株式会社帝国電機製作所 有価証券報告書 第118期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第118期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社帝国電機製作所
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2022年6月30日
     【事業年度】                   第118期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                   株式会社帝国電機製作所
     【英訳名】                   TEIKOKU    ELECTRIC     MFG.CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長執行役員  頃安 義弘
     【本店の所在の場所】                   兵庫県たつの市新宮町平野60番地
     【電話番号】                   0791-75-0411(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役常務執行役員総務本部長  村田 潔
     【最寄りの連絡場所】                   兵庫県たつの市新宮町平野60番地
     【電話番号】                   0791-75-0411(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役常務執行役員総務本部長  村田 潔
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/108













                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
    1【主要な経営指標等の推移】
    (1)連結経営指標等
             回次             第114期       第115期       第116期       第117期       第118期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                         20,789,424       22,264,576       23,576,096       19,910,021       22,244,497
     売上高               (千円)
                         2,341,448       2,225,933       3,829,016       2,513,427       2,953,749
     経常利益               (千円)
     親会社株主に帰属する当期純
                         1,496,411       1,016,514       3,155,250       2,324,628       1,987,699
                    (千円)
     利益
                         1,647,981        461,610      2,899,030       2,605,763       2,959,522
     包括利益               (千円)
                         24,816,513       24,814,588       27,051,009       28,834,917       30,291,067
     純資産額               (千円)
                         33,006,246       34,310,406       34,777,850       35,631,857       39,001,124
     総資産額               (千円)
                          1,252.18       1,249.86       1,367.80       1,459.79       1,579.60
     1株当たり純資産額               (円)
                           74.61       51.44       159.85       118.08       103.29
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益
                            74.9       72.0       77.4       80.5       77.0
     自己資本比率               (%)
                            6.1       4.1       12.2        8.4       6.8
     自己資本利益率               (%)
                           20.94       21.85        8.21       11.20       15.24
     株価収益率               (倍)
     営業活動によるキャッシュ・
                         3,406,938       1,395,139       3,472,331       3,589,583       3,766,624
                    (千円)
     フロー
     投資活動によるキャッシュ・
                    (千円)     △ 2,676,713       △ 830,751     △ 1,260,187       △ 275,407     △ 1,474,924
     フロー
     財務活動によるキャッシュ・
                    (千円)     △ 1,346,845       △ 786,530      △ 690,037     △ 1,106,277      △ 1,651,878
     フロー
     現金及び現金同等物の期末残
                         8,484,603       8,158,575       9,569,763       11,810,351       13,036,366
                    (千円)
     高
                           1,277       1,291       1,296       1,267       1,273
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                       [ 98 ]     [ 127  ]     [ 112  ]      [ 95 ]     [ 110  ]
     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適
           用しており、当連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等
           となっております。
                                  2/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (2)提出会社の経営指標等
             回次             第114期       第115期       第116期       第117期       第118期
            決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

                         10,273,047       10,737,158       11,326,183        9,591,760       10,090,806
     売上高               (千円)
                         1,472,977       1,564,403       1,894,494       1,387,846       1,422,338
     経常利益               (千円)
                         1,202,457       1,286,231       1,464,514       1,063,430       1,094,666
     当期純利益               (千円)
                         3,118,118       3,123,490       3,123,490       3,132,976       3,143,675
     資本金               (千円)
                         20,400,138       20,408,138       20,408,138       20,423,438       20,440,038
     発行済株式総数               (株)
                         19,920,418       20,408,416       21,113,687       21,573,633       21,110,877
     純資産額               (千円)
                         23,323,354       23,510,787       23,722,698       23,766,415       23,774,444
     総資産額               (千円)
                          1,008.39       1,032.68       1,072.99       1,098.52       1,110.86
     1株当たり純資産額               (円)
                            20.00       24.00       36.00       36.00       50.00
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                            ( 8.00  )    ( 12.00   )    ( 15.00   )    ( 18.00   )    ( 18.00   )
     額)
                            59.95       65.09       74.20       54.02       56.88
     1株当たり当期純利益               (円)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -       -
     期純利益
                            85.4       86.8       89.0       90.8       88.8
     自己資本比率               (%)
                             6.1       6.4       7.1       5.0       5.1
     自己資本利益率               (%)
                            26.05       17.27       17.70       24.47       27.67
     株価収益率               (倍)
                            33.4       36.9       48.5       66.6       87.9
     配当性向               (%)
                             310       311       319       318       321
     従業員数
                    (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                        [ 13 ]      [ 13 ]      [ 14 ]      [ 19 ]      [ 17 ]
                            142.7       105.3       125.6       129.7       156.9
     株主総利回り               (%)
     (比較指標:配当込みTOPIX)               (%)       ( 115.8   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
     最高株価               (円)       1,748       1,795       1,607       1,407       1,592

     最低株価               (円)        966      1,082        896      1,009       1,194

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用し
           ており、当事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となってお
           ります。
                                  3/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
         3.株主総利回り及び比較指標の最近5年間の推移は以下のとおりであります。
         4.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。






                                  4/108















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    2【沿革】
        年月                            事項
      1939年9月       「鉄道保安装置の製作販売及び一般電気機械の製作販売」を事業目的として、大阪市北区に株式会
              社帝国電機製作所を設立
      1944年2月       事業拡大と戦時疎開のため、兵庫県揖保郡新宮町に工場を移転
      1960年4月       自社製品キャンドモータポンプの初号機が完成
      1961年4月       キャンドモータポンプの発売を開始
      1961年7月       兵庫県揖保郡新宮町(現在の本店所在地)に新たに新宮工場を竣工
      1962年4月       兵庫県揖保郡新宮町に㈱協和電機製作所(連結子会社)を設立
      1963年4月       テイコクかくはん機が完成、国内及び米、英、仏、西独に特許出願
      1963年12月       兵庫県佐用郡佐用町に㈱平福電機製作所(連結子会社)を設立
      1966年11月       兵庫県佐用郡上月町に上月電装㈱(連結子会社)を設立
      1968年12月       兵庫県揖保郡新宮町に㈱帝伸製作所(連結子会社)を設立
      1987年3月       新宮工場が「高圧ガス製造設備認定事業所」として認可を受ける
      1991年11月       米国デラウェア州ドバー市にTEIKOKU                 USA  INC.(連結子会社)を設立
      1994年12月       中国遼寧省大連市に大連キャンドモータポンプ廠との合弁会社大連帝国キャンドモータポンプ有限
              公司(連結子会社)を設立
      1996年5月       国際品質保証規格「ISO9001」の認証を取得
      1999年1月       台湾台北市に台湾帝国ポンプ有限公司(連結子会社)を設立
      1999年3月       シンガポールにTEIKOKU           SOUTH   ASIA   PTE  LTD.(連結子会社)を設立
      1999年5月       大阪証券取引所市場第二部に株式を上場
      2001年3月       国際環境管理規格「ISO14001」の認証を取得
      2001年11月       合弁会社であった大連帝国キャンドモータポンプ有限公司を完全子会社化
      2002年8月       ドイツデュッセルドルフ市にTEIKOKU                 ELECTRIC     GmbH(連結子会社)を設立
      2003年2月       TEIKOKU    USA  INC.が米国のCRANE         PUMPS   & SYSTEMS    INC.からケミポンプ事業部を買収
      2005年2月       東京証券取引所市場第二部に株式を上場
      2005年10月       韓国ソウル特別市にTEIKOKU             KOREA   CO.,LTD.(連結子会社)を設立
      2006年9月       東京証券取引所市場第一部に指定
      2007年2月       大阪証券取引所市場第一部に指定
              中国江蘇省無錫市に無錫大帝キャンドモータポンプ修理有限公司(連結子会社)を設立
      2009年2月
      2009年6月       中国山東省済南市に済南大帝キャンドモータポンプ修理有限公司(連結子会社)を設立
      2010年5月       TEIKOKU    USA  INC.が米国のTEXAS         PROCESS    EQUIPMENT     COMPANY社のキャンドモータポンプ修理サー
              ビス事業部を買収
      2013年8月       兵庫県たつの市に光都工場を竣工
              中国四川省成都市に成都大帝キャンドモータポンプ修理有限公司(連結子会社)を設立
      2013年12月
      2017年4月       インドのHYDRODYNE(INDIA)PVT.LTD.(現:HYDRODYNE                         TEIKOKU(INDIA)PVT.LTD.)の株式を取得し子
              会社化
      2017年4月       兵庫県たつの市に本社新工場を竣工
              中国遼寧省大連市に大連大帝キャンドモータポンプ修理有限公司(連結子会社)を設立
      2019年9月
      2020年3月       済南大帝キャンドモータポンプ修理有限公司を清算
      2020年7月       成都大帝キャンドモータポンプ修理有限公司を清算
      2020年12月       無錫大帝キャンドモータポンプ修理有限公司を清算
              東京証券取引所の市場区分の見直しにより、東京証券取引所の市場第一部からプライム市場に移行
      2022年4月
                                  5/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    3【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社及び子会社12社により構成されており、キャンドモータポンプ、
     定量ポンプ及びその他ポンプを主な製品とする「ポンプ事業」、自動車用電装品及び産業機器用基板を主な製品とする
     「電子部品事業」及び特殊機器を主な製品とする「その他」を主な内容として事業活動を展開しております。
      当社グループの事業内容と、子会社の当該事業に係る位置づけは、次のとおりであります。
      なお、下記の事業区分は、「第5 経理の状況 1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグ
     メントと同一であります。
      また、当社には親会社等はありません。
       事業区分               主要製品                  当該事業に係る各社の位置づけ
     ポンプ事業

                                    子会社である株式会社協和電機製作所、株式会社帝
                                   伸製作所及び上月電装株式会社を外注加工先として、
                                   当社が製品を製造し、国内及び一部海外での販売及び
               ケミカル機器キャンドモータポンプ
                                   アフターサービスを行っております。
               高圧ガス機器キャンドモータポンプ
       キャンドモータ
                                    当社製品の海外での販売及びアフターサービスは、
               冷凍機・空調機器キャンドモータポンプ
       ポンプ
                                   台湾では子会社である台湾帝国ポンプ有限公司が、シ
               半導体機器キャンドモータポンプ
                                   ンガポールでは子会社であるTEIKOKU                 SOUTH   ASIA   PTE
               電力関連機器キャンドモータポンプ
                                   LTD.が、韓国では子会社であるTEIKOKU                  KOREA
                                   CO.,LTD.が、ヨーロッパでは子会社であるTEIKOKU
                                   ELECTRIC     GmbHがそれぞれ行っており、その他の地域
               ケミカル機器定量ポンプ
                                   では当社が直接販売しております。
               高圧ガス機器定量ポンプ
       定量ポンプ
                                    米国では子会社であるTEIKOKU               USA  INC.が、中国で
               半導体機器定量ポンプ
                                   は子会社である大連帝国キャンドモータポンプ有限公
               発泡装置用定量ポンプ
                                   司他1社が、インドでは子会社であるHYDRODYNE
                                   TEIKOKU(INDIA)PVT.LTD.がそれぞれ製品の製造、販売
               電力関連機器ポンプ
                                   及びアフターサービスを行っておりますが、一部の製
       その他ポンプ
               その他ポンプ
                                   品は当社から仕入れております。
     電子部品事業

                                    子会社である株式会社平福電機製作所が製造し、主
               コントロールユニット
       自動車用電装品                            要取引先である三菱電機株式会社に販売しておりま
               カーエレクトロニクス
                                   す。
       産業機器用基板        シーケンサ用基板
     その他

                                    子会社である株式会社協和電機製作所及び上月電装
                                   株式会社が製造し、当社が製品の販売を行っておりま
       特殊機器        昇降機他
                                   す。
                                  6/108









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      さらに、当社グループの事業系統図は次のとおりであり、図中では前表のキャンドモータポンプ、定量ポンプ及びそ
     の他ポンプを一括し、「モータポンプ」として表示しております。
                                  7/108




















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    4【関係会社の状況】
     (1)連結子会社
                                            関係内容
                             子会社
                             の議決
                                 役員の兼任
                  資本金     主要な事業      権に対
       名称      住所
                  (千円)     の内容      する所
                                                   設備の賃
                                        資金援助     営業上の取引            その他
                                 当社   当社従
                             有割合
                                                   貸借
                                 役員   業員
                             (%)
                                (人)   (人)
                                            当社がモータ
     ㈱協和電機製       兵庫県養父            ポンプ事業                                 当社が経
                    10,000          100.0     3   2   -    ポンプ及び特        -
     作所       市            その他                                 営指導
                                            殊機器を購入
                                            当社がモータ
            兵庫県たつ            ポンプ事業                当社が長・            当社が土地     当社が経
     上月電装㈱               10,000          100.0     3   2       ポンプ及び特
            の市            その他                短期貸付            等を賃貸借     営指導
                                            殊機器を購入
                                                   当社が土
            兵庫県たつ                                 当社がモータ           当社が経
     ㈱帝伸製作所                  ポンプ事業                            地・設備を
                    10,000          100.0     3   2   -
            の市                                 ポンプを購入           営指導
                                                   賃貸
     ㈱平福電機製       兵庫県揖保            電子部品事                当社が長・            当社が土地     当社が経
                    20,000          100.0     2   2         -
     作所       郡太子町            業                短期貸付            を賃貸     営指導
                                            当社のモータ
            米国テキサ
     TEIKOKU   USA
                   千米ドル                          ポンプを販売
            ス州ヒュー            ポンプ事業
                             100.0     3   -    -           -     -
                    5,800                        及び当社が原
     INC.
            ストン市
                                            材料を購入
                   千人民元
     大連帝国キャ                                  当社が借入                 当社が生
            中国遼寧省                                 当社のモータ
     ンドモータポ               51,000   ポンプ事業                金に対して                 産ノウハ
                             100.0     2   3               -
            大連市                                 ポンプを販売
     ンプ有限公司               (注)2                    債務保証                 ウを提供
     台湾帝国ポン             千台湾ドル           100.0               当社のモータ
            台湾台北市            ポンプ事業
                                  -    1   -            -     -
     プ有限公司               26,500         (100.0)                ポンプを販売
                                       当社が取引
     TEIKOKU
                   千シンガ
            シンガポー                            先に対して     当社のモータ
     SOUTH   ASIA
                  ポールドル     ポンプ事業      100.0     3   -               -     -
            ル                            契約履行保     ポンプを販売
     PTE  LTD.              142
                                       証
                                       当社が取引
            ドイツ       千ユーロ
     TEIKOKU
                                       先に対して     当社のモータ
            デュッセル         950  ポンプ事業      100.0     3   -               -     -
     ELECTRIC    GmbH
                                       契約履行保     ポンプを販売
            ドルフ市
                    (注)2
                                       証
     TEIKOKU   KOREA
            韓国ソウル     千韓国ウォン                           当社のモータ
                       ポンプ事業      100.0     3   1   -            -     -
            特別市        400,000                         ポンプを販売
     CO.,LTD.
                                       当社が取引
     HYDRODYNE
                                       先に対して
     TEIKOKU            千インドルピー
            インドタネ                                 当社のモータ
                       ポンプ事業      51.0     3   1 契約履行保             -     -
     (INDIA)       市         102                        ポンプを販売
                                       証、資金の
     PVT.LTD.
                                       貸付
     その他1社
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.大連帝国キャンドモータポンプ有限公司及びTEIKOKU                           ELECTRIC     GmbHについては、出資金であります。
         3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。
         4.上月電装㈱、㈱帝伸製作所、TEIKOKU                   USA  INC.及び大連帝国キャンドモータポンプ有限公司は、特定子会社
           に該当します。
         5.上記子会社には、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
         6.TEIKOKU      USA  INC.及び大連帝国キャンドモータポンプ有限公司は、売上高(連結会社相互間の内部売上高を
           除く。)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
           TEIKOKU    USA  INC.の売上高は4,582,787千円、経常利益は400,322千円、当期純利益は308,978千円、純資産
           額は2,544,742千円及び総資産額は3,981,171千円であります。
           大連帝国キャンドモータポンプ有限公司の売上高は6,634,299千円、経常利益は1,066,282千円、当期純利益
           は922,298千円、純資産額は5,657,918千円及び総資産額は9,099,978千円であります。
     (2)持分法適用関連会社

       該当事項はありません。
     (3)その他の関係会社

       該当事項はありません。
                                  8/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    5【従業員の状況】
     (1)連結会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  988
      ポンプ事業                                               ( 47 )
                                                  183
      電子部品事業                                               ( 49 )
                                                 1,171
       報告セグメント計                                              ( 96 )
                                                   7
      その他                                               ( 1 )
                                                  95
      全社(共通)                                               ( 13 )
                                                 1,273
                 合計                                   ( 110  )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社グループ外から当社グループへの出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(パー
           トタイマー、嘱託等を含む)は( )内に外数で記載しております。
         2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
     (2)提出会社の状況

                                                  2022年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)

           321               38.9              15.7            6,249,004

                ( 17 )
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                  291
      ポンプ事業                                               ( 12 )
      電子部品事業                                             -  ( -)

                                                  291
       報告セグメント計                                              ( 12 )
      その他                                             -  ( -)

                                                  30
      全社(共通)                                               ( 5 )
                                                  321
                 合計                                   ( 17 )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、嘱託等を含む)は( )内に外数で記載しております。
         2.平均年齢、平均勤続年数及び平均年間給与には、社外への出向者19名を含み、嘱託17名は含んでおりませ
           ん。
         3.平均年間給与は、税込支払給与額であり、諸手当及び賞与を含んでおります。
         4.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
     (3)労働組合の状況

       当社及び一部の連結子会社において労働組合が組織されております。
       当社の労働組合は、帝国電機労働組合と称し、1947年11月に結成され、2022年3月31日現在の組合員数は、277名
      であります。
       労使関係は安定し、円満に推移しております。
                                  9/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     第2【事業の状況】
    1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)経営方針

        当社グループは、創業以来の社是である「みんなで良くなろう」「誠実に事に当たろう」「積極的にやろう」の
      下、存在意義や目指していく方向性を示す経営理念、及び経営理念を実現していくための行動指針を策定しておりま
      す。
        社是・経営理念・行動指針に沿って、人々の暮らしや持続可能な社会の実現に役立つ、安心・安全な製品づくりに
      こだわり、顧客、株主、地域の人々、従業員等、当社グループに関わる全ての人々に幸せを感じていただくことを目
      指して事業活動を行うことを経営の基本とし、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値向上を目指してま
      いります。
        〔経営理念〕
         「私たちは事業活動を通じて人の心を豊かにするとともに、持続可能な社会の実現に貢献します。」
        〔行動指針〕
         「私たちは一人ひとりの個性と人権を尊重し、公正で明るく働きがいのある職場づくりを追求します。」
         「私たちはコンプライアンスを徹底し、合理的判断に基づき行動します。」
         「私たちは自ら考え、何事にも前向きに挑戦します。」
         「私たちは未来の地球に役立つ安全・安心な製品づくりを極めていきます。」
     (2)経営戦略等

        当社グループは、経済のボーダレス化・企業活動のグローバル化が進行する中、持てる経営資源(人・物・金・情
      報)を積極活用し、スピードある技術・営業・生産・管理・サービス・物流のイノベーションを断行してまいりま
      す。また、連結経営強化の観点から子会社を含めた事業の効率向上と一層の連携強化に努めてまいります。さらに、
      完全無漏洩構造の「キャンドモータポンプ技術」をコアとし、技術集約型企業グループとして、「未来の地球に役立
      つ安全・安心な製品づくり」をベースに事業領域を拡大しながら、激変する事業環境に対処するため、景気変動に強
      い企業体質づくりを目指し、成長を図る施策を展開してまいります。
        なお、当社グループは2021年度を初年度とする3ヶ年の中期経営計画(2022年3月期~2024年3月期)を策定いた
      しました。この3ヶ年におけるビジョンを「すべてのステークホルダーの満足度向上」とし、売上高258億円、営業
      利益32億円、ROE8%の業績目標を目指すとともに、ESGも積極的に推進してまいります。
        新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、業績への影響は軽微でありますが、新型コロナウイルス感染症
      の感染拡大によって浮き彫りとなった課題やリスク、対応策について、「1〔経営方針、経営環境及び対処すべき課
      題等〕 (5)      優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題」及び「2〔事業等のリスク〕 (2)                                      個別のリスク」に記
      載しております。
     (3)経営環境

