センコーグループホールディングス株式会社 有価証券報告書 第105期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第105期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 センコーグループホールディングス株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2022年6月28日
     【事業年度】                    第105期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                    センコーグループホールディングス株式会社
     【英訳名】                    SENKO   Group   Holdings     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  福田 泰久
     【本店の所在の場所】                    東京都江東区潮見二丁目8番10号
     【電話番号】                    (03)6862-7150(代表)
     【事務連絡者氏名】                    執行役員 財務経理担当 新田 浩隆
     【最寄りの連絡場所】                    東京都江東区潮見二丁目8番10号
     【電話番号】                    (03)6862-7150(代表)
     【事務連絡者氏名】                    執行役員 財務経理担当 新田 浩隆
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/171













                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
            回次            第101期       第102期        第103期       第104期        第105期
           決算年月            2018年3月       2019年3月        2020年3月       2021年3月        2022年3月

                         492,127        529,609       570,030        572,405       623,139
     営業収益              百万円
                         17,316        19,876       20,744        22,227       26,103
     経常利益               〃
     親会社株主に帰属する当期
                          9,503       11,681       12,081        14,249       15,233
                    〃
     純利益
                         12,893        10,547       10,677        17,841       17,596
     包括利益               〃
                         118,056        126,895       134,181        146,120       160,657
     純資産額               〃
                         333,972        340,491       356,308        436,066       480,487
     総資産額               〃
                         741.44        785.08       823.61        909.55       985.67
     1株当たり純資産額               円
                          62.64        76.90       79.51        93.87       104.09
     1株当たり当期純利益               〃
     潜在株式調整後1株当たり
                          58.08        71.31       73.75        78.44       91.99
                    〃
     当期純利益
                          33.7        35.0       35.1        30.9       30.6
     自己資本比率               %
                           8.9       10.1        9.9       11.0       10.8
     自己資本利益率               〃
                          13.22        11.95       10.54        11.16        8.63
     株価収益率               倍
     営業活動による
                         24,567        27,022       31,098        31,858       31,885
                   百万円
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    〃     △ 37,020      △ 15,770      △ 18,030      △ 46,309      △ 46,141
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                          9,940                      36,757        5,773
                    〃            △ 13,224       △ 9,155
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                         23,795        22,801       27,142        50,371       42,193
                    〃
     期末残高
                         14,496        16,004       16,693        19,194       20,135
     従業員数               人
     [外、平均臨時雇用者数]              [〃]       [ 9,363   ]    [ 11,492   ]    [ 12,196   ]    [ 14,414   ]    [ 15,002   ]
     (注)1.第105期において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第104期の関連する主要な経営指
           標等については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金
           額によっております。
         2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適
           用しており、当連結会計年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等と
           なっております。
         3.従来記載していた「売上高には、消費税等は含まれておりません。」の脚注については、「収益認識に関す
           る会計基準」の適用により税抜方式が前提となるため削除しています。
         4.従来記載していた「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等に関する脚注は、当期からすべての期間
           について、同じ会計方針等により記載されていることになるため、削除しています。
                                  2/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
            回次            第101期       第102期        第103期       第104期        第105期
           決算年月            2018年3月       2019年3月        2020年3月       2021年3月        2022年3月

                          6,121        9,305       10,342        11,781       13,227

     営業収益              百万円
                          1,024        4,705       4,672        5,607       6,837

     経常利益               〃
                          1,107        3,686       3,995        1,693       5,948

     当期純利益               〃
                         26,528        26,528       26,528        26,564       28,479

     資本金               〃
                         152,861        152,861       152,861        152,952       157,070

     発行済株式総数              千株
                         77,251        76,903       76,630        71,131       72,625

     純資産額              百万円
                         207,909        210,904       216,568        260,559       277,316

     総資産額               〃
                         506.03        503.69       501.42        477.24       484.64

     1株当たり純資産額               円
                          22.00        26.00       26.00        28.00       34.00

     1株当たり配当額               〃
     (うち1株当たり
                   (〃)      ( 11.00   )    ( 13.00   )    ( 13.00   )    ( 13.00   )    ( 17.00   )
     中間配当額)
                          7.30       24.27       26.29        11.16       40.65
     1株当たり当期純利益               〃
     潜在株式調整後1株当たり
                          6.73       22.48       24.35        9.29       35.82
                    〃
     当期純利益
                          37.0        36.3       35.2        27.1       26.0
     自己資本比率               %
                           1.4       4.8        5.2       2.3        8.3

     自己資本利益率               〃
                         113.42        37.87       31.88        93.91       22.09

     株価収益率               倍
                         301.50        107.13        98.90       250.89        83.65

     配当性向               %
                            79       82       104       128        139

     従業員数               人
     [外、平均臨時雇用者数]              [〃]        [ 18 ]      [ 25 ]      [ 36 ]      [ 33 ]      [ 34 ]
                          118.5        134.9       127.2        160.1       143.9

     株主総利回り               %
     (比較指標:配当込み
                   (%)       ( 115.8   )    ( 110.0   )     ( 99.5  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
     TOPIX)
     最高株価                円       848       964        959      1,168       1,136
     最低株価                円       645       775        707       779        898

     (注)1.最高株価及び最低株価は東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
        2.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当事業年度の期首から適用し
           ており、当事業年度に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となってお
           ります。
        3.従来記載していた「売上高には、消費税等は含まれておりません。」の脚注については、「収益認識に関す
           る会計基準」の適用により税抜方式が前提となるため削除しています。
        4.従来記載していた「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」等に関する脚注は、当期からすべての期間
           について、同じ会計方針等により記載されていることになるため、削除しています。
                                  3/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        当社は1946年7月の設立以来、自動車運送事業、鉄道利用運送事業、海上運送事業、倉庫業等の各種許認可の取
        得、輸送体制の充実ならびに拠点の拡充を図りながら積極的に事業展開しています。
       1946年7月           扇興運輸商事株式会社を設立

       1946年10月           扇興運輸株式会社に社名変更
       1949年10月           海上運送業および海上運送取扱業、海運仲立業、海運代理店業を登録
               (当時は、海上運送業および海上運送取扱業は届出登録制)
       1950年12月           宮崎県で通運       (鉄道利用運送)        免許を取得、その後全国で通運事業                 (鉄道利用運送事業)          を展開
               宮崎県で一般貸切貨物自動車運送事業免許を取得し、自動車運送事業を開始
               (現在は沖縄県を除く全都道府県の営業区域で許可を受け、一般貨物自動車運送事業を展開)
       1954年4月           特別積合せ貨物運送事業            (路線事業)      を開始
       1959年7月           倉庫業の認可取得
       1961年10月           大阪証券取引所市場第2部に上場
       1965年10月           業界に先駆けてコンピュータを導入
        1970年10月        物流コンサルティングを開始
        1973年10月        センコー株式会社に社名変更
        1975年3月        大阪証券取引所市場第1部に上場
        1977年8月        日本・極東と中近東・欧州間のシベリア・ランド・ブリッジサービスを開始
        1978年7月        引越事業に本格進出
        1980年8月        南港PDセンター        (大阪市)     開設により、総合複合機能倉庫               (PDセンター)       建設に着手
        1984年11月        「センコー情報システム株式会社」を事業主体としてVAN事業を開始
        1985年3月        量販   ・小売店向け納品代行システムが稼働、チェーンストア物流事業を開始
        1987年11月        住宅資材物流センターを開設し、住宅資材の物流システムが稼働
        1990年2月        東京証券取引所市場第1部に上場
        1991年10月        日本   / 米国間の国際VANネットが完成し、サービス開始
        1996年7月        総合交通・物流研修施設「クレフィール湖東」                      (滋賀県東近江市)         を開設
        1996年10月        神奈川支店が国際標準化機構の品質規格であるISO9002の認証を取得、以降各地の部支店が取得
        1997年12月        大連(中国)で物流センター事業を開始
        1998年2月        船舶の安全管理システムの国際規格である「ISM」の適合証書を取得
        2000年5月        ロジスティクスシステム「ベストパートナーシステム」が稼働
        2001年4月        名古屋支店が国際標準化機構の環境規格であるISO14001の認証を取得、以降各地の部支店が取得
        2004年6月        日本と中央アジア間で、チャイナ・ランド・ブリッジを活用した輸送サービスを開始
        2004年7月        「S-TAFF株式会社」を設立し、人材派遣事業に進出
        2008年4月        3PL事業と物流コンサルティング事業を行う、「ロジ・ソリューション株式会社」を設立
        2009年2月        東京納品代行株式会社を子会社化
        2009年7月        株式会社丸藤を子会社化
        2010年3月        株式会社センコースクールファーム鳥取を設立し、農業に進出
        2010年11月        バルクコンテナ一貫物流システムで、第7回エコプロダクツ大賞で国土交通大臣賞を受賞
        2011年5月        電力使用量削減の取り組みで、日本物流団体連合会から第12回物流環境大賞を受賞
        2011年7月        ケンタッキー物流センター(アメリカ)を開設
        2011年9月        株式会社スマイルを子会社化
        2013年10月        アスト株式会社を子会社化
        2014年3月        KO-SENKO     物流センター(韓国)を開設
        2014年10月        株式会社ランテックを子会社化し、低温物流事業に本格進出
        2015年9月        レムチャバン物流センター(タイ)を開設
        2016年4月        アクロストランスポート株式会社を子会社化
        2016年10月        株式会社けいはんなヘルパーステーションを子会社化し、介護事業に本格進出
        2016年10月        ヤンゴン・ロジスティクスセンター(ミャンマー)を開設
        2017年4月        センコーグループホールディングス株式会社に社名変更し、持株会社体制に移行
        2017年4月        日本マリン株式会社と栄吉海運株式会社を子会社化し、海運事業を拡大
        2017年4月        Skylift    Consolidator(Pte)Ltd.を子会社化し、国際航空輸送事業に進出
        2017年9月        株式会社ブルーアースジャパンを子会社化し、フィットネス分野に進出
        2017年10月        安全輸送株式会社を子会社化
        2017年10月        株式会社ビーナスを子会社化し、介護予防サービス事業に進出
        2018年1月        フォーノイ・ロジスティクスセンター(ベトナム)を開設
                                  4/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        2018年5月        青浦物流センター(中国)を開設
        2018年7月        鉄道利用によるモーダルシフト案件で、日本物流団体連合会から物流環境大賞を受賞
        2018年9月        Best   Global    Logistics     Co.,   Ltd.を子会社化
        2018年10月        北京物流センター(中国)を開設
        2019年10月        M-SENKOロジスティクスセンター(タイ)を開設
        2020年2月        「東京イーストサイド           ホテル櫂会」       グランドオープン
        2020年8月        株式会社プロケアを子会社化し、子育て事業に進出
        2020年10月        国連グローバル・コンパクトへ参加
        2020年11月        寺内株式会社を子会社化し、生活支援事業を拡大
        2020年12月        株式会社UACJ物流を子会社化し、重量物輸送を拡大
        2020年12月        ナガセ物流株式会社(現:センコーナガセ物流株式会社)を子会社化し、ケミカル物流事業を
               強化
        2021年2月        アズフィット株式会社を子会社化し、家庭紙卸売業を拡大
        2021年4月        AIRROAD    PTY  LIMITEDを子会社化し、ASEAN・オセアニア地域で3PL事業を拡充
        2021年10月        株式会社セルフ・グロウを子会社化し、外国人人材の雇用拡大に対応
        2021年11月        ダイヤクリーニング株式会社を子会社化し、クリーニング事業に進出
        2022年1月        株式会社カルタスを子会社化し、家庭紙卸業界でのグループシェアの拡大
        2022年1月        AIR  PLANNERS     (S)  PTE.LTD.を子会社化し、国際物流事業のさらなる拡大
                                  5/171














                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、総合物流システム集団として、当社と子会社147社及び関連会社14
      社(2022年3月31日現在)で構成され、物流事業、商事・貿易事業、その他事業の3部門に関係する事業を行ってお
      り、荷主企業の多様化、高度化するニーズに対応して高品質、高付加価値のサービスがいつでも提供できるよう体制
      整備を図っております。
       各事業の主な内容は次のとおりであります。なお、この3部門は、「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 
      注記事項(セグメント情報等)」に掲げるセグメント情報の区分と同一であります。
       なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当してお
      り、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断すること
      となります。
           事業区分                            事業内容
                     貨物自動車運送事業、特別積合せ貨物運送、貨物自動車利用運送事業、鉄道利用運
                     送事業、海上運送事業(内航海運業、外航海運業、利用運送事業)、国内航空事業、
     (1)物流事業
                     港湾運送事業、国際運送取扱業、倉庫業、荷主の構内における原材料及び製品の包
                     装・移動等の作業、物流センターの運営 等
     (2)商事・貿易事業                 石油類販売事業、商事販売事業及び貿易事業 等

     (3)その他事業                 ライフサポート事業、フードサービス事業、情報処理受託業 等

      (1)物流事業

        ① 貨物自動車運送事業
         一般貨物自動車運送事業及び特別積合せ貨物運送の許可を受け、運送事業を行っております。
         なお、特別積合せ貨物運送としては、下記運行系統で事業を行っております。
        運行系統
              起点               終点            運行キロ程(㎞)
        柏市               小牧市                         380.0

        岡山市               摂津市                         180.0

        横浜市               坂戸市                          90.0

         また、各地域において、得意先の原燃料・資材・製品をトラックにより輸送すべく、貨物自動車利用運送事業を
        行っております。
                                  6/171









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ② 鉄道利用運送事業
          第1種及び第2種利用運送事業を下記駅にて行っております。
    ○ 釧路貨物駅                  (根室本線)          ○ 名古屋南貨物駅                (名古屋臨海鉄道線)
    ○ 帯広貨物駅                  (根室本線)          ○ 岐阜貨物ターミナル駅                (東海道本線)
    ○ 北見駅                  (石北本線)          ○ 京都貨物駅                (東海道本線)
    ○ 北旭川駅                  (宗谷本線)          ○ 大阪貨物ターミナル駅                (東海道本線)
    ○ 札幌貨物ターミナル駅                  (函館本線)          ○ 吹田貨物ターミナル駅                (東海道本線)
    ○ 小樽築港オフレールステーション                  (-)          ○ 安治川口駅                (桜島線)
    ○ 苫小牧貨物駅                  (室蘭本線)          ○ 福知山オフレールステーション                (‐)
    ○ 東室蘭駅                  (室蘭本線)          ○ 四日市駅                (関西本線)
    ○ 函館貨物駅                  (函館本線)          ○ 百済貨物ターミナル駅                (関西本線)
    ○ 八戸貨物駅                  (青い森鉄道線)          ○ 新潟貨物ターミナル駅                (白新線)
    ○ 仙台港駅                  (仙台臨海鉄道線)          ○ 金沢貨物ターミナル駅                (IRいしかわ鉄道線)
    ○ 仙台貨物ターミナル駅                  (東北本線)          ○ 南福井駅                (北陸本線)
                                                (あいの風とやま鉄道線)
    ○ 郡山貨物ターミナル駅                  (東北本線)          ○ 富山貨物駅
    ○ 宇都宮貨物ターミナル駅                  (東北本線)          ○ 東水島駅                (水島臨海鉄道線)
    ○ 倉賀野駅                  (高崎線)          ○ 倉敷貨物ターミナル駅                (水島臨海鉄道線)
    ○ 熊谷貨物ターミナル駅                  (高崎線)          ○ 神戸貨物ターミナル駅                (山陽本線)
    ○ 小名浜駅                  (福島臨海鉄道線)          ○ 姫路貨物駅                (山陽本線)
    ○ 千葉貨物駅                  (京葉臨海鉄道線)          ○ 岡山貨物ターミナル駅                (山陽本線)
    ○ 京葉久保田駅                  (京葉臨海鉄道線)          ○ 広島貨物ターミナル駅                (山陽本線)
    ○ 羽生オフレールステーション                  (‐)          ○ 高松貨物ターミナル駅                (予讃線)
    ○ 越谷貨物ターミナル駅                  (武蔵野線)          ○ 北九州貨物ターミナル駅                (鹿児島本線)
    ○ 新座貨物ターミナル駅                  (武蔵野線)          ○ 福岡貨物ターミナル駅                (鹿児島本線)
    ○ 隅田川駅                  (常磐線)          ○ 大牟田オフレールステーション                (-)
    ○ 千鳥町駅                  (神奈川臨海鉄道線)          ○ 鳥栖貨物ターミナル駅                (鹿児島本線)
    ○ 東京貨物ターミナル駅                  (東海道本線)          ○ 熊本駅                (鹿児島本線)
    ○ 川崎貨物駅                  (東海道本線)          ○ 八代駅                (鹿児島本線)
    ○ 横浜羽沢駅                  (東海道本線)          ○ 鹿児島貨物ターミナル駅                (鹿児島本線)
    ○ 富士駅                  (東海道本線)          ○ 西大分駅                (日豊本線)
    ○ 静岡貨物駅                  (東海道本線)          ○ 延岡駅                (日豊本線)
    ○ 西浜松駅                  (東海道本線)          ○ 南延岡駅                (日豊本線)
    ○ 名古屋貨物ターミナル駅                  (西名古屋港線)          ○ 佐土原オフレールステーション                (-)
        ③ 海上運送事業

          海上運送事業のうち、内航海運業、外航海運業及び利用運送業(内航・外航)を営んでおります。
         a.内航海運業
           内航貨物不定期航路事業として液化アンモニア・重油・バルクコンテナ・化学薬品類・樹脂化成品類・鋼
          材・肥料・石炭等を主たる貨物として運航しております。
         b.外航海運業
           外航貨物不定期航路事業として主に原料を貨物として運航しております。
         c.利用運送事業
           利用運送事業(内航)として九州/京浜航路を中心に一般貨物船・重油タンカー・ケミカルタンカー・RO
          RO船を利用し、樹脂化成品類・肥料・鋼材・化学薬品類・重油、その他各種貨物の海上輸送を行っておりま
          す。また利用運送事業(外航)として国内/アジア広域航路を中心にケミカルタンカーを利用した化学品類の
          海上輸送を行っております。
                                  7/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ④ 倉庫業
         下記の各地において、一般貨物の倉庫業を営んでおります。
        ○ 北海道札幌市・北広島市                            ○ 石川県金沢市・野々市市・白山市
        ○ 宮城県仙台市・亘理郡・塩竈市・加美郡・                            ○ 福井県福井市
          黒川郡・岩沼市                         ○ 滋賀県守山市・草津市・湖南市・栗東市・
        ○ 福島県本宮市                              東近江市・野洲市
        ○ 栃木県河内郡・小山市                            ○ 京都府京都市・長岡京市・八幡市
        ○ 群馬県太田市・佐波郡                            ○ 奈良県大和郡山市
        ○ 茨城県古河市・常総市                            ○ 大阪府大阪市・東大阪市・箕面市・
        ○ 千葉県市原市・袖ヶ浦市・柏市・浦安市・                              泉大津市・門真市・寝屋川市・八尾市・
          市川市・船橋市・野田市・富里市・印西市・                            泉佐野市・大東市・摂津市・茨木市・
          流山市                            高槻市・藤井寺市・岸和田市・堺市・泉南市
        ○ 埼玉県さいたま市・川口市・戸田市・越谷市・                            ○ 兵庫県神戸市・尼崎市・西宮市・姫路市・
          狭山市・北葛飾郡・蓮田市・北足立郡・坂戸市                           たつの市
          ・加須市・久喜市・比企郡・深谷市                         ○ 岡山県岡山市・倉敷市・笠岡市・浅口市
        ○ 東京都大田区・江戸川区・江東区・日野市・
                                   ○ 広島県広島市・東広島市
          立川市
        ○ 神奈川県川崎市・厚木市・愛甲郡・伊勢原市・                            ○ 香川県高松市
          横浜市・秦野市                         ○ 山口県山口市
        ○ 新潟県新潟市・五泉市・三条市                            ○ 福岡県福岡市・筑紫野市・糟屋郡・北九州市
        ○ 富山県射水市                            ○ 大分県中津市・大分市
        ○ 岐阜県羽島市                            ○ 佐賀県鳥栖市・三養基郡
        ○ 静岡県富士市・浜松市・掛川市・藤枝市                            ○ 熊本県熊本市・宇土市
        ○ 愛知県名古屋市・小牧市・丹羽郡・稲沢市                            ○ 宮崎県延岡市・日向市・都城市・宮崎市
        ○ 三重県四日市市・鈴鹿市・三重郡・名張市                            ○ 鹿児島県鹿児島市
         なお、当社グループ(当社及び当社の関係会社)の倉庫拠点は、倉庫のもつ保管機能、配送機能、流通加工や情
        報機能を組み合わせた複合機能型倉庫を、全国主要拠点に335棟を有しております。
      (2)商事・貿易事業

         石油類販売事業、商事販売事業及び貿易事業等を営んでおります。
                                  8/171










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (3)その他事業
         ライフサポート事業、情報処理受託業、自動車修理事業等を営んでおります。
       事業内容と当社グループの位置付けは次のとおりであります。

         区分               事業内容                      主要会社
      物流事業          一般貨物自動車運送事業(特別積合せ貨物運
                                      センコー㈱他74社
                送、貨物自動車利用運送)
                鉄道利用運送事業                       センコー㈱他4社
                海上運送事業                       センコー㈱他16社
                港湾運送事業                       センコー㈱他2社
                国際運送取扱業                       センコー㈱他31社
                倉庫業                       センコー㈱他57社
                荷主の構内における原材料及び製品の包装・
                                      センコー㈱他56社
                移動等の作業
                物流センターの運営                       センコー㈱
                引越事業                       センコー㈱他8社
      商事・貿易事業          石油類販売事業、商事販売事業及び貿易事業
                                      センコー商事㈱他30社
                等
      その他事業
                情報処理受託業                       センコー情報システム㈱他1社
                保険代理業                       ㈱センコー保険サービス他5社
                自動車修理事業                       埼玉センコーロジサービス㈱他7社
                太陽光発電による売電事業                       当社及びセンコー㈱
                ライフサポート事業                       ㈱ブルーアースジャパン他10社
                その他                       当社及びセンコーフーズ㈱他38社
                                  9/171












                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
       事業の系統図は次のとおりであります。
                                 10/171




















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
    (1)連結子会社

                                             関係内容
                              議決権の
                     資本金
                          主要な
        名称        住所              所有割合
                    (百万円)    事業の内容
                                   役員の兼任     資金援助         営業上の取引
                               (%)
     センコー㈱          大阪市

                     10,000    物流事業       100.0     有     有     業務委託及び運営管理
     (注)2.4          北区
     センコーエーラインア          東京都                 100.0

                      300  物流事業            無     無         無
     マノ㈱          江戸川区                (100.0)
     アクロストランスポー

               東京都                 100.0
                       20  物流事業            有     無         無
     ト㈱          港区                (100.0)
               千葉県                   100.0

     東京納品代行㈱                  98  物流事業            有     無         無
               市川市
                               (100.0)
               横浜市                   100.0

     安全輸送㈱                  90  物流事業            有     無         無
               戸塚区
                               (100.0)
                                66.7

               名古屋市 
     ㈱UACJ物流                    物流事業            有     無         無
                      200
               港区
                               (66.7)
     滋賀センコー運輸整備

               滋賀県                   100.0
                       30  物流事業            無     無         無
     ㈱          草津市                (100.0)
               大阪府                   100.0

     大阪センコー運輸㈱                  90  物流事業            有     無         無
               高槻市
                               (100.0)
                                85.0

               兵庫県  
     センコーナガセ物流㈱                  401  物流事業            無     無         無
               尼崎市
                               (85.0)
               佐賀県

                                100.0
               三養基郡          物流事業            無     無         無
     九州センコーロジ㈱                  90
                               (100.0)
               基山町
               東京都  

     日本マリン㈱                  300  物流事業       60.0    有     無         無
               港区
               東京

     センコー汽船㈱          都   江        100  物流事業       100.0     有     無         無
               東区
               東京

     センコー・フォワー                           100.0
               都   江        90  物流事業            有     無         無
     ディング㈱                          (100.0)
               東区
                       千

