株式会社近鉄エクスプレス 四半期報告書 第53期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第53期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 株式会社近鉄エクスプレス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】                     四半期報告書
    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条の4の7第1項
    【提出先】                     関東財務局長
    【提出日】                     2022年2月10日
    【四半期会計期間】                     第53期第3四半期(自            2021年10月1日         至   2021年12月31日)
    【会社名】                     株式会社近鉄エクスプレス
    【英訳名】                     Kintetsu     World   Express,     Inc.
    【代表者の役職氏名】                     代表取締役 社長執行役員  鳥居 伸年
    【本店の所在の場所】                     東京都港区港南二丁目15番1号
    【電話番号】                     03(6863)6440(代表)
    【事務連絡者氏名】                     上席執行役員 コーポレート・ファイナンス&アカウンティング部長
                         笠松 宏行
    【最寄りの連絡場所】                     東京都港区港南二丁目15番1号
    【電話番号】                     03(6863)6440(代表)
    【事務連絡者氏名】                     上席執行役員 コーポレート・ファイナンス&アカウンティング部長
                         笠松 宏行
    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/21












                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第52期           第53期

              回次              第3四半期           第3四半期            第52期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自   2020年4月1日         自   2021年4月1日         自   2020年4月1日
             会計期間
                          至   2020年12月31日         至   2021年12月31日         至   2021年3月31日
     営業収入                (百万円)           424,755           703,190           609,110
     経常利益                (百万円)           22,649           46,826           34,529

     親会社株主に帰属する
                     (百万円)           14,067           31,210           21,644
     四半期(当期)純利益
     四半期包括利益又は包括利益                (百万円)           12,906           45,439           25,473
     純資産額                (百万円)           136,647           187,474           148,739

     総資産額                (百万円)           407,871           498,308           418,827

     1株当たり四半期(当期)
                      (円)          195.68           434.11           301.06
     純利益
     潜在株式調整後1株当たり
                      (円)             ―           ―           ―
     四半期(当期)純利益
     自己資本比率                 (%)           30.9           35.3           33.1
                             第52期           第53期

              回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                          自   2020年10月1日         自   2021年10月1日
             会計期間
                          至   2020年12月31日         至   2021年12月31日
     1株当たり四半期純利益                 (円)           82.20          209.19
    (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
       3.当社は役員報酬BIP信託を導入しており、当該信託が保有する当社株式については、四半期連結財務諸表
         において自己株式として計上しております。また、1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、当該株式数を
         期中平均株式数の計算において控除する自己株式数に含めております。
       4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を第1四半期連結会計期間の期
         首から適用しており、当第3四半期連結累計期間及び当第3四半期連結会計期間に係る主要な経営指標等に
         ついては、当該会計基準等を適用した後の指標等となっております。
    2  【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
      要な変更はありません。また主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/21





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の有価証
      券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。
     (1)    業績の状況

      ① 経済の概況
        当第3四半期連結累計期間(以下「当第3四半期」という。)における世界経済は、引き続き新型コロナウイ
       ルス感染症の影響を受ける中、ワクチン普及等による活動制限の緩和、各国の経済政策等により回復傾向が継続
       しました。米国では、感染再拡大や人手不足、供給制約等により雇用・消費の拡大ペースに一服感が見られるも
       のの、総じて回復傾向が持続しました。欧州では活動制限の緩和を通じて、回復に向かいました。中国では、不
       動産投資の減速、電力不足等の下振れ圧力がありつつも、個人消費の回復や工業生産の拡大により堅調に推移し
       ました。その他の東アジアでは外需主導での回復が継続しましたが、東南アジアでは感染再拡大の影響により、
       国ごとの回復に濃淡が見られました。我が国経済は、製造業では海外経済の回復に伴う輸出の増加を背景に、全
       体として底堅く推移した一方、断続的な緊急事態宣言が個人消費、非製造業の回復の重石となりました。
      ② 当社グループの業績

        当社グループが主に関わる国際物流市場では、前年同期における世界各地の経済活動制限により減少した国際
       輸送需要が大きく増加に転じた一方、旅客便の減便、コンテナ不足、港湾混雑等による航空・海上貨物輸送ス
       ペースの供給不足により、需給の逼迫と運賃の上昇が継続しました。
        このような状況の中、当第3四半期の当社グループの取扱物量は、航空貨物輸送は輸出重量で555千トン(前年
       同期比44.7%増)、輸入件数で1,016千件(同20.9%増)となり、海上貨物輸送は輸出物量で543千TEU(同16.1%
       増)、輸入件数で216千件(同8.9%増)となり、コロナ危機前をも上回る水準となりました。また、ロジスティ
       クスにつきましては、各セグメントで前年を上回る基調で推移しました。
        各セグメントの業績は、以下のとおりであります。
       <日本>

        航空貨物は、輸出ではエレクトロニクス関連品や自動車関連品等で取扱いが増加し、取扱重量は136千トン(前
       年同期比52.9%増)、輸入ではエレクトロニクス関連品、ヘルスケア関連品、自動車関連品等が増加し、取扱件
       数は281千件(同17.8%増)となりました。海上貨物は、輸出では建設機械関連品、自動車関連品等が増加し、取
       扱物量は125千TEU(同13.1%増)、輸入では前年同期並みの推移となり、取扱件数は81千件(同1.7%増)となり
       ました。ロジスティクスでは、ヘルスケア関連品やエレクトロニクス関連品等で取扱いが増加しました。国内関
       係会社は、国内物流需要の回復により、業績は前年を上回る基調で推移しました。
        この結果、日本の営業収入は173,543百万円(前年同期比67.6%増)、営業利益は8,131百万円(同56.9%増)
       となりました。
       <米州>

        航空貨物は、輸出ではヘルスケア関連品や化学品等で取扱いが増加し、取扱重量は105千トン(前年同期比
       49.9%増)、輸入ではエレクトロニクス関連品、自動車関連品、消費財等が増加し、取扱件数は99千件(同
       40.2%増)となりました。海上貨物は、輸出では航空機関連品が減少し、取扱物量は25千TEU(同7.3%減)、輸
       入ではエレクトロニクス関連品や消費財、自動車関連品等が増加し、取扱件数は34千件(同34.1%増)となりま
       した。ロジスティクスでは、米国、カナダでエレクトロニクス関連品、消費財等の取扱いが増加しました。
        この結果、米州の営業収入は73,302百万円(前年同期比78.5%増)となり、営業利益は営業総利益率の改善に
       より8,826百万円(同193.9%増)となりました。
        なお、1米ドル当たりの円換算レートは、当第3四半期が111.10円、前年同期が106.11円です。
                                 3/21





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
       <欧州・中近東・アフリカ>
        航空貨物は、輸出ではヘルスケア関連品や自動車関連品等で取扱いが増加し、取扱重量は50千トン(前年同期
       比55.0%増)、輸入ではエレクトロニクス関連品やヘルスケア関連品等が増加し、取扱件数は71千件(同36.3%
       増)となりました。海上貨物は、輸出、輸入ともに産業・建設機械関連品が増加し、輸出では取扱物量で16千TEU
       (同25.8%増)、輸入では取扱件数は14千件(同27.8%増)となりました。ロジスティクスでは、主にオランダ
       でエレクトロニクス関連品の取扱いが増加しました。
        この結果、欧州・中近東・アフリカの営業収入は43,088百万円(前年同期比57.8%増)、営業利益は営業総利
       益率の改善と、前年同期に業績不振であった南アフリカ法人の改善により、2,828百万円(同238.3%増)となり
       ました。
        なお、1ユーロ当たりの円換算レートは、当第3四半期が130.62円、前年同期が122.38円です。
       <東アジア・オセアニア>

