ハイアス・アンド・カンパニー株式会社 四半期報告書 第19期第2四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第19期第2四半期(令和4年1月1日-令和4年3月31日)
提出日
提出者 ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年5月13日
     【四半期会計期間】                   第19期第2四半期(自 2022年1月1日  至 2022年3月31日)
     【会社名】                   ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
     【英訳名】                   HyAS&Co. Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役 新野 将司
     【本店の所在の場所】                   東京都品川区上大崎二丁目24番9号
     【電話番号】                   03-5747-9800(代表)
     【事務連絡者氏名】                   経営管理領域長 村上 嘉浩
     【最寄りの連絡場所】                   東京都品川区上大崎二丁目24番9号
     【電話番号】                   03-5747-9800(代表)
     【事務連絡者氏名】                   経営管理領域長 村上 嘉浩
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/27













                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第19期
              回次               第2四半期            第18期
                            連結累計期間
                           自2021年10月1日           自2021年5月1日

             会計期間
                           至2022年3月31日           至2021年9月30日
                                3,986,006           3,759,448
     売上高                (千円)
                                 232,896           290,274
     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当
                                  70,967           198,973
                     (千円)
     期)純利益
                                  72,952           203,638
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                                2,287,350           2,227,920
     純資産額                (千円)
                                5,465,695           5,491,361
     総資産額                (千円)
                                   1.92           5.89
     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                                   1.91           5.82
                      (円)
     (当期)純利益
                                   41.1           39.6
     自己資本比率                 (%)
     営業活動によるキャッシュ・フ
                                 335,176           363,783
                     (千円)
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           △ 35,920          △ 84,816
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                                           1,278,006
                     (千円)           △ 216,773
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                3,103,148           3,020,665
                     (千円)
     (期末)残高
                              第19期

              回次               第2四半期
                            連結会計期間
                           自2022年1月1日

             会計期間
                           至2022年3月31日
                                   1.24
     1株当たり四半期純利益                 (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.当社は株式報酬制度を導入するための信託が保有する当社株式を連結財務諸表において自己株式として計上
           しております。株主資本において自己株式として計上されている当該信託が保有する当社株式は、1株当た
           り情報の算定上、期中平均株式数から控除する自己株式に含めております。
         3.第18期は      、 決算期の変更により2021年5月1日から2021年9月30日までの5カ月間となっており、第2四半
           期連結財務諸表を作成しておりません。これに伴い第18期第2四半期連結累計期間の主要な経営指数の推移
           については記載しておりません。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を前連結会計期間の期首から適
           用しており、当第2四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を適用した後
           の指標等となっております。
                                 2/27




                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。
      (主要な関係会社の異動)

       当第2四半期連結累計期間において、当社連結子会社であった株式会社アール・プラス・マテリアル、株式会社HC
      マテリアル、株式会社家価値サポートは、ハイアス・アンド・カンパニー株式会社を存続会社とする吸収合併により
      消滅したため、同社を連結の範囲から除外しております。
                                 3/27


















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第2四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」からの重要な
      変更があった事項は以下のとおりです。
         また、以下の見出しに付された項目番号は、前連結会計年度の有価証券報告書における「第一部                                              企業情報     第2
        事業の状況      2.事業等のリスク」の項目番号に対応したものであり、文中の下線部分が変更箇所です。
        なお、文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において当社グループが判断したものでありま
       す。
       (4)その他のリスク

