JNSホールディングス株式会社 四半期報告書 第18期第3四半期(令和3年9月1日-令和3年11月30日)

提出書類 四半期報告書-第18期第3四半期(令和3年9月1日-令和3年11月30日)
提出日
提出者 JNSホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2022年1月14日
     【四半期会計期間】                   第18期第3四半期(自 2021年9月1日 至 2021年11月30日)
     【会社名】                   JNSホールディングス株式会社
     【英訳名】                   JNS HOLDINGS INC.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  池田 昌史
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区神田須田町一丁目23番地1
     【電話番号】                   03-6838-8800
     【事務連絡者氏名】                   専務取締役経営管理部長  中野 隆司
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区神田須田町一丁目23番地1
     【電話番号】                   03-6838-8800
     【事務連絡者氏名】                   専務取締役経営管理部長  中野 隆司
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/20













                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第17期           第18期
              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第17期
                              累計期間           累計期間
                              自2020年           自2021年           自2020年

                              3月1日           3月1日           3月1日
             会計期間
                              至2020年           至2021年           至2021年
                              11月30日           11月30日           2月28日
                                6,074,414           6,736,584           8,499,614

     売上高                (千円)
                                 137,761           189,152           217,170
     経常利益                (千円)
     親会社株主に帰属する四半期(当
                                 148,623           625,369           315,976
                     (千円)
     期)純利益
                                 128,246           437,953           297,780
     四半期包括利益又は包括利益                (千円)
                                5,054,427           5,591,059           5,232,775
     純資産額                (千円)
                                8,459,105           8,938,860           6,876,322
     総資産額                (千円)
                                  12.77           52.20           27.07
     1株当たり四半期(当期)純利益                 (円)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                                  12.15           49.83           25.65
                      (円)
     (当期)純利益
                                   59.4           62.2           75.6
     自己資本比率                 (%)
                              第17期           第18期

              回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2020年           自2021年

                              9月1日           9月1日
             会計期間
                              至2020年           至2021年
                              11月30日           11月30日
     1株当たり四半期純利益又は
                                              5.22
                                  △ 0.70
                      (円)
     1株当たり四半期純損失(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
     2【事業の内容】

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動は次のとおりであります。
      (DXソリューション事業)
       主要な関係会社の異動はありません。
      (X-Techサービス事業)
       第2四半期連結会計期間において、持分法適用関連会社であった株式会社バリューデザインの株式を一部売却した
      ことに伴い、同社を持分法適用関連会社から除外いたしました。
                                 2/20




                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

    (1)経営成績の状況
      当第3四半期連結累計期間(自2021年3月1日至2021年11月30日)における日本経済は、7月~9月の実質GDP成長率
     が前期比0.9%減、年率換算3.6%減となったものの、9月30日には「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」等が全
     面的に解除となり、個人消費を中心に景気回復の方向に動き出しているものとみられます。
      また、デジタルトランスフォーメーション(DX)の流れは、「Withコロナ」が促進する形となり、公共サービスから
     企業活動、教育、医療、健康、エンターテインメントなど、あらゆる領域で着実に進行しつつあります。
      当社グループにおいては、これらがフォローの風となり、2022年2月期は、Nintendo                                        Switchソフトや教育コンテン
     ツ、ヘルスケアサービス等のX-Techサービス事業は好調に推移してきましたが、反面、コロナ禍によって生じたインバ
     ウンド需要の激減や半導体等部材調達環境の悪化に伴い、DXソリューション事業においてはデバイス事業の不採算化が
     続いてきました。しかしながら、当第3四半期には各種IoTデバイス、法人向けICT製品へのシフトによる受注確保や設
     計変更を伴う代替部品への置き換え、部品の先行調達などのリカバリー施策を展開してきたことが実を結び、業績が大
     きく復調、DXソリューション事業のセグメント利益は当累計期間で黒字に転換しました。
      第3四半期のX-Techサービス事業については、2021年7月に発売し爆発的なヒットとなったNintendo                                                Switchソフト
     『クレヨンしんちゃん「オラと博士の夏休み」』が、夏商戦を終え出荷ペースは鈍化しましたが、DX化の流れを受けて
     教育コンテンツプロデュース事業や健康増進サービス等のコンテンツ系Techサービス、コミュニケーション管理・
     キャッシュレス決済などのビジネス系Techサービスともに順調に推移しました。
      これらの結果、当第3四半期連結累計期間における当社グループの売上高は6,736,584千円(前年同期比10.9%増)、
     営業利益は292,354千円(前年同期比84.3%増)、経常利益は189,152千円(前年同期比37.3%増)、純利益については第
     2四半期に株式会社バリューデザインの株式の一部売却に伴う特別利益等があり625,369千円(前年同期比320.8%増)と
     なりました。
      なお、12月22日付の「業績予想の修正に関するお知らせ」で公表いたしました通り、第3四半期におけるデバイスソ
     リューション事業の復調状況を鑑み、今年度の売上予想を95億円と上方修正しております。
      セグメント別の事業動向については以下の通りです。

      <DXソリューション事業>

      当第3四半期連結累計期間におけるDXソリューション事業の売上高は4,107,598千円(前年同期比14.8%減)、セグメ
     ント利益は25,651千円(前年同期比92.7%減)となりました。
      昨年度来損失を計上していたデバイスソリューション事業については、長期化するコロナ禍により激減したインバウ
     ンド製品中心の事業構造を見直し、各種IoTデバイス、法人向けICT製品などの新規案件獲得に向け積極的な受注活動を
     展開したことや、世界的な半導体等の部材の需給逼迫や価格高騰に対しては、代替部品への変更対応や設計見直し、ま
     た深圳のサプライチェーンの活用、長期部品の先行調達など、リカバリー施策を展開してきたことが実を結び、当期に
     おいて復調を果たし大幅な黒字化を達成しました。サービスソリューション事業においては、コロナ禍で停滞していた
     既存クライアントからの受注が回復傾向にあり、DX関連の新規案件の受注も堅調に推移しました。これらの結果、第3
     四半期においてDXソリューション事業全体でセグメント損益114,741千円という大幅な増益を達成し、当累計期間におい
     て黒字に転換いたしました。
                                 3/20






                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
      <X-Techサービス事業>
      当第3四半期連結累計期間におけるX-Techサービス事業の売上高は2,628,986千円(前年同期比109.7%増)、セグメ
     ント利益は491,479千円(前年同期はセグメント損失10,185千円)となりました。
      コンテンツ系Techサービスにおいては、教育系出版社との協業による教育コンテンツプロデュース事業や自治体、法
     人向けウォーキングイベントサービス「RenoBody」が順調に拡大しました。ビジネス系Techサービスにおいては、
     「Withコロナ」で促進されつつあるDX化の流れを背景に、法人向けの業務効率化を目的とした「OfficeBOT」やコミュニ
     ケーション管理サービス「SMARTアドレス帳」が好調に推移しました。また、電子マネーアプリにおいては、株式会社バ
     リューデザイン、アララ株式会社と協力して、ハウス型プリペイド市場拡大に向けた取り組みを強化しています。
     Nintendo     Switch事業については、2021年7月に発売して爆発的なヒットとなった『クレヨンしんちゃん「オラと博士の
     夏休み」』は夏の商戦期が終わり、現在、来年度リリース予定の海外向け完全ローカライズ版の開発に注力していま
     す。
    (2)財政状態の分析

      ①資産
       当第3四半期連結会計期間末における流動資産は7,448,582千円となり、前連結会計年度末に比べ3,453,422千円増
      加いたしました。これは主に現金及び預金が2,769,495千円、たな卸資産が216,289千円、前渡金が500,027千円増加し
      たことなどによるものです。固定資産は1,490,278千円となり、前連結会計年度末に比べ1,390,884千円減少いたしま
      した。これは主に有形固定資産が40,339千円増加したものの、無形固定資産が207,543千円、投資その他の資産が
      1,223,680千円減少したことなどによるものです。この結果、総資産は8,938,860千円(前連結会計年度末は6,876,322
      千円)となり、前連結会計年度末に比べ2,062,537千円増加いたしました。
      ②負債

       当第3四半期連結会計期間末における負債合計は3,347,801千円(前連結会計年度末は1,643,547千円)となり、前
      連結会計年度末に比べ1,704,253千円増加いたしました。これは主に前受金が221,567千円、1年内返済予定の長期借入
      金が276,282千円、長期借入金が1,158,526千円増加したことなどによるものです。
      ③純資産

       当第3四半期連結会計期間末における純資産合計は5,591,059千円(前連結会計年度末は5,232,775千円)となり、
      前連結会計年度末に比べ358,284千円増加いたしました。これは主にその他の包括利益累計額が186,473千円減少した
      ことに加え、自己株式の取得により115,290千円減少したものの、利益剰余金が635,111千円増加したことなどによる
      ものです。
    (3)経営方針・経営戦略等

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はありま
     せん。
    (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要な変
     更はありません。
    (5)研究開発活動

      当社は、新規サービス提供のための開発に継続して取り組んでおります。なお、当第3四半期連結累計期間におきま
     しては、DXソリューション事業において58,040千円の研究開発費を計上しております。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/20





                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           24,000,000

                  計                                24,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現                          上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
        種類      在発行数(株)                          又は登録認可金融商品               内容
                            (2022年1月14日)
              (2021年11月30日)                          取引業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数
                   12,130,300             12,140,400
     普通株式
                                         (市場第一部)             100株
                   12,130,300             12,140,400
        計                                    -           -
     (注)1.普通株式は完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式です。
         2.新株予約権の行使により提出日現在の発行済株式が10,100株増加しております。
         3.「提出日現在発行数」欄には、2022年1月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により
           発行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式総数        発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増       資本準備金残

        年月日
                増減数(株)        数残高(株)         (千円)       (千円)      減額(千円)       高(千円)
     2021年9月1日~

     2021年11月30日              120,700      12,130,300          7,913     2,391,021          7,913      890,180
     (注)1
     (注)1.新株予約権の行使による増加であります。
         2.2021年12月1日から2021年12月31日までの間に、新株予約権の行使により発行済株式総数が10,100株、資本
           金及び資本準備金がそれぞれ402千円増加しております。
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/20





                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年11月30日現在
             区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                              -       -            -

     議決権制限株式(自己株式等)                              -       -            -

     議決権制限株式(その他)                              -       -            -

                                210,100
     完全議決権株式(自己株式等)                    普通株式                 -            -
                              11,915,400             119,154
     完全議決権株式(その他)                    普通株式                            -
                                 4,800
     単元未満株式                    普通株式                 -            -
                              12,130,300
     発行済株式総数                                     -            -
                                            119,154
     総株主の議決権                              -                   -
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式5株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年11月30日現在
                                                   発行済株式総数に
     所有者の氏名又は                  自己名義所有株式         他人名義所有株式         所有株式数の合計
               所有者の住所                                    対する所有株式数
     名称                  数(株)         数(株)            (株)
                                                   の割合(%)
              東京都千代田区神
     JNSホールディン
              田須田町一丁目23              210,100                  210,100           1.73
                                        -
     グス株式会社
              番地1
                            210,100                  210,100           1.73
         計         -                      -
        (注)当第3四半期末現在において当社名義で単元未満株式5株を所有しております。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 6/20










                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2021年9月1日から2021
      年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年11月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表についてEY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 7/20

















                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年2月28日)              (2021年11月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       2,050,141              4,819,636
        現金及び預金
                                       1,038,573              1,095,878
        受取手形及び売掛金
                                        25,822              137,997
        商品
                                        35,636              171,977
        仕掛品
                                        217,487              185,261
        原材料
                                        192,648              692,676
        前渡金
                                        439,755              349,847
        その他
                                        △ 4,904             △ 4,692
        貸倒引当金
                                       3,995,160              7,448,582
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        133,856              145,322
          建物(純額)
                                         4,386              3,921
          車両運搬具(純額)
                                        64,677              94,126
          器具備品(純額)
                                         1,544              1,433
          建設仮勘定
                                        204,464              244,804
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        178,014              191,482
          ソフトウエア
                                        256,078               58,962
          ソフトウエア仮勘定
                                        72,289              46,265
          のれん
                                         4,719              6,848
          その他
                                        511,102              303,558
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        77,924              606,618
          投資有価証券
                                       1,702,948
          関係会社株式                                               -
                                         1,212              1,823
          関係会社出資金
                                        151,696              141,829
          繰延税金資産
                                        238,870              197,216
          差入保証金
                                        30,073              31,559
          その他
                                       △ 37,131             △ 37,131
          貸倒引当金
                                       2,165,595               941,915
          投資その他の資産合計
                                       2,881,162              1,490,278
        固定資産合計
                                       6,876,322              8,938,860
       資産合計
                                 8/20








                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2021年2月28日)              (2021年11月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        350,252              414,595
        買掛金
                                        200,000
        短期借入金                                                -
                                        149,742              426,024
        1年内返済予定の長期借入金
                                        48,142              226,373
        未払法人税等
                                        127,297              348,864
        前受金
                                        204,846              216,346
        賞与引当金
                                          427              427
        製品保証引当金
                                        376,396              364,827
        その他
                                       1,457,104              1,997,457
        流動負債合計
       固定負債
                                        130,854             1,289,380
        長期借入金
                                        14,813              27,944
        繰延税金負債
                                        33,445              24,900
        資産除去債務
                                         7,329              8,119
        その他
                                        186,443             1,350,343
        固定負債合計
                                       1,643,547              3,347,801
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       2,378,899              2,391,021
        資本金
                                       1,487,890              1,500,011
        資本剰余金
                                       1,287,666              1,922,778
        利益剰余金
                                         △ 76           △ 115,366
        自己株式
                                       5,154,380              5,698,445
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        41,486
        その他有価証券評価差額金                                             △ 187,971
                                         2,377
        繰延ヘッジ損益                                              △ 4,090
                                         1,061              50,514
        為替換算調整勘定
                                        44,925
        その他の包括利益累計額合計                                             △ 141,548
                                        33,469              34,162
       新株予約権
                                       5,232,775              5,591,059
       純資産合計
                                       6,876,322              8,938,860
     負債純資産合計
                                 9/20









                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)               至 2021年11月30日)
                                       6,074,414              6,736,584
     売上高
                                       4,275,473              4,229,992
     売上原価
                                       1,798,940              2,506,592
     売上総利益
                                       1,640,323              2,214,237
     販売費及び一般管理費
                                        158,617              292,354
     営業利益
     営業外収益
                                         1,827               664
       受取利息
                                                       19,182
       為替差益                                    -
                                        35,742
       補助金収入                                                  -
                                         6,097              4,717
       その他
                                        43,666              24,564
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         9,337              9,247
       支払利息
                                        34,988
       為替差損                                                  -
                                        17,066              107,031
       持分法による投資損失
                                         3,130              11,488
       その他
                                        64,522              127,766
       営業外費用合計
                                        137,761              189,152
     経常利益
     特別利益
                                                      651,005
       関係会社株式売却益                                    -
                                         9,924              2,796
       持分変動利益
                                         2,367
                                                         -
       新株予約権戻入益
                                        12,292              653,801
       特別利益合計
     特別損失
                                                       27,671
       減損損失                                    -
                                                       9,185
                                          -
       事務所移転費用
                                                       36,857
       特別損失合計                                    -
                                        150,053              806,096
     税金等調整前四半期純利益
                                         1,351             180,727
     法人税等
                                        148,701              625,369
     四半期純利益
                                          78
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                                   -
                                        148,623              625,369
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                10/20








                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2020年3月1日              (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)               至 2021年11月30日)
                                        148,701              625,369
     四半期純利益
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金                                 △ 17,394             △ 229,458
                                          111
       繰延ヘッジ損益                                               △ 6,468
                                                       48,669
       為替換算調整勘定                                 △ 3,038
                                         △ 134             △ 158
       持分法適用会社に対する持分相当額
       その他の包括利益合計                                 △ 20,455             △ 187,415
                                        128,246              437,953
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        128,167              437,953
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          78
       非支配株主に係る四半期包括利益                                                  -
                                11/20















                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
           第1四半期連結会計期間において、NEOS                   INNOVATIONS      INTERNATIONAl,INC.を清算したため連結の範囲より
          除外しております。
         (持分法適用の範囲の重要な変更)
           第2四半期連結会計期間において、株式の一部売却に伴い株式会社バリューデザインを持分法適用の範囲よ
          り除外しております。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用につきましては、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果
         会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
          ただし、当該見積実効税率を用いて税金費用を計算すると著しく合理性を欠く結果となる場合には、法定実効
         税率を使用する方法によっております。
        (追加情報)

         (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱いの適用)
          当社及び一部の国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創
         設されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた
         項目については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実
         務対応報告第39号 令和2年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企
         業会計基準適用指針第28号 平成30年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額
         について、改正前の税法の規定に基づいております。
         (新型コロナウイルス感染症の影響について)

          新型コロナウイルス感染症の収束への道筋がみえないなか、実体経済の先行きは極めて不透明な状況が続いて
         います。ICT市場は、DX化への期待とコロナ禍による景気悪化の影響が混在している状況にあります。これらを
         踏まえ、収束時期が不透明な状況がある程度続く可能性があるという前提に応じ、保守的に繰延税金資産の回収
         可能性の会計上の見積りを行っておりますが、結果として、当該会計上の見積りの仮定については前連結会計年
         度から重要な変更はありません。しかしながら、今後、爆発的な感染の拡がり等により、予想を上回る日本経済
         の悪化や当社グループ顧客への多大な影響等が出た場合、当社グループの製品、サービスの需要減少をもたら
         し、当連結会計年度以降の財政状態及び経営成績に重要な影響を与える可能性があります。
                                12/20









                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                          前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                          (自 2020年3月1日                  (自 2021年3月1日
                           至 2020年11月30日)                  至 2021年11月30日)
                                 140,072千円                   390,737千円
        減価償却費
        のれんの償却額                            26,024千円                           26,024千円
        (株主資本等関係)

        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年11月30日)
         1.配当に関する事項

           配当金支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)        株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (千円)
                              (円)
      2020年5月12日
               普通株式        34,450        3.0    2020年2月29日         2020年5月28日         利益剰余金
       取締役会
         2.株主資本の金額の著しい変動

           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2021年3月1日 至 2021年11月30日)

         1.配当に関する事項

           配当金支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)        株式の種類                      基準日        効力発生日        配当の原資
                              配当額
                      (千円)
                              (円)
      2021年4月22日
               普通株式        23,587        2.0    2021年2月28日         2021年5月27日         利益剰余金
       取締役会
         2.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、2021年10月14日開催の取締役会決議に基づき、自己株式210,000株の取得を行いました。この結
          果、当第3四半期連結累計期間において自己株式が115,290千円増加し、当第3四半期連結会計期間末におい
          て自己株式が115,366千円となっております。
                                13/20








                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
      Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自                 2020年3月1日 至          2020年11月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益または損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント                            四半期連結
                                             調整額        損益計算書
               DXソリューション          X-Techサービス                   (注1)         計上額
                                     計
                  事業         事業                          (注2)
     売上高

      外部顧客への
                   4,820,945         1,253,469         6,074,414                 6,074,414
                                                 -
      売上高
      セグメント間の
                    62,313                  62,313
      内部売上高                         -              △ 62,313           -
      又は振替高
                   4,883,258         1,253,469         6,136,727                 6,074,414
         計                                     △ 62,313
                    351,174                  340,989                 158,617
     セグメント利益                       △ 10,185                △ 182,372
     (注)1.セグメント利益の調整額△182,372千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用△155,817千
           円、のれんの償却額△26,024千円等が含まれております。全社費用は、主に提出会社の管理部門に係る費用
           であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

         該当事項はありません。
      Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自                 2021年3月1日 至          2021年11月30日)

       1.報告セグメントごとの売上高及び利益または損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                         報告セグメント                            四半期連結
                                             調整額        損益計算書
               DXソリューション          X-Techサービス                   (注1)         計上額
                                     計
                  事業         事業                          (注2)
     売上高

      外部顧客への
                   4,107,598         2,628,986         6,736,584                 6,736,584
                                                 -
      売上高
      セグメント間の
                    107,239          1,350        108,589
      内部売上高                                       △ 108,589            -
      又は振替高
                   4,214,837         2,630,336         6,845,174                 6,736,584
         計                                    △ 108,589
                    25,651         491,479         517,131                 292,354
     セグメント利益                                        △ 224,776
     (注)1.セグメント利益の調整額△224,776千円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用△197,636千
           円、のれんの償却額△26,024千円等が含まれております。全社費用は、主に提出会社の管理部門に係る費用
           であります。
         2.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

      (固定資産に係る重要な減損損失)
        当第3四半期連結累計期間に「DXソリューション事業」セグメントにおいて、27,671千円の減損損失を計上して
       おります。
                                14/20



                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
        (金融商品関係)
         記載すべき重要な事項はありません。
        (有価証券関係)

        記載すべき重要な事項はありません。
        (デリバティブ取引関係)

         記載すべき重要な事項はありません。
        (企業結合等関係)

          該当事項はありません。
                                15/20

















                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2020年3月1日               (自 2021年3月1日
                                至 2020年11月30日)               至 2021年11月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益金額                                 12円77銭               52円20銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                       148,623               625,369
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       148,623               625,369
       利益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              11,641,344               11,979,358
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額                                 12円15銭               49円83銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                         -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                594,480               569,758
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
                                    -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
     のの概要
        (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                16/20










                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
        該当事項はありません。
                                17/20




















                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                18/20




















                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 2022年1月14日

      JNSホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             東京事務所
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              藤田 建二
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                              原賀 恒一郎
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているJNSホール
    ディングス株式会社の2021年3月1日から2022年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2
    021年9月1日から2021年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2021年3月1日から2021年
    11月30日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結
    包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、JNSホールディングス株式会社及び連結子会社の2021年11月
    30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせ
    る事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                19/20






                                                          EDINET提出書類
                                                JNSホールディングス株式会社(E20385)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見
     事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                20/20









PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2024年5月8日

2024年5月31日をもってサービスを終了させていただきます。

2024年4月16日

2024年4月よりデータの更新が停止しております。
他のより便利なサービスが多々出てきた現在、弊サイトは役割を終えたと考えております。改修はせずこのままサービス終了する予定です。2008年よりの長きにわたりご利用いただきましてありがとうございました。登録いただいたメールアドレスなどの情報はサービス終了時点で全て破棄させていただきます。

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。