株式会社三井E&Sホールディングス 四半期報告書 第119期第1四半期(令和3年4月1日-令和3年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第119期第1四半期(令和3年4月1日-令和3年6月30日)
提出日
提出者 株式会社三井E&Sホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2021年8月10日
     【四半期会計期間】                    第119期第1四半期(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
     【会社名】
                          株式会社三井E&Sホールディングス
     【英訳名】

                          Mitsui    E&S  Holdings     Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  岡 良一

     【本店の所在の場所】                    東京都中央区築地五丁目6番4号
     【電話番号】                    03(3544)3121
     【事務連絡者氏名】                    財務経理部長  渡邊 耕一
     【最寄りの連絡場所】                    東京都中央区築地五丁目6番4号
     【電話番号】                    03(3544)3121
     【事務連絡者氏名】                    財務経理部長  渡邊 耕一
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/25













                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第118期           第119期
              回次               第1四半期           第1四半期            第118期
                            連結累計期間           連結累計期間
                              自2020年           自2021年           自2020年

                              4月1日           4月1日           4月1日
             会計期間
                              至2020年           至2021年           至2021年
                              6月30日           6月30日           3月31日
                                 160,779           185,927           663,834
     売上高               (百万円)
                                             6,656
     経常利益又は経常損失(△)               (百万円)            △ 13,903                      △ 8,223
     親会社株主に帰属する四半期
                                             5,712            134
     (当期)純利益又は親会社株主               (百万円)             △ 8,468
     に帰属する四半期純損失(△)
                                             17,541
     四半期包括利益又は包括利益               (百万円)            △ 23,349                      △ 6,995
                                  80,460           107,783            95,901
     純資産額               (百万円)
                                 796,843           729,682           766,449
     総資産額               (百万円)
     1株当たり四半期(当期)純利
                                             70.66            1.67
     益又は1株当たり四半期純損失                (円)           △ 104.76
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                                             70.58            1.67
                     (円)              -
     期(当期)純利益
                                   6.1           11.0            8.8
     自己資本比率                (%)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
         3.第118期第1四半期連結累計期間における潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は
           存在するものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
         4.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当第1四半期連結会計期間の
           期首から適用しており、当第1四半期連結累計期間に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を
           適用した後の指標等となっております。
                                 2/25









                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当社グループは、当社及び当社の関係会社(連結子会社78社、持分法適用非連結子会社1社及び持分法適用関連会
      社47社)から構成されており、主な事業内容は、船舶、海洋開発、機械、情報通信、その他の製品・部品並びにこれ
      らに関連する設備の設計、製造、エンジニアリング、建設・据付、販売・修理及び保守保全を行っているほか、各種
      鋳造品の製造・販売、ソフトウェアの開発、各種サービス業などを営んでおります。
       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが営んでいる事業の内容に重要な変更はありません。
       なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第4 経理の状況 
      1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
       また、当第1四半期連結累計期間における、主要な関係会社の異動は、次のとおりであります。

      <エンジニアリング>
       2021年4月1日付で、当社の連結子会社である株式会社三井E&Sエンジニアリング(以下、「MES-E」)が保有する
      別海バイオガス発電株式会社及び西胆振環境株式会社の全株式を、同社の連結子会社である三井E&S環境エンジニア
      リング株式会社(2021年4月1日付でJFE環境テクノロジー株式会社に商号変更。以下、「MKE」)に会社分割(吸収
      分割)により承継させた上で、MES-Eが保有するMKEの全株式について、JFEエンジニアリング株式会社へ譲渡いたし
      ました。
       これに伴い、従来、連結子会社であったMKE及び同社の子会社である浜松グリーンウェーブ株式会社、別海バイオ
      ガス発電株式会社は、当第1四半期連結会計期間より連結の範囲から除外しております。
       同様に、従来、持分法適用関連会社であった西胆振環境株式会社は当第1四半期連結会計期間より持分法適用の範
      囲から除外しております。
                                 3/25














                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前連結会計年度の有価証券報告書に
      記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
        なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであり
      ます。
      重要事象等

        当社グループは、海外大型EPCプロジェクトの損失等により前連結会計年度まで4期連続の営業損失を計上して
      おり、当第1四半期連結累計期間は黒字に転じたものの、十分な自己資本の回復には至っておりません。
        一方、当社グループは「三井E&Sグループ                   事業再生計画」を策定し、不採算事業の整理・撤退並びに資産売却や固
      定費の圧縮等、財務体質の改善及び収益体質の強化を進めております。
        上記プロジェクトのうち、インドネシア共和国向け火力発電所土木建築工事については工事が継続しており、当連
      結会計年度も工事の進捗に伴ってマイナスの営業キャッシュ・フローが見込まれ、継続企業の前提に関する重要な疑
      義が生じていることを認識しております。しかしながら、資産売却によって資金を獲得できているほか、メインバン
      クをはじめとした取引金融機関からは事業再生計画の実施状況や、前連結会計年度に策定した「2020年度 中期経営
      計画」を評価頂いており、コミットメントライン契約や融資の継続など、引き続き支援が得られていることから継続
      企業の前提に関する重要な不確実性は認められないと判断しております。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
     (1)経営成績の状況

       当第1四半期連結累計期間の世界経済は、大規模な金融緩和や財政出動といった政策効果から回復局面に入ってお
      ります。米国では、ワクチンの普及と大規模な経済対策を追い風に景気が順調に回復しております。欧州では、活動
      制限の緩和によって、アジアでは、中国景気の好調、IT需要に加え、米国の景気対策効果にも支えられ、回復基調に
      あります。一方、国内経済においては、ワクチンの接種が本格的に始まりその効果が期待されますが、消費は引き続
      き感染状況に左右され、設備投資と輸出が景気の下支えとなるものの、依然として先行きは不透明な状況にありま
      す。
       このような状況下、当社グループは、2019年5月に策定した「三井E&Sグループ                                      事業再生計画」(2019年11月に一
      部見直し)に沿って、2021年4月1日付で「三井E&S環境エンジニアリング株式会社(同日付でJFE環境テクノロジー
      株式会社に商号変更)の株式譲渡」を完了しております。
       また、2021年3月29日付で「三井E&S造船株式会社の艦艇事業等の譲渡」の最終契約及び、2021年4月23日付で
      「三井E&S造船株式会社の商船事業の一部株式譲渡」の最終契約の締結を完了しており、事業再生計画は着実に進展
      していると認識しております。
       さらに、当社グループは、2020年8月に策定した「2020年度中期経営計画」(以下、20中計)に沿って、「財務
      体質の改善」、「事業領域の集中と協業」、「経営基盤の強化」を基本方針とした戦略のもと、20中計の施策であ
      るパワーメカトロニクス製品のデジタル化推進・クリーンエネルギー転換といった成長機会に対し、2021年4月に成
      長事業推進室を新設し、当社グループ全体の成長事業の推進を図っております。
       事業再生計画における各施策の完遂と、20中計に示す戦略を実行・加速することで、この難局を乗り切り、今後
      の成長に向けてグループの企業価値向上に取り組んでまいります。
       当第1四半期連結累計期間の受注高は、前年同期と比べて1,565億11百万円減少(△61.9%)の963億5百万円とな
      りました。売上高は、海洋開発部門においてFPSO(浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備)建造工事の進捗に
      より前年同期と比べて251億48百万円増加(+15.6%)の1,859億27百万円となりました。営業利益は、海洋開発部門
      において大型建造工事の収益認識を当第1四半期連結累計期間より開始したことなどから、27億60百万円(前年同期
      は150億92百万円の営業損失)となりました。経常利益は、持分法による投資利益が増加したことなどにより、66億
      56百万円(前年同期は139億3百万円の経常損失)となりました。親会社株主に帰属する四半期純利益は、税金等調
      整前四半期純利益になったこと及び非支配株主に帰属する四半期純利益が増加したことなどから、57億12百万円(前
      年同期は84億68百万円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。なお、会計方針の変更として、「収益
      認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し
      ております。詳細は「第4 経理の状況 1 四半期連結財務諸表 注記事項(会計方針の変更)」に記載のとおり
      です。
                                 4/25



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
       報告セグメント別の状況は次のとおりです。なお、当第1四半期連結会計期間より報告セグメントの区分を変更し
      ており、前年同期との比較は変更後の報告セグメントの区分に基づき記載しています。詳細は「第4 経理の状況 
      1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりです。
      (船舶)

       受注高は、新造船の受注がなかったことなどにより、前年同期と比べて103億8百万円減少(△68.2%)の48億2
      百万円となりました。売上高は、建造船工事の減少などにより、前年同期と比べて90億24百万円減少(△42.0%)の
      124億81百万円となり、営業損失は、不採算工事の減少などにより、前年同期と比べて3億4百万円改善の40百万円
      となりました。
      (海洋開発)

       受注高は、FPSO建造プロジェクトなどを受注しましたが、前年同期と比べて1,133億30百万円減少(△
      71.2%)の458億40百万円となりました。売上高は、FPSO建造工事が進捗したことにより、前年同期と比べて392
      億65百万円増加(+48.7%)の1,198億55百万円となり、営業損益は、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は
      継続して発生しているものの、前連結会計年度末に見直された建造工事の見積りに追加費用の変更を加える程の影響
      は生じていないことや、大型建造工事の収益認識を当第1四半期連結累計期間より新たに開始したことなどにより、
      前年同期の120億71百万円の損失から16億47百万円の利益となりました。
      (機械)

       受注高は、舶用ディーゼル機関の受注減少及び新型コロナウイルス感染症拡大に伴う投資先送りによるコンテナク
      レーンなどの受注減少により、前年同期と比べて78億87百万円減少(△17.5%)の371億91百万円となりました。売
      上高は、舶用ディーゼル機関、コンテナクレーンなどの先送りになっていた工事の引渡しが進み、前年同期と比べて
      58億69百万円増加(+18.2%)の381億57百万円となり、営業利益は、売上高の増加などにより前年同期と比べて91
      百万円増加(+17.8%)の6億4百万円となりました。
      (エンジニアリング)

       環境関連事業の子会社を譲渡した影響などにより、受注高は前年同期と比べて76億15百万円減少(△97.9%)の1
      億62百万円、売上高は前年同期と比べて54億4百万円減少(△66.5%)の27億23百万円となりました。営業損益は、
      期末の為替相場により引当て済みの外貨建て費用が一時的に増加し35億2百万円の損失となった前年同期から赤字幅
      は縮小し、2億39百万円の損失となりました。
     (2)財政状態の状況

       当第1四半期連結会計期間末の資産は、前連結会計年度末と比べて367億67百万円減少の7,296億82百万円となりま
      した。これは、現金及び預金が106億64百万円、受取手形、売掛金及び契約資産(前連結会計年度は受取手形及び売
      掛金)が245億3百万円、仕掛品が196億57百万円それぞれ減少したことなどによります。
       負債は、前連結会計年度末と比べて486億49百万円減少の6,218億99百万円となりました。これは、支払手形及び買
      掛金が296億73百万円、短期借入金が177億82百万円それぞれ減少したことなどによります。
       純資産は、親会社株主に帰属する四半期純利益の計上や為替換算調整勘定の増加などにより、前連結会計年度末と
      比べて118億82百万円増加の1,077億83百万円となりました。
     (3)経営方針・経営戦略等

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあり
      ません。
     (4)研究開発活動

       当第1四半期連結累計期間における当社グループ全体の研究開発活動の金額は4億69百万円であります。
       なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 5/25





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
      連結子会社の株式の一部譲渡
       当社と常石造船株式会社は、2020年7月31日付で、当社の連結子会社である三井E&S造船株式会社(以下、「MES-
      S」)の艦艇事業を除いた商船事業及び一部の子会社を有するMES-Sの株式の一部の譲渡に向けた協議を開始すること
      に関する基本合意書を締結いたしました。その後、詳細について協議・交渉を進めてまいりましたが、この度合意に
      達し、2021年4月23日付で株式譲渡契約を締結いたしました。
       なお、本取引の対象は、艦艇事業等を除いた、商船事業及び一部の子会社・関連会社を有するMES-S株式となり、
      当社は、MES-Sの発行済株式の49%を譲渡しますが、引き続きMES-Sの親会社の立場を維持する予定です。
      (1)異動する子会社の概要

        ①名称           三井E&S造船株式会社
        ②所在地          東京都中央区築地5丁目6番4号
        ③代表者の役職・氏名    代表取締役社長  船津 勇
        ④事業内容         船舶、艦艇、エアクッション艇、および関連機器・装置などの設計、製作、建造、
                      エンジニアリング、修理・保守業務、建設・据付など
        ⑤資本金          100百万円
        ⑥設立年月         2017年5月
      (2)譲渡する株式の数

        ①異動前の所有株式数    50,600株(議決権所有割合:100.0%)
        ②譲渡株式数        24,794株(議決権所有割合:                            49.0%)
        ③異動後の所有株式数    25,806株(議決権所有割合:                            51.0%)
        (注)上記株式数及び議決権の数は、MES-Sの資本政策等により今後変動する可能性がありますが、上記の議決権
           所有割合は変更させない予定です。
                                 6/25












                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 150,000,000

                  計                               150,000,000

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末                        上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
        種類       現在発行数(株)                       又は登録認可金融商品                内容
                          (2021年8月10日)
              (2021年6月30日)                       取引業協会名
                                      東京証券取引所              単元株式数
                 83,098,717             83,098,717
      普通株式
                                      市場第一部               100株
                 83,098,717             83,098,717
        計                                   -           -
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2021年8月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行
         された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                      (百万円)       (百万円)
     2021年4月1日~
                     -     83,098         -     44,384         -     18,154
     2021年6月30日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/25







                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(2021年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                  2021年6月30日現在
            区分              株式数(株)           議決権の数(個)               内容
      無議決権株式                       -            -            -

      議決権制限株式(自己株式等)                       -            -            -

      議決権制限株式(その他)                       -            -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式        2,250,600           -            -

                        普通株式       80,590,500           805,905
      完全議決権株式(その他)                                               -
      単元未満株式                  普通株式          257,617          -            -

                             83,098,717
      発行済株式総数                                   -            -
                                        805,905
      総株主の議決権                       -                        -
     (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が1,000株(議決権10個)
           含まれております。
         2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式が44株含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年6月30日現在
                               自己名義       他人名義       所有株式数       発行済株式総数に
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数       所有株式数       の合計       対する所有株式数
                               (株)       (株)       (株)       の割合(%)
     株式会社三井E&Sホール             東京都中央区築地五丁目
                                2,250,600             2,250,600           2.70
                                       -
     ディングス             6番4号
                                2,250,600             2,250,600           2.70
          計             -                -
     (注)株主名簿上は当社名義となっておりますが実質的に所有していない株式が、400株あります。なお、当該株式数
         は、上記「発行済株式」の「完全議決権株式(自己株式等)」欄の普通株式に含まれております。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 8/25








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021
      年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任           あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/25

















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年6月30日)
     資産の部
       流動資産
                                        137,647              126,983
        現金及び預金
                                        233,955
        受取手形及び売掛金                                                 -
                                                      209,451
        受取手形、売掛金及び契約資産                                   -
                                         5,925              5,824
        商品及び製品
                                        55,287              35,629
        仕掛品
                                         4,231              4,234
        原材料及び貯蔵品
                                         1,745              8,081
        短期貸付金
                                        41,772              46,020
        その他
                                        △ 1,498             △ 1,170
        貸倒引当金
                                        479,067              435,055
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                        70,959              70,960
          土地
                                        60,187              58,771
          その他(純額)
                                        131,146              129,731
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                         9,631              9,518
          のれん
                                        17,769              17,757
          その他
                                        27,400              27,276
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        129,178              137,923
          その他
                                         △ 342             △ 305
          貸倒引当金
                                        128,835              137,618
          投資その他の資産合計
                                        287,382              294,627
        固定資産合計
                                        766,449              729,682
       資産合計
                                10/25










                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2021年3月31日)              (2021年6月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        215,208              185,535
        支払手形及び買掛金
                                     ※2 ,※3  70,852           ※2 ,※3  53,069
        短期借入金
                                        20,713              19,032
        1年内返済予定の長期借入金
                                        15,000              15,000
        1年内償還予定の社債
                                         6,490              7,670
        未払法人税等
                                        94,345                789
        前受金
                                                      107,064
        契約負債                                   -
                                        10,823              11,209
        保証工事引当金
                                        77,043              72,147
        受注工事損失引当金
                                         3,731              3,985
        修繕引当金
                                         7,602              4,302
        その他の引当金
                                           4              4
        資産除去債務
                                        37,427              41,762
        その他
                                        559,244              521,574
        流動負債合計
       固定負債
                                        20,000              20,000
        社債
                                       ※3  37,964             ※3  31,379
        長期借入金
                                          20              22
        役員退職慰労引当金
                                         1,879              1,719
        事業構造改革引当金
                                         1,643              1,171
        その他の引当金
                                         8,052              7,529
        退職給付に係る負債
                                         2,368              2,381
        資産除去債務
                                        39,374              36,120
        その他
                                        111,303              100,324
        固定負債合計
                                        670,548              621,899
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        44,384              44,384
        資本金
                                        18,396              18,415
        資本剰余金
        利益剰余金                                △ 8,596             △ 5,324
                                        △ 4,696             △ 4,696
        自己株式
                                        49,488              52,778
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          193              274
        その他有価証券評価差額金
        繰延ヘッジ損益                                △ 9,174             △ 5,412
                                        27,609              27,609
        土地再評価差額金
                                                        102
        為替換算調整勘定                                △ 5,930
                                         5,321              5,117
        退職給付に係る調整累計額
                                        18,019              27,691
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   151              151
                                        28,241              27,162
       非支配株主持分
                                        95,901              107,783
       純資産合計
                                        766,449              729,682
     負債純資産合計
                                11/25





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
                                        160,779              185,927
     売上高
                                        165,081              172,888
     売上原価
                                                       13,038
     売上総利益又は売上総損失(△)                                   △ 4,301
                                        10,791              10,278
     販売費及び一般管理費
                                                       2,760
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 15,092
     営業外収益
                                         1,305              1,250
       受取利息
                                          129               77
       受取配当金
                                          557             2,205
       持分法による投資利益
                                          212              693
       為替差益
                                          510              934
       その他
                                         2,714              5,162
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          709              765
       支払利息
                                          231              222
       支払手数料
                                          305               70
       デリバティブ評価損
                                          278              208
       その他
                                         1,525              1,266
       営業外費用合計
                                                       6,656
     経常利益又は経常損失(△)                                  △ 13,903
     特別利益
                                          14              346
       固定資産処分益
                                                         11
       投資有価証券売却益                                    -
                                         2,342              4,607
       関係会社株式売却益
                                         2,357              4,965
       特別利益合計
     特別損失
                                          780               35
       固定資産処分損
                                          836
       減損損失                                                  -
                                          180              180
       投資有価証券評価損
                                          476
       関係会社整理損失引当金繰入額                                                  -
                                          67
       事業構造改革費用                                                  -
                                          818
                                                         -
       退職給付費用
                                         3,158               215
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                                       11,406
                                       △ 14,705
     純損失(△)
                                                       4,393
     法人税等                                    △ 807
                                                       7,012
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 13,897
     非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                                       1,300
                                        △ 5,429
     に帰属する四半期純損失(△)
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                                       5,712
                                        △ 8,468
     に帰属する四半期純損失(△)
                                12/25






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年4月1日              (自 2021年4月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
                                                       7,012
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 13,897
     その他の包括利益
                                          177               82
       その他有価証券評価差額金
                                          30
       繰延ヘッジ損益                                               △ 2,251
                                                       4,489
       為替換算調整勘定                                 △ 2,873
                                          109
       退職給付に係る調整額                                                △ 247
                                                       8,455
                                        △ 6,895
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                                       10,528
       その他の包括利益合計                                 △ 9,451
                                                       17,541
     四半期包括利益                                  △ 23,349
     (内訳)
                                                       15,384
       親会社株主に係る四半期包括利益                                 △ 15,683
                                                       2,156
       非支配株主に係る四半期包括利益                                 △ 7,665
                                13/25















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (1)連結の範囲の重要な変更
           当第1四半期連結会計期間において、三井E&S環境エンジニアリング株式会社(2021年4月1日付でJFE環境
          テクノロジー株式会社に商号変更。以下、「MKE」)、同社の子会社である浜松グリーンウェーブ株式会社及
          び別海バイオガス発電株式会社は、当社の連結子会社である株式会社三井E&Sエンジニアリングが保有するMKE
          の全株式を売却したため、連結の範囲から除外しております。
         (2)持分法適用の範囲の重要な変更

           当第1四半期連結会計期間において、西胆振環境株式会社は、当社の連結子会社である株式会社三井E&Sエ
          ンジニアリングが同社を保有するMKEの全株式を売却したため、持分法適用の範囲から除外しております。
        (会計方針の変更)

         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
         う。)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
         で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。これによ
         り、工事契約に関して、従来は、工事の進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基
         準を適用しておりましたが、財又はサービスに対する支配が一定期間にわたって顧客へ移転する場合には、履行
         義務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を認識する方法に変更しております。進捗度は、履
         行義務の充足のために発生した原価が、当該履行義務の充足のために予想される総原価に占める割合に基づいて
         見積もっております。また、出来高に基づいて進捗度を見積もっていた一部の工事契約についても上記の方法に
         変更しております。
          収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
         おり、当第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1
         四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。ただ
         し、収益認識会計基準第86項に定める方法を適用し、当第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱
         いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収
         益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、当第1四半期連結会計期間の期首より前までに行わ
         れた契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響
         額を当第1四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
          この結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は3,255百万円減少し、売上原価は2,851百万円減少し、営業利
         益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益はそれぞれ403百万円減少しております。また、利益剰余金の当期
         首残高は2,440百万円減少しております。
          なお、セグメント情報に与える影響は「注記事項(セグメント情報等)」に記載しております。
          収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示してい
         た「受取手形及び売掛金」は、当第1四半期連結会計期間より「受取手形、売掛金及び契約資産」に含めて表示
         することといたしました。なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年
         度について新たな表示方法により組替えを行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」
         (企業会計基準第12号 2020年3月31日)第28-15項に定める経過的な取扱いに従って、前第1四半期連結累計
         期間に係る顧客との契約から生じる収益を分解した情報を記載しておりません。
         (時価の算定に関する会計基準等の適用)

          「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日。以下「時価算定会計基準」とい
         う。)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、時価算定会計基準第19項及び「金融商品に関する会計
         基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)第44-2項に定める経過的な取扱いに従って、時価算定会計基
         準等が定める新たな会計方針を、将来にわたって適用することといたしました。これにより、その他有価証券の
         うち時価のある株式については、従来、期末決算日前1ヵ月の市場価格等の平均に基づく時価法を採用しており
         ましたが、当第1四半期連結会計期間より、期末決算日の市場価格等に基づく時価法に変更しております。
                                14/25




                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)
        (税金費用の計算)
         税金費用について、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計適用
        後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。また、見積
        実効税率を使用できない場合は、税引前四半期純利益に一時差異等に該当しない重要な差異を加減した上で、法定
        実効税率を乗じて計算しております。
         なお、法人税等調整額は法人税等に含めて表示しております。
        (追加情報)

        (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用)
         当社及び一部の国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設さ
        れたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目に
        ついては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応報
        告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適
        用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、改正前
        の税法の規定に基づいております。
        (新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う会計上の見積りについて)

         新型コロナウイルス感染症の広がりは、経済や企業活動に広範な影響を与えており、当社グループにおいても、
        製品引渡しの延期や受注機会の減少及び工事の遅れ等影響が出ております。今後は徐々に人の行き来が緩和され、
        経済活動が正常化していくものと想定しておりますが、回復の時期を見通すことは困難です。
         このような状況を踏まえ、本感染症の影響が当連結会計年度末まで続く可能性があるものと仮定して、会計上の
        見積りを行っております。本感染症の影響が悪化・長期化する場合、顧客の投資意欲の減退、需要の減少につなが
        り、当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を及ぼす可能性があります。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、前連結会計年度に行った会計上の見積りの前提となる新型コロナウ
        イルス感染症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定について、新たな追加情報の発生や重要な変更はありませ
        ん。
                                15/25












                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結貸借対照表関係)
      1 保証債務について
      (1)連結会社以外の会社の金融機関等からの借入及び契約履行等に対し、債務保証を行っております。
               前連結会計年度                         当第1四半期連結会計期間
              (2021年3月31日)                            (2021年6月30日)
     BUZIOS5    MV32   B.V.                      BUZIOS5    MV32   B.V.
                           51,750百万円                          55,355百万円
     SEPIA   MV30   B.V.                       SEPIA   MV30   B.V.
                           34,637                          37,641
     AREA1   MEXICO    MV34   B.V.                    AREA1   MEXICO    MV34   B.V.
                           30,594                          37,095
     LIBRA   MV31   B.V.                       LIBRA   MV31   B.V.
                           30,184                          34,070
     MARLIM1    MV33   B.V.                      MARLIM1    MV33   B.V
                           26,910                          28,784
     CERNAMBI     SUL  MV24   B.V.                    CERNAMBI     SUL  MV24   B.V.
                           2,065                          2,209
     TARTARUGA     MV29   B.V.                     TARTARUGA     MV29   B.V.
                            985                         1,052
     CARIOCA    MV27   B.V.                      CARIOCA    MV27   B.V.
                            912                          975
     TUPI   PILOT   MV22   B.V.                     TUPI   PILOT   MV22   B.V.
                            852                          912
     T.E.N.GHANA      MV25   B.V.                    T.E.N.GHANA      MV25   B.V.
                            842                          901
     その他                      3,401       その他                    3,328
              計            183,137              計            202,325
     前連結会計年度(2021年3月31日)

      上記のうち外貨による保証金額はUS$1,757,086千、MYR36千及びMXN20,251千であります。
      また、上記のほか持分法適用関連会社の金利スワップ取引について債務保証を行っております。なお、当該スワップ
     の時価のうち、当社持分相当額については、「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告
     第24号 2018年9月14日)を適用したことに伴い、連結財務諸表に反映させております。
     当第1四半期連結会計期間(2021年6月30日)

      上記のうち外貨による保証金額はUS$1,817,159千及びMXN37,706千であります。
      また、上記のほか持分法適用関連会社の金利スワップ取引について債務保証を行っております。なお、当該スワップ
     の時価のうち、当社持分相当額については、「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告
     第24号 2018年9月14日)を適用したことに伴い、四半期連結財務諸表に反映させております。
      (2)その他

        ① 三井海洋開発株式会社の連結子会社であるMODEC                         MANAGEMENT      SERVICES     PTE.   LTD.、MODEC(GHANA)LTD.、及び
         MODEC   PRODUCTION      SERVICES     GHANA   JV  LIMITED.、持分法適用関連会社であるT.E.N.GHANA                        MV25   B.V.の4社は、
         ガーナ税務当局による2012年から2018年を対象とした税務調査を受けており、2019年に一旦追加課税を通知する
         文書を受領したものの、2020年に入り税務調査が再開され、2020年11月に再度追加課税を通知する文書を受領し
         ております。しかしながら、当社グループでは、指摘を受けた4社は現地税法に従って適正に申告を行っている
         と考えており、追加課税への反論書を当局へ提出しております。従いまして、この指摘による影響は当第1四半
         期連結会計期間の四半期連結財務諸表の負債としては計上しておらず、今後も当社の業績に大きな影響を及ぼす
         ものではないと認識しております。
        ② Mesco      Denmark    A/Sの連結子会社であるBurmeister                   & Wain   Scandinavian       Contractor      A/S及びBWSC

         (Mauritius)      Ltd.の2社は、モーリシャス税務当局による2016年から2019年を対象とした税務調査の結果、追加
         課税を通知する文書を2020年8月に受領しております。しかしながら、当社グループでは、指摘を受けた2社は
         現地税法に従って適正に申告を行っていると考えており、追加課税への反論書を当局へ提出しております。従い
         まして、この指摘による影響は当第1四半期連結会計期間の四半期連結財務諸表の負債としては計上しておら
         ず、今後も当社の業績に大きな影響を及ぼすものではないと認識しております。
                                16/25





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
     ※2 当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行と当座貸越契約及び貸出コミット
        メント契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (2021年3月31日)                 (2021年6月30日)
     当座貸越極度額及び貸出コミットメントの
                                   122,724百万円                 120,993百万円
     総額
     借入実行残高                              53,359                 34,559
      差引額                             69,365                 86,434
     ※3 財務制限条項

      当社は金融機関とシンジケートローン契約及びコミットメントライン契約を締結しております。これらの契約には財
     務制限条項が付されており、主な内容は次のとおりであります。
      シンジケートローン(長期借入金)

      ・各事業年度の末日における連結貸借対照表の株主資本合計金額を、一定の水準以上に維持すること。
      ・格付機関による格付を一定の水準以上に維持すること。
       コミットメントライン(短期借入金)

      ・各事業年度の決算期(四半期を含む)の末日における連結貸借対照表の株主資本合計金額を、一定の水準以上に維
        持すること。
      当該契約に基づく借入金残高は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                当第1四半期連結会計期間
                           (2021年3月31日)                  (2021年6月30日)
     短期借入金                            53,349百万円                  34,549百万円
     長期借入金                             1,500                  1,500
             計                    54,849                  36,049
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半期連
     結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとおり
     であります。
                           前第1四半期連結累計期間                 当第1四半期連結累計期間
                            (自    2020年4月1日              (自    2021年4月1日
                             至   2020年6月30日)               至   2021年6月30日)
     減価償却費                               3,284百万円                 3,038百万円
     のれんの償却額                                247                 272
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)
         1.配当金支払額
           該当事項はありません。
         2.株主資本の金額の著しい変動

           当社は、2020年4月30日付で当社が保有する千葉工場の土地の一部の譲渡を行いました。この結果、当第1
          四半期連結累計期間において、土地再評価差額金10,155百万円を取り崩し、同額を利益剰余金に振り替えてお
          ります。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

           配当金支払額
           該当事項はありません。
                                17/25



                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
       Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                        四半期
                      報告セグメント
                                                       連結損益
                                        その他
                                              合計     調整額     計算書
                                       (注)1
                                                        計上額
                            エンジニアリング
              船舶    海洋開発      機械           計
                                                       (注)2
     売上高
      外部顧客へ
              21,505     80,590     32,287      8,128    142,511      18,267     160,779          160,779
                                                     -
      の売上高
      セグメント間
                28          625           654    3,843     4,497
      の内部売上高                -           -                  ( 4,497   )     -
      又は振替高
              21,534     80,590     32,913      8,128    143,166      22,111     165,277          160,779
        計                                           ( 4,497   )
     セグメント利益
                          512                313
     又はセグメント          △ 344   △ 12,071          △ 3,502    △ 15,406         △ 15,092        -  △ 15,092
     損失(△)
     その他の項目
                825           11          836          836          836
      減損損失                -           -          -          -
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、陸上用ディーゼル発電プ
              ラント事業、情報・通信関連機器事業、システム開発事業、社会インフラ事業、艦船・航空機用特殊
              機器関連事業等を含めております。
            2.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
          当社は、2020年4月に千葉工場の土地の一部の譲渡及び譲渡した土地の賃借に関する契約を締結しており、当
         社に原状回復義務が生じることから、その費用を資産除去債務として計上し、これに伴って計上した有形固定資
         産について、その全額を「船舶」セグメントにおける減損損失として計上しております。
        (のれんの金額の重要な変動)

          該当事項はありません。
        (重要な負ののれん発生益)

          該当事項はありません。
                                18/25








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
       Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                        四半期
                      報告セグメント
                                                       連結損益
                                        その他
                                              合計     調整額     計算書
                                       (注)1
                                                        計上額
                            エンジニアリング
              船舶    海洋開発      機械           計
                                                       (注)2
     売上高
      外部顧客へ
              12,481     119,855      38,157      2,723    173,218      12,709     185,927          185,927
                                                     -
      の売上高
      セグメント間
                49          321       2    374    3,156     3,530
      の内部売上高                -                             ( 3,530   )     -
      又は振替高
              12,530     119,855      38,478      2,726    173,592      15,866     189,458          185,927
        計                                           ( 3,530   )
     セグメント利益
                    1,647      604          1,971      789    2,760          2,760
     又はセグメント          △ 40              △ 239                      -
     損失(△)
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、陸上用ディーゼル発電プ
              ラント事業、情報・通信関連機器事業、システム開発事業、艦船・航空機用特殊機器関連事業等を含
              めております。
            2.セグメント利益又はセグメント損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの資産に関する情報

          「注記事項(企業結合等関係)」に記載のとおり、当社は、2021年4月1日付で、連結子会社である株式会社
         三井E&Sエンジニアリング(以下、「MES-E」)が保有する別海バイオガス発電株式会社及び西胆振環境株式会社
         の全株式を、同社の連結子会社である三井E&S環境エンジニアリング株式会社(2021年4月1日付でJFE環境テク
         ノロジー株式会社に商号変更。以下、「MKE」)に会社分割(吸収分割)により承継させた上で、MES-Eが保有す
         るMKEの全株式について、JFEエンジニアリング株式会社へ譲渡いたしました。
          これにより、前連結会計年度の末日に比べ、当第1四半期連結会計期間の報告セグメントの資産の金額は、
         「エンジニアリング」セグメントにおいて12,662百万円減少しております。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

         (報告セグメントの区分方法の変更)
          当第1四半期連結会計期間より、2020年度中期経営計画「事業構造の変革」の一環として、艦船・航空機用特
         殊機器の販売・維持管理を行う三井造船特機エンジニアリング株式会社、及び船舶・海洋関連の研究開発を行う
         株式会社三井造船昭島研究所を「船舶」セグメントから「その他」セグメントへ、2019年度に公表した事業再生
         計画におけるエンジニアリング事業の再編に伴い、グループ共有の機能分担会社となったDASH                                           ENGINEERING
         PHILIPPINES,       INC.社を「エンジニアリング」セグメントから「その他」セグメントへそれぞれ変更しておりま
         す。
          なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したもの
         を開示しております。
                                19/25






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
         (収益認識に関する会計基準等の適用)
          「注記事項(会計方針の変更)」に記載のとおり、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 
         2020年3月31日)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移
         転した時点で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することといたしました。
         これにより、工事契約に関して、従来は、工事の進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工
         事進行基準を適用しておりましたが、財又はサービスに対する支配が一定期間にわたって顧客へ移転する場合に
         は、履行義務の充足に係る進捗度を見積り、当該進捗度に基づき収益を認識する方法に変更しております。進捗
         度は、履行義務の充足のために発生した原価が、当該履行義務の充足のために予想される総原価に占める割合に
         基づいて見積もっております。また、出来高に基づいて進捗度を見積もっていた一部の工事契約についても上記
         の方法に変更しております。
          この変更に伴い、従来の方法と比べて、当第1四半期連結累計期間の「海洋開発」セグメントの外部顧客への
         売上高が3,255百万円減少し、セグメント利益が403百万円減少しております。
       4.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

        (固定資産に係る重要な減損損失)
          該当事項はありません。
        (のれんの金額の重要な変動)

          該当事項はありません。
        (重要な負ののれん発生益)

          該当事項はありません。
        (企業結合等関係)

         事業分離
         (連結子会社(孫会社)の株式譲渡)
          当社は、2021年4月1日付で、連結子会社である株式会社三井E&Sエンジニアリング(以下、「MES-E」)が保
         有する別海バイオガス発電株式会社及び西胆振環境株式会社の全株式を、同社の連結子会社である三井E&S環境
         エンジニアリング株式会社(2021年4月1日付でJFE環境テクノロジー株式会社に商号変更。以下、「MKE」)に
         会社分割(吸収分割)により承継させた上で、MES-Eが保有するMKEの全株式について、JFEエンジニアリング株
         式会社(以下、「JFEE」)へ譲渡いたしました。
         1.事業分離の概要
          (1)分離先企業の名称
            JFEエンジニアリング株式会社
          (2)分離した事業の内容
            各種環境施設における設計・調達・建設、運転管理・メンテナンス
          (3)事業分離を行った主な理由
             当社は、2019年5月10日に公表した事業再生計画の一環として、環境リサイクル・バイオガス関連のリ
            ソースをMKEに集約し、グループ外企業との協業を含め、事業構造変革に注力しておりました。そのよう
            な状況において、環境エンジニアリング事業に強固なネットワークや事業基盤を有するJFEEをMKEの新た
            なパートナーとして、ビジネスを一段と強化することがMKEの更なる成長の加速と企業価値の向上に資す
            ると判断し、MKE株式を譲渡することといたしました。
          (4)事業分離日
            2021年4月1日
          (5)法的形式を含むその他取引の概要に関する事項
            受取対価を現金等の財産のみとする株式譲渡
                                20/25






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
         2.実施した会計処理の概要
          (1)移転損益の金額
            関係会社株式売却益            4,607百万円
          (2)移転した事業に係る資産及び負債の適正な帳簿価額並びにその主な内訳
            流動資産           12,138百万円
                         500
            固定資産
            資産合計           12,639
            流動負債
                        8,841
                         649
            固定負債
            負債合計            9,490
          (3)会計処理
            当該譲渡株式の連結上の帳簿価額と売却額との差額を関係会社株式売却益として特別利益に計上しており
           ます。
         3.分離した事業が含まれていた報告セグメント

           エンジニアリング
         4.四半期連結累計期間に係る四半期連結損益計算書に計上されている分離した事業に係る損益の概算額

           当第1四半期連結会計期間の期首に事業分離を行っているため、当第1四半期連結累計期間の四半期連結損
          益計算書に分離した事業に係る損益は計上されておりません。
        (収益認識関係)

         顧客との契約から生じる収益を分解した情報
          当第1四半期連結累計期間(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)
                                                   (単位:百万円)
                               報告セグメント
                                                  その他
                                                        合計
                                                  (注)
                                     エンジニアリング
                      船舶     海洋開発       機械            計
     主たる地域市場

      日本                7,688        -   28,354        19    36,062      6,167     42,230
      中南米                 228    96,043      1,044        -   97,317      1,237     98,555

      (うち、ブラジル)                  (-)   (92,382)        (-)      (-)   (92,382)        (-)   (92,382)

      アフリカ                2,349     19,271       305       -   21,926       263    22,190

      アジア                1,540       488     3,686      2,704      8,420       999     9,420

      その他                 672     4,052      4,765        -    9,490      4,040     13,531
     顧客との契約から生じる収益                 12,481     119,855      38,157      2,723     173,218      12,709     185,927

    (注)「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、陸上用ディーゼル発電プラント事業、
        情報・通信関連機器事業、システム開発事業、艦船・航空機用特殊機器関連事業等を含めております。
                                21/25






                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
        益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年4月1日               (自 2021年4月1日
                                至 2020年6月30日)               至 2021年6月30日)
     (1)1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半
                                     △104円76銭                 70円66銭
        期純損失(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
                                       △8,468                5,712
       株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                   -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失                                △8,468                5,712
       (△)(百万円)
       普通株式の期中平均株式数(千株)                                 80,843               80,848
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                     -            70円58銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                          -               -
       (百万円)
       普通株式増加数(千株)                                   -               89
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株
     当たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株
                                          -               -
     式で、前連結会計年度末から重要な変動があった
     ものの概要
    (注)前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1株
        当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                22/25








                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                23/25




















                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年8月6日

    株式会社三井E&Sホールディングス

      取締役会 御中

                        有限責任     あずさ監査法人

                        東京事務所

                        指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                             山田  真        印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                             大谷 文隆        印
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社三井E&S
    ホールディングスの2021年4月1日から2022年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2021年4月1日
    から2021年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年4月1日から2021年6月30日まで)に係る四半期連結財
    務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期
    レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社三井E&Sホールディングス及び連結子会社の2021年6月30日
    現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項
    が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                24/25





                                                          EDINET提出書類
                                              株式会社三井E&Sホールディングス(E02123)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                25/25








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク