日華化学株式会社 有価証券報告書 第108期(令和3年1月1日-令和3年12月31日)

提出書類 有価証券報告書-第108期(令和3年1月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 日華化学株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   北陸財務局長
     【提出日】                   2022年3月28日
     【事業年度】                   第108期(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
     【会社名】                   日華化学株式会社
     【英訳名】                   NICCA   CHEMICAL     CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長 江守 康昌
     【本店の所在の場所】                   福井県福井市文京4丁目23番1号
     【電話番号】                   (0776)24-0213(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員 管理部門長 澤崎 祥也
     【最寄りの連絡場所】                   福井県福井市文京4丁目23番1号
     【電話番号】                   (0776)24-0213(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役執行役員 管理部門長 澤崎 祥也
     【縦覧に供する場所】
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                         株式会社名古屋証券取引所
                         (名古屋市中区栄3丁目8番20号)
                                  1/117












                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
             回次             第104期       第105期       第106期       第107期       第108期
            決算年月             2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

                           48,493       50,188       46,191       41,179       48,474

     売上高             (百万円)
                            2,171       2,430       1,334       1,645       2,706

     経常利益             (百万円)
     親会社株主に帰属する当期
                            1,388       2,458        900      1,044       2,595
                  (百万円)
     純利益
                            2,681       2,639        679      1,105       4,555
     包括利益             (百万円)
                           21,614       23,565       22,414       23,166       27,323

     純資産額             (百万円)
                           55,094       56,597       55,053       53,175       54,533

     総資産額             (百万円)
                          1,206.05       1,283.02       1,283.92       1,335.60       1,589.37

     1株当たり純資産額              (円)
                            88.48       156.68        57.33       66.40       164.82

     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                            34.35       35.58       36.66       39.53       45.94
     自己資本比率              (%)
                            7.76       12.59        4.47       5.07       11.27

     自己資本利益率              (%)
                            14.73        6.21       15.91       13.25        5.07

     株価収益率              (倍)
     営業活動による
                            4,979       2,726       1,104       6,479       4,722
                  (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                  (百万円)         △ 4,185      △ 1,312      △ 2,139      △ 1,549       △ 994
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                            1,105
                  (百万円)                △ 1,928       △ 229     △ 3,626      △ 5,024
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の期末
                            7,987       7,206       5,931       7,190       6,373
                  (百万円)
     残高
                            1,472       1,479       1,496       1,500       1,454
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                       ( 121  )     ( 109  )     ( 108  )      ( 90 )      ( 88 )
     (注)1.売上高には、消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第103期より「業績連動型株式報酬制度」を設定しており、株主資本において自己株式として計上されてい
           る信託に残存する自社の株式は、1株当たり当期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する
           自己株式に含めており、また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式数
           に含めております。
         4.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を第106期の期首
           から適用しており、第105期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
           標等となっております。
                                  2/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次             第104期       第105期       第106期       第107期       第108期
            決算年月             2017年12月       2018年12月       2019年12月       2020年12月       2021年12月

                           22,500       23,287       23,455       21,536       25,272

     売上高             (百万円)
                             523       868      2,171        381      1,505

     経常利益             (百万円)
                             381       932      1,854        490      1,283

     当期純利益             (百万円)
                            2,898       2,898       2,898       2,898       2,898

     資本金             (百万円)
                         17,710,000       17,710,000       17,710,000       17,710,000       17,710,000

     発行済株式総数              (株)
                           10,837       11,319       12,881       13,178       14,529

     純資産額             (百万円)
                           36,748       38,129       40,285       38,116       37,006

     総資産額             (百万円)
                           690.73       721.28       819.52       837.38       921.82

     1株当たり純資産額              (円)
                            16.00       18.00       16.00       10.00       22.00
     1株当たり配当額
                   (円)
     (内1株当たり中間配当
                            ( 8.00  )     ( 8.00  )     ( 8.00  )     ( 4.00  )     ( 8.00  )
     額)
                            24.33       59.43       118.08        31.16       81.52
     1株当たり当期純利益              (円)
     潜在株式調整後1株当たり
                   (円)          -       -       -       -       -
     当期純利益
                            29.49       29.69       31.98       34.57       39.26
     自己資本比率              (%)
                            3.57       8.42       15.33        3.76       8.84

     自己資本利益率              (%)
                            53.56       16.37        7.72       28.24       10.26

     株価収益率              (倍)
                            65.76       30.29       13.55       32.10       26.99

     配当性向              (%)
                             598       598       595       612       598
     従業員数
                   (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 98 )      ( 96 )      ( 95 )      ( 82 )      ( 78 )
                            118.0        90.1       86.0       84.1       82.1
     株主総利回り              (%)
     (比較指標:配当込み
                   (%)        ( 122.2   )    ( 102.7   )    ( 121.3   )    ( 130.3   )    ( 146.9   )
     TOPIX)
     最高株価              (円)         1,388       1,364       1,061       1,010       1,450
     最低株価              (円)          982       909       760       586       799

     (注)1.売上高には、消費税等(消費税及び地方消費税をいう。以下同じ。)は含まれておりません。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         3.第103期より「業績連動型株式報酬制度」を設定しており、株主資本において自己株式として計上されてい
           る信託に残存する自社の株式は、1株当たり当期純利益の算定上、期中平均株式数の計算において控除する
           自己株式に含めており、また、1株当たり純資産額の算定上、期末発行済株式総数から控除する自己株式数
           に含めております。
         4.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
         5.「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号                                  2018年2月16日)等を第106期の期首
           から適用しており、第105期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の指
           標等となっております。
                                  3/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
      当社創業者が1938年5月に工業薬品販売業の共同経営に参画し、その後、1939年に合資会社組織に改組し「日華化学
     工業所」としました。合資会社の社業の発展に伴い、製造設備の拡充、販路拡大を図るため、会社を株式会社とするこ
     とを決定しました。
      株式会社設立以後の当社の沿革は、次のとおりであります。
        年月                            事項
      1941年9月        日華化学工業株式会社を設立。(合資会社日華化学工業所を株式会社組織に変更。)
      1958年11月        クリーニング用粉末石鹸を開発。クリーニング分野に進出。
      1963年7月        株式会社日華化学輸送部を設立。(1990年6月、株式会社ニッカエンタープライズに商号変更。)
      1964年4月        金属用洗浄剤を開発。金属工業分野に進出。
      1965年5月        製紙用消泡剤を開発。紙パルプ分野に進出。
      1968年5月        台湾に合弁会社 台湾日華化学工業股份有限公司を設立。
      1971年5月        大韓民国に合弁会社 三慶日華化学株式会社を設立。(1974年1月、韓国精密化学株式会社に商号
              変更、2002年1月、NICCA            KOREA   CO.,LTD.に商号変更。)
      1974年1月        タイ王国に合弁会社 SIAM             TEXTILE    CHEMICAL     CO.,LTD.を設立。(2009年5月、STC                 NICCA
              CO.,LTD.に商号変更。)
      1974年10月        インドネシア共和国に合弁会社 PT.INDONESIA                      NIKKA   CHEMICALSを設立。
      1980年4月        殺菌消毒剤を開発。医薬品分野に進出。
      1982年8月        デミ化粧品製造所を完成。頭髪化粧品分野に進出。
      1987年12月        紙パルプ関連事業強化のため株式会社サンファイバーを設立。
      1988年4月        アメリカ合衆国に合弁会社 NICCA                U.S.A.,INC.を設立。
      1988年5月        中華人民共和国香港特別行政区に香港日華化学有限公司を設立。
      1988年6月        商号を日華化学株式会社に変更。
              中華人民共和国香港特別行政区に香港日華化学有限公司出資による合弁会社 UJT                                      NIKKA
              CHEMICALS     CO.,LTD.を設立。
      1989年4月        日華化学株式会社関東工場(1959年11月設立)、日華化学株式会社大阪工場(1981年5月設立)を吸収
              合併。
      1989年10月        福井県福井市に総合研究所を開設。
      1993年3月        福井県坂井郡坂井町に日華バイオ研究所を開設。
      1993年4月        中華人民共和国に合弁会社 広州日華化学有限公司を設立。
      1993年9月        名古屋証券取引所市場第二部に株式を上場。
      1995年7月        中華人民共和国に合弁会社 杭州日華化学有限公司を設立。
      1995年10月        医薬品及びヘアケア化粧品メーカーである山田製薬株式会社の全株式を取得し子会社化。
      1996年3月        ブラジル連邦共和国のエロキミカ染料化成有限会社に資本参加し、合弁事業として開始。
      1996年11月        ローヌ・プーラン日華株式会社を設立。(1998年4月、ローディア日華株式会社に商号変更、2014
              年1月、ソルベイ日華株式会社に商号変更。)
      2002年7月        福井県福井市にコスメラボ株式会社を設立。
      2002年8月        中華人民共和国に日華化学技術諮詢(上海)有限公司を設立。(2009年5月、日華化学研発(上海)有
              限公司に商号変更。)
      2002年9月        中華人民共和国に合弁会社 浙江日華化学有限公司を設立。(2017年5月、日華化学(中国)有限公
              司に商号変更。)
      2003年2月        アメリカ合衆国にDEMI           HAIRCARE     SYSTEMS,INC.を設立。
              株式会社ニッカエンタープライズを吸収合併。
              ブラジル連邦共和国のエロキミカ染料化成有限会社の全株式を売却。
      2003年8月        UJT  NIKKA   CHEMICALS     CO.,LTD.を解散。
      2004年5月        株式会社サンファイバーを解散。
      2004年6月        ベトナム社会主義共和国に合弁会社 NICCA                    VIETNAM    CO.,LTD.を設立。
      2005年8月        DEMI   HAIRCARE     SYSTEMS,INC.を解散。
      2006年6月        杭州日華化学有限公司を解散。
      2007年2月        当社アグリ事業を譲渡。
      2010年2月        東京都港区にイーラル株式会社を設立。
      2010年11月        茨城県神栖市に鹿島工場を開設。
      2011年3月        中華人民共和国にDEMI(BEIJING)INTERNATIONAL                      TRADING    CO.,LTD.を設立。
      2012年8月        大韓民国にDEMI        KOREA   CO.,LTD.を設立。
        年月                            事項

                                  4/117

                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      2015年6月        関連会社の江守エンジニアリング株式会社の株式を追加取得し子会社化。
              石油化学製品メーカーである大智化学産業株式会社の全株式を取得し子会社化。
      2015年12月        東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
      2016年12月        東京証券取引所市場第一部及び名古屋証券取引所市場第一部に指定。
      2017年11月        福井県福井市にNICCA          イノベーションセンターを開設。
      2019年5月
              ヘアケア化粧品メーカーである株式会社レラコスメチックの全株式を取得し子会社化。
      2020年9月
              インド共和国にNICCA          INDIA   PRIVATE    LIMITEDを設立。
                                  5/117


















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(日華化学株式会社)、子会社21社及び関連会社2社により構
      成されております。事業は界面活性剤等の製造・販売を行っております。
       当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。
       なお、次の3部門は「第5 経理の状況 1.(1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一で
      あります。
      事業内容            主要製品                   主要な会社                会社数
     化学品事業        繊維化学品                 当社
             特殊化学品                 大智化学産業株式会社
             クリーニング・メディカル用薬剤                 香港日華化学有限公司
             機能化学品                 NICCA   INDIA   PRIVATE    LIMITED
             先端材料
                              NICCA   U.S.A.,INC.
                              NICCA   KOREA   CO.,LTD.
                              PT.INDONESIA       NIKKA   CHEMICALS
                              日華化学(中国)有限公司
                              台湾日華化学工業股份有限公司
                              STC  NICCA   CO.,   LTD.
                              NICCA   VIETNAM    CO.,LTD.
                              広州日華化学有限公司
                              東莞日華新材料有限公司
                              ソルベイ日華株式会社
                                                          16
                              (他2社)
     化粧品事業        ヘアケア剤                 当社
             ヘアカラー剤                 山田製薬株式会社
             パーマ剤                 イーラル株式会社
             スキャルプケア剤                 株式会社レラコスメチック
             スタイリング剤                 DEMI   KOREA   CO.,LTD.
                                                          8
                              (他3社)
     その他
     工事請負        設備請負工事                 江守エンジニアリング株式会社                            1
                                  6/117












                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
       当社グループの事業系統図は、次のとおりであります。
                                  7/117




















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
      (1)連結子会社
                                          議決権の
          名称          住所       資本金      主要な事業の内容                  関係内容
                                          所有割合
                                          (%)
                                               主に当社に製品を販売して
                             千円
     山田製薬株式会社            東京都中央区               化粧品製造・販売           100   いる。
                            60,000
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品を購入し、販
                             千円
     イーラル株式会社            東京都港区               化粧品販売           100   売を行っている。
                            80,000
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品を購入し、販
                             千円   石油化学製品製
     大智化学産業株式会社            東京都中央区                           100   売を行っている。
                            99,000     造・販売
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 中華人民共和国         千香港ドル                     購入し、販売を行ってい
     香港日華化学有限公司                            界面活性剤販売           100
                 香港特別行政区           34,000                   る。
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 インド共和国
     NICCA   INDIA   PRIVATE
                           千ルピー                    購入し、販売を行ってい
                 マハーラーシュ               界面活性剤販売           100
                            72,000                   る。
     LIMITED
                 トラ州
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 大韓民国ソウル          千ウォン                    購入し、生産・販売を行っ
     DEMI   KOREA   CO.,LTD.
                                 化粧品製造・販売           100
                 特別市         2,000,000                     ている。
                                               役員の兼任あり。
                 アメリカ合衆国                              当社から製品及び中間体を
                 サウスカロライ          千米ドル     界面活性剤製造・              購入し、生産・販売を行っ
     NICCA   U.S.A.,INC.
                                           97.33
                 ナ州ファウンテ           10,455     販売              ている。
                 ンイン市                              役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 大韓民国ソウル          千ウォン     界面活性剤製造・              購入し、生産・販売を行っ
     NICCA   KOREA   CO.,LTD.
                                           96.02
                 特別市         8,079,690      販売              ている。
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 インドネシア共
     PT.INDONESIA       NIKKA
                           千ルピア     界面活性剤製造・              購入し、生産・販売を行っ
                 和国西ジャワ                           90
                           2,075,000      販売              ている。
     CHEMICALS
                 州 カラワン市
                                               役員の兼任あり。
                                               当社の設備設計及び施行等
     江守エンジニアリング株                        千円
                 福井県福井市               設備請負工事            86   を行っている。
     式会社                       50,000
                                               役員の兼任あり。
                                  8/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                          議決権の
          名称          住所       資本金      主要な事業の内容                  関係内容
                                          所有割合
                                          (%)
                                 界面活性剤製造・              当社から研究開発・技術
                                 販売、化学、繊維              サービスの業務委託を受け
     日華化学(中国)有限公            中華人民共和国          千人民元     加工等に関する技              ている。当社から製品及び
                                            80
     司            浙江省杭州市           50,000     術コンサルティン              中間体を購入し、生産・販
                                 グサービス及び研              売を行っている。
                                 究開発              役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
     台湾日華化学工業股份有                      千台湾元     界面活性剤製造・              購入し、生産・販売を行っ
                 台湾台北市                         77.70
     限公司                      454,532     販売              ている。
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 タイ王国バンコ          千バーツ     界面活性剤製造・              購入し、生産・販売を行っ
     STC  NICCA   CO.,LTD.
                                           53.27
                 ク市           80,000     販売              ている。
                                               役員の兼任あり。
     株式会社レラコスメチッ                        千円              100

                 東京都中央区               化粧品製造・販売              役員の兼任あり。
     ク                       10,000               (100)
                 ベトナム社会主                              当社から製品及び中間体を

                 義共和国ドンナ          千米ドル     界面活性剤製造・           100   購入し、生産・販売を行っ
     NICCA   VIETNAM    CO.,LTD.
                 イ省ビエンホア           6,500    販売           (100)    ている。
                 市                              役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 中華人民共和国          千米ドル     界面活性剤製造・           100   購入し、生産・販売を行っ
     広州日華化学有限公司
                 広東省広州市           3,900    販売           (100)    ている。
                                               役員の兼任あり。
                                               当社から製品及び中間体を
                 中華人民共和国          千米ドル     界面活性剤製造・           100   購入し、生産・販売を行っ
     東莞日華新材料有限公司
                 広東省東莞市           3,000    販売           (100)    ている。
                                               役員の兼任あり。
     (その他)4社

     (注)1.香港日華化学有限公司、NICCA                    U.S.A.,INC.、NICCA          KOREA   CO.,LTD.、日華化学(中国)有限公司、台湾日

           華化学工業股份有限公司、STC              NICCA   CO.,LTD.、NICCA        VIETNAM    CO.,LTD.、広州日華化学有限公司及び東莞
           日華新材料有限公司は特定子会社であります。
         2.上記子会社のうちには、有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
         3.株式会社レラコスメチックの議決権の所有割合欄( )数字は、山田製薬株式会社が所有している割合で内
           数となっております。
         4.NICCA     VIETNAM    CO.,LTD.の議決権の所有割合欄( )数字は、香港日華化学有限公司が所有している割合で
           内数となっております。
         5.広州日華化学有限公司の議決権の所有割合欄( )数字は、香港日華化学有限公司が所有している割合で内
           数となっております。
         6.東莞日華新材料有限公司の議決権の所有割合欄( )数字は、香港日華化学有限公司が所有している割合で
           内数となっております。
      (2)持分法適用関連会社

                                          議決権の
          名称          住所       資本金      主要な事業の内容                  関係内容
                                          所有割合
                                          (%)
                                               当社から製品を購入し、販
                             千円
     ソルベイ日華株式会社            東京都港区               界面活性剤販売            40   売している。
                            50,000
                                               役員の兼任あり。
                                  9/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                                  2021年12月31日現在
              セグメントの名称                            従業員数(人)
                                                1,061
      化学品                                                ( 24 )
                                                 331
      化粧品                                                ( 63 )
                                                1,392
       報告セグメント計                                               ( 87 )
                                                  12
      その他                                                 ( 0 )
                                                  50
      全社(共通)                                                 ( 1 )
                                                1,454
                 合計                                     ( 88 )
     (注)1.全社(共通)として記載している従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         2.従業員数は就業人員(連結会社から連結会社外への出向者を除き、連結会社外から連結会社への出向者を含
           む。)であり、臨時雇用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は、当連結会計年度の平均人
           員を( )外数で記載しております。
      (2)提出会社の状況

                                                  2021年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           598             41.6              17.1               5,295,207

                ( 78 )
              セグメントの名称                            従業員数(人)

                                                 341
      化学品                                                ( 18 )
                                                 207
      化粧品                                                ( 59 )
                                                 548
       報告セグメント計                                               ( 77 )
                                                  50
      全社(共通)                                                 ( 1 )
                                                 598
                 合計                                     ( 78 )
     (注)1.全社(共通)として記載している従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
         2.平均年間給与は税込総額(基準外賃金及び賞与を含む)の1人当たり平均額であります。
         3.上記には、出向者及び契約社員の243名を含んでおりません。
         4.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマー、人材会社からの派遣社員等)は年間の平均人員を( )外数で記載しておりま
           す。
      (3)労働組合の状況

         当社の労働組合は日華化学労働組合と称し、労使関係は相互信頼を基調として良好であり、紛争問題等が生じた
        ことはありません。
         2021年12月31日現在の上記従業員に含まれる組合員数は、男子302名、女子161名、計463名であります。
                                 10/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社が判断したものであります。
        (1)経営環境

          当社グループを取り巻く経営環境は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が今なお世界経済に非常に大き
         な影響を与えており、今後も一定期間は不透明な状況が継続するものと認識しております。また、国際情勢、気
         候変動対策・環境政策、金融資本市場の変動、原油価格の高騰など引き続き注視が必要な状況であると認識して
         おります。一方で、「持続可能な開発目標(SDGs)」の浸透、気候変動への取組みの加速、スマート社会への移
         行や働き方改革など、社会全体は大きな変化のうねりの中にあり、それらを変革の機会として捉えると同時に、
         AIなどの先端情報技術によるデジタルトランスフォーメーションを積極的に企業活動に取り入れ、イノベーショ
         ンを創出し続けることが、今後の企業成長に不可欠であると認識しております。
        (2)経営方針






          当社グループは、全社基本ビジョンである「世界中のお客様から最も信頼されるイノベーション・カンパ
         ニー」実現に向け、「Innovation」「Efficiency」「Sustainability」の3つの経営軸のもと、激変する経営環
         境をビジネスチャンスへと昇華し、社会からますます必要とされる価値を提供する事業に注力することで、着実
         に成長を遂げる真に強い企業集団へと生まれ変わるため、5か年中期経営計画『INNOVATION25』(2021-2025)
         を掲げ、5つの全社基本戦略に取り組んでまいります。
                                 11/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        (3)全社基本戦略
          全社基本戦略① 事業構造の大転換:「環境」「健康・衛生」「先端材料」領域への注力
           当社グループは、「環境(Environment)」「健康・衛生(Health)」「先端材料(Digital)」の3つの領
          域を新たな注力事業領域と定め(以下、「EHD事業」といいます。)、事業ポートフォリオを大きく転換
          し、持続可能な社会と循環型経済の実現、人々の健康促進や衛生環境の進化、先端情報技術分野での先駆的な
          技術や材料提供によるスマート社会の実現に貢献する、個性ある化学メーカーを目指してまいります。
                                 12/117



















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
          全社基本戦略② 生産性改革:デジタルトランスフォーメーションの積極推進






           当社グループは、AI、IoT、ロボットに代表されるデジタル技術を積極的に企業活動に取り込むことで、デ
          ジタルトランスフォーメーションを強力に推進し、研究開発、営業活動及び生産活動を飛躍的に効率化し、一
          人当たりの生産性を大きく向上させてまいります。また、効率化によって生み出された経営資源を、EHD事
          業の推進及びお客様とのコミュニケーション頻度と質の向上に振り向けていくことで、最重要課題であるイノ
          ベーションの創出を加速してまいります。
          全社基本戦略③ 財務基盤の強化:不確実性に強く、安定して成長投資ができる財務基盤の構築

