あすか製薬ホールディングス株式会社 四半期報告書 第1期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第1期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 あすか製薬ホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年2月7日
     【四半期会計期間】                   第1期第3四半期(自 2021年10月1日 至 2021年12月31日)
     【会社名】                   あすか製薬ホールディングス株式会社
     【英訳名】                   ASKA   Pharmaceutical        Holdings     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  山口 隆
     【本店の所在の場所】                   東京都港区芝浦二丁目5番1号
     【電話番号】                   (03)5484-8845(代表)
     【事務連絡者氏名】                   グループ経理部長  市川 学
     【最寄りの連絡場所】                   東京都港区芝浦二丁目5番1号
     【電話番号】                   (03)5484-8845(代表)
     【事務連絡者氏名】                   グループ経理部長  市川 学
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/23













                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第1期
              回次               第3四半期
                            連結累計期間
                           自2021年4月1日
             会計期間
                           至2021年12月31日
                                  44,179

     売上高               (百万円)
                                  4,790

     経常利益               (百万円)
     親会社株主に帰属する四半期純
                                  4,082
                    (百万円)
     利益
                                  4,256
     四半期包括利益               (百万円)
                                  48,412

     純資産額               (百万円)
                                  87,536

     総資産額               (百万円)
                                  143.76

     1株当たり四半期純利益                (円)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                     (円)              -
     期純利益
                                   55.3
     自己資本比率                (%)
                              第1期

              回次               第3四半期
                            連結会計期間
                           自2021年10月1日
             会計期間
                           至2021年12月31日
                                  242.10

     1株当たり四半期純利益                (円)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.当社は、2021年4月1日設立のため、前連結会計年度以前に係る記載はしておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
                                 2/23









                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当社は、2021年4月1日付で単独株式移転の方法により、あすか製薬株式会社の完全親会社として設立されまし
      た。
       当社グループ(当社および当社の関係会社)は、当社、子会社3社、関連会社5社により構成されており、主な事
      業内容と当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。
       医薬品事業     ……あすか製薬㈱が製造・仕入し、主に武田薬品工業㈱を通じて販売しております。
       その他の事業
        動物用医薬品   ……あすかアニマルヘルス㈱は、あすか製薬㈱より一部商品を仕入れております。また、あ
                    すか製薬㈱は同社より一部製造業務を受託しております。
        臨床検査等    ……㈱あすか製薬メディカルは、あすか製薬㈱より設備を賃借し臨床検査業務を行っており

                    ます。また、あすか製薬㈱は同社に試験業務等の一部を委託しております。
        その他      ……あすか製薬㈱は、医療機器や健康食品等の仕入・販売を行っております。

      事業の系統図は次のとおりです。

        (注)あすか製薬㈱、㈱あすか製薬メディカル、あすかアニマルヘルス㈱の3社は当社の連結子会社です。









                                 3/23





                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、記載した事業の状況に関する事項のうち、医薬品の研究開発に関するリスク
      として、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある以下の事項が発生しております。
       当社連結子会社であるあすか製薬株式会社が子宮筋腫に関する適応症で2019年12月に製造販売承認を申請したCDB-

      2914(以下、ウリプリスタル)は、欧州でウリプリスタル使用患者に重篤な肝障害が発生したことから、欧州では限
      定された適応症で2021年1月に承認維持となりました。その後の各国での承認、販売状況等を勘案しました結果、本
      邦では新規に承認を取得することは困難と判断し、承認申請の取り下げを決定いたしました。
       なお、上記に伴い当社は第2四半期に無形固定資産の減損処理等による特別損失として6,882百万円を計上いたし
      ました。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       当社は2021年4月1日にあすか製薬株式会社の完全親会社として単独株式移転により設立されたため、前期実績およ
      び前年同四半期実績比較は行っておりません。
       また2021年度からスタートした当社中期経営計画では、これまで築いてきた基盤を発展させ、当社グループが目指
      す「スペシャリティファーマを基盤としたトータルヘルスケアカンパニー」の実現にむけて、本中計期間の最終年度
      にあたる2025年度目標である売上高700億円、営業利益率8%、自己資本当期純利益率(ROE)8%の達成に取り組ん
      でおります。
       グループ全体でサステナビリティへの取り組みを推進するため、「ESG委員会」を設置しました。従来から取り
      組んでいた環境対策等のCSR活動に加え、当社グループ事業との関連性や社会貢献の観点から17のマテリアリティを
      特定し、SDGs達成にも貢献すべく積極的に取り組みを推進してまいります。
       (1)     経営成績

        当第3四半期連結累計期間における当社経営成績は以下のとおりであります。
                                                    単位:百万円
                                                親会社株主に帰属する
                       売上高        営業利益        経常利益
                                                  四半期純利益
        2022年3月期第3四半期                  44,179         4,677        4,790              4,082

        (ご参考)
                          43,350         3,776        3,227              2,451
        2021年3月期第3四半期
        (ご参考)2021年3月期第3四半期実績はあすか製薬株式会社として公表した数値であります。
       セグメントごとの業績は次のとおりであります。

        ①医薬品事業

         内科、産婦人科、泌尿器科の3分野に注力している医薬品事業は薬価改定の影響を受けつつも全般的に堅調に推
        移しました。製品別にみると、内科領域の主力品である甲状腺ホルモン剤「チラーヂン」が58億4千2百万円と堅
        調な売上高を維持したほか、難吸収性リファマイシン系抗菌薬「リフキシマ」も37億9千5百万円と好調に推移し
        ました。産婦人科領域においてはGnRHアンタゴニスト「レルミナ」が57億1千3百万円、月経困難症治療剤「フリ
        ウェル」は26億4千3百万円と大幅な伸長となりました。また泌尿器科領域ではLH-RH誘導体マイクロカプセル型
        徐放性製剤「リュープロレリン」が39億3千2百万円となりました。
         以上の結果、売上高は396億8千5百万円、セグメント利益は48億8千6百万円となりました。
        ②その他

         動物用医薬品、臨床検査、医療機器等の各事業を展開しているその他事業につきましては、動物用医薬品事業に
        おける畜産薬品、飼料添加物を中心に売上が好調に推移しました。
         以上の結果、売上高は44億9千4百万円、セグメント利益は2億8千6百万円となりました。
      <新型コロナウイルス感染症拡大による事業および業績への影響>

         当第3四半期連結累計期間において業績への影響は軽微です。当社は今後もステークホルダーの安全を最優先と
        して感染拡大防止に努めつつ、事業活動を継続してまいります。
                                 4/23


                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
      (2)    財政状態

        (資産)
          当第3四半期連結会計期間末における総資産は、875億3千6百万円となりました。その主な内訳は、現金及
         び預金213億6千9百万円、受取手形、売掛金及び契約資産170億6千1百万円など流動資産が544億8千4百万
         円、有形固定資産112億2千4百万円、投資有価証券117億1千万円など固定資産が330億5千2百万円でありま
         す。
        (負債)

          当第3四半期連結会計期間末における負債合計は、391億2千4百万円となりました。その主な内訳は、支払
         手形及び買掛金52億2千9百万円など流動負債が193億1千7百万円、長期借入金124億7千3百万円、退職給付
         に係る負債67億3千8百万円など固定負債が198億6百万円であります。
        (純資産)

          当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は、484億1千2百万円となりました。その主な内訳は、利
         益剰余金467億9千8百万円など株主資本が454億5千7百万円、その他有価証券評価差額金28億8千6百万円な
         どその他の包括利益累計額が29億5千4百万円であります。
         その結果、自己資本比率は55.3%となっております。
       (3)     優先的に対処すべき事業上および財務上の課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
       (4)     研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発費総額は、26億8百万円であります。
         子宮内膜症に対する適応症追加を目的に開発しておりましたレルミナ錠40mg(レルゴリクス)については、「子
        宮筋腫に基づく諸症状(過多月経、下腹痛、腰痛、貧血)の改善」に加え、「子宮内膜症に基づく疼痛の改善」を
        効能効果として2021年12月に承認を取得しました。
                                 5/23











                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
      (1)当第3四半期連結会計期間において、終了した重要な契約は次のとおりであります。
         技術導入契約
      契約会社名       相手方の名称         国名        契約品目           契約内容           契約期間
                                                 2007年3月から、規定
      あすか製薬       JCRファー                         開発・製造・販売権
                      日本     不妊症治療剤                      により解約・解除され
      株式会社       マ株式会社                         の許諾
                                                 るまで
         販売契約

      契約会社名       相手方の名称         国名        契約品目           契約内容           契約期間
                                                 2010年9月から販売開
      あすか製薬       帝人ファーマ              フェノフィブラート改
                      日本                販売権の許諾           始後7年間 以後1年
      株式会社       株式会社              良製剤
                                                 ごとの自動更新
      (2)当第3四半期連結会計期間において、新たに締結した重要な契約は次のとおりであります。

         販売契約
      契約会社名       相手方の名称         国名        契約品目           契約内容           契約期間
                           体外診断用医薬品         ク
             SBバイオサイ                         共同販促(コ・プロ
      あすか製薬                                           2022年4月1日から2024
                           ラミジア抗原キット
             エンス株式会         日本                モーション)権の被
      株式会社                                           年3月31日
                           「ラピッドエスピー<
             社                         許諾
                           クラミジア、淋病>」
                                 6/23













                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                     種類                     発行可能株式総数(株)
            普通株式                                      90,000,000

                     計                             90,000,000

        ②【発行済株式】

                 第3四半期会計期間末                        上場金融商品取引所
                             提出日現在発行数(株)
            種類      現在発行数(株)                        名又は登録認可金融             内容
                              (2022年2月7日)
                 (2021年12月31日)                        商品取引業協会名
                                         東京証券取引所           単元株式数
                     30,563,199            30,563,199
         普通株式
                                         市場第一部           100株
                     30,563,199            30,563,199
            計                                  -          -
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式       発行済株式       資本金増減       資本金残高       資本準備金       資本準備金
            年月日       総数増減数       総数残高       額              増減額       残高
                    (株)       (株)       (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
         2021年10月1日~
                        ―   30,563,199           ―     1,197        ―      844
         2021年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/23








                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2021年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2021年12月31日現在
                区分            株式数(株)           議決権の数(個)               内容
         無議決権株式                          -           -       -

         議決権制限株式(自己株式等)                          -           -       -

         議決権制限株式(その他)                          -           -       -

                                2,061,300
         完全議決権株式(自己株式等)                普通株式                     -   単元株式数100株
                               28,481,200             284,812
         完全議決権株式(その他)                普通株式                       同上
                                 20,699
         単元未満株式                普通株式                     -       -
                               30,563,199
         発行済株式総数                                     -       -
                                            284,812
         総株主の議決権                          -                  -
         (注)1.「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株1,000株(議決権の数10個)が
              含まれております。
            2.「完全議決権株式(その他)」の欄には、従業員持株ESOP信託口(以下「信託口」という。)が
              所有する当社株式89,400株(議決権の数894個)が含まれております。なお、会計処理上は、当社と
              信託口は一体であると認識し、信託口が所有する当社株式を自己株式として計上しております。
        ②【自己株式等】

                                                   2021年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
         所有者の氏名又は名称             所有者の住所                              に対する所有株
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    式数の割合(%)
         あすか製薬ホール           東京都港区芝浦
                                2,061,300               2,061,300           6.74
                                          -
         ディングス株式会社           2丁目5-1
                                2,061,300               2,061,300           6.74
              計           -                  -
         (注)自己株式には、日本マスタートラスト信託銀行株式会社(従業員持株ESOP信託口・76361口)が所有
            する当社株式89,400株は加算しておりません。
                                 8/23








                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
     2【役員の状況】
     男性   9 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             10.0  %)
                                                      所有株式数
        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                             1978年4月     帝国臓器製薬株式会社(現あすか製薬株
                                  式会社)入社
                             1987年12月     同社取締役
       取締役社長
                                                   (注)5
               山口  隆      1952年5月10日生        1991年6月     同社代表取締役社長                       882
       (代表取締役)
                             2021年4月
                                  当社代表取締役社長(現任)
                             2021年6月     あすか製薬株式会社代表取締役会長(現
                                  任)
                             1981年4月     株式会社三菱銀行(現株式会社三菱UFJ銀
                                  行)入行
                             2009年4月     同行東北支配人仙台支社長
                             2010年10月     あすか製薬株式会社執行役員
                             2011年6月     同社取締役常務執行役員
                             2014年6月     同社専務取締役
       専務取締役                      2015年6月     株式会社あすか製薬メディカル取締役、
                                                   (注)5
               丸尾 篤嗣      1959年2月10日生                                     26
      (代表取締役)                            あすかアニマルヘルス株式会社取締役
                             2019年6月     あすか製薬株式会社代表取締役専務取締
                                  役
                             2021年4月     当社取締役
                             2021年6月
                                  当社代表取締役専務取締役(現任)
                             2021年6月     あすか製薬株式会社取締役副会長(現
                                  任)
                             2008年4月     株式会社日立製作所入社
                             2011年5月     弁理士登録
                             2016年2月     あすか製薬株式会社入社
                             2017年6月     同社取締役常務執行役員(創薬研究担
                                  当)
                             2019年6月     同社常務取締役(創薬研究、開発、事業
       専務取締役
                                                   (注)5
               山口 惣大      1983年12月17日生             戦略担当)                        25
      (代表取締役)
                             2020年4月     同社常務取締役(創薬研究、開発、事業
                                  開発、メディカルアフェアーズ担当)
                             2021年4月     当社取締役
                             2021年6月
                                  当社代表取締役専務取締役(現任)
                             2021年6月     あすか製薬株式会社代表取締役社長(現
                                  任)
                             1975年4月     慶應義塾大学産婦人科入局
                             1995年11月     慶應義塾大学教授(医学部産婦人科学)
                             2007年4月     公益社団法人日本産婦人科学会理事長
                             2011年6月     あすか製薬株式会社社外取締役
                             2012年10月     一般社団法人吉村やすのり生命の環境研
                                  究所代表理事(現任)
                             2013年11月     株式会社ドンキホーテホールディングス
                                  (現株式会社パン・パシフィック・イン
                                                   (注)5
                                  ターナショナルホールディングス)社外
        取締役       吉村 泰典      1949年1月26日生                                     -
                                  監査役
                             2014年4月
                                  慶應義塾大学名誉教授(現任)
                             2015年7月     福島県立医科大学副学長
                             2015年9月     株式会社ドンキホーテホールディングス
                                  (現株式会社パン・パシフィック・イン
                                  ターナショナルホールディングス)社外
                                  取締役(監査等委員)(現任)
                             2021年4月
                                  当社社外取締役(現任)
                             1975年4月     株式会社日立製作所入社
                             1978年8月     株式会社吉田製作所取締役設計部長
                             1992年6月     同社代表取締役社長(現任)
                             2006年1月     吉田精工株式会社代表取締役社長(現
                                                   (注)5
        取締役       山中 通三      1952年7月11日生             任)                        -
                             2012年9月     株式会社ヨシダ代表取締役副会長(現
                                  任)
                             2017年6月     あすか製薬株式会社社外取締役
                             2021年4月
                                  当社社外取締役(現任)
                                 9/23



                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
                                                      所有株式数

        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                       (千株)
                             1976年4月     ソントン食品工業株式会社入社
                             1979年11月     タマノ井酢株式会社(現タマノイ酢株式
                                  会社)入社
                             1980年4月     公益財団法人日本生産性本部出向
                             1991年7月     タマノ井酢株式会社(現タマノイ酢株式
                                                   (注)5
        取締役       播野 勤     1953年6月30日生                                     -
                                  会社)代表取締役社長(現任)
                             2000年8月     株式会社タマノイ酢クロスメイツ代表取
                                  締役社長(現任)
                             2019年6月     あすか製薬株式会社社外取締役
                             2021年4月
                                  当社社外取締役(現任)
                             1982年4月     帝国臓器製薬株式会社(現あすか製薬株
                                  式会社)入社
                             2005年6月     同社営業企画推進部長
                             2006年4月     同社中国支店長
                             2007年10月     同社福岡支店長
                             2012年4月     同社経営企画室長
                             2014年6月     同社執行役員(経営企画担当)
                             2015年4月     同社執行役員(株式会社あすか製薬メ
                                  ディカル代表取締役社長)
                                                   (注)6
       常勤監査役        熊野 郁雄      1957年6月9日生                                     8
                             2016年6月
                                  同社執行役員(生産本部長)
                             2018年6月     同社取締役常務執行役員(生産担当、管
                                  理本部長)
                             2019年6月     同社取締役常務執行役員(管理本部長兼
                                  100周年事業推進室長)
                             2021年4月     当社取締役
                             2021年6月     当社常勤監査役(現任)
                             2021年6月     あすかアニマルヘルス株式会社監査役
                                  (現任)
                             1984年4月     武田薬品工業株式会社入社
                             2009年4月     同社医薬営業本部東日本特約店部長
                             2015年6月     あすか製薬株式会社常務執行役員
                             2016年6月     同社取締役常務執行役員(営業統括、
                                  マーケティング本部長)                 (注)6
       常勤監査役       福井 雄一郎      1959年8月4日生                                     12
                             2017年4月     同社取締役常務執行役員(営業統括)
                             2021年4月     当社取締役
                             2021年6月
                                  当社常勤監査役(現任)
                             2021年6月
                                  あすか製薬株式会社監査役(現任)
                             1975年11月     ヘキストジャパン株式会社(現サノフィ
                                  株式会社)入社
                             2000年7月     ニコメッドアマシャム株式会社代表取締
                                  役社長
                             2002年12月     アベンティスファーマ株式会社(現サノ
                                  フィ株式会社)執行役員事業開発本部長
                                                   (注)7
        監査役       木村 高男      1951年8月9日生        2010年4月     サノフィ・アベンティス株式会社(現サ
                                                          -
                                  ノフィ株式会社)執行役員アジアパシ
                                  フィックリージョン事業開発統括部門長
                             2016年2月     合同会社TKファーマパートナーズ代表社
                                  員(現任)
                             2017年6月     あすか製薬株式会社社外監査役
                             2021年4月
                                  当社社外監査役(現任)
                             1981年4月     東京国税局入局
                             2006年7月     渋谷税務署副署長
                             2008年7月     税務大学校教授
                             2013年7月     国税庁長官官房国際業務課国際企画官
                             2018年3月     金沢国税局長
                             2019年8月     税理士登録 福地啓子税理士事務所代表
                                                   (注)7
        監査役       福地 啓子      1959年1月7日生                                     -
                                  (現任)
                             2020年6月     あすか製薬株式会社社外監査役
                             2020年6月     川田テクノロジーズ株式会社社外取締役
                                  (監査等委員)(現任)
                             2020年6月
                                  川田工業株式会社社外監査役(現任)
                             2021年4月
                                  当社社外監査役(現任)
                                         計
                                                          956
                                10/23



                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
      (注)1.取締役吉村泰典、山中通三および播野勤は社外取締役であります。
         2.監査役木村高男および福地啓子は社外監査役であります。
         3.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しております。現在、執行役員は
           常務執行役員1名、執行役員4名の計5名であります。
         4.専務取締役山口惣大は、代表取締役社長山口隆の二親等以内の親族であります。
         5.当社の設立日である2021年4月1日から2023年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         6.2021年6月24日開催の臨時株主総会の終結の時から2025年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         7.当社の設立日である2021年4月1日から2025年3月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         8.所有株式数は、2021年9月30日現在の株式数を記載しております。
                                11/23


















                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
       当社は2021年4月1日に設立され、当四半期報告書は設立第1期として提出するものであるため、前連結会計年度
      及び前年同四半期との対比は行っておりません。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021
       年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、清陽監査法人による四半期レビューを受けております。
                                12/23

















                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                   (単位:百万円)
                              当第3四半期連結会計期間
                                (2021年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        21,369
        現金及び預金
                                       ※2  17,061
        受取手形、売掛金及び契約資産
                                         9,461
        商品及び製品
                                          316
        仕掛品
                                         4,636
        原材料及び貯蔵品
                                         1,639
        その他
                                          △ 0
        貸倒引当金
                                        54,484
        流動資産合計
       固定資産
                                        11,224
        有形固定資産
                                         5,372
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        11,710
          投資有価証券
                                         4,761
          その他
                                         △ 17
          貸倒引当金
                                        16,454
          投資その他の資産合計
                                        33,052
        固定資産合計
                                        87,536
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                         5,229
        支払手形及び買掛金
                                       ※2  3,368
        電子記録債務
                                         1,943
        短期借入金
                                         1,088
        その他の引当金
                                       ※2  7,688
        その他
                                        19,317
        流動負債合計
       固定負債
                                        12,473
        長期借入金
                                          258
        その他の引当金
                                         6,738
        退職給付に係る負債
                                          336
        その他
                                        19,806
        固定負債合計
                                        39,124
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                         1,197
        資本金
                                          694
        資本剰余金
                                        46,798
        利益剰余金
                                        △ 3,233
        自己株式
                                        45,457
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,886
        その他有価証券評価差額金
                                          89
        為替換算調整勘定
                                         △ 21
        退職給付に係る調整累計額
                                         2,954
        その他の包括利益累計額合計
                                        48,412
       純資産合計
                                        87,536
     負債純資産合計
                                13/23



                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                   (単位:百万円)
                              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
                                        44,179
     売上高
                                        23,485
     売上原価
                                        20,694
     売上総利益
                                        16,017
     販売費及び一般管理費
                                         4,677
     営業利益
     営業外収益
                                           0
       受取利息
                                          251
       受取配当金
                                          115
       その他
                                          367
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          43
       支払利息
                                          137
       休止固定資産費用
                                          72
       その他
                                          254
       営業外費用合計
                                         4,790
     経常利益
     特別利益
                                         9,425
       固定資産売却益
                                         9,425
       特別利益合計
     特別損失
                                         5,921
       減損損失
                                         2,444
       その他
                                         8,366
       特別損失合計
                                         5,849
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,048
                                          717
     法人税等調整額
                                         1,766
     法人税等合計
                                         4,082
     四半期純利益
                                         4,082
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                14/23









                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                   (単位:百万円)
                              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2021年4月1日
                                至 2021年12月31日)
                                         4,082
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                          61
       その他有価証券評価差額金
                                          22
       退職給付に係る調整額
                                          89
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          173
       その他の包括利益合計
                                         4,256
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         4,256
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                15/23
















                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (四半期連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1.連結の範囲に関する事項
        当社の子会社は3社ですべて連結しております。連結子会社名は、「第1 企業の概況 2 事業の内容」に記
       載しているため、省略しております。
    2.持分法の適用に関する事項

       (1)持分法適用の関連会社数 3社
          Ha  Tay  Pharmaceutical        Joint   Stock   Company、日本硝子産業株式会社他1社
       (2)持分法を適用していない関連会社の数 2社
           株式会社KCIS他1社は、四半期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、
          持分法の対象から除いても四半期連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がない
          ため持分法の適用範囲から除外しております。
       (3)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使
        用しております。
    3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致しております。
    4.会計方針に関する事項

       (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
         イ 有価証券
            その他有価証券
           市場価格のない株式等以外のもの
            決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法
           により算定)を採用しております。
           市場価格のない株式等
            移動平均法による原価法を採用しております。
         ロ 棚卸資産
            総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)
           を採用しております。
       (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
         イ 有形固定資産
            定率法(ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降
           に取得した建物附属設備及び構築物については定額法)を採用しております。
            なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物及び構築物   10~50年
           機械装置及び運搬具 4~8年
         ロ 無形固定資産
            定額法を採用しております。
            なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)重要な引当金の計上基準
         イ 貸倒引当金
            売上債権等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権
           については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
         ロ 賞与引当金
           従業員賞与の支給に充てるため、支給対象期間に基づく支給見込額を計上しております。
         ハ 役員賞与引当金
            役員賞与の支給に備えるため、当四半期連結会計期間末における支給見込額を計上しております。
         ニ 環境対策費用引当金
            環境対策を目的とした支出に備えるため、当四半期連結会計期間末における支出見込額を計上しておりま
           す。
                                16/23



                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
       (4)退職給付に係る会計処理の方法
         イ 退職給付見込額の期間帰属方法
            退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当四半期連結会計期間末までの期間に帰属させる方法に
           ついては、給付算定式基準によっております。
         ロ 数理計算上の差異の費用処理方法
            数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の
           年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。
       (5)重要な収益及び費用の計上基準
            「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)及び「収益認識に関する会計基
           準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)を適用しており、約束した財又はサービ
           スの支配が顧客に移転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識す
           ることとしております。
        (追加情報)

    (時価の算定に関する会計基準等の適用について)
        「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
       う。)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計基
       準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基準等
       が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期連結財務諸表に与える影
       響はありません。
    (従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引)

        当社は、従業員への福利厚生を目的として、従業員持株会(以下「持株会」)に信託を通じて自社の株式を交付
       する取引を行っております。
       (1)取引の概要
          当社は、持株会に加入する従業員のうち一定の要件を充たす者を受益者として信託を設定します。信託は持
         株会が取得すると見込まれる数の当社株式を一括取得し、当社株式を毎月一定日に持株会に売却します。信託
         終了時に、株価の上昇により信託利益がある場合には、従業員へ拠出割合に応じて金銭が分配され、株価の下
         落により信託損失となる場合には、当社が銀行に対して一括弁済することになっております。
       (2)信託に残存する自社の株式
          信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額(付随費用の金額を除く。)により純資産の部に自己株
         式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、当第3四半期連結会計期間75百万円、67
         千株であります。
       (3)総額法の適用により計上された借入金の帳簿価額
          当第3四半期連結会計期間122百万円
    (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)

        当社グループでは、固定資産の減損会計や繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、当第3四半
       期連結財務諸表作成時において入手可能な情報に基づき実施しております。新型コロナウイルス感染症拡大による
       当社グループへの影響は現時点では限定的であり、当第3四半期連結会計期間の見積りに大きな影響を与えるもの
       ではないと判断しております。
                                17/23







                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
        1 保証債務
        従業員の財形制度による住宅資金の金融機関借入金に対し、債務保証を行っております。
                           当第3四半期連結会計期間
                             (2021年12月31日)
     従業員                                 1百万円
      ※2 四半期連結会計期間末日満期手形

         四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日でした
        が、満期日に決済が行われたものとして処理しております。当四半期連結会計期間末日満期手形の金額は、次のと
        おりであります。
                           当第3四半期連結会計期間
                             (2021年12月31日)
     受取手形                                 38百万円
     電子記録債務                                 44
     流動負債「その他」(設備支払手形)                                 39
        3 当社の連結子会社(あすか製薬㈱)は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引金融機関とコミットメントラ

         イン契約を締結しております。この契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                           当第3四半期連結会計期間
                             (2021年12月31日)
     コミットメントライン契約の総額                               3,000百万円
     借入実行残高                                500
      差引額                               2,500
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりでありま
        す。
                           当第3四半期連結累計期間
                            (自 2021年4月1日
                             至 2021年12月31日)
     減価償却費                               2,046百万円
        (株主資本等関係)

        当第3四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年12月31日)
        配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
               株式の種類              配当額       基準日        効力発生日         配当の原資
     (決議)                 (百万円)
                              (円)
      2021年11月1日
                普通株式          199      7  2021年9月30日         2021年11月30日        その他資本剰余金
       取締役会
     (注)配当金の総額には、従業員持株ESOP信託に対する配当金0百万円を含めております。
                                18/23






                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          当第3四半期連結累計期間(自2021年4月1日                      至2021年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:百万円)
                     報告セグメント                                 四半期連結

                               その他                調整額       損益計算書
                                       合計
                              (注)1                (注)2        計上額  
                      医薬品事業                                (注)3
         売上高

                         39,685        4,494       44,179                44,179
          外部顧客への売上高                                         -
          セグメント間の内部
                                   41        41
                           -                       △ 41        -
          売上高又は振替高
                         39,685        4,536       44,221                44,179
              計                                    △ 41
                         4,886         286       5,173                4,677
          セグメント利益                                       △ 495
         (注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、動物用医薬品、臨床検
             査および医療機器等の事業を含んでおります。
            2 セグメント利益の調整額△495百万円は、各事業セグメントに配分していない全社費用であり、主に
             持株会社である親会社に係る費用であります。
            3 セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
        (収益認識関係)

         顧客との契約から生じる収益を分解した情報
         当第3四半期連結累計期間(自2021年4月1日 至2021年12月31日)
                                                    (単位:百万円)
                                報告セグメント
                                            その他
                                                      合計
                                            (注)
                                 医薬品事業
           売上高

            一時点で移転される財                         39,672          4,494         44,167
            一定の期間にわたり移転される財                           12          -          12
            顧客との契約から生じる収益                         39,685          4,494         44,179

            その他の収益                           -          -          -

            外部顧客への売上高                         39,685          4,494         44,179

         (注)「その他」の区分は報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、動物用医薬品、臨床検査お
             よび医療機器等の事業を含んでおります。
                                19/23






                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                      当第3四半期連結累計期間
                                       (自 2021年4月1日
                                        至 2021年12月31日)
           1株当たり四半期純利益                                  143円76銭
            (算定上の基礎)

             親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                  4,082

             普通株主に帰属しない金額(百万円)                                    -

             普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                               4,082
             (百万円)
             普通株式の期中平均株式数(千株)                                  28,397
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.従業員持株ESOP信託口が保有する当社株式を、「1株当たり四半期純利益」の算定上、期中平均株式
           数の計算において控除する自己株式に含めております(当第3四半期連結累計期間96千株)。
        (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
     2【その他】

      2021年11月1日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
      (イ)配当金の総額………………………………………199百万円
      (ロ)1株当たりの金額…………………………………7円00銭
      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日…………2021年11月30日
      (注)2021年9月30日現在の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、支払いを実施いたしました。
                                20/23











                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                21/23




















                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2022年2月4日

    あすか製薬ホールディングス株式会社
      取締役会 御中
                           清陽監査法人

                           東京都港区

                             指定社員

                                     公認会計士
                                            野中  信男
                             業務執行社員
                             指定社員

                                     公認会計士
                                            中市  俊也
                             業務執行社員
                             指定社員

                                     公認会計士
                                            槇田 憲一郎
                             業務執行社員
    監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているあすか製薬ホー
    ルディングス株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年10月
    1日から2021年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る四半期連
    結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
    半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、あすか製薬ホールディングス株式会社及び連結子会社の2021年12月31
    日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事
    項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
      手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
      る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・   継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
                                22/23

                                                          EDINET提出書類
                                              あすか製薬ホールディングス株式会社(E35791)
                                                            四半期報告書
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四 半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・   四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・   四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上
     (注)1.上記の四半期レビュー報告書の原本は当社(四半期報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                23/23












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。