わった場合には、当社グループの財政状態及び経営成績に悪影響を及ぼす可能性があります。
      (5)  退職給付債務

         当社の退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算で設定される前提条件や年金資産の長期期待運用収益率で算
        出されます。
         実際の結果が前提条件と異なる場合、又は前提条件が変更された場合は、その影響額が累積され、将来にわたっ
        て規則的に認識されるため、将来期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼす可能性がありま
        す。また、今後の割引率の低下や運用利回りの変化により、退職給付費用が増加し、当社グループの財政状態及び
        経営成績に影響を与える可能性があります。
                                10/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (6)  自然災害等の突発性事象の発生リスク
         当社グループは、大規模な地震等の自然災害、火災、戦争、テロ及び暴動等が発生した場合は、当社グループや
        仕入先、顧客の主要設備への損害等により、生産活動や資材調達等に支障が生じ、また、これらの災害等が政治不
        安又は経済不安を引き起こすことにより、当社グループの財政状態及び経営成績に影響をもたらす可能性がありま
        す。
      (7)  繰延税金資産

         繰延税金資産の回収可能性は、将来収益力に基づく課税所得によって判断しております。当連結会計年度におけ
        る繰延税金資産については十分な回収可能性があると判断しておりますが、経営成績等により、その回収可能性に
        見直しが必要となった場合には、当社グループの経営成績及び財務状況に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)  工事損失の発生に関するリスク

         手持ち受注工事のうち、損失の発生が見込まれ、かつ金額を合理的に見積もることのできる受注工事について、
        損失見積り額を工事損失引当金として計上することにより、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす
        可能性があります。
      (9)  新型コロナウイルス感染症の拡大について

         当社グループは、世界的に流行している新型コロナウイルス感染症に対して、従業員、顧客及び取引先の安全を
        第一に考え、またさらなる感染拡大を防ぐために、社内外イベントの中止、国や地方自治体の要請に則した在宅勤
        務の実施とそれを可能とするウェブ会議等の活用促進に努めております。今後、事態が長期化した場合、世界的な
        経済活動の停滞に伴い売上が減少する等、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
      (10)   部材調達について

         世界的に流行している新型コロナウイルス感染症の影響、ロシア・ウクライナ情勢等によるサプライチェーンの
        混乱を原因として、半導体を中心とした供給不足による部材調達の問題が、世界規模で顕在化しています。今後こ
        れらの不足状況が長期化した場合、当社製品の生産能力に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)   固定資産の減損に係る会計基準の適用について

         当社グループは、「固定資産の減損に係る会計基準」を適用しております。当該基準適用に伴い、資産価値の下
        落及び経営環境の著しい悪化等により収益性が低下した場合は、当社グループの業績及び財政状態に影響を及ぼす
        可能性があります。
                                11/92










                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)  経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー
        (以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ① 財政状態及び経営成績の状況

          当連結会計年度におけるわが国経済は、ウクライナを巡る国際情勢の緊迫化や新型コロナウイルス感染症の新
         たな変異株の感染拡大等、未だに様々な経済活動の自粛や制限が続いており、先行きは不透明な状況でありま
         す。
          当社をとりまく市場動向につきましては、第5世代移動通信システム(5G)の普及、巣ごもり需要や企業の
         DX投資等を背景としたデータトラヒックの増大、IoTデバイスの急速な普及等により、ビジネス参入機会の
         拡大が見込まれております。しかしながら足元では新型コロナウイルス感染症拡大に伴う顧客計画の延伸や工事
         案件の遅延の影響、半導体に代表される原材料の世界的な供給不足及び極度の需給逼迫による部材調達問題等の
         影響が顕在化、長期化しており、未だ収束を見通すことは難しい状況にあります。
          この結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
         イ.財政状態

           当連結会計年度末の資産合計は、前連結会計年度末に比べ6億20百万円減少し、217億96百万円となりまし
          た。
           当連結会計年度末の負債合計は、前連結会計年度末に比べ4億25百万円増加し、143億90百万円となりまし
          た。
           当連結会計年度末の純資産合計は、前連結会計年度末に比べ10億46百万円減少し、74億5百万円となりまし
          た。
         ロ.経営成績

           当社の当連結会計年度の売上高につきましては、情報通信機器製造販売が減少した結果、247億35百万円
          (前年同期比15.9%減)となりました。
           損益につきましては、営業損失は8億19百万円(前年同期比11億22百万円減)、経常損失は7億94百万円
          (前年同期比11億70百万円減)、親会社株主に帰属する当期純損失は10億23百万円(前年同期比11億63百万円
          減)となりました。
           以下、セグメントの概況をご報告いたします。
          〔情報通信機器製造販売〕

            半導体に代表される世界的な部材不足及びこれに伴う極度の需給逼迫の影響を受けた部材調達の遅れ等に
           より、光波長多重伝送装置やIoT関連無線通信機器等について売上時期の延伸、受注の見送り、顧客側の
           発注計画変更等により、売上高は126億89百万円(前年同期比26.1%減)となりました。セグメント損益に
           つきましては、部材調達に起因する売上の減少、部材価格上昇等による原価率の悪化により11億51百万円の
           損失(前年同期比10億58百万円損失増)となりました。
          〔ネットワーク工事保守〕

            主に基地局関連工事が増加したものの、電力向け通信機器工事が減少したため、売上高は120億46百万円
           (前年同期比1.7%減)となりました。セグメント損益につきましては材料費、外注費が増加したため3億
           7百万円(前年同期比17.3%減)となりました。
        ② キャッシュ・フローの状況

          当連結会計年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ5億33百
         万円増加(前年同期比17.7%増)し、当連結会計年度末には35億40百万円となりました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動により減少した資金は11億2百万円(前年同期は11億14百万円の減少)となりました。
           これは主に、売上債権の減少による資金の増加が28億26百万円あったものの、棚卸資産の増加による資金の
          減少が11億22百万円、仕入債務の減少による資金の減少が18億71百万円、税金等調整前当期純損失が8億28百
          万円あったことによります。
                                12/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)
           投資活動により減少した資金は10億65百万円(前年同期は6億11百万円の減少)となりました。
           これは主に、固定資産の取得により資金が9億57百万円減少、投資有価証券の取得により資金が1億6百万
          円減少したことによります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動により増加した資金は27億1百万円(前年同期は24億14百万円の増加)となりました。
           これは主に、長期借入金の返済により資金が84百万円減少、配当金の支払いにより資金が64百万円減少した
          ものの、短期借入れの実行により資金が25億30百万円増加、長期借入れの実行により資金が3億40百万円増加
          したことによります。
        ③ 生産、受注及び販売の実績

         イ.生産実績
           当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                            当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 2022年3月31日)
      情報通信機器製造販売(千円)                           12,753,784                     73.1
      ネットワーク工事保守(千円)                               -                  -
             合計                   12,753,784                     73.1
     (注)1.上記生産実績は、製造会社における生産実績を販売価格により表示しております。
         2.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         ロ.受注実績

           当連結会計年度の受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)
      情報通信機器製造販売                   13,155,363            72.7        7,178,218           106.9
      ネットワーク工事保守                   12,989,383           134.0         2,895,021           148.3
            合計             26,144,746            94.1        10,073,239           116.3
         ハ.販売実績

           当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                            当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年4月1日                    前年同期比(%)
                           至 2022年3月31日)
      情報通信機器製造販売(千円)                           12,689,042                        73.9
      ネットワーク工事保守(千円)                           12,046,526                        98.3
             合計                   24,735,568                        84.1
     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりで
          あります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                 相手先
                               至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
                             金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)
           KDDI株式会社                    4,788,910         16.3      5,347,337         21.6
           東京電力パワーグリッド株式会社                    3,302,586         11.2      3,217,142         13.0
           ソフトバンク株式会社                    5,279,384         18.0      2,404,904          9.7
                                13/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
         また、当連結会計年度における当社グループの経営成績等に、新型コロナウイルス感染症に起因する生産能力や
        工事力確保等について重要な影響は発生しておりません。
        ① 財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         イ.経営成績の分析
          a. 売上高
            当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度に比べ46億74百万円減少し(15.9%減)、247億35百万円と
           なりました。売上高が減少した主な要因は、情報通信機器製造販売において半導体に代表される世界的な部
           材不足及びこれに伴う極度の需給逼迫の影響を受けた部材調達の遅れ等により、売上時期の延伸、受注の見
           送り、顧客側の発注計画変更等があったことによります。
          b. 営業利益
            当連結会計年度の営業利益は、前連結会計年度に比べ11億22百万円減益となり、8億19百万円の損失とな
           りました。営業利益が減少した主な要因は、主に情報通信機器製造販売において、部材調達に起因する売上
           の減少、部材価格上昇等による原価率の悪化があったことによります。
            なお販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ3億56百万円減少し、42億70百万円となりました。
          c. 経常利益
            営業利益の減益に伴い、当連結会計年度の経常利益は前連結会計年度に比べ11億70百万円減益となり、7
           億94百万円の損失となりました。
          d. 親会社株主に帰属する当期純利益
            経常利益の減益に伴い、当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は前連結会計年度に比べ11億
           63百万円減益となり、10億23百万円の損失となりました。
         ロ.財政状態の分析

          a. 資産
            当連結会計年度末における資産の残高は、前連結会計年度末に比べ6億20百万円減少し217億96百万円と
           なりました。これは主に、現金及び預金が5億33百万円増加、商品及び製品が4億6百万円増加、仕掛品が
           2億32百万円増加、原材料及び貯蔵品が4億82百万円増加、建物及び構築物が5億40百万円増加したもの
           の、売掛金が29億20百万円減少したことによります。
          b. 負債
            当連結会計年度末における負債の残高は、前連結会計年度末に比べ4億25百万円増加し143億90百万円と
           なりました。これは主に、支払手形及び買掛金が16億56百万円減少、電子記録債権が2億14百万円減少、未
           払金が2億51百万円減少したものの、短期借入金が25億30百万円増加、長期借入金が2億10百万円増加した
           ことによります。
          c. 純資産
            当連結会計年度末における純資産の残高は、前連結会計年度末に比べ10億46百万円減少し74億5百万円と
           なりました。これは主に、利益剰余金が親会社株主に帰属する当期純損失の計上により10億88百万円減少し
           たことによります。
        ②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         イ.キャッシュ・フローの状況の分析等
          a. キャッシュ・フローの分析
            当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末の30億7百万円から5億33百
           万円増加し、35億40百万円となりました。これは営業活動によるキャッシュ・フローでは、売上債権の減少
           がありましたが、棚卸資産の増加、仕入債務の減少、税金等調整前当期純損失等により差引き11億2百万円
           の資金が減少し、投資活動によるキャッシュ・フローでは、固定資産の取得等で差引き10億65百万円の資金
           が減少、財務活動によるキャッシュ・フローでは、短期借入れ、長期借入れの実行、配当金の支払い等によ
           り差引き27億1百万円の資金が増加したことによります。
                                14/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          b. キャッシュ・フロー指標のトレンド
            当社グループのキャッシュ・フロー指標のトレンドは下記のとおりであります。
                                  2021年3月期               2022年3月期
      自己資本比率 (%)                                    31.9               27.7
      時価ベースの自己資本比率 (%)                                    15.2               14.3
      キャッシュ・フロー対有利子負債比率 (年)                                     -               -
      インタレスト・カバレッジ・レシオ (倍)                                     -               -
     (注)1.自己資本比率:自己資本/総資産
         2.時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
         3.キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
         4.インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
         5.各指標は、いずれも連結ベースの財務数値により算出しております。
         6.株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式数(自己株式控除後)により算出しております。
         7.キャッシュ・フローは連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使用しており
          ます。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象とし
          ております。また、利払いについては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払額を使用しております。
         8.2021年3月期及び2022年3月期については、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスのため、キャッ
          シュ・フロー対有利負債比率及びインタレスト・カバレッジ・レシオは記載しておりません。
         ロ.資本の財源及び資金の流動性

          a. 資金需要の主な内容
            当社グループの運転資金需要のうち主なものは、材料費、労務費、製造経費及び外注費から構成される製
           品製造費用及び工事原価費用があります。
            その他に販売費及び一般管理費からなる営業費用があり、営業費用の主なものは、人件費及び販売活動費
           用であります。また、当社グループの研究開発費は営業費用の一部として計上されております。
            また、設備資金需要としましては、製品製造や品質向上のための設備投資として、有形及び無形の固定資
           産の購入があります。
          b. 財務政策
            当社グループは、運転資金及び設備資金につきましては、内部資金又は借入により資金調達することとし
           ております。このうち借入による資金調達に関しましては、運転資金については短期借入で、設備投資等の
           長期資金の調達につきましては、金融機関からの長期借入を基本としております。
            なお、当連結会計年度末における短期借入金の残高は60億30百万円、長期借入金の残高は6億95百万円で
           あります。
        ③ 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

          当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づいて作成し
         ております。連結財務諸表の作成に当たっては、資産・負債の評価及び収益・費用の認識に関して、必要な見積
         り及び判断を行っております。これらの見積り及び判断には不確実性が伴うことから、実際の結果は見積り及び
         判断と異なる場合があります。
          なお、新型コロナウイルス感染症の影響の会計上の見積りに用いた仮定については、「第一部 企業情報 第
         5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載して
         おりますのでご参照下さい。
         イ.繰延税金資産

           当社グループは、繰延税金資産について、実現可能性が高いと考えられる金額へ減額するために評価性引当
          額を計上しております。評価性引当額の必要性を判断するに当たっては、将来の課税所得等の慎重な見積りを
          行い検討しますが、繰延税金資産の全部又は一部を将来実現できないと判断した場合、当該判断を行った期間
          に繰延税金資産の調整額を費用として計上します。同様に、計上金額を上回る繰延税金資産を今後実現できる
          と判断した場合、繰延税金資産への調整により当該判断を行った期間に利益を増加させることになります。
                                15/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         ロ.退職給付に係る負債
           当社グループでは確定給付企業年金制度、確定拠出年金制度及び退職一時金制度を採用しており、退職給付
          費用及び退職給付債務は数理計算に使用される前提条件に基づいて算出しております。その前提条件には、割
          引率、退職率、死亡率、昇給率及び年金資産の期待運用収益率等の重要な見積りが含まれております。
           実際の結果が前提条件と異なる場合や前提条件が変更された場合、その影響は数理計算上の差異として把握
          され、将来期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼします。
         ハ.工事損失引当金

           当社グループは、受注工事に係る将来の損失に備えるため、手持ち受注工事のうち損失の発生が見込まれ、
          かつ、その金額を合理的に見積もることができる工事について、損失見積り額を工事損失引当金として計上し
          ておりますが、当初予想しえなかった見積りを超える追加原価等により損失が発生した場合、追加の引当が必
          要となる可能性があります。
         ニ.固定資産の減損

           当社グループは、減損の兆候のある資産又は資産グループについて、回収可能価額に基づき減損の判定を
          行っております。固定資産の回収可能価額については、将来キャッシュ・フロー、割引率、正味売却価額等の
          前提条件に基づき算出しております。従って、当初見込んでいた収益が得られなかった場合や、将来キャッ
          シュ・フロー等の前提条件に変更があった場合、減損損失が発生する可能性があります。
        ④ 経営上の目標の達成・進捗状況

          2020年6月25日提出の有価証券報告書の「第一部 企業情報 第2 事業の状況 1.経営方針、経営環境及
         び対処すべき課題等 (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等」に記載の中期経営計画
         (2020年度~2022年度)の2年目である2021年度の実績は以下のとおりです。
          売上高については、通信キャリア向け光伝送機器等の光伝送機器事業において世界的な部材不足及びこれに伴
         う極度の需給逼により売上時期の繰延等が生じたこと、また2020年度において一部前倒し受注等があったことで
         最終年度目標を早期に達成した影響もあり、2021年度においては、計画最終年度である2022年度の売上目標を
         11.7%下回る結果となりました。
          営業利益については、情報通信機器製造販売における部材調達に起因する売上の減少、部材価格上昇等による
         原価率の悪化により、2022年度目標を大きく下回る結果となりました。
                                                      単位:百万円
                           中期3年計画最終年度                     2021年度
                             (2022年度)                    実績
      連結売上高                                28,000                  24,735

      連結営業利益                                1,100                  △819
     4【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                16/92








                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     5【研究開発活動】
       当社グループ(当社及び連結子会社)の研究開発は主として当社が行っております。当社における研究開発体制
      は、中長期を展望した基盤技術及び将来技術の研究開発を担当する研究部門と、現事業に直結した製品開発及び技術
      開発を担当する水沢製作所開発部門とで構成され、研究部門と水沢製作所開発部門は、密接な連携により研究開発を
      推進しております。
       当期の研究開発費の総額は682,909千円であり、情報通信機器製造販売分野における研究開発活動としては、当社
      の基盤事業である社会インフラ事業(電力、鉄道、官公庁、通信キャリア等)向けの情報通信機器・システム、ス
      マートグリッド・スマートメーター等のエネルギーマネジメントシステム関連の情報通信機器・システム及び防災、
      IoT等の重点事業への開発投資を選択・集中し、市場の変化、顧客ニーズの変化、急激な技術革新に対処するため
      の研究開発、新技術開発を行うとともに、特長ある新製品の開発、投入に注力しました。
       研究開発活動は、次のとおりであります。
        (1)  OTN(注1)プラットフォーム(光伝送機器)のラインアップとして、400Gトランスポンダを試作開発い
         たしました。
        (2)  次世代スマート・メーターで必要となる技術について、試作及び検証・開発いたしました。
        (3)  可搬型LoRa-GW(注2)を開発いたしました。
        (4)  耐環境性を考慮したLPWA(注3)製品を開発いたしました。
        (5)  圃場水管理システム製品を開発いたしました。
       今後も、当期において取組んだ重点事業の情報通信機器・システム等の研究開発、新技術開発を継続的に実施して
      まいります。
         (注1)OTN:Optical            Transport     Networkの略で、ITU-T(注4)が2000年に勧告した光伝送規格
         (注2)LoRa-GW:LoRa無線ネットワークの基地局装置
         (注3)LPWA:Low           Power   Wide   Areaの略で、低消費電力で遠距離通信を実現する方式
         (注4)ITU-T:International                 Telecommunication         Union   Telecommunication         Standardization        Sectorの
             略で、国際電気通信連合の通信分野の標準を担当する「電気通信標準化部門」
       なお、当連結会計年度における研究開発費をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                             金額(千円)
                                                      682,909
      情報通信機器製造販売
      ネットワーク工事保守                                                   -
                                                      682,909
                 合計
      (注) 上記金額は、販売費及び一般管理費に含まれる研究開発費のセグメント間取引の相殺消去後の数値でありま
          す。
                                17/92










                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
       当社グループ(当社及び連結子会社)では、877,013千円(情報通信機器製造販売分野835,689千円、ネットワーク
      工事保守分野41,324千円)の投資を実施いたしました。
       主な内容は、情報通信機器製造販売分野において、生産設備の増設、水沢製作所新工場棟、生産管理システム更新
      (継続中)を実施いたしました。この他、各セグメントにおいて、情報システム整備、計測機器・試験装置等の工具
      器具及び備品の買い替え等を実施いたしました。
       セグメント別の設備投資につきましては、次のとおりであります。
              セグメントの名称                          当連結会計年度(千円)
                                                      835,689
      情報通信機器製造販売
                                                       41,324
      ネットワーク工事保守
                                                      877,013
                 合計
     2【主要な設備の状況】

       当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備の状況は、次のとおりであります。
      (1)  提出会社
                                                    2022年3月31日現在
                                     帳簿価額(千円)
      事業所名                                                 従業員数
            セグメントの名
                                機械装置      土地
                     設備の内容
                           建物及び
      (所在地)      称                                            (人)
                                及び運搬         リース資産      その他     合計
                           構築物
                                具
                                    (面積㎡)
                   統括業務設備及
                            167,996          162,729
     本社工場
            情報通信機器製造       び情報通信機器
                                   0         -   169,164     499,891      136
     (横浜市港北区)       販売       の設計並びに販
                           〈4,203〉
                                      (4,142)
                   売設備
                   統括業務設備及
                            777,778
                                     323,674
     水沢製作所       情報通信機器製造       び情報通信機器
                            [4,724]     64,432          47,580    165,635    1,379,101       265
     (岩手県奥州市)       販売       の設計並びに生
                                     (99,794)
                           〈1,568〉
                   産設備
     仙台研究開発セ               情報通信機器の
            情報通信機器製造                4,145
     ンター               研究及び開発設
                                  -          -   22,865     27,010       8
                                       -
            販売
                            [7,390]
     (仙台市青葉区)               備
     大阪支社
                             121
            情報通信機器製造       情報通信機器の
     (大阪府吹田市)                              -     -     -    887    1,008      26
            販売       販売設備
                            [18,314]
     他5支社
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品の合計であり、建設仮勘定を含んでおります。
         2.帳簿価額欄に記載している[ ]は、連結会社以外から賃借している設備の賃借料であり外書きしておりま
          す。
         3.帳簿価額欄に記載している〈 〉は、連結会社以外への設備の賃貸料であり外書きしております。
                                18/92








                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (2)  国内子会社
                                                    2022年3月31日現在
                                      帳簿価額(千円)
          事業所名     セグメントの名                                         従業員数
                                      土地
                                 機械装置
     会社名                 設備の内容
                            建物及び
               称
         (所在地)                                               (人)
                                 及び運搬         リース資産     その他     合計
                            構築物
                                 具     (面積㎡)
                      統括業務設備
                      及び情報通信
                             30,286
         本社
                                      416,644
               ネットワーク工       機器の据付工
         (東京都品
                             [104,663]       -         -   6,214    453,145      157
     日本
               事保守       事並びにネッ
                                      (3,357)
         川区)
     フィール
                            〈10,875〉
                      トワーク保守
     ド・エン
                      設備
     ジニアリ
         東京支社            情報通信機器
     ング㈱
                             58,355         201,100
         (東京都板     ネットワーク工       の据付工事及
                                    0         -   5,148    264,603      202
               事保守       びネットワー
         橋区)
                             [90,127]          (3,050)
         他8支社            ク保守設備
                      統括業務設備
         本社
                              6,759         53,587
               ネットワーク工       及びネット
         (東京都世
                                    -         -   7,799    68,145      23
               事保守       ワーク保守設
                             [9,698]          (234)
         田谷区)
                      備
         北関東支社
     日本テク
                             37,895         229,481
         (埼玉県桶     ネットワーク工       ネットワーク
                                    -         -   8,629    276,007       93
     ニカル・
         川市)     事保守       保守設備
                             [2,552]          (680)
     サービス
         他3支社
     ㈱
         名古屋営業
         所
                               -
               ネットワーク工       ネットワーク
         (名古屋市
                                    -     -     -     0     0    10
               事保守       保守設備
                             [6,981]
         昭和区)
         他4営業所
                      統括業務設備
                      及び情報通信
         本社
     オオイテ          情報通信機器製       機器のソフト
         (横浜市港                      -     -     -     -     -     -     58
               造販売       ウエアの設計
     クノ㈱
         北区)
                      並びに生産設
                      備
                      統括業務設備
                      及び情報通信
         本社
     ㈱エヌ・
               ネットワーク工       機器の据付工
     エフ・                          -     0    -     -    386     386     43
         (東京都板
               事保守       事並びにネッ
     サービス
         橋区)
                      トワーク保守
                      設備
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品の合計であり、建設仮勘定を含んでおります。
         2.帳簿価額欄に記載している[ ]は、連結会社以外から賃借している設備の賃借料であり外書きしておりま
          す。
         3.帳簿価額欄に記載している〈 〉は、連結会社以外への設備の賃貸料であり外書きしております。
     3【設備の新設、除却等の計画】

       当社グループ(当社及び連結子会社)の設備計画は、原則的に連結会社各社が個別に策定しておりますが、重要な
      設備投資についてはグループ全体で調整を図っております。
       当連結会計年度末現在における設備計画は、生産効率改善、生産管理システム更新と一部老朽設備の更新を目的
      に、9億1百万円(情報通信機器製造販売分野7億84百万円、ネットワーク工事保守分野1億17百万円)の設備投資
      を計画しております。
                                19/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)  【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
      普通株式                                            5,480,000
                  計                                5,480,000
        ②【発行済株式】

                事業年度末               提出日         上場金融商品取引所名又は
       種類       現在発行数(株)              現在発行数(株)           登録認可金融商品取引業協                内容
              (2022年3月31日)              (2022年6月30日)            会名
                                       東京証券取引所
                                       JASDAQ(スタンダー
                                                     単元株式数
                   1,470,000              1,470,000
     普通株式                                  ド)(事業年度末現在)
                                                     100株
                                       スタンダード市場(提出日
                                       現在)
                   1,470,000              1,470,000
        計                                      -          -
      (2)  【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                 (株)
     2018年10月1日
               △13,230,000         1,470,000           -    2,708,389           -    1,442,759
     (注)
     (注) 2018年6月26日開催の第94期定時株主総会決議により、2018年10月1日付で普通株式10株につき1株の割合で
         株式併合を行っております。これにより、発行済株式総数は13,230,000株減少し、1,470,000株となっておりま
         す。
      (5)  【所有者別状況】

                                                  2022年3月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
        区分                             外国法人等                  式の状況
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                       (株)
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -      6     17     19     14      1    994    1,052      -
     所有株式数(単元)             -     488     317    3,505     2,049       1   8,308     14,669      3,100
     所有株式数の割合
                 -    3.33     2.16     23.89     13.97      0.01     56.64     100.00       -
     (%)
     (注) 自己株式169,803株は、「個人その他」欄に1,698単元、「単元未満株式の状況」欄に3株を含めて記載してお
         ります。
                                20/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (6)  【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                    住所                      総数に対する所有
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                    東京都千代田区丸の内2丁目7-3                          247         19.01
     三菱電機株式会社
     UNEARTH    INTERNATIONAL
                    UNIT117,ORIONMALL         PALMSTREET      P.O.BOX828
     LIMITED
                                              200         15.44
                    MAHE   SYC
     (常任代理人 フィリップ証
                    (東京都中央区日本橋兜町4-2)
     券株式会社)
                                              43         3.33
     石田 甲               神奈川県横浜市青葉区
                    神奈川県横浜市青葉区青葉台1丁目15-45                           40         3.15
     KMマネジメント株式会社
                    神奈川県横浜市港北区菊名7丁目3-16                           39         3.01
     大井電気従業員持株会
                                              31         2.40
     石田 哲爾               東京都大田区
     三菱UFJ信託銀行株式会社
                    東京都千代田区丸の内1丁目4番5
                                              30         2.31
     (常任代理人 日本マスター
                    (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
     トラスト信託銀行株式会社)
                                              28         2.16
     島根 良明               埼玉県八潮市
                    宮城県仙台市青葉区一番町4丁目1-1 
                                              22         1.71
     一般財団法人石田實記念財団
                    仙台セントラルビル4F
                                              16         1.25
     石橋 健               愛知県碧南市
                                              699         53.77
           計                  -
     (注) 上記のほか、自己株式が169千株あります。
      (7)  【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                             -       -            -
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -
                               169,800
     完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                 -            -
                              1,297,100            12,971
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                              -
                                3,100
     単元未満株式                  普通株式                 -            -
                              1,470,000
     発行済株式総数                                    -            -
                                          12,971
     総株主の議決権                             -                   -
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所       他人名義所       所有株式数
                                                    に対する所有株
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所          有株式数       有株式数       の合計
                                                    式数の割合
                              (株)       (株)       (株)
                                                    (%)
                 神奈川県横浜市港北区菊
                                169,800              169,800          11.55
     大井電気株式会社                                     -
                 名7丁目3-16
                                169,800              169,800          11.55
          計            -                   -
                                21/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 普通株式
      (1)  【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)  【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
      (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -        -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他
                              4,362      13,501,001            -        -
      (株式報酬制度に伴う譲り渡し)
      保有自己株式数                        169,803           -      169,803           -
     (注) 当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
         取りによる株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

      (1)  当社は、中長期的な企業価値の向上を基本目標としつつ、利益配分については、当期の業績及び今後の業績動
        向、将来への成長投資、財務体質の強化を総合的に勘案し、中長期的な株主利益の向上を図ることを基本方針とい
        たします。
      (2)  内部留保資金につきましては、将来の事業展開や今後の急速な技術革新に備え、新製品・新技術の研究開発投資

        並びに設備投資等に充当することにより、業績の向上に努め、体質の強化を図ってまいります。
      (3)  当社は、機動的な配当政策を実施するため、中間配当と期末配当の年2回、会社法第459条第1項の規定に基づ

        き、取締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨定款に定めております。
      (4)  当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき、無配(0円)とさせていただきました。

                                22/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、継続的な成長を図り、投資家の皆様を始めとするステークホルダーの信頼を高めるために
         は、事業環境の変化に迅速かつ的確に対応できる執行体制の確立と透明性の高い経営が必要であると認識してお
         り、コーポレート・ガバナンスの強化・充実に努めてまいります。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、コーポレート・ガバナンス体制の強化及び経営の活性化・効率化を図るために監査等委員会設置会社
         制度を採用しており、具体的には以下のとおりの企業統治体制としております。
         イ.取締役会
           取締役会は原則月1回開催し、また必要の都度臨時取締役会を開催し重要事項の決定を行っております。取
          締役会は、取締役社長 石田甲氏を議長とし、取締役 千葉敏幸氏、仁井克己氏、岡本俊也氏、岡本和久氏の
          監査等委員以外の取締役5名、取締役 藤井正人氏、保々雅世氏、安井宏樹氏の監査等委員である取締役3
          名、計8名で構成されております。保々雅世氏と安井宏樹氏は社外取締役であります。
         ロ.監査等委員会

           監査等委員会は原則月1回開催し、また必要の都度臨時監査等委員会を開催し取締役の職務の執行の監査及
          び監査報告の作成、株主総会に提出する会計監査人の選解任・不再任に関する議案の内容等の決定を行ってお
          ります。監査等委員会は、監査等委員である取締役 委員長 藤井正人氏、委員 保々雅世氏、安井宏樹氏の
          3名で構成されております。保々雅世氏及び安井宏樹氏は社外取締役であります。
         ハ.指名・報酬委員会

           指名・報酬委員会は取締役会の諮問機関として委員の半数を独立社外取締役で構成し、委員長を取締役社長
          としております。当該委員会では、経営陣の選解任や報酬等の重要な事項に関する審議を行い、取締役会はそ
          の答申を最大限尊重することで、決定手続の客観性・透明性の向上に努めております。
          構成員は次のとおりであります。(◎は議長を表す。)

                                                     指名・報酬
             役職名             氏名          取締役会       監査等委員会
                                                      委員会
         取締役社長             石田  甲                ◎                 ◎
         取締役             千葉  敏幸                〇
         取締役             仁井  克己                〇
         取締役             岡本  俊也                〇
         取締役             岡本  和久                ○
         取締役(監査等委員)             藤井  正人                〇         ◎
         社外取締役(監査等委員)             保々  雅世                〇         〇         ○
         社外取締役(監査等委員)             安井  宏樹                〇         〇         ○
                                23/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          当社の経営の意思決定、業務執行、監督の体制は、下記のとおりであります。
        ③ 企業統治に関するその他の事項







         イ.内部統制システムの整備の状況
           当社では、会社法及び会社法施行規則に基づき、業務の適正を確保するための体制整備の基本方針として、
          2021年6月24日に取締役会にて内部統制システム整備の基本方針を以下のとおり定めております。
          a. 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           ⅰ.取締役は、社会の構成員として求められる倫理観・価値観に基づき誠実に行動し、公正且つ適切な経営
            の実現のため、当社の経営理念、行動規範、法令遵守に関する規程等に従い、企業倫理の遵守及び浸透を
            率先垂範して行う。
           ⅱ.取締役は、取締役会規則等に定められた付議事項や報告事項等に関し、取締役社長及び他の取締役の職
            務執行が適正に行われるよう相互に監督をするものとし、その職務執行状況について、監査等委員会の定
            める監督基準及び監査計画に基づく監査等委員会の監査を受ける。
           ⅲ.取締役社長は、経営理念、行動規範、法令遵守に関する規程等に定めるコンプライアンスの重要性を繰
            り返し使用人に伝えるとともに、業務執行を担当する取締役に、使用人等に対するコンプライアンス教
            育・啓発活動を行わせ、各種相談窓口等その他実践的運用の充実を図る。また市民社会の秩序や安全を脅
            かす反社会的勢力や団体と一切の関係を遮断し、毅然とした態度で対応する。
           ⅳ.取締役会は、業務執行部門から独立させた監査室による、各部門の業務執行状況の内部監査を定期的か
            つ必要に応じ実施させ、その結果について取締役社長を通す等の方法により報告させる。
          b. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           ⅰ.取締役の職務に係る情報は、社内規程に基づき、その重要性に応じて適正かつ確実な保存及び管理を行
            う。
           ⅱ.取締役は、その職務の執行に係る以下の文書(電磁的記録を含む。以下同じ。)、その他の重要な情報
            を文書管理規程等に基づき、それぞれの担当職務に従い適切に保存・管理し、閲覧可能な状態を維持す
            る。
           ・株主総会議事録と関連資料
           ・取締役会議事録と関連資料
           ・経営会議議事録と関連資料
           ・その他取締役の職務の執行に関する重要な文書等
          c. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           ⅰ.取締役会は、合理的な職務分掌、チェック機能を備えた権限規程等に基づき、取締役社長及び取締役
            (監査等委員である取締役を除く。)に業務執行を行わせる。また、それらの規程が法令の改廃・職務執
            行の効率化の必要がある場合はこれを見直す。
           ⅱ.取締役会は合理的な経営方針を策定し、全社的な重要事項について検討する経営会議等の有効活用や各
            部門間の連携確保のための制度の整備・運用、また取締役に対する必要かつ効果的な研修の実施等を行
            う。
                                24/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          d. 監査等委員会がその職務を補助すべき使用人(以下、「補助使用人」とする)を置くことを求めた場合に
            おける当該使用人に関する事項
            当社は、監査等委員会の職務を補助すべき使用人を置くこととし、補助使用人の任命、異動等人事に係る
           事項の決定には監査等委員会の事前の同意を得る。
          e. 補助使用人の取締役からの独立性と指示の実行性の確保に関する体制
            監査等委員会より監査業務に必要な命令を受けた補助使用人は、その命令に関して、取締役(監査等委員
           である取締役を除く。)等の指揮命令を受けない。
          f. 当社及びグループ会社の取締役並びに使用人が、当社の監査等委員会に報告をするための体制と報告した
            ことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制
           ⅰ.当社は、コンプライアンス違反行為等の早期発見と是正を図るため、当社の監査等委員会に報告をする
            ための体制として、企業倫理ヘルプライン窓口を整備し、運用する。
           ⅱ.当社は、監査等委員会、監査等委員である取締役又は企業倫理ヘルプライン窓口に報告した者に対し
            て、当該報告をしたことを理由に、不利益な取り扱いを行わないことを徹底する。
          g. 監査等委員会の職務の執行について生じる費用の前払い又は償還の手続きその他の当該職務の執行につい
            て生じる費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           ⅰ.当社は、監査等委員会の職務執行上必要な費用を確保するため、毎年度ごとに一定額の予算を設ける。
           ⅱ.当社は、監査等委員会が職務執行について生じる費用の前払い又は償還等の請求をしたときは、監査等
            委員会の職務執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理する。
          h. その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           ⅰ.取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人は、監査等委員会に対して、法令に違反する事
            実、会社に著しい損害を与えるおそれのある事実を発見したときには当該事実に関する事項を速やかに報
            告する。
           ⅱ.取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人は、監査等委員会から業務執行に関する事項の
            報告を求められた場合には、速やかに報告を行う。
           ⅲ.監査等委員会は、監査室の実施する内部監査に係る年次計画について事前に説明を受け、その修正を求
            めることができるものとし、内部監査の結果について適宜報告を受け、必要があると認められるときは、
            追加監査の実施、業務改善策の策定を求めることできる。
          i. リスク管理体制の整備の状況
            損失の危険の管理に関する規程その他の体制を以下のとおり定めております。
           ⅰ.取締役会は、事業に関連する内外のさまざまなリスクに関する規程を定め、リスク管理体制の実践的運
            用を実施する。
           ⅱ.取締役会は、リスク種別毎の責任部署を定め、全体のリスクを総括的に管理し、リスク管理体制を明確
            にする。
           ⅲ.取締役会は、監査室により各部門毎のリスク管理状況の監査を定期的かつ必要に応じ実施させ、その結
            果について取締役社長を通す等の方法により報告させる。
          j. 子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
            当社及びそのグループ会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制を以下のとおり定
           めております。
           ⅰ.子会社の主体的な経営意思を尊重しつつ、関係会社管理規程に基づき重要事項等についての報告を受け
            ることや子会社へ取締役を派遣することにより、子会社の取締役の職務執行を監督する。
           ⅱ.連結経営に対応したグループ全体の監視・監査を実効的かつ適正に行えるよう、監査室と監査等委員
            会、子会社の監査役及び会計監査人との緊密な連携等の充実を図る。
         ロ.責任限定契約の内容の概要