           当社グループは、不確実性の高い経営環境にあっても、成長投資を機動的かつ安定的に実施できる財務体
          質、財務基盤をつくり上げるため、EHD事業の推進による事業収益力の強化、一人当たりの生産性向上、コ
          スト適正化活動の継続などを行っていくとともに、運転資金の適正化や有利子負債の圧縮など、バランスシー
          トの適切な圧縮を行ってまいります。
          全社基本戦略④ サステナブル経営の推進:持続可能な社会への貢献

           当社グループは、「持続可能な開発目標(SDGs)」が示す世界的な優先課題及び世界のあるべき姿に対し、
          企業活動を通じて貢献していくとともに、気候変動対策として、「2030年にグループ全体のCO2実質排出量
          30%削減(2018年度比)」を新たに経営目標に加え、持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
          全社基本戦略⑤ 大家族主義の進化:ダイバーシティの推進と全社員の働きがい向上

           当社グループは、多様な人材が世界中から集い、高いモチベーションで持てる能力を最大限発揮しグローバ
          ルに活躍できる企業集団を目指して、「人材」と「働き方」の多様性を高めると同時に、全グループ社員の仕
          事のやりがいと、貢献度の高い社員の満足度を向上させていくことで、当社グループの重要な経営フィロソ
          フィーである「大家族主義」を進化させてまいります。
                                 13/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        (4)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
          当社グループは、足元の不透明な経営環境を考慮し、数値目標は、2023年度を最終年度とする「3か年経営目
         標」を先ず設定し、目標の達成を目指してまいります。また、経営環境の状況を注視しながら、2025年度を最終
         年度とする中期経営目標を改めて策定し、発表してまいります。
          3か年経営目標数値(2023年度連結目標数値)

           ・売上高:500億円
           ・営業利益:25億円
           ・EBITDA:50億円
           ・ROS(営業利益):5%以上
           ・ROE(当期純利益):5%以上
           ・ROA(営業利益):4.5%以上
           ※ 想定為替レート:105円/USD
           ※ EBITDA:「営業利益」+「減価償却費(のれん償却額含む)」
                                 14/117
















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
         当社グループの経営成績、株価及び財政状態等に影響を及ぼす可能性のあるリスクには以下のようなものがあり
        ます。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであり、事業等
        のリスクはこれらに限られるものではありません。
      (1)海外展開とカントリーリスクについて

         当社グループは15社の海外拠点を持ち連結売上高に占める海外売上高は40%を超えており、高い水準で海外市場
        に依存しております。従って、為替相場の影響を受けやすい状況にあります。当社グループは、外貨建ての債権と
        債務のバランスを考慮するほか、外貨建て債権の回収サイトの短縮化に努めており、その影響を最小限に抑えるこ
        とができると考えておりますが、急激な為替相場の変動が生じた場合には、当社グループの経営成績及び財政状態
        に大きな影響を及ぼす可能性があります。
         また、当社グループは複数の新興国において事業を展開しており、地域を分散させることでカントリーリスクの
        回避に努めておりますが、政治及び経済の急激な変動や紛争、テロ、暴動等があった場合には、当社グループの経
        営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      (2)市場の経済状況について

         当社グループの製品に対する需要は、ファッション・アパレル業界、自動車業界、家具ほかテキスタイル産業資
        材業界、美容室業界、電子・半導体業界、クリーニング業界、化学品及び化粧品業界等の市場動向や消費者の需要
        変化の影響を受けます。また、当社グループは日本国内を始め、アジア各国に製品を販売しており、各国・各地域
        における経済状況が製品販売に大きな影響を与えております。当社グループは、グローバルな事業戦略のもと、各
        地域特性や消費者特性なども踏まえ、事業環境の変化に影響されにくい体質づくりを目指していますが、これら関
        連業界の需要減少、販売地域での景気動向、社会や産業の構造変化等により、当社グループの経営成績及び財務状
        態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      (3)新技術・新製品の開発・事業化について

         当社グループは、持続的成長を支える原動力は研究開発にあると認識し、新製品開発を行うとともに、繊維化学
        品事業、化粧品事業に次ぐ、第三の事業の柱として新規事業の創出に注力しております。今後においても、中長期
        的な視点で計画的かつ継続的に経営資源を投入してまいります。しかしながら、これらの研究開発や新規事業の創
        出の進捗が、目標と大きく乖離した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性
        があります。
         また、AIやIOTといったデジタル分野での技術革新や産業全体に劇的な変化が発生し、当社グループが適切に対
        応できない場合には、当社グループの競争力の低下や信頼の下落が発生する可能性があります。
      (4)原材料の市場変動の影響について

         当社グループの生産のために調達する原材料は石油化学品の割合が高く、石油の国際市況の影響を受けやすい状
        況にあります。天然物及び石油関連原材料の割合が高く、需給バランス、天候不順、為替レートの変動に伴い市況
        価格が変動します。当社グループでは納入業者との共存体制の強化を図るとともに、コストダウンを推進し顧客対
        応力及び技術革新力による高付加価値製品の上市等により利益確保を図ってまいりますが、石油市況が急激に上昇
        した場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      (5)製品の欠陥について

         当社グループは、化学品生産拠点において品質マネジメントシステムの国際規格ISO9001の認証を取得し、ま
        た、化粧品生産拠点において化粧品製造・品質管理の国際規格ISO22716の認証を取得しており、製品品質の向上に
        努め各製品の製造をしておりますが、全ての製品について欠陥がなく、将来クレームが発生する可能性が全くない
        という保証はありません。製品の欠陥は当社グループの評価に影響を与え、経営成績や財政状態に影響を及ぼす可
        能性があります。
                                 15/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (6)知的財産について
         当社グループは、自社製品の保護及び競合他社との優位性を保つため、特許権、商標権、意匠権等の知的財産権
        確保による自社権益の保護に努めておりますが、模倣品等による権利侵害がなされる可能性があります。
         また、当社グループは第三者の知的財産権を侵害しないよう、製品開発には外部専門家への依頼を含む十分な調
        査を行った上で活動を行っておりますが、万が一、当社グループが第三者より権利侵害の訴えを受けた場合、その
        結果によっては、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      (7)法的規制について

         現在、国内外ともに人間の健康や環境保護に対し様々な法令が制定されており、特に環境面に関しては世界的な
        意識の高まりを受け、より法的規制が強化されております。当社グループの事業活動においては、化学品及び化粧
        品の化学物質の管理関連、製品製造関連、国内外への製品輸送関連をはじめとし、内部統制関連、労務関連、取引
        関連の法令などの数多くの規制を受けております。当社グループでは、これら法規制を確実に遵守するのは勿論の
        こと、品質や環境に関するISO基準の運用により活発な改善活動を進めています。しかし、これらの関連規制に加
        え、諸外国における同様の規制の追加及び変更が実施される場合や、当社グループの事業活動を継続するにあたっ
        ての主要な許可の取消しを受けた場合には、当社グループの事業活動が制限され、経営成績及び財政状態に重大な
        影響を及ぼす可能性があります。
      (8)有利子負債への依存について

         当社グループの有利子負債(短期借入金及び長期借入金)残高は、11,700百万円と総資産に対して21.5%となっ
        ており有利子負債への依存度が幾分高い水準にあります。現在、当社グループは有利子負債の削減に努めておりま
        すが、今後の金融市場の動向により資金調達コストの急激な上昇があった場合には、当社グループの経営成績及び
        財政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
         また、運転資金などの必要資金を主に金融機関からの借入により調達しているため、金融機関からの借り換えが
        出来ない場合には、当社グループの資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。
      (9)財務制限条項について

         当社は事業資金の効率的な調達を行うため、取引金融機関複数行との間でシンジケートローン契約を締結してお
        り、当該契約には一定の財務制限条項が付されております。これらに抵触した場合、該当する借入金の一括返済及
        び契約解除のおそれがあり、当社の資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。
      (10)固定資産の減損について

         当社グループは、固定資産の減損に係る会計基準を適用しております。将来、当社グループが保有する固定資産
        について、経営環境の著しい悪化等による収益性の低下や市場価格の下落等により、減損損失が発生し、当社グ
        ループの業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
      (11)生産設備の毀損等について

         当社グループは、日本及び海外に多くの生産拠点を構えており、火災等の事故発生リスクを抱えております。そ
        のため、安全衛生委員会活動等の事故防止対策に積極的に取り組んでおります。また、不慮の事故が発生した場合
        にも十分な生産対応能力を有しておりますが、重大な災害や大規模地震等の自然災害等が発生した場合には、当社
        グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      (12)情報セキュリティについて

         当社グループは、ITを活用して事業や業務を効率的に進めるとともに、データを活用したビジネスを進めていま
        す。研究開発、生産、マーケティング、販売等に関する機密情報を保有し、また、販売促進活動やEコマースを進
        める上で、多くのお客様の個人情報を保有しています。当社グループは、情報セキュリティポリシーのもと、機密
        情報、個人情報及びハードウェア、ソフトウェア、その他データファイル等の情報資産の保護を目的とした情報セ
        キュリティの強化を図っています。しかしながら、サイバー攻撃を含む意図的な行為や過失等により、機密情報や
        個人情報が外部に流出する可能性があります。このような事態が発生した場合、当社グループに対する損害賠償請
        求、当社グループの信用下落、収益機会の損失等により、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及
        ぼす可能性があります。
      (13)中期経営計画に記載の将来情報について

         当社グループは、2025年度を最終年度とする5か年中期経営計画『INNOVATION25』を策定しております。策定時
        における国内外の市場環境、競合環境、技術開発、為替相場や原材料価格等の経営環境及びその見通しに基づき策
        定しておりますが、経済情勢の変動等の経営環境における様々な不確定要因により、全社基本戦略に掲げた諸施策
        が計画通りに進まない可能性や、数値目標の達成に至らない可能性があります。
                                 16/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (14)自然災害について
         当社グループは、地震、強風、水害等の自然災害が発生した場合の備えを強化しておりますが、想定を超える大
        規模な自然災害が発生した場合には、事業活動の中断、生産設備への被害、サプライチェーンの寸断による生産活
        動の停止、交通遮断による製品出荷の停止など、不測の事態が発生する可能性があります。これらの不測の事態が
        発生したことにより、一時的または長期に渡る事業活動の停止があった場合には、当社グループの経営成績及び財
        政状態に大きな影響を及ぼす可能性があります。
      (15)新型コロナウイルス感染症拡大に伴うリスクについて

         新型コロナウイルス感染症の拡大は、世界的な規模で感染者が増加し、社会経済活動に大きな影響を及ぼしてお
        ります。当該感染症の影響により、当社グループでは一部の海外事業所における一時的な操業停止や一部の製商品
        における需要の減少が発生しました。今後、新型コロナウイルス感染症の拡大が長期化することにより、一部の製
        商品について需要が一層落ち込むほか、予想を上回る規模の事業所の操業停止、原材料の調達難による生産停止、
        物流機能の停滞等に至った場合には、当社グループの経営成績及び財政状態に大きな影響を及ぼす可能性がありま
        す。
                                 17/117
















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。
        ①財政状態及び経営成績等の状況

          当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)におけるわが国経済は、変異株の出現により新
         型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言実施期間が長期間におよび、経済活動が制限される状況が継続しま
         したが、ワクチン接種が進み個人消費の改善など持ち直しの動きが見られました。また、世界各国の経済は新型
         コロナウイルスのワクチン接種が進んだ事などから持ち直しの動きがみられた地域がある一方、コロナ禍が再拡
         大した地域もあり、年末には新たな変異株の感染が確認されるなど国内外ともに依然先行きは不透明な状況が続
         いております。
          このような中、当社グループは、永続的成長に向けて2025年までの全社基本ビジョンを「世界中のお客様から
         最も信頼されるイノベーション・カンパニー」と掲げ、3つの経営軸(「Innovation」「Efficiency」
         「Sustainability」)のもと、激変する経営環境をビジネスチャンスへと昇華し、社会からますます必要とされ
         る価値を提供する事業に注力することで、着実に成長を遂げる真に強い企業集団へと生まれ変わるため、新たな
         5か年中期経営計画『INNOVATION25』(2021-2025)を掲げ、5つの全社基本戦略(「事業構造の大転換」「生
         産性改革」「財務基盤の強化」「サステナブル経営の推進」「大家族主義の進化」)に取り組んでおります。
          この結果、売上高48,474百万円(前連結会計年度比17.7%増)、営業利益2,453百万円(同73.2%増)、経常

         利益2,706百万円(同64.5%増)、親会社株主に帰属する当期純利益2,595百万円(同148.5%増)となりまし
         た。
          セグメントの業績は次のとおりであります。

          なお、文中の各セグメントの売上高は、セグメント間の内部売上高を含んでおりません。
         (化学品事業)

           化学品事業には、当社グループの主力となる繊維化学品の他に特殊化学品、クリーニング・メディカル用薬
          剤、機能化学品、先端材料が含まれております。
           売上高は33,773百万円(前連結会計年度比18.5%増)、セグメント利益は1,460百万円(同73.4%増)とな
          りました。
           コロナ禍の影響が継続しているものの、全般的に流通在庫の積み上げ等による需要回復が見られるととも
          に、特殊樹脂モノマー、環境衛生関連薬剤やフッ素化成品が堅調に推移しました。また、円安の影響もあり売
          上高は増加しました。
           一方、経済活動の回復、需給バランスの影響により下期に原料価格が大きく上昇しましたが、昨年から実施
          している経費抑制の継続、一昨年実施した設備投資の減価償却費減少により、セグメント利益は増加しまし
          た。
         (化粧品事業)

           化粧品事業はヘアケア剤、ヘアカラー剤、パーマ剤、スキャルプケア剤及びスタイリング剤が主な取扱品で
          あります。
           売上高は14,087百万円(前連結会計年度比15.7%増)、セグメント利益は2,794百万円(同24.2%増)とな
          りました。
           当社デミ     コスメティクスにおいては、長期にわたる緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の実施による市
          況悪化の影響を受けたものの、主力ヘアケアブランドの拡販等により堅調に推移いたしました。また連結子会
          社においては、山田製薬株式会社は大口受託案件の受注増に加えて新規顧客の獲得増により続伸し、DEMI
          KOREA   CO.,LTD.における販売も好調に推移いたしました。その結果、化粧品セグメント全体では売上高及びセ
          グメント利益ともに増加しました。
                                 18/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ②キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動による
         キャッシュ・フロー4,722百万円の獲得、投資活動によるキャッシュ・フロー994百万円の支出、財務活動による
         キャッシュ・フロー5,024百万円の支出により、前連結会計年度に比べ、816百万円減少し、6,373百万円となり
         ました。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果得られたキャッシュ・フローは4,722百万円となりました。
           これは主に、税金等調整前当期純利益3,461百万円、減価償却費2,500百万円、仕入債務の増加額998百万円
          等の収入と、たな卸資産の増加額977百万円及び法人税等の支払額724百万円等の支出によるものであります。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果使用したキャッシュ・フローは994百万円となりました。
           これは主に、定期預金の払戻による収入989百万円、有形固定資産の売却による収入818百万円及び投資有価
          証券の売却による収入212百万円等の収入と、定期預金の預入による支出1,466百万円、有形固定資産の取得に
          よる支出1,443百万円等の支出によるものであります。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果使用したキャッシュ・フローは5,024百万円となりました。
           これは主に、借入の返済による支出(純額)4,575百万円、配当金の支払418百万円によるものであります。
                                 19/117













                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ③生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
          当連結会計年度の生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年1月1日                    前年同期比(%)
                            至 2021年12月31日)
     化学品(百万円)                             35,905                   136.7

     化粧品(百万円)                              4,036                  109.6

      報告セグメント計(百万円)                             39,942                   133.3

          合計(百万円)                        39,942                   133.3

     (注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。
         2.報告セグメント以外のその他については、生産活動になじまないため記載しておりません。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         b.製商品仕入実績

          当連結会計年度の製商品仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年1月1日                    前年同期比(%)
                            至 2021年12月31日)
     化学品(百万円)                              2,973                  128.8

     化粧品(百万円)                               923                 158.9

      報告セグメント計(百万円)                              3,897                  134.8

          合計(百万円)                         3,897                  134.8

     (注)1.金額は販売価格によっており、セグメント間の内部振替前の数値によっております。
         2.報告セグメント以外のその他については、仕入実績はありませんので記載を省略しております。
         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         c.受注実績

          当社グループは、主として、販売計画、生産状況を基礎とした見込生産を行っており、記載を省略しておりま
         す。
         d.販売実績

          当連結会計年度の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
                             当連結会計年度
          セグメントの名称                 (自 2021年1月1日                    前年同期比(%)
                            至 2021年12月31日)
     化学品(百万円)                             33,773                   118.5

     化粧品(百万円)                             14,087                   115.7

      報告セグメント計(百万円)                             47,861                   117.7

     その他                               612                 121.0

          合計(百万円)                        48,474                   117.7

     (注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 20/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
        ①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

         a.財政状態の分析
         (資産合計)
           当連結会計年度末の資産につきましては、前連結会計年度末に比べ、1,358百万円増加し54,533百万円とな
          りました。この主な要因は、有形固定資産が448百万円減少した一方、受取手形及び売掛金が591百万円、商品
          及び製品が671百万円及び原材料及び貯蔵品が700百万円増加したことによるものであります。
         (負債合計)

           負債につきましては、前連結会計年度末に比べ、2,799百万円減少し27,209百万円となりました。この主な
          要因は、支払手形及び買掛金が1,293百万円増加した一方、借入金が4,600百万円減少したことによるものであ
          ります。
         (純資産合計)

           純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ、4,157百万円増加し27,323百万円となりました。この主
          な要因は、利益剰余金が2,375百万円及び為替換算調整勘定が1,310百万円増加したことによるものでありま
          す。
         b.経営成績の分析

           当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度に比べ7,294百万円(前連結会計年度比17.7%増)増加し、
          48,474百万円となりました。
           国内販売は、主に化学品事業において需要回復が見られた他、特殊樹脂モノマー、環境衛生関連薬剤やフッ
          素化成品が堅調に推移し、また化粧品事業のODM事業において大口受託案件の受注増に加えて新規顧客の獲得
          増や主力ヘアケアブランドの拡販等により、前連結会計年度と比較して3,786百万円(同16.8%増)増加し、
          26,296百万円となりました。
           海外販売は、主力である繊維加工用薬剤分野において同様に需要回復が見られ、環境衛生関連薬剤やフッ素
          化成品が堅調に推移したことや、化粧品事業の韓国内での販売増などにより、前連結会計年度と比較して
          3,508百万円(同18.8%増)増加し、22,177百万円となりました。
           なお、セグメントの概況につきましては「(1)経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績の状
          況」をご参照ください。
           営業利益は、下期に原料高騰の影響を受けた一方、売上高の増加に加え経費抑制の継続及び減価償却費が減
          少したことなどにより、前連結会計年度に比べ1,037百万円(同73.2%増)増益し、2,453百万円となりまし
          た。
           経常利益は、営業利益が増加したことにより、前連結会計年度に比べ1,061百万円(同64.5%増)増益し、
          2,706百万円となりました。
           税金等調整前当期純利益は、経常利益が増加したことに加え、特別利益に固定資産売却益607百万円を計上
          したこと等から、前連結会計年度に比べ1,690百万円(同95.5%増)増益の3,461百万円となりました。
           これらの結果、親会社株主に帰属する当期純利益は、前連結会計年度に比べ1,551百万円(同148.5%増)増
          益の、2,595百万円となりました。
         c.経営成績に重要な影響を与える要因について

           経営成績に重要な影響を与える要因については、「2 事業等のリスク」に記載のとおりであります。
         d.セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析内容・検討内容

           セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容につきましては、「(1)
          経営成績等の状況の概要 ①財政状態及び経営成績等の状況」に記載のとおりであります。
                                 21/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         e.経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等
           当連結会計年度における売上高は48,474百万円、営業利益は2,453百万円、EBITDAは4,953百万円、ROSは
          5.1%、ROEは11.3%、ROAは4.6%であります。引き続きこれらの指標について、改善されるよう取り組んでま
          いります。
           各指標の推移は以下のとおりです。
                     第104期        第105期        第106期        第107期        第108期
     売上高(百万円)                  48,493        50,188        46,191        41,179        48,474

     営業利益(百万円)                   2,116        2,301        1,395        1,416        2,453

     EBITDA(百万円)                   4,058        4,293        3,637        4,187        4,953

     ROS(%)                    4.4        4.6        3.0        3.4        5.1

     ROE(%)                    7.8        12.6         4.5        5.1        11.3

     ROA(%)                    4.0        4.1        2.5        2.6        4.6

        ②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

         当社グループの当連結会計年度のキャッシュ・フローは、「(1)経営成績等の状況の概要 ② キャッシュ・フ
        ローの状況」に記載のとおりであります。
         また、当社グループの資本の財源及び資金の流動性については、当社グループの運転資金・設備投資資金につい
        ては、営業活動から獲得する自己資金及び金融機関からの借入による調達を基本としております。
        ③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成してお
        ります。この連結財務諸表の作成にあたっては、資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及ぼす見積り及び仮
        定を用いておりますが、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異なる可能性があります。
         連結財務諸表作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものについては、「第5 経理の状
        況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(重要な会計上の見積り)」に記載しております。
     4【経営上の重要な契約等】

         該当事項はありません。
                                 22/117










                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     5【研究開発活動】
          当社グループは、持続的な成長と技術革新の実現をめざし、研究開発活動に注力しております。
          当連結会計年度は、引き続き徹底した新型コロナウイルス感染症対策の実施と、デジタルツールの積極的な導
         入・活用によるデータ駆動型研究開発活動の推進を通して当社グループの研究開発中核拠点である「NICCA                                                 イノ
         ベーションセンター」(以下「NIC」)での研究開発活動を維持・高度化することにより、ビジネスパートナー
         との距離を縮め、社内外の情報やアイデアを組み合わせることで、新しい製品と事業の創出に取り組んでまいり
         ました。また、中長期重点領域である「EHD(E/環境、H/健康・衛生、D/先端材料)」における開発において
         は、全世界の共通課題であるSDGsの達成に向け、当社の技術力を活かし、各分野でのオープン・イノベーション
         を推進しており、実績化と横展開の加速による早期事業化を進めております。
          さらに、化学品事業の界面科学研究所と化粧品事業の毛髪科学研究所が一体となり、日華化学(中国)有限公
         司の研究開発部門、台湾日華化学工業股份有限公司の先端研発センター、NICCA                                     KOREA   CO.,LTD.     の研究開発部
         門など、海外子会社の研究開発部門と連携しながら相乗効果を発揮することで、既存事業の強化と新展開、新規
         事業の創生を進めております。
          当連結会計年度における特許登録件数は、国内で18件、海外で19件となりました。特許の期間満了及び不要特
         許の整理を実施したため、当連結会計年度末において当社の保有する特許登録件数は、国内は20件減少して、
         208件となり、海外は9件増加して104件となりました。
          当連結会計年度の各セグメント別研究開発活動の状況は、次のとおりです。
          研究開発費については、当社グループの研究開発費を各セグメントに配分したもので、当連結会計年度の総額
         は 2,166   百万円であります。
         (1)化学品事業

          当連結会計年度における研究開発費は、                  1,865   百万円となっております。
          ①Eの領域
           当社主力の繊維加工用薬剤では、これまでも有機溶剤を含まず環境と健康により優しい水系ウレタン樹脂や
          フッ素フリー系撥水剤、常温洗浄が可能で一般的な高温洗浄と比較しCO₂排出量の削減が期待される金属洗浄
          剤など、業界に先駆けて環境対応に取り組んでまいりました。特に今期は、二酸化炭素排出削減につながる繊
          維加工提案であるSDP(Smart              Dyeing    Process)関連での共同開発が進み、紙資源のリサイクル技術関連で
          は、第16回福井県科学技術大賞を「キャタライザー技術」で受賞、環境対応洗浄剤関連知財では、令和3年度
          近畿発明協会会長賞を「スプレー洗浄剤」で受賞致しました。
           今後は、益々要望が高まっている環境対応に向け、非石油ベース・天然由来原料等を活用した製品そのもの
          の環境対応をさらに進めると共に、CO₂排出量削減に貢献する製品ならびにソリューション開発に注力し、持
          続可能な社会と循環型経済の実現に寄与してまいります。
          ②Hの領域
           業界でも画期的な新製品として、2020年度に立ち上げた開発プロジェクトから、全素材対応の耐洗濯性抗ウ
          イルス加工処方(特許出願中)を上市致しました。本処方はこれまで対応ができなかった素材に対しても耐洗
          濯性の抗ウイルス性を付与できるものであり、アパレル製品の他、インテリア・産業資材など新用途への展開
          が期待されます。新領域開拓では衛生関連製品向けの薬剤採用が進み、医療分野の洗浄領域における展開進展
          と人工核酸製品のラインナップ拡充を行うとともに、次世代医療である個別化医療に有用な体外診断薬キット
          開発では、複数の医工系大学との連携強化により性能向上が進み、研究試薬としての早期実績化が見えてくる
          など、引き続き世界中の人々の健康と豊かな暮らしの実現に貢献してまいります。
          ③Dの領域
           光学材料分野では、スマホなど光学レンズに使用される特殊樹脂原料が堅調に伸びるとともに、今後の業界
          トレンドに沿った新たな開発が進みました。また、引き続きDX・5G通信分野では、フィルムコンデンサー向
          けマスキングオイルなどの採用が進んでおり、高周波領域での低誘電損失が特徴のフッ素化学品の開発につき
          ましても、お客様とのコラボレーションを通じて推進しており、引き続き数品目の上市を予定しております。
          子会社の大智化学産業で既に開発、実用化している環境にやさしい水系でリサイクル可能なクーラント剤のグ
          ローバル展開も加速させることにより、IoTやAIなど最新技術の活用がますます進行するスマート社会の進展
          に寄与してまいります。
           研究開発体制は、日本、中国・台湾、韓国、インドネシアの5つの拠点で約280名の研究人員を擁しており
          ますが、現地ニーズ開発はナショナルスタッフ主導で加速すべく、現地のお客様に近いナショナルスタッフを
          部長級に配置しました。また、今期からCTO室を設置、国内外の技術マーケティング、アライアンスの他、特
          許などIP(知的財産)全般において本社知財部門と連携、横串を通す体制を整備いたしました。人材開発面で
          も研究人員の能力や経験実績等を把握するタレントマネジメントシステムを導入、データ駆動型研究開発推進
          に不可欠なデジタル人材の育成を5年計画で開始しました。今後も積極的なデジタル活用とR&D基盤確立によ
          り、開発品投入と新規事業創出の早期化を進め、当社グループの技術力のベースを更に押し広げ、社会課題の
          解決に寄与してまいります。
                                 23/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         (2)化粧品事業

          当連結会計年度における研究開発費は                 301  百万円となっております。
          美容業界は、新型コロナウイルス感染症の拡大により、社会的経済活動が制限され厳しい状況が続いておりま
         す。ワクチン普及を背景に一時は回復の兆しも見られましたが、感染力の高い変異株の出現により、感染者数が
         増加傾向に転じ、いまだ十分に回復していない状況であります。このような市場環境のもと業界が一体となっ
         て、新型コロナウイルス感染症対策を十分に行った上での美容室における来店頻度の向上、スタッフの生産性
         アップのための高付加価値メニュー創出と店頭販売商品の推進にデジタルを取り入れながら取り組んでおりま
         す。
          国内においては大人社会の本格的到来、高齢化により、ヘアカラー、パーマの繰り返しによる髪のダメージ、
         頭皮のトラブル、髪が細くなる、薄くなる、白髪が増えるなどの悩みが年々増加しており、安全、安心に対する
         意識の高まりと相まって、本物志向の自然派商品、高付加価値商品の店頭販売商品の市場は伸び続けておりま
         す。
          このような状況に対応すべく、当社の毛髪科学研究所は、ヘアケア、スキャルプケアの店頭販売商品開発及び
         美容室におけるヘアカラーの高付加価値商品開発にさらに注力しております。
          ヘアケアの分野においては、「デミコスメティクス」の最高峰ブランドである「フローディア」に新たな独自
         技術を搭載しフルリニューアルいたしました(全25アイテム)。コア技術である選択的補修ケア技術「バルネイ
         ドシステム」に、結合の乱れを整え、うねりのない扱いやすい艶髪を実現する新独自技術「ボンデイドシステ
         ム」を追加し、“より美しい髪”を“長く実感”できることを可能にするヘアケアブランドに進化いたしまし
         た。さらに大人女性の髪と頭皮の悩みを解決するために機能性植物成分の探索とそれを生かした商品開発に取り
         組んでおります。
          また、ヘアカラーの分野においては、酸化染料と酸性染料をミックスした当社独自処方を搭載し、多彩な色を
         表現できるヘアカラー「FUSIONIST(フュージョニスト)」(1剤全37アイテム、2剤全2アイテム)ブランド
         に、更に透明感と艶を重視するお客様のニーズに対応すべく、1剤全4アイテム、カラートリートメント1アイ
         テムを追加いたしました。女性のファッションカラーに対する意識の高まりに対し、さらに付加価値を高めるべ
         く、カラーバリエーションの充実に取り組んでおります。
          基礎研究においては、「すべての人に10代の髪を生やす」という長期ビジョンをかかげ、研究機関や大学との
         共同研究による毛髪と皮膚の微細構造の解析、毛髪と皮膚のダメージの解析ならびに植物抽出成分、天然成分に
         よる新たな機能性探究を進めるとともに、新規市場創造のための素材開発、用途開発に取り組んでおります。ま
         た、サステナブルな社会を実現するために、さらに環境にやさしい製品開発に取り組んでおります。
                                 24/117











                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当社グループは、長期的に成長が期待できる製品分野及び研究開発分野に重点を置き、合理化・製品の信頼性向
       上のために投資を行っております。当連結会計年度の設備投資額(有形固定資産及び無形固定資産受入額ベース数
       値。金額に消費税等を含まない。)の内訳は次のとおりであります。
          セグメントの名称                当連結会計年度

        化学品                     1,093   百万円

        化粧品                      257  百万円

                              1 百万円

        その他
         計                    1,352   百万円

        全社                      338  百万円

         合計

                            1,691   百万円
        当連結会計年度における設備投資額は1,691百万円であります。

        化学品事業におきましては、当社鯖江工場に対する投資など生産量拡大及び合理化のための製造設備関連等への
       投資を実施した結果、設備投資金額は、1,093百万円となりました。
        化粧品事業におきましては、当社製造設備に対する投資など生産量拡大及び合理化のための製造設備関連等への
       投資を実施した結果、設備投資金額は、257百万円となりました。
     2【主要な設備の状況】

       当社グループは、界面活性剤等の製造・販売を国内外で行っており、その設備の状況をセグメント毎の数値ととも
      に主たる設備の状況を開示する方法によっております。
      (1)セグメント内訳
                                                  2021年12月31日現在
                               帳簿価額(百万円)                        従業員数

                                                        (人)
      セグメントの名称
                 建物及び構      機械装置及        土地                        (外、臨時
                                   リース資産       その他       合計
                                                       従業員)
                 築物      び運搬具      (面積千㎡)
                                4,363                        1,061
     化学品              8,525      3,141              97      722     16,851
                                (443)                         (24)
                                 739                        331
     化粧品              3,434       445             39      158     4,817
                                (25)                        (63)
                                5,103                        1,392
         小計          11,960       3,587             136       881     21,668
                                (469)                         (87)
                                 143                         62
     その他及び全社              1,323        0            30      409     1,907
                                 (2)                         (1)
                                5,247                        1,454
         合計          13,283       3,587             167      1,290      23,576
                                (471)                         (88)
     (注)帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定及び無形固定資産であります。金額には消費税等は含
         まれておりません。
                                 25/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の状況
                                                   2021年12月31日現在
                                  帳簿価額(百万円)

                                                       従業員数
     事業所名         セグメン     設備の                                     (人)
                            機械装置
     (主な所在地)         トの名称     内容    建物及び            土地    リース               (外、臨時
                            及び運搬                その他      合計
                                                      従業員)
                       構築物           (面積千㎡)      資産
                            具
                   界面活
                   性剤及
                   び化粧
     本社・研究所・         化学品     品製造
                                    1,576                     332
     工場         化粧品     ・研究      4,661      277          122     728    7,366
                                    (21)                     (65)
     (福井県福井市)         全社     設備、
                   全社統
                   括業務
                   設備
                   界面活
     鯖江工場                                586                     88
              化学品     性剤製       357     665           3     18    1,632
     (福井県鯖江市)                               (43)                     (8)
                   造設備
                   界面活
     関東工場                                167                     -
              化学品     性剤製        -     -          -     -     167
     (千葉県旭市)                               (32)                     (-)
                   造設備
                   界面活
     鹿島工場                                979                     41
              化学品     性剤製      2,202     1,204           33     29    4,449
     (茨城県神栖市)                               (50)                     (3)
                   造設備
     東京支店              販売及
              化学品                                            76
     (東京都中央区              び研究        83     -     -    -      1     85
              化粧品                                            (1)
     他)              設備
                   販売及
     大阪支店         化学品                                            46
                   び研究        23     -     -    -      1     25
     (大阪市北区)         化粧品                                            (1)
                   設備
                   販売及
     名古屋支店         化学品                                            15
                   び研究        11     -     -    -      0     11
     (名古屋市東区)         化粧品                                           (-)
                   設備
                                    3,309                     598
        合計                 7,340     2,147           159     780    13,737
                                    (147)                     (78)
     (注)1.帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定及び無形固定資産であります。金額には消費税等
           は含まれておりません。
         2.北陸支店は「本社・研究所・工場」に含まれる本社ビル内に所在しております。
         3.建物及び土地の一部を賃借しております。年間賃借料は150百万円であります。
                                 26/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (3)国内子会社の状況
                                                  2021年12月31日現在
                                   帳簿価額(百万円)

                                                       従業員数
          事業所名     セグメ
                    設備の                                    (人)
      会社名     (主な所     ントの
                         建物及     機械装
                    内容                                  (外、臨時
                                    土地    リース
          在地)     名称         び構築     置及び              その他      合計
                                                      従業員)
                                  (面積千㎡)      資産
                         物     運搬具
          茨城工場
                    化粧品
     山田製薬     (茨城県                           198                    68
                化粧品    製造設      1,902      161          2    24    2,289
     株式会社     かすみが                           (20)                     (4)
                    備
          うら市)
     大智化学     山武工場          石油化

                                     405                    56
     産業株式     (千葉県     化学品    学品製       447     194          -    48    1,094
                                     (19)                     (2)
     会社     山武市)          造設備
     (注)帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定及び無形固定資産であります。金額には消費税等は含

         まれておりません。
      (4)在外子会社の状況

                                                  2021年12月31日現在
                                   帳簿価額(百万円)

                                                       従業員数
          事業所名     セグメ
                    設備の                                    (人)
      会社名     (主な所     ントの
                         建物及      機械装
                    内容                                  (外、臨時
                                    土地    リース
          在地)     名称
                         び構築      置及び              その他      合計
                                  (面積千㎡)      資産              従業員)
                         物      運搬具
     台湾日華     台湾工場
                    界面活
     化学工業     (台湾桃                          1,073                     83
               化学品    性剤製      1,354      171          -     69    2,668
     股份有限     園県観音                           (22)                    (-)
                    造設備
     公司     郷)
     NICCA     韓国工場
                    界面活
     KOREA     (大韓民                           188                    84
               化学品    性剤製      1,106      592          -     14    1,901
     CO.,     国テグ廣                           (11)                    (-)
                    造設備
     LTD.     域市)
          米国工場
     NICCA     (米国サ          界面活
                                      11                    28
     U.S.A.,     ウスカロ     化学品    性剤製       247     151          -     15     426
                                    (217)                     (-)
     INC.     ライナ          造設備
          州)
          浙江工場
     日華化学     (中華人          界面活
                                                         192
     (中国)     民共和国     化学品    性剤製       486     118      -    -    240      845
                                                          (1)
     有限公司     浙江省杭          造設備
          州市)
     (注)帳簿価額「その他」は、工具、器具及び備品、建設仮勘定及び無形固定資産であります。金額には消費税等は含
         まれておりません。
                                 27/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     3【設備の新設、除却等の計画】
        当社グループの設備投資については、経営環境、事業の状況、需給動向等を総合的に勘案しつつ、将来の成長のた
      めに必要な投資対象を見極めながら計画しております。また連結子会社の設備投資についても、当社が各社の投資計
      画をもとに厳選しながら実施しております。
      (1)重要な設備の新設

         該当はありません。
      (2)重要な設備の除却等

         該当はありません。
                                 28/117

















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(千株)
      普通株式                                              44,932

                  計                                  44,932

        ②【発行済株式】

               事業年度末現在発行数              提出日現在発行数           上場金融商品取引所名又
        種類          (千株)             (千株)         は登録認可金融商品取引               内容
               (2021年12月31日)             (2022年3月28日)            業協会名
                                          東京証券取引所
                                                     単元株式数
                     17,710             17,710
     普  通  株  式                             名古屋証券取引所
                                                      100株
                                         (各市場第一部)
                     17,710             17,710
        計                                    -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

              発行済株式総        発行済株式総        資本金増減額       資本金残高        資本準備金       資本準備金
        年月日      数増減数        数残高                       増減額       残高
               (千株)        (千株)       (百万円)       (百万円)        (百万円)       (百万円)
      1997年5月20日
                  1,610        17,710          -      2,898         -      3,039
     (注)
     (注) 株式分割(1:1.1)によるものであります。
      (5)【所有者別状況】

                                                    2021年12月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数             100 株)
                                                       単元未満株
        区分                             外国法人等                  式の状況
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計
                                                       (株)
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -     18     31     125      47     12    4,241     4,474      -
     所有株式数(単元)             -   19,154      1,696     51,028      3,266      123   101,777     177,044      5,600

     所有株式数の割合
                 -    10.82      0.96     28.82      1.84     0.07     57.49      100      -
     (%)
    (注)自己株式1,725,313株は、「個人その他」に17,253単元、「単元未満株式の状況」に13株を含めて記載しておりま
        す。
                                 29/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2021年12月31日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                            所有株式数
           氏名又は名称                     住所                  総数に対する所有
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                             1,842          11.53
     有限会社江守プランニング                    福井県福井市宝永2丁目1番30号
                                             1,602          10.03
     日華共栄会                    福井県福井市文京4丁目23番1号
                                             1,407          8.81
     長瀬産業株式会社                    東京都中央区日本橋小舟町5番1号
                                              647         4.05
     日華化学社員持株会                    福井県福井市文京4丁目23番1号
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                                              536         3.36
                         東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
                                              528         3.31
     江守 康昌                    福井県福井市
                                              500         3.13

     公益財団法人江守アジア留学生育英会                    福井県福井市文京4丁目23番1号
     株式会社日本カストディ銀行(信託口)                    東京都中央区晴海1丁目8-12                     373         2.34
                                              344         2.15

     株式会社福井銀行                    福井県福井市順化1丁目1番1号
                         福井県南条郡南越前町清水51-1-2                     268         1.68
     宗教法人歓喜寺
                                             8,052          50.38

              計                   -
    (注)1.当社は、自己株式1,725千株を保有しておりますが、上記大株主からは除外しております。なお、自己株式
          1,725千株には、株式会社日本カストディ銀行が所有する取締役向け株式給付信託口及び執行役員向け株式給
          付信託口が所有する当社株式223千株を含んでおりません。
        2.前事業年度末において主要株主であった長瀬産業株式会社は、当事業年度末現在では主要株主ではなくなりま
          した。
      (7)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2021年12月31日現在
            区分            株式数(千株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -       -             -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -       -             -

     議決権制限株式(その他)                           -       -             -

                              1,725
     完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                 -             -
                              15,979          159,791
     完全議決権株式(その他)                普通株式                               -
                                5
     単元未満株式                普通株式                 -             -
                              17,710
     発行済株式総数                                  -             -
                                        159,791
     総株主の議決権                           -                    -
    (注)「完全議決権株式(その他)」における普通株式には「株式交付信託」制度の信託財産として、㈱日本カストディ
        銀行が保有する当社株式223千株(議決権2,231個)が含まれております。
                                 30/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ②【自己株式等】
                                                  2021年12月31日現在
                                                     発行済株式総
                              自己名義所有       他人名義所有        所有株式数の
                                                     数に対する所
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所            株式数        株式数        合計
                                                     有株式数の割
                               (千株)       (千株)        (千株)
                                                     合(%)
                                  1,725               1,725       9.74
     日華化学株式会社            福井市文京4丁目23番1号                       -
                                  1,725               1,725       9.74
          計            -                  -
      (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

          株式給付信託の概要
          (1)   役員株式所有制度の概要
            当社は、当社の取締役(社外取締役を含みます。)及び執行役員(以下、「取締役等」といいます。)を
           対象に、取締役等の報酬と当社の中長期的な業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役等が株価
           上昇によるメリットのみならず、株価下落によるリスクまでも株主の皆様と共有することにより、当社の持
           続的な成長と企業価値向上に貢献する意識を高めることを目的として、2016年3月25日開催の定時株主総会
           において、業績連動型株式報酬制度(以下、「本制度」といいます。)を導入することを決議いたしまし
           た。
            本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託(以下、「本信託」といいます。)を通じて
           取得され、当社の取締役等に対して、当社取締役会が定める「役員株式給付規程」に従って、役位、業績達
           成度等に応じて当社株式及び当社株式を時価で換算した金額相当の金銭(以下、「当社株式等」といいま
           す。)が信託を通じて給付される業績連動型の株式報酬制度であります。なお、取締役等が当社株式等の給
           付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時といたします。
          (2)   取締役等に取得させる予定の株式の総数又は総額

            2016年8月29日付けで123百万円を拠出し、本信託が当社株式を150,000株取得しております。また、本制
           度の継続により、2019年11月21日付けで本信託に131百万円を追加拠出し、当社株式を145,000株取得してお
           ります。
          (3)   本制度による受益権を受けることができる者の範囲

            取締役等を退任した者のうち役員株式給付規定に定める受益者要件を満たした者とします。
                                 31/117










                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     2【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
          該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                  株式数(千株)            価額の総額(百万円)
     当事業年度における取得自己株式                                       0              0
     当期間における取得自己株式                                       -              -
     (注)当期間における取得自己株式には、2022年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式は含まれておりません。
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                 当事業年度                 当期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                           株式数(千株)                株式数(千株)
                                     (百万円)                (百万円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                         -        -        -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                         -        -        -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る
                              -        -        -        -
      移転を行った取得自己株式
      その他
                              -        -        -        -
      (-)
      保有自己株式数                          1,725       -         1,725       -
    (注)1.当期間における処理自己株式数には、2022年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の売
          渡しによる株式は含まれておりません。
       2.当期間における保有自己株式数には、2022年3月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買
          取り及び売渡しによる株式は含まれておりません。
                                 32/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     3【配当政策】
       界面活性剤工業は、あらゆる産業に関連を持ち、各産業の技術革新に貢献しており、新技術の開発が業容の拡大に
      欠かせない要素であります。当社におきましても、界面活性剤の製造販売を行う上で、新技術の開発は最も重要な課
      題となり、適切な設備投資及び研究開発投資は、競争力を維持・強化し業績を向上させる上で不可欠であります。こ
      のため、内部留保に意を用いながら将来的な株主価値の向上を目指していくとともに、安定的な配当を行うことを基
      本としております。
       当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としており、これらの剰余金の配当の
      決定機関は、中間配当については取締役会、期末配当については株主総会であります。
       当事業年度の配当金につきましては、上記の方針を念頭に置き、中間配当につきましては、1株当たり8円の普通
      配当を実施しました。また期末配当金につきましては、1株当たり14円の普通配当を実施することを決定しました。
       当社は、「取締役会の決議によって、毎年6月30日を基準日として、中間配当をすることができる。」旨を定款に
      定めております。
       なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
                      配当金の総額          1株当たり配当額
           決議年月日
                      (百万円)            (円)
         2021年7月29日
                           127            8
         取締役会決議
         2022年3月25日
                           223            14
         定時株主総会決議
                                 33/117