        d.上場廃止リスク等について
        当社株式は、2020年11月27日付で、株式会社東京証券取引所から、以下のとおり特設注意市場銘柄に指定されて
       おります。
       ①特設注意市場銘柄指定の理由
        株式会社東京証券取引所から以下の指摘を受けております。
       「ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(以下「同社」という。)は、2020年8月31日、第三者委員会の設置等
       について開示し、また、同年9月29日に新規上場前からの不適切な会計処理(以下「不適切会計」という。)に関
       する第三者委員会の中間調査報告書を開示、さらに、同年9月30日、過年度の決算短信等の訂正を開示するととも
       に、監査報告書の意見不表明等について開示しました。これらの開示等を受け、同日、当取引所は、同社が提出し
       た新規上場申請及び上場市場の変更申請に係る宣誓書において宣誓した事項について重大な違反を行ったおそれが
       あると判断し、同社株式を監理銘柄(審査中)に指定しました。その後、同社は、2020年10月26日、不適切会計に
       関する第三者委員会の最終調査報告書及び2021年4月期第1四半期の四半期連結財務諸表について限定付結論の四
       半期レビュー報告書を受領した旨を開示し、さらに、同年11月16日、新経営体制等について開示しました。
        これらの開示等を受け、以下の状況が明らかとなりました。
        ・同社が、同社株式の当取引所マザーズへの新規上場申請及びその後の当取引所本則市場への上場市場の変更申
       請において、当取引所に提出する書類の記載に漏れがなく、かつ、すべて真実である旨の宣誓書を提出していたに
       もかかわらず、申請書類に虚偽の財務諸表を記載し、審査過程での照会に繰り返し虚偽の書面回答を行い、さらに
       報告すべき事項が追加発生した際もその報告を怠っていたこと
        ・一方で、不適切会計による過年度決算の訂正規模は、通期売上高の最大訂正額でも17百万円の減額にとどまる
       など、財務数値の虚偽の程度は限定的であり、新規上場及び市場変更に係る数値基準の未達もなかったと考えられ
       ること、また、訂正後の過年度の財務諸表に対する監査意見は意見不表明であるものの、第三者委員会の最終調査
       報告書の内容及び2021年4月期第1四半期の四半期連結財務諸表に対する四半期レビューが限定付結論であること
       等を踏まえると、訂正規模が大幅に拡大する可能性は相当程度低いと考えられること
        ・監査法人から誠実性に深刻な疑義ありと指摘され意見不表明の原因となった同社元代表取締役社長をはじめ、
       不適切会計に関与又は認識した同社取締役及び監査役の全員が、昨年12月末までに同社取締役及び監査役を辞任す
       る見込みであること
        以上を総合的に勘案すると、同社が提出した新規上場申請及び上場市場の変更申請に係る宣誓書において宣誓し
       た事項について、重大な違反を行ったとして上場廃止が相当であるとまでは認められないことから、同社株式につ
       いて、監理銘柄(審査中)の指定を解除することとします。
        一方で、同社が、新規上場申請及び上場市場の変更申請に係る宣誓書において宣誓した事項について違反してい
       た背景として、本件では主に以下の点が認められました。
        ・同社では、同社元代表取締役社長を含むほとんどの取締役が、上場審査をすり抜ける目的で不適切会計につい
       て関与又は認識するなど、内部統制が無効化されていたこと
        ・同社元代表取締役社長を始めとする取締役の一部は、新規上場審査及び市場変更審査において虚偽の回答をし
       たのみならず、不適切会計の発覚後の段階においても、日本取引所自主規制法人に対する虚偽の説明や監査法人の
       監査手続の妨害といった隠蔽工作を行うなど、信頼性のある財務報告を行う意識や市場関係者に対する誠実性が著
       しく欠如していたこと
        ・取締役会は、同社元代表取締役社長等が参加する別の会議において実質的に決定された内容を追認する形で運
       営されるなど形骸化しており、取締役の業務執行に対する監督機能が十分に発揮されていなかったこと
        ・常勤監査役は、不適切会計の一部を認識していたにもかかわらずこれを是正する対応を行わないなど、監査役
       としての監視機能を果たしていなかったこと
        ・営業部門を牽制すべき財務経理部門が営業部門のサポート的な役割を担っていたほか自ら不適切会計に関与す
       るなど社員のコンプライアンス意識も欠如しており、また、稟議の形骸化や契約書の軽視が蔓延していたなど、不
       適切会計の実行を可能とする土壌が生じていたこと
        以上を総合的に勘案すると、本件は、同社が内部管理体制の重大な不備により新規上場申請及び上場市場の変更
       申請に係る宣誓書において宣誓した事項について違反を行ったものであり、同社の内部管理体制等については改善
       の必要性が高いと認められることから、同社株式を特設注意市場銘柄に指定することとします。
                                 4/27


                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
       ②特設注意市場銘柄指定期間
        2020年11月27日から原則1年間とし、1年後に当社から内部管理体制確認書を提出、株式会社東京証券取引所が
       内部管理体制等の審査を行い、内部管理体制等に問題があると認められない場合には指定が解除になります。一方
       で、内部管理体制等に問題があると認められる場合には、原則として上場廃止となります。ただし、その後の改善
       が見込まれる場合には、特設注意市場銘柄の指定を継続し、6ヵ月間改善期間が延長されます。なお、特設注意市
       場銘柄指定中であっても内部管理体制等の改善見込みがなくなったと認められる場合には、上場廃止となります。
       ③今後の対応
        当社は当社の内部管理体制の不備等に起因する問題の根本原因である旧経営陣の影響力を排除、経営者の暴走の
       抑止、牽制機能の強化を達成するため、適正なコーポレート・ガバナンス体制を確立する必要があると認識し、
       2021年7月29日開催の第17期定時株主総会の承認を受けて、監査等委員会設置会社に移行すると共に、経営体制を
       刷新しました。また、2021年8月13日付及び2021年9月2日付「改善計画の策定状況に関するお知らせ」にて公表
       しましたとおり、前経営体制下にて作成しておりました改善計画の全面的な再考・見直しを実施し、内部管理体制
       を整えるための再発防止策を記載した「改善計画・状況報告書」を、2021年9月17日付「改善計画・状況報告書の
       公表について」にて公表いたしました。その後、2021年11月29日付「内部管理体制確認書の提出に関するお知ら
       せ」にて公表いたしましたとおり、有価証券上場規程に規定された内部管理体制確認書を東京証券取引所に提出
       し、  審査を受け、一定の取組が行われていることが認められました。
        しかしながら、当社においては、内部管理体制に関して更なる取り組みを必要とする状況が存在しており、これ
       らの改善に向けた取組の進捗等について、なお確認する必要があると判断され、2022年1月26日付「当社株式の特
       設注意市場銘柄の継続に関するお知らせ」にて公表いたしましたとおり、特設注意市場銘柄の指定の継続の通知を
       受領いたしました。当社は、今回の継続通知を真摯に受け止めるとともに、指定の解除を目指して管理部門・内部
       監査部門の強化、業務統制及び制度上の不備の改善、リスク管理・コンプライアンスの強化等の再発防止策に引き
       続き取り組んでまいります。
                                 5/27