           当社は、会社法第427条第1項の規定により、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査等
          委員である取締役との間に会社法第423条第1項による損害賠償責任を限定する契約を締結することができる
          旨を定款に定めております。当該契約に基づく責任の限度額は、法令に定める額としております。なお、当該
          責任限定が認められるのは、当該取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がな
          いときに限られます。
         ハ.役員等との間で締結している補償契約の内容の概要

           役員等との間で締結している補償契約がないため、記載しておりません。
                                25/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         ニ.役員等を被保険者として締結している役員賠償責任保険契約の内容の概要
           当社は、全ての取締役を被保険者として役員賠償責任保険を締結しております。故意又は重過失に起因する
          場合を除き、当該保険契約により被保険者の職務執行に起因する行為によって損害賠償請求がなされた場合に
          被保険者が被り得る法律上の損害賠償金及び訴訟費用等の損害を補填することとしております。なお、保険料
          は全額当社が負担しております。
         ホ.取締役の定数

           当社は取締役(監査等委員である取締役を除く。)を10名以内、監査等委員である取締役を5名以内とする
          旨を定款に定めております。
         へ.取締役の選任及び解任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役とを区別して、議決権を
          行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う
          旨定款に定めております。
           解任決議については、議決権を行使することができる株主の議決権の過半数を有する株主が出席し、その議
          決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。
           また、取締役の選任決議は、累積投票によらないものとする旨定款に定めております。
         ト.取締役会で決議できる株主総会決議事項

          a. 剰余金の配当等の決定機関
            当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合
           を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の
           配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであり
           ます。
          b. 中間配当
            当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として、中
           間配当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするため
           であります。
          c. 自己の株式の取得
            当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することがで
           きる旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とする
           ため、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
         チ.株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めて
          おります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行う
          ことを目的とするものであります。
         リ.株式会社の支配に関する基本方針について

          a. 株式会社の支配に関する基本方針についての内容の概要
            当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式の自由な取引を尊重し、
           特定の者による当社株式の大規模買付行為であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益の
           確保・向上に資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、最終的には株式の
           大規模買付提案に応じるかどうかは株主の皆様の決定に委ねられるべきだと考えています。
            ただし、株式の大規模買付提案の中には、例えばステークホルダーとの良好な関係を保ち続けることがで
           きない可能性がある等、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を損なう虞のあるものや、当社グ
           ループの価値を十分に反映しているとは言えないもの、あるいは株主の皆様が最終的な決定をされるために
           必要な情報が十分に提供されないものもありえます。
            そのような提案に対して、当社取締役会は、株主の皆様から負託された者の責務として、株主の皆様のた
           めに、必要な時間や情報の確保、株式の大規模買付提案者との交渉等を行う必要があると考えています。
                                26/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          b. 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するた
           めの取組み
            当社は、2022年6月29日開催の第98期定時株主総会において、株主の皆様に承認いただき「当社株式等の
           大規模買付行為に関する対応策(買収防衛策)」(以下、「本プラン」)の継続を決定いたしました。
            本プランは、以下のとおり、当社株式等の大規模買付行為を行おうとする者(以下、「買付者等」)が遵
           守すべきルールを策定するとともに、一定の場合には当社が対抗措置をとることによって大規模買付行為を
           行おうとする者に損害が発生する可能性があることを明らかにし、これらを適切に開示することにより、当
           社の企業価値ひいては株主共同の利益に資さない買付者等に対して、警告を行うものです。
            また、本プランでは、対抗措置の発動等にあたって、当社取締役会の恣意的判断を排除し、取締役会の判
           断及び対応の客観性、合理性を確保するための機関として独立委員会を設置し、発動の是非について当社取
           締役会への勧告を行う仕組みとしています。
            本プランで定める買付ルール(以下、「本ルール」)は以下のとおりであります。
           ⅰ.当社取締役会は、買付者等に対して、大規模買付け等の実行に先立ち、当該買付者等が大規模買付け等
            に際して本プランに定める手続きを遵守する旨の誓約文言等を記載した書面の提出を求めます。
           ⅱ.当社取締役会は、買付者等に対して、大規模買付け等に対する株主及び投資家の皆様のご判断並びに当
            社取締役会の評価・検討等のために必要かつ十分な情報の提供を求めます。
           ⅲ.当社取締役会は、情報提供完了通知を行った後、当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び
            代替案立案のための期間を設定し、速やかに開示いたします。
           ⅳ.独立委員会は、取締役会評価期間内に、当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形成及び代替案立
            案と並行して、当社取締役会に対して対抗措置の発動の是非に関する勧告を行うものとします。
           ⅴ.当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重するものとし、当該勧告を踏まえて当社の企業価値・
            株主共同の利益の確保・向上という観点から、速やかに新株予約権発行等の対抗措置の発動又は不発動の
            決議を行うものとします。
          c. 上記取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由
            当社取締役会は、本ルールの設計に当たり、以下の原則を充足することを確認することにより、本ルール
           が前記基本方針に従い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させる目的に資するものであ
           ると考えております。
           ⅰ.企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則
             本プランは、当社株式等に対する大規模買付け等がなされる際に、当該大規模買付け等に応じるべきか
            否かを株主の皆様がご判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な情報や期間を確保
            し、株主の皆様のために買付者等と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値・株主共
            同の利益を確保し、向上させるという目的をもって導入されるものです。
           ⅱ.事前開示・株主意思の原則
             本プランは、2022年6月29日開催の第98期定時株主総会において株主の承認を得たうえで継続を決定し
            ております。今後の当社株主総会において本プランの変更又は廃止の決議がなされた場合には、本プラン
            も当該決議に従い変更又は廃止されることになります。従いまして、本プランの導入及び廃止には、株主
            の皆様のご意思が十分反映される仕組みとなっています。
           ⅲ.必要性・相当性確保の原則
            α 独立性の高い社外者の判断の重視と情報開示の徹底
              当社は、本プランに基づく大規模買付け等への対抗措置の発動等に関する取締役会の恣意的判断を排
             し、取締役会の判断及び対応の客観性及び合理性を確保することを目的として独立委員会を設置し、当
             社取締役会は、対抗措置の発動又は不発動の決議に際して独立委員会の勧告を最大限尊重いたします。
              また、当社は、独立委員会の判断の概要について株主及び投資家の皆様に情報開示を行うこととし、
             当社の企業価値・株主共同の利益に資するよう本プランの透明な運営が行われる仕組みを確保していま
             す。
            β 合理的な客観的発動要件の設定
              当社は、本プランに基づく大規模買付け等への対抗措置の発動等に関する取締役会の恣意的判断を排
             し、取締役会の判断及び対応の客観性及び合理性を確保することを目的として独立委員会を設置し、当
             社取締役会は、対抗措置の発動又は不発動の決議に際して独立委員会の勧告を最大限尊重いたします。
              また、本プランは、合理的かつ客観的な発動要件が充足されなければ発動されないように設定されて
             おり、当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しています。
                                27/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
            γ デッドハンド型若しくはスローハンド型買収防衛策ではないこと
              本プランは、当社の株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により、いつでも廃止するこ
             とができるものとされております。従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成
             員の過半数を交代させても、なお発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。
              また、当社の取締役(監査等委員である取締役除く。)の任期は1年であり、期差任期制を採用して
             いないため、本プランはスローハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の交代を一度に行うことができ
             ないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもありません。
      (2)  【役員の状況】

        ① 役員一覧
        男性    7 名 女性      1 名 (役員のうち女性の比率             14 %)
                                                       所有株式数
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                       (千株)
                                1987年4月     ㈱三和銀行入行
                                1997年7月     当社入社
                                1998年10月     経営管理本部長付
                                1999年6月     取締役
        取締役社長
                                2003年4月     第1事業部大阪支社長
                  石田 甲      1963年6月18日      生                    (注)2        43
        代表取締役
                                2007年7月     第三営業本部長
                                      管理統轄副統轄兼経営管理第二
                                2012年4月
                                      本部長
                                2013年6月     常務取締役
                                2014年4月     取締役社長(現任)
                                1985年4月     大井電子㈱入社
                                      生産本部技術1部第2グループ
                                2004年5月
                                      マネージャー
                                      水沢製作所NW・監視制御技術
                                2008年4月
                                      部長
                                2010年4月     水沢製作所副所長
        常務取締役         千葉 敏幸      1965年3月29日      生                    (注)2        2
                                2012年4月     水沢製作所長
                                2015年6月     取締役SE本部長
                                2019年4月     取締役営業統括
                                2020年4月     取締役
                                2020年6月     常務取締役(現任)
                                1985年4月     東京電力㈱入社
                                      同社電子通信部通信企画グルー
                                2009年7月
                                      プマネージャー
                                2012年10月     同社電子通信部長代理
                                2013年6月     同社江東支店長
         取締役
                  仁井 克己      1961年9月27日      生
                                                   (注)2        1
                                2017年7月     当社第一営業本部長付
       経営管理本部長
                                2019年4月     当社営業統括副統括
                                2019年6月     当社取締役営業統括副統括
                                      当社取締役経営管理本部長(現
                                2020年4月
                                      任)
                                1982年4月     三菱電機㈱入社
                                2005年4月     同社北陸支社電子通信部長
                                2012年4月     同社通信事業部専任
                                2013年1月     当社出向、第二営業本部長付
                                2013年4月     当社出向、第二営業本部長
         取締役         岡本 俊也      1959年12月4日      生
                                                   (注)2        1
                                2015年3月     当社第二営業本部長
                                2017年4月     当社執行役員第二営業本部長
                                      当社執行役員営業統括副統括兼
                                2020年4月
                                      第二営業本部長
                                      当社取締役営業統括副統括兼第
                                2020年6月
                                      二営業本部長(現任)
                                28/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名          氏名       生年月日              略歴           任期
                                                       (千株)
                                1987年4月     当社入社
                                      システムエンジニアリング本部
                                2007年7月
                                      通信伝送システム部次長
                                2008年4月     SEセンター長
                                2012年4月     営業統括SEセンター長
                                2014年4月     SE本部長
         取締役
                  岡本 和久      1966年10月1日      生                    (注)2        1
                                2015年4月     水沢製作所長
        SE本部長
                                2017年4月     執行役員水沢製作所長
                                2019年4月     執行役員SE本部長兼同本部シ
                                      ステム事業推進部長
                                2020年4月     執行役員SE本部長
                                2022年6月     取締役SE本部長(現任)
                                1984年4月     当社入社
                                      当社技術・生産統轄水沢製作所
                                2012年4月
                                      品質保証部長
                                2017年4月     当社監査室副室長
         取締役
                  藤井 正人      1961年6月3日      生                    (注)3        0
                                2017年6月     当社監査室長兼監査役付
       (監査等委員)
                                2021年4月     当社監査室副室長
                                      当社取締役(監査等委員)(現
                                2021年6月
                                      任)
                                1983年4月     日本アイ・ビー・エム㈱入社
                                1995年4月     SAPジャパン㈱社長補佐
                                      ヴィリアネットジャパン㈱代表
                                1998年11月
                                      取締役社長
                                2004年3月     マイクロソフト㈱業務執行役員
         取締役
                                2006年7月     日本オラクル㈱執行役員
                  保々 雅世      1960年7月22日      生                    (注)3        0
       (監査等委員)
                                      青山学院大学大学院国際マネジ
                                2013年4月
                                      メント研究科特任教授
                                2019年6月     ㈱イグアス取締役(現任)
                                2019年6月     当社取締役
                                      当社取締役(監査等委員)(現
                                2021年6月
                                      任)
                                1987年4月     三菱信託銀行㈱入社
                                      三菱UFJ信託銀行㈱起業金融
                                2005年10月
                                      部業務グループ主任調査役
                                      同社コンプライアンス統括部統
                                2009年6月
                                      括マネージャー
         取締役
                                2014年4月     同社監査室長
                  安井 宏樹      1965年3月18日      生                    (注)3        0
                                      エム・ユー・トラストアップル
       (監査等委員)
                                2018年6月
                                      プランニング出向(取締役総務
                                      部長)
                                2021年4月
                                      同社顧問(現任)
                                      当社取締役(監査等委員)(現
                                2021年6月
                                      任)
                             計                             50
     (注)1.取締役          保々雅世氏及び安井宏樹氏は、社外取締役であります。
         2.監査等委員以外の取締役の任期は2022年3月期に係る定時株主総会の終結の時から1年間であります。
         3.監査等委員である取締役の任期は2021年3月期に係る定時株主総会の終結の時から2年間であります。
                                29/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         4.当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項
          に定める補欠の監査等委員である取締役3名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役各氏の略歴
          は次のとおりであり、佐々木正光氏は監査等委員である取締役藤井正人氏の補欠者、本村健氏は監査等委員で
          ある社外取締役保々雅世氏の補欠者、杉本武史氏は監査等委員である社外取締役安井宏樹氏の補欠者でありま
          す。
                                            所有株式数
            氏名       生年月日              略歴
                                            (千株)
                         1977年4月     当社入社
                         2008年4月     当社品質保証部次長
                               当社品質保証部次長兼同部信頼
                         2012年4月
                               性管理グループマネージャー
          佐々木 正光       1958年7月6日生
                                                1
                         2013年4月     当社監査室副室長
                         2013年6月     当社監査室長兼監査役付
                         2017年6月     当社監査役
                               岩田合同法律事務所山根室入室

                         1997年4月
                               (現任)
                               Steptoe   & Johnson   LLPワシン
                         2003年10月
                               トン・オフィス勤務
                               学校法人大妻学院大妻女子大
                         2007年6月
                               学・監事
                               最高裁判所司法研修所教官(民
                         2015年4月
           本村 健      1970年8月22日生
                                                1
                               事弁護)
                               ㈱データ・アプリケーション社
                         2016年6月
                               外取締役(現任)
                               アルテリア・ネットワークス㈱
                         2017年11月
                               社外監査役(現任)
                         2018年6月     当社社外監査役
                               学校法人大妻学院監事(現任)
                         2019年12月
                         1954年4月     東洋信託銀行㈱入行

                               UFJ信託銀行㈱証券業務部営
                         2003年10月
                               業企画ライン次長
                               三菱UFJ信託銀行㈱大宮支店
                         2007年6月
                               長
           杉本 武史      1962年1月3日生                              -
                               三菱UFJ信託銀行㈱執行役員
                         2013年6月
                               横浜駅西口支店長
                               三菱UFJトラスト保証㈱取締
                         2018年6月
                               役社長
                               三菱UFJトラスト保証㈱取締
                         2022年4月
                               役会長(現任)
         5.所有株式数は、2022年3月末日現在であります。
        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は、監査等委員である取締役2名で、詳細は以下のとおりです。
           監査等委員である社外取締役 保々雅世氏は、複数の上場会社における取締役としての実績に基づく企業経
          営に関する豊かな経験と高い見識により、広範かつ高度な視野で当社の企業活動に提言頂くためであり、取締
          役会の業務執行決定機能及び監督機能に係る実効性の確保・向上を期待しております。
           監査等委員である社外取締役 安井宏樹氏は、金融機関における責任者を務めたことによる豊富な経験と実
          績から、広範かつ高度な視野で提言頂くためであり、取締役会の業務執行決定機能及び監督機能に係る実効性
          の確保・向上を期待しております。
           当社と各社外取締役に、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
           社外取締役の選任に関して、その選任のため独立性に関する基準又は方針は定めておりませんが、出身分野
          で培った知識と経験をもって経営の監督にあたることを求めており、選任状況として各人が経営の監督に求め
          られる実効性、専門性を有しており適切な監督が行われているものと考えられております。独立性に関しまし
          ても、一般株主との利益相反の恐れはないものと考えております。
           なお、社外取締役2名は指名・報酬委員会の委員として、当社の役員等の人事及び報酬等に関する審議に加
          わっております。
                                30/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門
          との関係
          監査等委員である社外取締役は、経営全般に関し、取締役会を通じて取締役の業務監査、監査等委員会監査や
         会計監査、内部統制の実施状況についての報告を受け、それに対して適宜発言・助言等を行っております。
          監査等委員である社外取締役は、取締役会等への出席や監査等委員会監査を通じて取締役の職務執行の監査を
         行っております。また、監査等委員である社外取締役は、会計監査人並びに監査室との間で、定期的に相互の情
         報交換、意見交換を行う等の連携をとっております。
      (3)  【監査の状況】

        ① 監査等委員会監査の状況
         イ.監査等委員会の構成
           当社は2021年6月24日開催の第97期定時株主総会において定款の一部変更が決議されたことにより、同日付
          をもって監査役会設置会社から監査等委員会設置会社へ移行しております。
           監査等委員会は、常勤監査等委員1名と社外取締役(東京証券取引所の定める独立役員)2名の計3名で構
          成されております。社外取締役は専門知識や企業経営等に関する相当程度の知見を有しております。
           監査等委員会監査につきましては、監査等委員会において策定した監査方針及び監査計画に基づき、取締役
          の職務執行並びに当社の業務や財務状況、及びグループガバナンス状況を監査しております。
         ロ.監査等委員会の活動状況

           当事業年度に開催した監査等委員会への出席率は以下のとおりです。
                                                     監査等委員会
            役職名          氏名               知見、経験等
                                                       出席率
          取締役                  当社の品質保証部門等の経験から、当社の業務プロ                           100%
                   藤井 正人
          (監査等委員)                  セスに精通しております。                          (11回)
          取締役                  信託銀行業務で培った財務・会計・金融業務に関す                           100%
                   安井 宏樹
          (監査等委員)                  る知見・経験を有しております。                          (11回)
          取締役                  他の企業での取締役として培った経営に関する豊富                           100%
                   保々 雅世
          (監査等委員)                  な経験・見識を有しております。                          (11回)
           なお、監査等委員会設置会社移行前である当事業年度における監査役会の出席率は以下のとおりです。
                            監査役会
            役職名          氏名
                             出席率
                             100%
          監査役         佐々木 正光
                            (2回)
                             100%
          社外監査役         佐藤 徹
                            (2回)
                             100%
          社外監査役         本村 健
                            (2回)
          監査等委員会は、取締役会、経営会議のほか重要な会議への出席や業務・財産状況の調査等を通じて各取締役
         の職務執行の監査を行うとともに、各部門の業務監査を毎年実施しております。監査等委員会で定めた監査の重
         点課題、監査活動の概要は以下のとおりです。
          [重点監査項目]
          a. コンプライアンス全般の体制の運用状況及び運用に関わる取締役、取締役会の業務執行
          b. 取締役会その他重要な会議における取締役による意思決定に至るプロセス及び決定内容の適法性並びに適
            正性、妥当性、合理性、及びこれらに対する相互の監督状況
          c. 当社の内部統制システムの構築・運用状況、及びグループガバナンス状況
          d. 企業情報開示体制の監査
          e. 事業報告等及び計算関係書類の監査
          f. 会計監査人の職務遂行が適正に行われることを確保するための体制の監査
          [監査活動の概要]
          a. 取締役監査
            取締役会出席、代表取締役との意見交換会(年2回)、社内取締役のヒアリング(年2回)
          b. 業務監査
            本社全部門、水沢製作所全部門の監査、全支社の監査、全関係会社、関係会社監査役のヒアリング
                                31/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          c. 重要会議への出席
            経営会議等の重要会議への出席
          d. 内部監査との連携
            内部監査部門からの内部監査計画の説明、結果報告、情報交換(随時)
          e. 会計監査との連携
            会計監査人からの監査計画説明、四半期レビュー報告、監査結果報告、その他情報交換
          また、監査等委員会と内部監査を実施する監査室は、監査方針並びに監査計画についての意見や、内部監査結
         果の情報を共有する等の情報交換を通じて相互の連携を高めております。
        ② 内部監査の状況