               USA
     SENKO   (U.S.A.)    INC.         USD      物流事業            無     有         無
                                100.0
               Illinois
                     13,800
                                 11/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                             関係内容
                              議決権の
                     資本金
                          主要な
        名称        住所              所有割合
                    (百万円)    事業の内容
                                   役員の兼任     資金援助         営業上の取引
                               (%)
     SENKO   LOGISTICS

                               100.0 
               Mexico      千MXN 
                         物流事業            有     有         無
     MEXICO   S.A.DE   C.V.    Queretaro      89,332
                                (0.4)
                     千元 

               中国   
     大連三興物流有限公司                    物流事業       51.0    有     無         無
               遼寧省      69,973
                       千

     上海扇拡国際貨運有限          中国   
                     USD      物流事業       100.0     有     無         無
     公司          上海市
                      3,645
     SENKO   LOGISTICS

               Thailand
                     百万THB
     DISTRIBUTION
                         物流事業            有     無         無
                                100.0
                       500
               Chonburi
     (THAILAND)     Co.,Ltd.
     M-Senko   Logistics

                      百万
               Thailand
                              50.3  
                      THB    物流事業            有     無         無
     Co.,Ltd.
                               (16.1)
               SamutPrakan
                      1,700
     (注)2
               Singapore 

     AIR  PLANNERS    (S)
                     千SGD 
                Airport
                         物流事業       70.0    有     無         無
                      100
     PTE.LTD.
               Cargo   Road
     SENKO   DISTRIBUTION

                      百万
               Vietnam
     SERVICE   (VIETNAM)             VND    物流事業       100.0     無     無         無
               Hung  Yen
                     188,400
     CO.,LTD
               Australia

                     千AUD 
     AIRROAD   PTY  LIMITED
               New  South        物流事業            有     有         無
                                60.0
                      2,349
               Wales
               韓国   

                      百万
     NH-SENKO    Logistics
               慶尚南道 
                      KRW    物流事業            有     有         無
                                55.0
     Co.,Ltd.
                      4,000
               昌原市
     ㈱ランテック

               福岡市  
                      519  物流事業       100.0     有     有        運営管理
     (注)2          博多区
               東京都            商事・貿易

     センコー商事㈱                 300         100.0     有     無        運営管理
               江東区          事業
               神戸市          商事・貿易

     ㈱丸藤                                有     無         無
                       50         100.0
               灘区          事業
               東京都            商事・貿易

     ㈱スマイル                                有     無        運営管理
                      570         100.0
               江東区          事業
     アスト㈱          大阪市            商事・貿易

                      100          70.0    有     無        運営管理
      (注)5          中央区          事業
                                 12/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                             関係内容

                              議決権の
                     資本金     主要な
        名称        住所              所有割合
                    (百万円)    事業の内容
                                   役員の兼任     資金援助         営業上の取引
                               (%)
               東京都            商事・貿易

     ㈱カルタス                                有     無         無
                      121         100.0
               中央区          事業
               東京都            商事・貿易

     アズフィット㈱                 100          80.0    有     無         無
               中央区          事業
     ㈱SENKO

                                100.0
               東京都            商事・貿易
     International                  90              有     無         無
               江東区          事業
                               (100.0)
     Trading
               大阪市  

                         その他事業            有     無         無
     寺内㈱                  51         100.0
               中央区
               岡山県  

                         その他事業            有     無         無
     ダイヤクリーニング㈱                  30         100.0
               倉敷市
     センコークリエイティ

               東京都
                       50  その他事業       100.0     有     無         無
     ブマネジメント㈱          江東区
     センコー情報システム          大阪府  

                       60  その他事業       100.0     有     無         無
     ㈱          八尾市
     その他 108社

     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

        2.特定子会社に該当しております。
        3.議決権の所有割合の()内は、間接所有割合で内数であります。
        4.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等 (1)売上高      220,628百万円
                    (2)経常利益                    8,998百万円
                    (3)当期純利益                   6,727百万円
                    (4)純資産額                   39,005百万円
                    (5)総資産額     142,181百万円
        5.売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。
          主要な損益情報等 (1)売上高                                  64,787百万円
                    (2)経常利益                       744百万円
                    (3)当期純利益                      477百万円
                    (4)純資産額                   10,388百万円
                    (5)総資産額                   19,994百万円
                                 13/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    (2)持分法適用の関連会社
                                             関係内容
                              議決権の
                    資本金     主要な
        名称        住所              所有割合
                    (百万円)     事業の内容
                                   役員の兼任     資金援助         営業上の取引
                               (%)
     センコー・プライベー

               大阪市  
     トリート投資法人 
                     34,360    その他事業        25.2    無     無         無
               北区
     (注)
     その他 4社

     (注)資本金に記載している数値は出資金総額となっております。

                                 14/171
















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2022年3月31日現在
              セグメントの名称                           従業員数(人)
                                             15,608
      物流事業                                             [ 11,080   ]
                                               746
      商事・貿易事業                                              [ 250  ]
                                              2,210
      その他事業                                             [ 3,562   ]
                                              1,571
      全社(共通)                                              [ 110  ]
                                             20,135
                 合計                                 [ 15,002   ]
     (注)1.従業員数は就業人員数(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの
           出向者を含む。)であり、臨時従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.臨時従業員には、季節工、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2022年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
          139                 45.3              14.6           7,058,750

               [ 34 ]
     (注)1.従業員数は就業人員数(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時

           従業員数は[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しております。
         2.臨時従業員には、季節工、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除いております。
         3.平均年間給与は、賞与及び基準外手当を含んでおります。
         4.従業員は、全て管理部門に所属しているため、セグメント毎の記載は省略しております。
                                 15/171











                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
     文中の将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会
    社)が判断したものです。
    (1)会社の経営の基本方針
      当社は、人を育て、人々の生活を支援する公共性の高い事業に取り組んでいる企業グループとして、物流・商事事業
     を核に、未来を動かすサービス・商品の新潮流の創造にたゆみなく挑戦し、真に豊かなグローバル社会の実現に貢献す
     ることをミッションとした「未来潮流を創る企業グループ」を目指しています。
      そして、この想いを「Moving                  Global 物流を超える、世界を動かす、ビジネスを変える」のスローガ
     ンとして掲げています。
      その上で、グループ全従業員が共有すべき価値観を「誠実」「情熱」「責任」「敬意」「多様性」と定め、事業を通
     じて株主、お客様、従業員をはじめ社会やすべての人々に貢献し、信頼される企業となることを基本方針としていま
     す。
    (2)目標とする経営指標

      当社は、2022年度におきまして、下表の指標を経営目標として定めております。
                           2021年実績          2022年目標

       営     業     収     益     6,231億円          7,000億円

       営     業     利     益      248億円          267億円

       営    業    利    益    率        4.0%          3.8%

                                 16/171













                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    (3)中長期的な会社の経営戦略
      当社は、事業の深化と創出を通じて、人と社会に新しい価値を届け、持続的な成長を実現するために、2022年度
     から5年間の中期経営計画を開始しております。
                センコーグループ中期経営計画(2022年度~2026年度)の概要

    1.コーポレート・スローガン

      『Moving        Global』
       ・物流を超える
        -従来の物流企業の枠組みを超える「高品質」な商品・サービスを提供する
       ・世界を動かす
        -「社会との共生」を大切にしながら、「グローバル」な企業活動を展開する
       ・ビジネスを変える
        -従業員の成長志向を育み、お客様に新たな価値を提案する
    2.中期経営計画の重点課題

    (1)既存事業の拡大と深化
       ・既存事業領域の拡大
       ・グローバル化の更なる展開
    (2)成長事業の創出と育成
       ・ライフサポート事業、ビジネスサポート事業の更なる成長
       ・新たな事業への挑戦(モノづくりなど)
    (3)ESG+H(健康)経営への取り組み
      ・事業を通じ、持続可能な社会の実現
       ・カーボンニュートラルの実現に向けた環境維持活動推進
       ・心身ともに健康で楽しく働ける環境づくり
    (4)グループ経営の高度化
       ・グループ全体の戦略立案・遂行機能の強化
       ・HDの機能の強化・充実によるグループ経営の高度化
    (5)働きがいと個人の成長の実現
      ・会社と従業員が、共感してともに高めあう関係の実現
       ・自分らしく、わくわく働ける職場の実現
                                 17/171







                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    (4)経営環境及び優先的に対処すべき事業上及び財政上の課題
      世界的な拡大を見せた新型コロナウイルス感染症(以下 コロナ)から、世界経済・日本経済は防疫と経済活動の両
     立が進み、コロナ以前のような経済活動の正常化進展が想定されております。
      この様な状況のもと、当社グループは、人命尊重を第一にコロナ対策を継続的に実施し、新たな中期経営計画の達成

     に向けあらゆる施策を実行してまいります。また、ビジネスの環境の変化をチャンスととらえて、M&Aや既存事業の
     拡大を進めていき、経営環境の変化に対応し持続可能な企業経営を目指すとともに、ES経営を実践し従業員と会社が
     ともに成長できる関係を構築させることで、人材確保や生産性向上に取り組みます。
      またこの様な環境の中、当社グループは、人を育て、人々の生活を支援する公共性の高い事業に取り組んでいる企業

     グループとして、「既存事業の拡大と深化」、「成長事業の創出と育成」、「ESG+H(健康)経営への取り組
     み」、「グループ経営の高度化」、「働きがいと個人の成長の実現」などに取り組んでまいります。
      「既存事業の拡大と深化」につきましては、物流事業において、ドラッグストア・通販・チェーンストア等の成長領

     域での事業拡充、物流センターの運営業務・ケミカル関連等の新規事業分野への進出、インド・台湾等の新規拠点拡大
     によるグローバルネットワークの確立、船舶管理・既存荷主の深化等での海運グループのシナジー追求、商事事業にお
     いて新商材・海外事業・M&A等による事業拡大、物流の抜本的見直しによる物流費の抑制、以上6つを進めてまいり
     ます。
      「成長事業の創出と育成」につきましては、ライフサポート事業において、コロナからの回復と安全・安心な事業展

     開の推進、ビジネスサポート事業において、不動産・人材派遣等のビジネスサポート各事業の拡大、新規事業におい
     て、新たな事業の芽の育成、以上3つを進めてまいります。
      「ESG+H(健康)経営への取り組み」につきましては、2050年カーボンニュートラルに向けたCO2削減の

     取り組み推進、ダイバシティ&インクルージョン教育の推進、グループ全体のリスクマネジメント体制の強化、スポー
     ツ・文化イベントを通じた健康増進、以上4つを進めてまいります。
      「グループ経営の高度化」につきましては、資本コストを意識した投資基準の導入、動画配信やSNSを活用した認

     知度の向上、ITセキュリティと従業員のIT教育の強化、省力化・省人化に向けた先端技術の研究・企画・開発、各
     事業グループとの連携によるグループシナジー効果の創出、協力会社との連携強化、以上6つを進めてまいります。
      「働きがいと個人の成長の実現」につきましては、「チェンジ&チャレンジ活動」を通じた従業員が挑戦する風土の

     醸成、グループ間の情報交換・人財交流によるグループ活性化、センコーユニバーシティによる次世代経営者人材の育
     成、従業員持株会の拡大、以上4つを進めてまいります。
                                 18/171









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能
     性のある事項には、以下のようなものがあります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在にお
     いて当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)が判断したものです。
     (1)法規制

      当社グループは、物流事業、商事・貿易事業、その他事業を行い、多様なサービスを提供しており、これらの事業
     は、各種業法による規制を含む様々な法令の遵守が必要となります。
      今後、法規制の強化や、新たな法規制の適用等がなされた場合には、かかる法規制への対応に追加費用を要したり、
     当社グループの事業運営方法の変更を余儀なくされること等により、当社グループの財政状態及び経営成績に影響を及
     ぼす可能性があります。
     (2)原油価格の高騰

      原油価格の高騰による軽油価格の上昇は運送コストの増加となり、貨物自動車運送事業を主体とする当社グループの
     業績は、今後の価格動向により影響を受ける可能性があります。
     (3)重大な事故の発生

      重大な車両又は貨物事故が発生した場合、顧客の信頼及び社会的信用が低下する他、車両の使用停止、営業停止等の
     行政処分等により、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
     (4)災害等の発生

      豪雨・豪雪・台風・地震等の災害や停電の発生等により、輸送経路の遮断、電力供給の停止によるシステム停止等の
     事態が発生した場合、当社グループの業績は影響を受ける可能性があります。
      直近では、2021年8月に日本各地で発生した集中豪雨、また2022年3月に福島県で発生した地震(福島県沖
     地震)により影響を受けております。
     (5)システムダウン

      当社グループは、IT技術を活用し、顧客の貨物情報の管理、倉庫機能をシステム管理しております。これらのシス
     テムが、自然災害の他、コンピュータウイルスやハッカー行為等により停止を余儀なくされた場合、当社グループの業
     績は影響を受ける可能性があります。
     (6)顧客情報の管理

      当社グループは、物流サービスの提供に際し、顧客等の情報を取り扱っており、社内教育を通じて情報管理に努めて
     おりますが、情報の外部漏洩やデータ喪失等の事態が生じた場合、損害賠償請求等により、当社グループの業績は影響
     を受ける可能性があります。
     (7)M&A、資本提携

      当社グループ、既存事業の規模拡大や新たな事業分野に進出する際、事業戦略の一環としてM&Aや資本提携等を
     行っております。しかしながら、買収後の市場環境の著しい変化、法的規制、予期せぬ費用増加等の影響により、当初
     期待された効果を出せない可能性があります。また、偶発債務の発生や未確認債務の判明等、事前の調査で把握できな
     かった問題が生じた場合等において、財政状態に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (8)海外での事業展開

      当社グループは、将来にわたって成長を続けていくために海外での事業展開に取り組んでおりますが、進出地域の経
     済状況の変化や景気の後退、為替レートの変動、政治又は法規制の変化、自然災害の発生、テロ・戦争・疾病の発生な
     どの要因による社会的混乱が生じた場合、事業展開や業績及び成長見通しに大きな影響を及ぼす可能性があります。
     (9)感染症拡大

      感染症拡大が発生した場合、営業所の業務停止、行政による休業要請の影響により、当社グループの業績は影響を受
     ける可能性があります。
                                 19/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)経営成績等の状況の概要
      当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
     シュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項
     は、当連結会計年度の末日現在において当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)が判断したものです。
      ①財政状態及び経営成績の状況

      当期における経済環境は、新型コロナウイルス感染症の影響が続く中、燃料価格の高騰ともあいまって、厳しい経営
     環境で推移いたしました。
      このような中、当社グループは中期経営5ヵ年計画「センコー・イノベーションプラン2021(SIP21)」の
     最終年度として、業績のさらなる伸長に努めてまいりました。
      当期の主な取り組みは以下のとおりです。

      国内物流事業においては、5月に岐阜羽島PDセンター(岐阜県羽島市)、11月に印西第2ロジスティクスセン

     ター(千葉県印西市)、3月に泉南PDセンター(大阪府泉南市)を稼働させました。
      国際物流事業では、4月にオーストラリアで貨物自動車運送事業などを行っているエアロード社(AIRROAD                                                     PTY
     LIMITED)を、1月にシンガポールを拠点に国際航空・海上輸送などを行うエアープランナーズ社(AIR                                                PLANNERS     (S) 
     PTE.   LTD.)をグループに迎えました。
      海運事業では、8月に日本マリン株式会社とセンコー汽船株式会社が濃硫酸船「祥硫」を新造・就航させました。
      商事・貿易事業においては、1月に家庭紙の卸売事業などを行う株式会社カルタスをグループに迎え、また同月、電

     子材料取引の商権拡大などを目指し、液晶パネルや有機EL製品の材料・部品を取り扱う中国商社TOMIグループに
     出資参画いたしました。
      その他事業においては、10月に愛知県内で在留外国人の人材派遣や技能実習生向けの研修事業などを行う株式会社

     セルフ・グロウを、11月に中四国エリアを中心に、衣服のクリーニング事業やコインランドリー事業を展開するダイ
     ヤクリーニング株式会社をグループに迎えました。
      環境負荷低減への取り組みについては、日本物流団体連合会からセンコー株式会社と株式会社ランテックが、6月に

     「第22回物流環境大賞」の部門賞2件と特別賞1件を、11月に「令和3年度モーダルシフト取り組み優良事業者
     賞」の改善部門1件と有効活用部門2件を受賞しました。また、株式会社ランテックは11月に国土交通省九州運輸局
     から「令和3年自動車・観光・交通政策関係功労者九州運輸局長表彰」を受けました。
      今後も当社グループは、人々の生活を支援する企業グループとして、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

      当期の連結業績は以下のとおりであります。

                                                       (百万円)
                    前     期      当     期      増  減  額      増  減  率
      営   業   収   益        572,405          623,139           50,733           8.9%

      営   業   利   益         21,516          24,771           3,254          15.1%

      経   常   利   益         22,227          26,103           3,876          17.4%

      親会社株主に帰属する
                        14,249          15,233            984          6.9%
      当   期   純   利   益
      営業収益面では収益認識会計基準等の適用影響などがあり、利益面では燃料価格の上昇影響などがありましたが、グ
     ループ全体で拡販ならびにコスト改善・生産性向上に取り組むとともに、M&Aを推進した結果、連結営業収益、連結
     営業利益、連結経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益ともに前期を上回る結果となりました。
                                 20/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        当期のセグメント別の状況は、以下のとおりです。
       (物流事業)

                                                    (百万円)
                       前期         当期         増減額         増減率
        営   業   収   益      387,350         432,538          45,188          11.7%

        セグメント利益                19,398         23,013          3,615         18.6%

         燃料価格の上昇影響などがありましたが、前期に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて大きく減少した
        物量が回復する中、拡販ならびにコスト改善・生産性向上に取り組むとともに、M&Aの収益寄与があったことな
        どにより、営業収益は4,325億38百万円と対前期比451億88百万円の増収、セグメント利益は230億
        13百万円と対前期比36億15百万円の増益となりました。
       (商事・貿易事業)

                                                    (百万円)
                       前期         当期         増減額         増減率
        営   業   収   益      161,820         153,049         △8,770          △5.4%

        セグメント利益                3,035         2,905         △130         △4.3%

         4月に家庭紙卸売のアズフィット株式会社を連結子会社化するとともに、拡販ならびにコスト改善に努めました
        が、収益認識会計基準等の適用影響、燃料販売における仕入価格の上昇などにより、営業収益は1,530億49
        百万円と対前期比87億70百万円の減収、セグメント利益は29億5百万円と対前期比1億30百万円の減益と
        なりました。
       (その他事業)

                                                    (百万円)
                       前期         当期         増減額         増減率
        営   業   収   益       23,235         37,550         14,315          61.6%

        セグメント利益
                         △61          99         161       -
        又  は  損  失  (△)
         2021年1月に会員制の総合卸売・小売の寺内株式会社を連結子会社化し、拡販ならびにコスト改善などに努
        めたことにより、営業収益は375億50百万円と対前期比143億15百万円の増収、セグメント利益は99百
        万円と対前期比1億61百万円の増益となりました。
      (資産の状況)

      当期末における総資産は、4,804億87百万円となり、前期末に比べ444億21百万円増加いたしました。
      流動資産は、1,710億33百万円となり、前期末に比べ71億42百万円増加いたしました。これは、現金及び
     預金が74億37百万円減少したものの、受取手形、営業未収入金及び契約資産が92億4百万円、電子記録債権が 
     10億23百万円、商品及び製品が11億93百万円、その他流動資産が31億90百万円増加したことなどによるも
     のです。
      固定資産は、3,094億54百万円となり、前期末に比べ372億78百万円増加いたしました。これは、有形固
     定資産が220億84百万円、無形固定資産が57億9百万円、投資その他の資産が94億84百万円増加したことな
     どによるものです。
                                 21/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (負債の状況)
      当期末における負債合計は、3,198億30百万円となり、前期末に比べ298億84百万円増加いたしました。
      流動負債は、1,376億46百万円となり、前期末に比べ39億31百万円増加いたしました。これは、1年内償
     還予定の社債が70億94百万円、1年内償還予定の転換社債型新株予約権付社債が100億9百万円減少したもの
     の、支払手形及び営業未払金が62億91百万円、短期借入金が142億98百万円増加したことなどによるもので
     す。
      固定負債は、1,821億83百万円となり、前期末に比べ259億52百万円増加いたしました。これは、社債が
     99億76百万円、長期借入金が118億58百万円、長期リース債務が10億88百万円、繰延税金負債が13億 
     17百万円、その他固定負債が11億13百万円増加したことなどによるものです。
      (純資産の状況)

      当期末における純資産は、1,606億57百万円となり、前期末に比べ145億37百万円増加いたしました。こ
     れは、自己株式の取得により35億21百万円減少したものの、転換社債型新株予約権付社債の株式への転換などによ
     り資本金が19億15百万円、資本剰余金が17億39百万円増加したことに加え、利益剰余金が105億25百万
     円、非支配株主持分が25億24百万円増加したことなどによるものです。自己資本比率は前期末から0.3ポイント
     低下し、30.6%となりました。
     ②キャッシュ・フローの状況

      当期末における現金及び現金同等物は、前期末に比べ、81億77百万円減少し、421億93百万円となりまし
     た。
      営業活動によるキャッシュ・フローは、318億85百万円の収入となりました。これは、税金等調整前当期純利益
     が247億78百万円、減価償却費が198億17百万円、未払債務の増加による資金の増加が36億54百万円あっ
     たものの、売上債権の増加による資金の減少が51億23百万円、法人税等の支払額として93億21百万円支出した
     ことなどによるものです。
      投資活動によるキャッシュ・フローは、461億41百万円の支出となりました。これは、有形固定資産の取得
     に  303億11百万円、関係会社出資金の払込に56億68百万円、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得
     に   88億37百万円支出したことなどによるものです。
      財務活動によるキャッシュ・フローは、57億73百万円の収入となりました。これは、長期借入金の返済に40億
     35百万円、ファイナンス・リース債務の返済に53億59百万円、社債の償還に132億88百万円、自己株式の取
     得に36億30百万円、配当金の支払額に47億4百万円支出したものの、短期借入金の純増額が46億71百万円、
     長期借入れによる収入が225億63百万円、社債の発行による収入が100億円あったことなどによるものです。
      ③キャッシュ・フロー関連指標の推移

                        2018年        2019年       2020年        2021年       2022年
                         3月期       3月期        3月期       3月期        3月期
          自己資本比率(%)                 33.7        35.0       35.1        30.9       30.6

          時価ベースの

                           37.7        41.0       35.7        35.6       27.8
          自己資本比率(%)
          キャッシュ・フロー
                           4.9       4.2        3.6       5.2        5.8
          対有利子負債比率
          インタレスト・
                           25.4        26.2       28.3        27.7       25.5
          カバレッジ・レシオ
          (注)自己資本比率:自己資本/総資産
             時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
             キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/営業キャッシュ・フロー
             インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
             ※各指標はいずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
             ※株式時価総額は、期末株価終値×期末発行済株式総数(自己株式控除後)により算出しております。
             ※営業キャッシュ・フローは連結キャッシュ・フロー計算書の営業活動によるキャッシュ・フローを使
             用しております。有利子負債は、連結貸借対照表に計上されている負債のうち、利子を支払っている
             負債を対象としております。また、利払いについては、連結キャッシュ・フロー計算書の利息の支払
             額を使用しております。
                                 22/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりです。
     なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものです。
      ①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについて
      は、第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)に記載のと
      おりです。
      ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

      a.経営成績等
       1)財政状態
       当連結会計年度の財政状態につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりです。
       2)経営成績

       当連結会計年度の経営成績につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりです。
       3)キャッシュ・フローの状況

       当社グループは、営業活動によるキャッシュ・フローを重視し、当連結会計年度においても318億85百万円の
      資金を得ることができました。なお、詳細につきましては、「第2 事業の状況 3.経営者による財政状態、経営
      成績及びキャッシュ・フローの状況の分析(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりです。
      b.経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       セグメントごとの経営成績は、以下のとおりです。
       物流事業におきましては、新型コロナウイルス影響から前年まで落ち込んでいた物量が、ケミカル部門や食品関連
      部門で大きく回復しました。また新規に開設した岐阜羽島PDセンターといった大型物流拠点の稼働や新規拡販に取
      り組んだ結果、営業収益は4,325億38百万円と対前期比451億88百万円の増収となりました。利益面にお
      きましては燃料価格の上昇の影響などがありましたが、拡販ならびにコスト改善・生産向上に取り組むとともに、エ
      アロード社やUACJ物流といったM&Aの収益寄与があったことなどにより、セグメント利益は230億13百万
      円と対前期比36億15百万円の増益となりました。
       セグメント資産は3,424億66百万円と対前年比228億86百万円増加しました。
       商事・貿易事業におきましては、今年度に家庭紙卸売りのアズフィット株式会社を連結子会社化し、新規拡販なら

      びにコスト改善に努めましたが、収益認識会計基準の適用影響や燃料販売における仕入れ単価の上昇により、営業収
      益は1,530億49百万円と対前年比87億70百万円の減収、セグメント利益は29億5百万円と対前年比1億
      30百万円の減益となりました。
       セグメント資産は792億68百万円と対前年比136億22百万円増加しました。
       その他事業におきましては、2021年1月に連結子会社化した会員制の総合卸売・小売の寺内株式会社などM&

      Aの売上貢献や新型コロナウイルスに関する情報処理業務の取込みなど拡販に努めたことにより、営業収益は375
      億50百万円と対前期比143億15百万円の増収、セグメント利益は99百万円と対前期比1億61百万円の増益
      となりました。
       セグメント資産は511億18百万円と対前年比69億22百万円増加しました。
      c.資本の財源及び資金の流動性

       当社グループの運転資金需要のうち主なものは、下払運賃ほか、販売費及び一般管理費等の営業費用です。投資を
      目的とした資金需要は、設備投資、子会社・関係会社株式の取得等によるものです。
       当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。
       短期運転資金は自己資金及び金融機関からの短期借入による資金調達を基本としており、設備投資資金や長期運転
      資金は、社債及び金融機関からの長期借入による資金調達を基本としております。また、運転資金の効率的な調達を
      行うため、複数の金融機関との間で当座貸越契約及び貸出コミットメント契約を締結しております。
     4【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
                                 23/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     5【研究開発活動】

      当連結会計年度における当社グループ全体の研究開発活動費は、                               45 百万円であります。
      主に商事セグメントにおいて新製品開発に、その他セグメントにおいて新サービス開発によるものであります。
                                 24/171



















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      当社グループ(当社及び連結子会社)では、当連結会計年度において                                31,868   百万円の設備投資を実施いたしました。
     主な内容としましては、建物の増設等で14,864百万円(主に物流事業)、車両運搬具等で5,789百万円(主に物流事
     業)、土地の購入等で5,219百万円(主に物流事業)等であります。
      又、これら以外にも営業・生産体制の拡充を図るため、当社グループにおいて必要な設備投資を実施いたしました。
      所要資金については、いずれの投資も借入金及び自己資金により充当しております。
     2【主要な設備の状況】

      当社グループ(当社及び主要子会社)における主要な設備は、以下のとおりであります。
     (1)提出会社
                                                    2022年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                         従業
       事業所名       セグメント
                                                         員数
                   設備の内容     建物   機械装   工具器       土地      有形   建設
       (所在地)       の名称
                                                  無形固
                         及び   置及び   具及び            リース   仮勘       合計   (人)
                                                  定資産
                         構築物   運搬具   備品    金額        資産   定
                                       面積㎡
                   本社機能
     本社                                                     139
              その他事業     賃貸不動産     23,089    1,075    362  21,851     376,573     219   812   2,374   49,784
     (東京都江東区)                                                     [34]
                   他
     (2)国内連結子会社

                                                    2022年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                         従業
       事業所名       セグメント
                                                         員数
                   設備の内容     建物   機械装   工具器       土地      有形   建設
       (所在地)       の名称
                                                  無形固
                         及び   置及び   具及び            リース   仮勘       合計   (人)
                                                  定資産
                         構築物   運搬具   備品    金額        資産   定
                                       面積㎡
                   車輌
                                                         3,595
     センコー㈱                                   852,387
              物流事業     倉庫     36,086    3,635    659  32,464         4,893    808   1,533   80,082
                                                         [2,513  ]
     (大阪市北区)                                 (1,948,292)
                   荷役機器他
     センコーエーライン
                   車輌                     18,524                  614
     アマノ㈱         物流事業
                          177   903    5   475         45   -   256   1,864
                   荷役機器他
                                       (17,790)                  [78]
     (東京都江戸川区)
     埼玉センコーロジ
                   車輌
                                                          391
     サービス㈱         物流事業     整備工場       67   673    23    -  (22,260)      279    -   2  1,045
                                                         [358]
                   荷役機器他
     (埼玉県加須市)
                                                          464
     東京納品代行㈱              車輌
              物流事業            306   264   114    -  (248,204)      836    -   184   1,706
                                                         [1,547  ]
     (千葉県市川市)              荷役機器他
     安全輸送㈱              車輌                     13,950                  654
              物流事業
                          298   179    14   666         690    3   35  1,888
     (横浜市戸塚区)              荷役機器他                    (62,004)                  [576]
     センコーナガセ物流
                   倉庫                     33,176                  40
     ㈱         物流事業           1,080     57    9   836          -   -   26  2,011
                   荷役機器他
                                         (928)                 [9]
     (兵庫県尼崎市)
     日本マリン㈱                                    3,505
              物流事業     船舶他       21  6,264    167   149          -   -   0  6,603     59
     (東京都港区)                                    (980)
     センコー汽船㈱
              物流事業     船舶他        -  3,532     0   -     -   -  455    1  3,989     31
     (東京都江東区)
     栄吉海運㈱                                   19,430
              物流事業     船舶他
                          73  1,343     7   454          -   0   4  1,884    114
     (岡山県玉野市)                                    (958)
                   車輌
     ㈱ランテック                                   283,039                 2,523
              物流事業     倉庫     15,332    2,885    162  13,387         4,450    90   936  37,243
     (福岡市博多区)                                  (83,729)                  [207]
                   荷役機器他
     アズフィット㈱         商事・貿易                                             81
                   倉庫他       295    9   14   932    15,153     18   -   101   1,371
     (東京都中央区)         事業                                            [33]
     寺内㈱                                    4,512                 267
              その他事業     店舗他       944    -   79  2,139          83   -   110   3,356
     (大阪市中央区)                                   (5,207)                 [306]
     ダイヤクリーニング
                   店舗                     12,952                  148
     ㈱         その他事業            524    37   21   544         233    -   99  1,460
                   工場他
                                        (4,222)                 [177]
     (岡山県倉敷市)
                                 25/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                    帳簿価額(百万円)
                                                         従業
       事業所名
              セグメント
                   設備の内容                   土地                   員数
                         建物   機械装   工具器            有形   建設
       (所在地)       の名称                                    無形固
                         及び   置及び   具及び            リース   仮勘       合計   (人)
                                                  定資産
                         構築物   運搬具   備品            資産   定
                                   金額    面積㎡
     センコー不動産㈱
              その他事業     賃貸事務所       614    -   -   666     525    -   -   -  1,281     10
     (東京都江東区)
     エヌデイーシー㈱
                                       1,433,818                   31
     (滋賀県蒲生郡         その他事業     ゴルフ場他       12    2   4   945         73   -   47  1,086
                                       (159,121)                  [21]
      日野町)
     (3)在外連結子会社

                                                    2022年3月31日現在
                                    帳簿価額(百万円)
                                                         従業
       事業所名       セグメント
                   設備の内容                   土地                   員数
                         建物   機械装   工具器            有形   建設
       (所在地)       の名称
                                                  無形固
                         及び   置及び   具及び            リース   仮勘       合計   (人)
                                                  定資産
                         構築物   運搬具   備品            資産   定
                                   金額
                                       面積㎡
     SENKO   (U.S.A.)
                   車輌
     INC.         物流事業            695   513    1   47    58,841     24   19    6  1,308     53
                   荷役機器他
     (USA  Illinois)
     SENKO   LOGISTICS
     DISTRIBUTION
     (THAILAND)
              物流事業     荷役機器他       960    11    1   256    45,240     19   -   0  1,249     58
     Co.,Ltd.
     (Thailand
      Chonburi)
     M-Senko   Logistics
                   車輌
     Co.,Ltd.
              物流事業           2,204    688   106    -     -   - 1,885     60  4,994    440
                   倉庫他
     (Thailand
      SamutPrakan)
     NH-SENKO    Logistics
                   車輌
     Co.,Ltd.
              物流事業
                         1,452     7   6   -     -   -  15    -  1,480     7
                   倉庫他
     (韓国
      慶尚南道昌原市)
     (注)1.土地の面積の()は、連結会社以外から賃借している面積を外書きしております。なお、土地と区分できな

           い建物についても一括して記載しております。
         2.連結会社以外からの賃借施設に係る年間賃借料は、土地、建物を中心に33,227百万円であります。
         3.従業員数の[]は、臨時従業員数を外書きしております。
                                 26/171









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
     (1)重要な設備の新設等
                                                   2022年3月31日現在
                                         今後の

                             総予算額      支払済額            着手    完成    完成後の
     セグメントの名称              設備名                      所要資金
                            (百万円)      (百万円)             年月    年月    増加能力
                                        (百万円)
              センコー                                          延床面積
                               6,925      1,275      5,650    2020.5     2023.4
              湾岸弥富PDセンター                                          44,739㎡
              センコー                                          延床面積
                              21,379       618    20,761    2021.5     2023.3
              浦和大門物流センター                                          75,649㎡
              センコー                                          延床面積
                               6,634      2,592      4,042    2021.3     2023.1
              京葉PDセンター                                          29,509㎡
     物流事業
              センコー                                          延床面積
                               3,718       308     3,410    2021.3     2024.5
              日向第2PDセンター                                          23,450㎡
              センコー                                          延床面積
                               5,472       457     5,015    2022.4     2023.6
              金沢第2PDセンター                                          32,127㎡
              センコー                                          延床面積
                               9,096        -    9,096    2022.9     2024.9
              新小牧第2PDセンター                                          59,049㎡
     (注)1.      上記設備計画の今後の所要資金については、借入金及び自己資金により充当する予定であります。
         2.  設備名は今後変更の可能性があります。
     (2)重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                 27/171













                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 294,999,000

                  計                               294,999,000

        ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数             提出日現在発行数           上場金融商品取引所
       種類         (株)            (株)         名又は登録認可金融                内容
            (2022年3月31日)            (2022年6月28日)            商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
                                               権利内容に何ら限定のな
                                      市場第一部
                                               い当社における標準とな
               157,070,496            157,070,496
      普通株式                              (事業年度末現在)
                                               る株式であり、単元株式
                                      プライム市場
                                               数は100株です。
                                     (提出日現在)
               157,070,496            157,070,496
       計                                 -             -
     (注) 「提出日現在発行数」には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により
         発行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         ストックオプション制度の内容は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」
        の(ストック・オプション等関係)に記載しております。
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
                                 28/171










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ③【その他の新株予約権等の状況】
          会社法に基づき発行した新株予約権付社債は、次のとおりであります。
    2021年3月2日取締役会決議(2025年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債)

                                           事業年度末現在
                                          (2022年3月31日)
      新株予約権付社債の残高 (百万円)(注)1                              22,081[22,076]

      新株予約権の数 (個)(注)1                              2,200

      新株予約権のうち自己新株予約権の数 (個)(注)1                              -

      新株予約権の目的となる株式の種類(注)1                              普通株式

                                    18,098,058      [18,257,261] (注)2

      新株予約権の目的となる株式の数 (株)(注)1
                                    1株当たり      1,215.60     [1,205.00] (注)3

      新株予約権の行使時の払込金額 (円)(注)1
                                    自 2021年4月1日
      新株予約権の行使期間(注)1
                                    至 2025年3月4日
                                    発行価格           1,215.60     [1,205.00]
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価
                                    資本組入額          608  [603]
      格及び資本組入額 (円)(注)1
                                    (注)4
                                    各本新株予約権の一部行使はできないものとす
      新株予約権の行使の条件(注)1
                                    る。
      新株予約権の譲渡に関する事項(注)1                              -
                                    各本新株予約権の行使に際しては、各本社債を

      代用払込みに関する事項(注)1                              出資するものとし、当該本社債の価額は、その
                                    額面金額と同額とする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項(注)1                              (注)5

        (注)1.当事業年度の末日における内容を記載しております。当事業年度の末日から提出日の前月末現在にかけて

            変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載しており、その他の事項に
            ついては当事業年度の末日における内容から変更はありません。
          2.本新株予約権の行使により当社が交付する当社普通株式の数は、本新株予約権の行使請求に係る本社債の
            額面金額(10,000,000円)の合計額を、下記(注)3記載の転換価額で除した数といたします。但し、本新
            株予約権の行使の際に生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行いません。なお、下記転換
            価額で算出される新株予約権の目的となる株式の数の最大整数は、提出日の前月末現在で18,257,261株で
            あります。
          3.新株予約権の行使時の払込金額
           (1)各本新株予約権の行使に際しては、各本社債を出資するものとし、当該本社債の価額は、その額面金額
            と同額といたします。
           (2)転換価額は1,215.60円といたします。ただし、2022年6月28日開催の第105期(2022年3月期)定時株主
            総会において期末配当を1株につき17円とする剰余金配当案が承認可決され、2022年3月期の年間配当
            金が1株につき34円と決定されたことに伴い、転換価額は1,205.00円に調整し、2022年4月1日以降適
            用しております。
           (3)転換価額は、当社が本新株予約権付社債発行後、当社普通株式の時価を下回る払込金額で当社普通株式
            を発行し又は当社の保有する当社普通株式を処分する場合には、次の算式により調整されます。
            なお、次の算式において「既発行株式数」とは当社の発行済普通株式(当社の保有するものを除く。)
            の総数を指します。
                                       発行又は処分株式数          ×  1株当たり払込金額
                               既発行株式数       +
                                       ────────────────────
            調整後転換価額        =  調整前転換価額        ×
                                              1株当たり時価
                               ────────────────────────────
                                    既発行株式数       +  発行又は処分株式数
             また、転換価額は、当社普通株式の分割又は併合、当社普通株式の時価を下回る価額をもって当社普
            通株式の交付を請求できる新株予約権(新株予約権付社債に付されたものを含む。)の発行、一定限度
            を超える配当支払い(特別配当の実施を含む。)、その他社債の要項に定める一定の場合にも適宜調整
                                 29/171

                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
            されることがあります。但し、当社のストック・オプション・プランに基づく場合その他社債の要項に
            定める一定の場合には調整は行われません。
          4.本新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条の定
            めるところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結果1円未満の端数
            を生じる場合はその端数を切り上げた額といたします。増加する資本準備金の額は、資本金等増加限度額
            より増加する資本金の額を減じた額といたします。
          5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           (1)組織再編等が生じた場合、当社は承継会社等(以下に定義する。)をして、本新株予約権付社債の要項
            に従って、本新株予約権付社債の主債務者としての地位を承継させ、かつ、本新株予約権に代わる新た
            な新株予約権を交付させるよう最善の努力をいたします。但し、かかる承継及び交付については、①そ
            の時点において適用のある法律上実行可能であり、②その実行のための仕組みが既に構築されているか
            又は構築可能であり、かつ、③当社又は承継会社等が、当該組織再編等の全体から見て不合理な(当社
            がこれを判断する。)費用(租税負担を含む。)を負担せずに、それを実行することが可能であること
            を前提条件といたします。また、かかる場合、当社は、承継会社等が当該組織再編等の効力発生日にお
            いて日本の上場会社であるよう最善の努力をするものといたします。
            「承継会社等」とは、組織再編等における相手方であって本新株予約権付社債及び/又は本新株予約権に
            係る当社の義務を引き受ける会社をいうものといたします。
           (2)上記(1)の定めに従って交付される承継会社等の新株予約権の内容は下記のとおりであります。
            ①新株予約権の数
             当該組織再編等の効力発生日の直前において残存する本新株予約権付社債に係る本新株予約権の数と
             同一の数とする。
            ②新株予約権の目的である株式の種類
             承継会社等の普通株式とする。
            ③新株予約権の目的である株式の数
             承継会社等の新株予約権の行使により交付される承継会社等の普通株式の数は、当該組織再編等の条
             件等を勘案の上、本新株予約権付社債の要項を参照して決定するほか、下記(ⅰ)又は(ⅱ)に従
             う。なお、転換価額は上記3と同様の調整に服する。
            (ⅰ)合併、株式交換又は株式移転の場合には、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行
              使した場合に得られる数の当社普通株式の保有者が、当該組織再編等において受領する承継会社等
              の普通株式の数を、当該組織再編等の効力発生日の直後に承継会社等の新株予約権を行使したとき
              に受領できるように、転換価額を定める。当該組織再編等に際して承継会社等の普通株式以外の証
              券又はその他の財産が交付されるときは、当該証券又は財産の価値を承継会社等の普通株式の時価
              で除して得られる数に等しい承継会社等の普通株式の数を併せて受領できるようにする。
            (ⅱ)上記以外の組織再編等の場合には、当該組織再編等の効力発生日の直前に本新株予約権を行使した
              場合に本新株予約権付社債権者が得られるのと同等の経済的利益を、当該組織再編等の効力発生日
              の直後に承継会社等の新株予約権を行使したときに受領できるように、転換価額を定める。
            ④新株予約権の行使に際して出資される財産の内容及びその価額
             承継会社等の新株予約権の行使に際しては、承継された本社債を出資するものとし、当該本社債の価
             額は、承継された本社債の額面金額と同額とする。
            ⑤新株予約権を行使できる期間
             当該組織再編等の効力発生日(場合によりその14日後以内の日)から、上記に記載する本新株予約権
             の行使期間の満了日までとする。
            ⑥その他の新株予約権の行使の条件
             各新株予約権の一部行使はできないものとする。
            ⑦新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金
             承継会社等の新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算
             規則第17条の定めるところに従って算定された資本金等増加限度額に0.5を乗じた金額とし、計算の結
             果1円未満の端数を生じる場合はその端数を切り上げた額とする。増加する資本準備金の額は、資本
             金等増加限度額より増加する資本金の額を減じた額とする。
            ⑧組織再編等が生じた場合
             承継会社等について組織再編等が生じた場合にも、本新株予約権付社債と同様の取扱いを行う。
                                 30/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
            ⑨その他

             承継会社等の新株予約権の行使により生じる1株未満の端数は切り捨て、現金による調整は行わな
             い。承継会社等の新株予約権は承継された社債と分離して譲渡できない。
                                 31/171



















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】
          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式       資本金増減        資本金残高       資本準備金       資本準備金
         年月日        総数増減数       総数残高       額              増減額       残高
                  (千株)       (千株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2020年7月20日(注)1                 90     152,952          36     26,564         35     24,655

     2021年4月1日~

                   4,118      157,070        1,915      28,479        1,915       26,570
     2022年3月31日(注)2
      (注)1.       譲渡制限付株式報酬としての新株式の有償発行によるものであります。
            発行価額  797円
            資本組入額 399円
            割当先   当社取締役(社外取締役を除く)8名、当社執行役員4名、当社常務理事5名、当社子会
                  社取締役(社外取締役を除く)6名、当社子会社執行役員20名及び当社子会社常務理事30
                  名
         2.       転換社債型新株予約権付社債の株式への転換による増加であります。
      (5)【所有者別状況】

                                                  2022年3月31日現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                       単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状
            政府及び
                       金融商品     その他の
                                                       況(株)
            地方公共     金融機関                          個人その他       計
                       取引業者       法人
             団体
                                  個人以外      個人
                     44     26     220     215      12    9,075     9,592

     株主数(人)         -                                           -
     所有株式数
                  563,260      21,447     339,030     338,683        42   307,607    1,570,069       63,596
              -
     (単元)
     所有株式数の
                   35.87      1.37     21.59     21.57      0.00     19.59
              -                                       100    -
     割合(%)
     (注)自己株式7,340,766株は、「個人その他」に73,407単元、「単元未満株式の状況」に66株含まれております。
                                 32/171










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
         氏名又は名称                    住所                     総数に対する所有
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
     日本マスタートラスト信託銀行
                                            18,313          12.24
                     東京都港区浜松町2丁目11番3号
     株式会社
                                            13,209          8.83

     株式会社日本カストディ銀行                東京都中央区晴海1丁目8番12号
                                            11,676          7.80

     旭化成株式会社                東京都千代田区有楽町1丁目1番2号
                                             6,946          4.64

     センコーグループ従業員持株会                東京都江東区潮見2丁目8番10号
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST

                     P.O.   BOX  351  BOSTON    MASSACHUSETTS
     COMPANY
                                             4,356          2.91
                     02101   U.S.A.
     (常任代理人 株式会社みずほ
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
     銀行決済営業部)
     三菱UFJ信託銀行株式会社
                     東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
     (常任代理人 日本マスタート                                        4,060          2.71
                     (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
     ラスト信託銀行株式会社)
                                             4,039          2.70

     いすゞ自動車株式会社                東京都品川区南大井6丁目26番1号
                     25  BANKSTREET,CANARYWHARF,LONDON,

     JPMORGAN CHASE BANK
                                             3,554          2.38
     (常任代理人 株式会社みずほ                E14  5JP,UNITEDKINGDOM
     銀行決済営業部)
                     (東京都港区港南2丁目15番1号)
                                             3,439          2.30

     東京海上日動火災保険株式会社                東京都千代田区丸の内1丁目2番1号
                                             3,393          2.27

     積水化学工業株式会社                大阪市北区西天満2丁目4番4号
                                            72,989          48.78

            計                  -
      (注)1.日本マスタートラスト信託銀行株式会社所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は18,313千株でありま

            す。
          2.株式会社日本カストディ銀行所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は13,209千株であります。
          3.2020年6月15日付にて株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ並びにその共同保有者より大量保有
            報告書(変更報告書)及び2021年7月8日付でその訂正報告書が提出されておりますが、当社としては
            2022年3月31日現在における実質所有状況の確認ができないため、上記の表は株主名簿に基づいて記載し
            ております。なお、当該報告書の内容は次のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)         (%)
        株式会社三菱UFJ銀行                東京都千代田区丸の内2丁目7番1号                         2,300         1.50
        三菱UFJ信託銀行株式会社                東京都千代田区丸の内1丁目4番5号                         9,878         6.46

        三菱UFJ国際投信株式会社                東京都千代田区有楽町1丁目12番1号                         1,114         0.73

              計                  -               13,293         8.70

                                 33/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         4.2021年12月6日付にて三井住友信託銀行株式会社及びその共同保有者より大量保有報告書(変更報告書)が

           提出されておりますが、当社としては2022年3月31日現在における実質所有状況の確認ができないため、上
           記の表は株主名簿に基づいて記載しております。なお、当該報告書の内容は次のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)         (%)
        三井住友トラスト・アセット
                       東京都港区芝公園1丁目1番1号                         4,060         2.65
        マネジメント株式会社
        日興アセットマネジメント株式
                       東京都港区赤坂9丁目7番1号                         4,302         2.81
        会社
              計                  -                8,363         5.47
         5.2022年3月18日付にて野村證券株式会社及びその共同保有者より大量保有報告書(変更報告書)が提出され
           ておりますが、当社としては2022年3月31日現在における実質所有状況の確認ができないため、上記の表は
           株主名簿に基づいて記載しております。なお、当該報告書の内容は次のとおりであります。
                                            保有株券等の数        株券等保有割合
            氏名又は名称                    住所
                                             (千株)         (%)
        野村證券株式会社                東京都中央区日本橋1丁目13番1号                         1,654         1.07
        ノムラ インターナショナル 
                       1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,   United
        ピーエルシー(NOMURA
                                                  873        0.56
                       Kingdom
        INTERNATIONAL       PLC)
        野村アセットマネジメント
                       東京都江東区豊洲2丁目2番1号                         5,664         3.68
        株式会社
              計                  -                8,193         5.20
                                 34/171












                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年3月31日現在
            区分               株式数(株)             議決権の数(個)             内容
      無議決権株式                                -          -      -

      議決権制限株式(自己株式等)                                -          -      -

      議決権制限株式(その他)                                -          -      -

                        (自己保有株
                                  7,340,700
                                                -      -
                       式) 普通株式
      完全議決権株式(自己株式等)
                       (相互保有株式)
                                   100,300
                                                -      -
                         普通株式
                                 149,565,900           1,495,659
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                             -
                                    63,596
      単元未満株式                   普通株式                       -      -
                                 157,070,496
      発行済株式総数                                          -      -
                                            1,495,659
      総株主の議決権                                -                -
     (注)1.「単元未満株式」の欄には、自己保有株式66株、相互保有株式8株、株式付与ESOP信託口が保有する
          76株及び役員報酬BIP信託口が保有する7株が含まれております。
         2.株式付与ESOP信託口が保有する338,200株(議決権の数3,382個)及び役員報酬BIP信託口が保有する
           338,600株(議決権の数3,386個)は「完全議決権株式(その他)」に含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
      所有者の氏名又                   自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
                所有者の住所                                  対する所有株式数
      は名称                   式数(株)         式数(株)         計(株)
                                                  の割合(%)
     センコーグループ
               東京都江東区潮見
                           7,340,700                 7,340,700            4.67
     ホールディングス                              -
               二丁目8番10号
       株式会社
               福岡県北九州市若
                            100,300                 100,300           0.06
     吉賀海運株式会社         松区本町2丁目1                     -
               7番1号
                           7,441,000                 7,441,000            4.74
         計          -                 -
     (注)株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式は上記自己株式に含まれておりません。
                                 35/171








                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】
         1.株式付与ESOP信託
          当社は、従業員に対する福利厚生制度を拡充させるとともに、グループ共通の横串を通した株式交付型インセ
         ンティブ・プランを通じて、当社グループに対する帰属意識の醸成と経営参画意識を持たせ、当社グループの中
         長期的な業績の向上と企業価値増大への貢献意識を高めることを目的として、当社及び当社のグループ子会社
         (以下「対象子会社」といい、当社及び対象子会社を併せて、以下「対象会社」といいます。)の幹部社員(以
         下「対象従業員」といいます。)を対象とした、インセンティブ・プラン(以下「本制度」といいます。)を導
         入いたしております。本制度では、株式付与ESOP(Employee                               Stock   Ownership     Plan)信託(以下「本信
         託」といいます。)と称される仕組みを採用します。本信託は、信託が取得した当社株式を、予め定める株式交
         付規程に基づき、一定の要件を充足する対象従業員に交付するインセンティブ・プランです。本信託が取得する
         当社株式の取得資金はその全額を各対象会社が拠出するため、対象従業員の負担はありません。
         本信託の概要

         ①対象会社は本信託の導入に際して株式交付規程を制定します。







         ②当社は、受益者要件を充足する対象会社の対象従業員を受益者とする本信託を金銭で設定します。
         ③本信託は、信託管理人の指図に従い、②で信託された金銭を原資として、信託期間内に受益者に交付すると見
          込まれる数の当社株式を株式市場から取得します。
         ④本信託内の当社株式に対する配当は、他の当社株式と同様に行われます。
         ⑤本信託内の当社株式については、信託期間を通じ、信託管理人が議決権行使等の株主としての権利の行使の指
          図を行い、本信託はこれに従って株主としての権利を行使します。
         ⑥信託期間中、対象従業員は対象会社ごとの株式交付規程に従い、毎年一定のポイントの付与を受けた上で、か
          かるポイント数の一定割合に相当する当社株式の交付を受け、残りのポイント数に相当する当社株式について
          は、信託契約の定めに従い、信託内で換価した上で換価処分金相当額の金銭を受領します。
         ⑦信託期間中の業績目標の未達等により、信託期間満了時に残余株式が生じた場合、信託契約の変更及び追加信
          託を行うことにより本信託を継続利用するか、本信託から当社に当該残余株式を無償譲渡した上で、当社は、
          取締役会決議によりその消却を行う予定です。
         ⑧本信託の終了時に、受益者要件を充足する対象従業員に分配された後の残余財産は、当社に帰属する予定で
          す。また、信託費用準備金を超過する部分については、対象会社及び対象従業員と利害関係のない団体へ寄附
          を行う予定です。
         ※1 受益者要件を充足する対象従業員への当社株式の交付により本信託内に当社株式がなくなった場合には、
            信託期間が満了する前に本信託が終了します。なお、各対象会社は、(対象子会社は当社を通じて)本信
            託に対し、当社株式の取得資金として追加で金銭を信託する可能性があります。
         ※2 信託期間の満了時において、信託契約の変更及び追加信託を行うことにより、本信託の信託期間を延長す
            ることがあります。
                                 36/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         信託契約の内容
          信託の種類       特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)

          信託の目的       対象会社の対象従業員に対するインセンティブの付与
          委託者         当社
          受託者         三菱UFJ信託銀行株式会社
                      (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
          受益者         対象従業員のうち受益者要件を充足する者
          信託管理人       対象会社と利害関係のない第三者(公認会計士)
          信託契約日       2017年9月22日
                      2020年8月13日に信託期間の延長に関する合意を締結
          信託の期間       2017年9月22日~2023年9月30日
          制度開始日       2017年9月22日
                      2018年8月1日よりポイントを付与
          議決権行使       受託者は、受益者候補の議決権行使状況を反映した信託管理人の指図に従い、当社
                      株式の議決権を行使します。
          取得株式の種類     当社普通株式
          当初信託金の上限額   320.0百万円(信託報酬・信託費用を含みます。)
          株式の取得時期     2017年10月2日~2017年10月20日
          追加信託金上限額    10.0百万円※1
          追加分の株式の取得時期 2018年8月15日~2018年9月30日※1
          延長分の信託金上限額  133.0百万円(信託報酬・信託費用を含みます。)※2
          延長分の株式の取得時期 2020年8月17日~2020年9月23日※2
          株式の取得方法     株式市場から取得
          帰属権利者       当社
          残余財産        帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を
                      控除した信託費用準備金の範囲内とします。
         ※1 当社グループの中長期的な業績向上ならびにより一層の企業価値向上に資する制度とすべく、2017年9月

           22日の取締役会決議により、対象従業員に対する株式交付額の増額および対象子会社の追加を行いました。
         ※2 当社グループに対する帰属意識の醸成と経営参画意識を持たせ、グループの中長期的な業績の向上と企業
           価値増大への貢献意識を高めることを目的として、2020年8月11日の取締役会決議により、本制度を継続し
           本信託を3年間延長することといたしました。
        2.役員報酬BIP信託

          当社は、当社グループの中長期的な業績の向上と企業価値増大への貢献意識を高めることを目的として、当社
         及び当社のグループ子会社(以下「対象子会社」といい、当社及び対象子会社を合わせて、以下「対象会社」と
         いいます。)の取締役(社外取締役および国内非居住者を除きます。以下「対象取締役」といいます。)を対象
         とする株式報酬制度(以下「本制度」といいます。)を導入しております。本制度では、役員報酬BIP
         (Board    Incentive     Plan)信託(以下「本信託」といいます。)と称される仕組みを採用します。本信託は、欧
         米の業績連動型株式報酬(Performance                  Share)制度及び譲渡制限付株式報酬(Restricted                        Stock)制度と同様
         に、役位や業績の達成度等に応じて、当社株式及び当社株式の換価処分金相当額の金銭(以下「当社株式等」と
         いいます。)を取締役等に交付または給付(以下「交付等」といいます。)する制度です。
                                 37/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         本信託の概要
         ①対象会社は、対象会社ごとに、株主総会において、本制度の導入に関する役員報酬の承認決議を得ます。







         ②対象会社は、対象会社ごとに、本制度の内容に係る株式交付規程を制定します。
         ③対象子会社は、それぞれ①における株主総会の承認決議の範囲内で、対象子会社の取締役に対する報酬の原資
          となる金銭を当社に拠出します。当社は対象子会社から拠出を受けた金銭に、①の当社の株主総会決議で承認
          を受けた範囲内で当社の取締役に対する報酬の原資となる金銭をあわせて信託し、受益者要件を満たす対象取
          締役を受益者とする本信託を設定します。
         ④本信託は、信託管理人の指図に従い、③で信託された金銭を原資として当社株式を株式市場から取得します。
          本信託が取得する株式数は、①における株主総会の承認決議の範囲内とします。なお、本信託内の当社株式
          は、対象会社ごとに拠出した金額に応じて、対象会社ごとに勘定を分けて管理します。
         ⑤本信託内の当社株式に対する配当は、他の当社株式と同様に行われます。
         ⑥本信託内の当社株式については、信託期間を通じ、議決権を行使しないものとします。
         ⑦信託期間中、対象取締役は対象会社ごとの株式交付規程に従い、一定のポイントの付与を受けた上で、かかる
          ポイント数の一定割合に相当する当社株式の交付を受け、残りのポイント数に相当する当社株式については、
          信託契約の定めに従い、信託内で換価した上で換価処分金相当額の金銭を受領します。
         ⑧信託期間中の業績目標の未達等により、信託期間満了時に残余株式が生じた場合、信託契約の変更及び追加信
          託を行うことにより本信託を継続利用するか、本信託から当社に当該残余株式を無償譲渡した上で、当社は、
          取締役会決議によりその消却を行う予定です。
         ⑨本信託の終了時に、対象取締役に分配された後の財産は、信託金から株式取得資金を控除した信託費用準備金
          の範囲内で当社に帰属する予定です。また、信託費用準備金を超過する部分については、対象会社及び対象取
          締役と利害関係のない団体へ寄附を行う予定です。
         ※ 受益者要件を満たす対象取締役への当社株式等の交付等により本信託内に当社株式がなくなった場合には、
           信託期間が満了する前に本信託が終了します。なお、各対象会社は、(対象子会社は当社を通じて)当該対
           象会社の対象取締役に対する交付等の対象とする当社株式の取得資金として、株主総会決議でそれぞれ承認
           を受けた範囲内で、本信託に対し、追加で金銭を信託する可能性があります。
                                 38/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         信託契約の内容

          信託の種類       特定単独運用の金銭信託以外の金銭の信託(他益信託)

          信託の目的       対象取締役に対するインセンティブの付与
          委託者         当社
          受託者         三菱UFJ信託銀行株式会社
                      (共同受託者 日本マスタートラスト信託銀行株式会社)
          受益者         対象取締役のうち受益者要件を充足する者
          信託管理人       対象会社と利害関係のない第三者(公認会計士)
          信託契約日       2017年9月22日
                      2020年8月13日に信託期間の延長に関する合意を締結
          信託の期間       2017年9月22日~2023年9月30日
          制度開始日       2017年9月22日
                      2018年8月1日よりポイントを付与
          議決権行使       行使しないものとします。
          取得株式の種類     当社普通株式
          当初信託金の上限額   180.0百万円(信託報酬・信託費用を含みます。)
          株式の当初取得時期   2017年10月2日~2017年10月20日
          追加信託金上限額    217.9百万円※1
          追加分の株式の取得時期 2018年8月15日~2018年9月20日※1
          延長分の信託金上限額  152.2百万円(信託報酬・信託費用を含みます。)※2
          延長分の株式の取得時期 2020年8月17日~2020年9月23日※2
          株式の取得方法     株式市場から取得
          帰属権利者       当社
          残余財産        帰属権利者である当社が受領できる残余財産は、信託金から株式取得資金を控除し
                      た信託費用準備金の範囲内とします。
         ※1 当社グループの中長期的な業績向上ならびにより一層の企業価値向上に資する制度とすべく、2018年6月
           27日の定時株主総会決議により、主要グループ子会社の取締役に対する株式報酬額の増額および対象子会社
           の追加を行いました。
         ※2 中長期的な会社業績の向上と企業価値増大に対する貢献意識を高めることを目的として、2020年8月11日
           の取締役会決議により、本制度を継続し本信託期間を3年間延長することといたしました。
                                 39/171










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得、第155条第7号に該当する普通株式の取得及び
                会社法第155条第13号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                区分                  株式数(株)              価額の総額(円)

      取締役会(2021年8月12日)での決議状況
                                      3,500,000             4,000,000,000
       (取得期間 2021年8月13日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -               -
      当事業年度における取得自己株式                                 3,392,900             3,630,403,000

      残存決議株式の総数及び価額の総額                                     -               -

      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                     -               -
      当期間における取得自己株式                                     -               -

      提出日現在の未行使割合(%)                                     -               -
    (注)1.上記取締役会において、自己株式の取得方法は株式会社東京証券取引所における自己株式立会外買付取引
          (ToSTNeT-3)による買付けとすることを決議しております。
        2.上記取締役会決議による自己株式の取得は、2021年8月13日をもって終了しております。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                  株式数(株)              価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                    668             329,766
      当期間における取得自己株式                                     -               -

     (注)1.当事業年度における取得自己株式は、単元未満株式の買取による318株及び譲渡制限付株式報酬の無償取得
          による350株です。
        2.当期間における取得自己株式には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
          買取及び譲渡制限付株式報酬の無償取得による株式は含まれておりません。
        3.上記の取得自己株式には、株式付与ESOP信託口が取得した当社株式および役員報酬BIP信託口が取
          得した当社株式を含めておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                      (円)                (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -        -        -         -

      消却の処分を行った取得自己株式                           -        -        -         -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                                -        -        -         -
      移転を行った取得自己株式
      その他
      (ストックオプションの行使)                        60,000      47,661,913           4,000      4,115,605
      (単元未満株の買増請求による処分)                           -        -        -         -
      (譲渡制限付株式報酬のための処分)                        66,300      72,001,800            -         -
      保有自己株式数                       7,340,766            -    7,336,766            -
     (注)1.当期間における取得自己株式の処理状況及び保有状況には、2022年6月1日からこの有価証券報告書提出日
          までのストックオプションの行使、単元未満株の買増請求及び譲渡制限付株式報酬のための処分による株式
          は含まれておりません。
                                 40/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        2.上記の処理自己株式数および保有自己株式数には、株式付与ESOP信託口が保有する当社株式数及び役員
          報酬BIP信託口が保有する当社株式数を含めておりません。
                                 41/171




















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
        当社は、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、株主の皆様への利益還元を充実
      させるため、安定配当に加え、業績連動を考慮した配当を実施することを利益配分に関する基本方針としておりま
      す。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うこととしております。これらの剰余金の配当の決定機
      関は、期末配当につきましては株主総会、中間配当につきましては取締役会であります。
        当期末の配当金につきましては、1株につき17円とし、先に実施いたしました中間配当金(1株につき17円)とあ
      わせ、当期の配当金は1株につき34円となりました。この結果、当事業年度の連結配当性向は32.7%となりまし
      た。
       また、内部留保資金の使途につきましては、将来の企業価値を高めるために、企業体質の一層の充実、強化並びに
      今後の事業展開のための投資等に充当するものであります。
        なお、当社は、「取締役会の決議によって、毎年9月30日を基準日として中間配当をすることができる」旨を定款
      に定めております。
        当事業年度に係る剰余金の配当は以下の通りであります。
                      配当金の総額         1株当たり配当額
           決議年月日
                       (百万円)           (円)
          2021年11月12日
                           2,475           17
           取締役会決議
          2022年6月28日
                           2,545           17
          定時株主総会決議
                                 42/171














                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
           当社は、コーポレート・ガバナンスの充実が企業存立の基盤であり、経営の最重要課題の一つであるとの認
          識のもと、公共性の高い物流事業を行う企業として、コンプライアンス(法令順守)に徹した企業行動に努め
          ております。
         ②企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
           当社は、会社の規模、事業内容、組織の体制等を踏まえ、経営の透明性と法令順守を徹底するために当社が
          最適と考える体制として、以下のコーポレート・ガバナンス体制を採用しております。
           ⅰ コーポレート・ガバナンス体制の概念図
           ⅱ 当社の取締役会は、毎月1回以上開催しており、法令で定められた事項の他、経営に関する重要事項を









            決定すると共に、業務執行を監督する機関として位置付けております。取締役会の議長は代表取締役社長
            福田泰久であり、その他の構成員は、取締役常務執行役員である佐々木信郎、取締役である米司博、谷口
            玲、杉本健司、髙梨利雄、嘉永良樹、飴野仁子(社外取締役)、杉浦康之(社外取締役)、荒木葉子(社
            外取締役)、奥野史子(社外取締役)であります。また、当社は定款において、「取締役は、12名以内と
            する」、「取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
            主が出席し、その議決権の過半数をもって行う」、「取締役の選任決議は累積投票によらないものとす
            る」旨を定めております。
           ⅲ 当社の監査役会は、毎月1回以上開催しており、法令で定められた事項の他、監査に関する重要な事項
            について報告・協議・決議を行っております。監査役会の議長は常勤監査役上中正敦であり、その他の構
            成員は常勤監査役である鷲田正己、松友泰(社外監査役)及び監査役である岡野芳郎(社外監査役)であ
            ります。また当社は定款において、「監査役は、4名以内とする」、「監査役の選任決議は、議決権を行
            使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行
            う」旨を定めております。
           ⅳ 取締役、執行役員及び重要な使用人が適切かつ効率的に職務を執行するために、取締役会規程及び職務
            権限規程を定め、権限と責任を明確にすると共に、業務執行状況の検証を行い、より透明度の高い経営の
            実現を図っております。
           ⅴ グループ全体のサステナブル経営を推進するため、サステナブル推進会議を設置し、関連事業法等の法
            令順守、企業リスク、企業倫理、社会貢献活動に関する各委員会の活動方針・計画の統括を行っておりま
            す。サステナブル推進会議の議長は代表取締役社長福田泰久であり、その他の当社の構成員は、取締役常
            務執行役員佐々木信郎、取締役米司博、取締役谷口玲、取締役杉本健司、取締役髙梨利雄、取締役嘉永良
            樹、常務執行役員藤田浩二、常務執行役員増田康裕、執行役員森口嘉久、執行役員長友孝司、執行役員小
                                 43/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
            久保悟、執行役員山崎真人、監査室長の他、当社グループ会社の取締役2名であります。また、内部統制
            活動の高度化・定着化を図るため内部統制委員会を設置し、内部統制システムの整備評価・運用評価の統
            括 等をおこなっております。内部統制委員会の議長は執行役員新田浩隆であり、構成員はDX推進部長、
            経営管理部長、グループ管轄部長、法務部長の他当社グループ会社執行役員1名であります。
           ⅵ 当社は、会計監査人として、太陽有限責任監査法人と会社法に基づく監査契約及び金融商品取引法に基
            づく監査契約を締結し、適宜会計に関する指導を受けております。
         ③企業統治に関するその他の事項

          ・内部統制システムの整備の状況
            当社グループの「取締役の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制その他業務の
           適正を確保するための体制」は以下の通りです。
           ⅰ 取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
            イ)グループ全体のサステナブル経営を推進するために、サステナブル推進会議を設け、その統括管理の
              下、各委員会(コンプライアンス、企業倫理、リスク管理、環境推進、社会貢献推進)を設置する。
              また、グループの内部統制活動を継続し高度化を図るために内部統制委員会を設置する。
            ロ)グループ全体の企業倫理・法令順守の強化に向けて「センコーグループ企業行動規準」を定め、それ
              を推進するために各委員会を設け、周知徹底、充実を図るとともに、内部通報制度として「内部通報
              規程(ヘルプライン)」を定める。
            ハ)取締役会は、「取締役会規程」及び「職務権限規程」の定めるところに従い招集し、決議を行う。
            ニ)監査役は、法令及び監査役会において定める監査方針に従い、取締役及び執行役員の職務執行を監査
              する。
            ホ)監査室(内部監査部門)は、適切な業務運営体制を確保すべく、内部監査を実施し、その結果を代表
              取締役及び監査役会へ報告する。
           ⅱ 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
             取締役及び使用人の職務の執行に係る情報は、「機密管理規程」並びに「情報セキュリティ規程」に基
            づき、それぞれの職務に従い適切に保存、管理する。
           ⅲ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制
            イ)当社グループが直面するリスクに対し、組織的かつ適切な予防及び善後策を講じるために、「リスク
              管理規程」を定め、各リスクの統括部門は、グループ全体のリスクの低減、発生時の適切な対応等に
              向けた規則等を制定し、周知する。
            ロ)リスクが現実化し、重大な損害の発生が予測される場合は、当該リスクを統括する部門及びリスクの
              発生が予測される部門が協働して、取締役会に報告を行う。
            ハ)監査室は、リスク対策等の状況を検証し、代表取締役及び監査役会へ報告する。
           ⅳ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
            イ)取締役、執行役員及び重要な使用人が適切かつ効率的に職務を執行するために、「取締役会規程」及
              び「職務権限規程」を定め、権限と責任を明確にする。
            ロ)会社に影響を及ぼす重要事項については、多面的な検討を経て慎重に決定するため、会議体を組織
              し、審議する。
           ⅴ 当社並びに子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
            イ)子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
              グループ会社は経営報告を作成し、グループ会社統括部門、当社監査役等に提出する。
            ロ)当社の子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
             A.当社グループが直面するリスクに対し、組織的かつ適切な予防及び善後策を講じるために、「リス
              ク管理規程」を定め、各リスクの統括部門は、グループ全体のリスクの低減、発生時の適切な対応等
              に向けた規則等を制定し、周知する。
             B.グループ会社においてリスクが現実化し、重大な損害の発生が予測される場合は、当該リスクを統
              括する部門及びリスクの発生が予測されるグループ会社が協働して、リスクを統括する委員会に報告
              を行う。
             C.監査室は、グループ会社の管轄部門と連携して、リスク対策等の状況を検証し、代表取締役及び監
              査役会へ報告する。
                                 44/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
            ハ)当社の子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
               グループ会社の取締役及び使用人が、適切かつ効率的に職務を執行するために、「職務権限規程」
              及び「職務権限表」並びに「海外現地法人職務権限表」を定め、グループ全体の統一的な管理体制の
              確立を図る。
            ニ)当社の子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体
              制
             A.グループ全体のサステナブル経営を推進するために、サステナブル推進会議を設け、その統括管理
              の下、各委員会(コンプライアンス、企業倫理、リスク管理、環境推進、社会貢献推進)を設置す
              る。また、グループの内部統制活動を継続し高度化を図るために内部統制委員会を設置する。
             B.グループ全体の企業倫理・法令順守の強化に向けて「センコーグループ企業行動規準」を定め、そ
              れを推進するために各委員会を設け、周知徹底、充実を図るとともに、内部通報制度として「内部通
              報規程(ヘルプライン)」を定める。
             C.グループ会社の取締役及び使用人は、職務の執行にあたり「職務権限規程」及び「職務権限表」並
              びに「海外現地法人職務権限表」を順守する。
             D.監査役は、グループ会社の監査役との連携を図り、グループ全体の監視・監査を実効的かつ適正に
              行えるような体制を構築する。
             E.監査室は、グループ全体の適切な業務運営体制を確保すべく、グループ会社の管轄部門と連携して
              監査を実施し、その結果を代表取締役及び監査役会へ報告する。
           ⅵ 監査役がその職務の補助をすべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項
             監査室所属の使用人が監査役会の職務を補助する。
           ⅶ 前号の使用人の取締役からの独立性に関する事項及び監査役による当該使用人に対する指示の実効性の
            確保に関する事項
             監査室所属の使用人の人選等については、監査役会の意向を尊重し、当該使用人は監査役の指示に適切
            に対応する。
           ⅷ 当社の取締役及び使用人、並びに当社子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受
            けた者が当社の監査役に報告をするための体制
             当社の取締役及び使用人、並びに当社子会社の取締役、監査役及び使用人又はこれらの者から報告を受
            けた者は、法定の事項に加え、下記の事項を遅滞なく当社の監査役会に報告する。
             A.会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事項
             B.グループ全体の内部通報制度「ヘルプライン」への通報状況
             C.上記のほか監査役会がその職務遂行上報告を受ける必要があると判断した事項
           ⅸ 前号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための
            体制
             「就業規則」及び「内部通報規程(ヘルプライン)」を定め、通報者に対する不利益な取扱いを禁止す
            る。
           ⅹ 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払い又は償還の手続きその他の当該職務について生ずる費
            用又は債務の処理に係る方針に関する事項
             監査役がその職務の執行につき、費用の前払い等を請求したときは、請求に係る費用又は債務が当該監
            査役の職務の執行に必要でないことを証明した場合を除き、これを拒むことはできない。
           ⅺ その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
             A.監査役は、取締役会に出席する他、サステナブル推進会議等の重要会議に出席するとともに、毎年
              1回、取締役、執行役員に対し、ヒアリングを行い、業務執行状況に関する確認書の提出を求める。
             B.監査役会は、代表取締役と定期的に会合を持ち、会社が対処すべき課題、監査役監査の環境整備の
              状況、監査上の重要課題等について意見を交換し、併せて必要と判断される要請を行うなど、代表取
              締役との相互認識を深めるよう努める。
             C.監査役会は、必要に応じて、会計監査人に対して報告を求める。
           ⅻ 財務報告の信用性を確保するための体制
             「金融商品取引法」及びその他の法令の定めに従い、財務報告の信頼性と適切性を確保するため、財務
            諸表に係る内部統制システムを構築する。また、その仕組みが適正に機能し、運用が継続されるよう評価
            及び是正を行う。
                                 45/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
           xⅲ 反社会的勢力排除に向けた体制
             反社会的な勢力・団体と関係を持たず、不当な要求に屈しないことを「センコーグループ企業行動規
            準」に定めるとともに、不当な要求に対してはグループ全体で毅然とした対応をとる。
          ・リスク管理体制の整備の状況

            当社は、業務執行に関わる全てのリスクを適切に管理することにより安定的な収益の確保と健全な経営基
           盤の確立を経営上の重要課題と位置づけており、リスク管理体制の整備の状況は上記「・内部統制システム
           の整備の状況 ⅲ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制」に記載の通りです。
          ・責任限定契約の内容

            当社は、役員等として任務を怠ったことにより、当社に対して損害を与えた場合であっても、その職務を
           行うにつき、善意かつ重大な過失がないときは、会社法第425条第1項に定める最低責任限度額まで、その
           責任を当然に免除するものとする責任限定契約を、社外取締役及び社外監査役(非常勤)と締結しておりま
           す。
          ・役員等賠償責任保険契約の内容の概要等

            当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しており
           ます。当該保険契約の被保険者の範囲は当社及び当社の子会社であるセンコー株式会社の取締役、監査役、
           執行役員であり、被保険者は保険料を負担しておりません。当該保険契約により被保険者が役員としての業
           務につき行った行為に起因して、被保険者に対して損害賠償請求がなされたことにより被保険者が被る損害
           を填補することとしております。但し、被保険者が法令に違反することを認識しながら行った行為に起因す
           る損害は填補されない等、一定の免責事由を設けることにより、被保険者の職務の執行の適正性が損なわれ
           ないようにするための措置を講じております。
         ④株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項

          ⅰ 自己の株式の取得
            当社は、当社の業務又は財産の状況、その他の事情に対応して、機動的に自己株式の買受けを行えるよ
           う、「会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得す
           ることができる」旨を定款で定めております。
          ⅱ 中間配当
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを目的として、「取締役会の決議によって、毎年9月30日
           を基準日として中間配当をすることができる」旨を定款で定めております。
         ⑤株主総会の特別決議要件

           当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
          的として、「会社法第309条第2項に定める決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1
          以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う」旨を定款で定めております。
                                 46/171








                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  12 名 女性    3 名 (役員のうち女性の比率             20.0  %)
                                                       所有株式数
          役職名          氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1969年4月      当社入社
                                1993年6月      当社取締役就任
                                1997年6月      当社常務取締役就任
                                2003年6月      当社取締役副社長就任
                                2004年6月
                                      当社代表取締役社長就任(現在)
                                2009年4月      当社生産管理本部長委嘱
                                2011年6月      全国通運㈱代表取締役会長就任
                                      (現在)
        代表取締役社長
                  福田 泰久      1946年8月23日      生                      (注)4       223
                                2016年4月      センコー分割準備㈱(現          セン
        経営戦略本部長
                                      コー㈱)代表取締役社長就任
                                2017年4月      当社物流事業担当委嘱
                                      当社ビジネスサポート事業推進本
                                      部長委嘱
                                2017年10月      当社国際事業担当委嘱
                                2021年4月      当社経営戦略本部長委嘱(現在)
                                2022年4月
                                      センコー㈱取締役会長就任
                                      (現在)
                                1979年4月      当社入社
                                2005年4月      当社広報部長
                                2007年4月      当社社長室長
                                2009年4月      当社執行役員就任
                                      当社広報担当委嘱
                                2014年10月
                                      センコー・ファシリティーズ㈱
                                      代表取締役社長就任
          取締役
                                2015年4月
                                      当社常務執行役員就任(現在)
        常務執行役員         佐々木 信郎      1957年3月12日      生                      (注)4       43
                                2015年6月
                                      当社取締役就任(現在)
         管理本部長
                                2017年4月      当社広報・IR担当委嘱
                                2017年11月
                                      当社不動産事業担当委嘱
                                2018年4月
                                      センコー不動産㈱代表取締役社
                                      長就任
                                2019年4月
                                      当社ビジネスサポート事業推進
                                      本部長委嘱
                                2022年4月
                                      当社管理本部長委嘱(現在)
                                1978年4月      当社入社
                                2001年4月      当社人事部長
                                2007年4月      当社ロジスティクス営業本部
                                      副本部長
                                2009年4月      当社執行役員就任
                                2013年4月      当社常務執行役員就任
                                      当社3PL事業担当委嘱
                                      当社ロジスティクス営業本部長
                                      委嘱
          取締役
                  米司 博     1953年9月8日      生
                                                   (注)4       85
                                2013年6月      当社取締役就任
        商事事業担当
                                2015年4月      当社専務執行役員就任
                                      当社経営管理・戦略担当委嘱
                                      当社安全品質環境担当委嘱
                                2017年4月      センコー商事㈱代表取締役社長
                                      就任(現在)
                                2019年6月
                                      当社取締役就任(現在)
                                      当社商事貿易事業担当委嘱
                                2020年4月
                                      当社商事事業担当委嘱(現在)
                                 47/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数

          役職名          氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1977年4月      当社入社
                                2003年4月      当社海運部長
                                2009年4月      当社執行役員就任
                                2014年4月      当社常務執行役員就任
                                      当社海運・通運担当委嘱
                                2015年4月      当社生産管理本部長委嘱
                                2015年6月      当社取締役就任
                                2017年4月      センコー㈱取締役就任
          取締役
                                      同社副社長執行役員就任
                  谷口 玲     1953年10月2日      生
                                                   (注)4       54
        海運事業担当
                                      同社海運・通運担当委嘱
                                      同社安全品質環境担当委嘱
                                      センコー汽船㈱取締役会長就任
                                2019年4月
                                      (現在)
                                      日本マリン㈱取締役会長就任
                                      (現在)
                                      当社取締役就任(現在)
                                2019年6月
                                      当社海運事業担当委嘱(現在)
                                1989年4月      当社入社
                                2011年4月      当社神奈川支店長
                                2013年4月
                                      神奈川センコー運輸㈱
                                      代表取締役社長就任
                                2015年4月
                                      センコーエーラインアマノ㈱
                                      代表取締役社長就任
                                2017年4月      センコー㈱執行役員就任
                                2019年4月      センコー㈱常務執行役員就任
                                      同社事業政策推進本部長委嘱
                                      同社安全品質環境担当委嘱
                                      同社域内配送ネット構築担当委嘱
          取締役
                                2019年6月      センコー㈱取締役就任
                  杉本 健司      1967年3月14日      生                      (注)5       41
        物流事業担当
                                      同社全国配送ネットワーク構築
                                      担当委嘱
                                      センコー㈱専務執行役員就任
                                2020年4月
                                      同社経営管理担当委嘱
                                      同社DX推進部長委嘱
                                      センコー㈱倉庫事業推進部長委嘱
                                2020年12月
                                      センコー㈱人事担当委嘱(現在)
                                2021年4月
                                      センコー㈱代表取締役社長就任
                                2022年4月
                                      (現在)
                                2022年6月
                                      当社取締役就任(現在)
                                      当社物流事業担当委嘱(現在)
                                1977年4月      旭化成工業㈱(現 旭化成㈱)
                                      入社
                                2012年4月      旭化成せんい㈱代表取締役社長
                                      就任
                                2015年4月      旭化成ケミカルズ㈱取締役就任
                                2016年4月      旭化成㈱専務執行役員就任
                                      同社繊維事業本部長
                                2017年4月      センコー㈱代表取締役就任
                                      (現在)
          取締役
                  髙梨 利雄      1954年10月20日      生                      (注)4       38
                                      同社副社長執行役員就任(現在)
        国際事業担当
                                      同社AEO担当委嘱(現在)
                                      同社国際物流事業本部長委嘱
                                      (現在)
                                2020年6月
                                      アツギ㈱社外取締役就任(現在)
                                2021年4月      センコー㈱ロシア・中央アジア
                                      エリア事業担当部長委嘱
                                2021年6月
                                      当社取締役就任(現在)
                                      当社国際事業担当委嘱(現在)
                                 48/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数

          役職名          氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1982年4月      当社入社
                                2007年4月      当社広島支店長
                                2009年4月      当社人事部長
                                2013年4月      当社執行役員就任
                                      当社経営管理担当委嘱
                                      当社経営戦略室長委嘱
                                2013年6月      当社取締役就任
                                2014年10月      当社経営管理部長委嘱
                                2015年4月      当社常務執行役員就任
                                      当社3PL事業担当委嘱
                                      当社ロジスティクス営業本部長
                                      委嘱
                                2017年4月      センコー㈱取締役就任
          取締役
                  嘉永 良樹      1959年12月25日      生                      (注)5       54
                                      同社常務執行役員就任
       冷凍冷蔵物流事業担当
                                      センコー㈱副社長執行役員就任
                                2018年4月
                                      同社営業統括担当委嘱
                                      センコー㈱住宅物流営業本部長
                                2018年12月
                                      委嘱
                                      同社住宅物流営業開発部長委嘱
                                      ㈱ランテック取締役就任
                                2021年4月
                                      同社副社長就任
                                      ㈱ランテック代表取締役社長就任
                                2022年4月
                                      (現在)
                                2022年6月      当社取締役就任(現在)
                                      当社冷凍冷蔵物流事業担当委嘱
                                      (現在)
                                2005年4月      西南学院大学商学部助教授
                                2007年4月      関西大学商学部准教授
                                2011年6月      当社取締役就任(現在)
                                2012年4月      関西大学商学部教授(現在)
                                2020年6月      ダイハツディーゼル㈱社外取締役
          取締役        飴野 仁子      1971年8月10日      生                      (注)4       2
                                      就任(現在)
                                2020年12月
                                      吹田市教育委員会         教育委員
                                      (現在)
                                2022年6月      本州四国連絡高速道路㈱社外監査
                                      役就任(現在)
                                1978年4月      三菱商事㈱入社
                                2009年4月      同社執行役員就任
                                2013年4月      同社常務執行役員就任
                                      北米三菱商事会社取締役社長就任
                                2016年4月
                                      三菱商事㈱顧問(現在)
          取締役        杉浦 康之      1953年9月25日      生
                                                   (注)4       3
                                2017年6月      公益財団法人東洋文庫         専務理事
                                      (現在)
                                      当社取締役就任(現在)
                                2021年6月      生化学工業㈱社外取締役就任
                                      (現在)
                                1982年4月      慶應義塾大学医学部内科学教室
                                      入局
                                1992年1月      カリフォルニア大学サンフラン
                                      シスコ校留学
                                2002年4月      NTT東日本首都圏健康管理セン
                                      タ東京健康管理センタ所長
          取締役        荒木 葉子      1957年7月4日      生                      (注)4       6
                                2006年4月      荒木労働衛生コンサルタント
                                      事務所所長(現在)
                                2008年9月      東京医科歯科大学女性研究者支援
                                      室特任教授
                                      当社取締役就任(現在)
                                2019年6月
                                 49/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数

          役職名          氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (千株)
                                1992年8月      バルセロナオリンピック、シン
                                      クロナイズドスイミング           ソロ
                                      及びデュエットで銅メダルを獲得
                                1994年9月
                                      世界選手権ローマ大会、シンクロ
                                      ナイズドスイミング         ソロ及び
                                      デュエットで銀メダルを獲得、
                                      チームで銅メダルを獲得
                                1995年1月      現役引退、スポーツコメンテー
                                      ター(現在)
                                2012年4月
                                      文部科学省中央教育審議会           委員
          取締役        奥野 史子      1972年4月14日      生                      (注)4       0
                                2014年4月
                                      日本水泳連盟      アスリート委員
                                      (現在)
                                2015年4月
                                      びわこ成蹊スポーツ大学客員教授
                                      (現在)
                                2020年6月
                                      京都市教育委員会       委員(現在)
                                2021年4月
                                      大阪経済大学客員教授(現在)
                                2021年6月
                                      当社取締役就任(現在)
                                2022年4月
                                      大阪成蹊大学特別招聘教授
                                      (スポーツイノベーション研究所
                                       所長)(現在)
                                1982年4月      当社入社
                                2006年4月      当社経理部長
                                2014年4月      当社国際物流事業本部副本部長
                                      当社国際複合輸送事業部長
                                2015年4月      当社執行役員就任
                                2017年4月      当社常務執行役員就任
         常勤監査役         上中 正敦      1959年11月23日      生                      (注)6       45
                                      当社経営戦略担当委嘱
                                      当社経営戦略室長委嘱
                                2017年6月      当社取締役就任
                                2019年4月      当社財務担当委嘱
                                2020年4月      当社財務経理本部長委嘱
                                2021年6月      当社常勤監査役就任(現在)
                                1980年4月      当社入社
                                2008年4月      当社総務部長
                                2012年4月      当社安全環境管理部長
         常勤監査役         鷲田 正己      1956年11月27日      生
                                                   (注)6       21
                                2017年4月      当社特命担当
                                2017年6月
                                      当社常勤監査役就任(現在)
                                1983年4月      チッソ㈱入社
                                2007年9月      同社液晶事業部営業部長
                                2011年4月      JNC㈱液晶事業部営業統括部長
                                2012年4月      同社液晶事業部業務部長
         常勤監査役          松友 泰     1960年9月20日      生                      (注)7       1
                                2013年4月      韓国JNC㈱社長就任
                                2015年4月      JNC石油化学㈱市原製造所事務
                                      部長
                                2019年6月      当社常勤監査役就任(現在)
                                1978年11月      近畿第一監査法人入社
                                1982年8月      公認会計士登録
                                1986年6月      近畿第一監査法人社員就任
                                2002年9月      同監査法人代表社員就任
                                2005年2月      税理士登録
          監査役        岡野 芳郎      1955年2月11日      生                      (注)6       -
                                2020年7月      アーク有限責任監査法人社員就任
                                2021年6月      当社監査役就任(現在)
                                2021年9月
                                      アーク有限責任監査法人代表社員
                                      就任(現在)
                                         計                 623
     (注)1.      取締役飴野仁子、取締役杉浦康之、取締役荒木葉子及び取締役奥野史子の四氏は、社外取締役であります。

         2.取締役奥野史子氏の戸籍上の氏名は朝原史子であります。
         3.常勤監査役松友泰及び監査役岡野芳郎の両氏は、社外監査役であります。
         4.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
                                 50/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         5.2022年6月28日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
         6.2021年6月25日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         7.2019年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間
         8.  当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、2019年6月26日開催の定時株主総会にお

           いて、補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                               所有株式数
              氏名        生年月日               略歴
                                                (千株)
                            1975年4月      チッソ㈱入社
                            2005年6月      同社水俣本部事務部長
                            2013年4月      同社水俣本部部長付
            吉本 惠一郎        1953年2月27日生
                                                 -
                            2013年6月      当社常勤監査役就任
                            2019年6月      当社常勤監査役退任
         9.  当社は、「経営の意思決定・監督」と「業務執行」の各機能を分離し、双方の機能強化と責任の明確化を図

           ると共に、多様な人材を適材適所に登用するための機会を設けることを目的として執行役員制度を導入して
           おります。なお、上記の取締役を兼務する執行役員1名のほか、専任の執行役員が13名おり、その地位、氏
           名及び職名は次のとおりであります。
            執行役員の地位           氏名                  職名
                            ビジネスサポート事業推進本部長、(兼)ロジ・ソリューション㈱取締役
             常務執行役員         藤田 浩二
                            会長
             常務執行役員         大野  茂       ASEANエリア事務所長、(兼)SENKO(THAILAND)Co.,Ltd.代表取締役社長

                            社長付特命担当、(兼)㈱クレフィール湖東取締役会長、(兼)エヌデイー
             常務執行役員         竹谷  聡
                            シー㈱取締役会長
             常務執行役員         増田 康裕       ライフサポート事業推進本部長、(兼)事業戦略推進部長
                            ビジネスサポート事業推進本部副本部長 人材派遣事業推進担当、
             執行役員        篠原 信治
                            (兼)管理部長、(兼)センコー不動産㈱代表取締役社長
             執行役員        森口 嘉久       文化・スポーツ推進担当、(兼)健康推進担当
             執行役員        長友 孝司       経営戦略本部副本部長 経営戦略担当

             執行役員        野村 康則       センコー情報システム㈱代表取締役社長

             執行役員        田中 正志       経営戦略本部副本部長 事業開発担当

             執行役員        小久保 悟       広報・IR担当

             執行役員        山崎 真人       管理本部副本部長 サステナブル担当、(兼)サステナブル推進部長

             執行役員        新田 浩隆       経営戦略本部副本部長 財務経理担当、(兼)財務部長

             執行役員        森岡 直人       センコービジネスサポート㈱代表取締役社長

                                 51/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
         ・社外取締役及び社外監査役の選任については、東京証券取引所等が開示を求める独立役員の基準を参考に、以
          下のいずれの事項にも該当しないことを独立性の判断基準としております。
          ⅰ 当社及び当社の関係会社(以下、併せて「当社グループ」という。)の業務執行者
          ⅱ 当社グループを主要な取引先とする者又はその業務執行者
          ⅲ 当社グループの主要な取引先又はその業務執行者
          ⅳ 当社グループから役員報酬以外に多額の金銭その他の財産を得ているコンサルタント、会計専門家又は
           法律専門家(当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者をい
           う。)
          ⅴ 最近において、ⅰから前ⅳまでに該当していた者
          ⅵ 次のイ)からハ)までのいずれかに掲げる者(重要でない者を除く。)の近親者
           イ)ⅰから前ⅳに掲げる者
           ロ)当社グループの業務執行者
           ハ)最近において前ロ)に該当していた者
         ・当社の社外取締役は4名であります。
         ・当社における社外取締役は、豊富な経験と幅広い見識に基づき当社グループの経営全般を監督して頂くことで
          当社取締役会の経営監督機能の強化を図るために選任するものであり、中立の立場から客観的に意見を表明
          し、代表取締役及び他の取締役に対して忌憚のない質問をするとともに、意見を述べることがその役割である
          と考えております。
         ・当社の社外取締役である飴野仁子氏は、会社の経営に関与したことはありませんが、大学教授として専門の知
          識と経験を有し、人格、識見ともに優れており、当社の社外取締役として適任と判断し、選任しております。
          また、同氏と当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。なお、当社グ
          ループは同氏の勤務先である関西大学に寄付をおこなっておりますが、その金額は年額1百万円以下と僅少な
          ものであり、同氏の独立性に影響するものではないことから、同氏を独立役員に指定し、東京証券取引所に届
          け出ております。
         ・当社の社外取締役である杉浦康之氏は、商事・財務・国際分野における豊富な経験や実績、幅広い知識と見識
          から、当社の社外取締役として適任と判断し、選任しております。また、同氏と当社との間に人的関係、資本
          的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。なお、当社グループは、同氏が顧問として在籍する三菱
          商事株式会社との間で取引がありますが、その取引額は当社グループの連結売上高の0.1%以下と僅少なもの
          であり、同氏の独立性に影響するものではないことから、同氏を独立役員に指定し、東京証券取引所に届け出
          ております。
         ・当社の社外取締役である荒木葉子氏は、会社の経営に関与したことはありませんが、医師として専門の知識と
          経験を有し、人格、識見ともに優れており、当社の社外取締役として適任と判断し、選任しております。ま
          た、同氏と当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。なお、当社グ
          ループでは、同氏が所属する組織・団体との取引はないことから、同氏を独立役員に指定し、東京証券取引所
          に届け出ております。
         ・当社の社外取締役である奥野史子氏は、会社の経営に関与したことはありませんが、トップアスリートとして
          活躍されたのち、スポーツコメンテーターや大学教授を務める等、豊富な経験と幅広い知見を有し、人格、識
          見ともに優れており、当社の社外取締役として適任と判断し、選任しております。また、同氏と当社との間に
          人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。なお、当社グループでは、同氏が所属す
          る組織・団体との取引はないことから、同氏を独立役員に指定し、東京証券取引所に届け出ております。
         ・当社の社外監査役は2名であります。
         ・当社における社外監査役は、監査体制の独立性及び中立性を一層高めるために選任するものであり、中立の立
          場から客観的に監査意見を表明し、代表取締役及び取締役会に対して忌憚のない質問をするとともに、意見を
          述べることがその役割であると考えております。
          なお、当社の社外監査役は他の監査役と同様に監査室(内部監査部門)並びに会計監査人との連携を密にして
          監査の実効性と効率性の向上に努めております。
         ・当社の社外監査役である松友泰氏は、大企業における経営者、幹部としての長年の経験を有し、人格、識見と
          もに優れており、当社の社外監査役として適任と判断し、選任しております。また、同氏と当社との間に人的
          関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。なお、当社グループは、松友泰氏が使用人と
          して在籍されていたJNC石油化学株式会社との間で取引がありますが、その取引額は当社グループの連結売
          上高の0.2%以下と僅少なものであり、同氏の独立性に影響するものではないことから、同氏を独立役員に指
          定し、東京証券取引所に届け出ております。
         ・当社の社外監査役である岡野芳郎氏は、公認会計士及び税理士としての豊富な経験や実績、専門的な知識と見
          識を有しており、これらの経験をもとに独立した立場から監査役としての職責を適切に遂行できると判断し、
          監査役に選任しております。また、同氏と当社との間に人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係
                                 52/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
          はありません。なお、当社グループでは、同氏が所属する組織・団体との取引はないことから、同氏を独立役
          員に指定し、東京証券取引所に届け出ております。
                                 53/171




















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
         ①内部監査及び監査役監査の状況
          ・内部監査の状況
            内部監査部門である監査室(13名)は、適切な業務運営体制を確保すべく、リスク対策等の状況の検証、
           業務運営の状況把握とその改善、適切な業務運営体制の確保を目的として、当社及び当社子会社の内部監査
           を実施し、その結果を代表取締役及び監査役へ報告しております。また、内部監査部門として、他の内部統
           制部門に対しての内部監査も行っております。
          ・監査役監査の状況

            当社の監査役は4名であり、常勤監査役は3名であります。また、社外監査役は2名であります。各監査
           役は、取締役会に出席し、取締役の職務執行を客観的立場から監視すると共に、監査計画に基づきグループ
           会社に対し自ら往査を行い、また、監査室より、当社グループにおける法令順守・業務運営体制・リスク対
           策等の状況についての監査報告を受け、必要に応じ調査を求めております。そして、会計監査人との間にお
           いても、監査計画の確認を行い、中間期並びに期末に当社及び連結子会社等の監査結果の報告を受け、必要
           に応じ報告を求めるなど、監査室(内部監査部門)並びに会計監査人との相互の情報・意見交換を行い、連
           携を密にして監査の実効性と効率性の向上に努めております。さらに、他の内部統制部門が所管する内部統
           制システムの整備状況を監視し、検証しております。
            なお、常勤監査役上中正敦氏は、当社において経理部門の業務経験を有し、財務及び会計に関する相当程
           度の知見を有するものであります。監査役岡野芳郎氏は、公認会計士及び税理士として、豊富な経験や実績
           を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有するものであります。
            当事業年度において当社は月1回以上の頻度で監査役会を開催しており、個々の監査役の出席状況は次の
           とおりであります。
                  氏名              開催回数               出席回数

                松原 圭治                 8回               8回
                上中 正敦                17回               17回

                鷲田 正己                25回               25回

                安光 幹治                 8回               8回

                 松友 泰                25回               25回

                岡野 芳郎                17回               16回

           (注)回数が異なるのは、就任時期、退任時期によるものです。
            監査役会における主な検討事項は、監査方針・監査計画の策定、内部統制システムの整備・運用状況、会

           計監査人の評価と再任適否、会計監査人報酬等に関する同意判断、監査報告に関する事項等であります。
         ②会計監査の状況

          ・監査法人の名称
            太陽有限責任監査法人
          ・継続監査期間
            2年
          ・業務を執行した公認会計士の氏名等
                  業務を執行した公認会計士の氏名                           継続監査年数
               指定有限責任社員 業務執行社員 大木  智博                                2年

               指定有限責任社員 業務執行社員 荒井   巌                                2年

               指定有限責任社員 業務執行社員 児玉  秀康                                2年

          ・監査業務に係る補助者の構成
            当社の監査業務に係る補助者は、公認会計士12名、公認会計士試験合格者8名、その他12名により構成さ
           れております。
                                 54/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
          ・監査法人の選定方針と理由
            「会計監査人の評価及び選定基準」に基づき、監査法人の品質管理体制、会社法上の欠格事由の有無、
           独立性について評価し選定することを方針としており、適切であると判断しております。
          ・監査役及び監査役会による監査法人の評価
            当社の監査役及び監査役会は、監査法人に対して評価を行っております。この評価については「会計監査
           人の評価及び選定基準」に基づき、証跡資料の確認、評価調書の作成、往査時の監査結果の講評の立会い等
           の上、監査品質、品質管理、独立性、総合的能力等に問題となる事項がないことを確認しております。
          ・監査法人の異動
            2020年6月25日開催の第103回定時株主総会において、会計監査人選任の件を議案として諮り、太陽有限責
           任監査法人を第104期(2020年度)の当社の会計監査人とすることが承認可決され、次のとおり異動してお
           ります。
            第103期(自       2019年4月1日 至         2020年3月31日)(連結・個別)大手前監査法人
            第104期(自       2020年4月1日 至         2021年3月31日)(連結・個別)太陽有限責任監査法人
            臨時報告書に記載した事項は次のとおりです。

            ⅰ 当該異動に係る監査公認会計士等の名称

             イ)選任する監査公認会計士等の名称
               太陽有限責任監査法人
             ロ)退任する監査公認会計士等の名称
               大手前監査法人
            ⅱ 当該異動の年月日

             2020年6月25日
            ⅲ 退任する監査公認会計士等が監査公認会計士等となった年月日

             1988年6月29日
            ⅳ 退任する監査公認会計士等が直近3年間に作成した監査報告書等における意見等に関する事項

             該当事項はありません。
            ⅴ 当該異動の決定又は当該異動に至った理由及び経緯

             大手前監査法人は、2020年6月25日開催の第103回定時株主総会の時をもって任期満了となりました。大
            手前監査法人については会計監査が適切かつ妥当に行われることを確保する体制を十分に備えているもの
            の、監査継続期間が長期にわたること、また、当社は決算業務の執行場所を大阪市から東京都江東区に移
            す予定としており、これらに伴い、当社は会計監査人を見直すことと致しました。太陽有限責任監査法人
            を会計監査人とした理由は、会計監査人が交代することにより、新たな視点での監査が期待できることに
            加え、同監査法人が会計監査人に必要な専門性、独立性及び適切性を有しており、適任であると判断した
            ためであります。
            ⅵ 上記ⅴの理由及び経緯に対する意見

             イ)退任する監査公認会計士等の意見
               特段意見はない旨の回答を得ております。
             ロ)監査役会の意見
               妥当であると判断しております。
                                 55/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         ③監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                       61            1           64            1
      提出会社
                       26                       28

      連結子会社                              -                       -
                       87            1           92            1

         計
         (注)1.当社と会計監査人との間の監査契約において、「会社法」に基づく監査と「金融商品取引法」に基づ
              く監査の監査報酬の額を区分しておらず、実質的にも区分できないため、上記の金額にはこれらの合
              計額を記載しております。
            2.前連結会計年度における監査証明業務に基づく報酬には、英文財務諸表に関する業務に対する報酬
              3百万円を含めております。
         ④監査公認会計士等の当社又は当社連結子会社に対する非監査業務の内容

         (前連結会計年度)
          ・当社
           社債発行に関するコンフォートレターの作成業務及び新株予約権付転換社債発行に関するコンフォート
           レターの作成業務であります。
          ・当社連結子会社
           該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          ・当社
           社債発行に関するコンフォートレターの作成業務であります。
          ・当社連結子会社
           該当事項はありません。
         ⑤監査公認会計士等と同一のネットワーク(Grant Thorntonのメンバーファーム)に属する組織

          に対する報酬(③を除く)
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                                   5
      提出会社                   -                       -           -
                                   7                      11
      連結子会社                   -                       -
                                   12                       11
         計               -                       -
         (注)1.前連結会計年度の当社における非監査業務の内容は、財務デューデリジェンス業務であります。
            2.前連結会計年度及び当連結会計年度の当社連結子会社における非監査業務の内容は、税務コンプライ
              アンス業務、税務申告業務・税務に関するアドバイザリー業務であります。
         ⑥その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         (前連結会計年度)
          該当事項はありません。
         (当連結会計年度)
          該当事項はありません。
         ⑦監査報酬の決定方針

          該当事項はありませんが、監査日数等を勘案した上で決定しております。
         ⑧監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査役会は、会計監査人の職務遂行状況、会計監査人の監査計画の内容及び報酬見積りの算定根拠などが適
         切であると判断し、これに同意いたしました。
                                 56/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
         ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法
          当社役員の報酬は、基本報酬、業績連動給(賞与)、業績連動型株式報酬及び譲渡制限付株式報酬から構成
         されております。基本報酬は月例の固定報酬とし、当該役員の役位により、社内規程に基づき具体的な金額を
         決定しております。業績連動給(賞与)は、社内規程により、単年度の業績を適切に勘案するため、連結営業
         収益、連結の親会社株主に帰属する当期純利益等の対前期伸長率等を目標とする基準を定め、当該基準の達成
         度や業績に対する各人の貢献度等の諸般の事情を考慮して実績を確定のうえ決定しており、毎年一定の時期に
         現金支給しています。なお、当事業年度を含む連結営業収益及び連結の親会社株主に帰属する当期純利益の推
         移は、「第1 企業の概況             1  主要な経営指標等の推移」に記載しております。業績連動型株式報酬は、取締
         役(社外取締役を除く)に対し役員報酬BIP信託を設定し、当社グループの中長期的な業績の向上と企業価
         値の増大という観点から、連結経常利益の対前期伸長率に応じた基準、同業他社を参考に設定したROE基準
         値を株式交付規程において定め、具体的な金額を決定しており、いずれの指標についても支給の基準を満たし
         ております。なお、連結経常利益の推移、当期の連結ROEは「第1 企業の概況                                      1  主要な経営指標等の推
         移」に記載しております。また、業績連動型株式報酬制度の内容につきましては、「第4 提出会社の状況                                                  1
         株式等の状況 (8)役員・従業員株式所有制度の内容」に記載しております。譲渡制限付株式報酬について
         は、取締役(社外取締役を除く)に対し、役位に応じて社内規程に基づき、毎年一定の時期に交付しておりま
         す。
          2007年6月28日開催の第90回定時株主総会において当社取締役の報酬(基本報酬及び賞与)の上限を年額400
         百万円以内(但し、使用人分給与は含まない)と決議いただいております。当該株主総会終結時点の取締役の
         員数は、10名です。また、別枠で2017年6月28日開催の第100回定時株主総会において、当社取締役(社外取締
         役及び非居住者を除く)に対する業績連動型株式報酬の3事業年度分の上限額を70百万円以内と決議いただい
         ております。当該株主総会終結時点の取締役(社外取締役及び非居住者を除く)の員数は、8名です。加え
         て、2020年6月25日開催の第103回定時株主総会において、取締役(社外取締役を除く)を対象とする譲渡制限
         付株式報酬について、年額30百万円以内、株式数を普通株式年60,000株以内とすると決議いただいておりま
         す。当該株主総会終結時点の取締役(社外取締役を除く)の員数は、8名です。
          2007年6月28日開催の第90回定時株主総会において当社監査役の報酬(基本報酬及び賞与)の上限を年額100
         百万円以内と決議いただいております。当該株主総会終結時点の監査役の員数は、4名です。
          取締役の基本報酬、業績連動給(賞与)については、株主総会において決議された報酬限度額の範囲内で、
         取締役会決議に基づき代表取締役社長がその具体的内容について委任を受けるものとし、その権限の内容は、
         各取締役の基本報酬の額及び業績を踏まえた評価配分であり、社内規程に基づき支給を決定しております。業
         績連動型株式報酬制度については、その基準を定めた株式交付規程に関し取締役会による決議がなされていま
         す。譲渡制限付株式報酬は、株主総会において定められた範囲内で、取締役会によりその総額が決定されま
         す。また、取締役会決議により、支給に関連する詳細に関し必要な事項の決定が、代表取締役社長に一任され
         ます。
          監査役の基本報酬、業績連動報酬(賞与)は株主総会で決議された限度額の範囲内で社内規程に基づき、監
         査役の協議により決定がされています。
          また、当社は、2021年2月26日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針を
         決議しております。
          そして、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び
         決定された報酬等の内容が、取締役会で決議された決定方針と整合していることを確認しており、当該決定方
         針に沿うものであると判断しております。
          さらに、取締役会は、代表取締役社長福田泰久に対し、社内規程を踏まえたうえでの各取締役の基本報酬の
         額の決定及び業績を踏まえたうえでの業績連動給(賞与)の評価配分の決定を委任しております。委任した理
         由は、当社全体の業績等を勘案しつつ各取締役の担当部門について評価を行うには代表取締役社長が適してい
         ると判断したためであります。
          なお、取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針の内容は次のとおりです。
          ・基本報酬に関する方針
           月例の固定報酬とし、取締役の役位により社内規程に基づき決定する。
          ・業績連動報酬等に関する方針
           業績連動給(賞与)は、連結営業成績の達成度及び各人の貢献度等を考慮して決定し、毎年一定の時期に
           現金支給する。業績連動株式報酬は、取締役(社外取締役を除く)に対し役員報酬BIP(Board                                           Incentive
           Plan)信託を採用し、同業他社を参考にしたROE基準のクリアを条件に、連結経常利益の対前期伸長率に応
           じ当社株式を社内規程に基づき、信託期間満了時(3年単位)に交付する。
          ・非金銭報酬等に関する方針
           当社譲渡制限付株式を、取締役(社外取締役を除く)に対し、役位に応じて社内規程に基づき、毎年一定
           の時期に交付する。
                                 57/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
          ・報酬等の割合に関する方針
           経営陣に持続的な成長に向けた健全なインセンティブを付与するため、現金報酬の一定割合を業績連動株
           式報酬及び譲渡制限付株式報酬とする。
          ・報酬等の決定の委任に関する事項
           基本報酬、業績連動給(賞与)については、取締役会決議に基づき代表取締役社長がその具体的内容につ
           いて委任を受けるものとし、その権限の内容は、各取締役の基本報酬の額及び業績を踏まえた評価配分とす
           る。
         ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

       役員区分              報酬等の総額       報酬等の種類別の総額(百万円)                      対象となる役
                    (百万円)                             員の員数
                           基本報酬      業績連動給     業績連動型     譲渡制限付
                                                 (人)
                                 (賞与)     株式報酬     株式報酬
       取締役
                         161      59     62     26     13        9
       (社外取締役を除く)
       監査役
                         45      34     11                  3
                                          -     -
       (社外監査役を除く)
                         51      36     15                  7
       社外役員                                    -     -
         (注)1.上記の他、取締役(社外取締役を除く)が当社の連結子会社から役員として受けた報酬等の総額は、
             224百万円であります。
           2.上記の他、社外役員が当社の連結子会社から役員として受けた報酬等の総額は4百万円であります。
           3.上記のうち、業績連動型株式報酬及び譲渡制限付株式報酬は非金銭報酬等であります。
         ③連結報酬等の総額が1億円以上である者の連結報酬等の総額等

          連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
         ④使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          使用人兼務役員の使用人分給与で重要なものはありません。
                                 58/171











                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
         ①投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、投資株式について、専ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とす
         る「純投資目的」の投資株式、取引先との円滑で長期的な関係の構築、事業上の協力関係の維持・強化、資金・
         車輌運搬具等の安定的調達等を目的として、当社の企業価値を高め株主共同の利益に繋がるものを「政策保有目
         的」の投資株式としています。
         ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

          ⅰ 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
            の内容
            当社は、現在保有している政策保有株式のうち、上記「政策保有目的」に合致しなくなったものについて
           は縮減を進めます。当社は、当社の企業価値を高め株主共同の利益に繋がるかどうかという観点から、個別
           の上場の政策保有株式について、保有目的や保有に伴う便益・リスク等を適宜精査し、保有継続の適否を検
           証し、毎年1回、その検証結果を取締役会に諮っております。当連結会計年度におきましては、上場の政策
           保有株式について、上記「政策保有目的」に合致しなくなったものは縮減を進めること及びそれ以外のもの
           については継続保有することについて確認がなされています。
          ⅱ 銘柄数及び貸借対照表計上額

                      銘柄数       貸借対照表計上額の
                      (銘柄)        合計額(百万円)
                         33             875
         非上場株式
                         54            3,534
         非上場株式以外の株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                             株式数の増加の理由
                      (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                                         取引先との円滑で長期的な関係の構
                          1            514
         非上場株式
                                         築のため
                         11             14
         非上場株式以外の株式                                取引先持株会を通じた株式の取得
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数      株式数の減少に係る売却
                      (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                          1             17
         非上場株式
         非上場株式以外の株式                 -             -

          ⅲ 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報

          特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1                   当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    372,500         372,500
                                  (保有目的)車両運搬具等の安定的な調
     いすゞ自動車㈱
                                                        有
                                  達のため
                      591         442
                    297,600         297,600
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     理研ビタミン㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                      499         406
                                 59/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1                   当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                    200,000         200,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     オリンパス㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                      467         458
                    321,000         321,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     旭化成㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                      341         409
                    237,000         237,000
     イオンフィナンシャ
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                                                        無
     ルサービス㈱
                                  関係の構築のため
                      288         351
                    100,000         100,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     中央自動車工業㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                      250         277
     ㈱パン・パシフィッ
                    96,000         96,000
     ク・インターナショ                             (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                                                        無
     ナルホールディング                             関係の構築のため
                      188         250
     ス
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    40,453         39,207
                                  関係の構築のため
     イオン㈱
                                                        無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      105         129
                                  を通じた株式の取得
                    50,000         50,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     蝶理㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                      87         84
                    10,000         10,000
                                  (保有目的)車両運搬具等の安定的な調
     ㈱豊田自動織機                                                   有
                                  達のため
                      84         98
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    16,145         15,848
                                  関係の構築のため
     日油㈱
                                                        無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      81         91
                                  を通じた株式の取得
                    26,000         26,000
                                  (保有目的)車両運搬具等の安定的な調
     オリックス㈱
                                                        有
                                  達のため
                      63         48
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                     6,123         6,016
                                  関係の構築のため
     小林製薬㈱
                                                        無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      60         62
                                  を通じた株式の取得
                    25,000         25,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     井村屋グループ㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                      56         63
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    20,370         19,925
                                  関係の構築のため
     セーレン㈱
                                                        無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      45         38
                                  を通じた株式の取得
                     3,000         3,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     大東建託㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                      38         38
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                     8,711         8,255
                                  関係の構築のため
     オカモト㈱
                                                        無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      34         34
                                  を通じた株式の取得
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    30,667         30,316
                                  関係の構築のため
     ㈱エンチョー                                                   無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      30         34
                                  を通じた株式の取得
                                 60/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1                   当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                     8,899         8,899
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     三井物産㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                      29         20
                    100,000         100,000
                                  (保有目的)事業上の協力関係の維持・
     ㈱丸運                                                   有
                                  強化のため
                      24         28
                    28,658         28,658
     ㈱三菱UFJフィナ                             (保有目的)資金等の安定的な調達のた
                                                        無
     ンシャル・グループ                             め
                      21         16
                    10,100         10,100
                                  (保有目的)資金等の安定的な調達のた
     ㈱宮崎銀行                                                   有
                                  め
                      20         23
                    20,000         20,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     ㈱ケーヨー                                                   有
                                  関係の構築のため
                      17         14
                    11,500         11,500
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     ㈱フェリシモ                                                   無
                                  関係の構築のため
                      15         15
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    10,461          9,904
                                  関係の構築のため
     日本ゼオン㈱
                                                        無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      14         17
                                  を通じた株式の取得
                     5,000         5,000
                                  (保有目的)事業上の協力関係の維持・
     岡山県貨物運送㈱
                                                        有
                                  強化のため
                      14         13
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な

                    17,377         16,494
     大木ヘルスケアホー
                                  関係の構築のため
                                                        無
     ルディングス㈱
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      12         20
                                  を通じた株式の取得
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    15,435         13,417
     北越コーポレーショ
                                  関係の構築のため
                                                        無
     ン㈱
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                      10          6
                                  を通じた株式の取得
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                    10,386          9,431
     ㈱ミスターマック
                                  関係の構築のため
     ス・ホールディング                                                   無
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
     ス                  6         6
                                  を通じた株式の取得
                    10,000         10,000
     三菱HCキャピタル
                                  (保有目的)車両運搬具等の安定的な調
                                                        有
     ㈱
                                  達のため
                       5         6
                      500         500
     東京海上ホールディ
                                  (保有目的)事業上の協力関係の維持・
                                                        無
     ングス㈱
                                  強化のため
                       3         2
                    600,000         600,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     チッソ㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                       2         4
                     1,000         1,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     ㈱アシックス                                                   無
                                  関係の構築のため
                       2         1
                     1,000         1,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     積水ハウス㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                       2         2
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                      677         344
     ウエルシアホール
                                  関係の構築のため
                                                        無
     ディングス㈱
                                  (株式数が増加した理由)取引先持株会
                       2         1
                                  を通じた株式の取得
                                 61/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度

                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)1                   当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                      312         312
     ㈱セブン&アイ・                             (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                                                        無
     ホールディングス                             関係の構築のため
                       1         1
                     1,000         1,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     積水樹脂㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                       1         2
                     1,000         1,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     積水化学工業㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                       1         2
                     1,400         1,400
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     住友ゴム工業㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                       1         1
                      400         400
                                  (保有目的)事業上の協力関係の維持・
     日本電信電話㈱
                                                        無
                                  強化のため
                       1         1
     MS&ADインシュ                 191         191

                                  (保有目的)事業上の協力関係の維持・
     アランスグループ
                                                        無
                                  強化のため
     ホールディングス㈱                  0         0
                      400         400

     ㈱T&Dホールディ                             (保有目的)事業上の協力関係の維持・
                                                        無
     ングス                             強化のため
                       0         0
                      200         200
     日清オイリオグルー
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                                                        無
     プ㈱
                                  関係の構築のため
                       0         0
                      140         140
     ㈱三井住友フィナン                             (保有目的)資金等の安定的な調達のた
                                                        無
     シャルグループ                             め
                       0         0
                      100         100
     三井住友トラスト・
                                  (保有目的)資金等の安定的な調達のた
                                                        無
     ホールディングス㈱
                                  め
                       0         0
                      100         100
     トナミホールディン
                                  (保有目的)事業上の協力関係の維持・
                                                        有
     グス㈱
                                  強化のため
                       0         0
                     1,000         1,000
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     日亜鋼業㈱
                                                        有
                                  関係の構築のため
                       0         0
                      100          *
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     日本伸鋼㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                       0         *
                      200         200
     フランスベッドホー
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
                                                        無
     ルディングス㈱
                                  関係の構築のため
                       0         0
                      100         100
     ㈱みずほフィナン                             (保有目的)資金等の安定的な調達のた
                                                        無
     シャルグループ                             め
                       0         0
                      *         115
                                  (保有目的)取引先との円滑で長期的な
     パナソニック㈱
                                                        無
                                  関係の構築のため
                      *          0
         (注)1.特定投資株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法につ
             いて記載いたします。当社は、当社の企業価値を高め株主共同の利益に繋がるかどうかという観点か
             ら、個別の特定投資株式について、保有目的や保有に伴う便益・リスク等を精査し、保有継続の適否
             を検証した結果を取締役会に諮り、現状保有する特定投資株式については、保有の方針に沿った目的
             で保有していることを確認しております。
           2.「*」は、当該銘柄の貸借対照表計上額が当社の資本金額の100分の1以下であり、かつ貸借対照表計
             上額の大きい順の60銘柄(特定投資株式50銘柄、みなし保有株式10銘柄)に該当しないために記載を
             省略していることを示しております。
                                 62/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
             みなし保有株式

                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)         保有目的、定量的な保有効果(注)2                   当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                   1,224,000         1,224,000
     積水化学工業㈱
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
                     2,153         2,601
                   2,110,700         2,110,700
     ㈱三菱UFJフィナ
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      無
     ンシャル・グループ
                     1,604         1,248
                    564,950         564,950
     積水ハウス㈱
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
                     1,339         1,341
                    359,000         359,000
     ㈱アシックス                             (保有目的)議決権行使に関する指図権                      無
                      852         633
                    779,000         779,000
     旭化成㈱
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
                      827         992
                    88,000         88,000
     東京海上ホールディ
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      無
     ングス㈱
                      627         463
                    131,000         131,000
     オリックス㈱
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
                      320         244
                    66,200         66,200
     トナミホールディン
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
     グス㈱
                      248         356
                    390,000         390,000
     三菱HCキャピタル
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
     ㈱
                      222         260
                    180,000            *
     ㈱ケーヨー                             (保有目的)議決権行使に関する指図権                      有
                      160          *
                      *       40,500
     ㈱三井住友フィナン
                                  (保有目的)議決権行使に関する指図権                      無
     シャルグループ
                      *         162
         (注)1.貸借対照表計上額の上位銘柄を選定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりませ
             ん。
           2.「*」は、当該銘柄の貸借対照表計上額が当社の資本金額の100分の1以下であり、かつ貸借対照表計
             上額の大きい順の60銘柄(特定投資株式50銘柄、みなし保有株式10銘柄)に該当しないために記載を
             省略していることを示しております。
           3.みなし保有株式における定量的な保有効果の記載が困難であるため、保有の合理性を検証した方法に
             ついて記載いたします。当社は、当社の企業価値を高め株主共同の利益に繋がるかどうかという観点
             から、個別のみなし保有株式について、保有目的や保有に伴う便益・リスク等を精査し、保有継続の
             適否を検証した結果を取締役会に諮り、現状保有するみなし保有株式については、保有の方針に沿っ
             た目的で保有していることを確認しております。
                                 63/171







                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         ③保有目的が純投資目的である投資株式

                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(百万円)             (銘柄)         合計額(百万円)
     非上場株式                     -           -           -           -

                          9          41           9          42
     非上場株式以外の株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(百万円)           合計額(百万円)           合計額(百万円)
     非上場株式                     -           -           -

                          0                     6
     非上場株式以外の株式                                -
                                 64/171















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、太陽有限責任
      監査法人による監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法
      人財務会計基準機構へ加入し、セミナーへ参加しております。
                                 65/171














                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         52,530              45,093
        現金及び預金
                                         82,689
        受取手形及び営業未収入金                                                 -
                                                      ※4  91,893
        受取手形、営業未収入金及び契約資産                                   -
                                          2,519              3,543
        電子記録債権
                                         12,990              14,183
        商品及び製品
                                           316               95
        仕掛品
                                           651              845
        原材料及び貯蔵品
                                         12,221              15,411
        その他
                                          △ 28             △ 34
        貸倒引当金
                                         163,891              171,033
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         169,354              187,259
          建物及び構築物
                                        △ 89,153             △ 96,162
           減価償却累計額
                                      ※2 ,※7  80,201           ※2 ,※7  91,096
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                                77,660              101,063
                                        △ 52,603             △ 73,248
           減価償却累計額
                                      ※2 ,※7  25,056           ※2 ,※7  27,815
           機械装置及び運搬具(純額)
                                         10,384              13,528
          工具、器具及び備品
                                         △ 7,995             △ 10,611
           減価償却累計額
                                        ※7  2,388            ※7  2,917
           工具、器具及び備品(純額)
                                      ※2 ,※7  81,628           ※2 ,※7  90,313
          土地
                                         20,025              23,823
          リース資産
                                         △ 6,231             △ 8,890
           減価償却累計額
                                         13,793              14,932
           リース資産(純額)
                                          6,484              4,562
          建設仮勘定
                                         209,554              231,639
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          9,979              12,564
          のれん
                                        ※7  8,034            ※7  11,159
          その他
                                         18,014              23,723
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        ※1  17,398            ※1  17,957
          投資有価証券
                                           507              279
          長期貸付金
                                          5,471              7,703
          退職給付に係る資産
                                        ※2  13,086            ※2  14,388
          差入保証金
                                          4,902              5,115
          繰延税金資産
                                        ※1  3,647            ※1  9,066
          その他
                                          △ 407             △ 418
          貸倒引当金
                                         44,606              54,091
          投資その他の資産合計
                                         272,175              309,454
        固定資産合計
       繰延資産
                                            0              0
        開業費
                                            0              0
        繰延資産合計
                                         436,066              480,487
       資産合計
                                 66/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         44,383              50,675
        支払手形及び営業未払金
                                          8,586              9,076
        電子記録債務
                                          7,118                24
        1年内償還予定の社債
                                         10,009
        1年内償還予定の転換社債型新株予約権付社債                                                 -
                                        ※2  22,036            ※2  36,335
        短期借入金
                                          4,253              4,632
        リース債務
                                          5,377              5,052
        未払法人税等
                                          6,247              6,585
        賞与引当金
                                           420              427
        役員賞与引当金
                                            68              416
        災害損失引当金
                                                      ※5  24,420
                                         25,211
        その他
                                         133,715              137,646
        流動負債合計
       固定負債
                                         30,024              40,000
        社債
                                         22,108              22,081
        転換社債型新株予約権付社債
                                        ※2  74,887            ※2  86,746
        長期借入金
                                         14,881              15,970
        リース債務
                                           260              573
        役員退職慰労引当金
                                            98              196
        特別修繕引当金
                                           149              336
        株式給付引当金
                                          7,103              7,050
        退職給付に係る負債
                                           869              950
        資産除去債務
                                          3,669              4,987
        繰延税金負債
                                          2,178              3,291
        その他
                                         156,230              182,183
        固定負債合計
                                         289,946              319,830
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         26,564              28,479
        資本金
                                         29,806              31,545
        資本剰余金
                                         81,211              91,737
        利益剰余金
                                         △ 4,638             △ 8,159
        自己株式
                                         132,944              143,602
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          1,759              1,472
        その他有価証券評価差額金
                                            32              70
        繰延ヘッジ損益
                                            57              755
        為替換算調整勘定
                                                         916
                                          △ 10
        退職給付に係る調整累計額
                                          1,839              3,215
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    410              388
                                         10,926              13,451
       非支配株主持分
                                         146,120              160,657
       純資産合計
                                         436,066              480,487
     負債純資産合計
                                 67/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                    ※1  623,139
                                        572,405
     営業収益
                                                    ※3  534,352
                                        500,653
     営業原価
                                        71,751              88,786
     営業総利益
                                     ※2 ,※3  50,235           ※2 ,※3  64,015
     販売費及び一般管理費
                                        21,516              24,771
     営業利益
     営業外収益
                                          71              100
       受取利息
                                          148              286
       受取配当金
                                          400              402
       持分法による投資利益
                                          506              531
       助成金収入
                                          333              356
       受取地代家賃
                                         1,472              1,670
       その他
                                         2,934              3,349
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         1,171              1,244
       支払利息
                                         1,052               772
       その他
                                         2,223              2,016
       営業外費用合計
                                        22,227              26,103
     経常利益
     特別利益
                                          312              248
       補助金収入
                                        ※4  488            ※4  111
       固定資産売却益
                                       ※5  4,483
       負ののれん発生益                                                  -
                                          348
       資産除去債務取崩益                                                  -
                                          38
                                                         -
       投資有価証券売却益
                                         5,671               359
       特別利益合計
     特別損失
                                          68              416
       災害損失引当金繰入額
                                                        298
       支払補償金                                    -
                                          337              253
       固定資産圧縮損
                                        ※6  494            ※6  211
       新型コロナウイルス感染症による損失
                                                        202
       リース解約損                                    -
                                        ※7  310            ※7  182
       固定資産除却損
                                         ※8  56            ※8  43
       固定資産売却損
                                       ※9  3,053              ※9  31
       減損損失
                                          15              28
       災害による損失
                                          29              12
       関係会社貸倒引当金繰入額
                                          36               3
       貸倒引当金繰入額
                                        ※10  560
       開業費償却                                                  -
                                          277
       投資有価証券評価損                                                  -
                                          60
                                                         -
       事業所撤退損
                                         5,299              1,684
       特別損失合計
                                        22,598              24,778
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    8,195              8,831
                                         △ 320             △ 230
     法人税等調整額
                                         7,874              8,601
     法人税等合計
                                        14,724              16,177
     当期純利益
                                          475              943
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                        14,249              15,233
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 68/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                        14,724              16,177
     当期純利益
     その他の包括利益
                                         1,025
       その他有価証券評価差額金                                                △ 337
                                          17              47
       繰延ヘッジ損益
                                                        781
       為替換算調整勘定                                  △ 354
                                         2,429               927
       退職給付に係る調整額
                                       ※1  3,117             ※1  1,419
       その他の包括利益合計
                                        17,841              17,596
     包括利益
     (内訳)
                                        17,484              16,609
       親会社株主に係る包括利益
                                          357              987
       非支配株主に係る包括利益
                                 69/171















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本

                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計

     当期首残高                 26,528         29,770         70,901         △ 652       126,548

     当期変動額

      新株の発行                  36         35                          71

      剰余金の配当                                 △ 3,971                △ 3,971

      親会社株主に帰属する当期
                                       14,249                 14,249
      純利益
      自己株式の取得                                          △ 4,312        △ 4,312
      自己株式の処分                          △ 0                326         325

      連結範囲の変動                                   32                 32

      非支配株主との取引に係る
                                 0                          0
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                                                          -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                   36         36       10,309        △ 3,986         6,395
     当期末残高                 26,564         29,806         81,211        △ 4,638        132,944

                          その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                                             新株予約権          純資産合計
                   その他                     その他の
                                                  持分
                                  退職給付に係る
                       繰延ヘッジ      為替換算
                  有価証券                      包括利益
                                  調整累計額
                        損益     調整勘定
                  評価差額金                      累計額合計
     当期首残高
                     779      14     256    △ 2,439     △ 1,390      432    8,590    134,181
     当期変動額
      新株の発行

                                           -               71
      剰余金の配当
                                           -             △ 3,971
      親会社株主に帰属する当期
                                           -              14,249
      純利益
      自己株式の取得
                                           -             △ 4,312
      自己株式の処分
                                           -               325
      連結範囲の変動
                                           -               32
      非支配株主との取引に係る
                                           -                0
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                     980      18    △ 198     2,429     3,229      △ 21    2,336     5,543
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                980      18    △ 198     2,429     3,229      △ 21    2,336     11,939
     当期末残高               1,759       32     57     △ 10    1,839      410    10,926     146,120

                                 70/171





                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本

                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計

     当期首残高

                      26,564         29,806         81,211        △ 4,638        132,944
     当期変動額
      新株の発行

                       1,915         1,915                          3,830
      剰余金の配当
                                       △ 4,708                △ 4,708
      親会社株主に帰属する当期
                                       15,233                 15,233
      純利益
      自己株式の取得
                                               △ 3,661        △ 3,661
      自己株式の処分
                                △ 39                 139         100
      非支配株主との取引に係る
                               △ 136                         △ 136
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                                                          -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                       1,915         1,739        10,525        △ 3,521        10,658
     当期末残高                 28,479         31,545         91,737        △ 8,159        143,602

                          その他の包括利益累計額

                                                  非支配株主
                                             新株予約権          純資産合計
                   その他                     その他の
                                                  持分
                                  退職給付に係る
                       繰延ヘッジ      為替換算
                  有価証券                      包括利益
                                  調整累計額
                        損益     調整勘定
                  評価差額金                      累計額合計
     当期首残高               1,759       32     57     △ 10    1,839      410    10,926     146,120
     当期変動額

      新株の発行                                     -              3,830

      剰余金の配当                                     -             △ 4,708

      親会社株主に帰属する当期
                                           -              15,233
      純利益
      自己株式の取得                                     -             △ 3,661
      自己株式の処分                                     -               100

      非支配株主との取引に係る
                                           -              △ 136
      親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                    △ 287      38     697     927     1,375      △ 21    2,524     3,878
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 287      38     697     927     1,375      △ 21    2,524     14,537
     当期末残高               1,472       70     755     916     3,215      388    13,451     160,657

                                 71/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        22,598              24,778
       税金等調整前当期純利益
                                        17,441              19,817
       減価償却費
                                          779             1,071
       のれん償却額
                                                         2
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 78
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                 △ 3,376             △ 2,232
                                         2,472               874
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                          570              218
       賞与引当金の増減額(△は減少)
                                                        186
       株式給付引当金の増減額(△は減少)                                  △ 121
                                          68              416
       災害損失引当金の増減額(△は減少)
       受取利息及び受取配当金                                  △ 220             △ 386
       為替差損益(△は益)                                  △ 109             △ 251
                                         1,171              1,244
       支払利息
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 431              △ 68
                                          337              253
       固定資産圧縮損
       補助金収入                                  △ 312             △ 248
                                          310              182
       固定資産除却損
                                         3,053                31
       減損損失
       負ののれん発生益                                 △ 4,483                -
       資産除去債務取崩益                                  △ 348               -
                                          560
       開業費償却額                                                  -
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 1,539             △ 5,123
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 682             △ 592
                                         1,947              3,654
       未払債務の増減額(△は減少)
                                          551
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                               △ 1,685
                                                         22
       未収消費税等の増減額(△は増加)                                 △ 1,773
                                          509
                                                       △ 335
       その他
                                        38,895              41,830
       小計
                                          312              248
       補助金の受取額
                                          622              377
       利息及び配当金の受取額
       利息の支払額                                 △ 1,150             △ 1,249
                                        △ 6,822             △ 9,321
       法人税等の支払額
                                        31,858              31,885
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                 △ 2,069             △ 2,071
                                         1,803              2,028
       定期預金の払戻による収入
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 33,618             △ 30,311
                                         1,455               907
       有形固定資産の売却による収入
       関係会社出資金の払込による支出                                    -            △ 5,668
       差入保証金の差入による支出                                  △ 987            △ 1,097
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                      ※2  △ 11,386            ※2  △ 8,837
       支出
                                        △ 1,505             △ 1,091
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 46,309             △ 46,141
                                 72/171








                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          334             4,671
       短期借入金の純増減額(△は減少)
                                        21,566              22,563
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 14,510              △ 4,035
       ファイナンス・リース債務の返済による支出                                 △ 4,465             △ 5,359
                                        42,110              10,000
       社債の発行による収入
       社債の償還による支出                                   △ 48           △ 13,288
       自己株式の取得による支出                                 △ 4,312             △ 3,630
                                          106               6
       自己株式の売却による収入
       配当金の支払額                                 △ 3,967             △ 4,704
       非支配株主への配当金の支払額                                  △ 169             △ 148
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                          -             △ 249
       よる支出
                                          113
                                                        △ 51
       その他
                                        36,757               5,773
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                        304
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 157
                                        22,149
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                 △ 8,177
     現金及び現金同等物の期首残高                                   27,142              50,371
                                         1,078
                                                         -
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額
                                       ※1  50,371             ※1  42,193
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 73/171














                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
     (1)連結子会社の数            143  社
       主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しております。
       新たに株式を取得したことによりエヌデイーシー㈱、㈱レストラン蒲生、AIRROAD                                       PTY  LIMITED、AIRROAD
      LOGISTICS、M&M        THORPE    TRANSPORT     SERVICES、AIRROAD         SPECIALISED、AIRROAD           DIRECT、EXCELLENT         DELIVERY     CO、
      AIRROAD    PROPERTY、AIRROAD         CHARITY    SUPPORT、㈱セルフ・グロウ、ダイヤクリーニング㈱、㈱カルタス、吉賀海運
      ㈱、北九州舩舶㈱、AIR           PLANNERS     (S)  PTE.   LTD.を、新たに設立したことによりアークセラーズ㈱、㈱サポロジを当
      連結会計年度より連結の範囲に含めております。
       なお、江坂運輸㈱は阪神運送㈱を消滅会社として、センコーナガセ物流㈱はセンコーナガセ物流サポート㈱を消滅
      会社として、それぞれ合併しております。
     (2)上記143社以外のサムライファーム西都㈱以下4社はいずれも小規模であり、合計の総資産、営業収益、当期純損
     益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等はいずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないた
     め、連結の範囲から除いております。
    2.持分法の適用に関する事項

     (1)持分法適用の関連会社数                5 社
       センコープライベートリート投資法人、THI                     Japan   ㈱ 、拓米国際有限公司、他2社
       新たに株式を取得したことによりTHI                  Japan   ㈱ を、新たに出資したことにより拓米国際有限公司、他2社を当連結
      会計年度より持分法適用の範囲に含めております。
     (2)持分法を適用していない非連結子会社(サムライファーム西都㈱以下4社)及び関連会社(KO-SENKO                                                 Logistics
      Co.,Ltd.以下9社)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対
      象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲か
      ら除外しております。
     (3)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使用して
      おります。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

       連結子会社のうち広州扇拡物流有限公司以下海外子会社32社の決算日は、12月31日であります。連結財務諸表の作
      成に当たっては、同決算日現在の財務諸表を使用しております。但し、連結決算日までの期間に発生した重要な取引
      については、連結上必要な調整を行っております。
       また、当連結会計年度より新たに連結子会社となったAIR                            PLANNERS     (S)  PTE.   LTD.の事業年度の末日は6月30日で
      すが、みなし取得日を3月31日としているため、貸借対照表のみ連結しております。
    4.会計方針に関する事項

     (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券
         その他有価証券
          市場価格のない株式等以外のもの
           時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
          市場価格のない株式等
           移動平均法に基づく原価法
      ② デリバティブ
          時価法
      ③ 棚卸資産
         評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)によっております。
          商品
           主として、移動平均法
          製品
           主として、個別法
          仕掛品
           主として、個別法
          原材料
           最終仕入原価法
          貯蔵品
           主として、移動平均法
     (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

                                 74/171

                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
         主として、定額法
         但し、機械装置、船舶の一部及び工具器具備品については、主として定率法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物及び構築物   2~60年
         機械装置及び運搬具 2~17年
         工具、器具及び備品 2~20年
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法
      ③ リース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法
        なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が2008年3月31日以前のリース取引に
        ついては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理方法によっております。
     (3)重要な繰延資産の処理方法

       開業費の償却方法及び償却期間
        開業費の償却方法については、5年間で定額法により償却を行っております。
     (4)重要な引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
        いては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      ② 賞与引当金
        従業員に対して支給する賞与にあてるため、支給見込額に基づいて計上しております。
      ③ 役員賞与引当金
         役員に対して支給する賞与にあてるため、支給見込額に基づいて計上しております。
      ④ 役員退職慰労引当金
         連結子会社の一部は、役員の退職慰労金の支払に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
      ⑤ 災害損失引当金
         2022年3月に発生した東北地方の地震に伴う復旧費用等の支出に備えるため、当連結会計年度末における見積額
        を計上しております。
      ⑥ 特別修繕引当金
         船舶の定期検査費用に備えるため、修繕見積額に基づき計上しております。
      ⑦ 株式給付引当金
         株式交付規程に基づく当社グループの取締役等への当社株式の給付に備えるため、当連結会計年度末における株
        式給付債務の見込額に基づき計上しております。
     (5)退職給付に係る会計処理の方法

      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、給
         付算定式基準によっております。
      ② 数理計算上の差異の費用処理方法
        数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
        (主として9年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
      ③ 未認識数理計算上の差異の会計処理方法
        未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額の退職給
         付に係る調整累計額に計上しております。
      ④ 小規模企業等における簡便法の採用
        一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を
         退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
     (6)重要な収益及び費用の計上基準

         当社グループは、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取
        ると見込まれる金額で収益を認識しております。これにより、主として、顧客への財又はサービスの提供におけ
        る当社グループの役割が代理人に該当する取引について、当該対価の総額から第三者に対する支払額を控除した
        純額で認識しております。また、取引の対価は、財又はサービスを顧客に移転する時点からおおむね1年以内に
        受領しているため、重要な金融要素は含んでおりません。
                                 75/171

                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         ①物流事業

          当社グループは、物流事業において、主として一般貨物自動車運送事業を行っておりますが、貨物の積み込み
         時点において当社グループの履行義務が発生すると判断し、また、履行義務が充足されるまでの期間が短期間で
         あることから、貨物を積み込んだ時点で収益を認識しております。
         ②商事・貿易事業

          当社グループは、商事・貿易事業において、石油等の販売や家庭紙の卸売を行っておりますが、引渡時点にお
         いて顧客が当該財又は財に対する支配を獲得し、当社グループの履行義務が充足されると判断し、収益を認識し
         ております。当社グループが代理人として行う財の販売についても、引渡時点において顧客が当該財に対する支
         配を獲得し、当社グループの履行義務が充足されると判断し、収益を認識しております。
          なお、国内の販売においては、「収益認識に関する会計基準の適用指針」第98項に定める代替的な取扱いを適
         用し、出荷時から顧客による検収時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しておりま
         す。
          また、当社グループが関与し当社グループが在庫リスク及び価格設定の裁量権を有していない一部の取引につ
         いては、他の当事者により商品が提供されるよう手配を行うことが当社グループの履行義務であり代理人として
         取引を行っております。
         ③その他事業

          当社グループは、その他事業において、介護、総合卸売業、保育事業等のサービス業を中心に行っております
         が、顧客への財又はサービスを提供した時点において、当社グループの履行義務が充足されると判断し、収益を
         認識しております。
     (7)重要なヘッジ会計の方法

      ① ヘッジ会計の方法
         繰延ヘッジ処理を採用しております。なお、為替予約取引について振当処理の要件を充たしている場合には振当
        処理を、金利スワップについて特例処理の条件を充たしている場合には特例処理を採用しております。また、一体
        処理(特例処理・振当処理)の要件を満たす金利通貨スワップについては一体処理によっております。
      ② ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段…デリバティブ取引(為替予約取引、金利スワップ並びに金利通貨スワップ)
         ヘッジ対象…外貨建営業未払金、外貨建仕入予定取引及び変動金利借入金
      ③ ヘッジ方針
        将来の為替相場変動によるリスクのヘッジ及び金利相場変動による損失の可能性を減殺することを目的として
        ヘッジ会計を行っております。
      ④ ヘッジ有効性評価の方法
         ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件が同一であり、ヘッジ開始時及びその後も継続して相場変動等を相
        殺するものと見込まれるため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
        (「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い」を適用しているヘッジ関係)

         上記のヘッジ関係は、「LIBORを参照する金融商品に関するヘッジ会計の取扱い」(実務対応報告第40号                                                 2020年
        9月29日)の適用範囲に含まれるヘッジ関係であり、当該実務対応報告に定められる特例的な取扱いを適用してお
        ります。当該実務対応報告を適用しているヘッジ関係の内容は、以下のとおりであります。
        ヘッジ会計の方法…金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため特例処理を採用しております。

        ヘッジ手段…金利スワップ
        ヘッジ対象…長期借入金
        ヘッジ取引の種類…キャッシュ・フローを固定するもの
                                 76/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
     (8)のれんの償却方法及び償却期間

      のれんの償却については、実質的判断による見積り年数で、定額法により償却を行っております。
     (9)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

       手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わ
      ない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (重要な会計上の見積り)

      会計上の見積りにより当連結会計年度に係る連結財務諸表にその額を計上した項目であって、翌連結会計年度以降の
     連結財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
      なお、当連結会計年度において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前連結会計年度の数値につ
     いては、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっておりま
     す。
      1.繰延税金資産の回収可能性

      (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                     (単位:百万円)
                        前連結会計年度            当連結会計年度
          繰延税金資産                                 5,115
                              4,902
      (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
         当社グループは、将来減算一時差異に対して、将来の収益力に基づく課税所得及びタックス・プランニング等
        により、繰延税金資産の回収可能性を判断しております。
         将来の課税所得の見積りは、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う影響等、外部要因を加味した当社グループ
        の経営計画に基づいております。
         これらの見積りは将来の不確実な経済状況および会社の経営状況の影響を受け、実際に生じた時期および金額
        が見積りと異なった場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において認識する金額に重要な影響を与える可能
        性があります。また、税制改正により実効税率が変更された場合に、翌連結会計年度以降の連結財務諸表におい
        て認識する金額に重要な影響を与える可能性があります。
      2.減損損失

      (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                     (単位:百万円)
                        前連結会計年度            当連結会計年度
          減損損失                                  31
                              3,053
          有形固定資産                                231,639
                             209,554
          無形固定資産                                23,723
                              18,104
      (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
         当社グループは、固定資産のうち減損の兆候がある資産又は資産グループについて、当該資産又は資産グルー
        プから得られる割引前将来キャッシュ・フローの総額がこれらの帳簿価額を下回る場合には、帳簿価額を回収可
        能価額まで減額し、その減少額を減損損失として計上しております。
         また、減損損失の認識の要否の検討や使用価値の算定のために将来キャッシュ・フローを見積る場合には、新
        型コロナウイルス感染症の収束時期等を含む一定の仮定を置いております。
         このため、新型コロナウイルス感染症の収束が見通せず市況が著しく悪化した場合には、見積りの前提となる
        経営計画を下方修正し、翌連結会計年度の連結財務諸表において追加の減損損失を計上する可能性があります。
                                 77/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (会計方針の変更)
      (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)及び
      「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                  2021年3月26日)を当連結会計年度の期
      首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見
      込まれる金額で収益を認識することとしております。
       これにより、主として、顧客への商品の提供における当社グループの役割が代理人に該当する取引について、従来
      は顧客から受け取る対価の総額を収益として認識しておりましたが、当該対価の総額から第三者に対する支払額を控
      除した純額で収益を認識する方法に変更しております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首の
      利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定
      める方法を適用し、当連結会計年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した
      契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適
      用し、当連結会計年度の期首より前までに行われた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に
      基づき、会計処理を行い、その累積的影響額を当連結会計年度の期首の利益剰余金に加減しております。
       この結果、当連結会計年度の営業収益が53,413百万円、営業原価が53,393百万円、営業総利益が19百万円、販売費
      及び一般管理費が19百万円それぞれ減少しております。営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益ならびに利
      益剰余金の当期首残高への影響はありません。
       収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
      「受取手形及び営業未収入金」は、当連結会計年度より「受取手形、営業未収入金及び契約資産」に含めて表示する
      ことといたしました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度につい
      て新たな表示方法により組替えを行っておりません。また、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに
      従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注記については記載しておりません。
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
      等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準
      第10号    2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針
      を、将来にわたって適用することといたしました。これによる、当連結会計年度に係る連結財務諸表への影響はあり
      ません。
       また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うことと
      いたしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2019年7月
      4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載して
      おりません。
         (未適用の会計基準等)

     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会計基準委員
      会)
     (1)概要

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準委員会 企業会計基準適用指針第31号)の2021年
      6月17日の改正は、2019年7月4日の公表時において、「投資信託の時価の算定」に関する検討には、関係者との
      協議等に一定の期間が必要と考えられるため、また、「貸借対照表に持分相当額を純額で計上する組合等への出
      資」の時価の注記についても、一定の検討を要するため、「時価の算定に関する会計基準」公表後、概ね1年をか
      けて検討を行うこととされていたものが、改正され、公表されたものです。
     (2)適用予定日

       2023年3月期の期首から適用します。
     (3)当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
      中であります。
                                 78/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (表示方法の変更)
      (連結貸借対照表)
       前連結会計年度において、「固定負債」の「その他」に含めていた「繰延税金負債」は、金額的重要性が増したた
      め、当連結会計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連
      結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「固定負債」の「その他」に表示していた5,847百万円
      は、「繰延税金負債」3,669百万円、「その他」2,178百万円として組み替えております。
         (追加情報)

      (株式付与ESOP信託)
      (1)  取引の概要
       当社は、従業員に対する福利厚生制度を拡充させるとともに、グループ共通の横串を通した本制度を通じて、
      当社グループに対する帰属意識の醸成と経営参画意識を持たせ、当社グループの中長期的な業績の向上と企業価
      値増大への貢献意識を高めることを目的として、株式付与ESOP信託を導入しております。本信託は、信託が
      取得した当社株式を、予め定める株式交付規程に基づき、一定の要件を充足する対象従業員に交付するインセン
      ティブ・プランです。なお、本信託が取得する当社株式の取得資金はその全額を各対象会社が拠出するため、対
      象従業員の負担はありません。
      (2)  信託に残存する自社の株式
       信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式と
      して計上しております。当該自己株式の帳簿価額および株式数は、前連結会計年度289百万円、341千株、当連結
      会計年度286百万円、338千株であります。
      (役員報酬BIP信託)

      (1)  取引の概要
       当社は、当社およびグループ子会社の取締役(社外取締役および国内非居住者を除く。)を対象に、当社グルー
      プの中長期的な業績の向上と企業価値増大への貢献意識を高めることを目的として、当社グループの業績との連
      動性が高く、かつ透明性・客観性の高い役員報酬制度として、役員報酬BIP(Board                                        Incentive     Plan)信託を導
      入しております。本信託は、欧米の業績連動型株式報酬(Performance                                  Share)制度および譲渡制限付株式報酬
      (Restricted      Stock)制度と同様に、役位や業績の達成度等に応じて、当社株式および当社株式の換価処分金相当
      額の金銭を取締役に交付または給付する制度です。
      (2)  信託に残存する自社の株式
       信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株式と
      して計上しております。当該自己株式の帳簿価額および株式数は、前連結会計年度302百万円、348千株、当連結
      会計年度293百万円、338千株であります。
                                 79/171










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (連結貸借対照表関係)
    ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     投資有価証券(株式)                               9,187百万円                  9,473百万円
     その他(出資金)                                531                 6,200
    ※2 担保資産及び担保付債務

      (1)借入金等に対する担保資産
        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
      建物
                                    2,454百万円                  2,199百万円
      船舶                              1,149                  1,048
      土地                              5,724                  5,558
             計                      9,328                  8,805
        当連結会計年度の当該資産に係る根抵当権の極度額は、2,600百万円であります。
        担保付債務は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
      短期借入金                               180百万円                  123百万円
      一年内返済予定の長期借入金                               785                  554
      長期借入金                              3,402                  3,115
             計                      4,367                  3,792
      (2)宅地建物取引業に伴う供託

        担保に供している資産は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
      差入保証金                               10百万円                  10百万円
     3 偶発債務

      (1)売掛債権及び手形信託に係る偶発債務
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     売掛債権及び手形債権流動化による
                                     353百万円                   227百万円
     買戻し義務限度額
      (2)差入保証金の流動化に伴う遡及義務

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     差入保証金の流動化に伴う遡及義務                                25百万円                     -
      (3)受取手形裏書譲渡高

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     受取手形裏書譲渡高                                90 百万円                 78 百万円
    ※4 受取手形、営業未収入金及び契約資産のうち、顧客との契約から生じた債権及び契約資産の金額は、それぞれ以下

    のとおりであります。
                                 80/171


                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
                                               当連結会計年度
                                              (2022年3月31日)
     受取手形                                                 1,438   百万円
                                                      90,455
     営業未収入金
    ※5 その他のうち、契約負債の金額は、以下のとおりであります。

                                               当連結会計年度
                                              (2022年3月31日)
     契約負債                                                 1,398   百万円
     6 当社及び一部の連結子会社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行34行(前年度は32行)と当座貸越契約

      及び貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく連結会計年度末の借入未実行残高は次のとお
      りであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     当座貸越極度額及び
                                   79,035百万円                   81,362百万円
     貸出コミットメントの総額
     借入実行残高                              18,088                  23,999
            差引額                       60,947                  57,363
    ※7 有形固定資産の取得価額から控除した圧縮記帳額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
      建物
                                    3,287百万円                  3,533百万円
      土地                               346                  346
      車輌運搬具                               232                  235
      構築物                               141                  141
      船舶                               134                  134
      機械及び装置                               117                  117
      工具、器具及び備品                               25                  40
      ソフトウエア                               28                  28
             計                      4,314                  4,577
                                 81/171









                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
    ※1 顧客との契約から生じる収益
       売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との契
      約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)1.顧客との契約から生じる収益を分解した
      情報」に記載しております。
    ※2 販売費及び一般管理費の主要な費目と金額は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                   当連結会計年度
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     給与手当                              13,838   百万円               17,619   百万円
                                   1,935                  1,994
     外注費
                                    403                  426
     役員賞与引当金繰入額
                                    713                  817
     退職給付費用
                                     17                  10
     貸倒引当金繰入額
                                   7,713                  10,533
     下払運賃
                                   1,525                  1,610
     賞与引当金繰入額
    ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                             至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     研究開発費                                 36 百万円                45 百万円
    ※4 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     車輌運搬具                                83百万円                  80百万円
     船舶                                55                  16
     土地                                191                   1
     建物                                156                   -
     その他                                 1                  13
             計                       488                  111
    ※5 負ののれん発生益の金額及び発生原因

        前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         当連結会計年度において、寺内株式会社、センコーナガセ物流株式会社、センコーナガセ物流サポート株式会
        社、アズフィット株式会社、芙蓉流通株式会社を新たに連結子会社化したことに伴い、負ののれん発生益4,483百
        万円を計上しております。
        当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

         該当事項はありません。
                                 82/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    ※6 新型コロナウイルス感染症による損失
      前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、政府及び各自治体からの要請等を受け、ホテル・
      介護・フィットネス事業等に関連する店舗等の休業や営業時間の短縮を実施いたしました。当該店舗等において営業
      自粛期間中に発生した固定費(人件費・賃借料など)を特別損失に計上しております。
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       当社グループは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、政府及び各自治体からの要請等を受け、ホテル事
      業等に関連する店舗等の休業や営業時間の短縮を実施いたしました。当該店舗等において営業自粛期間中に発生した
      固定費(人件費・賃借料など)を特別損失に計上しております。
    ※7 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     建物                                215百万円                   83百万円
     撤去費用                                50                  53
     構築物                                19                  21
     車輌運搬具                                 6                  7
     工具、器具及び備品                                14                   4
     電話施設利用権                                 0                  3
     権利金                                 1                  0
     機械装置                                 2                  0
     その他                                -                   7
             計                       310                  182
    ※8 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2020年4月1日                  (自 2021年4月1日
                           至 2021年3月31日)                   至 2022年3月31日)
     車輌運搬具                                16百万円                  38百万円
     船舶                                 -                  3
     建物                                 2                  0
     工具、器具及び備品                                 1                  0
     土地                                33                   0
     撤去費用                                 1                  -
             計                        56                  43
                                 83/171








                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    ※9 減損損失

      前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
          用途            場所             種類          金額
         事業用資産         東京都江東区               建物等・土地            2,778百万円
         事業用資産         群馬県前橋市               土地              97百万円
       当社は、管理会計の区分である支店・営業所をグルーピングの単位とし、賃貸用不動産及び遊休資産については個
      別の資産グループとしております。その結果、新型コロナウイルス感染拡大による影響を受け、当初予定していた収
      益が見込めなくなったこと、また、市場価額の著しい下落が認められたため、上記の資産グループについて、当該資
      産グループに係る資産の帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しました。
       また、当資産グループの回収可能価額は、不動産鑑定士による鑑定評価額で評価しております。一部の鑑定評価外
      の動産については、簿価を時価として正味売却価額に含めて評価しております。
       なお、上記以外の減損損失は金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       当連結会計年度において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
          用途            場所             種類          金額
         事業用資産         東京都渋谷区               建物              12百万円
         事業用資産         神奈川県伊勢原市               建物              12百万円
       当社は、管理会計の区分である支店・営業所をグルーピングの単位とし、賃貸用不動産及び遊休資産については個
      別の資産グループとしております。その結果、新型コロナウイルス感染拡大による影響を受け、当初予定していた収
      益が見込めなくなったため、上記の資産グループについて、当該資産グループに係る資産の帳簿価額を回収可能価額
      まで減額し、当該減少額を減損損失として計上しました。
       また、当資産グループの回収可能価額は、使用価値により測定しておりますが、将来キャッシュフローが見込めな
      いため、回収可能額を零として評価しております。
       なお、上記以外の減損損失は金額的重要性が乏しいため、記載を省略しております。
    ※10 開業費償却

      前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
       当社の連結子会社であるセンコークリエイティブマネジメント㈱が計上しておりました開業費について、支出の効
      果が期待されなくなったため、未償却残高560百万円を一時に償却しております。
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

       該当事項はありません。
                                 84/171








                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                                1,214百万円               △457百万円
      組替調整額                                 240               △6
       税効果調整前
                                      1,455               △464
       税効果額                               △429                126
       その他有価証券評価差額金
                                      1,025               △337
     繰延ヘッジ損益:
      当期発生額                                  25               73
       税効果調整前
                                        25               73
       税効果額                                △7               △25
       繰延ヘッジ損益
                                        17               47
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △354                781
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                2,898               1,146
      組替調整額                                 571               196
       税効果調整前
                                      3,469               1,342
       税効果額                              △1,040                △415
       退職給付に係る調整額
                                      2,429                927
        その他の包括利益合計
                                      3,117               1,419
                                 85/171












                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
    前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                               当連結会計年度          当連結会計年度
                      当連結会計年度                             当連結会計年度末
                      期首株式数(株)                             株式数(株)
                               増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式
       普通株式 (注)1                   152,861,921            90,300            -     152,952,221
            合計            152,861,921            90,300            -     152,952,221
     自己株式
       普通株式 (注)2,3,4                     898,113         3,941,253           75,255        4,764,111
            合計              898,113         3,941,253           75,255        4,764,111
     (注)1.普通株式の増加90,300株は、譲渡制限付株式報酬としての新株発行によるものであります。
        2.普通株式数の自己株式数には、株式付与ESOP信託口及び、役員報酬BIP信託口が保有する当社株式
          (当連結会計年度期首701,868株、当連結会計年度末690,613株)が含まれております。
        3.普通株式の自己株式の株式数の増加3,941,253株は、単元未満株式の買取りによる増加453株                                               、 2021年3月2日
          取締役会決議に基づく取得3,940,800株であります。
        4.普通株式の自己株式の株式数の減少75,255株は、株式付与ESOP信託口及び、役員報酬BIP信託口の
          付与による減少11,255株、ストック・オプションの行使による減少64,000株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                        新株予約        新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
                        権の目的
      区分      新株予約権の内訳                                          年度末残高
                        となる株
                             当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                      (百万円)
                        式の種類
                             年度期首      年度増加      年度減少      年度末
          2022年満期円貨建転換社債
     提出会社                   普通株式      10,752,688          -      -  10,752,688          -
          型新株予約権付社債
          2025年満期円貨建転換社債
     提出会社      型新株予約権付社債(注)             普通株式          -  18,062,397          -  18,062,397          -
          1.2
          ストック・オプションとし
     提出会社                     -        -      -      -      -     410
          ての新株予約権
               合計              10,752,688      18,062,397          -  28,815,085          410
     (注)1.2025年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債の増加は、当該社債発行によるものであります。
        2.2025年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債は、権利行使期間の初日が到来しておりません。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
        (決議)         株式の種類                          基準日         効力発生日
                         (百万円)       額(円)
       2020年6月25日
                  普通株式       (注1)1,984            13.00     2020年3月31日          2020年6月26日
       定時株主総会
       2020年11月6日
                  普通株式       (注2)1,986            13.00     2020年9月30日          2020年12月3日
        取締役会
    (注)1.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金9
         百万円が含まれております。
       2.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金8
         百万円が含まれております。
                                 86/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                     配当金の総額
                                  1株当たり配
       (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                                  当額(円)
                     (百万円)
      2021年6月25日
               普通株式      (注)2,233       利益剰余金         15.00     2021年3月31日         2021年6月28日
      定時株主総会
    (注)配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金10百万
    円が含まれております。
                                 87/171


















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
    当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項

                               当連結会計年度          当連結会計年度
                      当連結会計年度                             当連結会計年度末
                      期首株式数(株)                             株式数(株)
                               増加株式数(株)          減少株式数(株)
     発行済株式
       普通株式 (注)1                   152,952,221           4,118,275             -     157,070,496
            合計            152,952,221           4,118,275             -     157,070,496
     自己株式
       普通株式 (注)2,3,4                    4,764,111          3,493,876           140,030         8,117,957
            合計             4,764,111          3,493,876           140,030         8,117,957
     (注)1.普通株式の増加4,118,275株は、転換社債型新株予約権付社債の株式への転換によるものであります。
        2.普通株式数の自己株式数には、株式付与ESOP信託口及び、役員報酬BIP信託口が保有する当社株式
          (当連結会計年度期首690,613株、当連結会計年度末676,883株)が含まれております。
        3.普通株式の自己株式の株式数の増加3,493,876株は、単元未満株式の買取りによる増加318株                                               、 譲渡制限付株
          式報酬の無償取得による増加350株、2021年8月12日取締役会決議に基づく取得3,392,900株、連結子会社保
          有の自己株式(当社株式)取得による当社帰属分の増加100,308株であります。
        4.普通株式の自己株式の株式数の減少140,030株は、株式付与ESOP信託口及び、役員報酬BIP信託口
          の付与による減少13,730株、譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少66,300株、ストッ
          ク・オプションの行使による減少60,000株であります。
      2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                        新株予約        新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
                        権の目的
      区分      新株予約権の内訳                                          年度末残高
                        となる株
                             当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                                                      (百万円)
                        式の種類
                             年度期首      年度増加      年度減少      年度末
          2022年満期円貨建転換社債
     提出会社      型新株予約権付社債(注)             普通株式      10,752,688          -  10,752,688          -      -
          1
          2025年満期円貨建転換社債
     提出会社      型新株予約権付社債(注)             普通株式      18,062,397        35,661        -  18,098,058          -
          2
          ストック・オプションとし
     提出会社                     -        -      -      -      -     388
          ての新株予約権
               合計              28,815,085        35,661    10,752,688      18,098,058          388
     (注)1.2022年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債の減少は、権利行使及び、満期社債の償還によるものであり
          ます。
        2.2025年満期円貨建転換社債型新株予約権付社債の増加は、転換価格の調整によるものであります。
     3.配当に関する事項

      (1)配当金支払額
                         配当金の総額        1株当たり配当
        (決議)         株式の種類                          基準日         効力発生日
                         (百万円)       額(円)
       2021年6月25日
                  普通株式       (注1)2,233            15.00     2021年3月31日          2021年6月28日
       定時株主総会
      2021年11月12日
                  普通株式       (注2)2,475            17.00     2021年9月30日          2021年12月3日
        取締役会
    (注)1.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金10
         百万円が含まれております。
       2.配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金11
         百万円が含まれております。
                                 88/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
      (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
                     配当金の総額
                                  1株当たり配
       (決議)        株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
                                  当額(円)
                     (百万円)
      2022年6月28日
               普通株式      (注)2,545       利益剰余金         17.00     2022年3月31日         2022年6月29日
      定時株主総会
    (注)配当金の総額には、株式付与ESOP信託口及び役員報酬BIP信託口が保有する当社株式に対する配当金11百万
    円が含まれております。
                                 89/171


















                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)                至 2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                                 52,530百万円               45,093百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                 △2,158               △2,899
     現金及び現金同等物                                 50,371               42,193
    ※2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

      前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
        株式の取得により新たに寺内株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の取得
        価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                          5,776百万円
         固定資産
                          8,204百万円
         負ののれん
                         △3,310百万円
         流動負債
                         △1,601百万円
         固定負債
                         △2,069百万円
         株式の取得価額
                          7,000百万円
         現金及び現金同等物
                         △2,068百万円
         差引:取得のための支出
                          4,931百万円
        株式の取得により新たに株式会社UACJ物流を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株

        式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                          2,851百万円
         固定資産
                          2,203百万円
         のれん
                          1,509百万円
         流動負債
                         △2,086百万円
         固定負債
                          △581百万円
         非支配株主持分
                          △794百万円
         株式の取得価額
                          3,101百万円
         現金及び現金同等物
                         △1,176百万円
         差引:取得のための支出
                          1,924百万円
        なお、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金
        額によっております。
        株式の取得により新たにセンコーナガセ物流株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並

        びに株式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                           530百万円
         固定資産
                          4,689百万円
         負ののれん
                          △150百万円
         流動負債
                         △2,073百万円
         固定負債
                          △839百万円
         非支配株主持分
                          △346百万円
         株式の取得価額
                          1,810百万円
         現金及び現金同等物
                          △319百万円
         差引:取得のための支出
                          1,490百万円
                                 90/171




                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        株式の取得により新たにアズフィット株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株
        式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                          5,646百万円
         固定資産
                          3,476百万円
         負ののれん
                          △988百万円
         流動負債
                         △2,514百万円
         固定負債
                         △2,473百万円
         非支配株主持分
                          △827百万円
         株式の取得価額
                          2,319百万円
         現金及び現金同等物
                          △916百万円
         差引:取得のための支出
                          1,403百万円
        また、その他当連結会計年度において株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の金額

       は、重要性が乏しいため記載を省略しております。
      当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

        株式の取得により新たにAIRROAD                 PTY  LIMITEDを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株
        式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                          2,078百万円
         固定資産
                          6,181百万円
         のれん
                          1,101百万円
         流動負債
                         △1,779百万円
         固定負債
                         △3,527百万円
         非支配株主持分
                         △1,181百万円
         株式の取得価額
                          2,873百万円
         新規取得連結子会社への貸付金
                          1,134百万円
         現金及び現金同等物
                          △577百万円
         差引:取得のための支出
                          3,431百万円
        株式の取得により新たにエヌデイーシー株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに

        株式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                           150百万円
         固定資産
                          2,468百万円
         のれん
                           278百万円
         流動負債
                           △77百万円
         固定負債
                          △970百万円
         株式の取得価額
                          1,849百万円
         現金及び現金同等物
                           △94百万円
         差引:取得のための支出
                          1,755百万円
        株式の取得により新たにダイヤクリーニング株式会社を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並

        びに株式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                           585百万円
         固定資産
                          2,193百万円
         のれん
                           296百万円
         流動負債
                          △514百万円
         固定負債
                          △560百万円
         株式の取得価額
                          2,000百万円
         現金及び現金同等物
                          △356百万円
         差引:取得のための支出
                          1,643百万円
                                 91/171



                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
        株式の取得により新たに株式会社カルタスを連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに株式の
        取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                          3,826百万円
         固定資産
                           265百万円
         のれん
                           138百万円
         流動負債
                         △4,121百万円
         固定負債
                          △109百万円
         株式の取得価額
                            0百万円
         新規取得連結子会社への貸付金
                           710百万円
         現金及び現金同等物
                          △102百万円
         差引:取得による支出
                           607百万円
        株式の取得により新たにAIR               PLANNERS     (S)  PTE.   LTD.を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並

        びに株式の取得価額と同社取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
         流動資産
                          2,458百万円
         固定資産
                           305百万円
         のれん
                          1,471百万円
         流動負債
                          △521百万円
         固定負債
                          △245百万円
         非支配株主持分
                          △599百万円
         株式の取得価額
                          2,869百万円
         現金及び現金同等物
                         △1,774百万円
         差引:取得のための支出
                          1,095百万円
        なお、のれんの金額は、当連結会計年度末において取得原価の配分が完了していないため、暫定的に算定され
       た金額であります。
        また、その他当連結会計年度において株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の金額

       は、重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 92/171










                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (リース取引関係)
    (借主側)
    1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
     ① リース資産の内容
      (ア)有形固定資産
         主に倉庫事業における荷役設備(機械装置並びに工具、器具及び備品)等であります。
      (イ)無形固定資産
         ソフトウエアであります。
     ② リース資産の減価償却の方法
       連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の減価
      償却の方法」に記載のとおりであります。
       なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が、2008年3月31日以前のリース取引に
      ついては、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっておりますが、その内容については金額の重要性が
      乏しいため、記載を省略しております。
    2.オペレーティング・リース取引

      オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:百万円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (2021年3月31日)                  (2022年3月31日)
     1年内                                 18,332                  18,450
     1年超                                 92,618                  88,959
     合計                                110,951                  107,409
                                 93/171












                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社グループはさらなる事業の成長を図るための設備投資計画に対する必要資金を銀行借入や社債発行により調達
       しております。一時的な余剰資金については、安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は、商
       品輸入取引に係る為替変動リスク及び借入金の金利変動リスクヘッジのために利用し、投機的な取引は実施しており
       ません。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク並びに管理体制

        営業債権である受取手形、営業未収入金及び契約資産は取引先の信用リスクに晒されており、取引先ごとの期日管
       理及び残高管理を行い、各取引先の信用状況を把握する体制としております。
        投資有価証券は主に業務上の関係を有する企業の株式や資本提携等に関連する株式であり、市場価格の変動リスク
       に晒されております。
        営業債務である支払手形及び営業未払金、電子記録債務は、1年以内の支払期日であります。
        外貨建営業未払金は、為替の変動リスクに晒されておりますが、為替の変動リスクをヘッジするため為替予約取引
       を行っております。
        借入金、社債のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、社債と長期借入金は主に設備投資に係る
       資金調達であります。
        借入金は、支払金利の変動リスクに晒されておりますが、このうち長期借入金の一部については支払金利の変動リ
       スクをヘッジするため金利スワップ取引を行っております。
        また、営業債務や借入金は流動性リスクに晒されておりますが、当社グループでは親会社への資金集中による資金
       の一元管理を実施し、親会社でのグループ資金決済及び調達、残高のモニタリング及び資金繰り管理を実施しており
       ます。
        デリバティブ取引は、為替の変動リスクをヘッジするための為替予約取引及び変動金利債務を固定金利債務に転
       換し、将来の金利変動リスクをヘッジし調達コストの削減を目的とした金利スワップ取引を利用しております。
        デリバティブ取引自体に付随する独自のリスクのうち主要なものとしては市場リスクと信用リスクがあります。
       市場リスクとは市場の変化によりポジションに損益が発生するリスクで、デリバティブ取引は、為替及び金利変動
       リスクに晒されております。当社のデリバティブ取引は貸借対照表上の資産及び負債の有するリスクを効果的に相
       殺しており、取引のリスクは重要なものではありませんでした。信用リスクとは、取引の相手方が債務不履行に陥
       ることにより、取引が継続していれば将来得られるはずであった効果を享受できなくなるリスクであります。当社
       グループのデリバティブ取引の相手方は、信用度の高い金融機関に限られており、取引相手方の債務不履行による
       損失の発生は予想しておりません。
        当社では職務権限表と管理規程に基づき、経営管理部においてデリバティブ取引を行っております。取引執行は
       管理担当役員の認可事項であり、執行後経営管理部長及び担当役員に報告されます。
        また、連結子会社においても当社同様、職務権限表と管理規程に基づいてデリバティブ取引を行っております。
        なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等については、前
       述の連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(7)重要なヘッジ会計の方法」を
       ご参照下さい。
       (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には一定の前提条件により合理的に算定
       された価額が含まれているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が変動することがあります。
                                 94/171






                                                          EDINET提出書類
                                            センコーグループホールディングス株式会社(E04179)
                                  &nb