オリジン東秀株式会社 有価証券報告書 第56期(令和3年3月1日-令和4年2月28日)

提出書類 有価証券報告書-第56期(令和3年3月1日-令和4年2月28日)
提出日
提出者 オリジン東秀株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    有価証券報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2022年5月20日
     【事業年度】                    第56期(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
     【会社名】                    オリジン東秀株式会社
     【英訳名】                    ORIGIN    TOSHU   Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  沢村 弘也
     【本店の所在の場所】                    東京都調布市調布ヶ丘一丁目18番地1 KDX調布ビル5階
     【電話番号】                    (042)443-6801(代表)
     【事務連絡者氏名】                    財務経理部部長  安田 公広
     【最寄りの連絡場所】                    東京都調布市調布ヶ丘一丁目18番地1 KDX調布ビル5階
     【電話番号】                    (042)443-6801(代表)
     【事務連絡者氏名】                    財務経理部マネジャー  竹島 憲一
     【縦覧に供する場所】                    該当事項はありません。
                                 1/74













                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      提出会社の状況
            回次            第52期       第53期        第54期       第55期        第56期
           決算年月            2018年2月        2019年2月       2020年2月        2021年2月       2022年2月

                       46,866,541        47,381,881       47,828,468        43,462,101       45,580,798
     営業収益             (千円)
                        2,179,070       2,878,651        2,674,440         819,991      2,438,506
     経常利益             (千円)
     当期純利益又は当期純損失
                         780,425      1,611,148        1,308,482               1,529,786
                  (千円)                             △ 479,205
     (△)
     持分法を適用した場合の投
                  (千円)          -        -       -        -       -
     資利益
                        3,268,756       3,268,756         100,000       100,000        100,000
     資本金             (千円)
                          17,769       17,769        17,769       17,769        17,769
     発行済株式総数             (千株)
                       15,448,997        16,842,577       17,507,888        16,763,090       18,027,423
     純資産額             (千円)
                       24,465,931        24,781,595       24,844,020        23,202,393       25,249,752
     総資産額             (千円)
                          871.57       950.19        987.73       945.71      1,017.04
     1株当たり純資産額              (円)
                          15.00        15.00       15.00        15.00       15.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (内1株当たり中間配当額)                      ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     1株当たり当期純利益又は
                          44.02        90.89       73.81               86.30
                   (円)                             △ 27.03
     当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)         -        -       -        -       -
     当期純利益
                           63.1        68.0       70.5        72.2       71.4
     自己資本比率              (%)
                           5.2       10.0        7.6               8.8
     自己資本利益率              (%)                              △ 2.8
     株価収益率              (倍)         -        -       -        -       -
                           34.1        16.5       20.3               17.4
     配当性向              (%)                                -
     営業活動によるキャッ
                        1,077,512       4,024,157        2,076,324         933,804      4,476,634
                  (千円)
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                                1,069,971         534,446
                  (千円)     △ 3,389,551                      △ 867,391      △ 243,443
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                        2,384,090
                  (千円)            △ 1,434,035        △ 433,984      △ 434,029      △ 434,005
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                        2,061,591       5,723,427        7,899,888       7,534,516       11,334,459
                  (千円)
     残高
                           574        583       576        569       560
     従業員数
                   (人)
     [外、平均臨時雇用者数]                     [ 5,162   ]    [ 4,929   ]    [ 4,986   ]    [ 4,761   ]    [ 4,529   ]
     株主総利回り              (%)         -        -       -        -       -
     (比較指標:-)              (%)         ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     最高株価              (円)         -        -       -        -       -
     最低株価              (円)         -        -       -        -       -
                                 2/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     ( 注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
        2.営業収益には、消費税等は含まれておりません。
        3.平均臨時雇用者数は、契約社員・パート・アルバイトの年間の平均人員(1日8時間換算)を記載してお
          ります。
        4.第52期、第53期、第54期及び第56期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在
          しないため記載しておりません。また第55期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当
          たり当期純損失であり、また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        5.株価収益率、株主総利回り、比較指標、最高株価及び最低株価については、当社株式は非上場ですので記
          載しておりません。
        6.第55期の配当性向については、当期純損失であるため記載しておりません。
        7.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)等を第54期の
          期首から適用しており、第53期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後
          の指標等となっております。
                                 3/74
















                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        年月                            沿革
      1976年11月        1966年9月に東京都世田谷区において中華料理店運営を事業目的として有限会社東秀を資本金300
              万円にて設立後、資本金1,000万円にて株式会社東秀に組織変更
      1982年6月        持ち帰り弁当店「マミー弁当」1号店開店 ※1983年2月に「ファミリー弁当」に屋号変更
      1994年3月        神奈川県川崎市に惣菜の量り売りと弁当の併売店「オリジン弁当」1号店を開店
      1997年4月        会社の商号を「株式会社東秀」より「オリジン東秀株式会社」に変更
      1997年12月        日本証券業協会に株式を店頭登録
      1999年6月        役員・社員のみならずパート店長を含めた「ストック・オプション」を実施
      2002年3月        オリジン弁当の大量出店に備えるため、山梨県上野原町(現上野原市)に「上野原工場」を開設
      2004年1月        オリジン弁当の第500号店として「オリジン弁当青梅店」を開店
      2004年12月        日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場
      2005年3月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場し、ジャスダック証券取引所の上場を廃止
      2006年3月        イオン株式会社の当社株式公開買付け実施により、イオン株式会社の連結子会社となる
      2006年7月        上場廃止基準(株式の分布状況)により東京証券取引所市場第二部の上場を廃止
      2006年8月        近畿地区第1号店となる「オリジン弁当茨木店」を大阪府茨木市に開店
      2008年8月        イオン株式会社の純粋持株会社への移行に伴い、同社の所有する当社株式が、同社の100%子会社
              であるイオンリテール株式会社に承継され、イオンリテール株式会社の子会社となる
      2010年11月        イオングループ各社のデリカ部門へ商品・食材を供給するデリカ融合事業を開始
      2014年2月        上野原工場全ラインでISO22000を取得
              「働く女性」をターゲットにした「キッチンオリジン」1号店を開店
      2014年4月        量り売り惣菜・サラダとお弁当・おにぎり・揚げ物に特化した新業態として「オリジンデリカ」
              1号店を開店
      2014年12月        上野原工場でFSSC22000を取得
      2017年2月        自社農場の伊勢原ファームを開設し、自社店舗へ農産品の供給開始
      2017年3月        お酒と食事を楽しめるお店として新業態「れんげ食堂Toshu」1号店を開店
      2018年1月        農産品のカット、包装等を行う平塚加工センターを開設
      2018年3月        肉の加工を中心とした上野原第2工場を開設
                                 4/74











                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社は、イオン株式会社及びイオンリテール株式会社を親会社とする有価証券報告書提出会社であります。弁当・
      惣菜のテイクアウト店を運営する「オリジン事業」と、中華料理の飲食店を運営する「外食事業」、イオングループ
      各社のデリカ部門にオリジン商品を融合させる「デリカ融合事業」の3事業を柱として経営しております。
      ① オリジン事業
         弁当は、ご注文を受けてから調理し提供する「オーダー弁当」を基本とし、独自の規格で調達した食材を使用し
        て出来立てにこだわることで、コンビニエンスストアやスーパーマーケット等の商品と差別化を図っております。
        また、昼食時等のピーク時間帯を中心に、お客さまが来店してすぐ買える商品として、直前調理の「作り置き弁
        当」等を売り場に陳列して販売しております。おにぎりについては店内で手作りで提供し、バリエーション豊かな
        品揃えをしております。また、その他季節ごとに、パスタ等の麺類、ご当地メニュー等をご提供しております。
         惣菜は、独自に開発した惣菜キットを毎日店舗に納入し、レシピに基づき店舗で作る「店内調理」にこだわって
        おります。店内でパック詰めした惣菜・サラダを、ショーケース等に並べ、お客さまが自由にお好みの商品を選ん
        で頂く販売方法をとっております。また、毎月発売する新商品は、旬の食材を豊富に取り揃えるため、季節ごとに
        最良の生産地と契約し、調達を行っております。
         店舗はすべて直営で運営しております。店舗形態は路面店を中心としておりますが、一部店舗は親会社であるイ
        オンリテール株式会社及びグループ会社が運営するショッピングセンター内に、コンセッショナリー契約やテナン
        ト契約にて出店しております。
      ② 外食事業
         中華料理の飲食店として、ラーメン・あんかけ焼きそば・つけ麺・冷やし中華等の麺類・チャーハン、餃子や回
        鍋肉・レバニラ炒め等の各種定食メニューを豊富に取り揃え、またビール等のアルコール類も提供しております。
        また、定期的にグランドメニューの刷新を実施し、お客さまにご満足いただける商品のご提供に取り組んでおりま
        す。
         店舗は路面店を中心に、すべて直営で運営しております。
      ③ デリカ融合事業
         イオングループ各社のデリカ部門へ、オリジン商品・販売に関するノウハウの提供及び商品等の供給を行ってお
        ります。
      ④ その他
         イオングループ等への店舗設備関連事業を行っております。
      事業の系統図は次のとおりであります。

            (注)出資比率は発行済株式総数(自己株式を含む)に対する所有株式数の割合を記載しております。







                                 5/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
      (1)親会社
                                            議決権の
                            資本金
          名称           住所            主要な事業内容                    関係内容
                           (千円)
                                          被所有割合(%)
     イオン株式会社              千葉市美浜区        220,007,994       純粋持株会社         間接 95.75          資金の寄託運用

     イオンリテール株式会社              千葉市美浜区          100,000     GMS事業         直接 95.75           商品の供給

     (注)イオン株式会社は有価証券報告書を提出しております。
      (2)連結子会社

         該当事項はありません。
     5【従業員の状況】

      (1)提出会社の状況
                                                  2022年2月28日現在
         従業員数(人)             平均年齢(才)              平均勤続年数           平均年間給与(千円)

          560(4,529)                 37.71           11年1ヶ月                5,809
            セグメントの名称                          従業員数(人)

        オリジン事業                                         335(3,956)
        外食事業                                         42 (359)
        デリカ融合事業                                         49  (0)
                                                  2   (18)
        その他
        全社共通                                         132 (196)
               合計                                  560(4,529)
      (注)1.平均年間給与(税込み)は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
          2.従業員数は就業人員であり、契約社員・パート・アルバイトは、(                                   )内に1日8時間換算による年間
            の平均人員を外数で記載しております。
      (2)労働組合の状況

         1.結成年月日  2002年3月16日
         2.名称     オリジン東秀ユニオン
         3.所属上部団体 UAゼンセン
         4.労使関係   労使関係は円満であり、特記すべき事項はありません。
         5.組合員数   661名(2022年2月28日現在)
         (注)1.組合員数には、臨時雇用者のうち資格該当者(201名)を含んでおります。
            2.2006年10月6日よりUIゼンセン同盟イオングループ労働組合連合会に加盟しております。
            3.2012年11月6日に、UIゼンセン同盟とサービス・流通連合が統合し、UAゼンセンが発足しまし
             た。
                                 6/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社は「わたしたちは、『楽しさ』『豊かさ』『快適さ』を追求し、食を通して、人々の暮らしに貢献し続けま
       す。」を経営理念とし、変化するライフスタイルとあらゆる食のニーズに対応し、お客さま満足度向上による、お
       客さま来店頻度の増加や新規のお客さま獲得を目的に下記の課題へ取り組んでまいります。
      ① 既存業態の取り組み

         お客さまの新しい生活様式に対応するモデルを構築してまいります。
        イ.オリジン事業は、昨年度にコロナ下における衛生意識の高まりから、量り売り販売を中止し、パック売り販売
         に全店舗切り替えました。更なるお客さまニーズに応えるため、価格帯は100g170円均一の販売から、100g158
         円、178円、198円の3層構造に変更し、多彩な品ぞろえを追求していくとともに、お弁当の価格帯も整理し、お
         客さまがお買い求めやすい価格帯を検証してまいります。
          また、今後の人手不足が見込まれる中、おいしさを維持しながら、店舗での商品調理作業を軽減する検討を
         行ってまいります。
        ロ.  外食事業は、店内飲食需要の回復への対応を進めるとともに、引き続きテイクアウトメニューを強化し、お客
         さまニーズの獲得と満足度向上に取り組んでまいります。
        ハ.オリジン事業・外食事業ともに、フードデリバリーサービスのインフラ整備を行い、取り扱いサービスの拡充
         を目指してまいります。
      ② 新規業態の開発

         お客さまの多様なニーズに応えられえるよう継続的に業態開発に取り組んでまいります。
        イ.「オリジンデリカ」を従来のスーパーマーケット内から、路面へ出店しております。都市部のお客さまの多く
         が求めるスピーディーなお買い物をしていただく売り場充実型の店舗を目指すことに加え、既存オリジン業態よ
         りも少ない人数で運営できる店舗モデルを確立してまいります。
        ロ.低投資・郊外型でランニングコストの低い店舗モデルを引き続き検討してまいります。
      ③ 店舗インフラの整備

         効率的な店舗運営のための店舗投資を検討してまいります。
        イ.セミセルフレジの導入と次世代レジの検証
          従業員のレジ作業負担を軽減し、お客さまにより快適なお買い物をしていただくためのレジ環境の整備を引き
         続き検証してまいります。
        ロ.デジタル化・DXの推進
          加速度的に発展しているデジタル化への投資は随時検討を行い、DXを推進してまいります。
      ④ 食材高騰への対応

         原材料価格の高騰に対し、商品のリニューアルを行い商品の付加価値の創造に努めます。
      ⑤ 食品廃棄物の削減

         当社では2015年度の食品廃棄量に対し、2025年度までに食品廃棄を50%とする目標を掲げております。店舗・工
         場含め食品廃棄の削減に取り組みます。
                                 7/74







                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
         当社の経営成績、財務状況等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあります。なお、文中
        における将来に関する事項は、有価証券報告書提出日(2022年5月20日)現在において当社が判断したものです。
         当社では、これらリスクの発生を十分に認識した上で、発生を極力回避し、また発生した場合に的確な対応を行
        うための努力を継続してまいります。
        ① 出店政策について

         [地域別・事業別出店状況]                      (2022年2月28日現在)
              区分         オリジン事業            外食事業            合計
           東京都                   213            29           242
           神奈川県                    97           25           122

           千葉県                    44            3           47

           大阪府                    43           -           43

           埼玉県                    33           -           33

           茨城県                    14           -           14

           兵庫県                    8           -            8

           京都府                    5           -            5

           奈良県                    3           -            3

           滋賀県                    1           -            1

           合計                   461            57           518

          当社は、「働く女性」をターゲットに新たな商品サービスを充実させた「キッチンオリジン」、持ち帰り弁
         当・惣菜の併売店「オリジン弁当」及び、作り置き弁当・惣菜・サラダと揚げ物等に特化した「オリジンデリ
         カ」等を展開しているオリジン事業と、食事もお酒も楽しめるお店「れんげ食堂Toshu」、中華料理店「中華東
         秀」等を展開している外食事業の2事業で店舗展開を行っております。2022年2月末の店舗数は、オリジン事業
         461店舗、外食事業57店舗の計518店舗であります。当事業年度にオリジン事業7店舗を新規出店いたしました。
          今後もオリジン事業、外食事業ともに店舗展開を進めていく方針ですが、新規出店の進捗、出店数に見合う人
         材の確保、人材の育成状況などによって、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
        ② 競合について

          当社が属するフードサービス業界では、当社と同様に中食事業を展開する同業他社、スーパーマーケットやコ
         ンビニエンスストアなどの小売業態、ファーストフードやレストランチェーンなどの外食産業との間で、価格・
         品質・サービスなどを巡って激しい競争が展開されております。
          当社の主力事業である「オリジン事業」では、新商品の投入、惣菜や店内調理での提供等の独自性を打ち出す
         ことで、競合との差別化を進めておりますが、当社が提供する商品の品質、価格、或いはサービスレベルを上回
         る競合先が出現し客数が減少した場合、又はコスト負担がかさんだ場合、当社の経営成績に影響を与える可能性
         があります。
        ③ 外的要因に起因する影響について

          「食の安全」に対する消費者意識は年々高まっております。食品偽装事件やフードテロ、畜肉の感染病や汚染
         物質の食材混入等は、フードサービス業界のみならず社会問題として注目されております。当社では、安全性を
         最優先した厳格なる仕入基準と検査基準を遵守し、多面的な仕入ルートの確保を進めることで、これらの問題に
         よる影響を最小限に食い止めるべく対応をしております。
          しかしながら、これらの外部要因の大きさにより消費マインドが左右されることによって、当社の経営成績に
         影響を与える可能性があります。
                                 8/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ④ 食品衛生法等の法的規制について
          当社の事業は、食品衛生法に基づき、管轄保健所を通しての営業許可取得を必要としております。食品衛生
         上、法の遵守を基本方針としており、各店舗では日常的に食品の品質管理を行っております。店舗や従業員の衛
         生管理についても、内部監査部による抜き打ちでの立ち入り検査、管理職者による臨店チェックの他、外部検査
         員による定期衛生調査を全店で実施し管理の徹底を図っております。また、万一の事態に備えて、食中毒賠償保
         険を含んだテナント総合保険契約を締結しております。
          上野原工場内には、品質保証部検査担当者が常駐し、工場の工程検査や製品の微生物検査を定期的に実施して
         おります。
          しかしながら、当社の営業店舗や工場において、何らかの衛生問題が生じ、当該問題を要因として来店客数の
         減少や売上高の減少等が生じた場合、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
        ⑤ 個人情報の保護について

          当社の各部門においては、個人情報保護法に定められた個人情報を取り扱っております。当社は個人情報の漏
         洩防止に努めておりますが、万一、個人情報が漏洩した場合には、社会的信用の失墜、訴訟の提起による損害賠
         償等により、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
        ⑥ システムに関するリスクについて

          コンピュータウィルスやサイバー攻撃、災害や停電等の諸要因によって、基幹業務システムに障害が起きた場
         合、受発注業務や物流機能に大きな影響を与え、店舗への食材・資材の遅延等が発生した場合、営業活動に支障
         をきたし、当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
        ⑦ 災害によるリスクについて

          当社の店舗が営業している地域で地震等の自然災害が発生した場合は、店舗設備の損壊、社会インフラ、物流
         の寸断、避難勧告等の理由により、店舗の休業や営業時間の短縮を余儀なくされる場合があります。また、自然
         災害による影響が長期化し、さらには消費意欲の低下、食材の高騰等が生じた場合、当社の経営成績に影響を与
         える可能性があります。
        ⑧ 原材料価格変動等のリスクについて

          当社では、低価格で安定的な購入に努めておりますが、世界情勢等により食材市況が大幅に変動した場合、仕
         入価格の上昇、食材の不足、円安等により当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
        ⑨ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によるリスクについて

          新型コロナウイルス感染症の感染拡大による事業への影響については、一部店舗の営業時間短縮又は臨時休
         業、外出自粛による食生活の変化や消費意欲の低下により当社の経営成績に影響を与える可能性があります。
                                 9/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要
      (1)経営成績等の状況の概要
         当事業年度における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う経済活動自粛が徐々に緩和され、個
        人消費は回復の兆しがみられました。しかしながら、新型コロナウイルスの新たな脅威として、変異株であるオミ
        クロン株の感染拡大を受け、再びまん延防止等重点措置が都道府県単位で発令されました。今後も断続的に変異株
        の感染拡大が続く恐れがあり、経済活動を積極的に実施する懸念事項となっております。重ねて、当事業年度の期
        末には、ロシア・ウクライナ情勢に伴い、エネルギー資源や一部の農産物などの相場が高騰し、先行き不透明な状
        況にあります。
         中食・外食産業においては、フードデリバリーやテイクアウトといった中食・外食の垣根を越えた競争が激化
        し、多様なニーズに柔軟に対応することが求められるとともに、原材料や原油価格等の高騰により厳しい環境が続
        いております。
         このような経営環境の下、当社は「『楽しさ』『豊かさ』『快適さ』を追求し、食を通して、人々の暮らしに貢
        献し続ける」を基本理念として、コロナ下での変化や新たに生まれた需要に対する取り組みに注力いたしました。
        お客さまの新しい生活様式の常態化と働き方の変化、節約志向への高まりを見据え、オリジン事業では、『3パッ
        クまとめてお買得』や『店内の作り置き弁当の値引きセール』などの価格訴求施策や、夕方以降の売り場商品を充
        実させ、新しい生活様式に対応した売り場展開を進めてまいりました。また、オリジン事業がコロナ前水準に回復
        したことを受け、店舗への投資を再開いたしました。老朽化した設備の刷新と売り場の惣菜什器を入れ替える等、
        店舗の活性化を行い、お客さまがより安心で快適なお買い物ができる店舗環境整備に努めました。一方、更なる競
        合や人手不足が見込まれる社会環境の変化に対応するため、従来のキッチンオリジン、オリジン弁当よりも人手の
        かからない店舗モデル構築を目指し、オーダー弁当を取り扱わないオリジンデリカを路面で展開する実験を開始
        し、さらには、低投資で郊外でも成立する新たなモデルの検証をしております。期末店舗数は「キッチンオリジ
        ン」「オリジン弁当」等のオリジン事業で461店舗、「れんげ食堂Toshu」等の外食事業で57店舗、イオングループ
        各社のデリカ部門にオリジン商品を供給するデリカ融合事業では、251拠点となりました。
      a.財政状態

         当事業年度末の資産合計は、252億49百万円(前事業年度末232億2百万円)で20億47百万円の増加、当事業年度
        末の負債合計は、72億22百万円(同64億39百万円)で7億83百万円の増加、当事業年度末の純資産合計は、180億
        27百万円(同167億63百万円)で12億64百万円の増加となりました。
      b.経営成績

         当事業年度の経営成績は、営業収益は455億80百万円(前事業年度434億62百万円)で前期比104.9%となり、既
        存店売上前期比は、オリジン事業112.2%、外食事業95.6%となりました。
         売上総利益面におきましては、原材料価格の高騰の影響があり、売上総利益率は、前期62.7%から0.4ポイント
        低下し62.3%となりましたが、増収効果で営業総利益は291億65百万円(同279億99百万円)で前期比104.1%と増
        加となりました。
         経費面におきましては、継続的なコスト削減に取り組み、販売費及び一般管理費は267億49百万円(同272億4百
        万円)で前期比98.3%となりました。
         その結果、営業利益は、24億16百万円(同7億95百万円)で前期比303.5%、経常利益は24億38百万円(同8億
        19百万円)で前期比297.3%となりました。また、当事業年度における特別利益は、時短営業要請協力金として5
        億93百万円(同3百万円)等を含め6億68百万円、特別損失は減損損失4億41百万円(同10億30百万円)等を含め
        5億38百万円を計上し、当期純利益は15億29百万円(前事業年度は当期純損失4億79百万円)となりました。
                                10/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        セグメントごとの経営成績は次のとおりであります。

        ① オリジン事業
          7店舗の新規出店を行うとともに、不採算店の整理、スクラップ&ビルド施策等により38店舗を閉鎖した結
         果、当事業年度末の店舗数は461店舗となりました。
          この結果、営業収益は400億75百万円(前期比6.3%の増加)、営業利益は33億16百万円(前期比90.7%の増
         加)となり、既存店の売上高前期比につきましては112.2%となりました。
        ② 外食事業
          不採算店15店舗を閉鎖した結果、当事業年度末の店舗数は57店舗となりました。
          この結果、営業収益は30億58百万円(前期比19.4%の減少)、営業利益は62百万円(前期は営業損失1億33百
         万円)となり、既存店の売上高前期比につきましては95.6%となりました。
        ③ デリカ融合事業
          イオングループ各社のデリカ部門にオリジン商品を融合させる当事業では、4拠点に展開し、1拠点の閉鎖、
         業態転換をした結果、当事業年度末の拠点数は251拠点となりました。
          この結果、営業収益は24億43百万円(前期比25.6%の増加)、営業利益は11億16百万円(前期比6.1%の増
         加)となりました。
        ④ その他
          店舗設備関連事業等で、営業収益は3百万円(前期比42.1%の減少)、営業利益は3百万円(前期比42.2%の
         減少)となりました。
       (注)上記金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)キャッシュ・フロー

         当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は前事業年度末に比べ、37億99百万円増加
        し、当事業年度末には113億34百万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果増加した資金は44億76百万円(前期は9億33百万円の増加)となりました。これは税引前当期
        純利益25億68百万円、減価償却費12億88百万円及び減損損失4億41百万円などの非資金費用による増加要因が
        あったものの、法人税等の支払に75百万円等の減少要因があったこと等によるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果減少した資金は2億43百万円(前期は8億67百万円の減少)となりました。閉店に伴う差入保
        証金の回収が2億42百万円等の増加要因があったものの、新規出店や店舗改装等による有形固定資産の取得に1
        億98百万円の支出、ソフトウェア等無形固定資産の取得に1億16百万円の支出、また閉店に伴い1億85百万円支出
        したこと等の減少要因があったこと等によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果減少した資金は4億34百万円(前期は4億34百万円の減少)となりました。これは配当金の支
        払額が2億65百万円となったことや、長期借入金を1億68百万円返済したこと等によるものであります。
                                11/74







                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      生産、受注及び販売の実績
      (1)生産実績
         当事業年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                           第56期
                                       (自 2021年3月1日
             セグメントの名称                           至 2022年2月28日)
                                     金額(千円)              前年同期比(%)

       オリジン事業                                  4,139,515               103.7

       外食事業                                   151,031              71.4

       デリカ融合事業                                   768,815              169.9

                合計                        5,059,363               108.7

     (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)受注実績

         当社は見込み生産を行っておりますので、受注実績については、記載すべき事項はありません。
      (3)販売実績

         当事業年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                                           第56期
                                       (自 2021年3月1日
             セグメントの名称                           至 2022年2月28日)
                                     金額(千円)              前年同期比(%)
       オリジン事業                                 40,075,295               106.3

       外食事業                                  3,058,412               80.6

       デリカ融合事業                                  2,443,553               125.6

       その他                                    3,536             57.9

                合計                        45,580,798               104.9

     (注) 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
                                12/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
      (1)財政状態の分析
         当事業年度末の資産合計は、252億49百万円であり、前事業年度末から20億47百万円増加しております。これは
        好調な業績により流動資産が34億68百万円増加した一方、減価償却12億88百万円及び減損損失4億41百万円の計上
        等により固定資産が14億21百万円減少したことによるものであります。
         当事業年度末の負債総額は、72億22百万円であり、前事業年度末から7億83百万円増加しております。これは主
        に未払法人税等が8億12百万円増加したこと等によるものであります。
         当事業年度末の純資産は、180億27百万円であり、前事業年度末から12億64百万円増加しております。これは主
        に当期純利益として15億29百万円を計上した一方、配当金の支払により2億65百万円減少したこと等によるもので
        あります。
      (2)経営成績の分析

        ① 2022年2月期の業績について
         「当事業年度における当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要(1)経営成績等の状況
        の概要」に記載の通りです。
        ② 既存店売上高について

                                         対前年同月比増減率(%)
           区分      3月度      4月度      5月度      6月度      7月度      8月度
         既存店          18.1      18.6      14.6      17.6      12.8      12.6
         全店          15.6      11.9       7.6      9.5      4.8      4.9
           区分      9月度      10月度      11月度      12月度      1月度      2月度
         既存店          14.3      12.6       7.5      4.9      2.0     △3.1
         全店          6.2      6.5      3.1      0.9     △2.6      △8.2
        (注)1.既存店は、開店後13ヶ月以上経過した店舗を対象としております。
           2.全店は、インターネット販売等の売上高を含んでおります。
         上期は、客単価前年比は105.3%、客数前年比は109.8%とともに前年を上回ったことで、既存店売上高前年比に
        ついても115.7%となりました。下期については、客数前年比は99.1%となったものの、客単価前年比は107.1%と
        引き続き前年を上回り、既存店売上高前年比106.1%となりました。
        ③ 資金の財源及び流動性に関する分析

        <キャッシュ・フロー計算書>         (単位:千円)

                                第56期
          営業活動によるキャッシュ・フロー                       4,476,634
          投資活動によるキャッシュ・フロー                       △243,443
          財務活動によるキャッシュ・フロー                       △434,005
          現金及び現金同等物に係る換算差額                          758
          現金及び現金同等物の増加額                       3,799,943
          現金及び現金同等物の期首残高                       7,534,516
          現金及び現金同等物の期末残高                      11,334,459
       当社の営業活動によるキャッシュ・フローについては、直営店舗による現金販売が中心であるためキャッシュの回
      収が早く、食材の仕入や人件費等に関する運転資金は売上金の回収によって得られたキャッシュから支出できており
      ます。投資活動によるキャッシュ・フローについては、新規出店及び店舗改装、自社工場の設備新設等での有形固定
      資産の取得による支出となっており、自己資金により充当しております。余裕資金については、イオン株式会社の余
      剰資金運用制度等を活用し、有効に運用しております。
                                13/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (3)重要な会計方針及び見積り

         当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。こ
        の財務諸表の作成にあたって採用している会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについ
        ては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載のとお
        りであります。
     4【経営上の重要な契約等】

       特記事項はありません。
     5【研究開発活動】

       該当事項はありません。
                                14/74
















                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当事業年度に実施いたしました設備投資額は3億83百万円となりました。
        その内訳は、新規出店に81百万円、既存店の修繕や活性化に1億51百万円、IT機器やソフトウエアに1億15百万円
      の投資等を行いました。
     2【主要な設備の状況】

        当社は、中食・外食事業を主としており、518店の営業店舗のほか、生産及び本社その他設備を有しております。
        (イ)営業店舗
        [オリジン事業]
                                                  (2022年2月28日現在)
                               帳簿価額

                                                      従業員数
                                    工具、器具
      所在地     店舗数        土地           建物             その他      合計
                                     及び備品
                                                    正社員    パート
              面積(㎡)      金額(千円)      面積(㎡)      金額(千円)     金額(千円)     金額(千円)     金額(千円)
                                                    (人)    (人)
            213              17,386.80
      東京都計           198.42     225,584           795,774     404,001      2,276    1,427,636       163   1,868
           (211)              (17,174.01)
            97   1,019.29           8,793.63
     神奈川県計
                                318,931     192,804      2,643     514,379      68    833
                       -
            (97)   (1,019.29)           (8,793.63)
            44              3,488.37
      千葉県計
                                 96,585     65,384      215    162,185      24    379
                  -      -
            (44)              (3,488.37)
            43              3,578.77
      大阪府計                           117,735      61,788       -   179,523      35    386
                  -      -
            (43)              (3,578.77)
            33    696.05          3,220.47
      埼玉県計                           118,765      52,585      4,893     176,245      25    304
                       -
            (33)    (696.05)          (3,220.47)
            14               637.20
      茨城県計
                                 4,825     12,103           16,929      7    50
                  -      -                     -
            (14)               (637.20)
             8              552.93
      兵庫県計                           15,406      6,056          21,463      4    61
                  -      -                     -
            (8)              (552.93)
             5              172.48
      京都府計                                 2,786           2,786      4    37
                  -      -           -          -
            (5)              (172.48)
             3              188.61
      奈良県計                            2,325     2,272           4,597      4    26
                  -      -                     -
            (3)              (188.61)
             1               37.00
      滋賀県計
                                  -     603           603     1    12
                  -      -                     -
            (1)               (37.00)
            461   1,913.76           38,056.26
      合計               225,584          1,470,349      800,387      10,029    2,506,351       335   3,956
           (459)   (1,715.34)           (37,843.46)
                                15/74








                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        [外食事業]
                                                  (2022年2月28日現在)
                               帳簿価額

                                                      従業員数
                                    工具、器具
      所在地     店舗数        土地           建物             その他      合計
                                     及び備品
                                                    正社員    パート
              面積(㎡)      金額(千円)      面積(㎡)      金額(千円)     金額(千円)     金額(千円)     金額(千円)
                                                    (人)    (人)
            29              2,673.14
      東京都計                           161,113      46,474       -   207,588      27    167
                  -      -
            (29)              (2,673.14)
            25              2,409.77
     神奈川県計                           211,962      55,320      149    267,431      13    176
                  -      -
            (25)              (2,409.77)
             3              345.76
      千葉県計
                                 11,774      5,559          17,333      2    16
                  -      -                     -
            (3)              (345.76)
            57              5,428.67
      合計           -              384,849     107,353       149    492,353      42    359
                       -
            (57)              (5,428.67)
        (ロ)生産及び本社その他設備

                                                  (2022年2月28日現在)
                                    帳簿価額
                                                      従業員数
                                       工具、器具
                        土地         建物           その他     合計
        事業所名       セグメントの
                                       及び備品
        (所在地)         名称
                      面積     金額    面積    金額    金額    金額    金額    正社員    パート
                     (㎡)    (千円)     (㎡)    (千円)    (千円)    (千円)    (千円)     (人)    (人)
              オリジン事業
     上野原工場
               外食事業      17,781.40     936,398    4,979.90    1,603,156      22,128    784,872    3,346,556       29    97
     (山梨県上野原市)
              デリカ融合事業
              オリジン事業
     本社          外食事業               1,884.16
                                    91,308    59,966      -  151,274      92    54
                        -    -
              デリカ融合事業
     (東京都調布市)                         (1,884.16)
               全社共通
     近畿事務所                          145.57
               全社共通                     6,806      10       6,817     57    21
                        -    -                  -
     (大阪府茨木市)                          (145.57)
     平塚農産加工センター                17,441.00
               全社共通           134,470     521.32    64,711     1,226    83,381    283,789       3    24
     (神奈川県平塚市他)                (16,409.00)
     その他

                               195.07
               全社共通      2,069.00     16,626         18,356     3,809        38,792      2    18
                                              -
     (長野県諏訪郡原村他)
                               (63.49)
     賃貸不動産

               全社共通       868.40    273,446     858.02    98,892     2,853     176   375,369
                                                      -    -
     (東京都世田谷区)
                     38,159.80         8,584.04
        合計                 1,360,942         1,883,232      89,994    868,431    4,202,600       183    214
                    (16,409.00)         (2,093.22)
     (注)1.金額には消費税等は含まれておりません。
         2.店舗数及び土地・建物の面積のうち( )書きは、賃借中のものであり、内書きで表示しております。
         3.パートタイマーは年間の平均人員(1日8時間換算)を記載しております。
         4.「その他」は、構築物、機械及び装置の合計であり、建設仮勘定は含まれておりません。
         5.賃貸不動産は、投資その他の資産として表示しております。
         6.リース契約による主な賃借設備は、次のとおりであります。
                                         年間リース料         リース契約残高
                   名称           リース期間(年)
                                          (千円)         (千円)
           車両運搬具                      2~5           36,465         43,017
                                16/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
       当事業年度における設備の新設、除却等の計画は次の通りであります。
      (1)重要な設備の新設等

         第57期(2023年2月期)の設備投資は、オリジン事業で25店舗の出店及び既存店の活性化のため60店舗の改装投
        資等を計画しております。
         設備投資額は、店舗以外の投資を含め第57期合計10億35百万円(長期差入保証金を含む)を見込んでおります。
         2022年2月末現在における当社の重要な設備投資計画の明細は以下のとおりであります。
                              投資予定金額              着手及び完了予定年月
                セグメント                        資金調達                完成後の
     事業所名      所在地           設備の内容
                 の名称             総額    既支払額      方法               増加能力
                                              着手      完了
                             (千円)     (千円)
     店舗新設           オリジン      店舗設備

          東京都他                   375,000      1,710   自己資金     2021年12月      2023年2月       -
                     長期差入保証金
     25店舗           事業
     店舗改装           オリジン

          東京都他           店舗設備        420,000        -  自己資金     2022年3月      2023年2月       -
     60店舗           事業
     本社等      東京都他     全社共通      IT関連等        240,000        -  自己資金     2021年4月      2023年2月       -

     (注)1.金額には消費税等は含まれておりません。

         2.新型コロナウイルスの感染拡大が収束するまでの間につきましては、新型コロナウイルスによる会社の財
           政状態及び経営成績への影響の程度を注視しながら、投資すべき物件が見つかった場合に設備の新設、改
           装を実施してまいります。
      (2)重要な設備の除却等

         当事業年度末において、新たに確定した重要な設備の除却等はありません。
         なお、除却につきましては、全部門において不採算の店舗を見直し、収益の見通しを明確にして早期に処理する
        予定であります。
                                17/74











                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          36,000,000
                  計                                36,000,000
        ②【発行済株式】

              事業年度末現在発行数               提出日現在発行数            上場金融商品取引所名
        種類          (株)              (株)         又は登録認可金融商品取              内容
               (2022年2月28日)             (2022年5月20日)            引業協会名
                                                      単元株式数
     普通株式              17,769,444             17,769,444             -
                                                       100株
        計           17,769,444             17,769,444             -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
      2019年7月1日

                     -   17,769,444       △3,168,756          100,000          -    3,091,791
        (注)
      (注)会社法第447条第1項の規定及び2019年5月23日開催第53期定時株主総会の決議に基づき、2019年7月1日付

          で減資の効力が発生し、資本金の額3,268,756千円を3,168,756千円減少し、その減少額全額をその他資本剰
          余金に振り替えております。
      (5)【所有者別状況】

                                                    2022年2月28日現在
                           株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                       単元未満株
        区分                             外国法人等                  式の状況
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                        (株)
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -     -      3     14      4     1    821     843      -
     所有株式数(単元)             -     -    3,999    171,189       598      1   1,867    177,654      4,044
     所有株式数の割合
                 -     -    2.25     96.36      0.34     0.00     1.05    100.00       -
     (%)
     (注)1.自己株式44,142株は、「個人その他」に441単元、「単元未満株式の状況」に42株含まれております。
         2.上記「その他の法人」及び「単元未満株式の状況」には、証券保管振替機構名義の株式がそれぞれ222単元
           及び4株が含まれております。
                                18/74


                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2022年2月28日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                       千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目5-1                   16,967,370            95.72
     イオンリテール株式会社
                       東京都千代田区大手町1丁目5-1                     235,400           1.33
     みずほ証券株式会社
                       東京都千代田区大手町1丁目1-1 
                                            164,400           0.93
     シティグループ証券株式会社
                       大手町パークビルディング
                       東京都千代田区内幸町1丁目3-3                     115,100           0.65
     アドミラルキャピタル株式会社
     ビーエヌワイエム アズ エージー
                       240  GREENWICH     STREET,    NEWYORK,
     ティ クライアンツ ノン トリー
                       NEW  YORK   10286   U.S.A.
                                            47,800           0.27
     ティー ジャスデック
                       (東京都千代田区丸の内2丁目7-
      (常任代理人)株式会社三菱UFJ
                       1)
     銀行
                                             6,800          0.04
     市川 正史                  東京都港区
     メロン バンク トリーティー ク
                       ONE  BOSTON    PLACE   BOSTON,    MA  02108
     ライアンツ オムニバス
                                             6,400          0.04
                       (東京都港区港南2丁目15-1品川イ
      (常任代理人)株式会社みずほ銀行
                       ンターシティA棟)
     決済営業部
                                             5,000          0.03
     近藤 喜一                  栃木県下野市
                       240  GREENWICH     STREET,    NEW  YORK,
     ザ バンク オブ ニュー ヨー
     ク メロン      140040
                       NY  10286,    U.  S.  A.
                                             4,600          0.03
     (常任代理人)株式会社みずほ銀行決
                       (東京都港区港南2丁目15-1品川イ
     済営業部
                       ンターシティA棟)
                       山口県下関市川中本町1丁目9-16                      2,600          0.01
     ダイイチ物産株式会社
                              ───            17,555,470            99.04

             計
     (注)1.上記のほか、証券保管振替機構名義の株式が22,204株、失念株式が8,976株あります。
         2.イオン株式会社が保有していた当社の全株式はイオンリテール株式会社に分割承継され、当社の親会社は
           イオンリテール株式会社となっております。なお、名義変更手続きについては未完了となっております。
                                19/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2022年2月28日現在
              区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容

      無議決権株式                        -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

      議決権制限株式(その他)                        -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)(注1)                    普通株式   44,100                -            -

      完全議決権株式(その他)  (注2)                    普通株式 17,721,300                 177,213           -

                                                 1単元(100株)未
                          普通株式           4,044
      単元未満株式        (注2)                                    -
                                                 満の株式
      発行済株式総数                         17,769,444            -            -
      総株主の議決権                        -            177,213           -

     (注)1.「完全議決権株式(自己株式等)」の欄は、全て当社保有の自己株式であります。
         2.「完全議決権株式(その他)」及び「単元未満株式」の「株式数」の欄には、証券保管振替機構名義の株
           式がそれぞれ22,200株(議決権の数222個)及び4株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2022年2月28日現在
                                                    発行済株式総数

                             自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の        に対する所有株
     所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)        合計(株)        式数の割合
                                                      (%)
                東京都調布市調布ヶ丘1
     オリジン東秀株式会社           丁目18番地1                44,100       -        44,100          0.25
                KDX調布ビル5階
          計            -           44,100       -        44,100          0.25
                                20/74










                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第3号に該当する普通株式の取得及び会社法第155条第7号に該当する普通株式
                の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

                 区分                   株式数(株)            価額の総額(千円)
      取締役会(2022年5月18日)での決議状況
                                        757,932            1,694,735
      (取得期間       2022年5月18日~2022年11月17日)
      当事業年度前における取得自己株式                                     -             -
      当事業年度における取得自己株式                                     -             -
      残存授権株式の総数及び価額の総額                                   757,932            1,694,735
      当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    100.0             100.0
      当期間における取得自己株式                                     -             -
      提出日現在の未行使割合(%)                                    100.0             100.0
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

          該当事項はありません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                   当期間
             区分
                                 処分価額の総額                  処分価額の総額
                         株式数(株)                  株式数(株)
                                   (円)                  (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己
                              -          -         -          -
      株式
      消却の処分を行った取得自己株式                        -          -         -          -
      合併、株式交換、株式交付、会社分割
                              -          -         -          -
      に係る移転を行った取得自己株式
      その他                        -          -         -          -
      保有自己株式数                      44,142            -      44,142            -
     (注)1.当期間における処理自己株式には、2022年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の
           売渡による株式は含まれておりません。
         2.当期間における保有自己株式数には、2022年5月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式
           の買取り及び売渡による株式は含まれておりません。
                                21/74







                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       当社は、株主の皆様に対する利益配分を最重要政策の一つと位置付けた上で財務体質の強化と積極的な事業展開に
      必要な内部留保の充実を勘案し、安定した配当政策を実施することを基本方針としております。その実現のためには
      安定配当を維持することを第一義としております。
       当社は、期末配当の年1回の剰余金の配当を行うことを基本方針とし、会社法第459条第1項の規定に基づき、取
      締役会の決議によって剰余金の配当を行うことができる旨を定款に定めております。
       当事業年度の配当につきましては、1株につき15円とさせていただきました。
       内部留保資金につきましては、経営理念に基づき、今後予想される経営環境の変化に対応し、また、お客さま満足
      向上につながる取組みに有効投資してまいりたいと考えております。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
           決議年月日                配当金の総額(千円)                  1株当たり配当額(円)

          2022年4月13日
                                     265,879                     15
           取締役会決議
                                22/74
















                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
         当社では、企業競争力強化の観点から経営判断の迅速化を図ると同時に、経営の透明性の観点から経営のチェッ
        ク機能充実を基本方針とし、コーポレート・ガバナンスの充実及びコンプライアンスの強化、株主重視の経営シス
        テムの構築を経営上の最重要課題として位置付けております。
        ② 企業統治に関する事項

         会社の経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の状況
         当社のコーポレート・ガバナンス及び内部管理体制の概要は以下のとおりです。
        ・監査役制度を採用しております。







        ・取締役会は毎月1回開催するほか必要に応じ臨時取締役会を開催し、経営方針、法令で定められた事項やその他
         経営に関する重要事項を決定する機関と位置付け、重要な意思決定と業務執行を監督しております。
        ・経営会議は毎月2回以上開催し、会社業務の執行に関する重要事項の審議、決定及び取締役会の事前審議機関と
         して役員及び業務執行部門の本部長も参加し意思決定の迅速化を図っております。
        ・監査役は常勤監査役1名を含め4名で構成されており、うち2名が社外監査役であり、当社の経営をその専門的
         知識や経験から、監査役として相応しい人材を選任するとともに、社外から積極的に起用することで監督機能の
         強化に努めております。
        ・監査役会は毎月1回開催し、監査役は取締役会に参加し、また常勤監査役を中心として経営会議など重要会議に
         も出席するなど取締役の業務の適法性、妥当性について監査しております。
        ・顧問弁護士とは顧問契約に基づき必要に応じアドバイスを受け、経営に法律面のコントロール機能が働くような
         体制としております。
        ・内部監査部を代表取締役社長直轄で設置し、部長を含む3名体制で計画的に店舗及び各部門を監査しておりま
         す。内部監査部は法令及び社内規程の遵守、内部統制の有効性、リスクマネジメント等の検証など、適正かつ有
         効に運用されているかを調査し、社長に報告するとともに適切な指摘を行い、会社の財産の保全及び経営効率の
         向上に努めております。
        ・会社のコーポレート・ガバナンスの充実に向けた取組みの最近1事業年度における実施状況
          当期(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)の重要な会議の開催につきましては、取締役会12回、監
         査役会13回実施しております。
          2005年4月からの個人情報保護法施行に伴い、個人情報保護の基本方針を制定しております。
          今後も、さらなる経営の健全性、透明性の確保を目指し、コーポレート・ガバナンス体制の強化、充実に努
         めてまいります。
                                23/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ③ 責任限定契約の内容の概要

          当社は定款第27条の規定に基づき、社外取締役山路邦夫との間で責任限定契約を締結しております。当該責
         任限定契約の内容の概要は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項に定める損害賠償責任
         を、善意でかつ重大な過失がないときに限り、法令が定める額に限定するものであります。
        ④ 役員等賠償責任保険契約の内容の概要

          当社は、保険会社との間で会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険(D&O保険)契約を締
         結しております。同保険の被保険者の範囲は、当社の取締役および監査役であり、補填対象とされる保険事故
         は、株主代表訴訟、会社訴訟、第三者訴訟等です。ただし、故意または重過失に起因する損害賠償請求につい
         ては、補填されません。なお、保険料は、当社が全額負担をしております。
        ⑤ 取締役の定数

          当社の取締役は15名以内とする旨定款に定めております。
        ⑥ 剰余金の配当等の決定機関

          当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、
         株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取
         締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元を行うことを目的とするものであります。
        ⑦ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めてお
         ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこ
         とを目的とするものであります。
        ⑧ 取締役の選任決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使する事ができる株主の議決権の3分の1を有する株主が
         出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。
                                24/74










                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
         男性11名 女性-名 (役員のうち女性の比率-%)
                                                       所有株式数
        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                            1981年4月     株式会社いなげや入社
                            2001年8月     当社入社
                            2008年4月     当社オリジン事業本部部長
                                 (関東コンセグループ担当)
                            2010年2月     当社オリジン事業本部コンセ事業部長
                            2012年2月     当社コンセ・FC事業本部長
                            2012年4月     当社取締役
                            2014年3月     当社営業統括本部長
                            2014年5月     当社常務取締役
      代表取締役社長         沢村 弘也      1958年7月15日生
                                                   (注3)        -
                            2015年3月     当社MD融合・関東コンセ事業本部長
                            2015年5月     当社取締役
                            2016年2月     当社MD融合・近畿・コンセ事業本部長
                            2017年9月     当社MD融合・近畿・コンセ事業担当兼立地
                                 開発担当
                            2018年2月     当社総務担当
                            2019年2月     当社総務本部長
                            2019年3月     当社総務本部長兼MD融合事業本部長
                            2019年5月
                                 当社代表取締役社長(現任)
                            1987年3月     ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
                            2002年2月     同社福知山店長
                            2007年9月     同社高砂店長
                            2010年2月     イオンリテール株式会社姫路リバーシティ店
                                 長
                            2011年2月     同社東近畿カンパニー人事教育部長
                            2013年3月     同社教育訓練部長
                            2015年2月     同社人事部長
       取締役副社長
               細田 昌幸      1964年8月26日生                              (注3)        -
                            2016年9月     同社経営企画部長
       管理担当
                            2017年3月     同社執行役員経営企画本部長兼経営企画部長
                            2018年5月     当社監査役
                            2019年5月     当社取締役副社長商品・管理担当兼商品統括
                                 本部長
                            2020年3月     当社取締役副社長商品・管理・海外事業・近
                                 畿・コンセ・MD融合担当兼生産本部長
                            2021年4月     当社取締役副社長管理担当(現任)
                                25/74







                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                            1987年3月     扇屋ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入
                                 社
                            2005年9月     同社関東カンパニー食品商品部サービスデリ
                                 グループマネージャー
                            2010年9月     イオンリテール株式会社ジャスコ葛西店長
        取締役
               山中 正嗣      1964年8月18日生       2012年3月     同社イオン高崎店長
                                                   (注3)        -
       商品担当
                            2015年3月     同社イオン北戸田店長
                            2019年3月     同社茨城事業部長
                            2021年3月     当社出向
                            2021年4月     当社商品担当
                            2021年5月
                                 当社取締役商品担当(現任)
                            2000年4月     当社入社
                            2009年2月     当社オリジン事業本部部長
                            2010年3月     当社商品開発部長
                            2013年3月     当社営業推進部長
                            2014年3月     当社戦略商品開発部長
        取締役                    2015年7月     当社オリジン新業態プロジェクトリーダー
               後藤 雅之      1977年4月30日生                               (注3)        -
       営業担当                    2017年2月     当社外食営業部長
                            2017年9月     当社MD融合・近畿・コンセ事業本部長
                            2018年2月     当社外食・MD融合事業本部長
                            2019年4月     当社外食事業本部長
                            2022年3月     当社営業担当
                            2022年5月     当社取締役営業担当(現任)
                            1984年3月     ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
                            2000年3月     同社ジャスコ諏訪ノ森店長
                            2002年2月     同社ジャスコ伊賀上野店長
                            2004年3月     同社ジャスコ小山店長
                            2005年9月     同社ジャスコ柏店長
                            2008年3月     同社新潟事業部長
                            2010年11月     北京イオン営業本部長
                            2011年5月     同社社長
                            2013年5月     青島イオン社長
        取締役       後藤 俊哉      1960年7月7日生                               (注3)        -
                            2015年2月     イオンリテール株式会社取締役専務執行役員
                                 近畿・北陸カンパニー支社長
                            2017年3月     同社専務執行役員近畿・北陸カンパニー支社
                                 長
                            2018年3月     同社専務執行役員近畿カンパニー支社長
                            2019年3月     同社取締役執行役員副社長 商品担当兼イン
                                 ナーカジュアル事業担当
                            2020年3月
                                 同社取締役専務執行役員商品担当(現任)
                            2020年5月
                                 当社取締役(現任)
                                26/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                            1995年4月     ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
                            2002年3月     同社東金店SSM統括マネージャー
                            2003年3月     同社デリカ売場開発部
                            2008年4月     当社出向
                            2010年9月     イオンリテール株式会社デリカ商品部
        取締役       金子 聡     1971年6月9日生                               (注3)        -
                            2016年5月     当社取締役
                            2019年5月     イオンリテール株式会社デリカ商品部長(現
                                 任)
                            2020年5月
                                 当社監査役
                            2021年5月
                                 当社取締役(現任)
                            2002年10月     司法修習終了(55期)
                                 大阪弁護士会登録
                                 御堂筋法律事務所入所
                            2006年7月     弁護士法人御堂筋法律事務所東京事務所所属
                            2007年8月     東京弁護士会へ登録換え
        取締役       山路 邦夫
                            2011年1月     弁護士法人御堂筋法律事務所パートナー(現
                    1974年8月20日生                               (注3)        -
       (注1)        (注1)
                                 任)
                            2011年9月     住友金属工業株式会社法務部に出向
                            2012年4月     新日鐵住金株式会社法務部国内法務室に出向
                            2013年4月     弁護士法人御堂筋法律事務所東京事務所に復
                                 帰
                            2017年5月     当社社外取締役(現任)
                            1981年11月     ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
                            2007年3月     タルボットジャパン株式会社管理本部長
                            2008年3月     泰波姿(上海)商貿有限公司総経理
                            2009年5月     株式会社イオンファンタジー人事グループ
       常勤監査役        梶田 茂
                    1958年10月25日生             チーフマネージャー                  (注6)        -
       (注2)        (注2)
                            2013年5月     同社取締役グローバル事業推進本部長
                            2014年9月     同社取締役アセアン事業責任者
                            2020年3月     同社取締役中国事業責任者
                            2022年5月
                                 当社常勤監査役(現任)
                            1982年4月     株式会社八百半デパート(現マックスバリュ
                                 東海株式会社)入社
                            2004年3月     同社営業コーディネーター部長
                            2004年8月     同社経営管理部長
                            2008年3月     同社経営管理グループ統括部長兼事業推進部
                                 長
        監査役       浅倉 智     1959年12月10日生
                                                   (注4)        -
                            2009年3月     同社経営管理本部長兼事業推進部長
                            2009年5月     同社取締役
                            2014年4月     同社経営管理担当兼営業サポート本部長
                            2015年3月     同社店舗開発本部長
                            2019年5月     ミニストップ株式会社常勤監査役(現任)
                                 当社監査役(現任)
                                27/74





                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                            1982年3月     株式会社伊勢甚入社
                            2012年9月     イオン・リートマネジメント株式会社経理シ
                                 ステム部マネージャー
        監査役       四倉 宏昭
                            2018年5月     同社経理部長
                    1959年10月17日生                               (注6)        -
       (注2)        (注2)
                            2021年5月     同社財経・管理管掌取締役補佐
                            2022年5月
                                 イオンアイビス株式会社監査役(現任)
                                 当社監査役(現任)
                            1998年4月     ジャスコ株式会社(現イオン株式会社)入社
                            2015年3月     イオンリテール株式会社コントロール部マ
                                 ネージャー
        監査役      長谷川 智史      1975年12月25日生                               (注5)        -
                            2020年4月     同社コントロール部長(現任)
                            2021年5月     当社監査役(現任)
                                       計                  -
    (注)1.取締役 山路邦夫は会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。

        2.監査役 梶田茂、四倉宏昭は会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
        3.2022年5月19日開催の定時株主総会から1年間
        4.2019年5月23日開催の定時株主総会から4年間
        5.2021年5月20日開催の定時株主総会から4年間
        6.2022年5月19日開催の定時株主総会から4年間
        ② 社外役員の状況

           当社の社外取締役は1名、社外監査役は2名であります。
           社外取締役の山路邦夫は、弁護士であり、企業関係の訴訟・紛争解決、企業刑事犯罪、不動産・建築関連業
          務等を担当分野とし、企業での法務部経験も有していることから当社の経営に対し的確な助言をいただけると
          判断しております。社外監査役の梶田茂、四倉宏昭は財務・経理業務に関する豊富な知識と業務経験を有して
          おり、当社の経営に対し的確な助言・監督をいただけると判断しております。
           当社は、社外役員を選任するための独立性に関する基準又方針を明確に定めておりませんが、当社の社外役
          員と当社の間には、特別な利害関係はなく、社外役員がその機能・役割を果たす上で重要な独立性が確保され
          ていると判断しており、適切な選任状況にあると考えております。
                                28/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査及び内部監査の状況
         ・監査役監査及び内部監査の組織、人員及び手続、並びに内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携及び
         内部統制部門との関係については、「(1)コーポレートガバナンスの概要 ② コーポレート・ガバナンスに
         関する施策の実施状況」に記載の通りです。
         ・常勤監査役白石英明は、イオングループ各社の財務部門における長年の業務経験があり、財務及び会計に関す
         る相当程度の知見を有しております。また監査役古谷憲介は、イオングループ各社の財務部門における長年の業
         務経験があり、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
         ・監査役会は、原則月1回の定例監査役会に加え、必要に応じて臨時監査役会を開催し、監査に関する事項につ
         いて協議、決定を行っております。当事業年度において当社は監査役会を13回開催しており、個々の監査役の出
         席状況については次のとおりであります。
          氏 名                              活動状況
                           監査役会13回のうち13回に出席し議案審議等に必要な発言を適宜
          常勤監査役  白石 英明
                           行っております。
                           監査役会13回のうち13回に出席し議案審議等に必要な発言を適宜
          監査役    古谷 憲介
                           行っております。
                           監査役会13回のうち13回に出席し議案審議等に必要な発言を適宜
          監査役    浅倉 智
                           行っております。
                           2021年5月20日就任以降に開催された監査役会10回のうち10回に
          監査役    長谷川 智史
                           出席し議案審議等に必要な発言を適宜行っております。
         (注)監査役白石英明、古谷憲介は、第56期定時株主総会終結の時をもって退任しております。
         ・各監査役は監査役会で決定された監査方針及び監査計画に従って、取締役会や重要会議への出席、取締役から
         の聴取、重要な決裁書類等の閲覧を通じて、業務監査及び会計監査を実施しております。
         ・当事業年度においては2020年2月以降の新型コロナウイルス感染拡大による社会環境激変という監査環境の
         下、大幅な業績の悪化に伴う事業縮小や、収益確保に向けた事業転換に関する意思決定のプロセスについて重点
         的な監査を実施しております。
        ② 会計監査の状況

         a.監査法人の名称 有限責任監査法人トーマツ
         ・会社法監査及び金融商品取引法監査を受けるとともに、適宜助言をいただいております。
         b.監査継続期間
         ・有限責任監査法人トーマツの継続監査期間は19年間となっております。
         c.業務を執行した公認会計士及び監査業務に係る補助者の構成
          業務を執行した公認会計士                     大竹貴也              井上卓也
          所属監査法人                        有限責任監査法人トーマツ
                                    公認会計士 4名
          監査業務に係る補助者
                                    その他   11名
         d.監査法人の選定方針と理由
           監査役会は、会計監査人の職務の執行に支障がある場合等、その必要があると判断した場合は、株主総会に
          提出する会計監査人の解任又は不再任に関する議案の内容を決定します。
           また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目に該当すると認められる場合には、監査役全員
          の同意に基づき、会計監査人を解任します。この場合、監査役会が選定した監査役は、解任後最初に招集され
          る株主総会において、会計監査人を解任した旨及び解任の理由を報告します。
           この決定方針に基づき、現在の会計監査人である有限責任監査法人トーマツは、独立性、専門性等に問題な
          しと認識し、選任しております。
         e.監査役及び監査役会による監査法人の評価
           監査役及び監査役会は、会計監査人有限責任監査法人トーマツの監査の方法及び結果は相当であると評価し
          ました。
                                29/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ③ 監査報酬の内容等

         a.監査公認会計士等に対する報酬
                前事業年度                            当事業年度
     監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

         (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
              21,000                -            23,000                -

         b.監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)
                前事業年度                            当事業年度
     監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

         (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
                -              -              -              -

         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針及び監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
           監査報酬の額は、監査公認会計士等により提示される監査計画の内容をもとに監査日数、当社の規模及び事
          業の特性等の要素を勘案して監査役も交えた監査法人との十分な協議の上、会社法第399条第1項により当社
          の監査役会の同意を得て決定しております。
                                30/74














                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めており、その内容は以下のとおりとなり
          ます。
         a.取締役の報酬は業績と連動するものであり、同業他社やグループ会社間のバランス等の外部公正性及び当社
          従業員給与とのバランスの内部公正性を多角的に検討し、2021年5月21日の取締役会において当社の方針に
          沿ったものであると判断し、決定しております。
         b.取締役の報酬は、「基本報酬」及び「業績報酬」で構成しております。
          ・「基本報酬」
           役位別に設定した基準金額及び個人別評価等により算定し、月額払いで支給しております。
          ・「業績報酬」
           総報酬(基本報酬+業績報酬)に占める業績報酬のウエイトを30%前後に設定し、責任・担当業務内容に応
           じてウエイトを変動させております。
           業績報酬の支給率は、期首に設定した目標達成時に基準金額の100%を支給するものとし、当該事業年度の
           業績及び個人別評価に基づき0%から200%の範囲で変動幅を設定しております。
         c.監査役及び社外役員の報酬は、「基本報酬」のみの支給となっております。
         d.取締役の報酬限度額は、1994年6月27日開催の第28期定時株主総会において年額350百万円以内と決議いた
          だいております。当該株主総会終結時点の取締役の員数は、15名以内と定めております。
         e.監査役の報酬限度額は、1994年6月27日開催の第28期定時株主総会において年額35百万円以内と決議いただ
          いております。当該株主総会終結時点の監査役の員数は、4名以内と定めております。
         f.2020年5月21日実施の第54期定時株主総会におきまして、役員退職慰労金制度廃止に伴う打ち切り支給の件
          について決議いただいており、打ち切り支給の対象となる取締役及び監査役につきましては、その支給の時期
          は取締役又は監査役を退任する時とさせていただいております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                                    対象となる
                                  報酬等の種類別の総額(千円)
                        報酬等の総額
              役員区分                                      役員の員数
                         (千円)
                                 基本報酬       業績報酬      退職慰労金
                                                     (名)
          取締役
                            61,925       54,915       6,110        900       5
          (社外取締役を除く。)
          監査役
                                           -       -
                            2,400       2,400                      1
          (社外監査役を除く。)
                                           -       -
          社外役員                 17,719       17,719                       3
         (注)1.役員報酬の支給人員及び支給額は当事業年度中に辞任した取締役1名の報酬を含めて記載しており
             ます。
            2.役員報酬の支給人員には無報酬の取締役2名及び無報酬の監査役2名を除いております。
            3.取締役会は代表取締役沢村弘也に対し各取締役の基本報酬の額及び社外取締役を除く各取締役の担
             当部門の業績等を踏まえた賞与の評価配分の決定を委任しております。当該権限を一任した理由は、
             当社全体の業績を勘案しつつ、各取締役の実績について横断的に適正な評価を行うには代表取締役が
             最も適していると判断したためです。
            4.当社では、当事業年度の末日までにおいて、非金銭報酬等は導入しておりません。
        ③ 役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
      (5)【株式の保有状況】

         当社は非上場会社ですので、記載すべき事項はありません。
                                31/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.財務諸表の作成方法について
       当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づい
      て作成しております。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2021年3月1日から2022年2月28日ま
      で)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表について

       当社は、子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
      4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、又は会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、各種セミナーへ
      の参加や参考図書の定期購読を行うとともに、親会社が定めるグループ会計方針に基づき実務対応を行っておりま
      す。
                                32/74














                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     1【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,534,516              3,834,459
        現金及び預金
                                        59,908              35,325
        売掛金
                                        835,759              842,260
        商品及び製品
                                         1,926              2,096
        仕掛品
                                        511,437              420,717
        原材料及び貯蔵品
                                        260,523              243,208
        前払費用
                                     ※3  4,022,246            ※3  7,519,018
        預け金
                                     ※3  1,991,902            ※3  1,751,455
        未収入金
                                        163,914              202,028
        その他
                                        △ 3,090             △ 2,752
        貸倒引当金
                                      11,379,044              14,847,817
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                     ※1  11,537,580            ※1  10,916,939
          建物
                                    ※2  △ 7,310,892           ※2  △ 7,277,400
           減価償却累計額
                                       4,226,688              3,639,538
           建物(純額)
          構築物                              141,833              130,388
                                      ※2  △ 73,705           ※2  △ 68,592
           減価償却累計額
                                        68,127              61,796
           構築物(純額)
          機械及び装置                             1,562,997              1,572,403
                                     ※2  △ 633,840           ※2  △ 755,766
           減価償却累計額
                                        929,157              816,636
           機械及び装置(純額)
          車両運搬具                               3,008              3,008
                                      ※2  △ 1,540           ※2  △ 2,255
           減価償却累計額
                                         1,467               752
           車両運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                             5,102,650              4,691,360
                                    ※2  △ 3,720,111           ※2  △ 3,696,477
           減価償却累計額
                                       1,382,539               994,882
           工具、器具及び備品(純額)
                                     ※1  1,313,250            ※1  1,313,080
          土地
                                       7,921,229              6,826,688
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        244,237              267,827
          ソフトウエア
                                        33,063              32,445
          その他
                                        277,300              300,272
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         4,858              5,510
          投資有価証券
                                        66,154              56,325
          長期前払費用
                                       2,021,873              1,834,763
          長期差入保証金
                                        58,090              61,869
          前払年金費用
                                       1,100,212               948,432
          繰延税金資産
                                        466,502              466,502
          賃貸不動産
                                      ※2  △ 88,325           ※2  △ 91,132
           減価償却累計額
                                        378,176              375,369
           賃貸不動産(純額)
          その他                               10,298               5,681
                                       △ 14,846             △ 12,978
          貸倒引当金
                                       3,624,818              3,274,973
          投資その他の資産合計
                                      11,823,348              10,401,934
        固定資産合計
                                      23,202,393              25,249,752
       資産合計
                                33/74


                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
     負債の部
       流動負債
                                       1,368,495              1,277,658
        買掛金
                                       2,141,901              2,220,878
        未払金
                                        168,120              168,120
        1年内返済予定の長期借入金
                                        75,136              887,431
        未払法人税等
                                        117,999              348,607
        未払消費税等
                                        176,324              245,759
        賞与引当金
                                         6,240              35,120
        役員業績報酬引当金
                                        497,658               71,934
        その他
                                       4,551,875              5,255,509
        流動負債合計
       固定負債
                                        977,520              809,400
        長期借入金
                                        885,124             1,133,535
        資産除去債務
                                        24,783              23,883
        その他
                                       1,887,427              1,966,818
        固定負債合計
                                       6,439,302              7,222,328
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        100,000              100,000
        資本金
        資本剰余金
                                       3,091,791              3,091,791
          資本準備金
                                       3,168,756              3,168,756
          その他資本剰余金
                                       6,260,547              6,260,547
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                        402,962              402,962
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                       4,850,000              4,850,000
           別途積立金
                                       5,247,126              6,511,033
           繰越利益剰余金
                                      10,500,089              11,763,995
          利益剰余金合計
        自己株式                               △ 99,525             △ 99,525
                                      16,761,111              18,025,018
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                         1,979              2,405
        その他有価証券評価差額金
                                         1,979              2,405
        評価・換算差額等合計
                                      16,763,090              18,027,423
       純資産合計
                                      23,202,393              25,249,752
     負債純資産合計
                                34/74







                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
                                      41,498,352              43,536,662
     売上高
     売上原価
                                        818,923              835,759
       商品及び製品期首たな卸高
                                       4,006,786              4,123,422
       当期製品製造原価
                                      11,472,188              12,298,520
       当期商品仕入高
                                      16,297,898              17,257,702
       合計
                                        835,759              842,260
       商品及び製品期末たな卸高
                                      15,462,139              16,415,441
       売上原価合計
                                      26,036,213              27,121,220
     売上総利益
                                       1,963,748              2,044,135
     その他の営業収入
                                      27,999,962              29,165,356
     営業総利益
     販売費及び一般管理費
                                        75,095              75,034
       役員報酬
                                       2,990,930              3,245,154
       給料手当及び賞与
                                      10,910,159              10,478,062
       パートアルバイト給料
                                       1,376,179              1,432,279
       法定福利費
                                        282,075              262,601
       福利厚生費
                                        94,791              90,279
       退職給付費用
                                         1,717
       役員退職慰労引当金繰入額                                                  -
                                         5,200              34,990
       役員業績報酬引当金繰入額
                                        166,918              236,075
       賞与引当金繰入額
                                       2,454,221              2,400,444
       発送配達費
                                       1,246,810              1,198,007
       水道光熱費
                                        599,767              499,785
       消耗品費
                                        43,727              35,739
       リース料
                                       3,125,706              2,904,152
       賃借料
                                       1,028,575              1,030,478
       減価償却費
                                          563
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                       2,801,575              2,825,984
       その他
                                      27,204,015              26,749,068
       販売費及び一般管理費合計
                                        795,946             2,416,287
     営業利益
     営業外収益
                                       ※6  2,163             ※6  3,089
       受取利息
                                          74              66
       受取配当金
                                        28,345              30,670
       受取家賃
                                        13,789              16,483
       その他
                                        44,373              50,310
     営業外収益合計
     営業外費用
                                                       6,430
       現金過不足                                 △ 3,201
                                         4,359              4,972
       減価償却費
                                         7,623              6,536
       支払利息
                                         6,752              3,818
       不動産賃貸費用
                                         2,194
       貸倒引当金繰入額                                                  -
                                         2,600              6,333
       その他
                                        20,328              28,091
       営業外費用合計
                                        819,991             2,438,506
     経常利益
                                35/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
     特別利益
                                       ※1  2,179             ※1  3,884
       固定資産売却益
                                        24,739
       立退補償金                                                  -
                                       ※3  26,271            ※3  593,771
       助成金収入
                                                       70,638
       店舗家賃等免除益                                    -
                                         5,363
                                                         -
       その他
                                        58,554              668,294
       特別利益合計
     特別損失
                                       ※2  34,224             ※2  64,998
       固定資産除却損
                                     ※5  1,030,323              ※5  441,377
       減損損失
                                        270,628               21,291
       店舗閉鎖損失
                                       ※4  29,504             ※4  1,028
       新型感染症対応による損失
                                          647             9,349
       その他
                                       1,365,327               538,045
       特別損失合計
                                                     2,568,755
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                 △ 486,781
                                        158,649              887,415
     法人税、住民税及び事業税
                                                      151,554
                                       △ 166,225
     法人税等調整額
                                                     1,038,969
     法人税等合計                                   △ 7,575
                                                     1,529,786
     当期純利益又は当期純損失(△)                                 △ 479,205
                                36/74













                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2020年3月1日                  (自 2021年3月1日
                           至 2021年2月28日)                  至 2022年2月28日)
                    注記
                                     構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                                     (%)                  (%)
                    番号
     Ⅰ 原材料費                          2,470,894        61.7           2,512,169        60.9
     Ⅱ 労務費                           579,995       14.5            607,200       14.7
                     ※
                                955,294                 1,004,222
     Ⅲ 経費                                  23.8                  24.4
        当期総製造費用                              100.0                  100.0

                               4,006,184                  4,123,592
                                 2,527                  1,926
        期首仕掛品たな卸高
         合計

                               4,008,712                  4,125,518
                                 1,926                  2,096
        期末仕掛品たな卸高
        当期製品製造原価
                               4,006,786                  4,123,422
      原価計算の方法
      当社の原価計算の方法は、総合原価計算によっており、その計算の一部に予定原価を採用しております。
      なお、これによる差額は期末において調整のうえ、実際原価に修正しております。
     (注)※ 主な内容は次のとおりです。

                              前事業年度                  当事業年度
             項目              (自 2020年3月1日                  (自 2021年3月1日
                            至 2021年2月28日)                  至 2022年2月28日)
      発送配達費(千円)                            330,734                  336,410

      減価償却費(千円)                            252,974                  253,239
      水道光熱費(千円)                            139,051                  163,666

      店舗維持費(千円)                            76,288                  75,992

      消耗品費 (千円)                            50,906                  54,917

      租税公課 (千円)                            52,273                  52,277
                                37/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                         その他利益剰余金
               資本金                                        自己株式
                        その他資本     資本剰余金                    利益剰余金
                   資本準備金               利益準備金
                         剰余金    合計               繰越利益剰     合計
                                        別途積立金
                                             余金
     当期首残高          100,000    3,091,791     3,168,756     6,260,547      402,962    4,850,000     5,992,212     11,245,174      △ 99,495
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 265,879    △ 265,879
      当期純損失(△)                                       △ 479,205    △ 479,205
      自己株式の取得                                                    △ 29
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
                  -
     当期変動額合計                  -     -     -     -     -  △ 745,085    △ 745,085      △ 29
     当期末残高          100,000    3,091,791     3,168,756     6,260,547      402,962    4,850,000     5,247,126     10,500,089      △ 99,525
              株主資本      評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
              株主資本合          評価・換算
                   証券評価差
              計          差額等合計
                   額金
     当期首残高
              17,506,226       1,661     1,661   17,507,888
     当期変動額
      剰余金の配当         △ 265,879              △ 265,879
      当期純損失(△)         △ 479,205              △ 479,205
      自己株式の取得           △ 29              △ 29
      株主資本以外の項
      目の当期変動額                318     318     318
      (純額)
     当期変動額合計
              △ 745,115       318     318   △ 744,797
     当期末残高         16,761,111       1,979     1,979   16,763,090
                                38/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
                                                      (単位:千円)
                                   株主資本
                        資本剰余金                  利益剰余金
                                         その他利益剰余金
               資本金                                        自己株式
                        その他資本     資本剰余金                    利益剰余金
                   資本準備金               利益準備金
                         剰余金    合計               繰越利益剰     合計
                                        別途積立金
                                             余金
     当期首残高
               100,000    3,091,791     3,168,756     6,260,547      402,962    4,850,000     5,247,126     10,500,089      △ 99,525
     当期変動額
      剰余金の配当                                       △ 265,879    △ 265,879
      当期純利益                                       1,529,786     1,529,786
      自己株式の取得
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
      (純額)
     当期変動額合計            -     -     -     -     -     -  1,263,906     1,263,906        -
     当期末残高
               100,000    3,091,791     3,168,756     6,260,547      402,962    4,850,000     6,511,033     11,763,995      △ 99,525
              株主資本      評価・換算差額等

                   その他有価          純資産合計
              株主資本合          評価・換算
                   証券評価差
              計          差額等合計
                   額金
     当期首残高         16,761,111       1,979     1,979   16,763,090
     当期変動額
      剰余金の配当         △ 265,879              △ 265,879
      当期純利益         1,529,786               1,529,786
      自己株式の取得                           -
      株主資本以外の項
      目の当期変動額
                      426     426     426
      (純額)
     当期変動額合計         1,263,906        426     426   1,264,332
     当期末残高
              18,025,018       2,405     2,405   18,027,423
                                39/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                                     2,568,755
       税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                △ 486,781
                                       1,285,909              1,288,690
       減価償却費
                                       1,030,323               441,377
       減損損失
                                        270,628               21,291
       店舗閉鎖損失
       店舗家賃免除益                                    -           △ 70,638
       助成金収入                                 △ 26,271             △ 593,771
                                                       96,108
       引当金の増減額(△は減少)                                 △ 33,767
                                        32,044              58,029
       固定資産除売却損益(△は益)
       受取利息及び受取配当金                                 △ 2,238             △ 3,156
                                        16,094              24,582
       売上債権の増減額(△は増加)
                                                       84,048
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 40,520
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 36,044             △ 90,836
                                                      230,608
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 84,952
       未払金の増減額(△は減少)                                △ 214,119              △ 25,921
                                                      200,232
       未収入金の増減額(△は増加)                                △ 206,777
                                         7,623              6,536
       支払利息
                                       △ 11,705             △ 274,550
       その他
                                       1,499,444              3,961,386
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  2,320              3,133
       利息の支払額                                 △ 7,623             △ 6,536
                                        26,271              593,771
       助成金の受取額
                                       △ 586,608              △ 75,120
       法人税等の支払額
                                        933,804             4,476,634
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △ 767,802             △ 198,350
                                         3,243              4,620
       有形固定資産の売却による収入
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 53,695             △ 116,169
                                        71,175              242,179
       長期差入保証金の回収による収入
       出店による支出                                 △ 25,784             △ 17,588
       閉店による支出                                △ 116,241             △ 185,492
                                        21,712              27,357
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 867,391             △ 243,443
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       長期借入金の返済による支出                                △ 168,120             △ 168,120
       自己株式の取得による支出                                   △ 29              -
                                       △ 265,879             △ 265,885
       配当金の支払額
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 434,029             △ 434,005
                                         2,243               758
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                                     3,799,943
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 365,372
                                       7,899,888              7,534,516
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 7,534,516             ※ 11,334,459
     現金及び現金同等物の期末残高
                                40/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
         1.有価証券の評価基準及び評価方法
           その他有価証券
            時価のあるもの
             事業年度の末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価
             は移動平均法により算定)
         2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
         (1)商品及び製品
            総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         (2)原材料
            同上
         (3)仕掛品
            同上
         (4)貯蔵品
            最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
         3.固定資産の減価償却の方法
         (1)有形固定資産及び賃貸不動産
            定額法
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物        5年~59年
            工具、器具及び備品 3年~8年
            機械装置      7年~10年
            車両運搬具     4年
            賃貸不動産     4年~57年
         (2)無形固定資産
            定額法
            なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
            ております。
         (3)長期前払費用
            均等償却
         4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、当事業年度の末日における直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益と
            して処理しております。
         5.引当金の計上基準
         (1)貸倒引当金
            債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
            については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
         (2)賞与引当金
            従業員への賞与の支給に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
         (3)役員業績報酬引当金
            役員に対して支給する業績報酬の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
         (4)退職給付引当金及び前払年金費用
            従業員の退職給付に備えるため、当事業年度の末日における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき
            計上しております。
            ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法について
            は、給付算定式基準によっております。
            ② 数理計算上の差異の費用処理方法
             数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間内の一定の年数(10年)による定額法
            により翌事業年度から費用処理しております。
                                41/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         6.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            手許現金、随時引出可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負
            わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなります。
         7.その他財務諸表作成のための基礎となる事項
            消費税等の会計処理
            消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (重要な会計上の見積り)

          会計上の見積りにより当事業年度に係る財務諸表にその額を計上した項目であって、翌事業年度に係る財務諸
         表に重要な影響を及ぼす可能性があるものは、次のとおりです。
         1.固定資産の減損
         (1)当事業年度に係る財務諸表に計上した金額
           建物                   332,065千円
           工具、器具及び備品  98,105千円
           長期前払費用                 9,912千円
           構築物                    1,124千円
           土地                       169千円
         (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            固定資産の減損の検討にあたっては、減損損失の認識及び使用価値の算定において、将来キャッシュ・フ
           ローの見積りを行っております。当該見積りは、経営者により承認された中期計画の前提となった数値を基
           礎とし、現在の使用状況及び合理的な使用計画、追加投資計画等を考慮することとしております。当該数値
           は、経営者の判断を伴う主要な仮定として、将来の売上収益の成長予測、売上原価、人件費や家賃等の販売
           管理費の変動予測等を織り込んでおります。なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、事業によ
           りその影響が異なりますが、2022年度末まで継続すると仮定しております。
            これらの主要な見積り及び仮定は、事業戦略の変更や経済的な外部環境の変化等の影響を受ける可能性が
           あり、将来キャッシュ・フローの見積りの見直しが必要となった場合、翌事業年度の計算書類において追加
           の減損損失が発生する可能性があります。
         2.繰延税金資産の回収可能性
         (1)当事業年度に係る財務諸表に計上した金額
           繰延税金資産               948,432千円
         (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
            繰延税金資産の計上にあたっては、将来の税負担額を軽減する効果を有するかどうかで回収可能性を判断
           しており、この判断の過程において、将来の一時差異等加減算前課税所得の見積り、一時差異の解消時期の
           見積り等の一定の見積りを行っております。これらの見積りについては、経営者により承認された中期計画
           の前提となった数値を基礎とし、過去の実績、将来の経営環境等を考慮して算定しております。なお、新型
           コロナウイルス感染症の影響については、事業によりその影響が異なりますが、2022年度末まで継続すると
           仮定しております。
            これらの主要な見積り及び仮定は、事業戦略の変更や経済的な外部環境の変化等の影響を受ける可能性が
           あり、繰延税金資産の一部または全部の回収ができないと判断した場合、翌事業年度の財務諸表において繰
           延税金資産を取り崩し、法人税等調整額が発生する可能性があります。
                                42/74







                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          収益認識に関する会計基準等
           ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                          2020年3月31日        企業会計基準委員会)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号                                   2021年3月26日        企業会計基準
            委員会)
           ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日        企業会計
            基準委員会)
           (1)概要
             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括
            的な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15
            号、FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度か
            ら、Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委
            員会において、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたもので
            す。
             企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号
            と整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り
            入れることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に
            配慮すべき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされ
            ております。
           (2)適用予定日
             2023年2月期の期首から適用します。
           (3)当該会計基準等の適用による影響
             「収益認識に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中で
            あります。
          時価の算定に関する会計基準等

           ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                           2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号                             2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号                          2019年7月4日        企業会計基準委員会)
           ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号                                    2021年6月17日        企業会計基
            準委員会)
           ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日        企業会計
            基準委員会)
           (1)概要
             国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ
            内容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計
            基準においてはAccounting             Standards     CodificationのTopic820「公正価値測定」)を定めている状況を
            踏まえ、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本
            基準を国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表さ
            れたものです。
             企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な
            算定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、
            IFRS第13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等
            に配慮し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定
            めることとされております。
           (2)適用予定日
             2023年2月期の期首から適用します。
           (3)当該会計基準等の適用による影響
             「時価の算定に関する会計基準」等の適用による財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
            であります。
                                43/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (表示方法の変更)
         「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用に伴う変更
          「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号2020年3月31日)を当事業年度から適用
         し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
          ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度
         に係る内容については記載しておりません。
         (キャッシュ・フロー計算書)

          前事業年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「税引前当期純利益又は税引前当期純損失
         (△)」に含めていた「助成金収入」及び「助成金の受取額」は、金額的重要性が増したため、当事業年度より
         独立掲記しております。
          この結果、前事業年度のキャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「助
         成金収入」△26,271千円及び「助成金の受取額」26,271千円を独立掲記するとともに、「小計」1,525,716千円
         を1,499,444千円に変更しております。
         (会計上の見積りの変更)

          資産除去債務の見積りの変更
           当事業年度において、当社の不動産賃貸契約に伴う原状回復義務として計上していた資産除去債務につい
          て、退店等の新たな情報に伴い、店舗の退去時に必要とされる原状回復費用に関して見積りの変更を行いまし
          た。
           この見積りの変更による増加額255,661千円を変更前の資産除去債務残高に加算しております。なお、当該
          見積りの変更により、当事業年度の営業利益及び経常利益が171,204千円、税引前当期純利益が221,785千円そ
          れぞれ減少しております。
                                44/74













                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
          ※1.担保提供資産
                            前事業年度                 当事業年度
                          (2021年2月28日)                 (2022年2月28日)
            建物                     249,163千円                 240,907千円
            土地                     829,980千円                 829,980千円
                計               1,079,144千円                 1,070,888千円
             上記物件については、担保に係る債務はありません。
          ※2.減価償却累計額には、減損損失累計額が含まれております。

          ※3.関係会社項目

             関係会社に対する資産には次のものがあります。
                            前事業年度                 当事業年度
                          (2021年2月28日)                 (2022年2月28日)
            未収入金                     658,533千円                 627,919千円
            預け金                   4,000,000千円                 7,500,000千円
         (損益計算書関係)

          ※1.固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
                              前事業年度               当事業年度
                           (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                            至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
            工具、器具及び備品他                       2,179千円               3,884千円
          ※2.固定資産除却損の内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度               当事業年度
                           (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                            至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
            建物                       18,205千円               28,737千円
            工具、器具及び備品他                       16,018千円               36,261千円
                  計                 34,224千円               64,998千円
          ※3.助成金収入の内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度               当事業年度
                           (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                            至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
            時短営業要請協力金                       3,760千円              593,771千円
            小学校休業等対応助成金                       21,905千円                   -
            緊急雇用安定助成金                        562千円                  -
            雇用調整助成金                         43千円                 -
                  計                 26,271千円               593,771千円
          ※4.新型感染症対応による損失の内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度               当事業年度
                           (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                            至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
            不要消耗品処分                       8,634千円                   -
            雇用調整等による特別有給                       20,869千円                1,028千円
                  計                 29,504千円                1,028千円
                                45/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
          ※5.減損損失の内訳は次のとおりであります。
             当社は以下のグルーピングについて減損損失を計上しました。
             前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

                                              減損損失
                用途・場所                種類
                                              (千円)
            店舗(東京都世田谷区他)              建物等                         1,030,323
              当社は減損損失を認識するにあたり、店舗、賃貸資産及び遊休資産をキャッシュ・フローを生み出す
             最小単位としてグルーピングしております。また、本社、工場等につきましては、全社資産としてグ
             ルーピングしております。
              グルーピングの最小単位である店舗、賃貸資産における営業活動から生ずる損益が継続してマイナス
             又はマイナスとなる見込みである資産グループ及び、遊休状態にあり今後の使用見込の立っていない資
             産グループの帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しており
             ます。
                      種類                    金額(千円)
            建物                                       665,762
            工具、器具及び備品                                       319,676
            長期前払費用                                        35,131
            構築物                                        9,632
            土地                                         121
            合計                                      1,030,323
              資産グループの回収可能価額は正味売却価額又は使用価値により測定しております。正味売却価額
             は、固定資産税評価額等を基に算定した金額により評価しております。また使用価値は、将来キャッ
             シュ・フローを4.2%で割り引いて計算しております。
             当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)

                                              減損損失
                用途・場所                種類
                                              (千円)
            店舗(東京都世田谷区他)              建物等                          441,377
              当社は減損損失を認識するにあたり、店舗、賃貸資産及び遊休資産をキャッシュ・フローを生み出す
             最小単位としてグルーピングしております。また、本社、工場等につきましては、全社資産としてグ
             ルーピングしております。
              グルーピングの最小単位である店舗、賃貸資産における営業活動から生ずる損益が継続してマイナス
             又はマイナスとなる見込みである資産グループ及び、遊休状態にあり今後の使用見込の立っていない資
             産グループの帳簿価額を回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しており
             ます。
                      種類                    金額(千円)
            建物                                       332,065
            工具、器具及び備品                                        98,105
            長期前払費用                                        9,912
            構築物                                        1,124
            土地                                         169
            合計                                       441,377
              資産グループの回収可能価額は正味売却価額又は使用価値により測定しております。正味売却価額
             は、固定資産税評価額等を基に算定した金額により評価しております。また使用価値は、将来キャッ
             シュ・フローを4.2%で割り引いて計算しております。
          ※6.関係会社項目

             関係会社との主な取引高は次のとおりであります。
                    前事業年度                      当事業年度
                 (自 2020年3月1日                      (自 2021年3月1日
                  至 2021年2月28日)                      至 2022年2月28日)
            受取利息                2,122千円                      3,034千円
                                46/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (株主資本等変動計算書関係)
    前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  17,769,444              -          -      17,769,444
            合計             17,769,444              -          -      17,769,444
     自己株式
      普通株式                    44,112            30          -        44,142
            合計               44,112            30          -        44,142
    (注)普通株式の自己株式の株式数の増加30株は、単元未満株式の買取による増加であります。
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり配当額

               株式の種類                            基準日         効力発生日
                       (千円)          (円)
     (決議)
     2020年4月17日
                普通株式        265,879              15   2020年2月29日          2020年5月22日
     取締役会
          (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                                   1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資       配当額       基準日         効力発生日
                       (千円)
     (決議)                               (円)
     2021年4月16日
                普通株式        265,879     利益剰余金         15   2021年2月28日          2021年5月21日
     取締役会
    当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)

         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                      当事業年度期首          当事業年度増加          当事業年度減少           当事業年度末
                      株式数(株)          株式数(株)          株式数(株)           株式数(株)
     発行済株式
      普通株式                  17,769,444              -          -      17,769,444
            合計             17,769,444              -          -      17,769,444
     自己株式
      普通株式                    44,142            -          -        44,142
            合計               44,142            -          -        44,142
         2.配当に関する事項

          (1)配当金支払額
                      配当金の総額         1株当たり配当額

               株式の種類                            基準日         効力発生日
                       (千円)          (円)
     (決議)
     2021年4月16日
                普通株式        265,879              15   2021年2月28日          2021年5月21日
     取締役会
          (2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの

                                   1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当の原資       配当額       基準日         効力発生日
                       (千円)
     (決議)                               (円)
     2022年4月13日
                普通株式        265,879     利益剰余金         15   2022年2月28日          2022年5月20日
     取締役会
                                47/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
           ※現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前事業年度               当事業年度
                           (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                            至 2021年2月28日)               至 2022年2月28日)
            現金及び預金勘定                     3,534,516千円               3,834,459千円
            預け金(寄託運用)                     4,000,000千円               7,500,000千円
            現金及び現金同等物                     7,534,516千円               11,334,459千円
         (リース取引関係)

           1.ファイナンス・リース取引
             該当事項はありません。
           2.オペレーティング・リース取引

            (借主側)
             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
             該当事項はありません。
         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社は、資金運用については、安全性の高い預金及び当社親会社のイオン株式会社への預け金による余
            資運用等の金融資産に限定し、設備投資資金は自己資金及び金融機関からの借入金で充当しております。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である売掛金及び未収入金は、顧客の信用リスクに晒されております。
             長期差入保証金は、店舗等の賃貸借契約等に係るものであり、差入先の信用リスクに晒されておりま
            す。
             投資有価証券は、当社と同様の中食事業や外食事業を展開する企業等の株式であり、市場価格の変動リ
            スクに晒されております。
             営業債務である買掛金及び未払金等は、すべて3ヶ月以内の支払期日であります。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ①信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             営業債権及びその他債権については、取引先の状況を定期的にモニタリングし、取引先ごとに期日及び
            残高を管理するとともに、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。
            ②市場リスク(市場価格の変動に係るリスク)の管理
             投資有価証券については、定期的に時価の把握を行っております。
            ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
             店舗の売上金回収や取引先からの営業債権回収予定等に基づき、財務経理部が適時に資金繰計画を作
            成・更新するとともに、必要手許流動性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                48/74





                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前事業年度(2021年2月28日)

                           貸借対照表計上額
                                       時価(千円)           差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         3,534,516           3,534,516               -

      (2)売掛金                           59,908           59,908             -

      (3)預け金                         4,022,246           4,022,246               -

      (4)未収入金                         1,991,902           1,991,902               -

      (5)投資有価証券                            4,858           4,858             -

      (6)長期差入保証金                         2,021,873           2,018,842            △3,031
              資産計                 11,635,305           11,632,274             △3,031

      (1)買掛金                         1,368,495           1,368,495               -

      (2)未払金                         2,141,901           2,141,901               -
      (3)未払法人税等                           75,136           75,136             -

      (4)未払消費税等                           117,999           117,999              -

      (5)長期借入金(1年内返済予定を含む)                         1,145,640           1,136,473            △9,166
              負債計                 4,849,172           4,840,005            △9,166

            当事業年度(2022年2月28日)

                           貸借対照表計上額
                                       時価(千円)           差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                         3,834,459           3,834,459               -

      (2)売掛金                           35,325           35,325             -

      (3)預け金                         7,519,018           7,519,018               -

      (4)未収入金                         1,751,455           1,751,455               -

      (5)投資有価証券                            5,510           5,510             -

      (6)長期差入保証金                         1,834,763           1,828,627            △6,136
              資産計                 14,980,532           14,974,396             △6,136

      (1)買掛金                         1,277,658           1,277,658               -

      (2)未払金                         2,220,878           2,220,878               -
      (3)未払法人税等                           887,431           887,431              -

      (4)未払消費税等                           348,607           348,607              -

      (5)長期借入金(1年内返済予定を含む)                           977,520           972,149           △5,370
              負債計                 5,712,096           5,706,726            △5,370

                                49/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
     (注)1.金融商品の時価の算定方法及び投資有価証券に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金、(3)預け金、(4)未収入金
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (5)投資有価証券
            これらの時価について、株式は取引所の価格によっております。
          (6)長期差入保証金
            各契約期間に基づき、信用リスクを加味し、リスクフリー・レートで割り引いた現在価値により算定して
           おります。
         負 債
          (1)買掛金、(2)未払金、(3)未払法人税等、(4)未払消費税等
            これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっておりま
           す。
          (5)長期借入金
            各契約期間に基づき、元利金の合計額を、リスクフリー・レートに信用リスクを加味した利率で割り引い
           た現在価値により算定しております。
         2.金銭債権の決算日後の償還予定額

           前事業年度(2021年2月28日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                  5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                  (千円)         (千円)
      現金及び預金                    3,534,516             -         -         -

      売掛金                      59,908           -         -         -

      預け金                    4,022,246             -         -         -

      未収入金                    1,991,902             -         -         -
             合計             9,608,573             -         -         -

            長期差入保証金は、回収日が確定していないため、上記には記載しておりません。
           当事業年度(2022年2月28日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                  5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                  (千円)         (千円)
      現金及び預金                    3,834,459             -         -         -

      売掛金                      35,325           -         -         -

      預け金                    7,519,018             -         -         -

      未収入金                    1,751,455             -         -         -
             合計             13,140,258             -         -         -

            長期差入保証金は、回収日が確定していないため、上記には記載しておりません。
                                50/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         3.長期借入金及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額
           前事業年度(2021年2月28日)
                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                  5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金                168,120       168,120       168,120       168,120       168,120       305,040

           合計          168,120       168,120       168,120       168,120       168,120       305,040

           当事業年度(2022年2月28日)

                            1年超       2年超       3年超       4年超
                    1年以内                                  5年超
                           2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                    (千円)                                  (千円)
                           (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金                168,120       168,120       168,120       168,120       168,120       136,920

           合計          168,120       168,120       168,120       168,120       168,120       136,920

         (有価証券関係)

          1.その他有価証券
            前事業年度(2021年2月28日)
                              貸借対照表計上額
                      種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                                (千円)
                  (1)株式                  4,757          1,656          3,101

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -          -          -

      貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -          -          -
      原価を超えるもの
                   ③ その他                  -          -          -
                  (3)その他                   -          -          -
                      小計              4,757          1,656          3,101
                  (1)株式                   100          175          △74
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -          -          -

      貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -          -          -
      原価を超えないもの
                   ③ その他                  -          -          -
                  (3)その他                   -          -          -
                      小計               100          175          △74

                合計                    4,858          1,831          3,026

                                51/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
            当事業年度(2022年2月28日)
                              貸借対照表計上額
                      種類                  取得原価(千円)           差額(千円)
                                (千円)
                  (1)株式                  5,417          1,656          3,760

                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -          -          -

      貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -          -          -
      原価を超えるもの
                   ③ その他                  -          -          -
                  (3)その他                   -          -          -
                      小計              5,417          1,656          3,760
                  (1)株式                   93          175          △82
                  (2)債券
                   ① 国債・地方債等                  -          -          -

      貸借対照表計上額が取得
                   ② 社債                  -          -          -
      原価を超えないもの
                   ③ その他                  -          -          -
                  (3)その他                   -          -          -
                      小計               93          175          △82

                合計                    5,510          1,831          3,678

          2.売却したその他有価証券

            前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)
             該当事項はありません。
            当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)

             該当事項はありません。
          3.減損処理を行った有価証券

            前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)
             該当事項はありません。
            当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)

             該当事項はありません。
            なお、減損処理に当たっては、時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行い、

            30~50%下落した場合には、当該金額の重要性、回復可能性を考慮して必要と認められた額について減損
            処理を行っております。
                                52/74






                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
         (1)採用している退職給付制度の概要
           当社は、親会社であるイオン株式会社及び同社の主要な国内関係会社で設立している確定給付型の企業年金
          基金制度(イオン企業年金基金)並びに確定拠出年金制度に加入しております。
         (2)確定給付制度

          ①  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (自   2020年3月1日           (自   2021年3月1日
                                    至  2021年2月28日)            至  2022年2月28日)
           退職給付債務の期首残高                              326,498千円              330,962千円
            勤務費用                             52,176              46,300
            利息費用                              1,305              2,647
            数理計算上の差異の発生額                            △35,863               22,408
            退職給付の支払額                            △13,154              △16,084
           退職給付債務の期末残高                              330,962              386,234
          ②  年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                     前事業年度              当事業年度
                                   (自   2020年3月1日           (自   2021年3月1日
                                    至  2021年2月28日)            至  2022年2月28日)
           年金資産の期首残高                              248,191千円              281,391千円
            期待運用収益                              8,934              9,032
            数理計算上の差異の発生額                            △24,897               7,215
            事業主からの拠出額                             62,317              62,241
            退職給付の支払額                            △13,154              △16,084
           年金資産の期末残高                              281,391              343,796
          「期首における年金資産」及び「退職給付の支払額」並びに「期末における年金資産」は、当社の親会社で

          あるイオン株式会社及び同社の主要な国内関係会社で設立している確定給付型の企業年金基金制度における
          退職給付債務の金額の割合に応じて按分計算した金額であります。
          ③  退職給付債務及び年金資産の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金及び前払年金費用の調

            整表
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
            積立型制度の退職給付債務                             330,962千円              386,234千円
            年金資産                            △281,391              △343,796
            未積立退職給付債務                             49,570              42,437
            未認識数理計算上の差異                            △107,661              △104,306
            退職給付引当金(△前払年金費用)                             △58,090              △61,869
          ④  退職給付費用及びその内訳項目の金額

                                     前事業年度              当事業年度
                                   (自   2020年3月1日           (自   2021年3月1日
                                    至  2021年2月28日)            至  2022年2月28日)
            勤務費用                             52,176千円              46,300千円
            利息費用                              1,305              2,647
            期待運用収益                             △8,934              △9,032
            数理計算上の差異の費用処理額                             19,644              18,547
            確定給付制度に係る退職給付費用                             64,192              58,463
                                53/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
          ⑤  年金資産に関する事項
           イ.年金資産の主な内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
            債権                              40.7%              40.3%
            株式                              29.9              29.8
            生命保険の一般勘定                              11.6              11.1
            その他 ※                              17.8              18.9
            合計                              100.0              100.0
          ※  その他には、主として現金、オルタナティブ投資が含まれております。
           ロ.長期期待運用収益率の設定方法に関する記載

           年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成す
          る多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
           ハ.数理計算上の計算基礎に関する事項

           主要な数理計算上の計算基礎
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
            割引率                              0.80%              0.80%
            長期期待運用収益率                              3.60%              3.21%
         (3)確定拠出制度

                                     前事業年度              当事業年度
                                   (自   2020年3月1日           (自   2021年3月1日
                                    至  2021年2月28日)            至  2022年2月28日)
            確定拠出制度への要拠出額                             35,918千円              36,616千円
                                54/74












                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
           繰延税金資産
            賞与引当金                             61,008千円              85,032千円
            未払金否認額                             123,684              61,646
            未払事業税                               -            67,549
            未払事業所税                             12,120              10,832
            減価償却超過額及び減損損失                             583,361              437,114
            資産除去債務                             342,115              396,021
            税務上の繰越欠損金(注)                             75,041                -
                                         17,239              14,485
            その他
            繰延税金資産小計
                                       1,214,571              1,072,682
                                        △18,096              △14,440
            評価性引当額
            繰延税金資産合計
                                       1,196,475              1,058,242
           繰延税金負債
            資産除去費用の資産計上額                            △75,116              △87,129
            前払年金費用                            △20,099              △21,406
                                        △1,047              △1,272
            その他有価証券評価差額金
           繰延税金負債合計                             △96,263             △109,809
           繰延税金資産の純額                             1,100,212               948,432
          (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

          前事業年度(2021年2月28日)
                          1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                           5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (千円)                           (千円)       (千円)
                         (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
           税務上の繰越欠
                       -     -     -     -     -   75,041         75,041
           損金(※1)
           評価性引当額            -     -     -     -     -     -         -
           繰延税金資産            -     -     -     -     -   75,041    (※2)75,041
            (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
            (※2)税務上の繰越欠損金75,041千円(法定実効税率を乗じた金額)について、繰延税金資産75,041千
             円を計上しております。当該税務上の繰越欠損金については、将来の課税所得の見込みにより、回収可
             能と判断しており評価性引当額を認識しておりません。
          当事業年度(2022年2月28日)

            該当事項はありません。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

           となった主要な項目別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度
                                   (2021年2月28日)              (2022年2月28日)
           法定実効税率
                                                       34.6   %
           (調整)
                                   税引後当期純損失
            交際費等永久に損金に算入されない項目                                            0.1
                                   が計上されている
            住民税均等割                                            5.8
                                   ため、記載を省略
            評価性引当額                                           △0.1
                                    しております。
                                                        0.1
            その他
           税効果会計適用後の法人税等の負担率                                             40.4
                                55/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
           イ 当該資産除去債務の概要
             店舗等の賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
           ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

             使用見込期間を取得から10年と見積り、割引率は当該使用見込期間に見合う利回りを使用して資産除去
            債務の金額を計算しております。
           ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                    前事業年度              当事業年度
                                 (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                  至 2021年2月28日)              至 2022年2月28日)
              期首残高                         995,732千円              885,124千円
              有形固定資産の取得に伴う増加額                          20,516               2,047
              時の経過による調整額                          2,138              1,746
              見積りの変更による増加額                            -            255,661
              資産除去債務の履行による減少額                        △133,263               △11,043
              期末残高                         885,124             1,133,535
              当事業年度において、退店等の新たな情報に伴い、店舗の退去時に必要とされる原状回復費用の見直

             しを実施した結果、見積りの変更による増加額255,661千円を変更前の資産除去債務残高に加算してお
             ります。
         (賃貸等不動産関係)

          賃貸不動産の総額に重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                56/74












                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
         1.報告セグメントの概要
           当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会及び経営
          会議が経営資源の配分の決定及び業績の評価をするために、定期的に検討を行う対象となっているものであり
          ます。
           当社は、本社に商品・サービス別の事業本部を置き、各事業本部は取り扱う商品・サービスについて包括的
          な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
           したがって、当社は、事業本部を基礎とした商品・サービス別のセグメントから構成されており、経済的特
          徴及び、商品・サービス等の要素が概ね類似する複数の事業セグメントを集約し、「オリジン事業」「外食事
          業」及び「デリカ融合事業」の3つを報告セグメントとしております。
           「オリジン事業」は、直営の路面店と、親会社であるイオンリテール株式会社及びグループ会社が運営する
          ショッピングセンター内に出店しているコンセッショナリー契約店舗の2形態にて、弁当・惣菜のテイクアウ
          ト店を運営しております。
           「外食事業」は、中華料理の飲食店等を運営しております。
           「デリカ融合事業」は、親会社であるイオンリテール株式会社及びグループ会社への販売ノウハウの提供及
          び商品等の供給等を行っております。
         2.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と概ね同一でありま
          す。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。
                                57/74













                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
           3.報告セグメントごとの営業収益、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報
           前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)

                                                     (単位:千円)
                                                       財務諸
                          報告セグメント
                                                       表      計
                                        その他          調整額
                                             合計
                              デリカ融         (注)1          (注)2
                                                        上額
                    オリジン      外食          計
                                合
                                                       (注)3
          営業収益

           外部顧客への営業

                    37,716,232     3,793,778     1,945,977    43,455,989      6,112   43,462,101         -  43,462,101
           収益
           セグメント間の内
                        -     -     -     -    -     -     -      -
           部営業収益又は振
           替高
                    37,716,232     3,793,778     1,945,977    43,455,989      6,112   43,462,101         -  43,462,101
              計
          セグメント利益又は
                     1,739,084     △ 133,581    1,052,934     2,658,436      6,057   2,664,494    △ 1,868,547       795,946
          損失(△)
                    11,073,654     1,569,854      919,578    13,563,087       140  13,563,227      9,639,165     23,202,393
          セグメント資産
          その他の項目

                      912,404     182,605     28,591    1,123,602        0 1,123,602      162,307     1,285,909
           減価償却費
           有形固定資産及び
                      405,618     253,015      8,446    667,080      -   667,080      17,039     684,120
           無形固定資産の増
           加額
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、店舗設備関連事業等
               を含んでおります。
             2.調整額は、以下のとおりであります。
             (1)セグメント利益又は損失の調整額△1,868,547千円は、主に報告セグメントに配分していない管
               理部門の一般管理費であります。
             (2)セグメント資産の調整額9,639,165千円は、主に報告セグメントに配分していない関係会社への
               預け金等の全社資産であります。
             (3)減価償却費の調整額162,307千円は、主に報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価
               償却費であります。
             (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額17,039千円は、主に報告セグメントに配分して
               いない全社資産の設備投資額であり、主に工具、器具及び備品並びにソフトウェアの増加額であ
               ります。
             3.セグメント利益又は損失は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                58/74








                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
           当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)
                                                     (単位:千円)
                                                       財務諸
                          報告セグメント
                                                       表      計
                                        その他          調整額
                                             合計
                              デリカ融         (注)1          (注)2
                                                        上額
                    オリジン      外食          計
                                合
                                                       (注)3
          営業収益

           外部顧客への営業
                    40,075,295     3,058,412     2,443,553    45,577,261      3,536   45,580,798         -  45,580,798
           収益
           セグメント間の内
                        -     -     -     -    -     -     -      -
           部営業収益又は振
           替高
                    40,075,295     3,058,412     2,443,553    45,577,261      3,536   45,580,798         -  45,580,798
              計
                     3,316,399      62,247    1,116,786     4,495,433      3,503   4,498,937    △ 2,082,649      2,416,287
          セグメント利益
                     9,811,065     1,095,068     1,077,182    11,983,316        32 11,983,348     13,266,403      25,249,752
          セグメント資産
          その他の項目

                      963,369     154,602     40,654    1,158,626        0 1,158,627      130,063     1,288,690
           減価償却費
           有形固定資産及び
                      400,902     15,349     5,355    421,607      -   421,607      3,845     425,453
           無形固定資産の増
           加額
          (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、店舗設備関連事業等
               を含んでおります。
             2.調整額は、以下のとおりであります。
             (1)セグメント利益の調整額△2,082,649千円は、主に報告セグメントに配分していない管理部門の
               一般管理費であります。
             (2)セグメント資産の調整額13,266,403千円は、主に報告セグメントに配分していない関係会社への
               預け金等の全社資産であります。
             (3)減価償却費の調整額130,063千円は、主に報告セグメントに配分していない全社資産に係る減価
               償却費であります。
             (4)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額3,845千円は、主に報告セグメントに配分して
               いない全社資産の設備投資額であり、主に工具、器具及び備品並びにソフトウェアの増加額であ
               ります。
             3.セグメント利益は、財務諸表の営業利益と調整を行っております。
                                59/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
          【関連情報】
         前事業年度(自         2020年3月1日         至   2021年2月28日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)営業収益
             本邦以外の外部顧客への営業収益がないため、該当事項はありません。
           (2)有形固定資産

             本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
         当事業年度(自         2021年3月1日         至   2022年2月28日)

          1.製品及びサービスごとの情報
            セグメント情報に同様の情報を記載しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)営業収益
             本邦以外の外部顧客への営業収益がないため、該当事項はありません。
           (2)有形固定資産

             本邦以外に所在している有形固定資産がないため、該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

         前事業年度(自         2020年3月1日         至   2021年2月28日)
                                                     (単位:千円)
                  オリジン         外食      デリカ融合        その他      全社・消去         合計
                    426,853       603,348                121           1,030,323
          減損損失                           -              -
         当事業年度(自         2021年3月1日         至   2022年2月28日)

                                                     (単位:千円)
                  オリジン         外食      デリカ融合        その他      全社・消去         合計
                                     -
                    251,935       189,272                169            441,377
          減損損失                                         -
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          該当事項はありません。
                                60/74








                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          1.関連当事者との取引
           ①財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
              前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)
                           議決権等の
                資本金                               取引金額
        会社等の
                                 関連当事者
                     事業の内容又      所有(被所                            期末残高
                又は出資金
     種類   名称又は     所在地                            取引の内容      (千円)     科目
                     は職業      有)割合                            (千円)
                                  との関係
        氏名        (千円)                              (注1)
                            (%)
                            (被所有)
                                       資金の寄託運用        2,954,246    預け金    4,000,000
             千葉市
     親会社                純粋持株会社       間接    ・消費寄託契約       受取利息            流動資産
        イオン㈱        220,007,994                                2,122          585
             美浜区
                                       (注2)(注3)            (その他)
                              95.75
                                       売上代金の一時預
                                ・店舗の賃借
                                       入等           -
                            (被所有)
                                ・販売ノウハウ
        イ  オ  ン
             千葉市
                                       (注4)(注6)
     親会社             100,000    総合小売事業       直接     提供契約                  未収入金     658,533
        リテール㈱     美浜区
                                ・商品の供給
                                       ロイヤリティ収入
                              95.75
                                               1,701,126
                                ・役員の兼任
                                       (注5)(注6)
              当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)

                           議決権等の
                                               取引金額
        会社等の        資本金
                                 関連当事者
                     事業の内容又      所有(被所                            期末残高
     種類   名称又は     所在地   又は出資金                        取引の内容      (千円)     科目
                           有)割合
                     は職業                                  (千円)
                                  との関係
        氏名        (千円)
                                               (注1)
                            (%)
                            (被所有)
                                       資金の寄託運用            預け金
                                               4,076,712
             千葉市                                           7,500,000
     親会社   イオン㈱        220,007,994     純粋持株会社       間接    ・消費寄託契約       受取利息         3,034   流動資産
             美浜区
                                                          608
                                       (注2)(注3)            (その他)
                              95.75
                                       売上代金の一時預
                                ・店舗の賃借
                                       入等
                                                  -
                            (被所有)
                                ・販売ノウハウ
        イ  オ  ン 千葉市
                                       (注4)(注6)
     親会社             100,000    総合小売事業       直接     提供契約                  未収入金     627,919
             美浜区
        リテール㈱
                                ・商品の供給
                                       ロイヤリティ収入
                              95.75
                                               1,774,377
                                ・役員の兼任
                                       (注5)(注6)
         (注)1.取引金額には消費税等は含まれておりません。
            2.イオングループ内で効率的な運用を行うため、イオン株式会社に対して資金の寄託運用を行ってお
              ります。取引金額には当事業年度中の平均残高を記載しております。
            3.運用利率等の取引条件は、市場の金利等を参考にして、決定しております。
            4.売上代金の一時預入等は、コンセッショナリー店舗等の売上代金一時預入及びイオングループ会社
              のデリカ部門への商品等の供給に関するもの等であります。
            5.ロイヤリティ収入は、オリジン商品・販売に関するノウハウ提供の対価であります。
            6.取引条件は、両社が協議して決定した契約上の金額に基づいて決定しております。
                                61/74








                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
           ②財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等
              前事業年度(自 2020年3月1日 至 2021年2月28日)
                               議決権等
                                               取引金額
                    資本金          の所有
                                    関連当事者
         会社等の名称                事業の内容                     (千円)         期末残高
                    又は出資金          (被所
      種類           所在地                         取引の内容           科目
         又は氏名                又は職業                     (注1)         (千円)
                                    との関係
                               有)割合
                     (千円)
                                               (注2)
                                (%)
                                         クレジット及
                                    ・クレジッ
     親会社の    イオンクレジッ       東京都         金融サービ           ト利用代    び電子マネー          未収入金     640,294
                      500,000          なし                93,477
     子会社           千代田区         ス業           金等の回    利用手数料          預 り 金
         トサービス㈱                                                42,243
                                    収代行    (注3)
              当事業年度(自 2021年3月1日 至 2022年2月28日)

                               議決権等
                                               取引金額
                    資本金          の所有
                                    関連当事者
         会社等の名称                事業の内容                     (千円)         期末残高
                    又は出資金          (被所
      種類           所在地                         取引の内容           科目
         又は氏名                又は職業
                                               (注1)         (千円)
                                    との関係
                     (千円)          有)割合
                                               (注2)
                                (%)
                                    ・クレジッ     クレジット及
     親会社の    イオンクレジッ       東京都         金融サービ           ト利用代    び電子マネー          未収入金     257,543
                                なし
                      500,000                          109,496
                                         利用手数料
     子会社    トサービス㈱       千代田区         ス業           金等の回               預 り 金   14,694
                                    収代行    (注3)
         (注)1.取引金額には消費税等は含まれておりません。
            2.イオンクレジットサービス㈱の取引金額については、店舗等でのクレジットカードの利用、電子マ
              ネーの利用及びチャージによる手数料を記載しております。
            3.クレジット及び電子マネー利用手数料は独立第三者間取引と同様の一般的な取引条件で行っており
              ます。
          2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

           (1)親会社情報
             イオン株式会社(東京証券取引所に上場)
             イオンリテール株式会社(非上場)
           (2)重要な関連会社の要約財務情報
             重要な関連会社はありません。
         (1株当たり情報)

                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                               至 2021年2月28日)              至 2022年2月28日)
     1株当たり純資産額                             945.71円             1,017.04円
     1株当たり当期純利益
                                 △27.03円               86.30円
     又は1株当たり当期純損失(△)
     (注)1.当事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりま
          せん。なお、前事業年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であり、
          また、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                               至 2021年2月28日)              至 2022年2月28日)
     1株当たり当期純利益
     又は1株当たり当期純損失(△)
      当期純利益又は当期純損失(△)(千円)                           △479,205              1,529,786
      普通株主に帰属しない金額(千円)                               -              -
      普通株式に係る当期純利益
                                 △479,205              1,529,786
      又は当期純損失(△)(千円)
      期中平均株式数(千株)                             17,725              17,725
         (重要な後発事象)

          (自己株式取得の決議)
                                62/74


                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
           当社は2022年5月18日開催の取締役会において、会社法第459条第1項の規定による定款の定めに基づく自己
          株式の取得について、次のとおり決議いたしました。
          1.自己株式の取得を行う理由

            買主を見つけることが困難な譲渡希望株主に株式売却の機会を付与するため。
          2.取得に係る事項の内容

           ①  取得する株式の種類          当社普通株式
           ②  取得しうる株式の総数         757,932株(上限)
           ③  株式1株あたりの取得価額                          2,236円
           ④  株式の取得価額の総額         1,694,735,952円(上限)
           ⑤  取得期間               当該取締役会決議の日から6ヶ月以内
           ⑥  株式の譲渡の申込期日         2022年10月14日
           ⑦  取得方法               譲渡希望株主から当社への書面申し込みによる方法
          (ご参考)2022年2月28日時点の自己株式の保有

               発行済株式総数 :17,769,444株
               自己株式数   :44,142株
                                63/74














                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          【株式】
                                                 貸借対照表計上額
                           銘柄             株式数(株)
                                                    (千円)
                  ㈱トリドールホールディングス                           400            978
                  ㈱壱番屋                           200            936
                  ㈱王将フードサービス                           100            605
                  ㈱ハイデイ日高                           325            581
                  ㈱セブン&アイ・ホールディングス                           100            559
            その他有
     投資有価証券
                  日本マクドナルドホールディングス㈱                           100            494
            価証券
                  ㈱サイゼリヤ                           100            293
                  ㈱大戸屋ホールディングス                           100            288
                  ㈱柿安本店                           100            242
                  ㈱吉野家ホールディングス㈱                           100            238
                  ㈱プレナス                           100            199
                  ワタミ㈱                           100            93
                     計                       1,825            5,510
          【債券】

           該当事項はありません。
          【その他】

           該当事項はありません。
                                64/74











                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         【有形固定資産等明細表】
                                         当期末減価償
                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残高
        資産の種類
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)       (千円)
                                          (千円)
     有形固定資産
                                                 934,912
      建物           11,537,580        376,832      997,473     10,916,939       7,277,400             3,639,538
                                                 (332,065)
                                                  6,331
      構築物            141,833        -     11,444      130,388       68,592             61,796
                                                 (1,124)
                                                 134,847
      機械及び装置           1,562,997       25,281      15,875     1,572,403       755,766             816,636
                                                   714

      車両運搬具
                   3,008       -      -     3,008      2,255              752
                                                 514,714

      工具、器具及び備品           5,102,650       169,596      580,886     4,691,360      3,696,477              994,882
                                                 (98,105)
                                169
      土地           1,313,250         -         1,313,080         -      -    1,313,080
                                (169)
      建設仮勘定              -      -      -      -      -      -       -
                              1,605,850                   1,591,520
       有形固定資産計          19,661,320        571,710           18,627,180      11,800,491              6,826,688
                                (169)                 (431,295)
     無形固定資産
      ソフトウエア
                 1,102,384       115,669       4,550     1,213,503       945,675       92,079       267,827
      その他
                  38,947        500       54     39,393       6,947      1,117       32,445
       無形固定資産計          1,141,332       116,169       4,604     1,252,896       952,623       93,196       300,272
                               53,864
     長期前払費用             172,635       38,640            157,411      101,086       32,462       56,325
                               (9,912)
     賃貸不動産
                  466,502        -      -    466,502       91,132       2,807      375,369
     (注)1.「当期減少額」欄及び「当期償却額」欄の(  )は内書で、減損損失の計上額であります。
         2.「当期末減価償却累計額又は償却累計額」欄には、減損損失累計額が含まれております。
         3.当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
           建物           資産除去債務見積変更による影響                           255,661    千円
                      新規店舗                            62,584    〃
                      既存店の修繕や活性化                            44,545    〃
                      合計                           362,790    〃
           工具、器具及び備品           新規店舗                            19,115   千円

                      既存店の修繕や活性化                           106,624    〃
                      合計                           125,739    〃
         4.当期減少額のうち主なものは、次のとおりであります。
           建物           閉店店舗                           959,628    千円
                      改装店舗                            36,765    〃
                      合計                           996,394    〃
           工具、器具及び備品           閉店店舗                           326,677    千円

                      改装店舗                           250,989    〃
                      合計                           577,667    〃
                                65/74





                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         【社債明細表】
          該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                            当期首残高        当期末残高        平均利率
              区分                                       返済期限
                            (千円)        (千円)         (%)
      短期借入金                           -        -        -      -
      1年以内に返済予定の長期借入金                        168,120        168,120          0.62       -
      長期借入金
                              977,520        809,400          0.62    2023年~2027年
      (1年以内に返済予定のものを除く。)
      その他有利子負債                           -        -        -      -
              合計              1,145,640         977,520           -      -
     (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は以下のとおりで
           あります。
                       1年超2年以内          2年超3年以内         3年超4年以内          4年超5年以内
                        (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
             長期借入金             168,120          168,120          168,120          168,120
         【引当金明細表】

                                       当期減少額(千円)
                     当期首残高        当期増加額                       当期末残高
           区分
                      (千円)        (千円)                       (千円)
                                     目的使用        その他
      貸倒引当金                   17,936        6,461         651       8,015       15,730

      賞与引当金                  176,324        245,759        176,324          -     245,759

      役員業績報酬引当金                   6,240       35,120        6,110         130      35,120

     (注)1.貸倒引当金の当期減少額(その他)は一般債権の貸倒実績率による洗替額及び貸倒懸念債権の回収可能性の
           見直しによる取崩額であります。
         2.役員業績報酬引当金の当期減少額(その他)は引当額と支給額の差額であります。
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資産
         除去債務明細表の記載を省略しております。
                                66/74








                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
      (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ 現金及び預金
                 区分                         金額(千円)
      現金                                            114,330
      預金
       当座預金                                           146,661
       普通預金                                          3,569,823
       別段預金                                            3,644
                 小計                                3,720,128
                 合計                                3,834,459
         ロ 売掛金

          相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
       ウエルシア薬局㈱                                            26,966
       ワシントンホテル㈱                                            2,611
       パレッテ㈱                                            2,342
       ㈱ダイエー                                             430
       東和アミューズメント㈱                                             371
       その他                                            2,603
                 合計                                 35,325
          売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

      当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                         回収率(%)          滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                    (A)  +  (D)
                                         (C)
                                                      2
                                             ×  100
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                       (A)  +  (B)
                                                      (B)
                                                      365
         59,908        936,078         960,661         35,325            96.5          18.6
     (注)上記の金額には、消費税等が含まれております。
         ハ 商品及び製品

                 品目                         金額(千円)
      加工品                                            149,073
      水産加工品                                            111,813
      畜産加工品                                            109,027
      鶏肉                                            103,680
      青果加工品                                             83,051
      その他                                            285,613
                 合計                                 842,260
                                67/74





                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
         ニ 仕掛品
                 品目                         金額(千円)
      畜産加工品                                             1,242
      液体調味料                                              782
      加工品                                               71
                 合計                                  2,096
         ホ 原材料及び貯蔵品

                 区分                         金額(千円)
     原材料
      豚肉                                            191,310
      鶏肉                                            133,297
      牛肉                                             7,681
      包装用フィルム                                             4,029
      青果加工品                                             3,395
      その他                                             23,698
                 小計                                 363,414
     貯蔵品
      ユニフォーム                                             26,305
      シール                                             17,314
      厨房器具                                             4,193
      ラップ                                             2,107
      文房具                                              600
      その他                                             6,781
                 小計                                 57,303
                 合計                                 420,717
         ヘ 預け金

                 相手先                          金額(千円)
      イオン㈱                                           7,500,000
      カンダリテールサポート㈱                                             19,008
      その他                                               10
                 合計                                7,519,018
         ト 未収入金

                 相手先                          金額(千円)
      イオンリテール㈱                                            627,919
      PayPay㈱                                            304,172
      イオンクレジットサービス㈱                                            257,543
      ㈱カスミ                                             94,481
      ㈱ダイエー                                             72,753
      その他                                            394,584
                 合計                                1,751,455
                                68/74




                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
        ② 固定資産
         長期差入保証金
              セグメントの名称                             金額(千円)
      オリジン事業                                           1,491,088
      外食事業                                            290,969
      全社共通                                             52,706
                 合計                                1,834,763
        ③ 流動負債

         イ 買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      全農パールライス㈱                                             55,753
      住商フーズ㈱                                             55,634
      ㈱ミートコンパニオン                                             47,026
      デリカフーズ㈱                                             38,777
      マルハニチロ㈱                                             36,897
      その他                                           1,043,568
                 合計                                1,277,658
         ロ 未払金

                 相手先                          金額(千円)
      パートアルバイト給料(2月分)                                            828,051
      社会保険料(1,2月分)                                            278,908
      役員及び従業員給料(2月分)                                            234,663
      名糖運輸㈱                                             90,659
      キユーソー流通システム㈱                                             88,975
      その他                                            699,620
                 合計                                2,220,878
      (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                69/74









                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  3月1日から翌年2月末日まで
      定時株主総会                  毎事業年度末日の翌日から3ヶ月以内

      基準日                  2月末日

                         100株券
                         500株券
      株券の種類
                        1,000株券
                        10,000株券
      剰余金の配当の基準日                  8月末日、2月末日
      1単元の株式数                  100株

      株式の名義書換え

                        東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
       取扱場所
                         みずほ信託銀行株式会社本店
                        東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
       株主名簿管理人
                         みずほ信託銀行株式会社
       取次所                 みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       名義書換手数料                 無料

       新券交付手数料                 無料

      単元未満株式の買取り

                        東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
       取扱場所
                         みずほ信託銀行株式会社本店
                        東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
       株主名簿管理人
                         みずほ信託銀行株式会社
       取次所                 みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

      公告掲載方法                  日本経済新聞

                        毎年2月末の株主名簿に記載された100株以上の株主に対し、優待券(500
      株主に対する特典                  円券)10枚、1,000株以上の株主に対し、優待券(500円)20枚贈呈しま
                        す。(当社直営店舗での飲食及び商品購入で使用可)
    (注)当社は2022年5月19日開催の株主総会におきまして、6月13日より株券廃止会社への移行を決議しております。
                                70/74








                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は上場会社ではありませんので、金融商品取引法第24条の7第1項の適用がありません。
     2【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      1 有価証券報告書及びその添付書類                   〔事業年度 自2020年3月1日                    2021年5月21日
                          (第55期) 至2021年2月28日〕                    関東財務局長に提出
      2 半期報告書                   〔第56期中 自2021年3月1日                    2021年11月26日
                                至2021年8月31日〕               関東財務局長に提出
                                71/74

















                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                72/74




















                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
                        独立監査人の監査報告書
                                                    2022年5月19日

    オ  リ  ジ  ン東秀株式会社

       取締役会 御中

                           有限責任監査法人トーマツ

                                 東   京   事   務   所

                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            大   竹     貴     也
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                     公認会計士
                                            井   上     卓     也
                           業務執行社員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
    るオリジン東秀株式会社の2021年3月1日から2022年2月28日までの第56期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、
    損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表につい
    て監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、オリジン
    東秀株式会社の2022年2月28日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フロー
    の状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は2022年5月18日開催の取締役会において、自己株式の取得について決
    議している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
    することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
    必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
    価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
    る場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                73/74



                                                          EDINET提出書類
                                                     オリジン東秀株式会社(E03302)
                                                           有価証券報告書
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
    いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
    る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
    ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
      ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
       を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切
       な監査証拠を入手する。
      ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の
       実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
      ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
       び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
       き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
       論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に
       注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外
       事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいてい
       るが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
      ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかど
       うかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計
       事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
    重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以 上

     (注)1.上記は、監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提

          出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                74/74








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。