株式会社大日光・エンジニアリング 四半期報告書 第44期第1四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第44期第1四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 株式会社大日光・エンジニアリング
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2022年6月3日
     【四半期会計期間】                    第44期第1四半期(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)
     【会社名】                    株式会社大日光・エンジニアリング
     【英訳名】                    Di-Nikko     Engineering      Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長執行役員COO  山口 琢也
     【本店の所在の場所】                    栃木県日光市根室697番地1
     【電話番号】                    0288-26-3930(代表)
     【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室長執行役員CFO  為崎 靖夫
     【最寄りの連絡場所】                    栃木県日光市根室697番地1
     【電話番号】                    0288-26-3930(代表)
     【事務連絡者氏名】                    取締役経営企画室長執行役員CFO  為崎 靖夫
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/20













                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                                第43期          第44期          第43期
               回次               第1四半期連結          第1四半期連結
                               累計期間          累計期間
                             自2021年1月1日          自2022年1月1日          自2021年1月1日

              会計期間
                             至2021年3月31日          至2022年3月31日          至2021年12月31日
                                  7,096,465          8,704,187          29,858,758

     売上高                   (千円)
                                   50,100          187,511          275,216
     経常利益                   (千円)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又
                                   22,644          126,520
     は親会社株主に帰属する当期純損失                   (千円)                               △ 90,028
     (△)
                                   295,808          377,151          356,306
     四半期包括利益又は包括利益                   (千円)
                                  3,571,180          3,983,105          3,628,504
     純資産額                   (千円)
                                 19,842,506          24,568,066          21,050,981
     総資産額                   (千円)
     1株当たり四半期純利益又は1株当た
                                    4.22          23.54
                        (円)                               △ 16.76
     り当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期(当
                                    4.13          23.16
                        (円)                                  -
     期)純利益
                                    17.1          15.3          16.2
     自己資本比率                   (%)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
          ておりません。
         2.第43期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、1株当たり当期純
          損失のため、記載しておりません。
         3.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当第1四半期連結会計期間の
          期首から適用しており、当第1四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適
          用した後の指標等となっております。
     2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
      変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/20








                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
                                 3/20



















                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の状況
        当第1四半期連結累計期間における当社を取り巻く経営環境を振り返りますと、日本では、新型コロナウイルス感
      染症再拡大による経済活動の自粛及び原材料価格の高騰等により景気は足踏み状態となりました。米国では、コロナ
      禍からの急激な景気回復に加え、ロシアのウクライナ侵攻をきっかけとした原油価格の急騰等により物価上昇率は歴
      史的な高水準となりました。中国では、コロナ感染者急増による経済活動制限強化及び輸出の伸び悩み等により景気
      は減速しました。また、半導体や樹脂材料等における世界的な需給逼迫が続きました。
        このような経営環境下、当第1四半期連結累計期間における経営成績は下記のとおりとなりました。
        日本では、車載機器用については、昨年5月に量産を開始した九州工場における生産が順調に推移したこと等によ
      り増収となりました。オフィス・ビジネス機器用は、企業のテレワーク推奨によるスキャナー製品の需要増加、ま
      た、オフィス向け複合機の需要回復等により増収となりました。産業機器用は、半導体メモリーに対する世界的な需
      要増加を受け、半導体製造装置関連を中心に増収となりました。医療機器用は、大型精密検査機器用の受注が堅調に
      推移し増収となりました。社会生活機器用は、巣篭り需要を背景とした家電製品の受注増加等により増収となりまし
      た。遊技機器用は、受注は増加傾向にあるものの、電子部品供給逼迫の影響等もあり売上は横這いとなりました。業
      務請負・人材派遣子会社は、車載関連の受注増加等により増収となりました。オフィス・ビジネス機器販売子会社は
      横ばい、基板製造子会社は、遊技機向け売上が新機種入替えの遅れ等により減少し減収となりました。一方、                                                   加工
      事業会社は、高価格車向け及び二輪車向け部品売上が堅調に推移し増収となりました。以上より日本の売上高は
      3,648百万円(前年同期比21.1%増)となりました。
        アジアでは、無錫子会社が増収となりました。これは、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により生産調整を余
      儀なくされた前年の反動、また、日系メーカー向けの車載機器用受注が増加したこと等によるものです。香港子会社
      では、電子部品の売上が増加しました。深圳子会社では、生産終了に向け恵州子会社へ生産移管を進めたため減収と
      なりました。一方、製造を引き継いだ恵州子会社は、深圳子会社の売上減少分をカバーするには至りませんでした。
      タイ子会社は、車載機器用売上が堅調であったことに加え家庭用プリンター向け受注が増加したこと等により増収と
      なりました。この結果、アジアの売上高は5,039百万円(前年同期比23.6%増)となりました。また、加工事業会社が
      保有する米国現地法人の売上は15百万円(前年同期比123.6%増)となりました。
        以上の結果、連結売上高は8,704百万円(前年同期比22.7%増)となりました。なお、昨年8月に設立したベトナム
      子会社につきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により事業スタートが遅れていましたが、4月1日
      に車載向けユニット製品の出荷を開始しております。
        営業利益は、日本では親会社が増収により増益となったほか、加工事業会社は次世代自動車向などの高付加価値部
      品関連売上が増加し増益となりました。基板製造子会社は、製造工程の見直しが奏功し増益となりました。また、業
      務請負・人材派遣子会社、オフィス・ビジネス機器販売子会社ともに昨年同程度の利益を確保したこと等により、国
      内部門は増益となりました。一方、アジアでは無錫子会社が増益となりましたが、深圳子会社及び恵州子会社は生産
      の移管及び移管受入等に伴い生産効率が低下し減益となりました。また、タイ子会社は、生産機種が変更となった影
      響等により減益となり、ベトナム子会社は主に販管費のみの計上となりました。以上より、連結営業利益は116百万
      円(前年同期比296.6%増)となりました。
        営業外損益は、持分法による投資利益、消耗品等売却益、為替差益を計上したこと等により、連結経常利益は187
      百万円(前年同期比274.3%増)となりました。
        上記に加えて法人税等、非支配株主に帰属する四半期純利益等を加減した結果、親会社株主に帰属する四半期純利
      益は126百万円(前年同期比458.7%増)となりました。
      (2)財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末における総資産は24,568百万円(前連結会計年度末比3,517百万円増)となりまし
      た。
        流動資産は、現金及び預金、受取手形及び売掛金、原材料及び貯蔵品等が増加したことにより19,085百万円(前連
      結会計年度末比3,635百万円増)となりました。
        固定資産は、機械装置及び運搬具が増加した一方、保険積立金が減少したこと等により5,482百万円(前連結会計
      年度末比118百万円減)となりました。
        当第1四半期連結会計期間末における負債合計は、20,584百万円(前連結会計年度末比3,162百万円増)となりま
      した。
        流動負債は、支払手形及び買掛金、電子記録債務、短期借入金、1年内返済予定の長期借入金等が増加したことに
      より14,725百万円(前連結会計年度末比3,358百万円増)となりました。
        固定負債は、長期借入金が減少したこと等により5,859百万円(前連結会計年度末比196百万円減)となりました。
        当第1四半期連結会計期間末における純資産合計は、利益剰余金、為替換算調整勘定が増加したこと等により
      3,983百万円(前連結会計年度末比354百万円増)となりました。
      (3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

                                 4/20


                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
        当第1四半期連結累計期間において、当社グループの優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題に重要な変更及
      び新たに生じた課題はありません。
      (4)研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、15百万円であります。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/20


















                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           11,200,000

                  計                                11,200,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名又は
                          提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          登録認可金融商品取引業協                内容
                           (2022年6月3日)
              (2022年3月31日)                          会名
                                          東京証券取引所
                                        JASDAQスタンダード
                   5,478,200             5,478,200                       (注)1
     普通株式                                   (第1四半期会計期間末現在)
                                         東証スタンダード市場
                                         (2022年6月3日現在)
                   5,478,200             5,478,200
        計                                     -           -
     (注)1.完全議決権株式であり、株主としての権利内容に何ら限定のない、当社における標準となる株式であります。
          なお、単元株式数は100株であります。
        2.「提出日現在発行数」欄には、2022年6月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                (株)
     2022年1月1日~
                     -    5,478,200           -     876,182          -     583,182
     2022年3月31日
      (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/20





                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載す
        ることができないことから、直前の基準日(2021年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】

                                                  2021年12月31日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                             -       -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -

      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                                                 権利内容に何ら限定の
                                                 ない、当社における標
                         (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                    -       準となる株式でありま
                         普通株式       103,200
                                                 す。なお、単元株式数
                                                 は100株であります。
                               5,373,600            53,736
      完全議決権株式(その他)                   普通株式                            同上
                                 1,400
      単元未満株式                   普通株式                 -           同上
                               5,478,200
      発行済株式総数                                    -            -
                                           53,736
      総株主の議決権                             -                   -
        ②【自己株式等】

                                                  2021年12月31日現在
                                                   発行済株式総数
      所有者の氏名又                       自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の       に対する所有株
                  所有者の住所
      は名称                       株式数(株)       株式数(株)       合計(株)       式数の割合
                                                   (%)
     (自己保有株式)
               栃木県日光市根室697番地1                103,200               103,200           1.89
     株式会社大日光・                                  -
     エンジニアリング
                               103,200               103,200           1.89
         計            -                  -
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 7/20








                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2022年1月1日から2022
      年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 8/20

















                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,240,636              1,766,127
        現金及び預金
                                       3,250,288              5,911,427
        受取手形及び売掛金
                                       2,469,631              2,739,598
        電子記録債権
                                        767,220              685,755
        商品及び製品
                                        506,142              344,444
        仕掛品
                                       6,664,904              6,892,063
        原材料及び貯蔵品
                                        557,655              752,498
        その他
                                        △ 6,077             △ 6,402
        貸倒引当金
                                      15,450,400              19,085,514
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       5,105,927              5,209,421
          建物及び構築物
                                      △ 3,599,767             △ 3,710,760
           減価償却累計額
                                       1,506,160              1,498,661
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                             4,980,015              5,159,345
                                      △ 3,081,915             △ 3,250,743
           減価償却累計額
                                       1,898,099              1,908,601
           機械装置及び運搬具(純額)
          土地                              584,885              584,885
                                                       8,176
          建設仮勘定                                 -
                                        818,688              818,054
          その他
                                       △ 619,574             △ 627,366
           減価償却累計額
                                        199,113              190,688
           その他(純額)
                                       4,188,259              4,191,014
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                138,612              141,112
        投資その他の資産
                                        664,080              706,894
          投資有価証券
                                        315,759              131,938
          保険積立金
                                        61,769              80,444
          繰延税金資産
                                        232,100              231,147
          その他
                                       1,273,709              1,150,424
          投資その他の資産合計
                                       5,600,580              5,482,552
        固定資産合計
                                      21,050,981              24,568,066
       資産合計
                                 9/20








                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)              (2022年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       3,030,691              4,684,756
        支払手形及び買掛金
                                       1,860,817              1,978,120
        電子記録債務
                                       3,283,048              4,574,588
        短期借入金
                                       1,423,833              1,895,303
        1年内返済予定の長期借入金
                                        91,183              71,598
        リース債務
                                        83,448              85,701
        未払法人税等
                                                       61,018
        賞与引当金                                  -
                                        289,321              244,938
        早期退職費用引当金
                                       1,304,092              1,129,305
        その他
                                      11,366,436              14,725,330
        流動負債合計
       固定負債
                                       5,765,148              5,571,153
        長期借入金
                                        143,362              133,564
        リース債務
                                          796              155
        繰延税金負債
                                        138,030              145,205
        退職給付に係る負債
                                         8,702              9,551
        その他
                                       6,056,039              5,859,630
        固定負債合計
                                      17,422,476              20,584,961
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        876,182              876,182
        資本金
                                        613,842              613,842
        資本剰余金
                                        923,962             1,023,219
        利益剰余金
                                       △ 38,518             △ 38,518
        自己株式
                                       2,375,468              2,474,725
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        19,751              41,372
        その他有価証券評価差額金
                                         1,596
        繰延ヘッジ損益                                              △ 2,378
                                       1,022,814              1,248,697
        為替換算調整勘定
                                       1,044,162              1,287,690
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  29,890              32,443
                                        178,982              188,245
       非支配株主持分
                                       3,628,504              3,983,105
       純資産合計
                                      21,050,981              24,568,066
     負債純資産合計
                                10/20








                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                       7,096,465              8,704,187
     売上高
                                       6,423,622              7,909,046
     売上原価
                                        672,842              795,141
     売上総利益
                                        643,474              678,671
     販売費及び一般管理費
                                        29,368              116,469
     営業利益
     営業外収益
                                          600              412
       受取利息
                                         4,593              6,654
       受取配当金
                                                       11,242
       為替差益                                    -
                                        19,709              17,509
       消耗品等売却益
                                                       11,248
       持分法による投資利益                                    -
                                        10,114
       助成金収入                                                  -
                                        17,866                445
       補助金収入
                                                        991
       受取補償金                                    -
                                        23,401              54,602
       その他
                                        76,285              103,107
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        27,501              31,829
       支払利息
                                          838
       為替差損                                                  -
                                         8,906
       持分法による投資損失                                                  -
                                        15,017
       固定資産圧縮損                                                  -
                                         3,289               235
       その他
                                        55,553              32,065
       営業外費用合計
                                        50,100              187,511
     経常利益
     特別利益
                                          643              161
       固定資産売却益
                                                        572
                                          -
       投資有価証券売却益
                                          643              733
       特別利益合計
     特別損失
                                          106
       固定資産売却損                                                  -
                                                        547
                                          -
       固定資産除却損
                                          106              547
       特別損失合計
                                        50,636              187,697
     税金等調整前四半期純利益
                                        21,146              54,074
     法人税等
                                        29,490              133,623
     四半期純利益
                                         6,845              7,102
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        22,644              126,520
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                11/20






                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2021年1月1日              (自 2022年1月1日
                                至 2021年3月31日)               至 2022年3月31日)
                                        29,490              133,623
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                        63,490              21,620
       その他有価証券評価差額金
                                        16,296
       繰延ヘッジ損益                                               △ 3,975
                                        182,408              221,857
       為替換算調整勘定
                                         4,121              4,026
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        266,318              243,528
       その他の包括利益合計
                                        295,808              377,151
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        286,644              367,888
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         9,164              9,262
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/20















                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (会計方針の変更)
        (収益認識に関する会計基準等の適用)
         「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)
        等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該
        財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしています。
         収益認識会計基準等の適用による主な変更点は以下のとおりです。
        1.有償受給取引に係る収益認識
         有償受給取引に係る収益について、顧客に買戻し義務のある一部の有償受給取引は、従来は、顧客から支給され
        る有償受給品に対して支払われる対価に加工費等を加算した金額で収益を測定しておりましたが、加工費相当額の
        みを純額で収益として認識する方法に変更しております。また、買戻し義務のある有償受給品の期末棚卸高につい
        ては、従来は「流動資産」の「原材料及び貯蔵品」として表示しておりましたが、「流動資産」の「その他」に表
        示しております。
        2.代理人取引に係る収益認識
         当社グループの役割が代理人に該当する取引については、従来は顧客から受け取る対価の総額を収益として認識
        しておりましたが、当該対価の総額から仕入先に対する支払額を差し引いた純額で収益を認識する方法に変更して
        おります。
         収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従ってお
        り、当第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1四半
        期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しています。
         この結果、当第1四半期連結累計期間の売上高が147,474千円減少、売上原価が147,474千円減少し、営業利益、
        経常利益及び税金等調整前四半期純利益への影響はありません。当第1四半期連結会計期間末の原材料及び貯蔵品
        は164,654千円減少し、流動資産のその他は164,654千円増加しております。また、利益剰余金の当期首残高への影
        響はありません。
         なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法に
        より組替を行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号                                                2020年3月
        31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第1四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益
        を分解した情報を記載しておりません。
        (時価の算定に関する会計基準等の適用)

         「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号                            2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
        う。)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
        準」(企業会計基準第10号              2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
        が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これによる、四半期連結財務諸表への
        影響はありません。
                                13/20









                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
        (追加情報)
        (新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積り)
         前連結会計年度の有価証券報告書(追加情報)に記載した新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響に関
        する会計上の見積りの仮定について、重要な変更はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                            (自    2021年1月1日             (自    2022年1月1日
                             至   2021年3月31日)              至   2022年3月31日)
         減価償却費                        113,356千円                116,265千円
        (株主資本等関係)

         Ⅰ  前第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
          1.  配当金支払額
                             1株当た
                     配当金の総額
        決議       株式の種類              り配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
     2021年3月30日
               普通株式         26,825       5.00    2020年12月31日          2021年3月31日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち                          、 配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間
          の末日後となるもの
           該当事項はありません。
         Ⅱ  当第1四半期連結累計期間(自 2022年1月1日 至 2022年3月31日)

          1.  配当金支払額
                             1株当た
                     配当金の総額
        決議       株式の種類              り配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
     2022年3月30日
               普通株式         26,874       5.00    2021年12月31日          2022年3月31日         利益剰余金
     定時株主総会
          2.  基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち                          、 配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間
          の末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                14/20








                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自2021年1月1日                        至2021年3月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント                               四半期連結
                                     その他            調整額     損益計算書
                                           合計
                                    (注1)            (注2)       計上額
                    日本     アジア       計
                                                       (注3)
       売上高
                   3,012,061      4,077,309      7,089,370       7,094    7,096,465             7,096,465
        外部顧客への売上高                                            -
        セグメント間の内部
                    310,813      93,018     403,831      5,215     409,046
                                                 △ 409,046         -
        売上高又は振替高
                   3,322,874      4,170,327      7,493,202       12,309    7,505,511             7,096,465
            計                                     △ 409,046
                    131,001       7,752     138,754       788    139,542             29,368
       セグメント利益                                         △ 110,174
       (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない地域であり、北米の現地法人の事業活動を含んでお
           ります。
          2 セグメント利益の調整額△110,174千円には、セグメント間取引消去△5,063千円、各報告セグメントに
           配分していない全社費用△105,110千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しな
           い一般管理費であります。
          3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
                                15/20












                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
      Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自2022年1月1日                        至2022年3月31日)
      1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報並びに収益の分解情報
                                                     (単位:千円)
                       報告セグメント                               四半期連結
                                     その他            調整額     損益計算書
                                           合計
                                    (注1)            (注2)       計上額
                    日本     アジア       計
                                                       (注3)
       売上高
        車載機器            548,340     2,452,230      3,000,571       14,423    3,014,995          -  3,014,995
        オフィス機器            301,238     2,085,054      2,386,292         -  2,386,292          -  2,386,292

        産業機器            794,070      299,624     1,093,694        241   1,093,935          -  1,093,935

        医療機器            686,193         -   686,193        -   686,193         -   686,193

        その他           1,282,338       203,010     1,485,348       1,200    1,486,549          -  1,486,549
        顧客との契約から生
                   3,612,180      5,039,920      8,652,100       15,866    8,667,966          -  8,667,966
        じる収益
        その他の収益
                    36,220        -    36,220       -    36,220         -    36,220
        (注4)
                   3,648,401      5,039,920      8,688,321       15,866    8,704,187             8,704,187
        外部顧客への売上高                                            -
        セグメント間の内部
                    307,165      137,205      444,370      14,290     458,660
                                                 △ 458,660         -
        売上高又は振替高
                   3,955,566      5,177,126      9,132,692       30,156    9,162,848             8,704,187
            計                                     △ 458,660
       セグメント利益又は損
                    226,859            222,675      10,495     233,170             116,469
                          △ 4,183                      △ 116,701
       失(△)
       (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない地域であり、北米の現地法人の事業活動を含んでお
           ります。
          2 セグメント利益又は損失(△)の調整額△116,701千円には、セグメント間取引消去△6,494千円、各報
           告セグメントに配分していない全社費用△110,206千円が含まれております。全社費用は、主に報告セグメ
           ントに帰属しない一般管理費であります。
          3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          4 「その他の収益」は、不動産賃貸収入であります。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
      3.報告セグメントの変更等に関する事項

         「注記事項(会計方針の変更)」に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準等を適
        用し、収益認識に関する会計処理方法を変更したため、事業セグメントの利益の算定方法を同様に変更しておりま
        す。当該変更により、従来の方法に比べ、当第1四半期連結累計期間の売上高は「日本」で147,474千円減少して
        おります。また、セグメント利益への影響はありません。
                                16/20






                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
         顧客との契約から生じる収益を分解した情報は                     、「  注記事項(セグメント情報等)              」 に記載のとおりであります            。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下
        のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間 
                               (自 2021年 1月1日               (自 2022年 1月1日
                                至 2021年 3月31日)               至 2022年 3月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                  4円22銭              23円54銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                22,644              126,520

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       22,644              126,520
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               5,368,920               5,374,918
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  4円13銭              23円16銭

      (算定上の基礎)

       普通株式増加数(株)                                110,465                88,313

       希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1
       株当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜
                                         -               -
       在株式で、前連結会計年度末から重要な変動が
       あったものの概要
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません          。
     2【その他】

      該当事項はありません。
                                17/20







                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                18/20




















                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                  2022年6月3日

    株式会社大日光・エンジニアリング

      取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               下田 琢磨
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                               槻  英明
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社大日
    光・エンジニアリングの2022年1月1日から2022年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2022年1月
    1日から2022年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2022年1月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期連
    結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
    半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社大日光・エンジニアリング及び連結子会社の2022年3月31日
    現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
    が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
    手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
    年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
    られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか
    結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期
                                19/20


                                                          EDINET提出書類
                                               株式会社大日光・エンジニアリング(E02116)
                                                            四半期報告書
    連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でな
    い場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、
    四 半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続で
    きなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
    基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸
    表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる
    事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
    人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人
    の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以  上
      (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                20/20













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。