パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社) 四半期報告書 第38期第2四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)

提出書類 四半期報告書-第38期第2四半期(令和4年2月1日-令和4年4月30日)
提出日
提出者 パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                   四半期報告書

    【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2022年6月14日

    【四半期会計期間】                   第38期第2四半期(自 2022年2月1日 至 2022年4月30日)

                      パーク二四株式会社

    【会社名】
                      (定款上の商号 パーク24株式会社)
    【英訳名】                   PARK24    CO.,   LTD.

    【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 西川 光一

    【本店の所在の場所】                   東京都品川区西五反田二丁目20番4号

    【電話番号】                   03(3491)8924

    【事務連絡者氏名】                   執行役員 業務統括本部長 満仲 洋一

    【最寄りの連絡場所】                   東京都品川区西五反田二丁目20番4号

    【電話番号】                   03(3491)8924

    【事務連絡者氏名】                   執行役員 業務統括本部長 満仲 洋一

                      株式会社東京証券取引所

    【縦覧に供する場所】
                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/26








                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第37期           第38期

             回次               第2四半期           第2四半期            第37期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2020年11月1日         自   2021年11月1日         自   2020年11月1日
            会計期間
                          至   2021年4月30日         至   2022年4月30日         至   2021年10月31日
    売上高               (百万円)            121,865           135,891           251,102
    経常利益又は経常損失(△)               (百万円)            △ 8,998           3,948          △ 11,619

    親会社株主に帰属する
                    (百万円)            △ 8,960           △ 630         △ 11,658
    四半期(当期)純損失(△)
    四半期包括利益又は
                    (百万円)            △ 11,200           △ 2,746          △ 14,685
    包括利益
    純資産額               (百万円)             19,919           38,792           16,432
    総資産額               (百万円)            336,110           309,382           319,628

    1株当たり四半期(当期)
                     (円)           △ 57.99           △ 4.08          △ 75.45
    純損失(△)
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)              -           -           -
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率                (%)             5.9           12.5            5.1
    営業活動による
                    (百万円)             15,654            4,985           34,818
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    (百万円)            △ 7,437          △ 7,535          △ 12,349
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    (百万円)             35,292           △ 7,414           13,167
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                    (百万円)             99,844           82,872           91,795
    四半期末(期末)残高
                             第37期           第38期

             回次               第2四半期           第2四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自   2021年2月1日         自   2022年2月1日
            会計期間
                          至   2021年4月30日         至   2022年4月30日
    1株当たり四半期純損失(△)                (円)           △ 27.35           △ 7.13
     (注) 1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移は記載しておりま
         せん。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半
         期(当期)純損失であるため、記載しておりません。
       3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                            2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期
         首から適用しており、当第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等に
         ついては、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内
      容に重要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
      認識している主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要
      な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
    (1) 経営成績の状況

       当 第2四半期     連結累計期間(       2021年11月1日       ~ 2022年4月30日       )に  おける世界経済は、多くの国が新型コロナウ
      イルス感染症(以下、感染症)対策と経済活動の両立へ向かう中、ロシア・ウクライナ情勢の悪化に伴うエネル
      ギー価格や原材料価格の高騰などの影響を受け、先行きが不透明な状況となりました。日本経済においては、感染
      症に対するワクチン接種の進展に伴い、当連結会計年度の初めは新規感染者数が極めて低水準で推移していたこと
      から経済活動の持ち直しが見られましたが、2022年1月から新種の変異型ウイルスが再拡大し、抑制のための「ま
      ん延防止等重点措置(以下、重点措置)」が全国的に適用されたことにより回復が鈍化しました。その後、2022年
      3月に重点措置は解除され経済活動は回復基調にあります。海外の展開国においては、一部の国・地域において感
      染症の影響は継続しているものの、全体として回復傾向にあります                               。
       このような環境のもと、当社グループは、当連結会計年度も一定程度感染症の影響は継続するという前提としな
      がらも、絶対黒字化を目標に掲げ、こうした状況下でも収益化が可能な事業基盤の強化と、将来の成長に向けた基
      盤整備を進めております           。
       営業概況といたしましては、国内外事業ともに感染症による行動制限等の影響を受けましたが、総じて堅調な推
      移となりました       。
       これらの結果、当第2四半期連結累計期間の当社グループ業績は、                               売上高は1,358億91百万円            ( 前年同期比11.5%
      増 )、  営業利益は55億56百万円           ( 前年同期営業損失65億15百万円               )、  経常利益は39億48百万円           ( 前年同期経常損失
      89億98百万円      )、  親会社株主に帰属する四半期純損失は6億30百万円                        ( 前年同期親会社株主に帰属する四半期純損
      失89億60百万円       )となりました。
       報告セグメントごとの業績は次のとおりであります。

      駐車場事業国内

       当連結会計年度の初めは新規感染者数が継続的に減少したことにより交通量も感染症流行前の水準に近づき、駐
      車場の稼働は順調に推移しました。その後、2022年1月中旬の感染症再拡大に伴い、全国的に重点措置の適用がな
      されたことから、交通量が減少し駐車場の稼働も低下しましたが、3月に重点措置が解除されて以降再び持ち直
      し、4月にかけて回復傾向となりました                  。
       このような中、引き続き不採算駐車場の縮小に向けた取り組みを行うとともに、感染症の影響下でも収益化が可
      能な駐車場を厳選して開発することにより事業の筋肉質化を推進しております。また、今後の収益性向上に向けた
      取り組みとして、アプリケーション等を用いた決済手段の多様化や、より簡単に入出庫が可能な次世代駐車場サー
      ビスの構築を進めております。
                                 3/26


