株式会社昭文社ホールディングス 有価証券報告書 第62期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第62期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社昭文社ホールディングス
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   有価証券報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年6月29日
     【事業年度】                   第62期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
     【会社名】                   株式会社昭文社ホールディングス
     【英訳名】                   Shobunsha     Holdings,     Inc.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  黒田 茂夫
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区麹町三丁目1番地
     【電話番号】                   03(3556)8111
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長  加藤 弘之
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区麹町三丁目1番地
     【電話番号】                   03(3556)8171
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理本部長  加藤 弘之
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/106













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
      (1)連結経営指標等
            回次            第58期       第59期       第60期       第61期       第62期
           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

                 (千円)      10,314,458        9,158,456       8,770,072       8,073,765       6,313,747

     売上高
     経常利益又は経常損失
                 (千円)      △ 2,206,325      △ 1,018,190       △ 590,539        15,330     △ 1,415,294
     (△)
     親会社株主に帰属する当
     期純利益又は親会社株主
                 (千円)      △ 3,423,407      △ 1,768,342      △ 1,815,120        129,967     △ 2,374,272
     に帰属する当期純損失
     (△)
                 (千円)      △ 3,147,393      △ 1,618,212      △ 1,961,493        △ 48,491     △ 1,925,774
     包括利益
                 (千円)      19,596,169       17,612,708       15,286,797       15,212,840       13,286,996

     純資産額
                 (千円)      24,550,885       22,188,332       19,695,365       18,817,926       16,872,511

     総資産額
                  (円)       1,076.49        967.47       839.57       836.91       730.97

     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益金
     額又は1株当たり当期純             (円)       △ 205.46       △ 97.28      △ 99.85        7.15     △ 130.62
     損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当た
                  (円)          -       -       -       -       -
     り当期純利益金額
                  (%)         79.7       79.3       77.5       80.8       78.7
     自己資本比率
                  (%)        △ 16.4       △ 9.5      △ 11.1        0.9      △ 16.7

     自己資本利益率
                  (倍)          -       -       -      52.31         -

     株価収益率
     営業活動による
                 (千円)       △ 787,015      △ 646,825      △ 589,319      △ 540,807        39,165
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                 (千円)      △ 1,185,165        238,962      △ 322,422      △ 332,131      △ 386,088
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                 (千円)       △ 354,037      △ 363,975      △ 364,654        △ 688      △ 643
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の
                 (千円)       7,899,931       7,132,362       5,845,914       4,970,584       4,629,245
     期末残高
                           467       447       333       317       312
     従業員数
                  (人)
     [外、平均臨時雇用者数]
                          [ 160  ]     [ 137  ]     [ 142  ]     [ 182  ]     [ 170  ]
     (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。
         2.  第58期において売上高が減少した要因は、ナビゲーション事業において継続的にあった大型案件の失注や
           想定を上回る市販出版物の返品があったことなどによります。経常損失に転じた主な要因は、売上高の大
           幅な減少に加えて、退職給付費用の増加や人事制度変更に伴う賞与引当金計上額の増加により、原価、販
           売費及び一般管理費が増加したためです。大幅な親会社株主に帰属する当期純損失となった要因は、当社
           及び連結子会社が保有する固定資産について減損損失を計上したことによるものです。
                                  2/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         3.  第59期において売上高が           減少した要因は、電子売上においてPND(簡易型カーナビゲーション)関連の売上
           減少や市販出版物において前年にあったようなガイドブックシリーズの改訂がなかったことなどによりま
           す。経常損失が改善した要因は、構造改革による効率化の効果や人員削減による人件費削減効果などによ
           ります。親会社株主に帰属する当期純損失が改善した要因は、持分法適用関連会社の除外による持分変動
           損失の計上、主にカーナビゲーションの経路探索に用いる交通規制情報等の調達に関する契約の中途解約
           に伴う解約違約金の計上及び当社及び連結子会社が保有する固定資産について減損損失を計上したもの
           の、第58期に計上した減損損失に比べ少なかったことによるものです。
         4.  第60期において売上高が           減少した要因は、市販出版物において地図商品の売上減少などによります。経常
           損失が改善した要因は、事業構造改革による効率化の効果で売上原価が減少したことなどによります。親
           会社株主に帰属する当期純損失が悪化した要因は、希望退職者の募集に伴う特別退職金の計上及び当社及
           び連結子会社が保有する固定資産について第59期を超える額の減損損失を計上したことによるものです。
         5.第61期において売上高が減少した要因は、市販出版物の売上減少などによります。経常損益が経常利益に
           転じた要因は、第60期に実施した希望退職者の募集の影響による人件費の改善などによります。親会社株
           主に帰属する当期純損失が当期純利益に転じた要因は、第60期に計上した減損損失及び特別退職金の規模
           に相当するような費用が第61期では発生しなかったことによるものです。
         6.第62期において売上高が減少した要因は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、市販出版物の売上減
          少や海外にあるアクティビティ施設の営業休止などによるものです。経常損失を計上した要因は、主に前
          述の売上高の減少によるものです。親会社株主に帰属する当期純損失が経常損失を大幅に上回った要因
          は、連結子会社が保有する固定資産について減損損失を計上したことによるものです。
         7.第62期より表示方法の変更を行っており、第61期につきましても、当該表示方法を反映した組替後の数値
          を記載しております。
         8.第60期の従業員数が第59期と比較して114人減少して                          おりますが、その主な理由は、当社グループにおける
           希望退職者の募集によるものであります。
         9.第58期、第59期及び第60期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式は存
           在するものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         10.第61期及び第62期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しない
           ため記載しておりません。
         11.第58期、第59期、第60期及び第62期における株価収益率については、1株当たり当期純損失であるため記
           載しておりません。
                                  3/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (2)提出会社の経営指標等
             回次            第58期       第59期       第60期       第61期       第62期
           決算年月            2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

                 (千円)       9,681,831       8,973,009       8,483,459       7,608,481       2,753,328

     売上高
     経常利益又は経常損失
                 (千円)      △ 1,994,319       △ 902,380      △ 452,414       128,334      1,204,329
     (△)
     当期純利益又は当期純
                 (千円)      △ 3,225,772      △ 1,616,829      △ 1,790,927         29,736     △ 2,317,391
     損失(△)
                 (千円)      10,141,136       10,141,136       10,141,136       10,141,136       10,141,136
     資本金
                  (株)      18,178,173       18,178,173       18,178,173       18,178,173       18,178,173

     発行済株式総数
                 (千円)      19,165,908       17,234,298       14,960,075       14,841,349       12,910,221

     純資産額
                 (千円)      23,669,100       21,595,779       19,186,171       18,381,434       14,907,265

     総資産額
                  (円)       1,052.82        946.65       821.59       816.47       710.24

     1株当たり純資産額
                          20.00       20.00         -       -       -

     1株当たり配当額
                  (円)
    (うち1株当たり中間配
                           ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
      当額)
     1株当たり当期純利益
     金額又は1株当たり当             (円)       △ 193.60       △ 88.94      △ 98.52        1.64     △ 127.49
     期純損失金額(△)
     潜在株式調整後1株当
                  (円)          -       -       -       -       -
     たり当期純利益金額
                  (%)         80.9       79.7       77.8       80.7       86.6
     自己資本比率
                  (%)        △ 15.8       △ 8.9      △ 11.1        0.2      △ 16.7

     自己資本利益率
                  (倍)          -       -       -      52.31         -

     株価収益率
                  (%)          -       -       -       -       -

     配当性向
                           394       322       237       246        32

     従業員数
                  (人)
     [外、平均臨時雇用者数]
                           [ 113  ]      [ 99 ]      [ 93 ]      [ 92 ]      [ 56 ]
                  (%)        116.9       132.2        75.9       67.4       84.5

     株主総利回り
     (比較指標:配当込み
                  (%)        ( 114.7   )    ( 132.9   )    ( 126.2   )    ( 114.2   )    ( 162.3   )
     TOPIX(東証株価指数))
                  (円)         734       837       850       453       669
     最高株価
                  (円)         531       693       351       264       330

     最低株価
     (注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

         2.最高株価及び最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
         3.  第58期において売上高が減少した要因は、ナビゲーション事業において継続的にあった大型案件の失注や
           想定を上回る市販出版物の返品があったことなどによります。経常損失に転じた主な要因は、売上高の大
           幅な減少に加えて、退職給付費用の増加や人事制度変更に伴う賞与引当金計上額の増加により、原価、販
           売費及び一般管理費が増加したためです。大幅な当期純損失となった要因は、固定資産について減損損失
           を計上したことによるものです。
         4.第59期において売上高が減少した要因は、                     電子売上においてPND(簡易型カーナビゲーション)関連の売上
           減少や市販出版物において前年にあったようなガイドブックシリーズの改訂がなかったことなどによりま
           す。経常損失が改善した要因は、構造改革による効率化の効果や人員削減による人件費削減効果などによ
           ります。当期純損失が改善した要因は、主にカーナビゲーションの経路探索に用いる交通規制情報等の調
           達に関する契約の中途解約に伴う解約違約金の計上及び当社が保有する固定資産について減損損失を計上
           したものの、第58期に計上した減損損失に比べ少なかったことによるものです。
                                  4/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         5.第59期の従業員数が第58期と比べて72人減少しておりますが、その主な理由は、当社から子会社への出向
           者が増加したことによるものです。
         6.  第60期において売上高が           減少した要因は、市販出版物において地図商品の売上減少などによります。経常
           損失が改善した要因は、事業構造改革による効率化の効果で売上原価が減少したことなどによります。当
           期純損失が悪化した要因は、希望退職者の募集に伴う特別退職金の計上及び当社が保有する固定資産につ
           いて第59期を超える額の減損損失を計上したことによるものです。
         7.第60期の      従業員数が第59期と比べて85人減少しておりますが、その主な理由は、希望退職者の募集による
           ものです    。
         8.第61期において売上高が減少した要因は、市販出版物の売上減少などによります。経常損益が経常利益に
           転じた要因は、第60期に実施した希望退職者の募集の影響による人件費の改善などによります。当期純損
           失が当期純利益に転じた要因は、第60期に計上した減損損失及び特別退職金の規模に相当するような費用
           が当期では発生しなかったことによるものです。
         9.  第62期において売上高が大幅に減少した要因は                      、ホールディングス体制に移行し、会社分割(吸収分割)
           を行ったことによるものです。経常利益が大幅に増加した要因は、第61期になかった不動産事業において
           大阪支社の土地建物を売却したことによるものです。当期純利益が当期純損失に転じた要因は、関係会社
           株式評価損を計上したことによるものです。
         10.第62期より表示方法の変更を行っており、第61期につきましても、当該表示方法を反映した組替後の数値
          を記載しております。
         11.第62期の従業員数が第61期と比べて214人減少しておりますが、その主な理由は、ホールディングス体制に
           移行し、会社分割(吸収分割)を行ったことによるものです。
         12.第58期、第59期及び第60期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式は存在す
           るものの、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         13.第61期及び第62期における潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため
           記載しておりません。
         14.第58期、第59期、第60期及び第62期における株価収益率、配当性向については、1株当たり当期純損失で
           あるため記載しておりません。
         15.第61期における配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
                                  5/106












                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     2【沿革】
        当社は、1960年5月31日に地図の出版販売を目的として、商号株式会社昭文社をもって設立いたしました。
        その後、1989年3月31日に株式会社成文社(1989年3月15日設立)が、株式会社昭文社の営業を譲り受けるととも
      に、商号を株式会社昭文社に変更し実体会社となりました。
        さらに、1991年4月1日を合併期日として、株式会社昭栄社(1983年5月14日設立)が、株式会社昭文社を吸収合
      併するとともに、商号を株式会社昭文社に変更し実体会社となりました。
        また、当社の株式の額面金額を1株50,000円から50円に変更するため、1995年4月1日を合併期日として株式会社
      昭文社(1964年6月11日設立、旧株式会社東裁)を存続会社とする合併を行っております。
        その後、2020年4月1日に当社商号を株式会社昭文社ホールディングスに変更いたしました。
        営業譲渡および合併により形式的な実体会社は変動いたしましたが、実質的な実体会社は商号を株式会社昭文社
      ホールディングスとしている会社であり、以下の記載につきましては別段の記述のない限り、実質的な実体会社であ
      る株式会社昭文社ホールディングスについて記載しております。
        年月                           事項
      1960年5月        各種地図の出版販売を目的として株式会社昭文社を大阪市東区に設立
      1962年6月        名古屋市中区に名古屋営業所を設置
      1963年10月        東京進出のため東京都新宿区に東京営業所を設置
      1965年2月        東京営業所を東京都文京区に移転
      1966年3月        札幌市に札幌営業所を設置
      1968年4月        福岡県福岡市に福岡営業所を設置
      1968年10月        本社を東京都文京区に移転
      1971年5月        宮城県仙台市に仙台営業所を設置
      1972年5月        横浜市神奈川区に横浜営業所を設置
      1972年7月        大阪市淀川区に大阪営業所を設置
      1972年10月        一般書籍の出版販売を目的として株式会社昭文社出版部(株式会社昭文社地図研究所)を設立
      1973年1月        広島県広島市に広島営業所を設置
      1973年6月        千葉県千葉市に千葉営業所を設置
      1973年10月        京都市中京区に京都営業所を設置
      1974年4月        石川県金沢市に金沢営業所、埼玉県浦和市(現 さいたま市)に浦和営業所を設置
      1976年9月        大阪営業所を大阪支社に昇格
      1977年10月        業容の拡大に伴い本社を東京都千代田区に移転
      1978年3月        東京都立川市に立川営業所を設置
      1978年10月        東京都足立区(堀之内)に東京商品センターを設置
      1979年2月        大阪府摂津市(鳥飼下)に大阪商品センターを設置
      1984年11月        東京都足立区(西新井)に東京商品センターを移転
      1988年11月        大阪府摂津市(鳥飼上)に大阪商品センターを移転
      1989年3月        経営多角化の見地から、株式会社成文社が株式会社昭文社の製作および販売部門を引き継ぐとと
              もに商号を株式会社昭文社へ変更
      1991年4月        安定した経営基盤の確立と業績向上を図るため株式会社昭栄社が株式会社昭文社を吸収合併する
              とともに商号を株式会社昭文社へ変更
      1992年10月        取引形態が異なるコンビニエンスストア市場への販路拡大を目的として、株式会社エアリアマッ
              プを設立
      1993年7月        埼玉県大利根町(現 加須市)に埼玉製本センターを設置
      1994年4月        業務の効率化を図るため株式会社エアリアマップを吸収合併
      1995年4月        額面変更のため株式会社昭文社(東京都千代田区)を被合併会社として合併
      1996年3月        地図情報の調査・収集を行うことを目的として、株式会社昭文社データリサーチを設立
      1996年9月        日本証券業協会に株式を店頭登録
      1997年5月        新潟県新潟市に新潟営業所を設置
                                  6/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        年月                           事項
      1997年10月
              当社製品の販売子会社として株式会社昭文社ディーエム千代田および株式会社昭文社ディーエム
              新宿を設立
      1998年4月        東京都江東区に制作本部を設置
      1999年3月        東京証券取引所市場第二部上場
      1999年3月        株式会社昭文社データリサーチ、株式会社昭文社ディーエム千代田および株式会社昭文社ディー
              エム新宿の子会社3社を解散
      1999年4月        本社を東京都千代田区麹町に移転
      2000年1月        旅行・レジャーガイド情報等のデジタルデータベースの企画・制作・販売を目的として、子会社
              株式会社マップル・ドットコムを設立
      2000年3月        東京証券取引所市場第一部上場
      2000年11月        株式会社マップル・ドットコムを解散
      2001年7月        株式会社シビルソリューションズに出資
      2002年3月        株式会社昭文社地図研究所を企業統合の結果解散
      2002年12月        日本コンピュータグラフィック株式会社を子会社化
      2003年12月        株式会社シビルソリューションズとの資本関係を解消
      2005年4月        北京方正万普信息技術有限公司(現、昭文社(北京)信息技術有限公司)に出資
      2006年7月        モバイル(携帯情報端末)を中心とするローカル広告事業等を目的として、子会社株式会社リ
              ビットを設立
      2006年9月        高精度3次元道路ネットワークデータの整備・構築及び同データを活用した次世代ナビゲーショ
              ン用地図ソフトウェアの開発・企画制作・販売を目的として子会社キャンバスマップル株式会社
              を設立
      2008年1月        子会社キャンバスマップル株式会社を完全子会社化
      2008年4月        子会社日本コンピュータグラフィック株式会社を完全子会社化
      2008年5月        電子事業におけるシステム開発拠点、テクノセンターを設置
      2008年10月        子会社日本コンピュータグラフィック株式会社の商号を株式会社昭文社デジタルソリューション
              に変更
      2010年10月        子会社株式会社リビットの商号を株式会社マップル・オンに変更
      2012年4月        テクノセンターを廃止し、制作本部に統合
      2013年6月        子会社株式会社昭文社デジタルソリューションの「国内におけるデータ作成受託業務」等の事業
              を事業譲渡
      2016年2月        インバウンド事業に関連する旅行関連プラットフォーム提供事業を目的として、子会社株式会社
              トリプコンを設立
      2016年11月        WeChatPayをはじめとするモバイル決済事業を日本のマーケットにて展開させることを
              目的として、QF        Pay  Japan株式会社に出資
      2017年3月
              株式会社トラベラーズが運営する海外旅行者向けレストラン予約サービス「グルヤク」を譲受
      2017年4月
              子会社キャンバスマップル株式会社を吸収合併
              子会社株式会社昭文社デジタルソリューションの商号を株式会社昭文社クリエイティブに変更
      2017年5月
              現地発着型ツアー予約事業を目的として、米国ハワイ州にSHOBUNSHA                                HAWAII    CORPORATIONを設立
      2017年6月
              現地発着型ツアー予約事業            を目的として、米国グアム準州にSHOBUNSHA                    GUAM   CORPORATIONを設立
      2017年7月
              ヘッドスプリング株式会社と合弁で株式会社マップル・スプリングを設立
      2017年8月
              現地発着型ツアー予約事業を目的として、シンガポール共和国にSHOBUNSHA                                   SINGAPORE     PTE.LTD.
              を設立
      2018年3月
              株式会社Avenry(旧QF           Pay  Japan株式会社)を持分法適用関連会社から除外
      2018年6月
              コールセンター事業を営む株式会社Kuquluを買収
      2018年9月
              アクティビティの催行及びリゾート施設の運営を目的として、米国グアム準州にGUAM                                       OCEAN
              PARK   CORPORATIONを設立
      2019年10月
              株式会社昭文社準備会社、株式会社マップル、株式会社MEGURUを設立
      2020年1月
              持株会社体制への移行(2020年4月1日)を決議
      2020年4月
              当社商号を株式会社昭文社ホールディングスに変更、並びに子会社株式会社昭文社準備会社の商
              号を株式会社昭文社に変更し、持株会社体制へ移行
                                  7/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     3【事業の内容】
       当社グループは、市販出版物及び電子書籍・アプリの販売、雑誌広告・Web広告の販売、出版物に由来するブラン
      ドや商標権の権利許諾等を行う「メディア事業」、当社グループのコアコンピタンスである地図・ガイドデータベー
      スの販売、同データベースを活用したシステム製品やソリューションの販売等を行う「ソリューション事業」、当社
      グループが保有する土地・建物等の有形固定資産について有効活用することを目的とした「不動産事業」、当社グ
      ループが運営するWebサイト経由にて主に海外旅行先のグルメやオプショナルツアー等の各種アクティビティに送客
      する旅ナカ事業や当社グループが海外に保有するアクティビティ施設の運営事業等を行う「観光事業」、そして「そ
      の他事業」区分として、外部取引先及び当社グループ企業に向けたコールセンターサービスを提供するコールセン
      ター事業を行っております。
       また当社グループは、当社、連結子会社10社、持分法適用関連会社2社で構成されます。㈱昭文社では                                               市販出版物
      及び電子書籍・アプリの販売、雑誌広告・Web広告の販売、出版物に由来するブランドや商標権の権利許諾等を行                                                     っ
      ております。      ㈱マップルでは       地図・ガイドデータベースの販売、同データベースを活用したシステム製品やソリュー
      ションの販売等を行っております。㈱MEGURUは、主に海外旅行先のグルメやオプショナルツアー等の各種アクティビ
      ティに送客する旅ナカ事業や海外に保有するアクティビティ施設の運営事業等を行っております。                                             ㈱マップル・オン
      ではモバイル(情報端末/携帯電話・スマートフォン)向けアプリケーションソフトの企画開発及び販売とWeb広告事
      業を行っております。また、㈱昭文社クリエイティブでは当社デジタルデータベースの企画・制作業務を担当してお
      ります。㈱Kuquluではコールセンター事業を行っております。海外子会社であるSHOBUNSHA                                           SINGAPORE     PTE.LTD.で
      は、現地発着型ツアー予約事業を行っております。海外子会社MMS                               GUAM   Corporationでは、現地のアクティビティ催
      行及びリゾート施設運営を行っております。
    [  事業系統図       ]

                                  8/106













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     4【関係会社の状況】
                                        議決権の
                                  主要な事業
         名 称           住 所        資本金            所有割合          関係内容
                                   の内容
                                        (%)
     〈連結子会社〉
     ㈱昭文社                                        資金の援助、役員の兼任、設
                                  メディア
                 東京都千代田区          100百万円            100.0
                                   事業
     (注)2                                        備の賃貸借
     〈連結子会社〉

                                  ソリュー
     ㈱マップル
                 東京都千代田区          100百万円       ション事      100.0     役員の兼任、設備の賃貸借
     (注)3
                                    業
     〈連結子会社〉
                                             資金の援助、役員の兼任、設
     ㈱MEGURU            東京都千代田区          100百万円       観光事業      100.0
                                             備の賃貸借
     〈連結子会社〉

                                  ソリュー
     ㈱マップル・オン            東京都千代田区           80百万円      ション事      100.0     資金の援助、役員の兼任
                                    業
     〈連結子会社〉
                                  ソリュー
     ㈱昭文社クリエイティブ            千葉県市原市          458百万円       ション事      100.0     役員の兼任、設備の賃貸借
                                    業
     〈連結子会社〉
                                  コールセ
     ㈱Kuqulu            東京都千代田区           10百万円      ンター事      100.0     役員の兼任、営業上の取引
                                    業
     〈連結子会社〉
                 米国 グアム準          0.5千米ド

     MMS  GUAM   Corporation
                                  観光事業      100.0     資金の援助、役員の兼任
                 州              ル
     その他2社

     〈連結子会社〉

                            535千シン
     SHOBUNSHA     SINGAPORE
                 シンガポール共
                           ガポールド       観光事業      100.0     役員の兼任
                 和国
     PTE.LTD.
                               ル
     〈持分法適用関連会社〉
                                  ソリュー
                                             ノウハウ等の提供、役員の兼
     ㈱マップル・スプリング            東京都千代田区           10百万円      ション事      50.0
                                             任
                                    業
     〈持分法適用関連会社〉
     ㈱セルリアンブルー            沖縄県那覇市           20百万円      観光事業      25.0    営業上の取引

    (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

        2.株式会社昭文社については、売上高(連結会社相互の内部取引売上を除く。)の連結売上高に占める割合が
             10%を超えております。
             主要な損益情報等  (1)売上高     3,348百万円
                       (2)経常利益   △1,998百万円
                       (3)当期純利益  △2,202百万円
                       (4)純資産額    1,628百万円
                       (5)総資産額    3,902百万円
        3.株式会社マップルについては、売上高(連結会社相互の内部取引売上を除く。)の連結売上高に占める割合が
             10%を超えております。
             主要な損益情報等  (1)売上高     1,638百万円
                                  9/106

                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
                       (2)経常利益    △233百万円
                       (3)当期純利益   △439百万円
                       (4)純資産額     551百万円
                       (5)総資産額     946百万円
                                         議決権の

                                  主要な事業
         名 称          住 所        資本金             所有割合         関係内容
                                   の内容
                                          (%)
     〈その他の関係会社〉
     ㈱エムティーアイ                                    被所有

                                  コンテンツ
                 東京都新宿区         5,180百万円                    営業上の取引
                                   配信事業
     (注)                                      28.0
        (注)有価証券報告書を提出しております。

                                 10/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     5【従業員の状況】
      (1)連結会社の状況
                                   2021年3月31日現在
                             従業員数(人)
         セグメントの名称
                              137
          メディア事業                               [ 37 ]
                              101
        ソリューション事業                                 [ 35 ]
          不動産事業                    -           [ -]

                               36
           観光事業                              [ 19 ]
                               6
          その他事業                               [ 23 ]
                               32
          全社(共通)                               [ 56 ]
                              312
            合計                             [ 170  ]
    (注)1.従業員数は就業人員であり、契約社員・嘱託及び臨時従業員数(1人1日7時間換算)については[ ]内に
          年間の平均人員を外数で記載しております。
        2.全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門に所属しているものであります。
      (2)提出会社の状況

                                                  2021年3月31日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)              平均年間給与(円)
           32    [ 56 ]           46.5              17.8           5,394,144

    (注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む)であり、契約社員・
          嘱託及び臨時従業員数(1人1日7時間換算)については[ ]内に年間の平均人員を外数で記載しておりま
          す。
        2.提出会社の従業員全員は、全社(共通)セグメントに所属しているものであります。
        3.平均年間給与は税込支給給与額であり、基準外賃金及び賞与を含んでおります。
        4.平均年齢・平均勤続年数・平均年間給与は当社から社外への出向者を含んでおりません。
        5.前事業年度に比べ従業員数が大幅に減少した主な要因は、                             ホールディングス体制に移行し、会社分割(吸収分
          割)を行ったためであります。
      (3)労働組合の状況