        当社は、1960年に独自技術でキャンドモータポンプを開発し、その後、長年に亘り顧客ニーズに応えながら実績を
      積み上げ、設計・生産技術等を蓄積してまいりました。
        キャンドモータポンプは、完全無漏洩という特性から、石油化学プラント等の安全性が最優先される現場で使用さ
      れることが多く、そのような現場で採用されるためには、過去の実績に裏付けられた信頼が重要であります。キャン
      ドモータポンプ市場においては、世界に複数の競合が存在し、近年では新興企業も出現しておりますが、当社には長
      年に亘るリーディングカンパニーとしての信頼・実績と豊富な経験から培われた技術・ノウハウがあることに加え、
      きめ細かい迅速な対応やサービス体制を構築していること等により、顧客が安心して当社ポンプを使用していただけ
      るところに当社の競争優位性があります。
        また、石油化学業界においては、世界的な脱炭素の流れを受け、化石燃料からのエネルギー転換等、CO₂排出ゼロ
      に向けた取り組みが加速しております。そのような中で、当社のキャンドモータポンプは脱炭素に関連する設備にも
      対応することが可能であり、市場の裾野を広げる新たなチャンスと捉えております。
        今後も「キャンドモータポンプ技術」をコアとしつつ、収益基盤の拡大も図りながら事業を展開してまいります。
                                 10/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
        当社グループは、成長を続けるために、世界各地においてキャンドモータポンプの市場開拓・拡大を図り、積極的
      な海外戦略を展開しております。また一方、景気動向により売上高が変動する中でも、適正利益を生み出せる強靭な
      経営体質を実現したいと考えております。
        重要な経営指標(連結)として、収益体質の強化、資本効率向上を目指し、2024年3月期に売上高258億円、営業
      利益32億円、ROE8%を目標としております。
     (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        当社グループは更なる企業価値向上のために次の点に注力いたします。
      ①強固な企業体質の構築による収益力強化
        国内外の景気動向等経営環境の変化に左右されない強固な企業体質を構築し、収益力を強化するために、顧客ニー
      ズに合った技術開発の促進や、より一層の品質の向上に努めるとともに、グローバルな生産・販売・サービス体制を
      より一層強化してまいります。加えて、設計・製造段階における原価低減や販管費等のコスト削減に努めてまいりま
      す。
      ②人材育成
        会社が存続し持続的に発展していくために、人材育成は最重要課題の1つであります。多様な人材の採用、育成を
      計画的・継続的に推進し、人材に投資していくとともに、能力に応じた活躍の場の提供、働き方改革推進等、従業員
      が働きやすい職場環境の整備をあわせて進めてまいります。
      ③ESGの積極的推進
        会社の持続的な成長と社会のサステナビリティへの貢献の両立を推進してまいります。
        当社の主力製品であるキャンドモータポンプは、完全無漏洩構造であることから、環境負荷の高い液体を漏らすこ
      となく移送することが可能であります。このポンプを世界中に拡販していくことが当社のミッションであり、事業を
      通じて地球環境や世界の人々の安全に貢献してまいります。また、社内においてもCO₂削減、ダイバーシティ推進に
      加え、コンプライアンス強化をはじめとしたコーポレート・ガバナンスの強化に継続して取り組む等、ESGの各分
      野に適切に対応してまいります。
      ④新型コロナウイルスに対する取り組み
        新型コロナウイルス感染症の収束がいまだ見通せない中、各国の対応状況は変化しつつあるものの、引き続きこの
      対策は当社事業の課題となっております。基本的な感染対策(マスク着用、消毒等)の徹底、テレワークでの勤務や
      時差出勤に加え、各種会議のオンラインでの実施、お客様との電話・TV会議を通じた打合せ等、感染防止に最大限
      留意しつつ政府方針や社会動向を注視のうえ、適宜適切な対応をとりながら業務を推進してまいります。
                                 11/108











                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
        下記は、上記対処すべき課題を踏まえた当社の中期的な取組みであります。
        なお、当社製品の性能試験に係る不適切行為の再発防止策として、2022年2月2日に開示した「当社製品の性能試









      験に係る不適切行為について(開示事項の経過)」のとおり、コンプライアンス意識向上、キャンドモータポンプの
      一部の機種の性能試験における作業手順の文書化、性能試験設備の改善、品質管理体制の強化を実施しております。
      二度とこのようなことが発生しないよう今後も継続してコンプライアンスの強化に努めてまいります。
        コンプライアンス意識向上への取組みについては、当連結会計年度において、当社及び国内子会社においてワーク
      ショップ形式によるコンプライアンス勉強会を実施したことに加え、2021年10月より当社及び国内子会社の各部門に
      おいて毎月コンプライアンス教育を実施する等、コンプライアンス意識の醸成を図っております。
                                 12/108










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    2【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。
      なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  リスク管理体制

        当社グループは、「リスク管理委員会」を設置しており、当該委員会でリスクの抽出、分析、評価、対応が行わ
      れ、取締役会に定期的に報告されております。具体的には、リスク管理委員会が各部門のリスクを抽出し、発生頻
      度、業績等への影響度に基づいてリスクの重要性を測定し、対応すべき重要項目を定め、その目標の達成度・進捗状
      況を点検しリスク軽減に努めています。取締役会は報告事項に対して必要に応じて適宜指示を行う等の監督を行って
      おり、リスク管理の精度を高めております。
     (2)  個別のリスク

       リスク項目
                       リスクの説明                       リスク対策
     (特に重要なリスク)
      事業環境          ・当社グループの連結売上高に占めるポンプ事                      ・当社グループは、景気の動向に左右され難い
                業の比率は、当連結会計年度は91.5%となっ                      強固な企業体質の構築に努めており、顧客志
                ておりますが、当該事業の主要な取引先であ                      向の研究開発や用途開発、品質向上、生産性
                る石油化学・化学業界の設備投資動向が当社                      向上、ブランド力強化等に取り組んでおりま
                グループの財政状態及び業績に影響を及ぼす                      す。また、製品の販売とともにメンテナンス
                可能性があります。特に脱炭素社会の進展に                      にも注力し、顧客の信頼性向上に努めており
                伴い、石油化学向けの設備投資が大幅に減少                      ます。加えて当社主力製品のキャンドモータ
                した場合、当社グループの財政状態及び業績                      ポンプに次ぐ第二の収益の柱として定量ポン
                に影響を及ぼす可能性があります。                      プを育成する等、収益基盤の拡大にも努めて
                また、キャンドモータポンプの代替品や模造                      おります。
                品の出現、価格競争の激化等があった場合も                      当社グループの主要顧客である石油化学・化
                当社グループの財政状態及び業績に影響を及                      学業界は、脱炭素社会の進展に対応して製造
                ぼす可能性があります。                      工程の合理化や温室効果ガス削減に貢献する
                                       製品の開発等を進めており、これらに関連し
                                       た設備投資は当社グループにとっての機会で
                                       あると捉えております。当社グループは、こ
                                       の機会を積極的に取り込んでまいります。
      法的規制等          ・当社グループの事業は、通商、独占禁止、知                      ・当社グループは、グローバルにビジネスを展
                的財産、製造物責任、貿易及び外国為替管                      開していることから、各国の法的規制等につ
                理、環境・リサイクル関連等の法的規制を受                      いて現地法人や外部団体等を通じて常に最新
                けております。また、事業を展開する各国に                      情報を入手するように努めております。ま
                おいても各種許認可、関税、輸出入規制等の                      た、特別な対応が必要な場合は、社内にプロ
                様々な規制を受けております。これらの規制                      ジェクトチームを立ち上げる等、迅速な対応
                の変更や新規の規制により、当社グループの                      に努めております。これらの対応により規制
                事業活動が制限される可能性があります。さ                      変更等によるリスクの最小化を図っておりま
                らに、これらの規制に違反した場合、当社グ                      す。
                ループの業績及び財務状況、社会的信用等に
                影響を及ぼす可能性があります。
      人材確保・育成          ・技術集約型企業である当社グループの中長期                      ・顧客ニーズの高度化、事業のグローバル化が
                的な成長は、各従業員の力量に大きく依存し                      進んでいる中、当社グループは優秀な人材の
                ております。従って優秀な人材を計画通りに                      確保・育成を重点課題と位置付けておりま
                確保できなかったり、優秀な人材が社外に流                      す。広報・IR活動等による知名度の向上や
                出してしまったり、人材育成が思い通りにい                      働き方改革の推進による働きやすい職場づく
                かなかった場合は、当社の競争力が減退し、                      り、教育センター室設置による若手及び中堅
                当社グループの財政状態や業績に影響を及ぼ                      社員の技能育成強化、各人のキャリアデザイ
                す可能性があります。                      ンを実現するためのキャリアチャレンジ制度
                                       の充実等、優秀な人材を確保・育成していく
                                       ための取組みを推進しております。
                                 13/108


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
       リスク項目
                       リスクの説明                       リスク対策
     (特に重要なリスク)
      調達          ・当社グループが製造するモータポンプは、主                      ・当社グループでは、部品調達や外注加工等に
                にステンレス鋳物・棒材、銅線、鉄板、ベア                      おいて複数社購買やグローバル調達を推進し
                リング等の部材で構成されており、これら部                      ており、リスクの低減を図っております。
                材の価格変動や供給体制が当社グループの財
                政状態や業績に影響を及ぼす可能性がありま
                す。
      品質          ・当社グループが製造するモータポンプは顧客                      ・当社グループは、品質基本方針に基づき、法
                設備の中核をなす製品であり、品質の維持、                      令・規制要求事項を遵守することはもとよ
                向上は最も重要と考えております。製品の品                      り、顧客要求事項を達成して顧客の信頼を得
                質クレーム・トラブルが発生した場合、顧客                      るとともに、品質マネジメントシステムの有
                からの信用が失墜し、当社グループの財政状                      効性を改善することによって、社会に認めら
                態及び業績に影響を及ぼす可能性がありま                      れる製品づくりを行う責務があると認識して
                す。                      おります。近年、若手作業者の比率が上昇し
                                       ていることから、教育センター室を設置し、
                                       技能継承を推進するとともに、公的資格の取
                                       得を積極的に推進する等、技能向上・早期育
                                       成に努めております。
                                      ※当社の不適切な性能試験について

                                       当社製品の性能試験に係る不適切行為の再発
                                       防止策として、コンプライアンス教育強化、
                                       キャンドモータポンプの一部の機種の性能試
                                       験における作業手順の文書化、性能試験設備
                                       の改善、品質管理体制の強化を実施しており
                                       ます。
      納期          ・当社グループは、ポンプ事業において、顧客                      ・当社グループでは、これら問題を回避するた
                の個別ニーズに応じた受注生産をメインに                      めに多面的にボトルネックの解消に取り組ん
                行っております。顧客ニーズの高度化、短納                      でおります。また、若手作業者が増加してい
                期ニーズの増加等様々な要因により案件難易                      ることから、教育センター室を設置し、技能
                度は高まっており、個別対応が必要な案件も                      の継承や向上を図るとともに、生産管理方法
                増加しております。このような状況下で、設                      の改善、調達先拡充による部材調達、外注加
                計や手配のミス、それらに起因する納期遅延                      工のスピードアップ、検査設備の増強等改善
                が発生した場合、顧客からの信用が失墜し、                      に努めております。
                当社グループの財政状態及び業績に影響を及
                ぼす可能性があります。
      新型コロナウイルス          ・当社グループ内において、新型コロナウイル                      ・テレワークでの勤務や時差出勤に加え、取締
      感染症           ス感染者及び濃厚接触者が発生することによ                      役会を始めとした各種会議のオンラインでの
                り、業務推進に影響が出る可能性がありま                      実施、お客様との電話・TV会議を通じた打
                す。                      合せ等感染防止に最大限留意しながら、業務
                                       を推進しております。また、従業員が安心し
                                       てワクチン接種を受けられるよう、ワクチン
                                       休暇を導入する等、従業員の安全確保に努め
                                       ております。
      気候変動          ・当社グループの事業活動において、気候変動                      ・気候変動に関する「移行リスク」と「物理的
                に伴い温室効果ガス排出に関する規制等、脱                      リスク」の抽出・分析・評価を適切に行い、
                炭素経済への「移行に関するリスク」や洪水                      対応方針を決定しております。
                等の気候変動による「物理的変化に関するリ                      一方、脱炭素経済への移行は、当社にとって
                スク」が考えられ、それらが当社グループの                      リスクだけではなく、機会と認識しているこ
                財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があ                      とから、この機会を確実に捉えるべく事業活
                ります。                      動を推進してまいります。
                                 14/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
    (1)経営成績等の状況の概要
      当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下
     「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
      なお、当連結会計年度より、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適用して
     おります。
      詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項(会計方針の変更)」に記載のと
     おりであります。
     ①財政状態及び経営成績の状況

      当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、一進一退の状況が続いたもの
     の、経済活動は正常化に向かいつつあります。一方、世界的な需要回復によりサプライチェーンが逼迫する中、ロシア
     によるウクライナ侵攻という地政学リスクが顕在化し、さらなる資源価格の上昇をもたらす等、世界経済の先行き不透
     明な状況は続いております。
      このような状況下で、当社グループは、「すべてのステークホルダーの満足度向上」を中期ビジョンとして掲げ、
     3ヶ年の中期経営計画(2022年3月期~2024年3月期)を開始し、キャンドモータポンプの販売拡大に加え、業務改
     革、人材育成等に取り組んでまいりました。当社グループの主力となるポンプ事業については、中国や米国市場といっ
     た経済活動の再開が早い地域を中心に堅調に推移いたしました。一方で、電子部品事業においては、サプライチェーン
     逼迫等による自動車の減産の影響が続き、厳しい環境となりました。
      これらの結果、当連結会計年度の財政状態及び経営成績は以下のとおりとなりました。
     a.財政状態

      (資産)
        当連結会計年度末における流動資産は28,099百万円となり、前連結会計年度末に比べ3,214百万円増加いたしまし
      た。これは主に現金及び預金が1,865百万円増加したことによるものであります。固定資産は10,901百万円となり、
      前連結会計年度末に比べ154百万円増加いたしました。
        この結果、総資産は、39,001百万円となり、前連結会計年度末に比べ3,369百万円増加いたしました。
      (負債)

        当連結会計年度末における流動負債は7,368百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,651百万円増加いたしまし
      た。これは主に支払手形及び買掛金が287百万円、電子記録債務が589百万円増加したことによるものであります。固
      定負債は1,341百万円となり、前連結会計年度末に比べ261百万円増加いたしました。
        この結果、負債合計は、8,710百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,913百万円増加いたしました。
      (純資産)

        当連結会計年度末における純資産合計は30,291百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,456百万円増加いたしま
      した。これは主に利益剰余金が1,326百万円増加したことによるものであります。
        この結果、自己資本比率は77.0%(前連結会計年度末は80.5%)となりました。
                                 15/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     b.経営成績
      当社グループの当連結会計年度の売上高は22,244百万円(前期比11.7%増加)となりました。
      利益面につきましては、主にポンプ事業の中国市場における需要好調を背景とした売上の増加及び採算の改善等によ
     り営業利益は2,494百万円(同10.2%増)、為替差益154百万円の発生等により、経常利益は2,953百万円(同17.5%
     増)、親会社株主に帰属する当期純利益は1,987百万円(同14.5%減)となりました。
      なお、前期においては、中国の修理子会社の清算を行ったことに伴い、販売費及び一般管理費において391百万円、
     法人税等において469百万円の未払税金の取崩しを計上しております。
      セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

        ポンプ事業
        ポンプ事業は、主に中国市場においてケミカル機器キャンドモータポンプの売上が増加したこと等から堅調に推移
      しました。
        その結果、売上高は20,365百万円(前期比13.8%増)、連結売上高に占める割合は91.5%となりました。
        また、営業利益は、主に中国市場における売上の増加等により粗利率が改善したことから、2,443百万円(同9.2%
      増)となりました。
        電子部品事業

        電子部品事業は、部品不足等による生産停滞や収益認識基準変更の影響等により、売上高は1,528百万円(前期比
      3.5%減)、連結売上高に占める割合は6.9%となりました。
        一方、営業利益は、自動車減産や原材料価格の高騰により厳しい状況が続いているものの、製品単価の見直しを行
      い、当第4四半期において黒字化したことから、19百万円(前期は41百万円の営業損失)となりました。
        その他

        その他は、ブレーキモータの生産終了により、売上高は350百万円(前期比18.6%減)、連結売上高に占める割合
      は1.6%となりました。
        また、営業利益は、売上の減少及び粗利率の悪化により、32百万円(同52.2%減)となりました。
     ②キャッシュ・フローの状況

      当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、投資活動によるキャッシュ・フロー
     1,474百万円及び財務活動によるキャッシュ・フロー1,651百万円の資金支出があったものの、営業活動によるキャッ
     シュ・フロー3,766百万円の資金獲得により、前連結会計年度末に比べ1,226百万円増加し、13,036百万円となりまし
     た。
      当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動により獲得した資金は、3,766百万円(前連結会計年度は3,589百万円の獲得)となりました。これは、
      主として税金等調整前当期純利益2,932百万円の計上によるものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動に使用した資金は、1,474百万円(前連結会計年度は275百万円の使用)となりました。これは、主とし
      て有形固定資産の取得による支出898百万円の計上によるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動により使用した資金は、1,651百万円(前連結会計年度は1,106百万円の使用)となりました。これは、
      主として自己株式の取得による支出864百万円及び配当金の支払による支出698百万円によるものであります。
                                 16/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ③生産、受注及び販売の実績
     a.生産実績
      当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                  前期比(%)
      ポンプ事業                           21,329,172                     21.6

      電子部品事業                           1,528,325                    △3.5
      報告セグメント計                           22,857,498                     19.6

      その他                            240,605                  △25.0

             合計                   23,098,103                     18.8

     (注)金額は、販売価格によっております。
     b.受注実績

      当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
         セグメントの名称              受注高(千円)          前期比(%)         受注残高(千円)           前期比(%)
      ポンプ事業                   23,430,790             35.5       10,766,972             39.8

      電子部品事業                   1,541,805            △5.8         178,024            8.2
      報告セグメント計                   24,972,596             31.9       10,944,997             39.1

      その他                    322,373          △33.7         116,049          △19.4

            合計             25,294,969             30.3       11,061,046             38.1

     (注)金額は、販売価格によっております。
     c.販売実績

      当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
          セグメントの名称                    金額(千円)                  前期比(%)
      ポンプ事業                           20,365,794                     13.8

      電子部品事業                           1,528,316                    △3.5
      報告セグメント計                           21,894,110                     12.4

      その他                            350,386                  △18.6

             合計                   22,244,497                     11.7

     (注)主な販売先への販売実績及び総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
               相手先
                         金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)
          三菱電機株式会社                1,747,469            8.8      1,659,250            7.5

                                 17/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、有価証券報告書提出日現在において判断したものであります。
     ①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

      当連結会計年度における経営成績等の分析につきましては、「第2 事業の状況 3〔経営者による財政状態、経営
     成績及びキャッシュ・フローの状況の分析〕 (1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状況」に記載
     のとおりであります。
     ②キャッシュ・フローの状況の分析・検討並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

      当社グループの運転資金需要のうち主なものは、製造費、販売費及び一般管理費等の営業費用であります。投資を目
     的とした資金需要は、設備投資等によるものであります。
      当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。
      運転資金及び設備投資資金につきましては、自己資金及び金融機関からの借入を基本としております。
      なお、当連結会計年度末における借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は731百万円となっております。ま
     た、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は13,036百万円となっております。
     ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

      当社グループの連結財務諸表及び財務諸表は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠し
     て作成しております。その作成には、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額及び
     開示に影響を与える見積りを必要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断し
     ておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる場合があります。
                                 18/108













                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    4【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    5【研究開発活動】

      当社グループは、技術開発本部が中心となり研究開発活動に積極的に取り組んでおります。
      ポンプ事業分野では、長年培ってきた独自の技術を生かし、新市場向け製品、各国の様々な規格に対応した高付加
     価値製品、グローバルニーズに合致した製品の開発に加え、環境対応型ポンプの改良開発にも継続して取り組んでお
     ります。
      また、外部研究機関と連携し既存製品の機能及び効率の向上に関する基礎研究にも取り組んでおります。
      なお、電子部品事業及びその他の事業においては、特に研究開発に相当する活動は行っておりません。
      当連結会計年度における研究開発費の総額は                    642  百万円であります。
                                 19/108

















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     第3【設備の状況】
    1【設備投資等の概要】
      当社グループ(当社及び連結子会社)は、生産性の向上、品質の向上及びコスト削減を目的に総額                                             1,132   百万円の設
     備投資を行いました。
      ポンプ事業では、主に当社において技術開発センターの移設に461百万円を投資いたしました。
      電子部品事業では、主に子会社の平福電機製作所において生産ラインの効率化及び品質対応のためのリース資産に
     174百万円を投資いたしました。
      その他では、重要な設備投資は行っておりません。
      なお、上記の投資金額には、建設仮勘定を含めて記載しております。
    2【主要な設備の状況】

      当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)提出会社
                                                  (2022年3月31日現在)
                                     帳簿価額(千円)
        事業所名       セグメント                                         従業員数
                     設備の内容
                           建物及び     機械装置及      土地    リース
       (所在地)         の名称                                         (人)
                                               その他     合計
                           構築物     び運搬具     (面積㎡)      資産
     本社及び新宮工場、          ポンプ事業     会社統括業務

                                      849,711                   243
     光都工場          その他     ポンプ及び特      2,771,749      844,741           6,176    104,284    4,576,662
                                    (56,583.92)                     (13)
                全社    殊機器の製造
    (兵庫県たつの市)
     技術開発センター               ポンプの                                     18

               ポンプ事業
                            494,143      97,882       -     -   13,276    605,302
                    研究・開発
    (兵庫県たつの市)                                                     (1)
     東京サービス工場