                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
       この結果、国内における           タイムズパーキングの運営件数              は 17,569件    (前連結会計年度末比          1.7%減    )、運営台数は
      553,517台     (同  1.5%減    )、月極駐車場及び管理受託駐車場等を含めた総運営件数は                            25,272件    (同1.1%減)、総運営
      台数は   740,127台     (同0.7%減)となり、当事業の売上高(セグメント間の内部売上高を含む)は                                     773億14百万円       (前
      年同期比    2.7%増    )、営業利益は       153億40百万円       (同  85.3%増    )となりました。
      駐車場事業海外

       当第2四半期連結累計期間における海外各国の連結対象期間は2021年10月1日~2022年3月31日となりますが、
      主要な展開国における状況につきましては、豪州は当連結会計年度の初めに発令されていたロックダウンや行動制
      限が段階的に緩和され、一部地域における集中豪雨による洪水の影響を受けたものの、駐車場の稼働は堅調に推移
      いたしました。英国においては、2021年12月に在宅推奨等の行動規制がありましたが、2022年2月のイングランド
      地方における規制撤廃以降、人流の回復に合わせ、駐車場の稼働は回復いたしました。その他の国につきましても
      規制緩和の状況に合わせ稼働は堅調に推移しており、海外全体として、当第2四半期連結累計期間は堅調に推移い
      たしました     。
       このような中、事業構造改革の一環として、駐車場の新規開発においては、日本国内におけるタイムズパーキン
      グの特長である「小型・分散・ドミナント化」をベースとし、海外各国の事情に合わせた短期契約型駐車場「各国
      版タイムズパーキング」の開発を推進してまいりました。また、英国では、土地オーナー様との個別の話し合いを
      通じた解約や賃料改定によるコストの見直しや、その他の国においても管理・メンテナンスの効率化等の駐車場運
      営コストの削減を積極的に推進し、事業の筋肉質化を進めました。
       この結果、海外の駐車場の総運営件数は                    2,298件    (前連結会計年度末比           3.8%増    )、総運営台数は        570,985台     (同
      3.5%減    )となり、日本を含む全世界における駐車場の総運営件数は                              27,570件    (同0.7%減)、総運営台数は
      1,311,112台      (同1.9%減)となり、当事業の売上高(セグメント間の内部売上高を含む)は                                     256億41百万円       (前年同
      期比  46.4%増    )、営業損失は       34億37百万円      ( 前年同期営業損失76億49百万円              )となりました。
      モビリティ事業

       タイムズカー(カーシェアとレンタカーの融合サービス)については、駐車場事業国内と同様、当連結会計年度
      の初めはモビリティ車両の稼働は堅調に推移しましたが、2022年1月中旬の感染症再拡大に伴う全国的な重点措置
      の影響を強く受け、稼働は低水準で推移しました。しかしながら、3月に重点措置が解除されて以降、4月にかけ
      て徐々に持ち直しました           。
       当第2四半期連結累計期間においては、予定より前倒しで車両売却を実施した他、より柔軟に需要を取り込むた
      めの運用体制構築に取り組みました。具体的には、モビリティサービス「タイムズカー」の可変モデル(1車室か
      ら複数台を貸し出すモデル)により、需要に応じた最適な車両提供を行う運用システムの構築を進めております。
      さらに、貸出場所であるステーションを307カ所開設し、ネットワーク強化を進めるとともに、タイムズカー公式ア
      プリの機能追加により予約から鍵の解施錠、決済までを会員カードを取り出すことなく利用できるようにする等、
      利便性の向上と車両1台当たり収益力の最大化を図りました。
       この結果、モビリティ車両台数は               52,083台    ( 前連結会計年度末比0.9%減             )、会員数は      1,845,260人      ( 同7.0%増     )
      となり   ました。車両台数については、当連結会計年度は2021年10月期末の水準を維持し、車両1台当たりの稼働を
      高める方針です。        当事業の売上高(セグメント間の内部売上高を含む)は                          353億81百万円       ( 前年同期比12.3%増         )、
      営業損失は     98百万円    ( 前年同期営業損失8億36百万円              )となりました。
                                 4/26




                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    (2) 財政状態の状況
       当  第2四半期     連結会計期間末の総資産は、              前連結会計年度末比102億45百万円減少                  して  3,093億82百万円        となりま
      した。主な減少といたしましては、現金及び預金を含む流動資産が85億77百万円、                                      機械装置及び運搬具を含む有形
      固定資産が50億32百万円となっております。
       負債合計は、       同326億5百万円減少          し、  2,705億90百万円        となりました。主な減少といたしましては、長・短期借
      入金が239億29百万円、未払金を含むその他流動負債が84億15百万円                               となっております        。
       純資産は、     親会社株主に帰属する四半期純損失の計上による減少6億30百万円、海外募集による新株式発行に伴
      う資本金及び資本剰余金の増加251                億36百万円、退職給付に係る調整累計額の減少13億62百万円等                             により   、 同223億
      59百万円増加      し 387億92百万円       となりました。
      <海外募集による新株式発行について>

       当社グループは、感染症拡大前から中長期成長方針として、人・クルマ・街・駐車場の「4つのネットワークの
      拡大とシームレス化」を掲げており、感染症禍にあっても当方針は維持しております。
       当社グループの業績は、感染症の拡大により甚大な影響を受けましたが、2021年10月期第4四半期からは四半期
      毎に黒字化しており、全事業が回復傾向にあります。
       今後の全事業の本格回復を見据え、機動的な成長投資を実行し、中長期的な成長を確実に推進するため、2022年
      4月12日に海外募集による新株式発行を決議いたしました。資金使途としては、「シームレス化」に必要な当社グ
      ループサービスの利便性向上や業務効率改善のためのアプリ等の開発、事業基盤システムの刷新等のデジタル投資
      として約100億円、さらに、「4つのネットワークの拡大」のうちモビリティサービスの拡大に必要なモビリティ車
      両(EV含む)の購入に約150億円を充当する予定です。
       なお、当第2四半期連結累計期間末における株主資本は496億51百万円、株主資本比率は16.0%となっておりま
      す。
    (3) キャッシュ・フローの状況

       当 第2四半期     連結累計期間末における現金及び現金同等物は前連結会計年度末に比べて                                  86億13百万円減少        し、  828
      億72百万円     となりました。各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりであります。
     (営業活動によるキャッシュ・フロー)
       営業活動により得られたキャッシュ・フローは、                        49億85百万円      ( 前年同期比106億68百万円            の減少)となりまし
      た。主な内訳といたしましては              、減価償却費等を加えた税金等調整前四半期純利益176億25百万円があった一方、未
      払金の減少額69億72百万円、未払費用の減少額50億81百万円があったことなどによるものです                                           。
     (投資活動によるキャッシュ・フロー)
       投資活動に使用したキャッシュ・フローは、                      75億35百万円      ( 同97百万円     の支出の増加)となりました。これは主
      として、    タイムズパーキングへの設備投資やモビリティ車両の取得などによるものです                                    。
     (財務活動によるキャッシュ・フロー)
       財務活動によるキャッシュ・フローは、                    74億14百万円      の資金の支出(       同427億6百万円        の支出の増加)となりまし
      た。  これは主に株式の発行による収入があった一方、長期借入金及びリース債務の返済による支出があったことな
      どによるものです        。
    (4) 経営方針・経営戦略等

       当 第2四半期     連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等については重要な変更は
      ありません。
                                 5/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    (5) 会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
       前事業年度の有価証券報告書に記載した「第一部                       企業情報     第2   事業の状況      3経営者による財政状態、経営成
      績及びキャッシュ・フローの状況の分析」中の「重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定」の記載につ
      いて重要な変更はありません。
    (6) 優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当 第2四半期     連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
      な変更はありません。
    (7) 研究開発活動

       特記事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/26















                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①   【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                          283,680,000
                計                        283,680,000
      ②   【発行済株式】

               第2四半期会計期間末             提出日現在         上場金融商品取引所

        種類        現在発行数(株)            発行数(株)         名又は登録認可金融              内容
                ( 2022年4月30日       )   (2022年6月14日)           商品取引業協会名
                                     東京証券取引所
       普通株式            171,048,369           171,048,369                  単元株式数100株
                                     (プライム市場)
         計          171,048,369           171,048,369           -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2022年6月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の権利行使に
        より発行された株式数は含まれておりません。
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①   【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式       資本金増減額        資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                  (株)       (株)      (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
     2022年4月27日(注)            16,000,000       171,048,369          12,568       32,739       12,568       34,491

     (注)    海外募集による新株式発行

         発行価格 1株につき1,644円
         払込金額 1株につき1,571円
         資本組入額 1株につき785.5円
                                 7/26





                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     (5)  【大株主の状況】
                                                 2022年4月30日       現在
                                                     発行済株式
                                                     (自己株式を
                                                  所有
                                                     除く。)の総
           氏名又は名称                        住所              株式数
                                                     数に対する
                                                 (千株)
                                                     所有株式数
                                                     の割合(%)
    有限会社千寿                    東京都世田谷区成城6-14-11                         21,746       12.8

    日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                        東京都港区浜松町2-11-3                         16,166       9.5
    (信託口)
    株式会社日本カストディ銀行(信託口)                    東京都中央区晴海1-8-12                          8,910       5.2
    西川 光一                    東京都世田谷区                          8,110       4.8

    西川 功                    東京都目黒区                          6,194       3.6

    BNY  GCM  CLIENT    ACCOUNT    JPRD   AC  ISG    PETERBOROUGH       COURT   133  FLEET   STREET    LONDON    EC4A
    (FE-AC)                    2BB  UNITED    KINGDOM
                                                  5,374       3.2
    (常任代理人株式会社三菱UFJ銀行)                    (東京都千代田区丸の内2-7-1)
                        PLUMTREE     COURT,    25  SHOE   LANE,   LONDON    EC4A   4AU,
    GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL
                        U.K.                          5,058       3.0
    (常任代理人ゴールドマン・サックス証
    券株式会社)
                        (東京都港区六本木6-10-1)
    日本信号株式会社                    東京都千代田区丸の内1-5-1
                                                  3,853       2.3
    西川 恭子                    東京都世田谷区                          3,200       1.9

