SANEI株式会社 有価証券報告書 第62期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第62期(令和3年4月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 SANEI株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     近畿財務局長

    【提出日】                     2022年6月29日

    【事業年度】                     第62期(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)

    【会社名】                     SANEI株式会社

    【英訳名】                     SANEI      LTD.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長 西岡 利明

    【本店の所在の場所】                     大阪府大阪市東成区玉津1丁目12番29号

    【電話番号】                     06-6972-5921(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役 執行役員コーポレート本部長 早川 徹

    【最寄りの連絡場所】                     大阪府大阪市東成区玉津1丁目12番29号

    【電話番号】                     06-6972-5955

    【事務連絡者氏名】                     取締役 執行役員コーポレート本部長 早川 徹

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
            回次            第59期       第60期       第61期       第62期

           決算年月            2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高              (千円)     20,805,926       21,346,079       22,182,155       22,999,555

    経常利益              (千円)       938,064      1,095,716       1,593,260       1,492,985

    親会社株主に帰属する
                  (千円)       608,972       726,550      1,000,396        999,434
    当期純利益
    包括利益              (千円)       611,834       715,640      1,054,197       1,013,338
    純資産額              (千円)      8,237,469       8,894,309       10,500,422       11,952,461

    総資産額              (千円)     16,863,672       17,878,171       19,459,614       22,467,658

    1株当たり純資産額              (円)      4,202.79       4,537.91       4,587.34       4,940.04

    1株当たり当期純利益金額              (円)       310.70       370.69       489.93       436.62

    潜在株式調整後
                  (円)         ―       -       -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率              (%)        48.8       49.7       54.0       50.3
    自己資本利益率              (%)        7.6       8.5       10.3        9.2

    株価収益率              (倍)         ―       -       5.9       7.1

    営業活動による
                  (千円)       750,787      1,164,840        991,601       897,234
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                  (千円)      △ 239,091      △ 566,317      △ 570,944      △ 395,792
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                  (千円)      △ 543,545      △ 293,390       390,971      △ 311,891
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                  (千円)       604,175       895,273      1,717,411       2,186,446
    の期末残高
    従業員数
                           731       754       741       875
    〔ほか、平均臨時              (名)
                         〔 161  〕     〔 152  〕     〔 143  〕     〔 177  〕
    雇用人員〕
     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
       2.第59期及び第60期の株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       3.2020年1月2日付けで普通株式1株につき普通株式10株の割合で株式分割を行っております。第59期の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
         す。
       4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第62期の期首から適用してお
         り、第62期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
                                  2/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
            回次            第58期       第59期       第60期       第61期       第62期

           決算年月            2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月       2022年3月

    売上高              (千円)     20,771,938       20,658,859       21,234,104       22,033,058       22,846,309

    経常利益              (千円)      1,033,159        821,325       964,876      1,573,574       1,524,002

    当期純利益              (千円)       513,745       524,886       631,263      1,019,192        743,684

    資本金              (千円)       98,000       98,000       98,000       432,757       432,757

    発行済株式総数              (株)      196,000       196,000      1,960,000       2,289,000       2,289,000

    純資産額              (千円)      7,540,549       7,993,698       8,556,093       10,146,783       10,686,803

    総資産額              (千円)     16,368,918       16,601,609       17,515,181       19,094,231       19,389,562

    1株当たり純資産額              (円)     38,472.19        4,078.42       4,365.35       4,432.85       4,668.77

    1株当たり配当額                     250.00        30.00       45.00       75.00       92.00
                  (円)
    (1株当たり中間配当額)                     ( 100.00   )    ( 15.00   )    ( 15.00   )    ( 30.00   )    ( 45.00   )
    1株当たり当期純利益金額              (円)      2,621.15        267.80       322.07       499.14       324.90
    潜在株式調整後
                  (円)         -       -       -       -       -
    1株当たり当期純利益金額
    自己資本比率              (%)        46.1       48.2       48.8       53.1       55.1
    自己資本利益率              (%)        7.0       6.8       7.6       10.9        7.1

    株価収益率              (倍)         -       -       -       5.8       9.5

    配当性向              (%)        9.5       11.2       14.0       15.0       28.3

    従業員数
                           570       597       632       633       664
    〔ほか、平均臨時              (名)
                         〔 175  〕     〔 148  〕     〔 137  〕     〔 124  〕     〔 102  〕
    雇用人員〕
    株主総利回り              (%)         -       -       -       -      112.7
    (比較指標:配当込み
                  (%)        ( -)       ( -)       ( -)       ( -)     ( 144.3   )
    TOPIX)
    最高株価              (円)         -       -       -      4,025       4,090
    最低株価              (円)         -       -       -      2,555       2,742

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
       2.第58期から第60期までの株価収益率は当社株式が非上場であるため記載しておりません。
       3.2020年1月2日付けで普通株式1株につき普通株式10株の割合で株式分割を行っております。第59期の期首
         に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり配当額(1株当たり中間配当額)及び
         1株当たり当期純利益金額を算定しております。
       4.第58期から第61期の株主総利回り及び比較指標については、2020年12月25日に東京証券取引所市場第二部に
         上場したため、記載しておりません。
       5.最高株価及び最低株価は東京証券取引所市場第二部におけるものであります。
         なお、2020年12月25日付をもって同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については記載
         しておりません。また、2022年4月4日をもって、当社株式は東京証券取引所スタンダード市場へ移行して
         おります。
       6.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日)等を第62期の期首から適用してお
         り、第62期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
                                  3/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    2 【沿革】
       年月                           概要

     1954年9月         大阪市東成区東小橋にて三栄水栓製作所を創立。水道用品の卸販売を開始。
     1958年10月         水栓、シャワー等の組立作業を開始。
     1960年12月         株式会社に改組し、株式会社三栄水栓製作所を設立。
     1965年11月         関東方面の販売会社として東京都江東区亀戸に東京三栄水栓株式会社を設立。
     1966年6月         大阪市東成区玉津に機械工場を建設し、水栓金具の製造を開始。
     1967年4月         ツーバルブシャワー混合栓の製造を開始。
     1968年4月         大阪市東成区玉津に本社ビルを建設。
     1971年2月         大阪市東成区玉津に倉庫・真空包装工場を建設。
     1972年12月         大阪市城東区鴫野に鴫野工場および倉庫を建設。
     1973年4月         東大阪市高井田に鋳造工場を建設。
     1974年2月         鴫野真空包装工場を増築、玉津の機械工場を移転し、玉津工場跡地を倉庫に改造。
     1975年3月         シングルレバー混合栓(ユーミックス)を製造、販売。
     1980年2月         岐阜県各務原市に株式会社岐阜三栄水栓製作所を設立。
              株式会社岐阜三栄水栓製作所を吸収合併、
     1982年11月
              岐阜工場として鋳造、加工、組立の一貫工場が完成。
     1985年4月         大阪市城東区鴫野に鴫野配送センターを開設。
     1985年5月         関東方面の販売会社である東京三栄水栓株式会社を吸収合併。同時に東京支店を開設。
     1985年5月         大阪市東成区玉津に大阪営業所を開設。
     1988年5月         東京都足立区加平に足立配送センター(現関東物流センター)を開設。
     1992年3月         包装を目的とした有限会社サンエースを岐阜県関市に設立。
     1993年8月         名古屋市緑区浦里に名古屋支店を開設。
     1994年9月         岐阜県各務原市鵜沼朝日町に中部物流センターを建設。
     1995年7月         岐阜県各務原市鵜沼大伊木町に大伊木工場(鍍金工場)を建設。
              鴫野工場がISO       9001の認証取得。
     1996年12月
     1997年11月         岐阜工場内にバフ研磨工場を建設。
              岐阜工場と大伊木工場がISO             9001の認証取得。
     1998年4月
     1998年4月         岐阜工場に研磨工場を建設。
                                  4/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       年月                           概要
              鴫野工場がISO       14001の認証取得。
     2001年3月
              岐阜工場・大伊木工場・中部物流がISO                  14001の認証取得。
     2001年5月
     2003年2月         中国・大連経済技術開発区に大連三栄水栓有限公司を設立。
              水道工事の施工を目的とした株式会社近藤エンジニアリング(現株式会社アクアエンジニア
     2003年4月
              リング)を大阪市東成区玉津に設立。
     2004年4月         新本社ビル建設。
     2007年4月         東京都渋谷区神宮前にコンセプトショップ「WAILEA」を開設。
     2010年9月         株式会社三栄を吸収合併。
     2015年9月         不動産の管理及び賃貸業等を目的とした株式会社アクアラボを完全子会社化。
     2015年9月         有限会社サンエースの株式を売却。
     2016年1月         株式会社アクアエンジニアリングを完全子会社化。
     2018年3月         株式会社アクアラボを吸収合併。
     2018年4月         株式会社三栄水栓製作所からSANEI株式会社に社名変更。
     2020年7月         高級バスの製造・販売を目的としたFLUSSO株式会社を東京都渋谷区神宮前に設立。
     2020年12月         東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
              給水栓類、配管継手類、浄水器類の設計、開発、製造、販売を目的とした株式会社水生活製
     2022年3月
              作所を連結子会社化。これに伴い、同社の子会社である美山鋳造株式会社を連結子会社化。
     2022年4月         東京証券取引所の新市場区分への移行に伴い、スタンダード市場を選択。
                                  5/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社、連結子会社((株)アクアエンジニアリング、大連三栄水栓有限
     公司、FLUSSO(株)、(株)水生活製作所、美山鋳造(株))および非連結子会社(上海水生活貿易有限公司)
     の計7社で構成されており、給水栓・給排水金具・継手及び配管部材の製造・販売を主な内容としております。
      当社グループの主な製品の特長と主な販売チャネル・販路は次のとおりであります。
      (1)主な製品の特長

        給水栓とは単水栓、湯水混合水栓、止水栓、ボールタップ及び洗浄弁・洗浄水栓を総称するものであります。
       同業他社は規模の違いはありますが約数十社あり、その中でも当社グループは水栓金具を専門で取り扱うメー
       カーであります。
        当社製品の主な特長といたしましては、プロダクトデザイナーや、建築や空間を手掛けるデザイナーといった
       方にも積極的に協力いただき、従来とは異なる水栓を提案していることがあります。インテリアを構成する素材
       の一つとして、その空間のコンセプトに調和するようなデザインの選択肢を提供する製品を揃えております。
        また住まいやホテルの一般室では使っていただいておりますが、スウィートルームやペントハウスなどの高級
       なゾーンにおいても採用していただける製品作りに力を注いでおります。
        住居以外の事務所ビルやアミューズメント施設、病院・介護施設、駅舎等、人が集まる公共の場、いわゆる非
       住宅の分野でも使われる製品にも力を入れております。今後当社が製品開発面でめざすのはエレクトロニクスと
       の融合であります。その中でも他社にはない製品を生み出す事が、新たなライフスタイルの提案につながると確
       信しております。一般向け水栓や給排水用品等の水まわり商材のほか、付加価値の高いデザインや水の流れにこ
       だわった高級水栓や、スマホのような静電タッチ水栓を製品化しております。
                                  6/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
         主な製品ブランド名                               概要
                        必要のないものを徹底的に削ぎ落し、残ったものを磨き上げることで本

                        質を際立だせる引き算の美学。MONOTONのデザインはこのような思索に
                        よって作られました。
                        長い時間をかけて届く水の恵みを、さりげなく日常へと繋ぎ、てらうこ

                        となく、生活に“SUTTO”融け込む、それをコンセプトにつくられた水栓
                        シリーズです。
                        空間に合わせて水栓とアクセサリーを自由に組み合わせることができる

                        水栓シリーズです。
                        ヨーロッパ調のシンプルで洗練されたデザインで、時間がゆっくりと流

                        れるような、落ち着いた空間を演出する水栓シリーズです。
                        これまでになかった“流れ”を感じるためのデザイン。心が求めてい

                        た、理想の水のかたち。EDDIESは、自然をイメージした心地よい水の流
                        れや音、感触を味わえる今までにないリラクゼーションを追求しまし
                        た。五感を包む水のクオリティが、日常の生活に本当の意味での癒しと
                        安らぎをもたらす、そのような水栓シリーズです。
                        cye(サイ)は、再編集の再、いろどりの彩。インダストリアルな要素を

                        シンプルな機能とデザインに再編集したレトロでモダンな水栓シリーズ
                        です。
                        飾らず、美しい、水のように どこまでも、無駄なくシンプルに。

                        「水を使う」という動作を突き詰めて生まれた「SUTTO」を、よりスリム
                        なデザインにした「YORI            SUTTO」。
                        10色のカラーバリエーションに加え、同色のトールタイプやボトルト
                        ラップも展開。豊富なラインアップで上質な空間を演出します。
                        やさしい人の手で、心地よいお水やお湯を操作する。Kiwitapはいろいろ

                        な世代の人の手を基本に考え、ライフスタイルに合わせたデザインで
                        す。
                        見ているだけで微笑んでしまう、思わず触れてみたくなるキュートな

                        フォルム。常夏の自然に育まれた果実をモチーフにしたなんともユーモ
                        ラスな表情が印象的な水栓シリーズです。
                        大地の恵みである土を素材にした陶器と、シャープな印象を放つクロー

                        ム。この一見相反する2つの素材を組み合わせ、普遍的な美しさを追求
                        したのがTOHです。日本的な静けさと西洋的な華やかさを重ね合わせ、洗
                        練された落ち着きのある水まわり空間を創ります。
                        一輪挿しのように凛とした佇まい。本物の竹を重ね合わせ、磨きこんで

                        形にする。水の出口に曲げた銅板を使い、水の流れを目と耳で楽しむ。
                        「いちりん」は輪の伝統を受け継ぎながら唯一無二の存在です。
                        円柱をモチーフにしたシンプル、ミニマムデザインはあらゆるシーンに

                        違和感なく融け込みます。
                                  7/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (2)主な販売チャネル・販路 
        当社グループは水栓金具事業の単一セグメントでありますが、販売チャネル・販路を4つのルートに区分して
       おります。
       (管工機材ルート)

        水まわり資材を取り扱う管材店への販売を主に行うルートです。また、商流の上層にあたるデベロッパーや設
       計事務所への販売促進も行っております。
        事業展開の方針としては、下記となります。
        (1)  ホテル、病院、介護老人保健施設等の非住宅関連へのスペックイン
        (2)  住宅内の水まわり設備のトータル提案
        (3)  パワービルダー(戸建て業者)、ハウスメーカー(大規模住宅建設業者)、工務店等住宅関連へのアプ
          ローチ
       (リテールルート)

        量販店への販売を主に行うルートです。ネット市場の拡大に合わせ、ネット販売も強化しております。
        事業展開の方針としては、下記となります。
        (1)  新規ホームセンターの開拓
        (2)  家電量販店、GMS(総合スーパー)、ドラッグストアの開拓
        (3)  テレビ通販、インターネット販売業者の開拓
       (メーカールート)

        システムキッチンやユニットバスなどの住宅設備機器メーカーへの製品供給を主に行うルートです。
        事業展開の方針としては、下記となります。
        (1)  優位性のある中高級グレードの商品投入とVEの取り組み
        (2)  工場の強みを生かした鋳物、真鍮商材の受注の強化 
       (海外ルート) 

        海外市場への輸出を行うルートです。国内同様、現地の管工機材、リテール、メーカールートの企業へ販売し
       ております。
        事業展開の方針としては、下記となります。
        (1)  中国、台湾、インドネシア、タイ等のアジア諸国が主要販売国
        (2)  管工機材とリテールルートは国ごとに現地代理店と提携して販売
        (3)  メーカールートは現地の住宅設備機器メーカーへ製品を供給
        上記4つの販売チャネル・販路に対し、全国に支社・支店・営業所・出張所を設置し、営業拠点展開を行って

       おります。
        現在の営業拠点展開状況は、まず四大都市圏である東京、名古屋、大阪、福岡に支社・支店を設置しておりま
       す。これを中心に管工機材ルートの主要顧客である管材店に対して、全国隈なく網羅的にサービスを提供できる
       よう、23カ所の営業所・出張所を設置しております。
        リテールルートとメーカールートの主要顧客につきましては、事業規模が大きい企業の為、大都市圏に本部を
       置いているケースが多い事から、主に各支社・支店にて担当しております。
        また、海外輸出の担当も東京と大阪にて行っております。
        営業拠点の展開は、商圏の密集具合、取引先との往来の利便性、基幹道路の近くなど物流の効率性等を考慮し
       て、最も収益性が高まる事を基本方針としております。
                                  8/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
        生産拠点の展開としては、岐阜県各務原市に主力工場である岐阜工場、大阪府大阪市城東区に組立工程専門の
       鴫野工場、中国大連市に大連三栄水栓有限公司、岐阜県山県市に㈱水生活製作所を持ち、生産を行っておりま
       す。
        現在の生産工場展開状況は、岐阜工場を主力工場として位置付け、工場内には鋳造→加工→研磨→鍍金→組立
       →出荷と全工程を持ち、組立の鴫野工場、鋳造が中心の大連三栄水栓有限公司、生産・技術面での事業要素が共
       通する㈱水生活製作所と連携して必要な生産数を確保しております。
        岐阜工場は水栓バルブ発祥の地と言われる美山地区の近くにあり、協力会社との連携を意識しております。鴫
       野工場が最初の組立工場として1972年に開設、その後業務の拡大に伴い岐阜工場に拡張して全工程を所有するこ
       ととなり、水回り製品を自社で一貫生産できる体制になりました。その後、生産コスト効率化の為、中国に大連
       三栄水栓有限公司を設立しております。また、国内での生産体制強化及び今後のリスクヘッジの選択肢を増やす
       目的で、協力会社であった㈱水生活製作所を連結子会社としました。
        最近ではISOを含めて国内各工場の共通化を進めてきました。2014年には、岐阜工場内に新工場棟を建設して組
       立工程の強化を行っております。
        今後は各工場の特長を生かして生産アロケーション(生産委託先の配分)を推進していく計画で、当面別地域
       での生産拠点の新設予定はありません。
        生産拠点の展開は、協力会社との連携の取りやすさ、生産コストへの影響度合い、物流環境の効率性等を考慮
       して、最も生産性が高まる事を基本方針としております。
      (3)当社及び関係会社の位置付け

        当社及び当社の関係会社の事業における当社及び関係会社の位置付けは、次のとおりであります。
       (主な関係会社) (株)アクアエンジニアリング

        給水栓・給排水金具・継手及び配管部材の取付等施工工事、当社製品のアフターサービス業務をしておりま
       す。
       (主な関係会社) 大連三栄水栓有限公司

        当社製品に組み込まれる部品の製造をしております。 
       (主な関係会社) FLUSSO㈱

        高級バス製品の製造・販売をしております。
       (主な関係会社) ㈱水生活製作所

        給水栓類、配管継手類、浄水器類の設計、開発、製造、販売をしております。
                                  9/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
        事業の系統図は、次のとおりであります。
                                 10/110




















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    4 【関係会社の状況】
                                      議決権の所有

                         資本金又は
                                主要な事業
                          出資金
         名称          住所                   (又は被所有)           関係内容
                                 の内容
                                       割合(%)
    (連結子会社)
                                             当社製品のアフターサー
    ㈱アクアエンジニアリン                      30,000
                  大阪市城東区             水栓金具事業          100.00    ビス
    グ                       千円
                                             役員の兼務 2名
                                             当社製品に組み込まれる

                           41,695
    大連三栄水栓有限公司
                  中国大連市             水栓金具事業          100.00    部品の製造
    (注)1
                          千人民元
                                             役員の兼務 3名
    FLUSSO㈱                      50,000

                  東京都渋谷区             高級バス事業          100.00    当社より資金の貸付
    (注)1                       千円
                                             当社製品に組み込まれる

    ㈱水生活製作所                      78,000               30.00
                  岐阜県山県市             水栓金具事業              部品の製造
    (注)1、2                       千円             [70.00]
                                             役員の兼務 1名
                                             当社製品に組み込まれる

    美山鋳造㈱                      32,000               20.88
                  岐阜県山県市             水栓金具事業              部品の鋳造
    (注)2                       千円             [69.60]
                                             役員の兼務 1名
     (注)1.特定子会社であります。
        2.議決権の所有割合の[ ]内は、緊密な者又は同意している者の所有割合で外数となっております。
        3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
    5 【従業員の状況】

     (1)  連結会社の状況
                                                2022年3月31日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(名)
                                                 875

    水栓金具事業
                                               ( 177  )
                                                 875

                合計
                                               ( 177  )
     (注) 1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(嘱託及び準社員)は、年間の平均人員を(  )外数で記
           載しております。
         2.前連結会計年度末に比べ従業員数が134名増加しておりますが、主として2022年3月31日付で、株式会社
           水生活製作所を新規連結したことによるものであります。
     (2) 提出会社の状況

                                                2022年3月31日       現在
        従業員数(名)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
               664

                             38.9              13.2             5,230
             ( 102  )
     (注) 1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、臨時
           雇用者数(嘱託及び準社員)は、最近1年間の平均人員を(  )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおり、正社員のみを対象としております。
     (3) 労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありませ
      ん。
                                 11/110


                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

        本項に記載した将来や想定に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)   会社の経営の基本方針

        当社グループは、社是 『「人類ある限り水は必要である」との理念のもと人間の乾きを潤す水まわりを中心
       に生活の泉、憩の泉の想像を実現する事で社会に貢献し会社繁栄と全社員の幸福の源とする』と、グループ企業
       理念 「ALWAYS WITH JOY」
           Contribution(貢献)
           ・人と水をつなぐ企業として、社会的責任(CSR)を果たしながら、地球の未来を見据えた企業活動を展
            開します。
           Creation(創造)
           ・質の高いモノをお届けすることはもとより、感性に響くモノづくりで、感動をもお届けします。
           Communication(意思の疎通)
           ・さまざまな人との「つながり」を絆に変えて、人と人との歓びの環を広げていきます。
        に基づき、地域社会にとって有益な存在となることを目指し、企業価値の向上に努めてまいります。 
      (2)   経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当社グループは、株主価値の増大に向け、グループ各社の収益性を高め、各社間のシナジーを追求し、グルー
       プトータルで適正な利益を確保し、着実な成長を図ることを中長期的な目標としております。また、安定配当が
       可能な収益を確保することにより、企業価値を高め、株主価値の最大化を図ることを重要な経営課題としており
       ます。具体的には、事業の収益力を示す売上高、経常利益率及びROEを重視しております。
                                 12/110












                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (3)   中長期的な会社の経営戦略及び対処すべき課題
        当社グループが事業を展開している水栓金具市場は、2020年度                              1,026億円の市場規模と言われています。うち
       約50%は住宅市場、残りの50%は非住宅市場(オフィスビル、ホテル、公共設備)という構成となっておりま
       す。  (参照:一般社団法人日本バルブ工業会「日本バルブ工業会給水栓出荷動向統計」、㈱富士経済「非住宅分
       野における建材・設備市場の現状と将来展望」、「住設建材マーケティング便覧」)
        当社の売上のうち、そのほとんどを住宅市場への水栓金具の販売が占めております。今後は当社の事業シェア
       拡大に向け、非住宅市場(オフィスビル、ホテル、公共設備)への水栓金具の販売に注力していきたいと考えて
       おります。特に、採用案件が増えつつあるホテル向けに加えて、快適な環境を求める声が高まりつつあるオフィ
       ス向けや公共設備にもパウダールーム(高級感のある洗面所)の提案などを積極的に行っていきたいと考えてお
       ります。
        また、当社の販売形態としては、水栓金具を単体で販売する形態(点の販売)から、水道メーター以降、蛇口
       までの水道インフラ全体をカバーする販売形態(水道(みずみち)・線の販売)へ事業の展開を進めてまいりま
       した。
        今後は、多様化するプライベート空間やパブリック空間に調和する製品開発を行い、“キッチンルーム・バス
       ルーム・洗面ルームなどの水まわりにおける住空間全体をトータルに提案できるメーカー”を目指し、事業を展
       開していきたいと考えております。(水道(みずみち)・線の販売から水域(みずいき)・面の販売へ)
        新型コロナウイルス感染症が未だ収束しない中、ロシアのウクライナ侵攻や、エネルギー価格の上昇など今後

       の見通しを想定しづらい状況が続いております。
        このような中、当社グループでは、コロナ禍での衛生意識の変化や住宅に対するニーズの変化を素早く捉えた
       製品をいち早く提案する活動を推進いたします。玄関への手洗いの設置や寝室へのシャワーブースの設置など水
       を使うシーンが増えてくると予想しております。今後は、これらのニーズを的確に捉え、水栓金具だけではな
       く、水栓を使用する空間をトータルで提案することにより、より安全・安心で豊かな生活の実現を目指し、事業
       シェア拡大を進めていきたいと考えております。
        生産体制につきましては、地政学的なリスクによるサプライチェーンの分断などを回避するため、グループ間
       の繋がりをより強固にして、日本国内での増産体制を整えるとともに、更なる自動化、内製化を推進することに
       より原価低減を進めてまいりたいと考えております。
                                 13/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                                 14/110





















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
        当社グループの強み・特徴としましては、下記であると考えております。
       ①  専業メーカーとしてのブランド展開
        プロダクトデザイナーや、建築や空間を手掛けるデザイナーといった方にも積極的に協力いただき、従来とは
       異なる水栓を提案していることがあります。インテリアを構成する素材の一つとして、その空間のコンセプトに
       調和するようなデザインの選択肢を提供する製品を揃えております。
        これにより、専業メーカーとして市場ポジションを確立しております。
       ②  複数の異なる販売チャネル

        水栓金具事業の単一セグメントでありますが、販売チャネル・販路を4つのルートに区分しております。4つ
       の販売チャネル・販路に対し、全国に支店・営業所を設置し、営業拠点展開を行っております。
                                 15/110

















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (4)   優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題
        当社グループが、さらなる成長と事業の強化に向け、持続的成長と高収益体質の実現を目指し、より強固な経
       営基盤の構築を進めるうえで、優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題は以下のとおりであります。
        ①   お客様の生活をより豊かにし、かつ感動をあたえられる高付加価値製品の開発など、成長分野への資本投

          下を積極的に進めてまいります。
        ②   需要変動に迅速に対応できる柔軟で効率的な生産体制や物流体制の構築により、為替や物価、主要原材料
          価格等の変動に左右されにくい、強固な収益基盤を確立してまいります。
        ③   働き方改革を進めるとともに、人材の多様化を図り、会社の持続的発展につなげてまいります。企業に

          とって、組織に所属する従業員がその能力を活かし、伸ばし、発揮する環境を整えることは、企業業績に
          直結する大きな経営課題の一つであると考えます。変化に対応し、変革を起こすことのできる「自ら考え
          行動する人材」を育成出来る様、環境の整備・制度の確立に向け、取り組んでまいります。
        ④   さまざまなリスクに備えるため、リスク管理体制を整備し、内部統制システムを適切に運用してまいりま

          す。
        ⑤   適時適切な情報開示や、コンプライアンスの遵守を通じ、経営の健全化・透明性を確保し、企業価値の向

          上に努めてまいります。
        ⑥   私たちは水と緑あふれる自然環境の中で、水まわりを中心とした事業活動(原材料調達から生産、物流、

          販売、使用、廃棄までの当社製品がかかわるライフサイクル全体)において、環境との調和をはかりつ
          つ、ビジネスパートナーや地域社会など、さまざまなステークホルダーの皆さまと協働で、地域環境に配
          慮した環境保全活動を推進し、               社会に信頼される企業を目指します。
                                 16/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
      本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及び
     キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下の通りでありま
     す。
      なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであります。
     1.経営環境に関するリスク

      (1)  経済動向による影響
        当社グループの売上高の大部分は、国内の景気動向や需要動向に大きく影響を受けます。法律・制度の規制緩
       和や住宅政策の転換、金利動向などにより新築・リフォーム需要が大きく変動した場合、当社グループの経営成
       績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、業務効率化によるコストダウン等を実施し、強固
       な財務基盤を維持してまいります。
      (2)  為替レートの変動

        当社グループは、中国における子会社での現地生産による外貨建取引、また、同子会社の資産及び負債等は連
       結財務諸表作成時において円換算されるため、為替変動によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に影
       響を及ぼす可能性があります。そのため、上記以外の取引については円建取引を原則とすることで、為替リスク
       の回避・軽減に努めております。
      (3)  金利の変動

        当社グループは安定的に事業を継続するため、運転資金や必要な設備の新規投資の更新を毎年行っておりま
       す。その際、有利子負債や自己資本比率について適正水準維持に努めつつも、必要な資金を主として銀行借入に
       より調達しております。新たに借入を行う際に、借入金利が変動した場合には、当社グループの経営成績及び財
       政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、金利変動リスクを回避・軽減する目的で、主に固定金利に
       より資金調達を行っており、一定期間における金利変動による影響を軽微なものに抑えるよう努めております。
      (4)  競争の激化

        当業界における価格競争は、熾烈なものとなっています。当社グループは、市場ニーズにマッチした品質・機
       能・価格面において競争力を有する製品・サービスを市場投入できるメーカーであると考えておりますが、将来
       においても競争を優位に展開できる保証はなく、激しい価格競争にさらされた場合、当社グループの経営成績及
       び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、付加価値の高い製品の開発による競争優位性の確保、
       およびコスト削減に取り組んでいます。
      (5)  原材料価格の高騰

        当社グループは、銅合金などを使用した水栓金具を製造しております。原材料価格の上昇時におきましては、
       コスト削減・販売価格への転嫁などで吸収を図っておりますが、予想以上の原材料価格高騰によっては、当社グ
       ループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、国内外の複数の調達先や協力業者
       との取引関係を強化することで、常に最適かつ安定的な調達ができる体制を構築しております。これらに全社一
       丸となり取り組んでまいりますが、全てを吸収することが困難な場合においては、原材料や副資材などの上昇分
       に対し、製品価格への転嫁に取り組んでまいります。
                                 17/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (6)  物流費の高騰
        当社グループの事業活動においては、顧客への配送業務を伴うため、燃料価格の上昇や物流委託会社の人件費
       高騰により物流委託会社への支払いコストが増加し、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。そ
       のため、物流業務の効率化などにより費用低減を図り、複数の物流委託会社へ取引を分散することで物流コスト
       の上昇を抑えるよう努めております。これらに全社一丸となり取り組んでまいりますが、全てを吸収することが
       困難な場合においては、物流費の上昇分に対し、製品価格への転嫁に取り組んでまいります。
      (7)  自然災害、感染症等

        当社グループは、製造ラインの中断による影響を最小化するために、生産設備などにおける定期的な災害防止
       点検を行っております。しかし、生産施設で発生する人的あるいは自然災害などによる影響を完全に防止または
       軽減できる保証はありません。当社グループの工場は岐阜県(各務原市)・大阪府(大阪市)・中国大連と分散
       しているものの、当社グループを取り巻くサプライ・チェーンは中部地区に集中しており、当地方における大規
       模な地震やその他操業に影響する災害などが発生した場合、生産及び出荷が遅延することにより売上高が低下
       し、生産拠点等の修復のために多額の費用を要することとなる可能性があります。さらに、社会的な生産活動の
       停滞、原材料の供給不足、日本市場の需要低下といった間接的な影響を受ける可能性があり、当社グループの業
       績に影響を及ぼす可能性があります。そのため、開発・生産拠点および調達先などに甚大な損害が生じた場合、
       生産や出荷が遅延するリスクに備え、BCP(事業継続計画)の策定を進め、リスクの回避・軽減に努めておりま
       す。
        ウイルスなどの感染症等につきましては、新型コロナウイルス等の感染症が想定を上回る規模で発生及び流行
       した場合、社会的な生産活動の停滞、原材料の供給不足、住宅設備業界における展示会等のイベント中止や
       ショールームの休館・来場者制限、日本市場の需要低下といった影響を受ける可能性があります。特に住宅設備
       業界において経済活動・販売活動が制限される状況となった場合には、管工機材ルートやメーカールートにおい
       て売上高が減少するといった直接的な影響を受ける可能性があり、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性が
       あります。
        幸いにも当社グループは、ホームセンターやEC向けのリテールルートや海外ルートといった複数のルートでも
       販売を行っており、販路の多角化を推進していることが当該リスクの回避・軽減につながっていると考えており
       ます。また、当社グループは、本社管理部門が中心となり、全ての従業員とその家族の健康維持を最優先とし、
       感染予防・拡大防止のための措置、勤務形態、顧客対応等を指示するなど、BCP体制を構築しております。加え
       て、各国、地域の行政の指針・ガイドラインに沿って、状況に応じた判断・対応をとるとともに各国法人の状況
       を適時に把握し社内外に情報を発信しております。
     2.事業活動に関するリスク

      (1)  新商材・新ブランドの企画・開発・販売
        当社グループは、多様化するプライベート空間やパブリック空間にマッチする製品を提供するため、キッチン
       ルーム・バスルーム・洗面ルームなどの水まわりにおける新商材や新ブランドの企画・開発・販売を行っており
       ます。
        新商材・新ブランドの企画・開発・販売が想定通りに進まない場合には、先行投資が回収できなくなること、
       追加費用の発生、在庫の増加等により、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がありま
       す。そのため、新商材や新ブランドの企画・開発・販売におきましては、投資対効果を慎重に判断し、決定して
       まいります。
      (2)  海外での事業活動

        当社グループは、中国、台湾、インドネシア、タイ等のアジア諸国においても事業活動を行っており、法律・
       規制や租税制度の変更、テロ・戦争・内乱などによる政治的社会的混乱や予期し得ない経済情勢の悪化により、
       当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、当社グループでは、日本本
       社の専門部門が各国の経済・社会・政治的状況や、各国法規制の動向について情報を収集するようにしておりま
       す。また対応が必要な事象が生じた際には、現地の代理店等と連携して適宜対応をおこなう体制を整備しており
       ます。
                                 18/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (3)  人材確保等に関するリスク
        当社グループにおいては、継続的な成長のためには、優秀な人材の確保が重要であると考えておりますが、採
       用が計画通りに進まなかった場合、人材の流出があった場合や人材確保等のために人件費が上昇した場合には、
       当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、これらのリスクを低減する
       目的で、中長期的に安定した企業収益を確保し、企業収益の投資先として積極的な求人活動の実施、長期的な雇
       用維持に向け従業員の福利厚生の充実に充てるなどして、人材確保による影響の低減を図っております。
      (4)  製品の欠陥

        当社グループは、品質管理基準に従い製品を製造しておりますが、全ての製品について欠陥がなく、将来にお
       いてリコールが発生しないという保証はありません。また、製造物責任賠償保険に加入しておりますが、この保
       険が最終的に負担する賠償額を十分にカバーできるという保証はありません。万一、大規模なリコールが発生し
       た場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、当社グループで
       は、開発段階からの仕様品質の熟成や製造工程内品質保証体制の構築に努めるとともに、ISO9001等の国際標準規
       格に基づく品質マネジメントシステムを運用する等、製品欠陥の発生予防に努めています。また、製造物責任賠
       償に繋がるような製品欠陥の発生に備え、影響範囲を速やかに把握するトレーサビリティ(製造履歴の追跡)シ
       ステムを導入する等、迅速な対応を可能とする品質管理体制の強化に努めています。
     3.法的規制及び訴訟等に関するリスク

      (1)  環境法規制
        当社グループは、気候変動や天然資源の枯渇、廃棄物問題、有害化学物質による汚染などの環境問題を自社の
       存続にも関わる問題と捉え、環境理念を掲げ、環境に配慮をした事業活動を行っております。しかしながら、災
       害、事故及びトラブル等による環境汚染が生じた場合や関連法令の改正等によって新規設備投資等によるコスト
       の増加が生じた場合には、当社グループの事業展開、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
       そのため、開発・生産拠点および調達先などに甚大な損害が生じた場合、生産や出荷が遅延するリスクに備え、
       BCP(事業継続計画)の策定を進めており、気候変動の緩和に向け、サプライチェーン全体での温室効果ガス削減
       に取り組んでいます。また、関係部署担当者の教育などを実施することで、管理体制を強化するほか、規制の変
       更などのタイムリーな把握と対応に努めています。
      (2)  知的財産権の保護

        当社グループは、知的財産権が当社製品の優位性の確保にあたり、重要な役割を果たしていると認識し、知的
       財産権を厳しく管理すると同時に、他社の知的財産権を侵害しないための社内体制を構築しております。しかし
       ながら、当社グループが保有する知的財産権が第三者から侵害を受けた場合や当社グループが第三者の知的財産
       権を侵害した場合には、当社グループの事業展開、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そ
       のため、専門の部署を設置し特許の調査や出願、社内への啓発活動、社内規則の制定等、発生防止に努めていま
       す。
                                 19/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (3)  情報システムに関するリスク
        当社グループは、会社運営の全般にわたり情報システムを利用しております。情報システムの信頼性の維持に
       は、万全を期しておりますが、災害、事故及びトラブル等によるハードウェアやネットワークの損傷、外部から
       の不正アクセス、コンピューターウイルス感染によるシステムトラブルや情報漏洩等の問題が発生した場合、当
       社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。このようなリスクを可能な限り回避する
       ために、適切なシステム障害の復旧プランを策定し訓練するとともに、情報セキュリティ専門部署によるモニタ
       リングの実施と定期的な報告を行うことで、リスクの低減を図っております。
      (4)  訴訟の提起

        当社グループは、事業活動を進めていく中で様々な訴訟等を受ける可能性があります。訴訟が提起された場合
       には、結果によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。そのため、当
       社グループでは、法令遵守と倫理に基づいた企業活動を行う旨を宣言し、当社グループの取締役および従業員が
       事業遂行にあたって、各種法令や倫理基準並びに社内コンプライアンス行動規範等から逸脱した行為を行うこと
       がないよう、従業員に周知を行う等の徹底を図っております。また、自浄機能として内部通報制度を導入するな
       どコンプライアンス・リスクへ対応しております。
     4.その他のリスク

      (1)  資産価値の変動
        当社グループは、有形固定資産を保有しており、「固定資産の減損に係る会計基準」を適用しておりますが、
       今後、業績動向によっては減損損失が発生し、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があ
       ります。
        また、当社グループが所有する棚卸資産、投資有価証券等の投資その他の資産についても、評価額の引き下げ
       を行う必要が生ずる可能性があり、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
        このようなリスクに対して、当社グループは取締役会や経営会議等における投資計画、投資金額の適切性に関
       する審議を行うほか、投資後の定期的なモニタリング及びフォローアップによる投資価値の定期的な検証を行っ
       ております。また、時価のある有価証券・投資有価証券については月次でモニタリングを実施して時価及び損益
       の把握に努め、時価のない有価証券・投資有価証券については、適時、財務状況等の把握に努めることで、それ
       ぞれ投資先の状況を定期的に確認しております。
      (2)  退職給付債務

        当社の従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件に基づいて算出されており
       ます。このため、実際の金利水準が悪化した場合、当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性
       があります。
      (3)  繰延税金資産

        繰延税金資産の計算は、将来の課税所得など様々な予測・仮定に基づいており、経営状況の悪化や税務調査の
       結果等により、実際の結果が予測・仮定とは異なる可能性があります。従って、将来の課税所得の予測・仮定に
       基づいて繰延税金資産の一部又は全部の回収ができないと判断した場合、繰延税金資産は減額され、その結果、
       当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
                                 20/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下、「経営成績等」と
      いう。)の状況の概要は次のとおりであります。
      ①  経営成績の状況

        当連結会計年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の感染者数が増減を繰り返し、社会生
       活・経済活動が様々な影響を受ける状況が続きました。また、部品・原材料の不足、急激な円安の進行やウクラ
       イナ情勢等に起因する物価の高騰も懸念され、経済環境は不透明な状況で推移いたしました。
        一方、当社の需要と関係の深い住宅業界におきましては、グリーン住宅ポイント制度の延長、住宅ローン控除
       及び住宅取得等資金にかかる贈与税非課税措置の延長等の政府政策もあり、全国の新設住宅着工戸数は、2021年
       4月~2022年3月までの累計で86万5千戸(前年比6.6%増)となりました(参照:e-Stat                                           政府統計の総合窓口
       「建築着工統計調査」)。先行きにつきましては、新型コロナウイルスの感染再拡大及び「ウッドショック」と
       呼ばれる住宅木材の価格高騰並びに供給不足の影響等により、依然不透明な状況で推移することが懸念されま
       す。
        このような経済状況の中、当社グループは中期経営計画「SANEI                                V70 ~創業70周年に向けて~」を策
       定、株主価値の増大に向け、適正な利益を確保し着実な成長を図ることを中長期的な目標とし、活動を行いまし
       た。
        営業面では、前期に引き続き、新型コロナウイルス対策として、センサー水栓などの非接触型水栓や操作する
       時に触る面積の小さいレバータイプの水栓の販売強化に努めました。また、ホームセンターや大手EC取引先を
       中心に、消費者のニーズをつかむ製品提案として、ウルトラファインバブル製品や高機能シャワー製品などの販
       売強化にも注力いたしました。
        研究・開発面では、コロナ禍における非接触のニーズに応えるため、音声で水の出し止めを操作する
       「AQUVOI」や手元のリモコンで水の出し止めを操作する「AQUEASE」の製品改良を行い、電子制御技術の更なる深
       化を図りました。また、ウルトラファインバブルシャワーなど高機能シャワーの水制御技術を研究し、節水効果
       と浴び心地を両立した製品開発を行いました。
        生産面では、新型コロナウイルスにより世界的にサプライチェーンが不安定となる中、生産拠点である岐阜工
       場、鴫野工場、大連工場(大連三栄水栓有限公司)と連結子会社となった株式会社水生活製作所が連携を強化す
       ることで、安定した生産体制を築きました。また、主要原材料が高騰する中、生産設備投資による自動化や内製
       化など柔軟な生産体制により、徹底したコストダウンを図りました。
        製品面では、デザインが好評なブランド水栓「cye」シリーズと「yori                                 SUTTO」シリーズに、主に非住宅市場に
       向けた製品バリエーションを追加しました。また、コロナ禍での生活意識の変化に対応し、センサー水栓やワイ
       ヤレススイッチなど非接触需要に対応するラインナップを拡充するとともに、玄関などに手軽に設置できる手洗
       いユニット「ANY        PLUS」の販売を開始しました。さらには、育成が早いことで知られる「竹」を資源と捉え、も
       のづくりに生かした洗面・手洗い用の水栓「いちりん」を発売しました。本体部品にメッキをしていないため、
       環境負荷が低く、リサイクルし易い設計の製品です。
        これらの結果、当社グループの当連結会計年度における連結業績につきましては、売上高は                                          229億99百万円       (前
       期比  3.7%増    )となりました。利益面につきましては、生産性向上によるコストダウンや経費削減等、収益性向上
       に取り組みましたが、当社の主要原材料である銅合金等の長期にわたる価格上昇に伴う仕入価格の高騰、円安傾
       向にある為替レートや物価の上昇など、コスト面で非常に厳しい状況が続いており、営業利益は                                              14億77百万円
       (前期比    8.4%減    )、経常利益は       14億92百万円      (前期比    6.3%減    )、  親会社株主に帰属する当期純利益                は 9億99百
       万円  (前期比    0.1%減    )となりました。
        当社グループは、株主価値の最大化のために、グループ各社の収益性を高め、着実な成長を図ることが重要と
       考えることから、売上高、経常利益率及びROEを指標としております。当社グループの当連結会計年度における経
       常利益率は6.5%(前期比0.7ポイント減)、ROEは                       9.2  %(前期比1.2ポイント減)となっております。厳しい環境
       ではありますが、引き続き株主価値の最大化を目指してまいります。
                                 21/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ②  財政状態の状況
        当連結会計年度の総資産は、前連結会計年度末に比べ                         30億8百万円増加        し、  224億67百万円       となりました。う
       ち、22億88百万円は株式会社水生活製作所及び美山鋳造株式会社を新規連結したことによるものです。
        流動資産は前連結会計年度末に比べ                20億4百万円増加        (うち、新規連結分は13億88百万円増加)し                     、 149億25百
       万円  となりました。これは主に、現金及び預金が                     6億35百万円増加        (同、4億42百万円増加)、              商品及び製品が
       5億46百万円増加        (同、1億46百万円増加)、              原材料及び貯蔵品が         6億45百万円増加        (同、3億78百万円増加)
       し たことによります。固定資産は前連結会計年度末に比べ                          10億3百万円増加        (同、8億99百万円増加)し              、 75億
       42百万円    となりました。これは、有形固定資産が                   6億35百万円増加        (同、7億75百万円増加)、              投資その他の資
       産が  3億6百万円増加        (同、77百万円増加)し           たことによるものです。
        負債は、前連結会計年度末に比べ               15億56百万円増加        (うち、新規連結分は16億37百万円増加)し                     、 105億15百万
       円 となりました。これは主に、電子記録債務が                     1億31百万円増加        (同、増減なし)、         短期借入金が      8億76百万円
       増加  (同、7億86百万円増加)、              長期借入金が      2億16百万円増加        (同、3億72百万円増加)し             たことによるもの
       です。
        純資産は、前連結会計年度末に比べ                14億52百万円増加        (うち、新規連結分は6億51百万円増加)し                     、 119億52百
       万円  となりました。これは主に親会社株主に帰属する当期純利益                            9億99百万円      によるものです。この結果、自己
       資本比率は     50.3%   となりました。
      ③  キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                         4億69百万円増加        し、
       21億86百万円      となりました。
        営業活動によるキャッシュ・フローは、                   8億97百万円の収入         (前年同期比      94百万円    の収入減)となりました。
       これは主に税金等調整前当期純利益                 14億78百万円      、売上債権の減少額         4億62百万円      、棚卸資産の増加額         7億20百
       万円  によるものです。
        投資活動によるキャッシュ・フローは、                   3億95百万円の支出         (前年同期比      1億75百万円      の支出減)となりまし
       た。これは主に有形固定資産の取得による支出                      2億57百万円      、関係会社株式の取得による支出                1億20百万円      によ
       るものです。
        財務活動によるキャッシュ・フローは、                   3億11百万円の支出          (前年同期は      3億90百万円の収入          )となりまし
       た。これは主に、長期借入金の返済による支出                     1億94百万円      、配当金の支払額        2億6百万円      によるものです。
                                 22/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ④  生産、受注及び販売の実績
        当社グループは、単一セグメントです。当連結会計年度の生産実績、販売実績は次のとおりであります。
       a.生産実績

       当連結会計年度の生産実績は次のとおりであります。
                 区分                    生産高(千円)              前期比(%)

    水栓金具事業                                      16,740,242             110.7

                 合計                          16,740,242             110.7

     (注)   金額は販売価格によっております。
      b.  受注実績

       当社グループは、大部分の品目につき見込み生産を行っておりますので、記載を省略しております。
      c.  販売実績

       当連結会計年度の販売実績は次のとおりであります。
                区分                    販売高(千円)              前期比(%)

    水栓金具事業                                      22,999,555             103.7

                合計                          22,999,555             103.7

                                 23/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (2)   経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
       す。なお、本項に記載した将来や想定に関する事項は、提出日現在において当社グループが判断したものであり
       ます。
      ①  財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a.財政状態の状況に関する認識及び分析・検討内容
        当社グループの当連結会計年度の財政状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
       態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                           経営成績等の状況の概要 ②              財政状態の状況」に記載
       されているとおりであります。
       b.経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの経営成績に重要な影響を与える大きな要因としては、経済動向、為替及び金利の動向、原材料
       及び物流費の高騰、製品の欠陥及び事故災害、等があります。
        経済動向については、新規住宅着工件数の減少が予測され、厳しい業界内競争が続いていると認識しておりま
       す。一方でリフォーム市場や非住宅市場(主にホテル・オフィスビル・商業施設)は成長が予測されており、当
       社は同市場をターゲットに、高付加価値製品の開発・拡販や水まわりにおける住空間全体をトータルに提案でき
       るメーカーへ展開し、着実な成長を目指しております。
        為替及び金利の動向については、米中関係および東アジア地域の経済動向の不確実性により、先行き不透明な
       状況が続いていると認識しております。当社では、為替リスクを回避するため中国における子会社との取引は円
       建取引を原則としております。金利動向は、主に固定金利により調達しており、金利変動による影響は比較的少
       ないものと考えております。
        原材料及び物流費の高騰については、価格上昇に対する販売価格への転嫁に取り組むことや、原価低減および
       物流体制の見直しを推進し、更なるコスト削減を図っていきます。
        製品の欠陥及び事故災害については、継続的な生産工程における改善活動、品質管理・保証体制の一層の充
       実、安全・安定運転に万全を期すことにより、経営に重要な影響を与えるような事態の抑制に努めてまいりま
       す。
        なお、経営成績については、以下の通りです。
        (売上高)

        当社グループの当連結会計年度における売上高は、コロナ後の生活スタイルの変化による非接触型水栓の需要
       が堅調に推移したこと、高機能商材などの新製品が好調だったこと、住宅着工戸数の回復により需要が増加した
       ことなどにより、前連結会計年度に比べ                  8億17百万円増加        し、  229億99百万円       (前期比    3.7%増    )となりました。
        (売上原価、売上総利益)

        当社グループの当連結会計年度における売上原価は、前連結会計年度に比べ                                   9億26百万円増加        し、  159億61百万
       円 (前期比    6.2%増    )となりました。これは主に、主要原材料である銅合金等の長期にわたる価格上昇に伴い、材
       料費・仕入価格が高騰したことによるものです。この結果、当社グループの当連結会計年度の売上総利益は、前
       連結会計年度に比べ         1億9百万円減少        し、  70億38百万円      (前期比    1.5%減    )となりました。
        (販売費及び一般管理費、営業利益)

        当社グループの当連結会計年度における販売費及び一般管理費は、前連結会計年度に比べ                                          25百万円増加      し、  55
       億61百万円     (前期比    0.5%増    )となりました。人材投資による人件費の増加がありましたが、経費削減等の効果も
       あり、全体としては概ね横ばいとなりました。この結果、当社グループの当連結会計年度の営業利益は、前連結
       会計年度に比べ、        1億34百万円減少        し、  14億77百万円      (前期比    8.4%減    )となりました。
                                 24/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
        (営業外収益、営業外費用、経常利益)
        当社グループの当連結会計年度における営業外収益は、前連結会計年度に比べ                                    29百万円増加      し、  72百万円    とな
       りました。これは主に、持分法による投資損益を計上したことによります。また、営業外費用は前連結会計年度
       に比べ   4百万円減少      し、  57百万円    となりました。これは主に、前期に上場関連費用があったことと、当期に為替
       差損を計上したことによります。この結果、当社グループの当連結会計年度の経常利益は、前連結会計年度に比
       べ 1億円減少     し、  14億92百万円      (前期比    6.3%減    )となりました。
        (特別損益、法人税等、親会社株主に帰属する当期純利益)

        当社グループの当連結会計年度における特別利益は、前連結会計年度に比べ                                   36百万円減少      し、  1百万円    となり
       ました。これは主に、前期に投資有価証券売却益を計上していたことによります。特別損失は、前連結会計年度
       に比べ   6百万円増加      し、  16百万円    となりました。また、法人税等は、前連結会計年度に比べ                            1億42百万円減少
       し、  4億78百万円      となりました。この結果、当社グループの当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益
       は、前連結会計年度に比べ            0百万円減少      し、  9億99百万円      (前期比    0.1%減    )となりました。
      ②  キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

       a.キャッシュ・フローの状況に関する認識及び分析・検討内容
        当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 3 経営
       者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)                                   経営成績等の状況の概要 ③キャッ
       シュ・フローの状況」に記載されているとおりであります。
       b.資本の財源及び資金の流動性

        (資本需要)
        当社グループの事業活動における運転資金需要について、営業活動については、生産活動に必要な運転資金(材
       料費及び人件費等)、受注維持拡大のための販売費、製品開発力の維持強化及び新規事業立ち上げに資するための
       研究開発費等によるものです。投資活動については生産性の向上等を目的とした設備投資によるものです。
        今後において、必要な設備投資や研究開発投資を継続していく予定であります。今後の資金需要も見据えて、
       最新の市場環境や受注動向も勘案し、資産の圧縮及び投資案件の選別を行っていく予定であります。
        (財務政策)

        当社グループの運転資金、設備資金については営業キャッシュ・フローで獲得した資金を投入し、不足分につ
       いて金融機関からの借入により資金調達を行っております。
        運転資金に関しては、手許資金(利益等の内部留保金)を勘案の上、不足が生じる場合には短期借入金による調
       達で賄っております。設備資金に関しては、手許資金、長期借入金による調達を基本としております。
        ただし、設備資金の不足が生じる期間が短期間である場合には、短期借入金による調達で賄っております。
        事業計画に基づく資金需要、金利動向等の調達環境、発行費用等の調達コスト、既存借入金の償還時期等を勘
       案し調達規模、調達手段を適宜判断して実施していくこととしております。
                                 25/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ③  重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成して
       おります。この連結財務諸表を作成するにあたって、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り
       及び仮定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
        連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状況 
       1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。
        なお、新型コロナウイルスの感染拡大による事業への影響については、現在のところ軽微であります。しかし

       ながら、今後の事業に対する影響につきましては、引き続き注視していく必要があるものと考えております。
    4  【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
                                 26/110
















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
        当連結会計年度の研究開発活動は、水栓金具の研究開発力の維持、向上が図れるように、世の中に無い新規性
       の高いモデルの商品開発を積極的に進めております。固有技術の確立無くして開発の将来は無いとの危機感か
       ら、2014年度に研究部を独立した組織として編成し、人と環境に優しい新技術開発を方針としております。
        研究部の主な目的は、「当社固有の要素技術」を生み出す事を目的としております。メカと電子コア技術の融
       合による利便性を向上させ、新しいライフスタイルの提供に主眼をおいております。
        主要課題としましては、将来を見据え、電子デバイスの応用技術、キーパーツを中心とした課題に取り組んで
       おります。
        さらに、電子デバイスの応用技術はコロナ禍における非接触型水栓の開発に重要な要素であり、メカと融合さ
       せることにより、「安心・安全」に寄与できるような商品の研究開発を進めております。
        開発部の主たる目的は『水域/面』展開の概念を基本とした空間提案ができ、心地よさ(品位)を感じることの
       できる商品の創出です。環境配慮はもちろんのこと、使用感や質感等にこだわり商品開発に取り組んでおりま
       す。
        研究開発体制は、ものづくり本部内の研究開発部が主体となり、開発部署とのコンカレント開発体制をとって
       おりました。      更なる創造性の向上・業務の合理化・スピードUPを目的とし、2022年3月に開発本部長を総責任者と
       し研究部・開発部を有する開発本部を設立いたしました。
        研究開発の目標管理については『工場会議』で審議しております。具体的な研究開発課題については、月次で
       「進捗報告会」を開催し、スピーディーな対応ができる体制となっております                                    。
        なお、当連結会計年度における当社グループが支出した研究開発費の総額は、                                    105,557    千円であります。
      当社グループは単一セグメントであるため、製品ごとの主な研究開発活動を下記に記載しております。

       年度                      新製品又は新技術名
             新型センサ搭載キッチン用シングル混合栓

             EK8700E・EK8700EDC
             自動水栓 EY507-13         の新色追加

             EY507-MC
             EY507-MDP
             自動水栓 EY507-13のトールタイプ
             EY507-2T
     2022年3月期
             EY507-2T-MC
             EY507-2T-MDP
             洗面混合栓 節湯C1バリエーション追加

             K47531EJV・K47531EJK等
             洗濯機用送り座水栓

             Y1433TV-W-13・Y1433TK-W-13等
                                 27/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1 【設備投資等の概要】

      当社グループの設備投資は、需要の変化に対応できる最適生産体制づくりに向け、製品の開発・改良、生産設備の
     合理化・内製化に係わる投資を行いました。当連結会計年度の設備投資総額は、                                     303,314    千円であります。設備投資総
     額は、有形固定資産のほか、無形固定資産への投資を含めて記載しております。
      なお、当社グループは水栓金具事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載を省略しております。
    2 【主要な設備の状況】

     (1) 提出会社
                                                2022年3月31日       現在
                                  帳簿価額(千円)
      事業所名                                                従業員数
               設備の内容
                         建物     機械装置       土地
      (所在地)                                                 (名)
                                           その他       合計
                       及び構築物      及び運搬具       (面積㎡)
       本社

                                     347,310
              本社機能           269,357       13,425            27,955      658,049      108
                                    (1,079.94)
     (大阪市東成区)
      鴫野工場

                                     371,000
              組立設備           49,487       6,315            10,349      437,152      58
                                    (2,305.20)
    (大阪市城東区)
              鋳造・切削・鍍

      岐阜工場
                                    1,508,513
              金・組立加工・樹           693,762      223,072            169,429     2,594,777       407
                                   (31,642.26)
    (岐阜県各務原市)
              脂成型設備
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
     (2) 国内子会社

                                                2022年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
              事業所名                                        従業員数
                                機械装置
      会社名              設備の内容
                           建物及び             土地
              (所在地)                                         (名)
                                 及び           その他      合計
                           構築物           (面積㎡)
                                運搬具
               本社

    (株)アクアエン
                    車両         -     913       -     899     1,813     8
    ジニアリング
            (大阪市城東区)
               本社                                         1

    FLUSSO㈱                建物       76,638        -      -   17,814      94,452
            (東京都渋谷区)                                          (1)
                                                       112

               本社                        90,272
    ㈱水生活製作所                生産設備      318,064      188,571            37,324     634,233
            (岐阜県山県市)                        (15,296.59)
                                                      (40)
               本社

    美山鋳造㈱                鋳造設備       2,210     126,956         -     771   129,938      3
            (岐阜県山県市)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。

       2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
       3.従業員数の(  )は、臨時従業員数を外書きしております。
                                 28/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (3) 在外子会社
                                                2022年3月31日       現在
                                    帳簿価額(千円)
              事業所名                                        従業員数
                            建物     機械装置
       会社名              設備の内容
                                       土地
              (所在地)                                         (名)
                            及び      及び           その他      合計
                                      (面積㎡)
                           構築物      運搬具
                     鋳造・切
              大連工場                                          87
    大連三栄水栓有                 削  ・  研                 -
                            97,425      41,210            4,476     143,113
    限公司                 磨・加工                (19,031)
             (中国大連市)                                         (32)
                     設備
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
       3.賃借している土地の面積は(   )で外書きしております。
       4.従業員数の(  )は、臨時従業員数を外書きしております。
    3 【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
                          投資予定額
         事業所名                                       完了予定      完成後の
    会社名           設備の内容                   資金調達方法        着手年月
                         総額     既支払額
        (所在地)                                         年月     増加能力
                        (千円)      (千円)
              鋳造工程、加工工
         岐阜工場
     提出
              程、研磨工程のレ         1,000,000
        (岐阜県                         -   自己資金等       2022年度中      2023年度中      (注)2
              イアウトの見直し          (注)1
     会社
        各務原市)
              に伴う増改築工事
          本社

               基幹システムの
     提出
         (大阪市                300,000        -   自己資金      2023年度中      2024年度中      (注)2
     会社
                 更新
         東成区)
          本社

               リモートワーク
     提出
         (大阪市                108,000        -   自己資金      2022年度中      2024年度中      (注)2
     会社
                環境の拡充
         東成区)
     (注)1.投資予定額は第一次計画の総額となり、第二次計画につきましては現時点で総額が未定であるため、含ま
          れておりません。
        2.設備投資による完成後の増加能力については、計数的な把握が困難なため、記載を省略しております                                                   。
     (2) 重要な設備の除却等

        重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 29/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第4 【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      7,840,000

                 計                                     7,840,000

      ② 【発行済株式】

            事業年度末現在           提出日現在

                                上場金融商品取引所名又は
      種類       発行数(株)          発行数(株)                             内容
                               登録認可金融商品取引業協会名
           ( 2022年3月31日       )  (2022年6月29日)
                                  東京証券取引所
                                                単元株式数は100株
     普通株式          2,289,000          2,289,000       市場第二部(事業年度末現在)
                                                 であります。
                               スタンダード(提出日現在)
       計        2,289,000          2,289,000             -              -
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
                                 30/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                 発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2020年1月2日(注)1             1,764,000       1,960,000           -     98,000         -       -

    2020年12月24日
                   260,000      2,220,000        264,550       362,550       264,550       264,550
    (注)2
    2021年1月27日
                   69,000      2,289,000         70,207       432,757        70,207       334,757
    (注)3
     (注)1.株式分割(1:10)によるものであります。
        2.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
          発行価格             2,200円
          引受価額            2,035円
          資本組入額         1,017.50円
          払込金総額        529,100千円
        3.有償第三者割当(オーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資)
          発行価格             2,035円
          資本組入額         1,017.50円
          割当先   大和証券株式会社
        4.当社は、2022年3月31日開催の取締役会において、下記のとおり、2020年12月24日の新規上場に際し、新
          株式発行により調達した資金使途の一部変更を決議いたしました。なお、変更の理由及び内容に関しまし
          ては、2022年3月31日付でプレスリリースいたしました「上場調達資金使途変更に関するお知らせ」から
          変更はございません。
        ①変更の理由

         当初計画では、当社の主力工場である岐阜工場における生産設備の増強として、加飾鍍金設備の導入、水栓
        本体生産設備の導入、既設の鍍金設備の更新を行う予定としておりました。
         しかしながら、当社を取り巻く社会環境・経営環境は目まぐるしく変わっており、時代の流れに沿った「モ
        ノづくり」のあり方を再構築すべく、岐阜工場の生産エリアを包括的に見直すことといたしました。
         将来的な国内市場・海外市場における更なる水栓金具(高付加価値水栓)の需要拡大にあわせ、高付加価値
        製品の安定的な供給体制を確立することを目的として、新たに使途金額及び支出予定時期を計画しております
        ので、お知らせいたします。
         新たな計画では、「高効率化・省力化・環境対策」をコンセプトとし、岐阜工場全体の生産エリアを拡張、
        随所に自動化生産設備を導入し、工程間の連動化、生産ラインの増設、を行うことで生産能力をさらに一段高
        めていくことにいたしました。また、太陽光発電等を利用したインフラ設備導入などにより、CO2排出量を
        削減することで、カーボンニュートラル達成をめざし、「地球や環境に優しいモノづくり」実現に向け、事業
        活動を推進してまいります。
         この計画は、工場を稼働させながら今後の生産に支障をきたすことなく行う予定であり、第一次計画、第二
        次計画と分けて実施いたします。第一次計画は、10億円を予定しており、上場時の調達資金を充当し、不足分
        は自己資金及び銀行借入金にて対応いたします。第二次計画につきましては、詳細が決まり次第、速やかにお
        知らせします。
                                 31/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       ②変更の内容
        資金使途の変更の内容は次のとおりです。
    (変更前)

              具体的な使途                 金額(千円)            支出予定時期
     岐阜工場における加飾鍍金設備                             80,000        2022年3月期
        〃            水栓本体生産設備
                                  200,000         2022年3月期
        〃            鍍金設備更新
                                  369,015         2023年3月期
               上記合計                   649,015
    (変更後)

              具体的な使途                 金額(千円)            支出予定時期
      (第一次計画)
                                  100,000         2023年3月期
     岐阜工場における鋳造工程、加工工程、研磨工程の
     レイアウトの見直しに伴う増改築工事
        〃                             900,000         2024年3月期
               上記合計                  1,000,000
     ※)資金計画につきましては、上場時の調達資金を充当し、不足分は、自己資金及び銀行借入金を予定しておりま
     す。
                                 32/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                2022年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数               100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状況
           政府及び
                      金融商品     その他の                 個人
                                                       (株)
           地方公共     金融機関                                 計
                      取引業者      法人               その他
            団体
                                個人以外      個人
    株主数
              -      3     17     27     14      4    742     807      -
    (人)
    所有株式数
              -     567     365    1,233      670      9   20,037     22,881        900
    (単元)
    所有株式数
              -    2.48     1.59     5.39     2.93     0.04     87.54      100      -
    の割合(%)
     (6)  【大株主の状況】

                                               2022年3月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
    西岡 利明                大阪府東大阪市                         700,000         30.58
    吉川 正弘                大阪府大阪市天王寺区                         580,000         25.34

    SANEI従業員持株会                大阪府大阪市東成区玉津1-12-29                         148,600         6.49

    夏目 和典                愛知県江南市                         60,000         2.62

    吉川 弘二                大阪府大阪市天王寺区                         60,000         2.62

    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海1-8-12                         53,800         2.35
    (信託口)
    尼見 幸一                兵庫県神戸市北区                         40,000         1.74
    QUINTET         PRIVAT
                    43 BOULEVARD ROYAL L
    E   BANK       (EUROP
                    -2955 LUXEMBOURG
    E) S.A. 107704                                         30,300         1.32
                    (港区港南2-15-1 品川インターシティA
    (常任代理人 株式会社みずほ
                    棟)
    銀行決済営業部)
    梅田 藤三                大阪府堺市北区                         30,000         1.31
    岸田 敏雄                奈良県香芝市                         25,000         1.09

    吉本 輝雄                岡山県総社市                         25,000         1.09

           計                   -              1,752,700          76.57

     (注) 上記の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は、次のとおりであります。
          株式会社日本カストディ銀行                   53,800株
                                 33/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ① 【発行済株式】
                                                2022年3月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    -          -              -

    議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

    議決権制限株式(その他)                    -          -              -

    完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -

                     普通株式
    完全議決権株式(その他)                                22,881            -
                         2,288,100
    単元未満株式                        900       -              -
    発行済株式総数                     2,289,000          -              -

    総株主の議決権                    -            22,881            -

      ② 【自己株式等】

        該当事項はありません。
                                 34/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    2 【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】               会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1) 【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                区分                   株式数(株)             価額の総額(千円)

    当事業年度における取得自己株式                                      ―              ―

    当期間における取得自己株式                                      36              108

     (注)    当期間における取得自己株式には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                             当事業年度                   当期間

            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
    引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                         ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、会社分割
                              ―         ―         ―         ―
    に係る移転を行った取得自己株式
    その他(  ―  )                         ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数                      ―         ―             36         ―

     (注)    当期間における保有自己株式数には、2022年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取り
        による株式数は含めておりません。
                                 35/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    3 【配当政策】
      当社は、株主に対する利益還元を経営の重要政策の一つとして位置づけ、自己資本当期純利益率(ROE)を重視する
     なかで、経営環境及び配当性向などを総合的に勘案し、年2回の配当を実施することを基本方針としております。
      第62期事業年度の配当につきましては、上記方針に基づき当期は1株当たり                                   92円  の配当(うち中間配当          45円  )を実施
     することを決定しました。この結果、第62期事業年度の配当性向は                               28.3%   となりました。
      また、内部留保資金につきましては、競争力を高め、将来の事業拡大を図るための設備投資や研究開発などに有効
     活用してまいります。
      当社は、剰余金の配当は取締役会の決議により行うことができる旨及び中間配当を行うことができる旨、定款に定
     めております。
      第62期事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。

                            配当金の総額          1株当たり配当額

                  決議年月日
                             (千円)           (円)
                 2021年10月18日
                                103,005            45.00
                  取締役会
                 2022年5月16日
                                107,583            47.00
                  取締役会
                                 36/110















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社はコーポレート・ガバナンスを経営上の最重要事項の一つととらえ、企業価値の最大化を目指して経営を
       推進しております。持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために、従業員、顧客、取引先、債権者、地域
       社会をはじめとする、当社に関わる様々なステークホルダーとの協働が必要不可欠であると認識しており、ま
       た、国や地域を問わず、全ての法律を遵守し、その精神を尊重すること、公正な競争のもとで利潤を追求するこ
       と、企業活動を通じて広く社会に貢献することが、社会との信頼関係を築く上で企業に課せられた普遍的かつ重
       要な使命であると認識しております。この考えに基づき、当社及び当社グループの役員及び社員一人ひとりが業
       務遂行において遵守すべき行動規範として社是・グループ企業理念を制定し、当社及び当社グループの役員及び
       社員に広く浸透させております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       ・企業統治の体制の概要
         当社は、監査役会制度を採用しております。
         取締役会は、取締役8名(議長 代表取締役社長                       西岡利明、吉川正弘、夏目和典、新田裕二、早川徹、丸川
        達也、瀧勝巳、安部慶尚:瀧勝巳、安部慶尚は社外取締役)で構成され、月1回の定例取締役会のほか、必要
        に応じて臨時取締役会を開催しております。
         監査役会は、常勤監査役1名(議長 岸田敏雄)及び社外監査役2名(松井浩一、大原信子)で構成されて
        おり、コーポレート・ガバナンスの運営状況を監視し、取締役の職務の執行を含む日常活動の業務監査及び会
        計監査を行っております。監査役は、毎期、株主総会後の監査役会で決定された監査方針・監査計画に基づ
        き、株主総会、取締役会及び重要会議への出席、取締役、従業員、会計監査人、内部監査室からの報告収受等
        を行っております。
         当社は、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置し、内部監査責任者2名が内部監査を実施しております。
        内部監査は、監査役と連携し、当社及び子会社の各部門の業務遂行状況を監査し、結果については、代表取締
        役社長に報告するとともに、改善指示を各部門へ周知し、そのフォローアップに努めております。
                                 37/110











                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
         当社の業務執行・監視の仕組み、内部統制システム、リスク管理体制の整備状況の模式図は次のとおりであ
        ります。
       ・企業統治の体制を採用する理由













         当社は、監査役会制度を採用しております。社外監査役を含めた監査役は、会計監査人及び内部監査室と連
        携して監査を行っており、現在の監査体制が経営監視機能として有効であると判断しております。
         当社では、代表取締役社長、代表取締役社長が指名する取締役、及び管理職が参加する経営方針会議、及び
        経営戦略会議を設置しており、前者は年1回、後者は月1回開催しております。経営方針会議、及び経営戦略
        会議は、職務権限上の意思決定機関ではありませんが、代表取締役社長から各担当役員、並びに担当部門長へ
        の諮問機関として機能しており、取締役会決議事項の事前審議、全社方針の策定、その他の事業課題の共有並
        びに解決策の検討等が行われ、会社業務の円滑な運営を図ることを目的として運営しております。
         コンプライアンス委員会は、取締役・法務部門等で構成されており、四半期に一度開催されております。委
        員会では、テーマを一つ選び、担当者・上長から現状の報告と課題・対策を説明し、委員会メンバーと意見交
        換を行っております。
         懲罰委員会は、従業員の制裁に関して、その必要性、種類、程度について審議・決定するために設置されて
        おります。
                                 38/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ③ 企業統治に関するその他の事項
       1.内部統制システムの整備の状況
       イ 取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          当社は、企業倫理の確立、法令遵守、社会的責任達成のため、「企業行動規範」を制定し、当社及び当社
         子会社(以下「当社グループ」という。)の社員に周知徹底を図るとともに、コンプライアンス及びリスク
         管理の重要性や内部通報制度について教育を実施し、社員の意識向上に取り組んでおります。
          社会の秩序や安全に脅威を与え、企業の健全な活動を阻害する恐れのある反社会的な勢力・団体とは一切
         の関係を持たず、毅然とした態度で対応しております。
       ロ 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

          取締役の職務の執行に係る各種情報(株主総会議事録・取締役会議事録・経営会議議事録・稟議書・各種
         契約書・会計帳簿・貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・事業報告・附属明細書・その他重要
         文書)の保存及び管理については、法令及び社内規程によるものとしております。監査役から要求があった
         場合には、遅滞なく当該情報の閲覧に応じております。
          情報開示については、情報管理責任者(情報開示担当役員)を置き、法令及び証券取引所の定める適時開
         示規則などに基づき、重要な会社情報の一元管理を行い、迅速かつ正確な情報開示に努めております。
       ハ 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

          当社は、事業環境の変化に対応するため、当社グループの内部統制、コンプライアンス及びリスクを統括
         的に把握・管理することが重要であると認識し、取締役会の中で社内規程の整備をはじめ、平常時・発生時
         の観点から、適時に既存リスクの見直しや新たなリスクの洗い出しなど、経営上のリスクを総合的に分析
         し、潜在リスクの最小化や顕在化した場合の対応策に取り組んでおります。
          品質、安全衛生、環境、情報セキュリティなどのリスクについては、その担当部署またはプロジェクトを
         設けることにより、リスクの未然防止や再発防止に努めております。
       ニ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

          当社は、取締役会を毎月原則1回開催し、経営の基本方針・法令事項・その他の経営に関する重要事項の
         決定並びに取締役の職務執行の監督を行っております。
          取締役会の決定に基づく業務執行については、社内規程に権限及び責任の詳細を定めております。経営の
         意思決定機能・業務執行の監督を担う取締役と、業務執行を担う執行役員の役割と責任を明確にし、経営戦
         略決定の迅速化及び監督体制・業務執行体制の更なる強化を図っております。
          当社は、将来の経営環境を見据え、当社グループの中期経営計画・年度計画を策定し、目標値を設定して
         おります。各担当取締役は、経営計画を達成するため、各部署が目標達成に向けた具体策を決定し、経営会
         議において定期的に達成状況のレビューと改善策を報告しております。
       ホ 当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

          当社は、子会社の経営について担当取締役を責任者として置き、月1回の取締役会に担当取締役が出席
         し、職務執行の定期的な報告と重要案件について審議を行い、当社グループの迅速かつ的確な意思決定を図
         るなど、「関係会社管理規程」に基づき、子会社に対する適切な経営管理に取り組んでおります。また、必
         要に応じて子会社への指導・支援並びにモニタリングを通じ、経営全般の実効性を高めております。
          当社は、内部統制・牽制機能として、社長直轄の専任スタッフによる内部監査室を設置し、監査役(監査役
         会)と連携するとともに、監査計画並びに代表取締役社長からの指示に基づき、当社グループの内部統制シス
         テムの有効性と妥当性、法令・定款・社内規程などの遵守状況について業務監査を実施し、業務改善に向け
         た指摘・指導を行っております。指摘事項については改善・是正を求め、監査結果については社長へ報告し
         ております。
                                 39/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       ヘ 財務報告の信頼性を確保するための体制
          当社は、当社グループの財務報告の信頼性を確保し、金融商品取引法に基づき内部統制報告書の提出を有効
         かつ適切に行うため、代表取締役社長の指示の下、財務報告に係る内部統制を整備し、運用する体制の構築
         を行い、その仕組みが適正に機能することを継続的に評価し、必要な是正を行うとともに、金融商品取引法
         及びその他の関係法令などとの適合性を確保しております。取締役会は、当社グループの財務報告に係る内
         部統制の整備及び運用に関して適切に監督を行っております。
       ト 監査役の職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、当該使用人の

         取締役からの独立性に関する事項及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
          当社は現在、監査役の職務を補助する使用人を置いておりませんが、監査役監査規程に則り、監査役から
         求められた場合には、取締役と監査役の協議の上、監査役の職務を補助するために必要な能力・経験・知識
         を有する者を配置いたします。当該使用人は、業務執行に係る役職を兼務せず、監査役の指示に従い、監査
         役の監査に必要な調査をする権限を有しております。当該使用人の適切な職務の遂行のため、人事異動・人
         事評価・懲戒処分などについては、監査役の事前同意を得るものとしております。
       チ 取締役及び使用人などが監査役に報告をするための体制その他の監査役への報告に関する体制

          当社グループの取締役及び使用人などは、監査役会の定めるところにより、以下の事項を監査役に報告し
         ております。
          ・内部統制システムの構築及び運用状況
          ・当社グループに著しい損害・不利益を及ぼす恐れのある事実
          ・取締役及び使用人の職務執行に関して不正行為、法令・定款・社内規程などに違反する重大な事実が発
           生する可能性もしくは発生した場合、当該事実
          ・経営会議で報告・審議された案件
          ・内部監査室が実施した監査結果
          ・リスク管理委員会の活動状況及び内部通報制度による通報状況
           当社は、当社グループの取締役及び使用人などが当社監査役への当該報告を行ったことを理由として不
           利な取扱いを行いません。
      2.株主総会決議事項を取締役会で決議する事ができる事項

       イ 自己の株式の取得
          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる
         旨を定款に定めております。これは機動的に自己株式の取得を行うことを目的とするものであります。
       ロ 剰余金の配当

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項に定める事項については、法令に特段の定めがある場合を除
         き、株主総会の決議によらず取締役会決議によって定めることとする旨を定款に定めております。これは株
         主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
       ハ 中間配当

          当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議に
         よって毎年9月30日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
                                 40/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       ニ 取締役及び監査役の責任免除
          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する
         取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度におい
         て免除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、
         その能力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものでありま
         す。
      3.取締役の定数

        当社の取締役は、12名以内とする旨を定款に定めております。
      4.取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
       席し、その議決権の過半数をもって行う旨、また、取締役の選任決議については、累積投票によらないものとす
       る旨を定款に定めております。
      5.株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
       の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めており
       ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
       目的とするものであります。
                                 41/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    (2)【役員の状況】
      ① 役員一覧
     男性  10 名 女性    1 名(役員のうち女性の比率            9.1  %)
                                                    所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                     (株)
                           1981年3月      オリエント貿易㈱入社
                           1982年12月      当社入社
                           1985年4月      取締役就任
                           1991年4月      常務取締役就任
      代表取締役
             西岡 利明      1958年7月14日                             (注)3    700,000
       社長
                                 大連三栄水栓有限公司
                           2003年2月
                                 董事長就任(現任)
                           2004年10月      代表取締役社長就任(現任)
                           1982年4月      ヒフティー貿易㈱入社

                           1985年4月      当社入社
                                 取締役就任
      代表取締役
             吉川 正弘      1958年1月15日                             (注)3    580,000
       副社長
                           1991年4月      常務取締役就任
                           2004年10月      代表取締役副社長就任(現任)
                           1976年4月      愛三工業㈱入社

                           1980年9月      当社入社
                           1991年4月      製造本部本部長就任
                           1998年4月      取締役製造本部長就任
                           2004年10月      常務取締役製造本部長就任
    専務取締役執行役員
             夏目 和典      1952年5月1日                             (注)3     60,000
     ものづくり本部長
                           2012年5月      専務取締役就任
                           2021年5月      ㈱水生活製作所監査役(現任)
                                 専務取締役執行役員ものづくり本部長
                           2022年3月
                                 就任(現任)
                           1986年4月      当社入社

                           2013年4月      営業本部副本部長就任
                           2015年4月      営業本部本部長就任
                           2015年6月      取締役営業本部長就任
     取締役執行役員
             新田 裕二      1968年1月12日                             (注)3     20,000
     営業統括本部長
                           2017年4月      取締役営業統括本部長就任
                                 取締役執行役員営業統括本部長就任
                           2022年3月
                                 (現任)
                                 ㈱名南経営コンサルタンツ(現名南経

                           1991年9月
                                 営コンサルティング)入社
                                 ㈱早川バルブ製作所(現㈱水生活製作
                           1996年4月
                                 所)入社
                           2000年4月      同社常務取締役就任
                           2004年4月      同社専務取締役就任
                           2006年12月      同社代表取締役社長就任
                                 上海水生活貿易有限公司董事長兼総経
                           2009年3月
                                 理就任(現任)
                           2012年10月      美山鋳造㈱代表取締役副社長就任
     取締役執行役員
              早川 徹      1967年5月5日                             (注)3     2,000
    コーポレート本部長
                                 水生活ホールディング㈱代表取締役就
                           2016年6月
                                 任(現任)
                           2016年11月      美山鋳造㈱代表取締役社長(現任)
                           2021年4月      当社入社
                           2021年6月      取締役ものづくり本部長就任
                                 取締役執行役員コーポレート本部長就
                           2022年3月
                                 任(現任)
                                 ㈱水生活製作所代表取締役会長就任
                           2022年5月
                                 (現任)
                           1985年4月      ㈱ノーリツ入社

                           2022年5月      当社入社 執行役員開発本部長就任
     取締役執行役員
             丸川 達也      1962年4月13日             取締役執行役員開発本部長就任(現                (注)3      -
      開発本部長
                           2022年6月
                                 任)
                                 42/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                                                    所有株式数
      役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                     (株)
                           1981年3月      京滋日野自動車㈱入社
                           1987年4月      ㈱セイコーヴィーバス入社
                           1999年12月      ㈱フュージョンカンパニー設立
                                 メイド・イン・ジャパン・プロジェク
                           2007年4月
                                 ト㈱ プロデューサー就任
      取締役       瀧 勝巳      1961年9月21日                             (注)3     5,000
                                 タキカツミアンドプロデューサーズ
                           2008年4月
                                 設立
                           2018年6月      当社取締役就任(現任)
                           1976年4月      三油興業㈱入社

                           1977年12月      大互鉱油㈱(現:㈱大互)入社
                           1985年7月      同社専務取締役就任
      取締役       安部 慶尚      1952年3月21日        1998年7月      同社代表取締役専務就任                (注)3     10,000
                           2000年7月      同社代表取締役社長就任(現任)
                           2018年6月      当社取締役就任(現任)
                           1969年4月      当社入社

                           2004年10月      取締役営業副本部長就任
                           2010年5月      取締役営業本部長就任
      監査役
             岸田 敏雄      1950年7月26日                             (注)4     25,000
      (常勤)
                           2012年5月      常務取締役営業本部長就任
                           2016年6月      常勤監査役就任(現任)
                           1993年10月      朝日監査法人入社

                                 松井浩一公認会計士税理士事務所開業
                           2002年7月
                                 (現任)
                           2003年5月      ㈱エルメ監査役就任
                                 (同)ピーク・プロフィット・パフォー
                           2006年3月
      監査役       松井 浩一      1964年12月17日             マー開業(現任)                (注)4      -
                           2014年12月      ㈱然取締役就任(現任)
                           2016年5月      ㈱ラシーヌ取締役就任
                           2016年6月      ㈱アプローズ取締役就任(現任)
                           2018年6月      当社監査役就任(現任)
                           1991年4月      テルモ㈱入社

                           1995年7月      ㈱ソフトウェア・トゥー㈱入社
                           2000年1月      ネクスネット㈱入社
                                 ㈱ナカサアンドパートナーズ入社
      監査役       大原 信子      1970年6月26日                             (注)4      -
                           2003年4月
                                 (現在に至る)
                           2022年6月      当社監査役就任(現任)
                           計                         1,402,000

     (注)   1.取締役 瀧勝巳及び安部慶尚は、社外取締役であります。

       2.監査役 松井浩一及び大原信子は、社外監査役であります。 
       3.  取締役の任期は、2022年6月28日開催の定時株主総会終結の時から選任後1年以内に終了する事業年度のう
         ち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       4.監査役の任期は、          2022年6月28日開催の定時株主総会終結                  の時から選任後4年以内に終了する事業年度のう
         ち、最終のものに関する定時株主総会終結の時までであります。
       5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠く事になる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠監査役
         1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次の通りであります。
                                                   所有株式数

         氏   名        生年月日                 経     歴
                                                     (株)
                        1972年4月        ㈱竹中工務店入社
                        2000年3月        同社東京支店設備部長就任
                        2008年3月        同社取締役エンジニアリング本部長就任
          林 誠      1950年2月8日        2010年3月        ㈱アサヒファシリティズ取締役副社長就任                      -
                        2011年3月        同社代表取締役社長就任
                        2017年3月        ㈱竹中工務店顧問就任
                                 43/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        当社は、経営の透明性、意思決定の迅速化をはかるため、専門的かつ中立・公正な立場から取締役会を監督お
       よび監視いただくことをねらいとして、社外取締役2名および社外監査役2名をそれぞれ選任しております。
        社外取締役瀧勝巳は、当社の株式5,000株を所有しておりますが、当社と同氏の間には、それ以外に人的関係、

       資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。 
        瀧勝巳は、インテリアデザイナーとして豊富な経験と見識により当社の経営を監督して頂くとともに、当社の
       経営全般に関する助言を頂けることを期待し、選任しております。
        社外取締役安部慶尚は、当社の株式10,000株を所有しておりますが、当社と同氏の間には、それ以外に人的関
       係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
        安部慶尚は、企業経営者として豊富な経験と見識により当社の経営を監督して頂くとともに、当社の経営全般
       に関する助言を頂けることを期待し、選任しております。
        社外監査役松井浩一と当社との間には、人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありませ

       ん。松井浩一は、公認会計士としての豊富な経験と幅広い見識を有しており、当社の経営全般に対する監査・監
       督機能を期待し、選任しております。
        社外監査役大原信子と当社との間には、人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありませ
       ん。大原信子は、様々な職務を通じて培った豊富な経験と知識を有しており、当社の経営全般に対する監査・監
       督機能を期待し、選任しております。
        当社では、社外取締役及び社外監査役を選任するための独立性に関する基準または方針について特別に定めて

       おりませんが、その選任にあたっては東京証券取引所の独立役員に関する独立性の基準などを参考にしておりま
       す。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

       統制部門との関係
        社外監査役には、取締役会への出席、重要書類の閲覧等を実施し、独立した立場から経営の監視機能の役割を
       担っていただくとともに、事業会社での豊富な経験や他社での監査役経験を通して得た幅広い見識をもとに、公
       正かつ客観的に意見を述べていただいております。社外監査役の選任については、各々の専門分野や経営に関す
       る豊富な経験と知見を有する人物を選任しております。主な活動として、監査役会を通じて他の監査役と連携を
       取りながら、会計監査人および内部統制監査機能を含む内部監査部門とそれぞれの監査計画、実施状況、監査結
       果について定期的に会合をもち、必要に応じ随時連絡を行い、意見交換と情報の共有化を図り効率的かつ効果的
       な監査を進めております。
                                 44/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (3)【監査の状況】
      ① 監査役監査の状況
        当社における監査役監査は、常勤監査役1名及び社外監査役2名からなり、監査役会で定めた監査計画に従い
       厳正な監査を実施しております。監査結果については、取締役会に報告するとともに、その後の改善処置につい
       て監視しております。また、内部監査室・会計監査人と必要に応じて相互の意見・情報交換を行うなど連携を密
       にして監査の実効性と効率性をめざしております。さらに、必要に応じて顧問弁護士の助言を受ける体制を構築
       しております。
        当事業年度において当社は監査役会を月1回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりで

       あります。
           氏名        開催回数         出席回数
          岸田 敏雄          13回         13回
          江夏 健一          13回         13回
          松井 浩一          13回         13回
        監査役会においては、監査に関する重要事項について協議・決議を行うとともに、監査役は、代表取締役社長

       と定期的に会合を持ち、当社グループが対処すべき課題、当社グループを取り巻くリスク、監査上の重要課題な
       どについて意見交換し、相互の意思疎通を図っております。
        監査役は、取締役会に出席するほか、常勤監査役は、経営会議をはじめ社内の重要会議への参加や監査計画に
       基づく各部署・子会社の個別監査を通じ、取締役の職務執行に関する適法性や内部統制システムの有効性の経営
       実態を把握し、適宜意見陳述を行うなど経営の適正な監査・監視に努めております。
        監査役は、会計監査人と監査計画に基づき、期中・期末監査終了後に報告会を開催し、会計監査人から監査の
       方法・結果、内部統制などの詳細な報告を受け、財務報告の信頼性を確認するとともに、内部監査室・会計監査
       人と必要に応じて相互の意見・情報交換を行うなど連携を密にして監査の実効性と効率性を目指しております。
       また、必要に応じて顧問弁護士の助言を受けております。
        当社は、監査役が職務の執行に伴い生じる費用の請求を行った場合は、監査役の求めに応じて適切に処理して
       おります。
        なお、社外監査役松井浩一は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており
       ます。
      ② 内部監査の状況

        当社における内部監査は、社長直轄の専任スタッフ2名による内部監査室を設置し、監査役(監査役会)と連
       携して、監査計画並びに代表取締役社長からの指示に基づき、各部署の業務全般の妥当性と有効性、法令・定
       款・社内規程などの遵守状況について監査を実施し、業務改善に向けた指摘・指導を行っております。指摘事項
       については改善・是正を求め、監査結果については社長へ報告しております。必要に応じて品質・環境ISO管
       理責任者及び内部監査員とも情報交換を行い、監査の有効性の向上を図っております。
      ③ 会計監査の状況

       a.  監査法人の名称
        ひびき監査法人
       b.  継続監査期間

        5年間
       c.  業務を執行した公認会計士

        田中 郁生
        富田 雅彦
                                 45/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       d.  監査業務に係る補助者の構成
        当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士6名、会計士試験合格者1名であります。
       e.  監査法人の選定方針と理由

         当社は、当監査法人の品質管理体制、独立性および専門性等を総合的に勘案し、当監査法人を選任しておりま
       す。また、当社の監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号のいずれかに該当すると認められる場合、
       監査役全員の同意により解任いたします。
        加えて、上記の場合の他、会計監査人による適正な監査の遂行が困難であると認められた場合など、その必要
       があると判断した場合、株主総会に提出する会計監査人の解任または会計監査人を再任しないことに関する議案
       の内容は、監査役会が決定いたします。
       f.  監査役及び監査役会による監査法人の評価

        当社の監査役および監査役会は、監査役会が策定した評価基準に基づき、当監査法人の評価を行いました。そ
       の結果、当監査法人による監査が適切に行われていることを確認しております。
      ④ 監査報酬の内容等

       a.  監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                      当連結会計年度
        区分
                監査証明業務に            非監査業務に           監査証明業務に            非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               20,500            5,400           22,000             -
      連結子会社                 -           -           -           -

        計             20,500            5,400           22,000             -

        当社における非監査業務の内容は、他社財務調査およびコンフォートレター作成業務であります。
       b.  監査公認会計士等と同一のネットワーク(PKFインターナショナル)に対する報酬(a.を除く)

        該当事項はありません。
       c.  その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

        該当事項はありません。
       d.  監査報酬の決定方針

        当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査証明業務の年間計画、予定時間を総
       合的に勘案して決定しております。
       e.  監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

        当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠等が
       適切であるかどうかについて必要な検証を行いました。その結果、取締役会が提案した会計監査人に対する報酬
       等について相当であると認め、会社法第399条第1項の同意をしております。
                                 46/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (4)【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社の取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を図るインセンティブとして十分に機能するよう株主利益
        と連動した報酬体系とすべく、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の原案を作成し、2021年2月
        15日開催の取締役会において決定方針を決議いたしました。
         個々の取締役の報酬の決定は、取締役会の委任を受けて代表取締役社長がこれを決定することを基本方針と
        しております。具体的には、各取締役の報酬は、固定報酬としての基本報酬を月例で支払い、役位、職責、在
        任年数に応じて他社水準、当社の業績、従業員給与の水準を考慮しながら、総合的に勘案して、当社規程に
        従って決定するものとしております。
         なお、任期中に担当職責の範囲に変更が生じた場合など、報酬の算定となる基礎事情に変動が生じた場合に
        おいては、株主総会で決議した報酬限度額の範囲内において、別途取締役会の決議をもって、報酬額の増減を
        行うものとしております。加えて、当社は、退職慰労金を、非常勤役員及び社外から派遣又は指名されて就任
        した役員以外の取締役に対して、その退任後に支払うものとし、その金額は、上記月例の固定報酬決定時の考
        慮事情のほか、業界の情勢、退任理由や取締役会にて在任中の功績等をも総合的に勘案して、役員退職慰労金
        規程に従い、取締役会または株主総会において決定するものとしております。
         なお、特に退任理由が当社の名誉を棄損したことや著しい損害を当社に与えたことを理由とする場合には、
        退職慰労金自体を支給しない場合がございます。
         当社は『業績連動報酬』や『非金銭報酬』以外の報酬のみが、取締役の個人別の報酬等の全部を占めること
        としております。
         取締役の金銭報酬の額は、2005年5月30日開催の第45回定時株主総会において年額500,000千円以内(ただし

        使用人分の給与は含まない)と決議しております。当該定時株主総会終結時点の取締役の員数は10名です。
         監査役の金銭報酬の額は、2005年5月30日開催の第45回定時株主総会において年額50,000千円以内と決議し
        ております。当該定時株主総会終結時点の監査役の員数は2名です。
         当事業年度においては、2021年6月24日開催の取締役会にて、代表取締役社長西岡利明に取締役の個人別の

        報酬額の具体的内容の決定を委任する旨の決議をしております。取締役会の委任決議に基づき代表取締役社長
        が取締役の個人別の報酬額の具体的内容を決定しております。その権限の内容は、代表取締役社長が当社の業
        績等も踏まえ、株主総会で決議した報酬等の総額の範囲内において、各取締役の役位、職責等に応じて決定し
        ております。これらの権限を委任した理由は、代表取締役社長が当社の業績や各取締役の職責等を把握してい
        るためであり、取締役会は、当該権限が株主総会で決議した報酬等の総額の範囲内において行使されているこ
        とを確認しており、取締役会はその内容が決定方針に沿うものであると判断しております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                     対象となる
                報酬等の総額
       役員区分                                             役員の員数
                         固定      業績連動
                                             左記のうち、
                 (千円)
                                      退職慰労金
                                                      (名)
                                             非金銭報酬等
                         報酬       報酬
    取締役
                   324,367       301,950          -     22,417         -       8
    (社外取締役を除く)
    監査役
                   15,600       14,400         -      1,200         -       1
    (社外監査役を除く)
    社外役員               21,600       21,600         -       -       -       4
      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 47/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (5)【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する株式を純投資目的株
       式、それ以外の株式を純投資目的以外の投資目的株式(政策投資目的株式)に区分しております。
        当社は事業会社であり、純投資目的株式を原則保有しないこととしております。また、事業上必要と考えられ
       る場合には、政策投資目的株式を保有することとしております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
        内容
         当社が行う水栓金具事業において、今後も成長を続けていくために開発・生産・販売等の過程において、様々
       な企業との協力関係が必要です。そのため、事業戦略、取引先との事業上の関係強化、さらには地域社会との関
       係維持などを総合的に勘案し、政策投資目的株式として保有します。また、個別の政策投資目的株式について定
       期的に精査を実施し、保有の妥当性について検証しています。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                           貸借対照表計上額の
                      銘柄数
                     (銘柄)
                           合計額(千円)
        非上場株式               1             3,300
        非上場株式以外の株式               9            213,650
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数     株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              -               -  -
        非上場株式以外の株式               4             6,670    持株会を通じた取得により増加
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数     株式数の減少に係る売却
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式               1               -
        非上場株式以外の株式              -               -
       (注)株式数が減少した非上場株式1銘柄は、投資有価証券から関係会社株式への変更によるものであります。
                                 48/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
      特定投資株式
        銘柄
                 当事業年度         前事業年度
                                                      当社の株
                                     保有目的、定量的な保有効果
                 株式数(株)         株式数(株)
                                                      式の保有
                                     及び株式数が増加した理由
                                                      の有無
                貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                  (千円)         (千円)
                     38,700         37,611
                                  取引関係の維持強化
    コーナン商事㈱                                                   無
                                  持株会を通じた取得により増加
                    135,256         119,791
                     25,405         24,234
                                  取引関係の維持強化
    タカラスタンダード㈱                                                   無
                                  持株会を通じた取得により増加
                     32,238         40,398
                     31,200         31,200
    ㈱三菱UFJフィナン
                                  取引関係の維持強化                     無
    シャル・グループ
                     23,721         18,461
                     3,000         3,000
    大和ハウス工業㈱                              取引関係の維持強化                     無
                     9,603         9,723
                     12,858         12,858
    ㈱ジュンテンドー                              取引関係の維持強化                     無
                     8,074         10,132
                     1,411         1,210
                                  取引関係の維持強化
    橋本総業ホールディン
                                                       無
    グス㈱
                                  持株会を通じた取得により増加
                     2,683         3,303
                      405         405
    ㈱コメリ                              取引関係の維持強化                     無
                     1,064         1,249
                     1,000         1,000
    クリナップ㈱                              取引関係の維持強化                     無
                      530         543
                      125          -
                                  取引関係の維持強化
    サンエツ金属㈱                                                   無
                                  持株会を通じた取得により増加
                      477          -
    (注)定量的な保有効果を記載することが困難であるため、保有の合理性を検証した方法について記載いたします。
       保有目的に照らし、取引の規模、収益、投資額、将来的な効果等を総合的に勘案し、保有適否について検証いた
       しました。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

       該当事項はありません。
                                 49/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基
      づいて作成しております。
     (2)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下、「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年4月1日から2022年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2021年4月1日から2022年3月31日まで)の財務諸表について、ひびき監査法人によ
     り監査を受けております。
    3   連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握できる体制を整備するため、専門的知識を有する団体等が主催するセミナーへの参加、会計専門誌の
     定期購読等を行っております。
                                 50/110













                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ① 【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※2   2,237,418            ※2   2,873,279
        現金及び預金
        受取手形及び売掛金                              4,479,911                  -
        受取手形                                  -            444,254
        電子記録債権                              1,651,925              1,923,173
        売掛金                                  -           3,684,220
        商品及び製品                              3,056,513              3,603,246
        仕掛品                               323,357              413,319
        原材料及び貯蔵品                              1,023,939              1,669,176
        その他                               147,978              318,026
                                        △ 202            △ 3,112
        貸倒引当金
        流動資産合計                              12,920,841              14,925,582
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※2   1,544,932            ※2   1,779,988
         建物及び構築物(純額)
         機械装置及び運搬具(純額)                              372,834              625,220
         工具、器具及び備品(純額)                              278,036              309,238
                                   ※2   2,381,072            ※2   2,471,345
         土地
                                        54,904              81,379
         建設仮勘定
                                   ※1   4,631,780            ※1   5,267,172
         有形固定資産合計
        無形固定資産
         ソフトウエア                               42,886              79,934
         リース資産                               5,760              4,224
                                        37,412              63,410
         その他
         無形固定資産合計                               86,058              147,569
        投資その他の資産
                                                   ※5   339,256
         投資有価証券                              312,206
         長期貸付金                               2,293              2,284
         繰延税金資産                              740,342              857,409
         その他                              769,195              931,145
                                       △ 3,103             △ 2,762
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             1,820,933              2,127,333
        固定資産合計                              6,538,772              7,542,075
      資産合計                               19,459,614              22,467,658
                                 51/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                              1,297,593              1,397,339
        電子記録債務                              2,940,560              3,072,201
                                  ※2 、 ※4   600,000        ※2 、 ※4   1,476,000
        短期借入金
                                    ※2   194,192            ※2   269,299
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                1,689              1,689
        未払法人税等                               384,781              295,387
        賞与引当金                               345,598              394,080
                                                   ※6   796,961
                                       816,784
        その他
        流動負債合計                              6,581,199              7,702,957
      固定負債
                                    ※2   564,390            ※2   780,539
        長期借入金
        リース債務                                4,646              2,956
        役員退職慰労引当金                               525,353              642,273
        退職給付に係る負債                              1,234,669              1,336,519
        資産除去債務                                15,188              15,427
                                        33,744              34,523
        その他
        固定負債合計                              2,377,992              2,812,239
      負債合計                                8,959,191              10,515,196
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               432,757              432,757
        資本剰余金                               456,277              456,277
                                      9,495,948              10,289,372
        利益剰余金
        株主資本合計                              10,384,983              11,178,407
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                60,039              62,384
        為替換算調整勘定                                60,919              151,800
                                       △ 5,519             △ 84,842
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               115,439              129,343
      非支配株主持分                                    -            644,709
      純資産合計                               10,500,422              11,952,461
     負債純資産合計                                 19,459,614              22,467,658
                                 52/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                                 ※1   22,999,555
     売上高                                 22,182,155
                                   ※2   15,034,572            ※2   15,961,317
     売上原価
     売上総利益                                 7,147,582              7,038,238
                                 ※3 、 ※4   5,535,560          ※3 、 ※4   5,561,061
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                 1,612,021              1,477,176
     営業外収益
      受取利息                                   708              562
      受取配当金                                  5,782              5,106
      仕入割引                                  6,848              7,114
      持分法による投資利益                                    -            49,143
      補助金収入                                 17,771               2,545
                                        11,870               8,437
      その他
      営業外収益合計                                 42,980              72,910
     営業外費用
      支払利息                                  5,040              4,175
      手形売却損                                  4,042              3,571
      売上割引                                  5,102                -
      為替差損                                 14,063              39,596
      上場関連費用                                 20,483                -
                                        13,009               9,758
      その他
      営業外費用合計                                 61,741              57,101
     経常利益                                 1,593,260              1,492,985
     特別利益
                                      ※5   282           ※5   1,737
      固定資産売却益
                                        38,225                -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                 38,507               1,737
     特別損失
                                                     ※6   272
      固定資産売却損                                    -
                                     ※7   9,718           ※7   14,144
      固定資産除却損
                                          -             2,097
      段階取得に係る差損
      特別損失合計                                  9,718              16,514
     税金等調整前当期純利益                                 1,622,049              1,478,208
     法人税、住民税及び事業税
                                       532,274              502,357
                                        89,378             △ 23,582
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  621,653              478,774
     当期純利益                                 1,000,396               999,434
     親会社株主に帰属する当期純利益                                 1,000,396               999,434
                                 53/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     当期純利益                                 1,000,396               999,434
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                 19,582               2,345
      為替換算調整勘定                                  9,842              90,881
                                        24,376             △ 79,322
      退職給付に係る調整額
                                      ※  53,801            ※  13,904
      その他の包括利益合計
     包括利益                                 1,054,197              1,013,338
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                1,054,197              1,013,338
                                 54/110
















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【連結株主資本等変動計算書】
       前連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                      (単位:千円)
                            株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
    当期首残高                98,000       121,520      8,613,151       8,832,672
    当期変動額
     新株の発行              334,757       334,757              669,515
     剰余金の配当                            △ 117,600      △ 117,600
     親会社株主に帰属する
                                 1,000,396       1,000,396
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               334,757       334,757       882,796      1,552,311
    当期末残高               432,757       456,277      9,495,948       10,384,983
                         その他の包括利益累計額

                  その他              退職給付       その他の
                                             非支配株主持分        純資産合計
                        為替換算調整
                  有価証券               に係る       包括利益
                          勘定
                 評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高                40,457       51,076      △ 29,895       61,637         -    8,894,309
    当期変動額
     新株の発行                                                  669,515
     剰余金の配当                                                 △ 117,600
     親会社株主に帰属する
                                                      1,000,396
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                    19,582        9,842       24,376       53,801         -     53,801
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                19,582        9,842       24,376       53,801         -    1,606,112
    当期末残高                60,039       60,919       △ 5,519      115,439         -    10,500,422
                                 55/110











                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                      (単位:千円)
                            株主資本
                  資本金      資本剰余金       利益剰余金       株主資本合計
    当期首残高               432,757       456,277      9,495,948       10,384,983
    当期変動額
     新株の発行                                      -
     剰余金の配当                            △ 206,010      △ 206,010
     親会社株主に帰属する
                                  999,434       999,434
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 -       -     793,424       793,424
    当期末残高               432,757       456,277      10,289,372       11,178,407
                         その他の包括利益累計額

                  その他              退職給付       その他の
                                             非支配株主持分        純資産合計
                        為替換算調整
                  有価証券               に係る       包括利益
                          勘定
                 評価差額金              調整累計額       累計額合計
    当期首残高                60,039       60,919       △ 5,519      115,439         -    10,500,422
    当期変動額
     新株の発行                                                    -
     剰余金の配当                                                 △ 206,010
     親会社株主に帰属する
                                                       999,434
     当期純利益
     株主資本以外の項目の
                    2,345       90,881      △ 79,322       13,904       644,709       658,614
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                2,345       90,881      △ 79,322       13,904       644,709      1,452,038
    当期末残高                62,384       151,800       △ 84,842       129,343       644,709      11,952,461
                                 56/110











                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                1,622,049              1,478,208
      減価償却費                                 433,355              421,450
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 1,084              △ 305
      受取利息及び受取配当金                                 △ 6,491             △ 5,668
      支払利息                                  5,040              4,175
      為替差損益(△は益)                                 △ 5,163              36,571
      上場関連費用                                 20,483                -
      持分法による投資損益(△は益)                                    -           △ 49,143
      段階取得に係る差損益(△は益)                                    -             2,097
      固定資産売却損益(△は益)                                  △ 282            △ 1,465
      固定資産除却損                                  9,718              14,144
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 954,266              462,541
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                 208,536             △ 720,261
      仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 111,621               99,876
      投資有価証券売却損益(△は益)                                △ 38,225                -
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                 14,242               7,082
      役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 21,674              10,366
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                 18,452             △ 13,396
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 18,101             △ 218,470
                                       205,604              △ 13,671
      その他
      小計                                1,423,922              1,514,130
      利息及び配当金の受取額
                                        6,491              5,814
      利息の支払額                                 △ 5,039             △ 4,146
                                      △ 433,772             △ 618,564
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 991,601              897,234
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の増減額(△は増加)                                   △ 1              -
      有形固定資産の取得による支出                                △ 494,220             △ 257,834
      有形固定資産の売却による収入                                   665             27,650
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 3,162             △ 30,328
      投資有価証券の取得による支出                                △ 110,772              △ 6,670
      投資有価証券の売却による収入                                 73,439                -
      貸付けによる支出                                 △ 2,000             △ 1,500
      貸付金の回収による収入                                  5,830              2,203
      関係会社株式の取得による支出                                    -           △ 120,348
                                      △ 40,724              △ 8,963
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 570,944             △ 395,792
                                 57/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                △ 176,000               90,000
      長期借入れによる収入                                 300,000                 -
      長期借入金の返済による支出                                △ 261,842             △ 194,192
      株式の発行による収入                                 669,515                 -
      ファイナンス・リース債務の返済による支出                                 △ 2,617             △ 1,689
      上場関連費用の支出                                △ 20,483                -
                                      △ 117,600             △ 206,010
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 390,971             △ 311,891
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   10,508               3,762
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  822,137              193,313
     現金及び現金同等物の期首残高                                  895,273             1,717,411
     新規連結に伴う現金及び現金同等物の増加額                                     -            275,722
                                    ※  1,717,411            ※  2,186,446
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 58/110















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
      1 連結の範囲に関する事項
        (1)  連結子会社の数         5 社
        (2)  連結子会社の名称

         ㈱アクアエンジニアリング
         大連三栄水栓有限公司
         FLUSSO㈱
         ㈱水生活製作所
         美山鋳造㈱
         (連結の範囲の変更)

         第2四半期連結会計期間より持分法適用会社であった㈱水生活製作所および美山鋳造㈱は、2022年3月14日
        の取締役会決議によって事業上の関係強化が確認されたため、実質的支配力基準に基づき、当連結会計年度か
        ら連結子会社に含めています。
        (3)  主要な非連結子会社の名称

         上海水生活貿易有限公司
        非連結子会社は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う

       額)等は、連結財務諸表に重要な影響を及ぼさないため、連結の範囲から除外しています。
      2 持分法の適用に関する事項

        (1)  持分法を適用した非連結子会社及び関連会社
         該当事項はありません。
        (2)  持分法を適用していない非連結子会社及び関連会社

         上海水生活貿易有限公司(非連結子会社)
         持分法を適用していない非連結子会社は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う

        額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重
        要性がないため、持分法の適用範囲から除外しています。
      3 連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社のうち、大連三栄水栓有限公司の決算日は12月31日であり、連結決算日との差は3ヵ月以内である
       ため、連結子会社の事業年度に係る財務諸表を基礎として連結を行っています。この場合、連結決算日との間に
       生じた重要な取引については、連結上必要な調整を行っています。また、美山鋳造㈱の決算日は9月30日であ
       り、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を基礎として連結を行っています。なお、その他連結子
       会社の決算日は、提出会社と同じです。
                                 59/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      4 会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
        ① 有価証券
         a その他有価証券
           市場価格のない株式等以外のもの
            時価法
            (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
           市場価格のない株式等
            主として移動平均法による原価法
        ② 棚卸資産
          通常の販売目的で保有する棚卸資産
           主として総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        ①   有形固定資産(リース資産を除く)
          主として定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)
         及び2016年4月1日以降に取得した建物附属設備・構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物                  3~65年
           機械装置及び運搬具              2~14年
           工具、器具及び備品              2~20年
        ②   無形固定資産(リース資産を除く)

          定額法を採用しております。なお、ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づ
         く定額法を採用しております。
        ③   リース資産

          所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
           リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        ① 貸倒引当金
          債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
         権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
        ② 賞与引当金
          従業員の賞与支給に備えるため、当連結会計年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
        ③ 役員退職慰労引当金
          役員の退職慰労金の支出に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく期末要支給額を計上しております。
                                 60/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (4)  退職給付に係る会計処理の方法
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法について
         は、給付算定式基準によっております。
        ② 数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7
         年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
         す。
          また、未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累
         計額の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
       (5)  重要な収益及び費用の計上基準

         当社及び国内連結子会社は、主に商品又は製品を顧客に供給することを履行義務としております。約束した
        商品又は製品の支配が顧客に移転した時点で、当該商品又は製品と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を
        認識しております。
         なお、商品又は製品の国内の販売において、出荷時から当該商品又は製品の支配が顧客に移転されるまでの
        期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております。
       (6)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
        ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、在外子会社等の決算日の直物為替相場により円貨に換算し、
        収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて
        おります。
       (7)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
        か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
       (重要な会計上の見積り)

     1. 繰延税金資産の回収可能性
      (1)  当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
                                              (千円)
                         前連結会計年度               当連結会計年度
       繰延税金資産(相殺前)                         772,505               916,244
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

        繰延税金資産の回収可能性は、将来の税金負担額を軽減する効果を有するかどうかで判断しております。当該
       判断は、収益力に基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性、タックス・プランニングに基づく一時差異等加
       減算前課税所得の十分性及び将来加算一時差異の十分性のいずれかを満たしているかどうかにより判断しており
       ます。
        収益力に基づく一時差異等加減算前課税所得の十分性を判断するにあたっては、一時差異等の解消見込年度及
       び繰越期間における課税所得を見積っております。課税所得は、中期経営計画をもとに見積っております。
        当該見積りについて、将来の不確実な経済条件の変動等により見直しが必要となった場合、                                           翌連結会計年度の
       連結財務諸表において認識する繰延税金資産及び法人税等調整額の金額に重要な影響を与える可能性がありま
       す。
                                 61/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (会計方針の変更)
       (収益認識に関する会計基準の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を当連結会計年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサー
      ビスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。これにより、買戻し義務のある有
      償支給品を棚卸資産として認識するとともに、期末棚卸高について金融取引として「有償支給に係る負債」を認識
      し、流動負債の「その他」に含めて表示しております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、当連結会計年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当連結会計年度の期首
      の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項
      に定める方法を適用し、当連結会計年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんど全ての収益の額を認識
      した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法
      を適用し、当連結会計年度の期首より前までに行われた契約変更について、全ての契約変更を反映した後の契約条
      件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響額を当連結会計年度の期首の利益剰余金に加減しております。
       また、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示していた「受取手形及び売掛金」は、当
      連結会計年度より「受取手形」及び「売掛金」に含めて表示しております。ただし、収益認識会計基準第89-2項に
      定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。
       この結果、当連結会計期間の連結貸借対照表、連結損益計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書への影響は軽
      微であります。利益剰余金の当期首残高への影響はありません。
       なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度に係る「収益認識関係」注
      記については記載しておりません。
       (時価の算定に関する会計基準の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を当連結会計年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業
      会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
      たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、連結財務諸表に与える影響はありません。
       また、「金融商品関係」注記において、金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項等の注記を行うこと
      としました。ただし、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2019年7月
      4日)第7-4項に定める経過的な取扱いに従って、当該注記のうち前連結会計年度に係るものについては記載し
      ておりません。
       (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
        当社グループでは繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、連結財務諸表作成時において入手
       可能な情報に基づき実施しております。
        新型コロナウイルスの感染拡大による事業への影響については、現在のところ軽微であります。しかしなが
       ら、今後の事業に対する影響につきましては、引き続き注視していく必要があるものと考えております。
                                 62/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (連結貸借対照表関係)
    ※1    有形固定資産の減価償却累計額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        有形固定資産の減価償却累計額                       8,244,031     千円           10,683,009     千円
    ※2    担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        現金及び預金                        100,000    千円             100,000    千円
        建物及び構築物                       1,046,447     千円            1,304,426     千円
        土地                       1,609,508     千円            1,686,389     千円
        合計                       2,755,956     千円            3,090,815     千円
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        短期借入金                        500,000    千円            1,210,000     千円
        1年以内返済予定長期借入金                        134,192    千円              96,192   千円
        長期借入金                        369,390    千円             273,198    千円
        合計                       1,003,582     千円            1,579,390     千円
     3    偶発債務

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        受取手形裏書高                         78,913   千円              74,126   千円
        手形債権流動化に伴う買戻義務                        382,688    千円             307,840    千円
    ※4    当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行5行と当座貸越契約を締結してお

       ります。
       連結会計年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        当座貸越極度額                       2,250,000     千円            3,260,000     千円
        借入実行残高                        600,000    千円            1,426,000     千円
        差引額                       1,650,000     千円            1,834,000     千円
    ※5    非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (2021年3月31日)                 (2022年3月31日)
        関連会社株式                           -千円               35,792千円
    ※6    その他のうち、契約負債の金額は、以下のとおりであります。

                              当連結会計年度

                             (2022年3月31日)
        契約負債                          6,946   千円
                                 63/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (連結損益計算書関係)
    ※1    顧客との契約から生じる収益
       売上高については、顧客との契約から生じる収益及びそれ以外の収益を区分して記載しておりません。顧客との
      契約から生じる収益の金額は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)                                  1.顧客との契約から生じる収益を分解
      した情報」に記載しております。
    ※2    期末棚卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次の棚卸資産評価損が売上原価に含まれておりま

      す。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
                                △ 37,498   千円              87,830   千円
    ※3 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        運賃及び荷造費                         646,964    千円             638,050    千円
        給料及び手当                        1,626,750     千円            1,696,463     千円
        賞与引当金繰入額                         217,321    千円             224,677    千円
        退職給付費用                         63,566   千円              62,759   千円
        役員退職慰労引当金繰入額                         21,674   千円              23,300   千円
        貸倒引当金繰入額                          △ 955  千円               △ 96 千円
    ※4 一般管理費に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
                                 150,822    千円             105,557    千円
    ※5    固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        機械装置及び運搬具                           282  千円              1,683   千円
        工具、器具及び備品                           - 千円                54 千円
        合計                           282  千円              1,737   千円
    ※6    固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        機械装置及び運搬具                           - 千円               272  千円
        合計                           - 千円               272  千円
                                 64/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    ※7 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        建物及び構築物                          7,185   千円              5,418   千円
        機械装置及び運搬具                           89 千円                42 千円
        工具、器具及び備品                          2,401   千円                33 千円
        ソフトウエア                           41 千円                0 千円
        その他(撤去費用)                           - 千円              8,650   千円
        合計                          9,718   千円              14,144   千円
       (連結包括利益計算書関係)

     ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                                       (千円)
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        その他有価証券評価差額金
         当期発生額                         71,836                 3,378
                                 △38,225                    -
         組替調整額
          計(税効果調整前)
                                  33,610                 3,378
                                 △14,028                 △1,033
          税効果額
            その他有価証券評価差額金                          19,582                 2,345
        為替換算調整勘定
                                   9,842                90,881
         当期発生額
        退職給付に係る調整額
         当期発生額                         19,766               △126,788
                                  15,347                 12,523
         組替調整額
          計(税効果調整前)
                                  35,114               △114,265
                                 △10,737                  34,942
          税効果額
          退職給付に係る調整額                        24,376                △79,322
               その他の包括利益合計                   53,801                 13,904
                                 65/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                1,960,000            329,000              -       2,289,000
       (変動事由の概要)
        新株の発行      による増加           329,000株
     2 自己株式に関する事項

        該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額          1株当たり
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
    2020年5月25日
                普通株式            58,800          30.00    2020年3月31日         2020年6月30日
    取締役会
    2020年10月19日
                普通株式            58,800          30.00    2020年9月30日         2020年12月1日
    取締役会
     (注)当社は、2020年1月2日付けで普通株式1株につき普通株式10株の割合で株式分割を行っております。
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2021年5月17日
              普通株式      利益剰余金         103,005        45.00    2021年3月31日         2021年6月25日
    取締役会
                                 66/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )
     1 発行済株式に関する事項
       株式の種類         当連結会計年度期首               増加           減少        当連結会計年度末
    普通株式(株)                2,289,000               -           -       2,289,000
     2 自己株式に関する事項

        該当事項はありません。
     3 新株予約権等に関する事項

        該当事項はありません。
     4 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
                       配当金の総額          1株当たり
        決議        株式の種類                            基準日        効力発生日
                         (千円)        配当額(円)
    2021年5月17日
                普通株式           103,005          45.00    2021年3月31日         2021年6月25日
    取締役会
    2021年10月18日
                普通株式           103,005          45.00    2021年9月30日         2021年12月1日
    取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)      配当額(円)
    2022年5月16日
              普通株式      利益剰余金         107,583        47.00    2022年3月31日         2022年6月8日
    取締役会
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであり
       ます。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        現金及び預金勘定                        2,237,418     千円            2,873,279     千円
        預入期間が3か月を超える定期預金                        △520,006     千円            △686,832     千円
        現金及び現金同等物                        1,717,411     千円            2,186,446     千円
                                 67/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (金融商品関係)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金(主に銀行借入)を調達しております。一時的な余資は
       安全性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借入により調達しております。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

        営業債権である受取手形、電子記録債権、売掛金は、顧客及び取引先の信用リスクに晒されておりますが、当
       該リスクに関しては、当社グループ各社の与信管理基準に則り、相手先ごとの期日管理及び残高管理を行うとと
       もに、信用状況を把握する体制をとっております。
        投資有価証券である株式は、市場価格の変動リスクに晒されておりますが、それらは業務上の関係を有する企
       業の株式がほとんどであり、定期的に把握された時価を取締役会に報告しております。
        営業債務である支払手形、買掛金、電子記録債務、未払金、未払法人税等は、その全てが1年以内の支払期日
       であります。これらの営業債務などの流動負債は、その決済時において流動性リスクに晒されておりますが、当
       社グループでは、各社が毎月資金繰計画を見直すなどの方法により、そのリスクを回避しております。
        借入金のうち、短期借入金は主に営業取引に係る資金調達であり、長期借入金は主に設備投資及び投融資に係
       る資金調達であります。主に固定金利による調達のため金利の変動リスクはありません。
      (3)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することにより、
       当該価額が変動することもあります。
     2 金融商品の時価等に関する事項

       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
     前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                    連結貸借対照表計上額                時価            差額
                       (千円)            (千円)            (千円)
    投資有価証券                       203,600            203,600               -
    長期貸付金(1年内回収予定の
                            4,497            4,497              -
    長期貸付金含む)
          資産計                 208,097            208,097               -
    リース債務(1年内返済予定の
                            6,336            6,336              -
    リース債務含む)
    長期借入金(1年内返済予定の
                           758,582            758,769              187
    長期借入金含む)
          負債計                 764,918            764,918              187
    (*1)「現金及び預金」、「受取手形及び売掛金」、「電子記録債権」、「支払手形及び買掛金」、「電子記録債
       務」、「短期借入金」、および「未払法人税等」については、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似す
       るものであることから、記載を省略しております。
    (*2)時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

          区分          前連結会計年度(千円)
        非上場株式                    108,605
       これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「投資有価証
      券」には含めておりません。
                                 68/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )
                    連結貸借対照表計上額                時価            差額
                       (千円)            (千円)            (千円)
    投資有価証券                       300,163            300,163               -
    長期貸付金(1年内回収予定の
                            3,793            3,793              -
    長期貸付金含む)
          資産計                 303,957            303,957               -
    リース債務(1年内返済予定の
                            4,646            4,646              -
    リース債務含む)
    長期借入金(1年内返済予定の
                          1,049,838            1,047,365             △2,472
    長期借入金含む)
          負債計                1,054,484            1,052,011             △2,472
    (*1)「現金及び預金」、「受取手形」、「電子記録債権」、「売掛金」、「支払手形及び買掛金」、「電子記録債
       務」、「短期借入金」、および「未払法人税等」については、短期間で決済されるため時価が帳簿価額に近似す
       るものであることから、記載を省略しております。
    (*2)市場価格のない株式等は、「投資有価証券」には含まれておりません。当該金融商品の連結貸借対照表計上額は

       以下のとおりであります。
          区分          当連結会計年度(千円)
        非上場株式                     39,092
    (注1)金銭債権及び満期がある有価証券の連結決算日後の償還予定額

     前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    長期貸付金(1年内回収予定の長期貸付金含む)                             2,203       2,293         -       -
                合計                  2,203       2,293         -       -
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                                       1年超       5年超
                               1年以内                      10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                      (千円)
                                       (千円)       (千円)
    長期貸付金(1年内回収予定の長期貸付金含む)                             1,508       2,284         -       -
                合計                  1,508       2,284         -       -
    (注2)借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

     前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                         1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                   (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    リース債務                1,689       1,689       1,689       1,267         -       -
    長期借入金(1年内返済
                   194,192       156,192       126,192       114,792        52,992       114,222
    予定の長期借入金含む)
         合計          195,881       157,881       127,881       116,059        52,992       114,222
     当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                         1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                   (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    リース債務                1,689       1,689       1,267         -       -       -
    長期借入金(1年内返済
                   269,299       365,700       171,816        81,384       54,695       106,944
    予定の長期借入金含む)
         合計          270,988       367,389       173,083        81,384       54,695       106,944
    3 金融商品の時価のレベルごとの内訳等に関する事項

      金融商品の時価を、時価の算定に係るインプットの観察可能性および重要性に応じて、以下の3つのレベルに分類
                                 69/110


                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     しております。
      レベル1の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、活発な市場において形成される当該時価の算定
              の対象となる資産又は負債に関する相場価格により算定した時価
      レベル2の時価:観察可能な時価の算定に係るインプットのうち、レベル1のインプット以外の時価の算定に係る
              インプットを用いて算定した時価
      レベル3の時価:観察できない時価の算定に係るインプットを使用して算定された時価
      時価の算定に重要な影響を与えるインプットを複数使用している場合には、それらのインプットがそれぞれ属する

     レベルのうち、時価の算定における優先順位が最も低いレベルに時価を分類しております。
    (1)時価で連結貸借対照表に計上している金融商品  

      当連結会計年度(2022年3月31日)
                                     時価(千円)
            区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
     投資有価証券
                           300,163           -         -      300,163
      その他有価証券
                           300,163           -         -      300,163
           資産計
    (2)   時価で連結貸借対照表に計上している金融商品以外の金融商品  

      当連結会計年度(2022年3月31日)
                                     時価(千円)
            区分
                        レベル1         レベル2         レベル3          合計
                             -       3,793          -       3,793
     長期貸付金(1年内回収予定の長期
     貸付金含む)
                             -       3,793          -       3,793
           資産計
                             -     1,047,365            -     1,047,365
     長期借入金(1年内返済予定の長期
     借入金含む)
                             -       4,646          -       4,646
     リース債務(1年内返済予定のリー
     ス債務含む)
                             -     1,052,011            -     1,052,011
           負債計
     (注)時価の算定に用いた評価技法及び時価の算定に係るインプットの説明

      投資有価証券
        上場株式は相場価格を用いて評価しております。上場株式は活発な市場で取引されているため、その時価をレ
       ベル1の時価に分類しております。
      長期貸付金

        長期貸付金の時価については、元利金の合計額を同様の新規貸付けを行った場合に想定される利率で割り引い
       て算定する方法によっており、レベル2の時価に分類しております。
      長期借入金及びリース債務

        これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割り引いた
       現在価値により算定しており、レベル2の時価に分類しております。
                                 70/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (有価証券関係)
    1 満期保有目的の債券
       該当事項はありません。
    2 その他有価証券

     前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                         203,057            116,519             86,538
            小計                  203,057            116,519             86,538

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                            543            595            △52
            小計                    543            595            △52

            合計                  203,600            117,114             86,486

     当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                       連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
            区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えるもの
     株式                         192,609             93,947            98,661
     その他                          74,785            68,206             6,578

            小計                  267,394            162,154            105,239

    連結貸借対照表計上額が取得原価を
    超えないもの
     株式                          32,768            37,504            △4,735
            小計                   32,768            37,504            △4,735

            合計                  300,163            199,658            100,504

                                 71/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    3 連結会計年度中に売却したその他有価証券
      前連結会計年度(自           2020年4月1日        至   2021年3月31日       )
                        売却額           売却益の合計額             売却損の合計額
          区分
                        (千円)             (千円)             (千円)
    株式                        73,439             38,225               -
          合計                  73,439             38,225               -
      当連結会計年度(自           2021年4月1日        至   2022年3月31日       )

       該当事項はありません。
    4 減損処理を行った有価証券

       該当事項はありません。
                                 72/110
















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
        当社及び国内連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付制度として退職一時金制度を採用して
       おります。
        当社の退職一時金制度では、主として、退職給付として従業員の資格に応じて付与されるポイントの累計額に
       基づいた一時金を支給しております。
        なお、国内連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により、退職給付に係る負債及び退職給付費用を計
       算しております。
      2.確定給付制度

       (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                 至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
         退職給付債務の期首残高                             1,251,330千円             1,234,669千円
          勤務費用                              78,107千円             79,706千円
          利息費用                               6,600千円             6,629千円
          数理計算上の差異の発生額                             △19,766千円              126,788千円
          退職給付の支払額                             △81,602千円             △111,274千円
         退職給付債務の期末残高                             1,234,669千円             1,336,519千円
       (2)  退職給付債務の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債の調整表

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2021年3月31日       )     ( 2022年3月31日       )
         非積立型制度の退職給付債務                             1,234,669千円             1,336,519千円
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             1,234,669千円             1,336,519千円
         退職給付に係る負債                             1,234,669千円             1,336,519千円

         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             1,234,669千円             1,336,519千円
       (3)  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                  至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
         勤務費用                               78,107千円             79,706千円
         利息費用                               6,600千円             6,629千円
         数理計算上の差異の費用処理額                               15,347千円             12,523千円
         確定給付制度に係る退職給付費用                              100,055千円              98,858千円
       (4)  退職給付に係る調整額

         退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                  至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
         数理計算上の差異                               35,114千円            △114,265千円
         合計                               35,114千円            △114,265千円
                                 73/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (5)  退職給付に係る調整累計額
         退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                  ( 2021年3月31日       )     ( 2022年3月31日       )
         未認識数理計算上の差異                              △10,807千円             △125,073千円
         合計                              △10,807千円             △125,073千円
       (6)  数理計算上の計算基礎に関する事項

         主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表している。)
                                   前連結会計年度             当連結会計年度
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                  至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
         割引率                                0.540%             0.673%
                                 74/110
















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (税効果会計関係)
    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                  ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
       繰延税金資産
         棚卸資産評価損                              76,804千円              104,862千円
                                        6,963   〃           4,266   〃
         棚卸資産の未実現利益
                                         ―  〃           20,999    〃
         関係会社株式評価損
                                       105,780    〃          120,043    〃
         賞与引当金
                                       16,498    〃           18,757    〃
         賞与引当金に対する社会保険料
                                       19,920    〃           20,901    〃
         未払事業税
                                       37,040    〃          104,646    〃
         税務上の繰越欠損金(注)2
                                       160,784    〃          199,808    〃
         役員退職慰労引当金
                                       379,655    〃          410,847    〃
         退職給付に係る負債
                                        6,097   〃           19,118    〃
         その他
       繰延税金資産小計
                                       809,545千円             1,024,250千円
                                      △37,040     〃         △104,646     〃
         税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2
                                         ―  〃          △3,360    〃
         その他の評価性引当額
                                      △37,040     〃         △108,006     〃
       評価性引当額小計(注)1
       繰延税金資産合計
                                       772,505千円              916,244千円
       繰延税金負債

         その他有価証券評価差額金                             △26,447千円              △31,055千円
                                       △3,118    〃          △3,009    〃
         資産除去債務
                                       △2,596    〃          △3,942    〃
         留保金課税
                                         ―  〃          △20,826     〃
         保険積立金
       繰延税金負債合計                               △32,162千円              △58,834千円
       繰延税金資産純額                               740,342千円              857,409千円
     (注)   1.評価性引当額が70,965千円増加しております。この増加の主な内容は、連結子会社FLUSSO株式会社に

         おいて税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額を44,119千円認識したこと、美山鋳造株式会社の新規連結に
         伴って税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額を23,486千円、その他の評価性引当額を3,360千円認識した
         ことに伴うものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

        前連結会計年度(        2021年3月31日       )
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                     1年以内                         5年超       合計
                          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
         税務上の繰越欠損金(a)               ―     ―     ―     ―     ―   37,040     37,040千円
                                                  △37,040     〃
         評価性引当額               ―     ―     ―     ―     ―  △37,040
         繰延税金資産               ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
        当連結会計年度(        2022年3月31日       )

                          1年超     2年超     3年超     4年超
                     1年以内                         5年超       合計
                          2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
         税務上の繰越欠損金(a)               ―   4,521      ―     ―     ―   100,124      104,646千円
                                                  △104,646     〃
         評価性引当額               ―  △4,521       ―     ―     ―  △100,124
         繰延税金資産               ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                 75/110


                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
                                  前連結会計年度              当連結会計年度

                                  ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
       法定実効税率
                                         30.58%              30.58%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                  0.33%              0.37%
       受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                 △0.02%              △0.01%
       住民税均等割等                                  0.65%              0.72%
       法人税等の特別控除                                 △0.23%              △0.46%
       税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                  6.02%               -%
       評価性引当額の増減額                                  1.54%              2.64%
       連結子会社の税率差異                                 △0.27%              △0.15%
       持分法による投資損益                                   -%            △1.02%
       留保金課税                                  0.16%              0.09%
                                        △0.44%              △0.38%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                 38.33%              32.39%
                                 76/110














                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (企業結合等関係)
     取得による企業結合
     (1)企業結合の概要
       ① 被取得企業の名称及びその事業内容
        被取得企業の名称    株式会社水生活製作所
        事業の内容                   給水栓類、配管継手類、浄水器類の設計・開発・製造・販売
       ② 企業結合を行った主な理由

        新型コロナウイルス感染症の拡大により、海外からの部品調達(主に100%子会社である大連三栄水栓有限公
       司からの調達)が滞った場合のリスクヘッジとして、水生活製作所との関係強化を目的に、同社の株式を30%取
       得し、持分法適用関連会社としておりました。
        しかしながら、2022年3月14日開催の当社取締役会において、中期経営計画「SANEI                                          V70    ~創業70周
       年に向けて~」の見直しを行い、その中で、将来における水生活製作所との生産・技術面での結び付きが強く
       なっていくことを確認し、今後、当社が水生活製作所の経営に対して重要な影響を与えると判断したため、実質
       支配力基準に基づいて水生活製作所を持分法適用関連会社から連結子会社へ異動することといたしました。合わ
       せて、その子会社である美山鋳造も連結子会社へ異動いたします。
       ③ 企業結合日

        2022年3月14日(実質支配力基準による取得日)
        2022年3月31日(みなし取得日)
       ④ 企業結合の法的形式

        実質的支配力基準に基づく子会社化
       ⑤ 結合後企業の名称

        変更ありません。
       ⑥ 取得した議決権比率

        企業結合直前に所有していた議決権比率  30%
        企業結合日に追加取得した議決権比率   70%(うち緊密な者を通じた間接所有                                      70%)
        取得後の議決権比率                              100%(うち緊密な者を通じた間接所有                  70%)
       ⑦ 取得企業を決定するに至った主な根拠

        当社が同社の経営に対して重要な影響を与えると判断したことから、当社と緊密な者の所有株式数を合わせた
       議決権が同社の議決権の過半数を超えたため、実質支配力基準に基づいて同社は当社の持分法適用関連会社から
       連結子会社になりました。
                                 77/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     (2)連結財務諸表に含まれている被取得企業の業績の期間
       当連結会計年度においては貸借対照表のみを連結しているため、被取得企業の業績は含まれておりません。
     (3)被取得企業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

        企業結合直前に保有していた被取得企業の企業結合日における時価                                 271,726千円
        被取得企業の取得原価
                                         225,654千円
     (4)主要な取得関連費用の内容及び金額

       段階取得に係る差損 2,097千円
     (5)発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       該当事項はありません。
     (6)企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

       流動資産            1,430,304 千円
                   1,212,590       〃
       固定資産
                   2,642,895       〃
       資産合計
                   1,220,400       〃
       流動負債
                    480,775      〃
       固定負債
                   1,701,176       〃
       負債合計
     (7)企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響

       の概算額及びその算定方法
       当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影響額が軽微であるため、記載を省略しております。
                                 78/110












                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (収益認識関係)
     1.顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、以下のとおりであります。
      当連結会計年度(自            2021年4月1日        至 2022年3月31日)

                                (単位:千円)
                             売上高
     商品・製品売上高                            22,816,427
     修理売上高                             118,137
     設置・取付売上高                              64,990
     顧客との契約から生じる収益
                                22,999,555
     その他の収益
                                    -
     外部顧客への売上高
                                22,999,555
     2.顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報

      当社グループは、以下の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
      ステップ1:顧客との契約を識別する。

      ステップ2:契約における履行義務を識別する。
      ステップ3:取引価格を算定する。
      ステップ4:取引価格を契約における別個の履行義務へ配分する。
      ステップ5:履行義務を充足した時点で(又は充足するに応じて)収益を認識する。
      当社グループは、給水栓・給排水金具・継手及び配管部材の製造・販売を主な事業内容としております。

      主に完成した商品又は製品を顧客に供給することを履行義務としており、原則として商品又は製品の納入時点にお
     いて支配が顧客に移転して履行義務が充足されると判断していることから、当時点において収益を認識しております
     が、国内の販売においては、出荷時から当該商品又は製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間であ
     る場合には、出荷時に収益を認識しております。
      取引価格の算定については、顧客との契約において約束された対価から、値引き額等を控除した金額で算定してお
     ります。
      これらの履行義務に対する対価は、履行義務充足後、別途定める支払条件により概ね1年以内に受領しており、重
     大な金融要素は含んでおりません。
      なお、買戻し契約に該当する有償支給取引については、金融取引として有償支給先に残存する支給品について棚卸
     資産を認識するとともに、有償支給先に残存する支給品の期末棚卸高相当額について「有償支給に係る負債」を認識
     しております。
                                 79/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     3.顧客との契約に基づく履行義務の充足と当該契約から生じるキャッシュ・フローとの関係並びに当連結会計年度末
      において存在する顧客との契約から翌連結会計年度以降に認識すると見込まれる収益の金額及び時期に関する情報
      (1)  契約資産及び契約負債の残高等

                                  (単位:千円)
                               当連結会計年度
      顧客との契約から生じた債権(期首残高)                              6,131,837
      顧客との契約から生じた債権(期末残高)                              6,051,647
      当社グループの契約負債については、残高に重要性が乏しく、重大な変動も発生していないため、記載を省略して
     おります。また、過去の期間に充足(又は部分的に充足)した履行義務から、当連結会計年度に認識した収益に重要
     性はありません。なお、契約資産はありません。
      (2)  残存履行義務に配分した取引価格

      当社グループでは、残存履行義務に配分した取引価格については、当初に予想される契約期間が1年を超える重要
     な契約がないため、記載を省略しております。また、顧客との契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていな
     い重要な金額はありません。
                                 80/110














                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
      当社グループは、水栓金具事業の単一セグメントであり、重要性に乏しいため、セグメント情報の記載を省略して
     おります。
     【関連情報】

     前連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
      1 製品及びサービスごとの情報
        当社グループは、水栓金具事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2 地域ごとの情報
       (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高は、重要性が乏しいため記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
      3 主要な顧客ごとの情報
         外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略し
        ております。
     当連結会計年度(自           2021年4月1日        至    2022年3月31日       )

      1 製品及びサービスごとの情報
        当社グループは、水栓金具事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2 地域ごとの情報
       (1)  売上高
         本邦以外の外部顧客への売上高は、重要性が乏しいため記載を省略しております。
       (2)  有形固定資産
         本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載
        を省略しております。
      3 主要な顧客ごとの情報
         外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略し
        ております。
     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      当社グループは、水栓金具事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      当社グループは、水栓金具事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      当社グループは、水栓金具事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                 81/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       【関連当事者情報】
     1 関連当事者との取引
     (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
        当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)
                              議決権等
                    資本金又
          会社等の名称              事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
      種類           所在地    は出資金                    取引の内容           科目
           又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)         (千円)
                    (千円)
                              割合(%)
    役員及びその
    近親者が議決
                                        ㈱水生活製
    権の過半数を
                岐阜県                                  関係会社
          水生活ホール
                     10,000    持株会社      ー   役員の兼任     作所の株式       120,348
                                                         -
          ディング(株)
                山県市                                    株式
    自己の計算に
                                         の譲受
    おいて所有し
    ている会社
     (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等
         ㈱水生活製作所の株式の譲受価格については、第三者機関により算定された価格を基礎として協議の上、合
         理的に決定しております。
       2.水生活ホールディング㈱の代表取締役である早川徹は、当社の取締役を兼任しております。
       3.水生活ホールディング㈱につきましては、当社の取締役である早川徹及びその近親者が議決権の100%を直接
         保有しております。
     (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
        当連結会計年度(自           2021年4月1日         至   2022年3月31日)
                              議決権等
                    資本金又
          会社等の名称              事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額         期末残高
      種類           所在地    は出資金                    取引の内容           科目
           又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係           (千円)         (千円)
                    (千円)
                              割合(%)
    役員及びその
    近親者が議決
    権の過半数を
                岐阜県                        出向料の          その他
          水生活ホール
                     10,000    持株会社      ー   役員の兼任            22,713         3,517
          ディング(株)
                山県市                         支払         流動負債
    自己の計算に
    おいて所有し
    ている会社
     (注)1.取引条件及び取引条件の決定方針等
         出向者の派遣による出向料は、同業種・同地域の給与を基準に協議の上、決定しております。
       2.水生活ホールディング㈱の代表取締役である早川徹は、当社の取締役を兼任しております。
       3.水生活ホールディング㈱につきましては、当社の取締役である早川徹及びその近親者が議決権の100%を直接
         保有しております。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
                                 82/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (1株当たり情報)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

                          (自    2020年4月1日                (自    2021年4月1日
                           至   2021年3月31日       )         至   2022年3月31日       )
    1株当たり純資産額                              4,587円34銭                  4,940円04銭
    1株当たり当期純利益金額                               489円93銭                  436円62銭

     (注)   1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
       2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度

                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                項目
                                  至   2021年3月31日       )    至   2022年3月31日       )
    1株当たり当期純利益金額
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                    1,000,396               999,434

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                        1,000,396               999,434
     (千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                    2,041,906              2,289,000
                                 83/110














                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (重要な後発事象)
      (連結子会社の吸収合併)
        当社は、2022年4月18日の取締役会において、2022年10月1日を効力発生日として、当社の完全子会社である
       FLUSSO株式会社を吸収合併することを決議し、同日付で合併契約を締結いたしました。
      (1)  企業結合の概要

        ① 結合当事企業の名称及びその事業の内容
          結合当事企業の名称:FLUSSO株式会社
          事業の内容    :高級バス製品の製造・販売
        ② 企業結合日

          2022年10月1日 
        ③ 企業結合の法的形式

          当社を存続会社、FLUSSO株式会社(当社の連結子会社)を消滅会社とする吸収合併方式
        ④ 結合後企業の名称

          SANEI株式会社
        ⑤ その他取引の概要に関する事項

           FLUSSOは、国内・海外において、高級水栓とバスタブ双方を一貫してデザイン・設計・製造でき
          る会社として設立いたしました。高級バスタブとそれに相応しい高品質デザイン水栓をトータル展開し、
          富裕層向けブランディングの元、国内ラグジュアリーマーケットに進出、将来的には海外市場進出を目指
          しております。
           当初は、当社とは切り離された環境下でブランドの確立を進めておりましたが、現在では、開示資料等
          で当社の100%子会社であることが周知・浸透されるに至っております。また、今後、FLUSSOが当社
          グループのブランディング戦略の中核として事業拡大を図っていくためには、当社の既存販売チャネルと
          の連携をより密にしていく必要もありますので、当社事業と高級バスタブ事業の更なる連携強化、経営資
          源の集約、業務効率化及び意思決定の迅速化を目的として、同社を吸収合併することといたしました。こ
          れにより、より一層の水栓金具事業の拡大を推し進め、グループ全体の企業価値向上を図ってまいりたい
          と考えております。
      (2)  実施した会計処理の概要 

          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業
        分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準第10号 2019年1月16日)に基づき、共通支配下の取引と
        して処理を行う予定であります。
                                 84/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【連結附属明細表】
       【社債明細表】
        該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                       当期首残高         当期末残高         平均利率

            区分                                       返済期限
                        (千円)         (千円)         (%)
    短期借入金                      600,000        1,476,000           0.40        -
    1年以内に返済予定の長期借入金                      194,192         269,299          0.35        -

    1年以内に返済予定のリース債務                       1,689         1,689          -       -

    長期借入金(1年以内に返済予定の                                            2023年4月1日~
                          564,390         780,539          0.45
    ものを除く)                                            2031年2月20日
    リース債務(1年以内に返済予定の                                            2023年4月1日~
                           4,646         2,956          -
    ものを除く)                                            2024年12月31日
            合計              1,364,918         2,530,484            -       -
     (注)   1.「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配分し
         ているため、「平均利率」を記載しておりません。
       2.  長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における1年ごとの返
         済予定額の総額
                     1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                       (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金               365,700          171,816          81,384          54,695
          リース債務                1,689          1,267           -          -

       【資産除去債務明細表】

        当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が当連結会計年度期首及び当連結会計
       年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、記載を省略しております。
     (2) 【その他】

       当連結会計年度における四半期情報等
        (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度

    売上高          (千円)        5,587,085         11,058,920          17,049,002          22,999,555

    税金等調整前四半期
               (千円)         323,318          692,140         1,139,507          1,478,208
    (当期)純利益
    親会社株主に帰属
    する四半期(当期)          (千円)         211,094          464,220          761,619          999,434
    純利益
    1株当たり四半期
               (円)          92.22         202.81          332.73          436.62
    (当期)純利益
        (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり
               (円)          92.22         110.58          129.92          103.89
    四半期純利益
                                 85/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ① 【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
      流動資産
                                   ※2   1,659,611            ※2   1,868,431
        現金及び預金
        受取手形                              1,088,845               402,150
        電子記録債権                              1,651,925              1,888,494
                                   ※1   3,295,637            ※1   3,269,862
        売掛金
        商品及び製品                              3,068,031              3,458,628
        仕掛品                               281,614              344,154
        原材料及び貯蔵品                               942,919             1,136,531
        前渡金                                5,658              24,550
        前払費用                                36,884              33,192
                                    ※1   214,343            ※1   292,321
        その他
                                        △ 211             △ 208
        貸倒引当金
        流動資産合計                              12,245,260              12,718,109
      固定資産
        有形固定資産
                                   ※2   1,343,434            ※2   1,269,840
         建物
                                     ※2   19,675            ※2   15,809
         構築物
         機械及び装置                              298,222              223,468
         車両運搬具                               42,439              44,099
         工具、器具及び備品                              270,650              247,951
                                   ※2   2,381,072            ※2   2,381,072
         土地
                                        11,755              21,128
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                             4,367,250              4,203,369
        無形固定資産
         ソフトウエア                               42,311              37,914
                                        11,506              29,106
         その他
         無形固定資産合計                               53,817              67,021
        投資その他の資産
         投資有価証券                              312,206              216,950
         関係会社株式                               95,000              270,654
         関係会社出資金                              259,792              259,792
         関係会社長期貸付金                              267,500              390,000
         従業員に対する長期貸付金                               2,293              2,284
         破産更生債権等                               3,095              2,762
         長期前払費用                               6,346              4,524
         繰延税金資産                              725,781              752,054
         その他                              758,991              758,138
                                       △ 3,103            △ 256,100
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                             2,427,903              2,401,061
        固定資産合計                              6,848,971              6,671,452
      資産合計                               19,094,231              19,389,562
                                 86/110




                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2021年3月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形                                31,864              30,205
        電子記録債務                              2,940,560              3,107,811
                                   ※1   1,335,233            ※1   1,292,209
        買掛金
                                  ※2 、 ※4   600,000          ※2 、 ※4   690,000
        短期借入金
                                    ※2   194,192            ※2   156,192
        1年内返済予定の長期借入金
        未払金                               372,419              348,531
        未払費用                               169,548              179,299
        未払法人税等                               371,487              271,488
        未払消費税等                               202,391                 -
        前受金                                4,090              4,496
                                     ※1   26,037            ※1   24,933
        預り金
        賞与引当金                               343,173              350,220
                                          -            51,742
        有償支給に係る負債
        流動負債合計                              6,590,997              6,507,129
      固定負債
                                    ※2   564,390            ※2   408,198
        長期借入金
        退職給付引当金                              1,221,094              1,207,280
        役員退職慰労引当金                               522,033              531,099
        資産除去債務                                15,188              15,427
                                        33,744              33,623
        その他
        固定負債合計                              2,356,450              2,195,629
      負債合計                                8,947,448              8,702,758
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               432,757              432,757
        資本剰余金
                                       334,757              334,757
         資本準備金
         資本剰余金合計                              334,757              334,757
        利益剰余金
         利益準備金                               24,500              24,500
         その他利益剰余金
          別途積立金                            5,620,000              5,620,000
                                      3,674,728              4,212,403
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                             9,319,228              9,856,903
        株主資本合計                              10,086,743              10,624,418
      評価・換算差額等
                                        60,039              62,384
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                60,039              62,384
      純資産合計                               10,146,783              10,686,803
     負債純資産合計                                 19,094,231              19,389,562
                                 87/110





                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ② 【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                   ※1   22,033,058            ※1   22,846,309
     売上高
                                   ※1   15,019,698            ※1   15,907,103
     売上原価
     売上総利益                                 7,013,360              6,939,205
                                 ※1 、 ※2   5,437,957          ※1 、 ※2   5,437,825
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                 1,575,402              1,501,379
     営業外収益
      受取利息                                   376             1,119
      受取配当金                                  5,782              15,252
      仕入割引                                  6,848              7,114
      補助金収入                                 17,771               2,545
                                     ※1   14,782            ※1   11,602
      その他
      営業外収益合計                                 45,560              37,634
     営業外費用
      支払利息                                  4,920              4,175
      売上割引                                  5,102                -
      手形売却損                                  4,042              3,571
      上場関連費用                                 20,483                -
                                     ※1   12,838            ※1   7,265
      その他
      営業外費用合計                                 47,388              15,011
     経常利益                                 1,573,574              1,524,002
     特別利益
                                      ※1   293           ※1   1,409
      固定資産売却益
                                        38,225                -
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                 38,519               1,409
     特別損失
      固定資産売却損                                    -              272
      固定資産除却損                                  9,718              14,144
                                                   ※3   49,999
      関係会社株式評価損                                    -
                                                   ※3   253,337
                                          -
      関係会社貸倒引当金繰入額
      特別損失合計                                  9,718             317,754
     税引前当期純利益                                 1,602,375              1,207,657
     法人税、住民税及び事業税
                                       498,650              491,279
                                        84,532             △ 27,306
     法人税等調整額
     法人税等合計                                  583,183              463,973
     当期純利益                                 1,019,192               743,684
                                 88/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      【製造原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度

                          (自 2020年4月1日                 (自 2021年4月1日
                          至 2021年3月31日)                 至 2022年3月31日)
                    注記               構成比                 構成比
          区分               金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                (%)                 (%)
    Ⅰ 材料費                        8,072,961        77.6         9,589,502        80.3
    Ⅱ 労務費                        1,448,575        13.9         1,455,634        12.2

                              884,791                 896,987

    Ⅲ 経費               ※1                  8.5                 7.5
      当期総製造費用                                100.0                 100.0

                            10,406,328                 11,942,125
      期首仕掛品棚卸高                         355,571                 281,614

      合計                        10,761,899                 12,223,739

                              281,614                 344,154

      期末仕掛品棚卸高
      当期製品製造原価               ※2

                            10,480,285                 11,879,584
     (注)     ※1    主な内訳は、次のとおりであります。

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         外注加工費                           283,763                 325,979

         減価償却費                           283,883                 263,978

        ※2    当期製品製造原価と売上原価の調整表

               項目             前事業年度(千円)                 当事業年度(千円)
         期首製品・商品棚卸高                          3,258,471                 3,068,031

         当期製品製造原価                         10,480,285                 11,879,584

         商品仕入高                          4,348,972                 4,418,115

             合計                         18,087,729                 19,365,731

         期末製品・商品棚卸高                          3,068,031                 3,458,628

         売上原価                         15,019,698                 15,907,103

       (原価計算の方法)

       当社の原価計算は、総合原価計算による実際原価計算であります。
                                 89/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ③ 【株主資本等変動計算書】
       前事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                  資本金
                                        利益
                        資本準備金      資本剰余金合計
                                               別途      繰越利益
                                       準備金
                                              積立金       剰余金
    当期首残高               98,000         -       -     24,500      5,620,000       2,773,136
    当期変動額
     新株の発行              334,757       334,757       334,757
     剰余金の配当                                                 △ 117,600
     当期純利益                                                 1,019,192
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               334,757       334,757       334,757         -       -     901,592
    当期末残高               432,757       334,757       334,757        24,500      5,620,000       3,674,728
                     株主資本             評価・換算差額等

                 利益剰余金
                                その他
                                              純資産合計
                         株主資本              評価・換算
                                有価証券
                 利益剰余金
                         合計             差額等合計
                               評価差額金
                  合計
    当期首残高              8,417,636       8,515,636        40,457       40,457      8,556,093
    当期変動額
     新株の発行                     669,515                     669,515
     剰余金の配当             △ 117,600      △ 117,600                     △ 117,600
     当期純利益             1,019,192       1,019,192                     1,019,192
     株主資本以外の項目の
                                  19,582       19,582       19,582
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               901,592      1,571,107        19,582       19,582      1,590,689
    当期末残高              9,319,228       10,086,743         60,039       60,039     10,146,783
                                 90/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       当事業年度(自 2021年4月1日 至 2022年3月31日)
                                                    (単位:千円)
                                   株主資本
                            資本剰余金                  利益剰余金
                                                その他利益剰余金
                  資本金
                                        利益
                        資本準備金      資本剰余金合計
                                               別途      繰越利益
                                       準備金
                                              積立金       剰余金
    当期首残高               432,757       334,757       334,757        24,500      5,620,000       3,674,728
    当期変動額
     新株の発行
     剰余金の配当                                                 △ 206,010
     当期純利益                                                  743,684
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                 -       -       -       -       -     537,674
    当期末残高               432,757       334,757       334,757        24,500      5,620,000       4,212,403
                     株主資本             評価・換算差額等

                 利益剰余金
                                その他
                                              純資産合計
                         株主資本              評価・換算
                                有価証券
                 利益剰余金
                         合計             差額等合計
                               評価差額金
                  合計
    当期首残高              9,319,228       10,086,743         60,039       60,039     10,146,783
    当期変動額
     新株の発行                       -                     -
     剰余金の配当             △ 206,010      △ 206,010                     △ 206,010
     当期純利益              743,684       743,684                     743,684
     株主資本以外の項目の
                                  2,345       2,345       2,345
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               537,674       537,674        2,345       2,345      540,020
    当期末残高              9,856,903       10,624,418         62,384       62,384     10,686,803
                                 91/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
      1 資産の評価基準及び評価方法
       (1)  有価証券の評価基準及び評価方法
        ①子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法
        ②その他有価証券
         市場価格のない株式等以外のもの
          時価法(    評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法により算定)
         市場価格のない株式等
          移動平均法による原価法
       (2)  棚卸資産の評価基準及び評価方法

        通常の販売目的で保有する棚卸資産
         評価基準は原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
        ①商品及び製品・原材料・仕掛品
         総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
        ②貯蔵品
         総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         ただし、重要性が乏しい場合にのみ最終仕入原価法を適用
      2 固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)及び2016年
        4月1日以降に取得した建物附属設備・構築物については、定額法を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物                     3~65年
          構築物                    3~50年
          機械及び装置                 2~14年
          車両運搬具                  4~  6年
          工具、器具及び備品              2~20年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法を採用しております。なお、ソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく
        定額法を採用しております。
                                 92/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      3 引当金の計上基準
       (1)  貸倒引当金
         債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
        については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  賞与引当金

         従業員の賞与支給に備えるため、当事業年度に負担すべき支給見込額を計上しております。
       (3)  退職給付引当金

         従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務に基づき計上しております。
        ① 退職給付見込額の期間帰属方法
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、
         給付算定式基準に基づき計上しております。割引率の決定方法は、退職給付の支払見込期間及び支払見込期
         間ごとの金額を反映した、単一の加重平均割引率により計上しております。
        ② 数理計算上の差異の費用処理方法
          数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(7年)
         による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしております。
       (4)  役員退職慰労引当金

         役員の退職慰労金の支給に備えるため、役員退職慰労金規程に基づく当事業年度末における要支給額を計上
        しております。
      4 重要な収益及び費用の計上基準

         当社は、主に商品又は製品を顧客に供給することを履行義務としております。約束した商品又は製品の支配
        が顧客に移転した時点で、当該商品又は製品と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しております。
         なお、商品又は製品の国内の販売において、出荷時から当該商品又は製品の支配が顧客に移転されるまでの
        期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識しております
      5 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  退職給付に係る会計処理
         退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方
        法と異なっております。
                                 93/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (重要な会計上の見積り)
     1. 繰延税金資産の回収可能性
      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                              (千円)
                          前事業年度               当事業年度
       繰延税金資産(相殺前)                         755,348               782,545
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

       (1)の金額の算出方法は、連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)1.繰延税金資産の回収可能性」の内
       容と同一であります。
     2. 関係会社への出資額の評価及び関係会社貸付金の回収可能性

      (1)  当事業年度の財務諸表に計上した金額
                                                    (千円)
                                前事業年度               当事業年度
       関係会社株式                               95,000              270,654
       関係会社出資金                              259,792               259,792
       関係会社長期貸付金(貸倒引当金控除前)                              297,500               390,000
      (2)  識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

        関係会社への出資額の評価及び関係会社貸付金の回収可能性は、当該関係会社の経営成績、財務状況及び将来
       の利益計画等に基づき、総合的に判断しております。
        将来の利益計画等については、経営環境等の外部要因に関する情報や当社グループが用いている内部の情報
       (過去における中期経営計画の達成状況、予算など)に基づき見積っております。
        その結果、当事業年度において、FLUSSO株式会社の関係会社株式について、関係会社株式評価損49,999
       千円を特別損失に計上しております。また、同社への関係会社長期貸付金に対する引当処理として、関係会社貸
       倒引当金繰入額253,337千円を特別損失に計上しております。
        当該見積りについて、将来の不確実な経済条件の変動等により実際に生じた金額が見積りと異なった場合、翌
       事業年度の財務諸表において関係会社への出資額に対する評価損及び関係会社長期貸付金に対する貸倒引当金を
       認識する可能性があります。
                                 94/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      (会計方針の変更)
       (収益認識に関する会計基準の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を当事業年度の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービス
      と交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。これにより、買戻し義務のある有償支
      給品を棚卸資産として認識するとともに、期末棚卸高について金融取引として「有償支給に係る負債」を認識して
      おります。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、当事業年度の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当事業年度の期首の利益剰
      余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認識会計基準第86項に定める
      方法を適用し、当事業年度の期首より前までに従前の取扱いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約
      に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用
      し、当事業年度の期首より前までに行われた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づ
      き、会計処理を行い、その累積的影響額を当事業年度の期首の利益剰余金に加減しております。
       この結果、当事業年度の貸借対照表及び損益計算書への影響は軽微であります。利益剰余金の当期首残高への影
      響はありません。
       なお、収益認識会計基準第89-3項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に係る「収益認識関係」注記に
      ついては記載しておりません。
       (時価の算定に関する会計基準の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を当事業年度の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計
      基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな
      会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、財務諸表に与える影響はありません。
       (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
       当社では繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、財務諸表作成時において入手可能な情報に基
      づき実施しております。
       新型コロナウイルスの感染拡大による事業への影響については、現在のところ軽微であります。しかしながら、
      今後の事業に対する影響につきましては、引き続き注視していく必要があるものと考えております。
                                 95/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (貸借対照表関係)
    ※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                               前事業年度                 当事業年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        短期金銭債権                        161,984    千円             198,719    千円
        短期金銭債務                        107,489    千円             146,626    千円
    ※2    担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産及び担保付債務は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        現金及び預金                        100,000    千円             100,000    千円
        建物及び構築物                       1,046,447     千円             987,411    千円
        土地                       1,609,508     千円            1,609,508     千円
        合計                       2,755,956     千円            2,696,919     千円
                               前事業年度                 当事業年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        短期借入金                        500,000    千円             590,000    千円
        1年内返済予定長期借入金                        134,192    千円              96,192   千円
        長期借入金                        369,390    千円             273,198    千円
        合計                       1,003,582     千円             959,390    千円
     3    偶発債務

                               前事業年度                 当事業年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        受取手形裏書高                         78,913   千円              74,126   千円
        手形債権流動化に伴う買戻義務                        382,688    千円             307,840    千円
    ※4    当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。

       事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度

                              ( 2021年3月31日       )         ( 2022年3月31日       )
        当座貸越極度額                       2,200,000     千円            2,200,000     千円
        借入実行残高                        600,000    千円             690,000    千円
        差引額                       1,600,000     千円            1,510,000     千円
                                 96/110







                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (損益計算書関係)
    ※1    関係会社との取引高
                               前事業年度                 当事業年度

                            (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
       営業取引による取引高
        売上高                        102,805    千円             126,365    千円
        仕入高                       1,442,699     千円            2,221,625     千円
        有償部材支給高                        590,762    千円            1,018,170     千円
        販売費及び一般管理費                        98,432   千円              94,473   千円
       営業取引以外の取引による取引高                         23,478   千円              33,014   千円
    ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度

                             (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2021年3月31日       )       至   2022年3月31日       )
        運賃及び荷造費                         642,158    千円             633,205    千円
        給料及び手当                        1,586,135     千円            1,650,677     千円
        賞与引当金繰入額                         214,896    千円             222,217    千円
        退職給付費用                         63,123   千円              62,341   千円
        役員退職慰労引当金繰入額                         20,374   千円              22,000   千円
        貸倒引当金繰入額                         △ 1,052   千円              △ 134  千円
        減価償却費                         118,677    千円             119,053    千円
       おおよその割合

        販売費                             23%                 23%
        一般管理費                             77%                 77%
    ※3   関係会社株式評価損及び貸倒引当金繰入額

       当社の連結子会社であるFLUSSO株式会社の財政状態及び経営成績を勘案し、当社所有の株式に対する評価
      及び債権に係る将来の回収可能性等を見直した結果、当事業年度末において、関係会社株式評価損49,999千円、貸
      倒引当金繰入額253,337千円を計上しております。
                                 97/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
       (有価証券関係)
      前事業年度(2021年3月31日)
       子会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株式の時価を記載し
      ておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式の貸借対照表計上額は以下のとおりです。
                           前事業年度

              区分
                           (千円)
        子会社株式                         95,000
              計                   95,000
      当事業年度(2022年3月31日)

       子会社株式は、市場価格のない株式等のため、子会社株式の時価を記載しておりません。
       なお、市場価格のない株式等の子会社株式の貸借対照表計上額は次のとおりです。
                           当事業年度

              区分
                           (千円)
        子会社株式                        270,654
              計                  270,654
       (税効果会計関係)

     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前事業年度              当事業年度

                                  ( 2021年3月31日       )      ( 2022年3月31日       )
       繰延税金資産
         棚卸資産評価損                              75,709千円              103,308千円
                                       88,810    〃           88,810    〃
         関係会社出資金評価損
                                         -  〃           15,289    〃
         関係会社株式評価損
                                         -  〃           77,470    〃
         関係会社貸倒引当金繰入超過額
                                       104,942    〃          107,097    〃
         賞与引当金
                                       16,370    〃           16,814    〃
         賞与引当金に対する社会保険料
                                       19,244    〃           17,728    〃
         未払事業税
                                       373,410    〃          369,186    〃
         退職給付引当金
                                       159,637    〃          162,410    〃
         役員退職慰労引当金
                                        4,644   〃           4,717   〃
         資産除去債務
                                        1,387   〃           1,282   〃
         その他
       繰延税金資産小計
                                       844,158千円              964,116千円
                                      △88,810     〃         △181,570     〃
         評価性引当額
       繰延税金資産合計
                                       755,348千円              782,545千円
       繰延税金負債

         その他有価証券評価差額金                             △26,447千円              △27,480千円
                                       △3,118    〃          △3,009    〃
         資産除去債務
       繰延税金負債合計                               △29,566千円              △30,490千円
       繰延税金資産純額                               725,781千円              752,054千円
                                 98/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ
       た主要な項目別の内訳
                                   前事業年度              当事業年度
                                  ( 2021年3月31日       )       ( 2022年3月31日       )
       法定実効税率
                                       30.58%              30.58%
       (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                 0.22%              0.31%
       受取配当金の益金不算入額                                △0.02%              △0.27%
       住民税均等割                                 0.63%              0.84%
       法人税等の特別控除                                △0.23%              △0.57%
       税率変更による期末繰延税金資産の減額修正                                 6.09%               -%
       評価性引当額の増減額                                △0.49%               7.68%
                                       △0.40%              △0.15%
       その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                36.39%              38.42%
       (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を理解するための基礎となる情報は、連結財務諸表「注記事項(収益認識関係)」に
     同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
      (重要な後発事象)

       「第5    経理の状況 1        連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(重要な後発事象)」に同一の内容を記載
      しているため、注記を省略しております。
                                 99/110












                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
      ④ 【附属明細表】
       【有形固定資産等明細表】
                                                  (単位:千円)
                                                     減価償却
      区分      資産の種類        当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                     累計額
    有形固定資産
           建物         1,343,434        13,697       5,418      81,873     1,269,840      2,437,963
           構築物           19,675         -      -     3,866      15,809      122,025
           機械及び装置          298,222        9,234      25,326      58,661      223,468     1,410,321
           車両運搬具           42,439      25,825         0    24,165      44,099      180,794
           工具、器具及び
                      270,650      176,929         557    199,071      247,951     3,748,027
           備品
           土地         2,381,072          -      -      -   2,381,072          -
           建設仮勘定           11,755      19,023       9,650        -    21,128         -
              計      4,367,250        244,710       40,953      367,637     4,203,369      7,899,133
    無形固定資産
           ソフトウエア           42,311      12,583         0    16,979      37,914         -
           その他           11,506      17,600         -      -    29,106         -
              計        53,817      30,183         0    16,979      67,021         -
       【引当金明細表】

                                                   (単位:千円)
        科目         当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
    貸倒引当金                  3,314          253,337             343         256,308
    賞与引当金                 343,173           350,220           343,173           350,220
    役員退職慰労引当金                 522,033           22,000           12,933          531,099
     (2) 【主な資産及び負債の内容】

       連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3) 【その他】

        該当事項はありません。
                                100/110









                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度              毎年4月1日から3月31日まで
    定時株主総会              事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

    基準日              毎年3月31日

                  毎年3月31日

    剰余金の配当の基準日
                  毎年9月30日
    1単元の株式数              100株

    単元未満株式の買取り

      取扱場所              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号  三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部

      株主名簿管理人              東京都千代田区丸の内一丁目4番5号  三菱UFJ信託銀行株式会社

      取次所

      買取手数料              株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                  当社の公告方法は、電子公告としております。

                  ただし事故その他やむを得ない事由により電子公告をすることができないときは、日本
                  経済新聞に掲載しております。
    公告掲載方法
                  当社の公告掲載URLは次のとおりであります。
                  https://www.sanei.ltd/ 
    株主に対する特典              なし

     (注)    当社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を有しておりません。
        会社法第189条第2項各号に掲げる権利
        会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
        株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                101/110











                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項の適用がありません。
    2 【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1)  有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書

      事業年度      第61期   (自    2020年4月1日        至    2021年3月31日       )2021年6月25日 近畿財務局長に提出。
    (2)  内部統制報告書及びその添付書類

      2021年6月25日近畿財務局長に提出。
    (3)  四半期報告書及び確認書

      事業年度      第62期   第1四半期(自         2021年4月1日        至    2021年6月30日       )2021年8月10日 近畿財務局長に提
      出。
      事業年度      第62期   第2四半期(自         2021年7月1日        至    2021年9月30日       )2021年11月8日 近畿財務局長に提
      出。
      事業年度      第62期   第3四半期(自         2021年10月1日        至    2021年12月31日       )2022年2月7日 近畿財務局長に提
      出。
    (4)  臨時報告書

     (a)  臨時報告書
       金融商品取引法第24条の5第4項及び企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第7号の3の規定に基づ
      く臨時報告書
       2022年4月18日近畿財務局長に提出。
     (b)  臨時報告書の訂正報告書

       訂正報告書(上記(a)          臨時報告書の訂正報告書) 
       2022年5月20日近畿財務局長に提出。
                                102/110








                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                103/110




















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年6月28日

    SANEI株式会社
     取締役会 御中
                         ひびき監査法人

                          大阪事務所
                          代表社員

                                   公認会計士       田中 郁生
                          業務執行社員
                          代表社員

                                   公認会計士       富田 雅彦
                          業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるSANEI株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸
    借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結
    財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、S
    ANEI株式会社及び連結子会社の2022年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                104/110










                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項
     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
    要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
    の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                        繰延税金資産の回収可能性の検討

       監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

                                 当監査法人は、繰延税金資産の回収可能性を検討する

                                ため、主に以下の監査手続を実施した。
     (1)【連結財務諸表】【注記事項】(重要な会計上
                                ・繰延税金資産の回収可能性に係る内部統制の整備状況
    の見積り)「1.繰延税金資産の回収可能性」                     及び  (税
                                及び運用状況を評価した。
    効果会計関係)       に記載されているとおり、会社は当連結
                                 将来課税所得の検討においては、主に下記の手続を実
    会計年度の連結貸借対照表において、繰延税金資産
                                施した。
    916,244千円を計上している。一部の連結子会社について
                                ・一時差異及び税務上の繰越欠損金の残高の正確性及び
    は、繰越欠損金が存在する。
                                網羅性について検討するとともに、その解消スケジュー
     繰延税金資産に係る回収可能性の評価は、主に経営者
                                ルの妥当性を検討した。
    による将来課税所得の見積りに基づいており、その基礎
                                ・経営者による将来の課税所得の見積りの基礎となる事
    となる将来の事業計画は不確実性を伴うものであり、経
                                業計画の検討に当たって、過年度の事業計画の達成度合
    営者の判断を伴う重要な仮定により影響を受けることか
                                いに基づき見積りの精度を検討した。
    ら、当監査法人は当該事項を「監査上の主要な検討事
                                ・将来の事業計画について損益要素別に関係各署の責任
    項」に該当すると判断した。
                                者に質問し実行可能性を検討した。
                                ・将来の事業計画について、取締役会で承認された次年
                                度の予算との整合性を検討した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書
    以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責
    任は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の連結財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の
    記載内容に対して意見を表明するものではない。
     連結財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内
    容と連結財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そ
    のような重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
    に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
    どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
    する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                105/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    連結財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
    示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
    することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
    用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
     結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記
     事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸
     表に対して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証
     拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
     かどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎とな
     る取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
    ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を
     入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     意見に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判
    断した事項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表
    が禁止されている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利
    益を上回ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
     (注)   1.  上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRL      データは監査の対象には含まれていません。
                                106/110






                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                                107/110





















                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年6月28日

    SANEI株式会社
     取締役会 御中
                         ひびき監査法人

                          大阪事務所
                          代表社員

                                   公認会計士       田中 郁生
                          業務執行社員
                          代表社員

                                   公認会計士       富田 雅彦
                          業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いるSANEI株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの第62期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、SAN
    EI株式会社の2022年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績の状況を、全ての重要な
    点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
                                108/110











                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    監査上の主要な検討事項
     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                 関係会社への出資額の評価及び関係会社貸付金の回収可能性

       監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

     (1)【財務諸表】【注記事項】(重要な会計上の見

    積り)「2.関係会社への出資額の評価及び関係会社貸付
    金の回収可能性」        に記載されているとおり、貸借対照表
    には、関係会社株式          270,654千円、関係会社出資金
    259,792千円、関係会社長期貸付金(貸倒引当金控除前)
                                 当監査法人は、関係会社株式及び出資金の評価並びに
    390,000千円が計上されている。
                                関係会社貸付金の回収可能性を検討するため、主に以下
     会社は、関係会社株式及び出資金について、各関係会
                                の監査手続を実施した。
    社の1株当たりの純資産額に基づく実質価額と、取得原
                                ・関係会社株式及び出資金の評価並びに貸倒引当金計上
    価とを比較し、減損処理の要否を判定している。実質価
                                に関連する内部統制の整備状況及び運用状況を評価し
    額が取得原価に比べて50%以上下落している場合には、回
                                た。
    復可能性が十分な証拠によって裏付けられない限り、相
                                ・各関係会社の直近の財務諸表を基礎とした純資産額と
    当の減額を行い、評価差額は当期の損失として減損処理
                                取得原価との比較を実施した。
    することとなる。
                                ・事業計画の検討に当たって、過年度の事業計画の達成
     また、財政状態の悪化した関係会社に対する金銭債権
                                度合いに基づき見積りの精度を検討した。
    に対しては、      (重要な会計方針)         に記載のとおり、貸倒
                                ・将来の事業計画について損益要素別に関係各署の責任
    引当金を計上している。
                                者に質問し実行可能性を検討した。
     会社は、以上の方針に基づき、当事業年度において損
                                ・将来の事業計画について、取締役会で承認された次年
    益計算書に関係会社株式評価損49,999千円及び関係会社
                                度の予算との整合性を検討した。
    貸倒引当金繰入額253,337千円を計上している。
     減損処理及び貸倒引当金の計上にあたっては、会社は
    実質価額の回復可能性に基づいて要否を判断している。
    純資産の回復可能性の判断は、関係会社の将来の事業計
    画に依存しており、経営者の判断の重要な仮定による影
    響を受けることから当監査法人は当該事項を監査上の主
    要な検討事項に該当するものと判断した。
    その他の記載内容

     その他の記載内容は、有価証券報告書に含まれる情報のうち、連結財務諸表及び財務諸表並びにこれらの監査報告書
    以外の情報である。経営者の責任は、その他の記載内容を作成し開示することにある。また、監査役及び監査役会の責
    任は、その他の記載内容の報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     当監査法人の財務諸表に対する監査意見の対象にはその他の記載内容は含まれておらず、当監査法人はその他の記載
    内容に対して意見を表明するものではない。
     財務諸表監査における当監査法人の責任は、その他の記載内容を通読し、通読の過程において、その他の記載内容と
    財務諸表又は当監査法人が監査の過程で得た知識との間に重要な相違があるかどうか検討すること、また、そのような
    重要な相違以外にその他の記載内容に重要な誤りの兆候があるかどうか注意を払うことにある。
     当監査法人は、実施した作業に基づき、その他の記載内容に重要な誤りがあると判断した場合には、その事実を報告
    することが求められている。
     その他の記載内容に関して、当監査法人が報告すべき事項はない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                109/110



                                                          EDINET提出書類
                                                      SANEI株式会社(E35587)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
     な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
     実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
     き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
     注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
     事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
     るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
     うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
     事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以   上
     (注)   1.  上記の監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRL      データは監査の対象には含まれていません。
                                110/110







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。