          内部監査は、取締役社長直轄の監査室(1名)を設置し、業務執行から独立した立場で各部門の業務運営が法
         令、社内規程並びに会社の経営方針や計画に沿って行われているかを定期的に検証し、各部門に具体的な助言・
         勧告を行うことにより、会社経営の健全性保持に努めております。
          内部監査は、年間計画に基づき実施され、その結果は社長、監査等委員会に報告され、実施状況・結果を経営
         者が定期的に把握するとともに、必要に応じて対象部門の担当取締役がフォローアップを実施しております。
          監査等委員会及び会計監査人並びに監査室は、定期的に、相互の情報交換、意見交換を行う等の連携を密にし
         て、監査の実効性と効率性の向上を目指しております。
        ③ 会計監査

         イ.監査法人の名称
           EY新日本有限責任監査法人
         ロ.継続監査期間

           33年間
         ハ.業務を執行した公認会計士

           須山 誠一郎
           松尾 絹代
         ニ.監査業務に係る補助者の構成

           当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士試験合格者等6名、その他11名であります。
         ホ.監査法人の選定方針と理由

           監査等委員会において、会計監査人としての監査法人の品質管理体制、監査チームの会計監査に必要な独立
          性及び専門性並びにリスクを勘案した監査計画の策定、適切な水準の監査報酬、監査等委員である取締役等と
          の連携、経営者等との有効なコミュニケーションの実施、当社グループへの理解度、グローバルな監査体制、
          不正リスクの評価と対応が適切に実行している等を総合的に勘案して選定し、現在に至っております。
         ヘ.監査等委員会による監査法人の評価

           監査等委員会は、「会計監査人の再任、不再任の決定ルール」を定め、監査活動の監視、検証を行っており
          ます。監査法人から、監査結果の概要の説明を受けるとともに、日本公認会計士協会のレビュー、公認会計
          士・監査審査会の検査結果の説明を受け、特段の問題はないと確認いたしました。また、監査法人のガバナン
          ス・コードに準拠した体制を整備し、運用していることを確認いたしました。当社執行部門の報告も受け監査
          等委員会で審議した結果、監査法人を再任することに問題はないことを確認いたしました。
         ト.監査法人の異動

           該当事項はありません。
                                32/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         イ.監査公認会計士等に対する報酬
                         前連結会計年度                    当連結会計年度
             区分
                   監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく          監査証明業務に基づ          非監査業務に基づく
                   く報酬(千円)          報酬(千円)          く報酬(千円)          報酬(千円)
                         33,000                    33,000
           提出会社                          -                    -
           連結子会社                -          -          -          -
                         33,000                    33,000
              計                       -                    -
          (注) 上記以外に、前連結会計年度は前々連結会計年度の監査に係る追加報酬として1,000千円を、当連結
             会計年度は前連結会計年度の監査に係る追加報酬として2,000千円を、それぞれ支払いしております。
         ロ.監査公認会計士等と同一のネットワーク(アーンスト・アンド・ヤング)に属する組織に対する報酬(イ.

           を除く)
          (前連結会計年度)
            該当事項はありません。
          (当連結会計年度)
            該当事項はありません。
         ハ.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          (前連結会計年度)
            該当事項はありません。
          (当連結会計年度)
            該当事項はありません。
         ニ.監査報酬の決定方針

           監査報酬の決定方針は特に定めておりませんが、監査日数等を勘案した上で決定しております。
         ホ.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、監査等委員会が会社法第399条第1項の同意をし
          た理由は、会計監査人から当年度の監査日数、人員配置の監査計画の説明を受け、前年度の実績と評価、当年
          度の会計監査人監査の相当性、報酬の前提となる見積りの算出根拠等を検討した結果によるものであります。
                                33/92










                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (4)  【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
          当社は、役員人事及び役員報酬制度に関する取締役会の諮問機関として、構成メンバーの過半数を独立社外取
         締役とする、指名・報酬委員会を設置しております。本委員会は取締役の選任候補者案や役員人事案の適正性、
         役員報酬制度の基本方針や各年度の報酬設計について審議しております。後述の役員報酬の基本方針の内容は、
         本委員会による審議を経て、取締役会にて決定しております。
          当社の役員報酬は、持続的かつ安定的な成長による企業価値の向上を図る上で、各々の役員が果たすべき役割
         を最大限発揮するためのインセンティブ及び当該役割発揮に対する対価として機能することを目的とし、役員が
         担う短期・中長期の経営責務に対するバランスを備えたインセンティブ制度の構築を図ることを、役員報酬決定
         に関する基本方針としています。
          役員報酬の構成は、金銭報酬として毎月定額で支払う基本報酬と短期業績に連動する賞与及び非金銭報酬とし
         て中長期的な株主価値に連動する譲渡制限付株式報酬からなっております。金銭報酬及び株式報酬の報酬限度額
         は、株主総会の決議により決定されており、その各限度額の範囲内において各取締役(監査等委員である取締役
         を除く。)の報酬は取締役会決議(含代表取締役一任)に基づき、監査等委員である取締役の報酬は監査等委員
         の協議に基づき、各人への配分を決定しています。
          当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は以下のとおりです。
          金銭報酬等の総額の上限
           取締役(監査等委員である取締役を除く。) 2021年6月24日 年額1億1,000万円
           監査等委員である取締役 2021年6月24日 年額4,600万円
          譲渡制限付株式の付与のために支給する金銭報酬債権総額の上限
           取締役(監査等委員である取締役を除く。) 2021年6月24日 年額3,600万円以内
           監査等委員である取締役 2022年6月29日 年額720万円以内
         イ.基本報酬・賞与

           基本報酬は、当社経営者としての職責を果たす対価として支給するもので、各役員の役割と責任に基づいた
          基準額を定め、個別の役割発揮等の貢献度を勘案の上決定しています。なお、基準額については、目標達成時
          には競合企業との比較において多様で優秀な人材を確保でき競争力のある報酬体系を目指すとともに、報酬決
          定の客観性を高めるため、一般的に入手しうる他社経営層の報酬水準の業界・会社規模等を踏まえた外部デー
          タとの比較や、従業員水準等の社内比較等により、定期的に妥当性を検証しています。
           賞与は、責任の明確化を図るため取締役(監査等委員である取締役を除く。)の任期が1年となっているこ
          とに鑑みて、単年度の会社業績及び担当職位毎に設定した目標達成度を指標とし、当該事業年度の連結業績
          (売上高、営業利益、純利益等を総合的に勘案)に連動して取締役会で決定しています。毎期の連結業績評価
          の検討、審議を取締役会で行う際には、指名・報酬委員会に諮問し答申を得て、相当と思われる額を取締役会
          にて決定しております。
           なお、当事業年度における業績連動報酬に係る指標の基礎となる連結業績の目標は、親会社株主に帰属する
          当期純利益5億10百万円であり、実績は△10億23百万円であります。上記の基本報酬及び賞与の決定基準に従
          い、当事業年度における基本報酬は全役員について役職に応じた減額を行い、賞与については支給をしており
          ません。
         ロ.株式報酬

           当社の企業価値及び株主価値の中長期的かつ持続的な向上を図るインセンティブを与えるとともに、役員と
          株主の皆様との一層の価値共有を進めることを目的として、退職慰労金制度の廃止と併せ、より適切なインセ
          ンティブ報酬として譲渡制限付株式報酬制度を導入しています。これは株式交付の時期を退任時とした株式の
          付与のための報酬であり、業績条件は付していませんが、株式を実際に保有することで、株式報酬が目指して
          いる株主として保有という目的を直接的かつ強力に実現するものです。なお、本株式報酬の決定については、
          指名・報酬委員会に諮問し答申を得て取締役会が定めた報酬方針・手続きに則り、既定のテーブルに基づき決
          定することから、取締役会の統治機能は適切に機能しております。
                                34/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         ハ.報酬の決定機関及び決定過程
           基本報酬・賞与及び株式報酬について、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬は総額を取締役
          会にて決議し、個人配分は取締役社長石田 甲に一任しております。決定権を委任した理由は、当社を取り巻
          く環境、当社の経営状況等を最も熟知し、総合的に役員の報酬額を決定できると判断したためであります。
           なお、報酬決定に係る取締役会においては、当該決定権が取締役社長によって適切に行使されるよう、指
          名・報酬委員会に諮問し答申を得るものとしております。
           監査等委員である取締役の報酬は総額及び個人配分を監査等委員会の協議に基づき決定しております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(千円)
                  報酬等の総額                                    対象となる
           役員区分
                   (千円)                                   役員の員数
                          基本報酬        賞与      退職慰労金        株式報酬
         取締役(監査等委
                     51,586       41,280                     10,306
         員及び社外取締役                             -       -             5 人
         を除く)
         監査等委員(社外
                      7,812       7,200                       612
                                      -       -             1 人
         取締役を除く)
         監査役(社外監査
                      2,658       2,400                       258
                                      -       -             1 人
         役を除く)
                     17,647       16,650                       997
         社外役員                             -       -             4 人
         (注) 当社は、2021年6月24日付で監査役会設置会社から監査等委員会設置会社に移行しております。
        ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          使用人兼務役員の重要なものがないため、記載しておりません。
      (5)  【株式の保有状況】

        ① 投資株式区分の基準及び考え方
          株式保有に係るリターンと当社資本コストとを比較検証し、専ら株価の変動又は配当の受領によって利益を得
         ることを目的に保有する株式を純投資目的である投資株式、それら以外の投資先企業と当社事業との関係性を目
         的に保有する株式を純投資目的以外の目的である投資株式として区分しております。
          当社の株式保有は純投資目的以外の目的である投資株式を基本とし、純投資目的である投資株式は現在保有し
         ておりません。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         イ.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
           内容
           保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式については、投資先から得られる売上額や営業利益等、経
          済的効果の定量的分析及び継続的な安定取引の維持、将来的な企業価値の向上、人的関係等の戦略的意義の定
          性的分析により、投資株式の価値を総合的に検証し、保有の意義が希薄な株式については縮小又は解消を進め
          る方向で保有継続の有無を取締役会にて決定いたします。
           上記により検証した結果、全ての銘柄において保有の合理性があると判断しております。
         ロ.銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                       銘柄数     貸借対照表計上額の合計
                       (銘柄)      額(千円)
                           3          134,023
          非上場株式
                          10           282,839
          非上場株式以外の株式
                                35/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)
                       銘柄数     株式数の増加に係る取得
                                              株式数の増加の理由
                       (銘柄)      価額の合計額(千円)
                                          新事業領域への知見・ノウハウ等の取
                                          得や新規の製品開発及び販売等の取引
                           1           99,600
          非上場株式
                                          関係強化から、第三者割当増資に応じ
                                          て株式を取得しました。
                                          継続的な取引関係の維持のため、持株
                           3           3,784
          非上場株式以外の株式                                会に加入して定期買付を行っておりま
                                          す。
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                       銘柄数     株式数の減少に係る売却
                       (銘柄)      価額の合計額(千円)
          非上場株式                -             -
          非上場株式以外の株式                -             -
         ハ.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

          特定投資株式
                      当事業年度         前事業年度
                                       保有目的、定量的な保有効
                                                     当社の株式の
                     株式数(株)         株式数(株)
              銘柄                         果及び株式数が増加した理
                                                     保有の有無
                                       由
                    貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                      (千円)         (千円)
                                       各種情報通信機器の製造受託
                         69,057         69,057
                                       の取引関係と長年にわたる協
                                       業パートナーの観点も含め、
          三菱電機㈱
                                                        有
                                       事業の円滑な推進及び同社と
                                       の良好な取引関係の強化・維
                         97,370         116,464
                                       持のため保有しております。
                                       資金決済等の銀行取引関係と
                         61,000         61,000
                                       年金等の金銭信託関係も含
          ㈱三菱UFJフィナ
                                       め、事業の円滑な推進及び同
                                                      無(注)2
                                       社との良好な取引関係の強
          ンシャル・グループ
                                       化・維持のため保有しており
                         46,378         36,093
                                       ます。
                                       交通分野における情報通信機
                                       器の取引関係も含め、事業の
                         104,866         101,490
                                       円滑な推進及び同社との良好
                                       な取引関係の強化・維持のた
          ㈱京三製作所                             め保有しております。                 有
                                       継続的な取引関係の維持を目
                                       的として持株会へ加入してい
                         45,826         41,814
                                       るため、株式数が昨年度より
                                       増加しております。
                                       資材調達の取引関係も含め、
                                       事業の円滑な推進及び同社と
                         41,544         40,009
                                       の良好な取引関係の強化・維
                                       持のため保有しております。
          ㈱カナデン                                             無
                                       継続的な取引関係の維持を目
                                       的として持株会へ加入してい
                         41,170         48,531
                                       るため、株式数が昨年度より
                                       増加しております。
                                       通信事業における情報通信機
                          6,600         6,600
                                       器の取引関係も含め、事業の
          KDDI㈱
                                       円滑な推進及び同社との良好                 無
                                       な取引関係の強化・維持のた
                         26,433         22,407
                                       め保有しております。
                                36/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
                      当事業年度         前事業年度
                                       保有目的、定量的な保有効
                                                     当社の株式の
                     株式数(株)         株式数(株)
              銘柄                         果及び株式数が増加した理
                                                     保有の有無
                                       由
                    貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                      (千円)         (千円)
                                       交通分野における情報通信機
                                       器の取引関係も含め、事業の
                         14,708         14,226
                                       円滑な推進及び同社との良好
                                       な取引関係の強化・維持のた
          京浜急行電鉄㈱
                                       め保有しております。                 無
                                       継続的な取引関係の維持を目
                                       的として持株会へ加入してい
                         18,444         23,772
                                       るため、株式数が昨年度より
                                       増加しております。
                                       資金決済等の銀行取引関係も
                          6,000         6,000
          ㈱コンコルディア・                             含め、事業の円滑な推進及び
          フィナンシャルグ                             同社との良好な取引関係の強                 無
          ループ                             化・維持のため保有しており
                          2,748         2,694
                                       ます。
                                       電力事業における情報通信機
                          6,367         6,367
                                       器の取引関係も含め、事業の
          東京電力ホールディ
                                       円滑な推進及び同社との良好                 無
          ングス㈱
                                       な取引関係の強化・維持のた
                          2,565         2,349
                                       め保有しております。
                                       資金決済等の銀行取引関係も
                           300         300
                                       含め、事業の円滑な推進及び
          ㈱三井住友フィナン
                                                      無(注)2
                                       同社との良好な取引関係の強
          シャルグループ
                                       化・維持のため保有しており
                          1,172         1,202
                                       ます。
                                       設備工事の取引関係も含め、
                           156         156
                                       事業の円滑な推進及び同社と
          ㈱弘電社                                             無
                                       の良好な取引関係の強化・維
                           730         795
                                       持のため保有しております。
          (注)1.定量的な保有効果については記載が困難であります。保有の合理性は経済的効果の定量的分析及び
              戦略的意義の定性的分析の総合的判断により検証しております。
             2.保有先企業は当社の株式を保有しておりませんが、同社子会社が当社の株式を保有しております。
          みなし保有株式

           該当事項はありません。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
        ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
        ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                37/92






                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(自2021年4月1日 至2022年3月31
      日)の連結財務諸表及び事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)の財務諸表について、EY新日本有限責任
      監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。
       具体的には、会計基準等の内容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができるよ
      うに、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、監査法人等が主催するセミナー等への参加及び会計情報誌の定期購
      読等を行っております。
                                38/92














                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)  【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,017,318              3,550,801
        現金及び預金
                                       8,820,446
        受取手形及び売掛金                                                -
                                                       50,104
        受取手形                                  -
                                                     5,869,758
        売掛金                                  -
                                                      129,066
        契約資産                                  -
                                        421,458              382,713
        電子記録債権
                                        549,035              955,908
        商品及び製品
                                     ※5  4,078,131            ※5  4,310,956
        仕掛品
                                        842,768             1,325,625
        原材料及び貯蔵品
                                                      111,876
        未収消費税等                                  -
                                        168,268              104,611
        その他
                                        △ 4,030             △ 2,970
        貸倒引当金
                                      17,893,397              16,788,452
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※2  3,738,519            ※2  4,343,312
          建物及び構築物
                                      △ 3,195,252             △ 3,259,974
           減価償却累計額
                                      ※2  543,266           ※2  1,083,338
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                              775,205              794,333
                                       △ 701,231             △ 729,901
           減価償却累計額
                                        73,974              64,432
           機械装置及び運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                             3,622,739              3,189,991
                                      △ 3,326,178             △ 2,918,399
           減価償却累計額
                                        296,561              271,592
           工具、器具及び備品(純額)
                                     ※2  1,422,171            ※2  1,387,217
          土地
                                        70,151              70,151
          リース資産
                                        △ 8,518             △ 22,570
           減価償却累計額
                                        61,632              47,580
           リース資産(純額)
                                        303,175              115,139
          建設仮勘定
                                       2,700,782              2,969,301
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                371,191              537,021
        投資その他の資産
                                    ※1 ,※2  589,685           ※1 ,※2  663,020
          投資有価証券
                                         2,533              4,128
          長期貸付金
                                        564,157              541,618
          繰延税金資産
                                        295,792              293,336
          その他
                                         △ 704             △ 704
          貸倒引当金
                                       1,451,464              1,501,398
          投資その他の資産合計
                                       4,523,438              5,007,721
        固定資産合計
                                      22,416,836              21,796,174
       資産合計
                                39/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       3,460,538              1,803,578
        支払手形及び買掛金
                                        332,857              118,389
        電子記録債務
                                   ※2 ,※4  3,500,000           ※2 ,※4  6,030,000
        短期借入金
                                                    ※2  112,344
                                        67,468
        1年内返済予定の長期借入金
                                        15,431              15,431
        リース債務
                                       1,311,579              1,059,855
        未払金
                                        25,609              85,067
        未払法人税等
                                        195,075              140,889
        未払消費税等
                                        839,848              790,993
        賞与引当金
                                         5,360              7,800
        役員賞与引当金
                                        180,477              179,675
        工事損失引当金
                                                        681
        資産除去債務                                  -
                                        570,447              516,564
        その他
                                      10,504,693              10,861,271
        流動負債合計
       固定負債
                                                    ※2  583,190
                                        372,532
        長期借入金
                                        52,857              37,426
        リース債務
                                        14,625              16,343
        役員退職慰労引当金
                                       2,885,177              2,762,284
        退職給付に係る負債
                                        84,781              84,781
        資産除去債務
                                        50,568              45,676
        その他
                                       3,460,543              3,529,703
        固定負債合計
                                      13,965,237              14,390,975
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,708,389              2,708,389
        資本金
                                       1,403,366              1,401,317
        資本剰余金
                                       3,383,069              2,294,557
        利益剰余金
                                       △ 539,064             △ 525,563
        自己株式
                                       6,955,760              5,878,699
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        175,172              150,020
        その他有価証券評価差額金
                                        25,351               2,694
        退職給付に係る調整累計額
                                        200,523              152,714
        その他の包括利益累計額合計
                                       1,295,315              1,373,785
       非支配株主持分
                                       8,451,599              7,405,199
       純資産合計
                                      22,416,836              21,796,174
     負債純資産合計
                                40/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                   ※1  24,735,568
                                      29,410,371
     売上高
                                   ※2 ,※3  24,479,615           ※2 ,※3  21,283,809
     売上原価
                                       4,930,755              3,451,758
     売上総利益
                                   ※4 ,※5  4,627,363           ※4 ,※5  4,270,777
     販売費及び一般管理費
                                        303,392
     営業利益又は営業損失(△)                                                △ 819,018
     営業外収益
                                          766              106
       受取利息
                                        53,275              18,049
       受取配当金
                                        27,222              28,850
       受取賃貸料
                                        28,407              33,511
       その他
                                        109,673               80,517
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        19,586              28,557
       支払利息
                                        10,739              11,914
       為替差損
                                         4,022
       支払補償費                                                  -
                                          327             12,496
       固定資産除却損
                                         2,520              3,502
       その他
                                        37,195              56,470
       営業外費用合計
                                        375,869
     経常利益又は経常損失(△)                                                △ 794,971
     特別損失
                                                     ※6  33,789
                                          -
       減損損失
                                                       33,789
       特別損失合計                                    -
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        375,869
                                                     △ 828,760
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                   22,126              70,066
                                        38,110              33,242
     法人税等調整額
                                        60,236              103,309
     法人税等合計
                                        315,633
     当期純利益又は当期純損失(△)                                                △ 932,069
                                        175,980               91,474
     非支配株主に帰属する当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        139,653
                                                    △ 1,023,544
     帰属する当期純損失(△)
                                41/92









                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                        315,633
     当期純利益又は当期純損失(△)                                                △ 932,069
     その他の包括利益
                                        40,470
       その他有価証券評価差額金                                               △ 22,694
                                        465,221
                                                      △ 33,906
       退職給付に係る調整額
                                       ※ 505,692             ※ △ 56,601
       その他の包括利益合計
                                        821,325
     包括利益                                                △ 988,671
     (内訳)
                                        605,322
       親会社株主に係る包括利益                                             △ 1,071,353
                                        216,002               82,681
       非支配株主に係る包括利益
                                42/92
















                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                 2,708,389        1,401,317        3,308,006        △ 551,481       6,866,231
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 64,590                △ 64,590

      親会社株主に帰属する当期純利

                                        139,653                 139,653
      益
      自己株式の取得
                                                 △ 400       △ 400
      自己株式の処分                          2,049                12,816        14,866
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                    -       2,049        75,062        12,416        89,528
     当期末残高
                      2,708,389        1,403,366        3,383,069        △ 539,064       6,955,760
                          その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分         純資産合計
                   その他有価証券評        退職給付に係る調        その他の包括利益
                   価差額金        整累計額        累計額合計
     当期首残高                  136,784       △ 401,930       △ 265,145       1,083,524        7,684,610
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △ 4,212       △ 68,802

      親会社株主に帰属する当期純利

                                                        139,653
      益
      自己株式の取得
                                                         △ 400
      自己株式の処分                                                   14,866
      株主資本以外の項目の当期変動
                       38,387        427,281        465,669        216,002        681,672
      額(純額)
     当期変動額合計                  38,387        427,281        465,669        211,790        766,988
     当期末残高
                       175,172         25,351        200,523       1,295,315        8,451,599
                                43/92








                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                     資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                 2,708,389        1,403,366        3,383,069        △ 539,064       6,955,760
     当期変動額
      剰余金の配当                                 △ 64,791                △ 64,791

      親会社株主に帰属する当期純損

                                      △ 1,023,544                △ 1,023,544
      失(△)
      自己株式の処分                          △ 2,225                13,501        11,275
      自己株式処分差損の振替                           176       △ 176                 -
      株主資本以外の項目の当期変動
      額(純額)
     当期変動額合計                    -      △ 2,049      △ 1,088,512          13,501      △ 1,077,060
     当期末残高                 2,708,389        1,401,317        2,294,557        △ 525,563       5,878,699
                          その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分         純資産合計
                   その他有価証券評        退職給付に係る調        その他の包括利益
                   価差額金        整累計額        累計額合計
     当期首残高                  175,172         25,351        200,523       1,295,315        8,451,599
     当期変動額
      剰余金の配当                                          △ 4,212       △ 69,003

      親会社株主に帰属する当期純損

                                                       △ 1,023,544
      失(△)
      自己株式の処分                                                   11,275
      自己株式処分差損の振替                                                     -
      株主資本以外の項目の当期変動
                       △ 25,151       △ 22,656       △ 47,808        82,681        34,872
      額(純額)
     当期変動額合計                  △ 25,151       △ 22,656       △ 47,808        78,469      △ 1,046,399
     当期末残高                  150,020         2,694       152,714       1,373,785        7,405,199
                                44/92









                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                        375,869
                                                     △ 828,760
       損失(△)
                                        408,594              394,638
       減価償却費
                                                       33,789
       減損損失                                    -
                                        12,282              12,175
       株式報酬費用
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,974             △ 1,059
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,144             △ 48,854
                                                       2,440
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 9,780
                                                       1,717
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 13,937
       工事損失引当金の増減額(△は減少)                               △ 1,038,402                △ 802
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 △ 63,035             △ 156,799
       受取利息及び受取配当金                                 △ 54,042             △ 18,156
                                        19,586              28,557
       支払利息
                                          680
       会員権評価損                                                  -
       固定資産売却損益(△は益)                                   △ 22              -
                                                     2,826,372
       売上債権の増減額(△は増加)                               △ 1,083,606
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 84,492            △ 1,122,555
                                        55,731
       その他の資産の増減額(△は増加)                                               △ 23,490
                                        444,083
       仕入債務の増減額(△は減少)                                             △ 1,871,678
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 63,288             △ 166,061
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 3,562            △ 137,064
                                        88,618
       その他の負債の増減額(△は減少)                                               △ 61,388
                                         7,508              14,094
       その他
       小計                               △ 1,004,333             △ 1,122,887
       利息及び配当金の受取額                                  54,043              18,152
       利息の支払額                                 △ 22,458             △ 35,731
                                                       38,007
                                       △ 141,984
       法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
       営業活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,114,732             △ 1,102,458
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        50,000
       定期預金の払戻による収入                                                  -
       有形固定資産の取得による支出                                △ 558,292             △ 588,610
                                          22              141
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 85,001             △ 369,095
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 6,954            △ 106,732
       貸付けによる支出                                 △ 1,042             △ 2,564
                                          933             1,233
       貸付金の回収による収入
                                                        470
                                       △ 11,222
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 611,557            △ 1,065,157
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,050,000              2,530,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)
       リース債務の返済による支出                                 △ 6,747             △ 15,431
                                        440,000              340,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                    -           △ 84,466
       自己株式の取得による支出                                  △ 400               -
       配当金の支払額                                 △ 64,590             △ 64,791
                                        △ 4,212             △ 4,212
       非支配株主への配当金の支払額
                                       2,414,049              2,701,099
       財務活動によるキャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 7,181               △ 0
                                        680,577              533,482
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       2,326,741              3,007,318
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 3,007,318             ※ 3,540,801
     現金及び現金同等物の期末残高
                                45/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
      (1)  連結子会社の数         4 社
         連結子会社の名称
          日本フィールド・エンジニアリング㈱
          日本テクニカル・サービス㈱
          オオイテクノ㈱
          ㈱エヌ・エフ・サービス
      (2)  非連結子会社の名称等

         非連結子会社
          ㈱クリエイト・オオイ
         (連結の範囲から除いた理由)
          非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合
          う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないため、連結の範囲から除外しております。
     2.持分法の適用に関する事項

       持分法を適用していない非連結子会社(㈱クリエイト・オオイ)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余
      金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体
      としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
     4.会計方針に関する事項

      (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        イ.有価証券
         その他有価証券
          市場価格のない株式等以外のもの
            時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しており
           ます。
          市場価格のない株式等
            主として移動平均法による原価法を採用しております。
        ロ.棚卸資産
         商品及び製品、原材料
           主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を
          採用しております。
         仕掛品、貯蔵品
           主として個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
          用しております。
      (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        イ.有形固定資産(リース資産を除く)
          定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに2016年4
         月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物     2~50年
           工具器具及び備品    2~20年
        ロ.無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ハ.リース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                46/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (3)  重要な引当金の計上基準
        イ.貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
         いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ロ.賞与引当金
          従業員の賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上しております。
        ハ.役員賞与引当金
          役員の賞与支出に備えるため、会社が算定した当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
        ニ.役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。
        ホ.工事損失引当金
          受注工事の損失発生に備えるため、当連結会計年度末手持ち受注工事のうち、損失の発生が見込まれ、かつ金
         額を合理的に見積もることのできる工事について、損失見積り額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
         給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(14年)による定額法により費用
         処理しております。
          数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5~15
         年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
        ③ 未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理方法
          未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他
         の包括利益累計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
        ④ 小規模企業等における簡便法の採用
          一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
         を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
      (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         当社グループは、以下の5ステップアプローチに基づき、顧客への財やサービスの移転との交換で、権利を得る
        と見込む対価を反映した金額で収益を認識しております。
         ステップ1:顧客との契約を識別する
         ステップ2:契約における履行義務を識別する
         ステップ3:取引価格を算定する
         ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
         ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する
         当社グループの顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履行義務
        を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は、以下のとおりであります。
         当社グループは、情報通信機器製造販売事業とネットワーク工事保守事業を行っております。主に完成した製品
        を顧客に供給すること及び請負工事契約で定められた仕様等に基づく設備工事等を完成させて引渡しすることを履
        行義務としており、原則として製品及び工事契約を引き渡した時点において支配が顧客へ移転して履行義務が充足
        されると判断し、当時点において収益を認識しております。
         製品の国内の販売において、出荷時から当該製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場
        合には、出荷時に収益を認識しております。その他、据付工事が付帯した製品の販売については、据付工事の顧客
        検収時点において顧客が当該製品に対する支配を獲得し、履行義務が充足されると判断していることから、当該顧
        客検収時点で収益を認識しております。また、工事及び保守の工事契約については、一定の期間にわたり履行義務
        が充足されると判断し、履行義務の充足に係る進捗度に基づき収益を認識しております。ただし、履行義務の充足
        に係る進捗率の合理的な見積りができない工事については、合理的に見積もることができる時まで、原価回収基準
        により収益を認識しております。
         これらの履行義務に対する対価は、履行義務充足後、別途定める支払条件に基づき概ね1年以内に受領してお
        り、重要な金融要素は含んでおりません。
                                47/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負
        わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
      (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

        イ.連結納税制度の適用
          連結納税制度を適用しております。
        ロ.連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用
          当社及び一部の国内連結子会社は、翌連結会計年度から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行すること
         となります。ただし、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ
         通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、
         「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号
          2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針
         第28号     2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税
         法の規定に基づいております。
          なお、翌連結会計年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並びに税
         効果会計の会計処理及び開示の取扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する
         取扱い」(実務対応報告第42号                2021年8月12日)を適用する予定であります。
                                48/92















                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
     1.固定資産の減損
      (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                      前連結会計年度            当連結会計年度
        有形固定資産(情報通信機器製造販売事業)                                  1,603,640            1,907,012
        無形固定資産(情報通信機器製造販売事業)                                   277,125            514,965
        減損損失(処分予定資産及び遊休資産)                                     -          33,789
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         当社グループは、減損の兆候がある資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が
        帳簿価額を下回る場合に、帳簿価額を回収可能価額(正味売却価額又は使用価値のいずれか高い価額)まで減額
        し、当該帳簿価額の減少額は減損損失として認識します。
         資産又は資産グループから得られる将来キャッシュ・フローの見積りは、取締役会によって承認された事業計画
        と、事業計画が策定されている期間を超えている期間についての市場の長期平均成長率の範囲内で見積った成長率
        に基づいて行っております。将来キャッシュ・フローの見積りにおける重要な仮定は、事業計画の基礎となる市場
        成長率、主要製品の販売数量及び価格並びに原価率、ネットワーク関係の設計・施工・保守の価格及び原価率、固
        定資産の使用後の処分価値であります。
         処分予定資産(廃棄・売却等により処分を予定している資産)及び遊休資産については、個別資産ごとにグルー
        ピングを行い、資産又は資産グループごとに減損の兆候判定を行っております。処分予定資産及び遊休資産は、固
        定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上することとしております。
         前連結会計年度末において、情報通信機器製造販売事業の有形固定資産1,603,640千円及び無形固定資産277,125
        千円に係る資産グループについて営業キャッシュ・フローが連続してマイナスになったこと等により、減損の兆候
        があると判断しましたが、減損損失の認識の判定において、当該資産グループから得られる割引前将来キャッ
        シュ・フローの総額がその帳簿価額を上回っていたことから、減損損失は計上しておりません。
         当連結会計年度末において、情報通信機器製造販売事業の有形固定資産1,907,012千円及び無形固定資産514,965
        千円に係る資産グループについて営業キャッシュ・フローが連続してマイナスになったこと等により、減損の兆候
        があると判断しましたが、減損損失の認識の判定において、当該資産グループから得られる割引前将来キャッ
        シュ・フローの総額がその帳簿価額を上回っていたことから、減損損失は計上しておりません。
         また、処分予定資産及び遊休資産としてグルーピングされた資産グループについては、帳簿価額を回収可能価額
        まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しております。当連結会計年度の減損損失の金額は
        33,789千円であります。
         なお、減損の兆候把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境
        の変化により、その見積額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、翌連結会計年度に減損処理が必要となる
        資産又は資産グループが生じる可能性があります。
         新型コロナウイルス感染症の影響が2023年3月期以降の一定期間にわたって継続するものと仮定し、会計上の見
        積りを行っております。
     2.棚卸資産の評価

      (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                       (単位:千円)
                                      当連結会計年度
        商品及び製品                                   955,908
        仕掛品                                  4,310,956
        原材料及び貯蔵品                                  1,325,625
                    合計                     6,592,491
        (注)1.当社の保有する棚卸資産6,144,738千円が含まれており、連結総資産の28.2%を占めております。
           2.棚卸資産評価損417,255千円は、収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、売上原価に含めており
            ます。なお、当社の棚卸資産評価損は412,538千円となっております。
                                49/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
         棚卸資産は主として原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)により評価しており、正味売却価額が帳簿
        価額よりも低下している時には、帳簿価額を正味売却価額まで切下げております。また、入庫から一定期間を経過
        した棚卸資産については、期間の経過に応じて規則的に簿価を切下げております。さらに、想定した営業循環から
        外れて過剰に保有する棚卸資産についても、処分見込価額まで規則的に簿価を切下げております。
         当社は、棚卸資産の滞留の実績や需要予測の変化に応じて、滞留在庫や営業循環過程から外れた過剰在庫の識別
        を総合的に勘案して判断しております。
         顧客のニーズに合わせた製品製作をするため一定程度の棚卸資産を常に保有しており、その中には入庫後保有期
        間が長期にわたり滞留する棚卸資産が存在します。そのような棚卸資産については品質管理上の懸念が発生する可
        能性が高くなるため、入庫からの期間で逓減的に価値が下落していくと見なし、段階的に評価損率を乗じて帳簿価
        額を切下げる方法を採用しております。
         また、過去の販売実績及び主要顧客の需要予測を基にした予定販売数量が、市場の変化等により、当初の予定販
        売数量を満たせず過剰となる棚卸資産も存在します。その場合、過剰在庫の数量に応じて段階的に評価損率を乗じ
        て帳簿価額を切下げる方法を採用しております。
         なお、市場環境が悪化して正味売却価額が著しく下落した場合、保有期間が長期にわたる棚卸資産の今後の使用
        状況や廃棄処分の状況に変化が生じた場合、営業循環から外れた過剰在庫の処分見込みや使用見込みに変化が生じ
        た場合には、追加の棚卸資産評価損が計上される可能性があります。
         (会計方針の変更)

     (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
      を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
      と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。なお、「収益認識に関する会計基準の適
      用指針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、商品又は製品の国内の販売において、出荷時から当該商品又は製
      品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております。これに
      よる主な変更点は、一部の連結子会社において従来は工事完成基準を適用していた契約のうち、一定期間にわたり履
      行義務が充足される契約については、工事進行基準を適用して収益を認識する方法に変更した点です。なお、履行義
      務の充足に係る進捗率の合理的な見積りができない工事については、合理的に見積もることができる時まで、原価回
      収基準により収益を認識する方法に変更しております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の
      利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定
      める方法を適用し、当連結会計年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した
      契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。
       この結果、当連結会計年度の損益に与える影響及び1株当たり情報に与える影響はありません。また、利益剰余金
      の当期首残高への影響もありません。
       収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
      「受取手形及び売掛金」は、当連結会計年度より「受取手形」、「売掛金」及び「契約資産」に含めて表示すること
      といたしました。ただし、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について
      新たな表示方法により組替えを行っておりません。
       なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記
      については記載しておりません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
      等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準
      第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方
      針を、将来にわたって適用することといたしました。
       また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うことと
      いたしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                                 2019年7月
      4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載して
      おりません。
       なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
                                50/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会計基準委員
      会)
     (1)  概要

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 企業会計基準適用指針第31号)の2021年6月
      17日の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に関する検討には、関係者との協議等
      に一定の期間が必要と考えられるため、また、「貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等への出資」の時価
      の注記についても、一定の検討を要するため、「時価の算定に関する会計基準」公表後、概ね1年をかけて検討を行
      うこととされていたものが、改正され、公表されたものです。
     (2)  適用予定日

       2023年3月期の期首から適用します。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
      中であります。
         (表示方法の変更)

     (連結損益計算書)
       前連結会計年度において、「営業外費用」の「その他」に含めていた「固定資産除却損」は、営業外費用の総額の
      100分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるた
      め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「その他」に表示していた2,847千円
      は、「固定資産除却損」327千円、「その他」2,520千円として組み替えております。
                                51/92












                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
     ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     投資有価証券(株式)                                34,177千円                 34,177千円
     ※2 担保資産及び担保付債務

         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     建物及び構築物                               402,771千円                 955,203千円
     土地                               734,948                 913,934
     投資有価証券                                36,490                 40,119
              計                     1,174,210                 1,909,257
         担保付債務は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     短期借入金                              1,980,000千円                 3,920,000千円
     1年内返済予定の長期借入金                                  -               54,756
     長期借入金                                  -               557,866
              計                     1,980,000                 4,532,622
      3 保証債務

         従業員の金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
              (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     従業員(借入債務)                      1,923千円      従業員(借入債務)                      3,817千円
     ※4 当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約を締結してお

     ります。これらの契約に基づく連結会計年度末における当座貸越契約は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     当座貸越極度額                              6,800,000千円                 7,000,000千円
     借入実行残高                              3,500,000                 5,230,000
             差引額                      3,300,000                 1,770,000
     ※5 損失が見込まれる工事契約に係る棚卸資産と工事損失引当金は、相殺せずに両建てで表示しております。損失の

        発生が見込まれる工事契約に係る棚卸資産のうち、工事損失引当金に対応する額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     仕掛品                               180,477千円                 154,509千円
                                52/92






                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
     ※1 顧客との契約から生じる収益
         売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
        契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から生じる収益を分解
        した情報」に記載しております。
     ※2 期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

        す。
               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                              至 2022年3月31日)
                          314,881    千円                        417,255    千円
     ※3 売上原価に含まれている工事損失引当金繰入額

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
                          144,188千円                            189,197千円
     ※4 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     受注活動費                               161,503    千円              104,167    千円
                                   1,450,335                 1,416,783
     給与手当・賞与
                                    111,570                  83,943
     退職給付費用
                                     8,124                 7,559
     役員退職慰労引当金繰入額
                                    239,998                 207,504
     賞与引当金繰入額
                                     5,360                 7,800
     役員賞与引当金繰入額
                                    682,748                 682,909
     研究開発費
                                    480,621                 328,693
     保証修理費
     ※5 一般管理費に含まれる研究開発費

               前連結会計年度                            当連結会計年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                              至 2022年3月31日)
                          682,748    千円                        682,909    千円
     ※6 減損損失

         当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
             場所                  用途                  種類
      日本テクニカル・サービス㈱
                        処分予定資産                  建物及び構築物、土地
      埼玉県蕨市
         当社グループは、報告セグメント別(情報通信機器製造販売、ネットワーク工事保守)に、処分予定資産及び遊
        休資産については個別に資産のグルーピングを行っております。
         上記、埼玉県蕨市の処分予定資産については、翌連結会計年度に売却予定であるため、その帳簿価額を回収可能
        価額まで減額し、当該減少額を減損損失(33,789千円)として特別損失に計上しております。なお、回収可能価額
        は正味売却価額により測定しており、不動産鑑定評価基準に基づき評価した額により処分費用見込額を控除して算
        定しております。
         なお、前連結会計年度については、該当事項はありません。
                                53/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                 57,282千円              △33,397千円
      組替調整額                                   -               -
       税効果調整前
                                       57,282              △33,397
       税効果額                               △16,811                10,702
       その他有価証券評価差額金
                                       40,470              △22,694
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                354,996               △45,329
      組替調整額                                110,225                11,422
       税効果調整前
                                      465,221               △33,906
       税効果額                                  -               -
       退職給付に係る調整額
                                      465,221               △33,906
      その他の包括利益合計
                                      505,692               △56,601
         (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     1,470           -          -        1,470
            合計               1,470           -          -        1,470
     自己株式
      普通株式 (注)1、2                      178           0          4         174
            合計                178           0          4         174
     (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少4千株は、株式報酬制度に伴う譲り渡しによる減少であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
      3.配当に関する事項

        (1)  配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
              株式の種類                        基準日       効力発生日
                      (千円)       配当額(円)
     (決議)
     2020年6月25日
               普通株式         64,590         50   2020年3月31日        2020年6月26日
       取締役会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                     配当金の総額                1株当たり
              株式の種類               配当の原資                基準日       効力発生日
                      (千円)              配当額(円)
     (決議)
     2021年5月12日
               普通株式         64,791     利益剰余金           50   2021年3月31日        2021年6月25日
       取締役会
                                54/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当連結会計年度期          当連結会計年度増          当連結会計年度減          当連結会計年度末
                      首株式数(千株)          加株式数(千株)          少株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式
      普通株式                     1,470           -          -        1,470
            合計               1,470           -          -        1,470
     自己株式
      普通株式 (注)                      174          -          4         169
            合計                174          -          4         169
     (注) 普通株式の自己株式の株式数の減少4千株は、株式報酬制度に伴う譲り渡しによる減少であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

         該当事項はありません。
      3.配当に関する事項

        (1)  配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
              株式の種類                        基準日       効力発生日
                      (千円)       配当額(円)
     (決議)
     2021年5月12日
               普通株式         64,791         50   2021年3月31日        2021年6月25日
       取締役会
        (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

          該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                            3,017,318     千円            3,550,801     千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                             △10,000                 △10,000
     現金及び現金同等物                            3,007,318                 3,540,801
         (リース取引関係)

     1.ファイナンス・リース取引
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
        有形固定資産
         製作所における測定機器、全社におけるコンピュータ機器(工具、器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価
        償却の方法」に記載のとおりであります。
                                55/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2.オペレーティング・リース取引
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                   (2022年3月31日)
     1年内                                15,696                   15,696
     1年超                                223,764                   208,068
     合計                                239,460                   223,764
         (金融商品関係)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
         当社グループは、資金運用については預金等の安全性の高い金融商品に限定し、また、資金調達については主に
        銀行借入による方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である受取手形、売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されておりますが、当該リスクにつ
        いては、内規に従い取引先ごとに期日管理及び残高管理を行うことにより、リスク軽減を図っております。
         投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、
        時価や発行体の財務状況等を定期的に把握し、取引先企業との関係を勘案のうえ、保有状況を継続的に見直すこと
        としております。
         営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務、未払金は、そのほとんどが6か月以内の支払期日でありま
        す。また、その一部には、原材料等の輸入に伴う外貨建のものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、
        定期的に為替相場を把握し、為替変動リスクを管理しております。
         短期借入金は、主に営業取引に係る資金調達を目的としております。金利変動リスクに晒されておりますが、短
        期決済であるため金利変動リスクは限定的であります。また、金融機関ごとの金利変動を管理しております。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
      前連結会計年度(2021年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
     (1)  現金及び預金
                             30,017,318            30,177,318                -
     (2)  受取手形及び売掛金
                             8,820,446            8,820,446                -
     (3)  電子記録債権
                              421,458            421,458               -
     (4)  投資有価証券(*)
                              501,084            501,084               -
      資産計                        12,760,307            12,760,307                -
     (1)  支払手形及び買掛金
                             3,460,538            3,460,538                -
     (2)  電子記録債務
                              332,857            332,857               -
     (3)  短期借入金
                             3,500,000            3,500,000                -
     (4)  未払金
                             1,311,579            1,311,579                -
      負債計                        8,604,975            8,604,975                -
      (*)  以下の金融商品は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)                                               投資有価
         証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
                区分            前連結会計年度(千円)
               非上場株式                        88,600
                                56/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(2022年3月31日)
                        連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)            差額(千円)
                           (千円)
     投資有価証券(*2)                         474,819            474,819               -
      (*1)   「現金及び預金」、「受取手形」、「売掛金」、「電子記録債権」、「支払手形及び買掛金」、「電子記録債
         務」、「短期借入金」、「未払金」については、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであ
         ることから、記載を省略しております。
      (*2)   市場価格のない株式等は、「投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上額
         は以下のとおりであります。
                 区分            当連結会計年度(千円)
               非上場株式                       188,200
     (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2021年3月31日)
                                  1年超          5年超
                        1年以内                             10年超
                                 5年以内          10年以内
                        (千円)                             (千円)
                                 (千円)          (千円)
          預金               3,016,034             -          -          -
          受取手形及び売掛金               8,820,446             -          -          -
          電子記録債権                421,458            -          -          -
              合計          12,257,939              -          -          -
          当連結会計年度(2022年3月31日)
                                  1年超          5年超
                        1年以内                             10年超
                                 5年以内          10年以内
                        (千円)                             (千円)
                                 (千円)          (千円)
          預金               3,539,812             -          -          -
          受取手形                50,104            -          -          -
          売掛金               5,869,758             -          -          -
          電子記録債権                382,713            -          -          -
              合計           9,852,389             -          -          -
         2.短期借入金の連結決算日後の返済予定額
          前連結会計年度(2021年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金            3,500,000          -      -      -      -      -
          当連結会計年度(2022年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                                (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          短期借入金            6,030,000          -      -      -      -      -
                                57/92






                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類し
      ております。
        レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定
                の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
        レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係る
                インプットを用いて算定した時価
        レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属する
      レベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
      (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

        当連結会計年度(2022年3月31日)
                                      時価(千円)
             区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
      その他有価証券
       株式                    474,819            -         -       474,819
       社債                       -         -         -         -
       その他                       -         -         -         -
            資産計               474,819            -         -       474,819
     (注) 時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
          投資有価証券
            上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価
           をレベル1の時価に分類しております。
      (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品

        当連結会計年度(2022年3月31日)
         短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略しております。
                                58/92









                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
     1.その他有価証券
      前連結会計年度(2021年3月31日)
                            連結貸借対照表計上額
                     種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                               (千円)
                 (1)  株式
                                  501,084           232,633           268,450
                 (2)  債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ②社債                  -           -           -
     の
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)  その他
                                    -           -           -
                     小計             501,084           232,633           268,450
                 (1)  株式
                                    -           -           -
                 (2)  債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ②社債                  -           -           -
     もの
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)  その他
                                    -           -           -
                     小計                -           -           -
               合計                   501,084           232,633           268,450
     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 54,423千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極め
         て困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
      当連結会計年度(2022年3月31日)

                            連結貸借対照表計上額
                     種類                   取得原価(千円)            差額(千円)
                               (千円)
                 (1)  株式
                                  474,819           239,766           235,053
                 (2)  債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えるも             ②社債                  -           -           -
     の
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)  その他
                                    -           -           -
                     小計             474,819           239,766           235,053
                 (1)  株式
                                    -           -           -
                 (2)  債券
                  ①国債・地方債等                  -           -           -
     連結貸借対照表計上額
     が取得原価を超えない             ②社債                  -           -           -
     もの
                  ③その他                  -           -           -
                 (3)  その他
                                    -           -           -
                     小計                -           -           -
               合計                   474,819           239,766           235,053
     (注) 非上場株式(連結貸借対照表計上額 154,023千円)については、市場価格がないことから、上表の「その他
         有価証券」には含めておりません。
                                59/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2.売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
     3.減損処理を行った有価証券

      前連結会計年度(2021年3月31日)
       当連結会計年度において、その他有価証券のうち時価のあるものについて、減損処理を行ったものはありません。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行
      い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っておりま
      す。
      当連結会計年度(2022年3月31日)

       当連結会計年度において、その他有価証券のうち市場価格のあるものについて、減損処理を行ったものはありませ
      ん。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行
      い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っておりま
      す。
         (デリバティブ取引関係)

           該当事項はありません。
         (退職給付関係)

     1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、積立型、非積立型の確定給付制度及び確定拠出制度を採
      用しております。
       確定給付企業年金制度(全て積立型制度であります。)では、給与と勤務期間に基づいた一時金又は年金を支給し
      ます。
       退職一時金制度(非積立型制度ですが、退職給付信託を設定した結果、積立型制度となっているものがありま
      す。)では、退職給付として、給与と勤務期間に基づいた一時金を支給します。
       なお、一部の連結子会社が有する確定給付企業年金制度及び退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債
      及び退職給付費用を計算しております。
       また、一部の連結子会社は、複数事業主制度の退職金共済制度及び企業年金制度に加入しており、自社の拠出に対
      応する年金資産の額を合理的に計算することができないため、確定拠出制度と同様に会計処理しております。
     2.確定給付制度

      (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられたものを除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                             7,841,340千円              7,868,330千円
          勤務費用                             301,173              287,085
          利息費用                              59,454              59,653
          数理計算上の差異の発生額                             △5,829              △29,362
          退職給付の支払額                            △327,807              △399,230
         退職給付債務の期末残高                             7,868,330              7,786,475
                                60/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられたものを除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         年金資産の期首残高                             4,748,256千円              5,328,622千円
          期待運用収益                              80,870              91,333
          数理計算上の差異の発生額                             349,166              △74,691
          事業主からの拠出額                             348,333              345,687
          退職給付の支払額                            △198,003              △284,549
         年金資産の期末残高                             5,328,622              5,406,402
      (3)  簡便法を採用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                              320,352千円              354,055千円
          退職給付費用                              68,948              75,057
          退職給付の支払額                             △23,197              △12,873
          制度への拠出額                             △24,706              △25,441
         退職給付に係る負債の期末残高                              341,396              390,797
      (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                             8,076,034千円              8,020,443千円
         年金資産                            △5,853,202              △5,950,917
                                      2,222,831              2,069,525
         非積立型制度の退職給付債務                              662,346              692,759
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             2,885,177              2,762,284
         退職給付に係る負債                             2,885,177              2,762,284

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             2,885,177              2,762,284
        (注) 簡便法を適用した制度を含みます。
      (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         勤務費用                              301,173千円              287,085千円
         利息費用                               59,454              59,653
         期待運用収益                              △80,870              △91,333
         数理計算上の差異の費用処理額                              126,792               27,989
         過去勤務費用の費用処理額                              △16,567              △16,567
         簡便法で計算した退職給付費用                               68,948              75,057
         確定給付制度に係る退職給付費用                              458,931              341,884
                                61/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (6)  退職給付に係る調整額
          退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         過去勤務費用                              △16,567千円              △16,567千円
         数理計算上の差異                              481,788              △17,339
           合 計                            465,221              △33,906
      (7)  退職給付に係る調整累計額

          退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         未認識過去勤務費用                              △44,161千円              △27,594千円
         未認識数理計算上の差異                               27,820              45,160
           合 計                            △16,340               17,566
      (8)  年金資産に関する事項

        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産の合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
           債券                              51.8%              51.9%
           株式                              30.9              16.2
           現金及び預金                              1.3              1.8
           生保一般勘定                              12.6              10.6
           生保特別勘定                              2.9              4.9
           その他                              0.5              14.6
             合 計                           100.0              100.0
          (注)年金資産合計には、退職一時金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度20.7%、当連結会
            計年度19.7%含まれております。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
          割引率                            0.7%~0.9%              0.7%~0.9%
          長期期待運用収益率                            1.0%~1.9%              1.0%~1.9%
          予想昇給率                            3.2%~3.3%              3.2%~3.3%
     3.確定拠出制度

       当社及び一部の連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度46,523千円、当連結会計年度56,990千
      円であります。
     4.複数事業主制度

       確定拠出制度と同様に会計処理する複数事業主制度の企業年金制度への要拠出額は、前連結会計年度8,223千円、
      当連結会計年度8,250千円、退職金共済への要拠出額は、前連結会計年度4,686千円、当連結会計年度4,718千円であ
      ります。
                                62/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
           該当事項はありません。
         (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
                                       (千円)              (千円)
       繰延税金資産
        賞与引当金                                   270,653              255,567
        棚卸資産                                   199,480              262,210
        退職給付に係る負債                                  1,244,519              1,185,732
        役員退職慰労引当金                                    4,911              5,488
        工事損失引当金                                   57,004              58,055
        資産除去債務                                   25,926              26,134
        減損損失                                   317,530              326,508
        税務上の繰越欠損金(注)                                   679,316              979,638
        その他                                   157,421              170,895
       繰延税金資産小計
                                      2,956,764              3,270,231
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                                  △619,814              △973,382
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                                 △1,691,011              △1,684,153
       評価性引当額小計
                                     △2,310,825              △2,657,536
       繰延税金資産合計
                                       645,938              612,695
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                                  △81,780              △71,077
       繰延税金資産の純額
                                       564,157              541,618
      (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
          前連結会計年度(2021年3月31日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                               5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                               (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          税務上の繰越
                     -      -      -
                                      14,274      139,943      525,099      679,316
          欠損金(*)
                     -      -      -
          評価性引当額                           △14,249      △85,680      △519,883      △619,814
                     -      -      -
          繰延税金資産                              24    54,262       5,215      59,501
           (*)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          当連結会計年度(2022年3月31日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                               5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                               (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
          税務上の繰越
                     -      -     9,929      72,546      10,227      886,935      979,638
          欠損金(*)
          評価性引当額           -      -    △9,929      △72,546       △8,336     △882,571      △973,382
          繰延税金資産           -      -      -      -     1,891      4,364      6,256
           (*)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                63/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
        主な項目別の内訳
                                   前連結会計年度
                                                  当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)
                                                 (2022年3月31日)
                                        (%)
       法定実効税率                                   30.6
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                    0.3
                                               税金等調整前当期純損失を
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                       △3.3
                                               計上しているため、記載を
        住民税均等割等                                    4.5
                                               省略しております。
                                         -
        試験研究費にかかる税額控除
        評価性引当額の増減                                  △17.6
        その他                                    1.5
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                        16.0
         (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
         (資産除去債務関係)

           重要性が乏しいため記載を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

           重要性が乏しいため記載を省略しております。
         (公共施設等運営事業関係)

           該当事項はありません。
         (収益認識関係)

     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                                      合計
                               情報通信機器          ネットワーク
                                製造販売          工事保守
     一時点で移転される財                             12,689,042          11,146,969          23,836,011
     一定の期間にわたり移転される財                                 -        899,556          899,556
     顧客との契約から生じる収益                             12,689,042          12,046,526          24,735,568
     外部顧客への売上高                             12,689,042          12,046,526          24,735,568
     2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        当社グループの主要な事業における主な履行義務の内容と、当履行義務を充足する通常の時点についての情報は、
      連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項に記載しております。
                                64/92






                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度末
      において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
      (1)  契約資産及び契約負債の残高等
         顧客との契約から生じた債権、契約資産及び契約負債の残高は、以下のとおりです。
                                                     (単位:千円)
                            当連結会計年度期首                   当連結会計年度末
     顧客との契約から生じた債権                               9,241,904                  6,302,576
     契約資産                                 93,687                  129,066
     契約負債                                 11,650                  19,254
         連結貸借対照表において、顧客との契約から生じた債権は「受取手形」、「売掛金」、「電子記録債権」に含ま
        れており、契約負債は流動負債の「その他」に含まれております。
      (2)  残存履行義務に配分した取引額

         当社グループにおいては、当初の予想契約期間が1年を超える重要な取引がないため、実務上の便法を適用し、
        残存履行義務に関する情報の記載を省略しております。また、顧客との契約から生じる対価の中に、取引価格に含
        まれていない重要な金額はありません。
         (棚卸資産関係)

           該当事項はありません。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経
      営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社グループは、情報通信機器の製造販売及びネットワークの工事保守を主な事業内容としており、当社及び当社
      の連結子会社がそれぞれ独立した経営単位として、事業活動を展開しております。
       したがって、当社グループは、連結会社を基礎とした業種別のセグメントから構成されており、「情報通信機器製
      造販売」及び「ネットワーク工事保守」の2つを報告セグメントとしております。
       「情報通信機器製造販売」は、主に光伝送システム、セキュリティ・監視システム、リモート計測・センシングシ
      ステム、無線応用システムの関連機器を製造販売しております。「ネットワーク工事保守」は、主に通信設備、光
      ネットワーク、CATV等の工事及び保守を行っております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
      る記載と概ね同一であります。
       棚卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ前の価額で評価しております。
       報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
       セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                65/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報
      前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                                      合計
                               情報通信機器          ネットワーク
                                製造販売          工事保守
     売上高
                                  17,161,386          12,248,984          29,410,371
      外部顧客への売上高
                                   327,622          383,705          711,327
      セグメント間の内部売上高又は振替高
                                  17,489,009          12,632,689          30,121,698
                計
                                             372,191          279,310
     セグメント利益又は損失(△)                              △ 92,880
                                  15,589,721           7,002,876          22,592,598
     セグメント資産
     その他の項目
                                   342,034           66,559          408,594
      減価償却費
                                   716,686           31,450          748,136
      有形固定資産及び無形固定資産の増加額
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                                    報告セグメント
                                                      合計
                               情報通信機器          ネットワーク
                                製造販売          工事保守
     売上高
                                  12,689,042          12,046,526          24,735,568
      外部顧客への売上高
                                   204,116          386,716          590,832
      セグメント間の内部売上高又は振替高
                                  12,893,158          12,433,242          25,326,401
                計
                                             307,737
     セグメント利益又は損失(△)                            △ 1,151,835                    △ 844,097
                                  15,043,987           6,893,220          21,937,207
     セグメント資産
     その他の項目
                                   328,741           65,896          394,638
      減価償却費
                                   835,689           41,324          877,013
      有形固定資産及び無形固定資産の増加額
                                66/92








                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                売上高                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   30,121,698              25,326,401
     セグメント間取引消去                                   △711,327              △590,832
     連結財務諸表の売上高                                   29,410,371              24,735,568
                                                     (単位:千円)

                 利益                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                    279,310             △844,097
     セグメント間取引消去                                     24,081              25,079
     連結財務諸表の営業利益又は営業損失(△)                                    303,392             △819,018
                                                     (単位:千円)

                 資産                  前連結会計年度              当連結会計年度
     報告セグメント計                                   22,592,598              21,937,207
     セグメント間取引消去                                   △175,761              △141,032
     連結財務諸表の資産合計                                   22,416,836              21,796,174
          【関連情報】

     前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

        (1)  売上高
          本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
        (2)  有形固定資産

          本邦以外の国又は地域に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
                                          情報通信機器製造販売
     ソフトバンク株式会社                               5,279,384
                                          ネットワーク工事保守
                                          情報通信機器製造販売
     KDDI株式会社                               4,788,910
                                          ネットワーク工事保守
                                          情報通信機器製造販売
     東京電力パワーグリッド株式会社                               3,302,586
                                          ネットワーク工事保守
     当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
         セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
      2.地域ごとの情報

        (1)  売上高
          本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
        (2)  有形固定資産

          本邦以外の国又は地域に所在している有形固定資産がないため、記載を省略しております。
                                67/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                     売上高               関連するセグメント名
                                          情報通信機器製造販売
     KDDI株式会社                               5,347,337
                                          ネットワーク工事保守
                                          情報通信機器製造販売
     東京電力パワーグリッド株式会社                               3,217,142
                                          ネットワーク工事保守
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

     前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                  情報通信機器           ネットワーク
                                         全社・消去             合計
                   製造販売           工事保守
                                   33,789                      33,789
     減損損失                    -                      -
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
         【関連当事者情報】

     関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
         前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                  資本金又は            議決権等の所
        会社等の名               事業の内容又は             関連当事者と           取引金額        期末残高
                  出資金            有(被所有)
     種類         所在地                            取引の内容           科目
        称又は氏名               職業             の関係           (千円)        (千円)
                  (千円)            割合(%)
                       各種電気機械器
                       具、電子応用機
                                                    売掛金
                                                        236,503
                       械器具、産業機             当社製品の販
     主要株         東京都          械器具、通信機      (被所有)      売及び同社製      情報通信機
        三菱電機㈱         175,820,770                              1,720,777
     主         千代田区          械器具、その他             品等の一部に      器の販売
                               直接19.1%
                       一般機械器具及             つき購入
                                                    電子記
                                                        214,525
                       び部品の製造並
                                                    録債権
                       びに販売
     (注)1.上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
            当社製品の販売については、市場価格を参考に決定しております。
                                68/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                  資本金又は            議決権等の所
                                               取引金額        期末残高
        会社等の名               事業の内容又は             関連当事者と
     種類         所在地    出資金            有(被所有)            取引の内容           科目
        称又は氏名               職業             の関係           (千円)        (千円)
                  (千円)            割合(%)
                       重電システム、
                       産業メカトロニ
                                                    売掛金    363,027
                       クス、情報通信             当社製品の販
     主要株         東京都          システム、電子      (被所有)      売及び同社製      情報通信機
        三菱電機㈱         175,820,770                              1,822,798
     主         千代田区          デバイス、家庭             品等の一部に      器の販売
                               直接19.1%
                       電器等の製品の             つき購入
                                                    電子記
                                                        254,073
                       開発、製造、販
                                                    録債権
                       売、サービス
     (注) 取引条件及び取引条件の決定方針等
           当社製品の販売については、市場価格を参考に決定しております。
         (開示対象特別目的会社関係)

           該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                                 5,522.53円               4,638.85円
     1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失
                                       107.87円              △788.03円
     (△)
     (注)1.当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、
          潜在株式が存在しないため記載しておりません。なお、前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利
          益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
          親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株
                                         139,653            △1,023,544
          主に帰属する当期純損失(△)(千円)
          普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -              -
          普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
          益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)                               139,653            △1,023,544
          (千円)
          普通株式の期中平均株式数(千株)                                1,294              1,298
         3.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
          純資産の部の合計額(千円)                              8,451,599              7,405,199
          純資産の部の合計額から控除する金額(千円)                              1,295,315              1,373,785
           (うち非支配株主持分(千円))                            (1,295,315)              (1,373,785)
          普通株式に係る期末の純資産額(千円)                              7,156,283              6,031,414
          1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の
                                          1,295              1,300
          普通株式の数(千株)
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                69/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高        当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)        (千円)        (%)
     短期借入金                           3,500,000        6,030,000         0.7     -
     1年以内に返済予定の長期借入金                             67,468        112,344        0.6     -
     1年以内に返済予定のリース債務                             15,431        15,431        -     -
     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                            372,532        583,190        1.2  2023年~2036年
     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             52,857        37,426        -  2023年~2025年
     その他有利子負債                               -        -      -     -
                合計                 4,008,288        6,778,391          -     -
     (注)1.平均利率は残高に基づく加重平均利率であります。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配
          分しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
          下のとおりであります。
                        1年超2年以内         2年超3年以内         3年超4年以内         4年超5年以内
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
          長期借入金                  80,080         54,756         54,756         54,756
          リース債務                  14,724         14,018          8,683           -
         【資産除去債務明細表】

           当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結
          会計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規
          定により記載を省略しております。
      (2)  【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   5,216,636          10,568,388          16,252,897          24,735,568
     税金等調整前四半期(当期)
                        △554,665         △1,137,055          △1,133,989           △828,760
     純損失(△)(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純損失(△)(千                   △454,567          △948,342         △1,093,853          △1,023,544
     円)
     1株当たり四半期(当期)純
                        △350.79          △730.87          △842.44          △788.03
     損失(△)(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益又は
     1株当たり四半期純損失                   △350.79          △380.05          △111.91            54.08
     (△)(円)
                                70/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)  【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       2,041,884              1,856,783
        現金及び預金
                                        11,063              32,828
        受取手形
                                        326,891              350,383
        電子記録債権
                                     ※2  5,346,413            ※2  3,065,883
        売掛金
                                        51,115              22,640
        製品
                                        427,215              882,497
        半製品
                                        789,525             1,276,468
        材料
                                       3,685,457              3,950,787
        仕掛品
                                        13,711              12,345
        貯蔵品
                                          260
        短期貸付金                                                -
                                         1,855              2,106
        前渡金
                                         7,719              13,764
        前払費用
                                      ※2  152,172             ※2  103,117
        未収入金
                                                      111,876
        未収消費税等                                  -
                                       ※2  2,458             ※2  3,819
        その他
                                        △ 1,212              △ 699
        貸倒引当金
                                      12,856,530              11,684,602
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                      ※1  397,592             ※1  894,773
          建物
                                         5,994              55,268
          構築物
                                        73,974              64,432
          機械及び装置
                                           0              0
          車両運搬具
                                        273,126              243,413
          工具、器具及び備品
                                      ※1  488,143             ※1  486,404
          土地
                                        61,632              47,580
          リース資産
                                        303,175              115,139
          建設仮勘定
                                       1,603,640              1,907,012
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        179,857              199,883
          ソフトウエア
                                        120,741              314,626
          その他
                                        300,599              514,509
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        330,547              416,863
          投資有価証券
                                        168,025              168,025
          関係会社株式
                                        23,962              21,136
          長期前払費用
                                        254,748              232,843
          繰延税金資産
                                        58,703              65,145
          その他
                                        835,986              904,014
          投資その他の資産合計
                                       2,740,225              3,325,536
        固定資産合計
                                      15,596,755              15,010,139
       資産合計
                                71/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        332,857              118,389
        電子記録債務
                                     ※2  3,137,285            ※2  1,610,381
        買掛金
                                   ※1 ,※4  3,350,000           ※1 ,※4  5,900,000
        短期借入金
                                                     ※1  54,756
                                        10,380
        1年内返済予定の長期借入金
                                        15,431              15,431
        リース債務
                                      ※2  260,575             ※2  147,001
        未払金
                                        355,672              290,412
        未払費用
                                        19,878              29,987
        未払法人税等
                                        56,362
        未払消費税等                                                -
                                         7,377              11,934
        前受金
                                        18,176              19,744
        預り金
                                        378,920              334,936
        賞与引当金
                                        120,000               76,000
        工事損失引当金
                                                        681
        資産除去債務                                  -
                                          540              540
        その他
                                       8,063,456              8,610,197
        流動負債合計
       固定負債
                                                    ※1  557,866
                                        289,620
        長期借入金
                                        52,857              37,426
        リース債務
                                       2,218,845              2,033,070
        退職給付引当金
                                        49,703              44,927
        長期未払金
                                        84,781              84,781
        資産除去債務
                                       2,695,808              2,758,073
        固定負債合計
                                      10,759,265              11,368,271
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,708,389              2,708,389
        資本金
        資本剰余金
                                       1,442,759              1,442,759
          資本準備金
                                         2,049
                                                         -
          その他資本剰余金
                                       1,444,809              1,442,759
          資本剰余金合計
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                       1,109,130
                                                      △ 86,094
           繰越利益剰余金
                                       1,109,130
          利益剰余金合計                                            △ 86,094
        自己株式                               △ 539,064             △ 525,563
                                       4,723,264              3,539,490
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        114,226              102,377
        その他有価証券評価差額金
                                        114,226              102,377
        評価・換算差額等合計
                                       4,837,490              3,641,867
       純資産合計
                                      15,596,755              15,010,139
     負債純資産合計
                                72/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                     ※1  17,439,789            ※1  12,830,610
     売上高
                                     ※1  13,915,880            ※1  10,725,219
     売上原価
                                       3,523,908              2,105,391
     売上総利益
                                   ※1 ,※2  3,632,466           ※1 ,※2  3,281,763
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 108,557            △ 1,176,372
     営業外収益
                                      ※1  318,475             ※1  35,151
       受取利息及び配当金
                                       ※1  58,816             ※1  67,759
       その他
                                        377,292              102,911
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        18,076              27,535
       支払利息
                                        11,429              14,704
       その他
                                        29,506              42,240
       営業外費用合計
                                        239,229
     経常利益又は経常損失(△)                                               △ 1,115,701
                                        239,229
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                               △ 1,115,701
     法人税、住民税及び事業税
                                        △ 6,110             △ 12,567
                                                       27,123
                                       △ 13,305
     法人税等調整額
                                                       14,556
     法人税等合計                                  △ 19,416
                                        258,646
     当期純利益又は当期純損失(△)                                               △ 1,130,258
                                73/92













                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                             資本剰余金                   利益剰余金
                                               その他利益剰
                 資本金                               余金
                            その他資本剰      資本剰余金合                   利益剰余金合
                      資本準備金                   利益準備金
                            余金      計                   計
                                               繰越利益剰余
                                               金
     当期首残高            2,708,389      1,442,759         -   1,442,759       488,032      427,043      915,075
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                 △ 64,590      △ 64,590
      利益準備金の取崩                                     △ 488,032      488,032         -
      当期純利益                                            258,646      258,646
      自己株式の取得
      自己株式の処分
                               2,049      2,049
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -     2,049      2,049     △ 488,032      682,087      194,055
     当期末残高
                 2,708,389      1,442,759        2,049     1,444,809         -   1,109,130      1,109,130
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                 その他有価証券評価
                 自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                 差額金
     当期首残高              △ 551,481        4,514,742          92,445         92,445        4,607,187
     当期変動額
      剰余金の配当
                             △ 64,590                          △ 64,590
      利益準備金の取崩                          -                           -
      当期純利益                       258,646                           258,646
      自己株式の取得               △ 400        △ 400                          △ 400
      自己株式の処分
                     12,816         14,866                           14,866
      株主資本以外の項目の
                                       21,781         21,781         21,781
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                12,416         208,521         21,781         21,781         230,302
     当期末残高
                   △ 539,064        4,723,264          114,226         114,226        4,837,490
                                74/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                   株主資本
                             資本剰余金                   利益剰余金
                                               その他利益剰
                 資本金                               余金
                            その他資本剰      資本剰余金合                   利益剰余金合
                      資本準備金                   利益準備金
                            余金      計                   計
                                               繰越利益剰余
                                               金
     当期首残高
                 2,708,389      1,442,759        2,049     1,444,809         -   1,109,130      1,109,130
     当期変動額
      剰余金の配当                                            △ 64,791      △ 64,791
      当期純損失(△)                                          △ 1,130,258      △ 1,130,258
      自己株式の処分
                              △ 2,225      △ 2,225
      自己株式処分差損の振
                                176      176            △ 176      △ 176
      替
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               -      -    △ 2,049      △ 2,049        -   △ 1,195,225      △ 1,195,225
     当期末残高
                 2,708,389      1,442,759         -   1,442,759         -    △ 86,094      △ 86,094
                      株主資本                評価・換算差額等

                                                     純資産合計
                                 その他有価証券評価
                 自己株式        株主資本合計                評価・換算差額等合計
                                 差額金
     当期首残高              △ 539,064        4,723,264          114,226         114,226        4,837,490
     当期変動額
      剰余金の配当
                             △ 64,791                          △ 64,791
      当期純損失(△)                      △ 1,130,258                          △ 1,130,258
      自己株式の処分               13,501         11,275                           11,275
      自己株式処分差損の振
                               -                           -
      替
      株主資本以外の項目の
                                      △ 11,848        △ 11,848        △ 11,848
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                     13,501       △ 1,183,774         △ 11,848        △ 11,848       △ 1,195,622
     当期末残高              △ 525,563        3,539,490          102,377         102,377        3,641,867
                                75/92








                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
     1.資産の評価基準及び評価方法
      (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
        ① 子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法
        ② その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
          時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
         市場価格のない株式等
          移動平均法による原価法
      (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法

        ① 製品、半製品、材料
          総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        ② 仕掛品、貯蔵品
          個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
          ただし貯蔵品のうち事務用品・工場消耗品類は最終仕入原価法による原価法
     2.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法によっております。
         ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属
        設備及び構築物については、定額法によっております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
          建物           2~50年
          工具器具及び備品     2~20年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法によっております。
         なお、自社利用のソフトウエアは社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
      (3)  リース資産

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
     3.引当金の計上基準

      (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につい
        ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)  賞与引当金

         従業員の賞与支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当事業年度に負担すべき額を計上しております。
      (3)  役員賞与引当金

         役員の賞与支給に備えるため、会社が算定した当事業年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
                                76/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (4)  退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
        ります。
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
         算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(14年)による定額法に
         より費用処理しております。
          数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
         (12~15年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
      (5)  工事損失引当金

         受注工事の損失発生に備えるため、当期末手持ち受注工事のうち、損失の発生が見込まれ、かつ金額を合理的に
        見積もることのできる工事について、損失見積り額を計上しております。
     4.収益及び費用の計上基準

       当社は、以下の5ステップアプローチに基づき、顧客への財やサービスの移転との交換で、権利を得ると見込む対
      価を反映した金額で収益を認識しております。
       ステップ1:顧客との契約を識別する
       ステップ2:契約における履行義務を識別する
       ステップ3:取引価格を算定する
       ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する
       ステップ5:履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する
       当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該履行義務を充足する
      通常の時点(収益を認識する通常の時点)は、以下のとおりであります。
       当社は、情報通信機器製造販売事業を行っております。主に完成した製品を顧客に供給することを履行義務として
      おり、原則として製品を引き渡した時点において支配が顧客へ移転して履行義務が充足されると判断し、当時点にお
      いて収益を認識しております。
       製品の国内の販売において、出荷時から当該製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合
      には、出荷時に収益を認識しております。その他、据付工事が付帯した製品の販売については、据付工事の顧客検収
      時点において顧客が当該製品に対する支配を獲得し、履行義務が充足されると判断していることから、当該顧客検収
      時点で収益を認識しております。
       これらの履行義務に対する対価は、履行義務充足後、別途定める支払条件に基づき概ね1年以内に受領しており、
      重要な金融要素は含んでおりません。
     5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)  退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表
        におけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
      (2)  連結納税制度の適用

         連結納税制度を適用しております。
      (3)  連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用

         当社は、翌事業年度から、連結納税制度からグループ通算制度へ移行することとなります。ただし、「所得税法
        等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算
        制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目については、「連結納税制度からグループ通算制度
        への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いによ
        り、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを
        適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
         なお、翌事業年度の期首から、グループ通算制度を適用する場合における法人税及び地方法人税並びに税効果会
        計の会計処理及び開示の取扱いを定めた「グループ通算制度を適用する場合の会計処理及び開示に関する取扱い」
        (実務対応報告第42号            2021年8月12日)を適用する予定であります。
                                77/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
     1.固定資産の減損
      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                                     (単位:千円)
                                       前事業年度            当事業年度
        有形固定資産                                  1,603,640            1,907,012
        無形固定資産                                   300,599            514,965
        減損損失                                     -            -
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

         当社は、減損の兆候がある資産又は資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額
        を下回る場合に、帳簿価額を回収可能価額(正味売却価額又は使用価値のいずれか高い価額)まで減額し、当該帳
        簿価額の減少額は減損損失として認識します。
         資産又は資産グループから得られる将来キャッシュ・フローの見積りは、取締役会によって承認された事業計画
        と、事業計画が策定されている期間を超えている期間についての市場の長期平均成長率の範囲内で見積った成長率
        に基づいて行っております。将来キャッシュ・フローの見積りにおける重要な仮定は、事業計画の基礎となる市場
        成長率、主要製品の販売数量及び価格並びに原価率、固定資産の使用後の処分価値であります。
         処分予定資産(廃棄・売却等により処分を予定している資産)及び遊休資産については、個別資産ごとにグルー
        ピングを行い、資産又は資産グループごとに減損の兆候判定を行っております。処分予定資産及び遊休資産は、固
        定資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上することとしております。
         前事業年度末において、有形固定資産1,603,640千円及び無形固定資産300,599千円に係る資産グループについて
        営業キャッシュ・フローが連続してマイナスになったこと等により、減損の兆候があると判断しましたが、減損損
        失の認識の判定において、当該資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額がその帳簿価額を
        上回っていたことから、減損損失は計上しておりません。
         当事業年度末において、有形固定資産1,907,012千円及び無形固定資産514,509千円に係る資産グループについて
        営業キャッシュ・フローが連続してマイナスになったこと等により、減損の兆候があると判断しましたが、減損損
        失の認識の判定において、当該資産グループから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額がその帳簿価額を
        上回っていたことから、減損損失は計上しておりません。
         なお、減損の兆候把握、減損損失の認識及び測定に当たっては慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境
        の変化により、その見積額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、翌事業年度に減損処理が必要となる資産
        又は資産グループが生じる可能性があります。
         新型コロナウイルス感染症の影響が2023年3月期以降の一定期間にわたって継続するものと仮定し、会計上の見
        積りを行っております。
     2.棚卸資産の評価

      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                       (単位:千円)
                                       当事業年度
        製品                                   22,640
        半製品                                   882,497
        材料                                  1,276,468
        仕掛品                                  3,950,787
        貯蔵品                                   12,345
                    合計                     6,144,738
        (注) 棚卸資産評価損412,538千円は、収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、売上原価に含めておりま
           す。
                                78/92




                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
         棚卸資産は主として原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)により評価しており、正味売却価額が帳簿
        価額よりも低下している時には、帳簿価額を正味売却価額まで切下げております。また、入庫から一定期間を経過
        した棚卸資産については、期間の経過に応じて規則的に簿価を切下げております。さらに、想定した営業循環から
        外れて過剰に保有する棚卸資産についても、処分見込価額まで規則的に簿価を切下げております。
         当社は、棚卸資産の滞留の実績や需要予測の変化に応じて、滞留在庫や営業循環過程から外れた過剰在庫の識別
        を総合的に勘案して判断しております。
         顧客のニーズに合わせた製品製作をするため一定程度の棚卸資産を常に保有しており、その中には入庫後保有期
        間が長期にわたり滞留する棚卸資産が存在します。そのような棚卸資産については品質管理上の懸念が発生する可
        能性が高くなるため、入庫からの期間で逓減的に価値が下落していくと見なし、段階的に評価損率を乗じて帳簿価
        額を切下げる方法を採用しております。
         また、過去の販売実績及び主要顧客の需要予測を基にした予定販売数量が、市場の変化等により、当初の予定販
        売数量を満たせず過剰となる棚卸資産も存在します。その場合、過剰在庫の数量に応じて段階的に評価損率を乗じ
        て帳簿価額を切下げる方法を採用しております。
         なお、市場環境が悪化して正味売却価額が著しく下落した場合、保有期間が長期にわたる棚卸資産の今後の使用
        状況や廃棄処分の状況に変化が生じた場合、営業循環から外れた過剰在庫の処分見込みや使用見込みに変化が生じ
        た場合には、追加の棚卸資産評価損が計上される可能性があります。
         (会計方針の変更)

     1.収益認識に関する会計基準等の適用
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
      を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交
      換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。なお、「収益認識に関する会計基準の適用指
      針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、商品又は製品の国内の販売において、出荷時から当該商品又は製品の
      支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の繰越利益
      剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定める
      方法を適用し、当事業年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、
      新たな会計方針を遡及適用しておりません。
       この結果、当事業年度の損益に与える影響及び1株当たり情報に与える影響はありません。また、繰越利益剰余金
      の当期首残高への影響もありません。
     2.時価の算定に関する会計基準等の適用

        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
      等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10
      号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針
      を、将来にわたって適用することといたしました。
       これによる、財務諸表に与える影響はありません。
                                79/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
     ※1 担保資産及び担保付債務
         担保に供している資産は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     建物                               331,171千円                 888,511千円
     土地                                77,904                 256,890
              計                      409,075                1,145,401
         担保付債務は、次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     短期借入金                              1,900,000千円                 3,800,000千円
     1年内返済予定の長期借入金                                  -               54,756
     長期借入金                                  -               557,866
              計                     1,900,000                 4,412,622
     ※2 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務

                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     短期金銭債権                                99,224千円                 65,764千円
     短期金銭債務                               164,216                 163,725
      3 保証債務

         従業員の金融機関からの借入に対し債務保証を行っております。
                前事業年度                            当事業年度
              (2021年3月31日)                            (2022年3月31日)
     従業員(借入債務)                      1,923千円      従業員(借入債務)                      3,817千円
     ※4 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行6行と当座貸越契約を締結しております。これらの契約に

        基づく事業年度末における当座貸越契約は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     当座貸越極度額                              5,100,000千円                 5,100,000千円
     借入実行残高                              3,350,000                 5,100,000
             差引額                      1,750,000                     -
                                80/92









                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (損益計算書関係)
     ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                前事業年度                            当事業年度
             (自 2020年4月1日                            (自 2021年4月1日
              至 2021年3月31日)                            至 2022年3月31日)
     売上高                     286,691千円       売上高                     147,198千円
     仕入高                     707,729       仕入高                     618,952
     営業取引以外の取引高                     839,482       営業取引以外の取引高                     664,042
     ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     販売手数料                                36,908   千円               3,875   千円
                                    480,621                 328,693
     保証修理費
                                     74,046                 55,951
     荷造運賃
                                    161,503                 104,167
     受注活動費
                                    871,984                 859,434
     給料手当
                                    147,273                 128,175
     賞与
                                     24,261                 16,755
     減価償却費
                                    138,047                 121,268
     賞与引当金繰入額
                                     85,314                 60,242
     退職給付費用
                                    682,748                 682,909
     研究開発費
         販売費に属する費用と一般管理費に属する費用の割合は概ね次のとおりであります。
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                  至 2022年3月31日)
     販売費                                 約43%                  約43%
     一般管理費                                 約57%                  約57%
         (有価証券関係)

      子会社株式
        前事業年度(2021年3月31日)
         時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額
                              前事業年度
              区分
                               (千円)
        子会社株式                             168,025
        当事業年度(2022年3月31日)

         市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                              当事業年度
              区分
                               (千円)
        子会社株式                             168,025
                                81/92






                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
                                       (千円)              (千円)
       繰延税金資産
        賞与引当金                                   115,873              102,423
        棚卸資産                                   199,174              262,070
        退職給付引当金                                  1,015,277               946,761
        工事損失引当金                                   36,696              23,240
        資産除去債務                                   25,926              26,134
        税務上の繰越欠損金                                   562,363              937,153
        その他                                   106,610              104,584
       繰延税金資産小計
                                      2,061,921              2,402,369
        税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                                  △562,363              △937,153
        将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                                 △1,197,461              △1,190,242
       評価性引当額小計
                                     △1,759,824              △2,127,395
       繰延税金資産合計
                                       302,097              274,973
       繰延税金負債
        その他有価証券評価差額金                                  △47,349              △42,130
       繰延税金資産の純額
                                       254,748              232,843
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

        主な項目別の内訳
                                    前事業年度
                                                   当事業年度
                                  (2021年3月31日)
                                                 (2022年3月31日)
                                        (%)
       法定実効税率                                   30.6
       (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目                                    0.5
                                               税引前当期純損失を計上し
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                       △39.8
                                               ているため、記載を省略し
        住民税均等割等                                    4.8
                                               ております。
                                         -
        試験研究費にかかる税額控除
        評価性引当額の増減                                   △5.6
        その他                                    1.4
       税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                       △8.1
         (企業結合等関係)

           該当事項はありません。
         (収益認識関係)

           顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関
          係)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                82/92





                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
                                                       減価償却
       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                       累計額
     有形固定資産      建物              397,592      548,932        -     51,751      894,773     2,010,413
           構築物               5,994      52,663        -     3,389      55,268      166,708
           機械及び装置
                         73,974      27,308        0    36,850      64,432      700,404
           車両運搬具
                            0      -      -      -       0     9,704
           工具、器具及び備品              273,126      124,439        422     153,730      243,413     2,444,553
           土地              488,143        -     1,739        -    486,404        -
           リース資産              61,632        -      -     14,052      47,580      22,570
           建設仮勘定              303,175       51,733      239,769        -    115,139        -
                計        1,603,640       805,077      241,931      259,773     1,907,012      5,354,354
     無形固定資産      ソフトウエア              179,857       95,391        -     75,365      199,883      260,822
           その他
                         120,741      212,549       18,665        -    314,626        -
                計
                         300,599      307,941       18,665      75,365      514,509      260,822
     (注)1.当期増加額のうち、主なものは次のとおりであります。
           建物(水沢製作所新工場棟等)
           工具、器具及び備品(試験装置、計測器、金型、コンピュータ機器等)
           その他(社内基幹情報システム更新等)
         2.当期減少額のうち、主なものは次のとおりであります。
           建設仮勘定(水沢製作所新工場棟等)
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
         区分          当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
      貸倒引当金                  1,212            699          1,212            699
      賞与引当金                 378,920           334,936           378,920           334,936
      工事損失引当金                 120,000            58,000           102,000            76,000
     (注) 貸倒引当金の「当期減少額」は、洗替による戻入1,212千円であります。
      (2)  【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)  【その他】

          該当事項はありません。
                                83/92







                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中
      基準日                  3月31日
                        9月30日
      剰余金の配当の基準日
                        3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り
                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                         三菱UFJ信託銀行株式会社
       取次所                              ―――――――
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額
                        電子公告により行います。ただし、やむを得ない事由により電子公告をす
      公告掲載方法                 ることができないときは、日本経済新聞に掲載して行います。
                        公告掲載URL http://www.ooi.co.jp
      株主に対する特典                  ありません。
     (注) 当社定款の定めにより、単元未満株式を有する株主は、その有する単元未満株式について、以下の権利以外の
         権利を行使することができません。
         (1)  会社法第189条第2項各号に掲げる権利
         (2)  取得請求権付株式の取得を請求する権利
         (3)  募集株式または募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                84/92












                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

     当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
     (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第97期)(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)2021年6月25日関東財務局長に提出
     (2)  内部統制報告書及びその添付書類
        2021年6月25日関東財務局長に提出
     (3)  四半期報告書及び確認書
        (第98期第1四半期)(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)2021年8月6日関東財務局長に提出
        (第98期第2四半期)(自 2021年7月1日 至 2021年9月30日)2021年11月5日関東財務局長に提出
        (第98期第3四半期)(自 2021年10月1日 至 2021年12月31日)2022年2月10日関東財務局長に提出
     (4)  臨時報告書
        2021年11月15日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(提出会社の主要株主の異動)に基づく臨時報告書で
         あります。
        2022年2月17日関東財務局長に提出
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(臨時株主総会における議決権行使の結果)に基
         づく臨時報告書であります。
     (5)  有価証券報告書の訂正報告書及び確認書
        2021年11月15日関東財務局長に提出
          事業年度(第97期)(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)の有価証券報告書に係る訂正報告書及び確
         認書であります。
                                85/92












                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                86/92




















                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2022年6月30日

    大井電気株式会社
       取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             東京事務所
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              須山 誠一郎
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              松尾 絹代
                             業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる大井電気株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借対
    照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務諸
    表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、大井
    電気株式会社及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成績及び
    キャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
    たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                87/92








                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     大井電気株式会社における棚卸資産の評価
        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応
      大井電気株式会社の当連結会計年度の連結貸借対照表に                             当監査法人は、大井電気株式会社における棚卸資産の評
     計上されている商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品                            価を検討するため、主に以下の監査手続を実施した。
     の合計金額6,592,491千円には、大井電気株式会社の保有                            ・棚卸資産の評価に関連する内部統制の整備及び運用状況
     する棚卸資産6,144,738千円が含まれており、連結総資産                            の有効性を評価した。
     の28.2%を占めている。また、              注記事項(重要な会計上の             ・経営者の採用する滞留在庫について入庫からの期間で段
     見積り)    に記載のとおり、棚卸資産評価損417,255千円                        階的に評価損率を乗じて帳簿価額を切下げる方法の適切性
     が、連結損益計算書の売上原価に計上されており、大井電                            について検討するために、過年度における滞留在庫につい
     気株式会社の棚卸資産評価損412,538千円が含まれてい                            て、当連結会計年度の払出の実績を検討した。
     る。                            ・経営者の採用する過剰在庫について処分見込価額まで段
      注記事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な                           階的に帳簿価額を切下げる方法の適切性について検討する
     事項) 4.(1)ロ.棚卸資産及び(重要な会計上の見積                            ために、過年度における過剰在庫について、当連結会計年
     り)  に記載のとおり、棚卸資産の貸借対照表価額は収益性                          度の払出の推移を検討した。
     の低下に基づく簿価切下げの方法により算定しており、取                            ・当監査法人のネットワークファームのIT専門家を関与
     得原価と連結会計年度末における正味売却価額のいずれか                            させ、滞留在庫や過剰在庫の判定根拠となる払出実績のな
     低い方の金額で評価されている。また、入庫から一定期間                            い期間や払出数量のデータの正確性及び会社の保有する棚
     を経過した滞留在庫については、品質管理上の懸念が発生                            卸資産が網羅的に判定対象とされていることを確かめると
     する可能性が高くなることから、入庫からの期間で逓減的                            ともに、棚卸資産評価損の算定において評価損率が正しく
     に価値が下落していくと見なし、段階的に評価損率を乗じ                            設定されていることを検討した。
     て帳簿価額を切下げている。さらに、想定した営業循環過                            ・棚卸資産の収益性の低下による簿価切下げ額の計算の正
     程から外れた過剰在庫については、数量に応じて段階的に                            確性を検討するため、棚卸資産評価損の計算結果について
     評価損率を乗じて処分見込価額まで帳簿価額を切下げてい                            再計算を実施した。
     る。
      棚卸資産評価損の金額は、段階的に設定された評価損率
     に影響を受けるが、当該評価損率は市場の変化等によって
     見直しが必要となる場合がある。
      棚卸資産の評価における滞留在庫や過剰在庫の識別や当
     該評価損率の見積は不確実性を伴い経営者の重要な判断を
     必要とすることから、当監査法人は、当該事項を監査上
     の主要な検討事項に該当するものと判断した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任は、その
    他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記
    載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容
    と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのよ
    うな重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
    うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
    必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                88/92


                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
    連結財務諸表監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
    ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
    意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
     の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
     付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
     て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
     ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
     どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
     引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
     手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
     に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要な
    不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止され
    ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると
    合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、大井電気株式の2022年3月31
    日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、大井電気株式会社が2022年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記の内部
    統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、財務報告
    に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統制
    監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適
    切な監査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に
    係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
                                89/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
    内部統制監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかについ
    て合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することにあ
    る。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適
     用される。
    ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内部
     統制報告書の表示を検討する。
    ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任
     を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別した
    内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項について報
    告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以  上
     (注)1.上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

        2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                90/92










                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2022年6月30日

    大井電気株式会社
       取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             東京事務所
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              須山 誠一郎
                             業務執行社員
                             指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              松尾 絹代
                             業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる大井電気株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第98期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
    損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、大井電気
    株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適
    正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     棚卸資産の評価
      大井電気株式会社の当事業年度の貸借対照表に計上されている製品、半製品、材料、仕掛品、貯蔵品の合計金額は
     6,144,738千円であり、総資産の40.9%を占めている。また、                            注記事項(重要な会計上の見積り)                に記載のとおり、棚
     卸資産評価損412,538千円が損益計算書の売上原価に計上されている。関連する開示は、注記事項(重要な会計上の見
     積り)に含まれている。
      当該事項について、監査人が監査上の主要な検討事項と決定した理由及び監査上の対応は、連結財務諸表の監査報告
     書に記載されている監査上の主要な検討事項と同一内容であるため、記載を省略している。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書以
    外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査等委員会の責任は、その
    他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載内
    容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と財
    務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような重要
    な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
                                91/92



                                                          EDINET提出書類
                                                       大井電気株式会社(E01859)
                                                           有価証券報告書
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告す
    ることが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
     立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
     査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
     施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
     関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
     継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
     る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
     起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
 &