大日本住友製薬株式会社 有価証券報告書 第201期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第201期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 大日本住友製薬株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2021年6月24日

    【事業年度】                     第201期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    【会社名】                     大日本住友製薬株式会社

    【英訳名】                     Sumitomo     Dainippon     Pharma    Co.,Ltd.

    【代表者の役職氏名】                     代表取締役社長  野 村  博

    【本店の所在の場所】                     大阪市中央区道修町二丁目6番8号

    【電話番号】                     06-6203-5708

    【事務連絡者氏名】                     経理部長  加 島 久 宜

    【最寄りの連絡場所】                     大阪市中央区道修町二丁目6番8号

    【電話番号】                     06-6203-5708

    【事務連絡者氏名】                     経理部長  加 島 久 宜

    【縦覧に供する場所】                     株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/145











                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
                                   国際会計基準

           回次
                      第197期       第198期       第199期       第200期       第201期
          決算年月           2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上収益           (百万円)       408,357       466,838       459,267       482,732       515,952

    税引前当期利益           (百万円)        42,781       84,866       65,046       83,947       77,851

    親会社の所有者に帰属
                (百万円)        31,316       53,448       48,627       40,753       56,219
    する当期利益
    親会社の所有者に帰属
                (百万円)        29,829       48,402       56,195       45,670       61,008
    する当期包括利益
    親会社の所有者に帰属
                (百万円)       412,268       452,723       498,138       532,670       580,570
    する持分
    資産合計           (百万円)       779,072       809,684       834,717      1,256,534       1,308,127
    1株当たり親会社
                 (円)
                       1,037.68       1,139.50       1,253.82       1,340.74       1,461.31
    所有者帰属持分
    基本的1株当たり
                 (円)       78.82       134.53       122.39       102.58       141.50
    当期利益
    希薄化後1株当たり
                 (円)         -       -       -       -       -
    当期利益
    親会社所有者帰属持分
                 (%)        52.9       55.9       59.7       42.4       44.4
    比率
    親会社所有者帰属持分
                 (%)         7.8       12.4       10.2        7.9       10.1
    当期利益率
    株価収益率            (倍)        23.3       13.3       22.4       13.7       13.6
    営業活動による
                (百万円)        19,143       93,420       48,711       46,128       135,601
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                (百万円)       △ 56,129      △ 16,523      △ 35,049      △ 312,684        8,875
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                (百万円)         8,764      △ 29,610      △ 28,645       231,081       △ 57,215
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物
                (百万円)       105,603       147,775       137,296       101,708       193,698
    の期末残高
    従業員数            (人)       6,492       6,268       6,140       6,457       6,822
     (注)   1 売上収益には消費税等は含まれておりません。
       2 第199期までの希薄化後1株当たり当期利益については、希薄化効果を有する株式が存在しないため記載し
         ておりません。第200期および第201期の希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式は存在するもの
         の逆希薄化効果を有するため記載しておりません。
       3 百万円未満を四捨五入して記載しております。
       4 第198期より国際会計基準(以下「IFRS」)に基づいて連結財務諸表を作成しております。
       5 第200期における当社とロイバント・サイエンシズ・リミテッドとの間の戦略的提携に伴い取得したスミト
         バント・バイオファーマ・リミテッドに係る企業結合の会計処理について、第200期末において暫定的な会
         計処理を行っておりましたが、第201期において確定したため、第200期の関連する主要な経営指標等につい
         て遡及修正しております。
                                  2/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                         日本基準

           回次
                      第197期       第198期
          決算年月           2017年3月       2018年3月

     売上高            (百万円)       411,639       477,966

     経常利益            (百万円)        54,083       60,887

     親会社株主に帰属する
                (百万円)        28,733       37,525
     当期純利益
     包括利益            (百万円)        20,880       30,609
     純資産額            (百万円)       460,389       483,050

     総資産額            (百万円)       783,640       801,425

     1株当たり純資産額             (円)      1,158.80       1,215.84

     1株当たり当期純利益
                 (円)       72.32       94.45
     金額
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -       -
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        58.8       60.3
     自己資本利益率             (%)         6.3       8.0

     株価収益率             (倍)        25.4       18.9

     営業活動による
                (百万円)        21,624       96,326
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                (百万円)       △ 59,729      △ 20,493
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                (百万円)         9,881      △ 28,546
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物
                (百万円)       105,603       147,775
     の期末残高
     従業員数             (人)       6,492       6,268
     (注)   1 第198期の日本基準に基づく連結財務諸表については、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監

         査を受けておりません。
       2 売上高には消費税等は含まれておりません。
       3 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       4 第197期におけるトレロ・ファーマシューティカルズ・インク(現:スミトモダイニッポンファーマ                                                オンコ
         ロジー・インク)の買収に関する企業結合の会計処理について、第197期末において暫定的な会計処理を
         行っておりましたが、第198期において確定したため、第197期の関連する主要な経営指標等について遡及修
         正しております。
       5 百万円未満を四捨五入して記載しております。
                                  3/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第197期       第198期       第199期       第200期       第201期

          決算年月           2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

     売上高            (百万円)       256,532       251,101       264,462       311,994       313,890

     経常利益            (百万円)        92,099       71,320       95,834       140,758       135,928

     当期純利益            (百万円)        63,902       42,364       68,470       100,771       116,499

     資本金            (百万円)        22,400       22,400       22,400       22,400       22,400

     発行済株式総数            (千株)       397,900       397,900       397,900       397,900       397,900

     純資産額            (百万円)       515,585       561,109       619,106       697,163       810,181

     総資産額            (百万円)       642,112       675,891       718,798      1,073,627       1,172,584

     1株当たり純資産額             (円)      1,297.72       1,412.31       1,558.30       1,754.77       2,039.25

     1株当たり配当額
                        20.00       28.00       28.00       28.00       28.00
     (うち1株当たり             (円)
                        ( 9.00  )     ( 9.00  )     ( 9.00  )    ( 14.00   )    ( 14.00   )
     中間配当額)
     1株当たり当期純利益
                 (円)       160.84       106.63       172.34       253.64       293.23
     金額
     潜在株式調整後1株当
                 (円)         -       -       -       -       -
     たり当期純利益金額
     自己資本比率             (%)        80.3       83.0       86.1       64.9       69.1
     自己資本利益率             (%)        13.0        7.9       11.6       15.3       15.5

     株価収益率             (倍)        11.4       16.7       15.9        5.5       6.6

     配当性向             (%)        12.4       26.3       16.2       11.0        9.5

     従業員数             (人)       3,572       3,402       3,067       3,023       3,067

     株主総利回り
                 (%)       143.4       141.5       217.1       116.3       158.9
     (比較指標:配当込み
                 (%)     ( 114.7   )    ( 132.9   )    ( 126.2   )    ( 114.2   )    ( 162.3   )
     TOPIX)
     最高株価             (円)       2,134       1,898       4,135       2,806       2,107
     最低株価             (円)       1,246       1,397       1,770       1,166       1,180

     (注)   1 売上高には消費税等は含まれておりません。

       2 潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       3 百万円未満を四捨五入して記載しております。
       4 最高株価及び最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
       5 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 2018年2月16日)等を第199期の期
         首から適用しており、第198期に係る主要な経営指標等については、当該会計基準等を遡って適用した後の
         指標等となっております。
                                  4/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
      1897年5月        大阪市道修町の有力薬業家21名により、当社の前身大阪製薬株式会社を設立

      1898年9月        大阪工場設置
      1898年11月        大日本製薬合資会社を買収し、社名を大日本製薬株式会社に改める
      1908年7月        大阪薬品試験株式会社を吸収合併
      1947年10月        五協産業株式会社         (現  DSP五協フード&ケミカル株式会社)                  を設立
      1949年5月        大阪、東京両証券取引所に株式上場                 (1961年10月両証券取引所市場第一部に指定)
      1968年10月        鈴鹿工場設置
      1971年2月        総合研究所設置
      1993年1月        米国に現地法人        大日本製薬USA(後のダイニッポンスミトモファーマ                           アメリカ・イン
              ク)を設立
      2003年4月        大阪工場を閉鎖し、生産拠点を鈴鹿工場に統合
      2005年10月        住友製薬株式会社と合併し、大日本住友製薬株式会社に商号変更
      2005年10月        合併により茨木工場、愛媛工場、大分工場および大阪研究所他を承継
              また主な子会社として、住友制葯(蘇州)有限公司                       他を承継
      2009年7月        米国に持株会社        ダイニッポンスミトモファーマ               アメリカホールディングス・インク                 (現 
              スミトモダイニッポンファーマ               アメリカ・インク)         を設立
      2009年10月        米国セプラコール・インク             (現  サノビオン・ファーマシューティカルズ・インク)                        を買収
      2010年4月        セプラコール・インクがダイニッポンスミトモファーマ                          アメリカ・インクを吸収合併
      2010年7月        会社分割により、当社のアニマルサイエンス事業を新設したDSファーマアニマルヘルス株
              式会社に承継
              また当社のフード&スペシャリティ・プロダクツ事業をDSP五協フード&ケミカル株式会
              社(五協産業株式会社から商号変更)に承継
      2012年4月        米国ボストン・バイオメディカル・インクを買収
      2012年9月        サノビオン・ファーマシューティカルズ・インクが米国エレベーション・ファーマシュー
              ティカルズ・インク(現            サノビオン・レスピラトリー・ディベロップメント・インク)を買
              収
      2013年1月        シンガポールにサノビオン・ファーマシューティカルズ・アジア・パシフィック・プライ
              ベート・リミテッド(現            スミトモ・ファーマシューティカルズ・アジア・パシフィック・プ
              ライベート・リミテッド)を設立
      2013年7月        東京支社を東京本社に改称し、東西両本社制に移行
      2016年10月        サノビオン・ファーマシューティカルズ・インクがカナダのシナプサス・セラピューティク
              ス・インク(現          サノビオン・シーエヌエス・ディベロップメント・カナダ・ユーエル
              シー)を買収
      2017年1月        米国トレロ・ファーマシューティカルズ・インクを買収
      2019年4月        茨木工場および愛媛工場を廃止し、鈴鹿工場と大分工場の2生産拠点体制に再編
      2019年12月        ロイバント・サイエンシズ・リミテッド                    と の戦略的提携により、スミトバント・バイオ
              ファーマ・リミテッドおよびその傘下のマイオバント・サイエンシズ・リミテッド、ユーロ
              バント・サイエンシズ・リミテッド、エンジバント・セラピューティクス・リミテッド、ア
              ルタバント・サイエンシズ・リミテッドおよびスピロバント・サイエンシズ・リミテッドを
              子会社化
      2020年7月        ボストン・バイオメディカル・インクがトレロ・ファーマシューティカルズ・インクを吸収
              合併し、スミトモダイニッポンファーマ                   オンコロジー・インクに商号変更
                                  5/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社グループは、2021年3月31日現在、当社、親会社、子会社57社および関連会社5社で構成されております。
      当社グループが営んでいる主な事業内容と当社グループを構成している各会社の当該事業に係る位置付けの概要お
     よびセグメントとの関連は次のとおりであります。
     <医薬品>
     (1)  日本
      当社が医療用医薬品の製造、仕入および販売を行っております。
      DSファーマプロモ株式会社が、医療用医薬品(オーソライズド・ジェネリック品(AG品))の製造および販売
     を行っております。
      株式会社サイレジェンは、当社と株式会社ヘリオスが設立した合弁会社であり、両社による再生医療に関する共同
     開発により製品化された医薬品、医療機器および再生医療等製品の製造を実施します。
      S-RACMO株式会社は、当社と親会社である住友化学株式会社が2020年9月に設立した合弁会社であり、再
     生・細胞医薬分野の開発受託および製造受託を行っております。
     (2)  北米
      持株会社であるスミトモダイニッポンファーマ                       アメリカ・インクのもと、サノビオン・ファーマシューティカル
     ズ・インク他4社が、医療用医薬品の製造、仕入および販売を行っており、スミトモダイニッポンファーマ                                                  オンコロ
     ジー・インクが、がん領域の研究開発を行っております。
      また、スミトモダイニッポンファーマ                  アメリカ・インクは、北米子会社(サノビオン・ファーマシューティカル
     ズ・インク、スミトモダイニッポンファーマ                     オンコロジー・インク、スミトバントグループ)の一般管理業務の一部
     についても行っております。
      スミトバントグループは、スミトバント・バイオファーマ・リミテッドを持株会社として、スミトバント・バイオ
     ファーマ・インク、マイオバント・サイエンシズ・リミテッド、ユーロバント・サイエンシズ・リミテッド、エンジ
     バント・セラピューティクス・リミテッド、アルタバント・サイエンシズ・リミテッドおよびスピロバント・サイエ
     ンシズ・リミテッドで構成されております。
      また、持株会社であるスミトバント・バイオファーマ・リミテッドおよびスミトバント・バイオファーマ・インク
     がスミトバントグループの事業戦略、販売戦略の策定推進を行うとともに、当社グループにおけるヘルスケアテクノ
     ロジープラットフォームの活用推進等を行っております。また、マイオバント・サイエンシズ・リミテッドとその子
     会社6社が婦人科領域・前立腺がんの研究開発および製造・販売を、ユーロバント・サイエンシズ・リミテッドとそ
     の子会社5社が泌尿器科領域の研究開発および販売準備を、エンジバント・セラピューティクス・リミテッドとその
     子会社8社が希少疾病に対する再生細胞医薬品の研究開発と販売準備を、アルタバント・サイエンシズ・リミテッド
     とその子会社5社が呼吸器疾患領域の研究開発を、スピロバント・サイエンシズ・リミテッドとその子会社3社が嚢
     胞性繊維症治療薬の研究開発を行っております。
     (3)  中国
      住友制葯(蘇州)有限公司が、医療用医薬品の製造(小分包装)および販売を行っております。
     (4)  海外その他
      欧州では、サノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッド他1社が、医療用医薬品の製造およ
     び販売を行っております。
      スミトモ・ファーマシューティカルズ・アジア・パシフィック・プライベート・リミテッド他2社が、東南アジ
     ア、  台湾において、       医療用医薬品の仕入、販売および当社製品の情報提供・収集活動を行っております。
     <その他>
      DSP五協フード&ケミカル株式会社は、食品素材・食品添加物および化学製品材料等の製造、仕入、販売を行っ
     ており、このうちの一部を当社にも供給しております。
      DSファーマアニマルヘルス株式会社は、動物用医薬品等の製造、仕入および販売を行っております。
      サンテグレ株式会社は、骨・肉エキス、飼料、肥料等を製造し、DSP五協フード&ケミカル株式会社に供給して
     おります。
      体外診断用医薬品の製造、仕入および販売を行っていたSBバイオサイエンス株式会社については、同社株式を
     2021年3月31日付で住友ベークライト株式会社に譲渡いたしました。
      また、上記の他に子会社5社および関連会社3社があり、医薬品等の保管・配送等の各種サービス業務を行ってお
     ります。
                                  6/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     以上に述べた事項を事業系統図によって示すと、次のとおりであります。
                                  7/145




















                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    ※1:   マイオバント・サイエンシズ・リミテッド、ユーロバント・サイエンシズ・リミテッド、エンジバント・セラ
       ピューティクス・リミテッド、アルタバント・サイエンシズ・リミテッドおよびスピロバント・サイエンシズ・
       リミテッドは、スミトバント・バイオファーマ・リミテッドの子会社であります。
    ※2:サノビオン・ファーマシューティカルズ・ヨーロッパ・リミテッドは、サノビオン・ファーマシューティカル
       ズ・インクの子会社であります。
    ※3:   マルピー・ライフテック㈱は、DSファーマアニマルヘルス㈱の子会社であります
    ※4:サンテグレ㈱およびベタグロダイニッポン テクノ-エックスカンパニー・リミテッドは、DSP五協フード&
       ケミカル㈱の関連会社であります。
    ※5:ゴキョウ・アメリカ・インクは、DSP五協フード&ケミカル㈱の子会社であります。
                                  8/145

















                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                                       議決権の
                       資本金
                             主要な事業        所有(被所有)割合
        名称         住所      又は                           関係内容
                              の内容
                                     所有割合     被所有割
                       出資金
                                      (%)     合(%)
    (親会社)
                                               原料の販売仕入、土地等
                                               の賃借、工場用役の購入
                        89,699
               東京都
                           化学製品の製造、
                                               等および資金の貸付をし
    住友化学株式会社                                    ―   51.78
               中央区
                        百万円
                           販売
                                               ております。
                                               役員の兼任等…無
    (連結子会社)
               米国
    スミトモダイニッポン
                           持株会社
                         1千
               マサチュー
    ファーマ     アメリカ・イ
                                        100      ―
                                               役員の兼任等…無
                           一般管理業務の受
               セッツ州
                        米ドル
    ンク
                           託[北米]
               マールボロ
                                               当社中間製品の仕入、包
               米国
    サノビオン・ファーマ
                                               装、販売および当社製品
                                        100
               マサチュー          0千
                           医療用医薬品の製
                                               の開発業務を受託してお
    シューティカルズ・イ                                         ―
               セッツ州        米ドル
                           造、販売[北米]           (100)
                                               ります。
    ンク(注)4、5
               マールボロ
                                               役員の兼任等…有
               米国
    スミトモダイニッポン
               マサチュー          0千              100
                           がん領域の研究開
    ファーマ      オンコロ
                                             ―
                                               役員の兼任等…有
               セッツ州        米ドル               (100)
                           発[北米]
    ジー・インク(注)4
               ケンブリッジ
                           スミトバントグ
    スミトバント・バイオ
                           ループ会社の管理
               英国          0千
    ファーマ・リミテッド                                    100      ―  役員の兼任等…有
                           および事業戦略等
               ロンドン        米ドル
                           の策定推進[北
    (注)4
                           米]
                           医療用医薬品(婦
    マイオバント・サイエ
                           人科および前立腺
               英国          2千             53.45
                           がん)の研究開発
    ンシズ・リミテッド                                         ―  役員の兼任等…有
               ロンドン        米ドル              (53.45)
                           および製造・販売
    (注)4
                           [北米]
    ユーロバント・サイエ
                           医療用医薬品(泌
               英国          1千              100
    ンシズ・リミテッド                                         ―  役員の兼任等…無
                           尿器科疾患)の研
               ロンドン        米ドル               (100)
                           究開発[北米]
    (注)4、6
    エンジバント・セラ
                           医療用医薬品(小
                                        100
               英国          0千
    ピューティクス・リミ                                         ―  役員の兼任等…有
                           児希少疾患)の研
               ロンドン        米ドル
                                       (100)
                           究開発[北米]
    テッド(注)4
                           医療用医薬品(呼
    アルタバント・サイエ
                                        100
               英国          1千
                           吸器系希少疾患)
    ンシズ・リミテッド                                         ―  役員の兼任等…無
                           の研究開発
               ロンドン        米ドル
                                       (100)
    (注)4
                           [北米]
    スピロバント・サイエ
                           医療用医薬品(       嚢
                                        100
                         0千
    ンシズ・リミテッド            バミューダ                              ―  役員の兼任等…無
                           胞性繊維症)の研
                        米ドル
                                       (100)
    (注)4
                           究開発[北米]
                                               当社中間製品の仕入、包
               中国
                                               装、販売および当社製品
                       35,000千
    住友制葯(蘇州)有限
                           医療用医薬品の製
                                               の開発業務を受託してお
                                        100      ―
               江蘇省
    公司(注)4
                        米ドル
                           造、販売[中国]
                                               ります。
               蘇州市
                                               役員の兼任等…無
                           動物用医薬品等の
                                               当社が製品の製造等を受
                         100
    DSファーマアニマル            大阪市
                           製造、販売
                                        100      ―
                                               託しております。
    ヘルス株式会社            中央区
                        百万円
                                               役員の兼任等…無
                           [その他]
                           食品素材・食品添
                                               原料の購入等をしており
                         100
    DSP五協フード&ケ            大阪市
                           加物および化学製
                                               ます。
                                        100      ―
                           品材料等の製造、
    ミカル株式会社            北区
                        百万円
                                               役員の兼任等…無
                           販売[その他]
                           医療用医薬品等の
                                               製品の仕入販売等をして
                         480
    DSファーマプロモ株            大阪府
                           製造、販売
                                        100      ―
                                               おります。
    式会社            吹田市
                        百万円
                           [日本]
                                               役員の兼任等…有
    その他44社(注)4              ―      ―       ―         ―     ―
                                                    ―
                                  9/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                                       議決権の
                       資本金
                                     所有(被所有)割合
                             主要な事業
        名称         住所      又は                           関係内容
                              の内容
                                     所有割合     被所有割
                       出資金
                                      (%)     合(%)
    (持分法適用関連会
    社)
    その他2社              ―      ―       ―         ―     ―       ―
    (その他の関係会社)
    該当する会社はありま
    せん。
     (注)   1   上記の親会社は有価証券報告書を提出しております。

       2   上記の連結子会社の主要な事業の内容の[ ]内は、セグメント情報の名称を記載しております。
       3 議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合を内数で示しております。
       4 特定子会社に該当しております。なお、その他に含まれる会社のうち、特定子会社に該当する会社は次のと
         おりです。
         スミトバント・バイオファーマ・インク、マイオバント・サイエンシズ・インク、マイオバント・サイエン
         シズ・ゲーエムベーハー、ユーロバント・ホールディングス・リミテッド、ユーロバント・サイエンシズ・
         ゲーエムベーハー、エンジバント・セラピューティクス・ゼネラル・リミテッド、エンジバント・セラ
         ピューティクス・ホールディングス・リミテッド、エンジバント・セラピューティクス・ゲーエムベー
         ハー、エンジバント・ファーバー・リミテッド、アルタバント・サイエンシズ・ホールディングス・リミ
         テッド、アルタバント・サイエンシズ・ゲーエムベーハー、オンスピラ・セラピューティクス・インク、ス
         ピロバント・サイエンシズ・インク
       5 サノビオン・ファーマシューティカルズ・インクについては、売上収益(連結会社相互間の内部売上収益を
         除く)の連結売上収益に占める割合が10%を超えております。
           主要な損益情報等 (1)               売上収益                       274,972百万円
                     (2)  営業利益                  13,026百万円
                     (3)  当期純利益                   15,516百万円
                     (4)  資本合計                      160,130百万円
                     (5)  資産合計                      378,278百万円
       6 当期において        ユーロバント・サイエンシズ・リミテッド                   を完全子会社化するために設立したTitan                   Ltd.は、
         ユーロバント・サイエンシズ・リミテッド                   を存続会社とする吸収合併により消滅しております。
                                 10/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                              2021年3月31日       現在
             セグメントの名称                           従業員数(人)
    日本                                          2,140

    北米                                          1,704

    中国                                           701

    海外その他                                           66

    その他                                           260

    全社(共通)                                          1,951

                合計                              6,822

     (注)   1 従業員数は就業人員数であります。
       2 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門、研究開発部門等に所属している人員でありま
         す。
     (2)  提出会社の状況

                                              2021年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
             3,067              43.1             17.8           8,966,757

                                              2021年3月31日       現在

             セグメントの名称                           従業員数(人)
    日本                                          2,046

    北米                                            5

    中国                                            2

    海外その他                                            5

    その他                                           ―

    全社(共通)                                          1,009

                合計                              3,067

     (注)   1 従業員数は就業人員数であります。
       2 平均年間給与は、賞与および基準外賃金を含んでおります。
       3 平均勤続年数および平均年間給与は出向受入者を除いて算出しております。
       4 全社(共通)として記載されている従業員数は、管理部門、研究開発部門等に所属している人員でありま
         す。
     (3)  労働組合の状況

       当社および子会社の労働組合は、ユニオンショップ制をとっており、組合員数は当連結会計年度末現在2,098人で
      あります。
       なお、会社と労働組合は、円満な関係を持続しております。
                                 11/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

       当社は、人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、広く社会に貢献す
      ることを企業理念とし、以下の経営理念を掲げております。
      ■  顧客視点の経営と革新的な研究を旨とし、これからの医療と健やかな生活に貢献する
      ■  たゆまぬ事業の発展を通して企業価値を持続的に拡大し、株主の信頼に応える
      ■  社員が自らの可能性と創造性を伸ばし、その能力を発揮することができる機会を提供していく
      ■  企業市民として社会からの信用・信頼を堅持し、よりよい地球環境の実現に貢献する
       当社は、この企業理念の実践を「CSR経営」と定義し、事業活動を通してSDGs(持続可能な開発目標)の達成にも
      貢献していきます。
       高齢化社会の進展や医療財政のさらなるひっ迫が想定されるなか、製薬業界は、デジタル技術を活用した創薬や
      治療方法の創出、予防医療の普及など「変革の時」を迎えています。かかる環境において、当社は、企業理念のも
      と、ヘルスケア領域での課題解決に貢献するため、新たなビジョン「もっと、ずっと、健やかに。最先端の技術と
      英知で、未来を切り拓く企業」と、2018年度を起点とした2022年度までの5か年の「中期経営計画2022」を2019年
      4月に発表しました。
       「中期経営計画2022」の基本方針は、次のとおりです。

      中期経営計画2022

      <基本方針>
        ポスト・ラツーダ、すなわち、2023年2月20日以降に米国において非定型抗精神病薬「ラツーダ」の後発医薬
       品の市場参入が可能となる将来の事業環境を見据えつつ、「変革の時」に対応するため、「成長エンジンの確
       立」と「柔軟で効率的な組織基盤づくり」により、事業基盤の再構築に取り組む。
        この方針に則り、当社は、2019年12月からロイバント・サイエンシズ・リミテッド(以下「ロイバント社」)

       との戦略的提携を開始するとともに、新設子会社であるスミトバント・バイオファーマ・リミテッド(以下「ス
       ミトバント社」)の傘下に5社の子会社を迎えました。この戦略的提携では、米国における「ラツーダ」の独占
       販売期間終了後の持続的成長に向けて、大型化を期待するレルゴリクス(ゴナドトロピン放出ホルモン受容体ア
       ンタゴニスト)およびビベグロン(β3アドレナリン受容体アゴニスト)を含む多数のパイプラインならびに当
       社のデジタル革新を加速するヘルスケアテクノロジープラットフォームであるDrugOMEおよびDigital                                               Innovation
       とそれらに関わる人材を獲得しました。他方で、ポスト・ラツーダの成長ドライバーとして期待していたナパブ
       カシンの開発を2021年3月に中止しました。
        ナパブカシンの開発中止による影響は、売上収益の減少はスミトバント社新製品の売上増加により補えるもの
       の、スミトバント社新製品の販売関連費用および特許権償却費の計上の影響もあり、コア営業利益は減少すると
       見込んでいます。これを踏まえて、「中期経営計画2022」で掲げた2022年度の経営目標について、次のとおり修
       正しました。
            2022年度の経営目標

                             従来目標             修正目標
                売上収益             6,000億円             6,000億円

               コア営業利益              1,200億円              600億円

                ROIC ※1               10%              3%

                ROE ※2               12%              3%

            ※1 ROIC=(コア営業利益-法人所得税)/(資本合計+有利子負債)
            ※2 ROE=親会社の所有者に帰属する当期利益/親会社の所有者に帰属する持分
                                 12/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        当社グループは、レルゴリクスおよびビベグロンの製品価値最大化を追求すると同時に、中長期的な事業拡大
       に向け、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野において大型化が期待できる製品の開発に最大限注
       力してまいります。また、フロンティア事業の展開も推進してまいります。事業運営においては、各事業ユニッ
       トおよび地域での基盤強化などの経営体質の強化を進めるとともに、変革を加速する企業文化の醸成と人材の育
       成にも継続して取り組みます。
        また、DrugOMEの解析担当者およびDigital                    Innovationの活用を推進する専任技術者を日米で合わせて約35名擁
       し、生産性の向上と業務課題の解決を進めていますが、今後もデジタル技術を積極的に活用し、データ駆動型企
       業への変革を加速してまいります。
        当社グループは、これらの取組を通じて持続的に成長することにより、2020年代の後半にROE10%以上となるこ
       とを目指してまいります。
      2021年度活動方針

       新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により、当社グループが事業を展開する各国・地域におい
      て、情報提供活動の制限や臨床試験の遅延が生じるなど、事業活動への様々な影響が続いています。当社グループ
      は、引き続き、患者さんに確実に医薬品をお届けするため、原材料の確保から製品の製造および販売に至る各段階
      の活動が停滞しないよう細心の注意を払い、医薬品の安定供給に努めるとともに、医療関係者、取引先、従業員等
      の安全を最優先に事業活動を進めてまいります。また、オンラインコミュニケーションツールの活用など、テレ
      ワークにより対面での意思疎通ができないことを補う取組を推進してまいります。
       当社グループの2021年度の事業活動方針は、次のとおりです。

      ①CSR経営

        当社グループは、CSR経営を実践していくための重要課題をマテリアリティとして特定しています。マテリアリ
       ティでは、革新的な医薬品と医療ソリューションの創出、サイエンス発展への貢献などの持続的成長のために重
       要な独自性の高い「価値創造につながるマテリアリティ」と、コーポレートガバナンス、コンプライアンスなど
       の事業活動継続のために不可欠である「事業継続の基盤となるマテリアリティ」に分類して取り組んでいます。
       今後も様々なステークホルダーからのご意見を踏まえ、定量目標の設定も含め、当社の企業理念に整合する適切
       な目標となるよう継続的な見直しを行い、また、これを実践することを通じて、企業価値の向上に取り組んでま
       いります。
                                 13/145










                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ②研究開発活動
        当社グループは、「グローバル・スペシャライズド・プレーヤー」を2033年の目指す姿として掲げています。
       精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野の重点3領域でグローバルリーダーになることを目指し、積
       極的に研究開発に取り組むとともに、価値にフォーカスしたベストインクラスの医薬品の開発や、感染症領域の
       研究開発にも取り組んでまいります。また、医薬品以外のヘルスケア領域でのソリューションを提供することを
       目的として、フロンティア事業にも取り組んでまいります。また、AIを用いた創薬やDrugOMEなどの積極的なデジ
       タル技術の活用および日米各グループ会社の連携強化を通じたシナジー効果の発揮により、研究開発の生産性向
       上にも取り組んでまいります。
       (ア)精神神経領域







         先端技術を取り入れながら築いた自社独自の創薬技術プラットフォームを基盤に、競争力のある創薬研究を
        推進しています。精神疾患領域(統合失調症、うつ、神経疾患周辺症状など)においては、神経回路病態に基
        づく創薬によりアンメット・メディカル・ニーズを満たす治療の最適化を目指し、神経疾患領域(認知症、
        パーキンソン病、希少疾患など)においては、分子病態メカニズムに基づく創薬により神経変性疾患の根治療
        法を目指しています。また、自社製品の臨床試験の情報から得られた知見をトランスレーショナル研究に活用
        し、ゲノム情報やイメージング画像などのビッグデータから適切な創薬ターゲットやバイオマーカーを選定す
        ることで、研究開発の確度の向上を図ってまいります。
         開発段階では、日米が一体となったグローバル臨床開発体制のもと、戦略的な開発計画を策定し、効率的に
        臨床開発を推進して、早期に承認取得することを目指しています。
         SEP-363856について、米国での統合失調症を対象としたフェーズ3試験ならびに日本および中国での統合失
        調症を対象としたフェーズ2/3試験を推進し、加えて、他の疾患を対象とした臨床試験の開始に向けて検討
        を進めてまいります。また、SEP-4199について、国際共同フェーズ2試験の結果を踏まえて、双極Ⅰ型障害う
        つを対象としたフェーズ3試験を開始します。さらには、エクセンティア・リミテッドとの共同研究を通じ
        て、AIを活用して創製した、強迫性障害を対象としたフェーズ1試験を実施中のDSP-1181や、治療抵抗性うつ
        を対象としたフェース1試験を実施中のSEP-378614などの初期開発品についても、積極的に取り組んでまいり
        ます。
                                 14/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       (イ)がん領域
         当社グループは、これまでの研究開発活動を通じて、様々な知見を得るとともに、創薬力を強化し、特長を
        有する複数の開発パイプラインを創出してまいりました。これらを生かし、引き続きアンメット・メディカ
        ル・ニーズの高いがん領域の研究開発に注力してまいります。
         創薬においては、自社が有する新規技術を用いたモダリティ展開やアカデミアとの共同研究などの取組を通
        じて競争力を高め、革新的な新薬の創出を目指してまいります。
         開発段階では、当社の特長を有する開発パイプラインについて、短期、小規模の試験により最適な対象がん
        種および製品価値を見極め、成功確度の向上と早期の承認取得を目指してまいります。
         膠芽腫を対象とした併用での国際共同フェーズ3試験を実施中のがんペプチドワクチンであるアデグラモチ
        ド酢酸塩/ネラチモチドトリフルオロ酢酸塩(開発コード:DSP-7888)のほか、急性骨髄性白血病を対象とし
        て外部研究機関主導治験によるフェーズ1/2試験を実施中のdubermatinib(開発コード:TP-0903)に加え
        て、初期開発品の臨床開発を進めてまいります。
       (ウ)再生・細胞医薬分野

         オープンイノベーションを基軸に、高度な工業化・生産技術と最先端のサイエンスを追求する当社独自の成
        長モデルにより早期事業化を目指し、複数の研究開発プロジェクトを推進してまいります。神経領域および眼
        疾患領域に関するプロジェクトを着実に推進するとともに、立体臓器の再生を含む次世代の再生医療の取組も
        視野に入れ、グローバル(日本、米国およびアジア)での展開を目指し、まずは日本および米国を中心に次期
        中期経営計画(以下「次期中計」)の期間(2023年度から2027年度まで)での収益貢献を目指してまいりま
        す。
         小児先天性無胸腺症を対象として2021年4月に再申請を行ったRVT-802について、2021年度中の承認取得に向
        けて取り組んでまいります。iPS細胞由来では、パーキンソン病を対象として京都大学にて医師主導治験実施中
        の先駆け審査指定制度の指定品目である「非自己iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞」について、2021年度中に
        7例すべての治験予定の患者さんへの細胞移植が完了する予定であり、当社グループは、京都大学と連携して
        実用化に向けて取り組むとともに、米国での2022年度の企業治験開始を目指した準備を進めてまいります。ま
        た、加齢黄斑変性について、2021年度中の企業治験開始を目指し、網膜色素変性、脊髄損傷および腎不全の研
        究開発プロジェクトについても提携先とともに積極的に推進してまいります。さらには、次世代技術を取り入
        れたパイプラインの拡充にも取り組んでまいります。
       (エ)感染症領域

         薬剤耐性菌感染症治療薬、マラリアワクチンおよびユニバーサルインフルエンザワクチンの共同研究を推進
        するなど、グローバルヘルスに貢献するため、引き続き研究開発に積極的に取り組み、次期中計の期間中の実
        用化を目指してまいります。
       (オ)その他の領域

         米国における「ラツーダ」の独占販売期間終了後の成長に向けて、価値にフォーカスしたベストインクラス
        の医薬品の開発などを推進してまいります。米国において、子宮筋腫を対象とした承認申請を行ったレルゴリ
        クス配合剤について、着実な承認取得に向けて取り組む                          (2021年5月承認取得済)            とともに、子宮内膜症を対
        象とした承認申請に         向けて準備を進めてまいります              。また、rodatristat          ethylについて、肺動脈性肺高血圧症
        (PAH)を対象としたフェーズ2試験を進めてまいります。
         日本においては、イメグリミン塩酸塩の2型糖尿病を対象とした承認取得に向けて取り組んでまいります。
        (2021年6月承認取得済)
       (カ)フロンティア事業

         株式会社Save       Medicalとの2型糖尿病管理指導用モバイルアプリケーション(開発コード:SMC-01)の共同
        開発を推進するなど、自社医薬事業とシナジーが見込める領域として、メンタルレジリエンス(精神神経疾患
        の兆候を早期に把握することによる悪化の未然防止)およびアクティブエイジング(高齢者の健康の意識レベ
        ルからの改善および維持・向上)にフォーカスし、核となる技術(情報系、工学系等)やネットワーク(アラ
        イアンス、ベンチャー投資等)などの事業基盤の構築を進めることにより、次期中計の期間に成長エンジンと
        して確立することを目指し、日本、米国および中国を中心に様々な展開の可能性を追求してまいります。
                                 15/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ③各地域セグメントにおける事業活動
        日本においては、薬価中間年改定の開始などの薬剤費抑制策により厳しさを増す市場環境に対応すべく、より
       一層の効率的な事業運営を推進してまいります。精神神経領域では、2020年6月に統合失調症および双極性障害
       におけるうつ症状の改善を適応症として上市した「ラツーダ」の市場浸透に努めてまいります。糖尿病領域で
       は、2型糖尿病治療剤「トルリシティ」、「エクア」および「エクメット」の販売拡大に努めるとともに、2021
       年度に上市を計画しているイメグリミン塩酸塩の販売準備活動を進めてまいります。
        北米セグメントでは、ポスト・ラツーダを見据えた成長路線の確立を目指し、サノビオン・ファーマシュー
       ティカルズ・インク(以下「サノビオン社」)およびスミトバントグループにおいて事業活動を進めてまいりま
       す。サノビオン社では、当社グループの収益の柱である「ラツーダ」のさらなる収益拡大、また、2020年9月に
       上市したパーキンソン病に伴うオフ症状治療剤「キンモビ」に注力してまいります。スミトバントグループで
       は、マイオバント・サイエンシズ・リミテッド(以下「マイオバント社」)が2021年1月に上市した進行性前立
       腺がん治療剤「オルゴビクス」(一般名:レルゴリクス)および2021年度に上市を計画している子宮筋腫を対象
       としたレルゴリクス配合剤「マイフェンブリー」について、ファイザー・インク(以下「ファイザー社」)との
       コ・プロモーションにより速やかな市場浸透および販売拡大に注力してまいります。ユーロバント・サイエンシ
       ズ・リミテッド(以下「ユーロバント社」)では、2021年4月に上市した過活動膀胱治療剤「ジェムテサ」(一
       般名:ビべグロン)の市場浸透に努めてまいります。マイオバント社およびユーロバント社の販売に際しては、
       サノビオン社が有するコマーシャル機能を有効活用するなど、効率的な販売に努めてまいります。
        当社グループは、中国を第3の柱として基盤強化に取り組むとともに、アジアを成長市場として捉えて足場固
       めを推進してまいります。中国セグメントでは、薬剤費抑制策が進んではいるものの、さらなる成長に向けて、
       カルバペネム系抗生物質製剤「メロペン」、非定型抗精神病薬「ロナセン」および「ラツーダ」の販売拡大に努
       めてまいります。東南アジアでは、自社パイプラインに適した国での事業拡大を進めるとともに、提携企業との
       連携による「メロペン」および「ラツーダ」の販売拡大に努めてまいります。
      ④ 柔軟で効率的な組織基盤の構築

        当社グループは、「変革の時」に対応し、「ちゃんとやりきる力」を強化するため、「粘り強く精緻に物事を
       進める文化」を維持しつつ、環境変化を好機と捉えて潮流を読み、自ら変革して柔軟に動く文化の醸成および人
       材の育成を推進してまいります。
        また、事業環境の変化に対応していくため、基盤強化を進めるとともに、Digital                                      Innovationの利用拡大など
       デジタル革新を推進してまいります。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響によりテレワークを余儀なくさ
       れるなかでの業務効率の向上など、これを機に働き方改革の加速に取り組んでまいります。
      株主還元

       当社は、株主への還元について、安定的な配当に加えて、業績向上に連動した増配を行うことを基本方針として
      おり、「中期経営計画2022」で掲げているとおり、2018年度から2022年度までの5年間における平均の配当性向
      20%以上を目指してまいります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

                                 16/145







                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】
       当社グループの財政状態、経営成績およびキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)に重要な影響を
      及ぼす可能性のある主なリスクには以下のようなものがあります。当社は、これらのリスクが発生する可能性を認
      識した上で、発生の防止または最小化に努めるとともに、発生した場合の的確な対応に努めていく方針です。
       なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。また、

      すべてのリスクを網羅したものではなく、現時点では予見できない又は重要と見なされていないリスクの影響を将
      来的に受ける可能性があります。
      (1)  新製品の研究開発に関わるリスク

        当社グループは、独創性の高い国際的に通用する有用な新製品の開発に取り組んでおります。しかしながら、
       新薬開発の難度が高まる中、開発が今後計画どおりに進み承認・発売に至るとは限らず、また、有効性や安全性
       の観点から開発が遅延し、または開発を中止しなければならない事態も起こり得ます。大型化を期待している研
       究開発品目においてそのような事態が発生した場合には、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能
       性があります。
        当社グループでは研究開発リスクも踏まえつつ、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野を重点3

       領域として研究開発に注力し、当該領域におけるパイプラインの充実化を進めております。                                           また、グローバルで
       運営する開発体制とすることにより、戦略的な開発計画を策定し、効率的な臨床開発を推進しております。当社
       では、開発ステージの移行時期にあわせて計画修正の是非等を確認する会議体などを通じて適宜研究開発方針を
       見直し、適切にポートフォリオを管理しております                        。
      (2)  連結売上収益における比率の高い特定製品に関するリスク

        当社グループの収益の柱である、「ラツーダ」(ルラシドン塩酸塩)の当連結会計年度の北米での売上収益
       は、当社連結売上収益の40%を占めております。「ラツーダ」の有力な競合品の出現(これには先発医薬品メー
       カーによる競合品の上市のほか、後発医薬品メーカーによる「ラツーダ」の競合品の発売が含まれますが、これ
       らに限りません。)または原材料調達を含むサプライチェーンへの影響その他の予期せぬ事情等により、売上収
       益が減少した場合には、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループでは、中期経営計画2022のもと、成長エンジンの確立に取り組んでおります。精神神経領域、が

       ん領域および再生・細胞医薬分野の重点3領域を中心とする研究開発への注力に加え、戦略的投資によって早期
       の収益に貢献することが期待できる後期開発品目の獲得を含むパイプラインの充実化を図っております。また、
       自社医薬事業とのシナジーが見込める領域を中心に、社会に新しい価値を提供するヘルスケアソリューションの
       事業化に向けたフロンティア事業の立ち上げにも取り組んでおります。地域戦略においては、主力市場である日
       本および北米に加え、中国を第3の柱として事業基盤の強化に取り組んでおります。
      (3)  知的財産権に関わるリスク

        当社グループは研究開発において種々の知的財産権を保有しておりますが、当社グループの技術を十分な範囲
       で権利化できない場合、競合他社が当社グループの知的財産権を回避した場合、または当社が厳格に管理してい
       るノウハウなどの営業秘密が予期せぬ事態により外部に流出した場合には、競争上の優位性を確保できない可能
       性があります。また、当社グループの事業は多くの知的財産権によって保護されていますが、保有する知的財産
       権が第三者に侵害された場合のほか、知的財産権の有効性や帰属を巡る係争が発生した場合には、競争上の優位
       性を十分に保持できない可能性があります。これらのリスクが顕在化した場合には、当社グループの経営成績等
       に重要な影響を及ぼす可能性があります。他方、当社グループは、事業活動に必要な知的財産権について適法に
       使用する権限を有していると認識しておりますが、当該認識の範囲外で第三者の知的財産権を侵害する可能性が
       あります。
        当社グループでは、主となる物質特許のみならず、用途、製法、製剤などの関連特許を含めたパテントポート

       フォリオを構築し、製品および開発品の総合的な保護を図っております。また、再生・細胞医薬分野の事業化を
       推進するため、同分野における当社グループの技術を権利化するにあたっての課題を検討し、権利化のための方
       策を講じております。
      (4)  医療制度改革について

                                 17/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        国内においては、急速に進展する少子高齢化等により医療保険財政が悪化する中、先発医薬品の価格抑制や後
       発医薬品の使用促進などの医療費抑制策が図られ、さらなる医療制度改革の論議が続けられております。また、
       医 療用医薬品の最大市場である米国においても、連邦・州政府および世論を通じたブランド薬の薬価引き下げ圧
       力が年々高まっており、薬価抑制を企図した制度改革が決定・導入される可能性があります。さらには、中国に
       おいても政府による医薬品の集中購買制度の拡大をはじめとした医薬品費用抑制を企図する医療制度変更が推進
       されています。これら各国の医療制度改革の方向性によっては当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす
       可能性があります。当社グループは、医薬品会社として各国制度を遵守し、制度に従って適切に対応を行いま
       す。
      (5)  副作用に関わるリスク

        医薬品は開発段階において充分に安全性の試験を実施し、世界各国の所轄官庁の厳しい審査を受けて承認され
       ておりますが、市販後に新たな副作用が見つかることも少なくありません。当社グループが販売する医薬品につ
       いて市販後に予期せぬ副作用が発生した場合は、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があり
       ます。当社グループでは、国内外で収集された安全性情報をデータベースで一元管理して評価し、医薬品の安全
       性確保および適正使用のために必要な対策を立案し、タイムリーな安全対策の実施につなげております。このよ
       うな活動は、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」や「医薬品、医薬部外
       品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の製造販売後安全管理の基準に関する省令」を遵守した医薬品安全性
       監視活動として実践しております。
      (6)  品質に関わるリスク

        当社グループは、厳格な品質管理のもと製品の製造および委託製造を行っておりますが、重大な品質問題が発
       生した場合には、製品回収、行政処分、社会的信用の毀損等により、当社グループの経営成績等に重要な影響を
       及ぼす可能性があります。当社製品のグローバルな製造及び流通については、医薬品等の製造管理及び品質管理
       の基準(GMP)や医薬品規制調和国際会議(ICH)ガイドライン等の薬事関連法規に準拠しており、厚生労働省、米
       国食品医薬品局(FDA)や欧州医薬品庁(EMA)などの所管当局の厳しい査察を受け、許可を得ております。ま
       た、これら製造所に対しては当社グループにて定期的な監査を行い、重大な品質問題や法令違反がないことを確
       認しております。さらにグローバル品の製造所に対しては海外提携企業からの監査も受けており、グローバルレ
       ベルの厳しい品質基準もクリアする高い設備設計水準や品質保証体制を整えております。
      (7)  主要な事業活動の前提となる事項について

        当社グループの主な事業は医療用医薬品事業であり、国内においては、「医薬品、医療機器等の品質、有効性
       及び安全性の確保等に関する法律」等の薬事に関する法令に基づき、その研究開発および製造販売等を行うにあ
       たり、「第一種医薬品製造販売業」、「第二種医薬品製造販売業」(いずれも有効期間5年)等の許可等を取得
       しております。また、海外においても医療用医薬品事業を行うにあたっては、当該国の薬事関連法規等の規制を
       受け、必要に応じて許可等を取得しております。これらの許可等については、各法令で定める手続きを適切に実
       施しなければ効力を失います。また各法令に違反した場合、許可等の取消し、または期間を定めてその業務の全
       部もしくは一部の停止等を命ぜられることがある旨が定められております。当社グループは、現時点において、
       許可等の取消し等の事由となる事実はないものと認識しておりますが、将来、当該許可等の取消し等を命ぜられ
       た場合には、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループは、コンプライアンスの推進を全ての事業活動の土台と位置付け、法令および企業倫理の遵守に

       努めております。当社では、「コンプライアンス行動基準」を制定し、事業活動における具体的な行動の規範と
       しております。また、当社および国内外におけるグループ会社のコンプライアンスに関する事項を統括するコン
       プライアンス担当執行役員を設置しております。コンプライアンス担当執行役員は、当社のコンプライアンス委
       員会に加えて、国内グループ会社コンプライアンス委員会および海外グループ会社コンプライアンス委員会の委
       員長を務めるとともに、各委員会の活動状況を取締役会に報告しております。
                                 18/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (8)  訴訟に関わるリスク
        当社グループの事業活動に関連して、医薬品の副作用、製造物責任、公正取引等に関連し、訴訟を提起される
       可能性があります。これらの訴訟およびその他の訴訟には性質上不確実性があり、その動向によっては、当社グ
       ループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
      (9)  工場の閉鎖または操業停止に関わるリスク

        当社グループの工場が、技術上の問題、使用原材料の供給停止、火災、地震、その他の災害、感染症拡大等に
       より閉鎖または操業停止となり、製品の供給が遅滞もしくは休止した場合、当社グループの経営成績等に重要な
       影響を及ぼす可能性があります。当社グループの工場では、事業継続計画(BCP)に基づいて緊急時対応手順をマ
       ニュアルとして整備し、対応しています。
      (10)   非金融資産の減損損失リスク

        当社グループは、持続的成長のために、企業買収や開発品の導入等を行っておりますが、これに伴い、のれん
       や仕掛研究開発等の無形資産を計上しております。開発の中止や当初想定した利益の実現が見込めない等、期待
       する将来利益の低下により、買収および導入等から見込まれる回収可能価額が、のれんや無形資産の帳簿価額を
       下回ると想定される場合、減損損失が発生し、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性がありま
       す。当社グループは、定期的にこれらのれんや無形資産の減損テストを通じて評価額を把握し、適切に処理して
       おります    。
      (11)   金融資産に関わるリスク

        当社グループは、他社株式等の金融資産を保有しております。これら保有する金融資産の市場価額または公正
       価値が帳簿価額を下回った場合、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。当社は、
       企業提携、重要な取引先との取引関係の構築・維持その他事業上の必要性のある場合を除き、新たに他社の株式
       を保有しないこととしております。また、定期的にこれらの金融資産の減損テストを行い、評価額変動の把握お
       よび必要な処理を行っております               。
      (12)   金融市況および為替変動による影響について

        金利動向によっては借入金等の支払利息が増加するほか、金融市況の悪化によっては退職給付制度債務が増加
       するなど、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。当社グループでは、金利リスク
       を回避する目的で固定・変動金利を組み合わせた資金調達の最適化を図っております。また、為替相場の変動に
       よっては、外貨建て金融資産および連結子会社業績等の円換算において、重要な影響を受ける可能性がありま
       す。当社グループでは、為替リスクを回避する目的で為替予約を行っております。
      (13)   親会社との取引について

        当社と親会社である住友化学株式会社との間で、研究所および工場の土地賃借、これらの事業所等で使用する
       用役や主に原薬を製造する際に使用する原料の購入契約を締結しております。当該契約等は、一般的な市場価格
       を参考に双方協議のうえ合理的に価格が決定され、当事者からの申し出がない限り1年ごとに自動更新されるも
       のであります。このほか、親会社から出向者の受入を行っており、また、資金効率向上等の観点から親会社への
       短期貸付を実施しております。今後も当該取引等を継続していく方針でありますが、同社との契約・取引内容等
       に変化が生じた場合には、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        当社が親会社と行う重要な取引等については、当社の企業価値の向上の観点からその公正性および合理性を確
       保するために、独立社外取締役が出席する取締役会において承認を得ることとするなど、重要性に応じて適切に
       監督しております。
                                 19/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (14)   海外事業展開、大規模災害・感染症等に関するリスク
        当社グループは、北米、中国を中心にグローバルな事業活動を展開しておりますが、各国の規制・制度変更や
       外交関係の悪化、政情不安等のリスクが内在しており、このようなリスクに直面した場合、当社グループの事業
       計画が達成できず、経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。また、大規模災害や感染症の大流行に
       直面した場合、当社グループの事業計画が達成できず、経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。当
       社では、事業活動に影響を及ぼすリスクに対応するため「リスクマネジメント規則」を制定し、社長がリスクマ
       ネジメントを統括することを明確にするとともに、リスクごとにリスクマネジメントを推進する体制を整備して
       おります。大規模災害発生・感染症の大流行に際しては、直ちに対策本部を設置して全社的な対応体制を構築す
       るとともに、医薬品企業の使命として製品供給を第一に考え、生産・供給体制を整備いたします                                            。
      (15)   情報管理に関するリスク

        当社グループは、各種情報システムを使用しているため、システムの障害やコンピューターウィルス等によ
       り、業務が阻害される可能性があります。また、個人情報を含め多くの機密情報を保有していますが、これらが
       社外に漏洩した場合には、損害賠償、行政処分、社会的信用の毀損等により、当社グループの経営成績等に重要
       な影響を及ぼす可能性があります。当社では記録・情報の取扱いおよびITセキュリティに関する社内ルールを制
       定し、継続的に社員教育を実施し、適切な運用に努めております。
      (16)   環境保全に関するリスク

        当社グループは、研究開発および製品製造のために種々の化学物質を使用しており、重大な環境問題が発生し
       た場合には、操業停止、行政処分、社会的信用の毀損等により、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼ
       す可能性があります。また、将来の環境関連法規制等の強化、環境負荷低減の追加的な義務等による環境保全に
       関連する費用が増加した場合、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。さらには、
       地球規模で気候変動が課題となる中、大型台風や集中豪雨等の水リスクが顕在化することにより国内外事業所お
       よび調達先での操業に影響した場合や、炭素税導入などの規制強化によって原材料・用役コストが増加した場合
       にも、当社グループの経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性があります。
        当社グループは、種々の環境関連法規制等を遵守して事業活動を行っており、国内工場および蘇州工場(中

       国)では環境マネジメントシステムに関する国際規格であるISO14001認証を取得しております。また、グリーン
       製品開発、グリーン設備設計およびグリーン物流ガイドラインを運用し、製品のライフサイクルを通じた環境保
       全の取組を継続しております。気候変動および水に関するリスクと機会については、気候関連財務情報開示タス
       クフォース(TCFD;Task            Force   on  Climate-related        Financial     Disclosures)の提言に沿った情報開示に向けて
       取り組んでおります。
       なお、上記以外にもさまざまなリスクがあり、ここに記載されたものが当社グループのすべてのリスクではあり

      ません。
                                 20/145







                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     当連結会計年度における当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」)の状況
    の概要並びに経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであ
    ります。
     また、文中における将来に関する事項は、当連結会計年度末において当社グループが判断したものであります。
     (1)  重要な会計方針および見積り

     当社グループの連結財務諸表は、IFRSに準拠して作成しております。
     連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5                         経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)          連結財務諸表 連結財務
    諸表注記     3.重要な会計方針」に記載しております。
     連結財務諸表の作成にあたっては、過去の実績や状況に応じ合理的だと考えられる様々な要因に基づき、見積り及び
    判断を行っておりますが、実際の結果は、見積り特有の不確実性があるために、これらの見積りと異なる場合がありま
    す。
     当社グループの財政状態又は経営成績等に重要な影響を及ぼす会計上の見積りおよび判断は、以下のとおりでありま
    す。
    ・のれん及び無形資産

     のれん及び無形資産の減損テストにおける使用価値は、将来キャッシュ・フローの見積額を資金生成単位ごとに設定
    した加重平均資本コスト等を割引率として用い、現在価値に割り引いて算定しております。将来キャッシュ・フローの
    見積りには、対象となる無形資産に関する開発品の上市時期、研究開発活動の成功確率、製品及び開発品の収益予測等
    の計画等、多くの前提条件が含まれておりますが、これらの前提条件や割引率は、将来発生する事象によっては影響を
    受ける可能性があります。
    ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産

     公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示する金融商品のうち、非上場株式の一部については、その公正価
    値を割引キャッシュ・フロー法により算定しております。割引キャッシュ・フロー法に用いる将来キャッシュ・フロー
    の見積りには、非上場会社における開発品の上市時期、研究開発活動の成功確率、収益予測等の計画等、多くの前提条
    件が含まれておりますが、これらの前提条件や割引率は、将来発生する事象によっては影響を受ける可能性がありま
    す。
    ・引当金

     引当金は、期末日における将来の債務の決済時期及び決済に必要と予想されるキャッシュ・フロー等に関する最善の
    見積りに基づいて算定しております。特に、米国で販売している製品に適用される売上割戻引当金の見積りに用いられ
    る将来の販売数量や割戻率等は、将来発生する事象によっては影響を受ける可能性があります。
    ・条件付対価の公正価値

     企業結合により生じた条件付対価は、特定の開発品の開発進捗や販売後の売上収益に応じて支払う対価等であり、そ
    の公正価値は、それらが達成される可能性や時間的価値を考慮して算定しております。特定の開発品の開発進捗や将来
    の売上収益の予測等及び割引率等は、将来発生する事象によっては影響を受ける可能性があります。
    ・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響

     新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行に伴い、日本を含む各国・地域において情報提供活動の制限や
    臨床試験の遅延など、当社グループの事業活動に様々な影響が生じております。
     当社グループは、製品の安定供給に努めるとともに、患者さん、関係者および従業員の安全を最優先に事業活動を進
    めてまいりますが、今後もこの状況が続けば、事業活動がさらなる影響を受ける可能性があり、その場合は、連結財務
    諸表に重要な影響を与える可能性があります。
                                 21/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (2)  経営成績
     当連結会計年度の世界経済は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により経済活動が大きく抑制さ
    れたことを受け、景気は大幅に落ち込み、全体として厳しい状況で推移しました。わが国経済についても、新型コロナ
    ウイルス感染症の影響により個人消費や輸出が大きく減少するなど、厳しい状況で推移し、依然として先行きは不透明
    な状況が続いています。
     医薬品業界においては、日本において薬価中間年改定の対象範囲が拡大されるなど先発医薬品の価格抑制や後発医薬
    品の使用促進が一段と進むなか、研究開発費は益々高騰し、競争は激化しています。一方で、デジタル創薬の取組強化
    や予防・未病領域の事業強化などが進展しています。
     このような状況のもと、当社グループは、2018年度を起点とする5か年の「中期経営計画2022」に基づき、事業活動
    を進めてまいりました。当連結会計年度は、新型コロナウイルス感染症の世界的流行により、当社グループが事業を展
    開する各国・地域において、情報提供活動の制限や臨床試験の遅延が生じるなど、事業活動に様々な影響が生じまし
    た。これに対して、当社グループは、原材料の確保から製品の製造および販売に至る各段階の活動が停滞しないよう細
    心の注意を払い、医薬品を患者さんのもとに確実に届けてまいりました。また、オンライン面談やデジタルツールを活
    用した情報提供活動等を行うなど、医療関係者、取引先、従業員等の安全を最優先に事業活動を進めてまいりました。
     日本においては、「トルリシティ」、「エクア」および「エクメット」、パーキンソン病治療剤「トレリーフ」など
    の主力製品の売上拡大に努めるとともに、当連結会計年度に販売を開始した「ラツーダ」などの新製品の早期の市場浸
    透を図るべく、情報提供活動に注力しました。
     北米においては、サノビオン社が、グローバル戦略品である「ラツーダ」の一層の売上拡大に取り組むとともに、他
    の主力製品や新製品の売上拡大に向けた事業活動を行いました。
     スミトバント社においては、その子会社であるマイオバント社が、レルゴリクスについて、2020年12月に、ファイ
    ザー社との間で、がん領域および婦人科領域における北米での共同開発および共同販売に関する契約を締結しました。
    マイオバント社は、2021年1月に、「オルゴビクス」を米国において発売し、上記契約に基づきファイザー社とのコ・
    プロモーションを開始しました。
     同じくスミトバント社の子会社であるユーロバント社が、2020年12月に「ジェムテサ」の米国での承認を取得しまし
    た。また、スミトバント社は、2021年3月にユーロバント社を完全子会社としました。
     中国においては、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、「メロペン」の医療機関での使用機会が減少するなど、
    厳しい環境のなか、住友制葯(蘇州)有限公司が、「ラツーダ」等の売上拡大に向けた販売活動に取り組みました。
                                 22/145