                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① 当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社グループは、創業者精神に基づく社是・社訓を企業理念として定めるとともに、役員及び従業員に対して
         「お客様、社員、株主、そして社会から信頼され選ばれる企業を目指す」とする経営理念の浸透を図り、中長期
         的な企業価値の向上と持続的な成長の実現を目指しています。
          そのため、コーポレート・ガバナンスを重要な経営課題の一つと位置づけ、的確・迅速な意思決定や業務執行
         体制、並びに適正な監督体制の構築を図るなど、経営の迅速性・透明性・公平性の向上に取り組んでいます。
          また、株主をはじめとするステークホルダーの皆様に対して、適時・適切かつ積極的な情報開示による説明責
         任を果たすとともに、充分なコミュニケーションに努めてまいります。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、会社法に基づく機関として、株主総会及び取締役会、監査役会を設置しているほか、当社業務の運営
         に関する重要事項の審議・決定機関として経営会議を設置しております。これらの各機関の相互連携により、企
         業統治が機能すると判断し、現状の体制を採用しております。
          各機関の概要は次のとおりであります。
         (取締役会)

          経営上の重要事項の意思決定機関である取締役会は代表取締役社長 江守康昌を議長とし、社内取締役7名
         (江守康昌、龍村和久、片桐進、澤崎祥也、李晶日、稲継崇宏、藤森大輔)及び社外取締役4名(図子恭一、相
         澤馨、下谷政弘、山岡美奈子)の11名で構成されており、監査役3名の出席のもと実施しております。取締役会
         を月1回、臨時取締役会を必要に応じて開催し、付議・報告基準に則り審議・報告を行っております。
         (監査役会)

          当社は監査役会設置会社であり、監査役会は常勤監査役 宮本和浩を議長とし、社内監査役1名(宮本和浩)
         及び社外監査役2名(川村一司、増田仁視)の3名で構成されております。監査役会は月1回、臨時監査役会を
         必要に応じて開催し、監査報告の作成、監査計画の策定等を行っております。なお、社外監査役は、その専門的
         知識や経験により、当社の経営を外部者としての視点から監視・監査できる人材を選任しております。
         (経営会議)

          経営会議は、代表取締役から重要事項の諮問を受けて審議すること、並びに業務執行状況のモニタリングを行
         うことを目的とし、概ね月2回開催しております。この経営会議には、取締役執行役員が出席するほか、必要に
         応じて各機能部門及び各事業部門を担当する執行役員が出席しております。また、経営会議の審議内容は取締役
         会に報告しております。
                                 34/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
          当社の会社経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制(企
         業統治)の状況は次のとおりであります。
            コーポレート・ガバナンス体制
        ③ 企業統治に関するその他の事項









        ・内部統制システムの整備の状況
          当社は、2006年5月15日開催の取締役会で「内部統制システム」の基本方針を決議(2014年1月31日、2015年
         12月4日、2016年3月25日、2017年5月18日、2019年2月26日及び2022年2月25日開催の取締役会において一部
         改訂)し、職務を執行しております。
         1)当社及び当社グループ会社各社(以下、総称して「当社グループ」といいます。)の取締役及び使用人の職

           務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         イ.当社グループは、「コンプライアンス基本規程」を制定し、経営理念を表す「社是社訓」「基本的価値観」
           「ひとりひとりの行動基準」に則り、法令・定款の遵守と良識・倫理観に基づいた行動を取締役及び従業員
           に求め、コンプライアンス研修等を通じてその精神をあらゆる企業活動の拠り所として浸透させておりま
           す。
         ロ.当社は、当社グループのコンプライアンス及び経営リスクの管理を統括するため、代表取締役社長を委員
           長、経営会議のメンバーを委員とするコンプライアンス・リスク委員会を設置し、コンプライアンスに関わ
           る他の委員会・部会、各部門等を指揮監督しております。また、当社グループにおけるコンプライアンスの
           実務的な推進体制として、当委員会の下部組織にコンプライアンス・リスク統括部会を配置し、コンプライ
           アンス及び経営リスク管理に関する計画策定並びにモニタリングを実施しながら、法令違反、企業倫理上の
           問題、会社の経営に影響を及ぼす重大なリスクが発生する事態の未然防止、また問題が発生した場合の損失
           の最小化のための対策を講じております。
         ハ.コンプライアンスに関わる疑義ある行為等がある場合、従業員が直接情報提供を行う手段として「コンプラ
           イアンス・ヘルプライン規程」を制定し、外部の専門機関を含め社内外に複数の通報窓口を設けておりま
           す。
         2)当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         イ.取締役社長は、情報の保存及び管理に関する統括責任者を執行役員から任命しております。
         ロ.当社は、取締役の職務の執行に係る情報について、「文書管理規程」に基づき、文書又は電磁的媒体(以
           下、総称して「文書等」といいます。)に記録し保存・管理しております。取締役及び監査役は、常時これ
           らの文書等を閲覧できるものとしております。
                                 35/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         3)当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         イ.当社は、別に定める「コンプライアンス基本規程」に基づき、当社グループのコンプライアンス及び経営リ
           スクに特化して管理監督を行うコンプライアンス・リスク委員会を設置しております。
         ロ.コンプライアンス・リスク委員会は、当社グループのコンプライアンス及び経営リスクを網羅的に統括管理
           し、法令違反、企業倫理上の問題あるいは会社の経営に影響を及ぼす重大なリスクが発生する事態の未然防
           止、また、問題が発生した場合の早期解決及び損失の最小化を図っております。
         4)当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         イ.当社は、毎月1回程度の取締役会と毎月2回程度の経営会議を開催し、執行役員(取締役執行役員含む)に
           よる適時適切な業務執行状況の報告及び経営答申を可能とする会議運用を行うことで、取締役会及び代表取
           締役が迅速かつ効率的に意思決定できる体制を確保しております。
         ロ.当社グループは、当社執行役員(取締役執行役員含む)、当社経営幹部及びグループ会社の責任者等が、週
           次で電磁的媒体による業務報告を行い共有することで、グループ全体の経営状況及び経営課題を迅速に把握
           し、検討・対処できる体制を構築しております。
         ハ.当社グループは、グループ統一の基幹業務システムを導入することで、販売・生産・開発・購買・会計・財
           務等の経営情報を一元的に収集・管理し、それらを戦略的に活用することで、取締役による迅速かつ効率的
           な意思決定を促す仕組みを構築しております。
         5)当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

         イ.取締役会は、当社グループの業務の適正を確保するため、機能別業務を担当する執行役員を選任しておりま
           す。また、コンプライアンス・リスク委員会が、当社グループにおけるコンプライアンス対応及び経営リス
           クを横断的に管理し、グループ経営を推進しております。
         ロ.当社は、当社グループ会社各社が経営の自主性を発揮し、事業目的の遂行と安定成長するための指導を実施
           しております。
         ハ.当社グループ会社各社の経営上の重要事項については、当社の取締役会付議事項とし、事前承認を要してお
           ります。
         ニ.当社の内部監査を担当する内部監査室は、別に定める「内部監査規程」に基づき、グループ会社各社の内部
           監査を計画的に実施し、その監査結果を当社の代表取締役社長及び取締役会並びに監査役会に報告しており
           ます。
         6)監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項、並びに当

           該使用人の取締役からの独立性及び監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         イ.当社は、監査役の職務補助のため、必要に応じて監査役スタッフを置くこととしております。
         ロ.前項に定める監査役スタッフの人事については、監査役の意見を尊重するものとし、また、当該監査役ス
           タッフは、監査役が指示した補助業務に関しては、取締役、執行役員及び他の従業員の指揮命令を受けない
           ものとしております。
         7)当社グループの取締役及び使用人並びに当社グループ会社各社の監査役が当社の監査役に報告するための体

           制その他の監査役への報告に関する体制
         イ.取締役、執行役員及び従業員は、監査役に対して法定の事項に加え、当社グループに重大な影響を及ぼすお
           それのある事項、内部監査の実施状況、コンプライアンス・ヘルプラインによる通報状況及びその内容を速
           やかに報告する体制を整備しております。
         ロ.当社の定める内部規程において、内部通報者が報告を行ったことを理由に、一切の不利益な取扱いを受けな
           い旨を定めております。
         ハ.当社の監査役は、当社の取締役会及び経営会議等の重要な会議に出席し、当社グループにおける業務の執行
           状況を把握しております。
         8)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用

           又は債務の処理に係る方針に関する事項
          当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し費用の前払い等の請求をしたときは、必要でないと認
         められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理しております。
         9)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         イ.監査役と代表取締役は、定期的に会合を設け、監査上の重要課題等について意見交換を行っております。
         ロ.監査役は、内部監査を担当する内部監査室及び会計監査人との連携を図り、積極的な意見交換及び情報の共
           有を行い、効率的な監査を実施しております。
                                 36/117

                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         ハ.監査役は、主要な稟議書及びその他業務執行に関する重要な文書等を閲覧し、必要あると認めたときは、取
           締役又は従業員に対しその説明を求めております。
         10)財務報告の信頼性を確保するための体制

          当社は、取締役の中から財務報告リスク管理担当役員を選任し、当該担当役員が財務報告に係る内部統制全体
         を統括しております。また、財務報告リスク発生の未然防止のため、当該担当役員は取締役会及び監査役会に対
         して報告責任を有しているほか、運用等の詳細を別途「財務報告リスク管理規程」で定めております。
         11)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

          当社は、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力に対しては、“決して屈しない”を基本
         方針として掲げるとともに、取引等の一切の関係を排除し、社会における反社会的勢力による被害の防止に努
         め、会社の社会的責任を果たしております。また、「反社会的勢力への対応に関する規程」を定め、管理部門総
         務担当が窓口となり、弁護士、暴力追放センター、企業防衛対策協議会及び警察等関係機関と連携し、不当要求
         に対する対応及び反社会的勢力との関係遮断について組織的な対応をしております。
        ・リスク管理体制の整備の状況

          当社のリスク管理体制につきましては、各部門の業務執行に関連する法令、安全、環境、品質、情報セキュリ
         ティ及び輸出入管理等に関わるリスクについては、それぞれ担当取締役または担当執行役員と担当部署または担
         当委員会が規則・ガイドラインを制定し、マニュアルの作成・配布等を行い、その研修を実施しております。組
         織横断的リスクの監視及びその全社的対応は、コンプライアンス・リスク委員会が行っております。一方、新た
         に生じたリスクについては、取締役会が対応責任者となる取締役または執行役員を定め、速やかに対応を図って
         おります。
        ・責任限定契約の内容の概要

          当社は、会社法第427条第1項に基づき、当社定款において会社法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契
         約を締結することができる旨を定めておりますが、現時点においては、各社外取締役及び各社外監査役との間で
         責任限定契約を締結しておりません。
        ・取締役の定数

          当社の取締役は12名以内とする旨定款に定めております。
        ・取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席する株主総会において、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選
         任決議について、累積投票によらないものとする旨定款に定めています。
        ・取締役会で決議できる株主総会決議事項

         1)中間配当
           当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議をもって、毎年6月30日を基準日として、中
          間配当を行うことができる旨を定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするため
          であります。
         2)自己の株式の取得

           当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができ
          る旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするた
          め、市場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
         3)取締役及び監査役の責任免除

           当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取
          締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免
          除することができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能
          力を十分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ・株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
         主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めており
                                 37/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         ます。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを
         目的とするものであります。
                                 38/117




















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  13 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             7.1  %)
                                                       所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1985年4月     三菱化成株式会社(現三菱ケミカル
                                    株式会社)入社
                               1989年9月     当社入社
                               1991年9月     NICCA   U.S.A.,INC.上席副社長
                               1993年6月     当社取締役
                               1995年3月     香港日華化学有限公司代表取締役社
                                    長
                               1995年6月     当社専務取締役
                               1996年11月     ローヌ・プーラン日華株式会社(現
                                    ソルベイ日華株式会社)代表取締役
                                    副社長(現任)
                               1997年4月     当社経営管理本部長兼コスメティッ
                                    クスカンパニープレジデント
                               1997年6月     当社代表取締役専務取締役
                               1998年6月     当社代表取締役副社長
                               1999年3月     当社営業部門管掌
                               1999年11月     当社代表取締役専務取締役
                               1999年12月     NICCA   U.S.A.,INC.代表取締役会長
                               2001年1月     当社テキスタイルケミカルカンパ
                                    ニープレジデント
        代表取締役
                               2001年3月     台湾日華化学工業股份有限公司董事
        社長執行役員         江守 康昌      1962年2月2日      生
                                                  (注)5        528
                                    長(現任)
         CEO
                               2001年6月     当社代表取締役社長
                               2002年7月     コスメラボ株式会社代表取締役社長
                               2005年6月     山田製薬株式会社代表取締役
                               2006年6月     当社代表取締役社長執行役員(現
                                    任)
                               2007年12月     当社研究開発本部長
                               2009年1月     当社化学品部門長
                               2010年2月     イーラル株式会社代表取締役会長
                               2012年3月     香港日華化学有限公司董事長
                                    (現任)
                                    広州日華化学有限公司董事長
                                    (現任)
                                    浙江日華化学有限公司(現日華化学
                                    (中国)有限公司)董事長(現任)
                                    日華化学研発(上海)有限公司董事
                                    長(現任)
                               2015年5月     江守エンジニアリング株式会社代表
                                    取締役社長(現任)
                               2017年11月     当社イノベーション推進部門長
                               2021年3月     当社CEO(現任)
                                 39/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1995年4月     日本オラクル株式会社入社
                               2004年12月     当社入社
                               2005年6月     当社執行役員
                                    当社デミコスメティクスカンパニー
                                    プレジデント(現任)
                               2009年1月
                                    当社化粧品部門長(現任)
                               2009年4月     当社常務執行役員
                               2009年6月     当社取締役
        代表取締役
                                    山田製薬株式会社代表取締役(現
       副社長執行役員
                                    任)
         COO
                               2010年2月     イーラル株式会社代表取締役社長
                 龍村 和久      1971年9月1日      生
                                                  (注)5        55
        化粧品部門長
                                    (現任)
     デミコスメティクスカンパ
                               2011年3月     DEMI(BEIJING)INTERNATIONAL
       ニープレジデント
                                    CO.,LTD.董事長(現任)
                               2012年2月     当社化学品部門管掌
                               2012年6月     当社代表取締役専務執行役員
                               2014年2月     コスメラボ株式会社代表取締役社長
                                    (現任)
                               2021年3月     当社代表取締役副社長執行役員(現
                                    任)
                                    当社COO(現任)
                               1979年4月     三井物産株式会社入社
                               2006年6月     同社化学品第一本部化成品部長
                               2009年4月     同社米州本部      Divisional
                                    Operating    Officer   of
                                    ORGANIC   CHEMICALS
                                    DIVISION兼Mitsui&CO.
                                    (U.S.A.),INC.      Senior   Vice
                                    President
                               2012年7月     同社理事    米州副本部長兼
         取締役
                                    Mitsui   &CO.(U.S.A.),INC.
        常務執行役員
                                    Executive    Vice  President
       COO  to Chemicals
                 片桐 進      1956年2月25日      生
                                                  (注)5        13
                               2014年1月     三井物産プラスチック株式会社代表
        化学品部門長
                                    取締役副社長執行役員
      化学品戦略企画室長
                               2014年6月     同社代表取締役社長
                               2018年1月     当社入社
                                    当社執行役員
                                    当社化学品部門副部門長
                               2018年3月     当社取締役(現任)
                               2019年3月
                                    当社常務執行役員(現任)
                                    当社化学品部門長(現任)
                               2020年1月     当社化学品戦略企画室長(現任)
                               2021年3月
                                    当社COO   to Chemicals(現任)
                               1992年4月     当社入社
                               2009年1月     当社経営管理本部経理財務部次長
                               2010年1月     当社管理部門経営管理本部財務企画
                                    部長
                               2011年2月     当社経営企画部長
                               2013年1月     当社管理部門副部門長兼経営企画部
         取締役
                                    長
        執行役員
                 澤崎 祥也      1967年11月16日      生
                                                  (注)5        4
                               2014年3月     当社執行役員(現任)
      CFO(Administration)
                               2016年3月
                                    当社取締役(現任)
        管理部門長
                                    当社管理部門長兼経営企画部長
                               2017年1月     当社管理部門長兼社長室長
                               2018年6月     当社管理部門長兼グループ管理室長
                               2019年5月     当社管理部門長(現任)
                               2021年3月
                                    当社CFO(Administration)(現任)
                                 40/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1993年4月     当社入社
                               2000年12月     杭州日華化学有限公司営業部長
                               2008年3月     浙江日華化学有限公司(現日華化学
                                    (中国)有限公司)董事(現任)
         取締役
                                    同社副総経理
        執行役員         李 晶日      1964年11月9日      生
                                                  (注)5        2
                               2013年3月
                                    同社総経理(現任)
        中国事業統括
                               2013年6月
                                    当社執行役員(現任)
                               2014年7月     当社化学品部門繊維事業部長
                               2017年1月
                                    当社中国事業統括(現任)
                               2017年3月     当社取締役(現任)
                               1997年4月     当社入社
                               2008年7月     ローディア日華株式会社(現ソルベ
                                    イ日華株式会社)主席研究員
                               2009年7月     同社専任研究員
                               2012年7月     当社新規育成事業部門特殊化学品本
                                    部研究開発部長
                               2016年10月     当社新規育成事業部門特殊化学品本
         取締役
                                    部副本部長(研究開発担当)兼事業
        執行役員
                                    企画室長
                 稲継 崇宏      1971年3月2日      生                     (注)5        3
         CTO
                               2017年1月     当社特殊化学品本部副本部長(研究
     化学品部門界面科学研究所長
                                    開発担当)兼事業企画室長
                               2017年3月
                                    当社執行役員(現任)
                               2017年11月     当社化学品部門界面科学研究所長
                                    (現任)兼イノベーション推進部門
                                    化学品担当
                               2019年3月     当社取締役(現任)
                               2021年3月
                                    当社CTO(現任)
                               1999年4月     株式会社住友銀行(現株式会社三井
                                    住友銀行)入行
                               2001年2月     日本オラクル株式会社入社
                               2009年7月     当社入社
                               2020年1月     当社化粧品部門デミコスメティクス
                                    カンパニー経営企画部次長
                               2010年10月     当社化粧品部門デミコスメティクス
                                    カンパニー経営企画部長
                               2012年2月     当社化粧品部門デミコスメティクス
         取締役
                                    カンパニーバイスプレジデント
        執行役員
                 藤森 大輔      1976年11月12日      生                     (注)5        1
                               2014年7月     当社化粧品部門デミコスメティクス
       COO  to Cosmetics
                                    カンパニー品質保証本部長
      化粧品部門副部門長
                               2016年3月     当社執行役員(現任)
                               2017年1月     山田製薬株式会社取締役副社長
                               2018年4月     山田製薬株式会社代表取締役社長
                               2020年1月     当社化粧品部門デミコスメティクス
                                    カンパニー総合企画部長
                               2021年3月     当社取締役(現任)
                                    当社COO   to Cosmetics(現任)
                                    化粧品部門副部門長(現任)
                               1971年4月     長瀬産業株式会社入社
                               2001年6月     同社執行役員
                               2003年6月     同社取締役兼執行役員
                               2006年4月     同社取締役兼常務執行役員
         取締役        図子 恭一      1948年4月9日      生                     (注)5        -
                               2008年6月     同社代表取締役兼常務執行役員
                               2009年4月     同社代表取締役兼専務執行役員
                               2012年6月     同社退社
                               2014年3月
                                    当社社外取締役(現任)
                                 41/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1977年4月     日東電工株式会社入社
                               2003年4月     同社執行役員
                               2006年6月     同社常務執行役員
                               2007年6月     同社取締役常務執行役員
                               2010年6月     同社取締役専務執行役員
                               2011年6月     同社代表取締役専務執行役員
         取締役        相澤 馨      1952年8月25日      生                     (注)5        2
                               2014年6月     同社退社
                               2014年9月
                                    当社顧問(研究開発分野)
                               2016年3月
                                    当社社外取締役(現任)
                               2016年6月     メタウォーター株式会社社外取締役
                                    (現任)
                               1974年4月     大阪経済大学経営学部講師
                               1977年4月     同大学経営学部助教授
                               1980年4月     京都大学経済学部助教授
                               1987年4月     同大学経済学部教授
                               1997年4月     同大学大学院経済学研究科教授
                               2002年4月     同大学大学院経済学研究科研究科
                                    長・学部長
                               2008年4月     公立大学法人福井県立大学経済学部
                                    教授
         取締役        下谷 政弘      1944年10月26日      生
                                                  (注)5         5
                                    国立大学法人京都大学名誉教授
                               2010年4月     公立大学法人福井県立大学学長
                               2016年3月     同大学学長退任
                               2016年6月     シンフォニアテクノロジー株式会社
                                    社外監査役
                                    福井県国際交流協会顧問
                               2016年9月     住友史料館指導教授
                               2017年2月     同館館長(現任)
                               2017年3月
                                    当社社外取締役(現任)
                               1995年4月     株式会社ファンケル入社
                               2007年4月     同社執行役員
                               2008年6月     同社取締役執行役員
                               2013年3月     同社取締役専務執行役員
                               2014年4月     同社取締役専務執行役員兼株式会社
                                    ファンケル化粧品代表取締役社長
                               2018年7月     同社顧問
         取締役        山岡 美奈子       1959年4月7日      生                     (注)5         0
                               2019年1月     同社顧問退任・退社
                               2020年5月     株式会社アンズコーポレーション
                                    入社
                               2020年6月     同社取締役
                               2021年3月     当社社外取締役(現任)
                               2021年6月     コンドーテック株式会社社外取締役
                                    (監査等委員)(現任)
                                 42/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                       所有株式数
         役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                       (千株)
                               1983年3月     当社入社
                               1999年4月     韓国精密化学株式会社(現NICCA
                                    KOREA   CO.,LTD.)理事兼経営企画室
                                    長
                               2001年8月     当社経営支援本部経営企画部次長
                               2002年12月     当社デミコスメティクスカンパニー
                                    バイスプレジデント
                               2006年1月     当社経営管理本部グループ経営推進
                                    室長
                               2006年4月     当社経営管理本部経理財務部長
        常勤監査役         宮本 和浩      1960年5月11日      生                     (注)6        53
                               2006年12月     当社経営管理本部副本部長
                               2009年4月     当社執行役員
                               2010年1月     当社管理部門経営管理本部副本部長
                                    (経理財務管掌)
                               2012年2月     当社管理部門経営管理本部人事総務
                                    部長
                               2013年1月     台湾日華化学工業股份有限公司董事
                                    兼副総経理
                               2019年3月     当社監査役(現任)
                               1987年4月     株式会社日本興業銀行(現株式会社
                                    みずほ銀行)入行
                               2001年3月     同社退社
                                    弁護士登録
                               2001年4月
                                    川村法律事務所所長(現任)
                               2006年6月
                                    当社社外監査役(現任)
         監査役        川村 一司      1963年7月8日      生
                                                  (注)7        13
                               2008年6月     日本特殊織物株式会社社外監査役
                                    (現任)
                               2008年8月     株式会社ニットク社外監査役(現
                                    任)
                               2013年4月     公立大学法人福井県立大学監事
                               1977年4月     公認会計士伊藤満邦事務所入所
                               1982年6月     公認会計士増田仁視事務所所長(現
                                    任)
                               1988年10月     マスダマネジメント株式会社代表取
                                    締役社長(現任)
                               1994年6月     アイテック株式会社社外監査役(現
         監査役        増田 仁視      1952年4月23日      生                     (注)8        76
                                    任)
                               2010年1月     福井県越前市監査委員
                               2011年6月     株式会社田中化学研究所社外取締役
                                    (監査等委員)(現任)
                               2016年3月
                                    当社社外監査役(現任)
                               2019年7月
                                    日本公認会計士協会理事(現任)
                                        計                  761
     (注)1.取締役図子恭一、相澤馨、下谷政弘及び山岡美奈子は、社外取締役であります。
         2.監査役川村一司及び増田仁視は、社外監査役であります。
         3.代表取締役龍村和久は、代表取締役社長江守康昌の義弟であります。
         4.当社では、取締役の役割と業務執行責任の明確化を目指した執行役員制度を導入しております。取締役以外
           の執行役員は9名からなり、以下のとおりであります。
           執行役員     CIO   髙橋 誠治   情報戦略本部長兼全社オペレーション担当
           執行役員     坪川 恒一郎  化粧品部門デミコスメティクスカンパニ-バイスプレジデント
           執行役員     籠谷 正    大智化学産業株式会社代表取締役社長
           執行役員     CHO   佐谷 義寛   経営企画本部長
           執行役員     島田 昌和   化学品部門スペシャリティケミカル事業部長
           執行役員     製造統括     三井 彰弘   プロダクション部門長
           執行役員     品質統括     日置 由美子  品質保証本部長
           執行役員     小林 淳孝   化学品部門繊維化学品事業部長
           執行役員     中川 大輔   化学品部門クリーニング&メディカル事業部長
         5.2022年3月25日開催の定時株主総会の終結の時から1年間。
         6.2019年3月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         7.2021年3月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
         8.2020年3月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間。
                                 43/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ② 社外役員の状況
          当社の社外取締役は4名、社外監査役は2名であります。
          社外取締役である図子恭一と当社は、人的関係、資本関係、取引関係及びその他利害関係はありません。
          社外取締役である相澤馨は、当社の株式を所有しており、その所有株式数は「① 役員一覧」の所有株式数の
         欄に記載のとおりであります。なお、その他利害関係はありません。
          社外取締役である下谷政弘は、当社の株式を所有しており、その所有株式数は「① 役員一覧」の所有株式数
         の欄に記載のとおりであります。なお、その他利害関係はありません。
          社外取締役である山岡美奈子は、当社の株式を所有しており、その所有株式数は「① 役員一覧」の所有株式
         数の欄に記載のとおりであります。なお、その他利害関係はありません。
          社外監査役である川村一司は、当社の株式を所有しており、その所有株式数は「① 役員一覧」の所有株式数
         の欄に記載のとおりであります。なお、その他利害関係はありません。
          社外監査役である増田仁視は、当社の株式を所有しており、その所有株式数は「① 役員一覧」の所有株式数
         の欄に記載のとおりであります。なお、その他利害関係はありません。
          なお、当社は、当社における社外役員(社外取締役及び社外監査役)の独立性基準を以下のとおり定め、候補
         者を含む社外役員が次の事項のいずれにも該当しない場合、独立性を有しているものと判断しております。
         イ.当社及びその連結子会社(以下「当社グループ」と総称する)の出身者
         ロ.当社グループの主要株主(総議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している者)又はその業務
           執行者(*1)
         ハ.当社グループの主要な取引先(*2)又はその業務執行者
         ニ.当社グループを主要な取引先とする者(*3)又はその業務執行者
         ホ.当社グループの主要な借入先(*4)
         ヘ.当社グループが総議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している者又はその業務執行者
         ト.当社グループの会計監査人である監査法人に所属する者
         チ.当社グループから役員報酬以外に年間10百万円を超える報酬を得ている弁護士、司法書士、弁理士、公認会
           計士、税理士、コンサルタント等(但し、当該財産を得ている者が法人、組合等の団体である場合は、その
           団体に所属する者)
         リ.当社グループから年間10百万円を超える寄付を受けている者(但し、当該寄付を得ている者が法人、組合等
           の団体の場合、当社から得ている財産が年間収入の2%を超える団体の業務執行者である者)
         ヌ.当社グループから取締役(常勤・非常勤を問わず)を受け入れている会社又はその親会社もしくは子会社の
           業務執行者
         ル.上記イからヌに該当する重要な地位(*5)にある者の配偶者及び二親等内の親族
         ヲ.過去3年間において上記ロからルに該当していた者
         (*1)業務執行者とは、業務執行取締役、執行役、執行役員その他これらに準じる者及び使用人
         (*2)当社グループの主要な取引先とは、当社グループが製品又はサービスを提供している取引先であって、
             直近事業年度における取引額が、当社グループの年間連結売上高の2%を超える者
         (*3)当社グループを主要な取引先とする者とは、当社グループに対して製品又はサービスを提供している取
             引先であって、当該取引先の年間連結売上高の2%を超える者
         (*4)当社グループの主要な借入先とは、当社グループが借入を行っている機関であって、直前事業年度末に
             おける全借入額が当社の連結総資産の2%を超える金融機関
         (*5)重要な地位とは、取締役、執行役、執行役員及び部長格以上の業務執行者又はそれらに準ずる権限を有
             する業務執行者
          それぞれの社外取締役及び社外監査役の選任理由は、次のとおりであります。

          社外取締役の図子恭一は、長瀬産業株式会社において代表取締役兼専務執行役員をはじめ要職を歴任されてお
         ります。長年培われたそれらの豊富な経験や知識に加え、企業経営全般についての幅広い見識を有しておられる
         ことから、その経験を当社の経営に活かしていただけると判断し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の相澤馨は、日東電工株式会社において代表取締役専務執行役員をはじめ要職を歴任されておりま
         す。それらの豊富な経験と幅広い見識により、当社の企業経営全般に対して客観的かつ有効性のある助言をいた
         だくとともに、コーポレート・ガバナンスを強化していただけると判断し、社外取締役に選任しております。
          社外取締役の下谷政弘は、経済学者としてこれまで培ってきた専門的知見を背景に、当社のコーポレート・ガ
         バナンスの強化のために有効な助言をいただけると判断し、社外取締役に選任しております。同氏は、社外役員
         となること以外の方法で会社経営に直接関与されたことはありませんが、大学学長としての組織運営の経験を有
         しており、上記の理由とあわせて、社外取締役としての職務を適切に遂行できるものと判断しております。
          社外取締役の山岡美奈子は、株式会社ファンケル取締役専務執行役員を歴任されるなど、主に化粧品業界にお
         ける豊富な経営経験を通しマーケティングなど幅広い見識を有しており、当社の経営全般に対して多様な価値観
         の観点を踏まえた客観的かつ有効性のある助言をいただけるものと判断し、社外取締役に選任しております。
                                 44/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
          社外監査役の川村一司は、弁護士としての豊富な法律知識を有しており、社外監査役としての職務を適切に遂
         行いただける方として社外監査役に選任しております。
          社外監査役の増田仁視は、公認会計士として財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、豊富な経験
         と専門知識を活かし、社外監査役としての職務を適切に遂行いただける方として社外監査役に選任しておりま
         す。
          なお、当社は、社外取締役図子恭一、相澤馨、下谷政弘及び山岡美奈子、社外監査役川村一司及び増田仁視の

         各氏を一般株主との利益相反が生じるおそれのない独立役員として、株式会社東京証券取引所及び株式会社名古
         屋証券取引所に対し届け出ております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

          統制部門との関係
           社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査との相互連携状況につきましては、社外取締役及
          び社外監査役は、内部監査室が実施する内部監査結果の報告を受けるなど連携を密にし、適宜必要な監督又は
          監査を行っております。
           監査役監査との相互連携状況につきましては、社外取締役及び社外監査役は、取締役会及び監査役会等にお
          いて意見交換等を行い、内部統制が適切に整備及び運用されているかを監督又は監査しております。
           会計監査との相互連携状況につきましては、社外監査役は会計監査人から四半期レビュー及び期末監査の監
          査結果について報告を受けており、社外取締役につきましても、取締役会等において同様の報告を受けており
          ます。
           また、社外取締役及び社外監査役は、取締役会において内部統制評価担当部署が実施する内部統制評価の報
          告を受けております。
                                 45/117













                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
      ①監査役監査の状況
          監査役会は、監査役3名(常勤監査役1名、非常勤監査役2名、うち社外監査役2名)で構成し、監査役会を
         月1回、臨時監査役会を必要に応じて開催しております。監査役は、取締役会その他重要会議に出席し、必要に
         応じて意見陳述することにより、取締役の業務執行状況を監督・牽制しております。なお、社外監査役は、その
         専門的知識や経験により、当社の経営を外部者としての視点から監視・監査できる人材を選任しております。
          なお、監査役宮本和浩は長年にわたり、当社経理財務部門において財務及び会計業務の経験を重ねてきたこと
         から、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。また、社外監査役増田仁視は公認会計士の資格
         を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。
          当事業年度における個々の監査役の監査役会への出席状況については次のとおりであります。
                 氏名                開催回数                出席回数
          宮本 和浩                         13回                13回

          久島 浩                         3回                3回

          川村 一司                         13回                13回

          増田 仁視                         13回                13回

         (注)在任期間中の開催回数に基づいております。
          監査役会における主な検討事項は、監査報告の作成、監査計画の策定、会計監査人の選任及び報酬の同意、会
         計監査人からの報告等であります。
          また、常勤監査役の活動として、取締役会その他重要な会議への出席、重要な決裁書類等の閲覧、会計監査人
         及び内部監査室との情報交換等を行っております。
      ②内部監査の状況

          当社では内部管理体制の強化を目的として、諸規程の整備や内部監査室(2名)の設置等を行っております。
         内部監査については、計画的に定期監査あるいは臨時の監査を実施することにより、法令遵守、内部統制の有効
         性と効率性等のチェック・指導を行っております。
          また、内部監査、監査役監査及び会計監査の相互連携を重視し、各事業年度において、それぞれが作成した監
         査計画、その計画に基づき実施した監査の方法や結果について、互いに適宜報告を行っております。このほか常
         勤監査役が適宜内部監査に立ち会う等の方法により緊密に連携して意見交換等を行っております。
          会計監査人による四半期レビュー及び期末監査の監査結果報告時には、監査役及び内部監査室も同席し、意見
         交換等を定期的に行い、相互連携の強化に努めております。
      ③会計監査の状況

        a.監査法人の名称
         有限責任     あずさ監査法人
        b.継続監査期間
         2002年以降
        c.業務を執行した公認会計士
         指定有限責任社員 山本健太郎、石橋勇一
        d.監査業務に係る補助者の構成
         公認会計士8名、その他8名
        e.監査法人の選定方針と理由
          日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務指針」等を踏まえ、
         会計監査人としての独立性、専門性、品質管理体制及び監査報酬等を総合的に勘案し、選定を行っております。
          また、監査役会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める項目のいずれかに該当すると認められる
         場合は、監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。
        f.監査役及び監査役会による監査法人の評価
          監査役及び監査役会は、会計監査人からの報告や意見交換等を通じて会計監査の実施状況を把握し、会計監査
         人の監査体制及び職務遂行状況等について総合的に評価を行っております。
                                 46/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      ④監査報酬の内容等
        a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
                       33            2           35            2
      提出会社
      連結子会社                  -           -           -           -

                       33            2           35            2

         計
         当連結会計年度における当社の非監査業務の内容は、新収益認識基準の適用に関する助言業務等であります。
        b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMGグループ)に対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(百万円)           酬(百万円)           報酬(百万円)           酬(百万円)
      提出会社                  -           -           -           -

                        1                       1

      連結子会社                             -                       -
                        1                       1

         計                          -                       -
        c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

          該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          当社の監査公認会計士等に対する監査報酬については、監査法人の監査計画をもとに、類似企業(同業、同規
         模等)の情報を考慮した上で、相互に適正妥当と合意できる金額を協議し、監査役会の同意を得て決定しており
         ます。
        e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          取締役会が提案した会計監査人に対する報酬等に対して、当社の取締役会が会社法第399条第1項の同意をし
         た理由は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等についてその適
         切性・妥当性を検証した結果、合理的な額であると判断したためであります。
                                 47/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        (役員報酬の決定方針の内容)
          当社の取締役の報酬につきましては、2022年3月25日開催の第108期定時株主総会において、取締役の報酬限
         度額は年額300百万円以内(うち社外取締役分は年額30百万円以内。ただし、使用人分給与は含まない。)、監
         査役の報酬限度額は年額30百万円以内と決議しております。
          なお、当社の役員報酬は、企業価値の向上と持続的な成長を実現するため、短期インセンティブと長期インセ
         ンティブの両面で報酬制度を構成しております。短期インセンティブとしては、前連結会計年度における成果や
         経営に対する貢献度に応じて改定する金銭による固定報酬、長期インセンティブとしては、在任期間中の業績及
         び役位に応じてポイントを付与し、退任時に累計付与ポイント数に相当する当社普通株式が給付される「業績連
         動型株式報酬制度」を導入しております。
        (固定報酬)

          当社は、取締役のグループ経営に対する影響や責任範囲を鑑み役位別に基準報酬テーブルを設定しておりま
         す。固定報酬は当該基準報酬額を基礎として、年度改定により決定しており、当社グループの業績、各取締役個
         人の成果や経営に対する貢献度に応じて一定の範囲で改定を行っております。なお、監督機能を担う社外取締役
         と監査役の報酬体系は、業績に関わらない定額の固定報酬としております。
        (業績連動型株式報酬)

          当社は、長期インセンティブとして、当社の取締役(社外取締役を含む)を対象に、取締役の報酬と当社の中
         長期的な業績及び株式価値との連動性をより明確にし、当社の持続的な成長と企業価値向上に貢献する意識を高
         めることを目的として、2016年3月25日開催の第102期定時株主総会において「業績連動型株式報酬制度」を導
         入することを決議しております。本制度は、在任期間中の連結業績の達成度合い等を指標として、役位に応じて
         ポイントを付与し、退任時に累計付与ポイント数に相当する当社普通株式または株式に代わる金銭を給付するも
         のであります。
         <業績連動報酬(ポイント)に係る指標>

          取締役(社外取締役を含む)の業績連動報酬(ポイント)は、各ポイント付与日に対応する評価対象期間にお
         ける各事業年度初に公表する連結経常利益の業績予想値の達成率に応じて付与されるポイントを算出しておりま
         す。
                                 48/117











                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         <業績連動報酬(ポイント)の算定方法>
          取締役(社外取締役を含む)の業績連動報酬(ポイント)は、以下の算式により算出しております。
          ・役位ポイント※1×業績係数※2×対象期間中に在任する月数÷12
          ※1「役位ポイント」とは、「役付取締役基準ポイント」をいう
          ※2「業績係数」とは、「連結経常利益額の業績予想値の達成率に応じた係数」をいう
            連結経常利益額の達成率                     業績係数
           120%以上                            150.0%

           115%以上120%未満                            130.0%

           110%以上115%未満                            120.0%

           105%以上110%未満                            110.0%

           100%以上105%未満                            100.0%

           95%以上100%未満                             90.0%

           90%以上95%未満                             80.0%

           80%以上90%未満                             70.0%

           80%未満                             0.0%

          なお、株式報酬金額(※1)控除前の当社の営業利益が最大株式報酬金額(※2)未満の値となる場合は、当
         事業年度を評価対象期間とする対象期間に対するポイントの付与は行いません。
         (※1)株式報酬金額=当該評価対象期間について、業績係数の表の達成率をもとに算出したポイント数×費用
             計上時における換算率(※3)×費用計上時における信託簿価
         (※2)最大株式報酬金額=当該評価対象期間について付与されうる最大ポイント数(※4)×費用計上時にお
             ける換算率(※3)×費用計上時における信託簿価
         (※3)「換算率」とは「業績連動型株式報酬制度」を定めた規程にある「株式分割、株式併合、株式無償割当
             て等、1ポイント当たりの給付株式数の調整を行うことが公正であると認められる事象が生じた場合
             に、分割比率・併合比率等に応じて合理的な調整を行った比率」をいう
         (※4)最大ポイント数=業績係数が150.0%であると仮定した場合に各制度対象者に対して付与されるポイン
             ト数の合計
         <当事業年度における業績連動報酬(ポイント)に係る指標の目標及び実績>

          当事業年度初(公表)             当事業年度 (実績)
                                   連結経常利益額の達成率                業績係数
          連結経常利益(百万円)             連結経常利益(百万円)
                  1,500             2,706           180.5%             150.0%

        (報酬の決定方針を決定する機関と手順)

          報酬の水準及び報酬額の妥当性については、透明性及び客観性を確保するため、社外役員が半数を占める報酬
         委員会の審議を通じて個別の報酬等の案を作成し、取締役会で決定しております。また、監査役の報酬について
         は、報酬委員会で作成した案をもとに、監査役の協議によって決定しております。
         <報酬委員会の役割・活動内容>

          報酬委員会は、取締役会の諮問機関として、役員報酬制度・評価制度の構築・改定にかかる審議や、評価結
         果、固定報酬、業績連動報酬の妥当性に関する審議を実施しております。
          当事業年度の役員報酬について、報酬委員会において2回の審議を行い取締役会に上程いたしました。
                                 49/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         <報酬委員会の構成員>
          2022年3月28日現在、委員長及び委員は次のとおりです。
          委員長 社外取締役 図子 恭一
          委員  取締役   江守 康昌
          委員  社外取締役 山岡 美奈子
          事務局 取締役   澤崎 祥也
         <取締役会の役割・活動内容>

          取締役会は、独立かつ客観的な見地から役員に対する監督を行う機関として、役員報酬内容や制度構築・改定
         にかかる審議・決定しております。
          当事業年度の役員報酬について、取締役会では報酬委員会の2回の審議結果を受けて審議・決定を行いまし
         た。
        ②役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の役員数

                                   報酬等の種類別の総額

                                                     対象となる
                                     (百万円)
                     報酬等の総額
             区分                                        役員の員数
                     (百万円)
                                            左記のうち、非金          (人)
                             固定報酬       業績連動報酬
                                              銭報酬等
          取締役
                         273        237         35        35       8
          (社外取締役を除く。)
          監査役
                          11        11                        2
                                          -        -
          (社外監査役を除く。)
                          25        22         3        3       6
          社外役員
         (注)1.業績連動報酬については、業績連動型株式報酬制度に基づき、当事業年度に費用計上した株式報酬相
              当額であります。
            2.取締役の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人給与は含まれておりません。
            3.非金銭報酬等の総額は、業績連動報酬であります。
        ③役員ごとの連結報酬等の総額

         連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
                                 50/117










                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
         ①投資株式の区分の基準及び考え方
           当社は、株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的に所有する株式を純投資目
          的での保有とし、それ以外のものを純投資目的以外の目的での保有と区分しております。
         ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
           の内容
            当社は、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上に資するため、業務提携、資金調達、原材料等の安定
           調達など経営戦略の一環として、必要と判断する企業の株式を保有しております。
            取締役会においては、個別銘柄ごとに保有の意義や資本コスト等を踏まえた保有の合理性について定期的
           に検証し、保有の適否を判断しております。
            検証の結果、保有が相当でないと判断した銘柄については、縮減を図ってまいります。
         b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(百万円)
                     14             86
     非上場株式
                      7           1,402
     非上場株式以外の株式
    (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
     非上場株式                -             -  -

                      4             14
     非上場株式以外の株式                                取引先持株会を通じた株式取得
    (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                  銘柄数      株式数の減少に係る売却
                  (銘柄)      価額の合計額(百万円)
                      1             3
     非上場株式
                      2            209
     非上場株式以外の株式
                                 51/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
          c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
             特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)           保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の

         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (百万円)         (百万円)
                                  同社は当社の化学品事業における繊維化
                    387,425         384,502
                                  学品の販売先であり、相互の事業拡大や
                                  取引関係の強化を目的として、同社の持
     セーレン株式会社                                                   無
                                  株会に加入しております。株式数は持株
                      975         600   会を通じて株式を取得したため増加して
                                  おります。
                                  同社は当社の化学品事業におけるクリー
                    63,626         62,795
                                  ニング用薬剤の販売先であり、相互の事
                                  業拡大や取引関係の強化を目的として、
     株式会社トーカイ                                                   無
                                  同社の持株会に加入しております。株式
                      125         127   数は持株会を通じて株式を取得したため
                                  増加しております。
                                  同社は当社の化学品事業における繊維化
                    156,259         152,970
                                  学品の販売先であり、相互の事業拡大や
     小松マテーレ株式会                             取引関係の強化を目的として、同社の持
                                                        無
     社                             株会に加入しております。株式数は持株
                      199         157   会を通じて株式を取得したため増加して
                                  おります。
                             45,174

                      -
     サカイオーベックス
                                  -                      有
     株式会社
                                98
                      -
                                  同社は当社の主力取引銀行の一つであ

                    19,500         43,423
                                  り、当社の財務活動円滑化を目的に株式
     株式会社福井銀行                             を保有しております。当事業年度におい                      有
                                  て持株会の退会及び一部売却を行ってお
                      27         82
                                  ります。
                                  同社は当社の化学品事業におけるクリー
                    15,132         14,051
                                  ニング用薬剤の販売先であり、相互の事
                                  業拡大や取引関係の強化を目的として、
     株式会社白洋舎                                                   無
                                  同社の持株会に加入しております。株式
                      24         34
                                  数は持株会を通じて株式を取得したため
                                  増加しております。
                                  同社は当社の化学品事業における仕入及
                    24,000         24,000
                                  び販売先であり、相互の事業拡大や取引
     長瀬産業株式会社                                                   有
                                  関係の強化を目的に株式を保有しており
                      44         36
                                  ます。
                                  同社は当社の化学品事業における繊維化
                     5,756         5,756
                                  学品の販売先であり、相互の事業拡大や
     東海染工株式会社                                                   無
                                  取引関係の強化を目的に株式を保有して
                       6         6
                                  おります。
           (注)1.みなし保有株式はありません。
              2.定量的な保有効果については、記載が困難であるため記載しておりません。
         ③保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                 52/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号。以
        下、「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号。以下「財

        務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
         また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており

        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2021年1月1日から2021年12月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2021年1月1日から2021年12月31日まで)の財務諸表について有限責任                                                   あず
      さ監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
      容を適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財団法人財
      務会計基準機構へ加入し、同機構や監査法人等による研修への参加、会計専門誌等の購読による情報収集を行ってお
      ります。
                                 53/117













                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                           7,962              7,659
        現金及び預金
                                       ※2 ,※3  9,026           ※2 ,※3  9,618
        受取手形及び売掛金
                                           4,224              4,895
        商品及び製品
                                            735              669
        仕掛品
                                           3,066              3,766
        原材料及び貯蔵品
                                            963              952
        その他
                                            △ 2             △ 0
        貸倒引当金
                                          25,977              27,562
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                          26,054              26,509
          建物及び構築物
                                         △ 12,447             △ 13,225
           減価償却累計額
                                          13,607              13,283
           建物及び構築物(純額)
          機械装置及び運搬具                                19,001              19,901
                                         △ 14,968             △ 16,314
           減価償却累計額
                                           4,033              3,587
           機械装置及び運搬具(純額)
          工具、器具及び備品                                 3,691              3,914
                                          △ 3,165             △ 3,314
           減価償却累計額
                                            526              599
           工具、器具及び備品(純額)
          土地                                 5,261              5,247
                                            343              339
          リース資産
                                           △ 127             △ 172
           減価償却累計額
                                            216              167
           リース資産(純額)
                                            81              392
          建設仮勘定
                                          23,726              23,277
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                            304              298
          その他
                                            304              298
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         ※1  1,457             ※1  1,706
          投資有価証券
                                             2              2
          出資金
                                            375              356
          差入保証金
                                            951              980
          繰延税金資産
                                            380              348
          その他
                                            △ 0             △ 0
          貸倒引当金
                                           3,166              3,394
          投資その他の資産合計
                                          27,197              26,970
        固定資産合計
                                          53,175              54,533
       資産合計
                                 54/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:百万円)

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         ※3  5,325             ※3  6,619
        支払手形及び買掛金
                                       ※4 ,※5  8,033           ※4 ,※5  5,662
        短期借入金
                                            50              48
        リース債務
                                           1,471              1,539
        未払金
                                            357              570
        未払法人税等
                                            515              142
        未払消費税等
                                            556              772
        賞与引当金
                                                          35
        役員賞与引当金                                    -
                                           1,051              1,312
        その他
                                          17,361              16,702
        流動負債合計
       固定負債
                                         ※5  8,267             ※5  6,038
        長期借入金
                                            144               96
        リース債務
                                            39              39
        長期未払金
                                           3,223              3,298
        退職給付に係る負債
                                            75              115
        株式報酬引当金
                                            852              875
        長期預り金
                                            44              42
        その他
                                          12,647              10,506
        固定負債合計
                                          30,009              27,209
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                           2,898              2,898
        資本金
                                           2,928              2,928
        資本剰余金
                                          16,909              19,284
        利益剰余金
                                          △ 1,465             △ 1,444
        自己株式
                                          21,271              23,667
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                            365              632
        その他有価証券評価差額金
                                                         1,002
        為替換算調整勘定                                  △ 308
                                           △ 309             △ 251
        退職給付に係る調整累計額
                                                         1,383
        その他の包括利益累計額合計                                  △ 251
                                           2,146              2,272
       非支配株主持分
                                          23,166              27,323
       純資産合計
                                          53,175              54,533
     負債純資産合計
                                 55/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                        41,179              48,474
     売上高
                                     ※1 ,※3  27,410           ※1 ,※3  32,431
     売上原価
                                        13,768              16,043
     売上総利益
                                     ※2 ,※3  12,352           ※2 ,※3  13,589
     販売費及び一般管理費
                                         1,416              2,453
     営業利益
     営業外収益
                                          36              43
       受取利息
                                          32              29
       受取配当金
                                          27              27
       持分法による投資利益
                                                        109
       為替差益                                    -
                                          191
       雇用調整助成金                                                  -
                                                         64
       債務免除益                                    -
                                          246              211
       雑収入
                                          535              485
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          65              43
       支払利息
                                          74
       為替差損                                                  -
                                          79              79
       売上割引
                                          86              109
       雑損失
                                          305              232
       営業外費用合計
                                         1,645              2,706
     経常利益
     特別利益
                                         ※4  6           ※4  607
       固定資産売却益
                                          10              116
       投資有価証券売却益
                                          133
       補助金収入                                                  -
                                                         92
                                          -
       受取補償金
                                          150              816
       特別利益合計
     特別損失
                                         ※5  21            ※5  10
       固定資産除却損
                                         ※6  2            ※6  0
       固定資産売却損
                                           0              33
       投資有価証券売却損
                                           1              18
       投資有価証券評価損
                                          25              61
       特別損失合計
                                         1,770              3,461
     税金等調整前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     555              906
                                          45
                                                       △ 168
     法人税等調整額
                                          600              738
     法人税等合計
                                         1,170              2,723
     当期純利益
                                          125              127
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                         1,044              2,595
     親会社株主に帰属する当期純利益
                                 56/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                         1,170              2,723
     当期純利益
     その他の包括利益
                                                        266
       その他有価証券評価差額金                                   △ 20
                                                       1,507
       為替換算調整勘定                                  △ 120
                                          76              57
       退職給付に係る調整額
                                        ※ △ 64            ※ 1,831
       その他の包括利益合計
                                         1,105              4,555
     包括利益
     (内訳)
                                         1,015              4,231
       親会社株主に係る包括利益
                                          90              324
       非支配株主に係る包括利益
                                 57/117
















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                              (単位:百万円)
                                株主資本
                  資本金       資本剰余金       利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高               2,898       2,928       16,058       △ 1,481       20,404
     当期変動額
      剰余金の配当
                                   △ 193              △ 193
      親会社株主に帰属する
                                   1,044               1,044
      当期純利益
      自己株式の処分                                      16       16
      非支配株主との取引に
                            △ 0                     △ 0
      係る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -       △ 0       850        16       866
     当期末残高               2,898       2,928       16,909       △ 1,465       21,271
                         その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る調        その他の包括利
                       為替換算調整勘定
                 評価差額金               整累計額       益累計額合計
     当期首残高                386       △ 223       △ 385       △ 223       2,233       22,414
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 193
      親会社株主に帰属する
                                                         1,044
      当期純利益
      自己株式の処分                                                    16
      非支配株主との取引に
                                                          △ 0
      係る親会社の持分変動
      株主資本以外の項目の
                    △ 20       △ 84       76       △ 28       △ 86      △ 115
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                △ 20       △ 84       76       △ 28       △ 86       751
     当期末残高                365       △ 308       △ 309       △ 251       2,146       23,166
                                 58/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                              (単位:百万円)
                                株主資本
                  資本金       資本剰余金       利益剰余金        自己株式       株主資本合計
     当期首残高               2,898       2,928       16,909       △ 1,465       21,271
     当期変動額
      剰余金の配当                             △ 220              △ 220
      親会社株主に帰属する
                                   2,595               2,595
      当期純利益
      自己株式の取得

                                           △ 0       △ 0
      自己株式の処分                       0              21       21

      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -        0      2,375         20      2,396
     当期末残高               2,898       2,928       19,284       △ 1,444       23,667
                         その他の包括利益累計額

                                              非支配株主持分        純資産合計
                その他有価証券              退職給付に係る調        その他の包括利
                       為替換算調整勘定
                 評価差額金               整累計額       益累計額合計
     当期首残高                365       △ 308       △ 309       △ 251       2,146       23,166
     当期変動額
      剰余金の配当
                                                         △ 220
      親会社株主に帰属する
                                                         2,595
      当期純利益
      自己株式の取得                                                    △ 0

      自己株式の処分

                                                          21
      株主資本以外の項目の
                     266       1,310         57      1,635        126       1,761
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                266       1,310         57      1,635        126       4,157
     当期末残高
                     632       1,002       △ 251       1,383       2,272       27,323
                                 59/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         1,770              3,461
       税金等調整前当期純利益
                                         2,768              2,500
       減価償却費
                                           2
       のれん償却額                                                  -
                                           1              18
       投資有価証券評価損益(△は益)
                                          149              128
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)
                                           2              40
       株式報酬引当金の増減額(△は減少)
                                                        216
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 165
                                                         35
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   △ 2             △ 1
       受取利息及び受取配当金                                   △ 69             △ 72
                                          65              43
       支払利息
                                           6              12
       為替差損益(△は益)
       持分法による投資損益(△は益)                                   △ 27             △ 27
                                          17
       固定資産処分損益(△は益)                                                △ 596
       投資有価証券売却損益(△は益)                                   △ 10             △ 83
       債務免除益                                    -             △ 64
       受取補償金                                    -             △ 92
       補助金収入                                  △ 133               -
                                          759
       売上債権の増減額(△は増加)                                                △ 115
                                          905
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                                △ 977
                                          357              998
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                          448
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                                △ 384
                                                        254
                                         △ 17
       その他
                                         6,829              5,293
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   118              105
       利息の支払額                                   △ 65             △ 44
       法人税等の支払額                                  △ 402             △ 724
                                                         92
                                          -
       補償金の受取額
                                         6,479              4,722
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の預入による支出                                  △ 904            △ 1,466
                                          509              989
       定期預金の払戻による収入
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 1,334             △ 1,443
                                          81              818
       有形固定資産の売却による収入
       投資有価証券の取得による支出                                   △ 21             △ 17
                                          21              212
       投資有価証券の売却による収入
                                          133
       補助金の受取額                                                  -
                                         △ 34             △ 88
       その他
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,549              △ 994
                                 60/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        77,933              86,822
       短期借入れによる収入
       短期借入金の返済による支出                                 △ 80,102             △ 88,940
       ファイナンス・リース債務の返済による支出                                   △ 50             △ 50
                                         1,563
       長期借入れによる収入                                                  -
       長期借入金の返済による支出                                 △ 2,616             △ 2,458
       連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得に
                                         △ 44              -
       よる支出
       配当金の支払額                                  △ 188             △ 220
       非支配株主への配当金の支払額                                  △ 137             △ 198
                                          16              21
       自己株式の売却による収入
                                          -              △ 0
       自己株式の取得による支出
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 3,626             △ 5,024
                                                        479
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 45
                                         1,258
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                                  △ 816
                                         5,931              7,190
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※1  7,190             ※1  6,373
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 61/117














                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
        1.連結の範囲に関する事項
         (1)連結子会社の数            21 社
           主要な連結子会社名は「第1 企業の概要 4 関係会社の状況」に記載しているため省略しておりま
           す。
        2.持分法の適用に関する事項

         (1)持分法適用の関連会社数                1 社
           主要な会社名
            ソルベイ日華株式会社
         (2)持分法を適用していない関連会社(株式会社ニッコー化学研究所)は、当期純損益(持分に見合う額)及
          び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微
          であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
        3.連結子会社の事業年度等に関する事項

          連結子会社のうちNICCA           INDIA   PRIVATE    LIMITEDの決算日は3月31日ですが、連結決算日での仮決算を行った
         財務諸表を使用して、連結決算を行っております。なお、その他の連結子会社の決算日は、連結決算日と一致し
         ております。
                                 62/117














                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        4.会計方針に関する事項
         (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
          ① 有価証券
           (イ)関連会社株式
               移動平均法による原価法を採用しております。
           (ロ)その他有価証券
              時価のあるもの
               決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動
              平均法により算定)を採用しております。
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
          ② デリバティブ
           時価法を採用しております。
          ③ たな卸資産
           (イ)原材料
               主として移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法によ
              り算定)を採用しております。
           (ロ)商品及び製品、仕掛品
               主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
              算定)を採用しております。
           (ハ)貯蔵品
               主として最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法
              により算定)を採用しております。
         (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

          ① 有形固定資産(リース資産を除く。)
             当社及び国内連結子会社の建物(建物附属設備を除く)は定額法、建物以外は定率法を採用しておりま
            す。ただし、2016年4月1日以後に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しており
            ます。在外連結子会社は主として定額法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
            建物(建物附属設備を除く。)                 7~50年
            建物以外                 2~50年
          ② 無形固定資産(リース資産を除く。)
             自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法、それ以外の
            無形固定資産については、定額法により償却しております。
          ③ リース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
         (3)重要な引当金の計上基準

          ① 貸倒引当金
            債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
           については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          ② 賞与引当金
            従業員賞与の支払に備えるため、当社及び一部の連結子会社は、支給見込額基準により計上しておりま
           す。
          ③ 役員賞与引当金
            役員賞与の支払に備えるため、当社は、支給見込額基準により計上しております。
          ④ 株式報酬引当金
            取締役及び執行役員を対象とした業績連動型株式報酬制度による当社株式の交付に備えるため、株式交付
           規程に基づき、役員等に割り当てられたポイントに応じた株式の支給見込額を計上しております。
                                 63/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         (4)退職給付に係る会計処理の方法
          ① 退職給付見込額の期間帰属方法
            当社及び一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの
           期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。
          ② 数理計算上の差異の費用処理方法
            数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10
           年)による定率法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしておりま
           す。未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額
           の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
          ③ 小規模企業等における簡便法の採用
            一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支
           給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
         (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

           外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
          おります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及
          び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び非支配株
          主持分に含めて計上しております。
         (6)重要なヘッジ会計の方法

          ① ヘッジ会計の方法
            繰延ヘッジ処理によっております。なお、金利スワップの特例処理の条件を充たしている場合には特例処
           理を採用しております。
          ② ヘッジ手段とヘッジ対象
            ヘッジ手段・・・金利スワップ
            ヘッジ対象・・・借入金利息
          ③ ヘッジ方針
            金利変動リスクの低減のため、変動金利のみを対象にヘッジを行っております。
          ④ ヘッジの有効性評価の方法
            個別取引ごとに、有効性を評価することとしております。なお、金利スワップの特例処理が適用される取
           引については、有効性の評価を省略しております。
         (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

           手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスク
          しか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
         (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

          (消費税等の会計処理)
           消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
                                 64/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
          会計上の見積りは、連結財務諸表作成時に入手可能な情報に基づいて合理的な金額を算出しております。当連
         結会計年度の連結財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の連結財務諸表に重要な
         影響を及ぼすリスクがある項目は以下のとおりです。
         1.固定資産の減損

         (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
           ・有形固定資産                  23,277百万円
            うち、当社の化学品事業における有形固定資産                            8,110百万円
           ・無形固定資産                                              298百万円
            うち、当社の化学品事業における無形固定資産                              118百万円
         (2)会計上の見積りの内容について連結財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
           当社グループは固定資産の減損会計の適用に際し、当社は化学品事業及び化粧品事業を資産グループと
          し、連結子会社は事業会社毎を1つの資産グループとして、減損の兆候の有無を確認しております。減損の
          兆候がみられる場合には、各資産グループの単位で割引前将来キャッシュ・フローを見積り、それをもとに
          減損損失の認識を行うかどうかを判定し、減損損失計上の検討を行います。
           当社の化学品事業は、将来成長の経営基盤を固めるため2017年12月期から2019年12月期にかけて、NICCAイ
          ノベーションセンターや鹿島工場への設備投資を実施しました。これにより研究開発費や減価償却費の負担
          が増加し、継続的に営業損益がマイナスとなっていることから減損の兆候があると判断し、減損損失の認識
          の要否の判定を行いました。判定の結果、当社の化学品事業の割引前将来キャッシュ・フローの総額が資産
          グループの固定資産の帳簿価額を超えると判断されたため、減損損失は計上しておりません。
           ここで、減損損失の認識の要否の判定を行った当社の化学品事業の割引前将来キャッシュ・フローは、当
          社の事業計画を基礎として見積っており、ナフサ価格の動向、水系ポリウレタン樹脂及び抗菌抗ウイルス剤
          の販売見込み、並びに事業計画策定期間の最終年度以降の一定の売上高成長率といった、経営者による重要
          な判断を伴う仮定が含まれております。したがって、市場環境等の変化により、これらの仮定に変更が生じ
          た場合には、固定資産の減損損失の認識が必要になる可能性があります。
           なお、新型コロナウイルス感染症による重要な影響はないため、割引前将来キャッシュ・フローの見積り
          には含めておりません。
         2.繰延税金資産の回収可能性

         (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額
            繰延税金資産                  2,160百万円
            うち  、 当社における繰延税金資産         1,329百万円
         (2)会計上の見積りの内容について連結財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
           当社グループは、将来減算一時差異と税務上の繰越欠損金に対して、将来の課税所得が見込まれる範囲で
          繰延税金資産を計上しています。
           当社の将来の課税所得の見積りは、事業計画を基礎として行っており、経営者による重要な判断を伴うも
          のであり、市場環境等の変化により、繰延税金資産の金額が変動し、翌連結会計年度の連結財務諸表に重要
          な影響を与える可能性があります。
           なお、新型コロナウイルス感染症による重要な影響はないため、将来の課税所得の見積りには含めており
          ません。
         (未適用の会計基準等)

          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準
           委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
           基準委員会)
          (1)概要

           国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
          な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
          FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
          Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
          おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものであります。
                                 65/117


                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
           企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
          整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
          ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
          べ き項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
          す。
          (2)適用予定日

           2022年12月期の期首から適用します。
          (3)当該会計基準等の適用による影響

           「収益認識に関する会計基準」等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的
          な取扱いに従い、2022年12月期の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、2022
          年12月期の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用します。当該期首利益剰余
          金に与える影響は軽微であります。
         (表示方法の変更)

          (連結損益計算書)
           前連結会計年度において、独立掲記しておりました「営業外収益」の「助成金収入」は金額的重要性が乏し
          くなったため、当連結会計年度においては「雑収入」に含めて表示しております。この表示方法の変更を反映
          させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替を行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外費用」の「助成金収入」に表示していた24
          百万円は、「雑収入」として組み替えております。
          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度か
          ら適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取り扱いに従って、前連結
          会計年度に係る内容については記載しておりません。
                                 66/117











                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         (追加情報)
        (取締役及び執行役員に対する株式交付信託)
         当社は、当社の取締役(社外取締役を含みます。)及び執行役員(以下、「取締役等」といいます。)を対象
        に、取締役等の報酬と当社の中長期的な業績及び株式価値との連動性をより明確にし、取締役等が株価上昇による
        メリットのみならず、株価下落によるリスクまでも株主の皆様と共有することにより、当社の持続的な成長と企業
        価値向上に貢献する意識を高めることを目的として、業績連動型株式報酬制度(以下、「本制度」といいます。)
        を導入しております。
         1.取引の概要
         本制度は、当社が拠出する金銭を原資として当社株式が信託を通じて取得され、当社の取締役等に対して、当社
        取締役会が定める「役員株式給付規程」に従って、役位、業績達成度等に応じて当社株式及び当社株式を時価で換
        算した金額相当の金銭(以下、「当社株式等」といいます。)が信託を通じて給付される業績連動型の株式報酬制
        度であります。なお、取締役等が当社株式等の給付を受ける時期は、原則として取締役等の退任時といたします。
         2.信託に残存する自社の株式
         信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付帯する費用の金額を除く。)により、純資産の部に自己
        株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、前連結会計年度214百万円、247千株、当連
        結会計年度193百万円、223千株であります。
                                 67/117















                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
      ※1 関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
     投資有価証券(株式)                                207百万円                 203百万円
      ※2 受取手形割引高及び受取手形裏書譲渡高

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
     受取手形割引高                                 3 百万円                 6 百万円
      ※3 連結会計年度末日満期手形

          連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、連結
         会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末残高に含まれ
         ております。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
     受取手形                                 48百万円                 73百万円
     支払手形                                 93                 120
      ※4 当座貸越契約及び貸出コミットメント

          当社及び一部の連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約及び貸出
         コミットメント契約を締結しております。これらの契約に基づく連結会計年度末における当座貸越契約及び貸出
         コミットメントに係る借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                    23,645百万円                 16,623百万円
     総額
     借入実行残高                               5,575                 3,494
             差引額                      18,069                 13,129
                                 68/117










                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      ※5 財務制限条項
         前連結会計年度(2020年12月31日)
           当連結会計年度末の借入金のうち、短期借入金1,600百万円及び長期借入金2,000百万円には、以下の内容の
          財務制限条項が付されております。
          (財務制限条項)
          ①2016年6月第2四半期以降、各年度の決算期の末日及び第2四半期の末日における連結の貸借対照表上の
           純資産の部の金額を直前の決算期末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%以上に維持
           すること。
          ②2016年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における連
           結の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。
         当連結会計年度(2021年12月31日)

           当連結会計年度末の借入金のうち、短期借入金1,600百万円及び長期借入金400百万円には、以下の内容の財
          務制限条項が付されております。
          (財務制限条項)
          ①2016年6月第2四半期以降、各年度の決算期の末日及び第2四半期の末日における連結の貸借対照表上の
           純資産の部の金額を直前の決算期末日における連結の貸借対照表上の純資産の部の金額の75%以上に維持
           すること。
          ②2016年12月期決算以降の決算期を初回の決算期とする連続する2期について、各年度の決算期における連
           結の損益計算書に示される経常損益が2期連続して損失とならないようにすること。
      (連結損益計算書関係)

      ※1 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれてお
         ります。なお、以下の金額は戻入額と相殺した後のものであります。
                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
                                      25 百万円                57 百万円
      ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
     運賃及び荷造費                               1,490   百万円               1,727   百万円
                                    3,467                 3,648
     役員報酬及び給料
                                      2                 48
     株式報酬引当金繰入額
                                     288                 386
     賞与引当金繰入額
                                                       35
     役員賞与引当金繰入額                                 -
                                     282                 349
     退職給付費用
                                    1,868                 1,992
     研究開発費
      ※3 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                              前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
                                    2,019   百万円               2,166   百万円
                                 69/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      ※4 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     建物及び構築物                                 0百万円                286百万円
     機械装置及び運搬具                                 5                 4
     工具、器具及び備品                                 0                 0
     土地                                 0                315
              計                        6                607
      ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     建物及び構築物                                 11百万円                  2百万円
     機械装置及び運搬具                                 7                 1
     工具、器具及び備品                                 2                 6
              計                       21                 10
      ※6 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     機械装置及び運搬具                                 2百万円                 0百万円
     工具、器具及び備品                                 0                 0
              計                        2                 0
                                 70/117











                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
      ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                              前連結会計年度                 当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)                   至 2021年12月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                              △19百万円                  499百万円
                                    △10                 △116
      組替調整額
        税効果調整前
                                    △30                  383
                                      9               △116
        税効果額
        その他有価証券評価差額金
                                    △20                  266
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                             △120                 1,507
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                              △4                 △7
                                     114                  91
      組替調整額
        税効果調整前
                                     110                  83
                                    △33                 △26
        税効果額
        退職給付に係る調整額                              76                 57
         その他の包括利益合計                            △64                 1,831
                                 71/117














                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
      前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                    株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                   17,710            -          -        17,710

           合計              17,710            -          -        17,710

     自己株式

      普通株式(注)                   1,991            -          19         1,972

           合計               1,991            -          19         1,972

    (注)1.当連結会計年度末の自己株式数には、役員向け株式交付信託所有の当社株式数247千株が含まれております。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少19千株は、役員向け株式交付信託が保有する当社株式の交付による減少で
          あります。
      2.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2020年3月26日
                普通株式              127          8  2019年12月31日         2020年3月27日
      定時株主総会
     2020年7月30日
                普通株式              63          4  2020年6月30日         2020年9月10日
       取締役会
    (注)1.2020年3月26日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が所有する当社株式266千
          株に対する配当金2百万円が含まれております。
        2.2020年7月30日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が所有する当社株式256千株に
          対する配当金1百万円が含まれております。
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額               1株当たり
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              配当額(円)
     2021年3月26日
               普通株式           95   利益剰余金             6  2020年12月31日         2021年3月29日
      定時株主総会
    (注)2021年3月26日定時株主総会決議による配当金の総額には、この配当金の基準日である2020年12月31日現在で役員
        向け株式交付信託が所有する当社株式247千株に対する配当金1百万円が含まれております。
                                 72/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
      1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度期首          当連結会計年度増加          当連結会計年度減少           当連結会計年度末
                    株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)          株式数(千株)
     発行済株式

      普通株式                   17,710            -          -        17,710

           合計              17,710            -          -        17,710

     自己株式

      普通株式(注)                   1,972            0          23         1,948

           合計               1,972            0          23         1,948

    (注)1.当連結会計年度末の自己株式数には、役員向け株式交付信託所有の当社株式数223千株が含まれております。
        2.普通株式の自己株式の株式数の減少23千株は、役員向け株式交付信託が保有する当社株式の交付による減少で
          あります。
      2.配当に関する事項

        (1)配当金支払額
                        配当金の総額        1株当たり配当額
                株式の種類                             基準日        効力発生日
     (決議)                    (百万円)          (円)
     2021年3月26日
                普通株式              95          6  2020年12月31日         2021年3月29日
      定時株主総会
     2021年7月29日
                普通株式              127          8  2021年6月30日         2021年9月8日
       取締役会
    (注)1.2021年3月26日定時株主総会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が所有する当社株式247千
          株に対する配当金1百万円が含まれております。
        2.2021年7月29日取締役会決議による配当金の総額には、役員向け株式交付信託が所有する当社株式232千株に
          対する配当金1百万円が含まれております。
        (2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                    配当金の総額               1株当たり
              株式の種類              配当の原資                基準日        効力発生日
     (決議)                (百万円)              配当額(円)
     2022年3月25日
               普通株式          223    利益剰余金            14   2021年12月31日         2022年3月28日
      定時株主総会
    (注)2022年3月25日定時株主総会決議による配当金の総額には、この配当金の基準日である2021年12月31日現在で役員
        向け株式交付信託が所有する当社株式223千株に対する配当金3百万円が含まれております。
                                 73/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
      ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                 当連結会計年度
                             (自 2020年1月1日                 (自 2021年1月1日
                              至 2020年12月31日)                 至 2021年12月31日)
     現金及び預金勘定                               7,962   百万円              7,659   百万円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △771                △1,285
     現金及び現金同等物                               7,190                 6,373
      (リース取引関係)

      (借主側)
      1.ファイナンス・リース取引
         所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ①リース資産の内容
         有形固定資産
          主として、フォークリフト等車両、オフィス設備等工具、器具及び備品であります。
        ②リース資産の減価償却の方法
          連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資産の
         減価償却の方法」に記載のとおりであります。
      2.オペレーティング・リース取引

         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                               (単位:百万円)
                             前連結会計年度               当連結会計年度
                            (2020年12月31日)               (2021年12月31日)
          1年内                            6               1
          1年超                            2               1

          合計                            9               2

                                 74/117










                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)金融商品に対する取組方針
          当社グループは、設備投資等の事業計画に照らして、必要な資金を主に銀行等金融機関からの借り入れにより
         調達しております。一時的な余資は主に流動性の高い金融資産で運用し、また、短期的な運転資金を銀行借り入
         れにより調達しております。なお、デリバティブ取引については、当社の内部規程である「デリバティブ取引管
         理規程」に基づき、投機目的での取引は一切行わない方針であります。
       (2)金融商品の内容及びそのリスク

          営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、グローバルに事業を展
         開していることから生じている外貨建ての営業債権は、為替の変動リスクに晒されております。
          投資有価証券は、主に取引先企業との業務又は資本提携等に関連する株式であり、市場価格の変動リスクに晒
         されております。
          営業債務である支払手形及び買掛金は、ほとんど5ヶ月以内の支払期日であります。また、その一部には、原
         料等の輸入に伴う外貨建てのものがあり、為替の変動リスクに晒されていますが、恒常的に同じ外貨建ての売掛
         金残高の範囲内にあります。
          借入金は、主に設備投資に必要な資金及び運転資金として調達しており、長期借入金の償還日は当連結決算日
         後、最長で8年以内であります。また、長期借入金については、固定金利での調達のほか、一部については金利
         変動リスクを回避する目的で金利スワップを行っており、支払利息の固定化を実施しております。
          借入金のうちシンジケートローン契約については一定の財務制限条項が付されております。これに抵触した場
         合、該当する借入金の一括返済及び契約解除のおそれがあり、当社の資金調達に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
          デリバティブ取引は、借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジを目的とした金利スワップ取引であ
         ります。なお、ヘッジ会計に関するヘッジ手段とヘッジ対象、ヘッジ方針、ヘッジの有効性の評価方法等につい
         ては、前述の「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項(6)重要なヘッ
         ジ会計の方法」」をご参照ください。
       (3)金融商品に係るリスク管理体制

        ①信用リスク(取引先の契約不履行に関するリスク)の管理
          当社グループは、営業債権について、各事業部門における担当者が主要な取引先の状況を定期的にモニタリ
         ングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、信用調査等の情報を収集することで財務状況等の
         悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。また、販売先信用保証を行うことでリスクを軽減
         しております。
        ②市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          当社グループは外貨建ての営業債権について、為替変動についての継続的なモニタリングを行うことで為替
         変動リスクを管理しております。
          また、当社グループは、借入金に係る支払金利の変動リスクを抑制するために、長期借入金については、固
         定金利での調達のほか、一部については金利変動リスクを回避する目的で金利スワップを利用しております。
         投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握し、市況や取引先企業と
         の関係を勘案して保有状況を継続的に見直しております。デリバティブ取引については、基本方針及び運用方
         法等を定めた「デリバティブ取引管理規程」及び「ヘッジ取引管理要綱」に従い、管理しております。
        ③資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社グループは、各部署からの報告に基づき担当部署が資金繰り計画を作成・更新するとともに、手許流動
         性の維持などにより流動性リスクを管理しております。
       (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含ま
        れております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することに
        より、当該価額が変動することもあります。
                                 75/117




                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      2.金融商品の時価等に関する事項
         連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
        が極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
        前連結会計年度(2020年12月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)           差額(百万円)
                             (百万円)
     (1)現金及び預金                             7,962           7,962             -

     (2)受取手形及び売掛金                             9,026           9,026             -

     (3)投資有価証券

       その他有価証券                          1,143           1,143             -
              資産計                   18,132           18,132             -

     (1)支払手形及び買掛金                             5,325           5,325             -

     (2)短期借入金                             8,033           8,042             8
     (3)長期借入金                             8,267           8,236            △30
              負債計                   21,626           21,604            △21

      デリバティブ取引                              -           -           -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        資 産
         (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (3)投資有価証券
          これらの時価について、債券は取引金融機関から呈示された価格、株式は取引所の価格によっております。
          また、保有目的毎の有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
        負 債
         (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金(1年以内返済予定の長期借入金を除く)
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (3)長期借入金
          これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定
          する方法によっております。
        デリバティブ取引
          デリバティブ取引は、金利関連として、金利スワップ取引があります。特例処理によっているため、ヘッジ
         対象とされる借入金と一体として処理されており、その時価は、当該借入金の時価に含めて記載しておりま
         す。
          デリバティブ取引の詳細は、注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
                                 76/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(2021年12月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                                       時価(百万円)           差額(百万円)
                             (百万円)
     (1)現金及び預金                             7,659           7,659             -

     (2)受取手形及び売掛金                             9,618           9,618             -

     (3)投資有価証券

       その他有価証券                          1,402           1,402             -
              資産計                   18,680           18,680             -

     (1)支払手形及び買掛金                             6,619           6,619             -

     (2)短期借入金                             5,662           5,669             6
     (3)長期借入金                             6,038           5,980            △57
              負債計                   18,319           18,268            △50

      デリバティブ取引                              -           -           -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項

        資 産
         (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (3)投資有価証券
          これらの時価について、債券は取引金融機関から呈示された価格、株式は取引所の価格によっております。
          また、保有目的毎の有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照ください。
        負 債
         (1)支払手形及び買掛金、(2)短期借入金(1年以内返済予定の長期借入金を除く)
          これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (3)長期借入金
          これらの時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定される利率で割り引いて算定
          する方法によっております。
        デリバティブ取引
          デリバティブ取引は、金利関連として、金利スワップ取引があります。特例処理によっているため、ヘッジ
         対象とされる借入金と一体として処理されており、その時価は、当該借入金の時価に含めて記載しておりま
         す。
          デリバティブ取引の詳細は、注記事項(デリバティブ取引関係)をご参照ください。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度                  当連結会計年度

             区分
                           (2020年12月31日)                  (2021年12月31日)
     非上場株式                                  314                  303
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有
         価証券」には含めておりません。
                                 77/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
          前連結会計年度(2020年12月31日)
                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                       7,962           -         -         -

     受取手形及び売掛金                       9,026           -         -         -
             合計               16,989           -         -         -

          当連結会計年度(2021年12月31日)

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (百万円)                            (百万円)
                                  (百万円)         (百万円)
     現金及び預金                       7,659           -         -         -

     受取手形及び売掛金                       9,618           -         -         -
             合計               17,277           -         -         -

         4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(2020年12月31日)
                       1年超        2年超        3年超        4年超
               1年以内                                       5年超
                       2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
               (百万円)                                       (百万円)
                      (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     短期借入金            5,575         -        -        -        -        -

     長期借入金            2,458        2,229         868       1,518        1,168        2,484
     合計            8,033        2,229         868       1,518        1,168        2,484

          当連結会計年度(2021年12月31日)

                       1年超        2年超        3年超        4年超
               1年以内                                       5年超
                       2年以内        3年以内        4年以内        5年以内
               (百万円)                                       (百万円)
                      (百万円)        (百万円)        (百万円)        (百万円)
     短期借入金            3,494         -        -        -        -        -

     長期借入金            2,168         868       1,518        1,168        1,168        1,316
     合計            5,662         868       1,518        1,168        1,168        1,316

                                 78/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (有価証券関係)
      1.売買目的有価証券
         前連結会計年度(2020年12月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(2021年12月31日)

          該当事項はありません。
      2.満期保有目的の債券

         前連結会計年度(2020年12月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(2021年12月31日)

          該当事項はありません。
      3.その他有価証券

         前連結会計年度(2020年12月31日)
                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            額(百万円)
                 (1)株式                  1,026            460           565

                 (2)債券                   -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計              1,026            460           565

                 (1)株式                   117           157          △40

                 (2)債券                   -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計               117           157          △40

               合計                    1,143            618           525

    (注)時価を把握することが極めて困難と認められるその他有価証券は、上表に含まれておりません。
         当連結会計年度(2021年12月31日)

                            連結貸借対照表計上
                     種類                  取得原価(百万円)            差額(百万円)
                            額(百万円)
                 (1)株式                  1,351            416           934

                 (2)債券                   -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計              1,351            416           934

                 (1)株式                   51           93          △42

                 (2)債券                   -           -           -
     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                 (3)その他                   -           -           -
                     小計                51           93          △42

               合計                    1,402            510           892

    (注)時価を把握することが極めて困難と認められるその他有価証券は、上表に含まれておりません。
                                 79/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      4.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
          種類           売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)               売却損合計額(百万円)

     (1)株式                         21              10              0

     (2)債券
       ①  国債・地方債等
                              -              -              -
       ②  社債
                              -              -              -
       ③  その他
                              -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                    21              10              0

         当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

          種類           売却額(百万円)            売却益の合計額(百万円)               売却損合計額(百万円)

     (1)株式                        212              116              33

     (2)債券
       ①  国債・地方債等
                              -              -              -
       ②  社債
                              -              -              -
       ③  その他
                              -              -              -
     (3)その他                         -              -              -
          合計                   212              116              33

      5.減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
          重要性が乏しいため、記載を省略しています。
         当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

          当連結会計年度において、有価証券について18百万円(その他有価証券の株式18百万円)減損処理を行っており
          ます。
         なお、その他有価証券の減損処理にあたっては、時価が取得原価に比して50%超下落した場合は、時価の回復可

        能性がないものとして一律に減損処理を行い、30%超50%以下の場合は、時価の回復可能性等を考慮し、必要と認
        められた額について減損処理を行っております。
         また、時価を把握することが極めて困難と認められる非上場株式の減損処理にあたっては、財政状態の悪化があ
        り、かつ実質価額が取得原価に比して50%超の場合は一律に減損処理を行っております。
                                 80/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (デリバティブ取引関係)
      1.ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
         該当事項はありません。
      2.ヘッジ会計が適用されているデリバティブ取引

         金利関連
          前連結会計年度(2020年12月31日)
                                            契約額等のうち1年超            時価

     ヘッジ会計の方法         デリバティブ取引の種類等             主なヘッジ対象        契約額等(百万円)
                                               (百万円)        (百万円)
     金利スワップの         金利スワップ取引
                           長期借入金              1,300          1,300     (※)
     特例処理         受取変動・支払固定
                  合計                       1,300          1,300     (※)
      (※)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているため、そ
          の時価は、当該借入金の時価に含めて記載しております。
          当連結会計年度(2021年12月31日)

                                            契約額等のうち1年超            時価

     ヘッジ会計の方法         デリバティブ取引の種類等             主なヘッジ対象        契約額等(百万円)
                                               (百万円)        (百万円)
     金利スワップの         金利スワップ取引
                           長期借入金              1,300          1,300     (※)
     特例処理         受取変動・支払固定
                  合計                       1,300          1,300     (※)
      (※)金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象とされている借入金と一体として処理されているため、そ
          の時価は、当該借入金の時価に含めて記載しております。
                                 81/117












                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
      1.採用している退職給付制度の概要
         当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度、退職一時金制度を設けており
        ます。また、従業員の退職等に際して、退職給付会計に準拠した数理計算による退職給付債務の対象とされない割
        増退職金を支払う場合があります。
         なお、連結子会社4社は、退職給付債務算定にあたり簡便法を採用しており、連結子会社6社では、確定拠出型
        年金制度を採用しております。
      2.確定給付制度

        (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                               至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
        退職給付債務の期首残高                             2,957百万円               3,018百万円
         勤務費用                              109               110
         利息費用                              14               18
         数理計算上の差異の当期発生額                               4               7
         退職給付の支払額                             △65               △81
         その他(為替換算調整勘定他)                              △3                5
        退職給付債務の期末残高                             3,018               3,078
        (2)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                前連結会計年度               当連結会計年度
                              (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                               至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
        退職給付に係る負債の期首残高                              198百万円               205百万円
         退職給付費用                              36               86
         退職給付の支払額                             △29               △72
        退職給付に係る負債の期末残高                              205               220
        (3)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る

          資産の調整表
                                前連結会計年度               当連結会計年度
                                2020年12月31日               2021年12月31日
        積立型制度の退職給付債務                             3,018百万円               3,078百万円
        非積立型制度の退職給付債務                              205               220
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                    3,223               3,298
        純額
        退職給付に係る負債                             3,223               3,298
        連結貸借対照表に計上された負債と資産の
                                    3,223               3,298
        純額
        (注)簡便法を適用した制度を含みます。
                                 82/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        (4)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                              至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
        勤務費用                             109百万円               110百万円
        利息費用                             14               18
        数理計算上の差異の当期の費用処理額                             114                91
        簡便法で計算した退職給付費用                             36               86
        確定給付制度に係る退職給付費用                             275               307
        (5)退職給付に係る調整額

          退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                              至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
        数理計算上の差異                             110百万円                83百万円
        (6)   退職給付に係る調整累計額

          退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                               2020年12月31日               2021年12月31日
        未認識数理計算上の差異                             445百万円               361百万円
        (7)数理計算上の計算基礎に関する事項

          当連結会計年度末における主要な数理計算上の計算基礎
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                               2020年12月31日               2021年12月31日
        割引率                             0.35%               0.35%
      3.確定拠出制度

         当社及び連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度190百万円、当連結会計年度183百万円であ
        ります。
      (ストック・オプション等関係)

          該当事項はありません。
                                 83/117










                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                  (2020年12月31日)               (2021年12月31日)
         繰延税金資産
          退職給付に係る負債                               999百万円              1,018百万円
          税務上の欠損金(注)                               581               476
          連結会社間内部利益消去                               163               294
          賞与引当金                               170               233
          たな卸資産評価損                               155               221
          減損損失                               222               212
          繰越外国税額控除                               151               113
          未払費用                               65              104
          未払事業税                               27               43
          株式報酬引当金                               22               35
          減価償却費                               22               22
          特許権                               18               18
                                        115               137
          その他
         繰延税金資産小計
                                       2,717               2,931
          税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                              △293               △305
                                       △484               △465
          将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
         評価性引当額小計                               △777               △770
         繰延税金資産合計
                                       1,939               2,160
         繰延税金負債

          海外子会社の留保利益                              △795               △868
          その他有価証券評価差額金                              △160               △276
          土地評価再評価差額                              △26               △26
                                        △7               △9
          その他
         繰延税金負債合計                               △988              △1,180
         繰延税金資産の純額                                951               980
         (注)税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

            前連結会計年度(2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                         1年超      2年超      3年超      4年超
                   1年以内                              5年超      合計
                         2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
     税務上の繰越欠損金(※1)                 49      14      19      28      13      457      581
     評価性引当額
                     △37      △14      △19      △28      △13      △180      △293
     繰延税金資産                 11      -      -      -      -     276   (※2)288
     (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     (※2)税務上の繰越欠損金581百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産288百万円を計上しており
          ます。当該税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みにより、回収可能と判断した部分について評価性
          引当額を計上しておりません。
                                 84/117





                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2021年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                         1年超      2年超      3年超      4年超
                   1年以内                              5年超      合計
                         2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
     税務上の繰越欠損金(※1)                 16      21      31      15      5     386      476
     評価性引当額                 △16      △21      △31      △15      △5     △215      △305
     繰延税金資産                  0      0      0      0      0     171   (※2)171
     (※1)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
     (※2)税務上の繰越欠損金476百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産171百万円を計上しており
          ます。当該税務上の繰越欠損金は、将来の課税所得の見込みにより、回収可能と判断した部分について評価性
          引当額を計上しておりません。
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

        た主要な項目別の内訳
                                   前連結会計年度               当連結会計年度

                                  (2020年12月31日)               (2021年12月31日)
         法定実効税率
                                       30.46%               30.46%
         (調整)
          交際費等永久に損金に算入されない項目
                                        1.74               3.47
          地方税均等割
                                        1.46               0.65
          受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                      △13.02               △12.48
          受取配当金消去
                                        8.81               8.04
          未実現利益消去                              5.03                -
                                       △0.47               △0.24
          持分法投資損益
                                        4.38               0.38
          外国税額等
                                       △2.81               △2.11
          海外子会社の留保利益
                                        0.78              △5.99
          海外子会社の適用税率の差異等
                                       △2.60               △0.20
          評価性引当額の増減
                                        0.16              △0.66
          その他
         税効果会計適用後の法人税等の負担率                               33.92               21.32
      (企業結合等関係)

         該当事項はありません          。
                                 85/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
      1.報告セグメントの概要
         当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
        の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
         当社は、本社に製品・サービス別に化学品部門と化粧品部門を置き、各部門は、取り扱う製品・サービスについ
        て国内及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
         したがって、当社は、「化学品事業」及び「化粧品事業」の2つを報告セグメントとしております。
         「化学品事業」は、繊維化学品、特殊化学品、クリーニング・メディカル用薬剤、機能化学品、先端材料の生
        産・販売を行っており、「化粧品事業」は、ヘアケア剤、ヘアカラー剤、パーマ剤、スキャルプケア剤及びスタイ
        リング剤の生産・販売を行っております。
      2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

         報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
        ける記載と概ね同一であります。
         報告セグメントの利益は、営業利益(のれん償却前)ベースの数値であります。
         セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
      3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報

        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                            その他(注)          合計
                      化学品        化粧品         計
     売上高
                        28,496        12,175        40,672         506       41,179
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                                                 178         178
                          -        -        -
      は振替高
                        28,496        12,175        40,672         684       41,357
           計
                         842       2,250        3,093         43       3,136
     セグメント利益
                        38,923        10,870        49,793         558       50,352
     セグメント資産
     その他の項目
                        2,192         487       2,680          0      2,681
      減価償却費
                         203                203                203
      持分法適用会社への投資額                            -                -
      有形固定資産及び無形固定資
                         914        480       1,395         40       1,435
      産の増加額
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備請負工事を含んでおります。
                                 86/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                            報告セグメント
                                            その他(注)          合計
                      化学品        化粧品         計
     売上高
                        33,773        14,087        47,861         612       48,474
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部売上高又
                                  30        30       265         296
                          -
      は振替高
                        33,773        14,118        47,892         878       48,771
           計
                        1,460        2,794        4,255         72       4,327
     セグメント利益
                        40,633        10,821        51,455         823       52,278
     セグメント資産
     その他の項目
                        1,916         500       2,416          0      2,417
      減価償却費
                         198                198                198
      持分法適用会社への投資額                            -                -
      有形固定資産及び無形固定資
                        1,093         257       1,351          1      1,352
      産の増加額
      (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備請負工事を含んでおります。
                                 87/117














                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      4.報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)
                                                   (単位:百万円)
                 売上高                   前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                      40,672             47,892

     「その他」の区分の売上高                                       684             878
     セグメント間取引消去                                      △178             △296
     連結財務諸表の売上高                                      41,179             48,474

                                                   (単位:百万円)

                  利益                  前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                      3,093             4,255

     「その他」の区分の利益                                        43             72
     セグメント間取引消去                                        15            △20

     全社費用(注)                                     △1,735             △1,853
     連結財務諸表の営業利益                                      1,416             2,453

      (注)全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費及び技術試験費であります。
                                                   (単位:百万円)

                  資産                  前連結会計年度             当連結会計年度

     報告セグメント計                                      49,793             51,455

     「その他」の区分の資産                                       558             823
     セグメント間取引消去                                      △412             △420

     全社資産(注)                                      3,235             2,675
     連結財務諸表の資産合計                                      53,175             54,533

      (注)全社資産は、主に報告セグメントに帰属しない本社資産であります。
                                                   (単位:百万円)

                報告セグメント計              その他           調整額        連結財務諸表計上額

      その他の項目
               前連結会      当連結会      前連結会      当連結会      前連結会      当連結会      前連結会      当連結会
               計年度      計年度      計年度      計年度      計年度      計年度      計年度      計年度
     減価償却費            2,680      2,416        0      0     87      83    2,768      2,500

     有形固定資産及び
     無形固定資産の増            1,395      1,351       40      1     25     338     1,461      1,691
     加額(注)
      (注)有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、本社資産の設備投資額であります。
                                 88/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      【関連情報】
      前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
      1.製品及びサービスごとの情報
                                                   (単位:百万円)
                      化学品          化粧品          その他           合計

     外部顧客への売上高                    28,496          12,175            506         41,179

      2.地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                   (単位:百万円)
        日本         中国       その他アジア           北中米         その他          合計

          22,510          5,533         11,412          1,110          611        41,179

     (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

                                                   (単位:百万円)
        日本         台湾         韓国       その他アジア           北米         合計

          17,338          2,473         2,132         1,443          338        23,726

      3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
         ん。
      当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

      1.製品及びサービスごとの情報
                                                   (単位:百万円)
                      化学品          化粧品          その他           合計

     外部顧客への売上高                    33,773          14,087            612         48,474

      2.地域ごとの情報

        (1)売上高
                                                   (単位:百万円)
       日本        中国        韓国      その他アジア         北中米        その他        合計

         26,296        6,954        4,848        8,718        1,363         291      48,474

     (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
        (2)有形固定資産

                                                   (単位:百万円)
        日本         台湾         韓国       その他アジア           北米         合計

          16,690          2,668         1,919         1,654          345        23,277

      3.主要な顧客ごとの情報

         外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありませ
         ん。
                                 89/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         該当事項はありません。
      【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                     (単位:百万円)
                        当期償却額             当期末残高

                               2

        のれん                                   -
        (注)のれんは事業セグメントに配分しておりません。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         該当事項はありません。
      【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         該当事項はありません。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         該当事項はありません。
                                 90/117












                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
      1.関連当事者との取引
        (1)連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
        (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        (イ)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        (ウ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等

        前連結会計年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        当連結会計年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)

         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        (2)連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

        (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
        前連結会計年度(自          2020年1月1日        至  2020年12月31日)
         重要な取引がないため、記載を省略しております。
        当連結会計年度(自          2021年1月1日        至  2021年12月31日)

         重要な取引がないため、記載を省略しております。
      2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

        (1)親会社情報
         該当事項はありません。
        (2)重要な関連会社の要約財務情報

         当連結会計年度において、重要な関連会社はソルベイ日華株式会社であり、その要約財務諸表は以下のとおりで
        あります。
                                              (単位:百万円)
                                   ソルベイ日華株式会社
                              前連結会計年度              当連結会計年度
                            (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                             至 2020年12月31日)              至 2021年12月31日)
        流動資産合計
                                     562              655
        固定資産合計
                                      0              0
                                      77             180
        流動負債合計
                                      -              -
        固定負債合計
                                     484              474
        純資産合計
                                    1,701              1,740
        売上高
                                     101              104
        税引前当期純利益金額
                                      67              69
        当期純利益金額
                                 91/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2020年1月1日                (自 2021年1月1日
                               至 2020年12月31日)                至 2021年12月31日)
     1株当たり純資産額                                1,335.60円                1,589.37円

     1株当たり当期純利益                                 66.40円               164.82円

     (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                当連結会計年度
                              (自 2020年1月1日                (自 2021年1月1日
                               至 2020年12月31日)                至 2021年12月31日)
     1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                1,044                2,595

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -                -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
                                      1,044                2,595
      益(百万円)
      期中平均株式数(千株)                                15,729                15,749
         3.役員向け株式交付信託が保有する当社株式を「1株当たり純資産額」の算定上、期末発行済株式総数から控
           除する自己株式に含めております(前連結会計年度247千株、当連結会計年度223千株)。
           また、「1株当たり当期純利益」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており
           ます(前連結会計年度255千株、当連結会計年度234千株)。
      (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 92/117












                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【借入金等明細表】
                               当期首残高        当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                               (百万円)        (百万円)        (%)
     短期借入金                             5,575        3,494       0.20      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                             2,458        2,168       0.23      -

     1年以内に返済予定のリース債務                               50        48    -       -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             8,267        6,038       0.23   2023年~2029年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                              144        96    -    2023年~2026年

     その他有利子負債
      長期預り金                             848        870      1.25      -
                合計                  17,344       12,715      -        -

     (注)1.平均利率は、連結決算日における利率及び借入金残高による加重平均利率により算出しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以
           下のとおりであります。
                 1年超2年以内           2年超3年以内           3年超4年以内           4年超5年以内
                  (百万円)           (百万円)           (百万円)           (百万円)
     長期借入金                 868          1,518           1,168           1,168

     リース債務                  44           43            8           0

      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(百万円)                     11,496          24,100          35,909          48,474
     税金等調整前四半期(当期)
                           1,342          2,122          3,106          3,461
     純利益(百万円)
     親会社株主に帰属する四半期
                           1,034          1,583          2,308          2,595
     (当期)純利益(百万円)
     1株当たり四半期(当期)
                           65.72         100.59          146.60          164.82
     純利益(円)
     (会計期間)                 第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益(円)                      65.72          34.87          46.01          18.24
                                 93/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                          846              475
        現金及び預金
                                        ※2  232            ※2  270
        受取手形
                                       ※1  4,750             ※1  4,958
        売掛金
                                         2,817              2,989
        商品及び製品
                                          296              318
        仕掛品
                                          990             1,238
        原材料及び貯蔵品
                                          115              113
        前払費用
                                       ※1  2,315             ※1  1,315
        関係会社短期貸付金
                                        ※1  391            ※1  219
        未収入金
                                        ※1  158            ※1  164
        その他
                                        12,915              12,063
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                         6,964              6,633
          建物
                                          767              706
          構築物
                                         2,364              2,144
          機械及び装置
                                           7              2
          車両運搬具
                                          263              249
          工具、器具及び備品
                                         3,455              3,309
          土地
                                          202              159
          リース資産
                                           1             316
          建設仮勘定
                                        14,025              13,523
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          163              154
          ソフトウエア
                                          54              43
          ソフトウエア仮勘定
                                           0              0
          商標権
                                           9              9
          電話加入権
                                           5              6
          施設利用権
                                          233              214
          無形固定資産合計
                                 94/117









                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
        投資その他の資産
                                         1,235              1,489
          投資有価証券
                                         7,464              7,538
          関係会社株式
                                           2              2
          出資金
                                          985              985
          関係会社出資金
                                           7              15
          長期前払費用
                                           0              0
          破産更生債権等
                                         1,100              1,052
          繰延税金資産
                                          133              109
          差入保証金
                                          13              12
          その他
                                          △ 0             △ 0
          貸倒引当金
                                        10,941              11,204
          投資その他の資産合計
                                        25,200              24,942
        固定資産合計
                                        38,116              37,006
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                       ※1  2,367             ※1  2,793
        買掛金
                                       ※3  5,074             ※3  3,300
        短期借入金
                                       ※4  2,458             ※4  2,168
        1年内返済予定の長期借入金
                                        ※1  207           ※1  1,170
        関係会社短期借入金
                                          46              45
        リース債務
                                       ※1  1,239             ※1  1,141
        未払金
                                        ※1  253            ※1  325
        未払費用
                                          57              289
        未払法人税等
                                          286               55
        未払消費税等
                                          107              103
        預り金
                                          448              664
        賞与引当金
                                                         35
        役員賞与引当金                                  -
                                          37              25
        その他
                                        12,584              12,117
        流動負債合計
       固定負債
                                       ※4  8,206             ※4  6,038
        長期借入金
                                          500              500
        関係会社長期借入金
                                          141               96
        リース債務
                                          39              39
        長期未払金
                                         2,529              2,664
        退職給付引当金
                                          848              870
        長期預り金
                                          75              115
        株式報酬引当金
                                          13              34
        関係会社事業損失引当金
                                        12,353              10,359
        固定負債合計
                                        24,937              22,477
       負債合計
                                 95/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年12月31日)              (2021年12月31日)
     純資産の部
       株主資本
                                         2,898              2,898
        資本金
        資本剰余金
                                         3,039              3,039
          資本準備金
          その他資本剰余金
                                          40              40
           自己株式処分差益
                                         3,079              3,079
          資本剰余金合計
        利益剰余金
                                          727              727
          利益準備金
          その他利益剰余金
                                           1
           固定資産圧縮積立金                                             -
                                         7,571              8,635
           繰越利益剰余金
                                         8,299              9,362
          利益剰余金合計
        自己株式                                △ 1,465             △ 1,444
                                        12,812              13,897
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                          365              632
        その他有価証券評価差額金
                                          365              632
        評価・換算差額等合計
                                        13,178              14,529
       純資産合計
                                        38,116              37,006
     負債純資産合計
                                 96/117













                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
                                       ※1  21,536             ※1  25,272
     売上高
                                     ※1 ,※2  14,240           ※1 ,※2  16,435
     売上原価
                                         7,295              8,836
     売上総利益
                                     ※1 ,※3  7,509           ※1 ,※3  8,214
     販売費及び一般管理費
                                                        622
     営業利益又は営業損失(△)                                    △ 214
     営業外収益
                                          18               8
      受取利息
                                        ※1  503            ※1  897
      受取配当金
                                                         97
       為替差益                                    -
                                          90              85
      賃貸収入
                                          191
      雇用調整助成金                                                  -
                                          117               73
      雑収入
                                          920             1,163
      営業外収益合計
     営業外費用
                                          63              48
      支払利息
                                          75              75
      売上割引
                                          70
      為替差損                                                  -
                                          92              90
      賃貸費用
                                          22              65
      雑損失
                                          325              280
      営業外費用合計
                                          381             1,505
     経常利益
     特別利益
                                         ※4  2            ※4  52
      固定資産売却益
                                          10              116
      投資有価証券売却益
                                          168
      関係会社投資損失引当金戻入額                                                  -
                                          100
                                                         -
      補助金収入
                                          281              168
      特別利益合計
     特別損失
                                         ※5  12             ※5  4
      固定資産除却損
                                           0              33
      投資有価証券売却損
                                           1              18
      投資有価証券評価損
                                          19
      関係会社出資金評価損                                                  -
                                          13              20
      関係会社事業損失引当金繰入額
                                          47              76
      特別損失合計
                                          615             1,597
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                     108              382
                                          17
                                                        △ 68
     法人税等調整額
                                          125              313
     法人税等合計
                                          490             1,283
     当期純利益
                                 97/117






                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2020年1月1日 至 2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                           資本剰余金                   利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                 資本金
                           その他資本      資本剰余金                      利益剰余金
                     資本準備金                 利益準備金
                            剰余金      合計          固定資産圧      繰越利益剰       合計
                                            縮積立金      余金
     当期首残高             2,898      3,039       40    3,079      727      2    7,268      7,998
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                                    -           △ 1      1     -
      取崩
      剰余金の配当                              -               △ 188     △ 188
      当期純利益
                                    -                490      490
      自己株式の処分                              -                      -
      株主資本以外の項目の
                                                          -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                   -      -      -      -      -     △ 1     302      301
     当期末残高             2,898      3,039       40    3,079      727      1    7,571      8,299
                      株主資本               評価・換算差額等

                                                   純資産合計
                                 その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                  自己株式        株主資本合計
                                   差額金         計
     当期首残高               △ 1,481        12,495          386         386       12,881
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                               -                 -         -
      取崩
      剰余金の配当                        △ 188                 -       △ 188
      当期純利益                         490                 -        490
      自己株式の処分                 16         16                 -         16
      株主資本以外の項目の
                               -        △ 20        △ 20        △ 20
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 16        317        △ 20        △ 20        296
     当期末残高               △ 1,465        12,812          365         365       13,178
                                 98/117








                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2021年1月1日 至 2021年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                    株主資本
                           資本剰余金                   利益剰余金
                                             その他利益剰余金
                 資本金
                           その他資本      資本剰余金                      利益剰余金
                     資本準備金                 利益準備金
                            剰余金      合計          固定資産圧      繰越利益剰       合計
                                            縮積立金      余金
     当期首残高             2,898      3,039       40    3,079      727      1    7,571      8,299
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                                    -           △ 1      1     -
      取崩
      剰余金の配当                              -               △ 220     △ 220
      当期純利益                              -               1,283      1,283
      自己株式の取得
                                    -                      -
      自己株式の処分                         0      0                      -
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              -      -      0      0     -     △ 1    1,064      1,063
     当期末残高
                  2,898      3,039       40    3,079      727      -    8,635      9,362
                      株主資本               評価・換算差額等

                                                   純資産合計
                                 その他有価証券評価         評価・換算差額等合
                  自己株式        株主資本合計
                                   差額金         計
     当期首残高               △ 1,465        12,812          365         365       13,178
     当期変動額
      固定資産圧縮積立金の
                               -                 -         -
      取崩
      剰余金の配当
                              △ 220                 -       △ 220
      当期純利益                        1,283                  -       1,283
      自己株式の取得                △ 0        △ 0                 -        △ 0
      自己株式の処分                 21         21                 -         21
      株主資本以外の項目の
                                       266         266         266
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                 20       1,084         266         266        1,350
     当期末残高               △ 1,444        13,897          632         632       14,529
                                 99/117







                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
      (重要な会計方針)
      1.資産の評価基準及び評価方法
        (1)有価証券の評価基準及び評価方法
         子会社株式及び関連会社株式
          移動平均法による原価法を採用しております。
         その他有価証券
          時価のあるもの
          決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法に
         より算定)を採用しております。
          時価のないもの
          移動平均法による原価法を採用しております。
        (2)デリバティブ
         時価法を採用しております。
        (3)たな卸資産の評価基準及び評価方法
         原材料
          移動平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
         ております。
         商品及び製品、仕掛品
          総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用して
         おります。
         貯蔵品
          最終仕入原価法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
         用しております。
      2.固定資産の減価償却の方法

        (1)有形固定資産(リース資産を除く)
          建物(建物附属設備を除く。)は定額法、建物以外は定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以
         後に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物(建物附属設備を除く。)                 7~50年
           建物以外                 2~50年
        (2)無形固定資産(リース資産を除く)
          自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法、それ以外の無形固
         定資産については、定額法により償却しております。
        (3)リース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3.引当金の計上基準

        (1)貸倒引当金
          債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
         いては個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        (2)賞与引当金
          従業員賞与の支払に備えるため、支給見込額基準により計上しております。
        (3)役員賞与引当金
          役員賞与の支払に備えるため、当社は、支給見込額基準により計上しております。
        (4)退職給付引当金
          従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき、計上しております。
          退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付
         算定式基準によっております。
          数理計算上の差異は、各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定率
         法により、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
                                100/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
         (5)株式報酬引当金
          取締役及び執行役員を対象とした業績連動型株式報酬制度による当社株式の交付に備えるため、株式交付規程
         に基づき、役員等に割り当てられたポイントに応じた株式の支給見込額を計上しております。
         (6)関係会社投資損失引当金
          関係会社株式に係る損失に備えるため、当該会社の財政状態及び回収可能性等を勘案して必要額を計上してお
         ります。
      4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

        (1)  退職給付に係る会計処理
          退職給付に係る未認識数理計算上の差異の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法
         と異なっております。
        (2)  消費税等の会計処理の方法
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
        (3)  外貨建ての資産又は負債の本邦通貨への換算基準
          外貨建金銭債権債務は、期末時の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
         す。
        (4)  重要なヘッジ会計の方法
          ①ヘッジ会計の方法
           繰延ヘッジ処理によっております。なお、金利スワップの特例処理の条件を充たしている場合には特例処
          理を採用しております。
          ②ヘッジ手段とヘッジ対象
           ヘッジ手段・・・金利スワップ
           ヘッジ対象・・・借入金利息
          ③ヘッジ方針
           金利変動リスクの低減のため、変動金利のみを対象にヘッジを行っております。
          ④ヘッジの有効性評価の方法
           個別取引ごとに、有効性を評価することとしております。なお、金利スワップの特例処理が適用される取
          引については、有効性の評価を省略しております。
         (重要な会計上の見積り)

          会計上の見積りは、財務諸表作成時に入手可能な情報に基づいて合理的な金額を算出しております。当事業年
         度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼすリス
         クがある項目は以下のとおりです。
         1.固定資産の減損

         (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
           ・有形固定資産                  13,523百万円
            うち、当社の化学品事業における有形固定資産                            8,110百万円
           ・無形固定資産                                              214百万円
            うち、当社の化学品事業における無形固定資産                              118百万円
         (2)会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
           連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り) 1.固定資産の減損」に記載した内容と同一であり
          ます。
         2.繰延税金資産の回収可能性

         (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
           繰延税金資産                                             1,329百万円
         (2)会計上の見積りの内容について財務諸表利用者の理解に資するその他の情報
           連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り) 2.繰延税金資産の回収可能性」に記載した内容と
          同一であります。
                                101/117



                                                          EDINET提出書類
                                                       日華化学株式会社(E00887)
                                                           有価証券報告書
      (表示方法の変更)
        (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
         「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度から適用
        し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
         ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取り扱いに従って、前事業年度
        に係る内容については記載しておりません。
      (追加情報)

        (取締役及び執行役員に対する株式交付信託の導入)
         当社は、当社の取締役(社外取締役を含みます。)及び執行役員を対象に、信託を用いた業績連動型株式報酬制
        度を導入しております。詳細は「連結財務諸表等注記事項(追加情報)」をご参照下さい。
      (貸借対照表関係)

      ※1 関係会社項目
         関係会社に対する金銭債権及び金銭債務
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年12月31日)                 (2021年12月31日)
      短期金銭債権                              3,904百万円                 2,924百万円
      短期金銭債務                               700                1,587
  &n