        航空貨物は、輸出、輸入ともにエレクトロニクス関連品を中心に取扱いが増加し、輸出では取扱重量は154千ト
       ン(前年同期比32.2%増)、輸入では取扱件数は405千件(同14.9%増)となりました。海上貨物は、輸出では消
       費財、建設機械関連品、エレクトロニクス関連品等が増加し、取扱物量は206千TEU(同18.9%増)、輸入は前年
       同期並みの推移となり、取扱件数は46千件(同1.4%増)となりました。ロジスティクスでは、主に中国でエレク
       トロニクス関連品の取扱いが増加しました。
        この結果、東アジア・オセアニアの営業収入は166,363百万円(前年同期比79.4%増)となり、営業利益は
       11,774百万円(同50.1%増)となりました。
       <東南アジア>

        航空貨物は、輸出、輸入ともに自動車関連品やエレクトロニクス関連品で取扱いが増加し、                                           輸出では    取扱重量
       は108千トン(前年同期比45.3%増)、輸入では取扱件数は158千件(同26.3%増)となりました。海上貨物は、
       輸出では自動車関連品やエレクトロニクス関連品が増加し、取扱物量は127千TEU(同15.0%増)、輸入ではエレ
       クトロニクス関連品等の取扱いが増加し、取扱件数は39千件(同10.6%増)となりました。ロジスティクスで
       は、主にフィリピン、ベトナム、インド等でエレクトロニクス関連品や自動車関連品の取扱いが増加しました。
        この結果、東南アジアの営業収入は128,294百万円(前年同期比107.5%増)、営業利益は10,525百万円(同
       95.2%増)となりました。
       <APLL>

        APLLが取扱う物流サービスにおきましては、自動車関連では半導体不足に起因する                                      断続的な    生産低下の影響を
       受けましたが、前年を上回る基調で推移しました。消費財関連は前年並みの取扱いで推移し、リテール関連、そ
       の他の産業品目では、海上輸送関連の取扱い増加により、前年を上回る基調で推移しました。
        この結果、APLLの営業収入は142,259百万円(前年同期比32.3%増)となり、営業利益は7,105百万円(同
       65.3%増)となりました。継続してAPLL買収に係るのれん等の償却を当セグメントに含めているため、セグメン
       ト利益は2,922百万円(前年同期は1百万円の損失)となりました。
        なお、1米ドル当たりの円換算レートは、当第3四半期は108.50円、前年同期が107.59円です。APLLは12月決
       算のため、1月から9月の期中平均レートを適用しております。
        以上の結果、当社グループの当第3四半期の営業収入は703,190百万円(前年同期比65.6%増)、営業利益は

       45,474百万円(同101.3%増)、経常利益は46,826百万円(同106.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益
       は31,210百万円(同121.9%増)となりました。
                                 4/21







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
     (2)経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等の重要な変更等
        当社は、最近の業績の動向を踏まえ、2021年11月10日に公表しました通期の連結業績予想を2022年2月9日、
       以下のとおり修正いたしました。
     2022年3月期       通期連結業績予想(2021年4月1日~2022年3月31日)

                                                 (単位:百万円) 
                                          親会社株主に帰属          1株当たり
                     営業収入       営業利益       経常利益
                                           する当期純利益          当期純利益
     前回発表予想(A)
                       880,000        50,000       51,000          33,000      459円00銭
     (2021年11月10日発表)
     今回修正予想(B)                  940,000        58,000       59,000          39,000      542円45銭
     増減額(B)-(A)                  60,000        8,000       8,000          6,000         -
     増減率(%)                    6.8       16.0       15.7          18.2        -
    (参考)前期実績                  609,110        34,177       34,529          21,644      301円06銭
    (参考)前期比増減率(%)                    54.3       69.7       70.9          80.2        -

       (修正の理由)

        当第3四半期連結会計期間(2021年10月1日~2021年12月31日)におきましては、新型コロナウイルス感染症に
       より影響を受けた世界経済の回復に伴う旺盛な輸送需要と、前期より続く航空・海上輸送スペースの供給不足を
       背景とした運賃原価及び販売価格の上昇により、営業収入、営業利益の増加基調が継続しました。
        当期第4四半期においても、新型コロナウイルス変異株の感染状況の影響、製造業における供給制約、サプラ
       イチェーンの混乱等により、世界景気の動向の先行きは不透明な状況ではありますが、国際物流市場において
       は、上記の事業環境が一定程度継続するものと想定しております。
        このような状況を踏まえ、2022年3月期の通期連結業績予想を再度精査し、上記のとおり修正いたしました。
     (3)財政状態の状況

        当第3四半期連結会計期間末(以下「当第3四半期末」という。)における総資産は、前連結会計年度末(以
       下「前期末」という。)から79,481百万円増加し、498,308百万円となりました。流動資産合計は、受取手形及び
       営業未収入金が60,847百万円、その他が10,786百万円それぞれ増加したこと等により、75,670百万円増加し
       313,072百万円となりました。なお、その他は、主に契約資産や航空貨物輸送のチャーター便等に関わる前渡金が
       増加しました。固定資産合計は、有形固定資産合計が償却による減少を上回る外貨換算の影響等で690百万円増加
       し、無形固定資産合計も同様の理由等で1,680百万円増加しました。また、投資その他の資産も1,396百万円増加
       したことにより、3,767百万円増加し185,061百万円となりました。
        当第3四半期末における負債合計は、前期末から40,746百万円増加し、310,834百万円となりました。流動負債
       合計は、支払手形及び営業未払金が29,974百万円、短期借入金が4,717百万円、その他が3,429百万円それぞれ増
       加したこと等により、40,185百万円増加し177,446百万円となりました。固定負債合計は、長期借入金が10,000百
       万円減少した一方で、社債が10,000百万円、その他が572百万円それぞれ増加したこと等により、561百万円増加
       し133,387百万円となりました。
        当第3四半期末における純資産合計は、前期末から38,734百万円増加し、187,474百万円となりました。配当の
       支払いによる5,759百万円の減少の一方で、親会社株主に帰属する四半期純利益31,210百万円により、利益剰余金
       は25,343百万円増加しました。また、為替換算調整勘定は換算レートが円安傾向であったことにより11,439百万
       円増加しました。
        以上の結果、自己資本比率は前期末の33.1%から35.3%になりました。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/21





                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)
                普通株式                                    240,000,000

                 計                                  240,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所
        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
               ( 2021年12月31日       )  (2022年2月10日)          商品取引業協会名
                                            権利内容に何ら限定のない当
                                   東京証券取引所
                                            社における標準となる株式で
       普通株式           72,000,000          72,000,000
                                            あり、単元株式数は100株で
                                    市場第一部
                                            あります。
         計         72,000,000          72,000,000          ―            ―
     (2)【新株予約権等の状況】

      ①   【ストックオプション制度の内容】
       該当事項はありません。
      ②   【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
      2021年10月1日~
                      ―   72,000,000           ―     7,216        ―     4,867
       2021年12月31日
     (5)【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/21







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2021年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                               ( 2021年12月31日       現在)
            区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                     ―            ―            ―

     議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―            ―

     議決権制限株式(その他)                     ―            ―            ―

                     普通株式
     完全議決権株式(自己株式等)                                 ―            ―
                              2,400
                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                                             ―
                                        719,869
                           71,986,900
                     普通株式
     単元未満株式                                 ―            ―
                             10,700
     発行済株式総数                      72,000,000           ―            ―
     総株主の議決権                     ―             719,869           ―

     (注)1.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式2株及び役員報酬BIP信託保有の当社株式
          12株が含まれております。
        2.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、役員報酬BIP信託保有の当社株式101,000株(議決権  
          1,010個)が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               ( 2021年12月31日       現在)
                                                    発行済株式
                                自己名義       他人名義      所有株式数
        所有者の氏名                                           総数に対する
                     所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
         又は名称                                           所有株式数
                                 (株)       (株)       (株)
                                                    の割合(%)
                     東京都港区港南
     株式会社近鉄エクスプレス                             2,400        ―     2,400       0.00
                     二丁目15番1号
           計             ―          2,400        ―     2,400       0.00
     (注)役員報酬BIP信託が保有する当社株式は、上記自己株式には含まれておりません。
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 7/21








                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 8/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                90,277              94,228
        受取手形及び営業未収入金                               132,397              193,244
        有価証券                                4,203              4,547
        その他                                11,875              22,662
                                       △ 1,350             △ 1,610
        貸倒引当金
        流動資産合計                               237,402              313,072
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               18,044              17,515
         土地                               14,110              14,120
         使用権資産(純額)                               24,509              24,920
                                        11,884              12,682
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               68,548              69,239
        無形固定資産
                                     ※1  48,973            ※1  49,886
         のれん
         顧客関連資産                               26,532              27,158
                                        14,538              14,679
         その他
         無形固定資産合計                               90,045              91,725
                                     ※2  22,700            ※2  24,096
        投資その他の資産
        固定資産合計                               181,294              185,061
      繰延資産
                                         130              174
        社債発行費
        繰延資産合計                                  130              174
      資産合計                                 418,827              498,308
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び営業未払金                                66,455              96,430
        短期借入金                                31,304              36,022
        未払法人税等                                7,118              8,160
        賞与引当金                                6,157              7,196
        役員賞与引当金                                  229              211
                                        25,996              29,425
        その他
        流動負債合計                               137,261              177,446
      固定負債
        社債                                25,000              35,000
        長期借入金                                74,800              64,800
        役員株式給付引当金                                  41              50
        退職給付に係る負債                                5,928              5,908
                                        27,056              27,629
        その他
        固定負債合計                               132,826              133,387
      負債合計                                 270,087              310,834
                                 9/21




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年12月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                7,216              7,216
        資本剰余金                                4,499              4,499
        利益剰余金                               140,906              166,250
                                        △ 150             △ 144
        自己株式
        株主資本合計                               152,471              177,821
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                1,939              2,360
        為替換算調整勘定                               △ 14,061              △ 2,622
                                       △ 1,862             △ 1,718
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                               △ 13,985              △ 1,979
      非支配株主持分                                 10,253              11,632
      純資産合計                                 148,739              187,474
     負債純資産合計                                  418,827              498,308
                                10/21














                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     営業収入                                  424,755              703,190
                                       350,496              600,771
     営業原価
     営業総利益                                   74,258              102,418
     販売費及び一般管理費                                   51,672              56,943
     営業利益                                   22,586              45,474
     営業外収益
      受取利息                                   470              400
      受取配当金                                    32              22
      負ののれん償却額                                    8              8
      持分法による投資利益                                    -              43
      為替差益                                    -            1,576
      補助金収入                                  1,085               310
                                         324              348
      雑収入
      営業外収益合計                                  1,921              2,710
     営業外費用
      支払利息                                  1,267              1,168
      持分法による投資損失                                    84               -
      為替差損                                   367               -
                                         140              189
      雑支出
      営業外費用合計                                  1,858              1,358
     経常利益                                   22,649              46,826
     特別利益
                                          41              34
      投資有価証券売却益
      特別利益合計                                    41              34
     特別損失
                                       ※  748            ※  192
      減損損失
                                          -             386
      子会社清算損
      特別損失合計                                   748              579
     税金等調整前四半期純利益                                   21,942              46,282
     法人税等                                   6,839              13,596
     四半期純利益                                   15,103              32,686
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                   1,035              1,475
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   14,067              31,210
                                11/21







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年12月31日)               至 2021年12月31日)
     四半期純利益                                   15,103              32,686
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                   942              413
      為替換算調整勘定                                 △ 3,429              11,883
      退職給付に係る調整額                                   306              144
                                         △ 16              310
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                 △ 2,196              12,753
     四半期包括利益                                   12,906              45,439
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 12,071              43,216
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   834             2,222
                                12/21















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

      (1)連結の範囲の重要な変更
         該当事項はありません。
      (2)持分法適用の範囲の重要な変更

         該当事項はありません。
      (会計方針の変更)

        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
       う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
       で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
        これにより、一定の期間にわたり充足される履行義務については、履行義務の充足に係る進捗度に基づき収益
       を認識する方法に変更しております。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おり、第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第1四半
       期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
        この結果、利益剰余金の当期首残高は107百万円減少しております。また、当第3四半期連結累計期間の営業収
       入、営業利益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益に与える影響は、軽微であります。
        なお、「四半期財務諸表に関する会計基準」(企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過
       的な取扱いに従って、前第3四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載して
       おりません。
        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい

       う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
       準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
       が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える
       影響はありません。
      (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       (税金費用の計算)
        税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
       適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
                                13/21









                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結貸借対照表関係)
       ※1      のれん及び負ののれんの表示
        のれん及び負ののれんは、相殺表示しております。相殺前の金額は、次のとおりであります。
                             前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             ( 2021年3月31日       )          ( 2021年12月31日       )
      のれん                            49,059百万円                 49,964百万円
      負ののれん                              86                 77
              差引                     48,973                 49,886
       ※2      資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額は、次のとおりであります。

                             前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             ( 2021年3月31日       )          ( 2021年12月31日       )
      投資その他の資産                              615  百万円                635  百万円
      (四半期連結損益計算書関係)

       ※   減損損失
        前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しており
        ます。
                                            減損損失
               場所            用途         種類
                                           (百万円)
         インド(APLLセグメント)                  ―        のれん             748
         当社グループは、主として管理会計上の収支管理単位でグルーピングをしております。当社の連結子会社で

        あるIndia     Infrastructure        and  Logistics     Private    Limitedに係るのれんについて、株式取得時に想定してい
        た収益が見込めなくなったことから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額748百万円を減損損失と
        して計上しております。なお、回収可能価額は使用価値にて測定しており、将来キャッシュ・フローを15.5%
        で割引いて算定しております。
        当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年12月31日       )

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しており
        ます。
                                            減損損失
               場所            用途         種類
                                           (百万円)
         インド(APLLセグメント)                  ―        のれん             192
         当社グループは、主として管理会計上の収支管理単位でグルーピングをしております。当社の連結子会社で

        あるIndia     Infrastructure        and  Logistics     Private    Limitedに係るのれんについて、株式取得時に想定してい
        た収益が見込めなくなったことから、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額192百万円を減損損失と
        して計上しております。なお、回収可能価額は使用価値にて測定しており、将来キャッシュ・フローを14.5%
        で割引いて算定しております。
                                14/21







                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
       当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)、のれんの償却額及び負のの
      れんの償却額は、次のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2020年4月1日               (自    2021年4月1日
                            至   2020年12月31日       )        至   2021年12月31日       )
      減価償却費                            13,019百万円                 13,274百万円
      のれんの償却額                             2,666                 2,772
      負ののれんの償却額                               8                 8
      (株主資本等関係)

     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
      1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
         決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
      2020年6月16日
                普通株式         1,439        20  2020年3月31日         2020年6月17日        利益剰余金
      定時株主総会
      2020年11月11日
                普通株式          719       10  2020年9月30日         2020年12月10日        利益剰余金
      取締役会
      (注)1.2020年6月16日定時株主総会決議の配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対す
           る配当金2百万円が含まれております。
         2.2020年11月11日取締役会決議の配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対する配
           当金1百万円が含まれております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年12月31日       )

      1.配当金支払額
                     配当金の総額       1株当たり
         決議      株式の種類                      基準日        効力発生日       配当の原資
                       (百万円)      配当額(円)
      2021年6月15日
                普通株式         2,879        40  2021年3月31日         2021年6月16日        利益剰余金
      定時株主総会
      2021年11月10日
                普通株式         2,879        40  2021年9月30日         2021年12月10日        利益剰余金
      取締役会
      (注)1.2021年6月15日定時株主総会決議の配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対す
           る配当金4百万円が含まれております。
         2.2021年11月10日取締役会決議の配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対する配
           当金4百万円が含まれております。
      2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末

       日後となるもの
        該当事項はありません。
                                15/21






                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
     Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
      1.報告セグメントごとの営業収入及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                       四半期
                         報告セグメント
                                                       連結損益
                                           その他        調整額
                       欧州・
                                                合計        計算書
                                東南
                          東アジア・
                                           (注)1        (注)2
               日本    米州                APLL    計
                      中近東・
                                                       計上額
                          オセアニア
                               アジア
                      アフリカ
                                                       (注)3
    営業収入
     外部顧客への
               99,818    38,627    26,770     91,287    60,518    107,447    424,470      285  424,755       - 424,755
     営業収入
     セグメント間の内部
                3,704    2,446     527    1,436    1,303     75   9,494    1,740    11,234   △ 11,234      -
     営業収入又は振替高
         計      103,523    41,073    27,298     92,724    61,821    107,523    433,964     2,025   435,990    △ 11,234    424,755
    セグメント利益又は損
                5,183    3,002     835    7,843    5,390     △ 1  22,255     308   22,564      22  22,586
    失(△)
     (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に当社グループ内部への物流
         付帯事業活動を含んでおります。
       2.セグメント利益又は損失(△)の調整額22百万円は、セグメント間取引消去であります。
       3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       4.日本及びAPLLを除く各セグメントに属する主な国又は地域は次のとおりであります。
         (1)  米州………………………………米国、カナダ、メキシコ及び中南米諸国
         (2)  欧州・中近東・アフリカ………英国、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、スイス、 
                          アイルランド及びその他の欧州、ロシア、アフリカ諸国、中近東諸国
         (3)  東アジア・オセアニア…………香港、中国、韓国、台湾、オーストラリア
         (4)  東南アジア………………………シンガポール、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、ベトナム、
                          フィリピン、カンボジア
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        「APLL」において、連結子会社であるIndia                     Infrastructure        and  Logistics     Private    Limitedに係るのれんの
        減損損失748百万円を計上しております。
                                16/21










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
     Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年12月31日       )
      1.報告セグメントごとの営業収入及び利益の金額に関する情報
                                                  (単位:百万円)
                                                       四半期
                         報告セグメント
                                                       連結損益
                                           その他        調整額
                       欧州・
                                                合計        計算書
                                東南
                          東アジア・
                                           (注)1        (注)2
               日本    米州                APLL    計
                      中近東・
                                                       計上額
                          オセアニア
                               アジア
                      アフリカ
                                                       (注)3
    営業収入
     外部顧客への
               160,834    68,175    41,747    163,992    126,132    142,023    702,905      284  703,190       - 703,190
     営業収入
     セグメント間の内部
               12,709    5,127    1,340     2,370    2,161     236   23,946    2,389    26,335   △ 26,335      -
     営業収入又は振替高
         計      173,543    73,302    43,088    166,363    128,294    142,259    726,851     2,673   729,525    △ 26,335    703,190
    セグメント利益           8,131    8,826    2,828    11,774    10,525    2,922    45,007     466   45,473      0  45,474
     (注)   1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、主に当社グループ内部への物流
         付帯事業活動を含んでおります。
       2.セグメント利益の調整額0百万円は、セグメント間取引消去であります。
       3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       4.日本及びAPLLを除く各セグメントに属する主な国又は地域は次のとおりであります。
         (1)  米州………………………………米国、カナダ、メキシコ及び中南米諸国
         (2)  欧州・中近東・アフリカ………英国、ドイツ、フランス、イタリア、オランダ、ベルギー、スイス、 
                          アイルランド及びその他の欧州、ロシア、アフリカ諸国、中近東諸国
         (3)  東アジア・オセアニア…………香港、中国、韓国、台湾、オーストラリア
         (4)  東南アジア………………………シンガポール、マレーシア、タイ、インド、インドネシア、ベトナム、
                          フィリピン、カンボジア
       5.会計方針の変更に記載のとおり、第1四半期連結会計期間の期首から収益認識会計基準等を適用し、収益認
         識に関する会計処理方法を変更したため、報告セグメントの利益又は損失の算定方法を同様に変更しており
         ます。当該変更が当第3四半期連結累計期間の営業収入及びセグメント利益に与える影響は、軽微でありま
         す。
      2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
        「APLL」において、連結子会社であるIndia                     Infrastructure        and  Logistics     Private    Limitedに係るのれんの
        減損損失192百万円を計上しております。
      (収益認識関係)

      顧客との契約から生じる収益を分解した情報
     当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日         至   2021年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                            報告セグメント
                         欧州・
                                                  その他      合計
                             東アジア・      東南
                日本     米州    中近東・                APLL     計
                             オセアニア      アジア
                        アフリカ
     航空貨物輸送           87,354     42,627     29,139     91,379     80,397     1,413    332,310       ―   332,310
     海上貨物輸送           42,285     16,309     9,384     50,277     37,192     57,252    212,701       ―   212,701
     ロジスティクス           10,969     3,604     2,049     18,836     5,873    83,357    124,691       ―   124,691
     その他           20,224     5,634     1,174     3,499     2,669      ―   33,202       ―   33,202
     顧客との契約から
               160,834     68,175     41,747     163,992     126,132     142,023     702,905       ―   702,905
     生じる収益
     その他の収益             ―     ―     ―     ―     ―     ―     ―     284     284
     外部顧客への
               160,834     68,175     41,747     163,992     126,132     142,023     702,905       284   703,190
     営業収入
     (注)   セグメント間の内部営業収入又は振替高を控除した金額で表示しております。
                                17/21



                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                            (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2020年12月31日       )       至   2021年12月31日       )
       1株当たり四半期純利益
                                    195円68銭                434円11銭
        (算定上の基礎)

        親会社株主に帰属する
                                      14,067                31,210
        四半期純利益(百万円)
        普通株主に帰属しない金額
                                        ―                ―
        (百万円)
        普通株式に係る親会社株主に
                                      14,067                31,210
        帰属する四半期純利益(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(株)
                                    71,892,633                71,895,165
       (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.役員報酬BIP信託が保有する当社株式を、1株当たり四半期純利益の算定上、期中平均株式数の計算
           において控除する自己株式に含めております。なお、役員報酬BIP信託が保有する当社株式の期中平
           均株式数は、前第3四半期連結累計期間において105,000株、当第3四半期連結累計期間において
           102,446株であります。
     (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

        2021年11月10日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        ①  中間配当による配当金の総額                                            2,879百万円
        ②  1株当たりの金額                                                                 40円
        ③  支払請求の効力発生日及び支払開始日                               2021年12月10日
      (注)1.2021年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払を行っております。
         2.配当金の総額には、役員報酬BIP信託が保有する当社株式に対する配当金4百万円が含まれておりま
           す。
                                18/21










                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。
                                19/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年2月9日

    株式会社近鉄エクスプレス
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        東京事務所
                         指定有限責任社員

                                          花        岡        克        典
                                   公認会計士
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                            東              大     夏
                                   公認会計士
                         業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社近鉄エ
    クスプレスの2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から
    2021年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社近鉄エクスプレス及び連結子会社の2021年12月31日現在
    の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績の状況を適正に表示していないと信じさせる
    事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
      て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                20/21




                                                          EDINET提出書類
                                                   株式会社近鉄エクスプレス(E04364)
                                                            四半期報告書
     ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正
      妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認めら
      れないかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー
      報告書において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが
      求められている。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や
      状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連
      結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していな
      いと信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独
      で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上

     (注)   1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。

       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                21/21











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク