Zホールディングス株式会社 四半期報告書 第27期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第27期第3四半期(令和3年10月1日-令和3年12月31日)
提出日
提出者 Zホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2022年2月7日

    【四半期会計期間】               第27期第3四半期

                   (自    2021年10月1日         至   2021年12月31日)
    【会社名】               Zホールディングス株式会社

    【英訳名】               Z Holdings     Corporation

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長Co-CEO(共同最高経営責任者) 川 邊 健 太 郎

    【本店の所在の場所】               東京都千代田区紀尾井町1番3号

    【電話番号】               03(6779)4900

    【事務連絡者氏名】               専務執行役員GCFO(最高財務責任者) 坂 上 亮 介

    【最寄りの連絡場所】               東京都千代田区紀尾井町1番3号

    【電話番号】               03(6779)4900

    【事務連絡者氏名】               専務執行役員GCFO(最高財務責任者) 坂 上 亮 介

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/45








                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                             第26期           第27期

             回次              第3四半期           第3四半期            第26期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2020年4月1日         自   2021年4月1日         自   2020年4月1日
            会計期間
                         至   2020年12月31日         至   2021年12月31日         至   2021年3月31日
                               873,815          1,160,136
    売上収益
                    (百万円)                                1,205,846
    (第3四半期連結会計期間)
                               ( 316,592    )       ( 409,174    )
    営業利益                (百万円)           142,226           176,515           162,125
    親会社の所有者に帰属する
                                66,869           66,821
                    (百万円)                                 70,145
    四半期(当期)利益
                               ( 21,031   )       ( 12,595   )
    (第3四半期連結会計期間)
    親会社の所有者に帰属する
                    (百万円)            97,343           87,753          101,511
    四半期(当期)包括利益
    親会社の所有者に帰属する持分                (百万円)           827,171          2,728,748           2,682,318
    資産合計                (百万円)          4,299,456           7,119,898           6,691,328

    基本的1株当たり
                                14.04           8.80
                     (円)                                 14.02
    四半期(当期)利益
                                ( 4.41  )        ( 1.66  )
    (第3四半期連結会計期間)
    希薄化後1株当たり
                     (円)           14.04           8.74          14.01
    四半期(当期)利益
    親会社所有者帰属持分比率                 (%)            19.2           38.3           40.1
    営業活動による
                    (百万円)           189,197           298,623           207,921
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    (百万円)          △ 125,100          △ 308,711          △ 12,349
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    (百万円)            54,500          175,949          △ 12,070
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                    (百万円)           998,498          1,235,676           1,065,726
    四半期末(期末)残高
     (注)   1  当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ていません。
       2  上記指標は国際会計基準(以下、IFRSという。)により作成した要約四半期連結財務諸表および連結財務諸表
         に基づいています。
       3  第27期第2四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行ったことに伴い、第
         26期の連結財務諸表を遡及修正しています。
                                 2/45







                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    2  【事業の内容】
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループで営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
       なお、第1四半期連結会計期間において、LINE(株)との経営統合に伴いセグメントの管理区分を見直し、また、一
      部のサービスおよび子会社をセグメント間で移管しています。詳細は、「第4                                    経理の状況      1  要約四半期連結財務
      諸表   要約四半期連結財務諸表注記              6.  セグメント情報」を参照ください。
       また、主要な関係会社の異動は以下のとおりです。
       第2四半期連結会計期間において、当社の完全子会社であるヤフー(株)は                                    ワイジェイFX(株)(現           外貨ex    byGMO

      (株))   の全株式を売却しました。これによりワイジェイFX(株)は当社の子会社に該当しないこととなりました。
                                 3/45

















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する
     事項のうち、経営者が当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能
     性があると認識している下記の主要なリスクに一部変更が発生しています。なお、文中の将来に関する事項は、当四
     半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものです。また、前事業年度の有価証券報告書に記載
     した「事業等のリスク」について、下記以外に重要な変更はありません。
     4.  主要な契約、ライセンスに関わるリスク

     (1)   オース・ホールディングス・インクに関わるリスク
     当社グループの主力グループ会社であるヤフー(株)は、オース・ホールディングス・インクとの間でヤフージャパン
     ライセンス契約を締結していました。同社が提供する情報検索サービス等に関連する商標、ソフトウェア、ツール等
     (以下、商標等)のほとんどはオース・ホールディングス・インクが所有するものであり、同社はオース・ホール
     ディングス・インクより当該商標等の利用等の許諾を得て事業を展開していましたが、2021年9月7日にヤフー(株)
     は、オース・インク及びオース・ホールディングス・インクとの間において、日本におけるヤフージャパンブランド
     の買取や「ヤフージャパン ライセンス契約」の終了を合意する最終契約(以下、本契約)を締結したことを公表し
     ました。これによりヤフー(株)は、関連する商標・技術等が引き続き利用可能になるほか、ZHDグループ全体としても
     ブランドの使用や技術開発に関する自由度が高まり、より機動的な事業展開が可能となりました。なお、本契約に基
     づき、2021年9月22日をもって「ヤフージャパンライセンス契約」は終了しています。
     ■本契約の概要

     ・Yahoo!およびYahoo!           JAPANに関連する日本での商標権の取得
     ・従来の技術ライセンスの対象一式を永久に利用する権利と関連するサポートの取得
     ・ZHDグループ内での日本におけるブランド使用および技術の利用
     ・「ヤフージャパン          ライセンス契約」の終了
     ・上記に対する対価は1,785億円
                                 4/45










                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      当社は、第2四半期連結会計期間において企業結合に係る暫定的な会計処理を確定し、暫定的に測定された公正価
     値の修正を行ったため、前連結会計年度の財務数値を修正しております。これに従い、遡及修正後の数値で前期比較
     を行っております。
     1.  財政状態の状況

      (1)   資産
        当第3四半期連結会計期間末の資産合計は、前連結会計年度末と比べて428,570百万円(6.4%増)増加し、
       7,119,898百万円となりました。
        主な増減理由は以下のとおりです。

       ・現金及び現金同等物の主な増減理由は、「3.キャッシュ・フローの状況」に記載しています。
       ・営業債権及びその他の債権は、主にワイジェイFX(株)(現 外貨ex                                byGMO(株))の連結除外により前連結会計年
       度末と比べて減少しました。
       ・無形資産は、ヤフー(株)が主にYahoo!およびYahoo!                         JAPANに関連する日本での商標権を取得したことにより前
       連結会計年度末と比べて増加しました。
      (2)   負債

        当第3四半期連結会計期間末の負債合計は、前連結会計年度末と比べて389,191百万円(10.5%増)増加し、
       4,090,922百万円となりました。
        主な増減理由は以下のとおりです。

       ・営業債務及びその他の債務は、主にワイジェイFX(株)(現 外貨ex                                byGMO(株))の連結除外により前連結会計年
       度末と比べて減少しました。
       ・銀行事業の預金は、顧客からの預金の増加により前連結会計年度末と比べて増加しました。
       ・有利子負債は、主に借入金の増加、社債発行による増加およびコマーシャル・ペーパー発行による増加により
       前連結会計年度末と比べて増加しました。
      (3)   資本

        当第3四半期連結会計期間末の資本合計は、前連結会計年度末と比べて39,378百万円(1.3%増)増加し、
       3,028,976百万円となりました。
        主な増減理由は以下のとおりです。

       ・利益剰余金は、配当金の支払いによる減少があったものの、親会社の所有者に帰属する四半期利益の計上によ
       り前連結会計年度末と比べて増加しました。
       ・非支配持分は、主に(株)ZOZOによる非支配株主からの(株)ZOZO普通株式取得により前連結会計年度末と比べて
       減少しました。
     2.  経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間の売上収益は、2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことに加
      え、広告の需要回復により広告関連売上収益が大幅に伸長したこと、コマース事業が増収したこと等により、当第
      3四半期連結累計期間において過去最高となる1兆1,601億円(前年同期比32.8%増)となりました。
       調整後EBITDAは、上記の増収に加え、ワイジェイFX(株)(※1)の株式売却益や「ヤフージャパン                                               ライセンス契
      約」の終了に伴うロイヤルティ支払い解消等により、当第3四半期連結累計期間において過去最高となる2,851億円
      (前年同期比23.4%増)となりました。
       (※1)    ワイジェイFX(株)は、2021年9月27日に外貨ex                      byGMO(株)へ商号変更しました。

                                 5/45



                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
       セグメント毎の経営成績は次のとおりです。なお、各事業の成長フェーズに合わせ、第1四半期連結会計期間よ
      り、下表のとおり報告セグメントを変更しています。
      報告セグメント

                                 主な事業内容
      メディア事業        メディア・広告、検索、マーケティングソリューション、バーティカル、コンテンツ、スタンプ
              ショッピング、リユース、アスクル、O2O、LINE                      FRIENDS
      コマース事業
      戦略事業        決済、金融、AI、ヘルスケア
      (注)   1  戦略事業は、メディア事業やコマース事業に次いで新たな収益の柱となるよう取り組んでいく、Fintech
          を中心とした事業が含まれます。
         2  取扱商品の詳細は、37ページ「各セグメントの主な商品」に掲載しています。
      (1)   メディア事業

       メディア事業の売上収益は、2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことに加え、広告の需要
      回復、プロダクト改善施策等により、前年同期比で大きく増加しました。
       ヤフー(株)では、検索広告を中心とした市場全体における需要回復の取込みやプロダクト改善等により、前年同
      期比で増加しました。また、LINE(株)では、ディスプレイ広告における広告主の需要拡大等や、アカウント広告に
      おける開設アカウント数の順調な拡大等により、前年同期比で大きく増加しました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるメディア事業の売上収益は4,704億円(前年同期比88.6%増)、調
      整後EBITDAは2,001億円(前年同期比77.4%増)となりました。なおメディア事業の売上収益が全売上収益に占める割
      合は40.6%となりました。
      (2)   コマース事業

       コマース事業の売上収益は、2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことに加え、ZOZOグルー
      プおよびアスクルグループの増収等により、前年同期比で増加しました。
       また、eコマース取扱高(※2)は2兆6,389億円(前年同期比9.5%増)となり、うち物販系取扱高は、2兆1,797億
      円(前年同期比11.7%増)となりました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間におけるコマース事業の売上収益は6,022億円(前年同期比8.4%増)、調
      整後EBITDAは1,109億円(前年同期比12.2%減)となりました。なおコマース事業の売上収益が全売上収益に占める割
      合は51.9%となりました。
       (※2)    eコマース取扱高は、37ページ「各セグメントの主な商品」に掲載している「物販EC」、「サービスEC」

      およびメディア事業の「その他」の有料デジタルコンテンツ等における取扱高の合算値です。
      (3)   戦略事業

       戦略事業の売上収益は、2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことに加え、Fintech領域が成
      長したことにより、前年同期比で増加しました。
       また、PayPay取扱高は、ユーザー数の拡大や利用頻度の増加に伴い決済回数が増加したことにより、3兆9,131億
      円(前年同期比72.7%増)と好調に推移し、PayPayカード(株)(※3)のクレジットカード取扱高は2兆1,349億円
      (前年同期比18.8%増)、PayPay銀行(※4)の口座数は581万口座(前年同期比17.4%増)と着実に増加しました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における戦略事業の売上収益は869億円(前年同期比35.5%増)となりまし
      た。なお戦略事業の売上収益が全売上収益に占める割合は7.5%となりました。
      (※3)    PayPayカード(株)は、2021年10月1日にワイジェイカード(株)から商号変更しました。

      (※4)    PayPay銀行(株)は、2021年4月5日にジャパンネット銀行(株)から商号変更しました。
                                 6/45




                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     3.  キャッシュ・フローの状況
       当第3四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ169,949百万円増加し、
      1,235,676百万円となりました。このうち銀行事業に関する日銀預け金は371,837百万円です。
       当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおりです。

       営業活動によるキャッシュ・フローは、法人税等の納付があったものの、主に銀行事業の預金の増加および税引
      前四半期利益の計上により298,623百万円の収入となりました。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、主に無形資産および株式の取得により308,711百万円の支出となりまし
      た。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、長期借入金および短期借入金の返済、配当金の支払があったものの、主
      に長期借入れおよび社債の発行による収入、コマーシャル・ペーパーの発行・償還により175,949百万円の収入とな
      りました。
     4.  優先的に対処すべき事業上および財務上の課題

       当社グループの優先的に対処すべき事業上および財務上の課題について、第26期有価証券報告書に記載した当社
      の連結子会社であるLINE(株)の国内向けユーザーの日本国外でのデータ等の取扱い等に関して次のとおり重要な更
      新がありました。
       当社は2021年3月に、当社グループにおけるデータの取り扱いをセキュリティ観点およびガバナンス観点から外

      部有識者にて検証・評価する特別委員会「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会」を設置し、同委員
      会より、同年10月に「グローバルなデータガバナンスに関する特別委員会最終報告書」を受領しました。特別委員
      会からの提言を受け、すでに進めている取り組みをさらに推進・強化するとともに、LINE(株)が行う全社的なガバ
      ナンス機能・リスク管理機能強化等の取り組みを通じて得た知見や、その他の事例を当社グループの各事業会社に
      適切に共有し、当社グループ全体でのガバナンス改善に向けた取り組みをさらに推進してまいります。
     5.  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費は17,039百万円です。LINE(株)との経営統合により、主にAIやFintechの
      研究開発費が増加しています。
     6.  従業員数

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループおよび当社の従業員数に著しい変動はありません                                              。
     7.  主要な設備

      (1)   主要な設備の状況
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの主要な設備に重要な変動はありません。
      (2)   設備の新設、除却等の計画

       前連結会計年度末において計画中であった当社グループの重要な設備の新設、除却等について、重要な変更はあ
      りません。
                                 7/45






                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    3  【経営上の重要な契約等】
      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の締結および変更はありません。
                                 8/45




















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     1.  【株式の総数等】
      (1)   【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                  24,160,000,000

                計                                 24,160,000,000

      (2)   【発行済株式】

            第3四半期会計期間末                       上場金融商品取引所名

                       提出日現在発行数(株)
      種類       現在発行数(株)                     または登録認可金融商品                 内容
                        (2022年2月7日)
             ( 2021年12月31日       )                取引業協会名
                                    東京証券取引所
     普通株式          7,656,331,895           7,656,333,595                   単元株式数は100株です。
                                     (市場第一部)
       計        7,656,331,895           7,656,333,595            ―            ―
     (注)   提出日現在の発行数には、2022年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
        れた株式数は含みません。
     2.  【新株予約権等の状況】

      (1)   【ストックオプション制度の内容】
       当第3四半期会計期間において発行した新株予約権は、以下のとおりです。
     LINE   第29回新株予約権

     決議年月日                                     2021年10月25日

     付与対象者の区分および人数(名)                              当社の関係会社の取締役および執行役員 10

     新株予約権の数(個)

                                            30,240
     新株予約権の目的となる株式の種類および内容

                                            普通株式
     新株予約権の目的となる株式の数(株)

                                           35,532,000
     新株予約権の行使時の払込金額(円)                                     1株当たり      783

     新株予約権の行使期間

                                     2024年11月11日から2031年10月24日
     新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価

                                          発行価格 1,087
     格および資本組入額(円)

                                          資本組入額 544
     新株予約権の行使の条件

                                            (注)2
     新株予約権の譲渡に関する事項                             新株予約権の譲渡、質入れその他一切の処分は認

                                            めない。

     組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項

                                            (注)3
     (注)1    株式の内容は「1         株式等の状況       1.  株式の総数等       (2)   発行済株式」の内容と同一です。
       2  新株予約権の行使の条件
        ①  新株予約権者が死亡した場合、その相続人は新株予約権を行使することができないものとする。
          但し、当社が認めた場合はこの限りではない。
        ②  新株予約権者は、権利行使時においても当社又は当社の関係会社(財務諸表の用語、様式および作成方法に
          関する規則に定める関係会社をいう。以下同じ。)の取締役、監査役、執行役、執行役員又は従業員のいず
                                 9/45

                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
          れかの地位にあることを要する。但し、当社又は当社の関係会社における取締役、監査役、執行役の地位
          を任期満了により退任した場合又は当社が正当な理由があると認めた場合はこの限りでない。
        ③  各新株予約権の一部行使はできないものとする。
        ④  当社普通株式の株価が以下の(イ)から(ハ)に定める条件を満たす場合に限り、当該(イ)から(ハ)に掲げる
          個数の新株予約権を行使することができる。この場合において、当該(イ)から(ハ)に基づき算出される行
          使可能な新株予約権の個数につき1個未満の端数が生ずる場合には、かかる端数を切り捨てた個数の新株
          予約権についてのみ行使することができるものとする。また、当社が、合併、募集株式の発行、株式分割
          又は株式併合等を行うことにより、基準株価((イ)に定義する。)の調整をすることが適切な場合は、当社
          は基準株価につき合理的な範囲で必要と認める調整を行うものとする。なお、当社普通株式の株価が以下
          の(イ)から(ハ)に定める条件を満たした場合には、上記「新株予約権の行使期間」にて定める期間および
          行使可能個数の上限に従い、新株予約権を行使することができる。
         (イ)    2024   年  11  月  11  日から    2027   年  11  月  11  日までの間のいずれの日においても、当該日を含む直前
            営業日    10  日間(当社普通株式の普通取引が成立しない日を除く。以下本④(イ)から(ハ)において同
            じ。)の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値が、640                                      円(以下、基準株価
            という。)を超える場合割当てを受けた新株予約権の総数の                            20%
         (ロ)    2025   年  11  月  11  日から    2028   年  11  月  11  日までの間のいずれの日においても、当該日を含む直前
            営業日    10  日間の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値が、基準株価を超
            える場合割当てを受けた新株予約権の総数の                     30%
         (ハ)    2026   年  11  月  11  日から    2029   年  11  月  11  日までの間のいずれの日においても、当該日を含む直前
            営業日    10  日間の東京証券取引所における当社普通株式の普通取引の終値の平均値が、基準株価を超
            える場合割当てを受けた新株予約権の総数の                     50%
       3  組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項
          当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割若しくは新設分割(それぞれ当社が分割
         会社となる場合に限る。)、又は株式交換若しくは株式移転(それぞれ当社が完全子会社となる場合に限る。)
         (以上を総称して以下、組織再編成行為という。)をする場合において、組織再編成行為の効力発生日(吸収合
         併につき吸収合併がその効力を生ずる日、新設合併につき新設合併設立株式会社の成立の日、吸収分割につき
         吸収分割がその効力を生ずる日、新設分割につき新設分割設立株式会社の成立の日、株式交換につき株式交換
         がその効力を生ずる日、および株式移転につき株式移転設立完全親会社の成立の日をいう。以下同じ。)の直
         前において残存する新株予約権(以下、残存新株予約権という。)を保有する新株予約権者に対し、それぞれの
         場合につき、会社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下、再編成対象会社という。)
         の新株予約権をそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編成対象会
         社は新株予約権を新たに発行するものとする。但し、以下の各号に沿って再編成対象会社の新株予約権を交付
         する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約又は株式移転計画にお
         いて定めることを条件とする。
        ①  交付する再編成対象会社の新株予約権の数
          新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付する。
        ②  新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の種類
          再編成対象会社の普通株式とする。
        ③  新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数
          組織再編成行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の数」に準じて決定する。
        ④  新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
          交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編成行為の条件等を勘案の上、
          上記「新株予約権の行使時の払込金額」で定められる行使価額を調整して得られる再編成後行使価額に、
          上記③に従って決定される当該新株予約権の目的である再編成対象会社の株式の数を乗じた額とする。
        ⑤  新株予約権を行使することができる期間
          上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編成行
          為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上記「新株予約権の行使期間」に定める新株予約権を行使す
          ることができる期間の満了日までとする。
        ⑥  新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金および資本準備金に関する事項
          上記「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格および資本組入額」に準じて決定す
                                10/45


                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
          る。
        ⑦  譲渡による新株予約権の取得の制限
          譲渡による新株予約権の取得については、再編成対象会社の取締役会の決議による承認を要する。
        ⑧  その他新株予約権の行使の条件
          上記「新株予約権の行使の条件」に準じて決定する。
        ⑨  新株予約権の取得条項
          下記「新株予約権の取得条項」に準じて決定する。
       4  新株予約権の取得条項
          以下の①、②、③、④又は⑤の議案につき当社株主総会で承認された場合(株主総会決議が不要の場合は、
         当社の取締役会決議がなされた場合)は、当社の取締役会が別途定める日に、当社は無償で新株予約権を取得
         することができる。
        ①  当社が消滅会社となる合併契約承認の議案
        ②  当社が分割会社となる分割契約若しくは分割計画承認の議案
        ③  当社が完全子会社となる株式交換契約若しくは株式移転計画承認の議案
        ④  当社の発行する全部の株式の内容として譲渡による当該株式の取得について当社の承認を要することにつ
          いての定めを設ける定款の変更承認の議案
        ⑤  新株予約権の目的である種類の株式の内容として譲渡による当該種類の株式の取得について当社の承認を
          要すること又は当該種類の株式について当社が株主総会の決議によってその全部を取得することについて
          の定めを設ける定款の変更承認の議案
      (2)   【その他の新株予約権等の状況】

       該当事項はありません。
                                11/45












                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     3.  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     4.  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                    発行済株式        発行済株式        資本金           資本準備金      資本準備金

                                         資本金残高
          年月日          総数増減数         総数残高        増減額            増減額      残高
                                          (百万円)
                     (株)        (株)      (百万円)            (百万円)      (百万円)
       2021年10月1日~
                      12,600     7,656,331,895            2    237,979         2   233,060
       2021年12月31日(注)
    (注)   新株予約権の権利行使による増加です。
                                12/45

















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     5.  【大株主の状況】
       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
     6.  【議決権の状況】

       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2021年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしています。
      (1)   【発行済株式】

                                                2021年9月30日       現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)              内容
    無議決権株式                             ―            ―       ―

    議決権制限株式(自己株式等)                             ―            ―       ―

    議決権制限株式(その他)                             ―            ―       ―

                      (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                         ―       ―
                       普通株式       60,182,000
                       普通株式     7,595,659,100
    完全議決権株式(その他)(注)1                                    75,956,591           ―
                       普通株式        478,195

    単元未満株式(注)2                                         ―       ―
    発行済株式総数                       7,656,319,295                 ―       ―

    総株主の議決権                             ―        75,956,591           ―

     (注)    1  「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が15,100株含まれます。また「議決権の
        数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数151個が含まれます。
       2  「単元未満株式」欄には、Zホールディングス(株)所有の自己株式34株が含まれます。
      (2)   【自己株式等】

                                                2021年9月30日       現在
                                                     発行済株式
                                 自己名義       他人名義      所有株式数
      所有者の氏名                                              総数に対する
                    所有者の住所            所有株式数       所有株式数        の合計
       または名称                                              所有株式数
                                  (株)       (株)       (株)
                                                     の割合(%)
      (自己保有株式)
               東京都千代田区紀尾井町1-3                  60,182,000           ―   60,182,000          0.8
    Zホールディングス㈱
         計              ―          60,182,000           ―   60,182,000          0.8
     (注)   上記自己株式には、単元未満株式34株は含めていません。
    2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                13/45







                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1 要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府
     令第64号。以下、四半期連結財務諸表規則という。)第93条の規定により、IAS第34号「期中財務報告」(以下、IAS第
     34号という。)に基づいて作成しています。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第3四半期連結会計期間(2021年10月1日から2021
     年12月31日まで)および当第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
     務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより四半期レビューを受けています。
                                14/45
















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    1  【要約四半期連結財務諸表】
     1.  【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                        注記       前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                        番号       (2021年3月31日)               (2021年12月31日)
    資産

      現金及び現金同等物                               1,065,726               1,235,676
      銀行事業のコールローン                  12              65,000               80,000
      営業債権及びその他の債権                  12              480,195               362,393
      棚卸資産                                 24,668               25,537
      カード事業の貸付金                  12              407,955               460,489
      銀行事業の有価証券                  12              517,984               495,521
      銀行事業の貸付金                  12              247,047               319,449
      その他の金融資産                  12              448,210               501,647
      有形固定資産                                150,478               162,918
      使用権資産                                150,928               162,324
      のれん                   7             1,790,487               1,788,760
      無形資産                   8             1,061,780               1,224,397
      持分法で会計処理されている投資                                177,650               191,939
      繰延税金資産                                 39,427               29,615
                                       63,788               79,226
      その他の資産
    資産合計
                                     6,691,328               7,119,898
                                15/45











                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                        注記       前連結会計年度             当第3四半期連結会計期間
                        番号       (2021年3月31日)               (2021年12月31日)
    負債及び資本

     負債
       営業債務及びその他の債務                 12              616,681               521,358
       銀行事業の預金                 12             1,186,206               1,409,870
       有利子負債                9,12              1,389,563               1,674,357
       その他の金融負債                 12              10,759                7,931
       未払法人所得税                                47,024               25,264
       引当金                                33,075               27,991
       繰延税金負債                               278,216               268,890
                                      140,203               155,257
       その他の負債
     負債合計                                3,701,730               4,090,922
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
       資本金                               237,724               237,979
       資本剰余金                              2,063,881               2,064,535
       利益剰余金                               362,999               388,114
       自己株式                               △ 17,385              △ 17,385
                                       35,098               55,503
       その他の包括利益累計額
      親会社の所有者に帰属する
                                     2,682,318               2,728,748
      持分合計
      非支配持分                                307,279               300,227
     資本合計                                2,989,597               3,028,976
    負債及び資本合計
                                     6,691,328               7,119,898
                                16/45









                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     2.  【要約四半期連結損益計算書】
      【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                          注記
                               (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                          番号
                               至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    売上収益                      13             873,815              1,160,136
     売上原価                                  319,008               366,408
     販売費及び一般管理費                                  413,230               632,235
                                         649             15,022
     子会社株式売却益                     14
    営業利益                                   142,226               176,515
     その他の営業外収益                     16
                                        3,542              19,411
     その他の営業外費用                                   8,178               9,451
     持分法による投資損益(△は損失)                                 △ 10,027              △ 31,884
                                          ―             18,378
     持分法による投資の減損損失                     15
    税引前四半期利益                                   127,562               136,212
     法人所得税                                   45,412               55,948
    四半期利益                                    82,150               80,263
    四半期利益の帰属

     親会社の所有者                                   66,869               66,821
                                        15,280               13,441
     非支配持分
     四半期利益                                   82,150               80,263
    親会社の所有者に帰属する

    1株当たり四半期利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                     17              14.04                8.80
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     17              14.04                8.74
                                17/45











                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                          注記
                               (自    2020年10月1日            (自    2021年10月1日
                          番号
                               至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    売上収益                                   316,592               409,174
     売上原価                                  113,474               126,390
                                       159,127               221,738
     販売費及び一般管理費
    営業利益                                    43,989               61,045
     その他の営業外収益
                                        2,220               4,613
     その他の営業外費用                                   2,604               2,641
     持分法による投資損益(△は損失)                                  △ 2,791             △ 14,486
                                          ―             18,378
     持分法による投資の減損損失                     15
    税引前四半期利益                                    40,814               30,151
     法人所得税                                   13,233               12,370
    四半期利益                                    27,580               17,781
    四半期利益の帰属

     親会社の所有者                                   21,031               12,595
                                        6,548               5,185
     非支配持分
     四半期利益                                   27,580               17,781
    親会社の所有者に帰属する

    1株当たり四半期利益
     基本的1株当たり四半期利益(円)                     17               4.41               1.66
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     17               4.41               1.65
                                18/45











                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     3.  【要約四半期連結包括利益計算書】
      【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                          注記
                               (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                          番号
                               至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    四半期利益                                    82,150               80,263
    その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない
     項目
      確定給付制度の再測定                                    ―             △ 819
      FVTOCIの資本性金融資産                                  31,885               15,320
                                          ―              260
      持分法適用会社に対する持分相当額
     項目合計                                   31,885               14,761
     純損益にその後に振り替えられる
     可能性のある項目
      FVTOCIの負債性金融資産                                    897                80
                                       △ 1,424               6,466
      在外営業活動体の換算差額
     項目合計                                   △ 526              6,546
    税引後その他の包括利益                                    31,358               21,307
    四半期包括利益                                   113,509               101,571
    四半期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                   97,343               87,753
                                        16,165               13,818
     非支配持分
     四半期包括利益
                                       113,509               101,571
                                19/45












                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                              前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                          注記
                               (自    2020年10月1日            (自    2021年10月1日
                          番号
                               至   2020年12月31日)             至   2021年12月31日)
    四半期利益                                    27,580               17,781
    その他の包括利益
     純損益に振り替えられることのない
     項目
      確定給付制度の再測定                                    ―             △ 834
      FVTOCIの資本性金融資産                                  28,994                9,402
                                          ―              △ 40
      持分法適用会社に対する持分相当額
     項目合計                                   28,994                8,527
     純損益にその後に振り替えられる
     可能性のある項目
      FVTOCIの負債性金融資産                                    99             △ 151
                                        △ 643              4,833
      在外営業活動体の換算差額
     項目合計                                   △ 544              4,681
    税引後その他の包括利益                                    28,450               13,209
    四半期包括利益                                    56,030               30,990
    四半期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                   49,329               25,569
                                        6,700               5,420
     非支配持分
     四半期包括利益
                                        56,030               30,990
                                20/45












                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     4.  【要約四半期連結持分変動計算書】
     前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日         至   2020年12月31日)
                                                 (単位:百万円)
                            親会社の所有者に帰属する持分
                 注記                               非支配     資本
                                       その他の
                          資本     利益     自己
                 番号                                持分     合計
                     資本金                  包括利益      合計
                         剰余金     剰余金     株式
                                       累計額
                     237,422     212,539     330,752    △ 17,382     8,216    771,548     276,274    1,047,823
    2020年4月1日
     四半期利益
                              66,869              66,869     15,280     82,150
                                        30,473     30,473      884   31,358
     その他の包括利益
    四半期包括利益                  ―     ―   66,869      ―   30,473     97,343     16,165    113,509
    所有者との取引額等
     新株の発行                 295     295                   590         590
     剰余金の配当             11            △ 42,195             △ 42,195    △ 6,589   △ 48,784
     その他の包括利益累計額から
                               5,751         △ 5,751      ―         ―
     利益剰余金への振替
     自己株式の取得                               △ 0         △ 0         △ 0
     子会社の支配獲得及び
                               △ 196             △ 196     771     575
     喪失に伴う変動
     支配継続子会社に対する
                           152                   152     821     974
     持分変動
                           △ 72                  △ 72   △ 362    △ 435
     その他
    所有者との取引額等合計                  295     375   △ 36,640      △ 0  △ 5,751   △ 41,720    △ 5,358   △ 47,079
    2020年12月31日
                     237,718     212,914     360,981    △ 17,382     32,939    827,171     287,081    1,114,253
                                21/45













                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日         至   2021年12月31日)
                                                  (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                 注記                                非支配     資本
                                       その他の
                         資本     利益     自己
                 番号                                 持分     合計
                    資本金                   包括利益      合計
                         剰余金     剰余金     株式
                                       累計額
                    237,724    2,063,881      362,999    △ 17,385     35,098    2,682,318      307,279    2,989,597
    2021年4月1日
     四半期利益
                              66,821              66,821     13,441     80,263
                                        20,931     20,931      376    21,307
     その他の包括利益
    四半期包括利益                  ―     ―   66,821      ―   20,931     87,753     13,818     101,571
    所有者との取引額等
     新株の発行                 255     255                   510          510
     剰余金の配当            11            △ 42,228             △ 42,228    △ 9,863    △ 52,092
     その他の包括利益累計額か
                                526         △ 526     ―          ―
     ら利益剰余金への振替
     自己株式の取得                               △ 0         △ 0         △ 0
     子会社の支配獲得及び
                                              ―   △ 462    △ 462
     喪失に伴う変動
     支配継続子会社に対する
                         △ 8,353                  △ 8,353   △ 10,538    △ 18,891
     持分変動
     株式に基づく報酬取引                     8,584                   8,584          8,584
                           167     △ 4             163     △ 6    157
     その他
    所有者との取引額等合計                 255     654   △ 41,706      △ 0   △ 526   △ 41,322    △ 20,870    △ 62,192
    2021年12月31日
                    237,979    2,064,535      388,114    △ 17,385     55,503    2,728,748      300,227    3,028,976
                                22/45













                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     5.  【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                             注記
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                             番号
                                 至   2020年12月31日)           至   2021年12月31日)
    営業活動によるキャッシュ・フロー
     税引前四半期利益                                   127,562             136,212
     減価償却費及び償却費                                    74,507             100,491
     子会社株式売却益                                      -          △ 15,022
     持分法による投資損益(△は益)                                    10,027             31,884
     持分法による投資の減損損失                                      -           18,378
     銀行事業のコールローンの増減額(△は増加)                                  △ 110,000             △ 15,000
     営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                   △ 62,764             14,798
     営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                    25,054             10,640
     カード事業の貸付金の増減額(△は増加)                                   △ 37,154            △ 52,534
     銀行事業の貸付金の増減額(△は増加)                                   △ 27,452            △ 72,402
     銀行事業の預金の増減額(△は減少)                                   266,584             223,664
                                        △ 28,101              6,314
     その他
     小計                                   238,264             387,425
     利息及び配当金の受取額                        18
                                           771            1,946
     利息の支払額                        18           △ 4,217            △ 8,515
                                        △ 45,620            △ 82,233
     法人所得税の支払額                        18
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                   189,197             298,623
    投資活動によるキャッシュ・フロー
     銀行事業の有価証券の取得による支出                                  △ 259,368            △ 161,132
     銀行事業の有価証券の売却または償還による収入                                   192,583             188,846
     投資の取得による支出                                   △ 10,988            △ 116,619
     投資の売却及び償還による収入                                    14,455             12,813
     有形固定資産の取得による支出                                   △ 21,384            △ 39,960
     無形資産の取得による支出                                   △ 32,623            △ 210,314
     子会社の支配喪失による収入                                      -           16,122
                                         △ 7,775             1,532
     その他
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                  △ 125,100            △ 308,711
    財務活動によるキャッシュ・フロー
     短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 231,400             △ 38,555
     長期借入れによる収入                                   171,760             196,959
     長期借入金の返済による支出                                   △ 5,854           △ 104,660
     子会社の自己株式の売却による収入                                     580            11,415
     子会社の自己株式の取得による支出                                     △ 0          △ 31,999
     社債の発行による収入                        9           199,367             100,000
     社債の償還による支出                        9           △ 10,000            △ 25,000
     コマーシャル・ペーパー発行による収入                                      -           444,500
     コマーシャル・ペーパー償還による支出                                      -          △ 297,000
     配当金の支払額                                   △ 42,186            △ 42,226
     リース負債の返済による支出                                   △ 20,891            △ 29,203
                                         △ 6,872            △ 8,280
     その他
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                    54,500             175,949
    現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 200            4,088
    現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    118,397             169,949
    現金及び現金同等物の期首残高                                    880,100            1,065,726
    現金及び現金同等物の四半期末残高
                                         998,498            1,235,676
                                23/45


                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.  報告企業
      Zホールディングス(株)(以下、当社という。)は日本で設立され、同国に本社を置いており、当社および子会社(以
     下、当社グループという。)の親会社は、Aホールディングス(株)であり、最終的な親会社はソフトバンクグループ
     (株)です。登記している本店の所在地は、東京都千代田区紀尾井町1番3号です。
      当社グループの主な事業内容は「6.                 セグメント情報」に記載しています。
    2.  作成の基礎

     (1)   準拠する会計基準
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定
      会社」の要件を満たすことから、四半期連結財務諸表規則第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成していま
      す。なお、要約四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含まないため、前連結
      会計年度の連結財務諸表と併せて使用されるべきものです。
     (2)   測定の基礎

       要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定している金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成していま
      す。
     (3)   表示通貨および単位

       要約四半期連結財務諸表は日本円を表示通貨としており、百万円未満を切捨てて表示しています。
     (4)   未適用の公表済み基準書および解釈指針

       要約四半期連結財務諸表の承認日までに公表されている主な基準書および解釈指針のうち2021年12月31日現在で
      強制適用されていないものについては、当社グループは早期適用していません。これらの適用による当社グループ
      への影響については、現時点では重要な影響は見込まれていません。
    3.  重要な会計方針

      当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務諸表
     において適用した会計方針と同一です。
    4.  見積り及び判断の利用

      IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は会計方針の適用および資産、負債、収益、費用
     の報告額に影響を及ぼす判断、見積り、仮定を設定することが義務付けられています。実際の業績はこれらの見積り
     と異なる場合があります。
      見積りおよびその基礎となる仮定は継続して見直しています。会計上の見積りの見直しによる影響は、見積りを見
     直した会計期間および将来の会計期間において認識しています。
      当社グループの要約四半期連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える判断、見積り、仮定は、前連結会計
     年度に係る連結財務諸表と同一です。
      なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、急激な経済活動の縮小およびこれに伴う経済環境の悪
     化が発生していますが、当社グループにおいては当第3四半期連結累計期間の業績に大きな影響はありません。現時
     点では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響の及ぶ期間と程度を合理的に推定することはできませんが、感
     染拡大の収束が遅れた場合には、当社グループの将来収益およびキャッシュ・フローに影響を及ぼす等、その見積り
     に一定の不確実性が存在します。このような状況において、のれん、有形固定資産、使用権資産および無形資産の減
     損評価、投資の公正価値評価および債権等に関する予想信用損失の評価等は、要約四半期連結財務諸表作成時点で利
     用可能な情報・事実に基づき、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の期間とその影響のリスクや不確実性を考慮の
     上で、合理的な金額の見積りを行っていますが、前連結会計年度末から重要な見積りの変更は行っていません。ただ
     し、将来の不確実性により、最善の見積りを行った結果としての見積られた金額と事後的な結果との間に乖離が生じ
     る可能性があります。
    5.  企業結合

                                24/45


                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
     前第3四    半期連結累計期間に生じた重要な企業結合はありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至   2021年12月31日       )

      LINE(株)
     (暫定的な金額の修正)
       当社は、2021年3月1日にLINE(株)に対する支配を獲得しました。取得対価は、支配獲得日における公正価値を
      基礎として、取得した資産および引き受けた負債に配分しています。第2四半期連結会計期間において、取得対価
      の配分が完了したことから、前連結会計年度の連結財務諸表を遡及修正しています。
       当該遡及修正による前連結会計年度の連結財政状態計算書における取得資産および引受負債への主な影響額は、
      有形固定資産の減少2,762百万円、識別可能無形資産を含む無形資産の減少14,091百万円、繰延税金負債の減少
      5,351百万円、のれんの増加11,722百万円です。また、前連結会計年度の連結損益計算書への影響は軽微です。
      支配獲得日における取得対価、取得資産および引受負債の公正価値、非支配持分およびのれん

                                  (単位:百万円)
         取得対価の公正価値
          支配獲得日に交付した当社普通株式等(注)1                            1,850,494
         取得資産及び引受負債の公正価値
          資産                            1,042,727
          現金及び現金同等物                           177,082
          営業債権及びその他の債権                            62,223
          有形固定資産                            21,904
          使用権資産                            62,939
          無形資産(注)2                           395,947
          持分法で会計処理されている投資                           174,281
          その他                           148,348
         負債
                                    △560,249
          営業債務及びその他の債務                           △87,700
          有利子負債                           △244,248
          繰延税金負債                           △150,503
          その他                           △77,796
         純資産                            482,478
         非支配持分(注)3                            △16,968
         のれん(注)4                            1,384,985
         合計                             1,850,494
       (注)   1  支配獲得日に交付した普通株式は、支配獲得直前の日の終値で評価した金額で測定しています。また、
           取得対価には企業結合に伴う代替報酬を含みます。
                                25/45






                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
         2  無形資産
           識別可能な無形資産394,413百万円が含まれており、内訳は以下のとおりです。なお、顧客基盤の見積耐
           用年数は12年~18年、技術資産の見積耐用年数は8年です。商標権は、耐用年数を確定できない無形資
           産に分類しています。
           また、企業結合により識別した無形資産は、見積将来キャッシュ・フロー、割引率、既存顧客の逓減
           率、対象商標権から生み出される将来売上収益、ロイヤルティレート等の仮定に基づいて測定していま
           す。
                              (単位:百万円)
            顧客基盤
                                 232,019
            技術資産
                                  2,278
            商標権                      160,116
            合計
                                 394,413
         3  非支配持分
           非支配持分は、LINE(株)(旧社名:LINE分割準備(株))の子会社に対するもので、支配獲得日における識
           別可能な当該子会社の純資産に、企業結合後の非支配持分比率を乗じて測定しています。
         4  のれん
           今後の事業展開や当社グループと被取得企業とのシナジーにより期待される将来の超過収益力を反映し
           たものです。
                                26/45















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    6.  セグメント情報
      当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役
     会が、経営資源の配分の決定および業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。
      当社グループは、「メディア事業」、「コマース事業」および「戦略事業」の3つを報告セグメントとしていま
     す 。
      「メディア事業」は、主に広告商品の企画・販売・掲載をするための各サービスの企画・運営、情報掲載サービス
     の提供およびその他法人向けサービスの提供をしています。
      「コマース事業」は、主に中小企業や個人向けにインターネットを介して商品の販売やサービスの企画・提供をし
     ています。
      「戦略事業」は、主に決済金融関連サービスの提供をしています。
      「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、クラウド関連サービス等を含みます。
      各報告セグメントの会計方針は、「3.重要な会計方針」で参照している当社グループの会計方針と同一です。セ
     グメント利益は要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っており、セグメント利益の調整額は、各報告セグ
     メントに配分していない全社費用です。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理費です。セグメント
     間の  売上収益    は市場実勢価格に基づいています。
      なお、2021年4月1日より、              LINE(   株 ) との経営統合に伴いセグメントの管理区分を見直し、従来の「メディア事
     業」および「コマース事業」の2区分から、上述の3区分に変更しています。また、一部のサービスおよび子会社を
     セグメント間で移管しています。
      主に、前連結会計年度では            「コマース事業」に含まれていた、決済金融関連サービスを、新設した「戦略事業」へ
     移管し、前連結会計年度では「その他」に含まれていたLINE関連サービスのうち、メディア・広告、コンテンツ、ス
     タンプ関連サービスを「メディア事業」へ移管し、ショッピング、O2O、LINE                                     FRIENDS関連サービスを「コマース事
     業」へ移管し、決済、金融、AI、ヘルスケア関連サービスを「戦略事業」へ移管しています。
      これに伴い、前第3四半期連結累計期間および前第3四半期連結会計期間のセグメント情報を修正再表示していま
     す。
                                27/45












                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      当社グループのセグメント情報は以下のとおりです。
    前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  248,753       554,521       63,004      866,279       7,536        -   873,815
     セグメント間収益
                    653       945     1,129       2,728      5,365     △ 8,094        -
         合計
                  249,407       555,466       64,134      869,008      12,902     △ 8,094     873,815
    セグメント利益(△は損失)
                  105,777       91,987       1,511      199,276       2,380    △ 59,431     142,226
     その他の営業外収益
                                                        3,542
     その他の営業外費用
                                                        8,178
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                      △ 10,027
    税引前四半期利益
                                                       127,562
    当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  465,639      600,923       82,849     1,149,412        10,724        -  1,160,136
     セグメント間収益
                   4,846      1,339      4,083      10,269      5,452    △ 15,721         -
         合計
                  470,485      602,263       86,932     1,159,681        16,176     △ 15,721    1,160,136
    セグメント利益(△は損失)
                  184,268       72,568      △ 7,372      249,464      △ 5,464    △ 67,484     176,515
    (注)
     その他の営業外収益
                                                       19,411
     その他の営業外費用
                                                        9,451
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                       △  31,884
     持分法による投資の減損損失
                                                       18,378
    税引前四半期利益
                                                       136,212
      (注)「戦略事業」のセグメント利益には、子会社株式売却益15,022百万円を含みます。(「14.                                             子会社株式売却
         益」参照)
                                28/45









                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    前第3四半期連結会計期間(自                2020年10月1日        至    2020年12月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  90,083      201,680       22,210      313,974       2,617        -   316,592
     セグメント間収益
                    365       362      464      1,193      2,096     △ 3,289        -
         合計
                  90,449      202,043       22,675      315,168       4,713     △ 3,289     316,592
    セグメント利益(△は損失)
                  37,486       33,002      △ 4,199      66,289      1,200    △ 23,500      43,989
     その他の営業外収益
                                                        2,220
     その他の営業外費用
                                                        2,604
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                       △ 2,791
    税引前四半期利益
                                                       40,814
    当第3四半期連結会計期間(自                2021年10月1日        至    2021年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                         報告セグメント
                                           その他      調整額      連結
                メディア事業       コマース事業       戦略事業       合計
     売上収益
     外部収益
                  165,098      213,168       26,576      404,842       4,331        -   409,174
     セグメント間収益
                   1,972        492     2,477       4,942      1,980     △ 6,923        -
         合計
                  167,070      213,661       29,053      409,785       6,312     △ 6,923     409,174
    セグメント利益(△は損失)
                  67,011      26,431      △ 8,097      85,344       806   △ 25,104      61,045
     その他の営業外収益
                                                        4,613
     その他の営業外費用
                                                        2,641
     持分法による投資損益(△は損失)
                                                       △  14,486
     持分法による投資の減損損失
                                                       18,378
    税引前四半期利益
                                                       30,151
                                29/45










                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    7.  のれん
       一休事業において、新型コロナウイルス感染症の拡大により、政府から緊急事態宣言が発令され、当社グループと
     契約関係のある宿泊施設、レストラン等の飲食店の一部が休業および営業時間の短縮を実施したことにより、当期の
     業績に影響を与えています。しかしながら、現状は一時停止の措置がとられているものの、政府による国内旅行の需
     要喚起策の再開等により、中長期的には業績は回復していくと見込んでおり、現時点において、回収可能価額が帳簿
     価額を下回ることはないと考えています。なお、感染拡大の収束が遅れること等も考えられることから、今後、より
     将来の不確実性が高まった場合は、現在の見積りと将来の実績に乖離が生じる可能性があります。 
    8.  無形資産

     当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日         至   2021年12月31日)
      第2   四半期連結会計期間において、1,785億円を対価として、ヤフー(株)が主にYahoo!およびYahoo!                                            JAPANに関連す
     る日本での商標権を取得しました。
    9.  有利子負債

      有利子負債の内訳は、以下のとおりです。
                                                  (単位:百万円)
                              前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                              ( 2021年3月31日       )          ( 2021年12月31日       )
    借入金                                 675,826                 730,022
    社債  (注)1                               543,991                 618,892

    リース負債                                 167,143                 175,299

    その他   (注)2                               2,601                150,142

    合計                                1,389,563                 1,674,357

     (注)1    当第3四半期連結累計期間において償還された社債は25,000百万円です。また、当第3四半期連結累計期間に
        おいて発行された社債の累計額は100,000百万円です。
       2  当第3四半期連結会計期間末のその他には主としてコマーシャル・ペーパーが含まれます。
    10.  購入コミットメント

       当第3四半期連結会計期間に新たに契約した重要な有形固定資産・無形資産の購入に関するコミットメントは、
     19,690百万円です。主としてデータセンターに係る資産の購入に関する未履行の契約によるものです。
                                30/45









                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    11.  配当金
      配当金の総額は以下のとおりです。
    前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )

                      配当金の総額        1株当たり配当額

           決議                               基準日        効力発生日
                       (百万円)          (円)
    2020年5月18日 取締役会                     42,195          8.86    2020年3月31日         2020年6月5日
    当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年12月31日       )

                      配当金の総額        1株当たり配当額

           決議                               基準日        効力発生日
                       (百万円)          (円)
    2021年5月18日 取締役会                     42,228          5.56    2021年3月31日         2021年6月4日
                                31/45
















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    12.  金融商品
     (1)   金融商品の分類
      金融商品(現金及び現金同等物を除く)の分類別内訳は以下のとおりです。
     前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                     FVTPLの        FVTOCIの        FVTOCIの
                                           償却原価で測定
                                                      合計
                                            する金融資産
                     金融資産      負債性金融資産        資本性金融資産
     金融資産
      銀行事業のコールローン                    ―        ―        ―      65,000        65,000
      営業債権及びその他の債権                    ―        ―        ―     480,195        480,195
      カード事業の貸付金                    ―        ―        ―     407,955        407,955
      銀行事業の有価証券                  14,765       450,694          ―      52,523       517,984
      銀行事業の貸付金                    ―        ―        ―     247,047        247,047
      その他の金融資産                  73,015        1,209       132,156        241,828        448,210
    合計                   87,781       451,904        132,156       1,494,550        2,166,392
                     FVTPLの      償却原価で測定

                                      合計
                     金融負債       する金融負債
     金融負債
      営業債務及びその他の債務                    ―     616,681        616,681
      銀行事業の預金                    ―    1,186,206        1,186,206
      有利子負債                    ―    1,389,563        1,389,563
      その他の金融負債                  4,917        5,841       10,759
    合計                    4,917      3,198,292        3,203,210
     当第3四半期連結会計期間(             2021年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                     FVTPLの        FVTOCIの        FVTOCIの
                                           償却原価で測定
                                                      合計
                                            する金融資産
                     金融資産      負債性金融資産        資本性金融資産
     金融資産
      銀行事業のコールローン                    ―        ―        ―      80,000        80,000
      営業債権及びその他の債権                    ―        ―        ―     362,393        362,393
      カード事業の貸付金                    ―        ―        ―     460,489        460,489
      銀行事業の有価証券                  13,739       431,893          ―      49,888       495,521
      銀行事業の貸付金                    ―        ―        ―     319,449        319,449
      その他の金融資産                  80,637          ―     193,679        227,330        501,647
    合計                   94,376       431,893        193,679       1,499,551        2,219,501
                     FVTPLの      償却原価で測定

                                      合計
                     金融負債       する金融負債
     金融負債
      営業債務及びその他の債務                    ―     521,358        521,358
      銀行事業の預金                    ―    1,409,870        1,409,870
      有利子負債                    ―    1,674,357        1,674,357
      その他の金融負債                  2,000        5,930        7,931
    合計                    2,000      3,611,517        3,613,518
                                32/45



                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
       (2)   公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
       当初認識後に経常的に公正価値で測定する金融商品は、測定に用いたインプットの観察可能性および重要性に応
      じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しています。
       レベル1     -  同一の資産または負債の活発な市場における(無調整の)相場価格により測定した公正価値
       レベル2     -  レベル1以外の直接または間接的に観察可能なインプットを使用して測定した公正価値
       レベル3     -  重要な観察可能でないインプットを使用して測定した公正価値
       公正価値測定に複数のインプットを使用している場合には、その公正価値測定の全体において重要な最も低いレ
      ベルのインプットに基づいて公正価値のレベルを決定しています。
       公正価値ヒエラルキーのレベル間の振替は、各四半期の期首時点で発生したものとして認識しています。なお、
      前第3四半期連結累計期間および当第3四半期連結累計期間において、レベル1とレベル2の間における振替はあ
      りません。
       要約四半期連結財政状態計算書上の金融商品の帳簿価額は、公正価値と一致または合理的に近似しているため、
      金融商品のクラス毎の帳簿価額と公正価値の比較表を省略しています。
       要約四半期連結財政状態計算書上、経常的に公正価値で測定する金融商品の公正価値ヒエラルキーに基づくレベ
      ル別分類は、以下のとおりです。
    前連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    金融資産
     外国為替証拠金取引                           ―       21,637           ―       21,637
     株式                        16,181           ―      127,034         143,216
     債券                        10,883        247,719          1,648        260,250
     信託受益権
                               ―         ―      193,400         193,400
     その他                         2,518        13,287         37,530         53,336
    合計                        29,583        282,645         359,613         671,842
    金融負債
     外国為替証拠金取引                           ―       3,998          ―       3,998
     その他                          265         653         ―        919
    合計                          265        4,651          ―       4,917
    当第3四半期連結会計期間(             2021年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                          レベル1         レベル2         レベル3          合計
    金融資産
     外国為替証拠金取引                           ―       2,853          ―       2,853
     株式                         31,762           ―      179,411         211,174
     債券                         6,090        242,636          1,089        249,816
     信託受益権
                               ―         ―      184,896         184,896
     その他                         5,307         8,885        57,015         71,209
    合計                         43,160        254,375         422,413         719,950
    金融負債
     外国為替証拠金取引                           ―        830         ―        830
     その他                          827         342         ―       1,170
    合計                          827        1,172          ―       2,000
                                33/45




                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     (3)   公正価値の測定方法
       外国為替証拠金取引については、公正価値は類似契約の相場価格に基づき評価しているため、主にレベル2に分
      類しています。
       株式のうち、上場株式の公正価値については各四半期末の市場の終値、非上場株式の公正価値については割引
      キャッシュ・フロー法および類似会社の相場価格等を使用して測定しています。測定に使用する相場価格および将
      来キャッシュ・フローにかかる永久成長率等のインプットのうち、全ての重要なインプットが観察可能である場合
      はレベル2に分類し、重要な観察可能でないインプットを含む場合はレベル3に分類しています。
       債券および信託受益権の公正価値は、売買参考統計値、ブローカーによる提示相場等、利用可能な情報に基づく
      取引価格を使用して測定しているほか、リスクフリーレートや信用スプレッドを加味した割引率のインプットを用
      いて、割引キャッシュ・フロー法で測定しており、インプットの観察可能性および重要性に応じてレベル2または
      レベル3に分類しています。
       上記以外の要約四半期連結財政状態計算書上の金融商品の公正価値は帳簿価額と一致または合理的に近似してい
      ることから、帳簿価額を公正価値とみなしています。
     (4)   レベル3に分類した金融商品の公正価値測定

      ①  公正価値の評価技法およびインプット
        レベル3に分類した金融商品の評価技法および重要な観察可能でないインプットは以下のとおりです。
                                          観察可能でないインプットの範囲

                               観察可能でない
                 評価技法
                                インプット
                                          2021年3月31日         2021年12月31日
                            資本コスト                11.6~35.0%         10.7~35.0%

      株式     割引キャッシュ・フロー法
                            永久成長率                   0.0%         0.0%
                            EBIT倍率(注)                   20.1倍         14.6倍
        (注) 継続価値算定のために、類似会社のEBIT倍率を使用しています。
        株式の公正価値は、永久成長率、EBIT倍率が上昇(低下)した場合は増加(減少)し、資本コストが上昇(低下)し

       た場合は減少(増加)します。
      ②  レベル3に分類した金融商品の調整表

        レベル3に分類した金融商品の調整表は以下のとおりです。
     前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                            株式         債券       信託受益権          その他
    2020年4月1日                         66,479         2,182       117,126         15,653
    利得および損失
     四半期利益(注)1
                               15         ―        ―        761
     その他の包括利益(注)2、5
                             34,578           1       △24        △475
    購入                          4,044          ―      56,500         1,692
    売却または償還                         △1,645          △515       △21,293          △688
    支配獲得による振替                          △577          ―        ―         ―
    レベル3からの振替(注)3                         △4,411           ―        ―         ―
    その他(注)4                         △5,970           ―        ―       △982
    2020年12月31日                         92,515         1,668       152,307         15,961
                                34/45



                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
     (注)   1  要約四半期連結損益計算書上、「その他の営業外収益」および「その他の営業外費用」に含めています。
       2  要約四半期連結包括利益計算書上、「FVTOCIの資本性金融資産」、「FVTOCIの負債性金融資産」、「在外営
         業活動体の換算差額」に含めています。
       3  投資先が取引所に上場したことによるものです                     。
       4  「株式」の     「その他」にはPayPay(株)の優先株式に配分した超過損失額5,817百万円が含まれています。
       5  「株式」の     「その他の包括利益」にはPayPay(株)の優先株式の評価損益35,000百万円が含まれています。
     当第3四半期連結累計期間(自                 2021年4月1日        至    2021年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                            株式         債券       信託受益権          その他
    2021年4月1日                         127,034          1,648       193,400         37,530
    利得および損失
     四半期利益(注)1
                               316         -        -      11,872
     その他の包括利益(注)2
                             11,126           0       △19        1,091
    購入                         55,216           -      31,300         10,041
    売却または償還                         △1,420          △559       △39,783            -
    レベル3からの振替(注)3                         △2,795           -        -         -
    その他(注)4                        △10,066            -        -      △3,520
    2021年12月31日                         179,411          1,089       184,896         57,015
     (注)   1  要約四半期連結損益計算書上、「その他の営業外収益」および「その他の営業外費用」に含めています。
       2  要約四半期連結包括利益計算書上、「FVTOCIの資本性金融資産」、「FVTOCIの負債性金融資産」、「在外営
         業活動体の換算差額」に含めています。
       3  投資先が取引所に上場したことによるものです。
       4  「株式」の     「その他」にはPayPay(株)の優先株式に配分した超過損失額11,707百万円が含まれています。
      ③  感応度分析

        レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変更し
       た場合に重要な公正価値の増減は見込まれていません。
      ④  評価プロセス

        レベル3に分類した金融商品について、当社の投資管理部門担当者は、外部の評価専門家の助言を得ながら公
       正価値測定の対象となる金融商品の性質、特徴およびリスクを適切に反映できる評価技法およびインプットを用
       いて公正価値を測定しています。各四半期末において実施した金融商品の公正価値の測定結果は、外部専門家の
       評価結果を含めて部門管理者によりレビューされ、当社                          専務執行役員GCFO(最高財務責任者)                が承認しています。
                                35/45







                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    13.  売上収益
      売上収益の分解
      報告セグメント毎の売上収益について「広告」、「ビジネス」、「パーソナル」、「その他」に分解しています。
      これらのビジネスから生じる収益は顧客との契約に基づき計上しており、変動対価等を含む売上収益の額に重要性
     はありません。また、約束した対価の金額に重要な金融要素は含みません。
      なお、当第3四半期連結累計期間において、報告セグメントを変更しています。詳細につきましては、「6.                                                   セグ
     メント情報」をご参照ください。
      これに伴い、前第3四半期連結累計期間の売上収益の情報を修正再表示しています。
      売上収益の内訳は以下のとおりです。
    前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       ) 

                                                  (単位:百万円)
                    メディア事業        コマース事業         戦略事業        その他        合計
    広告                  217,244        35,922         249       3,052       256,468
    ビジネス                   7,147       388,714        18,272        2,764       416,898
    パーソナル                   24,362       129,884        41,525        1,718       197,491
    その他                     ―        ―      2,957         ―       2,957
    合計                  248,753        554,521        63,004        7,536       873,815
    顧客との契約から生じる収益                  248,753        554,521        26,880        6,566       836,722
    その他の源泉から生じる収益                     ―        ―      36,123         969       37,093
    当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年12月31日       ) 

                                                  (単位:百万円)
                    メディア事業        コマース事業         戦略事業        その他        合計
    広告                  381,799        43,426         825       3,076       429,128
    ビジネス                   19,334       418,694        30,963        5,410       474,403
    パーソナル                   64,505       138,802        49,524        2,236       255,069
    その他                     ―        ―      1,535         ―       1,535
    合計                  465,639        600,923        82,849        10,724       1,160,136
    顧客との契約から生じる収益                  465,639        600,923        41,315        9,779      1,117,658
    その他の源泉から生じる収益                     ―        ―      41,533         945       42,478
     (注)   ビジネス、パーソナルの区分けは契約者が法人の場合はビジネス、個人の場合にはパーソナルに分類されます。
       商品項目によっては、ビジネスとパーソナルに分かれて実績が計上されます。
                                36/45








                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
      各セグメントの主な商品
                   検索広告              Yahoo!広告「検索広告」

            ヤフー    広告                 Yahoo!広告「ディスプレイ広告」(運用型)                    等

                          運用型広告
                   ディスプレイ
                   広告
                                 Yahoo!広告「ディスプレイ広告」(予約型)                    等
                          予約型広告
                                 「LINE    VOOM」、「LINE        NEWS」、「トークリスト」、

                   ディスプレイ広告              「Talk    Head   View」、「Talk        Head   View   Custom」、そ
                                 の他
    メディア    事業
                                 「LINE公式アカウント」、「LINEプロモーションスタン
            LINE   広告
                   アカウント広告
                                 プ」「LINEで応募」、「LINEチラシ」、その他
                   その他広告              「ライブドアブログ」、「LINEバイト」、その他

                   ヤフー              「ebookjapan」、不動産関連、「Yahoo!ロコ」、その他

            その他
                                 「LINEスタンプ」、「LINE             GAME」、「LINE占い」
                   LINE              「LINE    LIVE」、「LINE        MUSIC」、「LINEマンガ」、そ
                                 の他
                                 「Yahoo!ショッピング」、「PayPayモール」、
                                 「ZOZOTOWN」、「LOHACO」、「チャーム」、「LINE
                   ショッピング事業
                                 ショッピング」、「LINE            FRIENDS」、「LINEギフト」、
                                 「MySmartStore」
            物販EC
                   リユース事業              「ヤフオク!」、「PayPayフリマ」、「ZOZOUSED」
    コマース    事業

                   アスクル単体       BtoB事業
                                 「ASKUL」、「SOLOEL          ARENA」等
                   (インターネット経由)
                                 「Yahoo!トラベル」、「一休トラベル」、「LINEトラベ
            サービスEC
                                 ル(海外)」、その他
                                 プレミアム会員、アスクル             BtoB事業(インターネット経
            その他
                                 由以外)、バリューコマース、その他
                   PaaPayカード(注)1              ―

                   PayPay銀行(注)2              ―

            Fintech
                                 PayPayアセットマネジメント、「PayPayほけん」、マグ
    戦略事業
                                 ネマックス、「LINE          Pay」、「LINE証券」、「LINEスコ
                   その他金融
                                 ア」「LINEポケットマネー」、「LINE                  BITMAX」、その
                                 他
                                 AI、「LINE      Search」、「LINEヘルスケア」、その他

            その他
      (注)   1  PayPayカード(株)は、2021年10月1日にワイジェイカード(株)から商号変更しました。

         2  PayPay銀行(株)は、2021年4月5日にジャパンネット銀行(株)から商号変更しました。
                                37/45





                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    14.  子会社株式売却益
     当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日         至   2021年12月31日)
      第2四半期連結会計期間において、ワイジェイFX(株)(現                            外貨ex    byGMO(株))の全株式をGMOフィナンシャルホール
     ディングス(株)に売却したことによるものです。譲渡価格は28,729百万円になります。
    15.  持分法による投資の減損損失

      当第3四半期連結会計期間の要約四半期連結損益計算書において、持分法による投資の減損損失18,378百万円を計
     上しています。これは、(株)出前館に係る持分法で会計処理されている投資の帳簿価額を回収可能価額まで減額した
     ことによるものです。
    16.  その他の営業外収益

      その他の営業外収益の内訳は、以下のとおりです。
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                 至   2020年12月31日       )     至   2021年12月31日       )
    FVTPLの金融商品から生じる損益                                      ―             7,574
    出資金組合損益                                     1,065              4,686

    持分変動利益                                       7            5,263

    その他                                     2,469              1,887

    合計                                     3,542              19,411

                                38/45












                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    17.  1株当たり利益
      親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり四半期利益および希薄化後1株当たり四半期利益の算定基礎は以下の
     とおりです。
                               前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間

                                (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                                 至   2020年12月31日       )     至   2021年12月31日       )
    基本的1株当たり四半期利益(円)                                     14.04               8.80
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)

                                         66,869              66,821
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)

                                           ―              ―
     基本的1株当たり四半期利益の計算に
                                         66,869              66,821
     使用する利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)
                                       4,763,219              7,595,737
    希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                     14.04               8.74

     四半期利益調整額(百万円)

                                           ―              ―
     普通株式増加数(千株)

                                          220             46,175
                               前第3四半期連結会計期間              当第3四半期連結会計期間

                                (自    2020年10月1日            (自    2021年10月1日
                                 至   2020年12月31日       )     至   2021年12月31日       )
    基本的1株当たり四半期利益(円)                                      4.41              1.66
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)

                                         21,031              12,595
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万円)

                                           ―              ―
     基本的1株当たり四半期利益の計算に
                                         21,031              12,595
     使用する利益(百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)
                                       4,763,722              7,596,141
    希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                      4.41              1.65

     四半期利益調整額(百万円)

                                           ―              ―
     普通株式増加数(千株)

                                          214             55,030
                                39/45








                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    18.  要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書の補足情報
      前第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )
       営業活動によるキャッシュ・フローに独立掲記した「利息及び配当金の受取額」および「利息の支払額」は金融
      業以外の金額を表示しています。
       なお、金融業における当該項目は、IAS第7号「キャッシュ・フロー計算書」に従い、従来より営業活動による
      キャッシュ・フローの小計に含まれています。
       また、グループ会社間の配当に係る源泉所得税の納付額および還付額102,100百万円が「法人所得税の支払額」に
      含まれています。
      当第3四半期連結累計期間(自                2021年4月1日        至    2021年12月31日       )

       当第3四半期連結累計期間において、該当事項はありません。
    19.  関連当事者

      当社グループの最終的な親会社はソフトバンクグループ(株)です。
      当社グループと当社の関連当事者である子会社との間の取引は、連結上消去されており、注記には開示されていま
     せん。
      関連当事者間取引および未決済残高

      前第3四半期連結累計期間(自                 2020年4月1日        至   2020年12月31日       )
       重要な取引高および債権債務の未決済高はありません。
      当第3四半期連結累計期間(自                  2021年4月1日        至   2021年12月31日       )

       重要な取引高および債権債務の未決済高はありません。
                                40/45












                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    20.  偶発事象
        当社グループの貸出コミットメントは、主に当社グループのクレジットカード会員へのショッピングおよび
       キャッシングの利用限度額であり、貸出コミットメントの総額および貸出未実行残高は以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                 ( 2021年3月31日       )       ( 2021年12月31日       )
    貸出コミットメントの総額                                   5,674,622              6,552,540
    貸出実行残高                                    486,391              577,729
    貸出未実行残高                                   5,188,231              5,974,810
        なお、当該利用限度額は、クレジットカード会員がその範囲内で随時利用できるため利用されない額もあり、

       かつ、当社グループが任意に増減させることができるため、貸出未実行残高は必ずしも全額が貸出実行されるも
       のではありません。また、当該貸出コミットメントの未実行残高の期日は、要求払いのため1年以内となりま
       す。
    21.  要約四半期連結財務諸表の承認

      2022年2月7日に要約四半期連結財務諸表(2021年12月期)は、当社                               代表取締役社長Co-CEO(共同最高経営責任者)                     川
     邊  健太郎    および   専務執行役員GCFO(最高財務責任者)                 坂上   亮介   によって承認されました。
                                41/45














                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    2  【その他】
       該当事項はありません。

                                42/45




















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                43/45



















                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2022年2月7日

    Zホールディングス株式会社
     取締役会      御中
                        有限責任監査法人トーマツ

                        東京事務所

                        指定有限責任社員

                                          丸  山  友          康
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          淡  島  國          和
                                   公認会計士
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士       粂  井  祐  介
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、       金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているZホールディン
    グス株式会社の2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2021年10                                                   月1日か
    ら2021年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年12月31日まで)に係る要約四半期連
    結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算
    書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記につ
    いて四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、
    様式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、                                                   Zホール
    ディングス株式会社及び連結子会社の2021年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間
    及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示して
    いないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる
    証拠を入手したと判断している              。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示する
    ことにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる                                  。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成す
    ることが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある                              。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある                                                  。
                                44/45




                                                          EDINET提出書類
                                                  Zホールディングス株式会社(E05000)
                                                            四半期報告書
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約
    四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する                                      。
    ・   主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
    ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実
    施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である                             。
    ・    継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
    められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財務
    諸表の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、
    継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財務諸表
    の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合
    は、要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、
    四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続
    できなくなる可能性がある            。
    ・    要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさ
    せる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内
    容、並びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められ
    ないかどうかを評価する           。
    ・    要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す
    る。監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人
    は、単独で監査人の結論に対して責任を負う                    。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
    事項について報告を行う           。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
    監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
    じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い 。
                                                       以   上
     (注)   1 上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2 XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                45/45







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。