株式会社AViC 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社AViC
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         関東財務局長
     【提出日】                         2022年5月27日
     【会社名】                         株式会社AViC
     【英訳名】                         AViC   Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  市原 創吾
     【本店の所在の場所】                         東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル4階
     【電話番号】                         03(6272)6174(代表)
     【事務連絡者氏名】                         取締役CFO  笹野 誠
     【最寄りの連絡場所】                         東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル4階
     【電話番号】                         03(6272)6174(代表)
     【事務連絡者氏名】                         取締役CFO  笹野 誠
     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                              ブックビルディング方式による募集      123,675,000円
                              売出金額
                              (引受人の買取引受による売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     948,078,000円
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し     164,027,000円
                              (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                  社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                  券届出書提出時における見込額であります。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/154










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
     1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における
         普通株式           150,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
     (注)1.2022年5月27日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2022年6月10日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
                                  2/154
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【募集の方法】
       2022年6月21日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
      受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年6月10日開催予
      定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
      額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
      て引受手数料を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
      246条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
      件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
      定する価格で行います。
            区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                      150,000           123,675,000              66,930,000

         計(総発行株式)                  150,000           123,675,000              66,930,000

     (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年5月27日開催の取締役会決議に基づき、
           2022年6月21日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(970円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は145,500,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照ください。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照ください。
                                  3/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【募集の条件】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                         申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                         単位         申込期間                 払込期日
     (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2022年6月22日(水)              未定
                            100                      2022年6月29日(水)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至 2022年6月27日(月)             (注)4.
     (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、2022年6月10日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、2022年6月21日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社普通株式が市場において適正な評価を受けることを目的
           に、機関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年6月10日開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年6月
           21日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年5月27日開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、2022年6月21日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2022年6月30日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集
           に係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2022年6月14日から2022年6月20日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人及びその委託販売先金融商品取引業者は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分
           に関する基本方針及び社内規程等に従い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各
           社の店頭における表示又はホームページにおける表示等をご確認ください。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の本店並びに全国各支店及び
         営業所で申込みの取扱いをいたします。
                                  4/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                 店名                           所在地
     株式会社みずほ銀行 芝支店                            東京都港区芝五丁目34番7号
     (注)上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
     4【株式の引受け】

                                        引受株式数
      引受人の氏名又は名称                     住所                     引受けの条件
                                         (株)
     みずほ証券株式会社              東京都千代田区大手町一丁目5番1号

     株式会社SBI証券              東京都港区六本木一丁目6番1号

     マネックス証券株式会社              東京都港区赤坂一丁目12番32号

     楽天証券株式会社              東京都港区南青山二丁目6番21号

     いちよし証券株式会社              東京都中央区日本橋茅場町一丁目5番8号

     岡三証券株式会社              東京都中央区日本橋一丁目17番6号

                                              1.買取引受けによります。
                                              2.引受人は新株式払込金と
                                                して、2022年6月29日ま
     岩井コスモ証券株式会社              大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号
                                                でに払込取扱場所へ引受
                                                価額と同額を払込むこと
     東海東京証券株式会社              愛知県名古屋市中村区名駅四丁目7番1号                      未定       といたします。
                                              3.引受手数料は支払われま
                                                せん。ただし、発行価格
     松井証券株式会社              東京都千代田区麹町一丁目4番地
                                                と引受価額との差額の総
                                                額は引受人の手取金とな
                                                ります。
     丸三証券株式会社              東京都千代田区麹町三丁目3番6
     あかつき証券株式会社              東京都中央区日本橋小舟町8番1号

     極東証券株式会社              東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7号

     静銀ティーエム証券株式会社              静岡県静岡市葵区追手町1番13号

     東洋証券株式会社              東京都中央区八丁堀四丁目7番1号

     水戸証券株式会社              東京都中央区日本橋二丁目3番10号

           計                 -            150,000           -

     (注)1.2022年6月10日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2022年6月21日)に元引受契約を締結する予定であります。
                                  5/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【新規発行による手取金の使途】
      (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
              133,860,000                   5,000,000                 128,860,000

     (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(970円)を基礎として算出した見込額であり
           ます。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
      (2)【手取金の使途】

          上記の手取概算額128,860千円については、運転資金(人件費及び開発費)に充当する予定であり、具体的な
         内容は以下に記載の通りであります。
         ① 事業規模拡大のための人員及び管理体制強化のための人員の採用教育費並びにこれら新規人員の採用に伴い
           増加する給与として71,860千円(2022年9月期に5,000千円、2023年9月期に32,000千円、2024年9月期に
           34,860千円)を充当する予定です。
         ② 作業時間短縮及び自動化による効率化のためのマーケティングDXツール投資のため、開発費として57,000千
           円(2022年9月期に17,000千円、2023年9月期に20,000千円、2024年9月期に20,000千円)を充当する予定
           です。
          なお、上記調達資金については、具体的な充当時期までは、現預金等の安全性の高い金融商品等で運用してい

         く方針であります。
                                  6/154













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
       2022年6月21日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売
      出要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
      格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
      式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
      引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                             売出価額の総額        売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名又は
        種類          売出数(株)
                                (円)      名称
             入札方式のうち入札
        -                   -        -             -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                   -        -             -
             によらない売出し
                                      東京都港区赤坂八丁目11番37号
                                      市原創吾・ミダス投資事業有限責任組合
                                                       333,000株
                                      東京都港区赤坂八丁目11番37号
                                      岩田匡平・ミダス投資事業有限責任組合
                                                       277,000株
                                      東京都港区赤坂八丁目11番37号
                                      吉村英毅・ミダスA投資事業有限責任組合
             ブックビルディング                                          222,000株
     普通株式                   977,400      948,078,000
             方式                         静岡県静岡市清水区草薙北2番1号
                                      静岡キャピタル8号投資事業有限責任組合
                                                       53,000株
                                      東京都千代田区内幸町一丁目2番1号
                                      みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合
                                                       46,200株
                                      東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
                                      MICイノベーション5号投資事業有限責任組合
                                                       46,200株
     計(総売出株式)            -       977,400      948,078,000                 -
     (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(970円)で算出した見込額であります。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照ください。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照ください。
                                  7/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
                                  8/154


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【ブックビルディング方式】
                       申込株数
     売出価格     引受価額                  申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
     (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                          東京都千代田区大手町一丁
                                          目5番1号
                                          みずほ証券株式会社
                                          東京都港区六本木一丁目6

                                          番1号
                                          株式会社SBI証券
                                          東京都港区赤坂一丁目12番

                                          32号
                                          マネックス証券株式会社
                                          東京都港区南青山二丁目6

                                          番21号
                                          楽天証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋茅場町

                                          一丁目5番8号
                                          いちよし証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋一丁目

                                  引受人及びその        17番6号
                自 2022年                 委託販売先金融        岡三証券株式会社
      未定
           未定     6月22日(水)              未定    商品取引業者の                      未定
     (注)1.                     100
          (注)2.      至 2022年            (注)2.     本店並びに全国        大阪府大阪市中央区今橋一             (注)3.
     (注)2.
                6月27日(月)                  各支店及び営業        丁目8番12号
                                  所        岩井コスモ証券株式会社
                                          愛知県名古屋市中村区名駅

                                          四丁目7番1号
                                          東海東京証券株式会社
                                          東京都千代田区麹町一丁目

                                          4番地
                                          松井証券株式会社
                                          東京都千代田区麹町三丁目

                                          3番6
                                          丸三証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋小舟町

                                          8番1号
                                          あかつき証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋茅場町

                                          一丁目4番7号
                                          極東証券株式会社
                                  9/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                       申込株数
     売出価格     引受価額                  申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
     (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                                          静岡県静岡市葵区追手町1
                                          番13号
                                          静銀ティーエム証券株式会
                                          社
                                          東京都中央区八丁堀四丁目

                                          7番1号
                                          東洋証券株式会社
                                          東京都中央区日本橋二丁目

                                          3番10号
                                          水戸証券株式会社
     (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)

           1.と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2022年6月21日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 
           (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
         8.引受人は、引受人の買取引受による売出しに係る株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望
           する引受人以外の金融商品取引業者に販売を委託する方針であります。
                                 10/154









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        東京都千代田区大手町一丁目5番1号
             ブックビルディング
     普通株式                    169,100       164,027,000       みずほ証券株式会社
             方式
                                                       169,100株
     計(総売出株式)            -        169,100       164,027,000                -
     (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、みずほ証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
           しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
           ます。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、みずほ証券株式会社は、東京証券取引所においてオー
           バーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケー
           トカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
           ンジケートカバー取引について」をご参照ください。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(970円)で算出した見込額であります。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                 11/154











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                元引受契約の内容
      (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
                                   みずほ証券株
                                   式会社及びそ
             自 2022年
                                   の委託販売先
       未定      6月22日(水)                 未定
                         100          金融商品取引           -         -
      (注)1.       至 2022年               (注)1.
                                   業者の本店並
             6月27日(月)
                                   びに全国各支
                                   店及び営業所
     (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.みずほ証券株式会社及びその委託販売先金融商品取引業者の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの
           条件(引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方
           針と同様であります。
                                 12/154











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所グロース市場への上場について
        当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
       について、みずほ証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所グロース市場への上場を予定しております。
     2.グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

        オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
       に、主幹事会社が当社株主である市原創吾・ミダス投資事業有限責任組合(以下「貸株人」という。)より借入れる
       株式であります。これに関連して、主幹事会社は、169,100株を上限として貸株人より追加的に当社普通株式を取得
       する権利(以下「グリーンシューオプション」という。)を、2022年7月27日を行使期限として貸株人より付与され
       る予定であります。
        また、主幹事会社は、2022年6月30日から2022年7月27日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的とし
       て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
       バー取引を行う場合があります。
        主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、貸株人から借入れている株式の返還に
       充当し、当該株式数については、グリーンシューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカ
       バー取引期間内においても、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至
       らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させる場合があります。
     3.ロックアップについて

        本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である市原創吾・ミダス投資事業有限
       責任組合、売出人である岩田匡平・ミダス投資事業有限責任組合及び吉村英毅・ミダスA投資事業有限責任組合並び
       に当社株主である笹野誠、瓜生翔、高野英樹、UUUM株式会社及び幸田涼佑は、主幹事会社に対し、元引受契約締
       結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の2022年12月26日までの期間中、主幹事会社の事前の書面
       による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによ
       る売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと及びグリーンシューオプションの対象となる当社普通株式を主幹事会
       社が取得すること等を除く。)等を行わない旨合意しております。
        また、売出人であるみずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合及びMICイノベーション5号投資事業有限責任組
       合は、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の2022年9月27日ま
       での期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の売却(ただし、引受人の買取引受による
       売出し及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初
       値が形成された後に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等を除く。)等を行わない旨合意しておりま
       す。
        また、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の2022年
       12月26日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社普通株式の発行、当社普通株式に転換若
       しくは交換される有価証券の発行又は当社普通株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただ
       し、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を行わない旨合意しており
       ます。
        なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は上記90日間又は180日間のロックアップ期間中であってもそ
       の裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
        上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
       集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
       四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照ください。
                                 13/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙に当社の社章                を記載いたします。

      (2)表紙の次に「経営方針」~「業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 14/154


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/154





















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
               回次              第5期      第6期      第7期      第8期      第9期
              決算年月              2017年9月      2018年9月      2019年9月      2020年9月      2021年9月

                               11,195      38,049      236,302      696,577     1,329,789
     売上高                   (千円)
                                      3,034            122,276      111,638
     経常利益又は経常損失(△)                   (千円)       △ 9,397            △ 8,701
                                      1,521            86,391      78,759
     当期純利益又は当期純損失(△)                   (千円)       △ 9,467            △ 2,294
     持分法を適用した場合の投資利益                   (千円)         -      -      -      -      -

                               10,000      16,000      31,000      98,564      98,564
     資本金                   (千円)
                                200      500      530   5,541,300      5,541,300
     発行済株式総数                   (株)
                               3,582      12,436      40,142      265,028      344,452
     純資産額                   (千円)
                               10,680      26,610      118,265      475,531      645,039
     総資産額                   (千円)
                             17,912.14      24,873.99      75,741.29         47.22      61.43
     1株当たり純資産額                   (円)
     1株当たり配当額                            -      -      -      -      -
                        (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                           ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
     1株当たり当期純利益又は1株当たり
                                    4,243.23              16.30      14.21
                        (円)    △ 47,339.14            △ 4,334.56
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                   (円)         -      -      -      -      -
                                33.5      46.7      33.9      55.0      52.8
     自己資本比率                   (%)
                                      19.0             57.2      26.2
     自己資本利益率                   (%)         -             -
     株価収益率                   (倍)         -      -      -      -      -

     配当性向                   (%)         -      -      -      -      -

                                                 171,460       15,238
     営業活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         -      -      -
     投資活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         -      -      -   △ 27,884     △ 25,653

                                                 146,065       9,375
     財務活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)         -      -      -
                                                 329,554      328,514
     現金及び現金同等物の期末残高                   (千円)         -      -      -
                                        5      10      21      31
     従業員数                            -
                        (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                           ( -)      ( 1 )     ( 3 )     ( 3 )     ( 4 )
     (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(会計方針の変更)」に記載の
           とおり、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基
           準」という。)等を、第10期の期首から適用している影響で、当社の役割が代理人に該当する取引について
           総額表示から純額表示に変更を行った結果、第9期から第10期にかけて売上高が大きく減少しております。
           各期の売上高に係る比較可能性を担保するための参考情報として、「第2 事業の状況 3 経営者による
           財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (2)経営者の視点による経営成績等の状況に
           関する認識及び分析・検討内容 ⑦売上高に係る参考情報」をご参照ください。なお、売上総利益、営業利
           益、経常利益及び税引前当期純利益には影響ありません。
         4.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
         5.1株当たり配当額及び配当性向につきましては、配当を実施していないため記載しておりません。
         6.第5期及び第7期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、また
           潜在株式が存在しないため記載しておりません。第6期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益について
           は、潜在株式が存在しないため記載しておりません。第8期及び第9期の潜在株式調整後1株当たり当期純
                                 22/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため
           記載しておりません。
         7.第5期及び第7期の自己資本利益率については、当期純損失であるため記載しておりません。
         8.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         9.第5期、第6期及び第7期はキャッシュ・フロー計算書を作成していないため、キャッシュ・フローに係る
           各項目を記載しておりません。
         10.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(契約社員、アルバイトを含む)は、年間平均人員を( )内に
           て外数で記載しております。
         11.第8期及び第9期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、ひびき監
           査法人の監査を受けております。
           なお、第5期、第6期及び第7期については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定に基づ
           き算出した各数値を記載しておりますが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づくひびき監査法
           人の監査を受けておりません。
         12.当社は、2020年5月22日開催の臨時株主総会決議により、2020年6月1日付で普通株式1株につき10,000株
           の割合で株式分割を行っております。第8期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産
           額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         13.当社は、2020年6月1日付で普通株式1株につき10,000株の株式分割を行っております。
           そこで、東京証券取引所自主規制法人(現日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
           のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133号)
           に基づき、第5期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考
           までに掲げると、以下のとおりとなります。
           なお、第5期、第6期及び第7期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、ひびき
           監査法人の監査を受けておりません。
               回次              第5期       第6期      第7期       第8期      第9期
              決算年月              2017年9月      2018年9月      2019年9月       2020年9月      2021年9月

     1株当たり純資産額                   (円)       1.79       2.49      7.57      47.22      61.43

     1株当たり当期純利益又は1株当たり
                        (円)      △4.73        0.42     △0.43       16.30      14.21
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                   (円)        -      -      -       -      -
     1株当たり配当額                           -      -      -       -      -
                        (円)
     (うち1株当たり中間配当額)                          (-)       (-)      (-)       (-)      (-)
                                 23/154









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【沿革】
        2013年7月        岩田匡平(現株式会社BuySell Technologies代表取締役社長兼CEO)の配偶
                者が風外堂株式会社(現当社)を設立。
        2014年4月        岩田匡平が、風外堂株式会社の全株式を取得し、マーケティングコンサルティング業を事業内容
                としたOWL株式会社(現当社)に社名を変更。
        2015年6月        本店を東京都千代田区九段北に移転。
        2018年3月        市原創吾(現代表取締役社長)を割当先に第三者割当増資を行い、社名を現社名、事業内容をデ
                ジタルマーケティングサービスの提供に変更。併せて、岩田匡平が退任し、市原創吾が代表取締
                役社長に就任。(注)1.
        2018年9月        SEO(注)2.コンサルティングサービスを開始。
        2019年1月        本店を東京都目黒区目黒に移転。
        2020年1月        本店を東京都目黒区中目黒に移転。
        2021年3月        本店を東京都港区赤坂に移転。
        2021年12月        監査等委員会設置会社に移行。
        2022年3月        UUUM株式会社と資本業務提携契約を締結。
         (注)1.当社の前身は風外堂株式会社及びOWL株式会社でありますが、現当社代表取締役社長である市原に
              対して第三者割当増資を行ったことに伴い、現当社の主要な事業であるデジタルマーケティング事業
              を開始することにより、実質的に当社の創業に至っております。
            2.SEOとは検索エンジン最適化(Search                   Engine    Optimization)の略称で、検索エンジンに対して、Web
              サイトを正しく認識して貰えるように、企業のWebサイトを最適化することを指します。
                                 24/154














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
        当社は、広告予算が中・小規模のクライアントに対しても高品質のデジタルマーケティングサービスを提供するこ
      とを目的に、「マーケティングで人・企業・社会をより良くする」をミッションに掲げ、メディア運営会社から広告
      枠を仕入れ、広告効果を計測した上で、クライアントに対し広告運用代行を行う等のインターネット広告サービスを
      行っております。加えて、対象となるWebサイトの内部構造の最適化、掲載するコンテンツの作成等、SEO対策の効果
      を計測した上で、総合的なソリューションの提供・適切なクライアントの情報発信を行うSEOコンサルティングサー
      ビス(注)1.を提供しております。両サービス提供においては、提供サービスの付加価値を維持した上で生産性を
      高めることを目的に、作業時間短縮及び自動化による効率化のための、自社開発のマーケティングDXツール(注)
      2.を積極的に活用しております。
        なお、当社の事業は、デジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、以下サービスごとに説明を記載
      しております。
        (注)1.SEOコンサルティングとは、クライアントのWebサイトの検索順位を、適切な施策により上昇させること
             で見込みユーザー増加に貢献する事業で、広告費用の抑制が可能であり、かつストック性の高いマーケ
             ティング施策である点が特徴です。
           2.DXとは、デジタルトランスフォーメーションの略であり、ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより
             良い方向に変化させるという仮説であります。
        インターネット広告サービス、SEOコンサルティングサービスそれぞれの特徴は以下のとおりです。

     (1)インターネット広告サービス

          株式会社電通「2021年 日本の広告費」によると、インターネット広告市場の市場規模は、2021年において2
         兆7,052億円となっており、その中でも、運用型広告(注)3.は、インターネット広告市場の68.0%のシェアを
         占めるといわれております。
          当社がインターネット広告サービスとして提供しているものとしては、主に検索連動型広告、ディスプレイ広
         告(注)4.、インフィード広告(注)5.等の運用型広告になります。当社は、メディア運営会社から広告枠
         を仕入れ、クライアントにコンサルティングを行った上で広告枠を販売し、その対価として媒体費とコンサル
         ティング手数料を収受し、メディア運営会社に媒体費を支払っております。当社がコンサルティングのみを行
         い、クライアント自身で広告枠を仕入れるケースもあり、その際はコンサルティング手数料のみを収受します。
         また、クリエイティブ制作を受注し、納品するケースもあります。
           ※ 手数料は、インターネット広告業界における一般的な水準を記載しております。





          運用型広告は、広告運用者が広告を配信するための設定を行い、ほぼリアルタイムに広告配信結果を確認した

         うえで当該確認結果を踏まえた設定の改善ができるため、運用者によって広告効果(サービス品質)に大きな違
         いが出ることが特徴です。メディア運営会社は、広告主、ユーザー、メディア運営会社のニーズ・収益性を最大
         化するためのアルゴリズム(注)6.を追求し、機械学習等のテクノロジーを進化させることでアルゴリズムの
         精度を高めております。また、そのアルゴリズムはメディア運営会社ごとに固有性があります。主要なメディア
         運営会社であるGoogleの検索連動型広告を例に取ると、検索連動型広告はユーザーの検索するキーワードから
         ユーザーのモチベーションを推測しやすいため、Googleのアルゴリズムではユーザーの過去の行動より、検索行
         為そのもの(検索語句や検索をした場所等)に対して最適化が働きます。同アルゴリズムにおいて重要なのは、
         「いかに検索された語句に対して意図した広告を反応させられるか」という点です。
          当社は、3C分析(注)7.、ターゲットとなるユーザーのペルソナ像(注)8.の作成及びそのユーザーに
         どの媒体で接触するべきかのメディアのプランニング、ユーザーのインサイト(潜在意識・本音)を深掘った上
         で、どういう訴求や表現の広告で運用を行えばスムーズにクライアントのサービスを利用するに至らせることが
                                 25/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         できるのかのプランニングを行います。さらに、当社は、プランニングしたものを実現するために、各メディア
         のアルゴリズムの特徴を理解・把握した上で、各種運用施策の設計(広告アカウントの構造、検索キーワード選
         定 と購入方法、ターゲティングや配信方法の設定、目的と目標の設定(入札金額)、予算配分と予算設定及び、
         クリエイティブ制作(静止画/動画/テキスト))を行っております。Googleの検索連動型広告を例に取ると、
         「獲得につながる可能性のあるクエリ(注)9.に、漏れなくリーチ(注)10.ができるキーワードの網羅」、
         「登録しているそれぞれのキーワードに対し、キーワード種別毎に適切なマッチタイプ(注)11.の設定」、
         「キーワードが余計なカニバリゼーション(注)12.を起こさないための適切なグルーピングと構造設計」、
         「効率的に獲得につながるキーワードに対して、予算による機会損失が起こらない予算設定」及び、「広告文に
         検索された語句を挿入する等、重要なキーワードに対してのユニークな広告文の設定」等の施策を行っておりま
         す。また、「あるべき状態」の定義(指標化・数値化)をした上で、当該数値をリアルタイムにモニタリング
         し、入札額やクリエイティブ、ターゲット等を変更・改善しながら広告配信を行っております。なお、モニタリ
         ングと、広告配信を実施した際の広告効果のシミュレーションには、マーケティングDXツールを用いておりま
         す。
          (注)3.運用型広告とは、インターネットのユーザーに対し、リアルタイムに入札額やクリエイティブ、
               ターゲット等を変更・改善しながら配信する広告を指します。運用型広告の市場規模は、株式会社
               電通「2021年 日本の広告費」をもとに当社で算出しております。
             4.ディスプレイ広告とは、Webサイトの広告枠に表示される画像広告、動画広告、テキスト広告のこ
               とです。
             5.インフィード広告とは、Webサイトやアプリのコンテンツとコンテンツの間に表示される体裁の広
               告のことです。
             6.アルゴリズムとは、ある特定の問題を解く手順を、単純な計算や操作の組み合わせとして明確に定
               義したもので、デジタルマーケティングの分野ではコンピュータにプログラムの形で与えて実行さ
               せることができるよう定式化された、処理手順の集合のことを指します。
             7.3C分析とは、マーケティングにおける分析のフレームワークを指します。3Cとは、「Customer
               (市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」の3つの頭文字を取ったものです。
             8.ペルソナ像とは、サービス・商品の典型的なユーザー像を指します。
             9.クエリとは、Google等の検索エンジンでユーザーが検索する際に使用した語句を指します。
             10.リーチとは、ユーザーが広告を見た数を指します。
             11.マッチタイプとは、ユーザーが検索している語句と広告を一致させるために使用される単語やフ
               レーズである「キーワード」が、ユーザーの検索語句と一致すれば広告がオークションの候補に入
               りますが、その際にどの程度厳密な一致を求めるか指定することを指します。検索語句のマッチタ
               イプは大きく「完全一致」、「フレーズ一致」、「部分一致」の3種類存在します。「完全一致」
               は検索語句と広告表示に使われたキーワードが同じ意味を持つ場合を指します。「フレーズ一致」
               は検索語句が広告表示に使われたキーワードの意味を含んでおり、かつ完全一致ではない場合を指
               します。「部分一致」は検索語句が広告表示に使われたキーワードに関連しており、かつ「完全一
               致」「フレーズ一致」ではない場合を指します。たとえば、多様な検索内容に対して広告を表示し
               たい場合は部分一致を、特定の検索内容だけを対象にしたい場合は完全一致を使用します。
             12.カニバリゼーションとは、同一広告主が同一のクエリに対して重複して入札してしまうことで、無
               駄な費用が発生することを指します。
                                 26/154







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)SEOコンサルティングサービス
          当社は、検索結果画面における、検索順位の上昇可能性を踏まえた対策キーワードの選定・現状分析/競合分
         析からの戦略の立案・対象Webサイトの構造の最適化、施策実行によって得られる成果のシミュレーションの提
         示・Webサイト内記事ページの企画と制作を行い、その対価として主にコンサルティング手数料及び記事コンテ
         ンツ制作料等を収受しております。
          SEOは依然重要ではあるとされていますが、Google等の検索エンジンのアルゴリズムのアップデートの都度SEO





         対策が必要であり、かつ、「どこでどう戦うか」という戦略設計が重要であるものの、その難易度が高く、多く
         の工数も必要であるため、当社のようなサービス提供事業者の差別化が生じやすい市場環境にあります。
          当社のSEOコンサルティングサービスは、マーケティングDXツールを用いることで従来よりも高効率で、デー
         タの収集・分析・施策の立案・シミュレーションの算出までを行うことができ、以下のメソッドに基づいてソ
         リューションを、提供しております。
         ① 対策キーワード選定の分母となるキーワードの網羅的な洗い出し
            Googleサジェストワード(注)13.、Googleキーワードプランナー(注)14.経由で取得するキーワー
           ド、競合他社のWebサイト流入キーワード等を活用し、マーケティングDXツールを用いてキーワードの洗い
           出しと組み合わせを生成することで、対策キーワード選定の分母となるキーワードを網羅します。
         ② 競合Webサイトの対比に基づく検索順位上昇のための要素の特定と実現性の定量判定

            SEOコンサルティングサービスで対策可能な業種・事業領域であるのか、マーケット環境や競合企業の集
           客構造を透明化するための「領域診断」(例えば、医療の領域のキーワードである場合、クライアントはそ
           の領域の事業従事者もしくは専門機関である必要がある)、Webサイトのドメインパワー(注)15.を簡易
           的に測る「サイト診断」(キーワードにおけるドメインパワーの現時点での順位)、具体的なキーワードに
           おける各順位を調査する「キーワード診断」という流れで判定を行います。
            当社は、対象キーワードの検索結果で上位に表示されるWebサイトにおいて、検索順位結果と強い相関の
           ある要素と、競合Webサイトとの差分を、マーケティングDXツールを用いて定量的に調査します。
         ③ 定量的な根拠に基づいたポテンシャル(注)16.算出・キーワード戦略設計・施策設計・シミュレーション

            まず、マーケティングDXツールを用いて、キーワードの検索ボリューム・前述した競合Webサイトとの差
           分状況から、蓋然性の高い精緻なポテンシャルの見極めを行います。その後、重要度の定量化・検索順位の
           上昇可能性の見極めを踏まえ、優先順位を付けた対策キーワード選定を行います。次に、対策の実現性や必
           要工数の掛け合わせを踏まえ、施策設計・シミュレーションに落とし込みます。具体的には、対象Webサイ
           トの構造の最適化(基礎~応用まで約200項目の網羅的な打ち手リストの保有)、検索順位上昇のための目
           標に至るまでの高精度なシミュレーションの提示、検索順位上昇のための記事コンテンツの企画・納品、
           Googleビジネスプロフィール(注)17.やSNS・調査PR活用・動画SEO対策を実施しています。
            (注)13.Googleサジェストワードとは、ユーザーが検索エンジンの検索窓にキーワードを入力した時に
                 一緒に表示される検索候補となるキーワードを指します。
               14.Googleキーワードプランナーとは、Googleの提供する公式の無料ツールで、広告を掲載するた
                 めの入札単価やキーワードの月間検索数(検索ボリューム)などが調べられます。
               15.ドメインパワーとは、対象Webサイトの被リンク数と、どのWebサイトからの被リンクかによっ
                 て計られる指標を指します。
               16.具体的には、①Google検索結果のリアルタイムデータを用いた、各キーワードの順位に影響を
                 与える主要ファクターと順位の相関の調査、②各キーワードの順位に強い影響を及ぼす主要
                 ファクター(インポータンス)の特定、③インポータンス要素において、他のWebサイト対比
                                 27/154

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                 で上位に表示されるかの「勝率」をキーワード別に導き、「勝てる相手」・「狙える順位」の
                 見極め、④見極めた順位水準に到達した場合のSEO経由の集客及びクライアントの売上に与え
                 る インパクトの精緻な算出
               17.Googleビジネスプロフィールとは、マップや検索などのGoogleサービスでローカルビジネスを
                 どのように表示するかを管理する機能を指します。
          以上のように、デジタルマーケティングの需要は増しておりますが、高品質なサービスを提供することは容易

         でなく、その中において、当社は、PDCA(注)18.に基づいた高品質なサービス(P:クライアント個別のプラ
         ンニング、D:最新のアルゴリズムを把握することによる計画の実現、C:リアルタイムのモニタリングと週・月
         単位での的確なレビュー、A:高精度の仮説による本質的な改善施策の実施)を広く提供することで、多くの企
         業のデジタルマーケティングを成功に導く存在となることを展望しております。
          (注)18.PDCAとは、「Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)」の頭文字を取ったも
               のです。PDCAのサイクルを繰り返し行うことで、継続的な業務の改善が可能となります。
      [事業系統図]

         事業の系統図は、次のとおりです。
           (注)19.当社は、クライアントに対して直接ソリューションを提供するケース(直接取引)と、広告代理





                店経由でソリューションを提供するケースの2種類のケースがあります。
     4【関係会社の状況】

        該当事項はありません。
     5【従業員の状況】

     (1)提出会社の状況
                                                  2022年4月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           47               30.1              1.58             6,280
              ( 5 )
     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(契約社員、アルバイトを含む)は( )内にて外数で記載して
           おります。
         2.平均年間給与は基準外賃金を含んでおります。
         3.当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
           す。
         4.従業員数が最近1年間において16名増加しておりますが、これは業容拡大に伴う人員増加によるものです。
     (2)労働組合の状況

          労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 28/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
     (1)経営方針
          当社は、「マーケティングで人・企業・社会をより良くする」というミッションのもと、「究極の生産性を実
         現するデジタルマーケティング業界No.1のDXカンパニー」を目指しております。また、マーケティングにおけ
         る企業の「デジタル・デバイド(格差)」を無くしたいと考えております。良質なデジタルマーケティングサー
         ビスを受けられていない、潤沢な広告予算を有さない企業に対して、当社が有するデジタルマーケティング技術
         を駆使して、質の高いサービスを提供することで、クライアントのマーケティング成果を向上させることに努め
         てまいります。
          究極の生産性を実現するには、クライアントへの提供サービスの質を維持しながら、業務効率化を並行して推
         進する必要があり、それを実現するためのマーケティングDXツールへの開発投資を継続的に実施していく方針で
         す。マーケティングDXツールを活用することで、高品質のサービスを、属人化させず組織的、かつ効率的に提供
         することが可能になります。
     (2)経営環境

          当社事業が属するデジタルマーケティング市場は、インターネット利用者の増加やスマートフォンの普及に伴
         い、急速に拡大してまいりました。日本のインターネット広告費は、2018年に2兆円を超え、以降も堅調に拡大
         しております。2021年は、新型コロナウイルスの影響を受けながらも、外出・移動の自粛によるリモートワー
         ク、EC、フードデリバリー、キャッシュレス決済などDXの加速や、動画広告の需要の高まりを受け、わが国の広
         告支出においては、インターネットメディアがマスコミ四媒体(新聞、雑誌、ラジオ、テレビ)合計を抜き、イ
         ンターネット広告費は2兆7,052億円と前年比21.4%の成長となりました(注)1.。広告のデジタル化の流れ
         は今後も継続するものと判断しております。
          このような市場環境においては、需要が拡大する中で、広告代理店各社が新規クライアントを獲得する機会が
         多い状況であり、当社が提供するインターネット広告サービスやSEOコンサルティングサービスの需要や必要性
         は益々高まっていくものと考えております。
          日本のデジタルマーケティング市場においては、大規模広告代理店がマーケティング予算が大きい顧客(単月
         5,000万円以上)に注力し、さらにコンサルティング・ファームの参入も著しくなっており、今後もこの状況が
         続くと推察しております。なお、単月マーケティング予算5,000万円以上という基準は、当社が定義したもので
         あります。単月5,000万円以下の中小規模の顧客に対しては、当社を含む多くの中小規模広告代理店が対峙して
         おり、当社が提供するデジタルマーケティングサービスの需要が益々高まっていくと考えております。
          当社の強みは、代表取締役社長の市原をはじめ、幹部社員が豊富な経験量・実績を基にメディア運営会社のア
         ルゴリズムの理解を深めており、さらにこれらのノウハウを人材育成やマーケティングDXツールを通して短期間
         での組織知化を可能としていることであると考えております。
          (注)1.出所:株式会社電通「2021年 日本の広告費」
     (3)経営戦略

          当社の主要な経営戦略は以下のとおりであります。
        ① クライアント基盤の拡大
           質の高いデジタルマーケティングサービスを提供することで、直接取引クライアントとの取引拡大、大手総
          合型広告代理店との協業の拡大に取組んでまいります。特に、直接取引クライアントについては、単月マーケ
          ティング予算5,000万円以下の中小規模の顧客領域でのシェアを高めていきたいと考えております。
           広告効果の向上のためには、動画広告クリエイティブの品質向上・差別化が非常に重要となっており、広告
          効果の向上はクライアント単価の向上に直接的に繋がります。その取組みの1つとして、UUUM株式会社と
          資本業務提携契約を締結し、同社の有するクリエイティブ供給体制と当社の広告運用ノウハウとを掛け合わる
          ことで、更なる運用型広告領域における広告効果の向上・他社との差別化を目指してまいります。同社は、東
          京証券取引所グロース市場に上場する日本最大級のYouTuberマネジメント事務所になります。
           また、クライアントへの提供サービスの質を維持しながら、業務効率化を並行して推進するために、DX化の
          余地が大きく生産性向上の効果が大きい事業領域から優先的に、マーケティングDXツールの開発に取組んでま
          いります。これまでも継続的に開発済のツールにビッグデータ分析機能の付加、AI分析機能の付加等を行って
          おりますが、今後もより質の高いサービスを提供すべく、機能向上に注力してまいります。
                                 29/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 人材の採用・育成
           クライアントへの提供サービスの質を維持することを大前提に、「採用→育成」をサステナブルに機能さ
          せ、優秀な人材の確保に取組んでまいります。人材の即戦力化のための研修制度の一層の充実や、イネーブル
          メント・プロジェクト(注)2.等、人材育成施策に積極的に取組んでまいります。
           (注)2.当社独自の呼称で、当社の費用の過半以上を占める人件費を「有効化(イネーブルメント)」す
                るための取組みのことです。従業員の能力を項目化・言語化し、各従業員を項目ごとに採点した
                上で、ギャップが大きい項目に対して重点的に育成施策を打つことで計画的かつ早期育成化を実
                現する取組みを行っております。
     (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          社員1人当たりの生産性(注)3.及び社員数を経営指標として重視しております。当社のマーケティングDX
         ツールの活用とイネーブルメント・プロジェクトに基づく育成により、未経験社員がスピーディに戦力化し、会
         社としての生産性が継続的に維持・向上します。その結果として、取扱高・各段階利益の成長が実現され、持続
         的な企業価値の向上に繋がるものと考え、上記の指標を重視しております。
          (注)3.各期の取扱高を各期末の人員数で除して算出します。取扱高は、売上高にインターネット広告サー
               ビスにおける媒体費を加えた値になり、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 
               2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)を適用する前の会計基準における売上高を
               示しております。
     (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

          当社の優先的に対処すべきと考える事業上の課題は以下のとおりであります。当社は、急速な成長段階にあ
         り、クライアント基盤を拡大させながら、現在のサービス品質の維持・持続的な向上をさせることが、重要な課
         題であると認識しております。そのため、マーケティングDXツールの開発促進や、人材の採用と育成に取組んで
         まいります。また、業務運用の効率化やリスク管理のための内部管理体制のさらなる強化が重要な課題であると
         認識しております。このため、バックオフィス業務の整備を推進し、経営の公正性・透明性を確保するための内
         部管理体制強化に取組んでまいります。なお、財務上の課題については、内部留保が十分確保されており、借入
         等による機動的な資金調達も可能であることから、特段の該当事項はありません。
        ① サービス品質の維持・持続的な向上
           デジタルマーケティングサービスの維持・持続的な品質向上を図っていくことが重要であると考えておりま
          す。そのためには、継続的なマーケティングDXツールの開発、人材の採用・育成が必要であると考えておりま
          す。
        ② クライアント基盤の拡大

           既存クライアントとの継続的な関係構築、新規クライアントの開拓推進が重要であると考えております。継
          続的なマーケティングDXツールの開発、人材の採用・育成をすることによるサービス品質の持続的な向上によ
          り、達成されるものと考えております。
        ③ マーケティングDXツールの開発促進

           デジタルマーケティングサービスの質を維持・向上しながら、業務効率化を並行して推進するために、マー
          ケティングDXツールの開発が重要であると考えております。具体的には、ビッグデータ分析機能の付加、AI分
          析機能の付加等の各種機能向上が必要であると考えております。
        ④ 人材の採用と育成

           新卒採用を中心とした積極的な人材採用と、人材育成の推進が重要であると考えております。現在、実施し
          ている、未経験社員を早期戦力化するための社内研修制度の充実(具体的には座学、OJT、内定承諾者アルバ
          イト制度)、短期的な成果でなく、安定的に質の高いサービスを提供できるかどうかを評価基準とした人事評
          価を行う現行の人事評価制度の継続・ブラッシュアップを行ってまいります。
                                 30/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤ コーポレート・ガバナンス体制の強化
           当社が持続的な成長を維持していくためには、内部管理体制の強化を通じた業務の標準化・効率化が重要で
          あると考えております。それらの実効性を高めるための環境を整備し、組織的な統制・管理活動を通じてリス
          ク管理を徹底するとともに、業務の標準化と効率化を目指しております。また、コーポレートガバナンス・
          コードの基本原則に従い、株主の皆様をはじめとする全てのステークホルダーからの社会的信頼に応えていく
          ことを企業経営の基本的使命とし、コンプライアンス体制の強化、迅速かつ正確な情報開示の充実に努め、
          コーポレート・ガバナンスの強化に取組んでまいります。その取組みの1つとして2021年12月には監査等委員
          会設置会社へ移行しました。また、取締役の過半数が社外取締役で構成されており、取締役会の監督機能を強
          化するとともに、業務執行の適法性、妥当性の監査・監督を通じた透明性の高い経営を実現しております。
                                 31/154


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及び
      キャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおりであり
      ます。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
        また、当社におけるリスクの把握及び管理の体制は、後述の「第4 提出会社の状況 4 コーポレート・ガバナ
      ンスの状況等」に記載のとおりであります。
     (1)インターネット広告を巡る事業環境について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響

         度:大)
          2021年の日本国内の広告費は、全体としては新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けたものの、インター
         ネット広告市場に関しては、その需要が堅調に推移しており、株式会社電通の『2021年日本の広告費』による
         と、市場規模は約2兆7,052億円となっております。
          このように、インターネット広告市場は拡大傾向にありますが、景気変動や広告主の広告戦略等の影響を受け
         るため、景況感が悪化した場合には、当社の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          当社は、顧客の分散を積極的に進めることで、当該リスクに対応してまいります。
     (2)技術革新への対応について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:中)

          当社が扱うインターネット広告業界は、急速に技術革新が進んでいる分野であり、技術革新に伴って、広告主
         のニーズも常に変化し、多様化する傾向にあります。当社は、このような事業環境にあることを踏まえて、最新
         の技術・動向を常に取り入れながら、新しい技術の開発や研修を行い、技術力の向上を目指しています。
          しかしながら、何らかの事情により当社の対応が遅れた場合等には、当社の競争力が低下し、当社の業績及び
         財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)競合他社との関係について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:中)

          インターネット広告の業界には、既に多数の競合他社が存在しますが、他の広告市場に比べて拡大傾向にある
         ことから、今後も新規参入企業が増加する可能性があります。今後、競合他社が革新的な技術を開発した場合
         や、新規参入によって競争が激化した場合には、当社の事業及び業績に影響を及ぼす恐れがあります。
          当社は、メディア運営会社のアルゴリズムの理解をベースとしたサービス品質の維持・持続的な向上を、マー
         ケティングDXツールの更なる進化や科学的な社員育成を継続し組織レベルで図ることで、当該リスクに対応して
         まいります。
     (4)特定人物への依存について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:中)

          当社代表取締役社長である市原創吾をはじめとする幹部社員は、インターネット広告の業界に精通し、多くの
         ノウハウを有しております。また、経営戦略及び事業戦略の決定等において、重要な役割を有しております。こ
         のため、他の社員への権限委譲や、ノウハウの組織知化を推進することで、出来る限り当社の事業に対する影響
         を軽減できるような体制を構築しておりますが、市原創吾をはじめとする幹部社員が何らかの理由により退任、
         退職等をした場合には当社の事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)人材の確保・育成について(顕在化の可能性:中、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:大)

          デジタルマーケティング事業は、サービス業であるため、メディア運営会社のアルゴリズムを正確に理解した
         適切な施策を実行する能力のある優秀な人材の確保・育成が当社事業の価値を産み出す源泉となります。当社
         は、優秀な人材の積極的な採用や育成に力を入れています。
          しかしながら、優秀な人材の確保が困難になる又は社外流出するような場合には、競争力の低下や事業拡大に
         支障を来たす可能性があり、当社の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
     (6)メディア運営会社との取引関係について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:

         中)
          デジタルマーケティング事業に関しては、メディア運営会社からの広告枠の仕入れがサービスの基盤になるた
         め、当社は、より多くのメディア運営会社と良好な取引関係を維持できるように努めております。
          しかしながら、一部のメディア運営会社との取引関係に変化が生じた場合には、必要かつ十分な広告枠の調達
         が困難となり、当社の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          当社は、「販売管理規程」、「広告取扱ガイドライン」、「SEOコンテンツ取扱ガイドライン」を定め、広告
         出稿、クライアントへの納品等が行われる前に、適切な内容であるかの複層的なチェック体制を構築すること
         で、当該リスクに対応してまいります。
                                 32/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (7)新規事業について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):新規事業展開時(頻度:低)、影響度:
         中)
          当社は、事業規模拡大及び収益基盤拡充のため、現時点において具体的に構想しているものはありませんが、
         新規事業を積極的に展開する方針です。その場合、新しい人材の採用など追加投資が必要になる一方、安定した
         収益を生み出すには一定程度の期間を要することが想定されます。新規事業が当初の計画通りに進まない場合に
         は、投資回収が出来なくなる可能性があり、当社の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
          当社は、新規事業を展開する際には、事前に十分な市場調査や必要な投資と回収の見込みを精緻に実施するこ
         とで、当該リスクに対応してまいります。
     (8)通信ネットワークについて(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:大)

          当社は、主にインターネット通信を利用してサービスを提供しておりますが、通信ネットワーク機器の故障、
         ソフトウエアの不具合、コンピュータウイルス、人為的ミスその他の事故等により、通信ネットワークに障害が
         発生する可能性があります。当社においては、強固なバックアップシステムを構築するとともに、障害の発生を
         未然に防ぐように努めておりますが、万が一通信ネットワークに障害が生じた場合には、当社の業績及び財政状
         態に影響を及ぼす可能性があります。
          当社は、当該リスクに対応するために、メインルーターの冗長化、アクセスポイントの複数配置、MDM(注)
         1.(Mobile       Device    Management)の導入、EDR(注)2.(Endpoint                       Detection     and  Response)の導入等を
         行っております。また、障害発生の未然の防止として、クラウドストレージやネットワーク機器のアクセス権管
         理、ログ取得(ルーター、AP、Dropbox、Googleについてシステムがデフォルトで実施)、死活監視(注)3.
         等運用面での管理を行っております。
          (注)1.MDMとは、モバイルデバイスを、ツールを用いて適切に管理し、企業のセキュリティを維持・向上
               させるツールです。
             2.EDRとは、デバイスの不正な挙動の検知及びマルウェアに感染した後の対応を迅速に行うことを目
               的としたツールです。
             3.死活監視とは、コンピュータやシステムが正常に稼働しているかどうかを、外部から継続的に監視
               する機能です。
     (9)法令等による規制について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:大)

          インターネット広告事業は、許認可業種ではなく、当社の事業を直接的に規制する法令や業界の自主規制はあ
         りませんが、広告の内容によっては、広告主において、「不当景品類及び不当表示防止法」、「医薬品、医療機
         器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」等の規制を受ける可能性があります。当社においては、
         広告主が各種法令等による規制に抵触することを回避し、また、当社としてのレピュテーションリスクにつなが
         ることのないように、具体的な注意点を記したチェックリストを整備し、複層的なレビュー体制を構築しており
         ます。また、当社自身が、企業の事業活動に関わる各種法律に抵触しないように、当社では「リスク管理規程」
         及び「コンプライアンス規程」を制定し、当社の役職員が遵守すべき法的規制の周知徹底を図り、また、「内部
         通報規程」の制定等によって速やかに法令違反行為等の情報を収集する体制を構築しております。また、定期的
         に社内研修等を行い、当社の役職員が遵守すべき各種法律の周知徹底を図っております。
          しかしながら、上記の対策を講じているにもかかわらず、万が一何らかの理由により関係法令等の規制が遵守
         できなかった場合や、現時点において想定するものはありませんが、今後インターネットの利用や関連するサー
         ビス及びインターネット広告を含むインターネット関連事業を営む事業者を規制対象とする新たな法令等の規制
         や既存法令等の解釈変更がなされた場合には、当社の事業が新たな制約を受け、又は既存の規制が強化された場
         合には、当社の事業活動ならびに財政状態及び業績に影響を与える可能性があります。当社による法令違反又は
         レピュテーションが害されること等があった場合には、企業イメージの悪化等により、当社の業績及び財政状態
         に影響を及ぼす可能性があります。
     (10)第三者の知的財産権(特許、著作権等)侵害に関するリスク(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻

         度):常時、影響度:大)
          当社は、当社が関わる広告物等が他人の写真や文章を盗用することがないように、具体的な対応策として、
         「販売管理規程」、「広告取扱ガイドライン」、「SEOコンテンツ取扱ガイドライン」を定め、広告出稿、クラ
         イアントへの納品等が行われる前に、他社の知的財産を侵害しないための業務フローを定めております。
          本書提出日現在、当社は第三者より知的財産権の侵害に関して第三者の知的財産権を侵害した事実や損害賠償
         及び使用差止の請求を受けた事実はありません。今後においても、侵害を回避すべく監視及び管理を行ってまい
         りますが、当社の事業領域において当社の認識していない知的財産権が既に成立している可能性又は新たに第三
         者の知的財産権が成立する可能性もあり、当該侵害のリスクを完全に排除することは極めて困難であります。万
         が一、当社が第三者の知的財産権等を侵害した場合には、損害賠償請求、差止請求や使用許諾料の支払請求等に
         より、当社の事業活動ならびに財政状態及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                 33/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (11)自然災害等について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:大)
          地震、台風等の自然災害などの事象が発生する場合には、当社事業も大きな影響を受け、円滑な事業活動に支
         障を来たす可能性があります。当社は、そのような事態に備えて、事業継続計画(BCP)を策定し、定期的に社
         内研修等を実施しています。
     (12)小規模組織であることに関するリスク(顕在化の可能性:中、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:大)

          当社の人員体制は、事業の急成長に伴い人材採用を積極的に進めた結果、2022年4月末現在、取締役5名、従
         業員47名(2021年9月末比+16名)となっております。当社は、事業の急成長や変化並びに人員の増加に合わせ
         て、最適な組織構築を迅速かつ柔軟に行っております。継続的に業務執行体制及び内部管理体制の強化を進めて
         おりますが、事業や組織の変化に対し、最適な組織構築がなされない場合においては、当社の業務推進に支障が
         生じ、今後の事業拡大に影響を及ぼす可能性があります。今後の組織の拡大に応じて、業務執行体制及び内部管
         理体制の一層の充実を図ってまいりますが、これらの施策が適時適切に進行しなかった場合には、当社の業績に
         影響を及ぼす可能性があります。
     (13)社歴・業歴が浅いことに関するリスク(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):十分な社歴を重ねる

         まで常時、影響度:中)
          当社の実質的な創業は2018年3月であり、社歴・業歴の浅い会社であります。社歴の浅い会社であるため当社
         の過年度の経営成績は期間業績比較を行うための十分な材料とはならず、過年度の業績のみでは今後の業績を判
         断する情報としては不十分な可能性があります。
     (14)新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大による経済的影響について(顕在化の可能性:低、顕在化の時

         期(又は頻度):常時、影響度:小)
          新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、国内の消費活動が低迷することが見込まれる場合には、費用対
         効果の観点から、広告主において宣伝広告費を縮小する可能性があります。ワクチンの開発・接種が進んだこと
         により、初期と比較すれば、深刻な経済的影響が発生する可能性はそれほど高くないと考えておりますが、万が
         一、感染拡大の影響により、事態が深刻化・長期化した場合には、当社の業績に影響を及ぼす恐れがあります。
          当社は、顧客の分散を積極的に進めることで、当該リスクに対応してまいります。
     (15)調達資金の使途・効果等に関するリスク(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:

         中)
          今回の新規株式公開において、当社が計画している公募増資による資金調達は、人材採用費及び増加人件費、
         マーケティングDXツールの開発費用に充当する予定であります。
          しかしながら、急速に変化する外部環境その他の事由により、当初の予定以外の資金使途となる可能性がある
         ほか、当初の予定に沿って資金を充当したとしても計画通りの効果が発生できない可能性があります。
          当社は、外部環境の変化を具に察知するとともに、予め様々なシナリオに備えた投資計画・資金計画を作成す
         ることで、当該リスクに対応してまいります。
     (16)配当を行っていないことについて(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:小)

          当社は、将来の事業展開と経営基盤の強化を図るため、内部留保の充実を優先し、現在のところ利益配当を
         行っておりません。しかし、一方で株主に対する利益還元についても経営の重要課題の1つと認識しており、経
         営成績及び財政状態を勘案しつつ、将来的には配当による利益還元を検討する所存であります。
     (17)ストックオプションに関するリスク(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:小)

          当社は、取締役、従業員に対するインセンティブとして新株予約権を発行しております。この新株予約権が権
         利行使された場合には、他の既存株主の保有する株式の価値が希薄化する可能性があります。
          なお、本書提出日現在の新株予約権による潜在株式数は、本書提出日現在で取締役、従業員に交付実績のない
         時価発行新株予約権信託243,000株を含め531,000株であり、発行済株式総数5,541,300株の9.58%に相当してお
         ります。
     (18)当社株式の流動性に関するリスク(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響度:中)

          当社の株主構成は市原創吾・ミダス投資事業有限責任組合、岩田匡平・ミダス投資事業有限責任組合及び吉村
         英毅・ミダスA投資事業有限責任組合の大株主、ベンチャーキャピタルが組成した投資事業組合及び当社役職員
         であり、本公募増資及び売出しによって当社株式の流動性の確保に努めることとしておりますが、株式会社東京
         証券取引所の定める流通株式比率は新規上場時において27.99%にとどまる見込みです。今後は、当社大株主へ
         の一部売出しの要請、当社の事業計画に沿った成長資金の公募増資による調達、ストックオプションの行使によ
         る流通株式数の増加分を勘案し、これらの組み合わせにより、流動性の向上を図っていく方針ではありますが、
                                 34/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         何らかの事情により上場時よりも流動性が低下する場合には、当社株式の市場における売買が停滞する可能性が
         あり、それにより当社株式の需給関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。
     (19)当社の大株主である市原創吾・ミダス投資事業有限責任組合、岩田匡平・ミダス投資事業有限責任組合及び吉村

         英毅・ミダスA投資事業有限責任組合について(顕在化の可能性:低、顕在化の時期(又は頻度):常時、影響
         度:小)
        ① 市原創吾・ミダス投資事業有限責任組合との関係について
           当社の筆頭株主である市原創吾・ミダス投資事業有限責任組合(以下「市原創吾・ミダスLPS」といいま
          す。)は、本書提出日現在において、当社発行済株式総数の48.3%を保有しております。
           市原創吾・ミダスLPSは、株式会社ミダスキャピタル、株式会社市原ホールディングス(当社代表取締役社
          長である市原創吾の資産管理会社)及び株式会社吉村ホールディングス(株式会社ミダスキャピタルの代表取
          締役である吉村英毅の資産管理会社)の3者で構成されており、本書提出日現在において、株式会社市原ホー
          ルディングスは市原創吾・ミダスLPSの99.7%の投資口数を保有しております。
           株式会社吉村ホールディングスは、適格機関投資家等特例業務の要件を満たすために市原創吾・ミダスLPS
          に出資しております。市原創吾・ミダスLPSの根拠法となっているLPSを含む集団投資スキーム持分の自己募集
          又は集団投資スキームの自己運用を行う場合、無限責任組合員において、原則として金融商品取引業(第二種
          金融商品     取引業者・投資運用業者)の登録が必要となりますが、適格機関投資家等特例業務に該当する場合
          は金融商品取引業の登録が不要となるため、実務的な利便性の観点からこのような形態をとっております。
           なお、市原創吾・ミダスLPSの概要は以下のとおりであり、組合員の状況及び業務執行の状況から、議決権
          の保有主体は実態として株式会社市原ホールディングスとなっております。市原創吾・ミダスLPSは、株式会
          社市原ホールディングスが当社株式を現物出資する仕組みで組成されております。
         a.組合員(投資口数)
           無限責任組合員:株式会社市原ホールディングス(580口)、株式会社ミダスキャピタル(1口)
           有限責任組合員:株式会社吉村ホールディングス(1口)
         b.本組合の存続期間
            2018年9月28日から2038年3月31日まで。ただし、無限責任組合員が全組合員の出資口数の2分の1以上
           の出資口数を有する組合員から書面による同意を得た場合には、かかる期間満了の翌日から5年間、延長さ
           れる。
         c.本組合の業務執行
            株式会社市原ホールディングス及び株式会社ミダスキャピタルは、無限責任組合員としての業務執行に当
           たり、それぞれ以下に掲げる業務を主たる担当者として主導して行うものとする。主たる担当として定めら
           れた業務については、その業務を主導して行うものとし、両者の一致をもって決定したものとみなしてかか
           る業務を自ら単独で執行することができる。
          (a)株式会社市原ホールディングスが主たる担当者である業務
            ・投資証券等の処分の決定に関する業務
            ・投資証券等の保有に伴う議決権の行使に関する業務
          (b)株式会社ミダスキャピタルが主たる担当者である業務
            ・株式会社市原ホールディングスが主たる担当者である業務以外の本組合の一切の業務
         d.報酬
            分配可能額の累計が組合員の出資履行金額の総額を超えた場合で、かつ当社株式を売却した時点におい
           て、市原創吾・ミダスLPSより当該超過部分の10%を株式会社ミダスキャピタルが成功報酬として受領す
           る。
                                 35/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         e.組合員の脱退
            以下のいずれかの事由が生じた場合には組合員は脱退する。ただし、やむを得ない事由が生じた場合に
           は、他の組合員全員の書面による同意を得ることによって、直ちに本組合を脱退することができる。なお、
           脱退時には、組合員に対する持分の払戻しがなされるものとする。
           ・解散
           ・破産手続、特別清算手続、更生手続及び再生手続開始
           ・除名
           ・反社会的勢力に該当することになったとき
        ② 岩田匡平・ミダス投資事業有限責任組合との関係について

           当社の大株主である岩田匡平・ミダス投資事業有限責任組合(以下「岩田匡平・ミダスLPS」といいま
          す。)は、本書提出日現在において、当社発行済株式総数の30.5%を保有しております。
           岩田匡平・ミダスLPSは、株式会社ミダスキャピタル、岩田匡平氏及び株式会社吉村ホールディングスの3
          者で構成されており、本書提出日現在において、岩田匡平氏は岩田匡平・ミダスLPSの99.5%の投資口数を保
          有しております。
           株式会社吉村ホールディングスは、適格機関投資家等特例業務の要件を満たすために岩田匡平・ミダスLPS
          に出資しております。岩田匡平・ミダスLPSの根拠法となっているLPSを含む集団投資スキーム持分の自己募集
          又は集団投資スキームの自己運用を行う場合、無限責任組合員において、原則として金融商品取引業(第二種
          金融商品     取引業者・投資運用業者)の登録が必要となりますが、適格機関投資家等特例業務に該当する場合
          は金融商品取引業の登録が不要となるため、実務的な利便性の観点からこのような形態をとっております。
           なお、岩田匡平・ミダスLPSの概要は以下のとおりであり、組合員の状況及び業務執行の状況から、議決権
          の保有主体は実態として岩田匡平氏となっております。岩田匡平・ミダスLPSは、岩田匡平氏が当社株式を現
          物出資する仕組みで組成されております。
         a.組合員(投資口数)
           無限責任組合員:岩田匡平氏(372口)、株式会社ミダスキャピタル(1口)
           有限責任組合員:株式会社吉村ホールディングス(1口)
         b.本組合の存続期間
            2018年9月28日から2038年3月31日まで。ただし、無限責任組合員が全組合員の出資口数の2分の1以上
           の出資口数を有する組合員から書面による同意を得た場合には、かかる期間満了の翌日から5年間、延長さ
           れる。
         c.本組合の業務執行
            岩田匡平氏及び株式会社ミダスキャピタルは、無限責任組合員としての業務執行に当たり、それぞれ以下
           に掲げる業務を主たる担当者として主導して行うものとする。主たる担当として定められた業務について
           は、その業務を主導して行うものとし、両者の一致をもって決定したものとみなしてかかる業務を自ら単独
           で執行することができる。
          (a)岩田匡平氏が主たる担当者である業務
            ・投資証券等の処分の決定に関する業務
            ・投資証券等の保有に伴う議決権の行使に関する業務
          (b)株式会社ミダスキャピタルが主たる担当者である業務
            ・岩田匡平氏が主たる担当者である業務以外の本組合の一切の業務
         d.報酬
            分配可能額の累計が組合員の出資履行金額の総額を超えた場合で、かつ当社株式を売却した時点におい
           て、岩田匡平・ミダスLPSより当該超過部分の10%を株式会社ミダスキャピタルが成功報酬として受領す
           る。
         e.組合員の脱退
            以下のいずれかの事由が生じた場合には組合員は脱退する。ただし、やむを得ない事由が生じた場合に
           は、他の組合員全員の書面による同意を得ることによって、直ちに本組合を脱退することができる。なお、
           脱退時には、組合員に対する持分の払戻しがなされるものとする。
           ・解散
           ・破産手続、特別清算手続、更生手続及び再生手続開始
           ・除名
           ・反社会的勢力に該当することになったとき
                                 36/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ 吉村英毅・ミダスA投資事業有限責任組合との関係について
           当社の大株主である吉村英毅・ミダスA投資事業有限責任組合(以下「吉村英毅・ミダスLPS」といいま
          す。)は、本書提出日現在において、当社発行済株式総数の9.0%を保有しております。
           吉村英毅・ミダスLPSは、株式会社ミダスキャピタル、吉村英毅氏及び株式会社吉村ホールディングスの3
          者で構成されており、本書提出日現在において、吉村英毅氏及び株式会社吉村ホールディングスは吉村英毅・
          ミダスLPSの99.97%の投資口数を保有しております。
           株式会社吉村ホールディングスは、適格機関投資家等特例業務の要件を満たすために吉村英毅・ミダスLPS
          に出資しております。吉村英毅・ミダスLPSの根拠法となっているLPSを含む集団投資スキーム持分の自己募集
          又は集団投資スキームの自己運用を行う場合、無限責任組合員において、原則として金融商品取引業(第二種
          金融商品     取引業者・投資運用業者)の登録が必要となりますが、適格機関投資家等特例業務に該当する場合
          は金融商品取引業の登録が不要となるため、実務的な利便性の観点からこのような形態をとっております。
           なお、吉村英毅・ミダスLPSの概要は以下のとおりであり、組合員の状況及び業務執行の状況から、議決権
          の保有主体は実態として吉村英毅氏となっております。
         a.組合員(投資口数)
           無限責任組合員:吉村英毅氏(3,450口)、株式会社ミダスキャピタル(8口)
           有限責任組合員:株式会社吉村ホールディングス(23,339口)
         b.本組合の存続期間
            2017年9月14日から2037年8月31日まで。ただし、無限責任組合員が全組合員の出資口数の2分の1以上
           の出資口数を有する組合員から書面による同意を得た場合には、かかる期間満了の翌日から5年間、延長さ
           れる。
         c.本組合の業務執行
            吉村英毅氏及び株式会社ミダスキャピタルは、無限責任組合員としての業務執行に当たり、それぞれ以下
           に掲げる業務を主たる担当者として主導して行うものとする。主たる担当として定められた業務について
           は、その業務を主導して行うものとし、両者の一致をもって決定したものとみなしてかかる業務を自ら単独
           で執行することができる。
          (a)吉村英毅氏が主たる担当者である業務
            ・投資証券等の処分の決定に関する業務
            ・投資証券等の保有に伴う議決権の行使に関する業務
          (b)株式会社ミダスキャピタルが主たる担当者である業務

