エイケン工業株式会社 有価証券報告書 第53期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)

提出書類 有価証券報告書-第53期(令和2年11月1日-令和3年10月31日)
提出日
提出者 エイケン工業株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     東海財務局長

    【提出日】                     2022年1月27日

    【事業年度】                     第53期(自 2020年11月1日 至 2021年10月31日)

    【会社名】                     エイケン工業株式会社

                         EIKEN   INDUSTRIES      CO.,LTD.

    【英訳名】
    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  早 馬  義 光

    【本店の所在の場所】                     静岡県御前崎市門屋1370番地

    【電話番号】                     (0537)86-3105(代表)

    【事務連絡者氏名】                     専務取締役  池 田  文 明

    【最寄りの連絡場所】                     静岡県御前崎市門屋1370番地

    【電話番号】                     (0537)86-3105(代表)

    【事務連絡者氏名】                     専務取締役  池 田  文 明

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/80









                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第一部 【企業情報】
    第1 【企業の概況】

    1 【主要な経営指標等の推移】

           回次           第49期       第50期       第51期       第52期       第53期

          決算年月           2017年10月       2018年10月       2019年10月       2020年10月       2021年10月

    売上高            (千円)     5,676,723       5,957,236       5,947,841       5,387,686       6,802,846
    経常利益            (千円)      511,384       523,658       485,597       265,124       591,420
    当期純利益            (千円)      364,075       387,104       368,878       227,139       424,600
    持分法を適用した場合
                (千円)         ―       ―       ―       ―       ―
    の投資利益
    資本金            (千円)      601,800       601,800       601,800       601,800       601,800
    発行済株式総数            (株)     6,200,000       1,240,000       1,240,000       1,240,000       1,240,000
    純資産額            (千円)     4,546,637       4,830,246       5,072,382       5,192,307       5,493,898
    総資産額            (千円)     6,089,507       6,501,002       6,665,933       6,681,624       7,138,709
    1株当たり純資産額            (円)     4,516.61       4,779.48       4,996.33       5,091.51       5,477.11
    1株当たり配当額
                 (円)
                        25.00       100.00       100.00       110.00       140.00
    (1株当たり
                         ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)       ( ―)
                 (円)
    中間配当額)
    1株当たり
                 (円)      362.05       383.59       363.95       223.09       420.94
    当期純利益金額
    潜在株式調整後
    1株当たり            (円)         ―       ―       ―       ―       ―
    当期純利益金額
    自己資本比率            (%)        74.6       74.3       76.1       77.7       77.0
    自己資本利益率            (%)        8.3       8.3       7.5       4.4       7.9
    株価収益率            (倍)        11.2        7.2       7.2       10.4        7.8
    配当性向            (%)        34.5       26.1       27.5       49.3       33.3
    営業活動による
                (千円)      549,042       617,957       578,169       455,257       520,178
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (千円)     △ 532,830      △ 726,993      △ 339,688      △ 257,703      △ 293,462
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (千円)       35,067       211,862      △ 203,639      △ 105,753      △ 303,106
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                (千円)      436,617       539,450       574,069       665,651       589,723
    の期末残高
    従業員数            (名)        221       239       241       240       239
                        188.7
    株主総利回り            (%)              134.3       132.3       124.6       174.3
    (比較指標:配当込み            (%)      ( 129.4   )    ( 123.3   )    ( 128.0   )    ( 124.3   )    ( 160.8   )
    TOPIX)
                               3,750
    最高株価            (円)        960              3,110       3,075       4,480
                               (836)
                               2,730
    最低株価            (円)        417              2,020       1,880       2,146
                               (634)
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
       3 持分法を適用した場合の投資利益については、非連結子会社及び関連会社がありますが、利益基準及び利益
         剰余金基準において重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       4 従業員数は、就業人員数であります。
       5 第49期の1株当たり配当額25円のうち7円は創立50周年記念配当であります。 
       6 当社は、2018年5月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第49期の期首に
         当該株式併合が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額を算定しておりま
         す。
       7 最高株価及び最低株価は東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)におけるものであります。
       8 当社は、2018年5月1日付で普通株式5株につき1株の割合で株式併合を行っております。第50期の株価に
         ついては株式併合後の最高・最低株価を記載し、()内に株式併合前の最高・最低株価を記載しておりま
         す。
       9 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第51期の期首
         から適用しており、当該会計基準等を遡って適用した後の指標等となっております。
                                 2/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      1969年2月        エーケン工業株式会社を神奈川県中郡伊勢原町に設立。自動車用フィルターの製造販売を開
              始。
      1971年10月        静岡県小笠郡浜岡町に浜岡工場を新設。
      1972年3月        本社を静岡県小笠郡浜岡町に移転。
      1972年7月        エイケン工業株式会社に商号変更。
      1973年3月        プレス工場増設(大型プレスラインの設置)。
      1973年4月        神奈川県伊勢原市に東部エイケン株式会社を設立。
      1973年9月        日本エレメント株式会社を買収(1980年3月、コーシン工業株式会社に商号変更)。
      1976年1月        ガス機器の製造を開始。
      1976年4月        静岡県静岡市に株式会社エイケンを設立。
      1978年5月        神奈川県伊勢原市に株式会社ビック・イースト(現・非連結子会社)を設立。
      1978年8月        静岡県小笠郡浜岡町にエイケン熱器株式会社を設立。
      1980年3月        エイケン熱器株式会社を解散。
      1981年4月        福岡県大野城市に株式会社ビックウエスト福岡を設立。
      1981年5月        愛知県名古屋市に株式会社ビックウエスト名古屋を設立。
      1984年5月        静岡県小笠郡浜岡町に株式会社中央ビックを設立。
      1992年12月        コーシン工業株式会社を合併し、大山工場を開設。
      1994年11月        東部エイケン株式会社を合併し、伊勢原工場を開設。
      1995年11月        株式会社エイケンを合併。
      1997年5月        日本証券業協会に株式を店頭登録。
      1998年10月        パシフィック工業株式会社の株式取得。
      1999年6月        本社工場が品質保証システムの国際規格ISO9001認証取得。
      2001年1月        大山工場を本社工場に集約。
      2001年4月        株式会社中央ビックを解散。
      2002年4月        株式会社ビックウエスト名古屋及び株式会社ビックウエスト福岡の株式を全て譲渡すること
              により当社グループから分離。
      2003年12月        伊勢原工場を本社工場に集約。
      2004年4月        市町村合併のため、2004年4月1日付で本店所在地の住所表示が「静岡県小笠郡浜岡町」か
              ら「静岡県御前崎市」に変更となる。
      2004年12月        日本証券業協会への店頭登録を取り消し、株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
      2006年4月        本社・本社工場が環境システムの国際規格ISO14001認証取得。
      2007年9月        パシフィック工業株式会社の株式を譲渡することにより当社グループから分離。
      2010年4月        株式会社ジャスダック証券取引所と株式会社大阪証券取引所の合併に伴い、株式会社大阪証
              券取引所(JASDAQ市場)に株式を上場。
      2010年10月        株式会社大阪証券取引所(JASDAQ市場)、同取引所ヘラクレス市場及び同取引所NEO市場の各市
              場の統合に伴い、株式会社大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
      2013年7月        株式会社大阪証券取引所の現物市場が株式会社東京証券取引所に統合されたことに伴い、株
              式会社東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。
      2017年8月        創立50周年を迎える。
                                 3/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    3 【事業の内容】
      当社の企業集団は、当社、子会社(㈱ビック・イースト)及び関連会社(フジパック㈱)の計3社で構成されており、
     フィルター部門及び燃焼機器部門の製造・販売を主な事業として取り組んでおります。
      当社は子会社である株式会社ビック・イーストを、資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその
     他の項目からみて、当企業集団の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を妨げな
     い程度に重要性が乏しいものとして、連結の範囲から除外しておりますので、連結財務諸表提出会社ではありませ
     ん。
      当社、当社の子会社(㈱ビック・イースト)及び関連会社(フジパック㈱)の事業における当社、当社の子会社(㈱
     ビック・イースト)及び関連会社(フジパック㈱)の位置付け及びセグメントとの関連は、次の通りであります。な
     お、以下に示す区分は、セグメントと同一の区分であります。
         セグメントの名称                   事業の内容                   会社名

                      自動車用フィルターの製造・販売                  当社

                                        (非連結子会社)
                      自動車用フィルターの販売
    フィルター部門
                                        株式会社ビック・イースト
                                        (関連会社)
                      荷造包装資材の製造・販売
                                        フジパック株式会社
    燃焼機器部門                  ガス機器の製造・販売                  当社
      事業の系統図は次の通りであります。

                                 4/80













                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
      当社は、子会社1社及び関連会社1社を有しておりますが、重要性が乏しいため記載を省略しております。
    5  【従業員の状況】

     (1) 提出会社の状況
                                               2021年10月31日       現在
       従業員数(名)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
               239             39.4             12.6           4,337,002

             セグメントの名称                            従業員数(名)

    フィルター部門                                                   195

    燃焼機器部門                                                   18

    全社(共通)                                                   26

                合計                                       239

     (注) 1 従業員数は、就業人員数であります。
       2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3 全社(共通)は、総務部等の管理部門の従業員であります。
     (2) 労働組合の状況

        労働組合は、結成されておりませんが、労使関係は良好であります。
                                 5/80












                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第2 【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において、当社が判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

        当社は「常に創造と革新の力を養い、勇気と決断で任務を遂行し、反省を忘れず、信頼と調和に満ちた価値あ
       る企業集団を築きあげよう」という社是のもと、研究開発型企業として、常に高い収益性を目指し企業価値を高
       めるように取り組んでおります。
     (2)  経営環境

        当社を取り巻く経営環境は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあります。感
       染対策を講じつつ、ワクチン接種を促進し、社会経済活動を徐々に引き上げておりますが、感染の動向が経済に
       与える影響、世界的な半導体不足の問題が深刻化しており、景気の先行きは依然として厳しい状況となりまし
       た。
        フィルター部門においては、国内では、当社の主要市場である補修用フィルター市場に、純正メーカー、市販
       メーカーが入り混じって激しい競争を繰り広げており、特に価格の面では、新興国で製造された安価な商品が増
       加し、厳しい価格競争にも晒されております。輸出では、日本のフィルターメーカー、海外のフィルターメー
       カーと品質、価格等で激しい競争を展開しております。また、新型コロナウイルス感染症の状況次第では、受注
       減少となる状況にあります。
        燃焼機器部門においては、新型コロナウイルス感染症の影響により、厨房機器用バーナの受注が減少傾向にあ
       ります。また、コインランドリー用バーナの受注も近年減少する状況にありますが、当事業年度は増加しまし
       た。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略

        当社の事業はフィルター事業が約94%、燃焼機器事業が約6%を占めており、各事業における中長期的な経営
       戦略としては、以下のようなことに取り組んでまいります。
      ① 輸出売上の拡大 
         海外市場では、日本及び海外のフィルターメーカーと品質や価格等で厳しい競争を展開しております。ま
        た、米中の通商問題を巡る緊張、新型コロナウイルス感染症再拡大による海外における外出自粛要請やロック
        ダウンの実施等により、今後の景気の先行きに懸念が生じると思われます。こうした状況のなかで今後も拡販
        していくために、以下のようなことに取り組んでまいります。
       イ 既存の得意先に対し企画立案型の営業を推し進め、信頼関係を強固にするよう取り組んでまいります。
       ロ 得意先と連携し、当社が納入していない国の開拓に取り組んでまいります。
       ハ 自動車に関連するフィルター以外の商品を検討し、販売に向けて取り組んでまいります。
      ② 国内売上(フィルター部門)の拡大
         国内の販売先は、市販メーカー、純正メーカー、カーショップ、ガソリンスタンド卸商社、石油元売商社、
        自動車部品卸商社、建設機械用フィルターメーカー等幅広い販路を持って販売しております。今後は自動車の
        販売台数や保有台数は減少していくことが予測されますので、ますます競争が激化してまいります。こうした
        状況のなかで今後も拡販していくために、以下のようなことに取り組んでまいります。
       イ 既存の顧客への企画立案型の営業活動を展開することで信頼関係を強固にするとともに、純正フィルター
         メーカーに対し、営業活動を展開するよう取り組んでまいります。
       ロ 今後も国内物流の大半を担うトラック等の大型車用フィルター並びに高性能オイルフィルターの拡販に取り
         組んでまいります。
       ハ 300tプレス及び油圧プレスを利用した部品、製品及び既存のプレス部品の受注増に向けて拡販に取り組んで
         まいります。
       ニ 建設機械用フィルターメーカーとの信頼関係を構築し、営業活動を展開するよう取り組んでまいります。
                                 6/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ③ 燃焼機器事業
         燃焼機器の販売は、厨房機器メーカー、コインランドリーメーカー、ボイラメーカー等にガスバーナ及びガ
        ス器具を販売しております。ここ数年、コインランドリーの乾燥機用のバーナの受注に陰りが見え始めており
        ます。厨房機器、ボイラについては、大きな変化もなく推移しております。こうした状況のなかで今後も拡販
        していくために、以下のことに取り組んでまいります。
       イ 現在開発、試験中のバーナを立ち上げ、量産に向けて取り組んでまいります。
       ロ 各メーカーからの要望に応えられるバーナの開発に取り組んでまいります。
       ハ 他社より生産移管されたパイプタイプバーナの生産体制を整え、拡販に取り組んでまいります。
      ④ 生産効率の向上及びコスト削減
         輸出、国内の拡販に向けて取り組むためには、生産能力、生産効率の向上が大変重要になってまいります。
        そのためには、月産能力の向上と多品種小ロットの生産に対応できる機械設備の導入を含めた、生産体制の構
        築に取り組んでまいります。
      ⑤ 研究開発活動
         当社は、内燃機関用及び産業機械用特殊フィルター、燃焼機器の2本柱で事業を営んでまいりましたが、10
        年、20年先を見据えると電気自動車の保有台数が増加し、ガソリン車、ディーゼル車は減少していくことが予
        測されます。そのような状況においても企業を存続させるためには、新たに第3の柱を見つけなければなりま
        せん。将来を見据え、開発部が中心となり、M&Aを含めた多方面に渡る情報収集活動、新製品の開発及び新
        規事業の開拓に取り組んでまいります。
     (4)  目標とする経営指標

        当社は、常に高い収益性の維持向上に努め、継続的な安定成長を図り企業価値の向上に努めております。さら
       に、資本効率を重視した経営により企業価値を向上するためにROE(自己資本利益率)の向上を目指しており
       ます。
     (5)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        自動車の補修用フィルター市場は、今後、益々競争が激化していくことが予想されます。加えて、新型コロナ
       ウイルス感染症は国内においては小康状態を保っているものの、海外においては新たな変異株が発生する等再拡
       大の様子を見せており、国内経済の本格的な回復には時間を要し、海外における外出自粛要請や、ロックダウン
       の実施等により、今後の景気の先行きに懸念が生じると思われます。
        そのような状況のなかで収益を確保し、長期的な安定成長を図っていくための戦略としては、高品質・低コス
       ト生産体制の確立、情報収集及び企画立案型の営業活動による拡販、第2の柱としての燃焼機器事業の拡販を
       図ってまいります。加えて、WEB会議等を利用した営業活動を取り入れることで、国内並びに海外の顧客との
       接点を保ちつつ、フィルター部門において国内では、今後も国内物流の大半を担うトラック等の大型車用フィル
       ター、高性能オイルフィルター及び建設機械用フィルター等の拡販を図ってまいります。また、輸出では、海外
       への移動制限が継続されていることから、主要輸出先の顧客との連携を強化していくとともに、今後海外への渡
       航が解除された場合には、主要輸出先以外の国への営業活動に取り組み輸出拡大に注力してまいります。さら
       に、300tプレス及び油圧プレスを利用して加工できる部品、製品及び既存のプレス部品の受注増に向けて拡販
       を図ってまいります。燃焼機器部門では、新規バーナの開発、バーナ部品及び熱交換器の拡販を図ってまいりま
       す。加えて、自動車用フィルター以外の開発に取り組むことにより、新たな成長を目指してまいります。
        財務上の課題として、内燃機関用及び産業機械用特殊フィルター、燃焼機器の2本柱で事業を営んでまいりま
       したが、将来的に電気自動車の保有台数が増加し、ガソリン車、ディーゼル車は減少していくことが予測されま
       す。そのような状況においても安定的に収益を確保するため、新たな第3の柱を開拓する等、経営基盤の強化に
       取り組んでまいります。
                                 7/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
       有価証券報告書に記載した事業の状況及び経理の状況に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営
      成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のと
      おりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものです。
     (1)  自動車用フィルターに特化した事業について

        当社グループの主な事業は、自動車用フィルター事業及び燃焼機器事業であり、売上高では、自動車用フィル
       ター事業が約94%を占めております。現在、当社が製造及び販売する自動車用フィルターは、内燃機関等を動力
       とする自動車の機能部品でありますが、開発が進められている燃料電池車及び電気自動車等に代表される次世代
       の自動車では、自動車用フィルターが不要になる可能性があり、今後、当社のリスクとなる可能性があります。
        このリスクに対応するため、開発部が中心となり、M&Aを含めた多方面からの情報収集活動、新製品の開発
       及び新規事業の開拓に取り組んでおります。
     (2)  自動車用フィルター業界の競争について

