三井住友・日本株オープン 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第28期(令和3年9月28日-令和4年9月27日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第28期(令和3年9月28日-令和4年9月27日)
提出日
提出者 三井住友・日本株オープン
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                      半期報告書

      【提出先】                      関東財務局長殿
      【提出日】                      2022年6月23日       提出
      【計算期間】                      第28期中(自      2021年9月28日至        2022年3月27日)
      【ファンド名】                      三井住友・日本株オープン
      【発行者名】                      三井住友DSアセットマネジメント株式会社
      【代表者の役職氏名】                      代表取締役社長        猿田 隆
      【本店の所在の場所】                      東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
      【事務連絡者氏名】                      土屋 裕子
      【連絡場所】                      東京都港区虎ノ門一丁目17番1号
      【電話番号】                      03-6205-1649
      【縦覧に供する場所】                      該当事項はありません。
                                 1/38














                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1【ファンドの運用状況】

    (1)【投資状況】

    三井住友・日本株オープン

                                                2022年4月28日現在

                                           時価合計         投資比率
              資産の種類                  国/地域
                                            (円)         (%)
                株式                 日本          9,311,283,150           97.45
      現金・預金・その他の資産(負債控除後)                            -          243,332,237           2.55
                 合計(純資産総額)                           9,554,615,387           100.00
    (注)投資比率とは、ファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。以下同じ。
    (2)【運用実績】

    ①【純資産の推移】

    三井住友・日本株オープン

                               純資産総額                 1万口当たりの

            年月日
                                 (円)                純資産額(円)
                          (分配落)           (分配付)         (分配落)        (分配付)
       第18期     (2012年     9月27日)        16,256,616,173           16,256,616,173             5,770        5,770
       第19期     (2013年     9月27日)        23,310,043,132           23,310,043,132             9,443        9,443
       第20期     (2014年     9月29日)        20,825,534,034           20,825,534,034            10,591        10,591
       第21期     (2015年     9月28日)        16,689,385,172           17,427,179,941            11,310        11,810
       第22期     (2016年     9月27日)        15,505,574,788           15,505,574,788            10,190        10,190
       第23期     (2017年     9月27日)        13,456,908,703           14,002,321,112            12,336        12,836
       第24期     (2018年     9月27日)        11,621,619,537           12,067,377,619            13,036        13,536
       第25期     (2019年     9月27日)         9,572,889,299          10,012,266,125            10,894        11,394
       第26期     (2020年     9月28日)         8,966,799,698           9,220,920,202            10,586        10,886
       第27期     (2021年     9月27日)        10,431,374,172           10,791,489,972            14,483        14,983
               2021年    4月末日       9,786,887,217                  -     13,072           -
                   5月末日       9,966,435,709                  -     13,374           -
                   6月末日       9,992,718,773                  -     13,550           -
                   7月末日       9,722,236,916                  -     13,255           -
                   8月末日       10,126,819,677                   -     13,825           -
                   9月末日       10,368,731,020                   -     14,033           -
                  10月末日       10,357,698,538                   -     14,134           -
                  11月末日        9,944,181,994                  -     13,701           -
                  12月末日       10,163,940,834                   -     14,019           -
               2022年    1月末日       9,441,105,413                  -     12,985           -
                   2月末日       9,301,497,728                  -     12,800           -
                   3月末日       9,900,988,585                  -     13,624           -
                                 2/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   4月末日       9,554,615,387                  -     13,165           -
    ②【分配の推移】

    三井住友・日本株オープン

                          計算期間                1万口当たり分配金(円)

                   2011年    9月28日~2012年          9月27日                        0
         第18期
                   2012年    9月28日~2013年          9月27日                        0
         第19期
                   2013年    9月28日~2014年          9月29日                        0
         第20期
                   2014年    9月30日~2015年          9月28日                       500
         第21期
                   2015年    9月29日~2016年          9月27日                        0
         第22期
                   2016年    9月28日~2017年          9月27日                       500
         第23期
                   2017年    9月28日~2018年          9月27日                       500
         第24期
                   2018年    9月28日~2019年          9月27日                       500
         第25期
                   2019年    9月28日~2020年          9月28日                       300
         第26期
                   2020年    9月29日~2021年          9月27日                       500
         第27期
    ③【収益率の推移】

    三井住友・日本株オープン

                                             収益率(%)

                    第18期                                    7.1
                    第19期                                   63.7
                    第20期                                   12.2
                    第21期                                   11.5
                    第22期                                   △9.9
                    第23期                                   26.0
                    第24期                                    9.7
                    第25期                                  △12.6
                    第26期                                   △0.1
                    第27期                                   41.5
                 第28期(中間期)                                      △5.6
    (注)収益率とは、計算期間末の分配付基準価額から前期末分配落基準価額を控除した額を前期末分配落
        基準価額で除したものをいいます。
                                 3/38





                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    2【設定及び解約の実績】

    三井住友・日本株オープン

                            設定口数(口)                  解約口数(口)

            第18期                     716,452,420                 3,473,267,883
            第19期                    1,804,534,793                  5,292,222,970
            第20期                    1,104,049,977                  6,125,415,958
            第21期                    1,321,338,594                  6,229,589,995
            第22期                    2,095,764,119                  1,635,807,473
            第23期                     293,594,056                 4,601,197,890
            第24期                     592,472,275                 2,585,558,823
            第25期                     521,228,921                  648,854,033
            第26期                     583,422,072                  900,275,140
            第27期                     462,597,844                 1,730,965,296
         第28期(中間期)                        398,897,560                  335,612,503
    (注)本邦外における設定および解約の実績はありません。
                                 4/38













                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    3【ファンドの経理状況】

    1.当ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52

       年大蔵省令第38号)ならびに同規則第38条の3、第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算に
       関する規則」(平成12年総理府令第133号)に基づいて作成しております。
       なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    2.当ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第28期中間計算期間(2021年9月28
       日から2022年3月27日まで)の中間財務諸表について、有限責任                                   あずさ監査法人により中間監査を
       受けております。
                                 5/38

















                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【三井住友・日本株オープン】

    (1)【中間貸借対照表】

                                                      (単位:円)
                                    第27期            第28期中間計算期間
                                (2021年     9月27日現在)          (2022年     3月27日現在)
     資産の部
       流動資産
                                       461,638,621                17,374,200
        金銭信託
                                       105,382,315                98,485,985
        コール・ローン
                                      10,226,633,760                9,862,688,740
        株式
                                        55,997,910
        未収入金                                                   -
                                        3,149,300               7,820,850
        未収配当金
                                      10,852,801,906                9,986,369,775
        流動資産合計
                                      10,852,801,906                9,986,369,775
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                       360,115,800
        未払収益分配金                                                   -
                                        16,593,118                4,446,066
        未払解約金
                                        5,535,379               5,421,098
        未払受託者報酬
                                        38,747,586               37,947,975
        未払委託者報酬
                                                           58
        未払利息                                    -
                                         435,851               217,748
        その他未払費用
                                       421,427,734                48,032,945
        流動負債合計
                                       421,427,734                48,032,945
       負債合計
     純資産の部
       元本等
                                      7,202,316,017               7,265,601,074
        元本
        剰余金
                                      3,229,058,155               2,672,735,756
          中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                      2,902,503,418               2,772,053,970
          (分配準備積立金)
                                      10,431,374,172                9,938,336,830
        元本等合計
                                      10,431,374,172                9,938,336,830
       純資産合計
                                      10,852,801,906                9,986,369,775
     負債純資産合計
                                 6/38









                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】

                                                      (単位:円)
                                 第27期中間計算期間               第28期中間計算期間
                                 自 2020年      9月29日         自 2021年      9月28日
                                 至 2021年      3月28日         至 2022年      3月27日
     営業収益
                                       104,625,001                90,471,291
       受取配当金
                                                         1,101
       受取利息                                      -
                                      2,202,344,006
       有価証券売買等損益                                               △ 634,178,142
                                          49,038               47,098
       その他収益
                                      2,307,018,045
                                                     △ 543,658,652
       営業収益合計
     営業費用
                                          28,066               38,935
       支払利息
                                        5,192,415               5,421,098
       受託者報酬
                                        36,346,826               37,947,975
       委託者報酬
                                         210,404               233,894
       その他費用
                                        41,777,711               43,641,902
       営業費用合計
                                      2,265,240,334
                                                     △ 587,300,554
     営業利益又は営業損失(△)
                                      2,265,240,334
                                                     △ 587,300,554
     経常利益又は経常損失(△)
                                      2,265,240,334
                                                     △ 587,300,554
     中間純利益又は中間純損失(△)
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                       160,348,642
                                                      △ 21,798,804
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
                                       496,116,229              3,229,058,155
     期首剰余金又は期首欠損金(△)
                                        35,975,408               159,411,038
     剰余金増加額又は欠損金減少額
       中間一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                            -               -
       額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                        35,975,408               159,411,038
       額
                                        72,307,533               150,231,687
     剰余金減少額又は欠損金増加額
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                        72,307,533               150,231,687
       額
       中間追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                            -               -
       額
                                            -               -
     分配金
                                      2,564,675,796               2,672,735,756
     中間剰余金又は中間欠損金(△)
                                 7/38









