楽天カード株式会社 四半期報告書 第22期第2四半期(令和3年4月1日-令和3年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第22期第2四半期(令和3年4月1日-令和3年6月30日)
提出日
提出者 楽天カード株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第2項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年8月11日

    【四半期会計期間】               第22期第2四半期(自 2021年4月1日 至 2021年6月30日)

    【会社名】               楽天カード株式会社

    【英訳名】               Rakuten    Card   Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 穂坂 雅之

    【本店の所在の場所】               東京都港区南青山二丁目6番21号

    【電話番号】               03-6740-6740

    【事務連絡者氏名】               常務執行役員 藤井 美樹也

    【最寄りの連絡場所】               東京都港区南青山二丁目6番21号

    【電話番号】               03-6740-6740

    【事務連絡者氏名】               常務執行役員 藤井 美樹也

    【縦覧に供する場所】               該当事項なし

                                 1/41










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

      連結経営指標等
                              第21期   第2四半期       第22期   第2四半期

                回次                                    第21期
                               連結累計期間          連結累計期間
                             自   2020年1月1日        自   2021年1月1日        自   2020年1月1日
               会計期間
                             至   2020年6月30日        至   2021年6月30日        至   2020年12月31日
     売上収益                             242,025          259,794
                       (百万円)                               494,055
     (第2四半期連結会計期間)                            ( 122,858    )      ( 129,774    )
     税引前四半期(当期)利益                  (百万円)            42,979          49,282          88,945
     四半期(当期)利益                              29,886          33,838
                       (百万円)                                55,026
     (第2四半期連結会計期間)                             ( 15,488   )      ( 16,268   )
     四半期(当期)包括利益                  (百万円)            21,303          36,727          43,092
     親会社の所有者に帰属する持分                  (百万円)           454,242          482,165          466,378

     資産合計                  (百万円)          8,511,084         11,757,204          10,383,432

     親会社の所有者に帰属する基本的
                                 380,880.46          435,918.67
     1株当たり四半期(当期)利益
                         (円)                             706,262.35
     (第2四半期連結会計期間)                           ( 197,477.34     )    ( 209,890.75     )
     親会社の所有者に帰属する希薄化後
                         (円)             -          -          -
     1株当たり四半期(当期)利益
     親会社所有者帰属持分比率                   (%)            5.34          4.10          4.49
     営業活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           483,218          411,847         1,023,808

     投資活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           △ 16,762        △ 102,480         △ 41,821

     財務活動によるキャッシュ・フロー                  (百万円)           253,060          125,710          594,408

     現金及び現金同等物の四半期末
                       (百万円)          2,029,180          3,325,802          2,883,879
     (期末)残高
     (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しているので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
          していません。
        2.上記指標は、国際会計基準(以下、IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に
          基づいています。
        3.希薄化後1株当たり四半期(当期)利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在しないため記載
          していません。
    2【事業の内容】

      当第2四半期連結累計期間において、当社グループにおいて営まれている事業の内容に重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/41






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
    1【事業等のリスク】

      当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
     投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等の
     リスク」についての重要な変更はありません。
      また、重要事象等は存在していません。
    2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において、当社グループ(当社及び連結子会社)が判断し
     たものです。
     (1)経営成績等の状況

       当社グループでは、売上収益、Non-GAAP営業利益を経営成績評価上の重要な指標としています。当社グループの
      経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は以下のとおりです。
      ①  当 第2四半期     連結累計期間の経営成績

        当第2四半期連結累計期間に              おける国内経済及び世界経済は、引き続き新型コロナウイルス感染症の流行によ
       る、海外渡航制限や飲食店の営業自粛・休業により、旅行観光や外食産業等を中心に大きな影響を受けました。
       日本国内では1月に続き、4月に緊急事態宣言が発出されたことにより、引き続き消費減退等の影響を受けまし
       た。今後の経済動向については新型コロナウイルス感染症のワクチン接種の普及とともに回復していくと考えら
       れる一方、変異株の発生等、完全に感染拡大が収まる見通しについては不透明なため、引き続き感染状況につい
       て注視していきます。
        このような環境の中、当社グループは以下のように着実な成長を果たすことができました。なお、セグメント
       ごとの分析は「(2)経営者による経営成績等の状況に関する分析・検討内容 当第2四半期連結累計期間の経
       営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容」に記載しています。
                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第2四半期        (当  第2四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)           連結累計期間)
     売上収益                  242,025          259,794           17,769           7.3%

     Non-GAAP営業利益                   43,736          49,019           5,283          12.1%

     Non-GAAP営業利益から営業利益への調整は、以下のとおりです。

                              (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第2四半期        (当  第2四半期
                    連結累計期間)          連結累計期間)
     Non-GAAP営業利益                   43,736          49,019

     無形資産償却費                  △2,462          △2,183

     株式報酬費用                   △445          △515

     その他の調整項目                   2,117          2,819

     営業利益                   42,946          49,140

                                 3/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      ②  経営成績の分析

        (売上収益)
         当第2四半期連結累計期間における売上収益は                      259,794百万円       となり、前年同期の         242,025百万円       から  17,769
        百万円   (7.3%)増加       しました。これはクレジットカード事業における『楽天カード』の会員基盤拡大による収
        益の増加、証券事業における米国株を中心とした株式売買の手数料収益の増加、銀行事業における銀行口座数
        の伸長に伴う手数料収益の増加が主な要因です。
        (営業利益)

         当第2四半期連結累計期間における営業利益は                      49,140百万円      となり、前年同期の         42,946百万円      から  6,194百万
        円 (14.4%)増加       しました。これはクレジットカード事業をはじめ、各セグメントとも業績が好調に推移した
        ためです。
        (親会社の所有者に帰属する四半期利益)

         当第2四半期連結累計期間における                 親会社の所有者に帰属する四半期利益は                   34,285百万円      となり、前年同期
        の 29,956百万円      から  4,329百万円      (14.5%)増加       しました。
      ③  財政状態の分析

        (資産)
         当第2四半期連結会計期間末の資産合計は                      11,757,204     百万円となり、前連結会計年度末の資産合計
        10,383,432     百万円と比べ、       1,373,772百万円増加          しました。これは主に、前連結会計年度末に比べ、クレジット
        カード事業の貸付金の減少があったものの、銀行事業における貸付金の増加や、顧客からの預金の増加に伴う
        現金及び現金同等物の          増加、証券事業における顧客の売買取引増加に伴う金融資産の増加によるものです。
        (負債)

         当第2四半期連結会計期間末の負債合計は                    11,256,307     百万円となり、前連結会計年度末の負債合計                     9,899,322
        百万円と比べ、       1,356,985百万円増加          しました。これは主に、           銀行事業における顧客からの預金の増加、証券事
        業における顧客の売買取引増加に伴う金融負債の増加、手元流動性を高めるための借入金の増加によるもので
        す。
        (資本)

         当第2四半期連結会計期間末の資本合計は                    500,897    百万円となり、前連結会計年度末の資本合計                     484,110    百万
        円と比べ、     16,787百万円増加        しました。これは主に、親会社である楽天株式会社(現 楽天グループ株式会
        社)への配当による減少があったものの、四半期利益による利益剰余金の増加によるものです。
      ④  キャッシュ・フローの状況の分析

        当第2四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ                                        441,923百万円増加         し、
       3,325,802百万円        となりました。当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は以下のとおり
       です。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における営業活動によるキャッシュ・フローは、                                   411,847百万円の資金流入            (前年
        同期は   483,218百万円の資金流入            )となりました。これは主に、銀行事業の貸付金の増加による資金流出が
        674,244百万円となった一方で、銀行事業の預金の増加による資金流入が1,015,217百万円、証券事業の金融資
        産及び金融負債の増減によるネットの資金流入が70,703百万円(金融資産の増加による資金流出が243,929百万
        円、金融負債の増加による資金流入が314,632百万円)となったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における投資活動によるキャッシュ・フローは、                                   102,480百万円の資金流出            (前年
        同期は   16,762百万円の資金流出            )となりました。これは主に、銀行事業の有価証券の取得及び売却等による
        ネットの資金流出が89,689百万円(有価証券の取得による資金流出が313,259百万円、売却及び償還による資金
                                 4/41

                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
        流入が223,570百万円)、無形資産の取得による資金流出が13,603百万円となったことによるものです                                               。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         当第2四半期連結累計期間における財務活動によるキャッシュ・フローは、                                   125,710百万円の資金流入            (前年
        同期は   253,060百万円の資金流入            )となりました。これは主に、長期借入金の返済による資金流出が65,626百万
        円、配当金の支払いによる資金流出が20,000百万円、短期借入金の減少による資金流出が12,929百万円となっ
        た一方で、長期借入れによる資金流入が227,141百万円となったことによるものです。
      ⑤  生産、受注及び販売の実績

        生産及び受注の実績については、該当事項はありません。また、販売の実績については、「(2)                                              経営者によ
       る経営成績等の状況に関する分析・検討内容 当第2四半期連結累計期間の経営成績等の状況に関する認識及び
       分析・検討内容」に各セグメントの状況を記載しています。
     (2)   経営者による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

      当第2四半期連結累計期間の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
       文中の将来に関する事項は、当第2四半期連結累計期間末現在において判断したものです。以下、セグメント単
      位で経営成績等の分析・検討内容を記載しています。
      (クレジットカード事業)

                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第2四半期        (当  第2四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)          連結累計期間)
     売上収益                  128,069          136,131           8,062          6.3%

     セグメント損益
                        18,795          21,098           2,303          12.3%
     (Non-GAAP営業利益)
       クレジットカード事業セグメントでは、                   首都圏を中心とする緊急事態宣言の発出に伴う外出自粛等の影響を受け

      たものの、引き続きカード発行枚数(注)とショッピング取扱高を伸ばすことができました。また、ショッピング
      リボルビング、キャッシング残高については、前年同期末比で減少したものの、四半期ごとの減少幅が小さくなっ
      ていることから、回復の兆しが見受けられています。今後はワクチン接種の更なる普及による消費、資金需要の回
      復に伴い、ショッピング取扱高に加え、ショッピングリボルビング、キャッシング残高もさらに回復していくと考
      えています。
       当第2四半期連結累計期間においては楽天グループ各社のサイト上に当社のバナー広告の展開やテレビCM、Web
      CMの放送による認知度向上により、カード発行枚数は2,312万枚(前年同期末比15.0%増)となりました。6月に本
      格開始した、2枚目のカード発行については今後さらに促進し、会員様にとってより使いやすい楽天カードとなる
      よう努めていきます。また、カード発行枚数の伸長及び効果的なキャンペーン活動を継続的に行った結果、主要KPI
      であるショッピング取扱高は6兆6,751億97百万円(前年同期比27.8%増)となりました。一方、新型コロナウイル
      ス感染症の影響を受け、ショッピングリボルビング残高は6,156億83百万円(前年同期末比2.8%減)、キャッシン
      グ残高は1,201億9百万円(前年同期末比8.5%減)となりました。
       結果として、売上収益は           136,131百万円       (前年同期比      6.3%増    )となりました。また、貸倒関連費用におきまして
      は、引き続き債権回収の効率化を図ったこと及び、新型コロナウイルス感染症の影響での資金需要の減退に伴う残
      高の減少等により、前年同期比で減少しています。以上の結果から、セグメント損益は                                         21,098百万円      (前年同期比
      12.3%増    )となりました。
     (注)主要KPIの表記を「会員数」から「カード発行枚数」へ変更しました。なお、当該計数の定義については変更し
        ていません。
                                 5/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      (銀行事業)

                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第2四半期        (当  第2四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)          連結累計期間)
     売上収益                   47,164          51,572           4,408          9.3%

     セグメント損益
                        14,024          13,824           △200         △1.4%
     (Non-GAAP営業利益)
       銀行事業セグメントでは、             当社との協業施策等の楽天グループ間でのシナジー効果を目指した取り組み等によ

      り、銀行口座獲得に注力した結果、主要KPIである銀行口座数が伸長し、1,099万口座(前年同期末比21.3%増)と
      なりました。また、銀行口座数の伸長に伴い、預金残高は5兆9,129億18百万円(前年同期末比52.9%増)となりま
      した。当第2四半期連結累計期間においては、当社グループの強みでもあるグループシナジーが十分に発揮され、
      楽天証券との口座連携サービス「マネーブリッジ」預金残高が3兆円を突破しました。さらには、口座振替及び楽
      天銀行コンビニ支払サービス(アプリで払込票支払)の対応先の拡大、楽天ペイ(アプリ決済)における楽天銀行
      口座からの即時払いサービスの開始等、サービスの拡充を実施しました                                 。それらの取組により、資産が順調に積み
      あがった結果、売上収益は            51,572百万円      (前年同期比      9.3%増    )となりました。
       営業費用については業容拡大により販売促進費用等が増加しており                               、結果としてセグメント損益は               13,824百万円
      (前年同期比      1.4%減    )となりました。
      (証券事業)

                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第2四半期        (当  第2四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)          連結累計期間)
     売上収益                   34,683          44,328           9,645          27.8%

     セグメント損益
                         8,168          9,888          1,720          21.1%
     (Non-GAAP営業利益)
       証券事業セグメントでは           、投信積立で楽天カード決済が可能となるサービスや楽天ポイント等で投資信託や国内

      株式が購入できるポイント投資サービス等、楽天グループとのシナジー効果を目指した継続的な取組により、主要
      KPIである証券総合口座数は624万口座(前年同期末比41.8%増)及び証券預かり資産残高(楽天銀行との口座連携
      サービスにおいて、自動入出金(スイープ)を設定している顧客の楽天銀行普通預金残高も含む)は12兆8,807億71
      百万円(前年同期末比62.6%増)となりました。当第2四半期においては、投資初心者の方でもいつでも・どこで
      も・手軽に資産形成を始められる環境を提供すべく、スマートフォンに特化した新たなロボアドバイザーサービス
      「らくらく投資」の提供を始めるなど、既存の投資家を取り込むだけでなく、これから投資を始める方へのサービ
      スの提供にも力を入れています。
       昨年から引き続き、金融市場のボラティリティの上昇による、米国株式をはじめとする株式売買の手数料収益の
      増加により     、結果として      当第2四半期連結累計期間の              売上収益は     44,328百万円      (前年同期比      27.8%増    )となりまし
      た。営業費用は業容拡大           による支払手数料の増加や広告宣伝費の増加等により、引き続き増加していますが                                      、結果
      としてセグメント損益は           9,888百万円      (前年同期比      21.1%増    )となりました。
                                 6/41





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      (保険事業)

                                                   (単位:百万円)
                     前年同期           当期
                   (前  第2四半期        (当  第2四半期
                                          増減額          増減率
                    連結累計期間)          連結累計期間)
     売上収益                   52,660          50,456          △2,204          △4.2%

     セグメント損益
                         2,749          4,209          1,460          53.1%
     (Non-GAAP営業利益)
       保険事業セグメントでは、楽天保険の総合窓口の開設により、楽天生命保険、楽天損害保険、楽天ペット保険が

      提供する保険商品のお客様窓口を一本化し、ご契約者様のお手続きをワンストップで受けることができるようにす
      ることで、お客様にとって利便性の高い保険サービスを提供しています。2021年2月1日には楽天生命対面募集代
      理店にて損害保険、ペット保険の取扱いを本格的に開始しました。また、楽天グループ間でのシナジーの最大化を
      図るべく、楽天IDを使った楽天生命保険、楽天損害保険、楽天ペット保険の対象商品のご加入者様に、保険料支払
      い額の1%分の楽天ポイントを還元するサービス(所定の条件があります)は開始以来好評いただいており、申込
      数が伸長しています。これらの取組等により、保険事業セグメントの主要KPIである楽天生命保険の保有契約件数
      (共済事業及び1年定期ガン保険の契約を除く)は、47.2万件(前年同期末比4.3%増)となりました。また、注力
      している楽天損害保険のインターネット申込保険の新規契約件数は10.5万件(前年同期比21.8%増)となりまし
      た。
       楽天生命保険においてはDXを推進しており、AIアシスタント「ARIA」による代理店営業活動サポートや、コスト
      削減に努めました。楽天損害保険では、保険引受の適正化を継続しており、保険収益は前年同期比で減少しました
      が、損害率は着実に改善しています。                 以上の結果から、売上収益は             50,456百万円      (前年同期比      4.2%減    )、セグメン
      ト損益は    4,209百万円      (前年同期比      53.1%増    )となりました。
       以上により、当社グループのNon-GAAP営業利益は前年同期比                            12.1%増    の 49,019百万円      となりました。

       今後の施策として、引き続きキャッシュレス決済の社会全体への浸透を追い風として、クレジットカード事業を
      中心に、新規会員の獲得及びクレジットカード利用促進に向けた効果的かつ効率的なマーケティング戦略を行って
      いきます。また、当社グループの顧客基盤を最大限に活用し、各社間でのクロスユースを促進することで、当社グ
      ループ内でのシナジーを更に発揮してまいります。なお、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大により景気の見
      通しが未だ先行き不透明ではありますが、資産の健全性、財務の安定性を維持しつつ、各事業のKPI、売上収益、
      Non-GAAP営業利益への影響を注視していきます。
     (3)   経営方針、経営戦略並びに事業上及び財務上の対処すべき課題

       世 界的な新型コロナウイルスの感染拡大により未だ景気の見通しが不透明ではありますが、当社グループにおい
      ては、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した経営方針、経営戦略並びに事業上及び財務上の対処すべき課題
      について、引き続き注視していきます                 。
     (4)研究開発活動

       該当事項はありません。
     (5)従業員数

       当第2四半期連結累計期間において、連結会社又は提出会社の従業員数の著しい増減はありません。
     (6)主要な設備

       当第2四半期連結累計期間において、主要な設備の著しい変動はありません。
    3【経営上の重要な契約等】

      当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 7/41



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
    1【株式等の状況】

     (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                 種類                      発行可能株式総数(株)

                普通株式                                      320,000

                  計                                    320,000

      ②【発行済株式】

               第2四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                          提出日現在発行数
                             (株)
         種類       現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                          (2021年8月11日)
               ( 2021年6月30日       )             商品取引業協会名
        普通株式              78,649           78,649       非上場       (注)1,2
         計            78,649           78,649        ―           ―

     (注)    1.当社は単元株制度を採用しておりません。
        2.当社の株式を譲渡により取得するには、取締役会の承認を要する旨定款に定めています。
     (2)【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                               資本金増減額       資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2021年4月1日~
                      -     78,649         -     19,323         -     11,822
     2021年6月30日
     (5)【大株主の状況】

                                                2021年6月30日       現在
                                               発行済株式(自己株式を
                                                   除く)
                                        所有株式数
                                                 の総数に対する
         氏名又は名称                   住所
                                          (株)
                                                  所有株式数
                                                  の割合(%)
     楽天グループ株式会社              東京都世田谷区玉川一丁目14番1号                        78,649             100
           計                 ―               78,649             100

                                 8/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (6)【議決権の状況】
      ①【発行済株式】
                                                2021年6月30日       現在
            区分           株式数(株)         議決権の数(個)                 内容
     無議決権株式                    -          -              -

     議決権制限株式(自己株式等)                    -          -              -

     議決権制限株式(その他)                    -          -              -

     完全議決権株式(自己株式等)                    -          -              -

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                               78,649            -
                           78,649
     単元未満株式                    -          -              -
     発行済株式総数                      78,649        -              -

     総株主の議決権                    -           78,649            -

      ②【自己株式等】

        該当事項はありません。
    2【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当第2四半期累計期間において役員の異動はありません。
                                 9/41












                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。当社は、「四半期連結
     財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計
     基準特定会社」の要件を満たしているため、同第93条の規定を適用しています。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第2四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021
     年6月30日まで)及び当第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る要約四半期連結
     財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けています。
                                10/41
















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    1【要約四半期連結財務諸表】
     (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度
                                             当第2四半期連結会計期間末
                            注記
                                               (2021年6月30日)
                                  (2020年12月31日)
     資産の部
      現金及び現金同等物                       9           2,883,879              3,325,802
      証券事業の金融資産                      9,10            2,674,394              2,918,666
      カード事業の貸付金                      9,10            2,033,013              1,994,195
      銀行事業の有価証券                      9,10             288,482              379,033
      銀行事業の貸付金                      9,10            1,436,700              2,110,957
      保険事業の有価証券                      9,10             284,069              301,684
      デリバティブ資産                      9,10              30,847              26,041
      有価証券                      9,10              7,258              7,785
      その他の金融資産                      9,10             400,544              364,849
      持分法で会計処理されている投資                                     633              825
      棚卸資産                                    5,685              6,965
      有形固定資産                                   72,401              70,590
      無形資産                                   149,994              150,340
      繰延税金資産                                    2,032              2,081
                                         113,501              97,391
      その他の資産                       5
                                       10,383,432              11,757,204
      資産合計
     負債の部

      営業債務                       9            398,415              290,876
      銀行事業の預金                      9,10            4,826,965              5,842,478
      証券事業の金融負債                      9,10            2,587,531              2,902,547
      デリバティブ負債                      9,10              11,880              31,538
      社債及び借入金                      9,10            1,430,943              1,580,169
      その他の金融負債                       9            306,137              296,143
      未払法人所得税等                                    5,520              4,063
      引当金                                   20,051              17,518
      保険事業の保険契約準備金                                   285,336              263,475
      退職給付に係る負債                                    5,589              6,310
      繰延税金負債                                    6,646              7,000
                                         14,309              14,190
      その他の負債
      負債合計
                                        9,899,322             11,256,307
     資本の部

      親会社の所有者に帰属する持分
        資本金                                  19,323              19,323
        資本剰余金                                  20,539              20,539
        利益剰余金                                 436,607              450,750
                                        △ 10,091             △ 8,447
        その他の資本の構成要素
        親会社の所有者に帰属する持分合計                                 466,378              482,165
      非支配持分                                   17,732              18,732
      資本合計                                   484,110              500,897
                                       10,383,432              11,757,204
     負債及び資本合計
                                11/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (2)【要約四半期連結損益計算書】
      【第2四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                            注記
                                  至     2020年6月30日)            至    2021年6月30日)
     継続事業
      売上収益                      5            242,025              259,794
      営業費用                                   197,370              210,935
      その他の収益                                     417              662
                                          2,126               381
      その他の費用
      営業利益
                                         42,946              49,140
      金融収益                                     61              33
      金融費用                                     22              57
                                           △ 6             166
      持分法による投資利益又は投資損失(△)
      税引前四半期利益
                                         42,979              49,282
                                         13,093              15,444
      法人所得税費用
                                         29,886              33,838
      四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   29,956              34,285
                                          △ 70            △ 447
      非支配持分
                                         29,886              33,838
      四半期利益
                                                    (単位:円)

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利
     益:
                                       380,880.46              435,918.67
      基本的                       6
                                12/41











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      【第2四半期連結会計期間】
                                                  (単位:百万円)
                                前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                            注記
                                  至     2020年6月30日)            至    2021年6月30日)
     継続事業
      売上収益                                   122,858              129,774
      営業費用                                   100,128              106,672
      その他の収益                                     304              763
                                          1,543               107
      その他の費用
      営業利益
                                         21,491              23,758
      金融収益                                     55              13
      金融費用                                     10              28
                                           22              57
      持分法による投資利益又は投資損失(△)
      税引前四半期利益
                                         21,558              23,800
                                          6,070              7,532
      法人所得税費用
                                         15,488              16,268
      四半期利益
     四半期利益の帰属

      親会社の所有者                                   15,532              16,508
                                          △ 44            △ 240
      非支配持分
                                         15,488              16,268
      四半期利益
                                                    (単位:円)

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利
     益:
                                       197,477.34              209,890.75
      基本的                       6
                                13/41












                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
       【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2020年1月1日          (自    2021年1月1日
                             注記
                                  至    2020年6月30日)           至    2021年6月30日)
     四半期利益                                     29,886              33,838
     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目:
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                         △ 15,711              △ 549
       る資本性金融商品の利得及び損失
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る資本性金融商品の利得及び損失に係る法人                                   4,386              △ 563
       所得税
       保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                                          2,165               367
       利に基づく再測定額
       保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                                          △ 606            △ 103
       利に基づく再測定額に係る法人所得税
       確定給付制度の再測定                                     3             -
                                           △ 1             -

       確定給付制度の再測定に係る法人所得税
      純損益に振替えられることのない項目合計
                                         △ 9,764              △ 848
      純損益に振替えられる可能性のある項目:

       在外営業活動体の換算差額                                    743            4,135
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                          1,137              △ 601
       る負債性金融商品の利得及び損失
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                            30             △ 7
       る負債性金融商品に係る貸倒引当金
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る負債性金融商品に係るその他の包括利益か                                   △ 94             △ 98
       ら純損益へ振替えられた金額
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る負債性金融商品に係るその他の包括利益に                                   △ 339              189
       関連する法人所得税
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                          △ 538            △ 941
       の包括利益に認識された金額
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
       の包括利益に認識された金額に係る法人所得                                    166              290
       税
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                           112            1,112
       の包括利益から純損益へ振替えられた金額
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                           △ 36            △ 342
       の包括利益から純損益へ振替えられた金額に
       係る法人所得税
      純損益に振替えられる可能性のある項目合計
                                          1,181              3,737
      税引後その他の包括利益                                    △ 8,583              2,889

                                          21,303              36,727

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    21,008              35,787
                                           295              940
      非支配持分
                                          21,303              36,727
     四半期包括利益
                                14/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      【第2四半期連結会計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                 (自    2020年4月1日          (自    2021年4月1日
                             注記
                                  至    2020年6月30日)           至    2021年6月30日)
     四半期利益                                     15,488              16,268
     その他の包括利益

      純損益に振替えられることのない項目:
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                          1,296              △ 379
       る資本性金融商品の利得及び損失
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る資本性金融商品の利得及び損失に係る法人                                   △ 386              638
       所得税
       保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                                          1,991                1
       利に基づく再測定額
       保険事業の保険契約準備金に係る期末市場金
                                          △ 557               8
       利に基づく再測定額に係る法人所得税
       確定給付制度の再測定                                     1             -
                                           △ 0             -

       確定給付制度の再測定に係る法人所得税
      純損益に振替えられることのない項目合計
                                          2,345               268
      純損益に振替えられる可能性のある項目:

       在外営業活動体の換算差額                                    923              892
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                          1,280               946
       る負債性金融商品の利得及び損失
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
                                           △ 3             △ 9
       る負債性金融商品に係る貸倒引当金
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る負債性金融商品に係るその他の包括利益か                                   △ 25             △ 55
       ら純損益へ振替えられた金額
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
       る負債性金融商品に係るその他の包括利益に                                   △ 392            △ 264
       関連する法人所得税
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                          △ 341              162
       の包括利益に認識された金額
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
       の包括利益に認識された金額に係る法人所得                                    105              46
       税
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                           321               0
       の包括利益から純損益へ振替えられた金額
       キャッシュ・フロー・ヘッジにおいてその他
                                           △ 99             △ 58
       の包括利益から純損益へ振替えられた金額に
       係る法人所得税
      純損益に振替えられる可能性のある項目合計
                                          1,769              1,660
      税引後その他の包括利益                                     4,114              1,928

                                          19,602              18,196

     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

      親会社の所有者                                    19,281              18,058
                                           321              138
      非支配持分
                                          19,602              18,196
     四半期包括利益
                                15/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
     前第2四半期連結累計期間(自                2020年1月1日         至   2020年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                              その他の資本の構成要素
                                                     その他の
                                              在外営業       包括利益を
                        資本金       資本剰余金       利益剰余金
                   注記                           活動体の      通じて公正価値
                                              換算差額       で測定する
                                                     金融資産
    2020年1月1日現在                     19,323       20,539       416,539        △ 614       9,446
    四半期包括利益
     四半期利益                      -       -      29,956         -       -
                           -       -       -       378     △ 10,591
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                      -       -      29,956         378     △ 10,591
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             8        -       -     △ 23,000         -       -
      その他の資本の構成
                           -       -     △ 1,307         -      1,307
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                           -       -     △ 24,307         -      1,307
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
      非支配持分の取得及び処分                     -       -       -       -       -
                           -       -      △ 193        -       -
      その他
      子会社に対する所有持分の変動
                           -       -      △ 193        -       -
      額合計
     所有者との取引額合計                      -       -     △ 24,500         -      1,307
                          19,323       20,539       421,995        △ 236       162
    2020年6月30日現在
                           その他の資本の構成要素

                           保険事業の
                                            親会社の
                            保険契約           その他の
                      キャッシュ           退職給付
                                            所有者に
                           準備金に係る            資本の
                                                非支配持分      資本合計
                   注記   ・フロー           制度の
                                            帰属する
                           期末市場金利            構成要素
                      ・ヘッジ           再測定
                                            持分合計
                            に基づく            合計
                            再測定額
    2020年1月1日現在                   △ 1,018    △ 7,559     △ 229      26   456,427       250    456,677
    四半期包括利益
     四半期利益                    -     -     -     -    29,956      △ 70    29,886
                        △ 296    1,559       2   △ 8,948    △ 8,948      365    △ 8,583
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                   △ 296    1,559       2   △ 8,948     21,008       295    21,303
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             8      -     -     -     -   △ 23,000       -   △ 23,000
      その他の資本の構成
                         -     -     -    1,307       -     -     -
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                         -     -     -    1,307    △ 23,000       -   △ 23,000
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
      非支配持分の取得及び処分                   -     -     -     -     -    17,533     17,533
                         -     -     -     -    △ 193      -    △ 193
      その他
      子会社に対する所有持分の変動
                         -     -     -     -    △ 193    17,533     17,340
      額合計
     所有者との取引額合計                    -     -     -    1,307    △ 23,193     17,533     △ 5,660
                       △ 1,314    △ 6,000     △ 227    △ 7,615    454,242      18,078     472,320
    2020年6月30日現在
                                16/41






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     当第2四半期連結累計期間(自                2021年1月1日         至   2021年6月30日)
                                                    (単位:百万円)
                                              その他の資本の構成要素
                                                     その他の
                                              在外営業       包括利益を
                        資本金       資本剰余金       利益剰余金
                   注記                           活動体の      通じて公正価値
                                              換算差額       で測定する
                                                     金融資産
    2021年1月1日現在                     19,323       20,539       436,607        △ 658      △ 2,030
    四半期包括利益
     四半期利益                      -       -      34,285         -       -
                           -       -       -      2,748       △ 1,629
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                      -       -      34,285        2,748       △ 1,629
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             8        -       -     △ 20,000         -       -
      その他の資本の構成
                           -       -      △ 142        -       142
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                           -       -     △ 20,142         -       142
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
                           -       -       -       -       -
      非支配持分の取得及び処分
      子会社に対する所有持分の変動
                           -       -       -       -       -
      額合計
     所有者との取引額合計                      -       -     △ 20,142         -       142
                          19,323       20,539       450,750        2,090       △ 3,517
    2021年6月30日現在
                           その他の資本の構成要素

                           保険事業の
                                            親会社の
                            保険契約           その他の
                      キャッシュ           退職給付
                                            所有者に
                           準備金に係る            資本の
                                                非支配持分      資本合計
                   注記   ・フロー           制度の
                                            帰属する
                           期末市場金利            構成要素
                      ・ヘッジ           再測定
                                            持分合計
                            に基づく            合計
                            再測定額
    2021年1月1日現在                   △ 1,454    △ 5,626     △ 323   △ 10,091     466,378      17,732     484,110
    四半期包括利益
     四半期利益                    -     -     -     -    34,285      △ 447    33,838
                         119     264      -    1,502     1,502     1,387     2,889
     税引後その他の包括利益
     四半期包括利益合計                    119     264      -    1,502     35,787       940    36,727
    所有者との取引額
     所有者による拠出及び
     所有者への分配
      剰余金の配当             8      -     -     -     -   △ 20,000       -   △ 20,000
      その他の資本の構成
                         -     -     -     142      -     -     -
      要素から利益剰余金への振替
      所有者による拠出及び
                         -     -     -     142   △ 20,000       -   △ 20,000
      所有者への分配合計
     子会社に対する所有持分の変動額
                         -     -     -     -     -     60     60
      非支配持分の取得及び処分
      子会社に対する所有持分の変動
                         -     -     -     -     -     60     60
      額合計
     所有者との取引額合計                    -     -     -     142   △ 20,000       60   △ 19,940
                       △ 1,335    △ 5,362     △ 323    △ 8,447    482,165      18,732     500,897
    2021年6月30日現在
                                17/41







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間             当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2020年1月1日          (自    2021年1月1日
                             注記
                                  至    2020年6月30日)           至    2021年6月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税引前四半期利益                                   42,979             49,282
      減価償却費及び償却費                                   21,996             25,058
      その他の損益(△は益)                                  △ 91,523            △ 104,226
      営業債権の増減額(△は増加)                                     74            △ 146
      カード事業の貸付金の増減額(△は増加)                                   55,773             39,499
      販売用不動産の増減額(△は増加)                                    △ 110           △ 1,091
      銀行事業の預金の増減額(△は減少)                                   558,861            1,015,217
      銀行事業のコールローンの純増減額(△は増
                                         △ 5,000            △ 3,812
      加)
      銀行事業の貸付金の増減額(△は増加)                                  △ 82,022            △ 674,244
      契約コストから認識した資産の増減額(△は増
                                         △ 6,806            △ 12,919
      加)
      営業債務の増減額(△は減少)                                  △ 41,677            △ 107,552
      証券事業の金融資産の増減額(△は増加)                                  △ 310,443            △ 243,929
      証券事業の金融負債の増減額(△は減少)                                   384,289             314,632
      保険業の責任準備金の増減額(△は減少)                                  △ 17,890            △ 21,571
      預り金の増減額(△は減少)                                    3,969            △ 6,849
      その他                                  △ 20,812             162,782
                                         △ 8,440            △ 18,284
      法人所得税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー合計                                   483,218             411,847
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期預金の預入による支出                                   △ 4,794            △ 6,385
      定期預金の払戻による収入                                    7,525             4,821
      有形固定資産の取得による支出                                   △ 5,785            △ 3,396
      有形固定資産の売却による収入                                     293              -
      無形資産の取得による支出                                  △ 15,467            △ 13,603
      銀行事業の有価証券の取得による支出                                  △ 245,854            △ 313,259
      銀行事業の有価証券の売却及び償還による収入                                   250,632             223,570
      保険事業の有価証券の取得による支出                                  △ 58,296             △ 5,011
      保険事業の有価証券の売却及び償還による収入                                   36,026             10,718
      有価証券の取得による支出                                   △ 2,079            △ 1,582
      有価証券の売却及び償還による収入                                    2,370             1,600
      その他の支出                                    △ 592            △ 113
                                         19,259               160
      その他の収入
      投資活動によるキャッシュ・フロー合計                                  △ 16,762            △ 102,480
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                   129,077             △ 12,929
      コマーシャル・ペーパーの純増減額(△は減
                                         99,500               -
      少)
      長期借入れによる収入                                   195,104             227,141
      長期借入金の返済による支出                                  △ 163,695             △ 65,626
      リース負債の返済による支出                                   △ 1,559            △ 2,937
      配当金の支払額                       8           △ 23,000            △ 20,000
                                         17,633               61
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー合計                                   253,060             125,710
     現金及び現金同等物に係る換算差額
                                           552            6,846
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    720,068             441,923
                                        1,309,112             2,883,879
     現金及び現金同等物の期首残高
                                        2,029,180             3,325,802
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                18/41




                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.一般的事項
     (1)報告企業
       楽天カード(株)(以下、当社)は、日本に所在する企業です。当社及び連結子会社(以下、当社グループ)の
      事業内容は、FinTech事業を基軸としており、「クレジットカード事業」、「銀行事業」、「証券事業」、「保険事
      業」の4つを報告セグメントとしています。
       これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営
      資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっています。
       クレジットカード事業セグメントはインターネットを介したクレジットカード関連サービス、銀行事業セグメン
      トはインターネットを介した銀行サービス、証券事業セグメントはインターネットを介した証券サービス、保険事
      業セグメントはインターネットを介した生命保険及び損害保険サービスの提供等を行う事業により構成されていま
      す。なお、楽天グループ(株)は当社の親会社です。
     (2)作成の基礎

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、IAS第34号「期中財務報告」に準拠して作成しています。当社は、
      「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる
      「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たしているため、同第93条の規定を適用しています。なお、年次連結財
      務諸表で求められている全ての情報が含まれていないため、2020年12月31日に終了した連結会計年度の連結財務諸
      表と併せて利用されるべきものです。
       本要約四半期連結財務諸表は、2021年8月11日に取締役会において承認されています。
    2.重要な会計方針

      当社グループが本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務諸
     表において適用した会計方針と同一です。なお、当第2四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積平均年次実効
     税率をもとに算定しています。
    3.重要な会計上の見積り及び判断

      IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成に当たって、一部の重要な事項について会計上の見積りを行う必要
     があります。また、当社グループの会計方針を適用する過程において、経営者が自ら判断を行うことが求められてい
     ます。会計上の見積りの結果は、その性質上、関連する実際の結果と異なる場合があります。
      会計上の見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更による影響は、見積りが変更された会計
     期間及び将来の会計期間において認識されます。
      本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、原則として前連結会計年度に係る連結

     財務諸表と同様ですが、新型コロナウイルス感染症は、当社グループの一部の事業に不確実性をもたらしています。
      新型コロナウイルス感染症の拡大を原因とする個人消費の低迷、失業率の増加、企業の倒産等経済状況の悪化等の
     不確実性があります。カード事業の貸付金の回収状況は当第2四半期連結会計期間末において重要な悪化はありませ
     んが、上述の不確実性を考慮し、信用リスクの悪化に備え、発生するであろう損失を予想し貸倒引当金の会計上の見
     積りを必要に応じて修正しています。
      ただし、上述のカード事業の貸付金に係る貸倒引当金の見積りを除き、現時点において新型コロナウイルス感染症
     は本要約四半期連結財務諸表に全体として重要な影響を与える会計上の見積り及び判断の変更をもたらすものではあ
     りません。しかし、不確実性が更に高まった場合には、銀行事業の貸付金に対する貸倒引当金、のれんの回収可能
     性、繰延税金資産の回収可能性等、重要な会計上の見積り及び判断に影響を及ぼす恐れがあります。
                                19/41





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    4.セグメント情報
     (1)一般情報
       当社グループの事業内容は、FinTech事業を基軸としており、「クレジットカード事業」、「銀行事業」、「証券
      事業」、「保険事業」の4つを報告セグメントとしています。
       これらのセグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営
      資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっています。なお、事業セグメントの
      集約は行っておりません。
       クレジットカード事業セグメントはインターネットを介したクレジットカード関連サービス、銀行事業セグメン
      トはインターネットを介した銀行サービス、証券事業セグメントはインターネットを介した証券サービス、保険事
      業セグメントはインターネットを介した生命保険及び損害保険サービスの提供等を行う事業により構成されていま
      す。
     (2)事業セグメントの売上収益と損益の測定に関する事項

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法はIFRSに基づいており、事業セグメントの売上収益及び損益は
      一部の連結子会社を除き連結修正を考慮していない内部取引消去前の金額です。経営者が意思決定する際に使用す
      る社内指標は、IFRSに基づく営業利益に当社グループが定める非経常的な項目やその他の調整項目を調整したNon-
      GAAP営業利益ベースです。なお、Non-GAAP営業利益はIFRS第8号に基づくセグメント損益です。
       経営者は、Non-GAAP指標を開示することで、ステークホルダーにとって過年度比較が容易になり、当社グループ
      の経営成績や将来見通しを理解する上で有益な情報を提供できると判断しています。なお、非経常的な項目とは、
      将来の見通し作成の観点から一定のルールに基づき除外すべきと当社グループが判断する一過性の利益や損失のこ
      とです。その他の調整項目とは、適用する会計基準等により差異が生じ易く企業間での比較が困難な、株式報酬費
      用や子会社取得時に認識した無形資産の償却費等を指します。
       また、当社グループは、最高経営意思決定者が使用する事業セグメントへ、資産及び負債を配分していません。
      前第2四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至    2020年6月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
     セグメントに係る売上収益                      128,069       47,164       34,683       52,660      262,576
     セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                       18,795       14,024       8,168       2,749      43,736
      当第2四半期連結累計期間(自                2021年1月1日        至    2021年6月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
     セグメントに係る売上収益                      136,131       51,572       44,328       50,456      282,487
     セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                       21,098       13,824       9,888       4,209      49,019
                                20/41







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      前第2四半期連結会計期間(自                2020年4月1日        至    2020年6月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
     セグメントに係る売上収益                       64,365       23,636       17,051       28,082      133,134
     セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                       9,053       7,284       3,715       1,866      21,918
      当第2四半期連結会計期間(自                2021年4月1日        至    2021年6月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                          クレジット
                                 銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                          カード事業
     セグメントに係る売上収益                       69,117       25,829       20,655       25,527      141,128
     セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                       10,436       6,966       3,495       2,277      23,174
       セグメントに係る売上収益から連結上の売上収益への調整は、以下のとおりです。

                                                   (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                                  至   2020年6月30日       )    至   2021年6月30日       )
     セグメントに係る売上収益                                    262,576              282,487

     内部取引等                                   △ 20,551             △ 22,693
     連結上の売上収益                                    242,025              259,794
                                                   (単位:百万円)

                                前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                  至   2020年6月30日       )    至   2021年6月30日       )
     セグメントに係る売上収益                                    133,134              141,128

     内部取引等                                   △ 10,276             △ 11,354
     連結上の売上収益                                    122,858              129,774
                                21/41










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
       セグメント損益から税引前四半期利益への調整は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                                  至   2020年6月30日       )    至   2021年6月30日       )
     セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                                    43,736              49,019

     無形資産償却費                                    △ 2,462             △ 2,183
     株式報酬費用                                     △ 445             △ 515
     その他の調整項目                                     2,117              2,819
     営業利益                                    42,946              49,140
     金融収益及び金融費用                                      39             △ 24
     持分法による投資利益又は投資損失(△)                                      △ 6             166
     税引前四半期利益                                    42,979              49,282
                                                   (単位:百万円)

                                前第2四半期連結会計期間              当第2四半期連結会計期間
                                 (自    2020年4月1日           (自    2021年4月1日
                                  至   2020年6月30日       )    至   2021年6月30日       )
     セグメント損益(Non-GAAP営業利益)                                    21,918              23,174

     無形資産償却費                                    △ 1,366              △ 675
     株式報酬費用                                     △ 229             △ 262
     その他の調整項目                                     1,168              1,521
     営業利益                                    21,491              23,758
     金融収益及び金融費用                                      45             △ 15
     持分法による投資利益又は投資損失(△)                                      22              57
     税引前四半期利益                                    21,558              23,800
                                22/41










                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    5.売上収益
     (1)分解した収益とセグメント収益の関連
      前第2四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至   2020年6月30日       )
                                                   (単位:百万円)
                                      セグメント
                        クレジット
                                銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                        カード事業
           楽天カード               116,658          -       -       -    116,658
           楽天銀行                  -     41,348         -       -     41,348
           楽天証券                  -       -     29,978         -     29,978
     主要な
     サービス      楽天生命                  -       -       -     17,924       17,924
     ライン
           楽天損保                  -       -       -     29,288       29,288
           その他                 788       126      1,768       4,147       6,829
                合計          117,446        41,474       31,746       51,359      242,025
       顧客との契約から認識した収益                    47,689       12,695       19,372        1,321      81,077
       その他の源泉から認識した収益                    69,757       28,779       12,374       50,038      160,948
     (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
      当第2四半期連結累計期間(自                2021年1月1日        至   2021年6月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                                      セグメント
                        クレジット
                                銀行事業       証券事業       保険事業        合計
                        カード事業
           楽天カード               124,259          -       -       -    124,259
           楽天銀行                  -     41,537         -       -     41,537
           楽天証券                  -       -     43,185         -     43,185
     主要な
     サービス      楽天生命                  -       -       -     20,021       20,021
     ライン
           楽天損保                  -       -       -     23,994       23,994
           その他                 748       196       992      4,862       6,798
                合計          125,007        41,733       44,177       48,877      259,794
       顧客との契約から認識した収益                    56,598       16,508       26,705        1,358      101,169
       その他の源泉から認識した収益                    68,409       25,225       17,472       47,519      158,625
     (注)グループ会社間の内部取引控除後の金額を表示しています。
       当社グループは、FinTechサービス事業を中心に複数のビジネスを行っています。これらのビジネスから生じる収

      益は顧客との契約に従い計上しています。また、約束した対価の金額に重要な金融要素は含まれていません。
       FinTechサービスにおいては、『楽天カード』、『楽天銀行』、『楽天証券』、『楽天生命』、『楽天損保』等の

      金融サービスを提供し、主な収益を以下のとおり認識しています。
      楽天カード

       包括信用購入あっせん収益
        『楽天カード』においては、主としてクレジットカード関連サービスを提供しています。主にクレジットカー
       ド利用者と加盟店間の資金決済を通じて得られる加盟店手数料、クレジットカード利用者から得られるリボルビ
       ング払い手数料、分割払い手数料を得ています。加盟店手数料に関しては、カード会員のショッピング取引後、
       加盟店から当社グループへ売上データが送信されたタイミングにおいて、決済サービスの提供という履行義務が
       充足されるため、同時点でクレジットカードの決済金額に一定の料率を乗じた手数料収益を計上しています。ま
       た、カード決済金額の1%分の通常ポイントをカード会員に付与しており、これらのポイント費用は加盟店手数
                                23/41


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
       料から控除しています。当社グループはカード会員から基本的に1ヶ月に1回所定の日にカード利用代金の回収
       を行うため、履行義務充足後、概ね2ヶ月以内に実質的に支払いを受けることとなります。リボルビング払い手
       数 料及び分割払い手数料に関しては、リボルビング残高、分割支払回数に対してそれぞれ一定の料率を乗じた利
       息収益を、IFRS第9号に従いその利息の属する期間に認識しています。
       融資収益

        融資収益においては、当社グループとしてキャッシング残高に対して、一定の料率を乗じた利息収益を、IFRS
       第9号に従いその利息の属する期間に認識しています。
       その他の収益

        その他の収益は、主に決済代行手数料、アクワイアリング加盟店手数料、広告収入等です。決済代行サービス
       について、当社グループは、楽天グループ(株)がカード決済規約に基づき、楽天グループのサービスを利用す
       る消費者と出店者等との間での決済代行サービスを楽天グループ(株)より受託しています。当該サービスにお
       いては、クレジットカードによる取引代金決済のための取引承認、代金決済情報やキャンセル等のデータを送受
       信・処理を行っています。当該サービスについては、主に消費者のカード利用取引が生じた時点が履行義務の充
       足時点となると判断し、同時点で手数料収益を計上しています。当該手数料の支払いは、履行義務の充足後、支
       払区分に基づいた請求締切日から1ヶ月半以内に受領しています。
      楽天銀行

       『楽天銀行』においては、インターネットを通じた銀行業務(預金、貸出、為替)及びその他様々なサービスを
      提供しています。貸出については、個人向けローンである「楽天銀行スーパーローン」及び住宅ローンである「楽
      天銀行住宅ローン(金利選択型)」等を取り扱っており、貸出金利息収入を得ています。また、資金運用から生じ
      る有価証券利息等の利息収入も得ています。貸出金利息や有価証券利息等の資金運用収益は、IFRS第9号に従い、
      その利息の属する期間に収益を認識しています。為替手数料等については、取引が行われた時点で履行義務が充足
      されるため、同時点において手数料収益を認識しています。
      楽天証券

       『楽天証券』においては、金融商品取引業務とその他の付随業務を提供し、これら取引に付随して発生する手数
      料やトレーディング損益、利息等を収益の源泉としています。金融商品取引業務には、国内株式取引に加え、外国
      株式取引、投資信託の販売等、様々な取引が存在し、それぞれの手数料体系は異なっています。現物株式に関する
      委託取引、信用取引及び投資信託の販売取引等に関連して発生する手数料に関しては、約定日等の取引成立時にお
      いて履行義務が充足されるため、同時点において手数料収益を計上しています。現物株式取引から生じる手数料に
      ついては、原則として履行義務の充足後2営業日以内に、信用取引及び先物取引から生じる手数料は建玉の決済が
      行われる半年から概ね1年以内に受領しています。また、IFRS第9号に従い、外国為替証拠金取引については、公
      正価値で測定された利得及び損失が純額で売上収益に計上され、国内株式信用取引の建玉に対する金利収益につい
      ては、その利息の属する期間に収益を認識しています。
      楽天生命

       『楽天生命』においては、生命保険業務を行っており、主たる商品である個人向け保障性生命保険契約からの保
      険料等収入及び有価証券利息を中心とした資金運用収益を計上しています。保険料等収入を構成する保険料は、
      IFRS第4号に従い、個別契約ごとに予め定められた保険料率により算定された金額を収益として計上しています。
      また、資金運用収益については、IFRS第9号に従い、その発生期間に収益を認識しています。
      楽天損保

       『楽天損保』については、損害保険業務を行っており、主たる商品である火災保険契約や自動車保険契約からの
      保険料等収入及び有価証券利息を中心とした資金運用収益を計上しています。保険料等収入を構成する保険料は、
      IFRS第4号に従い、個別契約ごとに予め定められた保険料率により算定された金額を収益として計上しています。
      また、資金運用収益については、IFRS第9号に従い、その発生期間に収益を認識しています。
     (2)顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産

       当社グループは、顧客との契約獲得のための増分コスト及び契約に直接関連する履行コストのうち、回収可能で
                                24/41


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      あると見込まれる部分について資産として認識しており、要約四半期連結財政状態計算書上は「その他の資産」に
      計上しています。契約獲得のための増分コストとは、顧客との契約を獲得するために発生したコストで、当該契約
      を 獲得しなければ発生しなかったであろうものです。
       当社グループにおいて資産計上されている契約獲得のための増分コストは、顧客を獲得するために発生した入会
      関連費用です。また契約履行のためのコストは、主に楽天カードの作成費用です。資産計上された当該入会関連費
      用は主に楽天カードへの新規入会者に付与した楽天ポイントに関するコストであり、契約を獲得しなければ発生し
      なかった増分コストです。なお、当該費用を資産計上する際には、カードの有効稼働会員割合等を加味したうえ
      で、回収が見込まれる金額のみを資産として認識しています。また、当該資産については、会員のカード利用によ
      る決済サービスの提供という履行義務が充足されるカード会員の見積契約期間に応じた5~10年間の均等償却を
      行っています。
       また、契約コストから認識した資産については、認識時及び四半期ごとに回収可能性の検討を行っています。検
      討に当たっては、当該資産の帳簿価額が、カード会員との契約が継続すると見込まれる期間に渡り関連するクレ
      ジットカード関連サービスと交換に企業が受け取ると見込んでいる対価の残りの金額から、当該サービスの提供に
      直接関連し、まだ費用として認識されていないコストを差し引いた金額を超過しているかどうか判断を行っていま
      す。これらの見積り及び仮定は、前提とした状況が変化すれば、契約コストから認識した資産に関する減損損失を
      純損益に認識することにより、契約コストから認識した資産の金額に重要な影響を及ぼす可能性があるため、当社
      グループでは、当該見積りは重要なものであると判断しています。
       前連結会計年度末(         2020年12月31日       )及び当第2四半期連結会計期間末(                  2021年6月30日       )現在、当社グループ

      が契約コストから認識した資産の残高は、それぞれ71,893百万円及び77,607百万円です。
                                25/41













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    6.1株当たり利益
      親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり四半期利益は、親会社の所有者に帰属する四半期利益を、当該四半期
     の発行済普通株式の加重平均株式数で除して算定しています。
      1株当たり四半期利益を算出するために用いた親会社の所有者に帰属する四半期利益及び発行済普通株式の加重平
     均株式数の状況は、以下のとおりです。
                             前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間

                              (自    2020年1月1日            (自    2021年1月1日
                               至    2020年6月30日       )      至    2021年6月30日       )
     親会社の所有者に帰属する四半期利益
                                       29,956               34,285
     (百万円)
     発行済普通株式の加重平均株式数(株)                                  78,649               78,649
     親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり
                                     380,880.46               435,918.67
     四半期利益(円)
                             前第2四半期連結会計期間               当第2四半期連結会計期間

                              (自    2020年4月1日            (自    2021年4月1日
                               至    2020年6月30日       )      至    2021年6月30日       )
     親会社の所有者に帰属する四半期利益
                                       15,532               16,508
     (百万円)
     発行済普通株式の加重平均株式数(株)                                  78,649               78,649
     親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり
                                     197,477.34               209,890.75
     四半期利益(円)
     (注)親会社の所有者に帰属する希薄化後1株当たり四半期利益については、希薄化効果を有する潜在株式が存在し
        ないため、親会社の所有者に帰属する基本的1株当たり四半期利益と同一です。
      当第2四半期連結会計期間末日(                2021年6月30日       )から要約四半期連結財務諸表の承認日までの期間において、1

     株当たり四半期利益に重要な影響を与える取引はありません。
                                26/41











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    7.偶発事象及び契約
     (1)貸出コミットメントライン契約及び保証債務
       当社及び一部の連結子会社は、クレジットカードに附帯するキャッシング及びカードローンによる融資業務を
      行っています。当該貸付金については、貸出契約の際に設定した額(契約限度額)のうち、当社及び当該連結子会
      社が与信した額(利用限度額)の範囲内で顧客が随時借入れを行うことができる契約となっています。
       なお、同契約は融資実行されずに終了するものもあり、かつ、利用限度額についても当社グループが任意に増減
      させることができるものであるため、融資未実行残高は必ずしも全額が貸出実行されるものではありません。
       また、当社及び一部の連結子会社は業務提携先から融資を受けた一般顧客に対して債務保証を行っています。
       上記の貸出コミットメントラインに係る未実行残高及び債務保証残高の状況は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間末
                           ( 2020年12月31日       )          ( 2021年6月30日       )
     貸出コミットメントラインに係る
                                   4,390,975                  4,635,011
     未実行残高
     金融保証契約                                5,024                  4,611
     合計                              4,395,999                  4,639,622
     (2)借入コミットメントライン契約

       当社及び一部の連結子会社では、複数の金融機関と借入コミットメントライン契約を締結しており、未実行残高
      は、以下のとおりです。
                                                   (単位:百万円)
                            前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間末
                           ( 2020年12月31日       )          ( 2021年6月30日       )
     借入コミットメントラインの総額                                99,693                 100,860
     借入実行残高                                8,632                  7,434
     未実行残高                                91,061                  93,426
                                27/41











                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    8.配当金
      前第2四半期連結累計期間及び当第2四半期連結累計期間における配当金支払額は、以下のとおりです。
      前第2四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至    2020年6月30日       )

                   1株当たり配当金           配当金支払総額
          決議日                                基準日         効力発生日
                     (円)         (百万円)
        2020年3月26日
                        292,439           23,000     2019年12月31日          2020年3月27日
        定時株主総会決議
      当第2四半期連結累計期間(自                2021年1月1日        至    2021年6月30日       )

                   1株当たり配当金           配当金支払総額
          決議日                                基準日         効力発生日
                     (円)         (百万円)
        2021年3月29日
                        254,295           20,000     2020年12月31日          2021年3月30日
        定時株主総会決議
                                28/41
















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    9.金融商品の分類
      当社グループにおける金融商品の分類は、以下のとおりです。
     前連結会計年度(        2020年12月31日       )

     (金融資産)
                                                   (単位:百万円)
                        公正価値で測定する金融資産
                                   その他の包括利
                           その他の包括利
                                           償却原価で測定
                   純損益を通じて
                                                      合計
                                   益を通じて公正
                           益を通じて公正
                                           する金融資産
                   公正価値で測定
                                   価値で測定する
                           価値で測定する
                   する金融資産
                                   資本性金融商品
                           負債性金融商品
     現金及び現金同等物                   -        -        -     2,883,879        2,883,879
     証券事業の金融資産                   863         -        -     2,673,531        2,674,394
     カード事業の貸付金                   -        -        -     2,033,013        2,033,013
     銀行事業の有価証券                  1,253       274,672           1      12,556        288,482
     銀行事業の貸付金                   -        -        -     1,436,700        1,436,700
     保険事業の有価証券                  5,484       129,655        148,930           -      284,069
     デリバティブ資産                 30,847          -        -        -      30,847
     有価証券                   433         -       4,025        2,800        7,258
     その他の金融資産(注)                    1        -        -      344,227        344,228
     合計                 38,881        404,327        152,956       9,386,706        9,982,870
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)56,316百万円を除いています。
     (金融負債)

                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融負債
                             純損益を通じて公正
                                        償却原価で測定
                                                    合計
                  強制的に公正価値で          価値で測定するもの
                                        する金融負債
                  測定される金融負債           として指定された
                               金融負債
     営業債務                     -          -        398,415          398,415
     銀行事業の預金                     -          -       4,826,965          4,826,965
     証券事業の金融負債                     -          -       2,587,531          2,587,531
     デリバティブ負債(注)                   11,880            -          -        11,880
     社債及び借入金                     -          -       1,430,943          1,430,943
     その他の金融負債                     -          -        306,137          306,137
     合計                   11,880            -       9,549,991          9,561,871
     (注)デリバティブ負債のうち強制的に公正価値で測定される金融負債5,581百万円については、その他の包括利益を
        通じて公正価値で測定する金融資産に係る公正価値ヘッジのヘッジ手段であるデリバティブであり、公正価値
        の変動はその他の包括利益に計上されます。
                                29/41





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     当第2四半期連結会計期間末(              2021年6月30日       )
     (金融資産)
                                                   (単位:百万円)
                        公正価値で測定する金融資産
                                   その他の包括利
                           その他の包括利
                                           償却原価で測定
                   純損益を通じて
                                                      合計
                                   益を通じて公正
                           益を通じて公正
                                           する金融資産
                   公正価値で測定
                                   価値で測定する
                           価値で測定する
                   する金融資産
                                   資本性金融商品
                           負債性金融商品
     現金及び現金同等物                   -        -        -     3,325,802        3,325,802
     証券事業の金融資産                   906         -        -     2,917,760        2,918,666
     カード事業の貸付金                   -        -        -     1,994,195        1,994,195
     銀行事業の有価証券                  1,796       323,457           1      53,779        379,033
     銀行事業の貸付金                   -        -        -     2,110,957        2,110,957
     保険事業の有価証券                  3,533       127,798        170,353           -      301,684
     デリバティブ資産                 26,041          -        -        -      26,041
     有価証券                   433         -       4,552        2,800        7,785
     その他の金融資産(注)                    1        -        -      308,455        308,456
     合計                 32,710        451,255        174,906       10,713,748        11,372,619
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)56,393百万円を除いています。
     (金融負債)

                                                   (単位:百万円)
                      公正価値で測定する金融負債
                             純損益を通じて公正
                                        償却原価で測定
                                                    合計
                  強制的に公正価値で
                             価値で測定するもの
                                        する金融負債
                             として指定された
                  測定される金融負債
                               金融負債
     営業債務                     -          -        290,876          290,876
     銀行事業の預金                     -          -       5,842,478          5,842,478
     証券事業の金融負債                     -          -       2,902,547          2,902,547
     デリバティブ負債(注)                   31,538            -          -        31,538
     社債及び借入金                     -          -       1,580,169          1,580,169
     その他の金融負債                     -          -        296,143          296,143
     合計                   31,538            -      10,912,213          10,943,751
     (注)デリバティブ負債のうち強制的に公正価値で測定される金融負債22,328百万円については、その他の包括利益
        を通じて公正価値で測定する金融資産に係る公正価値ヘッジのヘッジ手段であるデリバティブであり、公正価
        値の変動はその他の包括利益に計上されます。
                                30/41






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    10.金融商品の公正価値
     (1)金融商品の帳簿価額及び公正価値
       以下は、当社グループの保有する金融商品の帳簿価額と公正価値の比較を示しています。
                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度
                                  ( 2020年12月31日       )
                       帳簿価額             公正価値              差額
     (金融資産)
     証券事業の金融資産                     2,674,394             2,674,394                 -
     カード事業の貸付金                     2,033,013             2,086,898               53,885
     銀行事業の有価証券                      288,482             288,511                29
     銀行事業の貸付金                     1,436,700             1,440,470               3,770
     保険事業の有価証券                      284,069             284,069                -
     デリバティブ資産                       30,847             30,847               -
     有価証券                       7,258             7,258               -
     その他の金融資産(注)                      344,228             344,228                -
     合計                     7,098,991             7,156,675               57,684
     (金融負債)
     銀行事業の預金                     4,826,965             4,827,020                 55
     証券事業の金融負債                     2,587,531             2,587,531                 -
     デリバティブ負債                       11,880             11,880               -
     社債及び借入金                     1,430,943             1,432,454               1,511
     合計                     8,857,319             8,858,885               1,566
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)56,316百万円を除いています。
                                                   (単位:百万円)
                                当第2四半期連結累計期間末
                                  ( 2021年6月30日       )
                       帳簿価額             公正価値              差額
     (金融資産)
     証券事業の金融資産                     2,918,666             2,918,666                 -
     カード事業の貸付金                     1,994,195             2,050,306               56,111
     銀行事業の有価証券                      379,033             379,141               108
     銀行事業の貸付金                     2,110,957             2,114,668               3,711
     保険事業の有価証券                      301,684             301,684                -
     デリバティブ資産                       26,041             26,041               -
     有価証券                       7,785             7,785               -
     その他の金融資産(注)                      308,456             308,456                -
     合計                     8,046,817             8,106,747               59,930
     (金融負債)
     銀行事業の預金                     5,842,478             5,842,524                 46
     証券事業の金融負債                     2,902,547             2,902,547                 -
     デリバティブ負債                       31,538             31,538               -
     社債及び借入金                     1,580,169             1,581,691               1,522
     合計                     10,356,732             10,358,300                1,568
     (注)保険事業の保険契約準備金(出再分)56,393百万円を除いています。
                                31/41



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
      公正価値の算定方法

      ・証券事業の金融資産
       証券事業の金融資産は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当
      該帳簿価額を公正価値としています。
      ・カード事業の貸付金、銀行事業の貸付金
       カード事業の貸付金及び銀行事業の貸付金の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フロー
      を満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値によって算定しています。
      ・銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券
       銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券のうち、上場株式の公正価値については四半期連結会計
      期間末日の市場の終値を用いて算定しています。非上場株式の公正価値については、主に取引事例法等、適切な評
      価技法を用いて算定しています。また、債券等の公正価値については、売買参考統計値やブローカーによる提示相
      場等、利用可能な情報に基づく合理的な評価方法により算定しています。
      ・その他の金融資産
       その他の金融資産の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び信
      用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値によって算定しています。
      ・デリバティブ資産及び負債
       デリバティブ資産及び負債のうち、為替予約については、先物為替相場等に基づき四半期連結会計期間末日の公
      正価値を算定しています。相対取引のデリバティブについては、ブローカーによる提示相場に基づき算定していま
      す。また、金利スワップの公正価値は、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び四半期連結会計期間末日
      の金利スワップの利率により割り引いた現在価値により算定しています。
       なお、金利スワップ契約の取引相手先は高格付けを有する金融機関に限定しており、信用リスクは僅少であるた
      め、公正価値の算定にあたり考慮していません。
      ・銀行事業の預金
       銀行事業の預金のうち、要求払預金については、四半期連結会計期間末日に要求された場合の支払額(帳簿価
      額)を公正価値としています。また、定期預金の公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッシュ・フ
      ローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しています。なお、残
      存期間が短期間(1年以内)のものは、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当該帳簿価額を公正価値と
      しています。
      ・証券事業の金融負債
       証券事業の金融負債は、主に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、当
      該帳簿価額を公正価値としています。
      ・社債及び借入金
       社債及び借入金のうち満期までの期間が長期のものの公正価値は、一定の期間毎に区分して、将来のキャッ
      シュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引いた現在価値により算定しています。
      なお、現金及び現金同等物、営業債務並びにその他の金融負債は、経常的に公正価値で測定する金融商品、又は主

     に短期間で決済されるものであり、公正価値は帳簿価額に近似していることから、上表に含めていません。
                                32/41






                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (2)公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
       以下は、公正価値をレベル1からレベル3までの公正価値ヒエラルキーに基づく分類を示しています。
      <各ヒエラルキーの定義>

       レベル1:同一の資産又は負債について活発な市場における(無調整の)公表価格
       レベル2:当該資産又は負債について直接に又は間接に観察可能な、レベル1に含まれる公表価格以外のイン
            プットを使用して算定された公正価値
       レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法によって算定された公正価値
        当社グループは、各ヒエラルキー間の振替を、振替を生じさせた事象が発生した各四半期連結会計期間末日に

       おいて認識しています。
     連結財政状態計算書において公正価値で測定される資産及び負債に関するヒエラルキー別分類

      前連結会計年度(        2020年12月31日       )

                                                   (単位:百万円)
                     レベル1          レベル2          レベル3           合計
     証券事業の金融資産                      -          863           -          863

     銀行事業の有価証券                    97,327            -        178,599          275,926

     保険事業の有価証券                   142,387           88,597          53,085          284,069

     有価証券                    3,131            -         1,327          4,458

     その他の金融資産                      -          -           1          1

     デリバティブ資産/負債                      -        18,967            -        18,967

      前連結会計年度においてレベル1とレベル2の間の重要な振替はありません。
      当第2四半期連結会計期間末(              2021年6月30日       )

                                                   (単位:百万円)
                     レベル1          レベル2          レベル3           合計
     証券事業の金融資産                      -          906           -          906

     銀行事業の有価証券                   101,071           5,559         218,624          325,254

     保険事業の有価証券                   165,061           85,437          51,186          301,684

     有価証券                    3,578            -         1,407          4,985

     その他の金融資産                      -          -           1          1

     デリバティブ資産/負債                      -       △5,497             -        △5,497

      当第2四半期連結累計期間においてレベル1とレベル2の間の重要な振替はありません。
                                33/41





                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     (3)レベル3ヒエラルキーの調整表
       以下の表は、一つ以上の重要なインプットが観察可能な市場データに基づかないレベル3に分類された金融商品
      の各四半期連結累計期間の期首から期末までの残高の増減を示す調整表です。
     前第2四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至    2020年6月30日       )

                                           (単位:百万円)
                  銀行事業の       保険事業の              その他の
                                有価証券               合計
                   有価証券       有価証券              金融資産
     2020年1月1日               141,544       33,644        837        1    176,026
     利得又は損失

      純損益

                      △6       382       32       -      408
      その他の包括利益

                      △44      1,840        58       -     1,854
     購入               206,786       22,955        579       -    230,320

     売却                 -    △1,002        △168        -    △1,170

     発行                 -       -       -       -       -

     決済                 -       -       -       -       -

     償還              △206,079        △1,170         -       -   △207,249

     その他                △182       △232        △2       -     △416

     レベル3への振替                 -       -       -       -       -

     レベル3からの振替
                       -     △982        -       -     △982
     (注)
     2020年6月30日               142,019       55,435       1,336         1    198,791
     前第2四半期連結累計期

     間末日に保有する金融商                 △6       382       32       -      408
     品に係る純損益の合計
     (注)「保険事業の有価証券」については、公正価値の測定に使用する重要なインプットが観察可能となったことに
        よる振替です。
       前第2四半期連結累計期間(自                 2020年1月1日        至    2020年6月30日       )の純損益に含まれている利得及び損失

      は、「売上収益」及び「金融収益」に含まれています。
                                34/41







                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     当第2四半期連結累計期間(自                2021年1月1日        至    2021年6月30日       )
                                           (単位:百万円)
                  銀行事業の       保険事業の              その他の
                                有価証券               合計
                   有価証券       有価証券              金融資産
     2021年1月1日               178,599       53,085       1,327         1    233,012
     利得又は損失

      純損益

                       -       95       19       -      114
      その他の包括利益

                      △10      △623        79       -     △554
     購入               242,511         -       82       -    242,593

     売却                 -    △3,437        △100        -    △3,537

     発行                 -       -       -       -       -

     決済                 -       -       -       -       -

     償還              △203,257         △182        -       -   △203,439

     その他                 781      2,248        △0       -     3,029

     レベル3への振替                 -       -       -       -       -

     レベル3からの振替                 -       -       -       -       -

     2021年6月30日               218,624       51,186       1,407         1    271,218

     当第2四半期連結累計期

     間末日に保有する金融商                 -       95       18       -      113
     品に係る純損益の合計
       当第2四半期連結累計期間(自                 2021年1月1日        至    2021年6月30日       )の純損益に含まれている利得及び損失

      は、「売上収益」及び「金融収益」に含まれています。
       非上場株式等の公正価値の測定は、所定のルールに従って営業部門から独立した管理部門により行われていま

      す。公正価値を測定するにあたり、個々の資産の性質、特徴及びリスクを最も適切に反映できる評価モデルを決定
      しています。評価モデルの採用論拠及び評価過程について、リスクの管理部門に報告され、公正価値の評価の方針
      及び手続に関する適正性が確保されています。
       銀行事業の有価証券の公正価値の測定は、時価算定事務基準に従いリスク管理部門により行われています。取引
      金融機関等から提供される価格については、有価証券種別毎に分類し、それぞれの分類に応じて時価変動に影響を
      与えうる重要な指標の推移をモニタリングし、価格変動との整合性の確認を行っています。検証内容については、
      月次でリスク管理委員会・経営会議・取締役会に報告しています。
       保険事業の有価証券の運用・管理については、「職務権限規程」及び「資産運用リスク管理規程」に従っていま
      す。株式の多くは、営業と密接な関係のある政策目的で保有しているものであり、取引先の市場環境や財務状況等
      をモニタリングしており、価格変動との整合性の確認を行っています。
       レベル3に分類された銀行事業の有価証券、保険事業の有価証券及び有価証券について、インプットがそれぞれ
      合理的に考えうる代替的な仮定に変更した場合の公正価値の増減は重要ではありません。また、レベル3に分類さ
      れたその他の金融商品については、インプットがそれぞれ合理的に考えうる代替的な仮定に変更した場合の重要な
      公正価値の増減は見込まれていません。
                                35/41



                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    11.関連当事者
      当社の親会社である楽天グループ(株)と当社グループとの取引及び債権債務の残高は、以下のとおりです。
     なお、   当社グループと経営幹部との間に重要な取引はありません。
                                       (単位:百万円)
                    前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                     (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                      至    2020年6月30日       )     至    2021年6月30日       )
     売上収益                         3,667              3,809
     営業費用                        16,953              18,653
     ポイント負担金                        61,454              79,368
     証券事業の金融資産                          816             1,266
     保険事業の有価証券                          -              100
     その他の金融資産                        80,020               4,049
     その他の資産                          639               -
     銀行事業の預金                        46,154              123,468
     証券事業の金融負債                          -              454
     その他の金融負債                        31,654              54,107
     引当金                        12,305              16,420
                                36/41













                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    12.後発事象
      該当事項はありません。
                                37/41




















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    2【その他】
      該当事項はありません。

                                38/41




















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                39/41



















                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年8月11日

    楽天カード株式会社
     取締役会      御中
                       EY新日本有限責任監査法人

                       東京事務所
                        指定有限責任社員

                                          齋      田         毅
                                   公認会計士                   ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          黒      木      賢      治
                                   公認会計士                   ㊞
                        業務執行社員
    監査人の結論
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている楽天カード株式
    会社の2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年4月1日から2021年
    6月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年6月30日まで)に係る要約四半期連結財務諸
    表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四
    半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、
    様式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、楽天カー
    ド株式会社及び連結子会社の2021年6月30日現在の財政状態、同日をもって終了する第2四半期連結会計期間及び第2
    四半期連結累計期間の経営成績並びに第2四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと
    信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人
    の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
    独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる
    証拠を入手したと判断している。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示する
    ことにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するた
    めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成す
    ることが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事
    項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約
    四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財
     務諸表の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。ま
                                40/41


                                                          EDINET提出書類
                                                      楽天カード株式会社(E35230)
                                                            四半期報告書
     た、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財
     務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切で
     な い場合は、要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企
     業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内
     容、並びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認めら
     れないかどうかを評価する。
    ・ 要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す
     る。監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人
     は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事項に
    ついて報告を行う。
     監査人は、監査役に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監査人
    の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じてい
    る場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)    1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

           報告書提出会社)が別途保管しております。
        2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                41/41












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。