         特記すべき事項はありません。
                                 11/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第2【事業の状況】
     1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
         文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
         当社グループは、市販出版物及び電子書籍・アプリの販売、雑誌広告・Web広告の販売、出版物に由来するブラ

        ンドや商標権の権利許諾等を行う「メディア事業」、当社グループのコアコンピタンスである地図・ガイドデータ
        ベースの販売、同データベースを活用したシステム製品やソリューションの販売等を行う「ソリューション事
        業」、当社グループが保有する土地・建物等の有形固定資産について有効活用することを目的とした「不動産事
        業」、当社グループが運営するWebサイト経由にて主に海外旅行先のグルメやオプショナルツアー等の各種アク
        ティビティに送客する旅ナカ事業や当社グループが海外に保有するアクティビティ施設の運営事業等を行う「観光
        事業」、そして「その他事業」区分として、外部取引先及び当社グループ企業に向けたコールセンターサービスを
        提供するコールセンター事業を行っております。
         近年、情報提供方法のメインストリームは従来の紙媒体から電子媒体へと移行し、多種多様な情報を多くの利用

        者に大量かつリアルタイムで提供することが可能となってきたために、これまでの事業形態をそのまま維持継続す
        るのはますます困難な事業環境となっております。そこで旧来の体制における課題を打開すべく、事業ごとの最新
        状況の透明化と意思決定のさらなる迅速化を図りつつ、グループ全体の戦略マネジメント機能を事業経営から分離
        することを主眼として、当社グループは2020年4月1日より、持株会社が事業会社を子会社とするいわゆるホール
        ディングス体制に移行いたしております。
         これに合わせて、当社グループの経営の中核となる経営理念を『安心な暮らしと楽しい旅をサポートする企業』
        に刷新して当社グループが社会に存在する意義を改めて明確化し、また、この新たな経営理念に基づき、下記を経
        営方針として取り決めております。当社グループは、この経営方針に沿って積極的な事業展開を図ってまいりま
        す。
         『当社グループは、地図や実用情報・サービスの提供により、人々の安心な暮らしを支える環境づくりに貢献す
        るとともに、旅やお出かけの特選情報・サービスの提供により、人々の幸せの記憶づくりのお手伝いを行ってまい
        ります。これを実現すべく、協力会社・提携企業との共生を図りながら、情報収集・提供のノウハウ・技術を獲
        得、蓄積してまいります』
         当社グループを取り巻く経営環境及び対処すべき課題については、以下の通りに認識しております。
         当社グループが直面する厳しい事業環境の変化をより具体的に整理すると、まずWEBやスマホアプリの普及拡大
        により、絶えず情報無料化の波にさらされるようになったことがあげられます。無料情報を通じて大量のユーザー
        を囲い込み、広告やクーポン配布を通じて物品・サービスの購入に導くタイプのWEBやアプリ媒体が広範に普及し
        たことに加えて、ブログ・SNS・動画配信アプリといったユーザー発信・共有型メディアが急速に台頭しユーザー
        相互間の情報の流れが生じるとともに、一次情報に対するユーザーの評価・コメント等が二次情報として注目され
        るようになりました。こうした時代にあって単なる情報はすでに無価値であるため、情報に合わせてどのような付
        加価値を提供していくかが重要な課題であると認識し対応してまいりました。例えば、独自の情報源や取捨選択ノ
        ウハウにより収集した特選情報を斬新な切り口で提供すること、ユーザー個々の価値観や趣味嗜好に寄り添うブラ
        ンドを育成し公式SNSの運営等を通じて親しみを感じ信頼していただける情報として提供すること、情報のみなら
        ず独自のサービスやソリューションを添えたり飲食やアクティビティ等の実体験を加えたりして提供すること、
        等々であります。また同時に、電子媒体の普及はこれまでの版元、取次、書店といった出版物の流通のあり方にも
        大きな影響を与えており、すでに出版物の流通の一部をネット書店が担うようになり、電子書籍の販売も着実に拡
        大してまいりました。このため従来のやり方を見直し、出版物の流通在庫の最適化に着手する一方、間接業務や営
        業における合理化・省力化に積極的に取り組むことでコスト構造改革を進め、合わせて事業拠点の統廃合・再配置
        等も実施してまいりました。
         さらに、昨今話題となっているAIや5Gといった最新の情報技術は、従来とは桁違いのビッグデータと呼ばれる情
        報を用いてユーザー個々のよりきめ細かなニーズに対応した情報やサービスの提供・流通を可能にし、また4K動画
        やVR等の大容量コンテンツの配信さえ容易なものにしていくことが期待されております。こうした環境変化に対
        し、当社グループとしても、従来の市販出版物事業を行うことと並行して、これまで以上にWEBやスマホアプリ、
        電子書籍等、電子媒体による情報提供に注力し、最新の技術やノウハウを蓄積することで、より使いやすく利便性
        の高い情報提供のあり方に取り組んでいくことが重要な課題であると認識しております。
         また、2019年に初めて確認された新型コロナウイルス感染症の影響が今後も相当の期間色濃く残り続けることを
        想定し、同感染症の影響下においても収益が獲得でき、事業を継続しうる体制の構築に取り組んでいくことも喫緊
        の課題であると認識しており、上記のような環境変化と合わせてこの課題に対処するために、現在グループ各社の
        事業を支える業務全般について早急にDX(デジタルトランスフォーメーション)を採り入れることでさらなる業務
        の省力化・スマート化への変革を推進しております。具体的には、間接業務を含むすべての業務におけるテレワー
        ク、オンライン会議、ペーパーレス化等、営業におけるWEB営業、ウェビナー、オンライン決済等、制作における
        WEB編集・校正等によるものであります。こうしたことを一つひとつ着実に実行していくことでコロナ禍を乗り切
                                 12/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        り、業績の着実な改善を進めるとともに新たな時代に適応できる体制整備を行っていくことが重要な課題であると
        認識しております。
         ホールディングス体制に移行した今、持株会社、事業子会社ともに上記を共通の課題と認識し、グループ一丸と
        なって解決してまいります。
                                 13/106



















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     2【事業等のリスク】
        有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営
       成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のよ
       うなものがあります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。
      ①当社グループが事業を行う上で根幹となる事業用資産が価値を毀損するリスクについて

      (データベースに関するリスク)
        当社グループにおいては、市販出版物事業をはじめ多くの事業において地図及びガイドデータベースを根幹に事
       業を営んでおります。大地震や洪水、台風による水害をはじめとする大規模な自然災害等の予期せぬ事態が発生
       し、当該データベースが消失した場合や使用不可能となった場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす
       可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社グループでは当該データベースの保管について複数箇所で保管す
       るなどバックアップ体制等を整備しております。
      (データベース強化・充実のための投資費用の回収不能リスク)

        当社グループにおいては、コア・コンピタンスである地図及びガイドデータベースは、最新で正確な情報への更
       新を要し、かつ新たな時代のニーズに合わせて収集する情報の項目や内容の追加を要するものであります。そのた
       め、当該データベースの継続的な整備拡充を行っております。この整備は当社グループ事業の維持拡大のため不可
       欠であり、これまで多くの経営資源を投入して参りましたが、今後も引き続き継続して投入していく必要がありま
       す。そのデータベースが、技術革新により急速に陳腐化する等の事態が発生し、投入した資源に見合うだけの充分
       な収益を計上できない場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社グループでは、データベースの更新や情報の追加等について、毎
       年期初に年間整備計画を策定しております。そしてこの際、当社グループ内における最新のニーズをヒアリング
       し、ニーズが不透明な項目については見直すなど、常に必要十分な整備範囲において実施し、かつ原則としてグ
       ループ会社にて内製化することで、急な方針変更等にも柔軟に対応できる体制を整えております。
      (システムに関するリスク)

        当社グループが運営する配信システムに障害が発生した場合(システムのダウンや地図が正常に配信できない
       等)には、当社グループにおいてはシステムが復旧するまでの間の収益機会を喪失するだけでなく、取引先等から
       当社グループのシステムに対する信用を失い、取引先等に損害が発生した場合には損害賠償を求められる可能性が
       あります。また、損害が重大なものであった場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性がありま
       す。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社グループでは、リリースまでに複数の検査ステップを設定する等
       慎重にシステム開発を行い、完成後においても適切な監視運用体制を確保しております。また同時に、客観的なシ
       ステム審査ができるようにするための品質管理体制を整えております。
      ②当社グループを取り巻く事業環境に変化が生じることで当社グループの業績が影響を受けるリスクについて

      (技術革新に関するリスク)
        情報を取り扱う事業環境においては、日々、様々な技術革新が進行しております。新たな情報技術が普及したり
       情報媒体が台頭したりし、それに応じて消費者ニーズやビジネスニーズに急激な変化が生じることにより当社が従
       来の製品・サービスを製造販売するために投入した資源に見合うだけの十分な収益を計上できない場合には、当社
       グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社グループにおいても常に研究開発を行っており、新たな情報技術
       や情報媒体については試行的に導入して当社グループにおける事業化の可能性を検討する等、最新の技術を取り入
       れる体制を整えております。
      (返品制度に関するリスク)

        出版事業における取次・書店取引においては、出版業界における取引慣行として返品制度があります。この制度
       に基づき当社グループにおいては、取次・書店に対し一旦商品を出庫し対価を請求したものについても、後日取引
       先より同条件にて返品を受ける約束となっております。よって特殊要因等により出版物の価値が減少した場合に
       は、書店店頭にある在庫分については、取引先との取引時期にかかわらず返品を受けることとなります。このた
       め、過去の返品実績から返品率を予測し、毎月の売上に対する返品見込高として見積り、この見積額をあらかじめ
       売上から除外して返金負債として計上し、実際に返品が生じた際にここから取り崩す会計処理を行うことといたし
       ますが、通常の返品率を超える返品が発生した場合には、売上原価に対する売上高の割合が減少する状態となり、
       売上総利益率の減少率が売上高の減少率を上回る可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社グループにおいては、個別の商品単位にて流通在庫を適正な数量
       に維持すべく営業担当が主要な店舗を巡回し、在庫をチェックしております。また同時に、より返品リスクの少な
                                 14/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
       いネット販売チャネルを利用したり、そもそも返品リスクのない電子書籍を発売したりと、様々な方法を組み合わ
       せることで当該リスクに対処しております。
      (法的規制に関するリスク)

        当社グループの事業活動においては、知的財産権を始めとする様々な法令または公的規制の下、事業活動を行っ
       ております。これらの法令等に重大な変更や当社グループの事業に関係する重大な法令等の新設がある場合には、
       当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社グループの持株会社である昭文社ホールディングスに法務の専任
       担当を置き、当社グループ全体の製品・サービスにおいて当該リスクが生じぬよう適宜チェックする体制を整えて
       おります。
      (自然災害に関するリスク)

        当社グループの主たる事業拠点は首都圏に集中しており、この地区において地震や台風等による大規模災害が発
       生した場合には、設備被害による生産停止や物流体制の混乱等による出庫遅延等が発生する可能性があり、また、
       商品を保管している商品センターが災害に遭い、商品の焼失等があった場合には、一時的に商品の出庫ができず、
       当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。また、主力事業である出版事業においては編集から
       製本作業までを外注先に委託していることから、当社グループの設備が被害を免れた場合においても、外注先の被
       害状況によっては、上記同様のリスクが発生する可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、当社保有の建物や設備、商品についてはそれぞれ保険をかけ、万が一
       の事態に備えており、また、①に記載の通り、当社グループ事業の根幹となるデータベースの保管について複数箇
       所で保管するなどバックアップ体制等を整備しております。
      ③当社グループと取引を行う相手先等との関係に関連して生じるリスクについて

      (特定の取引先への依存に関するリスク)
        従来、当社グループにおいては、地図、ガイドブックを中心とした出版事業を営んできましたが、その事業の成
       果である地図及びガイドデータの構築に伴い、そのデータベースを活用した電子事業を当社グループの事業の2本
       目の柱とすべく、その発展・拡大を目指しておりました。しかしながら現状においては、いまだ売上高の約37.3%
       を出版事業に依存している状況にあります。
        その出版事業における中心的販路である書店との取引においては、日本全国に及ぶ中小書店への物流システムの
       確保及び信用リスク回避のため2大取次と言われる㈱トーハン及び日本出版販売㈱を通した取引が出版事業全体の
       約84.3%を占めております。これにより、この両社の経営状況次第によっては当社グループの業績に重大な影響を
       及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、現在は、新規事業である「訪日観光客向けインバウンド事業」「旅ナ
       カ事業(旅行中のグルメ、アクティビティニーズに対応する事業。以下、同じ。)」等の発展・拡大を目指し、ま
       た、出版事業においても電子書籍やアプリ事業、WEB事業、ブランドライセンス事業等、出版物やその版権から派生
       する事業の拡大を推進しております。
        こうした新規事業や出版事業から派生する周辺事業の拡大が、結果として市販出版物の事業への依存度及び特定
       取引先への依存度を引き下げることにつながるものと考えております。
      (国土地理院の動向に関するリスク)

        当社グループの地図データについては、その基本部分について国土地理院が発行している地形図等の情報を基に
       構築・更新を行っております。国土地理院が今後その使用を認めなくなった場合や当社グループの事業の根幹に係
       る事項について制約が設けられる場合、また、国土地理院において当社同様の地図データの制作及び無償提供等が
       行われた場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、国土地理院の動向については、常に情報収集に努めております。ま
       た、一般的なニーズに対応する無料の地図は、すでにWEBサービスやスマホアプリにおいて提供されており、当社グ
       ループとしてはニーズに合わせてカスタマイズできる地図の製品化や市販地図においても独自の付加価値を添えた
       商品開発を行うなど、こうした状況に対応するための様々な施策を講じております。
      (取引先の信用に関するリスク)

        当社グループにおいては、取引先などの信用リスクに備えておりますが、取引先の不正行為や経営の悪化等によ
       る予期せぬ貸倒れリスクが顕在化し、損失の追加計上や貸倒引当金の計上が発生する場合には、当社グループの業
       績に影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、新規取引先については原則信用調査を行い、過年度の財務諸表を提出
       していただく等、取引先の信用につながる情報収集に努めております。また既存の取引先においては、毎月の売掛
       金回収状況をチェックし、かつ担当者を通じて随時相手先の情報を共有する等、取引先の信用状況について確認で
       きる体制を整えております。
      (海外企業との提携に関するリスク)

                                 15/106

                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        当社グループの新規事業である「訪日観光客向けインバウンド事業」「旅ナカ事業」においては、海外企業との
       事業提携等が特に重要となります。これにより事業が大きく拡大する可能性がある半面、取引習慣や法律等の違い
       に よる損失の可能性もあるため、慎重な事業推進が必要となってきます。この影響により当社グループの業績に重
       大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、海外進出に際しては、まず当社グループ社員の現地への派遣や定期的
       な出張を通じて現地における政治的、法規制的、商慣習的リスクを十分に調査し、現地企業との提携においては、
       M&A手法を含めどのような形の提携が望ましいかについて様々な選択肢を検討した上で実施するものとしており
       ます。
      ④当社グループが販売、提供する製品、サービスなどに関連して生じるリスクについて

      (新商品及び新サービス開発に関するリスク)
        当社グループの事業継続においては、社会環境や顧客ニーズの変化に伴う新商品及び新サービスの提供が不可欠
       であります。このため現在、時代に即した新商品及び新サービスの投入を積極的に展開しておりますが、開発の遅
       延やコストの増大、開発の継続が出来ない場合や技術革新に伴う想定外の第三者の競合商品及びサービスの台頭や
       利用者ニーズの変化等の影響により売上計画が達成できない場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす
       可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、新商品や新サービスの企画開発においては、必ず企画予算書を作成
       し、その商品・サービスがライフタイムに獲得しうる販売数量、金額をできる限り正確に見積もり、また投入する
       予定の開発費、製造費、販売促進費、宣伝費等の直接的な費用を回収し利益を計上できるめどを立てたうえで計画
       に沿って実施し、かつその進捗を定期的にチェックする体制を整えております。
      (品質問題に関するリスク)

        当社グループにおいては、品質の確保を図るため最善の努力を払っておりますが、予想し得ない欠陥が生じる可
       能性は否定できません。欠陥が生じた場合には、回収コストや損害賠償・訴訟費用の発生、信用の失墜、売上の減
       少等により、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、商品の発売またはサービスの提供を開始する前に十分な品質検査を行
       える体制を確保しており、かつ商品の発売後やサービスの提供後に何らかの重大な瑕疵等が発見された場合におい
       ては、商品の出荷停止及び市場流通分の回収またはサービスの提供停止等の必要な措置を迅速に行うなど、万が一
       の場合の費用や損失を極力抑制するための体制を整えております。
      (知的財産権に関するリスク)

        日本国内におきまして、第三者によるデジタル地図やインターネット事業関連の特許出願を多数確認しておりま
       すが、当社グループの現在の事業に重要な問題をもたらすものではないと認識しております。しかしながら、今後
       新たな特許出願がなされ、または出願中のものに対して特許権が認可されるなど、当社グループの事業関連技術等
       について何らかの特許侵害が問題となった場合、当社グループが損害賠償義務を負う場合や抵触する特許権につい
       て使用を継続することができなくなる場合、当社グループによる第三者保有特許権の使用が認められた場合におい
       ても当該使用料の支払い等が発生する場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        また、上記のほか、当社グループにおいては、著作権を含む知的財産権について第三者の権利を侵害しないよう
       に充分に注意を払っておりますが、当社グループが認識していない範囲において第三者の知的財産権を侵害する可
       能性があります。何らかの知的財産権侵害となった場合、当社グループが損害賠償義務を負う場合や抵触する知的
       財産権について使用を継続することができなくなる場合、当社グループによる第三者保有知的財産権の使用が認め
       られた場合においても当該使用料の支払い等が発生する場合には、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能
       性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、新商品や新サービスの企画開発においては、知的財産権に関する様々
       なリスクを洗い出し、当該リスクが生じぬよう適宜チェックする体制を整えております。また、既に市場に投入済
       みの商品・サービスにおいて万が一当社グループの製品・サービスによる第三者の知的財産権の侵害等の可能性が
       ある旨の報告があった場合には、上記(法的規制のリスク)に記載の当社グループ法務の専任担当が、委託先の専
       門家(弁護士等)とともに当該問題に対応する体制を整えております。
      ⑤特に当社グループが推進する新規事業等の投資に関連して生じるリスクについて

      (新規事業における投資費用の回収不能リスク)
        当社グループにおいては、「訪日観光客向けインバウンド事業」「旅ナカ事業」等、特に発展可能性の高い分野
       であると判断する新規事業に参入し、多くの経営資源を投入してまいりました。こうした新規事業が事業計画を達
       成できず、投入した資源に見合うだけの十分な収益を計上できない場合には、当社グループの業績に重大な影響を
       及ぼす可能性があります。
      (海外における事業投資に関するリスク)

        当社は、現在、海外に4社(うち3社は米国、1社はシンガポール)の事業法人を有しております。これにより
       「旅ナカ事業」が大きく拡大・成長する可能性がある反面、急激な外国為替変動等に伴うリスクをはじめ、現地に
                                 16/106

                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
       おける政変、クーデター、テロリズム、当該外国と他の外国との間の外交的、軍事的緊張の高まり等による地政学
       的リスク、日本と当該外国の関係悪化等の外交的リスク、現地における地震、台風、津波等の自然災害リスク、当
       該 外国における未知の感染症の流行等、予期せぬ事態の発生により、それまでの投資に見合う収益が得られない、
       さらには投資で獲得した資産そのものを喪失する可能性があります。
        こうした⑤にあげた新規事業等の投資に関連して生じるリスクについては、最短でも向こう3カ年にわたる月次
       の事業計画を策定し、毎月取締役会等への定期報告を通じてその進捗をチェックし、状況に変化があれば適切な改
       善策を講じる対策を取っており、かつ、事業計画策定時に、万が一の際のリスクを最小限に抑えるため明確な撤退
       基準も設定しております。
      ⑥当社グループの組織体制、各種規定、会計制度等に関連して生じるリスクについて

      (内部管理体制に関するリスク)
        当社グループにおいては、従業員等が遵守すべき倫理憲章・行動規範・コンプライアンスガイドラインを定めた
       倫理綱領を制定し、内部統制システムの体制整備を行っております。しかしながら内部統制システムには限界があ
       り、内部管理に関するリスクを全て解決できる保証はなく、法令違反等が発生する可能性を否定できません。法令
       違反等が発生した場合には、行政指導や信用の失墜、訴訟費用の発生等により当社グループの業績に影響を及ぼす
       可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、従業員等が常に確認できる社内のグループウェア掲示板等を通じて上
       記の倫理綱領・行動規範等について周知及び遵守徹底を図るとともに、内部通報制度等、万が一法令違反等が発生
       した場合には迅速に対応するための体制を整えております。
      (人材の確保に関するリスク)

        当社グループにおいては、優秀な人材の採用及び育成が事業成長に不可欠であると認識しております。実際に優
       秀な人材の確保ができない場合や優秀な人材の流出があった場合には、今後の事業展開に支障をきたし、当社グ
       ループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、社員のモチベーションを高めるための各種手当や成果に応じた報酬制
       度を整備し、また、各社員がその業務内容に応じてフレックスタイム制やリモートワーク制を活用できるなど、働
       き方に応じた柔軟な制度や仕組みを用意しております。
      (財務に関するリスク)

       ・減損会計
        当社グループにおいては、過去の連結会計年度において、データベース・ソフトウェア等の減損処理を行い、減
       損損失を計上しております。将来においても、保有する固定資産等の回収可能性や使用状況により更に減損損失を
       計上する可能性があり、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可能性があります。
       ・退職給付債務
        当社グループにおいては、割引率・給与水準・退職率・年金資産の長期期待運用収益率等によって算出される退
       職給付費用及び退職給付債務を負担しております。この数理計算においては各種見積りに基づき算出しております
       が、実際の結果はその見積りと大きな差異が発生する可能性があり、当社グループの業績に重大な影響を及ぼす可
       能性があります。
        こうした(財務に関するリスク)においては、変動の要因となるパラメータが多く複雑な計算を要する場合があ
       りますが、予想数値が計算可能なものについては、極力年度計画において当該リスクを織り込み、そうした予想が
       困難なものにおいては、リスクが顕在化し業績予想に影響することが明らかとなった段階で、できる限り早期に見
       積もり、開示することとしております。
      (個人情報の取扱いに関するリスク)

        当社グループの顧客等の個人情報につきまして、万一、当社グループや業務提携・委託先などにおいて、外部か
       らの不正なアクセスや想定していない事態によって個人情報の外部流出等が発生した場合には、当社グループの業
       績及び社会的信用に重大な影響を及ぼす可能性があります。
        こうしたリスクをできる限り抑制すべく、個人情報管理規程や社内ネットワーク管理規程等を設け社内の管理体
       制の充実を図る等、情報漏洩防止に努めると同時に、業務提携先・委託先においても同様の取扱いを行っていただ
       けるよう契約において定める対応を行っております。
      ⑦新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に関連して生じるリスクについて

      (新型コロナウイルス感染症に関するリスク)
        新型コロナウイルス感染症は、現時点において未だ明確な収束時期が見通せる段階にはありません。
        当社グループの事業に及ぼす影響については、当社グループが行っている主な事業セグメントごとに整理する必
       要があると考えております。
       ・メディア事業
        メディア事業セグメントの市販出版物事業において、当社グループの出版物は地図、雑誌、ガイドブック、実用
       書の4ジャンルに分類しておりますが、このうち地図、雑誌、ガイドブックにつきましては、一般消費者が旅やお
                                 17/106

                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
       出かけのために外出することを前提に企画、販売されているものであります。新型コロナウイルス感染症の影響が
       長引き、政府や地方自治体による人々への外出自粛要請や、飲食店やレジャー施設等の営業活動の制限要請が続く
       場 合には、こうした出版物の販売への影響が長引く可能性があります。
        特に雑誌、ガイドブックのジャンルにおいては、海外旅行が制限なく自由に行われていることを前提に企画、販
       売されているものが数多く含まれています。現在各国において実施されている入国規制が長引く場合には、こうし
       たジャンルの商品の販売に多大な影響が及ぶ可能性があります。また、こうしたジャンルの商品の取材対象となっ
       ている現地の飲食店、レジャー施設、観光施設等において営業活動の制限や自粛が長引く場合には、当社グループ
       による取材活動に影響が及び、結果として十分な掲載情報が得られず、予定していた出版物の発売時期が遅延した
       り、予定点数を発売できなくなったりする等の可能性があります。
        また、すでに新型コロナウイルス感染症の影響が大きい国内・海外旅行向けの雑誌、ガイドブックジャンルの出
       版点数割合を大幅に見直す一方で、家にいて楽しめるタイプの地図シリーズ、デザートや嗜好品に関する企画本等
       のラインナップを拡充し、市販出版物における実売の減少を食い止める施策を実施しておりますが、現在縮小して
       いる旅やお出かけに関連する出版物から得られたであろう収益全体を補うことは困難であると考えられるため、こ
       の状況が長引く場合には、少なくともその間、当社グループの出版物から得られる収益が新型コロナウイルス感染
       症流行以前の水準には戻らない可能性があります。
        なお、市販出版物の販売に影響する上記のような構造は、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』『山と高原地
       図』等の電子出版物(アプリ)においても共通した問題となっています。
        メディア事業セグメントの広告事業においては、クライアント(広告主)には、旅行先の宿泊施設や観光施設、
       レジャー施設等が多く含まれており、こうした施設において営業活動の制限や自粛が長引く場合、または営業を
       行っている場合であってもこれまで通りの訪問客が見込めない場合には、多大な影響が及ぶ可能性があります。
       ・ソリューション事業
        ソリューション事業セグメントにおいては、地図や旅行ガイド情報とともにデータソリューションを提供してお
       りますが、その顧客の多くに地方自治体が含まれており、こうした自治体は現在、それぞれの地域において住民の
       不要不急の外出行動を抑制することや新型コロナウイルス感染症流行地域からの人々の流入を制限することを重要
       な課題としており、当社グループが得意とする地域活性化や都市部から地域への誘客を主眼とした提案は、こうし
       た課題に逆行しかねず、当社事業に大きな影響を及ぼす可能性があります。特にインバウンド関連の事業において
       は、顧客が自治体であるか否かにかかわらず外国人に向けた入国制限が解かれない限り、多大な影響を受ける可能
       性があります。
       ・観光事業
        観光事業セグメントにおいては、WEBサイトに集客した顧客に、主に海外の現地レストランやアクティビティ施設
       を予約登録するサービスを提供することや、当社グループが海外に保有するアクティビティ施設の運営を行うこと
       で収益を得てまいりましたが、新型コロナウイルス感染症パンデミックにより各国での入国制限が行われているた
       め、両事業は事実上の営業休止状態にあり、現地での固定費をできる限り圧縮すべく一部海外拠点の統廃合に加え
       て、現地スタッフ人員数や業務を必要最小限なものに留める施策を実施しております。このため、こうした状況が
       長引く場合には、両事業が多大な影響を受ける可能性があります。
                                 18/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
      (1)経営成績等の状況の概要
         当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及び
        キャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりです。
      ①財政状態及び経営成績の状況

       a.経営成績
         当連結会計年度(2020年4月1日~2021年3月31日)におけるわが国の経済は、2019年冬に中国で初めて確認さ
        れた新型コロナウイルス感染症が、翌2020年にはパンデミックとなり世界経済が急減速した影響で、輸出や鉱工業
        生産が大幅に減少、企業収益も著しく悪化し、個人消費においては飲食・宿泊等のサービス業関連を中心に大幅に
        縮小する事態に陥りました。同年春に政府が発出した緊急事態宣言の効果により新型コロナウイルス感染症第一波
        が落ち着き一部に持ち直しの動きが見られたものの、解除されるや夏場に第二波、冬にかけて第三波、今年に入っ
        て再び緊急事態宣言が発せられ、それが解除されるや第四波と、政府や自治体による対策が緩むたびに感染症流行
        が波状的に拡大し、ワクチン接種の普及を待つ以外に決め手となる感染症抑制策がないまま、国内経済の本格的な
        復調にはまだ相当の時間を要するものと見られております。当社グループが主たる事業を行っている旅行観光業界
        においては、昨年夏に政府が景気刺激策として大型予算を組み開始したGoToトラベルキャンペーンが、年末には停
        止に追い込まれ、また、国境をまたぐ渡航については、わが国を含む各国の入国規制が継続しているためアウトバ
        ウンド/インバウンド業界は依然として見通しの立たない段階にあります。
         このような状況において、当社グループは、かねて予定していた持株会社体制に移行する一方で、新型コロナウ
        イルス感染症拡大による経済の減速に対処すべく、あらゆる事業領域において厳しいコスト管理を徹底し、可能な
        限り手元流動性を確保することを優先しております。このためグループ全社で積極的なリモートワーク体制を導入
        し、市販出版物では、実用書ジャンルや家で楽しめるタイプの地図製品の品揃えを強化しながらも予定していた出
        版点数及び部数を市場ニーズに合わせて精査することで原価削減に努め、また、一部海外拠点の統廃合や現地アク
        ティビティ施設における事業活動を必要最小限なものに留める等、固定費をできる限り圧縮する施策を実施してま
        いりました。
         当連結会計年度において、2019年10月18日にお知らせした固定資産の譲渡について、持株会社体制への移行に関
        連して不動産事業として売上収益に計上することとしましたが、年度を通して流行が波状的に拡大した新型コロナ
        ウイルス感染症の影響により、旅やお出かけの消費活動が著しく縮小・停滞する事態が継続し、特に主力の市販出
        版物の実売が甚大な影響を受けたことに加え、各国の入国規制により国境をまたぐ渡航が制限されたため、主に海
        外旅行先のグルメやオプショナルツアー等の各種アクティビティに送客する旅ナカ事業や当社グループが保有する
        海外アクティビティ施設の運営事業において事実上の営業休止状態を余儀なくされた結果、売上高は6,313百万円
        となり、前連結会計年度に比べ1,760百万円減少いたしました(前連結会計年度は8,073百万円)。損益面におきま
        しては、あらゆる事業領域においてコスト管理を徹底し、売上減少に伴い返品調整引当金繰入額が減少したことに
        より、売上原価、販売費及び一般管理費はともに前連結会計年度に比べて減少したものの、ほぼ年度を通して市場
        縮小の影響を受け続けた売上の減少規模を補うには至らず、営業損失は1,448百万円となり、前連結会計年度に比
        べ1,383百万円損失が拡大いたしました(前連結会計年度は65百万円の営業損失)。これに伴い、経常損失は1,415
        百万円となり、前連結会計年度に比べ1,430百万円悪化いたしました(前連結会計年度は15百万円の経常利益)。
        また、特別損失として、固定資産売却損50百万円、新型コロナウイルス感染症による損失72百万円をそれぞれ計上
        したことに加えて、当連結会計年度において多額の損失を計上するとともに次期(2022年3月期)においても新型
        コロナウイルス感染症の影響が色濃く残り、関連市場縮小の影響は当面続くことが想定されるため、当社グループ
        が保有する固定資産につきまして「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき将来の回収可能性を検討した結果、
        減損損失626百万円を計上いたしました。減損損失の主な内訳は、建物及び構築物126百万円、のれん83百万円、ソ
        フトウェア372百万円となっております。この結果、親会社株主に帰属する当期純損失は2,504百万円悪化し、
        2,374百万円となりました(前連結会計年度は、親会社株主に帰属する当期純利益129百万円)。
         なお持株会社体制への移行を機に、当連結会計年度より当社グループの業績についてセグメント別情報を開示し
        ております。具体的な報告セグメントは、メディア事業、ソリューション事業、不動産事業、観光事業の4区分
        と、前記以外の事業をその他事業として開示しています。(当連結会計年度からの集計・公表であるため対前年実
        績に関する情報はありません)。
        [メディア事業]

         メディア事業では、市販出版物及び電子書籍・アプリの販売、雑誌広告・Web広告の販売、出版物に由来するブ
        ランドや商標権の権利許諾等を行っております。
         市販出版物においては、人々の旅やお出かけに関連する消費行動が著しく縮小している現状に鑑み、家にいても
        知的好奇心を満たしたりイメージの旅行を楽しめたりするタイプの企画や身近なデザート・嗜好品等に関する出版
        物の構成比をこれまでより高めに設定して編成しております。当連結会計年度においては、ご好評をいただいてい
        る「スッと頭に入る」シリーズにおいて、『地図でスッと頭に入る                               戦国時代』、『地図でスッと頭に入る                  古事記
                                 19/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        と日本書紀』、『地図でスッと頭に入る                   幕末・維新』、『図解でスッと頭に入る                   江戸時代』、『地図でスッと頭
        に入る古代史』と日本史探訪テーマを充実させる一方、2020年に大統領選が行われたアメリカの50州の素顔に迫る
        『地  図でスッと頭に入る          アメリカ50州』に、中国における動乱の三国時代を立体的に理解できる『地図でスッと
        頭に入る三国志』と、海外企画も発売いたしました。そして人気のマップエンターテインメント企画本「トリセ
        ツ」シリーズにおいて、愛知、埼玉、広島、大阪、北海道、群馬、奈良、福島、石川、長野、東京、静岡、栃木、
        岡山(発売順)の各都道府県版を発売し、ラインナップを19点に拡充しております。両シリーズは家にいて楽しめ
        る地図として今後も続巻を予定しております。地図製品においては、上記2シリーズのほかコアなファンに向けて
        『レールウェイマップル            全国鉄道地図帳』や『東京23区凸凹地図』も発売し、ともにご好評をいただいておりま
        す。また、当連結会計年度は『チョコミント本』、『プリン本』、同関西版『プリン本                                          大阪・京都・神戸』、
        『ゼリー本』、『チーズケーキ本』、『いちご本』、『抹茶本                              京都   大阪・奈良』を発売し、デザート・嗜好品
        ジャンルにおいてもラインナップの充実を図っております。加えて当社グループの代表的な旅行雑誌シリーズ
        「まっぷる」と「猫」との異例のコラボで話題となった「ねこ旅」企画本『にゃっぷる』は、予約段階で増刷が決
        定するヒット商品となりました。
         当連結会計年度においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、旅やお出かけに関連する消費活動が
        著しく縮小する中、上記の通り家にいても楽しめる企画ラインナップの充実に努めてまいりましたが、当社グルー
        プの主力出版物の実売が海外旅行関連商品を中心に大幅に減少し、かつ市販出版物における営業活動も制限を受け
        ることになりました。
         この結果、メディア事業の売上高は3,259百万円となり、営業損失は2,010百万円となりました。
        [ソリューション事業]

         ソリューション事業では、当社グループのコアコンピタンスである地図・ガイドデータベースの販売、同データ
        ベースを活用したシステム製品やソリューションの販売等を行っております。
         当連結会計年度において、新型コロナウイルス感染症の影響でインバウンド事業が極めて厳しい状況にある上、
        新規受注獲得のための営業活動も制約を受けておりますが、景気動向に左右されにくい警察消防を含む官公庁・自
        治体向けの受注獲得や民間法人向けストック型商材の契約更新に注力する一方、業務用ナビにおいて顧客要望の強
        い「走行軌跡から作成したコースの案内」機能を備えた『配送ヘルパー』を提供する等、新たなソリューション事
        業も展開しております。また、分散登校を支援する『通学路安全支援システム』や、業務提携先製品の『サーマル
        カメラ(体温検知カメラ)』、さらに現在厳しい環境下にある飲食・小売業界に向けた『売上予測AIモデリング
        サービス』(AIを用いて顧客企業の最適な売上予測モデルを開発、ご活用いただけるシミュレータツール)等、ウ
        イズコロナのニーズに対応する新製品・サービスの開発、調達、提供を行いつつ、アフターコロナのニーズにも注
        視し、現在深刻な影響を受けている観光産業を支援すべく、旅行者の旅先での関心事や行動について客観的な分析
        を可能にする新サービス『Travelers’Mind』をリリースいたしました。なお、道迷いの方や迷子、ペット、遺失
        物等の早期発見支援サービス『おかえりQR』は、首都圏全域の郵便局での対面販売に加え、鈴鹿明神社(神奈川県
        座間市)及び御守りメーカー株式会社ユーカワベ(京都府京都市山科区)と共同開発した特製御守り『おかえりQR
        お守り』の提供を開始し、また、西武鉄道株式会社(埼玉県所沢市)が西武線沿線に展開している認可保育所
        「Nicot」(ニコット)の新入園児へのお祝い品として特注デザインのおかえりQRを制作、納入する等、新たな販
        路拡大や商品の認知浸透に向けた事業展開を強化しております。
         この結果、ソリューション事業の売上高は1,622百万円となり、営業損失は183百万円となりました。
        [不動産事業]

         当連結会計年度より、持株会社体制移行に伴い当社グループが保有する土地・建物等の有形固定資産について有
        効活用することを目的とした不動産事業を新たな事業区分としております。不動産事業では、当社グループが保有
        する有形固定資産について譲渡または貸与を行っております。
         当連結会計年度において、上記の固定資産の譲渡及びその他の当社保有の固定資産の賃貸収入等を売上収益に計
        上いたしました。
         この結果、不動産事業の売上高は1,166百万円となり、営業利益は892百万円となりました。
        [観光事業]

         観光事業では、当社グループが運営するWebサイト経由にて主に海外旅行先のグルメやオプショナルツアー等の
        各種アクティビティに送客する旅ナカ事業や当社グループが海外に保有するアクティビティ施設の運営事業等を
        行っております。
         当連結会計年度において、観光事業では新型コロナウイルス感染症パンデミックにより旅行客の国境をまたぐ移
        動が制限されたことで営業活動を事実上休止せざるを得ない状態になりました。このため、一部海外拠点の統廃合
        を実施し、日々のオペレーションを必要最小限なものに留め、開発を内製化することで固定費を圧縮する一方、事
        業再開に備えてシステム改良、OTA(ネット旅行会社)連携拡大、及びSNSフォロワー数を増加させるマーケティン
        グ強化等の施策を継続しております。また、こうした環境下における新たなニーズに対応すべく、催行会社と利用
                                 20/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        者をオンラインで結び、ツアーやイベント等の体験配信を可能にするプラットフォーム『MAPPLE                                            Activity     Online
        Platform』を開始いたしております。この結果、観光事業の売上は133百万円となり、営業損失は384百万円となり
        ま した。
        [その他事業]

         その他事業では、外部取引先及び当社グループ企業に向けたコールセンターサービスを提供するコールセンター
        事業を行っております。当連結会計年度において、コールセンター事業については予定通り実施しております。
         この結果、その他事業の売上は131百万円となり、営業利益は7百万円となりました。
       b.財政状態

         当連結会計年度末における資産合計は、16,872百万円となり、前連結会計年度末に比べ1,945百万円(10.3%)
        減少いたしました。この主な要因は、工具器具備品(純額)が114百万円、投資有価証券が458百万円、退職給付に
        係る資産が90百万円それぞれ増加し、投資その他の資産の貸倒引当金が98百万円減少した一方で、現金及び預金が
        341百万円、受取手形及び売掛金が708百万円、商品及び製品が519百万円、仕掛品が156百万円、販売用不動産が
        208百万円、建物及び構築物(純額)が251百万円、のれんが113百万円、無形固定資産その他が243百万円、投資そ
        の他の資産のその他が139百万円減少したことであります。負債合計は、3,585百万円となり、前連結会計年度末に
        比べ19百万円(0.5%)減少いたしました。この主な要因は、未払法人税等が94百万円、繰延税金負債が210百万円
        増加した一方で、支払手形及び買掛金が103百万円、賞与引当金が35百万円、返品調整引当金が176百万円減少した
        ことであります。純資産においては、前連結会計年度末に比べその他有価証券評価差額金が386百万円、退職給付
        に係る調整累計額が55百万円増加した一方で、親会社株主に帰属する当期純損失を計上いたしております。これに
        より純資産合計は1,925百万円(12.7%)減少し、13,286百万円となりました。
         この結果、自己資本比率は78.7%と2.1ポイント低下しております。
      ②キャッシュ・フローの状況

        当連結会計年度における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、営業活動によるキャッ
       シュ・フローにおいて39百万円の資金の獲得、投資活動によるキャッシュ・フローにおいて386百万円の資金を使
       用、財務活動によるキャッシュ・フローにおいて0百万円の資金を使用した結果、現金及び現金同等物の増減額が
       341百万円減少となり、その期末残高は4,629百万円となりました。
        当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動の結果獲得した資金は39百万円となり、前連結会計年度が540百万円の資金の使用だったのに比べ579百
        万円増加しました。
         これは主に、前連結会計年度における税金等調整前当期純利益166百万円が当連結会計年度において税金等調整
        前当期純損失2,189百万円となり2,355百万円減少したことに対して、当連結会計年度において減損損失626百万円
        があったこと、前連結会計年度にあった特別退職金の支払額413百万円がなかったこと、売上債権の減少額が450百
        万円増加したこと、たな卸資産の増減額が794百万円の減少となり931百万円減少したことによるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動の結果使用した資金は386百万円となり、53百万円増加しました。
         これは主に、有形固定資産の取得による支出が87百万円増加したこと、有形固定資産の売却による収入が144百
        万円減少したことに対して、投資有価証券の取得による支出が50百万円減少したこと、前連結会計年度にあった事
        業譲受による支出81百万円がなかったこと、連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による支出60百万円がな
        かったことによるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動の結果使用した資金は0百万円となりました。
                                 21/106





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      ③生産、受注及び販売の状況
       a.生産実績
        当連結会計年度の生産実績を区分ごとに示すと、次のとおりであります。
                         当連結会計年度(千円)
             区分            (自 2020年4月1日                   前年同期比(%)
                          至 2021年3月31日)
        メディア事業                        5,079,709                    -

        ソリューション事業                        1,579,408                    -

        合計                        6,677,331                    -

     (注)1.金額は販売価格によって記載しております。
         2.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         3.当連結会計年度より分類を変更しておりますため、前年同期比を記載しておりません。
       b.受注実績

         当社グループでは、メディア事業及びソリューション事業の一部において受注生産を行っております。当連結
        会計年度の受注実績を区分ごとに示すと、次のとおりであります。
           区分        受注高(千円)         前年同期比(%)          受注残高(千円)          前年同期比(%)

                       563,786

       メディア事業                             -        14,504            -
       ソリューション事業                1,597,622             -       126,936            -

       合計                2,161,408             -       141,440            -

     (注)1.上記金額には消費税等は含まれておりません。
         2.当連結会計年度より分類を変更しておりますため、前年同期比を記載しておりません。
                                 22/106












                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
       c.販売実績

        当連結会計年度の販売実績を区分ごとに示すと、次のとおりであります。
                         当連結会計年度(千円)
             区分            (自 2020年4月1日                   前年同期比(%)
                          至 2021年3月31日)
        メディア事業                        3,259,587                    -

        ソリューション事業                        1,622,891                    -

        不動産事業                        1,166,146                    -

        観光事業                         133,891                   -

        その他事業                         131,231                   -

        合計                        6,313,747                   78.2

       (注)1.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
          2.当連結会計年度より分類を変更しておりますため、合計のみ前年同期比を記載しております。
          3.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとお
            りであります。
                           前連結会計年度                   当連結会計年度
                         (自 2019年4月1日                   (自 2020年4月1日
                          至 2020年3月31日)                   至 2021年3月31日)
           相手先
                       金額(千円)          割合(%)         金額(千円)          割合(%)
     A社(注)                       -          -      1,150,000            18.2

     日本出版販売株式会社                    2,213,006            27.5       1,040,322            16.5

     株式会社トーハン                    1,742,784            21.6        945,251           15.0

      (注)国内法人でありますが、A社との間で守秘義務を負っているため、社名の公表は控えさせていただきます。
                                 23/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
        経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。
      ①重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されて
       おります。この連結財務諸表の作成にあたりましては「第5                            経理の状況」の冒頭に記載のとおり、「連結財務諸表
       の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)に基づいて作成しております。
        重要な会計方針に関する事項につきましては「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとお
       りでありますが、特に次の会計方針に関する事項が連結財務諸表における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼ
       すものと考えます。
        なお、新型コロナウイルス感染症の影響につきましては、当面残るものと想定しており、国内の往来については
       徐々に回復、海外の往来については回復は難しいものと想定のうえ見積りを行っております。
        連結財務諸表の作成にあたって重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものは「第
       5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載して
       おります。
      ②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

        当社グループの当連結会計年度の経営成績等は「(1)経営成績等の状況の概要」に記載のとおりであります。
      ③資本の財源及び資金の流動性に係る情報

        資本の財源及び資金の流動性につきましては、当社グループの運転資金需要のうち主なものは製造費、販売費及
       び一般管理費等の営業費用であります。投資を目的とした資金需要で主なものは、データベースやソフトウェア等
       の固定資産取得及び当社事業戦略に沿った提携先や当社事業との相乗効果が見込まれる事業会社への出資または取
       得(M&A)によるものであります。
        当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としております。
        運転資金は内部資金及び銀行等金融機関からの借入や社債発行を基本としております。
        なお当連結会計年度末における有利子負債の残高は770百万円となっております。また、当連結会計年度末にお
       ける現金及び現金同等物の残高は4,629百万円となっております。
                                 24/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     4【経営上の重要な契約等】
        該当事項はありません。
     5【研究開発活動】

        当社グループは、当社設立以来「出版事業」を中核とし、出版事業で収集した膨大な量の地図及びガイドの情報
       をデジタル化してデータベースを構築し、これを用いた「電子事業」へと事業領域を拡張してまいりました。近
       年、長引く出版不況に加えて、Webサービスやスマホアプリの普及による情報無料化の波にさらされるようにな
       り、一次情報の価値が著しく逓減する中、当社グループは、保有する地図及びガイドデータにいかなる付加価値を
       加えることで事業を継続し拡大させるかが大きな課題になっていると認識しております。
        当連結会計年度におきましては、世界中で流行している新型コロナウイルス感染症の影響で主力事業の売上が大
       幅に減少する事態が継続しているため、当社グループは、手元流動性の確保を経営の最優先課題としております
       が、コロナ収束後の経済の急回復に備えるべく、引き続き研究開発活動を行っております。
        報告セグメント別内容につきましては、コロナ禍でのDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を意識し、
       メディア事業におけるWeb環境及び携帯電話やスマートフォンを中心とする携帯端末上での情報配信のための技
       術開発、ソリューション事業におけるナビデータやアプリケーション及び新たなニーズに対応するシステム等の研
       究開発活動を行ってまいりました。
        当連結会計年度において上記開発に要した研究開発費は                          17 百万円であります。
                                 25/106















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第3【設備の状況】
     1【設備投資等の概要】
        当連結会計年度におきましては、世界中で流行している新型コロナウイルス感染症の影響で主力事業の売上が大幅
      に減少する事態が継続しているため、当社グループは、手元流動性の確保を経営の最優先課題としておりますが、一
      方で将来の収益獲得のための投資や既存資産の改修・更新のための必要な投資は行っております。
        報告セグメント別内容としましては、メディア事業においてWeb媒体やアプリケーションの継続開発を、ソリュー
      ション事業においてナビゲーションアプリの改良及び業務ニーズに対応するモジュール開発や新規システム開発、観
      光事業において新規Webサービスの開発を実施いたしました。この結果、合わせて166百万円の無形固定資産を取得い
      たしております。
        上記に加えて、当社制作本部の空調機交換及び埼玉製本センターの改修工事等175百万円の有形固定資産を取得す
      るなど、総額で       344  百万円の設備投資を実施いたしました。
        また、当連結会計年度中に根田ビルを譲渡しております。
     2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
      (1)提出会社
                                                 2021年3月31日現在
                                        帳簿価額
                                                        従業
        事業所名       セグメントの名
                      設備の内容                                  員数
                             建物及び     機械装置      土地
       (所在地)          称                             その他      合計
                             構築物     及び運搬具      (千円)                (人)
                                             (千円)     (千円)
                             (千円)     (千円)     (面積㎡)
     本社

                                        2,222,073                  27
               -       総括業務施設         635,380      2,704          69,652    2,929,810
     (東京都千代田区)                                    (446.2)                 [11]
               メディア事業

     制作本部                                    420,452                 -
               ソリューショ       制作業務施設         497,870       835          70,843     990,002
     (東京都江東区)                                   (1,205.5)                  [-]
               ン事業
     東京商品センター                                    287,057                 2
               メディア事業       物流倉庫         31,611       -          1,993     320,662
     (東京都足立区)                                  (1,025.9)                  [20]
     大阪商品センター                                    269,307                 1
               メディア事業       物流倉庫         54,899       85          8,157     332,450
     (大阪府摂津市)
                                        (2,132.0)                  [17]
     埼玉製本センター                                    44,295                 1
               メディア事業       物流倉庫         191,821       379          9,848     246,344
     (埼玉県加須市)                                  (2,398.4)                  [-]
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
         2.金額には消費税等を含めておりません。
         3.従業員数の[ ]は、契約社員・嘱託及び臨時従業員を外書しております。
                                 26/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        (2)国内子会社
                                                  2021年3月31日現在
                                           帳簿価額
                                                         従業
              事業所名      セグメント名
                                      機械装置
                                                         員数
       会社名                    設備の内容      建物及び           土地
              (所在地)         称
                                                その他     合計
                                      及び運搬具
                                  構築物         (千円)              (人)
                                                (千円)     (千円)
                                 (千円)         (面積㎡)
                                      (千円)
                          統括、研究、販
            本社
     ㈱マップル・                ソリュー                                      6
                          売、制作業務施          226     -     -    9,520     9,746
     オン       (東京都千代田区)         ション事業                                     [2]
                          設
                          統括、研究、販
     ㈱昭文社       本社ビル         ソリュー                       134,025              20
                          売、制作業務施
                                  210,159       -        1,354    345,539
     クリエイティブ       (千葉県市原市)         ション事業                      (1,895.0)               [14]
                          設
            本社                                              3
     ㈱Kuqulu                その他事業     統括業務施設         2,353      -     -    694    3,047
            (東京都千代田区)
                                                          [-]
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品並びにソフトウエアであり、建設仮勘定は含んでおりませ
           ん。
         2.金額には消費税等を含めておりません。
         3.帳簿価額については、国内子会社における期末帳簿価額を記載しております。
         4.従業員数の[ ]は、契約社員・嘱託及び臨時従業員を外書しております。
        (3)在外子会社

                                                  2021年3月31日現在
                                           帳簿価額
                                                         従業
              事業所名
                    セグメント名
                                      機械装置
       会社名                    設備の内容                 土地             員数
                                 建物及び
              (所在地)         称                          その他     合計
                                      及び運搬具
                                  構築物         (千円)              (人)
                                                (千円)     (千円)
                                 (千円)
                                           (面積㎡)
                                      (千円)
     MMS  GUAM
            本社              統括、研究、販                                1
                     観光事業
                                    -     -     -    -     -
            (米国 グアム準州)               売業務施設                               [20]
     Corporation
     (注)1.帳簿価額のうち「その他」は工具、器具及び備品であり、建設仮勘定は含んでおりません。
         2.従業員数の[ ]は、臨時従業員を外書しております。
         3.固定資産については、全額減損損失を計上しているため、期末帳簿価額はありません。
     3【設備の新設、除却等の計画】

        当社グループの設備投資については、事業環境、投資効率等を総合的に勘案して策定しております。
        2021年3月31日時点での重要な設備の新設、拡充計画としましては、コロナ禍におけるDX推進という当社グルー
       プの方針に沿って、当社グループのコア・コンピタンスである地図およびガイドデータベースを活用するデジタル
       関連製品・サービスの開発投資を計画しております。
        報告セグメント別内容としましては、メディア事業における市販出版物のデジタル版であるアプリケーション製
       品や同ブランドを用いたWebサービス開発、ソリューション事業におけるナビゲーションアプリ改良開発、システム
       製品開発等となっております。
        また、合わせて経年劣化に応じた設備の改修・更新のための設備投資も計画しております。
        なお、上記投資のための資金調達につきましては、自己資金により行ってまいります。
                                 27/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第4【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           57,000,000

                  計                                57,000,000

        ②【発行済株式】

                                      上場金融商品取引所名
           事業年度末現在発行数(株)              提出日現在発行数(株)
       種類                                又は登録認可金融商品                内容
             (2021年3月31日)             (2021年6月29日)
                                      取引業協会名
                                        東京証券取引所
                 18,178,173             18,178,173
      普通株式                                             単元株式数 100株
                                        (市場第一部)
                 18,178,173             18,178,173             -           -
       計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
        ②【ライツプランの内容】

         該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
                                 28/106










                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
               発行済株式総
                       発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
        年月日       数増減数
                       数残高(株)         (千円)        (千円)      減額(千円)        高(千円)
                 (株)
     2016年4月1日~
     2017年3月31日            870,423      18,178,173         237,266      10,141,136         237,266      8,945,502
     (注)1
     2017年6月29日
                    -   18,178,173            -   10,141,136       △3,077,805         5,867,696
     (注)2
     2019年6月27日
                    -   18,178,173            -   10,141,136       △1,790,927         4,076,769
     (注)3
     (注)1.転換社債型新株予約権付社債における新株予約権の権利行使によるものであります。
         2.会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金を3,077,805千円減少し、その他資本剰余金に振り替えた
           ものであります。
         3.会社法第448条第1項の規定に基づき、資本準備金を1,790,927千円減少し、その他資本剰余金に振り替えた
           ものであります。
      (5)【所有者別状況】

                                                  2021年3月31日現在
                       株式の状況(1単元の株式数               100  株)
                                                      単元未満
                                                      株式の状況
       区分                            外国法人等
            政府及び
                       金融商品     その他の                個人
                                                       (株)
            地方公共     金融機関                                計
                       取引業者     法人                その他
            団体                    個人以外      個人
     株主数(人)           -     22     22     103      33     15   20,535     20,730         -

     所有株式数

               -   14,756      1,539     55,587      4,233       15   105,344     181,474       30,773
     (単元)
     所有株式数の
               -    8.13     0.85     30.63      2.33     0.01     58.05     100.00         -
     割合(%)
     (注)1.自己株式851          株は、「個人その他」に8単元、「単元未満株式の状況」に51株含まれております。
        2.上記「その他の法人」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が5単元含まれております。
                                 29/106










                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (6)【大株主の状況】
                                                  2021年3月31日現在
                                                   発行済株式(自己

                                            所有株式数        株式を除く。)の
            氏名又は名称                     住所
                                             (千株)       総数に対する所有
                                                   株式数の割合(%)
                          東京都新宿区西新宿3-20-2                   5,100         28.06

     株式会社エムティーアイ
                                             3,574         19.66
     黒田 敏夫                     東京都目黒区
                                             1,700          9.35

     黒田 茂夫                     東京都港区
     株式会社日本カストディ銀行(信託口)                     東京都中央区晴海1-8-12                    649         3.57

                                              295         1.62

     昭文社ホールディングス社員持株会                     東京都千代田区
                          東京都千代田区丸の内1-1-2                    250         1.37

     株式会社三井住友銀行
     日本マスタートラスト信託銀行株式会社
                          東京都港区浜松町2-11-3                    239         1.31
     (信託口)
     DFA    INVESTMENT           TRUST
                          6300   BEE    CAVE     ROA
     COMPANY-JAPANESE                 SMA
                          D,BUILDING           ONE
                                              217         1.19
     LL   COMPANY        SERIES(常任
                          AUSTIN       TX   78746   US
     代理人 シティバンク、エヌ・エイ東京支
                          (東京都新宿区新宿6-27-30)
     店)
                          東京都千代田区麹町3-1                    180         0.99
     株式会社ファウンダー・マップル
                          東京都千代田区丸の内2-7-1                    123         0.67
     株式会社三菱UFJ銀行
                                 -            12,330          67.83

               計
                                 30/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2021年3月31日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                       内容
                                  -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                            800       -            -

                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         18,146,600             181,466
                         普通株式                        単元株式数 100株
                                30,773         -            -
      単元未満株式                   普通株式
                              18,178,173           -            -
      発行済株式総数
                                  -         181,466          -
      総株主の議決権
     (注)「完全議決権株式(その他)」の中には、証券保管振替機構名義の株式が500株(議決権の数5個)含まれてお
         ります。
        ②【自己株式等】

                                                  2021年3月31日現在
                                                  発行済株式総数に
                        自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
      所有者の氏名又
                                                  対する所有株式数
                所有者の住所
                        式数(数)         式数(数)         計(株)
      は名称
                                                  の割合(%)
               東京都千代田区麹
      株式会社昭文社
                              800      -           800          0.00
               町3-1
     ホールディングス
                  -           800      -           800          0.00
         計
     2【自己株式の取得等の状況】

      【株式の種類等】 会社法第155条第7号に該当する普通株式の取得
      (1)【株主総会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (2)【取締役会決議による取得の状況】

         該当事項はありません。
      (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                 区分                   株式数(株)             価額の総額(円)
      当事業年度における取得自己株式                                     150            69,750

      当期間における取得自己株式                                     -              -

    (注)当期間における取得自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式は含まれておりません。
                                 31/106





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
                                  当事業年度                当期間
                区分
                                     処分価額の総額               処分価額の総額
                              株式数(株)               株式数(株)
                                       (円)               (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      消却の処分を行った取得自己株式                             -        -       -        -

      合併、株式交換、株式交付、会社分割に係る移転
                                   -        -       -        -
      を行った取得自己株式
      その他                             -        -       -        -

      保有自己株式数                             851         -      851         -

    (注)当期間における保有自己株式には、2021年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式は含まれておりません。
     3【配当政策】

        株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして位置づけており、利益配分につきましてはこれまで会社の業
      績や経営環境を勘案しつつ、安定的な配当を行う基本方針のもと、利益剰余金がマイナスの状態においても資本剰余
      金からの配当を実施してまいりましたが、2019年3月期より当面の間、本来の姿である利益剰余金からの配当を実施
      する方針とさせていただいております。
        当社は中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うべく定款に定めております。
        これらの剰余金の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        また内部留保金につきましては、今後の事業展開上、特に発展可能性の高い分野であると判断する新規事業のため
      のシステム開発や設備投資等へと積極的に有効活用していくとともに、急速な経営環境の変化にもすばやく対応すべ
      く他企業との提携を図る等、長期的な視点で投資効率を考え活用してまいります。
        当期の利益配当金につきましては、当期純損失を計上することとなりましたので、上記方針に照らし、誠に遺憾な
      がら無配とさせていただきました。
        当社は、「取締役会の決議により、会社法第454条第5項に定める剰余金の配当を行うことができる。」旨定款に
      定めております。
                                 32/106










                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
      (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
       ①  コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        コーポレート・ガバナンスの充実につきましては、経営上重要な課題のひとつであると位置付けております。
        当社におきましては、事業活動を通じて利益をあげ、継続的に株主価値を増大させることが重要であると考えて
       おります。変化の激しい現代社会においてそれを実現するためには、機動的な経営判断と効率的な行動力が不可欠
       でありますが、その状況においても経営の健全性と透明性を維持できるような体制を確保するためにもコーポレー
       ト・ガバナンス体制の強化が重要であると判断しております。
       ②  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

          当社は2016年6月29日開催の第57期定時株主総会決議に基づき、監査等委員会設置会社へ移行いたしました。
         この移行は、経営監督機能の強化により、コーポレート・ガバナンス体制のさらなる充実を目的とするものであ
         ります。
          取締役会は、取締役(監査等委員である取締役を除く。)4名、監査等委員である取締役3名の計7名、うち
         社外取締役2名により構成され、毎月1回定期的に開催するとともに、必要に応じて随時開催できる体制をとる
         べく、取締役の人数を少数に絞り、経営判断の迅速性と適正化を向上させております。取締役会においては、経
         営に関する重要事項の審議、各事業本部における業務の進捗状況についての報告及び監督を行っております。
          また、重要事項の審議につきましては、全社的な立場からの的確な判断が迅速に行えるよう、事前に当社及び
         各子会社の役員が出席する「昭文社グループ会議」を適時開催し、積極的討議が十分に行われる体制をとってお
         ります。
          2017年6月29日より、任意の諮問機関として社外取締役2名を含む取締役3名で構成する報酬諮問委員会を設
         置しております。報酬諮問委員会において取締役の報酬等に係る基本方針や報酬額について取締役会の諮問を受
         けて審議、答申することで、その公正性及び客観性を確保してまいります。
          監査等委員会は、監査等委員3名(常勤監査等委員1名、社外監査等委員2名)で構成され、毎月1回定期的
         に開催し、会社の健全な経営に資するため、公正かつ独立した立場から職務の執行について監査・監督を行って
         おります。
          以上のことから、企業統治の十分機能する体制が整っているものと判断しております。
       ③  内部統制システムの整備の状況

          2020年3月19日開催の当社取締役会において、「内部統制システムの構築に関する基本方針」を一部改訂し、
         以下のとおり決議しております。
         1.取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

           当社は、「昭文社グループ企業倫理綱領」に定める「行動規範」や「コンプライアンスガイドライン」等コ
          ンプライアンス体制に係る規定に基づき、取締役及び使用人が法令・定款を常に遵守し、倫理を尊重した行動
          を取るよう徹底する。
           コンプライアンス担当役員を置くとともに、管理本部総務部を「コンプライアンス担当部署」として位置づ
          け、コンプライアンス上重要と思われる事項について検討するとともに、「昭文社グループ企業倫理綱領」を
          取締役及び使用人に周知徹底させる。また、コンプライアンス違反等について、通常の職制を通じた報告制度
          と別に直接情報提供を行える仕組みとして公益通報者保護規程を定めるとともに、「コンプライアンス・ホッ
          トライン」を設置し、コンプライアンス経営の強化を図る。
           内部監査部門は、コンプライアンスの状況についても監査を実施し、その結果を報告する体制を構築する。
         2.取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

           当社は、取締役の職務の執行に係る情報(特に取締役の意思決定や取締役への報告事項等)について、情報
          セキュリティ管理規程、営業秘密管理規程、文書管理規程等に基づき文書または電磁的媒体(以下文書等とい
          う。)に記録し、適切に保存・管理する。
           保存された文書等は、取締役が常時閲覧できるものとする。
         3.損失の危険の管理に関する規程その他の体制

           当社は、損失の危機の管理について、リスク管理担当役員を置くとともに、グループ各社のメンバーで構成
          する「内部統制委員会」を設置し、リスク管理に関するリスク管理規程の制定、マニュアルの策定等を行う。
           また、組織横断的に各業務におけるリスクの識別と対応について明確にし、全社員への啓蒙教育を行うこと
          で、リスクを未然に防止し、リスクが発生した場合にも迅速かつ組織的な対応を行い、損害を最小限度に抑え
          られる体制を構築する。
                                 33/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         4.取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           当社は、意思決定機関である取締役会において的確な判断が迅速に行えるよう、常勤の取締役が取締役会付
          議事項や重要事項について事前に積極的討議を行う。
           また、中期経営計画や年度事業計画を適宜策定することで、各部門における具体的目標とスケジュールを明
          確化し効率的な活動ができる体制を築くとともに、その進捗状況を常に監視し計画実現に向けて邁進できる体
          制とする。
           ITの主管部署を設置し、業務の効率化、迅速化及び適正性を確保するために、IT環境の整備を行う。
           組織規程、職務権限規程、契約承認規定に基づき、各取締役の責任と執行手続きを明確にする。
         5.当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

           当社は、関係会社管理規程に基づき子会社管理担当部署を設け、取締役等の職務の執行状況について定期的
          に報告を受けるとともに、子会社に関する情報を常に詳細に入手し管理すべく、子会社社長との議論、意見交
          換の場を設ける。
           また、当社役員もしくは管理職使用人を子会社の取締役もしくは監査役として派遣し、グループの事業方針
          に合った意思決定がなされるよう指導、監視する。
           コンプライアンス体制やリスク管理体制においても、「内部統制委員会」を通じてグループ全体としての方
          針に沿った活動が行われるような体制を築き、各種規定及びマニュアルを作成するとともに、その運用状況に
          ついても監査を行う。
         6.監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人に関する事項、当該取締役及び使用人の他の取締役(監

           査等委員である取締役を除く。)からの独立性に関する事項並びに監査等委員会の当該取締役及び使用人に
           対する指示の実効性の確保に関する事項
           監査等委員会がその職務を補助すべき取締役及び使用人を置くことを求めた場合には、必要に応じて当社取
          締役及び当社使用人に監査等委員会の職務を補助させるものとする。
           当社は、当該取締役及び使用人の任命、異動、人事考課について、監査等委員会の意見を聴取し尊重したう
          えで行うものとし、その指揮命令権は監査等委員会にあり、取締役(監査等委員である取締役を除く。)から
          の独立性を確保する。
           監査等委員会の職務を補助すべき取締役及び使用人は、監査等委員会の指示に従い、当該職務に優先的に従
          事する。
         7.当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人並びに当社子会社の取締役、監査役及び使用

           人またはこれらの者から報告を受けた者が当社監査等委員会に報告するための体制その他の監査等委員会へ
           の報告に関する体制及び報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確
           保するための体制
           当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)及び使用人並びに当社子会社の取締役、監査役及び使用
          人は、当社グループの業務や業績に対して重要な影響を与える事項や職務執行に関する法令違反、定款違反及
          び不法行為の事実や、当社グループに著しい損害を与える事実を発見した場合には、遅滞なく当社監査等委員
          会に報告するものとする。また、当社監査等委員会は必要に応じて、当社の取締役及び使用人並びに当社子会
          社の取締役、監査役及び使用人に対して報告を求めることができるものとする。
           当社は、当社の監査等委員会への報告を行った者について、当該報告を行ったことを理由として不利な取扱
          いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの取締役等及び使用人に周知徹底する。
         8.監査等委員の職務の執行(監査等委員会の職務の執行に関するものに限る。)について生ずる費用の前払ま

           たは償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
           当社は、監査等委員の職務の執行について生じる費用の前払または償還等については、その適正性に留意し
          つつ、監査等委員の請求に従い処理をする。
         9.その他監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

           当社は、監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するために、代表取締役との定期的な意見交換
          会の開催、会計監査人や内部監査室との連携、子会社の監査役との連絡会の開催等の体制を構築する。
         10.反社会的勢力排除に向けた体制

           (1)反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方
             当社及び当社子会社は、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力や団体とは一切関係を持
            たず、毅然とした態度で対応する。
           (2)反社会的勢力排除に向けた整備状況
             ①  当社の企業倫理綱領担当取締役を責任者とし、当社管理本部総務部を担当部署とする。
             ②  警察署や弁護士等との連携を図り、問題に対処してゆく。
             ③  関係行政機関や関係団体等からの情報収集に努める。
             ④  倫理綱領に基本的な考え方を定めるとともに、周知徹底を図る。
                                 34/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ④  責任限定契約の内容の概要








          当社は、社外取締役として期待される役割を十分に果たし、また有用な人材を迎えることができるようにする
         ため、取締役(業務執行取締役等である者を除く。)との間で、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第
         423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結できる旨を定款に定めております。当該契約に基づく損害賠
         償責任の限度額は、法令で定める額としております。当該定款に基づき、社外取締役全員と当該契約を締結して
         おります。
       ⑤  補償契約の内容の概要

         当社は、各取締役と会社法第430条の2第1項に規定する補償契約を締結しており、同項第1号の費用及び同項
        第2号の損失を法令の定める範囲内において当社が補償することとしております。
       ⑥  役員等賠償責任保険契約の内容の概要等

         当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しております。
        当該保険契約の被保険者の範囲は当社及び子会社の役員(ただし会計監査人は含まない)であり、保険料は特約部
        分も含め会社が全額負担しており、被保険者の実質的な保険料負担はありません。
         当該保険契約では、被保険者である役員等がその職務の執行に関し責任を負うこと、又は、当該責任の追及に係
        る請求を受けることによって生ずることのある損害について補填することとされています。但し、法令違反の行為
        であることを認識して行った行為に起因して生じた損害は補填されないなど、一定の免責事由があります。
       ⑦  取締役の定数

         当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)は10名以内、当社の監査等委員である取締役は4名以内とす
        る旨定款に定めております。
       ⑧  取締役の選任決議要件

         当社は、会社法第341条の規定により、取締役の選任決議は、株主総会において議決権を行使することができる
        株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨、および累積投票によら
        ないものとする旨を定款に定めております。
       ⑨  自己株式の取得

         当社は、自己株式の取得について、経営環境の変化に対応した、機動的な資本政策を遂行するため、会社法第
        165条第2項の規定により、取締役会の決議によって自己の株式を取得することができる旨を定款に定めておりま
        す。
       ⑩  剰余金の配当等の決定機関

                                 35/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         当社は、株主への機動的な利益還元を行うため、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって
        毎年9月30日を基準日として、中間配当を行うことができる旨定款に定めております。
       ⑪  株主総会の特別決議要件

         当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主
        の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めておりま
        す。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的
        とするものであります。
       ⑫  取締役の責任免除

         当社は、職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定
        により、同法第423条第1項の取締役(取締役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取
        締役会の決議によって免除することができる旨を定款で定めております。
                                 36/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
        男性  7 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                        所有株
         役職名         氏名       生年月日                略歴             任期   式数
                                                        (千株)
                               1992年3月     当社入社
                               1998年7月     当社GIS営業本部長
                               1999年3月     有限会社エヌ・エス・ティ代表取締役社長
                               1999年4月     当社開発本部長
                               1999年6月     当社取締役開発本部長
                               1999年12月     株式会社ケイエイチケイインベストメント代
                                   表取締役社長
                               2000年12月     当社取締役デジタルコンテンツビジネス本部
                                   長
                               2002年6月     当社常務取締役デジタルコンテンツビジネス
                                   本部長
                               2002年12月     日本コンピュータグラフィック株式会社
                                   (現:株式会社昭文社クリエイティブ)代表
                                                     (注)
                                   取締役会長
       代表取締役社長         黒田 茂夫      1965年7月10日      生                             1,700
                                                      3
                               2004年6月     当社常務取締役
                               2005年10月     当社代表取締役社長
                               2017年5月     SHOBUNSHA    HAWAII   CORPORATION     President
                                   (現任)
                               2017年6月     SHOBUNSHA    GUAM  CORPORATION     President
                                   (現任)
                               2017年7月     株式会社マップル・スプリング代表取締役社
                                   長(現任)
                               2017年8月     SHOBUNSHA    SINGAPORE    PTE.LTD.    President
                                   (現任)
                               2017年12月     当社代表取締役兼代表執行役員
                               2019年10月     株式会社マップル代表取締役(現任)
                               2020年4月     当社代表取締役社長(現任)
                               2014年9月     グルヤク株式会社設立         代表取締役社長
                               2016年3月     株式会社トラベラーズ入社
                               2017年2月     当社入社
                               2017年4月     当社執行役員デジタルメディア事業本部長
                               2017年12月     当社社長室長
                                                     (注)
        専務取締役        上原 嗣則      1968年9月8日      生                              3
                               2018年6月     当社取締役
                                                      3
                               2018年9月     GUAM  OCEAN   PARK  CORPORATION     President
                                   (現  MMS  GUAM  Corporation)(現任)
                               2019年6月     当社専務取締役(現任)
                               2019年10月     株式会社MEGURU代表取締役社長(現任)
                               1984年9月     当社入社
                               2006年4月     当社営業推進部長
                               2007年4月     当社営業本部副本部長兼営業推進部長
                               2010年4月     当社出版営業本部長兼営業推進室長
                               2010年6月     当社取締役出版営業本部長兼営業推進室長
                               2010年7月     当社取締役出版営業本部長兼営業推進室長兼
                                                     (注)
                                   クロスメディア営業本部長
         取締役        清水 康史      1962年3月20日      生
                                                          11
                                                      3
                               2011年4月     当社取締役出版営業本部長兼クロスメディア
                                   営業本部長
                               2013年4月     当社取締役
                               2017年4月     当社取締役兼執行役員出版事業本部長
                               2017年12月     当社取締役(現任)
                               2019年10月     株式会社昭文社準備会社(現            株式会社昭文
                                   社)代表取締役社長(現任)
                                 37/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
                                                        所有株

         役職名         氏名       生年月日                略歴             任期   式数
                                                        (千株)
                               2007年4月     当社入社
                               2017年12月     当社執行役員管理本部長
                                                     (注)
                               2019年4月     当社執行役員管理統括本部長
         取締役        加藤 弘之      1974年6月20日      生                              5
                                                      3
                               2020年1月     当社取締役管理統括本部長
                               2020年4月     当社取締役管理本部長(現任)
                               1986年3月     当社入社
                               2012年4月     当社デジタルコンテンツ営業本部長
                               2013年4月     当社ソリューション営業本部長
         取締役                                            (注)
                飯塚 新真      1962年11月26日      生                              11
       (監査等委員)                        2017年4月     株式会社昭文社クリエイティブ取締役
                                                      4
                               2017年12月     当社内部監査室
                               2018年6月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                               1993年4月     弁護士登録
                               1993年4月     本林・青木・千葉法律事務所入所
         取締役                                            (注)
                               2003年6月     当社監査役
                関  聡介      1966年6月29日      生
                                                           9
       (監査等委員)
                                                      4
                               2004年1月     銀座プライム法律事務所開設(現任)
                               2016年6月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                               1993年4月     弁護士登録
                               1993年4月     濱田・松本法律事務所入所
                               2003年9月     骨董通り法律事務所開設
         取締役                                            (注)
                桑野 雄一郎       1966年5月18日      生                              8
                               2005年6月     当社監査役
       (監査等委員)                                               4
                               2016年6月     当社取締役(監査等委員)(現任)
                               2018年3月     高樹町法律事務所開設(現任)
                                         計                1,749
    (注)1.     取締役関聡介、桑野雄一郎は、社外取締役であります。
        2.当社の監査等委員会の体制は次のとおりであります。
          委員長 飯塚新真、委員 関聡介、委員 桑野雄一郎
        3.2021年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から1年間
        4.2020年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から2年間
        ② 社外役員の状況

          当社の社外取締役は2名、うち監査等委員は2名です。
          社外取締役(監査等委員)の関聡介氏は弁護士であり、保有資格に関連して法令・企業統治等に関する専門的
         な見識を幅広く有していることから、当社における監査等委員としての監査機能及び役割を果たすものと考えて
         おります。また、同氏は「①役員一覧」に記載のとおり当社株式を保有しておりますが、僅少であり、当社との
         間には、人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
          また、同氏は現在、エレマテック株式会社の社外取締役を兼任しておりますが、当社と同社との間には、人的
         関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
          以上のことから、中立・公正な立場を保持しており、独立性を有するものと判断し、社外取締役として選任し
         ております。
          社外取締役(監査等委員)の桑野雄一郎氏は弁護士であり、保有資格に関連して法令・企業統治等に関する専
         門的な見識を幅広く有していることから、当社における監査等委員としての監査機能及び役割を果たすものと考
         えております。
          また、同氏は「①役員一覧」に記載のとおり当社株式を保有しておりますが、僅少であり、当社との間には、
         人的関係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
          また、同氏は現在、豊田通商株式会社の社外監査役を兼任しておりますが、当社と同社との間には、人的関
         係、資本的関係または取引関係その他の利害関係はありません。
          以上のことから、中立・公正な立場を保持しており、独立性を有するものと判断し、社外取締役として選任し
         ております。
                                 38/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          当社の企業統治における社外取締役の果たす機能及び役割は、客観的・中立的な立場に基づき意見を表明し、
         その有する専門的な見識を存分に発揮することにあり、これらの取り組みを通じて、当社の企業統治は向上する
         ものと考えております。
          当社は現在、社外取締役を選任するにあたり、東京証券取引所の定める独立性基準に準拠した基準を制定して
         おり、豊富な見識に立脚した、客観的な立場による意見表明、専門性の発揮等の機能と役割を期待し、当社およ
         び取締役などとの直接の利害関係のない専門家・有識者等から選任しております。
        ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門と

          の関係
           社外取締役は、取締役会及び監査等委員会に常時出席することで常勤の取締役(監査等委員)と監査情報の
          交換をおこなっております。さらに監査等委員会への出席を通じて、内部監査室及び内部統制部門による監査
          状況の報告を受けております。一方、会計監査人とは定期的なコミュニケーションの場を設けて監査情報の共
          有を図っております。
                                 39/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (3)【監査の状況】
       ①監査等委員会監査の状況
          当社における監査等委員会は、常勤監査等委員1名、社外監査等委員2名で構成されております。常勤監査等
         委員の1名は、長年にわたり当社の制作部門、営業部門及び内部監査部門で業務に従事、並びに子会社役員に就
         任した経験があり、財務及び会計に関する知見を有しております。
          そして、取締役の職務執行の監査、会計監査人の選解任や監査報酬に係る権限を行使するうえで、客観的な立
         場において適切な判断を行うために、独自の監査等基準や内部統制システムに係る監査の実施基準、また会計監
         査人の評価・選定基準を制定し運用しております。
          当社の監査等委員会は社内規則により原則として月1回開催し、必要あるときはほかに随時開催することとさ
         れています。当事業年度におきましては、これら併せて26回の委員会が開催され、そのすべてに監査等委員3名
         全員が出席しております。委員会においては法定の決議事項のほか、重要な取締役会決議事項案についての意見
         交換、四半期決算報告の内容検討、公益通報制度の運用状況の確認など、年間を通じた企業活動のモニタリング
         を試みています。特に当事業年度においては当社グループのホールディングス化という会社制度の大きな変更が
         行われたことから、その適法性、手続きの公正性等について委員会で重要テーマとして検討いたしました。
          また、常勤監査等委員は社内決裁書類、営業月次報告、子会社取締役会議事録等の重要書類を随時閲覧し、適
         法性・妥当性の観点から重要な事項について直近の監査等委員会で報告を行っています。とりわけ当事業年度は
         新型コロナウイルス感染症の影響による当社グループの対応について多面的にモニタリングを行い、監査等委員
         会において情報共有を図ってまいりました。
          なお、監査等委員会においては月1回、内部監査室長から内部統制システムの運用状況について報告を受け意
         見交換をおこなっています。
          こうした日常的な活動を踏まえつつ、監査等委員会に期待される重要な役割・責務を意識し、取締役面談、事
         業本部長面談、各部署往査等の能動的・積極的な権限の行使を行うことにより、顕在化した問題点は、監査等委
         員会での協議を経て取締役会あるいは経営陣に対して確認および必要に応じて意見具申しております。
       ② 内部監査の状況

          業務部門から独立した社長直轄の専門部署として内部監査室(専任者1名)を設置し、社内における監査体制
         の整備を実施しております。
          内部監査におきましては、管理本部内にある経理部が会社全般を掌握しておりますが、内部監査部門の独立性
         を重視し、業務担当部門から独立した社長直轄の専門部署として内部監査室を設置し、常に独立した立場にて各
         部署に対する監視と検証を行うとともに、監査等委員会や会計監査人とも連携を取り監査体制の充実を図ってお
         ります。また、内部監査室は監査等委員会の監査業務の補助等を行うことで監査等委員会監査業務の向上を可能
         としております。
          内部監査室における監査結果におきましては、代表取締役に報告されるとともに、監査等委員会にも報告され
         ます。また、内部監査室につきましては、定期的に監査等委員会に参加し、意見交換するとともに、内部統制管
         理部門である経理部とも連携を図り、内部統制システムにおける問題点等を検証し、改善すべき対処法を検討し
         ております。
       ③会計監査の状況

        a.監査法人の名称
          監査法人A&Aパートナーズ
        b.継続監査期間

          4年
        c.業務を執行した公認会計士

          指定社員 業務執行社員  村田 征仁
          指定社員 業務執行社員  永利 浩史
        d.監査業務に係る補助者の構成

          当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、その他10名であります。
                                 40/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        e.監査法人の選定方針と理由
          当社では、監査等委員会規則に会計監査人の選任時の手続きを定めるとともに、公益社団法人日本監査役協
         会が公表する実務指針にもとづき、独自の会計監査人の評価及び選定基準を策定しております。具体的には、
         監査法人の概要、監査の実施体制等、監査報酬の見積額について確認し、面談等を行い選定しております。
          現会計監査人については、この選定基準に基づき上記の方法により検討したところ、独立性・専門性とも十
         分有していると認められたことから選定いたしました。
        f.監査等委員会による監査法人の評価

          当社の監査等委員会は、公益社団法人日本監査役協会が公表する実務指針に基づき、独自の評価基準を策定
         し、会計監査人に対して評価を行っております。具体的には、外部会計監査人との定期的な意見交換や監査実
         施状況報告等を通じて、独立性と専門性の有無について継続的に確認を行っております。
          また、監査等委員会において、会計監査人が公表している品質管理システム概要書並びに会社計算規則第131
         条に基づく通知等を通じ、外部会計監査人に求められる独立性と専門性の有無を確認しております。
          なお、当社の監査等委員会は、当社外部会計監査人である監査法人A&Aパートナーズについて、独立性・
         専門性共に問題はないものと評価し、監査法人A&Aパートナーズの再任を妨げないとする決議をいたしまし
         た。
       ④監査報酬の内容等

        a.監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                       当連結会計年度
        区分
               監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく報
               報酬(千円)           酬(千円)           報酬(千円)           酬(千円)
                     28,500             -         35,000             -

      提出会社
                       -           -           -           -

      連結子会社
                     28,500             -         35,000             -

         計
        b.監査公認会計士等と同一ネットワークに属する組織に対する報酬(a.を除く)

          該当事項はありません。
        c.その他重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

           該当事項はありません。
        d.監査報酬の決定方針

          該当事項はありません。
        e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

          当社の監査等委員会は、会計監査人の評価基準に基づく評価結果ならびに会計監査人の監査計画の内容や報
         酬見積りなどが適切であるか検証を行ったうえで、会計監査人の報酬等の額について同意しております。
                                 41/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (4)【役員の報酬等】
        ①役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
         当社は、役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針を定めております。
         当社の取締役の報酬については、基本報酬(月額報酬)及び業績連動報酬(役員賞与)で構成されており、中
        長期的な企業価値向上を踏まえた制度設計としております。
         基本報酬及び業績連動報酬については、具体的な指標等はございませんが、世間水準および経営内容、従業員
        給与とのバランス等を考慮し、また、報酬諮問委員会の意見も受けたうえ、取締役(監査等委員である取締役を
        除く。)の報酬は、株主総会が決定する報酬総額の限度内において取締役会で決定し、監査等委員である取締役
        の報酬は、株主総会が決定する報酬総額の限度内において監査等委員の協議で決定しております。
         当社の役員の報酬等に関する株主総会の決議年月日は、2016年6月29日であり、決議の内容は、以下のとおり
        であります。
         a.取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬限度額は、年額300百万円以内(うち社外取締役分30百
          万円以内)と決議いただいております。なお、取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬額には、
          使用人兼務取締役の使用人分給与は含まないものといたします。
         b.取締役(監査等委員)の報酬限度額は、年額50百万円以内と決議いただいております。
         当事業年度の取締役(監査等委員である取締役を除く。)の報酬(総額及び個人別の報酬)の決定につきまし
        ては、2020年6月26日開催の取締役会にて報酬諮問委員会の答申を受けたうえ、代表取締役社長である黒田茂夫
        一任のもとに決定することを決議し、上記方針に基づき決定しております。なお、取締役会は、独立社外取締役
        が過半数を占める報酬諮問委員会の答申を受けたうえで報酬等の内容を決定していることから、その内容は決定
        方針に沿うものであると判断しています。
         また、2021年4月23日開催の取締役会において、2022年3月期からの取締役の個人別の報酬等の内容に係る決
        定方針を決議しております。当該取締役会の決議に際しては、あらかじめ決議する内容について報酬諮問委員会
        へ諮問し、答申を受けております。
         取締役の個人別の報酬等の内容に係る決定方針の内容は次のとおりです。
        <役員報酬の決定に関する方針>
        1.基本方針
          当社の取締役の報酬は、基本報酬(月額報酬)及び業績連動報酬(役員賞与)で構成されており、中長期的
          な企業価値向上を踏まえた制度設計としております。
        2.基本報酬の額の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件の決定に関する方針を含む。)
          当社の取締役の基本報酬は、月例の固定報酬とし、世間水準および経営内容、従業員給与とのバランス等を
          考慮し、また、委員の過半数が社外取締役で構成される報酬諮問委員会の意見も踏まえたうえ、
          (1)監査等委員以外の各取締役の報酬は、株主総会が決定する報酬総額の限度内において取締役会で決定する
            ものとします。
          (2)監査等委員である各取締役の報酬は、株主総会が決定する報酬総額の限度内において監査等委員の協議で
            決定するものとします。
        3.業績連動報酬の内容および額の算定方法の決定に関する方針(報酬等を与える時期または条件に関する方針
          を含む。)
          当社の取締役の業績連動報酬は、取締役(監査等委員以外)を対象とした年額の役員賞与とし、当社と同程
          度の事業規模や関連する業種・業態に属する企業をベンチマークとする報酬水準を踏まえ、また、報酬諮問
          委員会の意見も踏まえたうえ、
          (1)まず、当該事業年度における全取締役(監査等委員以外)共通の支給基本割合(基本報酬の額に対する比
            率。基本報酬の額の25%を目安とする。)を、取締役会で決定するものとします。
          (2)その上で、事業年度ごとの業績向上に対する意識を高めるため、年間計画に基づき設定した各事業年度の
            目標売上高および経常利益に対する達成度等に応じ、各取締役(監査等委員以外)につき、前号で決定し
            た支給基本割合に対して0%~200%の範囲で算出した各支給割合を取締役会で決定し、前記2(1)で決定
            された各基本報酬額に各支給割合を乗じて算出される金額を、各取締役(監査等委員以外)に対して現金
            報酬として、毎年一定の時期に支給するものとします。
        4.代表取締役社長への委任
          上記2(1)及び3(2)の決定にあたっては、取締役会は、その決議に基づき代表取締役社長にその具体的内容の
          決定を委任することがありますが、この場合においても、委任を受けた代表取締役社長は、報酬諮問委員会の
          意見を踏まえて当該具体的内容の決定を行うものとします。この権限を委任する理由は、当社全体の業績を俯
          瞰しつつ各取締役の担当事業の評価を行うには代表取締役が最も適しているためであります。
                                 42/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ② 役員区分の報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                   対象となる
                        報酬等の総額
           区        分                                    役員の員数
                         (千円)
                                                    (名)
                                  基本報酬        業績連動報酬
       取締役(監査等委員を除く。)
                         83,315          83,315           -          4
       (社外取締役を除く。)
       取締役(監査等委員)
                          8,448          8,448          -          1
       (社外取締役を除く。)
                          9,600          9,600          -          2
       社    外    役    員
                         101,363          101,363           -          7

       合             計
    (注)1.取締役(監査等委員を除く。)(社外取締役を除く。)の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含
          まれておりません。
        2.2016年6月29日開催の第57期定時株主総会において、役員退職慰労金制度廃止に伴う打切り支給を決議してお
          り、支給時期は取締役の退任時としております。
        ③報酬等の総額が1億円以上である者の報酬等の総額等

         報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
        ④使用人兼務役員の使用人給与のうち重要なもの

         該当事項はありません。
                                 43/106













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      (5)【株式の保有状況】
        ①投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専ら株式
        の価値の変動又は株式に係る配当によって利益を受けることを目的として保有する株式を純投資目的である投資株
        式、それ以外の株式を純投資目的以外の目的である投資株式(政策保有株式)に区分しております。
        ②保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

        a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法ならびに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証
          の内容
          当社は、経営戦略、取引先や事業提携先等との関係構築・維持・強化等を総合的に勘案し、当社グループの
         中長期的な企業価値向上に資すると判断した場合に、他社の株式を保有することとしております。
          政策保有株式について、中長期的な経済合理性等を毎年取締役会で検証し、その検証結果を開示するととも
         に、政策保有株式を継続して保有する妥当性がないと判断した場合には、政策保有株式の縮減などの見直しを
         図ります。
          なお、政策保有株式に係る議決権行使については、その議案が当社及び保有先企業の企業価値や株主利益に
         影響を与える可能性等を総合的に勘案し適切に行使しております。
        b.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

                       銘柄数       貸借対照表計上額の
                      (銘柄)        合計額(千円)
                          10           276,367

          非上場株式
                          13          1,544,517
          非上場株式以外の株式
        (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                  銘柄数      株式数の増加に係る取得
                                           株式数の増加の理由
                  (銘柄)       価額の合計額(千円)
                      1           3,000

     非上場株式                                円滑な商品仕入のため
                      2           1,383
     非上場株式以外の株式                                持株会による株式取得のため
        (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                       銘柄数      株式数の減少に係る売却
                      (銘柄)       価額の合計額(千円)
                          -             -

          非上場株式
                          -             -
          非上場株式以外の株式
                                 44/106








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        c.特定投資株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額及び保有目的
          特定投資株式
                 当事業年度         前事業年度
                株式数(株)         株式数(株)
                                    保有目的、定量的な保有効果                 当社の株式の
         銘柄
                                     及び株式数が増加した理由                 保有の有無
               貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                 (千円)         (千円)
                    672,000         672,000

     ㈱エムティーアイ                             円滑な取引関係を維持するため                      有
                    542,976         366,912
                    240,000         240,000

     応用地質㈱
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
                    310,080         294,960
                    41,874         41,874

     ソフトバンクグルー
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
     プ㈱
                    390,684         158,618
                    120,000         120,000

     ㈱三菱UFJフィナン
                                  円滑な取引関係を維持するため                      有
     シャル・グループ
                    71,004         48,360
                    22,032         22,032

     日本電信電話㈱
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
                    62,614         56,743
                    122,050         122,050

     ㈱りそなホールディ
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
     ングス
                    56,728         39,690
                                  円滑な取引関係を維持するため
                     9,422         9,208
     ㈱セブン&アイ・
                                  持株会による株式取得のため株式数が増                      無
     ホールディングス
                    42,050         32,927
                                  加
                    240,000         240,000
     共立印刷㈱
                                  円滑な取引関係を維持するため                      有
                    33,600         36,720
                     9,000         9,000

     第一生命ホールディ
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
     ングス㈱
                    17,118         11,659
                                  円滑な取引関係を維持するため
                     7,319         6,648
     ㈱三洋堂ホールディ
                                  持株会による株式取得のため株式数が増                      無
     ングス
                     6,719         5,126
                                  加
                     6,000         6,000
     ジャパンベストレス
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
     キューシステム㈱
                     5,076         3,660
                     2,656         2,656

     ㈱ゼンリン                             円滑な取引関係を維持するため                      有
                     3,519         2,807
                     1,610         1,610

     ミニストップ㈱
                                  円滑な取引関係を維持するため                      無
                     2,345         2,344
     (注)定量的な保有効果を記載することは困難でありますが、経済合理性、保有の妥当性について検証を行い、いずれ
         も保有方針に沿った目的で保有していることを確認しております。
                                 45/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ③保有目的が純投資目的である投資株式
                         当事業年度                     前事業年度
          区分
                     銘柄数        貸借対照表計上額の              銘柄数        貸借対照表計上額の
                    (銘柄)         合計額(千円)            (銘柄)         合計額(千円)
                          -           -           -           -

     非上場株式
                          3        23,518             3        20,430
     非上場株式以外の株式
                              当事業年度

          区分
                   受取配当金の           売却損益の           評価損益の
                   合計額(千円)           合計額(千円)           合計額(千円)
                          -           -           -

     非上場株式
                         424           -           -
     非上場株式以外の株式
        ④当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

         該当事項はありません。
        ⑤当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外から純投資目的に変更したもの

         該当事項はありません。
                                 46/106













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
      (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
      (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

        「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
        また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しており
        ます。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日
      まで)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、監査法人
      A&Aパートナーズによる監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

       当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の
      内容を適切に把握し、連結財務諸表等を適正に作成できる体制を整備するため、公益財団法人財務会計基準機構へ
      加入し、監査法人等が主催する研修会への参加並びに会計専門書の定期購読を行っております。
                                 47/106













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     1【連結財務諸表等】
      (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       4,970,584              4,629,245
        現金及び預金
                                       2,473,112              1,764,474
        受取手形及び売掛金
                                       1,585,853              1,066,361
        商品及び製品
                                        409,899              253,150
        仕掛品
                                          261              258
        原材料及び貯蔵品
                                        208,472                 -
        販売用不動産
                                        118,001              155,844
        その他
                                       △ 29,703             △ 21,336
        貸倒引当金
                                       9,736,481              7,847,997
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       6,613,609              5,967,456
          建物及び構築物
                                      △ 4,722,652             △ 4,327,607
           減価償却累計額
           建物及び構築物(純額)                            1,890,956              1,639,848
                                        456,286              446,599
          機械装置及び運搬具
                                       △ 422,980             △ 432,680
           減価償却累計額
           機械装置及び運搬具(純額)                             33,306              13,918
                                        711,773              577,430
          工具、器具及び備品
                                       △ 662,209             △ 413,390
           減価償却累計額
           工具、器具及び備品(純額)                             49,563              164,040
          土地                             3,488,222              3,416,206
                                        21,278              41,422
          建設仮勘定
                                       5,483,327              5,275,436
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        254,478              140,927
          のれん
                                        254,106               10,129
          その他
                                        508,584              151,057
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                      ※ 1,589,851             ※ 2,048,469
          投資有価証券
                                       1,308,359              1,398,950
          退職給付に係る資産
                                       ※ 348,363
                                                      209,271
          その他
                                       △ 157,040              △ 58,671
          貸倒引当金
                                       3,089,533              3,598,020
          投資その他の資産合計
                                       9,081,445              9,024,514
        固定資産合計
                                      18,817,926              16,872,511
       資産合計
                                 48/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        723,308              619,465
        支払手形及び買掛金
                                        770,000              770,000
        短期借入金
                                        294,481              259,443
        未払費用
                                        81,400              176,260
        未払法人税等
                                        41,661              34,958
        未払消費税等
                                        247,699              211,991
        賞与引当金
                                        577,897              401,236
        返品調整引当金
                                        145,927              171,494
        その他
                                       2,882,375              2,644,848
        流動負債合計
       固定負債
                                        466,272              676,860
        繰延税金負債
                                        72,137              79,505
        退職給付に係る負債
                                        184,300              184,300
        その他
                                        722,710              940,665
        固定負債合計
                                       3,605,085              3,585,514
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                      10,141,136              10,141,136
        資本金
                                       4,168,372              4,168,372
        資本剰余金
                                        470,249            △ 1,904,023
        利益剰余金
                                         △ 405             △ 475
        自己株式
                                      14,779,352              12,405,009
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        502,519              888,880
        その他有価証券評価差額金
                                        △ 7,591              △ 645
        為替換算調整勘定
                                       △ 61,438              △ 6,247
        退職給付に係る調整累計額
                                        433,488              881,987
        その他の包括利益累計額合計
                                      15,212,840              13,286,996
       純資産合計
                                      18,817,926              16,872,511
     負債純資産合計
                                 49/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                       8,073,765              6,313,747
     売上高
                                       5,263,179              5,068,750
     売上原価
                                       2,810,585              1,244,997
     売上総利益
     返品調整引当金戻入額                                   597,652              577,897
                                        577,897              401,236
     返品調整引当金繰入額
                                       △ 19,755             △ 176,661
     返品調整引当金繰入差額
                                       2,830,340              1,421,658
     差引売上総利益
                                   ※1 ,※2  2,896,047           ※1 ,※2  2,870,465
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                  △ 65,706            △ 1,448,806
     営業外収益
                                          704              566
       受取利息
                                        34,880              37,884
       受取配当金
                                        13,223               7,220
       受取賃貸料
                                          -            34,195
       助成金収入
                                         8,255              7,642
       古紙売却収入
                                        32,115               4,827
       投資事業組合運用益
                                        14,269              21,111
       その他
                                        103,448              113,449
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        10,408              11,569
       支払利息
                                         4,375              4,995
       賃貸収入原価
                                         2,738              42,059
       持分法による投資損失
                                         4,003              21,063
       為替差損
                                          885              248
       その他
                                        22,411              79,936
       営業外費用合計
     経常利益又は経常損失(△)                                   15,330            △ 1,415,294
     特別利益
                                      ※3  161,613               ※3  632
       固定資産売却益
                                         1,155                -
       投資有価証券売却益
                                                     ※4  20,000
                                          -
       受取和解金
                                        25,348                -
       新株予約権戻入益
                                        188,117               20,632
       特別利益合計
     特別損失
                                         ※5  80          ※5  50,968
       固定資産売却損
                                                     ※6  13,395
                                          -
       固定資産除却損
                                        17,989              13,279
       投資有価証券評価損
                                        18,999                -
       関係会社出資金評価損
                                          105               -
       会員権評価損
                                          100               -
       会員権売却損
                                                    ※7  626,609
                                          -
       減損損失
                                                     ※8  72,712
                                          -
       新型コロナウイルス感染症による損失
                                                     ※4  17,925
                                          -
       たな卸資産廃棄損
                                        37,275              794,890
       特別損失合計
     税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純損
                                        166,172            △ 2,189,552
     失(△)
     法人税、住民税及び事業税                                   24,240              139,781
                                        11,964              44,938
     法人税等調整額
                                        36,205              184,720
     法人税等合計
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   129,967            △ 2,374,272
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に
                                        129,967            △ 2,374,272
     帰属する当期純損失(△)
                                 50/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   129,967            △ 2,374,272
     その他の包括利益
                                       △ 123,013              386,361
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,561              6,946
       為替換算調整勘定
                                       △ 53,883              55,190
       退職給付に係る調整額
                                      ※ △ 178,458             ※ 448,498
       その他の包括利益合計
                                       △ 48,491            △ 1,925,774
     包括利益
     (内訳)
                                       △ 48,491            △ 1,925,774
       親会社株主に係る包括利益
                                          -              -
       非支配株主に係る包括利益
                                 51/106
















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                10,141,136         5,959,300        △ 1,450,645          △ 288      14,649,502
     当期変動額
      欠損填補
                             △ 1,790,927         1,790,927                    -
      親会社株主に帰属する当期
                                       129,967                 129,967
      純利益
      自己株式の取得                                           △ 117        △ 117
      株主資本以外の項目の当期
                                                          -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -     △ 1,790,927         1,920,894          △ 117       129,849
     当期末残高                10,141,136         4,168,372         470,249         △ 405      14,779,352
                          その他の包括利益累計額

                                               新株予約権       純資産合計
                 その他有価証券              退職給付に係る       その他の包括利
                        為替換算調整勘定
                 評価差額金              調整累計額       益累計額合計
     当期首残高                625,532       △ 6,030      △ 7,555      611,946        25,348     15,286,797
     当期変動額
      欠損填補                                                    -
      親会社株主に帰属する当期
                                                        129,967
      純利益
      自己株式の取得                                                   △ 117
      株主資本以外の項目の当期
                    △ 123,013       △ 1,561      △ 53,883      △ 178,458       △ 25,348      △ 203,806
      変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 123,013       △ 1,561      △ 53,883      △ 178,458       △ 25,348      △ 73,956
     当期末残高                502,519       △ 7,591      △ 61,438       433,488         -    15,212,840
                                 52/106










                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                                      (単位:千円)
                                    株主資本
                    資本金        資本剰余金         利益剰余金         自己株式        株主資本合計
     当期首残高                10,141,136         4,168,372         470,249         △ 405      14,779,352
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                     △ 2,374,272                △ 2,374,272
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                                 △ 69        △ 69
      株主資本以外の項目の当期
                                                          -
      変動額(純額)
     当期変動額合計                   -         -     △ 2,374,272           △ 69     △ 2,374,342
     当期末残高
                     10,141,136         4,168,372        △ 1,904,023          △ 475      12,405,009
                             その他の包括利益累計額

                                                     純資産合計
                 その他有価証券評価                 退職給付に係る調整         その他の包括利益累
                          為替換算調整勘定
                 差額金                 累計額         計額合計
     当期首残高
                      502,519         △ 7,591       △ 61,438        433,488       15,212,840
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当期
                                                      △ 2,374,272
      純損失(△)
      自己株式の取得
                                                         △ 69
      株主資本以外の項目の当期
                      386,361         6,946        55,190        448,498         448,498
      変動額(純額)
     当期変動額合計                 386,361         6,946        55,190        448,498       △ 1,925,844
     当期末残高                 888,880         △ 645       △ 6,247        881,987       13,286,996
                                 53/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:千円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は税金等調整前当期純
                                        166,172            △ 2,189,552
       損失(△)
                                        163,103              269,021
       減価償却費及びその他の償却費
       投資有価証券評価損益(△は益)                                 17,989              13,279
                                          -            626,609
       減損損失
                                        18,999                -
       関係会社出資金評価損
                                       △ 161,613               △ 632
       固定資産売却益
                                       △ 25,348                -
       新株予約権戻入益
       持分法による投資損益(△は益)                                  2,738              42,059
       会員権売却損益(△は益)                                   100               -
                                          105               -
       会員権評価損
                                          -            72,712
       新型コロナウイルス感染症による損失
                                          -            17,925
       たな卸資産廃棄損
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                △ 23,604             △ 106,736
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  2,862              7,367
       退職給付に係る資産の増減額(△は増加)                                △ 39,074             △ 11,042
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                △ 14,241             △ 35,703
       返品調整引当金の増減額(△は減少)                                △ 19,755             △ 176,661
                                       △ 35,584             △ 38,451
       受取利息及び受取配当金
                                       △ 13,223              △ 7,220
       受取賃貸料
                                          -           △ 34,195
       助成金収入
                                          -           △ 20,000
       受取和解金
                                        10,408              11,569
       支払利息
       売上債権の増減額(△は増加)                                 257,374              708,104
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                △ 137,423              794,434
       その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 25,946             △ 33,746
       その他の固定資産の増減額(△は増加)                                △ 18,910              209,794
       仕入債務の増減額(△は減少)                                △ 123,209             △ 103,386
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                △ 16,303              △ 6,703
       その他の流動負債の増減額(△は減少)                                △ 175,607               9,352
                                        △ 1,342                -
       その他の固定負債の増減額(△は減少)
                                       △ 139,441               18,197
       小計
                                        35,593              38,479
       利息及び配当金の受取額
                                        11,690               6,270
       賃貸料の受取額
                                          -            34,195
       助成金の受取額
                                          -             6,000
       和解金の受取額
                                       △ 10,532             △ 11,569
       利息の支払額
                                       △ 413,246                 -
       特別退職金の支払額
                                       △ 24,870             △ 52,408
       法人税等の支払額
                                       △ 540,807               39,165
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,648                -
       定期預金の預入による支出
                                         3,278                -
       定期預金の払戻による収入
                                       △ 158,825             △ 245,981
       有形固定資産の取得による支出
                                        240,031               95,175
       有形固定資産の売却による収入
                                       △ 272,624             △ 250,186
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 61,061             △ 10,295
       投資有価証券の取得による支出
                                         7,230                -
       投資有価証券の売却による収入
                                     ※3  △ 81,560
                                                        -
       事業譲受による支出
                                        △ 4,050             △ 1,000
       貸付けによる支出
                                        12,763               2,685
       貸付金の回収による収入
       連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                                     ※2  △ 60,243
                                                        -
       支出
                                        44,580              23,514
       その他
                                       △ 332,131             △ 386,088
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 117              △ 69
       自己株式の取得による支出
                                         △ 570             △ 574
       配当金の支払額
                                         △ 688             △ 643
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 1,703              6,227
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 875,329             △ 341,339
                                       5,845,914              4,970,584
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※1  4,970,584            ※1  4,629,245
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 54/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
         1.連結の範囲に関する事項
          (1)連結子会社の数           10 社
            主要な連結子会社の名称
             ㈱昭文社
             ㈱マップル
             ㈱MEGURU
             ㈱昭文社クリエイティブ
             ㈱マップル・オン
             ㈱Kuqulu
             SHOBUNSHA     HAWAII    CORPORATION
             SHOBUNSHA     GUAM   CORPORATION
             SHOBUNSHA     SINGAPORE     PTE.LTD.
             MMS  GUAM   CORPORATION
             上記のうち、前連結会計年度において連結子会社であった㈱昭文社準備会社は、当連結会計年度より㈱
            昭文社に商号変更をしております。
             連結子会社であるSUNNY           SIDE   UP  GUAM,INC.は、同社を存続会社として、同じく連結子会社であるGUAM
            OCEAN   PARK   CORPORATIONを消滅会社とする吸収合併を行い、MMS                        GUAM   CORPORATIONに商号変更をしており
            ます。
             なお、SHOBUNSHA        HAWAII    CORPORATION及びSHOBUNSHA             GUAM   CORPORATIONについては、2020年12月31日付
            で解散の決議をしております。
         2.持分法の適用に関する事項
          (1)持分法適用の関連会社数               2 社
            主要な会社名
             ㈱マップル・スプリング
             ㈱セルリアンブルー
          (2)持分法を適用していない関連会社(昭文社(北京)信息技術有限公司)は、当期純損益(持分に見合う
            額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影
            響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。なお、持
            分法を適用していない関連会社(昭文社(北京)信息技術有限公司)は、当連結会計年度に清算しており
            ます。
         3.連結子会社の事業年度等に関する事項
           連結子会社のうち、         SHOBUNSHA     HAWAII    CORPORATION、SHOBUNSHA            GUAM   CORPORATION、SHOBUNSHA            SINGAPORE
          PTE.LTD.及びMMS        GUAM   CORPORATIONの決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成にあたっては、同日
          現在の決算書を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引については連結上必要な調整を行っておりま
          す。その他の連結子会社の決算日は、連結会計年度と一致しております。
         4.会計方針に関する事項
          (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
           ① 有価証券
            満期保有目的の債券
              原価法
            その他有価証券
             時価のあるもの
              決算日の市場価格等に基づく時価法
              (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
             時価のないもの
              移動平均法による原価法
                                 55/106





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
           ② たな卸資産
            商品及び製品
              主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
             算定)を、一部の連結子会社は個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下
             げの方法により算定)を採用しております。
            仕掛品
              主として先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により
             算定)を、連結子会社は個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方
             法により算定)を採用しております。
            販売用不動産
              個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用
             しております。
          (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
           ① 有形固定資産(リース資産を除く)
             定率法
             ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得
            した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
             一部の連結子会社は取得価額が10万円以上20万円未満の減価償却資産については、3年間で均等償却す
            る方法を採用しております。
             なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
             建物及び構築物                  3~50年
             機械装置及び運搬具                  2~15年
             工具、器具及び備品                  2~20年
           ② 無形固定資産(リース資産を除く)
            データベース
             会社の定めた年数による定額法
             なお、主な償却年数は以下のとおりであります。
             全事業に供するもの          20年
             電子事業に主として供するもの     10年
            ソフトウエア(自社利用)
             社内における利用可能期間(主として5年)に基づく定額法
            ソフトウエア(市場販売目的)
             社内における見込有効期間(3年)に基づく定額法
            その他
             定額法
           ③ リース資産
            所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
          (3)重要な引当金の計上基準
           ① 貸倒引当金
             売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等
            特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
           ② 賞与引当金
             従業員の賞与の支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当連結会計年度に負担すべき額を計上してお
            ります。
           ③ 返品調整引当金
             製品の返品による損失に備えるため、期末の売上債権を基礎として返品見込額の売買利益相当額及び返
            品に伴い発生する廃棄損相当額を計上しております。
           ④ 受注損失引当金
             受注契約に係る将来の損失に備えるため、連結子会社の期末における受注のうち発生する原価の見積額
            が受注額を超過する可能性が高いものについて、損失見込額を計上しております。
                                 56/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          (4)  退職給付に係る会計処理の方法
           ① 退職給付見込額の期間帰属方法
             退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法につい
            ては、給付算定式基準によっております。
           ② 数理計算上の差異の費用処理方法
             数理計算上の差異については、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定
            の年数(5年)による定率法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しておりま
            す。
           ③ 未認識数理計算上の差異の会計処理方法
             未認識数理計算上の差異については、税効果を調整の上、純資産の部におけるその他の包括利益累計額
            の退職給付に係る調整累計額に計上しております。
           ④ 小規模企業等における簡便法の採用
             一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要
            支給額を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
          (5)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
            外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理して
           おります。
          (6)のれんの償却方法および償却期間
            のれんの償却については、10年間の定額法により償却を行っております。
          (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
            連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な
           預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以
           内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
          (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
            消費税等の会計処理
             税抜方式を採用しております。
                                 57/106












                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
         1.返品調整引当金
          (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した額
            返品調整引当金              401,236千円
          (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

            当社の重要な子会社である㈱昭文社では、製品の返品による損失に備えるため、期末の売上債権を基礎と
           して返品見込額の売買利益相当額及び返品に伴い発生する廃棄損相当額を計上しております。
            ㈱昭文社の返品高は書店等の経営状況及び経済環境全体に及ぼされる影響などにより翌連結会計年度の返
           品の見通しには不確実性があり、追加引当又は取崩が必要となる可能性があります。
         2.固定資産の減損

          (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した額
            有形固定資産等            5,426,494千円
          (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

            当社及び連結子会社は、将来、企業収益が大幅に低下する場合、経済環境の著しい悪化等により、固定資
           産の回収可能価額が帳簿価額を下回った場合には減損処理が必要となる可能性があります。注記事項「連結
           損益計算書関係 ※7 減損損失」に記載のとおり、回収可能価額の評価にあたっては、使用価値又は正味
           売却価額によって測定しております。
            当社グループを取り巻く経済環境に及ぼされる影響などにより翌連結会計年度の業績の見通しには不確実
           性があり、新たに減損損失が発生する可能性があります。
                                 58/106













                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
          ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日 企業会計基準
           委員会)
          (1)  概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的
           な会計基準の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、
           FASBにおいてはTopic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、
           Topic606は2017年12月15日より後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会に
           おいて、収益認識に関する包括的な会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
            企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と
           整合性を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れ
           ることを出発点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮す
           べき項目がある場合には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされておりま
           す。
          (2)  適用予定日

            2022年3月期の期首から適用します。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響

            「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中
           であります。
          ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)

          ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
          ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基
           準委員会)
          ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計
           基準委員会)
          (1)  概要

            国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)が、公正価値測定についてほぼ同じ内
           容の詳細なガイダンス(国際財務報告基準(IFRS)においてはIFRS第13号「公正価値測定」、米国会計基準
           においてはAccounting           Standards     CodificationのTopic          820「公正価値測定」)を定めている状況を踏ま
           え、企業会計基準委員会において、主に金融商品の時価に関するガイダンス及び開示に関して、日本基準を
           国際的な会計基準との整合性を図る取組みが行われ、「時価の算定に関する会計基準」等が公表されたもの
           です。
            企業会計基準委員会の時価の算定に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、統一的な算
           定方法を用いることにより、国内外の企業間における財務諸表の比較可能性を向上させる観点から、IFRS第
           13号の定めを基本的にすべて取り入れることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮
           し、財務諸表間の比較可能性を大きく損なわせない範囲で、個別項目に対するその他の取扱いを定めること
           とされております。
          (2)  適用予定日

            2022年3月期の期首から適用します。
          (3)  当該会計基準等の適用による影響

            「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で未定
           であります。
                                 59/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (表示方法の変更)
          (連結損益計算書)
           従来、受取賃貸料及び賃貸収入原価については「営業外収益」及び「営業外費用」に計上しておりました
          が、当連結会計年度より「売上高」及び「売上原価」に計上する方法に変更いたしました。
           これは、不動産事業を主要な事業の一つとして位置づけ、担当部門においてその収益性を適切に管理するこ
          ととなったこと等から、事業の実態をより適切に表示するために表示方法の変更を行ったものです。この表示
          方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において「営業外収益」の「受取賃貸料」16,166千円及び「営
          業外費用」の「賃貸収入原価」13,205千円を組替えた結果、「売上高」が16,166千円及び「売上原価」が
          13,205千円増加しております。
           また、為替差損の表示方法は、従来、連結損益計算書上、営業外費用の「その他」に含めて表示しておりま
          したが、当連結会計年度において金額的重要性が増したため、区分掲記しております。この表示方法の変更を
          反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、営業外費用の「その他」に表示していた4,888千円
          は、「為替差損」4,003千円、「その他」885千円として組み替えております。
          (連結キャッシュ・フロー計算書)

           連結損益計算書における表示方法の変更に記載したとおり、当社は当連結会計年度より、従来「受取賃貸
          料」として計上していた一部を「売上高」として計上していることに伴い、前連結会計年度の連結キャッ
          シュ・フロー計算書の組替えを行っております。
           この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において「営業活動によるキャッシュ・フ
          ロー」の「受取賃貸料」△16,166千円、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「賃貸料の受取額」16,166
          千円を組替えた結果、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「受取賃貸料」△13,223千円に「営業活動に
          よるキャッシュ・フロー」の「賃貸料の受取額」11,690千円に組み替えております。
          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の
          年度末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しておりま
          す。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会
          計年度に係る内容については記載しておりません。
         (連結貸借対照表関係)

         ※ 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
                            (2020年3月31日)                  (2021年3月31日)
     投資有価証券(株式)                             56,967千円                  14,908千円
     投資その他の資産 その他(出資金)                               0                  -
      計                            56,967千円                  14,908千円
                                 60/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (連結損益計算書関係)
         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                           (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                            至 2020年3月31日)                    至 2021年3月31日)
     荷造発送費                            136,936    千円               88,267   千円
                                  93,529                  68,238
     販売促進費
                                  107,984                   35,017
     広告宣伝費
                                  10,425                   1,736
     貸倒引当金繰入額
                                  135,640                  202,616
     役員報酬
                                  970,107                  996,415
     給料手当・賞与
                                  111,101                  102,985
     賞与引当金繰入額
                                  176,282                  184,206
     法定福利費
                                  27,349                  43,281
     退職給付費用
                                  122,539                   75,007
     旅費交通費
                                  77,518                  102,065
     減価償却費
                                  53,811                  59,796
     賃借料
                                  100,771                  109,853
     業務委託費
                                  76,305                  72,244
     租税公課
                                  42,151                  17,154
     研究開発費
                                  21,156                  28,579
     のれん償却額
                                  632,436                  683,000
     その他
      計                          2,896,047     千円              2,870,465     千円
         ※2 一般管理費に含まれる研究開発費の総額

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
                                  42,151   千円               17,154   千円
         ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     建物及び構築物                             47,789千円                    -千円
     機械装置及び運搬具                             2,083                   554
     工具、器具及び備品                               86                  78
     土地                            111,654                     -
      計                           161,613千円                    632千円
         ※4 受取和解金及びたな卸資産廃棄損

         前連結会計年度       (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度       (自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          当社グループの品質基準に達していない製品の廃棄損として17,925千円を計上し、これに対応するものとし
         て受取和解金20,000千円を計上しております。
                                 61/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         ※5 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     建物及び構築物                               - 千円               50,475千円
                                    80
     工具、器具及び備品                                                 -
                                                      493
     土地                               -
      計                              80千円                50,968千円
         ※6 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     建物及び構築物                               - 千円                7,930千円
                                                     5,464
     工具、器具及び備品                               -
      計                              - 千円               13,395千円
                                 62/106















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         ※7 減損損失
         前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
          用途              種類                     場所

      事業用資産              建物及び構築物              大阪府吹田市          米国グアム準州

      事業用資産              機械装置及び運搬具              米国グアム準州
      事業用資産              工具、器具及び備品              東京都千代田区 東京都江東区  大阪府吹田市
                                 米国グアム準州
      その他              のれん              米国グアム準州
      事業用資産              ソフトウエア              東京都千代田区 東京都江東区  東京都足立区
                                 大阪府摂津市          米国グアム準州
         (減損損失を認識するに至った経緯)

          年度を通して流行が波状的に拡大した新型コロナウイルス感染症の影響により、当社グループが主たる事業
         を行っている旅やお出かけに関連する市場が著しく縮小・停滞する事態が継続しております。
          今後においても、同感染症の影響が色濃く残り、厳しい事業環境は続くものと想定されるため、当社グルー
         プが保有する固定資産につきまして、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づき将来の回収可能性を検討し
         た結果、帳簿価額を回収可能価額まで減額し当該減少額を減損損失として計上いたしました。
         (減損損失の金額)

          種類              金額

      有形固定資産

       建物及び構築物                 126,161千円
       機械装置及び運搬具                  18,955
       工具、器具及び備品                  25,033
      無形固定資産
       のれん                  83,956
       ソフトウエア                 372,502
          合計              626,609千円
         (資産グルーピングの方法)

          当社グループは、継続的に収支の把握を行っている管理会計上の区分を基礎として資産のグルーピングを実
         施しており、遊休資産については個別資産ごとに資産のグルーピングを行っております。
         (回収可能価額の算定方法)

          回収可能価額は使用価値又は正味売却価額によって測定しております。
          使用価値は将来キャッシュ・フローに基づく評価額が零であるため、回収可能価額は零と算定しておりま
         す。
          また、正味売却価額は市場価額を基礎として合理的な見積りにより評価しております。
                                 63/106





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         ※8 新型コロナウイルス感染症による損失
         前連結会計年度       (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          該当事項はありません。
         当連結会計年度       (自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          新型コロナウイルス感染症の影響により、当社グループで新規に出版を予定していた海外旅行ガイド本等に
         ついて出版を中止し、廃棄することといたしました。
          それに伴う製品の廃棄損を新型コロナウイルス感染症による損失として72,712千円を計上しております。
         (連結包括利益計算書関係)

         ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                                 前連結会計年度               当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     その他有価証券評価差額金:
      当期発生額                               △175,143千円                527,652千円
      組替調整額                                △1,155                  -
       税効果調整前
                                     △176,298                527,652
       税効果額                                53,285              △141,291
       その他有価証券評価差額金
                                     △123,013                386,361
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                                △1,561                6,946
     退職給付に係る調整額:
      当期発生額                                △81,682                46,872
      組替調整額                                 4,018               32,676
       税効果調整前
                                      △77,664                79,548
       税効果額                                23,780              △24,357
       退職給付に係る調整額
                                      △53,883                55,190
        その他の包括利益合計
                                     △178,458千円                448,498千円
                                 64/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (連結株主資本等変動計算書関係)
         前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                  期首  株式数(千株)         増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
     発行済株式

       普通株式                 18,178             -           -         18,178

         合計              18,178             -           -         18,178

     自己株式

       普通株式    (注)

                          0           0          -           0
         合計                 0           0          -           0

    (注)普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
         2.新株予約権に関する事項

                         新株予約権
                                 新株予約権の目的となる株式の数(株)
                                                      当連結会計
                         の目的とな
       区分       新株予約権の内訳                                        年度末残高
                               当連結会計      当連結会計      当連結会計      当連結会計
                         る株式の種
                                                      (千円)
                                年度期首      年度増加      年度減少      年度末
                           類
      提出会社
            第1回新株予約権              普通株式       600,000        -   600,000        -      -
     (親会社)
            第2回新株予約権              普通株式       130,000        -   130,000        -      -
            第3回新株予約権              普通株式       100,000        -   100,000        -      -

            第4回新株予約権(ストッ
            ク・オプションとしての新
                           -       -      -      -      -      -
            株予約権)
               合計              -       -      -      -      -      -
    (注)第1回、第2回、第3回及び第4回新株予約権の当連結会計年度減少は、新株予約権の消滅によるものでありま
        す。
         3.配当に関する事項

           該当事項はありません。
                                 65/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
         1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                   当連結会計年度           当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末
                  期首  株式数(千株)         増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
     発行済株式

       普通株式                 18,178             -           -         18,178

         合計              18,178             -           -         18,178

     自己株式

       普通株式    (注)

                          0           0          -           0
         合計                 0           0          -           0

    (注)普通株式の自己株式の株式数の増加0千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
         2.新株予約権に関する事項

           該当事項はありません。
         3.配当に関する事項

           該当事項はありません。
                                 66/106














                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     現金及び預金勘定                           4,970,584千円                  4,629,245千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                                -                  -
     現金及び現金同等物                           4,970,584千円                  4,629,245千円
         ※ 2 株式の取得により新たに連結子会社となった会社の資産及び負債の主な内訳

         前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          株式の取得により新たにSUNNY               SIDE   UP  GUAM,INC.を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並
         びにSUNNY     SIDE   UP  GUAM,INC.の取得価額と取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
              流動資産                        16,100千円

              固定資産                        9,711
              のれん                        54,410
              流動負債                        14,680
              SUNNY   SIDE   UP  GUAM,INC.株式の取得価額                 65,541
              SUNNY   SIDE   UP  GUAM,INC.現金及び現金同等物                △5,298
              差引:SUNNY      SIDE   UP  GUAM,INC.のための支出              60,243
         当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          該当事項はありません。
         ※3   事業の譲受けにより増加した資産の額及びその主な内訳

         前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
              流動資産                        6,818千円

              固定資産                        33,314
              のれん                        41,427
              事業譲受価額                        81,560
              現金及び現金同等物                          -
              差引:事業譲受による支出                        81,560
         当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          該当事項はありません。
          4.重要な非資金取引の内容

                            前連結会計年度                  当連結会計年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     保有目的変更による有形固定資産から
                                  208,472千円                     - 千円
     販売用不動産への振替額
                                 67/106





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (金融商品関係)
         1.金融商品の状況に関する事項
          (1)金融商品に対する取組方針
            当社グループは、資金運用については預金等安全性の高い金融資産に限定し、また、資金調達については
           銀行借入や社債発行によっております。
          (2)金融商品の内容及びそのリスク

            営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
            有価証券及び投資有価証券は、主に満期保有目的の債券及び業務上の関係を有する企業の株式であり、市
           場価格の変動リスク及び信用リスクに晒されております。
          (3)金融商品に係るリスク管理体制

           ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
             営業債権については、債権管理規程等に従い取引先ごとに期日及び残高を管理するとともに、必要に応
            じ取引先の信用状況を調査することで、財務状況の悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っており
            ます。
           ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
             有価証券及び投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等の把握を
            行っております。
           ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
             担当部署が資金繰計画を作成・更新するとともに、手元流動性の維持などにより流動性リスクを管理し
            ております。
          (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

            金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が
           含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用す
           ることにより、当該価額が変動することがあります。
                                 68/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         2.金融商品の時価等に関する事項
           連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握する
          ことが極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
         前連結会計年度(2020年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)             差額(千円)
                          (千円)
     (1)現金及び預金                        4,970,584             4,970,584                -
     (2)受取手形及び売掛金                        2,473,112             2,473,112                -

     (3)投資有価証券                        1,191,400             1,191,400                -

      資産計                       8,635,098             8,635,098                -

         当連結会計年度(2021年3月31日)

                       連結貸借対照表計上額
                                      時価(千円)             差額(千円)
                          (千円)
     (1)現金及び預金                        4,629,245             4,629,245                -
     (2)受取手形及び売掛金                        1,764,474             1,764,474                -

     (3)投資有価証券                        1,727,312             1,727,312                -

      資産計                       8,121,032             8,121,032                -

     (注)1.金融商品の時価の算定方法並びに有価証券に関する事項
          資 産
           (1)現金及び預金、(2)受取手形及び売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
           (3)投資有価証券
             保有目的ごとの有価証券に関する事項については、注記事項「有価証券関係」をご参照下さい。
         2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                                    (単位:千円)
                             前連結会計年度                  当連結会計年度
             区分
                            (2020年3月31日)                  (2021年3月31日)
      非上場株式等                              348,482                  295,853
      投資事業有限責任組合出資証券                               49,967                  25,303
      これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、「(3)投資有価証
     券」には含めておりません。
                                 69/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         3.金銭債権及び満期のある有価証券の連結決算日後の償還予定額
           前連結会計年度(2020年3月31日)
                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                            (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     現金及び預金                       4,970,584            -         -         -
     受取手形及び売掛金                       2,473,112            -         -         -
              合計              7,443,697            -         -         -

           当連結会計年度(2021年3月31日)

                            1年以内       1年超5年以内         5年超10年以内           10年超
                            (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
     現金及び預金                       4,629,245            -         -         -
     受取手形及び売掛金                       1,764,474            -         -         -
              合計              6,393,719            -         -         -

         4.社債、長期借入金及びその他の有利子負債の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2020年3月31日)
                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     短期借入金                   770,000         -      -      -      -      -

            合計           770,000         -      -      -      -      -

           当連結会計年度(2021年3月31日)

                              1年超      2年超      3年超      4年超
                       1年以内                                5年超
                             2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                       (千円)                               (千円)
                             (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
     短期借入金                   770,000         -      -      -      -      -

            合計           770,000         -      -      -      -      -

                                 70/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
         1.その他有価証券
         前連結会計年度(2020年3月31日)
                          連結貸借対照表計上額
                    種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
                  (1)株式              976,177           465,259           510,917

                  (2)債券                 -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他              110,387            49,523           60,864
                    小計           1,086,564            514,783           571,781

                  (1)株式              104,836           121,289           △16,453

                  (2)債券                 -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                 -           -           -
                    小計            104,836           121,289           △16,453

              合計                 1,191,400            636,072           555,327

    (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額398,450千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
         当連結会計年度(2021年3月31日)

                          連結貸借対照表計上額
                    種類                  取得原価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
                  (1)株式             1,561,402            580,977           980,424

                  (2)債券                 -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えるもの
                  (3)その他              159,191            50,607           108,584
                    小計           1,720,593            631,584          1,089,009

                  (1)株式               6,719           6,955           △236

                  (2)債券                 -           -           -

     連結貸借対照表計上額が
     取得原価を超えないもの
                  (3)その他                 -           -           -
                    小計             6,719           6,955           △236

              合計                 1,727,312            638,540          1,088,772

    (注)非上場株式等(連結貸借対照表計上額321,156千円)については、市場価格がなく、時価を把握することが極めて
        困難と認められることから、上表の「その他有価証券」には含めておりません。
                                 71/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         2.売却したその他有価証券
         前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)

     (1)株式                       7,230              1,155               -

     (2)債券                         -              -              -

     (3)その他                         -              -              -

          合計                  7,230              1,155               -

         当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          種類           売却額(千円)            売却益の合計額(千円)              売却損の合計額(千円)

     (1)株式                         -              -              -

     (2)債券                         -              -              -

     (3)その他                         -              -              -

          合計                    -              -              -

         3.減損処理を行った有価証券

         前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          当連結会計年度において、有価証券について17,989千円(その他有価証券の株式17,989千円)減損処理を行っ
         ております。
          なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を
         行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行って
         おります。
         当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          当連結会計年度において、有価証券について13,279千円(その他有価証券の株式13,279千円)減損処理を行っ
         ております。
          なお、減損処理にあたっては、期末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を
         行い、30~50%程度下落した場合には、回復可能性等を考慮して必要と認められた額について減損処理を行って
         おります。
                                 72/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (退職給付関係)
         1.採用している退職給付制度の概要
           当社及び一部の連結子会社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制度、企業年金基金制度及び退
          職一時金制度を設けております。
           当社は、2010年4月に適格退職年金制度から確定給付企業年金制度へ移行しております。また、複数事業主
          制度の企業年金として確定給付企業年金基金(出版企業年金基金)に加盟しており、自社の拠出に対応する年
          金資産の額を合理的に計算することができない制度であるため、確定拠出制度と同様に会計処理しておりま
          す。
           なお、出版厚生年金基金は2016年10月1日付で厚生労働大臣から確定給付企業年金設立の許可を受けたこと
          に伴い、後継制度として設立した出版企業年金基金に移行しております。
           一部の連結子会社は、退職一時金制度によっております。
         2.確定給付制度

          (1)退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                  至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         退職給付債務の期首残高                              2,501,835千円              1,616,122千円
          勤務費用                              101,094               99,309
          利息費用                               3,029              3,232
          数理計算上の差異の発生額                               37,545              △5,478
          退職給付の支払額                            △1,027,382                △86,902
         退職給付債務の期末残高                              1,616,122千円              1,626,284千円
          (2)年金資産の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                  至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         年金資産の期首残高                              3,848,784千円              2,924,482千円
          期待運用収益                               71,541              73,112
          数理計算上の差異の発生額                              △44,136               41,394
          事業主からの拠出額                               75,674              73,148
          退職給付の支払額                            △1,027,382                △86,902
         年金資産の期末残高                              2,924,482千円              3,025,234千円
          (3)簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                  至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         退職給付に係る負債の期首残高                                69,275千円              72,137千円
          退職給付費用                               5,741              7,367
          退職給付の支払額                              △2,879                 -
         退職給付に係る負債の期末残高                                72,137千円              79,505千円
          (4)退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に

            係る資産の調整表
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
         積立型制度の退職給付債務                              1,616,122千円              1,626,284千円
         年金資産                             △2,924,482              △3,025,234
                                      △1,308,359              △1,398,950
         非積立型制度の退職給付債務                                72,137              79,505
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △1,236,222              △1,319,444
         退職給付に係る負債                                72,137              79,505

         退職給付に係る資産                             △1,308,359              △1,398,950
         連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                             △1,236,222千円              △1,319,444千円
           (注)一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、退職給付に係る期末自己都合要支給額を退職給
              付債務とする方法を用いた簡便法を採用しております。
                                 73/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          (5)退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                  至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         勤務費用                               106,836千円              106,677千円
         利息費用                                3,029              3,232
         期待運用収益                               △71,541              △73,112
         数理計算上の差異の費用処理額                                4,018              32,676
         確定給付制度に係る退職給付費用                                42,342千円              69,474千円
           (注)簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「勤務費用」に計上しております。
          (6)退職給付に係る調整額

            退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                  至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
         数理計算上の差異                                77,664             △79,548
           合 計                              77,664千円             △79,548千円
          (7)退職給付に係る調整累計額

            退職給付に係る調整          累計  額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
         未認識数理計算上の差異                                88,553               9,005
           合 計                              88,553千円               9,005千円
          (8)年金資産に関する事項

           ① 年金資産の主な内訳
             年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
           国内債券                                 17%              18%
           国内株式                                 3              4
           外国債券                                 6              6
           外国株式                                 3              4
           一般勘定                                 70              67
           その他                                 1              1
             合 計                              100%              100%
           ② 長期期待運用収益率の設定方法

             年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構
            成する多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
          (9)数理計算上の計算基礎に関する事項

            主要な数理計算上の計算基礎
                                   前連結会計年度              当連結会計年度
                                  (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
          割引率                               0.2%              0.2%
          長期期待運用収益率                               2.5%              2.5%
                                 74/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         3.複数事業主制度
          前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
           確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の企業年金基金制度への要拠出額は、15,263千円であ
          ります。
          (1)複数事業主制度の直近の積立状況
                                     当連結会計年度
                                   (2019年3月31日現在)
           年金資産の額                              43,294,940千円
           年金財政計算上の数理債務の額と
                                        41,424,860
           最低責任準備金の額との合計額
           差引額                              1,870,079千円
          (2)複数事業主制度の掛金に占める当社の割合

             1.71%  (自 2018年4月1日 至 2019年3月31日)
          (3)補足説明

             上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の剰余金1,870,079千円であります。
             なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致しません。
          当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

           確定拠出制度と同様に会計処理する、複数事業主制度の企業年金基金制度への要拠出額は、14,516千円であ
          ります。
          (1)複数事業主制度の直近の積立状況
                                     当連結会計年度
                                   (2020年3月31日現在)
           年金資産の額                              42,248,960千円
           年金財政計算上の数理債務の額と
                                        42,164,265
           最低責任準備金の額との合計額
           差引額                                84,695千円
          (2)複数事業主制度の掛金に占める当社の割合

             1.36%  (自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          (3)補足説明

             上記(1)の差引額の主な要因は、年金財政計算上の剰余金84,695千円であります。
             なお、上記(2)の割合は当社の実際の負担割合とは一致しません。
         (ストック・オプション等関係)

         1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
           該当事項はありません。
         2.権利不行使による失効により利益として計上した金額              (単位:千円)

                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                         (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                          至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
         新株予約権戻入益                         25,348                    -
         3.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           該当事項はありません。
         4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

           該当事項はありません。
                                 75/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (税効果会計関係)
         1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳             (単位:千円)
                                    前連結会計年度              当連結会計年度
                                   (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
           繰延税金資産
            返品調整引当金損金算入限度超過額                         118,057              136,614
            退職給付に係る負債                          21,973              24,217
            未払事業税否認                          16,421              17,316
            賞与引当金損金算入額否認                          75,833              71,355
            役員退職慰労引当金損金算入額否認                          56,432              56,432
            貸倒引当金損金算入限度超過額                          57,684              26,949
            会員権評価損否認                          53,633              53,633
            投資有価証券評価損否認                         198,988              176,748
            たな卸資産評価損否認                          5,514              99,065
            土地評価に係る繰延税金資産                         267,199              148,462
            減損損失                        1,170,927              1,218,155
            税務上の繰越欠損金(注)                        3,904,358              4,912,118
            その他                         132,407              111,842
           繰延税金資産小計
                                    6,079,431              7,052,911
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)                       △3,904,358              △4,912,118
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                       △2,175,073              △2,140,793
           評価性引当額小計
                                   △6,079,431              △7,052,911
           繰延税金資産合計
                                        -              -
           繰延税金負債
            退職給付に係る資産
                                    △400,619              △467,487
            その他有価証券評価差額金                         △63,856              △205,147
            その他                         △1,796              △4,225
           繰延税金負債合計
                                    △466,272              △676,860
           繰延税金負債の純額
                                    △466,272              △676,860
           (注)税務上の繰越欠損金及びその                繰延  税金資産の繰越期限別の金額

            前連結会計年度(2020年3月31日)
                       1年超      2年超      3年超      4年超
                1年以内                               5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                (千円)                               (千円)       (千円)
                       (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
       税務上の
                 121,745      204,042         -    591,982      206,235      2,780,352       3,904,358
       繰越欠損金(※)
       評価性引当額         △121,745      △204,042          -   △591,982      △206,235      △2,780,352       △3,904,358
       繰延税金資産             -      -      -      -      -       -       -

            (※)   税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
                                 76/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
            当連結会計年度(2021年3月31日)
                       1年超      2年超      3年超      4年超
                1年以内                               5年超       合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                (千円)                               (千円)       (千円)
                       (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
       税務上の
                 204,042         -    591,982      206,235      805,154      3,104,703       4,912,118
       繰越欠損金(※)
       評価性引当額         △204,042          -   △591,982      △206,235      △805,154      △3,104,703       △4,912,118
       繰延税金資産             -      -      -      -      -       -       -

            (※)   税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

          なった主要な項目別の内訳
                                    前 連結会計年度             当 連結会計年度

                                   (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
           法定実効税率
                                      30.6%               -
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                       2.7
                                                     -
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                      △1.4
                                                     -
            住民税均等割等                           12.1               -
            繰延税金資産に係る評価性引当額の増減
                                     △102.8
                                                     -
            繰越欠損金の期限切れ
                                      77.6
                                                     -
            子会社との税率差異
                                       3.3
                                                     -
            その他                          △0.3               -
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                      21.8%
                                                     -
            当  連結会計年度は、税金等調整前当期純損失のため、記載を省略しております。

                                 77/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)
          (共通支配下の取引等)
           吸収分割契約による持株会社体制への移行
            当社は、2019年12月6日開催の取締役会において、会社分割の方式により持株会社体制へ移行するため、
           100%出資の子会社である分割準備会社3社との間でそれぞれ吸収分割契約を締結することを決議し、2020
           年4月1日付で吸収分割を行いました。
            また、持株会社体制への移行に伴い、当社は、2020年4月1日付で商号を「株式会社昭文社ホールディン
           グス」に変更しました。
           1.会社分割の概要

           (1)  対象となった事業の内容
             地図・雑誌・ガイドブックの企画・制作及び出版販売、デジタルデータベースの企画・制作・販売およ
            びそれらを活用したサービスの提供等
           (2)  企業結合日
             2020年4月1日
           (3)  企業結合の法的形式
             当社を吸収分割会社とし、当社が100%出資する準備会社である、株式会社昭文社準備会社、株式会社
            マップル、株式会社MEGURUを吸収分割承継会社とする会社分割(吸収分割)
           (4)  結合後企業の名称
             分割会社:株式会社昭文社
             承継会社:     株式会社昭文社準備会社
             承継会社:株式会社マップル
             承継会社:株式会社MEGURU
             (注)2020年4月1日付で、株式会社昭文社は「株式会社昭文社ホールディングス」に、株式会社昭文
                社準備会社は「株式会社昭文社」に商号を変更しました。
           (5)  会社分割の目的
             21世紀に入り、インターネットによる情報通信革命は長引く出版不況をもたらすばかりでなく、絶え間
            ないWEB技術の進化はブログやSNSといった新たな情報媒体の急速な発展を促し、消費生活全体にこれまで
            にない変革をもたらしてきました。そしてスマートフォンの普及が著しい現在、コンテンツプロバイダが
            情報を収集、編集し、消費者に送り届けるという伝統的構造は揺らいでおり、かつ情報に求められる価値
            が、ICTやAIによるメタデータ、ビッグデータの活用も取りこみ、さらに複雑化、多様化していくなど、
            当社の出版事業および電子事業の置かれた環境は目まぐるしく変化しております。
             そのような状況において、当社グループは出版事業における電子書籍の導入やシリーズのブランド化を
            通じた読者ユーザの会員化による変革はもとより、電子事業におけるコンテンツ提供型ビジネスからソ
            リューション提供型ビジネスへの進化、新たに旅行関連事業や現地アクティビティ事業に参入するなど、
            時代が求める価値創造の実現とグローバル展開による収益基盤の拡大に取り組んでまいりました。
             そしてこのたび、『安心な暮らしと楽しい旅をサポートする企業』として、既存事業のさらなる成長と
            収益の獲得、新規事業のスピードある確実な成功を目指すためには、持株会社体制へ移行することが最適
            であると判断いたしました。
             この目的は以下のとおりです。
           ①グループ経営と個々の事業経営の権限と責任の明確化による意思決定の迅速化
             グループ経営を行う組織と個々の事業推進を行う組織を分離することで双方の権限と責任を明確化する
            とともに、各事業推進における意思決定を迅速に行える体制を整え、独立採算により事業状況を透明化し
            つつ、スピード感をもって時代の変化に柔軟に対応できる事業競争力の強化を図ります。
           ②グループ経営戦略機能の強化
             持株会社は当社グループ全体のマネジメントに集中し、M&Aを含む事業の拡大に向けたグループ経営戦
            略を立案し、経営資源の最適な配分および効率的活用により、グループ全体の企業価値の最大化を図ると
            ともに、不動産事業や物流事業といった新たなビジネスにも取り組んで参ります。
           ③企業風土及び事業内容に合った制度への移行
             多様化する事業展開の中で各社の企業風土・事業内容に適合した人事労務制度を個別に導入し、これを
            発展させていくことで人的資源の強化と従業員のモチベーション向上を図ります。
                                 78/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
           2.実施した会計処理の概要
             「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 2019年1月16日)及び「企業結合会計基準及び
            事業分離等会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 2019年1月16日)に基づき、共
            通支配下の取引として会計処理を行っております。
         (資産除去債務関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
         (賃貸等不動産関係)

          重要性が乏しいため、記載を省略しております。
                                 79/106

















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          当社グループは単一のセグメントであるため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

          1.報告セグメントの概要
            当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であ
           り、取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている
           ものであります。
            当社グループは、事業活動を基礎とした製品・サービス別のセグメントから構成されており、「メディア
           事業」「ソリューション事業」「不動産事業」「観光事業」の4つを報告セグメントとしております。
            「メディア事業」は、市販出版物及び電子書籍・アプリの販売、雑誌広告・Web広告の販売、出版物に由
           来するブランドや商標権の権利許諾等を行っております。「ソリューション事業」は、当社グループのコア
           コンピタンスである地図・ガイドデータベースの販売、同データベースを活用したシステム製品やソリュー
           ションの販売等を行っております。「不動産事業」は、当社グループが保有する有形固定資産について外部
           取引先に向けて譲渡または貸与を行っております。「観光事業」は、当社グループが運営するWebサイト経
           由にて主に海外旅行先のグルメやオプショナルツアー等の各種アクティビティに送客する旅ナカ事業や当社
           グループが海外に保有するアクティビティ施設の運営事業等を行っております。
          2.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失、資産その他の項目の金額の算定方法

            報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事
           項」における記載と概ね同一であります。
            たな卸資産の評価については、収益性の低下に基づく簿価切下げ後の価額で評価しております。
            報告セグメントの利益は、営業利益(のれん償却後)ベースの数値であります。
            セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。
                                 80/106












                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          3.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失、資産その他の項目の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント                                  連結

                                        その他           調整額     財務諸表
                                             合計
                                       (注)1           (注)2      計上額
                 ソリューショ
            メディア事業           不動産事業      観光事業       計                    (注)3
                  ン事業
     売上高

      外部顧客への
             3,259,587     1,622,891     1,166,146      133,891    6,182,516      131,231    6,313,747        -  6,313,747
      売上高
      セグメント間
      の内部売上高        88,719     208,271       -     -   296,991      35,400     332,391    △ 332,391       -
      又は振替高
        計     3,348,306     1,831,163     1,166,146      133,891    6,479,507      166,631    6,646,139     △ 332,391    6,313,747
      セグメント利
      益又は損失      △ 2,010,026     △ 183,223     892,847    △ 384,134    △ 1,684,537       7,111   △ 1,677,425      228,618    △ 1,448,806
      (△)
     セグメント資産
             3,861,447     3,521,094      839,091     166,414    8,388,047      234,584    8,622,632     8,249,878     16,872,511
     その他の項目

      減価償却費
              11,374     81,895      1,159     25,030     119,458       446    119,905     120,536     240,441
      のれん償却額          -     -     -    9,141     9,141     19,438     28,579       -    28,579

      持分法適用会
                -     -     -    14,908     14,908       -    14,908       -    14,908
      社への投資額
      有形固定資産
      及び無形固定
              62,925     114,669       -    43,342     220,937       -   220,937     295,046     515,983
      資産の増加額
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、コールセンター事業であ
              ります。
            2.セグメント間の内部売上高又は振替高の調整額△332,391千円は、セグメント間取引消去額でありま
              す。
              セグメント利益又は損失の調整額228,618千円は、セグメント間取引消去9,982千円及び各報告セグメ
              ントに配分していない全社収益・全社費用の純額218,636千円であります。
              セグメント資産の調整額8,249,878千円は、セグメント間消去△1,981,669千円及び各報告セグメント
              に配分していない全社資産の金額10,231,547千円であります。
              全社資産は、主に報告セグメントに配賦していない金融資産(現金及び預金、投資有価証券等)及び
              管理部門に係る資産であります。
              減価償却費の調整額120,536千円は、各報告セグメントに配分していない全社資産に対するものであ
              ります。
              有形固定資産及び無形固定資産の増加額295,046千円は、各報告セグメントに配分していない全社資
              産の増加額であります。
            3.セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 81/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          4.報告セグメントの変更等に関する事項
            当社グループは、出版事業における電子書籍の導入やシリーズのブランド化を通じた読者ユーザの会員化
           による変革はもとより、電子事業におけるコンテンツ提供型ビジネスからソリューション提供型ビジネスへ
           の進化、新たに旅行関連事業や現地アクティビティ事業に参入するなど、時代が求める価値創造の実現とグ
           ローバル展開による収益基盤の拡大に取り組んで参りました。
            前連結会計年度末までは、出版物とスマートフォンとの連動したサービスや電子書籍等、単一の媒体にと
           どまらない総合的サービスとして単一セグメントの経営管理・情報開示を行っておりましたが、当連結会計
           年度におきましては既存事業のさらなる成長と収益の獲得、新規事業のスピードある確実な成功を目指すた
           め、事業展開に即した経営管理・情報開示を行うべく、「メディア事業」「ソリューション事業」「不動産
           事業」「観光事業」の4つの報告セグメントに区分し、セグメントごとの概況を開示することといたしまし
           た。
            なお、複数セグメントによる経営管理は当連結会計年度から実施しており、それぞれのセグメントにおけ
           る数値を前連結会計年度に遡って正確に抽出することが実務上困難であるため、当連結会計年度におきまし
           てはセグメントごとの前期比較情報の記載は省略しております。
         【関連情報】

          前連結会計年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
                         (単位:千円)
                     外部顧客への売上高
           区分
                           1,493,689
           地図
           雑誌                2,339,829
      市 販
      出版物
           ガイドブック                 513,418
           実用書                 131,611
      小計                     4,478,549

      特別注文品                      510,294

      広告収入                      620,301

      電子売上                     2,024,172

      手数料収入                      285,454

      施設収入                      138,826

      賃貸収入                       16,166

      合計                     8,073,765

          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

                         (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                 売上高
     日本出版販売株式会社                      2,213,006

     株式会社トーハン                      1,742,784

           (注)当社グループは、単一セグメントであるため、関連するセグメント名の記載を省略しております。
                                 82/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
          1.製品及びサービスごとの情報
            「セグメント情報」に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
          2.地域ごとの情報

           (1)売上高
             本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
           (2)有形固定資産

             本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、
            記載を省略しております。
          3.主要な顧客ごとの情報

                                     (単位:千円)
        顧客の名称又は氏名                 売上高        関連するセグメント名
     A社(注)                      1,150,000           不動産事業

     日本出版販売株式会社                      1,040,322          メディア事業

     株式会社トーハン                       945,251         メディア事業

          (注)国内法人でありますが、A社との間で守秘義務を負っているため、社名の公表は控えさせていただきま
             す。
         【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

          前連結会計年度(自 2019年4月1日                   至 2020年3月31日)
           該当事項はありません。
          当連結会計年度(自 2020年4月1日                   至 2021年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント

                                                        連結
                                                  調整額
                                        その他      合計          財務諸表
                                                  (注)
                 ソリューショ                                       計上額
            メディア事業           不動産事業      観光事業       計
                  ン事業
     減損損失         96,792     189,833       -   293,227     579,853       -   579,853      46,756     626,609

          (注)減損損失の調整額は、報告セグメントに配分していない全社資産に対応するものであります。
         【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

          前連結会計年度(自 2019年4月1日                   至 2020年3月31日)
           当社グループは単一のセグメントであるため、記載を省略しております。
          当連結会計年度(自 2020年4月1日                   至 2021年3月31日)

                                                     (単位:千円)
                      報告セグメント

                                                        連結
                                        その他      合計     調整額     財務諸表
                 ソリューショ                                       計上額
            メディア事業           不動産事業      観光事業       計
                  ン事業
     当期償却額

                -     -     -    9,141     9,141     19,438     28,579       -    28,579
     当期末残高
                -     -     -     -     -   140,927     140,927       -   140,927
         【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

          該当事項はありません。
                                 83/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          該当事項はありません。
         (1株当たり情報)

                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)                至 2021年3月31日)
     1株当たり純資産額                                  836.91円                730.97円

     1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純
                                        7.15円              △130.62円
     損失金額(△)
      (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
         2.1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度                当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日                (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)                至 2021年3月31日)
     1株当たり当期純利益金額又は1株当たり当期純
     損失金額(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益金額又は親会
      社株主に帰属する当期純損失金額(△)                                129,967              △2,374,272
      (千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -                -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利
      益金額又は普通株式に係る親会社株主に帰属す                                129,967              △2,374,272
      る当期純損失金額(△)(千円)
      期中平均株式数(千株)                                 18,177                18,177
                             2015年5月29日開催の取締役会
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株                        決議に基づく新株予約権につい
     当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在                        ては、権利行使期間満了によ                      -
     株式の概要                        り、2019年12月28日をもって失
                             効しております。
         (重要な後発事象)

          該当事項はありません。
                                 84/106









                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【借入金等明細表】
                               当期首   残高    当期末残高       平均利率
                区分                                     返済期限
                                (千円)        (千円)       (%)
     短期借入金                            770,000       770,000       1.48      -

                合計                 770,000       770,000        -     -

     (注)平均利率については、期末における利率及び残高に基づく加重平均利率を記載しております。
         【資産除去債務明細表】

          当連結会計年度期首及び当連結会計年度末における資産除去債務の金額が、当連結会計年度期首及び当連結会
         計年度末における負債及び純資産の合計額の100分の1以下であるため、連結財務諸表規則第92条の2の規定に
         より記載を省略しております。
      (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報                等
     (累計期間)
                  第1四半期           第2四半期           第3四半期          当連結会計年度
     売上高(千円)                2,071,634           3,298,011           4,582,109           6,313,747
     税金等調整前四半期
     純利益金額又は税金
     等調整前四半期(当                 235,153           △76,064           △646,594          △2,189,552
     期)純損失金額
     (△)(千円)
     親会社株主に帰属す
     る四半期純利益金額
     又は親会社株主に帰
                      113,319          △220,263           △807,370          △2,374,272
     属する四半期(当
     期)純損失金額
     (△)(千円)
     1株当たり四半期純
     利益金額又は1株当
     たり四半期(当期)                  6.23          △12.12           △44.42           △130.62
     純損失金額(△)
     (円)
     (会計期間)

                  第1四半期           第2四半期           第3四半期           第4四半期
     1株当たり四半期純

     利益金額又は1株当
                       6.23          △18.35           △32.30           △86.20
     たり四半期純損失金
     額(△)(円)
                                 85/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     2【財務諸表等】
      (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,647,125              2,636,108
        現金及び預金
                                      ※ 2,432,897
                                                         -
        売掛金
                                       1,588,387                  -
        商品及び製品
                                        420,888                 -
        仕掛品
                                          261               -
        原材料及び貯蔵品
                                        208,472                 -
        販売用不動産
                                        39,707              22,505
        前払費用
                                       ※ 70,603             ※ 87,020
        その他
                                       △ 30,167                 -
        貸倒引当金
                                       8,378,174              2,745,634
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
                                       1,466,548              1,419,199
          建物
                                         3,784              7,909
          構築物
                                         5,169              3,624
          機械及び装置
                                         2,557              10,293
          車両運搬具
                                        20,745              162,599
          工具、器具及び備品
                                       3,282,181              3,282,181
          土地
                                           -            41,422
          建設仮勘定
                                       4,780,985              4,927,232
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        240,665                 -
          その他
                                        240,665                 -
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       1,525,551              2,028,897
          投資有価証券
                                       1,631,761              3,541,701
          関係会社株式
                                       ※ 302,466            ※ 1,533,551
          長期貸付金
                                       ※ 495,559             ※ 350,000
          破産更生債権等
                                       1,396,913               422,352
          前払年金費用
                                        151,829              106,744
          その他
                                       △ 522,474             △ 748,849
          貸倒引当金
                                       4,981,608              7,234,398
          投資その他の資産合計
                                      10,003,259              12,161,630
        固定資産合計
                                      18,381,434              14,907,265
       資産合計
                                 86/106







                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
                                                    (単位:千円)

                                  前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
       流動負債
                                       ※ 820,030
                                                      234,023
        買掛金
                                        770,000              770,000
        短期借入金
                                       ※ 71,507
                                                       47,712
        未払金
                                       ※ 187,924              ※ 76,375
        未払費用
                                        64,011              150,230
        未払法人税等
                                        35,744                 -
        未払消費税等
                                        216,626               26,358
        賞与引当金
                                        577,897                 -
        返品調整引当金
                                       ※ 118,658             ※ 171,783
        その他
                                       2,862,399              1,476,482
        流動負債合計
       固定負債
                                        493,385              336,260
        繰延税金負債
                                        184,300              184,300
        長期未払金
                                        677,685              520,560
        固定負債合計
                                       3,540,085              1,997,043
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                      10,141,136              10,141,136
        資本金
        資本剰余金
                                       4,076,769              4,076,769
          資本準備金
                                        91,603              91,603
          その他資本剰余金
                                       4,168,372              4,168,372
          資本剰余金合計
        利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        29,736            △ 2,287,655
           繰越利益剰余金
                                        29,736            △ 2,287,655
          利益剰余金合計
                                         △ 405             △ 475
        自己株式
                                      14,338,839              12,021,377
        株主資本合計
       評価・換算差額等
                                        502,510              888,843
        その他有価証券評価差額金
                                        502,510              888,843
        評価・換算差額等合計
                                      14,841,349              12,910,221
       純資産合計
                                      18,381,434              14,907,265
     負債純資産合計
                                 87/106








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                    (単位:千円)
                                  前事業年度              当事業年度
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                     ※1  7,608,481            ※1  2,753,328
     売上高
                                     ※1  5,078,697
                                                      732,615
     売上原価
                                       2,529,784              2,020,712
     売上総利益
                                       △ 19,755                -
     返品調整引当金繰入差額
                                       2,549,539              2,020,712
     差引売上総利益
                                   ※1 ,※2  2,515,730            ※1 ,※2  909,228
     販売費及び一般管理費
                                        33,809             1,111,484
     営業利益
     営業外収益
                                       ※1  44,821             ※1  58,288
       受取利息及び受取配当金
                                         2,400              5,200
       受取賃貸料
                                          -            18,686
       助成金収入
                                        32,115               4,827
       投資事業組合運用益
                                        28,362              17,249
       その他
                                        107,700              104,251
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        11,388              11,357
       支払利息
                                         1,786                48
       その他
                                        13,175              11,405
       営業外費用合計
                                        128,334             1,204,329
     経常利益
     特別利益
                                      ※3  161,547               ※3  585
       固定資産売却益
                                         1,155                -
       投資有価証券売却益
                                          140               -
       貸倒引当金戻入額
                                        25,348                -
       新株予約権戻入益
                                        188,191                585
       特別利益合計
     特別損失
                                                     ※4  8,784
                                          -
       固定資産除却損
                                        17,989              10,869
       投資有価証券評価損
                                        193,738             3,290,852
       関係会社株式評価損
                                        18,999                -
       関係会社出資金評価損
                                          100               -
       会員権売却損
                                        28,089              349,038
       貸倒引当金繰入額
                                          -            46,756
       減損損失
                                        258,918             3,706,301
       特別損失合計
     税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                   57,607            △ 2,501,386
     法人税、住民税及び事業税                                   15,906              114,415
                                        11,964             △ 298,410
     法人税等調整額
                                        27,870             △ 183,994
     法人税等合計
     当期純利益又は当期純損失(△)                                   29,736            △ 2,317,391
                                 88/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自    2019年4月1日               (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日)                至   2021年3月31日)
                    注記                 構成比                  構成比
           区分               金額(千円)                  金額(千円)
                    番号                 (%)                  (%)
     Ⅰ   材料費                      611,933
                                       11.5            -        -
     Ⅱ   労務費                      919,213                  169,480
                                       17.2                  32.3
     Ⅲ   外注加工費                     3,616,104                    26,433
                                       67.6                   5.1
                             199,209                  328,228
     Ⅳ   経費
                    ※1                   3.6                  62.6
                            5,346,460                   524,143
        当期総製造費用                              100.0                  100.0
                             226,362
                                                  -
        仕掛品期首たな卸高
         合計                   5,572,823                   524,143
                             420,888
                                                  -
        仕掛品期末たな卸高
                            5,151,934                   524,143
        当期製品製造原価
                            1,631,319                   208,472
        商品及び製品期首棚卸高
         合計                   6,783,254                   732,615
                             116,170
        他勘定振替高            ※2                              -
                            1,588,387
                                                  -
        商品及び製品期末棚卸高
        売上原価                    5,078,697                   732,615
     原価計算の方法
      原価計算の方法は、実際原価による刷数別個別原価計算制度を採用しております。
     (注)※1.主な内訳は次のとおりであります。

                                 前事業年度                当事業年度
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                   項目
                               至   2020年3月31日)              至   2021年3月31日)
             減価償却費(千円)                        31,573                65,070

             ソフトウエア償却費(千円)                        15,143                  63

             運賃(千円)                        7,021               63,052

        ※2.他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。

                                 前事業年度                当事業年度
                              (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                   項目
                               至   2020年3月31日)              至   2021年3月31日)
                                     21,787
             販売促進費(千円)                                          -
             研究開発費(千円)                        28,161                  -

             ソフトウエア(千円)                        66,221                  -

                                 89/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)
                                           (単位:千円)
                               株主資本
                            資本剰余金             利益剰余金
                                      その他利益剰
                  資本金                      余金
                           その他資本剰      資本剰余金           利益剰余金
                      資本準備金
                             余金    合計           合計
                                      繰越利益剰
                                      余金
     当期首残高            10,141,136      5,867,696       91,603    5,959,300    △ 1,790,927    △ 1,790,927
     当期変動額
      準備金から剰余金への振替                △ 1,790,927     1,790,927         -
      欠損填補                     △ 1,790,927    △ 1,790,927     1,790,927     1,790,927
      当期純利益                                  29,736     29,736

      自己株式の取得

      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     - △ 1,790,927         - △ 1,790,927     1,820,664     1,820,664
     当期末残高            10,141,136      4,076,769       91,603    4,168,372       29,736     29,736
                    株主資本         評価・換算差額等

                            その他有価           新株予約権     純資産合計
                                 評価・換算
                 自己株式    株主資本合計      証券評価差
                                 差額等合計
                            額金
     当期首残高              △ 288  14,309,220       625,506     625,506      25,348    14,960,075
     当期変動額
      準備金から剰余金への振替                    -                     -
      欠損填補                    -                     -
      当期純利益                  29,736                     29,736

      自己株式の取得             △ 117    △ 117                     △ 117

      株主資本以外の項目の当期
                            △ 122,996    △ 122,996     △ 25,348    △ 148,344
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                   △ 117    29,618    △ 122,996    △ 122,996     △ 25,348    △ 118,725
     当期末残高
                   △ 405  14,338,839       502,510     502,510        - 14,841,349
                                 90/106








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
          当事業年度(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)
                                           (単位:千円)
                               株主資本
                            資本剰余金             利益剰余金
                                      その他利益剰
                  資本金                      余金
                           その他資本剰      資本剰余金           利益剰余金
                      資本準備金
                             余金    合計           合計
                                      繰越利益剰
                                      余金
     当期首残高            10,141,136      4,076,769       91,603    4,168,372       29,736     29,736
     当期変動額
      当期純損失(△)                                △ 2,317,391    △ 2,317,391

      自己株式の取得

      株主資本以外の項目の当期
      変動額(純額)
     当期変動額合計
                     -     -     -     - △ 2,317,391    △ 2,317,391
     当期末残高            10,141,136      4,076,769       91,603    4,168,372    △ 2,287,655    △ 2,287,655
                    株主資本         評価・換算差額等

                            その他有価           純資産合計
                                 評価・換算
                 自己株式    株主資本合計      証券評価差
                                 差額等合計
                            額金
     当期首残高
                   △ 405  14,338,839       502,510     502,510    14,841,349
     当期変動額
      当期純損失(△)                △ 2,317,391               △ 2,317,391

      自己株式の取得              △ 69    △ 69               △ 69

      株主資本以外の項目の当期
                             386,333     386,333     386,333
      変動額(純額)
     当期変動額合計               △ 69  △ 2,317,461      386,333     386,333    △ 1,931,127
     当期末残高              △ 475  12,021,377       888,843     888,843    12,910,221
                                 91/106










                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
        1.有価証券の評価基準及び評価方法
           満期保有目的の債券………………………原価法
           子会社株式…………………………………移動平均法による原価法
           その他有価証券
            市場価格のあるもの……………………期末日の市場価格等に基づく時価法
                             (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均
                             法により算定)
            市場価格のないもの……………………移動平均法による原価法
        2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
            販売用不動産……………………………個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価
                             切下げの方法により算定)を採用しております。
        3.固定資産の減価償却の方法

          (1)有形固定資産(リース資産を除く)…定率法
                             ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除
                             く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物
                             については、定額法を採用しております。
                              なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
                             建物             3~50年
                             構築物             7~45年
                             機械及び装置             9~15年
                             車両運搬具             2~6年
                             工具、器具及び備品             2~20年
          (2)無形固定資産(リース資産を除く)
             ソフトウエア(自社利用)…………社内における利用可能期間(主として5年)に基づく定額法
             その他…………………………………定額法
          (3)リース資産
             所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
                             リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用して
                             おります。
        4.引当金の計上基準
          (1)貸倒引当金……………………………… 売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権について
                             は貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に
                             回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
          (2)賞与引当金……………………………… 従業員の賞与の支給に備えるため、賞与支給見込額のうち当事業
                             年度に負担すべき額を計上しております。
          (3)退職給付引当金………………………… 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付
                             債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
                              数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以
                             内の一定の年数(5年)による定率法により、発生の翌事業年度か
                             ら費用処理することとしております。
                              なお、年金資産の額が企業年金制度に係る退職給付債務に当該企
                             業年金制度に係る未認識数理計算上の差異を加減した額を超えてい
                             るため、前払年金費用として貸借対照表の投資その他の資産に計上
                             しております。
        5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
          (1)退職給付に係る会計処理……………… 退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の
                             方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なって
                             おります。
          (2)消費税等の会計処理…………………… 税抜方式を採用しております。
                                 92/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (重要な会計上の見積り)
       1.関係会社投融資
       (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額
          関係会社株式        ………………………………………………………… 3,541,701千円
          貸付金     ………………………………………………………………… 1,567,721千円
          貸倒引当金       …………………………………………………………… △727,128千円
       (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報

            関係会社株式については発行会社の財政状態が著しく悪化したときは、回復可能性が十分な証拠によって
          裏付けられる場合を除いて、相当な減額を行っております。また、関係会社に対する貸付金等の債権の貸倒
          損失に備えるため、財政状態が著しく悪化した関係会社に対して個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込
          額を計上しております。
            当社の重要な子会社である株式会社昭文社、株式会社マップル等の連結子会社は、新型コロナウイルス感
          染症(COVID-19)の拡大による取引先の経営状況及び経済環境全体に及ぼされる影響などにより景気等の見
          通しには不確実性があり、翌事業年度の子会社の財政状態により関係会社株式については追加の減額、貸倒
          引当金については追加引当又は取崩が必要となる可能性があります。
         (表示方法の変更)

          (貸借対照表)
           前事業年度において、「投資その他の資産」の「その他」に含めていた「長期貸付金」は金額的重要性が増
          したため、当事業年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度
          の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の貸借対照表において、「投資その他の資産」の「その他」に表示していた454,296
          千円は、「長期貸付金」302,466千円、「その他」151,829千円として組み替えております。
          (損益計算書)

           当社は、2020年4月1日付けで会社分割を行い、持株会社体制へ移行しました。これらに伴い、当社グルー
          プ戦略立案及び各事業会社の統括管理等を主要な事業としたことから、同日以降の事業から生じる収益につい
          ては「売上高」として計上するとともに、それに対応する費用を「売上原価」として計上しております。
           従来、「受取賃貸料」及び「賃貸収入原価」については損益計算書上、「営業外収益」及び「営業外費用」

          に計上しておりましたが、当事業年度より「売上高」及び「売上原価」に計上する方法に変更いたしました。
           これは、不動産事業を主要な事業の一つとして位置づけ、担当部門においてその収益性を適切に管理するこ
          ととなったこと等から、事業の実態をより適切に表示するために表示方法の変更を行ったものです。
           また、前事業年度において、独立掲記していた「古紙売却収入」は、金額的重要性が乏しくなったため、当

          事業年度より「営業外収益」の「その他」に含めております。この表示方法の変更を反映させるため、前事業
          年度の財務諸表の組替えを行っております。
           この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」の「古紙売却収入」8,255千円、「その他」
          26,220千円は、「営業外収益」の「その他」28,362千円として組み替えております。
          (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

           「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度
          末に係る財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
           ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年
          度に係る内容については記載しておりません。
                                 93/106





                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (貸借対照表関係)
      ※関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)
                              前事業年度                  当事業年度
                            (2020年3月31日)                  (2021年3月31日)
      短期金銭債権                             81,090千円                  56,591   千円
      長期金銭債権                            599,277                 1,877,721
      短期金銭債務                            178,509                  158,466
         (損益計算書関係)

      ※1 関係会社との取引高
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
    営業取引による取引高
     売上高                             151,490千円                 1,587,182千円
     外注費                             673,644                     -
    営業取引以外の取引による取引高                              19,805                  88,672
      ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度66%、当事業年度1%、一般管理費に属する費用のおおよ

      その割合は前事業年度34%、当事業年度99%であります。
       販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前事業年度                  当事業年度
                           (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                            至 2020年3月31日)                    至 2021年3月31日)
     貸倒引当金繰入額                             4,272   千円                 - 千円
                                  875,545                  169,775
     給料手当・賞与
                                  110,129                   23,504
     賞与引当金繰入額
                                  26,007                   7,839
     退職給付費用
                                  70,451                  53,358
     減価償却費
                                 1,429,323                   654,750
     その他
      計                          2,515,730     千円               909,228    千円
      ※3 固定資産売却益の内容は次のとおりであります。

          なお、土地と建物が一体となった固定資産を売却した際、各資産種類毎では売却益、売却損が発生している
         ため、売却損益を通算して固定資産売却益を計上しております。
                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     建物                             47,789千円                    -千円
     車両運搬具                             2,083                   554
     工具、器具及び備品                               20                  30
     土地                            111,654                     -
      計                            161,547千円                    585千円
      ※4 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前事業年度                  当事業年度
                          (自 2019年4月1日                  (自 2020年4月1日
                           至 2020年3月31日)                  至 2021年3月31日)
     建物                               - 千円                6,126千円
                                                     2,657
     工具、器具及び備品                               -
      計                               - 千円                8,784千円
                                 94/106



                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (有価証券関係)
          子会社株式及び関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式3,526,792千円、関連会社株式
         14,908千円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式1,572,061千円、関連会社株式59,700千円)は、市場
         価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。
         (税効果会計関係)

         1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                                    (単位:千円)
                                     前事業年度              当事業年度

                                   (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
           繰延税金資産
            返品調整引当金損金算入限度超過額                          118,057                -
            未払事業税否認                           14,725              16,793
            未払事業所税否認                           3,259              1,617
            賞与引当金損金算入額否認                           66,331              8,070
            役員退職慰労引当金損金算入額否認                           56,432              56,432
            貸倒引当金損金算入限度超過額                          169,219              229,297
            会員権評価損否認                           53,551              53,551
            投資有価証券評価損否認                          361,141             1,234,337
            たな卸資産評価損否認                           5,292               -
            土地評価に係る繰延税金資産                          267,199              148,462
            減損損失                         1,060,851               331,599
            税務上の繰越欠損金                         3,755,059              3,633,314
            その他                           91,850              88,556
           繰延税金資産小計
                                     6,022,969              5,802,033
            税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                        △3,755,059              △3,633,314
            将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                        △2,267,910              △2,168,719
           評価性引当額小計
                                    △6,022,969              △5,802,033
           繰延税金資産合計
                                        -              -
           繰延税金負債
            前払年金費用                         △427,734              △129,324
            その他有価証券評価差額金                         △63,853             △205,139
            その他                          △1,796              △1,796
           繰延税金負債合計
                                     △493,385              △336,260
           繰延税金負債の純額
                                     △493,385              △336,260
         2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因と

          なった主要な項目別の内訳
                                     前事業年度              当事業年度

                                   (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
           法定実効税率
                                      30.6%               -
           (調整)
            交際費等永久に損金に算入されない項目
                                       6.9
                                                     -
            受取配当金等永久に益金に算入されない項目
                                      △3.9
                                                     -
            住民税均等割等                           27.6               -
            繰延税金資産に係る評価性引当額の増減
                                     △237.6
                                                     -
            繰越欠損金の期限切れ
                                      223.8
                                                     -
            その他                           1.0              -
           税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                      48.4%
                                                     -
          当事業年度は、税引前当期純損失のため、記載を省略しております。

                                 95/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
         (企業結合等関係)

          (共通支配下の取引等)
          吸収分割契約による持株会社体制への移行
           「1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(企業結合等関係)」に記載しているため、注記を
          省略しております。
         (重要な後発事象)

           該当事項はありません。
                                 96/106


















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                      (単位:千円)
       区分      資産の種類        当期首残高       当期増加額       当期減少額       当期償却額       当期末残高      減価償却累計額
           建物
                     1,466,548        43,395       6,126      84,616     1,419,199       3,766,647
           構築物
                       3,784       4,848         0      723      7,909      85,493
           機械及び装置
                       5,169        -       -      1,544       3,624      353,123
           車両運搬具            2,557      11,454         -      3,717      10,293       47,107
     有形固定資産
           工具、器具及び備品            20,745      172,339        2,657      27,826      162,599       333,047
           土地           3,282,181          -       -       -    3,282,181          -

           建設仮勘定              -     41,422         -       -     41,422        -

              計       4,780,985        273,460        8,784      118,429      4,927,232       4,585,419

                                    258,862
           ソフトウエア
                      240,665       21,586              3,388        -       -
                                    (46,756)
     無形固定資産
                                    258,862
              計        240,665       21,586              3,388        -       -
                                    (46,756)
     (注)1.「当期減少額」欄の主な内訳
          ソフトウエアの減少                分社化   に伴う承継額              212,106千円
         2.「当期減少額」欄の()は内数で、当期の減損損失計上額であります。
         【引当金明細表】

                                                     (単位:千円)
          科目          当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
     貸倒引当金                  552,642           349,418           153,212           748,849

     賞与引当金                  216,626           26,358          216,626           26,358

     返品調整引当金                  577,897              -        577,897              -

      (2)【主な資産及び負債の内容】

          連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
      (3)【その他】

          該当事項はありません。
                                 97/106








                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  4月1日から3月31日まで
      定時株主総会                  6月中

      基準日                  3月31日

                       9月30日
      剰余金の配当の基準日
                       3月31日
      1単元の株式数                  100株
      単元未満株式の買取り

                        (特別口座)
       取扱場所                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                       三菱UFJ信託銀行株式会社 証券代行部
                        (特別口座)
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号
                       三菱UFJ信託銀行株式会社
       買取手数料                 無料
                       電子公告により行う。ただし、事故その他やむを得ない事由によって電子
                       公告による公告を行うことができない場合は、日本経済新聞に掲載して行
      公告掲載方法                  う。
                       公告掲載URL
                       https://www.mapple.co.jp/
                       毎年3月31日現在の株主(所有株式数100株以上)に対し、3,000円相当の
      株主に対する特典
                       自社製品を贈呈する。
     (注)当社定款の定めにより、単元未満株主は、会社法第189条第2項各号に掲げる権利、会社法第166条第1項の規定
         による請求をする権利、株主の有する株式数に応じて募集株式の割当ておよび募集新株予約権の割当てを受ける
         権利以外の権利を有しておりません。
                                 98/106











                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第7【提出会社の参考情報】
     1【提出会社の親会社等の情報】
       当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
     2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
      (1)有価証券報告書及びその添付書類並びに確認書
        事業年度(第61期)(自 2019年4月1日 至 2020年3月31日)2020年6月26日関東財務局長に提出
      (2)四半期報告書及び確認書
        (第62期第1四半期)(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)2020年8月13日関東財務局長に提出
        (第62期第2四半期)(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)2020年11月12日関東財務局長に提出
        (第62期第3四半期)(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)2021年2月10日関東財務局長に提出
      (3)内部統制報告書及びその添付書類
        2020年6月26日関東財務局長に提出
      (4)臨時報告書
        2020年7月1日関東財務局長に提出
        企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会における議決権行使の結果)に基づく臨
        時報告書であります。
                                 99/106














                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                100/106




















                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
                   独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                     2021年6月29日

    株式会社 昭文社ホールディングス

      取締役会 御中

                            監査法人A&Aパートナーズ

                            東京都中央区

                            指定社員

                                      公認会計士
                                              村田    征仁    印
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              永利    浩史    印
                            業務執行社員
     <財務諸表監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられ
     ている株式会社昭文社ホールディングスの2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、す
     なわち、連結貸借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フ
     ロー計算書、連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行っ
     た。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
     式会社昭文社ホールディングス及び連結子会社の2021年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計
     年度の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
     る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
     る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
     任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要
    であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形
    成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     固定資産の減損

        監査上の主要な検討事項の内容及び決定理由                                   監査上の対応

                                101/106






                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
      会社及び連結子会社の当連結会計年度の連結損益計算書                             当監査法人は、「固定資産の減損に係る会計基準」にし
     において、有形固定資産及び無形固定資産(以下、「有形                            たがってグルーピング、減損の兆候、減損の認識の判定及
     固定資産等」という。)について減損損失を626,609千円                            び測定が行われているか検討するために、主に以下の手続
     計上しており、       【注記事項】(重要な会計上の見積り)及                    を実施した。
     び(連結損益計算書関係)            ※7減損損失に記載されている               ・取締役会等の議事録及び経営管理資料を閲覧し、会社及
     通り、当連結会計年度において、年度を通して流行が波状                            び連結子会社における管理会計上の区分とグルーピングの
     的に拡大した新型コロナウイルス感染症の影響により、会                            方法が整合しているか検討した。
     社及び連結子会社の主たる事業である旅やお出かけに関連                            ・経営者による固定資産の減損の兆候把握において、各事
     する市場が著しく縮小・停滞している事態が継続してい                            業の営業損益の状況の把握及び不動産鑑定評価書等の根拠
     る。今後においても、同感染症の影響が色濃く残り、厳し                            資料の閲覧により不動産などの主要な固定資産の市場価格
     い事業環境は続くものと想定されるため、「固定資産の減                            を検討した。
     損に係る会計基準」に基づき、有形固定資産等の将来の回                            ・減損の兆候が生じている事業について翌年度の事業計画
     収可能性を検討した結果、帳簿価額を回収可能価額まで減                            を閲覧し、当該事業計画の取締役会での承認の有無を確認
     額し、差額を減損損失として特別損失に計上する会計処理                            した。また、経営者への質問を実施し、経営者が評価した
     を行っている。                            回収可能価額の妥当性を検討した。
      固定資産の減損は、連結財務諸表への潜在的な影響が大
     きく、経営者による仮定と判断を伴うものであることか
     ら、当監査法人は「監査上の主要な検討事項」に該当する
     と判断した。
     連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正
     に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するた
     めに経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるか
     どうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示
     する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     連結財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表
     示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明
     することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利
     用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家と
     しての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続
     を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な
     監査証拠を入手する。
     ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評
     価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及
     び関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基
     づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結
     論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項
     に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対
     して除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づ
     いているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠している
     かどうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる
     取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を
     入手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意
     見に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の重要
     な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
                                102/106


                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
     監査人は、監査等委員会と協議した事項のうち、当連結会計年度の連結財務諸表の監査で特に重要であると判断した事
    項を監査上の主要な検討事項と決定し、監査報告書において記載する。ただし、法令等により当該事項の公表が禁止され
    ている場合や、極めて限定的ではあるが、監査報告書において報告することにより生じる不利益が公共の利益を上回ると
    合 理的に見込まれるため、監査人が報告すべきでないと判断した場合は、当該事項を記載しない。
     <内部統制監査>

     監査意見
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第2項の規定に基づく監査証明を行うため、株式会社昭文社ホールディ
     ングスの2021年3月31日現在の内部統制報告書について監査を行った。
      当監査法人は、株式会社昭文社ホールディングスが2021年3月31日現在の財務報告に係る内部統制は有効であると表
     示した上記の内部統制報告書が、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の評価の基準に
     準拠して、財務報告に係る内部統制の評価結果について、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に準拠して内部統
     制監査を行った。財務報告に係る内部統制の監査の基準における当監査法人の責任は、「内部統制監査における監査人
     の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から
     独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十
     分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     内部統制報告書に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、財務報告に係る内部統制を整備及び運用し、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告
     に係る内部統制の評価の基準に準拠して内部統制報告書を作成し適正に表示することにある。
      監査等委員会の責任は、財務報告に係る内部統制の整備及び運用状況を監視、検証することにある。
      なお、財務報告に係る内部統制により財務報告の虚偽の記載を完全には防止又は発見することができない可能性があ
     る。
     内部統制監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した内部統制監査に基づいて、内部統制報告書に重要な虚偽表示がないかどうかにつ
     いて合理的な保証を得て、内部統制監査報告書において独立の立場から内部統制報告書に対する意見を表明することに
     ある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる財務報告に係る内部統制の監査の基準に従って、監査の過程
     を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果について監査証拠を入手するための監査手続を実施す
     る。内部統制監査の監査手続は、監査人の判断により、財務報告の信頼性に及ぼす影響の重要性に基づいて選択及び適
     用される。
     ・ 財務報告に係る内部統制の評価範囲、評価手続及び評価結果について経営者が行った記載を含め、全体としての内
     部統制報告書の表示を検討する。
     ・ 内部統制報告書における財務報告に係る内部統制の評価結果に関する十分かつ適切な監査証拠を入手する。監査人
     は、内部統制報告書の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見に対して責任
     を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した内部統制監査の範囲とその実施時期、内部統制監査の実施結果、識別し
     た内部統制の開示すべき重要な不備、その是正結果、及び内部統制の監査の基準で求められているその他の事項につい
     て報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに
     監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講
     じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上
     (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出
           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                103/106




                                                          EDINET提出書類
                                                株式会社昭文社ホールディングス(E00721)
                                                           有価証券報告書
                         独立監査人の監査報告書
                                                     2021年6月29日

    株式会社 昭文社ホールディングス

      取締役会 御中

                            監査法人A&Aパートナーズ

                            東京都中央区

                            指定社員

                                      公認会計士
                                              村田    征仁    印
                            業務執行社員
                            指定社員

                                      公認会計士
                                              永利    浩史    印
                            業務執行社員
    監査意見

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社昭文社ホールディングスの2020年4月1日から2021年3月31日までの第62期事業年度の財務諸表、すなわ
    ち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を
    行った。
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株式会社
    昭文社ホールディングスの2021年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要
    な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
    当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
    理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
    法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当事業年度の財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重要であると
    判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見の形成において対
    応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
     関係会社投融資の評価

&