                    ポンプの                  10,150
               ポンプ事業             171,263      12,503            -   1,204    195,122      6
    (埼玉県草加市)                保守・修理                 (355.00)
     福利厚生施設

                                      17,681
    (埼玉県草加市、千葉市            全社    社宅        11,134       -          -    -   28,815     -
                                      (460.17)
      美浜区・他)
     (2)国内子会社

                                                  (2022年3月31日現在)
                                     帳簿価額(千円)
        会社名       セグメント                                         従業員数
                     設備の内容
                           建物及び     機械装置及      土地    リース
                の名称
       (所在地)                                                 (人)
                                               その他     合計
                           構築物     び運搬具     (面積㎡)      資産
     ㈱協和電機製作所          ポンプ事業     ポンプ及び特                  25,866                   28
                            28,121     43,265            -    728    97,981
    (兵庫県養父市)           その他    殊機器の製造                 (7,507.30)                     (5)
     上月電装㈱          ポンプ事業     ポンプ及び特                 265,717                    40

                            193,739      81,378            -    802   541,638
                その他    殊機器の製造
    (兵庫県たつの市)                                (22,299.07)                     (11)
     ㈱帝伸製作所

                                      33,646                   47
               ポンプ事業     ポンプの製造        79,998     26,432            -   1,201    141,278
    (兵庫県たつの市)                                (5,431.20)                     (4)
                    自動車用電装
     ㈱平福電機製作所
               電子部品     品及び産業機                 598,707                   186
    (兵庫県揖保郡太子町、
                            375,023      16,761         204,085     22,829    1,217,407
                事業    器用基板の製
                                    (24,146.70)                     (49)
      兵庫県たつの市)
                    造
                                 20/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     (3)在外子会社
                                                  (2022年3月31日現在)
                                     帳簿価額(千円)
        会社名                                               従業員数
               セグメント
                     設備の内容
                           建物及び     機械装置及      土地    リース
       (所在地)         の名称                                        (人)
                                               その他     合計
                           構築物     び運搬具           資産
                                     (面積㎡)
     TEIKOKU   USA  INC.
                     ポンプの製造                 20,126                   119
               ポンプ事業             95,865     164,457            -   6,607    287,057
     (米国テキサス州
                      及び販売
                                     (9,840.00)                     (1)
     ヒューストン市・他)
     大連帝国キャンドモー
     タポンプ有限公司
                     ポンプの製造                                    397
               ポンプ事業            338,793     312,747        -    -   83,269    734,809
     (中国遼寧省大連市・                 及び販売                                    (9)
     他)
     TEIKOKU   SOUTH
                     ポンプの                                    11
      ASIA   PTE  LTD.      ポンプ事業              -   22,129       -   28,636    18,353     69,118
                      販売
                                                          (1)
     (シンガポール)
     TEIKOKU   ELECTRIC
                     ポンプの
      GmbH
               ポンプ事業              -     -      -   30,008     1,666    31,675      5
                      販売
     (ドイツデュッセルド
     ルフ市)
     TEIKOKU   KOREA
                     ポンプの
               ポンプ事業              244    4,472       -   9,403     996    15,115      7
      CO.,LTD.
                      販売
     (韓国ソウル特別市)
     HYDRODYNE    TEIKOKU
                     ポンプの製造                                    112
     (INDIA)   PVT.LTD.       ポンプ事業             56,553     55,958       -    -   11,452    123,965
                      及び販売
                                                         (13)
     (インドタネ市)
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品と建設仮勘定の合計であります。
         2.提出会社の設備には貸与中のものが375,861千円含まれており、その内訳は、建物及び構築物125,615千円、
           機械装置及び運搬具93,431千円、土地127,173千円、その他(工具、器具及び備品)29,640千円でありま
           す。
         3.従業員数は就業人員であり、各事業所外又は各会社外からの出向者を含み、各事業所外又は各会社外への出
           向者は含んでおりません。
           なお、嘱託及びパートタイマーは、臨時雇用者として( )内に外書で記載しております。
    3【設備の新設、除却等の計画】

      特記すべき重要な事項はありません。
                                 21/108










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】
    (1)【株式の総数等】
     ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          69,200,000

                  計                                69,200,000

     ②【発行済株式】

          事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)            上場金融商品取引所名又は登

      種類                                                内容
            (2022年3月31日)             (2022年6月30日)           録認可金融商品取引業協会名
                                    東京証券取引所

                20,440,038            20,440,038
     普通株式                               市場第一部(事業年度末現在)                単元株式数100株
                                    プライム市場(提出日現在)
                20,440,038            20,440,038

       計                                    -            -
    (2)【新株予約権等の状況】

     ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
     ②【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
     ③【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
    (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
                                 22/108










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                 (株)
     2018年7月27日
                   8,000     20,408,138          5,372     3,123,490         5,372     2,911,281
     (注)1
     2020年7月22日
                  15,300     20,423,438          9,486     3,132,976         9,486     2,920,767
     (注)2
     2021年7月28日
                  16,600     20,440,038         10,698      3,143,675         10,698      2,931,466
     (注)3
     (注)1.譲渡制限付株式報酬としての新株式発行
           発行価格  1,343円
           資本組入額  671円50銭
           割当先   取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)5名
        2.譲渡制限付株式報酬としての新株式発行
           発行価格  1,240円
           資本組入額  620円
           割当先   取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)5名
         3.譲渡制限付株式報酬としての新株式発行
           発行価格  1,289円
           資本組入額  644円50銭
           割当先   取締役(監査等委員である取締役及び社外取締役を除く。)5名
    (5)【所有者別状況】

                                                    2022年3月31日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
       区分                             外国法人等                   式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                          個人その他       計    (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -     17     18     96     82     26    10,051     10,290       -
     所有株式数
               -    30,326      2,367     31,614     64,398       26    75,623     204,354      4,638
     (単元)
     所有株式数の
               -    14.84      1.16     15.47     31.51      0.01     37.01     100.00       -
     割合(%)
     (注)自己株式1,435,876株は、「個人その他」に14,358単元及び「単元未満株式の状況」に76株を含めて記載してお
         ります。
                                 23/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (6)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                             所有株式数
           氏名又は名称                      住所                   総数に対する所有
                                             (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                              2,286         12.03
     三菱電機株式会社                  東京都千代田区丸の内2丁目7番3号
     日本マスタートラスト信託銀行株式会
                                              1,515         7.97
                       東京都港区浜松町2丁目11番3号
     社(信託口)
     GOLDMAN,SACHS&CO.REG
                       200  WEST   STREET    NEW  YORK,NY,USA
                                              1,443         7.59
     (常任代理人 ゴールドマン・サック
                       (東京都港区六本木6丁目10番1号)
     ス証券株式会社)
     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL           PLUMTREE     COURT,25     SHOE   LANE,LONDON      EC4A
                                              1,277         6.72
     (常任代理人 ゴールドマン・サック                  4AU,U.K.
     ス証券株式会社)                  (東京都港区六本木6丁目10番1号)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)     SUB  A/C
                       50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14
     NON  TREATY
                                               866        4.56
                       5NT,UK
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
                       (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     店)
                       1ST  FLOOR,SENATOR       HOUSE,85     QUEEN
     NIPPON    ACTIVE    VALUE   FUND   PLC
                                               689        3.63
                       VICTORIA     STREET,LONDON,EC4V          4AB
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
     店)
                       (東京都中央区日本橋3丁目11番1号)
     徳永   耕造                                       538        2.84
                       兵庫県たつの市
     刈田   耕太郎                                       453        2.38
                       兵庫県たつの市
                       BEAUFORT     HOUSE   EXETER    EX4  4EP  UNITED
     AVI  JAPAN   OPPORTUNITY      TRUST   PLC
                                               436        2.29
                       KINGDOM
     (常任代理人 株式会社みずほ銀行)
                       (東京都港区港南2丁目15番1号)
                                               419        2.20
     株式会社日本カストディ銀行                  東京都中央区晴海1丁目8番12号
                                              9,924         52.22
             計                    -
     (注)1.上記日本マスタートラスト信託銀行株式会社の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は504千株でありま
           す。
           なお、それらの内訳は、年金信託設定分14千株、投資信託設定分490千株となっております。
         2.上記株式会社日本カストディ銀行の所有株式数のうち信託業務に係る株式数は285千株であります。
           なお、それらの内訳は、年金信託設定分29千株、投資信託設定分255千株となっております。
         3.株式会社日本カストディ銀行の所有株式数には、(信託口)、(信託A口)、(証券投資信託口)、(年金
           信託口)、(年金特金口)、(信託口4)の所有株式数を含めて表示しております。
                                 24/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
         4.2022年3月31日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.1)において、ニッポン・
           アクティブ・バリュー・ファンド(NIPPON                    ACTIVE    VALUE   FUND   PLC)及び他1社の共同保有者が2021年12月
           15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2022年3月31日現在における
           実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
           なお、その大量保有報告書の内容は次のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
                氏名又は名称                   住所
                                              (千株)        (%)
          ニッポン・アクティブ・バリュー・
                            6th  Floor,    125  London    Wall,
          ファンド(NIPPON         ACTIVE    VALUE
                                                700       3.42
                            London,    England
          FUND   PLC)
          マイケル・ワン・サウザンド・ナイ
                            251  Little    Falls   Drive,
          ン・ハンドレッド・トゥエンティ・
                            Wilmington,      New  Castle    County,
                                                447       2.19
          ファイブ・エルエルシー(Michael
                            Delaware     USA
          1925   LLC)
    (7)【議決権の状況】

     ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                            -       -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                            -       -            -

      議決権制限株式(その他)                            -       -            -

                              1,435,800
      完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式                 -            -
                             18,999,600             189,996
      完全議決権株式(その他)                  普通株式                              -
                                4,638
      単元未満株式                  普通株式                 -            -
                             20,440,038
      発行済株式総数                                   -            -
                                           189,996
      総株主の議決権                            -                   -
     ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                  の割合(%)
               兵庫県たつの市新
                           1,435,800                 1,435,800            7.02
     ㈱帝国電機製作所                                 -
               宮町平野60番地
                           1,435,800                 1,435,800            7.02
         計          -                    -
                                 25/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式の

                取得
    (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
    (2)【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)
      取締役会(2021年3月8日)での決議状況
                                        800,000             800,000
      (取得期間2021年3月9日~2022年3月8日)
      当事業年度前における取得自己株式                                   54,000             73,078
      当事業年度における取得自己株式                                   553,700             726,919
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   192,300                2
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    24.0              0.0
      当期間における取得自己株式                                     -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                    24.0              0.0
                 区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)

      取締役会(2022年2月9日)での決議状況
                                        800,000             800,000
      (取得期間2022年2月10日~2022年10月31日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -             -
      当事業年度における取得自己株式                                   97,500             137,087
      残存決議株式の総数及び価額の総額                                   702,500             662,912
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    87.8             82.9
      当期間における取得自己株式                                   113,300             180,377
      提出日現在の未行使割合(%)                                    73.7             60.3
     (注)当期間における取得自己株式には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までに取得した株式は含まれてお
         りません。
    (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)
      当事業年度における取得自己株式                                     22             27
      当期間における取得自己株式                                     -             -
     (注)当期間における取得自己株式には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによ
         る株式は含まれておりません。
                                 26/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                     (千円)                (千円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                            -        -        -        -
      消却の処分を行った取得自己株式                            -        -        -        -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                 -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他                            -        -        -        -
      保有自己株式数                        1,435,876            -     1,549,176            -
     (注)1.保有自己株式数は受渡ベースで記載しております。
         2.当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
           り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                 27/108
















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    3【配当政策】
      当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題の1つであるとの考えのもと、拡大する事業機会を迅速・確
     実に捉えるために必要となる株主資本水準も勘案し、配当につきましては、安定配当に留意しつつ連結配当性向30%以
     上を目標とし、中間配当と期末配当の年2回行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配当の決定機関
     は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
      当事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき1株当たり50円(うち中間配当18円)を実施することを決定い
     たしました。
      なお、2022年5月11日付の「資本政策の変更に関するお知らせ」にて開示しましたとおり、資本効率の改善と収益力
     強化の姿勢を明確にするため、中期経営計画(2022年3月期から2024年3月期)のうち2023年3月期から2024年3月期
     までにおいて、総還元性向100%(うち、連結配当性向50%)を目標とすることといたしました。
      また、内部留保の資金につきましては、一定程度の手元流動資金を備えながら、今後の成長戦略のための設備投資等
     に充当してまいりたいと考えております。
      当社は、「取締役会の決議により、毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定め
     ております。
      なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
          決議年月日             配当金の総額(百万円)                 1株当たり配当額(円)
       2021年11月8日
                               344                  18.0
       取締役会決議
       2022年6月29日
                               608                  32.0
       定時株主総会決議
                                 28/108














                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
    (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
    ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
      当社は、2021年12月20日開催の取締役会において、創業以来の社是である「みんなで良くなろう」「誠実に事に当た
     ろう」「積極的にやろう」の下に、当社の存在意義、目指していく方向性を示した経営理念と、それを実現するための
     行動指針を新たに策定いたしました。
      当社は、この社是・経営理念・行動指針に則って事業活動を行うことにより、当社の全ての従業員に幸せを感じても
     らえる会社であり続けることを目標とするとともに、顧客、株主等を含む全てのステークホルダーとの良好な関係を維
     持・発展させ、社会的要請や期待に応えていくことで、長期的・継続的な企業価値の向上を目指してまいります。
      これに加え、公正な意思決定のもと、健全かつ効率的な業務執行ができるよう、経営環境の変化に応じた最適なコー
     ポレート・ガバナンス体制の構築に取組んでおります。
      また、当社では経営企画部が中心となり、コーポレート・ガバナンスの強化を図るとともに、ステークホルダーに対
     する積極的な情報発信とコミュニケーションを行っております。
    ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

     イ.有価証券報告書提出日現在における当社の企業統治の体制の概要
        当社は2016年6月29日開催の定時株主総会をもって、監査等委員会設置会社へ移行し、取締役(監査等委員である
      取締役を除く。)4名、監査等委員である取締役4名(うち社外取締役3名)という経営体制となっております。ま
      た、経営の意思決定及び監督機能と業務執行機能を分離することにより、意思決定の効率化と迅速化を図ることを目
      的とし、2017年6月29日付で執行役員制度を導入しております。
        「取締役会」は、取締役8名(うち監査等委員である取締役4名)で構成されており、法令、定款及び取締役会規
      則に定められた事項、その他経営に関する重要事項の決議を行い、また職務の執行の監督を行っております。取締役
      会は原則として毎月1回定例の取締役会を開催するほか、経営環境の変化に的確かつ迅速に対応するため、必要に応
      じ臨時に取締役会を開催しております。
        「監査等委員会」は、監査等委員である取締役4名(うち社外取締役3名)で構成されており、取締役の職務の執
      行の監査及び監査報告の作成等を行っております。監査等委員会は、原則として毎月1回開催するほか、必要あると
      きは随時開催しております。監査等委員である取締役は取締役会に出席し、議決権を行使するほか、適法性監査に留
      まることのない大局的な観点から監査を行うことで経営監督機能の強化を図っております。また、監査等委員会が選
      定した監査等委員については、社内の重要な会議に出席するとともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な
      文書を閲覧し、必要に応じて当社企業グループの取締役又は使用人(以下役職員という。)にその説明を求め、当社
      企業グループの役職員は、速やかに報告を行っております。
        監査等委員会の職務は、監査室の使用人がこれを補助(兼任)するものとし、監査室の使用人は、監査等委員会か
      ら要請、指示された事項を最優先に行うものとするとともに、当該使用人の異動等人事については監査等委員会の同
      意を要するものとし、独立性を確保しております。これらにより、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況等を把
      握し、監査等委員会の監査の実効性を高めております。
        「報酬委員会」は、2020年6月より取締役(監査等委員を除く。)の報酬決定に係る公正性・透明性・客観性を確
      保するため任意に設置しております。委員の過半数が社外取締役であり、かつ社外取締役が委員長を務めており、個
      別の取締役報酬に関する取締役会の諮問に対し、答申を行っております。
        「指名委員会」は、2020年8月より役員の指名等に係る公正性・透明性・客観性を確保するため任意に設置してお
      ります。委員の過半数が社外取締役であり、かつ社外取締役が委員長を務めており、役員の選解任に関する取締役会
      の諮問に対し、答申を行っております。
        「経営会議」は、取締役会により選任された執行役員5名で構成されており、代表取締役社長が議長を務めており
      ます。代表取締役社長は取締役会より委任された事項に関して、経営会議の場で機動的に協議・意思決定を行い、業
      務執行部門の指揮を執ります。
        また、当社は、「リスク管理委員会」を設置し、気候変動リスクを含む各種リスクの抽出や対策の検討及び財務報
      告に係る内部統制の整備・運用・評価等を行っております。リスク管理委員は各部門の本部長・部長クラスを中心と
      して構成され、委員長は総務本部長が担当しており、事務局を経営企画部が担当しております。常勤監査等委員もリ
      スク管理委員会に参加し、各部門から抽出されるリスクや財務報告に係る内部統制の状況等を監視することにより監
      査等委員会の機能強化を図っております。リスク管理委員会事務局は、活動内容を取締役会に報告しており、報告を
      受けた取締役会は、必要に応じリスク管理委員会に対して指示を行う等の監督を行っております。
                                 29/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      取締役会構成員
                  氏名                          役職名
       頃安 義弘 (議長)                         代表取締役社長執行役員
       村田  潔                         取締役常務執行役員総務本部長

       佐藤 哲造                         取締役執行役員営業本部長

       加減 孝司                         取締役執行役員技術開発本部長

       阿部 孝司                         取締役常勤監査等委員

       林  晃史                         社外取締役監査等委員

       川島 一郎                         社外取締役監査等委員

       沖  剛誠                         社外取締役監査等委員

      監査等委員会構成員

                  氏名                          役職名
       阿部 孝司                         取締役常勤監査等委員
       林  晃史 (委員長)                         社外取締役監査等委員

       川島 一郎                         社外取締役監査等委員

       沖  剛誠                         社外取締役監査等委員

      報酬委員会構成員

                  氏名                          役職名
       頃安 義弘                         代表取締役社長執行役員
       阿部 孝司                         取締役常勤監査等委員

       林  晃史                         社外取締役監査等委員

       川島 一郎                         社外取締役監査等委員

       沖  剛誠 (委員長)                         社外取締役監査等委員

      指名委員会構成員

                  氏名                          役職名
       村田  潔                         取締役常務執行役員総務本部長
       阿部 孝司                         取締役常勤監査等委員

       林  晃史 (委員長)                         社外取締役監査等委員

       川島 一郎                         社外取締役監査等委員

       沖  剛誠                         社外取締役監査等委員

                                 30/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      経営会議構成員
                  氏名                          役職名
       頃安 義弘 (議長)                         代表取締役社長執行役員
       村田  潔                         取締役常務執行役員総務本部長

       佐藤 哲造                         取締役執行役員営業本部長

       加減 孝司                         取締役執行役員技術開発本部長

       杉本 洋一郎                         執行役員生産本部長

     ロ.当該体制を採用する理由

        当社は、構成員の過半数を社外取締役とする監査等委員会を置き、監査等委員が取締役会で議決権を行使すること
      を通じて取締役会の監督機能を強化し、コーポレート・ガバナンスを一層強化するとともに、執行役員制度を導入
      し、経営上の意思決定と業務執行を分離し、意思決定の効率化と迅速化を図るため、当該体制を採用しております。
     ハ.会社の機関・内部統制の関係

                                 31/108















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    ③ 企業統治に関するその他の事項
     イ.内部統制システムの整備の状況
        当社は、法令に基づき、取締役会において次のとおり「内部統制システム構築の基本方針」を決議し、内部統制シ
      ステムの整備を行っております。
      1.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         当社は、保有する情報関連資産の管理に関わる基本原則である「情報管理に係る基本方針」及びそれに付随する
        諸規定に基づき情報の保存・管理を行う。各部署に情報の保存・管理に関わる責任者を設置し、その総括窓口を経
        営企画部とする。
      2.当社企業グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         当社は、業務執行に係るリスク管理を統括する組織として、各部門から任命された委員からなるリスク管理委員
        会を設置し、各部門の業務に係るリスクの抽出・評価・管理を行う。個々のリスクについての管理責任者は当該部
        門からの委員とする。リスク管理委員会の委員長は総務本部長とし、活動状況を取締役会に報告する。
         リスク管理委員会は、金融商品取引法が求める財務報告に係る内部統制についても、財務報告の適正性を確保す
        るための整備状況及び運用状況について審議を行う。
         当社では、大震災等の災害や感染症が発生した場合のBCP(事業継続計画)の一環として「危機管理規定」を
        制定しており、不測の事態が発生した場合には、必要に応じ代表取締役社長を本部長とする対策本部を設置、全役
        職員が一体となって危機に対応し、被害の発生を防止し、又は損害の拡大を最小限にとどめる体制をとる。グルー
        プ各社は当社の「危機管理規定」を準用する。
      3.当社企業グループの取締役の職務執行の効率的な実施を確保する体制

         当社は、「取締役会規則」に基づき、定例の取締役会を原則として1か月に1回開催するほか、必要に応じて適
        宜臨時に開催するものとする。
         取締役会は、重要な業務執行のうち、取締役会の決議が必要である事項以外について、代表取締役社長に対する
        権限委譲を行い、事業運営に関する迅速な意思決定及び機動的な職務執行を推進する。
         代表取締役社長は自らが議長を務める経営会議での決定に基づき効率的な業務執行を行う。経営会議は、執行役
        員で構成され、各執行役員の業務執行については、「組織規定」、「職務分掌規定」等において、それぞれの責任
        者及びその責任、執行手続について定めることとする。
         グループ各社は、「関係会社管理規定」及び「海外子会社管理規定」に基づき、事業状況、財務状況その他の重
        要事項については、当社に対し定期的な報告を行うとともに、定期的に開催する取締役会において経営管理情報の
        共有を図りながら、業務執行の適正を確保する体制を確保する。また、グループ各社は、当社の監査室による定期
        的な内部監査の対象とし、監査の結果は当社の代表取締役社長に報告を行う。
      4.当社企業グループの取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

         当社は、グループ企業全てに適用するコンプライアンス体制の基礎として、「帝国電機グループ行動規範」を定
        める。また、各部署及びグループ各社にコンプライアンス責任者を設置し、経営企画部がそれを統括する。経営企
        画部は、コンプライアンス体制の整備・維持・向上を推進するため、各部署及びグループ各社の責任者を通じ、全
        社員に対し指導・徹底を行い、必要に応じ研修・勉強会を実施する。
         当社は、内部通報制度を設け、役職員が、社内においてコンプライアンス違反行為が行われ、又は行われようと
        していることに気がついたときは、常勤監査等委員又は社外弁護士に通報しなければならないと定める。グループ
        各社は当社の内部通報制度を準用する。当社及びグループ各社には、通報内容の守秘義務があり、通報者に対して
        不利益な扱いを行わない。
         反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方とその整備状況については、当社企業グループは反社会的勢力や団体
        に対しては、毅然とした態度・行動で臨み、一切の関係を遮断する。「帝国電機グループ行動規範」にその旨を明
        文化し、役職員全員に周知徹底するとともに、平素より関係行政機関等からの情報収集に努め、事案の発生時には
        関係行政機関や法律の専門家と緊密に連絡を取り、組織全体として速やかに対処できる体制を構築している。
                                 32/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      5.当社企業グループにおける業務の適正を確保するための体制
         当社は、グループ企業全てに適用する行動規範として「帝国電機グループ行動規範」を定め、これを基礎として
        グループ各社で諸規定を定めるものとする。各部署及びグループ各社に、情報管理責任者・コンプライアンス責任
        者を置くとともに、経営企画部がグループ全体の情報管理及びコンプライアンス体制を統括・推進する体制とす
        る。
         また、内部監査部門である監査室は、当社及びグループ各社に対し財務報告に係る内部統制評価を含む内部監査
        を実施し、当社グループの内部統制の有効性を評価する。内部監査計画及び内部監査結果については、監査室が代
        表取締役社長及び取締役会へ直接報告を行う。取締役会は、監査室の報告内容を踏まえ、必要に応じ監査室に調
        査、監査等の指示を行う。
         なお、グループ各社の経営については、その自主性を尊重しつつ、業務内容の定期的な報告と重要案件について
        の事前協議を行う。
      6.監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する体制と当該取締役及び使用人の取締役(当該取締役

        及び監査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項、及び当該使用人に関する指示の実効性に関す
        る事項
         当社は、監査等委員会がその職務を補助すべき取締役及び使用人を置くことを求めた場合、代表取締役社長は内
        部監査部門を中心に人選を行い、その任(兼任)に当てるものとする。また、監査等委員でない取締役の中から、
        取締役会の決議によって、監査等委員の監査等を補助する職責を担う「監査等特命取締役」を選任することができ
        る。当社監査等委員会の職務の補助を担当する取締役及び使用人は、監査等委員会からの要請、指示された事項を
        最優先に行うものとするとともに、当該取締役及び使用人の異動等人事については監査等委員会の同意を要するも
        のとし、独立性を確保する。
      7.当社企業グループの取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人等が当社の監査等委員会に報告をす

        るための体制その他の監査等委員会への報告に関する体制及び監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保
        するための体制
         当社企業グループの取締役及び使用人等(以下「役職員」という)は、当社企業グループに著しい損害を及ぼす
        おそれのある事実又は取締役による重大な法令・定款違反行為があることを発見したとき、また、これらの者から
        これらの事実について報告を受けたときは、直ちに当社の監査等委員会に報告する。また、「監査等委員会規則」
        で、監査等委員は必要に応じ、又は定例の監査等委員会において役職員から報告を受ける旨を規定する。
         監査等委員は、取締役会に出席するほか、監査等委員会が選定した監査等委員は、重要な意思決定の過程及び業
        務の執行状況を把握するため、社内の重要な会議に出席するとともに、主要な稟議書その他業務執行に関する重要
        な文書を閲覧し、必要に応じて当社企業グループの役職員にその説明を求めることができるものとする。当社企業
        グループの役職員は、当社監査等委員会が選定した監査等委員から業務執行に関する事項について報告を求められ
        たときは、速やかに報告を行うものとする。
      8.監査等委員会へ報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な扱いを受けないことを確保する体制

         当社は、監査等委員会へ報告を行った当社企業グループの役職員に対し、当該報告をしたことを理由として不利
        益な取り扱いを行うことを禁止し、その旨を当社企業グループの役職員に周知徹底する。
      9.監査等委員の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理、費用の前払い又は償還の手続きに係る方針

         監査等委員がその職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について費用の前払い等を請
        求した場合は、会社は監査等委員の当該職務の執行に必要でないと認められるときを除きこれを拒むことができな
        い。
                                 33/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ロ.責任限定契約の内容の概要
        当社と監査等委員は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を
      締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令の定める最低責任限度額としております。な
      お、当該責任限定が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過
      失がないときに限られます。
     ハ.役員等との間で締結している補償契約の内容の概要

        当社は、当社全ての取締役との間で、会社法第430条の2第1項に規定する補償契約を締結しており、同項第1号
      の費用及び同項第2号の損失を法令の定める範囲内において当社が補償することとしています。ただし、当該補償契
      約によって会社役員の職務の執行の適正性が損なわれないようにするため、当社が取締役に対して責任追及を行った
      場合や取締役が職務を行うにつき悪意又は重大な過失があったことにより損害を賠償する責任を負う場合等における
      防御費用等については補償の対象外とすること等、一定の制限を設けております。
     ニ.役員等を被保険者として締結している役員等賠償責任保険契約の内容の概要

        当社は、当社及び当社子会社全ての取締役、監査役、執行役員及び管理職の全員を被保険者とする会社法第430条
      の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。当該保険契約では、被保険者
      が会社の役員等の地位に基づき行った行為(不作為を含む。)に起因して損害賠償請求がなされたことにより、被保
      険者が被る損害賠償金や訴訟費用が填補されることとなります。ただし、贈収賄等の犯罪行為や意図的に違法行為を
      行った役員自身の損害等は補償対象外とすることにより、役員等の職務執行の適正性が損なわれないように措置を講
      じております。保険料は全額当社及び当社子会社が負担しております。
     ホ.取締役の定数

        当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は9名以内とする旨定款に定めております。
        また、当社の監査等委員である取締役は4名以内とする旨定款に定めております。
     へ.取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が
      出席し、その議決権の過半数をもって行う旨及び累積投票によらないものとする旨を定款に定めております。
     ト.自己株式取得の決定機関

        当社は、会社法第165条第5項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得できる
      旨定款に定めております。これは、機動的に自己株式の取得を行うことを目的とするものであります。
     チ.剰余金の配当等の決定機関

        当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配当を行
      うことができる旨定款に定めております。これは、資本政策の機動性を確保するためのものであります。
     リ.株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の
      議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。こ
      れは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするも
      のであります。
     ヌ.子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

        子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況につきましては、「イ.内部統制システムの整備の状況」に
      記載のとおりであります。
                                 34/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ル.株式会社の支配に関する基本方針について
        当社は、2008年4月24日開催の取締役会において、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関す
      る基本方針を決議しており、その内容等(会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は、次のとおりでありま
      す。
        当社は、「みんなで良くなろう」「誠実に事に当たろう」「積極的にやろう」という社是のもと、1939年の創業以
      来、鉄道信号機の製造・販売や電気自動車の開発等、常に研究開発型企業として成長を続けてまいりました。この永
      年にわたって培われた技術の積重ねによって、1960年に独自技術で当社の現在の主力製品である完全無漏洩の「テイ
      コクキャンドモータポンプ」の開発に成功し、それが現在まで続く当社発展の原動力となっております。キャンド
      モータポンプは、有害な液体や危険な液体を絶対に外部へ漏らさないという構造的特徴を持っており、人や地球環境
      に最も優しいポンプとして地球環境問題に大きく貢献しております。そして、当社はその製造や製品検査に関する装
      置の開発等、製造にかかわる技術も自社開発に徹しており、その結果としてこれらについての特許も数多く取得して
      おります。また、当社のキャンドモータポンプは、顧客の多様な要求を満足させるために個別受注生産をしておりま
      す。その構造的特徴から危険な現場で使用されることも多く、高い信頼性や長期に渡る過酷な使用環境に耐え得るだ
      けの耐久性も要求されるため、その営業・設計には製品に対する深い知識のみならず、顧客の使用条件に対応できる
      豊富な知識と経験・ノウハウが必要となり、製造には高度な熟練技術を要します。そのため当社では、研究開発から
      製造、販売、メンテナンスまで一貫したサポート体制を構築しており、顧客との長期的な信頼関係を築くことによ
      り、これらの経験やノウハウを蓄積しております。
        このように、当社事業は地道な研究開発や数多くの納入実績に裏打ちされた経験やノウハウ、長期的な視点に基づ
      く設備投資や人材育成、取引先や地域社会との信頼関係等、永年にわたる努力の積重ねの上に成立しております。
        当社の企業価値の源泉は、社是のもとこれらを支える豊富な知識と経験を持つ人材であること、及び脈々と受け継
      がれてきた経営資源や社風、そして株主を始めとしたステークホルダーとの信頼関係が企業価値や株主共同の利益を
      支える基盤であるということが、当社の現状に対する基本認識であります。
        当社を支配する者の在り方については、当社は株式公開会社であり、当社株式の大量取得を目的とする買付であっ
      ても、それが当社の企業価値・株主共同の利益に資するものであれば一概に否定するものではありません。また、株
      式会社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、最終的には株主の判断に委ねられるべきものであると考え
      ております。
        しかしながら、その目的、方法等において、企業価値・株主共同の利益を著しく毀損するおそれのある買付を行う
      者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えております。その判断にあたって
      は、当該買付者の事業内容及び将来の事業計画並びに過去の投資行動等から、慎重に当該買付行為又は買収提案の当
      社企業価値・株主共同の利益への影響等を検討する必要があると認識しております。
        現在のところ、当社の株式を大量に取得しようとする者の存在によって、具体的な脅威が生じているわけではな
      く、また、当社としても、そのような買付者が出現した場合の具体的な取組み(いわゆる「買収防衛策」)をあらか
      じめ定めるものではありませんが、当社株式の取引や異動の状況を常に注視するとともに、危機対応マニュアルに基
      づいて社内体制を整え、役割分担・対応方法等を明確にして、当社株式を大量に取得し、当社の企業価値・株主共同
      の利益を毀損する者が出現した場合に備えております。
        具体的には、社外の専門家を含めて当該買収提案の評価や取得者との交渉を行い、当社の企業価値・株主共同の利
      益に資さない場合には、具体的な対抗措置の要否及び内容等を速やかに決定し、実行する体制を整えております。
                                 35/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (2)【役員の状況】
    ① 役員一覧
      男性  8 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                         所有
         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                        (千株)
                              1987年4月      当社入社
                              2010年1月      当社国内営業本部定量ポンプ開発プロジェ
                                   クトチーム部長
                              2010年7月 当社技術開発本部技術部長
                              2011年6月 当社調達本部品質保証部長
                              2013年1月 当社技術開発本部開発部長
                              2013年6月 当社技術開発本部長兼開発部長
                              2014年3月 当社技術開発本部長兼開発部長兼技術部長
                              2015年6月 当社取締役
                              2016年10月 当社取締役品質保証本部長兼品質保証部長
                              2017年6月 当社取締役執行役員
                              2018年4月 当社取締役執行役員社長付
                              2018年6月 当社取締役(常勤監査等委員)
                              2020年6月 当社取締役常務執行役員技術開発本部長兼
        代表取締役
                                   開発部長
                頃安 義弘      1963年2月28日      生
                                                    (注)2      24
       社長執行役員
                                    TEIKOKU         USA  INC.取締役(現任)
                                    TEIKOKU         SOUTH   ASIA  PTE  LTD.取締役(現
                                   任)
                                    TEIKOKU         ELECTRIC    GmbH取締役(現任)
                                    TEIKOKU         KOREA   CO.,LTD.取締役(現任)
                                    HYDRODYNE         TEIKOKU(INDIA)      PVT.LTD.取締
                                   役(現任)
                              2021年2月 当社代表取締役社長執行役員技術開発本部
                                   長
                                    株式会社協和電機製作所取締役(現任)
                                    上月電装株式会社取締役(現任)
                                    株式会社帝伸製作所取締役(現任)
                                    株式会社平福電機製作所取締役(現任)
                              2021年6月 当社代表取締役社長執行役員(現任)
                              1985年4月 株式会社太陽神戸銀行(現株式会社三井住
                                   友銀行)入行
                              2015年2月 当社入社
                                    当社総務本部総務部長
                              2015年9月 当社総務本部経営企画部長
                              2018年4月 当社経営企画本部長兼経営企画部長
                              2018年6月 当社執行役員経営企画本部長兼経営企画部
                                   長
                              2019年1月 TEIKOKU         USA  INC.取締役(現任)
                                    TEIKOKU         SOUTH   ASIA  PTE  LTD.取締役(現
                                   任)
                                    TEIKOKU         ELECTRIC    GmbH取締役(現任)
         取締役
       常務執行役員                            TEIKOKU         KOREA   CO.,LTD.取締役(現任)
                 村田 潔     1962年7月18日      生                        (注)2      8
        総務本部長
                              2019年6月 当社取締役執行役員
       兼経営企画部長
                              2019年9月 当社取締役執行役員総務本部長兼経営企画
                                   部長
                                    株式会社協和電機製作所取締役(現任)
                                    上月電装株式会社取締役(現任)
                                    株式会社帝伸製作所取締役(現任)
                                    株式会社平福電機製作所取締役(現任)
                              2019年11月 HYDRODYNE         TEIKOKU(INDIA)      PVT.LTD.取締
                                   役(現任)
                              2020年5月 大連帝国キャンドモータポンプ有限公司董
                                   事(現任)
                              2021年6月 当社取締役常務執行役員総務本部長兼経営
                                   企画部長(現任)
                                 36/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有

         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                        (千株)
                              1986年4月      当社入社
                              2007年10月      当社国内営業本部東日本営業部長
                              2009年4月 当社生産本部調達部長
                              2012年1月 当社国内営業本部西日本営業部長
                              2013年10月 当社生産本部生産管理部長
                              2018年4月 当社生産管理本部副本部長兼調達部長
                              2019年1月 当社調達本部長兼調達部長
                              2019年6月 当社執行役員調達本部長兼調達部長
                              2019年9月 当社執行役員生産本部副本部長兼開発部長
         取締役
                              2020年4月 当社執行役員技術開発本部長兼開発部長
        執行役員        佐藤 哲造      1964年2月28日      生                        (注)2      99
                              2020年6月 当社取締役執行役員営業本部長(現任)
        営業本部長
                                    大連帝国キャンドモータポンプ有限公司董
                                   事長(現任)
                              2021年2月 TEIKOKU         USA  INC.取締役(現任)
                                    TEIKOKU         SOUTH   ASIA  PTE  LTD.取締役(現
                                   任)
                                    TEIKOKU         ELECTRIC    GmbH取締役(現任)
                                    TEIKOKU         KOREA   CO.,LTD.取締役(現任)
                                    HYDRODYNE         TEIKOKU(INDIA)      PVT.LTD.取締
                                   役(現任)
                              1986年4月      当社入社
                              2007年10月      当社国内営業本部営業企画部長
                              2009年4月 当社国内営業本部東日本営業部長
                              2012年4月 当社国際営業本部国際事業部長
                              2012年10月 当社国際営業本部国際事業部長
                                    TEIKOKU         USA  INC.  Vice  President
                              2014年1月 当社国際営業本部プロジェクト部長
                              2015年9月 当社プロジェクト本部長兼プロジェクト部
         取締役
                                   長
        執行役員        加減 孝司      1963年8月7日      生                        (注)2      15
                              2017年4月 当社調達本部長兼調達部長
       技術開発本部長
                              2017年6月 当社執行役員調達本部長兼調達部長
                              2017年10月 当社執行役員調達本部長兼調達部長兼原価
                                   管理部長
                              2018年4月 当社執行役員製造本部長
                              2019年1月 当社執行役員営業本部長
                              2019年9月 当社監査室長
                              2020年6月 当社取締役(常勤監査等委員)
                              2021年6月 当社取締役執行役員技術開発本部長(現
                                   任)
                              1987年4月 株式会社太陽神戸銀行(現株式会社三井住
                                   友銀行)入行
                              2020年4月 当社入社
         取締役
                阿部 孝司      1964年10月18日      生                        (注)3      -
                                    当社総務本部長付部長
      (常勤監査等委員)
                              2020年9月 TEIKOKU         USA  INC.取締役
                              2021年6月 当社取締役(常勤監査等委員)(現任)
                              1990年4月      神戸弁護士会(現兵庫県弁護士会)登録
                                    北山法律事務所(現弁護士法人神戸京橋法
                                   律事務所)入所
                              2009年5月 弁護士法人神戸京橋法律事務所副所長
                              2012年4月 兵庫県弁護士会会長
                              2015年6月 当社社外取締役
         取締役                     2015年9月 株式会社F・O・ホールディングス社外取
                 林 晃史     1959年9月18日      生
                                                    (注)3      -
       (監査等委員)                            締役(現任)
                              2016年4月 日本司法支援センター兵庫地方事務所所長
                              2016年6月 当社社外取締役(監査等委員)(現任)
                                    三輪運輸工業株式会社社外監査役(現任)
                              2017年1月 弁護士法人神戸京橋法律事務所代表社員所
                                   長(現任)
                              2022年4月 日本弁護士連合会副会長(現任)
                              1973年4月      伊藤忠商事株式会社入社
                              2001年4月 伊藤忠商事株式会社繊維原料事業部副事業
                                   部長
                              2004年10月 伊藤忠商事株式会社金融保険物流カンパ
                                   ニープレジデント補佐
         取締役
                              2005年4月 伊藤忠商事株式会社オリコ関連事業統括部
                川島 一郎      1950年7月24日      生
                                                    (注)3      -
       (監査等委員)                            長
                              2007年7月 株式会社オリエントコーポレーション執行
                                   役員
                              2011年6月 株式会社オリファサービス債権回収常勤監
                                   査役
                              2018年6月 当社社外取締役(監査等委員)(現任)
                                 37/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                                                         所有

         役職名         氏名      生年月日                略歴             任期    株式数
                                                        (千株)
                              1989年7月      センチュリー監査法人(現EY新日本有限責
                                   任監査法人)入所
                              1992年3月 公認会計士登録
                              1996年7月 川上公認会計士事務所入所
         取締役
                              1998年7月 沖公認会計士事務所を開設(現任)
                 沖 剛誠     1967年2月13日      生                        (注)3      15
       (監査等委員)
                              2010年6月 日本公認会計士協会兵庫会幹事
                              2011年4月 姫路市包括外部監査人
                              2011年6月 岡野食品ホールディングス株式会社社外監
                                   査役(現任)
                              2018年6月 当社社外取締役(監査等委員)(現任)
                                        計                  163
     (注)1.林晃史、川島一郎及び沖剛誠は、社外取締役であります。
         2.2022年6月29日開催の定時株主総会終結の時から1年間
         3.2022年6月29日開催の定時株主総会終結の時から2年間
         4.所有株式数の千株未満は、切り捨てて表示しております。
         5.当社は、経営上の意思決定と業務執行を分離することで、意思決定の効率化と迅速化を図るため、執行役員
           制度を導入しております。
           なお、有価証券報告書提出日現在の執行役員は以下のとおりであります。
                     役職名                       氏名
          代表取締役社長執行役員                               頃  安   義   弘
          取締役常務執行役員総務本部長                               村   田    潔
          取締役執行役員営業本部長                               佐  藤   哲   造
          取締役執行役員技術開発本部長                               加  減   孝   司
          執行役員生産本部長                               杉  本   洋   一  郎
                                 38/108












                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    ② 社外役員の状況
      当社の定める独立社外取締役の独立性判断基準は、以下のとおりであります。
     ・独立性基準
      下記に該当しない場合に、独立性があるものと判断しております。
      (1)当社グループ(当社及び連結子会社)の役員及び監査役経験者
      (2)当社の上位10位以内の大株主
      (3)次のいずれかに該当する企業等の業務執行者
         a.当社グループの連結売上高の2%以上ある主要な取引先
         b.当社グループの連結売上高の2%以上ある主要な借入先
         c.当社グループが議決権ベースで10%以上の株式を保有する企業等
      (4)当社グループの会計監査人である監査法人に所属する公認会計士
      (5)当社グループから10百万円以上の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計士、税理士、弁護士、司
         法書士、弁理士等の専門家
      (6)当社グループから10百万円以上の寄付を受けている者
      (7)社外役員の相互就任関係となる会社の業務執行者
      (8)2親等以内の近親者が上記(1)から(7)までのいずれかに該当する者
      (9)過去10年間において、上記(2)から(8)までのいずれかに該当していた者
      (10)前各項に定める場合の他、当社と利益相反関係が生じ得る特段の事由が存在すると認められる者
      当社は上記の独立性に関する基準に沿って社外取締役を3名選任しており、選任状況に関する当社の考え方は以下の
     とおりであります。
     ・社外取締役林晃史氏は、弁護士としての豊富な経験と専門的知見を有し、独立した立場から法務・コンプライアンス
     を中心に当社の経営に対する監督や経営全般に関して助言を行っております。当該視点に基づき、当社取締役会機能の
     強化と業務執行の監督等の役割を果たすことができると判断し、社外取締役に招請しております。
      同氏は、現在、弁護士(弁護士法人神戸京橋法律事務所代表社員所長)、株式会社F・O・ホールディングス社外取
     締役、三輪運輸工業株式会社社外監査役、日本弁護士連合会副会長を兼任しておりますが、当社と同事務所及び両社と
     の間に人的関係、資本的関係、又は取引関係、その他特別な利害関係はありません。
      また同氏には、過去に社外役員となること以外の方法で会社の経営に関与したことはありませんが、上記の理由によ
     り監査等委員である取締役としての職務を適切に遂行することができるものと判断しております。
      なお、上記の理由から一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、同氏を独立役員として株式会社東京証券
     取引所に届け出ております。
     ・社外取締役川島一郎氏は、海外業務を含む豊富な実務経験と幅広い知見を有し、独立した立場から事業戦略等を中心
     に当社の経営に対する監督や経営全般に関して助言を行っております。当該視点に基づき、当社取締役会機能の強化と
     業務執行の監督等の役割を果たすことができると判断し、社外取締役に招請しております。なお、同氏と当社の間に
     は、社外役員としての関係以外に特別な利害関係はなく、一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、同氏を
     独立役員として株式会社東京証券取引所に届け出ております。
     ・社外取締役沖剛誠氏は、公認会計士としての豊富な経験と幅広い見識を有し、独立した立場から財務・会計等を中心
     に当社の経営に対する監督や経営全般に関して助言を行っております。当該視点に基づき、当社取締役会機能の強化と
     業務執行の監督等の役割を果たすことができると判断し、社外取締役に招請しております。
      同氏は、公認会計士(沖公認会計士事務所所長)、岡野食品ホールディングス株式会社社外監査役を兼任しておりま
     すが、当社と同事務所及び同社との間に人的関係、資本的関係、又は取引関係、その他特別な利害関係はありません。
      また、「①役員一覧」に記載のとおり、当社株式を15千株保有しておりますが僅少であり、同氏と当社との間に特別
     な利害関係はありません。
      また同氏には、過去に社外役員となること以外の方法で会社の経営に関与したことはありませんが、上記の理由によ
     り監査等委員である取締役としての職務を適切に遂行することができるものと判断しております。
      なお、上記の理由から一般株主と利益相反の生じるおそれがないと判断し、同氏を独立役員として株式会社東京証券
     取引所に届け出ております。
                                 39/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係
      社外取締役による監督又は監査と内部監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門との関係につきましては、
     当社の社外取締役は取締役監査等委員として取締役の職務の執行を監査するほか、取締役会に対して議決権を持つこと
     で取締役会を監督しており、また社外取締役が所属する監査等委員会は、当社の監査部門である監査室から監査計画と
     監査結果について定期的に報告を受け、必要に応じて調査を求め、又は指示を出すなど、緊密な連携をとることができ
     る体制を整備しております。
      また、常勤監査等委員は、リスク管理委員会に出席し、当社のリスク管理状況について報告を受け、又は必要に応じ
     て調査を求めることができる体制となっており、常勤監査等委員は監査等委員会でリスク管理委員会に関する報告を
     行っております。
      さらに監査等委員会は、会計監査人と定期的に会合をもち、必要に応じて監査等委員会への出席を求めるほか、会計
     監査人から監査に関する報告を適時かつ随時に受領し、積極的に意見及び情報の交換を行うなど、実効的かつ効率的な
     監査を実施することができる体制を整備しております。
                                 40/108

















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (3)【監査の状況】
     ① 監査等委員監査の状況
        当社は監査等委員会設置会社であります。「監査等委員会」は、監査等委員である取締役4名(うち社外取締役3
      名)で構成されており、下記の監査等を行います。
        なお、監査等委員沖 剛誠氏は、公認会計士として財務・会計に関する豊富な知見を有しております。
        ⅰ.取締役の職務の執行の監査
        ⅱ.取締役会の決議に基づき構築・運用されている内部統制システムの状況の監査
        ⅲ.当社子会社の取締役の職務の執行及び内部統制システムに係る監査
        ⅳ.競業取引及び利益相反取引等の監査
        ⅴ.法定開示情報等に関する監査
        ⅵ.事業報告等の監査
        監査等委員会は、原則として毎月1回開催するほか、必要があるときは随時開催します。監査等委員である取締役
      は、取締役会に出席し議決権を行使するほか、適法性に限らず、妥当性の監査も行うことで、経営監督機能の強化を
      図ります。また、監査等委員会が選定した監査等委員については、社内の重要な会議に出席するとともに、主要な稟
      議書その他業務執行に関する重要な文書を閲覧し、必要に応じて当社企業グループの取締役又は使用人(以下「役職
      員」という。)にその説明を求め、当社企業グループの役職員は、速やかに報告を行います。
        また、監査等委員会は、監査室に協力要請し、監査室は当社企業グループの諸活動について、業務の適正性や効率
      の向上を図るべく、内部監査規定に基づき内部監査を行います。必要に応じて、監査等委員会が選定する監査等委員
      は、監査室と連携して調査を行います。結果については監査等委員会で報告が行われます。
        なお、当事業年度において、当社は監査等委員会を15回開催しており、個々の監査等委員の出席状況は次のとおり
      であります。
            氏 名             開催回数              出席回数
          阿  部   孝   司               15            ※ 10
          林    晃    史               15              15

          川  島   一   郎               15              15

          沖    剛    誠               15              15

        ※2021年6月26日就任以降開催された監査等委員会全てに出席しております。
      監査等委員会の主な検討事項

      ・会計監査人の監査計画及び監査報酬の適正性
      ・会計監査人の監査の方法及び結果の相当性
      ・監査等委員会の監査の方針、監査計画及び職務の分担等の決定
      ・内部統制システムに関する取締役会決議の内容の相当性
      ・取締役及び執行役員等の職務執行状況
      ・不祥事等の対応(前期に判明した当社製品に係る不適切な性能試験に対する事実関係の把握及び原因究明並びに再
        発防止策の進捗状況の確認等)
      ・女性活躍推進に関する状況
      常勤監査等委員の主な活動状況

      ・重要会議への出席(経営会議、リスク管理委員会等)
      ・取締役・各部管理職者との個別面談
      ・重要な決裁書類等の閲覧(稟議書等)
      ・当社及び国内子会社への往査
      ・監査等委員である社外取締役との連携、情報共有
      ・内部通報への対応
                                 41/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ② 内部監査の状況
        内部監査につきましては、社長直属の「監査室」が、内部監査規定に基づき、業務の適正性や効率の向上を図るべ
      く、当社グループの諸活動に対し内部監査を行います。また、金融商品取引法が求める財務報告に係る内部統制につ
      いても財務報告の適正性を確保するための整備状況及び運用状況について監査を行います。なお、監査室に所属し内
      部監査に従事する人員は、2名であります。
        監査等委員会は、年度毎に策定する監査方針、監査計画及び監査室からの報告に基づき、当社グループの業務の管
      理と執行状況を監査しております。
        監査室及び監査等委員会は必要に応じ、会計監査人との協議・調整等、相互連携を行います。
     ③ 会計監査の状況

      a.監査法人の名称
         有限責任監査法人トーマツ
      b.継続監査期間

         26年間
      c.業務を執行した公認会計士

         指定有限責任社員         業務執行社員       和田   朝喜
         指定有限責任社員         業務執行社員       福岡   宏之
      d.会計監査業務に係る補助者の構成

         公認会計士5名、その他5名
      e.監査法人の選定方針と理由

         当社の監査法人の選定方針は、会計監査人に必要とされる専門性、独立性及び監査品質管理と当社グループのグ
        ローバルな事業活動を一元的に監査する体制を有していることであります。
         当社は上記方針に基づき、有限責任監査法人トーマツを当社の監査法人として選定しております。同社は日本有
        数の監査法人として高度な専門性や独立性を持ち、当社グループのグローバルな事業活動を一元的に監査する体制
        を有していることが選定理由であります。
         また、会計監査人の解任又は不再任の決定の方針については、当社都合の場合の他、当該会計監査人が会社法・
        公認会計士法等の法令に違反・抵触した場合及び公序良俗に反する行為があったと判断した場合、監査等委員会
        は、その事実に基づき当該会計監査人の解任又は不再任の検討を行い、解任又は不再任が妥当と判断した場合は、
        監査等委員会規則に則り株主総会に提出する「会計監査人の解任又は不再任」に関する議案の内容を決定いたしま
        す。
         また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合は、監査等委員会は、
        監査等委員全員の同意により、会計監査人を解任いたします。この場合、選定監査等委員は、解任後最初に招集さ
        れる株主総会において、会計監査人を解任した旨及びその理由を報告いたします。
      f.監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価

         当社の監査等委員会は、監査法人に対して定期的な評価を行っております。会計監査人が独立の立場を保持し、
        かつ、適正な監査を実施しているかを監視及び検証するとともに、会計監査人からその職務の執行状況について報
        告を受け、必要に応じて説明を求めました。また、会計監査人から「職務の遂行が適正に行われることを確保する
        ための体制」(会社計算規則第131条各号に掲げる事項)を「監査に関する品質管理基準」(平成17年10月28日企
        業会計審議会)等に従って整備している旨の通知を受け、必要に応じて説明を求めました。
         その結果、会計監査人の職務の遂行状況、監査体制、独立性及び専門性等に問題はなく適切であることを確認い
        たしました。
                                 42/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ④ 監査報酬の内容等
      a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                     34,000            1,050           35,500
      提出会社                                                    -
      連結子会社                  -           -           -           -

                     34,000            1,050           35,500

         計                                                 -
    (注)1.当社と会計監査人との間の監査契約において、会社法に基づく監査と金融商品取引法に基づく監査の監査報酬
          の額を明確に区分しておらず、実質的にも区分できませんので、監査証明業務に基づく報酬にはこれらの合計
          額を記載しております。
        2.当社における非監査業務の内容は、合意された手続実施業務であります。
        3.上記の他に当連結会計年度において、前連結会計年度に係る監査に対する追加報酬9,300千円を支払っており
          ます。
      b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(デロイト トウシュ トーマツ リミテッド)に対する報酬(a.を

         除く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
      提出会社                  -           -           -           -

                      1,976           2,288           2,521           2,148

      連結子会社
                      1,976           2,288           2,521           2,148

         計
    (注)連結子会社における非監査業務の内容は、税務アドバイザリー業務であります。
      c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
      d.監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、監査日数、連結財務諸表における連結子会社の数等を
        総合的に勘案し決定することとしております。
      e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切で
        あるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意の判断をいたしました。
                                 43/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (4)【役員の報酬等】
     ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関して、決定根拠及び業績や株価に対する責任や連動性を明
      確にすること等を目的とした役員報酬制度を導入しており、役員報酬は「役位別報酬」、「業績連動報酬」、「譲渡
      制限付株式報酬」にて構成されております。
        「役位別報酬」は、取締役の役位に応じて支給額を決定する固定報酬としております。
        一方、「業績連動報酬」は、各事業年度の共通重要業績指標(受注、売上、営業利益)と取締役ごとに設定する関
      係重要業績指標(人材育成、品質、リスク管理、効率、その他重点施策)、それらの評価基準及び評価ウェイトを、
      報酬委員会にて審議のうえ、設定します。役位に応じて設定されている業績連動報酬基準額に、設定した評価ウェイ
      ト、及び共通重要業績指標・関係重要業績指標の達成度に基づく支給係数を乗じた額を業績連動報酬としておりま
      す。当事業年度における業績連動報酬に係る指標の実績は、受注19,418百万円、売上19,910百万円、営業利益2,262
      百万円であります。
        また、「譲渡制限付株式報酬」は、取締役(監査等委員を除く。)の役位に応じて支給額を決定しており、対象と
      なる取締役は、本株式の払込期日から3年間の期間、本株式について、譲渡、担保権の設定その他の処分をしてはな
      らない譲渡制限期間を設けております。
        業績連動報酬、業績連動報酬以外の報酬等の支給割合については、報酬ごとに各役職位の実績に基づく報酬を算出
      し、割合が決定されるため、事前に決定しておりませんが、「業績連動報酬」に関する共通重要業績指標と関係重要
      業績指標の達成度を100%とした場合の報酬ごとの構成比は以下となります。なお、「業績連動報酬」及び「譲渡制
      限付株式報酬」については、役位上位ほど割合が大きくなります。また、取締役(監査等委員)に対しては、業務執
      行から独立した立場であることを勘案し、「業績報酬」及び「譲渡制限付株式報酬」は支給しておりません。
                            役員報酬の構成比(%)
            役位                                        合計(%)
                                         譲渡制限付
                     役位別報酬          業績連動報酬
                                          株式報酬
         会長                  ※          ※          -
         社長                 40.0          40.0          20.0

         副社長                 42.1          39.5          18.4

                                                        100.0
         専務                 45.5          39.4          15.1
         常務                 50.0          35.7          14.3

         取締役                 60.5          31.6           7.9

         ※会長職は職務の内容に応じて報酬の内容を都度決定します。
        各取締役(監査等委員を除く。)の具体的な報酬額については、株主総会において承認を得た報酬等の上限額の範

      囲内において、委員の過半数が社外取締役で構成される報酬委員会の答申を踏まえ、取締役会で決定しております。
      また取締役(監査等委員)の具体的な報酬額については、株主総会において承認を得た報酬等の上限額の範囲内にお
      いて、取締役(監査等委員)の協議により決定しております。
        なお、取締役(監査等委員を除く。)の報酬限度額は、2020年6月26日開催の第116期定時株主総会において年額
      204,500千円以内(ただし、使用人分給与は含まない。)と決議されており、またこれとは別枠で、取締役(監査等
      委員及び社外取締役を除く。)に対して譲渡制限付株式の付与のための報酬額を年額50,000千円以内とすることが
      2018年6月28日開催の第114期定時株主総会において決議されております。
        また、取締役(監査等委員)の報酬限度額は、2020年6月26日開催の第116期定時株主総会において年額44,000千
      円以内と決議されております。
        「役位別報酬」及び「業績連動報酬」の支払い時期は、定時株主総会の翌日から次期定時株主総会の日までの期間
      とし、月例報酬として支払っております。
        また「譲渡制限付株式報酬」の支払い時期については、定時株主総会の翌日から次期定時株主総会の日までの期間
      とし、取締役会で決定しております。
                                 44/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                  報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                      報酬等の総額
            役員区分                                         役員の員数
                       (千円)                       譲渡制限付
                              役位別報酬       業績連動報酬                 (人)
                                               株式報酬
        取締役(監査等委員及び
                         136,363        71,875        55,068        9,419         6
        社外取締役を除く。)
        取締役(監査等委員)
                         14,000        14,000                         2
                                           -        -
        (社外取締役を除く。)
                         18,000        18,000                         3
        社外役員                                   -        -
        (注)1.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
           2.上記には、当事業年度中に退任した取締役(監査等委員及び社外取締役を除く。)1名が含まれており
             ます。また、当事業年度中に取締役(監査等委員)を退任し、取締役(監査等委員及び社外取締役を除
             く。)に就任した1名が含まれているため、支給額はそれぞれの在任期間に基づき区分しております。
                                 45/108
















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (5)【株式の保有状況】
    ① 投資株式の区分の基準及び考え方
       専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的としている投資株式を純投資目的である
      投資株式とし、取引関係の強化等、当社の事業戦略上重要な目的を有している投資株式を純投資目的以外の目的である
      投資株式と区分しております。
       純投資目的以外の目的である投資株式については、毎年、取締役会で保有の意義といった定性面に加え、取引採算が
      当社資本コストに見合っているかどうか等を定量的に検証し、当社の持続的な成長と企業価値向上に資すると判断した
      場合にのみ保有しております。なお、純投資目的である投資株式については保有しておりません。
    ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

     a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の内容
       保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式については、当社の持続的な成長と企業価値向上に資すると判断
      した場合にのみ保有する方針としております。保有の合理性については、取締役会において以下の検証項目を踏ま
      え、保有目的が適切か、保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っているか等を検証しております。(2021年9
      月21日開催の取締役会にて実施)
      《検証項目》
      ・株式評価損益
      ・取引の有無
      ・直近の取引額、利益
      ・配当状況
      ・投資利回り
      ・保有の意義、ビジネス拡大見込みの有無
      ・保有継続によるメリットの有無
       検証の結果、当事業年度において一部の株式を売却いたしました。
     b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                    銘柄数       貸借対照表計上額の
                    (銘柄)        合計額(千円)
                        2           3,727
       非上場株式
                       23          1,003,711
       非上場株式以外の株式
      (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                    銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                    (銘柄)       価額の合計額(千円)
       非上場株式                -             -            -

                                       三菱電機(株)、群栄化学工業(株)それぞれ
                        2           2,153
       非上場株式以外の株式                                の取引先持株会を通じて株式を購入したこ
                                       とによるものであります。
      (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                    銘柄数      株式数の減少に係る売却
                    (銘柄)       価額の合計額(千円)
       非上場株式                -             -

                        2           3,748
       非上場株式以外の株式
                                 46/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
     特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                    318,042         317,460
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
     三菱電機㈱
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う                      有
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                    448,439         535,397
                                  なお、株式数の増加は取引先持株会を通
                                  じて株式を購入したことによるものであ
                                  ります。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    16,900         16,900
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     ㈱日立製作所                                                   無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    104,188          84,567
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、メインバンクとの関係強化
                                  のためであります。
                    24,151         24,151
                                  定量的な保有効果については、保有先企
     ㈱三井住友フィナン                             業との取引の守秘性等から開示しており
                                                        有
     シャルグループ                             ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    94,357         96,773
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    62,566         62,566
                                  定量的な保有効果については、保有先企
     ㈱三菱ケミカルホー                             業との取引の守秘性等から開示しており
                                                        無
     ルディングス                             ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    51,122         51,923
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    50,000         50,000
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     木村化工機㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    43,350         37,950
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                 47/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    13,800         13,800
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     ㈱IHI
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    40,710         30,981
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    36,000         36,000
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     旭化成㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    38,250         45,882
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    11,000         11,000
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     三井化学㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    33,990         38,445
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     6,500         6,500
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     AGC㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    31,882         30,095
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                     8,608         8,200
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
     群栄化学工業㈱
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う                      無
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                    25,800         20,747
                                  なお、株式数の増加は取引先持株会を通
                                  じて株式を購入したことによるものであ
                                  ります。
                                 48/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    14,400         14,400
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     東洋紡㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    15,739         20,505
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     3,300         3,300
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     栗田工業㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    14,998         15,658
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     6,200         6,200
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     三菱化工機㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    12,443         17,527
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     6,000         6,000
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     理研ビタミン㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                    10,062          8,190
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     7,935         7,935
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     パナソニック㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     9,430         11,295
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                 49/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                    18,110         18,110
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     千代田化工建設㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     8,511         8,656
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     2,000         2,000
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     日本曹達㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     6,740         6,990
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                      834         834
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     三洋化成工業㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     4,203         4,670
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     1,000         1,000
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     住友精化㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     3,095         4,040
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     7,800         7,800
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     ユニチカ㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     2,269         3,205
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                 50/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     1,380         1,380
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     テイカ㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     1,781         2,052
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     1,155         1,155
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
     レイズネクスト㈱
                                                        無
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                     1,238         1,381
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証しております。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ます。
                     1,000          200
                                  定量的な保有効果については、保有先企
                                  業との取引の守秘性等から開示しており
                                  ませんが、取締役会において検証項目を
     田岡化学工業㈱
                                                        無
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                     1,106         2,708    るか等を検証しております。
                                  なお、株式数の増加は取引先の株式分割
                                  によるものであります。
                                  保有目的は、取引関係強化のためであり
                                  ましたが、取締役会において検証項目を
                              2,118
                      -
                                  踏まえ、保有目的が適切か、保有に伴う
     日本製鉄㈱
                                                        無
                                  便益やリスクが資本コストに見合ってい
                                  るか等を検証した結果、当事業年度にお
                              3,995
                      -
                                  いて株式を売却いたしました。
                                  保有目的は、キャンドモータポンプ業界
                                  動向の把握のためでありましたが、取締
                              1,000
                      -
                                  役会において検証項目を踏まえ、保有目
     日機装㈱
                                  的が適切か、保有に伴う便益やリスクが                      無
                                  資本コストに見合っているか等を検証し
                              1,127
                      -
                                  た結果、当事業年度において株式を売却
                                  いたしました。
    (注)「-」は当該銘柄を保有していないことを示しております。
                                 51/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     第5【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
     (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に
      基づいて作成しております。
     (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人
     トーマツにより監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
     を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
     務会計基準機構へ加入しております。
                                 52/108














                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    1【連結財務諸表等】
    (1)【連結財務諸表】
     ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                      12,576,074              14,441,811
        現金及び預金
                                       6,530,938
        受取手形及び売掛金                                                -
                                                   ※1  6,604,424
        受取手形、売掛金及び契約資産                                  -
                                        855,757             1,278,989
        電子記録債権
                                       1,382,086              1,805,280
        製品
                                       1,377,566              1,846,682
        仕掛品
                                       1,547,272              1,558,859
        原材料及び貯蔵品
                                       1,075,172              1,177,334
        その他
                                       △ 459,877             △ 613,722
        貸倒引当金
                                      24,884,992              28,099,659
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       8,091,695              8,599,440
          建物及び構築物
                                      △ 3,622,475             △ 3,976,650
           減価償却累計額
                                       4,469,219              4,622,790
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                             6,082,830              6,496,633
                                      △ 4,479,189             △ 4,813,904
           減価償却累計額
                                       1,603,640              1,682,728
           機械装置及び運搬具(純額)
          土地                             1,845,055              1,837,243
                                       1,468,561              1,635,112
          リース資産
                                      △ 1,283,945             △ 1,356,802
           減価償却累計額
                                        184,615              278,310
           リース資産(純額)
          建設仮勘定                               56,875              52,310
                                       1,544,281              1,655,398
          その他
                                      △ 1,335,841             △ 1,438,901
           減価償却累計額
                                        208,440              216,497
           その他(純額)
                                       8,367,847              8,689,880
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        160,129
          のれん                                               -
                                        219,508              181,692
          その他
                                        379,638              181,692
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,154,051              1,062,830
          投資有価証券
                                         6,390              8,842
          長期貸付金
                                        311,017              348,605
          繰延税金資産
                                        137,462              170,010
          退職給付に係る資産
                                        443,651              467,802
          その他
                                       △ 53,194             △ 28,200
          貸倒引当金
                                       1,999,379              2,029,891
          投資その他の資産合計
                                      10,746,864              10,901,464
        固定資産合計
                                      35,631,857              39,001,124
       資産合計
                                 53/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       1,822,866              2,110,839
        支払手形及び買掛金
                                        46,364              635,722
        電子記録債務
                                        320,000              340,000
        短期借入金
                                        102,111               97,070
        リース債務
                                        298,244              497,494
        未払法人税等
                                        28,926              35,911
        製品保証引当金
                                        502,781              520,341
        賞与引当金
                                                   ※3  3,130,778
                                       2,595,477
        その他
                                       5,716,771              7,368,157
        流動負債合計
       固定負債
                                        73,990              79,380
        長期借入金
                                        106,852              215,351
        リース債務
                                        153,929              204,111
        繰延税金負債
                                        499,064              533,544
        退職給付に係る負債
                                        246,331              309,512
        その他
                                       1,080,167              1,341,899
        固定負債合計
                                       6,796,939              8,710,057
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       3,132,976              3,143,675
        資本金
                                       3,321,205              3,331,904
        資本剰余金
                                      22,555,470              23,882,434
        利益剰余金
                                      △ 1,000,919             △ 1,864,953
        自己株式
                                      28,008,733              28,493,060
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        481,826              419,567
        その他有価証券評価差額金
                                        194,283             1,110,077
        為替換算調整勘定
                                       △ 16,288              △ 3,691
        退職給付に係る調整累計額
                                        659,821             1,525,953
        その他の包括利益累計額合計
                                        166,362              272,053
       非支配株主持分
                                      28,834,917              30,291,067
       純資産合計
                                      35,631,857              39,001,124
     負債純資産合計
                                 54/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
    【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                      19,910,021              22,244,497
     売上高
                                   ※2 ,※3  12,422,114           ※2 ,※3  13,192,206
     売上原価
                                       7,487,906              9,052,290
     売上総利益
     販売費及び一般管理費
                                       2,214,502              3,013,858
       販売費
                                     ※2  3,010,489            ※2  3,543,736
       一般管理費
                                   ※1 ,※5  5,224,992            ※1  6,557,594
       販売費及び一般管理費合計
                                       2,262,914              2,494,696
     営業利益
     営業外収益
                                        28,784              64,026
       受取利息
                                        30,025              31,149
       受取配当金
                                        34,245              33,214
       受取賃貸料
                                        26,281              154,649
       為替差益
                                        41,222              82,997
       スクラップ売却益
                                        73,767              52,725
       雇用調整助成金
                                        12,120              11,500
       太陽光売電収入
                                        51,590              64,339
       その他
                                        298,037              494,603
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        19,017              17,394
       支払利息
                                         8,526              7,513
       太陽光売電原価
                                         7,817
       事務所移転費用                                                  -
                                        12,162              10,642
       その他
                                        47,524              35,549
       営業外費用合計
                                       2,513,427              2,953,749
     経常利益
     特別利益
                                                       1,360
                                          -
       投資有価証券売却益
                                                       1,360
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                                     ※4  22,206
       固定資産売却損                                    -
                                        19,550
                                                         -
       投資有価証券売却損
                                        19,550              22,206
       特別損失合計
                                       2,493,877              2,932,903
     税金等調整前当期純利益
                                      ※5  △ 17,185
     法人税、住民税及び事業税                                                 818,411
                                      ※5  163,983
                                                       39,574
     法人税等調整額
                                        146,797              857,986
     法人税等合計
                                       2,347,079              2,074,917
     当期純利益
                                        22,450              87,218
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                       2,324,628              1,987,699
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 55/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                       2,347,079              2,074,917
     当期純利益
     その他の包括利益
                                        227,275
       その他有価証券評価差額金                                               △ 62,259
                                                      934,266
       為替換算調整勘定                                 △ 21,575
                                        52,983              12,597
       退職給付に係る調整額
                                      ※1  258,683             ※1  884,604
       その他の包括利益合計
                                       2,605,763              2,959,522
     包括利益
     (内訳)
                                       2,575,443              2,853,831
       親会社株主に係る包括利益
                                        30,319              105,691
       非支配株主に係る包括利益
                                 56/108
















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ③【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                  3,123,490        3,311,719        20,998,540         △ 927,791       26,505,959
      会計方針の変更による累積的影響
                                                          -
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                       3,123,490        3,311,719        20,998,540         △ 927,791       26,505,959
     高
     当期変動額
      新株の発行
                        9,486        9,486                        18,972
      剰余金の配当                                 △ 767,698               △ 767,698
      親会社株主に帰属する当期純利益                                 2,324,628                2,324,628
      自己株式の取得                                          △ 73,127       △ 73,127
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計                    9,486        9,486      1,556,929         △ 73,127       1,502,774
     当期末残高                  3,132,976        3,321,205        22,555,470        △ 1,000,919        28,008,733
                            その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                   その他有価証       為替換算調整       退職給付に係       その他の包括利
                   券評価差額金       勘定       る調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                 254,550       223,728      △ 69,272      409,007       136,042      27,051,009
      会計方針の変更による累積的影響
                                                          -
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                      254,550       223,728      △ 69,272      409,007       136,042      27,051,009
     高
     当期変動額
      新株の発行                                                   18,972
      剰余金の配当
                                                       △ 767,698
      親会社株主に帰属する当期純利益                                                  2,324,628
      自己株式の取得                                                  △ 73,127
      株主資本以外の項目の当期変動額
                      227,275      △ 29,444       52,983      250,814       30,319      281,134
      (純額)
     当期変動額合計
                      227,275      △ 29,444       52,983      250,814       30,319      1,783,908
     当期末残高                 481,826       194,283      △ 16,288      659,821       166,362      28,834,917
                                 57/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                      株主資本
                      資本金       資本剰余金        利益剰余金         自己株式       株主資本合計
     当期首残高                  3,132,976        3,321,205        22,555,470        △ 1,000,919        28,008,733
      会計方針の変更による累積的影響
                                        37,663                37,663
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                       3,132,976        3,321,205        22,593,133        △ 1,000,919        28,046,396
     高
     当期変動額
      新株の発行                  10,698        10,698                        21,397
      剰余金の配当
                                       △ 698,399               △ 698,399
      親会社株主に帰属する当期純利益                                 1,987,699                1,987,699
      自己株式の取得                                         △ 864,034       △ 864,034
      株主資本以外の項目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計
                        10,698        10,698       1,289,300        △ 864,034        446,663
     当期末残高                  3,143,675        3,331,904        23,882,434        △ 1,864,953        28,493,060
                            その他の包括利益累計額

                                               非支配株主持分        純資産合計
                   その他有価証       為替換算調整       退職給付に係       その他の包括利
                   券評価差額金       勘定       る調整累計額       益累計額合計
     当期首残高
                      481,826       194,283      △ 16,288      659,821       166,362      28,834,917
      会計方針の変更による累積的影響
                                                         37,663
      額
     会計方針の変更を反映した当期首残
                      481,826       194,283      △ 16,288      659,821       166,362      28,872,580
     高
     当期変動額
      新株の発行                                                   21,397
      剰余金の配当                                                  △ 698,399
      親会社株主に帰属する当期純利益                                                  1,987,699
      自己株式の取得
                                                       △ 864,034
      株主資本以外の項目の当期変動額
                      △ 62,259      915,793       12,597      866,131       105,691       971,822
      (純額)
     当期変動額合計                 △ 62,259      915,793       12,597      866,131       105,691      1,418,486
     当期末残高
                      419,567      1,110,077        △ 3,691     1,525,953        272,053      30,291,067
                                 58/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,493,877              2,932,903
       税金等調整前当期純利益
                                        978,232              922,174
       減価償却費
                                        151,645              160,129
       のれん償却額
                                        57,955              60,986
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
                                        25,567              18,993
       退職給付に係る資産又は負債の増減額
       受取利息及び受取配当金                                 △ 58,809             △ 95,176
                                        19,017              17,394
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 12,731             △ 66,534
                                        961,868
       売上債権の増減額(△は増加)                                               △ 12,244
                                        543,428
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                              △ 632,941
                                                      737,615
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 271,347
                                                       22,206
       有形固定資産売却損益(△は益)                                    -
                                        19,550
       投資有価証券売却損益(△は益)                                               △ 1,360
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                △ 721,493              △ 78,875
                                        29,494
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                              △ 126,853
                                                      428,927
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                 △ 78,932
                                        73,858              34,178
       その他
                                       4,211,183              4,321,523
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  59,019              95,176
       利息の支払額                                 △ 19,017             △ 17,394
                                       △ 661,601             △ 632,681
       法人税等の支払額
                                       3,589,583              3,766,624
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                △ 733,527             △ 573,632
                                        924,985               3,398
       定期預金の払戻による収入
       有形固定資産の取得による支出                                △ 492,555             △ 898,886
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 62,001             △ 38,863
       投資有価証券の取得による支出                                 △ 3,716             △ 2,783
                                        79,817               5,109
       投資有価証券の売却による収入
       貸付けによる支出                                 △ 3,712             △ 5,915
                                         4,131              3,464
       貸付金の回収による収入
                                        11,171              33,184
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 275,407            △ 1,474,924
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                       20,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 130,237
       リース債務の返済による支出                                △ 135,212             △ 109,445
       自己株式の取得による支出                                 △ 73,127             △ 864,034
                                       △ 767,698             △ 698,399
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                               △ 1,106,277             △ 1,651,878
                                        32,690              586,193
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                       2,240,588              1,226,015
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       9,569,763              11,810,351
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  11,810,351            ※1  13,036,366
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 59/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    【注記事項】
    (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     1.連結の範囲に関する事項
        連結子会社の数         12 社
        ① 国内子会社 4社
         ・株式会社協和電機製作所
         ・上月電装株式会社
         ・株式会社帝伸製作所
         ・株式会社平福電機製作所
        ② 在外子会社 8社
         ・TEIKOKU     USA  INC.
         ・大連帝国キャンドモータポンプ有限公司
         ・大連大帝キャンドモータポンプ修理有限公司
         ・台湾帝国ポンプ有限公司
         ・TEIKOKU     SOUTH   ASIA   PTE  LTD.
         ・TEIKOKU     ELECTRIC     GmbH
         ・TEIKOKU     KOREA   CO.,LTD.
         ・HYDRODYNE      TEIKOKU(INDIA)PVT.LTD.
     2.持分法の適用に関する事項

        持分法適用対象会社はありません。
     3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、HYDRODYNE              TEIKOKU(INDIA)PVT.LTD.を除く在外子会社7社の決算日は12月31日でありますが、
      連結決算日との差異が3か月を超えていないため、連結に際しては当該決算日の財務諸表を使用し、かつ連結決算日
      との間に発生した重要な取引については連結上必要な調整を行っております。
     4.会計方針に関する事項

      (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
          満期保有目的の債券
           ……償却原価法(定額法)
          その他有価証券
          市場価格のない株式等以外のもの
           ……時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用してお
             ります。
          市場価格のない株式等
           ……主として移動平均法による原価法を採用しております。
        ② 棚卸資産
          当社及び国内子会社
           ……主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算
             定)
          在外子会社
           ……主として先入先出法による低価法
                                 60/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
        ① 有形固定資産(リース資産を除く)
          当社及び国内子会社
           ……定率法
             ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに2016年4月1日以降に取
            得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          在外子会社
           ……定額法
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物            15~50年
           機械装置及び運搬具          7~12年
        ② 無形固定資産(リース資産を除く)
          ソフトウエア
           ……社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
        ③ リース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
        ④ 長期前払費用
           ……定額法
      (3)重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権に
         ついては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 製品保証引当金
          製品のアフターサービス費用の支出に備えるため、過年度実績率に基づいて算定した金額を計上しておりま
         す。
        ③ 賞与引当金
          従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額を計上しております。
      (4)  退職給付に係る会計処理の方法

        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
         給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
          過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定
         額法により費用処理しております。
          数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
         (10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
                                 61/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      (5)  重要な収益及び費用の計上基準
         当社グループは、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取
        ると見込まれる金額で収益を認識するため、下記の5ステップを適用して、収益を認識しております。
            ステップ1:顧客との契約を識別する。
            ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            ステップ3:取引価格を算定する。
            ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
            ステップ5:企業が履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する。
         ポンプ事業においては、主にキャンドモータポンプの製造、販売を行っており、顧客との販売契約に基づいて製
        品を引き渡す義務を負っております。これらの製品の販売については、主として顧客が当該製品に対する支配を獲
        得したと認められる時点が契約の履行義務の充足時期であり、当該製品の出荷、検収や貿易上の諸条件に基づき売
        上収益を認識しております。また、ポンプ事業の一部の製品は顧客から指定される特殊な仕様に基づき生産してい
        るため、一定の期間にわたり履行される義務であると判断し、履行義務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度
        に基づき収益を認識しております。
         電子部品事業においては、主に自動車用電装品の製造、販売を行っており、顧客との販売契約に基づいて製品を
        引き渡す義務を負っております。これらの製品の販売については、主として顧客が当該製品に対する支配を獲得し
        たと認められる時点が契約の履行義務の充足時期であり、当該製品の出荷に基づき売上収益を認識しております。
         なお、取引の対価は履行義務を充足してから1年以内に受領しており、重要な金融要素は含まれておりません。
      (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
        す。なお、在外子会社の資産及び負債は、当該子会社の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用
        は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上しておりま
        す。
      (7)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、5年間の定額法により償却を行っております。
      (8)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価格の変動について僅少なリスクしか負わ
        ない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
                                 62/108










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (会計方針の変更)
     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を
     当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交
     換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。これにより、ポンプ事業については、従来、主
     に出荷又は検収時に収益を認識しておりましたが、一定の期間にわたり充足される履行義務については、履行義務の充
     足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を一定の期間にわたり認識する方法に変更しております。また、電
     子部品事業については、従来、売上原価としていた一部の費用について、顧客に支払われる対価として、売上高から減
     額する方法に変更しております。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っており、
     当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の利益剰
     余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定める方法
     を適用し、当連結会計年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新
     たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、当連結
     会計年度の期首より前までに行われた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処
     理を行い、その累積的影響額を当連結会計年度の期首の利益剰余金に加減しております。
      また、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「受取手形及び売掛金」は、当連結
     会計年度より「受取手形、売掛金及び契約資産」に含めて表示しております。なお、収益認識会計基準第89-2項に定
     める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。
      この結果、収益認識会計基準等の適用を行う前と比べて、当連結会計年度の連結損益計算書は、売上高は192,323千
     円減少し、売上原価は189,544千円減少し、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益はそれぞれ2,778千円減少
     しております。
      当連結会計年度の期首の純資産に累積的影響額が反映されたことにより、連結株主資本等変動計算書の利益剰余金の
     期首残高は37,663千円増加しております。
      なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記
     については記載しておりません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

    「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                            2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等を当
    連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 
    2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来にわ
    たって適用することといたしました。これによる連結財務諸表に与える影響はありません。
      また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこととい
     たしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                                2019年7月4
     日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載しており
     ません。
    (未適用の会計基準等)

     (リースに関する会計基準)
     「リース」(ASU第2016-02号)
     (1)概要

        リースの借手は、原則としてすべてのリースを貸借対照表に資産及び負債として計上することが求められます。
     (2)適用予定日

        2023年3月期から適用します。
     (3)当該会計基準の適用による影響

        「リース」の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であります。
                                 63/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (表示方法の変更)
     (連結貸借対照表)
      前連結会計年度において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に含めていた「電子記録債権」、「流動負債」の
     「支払手形及び買掛金」に含めていた「電子記録債務」は、重要性が増したため、当連結会計年度より独立掲記するこ
     ととしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
     この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」の「受取手形及び売掛金」に表示していた
     7,386,696千円は、「受取手形及び売掛金」6,530,938千円、「電子記録債権」855,757千円として、「流動負債」の
     「支払手形及び買掛金」に表示していた1,869,230千円は、「支払手形及び買掛金」1,822,866千円、「電子記録債務」
     46,364千円として組み替えております。
    (連結貸借対照表関係)

     ※1 受取手形、売掛金及び契約資産のうち、顧客との契約から生じた債権及び契約資産の金額は、それぞれ以下のと
        おりであります。
                                               当連結会計年度
                                              (2022年3月31日)
     受取手形                                               215,380    千円
     売掛金                                              6,266,920     千円
     契約資産                                               122,123    千円
      2 電子記録債権譲渡高

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
     電子記録債権譲渡高                             749,131    千円             1,279,311     千円
     ※3 その他のうち、契約負債の金額は、以下のとおりであります。

                                               当連結会計年度
                                              (2022年3月31日)
     契約負債                                              1,487,324     千円
                                 64/108











                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (連結損益計算書関係)
     ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     荷造運搬費                               257,443    千円              352,655    千円
                                     48,698                 48,617
     広告宣伝費
                                     16,677                 16,561
     製品保証引当金繰入額
                                    141,704                  50,679
     貸倒引当金繰入額
                                   2,295,494                 2,731,784
     役員報酬及び従業員給与賞与
                                    166,343                 191,355
     賞与引当金繰入額
                                     44,172                 52,361
     退職給付費用
                                    303,885                 334,895
     法定福利費
                                    161,461                 158,067
     賃借料
                                    195,405                 200,601
     減価償却費
                                     91,478                 124,364
     旅費及び交通費
                                    388,944                 633,284
     研究開発費
                                    151,645                 160,129
     のれん償却額
     ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     一般管理費及び当期製造費用に含まれる
                                    403,438    千円              642,301    千円
     研究開発費の総額
     ※3 期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

        す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                              至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     売上原価に含まれる棚卸評価損                               105,828    千円              36,374   千円
     ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     建物及び構築物                                  -千円                 655千円
     機械装置及び運搬具                                  -                2,270
     工具、器具及び備品                                  -                 283
     土地                                  -               18,997
              計                         -               22,206
     ※5 前連結会計年度において、当社連結子会社である成都大帝キャンドモータポンプ修理有限公司及び無錫大帝キャ

        ンドモータポンプ修理有限公司の清算手続が完了しております。
         この清算手続完了に伴い、過年度に会計処理を行った中国子会社の修理子会社3社の不適切な取引行為に関する
        追加税額及びその追加税額に対する延滞税・加算税のうち、当該子会社に係る未払税金取崩しを行いました。
         その結果「販売費及び一般管理費」が391,442千円、「法人税、住民税及び事業税」が582,173千円減少し、「法
        人税等調整額」が112,257千円増加しております。
                                 65/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (連結包括利益計算書関係)
     ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                              308,617千円                 △88,894千円
      組替調整額                               19,550                 △1,360
       税効果調整前
                                    328,168                 △90,255
       税効果額                            △100,892                   27,995
       その他有価証券評価差額金
                                    227,275                 △62,259
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                              △21,575                  934,266
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                               55,851                  5,763
      組替調整額                               20,494                 12,388
       税効果調整前
                                     76,345                 18,151
       税効果額                             △23,361                  △5,554
       退職給付に係る調整額
                                     52,983                 12,597
        その他の包括利益合計
                                    258,683                 884,604
                                 66/108














                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                     株式数(株)         増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式 (注)1                 20,408,138            15,300            -      20,423,438
           合計            20,408,138            15,300            -      20,423,438
     自己株式
      普通株式 (注)2                  730,614           54,040            -        784,654
           合計              730,614           54,040            -        784,654
     (注)1.普通株式の発行済株式の株式数の増加15,300株は、譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであ
          ります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の増加54,040株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加54,000株、
          単元未満株式の買取りによる増加40株であります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
        (決議)         株式の種類                          基準日         効力発生日
                          (千円)
                                 配当額(円)
      2020年6月26日
                  普通株式          413,228          21.0    2020年3月31日          2020年6月29日
       定時株主総会
      2020年11月6日
                  普通株式          354,470          18.0    2020年9月30日          2020年12月2日
        取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (千円)
                                    配当額(円)
      2021年6月29日
                普通株式        353,498      利益剰余金          18.0    2021年3月31日         2021年6月30日
      定時株主総会
                                 67/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    当連結会計年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首           当連結会計年度          当連結会計年度          当連結会計年度末
                     株式数(株)         増加株式数(株)          減少株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式 (注)1                 20,423,438            16,600            -      20,440,038
           合計            20,423,438            16,600            -      20,440,038
     自己株式
      普通株式 (注)2                  784,654          651,222             -       1,435,876
           合計              784,654          651,222             -       1,435,876
     (注)1.普通株式の発行済株式の株式数の増加16,600株は、譲渡制限付株式報酬としての新株式発行によるものであ
          ります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の増加651,222株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加651,200
          株、単元未満株式の買取りによる増加22株であります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

        該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                                  1株当たり
                         配当金の総額
        (決議)         株式の種類                          基準日         効力発生日
                          (千円)
                                 配当額(円)
      2021年6月29日
                  普通株式          353,498          18.0    2021年3月31日          2021年6月30日
       定時株主総会
      2021年11月8日
                  普通株式          344,900          18.0    2021年9月30日          2021年12月2日
        取締役会
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                    1株当たり
                      配当金の総額
       (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                       (千円)
                                    配当額(円)
      2022年6月29日
                普通株式        608,133      利益剰余金          32.0    2022年3月31日         2022年6月30日
      定時株主総会
                                 68/108









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
     ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                              至     2021年3月31日)               至     2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                             12,576,074     千円            14,441,811     千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                              △765,723                △1,405,445
     現金及び現金同等物                             11,810,351                 13,036,366
    (リース取引関係)

     ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ①   リース資産の内容
        有形固定資産
         建物及び構築物、機械装置及び運搬具であります。
      ②   リース資産の減価償却の方法
         連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                      (2)重要な減価償却資産の減
        価償却の方法」に記載のとおりであります。
                                 69/108














                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (金融商品関係)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
         当社グループは、必要な資金については、主に自己資金を充当しておりますが、一部短期的な運転資金を銀行借
        入等により調達しております。また、一時的な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制
         営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されておりますが、売掛債権管理
        規定に沿ってリスク低減を図っております。グローバルに事業を展開していることから生じている外貨建ての営業
        債権は、為替の変動リスクに晒されておりますが、同じ外貨建ての営業債務と相殺することや、外貨建て資産が過
        度に増え過ぎないよう保有する外貨建て資産を市場動向に注視しながら適宜円に転換していくことによりリスクの
        低減を図っております。また、投資有価証券は、主に業務上の関係を有する企業の株式であり、市場価格の変動リ
        スクに晒されておりますが、上場株式については定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況を把握し、取引
        先企業との関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。
         営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、ほとんどが1年以内の支払期日であります。また、その
        一部には外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されておりますが、恒常的に同じ外貨建ての売掛金残高の
        範囲内にあります。
     2.金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
        前連結会計年度(2021年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)             差額(千円)
                          (千円)
     投資有価証券(※2)                        1,150,324            1,150,324                -

      資産計                        1,150,324            1,150,324                -

     (※1)「現金及び預金」、「受取手形及び売掛金」、「電子記録債権」、「支払手形及び買掛金」、「電子記録債
          務」、「短期借入金」、「未払法人税等」については、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似する
          ものであることから、記載を省略しております。
     (※2)以下の金融商品は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「投資
          有価証券」には含めておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
                区分            前連結会計年度(千円)
               非上場株式                        3,727
        当連結会計年度(2022年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)             差額(千円)
                          (千円)
     投資有価証券(※2)                        1,059,103            1,059,103                -
      資産計                        1,059,103            1,059,103                -

     (※1)「現金及び預金」、「受取手形、売掛金及び契約資産」、「電子記録債権」、「支払手形及び買掛金」、
          「電子記録債務」、「短期借入金」、「未払法人税等」については、短期間で決済されるため時価が帳簿価
          額に近似するものであることから、記載を省略しております。
     (※2)以下の金融商品は、市場価格のない株式等であることから、上表の「投資有価証券」には含めておりません。
          当該金融商品の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。
                区分            当連結会計年度(千円)
               非上場株式                        3,727
                                 70/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     (注)1.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2021年3月31日)
                                    1年超         5年超
                           1年以内                          10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                           (千円)
                                     (千円)         (千円)
          現金及び預金                  12,576,074             -         -         -
          受取手形及び売掛金                  6,530,938            -         -         -

          電子記録債権                   855,757           -         -         -

                合計           19,962,771             -         -         -

          当連結会計年度(2022年3月31日)

                                    1年超         5年超
                           1年以内                          10年超
                                    5年以内         10年以内
                            (千円)                           (千円)
                                     (千円)         (千円)
          現金及び預金                  14,441,811             -         -         -
          受取手形、売掛金及び契約資産                  6,604,424            -         -         -

          電子記録債権                  1,278,989            -         -         -

                合計           22,325,225             -         -         -

     (注)2.     短期借入金の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2021年3月31日)
                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
         短期借入金            320,000         -       -       -       -       -

             合計         320,000         -       -       -       -       -

          当連結会計年度(2022年3月31日)

                           1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                   5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
         短期借入金            340,000         -       -       -       -       -

             合計         340,000         -       -       -       -       -

                                 71/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     3.金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項
         金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類
        しております。
         レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算
                 定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
         レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係
                 るインプットを用いて算定した時価
         レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
         時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す
        るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
        時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

         当連結会計年度(2022年3月31日)
                                      時価(千円)
              区分
                         レベル1         レベル2         レベル3          合計
        投資有価証券

         株式                   1,059,103             -         -      1,059,103
             資産計             1,059,103             -         -      1,059,103

         (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

            投資有価証券
             上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時
            価をレベル1の時価に分類しております。
                                 72/108












                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (有価証券関係)
    1.その他有価証券
        前連結会計年度(2021年3月31日)
                              連結貸借対照表
                      種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                              計上額(千円)
                  (1)  株式
                                  1,118,422           416,161          702,260
                  (2)  債券
                   ①    国債・地方債等
                                     -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②    社債
                                     -          -          -
     取得原価を超えるもの
                   ③    その他
                                     -          -          -
                  (3)  その他
                                     -          -          -
                      小計            1,118,422           416,161          702,260
                  (1)  株式
                                   31,901          38,062          △6,160
                  (2)  債券
                   ①    国債・地方債等
                                     -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②    社債
                                     -          -          -
     取得原価を超えないもの
                   ③    その他
                                     -          -          -
                  (3)  その他
                                     -          -          -
                      小計             31,901          38,062          △6,160
               合計                  1,150,324           454,224          696,099
     (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額3,727千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
         困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
        当連結会計年度(2022年3月31日)

                              連結貸借対照表
                      種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                              計上額(千円)
                  (1)  株式
                                  1,028,651           411,098          617,552
                  (2)  債券
                   ①    国債・地方債等
                                     -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②    社債
                                     -          -          -
     取得原価を超えるもの
                   ③    その他
                                     -          -          -
                  (3)  その他
                                     -          -          -
                      小計            1,028,651           411,098          617,552
                  (1)  株式
                                   30,452          42,160         △11,707
                  (2)  債券
                   ①    国債・地方債等
                                     -          -          -
     連結貸借対照表計上額が
                   ②    社債
                                     -          -          -
     取得原価を超えないもの
                   ③    その他
                                     -          -          -
                  (3)  その他
                                     -          -          -
                      小計             30,452          42,160         △11,707
               合計                  1,059,103           453,258          605,844
     (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額3,727千円)については、市場価格のない株式等であることから、上表の
         「その他有価証券」には含めておりません。
                                 73/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     2.売却したその他有価証券
        前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                       79,817                -            19,550

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                              -              -              -
      ②   社債
                              -              -              -
      ③   その他
                              -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                  79,817                -            19,550

        当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

                                   売却益の合計額              売却損の合計額
          種類           売却額(千円)
                                     (千円)              (千円)
     (1)株式                        5,109              1,360                -

     (2)債券
      ①   国債・地方債等
                              -              -              -
      ②   社債
                              -              -              -
      ③   その他
                              -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                   5,109              1,360                -

     3.減損処理を行った有価証券

        前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         該当事項はありません。
    (デリバティブ取引関係)

      当社グループは、デリバティブ取引を全く利用しておりませんので、該当事項はありません。
                                 74/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (退職給付関係)
     1.採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付型の制度として、企業年金制度及び退職一時金制度を設けているほか、確定拠出型の制度とし
      て、確定拠出年金制度を設けており、国内連結子会社及び一部の海外連結子会社は、退職一時金制度を設けておりま
      す。
        また、当社の退職一時金制度には、退職給付信託が設定されております。
        なお、一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
     2.確定給付制度

      (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                             1,374,089千円              1,412,778千円
          勤務費用                             100,589               96,369
          利息費用                              10,314              11,425
          数理計算上の差異の発生額                             △1,975              △38,098
          退職給付の支払額                             △71,043              △54,114
          その他                               803             1,090
         退職給付債務の期末残高                             1,412,778              1,429,451
      (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表((3)に掲げられた簡便法を適用した制度を除く)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         年金資産の期首残高                             1,227,106千円              1,329,546千円
          期待運用収益                              24,542              26,590
          数理計算上の差異の発生額                              53,876             △32,334
          事業主からの拠出額                              47,886              47,516
          退職給付の支払額                             △23,864              △18,144
         年金資産の期末残高                             1,329,546              1,353,174
      (3)簡便法を採用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                              265,395千円              278,369千円
          退職給付費用                              31,702              31,734
          退職給付の支払額                             △18,728              △22,846
         退職給付に係る負債の期末残高                              278,369              287,257
                                 75/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資
         産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                             1,396,303千円              1,413,385千円
         年金資産                            △1,329,546              △1,353,174
                                       66,757              60,210
         非積立型制度の退職給付債務                              294,844              303,323
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              361,601              363,534
         退職給付に係る負債                              499,064              533,544

         退職給付に係る資産                             △137,462              △170,010
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              361,601              363,534
      (注) 簡便法を適用した制度を含みます。
      (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         勤務費用                              100,589千円               96,369千円
         利息費用                               10,314              11,425
         期待運用収益                              △24,542              △26,590
         数理計算上の差異の費用処理額                               20,494              12,388
         簡便法で計算した退職給付費用                               31,702              31,734
         確定給付制度に係る退職給付費用                              138,558              125,326
      (6)退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                  至 2021年3月31日)              至 2022年3月31日)
         数理計算上の差異                               76,345千円              18,151千円
           合 計                             76,345              18,151
      (7)退職給付に係る調整累計額

         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                              △23,470千円               △5,319千円
           合 計                            △23,470               △5,319
                                 76/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      (8)年金資産に関する事項
        ① 年金資産の主な内訳
          年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
          国内債券                                42%              41%
          国内株式                                15              10
          外国債券                                19              18
          外国株式                                16              14
          保険資産(一般勘定)                                6              6
          現金及び預金                                2              10
          その他                                0              1
            合 計                             100              100
         (注)年金資産の合計には、退職一時金制度に対して設定した退職給付信託が前連結会計年度54%、当連結会計
            年度53%含まれております。
        ② 長期期待運用収益率の設定方法

          年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
         多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
      (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
         割引率                             0.72~0.77%              0.86~1.01%
         長期期待運用収益率                                2.0%              2.0%
     3.確定拠出制度

        当社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度20,717千円、当連結会計年度20,732千円であります。
    (ストック・オプション等関係)

     該当事項はありません。
                                 77/108










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
      繰延税金資産
         賞与引当金                          153,564千円            157,031千円
         棚卸資産                          93,760            95,005
         未払事業税                          13,375            25,511
         連結会社間内部利益消去                          61,271           112,365
         退職給付に係る負債                          372,712            382,602
         ゴルフ会員権評価損                           5,541            5,541
         減損損失                          39,997            39,997
                                  203,349            270,751
         その他
        繰延税金資産小計
                                  943,573           1,088,807
        評価性引当額                          △60,707            △60,707
        繰延税金資産合計
                                  882,865           1,028,100
      繰延税金負債
         固定資産圧縮積立金                         △71,426            △68,865
         その他有価証券評価差額金                        △214,273            △186,277
         子会社の未分配利益                        △389,700            △537,985
                                  △50,377            △90,479
         その他
        繰延税金負債合計                          △725,777            △883,606
        繰延税金資産(負債)の純額                           157,087            144,493
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主

     要な項目別の内訳
                               前連結会計年度            当連結会計年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
                                   30.6%       法定実効税率と税効
      法定実効税率
                                         果会計適用後の法人税
      (調整)
                                         等の負担率との間の差
                                    0.4
      交際費等永久に損金に算入されない項目
                                         異が法定実効税率の
                                   △0.1
      受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                         100分の5以下である
                                         ため注記を省略してお
                                   △4.8
      海外子会社の税率差異
                                         ります。
                                    1.9
      のれん償却額
                                  △22.8
      子会社清算による影響額
                                    0.7
      その他
                                    5.9
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
    (収益認識関係)

     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
     2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

        顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
      項「4.会計方針に関する事項(5)重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
     3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度末

      において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
        残存履行義務に配分した取引価格は、当初に予想される契約期間が1年を超える重要な契約がないため、実務上
      の便法を適用し、記載を省略しております。
                                 78/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (セグメント情報等)
    【セグメント情報】
     1.報告セグメントの概要
        当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
      会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
        当社グループは、主にポンプを製造・販売しており、製造・仕入面での責任は、当社生産本部及び製造機能を受け
      持つ子会社が担い、販売面での責任は、当社営業本部及び外販機能を受け持つ子会社が担う体制で事業活動を展開し
      ております。また、電子部品を特定の子会社が製造・販売しております。したがって、当社グループは「ポンプ事
      業」及び「電子部品事業」の2つを報告セグメントとしております。
        「ポンプ事業」は、キャンドモータポンプ、定量ポンプ及びその他ポンプを製造・販売しております。「電子部品
      事業」は、自動車用電装品及び産業機器用基板を製造・販売しております。
     2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

        報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」におけ
      る記載と概ね同一であります。
        報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
        「会計方針の変更」に記載のとおり、当連結会計年度の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識に関する

      会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しております。
        当該変更により、従来の方法に比べて、当連結会計年度の「ポンプ事業」の売上高は42,028千円減少、セグメント
      利益は2,778千円減少しております。また、「電子部品事業」の売上高は150,294千円減少しておりますが、セグメン
      ト利益に影響はありません。
     3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報

      前連結会計年度(自2020年4月1日                 至2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                               その他
                                                       合計
                                電子部品
                                               (注)
                        ポンプ事業                 計
                                 事業
       売上高
                         17,895,057        1,584,425       19,479,483         430,538      19,910,021
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高又は
                             -       -       -       -       -
        振替高
                         17,895,057        1,584,425       19,479,483         430,538      19,910,021
              計
                         2,237,246               2,195,893         67,020      2,262,914
       セグメント利益又は損失(△)                          △ 41,352
                         33,076,981        1,986,442       35,063,423         568,433      35,631,857
       セグメント資産
       その他の項目
                          849,324       119,661       968,986        9,246      978,232
        減価償却費
                          151,645               151,645               151,645
        のれんの償却額                            -               -
        有形固定資産及び無形固定資産
                          607,287         781     608,069        4,037      612,106
        の増加額
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、特殊機器を含んでおります。
                                 79/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自2021年4月1日                 至2022年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                              報告セグメント
                                               その他
                                                       合計
                                電子部品
                                               (注)1
                        ポンプ事業                 計
                                 事業
       売上高
        日本                  6,679,173       1,528,316       8,207,489        350,386      8,557,876
        欧米                  4,901,355           -    4,901,355           -    4,901,355
        アジア                  8,785,265           -    8,785,265           -    8,785,265
        顧客との契約から生じる収益                 20,365,794        1,528,316       21,894,110         350,386      22,244,497
                         20,365,794        1,528,316       21,894,110         350,386      22,244,497
        外部顧客への売上高
        セグメント間の内部売上高又は
                             -       -       -       -       -
        振替高
                         20,365,794        1,528,316       21,894,110         350,386      22,244,497
              計
                         2,443,332         19,295      2,462,627         32,068      2,494,696
       セグメント利益
                         36,430,085        2,171,054       38,601,140         399,983      39,001,124
       セグメント資産
       その他の項目
                          827,771        87,599       915,371        6,803      922,174
        減価償却費
                          160,129               160,129               160,129
        のれんの償却額                            -               -
        有形固定資産及び無形固定資産
                          929,819       197,339      1,127,159         4,862     1,132,021
        の増加額
      (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、特殊機器を含んでおります。
          2.売上高は当社及び連結子会社の所在する国又は地域に分類しております。
                                 80/108











                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                     (単位:千円)
                売上高                 前連結会計年度               当連結会計年度
       報告セグメント計                               19,479,483               21,894,110
       「その他」の区分の売上高                                 430,538               350,386
       連結財務諸表の売上高                               19,910,021               22,244,497
                                                     (単位:千円)

                 利益                前連結会計年度               当連結会計年度
       報告セグメント計                                2,195,893               2,462,627
       「その他」の区分の利益                                 67,020               32,068
       連結財務諸表の営業利益                                2,262,914               2,494,696
                                                     (単位:千円)

                 資産                前連結会計年度               当連結会計年度
       報告セグメント計                               35,063,423               38,601,140
       「その他」の区分の資産                                 568,433               399,983
       連結財務諸表の資産合計                               35,631,857               39,001,124
                                                     (単位:千円)

                        報告セグメント計               その他         連結財務諸表計上額
           その他の項目
                       前連結会計      当連結会計      前連結会計      当連結会計      前連結会計      当連結会計
                       年度      年度      年度      年度      年度      年度
       減価償却費                 968,986      915,371       9,246      6,803     978,232      922,174
       有形固定資産及び無形固定資産
                        608,069     1,127,159        4,037      4,862     612,106     1,132,021
       の増加額
                                 81/108











                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    【関連情報】
     前連結会計年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
                                                (単位:千円)
                     ポンプ事業        電子部品事業           その他         合計
      外部顧客への売上高                17,895,057         1,584,425          430,538       19,910,021

      2.地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                (単位:千円)
               アジア・オセアニア                  米州
        日本                                   その他        合計
               中国       その他        米国       その他
       7,734,312       5,150,725       2,878,019       3,335,020        423,712       388,231      19,910,021
     (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

                                                (単位:千円)
         日本      アジア・オセアニア             米州         その他          合計
          7,153,218           901,864          278,705          34,058        8,367,847
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                    売上高             関連するセグメント名
      三菱電機株式会社                           1,747,469      ポンプ事業、電子部品事業
     当連結会計年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
                                                (単位:千円)
                     ポンプ事業        電子部品事業           その他         合計
      外部顧客への売上高                20,365,794         1,528,316          350,386       22,244,497

      2.地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                (単位:千円)
               アジア・オセアニア                  米州
        日本                                   その他        合計
               中国       その他        米国       その他
       7,477,481       7,435,996       2,555,062       3,947,953        248,308       579,693      22,244,497
     (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

                                                (単位:千円)
         日本      アジア・オセアニア             米州         その他          合計
          7,428,138           943,009          287,057          31,675        8,689,880
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                (単位:千円)
         顧客の名称又は氏名                    売上高             関連するセグメント名
      三菱電機株式会社                           1,659,250      ポンプ事業、電子部品事業
                                 82/108


                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
     該当事項はありません。
    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

     前連結会計年度(自2020年4月1日                  至2021年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                  ポンプ事業           電子部品事業             その他            合計
                      151,645                                 151,645
     当期償却額                               -           -
                      160,129                                 160,129
     当期末残高                               -           -
     当連結会計年度(自2021年4月1日                  至2022年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                  ポンプ事業           電子部品事業             その他            合計
                      160,129                                 160,129
     当期償却額                               -           -
     当期末残高                    -           -           -           -
    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

     該当事項はありません。
    【関連当事者情報】

    1.関連当事者との取引
     (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        重要性がないため記載を省略しております。
     (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

      (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
      前連結会計年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
      重要性がないため記載を省略しております。
      当連結会計年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)

      重要性がないため記載を省略しております。
      (イ)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

         該当事項はありません。
      (ウ)連結財務諸表提出会社と同一の親会社をもつ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

         該当事項はありません。
      (エ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

         該当事項はありません。
                                 83/108







                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自    2020年4月1日             (自    2021年4月1日
                               至   2021年3月31日)              至   2022年3月31日)
     1株当たり純資産額                                1,459.79円                1,579.60円

     1株当たり当期純利益                                 118.08円                103.29円

    (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日                (自 2021年4月1日
                               至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                               2,324,628                1,987,699

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -                -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                    2,324,628                1,987,699
     益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                               19,686,204                19,244,014
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                 84/108













                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ⑤【連結附属明細表】
    【社債明細表】
     該当事項はありません。
    【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)       (千円)       (%)
     短期借入金                             320,000        340,000      0.5       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                               -       -    -       -

     1年以内に返済予定のリース債務                             102,111        97,070      3.5       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             73,990        79,380      8.9      2024年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             106,852        215,351      3.3    2023年~2028年

     その他有利子負債                               -       -    -       -

                合計                 602,953        731,801       -       -

     (注)1.平均利率は、期末残高における加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は、
           次のとおりであります。
                      1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
           長期借入金                 -        79,380            -          -

           リース債務               64,107          38,980          39,265          39,405

    【資産除去債務明細表】

     該当事項はありません。
    (2)【その他】

         当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                   4,821,099          10,179,157          15,925,482          22,244,497
     税金等調整前四半期(当期)
                         556,402         1,224,692          2,097,683          2,932,903
     純利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                         329,193          802,945         1,404,250          1,987,699
     (当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                          16.87          41.40          72.76          103.29
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                          16.87          24.58          31.47          30.59
     (円)
                                 85/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    2【財務諸表等】
    (1)【財務諸表】
     ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       7,237,482              6,264,613
        現金及び預金
                                        325,925              214,442
        受取手形
                                        469,775              673,793
        電子記録債権
                                     ※1  3,179,510
        売掛金                                                -
                                                   ※1  3,995,218
        売掛金及び契約資産                                  -
                                        243,190              276,761
        製品
                                        482,646              387,569
        仕掛品
                                       1,032,899              1,032,079
        原材料及び貯蔵品
                                        50,530              74,043
        前払費用
                                        122,000               82,000
        関係会社短期貸付金
                                        121,174              252,348
        未収入金
                                        735,288              666,460
        その他
                                        △ 1,000             △ 1,000
        貸倒引当金
                                      13,999,423              13,918,332
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       2,983,627              3,174,773
          建物
                                        285,695              279,676
          構築物
                                        891,274              945,677
          機械及び装置
                                         9,852              9,449
          車両運搬具
                                        82,229              94,082
          工具、器具及び備品
                                        907,730              897,904
          土地
                                         4,512              6,176
          リース資産
                                        56,798              26,817
          建設仮勘定
                                       5,221,720              5,434,557
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        181,868              144,365
          ソフトウエア
                                          650
          ソフトウエア仮勘定                                               -
                                         4,232              4,232
          電話加入権
                                        186,750              148,597
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,088,493              1,007,438
          投資有価証券
                                       1,716,678              1,716,678
          関係会社株式
                                          30              30
          出資金
                                        815,405              815,405
          関係会社出資金
                                         6,390              8,842
          従業員に対する長期貸付金
                                        370,510              306,120
          関係会社長期貸付金
                                        33,958              15,716
          長期前払費用
                                         1,198
          長期未収入金                                               -
                                        33,400              33,400
          会員権
                                        107,935              132,832
          前払年金費用
                                        169,669              222,703
          繰延税金資産
                                        43,052              41,991
          その他
                                       △ 28,200             △ 28,200
          貸倒引当金
                                       4,358,520              4,272,957
          投資その他の資産合計
                                       9,766,992              9,856,112
        固定資産合計
                                      23,766,415              23,774,444
       資産合計
                                 86/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        479,365               91,726
        支払手形
                                                      588,512
        電子記録債務                                  -
                                      ※1  228,092             ※1  338,849
        買掛金
                                         1,675              2,267
        リース債務
                                        258,619              321,777
        未払金
                                        102,298              244,099
        未払法人税等
                                        135,050
        未払消費税等                                                -
                                                       21,192
        契約負債                                  -
                                        31,904
        前受金                                                -
                                        373,589              465,863
        預り金
                                        16,677              16,561
        製品保証引当金
                                        349,169              361,223
        賞与引当金
                                        43,828              10,114
        その他
                                       2,020,270              2,462,187
        流動負債合計
       固定負債
                                         3,287              4,525
        リース債務
                                        151,222              187,723
        退職給付引当金
                                        15,701               6,829
        長期未払金
                                         2,300              2,300
        その他
                                        172,511              201,379
        固定負債合計
                                       2,192,782              2,663,566
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       3,132,976              3,143,675
        資本金
        資本剰余金
                                       2,920,767              2,931,466
          資本準備金
                                        400,438              400,438
          その他資本剰余金
                                       3,321,205              3,331,904
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                        145,275              145,275
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                        161,993              156,184
           固定資産圧縮積立金
                                       6,211,000              6,211,000
           別途積立金
                                       9,144,123              9,584,957
           繰越利益剰余金
                                      15,662,392              16,097,417
          利益剰余金合計
        自己株式                              △ 1,000,919             △ 1,864,953
                                      21,115,655              20,708,043
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        457,978              402,833
        その他有価証券評価差額金
                                        457,978              402,833
        評価・換算差額等合計
                                      21,573,633              21,110,877
       純資産合計
                                      23,766,415              23,774,444
     負債純資産合計
                                 87/108





                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                     ※1  9,591,760            ※1  10,090,806
     売上高
                                     ※1  6,509,533            ※1  6,555,162
     売上原価
                                       3,082,226              3,535,643
     売上総利益
                                   ※1 ,※2  2,297,655           ※1 ,※2  2,812,730
     販売費及び一般管理費
                                        784,570              722,912
     営業利益
     営業外収益
                                      ※1  513,549             ※1  478,732
       受取利息及び受取配当金
                                        32,105              152,707
       為替差益
                                       ※1  39,469             ※1  38,882
       受取賃貸料
                                     ※1 ,※3  6,062           ※1 ,※3  5,411
       経営指導料
                                        12,120              11,500
       太陽光売電収入
                                       ※1  21,726             ※1  32,567
       その他
                                        625,033              719,801
       営業外収益合計
     営業外費用
                                       ※1  1,209             ※1  1,505
       支払利息
                                        11,858              11,356
       賃貸費用
                                         8,526              7,513
       太陽光売電原価
                                          162               0
       その他
                                        21,757              20,375
       営業外費用合計
                                       1,387,846              1,422,338
     経常利益
     特別利益
                                                       1,360
                                          -
       投資有価証券売却益
                                                       1,360
       特別利益合計                                    -
     特別損失
                                                       19,652
       固定資産売却損                                    -
                                        19,550
                                                         -
       投資有価証券売却損
                                        19,550              19,652
       特別損失合計
                                       1,368,295              1,404,046
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   278,502              355,189
                                        26,362
                                                      △ 45,808
     法人税等調整額
                                        304,864              309,380
     法人税等合計
                                       1,063,430              1,094,666
     当期純利益
                                 88/108









                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ③【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自2020年4月1日 至2021年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                  資本金
                            その他資本     資本剰余金
                       資本準備金                利益準備金
                            剰余金     合計           固定資産圧           繰越利益剰
                                                  別途積立金
                                            縮積立金           余金
     当期首残高             3,123,490     2,911,281      400,438    3,311,719      145,275     167,802    6,211,000     8,842,582

      会計方針の変更による累積
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                  3,123,490     2,911,281      400,438    3,311,719      145,275     167,802    6,211,000     8,842,582
     期首残高
     当期変動額
      新株の発行              9,486     9,486           9,486
      固定資産圧縮積立金の取崩                                        △ 5,808           5,808
      剰余金の配当                                                  △ 767,698
      当期純利益                                                  1,063,430
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計               9,486     9,486       -    9,486       -   △ 5,808       -   301,540
     当期末残高             3,132,976     2,920,767      400,438    3,321,205      145,275     161,993    6,211,000     9,144,123
                                       (単位:千円)

                                 評価・換算
                       株主資本
                                 差額等
                 利益剰余金
                                       純資産合計
                                 その他有価
                            株主資本合
                       自己株式          証券評価差
                 利益剰余金           計
                                 額金
                 合計
     当期首残高             15,366,660      △ 927,791    20,874,079       239,608    21,113,687

      会計方針の変更による累積
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                  15,366,660      △ 927,791    20,874,079       239,608    21,113,687
     期首残高
     当期変動額
      新株の発行
                              18,972           18,972
      固定資産圧縮積立金の取崩               -           -           -
      剰余金の配当            △ 767,698          △ 767,698          △ 767,698
      当期純利益            1,063,430           1,063,430           1,063,430
      自己株式の取得
                        △ 73,127    △ 73,127          △ 73,127
      株主資本以外の項目の当期
                                   218,369     218,369
      変動額(純額)
     当期変動額合計              295,731     △ 73,127     241,576     218,369     459,945
     当期末残高
                  15,662,392     △ 1,000,919     21,115,655       457,978    21,573,633
                                 89/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
        当事業年度(自2021年4月1日 至2022年3月31日)
                                                       (単位:千円)
                                     株主資本
                            資本剰余金                   利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                  資本金
                            その他資本     資本剰余金
                       資本準備金                利益準備金
                            剰余金     合計           固定資産圧           繰越利益剰
                                                  別途積立金
                                            縮積立金           余金
     当期首残高

                  3,132,976     2,920,767      400,438    3,321,205      145,275     161,993    6,211,000     9,144,123
      会計方針の変更による累積
                                                         38,757
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                  3,132,976     2,920,767      400,438    3,321,205      145,275     161,993    6,211,000     9,182,881
     期首残高
     当期変動額
      新株の発行              10,698     10,698           10,698
      固定資産圧縮積立金の取崩                                        △ 5,808           5,808
      剰余金の配当                                                  △ 698,399
      当期純利益
                                                        1,094,666
      自己株式の取得
      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                    10,698     10,698       -    10,698       -   △ 5,808       -   402,076
     当期末残高             3,143,675     2,931,466      400,438    3,331,904      145,275     156,184    6,211,000     9,584,957
                                       (単位:千円)

                                 評価・換算
                       株主資本
                                 差額等
                 利益剰余金
                                       純資産合計
                                 その他有価
                            株主資本合
                       自己株式          証券評価差
                 利益剰余金           計
                                 額金
                 合計
     当期首残高             15,662,392     △ 1,000,919     21,115,655       457,978    21,573,633

      会計方針の変更による累積
                    38,757           38,757           38,757
      的影響額
     会計方針の変更を反映した当
                  15,701,150     △ 1,000,919     21,154,413       457,978    21,612,391
     期首残高
     当期変動額
      新株の発行                        21,397           21,397
      固定資産圧縮積立金の取崩               -           -           -
      剰余金の配当
                  △ 698,399          △ 698,399          △ 698,399
      当期純利益            1,094,666           1,094,666           1,094,666
      自己株式の取得                  △ 864,034    △ 864,034          △ 864,034
      株主資本以外の項目の当期
                                   △ 55,144    △ 55,144
      変動額(純額)
     当期変動額合計              396,267    △ 864,034    △ 446,369     △ 55,144    △ 501,514
     当期末残高             16,097,417     △ 1,864,953     20,708,043       402,833    21,110,877
                                 90/108




                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    【注記事項】
    (重要な会計方針)
     1.有価証券の評価基準及び評価方法
      (1)  子会社株式
         ……移動平均法による原価法
      (2)  満期保有目的の債券
         ……償却原価法(定額法)
      (3)  その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
         ……時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
         市場価格のない株式等
         ……主として移動平均法による原価法
     2.棚卸資産の評価基準及び評価方法

        主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
      ております。
     3.固定資産の減価償却の方法

      (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         ……定率法
           ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く。)並びに2016年4月1日以降に取得し
          た建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
           なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物       15~50年
           機械及び装置   12年
      (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
         ……自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法
      (3)  リース資産
         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      (4)  長期前払費用
         ……定額法
     4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、決算期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
      す。
     5.引当金の計上基準

      (1)貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
      (2)製品保証引当金
         製品のアフターサービス費用の支出に備えるため、過年度実績率に基づいて算定した金額を計上しております。
      (3)賞与引当金
         従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額を計上しております。
                                 91/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
      (4)退職給付引当金
         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上してお
        ります。
        ①退職給付見込額の期間帰属方法
         退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算
        定式基準によっております。
        ②数理計算上の差異、過去勤務費用及び会計基準変更時差異の費用処理方法
         過去勤務費用については、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額
        法により費用処理しております。
         数理計算上の差異については、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
        年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
     6.収益及び費用の計上基準

        当社は、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込ま
      れる金額で収益を認識するため、下記の5ステップを適用して、収益を認識しております。
           ステップ1:顧客との契約を識別する。
           ステップ2:契約における履行義務を識別する。
           ステップ3:取引価格を算定する。
           ステップ4:取引価格を契約における履行義務に配分する。
           ステップ5:企業が履行義務の充足時に(又は充足するにつれて)収益を認識する。
        ポンプ事業においては、主にキャンドモータポンプの製造、販売を行っており、顧客との販売契約に基づいて製品
      を引き渡す義務を負っております。これらの製品の販売については、主として顧客が当該製品に対する支配を獲得し
      たと認められる時点が契約の履行義務の充足時期であり、当該製品の出荷や貿易上の諸条件に基づき売上収益を認識
      しております。また、ポンプ事業の一部の製品は顧客から指定される特殊な仕様に基づき生産しているため、一定の
      期間にわたり履行される義務であると判断し、履行義務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を認
      識しております。
        なお、取引の対価は履行義務を充足してから1年以内に受領しており、重要な金融要素は含まれておりません。
     7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表に
      おけるこれらの会計処理の方法と異なっております。
                                 92/108










                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (会計方針の変更)
     (収益認識に関する会計基準等の適用)
      「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を
     当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に
     受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。これにより、ポンプ事業については、従来、主に出
     荷又は検収時に収益を認識しておりましたが、一定の期間にわたり充足される履行義務については、履行義務の充足に
     係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を一定の期間にわたり認識する方法に変更しております。
      収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従っており、
     当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の繰越利益剰余金
     に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定める方法を適
     用し、当事業年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計
     方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、当事業年度の期
     首より前までに行われた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、そ
     の累積的影響額を当事業年度の期首の繰越利益剰余金に加減しております。
      また、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「売掛金」は、当事業年度より「売掛金及び
     契約資産」に含めて表示し、「流動負債」に表示していた「前受金」は、当事業年度より「契約負債」として表示して
     おります。ただし、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示方
     法により組替えを行っておりません。
      この結果、収益認識会計基準等の適用を行う前と比べて、当事業年度の損益計算書は、売上高は293,076千円増加
     し、売上原価は242,181千円増加し、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ50,894千円増加しておりま
     す。
      当事業年度の期首の純資産に累積的影響額が反映されたことにより、株主資本等変動計算書の繰越利益剰余金の期首
     残高は38,757千円増加しております。
      なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関係」注記につ
     いては記載しておりません。
     (時価の算定に関する会計基準等の適用)

      「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)等
     を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 
     2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を将来に
     わたって適用することといたしました。これによる財務諸表に与える影響はありません。
    (表示方法の変更)

     (貸借対照表)
      前事業年度において、「流動資産」の「受取手形」に含めていた「電子記録債権」は、重要性が増したため、当事業
     年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っ
     ております。
      この結果、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」の「受取手形」に表示していた795,701千円は、「受取
     手形」325,925千円、「電子記録債権」469,775千円として組み替えております。
                                 93/108








                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (貸借対照表関係)
     ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                  当事業年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     短期金銭債権                              1,010,415千円                  1,376,155千円
     短期金銭債務                               356,675                  446,344
      2 保証債務

         次の関係会社について、取引先への契約履行保証等を行っております。
                               前事業年度                  当事業年度
                             (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     TEIKOKU    ELECTRIC     GmbH                (654千ユーロ)84,902千円                  (277千ユーロ)37,992千円
     TEIKOKU    SOUTH   ASIA   PTE  LTD.                     3,093                  5,374
                                (8千米ドル)980                         -
     HYDRODYNE     TEIKOKU(INDIA)PVT.LTD.               (86,296千インドルピー)130,307                  (104,169千インドルピー)168,755
    (損益計算書関係)

     ※1 関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     売上高                              2,207,293千円                 2,730,030千円
     仕入高                              1,784,567                 1,929,230
     販売費及び一般管理費                                37,638                 44,583
     営業取引以外の取引高                               511,832                 475,240
     ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度47.0%、当事業年度47.4%、一般管理費に属する費用のおお

        よその割合は前事業年度53.0%、当事業年度52.6%であります。
         販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日 
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     荷造運搬費                               222,791    千円              303,348    千円
                                     16,677                 16,561
     製品保証引当金繰入額
                                    649,929                 683,498
     給料及び手当
                                    121,528                 144,776
     賞与引当金繰入額
                                     40,762                 41,448
     退職給付費用
                                    106,304                 103,335
     減価償却費
                                    258,484                 444,639
     研究開発費
     ※3 経営指導料とは、関係会社の管理業務等の指導料収入であります。

                                 94/108






                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (有価証券関係)
      子会社株式
        前事業年度(2021年3月31日)
         時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額
                              前事業年度
              区分
                               (千円)
        子会社株式                            1,716,678

        当事業年度(2022年3月31日)

         市場価格のない株式等の貸借対照表計上額
                              当事業年度
              区分
                               (千円)
        子会社株式                            1,716,678

    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
      繰延税金資産
         棚卸資産                          54,379千円            61,545千円
         貸倒引当金                           8,935            8,935
         賞与引当金                          106,845            110,534
         未払事業税                          11,004            18,797
         退職給付引当金                          260,473            271,643
         ゴルフ会員権                           5,541            5,541
         関係会社株式評価損                          38,975            38,975
         減損損失                          39,997            39,997
                                   43,675            47,637
         その他
        繰延税金資産小計
                                  569,830            603,607
        評価性引当額
                                  △93,773            △93,773
        繰延税金資産合計
                                  476,056            509,833
      繰延税金負債
         固定資産圧縮積立金                         △71,426            △68,865
         その他有価証券評価差額金                        △201,932            △177,618
                                  △33,028            △40,646
         その他
        繰延税金負債合計                          △306,387            △287,130
        繰延税金資産(負債)の純額                           169,669            222,703
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主

     要な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2021年3月31日)            (2022年3月31日)
      法定実効税率
                                   30.6%            30.6%
      (調整)
        交際費等永久に損金に算入されない項目
                                   0.2            0.4
        受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                  △10.3            △9.3
        海外配当源泉税
                                   1.3            0.9
        税額控除
                                  △0.5            △1.3
        その他
                                   1.0            0.7
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                   22.3            22.0
                                 95/108



                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
    (収益認識関係)
      顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)」に同
     一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。
                                 96/108



















                                                          EDINET提出書類
                                                    株式会社帝国電機製作所(E01761)
                                                           有価証券報告書
     ④【附属明細表】
    【有形固定資産等明細表】
                                                     (単位:千円)
                                                      減価償却累

       区分        資産の種類         当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                      計額
            建物            2,983,627       353,015       7,961     153,908     3,174,773      1,512,368

            構築物             285,695       29,912         0    35,930      279,676      287,559

            機械及び装置             891,274      223,741        299    169,038      945,677     2,568,966

            車両運搬具              9,852      6,838        -     7,242      9,449      44,760

       有形
            工具、器具及び備品             82,229      77,983        40    66,090      94,082     1,104,810
      固定資産
            土地             907,730       23,579      33,406        -    897,904         -
            リース資産              4,512      3,750        -     2,086      6,176      7,311

            建設仮勘定             56,798      685,090      715,070         -    26,817        -

                 計       5,221,720      1,403,911       756,778      434,296     5,434,557      5,525,777

            ソフトウエア             181,868       32,372        -    69,875      144,365      752,784

            ソフトウエア仮勘定               650     31,722      32,372        -      -      -

       無形
      固定資産
            電話加入権              4,232        -      -      -     4,232        -
                 計        186,750       64,095      32,372      69,875      148,597      752,784

     (注)当期増加額の主なものは、次のとおりであります。
          建物            技術開発センター                          340,292千円
          構築物            技術開発センター                           29,912千円
          機械及び装置            技術開発センター                           91,653千円
    【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
           科目           当期首残高