    BNYM   SA/NV   FOR  BNYM   FOR  BNYM   GCM     2 KING   EDWARD    STREET,    LONDON    EC1A   1HQ  UNITED
    CLIENT    ACCTS   M ILM  FE          KINGDOM                          3,137       1.8
    (常任代理人株式会社三菱UFJ銀行)                    (東京都千代田区丸の内2-7-1)
             計                      -              81,751       47.9
    (注)   1 2019年4月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ハーディング・
         ローブナー・エルピーが2019年4月3日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社
         として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況に
         は含めておりません。
                                                      株券等
                                             保有株券等の数
          氏名又は名称                      住所
                                                     保有割合
                                               (千株)
                                                      (%)
    ハーディング・ローブナー・エルピー
                       米国ニュージャージー州ブリッジウォー
                                                 7,226      4.67
    (Harding Loevner 
                       ター、クロッシング・ブルバード400、4階
    LP)
                                 8/26









                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
       2 2019年12月5日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ブラックロック・
         ジャパン株式会社及びその共同保有者から2019年11月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載されて
         いるものの、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上
         記大株主の状況には含めておりません。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)         (%)
     ブラックロック・ジャパン株式会社                   東京都千代田区丸の内1-8-3                      1,415         0.91
     ブラックロック・アセット・マネジメ
                        アイルランド共和国 ダブリン 
     ント・アイルランド・リミテッド
                        ボールスブリッジ ボールスブリッ
                                                550        0.36
     (BlackRock      Asset   Management      Ireland
                        ジパーク     2   1階
     Limited)
                        米国 カリフォルニア州 サンフラ
     ブラックロック・ファンド・アドバイ
                        ンシスコ市 ハワード・ストリー                      1,666         1.08
     ザーズ(BlackRock         Fund   Advisors)
                        ト 400
     ブラックロック・インスティテュー
                        米国 カリフォルニア州 サンフラ
     ショナル・トラスト・カンパニー、エ
                        ンシスコ市 ハワード・ストリー                      1,777         1.15
     ヌ.エイ.(BlackRock           Institutional
                        ト 400
     Trust   Company,     N.A.)
     ブラックロック・インベストメント・
     マネジメント(ユーケー)リミテッド
                        英国 ロンドン市 スログモート
                                                637        0.41
     (BlackRock      Investment      Management
                        ン・アベニュー        12
     (UK)   Limited)
              計                   -              6,048         3.90
       3 2020年4月22日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、みずほ証券株式会

         社及びその共同保有者から2020年4月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当
         社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況
         には含めておりません。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)         (%)
     みずほ証券株式会社                   東京都千代田区大手町1-5-1                       411        0.26
     アセットマネジメントOne株式会社                   東京都千代田区丸の内1-8-2                      6,319         4.06

                        Mizuho    House,    30  Old   Bailey,
     みずほインターナショナル                                           -        -
                        London,    EC4M   7AU,   United    Kingdom
                        Mizuho    House,    30  Old   Bailey,
     アセットマネジメントOneインターナ
                                                182        0.12
     ショナル                   London,    EC4M   7AU,   UK
              計                   -              6,913         4.44
       4 2021年7月7日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(訂正報告書)において、三菱UFJ信託銀

         行株式会社及びその共同保有者から2020年4月13日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているも
         のの、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株
         主の状況には含めておりません。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)         (%)
     三菱UFJ信託銀行株式会社                   東京都千代田区丸の内1-4-5                      4,630         2.99
     三菱UFJ国際投信株式会社                   東京都千代田区有楽町1-12-1                       564        0.36

     三菱UFJモルガン・スタンレー証券
                        東京都千代田区大手町1-9-2                      1,194         0.77
     株式会社
                        東京都千代田区神田駿河台2-3-
     エム・ユー投資顧問株式会社                                          187        0.12
                        11
              計                   -              6,577         4.24
                                 9/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
       5 2022年4月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、三井住友トラス
         ト・アセットマネジメント株式会社及びその共同保有者から2022年4月15日現在で以下の株式を所有してい
         る旨が記載されているものの、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認がで
         きませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)         (%)
     三井住友トラスト・アセットマネジメ
                        東京都港区芝公園1-1-1
                                               6,782         4.37
     ント株式会社
     日興アセットマネジメント株式会社                   東京都港区赤坂9-7-1
                                               2,193         1.41
              計                   -              8,976         5.79
       6 2022年5月10日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、ゴールドマン・

         サックス証券株式会社及びその共同保有者から2022年4月29日現在で以下の株式を所有している旨が記載さ
         れているものの、当社として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんの
         で、上記大株主の状況には含めておりません。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)         (%)
     ゴールドマン・サックス証券株式会社                   東京都港区六本木6-10-1                        4       0.00
     ゴールドマン・サックス・インターナ
                        Plumtree     Court,    25  Shoe   Lane,
     シ  ョ  ナ  ル  (Goldman      Sachs
                                               8,760         5.10
                        London    EC4A   4AU,   United    Kingdom
     International)
     ゴールドマン・サックス・アンド・カ
                        200  West   Street,    New  York,   New
     ンパニー・エルエルシー(Goldman
                                                87       0.05
                        York   10282,    U.S.A.
     Sachs   & Co.  LLC)
              計                   -              8,852         5.16
       7 2022年5月19日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書)において、野村證券株式会社

         及びその共同保有者から2022年5月13日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社
         として当第2四半期会計期間末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況に
         は含めておりません。
                                          保有株券等の数        株券等保有割合
           氏名又は名称                     住所
                                            (千株)         (%)
     野村證券株式会社 
                        東京都中央区日本橋1-13-1                      5,767         3.26
     ノムラ インターナショナル ピーエ
                        1   Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
     ルシー(NOMURA INTERN                                         1,297         0.73
                        United    Kingdom
     ATIONAL PLC)
                        東京都江東区豊洲2-2-1 
     野村アセットマネジメント株式会社                                         3,820         2.23
              計                   -              10,885         5.96
     (6)  【議決権の状況】

      ①  【発行済株式】
                                               2022年4月30日       現在
            区分                株式数(株)            議決権の数(個)            内容
    無議決権株式                                 -         -          -
    議決権制限株式(自己株式等)                                 -         -          -
    議決権制限株式(その他)                                 -         -          -
                      (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                          -          -
                      普通株式             528,300
    完全議決権株式(その他)                  普通株式           170,472,000          1,704,720              -
    単元未満株式                  普通株式              48,069           -          -
    発行済株式総数                             171,048,369              -          -
    総株主の議決権                                 -      1,704,720              -
     (注) 「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が12,800株(議決権128個)含まれてお
        ります。
                                10/26


                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
      ②  【自己株式等】
                                               2022年4月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
      (自己保有株式)
                  東京都品川区西五反田
      パーク24株式会社                           528,300         -    528,300         0.3
                     2-20-4
          計             -          528,300         -    528,300         0.3
    2  【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                11/26
















                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1  四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
     令第64号)に基づいて作成しております。
    2  監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年2月1日から2022年
     4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年11月1日から2022年4月30日まで)に係る四半期連結財務諸表
     について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                12/26

















                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年10月31日)              (2022年4月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                92,044              83,135
        受取手形及び売掛金                                18,605              19,221
                                     ※2 ,3  1,997           ※2 ,3  2,183
        棚卸資産
        その他                                27,778              27,259
                                       △ 1,242             △ 1,194
        貸倒引当金
        流動資産合計                               139,183              130,605
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               30,407              29,770
         機械装置及び運搬具(純額)                               32,902              30,418
         土地                               25,746              25,747
         リース資産(純額)                               10,336               8,775
         使用権資産(純額)                               22,388              22,108
                                        6,046              5,973
         その他(純額)
         有形固定資産合計                              127,827              122,795
        無形固定資産
         のれん                               17,005              18,110
         契約関連無形資産                               9,196              9,621
                                        4,975              5,705
         その他
         無形固定資産合計                               31,177              33,437
        投資その他の資産
                                     ※1  21,439            ※1  22,185
         その他
         投資その他の資産合計                               21,439              22,185
        固定資産合計                               180,445              178,417
      繰延資産                                    -              359
      資産合計                                 319,628              309,382
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                  560              542
        短期借入金                                16,034              16,974
        1年内返済予定の長期借入金                                30,533              20,900
        リース債務                                12,058              11,507
        未払法人税等                                3,163              4,242
        賞与引当金                                2,196              2,381
                                     ※4  53,362            ※4  44,947
        その他
        流動負債合計                               117,910              101,497
      固定負債
        新株予約権付社債                                35,000              35,000
        長期借入金                               111,989               96,753
        リース債務                                22,679              21,190
        退職給付に係る負債                                  22              -
        資産除去債務                                9,453              9,455
        繰延税金負債                                1,618              1,708
                                        4,523              4,985
        その他
        固定負債合計                               185,285              169,092
      負債合計                                 303,195              270,590
                                13/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年10月31日)              (2022年4月30日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                20,171              32,739
        資本剰余金                                15,758              28,326
        利益剰余金                               △ 9,498             △ 10,158
                                       △ 1,255             △ 1,255
        自己株式
        株主資本合計                                25,175              49,651
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  130              122
        繰延ヘッジ損益                                 △ 82             △ 37
        土地再評価差額金                               △ 1,035             △ 1,035
        為替換算調整勘定                               △ 5,954             △ 6,744
                                       △ 1,864             △ 3,227
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               △ 8,806             △ 10,922
      新株予約権                                    63              63
      純資産合計                                 16,432              38,792
     負債純資産合計                                  319,628              309,382
                                14/26