            ・吉村英毅氏が主たる担当者である業務以外の本組合の一切の業務
         d.報酬
            分配可能額の累計が組合員の出資履行金額の総額を超えた場合で、かつ当社株式を売却した時点におい
           て、吉村英毅・ミダスLPSより当該超過部分の10%を株式会社ミダスキャピタルが成功報酬として受領す
           る。
         e.組合員の脱退
            以下のいずれかの事由が生じた場合には組合員は脱退する。ただし、やむを得ない事由が生じた場合に
           は、他の組合員全員の書面による同意を得ることによって、直ちに本組合を脱退することができる。なお、
           脱退時には、組合員に対する持分の払戻しがなされるものとする。
           ・解散
           ・破産手続、特別清算手続、更生手続及び再生手続開始
           ・除名
           ・反社会的勢力に該当することになったとき
                                 37/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 株式会社ミダスキャピタルとの関係
           株式会社ミダスキャピタルは、吉村英毅氏が代表を務めるプライベートエクイティファンドの運営会社とい
          う形を取っておりますが、一般的なプライベートエクイティファンドとは異なり、吉村英毅氏が中心となっ
          て、今後成長を志向し、他の起業家との連携強化を求める国内外の起業家又は実業家を参画メンバーとして集
          め、原則として、外部からの資金拠出は受けず、当該参画メンバーのみが無限責任組合員又は有限責任組合員
          として同社が組成するファンドに出資する形態を基本としております(株式会社ミダスキャピタルの概要、経
          営理念、出資先等の詳細については同社のホームページ(https://midascapital.jp)をご覧ください)。
           当社、市原創吾及び岩田匡平氏は、株式会社ミダスキャピタルが掲げるビジョンに賛同するとともに、市原
          創吾・ミダスLPSの議決権の保有主体は実態として株式会社市原ホールディングスであり、当該意思決定に当
          たっては株式会社市原ホールディングスの株式の100%を保有する市原創吾の意向が反映されること及び岩田
          匡平・ミダスLPSの議決権の保有主体は実態として岩田匡平氏であり、当該意思決定に当たっては岩田匡平氏
          の意向が反映されることで当社としても引き続き安定的な経営が可能となる点や、株式会社ミダスキャピタル
          のビジョン等に賛同して参画したメンバーとの間における、知見の共有や人材の紹介、参画メンバーが経営す
          る企業間での取引関係の強化等によって、当社及び株式会社ミダスキャピタルに参画する企業群全体の企業価
          値向上を図ろうとする理念にも魅力を感じ、株式会社市原ホールディングス及び岩田匡平氏が保有していた株
          式をそれぞれ現物出資することによって市原創吾・ミダスLPS及び岩田匡平・ミダスLPSを組成するに至ってお
          ります。
           なお、本書提出日現在において、株式会社ミダスキャピタルから当社に対して派遣されている役員は存在せ
          ず、また、市原創吾・ミダスLPSの議決権の保有主体が実態として株式会社市原ホールディングスであり、岩
          田匡平・ミダスLPSの議決権の保有主体は岩田匡平氏であることから、当社の株主総会又は取締役会等におけ
          る意思決定手続きにおいて、株式会社ミダスキャピタルから直接影響を受けている事実はありません。
           このように、市原創吾・ミダスLPSは株式会社市原ホールディングス、岩田匡平・ミダスLPSは岩田匡平氏が
          主たる業務執行者になっております。なお、上記に記載したとおり、株式会社市原ホールディングス及び岩田
          匡平氏が投資証券等の保有に伴う議決権の行使に関する業務をそれぞれ主導的に行うこととなっているため、
          株式会社市原ホールディングスの意に反する市原創吾・ミダスLPSの意思決定がなされる可能性及び岩田匡平
          の意に反する岩田匡平・ミダスLPSの意思決定がなされる可能性は相当程度低いものと考えております。
           しかしながら、市原創吾・ミダスLPS又は岩田匡平・ミダスLPSの業務執行に当たり、万が一、株式会社ミダ
          スキャピタルの経営方針の変更等によって市原創吾・ミダスLPSにおける株式会社市原ホールディングスの意
          向又は岩田匡平・ミダスLPSにおける岩田匡平氏の意向が反映されなくなった場合には、当社の役員の選解
          任、他社との合併等の組織再編、減資、定款の変更等の当社の株主総会決議の結果に重要な影響を及ぼす可能
          性があります。
           また、株式会社ミダスキャピタルは、市原創吾・ミダスLPS及び岩田匡平・ミダスLPS以外にも類似のスキー
          ムを採用することによって複数のファンドを組成しており、いずれも、基本的には、ファンドの出資先となっ
          ている企業の経営者が実質的な出資者となっている状況にありますが、株式会社ミダスキャピタル、当該他の
          ファンドが出資する企業又はその出資者が、法令違反その他の事由により社会的信用を失墜することになった
          場合には、当社と各社等の間に直接的な関係は無いものの、「ミダス」を名称に冠するファンドが株主に存在
          しているという共通点から生じる風評等により、当社の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
           本書提出日現在において、当社、株式会社市原ホールディングス及び岩田匡平氏は、ミダス企業群の一員と
          して、市原創吾・ミダスLPS及び岩田匡平・ミダスLPSを通じて強固な関係を築いておりますが、万が一、経営
          方針の相違等によって、株式会社市原ホールディングスがミダス投資事業有限責任組合から脱退することに
          なった場合や、岩田匡平氏が岩田匡平・ミダスLPSから脱退することになった場合などは、LPSの形態から各
          LPSの大株主による直接的な出資形態に切り替えることが可能です。しかしながら、ミダス企業群からの脱退
          により、ミダス企業群に参画している企業との間での知見の共有や人材の紹介、取引関係の強化等のメリット
          が得られなくなった場合には、当社の業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
           なお、当社の上場時において、それぞれ所有する当社株式の一部を売却する予定ですが、上場後においても
          相当数の当社株式を保有する予定であります。また、当社は、今後において市原創吾・ミダスLPS及び岩田匡
          平・ミダスLPSの出資者の内訳や上記各事項に変更が生じた場合には、速やかに開示を行う方針であります。
                                 38/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤ 株式会社ミダスキャピタルにおけるガバナンス原則の内容及び当社とミダス企業群との関係について
           株式会社ミダスキャピタルにおいて、ミダス企業群全体に適用されるガバナンス原則が定められており、各
          社同士の営業取引、資本取引、人的交流について規則を設けモニタリングが実施されています。具体的なガバ
          ナンス原則の主な内容と当社の状況は以下のとおりです。
         a.営業取引
          (a)株式会社ミダスキャピタルにおけるガバナンス原則の主な内容
             ミダス企業群に属する事業会社同士で営業取引を行う場合は、ミダス企業群以外の第三者との取引や
            市場取引から合理的な範囲で乖離しない経済条件(取引内容、取引開始の経緯、取引価格)で実施しま
            す。また、ミダス企業群に属する事業会社同士で営業取引を開始する際には、取引の双方における取締
            役会決議又はそれに準ずる機関決定を経るものといたします。原則として、各投資先事業会社におい
            て、売上高合計、売上原価合計、販売費及び一般管理費合計、資産合計、負債合計について、ミダス企
            業群の他の事業会社を相手方とする計上金額の構成比は一定の基準を超えないものとし、相互にモニタ
            リングを実施することといたします。
          (b)当社の状況
             当社は、ミダス企業群と以下の取引を実施しております。なお、当社がミダス企業群に参画している
            企業と取引を実施する際は、その取引価額については独立第三者との取引価額と同等の経済条件で取引
            を実施することとしております。
           取引先名            取引の内容            取引開始の経緯            取引金額(注)
                                   Web集客に関するノウハ
                       オンラインクレーン事
                                   ウを求める同社と当社                  84,568千円
           株式会社GENDA       Games
                       業のWeb集客の支援(売
                                   が提供可能なソリュー                  (6.4%)
                       上高)
                                   ションの一致
                                   Web集客に関するノウハ
                       オンラインクレーン事
           株式会社GENDA       GiGO
                                   ウを求める同社と当社                  5,171千円
                       業のWeb集客の支援(売
                                   が提供可能なソリュー                  (0.4%)
           Entertainment
                       上高)
                                   ションの一致
                                   Web集客に関するノウハ
                       ECサイトのWeb集客の支            ウを求める同社と当社                  1,430千円
           マリンフード株式会社
                       援            が提供可能なソリュー                  (0.1%)
                                   ションの一致
                       新卒・中途採用に関す            同社が人材紹介事業に
           株式会社イングリウッ                                           3,301千円
                       る業務委託の費用(販            関するノウハウを有し
           ド                                           (1.4%)
                       売費及び一般管理費)            ていたことによる
                       新卒・中途採用に関す            同社が人材紹介事業に
           株式会社イングリウッ                                            880千円
                       る業務委託の前払費用            関するノウハウを有し
           ド                                           (0.1%)
                       (資産)            ていたことによる
            (注)金額は2021年9月期の実績値であり、括弧書きは2021年9月期の売上高合計(収益認識会計基準
               を適用する前の金額)、販売費及び一般管理費合計もしくは資産合計に占める割合を記載してお
               ります。
         b.資本取引
          (a)株式会社ミダスキャピタルにおけるガバナンス原則の主な内容
             ミダス企業群に属する事業会社が新たにミダス企業群の他の事業会社に対して出資や融資を行うこと
            はありません。
          (b)当社の状況
             当社は、ミダス企業群に参画している企業は独立した会社であることを踏まえ、各参画企業と資本取
            引又は金銭貸借やそれと同様の効果を生じさせうるような資金融通にかかる取引(以下、「資金融通取
            引」という。)に対し、以下の基本方針を有しております。
           ⅰ.原則として、ミダスキャピタル参画企業との間の資本取引又は資金融通取引は行わない。仮に取引を
             行う場合においては、取締役会において当該取引の必要性・合理性等について慎重に確認・検討を行
             うと共に、当該内容について開示を行う。
           ⅱ.資本取引又は資金融通取引を実施した場合においても、当該取引に起因して、当社やミダス企業群の
             与信を歪めうる等、資本市場の健全性を損なうおそれのあるコーポレートアクションは一切行わな
             い。
             なお、当社は、ミダス企業群からの出資、融資を受けておりません。
         c.人的交流
          (a)株式会社ミダスキャピタルにおけるガバナンス原則の主な内容
                                 39/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             原則として、ミダス企業群の常勤役職員は、ミダス企業群の他の事業会社との兼務を致しません。ま
            た、株式会社ミダスキャピタルの役職員が投資先事業会社の役員に就任する場合には、非常勤非業務取
            締 役又は監査役に限るものとし、役員報酬は市場取引から合理的な範囲で乖離しない経済条件といたし
            ます。
          (b)当社の状況
             当社は、ミダス企業群に参画している企業は独立した会社であることを踏まえ、上場後においては、
            原則として他のミダス企業群及び株式会社ミダスキャピタルとの役員兼務等の人的交流は行わないとの
            基本方針を有しております。
             なお、当社には、他のミダス企業群及び株式会社ミダスキャピタルとの兼務を行っている役職員はお
            りません。
                                 40/154

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)経営成績等の状況の概要
          当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとお
         りであります。
          なお、当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりま
         せん。
        ① 財政状態の状況

          第9期事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
         (資産)
           当事業年度末の総資産は645,039千円となり、前事業年度末と比べ169,508千円の増加となりました。
           流動資産は152,253千円増加し、590,173千円となりました。主たる要因は、業容の拡大に伴い、売掛金が
          135,170千円増加したことによるものであります。
           固定資産は17,254千円増加し、54,866千円となりました。主たる要因は、本社オフィスの移転に伴い、敷金
          が20,364千円増加したことによるものであります。
         (負債)

           当事業年度末の負債は300,587千円となり、前事業年度末に比べ90,084千円の増加となりました。
           流動負債は93,756千円増加し、264,104千円となりました。主たる要因は、業容の拡大に伴い、買掛金が
          101,004千円増加したことによるものであります。
           固定負債は3,672千円減少し、36,483千円となりました。この要因は、リース資産売却に伴いリース債務が
          2,222千円減少したこと及び長期借入金が1,450千円減少したことによるものであります。
         (純資産)

           当事業年度末の純資産は344,452千円となり、前事業年度末に比べ79,423千円の増加となりました。主たる
          要因は、当期純利益の計上に伴い繰越利益剰余金が78,759千円増加したことによるものであります。
          第10期第2四半期累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)

         (資産)
           当第2四半期会計期間末の総資産は937,043千円となり、前事業年度末と比べ292,003千円の増加となりまし
          た。
           流動資産は266,274千円増加し、856,448千円となりました。主たる要因は、業容の拡大に伴い現金及び預金
          が78,402千円、売掛金が166,681千円増加したことによるものであります。
           固定資産は25,728千円増加し、80,595千円となりました。主たる要因は、敷金の追加差入により22,776千円
          増加したことによるものであります。
         (負債)

           当第2四半期会計期間末の負債は487,832千円となり、前事業年度末に比べ187,244千円の増加となりまし
          た。
           流動負債は195,195千円増加し、459,300千円となりました。主たる要因は、業容の拡大に伴い、買掛金が
          37,649千円、前受金が86,703千円増加したことによるものであります。
           固定負債は7,951千円減少し、28,532千円となりました。要因は、長期借入金が7,951千円減少したことによ
          るものであります。
         (純資産)

           当第2四半期会計期間末の純資産は449,210千円となり、前事業年度末に比べ104,758千円の増加となりまし
          た。主たる要因は、四半期純利益103,174千円の計上に伴い利益剰余金が103,174千円増加したことによるもの
          であります。
                                 41/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ② 経営成績の状況
          第9期事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
            新型コロナウイルス感染症の感染拡大を契機に、あらゆる産業界においてデジタルトランスフォーメー
           ションの流れが強まり、インターネットを用いた販促・マーケティング活動が活発となった結果、当社の所
           属するデジタルマーケティング業界に対する需要はより一層高まっております。
            当社の主要な事業領域であるインターネット広告市場の2020年における市場規模は、前年比5.9%増の2
           兆2,290億円となり、成長を続けております(出典:株式会社電通「2020年 日本の広告費」)。
            こうした環境の下、当社はデジタルマーケティングサービスを提供しており、クライアントの旺盛なイン
           ターネットを用いた販促・マーケティングニーズに応えた結果、当社の当事業年度の売上高は1,329,789千
           円(前年同期比90.9%増)、営業利益は120,372千円(前年同期比0.3%増)、経常利益は111,638千円(前
           年同期比8.7%減)、当期純利益は78,759千円(前年同期比8.8%減)となりました。売上高が大きく伸長し
           ておりますが、内部管理体制の強化による人員増強、業容拡大に伴うオフィス移転費用の発生や家賃の増加
           により、各利益は微増・微減となっております。
            なお、当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしてお
           りません。
          第10期第2四半期累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)

            新型コロナウイルス感染症の感染拡大は引続き収束が見えず、あらゆる産業界においてデジタルトランス
           フォーメーションのトレンドが継続しており、インターネットを用いた販促・マーケティング活動が前年度
           比さらに活発となった結果、当社の所属するデジタルマーケティング業界に対する需要はより一層高まって
           おります。株式会社電通「2021年 日本の広告費」によると、インターネット広告の市場規模は2021年に2
           兆7,052億円となりました。また、株式会社矢野経済研究所「インターネット広告市場に関する調査を実施
           (2021年)」によると、同市場規模は2024年には3兆2,740億円に成長すると推計されております。
            こうした環境の下、当社はデジタルマーケティングサービスを提供しており、クライアントの旺盛なイン
           ターネットを用いた販促・マーケティングニーズに応えた結果、当第2四半期累計期間の売上高は561,579
           千円、営業利益は150,990千円、経常利益は148,676千円、四半期純利益は103,174千円となりました。
            なお、第1四半期会計期間の期首より「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月
           31日。以下「収益認識会計基準」という。)等を適用しております。収益認識会計基準等を適用しなかった
           場合の当第2四半期累計期間の売上高(取扱高)は、1,421,549千円であり、収益認識会計基準等の適用に
           より、売上高は859,969千円減少しております。
            当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメントごとの記載はしておりませ
           ん。
        ③ キャッシュ・フローの状況

          第9期事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
           当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前事業年度末に比べ1,039千円減少
          の328,514千円となりました。
           当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果、増加した資金は15,238千円(前年同期は171,460千円の資金増加)となりました。これは
          主に、税引前当期純利益の計上111,697千円(前年同期は122,276千円の資金増加)による資金の増加に対し、
          売上債権の増加額138,140千円(前年同期は33,869千円の資金減少)による資金の減少があったことによるも
          のであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果、減少した資金は25,653千円(前年同期は27,884千円の資金減少)となりました。これは主
          に、敷金の差入による支出45,552千円(前年同期は24,406千円の資金減少)及び敷金の回収による収入24,406
          千円(前年同期は275千円の資金増加)によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果、増加した資金は9,375千円(前年同期は146,065千円の資金増加)となりました。これは主
          に、長期借入れによる収入50,000千円(前年同期は20,000千円の資金増加)及び長期借入金の返済による支出
          38,850千円(前年同期は11,082千円の資金減少)によるものであります。
          第10期第2四半期累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)
                                 42/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当第2四半期累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の四半期末残高は、前事業年
          度末に比べ78,402千円増加の406,917千円となりました。当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フ
          ローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
          (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果、増加した資金は112,323千円となりました。これは主に、税引前四半期純利益の計上
          148,709千円による資金の増加に対し、売上債権の増加額175,591千円による資金の減少及び前受金の増加額
          86,703千円による資金の増加があったことによるものであります。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果、減少した資金は24,391千円となりました。これは主に、敷金の差入による支出22,776千円
          によるものであります。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果、減少した資金は9,528千円となりました。これは主に、長期借入れによる収入10,000千円
          及び長期借入金の返済による支出18,683千円によるものであります。
        ④ 生産、受注及び販売の実績

         a.生産実績
            当社の事業は、提供するサービスの性格上、生産実績の記載になじまないため、当該記載を省略しており
           ます。
         b.受注実績
            当社の事業は、提供するサービスの性格上、受注実績の記載になじまないため、当該記載を省略しており
           ます。
         c.販売実績
            当社は、デジタルマーケティング事業の単一セグメントのため、第9期事業年度及び第10期第2四半期累
           計期間の販売実績をサービス区分別に示すと、次のとおりであります。
                                               第10期第2四半期
                              第9期事業年度
                                                 累計期間
                           (自    2020年10月1日
                                              (自    2021年10月1日
                            至   2021年9月30日)
          サービスの名称
                                               至   2022年3月31日)
                                     前年同期比
                         販売高(千円)                       販売高(千円)
                                      (%)
      インターネット広告                       994,499          197.3              336,647
      SEOコンサルティング                       335,290          174.2              224,932
            合計                1,329,789           190.9              561,579
     (注)1.最近2事業年度及び第10期第2四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に
           対する割合は次のとおりであります。
                        第8期事業年度             第9期事業年度          第10期第2四半期累計期間
                      (自    2019年10月1日          (自    2020年10月1日          (自    2021年10月1日
           相手先
                       至   2020年9月30日)           至   2021年9月30日)           至   2022年3月31日)
                     金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)      金額(千円)       割合(%)
      ㈱ネクステージ                    -      -      -      -    56,791       10.1
      ㈱ニューアート・シーマ                    -      -    145,231        10.9       -      -
      デジタル・アドバタイジング・
                       133,560        19.2     138,573        10.4       -      -
      コンソーシアム㈱
      ㈱メディカルサービス                 139,827        20.1       -      -      -      -
     (注)2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.第10期事業年度の期首から「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を適
           用しております。このため最近2事業年度は収益認識会計基準の適用前、第10期第2四半期累計期間は収益
           認識会計基準の適用後の実績となっております。
                                 43/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
          経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
          なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

           当社の財務諸表は、わが国において一般的に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。
          この財務諸表の作成にあたって、必要と思われる見積りは合理的な基準に基づいて実施しております。詳細に
          つきましては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等(1)財務諸表 注記事項」に記載しておりますが、重
          要な会計上の見積りを要する項目はないと判断しております。
        ② 経営成績の分析

          第9期事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
         (売上高、売上原価、売上総利益)
           売上高は、営業体制の強化による業容拡大に伴い1,329,789千円(前事業年度比633,211千円増)となりまし
          た。
           売上原価は、売上高の増加に伴い、965,649千円(前事業年度比558,269千円増)となりました。以上の結
          果、売上総利益は前事業年度から74,941千円増加して364,139千円となりました。
         (販売費及び一般管理費、営業利益)

           販売費及び一般管理費は、内部管理体制の強化による人員増強、業容拡大を理由としたオフィス移転に伴う
          家賃の増加により243,767千円(前事業年度比74,621千円増)となりました。
           以上の結果、当事業年度の営業利益は120,372千円(前事業年度比320千円増)となりました。
         (営業外収益、営業外費用、経常利益)

           営業外損益については、営業外収益は補助金収入があり4,514千円(前事業年度比1,329千円増)、営業外費
          用は本社移転費用等による支出があり13,248千円(前事業年度比12,288千円増)となりました。
           以上の結果、当事業年度の経常利益は111,638千円(前事業年度比10,638千円減)となりました。
         (特別利益、特別損失、税引前当期純利益)

           特別損益については、特別利益は59千円(前事業年度は発生なし)となりました。特別損失は発生しません
          でした。
           以上の結果、税引前当期純利益は111,697千円(前事業年度比10,579千円減)となりました。
         (法人税等、当期純利益)

           法人税・住民税及び事業税は30,809千円(前事業年度比3,658千円減)となりました。
           以上の結果、当事業年度の当期純利益は78,759千円(前事業年度比7,632千円減)となりました。
          第10期第2四半期累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)

         (売上高、売上原価、売上総利益)
           売上高は、営業体制の強化による業容拡大があったものの、第1四半期会計期間の期首より「収益認識に関
          する会計基準」等を適用したことに伴い、適用しなかった場合と比べて859,969千円減少したことから、
          561,579千円となりました。
           売上原価についても、当該会計基準等を適用したことに伴い、適用しなかった場合と比べて859,969千円減
          少したことから、261,888千円となりました。
           以上の結果、売上総利益は299,691千円となりました。
         (販売費及び一般管理費、営業利益)

           販売費及び一般管理費は、業容拡大に伴う人員の強化により148,701千円となりました。
           以上の結果、営業利益は150,990千円となりました。
         (営業外収益、営業外費用、経常利益)

           営業外損益については、営業外収益は受取利息の発生により36千円、営業外費用は上場関連費用の発生によ
          り2,349千円となりました。
           以上の結果、経常利益は148,676千円となりました。
         (特別利益、特別損失、税引前四半期純利益)
           特別損益については、特別利益は33千円となりました。特別損失は発生しませんでした。
           以上の結果、税引前四半期純利益は148,709千円となりました。
                                 44/154

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (法人税等、四半期純利益)

           法人税・住民税及び事業税は45,535千円となりました。
           以上の結果、四半期純利益は103,174千円となりました。
        ③ 財政状態の分析

           財政状態の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・
          フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ① 財政状態の状況」に記載の通りであります。
        ④ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

           当社事業の資金需要の主なものは、広告枠の購入のほか、当社従業員に支払う給与手当などの販売費及び一
          般管理費等の営業資金によるものです。投資を目的とした資金需要は、主に、社内の業務システムの構築など
          のシステム改修によるものです。これらの資金需要については、内部資金で不足する場合には、借入金等によ
          る調達を行う方針です。
           なお、キャッシュ・フローの状況の分析については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経
          営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③キャッシュ・フローの状
          況」に記載のとおりであります。
        ⑤ 経営方針、経営戦略又は経営上の目標の達成を判断するための客観的な指標等の分析

           経営方針、経営戦略又は経営上の目標の達成を判断するための客観的な指標等につきましては、「第2 事
          業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (4)経営上の目標の達成状況を判断するための
          客観的な指標等」に記載のとおり、社員1人当たりの生産性及び社員数を経営指標として重視しております。
           社員1人当たりの生産性については、受注案件の採算性の精査・確保、適切な工数・品質管理、業務委託の
          積極的な活用、育成システムを機能させることによる従業員の能力開発、マーケティングDXツールの活用等を
          継続して実施したことで、2021年9月期において、42,896千円(前期比29.3%増)となっております。これ
          は、予定通りの進捗となっており、堅調に推移しているものと認識しております。なお、2018年9月期は
          7,609千円、2019年9月期は23,630千円(前期比210.5%増)、2020年9月期は33,170千円(前期比40.4%増)
          となっております。
           社員数については、積極的な採用活動により、2021年9月期において、31人となっております。これは、予
          定通りの進捗となっており、堅調に推移しているものと認識しております。なお、2018年9月期は5人、2019
          年9月期は10人、2020年9月期は21人となっております。
        ⑥ 経営成績に重要な影響を与える要因

           当社は、当社の経営成績に重要な影響を与える要因として、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に
          記載のとおり、人材の確保・育成によるリスクを認識しております。
           これらのリスクに対応するため、当社では、積極的な新卒採用や社員の定着率の高まるような健全な組織作
          りに取組んでまいります。
                                 45/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑦ 売上高に係る参考情報
           当社は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(会計方針の変更)」に記載の
          とおり、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」
          という。)等を、第10期の期首から適用している影響で、当社の役割が代理人に該当する取引について総額表
          示から純額表示に変更を行った結果、第9期から第10期にかけて売上高が大きく減少しております。なお、売
          上総利益、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益には影響ありません。
           各期の売上高に係る比較可能性を担保するための参考情報として、以下をご参照ください。
                                                     (単位:千円)
                                                       第10期
                      第5期       第6期       第7期       第8期       第9期      第2四半期
                                                       累計期間
          決算年月           2017年9月       2018年9月       2019年9月       2020年9月       2021年9月       2022年3月
     取扱高(注)4.                  11,195       38,049      236,302       696,577      1,329,789       1,421,549

     売上高(注)5.                  11,195       38,049      236,302       696,577      1,329,789        561,579

     売上高(注)6.                  11,195       38,049      150,517       431,558       687,320       561,579

     (注)4.収益認識会計基準等を適用しないと仮定した場合の売上高であります。
         5.収益認識会計基準等を第10期の期首より適用した財務諸表上の売上高であります。
         6.収益認識会計基準等を第5期の期首より適用したと仮定した場合の売上高であります。
         7.(注)4.及び(注)6.の数値に関しては、ひびき監査法人の監査を受けておりません。
     4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

        該当事項はありません。
                                 46/154












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      第9期事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
        当事業年度において実施した設備投資の総額は、                       51,260   千円であり、その主な内容は、業容拡大に伴う本社事務所
      移転に係る敷金の差入45,552千円及びソフトウエア開発4,930千円であります。なお、当事業年度において重要な設
      備の除却、売却等はありません。
        当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
      第10期第2四半期累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)

        当第2四半期累計期間において実施した設備投資の総額は、                            24,991   千円であり、その主な内容は、本社事務所移転
      に係る敷金の追加差入22,776千円であります。なお、当第2四半期累計期間において重要な設備の除却、売却等はあ
      りません。
        当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しております。
     2【主要な設備の状況】

                                                 2021年9月30日時点
                                帳簿価額(千円)
      事業所名                                                従業員数
             設備の内容
      (所在地)                                                 (名)
                          工具、器具
                     建物            ソフトウエア         敷金       合計
                           及び備品
        本社

                                                          31
             本社設備等          361       963      4,167      44,771       50,263
                                                          (4)
     (東京都港区)
      (注)1.現在休止中の主要な設備はありません。

          2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          3.本社建物は賃借物件であり、年間賃借料は45,552千円であります。
          4.従業員数の( )は臨時雇用者数(契約社員、アルバイトを含む)を外数で記載しております。
          5.セグメント情報について、当社はデジタルマーケティング事業の単一セグメントであるため、記載してお
            りません。
     3【設備の新設、除却等の計画】                  (2022年4月30日現在)

        設備の新設、除却等の計画で重要なものはありません。
                                 47/154










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                       20,000,000

                  計                             20,000,000

        ②【発行済株式】

                                     上場金融商品取引所名又は登録
            種類              発行数(株)                             内容
                                     認可金融商品取引業協会名
                                                    完全議決権株式
                                                    であり、権利内
                                                    容に何ら限定の
                                                    ない当社におけ
                              5,541,300
      普通株式                                非上場               る標準となる株
                                                    式であります。
                                                    なお、単元株式
                                                    数は100株であ
                                                    ります。
                              5,541,300
             計                               -            -
     (注)2022年2月28日開催の臨時株主総会決議により、2022年3月1日付で1単元を100株とする単元株制度を採用し
         ております。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
     第1回新株予約権
      決議年月日                            2020年6月29日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 6 (注)5.

      新株予約権の数(個)※                            12,400 [10,600]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 12,400 [10,600](注)1.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            560 (注)2.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年7月18日 至 2030年6月28日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格  560
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額 280
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)3.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)4.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
        載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数

           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
                                 48/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         2.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金560円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記1(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
                                 49/154














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (2)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (3)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (4)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (5)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
         5.本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、権利の喪失により、当社従業員4名となっておりま
           す。
     第2回新株予約権
      決議年月日                            2020年6月29日
                                 50/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                  当社取締役 1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員 5 (注)6.
      新株予約権の数(個)※                            194,500
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 194,500 (注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            560 (注)3.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年11月1日 至 2025年10月31日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   577
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  289
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)5.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30
        日)において、記載すべき内容が最近事業年度の末日における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係
        る記載を省略しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき17円で有償発行しております。

         2.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
                                 51/154







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金560円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記2(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権者は、2021年9月期(2020年度)における当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原
             価に含まれる労務費と経費を加えた額が420百万円を超過し、かつ2022年9月期(2021年度)における
             当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原価に含まれる労務費と経費を加えた額が504百万円を
             超過した場合に本新株予約権を行使することができます。なお、上記における売上総利益、原価に含ま
             れる労務費と経費は、当社の決算報告書に記載される損益計算書の数値を用いるものとし、適用される
             会計基準の変更等により参照すべき売上総利益、原価に含まれる労務費と経費の概念に重要な変更が
             あった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を当社取締役会にて定め
             るものとします。
          (2)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (3)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (4)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (5)本新株予約権の割当日から権利行使期間開始日以前に当社普通株式価額が560円を下回った場合、本新
             株予約権は消滅するものとします。
          (6)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (7)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
                                 52/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
         6.本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、権利の喪失により、当社取締役1名及び当社従業員4
           名となっております。
     第3回新株予約権

      決議年月日                            2020年12月15日
                                  当社取締役 1
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社監査役 1 (注)6.
                                  当社従業員 2
      新株予約権の数(個)※                            18,600
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 18,600 (注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            560 (注)3.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年11月1日 至 2025年10月31日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   577
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  289
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)5.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30
        日)において、記載すべき内容が最近事業年度の末日における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係
        る記載を省略しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき17円で有償発行しております。

                                 53/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         3.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金560円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記2(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
                                 54/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権者は、2021年9月期(2020年度)における当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原
             価に含まれる労務費と経費を加えた額が420百万円を超過し、かつ2022年9月期(2021年度)における
             当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原価に含まれる労務費と経費を加えた額が504百万円を
             超過した場合に本新株予約権を行使することができます。なお、上記における売上総利益、原価に含ま
             れる労務費と経費は、当社の決算報告書に記載される損益計算書の数値を用いるものとし、適用される
             会計基準の変更等により参照すべき売上総利益、原価に含まれる労務費と経費の概念に重要な変更が
             あった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を当社取締役会にて定め
             るものとします。
          (2)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (3)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (4)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (5)本新株予約権の割当日から権利行使期間開始日以前に当社普通株式価額が560円を下回った場合、本新
             株予約権は消滅するものとします。
          (6)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (7)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
         6.本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、監査役会設置会社から監査等委員会設置会社への移行
           により、当社取締役2名及び当社従業員2名となっております。
                                 55/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第4回新株予約権
      決議年月日                            2021年1月19日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 8

      新株予約権の数(個)※                            4,800

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 4,800 (注)1.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            660 (注)2.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2023年1月20日 至 2031年1月18日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   660
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  330
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)3.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)4.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30
        日)において、記載すべき内容が最近事業年度の末日における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係
        る記載を省略しております。
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数

           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         2.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金660円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記1(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
                                 56/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (2)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (3)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (4)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (5)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
                                 57/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第5回新株予約権
      決議年月日                            2021年1月19日
                                  当社監査役 1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                  当社従業員 1 (注)6.
      新株予約権の数(個)※                            4,800 [1,800]
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 4,800 [1,800](注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            660 (注)3.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年11月1日 至 2025年10月31日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   671
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  336
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)5.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
        載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき11円で有償発行しております。

         2.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         3.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金660円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記2(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
                                 58/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権者は、2021年9月期(2020年度)における当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原
             価に含まれる労務費と経費を加えた額が420百万円を超過し、かつ2022年9月期(2021年度)における
             当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原価に含まれる労務費と経費を加えた額が504百万円を
             超過した場合に本新株予約権を行使することができます。なお、上記における売上総利益、原価に含ま
             れる労務費と経費は、当社の決算報告書に記載される損益計算書の数値を用いるものとし、適用される
             会計基準の変更等により参照すべき売上総利益、原価に含まれる労務費と経費の概念に重要な変更が
             あった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を当社取締役会にて定め
             るものとします。
          (2)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (3)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (4)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (5)本新株予約権の割当日から権利行使期間開始日以前に当社普通株式価額が660円を下回った場合、本新
             株予約権は消滅するものとします。
          (6)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (7)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
                                 59/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
         6.本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、権利の喪失により、当社従業員1名となっておりま
           す。
     第6回新株予約権

      決議年月日                            2021年5月20日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 7 (注)5.

      新株予約権の数(個)※                            3,500 [3,000]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 3,500 [3,000](注)1.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            660 (注)2.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2023年5月21日 至 2031年5月20日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   660
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  330
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)3.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)4.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
        末現在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記
        載しており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数

           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
                                 60/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金660円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記1(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (2)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (3)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (4)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (5)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
                                 61/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
         5.本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、権利の喪失により、当社従業員6名となっておりま
           す。
     第7回新株予約権

      決議年月日                            2021年5月20日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 2

      新株予約権の数(個)※                            32,200

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 32,200 (注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            660 (注)3.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年11月1日 至 2025年10月31日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   671
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額  336
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)5.
     ※ 最近事業年度の末日(2021年9月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30
        日)において、記載すべき内容が最近事業年度の末日における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係
        る記載を省略しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき11円で有償発行しております。

         2.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
                                 62/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金660円(以下「行使価額」という。)
           とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1個あた
           りの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整されるこ
           とがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記2(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権者は、2021年9月期(2020年度)における当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原
             価に含まれる労務費と経費を加えた額が420百万円を超過し、かつ2022年9月期(2021年度)における
             当社損益計算書に記載される売上総利益額に、原価に含まれる労務費と経費を加えた額が504百万円を
             超過した場合に本新株予約権を行使することができます。なお、上記における売上総利益、原価に含ま
             れる労務費と経費は、当社の決算報告書に記載される損益計算書の数値を用いるものとし、適用される
             会計基準の変更等により参照すべき売上総利益、原価に含まれる労務費と経費の概念に重要な変更が
             あった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を当社取締役会にて定め
             るものとします。
          (2)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (3)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (4)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (5)本新株予約権の割当日から権利行使期間開始日以前に当社普通株式価額が660円を下回った場合、本新
             株予約権は消滅するものとします。
          (6)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (7)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
                                 63/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
                                 64/154













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第8回新株予約権
      決議年月日                            2021年11月26日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 3

      新株予約権の数(個)※                            1,500

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 1,500 (注)1.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,100 (注)2.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2023年11月27日 至 2031年11月26日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   1,100
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   550
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)3.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)4.
     ※ 新株予約権発行時(2021年11月26日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30日)
        において、記載すべき内容が新株予約権発行時における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数

           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         2.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金1,100円(以下「行使価額」とい
           う。)とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1
           個あたりの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整さ
           れることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記1(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
                                 65/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (2)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (3)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (4)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (5)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
                                 66/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第9回新株予約権
      決議年月日                            2021年11月26日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 2

      新株予約権の数(個)※                            20,500

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 20,500 (注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,100 (注)3.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年11月1日 至 2026年5月3日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   1,167
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   584
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)5.
     ※ 新株予約権発行時(2021年11月26日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30日)
        において、記載すべき内容が新株予約権発行時における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき67円で有償発行しております。

         2.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         3.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金1,100円(以下「行使価額」とい
           う。)とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1
           個あたりの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整さ
           れることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記2(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
                                 67/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権者は、2021年度における当社損益計算書に記載される売上総利益額が398百万円を超過し、
             かつ2022年度における当社損益計算書に記載される売上総利益額が593百万円を超過した場合に本新株
             予約権を行使することができます。なお、上記における売上総利益は、当社の決算報告書に記載される
             損益計算書の数値を用いるものとし、適用される会計基準の変更等により参照すべき売上総利益の概念
             に重要な変更があった場合には、当社は合理的な範囲内において、別途参照すべき適正な指標を当社取
             締役会にて定めるものとします。
          (2)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (3)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (4)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (5)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (6)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
                                 68/154

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
     第10回新株予約権

      決議年月日                            2021年11月26日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            信託会社 1(注)6.

      新株予約権の数(個)※                            243,000

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 243,000 (注)2.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,100 (注)3.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2022年7月1日 至 2032年6月30日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   1,101
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   551
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)4.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)5.
     ※ 新株予約権発行時(2021年11月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2022年4月30日)
        において、記載すべき内容が新株予約権発行時における内容から変更が無いため、提出日の前月末現在に係る記載
        を省略しております。
     (注)1.本新株予約権は、新株予約権1個につき1円で有償発行しております。

         2.新株予約権の目的となる株式の種類及び数
           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(当社普通株式の無償割当てを含む。以下
           同じ。)又は株式併合を行う場合、次の算式により調整されるものとします。ただし、かかる調整は、本新
           株予約権のうち、当該時点で行使されていない新株予約権の目的である株式の数についてのみ行われ、調整
           の結果生じる1株未満の端数については、これを切り捨てるものとします。
           調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

           また、本新株予約権の割当日後、当社が合併、会社分割又は資本金の額の減少を行う場合その他これらの場

           合に準じ付与株式数の調整を必要とする場合には、合理的な範囲で、付与株式数は適切に調整されるものと
           します。
         3.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金1,100円(以下「行使価額」とい
           う。)とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1
           個あたりの目的となる株式数を乗じた金額とします。
           なお、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割又は株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調整
           し、調整による1円未満の端数は切り上げます。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
           また、本新株予約権の割当日後、当社が当社普通株式につき時価を下回る価額で新株の発行又は自己株式の
           処分を行う場合(新株予約権の行使に基づく新株の発行及び自己株式の処分並びに株式交換及び株式交付に
           よる自己株式の移転の場合を除く。)、                   次の算式により行使価額を調整し、調整による1円未満の端数は
           切り上げます。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式において「既発行株式数」とは、当社普通株式にかかる発行済株式総数から当社普通株式に

           かかる自己株式数を控除した数とし、また、当社普通株式にかかる自己株式の処分を行う場合には、「新規
           発行株式数」を「処分する自己株式数」に読み替えるものとします。
           さらに、上記のほか、本新株予約権の割当日後、当社が他社と合併する場合、会社分割を行う場合、その他
           これらの場合に準じて行使価額の調整を必要とする場合には、当社は、合理的な範囲で適切に行使価額の調
           整を行うことができるものとします。
                                 69/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.新株予約権の行使の条件
          (1)新株予約権者は、2023年9月期から2027年9月期までのいずれかの期において、当社の損益計算書(連
             結損益計算書を作成している場合には連結損益計算書)に記載された売上総利益が、1,000百万円を超
             過した場合にのみ、これ以降本新株予約権を行使することができます。なお、上記における売上総利益
             の判定に際しては、適用される会計基準の変更や当社の業績に多大な影響を及ぼす企業買収等の事象が
             発生し当社の損益計算書(連結損益計算書を作成している場合には連結損益計算書)に記載された実績
             数値で判定を行うことが適切ではないと取締役会が判断した場合には、当社は合理的な範囲内で当該企
             業買収等の影響を排除し、判定に使用する実績数値の調整を行うことができるものとします。
          (2)本新株予約権者は、本新株予約権の権利行使時において、当社又は当社の子会社並びに関連会社の取締
             役、監査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者であることを要します。ただし、任
             期満了による退任、定年退職、その他正当な理由があると取締役会が認めた場合は、この限りではあり
             ません。
          (3)本新株予約権者の相続人による本新株予約権の行使は認めません。
          (4)本新株予約権の行使によって、当社の発行済株式総数が当該時点における発行可能株式総数を超過する
             こととなるときは、当該本新株予約権の行使を行うことはできません。
          (5)各本新株予約権1個未満の行使を行うことはできません。
         5.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)を行う場合において、組織再編行為の効力発生日に新
           株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イからホまでに掲げる株式会社
           (以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとします。
           ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸
           収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)譲渡による新株予約権の取得の制限
             譲渡による取得の制限については、再編対象会社の取締役会の決議による承認を要するものとします。
                                 70/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         6.当社の代表取締役社長である市原創吾は、現在及び将来の当社又は当社子会社並びに関連会社の取締役、監
           査役、従業員もしくは顧問、業務委託契約先等の社外協力者(以下「役職員等」という。)向けのインセン
           ティブ・プランを導入することを目的として、2021年11月26日開催の臨時株主総会決議に基づき、2021年11
           月29日付でコタエル信託株式会社を受託者として「時価発行新株予約権信託®」(以下「本信託(第10回新
           株予約権)」という。)を設定しており、当社は本信託(第10回新株予約権)の受託者に対して、会社法に
           基づき2021年11月30日に第10回新株予約権(2021年11月26日臨時株主総会決議)を発行しております。本信
           託(第10回新株予約権)は、当社の役職員等に対して、将来の功績に応じて、コタエル信託株式会社に付与
           した第10回新株予約権243,000個(1個当たり1株相当)を段階的に分配するものです。既存の新株予約権
           を用いたインセンティブ・プランと異なり、当社の役職員等に対して、将来に実施されるパフォーマンス評
           価を基に将来時点でインセンティブの分配の可否及び多寡を決定しますことを可能とし、より一層個人の努
           力に報いることができるようにするとともに、将来採用された当社の役職員等に対しても、新株予約権の分
           配を可能とするものです。第10回新株予約権の分配を受けた者は、当該第10回新株予約権の発行要項及び取
           扱いに関する契約の内容に従って、当該新株予約権を行使することができます。本信託(第10回新株予約
           権)の概要は以下のとおりです。
          信託の名称               時価発行新株予約権信託®
          委託者               市原創吾
          受託者               コタエル信託株式会社
                         当社により信託期間満了日に役職員等の中から受益者として指定された者
                         が受益者となります。なお、委託者及びその親族は対象外となります。
          受益者
                         当社は、別途定める交付ガイドラインに従い、役職員等の中から受益者指
                         定日ごとに受益者を指定します。
          信託契約日               2021年11月29日
          信託の種類と新株予約権数               第10回新株予約権 243,000個
                         受益者指定権が行使された日。なお、2022年6月末を始めとする毎年6月
                         末及び12月末に受益者指定日が到来する予定ですが、1年おきに役職員等
          信託期間満了日
                         を受益者として受益者指定権を行使する予定です。ただし、ロックアップ
                         期間中は当社役職員等を受益者として指定できません。
                         本信託(第10回新株予約権)は、当社の現在及び将来の役職員等のうち、
          信託の目的               当社の企業価値向上に持続的かつ精力的に貢献する意思と能力を備えた者
                         に対して、第10回新株予約権を交付することを目的としております。
                         当社の定める交付ガイドラインでは、当社の代表取締役社長である市原創
                         吾を除く全取締役によって構成され、社外役員が過半数を占める評価委員
                         会が、当社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上のために著しい貢献
                         を期待できる役職員等を選出し、当該役職員等の対象アクションを踏まえ
                         た今後の貢献期待度に応じて、定められた頻度で当社の役職員等の評価を
          分配のための基準               行い、ポイントを仮に付与していくものとされております。そして、評価
                         委員会は、信託期間中に評価委員会によって当社役職員等に対して仮に付
                         与されることとなったポイント数を参考に、最終的に受益者及びその者に
                         交付すべき新株予約権の個数を決定、本受託者に通知することとされ、こ
                         れにより、交付日に本受託者から受益者に対して本新株予約権が交付され
                         ることになります。
                                 71/154







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     第11回新株予約権
      決議年月日                            2022年1月28日
      付与対象者の区分及び人数(名)                            当社従業員 2(注)5.

      新株予約権の数(個)※                            1,300 [500]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                            普通株式 1,300 [500](注)1.

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                            1,100 (注)2.

      新株予約権の行使期間 ※                              自 2024年1月29日 至 2032年1月28日

      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                            発行価格   1,100
      価格及び資本組入額(円)※                            資本組入額   550
      新株予約権の行使の条件 ※                            (注)3.
                                  本新株予約権を譲渡するには、取締役会の承認を受け
      新株予約権の譲渡に関する事項 ※
                                  なければならない。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項 ※                            (注)4.
     ※ 新株予約権発行時(2022年1月28日)における内容を記載しております。新株予約権発行時から提出日の前月末現
        在(2022年4月30日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
        ており、その他の事項については新株予約権発行時における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権の目的となる株式の種類及び数

           本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は1株であります。
           ただし、本新株予約権1個あたりの目的となる株式数は、以下の定めにより調整されることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権についてその1個
             あたりの目的たる株式数を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1株の100分の1未満
             の端数は切り捨て、金銭による調整は行いません。
             「分割の比率」とは、株式分割後の発行済普通株式総数を株式分割前の発行済普通株式総数で除した数
             を、「併合の比率」とは、株式併合後の発行済普通株式総数を株式併合前の発行済普通株式総数で除し
             た数を、それぞれ意味するものとし、以下同じとします。調整後の株式数は、株式分割の場合は会社法
             第183条第2項第1号に基づく株式分割の割当基準日の翌日以降、株式併合の場合は株式併合の効力発
             生日の翌日以降、それぞれ適用されるものとします。
             調整後株式数 = 調整前株式数 × 分割・併合の比率

          (2)当社が株主割当の方法により募集株式の発行又は処分を行う場合、株式無償割当てを行う場合、合併す

             る場合、株式交換を行う場合、会社分割を行う場合その他必要と認められる場合には、当社は適当と認
             める本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整を行います。
          (3)本新株予約権1個あたりの目的たる株式数の調整が行われる場合には、当社は関連事項決定後遅滞なく
             本新株予約権を保有する者(以下「権利者」という。)に対して、その旨並びにその事由、調整後の株
             式数及び適用の日その他の必要事項を通知するものとします。
         2.新株予約権の行使時の払込金額
           本新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、1株につき金1,100円(以下「行使価額」とい
           う。)とし、本新株予約権1個あたりの行使に際して出資される財産の価額は、行使価額に本新株予約権1
           個あたりの目的となる株式数を乗じた金額とします。ただし、行使価額は以下に定めるところに従い調整さ
           れることがあります。
          (1)当社が普通株式について株式の分割又は併合を行う場合には、未行使の本新株予約権について、行使価
             額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げます。調整後の行
             使価額の適用時期は、上記1(1)の調整後の株式数の適用時期に準じるものとします。
                                             1
             調整後行使価額         =   調整前行使価額         ×
                                        分割(又は併合)の比率
                                 72/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (2)当社が、(i)時価を下回る1株あたりの払込金額での普通株式の発行又は処分(株式無償割当てを含
             む。以下に定義する潜在株式等の取得原因の発生によるもの、並びに合併、株式交換、及び会社分割に
             伴うものを除く。)、又は(ii)時価を下回る1株あたりの取得価額をもって普通株式を取得し得る潜在
             株式等(取得請求権付株式、取得条項付株式、新株予約権、新株予約権付社債、その他その保有者若し
             くは当社の請求に基づき又は一定の事由の発生を条件として普通株式を取得し得る地位を伴う証券又は
             権利を意味する。以下同じ。)の発行又は処分(無償割当てによる場合を含む。)を行うときは、未行
             使の本新株予約権について行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の
             端数は切り上げます。なお、上記における「取得原因」とは、潜在株式等に基づき当社が普通株式を交
             付する原因となる保有者若しくは当社の請求又は一定の事由を意味し、「取得価額」とは、普通株式1
             株を取得するために当該潜在株式等の取得及び取得原因の発生を通じて負担すべき金額を意味するもの
             とし、以下同様とします。
                                       新規発行株式数×1株あたり払込金額
                           既発行株式数       +
                                        新規発行前の1株あたりの時価
             調整後       調整前
                  =       ×
             行使価額       行使価額
                                   既発行株式数+新規発行株式数
         3.新株予約権の行使の条件
          (1)本新株予約権の行使は、行使しようとする本新株予約権又は権利者について当社が本新株予約権を取得
             することができる事由が発生していないことを条件とし、取得事由が生じた本新株予約権の行使は認め
             られないものとします。ただし、当社が特に行使を認めた場合はこの限りでありません。
          (2)本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとします。
          (3)権利者が1個又は複数の本新株予約権を行使した場合に、当該行使により当該権利者に対して交付され
             る株式数は整数でなければならず、1株未満の部分についてはこれを切り捨て、株式は割り当てられな
             いものとします。かかる端数の切り捨てについて金銭による調整は行いません。
          (4)本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとします。
          (5)その他の条件は、当社と新株予約権の割当てを受けた者との間で締結した新株予約権割当契約書で定め
             るところによります。
         4.組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
           当社が消滅会社となる吸収合併若しくは新設合併、当社が分割会社となる吸収分割若しくは新設分割、又は
           当社が完全子会社となる株式交換若しくは株式移転(以下これらを総称して「組織再編行為」という。)を
           行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利者に対して、手続に応
           じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若しくは新設会社、又は株
           式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下総称して「再編対象会
           社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとします。ただし、下記の方針に従って
           再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めた場合に限る
           ものとします。
          (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとします。
          (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とします。
          (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案して決定します。
          (5)新株予約権を行使することができる期間
             新株予約権を行使することができる期間の初日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日か
             ら、新株予約権を行使することができる期間の末日までとします。
          (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとします。
          (7)取締役会による譲渡承認について
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとします。
         5.本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、権利の喪失により、当社従業員1名となっておりま
           す。
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
                                 73/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
                                 74/154




















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式総数        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
         年月日
                増減数(株)        数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
      2018年3月22日
                     300       500      6,000       16,000         -       -
           (注)1.
      2018年10月10日
                      30       530      15,000       31,000       15,000       15,000
           (注)2.
      2020年6月1日
                  5,299,470       5,300,000           -     31,000         -     15,000
           (注)3.
      2020年9月30日
                   241,300      5,541,300         67,564       98,564       67,564       82,564
           (注)4.
     (注)1.有償第三者割当   300株
           発行価格         20,000円
           資本組入額         20,000円
           割当先 当社代表取締役社長市原創吾
         2.有償第三者割当             30株
           発行価格   1,000,000円
           資本組入額   500,000円
           割当先 吉村英毅・ミダスA投資事業有限責任組合
         3.当社普通株式1株につき10,000株の株式分割を実施しております。
         4.有償第三者割当 241,300株
           発行価格      560円
           資本組入額     280円
           割当先 みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合、MICイノベーション5号投資事業有限責任組合、当
               社役職員4名
      (4)【所有者別状況】

                                                  2022年4月30日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                      単元未満
      区分                            外国法人等                   株式の状
           政府及び
                      金融商品     その他の                個人その
                                                      況(株)
           地方公共     金融機関                                  計
                      取引業者     法人                他
           団体
                                個人以外      個人
     株主数
                               7                4     11
            -     -     -           -     -                  -
     (人)
     所有株式
                            54,999                  413    55,412       100
     数       -     -     -           -     -
     (単元)
     所有株式
                             99.25                 0.75
     数の割合       -     -     -           -     -            100      -
     (%)
     (注)2022年2月28日開催の臨時株主総会決議により、2022年3月1日付で1単元を100株とする単元株制度を採用し
         ております。
                                 75/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年4月30日現在
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)                内容
      無議決権株式                          -            -        -

      議決権制限株式(自己株式等)                          -            -        -

      議決権制限株式(その他)                          -            -        -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -            -        -

                                               権利内容に何ら限定のな
                                               い当社における標準とな
                            5,541,200              55,412
      完全議決権株式(その他)                 普通株式
                                               る株式であり、単元株式
                                               数は100株であります。
                               100
      単元未満株式                 普通株式                      -        -
                            5,541,300
      発行済株式総数                                       -        -
                                          55,412
      総株主の議決権                          -                    -
     (注)2022年2月28日開催の臨時株主総会決議により、2022年3月1日付で1単元を100株とする単元株制度を採用し
         ております。
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 76/154













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】           該当事項はありません。
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

           該当事項はありません。
     3【配当政策】

        当社は、将来の事業展開と財務体質強化のために、当面は内部留保の充実を優先する予定ですが、株主に対する利
      益還元については経営の重要課題の1つと位置付けておりますので、将来的には当社の財務状況や同業他社の状況を
      勘案しながら、株主への利益配当を実施していく方針であります。なお、内部留保資金については、財務体質の強化
      と人員の拡充・マーケティングDXツールへの投資等のサービス品質の維持・強化、収益力の向上に資する投資に活用
      していく予定であります。
        また、剰余金の配当を行う場合は、年1回の期末配当を基本としております。当社は会社法第459条第1項の規定
      に基づき、取締役会の決議によって剰余金の配当等を行うことができる旨を定款に定めている他、中間配当を取締役
      会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。
                                 77/154












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
         ① コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方
            当社は、企業価値の向上を図るため、コーポレートガバナンス・コードの基本原則を踏まえた以下のコー
           ポレート・ガバナンスの充実に取組む方針です。
          a.株主の権利・平等性の確保
          b.従業員・顧客・取引先・債権者・地域社会など株主以外のステークホルダーとの適切な協働
          c.適切な情報開示と透明性の確保
          d.独立役員の監督・監査機能の発揮と取締役会の実効性の確保
          e.株主との対話とそのための環境整備
         ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          a.企業統治の体制
           (a)企業統治の体制の概要
             当社のコーポレート・ガバナンスの体制の概要は以下のとおりであります。
           (b)当該体制を採用する理由






              当社は、持続的な成長とコーポレート・ガバナンスの一層の強化の観点から、2021年12月24日開催
             の定時株主総会において、監査役設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いたしました。
              委員の過半数が社外取締役で構成される監査等委員会を設置し、監査等委員である取締役に取締役
             会における議決権を付与することで、取締役会の監督機能を強化するとともに、業務執行の適法性、
             妥当性の監査・監督を通じた透明性の高い経営の実現を図っております。あわせて経営の意思決定の
             迅速化と業務執行責任の明確化を目的として、執行役員制度を採用し、監査等委員でない取締役及び
             執行役員の任期を1年としております。
            <取締役会>

             取締役会は、5名の取締役により構成され、うち3名が監査等委員(全て社外取締役、うち2名が独立
            役員)です。原則として1ヶ月に1回開催され、経営上の重要な意思決定を行うとともに、各業務執行取
            締役の業務執行報告を受け監督を行っております。また、社外取締役は、社外から経営に対する適切な指
            導を行っております。
            <監査等委員会>

             監査等委員会は、常勤監査等委員1名と非常勤監査等委員2名の計3名で構成されており、全て社外取
            締役です。監査等委員は、取締役会及び重要な会議への出席、又はその報告を受け、職務執行の監査を
            行っております。監査等委員は、監査計画に基づく監査を実施し、監査等委員会は原則として1ヶ月に1
            回開催しております。また、内部監査担当及び会計監査人との間で意見交換を行うことにより、職務執行
            の状況を効率的、合理的に把握し、監査の実効性を高めております。
            <内部監査>

             当社は、会社規模、客観性の担保や効率性等を勘案し、独立した内部監査部門を設けず、内部監査責任
            者1名(管理部長)、内部監査担当者1名(内部監査業務委託先)が、内部監査を実施しております。監
                                 78/154

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            査結果については代表取締役社長に報告するとともに改善指示を各部門に周知し、そのフォローアップに
            努めております。
            <会計監査人>

             当社は、ひびき監査法人と監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。なお、同監査法
            人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員と当社との間には特別な利害関係はありません。
            <リスク管理委員会>

             当社は、リスク管理委員会を設置し、事業の継続安定的な発展を確保するべく、市場、情報セキュリ
            ティ、環境、労務、サービスの品質等様々な事業運営上のリスクについて、リスク評価、対策等に関し協
            議を行い、具体的な対応を検討しております。リスク管理委員会は、代表取締役社長を委員長とし、取締
            役(監査等委員である取締役を除く。)全員、監査等委員全員、執行役員全員、本部長全員、管理部長、
            営業推進部長をもって構成しており、原則として3ヶ月に1回開催しております。
            <コンプライアンス委員会>

             当社は、コンプライアンス委員会を設置し、全社的なコンプライアンス体制を強化・推進するべく、社
            内のコンプライアンス遵守の状況の報告、コンプライアンス違反の未然防止策の検討、コンプライアンス
            違反への対応等を行っています。コンプライアンス委員会は、代表取締役社長を委員長とし、取締役(監
            査等委員である取締役を除く。)全員、監査等委員全員、執行役員全員、本部長全員、管理部長、営業推
            進部長をもって構成しており、原則として3ヶ月に1回開催しております。
            <経営会議>

             当社は、取締役会の委嘱を受けた事項、その他経営に関する重要事項を協議又は決議し、その運営を円
            滑に行うため経営会議を設置しています。経営会議は、監査等委員でない取締役全員、執行役員全員、本
            部長全員、管理部長、営業推進部長をもって構成し、監査等委員である取締役は任意により出席できるも
            のとしています。経営会議は、原則として毎月1回以上開催し、必要があるときは随時開催することがで
            きることとしています。
             当社の各機関の構成員は次のとおりであります。
                                    監査等      リスク管      コンプライア
               役職名        氏 名      取締役会                          経営会議
                                    委員会      理委員会      ンス委員会
            代表取締役社長          市原 創吾        議長            委員長       委員長       議長

            取締役CFO           笹野 誠        ○            ○       ○       ○

            社外取締役

                      天児 友美         ○      議長       ○       ○       ○
            (常勤監査等委員)
            社外取締役
                      山元 雄太         ○      ○      ○       ○
            (監査等委員)
            社外取締役
                      浅井 大輔         ○      ○      ○       ○
            (監査等委員)
            執行役員            全員                   ○       ○       ○

            本部長            全員                   ○       ○       ○

            管理部長及び営業

                        全員                   ○       ○       ○
            推進部長
                                 79/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (c)その他の企業統治に関する事項
            i.内部統制システムの整備の状況
               当社は、業務の適正性を確保するための体制の整備及び運用の基本方針として、2021年12月24日
              開催の取締役会決議により、以下のとおり「内部統制システムの基本方針」を定め、コーポレー
              ト・ガバナンス体制の強化に努めております。
             (1)当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

               ①  取締役は、企業活動の前提に法令遵守を位置付け、透明性の高い経営体制の構築を図る。
               ②  取締役は、毎月の定例取締役会及び必要に応じて開催する臨時取締役会において、重要な職務
                執行の状況を報告し、他取締役の職務執行を相互に監視・監督する。
               ③  法令、企業倫理、社内規程の遵守を確保するため、基本的な事項を「コンプライアンス規程」
                に定め、取締役及び使用人に周知徹底を図る。
               ④  コンプライアンス委員会を設置し、社内啓蒙や研修等の実施を通じて、コンプライアンス体制
                の継続的・持続的な推進に努める。
               ⑤  法令等違反その他コンプライアンスに関する問題の早期発見、是正を図るため、内部通報窓口
                を整備する。
               ⑥  財務報告の信頼性を確保するため、金融商品取引法等に基づき、適切な内部統制の構築を推進
                する。
               ⑦  反社会的勢力・団体には毅然として対応し、関係遮断を徹底する。
               ⑧  内部監査人は定期的な内部監査により、法令及び定款並びに社内規程の遵守状況を確認し、代
                表取締役社長及び監査等委員会に報告する。
               ⑨  監査等委員会は、独立した立場から、内部統制システムの構築・運用状況を含め、業務執行取
                締役の職務執行を監査する。
             (2)当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

               ①  情報資産を保護し、機密性の程度に応じた適切な管理を行うために定めた「情報セキュリティ
                管理規程」「個人情報管理規程」及び「文書管理規程」を遵守し、情報管理体制の維持、向上
                に努める。
               ②  「文書管理規程」に基づき、株主総会議事録、取締役会議事録、監査等委員会議事録、計算書
                類、稟議書、契約書、その他重要書類を、関連資料とともに所定の年数保管し管理する。
             (3)当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

               ①  リスク管理が経営の重要課題であることを認識し、リスクの防止及び会社損失の最小化を図る
                ために「リスク管理規程」を定め、同規定に従った管理体制を構築する。
               ②  リスクが顕在化した場合は、迅速かつ組織的な対応を行い、万が一不測の事態が発生した場合
                には、代表取締役社長を長とする対策本部を設定し、損害の拡大を防止し最小限に抑える体制
                を構築する。
               ③  監査等委員会及び内部監査担当者は、リスク管理体制の実効性について監査する。
             (4)当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

               ①  毎月1回取締役会を開催し、重要事項の決定並びに審議・意見交換を行い、各取締役は連携し
                て業務執行状況を監督する。
               ②  全社のビジョンと目標を定めるため、中期経営計画及び年度予算を策定し、明確な計数管理を
                行うとともに、その達成のために「職務権限規程」及び「業務分掌規程」に基づき、業務分担
                及び職務権限を明確にして、職務執行の効率化を図る。
               ③  決裁及びデータ管理の電子化を進め、業務効率向上に努める。
             (5)当社の監査等委員会がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人

                に関する事項、当該使用人の独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に
                関する事項
               ①  監査等委員会がその職務を補助すべき使用人の設置を求めた場合は、監査等委員会と協議の
                上、適切な人材を配置するものとする。
               ②  補助使用人は兼務も可能とするが、当該職務を遂行する場合には取締役(監査等委員である取
                締役を除く。)からの指揮命令は受けないものとする。
               ③  補助使用人の人事異動及び考課、並びに補助使用人に対する懲戒処分については、監査等委員
                会の同意を得るものとする。
                                 80/154

                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             (6)当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人が監査等委員会に報告するための

                体制
               ①  監査等委員は、重要な意思決定の過程及び職務執行の状況を把握するため、取締役会のほか、
                経営会議、コンプライアンス・リスク管理委員会その他の重要な会議に出席し、取締役(監査
                等委員である取締役を除く。)及び使用人から報告を受け、関係資料を閲覧することができ
                る。
               ②  取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人は、監査等委員会に対して、会社の業
                務や業績等に影響を及ぼす重要な事項を報告する。
             (7)当社の監査等委員会に報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないこ

                とを確保するための体制
                 当社は、上記(6)の報告をした者に対して、当該報告をしたことを理由として不利益な取扱
                いをすることを禁止する。
             (8)監査等委員会の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる

                費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用又は債務の処理に係る方
                針に関する事項
                 監査等委員会は、職務の執行に必要な費用について請求することができ、当社は当該請求に基
                づき必要な支払いを行う。
             (9)その他当社の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

               ①  代表取締役、会計監査人、内部監査担当者は、監査等委員会の求めに応じ、それぞれ定期的及
                び随時に監査等委員会と意見交換を実施することにより連携を図るものとする。
               ②  監査等委員会が必要と認める場合は、弁護士、公認会計士、コンサルタントその他の外部専門
                家に助言を求める機会を保障する。
               ③  監査等委員会には、法令に従い社外役員を含めるものとし、公正かつ透明性を確保する。
            ⅱ.リスク管理体制の整備の状況

               当社は、継続企業の前提として、経営の安定性、健全性の維持が非常に重要な課題であると認識
              しております。リスクの防止及び万一リスクが発生した場合に当社が被る損害を最小限にとどめる
              ことを目的に、リスク管理規程を制定し、社内に周知徹底を図っております。リスク管理に関する
              重要事項の審議と方針決定はリスク管理委員会にて行っております。
                                 81/154









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          b.責任限定契約の内容
             当社は、非業務執行取締役との間において、会社法第427条第1項に基づき、会社法第423条第1項の損
            害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限度額は、法令が定める
            額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該非業務執行取締役が責任の原因となった
            職務の遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。
          c.取締役の責任免除

             当社は、会社法第426条第1項に基づき、取締役(取締役であった者を含む。)が職務を行うにつき善
            意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該取締役の職務の執行の状
            況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、取締役会の決議によって、当該取締役の同法第423
            条第1項の損害賠償責任を法令の限度において免除することができる旨を定款に定めております。
          d.取締役の定数

             当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、監査等委員である取締役は5名以内と
            する旨を定款に定めております。
          e.取締役選任の決議要件

             取締役の選任決議は、株主総会において、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上
            を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨、また、累積投票によらない
            ものとする旨を定款に定めております。
          f.株主総会の特別決議要件

             当社は、株主総会の特別決議の要件について、会社法第309条第2項の規定に基づき、株主総会の円滑
            な運営を行うことを目的として、当該株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3
            分の1以上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定
            めております。
          g.剰余金の配当の決定機関

             当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、剰余金の配当等会社法第459条第1項に定める事項に
            ついては、法令に特段の定めがある場合を除き、取締役会決議によって定めることとする旨を定款で定め
            ております。
          h.中間配当の決定機関

             当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、剰余金の配当等会社法第454条第5項の規定により、
            取締役会決議によって中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。
          i.自己株式の取得の決定機関

             当社は、経営環境に応じた機動的な資本政策を可能とするため、会社法第165条第2項の規定により、
            取締役会決議によって市場取引等により自己株式を取得できる旨を定款で定めております。
                                 82/154







                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
         ① 役員一覧
          男性  4 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             20 %)
                                                       所有株式数
        役職名        氏名      生年月日               略歴             任期
                                                        (株)
                             2009年4月 ㈱サイバーエージェント入社                           2,676,520
      代表取締役社長         市原 創吾      1986年11月10日      生                       (注)3.
                             2018年3月 当社入社、代表取締役社長就任(現任)                          (注)5.
                             2010年4月 ㈱みずほフィナンシャルグループ入社
               笹野 誠     1987年11月13日      生  2020年1月 当社入社、CFO就任
       取締役CFO                                           (注)3.       23,300
                             2020年2月 取締役CFO就任(現任)
                             2012年2月 有限責任監査法人トーマツ入所
                             2015年2月 プライスウォーターハウスクーパース㈱
                                  (現PwCアドバイザリー合同会社)入社
        取締役
               天児 友美      1988年1月14日      生  2015年11月 公認会計士登録                     (注)4.        -
     (常勤監査等委員)
                             2020年9月 当社常勤監査役就任
                             2021年12月 当社社外取締役(常勤監査等委員)就任
                                  (現任)
                             2007年4月 ㈱ボストンコンサルティンググループ入
                                  社
                             2012年5月 NKリレーションズ㈱(現ノーリツ鋼機
                                  ㈱)入社
                             2013年5月 ㈱JMDC取締役就任
                             2014年1月 弁護士登録、山元雄太法律事務所(現山
                                  元法律事務所)代表就任(現任)
                             2015年6月 ノーリツ鋼機㈱取締役就任
                             2016年6月 ㈱ドクターネット取締役就任
                             2019年4月 ㈱JMDC執行役員副社長兼CFO就任
                             2019年4月 ㈱ユニケソフトウェアリサーチ取締役就
        取締役
                                  任(現任)
               山元 雄太      1982年12月14日      生                       (注)4.        -
      (監査等委員)
                             2019年6月 メディカルデータベース㈱取締役就任
                                  (現任)
                             2019年6月 ㈱ドクターネット取締役就任(現任)
                             2020年4月 エヌエスパートナーズ㈱取締役就任(現
                                  任)
                             2020年6月 ㈱JMDC取締役副社長兼CFO就任(現任)
                             2020年8月 当社社外取締役就任
                             2020年11月 データインデックス㈱取締役就任(現
                                  任)
                             2021年12月 当社社外取締役(監査等委員)就任(現
                                  任)
                             2008年12月 弁護士登録
                             2009年1月 森・濱田松本法律事務所入所
                             2020年1月 森・濱田松本法律事務所 パートナー
                             2021年1月 当社社外監査役就任
        取締役
               浅井 大輔      1982年9月27日      生                       (注)4.        -
                             2021年12月 当社社外取締役(監査等委員)就任(現
      (監査等委員)
                                  任)
                             2022年5月 浅井綜合法律事務所代表弁護士就任(現
                                  任)
                             計
                                                       2,699,820
     (注)1.2021年12月24日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監
           査等委員会設置会社へ移行しました。当社の監査等委員会の体制は次のとおりであります。
            委員長 天児友美、委員 山元雄太、浅井大輔
         2.取締役 天児友美、山元雄太及び浅井大輔は、社外取締役であります。
         3.2021年12月24日開催の定時株主総会終結の時から、2022年9月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         4.2021年12月24日開催の定時株主総会終結の時から、2023年9月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         5.代表取締役社長 市原創吾の所有株式数は、同氏が実質的に出資する市原創吾・ミダス投資事業有限責任組
           合が保有する株式数であります。
         6.当社は執行役員制度を導入しております。執行役員は第1マーケティングDX本部長 瓜生翔の1名です。
                                 83/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ② 社外役員の状況
            当社は、社外取締役(監査等委員)3名を社外役員として選任しております。当社は、社外取締役を選任
           するための独立性に関する基準又は方針として明確に定めたものはありませんが、選任にあたっては、経歴
           や当社との関係を踏まえて、当社経営陣からの独立した立場で社外役員としての職務を遂行できる十分な独
           立性が確保できることを前提に判断しております。
            社外取締役(常勤監査等委員)天児友美氏は、公認会計士の資格を保有しており、監査法人での監査経験
           やM&Aアドバイザーとしての経験もあるため、その専門知識と経験を活かした適正な監査を受けるととも
           に、経営陣とは独立した立場からの経営の監督を期待し社外取締役(監査等委員)として選任しておりま
           す。なお、同氏と当社の間に、人的関係、取引関係その他の利害関係はありません。
            社外取締役(監査等委員)山元雄太氏は、会社経営の豊富な経験と幅広い見識を有していることから、当
           社の経営判断への助言・提言及び業務執行の監督に適しているため、経営陣とは独立した立場からの経営の
           監督を期待し選任しております。なお、同氏と当社の間に、人的関係、取引関係その他の利害関係はありま
           せん。
            社外取締役(監査等委員)浅井大輔氏は、弁護士としての資格を保有しており、渉外法務及び会社法務全
           般の分野に関する豊富な知識と経験もあるため、その専門知識と経験を活かした適正な監査を受けるため
           に、社外取締役(監査等委員)として選任しております。なお、同氏と当社の間に、人的関係、取引関係そ
           の他の利害関係はありません。
         ③ 社外取締役(監査等委員)による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並び

           に内部統制部門との関係
            社外取締役(監査等委員)は取締役会に出席することにより、独立的及び中立的立場から経営者の業務執
           行を監督しております。また、社外取締役(監査等委員)は内部監査担当者及び会計監査人と適宜連携する
           ことにより、情報の共有及び実効性のある監査を実施しております。
            常勤監査等委員は、会議への出席や日常的な質疑を通じて管理部を中心とした内部統制部門と緊密に連携
           し、内部統制の有効性等に関する情報を収集し、監査等委員会に報告しております。
                                 84/154












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【監査の状況】
         ① 監査等委員監査の状況
            当社は、2021年12月24日付で監査役設置会社から監査等委員会設置会社へ移行いたしました。
            監査等委員会は、常勤監査等委員1名、非常勤監査等委員2名(監査等委員3名全員が社外取締役)で構
           成されております。監査の方針及び監査実施計画、取締役の職務執行状況の監査、内部統制システムの整
           備・運用状況、会計監査人の監査の方法及び結果の相当性、監査報告書の作成等を主な検討事項として、定
           例監査等委員会を毎月1回開催する他、必要に応じて臨時監査等委員会を開催しております。
            常勤監査等委員1名は、取締役会その他重要会議への出席、取締役その他の使用人等との意思疎通、重要
           書類(議事録、稟議書等)の閲覧、内部監査の実施状況の確認、会計監査人からの監査報告の確認といった
           日常の監査業務を実施するとともに、監査等委員会でこれらの情報を共有し、検討・協議する事で、監査等
           委員会としての監査機能の充実を図っております。
            また、監査等委員のそれぞれが、取締役会における経営の基本方針の決定、内部統制システムの整備に関
           する決定、及び会社の業務執行の決定等に対し、その適法性及び妥当性に関する監査等委員会による検討・
           協議をとおして監査意見を形成し、取締役会においてその議決権を行使する等により、監査・監督責任を履
           行しております。
            なお、常勤監査等委員           天児友美は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を
           有しております。また、非常勤監査等委員                    山元雄太及び浅井大輔の2名は、共に弁護士の資格を有し、企
           業経営及び企業法務に関する相当程度の知見を有しております。
            監査等委員会設置会社へ移行前の最近事業年度(第9期)における、監査役協議会の開催状況及び個々の

           出席状況については次のとおりであります。
                 役職名                 氏名             出席回数/開催回数
           常勤監査役(社外)                天児 友美                      10回/10回
           監査役(社外)                浅井 大輔                      10回/10回
            監査等委員会設置会社へ移行前の第10期事業年度における、監査役協議会の開催状況及び個々の出席状況

           については次のとおりであります。
                 役職名                 氏名             出席回数/開催回数
           常勤監査役(社外)                 天児 友美                      3回/3回
           監査役(社外)                 浅井 大輔                      3回/3回
            監査等委員会設置会社へ移行後の第10期事業年度における、監査等委員会の開催状況及び個々の出席状況

           については次のとおりであります。
                 役職名                 氏名             出席回数/開催回数
           常勤監査等委員(社外)                 天児 友美                      6回/6回
           監査等委員(社外)                 山元 雄太                      6回/6回
           監査等委員(社外)                 浅井 大輔                      6回/6回
         ② 内部監査の状況

            当社の内部監査は、会社規模、客観性の担保や効率性等を勘案し、独立した内部監査部門を設けず、内部
           監査責任者である管理部長の関与の元、外部の公認会計士資格保有者1名にアウトソーシングして実施して
           おります。
            内部監査責任者は、代表取締役社長による承認を得た内部監査計画に基づいて内部監査を実施し、監査結
           果を代表取締役社長に報告するとともに、監査対象となった各部門に対して業務改善等のための指摘を行
           い、後日改善状況を確認します。
            内部監査責任者及び内部監査担当者は、内部監査業務として行う各部門責任者等への質疑、社内書類の確
           認やモニタリング等を通じて、管理部を中心とした内部統制部門と緊密に連携し、内部統制の有効性等に関
           する情報を収集しております。
            また、監査等委員、内部監査責任者、内部監査担当者及び会計監査人は、相互に連携し、三者間で定期的
           に会合を開催し、課題・改善事項等の情報の共有化を図っており、効率的かつ効果的な監査を実施するよう
           に努めております。
                                 85/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ③ 会計監査の状況
          a.監査法人の名称
            ひびき監査法人
          b.継続監査期間

            2年間
          c.業務を執行した公認会計士

            業務執行社員 公認会計士 安原 徹
            業務執行社員 公認会計士 中須賀 高典
          d.監査業務に係る補助者の構成

            当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、会計士試験合格者等1名であります。
          e.監査法人の選定方針と理由

             当社は、監査人として必要とされる専門性、独立性、品質管理体制が適切であり、監査計画並びに監査
            報酬の妥当性等を総合的に勘案した結果、ひびき監査法人を選定しております。
             また、監査等委員会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合
            は、株主総会に提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定いたします。
          f.監査等委員及び監査等委員会による監査法人の評価

             監査等委員及び監査等委員会は、会計監査人の職務遂行状況、監査体制及び独立性等において会計監査
            人に解任又は不再任に該当する事由は認められないと評価しております。
         ④ 監査報酬の内容等

          a.監査公認会計士等に対する報酬
            最近事業年度の前事業年度                              最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬              監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

      (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              8,000                           10,000              1,000

                             -
            当社における非監査業務の内容は、開示に関する指導・助言業務であります。
          b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(PKF                        International)に対する報酬(a.を除く。)

            最近事業年度の前事業年度                              最近事業年度
      監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬              監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

      (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
                            245                           595
               -                           -
             当社における非監査業務の内容は、2021年3月まで業務委託契約を結んでいた汐留パートナーズ社会保
            険労務士法人による人事労務業務です。
          c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

            該当事項はありません。
          d.監査報酬の決定方針

             当社の監査公認会計士等と協議した上で、監査証明業務に係る人員数、監査日数等を勘案し監査等委員
            会の合意を得て決定しております。
          e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

             監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積もりの算出根拠
            等を確認し、検討した結果、会計監査人の報酬等につき会社法第399条第1項の同意を行っております。
                                 86/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【役員の報酬等】
         ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
            当社は、2021年12月24日開催の定時株主総会において、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報
           酬額を年額500,000千円以内(うち社外取締役分100,000千円以内、同株主総会終結時点の員数は2名)、監
           査等委員である取締役の報酬額を年額150,000千円以内(同株主総会終結時点の員数は3名)とすることを
           決議しております。なお、当社は業績連動報酬を採用しておりません。
            監査等委員以外の取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針は、2021年12月24日開催の
           定時株主総会にて決議された報酬総額の範囲内で、同業他社の水準、業績、従業員給与との均衡、各取締役
           に求められる職責及び能力等を考慮の上、取締役会で各人の報酬額を決議する旨を取締役会で決定しており
           ます。また、個人別の報酬額の具体的内容については、2021年12月24日開催の取締役会において、上記の決
           定方針に従って決議していることから、その内容は上記の決定方針に沿うものであると判断しております。
            監査等委員である取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する方針は、2021年12月24日開催の
           定時株主総会にて決議された報酬総額の範囲内で、業務分担の状況等を考慮の上、2021年12月24日開催の監
           査等委員会で各人の報酬額を決定しております。
         ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                  報酬等の総額
         役員区分                                             役員の員数
                                              左記のうち、
                   (千円)
                          固定報酬      業績連動報酬        退職慰労金
                                                       (人)
                                              非金銭報酬等
     取締役
                     31,200      31,200                               2
                                     -       -       -
     (社外取締役を除く。)
     監査役
                       -      -       -       -       -       -
     (社外監査役を除く。)
                     12,450      12,450                               3

     社外役員                                -       -       -
     (注)2021年12月24日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監査役

         設置会社から監査等委員会設置会社に移行いたしました。本表では、2021年9月期に係る役員区分ごとの報酬を
         表示しております。
         ③ 報酬の総額が1億円以上である者の報酬等の総額

            該当事項はありません。
         ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

            該当事項はありません。
      (5)【株式の保有状況】

          該当事項はありません。
                                 87/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
      (1)当社の財務諸表は           、「  財務諸表等の用語        、 様式及び作成方法に関する規則              」 (昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
          いて作成しております          。
      (2)当社の四半期財務諸表は              、「  四半期財務諸表等の用語           、 様式及び作成方法に関する規則              」 (平成19年内閣府令第
          63号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

      (1)当社は      、 金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき                       、 前事業年度(2019年10月1日から2020年9月30日
          まで)及び当事業年度(2020年10月1日から2021年9月30日まで)の財務諸表について、ひびき監査法人によ
          り監査を受けております。
      (2)当社は      、 金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき                       、 第2四半期会計期間(2022年1月1日から2022年3
          月31日まで)及び第2四半期累計期間                 (2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期財務諸表につい
          て 、 ひびき監査法人による四半期レビューを受けております                          。
     3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

        当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
     4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

         当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容
        を適切に把握し、会計基準の変更等に的確に対応できる体制を整備するため、専門的な情報を有する団体等が主催
        するセミナーに積極的に参加しております。
                                 88/154













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年9月30日)              (2021年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        329,554              328,514
        現金及び預金
                                                       2,970
        電子記録債権                                  -
                                        90,149              225,320
        売掛金
                                         3,849              10,530
        前渡金
                                        10,138              20,118
        前払費用
                                         4,229              2,719
        その他
                                        437,920              590,173
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         1,153               380
          建物
                                         △ 57             △ 19
           減価償却累計額
                                         1,095               361
           建物(純額)
          工具、器具及び備品                               2,044              2,442
                                         △ 648            △ 1,479
           減価償却累計額
                                         1,395               963
           工具、器具及び備品(純額)
          リース資産                               3,709
                                                         -
                                         △ 927               -
           減価償却累計額
                                         2,782
           リース資産(純額)                                             -
                                         5,273              1,324
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                                       4,167
                                          -
          ソフトウエア
                                                       4,167
          無形固定資産合計                                 -
        投資その他の資産
                                         4,000              2,800
          従業員に対する長期貸付金
                                         3,931              1,802
          繰延税金資産
                                        24,406              44,771
          敷金
                                        32,338              49,374
          投資その他の資産合計
                                        37,611              54,866
        固定資産合計
                                        475,531              645,039
       資産合計
                                 89/154









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年9月30日)              (2021年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        44,487              145,492
        買掛金
                                        12,780              25,380
        1年内返済予定の長期借入金
                                          604
        リース債務                                                -
                                        23,969              52,661
        未払金
                                        34,468              13,511
        未払法人税等
                                        29,050              20,365
        未払消費税等
                                        21,120               2,893
        前受金
                                         3,801              3,791
        預り金
                                          66               9
        その他
                                        170,348              264,104
        流動負債合計
       固定負債
                                        37,933              36,483
        長期借入金
                                         2,222
                                                         -
        リース債務
                                        40,155              36,483
        固定負債合計
                                        210,503              300,587
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        98,564              98,564
        資本金
        資本剰余金
                                        82,564              82,564
          資本準備金
                                        82,564              82,564
          資本剰余金合計
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        80,534              159,294
           繰越利益剰余金
                                        80,534              159,294
          利益剰余金合計
                                        261,662              340,422
        株主資本合計
                                         3,366              4,029
       新株予約権
                                        265,028              344,452
       純資産合計
                                        475,531              645,039
     負債純資産合計
                                 90/154









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期会計期間
                                (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        406,917
        現金及び預金
                                        11,880
        電子記録債権
                                        392,001
        売掛金
                                         2,885
        仕掛品
                                        42,764
        その他
                                        856,448
        流動資産合計
       固定資産
                                         3,000
        有形固定資産
                                         6,824
        無形固定資産
                                        70,770
        投資その他の資産
                                        80,595
        固定資産合計
                                        937,043
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        183,141
        買掛金
                                        24,648
        1年内返済予定の長期借入金
                                        47,003
        未払法人税等
                                        204,508
        その他
                                        459,300
        流動負債合計
       固定負債
                                        28,532
        長期借入金
                                        28,532
        固定負債合計
                                        487,832
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        98,564
        資本金
                                        82,564
        資本剰余金
                                        262,469
        利益剰余金
                                        443,597
        株主資本合計
                                         5,613
       新株予約権
                                        449,210
       純資産合計
                                        937,043
     負債純資産合計
                                 91/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                至 2020年9月30日)              至 2021年9月30日)
                                        696,577             1,329,789
     売上高
                                        407,379              965,649
     売上原価
                                        289,198              364,139
     売上総利益
                                       ※ 169,146             ※ 243,767
     販売費及び一般管理費
                                        120,051              120,372
     営業利益
     営業外収益
                                           0             213
       受取利息
                                         1,834              4,115
       補助金収入
                                         1,350               186
       その他
                                         3,185              4,514
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          960             1,024
       支払利息
                                                        712
       株式交付費                                    -
                                                       11,512
                                          -
       本社移転費用
                                          960             13,248
       営業外費用合計
                                        122,276              111,638
     経常利益
     特別利益
                                                         59
                                          -
       新株予約権戻入益
                                                         59
       特別利益合計                                    -
                                        122,276              111,697
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   34,468              30,809
                                         1,417              2,128
     法人税等調整額
                                        35,885              32,938
     法人税等合計
                                        86,391              78,759
     当期純利益
                                 92/154











                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年10月1日                  (自 2020年10月1日
                           至 2020年9月30日)                  至 2021年9月30日)
                    注記                 構成比                  構成比

           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 媒体費                         265,019        65.1          642,469        66.5

     Ⅱ 労務費                          57,531        14.1          116,091        12.0
                               84,829                  207,195
     Ⅲ 経費                ※                  20.8                  21.5
       当期総仕入高                               100.0                  100.0

                              407,379                  965,755
                                 -                  -
       期首仕掛品たな卸高
           合計

                              407,379                  965,755
                                 -                  106
       期末仕掛品たな卸高
     当期売上原価
                              407,379                  965,649
     ※ 主な内訳は、次のとおりであります。
                                 前事業年度                当事業年度
                 項目             (自 2019年10月1日                (自 2020年10月1日
                               至 2020年9月30日)                至 2021年9月30日)
          外注費(千円)                             67,552                178,626

      (原価計算の方法)

         原価計算の方法は、実際原価による個別原価計算であります。
                                 93/154












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第2四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                               (自 2021年10月1日
                                至 2022年3月31日)
                                        561,579
     売上高
                                        261,888
     売上原価
                                        299,691
     売上総利益
                                       ※ 148,701
     販売費及び一般管理費
                                        150,990
     営業利益
     営業外収益
                                          28
       受取利息
                                           7
       雑収入
                                          36
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          349
       支払利息
                                         2,000
       上場関連費用
                                         2,349
       営業外費用合計
                                        148,676
     経常利益
     特別利益
                                          33
       新株予約権戻入益
                                          33
       特別利益合計
                                        148,709
     税引前四半期純利益
                                        45,535
     法人税等
                                        103,174
     四半期純利益
                                 94/154












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
                                                      (単位:千円)
                               株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                                 新株予約権     純資産合計
                                  その他
                                            株主資本
                  資本金
                                 利益剰余金
                            資本剰余金           利益剰余金       合計
                       資本準備金
                             合計           合計
                                   繰越
                                 利益剰余金
     当期首残高              31,000     15,000     15,000     △ 5,857     △ 5,857     40,142       -    40,142
     当期変動額
      新株の発行
                   67,564     67,564     67,564                135,128           135,128
      当期純利益                             86,391     86,391     86,391           86,391
      株主資本以外の項目の当期
                                                    3,366     3,366
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                   67,564     67,564     67,564     86,391     86,391     221,519      3,366     224,885
     当期末残高              98,564     82,564     82,564     80,534     80,534     261,662      3,366     265,028
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

                                                      (単位:千円)
                               株主資本
                         資本剰余金           利益剰余金
                                                 新株予約権     純資産合計
                                  その他
                                            株主資本
                  資本金
                                 利益剰余金
                            資本剰余金           利益剰余金       合計
                       資本準備金
                             合計           合計
                                   繰越
                                 利益剰余金
     当期首残高
                   98,564     82,564     82,564     80,534     80,534     261,662      3,366     265,028
     当期変動額
      当期純利益                             78,759     78,759     78,759           78,759
      株主資本以外の項目の当期
                                                     663     663
      変動額(純額)
     当期変動額合計                -     -     -    78,759     78,759     78,759       663    79,423
     当期末残高              98,564     82,564     82,564     159,294     159,294     340,422      4,029     344,452
                                 95/154










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                至 2020年9月30日)              至 2021年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        122,276              111,697
       税引前当期純利益
                                         1,325              2,843
       減価償却費
       受取利息                                   △ 0            △ 213
                                          960             1,024
       支払利息
       補助金収入                                 △ 1,834             △ 4,115
                                                       11,512
       本社移転費用                                    -
       新株予約権戻入益                                    -             △ 59
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 33,869             △ 138,140
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 3,159             △ 9,945
                                        40,326              101,004
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                         4,298              28,692
       未払金の増減額(△は減少)
                                        23,234
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                               △ 8,685
                                        21,120
       前受金の増減額(△は減少)                                               △ 18,227
                                        △ 3,926             △ 3,207
       その他
                                        170,750               74,181
       小計
       利息の受取額                                    0             213
       利息の支払額                                  △ 960            △ 1,049
       法人税等の支払額                                  △ 165            △ 51,765
                                         1,834              4,115
       補助金の受取額
                                          -           △ 10,455
       本社移転費用の支払額
                                        171,460               15,238
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 3,197              △ 778
       無形固定資産の取得による支出                                    -            △ 4,930
       敷金の差入による支出                                 △ 24,406             △ 45,552
                                          275             24,406
       敷金の回収による収入
                                                       1,200
                                         △ 555
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 27,884             △ 25,653
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        20,000              50,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 11,082             △ 38,850
       リース債務の返済による支出                                  △ 591             △ 456
                                        135,128
       株式の発行による収入                                                  -
       株式の発行による支出                                    -             △ 712
                                         2,611
       新株予約権の発行による収入                                                  -
                                          -             △ 605
       新株予約権の発行による支出
                                        146,065               9,375
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        289,641
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                 △ 1,039
                                        39,912              329,554
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 329,554             ※ 328,514
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 96/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                               (自 2021年10月1日
                                至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        148,709
       税引前四半期純利益
                                         1,813
       減価償却費
       受取利息                                   △ 28
                                          349
       支払利息
                                         2,000
       上場関連費用
       新株予約権戻入益                                   △ 33
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 175,591
       前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 8,397
                                        37,649
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        17,718
       未払金の増減額(△は減少)
                                        12,566
       未払消費税等の増減額(△は減少)
                                        86,703
       前受金の増減額(△は減少)
                                         2,684
       その他
                                        126,144
       小計
                                          28
       利息の受取額
       利息の支払額                                  △ 338
                                       △ 13,511
       法人税等の支払額
                                        112,323
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 2,215
       敷金の差入による支出                                 △ 22,776
                                          600
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 24,391
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        10,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 18,683
                                         △ 845
       新株予約権の発行による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 9,528
                                        78,402
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        328,514
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 406,917
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 97/154









                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
          1.固定資産の減価償却の方法
           (1)有形固定資産(リース資産を除く。)
               定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定
              額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物        15年
               工具、器具及び備品 3~4年
           (2)所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産

               リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          2.引当金の計上基準

            貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
            等の特定の債権については、個別の回収可能性を検討して、回収不能見込額を貸倒引当金として計上して
            おります。
          3.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          4.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

          1.固定資産の減価償却の方法
           (1)有形固定資産(リース資産を除く。)
               定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定
              額法を採用しております。
               なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物        10年
               工具、器具及び備品 3~4年
           (2)無形固定資産(リース資産を除く。)

               自社利用ソフトウエアは、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しておりま
              す。
           (3)所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産

               リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          2.繰延資産の処理方法

            株式交付費
             支出時に全額費用処理しております。
                                 98/154




                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          3.引当金の計上基準
            貸倒引当金
             債権の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権及び破産更生債権
            等の特定の債権については、個別の回収可能性を検討して、回収不能見込額を貸倒引当金として計上して
            おります。
          4.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          5.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

            消費税等の会計処理
             消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 99/154
















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な会計上の見積り)
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

           該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
          1.収益認識に関する会計基準等
            ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
            ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計
             基準委員会)
           (1)概要

               国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する
              包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては
              IFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する
              事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、
              企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて
              公表されたものです。
               企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第
              15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原
              則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われて
              きた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追
              加することとされております。
           (2)適用予定日

               2022年9月期の期首から適用予定であります。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

               「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価
              中であります。
          2.時価の算定に関する会計基準等

            ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
            ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
            ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
            ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会
             計基準委員会)
            ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業
             会計基準委員会)
           (1)概要

               国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ
              同じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、
              米国会計基準においてはAccounting                 Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定め
              ている状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開
              示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する
              会計基準」等が公表されたものです。
               企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一
              的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点
              から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われて
              きた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその
              他の取扱いを定めることとされております。
           (2)適用予定日

                                100/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               2022年9月期の期首から適用予定であります。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

               「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で未
              定であります。
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

          1.収益認識に関する会計基準等
            ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
            ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計
             基準委員会)
           (1)概要

               国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する
              包括的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいては
              IFRS第15号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する
              事業年度から、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、
              企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて
              公表されたものです。
               企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第
              15号と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原
              則を取り入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われて
              きた実務等に配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追
              加することとされております。
           (2)適用予定日

               2022年9月期の期首から適用予定であります。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

               「収益認識に関する会計基準」等の適用により、当社のインターネット広告サービスにおいて、従
              来、顧客から受け取る対価の総額を売上高として計上しておりましたが、当社の役割が代理人として
              の性質が強いと判断される取引については、顧客から受け取る対価の総額から関連する原価を控除し
              た純額を売上高として表示することになります。当該変更が財務諸表の売上高及び売上原価に与える
              影響については、現時点で評価中でありますが、いずれの方法で表示した場合でも利益剰余金への影
              響はない見込みであります。
          2.時価の算定に関する会計基準等

            ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
            ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
            ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
            ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日 企業会
             計基準委員会)
            ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業
             会計基準委員会)
           (1)概要

               国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ
              同じ内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、
              米国会計基準においてはAccounting                 Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定め
              ている状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開
              示に関して、日本基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する
              会計基準」等が公表されたものです。
               企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一
              的な算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点
              から、IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われて
              きた実務等に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその
              他の取扱いを定めることとされております。
                                101/154


                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           (2)適用予定日

               2022年9月期の期首から適用予定であります。
           (3)当該会計基準等の適用による影響

               「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響はありません。
                                102/154



















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行1行と当座貸越契約を締結しております。
          事業年度末における当座貸越契約に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年9月30日)                 (2021年9月30日)
     当座貸越極度額                                50,000千円                 150,000千円
     借入実行残高                                  -                 -
             差引額                        50,000                 150,000
         (損益計算書関係)

          ※ 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度8%、当事業年度2%、一般管理費に属する費用のお
            およその割合は前事業年度92%、当事業年度98%であります。
            販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年10月1日                 (自 2020年10月1日
                             至 2020年9月30日)                 至 2021年9月30日)
     役員報酬                                28,000千円                 43,650千円
     給与及び手当                                54,860                 80,621
     支払報酬                                16,302                 49,872
     支払手数料                                15,959                 14,553
                                103/154













                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
          1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                       式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1.2.                        530      5,540,770             -      5,541,300

             合計                 530      5,540,770             -      5,541,300

     (注)1.当社は、2020年6月1日付で普通株式1株につき10,000株の割合で株式分割を行っております。
         2.普通株式の増加の内訳は、次のとおりであります。
           株式分割による増加        5,299,470株
           第三者割当増資による増加      241,300株
          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当事業年度
                         新株予約権の
                                                       末残高
      区分       新株予約権の内訳            目的となる株
                                当事業年度      当事業年度      当事業年度      当事業年度
                          式の種類
                                                       (千円)
                                 期首      増加      減少      末
     提出会社
            ストック・オプションとして
                           -       -      -      -      -     3,366
           の新株予約権
              合計              -       -      -      -      -     3,366
     (注)3.上記、ストック・オプションとしての新株予約権のうち、権利行使期間の初日が到来していないものは、
           3,366千円であります。
          3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

          1.発行済株式の種類及び総数に関する事項
                       当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                       式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式                     5,541,300             -         -      5,541,300

             合計              5,541,300             -         -      5,541,300

          2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

                                  新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当事業年度
                         新株予約権の
                                                       末残高
      区分       新株予約権の内訳            目的となる株
                                当事業年度      当事業年度      当事業年度      当事業年度
                          式の種類
                                                       (千円)
                                 期首      増加      減少      末
     提出会社
            ストック・オプションとして
                           -       -      -      -      -     4,029
           の新株予約権
              合計              -       -      -      -      -     4,029
     (注)4.上記、ストック・オプションとしての新株予約権のうち、権利行使期間の初日が到来していないものは、
           4,029千円であります。
          3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
                                104/154



                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年10月1日                 (自 2020年10月1日
                             至 2020年9月30日)                 至 2021年9月30日)
     現金及び預金                               329,554千円                 328,514千円
     現金及び現金同等物                               329,554                 328,514
                                105/154


















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (リース取引関係)
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
          1.ファイナンス・リース取引(借主側)
           (1)所有権移転外ファイナンス・リース取引
             ① リース資産の内容
             有形固定資産
             本社における備品であります。
             ② リース資産の減価償却の方法
             重要な会計方針「1.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)

           該当事項はありません。
                                106/154

















                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
               当社は、資金繰り計画等に照らして、必要な資金を主に銀行借入により調達しております。一時的
              な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

               営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。敷金は、賃貸借契約に基づくも
              のであり、差入先の信用リスクに晒されております。
               営業債務である買掛金、未払金、未払法人税等及び未払消費税等は、そのほとんどが2ヶ月以内の
              支払期日であり、流動性リスクに晒されております。借入金及びリース債務は、運転資金及び設備投
              資に係る資金調達を目的としたものであり、金利の変動リスクに晒されております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
                営業債権については、与信管理規程に従い、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手
               ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を
               図っております。
                敷金については、必要に応じてモニタリングを行い、財政状況等の悪化による回収懸念の早期把
               握によりリスク低減を図っております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

                各部署からの報告に基づき管理部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性
               の維持などにより流動性リスクを管理しております。
             ③ 市場リスク(金利の変動リスク)の管理

                金利の変動を定期的にモニタリングし、金利変動リスクの早期把握を図っております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

                金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
               た価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前
               提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                107/154










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          2.金融商品の時価等に関する事項
            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                          329,554            329,554              -

      (2)売掛金                           90,149            90,149              -
      (3)敷金                           24,406            24,406              -
       資産計                         444,110            444,110              -

      (1)買掛金                           44,487            44,487              -

      (2)未払金                           23,969            23,969              -
      (3)未払法人税等                           34,468            34,468              -

      (4)未払消費税等                           29,050            29,050              -

      (5)長期借入金 ※                           50,713            50,692             △20

      (6)リース債務 ※                           2,826            2,826              0
       負債計                         185,515            185,494             △20

     ※ 1年内返済予定の長期借入金、リース債務を含めて表示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法

         資 産
         (1)現金及び預金、(2)売掛金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (3)敷金
          敷金の時価は、想定した賃借期間に基づきその将来キャッシュ・フローを国債の利回りで割り引いた現在価
         値により算定しております。
         負 債

         (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (5)長期借入金、(6)リース債務
          これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割り
         引いた現在価値により算定しております。
                                108/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)2.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      329,554            -         -         -

      売掛金                      90,149           -         -         -
      敷金                      24,406           -         -         -
             合計               444,110            -         -         -

     (注)3.長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              12,780       12,780       12,780        9,923       2,130        320

      リース債務                604       617       631       645       327        -
          合計          13,384       13,397       13,411       10,568        2,457        320

                                109/154














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
               当社は、資金繰り計画等に照らして、必要な資金を主に銀行借入により調達しております。一時的
              な余資は安全性の高い金融資産で運用しております。デリバティブ取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

               営業債権である電子記録債権及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。敷金は、賃貸
              借契約に基づくものであり、差入先の信用リスクに晒されております。
                営業債務である買掛金、未払金、未払法人税等及び未払消費税等は、そのほとんどが2ヶ月以内
               の支払期日であり、流動性リスクに晒されております。借入金は、運転資金及び設備投資に係る資
               金調達を目的としたものであり、金利の変動リスクに晒されております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
                営業債権については、与信管理規程に従い、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引相手
               ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を
               図っております。
                敷金については、必要に応じてモニタリングを行い、財政状況等の悪化による回収懸念の早期把
               握によりリスク低減を図っております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理

                各部署からの報告に基づき管理部が適時に資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動性
               の維持などにより流動性リスクを管理しております。
             ③ 市場リスク(金利の変動リスク)の管理

                金利の変動を定期的にモニタリングし、金利変動リスクの早期把握を図っております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

                金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定され
               た価額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前
               提条件等を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                110/154










                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          2.金融商品の時価等に関する事項
            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                          328,514            328,514              -

      (2)電子記録債権                           2,970            2,970             -
      (3)売掛金                          225,320            225,320              -

      (4)敷金                           44,771            44,428            △343
       資産計                         601,576            601,233             △343

      (1)買掛金                          145,492            145,492              -

      (2)未払金                           52,661            52,661              -
      (3)未払法人税等                           13,511            13,511              -

      (4)未払消費税等                           20,365            20,365              -

      (5)長期借入金 ※                           61,863            61,822             △40
       負債計                         293,893            293,853             △40

     ※ 1年内返済予定の長期借入金を含めて表示しております。
     (注)1.金融商品の時価の算定方法

         資 産
         (1)現金及び預金、(2)電子記録債権、(3)売掛金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (4)敷金
          敷金の時価は、想定した賃借期間に基づきその将来キャッシュ・フローを国債の利回りで割り引いた現在価
         値により算定しております。
         負 債

         (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっておりま
         す。
         (5)長期借入金
          長期借入金の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いた現在
         価値により算定しております。
                                111/154








                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)2.金銭債権の決算日後の償還予定額
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      328,514            -         -         -

      電子記録債権                       2,970           -         -         -
      売掛金                      225,320            -         -         -

      敷金                        -         -       44,771           -
             合計               556,804            -       44,771           -

     (注)3.長期借入金の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              25,380       25,380       10,063         720       320        -
          合計          25,380       25,380       10,063         720       320        -

                                112/154














                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (ストック・オプション等関係)
          前事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                              第1回新株予約権                  第2回新株予約権
                                            当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数                     当社従業員 6名
                                           当社従業員 5名
     株式の種類別のストック・オプションの数
                          普通株式 14,200株                  普通株式 198,000株
     (注)
     付与日                     2020年7月17日                  2020年8月14日
                          「 第4 提出会社の状況 1 株式                 「 第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                     等の状況 (2)新株予約権等の状                  等の状況 (2)新株予約権等の状
                          況 」 に記載のとおりであります            。   況 」 に記載のとおりであります            。
     対象勤務期間                     定めておりません。                  定めておりません。
                          自 2022年7月18日                  自 2022年11月1日
     権利行使期間
                          至 2030年6月28日                  至 2025年10月31日
     (注)株式数に換算して記載しております。
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

               当事業年度(2020年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
              ションの数については、株式数に換算して記載しております。
             ① ストック・オプションの数
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      付与                                14,200                 198,000

      失効                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                                14,200                 198,000

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                                  -                  -

                                113/154





                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第1回新株予約権                  第2回新株予約権
     権利行使価格               (円)                   560                  560

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与時において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な
            評価単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積もりによっております。また、単位当たりの本源的
            価値の算定基礎となる自社の株式価値は、類似会社比較法及びDCF法等の結果を総合的に勘案して決定し
            ております。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しておりま
            す。
          5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的価

            値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価
            値の合計額
           (1)ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源
              的価値の合計額
               -千円
           (2)当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計額

               該当事項はありません。
                                114/154












                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年10月1日 至 2021年9月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
             該当事項はありません。
           2.権利不行使による失効により利益として計上した金額

                                   (単位:千円)
                              当事業年度
                           (自 2020年10月1日
                            至 2021年9月30日)
     新株予約権戻入益                                 59
           3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

            (1)ストック・オプションの内容
                     第1回新株予約権              第2回新株予約権              第3回新株予約権
                                               当社取締役 1名
                                 当社取締役 1名
     付与対象者の区分及び人数              当社従業員 6名                            当社監査役 1名
                                 当社従業員 5名
                                              当社従業員 2名
     株式の種類別のストック・
                   普通株式 14,200株              普通株式 198,000株              普通株式 18,600株
     オプションの数(注)
     付与日              2020年7月17日              2020年8月14日              2020年12月15日
                   「 第4 提出会社の状況              「 第4 提出会社の状況              「 第4 提出会社の状況 
                   1 株式等の状況(2)新              1 株式等の状況(2)新              1 株式等の状況(2)新
     権利確定条件
                   株予約権等の状況        」 に記載     株予約権等の状況        」 に記載     株予約権等の状況        」 に記載
                   のとおりであります         。     のとおりであります         。     のとおりであります         。
     対象勤務期間              定めておりません。              定めておりません。              定めておりません。
                   自 2022年7月18日              自 2022年11月1日              自 2022年11月1日
     権利行使期間
                   至 2030年6月28日              至 2025年10月31日              至 2025年10月31日
                     第4回新株予約権              第5回新株予約権              第6回新株予約権

                                 当社監査役 1名
     付与対象者の区分及び人数              当社従業員 8名                            当社従業員 7名
                                 当社従業員 1名
     株式の種類別のストック・
                   普通株式 4,800株              普通株式 4,800株              普通株式 3,500株
     オプションの数(注)
     付与日              2021年1月19日              2021年1月19日              2021年5月20日
                   「 第4 提出会社の状況              「 第4 提出会社の状況              「 第4 提出会社の状況 
                   1 株式等の状況(2)新              1 株式等の状況(2)新              1 株式等の状況(2)新
     権利確定条件
                   株予約権等の状況        」 に記載     株予約権等の状況        」 に記載     株予約権等の状況        」 に記載
                   のとおりであります         。     のとおりであります         。     のとおりであります         。
     対象勤務期間              定めておりません。              定めておりません。              定めておりません。
                   自 2023年1月20日              自 2022年11月1日              自 2023年5月21日
     権利行使期間
                   至 2031年1月18日              至 2025年10月31日              至 2031年5月20日
                                115/154






                                                          EDINET提出書類
                                                       株式会社AViC(E37744)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                     第7回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数              当社従業員 2名

     株式の種類別のストック・
                   普通株式 32,200株
     オプションの数(注)
     付与日              2021年5月20日
                   「 第4 提出会社の状況 
                   1 株式等の状況(2)新
     権利確定条件
                   株予約権等の状況        」 に記載
                   のとおりであります         。
     対象勤務期間              定めておりません。
                   自 2022年11月1日
     権利行使期間
                   至 2025年10月31日
     (注)株式数に換算して記載しております。
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況

                当事業年度(2021年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オ
               プションの数については、株式数に換算して記載しております。
              ① ストック・オプションの数
                        第1回新株予約権             第2回新株予約権             第3回新株予約権
     権利確定前            (株)

      前事業年度末                        14,200            198,000               -

      付与                          -             -           18,600

      失効                        1,800             3,500              -

      権利確定                          -             -             -

      未確定残                        12,400            194,500             18,600

     権利確定後            (株)

      前事業年度末                          -             -             -

      権利確定                          -             -             -

      権利行使                          -             -             -

      失効                          -             -             -

      未行使残                          -             -             -

                                116/154







 &nbs