                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号                         2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」という。)等
      を前連結会計期間の期首から適用しております。
        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の分析

        当社は2021年9月期より決算期を4月から9月に変更しております。これに伴い、2022年9月期第2四半期(2021
      年10月-2022年3月)は、前年同四半期連結累計期間がないため、対前期増減については記載しておりません。
        当第2四半期連結累計期間の日本経済は、新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種の進展が見られたものの、
      再び感染が拡大し、個人消費の低迷や経済活動が停滞しました。また、依然として新型コロナウイルス感染症流行が
      収束に至らない中、ロシアによるウクライナ侵攻の影響によって、原油高や物価高が進み、ますます不安定な経済状
      況となっております。
        当社グループの事業領域に関わる住宅不動産業界におきましては、新設住宅着工戸数が、第2四半期として全体で
      みると前年比プラスを維持しておりますが、持ち家については第2四半期として前年比マイナスとなりました。ロシ
      ア・ウクライナ情勢が、ウッドショックをはじめとする建材設備を中心とした各種資材価格の高騰に拍車をかけるこ
      とが予想されております。
        このような事業環境下ではありますが、当社グループは引き続き事業の再構築に取り組んでまいりました。
        販売費及び一般管理費については、特に管理部門における業務効率化のための業務委託費用が増加しましたが、事
      業部門においては、オンラインによるセミナーや顧客面談を増やすことで、出張旅費・セミナー開催費用を抑える等
      して効率的な使用に努めました。また、広告宣伝費についても、費用対効果を意識してより効率を高めた広告運用を
      行ったことにより、費用の大幅な削減に繋がりました。
        以上の結果、当第2四半期連結累計期間における売上高は3,986百万円、営業利益は270百万円、経常利益は232百
      万円、親会社株主に帰属する四半期純利益は70百万円となりました。当社グループでは、現在、経営効率改善のため
      の事業の再構築をおこなっており、その結果、当第2四半期連結累計期間は前年の同月期間(2020年10月-2021年3
      月)と比較すると売上高は減少したものの、営業利益は増加しました。
      セグメント別の業績は、次のとおりです。

      ・コンサルティング事業

        コンサルティング事業における当第2四半期連結累計期間は、資材価格高騰などの市場環境の影響もあり、主力の
      「R+house」事業における新規受注数が伸び悩みましたが、加盟店企業がより受注を増やすための体制づくりの支援
      活動を推進してきました。その結果、当第2四半期連結累計期間後半からは回復基調となっており、売上高は3,067
      百万円、営業利益は364百万円となりました。
      ・建築施工事業

        建築施工事業における当第2四半期連結累計期間は、株式会社ウェルハウジングにおいて、拠点を増加したことが
      要因となり、前年の同月期間(2020年10月-2021年3月)と比較すると売上高が増加しました。一方、人員増加を伴
      う先行投資を実施したことから、売上高は999百万円、営業損失は95百万円となりました。
                                 6/27








                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
      (2)財政状態の分析
        当第2四半期連結会計期間末における資産合計は5,465百万円となり、前連結会計年度末と比べ25百万円減少しま
      した。その主な要因は、無形固定資産が92百万円、投資その他の資産が98百万円減少した一方、現金及び預金が82百
      万円、受取手形及び売掛金が46百万円、仕掛品が114百万円増加したことによるものです。
        当第2四半期連結会計期間末における負債合計は3,178百万円となり、前連結会計年度末と比べ85百万円減少しま
      した。その主な要因は、短期借入金が52百万円、長期借入金が146百万円減少した一方、買掛金が86百万円、前受金
      が92百万円増加したことによるものです。
        当第2四半期連結会計期間末における純資産合計は2,287百万円となり、前連結会計年度末と比べ59百万円増加し
      ました。その主な要因は、利益剰余金が66百万円増加したことによるものです。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

        当第2四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題はあ
      りません。
      (4)研究開発活動

        当第2四半期連結累計期間における研究開発費の金額につきましては、当社グループの研究開発活動が事業開発部
      門の業務の一環として行われているものであることから、区分計上しておりません。
      なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

        当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 7/27













                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 66,960,000

                  計                                66,960,000

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間                      上場金融商品取引所名又は
                        提出日現在発行数(株)
        種類      末現在発行数(株)                      登録認可金融商品取引業協                 内容
                         (2022年5月13日)
              (2022年3月31日)                      会名
                                                  完全議決権株式であ
                                                  り、株主としての権
                                    東京証券取引所
                                                  利内容に何ら限定の
                                    マザーズ(第2四半期会計期
                                                  ない当社における標
                  37,336,980            37,336,980
       普通株式
                                    間末現在)
                                                  準となる株式であ
                                    グロース市場(提出日現在)
                                                  り、単元株式数は
                                                  100株であります。
                  37,336,980            37,336,980

         計                                  -            -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

         年月日
                 数増減数(株)       数残高(株)        (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     2022年1月1日~

                      -   37,336,980           -    1,394,699           -    1,294,699
     2022年3月31日
                                 8/27






                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2022年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
          氏名又は名称                    住所                    総数に対する所有
                                            (株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             19,497,730            52.22

     株式会社くふう中間持株会社                 東京都港区三田一丁目4番28号
     NOMURA    PB  NOMINEES     LIMITED    A/C     1 ANGEL   LANE,   LONDON,EC4R      3AB,
                                             1,500,000            4.02
     CPB30072     482276             UNITED    KINGDOM
     (常任代理人 野村證券株式会社)                 (東京都中央区日本橋一丁目13番1号)
                                             1,393,750            3.73
     柿内和徳                 東京都新宿区
                                             1,197,000            3.21
     株式会社安成工務店                 山口県下関市綾羅木新町三丁目7番1号
                                              720,000           1.93
     東新住建株式会社                 愛知県稲沢市高御堂一丁目3番18号
     ハイアス・アンド・カンパニー株式
                                              698,900           1.87
                      東京都品川区上大崎二丁目24番9号
     会社従業員持株会
                      1 ANGEL   LANE,   LONDON,EC4R      3AB,
     NOMURA    PB  NOMINEES     LIMITED
                                              672,100           1.80
                      UNITED    KINGDOM
     OMNIBUS-MARGIN(CASHPB)
     (常任代理人 野村證券株式会社)
                      (東京都中央区日本橋一丁目13番1号)
                                              506,500           1.36
     福島宏人                 東京都品川区
                                              479,530           1.28
     中山史章                 東京都新宿区
                                              375,700           1.01
     大熊富士夫                 埼玉県さいたま市
                                             27,041,210            72.43

             計                  -
    (注)1.持株比率は、自己株式を控除して算出し、小数点以下第3位を四捨五入して表示しております。
       2.自己株式には、「従業員向け株式交付信託」の信託財産としてみずほ信託銀行株式会社(再信託受託者:株式
         会社日本カストディ銀行)が保有する当社株式326,822株は含まれておりません。
                                 9/27











                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2022年3月31日現在
             区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                        -            -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                        -            -            -

     議決権制限株式(その他)                        -            -            -

                                                権利内容に何ら限定のな
                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -       い当社における標準とな
                                 200
                       普通株式
                                                る株式
                              37,333,500             373,335
     完全議決権株式(その他)                  普通株式                             同上
                                3,280
     単元未満株式                  普通株式                 -            -
                              37,336,980
     発行済株式総数                  普通株式                 -            -
                                           373,335
     総株主の議決権                        -                         -
    (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、「従業員向け株式給交付託」制度の信託財産として、株式
          会社日本カストディ銀行(信託E口)が所有している当社株式326,822株が含まれております。
        2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式43株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2022年3月31日現在
                                                      発行済株式
                                                      総数に対す
                                 自己名義       他人名義       所有株式数
         所有者の氏名                                               る
                      所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
          又は名称                                           所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                       の割合
                                                       (%)
     (自己保有株式)
                    東京都品川区上大崎
                                    200              200       0.00
     ハイアス・アンド・カンパ                                       -
                    二丁目24番9号
     ニー株式会社
                                    200              200       0.00
            計             -                   -
    (注)自己名義所有株式には、「従業員向け株式交付信託」の信託財産としてみずほ信託銀行株式会社(再信託受託者:
    株式会社日本カストディ銀行)が保有する当社株式326,822株を含めておりません。
                                10/27








                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
     2【役員の状況】
        前事業年度の有価証券報告書提出日後、役員の異動は、次のとおりです。
        (1)退任役員
             役職名               氏名             退任年月日
        取締役               穐田 誉輝               2022年1月31日
        取締役               菅間 淳               2022年1月31日
        (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

        男性  6 名 女性    1 名(役員のうち女性の比率            14.3  %)
                                11/27

















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令
      第64号)に基づいて作成しております。
        当社は   、 2021年7月29日開催の第17期定時株主総会において                        、 定款の一部変更を決議し           、 決算期を4月30日から9月
      30日に変更いたしました。これに伴い、2021年9月期第2四半期連結財務諸表を作成しておりません                                              。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2022年1月1日から2022年
      3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、誠栄監査法人による四半期レビューを受けております。
        なお、当社の監査法人は次のとおり交代しております。
        第18期連結会計年度 監査法人アリア
        第19期第2四半期連結会計期間及び第2四半期連結累計期間 誠栄監査法人
                                12/27
















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2021年9月30日)              (2022年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,020,665              3,103,148
        現金及び預金
                                        392,249              438,656
        受取手形及び売掛金
                                        90,040              101,314
        商品
                                        344,234              458,883
        仕掛品
                                        91,603              82,636
        販売用不動産
                                        296,608              231,277
        その他
                                        △ 5,219             △ 11,562
        貸倒引当金
                                       4,230,183              4,404,354
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        277,788              236,543
          建物及び構築物(純額)
                                        73,268              106,586
          その他(純額)
                                        351,057              343,129
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        141,333               88,333
          のれん
                                        198,402              158,436
          その他
                                        339,736              246,769
          無形固定資産合計
                                       ※ 570,385             ※ 471,442
        投資その他の資産
                                       1,261,178              1,061,341
        固定資産合計
                                       5,491,361              5,465,695
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        377,140              463,778
        買掛金
                                        336,004              283,006
        短期借入金
                                        281,372              270,268
        1年内返済予定の長期借入金
                                        64,484              53,213
        未払法人税等
                                       1,258,598              1,351,267
        前受金
                                        19,799              15,164
        賞与引当金
                                                       5,641
        事業整理損失引当金                                  -
                                        45,420              45,420
        訂正関連費用引当金
                                        355,978              260,738
        その他
                                       2,738,798              2,748,498
        流動負債合計
       固定負債
                                        350,432              215,298
        長期借入金
                                        142,271              151,139
        株式給付引当金
                                        31,938              63,409
        その他
                                        524,642              429,846
        固定負債合計
                                       3,263,440              3,178,345
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,394,699              1,394,699
        資本金
                                       1,301,484              1,305,913
        資本剰余金
        利益剰余金                               △ 305,544             △ 238,955
                                       △ 218,062             △ 216,582
        自己株式
                                       2,172,577              2,245,075
        株主資本合計
                                         1,087              1,072
       新株予約権
                                        54,256              41,203
       非支配株主持分
                                       2,227,920              2,287,350
       純資産合計
                                       5,491,361              5,465,695
     負債純資産合計
                                13/27



                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年10月1日
                                至 2022年3月31日)
                                       3,986,006
     売上高
                                       2,025,983
     売上原価
                                       1,960,023
     売上総利益
                                      ※ 1,689,475
     販売費及び一般管理費
                                        270,547
     営業利益
     営業外収益
                                          12
       受取利息
                                          395
       助成金収入
                                          199
       保険解約返戻金
                                          469
       貸倒引当金戻入額
                                         1,474
       受取手数料
                                         3,127
       その他
                                         5,679
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,400
       支払利息
                                        40,930
       支払手数料
                                        43,330
       営業外費用合計
                                        232,896
     経常利益
     特別利益
                                          22
       固定資産売却益
                                          22
       特別利益合計
     特別損失
                                          298
       固定資産除却損
                                        11,441
       事業整理損失引当金繰入額
                                         1,372
       子会社清算損
                                         3,944
       棚卸資産除却損
                                         2,350
       訴訟関連損失
                                        19,407
       特別損失合計
                                        213,510
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   49,869
                                        90,688
     法人税等調整額
                                        140,558
     法人税等合計
                                        72,952
     四半期純利益
                                         1,985
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        70,967
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                14/27







                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年10月1日
                                至 2022年3月31日)
                                        72,952
     四半期純利益
                                        72,952
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        70,967
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         1,985
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                15/27

















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2021年10月1日
                                至 2022年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        213,510
       税金等調整前四半期純利益
                                        85,831
       減価償却費
                                        53,000
       のれん償却額
                                        18,521
       貸倒引当金の増減額(△は減少)
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 4,635
                                        10,347
       株式給付引当金の増減額(△は減少)
                                         5,641
       事業整理損失引当金の増減額(△は減少)
       受取利息及び受取配当金                                   △ 12
                                         2,400
       支払利息
       助成金収入                                  △ 395
                                          298
       固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 46,406
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                △ 129,544
                                         8,966
       販売用不動産の増減額(△は増加)
                                         7,469
       前払費用の増減額(△は増加)
                                         4,064
       長期前払費用の増減額(△は増加)
                                        86,637
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        14,572
       前渡金の増減額(△は増加)
                                        92,669
       前受金の増減額(△は減少)
                                        23,674
       未払金の増減額(△は減少)
                                         1,372
       子会社整理損
                                         3,944
       棚卸資産除却損
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                 △ 28,291
                                       △ 43,380
       その他
                                        380,257
       小計
       利息及び配当金の受取額                                    12
       利息の支払額                                 △ 2,400
                                          395
       助成金の受取額
                                       △ 43,089
       法人税等の支払額
                                        335,176
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 25,833
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 9,098
                                         △ 988
       敷金の差入による支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 35,920
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                 △ 52,998
       長期借入金の返済による支出                                △ 146,238
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                       △ 10,610
       よる支出
                                        △ 6,927
       その他
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 216,773
                                        82,482
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                       3,020,665
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 3,103,148
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                16/27





                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         当第2四半期連結累計期間において、当社の連結子会社であった株式会社アール・プラス・マテリアル、株式会
        社HCマテリアル、株式会社家価値サポートは、ハイアス・アンド・カンパニー株式会社を存続会社とする吸収合併
        により消滅したため、同社を連結の範囲から除外しております。
                                17/27



















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
        (追加情報)
         当社は、2020年第1四半期連結会計期間に株主からの株主代表訴訟の請求を受けたことを契機として、過年度決
        算における売上高の架空計上などの疑義に関する調査を開始し、2020年8月31日には第三者委員会を設置し、この
        不適切会計問題を調査してまいりました。
         2020年9月30日には、2020年9月28日付の第三者委員会の中間調査報告書で当該不適切会計問題に関する指摘を
        受け当社は過年度決算を訂正し、遅延していた2020年4月期の有価証券報告書を提出致しました。
         しかし、2020年4月期連結会計年度を含む過年度決算に関して、当該期の監査人からは、監査意見を表明する前
        提となる経営者の誠実性について深刻な疑義を生じさせる事象が存在するとの指摘を受け、監査意見は意見不表明
        となっております。
         これに対して、当社では、速やかに当該事態を解消するために、監査人の意見不表明の原因となった経営者が
        2020年9月30日付けで退任し、2020年12月23日開催の臨時株主総会によって新経営体制に移行するなどの経営体制
        の刷新を図っており、経営の信頼を回復するため経営体制やガバナンスの更なる改革を進めました。
         また、当社は、経営者の暴走の抑止、牽制機能の強化を達成するため、適正なコーポレート・ガバナンス体制を
        確立する必要があると認識し、2021年7月29日開催の第17期定時株主総会の承認を受けて、監査等委員会設置会社
        に移行すると共に、経営体制を変更しました。その後、内部管理体制を整えるための再発防止策を記載した「改善
        計画・状況報告書」を、2021年9月17日付「改善計画・状況報告書の公表について」にて公表いたしました。ま
        た、2021年11月29日付「内部管理体制確認書の提出に関するお知らせ」にて公表いたしましたとおり、有価証券上
        場規程に規定された内部管理体制確認書を東京証券取引所に提出し、審査を受け、一定の取組が行われていること
        が認められました。
        しかしながら、当社においては、内部管理体制に関して更なる取り組みを必要とする状況が存在しており、これ
        らの改善に向けた取組の進捗等について、なお確認する必要があると判断され、2022年1月26日付「当社株式の特
        設注意市場銘柄の継続に関するお知らせ」にて公表いたしましたとおり、特設注意市場銘柄の指定の継続の通知を
        受領いたしました。当社は、今回の継続通知を真摯に受け止めるとともに、指定の解除を目指して管理部門・内部
        監査部門の強化、業務統制及び制度上の不備の改善、リスク管理・コンプライアンスの強化等の再発防止策に引き
        続き取り組んでまいります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ 資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2021年9月30日)                 (2022年3月31日)
     投資その他の資産                               130,130    千円              142,310    千円
        (四半期連結損益計算書関係              )

         ※販売費及び一般管理費のうち主要な費用及び金額は次のとおりであります。
                           当第2四半期連結累計期間
                            (自 2021年10月1日
                             至 2022年3月31日)
     給料手当及び賞与                               581,949    千円
                                      814
     賞与引当金繰入額
                                     18,991
     貸倒引当金繰入額
                                     10,347
     株式給付引当金繰入額
                                18/27







                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
          おりであります。
                           当第2四半期連結累計期間
                            (自 2021年10月1日
                             至 2022年3月31日)
     現金及び預金勘定                              3,103,148千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                  -千円
     現金及び現金同等物                              3,103,148千円
        (株主資本等関係)

         当第2四半期連結累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)
         1.配当金支払額
           該当事項はありません。
         2.基準日が当第2四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期連結会計期間の

           末日後となるもの
           該当事項はありません。
         3.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
                                19/27














                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当第2四半期連結累計期間(自 2021年10月1日 至 2022年3月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント
                                     その他            調整額
                  コンサル                         合計            合計
                        建築施工            (注)1            (注)2
                 ティング事              計
                         事業
                   業
      売上高
                  2,987,335       998,671     3,986,006            3,986,006            3,986,006
       外部顧客への売上高                                 -            -
       セグメント間の内部
                   80,395        510     80,905            80,905
                                        -         △ 80,905        -
       売上高又は振替高
                  3,067,730       999,181     4,066,912            4,066,912            3,986,006
           計                             -         △ 80,905
      セグメント利益又は
                   364,769            269,514            269,445       1,102     270,547
                        △ 95,254             △ 69
      損失(△)
           (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
              2.セグメント利益又は損失(△)の調整額1,102千円はセグメント間取引消去額であります。
        (企業結合等関係)

        (共通支配下の取引等)
         Ⅰ.連結子会社の吸収合併
         当社の100%連結子会社である株式会社家価値サポートを2022年1月1日付で吸収合併いたしました。
           1.取引の概要

           (1)結合当事企業の名称及び事業の内容
           (吸収合併存続会社)
             名称:ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
             事業の内容:経営コンサルティング事業(住宅・建設・不動産事業のナレッジ開発、財産コンサルティ
                   ング事業、販売促進支援事業など)
           (吸収合併消滅会社)
             名称:株式会社家価値サポート
             事業の内容:住宅全般に関する点検、保守、管理、住宅のリフォーム等に関する建設業者の斡旋及び紹
                   介、住宅の消毒、清掃及び害虫の駆除に関する業務、住宅所有者向け居住環境向上支援
                   サービスの提供
           (2)企業結合日

             2022年1月1日
           (3)企業結合の法的形式

             ハイアス・アンド・カンパニー株式会社を吸収合併存続会社、株式会社家価値サポートを吸収合併消滅
            会社とする吸収合併
           (4)結合後の企業の名称

             ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
           (5)その他取引の概要に関する事項

             グループ内における機能の垂直統合を進め、事業運営のスピード向上及び効率化を目的としておりま
            す。
          2.実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業
          分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共通支配下
          の取引として処理しております。
                                20/27


                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
         Ⅱ.子会社株式の追加取得

         当社は連結子会社である株式会社ウェルハウジングの株式を2022年2月24日付で追加取得しました。
           1.企業結合の概要

            (1)被取得企業の名称及び事業内容
              名称:株式会社ウェルハウジング
              事業の内容:建築工事の請負及び施工建築物の企画、設計工事監理及びコンサルタント業務住宅
                    店舗に係る建築工事各種セミナーの企画及び運営
            (2)企業結合日

              2022年2月24日
            (3)企業結合の法的形式

              非支配株主からの株式取得
            (4)結合後企業の名称

              変更はありません。
            (5)その他取引の概要に関する事項

              非支配株主からの株式追加取得による完全子会社化
            (6)取引の目的を含む取引の概要

              同社株式の追加取得に伴い、意思決定の迅速化及び連結経営の強化を図ります。
          2.実施した会計処理の概要

           「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業
          分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共通支配下
          の取引等のうち、非支配株主との取引として処理しております。
          3.子会社株式の追加取得に関する事項

            取得原価及び対価の種類ごとの内訳
            取得原価については僅少であります。
          4.非支配株主との取引に係る当社の持分変動に関する事項

            (1)資本剰余金の主な変動要因
              子会社株式の追加取得
            (2)非支配株主との取引によって減少した資本剰余金の金額
              減少した資本剰余金の金額は軽微であります。
                                21/27







                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
        (収益認識関係)
        顧客との契約から生じる収益を分解した情報
        当第2四半期連結累計期間(自               2021年10月1日 至         2022年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                             報告セグメント
                                               その他        合計
                    コンサルティング           建築施工
                                         計
                       事業         事業
     売上高

      一定期間(初期導入フィー)                  338,425           -      338,425        -       338,425
      一時点(会費、ロイヤルティ
                       2,648,910          998,671        3,647,581         -      3,647,581
      等)
     外部顧客への売上高                  2,987,335          998,671        3,986,006         -      3,986,006
                                22/27
















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎                   、 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は                            、
         以下のとおりであります           。
                               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2021年10月1日
                                 至 2022年3月31日)
    (1)1株当たり四半期純利益                                  1.92円

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                 70,967

      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                       70,967
      (千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                               37,009,195
    (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                  1.91円

     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千円)                                   -

      普通株式増加数(株)                                186,333

      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
      たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                         -
      で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
      の概要
     (注)当社は株式報酬制度を導入するための信託が保有する当社株式を連結財務諸表において自己株式として
         計上しております。株主資本において自己株式として計上されている当該信託が保有する当社株式は、
         1株当たり情報の算定上、期中平均株式数から控除する自己株式に含めております。
         当第2四半期連結累計期間において、当該信託が保有する期中平均株式数は327,542株であります。
        (重要な後発事象)

        (共通支配下の取引等)
         連結子会社同士の合併
          当社は、2022年2月22日の取締役会において、当社の連結子会社である株式会社ウェルハウジング(以下、
         「WH」)と株式会社LHアーキテクチャ(以下、「LHA」)を、2022年5月1日を効力発生日として、LHAを存続会
         社として合併(以下、「本合併」)すること、また、存続会社であるLHAの商号を株式会社アールプラスDMに変
         更することを決議いたしました。
         1.取引の概要

         (1)結合当事企業の名称及び事業の内容
           (吸収合併存続会社)
           名称:株式会社LHアーキテクチャ
           事業の内容:建築工事の請負及び施工建築物の企画、設計、工事監理及びコンサルタント業務住宅・店舗に
           係る建築工事各種セミナーの企画及び運営
           (吸収合併消滅会社)

           名称:株式会社ウェルハウジング
           事業の内容:注文住宅設計・施工、リノベーション設計・施工、リフォーム設計・施工
         (2)企業結合日

           2022年5月1日
         (3)企業結合の法的形式

                                23/27


                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
           株式会社社LHアーキテクチャを吸収合併存続会社、株式会社ウェルハウジングを吸収合併消滅会社とする吸
           収合併
         (4)結合後企業の名称

           株式会社アールプラスDM
         (5)その他取引の概要に関する事項

           「組織管理体制の一本化」の一環として、機能の垂直統合を進め、事業運営のスピード向上及び効率化を
           図ってまいります。
         2.実施予定の会計処理の概要「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号                                       2019年1月16日)及び「企

         業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号                                          2019年1月16日)に
         基づき、共通支配下の取引として処理する予定であります。
     2【その他】

      1.役員の異動
        当社は   、 2022年5月26日開催予定の臨時株主総会での承認を前提として                             、 役員の異動を行う予定です            。
        ※ 役員の異動は      、 2022年5月26日に就退任を行う予定です                  。
      ・就任予定取締役

        藤田   圭介 取締役
        田上   嘉一 社外取締役
      ・就任予定の監査等委員である取締役

        古川   絵里
        生駒   成
        朝倉   厳太郎
      ・退任予定取締役

             氏名               現在の役職
       熊谷   祐紀
                      取締役
       飯田   耕一郎
                      社外取締役
       田丸   正敏
                      社外取締役(監査等委員)
       吉澤   航
                      社外取締役(監査等委員)
       瀧澤   輝
                      社外取締役(監査等委員)
      2.その他

        特記すべき事項はございません。
                                24/27






                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                25/27




















                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書

                                                     2022年5月13日

    ハイアス・アンド・カンパニー株式会社
      取締役会 御中
                         誠 栄 監 査 法 人

                         東京都千代田区
                              指定社員

                                       公認会計士
                                               田 村 和 己
                              業務執行社員
                              指定社員

                                       公認会計士
                                               森 本 晃 一
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているハイアス・アン
    ド・カンパニー株式会社の2021年10月1日から2022年9月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2022年1
    月1日から2022年3月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年10月1日から2022年3月31日まで)に係る四半期
    連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結
    キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ハイアス・アンド・カンパニー株式会社及び連結子会社の2022年3月
    31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正
    に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    その他の事項
     会社の2021年9月30日をもって終了した前連結会計年度の連結財務諸表は、前任監査人によって監査が実施されてい
    る。前任監査人は、当該連結財務諸表に対して2021年12月23日付けで限定付適正意見を表明している。
     なお、限定付適正意見を表明した理由は、以下のとおりである。2020年4月期以前の不適切会計問題に関して、当該期
    の監査人による監査意見は、監査意見を表明する前提となる経営者の誠実性について深刻な疑義を生じさせる事象が存在
    したことから、意見不表明となった。これを受けて、前任監査人は2021年4月期の連結財務諸表についての潜在的な虚偽
    表示の存否を検討するために、第三者委員会の調査や2020年4月期以前の監査人の検討結果を踏まえて、追加的手続を実
    施した結果、2021年4月期の連結財務諸表に及ぼす可能性のある影響は、重要かつ広範ではなくなったと判断できたが、
    2021年4月期の数値と対応数値に影響を及ぼす可能性があるため、2021年4月期の連結財務諸表に対して限定付適正意見を
    表明することとした。当該事項が前連結会計年度の数値と対応数値の比較可能性に影響を及ぼす可能性があるため、前連
    結会計年度の連結財務諸表に対して限定付適正意見を表明している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                26/27

                                                          EDINET提出書類
                                              ハイアス・アンド・カンパニー株式会社(E32220)
                                                            四半期報告書
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当 と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係
     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
     (注)1.上記は、四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期
           報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                27/27













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク