株式会社タチエス 有価証券報告書 第70期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第70期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社タチエス
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2022年6月24日

    【事業年度】                     第70期(自       2021年4月1日         至   2022年3月31日)

    【会社名】                     株式会社タチエス

    【英訳名】                     TACHI-S    CO.,LTD.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長         山 本 雄 一 郎

    【本店の所在の場所】                     東京都昭島市松原町三丁目3番7号

    【電話番号】                     (042)546-8117

    【事務連絡者氏名】                     代表取締役執行役員           小 松 篤 司

    【最寄りの連絡場所】                     東京都昭島市松原町三丁目3番7号

    【電話番号】                     (042)546-8117

    【事務連絡者氏名】                     代表取締役執行役員           小 松 篤 司

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次             第66期       第67期       第68期       第69期       第70期
           決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高              (百万円)       295,470       300,530       282,302       198,500       206,441

    経常利益又は経常損失(△)              (百万円)        11,934        7,049       1,080      △ 7,270      △ 3,536

    親会社株主に帰属する当期純
    利益又は親会社株主に帰属す              (百万円)        8,174       1,951      △ 1,567      △ 13,701       △ 2,059
    る当期純損失(△)
    包括利益              (百万円)        8,929       1,066      △ 3,317      △ 11,923        2,689
    純資産額              (百万円)       100,573        97,506       91,980       78,670       79,181

    総資産額              (百万円)       183,911       173,433       162,171       150,994       158,997

    1株当たり純資産額               (円)      2,652.80       2,644.92       2,498.86       2,119.67       2,129.09

    1株当たり当期純利益又は当
                   (円)       230.67        55.31      △ 45.54      △ 400.53       △ 60.19
    期純損失(△)
    潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        51.1       52.5       52.7       48.0       45.8
    自己資本利益率               (%)        9.0       2.1      △ 1.8      △ 17.3       △ 2.8

    株価収益率               (倍)        8.2       28.6      △ 21.5       △ 3.0      △ 16.5

    営業活動による
                  (百万円)        12,934        1,073        198     △ 1,945       △ 354
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (百万円)       △ 2,105      △ 5,496      △ 7,726      △ 6,326       2,006
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (百万円)       △ 3,391      △ 4,325        117      5,128       △ 812
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (百万円)        46,284       37,726       29,929       27,196       29,360
    の期末残高
    従業員数
                                                       11,426
                   (人)       12,356       13,265       13,750       12,421
    〔ほか、平均臨時
                                                     〔 1,231   〕
    雇用人員〕
     (注)   1   潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第70期の期首から適用してお
         り、第70期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
       3   当社は第67期より「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」を導入しております。第67
         期以降の1株当たり純資産額の算定上、当該信託が保有する当社株式を期末発行済株式総数から控除する当
         社株式に含めております。また、1株当たり当期純利益又は当期純損失の算定上、当該信託が保有する当社
         株式を期中平均株式数から控除する自己株式に含めております。
                                  2/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次             第66期       第67期       第68期       第69期       第70期
           決算年月             2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高              (百万円)       123,931       126,496       121,914        83,051       75,183

    経常利益又は経常損失(△)              (百万円)        4,579       2,760       2,339      △ 2,241      △ 5,888

    当期純利益又は当期純損失
                  (百万円)        5,093       2,172       2,557      △ 7,600      △ 2,852
    (△)
    資本金              (百万円)        9,040       9,040       9,040       9,040       9,040
    発行済株式総数               (千株)       36,442       35,242       35,242       35,242       35,242

    純資産額              (百万円)        61,836       59,391       58,666       52,107       47,186

    総資産額              (百万円)       102,965        94,189       91,343       88,655       92,307

    1株当たり純資産額               (円)      1,744.93       1,724.61       1,715.61       1,522.64       1,378.82

    1株当たり配当額

                           21.00       25.00       26.00        6.50       63.60
    (うち1株当たり中間配当額)               (円)
                          ( 10.00   )    ( 12.00   )    ( 13.00   )      ( ―)     ( 31.80   )
    1株当たり当期純利益又は当
                   (円)       143.73        61.58       74.30      △ 222.18       △ 83.34
    期純損失(△)
    潜在株式調整後
                   (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    1株当たり当期純利益
    自己資本比率               (%)        60.1       63.1       64.2       58.8       51.1
    自己資本利益率               (%)        8.5       3.6       4.3      △ 13.7       △ 5.7

    株価収益率               (倍)        13.2       25.7       13.2       △ 5.4      △ 11.9

    配当性向               (%)        14.6       40.6       35.0       △ 2.9      △ 76.3

    従業員数               (人)       1,468       1,478       1,508       1,277       1,225

                   (%)
    株主総利回り                       86.8       73.5       47.5       57.7       49.4
    (比較指標:配当込みTOPIX)               (%)       ( 115.9   )    ( 110.0   )     ( 99.6  )    ( 141.5   )    ( 144.3   )
    最高株価               (円)       2,282       2,342       1,764       1,325       1,552
    最低株価               (円)       1,710       1,268        800       810       942

     (注)   1   潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2 「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第70期の期首から適用してお
         り、第70期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
       3 第66期の1株当たり配当額21円には、米州・中国及び日本における関係会社の周年記念の記念配当1円を含
         んでおります。
       4 第67期の1株当たり配当額25円には、創立65周年記念の記念配当1円を含んでおります。
       5   第68期の1株当たり配当額26円には、創立65周年記念の記念配当1円を含んでおります。
       6   当社は第67期より「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」を導入しております。第67
         期以降の1株当たり純資産額の算定上、当該信託が保有する当社株式を期末発行済株式総数から控除する当
         社株式に含めております。また、1株当たり当期純利益又は当期純損失の算定上、当該信託が保有する当社
         株式を期中平均株式数から控除する自己株式に含めております。
       7 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
                                  3/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      1954年4月       精密スプリング及び自動車座席部品を製造販売する立川スプリング製作所の事業拡張に対処し、
              企業経営基盤の強化のため、組織変更により東京都立川市に立川スプリング㈱を設立
      1959年9月       本社及び工場を東京都昭島市に移転
      1961年4月       精密スプリング部門を分離し、立川発条㈱(現                     ㈱タチエスH&P)として独立(現              連結子会社)
      1969年4月       東京都青梅市に青梅工場を開設
      1971年10月       東京都青梅市に日本プルマフレックス㈱(後の㈱タチエスパーツ)を設立
      1973年3月       日産自動車㈱、日野自動車工業㈱(現                  日野自動車㈱)、三菱自動車工業㈱より資本参加を受ける
              (その後、3社とも全保有株式を処分)
      1976年8月       秋田県平鹿郡大森町(現           横手市)に立川工業㈱(現            ㈱Nui   Tec  Corporation)を設立(現           連結子会
              社)
      1977年4月       愛知県安城市に愛知工場を開設
      1980年1月       埼玉県入間市に武蔵工場を開設
      1982年2月       栃木県下都賀郡国分寺町(現             下野市)に栃木工場を開設
         7月    神奈川県平塚市に平塚工場を開設
      1984年10月       三重県鈴鹿市に鈴鹿工場を開設
      1986年4月       「株式会社タチエス」に商号変更
         7月    米国ミシガン州にTACHI-S            Engineering      U.S.A.,    Inc.を設立(現       連結子会社)
         12月    東京証券取引所市場第二部に上場
      1987年9月       米国オハイオ州にSETEX,            Inc.を設立(現       連結子会社)
      1989年1月       冨士高工業㈱(現        ㈱Nui   Tec  Corporation)を子会社化(現             連結子会社)
      1991年4月       メキシコ     アグアスカリエンテス州にIndustria                  de  Asiento    Superior,     S.A.   de  C.V.を設立(現
              連結子会社)
      1993年3月       東京都青梅市に技術センターを開設
      1999年8月       愛知県安城市に技術センター愛知を開設
      2002年5月       本社移転及び本店所在地変更
         6月    本社工場を閉鎖
      2003年3月       東京証券取引所市場第一部に指定替え
         10月    不動産賃貸業を開始
      2004年9月       カナダ    ノバスコシア州にTACHI-S            Canada,    Ltd.を設立(現       連結子会社)
         10月    フランス     ヴェリジー・ヴィラクブレー市にTACHI-S                    Engineering      Europe    S.A.R.L.を設立(現
              連結子会社、      現在はムードン・ラ・フォレ市に移転                 )
         11月    中国広東省広州市に広州泰李汽車座椅有限公司を設立(現                           連結子会社)
      2005年9月       中国広東省広州市に泰極(広州)汽車内飾有限公司を設立(現                             連結子会社)
         12月    米国テネシー州にTACLE            Seating    U.S.A.    LLC(現    TACHI-S    Automotive      Seating    U.S.A.,    LLC)
              を設立(現      連結子会社)
      2006年7月       縫製事業の統括会社、㈱Nui             Tec  Corporationを設立(現           連結子会社)
         11月    河西工業㈱と業務提携
      2007年5月       ㈱Nui   Tec  Corporationは、立川工業㈱及び冨士高工業㈱を吸収合併
      2008年6月       中国湖北省武漢市に武漢泰極江森汽車座椅有限公司(現                          武漢東風泰極愛思安道拓汽車座椅有限公
              司  )を設立(現      連結子会社)
      2010年4月       タイ   バンコク都にTACLE         Seating    Thailand     Co.,Ltd.(現       TACHI-S    Automotive      Seating
              (Thailand)      Co.,   Ltd.)を設立(現         連結子会社)
         4月    Johnson    Controls,     Inc.(現     Adient,    Inc.)と業務提携
      2011年9月       タイ   バンコク都にTACHI-S          (Thailand)      Co.,   Ltd.を設立(現       連結子会社)
         10月    中国広東省広州市に泰極愛思(広州)企業管理有限公司(現                            泰極愛思(中国)投資有限公司)を
              設立(現    連結子会社)
                                  4/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      2012年1月       中国浙江省嘉善県に浙江泰極愛思汽車部件有限公司を設立(現                             連結子会社)
         4月    東京都青梅市に技術・モノづくりセンターを開設
         5月    メキシコ     アグアスカリエンテス州にTACHI-S                 Engineering      Latin   America,     S.A.   de  C.V.を設立
              (現  連結子会社)
         8月    技術センター閉鎖
         8月    ブラジル     リオデジャネイロ州にTACHI-S               Brasil    Industria     de  Assentos     Automotivos      Ltda.を
              設立(現    連結子会社)
         9月    メキシコ     グアナファト州にSETEX           Automotive      Mexico,    S.A.   de  C.V.を設立(現       連結子会社)
      2013年5月       泰極愛思(広州)企業管理有限公司を泰極愛思(広州)投資有限公司(現                                  泰極愛思(中国)投資
              有限公司)に業態変更(現            連結子会社)
         7月    中国湖北省襄陽市に襄陽東風李爾泰極愛思汽車座椅有限公司を設立(現                                 連結子会社)
         10月    中国湖北省武漢市に泰極愛思(武漢)汽車内飾有限公司を設立(現                               連結子会社)
      2014年4月       出資比率変更により、TACLE              Seating    U.S.A.    LLC及びTACLE       Seating    Thailand     Co.,Ltd.を完全
              子会社化
         4月    TACLE   Seating    U.S.A.    LLCをTACHI-S       Automotive      Seating    U.S.A.,    LLCに、TACLE       Seating
              Thailand     Co.,Ltd.をTACHI-S         Automotive      Seating    (Thailand)      Co.,   Ltd.に社名変更
      2016年3月       立川発条㈱(現       ㈱タチエスH&P)を完全子会社化
      2017年3月       トヨタ紡織㈱と業務提携
         10月    富士機工㈱のシート事業を吸収分割により承継した㈱TF-METALの全株式を取得し、子会社化
              (同社及び同社の子会社8社              磐田富士機工㈱(現          ㈱TF-METAL磐田)、九州富士機工㈱(現
              ㈱TF-METAL九州)、東三河富士機工㈱(現                      ㈱TF-METAL東三河)、Fuji              Kiko   of  U.S.A.
              Corporation(現         TF-METAL     Americas     Corporation)、Fuji           Autotech     U.S.A.    LLC(現    TF-
              METAL   U.S.A.,    LLC)、Fuji       Kiko   TACHI-S    Mexico,    S.A.   de  C.V.   (現   TF-METAL     Mexico,
              S.A.   de  C.V.   )、  広州富士機工汽車部件有限公司(現 広州泰昌汽車部件有限公司)                                、浙江
              富昌泰汽車零部件有限公司は、現                連結子会社)
      2018年1月       立川発条㈱は㈱タチエスパーツを吸収合併し、㈱タチエスH&Pに社名変更
      2019年4月       中国湖南省長沙市に湖南泰極愛思汽車座椅有限公司を持分取得により子会社化(現                                      連結子会社)
      2019年12月       中国浙江省嘉善県に浙江泰極信汽車部件有限公司を設立(現                            連結子会社)
      (注)2022年4月4日に東京証券取引所の市場区分の見直しにより市場第一部からプライム市場へ移行しており

         ます。
                                  5/111











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、子会社35社(うち非連結子会社4社)及び関連会社7社
      (うち持分法非適用の関連会社3社)で構成され、その主な事業内容は自動車座席及び座席部品の製造並びに販売
      であります。
       当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付け及びセグメントとの関係は、次のとおりで

      あります。なお、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
      日         本

       当社は、自動車座席及び座席部品を製造し、主に国内の得意先に納入しております。国内子会社、関連会社は、
      主に当社の委託加工先として自動車座席並びに座席部品を製造し当社に納入しております。
       また、当社は、商業施設の賃貸も行っております。
      (主な関係会社)         (株)TF-METAL

      北         米

       当社の北米における営業・開発拠点であるTACHI-S                        Engineering      U.S.A.,    Inc.が管理統括し、同社子会社及び関
      連会社は、自動車座席並びに座席部品を製造し、主に米国内の得意先に納入しております。
                TACHI-S    Engineering      U.S.A.,    Inc.、TACHI-S       Automotive      Seating    U.S.A.,    LLC  、
      (主な関係会社)
                TF-METAL     U.S.A.,    LLC及びTACHI-S        Canada,    Ltd. 
      中   南   米

       当社の中南米における開発拠点であるTACHI-S                       Engineering       Latin   America,     S.A.   de  C.V.が管理統括し、
      同社以外の子会社は、自動車座席並びに座席部品を製造し、主に中南米の得意先に納入しております。
      (主な関係会社)         TACHI-S    Engineering      Latin   America,     S.A.   de  C.V.、Industria        de  Asiento    Superior,
                S.A.   de  C.V.、SETEX      Automotive      Mexico,    S.A.   de  C.V.、TF-METAL        Mexico,    S.A.   de
                C.V.及びTACHI-S        Brasil    Industria     de  Assentos     Automotivos      Ltda.
      欧         州

       当社の欧州における営業拠点であるフランスのTACHI-S                          Engineering      Europe    S.A.R.L.が管理統括すると共に、
      自動車座席部品を製造し、欧州内の得意先に納入しております。
                TACHI-S    Engineering      Europe    S.A.R.L.

      (関係会社)
      中         国

       当社の中国における営業・開発拠点である泰極愛思(中国)投資有限公司が管理統括し、泰極愛思(鄭州)汽車
      座椅研発有限公司は開発を行っております。また、その他の子会社及び関連会社は、自動車座席並びに座席部品を
      製造し、主に中国内の得意先に納入しております。
      (主な関係会社)         泰極愛思(中国)投資有限公司、浙江泰極愛思汽車部件有限公司、浙江泰極信汽車部件有限
                公司及び浙江富昌泰汽車零部件有限公司
      東南アジア

       東南アジアにおきましては、TACHI-S                 (Thailand)      Co.,   Ltd.が管理統括し、その他の子会社及び関連会社は、自
      動車座席並びに座席部品を製造し、主に東南アジア内の得意先に納入しております。
                TACHI-S    (Thailand)      Co.,   Ltd.

      (主な関係会社)
                                  6/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      事業の系統図は、次のとおりであります。
                                  7/111




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                              関係内容
                    資本金又は            議決権の
                                    役員の兼任等
        名称        住所     出資金    主要な事業の内容       所有割合
                                         貸付金   借入金
                                                       設備の
                    (百万円)             (%)
                                         残高   保証    営業上の取引
                                    当社
                                      当社従
                                                      賃貸借状況
                                         (百万円)   (百万円)
                                      業員等
                                    役員
                                      (名)
                                    (名)
    (連結子会社)
                        日本における自動車座
                                               当社製品の部品製造
    ㈱TF-METAL         静岡県湖西市         50  席部品の開発、製造、         100.0    2   1  1,700    ―         なし
                                               他
                        販売
                        日本における自動車座
                                               部品の供給及び当社
    ㈱Nui  Tec Corporation
             東京都青梅市         325  席用縫製部品の製造、         100.0    1   2   ―   ―         なし
                                               製品の部品製造他
                        販売
                        日本における各種バ
                        ネ・自動車等座席部                       部品の供給及び当社
    ㈱タチエスH&P         東京都青梅市         40           100.0    1   2   ―   ―         なし
                        品・医療用ベッドの製                       製品の部品製造
                        造、販売
                                 100.0
                        日本における自動車座
    ㈱TF-METAL磐田         静岡県磐田市         15              ―   1   ―   ―    ―    なし
                        席部品の製造、販売
                                (100.0)
                                 100.0
                        日本における自動車座
    ㈱TF-METAL九州         大分県中津市         10              ―   2   ―   ―    ―    なし
                        席部品の製造、販売
                                (100.0)
                                 100.0
                        日本における自動車座
    ㈱TF-METAL東三河         愛知県新城市         10              ―   1   ―   ―    ―    なし
                        席部品の製造
                                (100.0)
             米国
                                               当社の北米における
    TACHI-S Engineering         ミシガン州       百万USD   北米における営業、開
                                 100.0    2   2   ―   ― 営業、開発、管理統       なし
    U.S.A.,Inc.                  43  発業務及び統括管理
             ファーミントンヒ
                                               括業務
             ルズ市
             米国
                                 100.0
    TF-METAL Americas         ミシガン州       百万USD   米州における統括管
                                     ―   3   ―   ―    ―    なし
    Corporation                   0 理、開発
                                (100.0)
             ファーミントンヒ
             ルズ市
             米国                                 TACHI-S   Engineering
                                 51.0
                     百万USD   米国における自動車座
    SETEX, Inc.         オハイオ州                        1   3   ―   ― U.S.A.,   Inc.を経由     なし
                       5 席の製造、販売
                                 (51.0)
             セントメリーズ市                                 し技術支援
             米国
    TACHI-S Automotive                             100.0
                     百万USD   米国における自動車座
             テネシー州                        1   3  2,508    ― 部品の供給他       なし
    Seating   U.S.A.,   LLC             22  席の製造、販売
                                (100.0)
             スマーナ市
             米国
                                 100.0
                     百万USD   米国における自動車座
    TF-METAL   U.S.A.,   LLC
             ケンタッキー州                       ―   3   ―   ―    ―    なし
                      10  席部品の製造、販売
                                (100.0)
             ウォルトン市
             カナダ
                     百万CAD            100.0
                        カナダにおける統括管
    TACHI-S   Canada,   Ltd.
             ノバスコシア州                        1   1   ―   ―    ―    なし
                        理
                      12          (100.0)
             ハリファクス市
             メキシコ
                     百万MXN
             アグアスカリエン                                 当社の中南米におけ
    TACHI-S   Engineering    Latin
                                 100.0
                        中南米における開発業
                     2,184
             テス州                        2   3   ―   ― る開発、管理統括業       なし
    America,   S.A.  de C.V.
                        務及び統括管理
                                (100.0)
                                               務及び技術支援他
             アグアスカリエン
             テス市
             メキシコ
             アグアスカリエン           メキシコにおける自動
    Industria   de Asiento
                     百万USD            100.0
                                               部品の供給及び技術
             テス州           車座席・座席部品の製             1   2  1,223   1,101          なし
    Superior,   S.A.  de C.V.                                    支援他
                      26          (19.2)
                        造、販売
             アグアスカリエン
             テス市
             メキシコ
    SETEX  Automotive    Mexico,
                     百万USD             95.0
                        メキシコにおける自動                       部品の供給及び技術
             グアナファト州                        1   2  1,529    ―         なし
    S.A.  de C.V.                 車座席の製造、販売                       支援他
                      24          (95.0)
             セラヤ市
             メキシコ
             アグアスカリエン           メキシコにおける自動
    TF-METAL    Mexico, S.A.     de                     100.0
                     百万USD
             テス州           車座席部品の製造、販             1   2  1,897    646  部品の供給他       なし
                      27
    C.V.                            (100.0)
                        売
             アグアスカリエン
             テス市
             ブラジル
    TACHI-S   Brasil   Industria           百万BRL
                                 100.0
             リオデジャネイロ           ブラジルにおける自動
                      275
    de Assentos    Automotivos                            1   2  6,409    ― 技術支援他       なし
             州           車座席の製造、販売
                                (100.0)
    Ltda.
             レゼンデ市
                                               当社の欧州における
                     百万EUR
             フランス
                        欧州における営業業務                       営業、管理統括業務
    TACHI-S Engineering
                      23  及び自動車座席部品の         100.0    1   2   ―   ― 並びに部品の供給、       なし
             ムードン・ラ・
    Europe  S.A.R.L.
                        製造、販売                       当社製品の部品等の
             フォレ市
                                               購入及び技術支援
                                               当社の中国における
             中国広東省       百万RMB
    泰極愛思(中国)投資                    中国における営業、開
                                 100.0    2   3   ―   ― 営業、開発、管理統       なし
    有限公司         広州市         259  発業務及び統括管理
                                               括業務
    広州泰李汽車座椅
             中国広東省       百万RMB
                        中国における自動車座                       部品の供給及び技術
                                 51.0    1   5   ―   ―         なし
    有限公司                    席の製造、販売                       支援他
             広州市         66
             中国湖南省
    湖南泰極愛思汽車座椅
                     百万RMB
                        中国における自動車座         51.0             部品の供給及び技術
                                     1   3   ―   ―         なし
             長沙市           席の製造、販売         (51.0)              支援他
                      40
    有限公司
                                  8/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
                                              関係内容
                    資本金又は            議決権の
                                    役員の兼任等
        名称        住所     出資金    主要な事業の内容       所有割合
                                         貸付金   借入金
                                                       設備の
                    (百万円)             (%)
                                         残高   保証    営業上の取引
                                    当社
                                      当社従
                                                      賃貸借状況
                                         (百万円)   (百万円)
                                    役員  業員等
                                      (名)
                                    (名)
    襄陽東風李爾泰極愛思
                     百万RMB
             中国湖北省                    51.0
                        中国における自動車座
                                     1   5   ―   ― 部品の供給他       なし
             襄陽市         30  席の製造、販売         (51.0)
    汽車座椅有限公司
             中国湖北省       百万RMB
    武漢東風泰極愛思安道拓                    中国における自動車座                       部品の供給及び技術
                                 50.0    3   2   ―   ―         なし
    汽車座椅有限公司                    席の製造、販売                       支援他
             武漢市         43
                        中国における自動車座                       部品の供給、当社製
    泰極(広州)汽車内飾
             中国広東省       百万RMB
                        席用縫製部品の製造、         100.0    ―   5   ―   ― 品の部品製造及び技       なし
             広州市         38
    有限公司
                        販売                       術支援他
                        中国における自動車座
    泰極愛思(武漢)汽車内飾
             中国湖北省       百万RMB
                                 100.0
                        席用縫製部品の製造、             ―   4   ―   ―    ―    なし
             武漢市         35
                                (100.0)
    有限公司
                        販売
                        中国における自動車座                       部品の供給、当社製
    浙江泰極愛思汽車部件
             中国浙江省       百万RMB
                                  82.8
                        席用フレーム部品の製             ―   3   ―   ― 品の部品製造及び技       なし
             嘉善県         142
                                 (82.8)
    有限公司
                        造、販売                       術支援
             中国広東省       百万RMB
                                 85.0
                        中国における自動車座
    広州泰昌汽車部件有限公司                                 ―   3   ―   ―    ―    なし
             広州市         40  席部品の製造、販売
                                 (51.0)
             中国浙江省
    浙江泰極信汽車部件
                     百万RMB
                        中国における自動車座         82.8
                                     ―   3   ―   ―    ―    なし
              嘉善県          席部品の製造、販売         (45.5)
                      251
    有限公司
    浙江富昌泰汽車零部件
             中国浙江省       百万RMB
                                  82.8
                        中国における自動車座                       部品の供給及び当社
                                     ―   3   ―   ―         なし
             嘉善県         109  席部品の製造、販売                       製品の部品製造
                                 (82.8)
    有限公司
    TACHI-S   (Thailand)    Co.,
             タイ       百万THB
                        東南アジア、インドに
                                 100.0    2   1   ―   ― 管理統括業務       なし
             バンコク都         771  おける統括管理
    Ltd.
    TACHI-S   Automotive
                        タイにおける自動車座                       部品の供給、当社製
             タイ       百万THB
    Seating   (Thailand)    Co.,              席・座席部品の製造、         100.0    ―   3   ―   ― 品の部品製造及び技       なし
             バンコク都         153
                        販売                       術支援他
    Ltd.
    (持分法適用関連会社)
                        日本における自動車座
             福岡県京都郡
    錦陵工業㈱                  100  席・座席部品の製造、         25.0    1   1   ―   ―    ―    なし
             みやこ町
                        販売
             米国
                        北米及び中南米におけ
                     百万USD             49.0
    TechnoTrim,    Inc.     ミシガン州
                        る自動車座席用縫製部             1   3   ―   ― 部品の供給       なし
                       0          (49.0)
                        品の製造、販売
             プリマス市
    鄭州泰新汽車内飾件         中国河南省       百万RMB
                        中国における自動車座                       部品の供給及び技術
                                 50.0   ―   5   ―   ―         なし
             鄭州市           席の製造、販売                       支援他
    有限公司                  11
    大連東風李爾泰極愛思         中国遼寧省       百万RMB             49.0
                        中国における自動車座                       部品の供給及び技術
                                     1   4   ―   ―         なし
                        席の製造、販売                       支援
    汽車座椅有限公司         大連市         50          (49.0)
    (注)   1  「議決権の所有割合」欄の(内書)は、間接所有であります。
       2  TACHI-S    Engineering     U.S.A.,    Inc.、TACHI-S      Automotive     Seating    U.S.A.,    LLC、TF-METAL       U.S.A.,    LLC、TACHI-S
         Canada,    Ltd.、TACHI-S       Engineering      Latin   America,    S.A.  de C.V.、Industria        de Asiento    Superior,     S.A.  de
         C.V.、SETEX      Automotive     Mexico,    S.A.  de C.V.、TF-METAL       Mexico,    S.A.  de C.V.、TACHI-S      Brasil   Industria     de
         Assentos    Automotivos     Ltda.、TACHI-S       Engineering     Europe   S.A.R.L.、泰極愛思(中国)投資有限公司、浙江泰極信汽
         車部件有限公司、浙江泰極愛思汽車部件有限公司、浙江富昌泰汽車零部件有限公司及びTACHI-S                                      (Thailand)     Co.,  Ltd.は
         特定子会社であります。
       3  SETEX,   Inc.及びIndustria        de Asiento   Superior,    S.A.  de C.V.、   武漢東風泰極愛思安道拓汽車座椅有限公司                 を除く上記連
         結子会社につきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が100分の10以下であるた
         め、主要な損益情報等の記載を省略しております。
       4  SETEX,   Inc.につきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が100分の10を超
         えております。主要な損益情報等は以下のとおりであります。
         売上高24,989百万円(223百万USD)、経常損失335百万円(2百万USD)、当期純損失242百万円(2百万USD)、純資産額5,350
         百万円(43百万USD)、総資産額9,365百万円(76百万USD)であります。
       5  Industria     de Asiento    Superior,     S.A.  de C.V.につきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結
         売上高に占める割合が100分の10を超えております。主要な損益情報等は以下のとおりであります。
         売上高34,576百万円(316百万USD)、経常損失1,242百万円(11百万USD)、当期純損失947百万円(8百万USD)、純資産額
         5,314百万円(46百万USD)、総資産額18,458百万円(160百万USD)であります。
       6  武漢東風泰極愛思安道拓汽車座椅有限公司                 につきましては、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高
         に占める割合が100分の10を超えております。主要な損益情報等は以下のとおりであります。
         売上高21,929百万円(1,294百万RMB)、経常利益2,014百万円(118百万RMB)、当期純利益1,504百万円(88百万RMB)、純資
         産額2,724百万円(150百万RMB)、総資産額8,032百万円(444百万RMB)であります。
       7  TACHI-S   Automotive     Seating   U.S.A.,   LLCは、債務超過会社であり、債務超過額は5,524百万円(48百万USD)であります。
       8  TACHI-S   Brasil   Industria    de Assentos    Automotivos     Ltda.は、債務超過会社であり、債務超過額は3,154百万円(156百万
         BRL)であります。
       9  連結子会社であったPT.TACHI-S            Indonesiaにつきましては、2021年11月にて清算が結了しております。
                                  9/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                                 2022年3月31日       現在
               セグメントの名称                           従業員数(人)
         日         本
                                            2,071     ( 301  )
         北         米
                                             778    ( 206  )
         中   南   米
                                            6,075     ( 610  )
         欧         州
                                              15
         中         国
                                            2,135     ( 109  )
         東南アジア                                     352     ( 5 )
                  合計                          11,426     ( 1,231   )
          1 従業員数は就業人員であります。なお、従業員の( )内の数字は、臨時従業員数の平均人数を
       (注)
            外数で記載しております。
          2 臨時従業員には、期間工、パートタイマー及び契約社員等を含み、派遣社員を除いております。
     (2)  提出会社の状況

                                                2022年3月31日       現在
         従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           1,225             38.1             14.2             5,166
               セグメントの名称                           従業員数(人)

         日      本
                                            1,225
                  合計                          1,225
         1  従業員数は就業人員であります。なお、臨時従業員数については従業員数の100分の10未満であるた
       (注)
           め、記載を省略しております。
         2  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
     (3)  労働組合の状況

        当社グループの労働組合は、全日産・一般業種労働組合連合会に加盟しております。労使関係は、善意に基づ
       く相互信頼を基調としており非常に安定しております。
                                 10/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

       当社グループは、「人と社会と共生し快適で豊かな生活空間を創造し続けることで人々を笑顔にする」をコーポ
      レートビジョンとして掲げております。
       このコーポレートビジョンのもと、時代の変革に対応した『グローバル・シート・システム・クリエーター』と
      して、グループを挙げて精力的に取り組んでおります。
       当社は『“座る”を追求し人と地球を支える』を存在意義とし大変革時代の中、この存在意義を体現し、経済的
      価値に加え社会的価値を提供し、持続可能な社会へ貢献してまいります。
       また、グループを構成する一人ひとりの心構え・行動を10箇条にまとめた『バリュー』を当社グループに浸透さ
      せ、グローバルメンバーが目線を合わせ、同じ方向を向き仕事を進めることに取り組んでおります。
       このような企業活動を展開していくことにより、株主・社員・取引先・社会から信頼され、期待に応え得る企業
      価値の永続的創造に努めてまいります。
     (2)  目標とする経営指標

       当社グループは、事業の発展・拡大とともに、グループ競争力を高め、資本コストを意識した経営を目指してお
      ります。具体的には、3つの“シンカ”「深化」「進化」「新化」によって、新たな価値に繋がるイノベーション
      を生みビジネス領域を拡大し、それぞれの成果を各ステークホルダーに還元するとともに、成長に向けた投資を行
      うことで企業価値の向上を目指します。目標値としては、2024年度にROE必達8%、目標10%とし、DOEは4%まで
      引き上げることを目指した中期経営計画「Transformative Value Evolution(TVE)」を策定し、2021年度より
      諸活動を推進しております。
       なお、当該KPIの各数値については有価証券報告書提出日現在において予測できる事情等を基礎とした合理的な
      判断に基づくものであり、その達成を保証するものではありません。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題

       当社グループが関連する自動車業界におきましては、自動運転や電動化など多様な技術革新により、業界を取巻
      く環境は加速度的に変貌しており、技術競争は熾烈を極める状況です。
       この様な環境の中、将来の飛躍に向かって、既存シートビジネス領域では、徹底したリーン化によって収益性を
      高め、そこで得られた経営資源を新たなビジネス領域へ積極的に投資を行っていきます。成長投資先としては、こ
      れまでの“技術のタチエス”を武器にエンジニアリングサービスや異業種との連携も含めた、シートを中心とした
      空間プロデュースの分野や、カーメーカーと共同で活動していく以外に、自動車シート以外のNon-Automotive領域
      でビジネスを拡大し、より広い領域で価値を創出していくことを目指します。また、将来のカーボンニュートラル
      に向けて、再生エネルギーの積極的な活用や技術革新に取り組みます。
       これらの実現のために、以下を重点活動方針に掲げ取り組んでまいります。
       ① モノづくり競争力の強化では、独立系企業としての優位性を活かし、様々なお客様のニーズから、最大限に

         “共通化”できる設計思想を持ち、顧客が期待する以上の価値を提供していきます。
       ② 組織営業力の強化では、選択と集中の受注戦略によって経営                              リソースを適切に配分し、効率性を高め、早い
         段階より組織一元化による営業活動を行うことで受注拡大を目指します。
       ③ 経営基盤の強化では、従業員一人ひとりが自己変革を行えるよう人財育成を行い、グループ全体としてレベ
         ルアップを図っていきます。
       これらの活動を行うことで当社の存在意義(パーパス)「“座る”を追求し人と地球を支える」を実現する状態

      を目指してまいります。
       また、グローバル競争に打ち勝ち、企業価値を向上させるため、グループ内に資本コストを意識した経営の浸透
      を図って行くと共にコーポレート・ガバナンスの強化にも取り組んでまいります。
                                 11/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判断し
     たものであり、事業等のリスクはこれらに限られるものではありません。
     (1)  業績変動

       当社グループの事業は自動車用座席及び座席部品の製造並びに販売であり、特定の自動車メーカーの系列に属さ
      ず、複数の自動車メーカーからの受注に基づいて生産・販売を行っております。従いまして、特定の自動車メー
      カーへの依存度は高くありませんが、販売先である自動車メーカー各社の市場での評価や支持、当社グループの製
      品を採用した車種の販売動向、あるいは新型車種投入時期により、業績に影響を受ける場合があり、また、売上高
      及び利益が上期、又は下期に偏る場合があります。さらに、自動車メーカーによる発注方針の変更、生産調整(原
      材料不足含む)、特定車種の生産工場移管、工場再編等により、業績に影響を受ける場合があります。また、当社
      グループはグローバルに事業活動を展開しております。これに伴い、各地域における売上、費用、資産、負債を含
      む現地通貨建ての項目は、連結財務諸表作成のため円換算されており、換算時の為替レートにより、現地通貨にお
      ける価値が変わらなくても、円換算後の価値が影響を受ける可能性があります。
     (2)  新製品開発力

       当社グループは、技術力とコスト競争力に裏打ちされた確固たる『グローバル・シート・システム・クリエー
      ター』としての地位確立が急務であるとの認識から、業界標準たり得る差別化商品・新工法をユーザー及び自動
      車メーカーに提供するため、長期的視野に立ってシート技術の研究開発活動を展開しております。しかしなが
      ら、ユーザーと自動車メーカーの変化を充分に予測できず、魅力ある新製品を開発できない場合やタイムリーに
      提供できない場合、将来の成長と収益性を低下させ、更には投下資金の負担が業績と財務状況に影響を及ぼす可
      能性があります。
     (3)  グローバル展開

       当社グループは、特定のメーカーの系列に属さず、複数の自動車メーカーとの取引を行っていることは前述のと
      おりです。自動車メーカー各社は各様のグローバル展開を実践し、当社グループは、この施策に追従する必要性が
      出てきております。生産拠点を設けるにあたっては、予期しない法規又は税制の変更、あるいはテロ、戦争、その
      他の要因による社会的混乱等、事業の遂行に問題が生じる可能性があります。
     (4)  リスク評価により選定された対策優先リスク

       当社では前述のリスク以外にも個別に企業の内部環境、外部環境といった視点からリスクを分類し、各リスクが
      当社に与える[損害規模]×[発生頻度の逆数]の大きさで評価を実施しております。評価されたリスクについて
      は社内のリスクマネジメント委員会でリスクの大きさ(金銭的評価)とその大きさに関わらず当社として特に重要
      な事項(非金銭的評価)の二つの観点から協議することで、当社の対策優先リスクを選定しております。また、各
      リスクについては、その対策状況を確認し、必要に応じて改善状況のフォローを実施しております。なお、対策優
      先リスクは、当社グループ会社間で共有し、当社グループ全体でリスクの最小化に努めております。選定された対
      策優先リスクは、以下のとおりです。
       ①  火災・爆発

        火災・爆発については、法定に基づいた消防設備の維持及び建屋の管理、危険物や可燃物等の管理、消防訓練
       の実施、火災保険の付保等の対策を推進しております。しかしながら、工場等で火災が発生し建屋、設備等が焼
       損するとともに、従業員が死傷した場合、また、復旧までの長期間にわたり、工場の操業を停止せざる得なく
       なった場合は、当社グループの生産及び社会的信用に影響が生じ、影響の規模によっては、事業の遂行に問題が
       生じる可能性があります。
       ②  製品欠陥・リコール

        製品欠陥・リコールについては、予防体制・危機管理体制を構築し、月次での報告会の実施、市場クレームの
       分析、対策を行っており、社内での品質概要教育、製造物責任賠償についての保険の付保等も推進しておりま
       す。しかしながら、当社製品の欠陥により事故等が発生、又は当該製品の回収が行われた場合、当社グループの
       生産及び社会的信用に影響が生じ、影響の規模によっては、事業の遂行に問題が生じる可能性があります。
                                 12/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       ③  自然災害(地震)
        自然災害については、法令に基づいた消防設備の維持及び建屋の管理、BCP規程の策定及び訓練の実施、ハ
       ザードマップの周知等の対策を進めております。しかしながら、生産拠点を含む地域で災害が発生し、建屋や
       生産設備・機械、出荷前の製品等が損傷するとともに、従業員が死傷した場合、また、治具等の関係上、他工
       場で代替生産ができず、工場が復旧するまで操業が停止した場合は、当社グループの生産及び社会的信用に影
       響が生じ、影響の規模によっては、事業の遂行に問題が生じる可能性があります。
       ④  集団感染症・疾病(新型コロナウイルス感染症リスク)

        集団感染症・疾病については、疾病・感染状況などに関する情報収集及び周知、従業員向け予防アナウンス
       と定期的な教育の実施、出張規制等の実施、医薬品等の備蓄等を対策として推進しております。また、新型コ
       ロナウイルス感染症の感染拡大に対しては、従業員及びその家族、行政機関、得意先、取引先等の情報を収集
       し、従業員の安全を最優先にした対策の徹底、得意先の生産活動への影響を防止するためのサプライチェーン
       の管理等をグローバルで実施し、新型コロナウイルス感染症による影響の極小化を図っております。しかしな
       がら、新型コロナウイルスを含む集団感染症がさらに蔓延した場合、また蔓延した集団感染症に多数の従業員
       が罹患して出社不可能な状態になり、工場を長期間にわたって停止する場合、又は間接業務に支障が生じた場
       合は、当社グループの生産及び業績と財務状況、社会的信用に影響が生じ、影響の規模によっては、事業の遂
       行にも問題が生じる可能性があります。
       ⑤  海外現地法人・拠点の管理不備

        海外現地法人・拠点の管理不備については、組織的又は個人による不正・違法・反倫理的行為、行動規範や社
       内ルール違反などについて相談・通報を受け付ける「内部通報制度」を、全てのグループ会社で整備していま
       す。また、業務執行部門の業務の妥当性、準拠性、有効性を確認する「業務監査」を定期的に実施しており、そ
       の中で倫理・法令遵守状況等の確認も行っています。しかしながら、海外現地法人・拠点の管理が不十分である
       ことにより、不正・不祥事が発生した場合、当社グループの業績と財務状況及び社会的信用に影響を及ぼす可能
       性があります。
       ⑥  サイバー攻撃

        サイバー攻撃については、情報セキュリティの必要性・重要性について教育を通して従業員の認識を高めなが
       ら、常に従業員と連携し対応しています。また、セキュリティ対策システムは、次々に発生する情報セキュリ
       ティリスクに対応するために、常日頃から対策と監視を強化し、従業員が安全にIT環境を利用できるように、総
       合的な情報セキュリティ対策を行っています。しかしながら、高度化されたサイバー攻撃により当社の情報が万
       一漏洩、流出した場合、当社グループの生産及び社会的信用に影響を及ぼす可能性があります。
                                 13/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッ
     シュ・フロー(以下、「経営成績等」という。)の状況の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等
     の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
     (1)  経営成績

       当連結会計年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症に対するワクチン接種によりコロナとの共生
      が進むなか、一部に回復の動きが見られたものの、半導体不足の影響や、物流費・原材料価格の高騰により、依然
      として先行き不透明な状況が続いております。海外におきましては、経済活動の段階的な再開により回復の兆しが
      見られたものの、2021年末からの感染急拡大、中国の不動産市場の冷え込みや、ゼロコロナ政策下の経済活動抑
      制、ロシアのウクライナに対する軍事侵攻の影響等、こちらも先行きは依然として不透明な状況が続いておりま
      す。
       当社グループが関連する自動車業界におきましては、世界の自動車販売台数がコロナ危機前の水準へ回復傾向に
      あるものの、世界的な半導体不足による生産活動の停止により、国内の新車販売台数は2011年以来となる450万台
      を割り込みました。
       また、カーボンニュートラルを中心とした環境問題への取組みの動きが急激に加速し、自動車業界は電動化を加
      速させ、電気自動車(EV)の新車販売台数が初めてハイブリッド車(HV)を上回りました。
       当連結会計年度の主な活動といたしましては、日本・中南米・北米を中心に構造改革をはじめとする収益構造の
      改善、モノづくり競争力の強化によるコスト低減活動に取り組み、事業のスリム化・効率化、徹底的なコスト低減
      をグローバルで進め、収益性向上に努めております。また、3つの“シンカ”「深化」「進化」「新化」により事
      業ポートフォリオを変革すべく、「深化」ではフロントシートの骨格であるTTK-Xフレームや機構部品、トリムカ
      バー、一体発泡といった部品ビジネスの受注が決まり量産に向けた活動が始まっております。「進化」では空間プ
      ロデューサーとして異業種とのコラボレーション活動を進め、将来モビリティにおける新しい空間体験価値の企
      画・提案を行っており、「新化」では新組織を発足し、オープンイノベーション活動をスタートさせました。ま
      た、カーボンニュートラルへの取り組みとしては中国、メキシコで太陽光発電パネルを設置し、国内では既に稼働
      している技術モノづくりセンターに加え複数の工場への導入に向け取り組んでおります。
       このような経営環境のもと、当連結会計年度における業績は、売上高は2,064億4千1百万円と前年同期比4.0%増
      となり、これに伴い営業損失は42億3百万円(前年同期は営業損失77億5千3百万円)、経常損失は35億3千6百万円
      (前年同期は経常損失72億7千万円)、親会社株主に帰属する当期純損失は20億5千9百万円(前年同期は親会社株
      主に帰属する当期純損失137億1百万円)となりました。
       なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                             2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
      う。)等の適用により、売上高は228億2千4百万円減少しております。
       セグメントの業績は、次のとおりであります。

      日         本

       売上高は807億6千3百万円(前年同期比8.7%減)、営業損失は16億8千4百万円(前年同期は営業損失22億3千6百
      万円)となりました。
       なお、収益認識会計基準等の適用により、売上高は228億2千4百万円減少しております。
      北         米

       売上高は384億9千2百万円(前年同期比31.0%増)、営業損失は24億5千4百万円(前年同期は営業損失21億8千2百万
      円)となりました。
      中   南   米

       売上高は514億円2千万円(前年同期比24.9%増)、営業損失は16億2千7百万円(前年同期は営業損失40億1千万円)
      となりました。
      欧         州

       売上高は11億1千万円(前年同期比89.1%増)、営業利益は1億3千3百万円(前年同期比350.0%増)となりました。
      中         国

       売上高は326億2千9百万円(前年同期比13.5%減)、営業利益は19億6千9百万円(前年同期比73.1%増)となりました。
      東南アジア

       売上高は20億2千5百万円(前年同期比74.8%増)、営業損失は3億4千2百万円(前年同期は営業損失6億6千1百万
      円)となりました。
                                 14/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      セグメントごとの生産、受注及び販売の実績は、次のとおりであります。
      ①生産実績
        当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
           セグメントの名称                  生産高(百万円)                 前年同期比(%)
         日         本
                                  80,992                  △8.5
         北         米
                                  38,562                  31.8
         中   南   米
                                  51,587                  25.4
         欧         州
                                   1,110                  89.1
         中         国
                                  32,808                 △12.8
         東南アジア                          2,017                  73.5
              合計                    207,078                   4.4
       (注)   1   セグメント間取引については、相殺消去しております。
         2   金額は販売価格によっております。
       ②受注実績

        当社グループは主に自動車座席及び座席部品を製造・販売しており、主要な顧客である自動車メーカー各社に
       対する納品までの期間が極めて短期間であるため、受注高及び受注残高の記載を省略しております。
       ③販売実績

        当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
           セグメントの名称                  販売高(百万円)                 前年同期比(%)
         日         本
                                  80,763                  △8.7
         北         米
                                  38,492                  31.0
         中   南   米
                                  51,420                  24.9
         欧         州
                                   1,110                  89.1
         中         国
                                  32,629                 △13.5
         東南アジア                          2,025                  74.8
              合計                    206,441                   4.0
       (注)   1   セグメント間取引については、相殺消去しております。
         2   主な相手先別販売実績及びそれぞれの総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
               相手先
                         金額(百万円)          割合(%)        金額(百万円)          割合(%)
          三菱自動車工業株式会社                     ―         ―       26,703          12.9
          本田技研工業株式会社                   28,182          14.2        26,160          12.7
          メキシコ日産自動車会社                   22,786          11.5        26,066          12.6
          東風本田汽車有限公司                   23,977          12.1        21,786          10.6
          トヨタ紡織株式会社                   27,047          13.6          ―         ―
          (注)   前連結会計年度の三菱自動車工業株式会社につきましては、当該割合が100分の10未満のため記載を
            省略しております。
            当連結会計年度のトヨタ紡織株式会社につきましては、当該割合が100分の10未満のため記載を省略
            しております。
                                 15/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (2)  財政状態
        当連結会計年度末の資産合計は、1,589億9千7百万円と前連結会計年度末に比べ80億3百万円増加しておりま
       す。これは主に、現金及び預金が22億8千8百万円、原材料及び貯蔵品が34億1千5百万円それぞれ増加したことよ
       るものであります。
       セグメントごとの資産は、次のとおりであります。

      日         本

       総資産は1,138億8千8百万円と前連結会計年度末に比べ116億8千7百万円の増加となりました。これは主に、売却
      により投資有価証券が減少したものの、中南米セグメントの関係会社への資金の貸付により短期貸付金が増加した
      こと並びに原材料及び貯蔵品が増加したこと等によるものであります。
      北         米

       総資産は452億2百万円と前連結会計年度末に比べ39億3千8百万円の増加となりました。これは主に、現金及び預
      金並びに売掛金が増加したことによるものであります。
      中   南   米

       総資産は334億9千6百万円と前連結会計年度末に比べ39億9百万円の増加となりました。これは主に、売掛金並び
      に原材料及び貯蔵品がそれぞれ増加したこと等によるものであります。
      欧         州

       総資産は25億8千4百万円と前連結会計年度末に比べ1億2千2百万円の増加となりました。これは主に、現金及び
      預金が増加したこと等によるものであります。
      中         国

       総資産は317億7千3百万円と前連結会計年度末に比べ4億6千万円の減少となりました。これは主に、売掛金が減
      少したこと等によるものであります。
      東南アジア

       総資産は51億1千5百万円と前連結会計年度末に比べ2億1千5百万円の減少となりました。これは主に、現金及び
      預金が減少したこと等によるものであります。
        負債合計は、798億1千6百万円と前連結会計年度末に比べ74億9千2百万円増加しております。これは主に、支

       払手形及び買掛金が22億7千1百万円増加したことに加え、長期借入金からの振替を除いた短期借入金の増加が
       36億8千万円であったことによるものであります。
        純資産合計は、791億8千1百万円と前連結会計年度末に比べ5億1千1百万円増加しております。これは主に、利
       益剰余金が33億7千8百万円減少したものの、為替換算調整勘定が45億4千2百万円増加したことによるものであり
       ます。
                                 16/111








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (3)  キャッシュ・フロー
       当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、293億6千万円と前連結会計年度末
      に比べ21億6千3百万円(8.0%)増加しました。
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

        営業活動により使用した資金は、3億5千4百万円であり、前連結会計年度と比べ15億9千1百万円(81.8%)減少
       しました。これは主に、税金等調整前当期純損失が前連結会計年度と比べ123億3千8百万円改善したことによるも
       のであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

        投資活動により得られた資金は、20億6百万円であり、前連結会計年度と比べ83億3千3百万円(前連結会計年度
       は63億2千6百万円の使用)増加しました。これは主に、有形固定資産の売却により43億7千9百万円、投資有価証
       券の売却により12億8百万円それぞれ増加したことによるものであります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

        財務活動により使用した資金は、8億1千2百万円であり、前連結会計年度と比べ59億4千1百万円(前連結会計年
       度は51億2千8百万円の調達)増加しました。これは主に、短期借入による資金の調達が49億4千5百万円減少した
       ことによるものであります。
       当社グループの資本の財源及び資金の流動性につきましては、次のとおりであります。

       当社グループは営業活動から得られるキャッシュフローのほか、自己資金及び金融機関との間で締結したコミッ

      トメントラインを含む短期借入枠により資金の流動性を十分に確保しております。
       また、設備投資資金については投資計画に基づき、自己資金に加え外部借入を機動的に活用することで資本コス
      トの適正化と財務の健全性の確保に努めております。
       株主還元については経営における重要課題の一つと考えております。当社の配当政策については、「第4 提出
      会社の状況 3 配当政策」をご参照ください。
     (4)  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されており
      ます。この連結財務諸表の作成にあたっては、決算日における資産・負債の報告数値及び報告期間における収益・
      費用の報告数値に影響を与える見積りを必要としております。これらの見積り及び判断は、過去の実績や状況に応
      じて合理的と考えられる様々な要因に基づき行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるた
      め、これらの見積りと異なる場合があります。
       なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針及び重要な会計上の見積りは、「第5 経理の状
      況 1 連結財務諸表等 (1)              連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」及び
      「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                       連結財務諸表 注記事項 重要な会計上の見積り」に記載してお
      ります。
     (5)  経営上の目標の達成状況

       事業戦略における、3つの“シンカ”の「深いシンカ」では、共通フレームの適用拡大、AI外観検査の開発、ト
      リムカバー組付け技術開発等を進めております。「進むシンカ」では、空間プロデューサーとして異業種とも連携
      し、クルマでの体験価値、モビリティの新たな価値の検討を行い、シートを中心とした車室内空間の新たな価値創
      出に向けた準備をしています。「新しいシンカ」では、当社のパーパスを目指す活動を、グループの強みである基
      盤技術・コア技術を土台にオープンイノベーションで推進しているところであり、社会課題やビジネストレンドを
      事業と結合させ、サステナブルな社会に貢献するためにさまざまな可能性を追求しております。
       2021年度は収益の構造改革等を計画通り実行しましたが、半導体供給不足等による得意先自動車メーカーでの生
      産調整の影響により、営業利益が未達となった結果、ROEは△2.8%となりました。第4四半期ではグローバルで黒字
      化し、営業利益率は4%を達成し、収益改善の効果が出始めております。DOEに関しましては、2024年度4%に向け、
      計画通り2021年度は3%に引き上げております。
       一方、品質面ではこれまでの地道な取組みが評価され、各地域において昨年度同様お得意先から多くの品質賞を
      受賞しております。
                                 17/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      当社グループは、社会・経済環境が大きく変化していく中、長期的視点に立ちシートに関連する技術のトレンドを
     的確にとらえ、ユーザー及び自動車メーカー(関連メーカー)各社のニーズに積極的に応えるため、競争力ある商品
     の開発、基盤技術・先行技術の研究開発活動を展開しております。
      新製品の開発及び新技術の基礎研究は、主に国内の開発拠点を中心に海外の開発拠点とグローバルでの相互補完体
     制を構築、関係会社㈱TF-METALの機構部品開発も含めて、『グローバル・シート・システム・クリエーター』とし
     て、世界的レベルで研究開発活動を進めております。
      なお、当連結会計年度における当社グループ全体の研究開発費の総額は                                 4,242   百万円であり、主として日本で発生
     したものであります。
      セグメントごとの研究開発活動を示すと次のとおりであります。

     日         本

      技術・モノづくりセンターを中心として、コア技術を日本で確立・標準化し、世界に展開することにより、開発業
     務の効率化を図るとともに、世界同一品質の実現と低コスト化を推進しております。
      主たる成果は以下のとおりであります。
       ①シート及びオリジナル機構部品開発
         自動車用シート、シートのリクライニングデバイス、スライドレール、リフター装置、パワーシートデバイ
        ス、シートアレンジデバイス及び付属機構や装備等を含めた開発をシートシステムとして行い、得意先各社へ
        提案し採用されております。
       ②標準フレーム
         グローバルに、多様な車種で共通して使うことができる、汎用性が高く、軽量・低コストの標準フレームを
        タチエス独自で開発し、得意先各社へ提案し採用されております。
       ③環境対応技術開発
         各種環境負荷物質の全廃に向けた製品・技術の開発、自動車の燃費向上のための新材料・新構造技術による
        シートの軽量化技術の開発を行い、得意先各社へ提案し採用されております。
       ④安全性向上技術開発
         サイドエアバック組込シート、スマートエアバックに対応した乗員検知・識別式シート、前面・後面・側面
        衝突時の荷重入力に対応した安全シート構造、頸部傷害軽減構造等の開発をシートシステムとして行い、得意
        先各社へ提案し、採用されております。
       ⑤原価低減商品の開発
         製品開発技術の深化による開発期間の短縮、また、構造や部品の標準化・共通化や効率的な構造等による低
        コスト次世代シートを開発し、国内外の得意先各社に採用されております。
       ⑥生産技術開発
         シートの接着成形技術、ヘッドレスト・アームレストの一体発泡成形技術、トリムカバー縫製に関わる技
        術、シート組立の省力化・自動化、CAD/CAMによる型製作等の技術開発を行い、展開しております。多
        様化する市場ニーズに対応し、多品種少量生産の混流ラインにより、車種数や商品構成の増加といった時代の
        ニーズにお応えしております。
       ⑦シートの研究分野
         シートの基本性能である「座り心地」や「人の快適感」の要因について継続的な研究を行い、自動車乗員の
        より快適な移動のためのシート構造や装備等の開発を行っております。さらに、CAE解析によるバーチャル
        試験技術の開発により、開発期間短縮、コストダウン等に貢献しております。
       ⑧シートデザインの開発
         タチエス独自に、シートを中心とした将来の移動空間コンセプトに取り組み、将来のニーズ・シーズ創出活
        動を進めております。さらに、新商品のデザイン開発、コーポレートデザインなどタチエスに関するあらゆる
        分野のデザイン開発を行い、CI向上に取組んでおります。また、国内外得意先各社へ、シート製造要件を織り
        込んだデザイン提案をし、採用されております。
                                 18/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     北         米
      米国ミシガン州にTACHI-S             Engineering       U.S.A.,    Inc.を構え、主に、米国内での各自動車メーカーの新製品開
     発に独自に対応し、米国やメキシコでの量産化に貢献しております。
     中   南   米

      メキシコ     アグアスカリエンテス州にTACHI-S                Engineering      Latin   America,     S.A.   de  C.V.を構え、開発拠点および
     中南米地域における地域統括会社として、主に米国やメキシコでの量産化に貢献しております。
     中         国

      中国広東省広州市に泰極愛思(中国)投資有限公司、同河南省鄭州市に泰極愛思(鄭州)汽車座椅研発有限公司を
     構え、現地で開発し得意先へ提案できるよう体制の強化を図っており、中国生産車種のマイナーチェンジへの対応
     や、今後の中国国内の自動車メーカーからのご要望にお応えしております。
     東南アジア

      ベトナム     ホーチミン市に開発拠点としてTACHI-S                   Engineering      Vietnam    Co.,   Ltd.を構え、設計開発強化を進めて
     おります。
                                 19/111















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当連結会計年度の設備投資につきましては、新規受注及びモデルチェンジ等に伴う生産対応設備を中心に実施して
     おります。
      当連結会計年度の設備投資の総額は                 4,503   百万円であり、セグメントごとの設備投資について示すと、次のとおり

     であります。
     日         本

      当連結会計年度の主な設備投資は、新規受注及びモデルチェンジ等に伴う生産対応設備を中心に総額                                               2,389   百万円
     の投資を実施しました。
      また、次の主要な設備を売却しております。
         会社名                                        前期末帳簿価額
                    所在地          設備の内容           売却時期
        事業所名                                          (百万円)
        提出会社
                  神奈川県平塚市             土地         2021年12月               1,374
        平塚工場
     北         米

      当連結会計年度の主な設備投資は、新規受注及びモデルチェンジ等に伴う生産対応設備を中心に総額                                               277  百万円の
     投資を実施しました。
     中   南   米

      当連結会計年度の主な設備投資は、モデルチェンジ等に伴う生産対応設備の更新を中心に総額                                            1,046   百万円の投資
     を実施しました。
     欧         州

      当連結会計年度の設備投資はありませんでした。
     中         国

      当連結会計年度の主な設備投資は、新規受注及びモデルチェンジ等に伴う生産対応設備を中心に総額                                                 307  百万
     円の投資を実施しました。
     東南アジア

      当連結会計年度の主な設備投資は、新規受注に伴う生産対応設備を中心に総額                                      483  百万円の投資を実施しまし
     た。
                                 20/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    2  【主要な設備の状況】
     (1)  提出会社
                                         機械装置
                               土地
                                     建物及び
         事業所名                                及び車両     その他     合計   従業員数
                セグメントの
                       設備の内容               構築物
                  名称
         (所在地)                                 運搬具    (百万円)    (百万円)     (人)
                             面積    金額
                                     (百万円)
                                         (百万円)
                             (㎡)   (百万円)
       武蔵工場               自動車座席
                 日   本
                             30,000     1,677     698    159     96   2,632     139
       (埼玉県入間市)               の製造設備
                      営業・設計・
       愛知工場及び
                      開発及び       27,347
                 日   本
       技術センター愛知                            406    255    421     36   1,120     203
                             (14,166)
                      自動車座席
       (愛知県安城市)
                      の製造設備
       平塚工場               自動車座席
                             15,883
                 日   本
                                   ―     0    0    0     0    43
                             (15,883)
       (神奈川県平塚市)               の製造設備
       鈴鹿工場               自動車座席
                 日   本
                             18,560      263    475    175     14    928    120
       (三重県鈴鹿市)               の製造設備
       青梅工場               自動車座席
                 日   本
                             13,891      77    306     83    76    543    143
       (東京都青梅市)               の製造設備
       栃木工場               自動車座席       16,968
                 日   本
                                   141    247    137     27    553    100
                             (4,968)
       (栃木県下野市他)               の製造設備
                      営業・調達・
       技術・モノづくり
                      設計・開発・
                 日   本
       センター                       5,790     559   1,064      65    70   1,760     429
                      試作・実験等
       (東京都青梅市)               技術及びモノ
                      づくり全般
       本社
                 日   本
                      事務所        2,531      8   138     ―     8    155    48
       (東京都昭島市)
       タチエス昭島ビル
                 日   本
                      賃貸用不動産       23,398      101   1,306      0    0   1,409     ―
       及びフレスポタウン昭
       島(東京都昭島市)
      (注)   1   投下資本額は、期末帳簿価額によっております。
         2   「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。
         3   (   )内の数字は、借用資産であり内書で示してあります。
         4   上記のほか、主要な賃借設備として、以下のものがあります。
            会社名                                  年間賃借料       契約残高
                      セグメントの
                  所在地         設備の内容      面積(㎡)       契約期間
                       名称
           (事業所名)                                   (百万円)      (百万円)
                                        2020.4.1
          提出会社        東京都
                       日 本    建物       7,916                37      ―
          (青梅地区)        青梅市
                                       ~2024.6.30
     (2)  国内子会社

                                         機械装置
                               土地
                                     建物及び
                                         及び車両     その他     合計   従業員数
                  セグメント
         会社名      所在地        設備の内容              構築物
                   の名称
                                          運搬具    (百万円)    (百万円)     (人)
                             面積    金額
                                     (百万円)
                                         (百万円)
                             (㎡)   (百万円)
                       自動車座席
              静岡県
                   日   本
      ㈱TF-METAL                 部品の製造      16,846      368    740    980    952    3,043     361
              湖西市他
                       設備
                       自動車座席
                             37,151
      ㈱Nui   Tec     秋田県
                   日   本
                       用縫製部品            311    243     68    25    648    285
      Corporation        横手市他
                             (1,863)
                       の製造設備
                       各種バネ・
                       自動車座席
                              6,572
              東京都
                   日   本
      ㈱タチエスH&P                 部品・医療            137     19    50    ―    207    52
              昭島市他
                             (3,332)
                       用ベッドの
                       の製造設備
                       自動車座席
              静岡県
      ㈱TF-METAL磐田             日 本    部品の製造       5,016      53    64    58    16    192    48
              磐田市
                       設備
                       自動車座席
              大分県
      ㈱TF-METAL九州             日 本    部品の製造       4,371     274    558    130    277    1,241     83
              中津市
                       設備
      (注)   1   投下資本額は、期末帳簿価額によっております。
         2   「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。
         3   (   )内の数字は、借用資産であり内書で示してあります。
                                 21/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (3)  在外子会社
                                          機械装置
                                土地
                                      建物及び
                                          及び車両     その他     合計   従業員数
                    セグメン
        会社名       所在地         設備の内容              構築物
                    トの名称
                                          運搬具    (百万円)    (百万円)     (人)
                              面積    金額
                                      (百万円)
                                          (百万円)
                              (㎡)   (百万円)
             米国
      TACHI-S
                        自動車座席
             ミシガン州
                    北   米
      Engineering                  の開発及び      18,211      95    494    103    113    806    63
             ファーミント
                        試作設備
      U.S.A.,Inc.
             ンヒルズ市
             米国
             オハイオ州
                        自動車座席
      SETEX,   Inc.           北   米
                              144,662      44    740    670     40   1,496     440
                        の製造設備
             セントメリ
             ーズ市
      TACHI-S
             米国
      Automotive
                        自動車座席
                    北   米
             テネシー州                 80,936      152     6   321     45    526    217
                        の製造設備
      Seating    U.S.A.,
             スマーナ市
      LLC
             米国
                        自動車座席
      TF-METAL
             ケンタッキー
                    北   米
                        部品の製造      39,430      226    497     87    131    941    57
      U.S.A.,   LLC
             州
                        設備
             ウォルトン市
             メキシコ
      TACHI-S
             アグアスカリ          自動車座席
      Engineering
             エンテス州       中南米    の開発及び      4,953      ―    117    320     15    453    65
      Latin   America,
                        実験設備
             アグアスカリ
      S.A.  de C.V.
             エンテス市
             メキシコ
      Industria    de
             アグアスカリ
      Asiento                       160,903
                        自動車座席
             エンテス州       中南米               334    731   3,185     667   4,919    4,914
      Superior,    S.A.             の製造設備
                              (79,251)
             アグアスカリ
      de C.V.
             エンテス市他
      SETEX
             メキシコ
      Automotive
             グアナファト          自動車座席
                    中南米          19,957      193    344    352   1,160    2,050     316
             州          の製造設備
      Mexico,   S.A.  de
             セラヤ市
      C.V.
             メキシコ
      TF-METAL
             アグアスカリ          自動車座席
      Mexico,   S.A.  de
             エンテス州       中南米    部品の製造      59,425      405    613   1,251     621   2,891     558
                        設備
      C.V.
             アグアスカリ
             エンテス市
      TACHI-S   Brasil
             ブラジル
      Industria    de
                              39,808
             リオデジャネ          自動車座席
      Assentos              中南米                ―    27    139     8   175    222
             イロ州          の製造設備
                              (39,808)
      Automotivos
             レゼンデ市
      Ltda.
             中国
                              31,979
      広州泰李汽車座                  自動車座席
                    中   国
             広東省                       ―    286    140     22    449    89
      椅有限公司                  の製造設備
                              (31,979)
             広州市
             中国
                        自動車座席
                              24,112
      湖南泰極愛思汽
                    中   国
             湖北省          部品の製造            ―    ―    101    101    202    173
      車座椅有限公司
                              (24,112)
                        設備
             長沙市
      襄陽東風李爾泰
                              12,529
             中国湖北省
                        自動車座席
                    中   国
      極愛思汽車座椅                              ―    ―    155    742    898    99
                        の製造設備
             襄陽市                (12,529)
      有限公司
             中国
      武漢東風泰極愛
                              39,510
                        自動車座席
                    中   国
      思安道拓汽車座       湖北省                       ―    ―    374    425    801    262
                        の製造設備
                              (39,510)
      椅有限公司
             武漢市
             中国
                        自動車座席
                              27,515
      泰極(広州)汽
                    中   国
             広東省          用縫製部品            ―    117    304    225    647    811
      車内飾有限公司
                              (27,515)
                        の製造設備
             広州市
             中国
      泰極愛思(武漢)                  自動車座席
                              11,905
                    中   国
      汽車内飾有限公       湖北省          用縫製部品            ―    ―    222    147    369    385
                              (11,905)
      司                  の製造設備
             武漢市
             中国
                        自動車座席
                              29,505
      浙江泰極愛思汽
                    中   国
             浙江省          部品の製造            ―    551    170    118    841    59
      車部件有限公司
                              (29,505)
                        設備
             嘉善県
             中国
                        自動車座席
                              15,580
      広州泰昌汽車部
                    中   国
             広東省          部品の製造            ―    89    120    193    403    50
      件有限公司
                              (15,580)
                        設備
             広州市
                        自動車座席
             中国浙江省                 35,000
      浙江富昌泰汽車
                    中 国    部品の製造            ―    489    546     76   1,112     66
      零部件有限公司
             嘉善県
                              (35,000)
                        設備
                                 22/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
                                          機械装置
                                土地
                                      建物及び
                                          及び車両     その他     合計   従業員数
                    セグメン
        会社名       所在地         設備の内容              構築物
                    トの名称
                                          運搬具    (百万円)    (百万円)     (人)
                              面積    金額
                                      (百万円)
                                          (百万円)
                              (㎡)   (百万円)
      TACHI-S
      Automotive
             タイ                 17,379
                    東 南    自動車座席
      Seating                              ―     5    87   1,326    1,420     350
                    アジア    の製造設備
             バンコク都                (17,379)
      (Thailand)     Co.,
      Ltd.
      (注)   1   投下資本額は、期末帳簿価額によっております。
         2   「その他」は、工具、器具及び備品並びに建設仮勘定の合計であります。
         3   (   )内の数字は、借用資産であり内書で示してあります。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
                                投資予定額
                                       資金調達                完成後の
                  セグメント
        会社名      事業所名           設備の内容                    着工年月     完成予定年月
                   の名称
                                        方法               増加能力
                               総額   既支払額
                              (百万円)    (百万円)
                       自動車座席の製
      提出会社       青梅工場      日 本             588     ―  自己資金等     2022年4月      2023年3月      ―
                       造設備
                       自動車座席の製
      提出会社       栃木工場      日 本             164     ―  自己資金等     2022年4月      2023年3月      ―
                       造設備
                       自動車座席部品
      ㈱TF-METAL       本社      日 本             564     ―  自己資金等     2022年4月      2023年3月      ―
                       の製造設備
      Industria
      de Asiento
                       自動車座席の製
             本社      中南米             710     ―  自己資金等     2022年4月      2023年3月      ―
                       造設備等
      Superior,
      S.A.  de C.V.
      TF-METAL
                       自動車座席部品
      Mexico,    S.A.
             本社      中南米             886     ―  自己資金等     2022年4月      2023年3月      ―
                       の製造設備
      de C.V.
      浙江泰極信汽車
                       自動車座席部品
             本社       中国             331     ―  自己資金等     2022年4月      2023年3月      ―
                       の製造設備
      部件有限公司
      (注) 完成後の増加能力については、合理的に算定できないため記載しておりません。

     (2)  重要な設備の除却等

       日本セグメントにおいて、提出会社の保有する賃貸用不動産を譲渡する方針を決定いたしました。なお、具体的
      な譲渡金額、譲渡時期については未定であります。
                                 23/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                  種類                      発行可能株式総数(株)
                 普通株式                                   140,000,000
                   計                                  140,000,000
      ②  【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在
                                  上場金融商品取引所名又は登録
         種類       発行数(株)          発行数(株)                           内容
                                   認可金融商品取引業協会名
              ( 2022年3月31日       )  (2022年6月24日)
                                     東京証券取引所
                                                 単元株式数は100株で
        普通株式          35,242,846          35,242,846       市場第一部(事業年度末現在)
                                                   あります。
                                   プライム市場(提出日現在)
         計        35,242,846          35,242,846             ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                   発行済株式       発行済株式                    資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額       資本金残高
                   総数増減数       総数残高                     増減額       残高
          年月日
                    (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
       2019年3月29日            △1,200,000       35,242,846           ―     9,040        ―     8,592
       (注)   自己株式の消却による減少であります。
     (5)  【所有者別状況】

                                                2022年3月31日       現在
                         株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
             政府及び
        区分                           外国法人等                  株式の状況
                       金融商品     その他の                個人
             地方公共     金融機関                                計
                                                       (株)
                       取引業者      法人               その他
                                 個人以外      個人
              団体
       株主数
                ―     19     29     111     113      16    4,936     5,224       ―
       (人)
       所有株式数
                ―   92,360      3,939     55,018     119,557       122    81,140     352,136      29,246
       (単元)
       所有株式数
                ―    26.23      1.12     15.62     33.96      0.03     23.04     100.00        ―
       の割合(%)
       (注)   1   自己株式629,684株は、「個人その他」に6,296単元、「単元未満株式の状況」に84株含まれておりま
           す。
           なお、自己株式629,684株は株主名簿記載上の株式数であり、2022年3月31日現在の実保有残高も同株
           式数であります。
         2   「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」が保有する当社株式390,698株が「金融
           機関」に3,906単元、「単元未満株式の状況」に98株含まれております。
                                 24/111


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                                2022年3月31日       現在
                                                    発行済株式
                                                    (自己株式を
                                             所有株式数       除く。)の
            氏名又は名称                     住所
                                               (株)     総数に対する
                                                    所有株式数
                                                    の割合(%)
       日本マスタートラスト
                         東京都港区浜松町二丁目11番3号                     4,757,400         13.74
       信託銀行株式会社(信託口)
       INTERTRUST      TRUSTEES     CAYMAN
                         ONE  NEXUS   WAY,   CAMANA    BAY,   GRAND
       LIMITED    AS  TRUSTEE    OF  JAPAN-UP
                         CAYMAN,    KY1-9005     CAYMAN    ISLANDS(東
                                              2,316,000          6.69
       UNIT   TRUST
                         京都中央区日本橋茅場町一丁目13番14
       (常任代理人       立花証券株式会社)            号
       株式会社日本カストディ銀行(信託口)                   東京都中央区晴海一丁目8番12号                     1,940,598          5.61
       トヨタ紡織株式会社                   愛知県刈谷市豊田町一丁目1番地                     1,521,000          4.39

       SSBTC   CLIENT    OMNIBUS    ACCOUNT
                         ONE  LINCOLN    STREET,    BOSTON    MA  USA
       (常任代理人       香港上海銀行東京支                                1,518,925          4.39
                         02111(東京都中央区日本橋三丁目11-
                         1)
       店 カストディ業務部)
       NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)     SUB  A/C
                         50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON
       USL  NON-TREATY(常任代理人            香港上
                         E14  5NT,   UK  (東京都中央区日本橋三丁               1,141,615          3.30
       海銀行東京支店        カストディ業務部)
                         目11番1号)
       河西工業株式会社                   神奈川県高座郡寒川町宮山3316                      905,800         2.62
       齊藤   静

                         東京都武蔵野市                      805,467         2.33
       タチエス取引先持株会                   東京都青梅市末広町一丁目3番1号                      779,350         2.25

       株式会社三井住友銀行                   東京都千代田区丸の内一丁目1番2号                      750,000         2.17

               計                   ―            16,436,155          47.48

       (注)   1   上記所有株式のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
           日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)                                      4,747,000株
           株式会社日本カストディ銀行(信託口)                                                  1,937,398株
         2   上記のほか、自己株式が629,684株あります。なお、自己株式には、「取締役向け株式交付信託」及び
           「従業員向け株式交付信託」が保有する当社株式を含めておりません。
         3   2017年7月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、みずほ証券株式
           会社及びその共同保有者であるアセットマネジメントOne株式会社及びみずほセキュリティーズアジア
           が2017年6月30日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として2022年3月
           31日現在における実質的保有株式数が確認できないため、大株主の状況に含めておりません。
                                                   発行済株式総数
                                             所有株式数
             氏名又は名称                    住所                  に対する所有株
                                               (株)
                                                   式数の割合(%)
         みずほ証券株式会社               東京都千代田区大手町一丁目5番1号                       297,600         0.82
         アセットマネジメントOne株式
                        東京都千代田区丸の内一丁目8番2号                      1,243,500          3.41
         会社
                        12th   Floor,Chater       House,    8 Connaught
         みずほセキュリティーズアジ
         ア(Mizuho     Securities      Asia     Road,Central,       Hong   Kong,   S.A.R.,The
                                                  0      0.00
          Limited)               People's     Republic     of  China   
               合計                   ―            1,541,100          4.23
                                 25/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
         4   2022年4月15日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、ブランデス・
           インベストメント・パートナーズ・エル・ピーが2021年10月1日現在で以下の株式を保有している旨
           が記載されているものの、当社として2022年3月31日現在における実質的保有株式数が確認できない
           ため、大株主の状況に含めておりません。
                                                   発行済株式総数
                                             所有株式数
             氏名又は名称                    住所                  に対する所有株
                                               (株)
                                                   式数の割合(%)
         ブランデス・インベストメン
         ト・パートナーズ・エル・
                        11988   El  Camino    Real,   San  Diego,    CA,
                                              2,256,200          6.40
         ピー(Brandes       Investment
                        U.S.A.
         Partners,     L.P.)
               合計                   ―            2,256,200          6.40
         5 2020年8月17日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書において、グランサム、マヨ、ヴァン
           オッテルロー       アンド    カンパニー      エルエルシーが2020年8月7日現在で以下の株式を保有している旨
           が記載されているものの、当社として2022年3月31日現在における実質的保有株式数が確認ができない
           ため、大株主の状況に含めておりません。
                                                   発行済株式総数
                                             所有株式数
             氏名又は名称                    住所                  に対する所有株
                                               (株)
                                                   式数の割合(%)
         グランサム、マヨ、ヴァン
         オッテルロー       アンド    カンパ
                        アメリカ合衆国         マサチューセッツ州
         ニー   エルエルシー
                                              1,805,600          5.12
                        02110、ボストン、ロウズ・ワーフ40
         (Grantham,      Mayo,   Van
          ottterloo      &  Co.LLC)
               合計                   ―            1,805,600          5.12
         6 2022年3月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、株式会社ストラ
           テジックキャピタルが2021年3月14日現在で以下の株式を保有している旨が記載されているものの、当
           社として2022年3月31日現在における実質的保有株式数が確認ができないため、大株主の状況に含めて
           おりません。
                                                   発行済株式総数
                                             所有株式数
             氏名又は名称                    住所                  に対する所有株
                                               (株)
                                                   式数の割合(%)
         株式会社ストラテジックキャ
                        東京都渋谷区東三丁目14番15号MOビル6F                      2,888,200          8.20
         ピタル
               合計                   ―            2,888,200          8.20
         7 2021年3月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、三井住友トラス
           ト・アセットマネジメント株式会社及び日興アセットマネジメント株式会社が2021年3月15日現在で以
           下の株式を保有している旨が記載されているものの、当社として2022年3月31日現在における実質的保
           有株式数が確認ができないため、大株主の状況に含めておりません。
                                                   発行済株式総数
                                             所有株式数
             氏名又は名称                    住所                  に対する所有株
                                               (株)
                                                   式数の割合(%)
         三井住友トラスト・アセット
                        東京都港区芝公園一丁目1番1号                      1,078,700          3.06
         マネジメント株式会社
         日興アセットマネジメント株
                        東京都港区赤坂九丁目7番1号                       603,300         1.71
         式会社
               合計                   ―            1,682,000          4.77
                                 26/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                                2022年3月31日       現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
       無議決権株式                      ―            ―            ―

       議決権制限株式(自己株式等)                      ―            ―            ―

       議決権制限株式(その他)                      ―            ―            ―

                        (自己保有株式)
       完全議決権株式(自己株式等)                                  ―            ―
                       普通株式       629,600
                       普通株式     34,584,000
       完全議決権株式(その他)                                   345,840          ―
                       普通株式       29,246

       単元未満株式                                  ―            ―
       発行済株式総数                      35,242,846            ―            ―

       総株主の議決権                      ―              345,840          ―

       (注)   1   「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式84株が含まれております。
         2   「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」が保有する当社株式が「完全議決権株式
           (その他)」欄に390,600株、「単元未満株式」欄に98株含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                                2022年3月31日       現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
         所有者の氏名                                           総数に対する
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                          所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)
                   東京都昭島市
      株式会社タチエス                            629,600       ―      629,600        1.79
                   松原町三丁目3番7号
            計             ―          629,600       ―      629,600        1.79
       (注)    「自己名義所有株式数」には「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」が保有する当社
          株式390,600株が含まれておりません。
                                 27/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (8)  【役員・従業員株式所有制度の内容】
       (業績連動型株式報酬制度の導入)
       1 取締役向け株式交付信託
        当社は、2018年6月22日開催の第66回定時株主総会決議に基づき、当社取締役(社外取締役及び非業務執行取
       締役を除きます。以下も同様です。)を対象に、当社株式を用いた取締役向け株式報酬制度(以下、「本制度」
       といいます。)を導入しております。
        (1)  本制度の概要

          本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」といいます。)が当社株式
         を取得し、各取締役に対して、当社の定める取締役向け株式交付規程に従って各取締役に付与されるポイン
         トの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて交付される株式報酬制度であります。
          なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時であります。
        (2)  取締役に取得させる予定の株式の総数(当事業年度末現在)

          90,500株
        (3)  本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          退任した当社取締役のうち、取締役向け株式交付規程の定める受益者要件を満たす者。
       2 従業員向け株式交付信託

        当社は、2018年8月9日の取締役会決議に基づき、当社従業員のうち一定の要件を満たす者を対象に、当社株
       式を用いた従業員向け株式報酬制度(以下、「本制度」といいます。)を導入しております。
        (1)  本制度の概要

          本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」といいます。)が当社株式
         を取得し、各従業員に対して、当社の定める執行役員等向け株式交付規程に従って各従業員に付与されるポ
         イントの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて交付される株式報酬制度であります。
        (2)  従業員に取得させる予定の株式の総数(当事業年度末現在)

          300,198株
        (3)  本制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          退職した当社従業員のうち、執行役員等向け株式交付規程の定める受益者要件を満たす者。
                                 28/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
     【株式の種類等】         会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
           該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
       当事業年度における取得自己株式                                    50            65,425
       当期間における取得自己株式                                    ―              ―
       (注)   当期間における取得自己株式には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
         による株式数は含めておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                  当期間
              区分
                                  処分価額の総額                 処分価額の総額
                          株式数(株)                 株式数(株)
                                    (円)                 (円)
       引き受ける者の募集を行った
                             184,200      256,590,600             ―         ―
       取得自己株式(注)2
       消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
       合併、株式交換、株式交付、
       会社分割に係る移転を行った                         ―         ―         ―         ―
       取得自己株式
       その他                         ―         ―         ―         ―
       保有自己株式数                      629,684           ―      629,684           ―
     (注) 1 当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取
          り及び売渡しによる株式数は含めておりません。
        2 「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」導入に伴う第三者割当による自己株式処分
          であります。
        3 保有自己株式数には、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」が保有する当社株式
          は含まれておりません。
                                 29/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社の利益配分に関する基本方針は、主たる配当の財務指標として                               DOE  (連結自己資本配当率)を採用するととも
     に、キャッシュフロー、中長期的に健全な財務基盤の維持などを総合的に勘案し、                                      2024  年度に   DOE  4 % を目標として積
     極的な株主還元を実施していくこととしております。
      なお、当社は、取締役会の決議をもって剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めており、中間、期末の年
     2回、配当を行うことを基本としております。
      (注)    基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                         配当金の総額             1株当たり配当額
           決議年月日
                          (百万円)                (円)
       2021年11月12日
                              1,094               31.8
       取締役会決議
       2022年5月13日
                              1,100               31.8
       取締役会決議
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】

     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ①コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社は、「人と社会と共生し快適で豊かな生活空間を創造し続けることで人々を笑顔にする」というコーポ
        レートビジョンのもと、コーポレート・ガバナンスの充実を図ることで、経営の効率性・透明性を高め、お客
        様、社員、取引先、株主、地域社会等のステークホルダーの期待に応えると共に、当社グループの持続的な成
        長と中長期的な企業価値の向上を目指し、次の基本的な考え方に沿って、コーポレート・ガバナンスの充実に
        継続的に取り組んでまいります。
          (ア)株主の権利及び平等性の確保とその権利を適切に行使することができる環境の整備に努める。
          (イ)株主以外のステークホルダー(お客様、社員、取引先、地域社会等)との適切な協働に努める。
          (ウ)適切な情報開示と透明性の確保に努める。
          (エ)株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ、取締役会の役割・責務の適切な遂行に努める。
          (オ)株主との建設的な対話に努める。
      ②企業統治の体制

       (ア)   体制の概要と当該体制を採用する理由
          取締役会は、社外取締役3名を含む取締役9名で構成され、年14回以上開催されております。また、法
         令・定款で定められた事項のほか、経営に関する重要事項について決定すると共に、業務執行の監督を行っ
         ています。
          監査役会は、社外監査役2名を含む監査役4名で構成され、年11回以上開催されております。
          当社では、経営責任の明確化、経営の効率化を図るため、取締役の任期を1年にすると共に執行役員制度
         を導入しています。また、経営者や特定の利害関係者の利益に偏らない社外取締役3名(弁護士1名、公認
         会計士1名、      企業経営者1名       )及び社外監査役2名(弁護士1名、公認会計士1名)を選任し、客観的かつ
         専門的な視点で経営を監視していますので、現時点において、当社の企業統治にとって最も合理的な体制で
         あると判断しております。
                                 30/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       (イ)   コーポレート・ガバナンスの体制図
                                               (2022年6月24日現在)











       (ウ)   内部統制システム、リスク管理体制の整備の状況及び提出会社の子会社の業務の適正を確保するための体

         制整備の状況
          当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、以下の体制を整備しております。
        (a)  取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制、並びにタチエスグ
          ループの業務の適正を確保するための体制
         ⅰ.  タチエスグループの役員及び使用人は、「タチエス企業行動憲章」並びに「タチエス行動規範」に基づ
           き行動する。
         ⅱ.  当社はコンプライアンス運営規程に基づき、倫理委員会、コンプライアンス委員会を設置する。
         ⅲ.  タチエスグループ各社は、適正数のコンプライアンス推進者を配置すると共に、内部通報制度を設け、
           運用状況を定期的に当社に報告する。
         ⅳ.  当社はタチエスグループ各社の内部統制システムの整備状況を定期的に確認し、問題点や課題を抽出
           し、改善を図る。
         ⅴ.  経営監査室は、業務の適正を確保するため、タチエスグループ各社を定期的に監査する。
         ⅵ.  タチエスグループは、反社会的勢力とは一切の関係を遮断する。
        (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         ⅰ.  取締役の職務執行に係る情報は、法令・社内規程に基づき、文書に記録し、保存する。取締役及び監査
           役は、常時、これらの文書を閲覧できる。
         ⅱ.  企業秘密や個人情報については、情報セキュリティポリシー及び個人情報保護規程により適切に管理す
           る。
                                 31/111


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
        (c)  タチエスグループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ⅰ.  当社は、タチエスグループのリスク管理について定めるリスク管理規程等を策定し、タチエスグループ
           各社のリスク管理に関わる問題と課題を把握する。
         ⅱ.  当社は、リスク管理を担当する機関としてリスクマネジメント委員会を設置し、対応リスクの優先順位
           を決定すると共にタチエスグループのリスク管理に関わる問題と課題を審議する。
         ⅲ.  タチエスグループ各社は、上記問題・課題を踏まえ、各社の特性に応じたリスク対応策を策定し、役員
           及び使用人に周知する。
        (d)  タチエスグループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ⅰ.  当社は、執行役員制度により機動的な業務執行を行う。
         ⅱ.  当社は、タチエスグループ中期経営計画を策定し、タチエスグループ各社は、これを具体化するため年
           度事業計画を策定する。当社は、これらを執行役員会その他の会議体で進捗管理する。
         ⅲ.  タチエスグループ各社は、職務分掌、権限、意思決定その他組織に関する基準を定める。
        (e)  当社子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
         ⅰ.  当社が定める関係会社管理規程をタチエスグループ各社に周知させ、当社への報告と承認を義務付け
           る。
         ⅱ.  タチエスグループ各社は、月次の決算報告や半期毎に行われるパフォーマンスレビューミーティングで
           事業計画の進捗や課題について当社に報告する。
        (f)  監査役の職務を補助すべき使用人に関する体制並びにその使用人の取締役からの独立性に関する事項
         ⅰ.  監査役は必要に応じてその職務を補助すべき使用人を置くことを求めることができる。
         ⅱ.  監査役の職務を補助すべき使用人を置く場合、使用人の人事異動・人事評価・懲戒処分については、監
           査役会の承認を得るものとする。
         ⅲ.  監査役は、経営監査室と連携を保ち効率的な監査を行う。
        (g)  タチエスグループの取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制
         ⅰ.  タチエスグループの取締役及び使用人は、会社に著しい損害を及ぼす恐れのある事実を発見したとき
           は、直ちに監査役会に報告する。
         ⅱ.  タチエスグループの取締役及び使用人は、監査役の求めに応じ、業務執行に関する事項について定期的
           に、また随時監査役に報告を行う。
        (h)  監査役に報告した者が不利な取り扱いを受けないことを確保するための体制
         ⅰ.  タチエスグループ各社は、監査役への報告を行った取締役及び使用人に対し、当該報告をしたことを理
           由として不利な取り扱いを行うことを禁止し、その旨をグループの取締役及び使用人に周知徹底する。
         ⅱ.  タチエスグループ各社の内部通報制度に関する規程において、通報をしたこと自体による解雇その他の
           不利益な取扱いは行わないことを定める。
        (i)  監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費
          用又は債務の処理に係る方針に関する事項
         ⅰ.  当社は、監査役がその職務の遂行について、当社に対し、会社法388条に基づく費用の前払い等の請求
           をしたときは、担当部署において審議の上、速やかに当該費用又は債務の処理を行う。
        (j)  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
         ⅰ.  取締役は、監査役監査が実効的に行われることを確保するため、監査役の重要会議への出席や重要文書
           の閲覧、工場・子会社の実地監査に積極的に協力する。
         ⅱ.  取締役は、監査役が代表取締役及び執行役員、会計監査人と定期的に意見交換できる体制を確保する。
       (エ)   責任限定契約の内容の概要
          当社は、社外取締役及び社外監査役との間で、会社法第427条第1項及び定款の規定に基づき、会社法第
         423条第1項に定める損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限
         度額は、法令が規定する金額であります。
                                 32/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       (オ)   補償契約の内容の概要
          該当事項はありません。
       (カ)   役員等賠償責任保険契約の内容の概要
          当社は会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しており、被
         保険者がその職務の執行に関し責任を負うこと又は当該責任の追及に係る請求を受けることによって生ずる
         ことのある損害を、当該保険契約により填補することとしております。ただし、法令違反の行為であること
         を認識して行った行為に起因して生じた損害は填補されないなど、一定の免責事由があります。
          当該保険契約の被保険者は取締役、監査役及び執行役員であります。また、保険料は全額当社が負担して
         おり、被保険者の保険料負担はありません。
      ③企業統治に関するその他の事項

       当社は、財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社法
      施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       (ア)基本方針の内容

          当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業理念及び企業価値の源泉を理解
         し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を継続的かつ持続的に確保、向上していくことを可能とする者
         であることが必要であると考えております。また、当社の支配権の移転を伴う買収提案についての判断は、
         最終的には当社の株主全体の意思に基づいて行われるべきものと考えております。
          もとより、当社は、当社株式等について大規模買付行為がなされる場合、当社の企業価値の向上や株主共
         同の利益に資するものであれば、これを否定するべきでないと考えておりますが、大規模買付行為の中に
         は、係る行為の目的が当社の企業価値・株主共同の利益を明白に侵害する恐れのあるもの、当社の株主に株
         式の売却を事実上強要する恐れのあるもの、当社の取締役会や株主に対して当該行為に係る提案内容や代替
         案等を検討するための十分な時間や情報を与えないものなど、当社の企業価値・株主共同の利益を毀損する
         恐れのあるものも想定されます。
          当社は、このような企業価値・株主共同の利益に資さない大規模買付行為を行う者は、当社の財務及び事
         業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大規模買付行為に対しては、必要か
         つ相当な措置をとることにより、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えてお
         ります。
       (イ)基本方針の実現に資する特別な取組み

          当社は、創業以来、自動車シートの専門メーカーとして、多くの自動車メーカーよりお取引きいただいて
         おります。このビジネスの特長を活かして、今日まで事業を維持発展させてまいりました。
          当社が関連する自動車業界におきましては、一段と成熟化が進み、今後国内での生産量の増加は期待でき
         ない大変厳しい状況にあります。こうした環境の中、得意先自動車メーカー各社は生き残りを賭けた新たな
         中長期の成長戦略を掲げ、グローバルで活動を推進しており、当社もこの新戦略の流れ、とりわけ新興国を
         中心とした事業展開に挑戦することが、生き残りをかけた正念場であると認識しております。
          このような状況のもと、競争力のあるコストを達成するための体質強化を図り、得意先のニーズに対して
         シート全体の提案ができ、グローバルで生産できる『グローバル・シート・システム・クリエーター』とし
         て、『選ばれ続ける企業』となることを、当社グループの目指す姿として活動に取り組んでおります。
          また、コーポレート・ガバナンスの強化としては、経営責任の明確化、経営の効率化を図るため、取締役
         の任期を1年にすると共に執行役員制度を導入しております。また、経営者や特定の利害関係者の利益に偏
         らない社外取締役3名(弁護士1名、公認会計士1名、企業経営者1名)及び社外監査役2名(弁護士1名、
         公認会計士1名)を選任し、客観的かつ専門的な視点で経営を監視しています。
       (ウ)基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため

         の取組みの具体的内容の概要
          当社は、当社株式の大量取得行為を行おうとする者に対しては、大量取得行為の是非を株主の皆様が適切
         に判断するために必要かつ十分な情報の提供を求め、あわせて当社取締役会の意見等を開示し、株主の皆様
         の検討のための時間の確保に努めるなど、関係法令の許容する範囲内において、適切な措置を講じてまいり
         ます。
       (エ)取組みに対する当社取締役会の判断及び理由

          上記(イ)及び(ウ)に記載した内容は、上記(ア)に記載した基本方針に従い、当社の企業価値ひいては株主
         共同の利益に沿うものであり、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
                                 33/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ④取締役の定数
         当社の取締役は、9名以内とする旨を定款に定めております。
      ⑤取締役の選解任決議の要件

         当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
        席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。また、取締役の選任決議は、累積投票に
        よらない旨を定款に定めております。
      ⑥監査役の選解任決議の要件

         当社の監査役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
        席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。
      ⑦取締役会にて決議できる株主総会決議事項

         当社は、会社法第459条第1項各号に定める剰余金の配当及び自己株式の取得等については、法令に別段の
        定めがある場合を除き、取締役会の決議により行うことができる旨を定款に定めております。
      ⑧株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会の特別決議事項の審議を円滑に行うため、会社法第309条第2項の定めによる株主総会の
        特別決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その
        議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
                                 34/111














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】

      ①役員一覧
    男性  13 名 女性    ―名 (役員のうち女性の比率              ―%)
                                                      所有株式数
      役職名       氏名       生年月日                  略歴              任期
                                                       (千株)
                               日産自動車株式会社入社
                          1980年4月
                               同社グローバルマルチソーシング&エキスポートマ
                          2010年4月
                               ネジメント部長
                               当社入社、顧問
                          2011年4月
                               当社取締役兼副社長執行役員、ビジネス本部統括、
                          2011年6月
                               海外部門長
                               当社ビジネス部門長
                          2012年4月
           中   山   太   郎
     取締役会長             1955年9月18日      生                           (注)4      13
                          2014年4月     当社取締役兼最高執行責任者
                               当社代表取締役社長兼最高執行責任者
                          2014年6月
                               当社グローバル本社担当
                          2017年4月
                               当社最高経営責任者
                          2017年6月
                               当社代表取締役会長
                          2019年6月
                               当社取締役会長(現任)
                          2022年6月
                          1997年4月     当社入社
                               TACLE   Seating   U.S.A.,   LLC(現   TACHI-S
                          2006年8月
                               Automotive     Seating   U.S.A.,   LLC)出向    社長
                               当社執行役員、海外副部門長
                          2011年4月
                               当社日産ビジネス・海外事業管理担当
                          2012年4月
                               当社中国事業担当、泰極愛思(広州)投資有限公司
                          2014年4月
                               (現  泰極愛思(中国)投資有限公司)出向              総経理
    代表取締役社長
                               当社常務執行役員
                          2015年4月
           山 本 雄 一 郎
    最高経営責任者              1968年7月30日      生                           (注)4      102
                               当社コンプライアンス担当
                          2016年4月
    最高執行責任者
                               当社副社長執行役員、日本事業本社社長
                          2017年4月
                               当社取締役兼副社長執行役員
                          2017年6月
                               当社取締役兼最高執行責任者、グローバル本社担当
                          2019年4月
                               (現任)
                          2019年6月     当社代表取締役社長兼最高執行責任者(現任)
                               当社品質統括部門長(現任)
                          2020年4月
                               当社最高経営責任者(現任)
                          2022年4月
                          1986年4月     日産自動車株式会社入社
                               同社中国事業室主管
                          2003年4月
                               東風汽車有限公司出向         財務・IT副総裁
                          2003年7月
                               日産自動車株式会社        関係会社管理部長
                          2009年4月
                               同社経理部担当部長
                          2010年4月
                               同社国内ネットワーク戦略部長
                          2014年4月
     代表取締役
           小 松 篤 司       1963年8月2日      生                           (注)4      7
                               当社入社、顧問
                          2017年4月
      執行役員
                               当社執行役員、経営統括部門長補佐
                          2017年7月
                               当社専務役員、経営統括部門長(現任)
                          2019年4月
                               当社取締役兼専務役員
                          2019年6月
                          2020年4月     当社取締役兼執行役員、
                               コンプライアンス担当(現任)
                               当社代表取締役兼執行役員(現任)
                          2022年6月
                          1973年3月     当社入社
                               当社取締役
                          1982年6月
                               当社常務取締役、生産本部長
                          1993年6月
                               当社代表取締役社長
                          1996年6月
                               当社代表取締役社長兼最高執行責任者
                          2001年6月
      取締役     齊 藤   潔       1947年1月25日      生                           (注)4      602
                               当社代表取締役会長兼最高経営責任者
                          2005年6月
                               当社代表取締役会長
                          2014年4月
                               当社代表取締役相談役
                          2014年6月
                               当社取締役相談役
                          2016年6月
                               当社取締役(現任)
                          2022年6月
                                 35/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
      役職名       氏名       生年月日                  略歴              任期
                                                       (千株)
                               当社入社
                          1984年4月
                               当社武蔵工場長
                          2010年4月
                               当社生産企画部長
                          2012年4月
                               広州泰李汽車座椅有限公司出向            総経理
                          2014年4月
      取締役
                               当社執行役員、中国事業本社            中国生産担当
           伊 藤 孝 男       1965年6月4日      生  2017年4月                         (注)4      3
      執行役員
                               当社専務役員、日本事業本社社長
                          2019年4月
                               当社執行役員、モノづくり副部門長
                          2020年4月
                               当社モノづくり部門長(現任)
                          2022年4月
                               当社取締役兼執行役員(現任)
                          2022年6月
                               日産自動車株式会社入社
                          1986年4月
                               同社インフィニティ事業本部主管
                          2010年4月
                               日産環球股份有限公司出向           グローバルセールス部主
                          2012年4月
                               管
                               日産自動車株式会社        企画人事部主管
                          2013年9月
                               当社入社、ビジネス総括部ジェネラルマネージャー
                          2014年1月
      取締役
                               当社事業総括部ジェネラルマネージャー
           幸 松 栄 夫       1962年9月18日      生  2014年4月                         (注)4      3
      執行役員
                               Industria    de Asiento   Superior,    S.A.  de C.V.出向
                          2014年8月
                               ジェネラルマネージャー
                               同社VP(上級部長)
                          2017年4月
                               当社執行役員、第一事業グループ長
                          2018年4月
                               当社ビジネス部門長(現任)
                          2022年4月
                               当社取締役兼執行役員(現任)
                          2022年6月
                               クーパースアンドライブランドジャパン(現                  PwC
                          1980年1月
                               あらた有限責任監査法人)入所
                               公認会計士登録
                          1983年7月
                               米国クーパースアンドライブランド(現                 プライス
                          1985年2月
                               ウォーターハウスクーパース)ニューヨーク事務所監
                               査マネージャー
                               同デトロイト事務所中西部地区日系企業統括パート
                          1985年11月
      取締役
           木   下   俊   男
                  1949年4月12日      生                           (注)4      ―
                               ナー
      (社外)
                               同ニューヨーク本部事務所全米日系企業統括パート
                          1995年6月
                               ナー
                               米国プライスウォーターハウスクーパースニュー
                          1998年7月
                               ヨーク事務所北米日系企業統括パートナー
                               中央青山監査法人(みすず監査法人へ改称)東京事務
                          2005年7月
                               所国際担当理事
                               当社社外取締役(現任)
                          2015年6月
                          1986年4月     第一東京弁護士会登録、外立法律事務所勤務
                          1987年10月     ブレークモア法律事務所勤務(常松・簗瀬・関根法律
                               事務所へ改称)
                          1990年7月     Nomura   International      plc(英国)出向
                          1991年4月     スローター・アンド・メイ法律事務所(英国)出向
                          1993年1月     常松・簗瀬・関根法律事務所パートナー
                          2000年1月     長島・大野・常松法律事務所パートナー(現任)
      取締役
           三 原 秀 哲       1958年7月8日      生                           (注)4      ―
      (社外)                    2010年4月     法務省法制審議会(会社法制部会)幹事
                          2017年9月     国土交通省・国土審議会土地政策分科会特別部会
                               (所有者不明土地問題検討)専門委員
                          2018年6月     当社社外取締役(現任)
                          2020年9月     東京大学博士(法学)
                          2021年4月     第一東京弁護士会       会長
                               日本弁護士連合会       副会長
                          1978年4月     株式会社共立(現       株式会社やまびこ)入社
                          2006年2月     同社執行役員兼エコー・インコーポレイテッド代表
                               取締役社長
                          2008年2月     同社取締役、執行役員兼エコー・インコーポレイ
                               テッド代表取締役社長
                          2008年12月     同社代表取締役社長、執行役員
                               株式会社やまびこ執行役員
      取締役
           永 尾 慶 昭       1953年2月1日      生                           (注)4      3
      (社外)
                          2009年10月     株式会社やまびこ取締役兼執行役員産業機械本部長
                          2011年6月     同社代表取締役社長兼執行役員
                          2012年6月     同社代表取締役社長執行役員
                          2020年6月     当社社外取締役(現任)
                          2021年1月     株式会社やまびこ代表取締役会長執行役員
                          2021年3月     同社代表取締役会長
                          2022年6月     同社相談役(現任)
                                 36/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数

      役職名       氏名       生年月日                  略歴              任期
                                                       (千株)
                               株式会社三井銀行(現         株式会社三井住友銀行)         入行
                          1985年4月
                               同行監査部上席考査役
                          2009年10月
                               当社入社
                          2012年7月
                               公認会計士登録
                          2013年1月
                               当社関係会社管理部長
                          2013年4月
      監査役
           松 井 尚 純       1960年10月25日      生       当社事業総括部長                    (注)5      3
                          2014年4月
      (常勤)
                               当社財務部長
                          2015年4月
                               TACHI-S   Engineering     U.S.A.,   Inc.出向    ジェネラル
                          2016年4月
                               マネージャー
                               当社経営統括部門ジェネラルマネージャー
                          2018年4月
                               当社監査役(現任)
                          2018年6月
                               日産自動車株式会社入社
                          1982年4月
                               Nissan   Technical    Centre   Europe   開発部門ジェネラ
                          2000年4月
                               ルマネージャー
                               Nissan   North   America,Inc.経営企画室ダイレクター
                          2005年4月
                               兼資源統括部ダイレクター
                               同社内装設計部ダイレクター兼原価改善部ダイレク
                          2009年4月
                               ター
                               Calsonic    Kansei   North   America,Inc.プログラムマ
                          2014年4月
                               ネージメント      シニアダイレクター
      監査役
                               当社入社、車種企画部ジェネラルマネージャー
                          2016年1月
           木 村 正 人       1959年4月16日      生                           (注)5      2
      (常勤)
                               当社第一営業部長
                          2016年4月
                               当社企画室長
                          2018年4月
                               当社第一事業グループ         三菱ビジネスユニット事業
                          2020年4月
                               部 担当VP(上級部長)兼日産ビジネスユニット事
                               業部  担当VP
                               当社第一事業グループ          担当プログラムダイレク
                          2021年4月
                               ター、三菱ビジネスユニット事業部              担当VP兼日産ビ
                               ジネスユニット事業部         担当VP
                               当社監査役(現任)
                          2021年6月
                               東京弁護士会登録
                          1997年4月
                               さくら共同法律事務所入所
      監査役
           松   尾   慎   祐
                  1970年8月4日      生                           (注)5      4
      (社外)
                               さくら共同法律事務所パートナー(現任)
                          2006年6月
                               当社社外監査役(現任)
                          2011年6月
                               監査法人井上達雄事務所(現           有限責任あずさ監査法
                          1980年11月
                               人)入所
      監査役
                               小沢公認会計士事務所代表(現任)
                          1985年10月
           小   澤   伸   光
                  1955年11月16日      生                           (注)5      2
      (社外)
                               当社社外監査役(現任)
                          2015年6月
                               税理士法人小沢会計事務所代表社員(現任)
                          2016年10月
                            計                             744
     (注)   1   取締役    木下俊男氏、三原秀哲氏、永尾慶昭氏は、社外取締役であります。
       2   監査役    松尾慎祐氏、小澤伸光氏は、社外監査役であります。
       3   当社は、企業価値の最大化をめざし、マネジメント機能を充実・強化していくために、執行役員制度を導
         入しております。執行役員は14名で、                  上記の取締役兼務執行役員4名の他、下記の執行役員を選任してお
         ります。
         執行役員        田村   一美、小野      純生、ゴンサロ・エスパルサ、宍戸                 和也、斉藤      正夫、
                  井川   秀秋、久保      芳明、村上      聡謙、原嶋      朝秋、大河内       勉
       4   取締役全員の任期は、2022年3月期に係る定時株主総会終結の時から1年以内に終了する事業年度のうち最
         終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
       5   監査役の任期につきましては下記のとおりであります。
         監査役    松井   尚純         2022年3月期に係る定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年
                        度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         監査役    木村   正人         2020年3月期に係る定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年
                        度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         監査役(社外)松尾          慎祐     2021年3月期に係る定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年
                        度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
         監査役(社外)       小澤   伸光     2019年3月期に係る定時株主総会終結の時から4年以内に終了する事業年
                        度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
                                 37/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       6   当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査
         役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
                                                     所有株式数
             氏名        生年月日                略歴            任期
                                                      (千株)
                            1966年6月       公認会計士登録
                                   木下公認会計士事務所開設
                            1972年4月       中央大学商学部兼任講師
                            1984年10月       監査法人井上達雄会計事務所代表
                                   社員
           木 下 德 明
                   1939年12月5日生                              (注)        ―
                            1993年10月       朝日監査法人(現       有限責任あずさ
                                   監査法人)代表社員
                            2002年4月       中央大学商学部教授
                            2007年6月       当社補欠監査役(現任)
                            2016年1月       A&MIアドバイザーズファーム
                                   株式会社代表取締役社長(現任)
          (注)    補欠監査役の任期は、就任した時から退任した監査役の任期の満了の時までであります。
      ②社外取締役及び社外監査役との関係

          当社の社外取締役は3名、社外監査役は2名であります。社外取締役三原秀哲氏、社外監査役松尾慎祐氏
        は、弁護士として企業法務等の高い専門性と豊富な知識・経験を有しております。また、社外取締役木下俊男
        氏、社外監査役小澤伸光氏は、公認会計士の資格を有しており、会計分野に関する学識経験を通じ、財務・会
        計に関する高い専門性と豊富な知識・経験を有しております。社外取締役永尾慶昭氏は、長年、国内外におけ
        る企業経営に携わっており、経営者として豊富な経験と幅広い知識を有しております。
         社外取締役には、弁護士、公認会計士や社外役員としての高い専門性と豊富な経験・知識を当社の経営に活
        かしていただくと共に、経営者や特定の利害関係者の利益に偏らない客観的かつ専門的な視点で経営を監督し
        ていただくことを期待しております。社外監査役には、弁護士、公認会計士としての高い専門性と豊富な経
        験・知識を監査に活かしていただくことを期待しております。
         なお、社外監査役松尾慎祐氏は、当社が法律顧問契約を締結しているさくら共同法律事務所に所属されてい
        ますが、当社が直近事業年度において同事務所へ支払った弁護士報酬は、当社の連結売上高の0.001%未満、
        同事務所が受領した売上高の0.15%未満と僅少であるため、一般株主と利益相反が生じるおそれがなく、独立
        性に影響を及ぼすものではありません。
         社外監査役松尾慎祐氏、社外監査役小澤伸光氏は当社役員持株会に加入しており、毎月、当社株式の購入積
        立をおこなっております。その他の社外取締役・社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係、その他
        利害関係はありません。 
         また、当社は社外役員の独立性判断基準を次のとおり定めております。
        <社外役員の独立性判断基準の概要>

         社外取締役又は社外監査役(以下、併せて「社外役員」という)が、以下に定める要件を満たすと判断され
        る場合に、独立性を有しているものと判断する。
        (ア)   本人が、当社及び当社の関係会社(以下、「当社グループ」という)の業務執行者又はその出身者でな
           いこと。
        (イ)   過去5年間において、本人の近親者等が当社グループの業務執行者でないこと。
        (ウ)   本人が、現在又は過去5年間において、次に掲げる者に該当しないこと。
         (a)   当社の大株主(総議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している者)又はその業務執行者
         (b)   当社グループが総議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している者又はその業務執行者
         (c)   当社グループを主要な取引先とする者又はその業務執行者
         (d)   当社グループの主要な取引先の業務執行者
         (e)   当社グループの主要な借入先の業務執行者
         (f)   当社の法定監査を行う監査法人に所属する者
         (g)   当社グループから役員報酬以外に年間1千万円を超える金銭その他の財産を得ているコンサルタント、
           会計専門家、法律専門家(法人、組合等の団体である場合は、当該団体に所属する者)
         (h)   当社グループから年間1千万円を超える寄付又は助成を受けている者(法人、組合等の団体である場合
           は、当該団体に所属する者)
         (i)   当社グループから取締役(常勤・非常勤を問わない)を受け入れている会社の業務執行者
        (エ)   本人の近親者等が、現在、上記(ウ)の(a)から(i)のいずれかに該当しないこと。
                                 38/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①監査役監査の状況
       (ア)監査役監査の組織、人員及び手続
          監査役監査の組織、人員及び手続については、「(1)コーポレート・ガバナンスの概要 ②企業統治の
         体制 (ア)体制の概要と当該体制を採用する理由」を参照ください。 
       (イ)監査役及び監査役会の活動状況
          監査役は、監査役会が定めた監査の方針、業務の分担等に従い、取締役会、執行役員会等その他重要な会
         議に出席する他、職務執行状況の聴取、重要な決裁書類等の閲覧、事業所での調査、経営トップ、会計監査
         人及び経営監査室等との定期的会合による意見交換を通じて、取締役の職務執行並びに当社及び子会社の業
         務や財産の状況等について監査を実施しております。また、会計監査人から監査計画の概要、四半期レ
         ビュー及び年度の監査状況について報告を受けると共に、実査への立会等により会計監査人と相互連携を
         図っております。
          監査役会は、取締役会開催に先立ち月次で開催される他、必要に応じ随時開催されております。当事業年
         度に開催した監査役会への各監査役の出席状況は以下のとおりであります。
            役職名           氏名               経歴等              出席回数
                              公認会計士として財務会計等に関する専
           常勤監査役         松 井 尚 純          門知識と、金融機関及び海外現地法人に                     11回/11回中
                              おける豊富な経験を有しております。
                              海外事業会社での豊富な勤務経験と、当
           常勤監査役         木 村 正 人          社における営業、経営企画部門等での幅                     7回/7回中
                              広い経験を有しております。
                              長年の開発、生産部門における豊富な経
           常勤監査役         今 野 一 郎                              4回/4回中
                              験と知見を有しております。
                              弁護士として企業法務の専門的な知識・

           社外監査役         松 尾 慎 祐                              11 回/  11 回中
                              経験等を有しております。
                              公認会計士として豊富な経験と財務知識

           社外監査役
                     小 澤 伸 光                              11回/11回中
           (独立役員)
                              を有しております        。
        (注)2021年6月23日開催の定時株主総会にて、今野一郎氏は退任し、新たに木村正人氏が監査役に就任して
           おります。
                                 39/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
          年間を通じ次のような決議、報告、審議、協議がなされました。
          決議10件         監査計画承認の件、定時株主総会における監査役選任議案についての同意の件、                                     会計
                   監査人再任の件、事業年度に係る監査役会の監査報告書作成の件等
          報告17件         部門長等との意見交換の結果報告について、取締役等の業務執行確認書(上期・                                      下
                   期)の結果報告について、            会計監査人四半期レビュー報告              について等
          審議・協議4件         監査役監査中間       / 期末レポートの件、監査役報酬配分の件、会計監査人の                          報酬等に関
                   する同意について
         表1:監査活動の概要

                   ★取締役会への出席
         (1)  取締役        ★代表取締役・社外取締役との意見交換会(1回                       / 年)
                   監査役監査中間       / 期末レポート報告(2回           / 年)
                   執行役員会、その他重要会議への出席
         (2)  業務執行        部門長等との意見交換会(1回              / 年)
                   重要な決裁書類の閲覧・確認(稟議書・取締役会                       / 執行役員会議事録等)
                   経営監査室との連絡会開催(月次)
                   ★倫理委員会、内部統制推進委員会の参画と情報収集
         (3)  内部監査
                   パフォーマンスレビューミーティング等                  への参画、事業所往査の実施             (リモート監査
                   含む)
                   三者協議会(四半期毎、★社外監査役は原則的に半期)
         (4)  会計監査        会計監査人からの監査計画説明、四半期レビュー報告、監査結果報告
                   会計監査人の評価及び選定の実施
          常勤監査役は、表1に示した内容の監査活動を行いました(★は社外監査役も参画)。また、監査役会を
         補完し、各監査役間の情報共有を図るため監査役ミーティングを監査役会に合わせ開催しています。
      ②内部監査の状況

        当社経営監査室には2名が在籍し、年度監査計画に基づき適法性を基本として妥当性・効率性の観点から当社
       及び子会社の業務監査を実施しております。
        経営監査室は、定期的に監査役と会議を行い、監査役と相互連携を図っております。また、監査役、会計監査
       人、経営統括部門担当役員及び経営監査室で構成する三者協議会を年4回定例的に開催し、コーポレート・ガバ
       ナンス、内部統制、経営全般等に関し、適時、適切な情報交換を行い、相互連携を図っております。
                                 40/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ③会計監査の状況
       (ア)監査法人の名称
          PwCあらた有限責任監査法人
       (イ)継続監査期間
          40年間
          当社は、2008年3月期から継続してPwCあらた有限責任監査法人による監査を受けております。
          なお、当社は、1983年3月期から1988年3月期までは旧監査法人中央会計事務所、1989年3月期から1993
         年3月期までは旧中央新光監査法人、1994年3月期から2000年3月期までは旧中央監査法人、2001年3月期
         から2006年3月期までは旧中央青山監査法人による監査をそれぞれ継続して受け、2007年3月期は旧みすず
         監査法人による監査を受けておりました。
       (ウ)業務を執行した公認会計士及び監査業務に係る補助者の構成
          業務を執行した公認会計士は、齊藤剛氏、千葉達哉氏の2名であります。また、会計監査業務に係る補助
         者は公認会計士3名、その他11名であります。
       (エ)監査法人の選定方針と理由
          監査法人の選定にあたっては、監査法人の専門性、独立性、品質管理体制、グローバルな監査体制及び自
         動車業界に対する知見等を考慮し選定しております。
          なお、当社の会計監査人の解任又は不再任の決定の方針につきましては、次のとおりです。
          監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合、監査役全
         員の同意に基づき会計監査人を解任します。
          この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任
         した旨及びその理由を報告いたします。
          また、監査役会は、会計監査人が職務を適切に遂行することが困難と認められる場合には、株主総会に提
         出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定します。
       (オ)監査役会による監査法人の評価
          当社の監査役会は、「会計監査人の評価及び選定に関する基準」を定め、これを運用しております。その
         基準の概要は、会計監査人からの情報収集と執行部門からの意見聴取をもとに、会計監査人に求められる独
         立性と専門性を有しているか否かを確認するものであります。これらで得た情報と、監査報酬の水準等を総
         合し、監査役会としての評価を行っております。
                                 41/111











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ④監査報酬の内容等
       (ア)監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
          区分
                  監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
         提出会社                56           ―           54           ―
         連結子会社                ―           ―           ―           ―
           計              56           ―           54           ―
       (イ)監査公認会計士等と同一のネットワーク(プライスウォーターハウスクーパース)に対する報酬((ア)
          を除く)
                       前連結会計年度                     当連結会計年度
          区分
                  監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                 基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
         提出会社                ―           1          ―           1
         連結子会社                118           21          135           25
           計             118           23          135           26
          当社における非監査業務の内容は、移転価格のコンサルティング・サービスに係る業務であります。ま
         た、連結子会社における非監査業務の内容は、主に税務コンサルティング及び移転価格税制に関するアドバ
         イザリー業務であります。
       (ウ)その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
         前連結会計年度
          当社の在外連結子会社のうち、TF-METAL                    Americas     Corporation、TF-METAL            U.S.A.,    LLC、Industria        de
         Asiento    Superior,     S.A.   de  C.V.、泰極愛思(中国)投資有限公司、湖南泰極愛思汽車座椅有限公司、襄陽
         東風李爾泰極愛思汽車座椅有限公司、泰極愛思(武漢)汽車内飾有限公司、浙江泰極愛思汽車部件有限公
         司、広州泰昌汽車部件有限公司、浙江泰極信汽車部件有限公司及び浙江富昌泰汽車零部件有限公司を除く在
         外連結子会社については、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク(プライスウォーターハウスクー
         パース)に属するそれぞれの会計事務所に対して、法定監査又は当社連結財務諸表監査の一環として行う監査
         の報酬を支払っております。
         当連結会計年度

          当社の在外連結子会社のうち、TF-METAL                    Americas     Corporation、TF-METAL            U.S.A.,    LLC、Industria        de
         Asiento    Superior,     S.A.   de  C.V.、泰極愛思(中国)投資有限公司、湖南泰極愛思汽車座椅有限公司、襄陽
         東風李爾泰極愛思汽車座椅有限公司、泰極愛思(武漢)汽車内飾有限公司、浙江泰極愛思汽車部件有限公
         司、広州泰昌汽車部件有限公司、浙江泰極信汽車部件有限公司及び浙江富昌泰汽車零部件有限公司を除く在
         外連結子会社については、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク(プライスウォーターハウスクー
         パース)に属するそれぞれの会計事務所に対して、法定監査又は当社連結財務諸表監査の一環として行う監査
         の報酬を支払っております。
       (エ)監査報酬の決定方針
          会計監査人に対する報酬の額の決定に関する方針としましては、当社の国内外の事業規模及び複雑性の観
         点から合理的監査時間を試算し、これをもとに監査役会の同意を得た上で社内規程に従い適切に決定してお
         ります。
       (オ)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
          当社の監査役会は、会計監査人による監査の計画、職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適切であ
         るかについて必要な検証を行った結果、報酬等の額が相当であると判断し、会社法第399条第1項の同意を
         しております。
                                 42/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社の役員の報酬等の額、又はその算定方法に関する方針としては、取締役の報酬は当社グループの持続的
        な成長と中長期的な企業価値の向上を図るインセンティブとして機能させることを主眼に、当社企業価値の利
        益とリスクを株主と共有することを考慮した体系としております。具体的には月額報酬(固定)、賞与及び株
        式報酬(変動)で構成しております。金銭報酬の額は2010年6月25日開催の第58回定時株主総会においてご承
        認いただきました取締役の報酬の限度額(年額280百万円以内(うち社外取締役については年額20百万円以
        内)。ただし、使用人分給与は含みません。)の範囲内で支給することとしております。当該定時株主総会終
        結時点の取締役の員数は9名(うち、社外取締役は1名)です。賞与は、毎年の会社業績、配当、従業員賞与
        の水準、他社の動向及び中長期業績や過去の支給実績などを総合的に勘案して検討を行い、株主総会の決議を
        経て支給することとしております。報酬等の種類ごとの比率は、概ね「固定分」2:「変動分(賞与・株式報
        酬)」1とし、役位が上位の者ほど変動分の割合を高くしております。なお、社外取締役については、その担
        う役割に鑑み、賞与の支給は行ないません。
         監査役報酬は、監査役の独立性を担保するため、会社業績に左右される賞与の支給は行わず、月額報酬のみ
        とした報酬体系としております。なお、執行役員報酬は、従業員の給与・賞与を基準とした報酬体系としてお
        ります。金銭報酬の額は、2010年6月25日開催の第58回定時株主総会においてご承認いただきました監査役の
        報酬の限度額(年額60百万円以内)の範囲内で支給することとしております。当該定時株主総会終結時点の監
        査役の員数は4名(うち、社外監査役は2名)です。
         また、決定方針の決定方法は、外部調査機関による役員報酬調査等を踏まえ、任意の人事報酬委員会(以下
        「人事報酬委員会」といいます。)で審議し、その結果を取締役会に提案し、決議しております。なお、人事
        報酬委員会は、社外取締役3名を含む5名の取締役で構成すると共に、監査役1名がオブザーバーとして出席
        し意見を述べることができる体制としており、年7回開催しております。
         当社は、取締役・監査役の報酬枠及び取締役賞与は、人事報酬委員会での審議、取締役会での決議を経て、
        株主総会の決議で決定することとしております。また、取締役・監査役・執行役員の個々の報酬は、人事報酬
        委員会で十分審議を行った上で、取締役・執行役員については取締役会で、監査役については監査役の協議
        で、それぞれ決定することとしており、審議プロセスの客観性と透明性を確保していることから、その内容は
        決定方針に沿うものであると判断しております。
         なお、当社は、2018年5月14日開催の取締役会において、上記報酬限度額とは別枠で当社の取締役(社外取
        締役、及び非業務執行取締役を除きます。以下も同様です。以下「制度対象者」といいます。)に対し、信託
        を用いた「業績連動型株式報酬」を導入することを決議し、2018年6月22日開催の第66回定時株主総会におい
        て、承認されております。当該定時株主総会終結時点の取締役の員数は7名(うち、社外取締役2名、非業務
        執行取締役は1名)です。
         当該「業績連動型株式報酬」は、取締役の報酬と当社の業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締
        役が株価の変動による利益・リスクを株主と共有することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献
        する意識を高めることを目的としたもので、当社が金銭を拠出することにより設定する信託が当社株式を取得
        し、当社が下記算定式に基づき算出し、各取締役に付与するポイントの数に相当する数の当社株式(1ポイン
        トは当社株式1株とします。ただし、当社株式について、株式分割、株式併合、株式無償割当て等、1ポイン
        ト当たりの交付株式数の調整を行うことが公正であると認められる事象が生じた場合には、かかる分割比率・
        併合比率等に応じた合理的な調整を行うものとします。)が当該信託を通じて各取締役に対して交付される、
        という株式報酬制度です。下記算定式につきましては、複数年にわたる報酬期間の途中で新任役員が就任した
        場合については、当該新任役員にも適用されます。なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則とし
        て取締役の退任時です。
         また、以下のとおり、交付すべき当社株式の全部又は一部については、当社株式の交付に代えて、株式の売
        却代金相当額の金銭を交付します。
          ・各取締役に交付される株式数のうち、30%相当の数については、源泉所得税等の納税資金を当社が源泉
           徴収する目的で、当該信託内において売却換金したうえで、当社株式の交付に代えて当該株式の時価相
           当額の金銭の交付を行います。
          ・取締役が死亡した場合、当社株式の交付に代えて、当該取締役に交付すべき数の株式の時価相当額の金
           銭を当該取締役の遺族に対して交付します。
                                 43/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
          ・当社株式に対して公開買付け(当社が実施する場合を除きます。以下「当社株式公開買付け」といいま
           す。)が実施された場合で、当該信託の信託財産に属する当社株式について三井住友信託株式会社が当
           社株式公開買付けに応募のうえ、当社株式の売却代金の決済がなされた場合には、当社株式の交付に代
           えて、売却代金相当額の金銭を交付します。
          ・取締役が合理的な理由により当社が指定する証券会社に株式の振替口座を開設すること又は開設した株
           式の振替口座に対する株式の振替を行うことが困難な場合には、当社株式の交付に代えて、当該取締役
           に交付すべき数の株式の時価相当額の金銭を交付します。
         なお、自己都合により任期途中で取締役を辞任する者(ただし、業務上の傷病等により取締役会にてやむを
        得ないと判断した場合を除きます。)については、取締役会の決定によりそれまでに付与されていたポイント
        の全部を失効させることがあるものとし、当該取締役は失効したポイントに係る受益権を取得しないものとし
        ます。
         〔評価対象期間(※1)について付与されるポイントの算定式〕

         (1)  役位別基礎ポイント
           役位別基礎金額(※2)÷本信託の保有する当社株式1株当たりの帳簿価格(小数点以下切り上げ)
         (2)  業績目標達成ポイント
           (1)で算出された役位別基礎ポイント×業績連動係数(※3)
           なお、上記計算の結果、業績目標達成ポイントがゼロとなる場合、業績目標達成ポイントは付与されま
          せん。
         (※1)   評価対象期間は、各事業年度(毎年4月1日から翌年3月末日)の期間(なお、初回の評価対象期間
            は2018年4月1日から2019年3月末日までの期間)をいいます。
         (※2)   役位別基礎金額は、下表に定める金額であります。
                   役位               取締役の数(人)               金額(円)
          代表取締役      会長
                                          1           4,480,000
          代表取締役      社長
                                          1           4,480,000
          代表取締役      副社長執行役員
                                          ―           3,780,000
          取締役    執行役員
                                          3           3,120,000
          上記、取締役の数(人)は、2022年6月24日現在における取締役の数であります。
         (※3)   業績連動係数は、当該評価対象期間(各事業年度)の連結ROE(自己資本利益率)の目標値に対する
            達成度に応じて以下のとおりとなります。なお、「業績連動型株式報酬」は、取締役の報酬と当社の
            業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役が株価の変動による利益・リスクを株主と共有
            することで、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的としており
            ますので、連結ROEを選択しております。
            なお、2021年3月26日開催の取締役会において、2018年6月22日開催の第66回定時株主総会の決議に
            より導入された取締役を対象とした「業績連動型株式報酬」を一部変更し、業績指標を親会社株主に
            帰属する当期純利益から連結ROEにしております。
         〔業績連動係数〕

                  業績指標    (連結ROE(※4))達成率                          業績連動係数
          10%以上                                        2.00
          8%以上~10%未満                                         1.80
          7%以上~8%未満                                        1.50
          6%以上~7%未満                                        1.20
          5%以上~6%未満                                        1.00
          5%未満                                        0.00
         (※4)   連結ROEの実績値は、各事業年度の有価証券報告書に記載される連結ROEの値と定めます。
                                 44/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
         〔評価対象期間の途中で新たに制度対象者になった場合又は評価対象期間中に死亡若しくは退任した場合の
         算定式〕
         (1)  役位別基礎ポイント
           役位別基礎金額(※2)÷本信託の保有する会社株式1株当たりの帳簿価額(小数点以下切り上げ)×
           「在位期間月数(※5)」÷12
         (※5)   1カ月単位とし、1カ月未満の端数は15日以上を1カ月とし15日未満は切り捨てることとします。 
         (2)  業績目標達成ポイント

           当該評価対象期間に対する役位別基礎ポイント×業績連動係数(※3)×「在位期間月数(※5)」
           ÷12
           なお、上記計算の結果、業績目標達成ポイントがゼロとなる場合、業績目標達成ポイントは付与されま
          せん。また、制度対象者が事業年度末日時点において当社の取締役に在任していない場合には、業績目標
          達成ポイントは付与されません。
         〔評価対象期間の途中で役位の変更があった場合の役位別基礎ポイントの算定式〕

         役位別基礎ポイント=A+B(小数点以下切り上げ)
         A:  変更前の役位別基礎金額(※2)÷本信託の保有する会社株式1株当たりの帳簿価額×「変更前の役
           位による在位期間月数(※5)」÷12
         B:  変更後の役位別基礎金額(※2)÷本信託の保有する会社株式1株当たりの帳簿価額×「変更後の役
           位による在位期間月数(※5)」÷                12
          なお、変更月の役位は、当該月において、在位日数が多い役位(在位日数が同じ場合は、変更後の役位)
         で算定します。
         (注)   1
             取締役は、法人税法第34条第1項第3号に定める業務執行役員です。
           2
             法人税法第34条第1項3号イに定める「利益の状況を示す指標」は、連結ROEとします。
           3
             法人税法第34条第1項3号イ(1)に定める3事業年度あたりの上限となる「確定数(ポイント)」
             は、下記のとおりとします。なお、1ポイントは当社株式1株とします。ただし、当社株式につい
             て、株式分割、株式併合、株式無償割当て等、1ポイント当たりの交付株式数の調整を行うことが
             公正であると認められる事象が生じた場合には、かかる分割比率・併合比率等に応じた合理的な調
             整を行うものとします。
             なお、下記の「確定数(ポイント)」はあくまで上限であり、実際に制度対象者に付与される株式
             数(ポイント数)は上記の算定式により定まります。
                                  1事業年度あたりのポイントの上限となる確定数

                      役位
                                          (ポイント数)
              代表取締役      会長
                                            14,933
              代表取締役      社長
                                            14,933
              代表取締役      副社長執行役員
                                            12,600
              取締役    執行役員
                                            10,400
             なお、3事業年度あたりの制度対象者全員に対する付与ポイントの合計は168,000ポイントを限度
             とし、これを超える場合は、その範囲に収まるように、以下の計算式により当該評価対象期間に対
             する付与ポイントを調整するものとします。
             「調整後の各制度対象者の付与ポイント数」=「調整前の当該制度対象者の付与ポイント数(当該
             評価対象期間について算出されるポイント数)」×(168,000-当社の株主総会決議における対象
             期間(延長した場合は延長した毎の対象期間)に制度対象者全員に既に付与されたポイント数(消
             滅済みのポイント数を含む)及び当該評価対象期間について既に付与され、かつ消滅済みのポイン
             ト数の合計)÷(「調整前の制度対象者全員(ポイントが消滅済みである制度対象者を除く)に対
             する付与ポイント数の合計」)(小数点以下切り捨て)
                                 45/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                     対象となる
                報酬等の総額
         役員区分                                            役員の員数
                                   業績連動           左記のうち、
                 (百万円)
                       固定報酬       賞与          退職慰労金
                                                      (名)
                                    報酬          非金銭報酬等
      取締役  
                    166      147      ―      18      ―      18       6
      (社外取締役を除く)
      監査役   
                    30      30      ―      ―      ―      ―       3
      (社外監査役を除く)
      社外役員                29      29      ―      ―      ―      ―       5
        (注)1    上記人員及び報酬等の額には、2022年6月24日開催の第70回定時株主総会終結の時をもって退任した
            取締役2名を含んでおります。
          2  上記報酬等のほか、2010年6月              25 日開催の第     58 回定時株主総会において、取締役及び監査役に対する
            役員退職慰労金制度廃止に伴う打ち切り支給を決議しております。当事業年度末現在の今後の打ち切
            り支給予定額は、取締役1名に対し160百万円であります。
          3  取締役(社外取締役を除く)に対する非金銭報酬等の内訳は業績連動報酬18百万円であります。
      ③役員ごとの連結報酬等の総額等

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 46/111















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
     ① 投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専
        ら株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的とし保有するものを純投資目的の投
        資株式とし、それ以外のものを純投資目的以外の目的である投資株式として区分しております。なお、純投資
        目的の投資株式は原則として保有しない方針です。
     ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社グループが自動車部品メーカーとしてグローバル競争を勝ち抜き、今後も持続的に成長していくために
        は、様々なステークホルダーとの協力関係が不可欠であります。事業環境や事業戦略上の要請から保有してい
        る政策保有株式については、今後、事業の深化のために必要なものは保有を継続しますが、事業の新化や進化
        に合わせ縮減を含めて保有内容を変更していきます。具体的には、挑戦目標ROE10%(2024年度)を鑑み、資
        産効率性を絶えず意識し、連結純資産の10%未満での保有を社内基準として対応していきます。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        非上場株式               5               31
        非上場株式以外の株式              17              7,364
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式              ―               ―          ―
                                        得意先の取引先持株会への加入によ
        非上場株式以外の株式               2               44
                                        る取得
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数     株式数の減少に係る売却
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式              ―               ―
        非上場株式以外の株式               5             1,482
                                 47/111








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

                 当事業年度         前事業年度
                                                       当社の
                                      保有目的、定量的な保有効果                  株式の
                 株式数(株)         株式数(株)
         銘柄
                                                       保有の
                                      及び株式数が増加した理由
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                        有無
                  (百万円)         (百万円)
                   1,316,700         1,316,700
                                 既存部品の相互供給、新規部品の開発検討、生
    トヨタ紡織株式会社                                                     有
                                 産拠点・設備の相互活用で連携強化
                     2,636         2,409
                                 得意先との取引をより円滑に進め、事業発展及
                    386,290         373,624
                                 び信頼関係を維持するため
    本田技研工業株式会社                                                     無
                     1,346         1,240
                                 取引先持株会への加入による増加
                                 得意先との取引をより円滑に進め、事業発展及
                    500,000         100,000
                                 び信頼関係を維持するため
    トヨタ自動車株式会社                                                     無
                     1,111          861
                                 株式分割による増加
                   1,302,000         1,302,000
                                 得意先との取引をより円滑に進め、事業発展及
    日産自動車株式会社                                                     無
                                 び信頼関係を維持するため
                      713         801
                                 今後当社が進める事業の「進化」を進めるた
                   1,692,000         1,692,000
    河西工業株式会社                             め、相互に株式を保有し、強固な協力関係で事                       有
                      472         768
                                 業活動を円滑に進める必要があるため
                    425,920         425,920
                                 得意先との取引をより円滑に進め、事業発展及
    日野自動車株式会社                                                     無
                                 び信頼関係を維持するため
                      306         405
                       ―       82,500
    日本電子株式会社                                        ―             無
                       ―        362
                    320,000         320,000
    株式会社今仙電機製作所                             取引先との取引維持と強化                       有
                      192         250
                                 株式相互保有により、様々な領域で相互に情報
                    181,000         181,000
    株式会社ヨロズ                             交換を行い、事業活動の円滑な推進と更なる事                       有
                      160         241
                                 業機会の創出につなげるため
                                 株式相互保有により、様々な領域で相互に情報
                    215,000         215,000
    三桜工業株式会社                             交換を行い、事業経営の円滑な推進と成長機会                       有
                      150         277
                                 の創出につなげるため
                       ―      338,000
    株式会社ミツバ                                        ―             有
                       ―        229
                       ―       61,045
    大和ハウス工業株式会社                                        ―             無
                       ―        197
                       ―      117,000
    株式会社パイオラックス                                        ―             有
                       ―        190
                                 得意先との取引をより円滑に進め、事業発展及
                    180,074         176,166
                                 び信頼関係を維持するため
    日産車体株式会社                                                     無
                      100         140
                                 取引先持株会への加入による増加
                       ―      108,833
    いすゞ自動車株式会社                                        ―             無
                       ―        129
                                 金融取引の円滑化及び企業価値向上並びに経営
                     20,159         20,159
    株式会社三井住友フィナ
                                 課題に対する総合金融グループとしての専門的                       無
    ンシャルグループ
                       78         80
                                 な提案、サポート体制を維持強化するため
                                 今後当社が進める事業の「進化」を進めるた
                     75,000         75,000
    フォスター電機株式会社                             め、相互に株式を保有し、強固な協力関係で事                       有
                       54         97
                                 業活動を円滑に進める必要があるため
                                 金融取引の円滑化及び企業価値向上並びに経営
                     15,460         15,460
    株式会社三菱UFJフィ
                                 課題に対する総合金融グループとしての専門的                       無
    ナンシャル・グループ
                       11         9
                                 な提案、サポート体制を維持強化するため
                                 48/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
                 当事業年度         前事業年度
                                                       当社の
                                      保有目的、定量的な保有効果                  株式の
                 株式数(株)         株式数(株)
         銘柄
                                                       保有の
                                      及び株式数が増加した理由
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                        有無
                  (百万円)         (百万円)
                                 主幹事証券として、資本政策・事業戦略の他、
                     6,482         6,482
    株式会社みずほフィナン
                                 当社の経営課題に対する総合的な提案、サポー                       無
    シャルグループ
                       10         10
                                 ト体制強化のため
                     30,000         30,000
                                 得意先との取引をより円滑に進め、事業発展及
    三菱自動車工業株式会社                                                     無
                                 び信頼関係を維持するため
                       9         9
                                 金融取引の円滑化及び企業価値向上並びに経営
                     15,995         15,995
    株式会社りそなホール
                                 課題に対する専門的な提案、サポート体制を維                       無
    ディングス
                       8         7
                                 持強化するため
                                 金融取引の円滑化及び企業価値向上並びに経営
                      300         300
    三井住友トラスト・ホー
                                 課題に対する専門的な提案、サポート体制を維                       無
    ルディングス株式会社
                       1         1
                                 持強化するため
    (注)1 貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下のものも含め、すべての特定投資株式を記載しております。
       2 定量的な保有効果については記載が困難であります。毎年4月の取締役会において、保有するすべての政策
         保有株式の保有目的や経済合理性等を具体的に精査及び保有の適否を検証しており、保有目的に合致しない
         ものは売却する方針であります。
       3 「―」は当該銘柄を保有していないことを示しております。
    みなし保有株式

     該当事項はありません。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 49/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1   連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

    (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基
     づいて作成しております。
    (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づいて

     作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、PwCあらた有限責
     任監査法人の監査を受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、会計基準等の内容及び変更等を適切に把握するために、公益財団法人財務会計基準機構へ加入し、各種情
     報を取得するとともに、専門的情報を有する団体等が主催する研修・セミナーへの参加、会計専門誌の定期購読によ
     り、連結財務諸表等の適正性確保に取り組んでおります。
                                 50/111














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                29,757              32,046
        受取手形及び売掛金                                39,327                 -
                                                    ※1  3,715
        受取手形                                   -
                                                   ※1  36,164
        売掛金                                   -
        有価証券                                   -             361
        商品及び製品                                2,110              2,666
        仕掛品                                  731              749
        原材料及び貯蔵品                                9,839              13,254
        その他                                5,235              5,077
                                        △ 789              △ 42
        貸倒引当金
        流動資産合計                                86,213              93,994
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               11,492              11,257
         機械装置及び運搬具(純額)                               11,571              10,898
         土地                               7,817              6,565
         建設仮勘定                               1,802              3,717
                                        4,527              4,317
         その他(純額)
                                   ※2 , ※4  37,212          ※2 , ※4  36,756
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         のれん                                 32               -
                                        1,335              1,302
         その他
         無形固定資産合計                               1,368              1,302
        投資その他の資産
                                     ※3  13,711            ※3  12,733
         投資有価証券
         長期貸付金                                 6              11
         繰延税金資産                               3,806              4,703
         退職給付に係る資産                               1,093              1,175
                                      ※3  7,659            ※3  8,748
         その他
                                         △ 78             △ 427
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               26,200              26,944
        固定資産合計                                64,780              65,003
      資産合計                                 150,994              158,997
                                 51/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                32,277              34,549
                                      ※4  9,819           ※4  15,499
        短期借入金
        リース債務                                  842              787
        未払法人税等                                  447              916
        未払費用                                7,851              8,744
                                      ※4  4,005            ※4  4,584
        その他
        流動負債合計                                55,243              65,081
      固定負債
                                      ※4  8,500            ※4  6,500
        長期借入金
        リース債務                                2,256              2,242
        繰延税金負債                                3,845              3,126
        役員退職慰労引当金                                   8              11
        株式給付引当金                                  103              191
        退職給付に係る負債                                1,464              1,698
        資産除去債務                                   -             247
                                       ※4  901            ※4  718
        その他
        固定負債合計                                17,080              14,734
      負債合計                                 72,324              79,816
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                9,040              9,040
        資本剰余金                                8,700              8,713
        利益剰余金                                50,664              47,285
                                       △ 1,451             △ 1,462
        自己株式
        株主資本合計                                66,954              63,577
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                1,967              1,215
        為替換算調整勘定                                3,396              7,938
                                         220              131
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                5,584              9,285
      非支配株主持分                                  6,131              6,318
      純資産合計                                 78,670              79,181
     負債純資産合計                                  150,994              158,997
                                 52/111








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                   ※1  206,441
     売上高                                  198,500
                                     ※5  188,938            ※5  193,573
     売上原価
     売上総利益                                   9,561              12,867
     販売費及び一般管理費
      従業員給料及び手当                                  6,034              5,962
      退職給付費用                                   142               68
      役員退職慰労引当金繰入額                                    2              2
      発送運賃                                  1,729              2,038
      減価償却費                                  1,200               866
      貸倒引当金繰入額                                   623               30
                                        7,584              8,102
      その他
                                     ※5  17,315            ※5  17,071
      販売費及び一般管理費合計
     営業損失(△)                                  △ 7,753             △ 4,203
     営業外収益
      受取利息                                   232              308
      受取配当金                                   169              212
      持分法による投資利益                                  1,018              1,339
                                         825              583
      雑収入
      営業外収益合計                                  2,244              2,443
     営業外費用
      支払利息                                   271              288
      為替差損                                  1,189               818
                                         299              669
      雑支出
      営業外費用合計                                  1,760              1,776
     経常損失(△)                                  △ 7,270             △ 3,536
     特別利益
                                        ※2  3          ※2  3,042
      固定資産売却益
                                       ※6  107           ※6  1,158
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                   111             4,201
     特別損失
                                       ※3  271            ※3  108
      固定資産処分損
                                      ※4  3,158             ※4  684
      減損損失
                                                     ※7  386
      子会社清算損                                    -
                                      ※8  2,394             ※8  146
      特別退職金
      事業構造改善費用                                    -             110
      投資有価証券評価損                                    7              -
                                         120               -
      関係会社出資金評価損
      特別損失合計                                  5,952              1,436
     税金等調整前当期純損失(△)                                  △ 13,110               △ 772
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,183              1,803
                                        △ 967             △ 830
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    215              973
     当期純損失(△)                                  △ 13,326              △ 1,745
     非支配株主に帰属する当期純利益                                    375              314
     親会社株主に帰属する当期純損失(△)                                  △ 13,701              △ 2,059
                                 53/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     当期純損失(△)                                  △ 13,326              △ 1,745
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  1,441              △ 751
      為替換算調整勘定                                  △ 360             4,090
      退職給付に係る調整額                                   173              △ 89
                                         148             1,184
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※1  1,402            ※1  4,434
      その他の包括利益合計
     包括利益                                  △ 11,923               2,689
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                △ 12,422               1,641
      非支配株主に係る包括利益                                   498             1,047
                                 54/111















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
     前連結会計年度(自         2020年4月1日         至  2021年3月31日)
                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              9,040       8,700       64,812       △ 1,498       81,055
    当期変動額
     剰余金の配当                            △ 447             △ 447
     親会社株主に帰属する
                                △ 13,701             △ 13,701
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                    △ 0      △ 0
     自己株式の処分                                    47       47
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                ―       ―     △ 14,148         47     △ 14,101
    当期末残高              9,040       8,700       50,664       △ 1,451       66,954
                        その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高               525      3,743        47      4,316       6,608       91,980
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 447
     親会社株主に帰属する
                                                     △ 13,701
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                                  △ 0
     自己株式の処分                                                   47
     株主資本以外の項目の
                   1,441       △ 347       173      1,267       △ 477       790
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              1,441       △ 347       173      1,267       △ 477     △ 13,310
    当期末残高              1,967       3,396        220      5,584       6,131       78,670
                                 55/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自         2021年4月1日         至  2022年3月31日)

                                          (単位:百万円)
                              株主資本
                 資本金      資本剰余金       利益剰余金        自己株式      株主資本合計
    当期首残高              9,040       8,700       50,664       △ 1,451       66,954
    当期変動額
     剰余金の配当                           △ 1,318             △ 1,318
     親会社株主に帰属する
                                △ 2,059             △ 2,059
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                   △ 256      △ 256
     自己株式の処分                      12              245       257
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                ―       12     △ 3,378        △ 11     △ 3,377
    当期末残高              9,040       8,713       47,285       △ 1,462       63,577
                        その他の包括利益累計額

                                            非支配株主持分        純資産合計
               その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利益
                      為替換算調整勘定
                評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高              1,967       3,396        220      5,584       6,131       78,670
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 1,318
     親会社株主に帰属する
                                                      △ 2,059
     当期純損失(△)
     自己株式の取得                                                 △ 256
     自己株式の処分                                                  257
     株主資本以外の項目の
                   △ 751      4,542        △ 89      3,701        187      3,888
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計              △ 751      4,542        △ 89      3,701        187       511
    当期末残高              1,215       7,938        131      9,285       6,318       79,181
                                 56/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純損失(△)                                △ 13,110               △ 772
      減価償却費                                  6,708              5,631
      減損損失                                  3,158               684
      のれん償却額                                    10              10
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   517             △ 406
      受取利息及び受取配当金                                  △ 401             △ 520
      支払利息                                   271              288
      持分法による投資損益(△は益)                                 △ 1,018             △ 1,339
      固定資産処分損益(△は益)                                   267            △ 2,933
      投資有価証券売却損益(△は益)                                  △ 107            △ 1,158
      売上債権の増減額(△は増加)                                  2,054              2,462
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                  1,049             △ 2,946
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 1,859              △ 351
                                         236              291
      その他
      小計                                 △ 2,221             △ 1,059
      利息及び配当金の受取額
                                        1,649              2,287
      利息の支払額                                  △ 210             △ 268
                                       △ 1,163             △ 1,314
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,945              △ 354
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                 △ 1,335              △ 523
      定期預金の払戻による収入                                   876              562
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 4,927             △ 3,994
      有形固定資産の売却による収入                                    63             4,442
      投資有価証券の取得による支出                                  △ 351             △ 580
      投資有価証券の売却による収入                                   274             1,482
                                        △ 926              618
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 6,326              2,006
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  8,337              3,392
      長期借入金の返済による支出                                 △ 1,000             △ 1,000
      自己株式の増減額(△は増加)                                    47               1
      自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
      非支配株主への配当金の支払額                                  △ 975             △ 860
      配当金の支払額                                  △ 447            △ 1,317
                                        △ 832            △ 1,028
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                  5,128              △ 812
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    410             1,323
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 2,732              2,163
     現金及び現金同等物の期首残高                                   29,929              27,196
                                     ※1  27,196            ※1  29,360
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 57/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1   連結の範囲に関する事項
     (1)  連結子会社の数                 31 社
       (会社名については「第1            企業の概況      4   関係会社の状況」参照)
        (連結の範囲の変更に関する事項)
         連結子会社であった         PT.TACHI-S      Indonesiaは、清算が結了したため、当連結会計年度より                           連結の範囲から除
        外しております。
     (2)  主要な非連結子会社の名称等

        会社名:タチエスサービス㈱、泰極愛思(鄭州)汽車座椅研発有限公司、TACHI-S                                       Engineering      Vietnam    Co.,
            Ltd.、APM     TACHI-S    Seating    Systems    Vietnam    Co.,   Ltd.
        (連結の範囲から除いた理由)
         非連結子会社については、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う
        額)等を勘案しても小規模であり、全体としても連結財務諸表に重要な影響を与えていないため連結の範囲か
        ら除外しております。
    2   持分法の適用に関する事項

     (1)  持分法適用の非連結子会社の数                      1 社
       会社名:泰極愛思(鄭州)汽車座椅研発有限公司
     (2)  持分法適用の関連会社の数                          4 社
        会社名:錦陵工業㈱、TechnoTrim,                 Inc.、鄭州泰新汽車内飾件有限公司、大連東風李爾泰極愛思汽車座椅有限
            公司
     (3)  持分法を適用しない主要な非連結子会社及び関連会社の名称等
       非連結子会社
            タチエスサービス㈱、TACHI-S              Engineering      Vietnam    Co.,  Ltd.、APM     TACHI-S    Seating    Systems    Vietnam
        会社名:
            Co.,  Ltd.
       関連会社

        会社名:鄭州泰之新汽車座椅有限公司、武漢東実李爾泰極愛思汽車座椅有限公司、APM                                           TACHI-S    Seating
            Systems    Sdn.   Bhd.
        (持分法を適用しない理由)
         持分法非適用会社は、いずれも当期純損益及び利益剰余金等に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても
        その影響の重要性がないため持分法の適用の範囲から除外しております。
     (4)  持分法適用会社の事業年度等に関する事項
        持分法適用会社のうち、錦陵工業㈱、TechnoTrim,                        Inc.の決算日は9月30日であり、連結財務諸表の作成に当
       たっては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。また、泰極愛思(鄭州)汽
       車座椅研発有限公司、鄭州泰新汽車内飾件有限公司、大連東風李爾泰極愛思汽車座椅有限公司の決算日は12月31
       日であり、連結財務諸表の作成に当たっては、同日現在の財務諸表を使用しております。
    3   連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、TACHI-S              Automotive      Seating    U.S.A.,    LLC、TACHI-S       Engineering      Latin   America,     S.A.   de
      C.V.、Industria         de  Asiento    Superior,     S.A.   de  C.V.、SETEX       Automotive      Mexico,    S.A.   de  C.V.、TACHI-S
      Brasil    Industria     de  Assentos     Automotivos      Ltda.、泰極愛思(中国)投資有限公司、武漢東風泰極愛思安道拓汽
      車座椅有限公司、広州泰李汽車座椅有限公司、                      湖南泰極愛思汽車座椅有限公司、                襄陽東風李爾泰極愛思汽車座椅有
      限公司、泰極(広州)汽車内飾有限公司、泰極愛思(武漢)汽車内飾有限公司、浙江泰極愛思汽車部件有限公司、
      浙江泰極信汽車部件有限公司、               TACHI-S    (Thailand)      Co.,   Ltd.、TACHI-S Automotive              Seating    (Thailand)      Co.,
      Ltd.の決算日は12月31日であり、連結財務諸表の作成に当たっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日と
      の間に生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っております。
       その他の連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
                                 58/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    4   会計方針に関する事項 
     (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法 
      ①有価証券 
       その他有価証券
                        時価法
        市場価格のない株式等以外のもの
                        (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は総平均法により
                        算定)
        市場価格のない株式等                 主として総平均法による原価法
      ②デリバティブ                   時価法
      ③棚卸資産 
                        主として総平均法による原価法
       製品・仕掛品(量産品)、原材料
                        (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
                        主として個別法による原価法
       その他の製品・仕掛品
                        (貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
       貯蔵品 
                        最終仕入原価法
     (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法 
      ①有形固定資産 
        当社及び国内連結子会社は、主として定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(附属設備は除
       く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物は定額法)によっております。在外連結子会
       社は主として定額法を採用しております。 
      ②無形固定資産 
        定額法 
        なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によって
       おります。 
      ③長期前払費用 
        定額法
     (3)  重要な引当金の計上基準 
      ①貸倒引当金 
        債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については主として貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定
       の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。 
      ②役員賞与引当金 
        定時株主総会での承認を条件に支給される役員賞与金に備えるため、当連結会計年度における支給見込額に基
       づき計上しております。 
      ③役員退職慰労引当金 
        連結子会社のうち2社については、役員の退職慰労金の支給に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上
       しております。
      ④株式給付引当金
        業績連動型株式報酬制度による株式給付に備えるため、当連結会計年度末における株式給付債務の見込額に基
       づき計上しております。
     (4)  退職給付に係る会計処理の方法
      ①退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       給付算定式基準によっております。
      ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用は、主としてその発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法に
       より費用処理しております。
        数理計算上の差異は、主として各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数
       (10年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
     (5)  重要な収益及び費用の計上基準
        当社及び連結子会社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び当該
       履行義務を充足する通常の時点(収益を認識する通常の時点)は次のとおりであります。
        当社及び連結子会社の主要な事業は自動車座席事業であります。当該事業においては、主に自動車座席の製造
       及び販売を行っており、当該販売については、顧客に引き渡された時点又は顧客が検収した時点で収益を認識し
       ております。ただし、当該国内の販売については、出荷時点で収益を認識することとしております。なお、当社
       グループは、得意先から仕入れた部品及び原材料(以下「有償支給品」という。)に対し、加工を行った上で仕
       入価格に加工費等を上乗せした製品を当該得意先に対して販売する取引(以下「有償支給取引」という。)を
       行っております。有償支給取引については、                     有償支給元が実質的に有償支給品を買い戻す義務を負っている場合
       には、当該取引の加工費等を純額で収益として認識しております。
                                 59/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (6)  のれんの償却方法及び償却期間 
        のれんは、5年間で均等償却をしております。 
     (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
        連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及
       び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期
       限の到来する短期投資からなっております。
      (重要な会計上の見積り)

       連結財務諸表上で認識する金額に重要な影響を与える会計方針の適用に際して行う判断に関する情報は、「第
      5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                     連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要
      な事項」に含まれております。翌連結会計年度において重要な修正をもたらす可能性のある仮定が含まれており、
      経営者による重要な判断を伴う事項は以下のとおりであります。
      (1) 会計上の見積りの内容を表す項目名
        当社の自動車座席事業における固定資産の回収可能性
      (2) 当年度の連結財務諸表に計上した金額

                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        土地                       4,692百万円                 3,311百万円
        建物及び構築物                       3,447百万円                 3,190百万円
        機械装置及び運搬具                       1,284百万円                 1,062百万円
        その他                        939百万円                 859百万円
        計                       10,364百万円                 8,424百万円
      (3) 会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報

        詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)                            連結財務諸表 注記事項 (連結損益計算書関
       係) ※4     減損損失 をご参照ください。
      (会計方針の変更)

       (収益認識に関する会計基準)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当連結会計年度の期首から適用
       し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれ
       る金額で収益を認識することとしております。
        収益認識会計基準等の適用による主な変更点は次のとおりです。
        当社グループは、有償支給取引を行っております。収益認識会計基準等の適用により、有償支給元が実質的に
       有償支給品を買い戻す義務を負っている場合には、有償支給取引に係る「売上高」と「売上原価」について総額
       表示ではなく、当該取引の加工費等を「売上高」で純額表示しております。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おり、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定める方法を
       適用し、当連結会計年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約
       に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。なお、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適
       用した場合の期首の利益剰余金に累積的影響額はありません。
        この結果、当      連結会計年度の売上高は22,824百万円、売上原価は22,824百万円それぞれ減少しております。
        また、収益認識会計基準等の適用により、                    前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示し
       ていた「受取手形及び売掛金」は、当連結会計年度より「受取手形」、「売掛金」に含めて表示し                                              、有償支給品
       並びに製品に含む有償支給品の棚卸高を「原材料及び貯蔵品」並びに「商品及び製品」として表示せず、流動資
       産の「その他」として表示しております。                    ただし、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従っ
       て、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。
        なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」
       注記については記載しておりません。
                                 60/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       (時価の算定に関する会計基準)
        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
       う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企
       業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定め
       る新たな会計方針を将来にわたって適用することとしております。なお、連結財務諸表に与える影響はありませ
       ん。
        また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこ
       ととしました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2019年
       7月4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては
       記載しておりません。
      (表示方法の変更)

       連結貸借対照表
        前連結会計年度において、「流動負債」の「その他」に含めておりました「リース債務」及び「固定負債」の
       「その他」に含めておりました「リース債務」は、金額的重要性が高まったため、当連結会計年度より独立掲記
       することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを
       行っております。この結果、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動負債」の「その他」に表示して
       いた  4,847   百万円は、「リース債務」            842  百万円、「その他」         4,005   百万円として組み替えております。また、「固
       定負債」の「その他」に表示していた                 3,158   百万円は「リース債務」           2,256   百万円、「その他」         901  百万円として組
       み替えております。
      (追加情報)

       (業績連動型株式報酬制度の導入)
       1 取締役向け株式交付信託
        当社は、2018年6月22日開催の第66回定時株主総会決議に基づき、当社取締役(社外取締役及び非業務執行取
       締役を除きます。以下も同様です。)を対象に、当社株式を用いた取締役向け株式報酬制度(以下、「本制度」
       といいます。)を導入しております。
        なお、本制度に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する
       実務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じております。
        (1)  取引の概要

          本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」といいます。)が当社株式を
        取得し、各取締役に対して、当社の定める取締役向け株式交付規程に従って各取締役に付与されるポイントの
        数に相当する数の当社株式が本信託を通じて交付される株式報酬制度であります。
         なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時であります。
        (2)  信託に残存する自社の株式

          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己
        株式として計上しております。当連結会計年度末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、143百万円
        及び90,500株であります。
       2 従業員向け株式交付信託

        当社は、2018年8月9日の取締役会決議に基づき、当社従業員のうち一定の要件を満たす者を対象に、当社株
       式を用いた従業員向け株式報酬制度(以下、「本制度」といいます。)を導入しております。
        なお、本制度に関する会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実
       務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)を適用しております。
        (1)  取引の概要

          本制度は、当社が金銭を拠出することにより設定する信託(以下、「本信託」といいます。)が当社株式を
        取得し、各従業員に対して、当社の定める執行役員等向け株式交付規程に従って各従業員に付与されるポイン
        トの数に相当する数の当社株式が本信託を通じて交付される株式報酬制度であります。
          なお、従業員が当社株式の交付を受ける時期は、原則として退職時であります。
        (2)  信託に残存する自社の株式

          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己
        株式として計上しております。当連結会計年度末における当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、485百万円
        及び300,198株であります。
                                 61/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1 受取手形、売掛金のうち、顧客との契約から生じた債権の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)                                                      3
      (1)  契約資産の残高等」に記載しております。
    ※2    有形固定資産の減価償却累計額

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        有形固定資産の減価償却累計額                       77,365   百万円              82,918   百万円
    ※3    非連結子会社及び関連会社に係る注記

       各科目に含まれている非連結子会社及び関連会社に対するものは次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                            ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        投資その他の資産
         投資有価証券(株式)
                               4,629百万円                 4,764百万円
         その他(出資金)
                               5,439百万円                 6,242百万円
    ※4    担保に供している資産及び担保に係る債務

     (1)  担保に供している資産は次のとおりであります。 
                            前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                                            ( 2022年3月31日       )
                            ( 2021年3月31日       )
        土地                       1,062百万円                 1,062百万円
        建物及び構築物                       2,535百万円                 2,298百万円
        機械装置及び運搬具                         0百万円                 0百万円
        計                       3,598百万円                 3,361百万円
       上記のうち財団抵当に供している資産は次のとおりであります。

                            前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                                            ( 2022年3月31日       )
                            ( 2021年3月31日       )
        土地                       1,047百万円                 1,047百万円
        建物及び構築物                       1,261百万円                 1,074百万円
        機械装置及び運搬具                         0百万円                 0百万円
        計                       2,308百万円                 2,121百万円
     (2)  担保に係る債務は次のとおりであります。

                            前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                                            ( 2022年3月31日       )
                            ( 2021年3月31日       )
        短期借入金                       7,852百万円                11,441百万円
        流動負債その他                         27百万円                 27百万円
        長期借入金                       6,300百万円                 5,300百万円
        固定負債その他                        401百万円                 373百万円
        計                       14,582百万円                 17,143百万円
       上記のうち財団抵当に対応する債務は次のとおりであります。

                            前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                                            ( 2022年3月31日       )
                            ( 2021年3月31日       )
        短期借入金                       7,852百万円                11,441百万円
        長期借入金                       6,300百万円                 5,300百万円
                                 62/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     5 コミットメントライン              契約
        当社は、財務基盤の安定性確保及び運転資金の機動的な調達を目的として、取引銀行との間でコミットメン
       トライン契約を締結しております。連結会計年度末におけるコミットメントライン契約に係る借入未実行残高
       等は次のとおりであります。
                            前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                                            ( 2022年3月31日       )
                            ( 2021年3月31日       )
       コミットメントライン契約の総額
                               6,500百万円                 4,500百万円
       (円建)
       借入実行残高                         ―百万円                 ―百万円
       差引額                       6,500百万円                 4,500百万円
                            前連結会計年度

                                             当連結会計年度
                                            ( 2022年3月31日       )
                            ( 2021年3月31日       )
       コミットメントライン契約の総額
                               50,000千USD                 70,000千USD
       (USD建)
       借入実行残高                       34,800千USD                 60,800千USD
       差引額                       15,200千USD                 9,200千USD
      (連結損益計算書関係)

    ※1    顧客との契約から生じる収益
       売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
      契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(セグメント情報等)                                    3.報告セグメントごとの売上高、
      利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報」に記載しております。
    ※2    固定資産売却益の内容は次のとおりであります。 

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        建物及び構築物                         0百万円                 1百万円
        機械装置及び運搬具                         3百万円                51百万円
        土地                         ―百万円               2,985百万円
        その他                         0百万円                 4百万円
        計                         3百万円               3,042百万円
       当連結会計年度で認識した土地の固定資産売却益                       2,985百万円は、中期経営計画に基づき工場/事業所の再編、
      物流効率化を含む収益構造の改善の一環として2021年12月13日に実施した当社平塚工場敷地の売却に係るものであ
      ります。    当該土地については、他工場への生産移管に一定の期間を要するため、売却後も、買主との間で使用貸借
      契約を締結し、平塚工場での生産が終了し土地を明け渡す2023年9月までの間、引き続き当社での使用を予定して
      おります。
       当該取引は、セール・アンド・リースバック取引に該当するため、会計制度委員会報告第15号「特別目的会社を
      活用した不動産の流動化に係る譲渡人の会計処理に関する実務指針」等に基づき、土地の譲渡価格、リース取引の
      分類及び賃借料並びに当社に残存するリスク負担の割合等について検討しました。その結果、買手への売却時点で
      当該土地のリスクと経済価値のほとんどすべてが買手に移転したと判断し、対象となる土地の消滅及び固定資産売
      却益を認識しております。
    ※3    固定資産処分損の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        建物及び構築物                         36百万円                 2百万円
        機械装置及び運搬具                        203百万円                 60百万円
        土地                         ―百万円                 4百万円
        その他                         32百万円                 41百万円
        計                        271百万円                 108百万円
                                 63/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    ※4    減損損失
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
           場所            用途              種類             減損損失
                                  建物及び構築物                  333百万円
      日本
                     事業用資産            機械装置及び運搬具                  1,650百万円
      東京都青梅市他
                                    その他                761百万円
                                  建物及び構築物                  109百万円
      ブラジル
                     事業用資産            機械装置及び運搬具                   231百万円
      リオデジャネイロ州
                                    その他                 71百万円
       当社は、事業の種類に基づいてグルーピングを行っており、連結子会社については各社の事業の実態を考慮し、
      主として各会社単位でグルーピングしております。また、遊休資産については個々の資産単位でグルーピングして
      おります。
       当社は、減損損失の測定において使用する回収可能価額として「使用価値」と「正味売却価額」のいずれか高い
      金額を用いております。「使用価値」には、将来キャッシュ・フローの見積りの前提となる中期経営計画における
      受注台数や営業利益率及び中期経営計画以降の市場成長率といった企業の外部環境の影響を受ける仮定が含まれて
      います。「正味売却価額」は、資産グループの不動産鑑定評価額に基づいて算定しており、不動産鑑定評価には価
      格算定方法として複数の見積り手法が存在し、その選択には判断が伴っております。これらの見積り項目には不確
      実性が含まれているため、見積りの前提条件の変化等により回収可能価額が変動する可能性があります。
       新型コロナウイルス感染症による需要減少等の理由により2020年3月期及び2021年3月期と連続して営業損失が
      発生しており、自動車座席事業に関して減損の兆候を識別したため、当社の自動車座席事業における有形固定資産
      及び無形固定資産について、割引前将来キャッシュ・フローを検討した結果、回収可能価額が帳簿価額を下回るこ
      とになったため、減損損失2,745百万円を計上しております。また、在外連結子会社であるTACHI-S                                                  Brasil
      Industria     de  Assentos     Automotivos      Ltda.において、自動車座席事業における収益性の低下がみられることから、
      減損損失412百万円計上しております。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

           場所            用途              種類             減損損失
                                  建物及び構築物                  443百万円
      日本
                     事業用資産            機械装置及び運搬具                    72百万円
      神奈川県平塚市
                                    その他                 13百万円
                                 機械装置及び運搬具                   132百万円
      中国
                     事業用資産
      湖南省
                                    のれん                 22百万円
       当社は、事業の種類に基づいてグルーピングを行っており、連結子会社については各社の事業の実態を考慮し、
      主として各会社単位でグルーピングしております。また、遊休資産については個々の資産単位でグルーピングして
      おります。
       当社は、減損損失の測定において使用する回収可能価額として「使用価値」と「正味売却価額」のいずれか高い
      金額を用いております。「使用価値」には、将来キャッシュ・フローの見積りの前提となる中期経営計画における
      受注台数や営業利益率及び中期経営計画以降の市場成長率といった企業の外部環境の影響を受ける仮定が含まれて
      います。「正味売却価額」は、資産グループの不動産鑑定評価額に基づいて算定しており、不動産鑑定評価には価
      格算定方法として複数の見積り手法が存在し、その選択には判断が伴っております。これらの見積り項目には不確
      実性が含まれているため、見積りの前提条件の変化等により回収可能価額が変動する可能性があります。
       新型コロナウイルス感染症による需要減少及び半導体供給不足等による得意先の生産調整等の理由により、2021
      年3月期及び2022年3月期と連続して営業損失が発生しており、自動車座席事業に関して減損の兆候を識別したた
      め、当社の自動車座席事業における有形固定資産及び無形固定資産における割引前将来キャッシュ・フロー及び回
      収可能価額を検討した結果、回収可能価額が帳簿価額を上回るため、自動車座席事業について固定資産の減損損失
      を計上しておりません。
       なお、当社平塚工場に関連する資産については、敷地が売却されたことに伴い、自動車座席事業における他の資
      産グループと切り離し、個別の単位としてグルーピングしております。                                 平塚工場に関連する資産については、敷地
      が売却されたことに伴い、使用範囲又は方法について回収可能価額を著しく低下させる変化が生じたため、減損の
      兆候を識別しました。その結果、当該資産グループについて、回収可能価額まで帳簿価額を減額し、当該減少額を
      減損損失として529百万円計上しております。
       また、在外連結子会社である湖南泰極愛思汽車座椅有限公司において、自動車座席事業における収益性の低下が
      みられることから、有形固定資産について減損損失132百万円を計上しております。あわせて、湖南泰極愛思汽車座
      椅有限公司に係るのれんについても、当初想定していた収益が見込めなくなったため、未償却残高を減損損失とし
      て特別損失に計上しております。
                                 64/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    ※5    一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は次のとおりであります。
                前連結会計年度                         当連結会計年度

              (自    2020年4月1日                      (自    2021年4月1日
               至   2021年3月31日       )                至   2022年3月31日       )
                 4,804   百万円                      4,242   百万円
    ※6    投資有価証券売却益の内容は次のとおりであります。

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        当社が保有する投資有価証券のうち国内上場株式1銘柄を売却したことによるものであります。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        当社が保有する投資有価証券のうち国内上場株式5銘柄を売却したことによるものであります。
    ※7    子会社清算損の内容は次のとおりであります。

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        当社の連結子会社であったPT.TACHI-S                  Indonesiaの清算が結了したことに伴う為替換算調整勘定の取崩等によ
       るものであります。
    ※8    特別退職金の内容は次のとおりであります。

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        当社は、構造改革の一環として特別早期退職優遇制度による希望退職を実施しており、これに伴い発生した特
       別加算金等2,108百万円を計上しております。また、在外連結子会社であるIndustria                                          de  Asiento    Superior,
       S.A.   de  C.V.において構造改革を実施しており、これに伴い発生した退職金等285百万円を計上しております。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        在外子会社であるTACHI-S            Engineering      Europe    S.A.R.L.において事業所の閉鎖を実施しており、これに伴い発
       生した退職金等146百万円を計上しております。
                                 65/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)

    ※1    その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額
                               1,973百万円                △2,237百万円
                                100百万円                1,155百万円
         組替調整額
          税効果調整前
                               2,073百万円                △1,081百万円
          税効果額                     △632百万円                  329百万円
          その他有価証券評価差額金
                               1,441百万円                 △751百万円
        為替換算調整勘定
         当期発生額
                               △360百万円                 4,658百万円
                                ―百万円               △567百万円
         組替調整額
          税効果調整前                       △360百万円                 4,090百万円
          為替換算調整勘定
                               △360百万円                 4,090百万円
        退職給付に係る調整額
         当期発生額
                                414百万円                △79百万円
         組替調整額                      △155百万円                 △58百万円
          税効果調整前
                                259百万円                △138百万円
          税効果額                      △85百万円                  49百万円
          退職給付に係る調整額
                                173百万円                △89百万円
        持分法適用会社に対する
        持分相当額
         当期発生額
                                148百万円                1,184百万円
             その他の包括利益合計                  1,402百万円                 4,434百万円
      (連結株主資本等変動計算書関係)

     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
     1   発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(千株)                35,242            ―           ―          35,242
     2   自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(千株)                1,047            0          26          1,021
     (変動事由の概要)
      ①増加数の主な内訳
        単元未満株式の買取 129株
      ②自己株式当期減少の内訳
        「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」による売却及び交付 26,502株
      ③当事業年度末日の自己株式のうち、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」が保有する株
       式は207,198株であります。
     3   新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
                                 66/111





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     4   配当に関する事項
       (1)   配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
       決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                       (百万円)          (円)
    2020年5月14日
               普通株式             447          13   2020年3月31日         2020年6月2日
     取締役会
    (注)2020年5月14日取締役会決議による配当金の総額には、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付
       信託」が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれております。
       (2)   基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2021年5月14日
              普通株式     利益剰余金           223       6.5   2021年3月31日         2021年6月2日
     取締役会
    (注)2021年5月14日取締役会決議による配当金の総額には、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付
       信託」が保有する当社株式に対する配当金1百万円が含まれております。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

     1   発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(千株)                35,242            ―           ―          35,242
     2   自己株式に関する事項

       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(千株)                1,021           184           184           1,020
     (変動事由の概要)
      ①増加数の主な内訳
        単元未満株式の買取 50株
        「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」による取得 184,200株
      ②自己株式当期減少の内訳
        「従業員向け株式交付信託」による売却及び交付                         700株
        「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」に対する処分 184,200株
      ③当事業年度末日の自己株式のうち、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」が保有する株
       式は390,698株であります。
     3   新株予約権等に関する事項

       該当事項はありません。
     4   配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                       配当金の総額        1株当たり配当額
       決議       株式の種類                            基準日        効力発生日
                       (百万円)          (円)
    2021年5月14日
               普通株式             223         6.5   2021年3月31日         2021年6月2日
     取締役会
    2021年11月12日
               普通株式            1,094          31.8    2021年9月30日         2021年12月2日
     取締役会
    (注)1 2021年5月14日取締役会決議による配当金の総額には、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式
         交付信託」が保有する当社株式に対する配当金1百万円が含まれております。
       2 2021年11月12日取締役会決議による配当金の総額には、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式
         交付信託」が保有する当社株式に対する配当金6百万円が含まれております。
       (2)   基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                          (百万円)       配当額(円)
    2022年5月13日
              普通株式     利益剰余金          1,100        31.8    2022年3月31日         2022年6月3日
     取締役会
    (注)2022年5月13日取締役会決議による配当金の総額には、「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付
       信託」が保有する当社株式に対する配当金12百万円が含まれております。
                                 67/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1    現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係 
                            前連結会計年度                 当連結会計年度

                           (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
                              29,757百万円                 32,046百万円
        現金及び預金勘定
        計
                              29,757百万円                 32,046百万円
        取得日から償還日までが3ヶ月を
                              △2,560百万円                 △2,685百万円
        超える短期投資等
        現金及び現金同等物                       27,196百万円                 29,360百万円
      (リース取引関係)

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
      (金融商品関係)

     1   金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
         当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時的な余
        資は安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。デリバ
        ティブは、後述するリスクを回避するために利用しており、投機的な取引は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されています。当該リスクに関しては、当社
        は営業部門が主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手ごとに回収及び残高を管理するととも
        に、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握を図っております。また、連結子会社についても、当社と
        同様の管理を行っております。
         有価証券及び投資有価証券は、市場価格の変動リスクに晒されています。投資有価証券は主に業務上の関係
        を有する企業の株式であり、定期的に時価や発行体の財務状況等を把握するとともに、把握された時価が取締
        役会に報告されております。なお、有価証券につきましては、安全性の高い金融資産での運用のためリスクは
        僅少であります。
         営業債務である支払手形及び買掛金は、そのほとんどが1年以内の支払期日であります。
         借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資に係る資金調
        達であります。長期借入金はすべて固定金利としており、支払金利の変動リスクはありません。
         デリバティブ取引については、通常の営業過程における輸入取引及びグループ内の外貨建て融資に係る為替
        相場の変動によるリスクを軽減するため、必要に応じ為替予約取引を行っており、投機的な取引は行わない方
        針であります。なお、執行・管理については、その必要性を検討し社内承認を得た上で行っております。
         また、営業債務や借入金は、流動性リスクに晒されていますが、各社が月次に資金繰計画を作成するなどの
        方法により管理しています。
      (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
        り、当該価額が変動することもあります。
                                 68/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     2   金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                          連結貸借対照表              時価            差額
                          計上額(百万円)             (百万円)            (百万円)
    (1)  現金及び預金
                                29,757            29,757              ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                                39,327            39,327              ―
    (3)  有価証券及び投資有価証券
       その他有価証券
                                9,045            9,045             ―
            資産計                    78,129            78,129              ―
    (1)  支払手形及び買掛金
                                32,277            32,277              ―
    (2)  短期借入金
                                9,819            9,819             ―
    (3)  未払法人税等
                                  447            447            ―
    (4)  長期借入金
                                8,500            8,471            △28
            負債計                    51,045            51,016             △28
    ※1 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
     資   産
     (1)  現金及び預金並びに(2)           受取手形及び売掛金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     (3)  有価証券及び投資有価証券

        これらの時価について、株式は取引所の価格によっており、債券及びその他は取引先金融機関から提示された
       価格等によっております。
        また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
     負   債

     (1)  支払手形及び買掛金、(2)            短期借入金、並びに(3)           未払法人税等
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     (4)  長期借入金

        長期借入金の時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて
       算定する方法によっております。
     デリバティブ取引

      「デリバティブ取引関係」注記を参照ください。
    ※2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

          区分            2021年3月31日
    子会社株式                        45百万円

    関連会社株式                      4,584百万円
    その他                        36百万円
          合計                 4,666百万円
       上記については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(3)有価証券及び投資
      有価証券」には含めておりません。
                                 69/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                          連結貸借対照表              時価            差額
                          計上額(百万円)             (百万円)            (百万円)
    有価証券及び投資有価証券
     その他有価証券
                                8,272            8,272             ―
            資産計                    8,272            8,272             ―
    長期借入金                            6,500            6,433            △66
            負債計                    6,500            6,433            △66
    デリバティブ取引                            (111)            (111)             ―
    ※1 「現金及び預金」「受取手形」「売掛金」「支払手形及び買掛金」「短期借入金」「未払法人税等」について
       は、現金であること及び短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似するものであることから、記載を省略し
       ております。
    ※2 市場価格のない株式及び投資事業有限責任組合は「有価証券及び投資有価証券」には含まれておりません。当該

       金融商品の連結貸借対照表計上額は以下のとおりであります。なお、非上場株式には関係会社株式が含まれてお
       ります。
          区分            2022年3月31日
    非上場株式                      4,800百万円

    投資事業有限責任組合                        21百万円
          合計                 4,822百万円
    ※3 デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しており、合計で正味の債務となる項目につい

       ては、()で示しております。
    (注)1 金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

     前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                          1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
    現金及び預金                         29,757           ―         ―         ―
    受取手形及び売掛金                         39,327           ―         ―         ―
             合計                69,084           ―         ―         ―

     当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                          1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                          (百万円)         (百万円)         (百万円)         (百万円)
    現金及び預金                         32,046           ―         ―         ―
    受取手形                         3,715          ―         ―         ―
    売掛金                         36,164           ―         ―         ―
    有価証券及び投資有価証券
     その他有価証券のうち満期があるもの
     譲渡性預金
                               361         541         ―         ―
             合計                72,288          541         ―         ―

                                 70/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    (注)2 短期借入金、長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の連結決算日後の返済予定額
     前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                             5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                        (百万円)                             (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
    短期借入金                      9,819       ―      ―      ―      ―      ―
    長期借入金                       ―    2,000      1,000      5,500       ―      ―

    リース債務                       842      795      573      317      140      430

    固定負債その他
                            27      27      2     ―      ―      ―
    (その他有利子負債(預り保証金))
             合計             10,690      2,823      1,575      5,817       140      430
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                               1年超      2年超      3年超      4年超
                        1年以内                             5年超
                              2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                        (百万円)                             (百万円)
                              (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
    短期借入金                     15,499        ―      ―      ―      ―      ―
    長期借入金                       ―    1,000      5,500       ―      ―      ―

    リース債務                       787      612      432      235      192      769

    固定負債その他
                            27      2     ―      ―      ―      ―
    (その他有利子負債(預り保証金))
             合計             16,315      1,614      5,932       235      192      769
     3   金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

       金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性及び重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類
      しております。
       レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算
               定の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
       レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係
               るインプットを用いて算定した時価
       レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定した時価
       時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属す
      るレベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
      (1)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品

     当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                      時価(百万円)
             区分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    有価証券及び投資有価証券
     その他有価証券
      株式                        7,369          ―         ―       7,369
      その他                         ―        903         ―        903
            資産計                 7,369          903         ―       8,272
    デリバティブ取引
     通貨関連                          ―        111         ―        111
            負債計                   ―        111         ―        111
                                 71/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
    (2)  時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                                      時価(百万円)
             区分
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    長期借入金                           ―       6,433          ―       6,433
            負債計                   ―       6,433          ―       6,433
    (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明
     有価証券及び投資有価証券
       上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価をレベ
      ル1の時価に分類しております。その他は取引金融機関から提示された価格等によっており、レベル2の時価に分
      類しております。
     長期借入金
       長期借入金の時価は、元利金の合計額と、当該債務の残存期間を加味した利率を基に、割引現在価値法により算
      定しており、レベル2の時価に分類しております。
     デリバティブ取引
       為替予約の時価は、為替レート等の観察可能なインプットを用いて算定しており、レベル2の時価に分類してお
      ります。
      (有価証券関係)

     1   その他有価証券
      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                             連結貸借対照表            取得原価           差額
               区分
                             計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
      ①株式                               6,076          2,617          3,459
      ②債券                                ―          ―          ―
      ③その他                                ―          ―          ―
               小計                    6,076          2,617          3,459
    連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
      ①株式                               2,651          3,279          △628
      ②債券                                ―          ―          ―
      ③その他                                317          317           ―
               小計                    2,968          3,597          △628
               合計                    9,045          6,214          2,830
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                             連結貸借対照表            取得原価           差額
               区分
                             計上額(百万円)            (百万円)          (百万円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
      ①株式                               4,572          2,340          2,231
      ②債券                                ―          ―          ―
      ③その他                                ―          ―          ―
               小計                    4,572          2,340          2,231
    連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
      ①株式                               2,796          3,279          △482
      ②債券                                ―          ―          ―
      ③その他                                924          924           ―
               小計                    3,721          4,204          △482
               合計                    8,293          6,545          1,748
                                 72/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     2   連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
          区分
                        (百万円)             (百万円)             (百万円)
    株式                          274             107              ―
    債券                          ―             ―             ―
    その他                          ―             ―             ―
          合計                    274             107              ―
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
          区分
                        (百万円)             (百万円)             (百万円)
    株式                         1,482             1,158               ―
    債券                          ―             ―             ―
    その他                          ―             ―             ―
          合計                   1,482             1,158               ―
     3   減損処理を行った有価証券

      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
       有価証券について7百万円(その他有価証券の株式7百万円)減損処理を行っております。
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

       該当事項はありません。
     (注)   減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合にはすべて減損処理を行

        い、30%~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行っ
        ております。
      (デリバティブ取引関係)

     1  ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
      通貨関連
      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                 契約額等のうち
                          契約額等
                                             時価        評価損益
                種類                   1年超
                                            (百万円)          (百万円)
                          (百万円)
                                    (百万円)
           為替予約取引
            売建
    市場取引
             ブラジルレアル
                             6,409          ―        177         177
    以外の取引
            買建
             米ドル
                             6,408          ―       △288         △288
             合計                12,818           ―       △111         △111
     2 ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
       該当事項はありません。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

       該当事項はありません。
                                 73/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1.採用している退職給付制度の概要
       当社及び国内連結子会社は、退職給付制度として確定給付企業年金制度、退職一時金制度、確定拠出年金制度を
      設けており、一部の連結子会社では、退職一時金制度及び確定拠出型の制度を設けております。また、従業員の退
      職等に際して、臨時の割増退職金を支払う場合があります。
       なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算
      しております。
    2.確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )     至   2022年3月31日       )
       退職給付債務の期首残高                             6,781   百万円            5,720   百万円
        勤務費用                             373  百万円             357  百万円
        利息費用                             116  百万円             114  百万円
        数理計算上の差異の発生額                             217  百万円             117  百万円
        退職給付の支払額                           △1,619    百万円            △207   百万円
        その他                            △148   百万円            △12  百万円
       退職給付債務の期末残高                             5,720   百万円            6,090   百万円
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )     至   2022年3月31日       )
       年金資産の期首残高                             5,726   百万円            5,343   百万円
        期待運用収益                             116  百万円             106  百万円
        数理計算上の差異の発生額                             622  百万円             △4  百万円
        事業主からの拠出額                             379  百万円             350  百万円
        退職給付の支払額                           △1,501    百万円            △197   百万円
       年金資産の期末残高                             5,343   百万円            5,598   百万円
                                 74/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )     至   2022年3月31日       )
       退職給付に係る負債の期首残高                              197  百万円             186  百万円
      退職給付に係る資産の期首残高                            △138   百万円            △192   百万円
        退職給付費用                             20 百万円             63 百万円
        退職給付の支払額                            △48  百万円             △8  百万円
        制度への拠出額                            △34  百万円            △18  百万円
        その他                             △2  百万円             △0  百万円
      退職給付に係る負債の期末残高                              186  百万円             206  百万円
      退職給付に係る資産の期末残高                             △192   百万円            △175   百万円
      退職給付に係る負債と資産の純額                              △6  百万円             30 百万円
     (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       積立型制度の退職給付債務                             4,765   百万円            4,910   百万円
       年金資産                            △5,859    百万円          △6,086    百万円
                                  △1,093    百万円          △1,175    百万円
       非積立型制度の退職給付債務                             1,464   百万円            1,698   百万円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              371  百万円             522  百万円
       退職給付に係る負債                             1,464   百万円            1,698   百万円

       退職給付に係る資産                            △1,093    百万円          △1,175    百万円
       連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                              371  百万円             522  百万円
      (注)   簡便法を適用した制度を含みます。
     (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )     至   2022年3月31日       )
       勤務費用                              387  百万円             421  百万円
       利息費用                              116  百万円             114  百万円
       期待運用収益                             △116   百万円            △106   百万円
       数理計算上の差異の費用処理額                             △16  百万円            △57  百万円
       その他                               14 百万円             10 百万円
       確定給付制度に係る退職給付費用                              385  百万円             381  百万円
      (注)   1 簡便法を適用した制度を含みます。
        2 上記退職給付費用以外に、前連結会計年度において特別退職金2,394百万円を特別損失として計上してお
          ります。
     (6)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )     至   2022年3月31日       )
       数理計算上の差異                              259  百万円            △138   百万円
       合計                              259  百万円            △138   百万円
                                 75/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
     (7)  退職給付に係る調整累計額
       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
       未認識数理計算上の差異                             △318   百万円            △179   百万円
       合計                             △318   百万円            △179   百万円
     (8)  年金資産に関する事項

      ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                 ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
       債券                             36.7  %            35.7  %
       株式                             26.5  %            26.9  %
       その他                             36.8  %            37.4  %
       合計                             100.0   %            100.0   %
      ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表している。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                至   2021年3月31日       )     至   2022年3月31日       )
                                              主として1.0
       割引率                          主として1.0      %              %
       長期期待運用収益率                              2.0  %             2.0  %
    3.確定拠出制度

      当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度218百万円、当連結会計年度274百万円であり
     ます。
      (ストック・オプション等関係)

      該当事項はありません。
                                 76/111









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1   繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳 
                                   前連結会計年度            当連結会計年度
                                   ( 2021年3月31日       )     ( 2022年3月31日       )
        (繰延税金資産)
         未払費用
                                    1,265百万円            1,377百万円
         前受金                             1,185百万円            1,168百万円
         貸倒引当金                             1,216百万円            3,519百万円
         退職給付に係る負債
                                     377百万円            333百万円
         役員退職慰労引当金
                                      51百万円             52百万円
         有形固定資産
                                    1,336百万円            1,211百万円
         投資有価証券等評価損                               2,551百万円            2,442百万円
         繰越欠損金
                                    7,735百万円            9,482百万円
         その他                             949百万円           1,178百万円
        繰延税金資産        小計
                                    16,670百万円            20,767百万円
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2
                                   △6,554百万円             △7,533百万円
         将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
                                   △5,643百万円             △7,945百万円
                                   △12,198百万円             △15,478百万円
        評価性引当額 小計(注)1
        繰延税金資産        合計
                                    4,472百万円            5,288百万円
                                    △665百万円            △585百万円
        繰延税金負債との相殺
        繰延税金資産の純額                             3,806百万円            4,703百万円
        (繰延税金負債)

         固定資産圧縮記帳積立金
                                     △46百万円            △46百万円
         留保利益の配当にかかる税額
                                   △2,334百万円             △2,322百万円
         その他有価証券評価差額金
                                    △863百万円            △533百万円
         有形固定資産
                                     △96百万円            △59百万円
         差額負債調整勘定
                                    △448百万円             △34百万円
         前払年金費用                             △247百万円            △319百万円
         その他                            △474百万円            △395百万円
        繰延税金負債        合計
                                   △4,511百万円             △3,712百万円
                                     665百万円            585百万円
        繰延税金資産との相殺
        繰延税金負債の純額                            △3,845百万円             △3,126百万円
     (注)   1   評価性引当額が3,280百万円増加しております。この増加の主な要因は、得意先の生産変動の影響、原材料

          価格の高騰の影響等に伴い発生した税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額を追加的に認識したことに伴
          うものであります。
        2   税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
         前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                            1年超     2年超     3年超     4年超
                      1年以内                           5年超      合計
                           2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                      (百万円)                          (百万円)     (百万円)
                           (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
         税務上の繰越欠損金(a)                17     13     33     201     695    6,774      7,735
         評価性引当額                17     13     33     201     430    5,857      6,554
         繰延税金資産                ―     ―     ―     ―     264     916   (b)1,181
         (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         (b)  税務上の繰越欠損金7,735百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産1,181百万円を計
           上しております。中南米の連結子会社で、新型コロナウイルス感染拡大の影響による売上高減少等によ
           り発生した税務上の繰越欠損金の残高1,181百万円(法定実効税率を乗じた額)について、回収可能と判
           断し評価性引当額を認識しておりません。
                                 77/111




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                            1年超     2年超     3年超     4年超
                      1年以内                           5年超      合計
                           2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                      (百万円)                          (百万円)     (百万円)
                           (百万円)     (百万円)     (百万円)     (百万円)
         税務上の繰越欠損金(a)                ―     26     79     797    1,256     7,322      9,482
         評価性引当額                ―     26     79     503     440    6,483      7,533
         繰延税金資産                ―     ―     ―     293     815     839   (b)1,949
         (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         (b)  税務上の繰越欠損金9,482百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産1,949百万円を計
           上しております。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みによ
           り、回収可能と判断しております。
    2   法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因となった主

      要な項目別の内訳
       前連結会計年度及び当連結会計年度が税金等調整前当期純損失であるため注記を省略しております。
      (資産除去債務関係)

      前連結会計年度(        2021年3月31日       )
        資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      当連結会計年度(        2022年3月31日       )

        資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

        当社は東京都内において、賃貸用の商業施設(土地含む)を有しております。2021年3月期における当該賃貸等
       不動産に関する賃貸損益は155百万円(賃貸収益は営業収益に、主な賃貸費用は営業費用に計上)であり、2022年3
       月期における当該賃貸等不動産に関する賃貸損益は172百万円(賃貸収益は営業収益に、主な賃貸費用は営業費用
       に計上)であります。
        また、当該賃貸等不動産の連結貸借対照表計上額、期中増減額及び時価は、次のとおりであります。
                                                  (単位:百万円)
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2020年4月1日               (自    2021年4月1日
                            至   2021年3月31日       )        至   2022年3月31日       )
        連結貸借対照表計上額
              期首残高                        1,539                 1,472
              期中増減額                         △66                 △63
              期末残高                        1,472                 1,409
        期末時価                              5,043                 4,955
        (注)   1   連結貸借対照表計上額は、取得原価から減価償却累計額を控除した金額であります。
          2   期中増減額のうち、前連結会計年度の増加(20百万円)は賃貸用施設の資本的支出であり、減少(86
            百万円)は減価償却等による減少であります。また、当連結会計年度の増加(23百万円)は賃貸用施
            設の資本的支出であり、減少(87百万円)は減価償却等による減少であります。
          3   期末の時価は、主として「固定資産税評価額」に基づき算定した金額であります。
                                 78/111






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (収益認識関係)
     1 顧客との契約から生じる収益を分解した情報
       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
     2 顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

       収益を理解するための基礎となる情報は、「(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項) 4 会計方
      針に関する事項 (5)            重要な収益及び費用の計上基準」に記載のとおりであります。
     3 顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度末

      において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
      (1)  契約資産の残高等
                                    (単位:百万円)
                                 当連結会計年度
    顧客との契約から生じた債権(期首残高)                                 39,327
    顧客との契約から生じた債権(期末残高)                                 39,880
      (2)  残存履行義務に配分した取引価格

       当初の予想契約期間が1年を超える重要な取引がないため、実務上の便法を適用し、残存履行義務に関する情報
      の記載を省略しております。
                                 79/111














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要

       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の
      配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社グループは、主に自動車座席及び座席部品を製造・販売しており、各社ごとに事業戦略を立案し、事業活動
      を展開しております。
       したがって、当社グループは、各社別のセグメントから構成されております。なお、経済的特徴等が概ね類似し
      ている事業セグメントを集約した結果、「日本」、「北米」、「中南米」、「欧州」、「中国」、「東南アジア」
      の6つを報告セグメントとしております。
       報告セグメントのうち、「日本」では、自動車座席及び座席部品のほか、不動産賃貸を行っております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

       報告セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と同一
      であります。
       また、報告セグメントの利益は営業利益ベースの数値であり、セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価
      格に基づいております。
       「会計方針の変更」に記載のとおり、当連結会計年度に係る連結財務諸表から収益認識会計基準等を適用し、収
      益認識に関する会計処理方法を変更したため、従来の方法に比べて、当連結会計年度の「日本」の外部顧客への売
      上高が22,824百万円減少しております。
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報及び収益の分解情報

       Ⅰ  前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                                                       連結
                           報告セグメント
                                                 調整額     財務諸表
                                       東  南
                                                 (注)1     計上額
              日     本   北   米  中  南  米  欧   州   中     国
                                             計
                                       アジア
                                                      (注)2
    売上高
     外部顧客
               88,476     29,373     41,179      587   37,725     1,158    198,500        ―   198,500
     への売上高
     セグメント間
     の内部売上高          3,207      369    2,977      840    5,140      703   13,239    △ 13,239        ―
     又は振替高
        計       91,684     29,742     44,156     1,427    42,866     1,862    211,740     △ 13,239     198,500
    セグメント利益
              △ 2,236    △ 2,182    △ 4,010      29   1,137     △ 661   △ 7,922      168   △ 7,753
    又は損失(△)
    セグメント資産          102,201     41,264     29,587     2,461    32,233     5,331    213,079     △ 62,084     150,994
    その他の項目

     減価償却費          2,900      667    1,478       9   1,485      166    6,708       ―    6,708

     のれんの償却額           ―     ―     ―     ―     10     ―     10     ―      10

     持分法適用会社
               2,506     4,299      ―     ―   1,815      ―   8,620       ―    8,620
     への投資額
     有形固定資産
     及び無形固定          2,358      604    1,127      ―    622     77   4,789       ―    4,789
     資産の増加額
     (注)   1  調整額は、セグメント間取引消去によるものであります。
         (1)セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去等によるものであります。
         (2)セグメント資産の調整額は、セグメント間債権の消去等によるものであります。
       2  セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 80/111



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
       Ⅱ  当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                                                       連結
                           報告セグメント
                                                 調整額     財務諸表
                                       東  南
                                                 (注)1     計上額
              日     本   北   米  中  南  米  欧   州   中     国
                                             計
                                       アジア
                                                      (注)2
    売上高
     顧客との契約か
               80,763     38,492     51,420     1,110    32,629     2,025    206,441        ―   206,441
     ら生じる収益
     外部顧客
               80,763     38,492     51,420     1,110    32,629     2,025    206,441        ―   206,441
     への売上高
     セグメント間
     の内部売上高          3,763      670    3,442     1,003     9,458     1,035    19,373    △ 19,373        ―
     又は振替高
        計       84,526     39,163     54,863     2,114    42,088     3,060    225,815     △ 19,373     206,441
    セグメント利益
              △ 1,684    △ 2,454    △ 1,627      133    1,969     △ 342   △ 4,007     △ 196   △ 4,203
    又は損失(△)
    セグメント資産          113,888     45,202     33,496     2,584    31,773     5,115    232,060     △ 73,062     158,997
    その他の項目

     減価償却費          2,043      665    1,342      15   1,395      168    5,631       ―    5,631

     のれんの償却額           ―     ―     ―     ―     10     ―     10     ―      10

     持分法適用会社
               3,031     4,453      ―     ―   1,940      ―   9,425       ―    9,425
     への投資額
     有形固定資産
     及び無形固定          2,389      277    1,046      ―    307     483    4,503       ―    4,503
     資産の増加額
     (注)   1  調整額は、セグメント間取引消去によるものであります。
         (1)セグメント利益又は損失(△)の調整額は、セグメント間取引消去等によるものであります。
         (2)セグメント資産の調整額は、セグメント間債権の消去等によるものであります。
       2  セグメント利益又は損失(△)は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 81/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      【関連情報】
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
      1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                   (単位:百万円)
          日      本     北      米     中  南  米     中      国     そ  の  他
                                                      計
            87,196         29,517         41,042         37,798         2,945       198,500
         (注)売上高は顧客の所在地を基礎として、国又は地域に分類しております。
       (2)  有形固定資産

                                                   (単位:百万円)
          日      本     北      米     中  南  米     中      国     そ  の  他
                                                      計
            16,728         3,801         9,671         5,954         1,056        37,212
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:百万円)
                顧客の名称又は氏名                       売上高         関連するセグメント名
        本田技研工業株式会社                                    28,182       日  本
        トヨタ紡織株式会社                                    27,047       日  本
        東風本田汽車有限公司                                    23,977       中  国
                                                   中  南  米
        メキシコ日産自動車会社                                    22,786
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

      1.製品及びサービスごとの情報
            単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省
       略しております。
      2.地域ごとの情報

       (1)  売上高
                                                   (単位:百万円)
          日      本     北      米     中  南  米     中      国     そ  の  他
                                                      計
            80,009         38,719         51,193         32,816         3,702       206,441
         (注)売上高は顧客の所在地を基礎として、国又は地域に分類しております。
       (2)  有形固定資産

                                                   (単位:百万円)
          日      本     北      米     中  南  米     中      国     そ  の  他
                                                      計
            15,219         3,771        10,566         5,851         1,347        36,756
      3.主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:百万円)
                顧客の名称又は氏名                       売上高         関連するセグメント名
        三菱自動車工業株式会社                                    26,703       日  本
        本田技研工業株式会社                                    26,160       日  本
                                                   中  南  米
        メキシコ日産自動車会社                                    26,066
        東風本田汽車有限公司                                    21,786       中  国
                                 82/111


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                       連結
                                                 調整額     財務諸表
                                        東南
               日本     北米    中南米     欧州     中国          計
                                                      計上額
                                       アジア
    減損損失           2,745      ―    412     ―     ―     ―   3,158       ―    3,158
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                       連結
                                                 調整額     財務諸表
                                        東南
               日本     北米    中南米     欧州     中国          計
                                                      計上額
                                       アジア
    減損損失            529     ―     ―     ―    154     ―    684      ―     684
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                       連結
                                                 調整額     財務諸表
                                        東南
               日本     北米    中南米     欧州     中国          計
                                                      計上額
                                       アジア
    当期償却額            ―     ―     ―     ―     10     ―     10     ―      10
    当期末残高            ―     ―     ―     ―     32     ―     32     ―      32

       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                                       連結
                                                 調整額     財務諸表
                                        東南
               日本     北米    中南米     欧州     中国          計
                                                      計上額
                                       アジア
    当期償却額            ―     ―     ―     ―     10     ―     10     ―      10
    当期末残高            ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―      ―

      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
         該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

         該当事項はありません。
                                 83/111







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
    1   関連当事者との取引
     連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
      連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
       前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

        該当事項はありません。
    2   重要な関連会社に関する注記

     重要な関連会社の要約財務情報
       当連結会計年度において、重要な関連会社は大連東風李爾泰極愛思汽車座椅有限公司であり、その要約財務情報は
      以下のとおりであります。
                                 (単位:百万円)
                           大連東風李爾泰極愛思
                            汽車座椅有限公司
                        前連結会計年度         当連結会計年度
          流動資産     合計
                             5,382         5,176
          固定資産     合計
                             1,441         2,166
          流動負債     合計

                             4,634         5,147
          固定負債     合計
                              ―         ―
          純資産      合計

                             2,189         2,195
          売上高                  14,185         14,511

          税引前当期純利益                   1,806         1,617
          当期純利益                   1,307         1,212
                                 84/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
              前連結会計年度                           当連結会計年度
            (自    2020年4月1日                         (自    2021年4月1日
             至   2021年3月31日       )                  至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                    2,119円67銭       1株当たり純資産額                    2,129円09銭
    1株当たり当期純損失(△)                    △400円53銭       1株当たり当期純損失(△)                     △60円19銭
     (注)   1   潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2   当社は「取締役向け株式交付信託」及び「従業員向け株式交付信託」を導入しております。株主資本におい
          て自己株式として計上されている信託に残存する当社株式は、1株当たり当期純損失の算定上、期中平均株
          式数の計算において控除する自己株式に含めており、また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式
          総数から控除する自己株式数に含めております。なお、信託にかかる期中平均株式数及び期末株式数は次の
          とおりであります。
          ・取締役向け株式交付信託
          期中平均株式数        : 前連結会計年度         42,900   株、  当連結会計年度         57,546   株
          期末株式数        : 前連結会計年度         42,900   株、  当連結会計年度         90,500   株
          ・従業員向け株式交付信託
          期中平均株式数        : 前連結会計年度        178,997    株、  当連結会計年度        205,883    株
          期末株式数        : 前連結会計年度        164,298    株、  当連結会計年度        300,198    株
        3   1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                    前連結会計年度             当連結会計年度
                                  (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                                  至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
        親会社株主に帰属する当期純損失(△)(百万円)                                 △13,701             △2,059
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    ―             ―

        普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純損失
                                         △13,701             △2,059
        (△)(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(千株)                                  34,207             34,222
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                 85/111










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社タチエス(E02210)
                                                           有価証券報告書
      ⑤  【連結附属明細表】
        【社債明細表】
          該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率
            区分                                       返済期限
                       (百万円)         (百万円)          (%)
     短期借入金                      8,819        13,499          0.4            ―
     1年以内に返済予定の長期借入金                      1,000         2,000          0.1            ―

     1年以内に返済予定のリース債務                       842         787         5.3            ―

     長