                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (業績管理指標として「コア営業利益」を採用)
     当社グループでは、IFRSの適用にあたり、会社の経常的な収益性を示す利益指標として、「コア営業利益」を設定
    し、これを当社独自の業績管理指標として採用しています。
     「コア営業利益」は、営業利益から当社グループが定める非経常的な要因による損益(以下「非経常項目」)を除外
    したものとなります。非経常項目として除かれる主なものは、減損損失、事業構造改善費用、企業買収に係る条件付対
    価公正価値の変動額などです。
     当連結会計年度の当社グループの連結業績は、以下のとおりです。

                                               (単位:億円)
                        前連結会計年度                         増減率
                                 当連結会計年度
                                           増減
                        ( 2020年3月     期)                   (%)
                                 ( 2021年3月     期)
              売上収益               4,827         5,160        332       6.9
             コア営業利益                 720         696      △24      △3.3

              営業利益                832         712      △120      △14.4

            税引前当期利益                 839         779      △61      △7.3

              当期利益                359         368        9      2.5

            親会社の所有者に
                                      562
                              408               155      38.0
            帰属する当期利益
     ■  売上収益は、5,160億円           (前連結会計年度比         6.9%増    )となりました。

      日本セグメントにおいて「エクア」および「エクメット」の販売が通年で寄与したこと、また、北米セグメントに
     おいて「ラツーダ」などの売上が拡大したことやレルゴリクス関連の収益認識により、増収となりました。
     ■  コア営業利益は、696億円            (前連結会計年度比         3.3%減    )となりました。
      増収により売上総利益は増加しましたが、スミトバント社およびその子会社の費用が通期での負担となり、コア
     ベースの販売費及び一般管理費ならびに研究開発費が大きく増加したため、コア営業利益は減益となりました。
     ■  営業利益は、712億円          (前連結会計年度比         14.4%減    )となりました。
      当連結会計年度は、がん領域におけるナパブカシンの開発中止や事業計画の見直しに伴い、条件付対価公正価値の
     減少による費用の戻入とそれを上回る無形資産の減損損失を計上しましたが、旧茨木工場の資産売却による固定資産
     売却益があり、営業利益はコア営業利益に比べ増加しました。前連結会計年度は、条件付対価公正価値の減少による
     費用の戻入が無形資産の減損損失を上回っていたこともあり、当連結会計年度の営業利益は前連結会計年度と比べ減
     益となりました。
     ■  税引前当期利益は、779億円             (前連結会計年度比         7.3%減    )となりました。
      当連結会計年度末の円安による為替差益の計上により、金融収益が金融費用を上回ったことから、税引前当期利益
     は営業利益に比べ増加しました。
     ■  当期利益は、368億円          (前連結会計      年度比   2.5%増    )となりました。
      前連結会計年度は米国における繰延税金資産の取崩しがありましたが、当連結会計年度にはそのような要因がない
     ことから法人所得税が減少し、当期利益は増益となりました。
     ■  親会社の所有者に帰属する当期利益は、562億円                      (前連結会計年度比         38.0%増    )となりました。
      スミトバント社傘下の子会社の損失を通期にわたって計上したことにより、当期利益から非支配持分に帰属する損
     失を控除した親会社の所有者に帰属する当期利益は、大幅な増益となりました。
      なお、親会社の所有者に帰属する当期利益の売上収益に対する比率は10.9%となりました                                         。
                                 23/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (セグメント業績指標として「コアセグメント利益」を採用)
     セグメント別の業績では、各セグメントの経常的な収益性を示す利益指標として、「コアセグメント利益」を設定
    し、当社独自のセグメント業績指標として採用しています。
     「コアセグメント利益」は、「コア営業利益」から、グローバルに管理しているため各セグメントに配分できない研
    究開発費、事業譲渡損益などを除外したセグメント別の利益となります。
     セグメント別の経営成績は次のとおりです。

     <日本>
     ■  売上収益は、1,525億円           (前連結会計年度比         9.2%増    )となりました。
      「エクア」および「エクメット」の売上高が通年で計上されたことに加え、「トルリシティ」の伸長や新製品「ラ
     ツーダ」の販売による増収が、長期収載品などの販売減少や薬価改定の影響を上回り、増収となりました。
     ■  コアセグメント利益は、243億円               (前連結会計年度比         6.1%増    )となりました。
      増収による売上総利益の増加に加え、新型コロナウイルス感染症の影響により、販売関連費用などの販売費及び一
     般管理費が減少したことから、増益となりました。
     <北米>

     ■  売上収益は、2,815億円           (前連結会計年度比         7.3%増    )となりました。
      「ラツーダ」や、抗てんかん剤「アプティオム」が引き続き売上を伸ばしたことに加え、レルゴリクスの共同開発
     および共同販売に関する契約などに伴う収入の一部を売上収益に計上したことから、増収となりました。
     ■  コアセグメント利益は、1,169億円                (前連結会計年度比         0.5%減    )となりました。
      増収により売上総利益は増加しましたが、スミトバント社およびその子会社の費用が通期での負担となるなど、販
     売費及び一般管理費が増加したため、減益となりました                          。
     <中国>

     ■  売上収益は、278億円          (前連結会計年度比         2.7%減    )となりました。
      「メロペン」の売上減少の影響が大きく、減収となりました。
     ■  コアセグメント利益は、132億円               (前連結会計年度比         8.1%減    )となりました。
      減収による売上総利益の減少などにより、減益となりました。
     <海外その他>

     ■  売上収益は、172億円          (前連結会計年度比         16.5%増    )となりました。
      東南アジアにおける「メロペン」の販売が減少しましたが、その他の輸出が増加し、増収となりました。
     ■  コアセグメント利益は、87億円              (前連結会計年度比         35.9%増    )となりました。
      増収により売上総利益が増加したことなどから、増益となりました。
     上記報告セグメントのほか、当社グループは、食品素材・食品添加物および化学製品材料、動物用医薬品などの販売

    を行っており、これらの           売上収益は369億円         (前連結会計年度比         1.3%減    )、コアセグメント利益は36億円(前連結会計
    年度比11.6%増)となりました。
                                 24/145







                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (3)  生産、受注及び販売の実績
     ①  生産実績
       当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                      金額(百万円)              前期比(%)
     日本                                       92,651            6.8
     北米                                      236,170           △37.1
     中国                                       33,482           20.4
     海外その他                                       10,536           24.0
     その他                                         12        △75.5
                 合計                          372,851           △25.2
     (注)   1 金額は販売価格により換算したものであります。
        2 セグメント間取引については相殺消去しております。
        3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        4 当連結会計年度において、              北米セグメントにおける生産実績が著しく減少しました。これは、「ラツー
          ダ」等の在庫調整によるものであります。
     ②  仕入実績
       当連結会計年度における仕入実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                      金額(百万円)              前期比(%)
     日本                                       59,437           36.0
     北米                                       7,813          226.4
     中国                                         -          -
     海外その他                                         -          -
     その他                                       28,976           △0.8
                 合計                           96,226           27.8
     (注)   1 金額は仕入価格によっております。
        2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
        3 当連結会計年度において、              日本セグメントにおける仕入実績が著しく増加しました。これは、「トルリシ
          ティ」や、「エクア」および「エクメット」の売上高の増加等によるものであります。
     ③  受注状況
       当社グループの生産は見込生産で、受注生産は行っておりません。
     ④  販売実績
       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
              セグメントの名称                      金額(百万円)              前期比(%)
     日本                                      152,497            9.2
     北米                                      281,493            7.3
     中国                                       27,831           △2.7
     海外その他                                       17,233           16.5
     その他                                       36,898           △1.3
                 合計                          515,952            6.9
     (注)   1 セグメント間取引については相殺消去しております。
        2 主な相手先別の販売実績および総販売実績に対する割合は、次のとおりであります。
                               前連結会計年度               当連結会計年度
                相手先
                           金額(百万円)         割合(%)       金額(百万円)         割合(%)
          マッケソン社(米国)                      87,812       18.2        95,732       18.6
          カーディナル社(米国)                      75,502       15.6        82,143       15.9
          アメリソースバーゲン社(米国)                      65,110       13.5        71,767       13.9
        3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (4)  財政状態
     資産については、非流動資産では、無形資産が償却や減損により減少したことなどから、前連結会計年度末に比べ                                                    441
                                 25/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    億円減少    しました。
     流動資産は、棚卸資産や現金及び現金同等物などの増加により、前連結会計年度末に比べ                                         957億円増加      しました。
     これらの結果、資産合計は前連結会計年度末に比べ                        516億円増加      し、  1兆3,081億円       となりました。
     負債については、連結子会社における開発および販売提携契約の締結により、その他の非流動負債に含まれる前受収
    益が増加したことに加え、引当金などが増加しました。また、長期借入の実施や劣後特約付社債の発行による資金調達
    を行い、短期借入金の返済を行った結果、非流動負債の社債及び借入金が増加し、流動負債の借入金が減少しました。
     これらの結果、負債合計は前連結会計年度末に比べ                        393億円増加      し、  6,599億円     となりました。
     資本については、親会社の所有者に帰属する持分は、利益剰余金の増加等により、前連結会計年度末に比べ                                                 479億円増
    加 し、  5,806億円     となりました。非支配持分は、スミトバント社傘下の子会社の業績が損失となったことに加え、当連結
    会計年度においてユーロバント社を完全子会社化したことにより、前連結会計年度末に比べ                                          356億円減少      しました。
     これらの結果、資本合計は前連結会計年度末に比べ                        123億円増加      し、  6,482億円     となりました。
     なお、当連結会計年度末の親会社所有者帰属持分比率は                          44.4%   となりました。
     (5)  キャッシュ・フロー

     営業活動によるキャッシュ・フローは、法人所得税の支払額が増加しましたが、引当金の増加などのキャッシュの増
    加要因や連結子会社における開発および販売提携契約の締結による契約一時金の受領などにより、前連結会計年度に比
    べ 895億円収入が増加         し、  1,356億円の収入        となりました。
     投資活動によるキャッシュ・フローは、当社旧茨木工場の譲渡により有形固定資産の売却による収入が増加しまし
    た。前連結会計年度には、ロイバント社株式の取得など、投資の取得による支出や、スミトバント社およびその傘下の
    子会社の支配獲得による支出があったため、前連結会計年度に比べ                               3,216億円支出が減少          し、  89億円の収入      となりまし
    た。
     財務活動によるキャッシュ・フローは、前連結会計年度には、ロイバント社との戦略的提携の対価の支払いのため短
    期借入による資金調達を実施しました。一方、当連結会計年度には、長期借入の実施や劣後特約付社債の発行による資
    金調達を行い、短期借入金の返済を実施したことや、ユーロバント社の完全子会社化により、非支配持分からの子会社
    持分取得による支出が増加したことなどから、前連結会計年度に比べ                                2,883億円収入が減少          し、  572億円の支出       となりま
    した。
     上記の結果、当連結会計年度末における現金及び現金同等物は                             1,937億円     となり、前連結会計年度末に比べ               920億円増
    加 しました    。
     当社グループの資本の財源および資金の流動性は、以下のとおりです。

     当社グループは、営業活動によるキャッシュ・フローのほか、銀行借入などにより、必要資金を調達し、買収で取得
    した開発品への先行投資などを行っております。
     当社グループの財務活動の方針は、自己資金に加えて、必要に応じて借入によるレバレッジの活用などにより必要資
    金を確保することであります。
     当連結会計年度においては、財務の健全性維持を考慮した劣後特約付社債の発行による1,200億円の資金調達を行うと
    ともに、金融機関から1,250億円の長期借入を実施し、前連結会計年度にロイバント社との戦略的提携に係る資金として
    調達した短期借入金(ブリッジローン)2,700億円の借換えを実施しました。
     当社グループでは、現金及び現金同等物に短期貸付金を加えた金額を運用資金と定義しております。当連結会計年度
    末の運用資金は2,214億円であり、流動比率(流動資産/流動負債)は165.3%であります。
                                 26/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    4  【経営上の重要な契約等】
     (1)  技術導入
     契約会社名         相手先       国名       技術の内容          対価の支払            契約期間
                                    契約一時金
                                             1974.3~1999.5
    大日本住友製薬                     グリクラジドに関する
            セルヴィエ社        フランス
                                    一定料率のロイ
    ㈱(当社)                     技術
                                             以後1年間ずつ自動更新
                                    ヤルティ
                                             1988.1~2012.12
    大日本住友製薬                     エバスチンに関する技           一定料率のロイ
            アルミラル社        スペイン
    ㈱(当社)                     術           ヤルティ
                                             以後5年間ずつ自動更新
                         エチドロン酸       二ナト            1989.1~2000.12

    大日本住友製薬                                 一定料率のロイ
            テバ社        イスラエル
    ㈱(当社)                                 ヤルティ
                         リウムに関する技術                   以後自動更新
                                             1996.9~
                                    契約一時金
    大日本住友製薬                     アムホテリシンBに関                   発売から10年間又は特許満了
            ギリアド社        アメリカ
                                    一定料率のロイ
    ㈱(当社)                     する技術                   日の長い方
                                    ヤルティ
                                             以後1年間ずつ自動延長
            武田ファーマ
                                             1998.7~
            シューティカル
    大日本住友製薬                     アガルシダーゼアル
                   アメリカ                 契約一時金
            ズ・アメリカ                                 発売から15年間、6カ月前ま
    ㈱(当社)                     ファに関する技術
                                             での協議により延長可能
            社 
            (注)1
                                             2003.3~
    大日本住友製薬        メルク・サンテ              グルコファージに関す
                   フランス                 契約一時金
                                             当社が当該製品の販売を継続
    ㈱(当社)        社              る技術
                                             する限り有効
                                             2004.3~
                                             発売から25年間又は当社が商
            ノボ   ノルディ
    大日本住友製薬                     レパグリニドに関する
                   デンマーク                 契約一時金
                                             標の使用を中止するまでの短
    ㈱(当社)                     技術
            スク社
                                             い方。ただし契約満了後も当
                                             社は販売継続できる
            ブリストル・マ                         契約一時金        2006.7~
    大日本住友製薬                     イルベサルタンに関す
            イヤーズ     スク
                   日本
                                    一定料率のロイ        発売から15年間又は特許満了
    ㈱(当社)                     る技術
            イブ㈱                         ヤルティ        日の長い方
                                    契約一時金        2007.10~
    大日本住友製薬        ニューロクライ              インディプロンに関す
                   アメリカ
                                    一定料率のロイ        発売から15年間又は特許満了
    ㈱(当社)        ン社              る技術
                                    ヤルティ        日の長い方
                                             2013.3~
                                    契約一時金
            ピーティーシー
    大日本住友製薬                     EPI-589に関する技術                   発売から10年間又は独占期間
            セラピューティ        アメリカ
                                    一定料率のロイ
    ㈱(当社)                     (注)2                   のどちらか長い方
            クス社
                                    ヤルティ
                                             協議により延長可能
                                             2017.10~
                                    契約一時金
    大日本住友製薬                     イメグリミンに関する
            ポクセル社        フランス
                                    一定料率のロイ
                                             国毎に、発売から10年間又は
    ㈱(当社)                     技術
                                    ヤルティ
                                             特許満了日の長い方
                                             2007.12~
            ビアル・ポルテ
                         エスリカルバゼピンに
                                             国毎に、発売から10年間、特
    サノビオン社        ラ・アンド・        ポルトガル                 契約一時金
                         関する技術
                                             許満了日、データ独占期間の
            シーエー社
                                             うちいずれか長い方
    サノビオン・
                                    契約一時金        2016.4~2024.12
    シーエヌエス・        アクエスティブ              APL-130277に関する製
                   アメリカ
                                    一定料率のロイ        以後契約会社が終結を通知す
    ディベロップメ        社              剤技術
                                    ヤルティ        るまで
    ント・カナダ社
    スミトモダイ
                                    契約一時金        2013.4~
    ニ  ッ  ポ  ン
                         アルボシジブに関する
            サノフィ社        フランス
                                    一定料率のロイ        ロイヤルティ支払期間満了ま
                         技術
    ファーマ・オン
                                    ヤルティ        で
    コロジー社
                                    マイオバント社
                                             2016.4~
                         レルゴリクス及びMVT-           株式
    マイオバント社        武田薬品工業㈱        日本
                                             ロイヤルティ支払期間満了ま
                         602に関する技術           一定料率のロイ
                                             で
                                    ヤルティ
                                    契約一時金
                                             2017.3~
                         ビベグロンに関する技
    ユーロバント社        メルク社        アメリカ                 一定料率のロイ
                         術
                                             特許満了日まで
                                    ヤルティ
    (注)1 当連結会計年度において、シャイアー社より武田ファーマシューティカルズ・アメリカ社に業務移管されてお
        ります。
      2 当連結会計年度において、EPI-743に関する権利を返還しました。
                                 27/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (2)  技術導出
     契約会社名         相手先       国名       技術の内容          対価の受取            契約期間

    大日本住友製薬                                         1997.10~2024.12 

            エーザイ㈱        日本     ゾニサミドに関する技術            契約一時金
    ㈱(当社)                                         以後2年間ずつ自動更新
    大日本住友製薬

    ㈱(当社)
                                             2017.11~
            アンジェリーニ             ルラシドンに関する技
                   イタリア                 中間製品の供給        発売から16年間
            社             術
                                             以後2年間ずつ自動更新
    サノビオン・
    ヨーロッパ社
                                    契約一時金        2007.7~
                        エスゾピクロンに関す
    サノビオン社        エーザイ㈱        日本
                                    一定料率のロイ        販売承認から15年間又は薬価
                        る技術
                                    ヤルティ        収載後15年間の長い方
                                    契約一時金        2020.3~
            ゲデオンリヒ        ハンガ     レルゴリクスに関する
    マイオバント社                                 一定料率のロイ        相手方と合意した期間の満了
            ター社        リー     技術
                                    ヤルティ        まで
     (3)  販売契約等

     契約会社名         相手先       国名            契約内容                 契約期間

            ヤンセン                                 2002.7~

    大日本住友製薬
                   日本     ハロマンスに関する販売提携
    ㈱(当社)
            ファーマ㈱                                 当社が終結を通知するまで
                                             2002.12~2012.11

    大日本住友製薬        マイランEPD
                   日本     リズミックに関する販売提携
    ㈱(当社)        (同) 
                                             以後1年間ずつ自動更新
                                             2012.6~
    大日本住友製薬
            塩野義製薬㈱        日本     アイミクス配合剤に関する並行販売                    発売から10年間
    ㈱(当社)
                                             以後1年間ずつ自動更新
    大日本住友製薬                                         2015.3~
            鳥居薬品㈱        日本     レミッチに関するプロモーション提携
    ㈱(当社)                                         特許満了日まで
            日本イーライリ

                   日本
            リー㈱                                 2015.7~
    大日本住友製薬
                        トルリシティに関する販売提携                    相手方と合意した期間の満了
    ㈱(当社)
            イーライリリー                                 まで
                   アメリカ
            社
            ヴィアトリス製                                 2018.3~
    大日本住友製薬
            薬㈱        日本     イフェクサーに関するプロモーション提携                    相手方と合意した期間の満了
    ㈱(当社)
            (注1)                                 まで
                                             2019.5~
    大日本住友製薬        ノバルティス             エクア、エクメットに関するプロモーショ
                   日本                         相手方と合意した期間の満了
    ㈱(当社)        ファーマ㈱             ン及び販売提携
                                             まで
                         がん領域および婦人科領域におけるアメ                    2020.12~

    マイオバント社        ファイザー社        アメリカ     リカおよびカナダでのレルゴリクスの共                    開発および販売の双方が終了
                         同開発および共同販売(注2)                    するまで
    (注)1 当連結会計年度において、ファイザー㈱アップジョン事業部門は同社より分離・独立し、ヴィアトリス製薬㈱

        に社名変更しております。
      2 当該契約には、がん領域におけるアメリカ、カナダと一部のアジアを除く地域でのレルゴリクスの販売に関す
        る独占的なオプション権の許諾が含まれております。
                                 28/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     以下の契約については、契約終了の合意                  もしくは契約期間満了          に伴い、当連結会計年度において終了しました。
     技術導出

     契約会社名         相手先       国名       技術の内容          対価の受取            契約期間
                                             2005.6~
                                             発売から10年間又はジェネ
    大日本住友製薬
                         塩酸アムルビシンに関
            セルジーン社        アメリカ                 契約一時金
                                             リック品が市場シェアの20%
                         する技術
    ㈱(当社)
                                             を超えた四半期の第一日目の
                                             長い方
     販売契約等

     契約会社名         相手先       国名            契約内容                 契約期間
    DSファーマア        日本ヒルズ・コ             プリスクリプション・ダイエットに関する

                    日本                         2018.1~2020.12
    ニマルヘルス㈱        ルゲート㈱             販売提携
     (4)  公募ハイブリッド社債(公募劣後特約付社債)の発行

        当社は、2019年10月にロイバント社と戦略的提携に関する契約を締結し、2019年12月に2,700億円の資金の借入
       を行ったうえで、本戦略的提携の対価として総額約30億米ドル(約3,300億円)を支払いました。
        今般、本戦略的提携のために調達した借入金の返済資金の一部に充当することを目的として、2020年9月10日
       に総額1,200億円の公募形式によるハイブリッド社債(劣後特約付社債)を発行しました。
        詳細は、「第5        経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)          連結財務諸表 連結財務諸表注記 22.社債及び借入
       金」に記載しております。
                                 29/145












                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
       当社グループは、精神神経領域、がん領域および再生・細胞医薬分野を研究重点領域として、自社研究に加え、
      技術導入、ベンチャー企業やアカデミアとの共同研究など、あらゆる方法で最先端の技術を取り入れて、研究開発
      活動に取り組んでおり、優れた医薬品の継続的な創製を目指しています。また、感染症領域にも取り組み、グロー
      バルヘルスへの貢献を目指しています。さらに、医薬品以外のヘルスケア領域において、社会課題の解決のための
      新たなソリューションを提供することを目的として、フロンティア事業の立ち上げを目指しています。
       当連結会計年度における主な開発の進捗状況は、次のとおりです。
     (1)精神神経領域

       ①「  キンモビ」(一般名:アポモルヒネ塩酸塩水和物)
         米国において、成人のパーキンソン病に伴うオフ症状の改善を適応症とした承認を2020年5月に取得し、同
        年9月に発売しました。
       ②「  ロナセン」(一般名:ブロナンセリン)
         日本において、統合失調症における小児の用法・用量を追加する一部変更承認を2021年3月に取得し、本剤
        は日本で初めての統合失調症の小児適応を持つ非定型抗精神病薬となりました。
       ③ SEP-363856
         日本および中国において、統合失調症を対象とした国際共同フェーズ2/3試験を開始しました。
     (2)がん領域

       ① 「オルゴビクス」(一般名:レルゴリクス)
         米国において、成人の進行性前立腺がんを適応症とした承認を2020年12月に取得しました。また、欧州にお
        いて、2021年3月に進行性前立腺がんを対象とした承認申請を行いました。
       ② ナパブカシン(開発コード:BBI608)
         米国、日本等において、結腸直腸がんを対象とした国際共同フェーズ3試験を実施していましたが、同試験
        の解析結果において主要評価項目を達成しませんでした。この結果を受けて、実施中の臨床試験を順次中止し
        ました。
       ③   alvocidib(開発コード:DSP-2033)
         米国において、急性骨髄性白血病(AML)を対象としたフェーズ2試験等を実施していましたが、競合状況お
        よびこれまでに得られた知見を踏まえ、これらの試験を中止することにしました。
     (3)再生・細胞医薬分野

       ① RVT-802
         デューク大学と連携して開発中のRVT-802について                       、米国において、小児先天性無胸腺症を対象とした再申請
        の準備を行いました。
       ②   他家iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞
         京都大学において実施されているパーキンソン病を対象とした医師主導治験の4例目から、当社が製造した
        ドパミン神経前駆細胞が移植されています。
       ③   他家iPS細胞由来網膜シート
         神戸市立神戸アイセンター病院において網膜色素変性に対する臨床研究が開始され、予定されていた全2例
        に対して、当社が製造した網膜シートが移植されました。
                                 30/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (4)感染症領域
       ①   薬剤耐性菌感染症治療薬
         北里研究所との共同研究を推進しました。なお、本共同研究は、日本医療研究開発機構(AMED)の医療研究
        開発革新基盤創成事業(CiCLE)に係る研究開発課題として採択されており、AMEDからの委託研究開発費を活用
        しています。
       ② マラリアワクチン
         愛媛大学とのマラリア発病阻止ワクチンの共同研究ならびに愛媛大学および米国PATHとのマラリア伝搬阻止
        ワクチンおよびマラリア感染阻止ワクチンの共同研究を推進しました。なお、これら3つのプロジェクトにつ
        いては、それぞれグローバルヘルス技術振興基金(GHIT                          Fund)の助成案件に選定されています。
       ③ ユニバーサルインフルエンザワクチン
         医薬基盤・健康・栄養研究所との共同研究を推進しました。
     (5)その他の領域

       ①「  ジェムテサ」(一般名:ビベグロン)
         米国において、成人の切迫性尿失禁、尿意切迫感および頻尿の症状を伴う過活動膀胱(OAB)を適応症とした
        承認を2020年12月に取得しました。
       ② レルゴリクス配合剤
         米国において、2020年5月に子宮筋腫を対象とした承認申請を行いました。また、子宮内膜症を対象とした
        2本のフェーズ3試験において良好な解析結果を得ました。
       ③ イメグリミン塩酸塩(開発コード:PXL008)
         日本において、2020年7月に2型糖尿病を対象とした承認申請を行いました。
     (6)フロンティア事業

       ① 2020年6月に、サノビオン社とBehaVR,                     Inc.(ビヘイビア社)との間で、社交不安障害を緩和するVR機器の
         コンテンツに関する共同研究開発契約を締結しました。
       ② 2020年7月に、損害保険              ジャパン株式会社および株式会社Aikomiとの間で、認知症・介護関連のデジタル機
         器の研究開発および事業化に向け               た 連携を開始しました。
       ③ 2020    年8月に、     株式会社Save       Medicalとの間で、2型糖尿病管理指導用モバイルアプリケーション(開発
         コード:SMC-01)の共同開発契約を締結し、                    日本において      、フェーズ3      試験  を開始しました。
       ④ 2020年10月に、         ドローブリッジ・ヘルス・インクとの間で、生活習慣病を対象とした自動採血・保存機器に
         関する共同研究開発契約を締結しました。
       このような研究開発活動の結果、当連結会計年度の研究開発費の総額は                                 1,327   億円(前連結会計年度比           15.3%増    )

      となりました。なお、当該金額は当連結会計年度に計上した減損損失356億円を含んでいることから、これを除いた
      コアベースの研究開発費は971億円(前連結会計年度比4.8%増)となりました。また、当社グループは、研究開発
      費をグローバルに管理しているため、セグメントに配分していません                                。
                                 31/145







                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       当社グループにおける開発状況は以下のとおりであります。
    1.精神神経領域                                           (2021年5月12日現在)
        製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
         (一般名)
                                          米国     フェーズ3
                     統合失調症
                                                フェーズ2/3
    SEP-363856                                     日本・中国
                                                (国際共同試験)
                     パーキンソン病に伴う精神病症状                      米国     フェーズ2
                     (新効能)双極Ⅰ型障害うつ                      中国     フェーズ3

    ラツーダ
    (ルラシドン塩酸塩)
                     (新用法:小児)統合失調症                      日本     フェーズ3
                     パーキンソン病                      米国     フェーズ2

    EPI-589                                      米国     フェーズ2

                     筋萎縮性側索硬化症(ALS)
                                          日本     フェーズ1
                                                フェーズ2
    SEP-4199                双極Ⅰ型障害うつ                    米国・日本
                                                (国際共同試験)
    DSP-6745                パーキンソン病に伴う精神病症状                      米国     フェーズ1
    SEP-378608                双極性障害                      米国     フェーズ1
    DSP-3905                神経障害性疼痛                      米国     フェーズ1
    SEP-378614                治療抵抗性うつ                      米国     フェーズ1
    SEP-380135                アルツハイマー病に伴うアジテーション                      米国     フェーズ1
    DSP-1181                強迫性障害                      日本     フェーズ1
    DSP-0038                アルツハイマー病に伴う精神病症状                      米国     フェーズ1
    2.がん領域                                           (2021年5月12日現在)

        製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
         (一般名)
    レルゴリクス                                      欧州     申請(2021/3)
                     前立腺がん
                                                フェーズ3
                                          米国
    DSP-7888
                                                (国際共同試験)
                     膠芽腫
    (アデグラモチド酢酸塩/
                                                フェーズ2 (注)
                                          日本
     ネラチモチドトリフルオロ
                                                (国際共同試験)
     酢酸塩)
                     固形がん                      米国     フェーズ1/2
                                                フェーズ1/2
    TP-0903
                                                (外部研究機関主導
                     急性骨髄性白血病(AML)                      米国
    (dubermatinib)
                                                 治験)
    DSP-0509                固形がん                      米国     フェーズ1/2
    TP-0184                骨髄異形成症候群に伴う貧血                      米国     フェーズ1/2
    TP-1287                固形がん                      米国     フェーズ1
    TP-3654                骨髄線維症                      米国     フェーズ1
    TP-1454                固形がん                      米国     フェーズ1
    DSP-0390                固形がん                      米国     フェーズ1
    (注)DSP-7888は、2021年5月に、日本において膠芽腫を対象とした国際共同フェーズ3試験を開始しました。
                                 32/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    3.再生・細胞医薬分野                                           (2021年5月12日現在)
        製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
         (一般名)
                                                申請(2019/4)、
                                                審査結果通知(CRL)
    RVT-802                小児先天性無胸腺症                      米国
                                                受領(2019/12)、
                                                再申請(2021/4)
    他家iPS細胞由来ドパミン神経前                                           フェーズ1/2
                     パーキンソン病                      日本
    駆細胞                                           (医師主導治験)
    HLCR011
                                                治験開始に向けて準備
    (他家iPS細胞由来網膜色素
                     加齢黄斑変性                      日本
                                                中
     上皮)
    4.その他の領域                                           (2021年5月12日現在)

        製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
         (一般名)
                                          欧州     申請(2020/3)
                     子宮筋腫(注)1
                                          米国     申請(2020/5)
    レルゴリクス
                                                フェーズ3
                     子宮内膜症                      米国
                                                (国際共同試験)
    PXL008
                     2型糖尿病(注)2                      日本     申請(2020/7)
    (イメグリミン塩酸塩)
                     (新効能)前立腺肥大症を伴う過活動
                                          米国     フェーズ3
    ジェムテサ(ビベグロン)
                      膀胱
                     肺動脈性肺高血圧症(PAH)                      米国     フェーズ2
    rodatristat      ethyl
                     不妊症                     ドイツ      フェーズ2
    MVT-602
                     過活動膀胱                      米国     フェーズ2
    URO-902
    (注)1     レルゴリクスの子宮筋腫の適応症について、米国では2021年5月に承認を取得しました(製品名「マイフェン
        ブリー」)。また、欧州では2021年5月に欧州医薬品庁(EMA)の欧州医薬品評価委員会                                         (CHMP)から承認勧
        告を受領しました(製品名「ライエクオ」)。
       2  PXL008(イメグリミン塩酸塩)については、日本で2021年6月に承認を取得しました(製品名「ツイミー
        グ」)。
    5.フロンティア事業                                           (2021年5月12日現在)

        製品/コード名
                            予定適応症               地域        開発段階
         (一般名)
                                                フェーズ3
    SMC-01
                                                ((株)Save      Medicalと
    (2型糖尿病管理指導用モバイル                2型糖尿病                      日本
    アプリケーション)
                                                の共同開発)
                                 33/145








                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当社グループは、医薬品事業を中心に生産、研究開発および営業活動において積極的な投資を進めております。
      当連結会計年度のソフトウエアを含む設備投資の総額は                          127  億円であり、その主なものは、当社鈴鹿工場における生
     産設備増強のための投資等です。
      なお、当連結会計年度において生産能力に重大な影響を与えるような固定資産の除却、売却などはありません。
      また、当社グループでは資産をセグメントに配分していないため、セグメント別の記載を省略しております。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、以下のとおりであります。
     (1)  提出会社
                                               2021年3月31日       現在
                                 帳簿価額(百万円)
                                                      従業
       事業所名          設備の
                                                      員数
                       建物及び      機械装置       土地
       (所在地)           内容
                                          その他       合計
                                                      (人)
                       構築物     及び運搬具      (面積千㎡)
    鈴鹿工場
                                      121
               生産設備          5,581      4,224              544     10,470      347
                                     (199)
    (三重県鈴鹿市)
    大分工場

                                       ―
               生産設備          1,345      1,001              223     2,569      160
                                     (―)
    (大分県大分市)
    総合研究所

               研究設備およ                        415
                         8,196      1,613              814     11,038      206
               び生産設備                       (49)
    (大阪府吹田市)
    大阪研究所

                                       ―
               研究設備          6,983        33           1,233      8,249      375
                                     (―)
    (大阪市此花区)
    大阪本社

                                     2,099
               管理販売設備          1,424        8           344     3,875      273
                                      (2)
    (大阪市中央区)
    東京本社

                                       ―
               管理販売設備           462       1          1,569      2,032      554
                                     (―)
    (東京都中央区)
    全国15支店

                                       ―
               販売設備           231       ―           1,967      2,198     1,085
                                     (―)
    (大阪市中央区他)
    神戸物流センター他
                                     1,433
    1物流施設
               物流設備           474      500           1,977      4,384       1
                                     (10)
    (神戸市須磨区他)
                                 34/145








                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (2)  国内子会社
       該当事項はありません。
     (3)  在外子会社

                                                2021年3月31日       現在
                                      帳簿価額(百万円)
                                                        従業
                       設備の
                                   機械装置
       会社名        所在地                                         員数
                              建物及び            土地
                        内容
                                    及び          その他      合計
                                                        (人)
                              構築物          (面積千㎡)
                                    運搬具
             米国マサ
                                           417
    サノビオン社         チューセッツ       管理販売設備           3,488      618          1,767     6,290    1,065
                                          (234)
             州
    住友制葯(蘇州)         中国江蘇省                               ―
                     生産設備および管
                                646     217           317    1,180     754
    有限公司         蘇州市                             (―)
                     理販売設備
    スミトモダイニッ

             米国マサ
                                            ―
    ポンファーマ 
             チューセッツ                   771      6         3,386     4,163     162
                     管理販売設備
                                          (―)
             州
    オンコロジー社
    マイオバント・サ

             米国カリフォ                               ―
    イエンシズ・イン                             32     ―         1,585     1,617     405
                     管理販売設備
             ルニア州                             (―)
    ク
     (注)   1 帳簿価額のうち「その他」には、使用権資産を含んでおります。また建設仮勘定は含まれておりません。

       2 上記金額には消費税等は含まれておりません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

      (1)  当社グループにおける重要な設備の新設の計画は、以下のとおりであります。
     新設
                              投資予定金額                着手および完了予定
      会社名                                 資金調達
              所在地       設備の内容
      事業所名                                   方法
                              総額     既支払額
                                               着手       完了
                            (百万円)      (百万円)
    当社
    鈴鹿工場        三重県鈴鹿市         生産設備         2,040       923   自己資金      2019年5月       2022年度中
    当社

                    再生・細胞医薬
    総合研究所        大阪府吹田市                  1,100       ―  自己資金      2020年10月       2021年度中
                     製造施設
    当社

    東京本社        東京都中央区        管理販売設備          1,600       ―  自己資金      2021年6月       2022年8月
    (注)上記金額には消費税等は含まれておりません。

                                 35/145







                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                      発行可能株式総数(株)

               普通株式                                1,500,000,000

                計                              1,500,000,000

      ②  【発行済株式】

             事業年度末現在                       上場金融商品取引所

                       提出日現在発行数(株)
      種類        発行数(株)                      名又は登録認可金融               内容
                        (2021年6月24日)
            ( 2021年3月31日       )                商品取引業協会名
                                     東京証券取引所          単元株式数は100株

     普通株式           397,900,154            397,900,154
                                     (市場第一部)          であります。
      計          397,900,154            397,900,154           ―           ―

     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
    2005年4月1日
      から              229,716       397,900        8,955      22,400         ―     15,860
    2006年3月31日
     (注) 2005年10月1日の住友製薬株式会社との合併(合併比率1:1,290)によるものであります。
        なお、これによる資本準備金の増減はありません。
                                 36/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【所有者別状況】
                                                2021年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                     単元未満
            政府及び
      区分                            外国法人等                  株式の状況
                      金融商品     その他の                個人
            地方公共     金融機関                                計
                                                      (株)
                      取引業者      法人              その他
                                 個人以外      個人
             団体
    株主数(人)           ―     49     34     272     568     37   21,485     22,445        ―

    所有株式数
               ―   951,658      29,891    2,310,424      456,461       139   228,870    3,977,443       155,854
    (単元)
    所有株式数
               ―    23.93      0.75     58.09     11.48     0.00     5.75      100      ―
    の割合(%)
     (注)   1 自己株式607,255株は「個人その他」に6,072単元および「単元未満株式の状況」に55株含まれております。
         なお、自己株式607,255株は、株主名簿記載上の株式数であり、2021年3月31日現在の実保有残高606,255株
         であります。
       2 「その他の法人」および「単元未満株式の状況」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が、それ
         ぞれ2単元および50株含まれております。
     (6)  【大株主の状況】

                                               2021年3月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数       除く。)の総数
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)       に対する
                                                  所有株式数の
                                                   割合(%)
    住友化学株式会社                東京都中央区新川二丁目27番1号                         205,634         51.76
    日本マスタートラスト信託銀行
                    東京都港区浜松町二丁目11番3号                         31,715         7.98
    株式会社(信託口)
    稲畑産業株式会社                大阪市中央区南船場一丁目15番14号                         16,782         4.22

    株式会社日本カストディ銀行

                    東京都中央区晴海一丁目8番12号                         12,828         3.23
    (信託口)
    日本生命保険相互会社                東京都千代田区丸の内一丁目6番6号                          7,581        1.91
    株式会社SMBC信託銀行(株式会
    社三井住友銀行退職給付信託                東京都港区西新橋一丁目3番1号                          7,000        1.76
    口)
    住友生命保険相互会社                東京都中央区築地七丁目18番24号                          5,776        1.45
    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海一丁目8番12号                          4,145        1.04
    (信託口7)
    大日本住友製薬株式会社従業員
                    大阪市中央区道修町二丁目6番8号                          2,934        0.74
    持株会
    あいおいニッセイ同和損害保険
                    東京都渋谷区恵比寿一丁目28番1号                          2,661        0.67
    株式会社
           計                   ―               297,059         74.76
    (注)株式会社SMBC信託銀行(株式会社三井住友銀行退職給付信託口)7,000千株は、株式会社三井住友銀行が保有して

       いた当社株式を退職給付信託に拠出したものであり、当該拠出後における同行の当社株式保有数は、1,125千株
       (持株比率0.28%)であります。
                                 37/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年3月31日       現在
           区分             株式数(株)           議決権の数(個)               内容
     無議決権株式                          ―           ―             ―

     議決権制限株式(自己株式等)                          ―           ―             ―

     議決権制限株式(その他)                          ―           ―             ―

                     普通株式        606,200

     完全議決権株式(自己株式等)                                     ―             ―
                     普通株式      397,138,100

     完全議決権株式(その他)                                  3,971,371                 ―
                                             1単元(100株)未満の
                     普通株式        155,854
     単元未満株式                                     ―
                                             株式
     発行済株式総数                     397,900,154                ―             ―
     総株主の議決権                          ―        3,971,371                 ―

     (注)   1 「完全議決権株式(自己株式等)」の欄は、すべて当社保有の自己株式であります。

       2 「完全議決権株式(その他)」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が200株および株主名簿上
         は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,000株含まれております。但し、「議決
         権の数」欄には、株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式に係る議決権の
         数10個は含まれておりません。
       3 「単元未満株式」の欄には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が50株、当社所有の自己株式が55株含ま
         れております。
      ②  【自己株式等】

                                               2021年3月31日       現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数       発行済株式総数
       所有者の氏名
                     所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
        又は名称
                                 (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
                  大阪市中央区道修町
    大日本住友製薬株式会社                            606,200         ―    606,200          0.15
                  二丁目6番8号
          計             ―         606,200         ―    606,200          0.15
     (注) 株主名簿上は当社名義となっておりますが、実質的に所有していない株式が1,000株あります。なお当該株式数

        は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の中に含まれております。
                                 38/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】            会社法第155条第7号の規定に基づく普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

               区分                 株式数(株)             価額の総額(千円)

    当事業年度における取得自己株式                                   1,217              1,870

    当期間における取得自己株式                                    300              582

     (注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取によ

        る株式数は含めておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                           当事業年度                   当期間

           区分
                               処分価額の総額                  処分価額の総額
                      株式数(株)                  株式数(株)
                                (千円)                  (千円)
    引き受ける者の募集を行った
                            ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                        ―         ―         ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、
    会社分割に係る移転を行った                        ―         ―         ―         ―
    取得自己株式
    その他
                            ―         ―         15         17
    (単元未満株式の買増請求による
    処分)
    保有自己株式数                     606,255            ―      606,540            ―
     (注)   1 当期間における取得自己株式の処理状況には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株
         式の買増請求による株式数は含めておりません。
       2 当期間末の保有自己株式数は、2021年5月31日現在のものであります。
                                 39/145








                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    3  【配当政策】
      当社は、株主の皆様へ常に適切な利益還元を行うことを最も重要な経営方針の一つとして位置付けております。
      当社の剰余金の配当は、中間配当および期末配当の年2回を基本的な方針としております。配当の決定機関は、中
     間配当は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      配当方針につきましては、業績に裏付けられた成果を適切に配分することを重視しており、安定的な配当に加え
     て、業務向上に連動した増配を行うこととしております。また、企業価値のさらなる向上に向け、将来の成長のため
     の積極的な投資を行いつつ、強固な経営基盤の確保と財務内容の充実を図っており、2018年度を起点とする2022年度
     までの中期経営計画では、5年間平均の配当性向として20%以上を目指しております。
      当連結会計年度の業績は、コア営業利益                  696億円    、親会社の所有者に帰属する当期利益                 562億円    を計上しました。
      当連結会計年度の期末配当については、配当方針および当連結会計年度の業績を踏まえ、1株につき14円、年間で
     は1株につき28円の配当を行うことといたしました。
      内部留保資金につきましては、主として国内外における研究開発・事業開発への投資、経営活動の効率化のための
     設備投資および借入金返済等の財務体質の強化の資金として活用することとしております。
      また、当社は会社法第454条第5項に規定する中間配当をすることができる旨を定款に定めております。
      なお、基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                            配当金の総額                1株当たり配当額
            決議年月日
                            (百万円)                  (円)
        2020年10月28日
                                    5,562                 14.00
        取締役会決議
        2021年6月24日
                                    5,562                 14.00
        定時株主総会決議
                                 40/145













                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、「コーポレートガバナンスに関する基本方針」を制定し、企業理念および経営理念のより良い実現を
       目指して、実効性の高いコーポレートガバナンス体制の構築を継続して追求することを重要な経営課題として位
       置づけています。
      ② 企業統治の体制の概要および当該企業統治の体制を採用する理由

        当社は、取締役会と独立した立場で取締役の職務執行を監査する目的で監査役会設置会社を選択しています。
       また、執行役員制度を採用し、経営の監督と業務執行を分離しています。
        取締役会は、独立社外取締役4名を含む9名で構成しており(議長:会長)、原則月1回開催し、経営に関す
       る重要な事項について決議および報告を行っています。
        監査役会は、社外監査役3名を含む5名で構成しており、原則月1回開催し、監査に関する重要な事項につい
       て協議と決議を行うとともに、取締役会付議事項の事前確認等も行っています。
        取締役および監査役の候補者の指名、取締役の報酬の決定などにかかる取締役会の機能の客観性・独立性を強
       化する観点から、取締役会の諮問機関として指名報酬委員会を設置し、必要に応じて開催しています。同委員会
       は、次の6名の委員で構成し、その過半数である4名を独立社外取締役とし、委員長は独立社外取締役から選定
       しています。
       (指名報酬委員会の構成)

       委員長 跡      見      裕(社外取締役)
       委 員 多      田 正    世(取締役会長)
           野      村        博(代表取締役社長)
           新  井  佐恵子(社外取締役)
           遠      藤 信    博(社外取締役)
           碓      井       稔(社外取締役)
        当社の親会社またはその子会社(当社およびその子会社を除く。)(以下「親会社グループ」という。)との

       重要な取引等について、その公正性および合理性を確保し、当社の少数株主の利益保護に資するため、取締役会
       の諮問機関としてグループ会社間取引利益相反監督委員会を設置し、必要に応じて開催しています。同委員会
       は、すべての独立社外取締役で構成し、委員長は委員の互選により選定しています。                                       第201期定時株主総会終結
       後における同委員会の委員長は、2021年7月以降に開催する同委員会において選定する予定です。
       (グループ会社間取引利益相反監督委員会の構成)

       委 員 跡      見      裕(社外取締役)
           新  井  佐恵子(社外取締役)
           遠      藤 信    博(社外取締役)
           碓      井       稔(社外取締役)
        また、社長の意思決定のための諮問機関として経営会議を原則月2回開催し、取締役会の決定した基本方針に

       基づき、経営上の重要な事項を審議しています。さらに、業務執行状況および業務執行にかかわる重要事項につ
       いて社外役員を含む取締役および監査役ならびに執行役員等の間で適切に共有することを目的として経営連絡会
       を原則月1回開催しています。
                                 41/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ③ 企業統治に関するその他の事項










      (ア)内部統制システムおよびリスク管理体制の整備の状況
         当社は、業務の適正を確保するための体制の整備の基本方針について、取締役会において次のとおり決議
        し、運用しています。
       (a)当社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         ・「行動宣言」に基づくコンプライアンスの実践をより確実なものとするため、「コンプライアンス行動基
          準」を制定し、企業倫理の浸透を図ります。
         ・コンプライアンスを推進する体制として、コンプライアンス担当執行役員を委員長とするコンプライアン
          ス委員会及びコンプライアンス委員会事務局を設置し、各部門長をコンプライアンス推進者に任命しま
          す。
         ・コンプライアンス委員会を定期的に開催し、コンプライアンス推進状況を把握し、その概要を取締役会に
          適切に報告します。
         ・コンプライアンス委員会は、取締役及び使用人に対する教育研修の年度方針を策定し、実施します。
         ・コンプライアンスに関する通報・相談をするための窓口として社内外にコンプライアンス・ホットライン
          を設置します。当該通報・相談をした者に対して、当該通報・相談をしたことを理由として不利な取扱い
          をしません。
         ・内部監査を担当する部門を設置して、コンプライアンスの状況の監査を行い、社長及びコンプライアンス
          担当執行役員に適切に報告します。
       (b)当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
         ・記録・情報の取扱いに関する社則を制定し、取締役の職務の執行に係る情報の適切な保存・管理を行いま
          す。
                                 42/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       (c)当社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
         ・リスクマネジメントに関する当社グループとしての基本的な考え方を定めた「DSP                                       Group   Risk   Management
          Policy」を制定し、適切にリスクマネジメントを実施します。
         ・「リスクマネジメント規則」を制定し、社長がリスクマネジメントを統括することを明確にするととも
          に、特性に応じて分類されたリスクごとにリスクマネジメントを推進する体制を整備します。各推進体制
          の運用状況については、定期的に取締役会に報告します。
         ・当社の経営又は事業活動に重大な支障を与えるおそれのある緊急事態が発生した際の影響を最小限にとど
          めるため、「緊急時対応規程」を制定し、経営及び事業の継続性を確保します。
       (d)当社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
         ・「取締役会規則」、「職務権限規則」、「組織規則」、「業務分掌規程」等を制定し、職務権限、業務分
          掌及び意思決定のルールを明確にします。
         ・執行役員制度を導入し、迅速で効率性の高い経営の実現を図ります。
         ・電子決裁システムを導入し、意思決定の迅速化及び効率化を図ります。
       (e)当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
        (ⅰ)子会社の取締役等の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
           子会社は、職務権限、業務分掌及び意思決定のルールを明確にします。
        (ⅱ)子会社の取締役等の職務の執行に係る事項の当社への報告に関する体制
           当社は、適正なグループ運営を推進するための基本事項を定めた社則を制定し、その遵守を子会社が誓
          約することにより、子会社から経営上の重要事項の報告を受けます。
        (ⅲ)子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制
          ・子会社は、その業態やリスクの特性に応じてリスクマネジメントを推進する体制を整備し、適切にリス
           クマネジメントを実施します。
          ・当社は、子会社のリスクマネジメント全般を把握し、助言、指導等の必要な対応を行います。
          ・当社は、当社グループがグループ横断的に取り組むべきリスクについて、必要な推進体制を整備し、当
           社グループにおけるリスクマネジメントを強化します。
        (ⅳ)子会社の取締役等及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
          ・子会社は、適切なコンプライアンス推進体制を整備します。
          ・当社は、子会社が参加するコンプライアンスに関する委員会等を定期的に開催し、子会社のコンプライ
           アンスの強化を図ります。
          ・当社の内部監査を担当する部門は、子会社のコンプライアンスの状況の監査を行い、当社の社長及びコ
           ンプライアンス担当執行役員に適切に報告します。
        (ⅴ)その他当社並びにその親会社及び子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制
          ・親会社である住友化学株式会社のグループ運営の方針を尊重しつつ、当社の独立性を確保し、自律的な
           内部統制システムを整備します。
          ・当社と親会社との取引については、取引の公正性及び合理性を確保し、適切に行います。
       (f)監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
        (ⅰ)監査役の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の当社の取締役からの独立性に関する事項
           及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
           監査役の職務を補助し、監査役会事務局を担当するため、業務執行部門の指揮・命令に服さない使用人
          を配置します。当該使用人の異動及び人事考課は、監査役と協議の上、監査役の意見を尊重して行いま
          す。
        (ⅱ)取締役及び使用人が監査役に報告をするための体制
           当社の取締役及び使用人から監査役への報告に関する手続等を定め、監査役が必要とする情報を適時適
          切に提供します。
        (ⅲ)子会社の取締役、監査役、業務を執行する社員及び使用人又はこれらの者から報告を受けた者が当社の
           監査役に報告をするための体制
           子会社の取締役等から監査役への報告に関する手続等を定め、監査役が必要とする情報を適時適切に提
          供します。
        (ⅳ)前2号の報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するため
           の体制
           前2号の報告をした者に対して当該報告をしたことを理由として不利な取扱いをしません。
                                 43/145

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        (ⅴ)監査役の職務の執行について生ずる費用の前払又は償還の手続その他の当該職務の執行について生ずる
           費用又は債務の処理に係る方針に関する事項
           監査役の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理は、監査役の意見を尊重して、適時適切に行い
          ます。
        (ⅵ)その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制
          ・監査役と代表取締役との会合、監査役と内部監査を担当する部門との会合、並びに監査役、内部監査を
           担当する部門及び会計監査人による三者の会合を定期的に開催します。
          ・監査役から監査役の職務に関する要望があれば、これを尊重し、適時適切に対応します。
       (g)反社会的勢力の排除
         反社会的勢力に対しては断固たる行動をとることを周知徹底し、一切の関係遮断に向けた取組を推進しま
        す。
      (イ)責任限定契約

         当社は、会社法第427条第1項の規定により、賠償責任について、社外取締役4名および社外監査役3名との
        間に、その職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がないときの損害賠償責任を限定する契約(責任限定契
        約)を締結しています。当該契約に基づく責任の限度額は、1,000万円または法令が規定する額のいずれか高い
        額としています。
      (ウ)役員等賠償責任保険契約

         当社は、会社法第430条の3第1項に規定する役員等賠償責任保険契約を保険会社との間で締結しています。
        当該保険契約の被保険者は、当社および国内子会社(以下「当社等」)のすべての役員および執行役員等の重
        要な使用人(以下「役員等」)であり、                   当該保険契約の保険料は当社が全額負担し、                     被保険者が当社等の役
        員等としての業務につき行った行為(不作為を含む。)に起因して保険期間中に被保険者に対して損害賠償請
        求がなされたことにより、被保険者が責任を負う損害賠償金および争訟費用の損害が填補されます。                                               ただし、
        法令に違反することを被保険者が認識しながら行った行為に起因する場合等一定の免責事由があります。
      (エ)取締役の定数および選任の決議要件

         当社は、取締役の定数を3名以上とする旨を定款に定めています。
         また、当社の取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
        主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および取締役の選任決議は累積投票によらないものとする旨
        を定款に定めています。
      (オ)株主総会決議事項を取締役会で決議することができる事項

         当社は、資本施策の機動的な対応を可能とすることを目的として、会社法第165条第2項に基づき、取締役会
        の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨を定款に定めています。
         また、当社は、株主へより安定的で適切な配当を実施することを目的として、会社法第454条第5項に基づ
        き、取締役会の決議によって中間配当をすることができる旨を定款に定めています。
      (カ)株主総会の特別決議要件

         当社は、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目
        的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株
        主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めて
        います。
                                 44/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (キ)会社と株主間取引での利益相反の防止
         住友化学株式会社は、当社の議決権の51.78%を有する親会社であります。親会社と当社の取引に関しては、
        市場価格を勘案して双方協議の上、一般的条件と同様に決定しています。また、親会社と当社間における重要
        な取引につきましては、その決定に際して、取締役会決議を必要としています。さらに、親会社との年間取引
        金額について、取締役会に報告することによって、株主の利益を害するものでないことを確認しています。ま
        た、親会社グループとの重要な取引等については、取締役会の諮問機関として設置した、すべての独立社外取
        締役によって構成されるグループ会社間取引利益相反監督委員会において、少数株主の利益保護の観点から審
        議を行うこととしています。
     (2)  【役員の状況】

      ① 役員一覧
    男性  12 名 女性    2 名 (役員のうち女性の比率             14.3  %)
                                                      所有株式数
        役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                       (千株)
                              1968年4月     住友化学工業株式会社(現住友化学株式
                                   会社)入社
                              1998年6月     同社取締役
                              2002年6月     同社常務取締役
                              2005年1月     旧住友製薬株式会社常務執行役員
                              2005年6月     同社取締役     兼 常務執行役員
       取締役会長        多 田 正 世       1945年1月13日                             1年     130
                              2005年10月     当社取締役     兼 専務執行役員
                              2007年6月     取締役   兼 副社長執行役員
                              2008年6月     代表取締役社長      兼 社長執行役員
                              2018年4月     代表取締役会長
                              2021年4月     取締役会長(現任)
                              1981年4月     住友化学工業株式会社(現住友化学株式
                                   会社)入社
                              2008年1月     当社入社
                              2008年6月     執行役員
                              2012年6月     取締役   兼 執行役員
       代表取締役社長         野 村  博       1957年8月31日                             1年      53
                              2014年4月     取締役   兼 常務執行役員
                              2016年4月     取締役   兼 専務執行役員
                              2017年4月     代表取締役     兼 専務執行役員
                              2018年4月     代表取締役社長(現任)
                              1979年4月      稲畑産業株式会社入社
                              1984年10月      旧住友製薬株式会社入社
       代表取締役
                              2009年6月      ダイニッポンスミトモファーマ             アメリ
                                    カ・インク(現サノビオン社)
       専務執行役員
                                    Senior   Vice  President
                小田切  斉       1957年1月4日                             1年      37
                              2012年4月      当社執行役員
    営業本部担当      兼 営業本部長
                              2016年4月      常務執行役員
    兼 CNS営業部長     兼 Head  of
                              2016年6月      取締役   兼 常務執行役員
     Japan   Business    Unit
                              2019年4月      取締役   兼 専務執行役員
                              2021年4月      代表取締役     兼 専務執行役員(現任)
                              1989年4月      住友化学工業株式会社(現住友化学株
       代表取締役
                                    式会社)入社
                              1992年10月      旧住友製薬株式会社入社
       専務執行役員
                              2010年6月      当社研究企画推進部長
                              2012年4月      事業戦略部長
                木 村  徹       1960年8月5日                             1年      32
    チーフサイエンティフィック
                              2013年9月      再生・細胞医薬事業推進室長
    オフィサー     兼 再生・細胞医
                              2015年4月      執行役員
    薬事業推進、再生・細胞医薬
                              2016年6月      取締役   兼 執行役員
    神戸センター、再生・細胞医
                              2019年4月      取締役   兼 常務執行役員
      薬製造プラント担当
                              2021年4月      代表取締役     兼 専務執行役員(現任)
         取締役
                              1985年4月      旧住友製薬株式会社入社
                              2009年6月      当社経営企画部長
       常務執行役員
                              2010年6月      執行役員
                              2012年1月
                                    サノビオン社      Executive    Vice
    薬事、メディカルインフォ
                                    President
                池 田 善 治       1958年1月5日                             1年      5
    メーション、メディカルア
                              2016年4月      当社常務執行役員
    フェアーズ、信頼性保証本
                              2020年6月      取締役   兼 常務執行役員(現任)
    部、技術研究本部、生産本部
    担当  兼 信頼性保証本部長 
    兼 Deputy     Head  of Japan
       Business    Unit
                                 45/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                                                      所有株式数
        役職名         氏名      生年月日                略歴            任期
                                                       (千株)
                              2010年4月      杏林大学学長
                              2013年6月      当社監査役
                              2017年6月      当社取締役(現任)
        取締役        跡 見  裕       1944年12月5日       2018年4月      杏林大学名誉学長(現任)                1年      -
                              2018年6月      公益財団法人日本膵臓病研究財団理事
                                    長
                              2019年6月      三機工業株式会社社外監査役(現任)
                              2002年11月
                                    有限会社グラティア(現有限会社ア
                                    キュレイ)代表就任(現任)
                              2018年6月      当社取締役(現任)
        取締役       新 井 佐恵子       1964年2月6日                             1年      -
                              2018年6月      東急不動産ホールディングス株式会社
                                    社外取締役(現任)
                              2019年4月      白鴎大学経営学部特任教授(現任)
                              2010年4月
                                    日本電気株式会社代表取締役執行役員
                                    社長
                              2018年6月
                                    株式会社日本取引所グループ社外取締
                                    役(現任)
        取締役       遠 藤 信 博       1953年11月8日                             1年      -
                              2019年6月
                                    当社取締役(現任)
                              2019年6月
                                    日本電気株式会社取締役会長(現任)
                              2019年6月
                                    東京海上ホールディングス株式会社社
                                    外取締役(現任)
                              2008年6月
                                    セイコーエプソン株式会社代表取締役
                                    社長
                              2020年4月      同社取締役会長(現任)
        取締役        碓 井  稔       1955年4月22日                             1年      -
                              2021年6月      当社取締役(現任)
                              2021年6月      株式会社IHI社外取締役(現任)
                              1982年4月      当社入社
                              2010年6月      執行役員
                              2010年6月      事業開発部長
                              2014年4月      常務執行役員
       常勤監査役        大 江 善 則       1957年11月23日                             4年      9
                              2014年4月      信頼性保証本部長
                              2017年4月      特別嘱託
                              2017年6月      常勤監査役(現任)
                              1981年4月      住友化学工業株式会社(現住友化学株
                                    式会社)入社
                              1984年10月      旧住友製薬株式会社入社
                              2009年11月      アジア・オセアニア事業統括部長
       常勤監査役         沓 内  敬       1958年6月26日                             4年      17
                              2010年9月      海外営業部長
                              2011年6月      海外企画開発部長兼海外営業部長
                              2012年4月      内部監査部長
                              2018年6月      常勤監査役(現任)
                              2015年5月      株式会社日本総合研究所取締役会長
                              2016年6月      ハウス食品グループ本社株式会社社外
        監査役
                                    監査役
                藤 井 順 輔       1952年12月22日                             4年      -
                              2017年6月      当社監査役(現任)
        非常勤
                              2020年6月      ハウス食品グループ本社株式会社社外
                                    取締役(現任)
                              1992年1月      森・濱田松本法律事務所パートナー
                              2004年4月      国立大学法人一橋大学法科大学院特任
        監査役
                                    教授(現任)
                射手矢    好 雄
                       1956年1月9日                             4年      -
                              2018年6月      当社監査役(現任)
        非常勤
                              2021年1月      アンダーソン・毛利・友常法律事務所
                                    パートナー(現任)
                              2019年4月      慶應義塾大学名誉教授(現任)
                              2019年4月      同大学薬学部特任教授
        監査役
                              2019年4月      国際医学情報センター顧問(現任)
                望 月 眞 弓       1954年3月10日                             4年      ―
                              2020年4月      国際医療福祉大学特別顧問(現任)
        非常勤
                              2020年10月      日本学術会議副会長(現任)
                              2021年6月      当社監査役(現任)
                            計                            283
     (注) 1 取締役         跡見裕、新井佐恵子、遠藤信博および碓井稔は、社外取締役であります。
        2 監査役      藤井順輔、射手矢好雄および望月眞弓は、社外監査役であります。
        3 所有株式数は、2021年5月31日現在の保有状況であります。
        4 取締役9名の任期は、2021年6月24日選任後、1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定
          時株主総会の終結の時までであります。
        5 常勤監査役        大江善則ならびに監査役            藤井順輔および望月眞弓の任期は、2021年6月24日選任後、4年以
          内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        6 常勤監査役        沓内敬および監査役          射手矢好雄の任期は、2018年6月19日選任後、4年以内に終了する事業
          年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までであります。
        7 当社では、取締役会の活性化および意思決定の迅速化ならびに業務執行の責任体制の明確化を目的として
          執行役員制度を導入しております。
                                 46/145

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
          執行役員(取締役による兼任を除く)は、以下の11名であります。
          常務執行役員        馬場 博之        データデザイン、渉外、法務、知的財産、秘書、IT&デジタル革新
                          推進、フロンティア事業推進担当
          常務執行役員        西中 重行        経営企画、ビジネスディベロップメント、海外事業推進担当
          常務執行役員        原田 秀幸        リサーチディビジョン担当             兼  シニアリサーチディレクター
          執行役員        樋口 敦子        コーポレートガバナンス、            コーポレートコミュニケーション、人事担
                          当
          執行役員        田口 卓也        営業本部副本部長
          執行役員        上月 孝一        開発本部担当       兼  開発本部長      兼  信頼性保証本部副本部長            兼  Deputy
                          Head   of  Japan   Business     Unit
          執行役員        志水 勇夫        リサーチディレクター

          執行役員        佐藤 由美        サノビオン社 Executive            Vice   President     and  Chief   Corporate
                          Strategy     Officer
          執行役員        植野 健司        技術研究本部長
          執行役員        Antony    Loebel    サノビオン社       President     and  CEO
          執行役員        Patricia     S.   スミトモダイニッポンファーマ               オンコロジー社        CEO  兼  Global    Head
                  Andrews        of  Oncology
                                 47/145















                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ② 社外役員の状況
        当社は社外取締役4名、社外監査役3名を選任しています。
        <社外取締役>

                ・同氏は、医学者としての豊富な経験および専門的知識を有しています。当社グループの
                  持続的成長と企業価値向上に向けて、これらの経験や専門的知識を経営に反映していた
                  だくとともに、社外取締役として独立した客観的な立場から経営を監督いただくことを
                  期待して、選任しています。
                ・同氏は当社の独立社外取締役であり、当社は、株式会社東京証券取引所に対し、同氏を
         跡  見 裕
                  独立役員として届け出ています。
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
                ・同氏が理事長を務めていた             公益財団法人日本膵臓病研究財団ならびに                   名誉学長を務める
                  杏林大学および       社外監査役を務める三機工業株式会社と当社との間に重要な取引関係は
                  ありません。
                ・同氏は、複数の企業の経営に携わるなど企業経営者としての豊富な経験および公認会計
                  士としての専門的知識を有しています。当社グループの持続的成長と企業価値向上に向
                  けて、これらの経験や専門的知識を経営に反映していただくとともに、社外取締役とし
                  て独立した客観的な立場から経営を監督いただくことを期待して、選任しています。
                ・同氏は当社の独立社外取締役であり、当社は、株式会社東京証券取引所に対し、同氏を
                  独立役員として届け出ています。
         新  井 佐恵子
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
                ・同氏が特任教授を務める白鴎大学、代表を務める有限会社アキュレイ、社外取締役を務
                  める東急不動産ホールディングス株式会社ならびに契約監視委員会委員および情報セ
                  キュリティ対策監査実施者選定委員会委員を務める年金積立金管理運用独立行政法人
                  (GPIF)と当社との間に重要な取引関係はありません。
                ・同氏は、ICT事業等をグローバルに展開する企業における長年にわたる経営者として
                  の経歴を通じて培われた幅広い見識と豊富な経験を有しています。当社グループの持続
                  的成長と企業価値向上に向けて、これらの見識や経験を経営に反映していただくととも
                  に、社外取締役として独立した客観的な立場から経営を監督いただくことを期待して、
                  選任しています。
                ・同氏は当社の独立社外取締役であり、当社は、株式会社東京証券取引所に対し、同氏を
         遠  藤 信    博
                  独立役員として届け出ています。
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
                ・ 同氏が取締役会長を務める日本電気株式会社ならびに社外取締役を務める株式会社日本
                  取引所グループおよび東京海上ホールディングス株式会社と当社との間に重要な取引関
                  係はありません。
                ・同氏は、情報関連機器等の商品や関連するサービスをグローバルに提供する企業におけ
                  る長年にわたる経営者としての経歴を通じて培われた幅広い見識と豊富な経験を有して
                  います。当社グループの持続的成長と企業価値向上に向けて、これらの見識や経験を経
                  営に反映していただくとともに、社外取締役として独立した客観的な立場から経営を監
                  督いただくことを期待して、選任しています。
         碓  井 稔
                ・同氏は当社の独立社外取締役であり、当社は、株式会社東京証券取引所に対し、同氏を
                  独立役員として届け出ています。
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
                ・同氏が取締役会長を務めるセイコーエプソン株式会社および社外取締役を務める株式会
                  社IHIと当社との間に重要な取引関係はありません。
                                 48/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        <社外監査役>
                ・同氏は、都市銀行およびコンサルティング事業等を展開する企業における長年にわたる
                 経営者としての経歴を通じて培われた幅広い見識と豊富な経験を有しています。これら
                 を当社グループの監査に反映していただくため、選任しています。
                ・当社は、株式会社東京証券取引所に対し、同氏を独立役員として届け出ています。
        藤  井 順    輔
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
                ・同氏が社外取締役を務めるハウス食品グループ本社株式会社と当社との間に重要な取引
                 関係はありません。
                ・同氏は、弁護士としての豊富な経験および専門的知識を有しており、それらを当社の監
                 査に生かせるものと判断し、選任しています。
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
        射手矢 好雄
                ・同氏がパートナーを務めていた森・濱田松本法律事務所ならびにパートナーを務めるア
                 ンダーソン・毛利・友常法律事務所および特任教授を務める国立大学法人一橋大学と当
                 社との間に重要な取引関係はありません。
                ・同氏は、薬学者としての豊富な経験および専門的知識を有しています。これらを当社グ
                 ループの監査に反映していただくため、選任しています。
                ・当社と同氏との間には特別な利害関係はありません。
        望  月 眞    弓
                ・同氏が名誉教授を務める慶應義塾大学および副会長を務める日本学術会議と当社との間
                 に重要な取引関係はありません。
        当社では、次のとおり社外役員の独立性判断基準を定めており、当該基準を充足する社外取締役および社外監

       査役を独立性があるものと判断しています。
      (社外役員の独立性判断基準)

        当社は、次のいずれの事項にも該当しない者について、独立性が認められる者と判断します。ただし、この独
       立性判断基準を形式的に充足している場合においても、具体的な状況に鑑み、実質的に独立性がないと判断する
       ことは妨げられないものとします。
      (ア)   当社を主要な取引先とする者(当社に対して製品またはサービスを提供している者であって、その取引額が
         その者の直前3事業年度のいずれかの年度における年間連結売上収益または年間連結売上高の2%を超える
         者をいう。)またはその業務執行者(会社法施行規則第2条第3項第6号に定める業務執行者と同義とす
         る。以下この独立性判断基準において同じ。)
      (イ)当社の主要な取引先(当社が製品またはサービスを提供している取引先であって、当社の直前3事業年度の
         いずれかの年度における取引額が年間連結売上収益の2%を超える者をいう。)またはその業務執行者
      (ウ)   当社から役員報酬以外に、その者の直前3事業年度のいずれかの年度において1,000万円以上の金銭その他の
         財産を得ているコンサルタント、会計専門家または法律専門家(金銭その他の財産を得ている者が法人、組
         合その他の団体である場合は、当社から1億円以上を得ている団体に所属する者をいう。)
      (エ)   当社からその者の直前3事業年度のいずれかの年度において1,000万円以上の寄付または助成を受けている者
         (寄付または助成を受けた者が法人、組合その他の団体である場合は、当社から1億円以上の寄付または助
         成を受けている団体に所属する者をいう。)
      (オ)過去10年間において次の(a)または(b)に該当していた者
       (a)当社の親会社の業務執行者(業務執行者でない取締役を含み、社外監査役を独立性の判断の対象とする場
          合にあっては、監査役を含む。)
       (b)当社の親会社の子会社(当社およびその子会社を除く。以下同じ。)の業務執行者
                                 49/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (カ)次の(a)から(c)までのいずれかに掲げる者(重要な地位にある者(注1)以外を除く。)の近親者
         (注2)
       (a)上記(ア)から(オ)までに掲げる者
       (b)   当社の子会社の業務執行者(社外監査役を独立性の判断の対象とする場合にあっては、業務執行者でない
          取締役を含む。)、当社の親会社の業務執行者(業務執行者でない取締役を含み、社外監査役を独立性の
          判断の対象とする場合にあっては、監査役を含む。)または当該親会社の子会社の業務執行者
       (c)   過去3年間において当社またはその子会社の業務執行者(社外監査役を独立性の判断の対象とする場合に
          あっては、業務執行者でない取締役を含む。)であった者
        (注)1 重要な地位にある者とは、取締役(社外取締役を除く。)、執行役員および部門長ならびに監査法
             人または会計事務所に所属する公認会計士、法律事務所に所属する弁護士その他同等の重要性を持
             つと客観的・合理的に判断される者をいう。
           2 近親者とは、配偶者および二親等内の親族をいう。
      ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査および会計監査との相互連携並びに内

        部監査部との関係
        社外取締役は、取締役会等において、監査役監査および内部監査の結果について報告を受けるとともに、財務
       報告に係る内部統制の評価結果や業務の適正を確保するための体制の運用状況についても報告を受けており、ま
       た、定期的に会合をもつことにより、社外監査役、常勤監査役、会計監査人および内部監査部と相互に連携を
       図っています。
        社外監査役を含む監査役は、内部監査部と原則月1回会合を開催し、内部監査部より監査体制、監査計画、監
       査実施状況の報告を聴取するほか、相互に意見交換を行うことにより緊密な連携をとっています。さらに、監査
       役および監査役会は、期首や四半期決算時に定期的に会計監査人と会合を開催するほか、必要に応じて会合を開
       催し、積極的に意見・情報交換を行っています。
        また、監査役、会計監査人および内部監査部は、定期的に連絡会を開催し情報交換をするなどその連携を図っ
       ています。
     (3)  【監査の状況】

      ① 監査役監査の状況
        監査役については、3名の社外監査役を含めた5名の監査役を選任しています(財務および会計に関する相当
       程度の知見を有する者1名を含む)。
        当事業年度において、監査役会を13回開催しており、1回当たりの平均所要時間は約180分でした。各監査役の
       出席状況については次のとおりです。
           役職名            氏名       出席回数/開催回数(出席率)
                                  13  回/13    回(100%)
          常勤監査役            大江 善則
                                  13  回/13    回(100%)
          常勤監査役            沓内  敬
                                  13  回/13    回(100%)
          社外監査役            西川 和人
                                  13  回/13    回(100%)
          社外監査役            藤井 順輔
                                  13  回/13    回(100%)
          社外監査役           射手矢 好雄
         監査役会に      おいては、     監査方針、監査計画、監査役の職務の分担を決定し、主に、重点監査項目、監査環境の

       整備状況、内部統制システムの整備・運用状況(リスク管理体制、ガバナンス体制、海外を含む企業集団内部統
       制等)、会計監査人の監査の相当性および再任適否、競業取引・利益相反取引の状況、不祥事等への対応状況等
       についての検討または監視・検証を行っています。
        監査役会は、当事業年度は、1)財務報告                   の適正を確保するための           内部統制を含めた、当社単体および企業集団
       の内部統制システムの整備・運用状況について、2)                        Sumitovant事業の編入を踏まえた                中期経営計画の       見直しおよ
       び 実施状況について、3)          北米事業の方向性および体制整備について、4)                      外部環境変化への対応について、を重点
       監査項目として取り組みました。
        各監査役は、当事業年度の監査方針、監査計画、監査役の職務の分担等に従い、代表取締役と定期的に会合を
       持ち、その他取締役および使用人から積極的な報告を受け、会計監査人との連携、内部監査部門との連携、更に
       三様監査の連携の機会を定期的に持つなど、監査の実効性を高めるための環境整備に努めています。また、取締
                                 50/145

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       役会その他重要な会議に出席し、取締役による経営判断の適法性・妥当性を確認するとともに、取締役および使
       用人等から職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、また、重要な決裁書類等を閲覧する
       こ と等により、内部統制システムの運用状況を監査しています。子会社については、国内外子会社の代表取締役
       等との面談を行うほか、子会社の監査役とも適宜会合を持ち、情報入手に努めることにより、内部統制システム
       の運用状況を監査しています。
        なお、当事業年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、実査を行うことはできず、会議、調査および
       監査は、電子メール、電話会議システム、ウェブ会議システム等により実施しました。事前に会議資料を入手
       し、論点を整理することや会議時間を長く設定すること等により、会議、調査および監査の水準を一定以上に保
       つことができました。
        また、監査役監査の実効性を高め、かつ、監査職務を円滑に遂行するため、監査役の専従スタッフを配置して
       います。
      ② 内部監査の状況

        内部監査については、代表取締役社長直轄の内部監査部(2021年3月31日現在10名)を設置しています。
        内部監査部では、内部統制の目的を達成するための基本的な要素を、子会社を含めて、公正かつ独立の立場で
       監査しています。また、内部監査部は、金融商品取引法に基づく財務報告に係る内部統制についての整備状況お
       よび運用状況の評価を行っています。
      ③ 会計監査の状況

      (ア)監査法人の名称
         有限責任     あずさ監査法人
      (イ)継続監査期間

         15年間
      (ウ)業務を執行した公認会計士

              氏 名              所 属          連続して監査関連業務を行った年数

                        有限責任     あずさ監査法人
            原 田 大 輔                                  3年
                        有限責任     あずさ監査法人
            俣 野 広 行                                  1年
                        有限責任     あずさ監査法人
            立 石 政 人                                  3年
      (エ)監査業務に係る補助者の構成

         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士8名、その他18名が監査業務に携わっております。
      (オ)監査法人の選定方針と理由

         当社の監査役会による会計監査人の選定につきましては、当社の監査に必要な規模・人的組織・国際的ネッ
        トワークを有すること、当社の事業内容および国内外の事業展開を熟知していること、品質管理体制・コンプ
        ライアンス体制が整備され重大な監査上の品質問題を発生させていないこと、独立性に疑義を生じさせるよう
        な利害関係がないこと等を選定・評価基準としております。
         当社は、有限責任          あずさ監査法人が当該基準を満たしており、職務遂行状況等を総合的に勘案した結果、同
        監査法人を適任と判断し、再任いたしました。
         当社監査役会は、会社法第340条に従い会計監査人を解任するほか、別途定める会計監査人の解任または不再

        任の決定の方針に従い、会計監査人が継続して職務を遂行することに関し、重大な疑義が生じた場合には、会
        計監査人の解任または不再任に関する議案を決定し、当社取締役会は、当社監査役会の当該決定に基づき、当
        該議案を株主総会に提出します。
      (カ)監査役及び監査役会による監査法人の評価
         当社の監査役会は会計監査人の選定・評価基準を策定しており、当該基準に基づき会計監査人に対する評価
        を行っております。また、独立性に関する事項、その他監査に関する法令および規定の遵守に関する事項、会
        計監査人の職務の遂行が適正に行われていることを確保するための体制に関するその他の事項等を確認するこ
        とにより、会計監査人に求められる独立性および専門性についても確認を行うこととしております。
                                 51/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ④ 監査報酬の内容等

      (ア)監査公認会計士等に対する報酬
                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                101           -          159            3
       連結子会社                 -           -           -           -
         計              101           -          159            3
         当社における当連結会計年度の非監査業務の内容は、社債発行に係るコンフォートレター作成業務でありま
        す。なお、前連結会計年度においては、該当事項はありません。
      (イ)監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMGグループ)に対する報酬((ア)を除く)

                      前連結会計年度                     当連結会計年度

         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                -          284           -           20
       連結子会社                228           23          218           19
         計              228           307           218           39
         当社における非監査業務は、前連結会計年度はロイバント社との戦略的提携に係る財務調査、税務アドバイ
        ザリー契約等に基づくものであり、当連結会計年度は、税務アドバイザリー契約等に基づくものであります。
         連結子会社における非監査業務は、前連結会計年度、当連結会計年度ともに、税務アドバイザリー契約に基
        づくものであります。
      (ウ)   その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         当社の連結子会社であるスミトバント社は、アーンスト・アンド・ヤングの監査を受けており、当連結会計
        年度における当該監査証明業務に基づく報酬額は58百万円であります。
         また、スミトバント社傘下の一部の子会社においてもアーンスト・アンド・ヤングの監査を受けており、当
        連結会計年度における当該監査証明に基づく報酬額は207百万円、非監査業務に基づく報酬額は21百万円であり
        ます。
      (エ)監査報酬の決定方針

         当社の監査公認会計士等に対する監査報酬につきましては、会計監査人から監査計画の内容、監査業務の実
        施 方法の説明を受け、当社の事業規模、業務の特性、監査時間等を総合的に勘案し、監査役会の同意を得て決
        定することとしております。
      (オ)監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         当社の監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、職務遂行状況および報酬見積りの算出根拠を検証・確認
        し、監査報酬の妥当性を総合的に検討した結果、会計監査人の報酬等について合理的な水準であると判断し、
        会社法第399条第1項に基づき同意を行っております。
     (4)  【役員の報酬等】

      ① 提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数
                              報酬等の種類別の総額(百万円)                     対象となる
                 報酬等の総額
         役員区分                                           役員の員数
                                業績連動型報酬         業績非連動型報酬
                  (百万円)
                          基本報酬
                                                     (名)
                                  (賞与)         (賞与)
     取締役
                       352       304         48          ―         6
     (社外取締役を除く)
     監査役
                       51       51         ―          ―         2
     (社外監査役を除く)
                                 52/145

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     社外取締役および
                       75       72         ―          3         6
     社外監査役
    (注)1 2005年6月29日開催の第185期定時株主総会の決議による取締役および監査役の報酬等の額は、取締役が年
          額4億円以内、監査役が年額1億円以内であり、当該決議における役員の員数は、取締役10名、監査役4
          名です。なお、2021年6月24日開催の第201期定時株主総会の決議により取締役の報酬等の額を年額7億円
          以内と改定しております。
        2 取締役9名の報酬等の総額は391百万円、監査役5名の報酬等の総額は87百万円です。
        3 上記の業績連動型報酬(賞与)には、前事業年度の有価証券報告書記載の支給予定額と確定額の差額1百
          万円を含んでいます。
      ② 提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額

                                連結報酬等の種類別の額(百万円)
                                                  連結報酬等
        氏名        役員区分         会社区分
                                                 の総額(百万円)
                                 基本報酬          賞与
       多田 正世          取締役        提出会社              94         13        107

       野村 博         取締役        提出会社              83         18        101

      ③ 役員の報酬等の額またはその算定方法の決定に関する方針等

      (ア)取締役の報酬等の決定に関する方針等
         当社は、取締役および監査役の候補者の指名、取締役の報酬の決定などにかかる取締役会の機能の客観性・
        独立性を強化する観点から、取締役会の諮問機関として指名報酬委員会を設置しています。また、取締役報酬
        制度として、取締役の個人別の報酬等の内容についての決定の方針を次のとおり定めており、当該方針は、指
        名報酬委員会が取締役会の諮問に基づき審議を行い、その答申を得たうえ、取締役会が決定しています。
       (a)報酬等の体系
          取締役(社外取締役を除く。)の報酬は、基本報酬と業績連動型報酬(賞与)で構成し、当社グループの
         持続的な成長と企業価値の向上に向けたインセンティブとなるよう設定しています。また、基本報酬の一定
         割合を当社役員持株会に毎月拠出し当社株式を取得しており、取得した株式は在任期間中および退任後1年
         間は継続して保有することで、中長期的な企業価値向上への貢献意欲を高めるとともに株主との価値共有を
         進めています。なお、業績連動型報酬(賞与)は、下記(b)の方法により算定し、その報酬等の総額に占
         める割合は1割前後となります。
          社外取締役の報酬は、基本報酬と業績非連動型報酬(賞与)で構成し、監督機能および独立性確保の観点
         から業績と連動しない設定としています。
          基本報酬、業績連動型報酬(賞与)および業績非連動型報酬(賞与)は、代表取締役等の役位に応じた基
         準額を定めており、報酬等の総額は、株主総会で承認されている年額7億円を超えないものとしています。
                                 53/145








                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       (b)業績連動型報酬(賞与)の支給額の算定方法
          取締役(社外取締役を除く。)の業績連動型報酬(賞与)の支給額は、基準額に対し、業績連動要素およ
         び個人業績に基づき、基準額の0~200%の範囲で算定しています。
          業績連動要素は、当社グループにおける会社の経常的な収益性を示す利益指標として設定し、当社独自の
         業績管理指標としている「コア営業利益」を指標とし、目標の達成度合いに基づき、指名報酬委員会におい
         て評価を行っています。また、個人業績は、各取締役(社外取締役を除く。)の業績目標の達成度合いに基
         づき、指名報酬委員会において評価を行っています。なお、当事業年度の「コア営業利益」は、前連結会計
         年度決算発表時に公表した予測値(330億円)を目標とし、その実績は696億円となりました。
       (c)報酬等の決定方法
          取締役の個人別の報酬等の内容は、指名報酬委員会が取締役会の諮問に基づき審議を行い、その答申を得
         たうえ、取締役会が決定しています。また、取締役会が当該報酬等の内容の決定を代表取締役社長に委任す
         ることを決定した場合、代表取締役社長は、指名報酬委員会の取締役会への答申を尊重したうえ決定するこ
         ととしています。
          当事業年度に係る当該報酬等の内容については、業務全体を統括し取締役(社外取締役を除く。)全員の
         職務執行を把握している代表取締役社長野村博が、取締役会から委任を受けて決定しており、指名報酬委員
         会は、当該報酬等の内容が取締役報酬制度に従ったものであることを確認しています。このことから、取締
         役会は、当該報酬等の内容の決定が当該方針に沿うものであると判断しています。
      (イ)監査役の報酬等

         監査役の報酬は基本報酬のみとし、個人別の報酬等の内容は、監査役会の協議により定めています。
                                 54/145













                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (5)  【株式の保有状況】
      ① 投資株式の区分の基準及び考え方
        当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、主と
       して株式の価値変動または配当による利益を受けることを目的とみなしているものを純投資目的である投資株式
       としており、投資先企業との円滑な取引関係の維持・強化などを通じ中長期的な視点で企業価値向上や持続的な
       成長に資すると判断されるものを純投資目的以外の目的である投資株式として区分しております。
      ② 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

      (ア)保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
         当社が定めた「コーポレートガバナンスに関する基本方針」において、政策保有株式に関する方針につい
        て、次のとおり定めています。この方針に基づき、毎年取締役会において、当社が保有する個別の政策保有株
        式について、保有目的、取引状況、含み損益等を評価軸として、保有継続の合理性を確認しています。
         ・当社は、持続的な成長に向けて、企業提携、重要な取引先との取引関係の構築・維持その他事業上の必要

          性のある場合を除き、他社の株式を保有しません。
         ・当社は、個別の政策保有株式について、その保有目的の合理性および経済的な合理性を取締役会において
          毎年確認し、保有の合理性が認められない場合は縮減または売却を進めます。
         なお、当社は、ロイバント社との戦略的提携の実施に際して、2019年12月に同社の株式(非上場)を取得し

        ました。当事業年度末における当該株式の当社グループの連結財政状態計算書における資本合計に対する割合
        は19.0%となっています。
      (イ)銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        非上場株式              39            118,066
        非上場株式以外の株式              26             50,836
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                     銘柄数      株式数の増加に係る取得

                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式               4              770   新規提携などによる取得
                                        新規上場および取引先持株会による
        非上場株式以外の株式               3               52
                                        取得
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                     銘柄数      株式数の減少に係る売却

                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式               2               1
        非上場株式以外の株式              ―               ―
        (注)非上場株式の銘柄数には株式会社ファンペップの新規上場によるものを含んでおります。
                                 55/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (ウ)特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

               当事業年度         前事業年度

                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
                (百万円)         (百万円)
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                 3,400,000          850,000
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    JCRファーマ株                           した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                                                      無
    式会社                           通じて、総合的に判断し保有しています。な
                               お、株式分割により株式数が増加しておりま
                  12,189         8,007
                               す。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
                 3,243,148         3,239,890
    株式会社メディパ                           した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
    ルホールディング                           通じて、総合的に判断し保有しています。な                       有
    ス                           お、当社はメディセオ取引先持株会に入会し
                   6,888         6,538
                               ており、毎月一定金額を拠出し、同社株式の
                               取得を行っております。
                               提携先として良好な関係を維持・強化してい
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
                 2,820,511         2,820,511
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
    サンバイオ株式会
                               通じて、総合的に判断し保有しています。な                       無
    社
                               お、同社株式については2021年3月30日の取
                   5,401         3,272
                               締役会において売却を決議し、現在、売却を
                               進めています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                 1,665,000         1,665,000
    小野薬品工業株式                           くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
                                                      有
    会社                           した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                   4,812         4,139
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  924,278         924,278
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    株式会社スズケン                                                  有
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                   3,998         3,637
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                 1,641,120         1,641,120
    アルフレッサホー
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    ルディングス株式                                                  有
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
    会社
                   3,501         3,305
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               提携先として良好な関係を維持・強化してい
                 1,500,000         1,500,000
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    株式会社ヘリオス                                                  無
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                   2,504         2,261
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  541,600         541,600
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    持田製薬株式会社                                                  有
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                   2,323         2,258
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  346,989         346,989
    三井住友トラス                           な関係を維持・強化していくことの重要性等
    ト・ホールディン                           に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
    グス株式会社                           等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                   1,339         1,084
                               判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  578,426         578,426
    東邦ホールディン                           くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
                                                      有
    グス株式会社                           した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                   1,174         1,311
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               事業運営上必要な保険の契約先として良好な
    MS&AD      イ  ン
                  304,573         304,573
                               関係を維持・強化していくことの重要性等に
    シュアランスグ
                               加え、資本コストを勘案した配当等の定量的                       有
    ループホールディ
                               な評価の実施を通じて、総合的に判断し保有
                    990         921
    ングス株式会社
                               しています。
                                 56/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
               当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
                (百万円)         (百万円)
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                 1,199,525         1,199,525
    株式会社バイタル
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    ケーエスケー・                                                  有
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
    ホールディングス
                    946        1,316
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                 1,461,160         1,461,160
    株式会社三菱UF                           な関係を維持・強化していくことの重要性等
    Jフィナンシャ                           に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
    ル・グループ                           等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    865         589
                               判断し保有しています。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  337,200         337,200
                               な関係を維持・強化していくことの重要性等
    株式会社滋賀銀行                           に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
                               等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    808         866
                               判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  265,800         265,800
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    大阪瓦斯株式会社                                                  有
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                    573         541
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  125,046         125,046
    株式会社三井住友                           な関係を維持・強化していくことの重要性等
    フィナンシャルグ                           に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
    ループ                           等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    501         328
                               判断し保有しています。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  268,612         268,612
                               な関係を維持・強化していくことの重要性等
    株式会社百十四銀
                               に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
    行
                               等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    454         527
                               判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  468,300         467,987
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    株式会社ほくや                           した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
    く・竹山ホール                           通じて、総合的に判断し保有しています。な                       有
    ディングス                           お、当社はほくやく取引先持株会に入会して
                    354         333
                               おり、毎月一定額を拠出し、同社株式の取得
                               を行っております。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  205,714         205,714
    株式会社三十三                           な関係を維持・強化していくことの重要性等
    フィナンシャルグ                           に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
    ループ                           等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    286         307
                               判断し保有しています。
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  172,000         172,000
                               な関係を維持・強化していくことの重要性等
    株式会社紀陽銀行                           に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       有
                               等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    285         275
                               判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  55,000         55,000
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    ダイト株式会社                                                  無
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                    198         162
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  641,000         641,000
    有機合成薬品工業                           くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
                                                      有
    株式会社                           した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                    197         160
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                                 57/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
               当事業年度         前事業年度
                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
                (百万円)         (百万円)
                               競争力のある安定的な資金調達先として良好
                  340,000         340,000
                               な関係を維持・強化していくことの重要性等
    株式会社りそな
                               に加え、資本コストを勘案した配当・取引額                       無
    ホールディングス
                               等の定量的な評価の実施を通じて、総合的に
                    158         111
                               判断し保有しています。
                               提携先として良好な関係を維持・強化してい
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
                  95,200           ―
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
    株式会社ファン                           通じて、総合的に判断し保有しています。な
                                                      無
    ペップ                           お、同社株式は以前より保有しておりました
                               が、2020年12月に上場したことにより、当事
                    45         ―
                               業年度より特定投資株式として追加していま
                               す。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                  55,144         55,144
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    イワキ株式会社                                                  有
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                    36         24
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
                               取引先として良好な関係を維持・強化してい
                   4,000         4,000
                               くことの重要性等に加え、資本コストを勘案
    広栄化学株式会社                                                  無
                               した配当・取引額等の定量的な評価の実施を
                    12         6
                               通じて、総合的に判断し保有しています。
    (注)定量的な保有効果については相手先との機密情報に当たるとの判断から記載しませんが、各銘柄について十分な
       定量的効果があると判断しております。
    みなし保有株式

               当事業年度         前事業年度

                                                     当社の株
                                   保有目的、定量的な保有効果
               株式数(株)         株式数(株)
        銘柄                                              式の保有
                                    及び株式数が増加した理由
              貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                      の有無
                (百万円)         (百万円)
    株式会社三井住友                           同社株式を退職給付信託に拠出しており、当
                  731,500         731,500
    フィナンシャルグ                           社は議決権行使の指図権限を保持していま                       有
                   2,931         1,919
    ループ                           す。
    株式会社三菱UF                           同社株式を退職給付信託に拠出しており、当
                 2,729,000         2,729,000
    Jフィナンシャ                           社は議決権行使の指図権限を保持していま                       有
                   1,615         1,100
    ル・グループ                           す。
    (注)貸借対照表計上額の上位銘柄を算定する段階で、特定投資株式とみなし保有株式を合算しておりません。
                                 58/145








                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。
      以下「連結財務諸表規則」)第93条の規定により、国際会計基準(以下「IFRS」)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下

      「財務諸表等規則」)に基づいて作成しております。
       また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ
     監査法人による監査を受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成すること

      ができる体制の整備について
      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成
     することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。
     (1) 会計基準の変更等に的確に対応することができる体制を整備するために、IFRSに関する十分な知識を有した従業
      員を配置するとともに、公益財団法人財務会計基準機構等の組織に加入し、セミナー等に参加することによって、
      専門知識の蓄積に努めております。
     (2)  IFRSに基づく適正な連結財務諸表を作成するために、IFRSに準拠したグループ会計処理指針を作成し、これに基

      づいて会計処理を行っております。グループ会計処理指針は、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基
      準書を随時入手し、最新の基準の把握及び当社への影響の検討を行った上で、適時に内容の更新を行っておりま
      す。
                                 59/145










                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
       ①  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                          注記
                              (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                          番号
                               至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
    売上収益                     4,5             482,732              515,952
    売上原価                                  129,673              137,773
    売上総利益                                  353,059              378,179
     販売費及び一般管理費                     6            154,348              190,373
     研究開発費                                 115,112              132,682
     その他の収益                     7             1,404              17,662
     その他の費用                     8             1,764              1,562
    営業利益                                   83,239              71,224
     金融収益                     9             3,568              9,213
     金融費用                     9             2,860              2,586
    税引前当期利益                                   83,947              77,851
    法人所得税                      10             48,029              41,022
    当期利益                                   35,918              36,829
    当期利益の帰属
     親会社の所有者持分                                  40,753              56,219
     非支配持分                                 △ 4,835             △ 19,390
    当期利益                                   35,918              36,829
    1株当たり当期利益(円)
     基本的1株当たり当期利益                     11             102.58              141.50
                                 60/145












                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                          注記
                              (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                          番号
                               至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
    当期利益                                   35,918              36,829
    その他の包括利益
    純損益に振り替えられることのない項目:
     その他の包括利益を通じて公正価値で
                          12             11,350              △ 7,621
     測定する金融資産の変動
     確定給付負債(資産)の純額の再測定                     12               46             6,330
    純損益にその後に振り替えられる可能性の
    ある項目:
     在外営業活動体の換算差額                     12            △ 7,386              5,367
     キャッシュ・フロー・ヘッジ                     12              △ 23              102

    その他の包括利益合計                                   3,987              4,178
    当期包括利益合計                                   39,905              41,007
    当期包括利益の帰属
     親会社の所有者                                  45,670              61,008
     非支配持分                                 △ 5,765             △ 20,001
    当期包括利益合計                                   39,905              41,007
    (注)当連結会計年度において、ロイバント社との戦略的提携に伴う企業結合により取得した資産および引き受けた負
       債について取得対価の配分が完了したため、前連結会計年度の連結包括利益計算書を遡及修正しております。詳
       細は、「連結財務諸表注記 34 企業結合及び非支配持分の取得」に記載しております。
                                 61/145












                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       ②  【連結財政状態計算書】
                                                 (単位:百万円)
                          注記      前連結会計年度              当連結会計年度
                          番号      (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
    資産
     非流動資産
      有形固定資産                   14,17              65,748              64,966
      のれん                    15            173,464              176,492
      無形資産                    16            421,029              383,406
      その他の金融資産                   18,30             200,923              193,035
      未収法人所得税                                   -             6,726
      その他の非流動資産                                 4,173              3,516
      繰延税金資産                    10             27,107              20,191
     非流動資産合計                                 892,444              848,332
     流動資産
      棚卸資産                    19             79,368              92,215
      営業債権及びその他の債権                   20,30             134,491              135,866
      その他の金融資産                   18,30              28,717              29,480
      未収法人所得税                                 5,877               194
      その他の流動資産                                 9,624              8,342
      現金及び現金同等物                    21            101,708              193,698
      小計                                359,785              459,795
      売却目的で保有する資産                    13             4,305                -
     流動資産合計                                 364,090              459,795
    資産合計                                 1,256,534              1,308,127
                                 62/145












                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                           注記       前連結会計年度              当連結会計年度
                           番号      (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
    負債及び資本
    負債
     非流動負債
      社債及び借入金                    22,30              25,020              263,859
      その他の金融負債                   17,24,30               41,306              21,404
      退職給付に係る負債                     27              23,870              15,069
      その他の非流動負債                     26              7,212              53,046
      繰延税金負債                     10              26,768              28,424
     非流動負債合計                                   124,176              381,802
     流動負債
      借入金                    22,30              272,960               9,960
      営業債務及びその他の債務                    23,30              62,251              64,638
      その他の金融負債                   17,24,30               13,906              23,341
      未払法人所得税                                  22,637              24,511
      引当金                     25              84,644              99,851
      その他の流動負債                     26              40,100              55,846
     流動負債合計                                   496,498              278,147
    負債合計                                    620,674              659,949
    資本
      資本金                     29              22,400              22,400
      資本剰余金                     29              17,837              15,855
      自己株式                     29              △ 677             △ 679
      利益剰余金                     29             457,330              508,677
      その他の資本の構成要素                     29              35,780              34,317
     親会社の所有者に帰属する持分合計                                   532,670              580,570
     非支配持分                                   103,190               67,608
    資本合計                                    635,860              648,178
    負債及び資本合計                                   1,256,534              1,308,127
    (注)当連結会計年度において、ロイバント社との戦略的提携に伴う企業結合により取得した資産および引き受けた負
       債について取得対価の配分が完了したため、前連結会計年度の連結財政状態計算書を遡及修正しております。詳
       細は、「連結財務諸表注記 34 企業結合及び非支配持分の取得」に記載しております。
                                 63/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       ③  【連結持分変動計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                                その他の資本の構成要素
                 注記
                                              その他の包括利
                 番号
                                                     確定給付負債
                      資本金      資本剰余金       自己株式      利益剰余金
                                              益を通じて公正
                                                    (資産)の純額
                                              価値で測定する
                                                      の再測定
                                              金融資産の変動
    2019年4月1日残高                    22,400      15,861       △ 674     431,799       32,611        -
     当期利益                    -      -      -     40,753        -      -
     その他の包括利益             12        -      -      -      -     11,350        46
    当期包括利益合計                     -      -      -     40,753      11,350        46
     自己株式の取得             29        -      -      △ 3      -      -      -
     配当金             29        -      -      -    △ 13,111        -      -
     子会社の取得                    -      -      -      -      -      -
     非支配持分との取引                    -     1,976        -      -      -      -
     その他の資本の構成要素
                         -      -      -    △ 2,111      2,157       △ 46
     から利益剰余金への振替
    所有者との取引額等合計                     -     1,976       △ 3   △ 15,222       2,157       △ 46
    2020年3月31日残高                    22,400      17,837       △ 677     457,330       46,118        -
     当期利益                    -      -      -     56,219        -      -
     その他の包括利益             12        -      -      -      -    △ 7,621      6,330
    当期包括利益合計                     -      -      -     56,219      △ 7,621      6,330
     自己株式の取得             29        -      -      △ 2      -      -      -
     配当金             29        -      -      -    △ 11,124        -      -
     非支配持分との取引                    -    △ 1,982        -      -      -      -
     その他の資本の構成要素
                         -      -      -     6,252        78    △ 6,330
     から利益剰余金への振替
     その他の増減                    -      -      -      -      -      -
    所有者との取引額等合計                     -    △ 1,982       △ 2    △ 4,872        78    △ 6,330
    2021年3月31日残高                    22,400      15,855       △ 679     508,677       38,575        -
                                 64/145











                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                                                   (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                 注記
                         その他の資本の構成要素
                                               非支配持分       資本合計
                 番号
                                          合計
                    在外営業活動体      キャッシュ・フ
                                   合計
                     の換算差額      ロー・ヘッジ
    2019年4月1日残高                   △ 3,853       △ 6    28,752      498,138         -    498,138
     当期利益                    -      -      -     40,753      △ 4,835      35,918
     その他の包括利益             12      △ 6,456       △ 23     4,917      4,917      △ 930      3,987
    当期包括利益合計                   △ 6,456       △ 23     4,917      45,670      △ 5,765      39,905
     自己株式の取得             29        -      -      -      △ 3      -      △ 3
     配当金             29        -      -      -    △ 13,111        -    △ 13,111
     子会社の取得                    -      -      -      -    111,568      111,568
     非支配持分との取引                    -      -      -     1,976      △ 2,613      △ 637
     その他の資本の構成要素
                         -      -     2,111        -      -      -
     から利益剰余金への振替
    所有者との取引額等合計                     -      -     2,111     △ 11,138      108,955       97,817
    2020年3月31日残高                   △ 10,309       △ 29     35,780      532,670      103,190      635,860
     当期利益                    -      -      -     56,219      △ 19,390      36,829
     その他の包括利益             12      5,978       102      4,789      4,789      △ 611      4,178
    当期包括利益合計                    5,978       102      4,789      61,008      △ 20,001      41,007
     自己株式の取得             29        -      -      -      △ 2      -      △ 2
     配当金             29        -      -      -    △ 11,124        -    △ 11,124
     非支配持分との取引                    -      -      -    △ 1,982     △ 15,630      △ 17,612
     その他の資本の構成要素
                         -      -    △ 6,252        -      -      -
     から利益剰余金への振替
     その他の増減                    -      -      -      -      49      49
    所有者との取引額等合計                     -      -    △ 6,252     △ 13,108      △ 15,581      △ 28,689
    2021年3月31日残高                   △ 4,331        73     34,317      580,570       67,608      648,178
    (注)当連結会計年度において、ロイバント社との戦略的提携に伴う企業結合により取得した資産および引き受けた負
       債について取得対価の配分が完了したため、前連結会計年度の連結持分変動計算書を遡及修正しております。詳
       細は、「連結財務諸表注記 34 企業結合及び非支配持分の取得」に記載しております。
                                 65/145










                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                           注記
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                           番号
                                 至 2020年3月31日)              至 2021年3月31日)
    営業活動によるキャッシュ・フロー
     当期利益                                   35,918              36,829
     減価償却費及び償却費                                   17,365              22,673
     減損損失                                   35,196              35,720
     条件付対価公正価値の変動額                                  △ 48,474             △ 22,463
     有形固定資産売却損益(△は益)                                    △ 77           △ 16,731
     受取利息及び配当金                                   △ 3,564             △ 1,153
     支払利息                                     699             2,436
     法人所得税                                   48,029              41,022
     営業債権及びその他の債権の増減額
                                        △ 16,374                185
     (△は増加)
     棚卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 14,354             △ 10,039
     営業債務及びその他の債務の増減額
                                         15,241               △ 320
     (△は減少)
     前受収益の増減額(△は減少)                                      -            51,067
     その他の金融負債の増減額(△は減少)                                     912             12,001
     退職給付に係る負債の増減額
                                          338              288
     (△は減少)
     引当金の増減額(△は減少)                                   △ 5,703              13,145
     その他                                    4,601              7,042
    小計                                    69,753              171,702
     利息の受取額                                    2,686               221
     配当金の受取額                                    1,123               942
     利息の支払額                                   △ 1,526             △ 2,229
     法人所得税の支払額                                  △ 25,908             △ 35,035
    営業活動によるキャッシュ・フロー                                    46,128              135,601
    投資活動によるキャッシュ・フロー
     有形固定資産の取得による支出                                   △ 7,722             △ 6,048
     有形固定資産の売却による収入                                     769             21,520
     無形資産の取得による支出                                   △ 5,629             △ 4,758
     投資の取得による支出                                  △ 112,494              △ 9,366
     投資の売却及び償還による収入                                    1,623              8,141
     子会社の支配獲得による支出                                  △ 205,774                 -
     短期貸付金の純増減額(△は増加)                                   16,520               △ 839
     その他                                      23              225
    投資活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 312,684               8,875
    財務活動によるキャッシュ・フロー
     短期借入金の純増減額(△は減少)                       22            270,000             △ 265,000
     長期借入れによる収入                       22               -            125,000
     長期借入金の返済による支出                       22            △ 19,623              △ 2,960
     社債の発行による収入                       22               -            118,927
     リース負債の返済による支出                       22            △ 4,837             △ 4,727
     配当金の支払額                                  △ 13,106             △ 11,120
     非支配持分からの子会社持分取得による支出                                   △ 1,350             △ 19,300
     その他                                     △ 3            1,965
    財務活動によるキャッシュ・フロー                                    231,081              △ 57,215
    現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   △ 35,475              87,261
    現金及び現金同等物の期首残高                        21            137,296              101,708
    現金及び現金同等物に係る換算差額                                     △ 113             4,729
    現金及び現金同等物の期末残高                        21            101,708              193,698
                                 66/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      【連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      大日本住友製薬株式会社(以下「当社」)は日本に所在する企業であります。当社の連結財務諸表は2021年3月31
     日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」)並びに関連会社に対する持分により構成されます。当社
     グループは、医薬品事業を行っており、事業の内容は、事業セグメント(注記4)に記載しております。当社の登記
     している本社及び主要な事業所の住所は、ホームページ(https://www.ds-pharma.co.jp/)で開示しております。
    2.作成の基礎

     (1)  連結財務諸表がIFRSに準拠している旨
       当社グループの連結財務諸表は、連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を
      すべて満たすことから、連結財務諸表規則第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しております。
       なお、当社グループの連結財務諸表は、2021年6月24日開催の取締役会において承認されております。
     (2)  測定の基礎

       連結財務諸表は、重要な会計方針(注記3)に記載している金融商品等を除き、取得原価を基礎として作成して
      おります。
     (3)  機能通貨及び表示通貨

       当社グループの連結財務諸表は当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満の端数を四捨五
      入して表示しております。
     (4)  重要な会計上の見積り、判断及び仮定

       連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の報告額に影響を及
      ぼす見積り、判断及び仮定の設定を行っております。しかし、これらの見積り及び仮定に関する不確実性により、
      翌連結会計年度において資産又は負債の帳簿価額に重要な修正が求められる結果となる可能性があります。
       主な会計上の見積り、判断及び仮定は、以下のとおりであります。
       ・ のれん及び無形資産(注記15,16)
       ・ その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産(注記30)
       ・ 引当金(注記25)
       ・ 条件付対価の公正価値(注記30)
     (5)  表示方法の変更

        (連結キャッシュ・フロー計算書)
       前連結会計年度において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の「その他」に含めていた「有形固定資産売
      却損益(△は益)」および「その他の金融負債の増減額(△は減少)」は、金額的重要性が増したため、当連結会
      計年度より独立掲記することとしました。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の連結財務諸表
      の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結キャッシュ・フロー計算書において、「営業活動によるキャッシュ・フロー」
      の「その他」に表示していた5,436百万円は、「有形固定資産売却損益(△は益)」△77百万円、「その他の金融負
      債の増減額(△は減少)」912百万円、「その他」4,601百万円として組み替えております。
                                 67/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (6)  未適用の公表済み新基準及び解釈指針
       連結財務諸表の承認日までに公表されている基準書及び解釈指針の新設又は改訂のうち、当社グループが早期適
      用していない主なものは、以下のとおりであります。これらの適用による当社グループの連結財務諸表への影響は
      調査中であり、現時点では見積ることができません。
                        強制適用時期        当社グループ

      基準書、解釈指針の新設又は改訂                                      新設又は改訂の概要
                       (以降開始年度)          適用時期
                                        金利指標改革・フェーズ2
       IFRS第7号       金融商品:開示
                                        (既存の金利指標を代替的な金利指標
                       2021年1月1日         2022年3月期
                                        に置替える時に生じる財務報告への影
       IFRS第9号       金融商品
                                        響に関する改定)
     (7)  新基準の早期適用

       早期適用した基準書等はありません。
    3.重要な会計方針

      当社グループが適用する重要な会計方針は、連結財務諸表に記載されているすべての期間において継続的に適用し
     ております。
     (1)  連結の基礎
      ① 子会社
        子会社とは、当社グループにより支配されている企業をいいます。
        支配とは、投資先に対するパワーを有し、投資先への関与により生じるリターンの変動にさらされ、かつ投資
       先に対するパワーを通じてリターンに影響を及ぼす能力を有している場合をいいます。
        当社グループは、子会社に対する支配を獲得した日から当該子会社を連結し、支配を喪失した日に連結の範囲
       から除外しております。また、決算日が異なる子会社の財務諸表は、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく
       財務諸表を使用しております。
        連結財務諸表の作成にあたり、当社グループ間の債権債務残高及び取引高並びに当社グループ内取引により生
       じた未実現損益は相殺消去しております。
        支配の喪失を伴わない子会社に対する持分の変動があった場合には、資本取引として会計処理しております。
       非支配持分の調整額と対価の公正価値との差額は、親会社の所有者に帰属する持分として資本に直接認識してお
       ります。支配を喪失した場合には、支配の喪失から生じた利得または損失は純損益として認識しております。
      ② 関連会社
        関連会社とは、当社グループがその財務及び経営方針に対して重要な影響力を有しているものの、支配はして
       いない企業をいいます。重要な影響力とは、投資先の財務及び営業の方針に対する支配はないが、それらの方針
       の決定に関与する力をいいます。
        当社グループは、関連会社への投資について、持分法を用いて会計処理しております。
        なお、持分法適用会社の決算日は、すべて当社と同じ決算日であります。
      ③ 企業結合
        企業結合は、取得法を用いて会計処理しております。
        被取得企業における識別可能な資産及び負債は取得日の公正価値で測定しております。
        なお、移転された対価には、条件付対価契約から発生したすべての資産又は負債の公正価値が含まれます。
        のれんは、移転した対価と被取得企業の非支配持分の金額の合計が、取得時における識別可能な資産及び負債
       の正味価額を上回った場合に、その超過額として測定しております。また、下回る場合には、直ちに純損益とし
       て認識しております。
        取得関連費用は発生時に純損益で認識しております。
      ④ 共同支配
        共同支配とは、取決めに対する契約上合意された支配の共有をいい、関連性のある活動に関する意思決定が、
       支配を共有している当事者の全員一致の合意を必要とする場合にのみ存在します。共同支配の取決めへの投資
       は、当該取決めの当事者の権利及び義務に応じて、ジョイント・オペレーション(共同支配事業)かジョイン
       ト・ベンチャー(共同支配企業)に分類されます。ジョイント・オペレーションとは、取決めに対する共同支配
       を有する当事者が当該取決めに関する資産に対する権利及び負債に対する義務を有している場合の共同支配の取
       決めをいい、ジョイント・ベンチャーとは、取決めに対して共同支配を有する当事者が当該取決めの純資産に対
       する権利を有している場合の共同支配の取決めをいいます。
                                 68/145

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        ジョイント・オペレーションに対する持分を有する場合は、当該ジョイント・オペレーションの資産、負債、
       収益及び費用の持分をそれぞれの類似する科目に合算しております。
     (2)  外貨換算

      ① 外貨建取引
        外貨建取引は、取引日の為替レート又はそれに近似するレートで機能通貨に換算しております。
        決算日における外貨建貨幣性項目は決算日の為替レートで、公正価値で測定される外貨建非貨幣性項目は当該
       公正価値の測定日の為替レートで、それぞれ機能通貨に換算しております。
        当該換算及び決済により生じる換算差額は、純損益として認識しております。ただし、その他の包括利益を通
       じて測定する金融資産及びヘッジが有効な範囲におけるキャッシュ・フロー・ヘッジから生じる換算差額につい
       ては、その他の包括利益として認識しております。
      ② 在外営業活動体
        在外営業活動体の資産及び負債(取得により発生したのれん及び公正価値の調整を含む)は期末日の為替レー
       トで、収益及び費用は、為替レートに著しい変動がある場合を除き、期中の平均為替レートで日本円に換算して
       おります。
        在外営業活動体の財務諸表の換算から生じる為替換算差額は、その他の包括利益として認識し、その累積額
       は、連結財政状態計算書において、その他の資本の構成要素に計上しております。
        在外営業活動体が処分された場合には、在外営業活動体の累積換算差額を処分した期の純損益として振り替え
       ております。
     (3)  収益

       当社グループは、下記の5ステップアプローチに基づき、収益を認識しております。
       ステップ1:顧客との契約の識別

       ステップ2:契約における履行義務の識別
       ステップ3:取引価格の算定
       ステップ4:履行義務への取引価格の配分
       ステップ5:企業の履行義務の充足による収益の認識
       当社グループは、医療用医薬品等の製商品の販売による収益(製商品の販売)並びに技術導出契約等の締結に伴

      う契約一時金、マイルストン収入及びロイヤルティ収入による収益(知的財産権収入)を主な収益としており、そ
      れぞれの収益認識基準は、以下のとおりであります。
      ① 製商品の販売
        製商品の販売は、製商品を引渡した時点において顧客が当該製商品に対する支配を獲得することから、履行義
       務が充足されると判断しており、当該製商品の引渡時点で収益を認識しております。また、収益は、顧客との契
       約において約束された対価から、返品、値引き及び割戻し等を控除した収益に重大な戻入れが生じない可能性が
       非常に高い範囲内の金額で算定しております。
      ② 知的財産権収入
        契約一時金は、技術導出契約等を締結し、開発権及び販売権等を第三者に付与した時点で収益を認識しており
       ます。
        マイルストン収入は、契約上定められたマイルストンが達成された時点で収益を認識しております。
        ロイヤルティ収入は、契約相手先の売上収益等を基礎に算定された技術導出契約等における対価であり、契約
       相手先の売上収益等の発生と履行義務の充足のいずれか遅い時点で収益を認識しております。
       なお、当社グループは、履行義務の充足により売上収益を認識した後、通常、1カ月~3カ月で売上債権を回収

      しております。また、顧客との契約に重大な金融要素は含まれておりません。
                                 69/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (4)  共同開発及び共同販売
       当社グループは、当社グループの開発品及び製品について、提携企業との間で共同開発及び共同販売契約を締結
      しております。
       この場合、当社グループは医薬品販売(物品の販売)による収益を売上収益として計上し、関連する当社グルー
      プの費用を売上原価、販売費及び一般管理費、研究開発費として計上し、総額で表示しております。また、利益の
      折半のために当社グループが提携企業に支払う費用は、その性質に応じて、売上原価、販売費及び一般管理費、研
      究開発費に計上します。
       なお、これらの契約のうち、主要なものに関しては、「第5                             経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)          連結財務諸
      表 連結財務諸表注記 35.共同開発及び共同販売」に詳細を記載しております。
     (5)  法人所得税

       法人所得税は、当期法人所得税と繰延法人所得税の合計として表示しており、企業結合に関連するもの及び直接
      資本の部又はその他の包括利益で認識される項目に関係する税金を除き、純損益で認識しております。
       当期法人所得税は、期末日時点において施行又は実質的に施行されている法定税率及び税法を適用して、税務当
      局に納付又は税務当局から還付されると予想される金額で算定しております。
       繰延税金資産及び負債は、期末日における資産及び負債の連結財政状態計算書上の帳簿価額と税務基準額との間
      に生じた一時差異、未使用の繰越欠損金及び繰越税額控除について認識しております。ただし、以下の一時差異に
      対しては、繰延税金資産又は負債を認識しておりません。
       ・  のれんの当初認識から生じる場合
       ・  企業結合でない取引で、取引時に会計上の純損益にも課税所得(欠損金)にも影響を与えない取引における資
        産又は負債の当初認識から生じる場合
       ・  子会社及び関連会社に対する投資に係る将来減算一時差異については、予測し得る期間内に当該一時差異が解
        消する可能性が高くない場合又は当該一時差異の使用対象となる課税所得が獲得される可能性が高くない場合
       ・  子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異については、一時差異を解消する時期をコントロー
        ルでき、予測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合
       繰延税金資産は、将来減算一時差異、未使用の繰越欠損金及び繰越税額控除について、将来それらを使用できる
      課税所得が獲得される可能性が高い範囲内で認識しております。また、繰延税金負債は、原則としてすべての将来
      加算一時差異について認識しております。
       繰延税金資産及び負債は、期末日における法定税率又は実質的法定税率及び税法に基づいて、資産が実現する期
      又は負債が決済される期に適用されると予測される税率を用いて算定しております。
       繰延税金資産及び負債は、当期税金資産と当期税金負債を相殺する法律上強制力のある権利を有しており、かつ
      同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合に相殺しております。
     (6)  1株当たり利益

       基本的1株当たり当期利益は、親会社の普通株主に帰属する当期利益を、その期間の自己株式を控除した発行済
      普通株式の加重平均株式数で除して計算しております。
       また、逆希薄化効果を有する潜在株式が存在する場合、当該潜在株式は希薄化後1株当たり当期利益の計算に含
      めておりません。
                                 70/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (7)  有形固定資産
       有形固定資産の認識後の測定方法として、原価モデルを採用しております。有形固定資産は、取得原価から減価
      償却累計額及び減損損失累計額を控除した価額で表示しております。
       取得原価には、資産の取得に直接関連する費用、解体、除去及び原状回復費用並びに資産計上の要件を満たす借
      入費用が含まれております。
       土地及び建設仮勘定以外の有形固定資産の減価償却は、各資産の見積耐用年数にわたり、定額法に基づいて計上
      しております。これらの資産の減価償却は、使用可能となった時点から開始しております。
       主な資産の種類別の耐用年数は、以下のとおりであります。
       ・  建物及び構築物            3~60年
       ・  機械装置及び運搬具                 2~17年
       ・  工具、器具及び備品                 2~20年
       ・  使用権資産       見積耐用年数又はリース期間のいずれか短い年数
       なお、減価償却方法、残存価額及び見積耐用年数は、期末日ごとに見直しを行い、必要に応じて改定しておりま
      す。
     (8)  リース

       当社グループは、契約が特定された資産の使用を支配する権利を一定期間にわたり対価と交換に移転しているか
      否かに基づき、契約がリースであるか、又はリースを含んでいるかを判定しております。
       契約がリース又はリースを含んでいると判定した場合、リース開始日において、使用権資産及びリース負債を認
      識しております。
       ①  使用権資産
        使用権資産は取得原価で当初測定しており、取得原価はリース開始日時点におけるリース負債の当初測定額に
       取得時直接コスト等を調整した金額で認識しております。
        使用権資産の認識後の測定方法として、原価モデルを採用しております。当初認識後は、原資産のリース期間
       又は見積耐用年数のいずれか短い期間にわたり、定額法に基づいて減価償却を行っております。
        また、連結財政状態計算書において、使用権資産は取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除し
       た価額で、有形固定資産に含めて表示しております。
       ②  リース負債
        リース負債は、リース開始日現在で支払われていないリース料の割引現在価値で当初認識しております。通
       常、当社グループは、追加借入利子率を割引率として用いております。当初認識後は、リース負債に係る金利及
       び支払われたリース料を反映するよう、実効金利法に基づき帳簿価額を増減しております。また、連結財政状態
       計算書において、リース負債はその他の金融負債に含めて表示しております。
        リース料は、リース負債残高に対して一定の利子率となるよう金融費用とリース負債の返済部分とに配分して
       おります。金融費用は、連結損益計算書において、使用権資産の減価償却費と区別して表示しております。
       なお、短期リース及び少額資産のリースについて、当社グループは基本的に使用権資産及びリース負債として認

      識せず、リース料総額をリース期間にわたり、定額法に基づいて純損益に計上しております。
     (9)  のれん

       当初認識時におけるのれんの測定については、「(1)                         連結の基礎 ③ 企業結合」に記載しております。
       のれんは、当初認識額から減損損失累計額を控除した価額で表示しております。
       のれんは、償却を行わず、資金生成単位又は資金生成単位グループに配分し、年次又は減損の兆候がある場合に
      はその都度、減損テストを実施しております。なお、のれんの減損損失は純損益として認識され、その後の戻入は
      行っておりません。 
                                 71/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    (10)   無形資産
       無形資産は、のれん以外の物理的実体のない非貨幣性資産であり、個別に取得した、又は企業結合により取得し
      た特許権、技術、販売権及び仕掛中の研究開発等により構成されております。
       個別に取得した無形資産は、当初認識時の取得原価で測定しており、企業結合により取得した無形資産は、取得
      日の公正価値で測定しております。
       無形資産の認識後の測定方法として、原価モデルを採用しております。無形資産は、取得原価から償却累計額及
      び減損損失累計額を控除した価額で表示しております。
       内部発生の研究費用は発生時に費用として認識しております。内部発生の開発費用は、資産として認識するため
      の基準がすべて満たされた場合に限り無形資産として認識しておりますが、臨床試験の費用等、製造販売承認の取
      得までに発生する内部発生の開発費は、期間の長さや開発に関連する不確実性の要素を伴い資産計上基準を満たさ
      ないと考えられるため、発生時に費用として認識しております。
       内部利用を目的としたソフトウェアの取得及び開発費用は、将来の経済的便益の流入が期待される場合には無形
      資産に計上しております。
       仕掛中の研究開発として計上された無形資産以外の無形資産は、各資産の見積耐用年数にわたり、定額法に基づ
      いて計上しております。これらの資産の償却は、使用可能となった時点から開始しております。
       主な無形資産の種類別の耐用年数は、以下のとおりであります。
       ・  製品に係る無形資産                 3~20年
       ・  ソフトウェア                       3~5年
       なお、償却方法、残存価額及び見積耐用年数は、期末日ごとに見直しを行い、必要に応じて改定しております。
       また、仕掛中の研究開発として計上された無形資産は、未だ使用可能な状態にないため、償却をせず、年次又は
      減損の兆候がある場合にはその都度、減損テストを実施しております。
       仕掛中の研究開発は、規制当局の販売承認が得られた時点で特許権、販売権等の項目に振り替えており、当該資
      産が使用可能となった時点から償却を開始しております。
    (11)   非金融資産の減損

       当社グループでは、棚卸資産、退職給付に係る資産及び繰延税金資産を除く、非金融資産の減損の兆候の有無を
      評価しております。
       減損の兆候が存在する場合又は年次で減損テストが要求されている場合は、各資産の回収可能価額の算定を行っ
      ております。のれん及び耐用年数を確定できない、又は未だ使用可能ではない無形資産については、年次又は減損
      の兆候がある場合にはその都度、減損テストを実施しております。
       資産又は資金生成単位の回収可能価額は、処分コスト控除後の公正価値と使用価値とのうち、いずれか高い方の
      金額で測定しております。使用価値の算定において、見積将来キャッシュ・フローは、貨幣の時間的価値及び当該
      資産に固有のリスクを反映した税引前の割引率を用いて、現在価値に割り引いております。資産又は資金生成単位
      の回収可能価額が帳簿価額より低い場合にのみ、当該資産の帳簿価額をその回収可能価額まで減額し、純損益とし
      て認識しております。
       資金生成単位については、他の資産又は資産グループからのキャッシュ・イン・フローから概ね独立したキャッ
      シュ・イン・フローを生成するものとして識別する資産グループの最小単位としております。
       資金生成単位に関連して認識した減損損失は、まずその単位に配分されたのれんの帳簿価額を減額するように配
      分し、次に資金生成単位内のその他の資産の帳簿価額を比例的に減額します。
       のれんに関連する減損損失は戻入れておりません。
       のれん以外の資産については、過去に認識した減損損失は、期末日ごとに、過年度に計上した減損損失の戻入の
      兆候の有無を評価しております。回収可能価額の決定に使用した見積りが変化した場合は、減損損失を戻入れてお
      ります。
       減損損失は、過年度において減損損失を認識しなかった場合の帳簿価額から必要な減価償却費及び償却費を控除
      した後の帳簿価額を超えない金額を上限として戻入れております。
                                 72/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    (12)   金融商品
      ① 金融資産
       (ⅰ)   当初認識及び測定
         当社グループは、金融資産を取引日基準にて当初認識し、当初認識時に償却原価で測定する金融資産と公正
        価値で測定する金融資産に分類しております。金融資産は、次の条件がともに満たされる場合は、償却原価で
        測定する金融資産に分類し、それ以外は、公正価値で測定する金融資産に分類しております。
         ・  企業のビジネスモデルの目的が契約上のキャッシュ・フローを回収するために金融資産を保有することで
          あること
         ・  金融資産の契約条件が、特定された日に元本及び利息の支払いのみによるキャッシュ・フローを生じさせ
          ること
       (ⅱ)   事後測定
         金融資産の当初認識後の測定は、以下のとおりであります。
         (a)償却原価で測定する金融資産
          償却原価で測定する金融資産は、実効金利法により測定しております。
         (b)純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
          純損益を通じて公正価値で測定する金融資産は、公正価値で測定し、その事後的な変動を純損益として認
         識しております。
         (c)その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
          公正価値で測定する金融資産のうち、売買目的ではない資本性金融商品への投資は、当初認識時に、その
         公正価値の事後的な変動をその他の包括利益に表示するという取消不能な選択を行うことが認められてお
         り、当社グループでは金融商品ごとに当該指定を行っております。
          その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産は、公正価値で測定し、その事後的な変動をその
         他の包括利益として認識しております。その他の包括利益として認識した金額は、認識を中止した場合、も
         しくは公正価値が著しく減少した場合にその累計額を利益剰余金に振り替えており、純損益には振り替えて
         おりません。なお、配当については純損益として認識しております。
       (ⅲ)   認識の中止
         金融資産は、以下のいずれかの要件を満たす場合に認識を中止しております。
         ・ 当該金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が消滅した場合
         ・ 当該資産を譲渡し、当該資産の所有に係るリスクと経済価値のほとんどすべてを移転している場合
       (ⅳ)   減損
         償却原価で測定する金融資産については、将来発生すると見込まれる予想信用損失に対して貸倒引当金を認
        識し、その金額を控除して表示しております。当社グループは当該金融資産について、当初認識以降、信用リ
        スクが著しく増加しているか否かを評価しており、この評価には、期日経過情報のほか、当社グループが合理
        的に利用可能かつ裏付け可能な情報を考慮しております。
         当初認識以降、信用リスクが著しく増加していると評価された償却原価で測定する金融資産については、
        個々に全期間の予想信用損失を見積っております。そうでないものについては、報告日後12カ月の予想信用損
        失を見積っております。
         また、償却原価で測定する金融資産のうち、営業債権等については、類似する債権ごとに全期間の予想信用
        損失を見積っております。
                                 73/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ② 金融負債
       (ⅰ)   当初認識及び測定
         当社グループは、金融負債については、契約の当事者となった時点で当初認識し、以下のとおり分類してお
        ります。
         (a)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
          純損益を通じて公正価値で測定することを指定した金融負債
         (b)償却原価で測定する金融負債
          純損益を通じて公正価値で測定する金融負債以外のもの
         金融負債は、当初認識時点において公正価値で測定しておりますが、償却原価で測定する金融負債について
        は、直接取引費用を控除した金額で測定しております。
       (ⅱ)   事後測定
         金融負債の当初認識後の測定は、以下のとおりであります。
         (a)純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
          純損益を通じて公正価値で測定する金融負債は、公正価値で測定し、その事後的な変動を純損益として認
         識しております。
         (b)償却原価で測定する金融負債
          償却原価で測定する金融負債は、実効金利法により測定しております。
       (ⅲ)   認識の中止
         金融負債は、契約中に特定された債務が履行、免責、取消又は失効となった時にのみ、金融負債の認識の中
        止を行っております。
      ③ デリバティブ
        当社グループは、外貨のリスク・エクスポージャーをヘッジする目的でデリバティブを保有しております。こ
       れらに用いられるデリバティブは為替予約であります。なお、当社グループでは、投機を目的としたデリバティ
       ブは保有しておりません。デリバティブは公正価値で当初認識し、関連する取引費用は発生時の費用として認識
       しております。ヘッジ会計が適用されないデリバティブについては、当初認識後は公正価値で測定し、公正価値
       の変動額は純損益に認識しております。
      ④ ヘッジ会計
        一部のデリバティブをキャッシュ・フロー・ヘッジのヘッジ手段として指定し、かつその要件を満たすデリバ
       ティブの公正価値の変動の有効部分はその他の包括利益で認識し、その他の包括利益累計額に累積しておりま
       す。
        当初のヘッジ指定時点において、当社グループは、リスク管理目的、ヘッジ取引を実行する際の戦略及びヘッ
       ジ関係の有効性の評価方法を含む、ヘッジ手段とヘッジ対象の関係を正式に文書化しております。当社グループ
       は、ヘッジ手段がヘッジ対象期間において関連するヘッジ対象の公正価値やキャッシュ・フローの変動に対して
       相殺効果を有すると予想することが可能であるか否かについて、ヘッジ関係の開始時とともに、その後も継続的
       に評価を実施しております。
        その他の資本の構成要素は、ヘッジ対象のキャッシュ・フローが純損益に影響を与えるのと同じ期間に、ヘッ
       ジ対象に関連する連結損益計算書の項目で純損益に振り替えております。ヘッジ対象である予定取引が非金融資
       産又は非金融負債の認識を生じさせるものである場合には、以前にその他の資本の構成要素で認識したその他の
       包括利益累計額を振り替え、非金融資産又は非金融負債の当初認識時の取得原価の測定に含めております。ま
       た、デリバティブの公正価値の変動のうち、非有効部分は即時に純損益で認識しております。
        当社グループがヘッジ指定を取消した場合、ヘッジ手段が失効、売却、終結又は行使された場合並びにヘッジ
       がヘッジの有効性の要件を満たさなくなった場合には、ヘッジ会計を中止しております。
    (13)   棚卸資産

       棚卸資産は主として、商品及び製品、仕掛品、原材料及び貯蔵品から構成されております。
       棚卸資産は、取得原価と正味実現可能価額のうち、いずれか低い金額で測定しております。取得原価は総平均法
      に基づいて算定しており、購入原価、加工費及びその他関連する製造費用が含まれております。製品及び仕掛品に
      ついては、予定操業度に基づく製造間接費の適切な配賦額を含めております。正味実現可能価額は、通常の事業の
      過程における見積売価から、完成までに要する見積原価及び販売に要する見積費用を控除した額であります。
    (14)   現金及び現金同等物

                                 74/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動につい
      て僅少なリスクしか負わない取得日から3カ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されております。
    (15)   従業員給付

      ① 退職後給付
        当社グループは、従業員の退職後給付制度として、確定給付制度及び確定拠出制度を採用しております。
       (ⅰ)   確定給付制度
         確定給付制度の退職給付に係る債務の現在価値及び関連する当期勤務費用並びに過去勤務費用は、予測単位
        積増方式を用いて制度ごとに算定しております。割引率は、将来の毎年度の給付支払見込日までの期間をもと
        に割引期間を設定し、割引期間に対応した期末日の優良社債の市場利回りを参照して決定しております。確定
        給付制度に係る負債又は資産は、確定給付債務の現在価値から、制度資産の公正価値を控除して算定しており
        ます。勤務費用及び確定給付負債又は資産の純額に係る利息純額は、純損益の退職給付費用として認識してお
        ります。確定給付負債又は資産の純額の再測定は、発生した期間においてその他の包括利益に計上しており、
        ただちに利益剰余金に振り替えております。
       (ⅱ)   確定拠出制度
         確定拠出制度の退職後給付に係る費用は、従業員が役務を提供した期間において、純損益の退職給付費用と
        して認識しております。
      ② その他の長期従業員給付
        退職後給付以外の長期従業員給付に対する債務は、従業員が当連結会計年度までに提供した役務の対価として
       獲得した将来給付額を現在価値に割り引くことによって算定しております。
      ③ 短期従業員給付
        短期従業員給付については、割引計算は行わず、従業員から関連する役務が提供された時点において費用とし
       て計上しております。
        なお、賞与については、従業員から過去に提供された労働の結果として支払うべき現在の法的又は推定的債務
       を負っており、負債として認識しております。
    (16)   株式報酬

       当社グループは、一部の子会社において持分決済型の株式報酬制度を導入しております。
       持分決済型の株式報酬は、受領するサービスを付与日における資本性金融資産の公正価値で測定し、付与日から
      権利確定期間にわたり費用として認識し、同額を資本の増加として認識しております。
    (17)   引当金

       引当金は、過去の事象の結果として、現在の法的又は推定的債務を有し、その債務を決済するために経済的便益
      を有する資源の流出の可能性が高く、その資源の流出の金額について信頼できる見積りができる場合に認識してお
      ります。
       貨幣の時間的価値の影響が重要な場合には、当該引当金は負債の決済に必要と予想される支出額の現在価値で測
      定しております。なお、現在価値は、原則として貨幣の時間的価値とその債務に特有のリスクを反映した税引前の
      割引率を用いて計算しております。
    (18)   政府補助金

       政府補助金は、当社グループが補助金を受領し、その補助金に付帯する諸条件を遵守することが合理的に確かで
      ある場合に、公正価値で測定し、認識しております。
       資産に関する補助金は、当該補助金の金額を資産の取得原価から控除し、償却資産の耐用年数にわたって、減価
      償却費の減額として純損益に認識しております。また、収益に関する補助金は、補助金で補償することを意図して
      いる関連コストを費用として認識する期間にわたって、規則的に純損益に認識しております。
    (19)   株主資本

      ① 普通株式
        当社が発行した普通株式は、発行価額を資本金及び資本剰余金に計上し、直接発行費用は、税効果控除後の金
       額を資本剰余金から控除しております。
      ② 自己株式
                                 75/145

                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
        自己株式を取得した場合は、取得原価で認識し、資本から控除して表示しております。また、その取得に直接
       起因する取引費用は、資本剰余金から控除しております。自己株式を売却した場合には、帳簿価額と売却価額の
       差 額を資本剰余金に計上しております。
    4.事業セグメント

     当社グループでは、会社の経常的な収益性を示す利益指標として、「コア営業利益」を設定し、これを当社独自の業
    績管理指標として採用しております。
     「コア営業利益」は、営業利益から当社グループが定める非経常的な要因による損益(以下「非経常項目」)を除外
    したものとなります。非経常項目として除かれる主なものは、減損損失、事業構造改善費用、企業買収に係る条件付対
    価公正価値の変動額等です。
     (1)  報告セグメント

       当社グループは、主として医療用医薬品の製造、仕入及び販売を行っており、日本、北米、中国等マーケットご
      とに医薬品事業の業績管理を行っているため、日本、北米、中国、海外その他の4つを報告セグメントとしており
      ます。
       なお、当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成要素のうち分離された財務情報が入手可能であ
      り、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであ
      ります。
     (2)  セグメント収益及び業績

       当社グループの報告セグメントごとの売上収益、利益又は損失及びその他の項目は、以下のとおりであります。
       報告セグメントの会計方針は、重要な会計方針(注記3)における記載と同じであります。
       なお、当社グループでは、各セグメントの経常的な収益性を示す利益指標として、「コアセグメント利益」を設
      定し、当社独自のセグメント業績指標として採用しております。
       「コアセグメント利益」は、「コア営業利益」から、グローバルに管理しているため各セグメントに配分できな
      い研究開発費、事業譲渡損益等を除外したセグメント別の利益となります。
       なお、「第2       事業の状況      3  経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」における
      報告セグメントに含まれない「その他」の区分に係るコアセグメント利益の金額及び前連結会計年度比増減につい
      ては、セグメント間取引として消去された利益を含めて記載しております                                  。
                                 76/145










                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ① 前連結会計年度(自             2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                                                (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                               その他
                            医薬品事業
                                                     合計
                                               (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                   その他
    外部顧客への売上収益              139,675      262,295      28,607      14,786     445,363      37,369     482,732
    セグメント間の内部売上
                     76      -      -      -      76      53     129
    収益
         合計         139,751      262,295      28,607      14,786     445,439      37,422     482,861
    セグメント利益
                   22,898     117,514      14,408      6,396     161,216       3,202     164,418
    (コアセグメント利益)
    その他の項目
     減価償却費及び償却費               5,329      6,830       723      721    13,603       290    13,893
     減損損失                 -    35,196        -      -    35,196        -    35,196

     (注) その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材
        料、動物用医薬品等の事業を含んでおります。
      ② 当連結会計年度(自             2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

                                                (単位:百万円)
                           報告セグメント
                                               その他
                            医薬品事業
                                                     合計
                                               (注)
                                    海外
                   日本      北米      中国            計
                                   その他
    外部顧客への売上収益等              152,497      281,493      27,831      17,233     479,054      36,898     515,952
    セグメント間の内部売上
                     70      -      -      -      70      46     116
    収益
         合計         152,567      281,493      27,831      17,233     479,124      36,944     516,068
    セグメント利益
                   24,284     116,881      13,238      8,693     163,096       3,574     166,670
    (コアセグメント利益)
    その他の項目
     減価償却費及び償却費               5,710     11,363       838      910    18,821       304    19,125
     減損損失                128    35,592        -      -    35,720        -    35,720

     (注) その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材
        料、動物用医薬品等の事業を含んでおります。
     (3)  報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

       調整額に関する事項は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
               売上収益                 (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    報告セグメント計                                   445,439              479,124
    「その他」の区分の売上収益                                   37,422              36,944
    セグメント間取引消去                                    △129              △116
           連結財務諸表の売上収益                            482,732              515,952
                                 77/145



                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                                                (単位:百万円)

                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                利益                (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    報告セグメント計                                   161,216              163,096
    「その他」の区分の利益                                    3,202              3,574
    セグメント間取引消去                                     19              22
    研究開発費(注)                                  △92,607              △97,082
    事業譲渡益等                                     157              -
    その他                                     △5             △27
    コア営業利益                                   71,982              69,583
    条件付対価公正価値の変動額                                   48,474              22,463
    減損損失                                  △35,196              △35,720
    その他の収益                                    1,252             17,689
    その他の費用                                   △1,764              △1,562
    その他                                   △1,509              △1,229
           連結財務諸表の営業利益                             83,239              71,224
     (注) 当社グループは、研究開発費をグローバルに管理しているため、セグメントに配分しておりません。なお、連
        結損益計算書における研究開発費との差額は、コア営業利益の算定から除外される減損損失及び研究開発関連
        費用であります。
                                                (単位:百万円)

              報告セグメント計              その他           調整額        連結財務諸表計上額

     その他の項目
              前連結      当連結      前連結      当連結      前連結      当連結      前連結      当連結
             会計年度      会計年度      会計年度      会計年度      会計年度      会計年度      会計年度      会計年度
    減価償却費及び
              13,603      18,821       290      304     3,472      3,548     17,365      22,673
    償却費
     (4)  売上収益の内訳

       外部顧客への売上収益等の内訳は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    物品の販売                                   474,543              503,788
    知的財産権収入                                    3,665              7,924
    その他                                    4,524              4,240
                合計                       482,732              515,952
                                 78/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (5)  製品及びサービスごとの情報
       製品及びサービスごとの外部顧客への売上収益等の内訳は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    医薬品                                   445,363              479,054
    その他                                   37,369              36,898
                合計                       482,732              515,952
     (6)  地域別情報

       当社グループの地域別収益は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    日本                                   180,678              192,608
    北米                                   261,630              280,437
     うち、米国                                   256,427              275,594
    その他                                   40,424              42,907
                合計                       482,732              515,952
       当社グループの所在地域別に分析した非流動資産(金融資産、繰延税金資産及び退職給付に係る資産を除く)の

      帳簿価額の内訳は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    日本                                   67,263              65,979
    北米                                   594,629              566,701
     うち、米国                                   593,065              565,215
    その他                                    2,522              2,426
                合計                       664,414              635,106
     (注) 当連結会計年度において、ロイバント社との戦略的提携に伴う企業結合により取得した資産および引き受けた
        負債について取得対価の配分が完了したため、前連結会計年度の非流動資産の地域別内訳を遡及修正しており
        ます。詳細は、「連結財務諸表注記                 34  企業結合及び非支配持分の取得」に記載しております。
     (7)  主要な顧客に関する情報

       売上収益が当社グループの全体の売上収益の10%以上の相手先は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                  関連する報告セグメント              (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    マッケソン社                  北米                  87,812              95,732
    カーディナル社                  北米                  75,502              82,143
    アメリソースバーゲン社                  北米                  65,110              71,767
                                 79/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    5.売上収益
     (1)収益の分解と報告セグメントの関連
       当社グループは、売上収益を財又はサービスの種類別に分解しております。分解した売上収益と報告セグメント
      との関連は、以下のとおりであります。
      前連結会計年度(自            2019年4月1日        至    2020年3月31日       )

                                                (単位:百万円)
                      報告セグメント
                                                うち顧客     うちその
                                      その他
                                                との契約     他の源泉
                       医薬品事業
                                            合計
                                                から認識     から認識
                                       (注)
                             海外
              日本     北米     中国          計             した収益     した収益
                            その他
    製商品の販売         135,215     261,080     28,389     12,490    437,174     37,369    474,543     474,543       -
    知的財産権収入           154    1,215      -   2,296     3,665      -   3,665     3,665      -
    その他          4,306      -    218     -   4,524      -   4,524     4,524      -
       合計      139,675     262,295     28,607     14,786    445,363     37,369    482,732     482,732       -
    (注)その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材料、
       動物用医薬品等の事業を含んでおります。
      当連結会計年度(自            2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

                                                (単位:百万円)
                                                    うちその
                      報告セグメント
                                                うち顧客
                                                    他の源泉
                                      その他
                                                との契約
                       医薬品事業
                                            合計         から認識
                                                から認識
                                      (注1)
                             海外
                                                    した収益
              日本     北米     中国          計             した収益
                                                     (注2)
                            その他
    製商品の販売         150,255     274,015     27,596     15,024    466,890     36,898    503,788     503,788       -
    知的財産権収入           791    4,924      -   2,209     7,924      -   7,924     7,924      -
    その他          1,451     2,554      235     -   4,240      -   4,240     1,868     2,372
       合計      152,497     281,493     27,831     17,233    479,054     36,898    515,952     513,580      2,372
    (注)1 その他の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、食品素材・食品添加物及び化学製品材
         料、動物用医薬品等の事業を含んでおります。
       2 その他の源泉から認識した収益は、相手先が顧客とはみなされない場合の共同パートナーとの契約等から生
         じる売上収益です。詳細は、「連結財務諸表注記35                        共同開発及び共同販売」に記載しております。
                                 80/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (2)契約残高
       顧客との契約から生じた契約残高は、以下のとおりです。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    顧客との契約から生じた債権
     売掛金及び受取手形                                   128,478              127,260
    契約資産                                     970             1,310

    契約負債                                    4,352              2,011

       顧客との契約から生じた債権及び契約資産は、営業債権及びその他の債権に含まれており、契約負債は、その他

      の負債に含まれております。
       契約資産は、一部の導出契約に含まれる開発マイルストンに係る変動対価であります。当該変動対価は、対価の
      獲得についてその不確実性が解消され、認識する収益に重大な戻入れが生じない範囲内で収益として認識しており
      ます。
       契約負債は、履行義務が充足されていない一部の導出契約に係る契約一時金の対価であります。当該対価は、導
      出契約における履行義務を充足した時点で収益として認識しております。
       当連結会計年度において認識した収益のうち、期首現在の契約負債残高に含まれていたものは2,539百万円、前連
      結会計年度において認識した収益のうち、期首現在の契約負債残高に含まれていたものはありません。また、当連
      結会計年度及び前連結会計年度において過去の期間に充足(又は部分的に充足)した履行義務から認識した重要な
      収益の額はありません。
     (3)残存履行義務に配分した取引価格

       当社グループにおいては、収益認識の予想期間が1年を超える取引がないため、残存履行義務に関する情報の記
      載を省略しております。また、顧客との契約から生じる対価の中に、取引価格に含まれていない重要な金額はあり
      ません。
     (4)顧客との契約の獲得又は履行のためのコストから認識した資産

       当社グループにおいては、資産として認識しなければならない契約を獲得するための増分コスト及び履行にかか
      るコストはありません。
                                 81/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    6.販売費及び一般管理費
      販売費及び一般管理費の内訳は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    給料及び賞与                                   65,753              77,437
    退職給付費用                                    5,160              5,125
    広告宣伝費及び販売促進費                                   37,745              37,362
    減価償却費及び償却費                                   11,272              16,707
    減損損失                                   12,102               151
    条件付対価公正価値の変動額(注)                                  △ 48,474             △ 22,463
    その他                                   70,790              76,054
                合計                       154,348              190,373
    (注)条件付対価は、企業買収時に取り決められた特定のマイルストン達成に応じて発生する旧株主に対する将来の支
       出であります。詳細は、金融商品(注記30)に記載しております。
    7.その他の収益

      その他の収益の内訳は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    有形固定資産売却益(注)                                     317            16,925
    その他                                    1,087               737
                合計                         1,404             17,662
    (注)当連結会計年度における有形固定資産売却益には、旧茨木工場の売却益16,725百万円が含まれております。
    8.その他の費用

      その他の費用の内訳は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    寄付金                                     772             1,072
    その他                                     992              490
                合計                         1,764              1,562
                                 82/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    9.金融収益及び金融費用
     (1)  金融収益
       金融収益の内訳は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    受取利息
     償却原価で測定する金融資産                                   2,441               211
    受取配当金
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                        1,123               942
     金融資産
    為替差益(純額)                                     -            8,037
    その他                                      4             23
                合計                         3,568              9,213
     (2)  金融費用

       金融費用の内訳は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    支払利息
     償却原価で測定する金融負債                                    699             2,436
    為替差損(純額)                                    1,134               -
    その他                                    1,027               150
                合計                         2,860              2,586
                                 83/145










                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    10.繰延税金及び法人所得税
     (1)  繰延税金
      ① 連結財政状態計算書に計上されている繰延税金資産及び繰延税金負債
        連結財政状態計算書に計上されている繰延税金資産及び繰延税金負債は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    繰延税金資産                                   27,107              20,191
    繰延税金負債                                   26,768              28,424
    純額                                     339            △8,233
        当連結会計年度において、ロイバント社との戦略的提携に伴う企業結合により取得した資産および引き受けた

       負 債について取得対価の配分が完了したため、前連結会計年度の繰延税金負債の残高を遡及修正しております。
       詳細は、「連結財務諸表注記 34 企業結合及び非支配持分の取得」に記載しております。
      ② 繰延税金資産及び繰延税金負債の内訳及び増減内容

        繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別内訳及び増減内容は、以下のとおりであります。
      (ア)前連結会計年度(自              2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                                                (単位:百万円)
                                    その他の
                            純損益を
                   2019年4月1日                         その他      2020年3月31日
                                    包括利益
                     残高                       (注)        残高
                           通じて認識
                                   において認識
     委託研究費                  12,206       △2,860          -        -      9,346
     棚卸資産                  17,099        5,574         -       △17       22,656
     有形固定資産                   1,931        △74         -       △25       1,832
     無形資産                 △16,863         5,014         -     △37,166        △49,015
     その他の金融資産                 △13,059          △33      △4,974          283     △17,783
     未払費用及び引当金等                  12,760       △6,503          -      △195        6,062
     退職後給付                   8,079         220       △22        △3       8,274
     繰越欠損金                  18,598       △12,271           -      10,396        16,723
     税額控除                   7,022       △6,673          -      △145         204
     在外子会社の未分配利益                   △624        △286         -        -      △910
     その他                   3,570        △470         -      △150        2,950
          合計            50,719       △18,362        △4,996       △27,022          339
    (注)その他は、主に在外営業活動体の換算差額、及び企業結合による影響が含まれております。
                                 84/145







                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (イ)当連結会計年度(自              2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                                                (単位:百万円)
                                    その他の
                            純損益を
                   2020年4月1日                         その他      2021年3月31日
                                    包括利益
                     残高                       (注)        残高
                           通じて認識
                                   において認識
     委託研究費                   9,346       △3,781          -        -      5,565
     棚卸資産                  22,656          51        -       △31       22,676
     有形固定資産                   1,832         135        -        67      2,034
     無形資産                 △49,015         7,578         -      △518      △41,955
     その他の金融資産                 △17,783          △1       3,122       △3,402       △18,064
     未払費用及び引当金等                   6,062       △1,306          -        4      4,760
     退職後給付                   8,274         45     △2,776          △4       5,539
     繰越欠損金                  16,723       △5,765          -        41      10,999
     税額控除                    204        -        -        4       208
     在外子会社の未分配利益                   △910        △70         -        -      △980
     その他                   2,950       △1,949          -       △16        985
          合計              339      △5,063          346      △3,855        △8,233
    (注)その他は、主に在外営業活動体の換算差額、及びその他の包括利益を通じて測定する金融資産を期中に売却した
       ことによる影響が含まれています。
      ③ 未認識の繰延税金資産

        繰延税金資産を認識していない繰越欠損金、繰越税額控除及び将来減算一時差異は、以下のとおりでありま
       す。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    繰越欠損金                                   20,617              36,407
    繰越税額控除                                   11,968              18,512
    将来減算一時差異                                   17,457              20,430
      ④ 未認識の繰延税金資産と繰越期限

      (ア)繰延税金資産を認識していない繰越欠損金の金額と繰越期限
         繰延税金資産を認識していない繰越欠損金の金額と繰越期限は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    1年目                                     -              -
    2年目                                     -              -
    3年目                                     -              -
    4年目                                     -              -
    5年目以降                                   20,617              36,407
                合計                        20,617              36,407
                                 85/145




                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      (イ)繰延税金資産を認識していない繰越税額控除の金額と繰越期限
         繰延税金資産を認識していない繰越税額控除の金額と繰越期限は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    1年目                                     -              -
    2年目                                     -              -
    3年目                                     -              -
    4年目                                     -              -
    5年目以降                                   11,968              18,512
                合計                        11,968              18,512
      ⑤ 繰延税金資産の回収可能性

        当連結会計年度末の繰延税金資産の金額は、69,252百万円であります。この繰延税金資産の回収可能性は将来
       の課税所得と将来加算一時差異に依存しており、その範囲内で繰延税金資産を認識しております。
      ⑥ 未認識の繰延税金負債

        前連結会計年度及び当連結会計年度において、繰延税金負債を認識していない子会社等の投資に係る将来加算
       一時差異はありません。
     (2)  法人所得税

      ① 法人所得税
        法人所得税の内訳は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    当期法人所得税(注1)                                   29,667              35,959
    繰延法人所得税
     一時差異等の発生及び解消                                   △4,978               5,063
     繰延税金資産の回収可能性の評価(注2)                                   23,340                -
                小計                        18,362              5,063
                合計                        48,029              41,022
    (注)1       米国において、「Coronavirus               Aid,   Relief,    and  Economic     Security     Act(CARES      Act)」が2020年3月27
         日に成立したことに伴い、前連結会計年度及び当連結会計年度に影響を与える主な税制規定は以下のとおり
         です。
       (繰越欠損金の繰戻し容認)
          2018年1月1日以降、2020年12月31日以前に開始する課税年度に生じる繰越欠損金に関して5年間の繰り
         戻しを認める。
          これらの結果、繰越欠損金の繰戻しによる影響額が、前連結会計年度において△4,040百万円(益)、当連
         結会計年度において△2,344百万円(益)、当期法人所得税に含まれております。
       2 前連結会計年度において、当社の一部の子会社の繰延税金資産の回収可能性について見直しを行ったことに
         よるものです。
                                 86/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ② 適用税率の調整
        法定実効税率と実際負担税率との差異について、原因となった主要な項目の内訳は、以下のとおりでありま
       す。
        当社グループは、主に法人税、住民税及び事業税を課されており、これらを基礎として計算した法定実効税率
       は、前連結会計年度、当連結会計年度ともに30.6%であります。ただし、海外子会社についてはその所在地にお
       ける法人税等が課されております。
                                    前連結会計年度            当連結会計年度

                                   (自    2019年4月1日          (自    2020年4月1日
                                   至   2020年3月31日       )   至   2021年3月31日       )
    法定実効税率                                      30.6  %          30.6  %
     交際費等永久に損金に算入されない項目                                       1.6  %           1.3  %
     受取配当金等永久に益金に算入されない項目                                      △0.1   %          △0.1   %
     試験研究費等の税額控除                                     △10.2   %          △7.6   %
     未認識の繰延税金資産の変動                                      41.9  %          11.3  %
     子会社の適用税率との差異                                      14.1  %          28.5  %
     子会社の未分配利益に係る税効果増減                                       0.3  %           0.1  %
     条件付対価公正価値の変動額による影響                                     △15.5   %          △8.2   %
     CARES    Actによる影響
                                          △4.8   %          △3.0   %
     その他                                      △0.7   %          △0.2   %
    実際負担税率                                      57.2  %          52.7  %
    11.1株当たり利益

      基本的1株当たり当期利益の算定上の基礎及び基本的1株当たり当期利益は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度

                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    基本的1株当たり当期利益の算定上の基礎
     親会社の所有者に帰属する当期利益(百万円)                                   40,753              56,219
     親会社の普通株主に帰属しない当期利益(百万円)                                     -              -
      基本的1株当たり当期利益の計算に使用する
                                        40,753              56,219
      当期利益(百万円)
      発行済普通株式の加重平均株式数(千株)                                   397,295              397,294
    1株当たり当期利益
     基本的1株当たり当期利益(円)                                   102.58              141.50
    (注)希薄化後1株当たり当期利益については、潜在株式が逆希薄化効果を持つため記載しておりません。当該潜在株
       式は、一部の子会社が発行するストック・オプション等であります。詳細は、株式報酬(注記28)に記載してお
       ります。
                                 87/145






                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    12.その他の包括利益
      その他の包括利益の増減は、以下のとおりであります。
                                                (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                              (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                               至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
    その他の包括利益を通じての公正価値で測定する
    金融資産の変動
     当期発生額                                   16,336             △10,797
     税効果額                                  △4,986               3,176
      その他の包括利益を通じての公正価値で測定
                                       11,350              △7,621
      する金融資産の変動
    確定給付負債(資産)の純額の再測定
     当期発生額                                     68             9,106
     税効果額                                    △22             △2,776
      確定給付負債(資産)の純額の再測定                                     46             6,330
    在外営業活動体の換算差額
     当期発生額                                  △7,386               5,367
      在外営業活動体の換算差額                                  △7,386               5,367
    キャッシュ・フロー・ヘッジ
     当期発生額                                    △35               156
     税効果額                                     12             △54
      キャッシュ・フロー・ヘッジ                                    △23               102
               合計                         3,987              4,178
    13.  売却目的で保有する資産

      継続的な使用ではなく、主に売却により回収が見込まれる非流動資産又は処分グループのうち、現状で直ちに売却
     することが可能であり、かつ、売却の可能性が非常に高い場合に売却目的保有に分類しております。売却目的保有に
     分類した非流動資産又は処分グループは、帳簿価額と売却コスト控除後の公正価値のいずれか低い金額で測定してお
     ります。 
      売却目的保有に分類した資産又は処分グループに分類後の有形固定資産又は無形資産については、減価償却又は償
     却を中止し、売却目的で保有する資産及び負債は、財政状態計算書上において流動項目として他の資産及び負債と区
     分して表示しております。
      売却目的で保有する資産の内訳は、以下のとおりであります。
                                                 (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    売却目的で保有する資産
     有形固定資産                                    4,305               -
                合計                         4,305               -
      前連結会計年度末において、当社が保有する旧茨木工場に係る有形固定資産を売却目的で保有する非流動資産に分

     類しております。当該資産については、当連結会計年度において売却が完了しております。
                                 88/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
    14.有形固定資産
     (1)  取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減並びに帳簿価額
       有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減並びに帳簿価額は、以下のとおりでありま
      す。
      ① 取得原価
                                                  (単位:百万円)
               建物及び      機械装置      工具、器具
                                   土地     建設仮勘定      使用権資産        合計
                構築物     及び運搬具       及び備品
    2019年3月31日       残高     95,984      83,575      30,387       5,089      1,992        -    217,027
     会計方針の変更              -    △2,820         -      -      -    14,775      11,955
    2019年4月1日残高            95,984      80,755      30,387       5,089      1,992      14,775      228,982
     取得              224      142      290       -     5,251      2,414      8,321
     企業結合による
                  198      166      428       -      -     2,505      3,297
     取得
     建設仮勘定からの
                 1,486      2,358      1,488        -    △5,332         -      -
     振替
     売却又は処分             △275     △5,215      △1,830         -      -    △1,226      △8,546
     売却目的で保有
                △16,932      △17,291       △1,835       △250        -      -   △36,308
     する資産への振替
     為替換算差額             △284      △140      △147       △8      △11      △227      △817
     その他               7      3      2      -      21      -      33
    2020年3月31日       残高     80,408      60,778      28,783       4,831      1,921      18,241      194,962
     取得              773      487      466       -     4,600      4,136      10,462
     建設仮勘定からの
                 1,079      2,444      1,701        -    △5,224         -      -
     振替
     売却又は処分            △6,988      △8,154      △1,655         -     △27     △1,691      △18,515
     為替換算差額              313      185      177       7      12      237      931
     その他             △147        31       2      -      127      △68      △55
    2021年3月31日       残高     75,438      55,771      29,474       4,838      1,409      20,855      187,785
      ② 減価償却累計額及び減損損失累計額

                                                  (単位:百万円)
               建物及び      機械装置      工具、器具
                                   土地     建設仮勘定      使用権資産        合計
                構築物     及び運搬具       及び備品
    2019年4月1日       残高    △59,111      △72,889      △25,451        △64      △27       -   △157,542
     減価償却費            △2,764      △1,791      △1,956         -      -    △3,989      △10,500
     減損損失              -     △597       △31       -      -      -     △628
     売却又は処分              243     4,751      1,755        -      -      543     7,292
     売却目的で保有
                 12,877      17,291       1,835        -      -      -    32,003
     する資産への振替
     為替換算差額              124      101      107       -      -      17      349
     その他             △19       565      △73       -      -     △661      △188
    2020年3月31日       残高    △ 48,650     △ 52,569     △ 23,814       △ 64     △ 27    △ 4,090    △ 129,214
     減価償却費            △2,413      △1,947      △2,050         -      -    △4,224      △10,634
     減損損失              -      -      -      -     △128        -     △128
     売却又は処分             6,971      8,074      1,623        -      27     1,162      17,857
     為替換算差額             △176      △145      △142        -      -     △27      △490
     その他               1    △211        -      -      -      -     △210
    2021年3月31日       残高    △ 44,267     △ 46,798     △ 24,383       △ 64     △ 128    △ 7,179    △ 122,819
                                 89/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ③ 帳簿価額
                                                 (単位:百万円)
               建物及び      機械装置      工具、器具
                                   土地     建設仮勘定      使用権資産        合計
                構築物     及び運搬具       及び備品
    2019年4月1日       残高     36,873       7,866      4,936      5,025      1,965      14,775      71,440
    2020年3月31日       残高     31,758       8,209      4,969      4,767      1,894      14,151      65,748
    2021年3月31日       残高     31,171       8,973      5,091      4,774      1,281      13,676      64,966
    (注)1 有形固定資産として資産化した借入費用はありません。
       2 有形固定資産の取得に関するコミットメントについては、資本的支出コミットメント(注記31)に記載して
         おります。
       3 建設中の有形固定資産は、建設仮勘定として表示しております。
     (2)  減損損失

       当社グループは、前連結会計年度                628百万円     、当連結会計年度        128百万円     の減損損失を認識し、連結損益計算書の
      売上原価に計上しております。
       前連結会計年度に認識した減損損失                628百万円     は、連結損益計算書の売上原価に計上しております。当該減損損失

      は、医薬品事業の北米セグメントにおいて、機械装置及び運搬具並びに工具、器具及び備品について、収益性の低
      下により帳簿価額を使用価値である回収可能価額まで減額したものであります。
       当連結会計年度に認識した減損損失                128百万円     は、  連結損益計算書の売上原価に計上しております。当該減損損失

      は、医薬品事業の日本セグメントにおいて、収益性が低下した建設仮勘定について、減損損失を認識しておりま
      す。回収可能価額は使用価値により測定しておりますが、収益性が見込めなくなったため、帳簿価額全額を減額し
      ております。
    15.のれん

     (1)  取得原価、減損損失累計額の増減及び帳簿価額
       のれんの取得原価、減損損失累計額の増減及び帳簿価額は、以下のとおりであります。
      ① 取得原価
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    期首残高                                   99,348             173,464
     企業結合による取得(注)                                   76,681                -
     為替換算差額                                   △2,565               3,028
    期末残高                                   173,464              176,492
    (注)前連結会計年度末において暫定的な会計処理を行っておりました当社とRoivant                                        Sciences     Ltd.との間の戦略的提
       携に伴い取得したSumitovant              Biopharma     Ltd.に係る企業結合の会計処理について、当連結会計年度において確定
       したため、前連結会計年度における企業結合による取得について遡及修正しております。
      ② 減損損失累計額

                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    期首残高                                     -              -
     減損損失                                     -              -
     為替換算差額                                     -              -
    期末残高                                     -              -
      ③ 帳簿価額

                                 90/145


                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
                        (単位:百万円)
    2019年4月1日       残高                 99,348
    2020年3月31日       残高                 173,464
    2021年3月31日       残高                 176,492
     (2)  重要なのれん

       連結財政状態計算書に計上されている主なのれんは、当社グループによるSumitovant                                        Biopharma     Ltd.、Sepracor
      Inc.   (現:Sunovion        Phramaceuticals        Inc.)   及びTolero      Pharmaceuticals,         Inc.  (現:Sumitomo        Dainippon
      Pharma    Oncology,     Inc.)   の買収により発生したものであり、帳簿価額は以下のとおりであります。 
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
     Sumitovant      Biopharma     Ltd.(注)
                                        76,075              77,403
     Sepracor     Inc.
                                        68,512              69,708
     Tolero    Pharmaceuticals,         Inc.
                                        21,516              21,892
    (注)前連結会計年度末において暫定的な会計処理を行っておりました当社とRoivant                                        Sciences     Ltd.との間の戦略的提
       携に伴い取得したSumitovant              Biopharma     Ltd.に係る企業結合の会計処理について、当連結会計年度において確定
       したため、前連結会計年度におけるSumitovant                      Biopharma     Ltd.ののれんについて遡及修正しております。
     (3)  のれんの減損テスト

       当社グループは、原則として内部報告目的で管理されている地域別事業セグメントを減損テストで用いる資金生
      成単位としておりますが、一部の事業セグメントにおいては、事業セグメントに複数の資金生成単位を含んでおり
      ます。医薬品事業の北米セグメントは、「がん領域以外」と「がん領域」の2つの独立した資金生成単位より構成
      されております。前連結会計年度及び当連結会計年度において、当社グループが認識しているのれんは全て医薬品
      事業の北米セグメントに帰属しておりますが、のれんの減損テストは、上記の2つの独立した資金生成単位別に実
      施しております。
       医薬品事業の北米セグメントに帰属するのれんを2つの独立した資金生成単位に配分した帳簿価額は、以下のと
      おりであります。
                                                (単位:百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
     北米(がん領域以外)(注)                                  149,643              152,255
     北米(がん領域)                                  23,821              24,237
                合計                       173,464              176,492
    (注)前連結会計年度末において暫定的な会計処理を行っておりました当社とRoivant                                        Sciences     Ltd.との間の戦略的提
       携に伴い取得したSumitovant              Biopharma     Ltd.に係る企業結合の会計処理について、当連結会計年度において確定
       したため、前連結会計年度における北米(がん領域以外)ののれんについて遡及修正しております。
       のれんの減損損失は、回収可能価額が帳簿価額を下回っている場合に認識され、当該のれんの帳簿価額を回収可

      能価額まで減額しております。               回収可能価額は、経営会議で承認された事業計画を基礎として測定した使用価値に
      基づき算定しております。            使用価値の算定には、対象となる無形資産に関する開発品の                            上市時期、研究開発活動の
      成功確率、製品及び開発品の販売価格等を含む収益の予測計画等の仮定を用いており                                       、過去の経験及び外部からの
      情報に基づいた将来キャッシュ・フローの見積額を現在価値に割り引いて算定しております。
                                 91/145





                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
       前連結会計年度及び当連結会計年度における減損テストの結果、資金生成単位の回収可能価額は帳簿価額を上
      回っているため、減損損失は計上しておりません。
       のれんの減損テストには、資金生成単位ごとに設定した加重平均資本コスト等を割引率として用いており、減損
      テストに使用した税引前の割引率は、前連結会計年度は13.8%~20.0%、当連結会計年度は13.5%~17.0%であり
      ます。
       なお、使用価値は当該資金生成単位の帳簿価額を十分に上回っており、使用価値の算定に用いた主要な仮定が合
      理的な範囲で変動があった場合にも、減損が発生する可能性は低いと判断しております。
    16.無形資産

     (1)  取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減並びに帳簿価額
       無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減並びに帳簿価額は、以下のとおりであります。
      ① 取得原価
                                                  (単位:百万円)
                    製品に係る無形資産           ソフトウェア           その他          合計
    2019年4月1日       残高              217,102          15,954           248        233,304
     個別取得                      3,043          2,661           -        5,704
     企業結合による取得(注)                     289,878            997          -       290,875
     売却又は処分                     △3,856          △2,242            -       △6,098
     為替換算差額                     △6,333           △185           △2        △6,520
    2020年3月31日       残高              499,834          17,185           246        517,265
     個別取得                      2,469          2,199            2        4,670
     売却又は処分                       -         △86          △11          △97
     為替換算差額                      8,770           212           2        8,984
     その他                       △7          58          -          51
    2021年3月31日       残高              511,066          19,568           239        530,873
    (注)前連結会計年度末において暫定的な会計処理を行っておりました当社とRoivant                                        Sciences     Ltd.との間の戦略的提
       携に伴い取得したSumitovant              Biopharma     Ltd.に係る企業結合の会計処理について、当連結会計年度において確定
       したため、前連結会計年度における企業結合による取得について遡及修正しております。
                                 92/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
      ② 償却累計額及び減損損失累計額
                                                  (単位:百万円)
                    製品に係る無形資産           ソフトウェア           その他          合計
    2019年4月1日       残高             △51,655          △10,085           △174        △61,914
     償却費                     △4,438          △2,417           △10        △6,865
     減損損失                    △34,568             -          -       △34,568
     売却又は処分                      3,848          2,134           -        5,982
     為替換算差額                      1,010           124           1        1,135
     その他                       -         △6          -         △6
    2020年3月31日       残高             △ 85,803         △ 10,250          △ 183       △ 96,236
     償却費                     △9,551          △2,481            △8       △12,040
     減損損失                    △35,592             -          -       △35,592
     売却又は処分                       -          79          11          90
     為替換算差額                     △3,532           △153           △1        △3,686
     その他                       -         △3          -         △3
    2021年3月31日       残高            △ 134,478         △ 12,808          △ 181       △ 147,467
      ③ 帳簿価額

                                                  (単位:百万円)
                    製品に係る無形資産           ソフトウェア           その他          合計
    2019年4月1日       残高              165,447           5,869           74       171,390
    2020年3月31日       残高              414,031           6,935           63       421,029
    2021年3月31日       残高              376,588           6,760           58       383,406
     (注)   1 無形資産の償却費は、連結損益計算書において、売上原価、販売費及び一般管理費並びに研究開発費に計上
         しております。
       2 自己創設無形資産はありません。
       3   無形資産として資産化した借入費用はありません。
       4 製品に係る無形資産のうち、研究開発の段階にあり、未だ規制当局の販売承認が得られていないものは、使
         用可能な状態にないため、将来の経済的便益が流入する期間が予見可能でないと判断し、耐用年数を確定で
         きない無形資産に分類しております。当該無形資産の帳簿価額は、前連結会計年度末405,492百万円及び当
         連結会計年度末165,928百万円であります。
                                 93/145









                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (2)  重要な無形資産
       連結財政状態計算書に計上されている重要な無形資産は、以下のとおりであります。
                                 帳簿価額(単位:百万円)                 残存償却期間

                               前連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度
                               ( 2020年3月31日       ) ( 2021年3月31日       ) ( 2021年3月31日       )
                レルゴリクス
                        仕掛研究開発            193,246         133,184            -
                (注)
    Myovant    Sciences     Ltd.
                オルゴビクス          特許権            -       62,335          17年
                ビベグロン
                        仕掛研究開発            89,986           -         -
                (注)
    Urovant    Sciences     Ltd.
                ジェムテサ          特許権            -       91,336          15年
                APL-130277(ア
                ポモルヒネ塩酸        仕掛研究開発            54,068           -         -
    Cynapsus     Therapeutics
                塩水和物)
    Inc.
                キンモビ          特許権            -       51,328          11年
    Tolero

                DSP-2033
                        仕掛研究開発             8,705           -         -
    Pharmaceuticals,         Inc.   (alvocidib)
    Tolero

                TP-0903        仕掛研究開発            16,539         16,828           -
    Pharmaceuticals,         Inc.
    Boston    Biomedical,

                BBI608(ナパブ
                        仕掛研究開発            27,638           -         -
                カシン)
    Inc.
    (注)前連結会計年度末において暫定的な会計処理を行っておりました当社とRoivant                                        Sciences     Ltd.との間の戦略的提

       携に伴い取得したSumitovant              Biopharma     Ltd.に係る企業結合の会計処理について、当連結会計年度において確定
       したため、前連結会計年度における重要な無形資産について遡及修正しております。
       主に当社グループによるMyovant                Sciences     Ltd.、Urovant       Sciences     Ltd.、Cynapsus        Therapeutics       Inc.(現:

      Sunovion     CNS  Development      Canada    ULC)、Tolero        Pharmaceuticals,         Inc.   (現:Sumitomo        Dainippon     Pharma
      Oncology,     Inc.)   及びBoston      Biomedical,      Inc.  (現:Sumitomo        Dainippon     Pharma    Oncology,     Inc.)   の買収により
      取得した製品に係る無形資産であります。研究開発の状況は、「第2                                 事業の状況      5研究開発活動」に記載してお
      ります。
       なお、進行中の研究開発資産である仕掛研究開発は、未だ規制当局の販売承認が得られておらず、使用可能な状
      態にないため、将来の経済的便益が流入する期間が予見可能でないと判断し、耐用年数を確定できない無形資産に
      分類しております。また、研究開発プロセスに内在する不確実性のため、製品化に至らず減損損失が発生するリス
      クや、市場環境の変動等に伴う収益性の低下により減損損失が発生するリスクがあります。
                                 94/145








                                                          EDINET提出書類
                                                    大日本住友製薬株式会社(E00922)
                                                           有価証券報告書
     (3)  減損損失
       無形資産は、概ね独立したキャッシュ・インフローを生み出す最小の資金生成単位でグルーピングを行っており
      ます。なお、製品に係る無形資産については、製品及び開発品ごとの個別資産を資金生成単位としております。
       無形資産の減損損失は、回収可能価額が帳簿価額を下回っている場合に認識され、当該無形資産の帳簿価額を回
      収可能価額まで減額しております。回収可能価額は、使用価値に基づき算定しております。使用価値は、過去の経
      験及び外部からの情報に基づいた将来キャッシュ・フローの見積額を現在価値に割り引いて算定しております。
       無形資産の減損テストには、資金生成単位ごとに設定した加重平均資本コスト等を割引率として用いており、減
      損テストに使用した税引前の割引率は、前連結会計年度は6.0%~19.0%、当連結会計年度は6.0%~17.0%であり
      ます。
       減損テストの結果、         前連結会計年度において34,568百万円の減損損失を認識し、連結損益計算書の販売費及び一
      般管理費並びに研究開発費にそれぞれ12,102百万円、22,466百万円計上しております。
       当該減損損失は、医薬品事業の北米セグメントにおける製品に係る特許権の減損損失12,102百万円並びに血液が
      んを対象として開発中のサイクリン依存性キナーゼ(CDK)9阻害剤alvocidib(開発コード:DSP-2033)に係る仕
      掛研究開発の減損損失17,394百万円、抗がん剤amcasertib(開発コード:BBI503)に係る仕掛研究開発の減損損失
      1,739百万円及び北米での慢性期脳梗塞を対象とした再生細胞薬SB623に係る仕掛研究開発の減損損失3,333百万円で
      あります。
       製品に係る特許権及びalvocidibに係る仕掛研究開発は、想定されていた収益性の低下により、それぞれ帳簿価額
      を回収可能価額4,270百万円及び8,705百万円まで減額しております。amcasertibに係る仕掛研究開発は、開発中止
      により収益性が見込めなくなったため、帳簿価額全額を減額しております。また、SB623に係る仕掛研究開発は、共
      同開発及びライセンス契約の解消により、北米の本剤に関する権利を返還したことから、収益性が見込めなくなっ
      たため、帳簿価額全額を減額しております。なお、回収可能価額は使用価値により測定しており、税引前の割引率
      は11.0%~19.0%を採用しております。
       当連結会計年度において認識した減損損失35,592百万円は、連結損益計算書の販売費及び一般管理費並びに研究
      開発費にそれぞれ151百万円、35,441百万円計上しております。
       当該減損損失は、主に医薬品事業の北米セグメントにおける結腸直腸がんを対象とした国際共同フェーズ3試験