                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】

    (重要な会計方針の注記)

                                    第28期中間計算期間
                                    自  2021年9月28日
             項 目
                                    至  2022年3月27日
      1.   有価証券の評価基準及              株式は移動平均法に基づき、以下の通り、原則として時価で評価して
         び評価方法              おります。
                      (1)  金融商品取引所等に上場されている有価証券
                       金融商品取引所等に上場されている有価証券は、原則として金融商
                      品取引所等の最終相場に基づいて評価しております。
                      (2)  金融商品取引所等に上場されていない有価証券
                       金融商品取引所等に上場されていない有価証券は、原則として金融
                      商品取引業者、銀行等の提示する価額(ただし、売気配相場は使用し
                      ない)、価格情報会社の提供する価額または業界団体が公表する売買
                      参考統計値等で評価しております。
                      (3)  時価が入手できなかった有価証券
                       直近の最終相場等によって時価評価することが適当ではないと委託
                      者が判断した場合には、委託者としての忠実義務に基づき合理的事由
                      をもって時価と認める評価額により評価しております。
      2.   収益及び費用の計上基              受取配当金の計上基準
         準               受取配当金は原則として、配当落ち日において、確定配当金額また
                      は予想配当金額を計上しております。なお、配当金額が未確定の場合
                      は、入金日基準で計上しております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                             第27期                第28期中間計算期間
             項 目
                         (2021年9月27日現在)                    (2022年3月27日現在)
      1.   当中間計算期間の末日                       7,202,316,017口                    7,265,601,074口
        における受益権の総数
      2.   1単位当たり純資産の                1口当たり純資産額 1.4483円                    1口当たり純資産額 1.3679円
                       (1万口当たりの純資産額14,483円)                    (1万口当たりの純資産額13,679円)
        額
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

       該当事項はありません。
    (金融商品に関する注記)

    金融商品の時価等に関する事項
                                    第28期中間計算期間
             項 目
                                   (2022年3月27日現在)
      1.   中間貸借対照表計上               金融商品は、原則として、すべて時価で計上されているため、中間
         額、時価及び差額              貸借対照表計上額と時価との差額はありません。
      2.   時価の算定方法              (1)  有価証券(株式)
                       「重要な会計方針の注記」に記載しております。
                      (2)  派生商品評価勘定(デリバティブ取引)
                       デリバティブ取引については、「デリバティブ取引に関する注記」
                      に記載しております。
                                 8/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                      (3)  コール・ローン、未収入金、未払金等の金銭債権および金銭債務
                      等
                       これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいこ
                      とから、当該帳簿価額を時価としております。
    (デリバティブ取引に関する注記)

       該当事項はありません。
    (その他の注記)

                             第27期                第28期中間計算期間
           項 目
                        (2021年9月27日現在)                    (2022年3月27日現在)
      期首元本額                         8,470,683,469円                    7,202,316,017円
      期中追加設定元本額                           462,597,844円                    398,897,560円
      期中一部解約元本額                         1,730,965,296円                     335,612,503円
                                 9/38















                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    4【委託会社等の概況】

    (1)【資本金の額】

        資本金の額および株式数
                          2022年4月28日現在
        資本金の額                 20億円
        会社が発行する株式の総数                 60,000,000株
        発行済株式総数                 33,870,060株
        最近5年間における資本金の額の増減

        該当ありません。
    (2)【事業の内容及び営業の状況】

       「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資信託
       の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として投資運用業および投資助
       言業務を行っています。また、「金融商品取引法」に定める第二種金融商品取引業にかかる業務を
       行っています。
       2022年4月28日現在、委託会社が運用を行っている投資信託(親投資信託は除きます)は、以下の通

       りです。
                                   本 数(本)            純資産総額(百万円)
              追加型株式投資信託                             720            9,142,021

              単位型株式投資信託                             100             496,669

             追加型公社債投資信託                               1            25,912

             単位型公社債投資信託                              188             367,669

                 合 計                        1,009            10,032,273

    (3)【その他】

       イ 定款の変更、その他の重要事項

       (イ)定款の変更
         該当ありません。
       (ロ)その他の重要事項
         当社を存続会社とし、大和住銀投信投資顧問株式会社を消滅会社とする吸収合併(2019年4月1
         日付)に伴って発生したのれんについて、2021年3月期決算において28,097,346千円の減損損失
         を計上しました。
       ロ 訴訟事件その他会社に重要な影響を与えることが予想される事実
         該当ありません。
                                10/38



                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    5【委託会社等の経理状況】

     1 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第

      59号。以下「財務諸表等規則」という。)並びに同規則第2条の規定により、「金融商品取引業等に
      関する内閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和
      52年大蔵省令第38号)並びに同規則第38条及び第57条の規定により、「金融商品取引業等に関する内
      閣府令」(平成19年内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
       なお、当中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)は、改正府令附則第3条第1項
      ただし書きにより、改正後の中間財務諸表等規則に基づいて作成しております。
      2 当社は、第36期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表については、金融商品取引

       法第193条の2第1項の規定に基づき、有限責任                          あずさ監査法人の監査を受けており、第37期中間会
       計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の中間財務諸表については、金融商品取引法第193
       条の2第1項の規定に基づき、有限責任                      あずさ監査法人の中間監査を受けております。
    (1)【貸借対照表】

                                                    (単位:千円)

                                   前事業年度               当事業年度
                                (2020年3月31日)               (2021年3月31日)
     資産の部
        流動資産
         現金及び預金                               33,264,545               33,048,142
         顧客分別金信託                                300,021               300,036
         前払費用                                515,226               449,748
         未収入金                                602,605               132,419
         未収委託者報酬                               8,404,880               9,936,096
         未収運用受託報酬                               2,199,785               2,247,156
         未収投資助言報酬                                299,826               398,108
         未収収益                                 37,702               39,975
                                         40,119                6,981
         その他の流動資産
                                       45,664,712               46,558,665
        流動資産合計
        固定資産
         有形固定資産                  ※1
          建物                                101,609              1,509,450
          器具備品                                783,224               870,855
          土地                                   710               710
          リース資産                                   968             13,483
                                         66,498                  -
          建設仮勘定
                                        953,010              2,394,500
         有形固定資産合計
         無形固定資産
          ソフトウェア                                909,133              1,347,889
          ソフトウェア仮勘定                                508,733              1,029,033
          のれん                               34,397,824                3,654,491
          顧客関連資産                               17,785,166               15,671,890
          電話加入権                                 12,739               12,727
                                           54               48
          商標権
                                       53,613,651               21,716,080
         無形固定資産合計
         投資その他の資産
          投資有価証券                               19,436,480               22,866,282
                                11/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
          関係会社株式                               11,246,398               11,246,398
          長期差入保証金                               2,523,637               1,409,091
          長期前払費用                                113,852               116,117
          会員権                                 90,479               90,479
                                        △20,750               △20,750
          貸倒引当金
                                       33,390,098               35,707,619
         投資その他の資産合計
                                       87,956,760               59,818,200
        固定資産合計
                                      133,621,473               106,376,866
        資産合計
                                                    (単位:千円)

                                 前事業年度                当事業年度
                               (2020年3月31日)                (2021年3月31日)
     負債の部
        流動負債
         リース債務                                 1,064                5,153
         顧客からの預り金                                14,285                20,077
         その他の預り金                                146,200                169,380
         未払金
          未払収益分配金                                 1,629                1,646
          未払償還金                                131,338                 43,523
          未払手数料                               3,776,873                4,480,697
          その他未払金                                502,211                270,290
         未払費用                               3,935,582                5,940,121
         未払消費税等                                305,513                235,647
         未払法人税等                                489,151                762,648
         賞与引当金                               1,716,321                1,516,622
                                        30,951                 9,710
         その他の流動負債
                                      11,051,125                13,455,519
        流動負債合計
        固定負債
         リース債務                                   -              9,678
         繰延税金負債                               2,963,538                2,566,958
         退職給付引当金                               5,299,814                5,258,448
         賞与引当金                                14,767                   -
                                        172,918                 40,950
         その他の固定負債
                                      8,451,038                7,876,035
        固定負債合計
                                      19,502,164                21,331,554
        負債合計
     純資産の部

        株主資本
         資本金                               2,000,000                2,000,000
         資本剰余金
          資本準備金                               8,628,984                8,628,984
                                      81,927,000                81,927,000
          その他資本剰余金
                                      90,555,984                90,555,984
         資本剰余金合計
         利益剰余金
          利益準備金                                284,245                284,245
          その他利益剰余金
           配当準備積立金                                60,000                60,000
           別途積立金                               1,476,959                1,476,959
                                      19,364,265               △10,281,242
           繰越利益剰余金
                                      21,185,470               △8,460,037
         利益剰余金合計
                                     113,741,454                 84,095,946
        株主資本計
        評価・換算差額等
                                        377,855                949,365
         その他有価証券評価差額金
                                        377,855                949,365
        評価・換算差額等合計
                                12/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                     114,119,309                 85,045,311
        純資産合計
                                     133,621,473                106,376,866
        負債・純資産合計
    (2)【損益計算書】

                                                    (単位:千円)

                                前事業年度                 当事業年度
                             (自 2019年4月1日                 (自 2020年4月1日
                              至 2020年3月31日)                   至 2021年3月31日)
        営業収益
         委託者報酬                             54,615,133                 50,610,457
         運用受託報酬                              9,389,058                 9,450,169
         投資助言報酬                              1,303,595                 1,270,584
         その他営業収益
          サービス支援手数料                               181,061                 200,807
                                        32,421                 32,820
          その他
        営業収益計                             65,521,269                 61,564,839
        営業費用
         支払手数料                             24,888,040                 22,784,919
         広告宣伝費                               447,024                 365,317
         調査費
          調査費                              3,214,679                 3,061,987
          委託調査費                              7,702,309                 7,810,157
         営業雑経費
          通信費                                70,007                 95,163
          印刷費                               612,249                 554,920
          協会費                                45,117                 40,044
          諸会費                                32,199                 29,473
          情報機器関連費                              4,349,174                 4,562,612
          販売促進費                                68,688                 23,614
                                       154,201                 163,332
          その他
        営業費用合計                             41,583,691                 39,491,542
        一般管理費
         給料
          役員報酬                               264,325                 277,027
          給料・手当                              9,789,691                 9,280,730
          賞与                               914,702                 950,630
          賞与引当金繰入額                              1,726,013                 1,501,855
         交際費                                30,898                 11,815
         寄付金                                2,022                  949
         事務委託費                               956,931                 844,255
         旅費交通費                               249,359                 21,023
         租税公課                               389,032                 389,819
         不動産賃借料                              1,121,553                 1,639,529
         退職給付費用                               797,158                 790,144
         固定資産減価償却費                              3,044,658                 3,040,894
         のれん償却費                              2,645,986                 2,645,986
                                       482,324                 608,206
         諸経費
                                     22,414,658                 22,002,869
        一般管理費合計
                                      1,522,919                  70,426
        営業利益
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度                当事業年度
                                13/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                              (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                               至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
        営業外収益
         受取配当金                                778,113                13,164
         受取利息                                  947              2,736
         時効成立分配金・償還金                                 1,041               88,335
         原稿・講演料                                 2,061                2,603
         投資有価証券償還益                                 6,398               57,388
         投資有価証券売却益                                 24,206               162,941
                                         53,484                72,933
         雑収入
        営業外収益合計                                866,254                400,104
        営業外費用
         為替差損                                 72,457                 766
         投資有価証券償還損                                129,006                11,762
         投資有価証券売却損                                 12,906                34,473
                                         8,334                1,240
         雑損失
                                        222,704                48,243
        営業外費用合計
                                       2,166,469                 422,288
        経常利益
        特別損失
         固定資産除却損                 ※1               110,668                54,493
         減損損失                 ※2                46,417             28,097,346
         合併関連費用                                 42,800                   -
         早期退職費用                ※3                   -            216,200
         本社移転費用                 ※4               133,168                127,044
                                            -             5,460
         その他特別損失
                                        333,054              28,500,544
        特別損失合計
        税引前当期純利益又は
                                       1,833,414              △28,078,256
        税引前当期純損失(△)
        法人税、住民税及び事業税                               1,874,278                1,549,173
                                      △  619,676
                                                      △693,192
        法人税等調整額
                                       1,254,602                 855,980
        法人税等合計
        当期純利益又は
                                        578,811             △28,934,237
        当期純損失(△)
    (3)【株主資本等変動計算書】

    前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                               その他利益剰余金
              資本金
                        その他資本
                              資本剰余金
                   資本準備金                 利益準備金
                                          配当準備             繰越利益
                         剰余金
                                                別途積立金
                               合計
                                          積立金             剰余金
    当期首残高          2,000,000      8,628,984         -  8,628,984      284,245       60,000     1,476,959      21,255,054
    当期変動額
     剰余金の配当                                                  △2,469,600
     当期純利益                                                    578,811
     合併による増加                   81,927,000      81,927,000
                                14/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     株主資本以外の
     項目の当期変動
     額(純額)
    当期変動額合計             -      -  81,927,000      81,927,000         -      -       -   △1,890,788
    当期末残高          2,000,000      8,628,984     81,927,000      90,555,984       284,245       60,000     1,476,959      19,364,265
                      株主資本                 評価・換算差額等

                 利益剰余金
                                                      純資産合計
                                   その他有価証券          評価・換算
                          株主資本合計
                 利益剰余金
                                    評価差額金         差額等合計
                  合計
    当期首残高               23,076,258         33,705,242           594,061         594,061      34,299,304
    当期変動額
     剰余金の配当              △2,469,600         △2,469,600                           △2,469,600
     当期純利益                578,811         578,811                           578,811
     合併による増加                        81,927,000                           81,927,000
     株主資本以外の
     項目の当期変動                                  △216,206         △216,206        △216,206
     額(純額)
    当期変動額合計              △1,890,788          80,036,211          △216,206         △216,206       79,820,005
    当期末残高               21,185,470         113,741,454           377,855         377,855      114,119,309
    当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

                                                      (単位:千円)
                                     株主資本
                        資本剰余金                     利益剰余金
                                               その他利益剰余金
               資本金
                        その他資本
                              資本剰余金
                   資本準備金                 利益準備金
                                          配当準備             繰越利益
                         剰余金
                                                別途積立金
                               合計
                                          積立金             剰余金
    当期首残高          2,000,000      8,628,984     81,927,000      90,555,984       284,245       60,000     1,476,959      19,364,265
    当期変動額
     剰余金の配当                             -                      △711,271
     当期純損失    (△)

                                  -
                                                      △28,934,237
     株主資本以外の

     項目の当期変動                             -
     額(純額)
    当期変動額合計             -      -     -      -      -      -       -  △29,645,508
    当期末残高          2,000,000      8,628,984     81,927,000      90,555,984       284,245       60,000     1,476,959     △10,281,242
                      株主資本                 評価・換算差額等

                 利益剰余金
                                                      純資産合計
                                   その他有価証券          評価・換算
                          株主資本合計
                 利益剰余金
                                    評価差額金         差額等合計
                  合計
    当期首残高               21,185,470         113,741,454           377,855         377,855      114,119,309
    当期変動額
     剰余金の配当               △711,271         △711,271                      -    △711,271
     当期純損失(△)              △28,934,237         △28,934,237                       -   △28,934,237
     株主資本以外の
     項目の当期変動                  -         -       571,510         571,510        571,510
     額(純額)
    当期変動額合計              △29,645,508         △29,645,508            571,510         571,510     △29,073,997
                                15/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    当期末残高              △8,460,037          84,095,946           949,365         949,365      85,045,311
    [注記事項]

    (重要な会計方針)

    1.有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)子会社株式
       移動平均法による原価法
     (2)その他有価証券

      市場価格のない株式等以外
       決算日の市場価格等に基づく時価法
       (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
      市場価格のない株式等
       移動平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法によっております。但し、建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備に
      ついては、定額法によっております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
        建物                  3~50年
        器具備品                     4~15年
     (2)無形固定資産(リース資産を除く)

       定額法によっております。
       なお、主な償却年数は次のとおりであります。
        のれん            14年
        顧客関連資産       6~19年
        ソフトウェア(自社利用分)  5年(社内における利用可能期間)
     (3)リース資産

       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
       リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    3.引当金の計上基準

      (1)貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定の債権につい
      ては個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)賞与引当金

       従業員賞与の支給に充てるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度の負担額を計上しております。
     (3)退職給付引当金

       従業員の退職金支給に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当事業年度において発生
      していると認められる額を計上しております。
       ①退職給付見込額の期間帰属方法
       退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定
      式基準によっております。
       ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
       過去勤務費用については、その発生時において一時に費用処理しております。
       数理計算上の差異については、その発生時において一時に費用処理しております。
    4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      消費税等の会計処理
       消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
    (会計方針の変更)

      当社は「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
     う。)及び「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準第31号 2019年7月4日)を当事業年度の期首か
     ら適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-
                                16/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
     2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することと
     しました。
    (貸借対照表関係)

    ※1 有形固定資産の減価償却累計額
                           前事業年度                   当事業年度
                          (2020年3月31日)                   (2021年3月31日)
      建物                     466,875千円                   102,329千円
      器具備品                    1,225,261千円                   1,153,649千円
      リース資産                      1,452千円                   2,830千円
    2 当座借越契約

        当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行と当座借越契約を締結しております。当座借越契約に係
       る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
                            前事業年度                   当事業年度
                          (2020年3月31日)                   (2021年3月31日)
       当座借越極度額の総額                    10,000,000千円                   10,000,000千円
       借入実行残高                            -千円                   -千円
       差引額
                          10,000,000千円                   10,000,000千円
    3 保証債務

        当社は、子会社であるSumitomo               Mitsui    DS  Asset   Management(USA)Inc.における賃貸借契約に係る賃借料に対し、
       2023年6月までの賃借料総額の支払保証を行っております。
                            前事業年度                   当事業年度
                           (2020年3月31日)                   (2021年3月31日)
       Sumitomo     Mitsui    DS  Asset
                            132,559千円                   93,374千円
       Management      (USA)Inc.
    (損益計算書関係)

    ※1 固定資産除却損
                            前事業年度                   当事業年度
                        (自      2019年4月1日                 (自      2020年4月1日
                         至      2020年3月31日)                  至      2021年3月31日)
       建物                       879千円                  18,278千円
       器具備品                       119千円                  28,604千円
       リース資産                      5,377千円                     -千円
       ソフトウェア                      1,596千円                   7,610千円
       ソフトウェア仮勘定                     102,695千円                      -千円
    ※2 減損損失

        前事業年度において、次のとおり減損損失を計上しております。
                                                    (単位:千円)
            場所              用途             種類            減損損失
           千代田区             事業用資産              建物            46,417
        当社は、資産と対応して継続的に収支の把握ができる単位が全社のみであることから全社資産の単一グループと
        しております。
        上記事業用資産については、霞ヶ関オフィスの移転に係る意思決定をしたことに伴い将来の使用が見込めなく
        なった資産につき、回収可能額を零と見積もり、当該減少額を減損損失に計上しております。その内訳は、建物に
        計上した資産除去債務に対応する原状回復費用相当額であります。
        当事業年度において、次のとおり減損損失を計上しております。

                                                    (単位:千円)
            場所              用途             種類            減損損失
             -            その他             のれん            28,097,346
        当社は、資産と対応して継続的に収支の把握ができる単位が全社のみであることから全社資産の単一グループと

        しております。
        当社は、当社を存続会社とし、大和住銀投信投資顧問株式会社を消滅会社とする吸収合併に伴って発生したのれ
        んを計上しております。当該のれんについて下期以降の業績は上向いているものの、通期では業績計画を下回る結
        果となったことを踏まえて将来キャッシュ・フローを見直した結果、のれんの帳簿価額の回収が見込まれなくなっ
        たため、帳簿価額を回収可能価額まで減損し、当該減少額を減損損失として計上しております。
        なお、回収可能価額は使用価値としており、将来キャッシュ・フローを9.2%で割り引いて算出しております。
                                17/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ※3 早期退職費用

        早期希望退職の募集等の実施に関連して発生する費用であります。
    ※4 本社移転費用

        前事業年度の本社移転費用は、本社事務所移転に伴い解約日までに賃貸期間の残存分(2020年7月13日から2020
        年9月30日まで)の賃料及び共益費相当額として133,168千円支払うものであります。
        当事業年度の本社移転費用は、本社移転に伴うものであり、主に設備撤去費用、引越費用などであります。

    (株主資本等変動計算書関係)

    前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
     1.発行済株式数に関する事項
        合併に伴う普通株式の発行により16,230,060株増加しております。
                   当期首株式数          当期増加株式数          当期減少株式数           当期末株式数
         普通株式            17,640,000株           16,230,060株               -      33,870,060株
     2.剰余金の配当に関する事項

      (1)配当金支払額等
                          配当金の総額         一株当たり
          決議        株式の種類                           基準日       効力発生日
                               (千円)     配当額(円)
       2019  年6月24日                                    2019年        2019年
                  普通株式         2,469,600          140.00
        臨時株主総会                                     3月28日        6月25日
      (2)基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生が翌事業年度になるもの

                              配当金の総額        一株当たり
          決議       株式の種類       配当の原資                       基準日      効力発生日
                                 (千円)     配当額(円)
                                               2020年       2020年
       2020年6月29日
                 普通株式       利益剰余金          711,271        21.00
                                               3月31日       6月30日
        定時  株主総会
    当事業年度(自       2020年4月1日 至          2021年3月31日)

     1.発行済株式数に関する事項
                    当期首株式数          当期増加株式数          当期減少株式数           当期末株式数
          普通株式           33,870,060株                -          -     33,870,060株
     2.剰余金の配当に関する事項

      配当金支払額等
                           配当金の総額         一株当たり
          決議        株式の種類                           基準日       効力発生日
                               (千円)     配当額(円)
       2020年6月29日                                      2020年        2020年
                  普通株式            711,271         21.00
        定時株主総会                                    3月31日        6月30日
    (リース取引関係)

    オペレーティング・リース取引
     (借主側)
     オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                    (単位:千円)
                         前事業年度                     当事業年度
                        (2020年3月31日)                     (2021年3月31日)
        1年以内                       1,618,641                     1,194,699
        1年超                       5,844,934                     3,497,258
        合計                       7,463,576                     4,691,958
    (金融商品関係)

    1.金融商品の状況に関する事項
     (1)金融商品に対する取組方針
        当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融サービス事業を行っています。そのため、資金運用については、短
                                18/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       期的で安全性の高い金融資産に限定し、財務体質の健全性、安全性、流動性の確保を第一とし、顧客利益に反しない
       運用を行っています。また、資金調達及びデリバティブ取引は行っていません。
     (2)金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である未収運用受託報酬及び未収投資助言報酬は、顧客の信用リスクに晒されています。未収委託者報酬
       は、信託財産中から支弁されるものであり、信託財産については受託者である信託銀行において分別管理されている
       ため、リスクは僅少となっています。
        投資有価証券については、主に事業推進目的のために保有する当社が設定する投資信託等であり、市場価格の変動
       リスク及び発行体の信用リスクに晒されています。関係会社株式については、主に全額出資の子会社の株式であり、
       発行体の信用リスクに晒されています。また、長期差入保証金は、建物等の賃借契約に関連する敷金等であり、差入
       先の信用リスクに晒されています。
        営業債務である未払手数料は、すべて1年以内の支払期日であります。
     (3)金融商品に係るリスク管理体制

      ①信用リスクの管理
        当社は、資産の自己査定及び償却・引当規程に従い、営業債権について、取引先毎の期日管理及び残高管理を行う
       とともに、その状況について取締役会に報告しています。
        投資有価証券、子会社株式は発行体の信用リスクについて、資産の自己査定及び償却・引当規程に従い、定期的に
       管理を行い、その状況について取締役会に報告しています。
        長期差入保証金についても、差入先の信用リスクについて、資産の自己査定及び償却・引当規程に従い、定期的に
       管理を行い、その状況について取締役会に報告しています。
      ②市場リスクの管理
        投資有価証券については、自己勘定資産の運用・管理に関する規程に従い、各所管部においては所管する有価証券
       について管理を、経営企画部においては総合的なリスク管理を行い、定期的に時価を把握しています。また、資産の
       自己査定及び償却・引当規程に従い、その状況について取締役会に報告しています。
        なお、事業推進目的のために保有する当社が設定する投資信託等については、純資産額に対する保有制限を設けて
       おり、また、自社設定投信等の取得・処分に関する規則に従い、定期的に取締役会において報告し、投資家の資金性
       格、金額、および投資家数等の状況から検討した結果、目的が達成されたと判断した場合には速やかに処分すること
       としています。
    2.金融商品の時価等に関する事項

       貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、市場価格のないものは、次表
      には含まれていません((注2)参照)。
     前事業年度(2020年3月31日)

                                                     (単位:千円)
            区分            貸借対照表計上額                 時価             差額
      (1)現金及び預金                       33,264,545             33,264,545                -
      (2)顧客分別金信託                         300,021             300,021               -
      (3)未収委託者報酬                        8,404,880             8,404,880                -
      (4)未収運用受託報酬                        2,199,785             2,199,785                -
      (5)未収投資助言報酬                         299,826             299,826               -
      (6)投資有価証券
       ①その他有価証券                      19,391,111             19,391,111                -
      (7)長期差入保証金                        2,523,637             2,523,637                -
            資産計                  66,383,807             66,383,807                -
      (1)顧客からの預り金                         14,285             14,285              -
      (2)未払手数料                        3,776,873             3,776,873                -
            負債計                  3,791,158             3,791,158                -
     当事業年度(2021年3月31日)

                                                     (単位:千円)
            区分            貸借対照表計上額                 時価             差額
      (1)現金及び預金                       33,048,142             33,048,142                -
      (2)顧客分別金信託                         300,036             300,036               -
      (3)未収委託者報酬                        9,936,096             9,936,096                -
      (4)未収運用受託報酬                        2,247,156             2,247,156                -
      (5)未収投資助言報酬                         398,108             398,108               -
      (6)投資有価証券
       ①その他有価証券                      22,826,472             22,826,472                -
      (7)長期差入保証金                        1,409,091             1,409,091                -
            資産計                  70,165,105             70,165,105                -
      (1)顧客からの預り金                         20,077             20,077              -
      (2)未払手数料                        4,480,697             4,480,697                -
            負債計                  4,500,774             4,500,774                -
                                19/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

       資 産
        (1)現金及び預金、(2)顧客分別金信託、(3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬及び(5)未収投資助言報酬
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
        (6)投資有価証券
          これらの時価について、投資信託等については取引所の価格、取引金融機関から提示された価格及び公表され
         ている基準価格によっております。
        (7)長期差入保証金
          これらの時価については、敷金の性質及び賃貸借契約の期間から帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
         額によっています。
       負 債

        (1)顧客からの預り金及び(2)未払手数料
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっています。
      (注2)市場価格のない金融商品の貸借対照表計上額

                                       (単位:千円)
                         前事業年度            当事業年度
             区分
                       (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
       その他有価証券
         非上場株式                     45,369            39,809
             合計                 45,369            39,809
       子会社株式
         非上場株式                   11,246,398            11,246,398
             合計               11,246,398            11,246,398
       その他有価証券については、市場価格がないため、「(6)①その他有価証券」には含めておりません。
       子会社株式については、市場価格がないため、時価開示の対象とはしておりません。
       また時価をもって貸借対照表計上額としている「(6)①その他有価証券」は、全て投資信託で構成されております。そ

      のため、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」第26項の経過措置を適用し、金融商品の時価等及び時価のレベル
      ごとの内訳等に関する事項は記載しておりません。
      (注3)金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

     前事業年度(2020年3月31日)
                                                     (単位:千円)
           区分           1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
      現金及び預金                  33,264,545              -          -          -
      顧客分別金信託                    300,021             -          -          -
      未収委託者報酬                   8,404,880              -          -          -
      未収運用受託報酬                   2,199,785              -          -          -
      未収投資助言報酬                    299,826             -          -          -
      長期差入保証金                   1,125,292          1,398,345              -          -
           合計             45,594,350           1,398,345              -          -
     当事業年度(2021年3月31日)

                                                     (単位:千円)
           区分           1年以内         1年超5年以内          5年超10年以内            10年超
      現金及び預金                  33,048,142              -          -          -
      顧客分別金信託                    300,036             -          -          -
      未収委託者報酬                   9,936,096              -          -          -
      未収運用受託報酬                   2,247,156              -          -          -
      未収投資助言報酬                    398,108             -          -          -
      長期差入保証金                    42,007         1,367,084              -          -
           合計             45,971,548           1,367,084              -          -
    (有価証券関係)

    1.子会社株式
    前事業年度(2020年3月31日)
       子会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式11,246,398千円)は、市場価格がないことから、記載しておりませ
                                20/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      ん。
    当事業年度(2021年3月31日)

       子会社株式(貸借対照表計上額 関係会社株式11,246,398千円)は、市場価格がないことから、記載しておりませ
      ん。
    2.その他有価証券

    前事業年度(2020年3月31日)
                                                     (単位:千円)
                 区分               貸借対照表計上額            取得原価           差額
      (1)貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
        投資信託等                           12,411,812          13,327,652           915,839
                 小計                  12,411,812          13,327,652           915,839
      (2)貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
        投資信託等                            6,413,317          6,063,458         △349,858
                 小計                   6,413,317          6,063,458         △349,858
                 合計                  18,825,130          19,391,111           565,980
    (注)非上場株式等(貸借対照表計上額 45,369千円)については、市場価格がないことから、記載しておりません。
    当事業年度(2021年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                 区分               貸借対照表計上額            取得原価           差額
      (1)貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
        投資信託等                           14,397,606          16,097,433          1,699,827
                 小計                  14,397,606          16,097,433          1,699,827
      (2)貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
        投資信託等                           6,994,762          6,729,039         △265,723
                 小計                  6,994,762          6,729,039         △265,723
                 合計                  21,392,369          22,826,472          1,434,103
    (注)非上場株式等(貸借対照表計上額 39,809千円)については、市場価格がないことから、記載しておりません。
    3.事業年度中に売却したその他有価証券

    前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                 (単位:千円)
          売却額          売却益の合計額           売却損の合計額
             1,814,360             24,206           12,906
                                 (単位:千円)
          償還額          償還益の合計額           償還損の合計額
             3,631,425             6,398          129,006
    当事業年度(自       2020年4月1日 至          2021年3月31日)

                                 (単位:千円)
          売却額          売却益の合計額           売却損の合計額
             1,978,622            162,941           34,473
                                 (単位:千円)
          償還額          償還益の合計額           償還損の合計額
             1,630,219             57,388           11,762
    4.減損処理を行った有価証券

       前事業年度において、減損処理を行った有価証券はありません。
       当事業年度において、投資有価証券について1,560千円(その他有価証券1,560千円)減損処理を行っております。
       なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合、及び30%以上50%未満下
      落し、回復可能性等の合理的反証がない場合に行っております。
    (退職給付関係)

    1.採用している退職給付制度の概要
       当社は、確定給付型の制度として、退職一時金制度を設けております。また、確定拠出型の制度として、確定拠出年
      金制度を設けております。
    2.確定給付制度

     (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                21/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                              (自   2019年4月1日             (自   2020年4月1日
                               至  2020年3月31日)              至  2021年3月31日)
       退職給付債務の期首残高                                3,418,601                5,299,814
        勤務費用                                523,396                476,308
        利息費用                                  -                -
        数理計算上の差異の発生額                                 △195               67,476
        退職給付の支払額                               △349,050                △585,151
        過去勤務費用の発生額                                  -                -
        合併による発生額                               1,707,062                   -
       退職給付債務の期末残高                                5,299,814                5,258,448
      (2)退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                               (2020年3月31日)                (2021年3月31日)
       非積立型制度の退職給付債務                                5,299,814                5,258,448
       未認識数理計算上の差異                                   -                -
       未認識過去勤務費用                                   -                -
       退職給付引当金                                5,299,814                5,258,448
     (3)退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                                     (単位:千円)
                                 前事業年度                当事業年度
                              (自   2019年4月1日             (自   2020年4月1日
                               至  2020年3月31日)              至  2021年3月31日)
       勤務費用                                 492,511                476,308
       利息費用                                   -                -
       数理計算上の差異の費用処理額                                  △195               67,476
       その他                                 304,842                246,359
       確定給付制度に係る退職給付費用                                 797,158                790,144
    (注)その他は、その他の関係会社等からの出向者の年金掛金負担分及び退職給付引当額相当額負担分、退職定年制度適用
       による割増退職金並びに確定拠出年金への拠出額であります。
     (4)数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                  前事業年度                当事業年度
                              (自   2019年4月1日             (自   2020年4月1日
                               至  2020年3月31日)              至  2021年3月31日)
       割引率                                 0.000%                0.020%
    3.確定拠出制度

     当社の確定拠出制度への要拠出額は、前事業年度248,932千円、当事業年度239,162千円であります。
    (税効果会計関係)

    1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                             (単位:千円)

                              前事業年度             当事業年度
                            (2020年3月31日)             (2021年3月31日)
      繰延税金資産

        退職給付引当金                           1,622,803             1,610,136
        賞与引当金                            530,059             464,389
        調査費                            178,573             247,208
        未払金                            162,557             206,090
        未払事業税                            46,423             66,891
        ソフトウェア償却                            91,937             90,431
        子会社株式評価損                            114,876             114,876
        その他有価証券評価差額金                            150,771             131,391
        その他                            88,250             35,930
                                22/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      繰延税金資産小計
                                  2,986,254             2,967,346
                                  △193,485             △218,966
      評価性引当額(注)
      繰延税金資産合計
                                  2,792,768             2,748,380
      繰延税金負債

        無形固定資産                           5,445,817             4,798,732
                                   310,488             516,605
        その他有価証券評価差額金
      繰延税金負債合計                            5,756,306             5,315,338
      繰延税金資産(負債)の純額
                                 △2,963,538             △2,566,958
      (注)評価性引当額が25,480千円増加しております。この増加の内容は、主としてその他有価証券評価差額金に係る評
        価性引当額を追加的に認識したことに伴うものであります。
    2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要

     な項目別の内訳
                                前事業年度            当事業年度
                              (2020年3月31日)            (2021年3月31日)
                                         税引前当期純損失のため
      法定実効税率
                                   30.6%
                                         記載を省略しておりま
      (調整)
                                         す。
       評価性引当額の増減                            3.5
       受取配当等永久に益金に算入されない項目                          △13.9
       交際費等永久に損金に算入されない項目                            7.3
       住民税均等割等                            0.5
       所得税額控除による税額控除                           △0.5
       のれん償却費                           44.1
       その他                           △3.3
                                   68.4
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
    (セグメント情報等)

    前事業年度(自       2019年4月1日        至  2020年3月31日)
    1.セグメント情報
       当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融商品取引業を中心とする営業活動を展開しております。これらの営業
      活動は、金融その他の役務提供を伴っており、この役務提供と一体となった営業活動を基に収益を得ております。
       従って、当社の事業区分は、「投資・金融サービス業」という単一の事業セグメントに属しており、事業の種類別セ
      グメント情報の記載を省略しております。
    2.関連情報

     (1)製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                 委託者報酬        運用受託報酬         投資助言報酬          その他         合計
        外部顧客への
                  54,615,133         9,389,058         1,303,595          213,482        65,521,269
         営業収益
     (2)地域ごとの情報

      ①営業収益
        本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの営業収益の
       記載を省略しております。
      ②有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形
       固定資産の記載を省略しております。
     (3)主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

        当社は、投資・金融サービス業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
    4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

                                23/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        当社は、投資・金融サービス業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
    5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

        該当事項はありません。
    当事業年度(自       2020年4月1日        至2021年3月31日)

    1.セグメント情報
       当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融商品取引業を中心とする営業活動を展開しております。これらの営業
      活動は、金融その他の役務提供を伴っており、この役務提供と一体となった営業活動を基に収益を得ております。
       従って、当社の事業区分は、「投資・金融サービス業」という単一の事業セグメントに属しており、事業の種類別セ
      グメント情報の記載を省略しております。
    2.関連情報

     (1)製品及びサービスごとの情報
                                                     (単位:千円)
                 委託者報酬         運用受託報酬         投資助言報酬          その他         合計
        外部顧客への
                  50,610,457         9,450,169         1,270,584          233,628        61,564,839
         営業収益
     (2)地域ごとの情報

      ①営業収益
        本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの営業収益の
       記載を省略しております。
      ②有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形
       固定資産の記載を省略しております。
     (3)主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への営業収益のうち、損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

        当社は、投資・金融サービス業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
    4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

        当社は、投資・金融サービス業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
    5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

        該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

    前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
    1.関連当事者との取引
     (1)兄弟会社等
                                                     (単位:千円)
         会社等の                事業の    議決権等の
                  資本金、出資金                 関連当事者
     種類    名称又は     所在地           内容又    所有(被所            取引の内容      取引金額      科目    期末残高
                   又は基金                との関係
          氏名               は職業    有)割合
     親会社                            %
        ㈱三井住友      東京都                     投信の販売委託       委託販売           未払
      の              1,770,996,505      銀行業                      3,703,669          644,246
        銀行      千代田区                     役員の兼任       手数料          手数料
     子会社                          -
     親会社                            %
        SMBC日興      東京都                     投信の販売委託       委託販売           未払
      の              10,000,000     証券業                      6,265,593          890,935
        証券㈱      千代田区                     役員の兼任       手数料          手数料
     子会社                          -
    (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         投信の販売委託については、一般取引条件を基に、協議の上決定しております。
    2.親会社に関する注記

      株式会社三井住友フィナンシャルグループ(東京証券取引所、名古屋証券取引所、ニューヨーク証券取引所に上場)
                                24/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    当事業年度(自       2020年4月1日        至  2021年3月31日)

    1.関連当事者との取引
      (1)兄弟会社等
                                                     (単位:千円)
         会社等の                事業の    議決権等の
                  資本金、出資金                 関連当事者
     種類    名称又は     所在地           内容又    所有(被所            取引の内容      取引金額      科目    期末残高
                   又は基金                との関係
          氏名               は職業    有)割合
     親会社                            %
        ㈱三井住友      東京都                     投信の販売委託       委託販売           未払
      の              1,770,996,505      銀行業                      3,728,851          863,159
        銀行      千代田区                     役員の兼任       手数料          手数料
     子会社                          -
     親会社                            %
        SMBC日興      東京都                     投信の販売委託       委託販売           未払
      の              10,000,000     証券業                      5,578,226         1,070,559
        証券㈱      千代田区                     役員の兼任       手数料          手数料
     子会社                          -
    (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
       2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         投信の販売委託については、一般取引条件を基に、協議の上決定しております。
    2.親会社に関する注記

      株式会社三井住友フィナンシャルグループ(東京証券取引所、名古屋証券取引所、ニューヨーク証券取引所に上場)
    (1株当たり情報)

                                前事業年度                当事業年度
                             (自     2019年4月1日             (自     2020年4月1日
                              至     2020年3月31日)              至     2021年3月31日)
      1株当たり純資産額                              3,369.33円                2,510.93円
      1株当たり当期純利益又は
                                     17.09円              △854.27円
      1株当たり当期純損失(△)
      (注)1.前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
          ん。
          当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また、潜在株
          式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、次のとおりであります。
                                前事業年度                当事業年度
                             (自     2019年4月1日             (自     2020年4月1日
                              至     2020年3月31日)              至     2021年3月31日)
      1株当たり当期純利益又は当期純損失
       当期純利益又は当期純損失(△)(千円)                             578,811             △28,934,237
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                -
       普通株式に係る当期純利益又は
                                    578,811             △28,934,237
       当期純損失(△)(千円)
       期中平均株式数(株)                            33,870,060                33,870,060
    中間財務諸表

    (1)中間貸借対照表

                                                 (単位:千円)
                                      第37期中間会計期間
                                      (2021年9月30日)
     資産の部
      流動資産
       現金及び預金
                                              38,529,337
       顧客分別金信託                                           300,038
       前払費用                                           518,490
       未収委託者報酬                                         10,909,133
       未収運用受託報酬                                          2,723,571
                                25/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       未収投資助言報酬                                           399,072
       未収収益                                           39,947
                                                224,189
       その他
                                              53,643,782
       流動資産合計
      固定資産
       有形固定資産                       ※1                  2,218,463
       無形固定資産
        のれん                                          3,502,221
        顧客関連資産                                         14,615,253
                                               2,778,211
        その他
                                              20,895,685
       無形固定資産合計
       投資その他の資産
        投資有価証券                                         22,000,657
        関係会社株式                                         11,246,398
        その他                                          1,595,579
                                               △  20,750
        貸倒引当金
                                              34,821,886
        投資その他の資産合計
                                              57,936,035
       固定資産合計
                                              111,579,818
      資産合計
     負債の部

      流動負債
       リース債務                                            3,567
       顧客からの預り金                                           12,736
       その他の預り金                                           100,610
       未払金                                          5,104,509
       未払費用                                          7,204,066
       未払法人税等                                          1,493,440
       前受収益                                           32,829
       賞与引当金                                          1,725,017
                                                695,069
       その他                       ※2
                                              16,371,848
       流動負債合計
      固定負債
       リース債務                                            6,309
       繰延税金負債                                          2,389,323
       退職給付引当金                                          5,414,560
                                                 40,950
       その他
                                               7,851,143
       固定負債合計
                                              24,222,992
      負債合計
     純資産の部

      株主資本
       資本金                                          2,000,000
       資本剰余金
        資本準備金                                          8,628,984
                                              73,466,962
        その他資本剰余金
                                              82,095,946
        資本剰余金合計 
       利益剰余金
        利益準備金                                           284,245
        その他利益剰余金
                                               1,761,706
         繰越利益剰余金
                                               2,045,951
        利益剰余金合計
                                              86,141,897
       株主資本合計
      評価・換算差額等
                                26/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                               1,214,928
       その他有価証券評価差額金
                                               1,214,928
       評価・換算差額等合計
                                              87,356,826
      純資産合計
                                              111,579,818
     負債純資産合計
    (2)中間損益計算書

                                                  (単位:千円)
                                       第37期中間会計期間
                                       (自 2021年4月1日
                                        至 2021年9月30日)
          営業収益
           委託者報酬
                                              32,740,035
           運用受託報酬                                     4,392,826
           投資助言報酬                                       633,982
                                                117,708
           その他の営業収益
          営業収益計                                     37,884,552
          営業費用                                     25,219,811
                                               9,605,282
          一般管理費                  ※1
          営業利益                                     3,059,458
          営業外収益
                            ※2
                                                198,028
                                                 26,126
          営業外費用                  ※3
          経常利益                                     3,231,360
          特別損失                  ※4                    146,753
          税引前中間純利益                                     3,084,607
          法人税、住民税及び事業税
                                               1,373,478
                                               △  334,822
          法人税等調整額
          法人税等合計                                     1,038,655
          中間純利益                                     2,045,951
    (3)中間株主資本等変動計算書

    第37期中間会計期間(自 2021年4月1日 至 2021年9月30日)

                                                     (単位:千円)

                                   株主資本
                          資本剰余金                    利益剰余金
                                               その他利益剰余金
               資本金
                          その他資本      資本剰余金      利益
                    資本準備金
                                          配当準備       別途      繰越利益
                           剰余金      合計    準備金
                                          積立金      積立金       剰余金
    当期首残高           2,000,000      8,628,984     81,927,000      90,555,984     284,245      60,000     1,476,959      △10,281,242
    当中間期変動額
     欠損填補                     △8,460,037      △8,460,037                        8,460,037
     中間純利益                                                   2,045,951
     任意積立金の取崩                                      △60,000     △1,476,959        1,536,959
     株主資本以外の
     項目の当中間期
     変動額(純額)
    当中間期変動額合計              -      -  △8,460,037      △8,460,037        -   △60,000     △1,476,959       12,042,949
    当中間期末残高           2,000,000      8,628,984     73,466,962      82,095,946     284,245        -      -    1,761,706
                     株主資本                 評価・換算差額等

                                27/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                                                     純資産合計
                利益剰余金
                                  その他有価証券          評価・換算
                         株主資本合計
                利益剰余金
                                   評価差額金         差額等合計
                 合計
    当期首残高              △8,460,037          84,095,946           949,365         949,365        85,045,311
    当中間期変動額
     欠損填補              8,460,037            -                            -
     中間純利益              2,045,951         2,045,951                            2,045,951
     任意積立金の取崩
     株主資本以外の
     項目の当中間期                                 265,562         265,562         265,562
     変動額(純額)
    当中間期変動額合計              10,505,989          2,045,951          265,562         265,562        2,311,514
    当中間期末残高              2,045,951         86,141,897          1,214,928         1,214,928         87,356,826
    注記事項

    (重要な会計方針)

    1.資産の評価基準及び評価方法
     (1)有価証券
      ①子会社株式
        移動平均法による原価法
      ②その他有価証券
        市場価格のない株式等以外
         中間会計期間末日の市場価格等に基づく時価法
         (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
        市場価格のない株式等
         移動平均法による原価法
    2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法によっております。但し、建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備に
      ついては、定額法によっております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物            3~50年
         器具備品          4~15年
     (2)無形固定資産(リース資産を除く)

       定額法によっております。
       なお、主な償却年数は次のとおりであります。
         のれん             14年
         顧客関連資産        6~19年
         ソフトウェア(自社利用分)   5年(社内における利用可能期間)
     (3)リース資産

        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    3.引当金の計上基準

     (1)貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等の特定の債権について
      は個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)賞与引当金

       従業員賞与の支給に充てるため、将来の支給見込額のうち当中間会計期間の負担額を計上しております。
     (3)退職給付引当金

       従業員の退職金支給に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、当中間会計期間において
      発生していると認められる額を計上しております。
      ①退職給付見込額の期間帰属方法
                                28/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当中間会計期間末までの期間に帰属させる方法については、給付
       算定式基準によっております。
      ②数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用については、その発生時において一時に費用処理しております。
        数理計算上の差異については、その発生時において一時に費用処理しております。
    4.収益及び費用の計上基準

       「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下、「収益認識会計基準」という。)等
      を適用しており、約束したサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該サービスと交換に受け取ると見込まれる金額
      で収益を認識することとしております。
       当社の顧客との契約から生じる収益に関する主要な事業における主な履行義務の内容及び収益を認識する通常の時点
      は以下のとおりであります。
     (1)委託者報酬

       委託者報酬は、投資信託の信託約款に基づき日々の純資産額に対する一定割合として認識され、確定した報酬を受け
      取ります。当該報酬は投資信託の運用期間にわたり収益として認識しております。
     (2)運用受託報酬

       運用受託報酬は、対象顧客との投資一任契約に基づき、主に契約期間内の月末純資産平均価額に対する一定割合とし
      て認識され、確定した報酬を受け取ります。当該報酬は対象口座の運用期間にわたり収益として認識しております。
     (3)投資助言報酬

       投資助言報酬は、対象顧客との投資助言契約に基づき、主に契約期間内の月末純資産平均価額に対する一定割合とし
      て認識され、確定した報酬を受け取ります。当該報酬は対象口座の助言期間にわたり収益として認識しております。
    5.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      消費税等の会計処理
       消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
    (会計方針の変更)

     「収益認識会計基準」等を当中間会計期間の期首から適用し、約束したサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該
    サービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
     当該会計基準等の適用が中間財務諸表に及ぼす影響はありません。
    (中間貸借対照表関係)

                           第37期中間会計期間
                           (2021年    9月  30日)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                       1,320,556千円
      ※2.消費税等の取扱い
         仮払消費税等及び仮受消費税等は、相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債のその他に
         含めて表示しております。
      ※3.当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行1行と当座借越契約を締結しております。
        当中間会計期間末における当座借越契約に係る借入金未実行残高等は次のとおりであります。
           当座借越極度額の総額                 10,000,000千円
           借入実行残高                            -
             差引額                       10,000,000千円
      ※4.当社は、子会社であるSumitomo                 Mitsui    DS  Asset   Management(USA)Inc.における賃貸借契約に
        係る賃借料に対し、2023年6月までの賃借料総額73,437千円の支払保証を行っております。
    (中間損益計算書関係)

                           第37期中間会計期間
                     (自 2021年      4月1日       至 2021年9月30日)
      ※1.一般管理費のうち主要なもの
          のれん償却費                   152,270千円
          減価償却実施額
           有形固定資産                 191,604千円
           無形固定資産     1,304,363千円
                                29/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      ※2.営業外収益のうち主要なもの
          為替差益          6,622千円
          受取配当金         4,755千円
          投資有価証券償還益              90,952千円
          投資有価証券売却益                  48,142千円
      ※3.営業外費用のうち主要なもの
          投資有価証券償還損                  15,001千円
          投資有価証券売却損                  8,258千円
      ※4.特別損失のうち主要なもの
          システム統合関連費用   145,261千円
    (中間株主資本等変動計算書関係)

    第37期中間会計期間(自 2021年               4月1日       至 2021年9月30日)
       発行済株式数に関する事項
                  当事業年度期首          当中間会計期間          当中間会計期間          当中間会計期間末
                    株式数         増加株式数          減少株式数           株式数
         普通株式           33,870,060株               -          -     33,870,060株
    (リース取引関係)

                           第37期中間会計期間
                     (自 2021年      4月1日       至 2021年9月30日)
      1.オペレーティング・リース取引
       (借主側)
          未経過リース料(解約不能のもの)
             1年以内               1,179,776千円
             1年超                2,903,862千円
             合  計               4,083,639千円
    (金融商品関係)

    1.金融商品の時価等に関する事項
    第37期中間会計期間(2021年             9月  30日)
      2021年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、市
    場価格のないものは、次表には含まれておりません((注2)参照)。
                                                 (単位:千円)

             区分           中間貸借対照表計上額                 時価          差額
      (1)現金及び預金                         38,529,337            38,529,337            -
      (2)顧客分別金信託                          300,038            300,038           -
      (3)未収委託者報酬                         10,909,133            10,909,133            -
      (4)未収運用受託報酬                         2,723,571            2,723,571            -
      (5)未収投資助言報酬                          399,072            399,072           -
      (6)投資有価証券
       ①その他有価証券                       21,960,848            21,960,848            -
      (7)投資その他の資産
       ①長期差入保証金                        1,408,170            1,408,170            -
                               76,230,173
             資産計                              76,230,173            -
      (1)顧客からの預り金                           12,736            12,736          -
      (2)未払金
       ①未払手数料                        4,996,181            4,996,181            -
             負債計                   5,008,917            5,008,917            -
    (注1)金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

       資 産

       (1)現金及び預金、(2)顧客分別金信託、(3)未収委託者報酬、(4)未収運用受託報酬、及び(5)未収投資助言
       報酬
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
                                30/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (6)投資有価証券
         ①その他有価証券
          これらの時価について、投資信託等については取引所の価格、取引金融機関から提示された価格及び公表され
         ている基準価格によっております。
          また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
       (7)投資その他の資産

         ①長期差入保証金
          これらの時価については、敷金の性質及び賃貸借契約の期間から帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価
         額によっております。
       負 債

       (1)顧客からの預り金、及び(2)未払金①未払手数料
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
     (注2)市場価格のない金融商品

                                  (単位:千円)

               区分             中間貸借対照表計上額
        その他有価証券
          非上場株式                             39,809
               合計                        39,809
        子会社株式
          非上場株式                          11,246,398
               合計                      11,246,398
        その他有価証券については、市場価格がないため、「(6)①その他有価証券」には含めておりません。
        子会社株式については、市場価格がないため、時価開示の対象とはしておりません。
      また時価をもって中間貸借対照表計上額としている「(6)①その他有価証券」は、全て投資信託で構成されております。

    そのため、「時価の算定に関する会計基準の適用指針」第26項の経過措置を適用し、金融商品の時価等及び時価のレベルご
    との内訳等に関する事項は記載しておりません。
    (有価証券関係)

    第37期中間会計期間(2021年             9月  30日)
    1.子会社株式
      子会社株式(中間貸借対照表計上額 11,246,398千円)は、市場価格がないことから、記載しておりません。
    2.その他有価証券

                                                 (単位:千円)
               区分            中間貸借対照表計上額              取得原価           差額
      (1)中間貸借対照表計上額が取得原価を
      超えるもの
        投資信託等                        16,269,607          14,102,355          2,167,252
               小計                 16,269,607          14,102,355          2,167,252
      (2)中間貸借対照表計上額が取得原価を
      超えないもの
        投資信託等                        5,691,240          6,001,639          △310,398
               小計                  5,691,240          6,001,639          △310,398
               合計                 21,960,848          20,103,994          1,856,853
     (注)非上場株式等(中間貸借対照表計上額 39,809千円)については、市場価格がないことから、記載しておりませ
        ん。
    (デリバティブ取引関係)

     当社は、デリバティブ取引を全く行っておりませんので、該当事項はありません。
    (収益認識関係)

    第37期中間会計期間(自 2021年               4月1日       至 2021年9月30日)
     顧客との契約から生じる収益を分解した情報は、「セグメント情報等」注記に記載のとおりであります。
    (セグメント情報等)

    第37期中間会計期間(自 2021年               4月1日       至 2021年9月30日)
                                31/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1.セグメント情報
       当社は、投資運用業及び投資助言業などの金融商品取引業を中心とする営業活動を展開しております。これらの営業
      活動は、金融その他の役務提供を伴っており、この役務提供と一体となった営業活動を基に収益を得ております。
       従って、当社の事業区分は、「投資・金融サービス業」という単一の事業セグメントに属しており、事業の種類別セ
      グメント情報の記載を省略しております。
    2.関連情報

     (1)製品及びサービスごとの情報
                                                 (単位:千円)

               委託者報酬        運用受託報酬         投資助言報酬          その他         合計
      外部顧客への
                32,740,035         4,392,826          633,982         117,708       37,884,552
       営業収益
     (2)地域ごとの情報

      ①営業収益
        本邦の外部顧客への営業収益に区分した金額が中間損益計算書の営業収益の90%を超えるため、地域ごとの営業収
       益の記載を省略しております。
      ②有形固定資産
        本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの
       有形固定資産の記載を省略しております。
     (3)主要な顧客ごとの情報

        外部顧客への営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
       ん。
    3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

        該当事項はありません。
    4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

        当社は、投資・金融サービス業の単一セグメントであり、記載を省略しております。
    5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

        該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

                           第37期中間会計期間
                     (自 2021年      4月1日       至 2021年9月30日)
        1株当たり純資産額                  2,579円18銭
        1株当たり中間純利益     60円41銭
        なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

                                32/38








                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                          独立監査人の監査報告書
                                                    2021年6月15日

    三井住友DSアセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                        有限責任      あずさ監査法人

                         東京事務所

                         指定有限責任社員

                                       公認会計士        羽 太 典 明  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                       公認会計士        菅 野 雅 子  印
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                       公認会計士        佐 藤 栄 裕  印
                         業務執行社員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられている三井住友DSアセットマネジメント株式会社の2020年4月1日から
    2021年3月31日までの第36期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等
    変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に

    準拠して、三井住友DSアセットマネジメント株式会社の2021年3月31日現在の財政状態及び同日を
    もって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。
    監査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されてい
    る。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、
    監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分か
    つ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表
    を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表
    を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれ
    る。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切

    であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継
    続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監

    視することにある。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による
    重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財
                                33/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があ
    り、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合
    に、   重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じ

    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに

      対応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さら
      に、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・  財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人

      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連す
      る内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の

      見積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した

      監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要
      な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
      れる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実
      性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明す
      ることが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
      るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・  財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に

      準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並
      びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で

    識別した内部統制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

     2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                34/38







                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                    2021年11月22日
    三井住友DSアセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                          有限責任      あずさ監査法人

                            東京事務所

                           指定有限責任社員

                                        公認会計士         羽 太 典 明
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                        公認会計士         菅 野 雅 子
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                        公認会計士         佐 藤 栄 裕
                           業務執行社員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられている三井住友DSアセットマネジメント株式会社の2021年4月1日から
    2022年3月31日までの第37期事業年度の中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)に
    係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要
    な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表

    の作成基準に準拠して、三井住友DSアセットマネジメント株式会社の2021年9月30日現在の財政状態
    及び同日をもって終了する中間会計期間(2021年4月1日から2021年9月30日まで)の経営成績に関
    する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意
    見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して
    中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽
    表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
    備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成するこ

    とが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
    る。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監

    視することにある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の
                                35/38


                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中
    間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示
    は、   不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意
    思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程

    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・  不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚

      偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査
      人の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手す
      る。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断によ
      り、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等
      を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・  中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監

      査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間
      財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合

      理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手

      した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して
      重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認
      められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は
      重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除
      外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手
      した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなく
      なる可能性がある。
    ・  中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表

      の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、
      構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示して
      いるかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実

    施過程で識別した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で
    求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係は
    ない。
                                                         以 上

     (注)1.上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

     2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                36/38




                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                        独立監査人の中間監査報告書
                                                     2022年5月6日
    三井住友DSアセットマネジメント株式会社
      取締役会 御中
                         有限責任      あずさ監査法人

                          東京事務所

                          指定有限責任社員

                                       公認会計士          菅  野 雅     子
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                                 松  井 貴     志
                          業務執行社員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファン
    ドの経理状況」に掲げられている三井住友・日本株オープンの2021年9月28日から2022年3月27日まで
    の中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益及び剰余金計算書並びに中間
    注記表について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表

    の作成基準に準拠して、三井住友・日本株オープンの2022年3月27日現在の信託財産の状態及び同日
    をもって終了する中間計算期間(2021年9月28日から2022年3月27日まで)の損益の状況に関する有用
    な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」
    に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、三井住友DSア
    セットマネジメント株式会社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上
    の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を
    入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して
    中間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽
    表示のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整
    備及び運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成するこ

    とが適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成
    基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任があ
    る。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の
    表示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中
    間監査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示
    は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意
    思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程

    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                37/38

                                                          EDINET提出書類
                                            三井住友DSアセットマネジメント株式会社(E08957)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・  不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚
      偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査
      人 の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手す
      る。なお、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断によ
      り、不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等
      を中心とした監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
    ・  中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監

      査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間
      財務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・  経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合

      理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・  経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手

      した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して
      重要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認
      められる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は
      重要な不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除
      外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手
      した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続でき
      なくなる可能性がある。
    ・  中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表

      の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、
      構成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示して
      いるかどうかを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別

    した内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められてい
    るその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      三井住友DSアセットマネジメント株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間に
    は、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                         以 上

      ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
    (注)1.上記の中間監査報告書の原本は当社(有価証券報告書提出会社)が別途保管しております。2.XBRLデータは中間監査の対象には含ま
    れていません。
                                38/38







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク