株式会社クロスフォー 四半期報告書 第35期第3四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)

提出書類 四半期報告書-第35期第3四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)
提出日
提出者 株式会社クロスフォー
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2022年6月14日

    【四半期会計期間】               第35期第3四半期(自 2022年2月1日 至 2022年4月30日)

    【会社名】               株式会社クロスフォー

    【英訳名】               Crossfor     Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 土橋 秀位

    【本店の所在の場所】               山梨県甲府市国母七丁目11番4号

    【電話番号】               057-008-9640(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 山口 毅

    【最寄りの連絡場所】               山梨県甲府市国母七丁目11番4号

    【電話番号】               057-008-9640(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役 山口 毅

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/18









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                               第34期           第35期

              回次               第3四半期           第3四半期            第34期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自   2020年8月1日         自   2021年8月1日         自   2020年8月1日
             会計期間
                            至   2021年4月30日         至   2022年4月30日         至   2021年7月31日
    売上高                   (千円)         2,032,764           2,268,955           2,811,604

    経常利益又は経常損失(△)                   (千円)         △ 150,375           45,861         △ 121,830

    親会社株主に帰属する四半期純利益又は
    親会社株主に帰属する四半期(当期)純                   (千円)         △ 157,483           179,767          △ 113,649
    損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                   (千円)         △ 157,145           183,363          △ 113,619
    純資産額                   (千円)         1,842,558           2,086,888           1,886,083

    総資産額                   (千円)         4,681,886           5,392,100           4,652,950

    1株当たり四半期純利益又は
                        (円)          △ 9.39          10.67          △ 6.77
    1株当たり四半期(当期)純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                        (円)            -         10.62            -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                    (%)           38.6           38.0           39.8
                               第34期           第35期

              回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自   2021年2月1日         自   2022年2月1日
             会計期間
                            至   2021年4月30日         至   2022年4月30日
    1株当たり四半期純利益金額                    (円)           0.93           4.80

     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.  第34期、第34期第3四半期連結累計期間に係る潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益について
         は、潜在株式は存在するものの1株当たり四半期(当期)純損失であるため記載しておりません。
       3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期首
         から適用しており、当第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等につ
         いては、当該会計基準等を適用した後の指標等になっております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/18





                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
       (継続企業の前提に関する重要事象等について)

      当社は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による売上高の著しい減少が継続しており、2020年7月期連結会計
     年度以降、2期連続で営業損失を計上し、当第3四半期連結累計期間においても営業損失を計上していることから継
     続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が生じております。
      しかしながら、ようやく営業活動の制限が解消され始め、売上高及び営業損益が回復傾向にあること、加えて、当
     第3四半期連結累計期間において現金及び預金を                       1,050,528千円       保有し財務基盤は安定していることから、継続企業の
     前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しております。
      引き続き、当該重要事象等を解消するため、以下の施策にて収益および財務基盤の安定を確保してまいります。
     1.自社製品の製造工程の機械化によるコストダウン
     2.既存取引先の深耕及び新規取引先の獲得
     3.販管費等の適切なコストコントロールによる経費削減
     4.借換えを含む資金調達についての金融機関との交渉
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症による経済活動の縮小から、各種
      景気浮揚政策の効果や海外経済の改善等が寄与し、回復基調にあります。しかしながら、原材料価格や原油価格の
      上昇に加え、ロシア・ウクライナ問題、中国の主要都市におけるロックダウンなど、景気の先行きは依然として不
      透明な状況が続いております。
       ジュエリー業界においても、生活必需品の値上がりの影響もあり、消費者のジュエリー購買意欲には力強さがな
      く本格的な回復には至らない状況であります。加えて、地政学リスクによる地金やダイヤモンドなどの原材料価格
      の高騰に伴う影響が懸念されるなど、当社グループを取り巻く事業環境は依然として厳しい状況が続いておりま
      す。
       こうした状況下、当社は2024年7月期までの3か年を対象とした中期経営計画「Challenge                                           for  innovation」を
      推進しました。この取り組みの結果、当第3四半期会計期間の業績につきましては、人流や経済の制限が緩和さ
      れ、特に海外売上が大きく伸長したことにより概ね回復基調となりました。具体的には、海外経済の改善により海
      外大手取引先からの安定した受注が戻りつつあることに加えて、タイの協力工場で生産している「Dancing                                                 Stone」
      (※1)パーツの製造原価の低減が順調に進んでいること、円安により輸出環境が改善したことなどが重なり、堅
      調に推移しました。一方、国内においても、主軸製品である「Dancing                                 Stone」、「テニスチェーン」の既存製品に
      次ぐ、特許技術を活かした新製品である「スターシリーズ」(※2)や「Dancing                                        Stone」の技術を応用した
      「Single     Dancing    Stone」(※3)を新たなラインナップに加え、他社には真似できない独自の製品技術を武器に
      市場拡大を進めてまいりました。
       こうした活動を行った結果、国内売上高は、                    1,393,132千円       となり、国外売上高は、           875,823千円      となりました。
       この結果、当連結会計年度における当社グループの売上高は                            2,268,955千円       (前年同四半期       11.6%増    )、営業損失は
      1,327千円     (前年同四半期は営業損失            162,865千円      )、経常利益は       45,861千円     (前年同四半期は経常損失            150,375千円      )、
      親会社株主に帰属する四半期純利益は                  179,767千円      (前年同四半期は親会社株主に帰属する四半期純損失                         157,483千
      円 )となりました。
       なお、当社グループの事業セグメントは、「ジュエリー事業」の単一セグメントであるため、セグメントごとの
      記載を省略しております。
      ※1   「Dancing     Stone」とは、当社の特許技術により宝石に穴をあけることなく、宝石を揺らすことができる宝石

      のセッティング方法であります。
                                 3/18

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      ※2   「スターシリーズ」とは、中石が浮かぶように留めることで、脇石の反射光を取り込み、中石の輝きを大幅に
      アップさせた特許技術であります。
      ※3   「Single     Dancing    Stone」とは、「Dancing            Stone」のハンガーパーツを使用した技術であり、片側吊りにす
      ることで回転するような動きをするセッティング方法であります。
       地域別売上高・比率                                              当第3四半期連結累計期間

            地域名             売上高(千円)             売上比率(%)
      日本                       1,393,132               61.4
      中国                        391,840              17.3
      タイ                        245,009              10.8
      インド                        139,585              6.2
      その他                        99,388              4.4
     (資産の部)

       当第3四半期連結会計期間末の総資産は、前連結会計年度末と比べ                               739,149千円増加        し、  5,392,100千円       となりま
      した。これは主に、現金及び預金が                226,855千円      、受取手形及び売掛金が           162,292千円      、製品が    212,474千円      増加した
      こと等によるものであります。
     (負債の部)
       当第3四半期連結会計期間末における負債合計は、前連結会計年度末に比べ                                   538,344千円増加        し、  3,305,211千円
      となりました。これは主に、長期借入金(1年内返済予定を含む)が340,587千円、支払手形及び買掛金が                                                236,099千
      円増加   したこと等によるものであります。
     (純資産の部)
       当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は、前連結会計年度末に比べ                                    200,805千円増加        し、  2,086,888千
      円 となりました。これは主に、親会社株主に帰属する四半期純利益                              179,767千円      計上したこと等によるものでありま
      す。
     (2)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題に重要な変更
      及び新たに生じた課題はありません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は3                       ,741千円であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/18







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                      26,688,000

                 計                                    26,688,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)            発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2022年4月30日       )  (2022年6月14日)          商品取引業協会名
                                            完全議決権株式であり、権利
                                            内容に何ら限定のない当社に
                                   東京証券取引所
                                            おける標準となる株式であり
       普通株式           17,685,000          17,685,000
                                   スタンダード市場
                                            ます。なお、単元株式数は100
                                            株であります。
        計          17,685,000          17,685,000          ―             ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額
                                       資本金残高
         年月日         総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                        (千円)
                                 (千円)
                   (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2022年2月1日~
                      -   17,685,000           -    704,508         -    704,508
    2022年4月30日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/18






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
      当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
     ることができないことから、直前の基準日(2022年1月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                                2022年4月30日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                                         完全議決権株式であり、権利内容に
                     (自己保有株式)
                                         何ら限定のない当社における標準と
                     普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                               ―
                                         なる株式であります。なお、単元株
                          798,000
                                         式数は100株であります。
                     普通株式

    完全議決権株式(その他)                                168,840             ―
                         16,884,000
                     普通株式      3,000

    単元未満株式                               ―              ―
    発行済株式総数                    17,685,000          ―              ―

    総株主の議決権                    ―           168,840             ―

      ②  【自己株式等】

                                                2022年4月30日       現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                             総数に対する
                     所有者の住所            所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
    (自己保有株式)            山梨県甲府市国母七丁目11番4
                                  798,000       ―       798,000        4.51
    株式会社クロスフォー            号
         計              ―           798,000       ―       798,000        4.51
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 6/18








                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1   四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2   監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2022年2月1日から2022年
     4月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年8月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、應和監査法人による四半期レビューを受けております。
     なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
      第34期連結会計年度                   有限責任 あずさ監査法人 
      第35期第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間 應和監査法人
                                 7/18
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)  【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年7月31日)              (2022年4月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               823,673             1,050,528
        受取手形及び売掛金                               476,766              639,058
        製品                               766,623              979,098
        仕掛品                               400,113              278,522
        原材料及び貯蔵品                               505,579              635,406
        その他                                50,272              157,487
                                      △ 31,232             △ 41,624
        貸倒引当金
        流動資産合計                              2,991,795              3,698,476
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                              973,546              945,654
         土地                              331,094              331,094
         建設仮勘定                               1,942              2,255
                                       114,098              103,554
         その他(純額)
         有形固定資産合計                             1,420,682              1,382,558
        無形固定資産                                72,010              82,316
        投資その他の資産
         長期貸付金                               8,597              8,907
         その他                              160,166              214,645
                                        △ 301             △ 310
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              168,461              223,241
        固定資産合計                              1,661,154              1,688,116
      繰延資産
                                          -             5,506
        社債発行費
        繰延資産合計                                  -             5,506
      資産合計                                4,652,950              5,392,100
                                 8/18









                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年7月31日)              (2022年4月30日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                73,046              309,145
        短期借入金                               800,000              600,000
        1年内償還予定の社債                                  -            40,000
        1年内返済予定の長期借入金                               400,750              377,264
        未払法人税等                                7,585              7,549
                                       105,128               66,916
        その他
        流動負債合計                              1,386,510              1,400,876
      固定負債
        社債                                  -            160,000
        長期借入金                              1,379,197              1,743,271
                                        1,158              1,063
        その他
        固定負債合計                              1,380,356              1,904,334
      負債合計                                2,766,866              3,305,211
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               695,136              704,508
        資本剰余金                               788,802              798,175
        利益剰余金                               390,568              569,263
                                      △ 20,378             △ 20,378
        自己株式
        株主資本合計                              1,854,128              2,051,569
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  18              19
                                       △ 3,916              △ 321
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                               △ 3,897              △ 301
      新株予約権                                 35,853              35,621
      純資産合計                                1,886,083              2,086,888
     負債純資産合計                                 4,652,950              5,392,100
                                 9/18










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年8月1日              (自 2021年8月1日
                                至 2021年4月30日)               至 2022年4月30日)
     売上高                                 2,032,764              2,268,955
                                      1,356,644              1,495,871
     売上原価
     売上総利益                                  676,120              773,083
     販売費及び一般管理費                                  838,985              774,411
     営業損失(△)                                 △ 162,865              △ 1,327
     営業外収益
      為替差益                                 11,130              55,951
      受取賃貸料                                  4,118              4,358
      補助金収入                                 17,674               3,151
                                        1,660              2,483
      その他
      営業外収益合計                                 34,583              65,944
     営業外費用
      支払利息                                 12,855              17,019
      貸倒引当金繰入額                                  3,763             △ 2,170
      コミットメントフィー                                  3,039              1,025
                                        2,435              2,881
      その他
      営業外費用合計                                 22,094              18,754
     経常利益又は経常損失(△)                                 △ 150,375               45,861
     特別利益
      新株予約権戻入益                                    46              231
                                          -             2,874
      固定資産売却益
      特別利益合計                                    46             3,105
     特別損失
      固定資産除却損                                    0              0
                                        2,973                -
      減損損失
      特別損失合計                                  2,973                0
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                      △ 153,303               48,967
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        2,502              2,485
     法人税等還付税額                                     -           △ 119,184
                                        1,677             △ 14,101
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   4,180            △ 130,800
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 157,483              179,767
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                      △ 157,483              179,767
     に帰属する四半期純損失(△)
                                10/18







                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年8月1日              (自 2021年8月1日
                                至 2021年4月30日)               至 2022年4月30日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                 △ 157,483              179,767
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    41               1
                                         296             3,594
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                   338             3,595
     四半期包括利益                                 △ 157,145              183,363
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 157,145              183,363
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    -              -
                                11/18
















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (会計方針の変更等)
      (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                           2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
      又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識しています。
       収益認識会計基準等の適用による主な変更点は、以下のとおりです。
      (1)国内販売
       収益認識に関する会計基準の適用指針第98項に定める代替的な取扱いを適用し、製品の国内の販売において、出
      荷時から当該製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間である場合には、出荷時に収益を認識して
      おります。
      (2)海外販売
       海外販売においては主に船積み時に収益を認識しておりましたが、インコタームズで定められた貿易条件に基づ
      き危険負担が顧客に移転した時に収益を認識する方法に変更しております。
      (3)ポイント制度
       販売時に自社ポイントを付与するサービスの提供について、従来は販売時に収益を認識しておりましたが、付与
      したポイントを履行義務として識別し、算定された独立販売価格を基礎として取引価格の配分を行い、履行義務に
      配分した取引価格を契約負債として収益から控除して繰り延べ、顧客のポイント利用に従い収益を認識する方法に
      変更しております。
      (4)売上割引
       売上割引は従来は営業外費用として計上しておりましたが、変動対価として売上高を減額する方法に変更してお
      ります。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお

      り、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半期連
      結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
       この結果、当第3四半期連結累計期間の売上高が186千円減少し、営業損失は186千円増加、経常利益は101千円、
      税金等調整前四半期純利益は101千円減少しております。また、利益剰余金の当期首残高は1,072千円減少しており
      ます。
       なお、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号                                 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的
      な取扱いに従って、前第3四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しており
      ません。
      (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」という。)
      等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企
      業会計基準第10号         2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新
      たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える影響はありま
      せん。
      (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染拡大に伴う会計上の見積りについて)
       前連結会計年度の有価証券報告書において、追加情報に記載した新型コロナウイルス感染症拡大の影響に関する
      仮定について重要な変更はありません。 
                                12/18




                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間
                                          当第3四半期連結累計期間
                           (自    2020年8月1日
                                           (自    2021年8月1日
                            至   2021年4月30日       )      至   2022年4月30日       )
        減価償却費                       75,588   千円            96,547   千円
      (株主資本等関係)

      前第3四半期連結累計期間(自                2020年8月1日        至    2021年4月30日       )
     1.配当金支払額

      無配のため、該当事項はありません。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
      該当事項はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                2021年8月1日        至    2022年4月30日       )

     1.配当金支払額

      無配のため、該当事項はありません。
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日後

      となるもの
      該当事項はありません。
      (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
        当社グループの事業セグメントは、ジュエリー事業のみの単一セグメントであるため、セグメント情報の記載
       を省略しております。
                                13/18










                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      (収益認識関係)
      顧客との契約から生じる収益を分解した情報
      当第3四半期連結累計期間(自                2021年8月1日         至   2022年4月30日)
      当社グループは、ジュエリーを主な事業とする単一セグメントであるため、売上高を製品の地域別に記載しており
      ます。
                                                  (単位:千円)
                                 海外向けパーツ、
                     国内向け製品販売                            合計
                                   製品販売
       一時点で移転される財
                          1,393,132              875,823           2,268,955
       及びサービス
       一定の期間にわたり移
       転される財及びサービ                       -             -            -
       ス
       合計                   1,393,132              875,823           2,268,955
      (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎並びに、潜在株式調整後1株当たり四半期
      純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                 (自    2020年8月1日           (自    2021年8月1日
                                 至   2021年4月30日       )    至   2022年4月30日       )
    (1)1株当たり四半期純利益又は
                                       △9円39銭              10円67銭
       1株当たり四半期純損失(△)
    (算定上の基礎)
    親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                       △157,483               179,767
    親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                       -              -
    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                       △157,483               179,767
    親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
    普通株式の期中平均株式数(株)                                   16,768,102              16,849,900
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                                 10円62銭

    (算定上の基礎)

    親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                       -              -

    普通株式増加数(株)                                       -            81,779

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
    四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結                                       -              -
    会計年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)前第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、
       1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
                                14/18






                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
      該当事項はありません。
                                15/18




















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                16/18



















                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年6月14日

    株式会社クロスフォー
     取締役会  御中
                       應和監査法人

                       東京都千代田区
                        指定社員

                                          澤    田    昌    輝
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定社員

                                          土    居    靖    明
                                   公認会計士
                        業務執行社員
      監査人の結論

       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ク
      ロスフォーの2021年8月1日から2022年7月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2022年2月1日
      から2022年4月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年8月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期
      連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記に
      ついて四半期レビューを行った。
       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当
      と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社クロスフォー及び連結子会社の2022年4月30日
      現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
      る事項が全ての重要な点において認められなかった。
      監査人の結論の根拠

       当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
      行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監
      査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子
      会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明
      の基礎となる証拠を入手したと判断している。
      その他の事項

       会社の2021年7月31日をもって終了した前連結会計年度の第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間
      に係る四半期連結財務諸表並びに前連結会計年度の連結財務諸表は、それぞれ、前任監査人によって四半期レ
      ビュー及び監査が実施されている。前任監査人は、当該四半期連結財務諸表に対して2021年6月14日付けで無限定
      の結論を表明しており、また、当該連結財務諸表に対して2021年10月29日付けで無限定適正意見を表明している。
      四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

       経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期
      連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連
      結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
       四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成するこ
      とが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に
      基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
       監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
      ある。
      四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

       監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から
                                17/18

                                                          EDINET提出書類
                                                     株式会社クロスフォー(E33313)
                                                            四半期報告書
      四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
       監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程
      を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
       ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠
       して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性
       が認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般
       に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項
       が認められないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半
       期レビュー報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する
       四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を
       表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいている
       が、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表
       の作成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四
       半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示
       していないと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
      ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す
       る。監査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人
       は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。
       監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の
      重要な発見事項について報告を行う。
       監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
      と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するために
      セーフガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
      利害関係

       会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
      はない。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                18/18








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク