いちごオフィスリート投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第32期(令和3年5月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資証券)-第32期(令和3年5月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 いちごオフィスリート投資法人
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資証券)

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年1月27日
     【計算期間】                   第32期(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)
     【発行者名】                   いちごオフィスリート投資法人
     【代表者の役職氏名】                   執行役員  髙塚 義弘
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区内幸町一丁目1番1号
     【事務連絡者氏名】                   いちご投資顧問株式会社 
                         執行役員オフィスリート本部長 長嶺 法雄
     【連絡場所】                   東京都千代田区内幸町一丁目1番1号
     【電話番号】                   03-3502-4891
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/217














                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】
     1【投資法人の概況】
      (1)【主要な経営指標等の推移】
        ① 主要な経営指標等の推移
               回次              第23期       第24期       第25期       第26期       第27期
              決算年月              2017年4月       2017年10月       2018年4月       2018年10月       2019年4月
     営業収益                   百万円       7,352       7,530       9,062       7,632       8,451
     (うち不動産賃貸事業収益)                   百万円      (7,314)       (7,530)       (7,467)       (7,632)       (7,782)
     営業費用                   百万円       3,974       4,009       3,876       3,886       3,940
     (うち不動産賃貸事業費用)                   百万円      (2,959)       (3,004)       (3,008)       (2,993)       (2,990)
     営業利益                   百万円
                               3,378       3,521       5,185       3,745       4,510
     経常利益                   百万円       2,616       2,796       4,442       2,958       3,733
     当期純利益                   百万円       2,615       2,796       4,441       2,980       3,732
     総資産額                   百万円      210,573       217,585       219,028       221,807       225,678
     (対前期比)                    %      (△0.2)       (3.3)       (0.7)       (1.3)       (1.7)
     純資産額                   百万円      101,911       101,761       103,245       103,217       103,863
     (対前期比)                    %      (△0.3)       (△0.1)       (1.5)      (△0.0)       (0.6)
     出資総額                   百万円      67,675       67,675       67,675       67,675       67,675
     発行済投資口の総口数                    口    1,532,287       1,532,287       1,532,287       1,532,287       1,532,287
     1口当たり純資産額                    円      66,509       66,411       67,380       67,361       67,783
     分配総額                   百万円       2,946       2,957       3,009       3,086       3,455
     1口当たり当期純利益                    円
                               1,706       1,824       2,898       1,945       2,435
     1口当たり分配金額                    円      1,923       1,930       1,964       2,014       2,255
     (うち1口当たり利益分配金)                    円      (1,923)       (1,930)       (1,964)       (2,014)       (2,255)
     (うち1口当たり利益超過分配金)                    円       (―)       (―)       (―)       (―)      (―)
     総資産経常利益率               (注1)     %       1.2       1.3       2.0       1.3       1.7
                               (2.5)       (2.6)       (4.1)       (2.7)       (3.4)
     自己資本利益率
                    (注1)     %       2.6       2.7       4.3       2.9       3.6
                               (5.2)       (5.4)       (8.7)       (5.7)       (7.3)
     自己資本比率               (注1)     %      48.4       46.8       47.1       46.5       46.0
     (対前期比増減)                         (△0.1)       (△1.6)       (0.4)      (△0.6)       (△0.5)
     配当性向
                    (注2)     %      112.7       105.8       67.7      103.5       92.6
                                  2/217







                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
               回次              第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
              決算年月              2019年10月       2020年4月       2020年10月       2021年4月       2021年10月
     営業収益                   百万円       8,304       8,260       7,863       7,725       7,843
     (うち不動産賃貸事業収益)                   百万円      (7,862)       (7,860)       (7,862)       (7,725)       (7,843)
     営業費用                   百万円       3,941       3,879       3,770       3,801       3,881
     (うち不動産賃貸事業費用)                   百万円      (3,025)       (2,950)       (2,852)       (2,841)       (2,887)
     営業利益                   百万円       4,363       4,381       4,092       3,923       3,962
     経常利益                   百万円
                               3,554       3,576       3,313       3,122       3,201
     当期純利益                   百万円       3,554       3,575       3,312       3,121       3,200
     総資産額                   百万円      225,898       227,312       226,980       227,654       227,653
     (対前期比)                    %      (0.1)       (0.6)     (△0.1)       (0.3)      (△0.0)
     純資産額                   百万円
                              103,962       104,244       104,242       102,447       102,421
     (対前期比)                    %      (0.1)       (0.3)     (△0.0)       (△1.7)       (△0.0)
     出資総額                   百万円      67,675       67,675       67,675       67,675       67,675
     発行済投資口の総口数                    口    1,532,287       1,532,287       1,532,287       1,513,367       1,513,367
     1口当たり純資産額                    円      67,848       68,031       68,030       67,695       67,678
     分配総額                   百万円
                               3,294       3,314       3,417       3,226       3,306
     1口当たり当期純利益                    円      2,319       2,333       2,162       2,050       2,114
     1口当たり分配金額                    円      2,150       2,163       2,230       2,132       2,185
     (うち1口当たり利益分配金)                    円      (2,150)       (2,163)       (2,230)       (2,132)       (2,185)
     (うち1口当たり利益超過分配金)                    円      (―)       (―)       (―)       (―)       (―)
     総資産経常利益率               (注1)     %       1.6       1.6       1.5       1.4       1.4
                               (3.1)       (3.2)       (2.9)       (2.8)       (2.8)
     自己資本利益率
                    (注1)     %       3.4       3.4       3.2       3.0       3.1
                               (6.8)       (6.9)       (6.3)       (6.1)       (6.2)
     自己資本比率               (注1)     %      46.0       45.9       45.9       45.0       45.0
     (対前期比増減)                          (0.0)      (△0.2)       (0.1)      (△0.9)       (△0.0)
     配当性向
                    (注2)     %      92.7       92.7      103.1       104.0       103.4
     〔その他参考情報〕

               回次              第23期       第24期       第25期       第26期       第27期
              決算年月              2017年4月       2017年10月       2018年4月       2018年10月       2019年4月
     投資物件数                    件
                    (注3)            82       85       82       85       85
     テナント数               (注3)     件       897       918       891       923       921
     総賃貸可能面積                    ㎡    253,545.89       262,751.74       255,487.63       263,440.38       264,762.27
     期末稼働率               (注3)     %      98.6       98.1       99.0       99.2       99.3
     当期減価償却費                   百万円        923       927       914       857       857
     当期資本的支出額                   千円
                              570,887       446,991       395,979       453,299       442,533
     賃貸NOI(Net       Operating    Income)
                    (注1)    百万円       5,279       5,454       5,373       5,496       5,648
     1口当たりFFO
                         円
                    (注1)           2,285       2,430       2,454       2,489       2,558
     (Funds   from  Operations)
     当期運用日数                    日       181       184       181       184       181
                                  3/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
               回次              第28期       第29期       第30期       第31期       第32期
              決算年月              2019年10月       2020年4月       2020年10月       2021年4月       2021年10月
     投資物件数               (注3)     件       85       85       85       86       86
     テナント数               (注3)     件       934       938       924       934       930
     総賃貸可能面積                    ㎡    266,478.61       259,717.74       259,754.33       264,651.68       264,701.15
     期末稼働率               (注3)     %      99.4       99.6       97.5       97.2       95.4
     当期減価償却費                   百万円        842       839       838       870       887
     当期資本的支出額                   千円
                              478,779       525,201       587,955       677,483       625,613
     賃貸NOI(Net       Operating    Income)
                    (注1)    百万円       5,679       5,748       5,847       5,754       5,843
     1口当たりFFO
                         円
                    (注1)           2,581       2,621       2,709       2,638       2,701
     (Funds   from  Operations)
     当期運用日数                    日       184       182       184       181       184
     (注1)記載した指標は以下の方法により算定しており、総資産経常利益率及び自己資本利益率については、年換算し
         た数値を( )内に併記しています。
         総資産経常利益率=経常利益/平均総資産額 平均総資産額=(期首総資産額+期末総資産額)÷2
         自己資本利益率=当期純利益/平均純資産額 平均純資産額=(期首純資産額+期末純資産額)÷2
         自己資本比率=期末純資産額/期末総資産額
         賃貸NOI=当期賃貸営業利益(不動産賃貸事業収益-不動産賃貸事業費用)+当期減価償却費
         1口当たりFFO=(当期純利益+減価償却費+固定資産除却損+資産除去債務費用±不動産等売却損益±特
                    別損益)/発行済投資口の総口数
     (注2)配当性向=1口当たり分配金額/1口当たり当期純利益(小数点第1位未満を切り捨てにより記載していま
         す。)
     (注3)投資物件数は、社会通念上、一体と認められる単位で記載しています。また、テナント数は本投資法人又は信
         託受託者を賃貸人として有効に賃貸借契約が締結されているテナントの総数を記載しており、期末稼働率は期
         末時点の個々の保有不動産の賃貸可能面積に占める賃貸面積の割合を記載しています。
     (注4)特に記載のない限り、記載未満の数値について、金額は切り捨て、比率は四捨五入により記載しています。
        ② 当期の資産運用の経過

         (イ)当期の概況
           いちごオフィスリート投資法人(以下「本投資法人」といいます。)の第32期を迎えた当期(2021年10月
          期)は、保有物件における「心築(しんちく)(注)による価値向上と投資効率の追求」、「テナント満足
          度を重視した収益性の維持、向上」を主要なアクションプランとし、着実な内部成長の強化を行いました。
          今後も安定的かつ収益成長が見込める中規模オフィスに特化したポートフォリオ構築及び運用資産の着実な
          成長を目指していきます。
          (注)心築(しんちく)とは、いちごの不動産技術とノウハウを活用し、一つ一つの不動産に心を込めた丁

             寧な価値向上を図り、現存不動産に新しい価値を創造することをいい、日本における「100年不動
             産」の実現を目指しております。
         (ロ)投資環境と運用実績

          a.投資環境
            事業用不動産の投資環境は、新型コロナウイルスの影響下においても旺盛な投資需要を背景に、取引価
           格は変わらず高値圏で推移しており、取引件数も前年より増加しております。J-REITにおいても公募増資
           が複数件行われましたが、昨年の物流中心の公募増資から、今年は物流以外のアセット取得の増資も見受
           けられるようになり、不動産売買が活発になってきております。2021年9月30日をもって緊急事態宣言が
           解除され、経済活動の正常化に向け動き出すとともに、不動産への投資意欲も総じて高く推移することが
           予想され、取引利回りは更に低下する可能性があります。
            オフィスビルの取引については、取引利回りは引き続き低水準で推移しておりますが、空室率の上昇や
           新規賃料の下落等オフィス賃貸市場において注視すべき変化が出てきております。また、利回りの低下に
           より東京都内での投資機会が限られてきており、利回り追求や働き方の変化を受けて、地方都市への投資
           にも関心が高まることが予想されます。更には環境・社会問題に対する世界的な関心の高まりを背景に、
           不動産分野においても、ESG配慮の動きが加速することも予想され、投資における重要な要素となりつつ
           あります。このような変化をしっかりと認識し、今後も中長期の目線に立ち、選別して投資していく必要
           があると考えております。
                                  4/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.運用実績
            当期においては、ポートフォリオ全体のNOIの向上を重視し、賃料水準、稼働率等も考慮の上、個別物
           件の収益力に繋がる各種施策を積極的に推進しました。当期においては、いちご箱崎ビル等において、テ
           ナント満足度の向上を目的とした心築(しんちく)による価値向上を実施する等、物件競争力及び収益力
           の強化に資する施策を積極的に行いました。このような施策を推進した結果、ポートフォリオ全体の稼働
           率は、当期末時点で95.4%と高水準を維持しております。
            また、サステナブルな社会の実現を目指す取り組みとして、脱炭素社会への移行を目的とする国際的イ
           ニシアティブ「RE100」の主旨に鑑み、当期より保有物件における消費電力の再生可能エネルギーへの切
           り替えを推進しております。
            なお、当期末日現在において、本投資法人が保有する物件は86物件(取得価格の総額206,192百万円)
           となっております。
         (ハ)資金調達の概要

           当期においては、2021年5月、2021年9月に返済期限の到来する借入金(合計9,639百万円)の返済資金と
          して、それぞれ同月に既存取引銀行からの借入れ(合計8,125百万円)並びに2021年5月に第6回投資法人債
          (1,500百万円)の発行を行いました。
           当期においても安定的な財務基盤の構築のため、返済期限の分散化並びに金利動向を注視し調達を行って
          参りました。
         (ニ)業績及び分配の概要

           上記の運用の結果、当期の実績として営業収益7,843百万円、営業利益3,962百万円、経常利益3,201百万
          円、当期純利益3,200百万円を計上しました。分配金については、本投資法人の規約第37条に定める金銭の分
          配の方針に基づき、租税特別措置法(昭和32年法律第26号。その後の改正を含みます。以下「租税特別措置
          法」といいます。)第67条の15第1項に規定される「配当可能利益の額」の100分の90に相当する金額を超え
          るものとしています。
           本投資法人は、任意積立金として一時差異等調整積立金及び配当積立金を有しています。これらの任意積
          立金のうち、一時差異等調整積立金は、2015年度改正の「不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規
          則」(以下「投信協会規則」といいます。)に基づき毎期105百万円以上を取り崩します。また、配当積立金
          は同様に分配金水準の安定化の観点からキャッシュ・フローを考慮した上で取り崩すことがあります。
           一方で、過去にポートフォリオの質向上を目的とした資産譲渡を行った際に計上した不動産売却損等によ
          り税務上の繰越欠損金(注)も有していることから、同一決算期内に発生した不動産等売却損益が通算して
          利益となる場合、その他運用上の一時的な利益が発生する場合等には利益を内部留保することがあります。
           当期の分配金は、当期未処分利益3,201百万円に、一時差異等調整積立金取崩額として105百万円を加算し
          た金額3,306百万円に対して、投資口1口当たり分配金が1円未満となる端数部分を除く全額3,306百万円を
          利益分配金として分配することとしました。この結果、投資口1口当たり分配金を2,185円としました。
          (注)本投資法人が有する税務上の繰越欠損金残高は約8.4億円であり、繰越期限は2022年4月期となって
             います。なお、損金に算入できる欠損金の控除限度額についての制限は適用されません。
        ③ 今後の運用方針及び対処すべき課題

         (イ)新規物件取得(外部成長)について
           本投資法人は、東京都心を中心に、その他首都圏、政令指定都市及び県庁所在地等に立地する不動産等
          で、主たる用途がオフィスである不動産等及びこれに関連する不動産対応証券を主な投資対象とします。特
          に中規模オフィスは、安定性と成長性の両面が見込めることに加え、物件数の多さから流動性が高く、市況
          に応じた機動的なポートフォリオの組替えも可能であるため、本投資法人は、収益の安定性を確保しながら
          成長性を重視した中規模オフィスに特化したポートフォリオ構築を行います。
           物件の取得にあたっては、本投資法人の資産運用会社であるいちご投資顧問株式会社(以下「本資産運用
          会社」といいます。)の独自ネットワークによる情報を活用し、良質な投資情報の早期入手や、相対取引の
          促進を図ります。また、外部のブリッジファンドや、スポンサーサポート契約に基づくいちご株式会社によ
          るウェアハウジング機能等を活用しながら、着実な外部成長を推進します。一方で、保有物件のうち、内部
          成長余地が限定的な物件は売却を検討し、資産の入替によるポートフォリオの質の向上を図ります。
                                  5/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ロ)心築による価値向上(内部成長)について
           心築による価値向上においては、個別物件の収益力強化に繋がる以下の施策を積極的に推進し、強固な
          ポートフォリオの構築とともに、持続的成長を徹底追求してまいります。
          ・「いちごレイアウトオフィス」、「いちごラウンジ」といった独自性の高いオフィス環境の提供を通じた
           差別化戦略の推進
          ・テナントの利便性・機能性向上を目的とした価値向上CAPEX(資本的支出)により、テナント満足度を重
           視した収益性の向上
          ・投資効率の追求
          ・テナント入替時の空室期間(ダウンタイム)、フリーレント期間の極小化
         (ハ)財務戦略について

           既存借入金のリファイナンスについては借入金利の固定化、借入期間の長期化・分散化を図り、継続する
          低金利の金融環境を踏まえた資金調達を検討します。また、株式会社日本格付研究所より取得している長期
          発行体格付は現状のA(格付けの見通し:ポジティブ)から更なる向上を目指し、投資法人債等による資金
          調達の多様化を図りつつ、本投資法人の財務基盤の強化及びキャッシュ・フローの拡大を進めていきます。
        ④ 決算後に生じた重要な事実

           該当事項はありません。
                                  6/217














                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
         ① 投資法人の目的及び基本的性格
           本投資法人は、投信法に基づき設立された投資法人であり、その資産を主として不動産などの特定資産に
          対する投資として運用することを目的とし(規約第2条)、また、中長期にわたる安定した収益の確保を目
          指して、主として後記「2             投資方針(2)投資対象           ①  投資対象とする資産の種類」に記載する不動産等の
          特定資産(投信法第2条第1項に定義されます。)に投資して運用を行います。
         ② 投資法人の特色

           本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。以
          下「投信法」といいます。)に基づき、資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的と
          します。本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。本
          投資法人の資産運用は、本書の日付現在、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みま
          す。以下「金融商品取引法」といいます。)上の金融商品取引業者である本資産運用会社にすべて委託して
          これを行います。
          (注1)投資法人に関する法的枠組みの大要は、以下のとおりです。
              投資法人は、金融商品取引法上の金融商品取引業者などの一定の資格を有する設立企画人により設
              立されます。投資法人を設立するには、設立企画人が規約を作成しなければなりません。規約と
              は、株式会社における定款に相当するものであり、投資法人の商号、発行可能投資口総口数、資産
              運用の対象及び方針、金銭の分配の方針等を規定する投資法人の根本規則です。投資法人は、かか
              る規約に沿って運営されます。なお、規約は、投資法人の成立後には、投資主総会の特別決議によ
              り変更することができます。
              投資法人は、投資口を発行して、投資家より出資を受けます。投資口を有する者を投資主といい、
              投資主は、投資主総会を通じて、一定の重要事項につき投資法人の意思決定に参画できるほか、投
              資法人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の権
              利とは必ずしも同一ではありません。
              投資法人には、その機関として、投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人が設置
              されます。執行役員は、投資法人の業務を執行し、投資法人を代表します。監督役員は、執行役員
              の職務の執行を監督します。執行役員と監督役員は、役員会を構成し、かかる役員会は、執行役員
              の一定の重要な職務の執行に対する承認、計算書類等(金銭の分配に係る計算書を含みます。)の
              承認等、投資法人の一定の業務の執行に係る重要な意思決定を行います。更に、会計監査人は、投
              資法人の会計監査を行います。これらの執行役員、監督役員及び会計監査人はいずれも投資主総会
              の決議によって選任されます。投資主総会、執行役員、監督役員、役員会及び会計監査人について
              は、後記「(4)投資法人の機構               ①  投資法人の統治に関する事項」をご参照下さい。
              投資法人は、規約に定める額を限度として、借入れを行うことができるほか、投資主の請求により
              投資口の払戻しをしない旨を規約に定めたクローズド・エンド型の投資法人の場合には、規約に定
              める額を限度として、投資法人債を引き受ける者を募集することもできます。また、投資法人は一
              定の要件を充足した場合に、短期投資法人債を発行することができます。
              投資法人は、投資口及び投資法人債(短期投資法人債を含みます。以下同じです。)の発行による
              手取金並びに借入金を、規約に定める資産運用の対象及び方針に従い運用します。なお、投資法人
              がこのような資産の運用を行うためには、内閣総理大臣の登録を受ける必要があります(以下、こ
              の登録を受けた投資法人を「登録投資法人」といいます。)。本投資法人の資産運用の対象及び方
              針については、後記「2            投資方針     (1)投資方針       及び(2)投資対象」をご参照下さい。
              投資法人は、投資主に対して、規約で定めた金銭の分配の方針に従って、金銭の分配を行います。
              本投資法人の投資主に対する分配方針については、後記「2                            投資方針     (3)分配方針」をご参照下
              さい。
              登録投資法人は、投信法上の資産運用会社(内閣総理大臣の登録を受けた金融商品取引業者(投資
              運用業を行うものに限り、信託会社を除きます。))にその資産の運用に係る業務を委託しなけれ
              ばなりません。また、登録投資法人は、信託銀行等の一定の資格を有する資産保管会社にその資産
              の保管に係る業務を委託しなければなりません。更に、投資法人は、一般事務受託者に投資口及び
              投資法人債を引き受ける者の募集に関する事務、投資主名簿等に関する事務その他の事務を委託し
              なければなりません。本投資法人の資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者については、
              後記「(3)投資法人の仕組み」をご参照下さい。
          (注2)本投資法人の投資口は、振替投資口(社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号。そ
              の後の改正を含みます。以下「振替法」といいます。)第226条第1項に定める意味を有します。以
              下同じです。また、振替投資口である本投資法人の投資口を、以下「本振替投資口」といいま
              す。)です。本振替投資口については、本投資法人は投資証券を発行することができず、権利の帰
              属は振替口座簿の記載又は記録により定まります(振替法第226条、第227条)。なお、以下では、
              別途明記する場合を除き、本投資法人が発行する投資証券(以下「本投資証券」といいます。)に
              ついての記載には、本振替投資口を含むものとします。
              また、本投資法人が発行する投資法人債は、振替投資法人債(振替法第116条に定める意味を有しま
              す。以下同じです。また、振替投資法人債である本投資法人の投資法人債を、以下「本振替投資法人
              債」といいます。)です。なお、以下では、別途明記する場合を除き、本投資法人が発行する投資法
                                  7/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              人債券(以下「本投資法人債券」といいます。)についての記載には、本振替投資法人債を含むもの
              とします。
         ③投資ビークルへの投資を通じた資産の運用

           本投資法人は、不動産に関する匿名組合出資持分(当事者の一方が相手方の行う前各号に掲げる資産の運
          用のために出資を行い、相手方がその出資された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該
          運用から生じる利益の分配を行うことを約する契約に係る出資の持分のことをいいます。)に投資すること
          があります。
      (3)【投資法人の仕組み】

         ① 本投資法人の仕組図
         (イ)   資産運用委託契約











         (ロ)   一般事務委託契約/資産保管業務委託契約/事務委託契約(投資口事務受託契約)
         (ハ)   特別口座の管理に関する契約
         (ニ)   財務代理契約
         (ホ)   スポンサーサポート契約
         (ヘ)   スポンサーサポート契約
                                  8/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ② 本投資法人並びに本投資法人の資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者の名称、運営上の役割及び
          関係業務の概要
        運営上の役割               名称                   関係業務の概要
      投資法人          いちごオフィスリート投資法人                規約に基づき、投資主より払い込まれた資金等を、主と
                                して不動産等に投資することにより運用を行います。
      資産運用会社          いちご投資顧問株式会社                2005年11月18日付で、2011年11月1日の本投資法人によ
                                る吸収合併(以下「本合併」といいます。)に伴う解散前
                                の旧いちご不動産投資法人(以下「旧いちごリート」とい
                                います。)との間で資産運用委託契約を締結し、投信法上
                                の資産運用会社として、同契約に基づき、旧いちごリート
                                の定める規約及び本資産運用会社の社内規程である運用ガ
                                イドライン等に従い、資産の運用にかかる業務を行ってき
                                ました(投信法第198条第1項)。本合併に伴い、本投資
                                法人は同契約の内容を一部変更の上、承継しています。
                                 本資産運用会社に委託された業務の内容は、(ⅰ)本投
                                資法人の資産の運用に係る業務、(ⅱ)本投資法人の資金
                                調達に係る業務、(ⅲ)本投資法人への報告業務及び(ⅳ)
                                その他本投資法人が随時委託する上記(ⅰ)から(ⅲ)に関連
                                又は付随する業務(本投資法人の役員会に出席して報告を
                                行うことを含みます。)です。
      一般事務受託者          みずほ信託銀行株式会社                2012年7月31日付で、本投資法人との間で一般事務委託
      資産保管会社                          契約及び資産保管業務委託契約を締結し、2014年10月27日
      投資主名簿等管理                          付で、本投資法人との間で事務委託契約(投資口事務受託
      人                          契約)を締結しています。
                                 投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第4号、第
                                5号及び第6号)として、一般事務委託契約に基づき、本
                                投資法人の(ⅰ)計算に関する事務、(ⅱ)会計帳簿の作成
                                に関する事務、(ⅲ)本投資法人の役員会及び投資主総会
                                の運営に関する事務及び(ⅳ)納税に関する事務を行いま
                                す。
                                 また、投信法上の資産保管会社(投信法第208条第1
                                項)として、資産保管業務委託契約に基づき、本投資法人
                                の保有する資産の保管に係る業務を行います。
                                 さらに、投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第
                                2号、第3号及び第6号)として、事務委託契約(投資口
                                事務受託契約)に基づき、投資主名簿の作成及び備置きそ
                                の他の投資主名簿に関する事務等を行います。
      特別口座管理機関          三井住友信託銀行株式会社                2009年1月5日付で、本投資法人との間で特別口座の管
                                理に関する契約を締結しています。
                                 投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号及び
                                第6号。ただし、投資主名簿等管理人に委託している事務
                                及び投資法人債に関する事務を除きます。)として、特別
                                口座の管理に関する契約に基づき、特別口座に関する振替
                                口座簿並びにこれに付随する帳簿の作成・管理及び備置等
                                の事務を行います。
      特別口座管理機関          三菱UFJ信託銀行株式会社                2008年12月17日付で、旧いちごリートとの間で特別口座
                                の管理に関する契約を締結しています。本合併に伴い、本
                                投資法人は上記特別口座の管理に関する契約を承継してい
                                ます。
                                 投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第2号及び
                                第6号。ただし、投資主名簿等管理人に委託している事務
                                及び投資法人債に関する事務を除きます。)として、特別
                                口座の管理に関する契約に基づき、特別口座に関する振替
                                口座簿並びにこれに付随する帳簿の作成・管理及び備置等
                                の事務を行います。
                                  9/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        運営上の役割               名称                   関係業務の概要
                                 本投資法人との間で、2017年9月15日付で、第1回無担
      投資法人債に関す          株式会社三井住友銀行
                                保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)、
      る一般事務受託者
                                2018年11月22日付で、第3回無担保投資法人債(特定投資
                                法人債間限定同順位特約付)及び2020年3月19日付で、第
                                5回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約
                                付)に係る財務代理契約を締結しています。投信法上の一
                                般事務受託者(投信法第117条第2号、第3号及び第6
                                号)として、同契約に基づき、第1回無担保投資法人債
                                (特定投資法人債間限定同順位特約付)、第3回無担保投
                                資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)及び第5
                                回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約
                                付)に係る発行代理人事務、投資法人債権者に対する利息
                                又は償還金の支払に関する事務及び投資法人債原簿に関す
                                る事務等を行います。
      投資法人債に関す          株式会社三菱UFJ銀行                本投資法人との間で、2018年4月20日付で、第2回無担
      る一般事務受託者                          保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)及び
                                2021年4月22日付で、第6回無担保投資法人債(特定投資
                                法人債間限定同順位特約付)に係る財務代理契約を締結し
                                ています。投信法上の一般事務受託者(投信法第117条第
                                2号、第3号及び第6号)として、同契約に基づき、第2
                                回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約
                                付)及び第6回無担保投資法人債(特定投資法人債間限定
                                同順位特約付)に係る発行代理人事務、投資法人債権者に
                                対する利息又は償還金の支払に関する事務及び投資法人債
                                原簿に関する事務等を行います。
      投資法人債に関す          株式会社みずほ銀行                本投資法人との間で、2019年7月19日付で、第4回無担保
      る一般事務受託者                         投資法人債(特定投資法人債間限定同順位特約付)に係る財
                               務代理契約を締結しています。投信法上の一般事務受託者
                               (投信法第117条第2号、第3号及び第6号)として、同契
                               約に基づき、第4回無担保投資法人債(特定投資法人債間限
                               定同順位特約付)に係る発行代理人事務、投資法人債権者に
                               対する利息又は償還金の支払に関する事務及び投資法人債原
                               簿に関する事務等を行います。
                                 10/217









                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ③ 上記以外の本投資法人の関係法人及びその他の主な関係者
        運営上の役割              名称                   関係業務の概要
      スポンサーサポート          いちごトラスト
                                2009年2月24日付で、旧いちごリートとスポンサーサポー
      会社
                               ト会社(本項において「スポンサーサポート会社」とは、い
                               ちごトラストを指します。)との間でスポンサーサポート契
                               約を締結しています。本合併に伴い、本投資法人はスポン
                               サーサポート契約を承継しています。
                               かかるスポンサーサポート契約は、スポンサーサポート会社
                               が、(ⅰ)本投資法人に対して融資を提供する金融機関の紹
                               介、及びその実現に向けた協力、(ⅱ)本投資法人に対して
                               出資する投資家の紹介、及びその実現に向けた協力、(ⅲ)
                               本投資法人が運用する物件の売却先又は取得先の紹介、及び
                               その実現に向けた協力、(ⅳ)本投資法人のビジネスの成
                               長・発展に必要と目される人材確保に向けた協力、(v)本
                               投資法人及び本資産運用会社のビジネス全般(資金の借入れ
                               及び財務戦略を含むがこれに限らない。)に対するコンサル
                               タント業務を行うことを内容としています。
      スポンサーサポート          いちご株式会社(注)               2019年12月26日付で、本投資法人との間でスポンサーサ
      会社                         ポート契約を締結しています。かかるスポンサーサポート契
                               約は、スポンサーサポート会社(本項において「スポンサー
                               サポート会社」とは、いちご株式会社を指します。)が、本
                               投資法人の継続的かつ安定的な成長と発展を目的として、
                               (ⅰ)本投資法人に対して融資を提供する金融機関の紹介、
                               及びその実現に向けた協力、(ⅱ)本投資法人に対して出資
                               する投資家の紹介、及びその実現に向けた協力、(ⅲ)本投
                               資法人が取得検討する物件及び取得先の紹介、本投資法人が
                               保有する物件の売却先の紹介、並びにそれらの実現に向けた
                               協力、(ⅳ)本投資法人による取得機会の確保のための物件
                               の取得及び保有、(ⅴ)本投資法人及び本資産運用会社の事
                               業全般に関するコンサルタント業務、他の事業者の紹介及び
                               その他の補助的業務を行うことを内容としています。
                                 11/217











                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        運営上の役割              名称                   関係業務の概要
      スポンサーサポート          いちご株式会社(注)               さらに、本投資法人は、(ⅰ)本投資法人に対する金融機
      会社                         関による融資、(ii)本投資法人に対する投資家による出
                               資、(iii)不動産又は不動産を信託財産とする信託受益権
                               の取得、(iv)前(ⅰ)から(iii)までに関連する事項、
                               (v)その他本投資法人の運営に資する事項に関し、スポン
                               サーサポート会社より本投資法人の信用補完を得る必要があ
                               ると判断した場合、スポンサーサポート会社に対し、当該信
                               用補完を得る必要のある具体的事項及び当該信用補完の提供
                               に係る合理的な対価を事案に応じて検討の上、通知し、スポ
                               ンサーサポート会社との協議により決定した金額でスポン
                               サーサポート会社による本投資法人の信用補完を要請するこ
                               とができることとしています。
                                スポンサーサポート会社は、当該要請があった場合におい
                               て、本投資法人の要請に応じることが法令その他の規則・ガ
                               イドライン等に反することなく、かつ、同契約の目的に合致
                               するとその裁量によって判断した場合には、本投資法人との
                               間で個別合意書を締結した上で、当該個別合意書において定
                               められた事項に関し、スポンサーレターの提出、保証契約の
                               締結、資産取得における代替買主としての役割の提供等の方
                               法により、有償で、本投資法人の信用を補完する措置をとり
                               ます。
                                なお、スポンサーサポート会社は、スポンサーサポート会
                               社の判断により、スポンサーサポート会社の子会社又は関連
                               会社(本資産運用会社を除きます。)をして、これらの業務
                               を行わせることができることとしています。
                                また、2021年4月1日付で、本資産運用会社、スポンサー
                               サポート会社並びにスポンサーサポート会社の子会社である
                               いちご地所株式会社(以下「IES」といいます。)、いちご
                               ECOエナジー株式会社(以下「IEE」といいます。)、いちご
                               オーナーズ株式会社(以下「IOS」といいます。)及びいち
                               ご土地心築株式会社(以下「ITS」といいます。)との間
                               で、本資産運用会社の業務の内容及び方法書に定める不動産
                               関連資産及び再生可能エネルギー発電設備関係資産の取得に
                               係る利益相反を防止することを目的として、譲渡を企図して
                               提供される対象資産に関する情報(書面、図面、電子媒体等
                               を含み、以下「取得資産情報」といいます。)のグループ内
                               優先検討順位に関する覚書を締結しています。本資産運用会
                               社は、同覚書に従い、取得予想価格(消費税込)が5億円以
                               上の不動産関連資産(更地を除きます。)に関する取得資産
                               情報について、①本資産運用会社が情報受領者である場合に
                               は第一位の検討優先順位が、②スポンサーサポート会社又は
                               IEEが情報受領者である場合には第二位の検討優先順位が与
                               えられます。また、不動産関連資産に関する取得資産情報に
                               ついて、IES又はIOSが情報受領者である場合には第三位の検
                               討優先順位が与えられます。さらに、本資産運用会社は、不
                               動産関連資産(更地に限ります。)に関する取得資産情報に
                               ついて、①本資産運用会社が情報受領者である場合には第一
                               位の優先検討順位が与えられ、②スポンサーサポート会社が
                               情報受領者である場合には第四位の優先検討順位が、③IEE
                               が情報受領者である場合には第五位の優先検討順位が与えら
                               れます。
     (注)本投資法人の特定関係法人(特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後

         の改正を含みます。)第12条第3項に定める特定関係法人をいいます。)は、いちご株式会社です。なお、いち
         ご株式会社は、本資産運用会社の親会社(財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和38年大蔵省
         令第59号。その後の改正を含みます。)第8条第3項に規定する親会社をいいます。)です。
      (4)【投資法人の機構】

         ① 投資法人の統治に関する事項
         (イ)機関の内容
            本投資法人の執行役員は1名以上、監督役員は2名以上(ただし、執行役員の数に1を加えた数以上とし
           ます。)とし、すべての執行役員及び監督役員は役員会を構成します(規約第18条)。本書の日付現在、本
           投資法人の機関は、投資主により構成される投資主総会に加えて、執行役員1名、監督役員2名、すべての
           執行役員及び監督役員を構成員とする役員会並びに会計監査人により構成されています。
                                 12/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           a.  投資主総会
             投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資主総
            会にて決定されます。投資主総会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、出席した投資
            主の議決権の過半数をもって行いますが(規約第11条)、規約の変更(投信法第140条)等、一定の重要
            事項については、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席し、出席した当該投資主の議決権
            の3分の2以上に当たる多数をもって行わなければなりません(投信法第93条の2第2項)。ただし、規
            約に定める一定の場合を除き、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないときは、当該
            投資主は、その投資主総会に提出された議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相
            反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きます。)について賛成するものとみなします
            (投信法第93条第1項、規約第15条第1項)。
             本投資法人の資産運用の対象及び方針は、本投資法人の規約に定められています(規約第6章「資産運
            用の対象及び方針」)。かかる規約中に定められた資産運用の対象及び方針を変更する場合には、上記の
            とおり投資主総会の特別決議による規約の変更が必要となります。
             本投資法人の投資主総会は、2016年7月1日及び同日以後遅滞なく招集し、以後、隔年毎の7月1日及
            び同日以後遅滞なく招集し(規約第9条第2項)、また、必要があるときは随時招集することができると
            されています(規約第9条第3項)。
             また、本投資法人は、本資産運用会社との間で資産運用委託契約を締結し、本投資法人の資産の運用に
            係る業務を委託しています。本資産運用会社が資産運用委託契約を解約するためには本投資法人の同意を
            得なければならず、執行役員は、かかる同意を与えるために原則として投資主総会の承認を得ることが必
            要となります(投信法第205条)。また、本投資法人が資産運用委託契約を解約する場合にも原則として
            投資主総会の決議が必要です(投信法第206条第1項)。
           b.  執行役員、監督役員及び役員会
             執行役員は、本投資法人の業務を執行するとともに、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する
            一切の裁判上又は裁判外の行為を行う権限を有しています(投信法第109条第1項、第5項、会社法(平
            成17年法律第86号。その後の改正を含みます。以下「会社法」といいます。)第349条第4項)。ただ
            し、本資産運用会社からの資産運用委託契約の解約への同意、投資主総会の招集、一般事務受託者への事
            務委託、資産運用委託契約又は資産保管業務委託契約の締結その他投信法に定められた一定の職務執行に
            ついては、役員会の承認を得なければなりません(投信法第109条第2項)。監督役員は、執行役員の職
            務の執行を監督します(投信法第111条第1項)。また、役員会は、上記の一定の職務執行に関する承認
            権限のほか、投信法及び規約に定める権限を有し、執行役員の職務執行を監督します(投信法第114条第
            1項)。役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる構成
            員の過半数が出席し、その過半数の議決をもって行います(投信法第115条第1項、会社法第369条第1項
            及び規約第23条)。
             投信法の規定(投信法第115条第1項及び会社法第369条第2項)において、決議について特別の利害関
            係を有する執行役員又は監督役員は議決に加わることができないこと及びその場合には当該執行役員又は
            監督役員の数は出席した執行役員及び監督役員の数に算入しないことが定められています。
             執行役員又は監督役員は、その任務を怠ったときは、投資法人に対し、これによって生じた損害を賠償
            する責任を負いますが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法第115条の6第1項に定める
            役員の責任について、当該執行役員又は監督役員が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がない場合に
            おいて、責任の原因となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の職務の遂行の状況その他の事情を
            勘案して特に必要と認めるときは、法令に定める限度において、役員会の決議によって免除することがで
            きるものとしています(投信法第115条の6第7項、規約第21条)。
           c.  会計監査人
             会計監査人は、本投資法人の計算書類等の監査を行う(投信法第115条の2第1項)とともに、執行役
            員の職務執行に関して不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合
            における監督役員への報告その他法令で定める職務を行います(投信法第115条の3第1項等)。
         (ロ)内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

            本投資法人は、執行役員1名及び監督役員2名により構成される役員会により運営され、役員会は原則と
           して3ヶ月に1回以上開催することとされています。役員会では、法令で定められた承認事項に加え、本投
           資法人の運営及び本資産運用会社の業務執行に関する報告のほか、その他執行役員が報告すべきと判断した
           事項について、口頭又は書面による報告を行っています。また、役員会には、本資産運用会社の各部門の責
           任者が同席し、監督役員が必要とする質問に適切に回答ができるよう、詳細な報告を受けることができる内
           部管理体制を確立しています。監督役員は、役員会での報告事項を通じ、これまでの実務経験と見識に基づ
           き、執行役員の業務遂行及び資産の運用業務が適切に行われていることを監視する役割を果たしています。
         (ハ)内部管理、監督役員による監督及び会計監査の相互連携

           監督役員は、役員会において、執行役員及び本資産運用会社より本投資法人の資産運用状況、コンプライ
          アンス及びリスクに関する詳細な報告を求めるとともに、必要な調査を行うことにより、監督機能を果たし
          ます。
           会計監査人は、決算毎に本投資法人の計算書類等の監査を行い、監査報告書を提出することに加え、監査
          の過程で法令違反等が認められた場合には、その事実を監督役員に対して報告することで、監督役員との相
          互連携を図っています。
         (ニ)本投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

                                 13/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           本投資法人の執行役員は、定期的に資産運用会社、一般事務受託者及び資産保管会社の業務執行状況に係
          る報告を受けるとともに、必要に応じて各関係法人の内部管理、内部統制状況等をヒアリングし、業務執行
          状況を管理する体制を整えています。
                                 14/217




















                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ② 投資法人の運用体制
          前記のとおり、本投資法人の資産運用は、本資産運用会社に委託して行います。本資産運用会社の組織及び
         それぞれの業務の概略は、以下のとおりです。
         (イ)業務運営の組織体制
           本資産運用会社は、本投資法人以外の投資法人、不動産ファンド等の資産運用や投資助言に係る業務を受
          託しており、これにより、不動産及び金融市場の変化に対する迅速な対応、不動産投資運用に必要な経験、
          知識の向上等のシナジー効果が得られると考えています。
           また、利益相反防止体制にも十分配慮し、以下の組織体制を構築しています。
          本資産運用会社組織図

           本資産運用会社は、実効性ある内部統制システムを構築し、取締役会による監督機能と重要な業務執行の






          決定の適正性を高めるため、取締役の過半数を社外取締役とした上で、その決議によって執行役員を定める
          執行役員制度を採用し、本資産運用会社の業務を各執行役員に分担して執行させることとしております。
           オフィスリート本部、ホテルリート本部、グリーンインフラ本部、私募ファンド本部はそれぞれ本部長が
          統括し、各部はそれぞれ部長が統括します。
           投資運用業、投資助言・代理業に関する諸業務は、オフィスリート本部、ホテルリート本部、グリーンイ
          ンフラ本部、私募ファンド本部、AM推進部がそれぞれの分掌に従い実施します。
           第二種金融商品取引業に関する諸業務は、私募ファンド本部がその分掌に従い実施します。
           監査部、リスク・コンプライアンス部を代表取締役直轄の組織とするとともに、企画管理部および監査部
          に親会社である持株会社との兼務者を置き、グループのガバナンス態勢との連携を図っています。
           資産運用に関する審議を行う機関として、オフィスリート(いちごオフィスリート投資法人)、ホテル
          リート(いちごホテルリート投資法人)、グリーンインフラ(いちごグリーンインフラ投資法人)、私募
          ファンド別に投資運用委員会を設けています(なお、本書において、特段の言及のない限り、「投資運用委
          員会」とのみ表記する場合、投資運用委員会(オフィスリート)を意味します。)。
           リスク管理、コンプライアンスに関する審議を行う機関として、リスク・コンプライアンス委員会を設け
          ています。
           オフィスリート本部が本投資法人の運用を、ホテルリート本部がいちごホテルリート投資法人の運用を、
          グリーンインフラ本部がいちごグリーンインフラ投資法人の運用を、私募ファンド本部が私募ファンドの運
          用をそれぞれ担当しています。
                                 15/217







                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ロ)本資産運用会社の各組織の業務分掌体制
           本投資法人の資産運用に関連する各組織の業務分掌体制は以下のとおりです。なお、本「②                                            投資法人の運
          用体制」に記載の組織・機関は、本投資法人の資産運用だけではなく、いちごホテルリート投資法人、いち
          ごグリーンインフラ投資法人及び私募ファンドの資産運用並びにその他の業務にも関与していますが、以下
          では主に本投資法人の資産運用に関する事項を記載しています。
              統括単位・組織単位名                             分掌業務
          監査部                  ・内部監査の企画・立案・実施統括
                            ・内部監査規程及び内部監査計画の立案
                            ・内部監査結果の取り纏めと要改善事項の事後フォロー
                            ・その他内部監査に係る業務
          リスク・コンプライアンス部                  ・コンプライアンスに関する態勢の整備・運営
                            ・コンプライアンスに係る教育・研修
                            ・事故等報告態勢(含む苦情・紛争処理態勢)の整備・運用
                            ・広告等(含む勧誘資料)審査、受託審査(適合性原則)
                            ・利益相反管理・弊害防止態勢の整備・運営
                            ・反社会的勢力の排除態勢の整備・運営
                            ・リスク管理全般の企画・立案・推進
                            ・全社的なリスク管理体制の整備
                            ・業務全般についてのリスク管理状況の検証・報告
                            ・リスク管理上の不適切な行為の改善・指導
                            ・その他リスク管理に係る業務
                            ・リスク・コンプライアンス委員会の運営
          オフィス      アセットマネジメント部            ・運用ガイドライン・投資方針・運用方針等の決定
          リート本                  ・ポートフォリオ戦略の決定
          部                  ・財務戦略・資本政策の決定
                            ・経営計画・経営予算・分配計画の決定及び実績の管理
                            ・取得対象資産に関する情報収集(ソーシング)及び情報管理
                            ・取得対象資産の投資調査(デュー・デリジェンス)・価格査定
                             (アンダーライティング)
                            ・運用資産の取得に関する投資判断及びその他取得に関する業務
                            ・運用資産の運営・管理・維持・修繕・賃貸等に関する業務
                            ・運用資産の売却判断及びその他売却に関する業務
                            ・資金調達・投資法人債の発行に関する業務
                            ・投資口の発行に関する業務
                            ・ポートフォリオの調査・評価・管理及びパフォーマンス分析業務
                            ・借入金・投資法人債の管理に関する業務
                            ・資金繰りの管理・余資運用に関する業務
                            ・投資法人の経理・会計・税務に関する業務
                            ・投資口の管理・分配金に関する業務
                            ・投資法人の有価証券報告書等の作成に関する業務
                            ・IR活動に関する業務
                            ・投資法人の役員会の運営
                            ・投資運用委員会の運営
                            ・上記に係るリスクの管理
                                 16/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
              統括単位・組織単位名                             分掌業務
          AM推進部                  ・金融商品の企画・開発
                            ・ファンドストラクチャーの企画・開発
                            ・資産運用業務に係る契約事務
                            ・投資法人・私募ファンドに係るIR活動の推進・支援
                            ・投資法人の情報開示に関する業務
                            ・投資主からの照会・苦情等への対応
                            ・上記に係るリスクの管理
          企画管理部                  ・本資産運用会社の運営企画全般に関する事項
                            ・本資産運用会社の株主総会、取締役会の運営
                            ・本投資法人の投資主総会の運営
                            ・本資産運用会社の総務・人事・財務・経理・会計・税務業務
                            ・情報管理態勢の整備・運営
                            ・コンピューターシステムの開発・保守業務
                            ・本資産運用会社及び本投資法人の許認可に関連する業務
                            ・官公庁及び業界団体等の窓口対応
                            ・事故、紛争、訴訟対応
                            ・上記に係るリスクの管理
          投資運用委員会                  ・運用資産の取得・処分・運用管理に関する審議及び決議
                            ・各種資産運用管理計画の策定・変更に関する審議及び決議
                            ・資産運用実績及び計画進捗状況に対する検証・評価
          リスク・コンプライアンス委員会                  ・リスク管理全般に関する審議及び決議
                            ・コンプライアンス全般に関する審議及び決議
                            ・リスク管理、コンプライアンスに関する重要な規程等の制定・改
                             廃に関する審議及び決議
                            ・利害関係者取引の妥当性の審議及び決議
                            ・重要な個別事案の審議
                            ・資産運用業務に係るリスク及びリスク管理状況についての検証・
                             評価
                                 17/217











                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ハ)委員会の概要
           本投資法人の運用に関連する投資運用委員会及びリスク・コンプライアンス委員会の概要は以下のとおり
          です。
          a.投資運用委員会
          委員               社長、オフィスリート本部長(委員長)、AM推進部長、企画管理部長、
                         社外有識者(注)、コンプライアンス・オフィサー[議決権なし]、監査
                         役又は監査部長[議決権なし]
          審議内容
                         本投資法人に係る運用財産の運用に関し、
                         ・運用資産の取得・処分・運用管理に関する審議及び決議
                         ・資産運用管理計画の策定及び変更に関する審議及び決議
                         ・資産運用実績及び計画進捗状況に対する検証、評価
          開催、審議及び決議方法等                委員会は、コンプライアンス・オフィサー、監査役又は監査部長を除い
                         た委員の過半数かつ社外有識者の出席により成立します。
                          委員長は、可能な限り事前に欠席委員の意見を聴取の上、委員会におい
                         て当該意見を報告します。
                          決議は、コンプライアンス・オフィサー及び監査役又は監査部長を除く
                         出席委員の過半数の賛成によります。
                          コンプライアンス・オフィサーは、定足数に勘定されず議決権も持ちま
                         せんが、リスク管理上又はコンプライアンス上の重要な問題があると判断
                         した場合には、審議を中止し当該議案を起案部に差し戻すよう求めること
                         ができます。
                          投資運用委員会に付議する議案については、原則として、コンプライア
                         ンス・オフィサー及びリスク・コンプライアンス部長が事前に検証し、リ
                         スク管理上又はコンプライアンス上の重大な問題がないことが確認されま
                         す。
         (注)社外有識者委員として不動産鑑定士1名が選任されています。
          b.リスク・コンプライアンス委員会

          委員               社長、コンプライアンス・オフィサー、リスク・コンプライアンス部長、
                         企画管理部長、社外有識者(委員長)(注)、監査部長
          審議内容
                         ・リスク管理全般に関する審議及び決議
                         ・コンプライアンス全般に関する審議及び決議
                         ・リスク管理、コンプライアンスに関する方針及び方法の整備
                         ・「利害関係者取引規程」に定める利害関係者との取引の妥当性の審議及
                          び決議
                         ・資産運用業務に係るリスク及びリスク管理状況についての検証・評価
          開催、審議及び決議方法等                委員会は、必ず1名以上の社外委員を含む委員の過半数の出席により成
                         立し、その決議は出席委員の全会一致によります。ただし、予め書面(電
                         磁的方法を含みます。)により意見を委員長に提出している場合は出席し
                         たものとみなします(ただし、社外委員は、原則として委員会の討議に参
                         加(電話等の手段による参加を含みます。)することを要し、事前の書面
                         による意見の提出により出席したものとみなされるものとすることはやむ
                         を得ない場合を除き行いません。)。電話等の手段により委員会の討議に
                         参加した委員も、委員会に出席したものとみなし、議決権が与えられま
                         す。全会一致で承認決議ができなかった議案は、起案部に差し戻されま
                         す。
                          事情により委員会への出席が困難な委員がいる場合、委員長は、可能な
                         限り事前に欠席委員の意見を聴取の上、委員会において当該意見を報告し
                         ます。
                          議長は委員長が務め、委員長に事故があるときは、社長、コンプライア
                         ンス・オフィサーの順位で議長を務めることとしています。
         (注)社外有識者(委員長)として弁護士1名が選任されています。
                                 18/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ③ 投資運用の意思決定機構
         (イ)本投資法人の資産の運用に係る投資方針の決定を行う社内組織に関する事項
           本資産運用会社は、本投資法人との資産運用委託契約に基づき、規約に沿って、投資方針、財務方針、分
          配の方針等を運用ガイドラインにおいて定めています。
           運用ガイドラインの制定手続は、以下のとおりです。
          a.オフィスリート本部が、運用ガイドライン案を起案します。




          b.運用ガイドライン案は、リスク・コンプライアンス部長及びコンプライアンス・オフィサーの承認を経
           て、投資運用委員会に付議されます。なお、コンプライアンス・オフィサーが必要と判断する場合は、投
           資運用委員会に付議する前に、リスク・コンプライアンス委員会の審議対象とすることができます。
          c.オフィスリート本部は、投資運用委員会を招集し、同委員会に運用ガイドライン案を付議します。投資
           運用委員会では中長期的な安定収益の実現、資産価値の向上及び投資主利益の最大化という観点から適切
           かどうかについて審議の上、承認決議されます。
            運用ガイドライン案に問題がある場合には、投資運用委員会はオフィスリート本部に差し戻し、再検討
           させます。差戻しを受けたオフィスリート本部は、改めて運用ガイドライン案を起案し、上記と同一の手
           続が履践されます。
            運用ガイドラインは、1年に1度見直しを行うことを原則としますが、見直しの結果、変更を行わない
           こともあります。また、投資環境の大幅な変化があったときは、運用ガイドラインを随時変更するものと
           します。
            運用ガイドラインの変更については、上記制定と同一の手続が履践されます。
         (ロ)本投資法人の資産の運用を行う部門における運用体制

           本投資法人の資産の運用に際して、オフィスリート本部は、運用ガイドライン、資産運用管理規程及び資
          産運用管理計画に従います。
           本資産運用会社は、運用ガイドライン及び資産運用管理規程に従って、資産運用管理計画を策定します。
           資産運用管理計画の作成手続は、以下のとおりです。
          a.オフィスリート本部が、資産運用管理計画案を起案します。




          b.資産運用管理計画案は、リスク・コンプライアンス部長及びコンプライアンス・オフィサーの承認を経
           て、投資運用委員会に付議されます。なお、コンプライアンス・オフィサーが必要と判断する場合は、投
           資運用委員会に付議する前に、リスク・コンプライアンス委員会の付議対象とすることができます。
          c.オフィスリート本部は投資運用委員会を招集し、同委員会に資産運用管理計画案を付議します。投資運
           用委員会では、中長期的な安定収益の実現、資産価値の向上及び投資主利益の最大化という観点から適切
           かどうかについて審議の上、承認決議されます。
                                 19/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            資産運用管理計画案に問題がある場合には、投資運用委員会はオフィスリート本部に資産運用管理計画
           案を差し戻し、再検討させます。差戻しを受けたオフィスリート本部は、改めて資産運用管理計画案を起
           案し、上記と同一の手続が履践されます。
            資産運用管理計画は、1年に1度見直しを行うことを原則としますが、見直しの結果、変更を行わない
           こともあります。また、上記期間中に資産運用管理計画を変更する必要が生じた場合には、随時変更する
           こともあります。
            資産運用管理計画の変更については、上記制定と同一の手続が履践されます。
         (ハ)資産の取得及び売却に関する事項

          a.投資資産情報の取扱い
            投資対象となる資産情報の収集及びファンドによる購入に関しては、投資機会の競合による利益相反を
           防止する観点から、「取得資産情報の取扱いに関する規程」により、本資産運用会社が入手した取得資産
           (後記「2      投資方針(2)投資対象            ①  投資対象とする資産の種類」に定める不動産等又は再生可能エネ
           ルギー発電設備等(注)をいいます。以下同じです。)情報の恣意的な配分を防止することとしていま
           す。
           (注)「再生可能エネルギー発電設備等」とは、ⅰ.再生可能エネルギー発電設備(後記「2                                             投資方針
              (2)投資対象        ①  投資対象とする資産の種類」に定めるものをいいます。)、ⅱ.再生可能エネ
              ルギー発電設備に伴う土地・建物、土地・建物の賃借権及び土地に係る地上権、ⅲ.上記ⅰ.及び
              ⅱ.に掲げる資産を信託する信託の受益権、ⅳ.上記ⅰ.及びⅱ.に掲げる資産に対する投資とし
              て運用することを目的とする金銭の信託の受益権及びⅴ.外国における上記ⅰ.からⅳ.までに掲
              げる資産に類似するものをいいます。
           ⅰ.本資産運用会社において取得資産情報を入手した場合、以下のローテーション・ルールに基づき、オフ

            ィスリート本部、ホテルリート本部、グリーンインフラ本部又は私募ファンド本部の本部長に対し、当
            該資産の取得検討を優先的に行う権利(以下「優先検討権」といいます。)が与えられます。
           <ローテーション・ルール>

            ①  オフィスリート本部、ホテルリート本部、グリーンインフラ本部又は私募ファンド本部が自らのソー
            シング活動により受領した取得資産情報については、資産の種類・用途区分を問わず、受領した各本部
            が第1順位の優先検討権を持ち、第2順位以下については下記②の優先検討権順位を準用します。
            ②  ①の各本部以外の役職員が取得資産情報を受領した場合(「取得資産情報のグループ内優先検討順位
            に関する覚書」を結んだグループ会社から受領した場合を含みます。)は、資産の種類・用途区分ごと
            に、以下の優先検討機会のローテーションを実施します。
             資産の種類・用途区分(注1)(注2)                       第1順位              第2順位

                 オフィスビル(注3)                 オフィスリート本部               私募ファンド本部

                   ホテル(注4)                ホテルリート本部              私募ファンド本部

                その他の不動産等(注5)                  私募ファンド本部              ホテルリート本部

               再生可能エネルギー発電設備等                   グリーンインフラ本部               私募ファンド本部

            (注1)再生可能エネルギー発電設備等が不動産等の付属設備である場合は当該不動産等に含めます。
            (注2)不動産等の用途区分は、当該物件(区分所有権の場合は、その専有部分)の最大の床面積の用途
                によって区分します。
            (注3)オフィスビルとは、事務所を主な用途とする不動産等をいいます。
            (注4)ホテルとは、旅館業を経営するための宿泊施設及びその付帯施設・設備(宿泊施設に付随する
                プール、会議場、結婚式場、物販店舗、その他レジャー施設等を含みます。)の用に供される不
                動産等をいいます。また、家具等の備置その他一定の環境整備等がなされた上で賃貸される住居
                若しくは提供される宿泊施設、賃借人若しくは利用者に対してフロントサービス等一定のサービ
                スを提供することのある住居若しくは宿泊施設並びにこれらの付帯施設・設備の用に供される不
                動産等を含みます。
            (注5)その他の不動産等とは、オフィスビル、ホテル及び再生可能エネルギー発電設備等以外の不動産
                等をいいます。
            (注6)当該取得資産情報が、複数の資産を一として取得することを前提としている場合、各個別資産毎
                に種類・用途区分を判断したときに、該当する資産数(資産数が同数の場合、不動産等が再生可
                能エネルギー発電設備等に優先し、不動産等の間では延床面積で判断します。)が最も多い種
                類・用途区分の資産を基準としてローテーション・ルールを適用します。
                                 20/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            ③  ①及び②にかかわらず、当該資産の売主が、本投資法人、いちごホテルリート投資法人及びいちごグ
            リーンインフラ投資法人のスポンサーであるいちご株式会社、その子会社又はいちご株式会社若しくはそ
            の子会社が出資する法人(出資割合が過半以上の場合に限ります。)であり、当該売主より取得候補者
            を本投資法人、いちごホテルリート投資法人又はいちごグリーンインフラ投資法人のいずれかに指定され
            ている場合には、それぞれ、オフィスリート本部、ホテルリート本部又はグリーンインフラ本部の本
            部長に当該資産の優先検討権が与えられます。
           ⅱ.ⅰに定める場合において、当該第1順位の各本部長において取得検討を辞退することを決定した場合に
            は、第2順位の本部長に優先検討権が与えられるものとし、それ以降の順位についても同様に取り扱う
            ものとします。
           ⅲ.ⅰ及びⅱに記載のプロセスの遵守状況についてはコンプライアンス・オフィサーの確認を要します。
           ⅳ.オフィスリート本部は、定期的に本投資法人の役員会に取得検討の結果を報告します。
                                 21/217

















                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          b.資産の取得に関する事項
          ⅰ.オフィスリート本部は、慎重に対象資産を精査し、本投資法人の投資方針及び投資基準に照らして検討








           の上、当該資産の取得に関する稟議を起案します。起案はオフィスリート本部が行い、取引一任代理等に
           係る投資判断を統括する重要な使用人の付議承認を経て、リスク・コンプライアンス部長及びコンプライ
           アンス・オフィサーの事前検証によりリスク管理上又はコンプライアンス上の重大な問題がないことが確
           認されます。
          ⅱ.利害関係者以外との取引の場合、オフィスリート本部が投資運用委員会に付議し、投資運用委員会で議
           案が審議され、承認決議がなされた場合には、当該決議をもって、取得が決定されます。ただし、コンプ
           ライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重大な問題があると判断した場合、投資運用委員会の
           審議を中止し当該議案をオフィスリート本部に差し戻すよう求めることができます。なお、コンプライア
           ンス・オフィサーが必要と判断する場合は、投資運用委員会に付議する前に、リスク・コンプライアンス
           委員会の付議対象とすることができます。
          ⅲ.利害関係者との取引に該当する場合、オフィスリート本部がリスク・コンプライアンス委員会に付議
           し、同委員会において審議を行います。承認が得られない場合は、当該議案をオフィスリート本部に差し
           戻します。承認決議がなされた場合は、次いで投資運用委員会に付議されます。ただし、投資運用委員会
           への付議の前に、本投資法人の役員会の事前承認が必要です。投資運用委員会で議案が審議され、承認決
           議がなされた場合には、当該決議をもって、取得が決定されます。
          ⅳ.上記ⅰ.乃至ⅲ.において議案が差し戻された場合にはオフィスリート本部は資産の取得を中止するか、
           又は諸条件を変更する等の措置を講じた改案を起案し、上記と同一の手続が履践されます。
            なお、利害関係者との取引については、後記「第二部                           投資法人の詳細情報          第3   管理及び運営       2  利害
           関係人との取引制限          (2)利害関係者取引規程」をご参照下さい。
                                 22/217






                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          c.資産の売却に関する事項
          ⅰ.オフィスリート本部は、対象資産を精査し、本投資法人の投資方針及び投資基準に照らして検討の上、









           当該資産の売却に関する稟議を起案します。起案はオフィスリート本部が行い、リスク・コンプライアン
           ス部長及びコンプライアンス・オフィサーの事前検証によりリスク管理上又はコンプライアンス上の重大
           な問題がないことが確認されます。
          ⅱ.利害関係者以外との取引の場合、オフィスリート本部が投資運用委員会に付議し、投資運用委員会で議
           案が審議され、承認決議がなされた場合には、当該決議をもって、売却が決定されます。ただし、コンプ
           ライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重大な問題があると判断した場合、投資運用委員会の
           審議を中止し当該議案をオフィスリート本部に差し戻すよう求めることができます。なお、コンプライア
           ンス・オフィサーが必要と判断する場合は、投資運用委員会に付議する前に、リスク・コンプライアンス
           委員会の付議対象とすることができます。
          ⅲ.利害関係者との取引に該当する場合、オフィスリート本部がリスク・コンプライアンス委員会に付議
           し、同委員会において審議を行います。承認が得られない場合は、当該議案をオフィスリート本部に差し
           戻します。承認決議がなされた場合は、次いで投資運用委員会に付議されます。ただし、投資運用委員会
           への付議の前に、本投資法人の役員会の事前承認が必要です。投資運用委員会で議案が審議され、承認決
           議がなされた場合には、当該決議をもって、売却が決定されます。
          ⅳ.上記ⅰ.乃至ⅲ.において議案が差し戻された場合には、オフィスリート本部は資産の売却を中止する
           か、又は諸条件を変更する等の措置を講じた改案を起案し、上記と同一の手続が履践されます。
            なお、利害関係者との取引については、後記「第二部                          投資法人の詳細情報          第3   管理及び運営       2  利害
           関係人との取引制限          (2)   利害関係者取引規程」をご参照下さい。
                                 23/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          d.資金調達に関する事項
          ⅰ.  オフィスリート本部は、調達条件等を精査し、本投資法人の資金調達方針に照らして検討の上、資金調








           達に関する稟議を起案します。起案にあたっては、リスク・コンプライアンス部長及びコンプライアン
           ス・オフィサーの事前検証によりリスク管理上又はコンプライアンス上の重大な問題がないことが確認さ
           れます。
          ⅱ.  利害関係者以外との取引の場合、オフィスリート本部は投資運用委員会に付議し、投資運用委員会で議
           案が審議され、承認決議がなされた場合には、当該決議をもって、資金調達が決定されます。ただし、コ
           ンプライアンス・オフィサーは、コンプライアンス上の重大な問題があると判断した場合、投資運用委員
           会の審議を中止し当該議案をオフィスリート本部に差し戻すよう求めることができます。なお、コンプラ
           イアンス・オフィサーが必要と判断する場合は、投資運用委員会に付議する前に、リスク・コンプライア
           ンス委員会の付議対象とすることができます。
          ⅲ.  利害関係者との取引に該当する場合、オフィスリート本部はリスク・コンプライアンス委員会に付議
           し、同委員会において審議を行います。承認が得られない場合は、当該議案をオフィスリート本部に差し
           戻します。承認決議がなされた場合は、次いで投資運用委員会に付議されます。ただし、投資運用委員会
           への付議の前に、本投資法人の役員会の事前承認が必要です。投資運用委員会で議案が審議され、承認決
           議がなされた場合には、当該決議をもって、資金調達が決定されます。
          ⅳ.  上記ⅰ.乃至ⅲ.において議案が差し戻された場合には、オフィスリート本部は資金調達を中止するか、
           又は諸条件を変更する等の措置を講じた改案を起案し、上記と同一の手続が履践されます。
            なお、利害関係者との取引については、後記「第二部                          投資法人の詳細情報          第3   管理及び運営       2  利害
           関係人との取引制限          (2)   利害関係者取引規程」をご参照下さい。
         (ニ)資産の運用管理に関する事項

           オフィスリート本部は、運用ガイドライン、資産運用管理規程、資産運用管理計画及び取得資産情報の取
          扱いに関する規程に従って、運用資産の運用管理を適切に行い、その状況を取り纏めて、定期的に投資運用
          委員会に報告します。オフィスリート本部は、運用資産の運用管理に係る各種契約を締結又は変更する場合
          は、職務権限一覧表に従って、決裁権限者の決裁を受け、要すれば投資運用委員会に報告しなければなりま
          せん。運用資産の運用管理に関し、利害関係者取引規程に定められている利害関係者との間で不動産等又は
          再生可能エネルギー発電設備等の賃貸借、不動産等又は再生可能エネルギー発電設備等の管理に係る委託、
          不動産等の運営に係る委託、再生可能エネルギー発電設備等の運営管理に係る委託(賃貸先からの運営管理
          に係る委託を含みます。)、不動産等又は再生可能エネルギー発電設備等の取得、譲渡又は賃貸に係る媒介
          の委託、工事の発注(ただし、工事見積金額が50万円未満の場合を除きます。)等を行う場合には、リス
          ク・コンプライアンス部長及びコンプライアンス・オフィサーの事前検証によりリスク管理及びコンプライ
          アンス上の重大な問題がないことが確認されます。不動産等の運営に係る委託、再生可能エネルギー発電設
          備等の運営管理に係る委託(賃貸先からの運営管理に係る委託を含みます。)、不動産等又は再生可能エネ
                                 24/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          ルギー発電設備等の賃貸借の場合は、リスク・コンプライアンス委員会及び本投資法人の役員会の事前承認
          が必要とされます。不動産等又は再生可能エネルギー発電設備等の管理に係る委託、不動産等又は再生可能
          エ ネルギー発電設備等の取得、譲渡又は賃貸に係る媒介の委託、工事の発注等の場合は、1件当たり1,000万
          円以上の単発取引及び年額が1,000万円以上の継続取引については、リスク・コンプライアンス委員会の承認
          を受けなければなりません。
         ④ 投資運用に関するリスク管理体制の整備状況

           本投資法人は、投資運用リスクについて、その業務を委託している本資産運用会社を通して、以下のような
          リスク管理体制を整備しています。
         (イ) 本資産運用会社は、「リスク管理規程」を策定し、リスク管理に関する基本方針及び態勢を定めていま
            す。「リスク管理規程」では、管理すべき主要なリスクを、外的要因に関するリスク、取引先に起因する
            リスク、不動産に起因するリスク、業務に起因するリスク、人的・組織的な事由に起因するリスク、固有
            リスクに分類した上で、リスクの管理方法やリスク顕在時の対応について定めています。
         (ロ) 本資産運用会社は、「運用ガイドライン」、「資産運用管理規程」、「利害関係者取引規程」、「内部

            情報管理規程」、「コンプライアンス規程」その他各種の規程を策定し、当該規程を遵守することで、リ
            スクの適切なコントロールに努めています。
           a. 運用ガイドライン等
             本資産運用会社は、本投資法人の規約に定める資産運用の対象及び方針を踏まえた上で、基本方針、
            アロケーション方針、取得方針、リーシング方針、管理方針、修繕及び資本的支出に関する基本方針、
            付保方針、ポートフォリオの見直し・売却方針及び財務方針等について定めた「運用ガイドライン」、
            資産運用及び資金調達に関する各種計画の内容及び策定方法並びに各種計画に基づいた資産運用及び資
            金調達等の実施手続について定めた「資産運用管理規程」並びに本投資法人と利益相反のおそれのある
            当事者間での取引等について行為基準、手続について定めた「利害関係者取引規程」を遵守することに
            より、本投資法人の運用の対象となる不動産等の投資運用リスクの管理に努めています。
           b. 内部情報管理規程
             本資産運用会社は、本資産運用会社の役職員によるインサイダー取引について、役職員がその業務に
            関して取得した未公表の重要事実の管理及び役職員の服務等について定めた「内部情報管理規程」を遵
            守することにより、その未然防止に努めています。
           c. コンプライアンス規程等
             本資産運用会社は、「コンプライアンス規程」でコンプライアンスを「本資産運用会社に関連するあ
            らゆる市場ルール、法令等を厳格に遵守することはもとより、社会規範を十分にわきまえ誠実かつ公正
            な企業活動を全うすること」と定義した上で、「コンプライアンス・マニュアル」及び「コンプライア
            ンス・プログラム」を定め、コンプライアンスに関する適切な運営体制を確立し、当該各種規程類を遵
            守することにより、投資運用リスクの管理に努めています。
           d. その他
             本資産運用会社は、内部監査の方針、内部監査の内容及び監査の方法に関し、「内部監査規程」を定
            め、当該業務の遂行状況を定期的に監査することで、不正、誤謬の発見及び未然防止、業務活動の改善
            向上等を図り、投資運用業務の円滑かつ効果的な運営が可能となるよう努めています。
                                 25/217







                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (5)【投資法人の出資総額】
                                                  (本書の日付現在)
     出資総額                                             67,675,274,480円

     発行可能投資口総口数                                               14,000,000口

     発行済投資口の総口数                                                1,513,367口

         最近5年間における発行済投資口の総口数及び出資総額の増減は、以下のとおりです。

                        発行済投資口の総口数(口)                 出資総額(百万円)
        年月日          摘要                                     備考
                          増減       残高       増減       残高
     2021年4月12日             消却        △18,920       1,513,367           ―     67,675     (注)

        (注)2021年1月8日から2021年2月12日にかけて、証券会社との自己投資口取得に係る取引一任契約に基づく
           東京証券取引所における市場買付けにより、自己投資口の取得を行いました。取得した自己投資口につい
           ては、2021年3月26日に開催された本投資法人役員会における決議に基づき、その全てを2021年4月12日
           に消却しました。また、自己投資口取得に係る取得資金については出資剰余金から控除した結果、出資総
           額に変更はありません。
                                 26/217















                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (6)【主要な投資主の状況】
         ①2021年10月31日現在における主要な投資主は、以下のとおりです。
                                                       発行済投
                                                       資口の総
                                                 所有投     口数に対
          氏名又は名称                        住所                資口数     する所有
                                                 (口)     投資口数
                                                       の割合
                                                       (%)
                      1 NORTH   BRIDGE    ROAD,   06-08   HIGH   STREET    CENTRE,
     いちごトラスト・ピーティーイー・
                                                  331,190       21.88
     リミテッド                 SINGAPORE     179094
     株式会社日本カストディ銀行(信
                      東京都中央区晴海一丁目8番12号                            237,126       15.66
     託口)
     日本マスタートラスト信託銀行
                      東京都港区浜松町二丁目11番3号                            186,454       12.32
     株式会社(信託口)
     株式会社日本カストディ銀行(証
                      東京都中央区晴海一丁目8番12号                            73,643       4.86
     券投資信託口)
                      BATIMENT     A,  33,  RUE  DE  GASPERICH,      L-5826,
     NOMURA    BANK   (LUXEMBOURG)       S.  A.
                                                  57,025       3.76
                      LUXEMBOURG
     野村信託銀行株式会社(投信口)                 東京都千代田区大手町二丁目2番2号                            53,471       3.53

                      PLUMTREE     COURT,    25  SHOE   LANE,   LONDON    EC4A   4AU,

     GOLDMAN    SACHS   INTERNATIONAL
                                                  34,379       2.27
                      U.K.
     STATE   STREET    BANK   WEST   CLIENT    –
                      1776   HERITAGE     DRIVE,    NORTH   QUINCY,    MA  02171,
                                                  22,061       1.45
     TREATY    505234
                      U.S.A.
     SMBC日興証券株式会社                 東京都千代田区丸の内三丁目3番1号                            18,748       1.23

     BNP  PARIBAS    SECURITIES      SERVICES

                      60,  AVENUE    J.F.KENNEDY      L-1855    LUXEMBOURG
                                                  15,271       1.00
     LUXEMBOURG/JASDEC/SECURITIES-
     AIFM
                         合  計

                                                 1,029,368        68.01
      (注)発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数点第2位未満を切捨てにより記載しています。

         ②2021年10月31日現在の所有者別状況は、以下のとおりです。

                                  投資口の状況
        区分
                政府及び             金融商品
                      金融機関            その他の法人       外国法人等      個人・その他         計
               地方公共団体              取引業者
     投資主数(人)            -         37      23      178      238     13,628      14,104
     所有投資口数(口)            -      623,560       68,572      12,972      691,117      117,146     1,513,367

     所有投資口数の比率
                 -       41.20       4.53      0.85      45.66       7.74     100.00
     (%)
      (注)所有投資口数の比率は、小数点第2位未満を切捨てにより記載しています。
                                 27/217






                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     2【投資方針】
      (1)【投資方針】
         ① 本投資法人の基本方針
           本投資法人は、中長期にわたる安定した収益の確保を目指して、主として不動産等資産(投資信託及び投資
          法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129号。その後の改正を含みます。(以下「投信法施行規
          則」といいます。)第105条第1号に規定する不動産等資産をいいます。)に対する投資として運用すること
          を目的とします(規約第29条)。
           このため、日本国内に所在する不動産及び不動産を信託する信託の受益権等を主たる投資対象として、投資
          対象資産の収益性やその安定性の度合いに着目し、その時々の金融経済情勢・不動産市場動向等を踏まえなが
          ら、中長期的な観点から安定性を確保しながら成長性を重視したポートフォリオの構築及び運用資産の着実な
          成長を目指し、投資主価値の最大化を実現すべく運用を行います。
           本投資法人は、上記投資方針を達成するため本資産運用会社に、その運用を委託します。本資産運用会社
          は、不動産投資運用事業のプロフェッショナルとして、投資物件の購入や売却、テナントの誘致、管理コスト
          の削減及び物件の価値向上につながるリニューアル等に関して優れたノウハウを持つ役職員を中心に構成され
          ます。
           また、本投資法人は、投資家からの信頼が得られるよう、強固なコンプライアンスと透明性の高い情報開示
          を重視した事業運営を行います。
         (イ)収益の安定性を確保しながら成長性を重視した中規模オフィスに特化したポートフォリオ構築
            本投資法人は、東京都心を中心に、その他首都圏、政令指定都市及び県庁所在地等に立地する不動産等
           で、主たる用途がオフィスである不動産等及びこれに関連する不動産対応証券を主な投資対象とします。た
           だし、2015年9月5日時点で保有しているオフィス以外の用途に供される不動産等及びこれに関連する不動
           産対応証券については、引き続き投資対象とすることができます(規約第30条)。
            日本の不動産投資市場は、J-REITという商品を通して金融商品化及びグローバル化が進み、これに伴い、
           不動産の収益性はグローバルな金融経済、景気情勢、不動産市場動向等のマクロ要因の影響を強く受けるよ
           うになっています。また、不動産には、それぞれの用途毎の個別の市場が存在し、不動産の収益性は需要と
           供給の市場バランスにより用途毎に異なる動きを示す傾向があり、さらに、立地、物件グレード等の個別不
           動産の固有の要因により特徴ある動きを示すというミクロ要因の影響も受けます。本投資法人はこれらの要
           因に着目し、収益の安定性を確保しながら成長性を重視したポートフォリオの構築を目指しています。
            オフィスの場合、対象となるテナント層やその賃料の変動幅は各資産の規模により違いが明らかです。本
           投資法人が主な投資対象としている中規模オフィスはテナントの大多数が中小企業、新興企業、個人事務所
           等多様であり、このような厚いテナント層による底堅いテナント需要を背景として、比較的安定した稼働を
           見込むことができると本投資法人は考えています。また、中規模オフィスは、いわゆるバブル景気の時期及
           びリーマンショックの前の好景気の時期に一時的に多く供給されたものの、それ以外の時期の供給数は比較
           的低水準で推移してきています。このため、本投資法人は、中規模オフィスについては、適切に保守修繕を
           行い定期的に設備更新を実施することにより、築年数が経っても市場での競争力を十分維持できる上、テナ
           ント満足度の向上を図るリニューアル工事等の実施等のバリューアップ施策やきめ細かなリーシングによ
           り、さらなる収益性の向上を見込むことができると考えています。また、対象となるテナント層の多くが大
           企業、上場企業、外資系企業である大規模オフィスは、景気変動の影響を受けて賃料の変動が大きくなりや
           すい傾向にありますが、中規模オフィスは、そのような大規模オフィスと比較して賃料が相対的に安定する
           傾向にあると考えています。さらに、オフィス以外の中規模不動産であっても、特に商業施設等は経済情勢
           により収益性が成長する傾向にあり、その中でも、テナントと長期賃貸借契約が締結されている物件、オペ
           レーションリスクが小さい物件及びテナントの与信力が高い物件は、安定的なキャッシュ・フローを見込む
           こともできると考えています。
            本投資法人は、上記のような特徴を有する中規模オフィス等に戦略的に投資を集中させることで、収益の
           安定性を確保しながら成長性を重視したポートフォリオの構築を図っています。
         (ロ)運用資産の着実な成長

            本投資法人は、前記のとおり、収益の安定性と成長性に寄与すると判断し得る中規模オフィスについては
           積極的に取得の検討を行うとともに、規模の経済がポートフォリオ全体の収益性を向上させる効果を考慮し
           た上で、今後のポートフォリオの拡大を図ることが重要であると考えています。
            オフィスの中でも、特に、中規模オフィスは、安定性と成長性の両面が見込めることに加え、大規模オ
           フィスに比べて絶対的な物件数が多く、取得機会が多く存在し、市況に応じた機動的なポートフォリオの組
           替えも可能であるため、本投資法人は、中規模オフィスを中心に取得の検討を行います。
            本投資法人は、このような理解のもと、投資対象資産の用途、地域、規模等を踏まえ、基本的なスペック
           である立地、築年数、面積・仕様・設備、遵法性、耐震性能、地震PML、アスベスト・PCB等の有害物
           質、土壌汚染等の各基準についても十分考慮のうえ、取得の判断を行う方針です。
                                 28/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資法人は、上記方針に基づき、本投資法人の外部成長の機会を増大させ、投資主価値の最大化を目指
           していきます。
         ② 本投資法人の成長戦略

         (イ)外部成長戦略
            本投資法人は、本資産運用会社の独自のネットワーク、及びスポンサーサポート会社のネットワークをフ
           ル活用し、良質な投資情報を継続的に取得して、着実な外部成長を図ります。
           a.本資産運用会社独自のネットワークによる物件取得
             本投資法人より運用の委託を受けた本資産運用会社は、不動産会社、金融機関等出身の経験豊富な人材
            で構成されています。本投資法人は、こうした人材の持つ、不動産の投資・運営ノウハウ、不動産ファイ
            ナンス・スキル及びネットワークを駆使し、物件取得の機会を追求します。
             また、独自の物件取得ルートの充実が着実な外部成長の鍵となるとの認識のもと、有力不動産仲介会社
            をはじめとした仲介業者、開発業者、信託銀行などの金融機関、不動産投資ファンドの管理会社等との情
            報ネットワークの構築・強化に努め、より多くの良質な投資情報の取得を目指します。
           b.いちごグループ(注)のネットワークによる物件取得
             本投資法人は、いちご株式会社とスポンサーサポート契約を締結しています。このスポンサーサポート
            契約により、本投資法人は、いちご株式会社から、本投資法人が取得検討する物件及び取得先の紹介、
            ウェアハウジング機能並びに信用補完の提供等を受けます。後記「(ハ)いちごグループのサポート」を
            ご参照下さい。
             また、本資産運用会社は、いちご株式会社、いちご地所株式会社、いちごECOエナジー株式会社、いち
            ごオーナーズ株式会社及びいちご土地心築株式会社との間で、取得資産情報のグループ内優先検討順位に
            関する覚書(「第一部           ファンド情報       第1   ファンドの状況        1  投資法人の概況        (3)投資法人の仕組み
            ③上記以外の本投資法人の関係法人及びその他の主な関係者」のいちご株式会社に関する記載をご参照く
            ださい。)を締結しています。この覚書により、いちごグループが取り扱う取得資産情報について、本資
            産運用会社に速やかに提供される体制となっています。
             本投資法人は、いちごグループとの取引について、本資産運用会社の自主ルール(後記「第二部                                              投資
            法人の詳細情報        第3   管理及び運営       2  利害関係人との取引制限            (2)利害関係者取引規程」をご参照下
            さい。)の適用を受けるものとし、利益相反の排除に努めています。
            (注)「いちごグループ」とは、いちご株式会社及びその連結子会社(本資産運用会社を含みます。)で
               構成されます。以下同じです。
         (ロ)内部成長戦略
            投資対象物件のテナント属性は多岐(不動産会社、事業会社、個人等)にわたるため、物件管理レベルの
           格差は大きいと考えられます。本投資法人の取得物件については、本資産運用会社がそのノウハウを駆使し
           て高い管理レベルを実現し、賃料水準の向上、稼働率の向上、及び運営管理コストの削減による内部成長を
           目指します。実行にあたっては立地、物件用途、地域性等の物件特性に適合したプロパティ・マネジメント
           (以下「PM」といいます。)会社を選定し、PM会社と協働して積極的かつ効率的な運営管理を行いま
           す。
           ・テナント満足度の向上
             既存テナントのニーズ(不満・要望等)を的確に把握するために、定期的にテナントヘのヒアリングを
            実施します。そこで収集した情報に基づき的確かつ迅速に対応することで、テナント満足度の維持・向上
            を図り、既存テナントの退去防止に努めます。
           ・戦略的なリーシング
             新規テナントのリーシングにあたっては、テナントニーズを分析し、物件の立地特性に即したきめ細か
            いリーシング戦略を策定・実行することで、早期のテナント確保に努めます。
           ・積極的な設備投資
             現状の使用環境を維持する修繕工事はもとより、例えば、新規テナントのリーシングにあたり、施設面
            での快適性向上が最有効と判断される場合には、これを主眼とする改修工事も積極的に検討実施します。
           ・スケールメリットの追求
             建物管理業務(設備保守、清掃、警備等)を複数物件で一括委託することで、スケールメリットによる
            運営管理コストの低減を図ります。
                                 29/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           ・外部委託業務への競争原理導入
             運営管理業務(PM業務、建物管理業務、修繕工事等)の外部委託にあたっては、品質レベルの高い専
            門業者の中から複数の候補業者を選定した上で入札を実施する等、透明性の高い方法を採用することによ
            り、高品質かつ低コストの物件管理を実現することができます。
         (ハ)いちごグループのサポート

           a.いちごグループ及びいちご株式会社の概要及び実績
            ⅰ.いちごグループ及びいちご株式会社の概要
              いちごグループは、「日本を世界一豊かに。その未来へ心を尽くす一期一会の「いちご」」を経営理
             念として掲げ、J-REIT及び私募不動産ファンドを運営するアセットマネジメント、いちごグループの不
             動産技術、ノウハウを最大限に活かすことで資産価値の向上を図る「心築」、メガソーラー(太陽光発
             電)を始めとしたクリーンエネルギー事業を行っています。
              いちご株式会社は、これらの事業を担うグループ傘下各社の株式を保有する上場持株会社として、い
             ちごブランド戦略の推進、グループ経営戦略の立案、経営資源の最適配分などの経営管理と、グループ
             各社への不動産サービスや事務サービスの提供などの受託業務を通じ、グループ価値の向上を追求して
             います。
            ⅱ.いちごグループの実績
              いちごグループにおけるこれまでの累計受託資産残高は1.9兆円以上、不動産ファンド組成本数は累
             積221本となっており(2021年10月末日現在)、特に「心で築く、心を築く」という信条のもと、既存
             不動産に新しい価値を創造する「心築」機能を軸とした事業を行っています。
           b.スポンサーサポート契約の概要
             本投資法人及びいちご株式会社は、2014年3月26日付で締結していたスポンサーサポート契約及び2015
            年4月9日付で締結していたスポンサー追加サポート基本合意書を改定、統合して、2019年12月26日付で
            スポンサーサポート契約を締結しています。同契約の概要は以下のとおりです。
             いちご株式会社は、本投資法人の継続的かつ安定的な成長と発展を目的として、次に掲げる業務を行う
            ものとします。
             ①  本投資法人に対して融資を提供する金融機関の紹介、及びその実現に向けた協力
             ②  本投資法人に対して出資する投資家の紹介、及びその実現に向けた協力
             ③  本投資法人が取得検討する物件及び取得先の紹介、本投資法人が保有する物件の売却先の紹介、並
              びにそれらの実現に向けた協力
             ④  本投資法人による取得機会の確保のための物件の取得及び保有
             ⑤  本投資法人及び本資産運用会社の事業全般に関するコンサルタント業務、他の事業者の紹介及びそ
              の他の補助的業務
             さらに、本投資法人は、次に掲げる事項に関し、いちご株式会社より本投資法人の信用補完を得る必要
            があると判断した場合、いちご株式会社に対し、当該信用補完を得る必要のある具体的事項及び当該信用
            補完の提供に係る合理的な対価を事案に応じて検討の上、通知し、いちご株式会社との協議により決定し
            た金額でいちご株式会社による本投資法人の信用補完を要請することができることとしています。
             ①  本投資法人に対する金融機関による融資
             ②  本投資法人に対する投資家による出資
             ③  不動産又は不動産を信託財産とする信託受益権の取得
             ④  前①から③までに関連する事項
             ⑤  その他本投資法人の運営に資する事項
             いちご株式会社は、当該要請があった場合において、本投資法人の要請に応じることが法令その他の
            規則・ガイドライン等に反することなく、かつ、同合意書の目的に合致するとその裁量によって判断し
            た場合には、本投資法人との間で個別合意書を締結した上で、当該個別合意書において定められた事項
            に関し、スポンサーレターの提出、保証契約の締結、資産取得における代替買主としての役割の提供等
            の方法により、有償で、本投資法人の信用を補完する措置をとります。
             なお、いちご株式会社は、いちご株式会社の判断により、いちご株式会社の子会社又は関連会社(本資
            産運用会社を除きます。)をして、これらの業務を行わせることができることとしています。
                                 30/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ③ ポートフォリオ構築方針
         (イ)投資対象地域
            投資対象地域は、下記の東京都心を中心に、その他首都圏及び全国のその他主要都市(政令指定都市及び
           県庁所在地等)とします。
               地域区分                     所在地                投資比率(注)
           都心6区             千代田区、港区、中央区、新宿区、渋谷区、品川区
                                                     70%以上
           その他首都圏             東京都(上記6区を除く)、神奈川県、千葉県、埼玉県
           4大都市             大阪市、名古屋市、福岡市、札幌市
                                                     30%以下
           その他主要都市             上記以外の地域の主要都市
                合計                     -                 100%
           (注)投資比率とは各区分の取得価格総額を全区分の取得価格総額で除したものです。投資比率は目標であ
              り、一時的に上記比率を満たさないことがあります。
             本投資法人は、都心6区及びその他首都圏に所在する物件を中心に投資しますが、これらのエリア以外

            にも底堅い需要を取り込めるエリアがあると判断した場合には、ポートフォリオの地域分散及び自然災害
            リスクの軽減を図ることを目的として、市場規模及びリスクとリターンを勘案しながら、4大都市及びそ
            の他主要都市に所在する競争力のある物件についても投資を行います。
         (ロ)用途区分

            事務所を主たる用途とする不動産等及びこれに関連する不動産対応証券に主として投資します。
                                  用途区分
            事務所
            その他(主たる用途が事務所以外)
         (ハ)取得基準

           a.基本スペック
             投資対象物件の取得にあたり、原則として以下の基準(基本スペック)を考慮のうえ、投資判断を行
            い ます。なお、本投資法人は、以下の基準を考慮するものの、物件の競争力、収益性等を勘案した上
            で、総合的に判断して、以下の基準の一部を満たさない物件を取得することがあります。
                事項                         基準
                        用途、地域、規模等の特性を、総合的に分析・検討した上で投資判断を行う
           立地
                        こととする。
                        原則として30年以内。ただし、大規模修繕等により建物性能が向上したもの
           築年数
                        については、この限りでない。
                        用途、地域、規模等の特性を、総合的に分析・検討した上で投資判断を行う
           面積・仕様・設備
                        こととする。
                        都市計画法(昭和43年法律第100号。その後の改正を含みます。以下「都市計
                        画法」といいます。)・建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を
                        含みます。以下「建築基準法」といいます。)等の各種公法上の法規制を遵
           遵法性
                        守していることを原則とする。ただし、既存不適格物件、又は各種法規制に
                        適合していない物件であっても将来的にその違法性が是正されることが見込
                        まれている物件については、投資することがある。
           耐震性能            新耐震基準(注1)又は同等の耐震性能を有するものとする。
           地震PML(予想最大損            非超過確率90%信頼値で投資不動産単体のPML(注2)20%以下。
           失率)            ポートフォリオのPMLは10%以下を維持するものとする。
                                 原則として、アスベストを使用している建物は、投資不
                                 動産の対象外とする。ただし、環境調査等によりアスベ
                                 ストの飛散防止措置がなされており飛散の可能性が極め
           アスベスト・PCB等の
                        アスベスト
                                 て低いと判明した場合には、法令遵守のために建物解体
           有害物質についての基準
                                 時に発生する費用等を考慮して、取得することも可能と
                                 する。
                                 31/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                事項                         基準
                                 アスベストに関する法的規制の動向を、注意深く見守
                        アスベスト          り、将来的に規制が変更強化された場合には、本スペッ
                                 クも速やかに見直すこととする。
                                 PCBが、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推
           アスベスト・PCB等の
                                 進に関する特別措置法(平成13年法律第65号。その後の
           有害物質についての基準
                        PCB          改正を含みます。)に従って保管されていれば投資不動
                                 産の対象とする。ただし、保管費用等を考慮して取得価
                                 格を決定するものとする。
                        その他          上記以外の有害物質についても十分に考慮する。
                        投資不動産の所在土地が、指定区域(注3)に指定されている、又は過去に
                        指定区域に指定されていた場合は投資対象外とする。
           土壌汚染            また、投資不動産について、環境調査により土壌汚染(注4)が存すること
                        が判明した場合は、汚染の分布状況・除去等に要する費用を考慮して取得価
                        格を決定するものとする。
            (注1)新耐震基準とは、昭和55年建築基準法改正(昭和56年施行)に基づく構造基準をいいます。
            (注2)PML(Probable             Maximum    Loss)とは、地震による予想最大損失率をいいます。PMLには個
                別物件に関するものと、ポートフォリオに関するものがあります。PMLについての統一的な定
                義はありませんが、本書においては、想定した予定使用期間(50年=一般的建物の耐用年数)中
                に、想定される最大規模の地震(475年に一度起こる大地震=50年間に起こる可能性が10%の大
                地震)によりどの程度の被害を被るかを、損害の予想復旧費用の再調達価格に対する比率(%)
                で示したものをいいます。
            (注3)指定区域とは、土壌汚染対策法の一部を改正する法律(平成21年法律第23号)第1条の規定によ
                る改正前の土壌汚染対策法(平成14年法律第53号。その後の改正を含みます。以下「土壌汚染対
                策法」といいます。)第5条第4項で定義される指定区域並びに土壌汚染対策法第6条第4項で
                定義される要措置区域及び同法第11条第2項で定義される形質変更時要届出区域をいいます。
            (注4)土壌汚染とは、土壌汚染対策法及び国・地方公共団体により施行(公布後の場合は予定も含みま
                す。)された土壌汚染に係る法令・指針等によって定められた有害物質についての基準値を超過
                する状態であることを指します。
           b.投資金額

             投資対象物件の検討にあたり、以下に定める事項に留意し、投資判断を行います。不動産及び不動産を
            信託する信託の受益権を投資対象とする場合は、原則として、5億円を最低投資額とし、不動産対応証券
            を投資対象とする場合は、原則として、1千万円を最低投資額とします。ただし、一つの物件への投資に
            ついて、当該物件取得後のポートフォリオ総額に対する当該物件の投資額の比率の上限を25%とします。
            ・ポートフォリオ全体に及ぼす影響
            ・物件の属する地域不動産市場の状況及び同市場における当該物件の位置付け
            ・運用管理面からみた投資採算性
            ・テナントの質、個別賃貸借契約の内容
           c.開発物件
             取得決議時において未竣工のいわゆる開発物件のうち、売買契約時までに下記の条件を満たす物件につ
            いては、完工・引渡等のリスクが十分軽減できていると考えられるため、本投資法人はこれを取得するこ
            とができるものとします。ただし、本投資法人が自ら土地を購入し当該土地上に新たに建物を建築する開
            発型投資は行いません。
            ・建物が所定の図面通りに竣工し、検査済証の交付及び建物診断が行われ遵法性が確認されること、瑕疵
             の指摘がないこと等が売買契約の停止条件となっていること。
            ・不動産鑑定業者から不動産鑑定評価書又はこれに準ずる不動産価格調査報告書が得られること。
            ・ポートフォリオ全体の稼働率への影響を検証した上で、竣工後の十分な稼働率の確保が可能と見込まれ
             ること。
           d.その他
             稼働率が低い物件や未稼働物件については、ポートフォリオ全体の稼働率への影響を検証した上で、購
            入後に十分な稼働率の確保が見込めると判断した場合に限り、本投資法人はこれを取得することができる
            ものとします。
                                 32/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ④ デュー・デリジェンス基準
           運用資産を取得するに際しては下表に挙げる調査項目に基づいて、経済的調査、物理的調査及び法律的調査
          を十分実施し、キャッシュ・フローの安定性及び成長性等を阻害する要因等の存否等の把握を中心とした、当
          該運用資産の投資対象としての妥当性を検討します。
           その際に、原則として、専門性、客観性及び透明性の確保のため、建物状況評価、耐震性調査、環境調査、
          不動産鑑定評価及び必要に応じて行う市場調査を、利害関係を有しない独立した外部業者へ委託し、その結果
          をもとに詳細に検討します。
           調査項目                          調査内容
                  (イ)投資対象物件の不動産鑑定評価(注)
                  (ロ)テナントの信用力、過去の賃料収入状況
                  (ハ)過去稼働率の推移、賃料水準の動向
                  (ニ)投資対象物件の立地するエリア特性(周辺不動産の利用状況、商圏分析等)
                  (ホ)投資対象物件の立地するエリアの空室率の推移及び予測
         経済的調査        (ヘ)投資対象物件の用途・規模の適合性
                  (ト)鉄道等主要交通機関や官公署等の利便施設からの利便性
                  (チ)投資対象物件の収益(賃料・共益費等)の適正性
                  (リ)投資対象物件の敷金・保証金等の適正性
                  (ヌ)投資対象物件の建物管理状況の適正性
                  (ル)投資対象物件の費用(管理費・水光熱費・修繕費等)の適正性
                  (イ)建築基準法・都市計画法等関連法令に対する遵守状況
                  (ロ)建物主要構造・規模・築年数・設計者・確認検査機関・施工業者等
                  (ハ)賃貸可能面積・貸室形状・間取り・天井高・電気容量・空調方式・床荷重・OA床・
                    防災設備・警備方法・共用部分(エレベーター・ホール、トイレ、給湯室、共用廊下
                    等)・駐車場・昇降機設備等の状況
         物理的調査
                  (ニ)耐震性能
                  (ホ)地震PML(予想最大損失率)の検証
                  (ヘ)緊急修繕の必要性や長期修繕計画の検証
                  (ト)アスベスト・PCB等の有害物質の使用・保管状況
                  (チ)土壌汚染状況等環境調査
                  (イ)不動産登記簿謄本・公図の調査
                  (ロ)土地境界確定の状況、境界紛争の調査
                  (ハ)賃貸借契約・転貸借契約・使用貸借契約等の調査
                  (ニ)区分所有建物の場合
                   a.管理規約・協定書等の調査
                   b.敷地権登記設定の有無・専有部分とその敷地利用権の分離処分禁止の措置
                   c.他の区分所有者の属性
                  (ホ)共有持分の場合
                   a.共有持分不分割特約及びその旨の登記の調査
         法律的調査         b.共有者の属性や共有者間における特約・協定・債権債務等の有無
                   c.賃貸借契約の内容・賃料債権・敷金返還債務の調査
                  (ヘ)借地権の場合
                   a.借地権に対する対抗要件の具備の状況
                   b.借地権売却時の承諾料の有無及び金額
                   c.借地権設定者の属性や特約等の有無
                  (ト)テナントとの紛争の可能性
                  (チ)優先交渉権の有無
                  (リ)前所有者の状況(否認権及び詐害行為取消権の確認)
                  (ヌ)不動産を信託する信託の受益権については信託契約の内容
         (注)不動産鑑定評価により求める価格は、適正な投資採算価値を表す正常価格又は特定価格とします。なお、
            不動産鑑定業者は、正常価格及び特定価格の鑑定実績、又は不動産投資信託に組込まれている不動産等の
            鑑定実績に乏しい鑑定業者は選定しないものとします。
            開発物件で対象建物が未竣工のため不動産鑑定評価を得ることが困難な場合、竣工予定の建物が予定通り
            竣工したものと想定した価格を不動産鑑定士が鑑定評価手法を適用して求めた不動産価格調査報告書を
            もって不動産鑑定評価に代えることがあります。その場合は、建物竣工後速やかに不動産鑑定評価を取得
            するものとします。
                                 33/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ⑤ リーシング方針
         (イ)安定した収益確保を図るべく、投資不動産毎に情報を収集し、各投資不動産が所在する地域不動産市場に
           おける需給状況、賃料相場、空室率及び競合物件の動向等を分析した上で、投資不動産毎にリーシング方針
           を策定し、テナント募集活動を行います。
         (ロ)投資不動産の効率的な運営管理を行う上で合理的と判断される場合、マスターリース会社(エンドテナン

           トに転貸することを目的として賃貸借契約(いわゆる、マスターリース契約)を締結する賃借会社をいいま
           す。賃料保証型と賃料保証をしないパス・スルー型があります。)を利用することも検討します。マスター
           リース会社の選定にあたり、投資不動産及び地域不動産市場の特性を勘案し、マスターリース候補会社の特
           徴・実績等を総合判断の上決定します。
         (ハ)テナントの選定・対応については、以下を基本とします。

           a.入居予定テナントについては、下表に掲げる各審査項目についてチェックを行います。必要に応じて外
            部の調査機関のデータベース等も活用します。信用調査等の結果、問題がないと判断される場合、賃料水
            準、賃貸借契約期間、敷金金額、テナント業種、当該物件における他テナントとのバランス、要求される
            スペースの規模及び形状等を総合的に検討し、賃貸借契約締結の可否を判断します。
             属性区分                       審査項目
                   ⅰ.業種、業歴、決算内容(財務の健全性)等
                   ⅱ.賃貸借の内容(使用目的、契約形態、契約期間、賃料、敷金、賃借面積、内
              法人       装工事内容等)
                   ⅲ.保証人の有無及びその属性
                   ⅳ.反社会的勢力との関係の有無
                   ⅰ.勤務先とその内容、勤続年数等
                   ⅱ.年収(年収に占める賃料総額の割合等)
              個人     ⅲ.賃貸借の内容(使用目的、契約形態、契約期間、賃料、敷金、入居人数等)
                   ⅳ.保証人の有無及びその属性(本人との続柄等)
                   ⅴ.反社会的勢力との関係の有無
           b.既存テナント及び新規に賃貸借契約を締結したテナントについて、定期的にヒアリングを実施するな
            ど、そのニーズ(不満・要望等)を適切に汲み上げ、可能な限り長期的な関係を維持することを企図しま
            す。
         (ニ)賃貸借契約における賃料、敷金及び契約期間の扱いについては、以下を基本とします。

           a.賃料
             対象不動産の所在する地域の不動産賃貸市場における市場実勢水準及び地域内における対象不動産の競
            争力に鑑み、適切な賃料設定を行うことにより、機会損失を回避しテナントを確保するように努めます。
            ただし、適切に設定された賃料水準において、十分な賃料負担能力と信用力を持つテナントがすぐに確保
            できない場合には、一定期間空室が発生することもありえます。
           b.敷金
             賃貸借契約期間、物件の特性、不動産賃貸市場の状況、テナントの信用力及び賃貸借の目的等に鑑み、
            都度適切な水準に決定します。
           c.契約期間
             2年間の普通借家契約を基本としますが、物件の特性や不動産賃貸市場の状況に応じてさらに長期間の
            契約締結が有利と判断される場合には、契約期間の長期化又は定期借家契約(借地借家法(平成3年法律
            第90号。その後の改正を含みます。以下「借地借家法」といいます。)第38条第1項)の導入も検討しま
            す。
         ⑥ 管理方針

         (イ)PM会社の選定
            投資不動産に係る管理業務においては、資産価値の維持向上を図りつつ、併せて不動産からの収益を拡大
           するよう努めるものとします。
            これを実現するために、投資不動産毎にその特性を踏まえ、最適なPM会社を選定し、建物運営管理、賃
           貸営業管理、工事・営繕管理等の管理業務を一括委託することを基本とします。
                                 34/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ロ)PM会社の選定基準
            PM会社の選定にあたっては、下表に掲げる各審査項目を総合的に検討した上で、最適と判断されるPM
           会社を、原則として個別の投資不動産毎に決定します。
               審査項目                         審査内容
          業容               PM事業概要、人員体制、事業地域等
          経験・実績               不動産用途別又は地域別の管理実績、専門とする不動産の用途又は地域
          財務健全性               過去の決算内容、信用度
                         建物運営管理(設備保守・清掃・警備等)、工事・営繕管理(建物の修
                         理・修繕・更新・改修工事に係る管理等)、賃貸営業管理(テナントリー
          PM内容・能力
                         シング等)、これに伴う報告業務、管理企画提案、渉外業務等の体制・
                         質・スピード
          報酬額               PM内容との相応性
          その他               近隣競合建物の受託状況
         (ハ)運営のモニタリング

            PM会社と相互に綿密な連携をとることにより、円滑な管理体制を構築し、PM業務の品質の維持向上に
           努めます。定期的(原則として毎月)に投資不動産の運営管理状況(賃貸収支状況、稼働状況、既存テナン
           ト動向、新規テナント募集状況、修繕工事実績及び今後の予定等)を報告させるとともに、必要に応じてそ
           の対応内容等についての協議を行います。
            PM会社との契約期間は原則1年間とし、当該契約期間の運用実績について、日頃のモニタリング及び運
           営管理状況の定期報告等の内容に基づき原則として毎年パフォーマンス評価を実施し、その結果が不良の場
           合にはPM会社の変更を検討します。
         (ニ)修繕及び資本的支出に関する基本方針

           a.修繕計画の策定
             投資不動産の機能的価値の維持及び向上を図るため、建物エンジニアリング・レポートにおける中長期
            修繕計画を参考に、投資不動産毎に修繕計画を策定し、必要な修理、修繕、更新及び改修を行います。
             修繕計画は、本投資法人の決算期までに翌営業期間及び翌々営業期間分を策定します。
           b.修繕
             建物・設備機能の維持保全を目的とした修繕については、過去の修繕履歴、設備水準及び建物エンジニ
            アリング・レポートの内容等を踏まえ、その実施時期、実施内容及び実施額等を検討の上、効率的な実施
            に努めます。
           c.資本的支出
             通常必要とされる資本的支出(建物の経年劣化に伴う諸対応及び機能維持を目的とした各種設備の更新
            をいいます。)のほか、中長期にわたり投資不動産の市場競争力及びテナント満足度の維持向上を図るた
            めのリニューアル(OA床の設置、個別空調設備の導入、24時間警備装置の設置、外壁・共用部等の美観
            及び利便性の向上等をいいます。)についても必要に応じて十分な検討を行った上で実施します。工事の
            実施にあたり、実施時期、実施内容及び実施額等を検討の上、効率的な実施に努めます。
           d.ポートフォリオ全体での検証
             修繕工事の実施にあたり、内容の共通した工事を複数物件で実施することによりポートフォリオ全体の
            費用低減につながると判断した場合には、当該工事を同時期に行うことも検討します。
             また、ポートフォリオ全体の収支の安定性を確保するため、営業期間毎の修繕費用と留保資金(減価償
            却費)とのバランス及びポートフォリオ全体の修繕工事費用の平準化に留意します。
           e.耐震補強
             前記「③      ポートフォリオ構築方針            (ハ)取得基準       a.基本スペック」に定める耐震性能に適合せず、
            耐震補強が必要な物件は、テナントの営業状況に配慮しつつ、実施時期を含めた検討を行った上で、補強
            工事を実施します。
         (ホ)付保方針

           a.火災等の災害や事故等により生じる建物の損害及び対人対物事故を原因とする第三者からの損害賠償請
            求による損害等に対応するため、所定の付保基準に基づき火災保険及び損害賠償保険の付保を行います。
            また、災害、事故等による利益損失等を回避するため、利益保険を付保します。
                                 35/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           b.地震保険の付保に関しては、ポートフォリオ全体のPMLを基準に、災害による影響と地震保険料とを
            比較検討した上で付保の判断を行います。なお、PMLが20%を超える物件については、個別に超過部分
            に対する地震保険の付保を検討します。
           c.引受保険会社の選定にあたり、適当と認められる保険代理店を通じて複数の保険会社の引受条件や信用
            状況を比較検討の上、公正な選定を行います。
         ⑦ 売却方針

         (イ)ポートフォリオの見直し
            本投資法人は、以下に定めるところに従い、ポートフォリオの構成を見直し、個別投資不動産を売却する
           ことがあります。なお、ポートフォリオの構成の見直し及び個別投資不動産の売却に際しては、本投資法人
           は、国内外の経済動向及び不動産市場の動向を分析し、売却後のポートフォリオの資産構成が、中長期的な
           観点から見て安定した収益を確保することができるかどうかの検討を行い、更に個別投資不動産等の現状の
           収益状況や将来収益の予測等を考慮した上で、売却するか否かを検討するものとします。
         (ロ)本資産運用会社は、個別の投資不動産等について以下のいずれかの事項に該当すると判断した場合、その

           売却を検討します。
           a.各個別投資不動産等の収益分析、ポートフォリオのアロケーション分析及び物件取得状況分析等の結
            果、売却することが本投資法人の中長期的な運用戦略から見て適切と判断した場合
           b.売却による債務の返済等を通じて財務体質の強化や資金の再調達リスクの軽減を図ることが、本投資法
            人の財務戦略から見て適切と判断した場合
           c.実勢価格を超える購入価格を提示する購入希望者が現れる等、売却を行うことが本投資法人の収益に寄
            与すると判断した場合
           d.経済情勢の著しい変化又は災害等による建物の毀損・劣化等により当初想定した収益の確保が困難とな
            り、追加的措置によっても回復の見込みがないと判断した場合
         (ハ)売却にあたり、より高い価格での売却が実現できるように、競争入札方式の導入、有力不動産仲介業者の

           活用、専任媒介業者の活用等の方策を検討します。また、購入先の属性や購入目的等の調査を行い、不測の
           トラブルの回避を図るものとします。
         ⑧ 財務方針

         (イ)本投資法人の安定収益の確保及び運用資産の着実な成長を目的として、以下の基本方針の下で計画的かつ
           機動的な財務戦略を立案し実行します。
           a.調達面では、資産の取得、修繕設備投資、分配金の支払及び本投資法人の運営又は債務の返済(敷金及
            び保証金の返還・借入金の返済・投資法人債の償還を含みます。)等に必要な資金の確保を目的として、
            バランスのとれた調達を行います。
           b.運用面では、資金の安全性、流動性及び効率性を重視した運用を行います。
         (ロ)投資口の追加発行は、総資産額に対する借入金及び投資法人債の合計額の割合(以下「有利子負債比率」

           といいます。)や投資物件の取得計画等を勘案した上で、投資口の希薄化(追加発行する投資口1口当たり
           純資産及び1口当たり分配金への影響)にも配慮しつつ、実行します。
         (ハ)負債による資金調達については、下記の基本方針に従って実施します。

           a.有利子負債比率は、原則として60%を上限とします。ただし、新たな投資不動産等の取得に伴い、一時
            的に60%を超えることがありえます。
           b.金融機関等からの資金の借入れについては、下記の方針によります。
            ⅰ.全体の金利コストの削減に努めつつ、金利変動リスクを軽減するため、長期・短期の借入期間、固
             定・変動の金利形態等のバランスを図り、また、資金の再調達リスクを軽減するため、返済期限や借入
             先の分散を図ります。
            ⅱ.借入先の選定にあたり、金融市場の状況を勘案しつつ、借入期間、金利、担保提供の要否及び手数料
             等の諸条件につき複数の借入候補先と交渉し、その内容を総合的に比較して合理的に決定します。な
             お、借入先は、金融商品取引法第2条第3項第1号において定義される適格機関投資家(ただし、租税
             特別措置法第67条の15第1項で定める機関投資家に限ります。)に限るものとします。
            ⅲ.必要資金の機動的な調達を目的として極度ローン契約等の締結を必要に応じ検討します。
           c.長期かつ安定的な資金調達と調達先の分散を目的として投資法人債の発行も検討します。
           d.資金調達のための必要に応じ投資法人の資産を担保として提供することがあります。
           e.デリバティブ取引に係る権利(投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。そ
            の後の改正を含みます。以下「投信法施行令」といいます。)第3条第2号)への投資を、本投資法人に
                                 36/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            係る負債から生じる為替リスク、金利変動リスクその他のリスクをヘッジすることを目的としたものに
            限って行うことがあります。ただし、リスクヘッジの対象となった負債が返済等により消滅する場合に
            も、  対応するヘッジ取引についてはその解約コストを勘案し、解約しないこともありえます。
         (ニ)資金運用については、下記の基本方針に従って実施します。

           a.本投資法人の運営等に必要な支出に備え、資金効率にも配慮しつつ、適正な水準の現預金を余剰資金と
            して保有します。本投資法人に帰属する余剰資金(本投資法人の固有勘定内及び不動産信託の信託勘定
            内)は、無利息型の口座(預金保険制度により全額保護の対象となる決済用預金)又は短期債務格付が最
            上級格若しくはその次格である銀行の預金口座に預け入れます。
             規約上は安全性及び換金性を重視した上で有価証券及び金銭債権への投資ができることとされています
            が、当面は運用を目的とした有価証券又は金銭債権への投資は行わないこととします。
           b.投資物件の賃貸に際し収受した敷金又は保証金等の預り金の運用についても、原則として上記a.に準
            じて取扱います。
         (ホ)自己投資口の取得及び消却については、下記の基本方針に従って実施します。

           a.資本効率の向上及び投資主還元強化の観点から、財務、資本政策の一環として自己投資口の取得及び消
            却を行うことも検討します。
           b.自己投資口の取得及び消却の検討にあたっては、中長期的な投資主価値の向上の観点から、財務状況、
            金融市場の状況等を慎重に見極めた上で、可否を判定するものとします。
         ⑨ 情報開示方針

           本投資法人は、投信法、金融商品取引法、東京証券取引所及び一般社団法人投資信託協会等がそれぞれ要請
          する内容及び様式に従って、迅速・正確かつ公平な情報開示を行います。また、投資家にとって分かりやすい
          情報の提供に努めます。
      (2)【投資対象】

         ① 投資対象とする資産の種類
           本投資法人は、不動産等及び不動産対応証券(以下「不動産関連資産」といいます。)を主要な投資対象と
          します(規約第31条)。
         (イ)不動産等とは以下に掲げるものをいいます。
           a.不動産
           b.不動産の賃借権
           c.地上権
           d.不動産、不動産の賃借権、地上権のみを信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と併せて信託す
            る包括信託を含みます。)
           e.信託財産を主として不動産、不動産の賃借権、地上権に対する投資として運用することを目的とする金
            銭の信託の受益権
           f.当事者の一方が相手方の行う上記a.乃至e.に掲げる資産の運用のために出資を行い、相手方がその
            出資された財産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生じる利益の分配を行うこ
            とを約する契約に係る出資の持分(以下「不動産に関する匿名組合出資持分」といいます。)
           g.信託財産を主として不動産に関する匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金
            銭の信託の受益権
         (ロ)上記①柱書に規定する不動産対応証券とは、次の各号に掲げるもののうち資産の2分の1を超える額を不

           動産等に投資することを目的とするものをいいます。
           a.優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。以下
            「資産流動化法」といいます。)第2条第9項に規定する優先出資証券をいいます。)
           b.受益証券(投信法第2条第7項に規定する受益証券をいいます。)
           c.投資証券(投信法第2条第15項に規定する投資証券をいいます。)
           d.特定目的信託の受益証券(資産流動化法第2条第15項に規定する受益証券(上記(イ)d.、e.又は
            g.に掲げる資産に該当するものを除きます。)をいいます。)
                                 37/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ハ)本投資法人は、不動産関連資産のほか、次に掲げる特定資産に投資することができます。
           a.預金
           b.コール・ローン
           c.譲渡性預金証書
           d.有価証券(投信法施行令第3条第1号に規定するものをいいます。ただし、上記(イ)d.乃至g.、
            上記(ロ)a.乃至d.、本(ハ)e.及びi.並びに下記(ニ)a.、h.及びi.に掲げる資産に該
            当するものを除きます。)
           e.不動産の保有会社、管理会社等の株式(実質的に不動産関連資産に投資することを目的とする場合又は
            不動産関連資産への投資に付随し若しくは関連する場合に限ります。)
           f.金銭債権(投信法施行令第3条第7号に規定するものをいいます。ただし、上記a.乃至c.に掲げる
            資産を除きます。)
           g.デリバティブ取引に係る権利(投信法施行令第3条第2号に規定するものをいいます。)
           h.再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令第3条第11号に規定するものをいいます。)
           i.信託財産を主として上記a.乃至h.に掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭
            の信託の受益権
         (ニ)本投資法人は、不動産関連資産及び上記(ハ)に規定する特定資産のほか、不動産関連資産への投資に当

           たり必要がある場合には、次に掲げる資産に投資することができます。
           a.会社法に規定する持分会社の出資持分(実質的に不動産関連資産に投資することを目的とする場合又は
            不動産関連資産への投資に付随し若しくは関連する場合に限ります。)
           b.資産流動化法に規定する特定出資(実質的に不動産関連資産に投資することを目的とする場合又は不動
            産関連資産への投資に付随し若しくは関連する場合に限ります。)
           c.商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。以下「商標法」といいます。)に規定する
            商標権(商標法第18条第1項に規定するものをいいます。)並びにその専用使用権(商標法第30条に規定
            するものをいいます。)及び通常使用権(商標法第31条に規定するものをいいます。)
           d.著作権法(昭和45年法律第48号。その後の改正を含みます。以下「著作権法」といいます。)に規定す
            る著作権(著作権法第17条第1項に規定するものをいいます。)並びに著作者人格権(著作権法第17条第
            1項に規定するものをいいます。)及び著作隣接権(著作権法第89条に規定するものをいいます。)
           e.温泉法(昭和23年法律第125号。その後の改正を含みます。)に規定する温泉の源泉を利用する権利及
            び当該温泉に関する設備等
           f.民法(明治29年法律第89号。その後の改正を含みます。以下「民法」といいます。)に規定する動産の
            うち、設備、備品その他の構造上又は利用上不動産に附加されたもの(ただし、上記(ハ)h.に掲げる
            資産を除きます。)
           g.地役権
           h.上記a.乃至g.に掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益権
           i.民法第667条に規定する組合の出資持分(不動産、不動産の賃借権、地上権又は地役権を出資すること
            により設立され、その賃貸、運営又は管理等を目的としたものに限ります。)
           j.各種保険契約に係る権利(不動産関連資産の投資に係るリスクを軽減することを目的とする場合に限り
            ます。)
           k.地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。その後の改正を含みます。)に基づく算
            定割当量その他これに類似するもの又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
           l.不動産関連資産への投資に付随して取得するその他の権利(運用資産のテナントが利用するフィットネ
            スクラブの施設利用権その他の権利を含みますがこれに限りません。)
         (ホ)金融商品取引法第2条第2項に定める有価証券表示権利について当該権利を表示する有価証券が発行され

          ていない場合においては、当該権利を当該有価証券とみなして、上記(イ)から(ニ)までを適用します。
         ② 投資基準及び地域別、用途別等による投資割合

           投資基準及び地域別、用途別等による投資割合については、前記「(1)投資方針                                       ③  ポートフォリオ構築
          方針」をご参照下さい。
                                 38/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (3)【分配方針】
           本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行うものとします。
         ① 利益の分配(規約第37条第1号)
         (イ)投資主に分配する金額の総額のうち、本投資法人の利益の金額(以下「分配可能金額」といいます。)
           は、一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行に準拠して計算される利益とします。
         (ロ)分配金額は、原則として租税特別措置法第67条の15第1項(以下「投資法人に係る課税の特例規定」と

           いいます。)に規定される本投資法人の配当可能利益の額の100分の90に相当する金額(法令改正等により
           当該金額の計算に変更があった場合には変更後の金額とします。)を超えるものとします。ただし、税務
           上の欠損金が発生した場合、又は欠損金の繰越控除により税務上の所得が発生しない場合にはこの限りで
           はなく、本投資法人が合理的に決定する金額とします。
            なお、本投資法人は、運用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修繕積立金、支払準備金、
           一時差異等調整積立金、圧縮積立金、分配準備積立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等のほか必
           要な金額を分配可能金額から積み立て、又は留保その他の処理を行うことができます。
         ② 利益を超えた金銭の分配(規約第37条第2号)

           本投資法人は、分配可能金額が配当可能利益の額の100分の90に相当する金額以下である場合、本投資法人
          が適切と判断した場合又は本投資法人における法人税等の課税負担を軽減することができる場合には、一般社
          団法人投資信託協会の規則に定められる金額を限度として、本投資法人が決定した金額を、利益を超えた金銭
          として分配することができます。ただし、この場合において、なおも金銭の分配金額が投資法人に係る課税の
          特例規定における要件を満たさないときは、当該要件を満たす目的をもって本投資法人が決定した金額により
          金銭の分配をすることができます。
         ③ 分配金の分配方法(規約第37条第3号)

           分配は、金銭により行うものとし、原則として決算期から3ヶ月以内に、決算期現在の最終の投資主名簿に
          記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者を対象に投資口の所有口数又は登録投資口質権者の有する質
          権の目的である投資口の数に応じて分配します。
         ④ 分配金請求権の除斥期間(規約第37条第4号)

           本投資法人は、金銭の分配が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、その分配金の支
          払義務を免れるものとします。なお、未払分配金には利息は付さないものとします。
         ⑤ 一般社団法人投資信託協会規則(規約第37条第5号)

           本投資法人は、上記①から④のほか、金銭の分配にあたっては、一般社団法人投資信託協会の定める規則等
          に従うものとします。
      (4)【投資制限】

         ① 規約に基づく投資制限
         (イ)有価証券及び金銭債権に係る制限
            本投資法人は、前記「(2)投資対象                   ①  投資対象とする資産の種類(ハ)d.」に掲げる有価証券及び
           同f.に掲げる金銭債権への投資を、安全性及び換金性を重視して行うものとし、積極的な運用益の取得の
           みを目指した投資を行わないものとします(規約第32条第1項)。
         (ロ)デリバティブ取引に係る制限

            本投資法人は、前記「(2)投資対象                   ①  投資対象とする資産の種類(ハ)g.」に掲げるデリバティブ
           取引に係る権利への投資を、本投資法人に係る負債から生じる為替リスク、金利変動リスクその他のリスク
           をヘッジすることを目的としてのみ行うものとします(規約第32条第2項)。
         (ハ)組入資産の貸付

          a.本投資法人は、中長期的な安定収益の確保を目的として、運用資産に属する不動産等を、原則として賃貸
           するものとします。なお、特定資産である信託受益権に係る信託財産である不動産については、当該信託の
           受託者に、第三者との間で賃貸借契約を締結させ貸付けるものとします(規約第33条第1項)。
          b.本投資法人は、不動産の賃貸に際し、敷金又は保証金等これらに類する金銭を収受することがあり、かか
           る収受した金銭を本投資法人の資産運用の基本方針及び投資方針に従い運用します(規約第33条第2項)。
          c.本投資法人は、運用資産に属する不動産等以外の運用資産の貸付けを行うことがあります(規約第33条第
           3項)。
                                 39/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ニ)借入金及び投資法人債発行に係る制限
          a.借入れの目的
            本投資法人は、安定した収益の確保を目的として、資金の借入れ又は投資法人債(短期投資法人債を含み
           ます。以下本(ニ)において同じです。)の発行を行うことがあります(規約第35条第1項)。
            借入れ及び投資法人債により調達した金銭の使途は、資産の取得、修繕、分配金の支払、本投資法人の運
           営に要する資金又は債務の返済(敷金及び保証金の返還並びに借入金の返済及び投資法人債の償還を含みま
           す。)等とします(規約第35条第2項)。
          b.借入金の限度額
            借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないもの
           とします(規約第35条第4項)。
          c.借入先
            資金を借り入れる場合は、金融商品取引法第2条第3項第1号に規定する適格機関投資家(ただし、租税
           特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)からの借入れに限るものとします(規約第35条
           第1項)。
          d.担保の提供
            上記a.の規定に基づき借入れを行う場合又は投資法人債を発行する場合、本投資法人は、運用資産を担
           保として提供することができます(規約第35条第3項)。
         ② 金融商品取引法及び投信法に基づく投資制限

           本投資法人は、金融商品取引法及び投信法に基づく投資制限に従います。主なものは、次のとおりです。
         (イ)金融商品取引法に基づく投資制限
            登録投資法人は、金融商品取引業者である資産運用会社にその資産の運用に係る業務を委託しなければな
           りません。資産運用会社は、当該投資法人の資産の運用に係る業務に関して金融商品取引法上一定の行為を
           行うことが禁止されており、結果的に、投資法人が一定の投資制限に服することになります。かかる禁止行
           為のうち、利害関係人等との取引制限を除く主なものは以下のとおりです。なお、利害関係人等との取引制
           限については、後記「第二部              投資法人の詳細情報          第3   管理及び運営       2  利害関係人との取引制限」をご
           参照下さい。
           a.自己取引等
             資産運用会社が自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を
            行うこと(金融商品取引法第42条の2第1号)。ただし、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害
            し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのないものとして金融商品取引業等に関する内閣府令
            (平成19年内閣府令第52号。その後の改正を含みます。以下「業府令」といいます。)第128条に定める
            ものを除きます。
           b.運用財産相互間の取引
             資産運用会社が運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法
            第42条の2第2号)。ただし、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の
            信用を失墜させるおそれのないものとして業府令第129条に定めるものを除きます。
           c.第三者の利益を図る取引
             資産運用会社が特定の金融商品、金融指標又はオプションに関し、取引に基づく価格、指標、数値又は
            対価の額の変動を利用して自己又は登録投資法人以外の第三者の利益を図る目的をもって、正当な根拠を
            有しない取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第3号)。
           d.投資法人の利益を害する取引
             資産運用会社が通常の取引の条件と異なる条件で、かつ、当該条件での取引が登録投資法人の利益を害
            することとなる条件での取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第4
            号)。
           e.投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるものとして
            内閣府令で定める行為。
         (ロ)投信法に基づく投資制限

           a.同一株式の取得制限
             本投資法人は、同一の法人の発行する株式に係る議決権を、当該株式に係る議決権の総数の100分の50
            を超えて取得することができません(投信法第194条、投信法施行規則第221条)。ただし、国外の特定資
            産について、当該特定資産が所在する国の法令の規定その他の制限により、投信法第193条第1項第3号
            から第5号までに掲げる取引を行うことができない場合において、専らこれらの取引を行うことを目的と
            する法人の発行する株式を取得するときは、この限りではありません(投信法第194条第2項、投信法施
            行令第116条の2)。
           b.自己投資口の取得及び質受けの制限
                                 40/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             本投資法人は、自らが発行した投資口を取得し、又は質権の目的として受けることができません。ただ
            し、次に掲げる場合において自らが発行した投資口を取得するときは、この限りではありません(投信法
            第 80条第1項、投信法施行規則第129条)。
             ・   投資主との合意により当該投資口を有償で取得することができる旨を規約で定めた場合
             ・   合併後消滅する投資法人から当該投資口を承継する場合
             ・   投信法の規定により当該投資口の買取りをする場合
             ・   その他投信法施行規則で定める場合
             なお、本投資法人は、規約第8条第2項において、投資主との合意により本投資法人の投資口を有償で
            取得することができる旨を定めています。
           c.子法人等による親法人投資口の取得制限
             他の投資法人(子法人等)の発行済投資口の過半数に当たる投資口を有する投資法人(親法人)の投資
            口については、当該子法人等は、原則として、これを取得することができません(投信法第81条)。
         ③ その他の投資制限

         (イ)有価証券の引受け及び信用取引
            本投資法人は、有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
         (ロ)集中投資及び他のファンドへの投資

            集中投資及び他のファンドへの投資について制限はありません。
                                 41/217














                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     3【投資リスク】
       (1)リスク要因
          以下には、本投資証券又は本投資法人債券への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な
         事項を記載しています。ただし、以下は本投資証券又は本投資法人債券への投資に関するすべてのリスクを網羅
         したものではなく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。また、本投資法人が保有している個別の不動
         産信託及び不動産に特有のリスクについては、後記「5                           運用状況     (2)投資資産       ③  その他投資資産の主要な
         もの   (ヘ)個別不動産及び個別信託不動産等の概要」を併せてご参照下さい。なお、以下に記載の事項には、将
         来に関する事項が含まれますが、別段の記載のない限り、当該事項は本書の日付現在において本投資法人が判断
         したものです。
          本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針で
         すが、回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが顕在化した場合、本投資
         証券又は本投資法人債券の市場価格は下落し、発行価格に比べ低くなること又は本投資法人債券の利払若しくは
         償還に悪影響を与えることもあると予想され、その結果、投資主又は投資法人債権者が損失を被る可能性があり
         ます。また、本投資法人の純資産額の低下その他財務状況の悪化により、分配率の低下が生じる可能性がありま
         す。
          各投資家は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で本投資証券又
         は本投資法人債券に関する投資判断を行う必要があります。
          本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。
         ① 本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク
         (イ)本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
         (ロ)本投資証券の市場での取引に関するリスク
         (ハ)金銭の分配に関するリスク
         (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク
         (ホ)投資口の追加発行時の価値の希薄化に関するリスク
         (ヘ)投資法人債券の利払・償還に関するリスク
         (ト)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないリスク
         ② 本投資法人の運用方針に関するリスク

         (イ)不動産等を取得又は処分できないリスク
         (ロ)新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
         (ハ)プロパティ・マネジメント会社に関するリスク
         (ニ)投資対象をオフィスに特化していることによるリスク
         (ホ)不動産の地域的な偏在に関するリスク
         ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

         (イ)いちごグループ等への依存、利益相反に関するリスク
         (ロ)本資産運用会社が他の投資法人の資産運用を受託していることに関するリスク
         (ハ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
         (ニ)本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材(個人の能力、経歴、ノウハウ)に依存しているリスク
         (ホ)インサイダー取引規制に関するリスク
         (ヘ)フェア・ディスクロージャー・ルールに関するリスク
         (ト)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク
         (チ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
         (リ)敷金及び保証金に関するリスク
         ④ 不動産及び信託の受益権に関する法的リスク

         (イ)不動産の欠陥・瑕疵・契約不適合や境界に関するリスク
         (ロ)不動産の売却に伴う責任に関するリスク
         (ハ)賃貸借契約に関するリスク
         (ニ)災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク
         (ホ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
         (ヘ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク
         (ト)法令の制定・変更に関するリスク
         (チ)売主の倒産等の影響を受けるリスク
         (リ)転貸に関するリスク
         (ヌ)テナント集中に関するリスク
         (ル)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク
         (ヲ)マスターリースに関するリスク
                                 42/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ワ)共有物件に関するリスク
         (カ)区分所有建物に関するリスク
         (ヨ)借地物件に関するリスク
         (タ)借家物件に関するリスク
         (レ)底地物件に関するリスク
         (ソ)開発物件に関するリスク
         (ツ)築古物件に関するリスク
         (ネ)有害物質に関するリスク
         (ナ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
         (ラ)フォワード・コミットメント等に関するリスク
         ⑤ 税制に関するリスク

         (イ)導管性の維持に関する一般的なリスク
         (ロ)税負担の発生により支払配当要件が満たされないリスク
         (ハ)借入れに係る導管性要件に関するリスク
         (ニ)同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
         (ホ)投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないリスク
         (ヘ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク
         (ト)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
         (チ)一般的な税制の変更に関するリスク
         ⑥ その他

         (イ)専門家の意見への依拠に関するリスク
         (ロ)減損会計の適用に関するリスク
         (ハ)匿名組合出資持分への投資に関するリスク
         (ニ)投資主優待制度に関するリスク
         (ホ)感染症の拡大等に関するリスク
         ① 本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク

         (イ)本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
            本投資法人は、投資主からの請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投資主が本
           投資証券を換価する手段は、原則として第三者に対する売却に限定されます(ただし、本投資法人は、投資
           主との合意により本投資法人の投資口を有償で取得することができます(規約第8条第2項)。)。
            本投資証券又は本投資法人債券の市場価格は、金融商品取引所における投資家の需給により影響を受け、
           一定の期間内に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下落する可能性があります。また、市場価格は金
           利情勢、経済情勢、不動産市況その他市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて変動します。本投資法人若
           しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督官庁による行政処分の勧
           告や行政処分が行われた場合にも、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下落することがあります。
            そのため、投資主又は投資法人債権者は、本投資証券又は本投資法人債券を投資主又は投資法人債権者が
           希望する時期及び条件で取引できるとの保証はなく、また本投資証券又は本投資法人債券を取得した価格で
           売却できない可能性や本投資証券又は本投資法人債券の譲渡自体が事実上不可能となる場合があり、その結
           果、投資主又は投資法人債権者が損失を被る可能性があります。
         (ロ)本投資証券の市場での取引に関するリスク

            本投資証券の上場は、本投資法人の資産総額の減少、投資口の売買高の減少その他の東京証券取引所の有
           価証券上場規程に定める上場廃止基準に抵触する場合には廃止されます。
            本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡する他に換金の手段が
           ないため、本投資法人の純資産額に比して相当に廉価で譲渡せざるを得ない場合や本投資証券の譲渡自体が
           事実上不可能となる場合があり、その結果、投資主が損害を被る可能性があります。
         (ハ)金銭の分配に関するリスク

            本投資法人は前記「2            投資方針     (3)分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分
           配を行う予定ですが、分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではありませ
           ん。本投資法人が取得する不動産等の賃貸状況、売却に伴う損益や建替えに伴う除却損、ファイナンス環境
           の悪化に伴う金利コストの上昇等により、期間損益が変動し、投資主への分配金が増減し、又は一切分配さ
           れないことがあります。
                                 43/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            また、本投資証券に対して投下された投資主からの投資金額については、いかなる保証も付されておら
           ず、金融機関の預金と異なり預金保険等の対象でもありません。本投資法人について破産その他の倒産手続
           が開始された場合や本投資法人が解散した場合には、投資主は配当・残余財産の分配等において最劣後の地
           位 に置かれ、投資金額の全部又は一部の回収が不可能となる可能性があります。
         (ニ)収入及び支出の変動に関するリスク

            本投資法人の収入は、本投資法人が取得する不動産等の賃料収入に主として依存しています。不動産等に
           係る賃料収入は、不動産の稼働率の低下、売上歩合賃料が採用されている場合のテナントの売上減等によ
           り、大きく減少する可能性があるほか、賃借人との協議や賃借人からの請求等により賃料が減額され、又は
           契約通りの増額改定を行えない可能性もあります。(なお、不動産等に係る賃料収入に関するリスクについ
           ては、後記「④不動産及び信託の受益権に関する法的リスク                            (ハ)   賃貸借契約に関するリスク」をご参照下
           さい。)また、保有資産の過去の収支の状況や賃料総額も、当該資産の今後の収支の状況や賃料総額と必ず
           しも一致するものではありません。また、当該不動産に関して締結される賃貸借契約に基づく賃料が、一般
           的な賃料水準に比して適正な水準にあるとは限りません。
            一方、収入の減少だけでなく、退去するテナントへの預り敷金及び保証金の返還、多額の修繕費又は資本
           的支出、不動産の取得等に要する費用、その他不動産等に関する支出が状況により増大し、キャッシュ・フ
           ローを減ずる要因となる可能性があります。
            このように、不動産からの収入が減少する可能性があるとともに、不動産に関する支出は増大する可能性
           があり、これらの双方又はいずれか一方の事由が生じた場合、投資主への分配金額が減少し、又は本投資証
           券若しくは本投資法人債券の市場価格が下落することがあります。
         (ホ)投資口の追加発行時の価値の希薄化に関するリスク

            本投資法人は、新規投資口を随時追加発行する予定ですが、かかる追加発行により既存の投資主の保有す
           る投資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の営業期間中に追加発行された投資口に対して、当該
           営業期間の期初から存在する投資口と同額の金銭の分配が行われる場合には、既存の投資主は、追加発行が
           なかった場合に比して、悪影響を受ける可能性があります。さらに、追加発行の結果、本投資法人の投資口
           1口当たりの価値や市場における需給バランスが影響を受ける可能性があります。
         (ヘ)本投資法人債券の利払・償還に関するリスク

            本投資法人の信用状況の悪化その他の事由により、本投資法人債券について、利子や元本の支払いが滞っ
           たり、支払不能が生じるリスクがあります。
         (ト)投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないリスク

            本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、一定の重要事項につき本投資法人の意思決定に参画できる
           ほか、本投資法人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の
           権利とは必ずしも同一ではありません。たとえば、貸借対照表、損益計算書等の計算書類については役員会
           の承認のみで確定し(投信法第131条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投資主総会
           は、必ずしも、決算期毎に招集されるわけではありません。また、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、
           議決権を行使しないときは、当該投資主はその投資主総会に提出された議案(複数の議案が提出された場合
           において、これらのうちに相反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きます。)について
           賛成するものとみなされます(投信法第93条第1項、規約第15条第1項)。ただし、本投資法人の規約上、
           役員の選任又は解任、資産運用会社との間の資産運用委託契約の締結又は解約、解散その他規約に定める一
           定の重要議案については、一定の要件を満たす少数投資主が所定の期限までに当該議案に反対である旨を本
           投資法人に通知した場合、又は、本投資法人が当該議案に反対である旨を表明した場合には、上記のみなし
           賛成制度の適用はないものとされています。詳細については、後記「第二部                                    投資法人の詳細情報          第3   管
           理及び運営      3  投資主・投資法人債権者の権利                (1)   投資主の権利       ①  投資主総会における議決権
           (ロ)」をご参照下さい。さらに、本投資法人は、資産の運用に係る業務その他の業務を本資産運用会社そ
           の他の第三者に委託しています。これらの要因により、投資主による資産の運用に係る業務その他の業務に
           対する統制が効果的に行えない可能性もあります。
                                 44/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
         (イ)不動産等を取得又は処分できないリスク
            不動産は、一般的にそれぞれの物件の個別性が強いために代替性がなく、流動性が低いため、希望する時
           期に希望する物件を取得又は売却できない可能性があります。不動産投資信託その他のファンド及び投資家
           等による不動産等に対する投資が活発化することがあり、その様な状況下では、必ずしも、本投資法人が取
           得を希望した不動産等を取得することができるとは限りません。また、取得が可能であったとしても、投資
           採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で取引を行うことができない可能性等もあります。さら
           に、本投資法人が不動産等を取得した後にこれらを処分する場合にも、投資採算の視点から希望した価格、
           時期その他の条件で取引を行うことができない可能性等もあります。その結果、本投資法人が利回りの向上
           や収益の安定化等のために最適と考える資産のポートフォリオを構築できない可能性があります。
         (ロ)新投資口の発行、借入れ及び投資法人債による資金調達に関するリスク

           a.資金調達全般に関するリスク
             新投資口の発行、借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用力、金利
            情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で新投資口の発行、
            借入れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取得できなくな
            る等の悪影響が生じる可能性があります。さらに、弁済期の到来した借入れ又は投資法人債の借換えを行
            うことができない場合には、予定しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる等の可
            能性があります。
           b.調達条件に関するリスク

             新投資口の発行価額は、その時点の本投資口の市場価格等に左右されますが、特に、発行価額が当該時
            点における純資産額や鑑定評価額を考慮した純資産額に比べ割安となる場合、既存投資主の保有する投資
            口の価値は希薄化により下落する可能性があります。
             また、借入れ及び投資法人債の金利は、借入時及び投資法人債発行時の市場動向に左右され、変動金利
            の場合には、その後の市場動向にも左右されます。借入れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は本投資法
            人の借入金額及び投資法人債発行額が増加した場合には、本投資法人の利払額は増加します。このような
            利払額の増加により、投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。本投資法人
            は、金利変動の影響を軽減するため、変動金利と固定金利のスワップ取引及び長期借入れや返済期限の分
            散化等の取組みを行う予定です。しかし、これらの取組みが金利変動の影響を軽減できない場合、本投資
            法人の財務状況に悪影響が及ぶ可能性があります。
           c.財務制限条項に関するリスク

             本投資法人が借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該借入れ又は投資法人債の発行の条
            件として、資産・負債等に基づく一定の財務指標上の数値を維持する、本投資法人の信用状態に関する評
            価を一定の水準に維持する、若しくは投資主への金銭の分配(利益を超えた金銭の分配を含みます。)を
            制約する等の財務制限条項が設けられる、運用資産に担保を設定する、又は規約の変更が制限される等の
            可能性があります。このような制約が本投資法人の運営に支障をきたし、又は投資主に対する金銭の分配
            額等に悪影響を及ぼす可能性があります。加えて、これらの制限に違反した場合には、担保設定や費用負
            担等を求められ、又は当該借入れに係る借入金若しくは投資法人債の元利金について期限の利益を喪失す
            る等の可能性があり、その結果、本投資法人の運営に重大な悪影響が生じる可能性があります。
             本投資法人が運用資産の売却を希望したとしても、担保の解除手続その他の事情により、希望どおりの
            時期に売却できない可能性又は希望する価格で売却できない可能性があります。また、収益性の悪化等に
            より運用資産の評価額が引き下げられた場合又は他の借入れを行う場合等、一定の条件のもとに投資対象
            不動産に対して担保を設定することを要求される可能性もあります。この場合、他の借入れ等のために担
            保が既に設定されている等の理由で担保に供する適切な資産がない可能性もあります。また、担保不動産
            からのキャッシュ・フローが減少したり、その評価額が引き下げられたりした場合には、本投資法人の希
            望しない条件で借換資金を調達せざるを得なくなったり、本投資法人の希望しない時期及び条件で運用資
            産を処分せざるを得なくなる状況も想定され、その結果、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があ
            ります。さらに、担保に供する適切な資産がないために、本投資法人の希望どおりの借入れ等を行えない
            可能性もあります。
         (ハ)プロパティ・マネジメント会社に関するリスク

            一般に、賃借人の管理、建物の保守管理等不動産の管理業務全般の成否は、プロパティ・マネジメント会
           社の能力・経験・ノウハウによるところが大きく、本投資法人が保有する不動産の管理についても、管理を
           委託するプロパティ・マネジメント会社の業務遂行能力に強く依拠することになります。管理委託先を選定
           するに当たっては、当該プロパティ・マネジメント会社の能力・経験・ノウハウを十分考慮することが前提
                                 45/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           となりますが、そのプロパティ・マネジメント会社における人的・財産的基礎が維持される保証はありませ
           ん。また、複数の不動産に関して、他の顧客(他の不動産投資法人を含みます。)から不動産の管理及び運
           営 業務を受託し、本投資法人の投資対象不動産に係るプロパティ・マネジメント業務と類似又は同種の業務
           を行う可能性があります。これらの場合、当該プロパティ・マネジメント会社は、本投資法人以外の者の利
           益を優先することにより、本投資法人の利益を害する可能性があります。
            本投資法人は、プロパティ・マネジメント会社につき、業務懈怠又は倒産事由が認められた場合、管理委
           託契約を解除することができますが、後任のプロパティ・マネジメント会社が任命されるまではプロパ
           ティ・マネジメント会社不在又は機能不全のリスクが生じるため、一時的に当該投資対象不動産の管理状況
           が悪化する可能性があります。
         (ニ)投資対象をオフィスに特化していることによるリスク

            本投資法人は、不動産の中でも、主たる用途がオフィスである不動産等及びこれに関連する不動産対応証
           券を主な投資対象としています。したがって、本投資法人の運用成績は、景気の動向に左右されるオフィス
           ビル需要に影響を受けると言え、かかる要因により、本投資法人の収益は悪影響を受ける可能性がありま
           す。
         (ホ)不動産の地域的な偏在に関するリスク

            本投資法人は、取得価格ベースで70%以上を首都圏に所在する不動産等に投資する予定です。このよう
           に、投資対象となる不動産が地域的に偏在していることから、首都圏における地域経済や不動産マーケット
           の変動、地震・台風等の災害、人口変動等の特有な事象の発生によって、本投資法人の収益が著しい悪影響
           を受ける可能性があります。
            また、テナント獲得に際し不動産賃貸市場における競争が激化し、結果として、空室率の上昇や賃料水準
           の低下により賃料収入が減少し、本投資法人の収益が悪影響を受ける可能性があります。
         ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

         (イ)いちごグループ等への依存、利益相反に関するリスク
            いちご株式会社は、本書の日付現在、本資産運用会社の株式の100%を保有する株主であり、また、本投
           資法人は、いちご株式会社との間でスポンサーサポート契約を締結しています。しかし、いちご株式会社
           は、本投資法人の希望する価格で物件を売却する義務を負っているわけではありません。すなわち、当該契
           約に則って、本投資法人の投資基準に適合する物件を希望する価格で取得できることまでは保証されていま
           せん。したがって、本投資法人は、いちご株式会社から本投資法人の投資基準に適合する物件を必ずしも希
           望どおり取得できるとは限りません。また、本資産運用会社は、いちご株式会社及びいちご株式会社の子会
           社であるいちご地所株式会社、いちごECOエナジー株式会社及びいちごオーナーズ株式会社との間で取得資
           産情報のグループ内優先検討順位に関する覚書を締結しています。さらに、本投資法人は、いちごグループ
           の運営力、レピュテーション、ブランド力等に大きく依存しています。
            これらの点に鑑みると、本投資法人及び本資産運用会社は、いちごグループと密接な関連性を有してお
           り、本投資法人による安定した収益の確保と成長性に対するいちごグループの影響は相当程度高いというこ
           とができます。したがって、本投資法人がいちごグループとの間で本書の日付現在と同一の関係を維持でき
           なくなった場合には、本投資法人に重大な悪影響が及ぶ可能性があります。更に、本投資法人は、資産運用
           活動を通じて、いちごグループ又はその利害関係者との間で取引を行う可能性があり、この場合、いちごグ
           ループの利益を図るためいちごグループが本投資法人の投資主又は投資法人債権者の利益に反する行為を行
           う可能性もあります。なお、かかる利益相反に関するリスクへの対策については後記「(2)投資リスクに
           対する管理体制」をご参照下さい。これらの対策にもかかわらず、いちごグループが本投資法人の利益に反
           する取引を行った場合には、投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があります。
            また、本投資法人は、スポンサーサポート契約に基づき、いちごトラストから本投資法人及び本資産運用
           会社のビジネスの全般に関するコンサルタント業務等の提供を受けますが、かかるコンサルタント業務等の
           提供により本投資法人の資産運用につき一定の成果が上がるとの保証はありません。
         (ロ)本資産運用会社が他の投資法人資産運用を受託していることに関するリスク

            金融商品取引法上、資産運用会社は、複数の投資法人等の資産運用を受託することを禁じられておらず、
           本資産運用会社は、本投資法人のほか、いちごホテルリート投資法人及びいちごグリーンインフラ投資法人
           並びに複数の私募ファンドからも資産の運用を受託しています。
            本投資法人は、主たる用途がオフィスである不動産等及びこれに関連する不動産対応証券を主な投資対象
           としていますが、それ以外の不動産への投資を排除していないため、いちごホテルリート投資法人、いちご
           グリーンインフラ投資法人及び上記私募ファンドと投資対象が重なり得ます。
            そのため、本資産運用会社は、競合する取得不動産情報の恣意的な配分を防止することを目的として、前
           記「1投資法人の概況           (4)投資法人の機構           ③  投資運用の意思決定機構            (ハ)資産の取得及び売却に関
                                 46/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           する事項     a.投資資産情報の取扱い」記載のローテーション・ルールを採用しており、かかるルールに
           則った運営を行うこととしています。
            本投資法人及び本資産運用会社は、いちごホテルリート投資法人、いちごグリーンインフラ投資法人及び
           各私募ファンドとの間では、主たる投資対象が異なっていることや、資金調達の性質や財務戦略、投資家の
           志向する投資リターンの違いにより、実際に取得希望の競合が生じる場合は限定的であると想定していま
           す。しかし、かかる想定とは異なり、実際に取得希望の競合が生じる場合には、上記のルールにより、いち
           ごホテルリート投資法人、いちごグリーンインフラ投資法人及び各私募ファンドが優先して物件の取得検討
           を行うことがあります。また、この場合に、かかるルールに反する物件の取得検討が行われる可能性も否定
           できません。
            さらに、かかるルールは変更される可能性があり、当該変更により、本投資法人にとって望ましいと考え
           られるポートフォリオの構築が実現しにくくなる可能性があり、結果として、本投資法人の収益性や資産の
           状況に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ハ)本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク

            本投資法人は、投信法に基づき、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、一般事
           務を一般事務受託者に、それぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれらの
           者の能力、経験及びノウハウに依存するところが大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な
           人的・財政的基礎等を必ずしも維持できる保証はありません。
            また、資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者が、法令上又は契約上負っている善良な管理者と
           しての注意義務、投資法人のために忠実に職務を遂行する義務、利益相反状況にある場合に投資法人の利益
           を害してはならない義務その他の義務に違反した場合には、本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼ
           し、投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。
            このほかに、本資産運用会社又は本投資法人若しくは運用資産である不動産信託受益権に関する信託受託
           者から委託を受ける業者として、プロパティ・マネジメント会社、建物の管理会社等があります。本投資法
           人の収益性の向上のためにはこれらの者の能力、経験及びノウハウに依存するところも大きいと考えられま
           すが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基礎等を必ずしも維持できる保証はありません。これら
           の者について業務の懈怠その他の義務違反があった場合や業務遂行能力が失われた場合には本投資法人の存
           続及び収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ニ)本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本資産運用会社の人材(個人の能力、経歴、ノウハウ)に依存

            しているリスク
            本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本資産運用会社の人材(個人の能力、経
           歴、ノウハウ)に大きく依存しており、これらの人材が失われた場合、本投資法人の運営に悪影響をもたら
           す可能性があります。
            また、今後、本資産運用会社の業容が拡大し、その状況に応じた人材の確保が行われなかった場合、本投
           資法人の運営に悪影響をもたらす可能性があります。
         (ホ)インサイダー取引規制に関するリスク

            投資法人の発行する特定有価証券等(金融商品取引法第163条第1項に定める特定有価証券等をいいま
           す。)についても、インサイダー取引規制の対象となっています。
            本資産運用会社の役職員及び本投資法人の役員が本投資法人の特定有価証券等の売買等を行うこと及び未
           公表の重要事実(本資産運用会社又は本投資法人に関する情報であって、金融商品取引法第166条第2項に
           おいて定義する「業務等に関する重要事実」をいいます。)の伝達を原則禁止とし、本資産運用会社の役職
           員が持投資口会又は株式累積投資制度に加入して取得した投資証券を売却する場合に限り、事前の承認を得
           た上で売却することができるとする社内規程を定めています。しかしながら、本資産運用会社の役職員又は
           本投資法人の役員が金融商品取引法で定めるインサイダー取引規制に違反する場合には、本投資法人及び本
           資産運用会社に係る情報の管理に対する信頼が揺らぎ、その結果、本投資法人の投資主又は投資法人債権者
           に悪影響が及ぶ可能性があります。
         (ヘ)フェア・ディスクロージャー・ルールに関するリスク

            本投資法人及び本資産運用会社も、フェア・ディスクロージャー・ルールの適用対象となっています。
            本投資法人及び本資産運用会社は、フェア・ディスクロージャーの観点から、迅速、正確かつ公平な情報
           開示を実施し、投資家にとって分かりやすい情報の積極的な提供に努めています。しかしながら、本投資法
           人若しくは本資産運用会社又はこれらの役職員がフェア・ディスクロージャー・ルールに違反する場合に
           は、本投資法人及び本資産運用会社に係る情報の管理に対する信頼が揺らぎ、その結果、本投資法人の投資
           主又は投資法人債権者に悪影響が及ぶ可能性があります。
         (ト)本投資法人の投資方針の変更に関するリスク

                                 47/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            本投資法人の規約に記載されている資産運用の対象及び方針等の基本的な事項の変更には、投資主総会の
           承認が必要ですが、本投資法人の役員会及び本資産運用会社の投資運用委員会が定めたより詳細な投資方
           針、  運用ガイドライン等については、投資主総会の承認を経ることなく、変更することが可能です。そのた
           め、本投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性があります。
         (チ)本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク

            本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。以下「破産法」といいま
           す。)、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。以下「民事再生法」といいま
           す。)及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服します。
            また、本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した
           場合に投信法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投
           資証券の上場が廃止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
            上記のように本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含
           みます。)後の残余財産による分配からしか投資金額を回収することができません。本投資法人の保有資産
           の価値が下落し又は出資金に欠損が生じている場合には、借入れ及び投資法人債を弁済した後の残余財産が
           全く残らないか、又は出資総額を下回ることとなり、投資主は、投資金額の全部又は一部について回収する
           ことができない可能性があります。
         (リ)敷金及び保証金に関するリスク

            本投資法人は、投資対象不動産の賃借人が賃貸人に対し無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を投資
           資金として利用する場合があります。しかし、そのような場合で賃貸借契約の中途解約により想定外の時期
           に敷金又は保証金の返還義務が生じた場合には、本投資法人は、敷金又は保証金の返還資金をそれらよりも
           調達コストの高い借入れ等により調達せざるを得なくなります。また、敷金又は保証金の投資運用が失敗に
           終わり損失が生じる可能性もあります。その結果、本投資法人の収益に悪影響をもたらす可能性がありま
           す。
            また、敷引特約がある賃貸借契約については、敷引額の敷金額に対する割合が高い場合、敷引特約の全部
           又は一部の有効性が否定され、本投資法人が引き継いだ敷金額より多額の敷金返還債務を負う可能性があり
           ます。
         ④ 不動産及び信託の受益権に関する法的リスク

           本投資法人の主たる運用資産は、前記「2                     投資方針     (2)投資対象       ①  投資対象とする資産の種類」に記
          載のとおり、不動産等です。不動産を信託する信託の受益権その他不動産を裏付けとする資産の所有者は、そ
          の信託財産である不動産又は裏付けとなる不動産を直接所有する場合と、経済的には、ほぼ同様の利益状況に
          置かれます。したがって、以下に記載する不動産に関する法的リスクは、不動産を信託する信託の受益権その
          他不動産を裏付けとする資産についても、ほぼ同様にあてはまります。
           なお、信託の受益権特有のリスクについては、後記「(ナ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の
          固有のリスク」をご参照下さい。
         (イ)不動産の欠陥・瑕疵・契約不適合や境界に関するリスク

            不動産には権利、地盤、地質、構造等に関して欠陥、瑕疵等の契約内容不適合(建物の構造、材質、地
           盤、特に土地に含有される有害物質、地質の構造等に関する欠陥や瑕疵のほか、法令上の規制違反や基準不
           適合、免振装置、制振装置を含む建築資材の強度、機能等の不足、工事における施工の不具合や施工報告書
           の施工データの転用、加筆等がなされているものを含みますが、これらに限りません。)が存在している可
           能性があります。本資産運用会社が不動産の選定・取得の判断を行うに当たっては、当該不動産について定
           評のある専門業者から建物状況調査報告書を取得するなどの物件精査を行うことにしていますが、建物状況
           調査報告書で指摘されなかった事項について、取得後に欠陥、瑕疵等の契約内容不適合が判明する可能性も
           あります。本投資法人は、状況に応じては、前所有者に対し一定の事項につき表明及び保証を取得し、瑕疵
           担保責任又は契約不適合責任(注)を負担させる場合もありますが、たとえかかる表明及び保証を取得し、
           瑕疵担保責任又は契約不適合責任を追及できたとしても、これらの表明及び保証の内容が真実かつ正確であ
           る保証はなく、また、瑕疵担保責任又は契約不適合責任の期間及び責任額は一定範囲に限定されるのが通例
           であり、また、前所有者が解散し、又は無資力になっているために実効性がない場合もあります。
            これらの場合には、当該欠陥、瑕疵等の契約内容不適合の程度によっては当該不動産の資産価値が低下す
           ることを防ぐために買主である本投資法人が当該欠陥、瑕疵等の契約内容不適合の補修その他に係る予定外
           の費用を負担せざるをえなくなることがあり、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人
           債権者に損害を与える可能性があります。
                                 48/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            加えて、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等
           により制限を受け、又は第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があります。その結
           果、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
            加えて、わが国の法制度上、不動産登記にはいわゆる公信力がありません。したがって、不動産登記簿の
           記載を信じて取引した場合にも、買主は不動産に係る権利を取得できないことがあります。更に、権利に関
           する事項のみならず、不動産登記簿中の不動産の表示に関する事項が現況と一致していない場合もありま
           す。このような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約上許容される限度で責任
           を追及することとなりますが、その実効性があるとの保証はありません。
            さらに、物件を取得するまでの時間的制約等から、一般に隣接地所有者からの境界確定同意が取得できず
           又は境界標の確認ができないまま、物件を取得する事例が少なからずみられます。本投資法人は、原則とし
           て境界が確定している物件を取得する方針ではあるものの、運営への影響、リスクの程度を検証したうえで
           適切と認める場合には、境界が未確定の物件も取得する方針です。状況次第では、境界に関して紛争が生
           じ、境界確定の過程で所有敷地の面積が減少することにより、運用資産の運営に不可欠の土地が隣接地所有
           者の所有に属するものとされたり、建ぺい率、容積率等の遵法性についての問題が発生する可能性がありま
           す。また、訴訟費用及び損害賠償責任の負担を余儀なくされる等、投資対象不動産について予定外の費用又
           は損失を負担する可能性もあります。これらの事象が生じなかったとしても、境界未確定の事実が物件処分
           の際の障害となる可能性があります。同様に、越境物の存在により、投資対象不動産の利用が制限され賃料
           に悪影響を及ぼす可能性や、越境物の除去等のために追加費用を負担する可能性があります。
           (注)民法の一部を改正する法律(2020年4月1日施行)による改正後の民法の下では、改正前の民法にお
              ける瑕疵担保責任は、給付の目的物が契約の内容に適合しない場合に売主が責任を負う契約不適合責
              任とされています。なお、2020年3月31日以前に締結した契約や発生した債権については、原則とし
              て改正前の民法が適用されます。以下同じです。
         (ロ)不動産の売却に伴う責任に関するリスク

            本投資法人が不動産を売却した場合に、当該不動産に物的又は法的な瑕疵があるために、法令の規定又は
           売買契約上の規定に従い、瑕疵担保責任、契約不適合責任や表明保証責任を負担する可能性があります。特
           に、本投資法人は、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号。その後の改正を含みます。以下同じで
           す。)上のみなし宅地建物取引業者となりますので、買主が宅地建物取引業者でない場合には、本投資法人
           の瑕疵担保責任又は契約不適合責任に関するリスクを排除できない場合があります。したがって、本投資法
           人が不動産を売却した場合は、売却した不動産の欠陥、瑕疵等の契約内容不適合の修補その他に係る予定外
           の費用を負担せざるを得なくなることがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性がありま
           す。
            加えて、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等
           により制限を受け、又は第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があります。その結
           果、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
            さらに、賃貸不動産の売却においては、新所有者が賃借人に対する敷金返還債務等を承継するものと解さ
           れており、実務もこれにならうのが通常ですが、旧所有者が当該債務を免れることについて賃借人の承諾を
           得ていない場合には、旧所有者は新所有者とともに当該債務を負い続けると解される可能性があり、予想外
           の債務又は義務を負う場合があり得ます。
         (ハ)賃貸借契約に関するリスク

           a.賃貸借契約の解約及び更新に関するリスク
             賃貸借契約において期間中の解約権を留保している場合等には、契約期間中であっても賃貸借契約を終
            了することが可能であるため、賃借人から賃料が得られることは将来にわたって確保されているものでは
            ありません。また、賃貸借契約の期間満了時に契約の更新がなされない場合もあります。このような理由
            により、稼働率が低下した場合、不動産に係る賃料収入が減少することになります。また、解約禁止条
            項、解約ペナルティ条項などを置いて期間中の解約権を制限している場合や更新料を定めている場合で
            も、裁判所によって更新料の額が賃料の額、賃貸借契約が更新される期間等に照らし高額に過ぎるなどの
            諸般の事情があると判断された場合、かかる条項の効力が否定される可能性があります。
             以上のような事由により、賃料収入等が減少した場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主
            又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
             他方で、賃貸人が、テナントとの賃貸借契約の更新を拒絶したり、解約を申し入れるためには、借地借
            家法上、正当の事由があると認められる場合であることが必要であり、賃貸人側の意向どおりに賃貸借契
            約を終了させることができないことにより、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。な
            お、賃貸借契約を定期建物賃貸借契約とすれば、契約の更新がないこととすることが認められています
            が、定期建物賃貸借契約の効力が認められるためには、借地借家法第38条所定の要件を充足する必要があ
            るため、借地借家法第38条所定の要件が充足されなかった場合には、当該契約は、いわゆる普通建物賃貸
                                 49/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            借契約として取り扱われる可能性があります。その結果、建物賃貸借契約が所定の時期に終了しないこと
            等により、本投資法人の収益性に悪影響を及ぼす可能性があります。
           b.賃料不払に関するリスク
             賃借人が特に解約の意思を示さなくても、賃借人の財務状況が悪化した場合又は破産手続、再生手続若
            しくは更生手続その他の倒産手続(以下、総称して「倒産等手続」といいます。)の対象となった場合、
            賃貸借契約に基づく賃料支払が滞る可能性があり、この延滞賃料等の債務の合計額が敷金及び保証金で担
            保される範囲を超える状況では本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があ
            ります。
           c.賃料改定に係るリスク
             賃貸借契約の更新の際又は賃料等の見直しの際には、その時々における賃料相場も参考にして、賃料が
            賃借人との協議に基づき改定されることがありますので、本投資法人が保有する不動産について、本書の
            日付現在の賃料が今後も維持される保証はありません。賃料改定により賃料が減額された場合、投資主又
            は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
             また、定期的に賃料等を増額する旨の規定が賃貸借契約にある場合でも、賃借人との交渉いかんによっ
            ては、必ずしも、規定通りに賃料を増額できるとは限りません。
           d.賃借人による賃料減額請求権行使のリスク
             建物の賃借人は、定期建物賃貸借契約において借地借家法第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特
            約を設けた場合を除いて、同条に基づく賃料減額請求をすることができ、これにより、当該不動産から得
            られる賃料収入が減少し、本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性がありま
            す。定期建物賃貸借契約の効力が認められるためには、借地借家法第38条所定の要件を充足する必要があ
            ります。このため、ある建物賃貸借契約を定期建物賃貸借契約とした上で借地借家法第32条に基づく賃料
            減額請求権を排除する特約を設けた場合であっても、借地借家法第38条所定の要件が充足されなかった場
            合には、賃料減額請求権を排除することができず、当該請求が認められた場合、当該不動産から得られる
            賃料収入が減少し、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者が損害を被る可能
            性があります。
           e.定期建物賃貸借契約における賃料減額請求権排除特約に関するリスク
             定期建物賃貸借契約の場合には、その有効期間中は契約中に定められた賃料をテナントに対して請求で
            きるのが原則です。しかし、定期建物賃貸借契約においてテナントが早期解約した場合でも、残存期間全
            体についてのテナントに対する賃料請求が認められない可能性があります。なお、定期建物賃貸借契約に
            おいて借地借家法第32条に基づく賃料増減請求権を排除する特約を設けた場合には、同条に基づく賃料増
            額請求もできなくなるため、かかる賃料が契約締結時に予期し得なかった事情により一般的な相場に比べ
            て低額となり、通常の賃貸借契約の場合よりも低い賃料収入しか得られない可能性があります。
           f.更新料等に関するリスク
             賃貸借契約において、賃貸借契約が更新される際の更新料や、契約期間中に賃借人が解約した場合の違
            約金に関して敷金・保証金の没収について規定することがありますが、これらの規定は状況によってはそ
            の全部又は一部が無効とされ、その結果、本投資法人に予定外の収入の減少や費用負担が発生する可能性
            があります。
         (ニ)災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク

            火災、地震、液状化、津波、暴風雨、洪水、落雷、竜巻、戦争、暴動、騒乱、テロ等(以下「災害等」と
           いいます。)により不動産が滅失、劣化又は毀損し、その価値が影響を受ける可能性があります。このよう
           な場合には、滅失、劣化又は毀損した個所を修復するため一定期間建物の不稼働を余儀なくされることによ
           り、賃料収入が減少し、又は当該不動産の価値が下落する結果、投資主又は投資法人債権者に損害を与える
           可能性があります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、保険契約で支払われる上限額を
           上回る損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等が発生した場合又は保険契約に基づく保険会社
           による支払が他の何らかの理由により行われず、減額され若しくは遅れる場合には、本投資法人は悪影響を
           受ける可能性があります。
            また、大規模な地震、津波又は環境汚染を伴う災害等が発生した場合、たとえ本投資法人の保有する不動
           産が滅失、劣化若しくは毀損せず、又は当該不動産に瑕疵が生じなかったとしても、所在地の周辺地域経済
           が多大な影響を受けることにより、当該不動産の収益性が大幅に低下する可能性があります。
         (ホ)不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク

            運用資産である不動産を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠償義務が
           発生し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有者は、民
           法上無過失責任を負うこととされています。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、保険契
           約で支払われる上限額を上回る損害が発生した場合、保険契約でカバーされない事故が発生した場合又は保
                                 50/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           険契約に基づく保険会社による支払が他の何らかの理由により行われず、減額され若しくは遅れる場合に
           は、本投資法人は悪影響を受ける可能性があります。
            また、不動産につき滅失、毀損又は劣化等が生じ、修繕が必要となる場合には、かかる修繕に関連して多
           額の費用を要する可能性があります。また、かかる修繕が困難又は不可能な場合には、不動産から得られる
           賃料収入が減少し、不動産の価格が下落する可能性があります。
            さらに、経済状況によっては、インフレーション、水道光熱費等の費用の高騰、不動産管理や建物管理に
           係る費用、備品調達等の管理コスト及び各種保険料等のコストの上昇、租税公課の増大その他の理由によ
           り、投資対象不動産の運用に関する費用が増加する可能性があります。
         (ヘ)不動産に係る行政法規・条例等に関するリスク

            建築基準法又はこれに基づく命令若しくは条例、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整
           理等の行政行為の規定の施行又は適用の際、原則としてこれらの規定に適合しない現に存する建物(現に建
           築中のものを含みます。)又はその敷地については、当該規定が適用されない扱いとされています(いわゆ
           る既存不適格)。しかし、かかる既存不適格の建物の建替え等を行う場合には、現行の規定が適用されるの
           で、現行の規定に合致するよう手直しをする必要があり、追加的な費用負担が必要となる可能性があり、ま
           た、現状と同規模の建築物を建築できない可能性があります。
            また、不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が運用資産である不動産に適用される可能性
           があります。例えば、都市計画法、地方公共団体の条例による風致地区内における建築等の規制、河川法
           (昭和39年法律第167号。その後の改正を含みます。)による河川保全区域における工作物の新築等の制
           限、海岸法(昭和31年法律第101号。その後の改正を含みます。)による海岸保全区域における土地の掘削
           等の制限、港湾法(昭和25年法律第218号。その後の改正を含みます。)による港湾区域内における工事等
           の制限、文化財保護法(昭和25年法律第214号。その後の改正を含みます。)に基づく試掘調査義務、その
           他一定割合において住宅を付置する義務や、駐車施設附置義務、福祉配慮設備設置義務、緑化推進義務及び
           雨水流出抑制施設設置義務等が挙げられます。このような義務が課せられている場合、当該不動産の処分及
           び建替え等に際して、事実上の困難が生じ、又はこれらの義務を遵守するための追加的な費用負担が生じる
           可能性があります。更に、運用資産である不動産を含む地域が道路設置等の都市計画の対象となる場合に
           は、当該都市計画対象部分に建築制限が付され、又は建物の敷地とされる面積が減少し、当該不動産に関し
           て建替え等を行う際に、現状と同規模の建築物を建築できない可能性があります。
         (ト)法令の制定・変更に関するリスク

            土壌汚染対策法のほか、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわら
           ず不動産につき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性
           があります。
            また、消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を含みます。以下「消防法」といいます。)その他
           不動産の管理に影響する関係法令の改正により、不動産の管理費用等が増加する可能性があるほか、エネル
           ギーや温室効果ガス削減を目的とした法令、条例等の制定、改正等によっても、追加的な費用負担が発生す
           る可能性があります。更に、建築基準法、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等の行
           政行為等により不動産に関する権利が制限される可能性があります。このような法令若しくは行政行為又は
           その変更等が本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
         (チ)売主の倒産等の影響を受けるリスク

            本投資法人は、債務超過の状況にあるなど財務状態が実質的危機時期にあると認められる又はその疑義が
           ある者を売主として不動産を取得する場合には、管財人等により不動産の売買が否認されるリスク等につい
           て諸般の事情を慎重に検討し、実務的に可能な限り管財人等により否認されるリスクを回避するよう努めま
           すが、このリスクを完全に排除することは困難です。
            万一債務超過の状況にあるなど財務状態が実質的危機時期にある状況を認識できずに本投資法人が不動産
           を取得した場合には、当該不動産の売買が売主の債権者により取消(詐害行為取消)される可能性がありま
           す。また、本投資法人が不動産を取得した後、売主について倒産等手続が開始した場合には、不動産の売買
           が破産管財人、監督委員又は管財人により否認される可能性が生じます。
            また、本投資法人が、ある売主から不動産を取得した別の者(以下、本項において「買主」といいま
           す。)から更に不動産を取得した場合において、本投資法人が、当該不動産の取得時において、売主と買主
           間の当該不動産の売買が詐害行為として取り消され又は否認される根拠となりうる事実関係を知っている場
           合には、本投資法人に対しても、売主・買主間の売買が取消又は否認され、その効果を主張される可能性が
           あります。
            更に、取引の態様如何によっては売主と本投資法人との間の不動産の売買が、担保取引であると判断さ
           れ、当該不動産は破産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再生債務者である売
           主の財産に属するとみなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もあります。
                                 51/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (リ)転貸に関するリスク

            賃借人(転借人を含みます。)に、不動産の一部又は全部を転貸させる権限を与えた場合、本投資法人
           は、不動産に入居するテナントを自己の意思により選択することができなくなり、又は退去させることがで
           きなくなる可能性があるほか、賃借人の賃料が、転借人から賃借人に対する賃料に連動する場合、転借人の
           信用状態等が、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
            また、賃貸借契約が合意解約された場合、又は債務不履行を理由に解除された場合であっても、賃貸借契
           約上、賃貸借契約終了の場合に転貸人の転借人に対する敷金等の返還義務が賃貸人に承継される旨規定され
           ている場合には、かかる敷金等の返還義務が、賃貸人に承継される可能性があります。このような場合、敷
           金等の返還原資は賃貸人の負担となり、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
         (ヌ)テナント集中に関するリスク

            運用資産である投資対象不動産のテナント数が少なくなればなるほど、本投資法人は特定のテナントの支
           払能力、退去その他の事情による影響を受けやすくなります。特に、一テナントしか存在しない投資対象不
           動産においては、本投資法人の当該投資対象不動産からの収益等は、当該テナントの支払能力、当該投資対
           象不動産からの転出・退去その他の事情により大きく左右されます。また、賃貸面積の大きなテナントが退
           去したときに、大きな空室が生じ、他のテナントを探しその空室を回復させるのに時間を要することがあ
           り、その期間が長期になればなるほど、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。また、本
           投資法人の運用資産における特定の少数のテナントの賃借比率が増大したときは、当該テナントの財務状況
           や営業状況が悪化した場合、本投資法人の収益も悪影響を受ける可能性があります。
         (ル)テナント等による不動産の利用状況に関するリスク

            本投資法人は、テナントの属性や資力に留意しつつ賃貸借契約を締結し、その利用状況を管理しています
           が、個々のテナントの利用状況をつぶさに監督できるとの保証はなく、テナントの利用状況により、当該不
           動産の資産価値や、本投資法人の収益に悪影響が及ぶ可能性があります。
            例えば、建物そのものが法令や条例等の基準を満たす場合であっても、入居者による建物への変更工事、
           内装の変更、その他利用状況等により、建築基準法、消防法その他の法令や条例等に違反する状態となり、
           本投資法人が、その改善のための費用を負担する必要が生じ、又は法令上不利益を被る可能性があります。
           また、賃貸借契約における規定の如何にかかわらず、入居者による転貸や賃借権の譲渡が本投資法人の承諾
           なしに行われる可能性があります。その他、転借人や賃借権の譲受人の属性によっては、運用資産である不
           動産のテナント属性が悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能性があります。賃貸人は
           賃借人と普通建物賃貸借契約を締結した場合又は定期建物賃貸借契約を締結したものの借地借家法第38条所
           定の要件が充足されないことにより定期建物賃貸借契約としての効力が否定された場合、正当の事由がある
           と認められなければ、賃貸借期間が経過した場合であっても賃借人との賃貸借契約を終了することができ
           ず、運用資産である不動産のテナント属性の悪化を阻止できない可能性があります。
         (ヲ)マスターリースに関するリスク

            特定の不動産において、サブリース会社が当該不動産の所有者である信託受託者との間でマスターリース
           契約を締結し、その上でエンドテナントに対して転貸する、いわゆるサブリースの形態をとっており、ま
           た、今後も同様の形態をとる場合があります。この場合、特に固定賃料型のサブリース会社の財務状態が悪
           化したときは、サブリース会社の債権者がサブリース会社のエンドテナントに対する賃料債権を差し押さえ
           る等により、サブリース会社から賃貸人である信託受託者への賃料の支払が滞る可能性があります。
         (ワ)共有物件に関するリスク

            運用資産である不動産が第三者との間で共有されている場合には、その保存・利用・処分等について単独
           で所有する場合には存在しない種々の問題が生じる可能性があります。
            まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の過半数で行うものとさ
           れているため(民法第252条)、持分の過半数を有していない場合には、当該不動産の管理及び運営につい
           て本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。また、共有者はその持分の割合に応じ
           て共有物の全体を利用することができるため(民法第249条)、他の共有者によるこれらの権利行使によっ
           て、本投資法人の当該不動産の保有又は利用が妨げられるおそれがあります。
            更に、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性(民法第256
           条)、及び裁判所により共有物全体の競売を命じられる可能性(民法第258条第2項)があり、ある共有者
           の意図に反して他の共有者からの分割請求権行使によって共有物全体が処分されるリスクがあります。
            この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約は5年を超えては効力を有し
           ません。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産手続の対象となった場合
           には、管財人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。ただし、共有者は、
                                 52/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           倒産手続の対象となった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することができます(破産法第52
           条、会社更生法(平成14年法律第154号。その後の改正を含みます。)第60条、民事再生法第48条)。
            他の共有者の共有持分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、共有されていた物件全体
           について当該共有者(抵当権設定者)の持分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶことになると考えられ
           ています。したがって、運用資産である共有持分には抵当権が設定されていなくても、他の共有者の共有持
           分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、分割後の運用資産についても、他の共有者の持
           分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶこととなるリスクがあります。
            共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、共有不動産については、共有者
           間で共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、共有者がその共有持分を第三者に売却する場合に他
           の共有者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。
            不動産の共有者が賃貸人となる場合には、賃料債権は不可分債権となり敷金返還債務は不可分債務になる
           と一般的には解されており、共有者は他の賃貸人である共有者の信用リスクの影響を受ける可能性がありま
           す。
            共有不動産については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却に
           より多くの時間と費用を要し、又は価格の減価要因が増す可能性があります。
         (カ)区分所有建物に関するリスク

            区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みます。以下
           「区分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部分(居室等)と共有と
           なる共用部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されます。区分所有建物の場合には、区
           分所有法上、法定の管理方法及び管理規約(管理規約の定めがある場合)によって管理方法が定められま
           す。建替えをする場合には集会において区分所有者及び議決権(管理規約に別段の定めのない限り、その有
           する専有部分の床面積の割合)の各5分の4以上の多数での建替え決議が必要とされるなど(区分所有法第
           62条)、区分所有法の適用を受けない単独所有物件と異なり管理方法に制限があります。
            区分所有建物の専有部分の処分は自由に行うことができますが、他の区分所有者が優先的に購入できる機
           会を与えるようにする義務を負う場合があります。
            区分所有建物と敷地の関係については以下のようなリスクがあります。
            区分所有建物の専有部分を所有するために区分所有者が敷地に関して有する権利を敷地利用権といいま
           す。区分所有建物では、専有部分と敷地利用権の一体性を保持するために、法律で、専有部分とそれに係る
           敷地利用権を分離して処分することが原則として禁止されています(区分所有法第22条第1項)。ただし、
           敷地権の登記がなされていない場合には、分離処分の無効を善意の第三者に主張することができません(区
           分所有法第23条)。また、区分所有建物の敷地が数筆に分かれ、区分所有者が、それぞれ、その敷地のうち
           の一筆又は数筆の土地について、単独で、所有権、賃借権などを敷地利用権(いわゆる分有形式の敷地利用
           権)として有している場合には、分離して処分することが可能とされています。このように専有部分とそれ
           に係る敷地利用権が分離して処分された場合、敷地利用権を有しない区分所有者が出現する可能性がありま
           す。
            また、敷地利用権が使用借権及びそれに類似した権利である場合には、当該敷地が売却、競売等により第
           三者に移転された場合に、区分所有者が当該第三者に対して従前の敷地利用権を対抗できなくなる可能性が
           あります。
            このような区分所有建物と敷地の関係を反映して、区分所有建物の場合には、取得及び売却により多くの
           時間と費用を要したり、価格の減価要因が増す可能性があります。
         (ヨ)借地物件に関するリスク

            借地権とその借地上に存在する建物については、自己が所有権を有する土地上に存在する建物と比べて特
           有のリスクがあります。借地権は、所有権と異なり永久に存続するものではなく、期限の到来により当然に
           消滅し(定期借地権の場合)又は期限到来時に借地権設定者が更新を拒絶しかつ更新を拒絶する正当事由が
           ある場合に消滅します(普通借地権の場合)。また、借地権が地代の不払による解除その他の理由により消
           滅してしまう可能性もあります。借地権が消滅すれば、時価での建物買取りを請求できる場合(借地借家法
           第13条、旧借地法(大正10年法律第49号。その後の改正を含みます。以下「借地法」といいます。)第4
           条)を除き、借地上に存在する建物を取り壊した上で、土地を返還しなければなりません。普通借地権の場
           合、借地権の期限到来時の更新拒絶につき上記正当事由が認められるか否かを本投資法人の物件取得時に正
           確に予測することは不可能であり、仮に建物の買取請求権を有する場合でも、買取価格が本投資法人の希望
           する価格以上である保証はありません。
            また、本投資法人が借地権を有している土地の所有権が、他に転売され、又は借地権設定時に既に存在す
           る土地上の抵当権等の実行により第三者に移ってしまう可能性があります。この場合、借地権について適用
           のある法令に従い第三者対抗要件が具備されていないときは、本投資法人は、借地権を当該土地の新所有者
           に対して対抗できず、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。
                                 53/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            更に、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡するには、原則として、借地権設定者の承諾が必要とな
           ります。借地上の建物の所有権を譲渡する場合には、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになるの
           で、原則として、借地権設定者の承諾が必要となります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権設
           定 者への承諾料の支払が予め約束されていたり、約束されていなくても慣行を理由として借地権設定者が承
           諾料を承諾の条件として請求してくる場合があります(なお、法律上借地権設定者に当然に承諾料請求権が
           認められているものではありません。)。
            加えて、借地権設定者の資力の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全額
           又は一部が返還されない可能性があります。借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権について
           担保設定や保証はなされないのが通例です。
            借地権と借地上に建てられている建物については、敷地と建物を一括して所有している場合と比べて、上
           記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要したり、価格の減価要因が
           増す可能性があります。
            なお、建物の所有を目的としない土地の賃貸借については、借地借家法又は借地法の適用はありません。
           このため、当該土地に関する賃貸借契約が終了する場合、又は当該土地が他に転売される等して所有者が変
           わる場合には、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。
         (タ)借家物件に関するリスク

            本投資法人は、建物(共有持分、区分所有建物等を含みます。)を第三者から賃借の上又は信託受託者に
           賃借させた上、当該賃借部分を直接若しくは信託受託者を通じて保有する建物と一体的に又は当該賃借部分
           を単独で、テナントへ転貸することがあります。
            この場合、建物の賃貸人の資力の悪化や倒産等により、建物の賃貸人に差し入れた敷金及び保証金等の全
           額又は一部が返還されない可能性があることは、前記の借地物件の場合と同じです。
            加えて、民法上、本投資法人が第三者との間で直接又は信託受託者を通じて締結した賃貸借契約が何らか
           の理由により終了した場合、原則として、本投資法人又は当該受託者とテナントの間の転貸借契約も終了す
           るとされていますので、テナントから、転貸借契約の終了に基づく損害賠償請求等がなされるおそれがあり
           ます。
         (レ)底地物件に関するリスク

            本投資法人は、第三者が、土地所有者から借地権の設定を受け、その上に建物を所有している土地、いわ
           ゆる底地を取得することがあります。底地物件の場合は特有のリスクがあります。借地権は、定期借地権の
           場合は借地契約に定める期限の到来により当然に消滅し、普通借地権の場合には期限到来時に本投資法人が
           更新を拒絶しかつ本投資法人に更新を拒絶する正当事由がある場合に消滅します。借地権が消滅する場合、
           本投資法人は借地権者より時価での建物買取を請求される場合があります(借地借家法第13条及び借地法第
           4条)。普通借地権の場合、借地権の期限到来時に更新拒絶につき前記正当事由が認められるか否かを本投
           資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、借地権者より時価での建物買取を請求される場
           合においても、買取価格が本投資法人が希望する価格以下である保証はありません。
            また、借地権者の財務状況が悪化した場合又は倒産等手続の対象となった場合、借地契約に基づく土地の
           賃料の支払が滞る可能性があり、この延滞賃料の合計額が敷金及び保証金等で担保される範囲を超える場合
           は投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
            加えて、借地契約では、多くの場合、賃料等の借地契約の内容について、定期的に見直しを行う旨を規定
           する条項が含まれています。当該条項に基づく賃料の改定により賃料が減額された場合、投資主又は投資法
           人債権者に損害を与える可能性があります。借地権者は借地借家法第11条に基づく土地の借賃の減額請求を
           することができ、これにより、当該底地から得られる賃料収入が減少し、投資主又は投資法人債権者に損害
           を与える可能性があります。
            さらに、借地権が賃借権である場合、借地権者による借地権の譲渡には、原則として、本投資法人の承諾
           が必要となりますが、裁判所が承諾に代わる許可をした場合(借地借家法第19条)や、借地契約上事前に一
           定範囲での借地権の譲渡を承諾している場合には、本投資法人の承諾なく借地権が譲渡される結果、財務状
           態に問題がある等の本投資法人が望まない者に借地権が譲渡される可能性があり、その結果、投資主又は投
           資法人債権者に損害を与える可能性があります。
         (ソ)開発物件に関するリスク

            本投資法人は、規約に定める投資方針に従って、竣工後の物件を取得するために予め開発段階で売買契約
           を締結することがあります。かかる場合、既に完成した物件につき売買契約を締結して取得する場合とは異
           なり、様々な事由により、開発が遅延し、変更され、又は中止されることにより、売買契約通りの引渡しを
           受けられない可能性があります。この結果、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を大きく下回る可能
           性があるほか、予定された時期に収益等が得られなかったり、収益等が全く得られなかったり、又は予定さ
           れていない費用、損害若しくは損失を本投資法人が負担し若しくは被る可能性があり、その結果本投資法人
           の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
                                 54/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ツ)築古物件に関するリスク

            本投資法人は、築古物件を取得することがあります。一般に、築古物件は老朽化に伴い物理的及び機能的
           な劣化が進んでいることから、その運営、修繕、改修等に多額の出費が必要となり、かつその間における一
           時的な稼働率の低下等を生じる場合や、使用を継続するには現行法上問題ないものの、新規に使用すること
           のできない有害物質が使用されており、処分又は除去する場合には、多額の支出が必要となる可能性もあり
           ます。特に、取得検討時には想定していなかった瑕疵又は契約不適合等が判明し、想定以上に多額の資本的
           支出を余儀なくされる可能性もあります。また、一般に、築古物件は新築物件と比較して築年数に応じた老
           朽化等による投資リスクが高まることから、想定していた水準の賃料を得られない可能性もあり、本投資法
           人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。
            これらの理由により、本投資法人が築古物件の取得に際して想定した投資利回りが得られない可能性及び
           本投資法人の行う物件に対する資本的支出が利回りの上昇に繋がらない可能性があります。
         (ネ)有害物質に関するリスク

            本投資法人が土地又は土地の賃借権若しくは地上権又はこれらを信託する信託の受益権を取得する場合に
           おいて、当該土地について産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵
           されている場合には当該土地の価格の下落により、本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者が損害を
           受ける可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために土壌の入替えや洗浄が必要となる場合に
           はこれに係る予想外の費用や時間が必要となり、本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者が損害を受
           ける可能性があります。また、かかる有害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託
           者を通じて間接的に、本投資法人がかかる損害を賠償する義務を負う可能性があり、かかる義務を負う場合
           には本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。なお、土壌汚染対策
           法によれば、土地の所有者、管理者又は占有者は、鉛、砒素、トリクロロエチレンその他の特定有害物質に
           よる土地の土壌の汚染の状況について、都道府県知事により調査・報告を命ぜられることがあり、また、土
           壌の特定有害物質による汚染により、人の健康に係る被害が生じ、又は生ずるおそれがあるときは、都道府
           県知事によりその被害を防止するため必要な汚染の除去等の措置を命ぜられることがあります。本投資法人
           がこれらの調査・報告又は措置を命ぜられた場合には、本投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者が損
           害を受ける可能性があります。
            また、本投資法人が建物又は建物を信託する信託の受益権を取得する場合において、当該建物の建材等に
           アスベストその他の有害物質を含む建材が使用されているか若しくは使用されている可能性がある場合やポ
           リ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物が保管されている場合等には、当該建物の価格の下落により、本投資法
           人ひいては投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。また、かかる有害物質を除去する
           ために建材の全面的又は部分的交換が必要となる場合にはこれに係る予想外の費用や時間が必要となり、本
           投資法人ひいては投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性があります。また、かかる有害物質に
           よって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人がかかる損害を
           賠償する義務が発生する可能性があり、かかる義務が生じた場合には本投資法人ひいては投資主又は投資法
           人債権者が損害を受ける可能性があります。
            さらに、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動産につき
           大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性があります。
         (ナ)不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク

            本投資法人は、不動産を信託の受益権の形式で取得することがあります。
            信託受託者が信託財産としての不動産、不動産の賃借権又は地上権を所有し管理するのは受益者のためで
           あり、その経済的利益と損失は、最終的にはすべて受益者に帰属することになります。したがって、本投資
           法人は、信託の受益権の保有に伴い、信託受託者を介して、運用資産が不動産である場合と実質的にほぼ同
           じリスクを負担することになります。
            信託の受益権を譲渡しようとする場合には、信託法(平成18年法律第108号。その後の改正を含みます。
           以下「信託法」といいます。)上は受託者への通知又は受託者の承諾がなければ受託者その他の第三者に対
           抗できず、更に、信託契約上、信託受託者の承諾を要求されるのが通常です。更に、不動産、不動産の賃借
           権又は地上権を信託する信託の受益権は受益証券発行信託の受益証券でない限り私法上の有価証券としての
           性格を有していませんので、債権譲渡と同様の譲渡方法によって譲渡することになり、有価証券のような流
           動性がありません。
            信託法上、信託受託者が倒産等手続の対象となった場合に、信託の受益権の目的となっている不動産が信
           託財産であることを破産管財人等の第三者に対抗するためには、信託された不動産に信託設定登記をする必
           要があり、仮にかかる登記が具備されていない場合には、本投資法人は、当該不動産が信託の受益権の目的
           となっていることを第三者に対抗できない可能性があります。
                                 55/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            また、信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、又は信託財産であ
           る不動産を引当てとして、何らかの債務を負うことにより、不動産を信託する信託の受益権を保有する本投
           資 法人が不測の損害を被る可能性があります。
            更に、信託契約上、信託開始時において既に存在していた信託不動産の欠陥、瑕疵等の契約内容不適合に
           つき、当初委託者が信託財産の受託者に対し一定の瑕疵担保責任又は契約不適合責任を負担する場合に、信
           託財産の受託者が、かかる瑕疵担保責任又は契約不適合責任を適切に追及しない、又はできない結果、本投
           資法人が不測の損害を被り、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
            加えて、不動産を信託財産とする信託において、信託内借入の方法で資金を調達した場合、信託内借入等
           の信託受託者の債務は、信託の受益権に対する配当及び元本交付に優先して元利金等の返済が行われるた
           め、信託財産である不動産の価格及び収益が減少した場合には、当該不動産の売却代金や賃料等の収益が信
           託内借入の元利金の返済に充当された結果、信託の受益権に対する配当及び元本交付が信託内借入の無い場
           合よりも減少し、信託内借入の割合や不動産の価格及び収益の下落率等によっては、信託配当及び信託元本
           の交付が受けられなくなる可能性があります。なお、信託内借入についても前記「2                                        投資方針     (1)投資
           方針   ⑧  財務方針」記載の方針が適用され、有利子負債比率は、信託内借入を含めて算定されることになり
           ます。また、信託内借入の引き当てとなる財産は、信託財産に限定されるため、信託内借入においては、一
           般に、信託財産たる不動産の価格及び収益を基準としたLTV(ローントゥバリュー)やDSCR(デットサービ
           スカバレッジレシオ)などの財務制限条項が付されます。これらの財務制限条項に抵触した場合には、当該
           信託内借入にかかる借入金の返済をするために、信託財産たる不動産売却を余儀なくされる等によって、本
           投資法人の収益等に悪影響が及ぶ可能性があります。
         (ラ)フォワード・コミットメント等に関するリスク

            本投資法人は、不動産等を取得するにあたり、いわゆるフォワード・コミットメント(先日付の売買契約
           であって、契約締結から一定期間経過した後に決済・物件引渡しを行うことを約する契約。)等を行うこと
           があります。不動産売買契約が買主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行による損害賠償義
           務を負担することとなります。また、損害額等の立証にかかわらず、不動産等の売買価格に対して一定の割
           合の違約金が発生する旨の合意がなされることも少なくありません。フォワード・コミットメント等の場合
           には、契約締結後、決済・物件引渡しまでに一定の期間があるため、その期間における市場環境の変化等に
           より本投資法人が不動産取得資金を調達できない場合等、売買契約を解約せざるを得なくなった場合には、
           違約金等の支払により、本投資法人の財務状況等が悪影響を受ける可能性があります。
         ⑤ 税制に関するリスク

         (イ)導管性の維持に関する一般的なリスク
            税法上、一定の要件(以下「導管性要件」といいます。)を満たした投資法人に対しては、投資法人と投
           資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を投資法人の損金に算入することが認められていま
           す。導管性要件のうち一定のものについては、営業期間毎に判定を行う必要があります。本投資法人は、導
           管性要件を継続して満たすよう努めていますが、今後、本投資法人の投資主の減少、分配金支払原資の不
           足、借入金等の定義に係る不明確性、会計処理と税務処理の取扱いの差異、税務当局と本投資法人との見解
           の相違、法律の改正その他の要因により導管性要件を満たすことができない営業期間が生じる可能性があり
           ます。現行税法上、導管性要件を満たさなかったことについてやむを得ない事情がある場合の救済措置が設
           けられていないため、後記(ニ)に記載する同族会社化の場合等、本投資法人の意図しないやむを得ない理
           由により要件を満たすことができなかった場合においても、利益の配当等を損金算入できなくなり、本投資
           法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があり、本投資証券又は本投
           資法人債券の市場価格に影響を及ぼすこともあります。なお、課税上の取扱いについては、後記「4                                               手数
           料等及び税金       (5)課税上の取扱い」をご参照下さい。
         (ロ)税負担の発生により支払配当要件が満たされないリスク

            導管性要件のうち、租税特別措置法施行令(昭和32年政令第43号。その後の改正を含みます。以下「租税
           特別措置法施行令」といいます。)第39条の32の3に規定する配当可能利益の額又は配当可能額の90%超の
           分配を行うべきとする要件(以下「支払配当要件」といいます。)においては、投資法人の会計上の税引前
           当期純利益を基礎として判定を行うこととされています。したがって、会計処理と税務上の取扱いの差異に
           より本投資法人の税負担が増加し、実際に配当できる利益(会計上の税引後当期純利益)が減少した場合、
           又は90%の算定について税務当局の解釈・運用・取扱いが本投資法人の見解と異なる場合には、この要件を
           満たすことが困難となる営業期間が生じる可能性があり得ます。なお、2015年4月1日以後に開始する営業
           期間については、会計処理と税務上の取扱いの差異である一時差異等調整引当額の増加額に相当する金銭の
           分配について配当等の額として損金算入が可能になるという手当てがなされています。
         (ハ)借入れに係る導管性要件に関するリスク

                                 56/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            税法上、上記の各営業期間毎に判定を行う導管性要件のひとつに、借入れを行う場合には機関投資家(租
           税特別措置法第67条の15に規定するものをいいます。以下本「⑤                               税制に関するリスク」において同じで
           す。)   のみから行うべきという要件があります。したがって、本投資法人が何らかの理由により機関投資家
           以外からの借入れを行わざるを得ない場合、又は、保証金若しくは敷金の全部若しくは一部がテナントから
           の借入金に該当すると解釈された場合においては、導管性要件を満たせないことになります。この結果、本
           投資法人の税負担が増大し、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
         (ニ)同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないリスク

            各営業期間毎に判定を行う導管性要件のうち、営業期間終了時に同族会社のうち租税特別措置法施行令第
           39条の32の3第5項に定めるものに該当していないこと(発行済投資口の総数又は議決権総数の50%超が1
           人の投資主及び特殊関係者により保有されていないこと。)とする要件、即ち、同族会社要件については、
           本投資証券が市場で流通することにより、本投資法人のコントロールの及ばないところで、結果として満た
           されなくなる営業期間が生じるリスクがあります。
         (ホ)投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないリスク

            各営業期間毎に判定を行う導管性要件のうち、営業期間終了時に投資法人の投資口が機関投資家のみによ
           り保有されること、又は50人以上の投資主に保有されることという要件があります。しかし、本投資法人は
           投資主による投資口の売買をコントロールすることができないため、本投資法人の投資口が50人未満の投資
           主により保有される(機関投資家にのみ保有される場合を除きます。)こととなる可能性があります。
         (ヘ)税務調査等による更正処分のため、導管性要件が事後的に満たされなくなるリスク

            本投資法人に対して税務調査が行われ、導管性要件に関する取扱いに関して、税務当局との見解の相違に
           より更正処分を受け、過年度における導管性要件が事後的に満たされなくなる可能性があります。このよう
           な場合には、本投資法人が当該営業期間において損金算入した配当金が税務否認される結果、本投資法人の
           税負担が増大し、投資主への分配額等に悪影響をもたらす可能性があります。
         (ト)不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク

            本投資法人は、規約における投資方針において、その有する特定資産の価額の合計額に占める、特定不動
           産の価額の合計額の割合を75%以上となるように運用します(規約第30条第4項)。本投資法人は、上記内
           容の投資方針を規約に定めることその他の税制上の要件を充足することを前提として、直接に不動産を取得
           する場合の不動産流通税(登録免許税及び不動産取得税)の軽減措置の適用を受けることができると考えて
           います。しかし、本投資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことができない場合、又は軽減措置の要件が
           変更され若しくは軽減措置が廃止された場合において、軽減措置の適用を受けることができない可能性があ
           ります。
         (チ)一般的な税制の変更に関するリスク

            不動産、不動産信託受益権その他本投資法人の資産に関する税制若しくは本投資法人に関する税制又はか
           かる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果本投資法人の
           収益に悪影響をもたらす可能性があります。また、投資証券に係る利益の配当、資本の払戻し、譲渡等に関
           する税制又はかかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、本投資証券の保有又は売却による
           投資主の手取金の額が減少し、又は税務申告等の税務上の手続面での負担が投資主又は投資法人債権者に生
           じる可能性があります。
         ⑥ その他

         (イ)専門家の意見への依拠に関するリスク
            不動産の鑑定評価額及び不動産価格調査の調査価格は、個々の不動産鑑定士等の分析に基づく、分析の時
           点における評価に関する意見を示したものにとどまり、客観的に適正な不動産価格と一致するとは限りませ
           ん。同じ物件について鑑定、調査等を行った場合でも、不動産鑑定士等、評価方法又は調査の方法若しくは
           時期によって鑑定評価額、調査価格の内容が異なる可能性があります。また、かかる鑑定等の結果は、現在
           及び将来において当該鑑定評価額や調査価格による売買の可能性を保証又は約束するものではありません。
            土壌汚染リスク評価報告書も、個々の調査会社が行った分析に基づく意見であり、評価方法、調査の方法
           等によってリスク評価の内容が異なる可能性があります。また、かかる報告書は、専門家が調査した結果を
           記載したものにすぎず、土壌汚染が存在しないことを保証又は約束するものではありません。
            建物エンジニアリング・レポートについても、建物の状況に関して専門家が調査した結果を記載したもの
           にすぎず、不動産に欠陥、瑕疵その他契約不適合が存在しないことを保証又は約束するものではありませ
           ん。
                                 57/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            また、不動産に関して算出されるPML値は、個々の専門家の分析に基づく予想値であり、損害の予想復
           旧費用の再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合、予想以上の多額の復旧費用
           が必要となる可能性があります。
         (ロ)減損会計の適用に関するリスク

            固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審
           議会 平成14年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第
           6号 平成15年10月31日)が、2005年4月1日以後開始する事業年度より強制適用されることになったこと
           に伴い、本投資法人においても第1期営業期間より減損会計が適用されています。減損会計とは、主として
           土地・建物等の事業用不動産について、収益性の低下により投資額を回収する見込みが立たなくなった場合
           に、一定の条件のもとで回収可能性を反映させるように帳簿価額を減額する会計処理のことをいいます。
            減損会計の適用に伴い、地価の動向及び運用不動産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生し、
           本投資法人の業績は悪影響を受ける可能性があり、また、税務上は当該不動産の売却まで損金を認識するこ
           とができない(税務上の評価損の損金算入要件を満たした場合や減損損失の額のうち税務上の減価償却費相
           当額を除きます。)ため、税務と会計の齟齬が発生することとなり、税務上のコストが増加する可能性があ
           ります。なお、2015年4月1日以後開始事業年度からは、減損損失に関し、一時差異等調整引当額を引き当
           て、利益超過配当を行うことで、追加的な税負担を回避することが可能となっていますが、利益超過配当を
           常に実施できるとは限らず、追加的な税負担を回避できることが約束されているものではありません。
         (ハ)匿名組合出資持分への投資に関するリスク

            本投資法人はその規約に基づき、不動産に関する匿名組合出資持分への投資を行うことがあります。本投
           資法人が出資する匿名組合では、本投資法人の出資金を営業者が不動産等に投資しますが、当該不動産等に
           係る収益が悪化した場合や当該不動産等の価値が下落した場合等には、本投資法人が匿名組合員として得ら
           れる分配金や元本の償還金額等が減少し、その結果本投資法人が営業者に出資した金額を回収できない等の
           損害を被る可能性があります。また、匿名組合出資持分については契約上譲渡が禁止若しくは制限されてい
           ることがあり、又は確立された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図し
           ても、適切な時期及び価格で譲渡することが困難となる可能性があります。また、匿名組合出資持分への投
           資は、営業者が投資した不動産等の取得に係る優先交渉権を得ることを目的として行われることがあります
           が、かかる優先交渉権により企図する不動産等を取得できる保証はありません。
         (ニ)投資主優待制度に関するリスク

            本投資法人は、現在の法令、税務の取扱い、優待の内容及び利用状況の推定等に基づくスポンサーとの合
           意に基づき、投資主優待制度を導入しています。しかし、これらの前提条件の変更、投資主優待制度の提供
           主体であるいちご株式会社の意向その他の理由により、投資主優待制度の内容等が将来に向けて変更され、
           または実施が停止される可能性があります。
         (ホ)感染症の拡大等に関するリスク

            感染症の発生・拡大により、投資対象不動産の収益が悪化し、本投資法人が損失を被るおそれがありま
           す。新型コロナウイルス感染症の拡大の影響によるテナントの売上げの大幅な減少等に伴い、テナントによ
           る賃料減額請求や賃料支払いの繰延の請求が行われたり、賃料支払いが滞ったりする可能性があるほか、テ
           ナント退去による空室リスクが顕在化する可能性があります。また、影響が長期化する場合には、テナント
           の売上げやオフィスビルの賃貸需要等に長期的な悪影響が生じるおそれもあります。その結果、賃料の減額
           を余儀なくされたり、空室率が上昇し、本投資法人の収益が悪影響を受ける可能性があります。
       (2)投資リスクに対する管理体制

         ① 本投資法人の管理体制
           本投資法人は投信法に基づいて設立され、執行役員1名、監督役員2名により構成される役員会により運営
          されています。役員会は、法令で定められた事項の審議・承認を行うとともに、資産の運用やそのリスクの状
          況について報告を受けることとしています。この報告を通じて、本資産運用会社及びその利害関係者から独立
          した地位にある監督役員は、各種リスク情報を的確に入手し、執行役員の業務執行状況を監視すること等によ
          り、投資リスクを含む各種リスクを管理します。
           また、利害関係者との不動産等の売買取引を行う場合には、本資産運用会社のリスク・コンプライアンス委
          員会承認の後に投資法人役員会に付議することとし、利益相反等に係るリスクに対し一層厳格な管理体制を敷
          いているほか、内部者取引管理規程を定めて役員による本投資法人の発行する特定有価証券等の売買を禁止
          し、インサイダー取引の防止に努めています。
         ② 本資産運用会社の管理体制

                                 58/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           本資産運用会社は、前記のようなリスクの存在及びそのリスク量を十分に把握するよう努めており、それら
          のリスクを回避する手段を以下のように構築し、厳格なルールに則り運用資産への投資及び運用を行っていま
          す。
         (イ)本資産運用会社は、「リスク管理規程」を策定し、リスク管理に関する基本方針及び態勢を定めていま
           す。「リスク管理規程」では、管理すべき主要なリスクを、外的要因に関するリスク、取引先に起因するリ
           スク、不動産に固有のリスク、業務に起因するリスク、人的・組織的な事由に起因するリスク、固有リスク
           に分類した上で、リスクの管理方法やリスク顕在時の対応について定めています。
         (ロ)本資産運用会社は、「運用ガイドライン」、「資産運用管理規程(不動産投資法人運用業務)」、「利害

           関係者取引規程」、「内部情報管理規程」、「コンプライアンス規程」その他各種の事務規程を策定し、当
           該規程を遵守することで、リスクの適切なコントロールに努めています。
           a.運用ガイドライン等
             本資産運用会社は、本投資法人の規約に定める資産運用の対象及び方針を踏まえた上で、基本方針、投
            資対象、取得方針、リーシング方針、管理方針、修繕及び資本的支出に関する基本方針、付保方針、ポー
            トフォリオの見直し・売却方針及び財務方針等について定めた「運用ガイドライン」、資産運用及び資金
            調達に関する各種計画の内容及び策定方法並びに各種計画に基づいた資産運用及び資金調達等の実施手続
            について定めた「資産運用管理規程(不動産投資法人運用業務)」並びに本投資法人と利益相反のおそれ
            のある当事者間での取引等について行為基準、手続について定めた「利害関係者取引規程」を遵守するこ
            とにより本投資法人の運用の対象となる不動産等の投資リスクの管理に努めています。詳細については、
            前記「2     投資方針」をご参照下さい。
           b.内部情報管理規程
             本資産運用会社は、本資産運用会社の役職員によるインサイダー取引について、役職員がその業務に関
            して取得した未公表の重要事実の管理及び役職員の服務等について定めた「内部情報管理規程」を遵守す
            ることにより、その未然防止に努めています。
                                 59/217













                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           c.コンプライアンス関連規程
             本資産運用会社は、コンプライアンスを「当社に関連するあらゆる市場ルール、法令等を厳格に遵守す
            ることはもとより、社会規範を十分にわきまえ誠実かつ公正な企業活動を全うすること」とコンプライア
            ンス規程で定義した上で、「コンプライアンス・マニュアル」及び「コンプライアンス・プログラム」を
            定め、コンプライアンスに関する適切な運営体制を確立し、本資産運用会社の役職員は当該各種規程を遵
            守することにより、投資リスクの管理に努めています。
           d.その他
             本資産運用会社は、内部監査の方針、内部監査の内容及び監査の方法に関し、「内部監査規程」を定
            め、当該業務の遂行状況を定期的に監査することで、不正、誤謬の発見及び未然防止、業務活動の改善向
            上等を図り、投資運用業務の円滑かつ効果的な運営が可能となるよう努めています。
                                 60/217

















                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     4【手数料等及び税金】
      (1)【申込手数料】
           該当事項はありません。
      (2)【買戻し手数料】

           本投資法人は、投資主の請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型の投資法人であり、投資口の買
          戻しの制度はありません。ただし、本投資法人は、投資主との合意により本投資法人の投資口を有償で取得す
          ることができます(規約第8条第2項)。この場合、所定の手数料が課されることがあります。
      (3)【管理報酬等】

         ① 役員報酬(規約第20条)
           本投資法人の役員の報酬の支払基準及び支払の時期は、次のとおりです。
         (イ)各執行役員の報酬は、一人当たり月額80万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と
           判断される金額として役員会で決定する金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
            なお、ある執行役員がその任期満了前に合併その他の組織再編を理由として執行役員としての地位を失
           い、かつ、当該執行役員が当該組織再編に関連して同等の地位に就任しない場合には、当該執行役員に対
           し、退職慰労金として、当該執行役員に対して2年間の任期中に支払われる予定であった月額報酬の総額
           と、当該執行役員に対して執行役員としての地位を失うまでに本投資法人より現実に支払われた報酬の総額
           との差額を支払うものとします。ただし、当該執行役員が法令に従いその職務を遂行することができないこ
           とを理由に解任された場合にはこの限りではありません。
         (ロ)各監督役員の報酬は、一人当たり月額50万円を上限とし、一般物価動向、賃金動向等に照らして合理的と

           判断される金額として役員会で決定する金額を、毎月、当月分を当月末日までに支払うものとします。
            なお、ある監督役員がその任期満了前に合併その他の組織再編を理由として監督役員としての地位を失
           い、かつ、当該監督役員が当該組織再編に関連して同等の地位に就任しない場合には、当該監督役員に対
           し、退職慰労金として、当該監督役員に対して2年間の任期中に支払われる予定であった月額報酬の総額
           と、当該監督役員に対して監督役員としての地位を失うまでに本投資法人より現実に支払われた報酬の総額
           との差額を支払うものとします。ただし、当該監督役員が法令に従いその職務を遂行することができないこ
           とを理由に解任された場合にはこの限りではありません。
           (注)本投資法人は、役員の投信法第115条の6第1項の責任について、当該役員が職務を行うにつき善意
              でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該役員の職務の執行の状
              況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、法令に定める限度において、役員会の決議に
              よって免除することができるものとします(規約第21条)。
         ② 本資産運用会社への資産運用報酬(規約第38条及び別紙)

           本資産運用会社に支払う報酬の金額、計算方法、支払の時期及び方法はそれぞれ以下のとおりとします。
           なお、本投資法人は、当該報酬の金額並びにこれに対する消費税及び地方消費税相当額を本資産運用会社宛
          てに支払うものとします。また、計算の結果、1円未満の端数がでる場合は、その端数金額を切り捨てるもの
          とします。
          (イ)収益・分配金成果報酬

            「本投資法人の当該決算期における収益・分配金成果報酬控除前分配可能金額(以下で定義されます。)
           を当該決算期における発行済投資口の総口数で除した金額(以下「収益・分配金成果報酬控除前1口当たり
           分配金」といいます。)」に、「当該決算期に係る営業期間における不動産賃貸収益の合計から不動産賃貸
           費用(減価償却費及び固定資産除却損を除きます。)の合計を控除した金額(以下「NOI」といいま
           す。)」を乗じ、更に0.0054%を乗じた金額を収益・分配金成果報酬とします。すなわち、以下の計算式で
           算出されます。
           収益・分配金成果報酬=収益・分配金成果報酬控除前1口当たり分配金×NOI×0.0054%

            なお、「収益・分配金成果報酬控除前分配可能金額」とは、規約第37条に定める金銭の分配の方針に基づ

           き計算され、当期未処分利益(収益・分配金成果報酬、法人税等及び控除対象外消費税等控除前)に積立金
           及び引当金等の取崩額を加算し、積立金及び引当金等の積立、又は留保等の金額を減算した金額をいうもの
           とします。ただし、分配金の計算に関し、分配金額の算定に先立ち収益・分配金成果報酬の金額を算定する
           必要がある場合(積立金、引当金又は留保金が発生する場合等)には、収益・分配金成果報酬の金額につい
           て本(イ)の趣旨を踏まえて合理的な金額を仮定した上で計算するものとし、その後、確定額との差額につ
           いての調整又は精算は行わないものとします。また、「発行済投資口の総口数」とは、本投資法人が当該決
           算期において未処分又は未消却の自己の投資口を保有する場合には、当該決算期における発行済投資口の総
           口数から保有する自己の投資口の数を除いた数をいい、本投資口の併合又は分割が行われた場合には、併合
                                 61/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           又は分割が行われた営業期間以降の決算期における発行済投資口の総口数は、併合比率又は分割比率をもっ
           て併合又は分割が行われる前の口数に調整された数をいうものとします。
           支払時期は、本投資法人の各決算期から3か月以内とします。

          (ロ)譲渡成果報酬

            本投資法人が当該決算期に係る営業期間において不動産関連資産を譲渡し、譲渡成果報酬の控除前に譲渡
           益が発生した場合において、当該譲渡成果報酬控除前譲渡益に15%の料率を乗じて得た金額。すなわち、以
           下の計算式で算出されます。
           譲渡成果報酬=譲渡成果報酬控除前譲渡益×15%

            ただし、当該決算期以前(当該決算期を含みます。)に行ったすべての不動産関連資産の譲渡により計上

           した譲渡益を加算し、譲渡損を減算した累計金額が負となる場合は0とします。
           支払時期は、本投資法人の当該営業期間の決算期から3か月以内とします。

          (ハ)被合併時成果報酬

            本投資法人が他の投資法人によって合併される場合(以下で定義されます。)において、当該合併に係る
           合併契約において定められる合併比率(割当比率)に基づき算出される本投資法人の投資口価格から被合併
           時1口当たり純資産額(以下で定義されます。)を減じた金額(以下「被合併時1口当たり含み益」といい
           ます。)に、当該合併に係る合併契約を承認する本投資法人の投資主総会の決議がなされた時点における本
           投資法人の発行済投資口の総口数を乗じ、かかる金額に15%の料率を乗じて得た金額。すなわち、以下の計
           算式で算出されます。
           被合併時成果報酬=被合併時1口当たり含み益×発行済投資口の総口数×15%

            ただし、被合併時1口当たり含み益が負となる場合は0とします。

            ここで「本投資法人が他の投資法人によって合併される場合」とは、本投資法人が他の投資法人からの合

           併提案に応じて新設合併又は吸収合併(本投資法人が吸収合併存続法人である場合及び吸収合併消滅法人と
           なる場合を含みます。)をする場合をいうものとします。また、「被合併時1口当たり純資産額」とは、当
           該合併に係る合併契約を承認する本投資法人の投資主総会の決議がなされた時点における本投資法人の純資
           産額を同時点における本投資法人の発行済投資口の総口数で除した金額をいうものとします。
            なお、被合併時成果報酬は、本投資法人が他の投資法人によって合併される場合において、当該合併に係

           る合併比率(割当比率)算定の基礎とされた本投資法人の不動産関連資産の評価額の合計(被合併時成果報
           酬控除前の金額とします。)が同時点における当該不動産関連資産の帳簿価額の合計を超過する場合に、当
           該超過額の15%相当額を本資産運用会社の報酬とする趣旨であり、被合併時成果報酬の金額についてはかか
           る趣旨を考慮して算定するものとします。
           被合併時成果報酬は、当該合併に係る合併契約を承認する本投資法人の投資主総会の決議がなされた時点で

           発生するものとし、その支払時期は、当該合併の効力発生日から1か月以内とします。
          (ニ)被買収時成果報酬

            本投資法人が買収される場合(以下で定義されます。)において、当該買収に係る公開買付価格から被買
           収時1口当たり純資産額(以下で定義されます。)を減じた金額(以下「被買収時1口当たり含み益」とい
           います。)に、当該買収に係る公開買付けにより買収された本投資法人の投資口の総口数(以下「被買収投
           資口数」といいます。)を乗じ、かかる金額に15%の料率を乗じて得た金額。すなわち、以下の計算式で算
           出されます。
           被買収時成果報酬=被買収時1口当たり含み益×被買収投資口数×15%

            ただし、被買収時1口当たり含み益が負となる場合は0とします。

            ここで「本投資法人が買収される場合」とは、公開買付けの方法により本投資法人の投資口が本投資法人

           又は本資産運用会社以外の第三者によって取得される場合(当該公開買付けにより当該第三者が現に本投資
           法人の投資口を取得した場合に限ります。)をいうものとします。また、「被買収時1口当たり純資産額」
           とは、当該買収に係る公開買付期間の末日時点における本投資法人の純資産額を同時点における本投資法人
           の発行済投資口の総口数で除した金額をいうものとします。
                                 62/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            被買収時成果報酬は、当該買収に係る公開買付期間の末日時点で発生するものとし、その支払時期は、当

           該公開買付期間の末日から1か月以内とします。
         ③ 資産保管会社、一般事務受託者、投資主名簿等管理人及び特別口座管理機関への支払手数料

            資産保管会社、一般事務受託会社、投資主名簿等管理人及び特別口座管理機関がそれぞれの業務を遂行す
           ることに対する対価である事務受託手数料は、以下のとおりです。
         (イ)資産保管会社の報酬
           a.各計算期間の資産保管業務報酬は、本投資法人の保有する資産が現物不動産、不動産信託の受益権、有
            価証券又は預金であることを前提に、当該計算期間初日の直前の本投資法人の決算日における貸借対照表
            上の資産総額(投信法第129条第2項に規定する貸借対照表上の資産の部の合計額をいいます。)に基づ
            き、6ヶ月分の料率を記載した下記基準報酬額表により計算した金額を上限として、当事者間で別途合意
            した金額とします。なお、円単位未満の端数は切捨てるものとします。
           b.本投資法人は、各計算期間の資産保管業務報酬を、各計算期間の終了日の翌月末日までに資産保管会社
            の指定する銀行口座へ振込又は口座振替の方法により支払います。支払に要する振込手数料等の費用は、
            本投資法人の負担とします。
           c.経済情勢の変動等により資産保管業務報酬の金額が不適当となったときは、本投資法人及び資産保管会
            社は、互いに協議し合意の上、資産保管業務報酬の金額を変更することができます。
           d.本投資法人の保有する資産において、現物不動産が含まれる場合の資産保管業務報酬は、上記a.に定
            める金額に現物不動産1物件当たり月額10万円を上限として本投資法人及び資産保管会社が合意した金額
            を加算した金額とします。なお、本投資法人の保有する資産に、現物不動産、不動産信託の受益権、有価
            証券又は預金以外の資産が含まれることとなった場合には、その追加的な業務負担を斟酌するため、本投
            資法人及び資産保管会社は、資産保管業務報酬の金額の変更額について、互いに誠意をもって協議しま
            す。
           e.本投資法人は、本(イ)に定める資産保管業務報酬に係る消費税等を別途負担し、資産保管会社に対す
            る当該報酬支払いの際に消費税等相当額を加算して支払うものとします。
            基準報酬額表

                      資産総額                     算定方法(6ヶ月分)
             1,000億円以下の部分について                               資産総額×0.010%

             1,000億円超2,000億円以下の部分について                               資産総額×0.008%

             2,000億円超3,000億円以下の部分について                               資産総額×0.006%

             3,000億円超の部分について                               資産総額×0.005%

         (ロ)一般事務を行う一般事務受託者の報酬

           a.各計算期間の一般事務報酬は、本投資法人の保有する資産が現物不動産、不動産信託の受益権、有価証
            券又は預金であることを前提に、当該計算期間初日の直前の本投資法人の決算日における貸借対照表上の
            資産総額(投信法第129条第2項に規定する貸借対照表上の資産の部の合計額をいいます。)に基づき、
            6ヶ月分の料率を記載した下記基準報酬額表により計算した金額を上限として、当事者間で別途合意した
            金額とします。なお、円単位未満の端数は切捨てるものとします。
           b.本投資法人は、各計算期間の一般事務報酬を、各計算期間の終了日の翌月末日までに一般事務受託者の
            指定する銀行口座へ振込又は口座振替の方法により支払います。支払に要する振込手数料等の費用は、本
            投資法人の負担とします。
           c.経済情勢の変動等により一般事務報酬の金額が不適当となったときは、本投資法人及び一般事務受託者
            は、互いに協議し合意の上、一般事務報酬の金額を変更することができます。
           d.本投資法人の保有する資産において、現物不動産が含まれる場合の一般事務報酬は、上記a.に定める
            金額に現物不動産1物件当たり月額10万円を上限として本投資法人及び一般事務受託者が合意した金額を
            加算した金額とします。なお、本投資法人の保有する資産に、現物不動産、不動産信託の受益権、有価証
            券又は預金以外の資産が含まれることとなった場合には、その追加的な業務負担を斟酌するため、本投資
            法人及び一般事務受託者は、一般事務報酬の金額の変更額について、互いに誠意をもって協議します。
           e.本投資法人は、本(ロ)に定める一般事務報酬に係る消費税等を別途負担し、一般事務受託者に対する
            当該報酬支払いの際に消費税等相当額を加算して支払うものとします。
            基準報酬額表

                                 63/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                     資産総額                    算定方法(6ヶ月分)
             1,000億円以下の部分について                             資産総額×0.030%

             1,000億円超2,000億円以下の部分について                             資産総額×0.024%

             2,000億円超3,000億円以下の部分について                             資産総額×0.018%

             3,000億円超の部分について                             資産総額×0.015%

         (ハ)投資主名簿等管理人の報酬

            本投資法人は、委託事務手数料として、以下の委託事務手数料表により計算した金額を投資主名簿等管理
           人に支払うものとします。ただし、募集投資口の発行に関する事務その他本投資法人が臨時に委託する事務
           については、その都度本投資法人及び投資主名簿等管理人が協議のうえ定めるものとします。著しい経済情
           勢の変動その他相当の事由がある場合は、その都度本投資法人と投資主名簿等管理人が協議のうえ合意によ
           りこれを変更し得るものとします。委託事務手数料について、投資主名簿等管理人は毎月末に締切り翌月9
           営業日までに本投資法人に請求し、本投資法人はその月末までにこれを支払うものとします。
    委託事務手数料表

       手数料項目             手数料計算単位及び計算方法                           事務範囲
     基本料           毎月の基本料は、各月末現在の投資主数につき                        投資主名簿の作成、管理及び備置き
               下記段階に応じ区分計算したものの合計額の6分                          投資主名簿の維持管理
               の1。ただし、月額の最低基本料を200,000円とす                          期末、中間及び四半期投資主の確定
               る。                         期末統計資料の作成
               投資主数のうち最初の5,000名について                      480円    (所有者別、所有数別、地域別分布状況)
                                       投資主一覧表の作成
                5,000名超 10,000名以下の部分について 420円
                                        (全投資主、大投資主)
               10,000名超 30,000名以下の部分について 360円
               30,000名超 50,000名以下の部分について 300円
               50,000名超      100,000名以下の部分について 260円
               100,000名を超える部分について      225円
     分配金支払           1.分配金等を受領する投資主数につき、下記段                         分配金支払原簿、分配金領収書、指定口座
     管理料            階に応じ区分計算したものの合計額。ただし、                       振込票、払込通知書の作成、支払済分配金
                1回の対象事務の最低管理料を350,000円とす                       領収証等による記帳整理、未払分配金確定
                る。                       及び支払調書の作成、印紙税納付の手続
               投資主数のうち最初の5,000名について                       120円    き。
                5,000名超 10,000名以下の部分について 110円
                                       銀行取扱期間経過後の分配金等の支払及び
               10,000名超 30,000名以下の部分について 100円
                                       支払原簿の管理。
               30,000名超 50,000名以下の部分について                      80円
               50,000名超      100,000名以下の部分について                60円
               100,000名を超える部分について                          50円
               2.指定口座振込分については1件につき130円を

                加算
               3.各支払基準日現在の未払い対象投資主に対す

                る支払                    1件につき 450円
     諸届管理料           1.照会、受付                  1件につき  600円             投資主等からの諸届関係等の照会、受付
                                       (投資主情報等変更通知の受付含む)
                                       投資主等からの依頼に基づく調査、証明
               2.調査、証明                  1件につき  600円
                                 64/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       手数料項目             手数料計算単位及び計算方法                           事務範囲
     投資主総会関係           1.議決権行使書用紙の作成                         議決権行使書用紙の作成ならびに返送議決
     手数料                        1通につき           15円     権行使書の受理、集計。
                 議決権行使書用紙の集計
                            1通につき        100円
                 ただし1回の議決権行使書用紙集計の最低管
                理料を50,000円とする。
                                       投資主総会当日出席投資主の受付、議決権

               2.派遣者1名につき        20,000円
                                       個数集計の記録等の事務。
                 ただし、電子機器等の取扱支援者は別途。
     郵便物関係手数料           1.封入物3種まで                         1.投資主総会の招集通知、同決議通知、
                 期末、基準日現在投資主1名につき35円                        決算報告書、分配金領収証(又は計算
                 ハガキ                        書、振込案内)等投資主総会、決算関
                 期末、基準日現在投資主1名につき23円                        係書類の封入・発送事務。
                                       2.返戻郵便物データの管理

               2.返戻郵便物
                 登録する都度、郵便1通につき200円
     投資主等データ          データ1件につき150円                         振替機関からの総投資主通知の受付、新規
     受付料                                   記録に伴う受付、通知
     契約終了・解除に          対象投資主1名につき2,000円                         契約終了・解除に伴うデータ引継等事務作
     伴うデータ引継料                                   業費
         (ニ)特別口座管理機関の報酬

           a.本投資法人は、本合併以前の本投資法人の投資主に係る特別口座に関して、特別口座管理機関である三
            井住友信託銀行株式会社に対して、振替口座簿の作成、管理及び備置に関する事務その他振替口座簿に関
            する事務等を委託しています。
             本投資法人は、事務手数料として、下記口座管理事務手数料表により計算した金額を三井住友信託銀行
            株式会社に支払うものとします。ただし、口座管理事務手数料表に定めのない事務に係る手数料は、その
            都度本投資法人及び三井住友信託銀行株式会社が協議のうえ定めるものとします。経済情勢の変動、口座
            管理事務の内容の変化等により、口座管理事務手数料表により難い事情が生じた場合は、随時本投資法人
            と三井住友信託銀行株式会社が協議のうえこれを変更し得るものとします。口座管理事務手数料について
            は、三井住友信託銀行株式会社は毎月月末に締切り翌月15日までに本投資法人に請求し、本投資法人は請
            求のあった月の末日までにこれを支払うものとします。
    口座管理事務手数料表

       手数料項目              手数料計算単位及び計算方法                          事務範囲
     特別口座管理料           毎月末現在における該当加入者数を基準として、加入                          特別口座の管理
                者1名につき下記段階に応じ区分計算した合計額。                          振替・取次の取扱の報告
                ただし、月額の最低料金は20,000円とする。                          株式会社証券保管振替機構(以下
                     5,000名まで       150円               「保管振替機構」といいます。)と
                                          の投資口数残高照合
                    10,000名まで            130円
                                          取引残高報告書の作成
                    10,001名以上            110円
      振替手数料           振替請求1件につき          800円                振替申請書の受付・確認
                                          振替先口座への振替処理
     諸届取次手数料           諸届1件につき        300円                  住所変更届、分配金振込指定書等の
                                          受付・確認
                                          変更通知データの作成及び保管振替
                                          機構あて通知
     個人番号等登録           個人番号等の登録                          個人番号等の収集、登録
     手数料           1件につき      300円                    個人番号等の保管及び廃棄、削除
                                          振替機構に関する個人番号等の通知
                                 65/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           b.また、本投資法人は、本合併以前の旧いちごリートの投資主に係る特別口座に関して、特別口座管理機
            関である三菱UFJ信託銀行株式会社に対して、振替口座簿の作成、管理及び備置に関する事務その他振替
            口座簿に関する事務等を委託しています。
             本投資法人は、口座管理事務手数料として、下記口座管理事務手数料明細表により計算した金額を三菱
            UFJ信託銀行株式会社に支払うものとします。ただし、同表に定めのない事務に係る手数料は、その都度
            各当事者が協議のうえ決定します。経済情勢の変動、口座管理事務の内容の変化等により、上記の定めに
            より難い事情が生じた場合は、随時本投資法人と三菱UFJ信託銀行株式会社が協議のうえ口座管理事務手
            数料を変更し得るものとします。なお、上記の定めにより難い事情には、本投資法人及び三菱UFJ信託銀
            行株式会社の間で締結された投資口事務代行委託契約の失効を含むものとします。口座管理事務手数料に
            ついて、三菱UFJ信託銀行株式会社は毎月末に締め切り、翌月中に本投資法人に請求し、本投資法人は請
            求のあった月の末日までにこれを支払うものとします。
    口座管理事務手数料明細表

         項 目          手数料計算単位及び計算方法                          事務範囲
     特別口座管理料            1.特別口座管理投資主1名につき下                     振替口座簿並びにこれに附属する帳簿の作成・
                  記段階により区分計算した合計額                  管理及び備置に関する事務
                  (月額)                    総投資主通知に係る報告に関する事務
                                      新規記載又は記録手続及び抹消手続又は全部抹
                    3,000名まで         150円
                                    消手続に関する事務
                   10,000名まで         125円
                                      振替口座簿への記載又は記録、質権に係る記載
                   30,000名まで         100円
                                    又は記録及び信託の受託者並びに信託財産に係る
                   30,001名以上          75円
                                    記載又は記録に関する事務
                                      個別投資主通知及び情報提供請求に関する事務
                 ただし、月額の最低額を20,000円とす
                                      特別口座の開設及び廃止に関する事務
                 る
                                      加入者情報及び届出印鑑の登録又はそれらの変
                                    更及び加入者情報の保管振替機構への届出に関す
                 2.各口座管理事務につき下記(1)~
                                    る事務
                 (5)の手数料
                                      振替法で定める取得者等のための特別口座開設
                  ただし、特別口座管理機関が本投資
                                    等請求に関する事務
                 法人の投資主名簿等管理人であるとき
                                      投資口の併合・分割等に関する事務
                 は、下記(1)~(5)の手数料を適用し
                 ない
                 (1) 総投資主報告料
                         報告1件につき150円
                 (2) 個別投資主通知申出受理料
                         受理1件につき250円
                 (3) 情報提供請求受理料
                         受理1件につき250円
                 (4) 諸届受理料
                         受理1件につき250円
                 (5) 分配金振込指定取次料
                         取次1件につき130円
     個人番号関係手数料            1.個人番号の登録1件につき250円                     個人番号の収集及び登録に関する事務
                 2.個人番号の保管月末現在1件につ                     個人番号の保管、利用及び廃棄又は削除に関す

                 き月額5円                   る事務
     調査・証明料            1.発行異動証明書1枚、又は調査1                     振替口座簿の記載等に関する証明書の作成及び
                 件1名義につき 1,600円                   投資口の移動(振替、相続等)に関する調査資料
                                    の作成事務
                 2.発行残高証明書1枚、又は調査1
                 件1名義につき 800円
     振替請求受付料            振替請求1件につき1,000円                    特別口座の加入者本人のために開設された他の
                                    口座への振替手続に関する事務
          本表に定めのない臨時事務(解約に関する事務等)についてはその都度料率を定めます。
                                 66/217




                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (ホ)投資法人債(第1回無担保投資法人債)に関する一般事務受託者(株式会社三井住友銀行)への支払手
           数料等
           a.本投資法人が第1回無担保投資法人債の発行代理人事務等に関する一般事務受託者に対して支払う手数
            料は、600万円を上限として、当該一般事務受託者と合意の上定めるところに従い、第1回無担保投資法
            人債の払込日に支払い済みです。
           b.投資法人債の元金支払手数料及び利金支払手数料は以下のとおりとし、本投資法人は、元利金支払期日
            の前銀行営業日までに一般事務受託者を経由して、投資法人債権者に対して投資法人債の元利金の支払を
            行った者にこれを支払います。
           ⅰ 元金支払手数料  支払元金金額の10,000分の0.075
           ⅱ 利金支払手数料  支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
           c.振替機関が定める第1回無担保投資法人債の新規記録に関する手数料については、76,000円を一般事務
            受託者を経由して振替機関に支払済みです。
         (ヘ)投資法人債(第2回無担保投資法人債)に関する一般事務受託者(株式会社三菱UFJ銀行)への支払

           手数料等
           a.本投資法人が第2回無担保投資法人債の発行代理人事務等に関する一般事務受託者に対して支払う手数
            料は、以下に掲げる金額を上限として、当該一般事務受託者と合意の上定めるところに従い、第2回無担
            保投資法人債の払込日に支払い済みです。
            <基準額>
             700万円とします。
            <変動要因(基準額比)>
             上記基準額の変動要因は以下の通りとします。
           ⅰ 本投資法人債の発行金額
             発行金額100円当たり7銭を基準額に加算します。
           ⅱ 償還期限
             払込期日から償還期日までの期間につき、1年間当たり20万円を基準額に加算します。
           b.投資法人債の元金支払手数料及び利金支払手数料は以下のとおりとし、本投資法人は、元利金支払期日
            の前銀行営業日までに一般事務受託者を経由して、投資法人債権者に対して投資法人債の元利金の支払を
            行った者にこれを支払います。
           ⅰ 元金支払手数料  支払元金金額の10,000分の0.075
           ⅱ 利金支払手数料  支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
           c.振替機関が定める第2回無担保投資法人債の新規記録に関する手数料については、68,400円を一般事務
            受託者を経由して振替機関に支払済みです。
         (ト)投資法人債(第3回無担保投資法人債)に関する一般事務受託者(株式会社三井住友銀行)への支払手

           数料等
           a.本投資法人が第3回無担保投資法人債の発行代理人事務等に関する一般事務受託者に対して支払う手数
            料は、600万円を上限として、当該一般事務受託者と合意の上定めるところに従い、第3回無担保投資法
            人債の払込日に支払い済みです。
           b.投資法人債の元金支払手数料及び利金支払手数料は以下のとおりとし、本投資法人は、元利金支払期日
            の前銀行営業日までに一般事務受託者を経由して、投資法人債権者に対して投資法人債の元利金の支払を
            行った者にこれを支払います。
           ⅰ 元金支払手数料  支払元金金額の10,000分の0.075
           ⅱ 利金支払手数料  支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
           c.振替機関が定める第3回無担保投資法人債の新規記録に関する手数料については、68,400円を一般事務
            受託者を経由して振替機関に支払済みです。
         (チ)投資法人債(第4回無担保投資法人債)に関する一般事務受託者(株式会社みずほ銀行)への支払手数

           料等
           a.本投資法人が第4回無担保投資法人債の発行代理人事務等に関する一般事務受託者に対して支払う手数
            料は、600万円を上限として、当該一般事務受託者と合意の上定めるところに従い、第4回無担保投資法
            人債の払込日に支払い済みです。
           b.投資法人債の元金支払手数料及び利金支払手数料は以下のとおりとし、本投資法人は、元利金支払期日
            の前銀行営業日までに一般事務受託者を経由して、投資法人債権者に対して投資法人債の元利金の支払を
            行った者にこれを支払います。
           ⅰ 元金支払手数料  支払元金金額の10,000分の0.075
           ⅱ 利金支払手数料  支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
           c.振替機関が定める第4回無担保投資法人債の新規記録に関する手数料については、76,000円を一般事務
            受託者を経由して振替機関に支払済みです。
                                 67/217



                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         (リ)投資法人債(第5回無担保投資法人債)に関する一般事務受託者(株式会社三井住友銀行)への支払手
           数料等
           a.本投資法人が第5回無担保投資法人債の発行代理人事務等に関する一般事務受託者に対して支払う手数
            料は、600万円を上限として、当該一般事務受託者と合意の上定めるところに従い、第5回無担保投資法
            人債の払込日に支払い済みです。
           b.投資法人債の元金支払手数料及び利金支払手数料は以下のとおりとし、本投資法人は、元利金支払期日
            の前銀行営業日までに一般事務受託者を経由して、投資法人債権者に対して投資法人債の元利金の支払を
            行った者にこれを支払います。
           ⅰ 元金支払手数料  支払元金金額の10,000分の0.075
           ⅱ 利金支払手数料  支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
           c.振替機関が定める第5回無担保投資法人債の新規記録に関する手数料については、68,400円を一般事務
           受託者を経由して振替機関に支払済みです。
         (ヌ)投資法人債(第6回無担保投資法人債)に関する一般事務受託者(株式会社三菱UFJ銀行)への支払

           手数料等
           a.本投資法人が第6回無担保投資法人債の発行代理人事務等に関する一般事務受託者に対して支払う手数
            料は、以下に掲げる金額を上限として、当該一般事務受託者と合意の上定めるところに従い、第6回無担
            保投資法人債の払込日に支払い済みです。
            <基準額>
             700万円とします。
            <変動要因(基準額比)>
             上記基準額の変動要因は以下の通りとします。
           ⅰ 本投資法人債の発行金額
             発行金額100円当たり7銭を基準額に加算します。
           ⅱ 償還期限
             払込期日から償還期日までの期間につき、1年間当たり20万円を基準額に加算します。
           b.投資法人債の元金支払手数料及び利金支払手数料は以下のとおりとし、本投資法人は、元利金支払期日
            の前銀行営業日までに一般事務受託者を経由して、投資法人債権者に対して投資法人債の元利金の支払を
            行った者にこれを支払います。
           ⅰ 元金支払手数料  支払元金金額の10,000分の0.075
           ⅱ 利金支払手数料  支払利金の対象となる元金金額の10,000分の0.075
           c.振替機関が定める第6回無担保投資法人債の新規記録に関する手数料については、87,400円を一般事務
            受託者を経由して振替機関に支払済みです。
         ④ 会計監査人報酬(規約第28条)

            会計監査人の報酬は、監査の対象となる決算期毎に1,500万円を上限とし、役員会で決定する金額を、当
           該決算期後3ヶ月以内に支払うものとします。
      (4)【その他の手数料等】

           本投資法人は、投資口の発行及びその他運用資産の運用に係る以下の費用を負担するものとします(規約第
          40条)。
         ① 投資口、新投資口予約権及び投資法人債の発行に関する費用
         ② 有価証券届出書、有価証券報告書及び臨時報告書の作成、印刷及び提出等に係る費用
         ③ 目論見書の作成、印刷及び交付等に係る費用
         ④ 財務諸表、資産運用報告等の作成、印刷及び交付等に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の提出費用
           を含みます。)
         ⑤ 本投資法人の公告に要する費用及び広告宣伝等に要する費用
         ⑥ 本投資法人の法律顧問及び税務顧問等に対する報酬及び費用
         ⑦ 投資主総会及び役員会開催に係る費用及び公告に係る費用並びに投資主に対して送付する書面の作成、印刷
           及び交付等に係る費用
         ⑧ 執行役員、監督役員に係る実費及び立替金等
         ⑨ 運用資産の取得、管理、売却等に係る費用(媒介手数料、管理委託費用、損害保険料、維持・修繕費用、水
           道光熱費等を含みます。)
         ⑩ 借入金及び投資法人債に係る利息
         ⑪ 本投資法人の運営に要する費用
         ⑫ その他前各号に類する費用で役員会が認めるもの
          なお、上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせ下さい。

          (照会先)
          いちごオフィスリート投資法人 IRデスク
                                 68/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          東京都千代田区内幸町一丁目1番1号
          電話番号 03-3502-4891
      (5)【課税上の取扱い】

           日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは下記のとおりで
          す。なお、税法等の改正、税務当局等による解釈・運用の変更により、以下の内容は変更されることがありま
          す。また、個々の投資主の固有の事情によっては異なる取扱いが行われることがあります。
         ① 投資主の税務

         (イ)個人投資主の税務
           a.配当等の額に係る税務
             個人投資主が投資法人から受け取る配当等の額(利益の配当及び一時差異等調整引当額の分配をいいま
            す。以下同じです。)は、株式の配当と同様に配当所得として取り扱われ、原則として配当等の額を受け
            取る際に20%の税率により所得税が源泉徴収された後、総合課税の対象となります。配当控除の適用はあ
            りません。金融商品取引所に上場している本投資証券の投資口(以下「本上場投資口」といいます。)の
            配当等の額については源泉税率が20%(所得税15%、住民税5%)となります。
             上場株式等(本上場投資口は上場株式等に該当します。)の配当等については、20%(所得税15%、住
            民税5%)の税率による申告分離課税を選択できます。この場合において、配当控除の適用はありませ
            ん。
             個人投資主は、受け取る配当等の金額にかかわらず源泉徴収だけで納税手続を終了させる確定申告不要
            制度の選択が可能となります。
             個人投資主が受け取るべき上場株式等の配当等については、金融商品取引業者等における特定口座の源
            泉徴収選択口座(源泉徴収を選択した特定口座)内に受け入れることを選択できます。
             なお、本投資法人から支払がされる配当等の額に係る基準日において、発行済投資口総数の3%以上を
            保有する者(以下「大口個人投資主」といいます。)が、一回に支払を受けるべき配当等の金額が10万円
            に配当計算期間の月数を乗じてこれを12で除して計算した金額超の場合には、上記の上場株式等の配当等
            に係る取扱いの対象とはならず、原則通り20%の税率により所得税が源泉徴収され、総合課税による確定
            申告が要求されます。
             また、2013年1月1日から2037年12月31日までの間に生ずる配当等の額に課される所得税の額に対して
            は、2.1%の税率により復興特別所得税が課され、所得税の額と併せて源泉徴収されます。
             分配金支払開始日                 源泉徴収税率
            2037年12月31日まで           20.315%     (所得税15.315%          住民税5%)
            2038年1月1日以後           20%     (所得税15%           住民税5%)
            (注1)2037年12月31日までの所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
            (注2)大口個人投資主に対しては、上記税率ではなく、所得税20%(2037年12月31日までは20.42%)
                の源泉徴収税率が適用されます。
             2014年1月1日から2023年12月31日までの10年間、少額投資非課税制度(NISA)に基づき、金融商
            品取引業者等の営業所に開設した非課税口座(租税特別措置法第37条の14第5項第1号に定める口座をい
            います。以下、本「(イ)個人投資主の税務」において同じです。)内において管理されている上場株式
            等のうち、非課税管理勘定(租税特別措置法第37条の14第5項第3号に定めるものをいいます。以下、本
            段落において同じです。)に係るもの(2014年から2023年までの期間、新規投資額で2015年までは年100
            万円を上限、2016年以後は年間120万円を上限とします。)の配当等で、非課税管理勘定を設けた日から
            同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払を受けるべきものについては、所得税及
            び住民税が課されません。また、非課税口座を開設することができるのは、非課税口座を開設しようとす
            る年の1月1日において満20歳以上(2023年1月1日以後に開設する口座については満18歳以上)の者に
            限られます。
             また、2024年1月1日から2028年12月31日までの5年間、特定非課税累積投資契約に係る非課税措置
            (通称新・NISA)に基づき、証券会社等の金融商品取引業者等に開設した非課税口座の特定非課税管
            理勘定において管理されている上場株式等(整理銘柄として指定されているもの及び一定のデリバティブ
            取引に係る権利に対する投資の運用を行うこと等を投資法人規約に定められている投資法人の投資口等は
            除かれます。また、新規投資額で年102万円を上限とします。)に係る配当等で、特定非課税管理勘定を
            設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払を受けるべきものについて
            は、所得税及び住民税が課されません。
             なお、本投資法人の投資口につきこの取り扱いを受けるためには、原則として特定累積投資勘定に公募
            等株式投資信託を受け入れる場合に限ります。
                                 69/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             (注)2018年1月1日から2042年12月31日までの25年間、非課税累積投資契約に係る非課税措置(通称
            つみたてNISA)に基づき、証券会社等の金融商品取引業者等に開設した非課税口座において設定した
            累積投資勘定に管理されている一定の公募等株式投資信託(新規投資額で毎年40万円を上限)に係る配当
            等 で、その非課税口座に累積投資勘定を設けた年の1月1日から20年内に支払いを受けるべきものについ
            ては、所得税及び住民税が課されません。なお、非課税口座に設けることのできる勘定は、毎年、非課税
            管理勘定又は累積投資勘定のいずれかに限られます。ただし、本投資法人の投資口自体はつみたてNIS
            Aの対象となる一定の公募等投資信託には該当しないこととされております。
             2024年1月1日から2028年12月31日までの5年間に、新・NISA制度に基づき、証券会社等の金融商
            品取引業者等に開設した非課税口座において設定した特定累積投資勘定に管理されている一定の公募等株
            式投資信託(新規投資額で毎年20万円を上限とします。)に係る配当等で、非課税口座に当該特定累積投
            資勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払を受けるべきもの
            については、所得税及び住民税が課されません。ただし、本投資法人の投資口自体は当該制度の対象とな
            る一定の公募等株式投資信託には該当しないこととされています。
             なお、非課税口座に設けられる勘定は、毎年、非課税管理勘定(NISA)又は累積投資勘定(つみた
            てNISA)のいずれかに限ります。また、2024年1月1日以降は、特定非課税管理勘定及び特定累積投資
            勘定(新・NISA)又は累積投資勘定(つみたてNISA)のいずれかに限ります。
             また、2016年4月1日から2023年12月31日までの期間、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNIS
            A)に基づき、金融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座(租税特別措置法第37条の14の2第
            5項第1号に定める口座をいいます。以下、本「(イ)個人投資主の税務」において同じです。)内にお
            いて管理されている上場株式等のうち、非課税管理勘定(租税特別措置法第37条の14の2第5項第3号に
            定めるものをいいます。以下、本段落において同じです。)に係るもの(2016年4月1日から2023年12月
            31日までの期間、新規投資額で毎年80万円を上限とします。以下、本段落において同じです。)の配当等
            で、非課税管理勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払を受
            けるべきものについては、所得税及び住民税が課されません。また、未成年者口座を開設することができ
            るのは、未成年者口座を開設しようとする年の1月1日において満20歳未満(2023年1月1日以後に開設
            する口座については満18歳未満)の者又はその年中に出生した者に限られます。
             なお、上記の非課税の適用を受けるためには、配当等の受取方法として、「株式数比例配分方式」を選
            択する必要があります。
           b.出資等減少分配に係る税務
             個人投資主が本投資法人から受け取る出資等減少分配(利益を超えた金銭の分配のうち、一時差異等調
            整引当額の分配を除いたものをいいます。以下同じです。)は、資本の払戻しとして扱われ、この金額の
            うち、本投資法人の税務上の資本金等の額に相当する金額を超える金額がある場合には、みなし配当(注
            1)として上記a.における配当等の額と同様の課税関係が適用されます。また、出資等減少分配額のう
            ちみなし配当以外の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額(注2)として取扱われます。各投資主はこの
            譲渡収入に対応する譲渡原価(注3)を算定し、投資口の譲渡損益の額(注4)を計算します。この譲渡
            損益の取扱いは、下記c.の投資口の譲渡における金融商品取引業者(ただし、金融商品取引法第28条第
            1項に規定する第1種金融商品取引業を行う者に限ります。以下本「(イ)個人投資主の税務」において
            同じです。)等を通じた譲渡等の場合と原則同様になります。
           c.投資口の譲渡に係る税務
             個人投資主が投資口を譲渡した際の譲渡益の取扱いについては、上場株式等を譲渡した場合と同様に、
            原則として、上場株式等の譲渡所得等として申告分離課税の対象となり、原則20%(所得税15%、住民税
            5%)の税率により課税されます。譲渡損が生じた場合は、他の上場株式等の譲渡所得等との相殺は認め
            られますが、上場株式等の譲渡所得等の合計額が損失となった場合には、その損失は他の所得と相殺する
            ことはできません。なお、2013年1月1日から2037年12月31日までの間に生ずる株式等の譲渡所得等の所
            得税の額に対しては、2.1%の税率により復興特別所得税が課され、所得税の額と併せて源泉徴収されま
            す。ただし、本上場投資口を金融商品取引業者等を通じて譲渡等した場合は、以下の特例の対象となりま
            す。
           ⅰ.本上場投資口の譲渡等により損失が生じ、その損失をその譲渡日の属する年における他の上場株式等
             の譲渡所得等の金額から控除しきれない結果、上場株式等の譲渡所得等の合計が損失となった場合
             は、申告を要件にこの損失(以下、本c.ⅱにおいて「本上場投資口の譲渡損失の金額」といいま
             す。)をその年分の上場株式等に係る配当所得の金額(申告分離課税を選択したものに限ります。以
             下、本c.ⅱにおいて同じです。)から控除することが認められます。また、本上場投資口の譲渡損失
             の金額のうちその譲渡日の属する年における上場株式等に係る配当所得等の金額からも控除しきれな
             い金額は、その年の翌年以降の申告を要件にその年の翌年以降3年内の各年における上場株式等の譲
             渡所得等の金額から控除することができます。
           ⅱ.その年の前年以前3年内の各年において、本上場投資口の譲渡損失の金額(本c.ⅰの適用を受けてい
             る場合には適用後の金額となります。)があるときは、申告を要件にこの損失(前年以前に既に控除し
                                 70/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             たものを除きます。)をその年分の上場株式等の譲渡所得等の金額及び上場株式等に係る配当所得の金
             額から控除することが認められます。
           ⅲ.本上場投資口は特定口座制度の対象となり、個人投資主が金融商品取引業者等における特定口座の源泉
             徴収選択口座(源泉徴収を選択した特定口座)内において譲渡等した場合の所得に関しては「特定口座
             源泉徴収選択届出書」を提出した場合には、一定の要件の下に、源泉徴収による申告不要の選択が認め
             られます。源泉税率は、20%(所得税15%、住民税5%)となります。2013年1月1日から2037年12月
             31日までの間に生ずる株式等の譲渡所得等の所得税の額に対しては、2.1%の税率により復興特別所得
             税が課され、所得税の額と併せて源泉徴収されます。
             なお、個人投資主が金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座内において上場株式等の
             配当等を受け取ることを選択した場合において、その源泉徴収選択口座における上場株式等の譲渡につ
             き損失が生じているときは、その源泉徴収選択口座における配当等の額の総額から当該損失の金額を控
             除した金額に対して源泉徴収がなされます。
                譲渡日              源泉徴収税率
            2037年12月31日まで           20.315%     (所得税15.315% 住民税5%)
            2038年1月1日以後           20%     (所得税15%           住民税5%)
            (注)2037年12月31日までの所得税率には、復興特別所得税(所得税の額の2.1%相当)を含みます。
           ⅳ.2014年1月1日から2023年12月31日までの10年間、少額投資非課税制度(NISA)に基づき、金融商
             品取引業者等の営業所に開設した非課税口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理
             勘定(租税特別措置法第37条の14第5項第3号に定めるものをいいます。以下、本段落において同じで
             す。)に係るもの(2014年から2023年までの10年間、新規投資額で2015年までは年100万円を上限、
             2016年以後は年間120万円を上限とします。)について、非課税管理勘定を設けた日から同日の属する
             年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品取引業者等への売委託による方法等により上
             場株式等の譲渡をした場合には、当該譲渡による譲渡所得等については、所得税及び住民税が課されま
             せん。また、非課税口座を開設することができるのは、非課税口座を開設しようとする年の1月1日に
             おいて満20歳以上(2023年1月1日以後に開設する口座については満18歳以上)の者に限られます。
              また、2024年1月1日から2028年12月31日までの5年間、特定非課税累積投資契約に係る非課税措置
             (通称新・NISA)に基づき、証券会社等の金融商品取引業者等に開設した非課税口座において管理
             されている上場株式等(整理銘柄として指定されているもの及び一定のデリバティブ取引に係る権利に
             対する投資の運用を行うこと等を投資法人規約に定められている投資法人の投資口等は除かれます。)
             のうち、非課税管理勘定に係るもの(新規投資額で毎年102万円を上限とします。)について、非課税
             管理勘定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品取引業
             者等への売委託による方法等により上場株式等の譲渡をした場合には、当該譲渡による譲渡所得等につ
             いては、所得税及び住民税が課されません。なお、本投資法人の投資口につきこの取り扱いを受けるた
             めには、原則として特定累積投資勘定に公募等株式投資信託を受け入れる場合に限ります。
             (注)2018年1月1日から2042年12月31日までの25年間、非課税累積投資契約に係る非課税措置(通
             称つみたてNISA)に基づき、非課税口座に累積投資勘定を設けた年の1月1日から20年内に、そ
             の累積投資勘定において管理されている一定の公募等株式投資信託(新規投資額で毎年40万円を上
             限)の受益権を譲渡した場合、その譲渡所得等については、所得税及び住民税が課されません。な
             お、非課税口座に設けることのできる勘定は、毎年、非課税管理勘定又は累積投資勘定のいずれかに
             限られます。ただし、本投資法人の投資口自体はつみたてNISAの対象となる一定の公募等投資信
             託には該当しないこととされております。
              2024年1月1日から2028年12月31日までの5年間、新・NISA制度に基づき、証券会社等の金融商
             品取引業者等に開設した非課税口座において設定した特定累積投資勘定に管理されている一定の公募等
             株式投資信託(新規投資額で毎年20万円を上限)の受益権を譲渡した場合、その譲渡所得等について
             も、所得税及び住民税が課されません。ただし、本投資法人の投資口自体は当該制度の対象となる一定
             の公募等株式投資信託には該当しないこととされています。なお、非課税口座に設けられる勘定は、毎
             年、非課税管理勘定(NISA)又は累積投資勘定(つみたてNISA)のいずれかに限ります。ま
             た、2024年1月1日以降は、特定非課税管理勘定及び特定累積投資勘定(新・NISA)又は累積投資
             勘定(つみたてNISA)のいずれかに限ります。
           ⅴ.  2016年4月1日から2023年12月31日までの期間、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に
             基づき、金融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座内において管理されている上場株式等の
             うち、非課税管理勘定(租税特別措置法第37条の14の2第5項第3号に定めるものをいいます。以下、
             本段落において同じです。)に係るもの(2016年4月1日から2023年12月31日までの期間、新規投資額
             で毎年80万円を上限とします。以下、本段落において同じです。)について、非課税管理勘定を設けた
             日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品取引業者等への売委託に
             よる方法等により上場株式等の譲渡をした場合には、当該譲渡による譲渡所得等については、所得税及
                                 71/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
             び住民税が課されません。また、未成年者口座を開設することができるのは、未成年者口座を開設しよ
             うとする年の1月1日において満20歳未満(2023年1月1日以後に開設する口座については満18歳未
             満)  の者又はその年中に出生した者に限られます。
              なお、非課税口座及び未成年者口座で発生した譲渡損失については、上記ⅰ、ⅱ及びⅲの損益通算や
             繰越控除には適用できません。
         (ロ)法人投資主の税務

           a.配当等の額に係る税務
             法人投資主が投資法人から配当等の額を受け取る際には、株式の配当と同様に取り扱われ、原則20%の
            税率により所得税が源泉徴収されます。ただし、本上場投資口の配当等の額についての所得税の源泉税率
            は、15%となります。2013年1月1日から2037年12月31日までの間に生ずる配当等の所得税の額に対して
            は、2.1%の税率により復興特別所得税が課され、所得税の額と併せて源泉徴収されます。この源泉税
            は、利子配当等に対する所得税として所得税額控除の対象となります。なお、受取配当等の益金不算入の
            規定の適用はありません。
             分配金支払開始日                 源泉徴収税率
            2037年12月31日まで           15.315%     (復興特別所得税0.315%を含む)
            2038年1月1日以後           15%
           b.出資等減少分配に係る税務
             法人投資主が本投資法人から受け取る出資等減少分配のうち、本投資法人の税務上の資本金等の額に相
            当する金額を超える金額がある場合には、みなし配当(注1)として上記a.における配当等の額と同様
            の課税関係が適用されます。また、出資等減少分配額のうちみなし配当以外の金額は、投資口の譲渡に係
            る収入金額(注2)として取扱われます。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価(注3)を算定
            し、投資口の譲渡損益の額(注4)を計算します。この譲渡損益の取扱いは、下記d.の投資口の譲渡の
            場合と同様となります。
           c.投資口の期末評価方法
             法人投資主による本投資口の期末評価方法については、税務上、売買目的有価証券である場合には時価
            法、売買目的外有価証券である場合には原価法が適用されます。
           d.投資口の譲渡に係る税務
             法人投資主が投資口を譲渡した際の取扱いについては、有価証券の譲渡として、原則約定日の属する事
            業年度に譲渡損益を計上します。
            (注1)みなし配当の金額は、次のように計算されます。なお、この金額は、本投資法人からお知らせし
                ます。
           みなし配当の金額=出資等減少分配額-投資主の所有投資口に相当する投資法人の税務上の資本金等の額
            (注2)投資口の譲渡に係る収入金額は、以下のとおり算定されます。
           投資口の譲渡に係る収入金額=出資等減少分配額-みなし配当金額(注1)
            (注3)投資主の譲渡原価は、次の算式により計算されます。
                            投資法人の出資等減少分配による出資総額等の減少額
           出資等減少分配直前の
                        税務上の投資法人の前期末の簿価純資産価額+前期末から当該払戻し直
                      ×                                    ※
           投資口の取得価額
                        前の時までの間に増加した税務上の資本金等の額-前期末から当該払戻
                        し直前の時までの間に減少した税務上の資本金等の額
            ※この割合は、小数点以下第3位未満の端数がある時は切り上げとなります。この割合に関しては、本投
             資法人からお知らせします。
            (注4)投資口の譲渡損益は、次のように計算されます。
           投資口の譲渡損益の額=譲渡収入金額(注2)-譲渡原価の額(注3)
         ② 投資法人の税務

         (イ)利益配当等の損金算入要件
            税法上、「投資法人に係る課税の特例規定」により一定の要件を満たした投資法人に対しては、投資法人
           と投資主との間の二重課税を排除するため、利益の配当等を損金に算入することが認められています。利益
           の配当等を損金算入するために留意すべき主要な要件(導管性要件)は以下のとおりです。
           a.その事業年度の配当等の額が配当可能利益の額の90%超(又は金銭の分配の額が配当可能額の90%超)
            であること。
                                 72/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
           b.他の法人の発行済株式又は出資の総数又は総額の50%以上を有していないこと(なお、2019年4月1日
            以後に開始する事業年度以降は匿名組合契約等に基づく出資についても、本要件の適用対象となりま
            す。)。
           c.借入れは、機関投資家(租税特別措置法第67条の15に規定するものをいいます。以下本「(イ)利益配
            当等の損金算入要件」において同じです。)のみからのものであること。
           d.事業年度終了の時において、同族会社のうち租税特別措置法施行令第39条の32の3第5項に定めるもの
            に該当していないこと(事業年度終了の時において、発行済投資口の総数又は議決権総数の50%超が1人
            の投資主及びその特殊関係者により保有されていないこと)。
           e.投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集される投資口の発行価額の占める割合が50%を超え
            る旨が投資法人の規約に記載・記録されていること。
           f.事業年度終了の時において発行済の投資口が50人以上の者又は機関投資家のみによって所有されている
            こと。
           g.事業年度終了の時において有する投信法第2条第1項に規定する特定資産のうち有価証券、不動産その
            他の一定の資産(租税特別措置法施行令第39条の32の3に定めるものをいいます。)の帳簿価額の合計額
            がその時において有する総資産の帳簿価額の合計額の2分の1に相当する金額を超えていること。
         (ロ)不動産流通税の軽減措置

           a.登録免許税
             不動産を取得した際の所有権の移転登記に対しては、原則として登録免許税が2%の税率により課され
            ますが、売買による土地の取得に係る所有権の移転登記に対しては、2023年3月31日までは1.5%となり
            ます。また、規約において、資産運用の方針として、本投資法人が取得する特定資産のうち特定不動産
            (不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する
            信託の受益権をいいます。)の価額の合計額が本投資法人の有する特定資産の価額の合計額に占める割合
            を100分の75以上とする旨の記載があること、借入れは適格機関投資家(金融商品取引法第2条第3項第
            1号)からのものであること等の要件を満たす投資法人は、2023年3月31日までに取得する不動産の所有
            権の移転登記について、登録免許税の税率が1.3%に軽減されます。
           b.不動産取得税
             不動産を取得した際には、原則として不動産取得税が課税標準額の4%の税率により課されますが、住
            宅及び土地については2024年3月31日までに取得した場合に限り3%となります。また、2024年3月31日
            までに取得する宅地及び宅地比準土地については、不動産取得税の課税標準額が2分の1に軽減されま
            す。さらに、上記a.の要件(ただし、借入要件については、「借入れは適格機関投資家(金融商品取引
            法第2条第3項第1号。ただし、地方税法施行規則附則第3条の2の9第2項に規定するものに限りま
            す。)からのものであること」とします。)を満たす投資法人が2023年3月31日までに取得する不動産に
            対しては、特例により不動産取得税の課税標準額が5分の2に軽減されます。
           c.特別土地保有税
             特別土地保有税は2003年以降、当分の間新たな課税は行われません。
                                 73/217








                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     5【運用状況】
      (1)【投資状況】
           本投資法人の当期末における投資状況の概要は以下のとおりです。
                                                (2021年10月31日現在)
                                            価格

                        地域等による区分         用途等による                 資産総額に対する
        資産の種類       内容等による区分
                                         (百万円)     (注3)
                          (注1)       区分(注2)                  投資比率(%)
                        都心6区         事務所              6,712           2.9
                  ―      その他首都圏         事務所              3,977           1.7
         不動産
                        4大都市         事務所             10,265           4.5
               不動産合計                               20,956           9.2
                                 事務所             105,618           46.4
                        都心6区
                                 その他              2,452           1.1
               不動産等を主な
                                 事務所             40,449           17.8
                        その他首都圏
               信託財産とする
                                 その他              2,902           1.3
               信託受益権
        信託不動産
                        4大都市         事務所             19,686           8.6
               (注4)
                                 事務所              9,346           4.1
                        その他主要都市
                                 その他              1,024           0.5
               信託不動産合計                               181,480           79.7
                   預金・その他の資産                           25,216           11.1
                   資産総額(注5)                          227,653           100.0
                              金額(百万円)              資産総額に対する比率(%)

       負債総額(注5)(注6)                               125,231                   55.0
       純資産総額(注5)                               102,421                   45.0
       資産総額(注5)                               227,653                  100.0
          (注1)地域等による区分は、前記「2                   投資方針     (1)   投資方針     ③  ポートフォリオ構築方針            (イ)投資
              対象地域」に基づいて記載しています。
          (注2)用途等による区分は、前記「2                   投資方針     (1)   投資方針     ③  ポートフォリオ構築方針            (ロ)用途
              区分」に基づいて記載しています。
          (注3)価格は、期末日時点の貸借対照表計上額(不動産及び信託不動産については、減価償却後の帳簿価
              額)によっています。
          (注4)信託建物等と併せて保有している信託借地権については、信託建物等と合算して信託不動産の欄に
              記載しています。
          (注5)資産総額、負債総額及び純資産総額には、2021年10月31日現在の貸借対照表に計上された金額を記
              載しています。
          (注6)負債総額には、敷金・保証金返還債務を含みます。
                                 74/217






                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (2)【投資資産】
        ①【投資有価証券の主要銘柄】
        (イ)株式
           該当事項はありません。
        (ロ)株式以外の有価証券

           該当事項はありません。
        ②【投資不動産物件】

          本投資法人は2021年10月31日現在、86物件の不動産を信託する信託受益権及び不動産を保有しており、後記
         「③   その他投資資産の主要なもの」に一括して記載しています。
        ③【その他投資資産の主要なもの】

        (イ)保有不動産の賃貸借の概要
                                                        当期
                                    賃貸可能面積       賃貸面積      テナント
     物件      地域       用途                                    総賃料収入
                           物件名称           (㎡)      (㎡)      総数
     番号     (注1)       (注2)                                      (千円)
                                      (注3)      (注4)     (注5)
                                                       (注6)
     O-02     都心6区       事務所     いちご西参道ビル               4,523.19      4,523.19        17    139,527
     O-03     都心6区       事務所     いちご三田ビル               4,119.63      3,686.73        8   109,521
     O-04     都心6区       事務所     いちご南平台ビル               1,925.24      1,925.24        13    77,869
     O-05     都心6区       事務所     いちご半蔵門ビル               2,080.37      1,924.87        5    56,808
     O-06     都心6区       事務所     いちご聖坂ビル               1,947.90      1,947.90        5    59,485
     O-07     都心6区       事務所     いちご渋谷神山町ビル               1,321.54      1,321.54        4    53,963
     O-08     都心6区       事務所     いちご赤坂五丁目ビル                 683.52      683.52       9    28,433
     O-09     都心6区       事務所     いちご芝公園ビル               1,602.29      1,602.29        3    49,140
     O-10     都心6区       事務所     いちご恵比寿西ビル               1,484.39      1,484.39        7    72,196
     O-11     都心6区       事務所     いちご銀座612ビル               1,364.88      1,276.41        22    70,090
     O-12     都心6区       事務所     いちご内神田ビル               1,378.83      1,378.83        9    50,429
     O-14     都心6区       事務所     いちご四谷四丁目ビル                 780.64      780.64       10    21,238
     O-15     都心6区       事務所     いちご溜池ビル                 494.14      408.95       5    12,381
     O-16     都心6区       事務所     いちご神保町ビル               1,891.01      1,750.52        7    70,998
     O-17     都心6区       事務所     いちご箱崎ビル               2,389.54      2,103.61        6    50,624
     O-18     都心6区       事務所     いちご九段二丁目ビル               1,288.31      1,288.31        1    33,716
     O-19     都心6区       事務所     いちご九段三丁目ビル               1,302.43      1,055.41        4    32,515
     O-20     都心6区       事務所     いちご五反田ビル               5,346.39      5,346.39        15    202,354
     O-21    その他首都圏        事務所     いちご新横浜ビル               4,021.32      3,927.46        14    81,373
     O-22    その他首都圏        事務所     いちご南池袋ビル               1,491.50      1,491.50        9    60,632
     O-23    その他首都圏        事務所     いちご中野ノースビル               1,264.11      1,161.42        6    40,201
     O-24    その他首都圏        事務所     いちご永代ビル               2,605.54      2,605.54        10    67,408
     O-26    その他首都圏        事務所     いちご池尻ビル               2,385.69      2,385.69        6    76,715
     O-27    その他首都圏        事務所     いちご西池袋ビル               1,261.91      1,261.91        1    29,217
     O-28     都心6区       事務所     いちご西五反田ビル               1,329.06      1,033.79        7    32,104
     O-29    その他首都圏        事務所     いちご吉祥寺ビル               4,210.87      4,210.87        13    114,433
     O-34     4大都市       事務所     いちご栄ビル               3,928.12      3,928.12        19    217,981
     O-37     4大都市       事務所     いちご丸の内ビル               8,009.11      8,009.11        25    241,631
     O-38    その他主要都市         事務所     いちご富山駅西ビル               8,601.72      8,601.72        15    115,915
     O-39    その他主要都市         事務所     いちご・みらい信金ビル               3,551.46      3,401.04        19    74,808
     O-42    その他主要都市         事務所     いちご高松ビル               6,329.33      6,241.48        14    155,819
     O-46     都心6区       事務所     いちご神田錦町ビル               2,523.09      1,747.08        8    58,230
     O-47     都心6区       事務所     いちご秋葉原ノースビル               6,250.53      6,250.53        1   230,446
                                 75/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                        当期
                                    賃貸可能面積       賃貸面積      テナント
     物件      地域       用途                                    総賃料収入
                           物件名称           (㎡)      (㎡)      総数
     番号     (注1)       (注2)                                      (千円)
                                      (注3)      (注4)     (注5)
                                                       (注6)
     O-48     4大都市       事務所     いちご堺筋本町ビル               3,729.35      3,729.35        15    96,537
     O-49     都心6区       事務所     いちご神田小川町ビル               2,309.39      2,309.39        9    84,959
     O-50     都心6区       事務所     いちご八丁堀ビル               2,716.33      2,716.33        7    98,291
                      いちご恵比寿グリーングラス
     O-51     都心6区       事務所                    3,159.27      2,551.82        5   156,538
                      (注7)
     O-52     都心6区       事務所     いちご大森ビル               3,585.93      3,585.93        10    138,395
     O-53     都心6区       事務所     いちご高田馬場ビル               1,606.92      1,606.92        8    57,290
     O-54    その他首都圏        事務所     いちご大宮ビル               6,180.68      6,180.68        30    166,362
     O-55    その他首都圏        事務所     いちご相模原ビル               2,960.81      2,960.81        13    59,821
     O-56    その他首都圏        事務所     いちご大船ビル               2,364.71      2,364.71        9    93,864
     O-57    その他主要都市         事務所     いちご仙台イーストビル               5,205.49      5,205.49        10    102,955
     O-58    その他主要都市         事務所     いちご熊本ビル               4,507.59      4,507.59        33    86,005
     O-59     都心6区       事務所     いちご神宮前ビル               4,510.04      4,378.04        6   170,273
     O-60     都心6区       事務所     いちご渋谷道玄坂ビル               2,789.86      2,789.86        10    115,297
     O-61     都心6区       事務所     いちご広尾ビル               3,510.44      3,510.44        5   134,239
     O-62     都心6区       事務所     いちご笹塚ビル               6,425.29      6,425.29        6   187,724
     O-63     都心6区       事務所     いちご日本橋イーストビル               4,216.97      4,216.97        7   150,265
     O-64     都心6区       事務所     いちご桜橋ビル               2,971.22      2,971.22        6    81,994
     O-65     都心6区       事務所     いちご新川ビル               2,312.03      1,775.39        5    69,424
     O-66     都心6区       事務所     いちご九段ビル               3,090.65      3,090.65        10    108,390
     O-67     都心6区       事務所     いちご東五反田ビル               4,548.10      4,548.10        19    122,161
     O-68     都心6区       事務所     アクシオール三田               2,369.82      2,133.03        10    67,284
     O-69    その他首都圏        事務所     いちご東池袋ビル               4,433.00      4,433.00        17    163,010
                      郡山ビッグアイ
     O-70    その他主要都市         事務所                    3,433.07      3,433.07        14    105,975
                      (オフィス区画)
     O-71    その他首都圏        事務所     いちご川崎ビル               3,815.16      3,079.12        15    84,127
     O-72     都心6区       事務所     いちご渋谷イーストビル               1,041.36      1,041.36        3    43,823
     O-73     都心6区       事務所     いちご人形町ビル               1,769.09      1,769.09        8    47,679
     O-74     4大都市       事務所     いちご西本町ビル               6,152.00      6,039.00        31    111,087
     O-75     4大都市       事務所     いちご博多ビル               2,423.86      2,423.86        28    53,279
     O-76     4大都市       事務所     いちご錦ファーストビル               3,324.70      3,324.70        6    79,175
     O-77    その他首都圏        事務所     いちご池之端ビル               5,504.15      5,504.15        7   164,501
     O-78    その他首都圏        事務所     いちご池袋イーストビル               3,118.69      3,118.69        3    95,427
     O-79     都心6区       事務所     いちご元麻布ビル               1,329.96      1,329.96        3    68,721
     O-80    その他首都圏        事務所     いちご大塚ビル               3,679.70      3,679.70        7   103,249
     O-81     4大都市       事務所     いちご名古屋ビル               4,930.30      4,576.93        33    145,948
     O-82     4大都市       事務所     いちご伏見ビル               4,155.60      3,978.38        38    90,090
     O-83     4大都市       事務所     いちご錦ビル               2,006.78      2,006.78        25    48,546
     O-84     4大都市       事務所     いちご南森町ビル               2,521.51      2,521.51        12    49,726
     O-85     都心6区       事務所     いちご渋谷宇田川町ビル               1,491.68      1,166.40        7    65,151
     O-86     都心6区       事務所     ウィン五反田ビル               3,689.88      3,689.88        11    118,955
     O-87    その他首都圏        事務所     いちご本郷ビル               2,733.68      2,733.68        7    91,486
     O-88     都心6区       事務所     大井町センタービル               2,751.08      2,381.39        7    64,499
     O-89     都心6区       事務所     ウィン第2五反田ビル               3,433.16      2,852.47        8    95,267
     O-90     都心6区       事務所     MIFビル               1,690.33      1,690.33        7    66,775
                                 76/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                        当期
                                    賃貸可能面積       賃貸面積      テナント
     物件      地域       用途                                    総賃料収入
                           物件名称           (㎡)      (㎡)      総数
     番号     (注1)       (注2)                                      (千円)
                                      (注3)      (注4)     (注5)
                                                       (注6)
     O-91     4大都市       事務所     いちご内本町ビル               3,004.07      3,004.07        18    65,690
     O-92    その他首都圏        事務所     いちご南大塚ビル               3,129.49      3,129.49        8    79,936
     O-93     都心6区       事務所     いちご乃木坂ビル               2,199.35      2,199.35        6    87,900
     O-94     4大都市       事務所     いちご博多イーストビル               2,901.99      2,901.99        20    75,290
     O-95    その他首都圏        事務所     いちご中目黒ビル               1,044.34      1,044.34        6    36,839
     O-96    その他首都圏        事務所     いちご立川ビル               4,879.78      4,152.15        13    111,970
     Z-09    その他主要都市         その他     フチュール和泉(注7)               3,733.68         ―     ―    110,663
     Z-10     都心6区       その他     いちご渋谷文化村通りビル                 778.77      689.23       3    77,332
                      トワイシア横濱磯子
     Z-11    その他首都圏        その他                    2,717.77      2,195.43        7    52,338
                      (商業区画)
     Z-14    その他首都圏        その他     いちご蒲田ビル               2,124.68      2,124.68        2    53,088
                   合計                 264,701.15      252,518.19        930   7,843,853
    (注1)地域は、前記「2             投資方針     (1)投資方針        ③  ポートフォリオ構築方針            (イ)投資対象地域」に基づいて記
         載しています。
    (注2)用途は、前記「2             投資方針     (1)投資方針        ③  ポートフォリオ構築方針            (ロ)用途区分」に基づいて記載し
         ています。
    (注3)賃貸可能面積は、個々の保有不動産等において賃貸が可能な面積を意味し、改装や賃貸借契約形態等により多少
         の変動が生じます。
    (注4)賃貸面積は、テナントとの間で賃貸借契約が締結され賃貸が行われている面積の合計を記載しています。
    (注5)テナント総数は、本投資法人又は信託受託者を賃貸人として有効に賃貸借契約が締結されているテナントの総数
         を記載しています。なお、本投資法人以外のマスターリース会社とマスターリース契約が締結されている場合、
         テナント数は1としています。
    (注6)当期総賃料収入は、賃料収入、共益費収入、駐車場収入等、当期中に保有不動産等から生じた収入(その他賃貸
         事業収入を含みます。)をいい、千円未満を切り捨てて記載しています。
    (注7)以下のとおり物件名称の変更をしています。
            変更日       物件番号          物件名称(変更後)                 物件名称(変更前)
          2021年9月1日          O-51       いちご恵比寿グリーングラス                   恵比寿グリーングラス
          2021年10月1日          Z-09          フチュール和泉              コナミスポーツクラブ和泉府中
    (ロ)保有不動産の稼働率の推移

                                            稼働率(%)(注3)
             地域       用途
     物件番号                       物件名称
            (注1)       (注2)
                                       第23期    第24期    第25期    第26期    第27期
      O-02      都心6区       事務所     いちご西参道ビル                100.0    100.0     95.9    100.0    100.0
      O-03      都心6区       事務所     いちご三田ビル                 78.3    90.1    100.0    100.0    100.0
      O-04      都心6区       事務所     いちご南平台ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-05      都心6区       事務所     いちご半蔵門ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-06      都心6区       事務所     いちご聖坂ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-07      都心6区       事務所     いちご渋谷神山町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-08      都心6区       事務所     いちご赤坂五丁目ビル                 88.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-09      都心6区       事務所     いちご芝公園ビル                100.0     86.3    100.0    100.0    100.0
      O-10      都心6区       事務所     いちご恵比寿西ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-11      都心6区       事務所     いちご銀座612ビル                 94.9    100.0    100.0     96.5    100.0
      O-12      都心6区       事務所     いちご内神田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0     81.1
      O-14      都心6区       事務所     いちご四谷四丁目ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-15      都心6区       事務所     いちご溜池ビル                100.0    100.0    100.0     80.6    100.0
      O-16      都心6区       事務所     いちご神保町ビル                100.0    100.0    100.0     92.6    100.0
      O-17      都心6区       事務所     いちご箱崎ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                                 77/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                            稼働率(%)(注3)
             地域       用途
     物件番号                       物件名称
            (注1)       (注2)
                                       第23期    第24期    第25期    第26期    第27期
      O-18      都心6区       事務所     いちご九段二丁目ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-19      都心6区       事務所     いちご九段三丁目ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-20      都心6区       事務所     いちご五反田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-21     その他首都圏        事務所     いちご新横浜ビル                100.0    100.0     97.7    97.7    97.7
      O-22     その他首都圏        事務所     いちご南池袋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-23     その他首都圏        事務所     いちご中野ノースビル                100.0    100.0    100.0     90.8    100.0
      O-24     その他首都圏        事務所     いちご永代ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-26     その他首都圏        事務所     いちご池尻ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-27     その他首都圏        事務所     いちご西池袋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-28      都心6区       事務所     いちご西五反田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-29     その他首都圏        事務所     いちご吉祥寺ビル                100.0     97.6    97.6    100.0    100.0
      O-34      4大都市       事務所     いちご栄ビル                100.0     95.8    100.0    100.0    100.0
      O-37      4大都市       事務所     いちご丸の内ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-38    その他主要都市         事務所     いちご富山駅西ビル                 98.5    98.5    98.5    98.5    97.5
      O-39    その他主要都市         事務所     いちご・みらい信金ビル                 96.6    95.4    95.4    95.4    95.4
      O-42    その他主要都市         事務所     いちご高松ビル                 98.7    100.0    100.0     98.7    97.3
      O-46      都心6区       事務所     いちご神田錦町ビル                100.0     89.7    100.0    100.0    100.0
      O-47      都心6区       事務所     いちご秋葉原ノースビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-48      4大都市       事務所     いちご堺筋本町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-49      都心6区       事務所     いちご神田小川町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-50      都心6区       事務所     いちご八丁堀ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-51      都心6区       事務所     いちご恵比寿グリーングラス                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-52      都心6区       事務所     いちご大森ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-53      都心6区       事務所     いちご高田馬場ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-54     その他首都圏        事務所     いちご大宮ビル                100.0     90.3    100.0     99.0    100.0
      O-55     その他首都圏        事務所     いちご相模原ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-56     その他首都圏        事務所     いちご大船ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-57    その他主要都市         事務所     いちご仙台イーストビル                 93.3    93.3    97.9    97.9    95.5
      O-58    その他主要都市         事務所     いちご熊本ビル                 95.1    88.4    100.0    100.0     97.5
      O-59      都心6区       事務所     いちご神宮前ビル                 97.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-60      都心6区       事務所     いちご渋谷道玄坂ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-61      都心6区       事務所     いちご広尾ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-62      都心6区       事務所     いちご笹塚ビル                 94.4    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-63      都心6区       事務所     いちご日本橋イーストビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-64      都心6区       事務所     いちご桜橋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-65      都心6区       事務所     いちご新川ビル                100.0    100.0     84.4    100.0    100.0
      O-66      都心6区       事務所     いちご九段ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-67      都心6区       事務所     いちご東五反田ビル                100.0    100.0     94.3    100.0    100.0
      O-68      都心6区       事務所     アクシオール三田                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-69     その他首都圏        事務所     いちご東池袋ビル                100.0    100.0     92.6    100.0    100.0
                       郡山ビッグアイ
      O-70    その他主要都市         事務所                     100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                       (オフィス区画)
      O-71     その他首都圏        事務所     いちご川崎ビル                100.0     87.1    95.5    100.0    100.0
      O-72      都心6区       事務所     いちご渋谷イーストビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-73      都心6区       事務所     いちご人形町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-74      4大都市       事務所     いちご西本町ビル                 94.0    100.0     98.3    100.0    100.0
                                 78/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                            稼働率(%)(注3)
             地域       用途
     物件番号                       物件名称
            (注1)       (注2)
                                       第23期    第24期    第25期    第26期    第27期
      O-75      4大都市       事務所     いちご博多ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-76      4大都市       事務所     いちご錦ファーストビル                100.0    100.0     89.7    89.7    100.0
      O-77     その他首都圏        事務所     いちご池之端ビル                100.0     89.0    100.0    100.0    100.0
      O-78     その他首都圏        事務所     いちご池袋イーストビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-79      都心6区       事務所     いちご元麻布ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-80     その他首都圏        事務所     いちご大塚ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-81      4大都市       事務所     いちご名古屋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-82      4大都市       事務所     いちご伏見ビル                 92.8    96.7    94.8    87.9    94.6
      O-83      4大都市       事務所     いちご錦ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-84      4大都市       事務所     いちご南森町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-85      都心6区       事務所     いちご渋谷宇田川町ビル                 89.1    89.1    100.0    100.0    100.0
      O-86      都心6区       事務所     ウィン五反田ビル                  -  100.0    100.0    100.0    100.0
      O-87     その他首都圏        事務所     いちご本郷ビル                  -  100.0    100.0    100.0    100.0
      O-88      都心6区       事務所     大井町センタービル                  -  100.0    100.0    100.0    100.0
      O-89      都心6区       事務所     ウィン第2五反田ビル                  -    -    -  100.0    100.0
      O-90      都心6区       事務所     MIFビル                  -    -    -   88.3    100.0
      O-91      4大都市       事務所     いちご内本町ビル                  -    -    -   96.3    90.7
      O-92     その他首都圏        事務所     いちご南大塚ビル                  -    -    -    -  100.0
      O-93      都心6区       事務所     いちご乃木坂ビル                  -    -    -    -  100.0
      O-94      4大都市       事務所     いちご博多イーストビル                  -    -    -    -    -
      O-95     その他首都圏        事務所     いちご中目黒ビル                  -    -    -    -    -
      O-96     その他首都圏        事務所     いちご立川ビル                  -    -    -    -    -
      Z-09    その他主要都市         その他     フチュール和泉                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      Z-10      都心6区       その他     いちご渋谷文化村通りビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                       トワイシア横濱磯子
      Z-11     その他首都圏        その他                     100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                       (商業区画)
      Z-14     その他首都圏        その他     いちご蒲田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                    合計                    98.6    98.1    99.0    99.2    99.3
                                 79/217









                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                            稼働率(%)(注3)
            地域       用途
     物件番号                       物件名称
           (注1)       (注2)
                                       第28期    第29期    第30期    第31期    第32期
      O-02      都心6区       事務所     いちご西参道ビル                100.0     99.1    87.0    100.0    100.0
      O-03      都心6区       事務所     いちご三田ビル                100.0    100.0    100.0     89.5    89.5
      O-04      都心6区       事務所     いちご南平台ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-05      都心6区       事務所     いちご半蔵門ビル                100.0    100.0    100.0     92.5    92.5
      O-06      都心6区       事務所     いちご聖坂ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-07      都心6区       事務所     いちご渋谷神山町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-08      都心6区       事務所     いちご赤坂五丁目ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-09      都心6区       事務所     いちご芝公園ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-10      都心6区       事務所     いちご恵比寿西ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-11      都心6区       事務所     いちご銀座612ビル                100.0    100.0     93.3    91.3    93.5
      O-12      都心6区       事務所     いちご内神田ビル                100.0    100.0     89.8    100.0    100.0
      O-14      都心6区       事務所     いちご四谷四丁目ビル                100.0    100.0     90.9    100.0    100.0
      O-15      都心6区       事務所     いちご溜池ビル                100.0    100.0     82.8    63.4    82.8
      O-16      都心6区       事務所     いちご神保町ビル                100.0     92.6    92.6    92.6    92.6
      O-17      都心6区       事務所     いちご箱崎ビル                100.0    100.0    100.0     88.0    88.0
      O-18      都心6区       事務所     いちご九段二丁目ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-19      都心6区       事務所     いちご九段三丁目ビル                100.0    100.0    100.0     81.0    81.0
      O-20      都心6区       事務所     いちご五反田ビル                100.0    100.0    100.0     95.3    100.0
      O-21     その他首都圏        事務所     いちご新横浜ビル                 97.7    97.7    97.7    97.7    97.7
      O-22     その他首都圏        事務所     いちご南池袋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-23     その他首都圏        事務所     いちご中野ノースビル                100.0    100.0    100.0    100.0     91.9
      O-24     その他首都圏        事務所     いちご永代ビル                100.0    100.0     93.2    100.0    100.0
      O-26     その他首都圏        事務所     いちご池尻ビル                100.0    100.0    100.0     91.1    100.0
      O-27     その他首都圏        事務所     いちご西池袋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-28      都心6区       事務所     いちご西五反田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0     77.8
      O-29     その他首都圏        事務所     いちご吉祥寺ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-34      4大都市       事務所     いちご栄ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-37      4大都市       事務所     いちご丸の内ビル                100.0    100.0     85.1    100.0    100.0
      O-38    その他主要都市         事務所     いちご富山駅西ビル                 99.1    99.1    100.0     98.9    100.0
      O-39    その他主要都市         事務所     いちご・みらい信金ビル                 95.4    95.8    95.8    92.2    95.8
      O-42    その他主要都市         事務所     いちご高松ビル                100.0    100.0     98.7    98.7    98.6
      O-46      都心6区       事務所     いちご神田錦町ビル                 89.7    100.0    100.0     69.2    69.2
      O-47      都心6区       事務所     いちご秋葉原ノースビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-48      4大都市       事務所     いちご堺筋本町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-49      都心6区       事務所     いちご神田小川町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-50      都心6区       事務所     いちご八丁堀ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-51      都心6区       事務所     いちご恵比寿グリーングラス                100.0    100.0    100.0     80.8    80.8
      O-52      都心6区       事務所     いちご大森ビル                 95.2    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-53      都心6区       事務所     いちご高田馬場ビル                100.0    100.0    100.0     84.5    100.0
      O-54     その他首都圏        事務所     いちご大宮ビル                100.0     97.5    100.0    100.0    100.0
      O-55     その他首都圏        事務所     いちご相模原ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-56     その他首都圏        事務所     いちご大船ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-57    その他主要都市         事務所     いちご仙台イーストビル                 97.6    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-58    その他主要都市         事務所     いちご熊本ビル                 96.8    99.0    94.1    98.4    100.0
      O-59      都心6区       事務所     いちご神宮前ビル                100.0    100.0     89.5    97.1    97.1
      O-60      都心6区       事務所     いちご渋谷道玄坂ビル                100.0    100.0     88.1    88.1    100.0
                                 80/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                            稼働率(%)(注3)
            地域       用途
     物件番号                       物件名称
           (注1)       (注2)
                                       第28期    第29期    第30期    第31期    第32期
      O-61      都心6区       事務所     いちご広尾ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-62      都心6区       事務所     いちご笹塚ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-63      都心6区       事務所     いちご日本橋イーストビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-64      都心6区       事務所     いちご桜橋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-65      都心6区       事務所     いちご新川ビル                100.0    100.0     68.8    90.2    76.8
      O-66      都心6区       事務所     いちご九段ビル                 98.2    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-67      都心6区       事務所     いちご東五反田ビル                100.0    100.0     94.3    95.5    100.0
      O-68      都心6区       事務所     アクシオール三田                100.0    100.0    100.0    100.0     90.0
      O-69     その他首都圏        事務所     いちご東池袋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                       郡山ビッグアイ
      O-70    その他主要都市         事務所                     100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                       (オフィス区画)
      O-71     その他首都圏        事務所     いちご川崎ビル                100.0     98.1    100.0     93.2    80.7
      O-72      都心6区       事務所     いちご渋谷イーストビル                100.0    100.0     84.1    100.0    100.0
      O-73      都心6区       事務所     いちご人形町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-74      4大都市       事務所     いちご西本町ビル                100.0    100.0    100.0     98.7    98.2
      O-75      4大都市       事務所     いちご博多ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-76      4大都市       事務所     いちご錦ファーストビル                100.0    100.0     82.1    100.0    100.0
      O-77     その他首都圏        事務所     いちご池之端ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-78     その他首都圏        事務所     いちご池袋イーストビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-79      都心6区       事務所     いちご元麻布ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-80     その他首都圏        事務所     いちご大塚ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-81      4大都市       事務所     いちご名古屋ビル                100.0    100.0    100.0    100.0     92.8
      O-82      4大都市       事務所     いちご伏見ビル                 96.7    96.7    95.7    94.8    95.7
      O-83      4大都市       事務所     いちご錦ビル                100.0    100.0     94.3    97.0    100.0
      O-84      4大都市       事務所     いちご南森町ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-85      都心6区       事務所     いちご渋谷宇田川町ビル                100.0    100.0    100.0     67.3    78.2
      O-86      都心6区       事務所     ウィン五反田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-87     その他首都圏        事務所     いちご本郷ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-88      都心6区       事務所     大井町センタービル                100.0    100.0    100.0    100.0     86.6
      O-89      都心6区       事務所     ウィン第2五反田ビル                100.0    100.0    100.0     88.7    83.1
      O-90      都心6区       事務所     MIFビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-91      4大都市       事務所     いちご内本町ビル                 94.2    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-92     その他首都圏        事務所     いちご南大塚ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-93      都心6区       事務所     いちご乃木坂ビル                 87.5    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-94      4大都市       事務所     いちご博多イーストビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
      O-95     その他首都圏        事務所     いちご中目黒ビル                  -  100.0     90.0    100.0    100.0
      O-96     その他首都圏        事務所     いちご立川ビル                  -    -    -   95.7    85.1
      Z-09    その他主要都市         その他     フチュール和泉                100.0    100.0    100.0    100.0      -
      Z-10      都心6区       その他     いちご渋谷文化村通りビル                100.0    100.0    100.0    100.0     88.5
                       トワイシア横濱磯子
      Z-11     その他首都圏        その他                     100.0    100.0     80.8    80.8    80.8
                       (商業区画)
      Z-14     その他首都圏        その他     いちご蒲田ビル                100.0    100.0    100.0    100.0    100.0
                    合計                    99.4    99.6    97.5    97.2    95.4
    (注1)地域は、前記「2             投資方針     (1)投資方針        ③ポートフォリオ構築方針             (イ)投資対象地域」に基づいて記載
         しています。
    (注2)用途は、前記「2             投資方針     (1)投資方針        ③ポートフォリオ構築方針             (ロ)用途区分」に基づいて記載して
         います。
                                 81/217

                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (注3)稼働率は、期末時点の個々の保有不動産等の賃貸可能面積に占める賃貸面積の割合を記載しており、小数点第2
         位を四捨五入して記載しています。
                                 82/217




















                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ハ)保有不動産の期末評価額、期末帳簿価額、投資比率及び担保提供の状況
                                                 (2021年10月31日現在)
                                           期末      期末     投資
                                                         担保
     物件                                     評価額     帳簿価額      比率    状況
           物件名称             所在地           所有形態
     番号                                    (百万円)     (百万円)     (%)
                                          (注1)     (注2)     (注3)
        いちご西参道ビル           東京都渋谷区代々木三丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-02                                      3,230     3,333     1.6
        いちご三田ビル           東京都港区芝五丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-03                                      3,580     2,709     1.3
        いちご南平台ビル           東京都渋谷区南平台町              不動産信託受益権                       無担保
     O-04                                      2,520     1,900     0.9
        いちご半蔵門ビル           東京都千代田区隼町              不動産信託受益権                       無担保
     O-05                                      1,940     1,505     0.7
        いちご聖坂ビル           東京都港区三田三丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-06                                      1,480     1,203     0.6
     O-07   いちご渋谷神山町ビル           東京都渋谷区神山町              不動産          1,890     1,343     0.7   無担保
     O-08   いちご赤坂五丁目ビル           東京都港区赤坂五丁目              不動産           878     729    0.4   無担保
     O-09   いちご芝公園ビル           東京都港区芝三丁目              不動産          1,250     1,100     0.5   無担保
     O-10   いちご恵比寿西ビル           東京都渋谷区恵比寿西二丁目              不動産          2,510     1,918     0.9   無担保
     O-11   いちご銀座612ビル           東京都中央区銀座六丁目              不動産信託受益権          2,110     1,800     0.9   無担保
     O-12   いちご内神田ビル           東京都千代田区内神田三丁目              不動産          1,350     1,113     0.5   無担保
     O-14   いちご四谷四丁目ビル           東京都新宿区四谷四丁目              不動産信託受益権           570     502    0.2   無担保
     O-15   いちご溜池ビル           東京都港区赤坂二丁目              不動産           722     508    0.3   無担保
     O-16   いちご神保町ビル           東京都千代田区神田神保町一丁目              不動産信託受益権          2,300     1,797     0.9   無担保
     O-17   いちご箱崎ビル           東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目              不動産信託受益権          1,170     1,137     0.6   無担保
     O-18   いちご九段二丁目ビル           東京都千代田区九段南二丁目              不動産信託受益権           929     723    0.4   無担保
     O-19   いちご九段三丁目ビル           東京都千代田区九段南三丁目              不動産信託受益権           905     809    0.4   無担保
     O-20   いちご五反田ビル           東京都品川区東五反田一丁目              不動産信託受益権          6,350     4,787     2.4   無担保
     O-21   いちご新横浜ビル           神奈川県横浜市港北区新横浜三丁目              不動産信託受益権          1,700     1,661     0.8   無担保
     O-22   いちご南池袋ビル           東京都豊島区南池袋二丁目              不動産信託受益権          1,840     1,347     0.7   無担保
     O-23   いちご中野ノースビル           東京都中野区新井一丁目              不動産信託受益権           948     719    0.4   無担保
     O-24   いちご永代ビル           東京都江東区永代二丁目              不動産          1,470     1,434     0.7   無担保
     O-26   いちご池尻ビル           東京都目黒区大橋二丁目              不動産          2,320     1,951     1.0   無担保
     O-27   いちご西池袋ビル           東京都豊島区池袋二丁目              不動産           995     592    0.3   無担保
     O-28   いちご西五反田ビル           東京都品川区西五反田三丁目              不動産信託受益権           876     751    0.4   無担保
     O-29   いちご吉祥寺ビル           東京都武蔵野市吉祥寺本町二丁目              不動産信託受益権          2,800     2,164     1.1   無担保
     O-34   いちご栄ビル           愛知県名古屋市中区栄三丁目              不動産          6,290     4,681     2.3   無担保
     O-37   いちご丸の内ビル           愛知県名古屋市中区丸の内三丁目              不動産          7,540     5,584     2.8   無担保
     O-38   いちご富山駅西ビル           富山県富山市神通本町一丁目              不動産信託受益権          1,820     1,470     0.7   無担保
     O-39   いちご・みらい信金ビル           大分県大分市荷揚町、都町一丁目              不動産信託受益権          1,320     1,136     0.6   無担保
     O-42   いちご高松ビル           香川県高松市寿町二丁目              不動産信託受益権          3,790     2,159     1.1   無担保
     O-46   いちご神田錦町ビル           東京都千代田区神田錦町一丁目              不動産信託受益権          3,320     2,000     1.0   無担保
     O-47   いちご秋葉原ノースビル           東京都千代田区外神田六丁目              不動産信託受益権          7,840     5,495     2.7   無担保
     O-48   いちご堺筋本町ビル           大阪府大阪市中央区本町一丁目              不動産信託受益権          2,410     1,725     0.9   無担保
     O-49   いちご神田小川町ビル           東京都千代田区神田小川町二丁目              不動産信託受益権          2,540     2,190     1.1   無担保
     O-50   いちご八丁堀ビル           東京都中央区新富一丁目              不動産信託受益権          2,720     1,756     0.9   無担保
        いちご恵比寿グリーングラ
                   東京都渋谷区恵比寿南三丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-51                                      7,530     5,776     2.9
        ス
     O-52   いちご大森ビル           東京都品川区南大井六丁目              不動産信託受益権          4,470     3,782     1.9   無担保
     O-53   いちご高田馬場ビル           東京都新宿区高田馬場一丁目              不動産信託受益権          1,920     1,586     0.8   無担保
     O-54   いちご大宮ビル           埼玉県さいたま市大宮区宮町二丁目              不動産信託受益権          4,190     3,552     1.8   無担保
                   神奈川県相模原市中央区相模原
     O-55   いちご相模原ビル                          不動産信託受益権          1,280     1,213     0.6   無担保
                   五丁目
                                 83/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           期末      期末     投資    担保
                                          評価額     帳簿価額      比率
     物件                                                    状況
           物件名称             所在地           所有形態
     番号                                    (百万円)     (百万円)     (%)
                                          (注1)     (注2)     (注3)
     O-56   いちご大船ビル           神奈川県鎌倉市大船一丁目              不動産信託受益権          2,620     1,941     1.0   無担保
     O-57   いちご仙台イーストビル           宮城県仙台市宮城野区宮城野一丁目              不動産信託受益権          2,140     1,589     0.8   無担保
     O-58   いちご熊本ビル           熊本県熊本市中央区辛島町              不動産信託受益権          1,600     1,520     0.8   無担保
     O-59   いちご神宮前ビル           東京都渋谷区神宮前六丁目              不動産信託受益権          8,270     7,414     3.7   無担保
     O-60   いちご渋谷道玄坂ビル           東京都渋谷区円山町              不動産信託受益権          5,300     3,682     1.8   無担保
     O-61   いちご広尾ビル           東京都渋谷区広尾五丁目              不動産信託受益権          4,680     3,994     2.0   無担保
     O-62   いちご笹塚ビル           東京都渋谷区笹塚二丁目              不動産信託受益権          5,900     4,898     2.4   無担保
     O-63   いちご日本橋イーストビル           東京都中央区日本橋馬喰町二丁目              不動産信託受益権          5,620     4,399     2.2   無担保
     O-64   いちご桜橋ビル           東京都中央区八丁堀四丁目              不動産信託受益権          3,090     2,549     1.3   無担保
     O-65   いちご新川ビル           東京都中央区新川二丁目              不動産信託受益権          3,010     2,397     1.2   無担保
     O-66   いちご九段ビル           東京都千代田区神田神保町二丁目              不動産信託受益権          3,610     3,228     1.6   無担保
     O-67   いちご東五反田ビル           東京都品川区東五反田一丁目              不動産信託受益権          4,320     3,641     1.8   無担保
        アクシオール三田           東京都港区三田三丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-68                                      2,300     1,714     0.8
        いちご東池袋ビル           東京都豊島区東池袋一丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-69                                      5,360     4,608     2.3
        郡山ビッグアイ
                   福島県郡山市駅前二丁目              不動産信託受益権                       無担保
     O-70                                      2,120     1,470     0.7
        (オフィス区画)
     O-71   いちご川崎ビル           神奈川県川崎市川崎区東田町              不動産信託受益権          2,220     1,816     0.9   無担保
     O-72   いちご渋谷イーストビル           東京都渋谷区東一丁目              不動産信託受益権          1,550     1,381     0.7   無担保
     O-73   いちご人形町ビル           東京都中央区日本橋堀留町一丁目              不動産信託受益権          1,550     1,479     0.7   無担保
     O-74   いちご西本町ビル           大阪府大阪市西区阿波座二丁目              不動産信託受益権          2,500     2,199     1.1   無担保
     O-75   いちご博多ビル           福岡県福岡市博多区祇園町              不動産信託受益権          1,530     1,360     0.7   無担保
     O-76   いちご錦ファーストビル           愛知県名古屋市中区錦一丁目              不動産信託受益権          2,170     1,960     1.0   無担保
     O-77   いちご池之端ビル           東京都台東区池之端一丁目              不動産信託受益権          5,340     5,125     2.5   無担保
     O-78   いちご池袋イーストビル           東京都豊島区東池袋二丁目              不動産信託受益権          3,320     2,993     1.5   無担保
     O-79   いちご元麻布ビル           東京都港区元麻布三丁目              不動産信託受益権          2,350     1,914     0.9   無担保
     O-80   いちご大塚ビル           東京都豊島区南大塚三丁目              不動産信託受益権          2,990     2,752     1.4   無担保
     O-81   いちご名古屋ビル           愛知県名古屋市中村区名駅四丁目              不動産信託受益権          3,910     3,493     1.7   無担保
     O-82   いちご伏見ビル           愛知県名古屋市中区錦一丁目              不動産信託受益権          2,530     2,330     1.2   無担保
     O-83   いちご錦ビル           愛知県名古屋市中区錦一丁目              不動産信託受益権          1,470     1,289     0.6   無担保
     O-84   いちご南森町ビル           大阪府大阪市北区松ケ枝町              不動産信託受益権          1,240     1,046     0.5   無担保
     O-85   いちご渋谷宇田川町ビル           東京都渋谷区宇田川町              不動産信託受益権          4,180     3,564     1.8   無担保
     O-86   ウィン五反田ビル           東京都品川区西五反田一丁目              不動産信託受益権          3,350     3,108     1.5   無担保
     O-87   いちご本郷ビル           東京都文京区本郷五丁目              不動産信託受益権          2,650     2,304     1.1   無担保
     O-88   大井町センタービル           東京都品川区大井一丁目              不動産信託受益権          1,950     1,700     0.8   無担保
     O-89   ウィン第2五反田ビル           東京都品川区大崎四丁目              不動産信託受益権          3,510     3,287     1.6   無担保
     O-90   MIFビル           東京都千代田区内神田一丁目              不動産信託受益権          2,330     2,192     1.1   無担保
     O-91   いちご内本町ビル           大阪府大阪市中央区内本町一丁目              不動産信託受益権          2,180     2,003     1.0   無担保
     O-92   いちご南大塚ビル           東京都豊島区南大塚三丁目              不動産信託受益権          3,200     2,849     1.4   無担保
     O-93   いちご乃木坂ビル           東京都港区赤坂八丁目              不動産信託受益権          3,630     3,517     1.7   無担保
     O-94   いちご博多イーストビル           福岡県福岡市博多区博多駅東一丁目              不動産信託受益権          2,480     2,278     1.1   無担保
     O-95   いちご中目黒ビル           東京都目黒区青葉台二丁目              不動産信託受益権          1,630     1,555     0.8   無担保
     O-96   いちご立川ビル           東京都立川市曙町一丁目              不動産信託受益権          4,010     3,843     1.9   無担保
     Z-09   フチュール和泉           大阪府和泉市府中町一丁目              不動産信託受益権           608    1,024     0.5   無担保
        いちご渋谷文化村通りビル           東京都渋谷区宇田川町              不動産信託受益権                       無担保
     Z-10                                      3,040     2,452     1.2
                                 84/217


                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                           期末      期末     投資    担保
                                          評価額     帳簿価額      比率
     物件                                                    状況
           物件名称             所在地           所有形態
     番号                                    (百万円)     (百万円)     (%)
                                          (注1)     (注2)     (注3)
        トワイシア横濱磯子
     Z-11              神奈川県横浜市磯子区森一丁目              不動産信託受益権          1,500     1,456     0.7   無担保
        (商業区画)
     Z-14   いちご蒲田ビル           東京都大田区西蒲田八丁目              不動産信託受益権          1,530     1,446     0.7   無担保
                      合計                     244,001     202,436     100.0     ―
    (注1)期末評価額は、本投資法人の規約に定める資産評価の方法及び基準並びに一般社団法人投資信託協会の定める規
         則に基づき、一般財団法人日本不動産研究所、大和不動産鑑定株式会社、株式会社谷澤総合鑑定所及び株式会社
         立地評価研究所の不動産鑑定士による鑑定評価額を記載しています。
    (注2)期末帳簿価額には、建設仮勘定及び信託建設仮勘定は含めていません。
    (注3)投資比率は、期末帳簿価額の総額に対する不動産又は信託受益権の期末帳簿価額の比率をいい、小数点第2位を
         四捨五入して記載しています。
        (ニ)主要な不動産の物件の概要

          本投資法人の保有に係る不動産等資産の内、2021年10月31日現在の総賃料収入の合計額の10%以上を占める
         物件はありません。
        (ホ)主要なテナントの概要

          2021年10月31日現在において、全賃貸面積の10%以上を占めるテナントはありません。
                                 85/217













                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        (ヘ)個別不動産及び個別信託不動産等の概要
          本投資法人が当期末(2021年10月31日)現在保有する個別の投資不動産の概要は、以下のとおりです。な
         お、記載事項に関する説明は以下のとおりです。
         ・「取得価格」は、本投資法人が取得済みの各不動産又は各信託受益権の売買金額(消費税等相当額を除きま
          す。)を記載しています。ただし、本合併により取得した物件(O-02 いちご西参道ビルからO-42 い
          ちご高松ビルまでの31物件)については、2011年10月31日付の鑑定評価額を記載しています。
         ・「所在地」は、住居表示(住居表示が実施されていない場合は、地番)を記載しています。
         ・土地及び建物の「所有形態」には、不動産に関して本投資法人が保有する権利の種類又は信託不動産に関し
          て不動産信託の受託者が保有する権利の種類を記載しています。
         ・土地の「面積」は、登記簿上表示されている地積を記載しています。
         ・土地の「用途地域」は、都市計画法第8条第1項第1号に掲げる用途地域の種類を記載しています。
         ・土地の「建ぺい率」は、建築基準法第53条第1項に定める、建築物の建築面積の敷地面積に対する割合で
          あって、用途地域等に応じて都市計画で定められる数値を記載しています。
         ・土地の「容積率」は、建築基準法第52条に定める、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合であって、用
          途地域等に応じて都市計画で定められる数値を記載しています。なお、当該物件が複数の容積率の指定を受
          けている場合には、該当する複数の容積率を記載しています。
         ・建物の「用途」は、登記簿上表示されている種類のうち、主要なものを記載しています。
         ・建物の「延床面積」は、登記簿上表示されている床面積の合計を記載しています。
         ・建物の「構造・階数」は、登記簿上表示されている構造を記載しています。なお、「構造・階数」欄の記載
          の略称は、それぞれ次を表します。
          RC造:鉄筋コンクリート造、SRC造:鉄骨鉄筋コンクリート造、S造:鉄骨造、F:階、B:地下
         ・建物の「建築時期」は、登記簿上表示されている新築年月日を記載しています。
         ・「PM会社」は、2021年10月31日現在における、各不動産及び信託不動産についてプロパティ・マネジメン
          ト業務を委託しているPM会社を記載しています。
         ・「ML会社」は、2021年10月31日現在における、各不動産及び信託不動産についてマスターリース契約を締
          結しているML会社を記載しています。
         ・「ML種別」は、エンドテナントとの間の転貸借契約に基づく賃料と同額をML会社が支払うマスターリー
          ス契約が締結されているものについて「パス・スルー」と記載しています。
         ・「特記事項」は、各不動産及び信託不動産の権利関係や利用等及び評価額、収益性、処分性への影響度を考
          慮して重要と考えられる事項を記載しています。
                                 86/217











                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    O-02 いちご西参道ビル
     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格          3,254百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都渋谷区代々木三丁目28番6号、7号
     土地          所有形態          所有権
               面積          2,106.52㎡
               用途地域          第2種住居地域、第2種中高層住居専用地域
               建ぺい率/容積率          60%/400%、60%/300%
     建物          所有形態          所有権
               用途          ①事務所、駐車場 ②事務所
               延床面積          ①6,016.28㎡ ②456.93㎡
               構造・階数          ①SRC造 B1F/8F ②RC造 2F
               建築時期          1988年10月19日
     信託受託者          三井住友信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          株式会社立地評価研究所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          本物件に設置された土留擁壁が東側隣地(地番28番3)内に越境しています。かかる越境に関
               して、当該隣地所有者との間で、将来土留擁壁の作り替え等を行う場合には、本物件所有者の
               責任と負担において越境物を撤去し、越境状態を解消すること等を内容とする覚書が存在しま
               す。
    O-03 いちご三田ビル

     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格           2,740百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都港区芝五丁目13番18号
     土地          所有形態          所有権
               面積          912.22㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/600%
     建物          所有形態          所有権
               用途          ①事務所、店舗、車庫 ②倉庫
               延床面積          ①5,346.17㎡ ②31.04㎡
                          ①SRC/RC造 B1F/9F ②S造                    2F
               構造・階数
               建築時期          ①1982年7月9日(1998年1月30日増築) ②2005年12月20日
     信託受託者          三井住友信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          株式会社立地評価研究所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          該当事項はありません。
                                 87/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    O-04 いちご南平台ビル
     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格           1,920百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都渋谷区南平台町1番10号
     土地          所有形態          所有権
               面積          434.96㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/800%、80%/500%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所、店舗、駐車場
               延床面積          3,008.95㎡
               構造・階数          S/RC造 B1F/10F
               建築時期          1993年7月16日
     信託受託者          みずほ信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          株式会社谷澤総合鑑定所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          いちごオフィスリート投資法人
     ML種別          パス・スルー
     特記事項          該当事項はありません。
    O-05 いちご半蔵門ビル

     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格           1,550百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都千代田区隼町2番19号
     土地          所有形態          所有権
               面積          492.39㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/600%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所、倉庫、車庫
               延床面積          2,509.35㎡
               構造・階数          SRC造 B1F/8F
               建築時期          1991年1月10日
     信託受託者          三井住友信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          株式会社谷澤総合鑑定所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          本物件に設置されたマンホール等が、西側隣地(地番1番6)内に越境しています。かかる越
               境に関して、当該隣地所有者との間で、将来本件建物の建替又は解体等を行う場合には、境界
               線内に築造又は移設すること等を内容とする合意がなされています。
                                 88/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    O-06 いちご聖坂ビル
     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格          1,200百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都港区三田三丁目4番2号
     土地          所有形態          所有権
               面積          557.63㎡
               用途地域          商業地域、第1種住居地域
               建ぺい率/容積率          80%/500%、60%/300%
     建物          所有形態          所有権(区分所有持分100%)
               用途          事務所、店舗、駐車場
               延床面積          2,452.66㎡
               構造・階数          RC造 7F
               建築時期          1982年3月31日
     信託受託者          みずほ信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          大和不動産鑑定株式会社
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          いちごオフィスリート投資法人
     ML種別          パス・スルー
               本物件北西側道路は都市計画道路(1946年4月25日決定)の対象となっています。当該計画が
     特記事項
               実施された場合の本件土地の後退概算面積は約40㎡であり、この場合、本件建物は、容積、高
               さ超過等について既存不適格建築物となる可能性があります。
    O-07 いちご渋谷神山町ビル

     特定資産の種類          不動産
     取得価格          1,505百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都渋谷区神山町7番10号
     土地          所有形態          所有権
               敷地面積          497.95㎡
               用途地域          近隣商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/300%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所
               延床面積          1,524.95㎡
               構造・階数          S造 B1F/5F
               建築時期          2006年3月15日
     鑑定評価会社          株式会社立地評価研究所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          該当事項はありません。
                                 89/217






                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    O-08 いちご赤坂五丁目ビル
     特定資産の種類          不動産
     取得価格          735百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都港区赤坂五丁目4番9号
     土地          所有形態          所有権
               敷地面積          119.16㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/600%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所、店舗
               延床面積          791.97㎡
               構造・階数          SRC造 B1F/8F
               建築時期          1988年5月17日
     鑑定評価会社          一般財団法人日本不動産研究所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          該当事項はありません。
    O-09 いちご芝公園ビル

     特定資産の種類          不動産
     取得価格          1,100百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都港区芝三丁目12番1号
     土地          所有形態          所有権
               敷地面積          396.71㎡
               用途地域          商業地域、近隣商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/500%、80%/400%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所、給油所
               延床面積          1,695.68㎡
               構造・階数          S/SRC造 8F
               建築時期          1993年1月11日
     鑑定評価会社          大和不動産鑑定株式会社
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項
               本件建物の一部及び本物件敷地内南西側に設置されたマンホール並びに本物件南西側に設置さ
               れたネットフェンスが西側道路に越境しています。かかる越境は本建物の竣工後における官民
               境界の再確定が行われたことに起因するものです。本件について、現在の建物が存在している
               間は是正する必要が無い事を行政との間で確認しています。
                                 90/217






                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    O-10 いちご恵比寿西ビル
     特定資産の種類          不動産
     取得価格          1,917百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都渋谷区恵比寿西二丁目7番3号
     土地          所有形態          所有権
               面積          350.21㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/500%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所、駐車場
               延床面積          2,047.32㎡
               構造・階数          SRC造 B1F/9F
               建築時期          1992年6月10日
     鑑定評価会社          株式会社立地評価研究所
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          1.隣地との境界確定が一部未了です。
               2.北側隣地(地番7番4)及び西側隣地(地番7番10、7番11)との境界付近に存在する塀
                  及びブロック等は、それぞれの隣地所有者との間で相互に越境している可能性がありま
                  す。
    O-11 いちご銀座612ビル

     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格          1,773百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都中央区銀座六丁目12番15号
     土地          所有形態          所有権
               面積          236.09㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/700%
     建物          所有形態          所有権
               用途          店舗、事務所
               延床面積          1,601.97㎡
               構造・階数          SRC/RC造 B1F/7F
               建築時期          1982年3月27日
     信託受託者          みずほ信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          株式会社立地評価研究所
     PM会社          株式会社スペーストラスト
     ML会社          いちごオフィスリート投資法人
     ML種別          パス・スルー
     特記事項          該当事項はありません。
                                 91/217





                                                          EDINET提出書類
                                                 いちごオフィスリート投資法人(E14150)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    O-12 いちご内神田ビル
     特定資産の種類          不動産
     取得価格          1,140百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都千代田区内神田三丁目2番8号
     土地          所有形態          所有権
               面積          201.54㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/800%、80%/600%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所
               延床面積          1,571.77㎡
               構造・階数          SRC造 B1F/10F
               建築時期          1989年10月31日
     鑑定評価会社          大和不動産鑑定株式会社
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          ―
     ML種別          ―
     特記事項          該当事項はありません。
    O-14 いちご四谷四丁目ビル

     特定資産の種類          不動産信託受益権
     取得価格          550百万円
     取得年月日          2011年11月1日
     所在地          東京都新宿区四谷四丁目3番地20号
     土地          所有形態          所有権
               面積          123.79㎡
               用途地域          商業地域
               建ぺい率/容積率          80%/700%
     建物          所有形態          所有権
               用途          事務所、共同住宅、店舗
               延床面積          868.47㎡
               構造・階数          S造 11F
               建築時期          2006年10月4日
     信託受託者          みずほ信託銀行株式会社
     鑑定評価会社          大和不動産鑑定株式会社
     PM会社          株式会社第一ビルデイング
     ML会社          いちごオフィスリート投資法人
     ML種別          パス・スルー
     特記事項          本件土地には、鉛の土壌含有量が基準値を超える濃度で検出されていますが、土壌汚染対策法
               に基づいたコンクリート舗装措置を実施しています。
                                 92/217






                                                          EDINET提出書類
                  &nbs