        自動車用フィルターは、東南アジア等で生産される安価な製品が年々増加してきており、コスト面における競
       争は非常に激化しております。当社は、生産効率の向上及び経費削減等の企業努力によりコスト競争力の維持を
       図っております。しかし、想定を超える安価な製品が販売された場合並びに安価な製品が想定を超える量の販売
       数になった場合、今後、当社のリスクとなる可能性があります。
        このリスクに対応するため、更なる高品質・低コスト生産体制の確立、情報収集及び企画立案型の営業活動に
       よる拡販に取り組んでおります。
     (3)  原材料の仕入について

        当社は、原材料の調達については取引先からの供給に依存しております。取引先の操業の停止等により原材料
       の供給が減少したり、困難になった場合は、当社の生産活動に支障をきたすことになり、今後、当社のリスクと
       なる可能性があります。
        また、原材料価格が高騰し当社の製造コストの削減では対応が出来ない上、販売価格に転嫁が出来ない場合
       は、今後、当社のリスクとなる可能性があります。
        このリスクに対応するため、取引先の状況が変化しても必要な原材料等が安定的に確保できるよう、部品・原
       材料の在庫量を適正な水準に保つことに加え、取引先との関係を強化し、最適な価格の維持に努めております。
     (4)  製品の欠陥について

        製品について予期し得ない欠陥が生じ、製造物賠償責任につながるようなクレーム並びにリコールが発生した
       場合、対応するためのコスト及び当社への信用低下等により、売上高が減少し、今後、当社のリスクとなる可能
       性があります。
        このリスクに対応するため、当社は、製造物責任賠償に関する保険に加入しており、業務の結果に起因して賠
       償責任を負担した場合の損害を、保険でカバーできるようにしております。また、ISO9001を認証取得してお
       り、国際標準規格に基づく品質マネジメントシステムの運用を通じ、品質保証体制の構築をしております。
     (5)  人材の確保・育成・活用について

        当社は、今後の事業戦略として優秀な人材を確保し育成していくことが重要な課題であると認識しておりま
       す。しかし、当社の求める人材を確保・育成ができない場合、今後、当社のリスクとなる可能性があります。
        このリスクに対応するため、人事担当者による学校訪問、会社説明会の実施、新卒社員及び中途社員の採用を
       推進し、人材の確保に努めております。また、職場内研修等を通じて、人材の育成にも努めております。
                                 8/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (6)  地震発生による影響
        当社の生産設備は静岡県御前崎市にあるため、想定されている南海トラフを震源とした南海トラフ巨大地震が
       発生した場合は、生産設備等が影響を受け当社の生産活動に支障をきたすことになり、今後、当社のリスクとな
       る可能性があります。
        このリスクに対応するため、当社では定期的な非常事態訓練の実施及び設備点検を実施するとともに、BCP
       (事業継続計画)を作成し、被災時でも事業を継続し、早期に事業展開が可能となる体制を構築しております。
     (7)  新型コロナウイルス感染症に関するリスク

        新型コロナウイルス感染症の世界的な収束が遅延し、影響が長期間化した場合には、主要輸出先のロックダウ
       ンに起因する出荷数量減少の可能性があり、それに伴う生産調整を目的とした休業等を実施する可能性がありま
       す。また、社内感染の発生による休業を余儀なくされる可能性があります。これらは、当社のリスクとなる可能
       性があります。
        当社では以下の通り、新型コロナウイルス感染防止対策を実施しております。
        ・各自で毎朝出勤前及び就業前に体温測定並びに体調確認を実施の上、健康観察票に記録し、会社へ定期的に
         提出する。
        ・出勤時並びに勤務中のマスク等の着用。
        ・手洗い、うがい及び消毒の徹底。
        ・可能な範囲でのWEB会議等の実施。
        ・3密を避ける為に、人と人の間隔を2m以上離した職場レイアウトへの変更。変更できない場合は、飛沫感
         染予防の為にビニールシート等で囲いをしたり、対面で作業をしないようにする。
        ・工場内並びに事務所内の換気を常時行う。
        ・食堂の使用時間を部署ごとに決め、対面で食事をしない様に椅子の数を減らす。
        ・全社員に抗原検査キットを配布し、新型コロナウイルス感染症の疑いがある症状が出た際には、配布した
         キットでの検査実施及び医療機関の受診を同時にすることで、感染者の早期発見、社内クラスター発生防止
         に努める。
                                 9/80











                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (業績等の概要)
     (1)  経営成績等の状況の概要
        当事業年度におけるわが国の経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状況にあり
       ます。感染対策を講じつつ、ワクチン接種を促進し、社会経済活動を徐々に引き上げておりますが、感染の動向
       が経済に与える影響、世界的な半導体不足の問題が深刻化しており、景気の先行きは不透明な状況で推移しまし
       た。
        こうした状況のなかで、フィルター部門の国内におきましては、自動車用フィルター業界は、自動車メーカー
       の生産ライン、カーディーラーに供給するフィルターメーカー(以下、純正メーカー)とカーショップ、ガソリ
       ンスタンド及び整備工場等に供給するフィルターメーカー(以下、市販メーカー)に大きく2つに分かれます。
       純正メーカーは、取引先の自動車メーカー、カーディーラー以外にも他の自動車メーカーのフィルターを品揃え
       して、補修用として市販メーカーの納入先にも販売しております。よって、自動車用フィルター市場は、純正
       メーカー、市販メーカーが入り混じって激しい競争を繰り広げており、特に価格の面では、新興国で製造された
       安価な商品が増加し、激しい価格競争にも晒されております。輸出におきましては、当社ブランド「VIC」を
       約40年間、海外の日本車向けに販売しておりますが、日本のフィルターメーカー、海外のフィルターメーカーと
       品質、価格等で激しい競争を展開しております。燃焼機器部門におきましては、プレス加工技術を活かし、1976
       年から風呂釜用バーナを製造するようになり、現在は、厨房機器メーカー、ボイラメーカー及びコインランド
       リーメーカー等にガスバーナ、熱交換器等を販売しております。
        当社は、緊急事態宣言発令による国内外での移動制限がかかる環境のなかにあって、新規取引先の開拓や既存
       取引先への訪問が思うように進めることができませんでしたが、電話やメール、WEB会議システム等を有効活
       用し、次のような営業活動を継続してまいりました。フィルター部門において国内では、付加価値の高い大型車
       用フィルター、既存品と差別化した高性能オイルフィルター及びプレス部品の拡販に注力するとともに、既存取
       引先との取引拡大に取り組んでまいりました。輸出では、主要輸出先への新製品の提案等の営業活動を強化して
       まいりました。燃焼機器部門では、取引先から依頼を受けたバーナの開発、既存のバーナ部品及び熱交換器の拡
       販に取り組んでまいりました。
        その結果、フィルター部門の海外市場において、前事業年度は新型コロナウイルス感染症の影響により需要が
       大幅に減少しておりましたが、当事業年度は新型コロナウイルス感染症の影響はほとんどなく、需要は新型コロ
       ナウイルス感染症拡大前の水準に回復いたしました。
        それに伴い、売上高は前事業年度に比べ14億15百万円増加し、68億2百万円(前年同期比26.3%増)、売上高
       が増加したこと及び生産量の増加に伴う生産効率の向上等により製品売上原価率が低下したことが要因となり、
       営業利益は前事業年度に比べ3億19百万円増加し、5億67百万円(前年同期比128.3%増)、経常利益は前事業
       年度に比べ3億26百万円増加し、5億91百万円(前年同期比123.1%増)となりました。当事業年度は雇用調整
       助成金の申請を実施しなかったこと等により特別利益が減少したものの、経常利益が増加したことが要因とな
       り、当期純利益は前事業年度に比べ1億97百万円増加し、4億24百万円(前年同期比86.9%増)となりました。
        セグメント別の経営成績は、次の通りであります。
       (フィルター部門)

         売上高に関しては国内売上は同業者向け及び商社向けが増加しました。輸出売上は東南アジア向けが増加し
        ました。営業利益に関しては、売上高が増加したこと及び生産量の増加に伴う生産効率の向上等により製品売
        上原価率が低下したことが要因となり増加しました。
         その結果、売上高は前事業年度に比べ14億8百万円増加し、64億21百万円(前年同期比28.1%増)、営業利
        益は前事業年度に比べ3億58百万円増加し、8億43百万円(前年同期比73.9%増)となりました。
       (燃焼機器部門)

         売上高に関しては、コインランドリー用バーナの売上高が増加しました。営業利益に関しては、売上高が増
        加したものの、原材料価格の高騰等に伴い材料費が増加したこと等により売上原価率が上昇したことが要因と
        なり減少しました。
         その結果、売上高は前事業年度に比べ7百万円増加し、3億80百万円(前年同期比2.0%増)、営業利益
        は、前事業年度に比べ6百万円減少し、31百万円(前年同期比17.8%減)となりました。
                                10/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       (その他)
         ティッシュケース及び灰皿等の販売をしております。
         その結果、売上高は前事業年度に比べ453千円減少し、992千円(前年同期比31.4%減)、営業損失は594千
        円(前事業年度は営業損失150千円)となりました。
        なお、財政状態の状況については、次のとおりであります。

         当事業年度末における資産は、前事業年度末と比べて4億57百万円増加し、71億38百万円となりました。主
        な要因は、売上高が増加したことにより電子記録債権が2億3百万円、売掛金が1億35百万円、それぞれ増加
        したこと、土地の新規取得により土地が42百万円増加したこと及び時価評価上昇等により投資有価証券が61百
        万円増加したことによるものです。
         負債は、前事業年度末に比べ1億55百万円増加し、16億44百万円となりました。主な要因は、借入金を返済
        したことにより短期借入金が1億30百万円減少したものの、設備購入に伴う支払手形の発行をしたことにより
        設備関係支払手形が31百万円増加したこと、売上高増加による生産増に対応するために仕入高が増加したこと
        により買掛金が64百万円増加したこと、経費の増加により未払金が51百万円増加したこと及び課税所得が増加
        したことにより未払法人税等が1億15百万円増加したことによるものです。
         また、純資産は、前事業年度末と比べて3億1百万円増加し、54億93百万円(前事業年度末比5.8%増)と
        なりました。主な要因は、配当金の支払額が1億12百万円となったものの、当期純利益を4億24百万円計上し
        たことにより利益剰余金が3億12百万円増加したことによるものです。
        なお、上記金額には消費税等は含まれておりません。

     (2)  キャッシュ・フローの状況

        当事業年度における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の期末残高は、5億89百万円(前年同期比
       75百万円減)となりました。
        当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次の通りであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動によるキャッシュ・フローは、売上債権の増加額が3億65百万円となったものの、税引前当期純利
        益が5億91百万円となったこと及び減価償却費が2億62百万円となったことにより、5億20百万円の収入(前
        事業年度は4億55百万円の収入)となりました。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動によるキャッシュ・フローは、定期預金の払戻による収入が10億98百万円となったものの、定期預
        金の預入による支出が11億39百万円となったこと及び有形固定資産の取得による支出が2億14百万円となった
        こと及び投資有価証券の取得による支出が1億13百万円となったことにより、2億93百万円の支出(前事業年
        度は2億57百万円の支出)となりました。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動によるキャッシュ・フローは、借入金の返済により短期借入金純減額が1億30百万円となったこ
        と、自己株式取得による支出が58百万円となったこと及び配当金の支払額が1億12百万円となったことによ
        り、3億3百万円の支出(前事業年度は1億5百万円の支出)となりました。
                                11/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (生産、受注及び販売の状況)
     (1)  生産実績
       当事業年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
             セグメントの名称                       生産高(千円)             前年同期比(%)

    フィルター部門                                      5,026,317            125.4

    燃焼機器部門                                       335,399           107.8

    その他                                        1,221          71.0

                合計                          5,362,938            124.1

     (注) 1 金額は、平均販売価格で記載しております。
       2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)  仕入実績

       当事業年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
             セグメントの名称                       仕入高(千円)             前年同期比(%)

    フィルター部門                                       914,567           140.4

    燃焼機器部門                                        5,533          32.6

    その他                                         ―          ―

                合計                           920,101           137.7

     (注) 1 金額は、仕入価格で記載しております。
       2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (3) 受注実績
       当社は、見込生産方式をとっているため該当事項はありません。
     (4)  販売実績

       当事業年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次の通りであります。
             セグメントの名称                       販売高(千円)             前年同期比(%)

    フィルター部門                                      6,421,486            128.1

    燃焼機器部門                                       380,367           102.0

    その他                                         992         68.6

                合計                          6,802,846            126.3

     (注)   1 主な相手先別の販売実績及び総販売実績に対する割合は次の通りであります。
                             前事業年度                 当事業年度

              相手先
                         販売高(千円)          割合(%)        販売高(千円)          割合(%)
          ユニオンモーター㈱                  1,798,431          33.4       2,450,630          36.0

          日発販売㈱                   667,509         12.4        702,683         10.3

       2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

                                12/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容)
      経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
      なお、文中の将来に関する事項は、当事業年度末現在において当社が判断したものであります。
     (1)  重要な会計方針及び見積り

        当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。
       その作成には経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の開示に影響を与える見積りを必
       要とします。経営者は、これらの見積りについて過去の実績等を勘案し合理的に判断しておりますが、見積り特
       有の不確実性から、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。
        当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 2 財務諸表等 (1) 財務諸表 注記
       事項 重要な会計方針」に記載しております。財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び仮定のう
       ち、重要なものは以下の通りです。
       ①棚卸資産
        当社は、棚卸資産は製造原価並びに取得原価で測定しておりますが、期末における正味実現可能価額が製造原
       価並びに取得原価より下落している場合には、正味実現可能価額で測定し、製造原価並びに取得原価との差額を
       売上原価に認識しております。また、滞留する棚卸資産については、滞留期間を基に当社の規程に則り、棚卸資
       産の評価額を変更しております。しかし、将来の事象の結果、見直しが必要となった場合、当社の将来の業績に
       影響を及ぼす可能性があります。
       ②固定資産
        当社は、固定資産を使用しているセグメント別にグルーピングしており、当該資産及び資産グループから得ら
       れる将来キャッシュ・フローの総額が帳簿価額を下回る場合は、回収可能価額まで減損処理を行うこととしてお
       ります。減損の兆候は、主として資産グループが使用されている営業活動の営業損益が継続してマイナスとなる
       場合、固定資産の時価が著しく下落した場合に把握しております。減損の兆候があると判定した資産又は資産グ
       ループに関する減損損失の認識及び測定に当たっては、慎重に検討しておりますが、事業計画や市場環境の変化
       により、その見積り額の前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、減損処理が必要となる可能性があります。
       ③繰延税金資産
        当社は、繰延税金資産について、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、回収可能性
       があると判断した将来減算一時差異について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回収可能性は将
       来の課税所得の見積りに依存するため、その見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じ減少した場合、繰延税
       金資産が減額され税金費用が計上される可能性があります。
     (2)  財政状態の分析

      ①流動資産
        流動資産は、前事業年度末と比べて3億76百万円増加し、43億5百万円(前事業年度末比9.6%増)となりま
       した。主な要因は、売上高が増加したことにより電子記録債権が2億3百万円、売掛金が1億35百万円、それぞ
       れ増加したことによるものです。
      ②固定資産
        固定資産は、前事業年度末と比べて80百万円増加し、28億33百万円(前事業年度末比2.9%増)となりまし
       た。主な要因は、減価償却費の計上等により機械及び装置が51百万円減少したものの、新規土地の取得により土
       地が42百万円増加したこと及び時価評価上昇等により投資有価証券が61百万円増加したことによるものです。
      ③流動負債
        流動負債は、前事業年度末と比べて1億49百万円増加し、13億83百万円(前事業年度末比12.2%増)となりま
       した。主な要因は、借入金の返済により短期借入金が1億30百万円減少したものの、設備購入に伴う支払手形の
       発行をしたことにより設備関係支払手形が31百万円増加したこと、売上高増加による生産増に対応するために仕
       入高が増加したことにより買掛金が64百万円増加したこと、経費の増加により未払金が51百万円増加したこと及
       び課税所得が増加したことにより未払法人税等が1億15百万円増加したことによるものです。
                                13/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ④固定負債
        固定負債は、前事業年度末と比べて5百万円増加し、2億61百万円(前事業年度末比2.2%増)となりまし
       た。主な要因は、将来の従業員退職に備え退職給付引当金が8百万円増加したことによるものです。
      ⑤純資産
        純資産合計は、前事業年度末と比べて3億1百万円増加し、54億93百万円(前事業年度末比5.8%増)となり
       ました。主な要因は、配当金の支払額が1億12百万円となったものの、当期純利益を4億24百万円計上したこと
       により利益剰余金が3億12百万円増加したことによるものです。
     (3)  経営成績の分析

      ①売上高及び売上総利益
        売上高については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュフローの状況
       の分析 (業績等の概要) (1)経営成績等の状況の概要」及び「第2 事業の状況 3 経営者による財政状
       態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (生産、受注及び販売の状況) (4)販売実績」に記載の通
       りであります。
        当事業年度の売上総利益は、前事業年度に比べ3億73百万円増加し、12億84百万円(前年同期比40.9%増)と
       なりました。主な要因は、売上原価が10億42百万円増加したものの、売上高が14億15百万円増加したことによる
       ものであります。
      ②販売費及び一般管理費
        当事業年度の販売費及び一般管理費は、前事業年度に比べ54百万円増加し、7億16百万円(前年同期比8.2%
       増)となりました。主な要因は、運搬費が10百万円、賞与が13百万円、支払報酬が10百万円増加したことによる
       ものであります。
      ③営業利益
        ①売上高及び売上総利益及び②販売費及び一般管理費の結果、当事業年度の営業利益は、前事業年度に比べ3
       億19百万円増加し、5億67百万円(前年同期比128.3%増)となりました。
      ④営業外損益
        当事業年度の営業外損益は、営業外収益が前事業年度に比べ5百万円増加し、31百万円(前年同期比21.1%
       増)となり、営業外費用が前事業年度に比べ1百万円減少し、7百万円(前年同期比19.5%減)となりました。
      ⑤経常利益
        ①売上高及び売上総利益、②販売費及び一般管理費、③営業利益及び④営業外損益の結果、当事業年度の経常
       利益は、前事業年度に比べ3億26百万円増加し、5億91百万円(前年同期比123.1%増)となりました。
      ⑥特別利益
        当事業年度の特別利益は、前事業年度に比べ53百万円減少し、1百万円(前年同期比97.9%減)となりまし
       た。主な要因は、補助金収入が13百万円、雇用調整助成金が36百万円、受取保険金が4百万円、それぞれ減少し
       たものであります。
      ⑦特別損失
        当事業年度の特別損失は、前事業年度に比べ1,904千円減少し、883千円(前年同期比68.3%減)となりまし
       た。主な要因は、固定資産売却損が135千円増加したものの、投資有価証券評価損が1,367千円、保険解約損が
       573千円、それぞれ減少したことによるものであります。
      ⑧税引前当期純利益
        ①売上高及び売上総利益、②販売費及び一般管理費、③営業利益、④営業外損益、⑤経常利益、⑥特別利益及
       び⑦特別損失の結果、当事業年度の税引前当期純利益は、前事業年度に比べ2億74百万円増加し、5億91百万円
       (前年同期比86.7%増)となりました。
      ⑨税金費用
        当事業年度の税金費用(法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額の合計)は、前事業年度に比べ77百万円
       増加し、1億67百万円(前年同期比86.3%増)となりました。
        税効果会計適用後の税金負担率は、前事業年度より0.1%減少し、28.2%となりました。
                                14/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ⑩当期純利益
        ①売上高及び売上総利益、②販売費及び一般管理費、③営業利益、④営業外損益、⑤経常利益、⑥特別利益、
       ⑦特別損失、⑧税引前当期純利益及び⑨税金費用の結果、当事業年度の当期純利益は、前事業年度に比べ1億97
       百万円増加し、4億24百万円(前年同期比86.9%増)となりました。
     (4)  経営成績に重要な影響を与える要因について

        経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載のと
       おりであります。
     (5)  キャッシュ・フローの分析

        当社の資金状況については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フ
       ローの状況の分析 (業績等の概要) (2)キャッシュ・フローの状況」に記載のとおりであります。
     (6)  資本の財源及び資金の流動性

        当社における運転資金の主なものは、商品仕入に係る費用、材料費・労務費・経費の製品製造費用、販売費及
       び一般管理費等の営業費用であります。投資資金の主なものは、設備投資を目的としたものであります。
        重要な資本的支出の予定については、「第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計画 (1)重要な設備
       の新設等」に記載のとおりであります。
        資金調達については、自己資金によって充当する事を基本としておりますが、必要に応じて金融機関からの借
       入を実施しております。
     (7)  経営方針、経営戦略等又は経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当社は、資本効率を重視した経営により企業価値を向上するためにROE(自己資本利益率)の向上を目指し
       ております。
        当事業年度におけるROE(自己資本利益率)は、7.9%(前年同期比3.5ポイント増)となりました。
    4  【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
                                15/80










                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
       自動車用フィルター業界は、自動車メーカーの生産ラインに供給しているフィルターメーカーが補修市場のシェ
      アを拡大していること及び安価な海外製品が増加してきており、既存製品で対抗していくには大変厳しい状況が予
      測されるため、既存製品と差別化したフィルターの開発に取り組んでまいります。また、今まで培ってきた濾過技
      術及びプレス技術を活かし自動車用以外のフィルターの開発及びフィルター以外の新しい分野の開発にも取り組ん
      でまいります。
       当事業年度における当社の研究開発費の総額は、                       28 百万円であります。
       セグメント別の研究開発活動を示すと、次の通りであります。
      (フィルター部門)

        自動車メーカーの新車販売に際し、使用されているフィルターに関する情報を迅速に入手し、新製品の開発に
       取り組んでおります。
        当事業年度の研究開発費の金額は、                4 百万円であります。
      (燃焼機器部門)

        燃焼機器等の既存製品の一部の改善に取り組んでおります。
        当事業年度の研究開発費の金額は、                1 百万円であります。
      (その他・全社共通)

        自動車用フィルター以外で新製品を生み出すために開発部が中心となり開発に取り組んでおり、当事業年度に
       おいて、生活雑貨を商品化しネット販売等を開始いたしましたが、売上は軽微であります。
        当事業年度の研究開発費は            22 百万円であります。 
                                16/80













                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

       当社の設備投資は、景気予測、業界動向及び投資効率等を総合的に勘案して実施しております。
       当事業年度の設備投資の総額は、               273  百万円であります。
       セグメント別の設備投資について示すと、次の通りであります。
      (フィルター部門)

        作業効率化・品質向上のための機械設備の更新及び金型製作等に                              170  百万円の設備投資を実施いたしました。
      (燃焼機器部門)

        作業効率化・品質向上のための機械設備の更新等に                        9 百万円の設備投資を実施いたしました。
      (その他)

        当事業年度の設備投資はありません。
      (全社共通)

        新工場予定地の土地造成等に             93 百万円の設備投資を実施いたしました。
    2  【主要な設備の状況】

                                              2021年10月31日       現在
                                  帳簿価額(千円)
     事業所名      セグメント                                          従業員数
                 設備の内容
                            機械装置
     (所在地)       の名称                                          (名)
                                  土地    リース
                       建物及び
                             及び              その他     合計
                        構築物
                                 (面積㎡)      資産
                             運搬具
                 事務所
           フィルター
    本社・
           部門      フィルター
                                  322,601
    本社工場
           燃焼機器      製造設備
                       1,054,081      576,582          11,327     36,988    2,001,581       239
                                 ( 34,887)
    (静岡県
           部門      燃焼機器
     御前崎市)
           その他
                 製造設備
    従業員寮
                                   1,360
    (静岡県
           全社共通      厚生施設       25,993       ―          ―     0  27,354      ―
                                 (  262)
     御前崎市)
    その他
                                  68,753
    (愛知県
           全社共通      その他設備         ―     ―          ―     ―   68,753      ―
                                 (  4,589)
     豊明市)
      (注)1 帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定を含んでおりません。
         なお、金額には消費税等は含まれておりません。
                                17/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    3 【設備の新設、除却等の計画】
     (1)  重要な設備の新設等
                            投資予定額
     事業所名      セグメント                                    完了予定     完成後の
                   設備の内容                 資金調達方法       着手年月
     (所在地)       の名称                                    年月    増加能力
                           総額   既支払額
                           (千円)     (千円)
           フィルター                               2022年     2022年
                 スポット溶接機          70,000       ―  自己資金                (注)1
           部門                               1月     10月
    本社・
    本社工場       フィルター                               2022年     2022年
                 プレス機          16,000       ―  自己資金                (注)1
    (静岡県       部門                               5月     8月
     御前崎市)
           フィルター                               2022年     2022年
                 試験機          10,000       ―  自己資金                (注)2
           部門                               5月     8月
      (注)   1 完成後の生産能力は一部増加しますが、全体としては微増であります。
        2 性能確認並びに品質向上を目的としたものであり、生産能力の増加はありません。
        3 上記金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2) 重要な設備の除却等

        該当事項はありません。
                                18/80














                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ① 【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                     4,960,000

                計                                   4,960,000

      ② 【発行済株式】

               事業年度末現在           提出日現在        上場金融商品取引所

        種類        発行数(株)          発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2021年10月31日       )  (2022年1月27日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
                                           単元株式数は100株でありま
      普通株式           1,240,000          1,240,000        JASDAQ
                                           す。
                                  (スタンダード)
        計          1,240,000          1,240,000         ―            ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式      資本金増減額       資本金残高       資本準備金       資本準備金

        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                  (株)       (株)      (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    2018年5月1日
                △4,960,000        1,240,000          ―    601,800         ―    389,764
    (注)
     (注) 2018年1月29日開催の第49期定時株主総会決議により、2018年5月1日付で当社普通株式について5株を1株
        の割合で株式併合を行っております。
                                19/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                               2021年10月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)

                                                    単元未満
           政府及び
                                 外国法人等
      区分                                              株式の状況
                     金融商品     その他の                個人
           地方公共     金融機関                                計
                                                     (株)
                     取引業者      法人               その他
                               個人以外      個人
            団体
    株主数
              ―      4     15     36      2     1    890     948      ─
    (人)
    所有株式数
              ―     630      72    2,145       11      1   9,522     12,381      1,900
    (単元)
    所有株式数
              ―    5.09     0.58     17.32      0.09     0.01     76.91     100.00        ─
    の割合(%)
     (注) 自己株式236,935株は、「個人その他」に2,369単元、「単元未満株式の状況」に35株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2021年10月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)      総数に対する
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
    育実企画株式会社                静岡県静岡市葵区春日3丁目18-3                           150       14.95
    石 田 由紀子                静岡県浜松市北区                           69       6.88
    安 池 真理子                静岡県静岡市葵区                           68       6.86
    清 水 小百合                静岡県静岡市葵区                           68       6.78
    エイケン工業取引先持株会                静岡県御前崎市門屋1370番地                           35       3.51
    株式会社静岡銀行
                    静岡県静岡市葵区呉服町1丁目10
    (常任代理人 日本マスター                                           34       3.38
                    (東京都港区浜松町2丁目11番3号)
    トラスト信託銀行株式会社)
    干 場 初 枝                静岡県御前崎市                           33       3.28
    河 野   薫                静岡県御前崎市                           26       2.66
    早 馬 義 光                静岡県御前崎市                           23       2.32
    島田掛川信用金庫                掛川市亀の甲2丁目203                           20       1.99
           計                   -                 528       52.66
                                20/80






                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年10月31日       現在
           区分            株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                              ―              ―
                    普通株式      236,900
                    普通株式     1,001,200
    完全議決権株式(その他)                                10,012            ―
                    普通株式       1,900

    単元未満株式                              ―      1単元(100株)未満の株式
    発行済株式総数                     1,240,000          ―              ―

    総株主の議決権                    ―            10,012            ―

     (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式35株が含まれております。
      ② 【自己株式等】

                                               2021年10月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名
                                                  総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
        又は名称
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)
                 静岡県御前崎市門屋1370               236,900       ―      236,900        19.11
    エイケン工業株式会社
          計             ―          236,900       ―      236,900        19.11
     (8)【役員・従業員株式所有制度の内容】

      ① 取締役向け株式報酬制度
       イ 取締役向け株式報酬制度の概要
          本制度においては、当社は、取締役(社外取締役を除く)に対し、譲渡制限付株式に関する報酬として金
         銭報酬債権を支給し、各取締役は、当該金銭報酬債権の全部を現物出資の方法で給付することにより、当該
         発行又は処分される当社の普通株式を引き受けるものといたします。
       ロ 取締役に取得させる予定の株式の総数

          年16,000株以内
       ハ 当該取締役向け株式報酬制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          社外取締役を除いた取締役としております。
      ② 役員持株会制度

       イ 役員持株会制度の概要
          当社は、取締役及び監査役(以下役員という)に自社株式の保有を奨励し、容易に取得できることを目的
         とし、当該制度では、会員となった役員からの拠出金(毎月1口10,000円とし、最高99口(990,000円))
         を原資として、定期的に当社株式の買い付けを行っております。
       ロ 役員持株会に取得させ、又は売り付ける予定の株式の総数又は総額

          特段の定めは設けておりません。
       ハ 当該役員持株会制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          当社の役員に限定しております。
                                21/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ③ 従業員持株会制度
       イ 従業員持ち株会制度の概要
          当社は、従業員の福利厚生の充実及び従業員の財産形成の一助を目的とし、当該制度では、会員となった
         従業員からの拠出金(毎月1口1,000円とし、最高20口(20,000円))及び拠出金に対する当社からの一定
         (10%)の奨励金を原資として、定期的に当社株式の買い付けを行っております。
       ロ 従業員持ち株会に取得させ、又は売り付ける予定の株式の総数又は総額

          特段の定めは設けておりません。
       ハ 当該従業員持株会制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

          当社の従業員に限定しております。
    2  【自己株式の取得等の状況】

       【株式の種類等】
         会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

         会社法第165条第3項の規定により読み替えて適用される同法第156条の規定にもとづく取得
               区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
    取締役会(2021年3月3日)での決議状況
                                       25,000            67,875,000
    (取得期間2021年3月4日~2021年3月4日)
    当事業年度前における取得自己株式                                     ―              ―
    当事業年度における取得自己株式                                   21,400            58,101,000
    残存決議株式の総数及び価額の総額                                   3,600            9,774,000
    当事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    14.4              14.4
    当期間における取得自己株式                                     ―              ―

    提出日現在の未行使割合(%)                                    14.4              14.4
     (注)   1 2021年3月3日開催の取締役会決議に基づく自己株式の取得は2021年3月4日の取得にて終了いたしまし
         た。
       2 東京証券取引所における自己株式立会外買付取引(ToSTNet-3)による取得です。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                  株式数(株)             価額の総額(円)

    当事業年度における取得自己株式                                    131            401,522
    当期間における取得自己株式                                     ―              ―
     (注) 当期間における取得自己株式には、2022年1月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
                                22/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                           当事業年度                   当期間

           区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                       株式数(株)                  株式数(株)
                                 (円)                  (円)
    引き受ける者の募集を行った
                           4,800      10,811,400             ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った                        ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    その他                        ―         ―         ―         ―
    保有自己株式数                     236,935            ─      236,935            ─

     (注) 当期間における保有自己株式には、2022年1月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含めておりません。
    3  【配当政策】

       当社は、株主の皆様への利益還元を経営の重要課題と位置付け、如何なる情勢下においても収益性の維持向上に
      努め、継続的かつ安定的な配当を行うことを基本方針としております。
       当社の剰余金の配当は、年1回の期末配当とすることを基本的な方針としております。また、当社は取締役会の
      決議によって中間配当を行う旨を定款で定めております。配当の決定機関は、中間配当については取締役会、期末
      配当については株主総会であります。
       当事業年度の配当におきましては、上記の継続的かつ安定的な配当の基本方針のもとに、1株当たり140円の配
      当を実施することを決定いたしました。
       内部留保資金については、業容の拡大に向けた財務体質の強化、生産コスト削減のための設備投資及び新製品の
      開発のための研究開発投資を行い、将来の安定した収益を確保することにより、株主の皆様のご期待に応えていく
      所存であります。
    (注)基準日が当事業年度に属する配当は、以下の通りであります。

                            配当金の総額                 1株当たり配当額
          決議年月日
                             (千円)                   (円)
    2022年1月27日        定時株主総会                       140,429                   140.00
                                23/80









                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① 企業統治の体制
       イ コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、経営の基本方針である常に高い収益性を目指し、地域社会及び株主に貢献するためには、コーポ
         レート・ガバナンス体制を強化し、経営の透明性及び健全性を高めることを重要課題と認識しております。
          また、迅速かつ正確な情報開示、経営の透明性、コンプライアンス、監視機能の強化及び内部統制の徹底
         を図り、コーポレート・ガバナンスの充実に努めていきたいと考えております。
       ロ 企業統治の体制の概要

          当社の取締役会は「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載されている取締役8名(うち1名が社外取締役)
         で構成されております。
          当社は監査役制度を採用しており、監査役会は「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載されている社外監
         査役4名(うち1名が常勤監査役)で構成されております。
         a 取締役会
           当社の取締役会は「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載されている取締役8名(うち1名が社外取締
          役)で構成されており、代表取締役社長早馬義光を議長として定時取締役会を原則月1回開催するほか、
          必要に応じて臨時取締役会を開催し、法令で定められた事項及び経営に関する重要事項を決定するととも
          に、業務執行の状況を監督しております。
         b  生経会議
           生経会議は、「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載されている常勤取締役7名、常勤監査役1名及び
          各部門の管理責任者10名で構成されており、毎月1回開催し、取締役会で決定した事項の伝達及び各部門
          の業務報告等情報の共有を図っております。
         c  監査役及び監査役会
           監査役会は「(2)役員の状況 ①役員一覧」に記載されている社外監査役4名(うち1名が常勤監査役)
          で構成されており、各監査役は監査役会が定めた監査計画に基づき、取締役の職務執行状況を監査してお
          ります。なお、常勤監査役は取締役会のほか、重要な意思決定の過程及び職務執行を把握するため、生経
          会議に出席しております。また、定期的に取締役、各部門の管理責任者と面談を実施しております。
         d  会計監査人
           会計監査人につきましては、有限責任監査法人トーマツと監査契約を締結し、会社法及び金融商品取引
          法の規定に基づく監査を受けております。なお、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執
          行社員と当社との間には、特別な利害関係はありません。
                                24/80