                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
        【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自  2020年11月1日              (自  2021年11月1日
                                至  2021年4月30日)               至  2022年4月30日)
     売上高                                  121,865              135,891
                                       104,655              106,207
     売上原価
     売上総利益                                   17,209              29,684
                                     ※1  23,725            ※1  24,128
     販売費及び一般管理費
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 6,515              5,556
     営業外収益
      受取利息                                    5              5
      受取配当金                                    3              3
      為替差益                                    40              -
      未利用チケット収入                                    90              92
      補助金収入                                    2              -
                                       ※3  762            ※3  116
      助成金収入
                                         183              297
      その他
      営業外収益合計                                  1,088               515
     営業外費用
      支払利息                                  1,546              1,639
      持分法による投資損失                                   112               -
      為替差損                                    -              121
      駐車場解約費                                   211              240
      減価償却費                                    12              -
      支払手数料                                  1,595                0
                                          91              120
      その他
      営業外費用合計                                  3,570              2,122
     経常利益又は経常損失(△)                                  △ 8,998              3,948
     特別利益
                                       ※4  14            ※4  0
      固定資産売却益
                                          89              -
      新株予約権戻入益
      特別利益合計                                   103               0
     特別損失
      固定資産除却損                                    25              36
                                       ※2  59
      減損損失                                                  -
                                       ※5  230
      臨時休業による損失                                                  -
                                       ※6  75
      事業構造改善費用                                                  -
                                                    ※7  1,499
                                          -
      リース契約関連損失
      特別損失合計                                   389             1,536
     税金等調整前四半期純利益又は
                                       △ 9,283              2,413
     税金等調整前四半期純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,442              4,159
                                       △ 1,766             △ 1,115
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   △ 323             3,044
     四半期純損失(△)                                  △ 8,960              △ 630
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                  △ 8,960              △ 630
                                15/26




                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自  2020年11月1日              (自  2021年11月1日
                                至  2021年4月30日)               至  2022年4月30日)
     四半期純損失(△)                                  △ 8,960              △ 630
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                    16              △ 8
      繰延ヘッジ損益                                    31              45
      為替換算調整勘定                                 △ 1,479              △ 789
      退職給付に係る調整額                                  △ 843            △ 1,362
                                          34              -
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 2,240             △ 2,115
     四半期包括利益                                  △ 11,200              △ 2,746
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 11,200              △ 2,746
                                16/26















                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     (3) 【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                               (自  2020年11月1日              (自  2021年11月1日
                                至  2021年4月30日)               至  2022年4月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前四半期純利益又は
                                       △ 9,283              2,413
      税金等調整前四半期純損失(△)
      減価償却費                                 16,349              15,212
      減損損失                                    59              -
      のれん償却額                                   544              579
      受取利息及び受取配当金                                   △ 8             △ 8
      支払利息                                  1,546              1,639
      固定資産売却損益(△は益)                                  △ 14              △ 0
      固定資産除却損                                    25              36
      売上債権の増減額(△は増加)                                    19             △ 289
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                  3,346              2,081
      仕入債務の増減額(△は減少)                                    60             △ 33
      未収入金の増減額(△は増加)                                   939              550
      前払費用の増減額(△は増加)                                  2,558             △ 2,914
      未払金の増減額(△は減少)                                 △ 2,651             △ 6,972
      未払費用の増減額(△は減少)                                  4,523             △ 5,081
      設備関係支払手形の増減額(△は減少)                                    69              34
                                        2,128              △ 790
      その他
      小計                                 20,211               6,457
      利息及び配当金の受取額
                                          8              8
      利息の支払額                                  △ 894            △ 1,654
                                       △ 3,671               173
      法人税等の支払額又は還付額(△は支払)
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 15,654               4,985
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                   △ 6             △ 6
      定期預金の払戻による収入                                    6              6
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 5,734             △ 5,556
      有形固定資産の売却による収入                                    35               7
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 1,035             △ 1,338
      長期前払費用の取得による支出                                  △ 634             △ 482
                                         △ 68             △ 164
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 7,437             △ 7,535
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  2,134               △ 44
      長期借入れによる収入                                 49,299                121
      長期借入金の返済による支出                                 △ 8,849             △ 25,585
      リース債務の返済による支出                                 △ 7,350             △ 7,032
      株式の発行による収入                                    60            25,134
      自己株式の取得による支出                                   △ 0             △ 0
                                         △ 2             △ 6
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 35,292              △ 7,414
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   1,066              1,042
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   44,575              △ 8,922
     現金及び現金同等物の期首残高                                   55,269              91,795
                                     ※1  99,844            ※1  82,872
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                17/26




                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (会計方針の変更)
       (収益認識に関する会計基準等の適用)
       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
      等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財
      又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
       これにより、サービス提供時にポイントを付与する自社のポイントプログラムにおいて、従来はサービスの提供
      時に収益を認識しておりましたが、付与したポイントを履行義務として認識し、将来の失効見込み等を考慮して算
      定した独立販売価格を基礎として取引価格を配分する方法に変更しております。
       収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
      り、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半期連
      結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただし、収益認
      識会計基準第86項に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱いに従ってほと
      んどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収益認識会計基準第
      86項また書き(1)に定める方法を適用し、第1四半期連結会計期間の期首より前までに行われた契約変更について、
      すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響額を第1四半期連結会計期
      間の期首の利益剰余金に加減しております。
       この結果、当       第2四半期     連結累計期間の売上高は246百万円減少し、売上原価は174百万円減少し、売上総利益、
      営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ72百万円減少しております。また、利益剰余金の当
      期首残高は29百万円減少しております。
       なお、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的
      な取扱いに従って、前          第2四半期     連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しており
      ません。
       (時価の算定に関する会計基準等の適用)

       「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
      う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
      準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が
      定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える影響
      はありません。
      (追加情報)

        前連結会計年度の有価証券報告書の(重要な会計上の見積り)に記載した新型コロナウイルス感染症の収束時
       期等を含む仮定について、重要な変更はありません。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     ※1 資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間

                                ( 2021年10月31日       )      ( 2022年4月30日       )
    投資その他の資産                                  28 百万円             29 百万円
     ※2 棚卸資産の内訳は、次のとおりであります。

                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間

                                ( 2021年10月31日       )      ( 2022年4月30日       )
    商品                                 371  百万円            463  百万円
    貯蔵品                                1,625   百万円           1,719   百万円
    合計                                1,997   百万円           2,183   百万円
                                18/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     ※3 有形固定資産の所有目的の変更
      前連結会計年度(        2021年10月31日       )
       モビリティ事業において中古車両の売却を営業サイクルの一環として行うため、当連結会計年度において棚卸資
      産(商品)に5,515百万円振替えております。なお、期末残高は76百万円であります。
      当 第2四半期     連結会計期間(       2022年4月30日       )

       モビリティ事業において中古車両の売却を営業サイクルの一環として行うため、当                                      第2四半期     連結会計期間にお
      いて棚卸資産(商品)に2,222百万円振替えております。なお、当四半期末残高は90百万円であります。
     ※4 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理しておりま

       す。なお、当第2四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手
       形を満期日に決済が行われたものとして処理しております。
                                前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間

                               ( 2021年10月31日       )      ( 2022年4月30日       )
    流動負債     その他(設備関係支払手形)
                                     167  百万円             200  百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

     ※1    販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                               (自    2020年11月1日            (自    2021年11月1日
                               至   2021年4月30日       )     至   2022年4月30日       )
    給料及び手当                                9,013   百万円           9,206   百万円
    賞与引当金繰入額                                1,647   百万円           1,762   百万円
    退職給付費用                                 479  百万円            426  百万円
    役員賞与引当金繰入額                                  59 百万円            102  百万円
    地代家賃                                1,385   百万円           1,252   百万円
    のれんの償却額                                 544  百万円            579  百万円
     ※2   減損損失

        当社グループは、事業用資産について管理会計上の区分を基礎としてグルーピングを行い、処分予定資産及び
       遊休資産については個別の物件単位でグルーピングを行っております。また、以下の資産グループについて減損
       損失を計上いたしました。
       前第2四半期連結累計期間(自                2020年11月1日        至    2021年4月30日       )

            用途            地域等            減損損失

        駐車場設備(国内)              大阪府大阪市他                58百万円
        駐車場設備(海外)             マレーシアペナン州                  0百万円
        減損損失の種類別内訳

         建物及び構築物                   16百万円
         工具、器具及び備品                    0百万円
         長期前払費用                   42百万円
          計                   59百万円
        なお、上記の資産については帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として認識しており

       ます。なお、回収可能価額は正味売却価額により測定しております。
       当第2四半期連結累計期間(自                2021年11月1日        至    2022年4月30日       )

        該当事項はありません。
                                19/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     ※3    助成金収入
       前    第2四半期     連結累計期間(自          2020年11月1日        至    2021年4月30日       )
        感染症に係る国内外における雇用調整助成金等を助成金収入として営業外収益に計上しております。
       当   第2四半期     連結累計期間(自          2021年11月1日        至    2022年4月30日       )

        感染症に係る国内外における雇用調整助成金等を助成金収入として営業外収益に計上しております。
     ※4 固定資産売却益

       固定資産売却益の内訳は、次のとおりであります。
                             前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                              (自    2020年11月1日            (自    2021年11月1日
                               至    2021年4月30日       )     至    2022年4月30日       )
    機械装置及び運搬具                                  -百万円               0百万円
    工具、器具及び備品                                  14百万円              -百万円
    計                                  14百万円               0百万円
     ※5    臨時休業による損失

       前 第2四半期     連結累計期間(自          2020年11月1日        至    2021年4月30日       )
        感染症に対する政府の要請等もあり、感染拡大防止への配慮から国内外において一部の施設や駐車場などを臨
       時休業しております。休業期間中に発生した施設や駐車場などの固定費を、臨時休業による損失として特別損失
       に計上しております。
       当 第2四半期     連結累計期間(自          2021年11月1日        至    2022年4月30日       )

        該当事項はありません。
     ※6 事業構造改善費用

       前 第2四半期     連結累計期間(自          2020年11月1日        至    2021年4月30日       )
        海外子会社における事業構造改善に伴い発生した特別退職金等を事業構造改善費用として特別損失に計上して
       おります。
       当   第2四半期     連結累計期間      (自    2021年11月1日        至    2022年4月30日       )

        該当事項はありません。
     ※7 リース契約関連損失

       前 第2四半期     連結累計期間(自          2020年11月1日        至    2021年4月30日       )
        該当事項はありません。
       当 第2四半期     連結累計期間(自          2021年11月1日        至    2022年4月30日       )

        英国子会社において不採算駐車場の解約や契約条件の変更等を行い、リース契約解約補償金、賃料減免益等を
       リース契約関連損失として特別損失に計上しております。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

     ※1 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のと
       おりであります。
                             前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間

                               (自    2020年11月1日            (自    2021年11月1日
                               至   2021年4月30日       )     至   2022年4月30日       )
    現金及び預金勘定                               100,104    百万円           83,135   百万円
    預入期間が3ヶ月を超える定期預金                                 △6  百万円             △6  百万円
    引出制限預金                                △253   百万円            △256   百万円
    現金及び現金同等物                                99,844   百万円           82,872   百万円
                                20/26


                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第2四半期連結累計期間(自                2020年11月1日        至   2021年4月30日       )
     1   配当金支払額
       該当事項はありません。
     2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3 株主資本の著しい変動

       該当事項はありません。
     当第2四半期連結累計期間(自                2021年11月1日        至   2022年4月30日       )

     1   配当金支払額
       該当事項はありません。
     2   基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3 株主資本の著しい変動

       2022年4月27日を払込日とする海外募集による新株式発行により、資本金及び資本準備金がそれぞれ12,568百万
      円増加しております。この結果、当                 第2四半期     連結会計期間末における資本金は                32,739   百万円、資本剰余金は
      28,326   百万円となりました。
                                21/26












                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自                  2020年11月1日        至   2021年4月30日       )
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                 (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                    四半期連結
                                               調整額     損益計算書
                            駐車場
                                               (注)2
                                                     計上額
                      駐車場
                                 モビリティ
                                         計
                            事業海外
                                                      (注)3
                                   事業
                      事業国内
                            (注)1
     売上高
       外部顧客への売上高                  72,919      17,514      31,431      121,865         -    121,865
       セグメント間の内部売上高
                        2,395        -      66     2,461      △ 2,461        -
      又は振替高
            計           75,315      17,514      31,497      124,327       △ 2,461     121,865
     セグメント利益又は損失(△)                  8,280     △ 7,649      △ 836      △ 204     △ 6,311     △ 6,515

       (注)1    セグメント利益又は損失(△)の駐車場事業海外の                      △7,649百万円       には、のれんの償却額          △544百万円      が含
           まれております。
         2  セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全
           社費用は、主に報告セグメントに帰属しない総務部門等管理部門に係る費用であります。
         3  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失(△)と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
         駐車場事業国内セグメント及び駐車場事業海外セグメントにおいて、駐車場設備について減損損失を認識い
        たしました。
         なお、当該減損損失の計上額は、当                第2四半期     連結累計期間においては駐車場事業国内セグメント58百万
        円、駐車場事業海外セグメント0百万円であります。
      Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自                  2021年11月1日        至   2022年4月30日       )

      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                 (単位:百万円)
                             報告セグメント
                                                    四半期連結
                                               調整額     損益計算書
                            駐車場
                                               (注)2
                                                     計上額
                      駐車場
                                 モビリティ
                                         計
                            事業海外
                                                      (注)3
                                   事業
                      事業国内
                            (注)1
     売上高
      顧客との契約から生じる収益                 69,071      24,498      34,294      127,864         -    127,864
      その他の収益                 5,857      1,143      1,026       8,027        -     8,027
      外部顧客への売上高                 74,929      25,641      35,320      135,891         -    135,891
      セグメント間の内部売上高
                        2,384        -      60     2,445      △ 2,445        -
      又は振替高
            計           77,314      25,641      35,381      138,337       △ 2,445     135,891
     セグメント利益又は損失(△)                  15,340     △ 3,437      △ 98     11,803      △ 6,247      5,556

       (注)1    セグメント利益又は損失(△)の駐車場事業海外の                      △3,437百万円       には、のれんの償却額          △579百万円      が含
           まれております。
         2  セグメント利益又は損失(△)の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全
           社費用は、主に報告セグメントに帰属しない総務部門等管理部門に係る費用であります。
         3  セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       該当事項はありません。
                                22/26



                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
      3.報告セグメントの変更等に関する事項
        会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認識
       に関する会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しております。
        当該変更により、従来の方法に比べて、当第2四半期連結累計期間の「駐車場事業国内」の売上高は58百万円
       減少、セグメント利益は115百万円増加し、「モビリティ事業」の売上高及びセグメント利益は188百万円減少し
       ております。
      (収益認識関係)

       顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりでありま
      す。
      (1株当たり情報)

       1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間

                                  (自    2020年11月1日          (自    2021年11月1日
                 項目
                                  至   2021年4月30日       )    至   2022年4月30日       )
    1株当たり四半期純損失(△)                                   △57円99銭             △4円08銭
     (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)                                   △8,960             △630

     普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純損失(△)

                                         △8,960             △630
     (百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   154,504            154,785

    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり四

    半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前連結会計                                       -            -
    年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり四半期純損失で
        あるため、記載しておりません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                23/26









                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                24/26




















                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年6月14日

    パーク二四株式会社
    (定款上の商号 パーク24株式会社)
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                       東京事務所
                        指定有限責任社員

                                          安  永         千  尋
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          佐  藤         賢  治
                                   公認会計士
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているパーク二四株式
    会社(定款上の商号 パーク24株式会社)の                      2021年11月1日       から  2022年10月31日       までの連結会計年度の          第2四半期     連
    結会計期間(      2022年2月1日       から  2022年4月30日       まで)及び     第2四半期     連結累計期間(       2021年11月1日       から  2022年4月
    30日  まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利
    益計算書、四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)及び
    連結子会社の      2022年4月30日        現在の財政状態並びに同日をもって終了する                      第2四半期     連結累計期間の経営成績及び
    キャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
                                25/26

                                                          EDINET提出書類
                                     パーク二四株式会社(定款上の商号 パーク24株式会社)(E04979)
                                                            四半期報告書
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     い かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)   1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                26/26











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク