株式会社イメージ・マジック 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社イメージ・マジック
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
     【提出書類】                         有価証券届出書

     【提出先】                         関東財務局長
     【提出日】                         2022年1月25日
     【会社名】                         株式会社イメージ・マジック
     【英訳名】                         IMAGE   MAGIC   Inc.
     【代表者の役職氏名】                         代表取締役社長  山川 誠
     【本店の所在の場所】                         東京都文京区小石川一丁目3番11号
     【電話番号】                         03-6825-7510
     【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  栗原 俊幸
     【最寄りの連絡場所】                         東京都文京区小石川一丁目3番11号
     【電話番号】                         03-6825-7510
     【事務連絡者氏名】                         取締役管理本部長  栗原 俊幸
     【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                         株式
     【届出の対象とした募集(売出)金額】                         募集金額
                              ブックビルディング方式による募集                             265,880,000円
                              売出金額
                              (引受人の買取引受による売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し                            562,120,000円
                              (オーバーアロットメントによる売出し)
                              ブックビルディング方式による売出し                            131,192,000円
                              (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会
                                  社法上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証
                                  券届出書提出時における見込額であります。
     【縦覧に供する場所】                         該当事項はありません。
                                  1/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部【証券情報】
    第1【募集要項】
     1【新規発行株式】
          種類          発行数(株)                        内容
                              完全議決権株式であり、権利内容に何ら制限のない当社における
         普通株式           170,000(注)2.          標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株でありま
                              す。
     (注)1.2022年1月25日開催の取締役会決議によっております。
         2.発行数については、2022年2月8日開催予定の取締役会において変更される可能性があります。
         3.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
           名称:株式会社証券保管振替機構
           住所:東京都中央区日本橋兜町7番1号
         4.上記とは別に、2022年1月25日開催の取締役会において、みずほ証券株式会社を割当先とする当社普通株式
           71,300株の第三者割当増資を行うことを決議しております。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
                                  2/130















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【募集の方法】
       2022年2月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
      欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引
      受価額と異なる価額(発行価格)で募集(以下「本募集」という。)を行います。引受価額は2022年2月8日開催予
      定の取締役会において決定される会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総
      額を当社に払込み、本募集における発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対し
      て引受手数料を支払いません。
       なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第
      233条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条
      件を投資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決
      定する価格で行います。
            区分            発行数(株)          発行価額の総額(円)             資本組入額の総額(円)
     入札方式のうち入札による募集                         -             -             -

     入札方式のうち入札によらない募集                         -             -             -

     ブックビルディング方式                      170,000           265,880,000             143,888,000

         計(総発行株式)                  170,000           265,880,000             143,888,000

     (注)1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
         2.上場前の公募増資を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されており
           ます。
         3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
         4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2022年1月25日開催の取締役会決議に基づき、
           2022年2月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
           資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であ
           ります。
         5.有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,840円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額
           (見込額)は312,800,000円となります。
         6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条
           件(引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状
           況を勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
           ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参
           照下さい。
         7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
           しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/130








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【募集の条件】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による募集】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない募集】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                         申込株数
     発行価格     引受価額     払込金額     資本組入                        申込証拠
                         単位         申込期間                 払込期日
     (円)     (円)     (円)     額(円)                        金(円)
                          (株)
      未定     未定     未定     未定          自 2022年2月21日(月)              未定
                            100                      2022年3月2日(水)
     (注)1.     (注)1.     (注)2.     (注)3.           至 2022年2月25日(金)             (注)4.
     (注)1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
           発行価格は、2022年2月8日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
           等を総合的に勘案した上で、2022年2月18日に引受価額と同時に決定する予定であります。
           仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
           が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
           需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
           関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
         2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2022年2月8日開催予定の取締役会において決定される予定であ
           ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2022年2月
           18日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人の手
           取金となります。
         3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2022年1月25日開催の取締役会において、
           増加する資本金の額は、2022年2月18日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
           1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
           きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
           する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
         4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
           期日に新株式払込金に振替充当いたします。
         5.株式受渡期日は、2022年3月3日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募
           集に係る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規
           程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集
           に係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.申込みに先立ち、2022年2月10日から2022年2月17日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
           需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更又は撤回することが可能であります。
           販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
           の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
           引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
           い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については各社の店頭における表示又はホームペー
           ジにおける表示等をご確認下さい。
         8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は新株式の発行を中止いたします。
        ①【申込取扱場所】

          後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の本店並びに全国各支店及び営業所で申込みの取扱いをいたしま
         す。
                                  4/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【払込取扱場所】
                 店名                           所在地
     株式会社みずほ銀行 駒込支店                            東京都文京区本駒込六丁目1番1号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
     4【株式の引受け】

                                      引受株式数
      引受人の氏名又は名称                    住所                       引受けの条件
                                       (株)
                                             1.買取引受けによります。
                                             2.引受人は新株式払込金とし
     みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                               て、2022年3月2日までに
                                               払込取扱場所へ引受価額と
                                               同額を払込むことといたし
     大和証券株式会社             東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
                                               ます。
                                             3.引受手数料は支払われませ
                                               ん。ただし、発行価格と引
     野村證券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目13番1号
                                               受価額との差額の総額は引
                                               受人の手取金となります。
                                        未定

     マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号
     楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号

     株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号

     松井証券株式会社             東京都千代田区麹町一丁目4番地

           計                -             170,000            -

     (注)1.2022年2月8日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
         2.上記引受人と発行価格決定日(2022年2月18日)に元引受契約を締結する予定であります。
         3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
           引業者に販売を委託する方針であります。
                                  5/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     5【新規発行による手取金の使途】
      (1)【新規発行による手取金の額】
         払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)
              287,776,000                   8,000,000                 279,776,000

     (注)1.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新規発行に際して当社に払い込まれる引受価額
           の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,840円)を基礎として算出した見込額であ
           ります。
         2.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
         3.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
      (2)【手取金の使途】

           上記の差引手取概算額279,776千円については、「1 新規発行株式」の(注)4.に記載の第三者割当増
          資の手取概算額上限120,696千円とあわせた手取概算額合計上限400,472千円を①機械設備の購入資金、②基幹
          システムの導入資金、③人材採用費及び④広告宣伝費に充当する予定であります。具体的には以下のとおりで
          あります。
          ①オンデマンドプリント業界においては革新的な加工から出荷までの全工程オートメーション化を目的とした

          機械設備購入資金として100,000千円(2023年4月期100,000千円)を充当する予定であります。
          ②各種システム連携により社内業務効率の向上を目的とした基幹システム開発資金として100,000千円(2023
          年4月期100,000千円)を充当する予定であります。
          ③事業拡大に必要不可欠であるシステム開発エンジニアを中心とした高度人材の確保・新規採用を目的とした
          人材採用にかかる費用として100,000千円(2023年4月期50,000千円、2024年4月期50,000千円)を充当する
          予定であります。
          ④市場における社会的信用度及び知名度の向上並びに顧客基盤の拡大を目的とした広告宣伝費として100,000
          千円(2023年4月期50,000千円、2024年4月期50,000千円)を充当する予定であります。
          なお、上記以外の残額は、将来における事業拡大に寄与する成長資金及び運転資金として充当する方針であり

          ますが、当該内容等について具体的に決定している事項はありません。なお、具体的な充当時期までは、安全
          性の高い金融商品等で運用する方針であります。
          (注)設備資金の内容については、「第二部 企業情報 第3 設備の状況 3 設備の新設、除却等の計

             画」の項をご参照ください。
                                  6/130









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【売出要項】
     1【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】
       2022年2月18日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件
      (引受人の買取引受による売出し) (2)ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出
      要項」において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価
      格、発行価格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株
      式受渡期日に引受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は
      引受人の手取金といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
                                        東京都台東区上野三丁目24番6号
                                        株式会社日本創発グループ
                                                      130,000株

                                        東京都中央区京橋一丁目2番5号

                                        MSIVC2008V投資事業有限責任組合

                                                       80,500株

                                        神奈川県横浜市中区

             ブックビルディング
     普通株式                    305,500       562,120,000       山川 誠
             方式
                                                       45,000株
                                        東京都江東区

                                        京田 諭

                                                       40,000株

                                        東京都江東区

                                        坊野 寛

                                                       10,000株
     計(総売出株式)            -        305,500       562,120,000                -

     (注)1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         2.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、引受人の買取引受による売出しも中止いたし
           ます。
         3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,840円)で算出した見込額でありま
           す。
         4.売出数等については今後変更される可能性があります。
         5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
         6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
           よる売出しを行う場合があります。
           なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
           売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
         7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
           いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  7/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

                       申込株数
     売出価格     引受価額                  申込証拠             引受人の住所及び氏名又は             元引受契
                 申込期間       単位           申込受付場所
     (円)     (円)                  金(円)             名称             約の内容
                        (株)
                自 2022年
      未定                            引受人の本店並
                                          東京都千代田区大手町一丁
           未定     2月21日(月)              未定                           未定
     (注)1.                     100        びに全国各支店        目5番1号
          (注)2.      至 2022年            (注)2.                           (注)3.
                                          みずほ証券株式会社
     (注)2.                             及び営業所
                2月25日(金)
     (注)1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)1.
           と同様であります。
         2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
           申込証拠金には、利息をつけません。
           引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
         3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
           価格決定日(2022年2月18日)に決定する予定であります。
           なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
           は引受人の手取金となります。
         4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
         5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機
           構の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を
           行うことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
         6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)ブックビルディング方式」の(注)
           7.に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/130









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                               売出価額の総額         売出しに係る株式の所有者の住所及び氏名
        種類           売出数(株)
                                 (円)       又は名称
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             による売出し
             入札方式のうち入札
        -                    -         -            -
             によらない売出し
             ブックビルディング                           東京都千代田区大手町一丁目5番1号
     普通株式                     71,300       131,192,000
             方式                           みずほ証券株式会社      71,300株
     計(総売出株式)            -         71,300       131,192,000                -
     (注)1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
           況を勘案し、みずほ証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売出
           しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があり
           ます。
         2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、当社は、2022年1月25日開催の取締役会において、みず
           ほ証券株式会社を割当先とする当社普通株式71,300株の第三者割当増資の決議を行っております。また、み
           ずほ証券株式会社は、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上
           限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケートカバー取引」という。)を行う場合があります。
           なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.第三者割当増資とシンジケート
           カバー取引について」をご参照下さい。
         3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
           す。
         4.「第1 募集要項」における株式の発行を中止した場合には、オーバーアロットメントによる売出しも中止
           いたします。
         5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(1,840円)で算出した見込額でありま
           す。
         6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)3.に記載した振替機関と同
           一であります。
                                  9/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
      (1)【入札方式】
        ①【入札による売出し】
          該当事項はありません。
        ②【入札によらない売出し】

          該当事項はありません。
      (2)【ブックビルディング方式】

      売出価格              申込株数単位        申込証拠金              引受人の住所及び
              申込期間                     申込受付場所                元引受契約の内容
      (円)               (株)       (円)             氏名又は名称
                                   みずほ証券株
             自 2022年
                                   式会社の本店
       未定      2月21日(月)                 未定
                         100          並びに全国各           -         -
      (注)1.       至 2022年               (注)1.
                                   支店及び営業
             2月25日(金)
                                   所
     (注)1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
           れぞれ同一とし、売出価格決定日に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、利息をつけませ
           ん。
         2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定で
           あります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」
           に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーア
           ロットメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
         3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
         4.みずほ証券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
           し) (2)ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 10/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
     1.東京証券取引所マザーズへの上場について
       当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
      について、みずほ証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しております。
     2.第三者割当増資とシンジケートカバー取引について

       オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
      に、主幹事会社が当社株主である山川誠(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
      て、当社は、2022年1月25日開催の取締役会において、主幹事会社を割当先とする当社普通株式71,300株の第三者割
      当増資(以下「本件第三者割当増資」という。)を行うことを決議しております。本件第三者割当増資の会社法上の
      募集事項については、以下のとおりであります。
     (1)   募集株式の種類及び数               当社普通株式 71,300株
     (2)   募集株式の払込金額               未定 (注)1.

                       増加する資本金の額は割当価格を基礎とし、会社計算規則第14条第1項に基づ
                       き算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満
        増加する資本金及び資本準備金
     (3)                  の端数が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。また、増加する資
        に関する事項
                       本準備金の額は、資本金等増加限度額から増加する資本金の額を減じた額とす
                       る。 (注)2.
     (4)   払込期日               2022年3月30日(水)
     (注)1.募集株式の払込金額(会社法上の払込金額)は、2022年2月8日開催予定の取締役会において決定される予
           定の「第1 募集要項」における新規発行株式の払込金額(会社法上の払込金額)と同一とする予定であり
           ます。
         2.割当価格は、2022年2月18日に決定される予定の「第1 募集要項」における新規発行株式の引受価額と同
           一とする予定であります。
       また、主幹事会社は、2022年3月3日から2022年3月25日までの間、貸株人から借入れる株式の返還を目的とし

      て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
      バー取引を行う場合があります。
       主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式については、貸株人から借入れている株式の返還
      に充当し、当該株式数については、割当てに応じない予定でありますので、その場合には本件第三者割当増資におけ
      る発行数の全部又は一部につき申込みが行われず、その結果、失権により本件第三者割当増資における最終的な発行
      数が減少する、又は発行そのものが全く行われない場合があります。また、シンジケートカバー取引期間内において
      も、主幹事会社の判断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジ
      ケートカバー取引を終了させる場合があります。
                                 11/130








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.ロックアップについて
       本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、売出人かつ貸株人である山川誠、売出人である株式会社
      日本創発グループ、京田諭、坊野寛並びに当社株主である凸版印刷株式会社、株式会社トランザクション、キャブ株
      式会社、株式会社ポリ・テープ・ジャパン、株式会社プラスワンインターナショナル、株式会社エイエム、株式会社
      アジュール、小谷野正道、尾﨑充、島﨑良二、田中良寛、河田顕及び大野俊朗は、主幹事会社に対し、元引受契約締
      結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の2022年8月29日までの期間中、主幹事会社の事前の書面
      による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーアロットメントによる売
      出しのために当社普通株式を貸し渡すこと等は除く。)等は行わない旨合意しております。
       また、売出人であるMSIVC2008V投資事業有限責任組合及び当社株主であるNTTファイナンス株式会社は、主幹事
      会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後90日目の2022年5月31日までの期間中、
      主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し及びその売
      却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5倍以上であって、東京証券取引所における初値が形成された後
      に主幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。
       加えて、当社は主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場(売買開始)日(当日を含む。)後180日目の2022
      年8月29日までの期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の発行、当社株式に転換若しくは
      交換される有価証券の発行又は当社株式を取得若しくは受領する権利を付与された有価証券の発行(ただし、本募
      集、株式分割、ストックオプションとしての新株予約権の発行及びオーバーアロットメントによる売出しに関連し、
      2022年1月25日開催の当社取締役会において決議された主幹事会社を割当先とする第三者割当増資等は除く。)等は
      行わない旨合意しております。
       なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社は上記90日間又は180日間のロックアップ期間中であってもそ
      の裁量で当該合意の内容を一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
       上記のほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
      集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
      四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                 12/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【その他の記載事項】
      新株式発行並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項
      (1)表紙に当社の社章                        を記載いたします。

      (2)表紙の次に「1          経営理念」~「3         業績等の推移」をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 13/130


















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 20/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 21/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
            回次            第22期        第23期        第24期        第25期        第26期

           決算年月            2017年4月        2018年4月        2019年4月        2020年4月        2021年4月

                       1,123,160        1,471,063        2,066,501        2,842,818        4,330,335
     売上高            (千円)
                         81,673        32,275        6,030       106,326        221,090
     経常利益            (千円)
                         65,692        46,824        13,753        85,878       152,792
     当期純利益            (千円)
     持分法を適用した場合の
                 (千円)          -        -        -        -        -
     投資利益
                         30,000        48,180        99,379        50,000        94,000
     資本金            (千円)
     発行済株式総数
                         2,403        4,423       12,822      1,430,200        1,520,200
      普通株式
                         2,301        2,301
      B種優先株式            (株)                         -        -        -
                         3,398        3,398
      C種優先株式                                     -        -        -
                         3,700        3,700        3,000       300,000        300,000
      D種優先株式
                        205,101        142,446        258,597        462,876        590,701
     純資産額            (千円)
                        343,210        475,279        854,098       1,373,238        1,941,298
     総資産額            (千円)
                                       12,447.18         253.37        358.47
     1株当たり純資産額            (円)    △ 853,673.99       △ 351,500.95
     1株当たり配当額                      -        -        -        -        -
     (うち1株当たり中間配            (円)
                          ( -)       ( -)       ( -)       ( -)       ( -)
     当額)
                       13,483.68        7,876.98        1,206.44         64.91       109.31
     1株当たり当期純利益            (円)
     潜在株式調整後1株当た
                 (円)         -        -        -        -        -
     り当期純利益
                          59.8        30.0        30.3        33.7        30.4
     自己資本比率            (%)
                          38.1        26.9        6.9       23.8        29.0
     自己資本利益率            (%)
     株価収益率            (倍)         -        -        -        -        -

     配当性向            (%)         -        -        -        -        -

     営業活動によるキャッ
                                               232,118        358,780
                 (千円)          -        -        -
     シュ・フロー
     投資活動によるキャッ
                 (千円)          -        -        -    △ 256,233       △ 486,977
     シュ・フロー
     財務活動によるキャッ
                                               255,000        187,325
                 (千円)          -        -        -
     シュ・フロー
     現金及び現金同等物の期
                                               515,199        574,334
                 (千円)          -        -        -
     末残高
                           50        69        90       118        158
     従業員数
                 (人)
     (外、平均臨時雇用者
                          ( 30 )      ( 47 )      ( 65 )      ( 121  )      ( 165  )
     数)
     (注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.持分法を適用した場合の投資利益については、当社は関連会社を有していないため記載しておりません。
                                 22/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         4.2018年7月10日付で、B種優先株主及びC種優先株主の株式取得請求権の行使を受けたことにより、全ての
           B種優先株式及びC種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該B種優先株主及びC種優先株主
           に、B種優先株式2,014株につき普通株式3,174株を交付し、C種優先株式1,689株につき普通株式2,633株を
           交付しております。また、その後同日付でB種優先株式2,301株、C種優先株式3,398株及びD種優先株式
           700株を消却しております。
         5.2021年10月12日開催の取締役会決議により、定款に定める取得条項に基づき2021年10月27日付でD種優先株
           式300,000株を自己株式として取得し、その対価として当該D種優先株主に普通株式420,000株を交付してお
           ります。また、同取締役会決議に基づき、当社が取得したD種優先株式の全てを、2021年10月27日付で消却
           しております。
         6.1株当たり純資産額は、優先配当金未払額及び優先残余財産分配金を控除して算出しております。
         7.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
         8.1株当たり当期純利益は、当期純利益から各事業年度に係る優先配当金を控除して算出しております。
         9.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
           め、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         10.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         11.第22期、第23期及び第24期についてはキャッシュ・フロー計算書を作成しておりませんので、キャッシュ・
           フローに係る各項目については記載しておりません。
         12.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマーを含む。)は、1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         13.従業員数が第26期中において、40名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う期中採用によるものであり
           ます。
         14.第25期及び第26期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38
           年大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本
           有限責任監査法人の監査を受けております。
           なお、第22期、第23期及び第24期の数値については、「会社計算規則」(平成18年法務省令第13号)の規定
           に基づき算出した各数値を記載しており、当該数値については金融商品取引法第193条の2第1項の規定に
           基づくEY新日本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
         15.当社は、2019年8月15日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。第25期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
         16.当社は、2019年8月15日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。そこで、東京証券取
           引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請のための有価証券
           報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(平成24年8月21日付東証上審第133号)に基づき、第22
           期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考までに掲げると
           以下のとおりとなります。なお、第22期、第23期及び第24期の数値(1株当たり配当額についてはすべての
           数値)については、EY新日本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
            回次            第22期        第23期        第24期        第25期        第26期
           決算年月            2017年4月        2018年4月        2019年4月        2020年4月        2021年4月

     1株当たり純資産額            (円)     △8,536.74        △3,515.01          124.47        253.37        358.47

     1株当たり当期純利益            (円)       134.84        78.77        12.06        64.91       109.31

     潜在株式調整後1株当た
                 (円)         -        -        -        -        -
     り当期純利益
     1株当たり配当額                      -        -        -        -        -
     (うち1株当たり中間配            (円)
                          (-)        (-)        (-)        (-)        (-)
     当額)
                                 23/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【沿革】
        年月                            概要
      1995年5月        東京都港区に株式会社イメージ・マジック設立
      2007年1月        東京都新宿区市谷左内町に本社移転及び市ヶ谷工場新設
      2008年11月        埼玉県川越市に本社移転及び川越工場新設
      2010年1月        オンデマンドプリント受注サイト「オリジナルプリント.jp」開設
              市ヶ谷工場閉鎖
      2013年6月        東京リスマチック株式会社(現               株式会社日本創発グループ)と資本・業務提携
      2015年4月        東京都板橋区小豆沢に本社移転及び小豆沢工場新設
      2015年5月        川越工場閉鎖
      2015年12月        東京都板橋区新河岸に新河岸工場新設
      2016年2月        1670万色のフルカラーカーペット印刷を開始
      2016年8月        ネットでアパレルショップを開設できるプラットフォーム「MEET                              MY  GOODS」をリリース
      2018年4月        不織布バッグ製造を開始
      2018年7月        埼玉県朝霞市に朝霞工場新設
      2018年10月        東京都文京区小石川に本社移転
      2019年2月        「オンデマンドプリントソリューションズ(ODPS)」をリリース(注1.2)
      2019年3月        凸版印刷株式会社と資本・業務提携
      2019年6月        東京都板橋区にIPC工場新設(注3)
      2020年3月        東京都板橋区に志村工場新設
              株式会社トランザクションと資本・業務提携
      2021年1月        GMOペパボ株式会社と資本・業務提携
      2021年4月        岐阜県多治見市にGPC工場新設(注4)
      2021年10月        デザインシミュレーター付クラウド型オンデマンドEC「maker                              town」をリリース
     (注)1.ODPS:On             demand    print   solutionsの略称。
         2.オンデマンドプリントソリューションズ:Webサイトからオーダーを受けるための「注文システム」、画
           像入稿API等のプリントネットワークへ接続するための「連携システム」、生産工程を一括管理するため
           の「クラウドマネジメントシステム」、プリンター・梱包出荷機などの「デバイス」及び「消耗品」の観点
           から、当社がこれまでに培ってきたノウハウを仕組み化し、オンデマンドプリントの課題を解決するソ
           リューション。
         3.IPC工場:板橋プリントセンター(Itabashi                        Print   Center)の通称。
         4.GPC工場:岐阜プリントセンター(Gifu                      Print   Center)の通称。
                                 24/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【事業の内容】
       当社は、「個性と創造性溢れる豊かな社会作りに貢献します。」を経営理念として、システムを活用したモノづく
      りのDX会社として事業を展開しております。
       当社はインターネットを利用して行うアパレルや雑貨を主とした商品へのオンデマンドプリントサービス、及びオ
      ンデマンドプリントの仕組み(ソフトウエアやハードウエア)をアパレルメーカー、印刷会社などの事業者へ提供す
      るソリューション(オンデマンドプリントソリューションズ、以下「ODPS」という。)事業を行っております。
      これらの実現のために、小ロット受注に対応したソフトウエアと、システムで制御できるハードウエアの開発を進
      め、ワークフローのDX化を推進しております。
       なお、当社は「オンデマンドプリントソリューション事業」の単一セグメントであります。
      1.オンデマンドプリントサービス

         オンデマンドプリントサービスは、顧客がインターネットサイトを通じて入稿したデータを、受注から短納期で
        印刷加工し納品するサービスです。チームのグッズや個人のギフト、法人のノベルティオーダーなど、オリジナル
        製品をプリント作成するニーズに加え、インターネットでグッズ販売のビジネスを始めるクリエイターなどのニー
        ズや、無駄な在庫を作らず受注が入ってから生産し即出荷したいとするアパレルメーカーなどのニーズに対応して
        います。
         当社はオンデマンドプリントサービスを、自社販売とパートナー企業からの受注の2つのチャネルで推進してお

        ります。
        ① 自社販売(自社フラッグシップサイト「オリジナルプリント.jp」等の運営)
          「オリジナルプリント.jp」(https://originalprint.jp/)は、当社の自社サービスとして運営しており
         ます。Tシャツなどの衣料品やマグカップなどの雑貨を中心としたアイテムを仕入れ、エンドユーザーからの注
         文を直接受注し、印刷加工して納品しております。受注処理を自動化するために見積もりや納期計算の自動化
         と、リアルな仕上がりイメージを確認できるデザインシミュレーターを搭載し、約1,900種類のアイテムに対応
         できる国内最大級のサービスサイトです。
        ② パートナー企業からの受注

          パートナー企業から受注した製品に対し、プリント加工を行った上でパートナー企業に納品しております。ま
         た、パートナー企業のサイトを利用するユーザーからの発注は、パートナー企業から当社へ転送され、当社にて
         プリント加工を行った製品を直接ユーザーへ納品する形で、パートナー企業のバックヤードを支えております。
         ワークフローに人手を介することがないため、短納期とコストダウンを実現しています。
          自社販売、パートナー企業からの受注のいずれも、受注データからクラウド生産管理システムのサーバーによ

         り印刷に必要なデータを自動生成し、当社の工場又はシステム連携された当社のパートナー工場へ自動で生産指
         示が振り分けられ、受注から最短5分で梱包出荷処理まで進めることが可能です。
          当社の重要マーケットのアパレル業界では余剰生産、廃棄ロスを解決することが注力課題になっています。従
         来までの量産型では、結果的に供給過多となり、売れ残った衣料品は大量廃棄されております。当社のサービス
         を活用することで、完成在庫が極小化され、余剰生産、廃棄ロスがなくなります。当社のサービスは、無駄な在
         庫をなくしたい企業へのソリューションとして、アパレルメーカーや大手コンテンツホルダーなど様々な企業と
         の連携が広がっております。
                                 25/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           ※バリアブル印刷:データベースから情報を抽出し1案件ずつ異なるデザインで可変印刷を行うこと











                                 26/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      2.ソリューション(ODPS)
         ODPSは、当社のDX化のノウハウで改良を重ねた生産管理システムをクラウドサービスとして提供すること
        を柱としております。また、当社がオンデマンドプリントサービスで培った生産・出荷プロセスにかかるハードウ
        エア(プリンター、たたみ機、梱包出荷機等)の販売も行っております。
         ODPSを導入した顧客は、オンデマンドプリントの生産ラインを短期間で構築することができ、工数削減によ
        る効率的なオペレーションが可能となります。受注システムでは、デザインシミュレーター付クラウド型オンデマ
        ンドEC「maker        town」を提供しており、ECサイトを立ち上げたいという需要に応えております。ソリューショ
        ンにおいては、SaaS型のソフトウエア及びハードウエアの売上に加えて、システム開発受託及び保守による売
        上が計上されます。また、当社がソリューションベンダーとなり、ODPSの販売先を含めた協力ネットワークを
        構築することで、拡大するオンデマンドプリント需要を幅広く取り込み共創を実現しております。
                                 27/130

















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      [事業系統図]
       当社のオンデマンドプリントソリューション事業の事業系統図は、次のとおりであります。
                                 28/130




















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【関係会社の状況】
       関係会社は次のとおりであります。
                                         議決権の所
                           資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                              関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
     (その他の関係会社)                                          当該関係会社の子会社と営
                                 クリエイティブ        被所有
     株式会社日本創発グループ             東京都台東区          400,000                   業取引及び不動産賃借取引
                                 サービス事業           42.7
     (注)2                                          がある。
     (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
         2.有価証券報告書を提出しております。
     5【従業員の状況】

      (1)提出会社の状況
                                                  2021年12月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
          158                34.5              3.6             4,658
             ( 188  )
     (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇
           用者数(パートタイマーを含む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
         3.当社は、オンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省
           略しております。
         4.従業員数が最近1年間において、38名増加しましたのは、主として業容拡大に伴う期中採用によるものであ
           ります。
      (2)労働組合の状況

         当社において、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 29/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
       文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであります。
      (1)経営方針

         当社は、「個性と創造性溢れる豊かな社会作りに貢献します。」を経営理念として、ITを利活用したモノづく
        りの会社として社会へ貢献してまいります。
         当社のビジョンは、次のとおりであります。
        ・お客様が簡単/便利にモノづくりができ、お手頃価格で欲しいタイミングでお手元に届くことを実現する

        ・工場のモノづくりのDX化をサポートし、オンデマンド生産市場拡大に貢献する

        ・オンデマンド生産できるアイテムを拡げ、世の中の無駄な在庫を減らして「つくる責任」を果たす

        ・世界中から最適なソリューションをマッシュアップし、信頼されるサービスをグローバルに提供していく

      (2)経営戦略等

         当社は、オンデマンドプリントサービス市場拡大に貢献するための様々なサービス提供や省力化・自動化を支援
        するシステム開発を行っております。システム化が遅れているプリント業界において、システムを利活用したモノ
        づくりの会社としてITを取り入れた事業を展開しております。当社が在庫リスクの少ない受注生産による販売を
        行うだけではなく、当社の取引先にも在庫を持たずに販売することが可能なプラットフォームを提供しておりま
        す。このプラットフォームをアパレル・雑貨業界に広げ、売れ残って捨てられる無駄を削減し、在庫の最適化を実
        現することでSDGs         No.12の「つくる責任つかう責任」に積極的に取り組み持続可能なサービスの提供を目指して、
        次の戦略を実施してまいります。
        ・当社の取り扱う商品カテゴリーとしては、国内最大規模のインクジェット加工能力を強みとしたアパレル・雑貨

         を中心に幅広く取り扱っております。今後も取扱い商品を拡充し、新しい市場ニーズの開拓を進めてまいりま
         す。
        ・ECサービスについては、リアル店舗を展開しOMO施策(注1)を進めてまいります。また、UI/UX(注2)

         の改善に積極投資し、顧客の利便性を重視したWebサイト上での注文及びデザイン環境を提供してまいりま
         す。
        ・新規分野としては、アパレルへのインクジェットプリントの生産優位性をより強固に維持しながら、IT活用が

         可能な隣接分野について、積極的にR&Dに取り組み、既存事業とのシナジー効果が見込まれる分野へ参入して
         まいります。
        ・生産ラインについては、受注から出荷までの全工程をIoT化し、生産効率の大幅な向上を図ります。職人でな

         くても高い生産性を実現できるようハードウエアを開発し、特別なスキルのない未経験者でも簡単に操作ができ
         るように機械及びシステムを整備してまいります。
        ・生産連携としては、当社の開発した生産管理システムを他社協力工場とネットワーク化し、導入企業との加工の

         分散を実現し、業界のデファクトスタンダードシステムとすることで、大ロットでも短納期で生産出荷を可能と
         するOPN(On        demand    Print   Network)を構築してまいります。
         (注)1.OMOとは、Online               Merges    with   Offlineの略称で、オンラインとオフラインの情報を融合して、よ

              り良い顧客体験を提供しようとするデジタルマーケティング施策であります。
            2.UI/UXとは、User          Interface/User        Experienceの略称で、UIとはユーザーがパソコンやスマート
              フォン等のデバイスを通じてデザイン、フォントや外観など視覚に触れる情報のことであり、UXと
              はユーザーがUIを実装したサービスを通じて得られる体験を指します。
         これらの戦略を実行することで、プリントとITのシナジーによるオンデマンドプラットフォーマーとして成長

        するとともに、社会の課題解決に貢献し、中長期的には海外展開を実現し国際競争力のあるソリューションを提供
        してまいります。
      (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

                                 30/130

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         当社は、持続的な成長と企業価値向上を図るため、売上高成長率と売上高経常利益率を重要な経営指標と位置づ
        け、各経営課題に取り組んでおります。当社の目指すオンデマンドプリントサービス市場拡大のためには、継続的
        な 成長が必要であり、積極的な投資の資金源泉となる安定した利益の確保のため、当該経営指標を重視し、経営判
        断に利用しております。
      (4)経営環境

         当社の属するアパレル・雑貨等を中心としたオンデマンドプリントサービス市場は、日本の各産業と比してもE
        C化が大幅に遅れており、BtoB-EC市場の伸びをベースとしながら、今後も市場の成長は加速するものと推察して
        おります。また、新型コロナウィルス感染症の影響が収束したとしても、一度EC経由での手軽さやスピード、リ
        アル店舗に比したコストパフォーマンスを体感した消費者は、従来のオフラインでの消費行動に戻る動きは少数に
        留まり、オンラインでの利便性の追求に向かうものと分析しております。
         当社の事業領域は、幅広く多岐に亘っており、競合他社に比してユニークな地位を確立しているものと考えてお
        ります。主要なサービスである自社フラッグシップサイト「オリジナルプリント.jp」をはじめとするオンデマン
        ドプリントサービスは、プリントとITをかけあわせてDX化を推進し、オリジナル製品を制作したいユーザーへ
        利便性を提供しております。また、当社は製造部門を有しつつも、社内エンジニアによる開発部門において様々な
        システムを開発し、自社工場で運用するにとどまらず外部へも提供、さらにはハードウエアの販売にいたるまで、
        オンデマンドプリントにかかるソリューションとして提供しております。当社のポジションと比較して、印刷会
        社、システム開発会社、ハードウエアメーカーなど当社の事業領域のうち各分野での競合は存在するものの、総合
        的に事業運営する競合は存在しないものと認識しており、競争優位性の源泉となっていると考えております。顧客
        基盤については、一般消費者に限らず、アパレル大手企業から小規模印刷事業者まで幅広く構成されており、パー
        トナー企業との連携により益々拡大していくものと見込んでおります。
      (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        ① 人材の育成と確保
          当社は、売上が急拡大中であり、人材の育成と確保が重要な課題と考えております。また、当社はシステム開
         発による効率化を強みとした企業でありますが、優秀なシステムエンジニアの確保は昨今の労働市場において特
         に難易度を増しています。今後とも積極的な採用活動を行うとともに、体系的な研修制度の導入や、公正な人事
         評価制度などを整備し、人材の育成や定着に努めてまいります。
        ② 当社サービスの認知度の向上

          当社が事業を展開するオンデマンドプリントサービスは、認知度がまだ低く、認知していても自分でデザイン
         し購入するのが難しい、不安である等の理由により購入に踏み切れない顧客が多く存在すると認識しておりま
         す。以前より、インターネットを活用したマーケティング活動、大手企業との提携等により認知度向上に向けた
         取り組みを行ってまいりましたが、今後、これらの活動をより一層強化してまいります。
        ③ 情報セキュリティとシステムの安定性の強化

          当社は、インターネットを介してサービス提供を行っているため、情報セキュリティ対策は当社の重要な課題
         と認識しております。システムの安定性確保に継続的に取り組むほか、個人情報保護対策としてプライバシー
         マークの運用定着活動等も活用し、情報セキュリティを確保する仕組み作りや教育を引き続き強化してまいりま
         す。
        ④ 加工・印刷の徹底した自動化及び半自動化

          当社では、IT技術により加工・印刷の作業を効率化し、原価の低減に努めてまいりましたが、世界中で自動
         化や省力化の勢いは加速しており、産業ロボット技術を持つ企業などとの連携やハードウエアメーカーと連携を
         とり、自動化や半自動化を更に進めてまいります。
        ⑤ プラットフォームサイトのユーザビリティ強化

          当社は「オリジナルプリント.jp」(https://originalprint.jp/)を主として、インターネットを介して
         注文を受け付けております。Web上でのデザインの作成のしやすさも同サイトの特長の1つになります。今後
         も継続的にサイトの機能向上を行ってまいります。
                                 31/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑥ コーポレート・ガバナンスの強化
          当社の更なる事業の拡大、継続的な成長のためには、コーポレート・ガバナンスの更なる強化が重要であると
         認識しております。経営の効率性、健全性を確保すべく、監査役監査、内部監査、会計監査及び内部統制システ
         ムの整備によりその強化を図ってまいります。
        ⑦ 内部管理体制の強化

          当社は、今後も事業拡大を見込んでおり、内部管理体制の強化が不可欠であると認識しております。また、よ
         り一層のコーポレート・ガバナンスの充実を実現していくためにも、財務、経理、人事、総務等の管理部門のそ
         れぞれの分野での人材の確保及び育成に努めてまいります。
          なお、当第2四半期累計期間の特別利益の項目にある受取補填金47,021千円の取引経緯については以下のとお
         りであります。
          当社が2017年12月28日に行った自己株式2,696株(B種優先株式287株、C種優先株式1,709株、D種優先株式
         700株)の取得については、いわゆる財源規制を定めた会社法第461条第1項に抵触して分配可能額を超えて行わ
         れておりました。このことについて、当社では、事後的に違法な自己株式の取得を認識いたしました。この違法
         な取引であったことが発覚した後、当社では、当社の法的安定性に瑕疵が生じた状態を解消するために、当時の
         業務執行取締役が、当社に対して会社法第462条第1項で定められた交付を受けた金銭等の帳簿価額に相当する
         額から、同条第3項で定められた総株主の同意を得られた分配可能額を限度とした当該義務の免除額を除いた金
         銭47,021千円を支払うことにより、当該瑕疵が治癒したものと考えております(なお、当社が取得した自己株式
         2,696株については、その後消却されているため、返還しないこととして処理しております)。上記自己株式を
         取得した当時においては、当社の管理部門における人員不足等により内部管理体制に不備が存在しておりました
         が、現在においては人員体制も充実し、一層の内部管理体制強化に努めております。
        ⑧ 財務レバレッジの最適化

          当社は、財務基盤の安定性を維持しながら事業拡大の投資資金を確保し、財務体質の強化に取り組んでおりま
         す。今後も継続的な設備投資を要するため、新たな投資を実行できるよう内部留保の確保と株主還元の適切なバ
         ランスを検討し、財務レバレッジの最適化に努めてまいります。
                                 32/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【事業等のリスク】
       当社の事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が提出会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・
      フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があると認識している主要なリスクには、以下のようなものがあります。
       また、必ずしもリスク要因には該当しない事項につきましても、投資者の投資判断上、重要であると考えられる事
      項については、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下に開示しております。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社が判断したものであり、将来において発生の可能
      性があるすべてのリスクを網羅するものではありません。
      (1)当社のリスクマネジメント体制

         当社は、リスクの発生防止及び適切な対応による損失の最小化を図るため、組織的・計画的に取り組むことを目
        的として、代表取締役社長を委員長とし、取締役を中心に構成するリスクマネジメント委員会を設置しておりま
        す。
      (2)当社のリスクマネジメント体制の運用状況

         リスクマネジメント委員会は、四半期に1回定例開催するほか、必要に応じて臨時開催し、リスクの調査、網羅
        的な認識及び重要度の分析、各種リスクへの対応策の検討及び決定、対策の実施状況の監督及び再発防止策の検討
        等を行っております。
      (3)事業等のリスク

        ① オンデマンドプリントサービス市場について
          「1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (5)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題 ② 当
         社サービスの認知度の向上」で記載しましたとおり、当社事業の認知度の向上が課題と認識しております。オン
         デマンドプリントサービスはBtoC-EC市場に属しますが、経済産業省が発表した「令和2年度産業経済研究委託
         事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、BtoC-EC市場の物販系分野の2018年から2019年の伸び率は
         8.09%、2019年から2020年の伸び率は、新型コロナウイルス禍による巣ごもり消費の影響もあり21.71%と大き
         く伸長しました。今後、当社、当社の提携企業及び競合企業によるマーケティング活動等により、BtoC-EC市場
         の伸び率を上回るペースでオンデマンドプリントサービス市場は拡大するものと予想しています。しかしなが
         ら、上記の予測どおりに同市場が拡大しなかった場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性が
         あります。(顕在化可能性:低 / 影響度:小)
        ② 競合他社の動向について

          現在、国内にはオンデマンドプリントサービスの事業者が複数あり、競合企業とは、一定の競争環境にさらさ
         れております。当社はITを活用し、競合企業との差別化を図っております。今後もサービス機能の向上、加
         工・印刷の効率化を進めていくとともに、積極的なマーケティング活動を行ってまいりますが、他に優れた競合
         企業が現れた場合等には、価格競争や販売数量の減少等により当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性
         があります。(顕在化可能性:高 / 影響度:小)
        ③ 新規事業について

          当社は、当社の様々なノウハウを生かして新規事業に積極的に取り組んでいく考えであります。これにより設
         備投資、システム投資、人材採用等の支出が発生し、一時的に利益が減少する可能性があります。また、当初の
         想定どおりに収益の獲得ができなかった場合は、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
         (顕在化可能性:高 / 影響度:小)
        ④ 特定取引先への依存について

          当社は、GMOペパボ株式会社の運営するEコマースサイト「SUZURI」で販売された商品に関する製造を受託
         しており、2021年4月期における同社へ対する売上は、売上高全体の24.8%となっております。同社は、当社の
         株主でもあり、良好な関係を構築しておりますが、同サイトでの販売の伸び率の減退や、販売減が生じた場合、
         同社の方針の変更により、他社への委託を増加させた場合は、当社の経営成績に影響を及ぼす可能性がありま
         す。
          当社では、同社以外の提携先の開拓、「オリジナルプリント.jp」等の自社販売サイトの強化に加え、ハー
         ドウエア販売、システム開発受託等の新規事業の推進を行い、同社への依存度を下げる取り組みを行っておりま
         す。
          また、仕入れについては、2021年4月期における当社の仕入れのうち、35.7%をキャブ株式会社が占めており
         ます。同社から主にTシャツ等の衣類を仕入れております。これは同社の安定した品質及び納期の遵守等の理由
         により、結果的に同社への依存度が高まったものであります。同社は、当社の株主でもあり、緊密な情報共有関
         係で今後も安定的な取引が継続できるものと考えておりますが、たとえ同社との取引が何らかの事情で継続でき
                                 33/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         なくなったとしても、他社の製品で代替は可能であります。さらに、当社は取扱い商材の多様化を進めており、
         調達先を分散させることで特定仕入先への依存のリスクを低減してまいります。
          しかしながら、同社との取引が何らかの事情により継続できなくなった場合、当社の財政状態や経営成績に影
         響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:低 / 影響度:中)
        ⑤ 材料価格の変動について

          当社は、Tシャツ、マグカップ等の材料を仕入れて、それに加工・印刷を行い、販売するビジネスを展開して
         おります。常に価格及び品質面で優れた仕入先を探しておりますが、これらの材料やインク等の印刷資材の仕入
         価格が上昇し、当社の販売価格に転嫁できなかった場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性
         があります。(顕在化可能性:中 / 影響度:小)
        ⑥ 配送コストの変動について

          当社では、一定の注文代金を超えた場合を除き、原則として配送料を商品代金とは別に顧客に請求しておりま
         すが、今後配送コストが上昇した場合、顧客の購買意欲の減退につながる場合や、配送コストの上昇分を顧客に
         転嫁できない場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:
         中 / 影響度:小)
        ⑦ 外注委託について

          当社の事業は、短納期出荷の受注生産を行っているため、注文が集中した場合等、外注先に加工・印刷を委託
         しております。当社は、品質や信用力等を総合的に検討し、外注委託先を選定することとしておりますが、当社
         の要求水準を満たす外注委託先が確保できない場合や、外注委託先が品質トラブルや納期遅延を起こした場合に
         は、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:低 / 影響度:小)
        ⑧ 法的規制について

          当社が事業運営を行う上で、特定商取引法、景品表示法、製造物責任法、個人情報保護法等、様々な法的規制
         等を受けており、法令遵守を徹底しておりますが、今後その規制が強化されることも考えられます。その場合、
         事業活動に対する制約の拡大、規制の変化に対応するための負荷やコストの増加も予想され、当社の事業活動及
         び業績に重要な影響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:低 / 影響度:小)
        ⑨ システムトラブルについて

          当社の事業は、通信ネットワークやコンピュータシステムに依存しております。安定的なサービス運営を行う
         ために、サーバー設備等の強化やセキュリティ対策を行っております。しかしながら、自然災害や事故等により
         通信ネットワークが切断された場合や、当社サービスサイトの何らかの理由によるシステムトラブル、不正アク
         セス等が発生した場合には、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:
         低 / 影響度:中)
        ⑩ 自然災害、感染症による人的・物的・経済的被害について

          当社では、BCP対策として罹災に備えるため、被害の軽減策、当社工場立地の分散、提携先工場ネットワー
         クの構築、仕入先の多様化等による供給体制の維持継続策を講じております。
          しかしながら、地震、台風等の自然災害が発生した場合、工場の設備や従業員等が多大な被害を受け、生産拠
         点の一部又は全部の操業が中断し、生産及び出荷が遅延する可能性があります。新型コロナウイルス感染症につ
         いては、当社は、従業員等の感染防止のため、マスクの着用や、手指の消毒の励行などに努めておりますが、従
         業員等の間で感染が広がった場合は、生産及び出荷が遅延する可能性があります。
          また、新型コロナウイルス感染症の影響により、イベントの自粛、物流や移動の制限、消費行動の変化といっ
         た経済活動の変化は、当社の事業活動に一定の影響を与える可能性があります。(顕在化可能性:低 / 影響
         度:小)
        ⑪ 情報セキュリティ及び個人情報保護について

          当社は、情報セキュリティ及び個人情報保護を事業運営上の重要事項と捉え、プライバシーマークの認証を取
         得し、自社内の機密情報及び個人情報を厳格に管理しておりますが、万一何らかの理由でこのような情報が流出
         した場合、当社の信用が失墜し、当社の財政状態や経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があります。(顕在化
         可能性:低 / 影響度:中)
        ⑫ 知的財産権の侵害について

          当社は、顧客により入稿されたデザインを加工・印刷する事業を行っております。顧客に対しては、著作権、
         商標権等の第三者の知的財産権を侵害しないようサービスサイト上で注意喚起するほか、利用規約により、知的
         財産権を侵害したデザインの入稿を禁止しております。また、入稿されたデザインを社内基準に従って審査を
                                 34/130

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         行っております。しかしながら、当社の認識していない知的財産権の侵害があった場合には、信用失墜や損害賠
         償請求等が発生し、当社の財政状態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:中 / 影
         響 度:小)
        ⑬ 訴訟について

          当社では本書提出日現在において、訴訟を提起されている事実はありません。しかしながら、当社の事業活動
         に関連して、納品物やサービスの品質等の不備、製造物責任、労務問題等に関し、損害賠償請求等の訴訟を提起
         される可能性があり、その動向によっては当社の財政状態や経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
         (顕在化可能性:低 / 影響度:中)
        ⑭ 人材の育成と確保について

          当社は、今後の事業拡大にあたっては、優秀な人材の確保、育成を最優先課題として取り組んでおります。し
         かしながら、こうした人材の確保や育成が順調に進まない場合又は人材の多数が流出した場合は、当社の財政状
         態や経営成績に影響を及ぼす可能性があります。(顕在化可能性:中 / 影響度:小)
        ⑮ 特定人物への依存について

          当社の代表取締役社長である山川誠は、当社の創業者であり、設立以来、最高経営責任者として経営方針や事
         業戦略の立案・決定及びその遂行において重要な役割を果たしております。
          当社では、同氏に過度に依存しない経営体制の構築を進めておりますが、何らかの理由により同氏が当社の業
         務を継続することが困難となった場合、当社の事業活動及び経営成績に重要な影響を及ぼす可能性があります。
         (顕在化可能性:低 / 影響度:中)
        ⑯ 株式会社日本創発グループとの関係について

          本書提出日現在、株式会社日本創発グループは当社発行済株式総数の42.7%(議決権比率42.7%)を保有する
         当社の筆頭株主であり、当社は同社の持分法適用関連会社として位置付けられております。
          当社の経営方針、事業展開等の重要事項の意思決定において、現状、同社に対して事前承認を要する事項はな
         く、独立性・自律性は保たれていると認識しております。
          当社は同社と直接取引は有しないものの、2021年4月期における、同社の子会社との取引については、当社の
         収益に係る取引総額は17,688千円、費用に係る取引総額は141,832千円であり、いずれも売上高又は売上原価と
         販売費及び一般管理費の合計の10%以下と影響は限定的です。なお、費用に係る取引内容といたしましては、主
         に当社工場の建物賃貸借取引であります。また、同社の子会社との取引については、他の企業の取引条件との比
         較等により取引条件の適正性等を確保しております。
          しかしながら、将来において、同社の経営方針や事業戦略等に変更が生じた場合には、当社の事業展開、財政
         状態及び経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。当社といたしましては、相互の独立性は今後とも十分確
         保していく方針です。(顕在化可能性:低 / 影響度:小)
        ⑰ 資金使途について

          当社が計画している公募増資による資金調達の使途については、主に印刷機械等の購入、システム開発投資、
         事業拡大に伴う人材採用費、知名度向上のための広告宣伝費等に充当する予定であります。しかしながら、当社
         が属する業界の急激な変化により、現時点における資金使途計画以外の使途へ充当する可能性があります。ま
         た、当初の計画どおりに資金を使用した場合でも、想定した投資効果をあげられない可能性もあります。(顕在
         化可能性:低 / 影響度:中)
        ⑱ 配当政策について

          当社は、株主への利益還元を経営上の重要な課題として認識しており、事業展開の状況、業績や財政状態等を
         勘案した上で、株主に対して安定的かつ継続的な利益還元を実施していく方針です。
          現時点では成長過程にあると認識しており、内部留保の充実を図り、更なる事業拡大のための設備投資や人材
         の採用に充当していくことが株主に対する最大の利益還元につながると考え、設立以来配当は実施しておらず、
         今後においても当面の間は内部留保の充実を図る方針であります。
          将来的には、財政状態及び経営成績を勘案しながら配当を実施していく方針ではありますが、現時点において
         配当の実施時期等については未定であります。(顕在化可能性:低 / 影響度:小)
        ⑲ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

          当社は、当社取締役及び従業員に対するインセンティブを目的とし、新株予約権を付与しております。これら
         の新株予約権が権利行使された場合には、既存の株主が保有する株式の価値及び議決権割合が希薄化する可能性
         があります。なお、本書提出日現在における新株予約権による潜在株式数は392,909株であり、発行済株式総数
         1,965,300株の20.0%に相当しております。(顕在化可能性:高 / 影響度:小)
                                 35/130

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 36/130





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおり
        であります。
        ① 財政状態の状況
          第26期事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
           当事業年度末における総資産は1,941,298千円となり、前事業年度末と比較して568,059千円の増加となりま
          した。
          (流動資産)
           当事業年度末における流動資産は1,222,899千円となり、前事業年度末と比較して328,275千円の増加となり
          ました。これは主に、受注拡大に伴う売掛金の増加150,734千円、原材料及び貯蔵品の増加70,605千円による
          ものであります。
          (固定資産)

           当事業年度末における固定資産は718,398千円となり、前事業年度末と比較して239,784千円の増加となりま
          した。これは主に、各種印刷機等の設備投資による有形固定資産の増加233,548千円によるものであります。
          (流動負債)

           当事業年度末における流動負債は853,622千円となり、前事業年度末と比較して347,850千円の増加となりま
          した。これは主に、新設工場の立ち上げに伴う必要運転資金による短期借入金の増加100,000千円、受注拡大
          に伴う買掛金の増加90,361千円によるものであります。
          (固定負債)

           当事業年度末における固定負債は496,974千円となり、前事業年度末と比較して92,384千円の増加となりま
          した。これは主に、印刷機等をリース資産により取得したことに伴うリース債務の増加116,129千円、長期借
          入金の減少28,738千円によるものであります。
          (純資産)

           当事業年度末における純資産は590,701千円となり、前事業年度末と比較して127,824千円の増加となりまし
          た。これは、主に株式の発行による資本金及び資本準備金の増加88,000千円、自己株式の取得による減少
          112,968千円、当期純利益の計上152,792千円による利益剰余金の増加によるものであります。
          第27期第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)

           当第2四半期会計期間末における総資産は2,106,313千円となり、前事業年度末と比較して165,015千円の増
          加となりました。
          (流動資産)
           当第2四半期会計期間末における流動資産は1,419,459千円となり、前事業年度末と比較して196,559千円の
          増加となりました。これは主に売掛金及び契約資産の増加149,152千円、商品の増加34,320千円、原材料及び
          貯蔵品の増加49,933千円があったものの、仕掛品の減少25,360千円があったことによるものであります。
          (固定資産)

           当第2四半期会計期間末における固定資産は686,854千円となり、前事業年度末と比較して31,544千円の減
          少となりました。これは主に有形固定資産の減少43,222千円、無形固定資産の増加8,251千円によるものであ
          ります。
          (流動負債)

           当第2四半期会計期間末における流動負債は794,902千円となり、前事業年度末と比較して58,719千円の減
          少となりました。これは主に買掛金の増加26,560千円、未払法人税等の増加83,296千円、短期借入金の減少
          100,000千円、その他の流動負債の減少68,153千円によるものであります。
          (固定負債)

           当第2四半期会計期間末における固定負債は420,610千円となり、前事業年度末と比較して76,363千円の減
          少となりました。これは主に長期借入金の減少65,154千円、リース債務の減少11,230千円によるものでありま
          す。
          (純資産)
                                 37/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           当第2四半期会計期間末における純資産は890,799千円となり、前事業年度末と比較して300,098千円の増加
          となりました。これは、四半期純利益の計上267,338千円による利益剰余金の増加によるものであります。
        ② 経営成績の状況

          第26期事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
           当事業年度におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の全世界的な拡大により、経済活動の停滞や
          個人消費の低迷が続いており、かつ、先行きは極めて不透明な状況にあります。
           当社が扱う主たる商材のアパレル業界では、海外生産の不確実性の拡大、商業施設の臨時休業や営業時間短
          縮、外出自粛等により、実店舗での個人消費については非常に厳しい状態が続いています。また、各種イベン
          トが中止や延期される状況が継続しており、イベントに伴うTシャツ、バッグ等の販売商品、販促商品につい
          ての法人需要についても大きな落ち込みが続いています。
           一方でEコマースについては、オフラインからオンラインの流れが加速しており、外出自粛に伴う巣ごもり
          需要拡大後も、成長を継続しています。
           印刷業界においては、印刷設備の低価格化等による参入障壁が低くなる一方で、高機能な印刷機は高額化し
          ており、豊富な資金力を持った企業がオンデマンドプリント業に参入しています。さらに、欧米企業の日本へ
          の参入が加速しており、グローバルな競争を視野に入れた戦略が必須となっています。
           このような環境の中、当社のオンデマンドによる在庫リスクの削減効果と多様なニーズへの対応力の強みを
          活かして、Eコマースを運営する各主要提携先からの受注が拡大し、大幅な売上増を実現しました。また、マ
          スク等のウイルス感染症対策商品については、有力マスクメーカーと連携しながら、ニーズに応える商品展開
          を進めました。
           新規事業として推進している製造プロセスのDX化を促進する「オンデマンドプリントソリューションズ
          (ODPS)」の一環であるハードウエア販売についても、Eコマースの拡大に伴う物流増及び省力化ニーズ
          の高まりを受けて受注及び売上が堅調に推移しました。
           生産面ではODPSも活用し、提携先工場ネットワークの構築を推進し、受注増に対応するためのキャパシ
          ティ増を実現しました。また、関東に集中していた自社生産拠点の地域分散と次世代の製造ラインの構築のた
          めに岐阜県多治見市に当社最大規模となる新規生産拠点(GPC工場)の立ち上げを推進しました。
           以上の結果、当事業年度の経営成績は、売上高4,330,335千円(前事業年度比52.3%増)、営業利益220,880
          千円(前事業年度比102.0%増)、経常利益221,090千円(前事業年度比107.9%増)、当期純利益152,792千円
          (前事業年度比77.9%増)となりました。
           なお、当社はオンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載
          はしておりません。
          第27期第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)

           当第2四半期累計期間におけるわが国経済は、長期化する新型コロナウイルス感染症の影響により、緊急事
          態宣言が解除される9月まで経済活動が抑制される状況が続きました。ワクチン接種の普及により新型コロナ
          ウイルス感染症は終息傾向にあり、経済活動は回復に向かうことが予測されますが、変異ウイルスの感染が広
          がりを見せており、依然として先行き不透明な状態が続いております。
           当社の属するオンデマンドプリント業界におきましては、コロナ禍において、人々の生活様式の変化が加速
          し、情報通信端末の普及、オンラインの消費活動が定着したことにより衣料・服飾雑貨及び生活雑貨等のEC
          物販市場は急成長を遂げ、その市場規模の拡大が続いております。一方で、オフラインではリアルな顧客体験
          の提供をすべく店頭販売やイベント関連の法人需要が緩やかに回復基調にあります。
           また、地球環境に対する負荷の低減に向けて、SDGsへの意識が高まるなか、当社も環境に配慮したモノ
          づくりで社会に貢献できるよう努めております。
           このような環境の中、オンデマンド生産できるアイテムを拡げ、世の中の無駄な在庫を減らし、より豊かな
          社会の実現に向けて、オンデマンドプリントサービスを推進するとともに、新商品のハードウエアとしてオン
          デマンド転写プリンター「TransJet」、新サービスのソフトウエアとしてデザインシミュレーター付クラウド
          型オンデマンドEC「makertown」をリリースしました。
           以上の結果、当第2四半期累計期間の売上高は2,709,478千円、営業利益は341,238千円、経常利益は
          339,106千円、四半期純利益は267,338千円となりました。
           なお、当社はオンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載
          はしておりません。
                                 38/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ キャッシュ・フローの状況
          第26期事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
           当事業年度における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は574,334千円となり、前事業
          年度末と比較して59,134千円の増加となりました。
           当事業年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
          (営業活動によるキャッシュ・フロー)
           営業活動の結果獲得した資金は、358,780千円(前事業年度は232,118千円の獲得)となりました。これは主
          に、業績が好調に推移したことによる税引前当期純利益の計上182,337千円、減価償却費178,297千円、仕入債
          務90,361千円の増加要因があった一方で、売上債権150,734千円、たな卸資産80,914千円が増加したことによ
          るものです。
          (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果使用した資金は、486,977千円(前事業年度は256,233千円の使用)となりました。これは主
          に、岐阜県多治見市に工場を新設したことに伴う有形固定資産の取得による支出481,103千円によるもので
          す。
          (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果獲得した資金は、187,325千円(前事業年度は255,000千円の獲得)となりました。これは主
          に、長期借入れによる収入100,000千円、セール・アンド・リースバックによる収入135,648千円及び株式の発
          行による収入88,000千円があった一方で、長期借入金の返済による支出114,030千円、自己株式の取得による
          支出112,968千円があったことによるものです。
          第27期第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)

           当第2四半期会計期間末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)の残高は574,157千円と
          なり、前事業年度末と比較して176千円の減少となりました。
           当第2四半期累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
         (営業活動によるキャッシュ・フロー)

           営業活動の結果獲得した資金は、219,404千円となりました。これは主に税引前四半期純利益386,127千円、
          減価償却費82,740千円、売上債権及び契約資産の増加額149,152千円、棚卸資産の増加額58,893千円、仕入債
          務の増加額26,560千円、前受金の減少額66,385千円、補填金の受取額47,021千円があったことによるもので
          す。
         (投資活動によるキャッシュ・フロー)

           投資活動の結果使用した資金は、77,898千円となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出
          62,843千円、無形固定資産の取得による支出11,656千円によるものです。
         (財務活動によるキャッシュ・フロー)

           財務活動の結果使用した資金は、141,682千円となりました。これは主に短期借入金の減少額100,000千円、
          長期借入金の返済による支出59,834千円、リース債務の返済による支出14,608千円、新株予約権の行使による
          自己株式の処分による収入23,760千円があったことによるものです。
                                 39/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④ 生産、受注及び販売の実績
         a.生産実績
           第26期事業年度及び第27期第2四半期累計期間における生産実績は、次のとおりであります。なお、当社
          は、オンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の生産実績の記載
          は省略しております。
                           第26期事業年度                    第27期第2四半期累計期間
          セグメントの名称               (自 2020年5月1日             前年同期比(%)          (自 2021年5月1日
                          至 2021年4月30日)                      至 2021年10月31日)
      オンデマンドプリントソリューション
                                2,811,721           157.7           1,603,554
      事業(千円)
             合計                  2,811,721           157.7           1,603,554
     (注)1.金額は、製造原価によっております。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         b.受注実績

           当社で行う事業は、受注から販売・役務提供までの期間が短いものが大半を占めており、常に受注残高は少
          額であります。そのため、受注実績に重要性がないため、記載を省略しております。
         c.販売実績

           第26期事業年度及び第27期第2四半期累計期間における販売実績は、次のとおりであります。なお、当社
          は、オンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の販売実績の記載
          は省略しております。
                           第26期事業年度                    第27期第2四半期累計期間
          セグメントの名称               (自 2020年5月1日             前年同期比(%)          (自 2021年5月1日
                          至 2021年4月30日)                      至 2021年10月31日)
      オンデマンドプリントソリューション
                                4,330,335           152.3           2,709,478
      事業(千円)
             合計                  4,330,335           152.3           2,709,478
     (注)1.第26期事業年度において、販売実績に著しい変動がありました。これは、当社プラットフォームサイト及び
           提携先Webサイトにおけるオリジナルプリントグッズ販売の増加によるものであります。
         2.最近2事業年度及び第27期第2四半期累計期間の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に
           対する割合は次のとおりであります。
                    第25期事業年度              第26期事業年度            第27期第2四半期累計期間
                  (自 2019年5月1日              (自 2020年5月1日              (自 2021年5月1日
         相手先          至 2020年4月30日)              至 2021年4月30日)              至 2021年10月31日)
                 金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)       金額(千円)        割合(%)

     GMOペパボ株式会社              471,758         16.6     1,073,414          24.8      720,577         26.6

         3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

         経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、
        文中における将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
        ① 重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定
          当社の財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されております。この
         財務諸表の作成にあたって、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告金額並びに
         開示に影響を与える見積りを必要としております。これらの見積りについては過去の実績や現状等を勘案し、合
         理的に判断しておりますが、実際の結果は見積り特有の不確実性があるため、これらの見積りと異なる可能性が
         あります。
          当社の財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事
         項 重要な会計方針」に記載しております。
          なお、財務諸表の作成にあたって、用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものに
         ついては、「第5 経理の状況 1 財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項 重要な会計上の見積り」に記載し
         ております。
        ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

                                 40/130

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          第26期事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
          (売上高)
           当事業年度の売上高は、4,330,335千円で、前事業年度比52.3%の増加となりました。これは主に、SEO
          対策が奏功し、「オリジナルプリント.jp」による販売が好調に推移したこと及び提携企業のキャンペーン
          による販売促進が奏功したことによる受注の拡大によるものです。
          (売上原価、売上総利益)

           当事業年度の売上原価は、2,943,248千円で、前事業年度比60.6%の増加となりました。これは主に、受注
          拡大に伴う労務費及び材料費の増加によるものであります。
           この結果、売上総利益は1,387,086千円で、前事業年度比37.3%の増加となりました。
          (販売費及び一般管理費、営業利益)

           販売費及び一般管理費は、1,166,206千円で、前事業年度比29.4%の増加となりました。これは主に、組織
          拡充に伴う給料及び手当の増加によるものであります。
           この結果、営業利益は220,880千円で、前事業年度比102.0%の増加となりました。
          (営業外損益、経常利益)

           営業外収益は、3,616千円で、前事業年度比727.0%の増加となりました。これは主に、補助金収入の増加に
          よるものであります。また、営業外費用は、3,406千円で、前事業年度比0.9%の減少となりました。
           この結果、経常利益は221,090千円で、前事業年度比107.9%の増加となりました。
          (特別損益、当期純利益)

           特別利益については、当事業年度においては発生しておらず、特別損失は38,753千円計上しております。こ
          れは主に、使用が見込まれなくなった製造設備等の固定資産除却損の発生によるものであります。また、法人
          税、住民税及び事業税を35,490千円、法人税等調整額を△5,946千円計上しております。
           この結果、当期純利益は、152,792千円で、前事業年度比77.9%の増加となりました。
          第27期第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)

          (売上高)
           当第2四半期累計期間の売上高は、2,709,478千円となりました。これは主に、前事業年度に引き続き「オ
          リジナルプリント.jp」を中心とする当社直営ウェブサイトでの販売が好調に推移したこと及び提携企業運
          営ウェブサイトからの受注の拡大によるもの並びにハードウエア販売の伸張によるものであります。
          (売上原価、売上総利益)

           当第2四半期累計期間の売上原価は、1,714,195千円となりました。これは主に、売上高に比例して変動す
          る材料費及び外注加工費、労務費並びにハードウエア仕入によるものであります。この結果、売上総利益は
          995,282千円となりました。
          (販売費及び一般管理費、営業利益)

           当第2四半期累計期間の販売費及び一般管理費は、654,043千円となりました。これは主に、人件費及び商
          品出荷のための荷造運送費によるものであります。この結果、営業利益は341,238千円となりました。
          (営業外損益、経常利益)

           当第2四半期累計期間の営業外収益は、791千円となりました。また、営業外費用は、2,923千円で、これは
          主に、支払利息によるものであります。この結果、経常利益は339,106千円となりました。
          (特別損益、四半期純利益)

           当第2四半期累計期間の特別利益は、受取補填金による47,021千円となりました。また、特別損失の発生は
          ありませんでした。法人税、住民税及び事業税と法人税等調整額を合算した税金費用は、118,789千円となり
          ました。この結果、四半期純利益は、267,338千円となりました。
        ③ キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容

          各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因については、「第2 事業の状況 3 経営者による財政状態、
         経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ③ キャッシュ・フローの状
         況」に記載のとおりであります。
        ④ 資本の財源及び資金の流動性

                                 41/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当社の事業活動における資金需要のうち主なものは、当社のオンデマンドプリントソリューション事業を推進
         するための運転資金(人件費、労務費、製造経費等)であります。これらの事業活動に必要な資金については、
         営 業活動によるキャッシュ・フローでまかなうことを基本としております。
          また、当社の事業活動においては、生産機能の維持及び向上のため設備投資が不可欠であり、必要に応じて金
         融機関からの調達を実施する予定であります。
          なお、当社は取引銀行2行の金融機関との間で合計230,000千円の当座貸越契約を締結(本書提出日現在で借
         入実行残高はありません)しており、手元資金が必要額に満たなくなると想定される場合には、当座貸越契約を
         活用し金融機関からの短期借入金を通じて、必要な資金残高を確保することを考えております。当社の事業は主
         に個別受注生産であり、棚卸資産回転期間や売上債権回転期間が短期間であるため、資金の流動性に問題はない
         ものと考えておりますが、今後も資金の残高及び各キャッシュ・フローの状況を注視しつつ、資本の財源及び資
         金の流動性の確保に努めてまいります。
        ⑤ 経営成績に重要な影響を与える要因について

          当社の経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 2 事業等のリスク」に記載の
         とおり認識しており、これらのリスクについては発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であります。
        ⑥ 経営者の問題意識と今後の方針について

          当社の経営者は、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等」に記載のとおり、当
         社が今後さらなる成長を遂げるためには、さまざまな課題に対処することが必要であると認識しております。
          それらの課題に対応するために、経営者は常に事業環境の変化に関する情報の入手及び分析を行い、継続的な
         サービスの向上による競合との差別化を推進し、さらなる事業拡大を図ってまいります。
        ⑦ 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

          経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等につきましては、「第2 事
         業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべき課題等 (3)経営上の目標の達成状況を判断するための客観
         的な指標等」に記載のとおり、主な経営指標として売上高成長率と売上高経常利益率を重視することで、企業の
         成長性及び企業価値を高め、持続的な経営を目指しております。各指標の推移は以下のとおりであります。
                              第25期事業年度                 第26期事業年度
                            (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
      売上高成長率                               37.6%                 52.3%

      売上高経常利益率                               3.7%                 5.1%

     4【経営上の重要な契約等】

       該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

       当社は、「個性と創造性溢れる豊かな社会作りに貢献する。」という経営理念のもと、最先端の印刷技術とIT技
      術を活用したオンデマンドプリントソリューション事業を推進し続けることを目的として、高品質かつ高速でTシャ
      ツ等への印刷を行うための独自技術の研究に取り組んでおります。
       研究開発体制としては、特命案件を担当する専任者が中心となり、製造部門とも連携しつつ、生産性の向上や最適
      な印刷条件(温度、湿度)、印刷加工方法等の検証を行っております。その成果として培った先進的な印刷技術を自
      社工場で利活用し、品質及び生産効率の向上に努めております。
      第26期事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

       当事業年度は、高画質で印刷可能な液体トナーの使用による高品質のデジタル転写を実現すべく転写シートの研究
      開発を行い、研究開発費の総額は               10,560   千円となりました。
      第27期第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)

        当第2四半期累計期間における研究開発活動は、DTGプリンター(注1)に代わり拡大が見込まれるDTFプリ
       ンター(注2)によるプリント加工に関して、技術的・品質的なアプローチ及び生産に要する機械設備及び消耗品の
       研究開発を行いました。また、プリント加工後の梱包出荷工程に関して効率化及び原価低減を目的とした研究開発を
       行いました。以上の結果、研究開発費の総額は                     6,945   千円となりました。
      (注)1.DTG:Direct             to  garmentの略称で、生地に直接印刷するプリンターであります。
                                 42/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          2.DTF:Direct            to  filmの略称で、転写プリンターであります。転写シートを熱プレスで生地にプリント
                加工します。
                                 43/130




















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
      第26期事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
       当事業年度に実施した設備投資の総額は、                    456,955    千円となりました。主なものとしては、デジタル印刷設備等の
      機械及び装置、工場新設に伴う建物附属設備であります。
       なお、当事業年度において生産性改善及び最適な生産体制構築のため、今後使用することが見込まれない製造設備
      等を中心に除却損失38,753千円を計上しております。
      第27期第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)

       当第2四半期累計期間に実施した設備投資の総額は、                          61,191   千円となりました。主なものとしてはロータリーUVプ
      リンター等の機械及び装置であります。
       なお、当第2四半期累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
     2【主要な設備の状況】

       当社における主要な設備は、次のとおりであります。
       当社は、オンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略して
      おります。
                                                  2021年4月30日現在
                                  帳簿価額(千円)

        事業所名                                               従業員数
                 設備の内容
        (所在地)                      機械及び装                          (人)
                         建物           リース資産       その他       合計
                              置
     小豆沢工場                                                     43
                製造設備          7,000     111,400       2,112      1,963     122,477
     (東京都板橋区)                                                     (71)
     新河岸工場                                                     4
                製造設備          4,343      9,687       678      263     14,973
     (東京都板橋区)                                                     (8)
     朝霞工場                                                     3
                製造設備          5,240      39,595       8,776        -    53,612
     (埼玉県朝霞市)                                                     (27)
     IPC工場                                                     7
                製造設備          3,722     117,149         -      560    121,432
     (東京都板橋区)                                                     (26)
     志村工場                                                     7
                製造設備         10,618      18,973       5,620        -    35,211
     (東京都板橋区)                                                     (29)
     GPC工場                                                     3
                製造設備         83,972      37,401      124,987        871    247,232
     (岐阜県多治見市)                                                     (-)
     小石川本社                                                     91
                事務所設備         18,826       1,453      1,512       501     22,293
     (東京都文京区)                                                     (4)
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品及び車両運搬具の合計であり、建設仮勘定は含んでおり
           ません。なお、金額には消費税等は含めておりません。
         2.本社及び各工場はすべて賃借物件であり、年間賃借料の合計(共益費込み)は147,429千円であります。
         3.従業員数は就業人員(当社から社外へ出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
           者数(パートタイマーを含む。)は、1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
                                 44/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【設備の新設、除却等の計画】                  (2021年12月31日現在)
      (1)重要な設備の新設等
                         投資予定金額                 着手及び完了予定年月
        事業所名                                               完成後の増
                設備の内容                   資金調達方法
       (所在地)                 総額     既支払額                         加能力
                                           着手      完了
                       (千円)      (千円)
     GPC工場
               製造設備         100,000         -  増資資金        (注)3      (注)4      (注)5
     (岐阜県多治見市)
                                   自己資金及び
     関東工場(仮)          建物附属設備         500,000         -          (注)3      (注)4      (注)5
                                   借入金
     小石川本社
               基幹システム         100,000         -  増資資金        (注)3      (注)4      (注)5
     (東京都文京区)
     (注)1.当社は、オンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、セグメント情報に関連付
           けて記載しておりません。
         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
         3.着手年月は2023年4月期から2024年4月期を予定しておりますが、月は未定であります。
         4.完成予定年月は2023年4月期から2024年4月期を想定しておりますが、月は未定であります。なお、今後の
           設備投資計画の変更により、完成予定年月が変更される可能性があります。
         5.完成後の増加能力につきましては、計数的把握が困難であるため、記載を省略しております。
      (2)重要な設備の除却等

         経常的な設備の更新のための除却等を除き、重要な設備の除却等の計画はありません。
                                 45/130













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        7,000,000

                  計                             7,000,000

     (注) 2021年10月27日開催の臨時株主総会決議により定款の一部変更を行い、発行可能株式総数は4,000,000株増加
          し、7,000,000株となっております。
        ②【発行済株式】

                              上場金融商品取引所名又は登録
          種類          発行数(株)                               内容
                              認可金融商品取引業協会名
                                             権利内容に何ら限定のない当社
                                             における標準となる株式であ
                      1,965,300
         普通株式                     非上場
                                             り、単元株式数は100株であり
                                             ます。
                      1,965,300
          計                          -               -
     (注)1.2021年10月12日開催の取締役会決議により、定款に定める取得条項に基づき2021年10月27日付でD種優先株
           式300,000株を自己株式として取得し、その対価として当該D種優先株主に普通株式420,000株を交付してお
           ります。また、同取締役会決議に基づき、当社が取得したD種優先株式の全てを、2021年10月27日付で消却
           しております。
         2.2021年10月27日開催の臨時株主総会決議により定款の一部変更を行い、2021年10月27日付で単元株式数100
           株とする単元株制度を採用しております。
                                 46/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
          第3回新株予約権
      決議年月日                             2017年12月26日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社取締役 3

      新株予約権の数(個)※                             3,500[1,680]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 350,000[168,000](注)1、5

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             180(注)2、5

                                  2019年12月27日から
      新株予約権の行使期間※
                                  2027年12月26日まで
                                  発行価格         180
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行
      価格及び資本組入額(円)※
                                  資本組入額  90(注)5
      新株予約権の行使の条件※                             (注)3
                                  第三者に対する譲渡、担保設定その他の処分をするこ
      新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  とはできないものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)4
    ※ 最近事業年度の末日(2021年4月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2021年12月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、100株であります。ただし、当社が普通株式について株式の分
           割又は併合を行う場合には、次の算式に従い調整するものとする。なお、調整により生じる1株の100分の
           1未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
           り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
           とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                            分割・併合・無償割当ての比率
           また、時価を下回る1株当たりの払込金額での普通株式の発行又は処分、又は時価を下回る1株当たりの取
           得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分を行うときは、未行使の本新株予約権につ
           いて行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                           時価
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式については「既発行株式数」とは、当社の発行済普通株式総数(当社が保有するものを除
           く。)及び発行済の潜在株式等(当社が保有するものを除く。)の目的たる普通株式数を合計した数を意味
           するものとする。
         3.① 新株予約権行使時においても当社又は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又は顧問等の当社又は子
             会社との継続的な契約関係のある者のいずれかの地位にあること。ただし、当社が特に行使を認めた場
             合はこの限りでない。
           ② 本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
           ③ 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとする。
           ④ その他権利行使の条件は、当社と本新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約書に定めるとこ
             ろによる。
         4.当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
           者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
           くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
           総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。ただし、
           下記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画におい
           て定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
                                 47/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」に準じて
             決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使
             価額に、上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額
             とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上記の「新株予約権の行使期間」の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上
             記の「新株予約権の行使期間」の満了日までとする。
           (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
           (7)新株予約権の譲渡制限
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
         5.当社は、2019年8月15日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。これにより「新株予
           約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使
           により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
          第4回新株予約権

      決議年月日                  2019年8月27日
      付与対象者の区分及び人数(名)                  当社取締役 3(注)5                  当社従業員 23(注)5

      新株予約権の数(個)※                  195,000                  13,374[12,806]

      新株予約権の目的となる株式の種                                    普通株式 13,374[12,806]
                       普通株式 195,000(注)1
      類、内容及び数(株)※                                    (注)1
      新株予約権の行使時の払込金額
                       400(注)2
      (円)※
                       2019年8月31日から2029年7月30日ま                  2021年8月28日から2029年7月30日ま
      新株予約権の行使期間※
                       で                  で
      新株予約権の行使により株式を発行
                       発行価格   400
      する場合の株式の発行価格及び資本
                       資本組入額  200
      組入額(円)※
      新株予約権の行使の条件※                  (注)3
                                          第三者に対する譲渡、担保設定その他
                       新株予約権の譲渡については、取締役
      新株予約権の譲渡に関する事項※                                    の処分をすることはできないものとす
                       会の承認を要するものとする。
                                          る。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の
                       (注)4
      交付に関する事項※
    ※ 最近事業年度の末日(2021年4月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2021年12月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。ただし、当社が普通株式について株式の分割
           又は併合を行う場合には、次の算式に従い調整するものとする。なお、調整により生じる1株の100分の1
           未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
                                 48/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
           り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
           とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                            分割・併合・無償割当ての比率
           また、時価を下回る1株当たりの払込金額での普通株式の発行又は処分、又は時価を下回る1株当たりの取
           得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分を行うときは、未行使の本新株予約権につ
           いて行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                           時価
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式については「既発行株式数」とは、当社の発行済普通株式総数(当社が保有するものを除
           く。)及び発行済の潜在株式等(当社が保有するものを除く。)の目的たる普通株式数を合計した数を意味
           するものとする。
         3.① 新株予約権行使時においても当社又は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又は顧問等の当社又は子
             会社との継続的な契約関係のある者のいずれかの地位にあること。ただし、当社が特に行使を認めた場
             合はこの限りでない。
           ② 本新株予約権の行使は当社の株式がいずれかの金融商品取引所へ上場がなされるまでの期間は、本新株
             予約権は行使することができないものとする。ただし、当社が特に行使を認めた場合又は本新株予約権
             者が当社又は子会社(会社法第2条第3号に定める当社の子会社を意味する。)の取締役又は監査役の
             場合はこの限りでない。
           ③ 本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
           ④ 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとする。
           ⑤ その他権利行使の条件は、当社と本新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約書に定めるとこ
             ろによる。
         4.当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
           者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
           くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
           総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。ただし、
           下記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画におい
           て定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」に準じて
             決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使
             価額に、上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額
             とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上記の「新株予約権の行使期間」の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上
             記の「新株予約権の行使期間」の満了日までとする。
           (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
           (7)新株予約権の譲渡制限
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
         5.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日の前月末現在における「付与対象者の区分及び人
           数」は、当社取締役3名、当社従業員21名となっております。
                                 49/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          第5回新株予約権
      決議年月日                             2020年7月30日
      付与対象者の区分及び人数(名)                             当社従業員 25(注)5

      新株予約権の数(個)※                             17,383[17,103]

      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)※                             普通株式 17,383[17,103](注)1

      新株予約権の行使時の払込金額(円)※                             800(注)2

                                  2022年7月31日から
      新株予約権の行使期間※
                                  2030年7月30日まで
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行                             発行価格   800
      価格及び資本組入額(円)※                             資本組入額  400
      新株予約権の行使の条件※                             (注)3
                                  新株予約権の譲渡については、取締役会の承認を要す
      新株予約権の譲渡に関する事項※
                                  るものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項※                             (注)4
    ※ 最近事業年度の末日(2021年4月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月末
      現在(2021年12月31日)にかけて変更された事項については、提出日の前月末現在における内容を[ ]内に記載し
      ており、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、1株であります。ただし、当社が普通株式について株式の分割
           又は併合を行う場合には、次の算式に従い調整するものとする。なお、調整により生じる1株の100分の1
           未満の端数は切り捨て、金銭による調整は行わない。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
         2.新株予約権の割当日後、当社が普通株式について株式の分割若しくは併合を行う場合、又は無償割当てによ
           り普通株式を発行する場合には、未行使の本新株予約権について、行使価額を次の算式に従い調整するもの
           とし、調整により生じる1円未満の端数は切り上げる。
                                   1
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                            分割・併合・無償割当ての比率
           また、時価を下回る1株当たりの払込金額での普通株式の発行又は処分、又は時価を下回る1株当たりの取
           得価額をもって普通株式を取得し得る潜在株式等の発行又は処分を行うときは、未行使の本新株予約権につ
           いて行使価額を次の算式に従い調整するものとし、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                   新規発行株式数×1株当たり払込金額
                            既発行株式数+
                                           時価
            調整後行使価額=調整前行使価額×
                                 既発行株式数+新規発行株式数
           なお、上記算式については「既発行株式数」とは、当社の発行済普通株式総数(当社が保有するものを除
           く。)及び発行済の潜在株式等(当社が保有するものを除く。)の目的たる普通株式数を合計した数を意味
           するものとする。
         3.① 新株予約権行使時においても当社又は当社の子会社の取締役、監査役、従業員又は顧問等の当社又は子
             会社との継続的な契約関係のある者のいずれかの地位にあること。ただし、当社が特に行使を認めた場
             合はこの限りでない。
           ② 本新株予約権は当社の株式がいずれかの金融商品取引所への上場がなされるまでの期間は、本新株予約
             権を行使することができないものとする。
           ③ 本新株予約権の行使は権利者が生存していることを条件とし、権利者が死亡した場合、本新株予約権は
             相続されず、本新株予約権は行使できなくなるものとする。
           ④ 本新株予約権の行使は1新株予約権単位で行うものとし、各新株予約権の一部の行使は認められないも
             のとする。
           ⑤ その他権利行使の条件は、当社と本新株予約権者との間で締結する新株予約権割当契約書に定めるとこ
             ろによる。
         4.当社が組織再編行為を行う場合は、組織再編行為の効力発生日の直前において残存する本新株予約権の権利
           者に対して、手続に応じそれぞれ合併における存続会社若しくは新設会社、会社分割における承継会社若し
           くは新設会社、又は株式交換若しくは株式移転における完全親会社(いずれの場合も株式会社に限る。以下
           総称して「再編対象会社」という。)の新株予約権を、下記の方針に従って交付することとする。ただし、
           下記の方針に従って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、組織再編行為にかかる契約又は計画におい
           て定めた場合に限るものとする。
           (1)交付する再編対象会社の新株予約権の数
                                 50/130

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             権利者が保有する本新株予約権の数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           (2)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
             再編対象会社の普通株式とする。
           (3)新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」に準じて
             決定する。
           (4)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額又はその算定方法
             組織再編行為の条件等を勘案の上、上記(注)2で定められる行使価額を調整して得られる再編後行使
             価額に、上記(3)に従って決定される当該新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じた額
             とする。
           (5)新株予約権を行使することができる期間
             上記の「新株予約権の行使期間」の開始日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、上
             記の「新株予約権の行使期間」の満了日までとする。
           (6)権利行使の条件、取得事由、その他の新株予約権の内容
             本新株予約権の内容に準じて、組織再編行為にかかる契約又は計画において定めるものとする。
           (7)新株予約権の譲渡制限
             新株予約権の譲渡について、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
         5.付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日の前月末現在における「付与対象者の区分及び人
           数」は、当社従業員24名となっております。
        ②【ライツプランの内容】

          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
                                 51/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (3)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
                           4,223
                        B種優先株式
      2018年2月9日            普通株式          2,301
                                  16,380       46,380       16,380       92,664
        (注)1            1,820     C種優先株式
                           3,398
                        D種優先株式
                           3,700
                          普通株式
                           4,423
                        B種優先株式
      2018年4月23日            普通株式          2,301
                                   1,800       48,180        1,800       94,464
        (注)2             200    C種優先株式
                           3,398
                        D種優先株式
                           3,700
                  普通株式
                   5,807
                B種優先株式          普通株式
      2018年7月10日            △2,301         10,230
                                    -     48,180         -     94,464
        (注)3        C種優先株式        D種優先株式
                  △3,398         3,000
                D種優先株式
                   △700
                          普通株式
      2018年7月31日            普通株式         11,512
                                  24,999       73,179       24,999       119,463
        (注)4            1,282     D種優先株式
                           3,000
                          普通株式
      2019年4月5日            普通株式         12,012
                                  10,000       83,179       10,000       129,463
        (注)5             500    D種優先株式
                           3,000
                          普通株式
      2019年4月12日            普通株式         12,822
                                  16,200       99,379       16,200       145,663
        (注)6             810    D種優先株式
                           3,000
                  普通株式        普通株式
      2019年8月15日           1,269,378        1,282,200
                                    -     99,379         -     145,663
        (注)7        D種優先株式        D種優先株式
                  297,000        300,000
                          普通株式
      2020年1月30日            普通株式        1,345,900
                                  25,480       124,859        25,480       171,143
        (注)8           63,700     D種優先株式
                          300,000
                          普通株式
      2020年4月21日                   1,345,900
                     -            △108,579         16,280         -     171,143
        (注)9                D種優先株式
                          300,000
                                 52/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
               発行済株式総数        発行済株式総数        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残
        年月日
               増減数(株)        残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
                          普通株式
      2020年4月22日            普通株式        1,349,900
                                   1,600       17,880        1,600      172,743
        (注)10            4,000     D種優先株式
                          300,000
                          普通株式
      2020年4月24日            普通株式        1,430,200
                                  32,120       50,000       32,120       204,863
        (注)11           80,300     D種優先株式
                          300,000
                          普通株式
      2020年7月31日            普通株式        1,440,200
                                   4,000       54,000        4,000      208,863
        (注)12           10,000     D種優先株式
                          300,000
                          普通株式
      2021年1月29日            普通株式        1,520,200
                                  40,000       94,000       40,000       248,863
        (注)13           80,000     D種優先株式
                          300,000
                          普通株式
      2021年10月15日            普通株式        1,570,200
                                   4,500       98,500        4,500      253,363
        (注)14           50,000     D種優先株式
                          300,000
                  普通株式
      2021年10月27日            420,000        普通株式
                                    -     98,500         -     253,363
      (注)15、16         D種優先株式          1,990,200
                 △300,000
      2021年10月27日            普通株式        普通株式
                                    -     98,500         -     253,363
        (注)17          △24,900        1,965,300
     (注)1.有償第三者割当
           割当先   株式会社ポリ・テープ・ジャパン、山川誠、京田諭、坊野寛、尾崎充
           発行価格  18,000円
           資本組入額 9,000円
         2.有償第三者割当
           割当先   小谷野正道
           発行価格  18,000円
           資本組入額 9,000円
         3.2018年7月10日付で、B種優先株主及びC種優先株主の株式取得請求権の行使を受けたことにより、全ての
           B種優先株式及びC種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該B種優先株主及びC種優先株主
           に、B種優先株式2,014株につき普通株式3,174株を交付し、C種優先株式1,689株につき普通株式2,633株を
           交付しております。また、その後同日付でB種優先株式2,301株、C種優先株式3,398株及びD種優先株式
           700株を消却しております。
         4.有償第三者割当
           割当先   株式会社Showcase               Capital
           発行価格  39,000円
           資本組入額 19,500円
         5.有償第三者割当
           割当先   株式会社プラスワンインターナショナル
           発行価格  40,000円
           資本組入額 20,000円
         6.有償第三者割当
           割当先   凸版印刷株式会社
           発行価格  40,000円
           資本組入額 20,000円
         7.株式分割(1:100)によるものであります。
         8.有償第三者割当
           割当先   キャブ株式会社、早川洋平、河田顕
                                 53/130

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           発行価格  800円
           資本組入額 400円
         9.2020年3月27日の臨時株主総会決議により、資本政策、配当政策等の諸事情を勘案して、資本金の額を減少
           し、その他資本剰余金へ振り替えております。この結果、資本金が108,579千円(減資割合87.0%)減少し
           ております。
         10.有償第三者割当
           割当先   島﨑良二
           発行価格  800円
           資本組入額 400円
         11.有償第三者割当
           割当先   株式会社トランザクション、田中良寛
           発行価格  800円
           資本組入額 400円
         12.有償第三者割当
           割当先   栗原俊幸
           発行価格  800円
           資本組入額 400円
         13.有償第三者割当
           割当先   GMOペパボ株式会社
           発行価格  1,000円
           資本組入額 500円
         14.新株予約権の行使による増加であります。
         15.2021年10月12日開催の取締役会決議により、定款に定める取得条項に基づき2021年10月27日付でD種優先株
           式300,000株を自己株式として取得し、その対価として当該D種優先株主に普通株式420,000株を交付してお
           ります。また、同取締役会決議に基づき、当社が取得したD種優先株式の全てを、2021年10月27日付で消却
           しております。
         16.2021年10月27日開催の臨時株主総会において、種類株式を発行する旨の定款の定めを廃止しております。
         17.自己株式の消却による減少であります。
                                 54/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【所有者別状況】
                                                    2021年12月31日現在
                           株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                       単元未満株
        区分                             外国法人等                  式の状況
              政府及び地          金融商品取     その他の法
                    金融機関                         個人その他       計    (株)
              方公共団体          引業者     人
                                   個人以外      個人
     株主数(人)             -     -     -     11     -     -     10     21     -
     所有株式数(単元)             -     -     -   15,058       -     -    4,595     19,653       -
     所有株式数の割合
                 -     -     -    76.62      -     -    23.38      100      -
     (%)
      (5)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2021年12月31日現在
           区分            株式数(株)            議決権の数(個)                内容
     無議決権株式                           -             -        -

     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -

     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                           -             -        -

                                               権利内容に何ら限定のない
                                               当社における標準となる株
                            1,965,300               19,653
     完全議決権株式(その他)               普通株式
                                               式であり、単元株式数は
                                               100株であります。
     単元未満株式                           -             -        -
                            1,965,300
     発行済株式総数                                        -        -
                                           19,653
     総株主の議決権                           -                     -
     (注)1.2021年10月12日開催の取締役会決議により、定款に定める取得条項に基づき2021年10月27日付でD種優先株
           式300,000株を自己株式として取得し、その対価として当該D種優先株主に普通株式420,000株を交付してお
           ります。また、同取締役会決議に基づき、当社が取得したD種優先株式の全てを、2021年10月27日付で消却
           しております。
         2.2021年10月27日開催の臨時株主総会決議により定款の一部変更を行い、2021年10月27日付で単元株式数100
           株とする単元株制度を採用しております。
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 55/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第3号による普通株式の取得及び会社法第155条第1号によるD種優先株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】
         普通株式
                 区分                  株式数(株)             価額の総額(千円)
     株主総会(2020年11月2日)での決議状況
                                         128,200               92,304
     (取得期間2020年11月2日~2020年11月6日)
     最近事業年度前における取得自己株式                                      -              -
     最近事業年度における取得自己株式                                    128,200               92,304

     残存授権株式の総数及び価額の総額                                      -              -

     最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -              -
     最近期間における取得自己株式                                      -              -

     提出日現在の未行使割合(%)                                      -              -
                 区分                  株式数(株)             価額の総額(千円)

     株主総会(2020年11月17日)での決議状況
                                         28,700              20,664
     (取得期間2020年11月17日~2020年11月30日)
     最近事業年度前における取得自己株式                                      -              -
     最近事業年度における取得自己株式                                    28,700              20,664

     残存授権株式の総数及び価額の総額                                      -              -

     最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -              -
     最近期間における取得自己株式                                      -              -

     提出日現在の未行使割合(%)                                      -              -
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

         D種優先株式
                 区分                  株式数(株)             価額の総額(千円)
     取締役会(2021年10月12日)での決議状況
                                  D種優先株式 300,000                        -
     (取得期間2021年10月27日)
     最近事業年度前における取得自己株式                                      -              -
     最近事業年度における取得自己株式                                      -              -

     残存決議株式の総数及び価額の総額                                      -              -

     最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                      -              -
     最近期間における取得自己株式                             D種優先株式 300,000                        -

     提出日現在の未行使割合(%)                                      -              -
     (注) 2021年10月12日開催の取締役会決議により、定款に定める取得条項に基づき2021年10月27日付でD種優先株式
          300,000株を自己株式として取得し、その対価として当該D種優先株主に普通株式420,000株を交付しておりま
          す。また、同取締役会決議に基づき、当社が取得したD種優先株式の全てを、2021年10月27日付で会社法第
          178条に基づき消却しております。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

           該当事項はありません。
                                 56/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
         普通株式
                                最近事業年度                 最近期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                     (千円)                (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -        -        -

     消却の処分を行った取得自己株式                             -        -      24,900        17,928

     合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                  -        -        -        -
     転を行った取得自己株式
     その他(新株予約権の行使)                             -        -      132,000         95,040
     保有自己株式数                          156,900           -        -        -

         D種優先株式

                                最近事業年度                 最近期間
               区分
                                    処分価額の総額                処分価額の総額
                            株式数(株)                株式数(株)
                                     (千円)                (千円)
     引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -        -        -

                                             D種優先株式
     消却の処分を行った取得自己株式                             -        -                -
                                               300,000
     合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移
                                  -        -        -        -
     転を行った取得自己株式
     その他(-)                             -        -        -        -
     保有自己株式数                             -        -        -        -

     (注) 2021年10月12日開催の取締役会決議により、当社が取得したD種優先株式の全てを、2021年10月27日付で会社
          法第178条に基づき消却しております。
                                 57/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3【配当政策】
       当社は、株主への利益還元を経営上の重要な課題と認識しておりますが、財務体質の強化と事業拡大のための投資
      を優先することが、株主に対する最大の利益還元になるとの考えのもと、設立以来配当を実施しておりません。
       今後の配当政策の基本方針といたしましては、事業展開の状況、業績や財政状態等を勘案した上で、株主に対して
      安定的かつ継続的な利益還元を実施していく方針です。
       内部留保資金につきましては、事業拡大のための人材の採用や設備投資に充当していく予定であります。
       配当を実施する場合の回数につきましては、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針と
      しており、中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。なお、当社は会社法第459条第1項の規定に基
      づき、法令に別段の定めがある場合を除き、剰余金の配当にかかる決定機関を取締役会とする旨を定款に定めており
      ます。
                                 58/130

















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、インターネットを通じて不特定多数のお客様との取引を行っており、社会からの信頼を得て、経営の
         透明性を確保し、株主、お客様、社員、地域社会等あらゆるステークホルダーとの信頼関係を強化することが経
         営の最重要課題の一つと考えております。
          全てのステークホルダーを尊重し、企業の健全性、透明性を高めるとともに、長期的かつ安定的な企業価値の
         向上に努めるため、迅速で合理的な意思決定体制及び業務執行の効率化を可能とする社内体制を構築し、コーポ
         レート・ガバナンスの強化に取り組んでまいります。
        ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は、会社法に基づく機関として、株主総会、取締役会、監査役会及び会計監査人を設置するとともに、日
         常的に業務を監査する役割として代表取締役社長直轄の内部監査室を設けて対応しております。これらの機関が
         相互に連携することによって、経営の健全性及び透明性を維持し、内部統制及びコンプライアンス遵守の徹底を
         確保できるものと認識しているため、現在の企業統治体制を採用しております。
          当社の機関の概要は以下のとおりであります。
         a 取締役会
           当社の取締役会は、取締役5名(うち社外取締役1名)で構成され、原則として毎月1回開催される定時取
          締役会に加え、必要に応じて臨時取締役会を開催しております。取締役会においては、法令又は定款で定めら
          れた事項及び経営上の重要な意思決定を行うとともに、各取締役の業務執行状況の監督を行っております。取
          締役会の議長は代表取締役社長であり、構成員の氏名については、後記「(2)役員の状況」に記載しておりま
          す。
         b 監査役会

           監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役2名(うち社外監査役2名)で構成され、原則として毎月1回
          開催される定時監査役会に加え、必要に応じて臨時監査役会を開催しております。議長は常勤監査役であり、
          構成員の氏名については、後記「(2)役員の状況」に記載しております。監査役は、取締役会及びその他重要
          な会議に出席し、必要に応じて意見を述べるほか、監査計画に基づき重要書類の閲覧、取締役及び使用人への
          質問等の監査手続を通して、経営に対する適正な監視を行っております。また、内部監査室及び会計監査人と
          緊密な連携をとり、監査の実効性と効率性の向上に努めております。
         c リスクマネジメント委員会

           当社は、各種リスクに係る事項に対し、組織的・計画的に対応することを目的としてリスクマネジメント委
          員会を設置しております。リスクマネジメント委員会は、代表取締役社長を委員長とし、取締役を中心に構成
          されており、原則として四半期に1回開催しております。リスクマネジメント委員会は、当社に経済的、物理
          的又は信用上の不利益や損失を生じさせる可能性のある事象をリスクとして広範な検討を行い、重要性の高い
          リスクを洗い出したうえで、具体的な対応策を協議し、リスクマネジメントを推進しております。
         d コンプライアンス委員会

           当社は、各種コンプライアンスに係る事項に対し、組織的・計画的に対応することを目的としてコンプライ
          アンス委員会を設置しております。コンプライアンス委員会は、代表取締役社長を委員長とし、取締役を中心
          に構成されており、原則として四半期に1回開催しております。コンプライアンス委員会は、コンプライアン
          スに係る取り組みの推進、社内研修等のほか、コンプライアンス違反行為等の有無を確認し、該当がある場合
          には対応について協議し、コンプライアンスの徹底を図っております。
         e 経営会議

           当社では、代表取締役、取締役、常勤監査役が部門長から報告を受け、協議を行う経営会議を設置し、原則
          として毎週開催しております。経営会議は部門単位で開催し、各部門の執行案件に関する議論、重要事項につ
          いての審議を行うことにより、経営活動の効率化を図っております。
                                 59/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         f 会計監査人
           当社は、EY新日本有限責任監査法人との間で監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。な
          お、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には、特別の利害関係はありませ
          ん。
         g 顧問弁護士

           当社では、重要な法務的課題及びコンプライアンスに係る事項については、顧問弁護士に相談し、必要な検
          討を行ったうえで、適切な助言指導を受けております。
         h 内部監査室

           当社では、代表取締役社長直轄の内部監査室を設置し、代表取締役社長により直接任命された内部監査担当
          者(1名)を選任しております。内部監査担当者は、事業年度ごとに内部監査計画を策定し、代表取締役の承
          認を得たうえで内部監査を実施し、監査結果を代表取締役に対し報告しております。被監査部門に対しては、
          改善事項を指摘するとともに、改善の進捗状況を報告させることにより実効性の高い監査を実施しておりま
          す。
           当社の機関・内部管理体制を図示すると次のとおりであります。
                                 60/130















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ 企業統治に関するその他の事項
         a.内部統制システムの整備の状況
           当社では、業務の適正性を確保するために、会社法及び会社法施行規則に基づき、内部統制システムに関す
          る基本方針を以下のように定めております。
          イ.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
           ・取締役は、社会倫理、法令、定款及び各種社内規程等を遵守するとともに、「経営理念」に基づいた適正
            かつ健全な企業活動を行うとともに、これらの社内浸透と遵守徹底を図る。
           ・監査役による取締役会の監査を通じ、取締役の職務執行が法令、定款、社内規則及び社会規範に適合する
            ことを確保する。
           ・リスクマネジメント委員会及びコンプライアンス委員会等を開催し、問題点の発見、把握、解決や内部通
            報対応に取り組む。
           ・コンプライアンス意識の徹底・向上を図るための方策として、取締役及び従業員を対象とした、コンプラ
            イアンスの基本や業務上必須な情報管理等に関する研修会を実施し、継続的な教育・普及活動を行う。
           ・内部監査担当は、内部監査の結果及び内部統制報告制度の評価結果を定期的に代表取締役及び監査役に報
            告する。
          ロ.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           ・取締役の職務の執行に係る情報は、「文書管理規程」により適切に管理し、関係者が必要に応じて閲覧で
            きる体制とする。また、必要に応じて運用状況の検証、規程等の見直しを行う。
          ハ.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           ・リスク管理の基本事項を定めた「リスク管理規程」に従い、リスクマネジメント委員会を設置し、各リス
            クについて網羅的、体系的な管理を実施する。
           ・不測の事態が発生した場合には、代表取締役社長の指揮下に対策本部を設置して迅速な対応を行い、損失
            の拡大を最小限にとどめる体制を整える。
          ニ.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

           ・「取締役会規程」を遵守し、社外取締役を含む取締役から構成される取締役会を月1回定時に開催するほ
            か、必要に応じて臨時取締役会を開催する。
           ・中期経営計画及び年次計画を策定し、職務の効率的な執行が可能な体制作りを行う。
           ・上記計画に基づく各部門の目標と責任を明確にするとともに、予算と実績の差異分析を通じて計画の達成
            を図る。
           ・意思決定の迅速化のため、「組織規程」「業務分掌規程」及び「職務権限規程」等の社内規程を整備し、
            役割、権限、責任を明確にする。
          ホ.財務報告の信頼性を確保するための体制

           ・金融商品取引法その他の関係法令に基づき、有効かつ適切な内部統制の整備及び運用する体制を構築す
            る。
           ・財務報告に係る内部統制が適切に機能することを継続的に評価し、必要に応じて是正措置を行う。
          ヘ.監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する事項及び当該

           使用人の取締役からの独立性に関する事項並びに当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
           ・監査役の業務を補助すべき使用人を置くこと及び置く場合の員数については、監査役と取締役会の協議の
            上で決定する。
           ・当該使用人の人事評価、人事異動等については、監査役会の同意を要するものとし、当該使用人の取締役
            からの独立性及び監査役の指示の実効性を確保する。
          ト.取締役及び使用人が監査役に報告するための体制その他の監査役への報告に関する体制

           ・監査役は、取締役会の他、必要に応じて、一切の社内会議に出席する権限を有する。
           ・監査役の要請に応じて、取締役及び使用人は、事業及び内部統制の状況等の報告を行い、内部監査室は内
            部監査の結果を報告する。
           ・取締役及び使用人は、重大な法令・定款違反及び不正行為の事実、又は会社に著しい損害を及ぼす恐れの
            ある事実を知ったときには、速やかに監査役に報告する。
           ・監査役に報告を行った者が、当該報告をしたことを理由として不利な取扱を受けないことを保障する。
                                 61/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          チ.その他監査役による監査の実効性を確保するための体制
           ・監査役は、定期的に代表取締役との会合を開き、意見交換や情報交換を行う。
           ・監査役は、内部監査担当との情報交換を行うとともに、職務の実効性を上げるため、必要に応じて協働体
            制をとる。
           ・監査役が職務の執行のために合理的な費用の支払いを求めたときは、これに応じる。
         b.リスク管理体制の整備の状況

           当社では、「リスク管理規程」を定め、リスクマネジメント委員会を開催し、リスクの発生防止に関わる諸
          活動の管理・検証、リスクの発生防止体制や対策の企画立案・推進及びリスク発生防止のための社内周知・啓
          蒙活動等を実施しております。また、「倫理規程」を定め、高い倫理観とコンプライアンス精神浸透のための
          研修を行うとともに、コンプライアンス委員会を四半期ごとに開催し、コンプライアンス上の問題事象の有無
          の確認、問題発生の予防策について管理を行っております。
         c.取締役会で決議できる株主総会決議事項

          イ.剰余金の配当等の決定機関
            当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを可能とするため、会社法第459条第1項各号に定める事
           項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会決議によらず取締役会の決議により定めること
           ができる旨を定款に定めております。
          ロ.取締役及び監査役の責任免除

            当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含
           む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を法令の定める限度において、取締役会の
           決議によって免除することができる旨を定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行す
           るにあたり、その能力を十分に発揮すると共に期待される役割を果たし得る環境を整備することを目的とす
           るものであります。
         d.取締役の定数

           当社の取締役は3名以上10名以内とする旨を定款に定めております。
         e.取締役の選任の決議要件

           当社は、取締役の選任決議は、株主総会において議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以
          上を有する株主が出席し、出席した当該株主の議決権の過半数をもって行う旨及び選任決議は累積投票によら
          ないものとする旨を定款に定めております。
         f.株主総会の特別決議要件

           当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる
          株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定め
          ております。これは、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
         g.責任限定契約の内容の概要

           当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び社外監査役は、会社法第427条第1項の規定に
          基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償
          責任の限度額は、当該取締役又は監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意でかつ重大な過失がな
          いときは、会社法第425条第1項が定める最低責任限度額としております。
                                 62/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
          男性    8 名 女性      -名 (役員のうち女性の比率                -%)
                                                       所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                              1984年6月 パロマ工業株式会社入社
                                                        296,000
       代表取締役社長          山川 誠      1966年2月27日      生  1986年2月 株式会社レンタルのニッケン入社                    (注)3
                                                        (注)5
                              1995年5月 当社設立 代表取締役社長(現任)
                              1995年4月 株式会社フォーバル入社
                              2003年10月 株式会社サイバード入社
                              2008年6月 当社入社 CFO兼経営企画室長
        取締役                      2009年7月 当社取締役CFO兼事業開発本部長
                                                        136,000
     情報コミュニケーション            京田 諭      1971年12月25日      生  2019年5月 当社取締役CFO兼営業本部長                    (注)3
                                                        (注)6
        本部長                      2020年1月 当社取締役CFO兼情報コミュニケー
                                   ション本部長
                              2020年7月 当社取締役情報コミュニケーション本
                                   部長(現任)
                              1997年8月 テクマトリックス株式会社入社
                              2005年7月 株式会社サイバード入社
                              2009年3月 当社入社
        取締役
                 坊野 寛      1974年1月10日      生  2009年5月 当社開発本部長                    (注)3      66,000
     開発本部長兼製造本部長
                              2009年7月 当社取締役開発本部長
                              2020年1月 当社取締役開発本部長兼製造本部長
                                   (現任)
                              2006年12月 みすず監査法人入所
                              2007年7月 新日本監査法人(現EY新日本有限責任
                                   監査法人)入所
                              2010年7月 公認会計士登録
                              2014年1月 グラントソントン・マスターズトラス
        取締役
                栗原 俊幸      1975年4月25日      生       ト株式会社(現マスターズトラスト株               (注)3      10,000
        管理本部長
                                   式会社)入社
                              2015年4月 株式会社ソリューションデザイン入社
                              2017年10月 株式会社アプライズ入社
                              2020年6月 当社入社 管理本部長
                              2020年7月 当社取締役管理本部長(現任)
                              1996年4月 三菱商事株式会社入社
                              2003年6月 Globespan         Capital   Partners,    Inc.入
                                   社
                              2008年9月 当社社外取締役
                              2011年12月 当社社外取締役退任
                              2012年1月 ソフトバンクグループ株式会社入社
        取締役       栢森 加里矢      1973年10月4日      生
                                                  (注)3        -
                              2014年11月 株式会社QUOINE            JAPAN(現QUOINE株式
                                   会社)設立 代表取締役CEO(現
                                   任)
                              2019年3月 リキッドグループ株式会社設立 代表
                                   取締役CEO(現任)
                              2021年7月 当社取締役(現任)
                              1984年4月 株式会社四国銀行入行
                              1993年1月 株式会社スクウェア(現株式会社スク
                                   ウェア・エニックス)入社
                              2006年3月 株式会社ゲームオン代表取締役社長
                              2008年4月 ガンホー・オンライン・エンターテイ
                                   メント株式会社執行役員
        監査役
                大野 俊朗      1959年8月19日      生                      (注)4      1,000
                              2009年3月 GRAVITY         Co.,Ltd.代表理事社長
        (常勤)
                              2014年8月 株式会社アプリカ代表取締役社長
                              2018年4月 当社入社 顧問
                              2018年7月 当社監査役(現任)
                              2020年9月 株式会社ノックバックワークス社外取
                                   締役(現任)
                                 63/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                       所有株式数
        役職名         氏名      生年月日               略歴            任期
                                                        (株)
                              1989年10月 KPMGピートマーウィック港監査法人
                                   (現 有限責任あずさ監査法人)入所
                              1993年9月 公認会計士登録
                              1993年10月 中島公認会計士税理士事務所 入所
                              1997年11月 株式会社アクティベートジャパンコン
                                   サルティング代表取締役(現任)
                              1998年4月 尾﨑公認会計士事務所(現 アクティ
                                   ベートジャパン公認会計士共同事務
                                   所)所長
                              1998年4月 協立監査法人入所
        監査役        尾﨑 充      1964年9月29日      生
                                                  (注)4      16,000
                              2008年6月 アクティベートジャパン税理士法人 
                                   代表社員(現任)
                              2008年9月 当社監査役(現任)
                              2009年7月 株式会社リブセンス監査役(現任)
                              2016年6月 株式会社GA          technologies監査役
                              2016年12月 株式会社Bestエフォート(現株式会社
                                   ラストワンマイル)監査役(現任)
                              2020年7月 アクティベートジャパン公認会計士共
                                   同事務所統括者(現任)
                              2000年4月 最高裁判所司法研修所入所
                              2001年10月 東京弁護士会登録
                                   TMI総合法律事務所入所
                              2011年1月 同所パートナー(現任)
                              2013年11月 株式会社ジェイアイエヌ(現株式会社
                                   ジンズホールディングス)監査役(現
                                   任)
                              2014年7月 株式会社マーケットエンタープライズ
        監査役        大井 哲也      1972年1月5日      生                      (注)4        -
                                   監査役(現任)
                              2016年9月 テックファームホールディングス株式
                                   会社取締役(監査等委員)(現任)
                              2019年12月 TMIプライバシー&セキュリティコ
                                   ンサルティング株式会社
                                   代表取締役社長(現任)
                              2021年7月 当社監査役(現任)
                             計                           525,000
     (注)1.取締役 栢森加里矢は、社外取締役であります。
         2.監査役 尾﨑充及び大井哲也は、社外監査役であります。
         3.2021年10月27日開催の臨時株主総会終結の時から、2022年4月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         4.2021年10月27日開催の臨時株主総会終結の時から、2025年4月期に係る定時株主総会の終結の時までであり
           ます。
         5.代表取締役社長 山川誠の所有株式数には、「株式会社エイエム」名義にて所有する株式数を含んでおりま
           す。
         6.取締役情報コミュニケーション本部長 京田諭の所有株式数には、「株式会社アジュール」名義にて所有す
           る株式数を含んでおります。
        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は1名で、社外監査役は2名であります。
          当社、社外取締役又は社外監査役を選任するための独立性に関する基準及び方針は定めていませんが、東京証
         券取引所が定めている独立役員に関する判断基準を参考のうえ、企業経営における幅広い知見、経験や専門的な
         知見に基づく客観的かつ適切な監督といった機能及び役割を担える人材で、かつ当社との関係から判断し、独立
         性が確保できる者を選任することとしております。
          社外取締役の栢森加里矢は、ファイナンス及び企業経営に関する豊富な経験と知見を有しており、その経験及
         び知識に基づき、取締役会、リスクマネジメント委員会及びコンプライアンス委員会の場で、有効な助言又は提
         言を行っております。同氏と当社との間には、人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありませ
         ん。
          社外監査役の尾﨑充は、公認会計士及び税理士として財務及び会計に関する専門的な知識を有し、他社での監
         査役経験など監査全般についての豊富な知見から、当社の経営全般の監査・監督に資すると判断し、社外監査役
         に選任しております。取締役会、リスクマネジメント委員会及びコンプライアンス委員会の場で、その専門的見
                                 64/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         地からの有効な助言又は提言を行っております。同氏は当社株式16,000株を所有しておりますが、それ以外に同
         氏と当社との間には、人的、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
          社外監査役の大井哲也は、弁護士として企業法務に精通し、その専門家としての豊富な経験、法律に関する高
         い見識等を有し、他社での監査役経験など監査全般についての豊富な知見から、社外監査役として適任であると
         判断しております。取締役会、リスクマネジメント委員会及びコンプライアンス委員会の場で、その専門的見地
         からの有効な助言又は提言を行っております。当社と、同氏が所属するTMI総合法律事務所との間には特許調
         査業務について断続的に取引があり報酬を支払っておりますが、当該取引に同氏は関与しておらず、最近事業年
         度における報酬総額は、販売費及び一般管理費合計額の1.0%未満と少額であり重要性はないと判断しておりま
         す。それ以外に同氏と当社との間には、人的、資本的関係又は取引関係その他の利害関係はありません。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

         統制部門の関係
          監査役は、監査役会で策定された監査計画に基づいて、当社の業務全般について、常勤監査役を中心として計
         画的かつ網羅的な監査を実施しております。また、社外取締役とは定例取締役会における定期的な情報交換・意
         見交換を通じて、取締役の職務執行における適法性並びに経営判断に関わる意思決定プロセスの妥当性監査を実
         施しております。
          また、監査役会、監査法人による監査及び内部監査が有機的に機能するよう、内部監査結果については、監査
         の都度で内部監査担当と監査役の間で意見・情報交換を行うこととしております。内部監査担当と監査法人の連
         携につきましては、監査法人の期中の報告会に出席し、意見交換を行うこととしております。監査役と監査法人
         とは、期中に報告を受けるほか、適宜、意見交換を行うこととしております。
      (3)【監査の状況】

        ① 監査役監査の状況
          当社における監査役監査は、監査役会制度を採用しております。常勤監査役1名及び非常勤監査役2名で構成
         されており、うち2名が社外監査役であります。毎月の定例監査役会のほか、必要に応じて臨時監査役会を開催
         しております。また、監査役は、監査役会で策定した監査計画に基づいて、当社の業務全般について、常勤監査
         役を中心として計画的かつ網羅的な監査を実施しております。さらに、定期的に会計監査人と内部監査担当者と
         の情報及び意見交換を行い、相互の連携を図りながら監査の実効性の強化を図っております。
          監査役会での主な検討事項は、監査役会規則の制定及び監査役監査基準の改定、監査計画の策定、取締役の職
         務執行の監査、株主総会及び取締役会の議案の確認、内部統制システムの妥当性等の検討であります。また、代
         表取締役との定期的な会合を行い、会社が対処すべき課題、監査上の重要課題等について意見交換をし、相互認
         識を深めるように努めております。
          常勤監査役は、役職員との個別面談、経営会議等の重要な会議への出席、稟議書等の社内書類の閲覧等により
         会社の状況を把握し、経営の健全性を監査するとともに、非常勤監査役への情報共有を行うことで監査機能の充
         実を図っております。
          監査役会は2021年7月29日に設置されました。監査役会設置から本書提出日までの各監査役の監査役会への出
         席率は100%であります。最近事業年度(2021年4月期)においては、監査役会はなく、監査役協議会を開催し
         ておりました。開催回数は、18回(うち臨時6回)であり、その出席状況は以下のとおりであります。
           役職              氏名             開催回数             出席回数
        監査役(常勤)               大野 俊朗               18回             18回

        監査役(社外)                尾﨑 充               18回             18回

        ② 内部監査の状況

          当社では、代表取締役直轄の独立組織である内部監査室を設置し、内部監査担当者(1名)を選任しておりま
         す。事業年度ごとに内部監査計画を策定し、内部統制の有効性及び業務の執行状況について、定期的に内部監査
         を実施しております。また、社内規程等の遵守状況、コンプライアンス体制の整備状況について、独立・客観的
         な評価を実施するとともに、改善事項を指摘し、改善の進捗状況を報告させることにより実効性の高い監査を実
         施しております。さらに、定期的に会計監査人と監査役との情報及び意見交換を行い、相互の連携を図りながら
         監査の実効性の強化を図っております。
                                 65/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③ 会計監査の状況
         a 監査法人の名称
           EY新日本有限責任監査法人
         b 継続監査期間

           2年間
         c 業務を執行した公認会計士

           指定有限責任社員・業務執行社員  山本 秀仁
           指定有限責任社員・業務執行社員  中井 清二
         d 監査業務に係る補助者の構成

           公認会計士 5名
           その他   13名
         e 監査法人の選定方針と理由

           当社では、会計監査が適切に実施されることを担保するため、十分な品質管理体制が整備されていること、
          当社事業に対する十分な理解を有すること、監査日数並びに監査報酬の適切性、監査責任者と当社経営者及び
          監査役等との間での適切なコミュニケーション、不正リスクに対する十分な配慮等の観点を、監査法人の候補
          の選定、解任又は不再任を決定する際の方針としております。
           現監査法人を選定した理由は、当社の事業特性を踏まえて、同監査法人の監査実績、当社に対する監査体制
          等が当社の事業規模に適しており、当社の選定方針と合わせて総合的に勘案した結果、適任であると判断した
          ためです。
         f 監査役及び監査役会による監査法人の評価

           当社の監査役及び監査役会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策
          定に関する監査役等の実務指針」を参考に、監査法人の独立性、品質管理の状況、職務遂行状況等を確認し、
          監査法人の評価を実施しております。その結果、監査法人の独立性・専門性ともに問題はないものと評価して
          おります。
        ④ 監査報酬の内容等

         a 監査公認会計士等に対する報酬の内容
            最近事業年度の前事業年度                               最近事業年度
     監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬             監査証明業務に基づく報酬              非監査業務に基づく報酬

         (千円)              (千円)              (千円)              (千円)
               12,000                            15,000
                              -                            -
         b 監査公認会計士等と同一のネットワークに属する組織に対する報酬(aを除く)

           該当事項はありません。
         c その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
         d 監査報酬の決定方針

           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針は、定めておりませんが、監査法人より提示される監
          査計画の内容をもとに、監査工数等の妥当性を勘案、協議し、監査役会の同意を得たうえで決定することとし
          ております。
         e 監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

           当社の監査役会において、会計監査人の監査計画、職務執行状況及び報酬見積りの算定根拠等の適切性につ
          いて必要な検証を行い、適切であると判断したためです。
                                 66/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          当社は、2021年7月15日開催の取締役会において、取締役の報酬等の額の決定方針を定めており、その内容は
         次のとおりです。
         a.基本方針
           取締役の報酬の決定に際しては、各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針とする。各取締役の報
          酬は、株主総会で承認された取締役年間報酬総額の範囲内において、固定報酬としての基本報酬のみを支払う
          こととする。
         b.基本報酬(金銭報酬)の個人別の報酬等の額の決定に関する方針

           当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、役位、職責、在任年数に応じて他社水準、当社の業績、
          従業員給与の水準を考慮しながら、総合的に勘案して決定するものとする。
         c.取締役の個人別の報酬等の内容についての決定に関する事項

           個人別の報酬額については、代表取締役社長が個人別の報酬額案を取締役会に付議し、取締役会決議により
          決定するものとする。
          監査役の報酬については、株主総会の決議により定められた報酬総額の上限額の範囲内において、業務分担の
         状況等を勘案し、監査役会の協議により決定しております。
          当社の取締役報酬の限度額は、2017年7月27日開催の株主総会の決議により年額120百万円以内(決議時点の
         取締役の員数は4名。ただし、使用人兼務役員の使用人分の報酬は含まない。)、監査役報酬の限度額は、年額
         20百万円以内(決議時点の監査役の員数は1名。)と決定しております。
          なお、当社の役員が最近事業年度に受けている報酬等は、固定報酬のみであります。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                報酬等の種類別の総額(千円)
                   報酬等の総額                                 対象となる役員
          区分
                    (千円)                                の員数(人)
                             基本報酬       業績連動報酬         退職慰労金
     取締役(社外取締役を除
                       28,999        28,999                           2
                                          -        -
     く。)
     監査役(社外監査役を除
                        9,000        9,000                           1
                                          -        -
     く。)
                        2,400        2,400                           1
     社外役員                                     -        -
        ③ 提出会社の役員ごとの報酬等の総額等

          報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④ 使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

           総額(千円)               対象となる役員の員数(人)                        内容
                  39,000                     3   使用人分としての給与であります。

                                 67/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (5)【株式の保有状況】
        ① 投資株式の区分の基準及び考え方
          当社は保有する株式について、主として株式の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目
         的とするものを純投資目的である投資株式に区分し、それ以外を純投資目的以外の目的である投資株式に区分し
         ています。
        ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

         a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
          内容
           当社は、個別の政策保有について、保有目的のほか、配当利回り等の定量的観点から取締役会において定期
          的に検証し、保有意義が希薄化し継続して保有する必要がないと判断した株式は順次縮減していく方針であり
          ます。
         b.銘柄及び貸借対照表計上額

                  銘柄数       貸借対照表計上額の
                  (銘柄)        合計額(千円)
                      1             0
     非上場株式
          (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

           該当事項はありません。
          (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

           該当事項はありません。
        ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

          該当事項はありません。
                                 68/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5【経理の状況】
     1.財務諸表及び四半期財務諸表の作成方法について
      (1)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      (2)当社の四半期財務諸表は、「四半期財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第
        63号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

      (1)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前事業年度(2019年5月1日から2020年4月30日
        まで)及び当事業年度(2020年5月1日から2021年4月30日まで)の財務諸表について、EY新日本有限責任監査法
        人により監査を受けております。
      (2)当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期会計期間(2021年8月1日から2021年
        10月31日まで)及び第2四半期累計期間(2021年5月1日から2021年10月31日まで)の四半期財務諸表について、
        EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
     3.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表について

       当社は子会社がありませんので、連結財務諸表及び四半期連結財務諸表を作成しておりません。
     4.財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内容を
      適切に把握し、会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、外部研修への参加等
      を通じて、社内における専門知識の蓄積に努めております。
                                 69/130













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     1【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年4月30日)              (2021年4月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        515,199              574,334
        現金及び預金
                                        200,570              351,304
        売掛金
                                                        926
        商品                                  -
                                        42,847              54,411
        仕掛品
                                        76,131              146,736
        原材料及び貯蔵品
                                        16,680              47,147
        前渡金
                                        17,026              25,201
        前払費用
                                        26,167              22,836
        その他
                                        894,624             1,222,899
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        57,424              146,244
          建物
                                        △ 6,351             △ 12,519
           減価償却累計額
                                        51,072              133,725
           建物(純額)
          機械及び装置                              471,125              587,438
                                       △ 164,108             △ 247,855
           減価償却累計額
                                        307,016              339,582
           機械及び装置(純額)
                                         1,564              4,510
          車両運搬具
                                        △ 1,043             △ 2,546
           減価償却累計額
                                          521             1,963
           車両運搬具(純額)
                                         9,201              10,421
          工具、器具及び備品
                                        △ 6,997             △ 8,225
           減価償却累計額
                                         2,203              2,195
           工具、器具及び備品(純額)
                                        37,416              173,065
          リース資産
                                       △ 21,049             △ 29,376
           減価償却累計額
                                        16,367              143,688
           リース資産(純額)
                                        29,703              19,277
          建設仮勘定
                                        406,885              640,434
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        22,256              16,032
          ソフトウエア
                                        22,256              16,032
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                          10              10
          出資金
                                         2,694              1,409
          長期前払費用
                                        12,652              18,598
          繰延税金資産
                                        33,941              41,739
          敷金及び保証金
                                          174              174
          その他
                                        49,472              61,932
          投資その他の資産合計
                                        478,614              718,398
        固定資産合計
                                       1,373,238              1,941,298
       資産合計
                                 70/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年4月30日)              (2021年4月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        89,655              180,016
        買掛金
                                                     ※ 100,000
        短期借入金                                  -
                                        107,460              122,168
        1年内返済予定の長期借入金
                                         7,369              32,141
        リース債務
                                        116,136              149,931
        未払金
                                        64,230              91,998
        未払費用
                                         1,220              35,490
        未払法人税等
                                        36,419              33,009
        未払消費税等
                                        73,375              83,802
        前受金
                                         2,261              2,822
        預り金
                                         7,587              21,809
        賞与引当金
                                          57              431
        その他
                                        505,771              853,622
        流動負債合計
       固定負債
                                        370,470              341,732
        長期借入金
                                        11,407              127,536
        リース債務
                                        22,712              27,705
        資産除去債務
                                        404,590              496,974
        固定負債合計
                                        910,362             1,350,597
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        50,000              94,000
        資本金
        資本剰余金
                                        204,863              248,863
          資本準備金
                                        108,579              108,579
          その他資本剰余金
                                        313,442              357,442
          資本剰余金合計
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        99,434              252,227
           繰越利益剰余金
                                        99,434              252,227
          利益剰余金合計
        自己株式                                  -           △ 112,968
                                        462,876              590,701
        株主資本合計
                                        462,876              590,701
       純資産合計
                                       1,373,238              1,941,298
     負債純資産合計
                                 71/130








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期会計期間
                                (2021年10月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        574,157
        現金及び預金
                                        500,457
        売掛金及び契約資産
                                        35,246
        商品
                                        29,051
        仕掛品
                                        196,670
        原材料及び貯蔵品
                                        83,875
        その他
                                       1,419,459
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        324,148
          機械及び装置(純額)
                                        273,063
          その他(純額)
                                        597,211
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                24,283
                                        65,358
        投資その他の資産
                                        686,854
        固定資産合計
                                       2,106,313
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        206,577
        買掛金
                                        127,488
        1年内返済予定の長期借入金
                                        118,787
        未払法人税等
                                        16,065
        賞与引当金
                                        325,984
        その他
                                        794,902
        流動負債合計
       固定負債
                                        276,578
        長期借入金
                                        116,306
        リース債務
                                        27,726
        資産除去債務
                                        420,610
        固定負債合計
                                       1,215,513
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        98,500
        資本金
                                        272,734
        資本剰余金
                                        519,565
        利益剰余金
                                        890,799
        株主資本合計
                                        890,799
       純資産合計
                                       2,106,313
     負債純資産合計
                                 72/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年5月1日              (自 2020年5月1日
                                至 2020年4月30日)              至 2021年4月30日)
                                       2,842,818              4,330,335
     売上高
     売上原価
       商品期首たな卸高                                    -              -
                                        49,820              132,453
       当期商品仕入高
                                       1,782,705              2,811,721
       当期製品製造原価
                                       1,832,525              2,944,174
       合計
                                                        926
       商品期末たな卸高                                    -
                                     ※2  1,832,525            ※2  2,943,248
       商品及び製品売上原価
                                       1,010,292              1,387,086
     売上総利益
                                      ※1  900,965          ※1 ,※3  1,166,206
     販売費及び一般管理費
                                        109,327              220,880
     営業利益
     営業外収益
                                          10               5
       受取利息
                                                       2,844
       補助金収入                                    -
                                          426              766
       雑収入
                                          437             3,616
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         3,315              3,311
       支払利息
                                          123               94
       その他
                                         3,438              3,406
       営業外費用合計
                                        106,326              221,090
     経常利益
     特別損失
                                       ※4  1,401
       固定資産売却損                                                  -
                                       ※5  4,042            ※5  38,753
       固定資産除却損
                                         5,443              38,753
       特別損失合計
                                        100,883              182,337
     税引前当期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,266              35,490
                                        13,738
                                                      △ 5,946
     法人税等調整額
                                        15,004              29,544
     法人税等合計
                                        85,878              152,792
     当期純利益
                                 73/130









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【製造原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年5月1日                  (自 2020年5月1日
                           至 2020年4月30日)                  至 2021年4月30日)
                    注記                 構成比                  構成比

           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ 材料費                         919,193        50.7         1,318,169         46.7

     Ⅱ 労務費                         377,588        20.8          548,993        19.4
                              514,437                  956,122
     Ⅲ 経費                ※                  28.4                  33.9
       当期総製造費用                               100.0                  100.0

                             1,811,219                  2,823,285
                               14,334                  42,847
       仕掛品期首たな卸高
        合計

                             1,825,553                  2,866,132
                               42,847                  54,411
       仕掛品期末たな卸高
       当期製品製造原価
                             1,782,705                  2,811,721
         (原価計算の方法)

          原価計算の方法は、ソフトウエア受託開発については実際原価による個別原価計算、それ以外は実際原価によ
         る総合原価計算であります。
    ※ 主な内訳は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
               項目             (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
       外注加工費                             144,555千円                 349,281千円

       減価償却費                             110,437                 168,960
       地代家賃                             95,029                 123,798
                                 74/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期損益計算書】
          【第2四半期累計期間】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                               (自 2021年5月1日
                                至 2021年10月31日)
                                       2,709,478
     売上高
                                       1,714,195
     売上原価
                                        995,282
     売上総利益
                                       ※ 654,043
     販売費及び一般管理費
                                        341,238
     営業利益
     営業外収益
                                           2
       受取利息
                                          297
       補助金収入
                                          491
       雑収入
                                          791
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,922
       支払利息
                                           0
       その他
                                         2,923
       営業外費用合計
                                        339,106
     経常利益
     特別利益
                                        47,021
       受取補填金
                                        47,021
       特別利益合計
                                        386,127
     税引前四半期純利益
                                        118,789
     法人税等
                                        267,338
     四半期純利益
                                 75/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                        資本剰余金             利益剰余金
                                    その他                    純資産合計
                                                  株主資本
               資本金                    利益剰余金           自己株式
                         その他    資本剰余金          利益剰余金            合計
                   資本準備金
                        資本剰余金      合計          合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
     当期首残高           99,379     145,663       -   145,663      13,555     13,555       -   258,597     258,597
     当期変動額
      新株の発行
                59,200     59,200          59,200                    118,400     118,400
      減資         △ 108,579          108,579     108,579                       -     -
      当期純利益                               85,878     85,878          85,878     85,878
     当期変動額合計          △ 49,379     59,200     108,579     167,779      85,878     85,878       -   204,278     204,278
     当期末残高
                50,000     204,863     108,579     313,442      99,434     99,434       -   462,876     462,876
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

                                                      (単位:千円)
                                 株主資本
                        資本剰余金             利益剰余金
                                    その他                    純資産合計
                                                  株主資本
               資本金                    利益剰余金           自己株式
                         その他    資本剰余金          利益剰余金            合計
                   資本準備金
                        資本剰余金      合計          合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
     当期首残高           50,000     204,863     108,579     313,442      99,434     99,434       -   462,876     462,876
     当期変動額
      新株の発行
                44,000     44,000          44,000                    88,000     88,000
      自己株式の取得                                        △ 112,968    △ 112,968    △ 112,968
      当期純利益                              152,792     152,792          152,792     152,792
     当期変動額合計           44,000     44,000       -   44,000     152,792     152,792    △ 112,968     127,824     127,824
     当期末残高
                94,000     248,863     108,579     357,442     252,227     252,227    △ 112,968     590,701     590,701
                                 76/130









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ④【キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年5月1日              (自 2020年5月1日
                                至 2020年4月30日)              至 2021年4月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        100,883              182,337
       税引前当期純利益
                                        118,573              178,297
       減価償却費
                                                       1,284
       長期前払費用の増減額(△は増加)                                 △ 2,031
                                                       14,222
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 760
       受取利息                                   △ 10              △ 5
                                         3,315              3,311
       支払利息
       補助金収入                                    -            △ 2,844
                                         1,401
       有形固定資産売却損益(△は益)                                                  -
                                         4,042              38,753
       有形固定資産除却損
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 47,204             △ 150,734
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 40,631             △ 80,914
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 △ 5,107             △ 37,439
                                        10,744              90,361
       仕入債務の増減額(△は減少)
                                        66,515              10,427
       前受金の増減額(△は減少)
                                        26,685              113,436
       その他の負債の増減額(△は減少)
                                          197
                                                        △ 6
       その他
                                        236,612              360,489
       小計
       利息の受取額                                    10               5
       利息の支払額                                 △ 3,419             △ 3,338
                                                       2,844
       補助金の受取額                                    -
                                        △ 1,084             △ 1,220
       法人税等の支払額
                                        232,118              358,780
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                △ 246,247             △ 481,103
                                                       2,148
       有形固定資産の売却による収入                                    -
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 4,626              △ 225
       敷金及び保証金の差入による支出                                 △ 5,359             △ 7,907
                                                        108
                                          -
       敷金及び保証金の回収による収入
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 256,233             △ 486,977
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                      100,000
       短期借入金の純増減額(△は減少)                                    -
                                        230,000              100,000
       長期借入れによる収入
       長期借入金の返済による支出                                 △ 86,038             △ 114,030
       リース債務の返済による支出                                 △ 7,361             △ 9,324
                                                      135,648
       セール・アンド・リースバックによる収入                                    -
                                        118,400               88,000
       株式の発行による収入
                                          -           △ 112,968
       自己株式の取得による支出
                                        255,000              187,325
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                                         6
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                    △ 15
                                        230,869               59,134
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                        284,330              515,199
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※1  515,199             ※1  574,334
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 77/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【四半期キャッシュ・フロー計算書】
                                    (単位:千円)
                               当第2四半期累計期間
                               (自 2021年5月1日
                                至 2021年10月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        386,127
       税引前四半期純利益
                                        82,740
       減価償却費
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 5,744
       受取利息                                   △ 2
                                         2,922
       支払利息
       補助金収入                                  △ 297
       受取補填金                                 △ 47,021
       売上債権及び契約資産の増減額(△は増加)                                △ 149,152
       棚卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 58,893
                                        11,157
       その他の流動資産の増減額(△は増加)
                                        26,560
       仕入債務の増減額(△は減少)
       前受金の増減額(△は減少)                                 △ 66,385
                                        28,426
       その他の流動負債の増減額(△は減少)
                                         △ 28
       その他
                                        210,411
       小計
       利息の受取額                                    2
       利息の支払額                                 △ 2,837
                                          297
       補助金の受取額
                                        47,021
       補填金の受取額
                                       △ 35,490
       法人税等の支払額
                                        219,404
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       有形固定資産の取得による支出                                 △ 62,843
       無形固定資産の取得による支出                                 △ 11,656
                                          41
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 3,439
       敷金及び保証金の差入による支出
       投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 77,898
     財務活動によるキャッシュ・フロー
       短期借入金の増減額(△は減少)                                △ 100,000
       長期借入金の返済による支出                                 △ 59,834
       リース債務の返済による支出                                 △ 14,608
                                         9,000
       新株予約権の行使による株式の発行による収入
       新株予約権の行使による自己株式の処分による収
                                        23,760
       入
       財務活動によるキャッシュ・フロー                                △ 141,682
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    △ 176
                                        574,334
     現金及び現金同等物の期首残高
                                       ※ 574,157
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                 78/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)その他有価証券
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

            (1)仕掛品、原材料
              総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
             用しております。
            (2)貯蔵品
              最終仕入原価法を採用しております。
           3.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以後に取得した建物附属設備については定額法
             を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物        3~15年
              機械及び装置    4~10年
              工具、器具及び備品 5~8年
              車両運搬具       2年
            (2)無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間
             (5年)に基づいております。
            (3)リース資産
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              売上債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
             特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金
              従業員の賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度に帰属する部分の金額を計
             上しております。
           5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 79/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
           1.有価証券の評価基準及び評価方法
            (1)その他有価証券
              時価のないもの
               移動平均法による原価法を採用しております。
           2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

            (1)仕掛品、原材料
              総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
             用しております。
            (2)貯蔵品
              最終仕入原価法を採用しております。
           3.固定資産の減価償却の方法

            (1)有形固定資産(リース資産を除く)
              定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以後に取得した建物附属設備については定額法
             を採用しております。
              なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
              建物        3~15年
              機械及び装置    4~10年
              工具、器具及び備品 5~8年
              車両運搬具     2~4年
            (2)無形固定資産(リース資産を除く)
              定額法を採用しております。なお、自社利用のソフトウエアについては社内における利用可能期間
             (5年)に基づいております。
            (3)リース資産
              所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
               リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
           4.引当金の計上基準

            (1)貸倒引当金
              売上債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に基づき、貸倒懸念債権
             については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
            (2)賞与引当金
              従業員の賞与の支給に備えるため、将来の支給見込額のうち、当事業年度に帰属する部分の金額を計
             上しております。
           5.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           6.その他財務諸表作成のための基礎となる事項

             消費税等の会計処理
              消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 80/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (重要な会計上の見積り)
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
          (繰延税金資産の回収可能性)
           1.当事業年度の財務諸表に計上した金額
             18,598千円
           2.識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する理解に資する情報

            (1)算出方法
              繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針により、将来減算一時差異に対して、将来の収益力に基
             づく課税所得及びタックス・プランニングに基づき、繰延税金資産の回収可能性を判断しております。
             課税所得の見積りは、将来の見通しを考慮した利益計画を基礎としております。
            (2)主要な仮定

              課税所得の見積りの基礎となる将来の利益計画における主要な仮定は、売上高であります。この仮定
             は、収益力増加のための広告宣伝及び販売促進施策の期待効果、過去の実績、顧客の市場動向等を反映
             しております。
            (3)翌事業年度以降の財務諸表に与える影響

              主要な仮定である売上高の見積りは、将来の不確実な経営環境及び当社の経営状況の影響を受けま
             す。従って、実際に課税所得が生じた時期及び金額が見積りと異なった場合には、翌事業年度以降の財
             務諸表等において認識する繰延税金資産の金額に重要な影響を与える可能性があります。また、将来の
             税制改正により、法定実効税率が変更された場合には、翌事業年度以降の財務諸表等において認識する
             繰延税金資産の金額に重要な影響を与える可能性があります。
         (会計方針の変更)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

           該当事項はありません。
         (未適用の会計基準等)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準
           委員会)
          1.概要

            収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
            ステップ1:顧客との契約を識別する。
            ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            ステップ3:取引価格を算定する。
            ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
            ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
          2.適用予定日

            2022年4月期の期首から適用予定であります。
          3.当該会計基準等の適用による影響

            影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 81/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
          1.概要

            国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価
           の算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方
           法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
           ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
           ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
            また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の
           注記事項が定められました。
          2.適用予定日

            2022年4月期の期首から適用予定であります。
          3.当該会計基準等の適用による影響

            影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
          ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3月31

           日)
          1.概要

            関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すこと
           を目的とするものです。
          2.適用予定日

            2021年4月期の年度末より適用予定であります。
          ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)

          1.概要

            当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を
           及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開
           示することを目的とするものです。
          2.適用予定日

            2021年4月期の年度末より適用予定であります。
                                 82/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準
           委員会)
          1.概要

            収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
            ステップ1:顧客との契約を識別する。
            ステップ2:契約における履行義務を識別する。
            ステップ3:取引価格を算定する。
            ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
            ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
          2.適用予定日

            2022年4月期の期首から適用予定であります。
          3.当該会計基準等の適用による影響

            影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
          1.概要

            国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価
           の算定に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方
           法に関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
           ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
           ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
            また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の
           注記事項が定められました。
          2.適用予定日

            2022年4月期の期首から適用予定であります。
          3.当該会計基準等の適用による影響

            影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
                                 83/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (表示方法の変更)
          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)
           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度
          末に係る財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年
          度に係る内容については記載しておりません。
         (会計上の見積りの変更)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

           該当事項はありません。
         (追加情報)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
          (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
           新型コロナウイルス感染症の拡大による当社への影響は現時点では限定的であるとの仮定を置き、繰延税金
          資産の回収可能性や固定資産の減損会計等の会計上の見積りを行っております。しかしながら、新型コロナウ
          イルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いため、今後状況が変化した場合には、会計上の見積りに影響
          を及ぼす可能性があります。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

          (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
           新型コロナウイルス感染症の拡大による当社への影響は現時点では限定的であるとの仮定を置き、繰延税金
          資産の回収可能性や固定資産の減損会計等の会計上の見積りを行っております。しかしながら、新型コロナウ
          イルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いため、今後状況が変化した場合には、会計上の見積りに影響
          を及ぼす可能性があります。
                                 84/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (貸借対照表関係)
          ※ 当座貸越契約について
            当社は、運転資金の効率的な調達を行うため、取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。これら
           の契約に基づく事業年度末における当座貸越契約に係る借入金未実行残高は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                             (2020年4月30日)                 (2021年4月30日)
     当座貸越極度額                                80,000千円                 230,000千円
     借入実行残高                                  -               100,000
     差引額                                80,000                 130,000
         (損益計算書関係)

          ※1 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度37%、当事業年度36%、一般管理費に属する費用の
            おおよその割合は前事業年度63%、当事業年度64%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
     給料及び手当                               274,726千円                 365,922千円
     賞与引当金繰入額                                4,323                 13,994
     荷造運送費                               121,903                 206,711
     広告宣伝費                               166,866                 135,249
     減価償却費                                8,135                 9,336
          ※2 期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下げ後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含

            まれております。
                前事業年度                            当事業年度
             (自 2019年5月1日                            (自 2020年5月1日
              至 2020年4月30日)                            至 2021年4月30日)
                      7,344千円                            7,114千円
          ※3 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
     研究開発費                                  -千円               10,560千円
          ※4 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
     機械及び装置                                1,401千円                   -千円
              計                       1,401                   -
          ※5 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
     機械及び装置                                3,398千円                 38,753千円
     建物                                 643                  -
              計                       4,042                 38,753
                                 85/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (株主資本等変動計算書関係)
          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                       式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1.2.                      12,822        1,417,378             -      1,430,200

      D種優先株式(注)1.3.                       3,000        297,000            -       300,000

             合計                15,822        1,714,378             -      1,730,200

     自己株式

      普通株式                        -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

     (注)1.当社は、2019年8月15日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。
         2.普通株式の株式数の増加1,417,378株は、株式分割による増加1,269,378株、募集株式の発行による増加
           148,000株によるものであります。
         3.D種優先株式の株式数の増加297,000株は、株式分割によるものであります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                       当事業年度期首株         当事業年度増加株         当事業年度減少株         当事業年度末株式
                       式数(株)         式数(株)         式数(株)         数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1.                     1,430,200           90,000           -      1,520,200

      D種優先株式                      300,000            -         -       300,000

             合計              1,730,200           90,000           -      1,820,200

     自己株式

      普通株式(注)2.                        -       156,900            -       156,900

             合計                  -       156,900            -       156,900

     (注)1.普通株式の株式数の増加90,000株は、募集株式の発行による増加90,000株によるものであります。
         2.普通株式の自己株式の株式数の増加156,900株は、株主総会決議による自己株式の取得による増加でありま
           す。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
                                 86/130




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (キャッシュ・フロー計算書関係)
          ※1 現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は、次のとおりであ
            ります。
                               前事業年度                 当事業年度
                            (自 2019年5月1日                 (自 2020年5月1日
                             至 2020年4月30日)                 至 2021年4月30日)
     現金及び預金勘定                               515,199千円                 574,334千円
     現金及び現金同等物                               515,199                 574,334
           2 重要な非資金取引の内容

             ファイナンス・リース取引
              ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、次のとおりであります。
                                  前事業年度               当事業年度
                               (自 2019年5月1日               (自 2020年5月1日
                                至 2020年4月30日)               至 2021年4月30日)
     ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額                                    -千円             135,648千円
         (リース取引関係)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
             所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
              有形固定資産
              生産設備(機械及び装置)及びコンピューター端末機(機械及び装置)であります。
            ② リース資産の減価償却の方法

              重要な会計方針「3.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                                           当事業年度

                                         (2020年4月30日)
      1年内                                              3,924

      1年超                                              2,632

                 合計                                   6,556

                                 87/130








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
          (借主側)
           1.ファイナンス・リース取引
             所有権移転外ファイナンス・リース取引
            ① リース資産の内容
              有形固定資産
              生産設備(機械及び装置)及びコンピューター端末機(機械及び装置)であります。
            ② リース資産の減価償却の方法

              重要な会計方針「3.固定資産の減価償却の方法」に記載のとおりであります。
           2.オペレーティング・リース取引

             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                                           当事業年度

                                         (2021年4月30日)
      1年内                                              1,623

      1年超                                              1,009

                 合計                                   2,632

                                 88/130














                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (金融商品関係)
          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は事業を行うための資金計画に照らして、主に銀行借入により資金を調達しております。資金運
             用については短期的な預金等に限定しております。また、デリバティブ取引は行わない方針でありま
             す。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金、未払金は、1年以内の支払期日であります。
              借入金及びリース債務は、主として設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、償還日は最長
             で決算日後9年1か月であります。このうち一部は金利の変動リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               営業債権については、取引相手ごとに期日及び残高を管理しております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維
              持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                          515,199            515,199              -

      (2)売掛金                          200,570            200,570              -
       資産計                         715,770            715,770              -

      (1)買掛金                           89,655            89,655              -

      (2)未払金                          116,136            116,136              -
      (3)長期借入金(※)                          477,930            478,070              140

      (4)リース債務(※)                           18,776            18,610            △166
       負債計                         702,498            702,472             △26

     (※) 長期借入金及びリース債務は、1年内返済予定の長期借入金及びリース債務を含みます。
                                 89/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
            これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額
            によっております。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金
            これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額
            によっております。
          (3)長期借入金、(4)リース債務
            これらの時価は、元利金の合計額を新規に同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割
            り引いた現在価値により算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                           当事業年度

                 区分
                                         (2020年4月30日)
      出資金                                                10

      非上場株式                                                 0

           これらについては、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把
          握することが極めて困難と認められるものであるため、上表には含めておりません。
         3.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      515,171            -         -         -

      売掛金                      200,570            -         -         -
             合計               715,742            -         -         -

         4.長期借入金及びリース債務の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金              107,460       107,460        98,660       60,866       39,216       64,268

      リース債務               7,369       8,398       2,898        110        -       -
          合計          114,829       115,858       101,558        60,976       39,216       64,268

                                 90/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
           1.金融商品の状況に関する事項
            (1)金融商品に対する取組方針
              当社は事業を行うための資金計画に照らして、主に銀行借入により資金を調達しております。資金運
             用については短期的な預金等に限定しております。また、デリバティブ取引は行わない方針でありま
             す。
            (2)金融商品の内容及びそのリスク

              営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
              営業債務である買掛金、未払金は、1年以内の支払期日であります。
              借入金及びリース債務は、主として設備投資に係る資金調達を目的としたものであり、償還日は最長
             で決算日後8年1か月であります。このうち一部は金利の変動リスクに晒されております。
            (3)金融商品に係るリスク管理体制

             ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
               営業債権については、取引相手ごとに期日及び残高を管理しております。
             ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
               各部署からの報告に基づき担当部署が適時に資金計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維
              持などにより流動性リスクを管理しております。
            (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

              金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価
             額が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等
             を採用することにより、当該価額が変動することがあります。
           2.金融商品の時価等に関する事項

             貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
            ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                          貸借対照表計上額
                                       時価(千円)            差額(千円)
                            (千円)
      (1)現金及び預金                          574,334            574,334              -

      (2)売掛金                          351,304            351,304              -
       資産計                         925,639            925,639              -

      (1)買掛金                          180,016            180,016              -

      (2)未払金                          149,931            149,931              -
      (3)短期借入金                          100,000            100,000              -

      (4)長期借入金(※)                          463,900            463,296             △603

      (5)リース債務(※)                          159,678            158,291            △1,386
       負債計                        1,053,526            1,051,536             △1,990

     (※) 長期借入金及びリース債務は、1年内返済予定の長期借入金及びリース債務を含みます。
                                 91/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項
         資 産
          (1)現金及び預金、(2)売掛金
            これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額
            によっております。
         負 債

          (1)買掛金、(2)未払金、(3)短期借入金
            これらはすべて短期で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから当該帳簿価額
            によっております。
          (4)長期借入金、(5)リース債務
            これらの時価は、元利金の合計額を新規に同様の借入又はリース取引を行った場合に想定される利率で割
            り引いた現在価値により算定しております。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                     (単位:千円)
                                           当事業年度

                 区分
                                         (2021年4月30日)
      出資金                                                10
      非上場株式                                                 0

           これらについては、市場価格がなく、かつ、将来キャッシュ・フローを見積ることなどができず、時価を把
          握することが極めて困難と認められるものであるため、上表には含めておりません。
         3.金銭債権の決算日後の償還予定額

                                   1年超         5年超
                         1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                         (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      574,146            -         -         -

      売掛金                      351,304            -         -         -
             合計               925,451            -         -         -

         4.長期借入金、リース債務及びその他の有利子負債の決算日後の返済予定額

                          1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                    5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                  (千円)                                    (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      短期借入金              100,000          -       -       -       -       -

      長期借入金              122,168       118,368        78,074       56,424       48,034       40,832
      リース債務              32,141       27,161       24,906       25,339       25,894       24,235
          合計          254,309       145,529       102,980        81,763       73,928       65,067

                                 92/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (有価証券関係)
          前事業年度(2020年4月30日)
           その他有価証券
                                 貸借対照表計上額
                         種類                取得原価(千円)          差額(千円)
                                   (千円)
     貸借対照表計上額が取得原価を超
                     株式                   0        100        △100
     えないもの
                 合計                       0        100        △100
          当事業年度(2021年4月30日)

           その他有価証券
                                 貸借対照表計上額
                         種類                取得原価(千円)          差額(千円)
                                   (千円)
     貸借対照表計上額が取得原価を超
                     株式                   0        100        △100
     えないもの
                 合計                       0        100        △100
         (ストック・オプション等関係)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                   (単位:千円)
                              当事業年度

                           (自 2019年5月1日
                            至 2020年4月30日)
     販売費及び一般管理費の株式報酬費                               -

           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

             当事業年度(2020年4月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
            ンの数については、株式数に換算して記載しております。
             なお、2019年8月15日付株式分割(普通株式1株につき100株の割合)による分割後の株式数に換算し
            て記載しております。
                                 93/130









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (1)ストック・オプションの内容
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数                   当社取締役 3名                  当社取締役 3名

     株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 350,000株                  普通株式 195,000株
     数(注)
     付与日                   2017年12月28日                  2019年8月31日
                        「第4 提出会社の状況 1 株式                  「第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                   等の状況 (2)新株予約権等の状                  等の状況 (2)新株予約権等の状
                        況」に記載のとおりであります。                  況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                        2019年12月27日から                  2019年8月31日から
     権利行使期間
                        2027年12月26日まで                  2029年7月30日まで
                             第4回新株予約権

     付与対象者の区分及び人数                   当社従業員 23名

     株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 13,674株
     数(注)
     付与日                   2019年8月31日
                        「第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                   等の状況 (2)新株予約権等の状
                        況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません。
                        2021年8月28日から
     権利行使期間
                        2029年7月30日まで
     (注) 株式数に換算して記載しております。
                                 94/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             ① ストック・オプションの数
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                               350,000                    -

      付与                                  -               208,674

      失効                                  -                 300

      権利確定                               350,000                  195,000

      未確定残                                  -                13,374

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -                  -

      権利確定                               350,000                  195,000

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                               350,000                  195,000

             ② 単価情報

                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
     権利行使価格               (円)                   180                  400

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与日時点においては、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの
            公正な評価単価を単位当たりの本源的価値により算定しております。本源的価値は、ディスカウンテッ
            ド・キャッシュフロー方式により算定した株式の評価額から新株予約権の行使時の払込金額を控除して算
            定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
            ① 当事業年度末における本源的価値の合計額                                      -円
            ② 当事業年度において権利行使されたストック・オプションの                                      -円
              権利行使日における本源的価値の合計額
                                 95/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)
           1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
                                   (単位:千円)
                              当事業年度

                           (自 2020年5月1日
                            至 2021年4月30日)
     販売費及び一般管理費の株式報酬費                               -

           2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

             当事業年度(2021年4月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプショ
            ンの数については、株式数に換算して記載しております。
             なお、2019年8月15日付株式分割(普通株式1株につき100株の割合)による分割後の株式数に換算し
            て記載しております。
            (1)ストック・オプションの内容

                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
     付与対象者の区分及び人数                   当社取締役 3名                  当社取締役 3名

     株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 350,000株                  普通株式 195,000株
     数(注)
     付与日                   2017年12月28日                  2019年8月31日
                        「第4 提出会社の状況 1 株式                  「第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                   等の状況 (2)新株予約権等の状                  等の状況 (2)新株予約権等の状
                        況」に記載のとおりであります。                  況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                        2019年12月27日から                  2019年8月31日から
     権利行使期間
                        2027年12月26日まで                  2029年7月30日まで
                             第4回新株予約権                  第5回新株予約権

     付与対象者の区分及び人数                   当社従業員 23名                  当社従業員 25名

     株式の種類別のストック・オプションの
                        普通株式 13,674株                  普通株式 17,383株
     数(注)
     付与日                   2019年8月31日                  2020年7月31日
                        「第4 提出会社の状況 1 株式                  「第4 提出会社の状況 1 株式
     権利確定条件                   等の状況 (2)新株予約権等の状                  等の状況 (2)新株予約権等の状
                        況」に記載のとおりであります。                  況」に記載のとおりであります。
     対象勤務期間                   対象勤務期間の定めはありません。                  対象勤務期間の定めはありません。
                        2021年8月28日から                  2022年7月31日から
     権利行使期間
                        2029年7月30日まで                  2030年7月30日まで
     (注) 株式数に換算して記載しております。
                                 96/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
            (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             ① ストック・オプションの数
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                  -                13,374

      付与                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      権利確定                                  -                  -

      未確定残                                  -                13,374

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                               350,000                  195,000

      権利確定                                  -                  -

      権利行使                                  -                  -

      失効                                  -                  -

      未行使残                               350,000                  195,000

                             第5回新株予約権

     権利確定前               (株)

      前事業年度末                                  -

      付与                                17,383

      失効                                  -

      権利確定                                  -

      未確定残                                17,383

     権利確定後               (株)

      前事業年度末                                  -

      権利確定                                  -

      権利行使                                  -

      失効                                  -

      未行使残                                  -

                                 97/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             ② 単価情報
                             第3回新株予約権                  第4回新株予約権
     権利行使価格               (円)                   180                  400

     行使時平均株価               (円)                    -                  -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -                  -

                             第5回新株予約権

     権利行使価格               (円)                   800

     行使時平均株価               (円)                    -

     付与日における公正な評価単価               (円)                    -

           3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

             ストック・オプション付与日時点においては、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの
            公正な評価単価を単位当たりの本源的価値により算定しております。本源的価値は、ディスカウンテッ
            ド・キャッシュフロー方式により算定した株式の評価額から新株予約権の行使時の払込金額を控除して算
            定しております。
           4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

             基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
            用しております。
           5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当事業年度末における本源的

             価値の合計額及び当事業年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源
             的価値の合計額
            ① 当事業年度末における本源的価値の合計額                                      -円
            ② 当事業年度において権利行使されたストック・オプションの                                      -円
              権利行使日における本源的価値の合計額
                                 98/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (税効果会計関係)
          前事業年度(2020年4月30日)
           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                       当事業年度
                                     (2020年4月30日)
            繰延税金資産
             税務上の繰越欠損金(注)2                              27,863千円
             未収受取補填金                              15,789
             減価償却超過額                              11,843
             減損損失                               829
             原材料評価損                              2,466
             賞与引当金                              2,547
             資産除去債務                              7,626
             繰延資産                               741
             未払費用                               378
             未払事業所税                              1,414
                                           1,414
             その他
            繰延税金資産小計
                                          72,915
             税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △23,860
                                         △32,097
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計(注)1                              △55,957
            繰延税金資産合計                               16,957
            繰延税金負債
                                          △4,305
             資産除去債務に対応する除去費用
            繰延税金負債合計                              △4,305
            繰延税金資産の純額                               12,652
            (注)1.繰延税金資産から控除された額(評価性引当金)に重要な変動が生じている当該変動の主な内

                 容は、前事業年度における税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額の繰越期限切れによるもの
                 です。
               2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                  1年以内                               5年超       合計
                        2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                  (千円)                               (千円)      (千円)
                        (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     税務上の繰越欠損金
                   11,721      15,900        241       -      -      -    27,863
     (※)
     評価性引当額              △7,719      △15,900        △241        -      -      -   △23,860
     繰延税金資産               4,002        -      -      -      -      -     4,002

     (※) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                       当事業年度
                                     (2020年4月30日)
            法定実効税率
                                           33.6%
            (調整)
             住民税均等割                               1.3
             評価性引当額の増減                              △20.8
             税率変更による差異                              △0.9
                                            1.8
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                                14.9
                                 99/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
             税法の改正に伴い、翌事業年度以降に解消が見込まれる一時差異等に係る繰延税金資産及び繰延税金負
            債については、法定実効税率を34.8%から33.6%に変更し計算しております。
             この変更により、当事業年度の繰延税金資産(繰延税金負債の金額を控除した金額)の金額は947千円
            減少し、法人税等調整額が947千円増加しております。
          当事業年度(2021年4月30日)

           1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                       当事業年度
                                     (2021年4月30日)
            繰延税金資産
             未収受取補填金                              15,926千円
             減価償却超過額                              10,465
             減損損失                                85
             原材料評価損                              2,409
             賞与引当金                              7,386
             資産除去債務                              9,384
             繰延資産                               565
             未払費用                              1,100
             未払事業税                              3,796
             未払事業所税                              1,801
                                           1,865
             その他
            繰延税金資産小計
                                          54,785
                                         △30,761
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
            評価性引当額小計(注)                              △30,761
            繰延税金資産合計                               24,024
            繰延税金負債
                                          △5,425
             資産除去債務に対応する除去費用
            繰延税金負債合計                              △5,425
            繰延税金資産の純額                               18,598
            (注) 繰延税金資産から控除された額(評価性引当金)に重要な変動が生じている当該変動の主な内容

                は、税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額の減少によるものです。
           2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原

             因となった主要な項目別の内訳
                                       当事業年度
                                     (2021年4月30日)
            法定実効税率
                                           33.9%
            (調整)
             住民税均等割                               0.8
             評価性引当額の増減                              △13.8
             税額控除                              △3.5
             税率変更による差異                               0.1
                                           △1.2
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率                                16.2
                                100/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
           3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正
             当事業年度から課税所得が発生し、事業所が増加したため、法人事業税の超過税率が適用となりまし
            た。これに伴い、翌事業年度以降に解消が見込まれる一時差異等に係る繰延税金資産及び繰延税金負債に
            ついては、法定実効税率を33.6%から33.9%に変更し計算しております。
             この変更により、当事業年度の繰延税金資産(繰延税金負債の金額を控除した金額)の金額は109千円
            増加し、法人税等調整額が109千円減少しております。
         (資産除去債務関係)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
            イ 当該資産除去債務の概要
              工場及び事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

              当該債務に係る資産の使用見込期間を5年~15年と見積り、割引率は使用見込期間に応じて△
             0.25%~0.40%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
            ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                           当事業年度
                                        (自 2019年5月1日
                                         至 2020年4月30日)
      期首残高                                           17,944千円
      有形固定資産の取得に伴う増加額                                           4,733
      時の経過による調整額                                             34
      期末残高                                           22,712
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

           資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
            イ 当該資産除去債務の概要
              工場及び事務所の不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
            ロ 当該資産除去債務の金額の算定方法

              当該債務に係る資産の使用見込期間を5年~15年と見積り、割引率は使用見込期間に応じて△
             0.25%~0.40%を使用して資産除去債務の金額を計算しております。
            ハ 当該資産除去債務の総額の増減

                                           当事業年度
                                        (自 2020年5月1日
                                         至 2021年4月30日)
      期首残高                                           22,712千円
      有形固定資産の取得に伴う増加額                                           4,965
      時の経過による調整額                                             27
      期末残高                                           27,705
                                101/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (セグメント情報等)
          【セグメント情報】
           前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
            当社はオンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
           す。
           当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

            当社はオンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しておりま
           す。
          【関連情報】

           前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
             を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産

               本邦以外の国又は地域に所在する有形固定資産はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                   売上高                関連するセグメント名

     GMOペパボ株式会社                            471,758     オンデマンドプリントソリューション事業

           当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載
             を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
               本邦の外部顧客への売上高が損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
             (2)有形固定資産

               本邦以外の国又は地域に所在する有形固定資産はありません。
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                   売上高                関連するセグメント名

     GMOペパボ株式会社                           1,073,414      オンデマンドプリントソリューション事業

                                102/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
           前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

            該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

            該当事項はありません。
          【関連当事者情報】

           前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
            該当事項はありません。
           当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

            該当事項はありません。
                                103/130












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (1株当たり情報)
          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
                                           当事業年度
                                        (自 2019年5月1日
                                         至 2020年4月30日)
     1株当たり純資産額                                             253.37円

     1株当たり当期純利益                                              64.91円

     (注)1.1株当たり純資産額は、優先配当金未払額及び優先残余財産分配金を控除して算出しております。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
           め、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
         3.当社は、2019年8月15日付で普通株式1株につき100株の割合で株式分割を行っております。当事業年度の
           期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益を算定しておりま
           す。
         4.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                           当事業年度
                                        (自 2019年5月1日
                                         至 2020年4月30日)
     当期純利益(千円)                                              85,878

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                               1,500

     普通株式に係る当期純利益(千円)                                              84,378

     普通株式の期中平均株式数(株)                                             1,299,846

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当                            新株予約権2種類(新株予約権の数558,374個)
     期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要                            なお、新株予約権の概要は「第4 提出会社の状況 1 
                                 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ① ストックオ
                                 プション制度の内容」及び同「③ その他の新株予約権等
                                 の状況」に記載のとおりであります。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

                                           当事業年度
                                        (自 2020年5月1日
                                         至 2021年4月30日)
     1株当たり純資産額                                             358.47円

     1株当たり当期純利益                                             109.31円

     (注)1.1株当たり純資産額は、優先配当金未払額及び優先残余財産分配金を控除して算出しております。
         2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
           め、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
                                104/130







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                           当事業年度
                                        (自 2020年5月1日
                                         至 2021年4月30日)
     当期純利益(千円)                                              152,792

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                               1,500

     普通株式に係る当期純利益(千円)                                              151,292

     普通株式の期中平均株式数(株)                                             1,384,102

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当                            新株予約権3種類(新株予約権の数575,757個)
     期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要                            なお、新株予約権の概要は「第4 提出会社の状況 1 
                                 株式等の状況 (2)新株予約権等の状況 ① ストックオ
                                 プション制度の内容」及び同「③ その他の新株予約権等
                                 の状況」に記載のとおりであります。
         (重要な後発事象)

          前事業年度(自 2019年5月1日 至 2020年4月30日)
           該当事項はありません。
          当事業年度(自 2020年5月1日 至 2021年4月30日)

           該当事項はありません。
                                105/130













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【注記事項】
          (会計方針の変更)
           (収益認識に関する会計基準等の適用)
            「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
           う。)及び「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)を
           第1四半期会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点で、当該財又
           はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。
            なお、「収益認識に関する会計基準の適用指針」第98項に定める代替的な取扱いを適用し、商品又は製品
           の国内の販売において、出荷時から当該商品又は製品の支配が顧客に移転される時までの期間が通常の期間
           である場合には、出荷時に収益を認識しております。
            また、受注制作のシステム開発に係る契約に関しては、従来は、開発作業の進捗部分について成果の確実
           性が認められる場合には工事進行基準を、その他の場合については工事完成基準を適用しておりましたが、
           履行義務を充足するにつれて一定の期間にわたり収益を認識する方法に変更しております。なお、履行義務
           の充足に係る進捗率の合理的な見積りができない場合については、原価回収基準を適用しております。ま
           た、契約における取引開始日から完全に履行義務を充足すると見込まれる時点までの期間がごく短い受注制
           作のシステム開発については、代替的な取扱いを適用し、一定の期間にわたり収益を認識せず、完全に履行
           義務を充足した時点で収益を認識する方法に変更しております。履行義務の充足に係る進捗度の測定は、各
           報告期間の期末日までに発生した開発原価が、予想される開発原価総額に占める割合に基づいて行っており
           ます。
            収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに
           従っており、第1四半期会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、第
           1四半期会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。
            この結果、当第2四半期累計期間の売上高、売上原価はそれぞれ26,145千円減少しております。なお、利
           益剰余金の当期首残高に与える影響はありません。
            収益認識会計基準等を適用したため、前事業年度の貸借対照表において、「流動資産」に表示していた
           「売掛金」は、第1四半期会計期間より「売掛金及び契約資産」に含めて表示することといたしました。な
           お、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前事業年度について新たな表示方法に
           より組替えを行っておりません。
           (時価の算定に関する会計基準等の適用)

            「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」と
           いう。)等を第1四半期会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計
           基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会
           計基準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することとしております。なお、四半期財務諸表
           に与える影響はありません。
          (四半期財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

           (税金費用の計算)
            税金費用については、当第2四半期会計期間を含む事業年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用
           後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          (追加情報)

           (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
            新型コロナウイルス感染症の拡大による当社への影響は現時点では限定的であるとの仮定を置き、繰延税
           金資産の回収可能性や固定資産の減損会計等の会計上の見積りを行っております。しかしながら、新型コロ
           ナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いため、今後状況が変化した場合には、会計上の見積り
           に影響を及ぼす可能性があります。
                                106/130





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (四半期損益計算書関係)
           ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            当第2四半期累計期間
                            (自 2021年5月1日
                             至 2021年10月31日)
     給料及び手当                               210,762千円
     賞与引当金繰入額                                8,906
     荷造運送費                               176,442
          (四半期キャッシュ・フロー計算書関係)

           ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記の
            とおりであります。
                            当第2四半期累計期間
                            (自 2021年5月1日
                             至 2021年10月31日)
     現金及び預金勘定                               574,157千円
     現金及び現金同等物                               574,157
          (株主資本等関係)

          当第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)
           1.配当金支払額
             該当事項はありません。
           2.基準日が当第2四半期累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第2四半期会計期間の末日

            後となるもの
             該当事項はありません。
          3.株主資本の金額の著しい変動

             2021年10月15日付で、新株予約権の行使による自己株式の処分により自己株式が95,040千円(132,000
            株)減少し、資本剰余金が71,280千円減少しております。
             また、2021年10月27日開催の取締役会において、会社法第178条の規定に基づき自己株式を消却するこ
            とを決議し、自己株式24,900株の消却を行いました。これにより、資本剰余金及び自己株式がそれぞれ
            17,928千円減少しております。
                                107/130









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (セグメント情報等)
           【セグメント情報】
            当第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)
             当社は、オンデマンドプリントソリューション事業の単一セグメントであるため、記載を省略しており
            ます。
          (収益認識関係)

           当社は、オンデマンドプリントソリューション事業を営む単一セグメントであり、主要な顧客との契約から
          生じる収益をサービス区分に分解した情報は、次のとおりであります。
           当第2四半期累計期間(自 2021年5月1日 至 2021年10月31日)
                                                     (単位:千円)
                            オンデマンド

                                       ソリューション              合計
                              プリント
     一時点で移転される財またはサービス                           2,410,386            190,315          2,600,702

     一定の期間にわたり移転されるサービス                               -         108,775           108,775
     顧客との契約から生じる収益                           2,410,386            299,091          2,709,478

     外部顧客への売上高                           2,410,386            299,091          2,709,478

                                108/130














                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
          (1株当たり情報)
           1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                             当第2四半期累計期間
                            (自 2021年5月1日
                              至 2021年10月31日)
     1株当たり四半期純利益                             192円12銭

     (算定上の基礎)

      四半期純利益(千円)                             267,338

      普通株主に帰属しない金額(千円)                               -

      普通株式に係る四半期純利益(千円)                             267,338

      普通株式の期中平均株式数(株)                            1,391,528

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後
     1株当たり四半期純利益の算定に含めなかっ
                                     -
     た潜在株式で、前事業年度末から重要な変動
     があったものの概要
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの、当社株式は非上場であるた
          め、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
          (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                109/130













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ⑤【附属明細表】
         【有価証券明細表】
          有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略し
         ております。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
        資産の種類
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)     償却累計額       (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物              57,424      88,820        -    146,244       12,519       6,168     133,725
      機械及び装置              471,125      228,095      111,783      587,438      247,855      154,594      339,582
      車両運搬具
                    1,564      2,945       -     4,510      2,546      1,503      1,963
      工具、器具及び備品              9,201      1,219       -    10,421       8,225      1,227      2,195
      リース資産              37,416      135,648        -    173,065       29,376       8,327     143,688
      建設仮勘定              29,703      19,277      29,703      19,277        -      -    19,277
        有形固定資産計
                   606,436      476,008      141,487      940,958      300,524      171,821      640,434
     無形固定資産
      ソフトウエア              32,223       225       -    32,448      16,416       6,448      16,032
        無形固定資産計            32,223       225       -    32,448      16,416       6,448      16,032
     (注) 当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
          建物      GPC工場 電気・空調設備工事    80,316千円
          機械及び装置  ガーメントプリンタ 19台       47,948千円
          機械及び装置  回転UVプリンター 2台       44,750千円
          機械及び装置  テーブル搬送式UVプリンター 3台  31,800千円
          リース資産   ガーメントプリンタ 58台       88,260千円
          リース資産   前処理機 Concept1 2台                                  47,388千円
                                110/130











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         【借入金等明細表】
                              当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                     返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                              -     100,000         0.58       -

     1年以内に返済予定の長期借入金                           107,460       122,168         0.50       -

     1年以内に返済予定のリース債務                            7,369       32,141         -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                           370,470       341,732         0.50    2022年~2029年

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                            11,407       127,536          -   2022年~2027年

                合計                496,706       723,578       -        -

     (注)1.平均利率については、期末借入残高に対する加重平均利率を記載しております。
         2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
           貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
         3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の貸借対照表日後5年間の返済予定額は
           以下のとおりであります。
                           1年超2年以内        2年超3年以内        3年超4年以内        4年超5年以内
                             (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
           長期借入金                    118,368         78,074        56,424        48,034

           リース債務                    27,161        24,906        25,339        25,894

         【引当金明細表】

                                     当期減少額        当期減少額
                    当期首残高        当期増加額                         当期末残高
           区分                          (目的使用)         (その他)
                     (千円)        (千円)                         (千円)
                                     (千円)        (千円)
     賞与引当金                  7,587        21,809         7,587          -      21,809
         【資産除去債務明細表】

          本明細表に記載すべき事項が財務諸表等規則第8条の28に規定する注記事項として記載されているため、資産
         除去債務明細表の記載を省略しております。
                                111/130










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)【主な資産及び負債の内容】
        ① 流動資産
         イ.現金及び預金
                 区分                          金額(千円)
      現金                                                 187

      預金

       普通預金                                             574,146
                 小計                                   574,146

                 合計                                   574,334

         ロ.売掛金

           相手先別内訳
                 相手先                          金額(千円)
      GMOペパボ株式会社                                              116,047

      ビリングシステム株式会社                                               93,768
      株式会社TowaStela                                               26,313

      株式会社ユニクロ                                               21,563

      ピクシブ株式会社                                               11,832

      その他                                               81,779
                 合計                                   351,304

           売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

      当期首残高         当期発生高         当期回収高         当期末残高
                                          回収率(%)         滞留期間(日)
       (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                                                     (A)  +  (D)

                                           (C)
                                                       2
                                               ×  100
        (A)         (B)         (C)         (D)
                                         (A)  +  (B)
                                                      (B)
                                                      365
         200,570        4,225,798         4,075,064          351,304            92.1         23.8

     (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
         ハ.商品及び製品

                 品目                          金額(千円)
      ラベルプリンタ                                                 926

                 合計                                     926

         ニ.仕掛品

                 品目                          金額(千円)
      印刷物                                               28,265

      システム開発受託関連                                               26,145
                 合計                                   54,411

                                112/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         ホ.原材料及び貯蔵品
                 区分                          金額(千円)
      原材料

       印刷資材                                             146,638
                 小計                                   146,638

      貯蔵品

       切手、収入印紙                                                98
                 小計                                     98

                 合計                                   146,736

        ② 流動負債

         イ.買掛金
                 相手先                          金額(千円)
      キャブ株式会社                                               41,289

      株式会社和光プロセス                                               22,827
      ブラザー販売株式会社                                               21,461

      トムス株式会社                                               14,020

      株式会社長谷川美芸                                               9,600

      その他                                               70,818
                 合計                                   180,016

         ロ.未払金

                 相手先                          金額(千円)
      佐川急便株式会社                                               19,713

      株式会社トーヨーコーポレーション                                               12,372
      株式会社アイオイ・システム                                               8,312

      テイケイトレード株式会社                                               8,119

      デル・テクノロジーズ株式会社                                               6,336

      その他                                               95,077
                 合計                                   149,931

      (3)【その他】

           該当事項はありません。
                                113/130






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                 毎年5月1日から翌年4月30日まで

      定時株主総会                 毎年7月

      基準日                 毎年4月30日

      株券の種類                 ―

                       中間配当 毎年10月31日

      剰余金の配当の基準日
                       期末配当 毎年4月30日
      1単元の株式数                 100株

      株式の名義書換え(注)1.

                       東京都千代田区丸の内一丁目3番3号

       取扱場所
                       みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
       株主名簿管理人
                       みずほ信託銀行株式会社
                       みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                       みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店
       名義書換手数料                無料

       新券交付手数料                ―

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目3番3号

       取扱場所
                       みずほ信託銀行株式会社 本店証券代行部
                       東京都千代田区丸の内一丁目3番3号
       株主名簿管理人
                       みずほ信託銀行株式会社
                       みずほ信託銀行株式会社 全国各支店
       取次所
                       みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店(注)1
       買取手数料                無料

                       電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他やむ

                       を得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://imagemagic.jp/koukoku
      株主に対する特典                 該当事項はありません。

     (注)1.当社株式は、株式会社東京証券取引所への上場に伴い、社債、株式等の振替に関する法律第128条第1項に

           規定する振替株式となることから、該当事項はなくなる予定であります。
         2.当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない
           旨、定款に定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                114/130



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

       該当事項はありません。
                                115/130


















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第三部【特別情報】
    第1【連動子会社の最近の財務諸表】
      当社は、連動子会社を有していないため、該当事項はありません。
                                116/130



















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第四部【株式公開情報】
    第1【特別利害関係者等の株式等の移動状況】
                                                   価格
          移動前所有者           移動前所有者      移動後所有者           移動後所有者
                移動前所有                 移動後所有            移動株数
     移動年月日     の氏名又は名           の提出会社と      の氏名又は名           の提出会社と            (単価)     移動理由
                者の住所                 者の住所            (株)
          称           の関係等      称           の関係等             (円)
                                      特別利害関係             800,000    所有者の当
      2020年          埼玉県川口                 東京都世田             普通株式
                                      者等(当社監
          早川 洋平           当社従業員      大野 俊朗                         (800)   社退職によ
     5月18日           市                 谷区              1,000
                                      査役)                 る譲渡
                                                   (注)3
          株式会社
                           株式会社イ
                                 東京都文京                      移動前所有
          Showcase
                東京都港区     特別利害関係      メージ・マ                       92,304,000
                                              普通株式
      2020年                           区小石川一                      者の株式保
                     者等(大株主
                六本木一丁           ジック 代表           提出会社              (720)
          Capital
     11月6日                            丁目3番11             128,200         有方針の変
                目9番9号     上位10名)      取締役
          代表取締役                                         (注)3
                                 号                      更
                           山川 誠
          永田 豊志
                           株式会社イ
          日本アジア投      東京都千代                 東京都文京                      移動前所有
                     特別利害関係      メージ・マ                       20,664,000
      2020年    資株式会社      田区九段北                 区小石川一             普通株式         者の株式保
                     者等(大株主      ジック 代表           提出会社
                                                    (720)
     11月30日     代表取締役      三丁目2番                 丁目3番11             28,700         有方針の変
                     上位10名)      取締役
                                                   (注)3
          下村 哲朗      4号                 号                      更
                           山川 誠
                                      特別利害関係
                                                  9,000,000
                                      者等(大株主       普通株式
      2021年                           東京都江東                      新株予約権
          -      -     -      坊野 寛                         (180)
     10月15日                            区     上位10名、当        50,000         の権利行使
                                                   (注)4
                                      社の取締役)
          株式会社イ                            特別利害関係
                東京都文京                                       新株予約権
          メージ・マ                            者等(大株主            11,880,000
      2021年          区小石川一                 神奈川県横             普通株式         の権利行使
          ジック           提出会社      山川 誠           上位10名、当
                                                    (180)
     10月15日           丁目3番11                 浜市中区             66,000         による自己
                                      社の代表取締
          代表取締役
                                                   (注)4
                号                                       株式の処分
          山川 誠                            役社長)
          株式会社イ
                東京都文京                      特別利害関係                 新株予約権
                                                  11,880,000
          メージ・マ
      2021年          区小石川一                 東京都江東     者等(大株主       普通株式         の権利行使
          ジック           提出会社      京田 諭                         (180)
     10月15日           丁目3番11                 区     上位10名、当        66,000         による自己
          代表取締役
                                                   (注)4
                号                                       株式の処分
                                      社の取締役)
          山川 誠
                           株式会社日本                 D種優先株式
                                 東京都台東     特別利害関係
      2021年                     創発グループ                  △185,000
                                      者等(大株主
          -      -     -            区上野三丁                    -  (注)5
     10月27日                      代表取締役                  普通株式
                                 目24番6号     上位10名)
                           藤田 一郎
                                              259,000
                           MSIVC2008V投
                           資事業有限責
                           任組合 組合
                                            D種優先株式
                                      特別利害関係
                           員      東京都中央
      2021年                                       △115,000
          -      -     -      三井住友海上      区京橋一丁     者等(大株主               -  (注)5
     10月27日                                        普通株式
                           キャピタル株      目2番5号     上位10名)
                                              161,000
                           式会社
                           代表取締役
                           石上 壽一
                                      特別利害関係
                     特別利害関係
                                      者等(当社の
                           株式会社エイ      神奈川県横
                     者等(大株主                             60,000,000
      2021年          神奈川県横           エム      浜市中区北     代表取締役等       普通株式         資産管理会
          山川 誠           上位10名、当                              (1,200)
     10月28日           浜市中区           代表取締役      仲通五丁目     が議決権の過                 社への譲渡
                                              50,000
                     社の代表取締
                                                   (注)3
                           山川 誠      57番地2号     半数を所有す
                     役社長)
                                      る会社)
                                      特別利害関係
                     特別利害関係                 者等(当社の
                           株式会社ア
                                 東京都江東                 48,000,000
      2021年          東京都江東     者等(大株主      ジュール           取締役等が議       普通株式         資産管理会
          京田 諭                       区佐賀二丁                  (1,200)
     10月28日           区     上位10名、当      代表取締役           決権の過半数                 社への譲渡
                                              40,000
                                 目10番21                  (注)3
                                      を所有する会
                     社の取締役)      京田 美保
                                      社)
     (注)1.当社は、東京証券取引所マザーズへの上場を予定しておりますが、株式会社東京証券取引所(以下「同取引
           所」という。)が定める有価証券上場規程施行規則(以下「同施行規則」という。)第253条の規定に基づ
           き、特別利害関係者等が、新規上場申請日の直前事業年度の末日から起算して2年前の日(2019年5月1
           日)から上場日の前日までの期間において、当社の発行する株式又は新株予約権の譲受け又は譲渡(上場前
           の公募等を除き、新株予約権の行使を含む。以下「株式等の移動」という。)を行っている場合には、当該
           株式等の移動の状況を同施行規則第219条第1項第2号に規定する「新規上場申請のための有価証券報告書
           (Ⅰの部)」に記載することとされております。
                                117/130


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         2.当社は、同施行規則第254条の規定に基づき、上場日から5年間、上記株式等の移動の状況に係る記載内容
           についての記録を保存することとし、幹事取引参加者は、当社が当該記録を把握し、かつ、保存するための
           事 務組織を適切に整備している状況にあることを確認することとされております。
           また、当社は、当該記録につき、同取引所が必要に応じて行う提出請求に応じなければならないとされてお
           ります。同取引所は、当社が当該提出請求に応じない場合は、当社の名称及び当該提出請求に応じない状況
           にある旨を公表することができるとされております。また、同取引所は、当該提出請求により提出された記
           録を検討した結果、上記株式等の移動の状況に係る記載内容が明らかに正確でなかったと認められる場合に
           は、当社及び幹事取引参加者の名称並びに当該記載内容が正確でなかったと認められる旨を公表することが
           できるとされております。
         3.特別利害関係者等の範囲は次のとおりであります。
          (1)当社の特別利害関係者………役員、その配偶者及び二親等内の血族(以下「役員等」という。)、役員等
                         により総株主の議決権の過半数が所有されている会社、当該会社の関係会社
                         並びにその役員
          (2)当社の大株主上位10名
          (3)当社の人的関係会社及び資本的関係会社並びにこれらの役員
          (4)金融商品取引業者(金融商品取引法第28条第8項に規定する有価証券関連業を行う者に限る。)及びその
            役員並びに金融商品取引業者の人的関係会社及び資本的関係会社
         4.移動価格は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)により算出した価格を参考として、当
           事者間で協議の上決定した価格であります。
         5.移動価格は、DCF法(ディスカウンテッド・キャッシュフロー法)により算出した価格を参考に決定した
           新株予約権の行使条件による価格であります。
         6.2021年10月12日開催の取締役会決議により、定款に定める取得条項に基づき2021年10月27日付でD種優先株
           式を自己株式として取得し、その対価として普通株式を交付しております。
                                118/130













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社イメージ・マジック(E37419)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2【第三者割当等の概況】
     1【第三者割当等による株式等の発行の内容】
           項目          株式(1)        株式(2)        株式(3)        株式(4)        株式(5)
      発行年月日              2020年1月30日        2020年4月22日        2020年4月24日        2020年7月31日        2021年1月29日

      種類               普通株式        普通株式        普通株式        普通株式        普通株式

      発行数                 63,700株         4,000株        80,300株        10,000株        80,000株

                        800円        800円        800円        800円       1,000円
      発行価格
                     (注)4        (注)4        (注)4        (注)4        (注)4
      資本組入額                  400円        400円        400円        400円        500円
      発行価額の総額               50,960,000円         3,200,000円        64,240,000円         8,000,000円        80,000,000円

      資本組入額の総額               25,480,000円         1,600,000円        32,120,000円         4,000,000円        40,000,000円

      発行方法               第三者割当        第三者割当        第三者割当        第三者割当        第三者割当

      保有期間等に関する確約                 -        -        -       (注)2        (注)2

             項目                新株予約権①                  新株予約権②

      発行年月日                       2019年8月31日                  2020年7月31日

                            第4回新株予約権                  第5回新株予約権
      種類
                          (ストックオプション)                  (ストックオプション)
                                   普通株式                  普通株式
      発行数
                                   208,674株                   17,383株
                                     400円                  800円
      発行価格
                              (注)4                  (注)4
      資本組入額                               200円                  400円
      発行価額の総額                            83,469,600円                  13,906,400円

      資本組入額の総額                            41,734,800円                   6,953,200円

                       2019年7月30日開催の定時株主総会に                  2020年7月30日開催の定時株主総会に
                       おいて、会社法第236条、第238条及び                  おいて、会社法第236条、第238条及び
      発行方法                  第239条の規定に基づく新株予約権の                  第239条の規定に基づく新株予約権の
                       付与(ストックオプション)に関する                  付与(ストックオプション)に関する
       &n