                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
          当社の会社の機関及び企業統治に係る組織体制は下表のとおりです。
       ハ 企業統治の体制を採用する理由







          当社の現状規模において収益を上げ健全な企業経営を行っていくためには、現在の監査役会設置会社であ
         り、かつ会計監査人設置会社の機関設計が当社にとって最も効率的であると考えております。また、社外取
         締役1名、社外監査役4名を選任しており、経営監視機能の客観性及び中立性は十分確保されると判断した
         ためであります。
       ニ 内部統制システムの状況

         a  取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           当社は、「倫理規程」を設け、取締役及び従業員に法令及び会社の規則を誠実に遵守することを規定し
          ております。また、倫理規程には「会社への通報」の条文を設けており、倫理規程に違反する行為をして
          いることを知った時は、総務部長あるいは弁護士に通報することになっております。
         b 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
           当社は、「文書管理規程」に基づき、文書等の保存及び管理を行っております。
           また、法令及び東京証券取引所の規則等の開示を定められている事項は、速やかに開示することとして
          おります。
         c  損失の危険の管理に関する規程その他の体制
           当社は、社長をリスク管理に関する総括責任者とし、各部門担当取締役とともに、業務毎のリスクを管
          理するため、「経理規程」、「与信管理規程」、「安全衛生管理規程」、「地震防災規程」、「緊急事態
          対応手順書」を定め、管理体制を確立しております。
         d  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           当社は、取締役会を原則月1回開催し、取締役会の開催前に招集通知及び会議事項に必要な書類を配布
          し、事前に会議事項の検討を行うようにしております。取締役会では、各取締役が活発な意見を交わし、
          十分議論して重要事項を決定しております。
           業務の運営については、取締役会で承認された中期経営計画及び総合予算に基づいて、取締役及び各部
          門の責任者は目標を設定し、その目標達成に向けて取り組む体制をとっております。
         e   当社並びにその子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
           当社の子会社については、「関係会社管理規程」に基づき所管部門が管理を行い、グループ企業全体の
          経営効率の向上を図るものとしております。
           所管部門である総務部は、リスク情報の有無を把握するために定期的に子会社の財務諸表を入手し、業
          績の確認及び経営指導を行います。また、取締役会に報告する体制を構築しております。
                                25/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
         f  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制並びにそ
          の使用人の取締役からの独立性に関する事項
           監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合、取締役会は監査役と協議の上、社内か
          ら人選して、監査役を補助すべき使用人として指名することができます。監査役が指定する補助すべき期
          間中には、使用人は取締役からの指揮命令を受けないものとしております。
         g  取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他監査役への報告に関する体制
           取締役は、監査役が出席する取締役会等の重要な会議において担当する業務の執行状況を報告するもの
          としております。
           また、監査役はいつでも取締役または使用人に対して、報告を求めることができるものとしておりま
          す。
         h  その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
           監査役は、重要な意思決定及び業務の執行状況を把握するため、取締役会及び生経会議に出席するとと
          もに、業務執行に係る重要な文書を閲覧し、取締役及び使用人に説明を求めるものとしております。
           また、経営企画室が内部監査の実施状況を監査役会に報告することにより監査の連携を図っておりま
          す。
           監査役が、その職務を執行する上で必要な費用を請求した時は、速やかに支払いをします。
       ホ リスク管理体制の整備状況

          当社は、「倫理規程」を設け、取締役及び従業員に法令及び会社の規則を誠実に遵守することを規定して
         おります。
          また、社長をリスク管理に関する総括責任者とし、各部門担当取締役及び部門長と共に、業務毎のリスク
         を管理するための体制を確立しております。
          さらに、監査役監査及び内部監査の実施によって、リスクの発見に努め、必要に応じて、顧問弁護士、税
         理士及び公認会計士等の専門家に助言を受けられる体制を整備しております。
      ②   役員等賠償責任保険契約の内容の概要

         当社は、取締役及び監査役を被保険者として、会社法第430条の3第1項に規定する「会社役員等賠償責任
        保険(D&О保険)を保険会社との間で締結しております。
         当該保険契約では、被保険者がその職務の執行に関し責任を負うこと、または、当該責任の追及に係る請求
        を受けることによって生じることのある損害を補填することとしております。
         なお、当該契約の保険料は全額当社が負担しております。ただし、法令違反の行為であることを被保険者が
        認識しながら行った行為に起因する損害は補填されないなどの一定の免責事由があります。
      ③   取締役の定数

         当社の取締役は10名以内とする旨を定款で定めております。
      ④   取締役の選任決議要件

         当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出
        席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款で定めております。
         また、取締役の選任については、累積投票によらないものとする旨を定款で定めております。
      ⑤   株主総会決議事項を取締役会で決議できることとしている事項

       イ 自己株式の取得
          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取
         得することができる旨を定款に定めております。これは、機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的
         としております。
       ロ 中間配当
          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって中間配当を行う旨を定款で定めて
         おります。これは、株主への機動的な利益還元を行うことを目的としております。
                                26/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ⑥   株主総会の特別決議要件
         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件については、議決権を行使することができ
        る株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款で定
        め ております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を
        行うことを目的としております。
     (2)  【役員の状況】

      ①   役員一覧
    男性  12 名 女性    0 名 (役員のうち女性の比率             0.0  %)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                     (千株)
                              1979年3月      当社入社
                              2001年3月      製造部長
       代表取締役
               早 馬 義 光
                              2003年1月      取締役製造部長
                     1956年12月31日      生                      (注)3       23
        社長
                              2006年5月      取締役副社長
                              2009年1月      代表取締役社長(現任)
                              1985年3月      当社入社
                              2004年2月      総務部長
                              2005年1月      取締役総務部長
               池 田 文 明
       専務取締役              1957年10月10日      生                      (注)3       15
                              2006年5月      取締役経営企画管理室長
                              2013年5月      専務取締役工場長兼総務部長
                              2016年5月      専務取締役(現任)
                              1995年3月      当社入社
        取締役
                櫻  井 英 司          2016年5月      総務部長
                     1973年4月11日      生                      (注)3       4
       総務部長
                              2018年1月      当社取締役総務部長(現任)
                              1998年11月      当社入社
        取締役
                原       豊          2017年11月      総合管理部長
                     1972年5月12日      生                      (注)3       2
       総合管理部長
                              2019年1月      当社取締役総合管理部長(現任)
                              2018年3月      当社入社
        取締役
               宮 治 友 博           2019年11月      貿易部長
                     1970年11月3日      生                      (注)3       0
        貿易部長
                              2021年1月      当社取締役貿易部長(現任)
                              1995年3月      当社入社
         取締役
               須 藤  孝             2015年5月      製造第一部長
                     1972年12月10日      生                      (注)3       1
       製造第一部長
                              2021年1月      当社取締役製造第一部長(現任)
                              2007年10月      当社入社
         取締役
                              2019年5月      開発技術部長
               原  盛 朗      1970年9月29日      生                      (注)3       ―
       開発技術部長
                              2022年1月      当社取締役開発技術部長(現任)
                              1997年10月      監査法人トーマツ(現有限責任監
                                    査法人トーマツ)入所
                              2011年9月      髙宮春樹公認会計士・税理士
                髙  宮 春 樹
        取締役              1972年4月9日      生                      (注)3       ―
                                    事務所長(現任)
                              2015年1月      当社取締役(現任)
                                27/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                     (千株)
                              1976年4月      遠州信用金庫入庫
                              2011年6月      同庫理事
                              2013年6月      同庫常務理事
                              2015年5月      えんしんキャピタル株式会社
                                    代表取締役
       常勤監査役         渥美  博      1953年11月22日      生                      (注)4       ―
                                    えんしん信用保証株式会社
                                    取締役
                              2016年6月      えんしん総合サービス株式会社
                                    監査役
                              2017年1月      当社監査役(現任)
                              1987年4月      静岡銀行入行
                              1992年1月      株式会社イシダグリーン入社
                              1992年9月      同社専務取締役
               石 田  朗
        監査役              1964年12月24日      生                      (注)5       1
                              2006年5月      当社監査役(現任)
                              2007年8月      株式会社イシダグリーン
                                    代表取締役(現任)
                              1977年4月      株式会社河合楽器製作所入社
                              2007年2月      同社ピアノ事業本部
                                    製造管理部長
               藤 田 逸 雄           2014年11月      同社ピアノ事業部 
        監査役              1953年10月26日      生                      (注)5       ―
                                    製造企画推進室
                                    嘱託職員
                              2018年1月      当社監査役(現任)
                              1979年4月      遠州信用金庫入庫
                              2014年6月      同庫常勤監事
        監査役       和久田 幹雄      1955年8月25日      生                      (注)6       ―
                              2019年8月      株式会社浜松グリーンランド
                                    非常勤監査役(現任)
                              2020年1月      当社監査役(現任)
                          計                              53
     (注)   1 取締役髙宮春樹は社外取締役であります。
       2 監査役渥美博、石田朗、藤田逸雄及び和久田幹雄は社外監査役であります。
       3 取締役の任期は、2021年10月期に係る定時株主総会終結のときから2023年10月期に係る定時株主総会終結の
         時までであります。
       4 監査役の任期は、2020年10月期に係る定時株主総会終結のときから2024年10月期に係る定時株主総会終結の
         時までであります。
       5 監査役の任期は、2021年10月期に係る定時株主総会終結のときから2025年10月期に係る定時株主総会終結の
         時までであります。
       6 監査役の任期は、2019年10月期に係る定時株主総会終結のときから2023年10月期に係る定時株主総会終結の
         時までであります。
                                28/80









                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ②   社外取締役及び社外監査役
         当社の社外取締役は1名であります。
         社外取締役の髙宮春樹氏は、髙宮春樹公認会計士・税理士事務所の所長を兼務しており、監査法人に長年に
        わたり勤務した豊富な会計監査経験、さらに、公認会計士及び税理士の資格を有し、財務及び会計に関する相
        当程度の知識を有しております。また、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届
        け出ております。なお、同氏と当社との間に人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係はありませ
        ん。
         当社の監査役4名は全て社外監査役であります。
         社外監査役の渥美博氏は、信用金庫の常務理事、キャピタル会社の代表取締役、信用保証会社の取締役等、
        長年の企業経営の経験を有しております。また、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取
        引所に届け出ております。なお、同社と当社との間に人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係はあ
        りません。
         社外監査役の石田朗氏は、株式会社イシダグリーンの代表取締役を兼務しており、長年の企業経営の経験を
        有しております。また、当社株式1,200株を所有しておりますが、同氏と当社との間に人的関係又は取引関係
        その他の利害関係はありません。さらに、同社と当社との間に、人的関係、資本関係又は取引関係その他の利
        害関係はありません。
         社外監査役の藤田逸雄氏は、他業種の製造現場で損益管理、品質管理、生産管理及び生産技術等の業務の経
        験から、製造現場に関して豊富な経験及び知見を有しております。また、東京証券取引所の定めに基づく独立
        役員として指定し、同取引所に届け出ております。なお、同社と当社との間に人的関係、資本関係又は取引関
        係その他の利害関係はありません。
         社外監査役の和久田幹雄氏は、信用金庫の常勤監事として信用金庫の監査業務の経験を有するとともに、現
        在は他業種の企業の非常勤監査役をしていることから、監査業務に関して豊富な経験及び知見を有しておりま
        す。また、東京証券取引所の定めに基づく独立役員として指定し、同取引所に届け出ております。なお、同社
        と当社との間に人的関係、資本関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
         なお、社外取締役及び社外監査役を選任するための、当社からの独立性に関する基準及び方針は定めており
        ませんが、選任に際しては、東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にしております。
                                29/80











                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①   監査役監査及び内部監査
       イ 監査役監査
          監査役会は社外監査役4名(うち1名が常勤監査役)で構成され、各監査役は監査役会が定めた監査計画に
         基づき、取締役の職務執行状況を監査しております。なお、常勤監査役は取締役会のほか、重要な意思決定
         の過程及び職務執行を把握するため、生経会議に出席しております。また、定期的に取締役、各部門の管理
         責任者と面談を実施しております。
          独立役員に指定しております常勤監査役の渥美博氏は、信用金庫の常務理事、キャピタル会社の代表取締
         役、信用保証会社の取締役等としての長年の経験があり、経営者としての豊富な経験及び知見を有しており
         ます。
           社外監査役の石田朗氏は、株式会社イシダグリーンの代表取締役としての長年の経験があり、経営者と
         しての豊富な経験及び知見を有しております。
          独立役員に指定しております社外監査役の藤田逸雄氏は、他業種の製造現場で損益管理、品質管理、生産
         管理及び生産技術等の業務の経験から、製造現場に関して豊富な経験及び知見を有しております。
          独立役員に指定しております社外監査役の和久田幹雄氏は、信用金庫の常勤監事として信用金庫の監査業
         務の経験を有するとともに、現在は他業種の企業の非常勤監査役をしていることから、監査業務に関して豊
         富な経験及び知見を有しております。
          当事業年度においては、監査役会を6回開催しており、個々の監査役の出席状況については次のとおりで
         あります。
            氏名                 開催回数                  出席回数
          渥美   博                    6回                  6回
          石田   朗                    6回                  6回
          藤田  逸雄                    6回                  6回
          和久田 幹雄                    6回                  6回
          監査役会における主な検討事項は、監査方針及び重点監査項目を含む監査計画、取締役等の職務執行の妥
         当性、会計監査人監査の相当性及び報酬の適正性、事業報告及び附属明細書の適法性、常勤監査役による月
         次活動報告に基づく情報共有等であります。
          常勤監査役の活動として、取締役会等の重要な会議への出席、取締役の職務執行についての監査、部門長
         への面談の実施、稟議書及び諸会議議事録や各種契約書の閲覧等を通じて、会社の状況を把握し経営の健全
         性を監査するとともに、社外監査役への情報共有を行うことで監査機能の充実を図っております。また、監
         査役と会計監査人は、定期的な情報・意見交換を行うとともに、監査結果の報告を受ける等緊密な連携をと
         り、監査内容の充実と監査業務の徹底に努めております。
       ロ 内部監査

          内部監査は、経営企画室が担当しており、期首に定めた監査計画に基づき、業務活動の妥当性及び有効性
         の監査を実施しております。結果は、取締役会及び監査役会に報告しております。
          内部統制監査は、監査チームを結成し、監査を実施しております。監査結果は、内部監査と同様に取締役
         会及び監査役会に報告しております。
       ハ 監査役監査、内部監査及び会計監査の相互連携の状況

          相互連携については、会計監査人の監査にあたって、常勤監査役、経営企画室が会計監査人の往査に立会
         い、監査報告を受ける等、監査役、経営企画室、会計監査人が連携を図り監査の実効性の向上に努めており
         ます。
                                30/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ②   会計監査の状況
       イ 監査法人の名称
          有限責任監査法人トーマツ
       ロ 継続監査期間

          1992年以降
       ハ 業務を執行した公認会計士

          森田 健司
          石黒 宏和
       ニ 監査業務に係る補助者の構成

          公認会計士 5名
          その他   5名
       ホ 会計監査人の選定方針と理由

          当社は、監査法人の概要、監査日数、監査期間及び具体的な監査実施体制、職務遂行能力及び独立性、監
         査報酬に関する見積額等を総合的に勘案し、会計監査人を選定しております。
          また、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定めるいずれかの事由に該当すると認められた場合、監
         査役会は監査役全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査役会が選定した監査役
         は、解任後最初に招集される株主総会において、会計監査人を解任した旨と解任理由を報告いたします。
       ヘ 監査役及び監査役会による会計監査人の評価

          当社の監査役及び監査役会は、会計監査人に対する評価を行っており、有限責任監査法人トーマツにつき
         まして、会計監査人としての独立性、専門性等を害する事由等の発生はなく、適正な監査の遂行が行われて
         いると評価しております。
                                31/80











                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ③ 監査報酬の内容等
       イ 監査公認会計士等に対する報酬の内容

              前事業年度                          当事業年度

    監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬
        (百万円)             (百万円)             (百万円)             (百万円)
               21              7             21              4
       ロ 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬

          該当事項はありません。
       ハ その他重要な報酬の内容

          該当事項はありません。
       ニ 監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容

          前事業年度
           当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、「収益認識に関する会計基
          準」の適用による会計方針の検討に関する助言・指導についての対価であります。
          当事業年度

           当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払っている非監査業務の内容は、「収益認識に関する会計基
          準」の適用による会計方針の検討に関する助言・指導についての対価であります。
       ホ 監査報酬の決定方針

          特段の方針は設けておりませんが、会計監査人の監査項目別監査時間及び監査報酬の推移並びに過年度の
         監査計画と実績の状況を確認し、当事業年度の監査時間及び報酬額の見積りの妥当性を検討し、監査役会の
         同意を得て、取締役会の承認を得て決定しております。
       ヘ 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積などが当社の事業規模
         や事業内容に適切であるかどうかについて必要な検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同
         意の判断を行っております。
                                32/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
       ①    役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社の取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針(以下、決定方針という。)は、取締役会
        の決議により決定しております。
         当社の役員報酬は、各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針としております。具体的には、業務
        執行取締役の報酬は、固定報酬としての基本報酬、譲渡制限付株式報酬により構成し、監督機能を担う社外取
        締役については、その職務に鑑み、基本報酬のみを支払うこととしております。
         取締役及び監査役の報酬の額は、1996年1月30日開催の定時株主総会決議において、取締役は年額1億70百
        万円(当該株主総会終結時の員数は10名であります。)、監査役は30百万円(当該株主総会終結時の員数は5
        名であります。)と決議しております。この報酬の額とは別に、2017年1月27日開催の定時株主総会決議にお
        いて、取締役(社外取締役を除く)に対する譲渡制限付株式報酬制度の導入が決議されており、譲渡制限付株
        式の割り当てのための報酬限度額は年額50百万円(当該株主総会終結時の員数は6名であります。)となって
        おります。
         当社においては、取締役会の委任決議により代表取締役社長早馬義光が取締役の個人別の報酬額等の具体的
        な内容を決定しております。その権限の内容は、株主総会で決議された報酬総額の範囲内において一任してお
        ります。委任の理由は、代表取締役社長の立場は各取締役の役割及び業績を俯瞰する立場にあることから適し
        ていると判断したためであります。
         当社の取締役の個人別の報酬額等の具体的内容については、代表取締役社長早馬義光に、取締役会で決議さ
        れた当該決定方針に基づき、取締役の個人別の報酬額等の具体的内容の決定を委任決議している事から、取締
        役会はその内容が決定方針に沿うものであると判断しております。
         監査役の報酬額は、監査役の協議により決定しております。
         当事業年度の当社の取締役の報酬については、2021年1月27日開催の取締役会にて決定しております。ま
        た、譲渡制限付株式報酬は2021年2月15日開催の取締役会にて決定しております。監査役の報酬については、
        2021年1月27日開催の監査役会において監査役の協議によって決定しております。
         また、当社は利益及び株価等のパフォーマンス指標に連動する業績連動報酬は採用しておりません。
      ②   提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(千円)

                                                   対象となる
                報酬等の総額
       役員区分                                            役員の員数
                 (千円)
                             ストック     譲渡制限付
                                                     (名)
                       基本報酬                  賞与    退職慰労金
                            オプション      株式報酬
    取締役
                  90,183      75,150        ―    11,453      3,580       ―       7
    (社外取締役を除く。)
    監査役
                     ―      ―      ―      ―      ―      ―      ―
    (社外監査役を除く。)
    社外役員              13,125      13,125        ―      ―      ―      ―       5
     (注)   1 取締役の報酬等の額には、使用人兼務取締役の使用人給与及び賞与は含まれておりません。
       2 譲渡制限付株式報酬の額は、当事業年度に費用計上した額であります。
       ③    役員ごとの報酬等の総額

          当社では、報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       ④    使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

          該当事項はありません。
                                33/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
       ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、
         株式の価値の変動または配当の受領によって利益を得ることを目的として保有する投資株式を純投資目的で
         ある投資株式とし、余剰資金は、元本保証あるいはそれに準ずる安全性が確保されている方法に限定し、リ
         スクのある投資運用は行わないこととしています。それ以外の目的で保有する投資株式を純投資目的以外の
         目的である投資株式として区分しております。
       ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        イ 保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
          の内容
           当社は、純投資以外の目的である投資株式の保有方針は、基本的に取引先企業を対象としております。
          取引先企業との良好的な関係強化・維持、売上及び仕入または資金調達といったすべての取引の円滑化を
          図り、中長期的に当社の企業価値向上に資すると合理的に判断される場合に限り、投資株式を保有するこ
          ととしております。
           保有の合理性につきましては、取締役会において、中長期的な観点から個別銘柄ごとに保有意義及び経
          済合理性の検証を行っております。
           保有の意義につきましては、検証対象の全てが、取引先企業との良好的な関係強化・維持、売上及び仕
          入または資金調達といったすべての取引の円滑化を図る目的で保有しており、その妥当性を確認しまし
          た。経済合理性については、四半期毎に、個別銘柄毎の時価と簿価の差額、取引金額及び取引先との事業
          上の関係等を総合的に勘案し判断しております。経済合理性が低いと判断した場合は、相手先企業と対話
          のうえ、市場の動向、売却の影響等を慎重に検討し、売却及び縮減を進めることにしております。
           当社は、純投資目的以外の目的である投資株式に係る議決権の行使につきましては、各議案内容を精査
          し、保有先の企業価値向上に資するものか否かを総合的に勘案し判断しております。
        ロ 銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                              合計額(千円)
        非上場株式               4             29,872
        非上場株式以外の株式               6            194,700
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              ―               ―          ―
                                        1社は取引先持株会を通じた継続的な
        非上場株式以外の株式               2             8,849    株式購入、1社は新規取得により株式
                                        数が増加しております。
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(千円)
        非上場株式              ―               ―
        非上場株式以外の株式              ―               ―
                                34/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       ハ 特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
       特定投資株式

              当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
                                  保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (千円)         (千円)
                               フィルター部門の自動車用フィルター等の取
                  54,000         54,000
                               引を当社の取引先を通じて行っており、事業
    SPK㈱                                                 無
                               上の関係を勘案し、同社との良好的な関係維
                  76,086         65,880
                               持・強化のため継続して保有しております。
                               フィルター部門の自動車用フィルター等の取
                               引を行っており、事業上の関係を勘案し、同
                  50,406         49,734
                               社との良好的な関係維持・強化のため継続し
                               て保有しております。なお、同社との関係を
    ムラキ㈱                                                 有
                               より一層強化していくために、毎月一定額を
                               拠出し、取引先持株会を通じて株式の取得を
                  62,454         34,864
                               行っております。
                               同社の保険に加入しており、安定的な取引関
                  7,000         7,000
    第一生命ホール
                               係の維持が、当社の中長期的な企業価値の向                       有
    ディングス㈱
                  16,810         10,825
                               上に資すると判断して保有しております。
                               当社の取引銀行であり、安定的な取引関係の
                  18,000         18,000
    ㈱静岡銀行                          維持が、当社の中長期的な企業価値の向上に                       有
                  16,506         12,600
                               資すると判断して保有しております。
                               燃焼機器部門の厨房機器関係の部品等の取引
                  18,000         18,000
                               を行っており、事業上の関係を勘案し、同社
    ㈱フジマック                                                 無
                               との良好的な関係維持・強化のため継続して
                  14,094         12,726
                               保有しております。
                  10,000           ―
    日本郵政㈱                          余剰資金を運用する為であります。                       無
                  8,750          ―
     (注) 定量的な保有効果については、個別の取引条件等を開示できないため、記載が困難であります。
       みなし保有株式

        該当事項はありません。
       ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

                        当事業年度                     前事業年度
         区分
                    銘柄数                     銘柄数
                           貸借対照表計上額の                     貸借対照表計上額の
                             合計額(千円)                     合計額(千円)
                     (銘柄)                      (銘柄)
    非上場株式                     ―           ―           ―           ―
    非上場株式以外の株式                     1         8,750            ―           ―
                              当事業年度

         区分
                  受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                  合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
    非上場株式                     ―           ―           ―
    非上場株式以外の株式                     ―           ―          544
       ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

          該当事項はありません。
       ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

          該当事項はありません。
                                35/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 財務諸表の作成方法について

      当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号以下「財務諸
     表等規則」という。)に基づいて作成しております。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、事業年度(2020年11月1日から2021年10月31日まで)の
     財務諸表について、有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。
    3 連結財務諸表について

      「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第5条第2項により、当社で
     は、子会社の資産、売上高、損益、利益剰余金及びキャッシュ・フローその他の項目からみて、当企業集団の財政状
     態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に関する合理的な判断を誤らせない程度に重要性が乏しいものとして、
     連結財務諸表は作成しておりません。
       なお、資産基準、売上高基準、利益基準及び利益剰余金基準による割合は次の通りであり、会社間取引項目消去前
     の数値により算出しております。
        ①資産基準             0.4%
        ②売上高基準           1.1%
        ③利益基準             0.1%
        ④利益剰余金基準       0.0%
    4 財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社では、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、監査法人等の外部
     機関が開催する研修への参加及び会計専門誌の購読等を通して、会計制度の動向及び会計基準等の内容を把握し、的
     確に対応することができるように努めております。また、将来の指定国際会計基準の適用に備え、監査法人等の外部
     機関が開催する国際会計基準の動向についての研修へ参加しております。
                                36/80










                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
        該当事項はありません。
     (2)  【その他】

        該当事項はありません。
                                37/80


















                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    2 【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                              1,460,151              1,425,473
                                     ※  450,180            ※  478,800
        受取手形
                                     ※  433,714            ※  636,778
        電子記録債権
        売掛金                               747,641              882,773
        有償支給未収入金                                3,279              3,901
        商品及び製品                               553,963              565,285
        仕掛品                                36,420              58,167
        原材料及び貯蔵品                               199,917              209,562
        前払費用                                28,483              29,703
        その他                                17,289              17,243
                                       △ 1,649             △ 2,015
        貸倒引当金
        流動資産合計                              3,929,393              4,305,675
      固定資産
        有形固定資産
         建物                             2,099,495              2,127,423
                                     △ 1,086,061             △ 1,136,370
          減価償却累計額
          建物(純額)                            1,013,434               991,053
         構築物
                                       219,022              226,885
                                      △ 128,772             △ 137,864
          減価償却累計額
          構築物(純額)                             90,250              89,021
         機械及び装置
                                      3,151,754              3,236,366
                                     △ 2,526,147             △ 2,662,281
          減価償却累計額
          機械及び装置(純額)                             625,606              574,084
         車両運搬具
                                        18,069              18,653
                                      △ 17,102             △ 16,155
          減価償却累計額
          車両運搬具(純額)                               966             2,497
         工具、器具及び備品
                                      1,029,627              1,021,735
                                     △ 1,003,781              △ 984,747
          減価償却累計額
          工具、器具及び備品(純額)                             25,846              36,988
         土地
                                       350,316              392,716
         リース資産                               68,283              68,283
                                      △ 54,612             △ 56,956
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                             13,671              11,327
         建設仮勘定                               29,800              56,777
         有形固定資産合計                             2,149,893              2,154,467
        無形固定資産
         ソフトウエア                               2,949              8,580
                                         951              951
         電話加入権
         無形固定資産合計                               3,900              9,532
                                38/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
        投資その他の資産
         投資有価証券                              274,209              336,018
         関係会社株式                               18,038              18,038
         出資金                                250              250
         従業員に対する長期貸付金                                 -            1,940
         破産更生債権等                                480              480
         長期前払費用                               12,334               6,117
         繰延税金資産                               48,018              44,029
         会員権                               1,750              1,750
         保険積立金                              241,463              255,669
         その他                               3,426              6,296
                                       △ 1,535             △ 1,557
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                              598,437              669,033
        固定資産合計                              2,752,231              2,833,033
      資産合計                                6,681,624              7,138,709
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               277,228              342,077
        短期借入金                               660,000              530,000
        未払金                                79,550              131,472
        未払法人税等                                31,450              146,599
        未払消費税等                                64,609              58,330
        未払費用                                51,416              56,433
        前受金                                4,300              5,200
        預り金                                29,053              43,055
        リース債務                                2,343              2,343
        賞与引当金                                33,812              36,348
                                          -            31,811
        設備関係支払手形
        流動負債合計                              1,233,764              1,383,672
      固定負債
        リース債務                                11,327               8,983
        退職給付引当金                               206,099              214,217
        役員退職慰労引当金                                4,386              4,386
        資産除去債務                                10,173              10,173
        長期預り保証金                                22,658              22,658
                                         906              718
        その他
        固定負債合計                               255,551              261,138
      負債合計                                1,489,316              1,644,810
                                39/80







                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                                (2020年10月31日)              (2021年10月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                               601,800              601,800
        資本剰余金
         資本準備金                              389,764              389,764
                                        5,029              6,602
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                              394,794              396,367
        利益剰余金
         利益準備金                              150,450              150,450
         その他利益剰余金
          固定資産圧縮積立金                             48,031              45,242
          別途積立金                            3,500,000              3,600,000
                                       940,374             1,155,586
          繰越利益剰余金
          その他利益剰余金合計                            4,488,405              4,800,828
         利益剰余金合計                             4,638,855              4,951,278
        自己株式                              △ 486,063             △ 533,754
        株主資本合計                              5,149,386              5,415,691
      評価・換算差額等
                                        42,921              78,206
        その他有価証券評価差額金
        評価・換算差額等合計                                42,921              78,206
      純資産合計                                5,192,307              5,493,898
     負債純資産合計                                 6,681,624              7,138,709
                                40/80












                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     売上高
      製品売上高
        製品売上高                              3,867,223              4,771,891
        半製品売上高                               380,045              478,010
                                       131,833              200,480
        その他
        合計                              4,379,102              5,450,382
      商品売上高                                1,008,584              1,352,463
      売上高合計                                5,387,686              6,802,846
     売上原価
      製品売上原価
        製品期首たな卸高                               206,538              219,465
                                   ※2   3,631,280            ※2   4,343,997
        当期製品製造原価
        合計                              3,837,819              4,563,462
        製品期末たな卸高                               219,465              196,335
        製品売上原価                              3,618,353              4,367,127
      商品売上原価
        商品期首たな卸高                               121,133              120,949
        当期商品仕入高                               668,278              920,101
                                    ※1   189,515            ※1   255,631
        他勘定受入高
        合計                               978,927             1,296,682
        商品期末たな卸高                               120,949              145,452
        商品売上原価                               857,978             1,151,230
      売上原価合計                                4,476,331              5,518,357
     売上総利益                                  911,354             1,284,488
     販売費及び一般管理費
      販売促進費                                 17,350              22,677
      運搬費                                 125,402              136,400
      貸倒引当金繰入額                                   568              368
      役員報酬                                 97,570              103,308
      給料                                 168,413              167,238
      賞与                                 39,639              53,232
      退職給付費用                                  9,665              10,598
      賞与引当金繰入額                                  6,593              6,828
      福利厚生費                                 44,831              47,276
      通信交通費                                 10,942               4,637
      減価償却費                                 23,775              23,161
      賃借料                                  9,005              9,399
      保険料                                  8,715              8,465
      支払報酬                                 25,940              35,951
      貸倒損失                                    11               -
                                        74,341              87,351
      その他
                                    ※2   662,769            ※2   716,896
      販売費及び一般管理費合計
     営業利益                                  248,585              567,591
                                41/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     営業外収益
      受取利息                                   132               63
      有価証券利息                                  1,780              2,196
      受取配当金                                  6,934              6,217
      投資有価証券評価益                                    -              30
      投資有価証券償還益                                    -            4,157
      受取賃貸料                                 13,613              13,661
                                        3,432              5,033
      その他
      営業外収益合計                                 25,892              31,360
     営業外費用
      支払利息                                  2,757              2,514
      売上割引                                  2,043              2,024
      投資有価証券評価損                                  4,157              1,141
      貸倒引当金繰入額                                    5              20
                                         389             1,831
      その他
      営業外費用合計                                  9,353              7,531
     経常利益                                  265,124              591,420
     特別利益
                                       ※3   38           ※3   535
      固定資産売却益
      補助金収入                                 13,964                600
      受取保険金                                  4,416                -
                                        36,075                 -
      雇用調整助成金
      特別利益合計                                 54,495               1,135
     特別損失
                                                     ※4   135
      固定資産売却損                                    -
                                      ※5   846            ※5   747
      固定資産除却損
      投資有価証券評価損                                  1,367                -
                                         573               -
      保険解約損
      特別損失合計                                  2,788               883
     税引前当期純利益                                  316,830              591,672
     法人税、住民税及び事業税
                                        92,123              177,708
                                       △ 2,431             △ 10,637
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   89,691              167,071
     当期純利益                                  227,139              424,600
                                42/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       【製造原価明細書】
                             第52期                  第53期

                          (自 2019年11月1日                  (自 2020年11月1日
                          至 2020年10月31日)                  至 2021年10月31日)
                    注記                構成比                  構成比
           区分                金額(千円)                 金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
    Ⅰ 材料費                          1,616,275      42.9           2,114,658      46.2
    Ⅱ 労務費                          1,056,839      28.1           1,206,505      26.4

    Ⅲ 経費

     1 外注加工費                     288,840                 356,449

     2 荷造包装費                     323,232                 408,579

     3 減価償却費                     266,889                 239,385

                         213,301      1,092,264            252,791      1,257,205

     4 その他                                 29.0                  27.5
       当期総製造費用                                100.0                  100.0

                               3,765,379                 4,578,369
       仕掛品及び半製品
                                257,922                 249,969
       期首たな卸高
            計
                               4,023,301                 4,828,338
       仕掛品及び半製品
                                249,969                 282,527
       期末たな卸高
                                142,051                 201,814
       他勘定振替高               ※2
       当期製品製造原価

                               3,631,280                 4,343,997
      (脚注)

               第52期                           第53期

            (自 2019年11月1日                           (自 2020年11月1日
            至 2020年10月31日)                           至 2021年10月31日)
     1 原価計算の方法                            1 原価計算の方法
       標準原価計算を採用しております。                              標準原価計算を採用しております。
    ※2 他勘定振替高の内訳                           ※2 他勘定振替高の内訳

        商品売上高に係る梱包資材                           商品売上高に係る梱包資材
                        126,463千円                           190,654千円
        及び梱包費用の振替高                           及び梱包費用の振替高
        固定資産への振替高                 14,818          固定資産への振替高                 10,539
        その他                  768        その他                  619
        計                142,051          計                201,814
                                43/80







                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ③  【株主資本等変動計算書】
     第52期(自     2019年11月1日 至          2020年10月31日) 
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                           資本剰余金                  利益剰余金
                                                 その他利益
                資本金
                                                 剰余金
                           その他資本
                     資本準備金           資本剰余金合計       利益準備金
                            剰余金
                                              固定資産
                                                    別途積立金
                                              圧縮積立金
    当期首残高            601,800      389,764       6,208     395,973      150,450       51,238     3,300,000
    当期変動額
     剰余金の配当
     当期純利益
     固定資産圧縮積立金
                                               △ 3,206
     の取崩
     別途積立金の積立                                                200,000
     自己株式の取得
     自己株式の処分                        △ 1,178     △ 1,178
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―      ―    △ 1,178     △ 1,178       ―    △ 3,206     200,000
    当期末残高            601,800      389,764       5,029     394,794      150,450       48,031     3,500,000
                                       評価・換算

                         株主資本
                                        差額等
                  利益剰余金
                                              純資産合計
                                        その他
               その他利益
                            自己株式     株主資本合計      有価証券評価
                剰余金
                     利益剰余金
                                        差額金
                      合計
               繰越利益
                剰余金
    当期首残高           1,011,550      4,513,238      △ 496,144     5,014,867       57,514     5,072,382
    当期変動額
     剰余金の配当           △ 101,522     △ 101,522           △ 101,522           △ 101,522
     当期純利益           227,139      227,139            227,139            227,139
     固定資産圧縮積立金
                 3,206       ―            ―            ―
     の取崩
     別途積立金の積立           △ 200,000        ―            ―            ―
     自己株式の取得                         △ 72     △ 72           △ 72
     自己株式の処分                        10,153       8,974            8,974
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                ―    △ 14,593     △ 14,593
     額)
    当期変動額合計            △ 71,176      125,616       10,080      134,518      △ 14,593      119,925
    当期末残高            940,374     4,638,855      △ 486,063     5,149,386       42,921     5,192,307
                                44/80






                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     第53期(自     2020年11月1日 至          2021年10月31日) 
                                                  (単位:千円)
                                  株主資本
                           資本剰余金                  利益剰余金
                                                 その他利益
                資本金
                                                 剰余金
                           その他資本
                     資本準備金           資本剰余金合計       利益準備金
                            剰余金
                                              固定資産
                                                    別途積立金
                                              圧縮積立金
    当期首残高            601,800      389,764       5,029     394,794      150,450       48,031     3,500,000
    当期変動額
     剰余金の配当
     当期純利益
     固定資産圧縮積立金
                                               △ 2,789
     の取崩
     別途積立金の積立                                                100,000
     自己株式の取得
     自己株式の処分                         1,572      1,572
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―      ―     1,572      1,572       ―    △ 2,789     100,000
    当期末残高            601,800      389,764       6,602     396,367      150,450       45,242     3,600,000
                                       評価・換算

                         株主資本
                                        差額等
                  利益剰余金
                                              純資産合計
                                        その他
               その他利益
                            自己株式     株主資本合計      有価証券評価
                剰余金
                     利益剰余金
                                        差額金
                      合計
               繰越利益
                剰余金
    当期首残高            940,374     4,638,855      △ 486,063     5,149,386       42,921     5,192,307
    当期変動額
     剰余金の配当           △ 112,177     △ 112,177           △ 112,177           △ 112,177
     当期純利益           424,600      424,600            424,600            424,600
     固定資産圧縮積立金
                 2,789       ―            ―            ―
     の取崩
     別途積立金の積立           △ 100,000        ―            ―            ―
     自己株式の取得                       △ 58,502     △ 58,502           △ 58,502
     自己株式の処分                        10,811      12,384            12,384
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純                                ―    35,285      35,285
     額)
    当期変動額合計            215,212      312,423      △ 47,691      266,304       35,285      301,590
    当期末残高           1,155,586      4,951,278      △ 533,754     5,415,691       78,206     5,493,898
                                45/80






                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ④  【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前当期純利益                                 316,830              591,672
      減価償却費                                 290,665              262,546
      退職給付引当金の増減額(△は減少)                                 12,661               8,117
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -            2,535
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                   573              388
      受取利息及び受取配当金                                 △ 8,847             △ 8,477
      支払利息                                  2,757              2,514
      投資有価証券評価損益(△は益)                                  5,525              1,111
      保険解約損                                   573               -
      受取保険金                                 △ 4,416                -
      補助金収入                                △ 13,964               △ 600
      助成金収入                                △ 36,075                 -
      固定資産売却損益(△は益)                                  △ 38             △ 399
      固定資産除却損                                   846              747
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 86,277             △ 365,916
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 9,952             △ 42,712
      仕入債務の増減額(△は減少)                                  2,171              64,848
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                 21,059              △ 6,278
                                        34,188              71,073
      その他
      小計                                 528,282              581,170
      利息及び配当金の受取額
                                        7,801              8,848
      利息の支払額                                 △ 2,758             △ 2,520
      法人税等の支払額                                △ 132,524              △ 67,920
      助成金の受取額                                 36,075                 -
      補助金の受取額                                 13,964                600
                                        4,416                -
      保険金の受取額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 455,257              520,178
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                               △ 1,155,000             △ 1,139,250
      定期預金の払戻による収入                                1,198,000              1,098,000
      有形固定資産の取得による支出                                △ 232,734             △ 214,916
      有形固定資産の売却による収入                                    40              547
      有形固定資産の除却による支出                                  △ 590             △ 448
      投資有価証券の取得による支出                                △ 115,634             △ 113,849
      投資有価証券の償還による収入                                 60,000              105,000
      無形固定資産の取得による支出                                    -           △ 7,405
      保険積立金の積立による支出                                △ 12,566             △ 13,910
      保険積立金の解約による収入                                   822               -
      その他の支出                                  △ 950            △ 7,900
                                         908              670
      その他の収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 257,703             △ 293,462
                                46/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:千円)
                                  第52期              第53期
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年10月31日)               至 2021年10月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -          △ 130,000
      リース債務の返済による支出                                 △ 4,001             △ 2,343
      自己株式の取得による支出                                  △ 72           △ 58,502
                                      △ 101,678             △ 112,260
      配当金の支払額
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 105,753             △ 303,106
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 218              461
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   91,582             △ 75,928
     現金及び現金同等物の期首残高                                  574,069              665,651
                                     ※  665,651            ※  589,723
     現金及び現金同等物の期末残高
                                47/80
















                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)  子会社株式及び関連会社株式
       移動平均法による原価法
     (2)  その他有価証券
       時価のあるもの
        期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は、移動平均法に
        より算定)
        なお、組込デリバティブの時価を区分して測定することができない複合金融商品は、複合金融商品全体を時価
        評価し、評価差額を当期の損益に計上しております。
       時価のないもの
        移動平均法による原価法
    2 デリバティブ等の評価基準及び評価方法

     (1)  デリバティブ
       時価法
     (2)  運用目的の金銭の信託
       時価法
    3 たな卸資産の評価基準及び評価方法

     (1)  商品、製品、原材料、仕掛品、貯蔵品(梱包材料)
       総平均法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
       ただし、金型製品、金型仕掛品は個別法による原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
     (2)  貯蔵品(梱包材料以外)
       最終仕入原価法(収益性の低下による簿価切下げの方法)
    4 固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
       定率法、ただし1998年4月1日以降に取得の建物(建物附属設備を除く)、2016年4月1日以降に取得の建物附属
       設備及び構築物は定額法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は次の通りであります。
        建物            7~38年
        構築物            7~40年
        機械及び装置              9年
        車両運搬具            4~6年
        工具、器具及び備品            2~15年
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
       ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
     (3)  リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    5 引当金の計上基準

     (1)  貸倒引当金
       債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権につ
       いては個別に回収可能性を検討し回収不能見込額を計上しております。
     (2)  賞与引当金
       従業員に支給する賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
                                48/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (3)  退職給付引当金
       従業員の退職給付に備えるため、当該事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
       退職給付引当金及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法を
       用いた簡便法を適用しております。
     (4)  役員退職慰労引当金
       役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
       なお、2006年4月30日をもって役員退職慰労金制度を廃止しており、同日以降対応分については、引当金計上を
       行っておりません。
    6 キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

      キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に
      換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来す
      る短期投資からなっております。
    7 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しております。
      (未適用の会計基準等)

     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)
     (1)  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1:顧客との契約を識別する。
         ステップ2:契約における履行義務を識別する。
         ステップ3:取引価格を算定する。
         ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)  適用予定日

        2022年10月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、軽微であります。
                                49/80







                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2021年6月17日)
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
     (1)  概要

        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算
       定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関す
       るガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は、以下の項目の時価に適用されます。
        ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
        ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
        また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
       事項が定められました。
     (2)  適用予定日

        2022年10月期の期首より適用予定であります。
     (3)  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
      (追加情報)

       (新型コロナウイルス感染症の影響に伴う会計上の見積りに関する追加情報)
         自動車用フィルターの海外市場では、前事業年度末において徐々に需要が回復していくと仮定しておりまし
        たが、当事業年度末において新型コロナウイルス感染症拡大の影響はほとんどなく、需要は新型コロナウイル
        ス感染症拡大前の水準に回復いたしました。そのため、当事業年度では、新型コロナウイルス感染症の影響は
        軽微であると判断し、会計上の見積りには織り込んでおりません。
                                50/80










                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
     ※ 当事業年度末日満期手形及び電子記録債権の会計処理については、満期日に決済が行われたものとして処理して
      おります。
       なお、当事業年度末日が金融機関の休日であったため、次の当事業年度末日満期手形及び電子記録債権を満期日
      に決済が行われたものとして処理しております。
                              第52期   末              第53期   末

                            ( 2020年10月31日       )         ( 2021年10月31日       )
        受取手形                        42,857千円                 32,072千円
        電子記録債権                         4,913千円                26,919千円
      (損益計算書関係)

    ※1 他勘定受入高の内訳は、次の通りであります。
                              第52期                 第53期
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        当期製品製造原価のうち
                               63,051千円                 64,977千円
        原材料仕入高
        製造原価の労務費及び経費                       126,463千円                 190,654千円
        計                       189,515千円                 255,631千円
    ※2 研究開発費の総額

                              第52期                 第53期
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        一般管理費及び当期製造費用に
                               25,059   千円              28,252   千円
        含まれる研究開発費
    ※3 固定資産売却益の内訳は、次の通りであります。

                              第52期                 第53期
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        機械及び装置                         38千円                508千円
        車両運搬具                           ―               27千円
        計                         38千円                535千円
    ※4 固定資産売却損の内訳は、次の通りであります。

                              第52期                 第53期
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        機械及び装置                           ―              135千円
        計                           ―              135千円
    ※5 固定資産除却損の内訳は、次の通りであります。

                              第52期                 第53期
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
        建物                         90千円                 0千円
        建物附属設備                         390千円                 42千円
        機械及び装置                         366千円                 364千円
        工具、器具及び備品                          0千円                341千円
        計                         846千円                 747千円
                                51/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (株主資本等変動計算書関係)
      第52期   (自    2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類         当事業年度期首          当事業年度増加数           当事業年度減少数            当事業年度末
    普通株式(株)               1,240,000              ―           ―       1,240,000
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類          当事業年度期首          当事業年度増加数           当事業年度減少数            当事業年度末
    普通株式(株)                 224,779             25         4,600          220,204
     (変動事由の概要)
      増加数の内訳は、次の通りであります。
       単元未満株式の買取による増加                                            25株
      減少数の内訳は、次の通りであります。
       譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少                                                  4,600株
     3 配当に関する事項

       (1)   配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                       (千円)         (円)
    2020年1月29日
               普通株式          101,522         100.00     2019年10月31日         2020年1月30日
    定時株主総会
       (2)    基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)       配当額(円)
    2021年1月27日
              普通株式      利益剰余金         112,177        110.00    2020年10月31日         2021年1月28日
    定時株主総会
      第53期   (自    2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

     1 発行済株式に関する事項
      株式の種類          当事業年度期首          当事業年度増加数           当事業年度減少数            当事業年度末
    普通株式(株)               1,240,000              ―           ―       1,240,000
     2 自己株式に関する事項

      株式の種類          当事業年度期首          当事業年度増加数           当事業年度減少数            当事業年度末
    普通株式(株)                 220,204           21,531           4,800          236,935
     (変動事由の概要)
      増加数の内訳は、次の通りであります。
       取締役会決議による自己株式の取得による増加             21,400株
       単元未満株式の買取による増加                                           131株
      減少数の内訳は、次の通りであります。
       譲渡制限付株式報酬としての自己株式の処分による減少                                                  4,800株
                                52/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     3 配当に関する事項
       (1)   配当金支払額
                      配当金の総額       1株当たり配当額
        決議       株式の種類                          基準日        効力発生日
                       (千円)         (円)
    2021年1月27日
               普通株式          112,177         110.00     2020年10月31日         2021年1月28日
    定時株主総会
       (2)    基準日が当事業年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌事業年度となるもの
                          配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類      配当の原資                       基準日        効力発生日
                           (千円)       配当額(円)
    2022年1月27日
              普通株式      利益剰余金         140,429        140.00    2021年10月31日         2022年1月28日
    定時株主総会
      (キャッシュ・フロー計算書関係)

    ※ 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係 
                              第52期                 第53期
                           (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                           至   2020年10月31日       )       至   2021年10月31日       )
      現金及び預金勘定                        1,460,151千円                 1,425,473千円
      預入期間が3ヶ月を超える定期預金                        △794,500千円                 △835,750千円
      現金及び現金同等物                         665,651千円                 589,723千円
      (リース取引関係)

    1 ファイナンス・リース取引
     (借主側)
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
     (1)  リース資産の内容
       有形固定資産
        生産設備(機械及び装置)であります。
     (2)  リース資産の減価償却方法
        重要な会計方針に係る事項に関する注記の「3 固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
    2 オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
                                53/80









                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
     1 金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
         当社は、資金運用については短期的な預金及び元本保証あるいはそれに準じる安全性が確保されている株式
        投資等に限定し、また、資金調達については銀行借入によって調達する方針であります。
         デリバティブ取引は、特性を評価し、安全性が高いと判断された複合金融商品のみを利用し、投機的な取引
        は行わない方針であります。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

         営業債権である受取手形、電子記録債権及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
         投資有価証券は、主に、業務上の関係を有する企業の株式及び債券であり、市場価格の変動及び信用リスク
        に晒されております。
         借入金は、主に運転資金に係る資金調達を目的としたものであり、このうち一部は変動金利であるため、金
        利の変動リスクに晒されております。
         デリバティブ取引は、余剰資金の運用を目的として、オプション取引の組込型債券による複合金融商品の取
        引であり、日経平均株価の変動により元本が毀損し、額面金額で償還されないリスクに晒されておりますが、
        元本が毀損する可能性が低いと判断された安全性が高い複合金融商品のみを利用しております。 
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
          当社は、営業債権については、販売管理規程及び与信管理規程に従い、営業部が主要な取引先の状況をモ
         ニタリングし、総務部が取引先毎に期日及び残高を管理するとともに、必要に応じて取引先の信用状況を把
         握する体制としております。
          デリバティブ取引の取引先は、信用度の高い金融機関であるため、相手先の契約不履行による信用リスク
         は、ほとんどないと判断しております。
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
          当社は、投資有価証券については、担当部門である総務部にて管理しております。また、総務部長は、四
         半期毎に把握した時価について、取締役会に報告することとなっております。
          デリバティブ取引の実行及び管理は、総務部に集中しております。また、総務部長は、四半期毎にデリバ
         ティブ取引の成約状況及び取引残高について、取締役会に報告することとなっております。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
          当社は、各部署からの報告に基づき毎月資金繰計画を作成するとともに、手許流動性の維持等により流動
         性リスクを管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含
        まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用するこ
        とにより、当該価額が変動することがあります。
                                54/80






                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     2 金融商品の時価等に関する事項
        貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次の通りであります。なお、時価を把握することが極
       めて困難と認められるものは、次表には含めておりません。((注2)を参照ください。)
      第52期   ( 2020年10月31日       )
                       貸借対照表計上額               時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                            1,460,151            1,460,151                ―
    (2)  受取手形

                             450,180            450,180              ―
    (3)  電子記録債権

                             433,714            433,714              ―
    (4)  売掛金

                             747,641            747,641              ―
    (5)  投資有価証券

                             244,337            244,337              ―
    資産計                        3,336,025            3,336,025                ―
    (1)  買掛金
                             277,228            277,228              ―
    (2)  短期借入金
                             660,000            660,000              ―
    負債計                         937,228            937,228              ―
      第53期   ( 2021年10月31日       )

                       貸借対照表計上額               時価            差額

                          (千円)            (千円)            (千円)
    (1)  現金及び預金
                            1,425,473            1,425,473                ―
    (2)  受取手形

                             478,800            478,800              ―
    (3)  電子記録債権

                             636,778            636,778              ―
    (4)  売掛金

                             882,773            882,773              ―
    (5)  投資有価証券

                             306,146            306,146              ―
    資産計                        3,729,972            3,729,972                ―
    (1)  買掛金
                             342,077            342,077              ―
    (2)  短期借入金
                             530,000            530,000              ―
    (3)  設備関係支払手形
                             31,811            31,811              ―
    負債計                         903,888            903,888              ―
       (注1) 金融商品の時価の算定方法及び有価証券に関する事項

        資産
         (1)  現金及び預金、(2)         受取手形、(3)       電子記録債権、(4)         売掛金
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
         (5)  投資有価証券

            株式は取引所の価格によっております。また、債券は取引金融機関から提示された基準価格によって
           おります。
            また、保有目的ごとの有価証券に関する注記事項については、「有価証券関係」注記を参照くださ
           い。
                                55/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
        負債
         (1)  買掛金、(2)      短期借入金、(3)        設備関係支払手形
            短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
        デリバティブ取引

         デリバティブ取引の時価については組込デリバティブであり、合理的に区分して測定できないため、当該複
        合金融商品全体を時価評価し、「(5)                 投資有価証券」の時価に含めて記載しております。
       (注2) 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の貸借対照表計上額

                                     (単位:千円)
         区分           2020年10月31日             2021年10月31日
    非上場株式※1                      29,872             29,872

    関係会社株式※2                      18,038             18,038
     ※1 非上場株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、「(5)                                                  投資有
        価証券」には含めておりません。
     ※2 関係会社株式については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められるため、時価開示の
        対象としておりません。
       (注3) 金銭債権及び満期がある有価証券の決算日後の償還予定額

      第52期   ( 2020年10月31日       )
                          1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超

             区分
                           (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    現金及び預金                       1,460,151            ―        ―        ―
    受取手形                        450,180           ―        ―        ―

    電子記録債権                        433,714           ―        ―        ―
    売掛金                        747,641           ―        ―        ―
    投資有価証券
                               ―      105,000         5,000          ―
     その他有価証券のうち満期があるもの
    (債券)
             合計              3,091,687         105,000         5,000          ―
      第53期   ( 2021年10月31日       )

                          1年以内       1年超5年以内        5年超10年以内          10年超

             区分
                           (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
    現金及び預金                       1,425,473            ―        ―        ―
    受取手形                        478,800           ―        ―        ―

    電子記録債権                        636,778           ―        ―        ―
    売掛金                        882,773           ―        ―        ―
    投資有価証券
                               ―      110,000           ―        ―
     その他有価証券のうち満期があるもの
    (債券)
             合計              3,423,826         110,000           ―        ―
                                56/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       (注4) 短期借入金の決算日後の返済予定額
      第52期   ( 2020年10月31日       )
                       1年超       2年超       3年超       4年超

               1年以内                                     5年超
        区分               2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                (千円)                                    (千円)
                       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金            660,000          ―       ―       ―       ―       ―
        合計         660,000          ―       ―       ―       ―       ―
      第53期   ( 2021年10月31日       )

                       1年超       2年超       3年超       4年超

               1年以内                                     5年超
        区分               2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                (千円)                                    (千円)
                       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    短期借入金            530,000          ―       ―       ―       ―       ―
        合計         530,000          ―       ―       ―       ―       ―
      (有価証券関係)

     1 その他有価証券で時価のあるもの
      第52期   ( 2020年10月31日       )
                       貸借対照表計上額              取得原価             差額

           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     ① 株式                         124,295            60,086            64,209
     ② 債券                          5,082            5,000             82
     ③ その他                          1,516            1,129             386
    小計                         130,894            66,216            64,678
    貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     ① 株式                         12,600            16,249           △3,649
     ② 債券                         100,842            105,000            △4,157

    小計                         113,442            121,249            △7,806

           合計                  244,337            187,465            56,871
     (注)   1 貸借対照表計上額が取得原価を超えないものの「債券」の中には複合金融商品(取得原価105,000千円、貸
         借 対照表計上額100,842千円)が含まれており、その評価差額は損益計算書の営業外費用に計上しており
         ます。なお、評価損は当事業年度に4,157千円計上しております。
       2 表中の「取得原価」は減損処理後の帳簿価額であります。なお、当事業年度において「その他」について減
         損処理を行い、投資有価証券評価損1,367千円を計上しております。
       3 非上場株式(貸借対照表計上額29,872千円)については、市場性がなく時価を把握することが極めて困難と
         認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                57/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      第53期   ( 2021年10月31日       )
                       貸借対照表計上額              取得原価             差額

           区分
                          (千円)            (千円)            (千円)
    貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     ① 株式                         194,700            85,185           109,514
     ② 債券                         55,142            55,000             142
     ③ その他                          2,444            1,129            1,314
    小計                         252,287            141,315            110,971
    貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     ① 債券                         53,859            55,000           △1,141
    小計                         53,859            55,000           △1,141

           合計                  306,146            196,315            109,830
     (注)   1 貸借対照表計上額が取得原価を超えるものの「債券」の中には複合金融商品(取得原価50,000千円、貸借 
         対照表計上額50,030千円)が含まれており、その評価差額は損益計算書の営業外収益に計上しております。
         なお、評価益は当事業年度に30千円計上しております。
       2 貸借対照表計上額が取得原価を超えないものの「債券」の中には複合金融商品(取得原価55,000千円、貸
         借 対照表計上額53,859千円)が含まれており、その評価差額は損益計算書の営業外費用に計上しておりま
         す。なお、評価損は当事業年度に1,141千円計上しております。
       3 非上場株式(貸借対照表計上額29,872千円)については、市場性がなく時価を把握することが極めて困難と
         認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
     2 事業年度中に売却したその他有価証券

      第52期   (自    2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
       該当事項はありません。
      第53期   (自    2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

       該当事項はありません。
      (デリバティブ取引関係)

       ヘッジ会計が適用されていないデリバティブ取引
        組込デリバティブの時価を区分して測定できない複合金融商品は、複合金融商品全体を時価評価し、「注記事
       項 (有価証券関係) 1 その他有価証券で時価のあるもの」に含めて記載しております。    
                                58/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
     1 採用している退職給付制度の概要
        当社は、確定給付型の制度として退職一時金制度を設け、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度を
       設けております。また、従業員の退職に際して割増退職金を支払う場合があります。
        なお、当社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付引当金及び退職給付費用を計算しております。
     2 簡便法を適用した確定給付制度

      (1)  簡便法を適用した制度の、退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                                   第52期             第53期
                                (自    2019年11月1日          (自    2020年11月1日
                                至   2020年10月31日       )    至   2021年10月31日       )
        退職給付引当金の期首残高                             193,438千円             206,099千円
         退職給付費用                             21,976千円             23,370千円

         退職給付の支払額                            △9,315千円            △15,252千円

        退職給付引当金の期末残高                             206,099千円             214,217千円

      (2)  退職給付債務の期末残高と貸借対照表に計上された退職給付引当金の調整表

                                   第52期   末          第53期   末
                                ( 2020年10月31日       )     ( 2021年10月31日       )
        非積立型制度の退職給付債務                             206,099千円             214,217千円
        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             206,099千円             214,217千円

        退職給付引当金                             206,099千円             214,217千円

        貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             206,099千円             214,217千円

      (3)  退職給付費用

                                   第52期             第53期
                                (自    2019年11月1日          (自    2020年11月1日
                                至   2020年10月31日       )    至   2021年10月31日       )
        簡便法で計算した退職給付費用                              21,976千円             23,370千円
     3 確定拠出制度

                                   第52期             第53期
                                (自    2019年11月1日          (自    2020年11月1日
                                至   2020年10月31日       )    至   2021年10月31日       )
        当社の確定拠出制度への要拠出額                              28,242千円             29,822千円
      (ストック・オプション等関係)

       該当事項はありません。
                                59/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                              第52期                 第53期
                            ( 2020年10月31日       )         ( 2021年10月31日       )
      繰延税金資産
       賞与引当金                        10,096千円                 10,853千円
       未払事業税                         3,926千円                 9,584千円
       役員退職慰労引当金                         1,309千円                 1,309千円
       有価証券評価損                         5,426千円                 4,516千円
       退職給付引当金                        61,541千円                 63,965千円
       一括償却資産                         1,711千円                 2,130千円
       株式報酬費用                         5,226千円                 5,369千円
       減損損失                         1,946千円                 1,779千円
       資産除去債務                         3,037千円                 3,037千円
                                6,971千円                 7,240千円
       その他
       繰延税金資産小計
                               101,193千円                 109,788千円
                              △14,619千円                 △13,764千円
       評価性引当額
       繰延税金資産合計                        86,574千円                 96,024千円
      繰延税金負債
       固定資産圧縮積立金                       △20,447千円                 △19,260千円
                              △18,107千円                 △32,734千円
       その他有価証券評価差額金
       繰延税金負債合計                       △38,555千円                 △51,995千円
       繰延税金資産の純額                        48,018千円                 44,029千円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳 

                              第52期                 第53期
                            ( 2020年10月31日       )         ( 2021年10月31日       )
      法定実効税率                               29.9%                 29.9%
       (調整)

       交際費等永久に
                                      0.4%                 0.6%
       損金算入されない項目
       受取配当金等永久に
                                     △0.2%                 △0.1%
       益金算入されない項目
       住民税均等割等                               0.2%                 0.1%
       評価性引当額の純増減額                               0.6%                △0.2%

       試験研究費の税額控除                              △2.1%                 △2.0%

                                     △0.5%                 △0.1%

       その他
                                     28.3%                 28.2%
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
      (持分法損益等)

       非連結子会社及び関連会社がありますが、利益基準及び利益剰余金基準において重要性が乏しいため、記載を省
      略しております。
      (企業結合等関係)

       該当事項はありません。
      (資産除去債務関係)

       資産除去債務関係は、重要性が乏しいため、記載を省略しております。
      (賃貸等不動産関係)

       賃貸等不動産は、重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                60/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
    1   報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
      の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社は、製品・サービス別の営業、製造及び技術の関連部署を置き、各部署は取り扱う製品・サービス別に国内
      及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
       従って、当社は事業部門を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「フィルター部門」及
      び「燃焼機器部門」の2つを報告セグメントとしております。
       「フィルター部門」は、主として自動車用フィルターの製造・販売をしております。「燃焼機器部門」は、主と
      してバーナ部品の製造・販売をしております。
    2   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「重要な会計方針」における記載と同一であります。
    3   報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

      第52期   (自    2019年11月1日        至   2020年10月31日       )
                                                   (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                    財務諸表
                                     その他           調整額
                                           合計          計上額
                                     (注1)           (注2)
                   フィルター      燃焼機器
                                                     (注3)
                                計
                    部門      部門
    売上高
      外部顧客への売上高               5,013,182       373,058     5,386,240       1,445   5,387,686         ―  5,387,686

      セグメント間の内部売上高
                       ―      ―      ―     ―     ―     ―     ―
      又は振替高
           計        5,013,182       373,058     5,386,240       1,445   5,387,686         ―  5,387,686
    セグメント利益又は損失(△)                484,791      38,090     522,881      △ 150   522,730    △ 274,145     248,585

    セグメント資産               4,033,274       376,457     4,409,731         713  4,410,445     2,271,178     6,681,624

    その他の項目

     減価償却費               265,192      10,262     275,454        ―   275,454      15,211     290,665

     有形固定資産及び
                    109,636       1,666     111,303        ―   111,303      2,742    114,046
     無形固定資産の増加額
     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
       2 調整額は以下の通りであります。
        (1)  セグメント利益又は損失の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に総務部等
          管理部門の一般管理費等であります。
        (2)  セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に総務部等管理部門
          の現金及び預金、投資有価証券等であります。
        (3)  減価償却費の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産の増加
          額であり、主に総務部等管理部門の建物等の設備投資額であります。
       3 セグメント利益又は損失の調整額は、損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                61/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      第53期   (自    2020年11月1日        至   2021年10月31日       )
                                                   (単位:千円)
                       報告セグメント
                                                    財務諸表
                                     その他           調整額
                                           合計          計上額
                                     (注1)           (注2)
                   フィルター      燃焼機器
                                                     (注3)
                                計
                    部門      部門
    売上高
      外部顧客への売上高               6,421,486       380,367     6,801,853         992  6,802,846         ―  6,802,846

      セグメント間の内部売上高
                       ―      ―      ―     ―     ―     ―     ―
      又は振替高
           計        6,421,486       380,367     6,801,853         992  6,802,846         ―  6,802,846
    セグメント利益又は損失(△)                843,023      31,326     874,350      △ 594   873,756    △ 306,164     567,591

    セグメント資産               4,391,789       390,423     4,782,213         549  4,782,763     2,355,945     7,138,709

    その他の項目

     減価償却費               235,374      12,478     247,853        ―   247,853      14,692     262,546

     有形固定資産及び
                    170,137       9,149     179,286        ―   179,286      93,914     273,201
     無形固定資産の増加額
     (注)   1   「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであります。
       2 調整額は以下の通りであります。
        (1)  セグメント利益又は損失の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社費用であり、主に総務部等
          管理部門の一般管理費等であります。
        (2)  セグメント資産の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産であり、主に総務部等管理部門
          の現金及び預金、投資有価証券等であります。
        (3)  減価償却費の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産の減価償却費であります。
        (4)  有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、各報告セグメントに配分していない全社資産の増加
          額であり、主に総務部等管理部門の建物等の設備投資額であります。
       3 セグメント利益又は損失の調整額は、損益計算書の営業利益と調整を行っております。
     【関連情報】

      第52期   (自    2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
    1   製品及びサービスごとの情報
       フィルター部門の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
    2   地域ごとの情報

     (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
        日本         ヨーロッパ            アジア           その他           合計
         3,261,996            717,108          1,322,611            85,970         5,387,686

     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の90%を超えるため、記載を省略しており
       ます。
                                62/80




                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    3   主要な顧客ごとの情報
                                                  (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
    ユニオンモーター㈱                              1,798,431      フィルター部門

    日発販売㈱                               667,509     フィルター部門

      第53期   (自    2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

    1   製品及びサービスごとの情報
       フィルター部門の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
    2   地域ごとの情報

     (1)  売上高
                                                  (単位:千円)
        日本         ヨーロッパ            アジア           その他           合計
         3,861,052            864,461          1,928,901            148,430          6,802,846

     (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
     (2)  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の90%を超えるため、記載を省略しており
       ます。
    3   主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
    ユニオンモーター㈱                              2,450,630      フィルター部門

    日発販売㈱                               702,683     フィルター部門

     【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      第52期   (自    2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
       該当事項はありません。
      第53期   (自    2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       該当事項はありません。
     【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       該当事項はありません。
                                63/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
     1 関連当事者との取引
        財務諸表提出会社と関連当事者との取引
         財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
      第52期   (自    2019年11月1日        至    2020年10月31日       )
                          議決権等

                資本金又
                    事業の内容      の所有                  取引金額        期末残高
        会社等の名
     種類        所在地   は出資金               関連当事者との関係         取引の内容          科目
        称又は氏名
                     又は職業     (被所有)割合                    (千円)        (千円)
                 (千円)
                           (%)
    主要株主
    (個人)及
    びその近
                                                 有償支給
        ㈲マルミ
                                        原材料支給       6,486
                                                        729
            愛知県
    親者が議
        工業
                  3,000   部品加工       なし    当社製品の部品組立         部品の購入      11,591   未収入金
    決権の過
            豊明市
                                                        846
                                        (注2)
        (注3)
                                                 買掛金
    半数を所
    有してい
    る会社等
     (注)   1 上記金額のうち取引金額には消費税等は含まれず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。
       2 部品の委託加工については、当社より見積条件(仕様等)を提示し、同社より提示される見積書をベースに価
         格交渉の上、一般取引条件と同様に決定しております。
       3 当社の主要株主、育実企画株式会社の代表取締役の近親者が議決権の100%を直接所有しております。
      第53期   (自    2020年11月1日        至    2021年10月31日       )

                          議決権等

                資本金又
                    事業の内容      の所有                  取引金額        期末残高
        会社等の名
     種類        所在地   は出資金               関連当事者との関係         取引の内容          科目
        称又は氏名
                     又は職業     (被所有)割合                    (千円)        (千円)
                 (千円)
                           (%)
    主要株主
    (個人)及
        ㈲マルミ
    びその近
                                                 有償支給
                                        原材料支給       9,323
                                                        772
        工業     愛知県
    親者が議
                  3,000   部品加工       なし    当社製品の部品組立         部品の購入      15,138   未収入金
    決権の過
        (注3)     豊明市
                                                       1,172
                                        (注2)
                                                 買掛金
    半数を所
        (注4)
    有してい
    る会社等
     (注)   1 上記金額のうち取引金額には消費税等は含まれず、期末残高には消費税等を含んで表示しております。
       2 部品の委託加工については、当社より見積条件(仕様等)を提示し、同社より提示される見積書をベースに価
         格交渉の上、一般取引条件と同様に決定しております。
       3 当社の主要株主、育実企画株式会社の代表取締役の近親者が議決権の100%を直接所有しております。
       4 当社の取締役、宮治友博の近親者が議決権の100%を直接所有しております。 
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1)  親会社情報
         該当事項はありません。
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報

         該当事項はありません。
                                64/80







                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                             第52期                  第53期

                         (自    2019年11月1日               (自    2020年11月1日
                          至    2020年10月31日       )         至    2021年10月31日       )
    1株当たり純資産額                            5,091円51銭                  5,477円11銭
    1株当たり当期純利益金額                             223円09銭                  420円94銭

     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額は、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
       2 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下の通りであります。
                             第52期                  第53期
            項目
                           ( 2020年10月31日       )          ( 2021年10月31日       )
    貸借対照表の純資産の部の
                                 5,192,307                  5,493,898
    合計額(千円)
    普通株式に係る純資産額(千円)                             5,192,307                  5,493,898
    普通株式の発行済株式数(株)                             1,240,000                  1,240,000
    普通株式の自己株式数(株)                              220,204                  236,935
    1株当たり純資産額の算定に
                                 1,019,796                  1,003,065
    用いられた普通株式数(株)
       3 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下の通りであります。

                             第52期                  第53期
            項目              (自    2019年11月1日               (自    2020年11月1日
                          至    2020年10月31日       )         至    2021年10月31日       )
    当期純利益(千円)                              227,139                  424,600
    普通株主に帰属しない金額(千円)                                ―                  ―
    普通株式に係る当期純利益(千円)                              227,139                  424,600
    普通株式の期中平均株式数(株)                             1,018,147                  1,008,673
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
                                65/80









                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
      ⑤ 【附属明細表】
        【有形固定資産等明細表】
                                        当期末

                                        減価償却
                当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高            当期償却額      差引当期末
       資産の種類                                累計額又は
                 (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     残高(千円)
                                       償却累計額
                                        (千円)
    有形固定資産
     建物            2,099,495       31,251      3,324    2,127,423      1,136,370       53,590      991,053

     構築物             219,022       7,862       ―    226,885      137,864       9,091      89,021

     機械及び装置            3,151,754       116,667      32,055     3,236,366      2,662,281       167,796      574,084

     車両運搬具             18,069      2,099      1,515      18,653      16,155       568     2,497

     工具、器具及び
                1,029,627       38,537      46,428     1,021,735       984,747      27,381      36,988
     備品
     土地             350,316      42,399        ―    392,716         ―      ―    392,716
     リース資産             68,283        ―      ―    68,283      56,956      2,343      11,327

     建設仮勘定             29,800      56,812      29,834      56,777        ―      ―    56,777

      有形固定資産計          6,966,371       295,630      113,156     7,148,842      4,994,375       260,772     2,154,467

    無形固定資産

     ソフトウェア               ―      ―      ―    17,840       9,260      1,773      8,580

     電話加入権               ―      ―      ―      951       ―      ―      951

      無形固定資産計              ―      ―      ―    18,792       9,260      1,773      9,532

    長期前払費用             12,334        ―    6,217      6,117        ―      ―     6,117

     (注)   1 当期増加額のうち主なものは、次の通りであります。
          機械及び装置        アイダ PMX300トンプレス                            62,000千円
          機械及び装置        エアフィルター硬化炉                            14,680千円
       2 無形固定資産の金額が、資産の総額の1%以下であるため「当期首残高」「当期増加額」及び「当期減少
         額」の記載を省略いたしました。
                                66/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
        【社債明細表】
         該当事項はありません。
        【借入金等明細表】

                      当期首残高        当期末残高         平均利率

           区分                                      返済期限
                       (千円)        (千円)         (%)
    短期借入金                     660,000        530,000          0.42       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                       ―        ―         ─      ─

    1年以内に返済予定のリース債務                      2,343        2,343          ─      ─

    長期借入金(1年以内に返済予定
                           ―        ―         ─      ─
    のものを除く)
                                                2022年11月6日~
    リース債務(1年以内に返済予定
                         11,327         8,983          ─
    のものを除く)                                           2027年8月5日
    その他有利子負債                       ―        ―         ─      ―
           合計              673,671        541,327           ―      ―

     (注)   1 「平均利率」については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。
         なお、リース債務については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を貸借
         対照表に計上しているため、「平均利率」を記載しておりません。
       2 リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の決算日後5年内における返済予定額は以下の通りであ
         ります。
                   1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                     (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          リース債務               2,343          2,343          2,343          1,953
        【引当金明細表】

                                  当期減少額        当期減少額

                  当期首残高        当期増加額                         当期末残高
         区分                         (目的使用)         (その他)
                   (千円)        (千円)                         (千円)
                                   (千円)        (千円)
    貸倒引当金                 3,184        3,572          ―       3,184        3,572
    賞与引当金                33,812        36,348        33,812          ―      36,348

    役員退職慰労引当金                 4,386          ―        ―        ―       4,386

     (注) 貸倒引当金の当期減少額の「その他」は、洗替によるものであります。
        【資産除去債務明細表】

         当事業年度期首及び当事業年度末における資産除去債務の金額が当事業年度期首及び当事業年度末における
        負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第125条の2の規定により記載を省略し
        ております。
                                67/80






                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【主な資産及び負債の内容】
      a 資産の部
       1) 現金及び預金
                区分                         金額(千円)

    現金                                                   32

    預金の種類

     当座預金                                               221,032

     普通預金                                                12,532

     定期預金                                               720,000

     定期積金                                               465,750

     別段預金                                                 351

     外貨普通預金                                                5,774

                計                                   1,425,440

                合計                                    1,425,473

       2) 受取手形

        (イ)相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

    PIAA㈱                                                193,635

    パシフィック工業㈱                                                 91,620

    マーレトレーディングジャパン㈱                                                 43,310

    アルプス工業㈱                                                 29,599

    日本マイクロフィルター工業㈱                                                 18,306

    その他                                                102,327

                合計                                     478,800

                                68/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
        (ロ)期日別内訳
                期日                         金額(千円)

    2021年11月満期                                                120,095

     〃   12月    〃

                                                     126,831
    2022年1月      〃

                                                     103,376
     〃   2月    〃

                                                     93,839
     〃   3月    〃

                                                     33,973
     〃   4月以降満期

                                                       684
                合計                                     478,800

       3) 電子記録債権

        (イ)相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

    日発販売㈱                                                317,131

    ヤマシンフィルタ㈱                                                123,209

    和興フィルタテクノロジー㈱                                                 80,999

    アクア㈱                                                 39,601

    その他                                                 75,835

                合計                                     636,778

        (ロ)期日別内訳

                期日                         金額(千円)

    2021年11月決済                                                219,359

     〃   12月    〃

                                                     68,275
    2022年1月      〃

                                                     227,831
     〃   2月    〃

                                                     121,311
     〃   3月    〃

                                                       ―
                合計                                     636,778

                                69/80






                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       4) 売掛金
        (イ)相手先別内訳
                相手先                          金額(千円)

    ユニオンモーター㈱                                                331,751

    日発販売㈱                                                 63,890

    ヤマシンフィルタ㈱                                                 57,358

    ㈱TOSEI (注)          1

                                                     45,849
    トヨタ紡織㈱ (注)          2

                                                     40,637
    その他                                                343,286

                合計                                     882,773

     (注)   1   上記金額の中には、手形相当期日金額40,313千円が含まれております。
       2   上記金額の中には、手形相当期日金額20,030千円が含まれております。
        (ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

                                                 滞留期間(日)

                                         回収率(%)
                                                  (A)+(D)
    当期首残高(千円)         当期発生高(千円)         当期回収高(千円)         当期末残高(千円)
                                                    2
                                         (C)
                                             ×100
                                                    (B)
       (A)         (B)         (C)         (D)
                                        (A)+(B)
                                                    365
        747,641        7,475,620         7,340,487          882,773          89.3         39.9
     (注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記金額には消費税等が含まれております。
                                70/80












                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       5) 商品及び製品
                区分                         金額(千円)

    商品

     フィルター関係                                               135,695

     燃焼機器関係                                                8,894

                 計                                    144,589

    製品

     オイルフィルター製品                                               126,943

     その他フィルター製品                                                34,735

     燃焼機器製品                                                18,154

     エアーフィルター製品                                                16,236

     その他                                                  265

                 計                                    196,335

    半製品

     フィルター関係                                               183,583

     燃焼機器関係                                                40,656

     その他                                                  120

                 計                                    224,360

                合計                                     565,285

       6) 仕掛品

                区分                         金額(千円)

    フィルター関係                                                 45,968

    金型仕掛品                                                  4,837

    内作仕掛品                                                  4,691

    燃焼機器関係                                                  2,626

    その他                                                   42

                合計                                     58,167

                                71/80





                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
       7) 原材料及び貯蔵品
                区分                         金額(千円)
    原材料

     購入部品                                                99,159

     鋼材                                                30,292

     金型材料                                                16,414

     濾材                                                13,245

     塗料・接着剤                                                11,757

                 計                                    170,869

    貯蔵品

     梱包材料                                                20,294

     消耗品                                                15,101

     その他                                                3,297

                 計                                     38,692

                合計                                     209,562

      b 負債の部

       1) 買掛金
                相手先                          金額(千円)

    ㈱スズヤス                                                 39,711
    東北化成工業㈱                                                 26,469
    三昌工業㈱                                                 25,075
    五十鈴東海㈱                                                 22,035
    フジパック㈱                                                 20,742
    その他                                                208,043
                合計                                     342,077
       2) 短期借入金

                相手先                          金額(千円)

    ㈱静岡銀行                                                240,000
    島田掛川信用金庫                                                150,000
    ㈱三井住友銀行                                                 70,000
    ㈱三菱UFJ銀行                                                 70,000
                合計                                     530,000
                                72/80



                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【その他】
       当事業年度における四半期情報等
        (累計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          当事業年度

    売上高          (千円)        1,599,771          3,384,331          5,136,026          6,802,846

    税引前四半期
               (千円)         151,735          351,357          531,828          591,672
    (当期)純利益金額
    四半期(当期)
               (千円)         108,297          247,350          372,926          424,600
    純利益金額
    1株当たり四半期
               (円)         106.19          243.85          369.03          420.94
    (当期)純利益金額
        (会計期間)            第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

    1株当たり
               (円)         106.19          137.85          125.18          51.51
    四半期純利益金額
                                73/80















                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             11月1日から10月31日まで

    定時株主総会             1月中

    基準日             10月31日

    剰余金の配当の基準日             4月30日、10月31日

    1単元の株式数             100株

    単元未満株式の買取り

                 (特別口座)
      取扱場所             東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
                 三菱UFJ信託銀行株式会社証券代行部
                 (特別口座)
      株主名簿管理人             東京都千代田区丸の内1丁目4番5号
                 三菱UFJ信託銀行株式会社
      取次所             ―
      買取手数料             無料

                 電子公告により行います。但し、事故その他やむを得ない事由によって電子公告をす

                 る事が出来ない場合は、日本経済新聞に掲載して行います。
    公告掲載方法
                 公告掲載URL
                 https://www.eiken-kk.co.jp
    株主に対する特典             なし

                                74/80











                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第7   【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

       親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

       当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1)  有価証券報告書             事業年度        自   2019年11月1日          2021年1月27日

      及びその添付書類             ( 第52期   )    至   2020年10月31日          東海財務局長に提出。
      並びに有価証券
      報告書の確認書
    (2)  内部統制報告書             事業年度        自   2019年11月1日          2021年1月27日

      及びその添付書類             ( 第52期   )    至   2020年10月31日          東海財務局長に提出。
    (3)  四半期報告書、             第53期       自   2020年11月1日          2021年3月15日

      四半期報告書の            第1四半期        至   2021年1月31日          東海財務局長に提出。
      確認書             第53期       自   2021年2月1日          2021年6月11日
                  第2四半期        至   2021年4月30日          東海財務局長に提出。
                   第53期       自   2021年5月1日          2021年9月13日
                  第3四半期        至   2021年7月31日          東海財務局長に提出。
    (4)  臨時報告書           企業内容等の開示に関する内閣府令第19                      2021年1月28日

                 条第2項第9号の2(株主総会における議
                                       東海財務局長に提出。
                 決権行使の結果)の規定に基づく臨時報告
                 書
                           自    2020年11月1日

    (5)  四半期報告書の             第53期                    2021年6月11日
                           至    2021年1月31日
      訂正報告書及び            第1四半期                      東海財務局長に提出。
      確認書
                                75/80











                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                76/80



















                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2022年1月27日

    エイケン工業株式会社
     取締役会 御中
                         有限責任監査法人トーマツ

                            静 岡 事 務 所
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       森  田  健  司              ㊞
                         業務執行社員
                         指定有限責任社員

                                    公認会計士       石  黒  宏  和              ㊞
                         業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられてい
    るエイケン工業株式会社の2020年11月1日から2021年10月31日までの第53期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
    表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュ・フロー計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表
    について監査を行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、エイケ
    ン工業株式会社の2021年10月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する事業年度の経営成績及びキャッシュ・フ
    ローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
    業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。
    当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要である
    と判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成におい
    て対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                77/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    フィルター及び燃焼機器部門に係る収益認識
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     会社は、フィルター及び燃焼機器の製造・販売に関す                           当監査法人は、会社の売上取引について、主に以下の
    る事業を主として行っている。会社の売上高(6,802百                           監査手続を実施した。
    万円)は、フィルター及び燃焼機器の売上取引が99%以                           ・誤った金額により売上を計上する、あるいは出荷の事
    上を占めているため、これらの販売の状況が会社の業績                           実に基づかない誤った会計期間に売上を計上することを
    に大きな影響を与える。                           防止又は発見するために会社が構築した内部統制を理解
     フィルター及び燃焼機器の売上取引は、主に受注生産                          し、その整備及び運用状況の有効性を評価した。
    方式により生産され、製品の出荷の事実をもって計上さ                           ・受注情報データと売上データの照合を行い、受注から
    れる。売上取引は、自動車、建設機械、農業機械及び産                           出荷までの通常のリードタイムから外れる売上取引、及
    業機械の各種フィルターエレメントを幅広くカバーして                           び受注金額と整合しない売上取引の有無を検証した。
    いることなどを背景に、多品種小ロットに対応した生                           ・売上取引からサンプルを抽出し、出荷の事実及び入金
    産・販売体制の下、反復的かつ連続した大量の取引から                           に係る根拠資料を入手のうえ、売上計上額等について得
    構成されるため、取引記録を誤る潜在的なリスクが存在                           意先・売上計上額等との一致を検証した。
    する。                           ・売上取引からサンプルを抽出し、出荷時点に係る根拠
     潜在的なリスクとして、売上の取引記録が正しく記録                          資料を入手のうえ、売上計上日について根拠資料に記載
    されないことにより売上高が過大又は過少に計上される                           の日付との一致を検証した。
    リスク、及び取引記録が適時に記録されないことにより                           ・期末日の売上債権からサンプルを抽出し、売上債権の
    適切な会計期間に計上されないリスクが想定される。                           残高を得意先に対して直接、確認を行い、得意先が認識
     売上高は、財務諸表において最も金額的重要性が高                          している債務額との照合を行った。得意先の債務額と会
    く、財務諸表利用者の判断に与える影響が高い重要な経                           社の債権額に差異が生じている場合には、その差異の内
    営指標である。                           容を検証した。
     以上から、当監査法人は、フィルター及び燃焼機器の
    売上取引を監査上の主要な検討事項とした。
    財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表
    示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営
    者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを
    評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要
    がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示が
    ないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明すること
    にある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決
    定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
    しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手
      続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ
      適切な監査証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性
      及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか
      結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事
      項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基
      づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
                                78/80


                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や
      会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制
    の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会と協議した事項のうち、当事業年度の財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止さ
    れている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回
    ると合理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
    <内部統制監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、エイケン工業株式会社の2021年
    10月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
     当監査法人は、エイケン工業株式会社が2021年10月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表示した上記
    の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に準拠して、
    財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
    制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、
    また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している。
    内部統制報告書に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
    に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
     なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
    る。
                                79/80








                                                          EDINET提出書類
                                                     エイケン工業株式会社(E02232)
                                                           有価証券報告書
    内部統制監査における監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
    いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
    ある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
    を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施
      する。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択
      及び適用される。
     ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての
      内部統制報告書の表示を検討する。
     ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査
      人は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、
    識別した内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項
    について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上
    (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

         会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                80/80











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク