株式会社北川鉄工所 有価証券報告書 第111期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)

提出書類 有価証券報告書-第111期(令和2年4月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 株式会社北川鉄工所
カテゴリ 有価証券報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    【表紙】

    【提出書類】                     有価証券報告書

    【根拠条文】                     金融商品取引法第24条第1項

    【提出先】                     関東財務局長

    【提出日】                     2021年6月21日

    【事業年度】                     第111期(自 2020年4月1日 至 2021年3月31日)

    【会社名】                     株式会社北川鉄工所

                         Kitagawa     Corporation

    【英訳名】
    【代表者の役職氏名】                     代表取締役会長兼社長  北川 祐治

    【本店の所在の場所】                     広島県府中市元町77番地の1

    【電話番号】                     0847(45)4560(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役執行役員 経営管理本部 経理部長  門田 廣夫

    【最寄りの連絡場所】                     埼玉県さいたま市北区吉野町一丁目405番地の1

    【電話番号】                     048(666)5650(代表)

    【事務連絡者氏名】                     取締役執行役員 東京支店長  藤本 一

    【縦覧に供する場所】                     株式会社北川鉄工所          東京事業所

                          (東京都台東区元浅草二丁目6番6号)

                         株式会社北川鉄工所 名古屋支店

                          (名古屋市中川区上高畑二丁目62番地)

                         株式会社北川鉄工所          大阪支店

                          (大阪市住之江区北加賀屋三丁目2番9号)

                         株式会社東京証券取引所

                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                  1/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
           回次           第107期       第108期       第109期       第110期       第111期
          決算年月           2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上高           (百万円)        55,421       56,051       60,339       58,288        48,753

    経常利益           (百万円)        4,312       5,152       5,932       3,319        1,167

    親会社株主に帰属する
                (百万円)        2,041       3,492       3,854       1,645         244
    当期純利益
    包括利益           (百万円)        2,583       3,996       2,593       1,354         753
    純資産額           (百万円)        32,913       36,173       37,629       38,082        38,351

    総資産額           (百万円)        68,098       71,633       73,453       70,651        72,904

    1株当たり純資産額            (円)      3,344.26       3,719.19       3,873.54       3,921.01        3,971.74

    1株当たり当期純利益            (円)       213.85       372.08       411.54       175.68        26.14

    潜在株式調整後1株

                 (円)         ―       ―       ―       ―        ―
    当たり当期純利益
    自己資本比率            (%)        46.6       48.6       49.4       52.0        51.0

    自己資本利益率            (%)        6.6       10.5       10.8        4.5        0.7

    株価収益率            (倍)        10.3        7.3       5.5       8.8       60.6

    営業活動による

                (百万円)        5,627       7,558       4,733       7,545        3,105
    キャッシュ・フロー
    投資活動による

                (百万円)       △ 3,305      △ 5,031      △ 4,333      △ 4,284       △ 3,301
    キャッシュ・フロー
    財務活動による

                (百万円)       △ 1,746      △ 2,060      △ 2,830      △ 1,309        1,096
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物

                (百万円)        9,526       9,977       7,509       9,461       10,349
    の期末残高
    従業員数            (人)       2,488       2,733       2,754       2,785        2,777

     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2 「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       3 「『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を第109期の期
         首から適用したため、第108期につきましては遡及適用後の数値を記載しております。
                                  2/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (2)  提出会社の経営指標等
           回次           第107期       第108期       第109期       第110期       第111期
          決算年月           2017年3月       2018年3月       2019年3月       2020年3月       2021年3月

    売上高           (百万円)        49,803       48,892       52,283       50,796        43,725

    経常利益           (百万円)        4,079       4,720       5,551       3,727        1,671

    当期純利益           (百万円)        1,632       2,988       3,713       1,774         250

    資本金           (百万円)        8,640       8,640       8,640       8,640        8,640

    発行済株式総数            (千株)        9,650       9,650       9,650       9,650        9,650

    純資産額           (百万円)        30,113       32,475       34,743       35,139        35,403

    総資産額           (百万円)        63,520       65,869       68,547       66,071        68,839

    1株当たり純資産額            (円)      3,171.44       3,467.32       3,710.15       3,752.98        3,781.52

    1株当たり配当額
                        60.00       77.00       90.00       100.00        20.00
                 (円)
    (うち1株当たり中間配
                         ( ―)       ( ―)     ( 45.00   )    ( 50.00   )      ( ―)
    当額)
    1株当たり当期純利益            (円)       170.95       318.39       396.54       189.51        26.80

    潜在株式調整後1株当

                 (円)         ―       ―       ―       ―        ―
    たり当期純利益
    自己資本比率            (%)        47.4       49.3       50.7       53.2        51.4

    自己資本利益率            (%)        5.5       9.5       11.0        5.3        0.7

    株価収益率            (倍)        12.8        8.5       5.7       8.1       59.1

    配当性向            (%)        35.1       24.2       22.7       52.8        74.6

    従業員数            (人)       1,297       1,323       1,364       1,404        1,440

    株主総利回り            (%)       108.8       137.6       119.6        90.3        93.3

    (比較指標:配当込みTOPIX)
                 (%)      ( 114.7   )    ( 132.9   )    ( 126.2   )    ( 114.2   )     ( 162.3   )
                         213
    最高株価            (円)               3,365       3,095       2,456        1,824
                       (2,510)
                         153
    最低株価            (円)               2,013       2,025       1,348        1,274
                       (1,590)
     (注)   1 売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2 「潜在株式調整後1株当たり当期純利益」については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       3 『税効果会計に係る会計基準』の一部改正」(企業会計基準第28号 平成30年2月16日)を第109期の期首
         から適用したため、第108期につきましては遡及適用後の数値を記載しております。
       4 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。
       5 2016年6月24日開催の第106期定時株主総会の決議により、2016年10月1日付で株式併合(10株を1株に併
         合)を行っております。第107期の株価については株式併合前の最高・最低株価を記載し、( )                                           内に株式併
         合後の最高・最低株価を記載しております。
                                  3/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    2  【沿革】
       1918年3月       広島県御調郡下川辺村(現在府中市)に木造船用補機製造販売の目的をもって、北川鉄工所の
              前身、北川船具製作所を創立。
       1924年6月       鋳物工場、機械工場を増設、鋼船用船具及び船舶、鉱山、土木建設用巻上機の製造販売を開
              始。
       1936年12月       広島県芦品郡広谷村(現在府中市)に北川鉄工所を新設し、従来製品に加え、工作機械器具の
              製造販売を開始。
       1941年11月       北川鉄工所を株式会社北川鉄工所と改組。
       1947年3月       産業機械器具、船舶用機械の製造販売及び医療施設事業を開始。
       1955年5月       米国のミーハナイト・メタル・コーポレーションと技術提携し、ミーハナイト鋳物の製造販
              売を開始。
       1957年2月       日本工業規格(JIS)の第5131号・スクロールチャックの表示許可工場となる。
       1961年8月       株式を広島証券取引所市場に上場。
       1961年12月       株式会社北川製作所(現・連結子会社)を広島県府中市に設立、旋盤用チャックの製造を開
              始。
       1962年8月       株式を東京及び大阪証券取引所市場第一部に上場。
       1962年9月       埼玉県大宮市(現在さいたま市)に東京工場を新設。
       1968年4月       広島県府中市に中須工場を新設。
       1969年1月       株式会社吉舎鉄工所(現・連結子会社)を広島県双三郡吉舎町(現在三次市)に設立、自動車
              用鋳物製品の製造を開始。
       1969年4月       広島県府中市に下川辺工場を新設。
       1969年11月       和歌山県橋本市に和歌山工場を新設。
       1971年3月       広島県世羅郡甲山町(現在世羅町)に甲山工場を新設。
       1974年2月       北川冷機株式会社(現・連結子会社)を広島県世羅郡甲山町(現在世羅町)に設立、自動車用部
              品の製造を開始。
       1981年3月       チャック専門工場として、広島県府中市に本山工場を新設。
       1992年7月       立体駐車場装置市場に新規参入。
       1999年3月       建設機械部門と工作機器部門において、ISO9001の認証を取得。
       2001年4月       日本建機株式会社の株式取得。
       2003年1月       素形材部門において、ISO14001の認証を取得。(下川辺工場、中須工場)
       2003年2月       KITAGAWA     (THAILAND)      CO.,LTD.(現・連結子会社)をタイ チョンブリ県シラチャ郡に取得、
              鋳造品を供給開始。
       2003年4月       素形材部門において、ISO9001(2000年版)の認証を取得。
       2005年10月       中国駐在事務所を上海に設立。
       2007年3月       日本建機株式会社と当社コンクリートプラント営業部門を統合、事業形態を再編し、販売会
              社K&Kプラント株式会社として事業開始。
       2008年4月       福山工場を広島県福山市駅家町(福山北産業団地内)に新設、鋳造品の生産を開始。
       2008年10月       ユニットハウスレンタル・販売事業を譲渡。
       2009年2月       シンガポール支店を開設。
       2009年4月       K&Kプラント株式会社を吸収合併。
       2009年4月       上海北川鉄社貿易有限公司(現・連結子会社)を設立。
       2010年12月       北川(瀋陽)工業機械製造有限公司(現・連結子会社)を設立。
       2012年2月       KITAGAWA     MEXICO,S.A.DE       C.V.(現・連結子会社)を設立。
       2018年6月       株式会社AileLinX(現・連結子会社)を広島県府中市に設立、無人航空機の開発を開始。
                                  4/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    3  【事業の内容】
      当社及び当社の関係会社(当社、子会社8社及び関連会社3社(2021年3月31日現在)により構成)においては、
     キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー、キタガワ サン テック カンパニー、キタガワ グローバ
     ル ハンド カンパニーの3部門に関係する事業を主として行っております。各事業における当社及び関係会社の位
     置付けなどは次のとおりであります。
      なお、以下に示す区分は、セグメントと同一区分であります。
     キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー(金属素形材事業)

       当カンパニーにおいては、生型機械鋳造、ロストワックス精密鋳造、消失模型鋳造の製法により自動車部品、建
      設機械部品、農業機械部品の製造、販売を行っております。
       主な関係会社       ……  (製造・販売)       KITAGAWA     (THAILAND)      CO.,LTD.、KITAGAWA          MEXICO,S.A.DE       C.V.
                 (製造)    北川冷機㈱、㈱吉舎鉄工所
     キタガワ サン テック カンパニー(産業機械事業)

       当カンパニーにおいては、コンクリートプラント、コンクリートミキサ、ビル建築用クレーン、環境関連設備、
      リサイクルプラント及び自走式立体駐車場などの製造、販売を行っております。
       主な関係会社       ……  なし
     キタガワ グローバル ハンド カンパニー(工作機器事業)

       当カンパニーにおいては、旋盤用チャック、油圧回転シリンダ、NC円テーブル、パワーバイス及びグリッパなど
      の製造、販売を行っております。このうち、世界的ブランドである旋盤用チャックについては、国内市場シェアの
      過半を占めており、当カンパニーにおける主力分野と位置付けております。
       主な関係会社       ……  (製造)    ㈱北川製作所、北川(瀋陽)工業機械製造有限公司
                 (販売)    上海北川鉄社貿易有限公司、KITAGAWA                  EUROPE    LTD.、KITAGAWA-NORTHTECH             INC.
                                  5/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      [事業系統図]
      以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
     (注)   1 ※印は連結子会社、◎印は持分法適用関連会社であります。










       2 ㈱ケーブル・ジョイは、有線テレビ放送事業を行っております。
       3 ㈱AileLinXは、無人航空機事業に関する販売をしております。
                                  6/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    4  【関係会社の状況】
                            資本金
                                  主要な事業      議決権の所有
         名称           住所       又は出資金                      関係内容
                                   の内容      割合(%)
                            (百万円)
    (連結子会社)
                                              当社鋳物製品等の加工をし
                                 キタガワ 
                                              ております。
                                 マテリアル 
    北川冷機㈱             広島県世羅郡世羅町              70            100.0   なお、当社所有の土地及び
                                 テ  ク  ノ  ロ
                                              建物を賃借しております。
                                 ジー カンパ
                                 ニー
                                              役員の兼任等 有
                                              当社工作機器製品の加工を
                                              しております。
                                 キタガワ 
                                              なお、当社所有の建物を賃
                                 グローバル 
    ㈱北川製作所             広島県府中市              40            77.5   借しております。当社より
                                 ハンド 
                                              資金援助を受けておりま
                                 カンパニー
                                              す。
                                              役員の兼任等 有
                                              当社鋳物製品の製造をして
                                 キタガワ 
                                              おります。
                                 マテリアル 
                                              なお、当社より資金援助及
    ㈱吉舎鉄工所(注)3             広島県三次市              30  テ  ク  ノ  ロ     100.0
                                              び債務保証を受けておりま
                                 ジー カンパ
                                              す。
                                 ニー
                                              役員の兼任等 有
                                              当社無人航空機事業に関す
                                              る販売をしております。
    ㈱AileLinX(注)4             広島県府中市              95  その他の事業          100.0
                                              役員の兼任等 有
                                 キタガワ              当社鋳物製品の製造をして
                                              おります。
                                 マテリアル 
    KITAGAWA    (THAILAND)     CO.,LTD.                 2,560
                                              当社より資金援助を受けて
                 タイ チョンブリ県                          100.0
                                 テ  ク  ノ  ロ
    (注)2                        百万バーツ
                                              おります。
                                 ジー カンパ
                                 ニー             役員の兼任等 有
                                 キタガワ              当社鋳物製品の製造をして
                                              おります。
                                 マテリアル 
    KITAGAWA    MEXICO,S.A.DE      C.V.               1,296
                 メキシコ アグアスカ
                                              当社より資金援助を受けて
                                           75.0
                                 テ  ク  ノ  ロ
                 リエンテス州
    (注)2                         百万ペソ
                                              おります。
                                 ジー カンパ
                                 ニー             役員の兼任等 有
                                 キタガワ 
                                              当社より資金援助を受けて
    北川(瀋陽)工業機械製造有限公                          5,500   グローバル 
                                              おります。
                 中国 遼寧省瀋陽市                          100.0
    司                         千米ドル    ハンド 
                                              役員の兼任等 有
                                 カンパニー
                                 キタガワ 
                                              当社工作機器製品の販売を
                                 グローバル 
                                              しております。
    上海北川鉄社貿易有限公司             中国 上海市              20            100.0
                                 ハンド 
                                              役員の兼任等 有
                                 カンパニー
    (持分法適用関連会社)
                                              当社より資金援助及び債務
                                              保証を受けております。
    ㈱ケーブル・ジョイ             広島県府中市              303  その他の事業          31.8
                                              役員の兼任等 有
                                              当社より資金援助を受けて
                                 キタガワ 
                                              おります。
                 英国              225
                                 グローバル 
    KITAGAWA    EUROPE   LTD.
                                           50.0   当社工作機器製品の販売を
                                 ハンド 
                 ソールズベリー市           千英ポンド
                                              しております。
                                 カンパニー
                                              役員の兼任等 有
                                 キタガワ 
                                              当社工作機器製品の販売を
                 米国 イリノイ州             1,250
                                 グローバル 
    KITAGAWA-NORTHTECH        INC.                                  しております。
                                           20.0
                                 ハンド 
                 シャンバーグ市            千米ドル
                                              役員の兼任等 無
                                 カンパニー
     (注)   1 「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
       2 特定子会社に該当しております。
       3 株式会社吉舎鉄工所は、2021年1月に株式全てを取得し、完全子会社化いたしました。
       4 株式会社AileLinXは、2020年10月に減資を行い、資本金95百万円となりました。
                                  7/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    5 【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2021年3月31日       現在
             セグメントの名称                            従業員数(人)
     キタガワ     マテリアル      テクノロジー       カンパニー

                                              1,807
     キタガワ     サン   テック    カンパニー

                                               364
     キタガワ     グローバル      ハンド    カンパニー

                                               435
     その他                                           57

     全社共通                                          114

                合計                              2,777

     (注)   1 従業員数は就業人員数であります。
       2 全社共通は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
     (2)  提出会社の状況

                                               2021年3月31日       現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
              1,440              42.1             16.1             5,327

             セグメントの名称                            従業員数(人)

     キタガワ     マテリアル      テクノロジー       カンパニー

                                               502
     キタガワ     サン   テック    カンパニー

                                               364
     キタガワ     グローバル      ハンド    カンパニー

                                               405
     その他                                           55

     全社共通                                          114

                合計                              1,440

     (注)   1 従業員数は就業人員数であります。
       2 平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3 全社共通は、総務及び経理等の管理部門の従業員であります。
     (3)  労働組合の状況

       提出会社には、北川鉄工所労働組合が組織(組合員数1,103人)されており、産業別組織のJAMに属し、日本労
      働組合総連合会に加盟しております。
       なお、労使関係について特に記載すべき事項はありません。
       また、連結子会社の労働組合の状況についても特に記載すべき事項はありません。
                                  8/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
      文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  会社の経営の基本方針

        当社グループは、企業ビジョンを「株式会社                      北川鉄工所はものづくりという業にあって、お客様の喜びを
       我々の喜びとし、素直な心を尊び、勇気ある行動を敬い、自己実現の場として自律した活力あるリーダーを育成
       し、技術を誇り、未知なる世界に挑戦するQuality                        Businessを実践する集団である。」と掲げ、グループ社員全
       員でこの価値観を共有して実践することが、ものづくり企業としての企業価値の向上につながるものと考えてお
       ります。
     (2)  目標とする経営指標

        当社グループは、変化の激しい事業環境や市場動向に迅速に対応し、売上高に大きく左右されることなく適正
       利益を生み出せる強靭な事業体質を目指しており、経営効率・財務基盤強化の観点から、各事業での経常利益と
       売上高経常利益率を重視しております。加えて、投下資本の運用効率・収益性を測る指標として総資産回転率や
       総資産利益率(ROA)及び株主利益重視の観点から自己資本利益率(ROE)を重要な経営指標と位置づけて
       おります。
     (3)  中長期的な会社の経営戦略

         当社グループは、2012年に長期計画「Next                     Decade    Plan2021」を策定し、事業目標、企業ビジョン、事業ビ
       ジョン、組織ビジョンを明確化したうえで、中長期的な経営に取り組んでおります。この計画の全体基調は収益
       基盤の強化を指向するものであり、海外市場での事業展開及び事業基盤の強化、成熟事業分野における収益基盤
       の確立、新たな価値を創造する新規事業の立上げなどを示しております。
        また、今後成長の望める海外市場を確保するため当社グループは引き続き、海外拠点の事業基盤の確立に努め
       るとともに、戦略的な経営資源の投入を行うなど、事業領域の拡張に取り組んでまいります。
     (4)  会社の対処すべき課題

        新型コロナウイルス感染症の世界的な感染拡大により国内外の経済は不透明な状態が続き、また、脱炭素社会
       への移行が加速するなか、当社グループは掲げた企業ビジョンのもと、既存事業の収益力の強化を図りながら、
       脱炭素社会に生ずる新たな需要の開拓やDXの推進による業務改善など、持続的成長へ向けた事業基盤の強化に取
       り組んでいきますが、対処すべき課題は、次のように考えています。
      ①事業バランスの最適化

        これまでは、キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー(金属素形材事業)において、自動車メー
       カーからの需要に応える形で国内外において積極的に設備投資を行ってまいりました。今後は、キタガワ サ
       ン テック カンパニー(産業機械事業)やキタガワ グローバル ハンド カンパニー(工作機器事業)に関
       しても適切な投資を行うことによって、3つの中核事業が最適なバランスを維持しながら安定的に成長すること
       を目指していきます。
      ②既存事業の基盤強化

        キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー(金属素形材事業)は、生産拠点間の連携強化や品質改善
       により競争力を高め、収益性の強化を図ります。海外拠点では、メキシコ子会社は新規受注部品の量産に向けた
       準備、タイ子会社は収益確保のための体制作りに取り組みます。また、自動車のEV化による需要変動に対応する
       ため部品構成を見直し、経営資源の集中を推進することによって外部環境の変化に強い事業体質を構築していき
       ます。
        キタガワ サン テック カンパニー(産業機械事業)は、コンクリートプラント・ビル建設用クレーン・自
       走式立体駐車場などの主力事業の収益力強化に加え、再生可能エネルギーの導入拡大を見据えた風車建設用ク
       レーンや防災・減災対策などで需要が高まるダム建設用クレーンの開発・販売を強化するなど、既存コア技術を
       用いて新たな分野に挑戦していきます。
        キタガワ グローバル ハンド カンパニー(工作機器事業)は、急激な需要の変化に対しフレキシブルな対
       応ができるよう、品質保証体制の強化と生産性の改善に取り組みます。また、当カンパニーの主要商品である標
                                  9/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       準チャックBRシリーズの販売を促進し、市場認知度を高めていきます。さらに産業用ロボット周辺機器市場での
       事業化を推進するとともに、新たに主力となる新商品の開発に取り組みます。
      ③Green社会に生じる新たな需要の開拓

        世界の潮流が脱炭素に向けて大きく変化していくなか、その関連技術や事業は今後、世界経済における成長分
       野となり得ます。当社は、そのような中で事業の進むべき方向性を見定めて、独自の特徴を生かした事業展開を
       すすめていきます。
      ④デジタル技術活用による業務改革

        業務オペレーションの効率を高めるために、積極的にデジタル技術の導入を目指します。各種業務システムや
       IT機器、ソフトウェアなどのログデータを採取・分析し、デジタル技術を用いて業務上の課題をクリアして生産
       性の向上や新たな付加価値の創出に繋げていきます。
                                 10/102
















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    2  【事業等のリスク】

      有価証券報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、経営者が連結会社の財政状態、経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識している主要なリスクは、以下のとおり
     であります。なお、当該リスクが顕在化する可能性の程度や時期、当該リスクが顕在化した場合に当社グループの経
     営成績等の状況に与える影響につきましては、合理的に予見することが困難であるため記載しておりません。当社
     は、グループ全体のリスク管理の基本方針及び管理体制を「リスク管理規程」において定め、その基本方針及び管理
     体制に基づき、代表取締役社長を委員長とするリスク管理委員会で、事業を取り巻く様々なリスクに対して適切な管
     理を行い、リスクの未然防止を図っております。
     (1)  経済動向及び景気動向

       当社グループは、売上高のほとんどが民需を主体とした販売によるものであり、景気の変動による業績への直接
      的な影響は避けられません。また、米中貿易摩擦に起因する保護貿易政策の台頭や関税の引上げのような安全保障
      上の問題は当社グループの売上に大きな影響を及ぼしており、新たな政策の実施や国家間の利害対立など予期せぬ
      問題が発生した場合、当社グループの事業運営が制限される可能性があります。
     (2)  調達価格

       当社グループは、金属素形材、産業機械、工作機器と多岐にわたる事業を展開しており、複数の取引先から多種
      多様な原材料、部品等を調達することにより安定的なサプライチェーンの構築を図っています。これらの調達にあ
      たっては、予期しない法律や規制の変更、政治・経済等の混乱による世界的な需給構造の変化、原材料の急激な価
      格上昇の長期化、特別な税金及び関税、調達先の倒産などが生じる可能性があります。その場合、生産コスト増加
      による利益率及び工程遅れによる生産効率の低下等により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (3)  製品の品質

       当社グループは、「お客様第一主義のものづくり」という認識のもと、ISO9001及びISO14001を取得するなど製
      品の品質を維持・向上するための取組みを行っております。また、品質管理及び環境管理を経営の最重要事項の一
      つとしており、製品の工程管理及び完成検査の強化など、品質確保に関して出来る限り厳格な管理体制の構築に努
      めておりますが、製品の開発・製造などにおける品質上のリスクを全て将来にわたって完全に排除することは困難
      なものと認識しております。万が一、クレーム、製品の不具合、使用部品の不良、重大な事故が発生した場合、社
      会的信用の低下、取引停止、損害賠償、製品の補償費用の発生などを含め、当社グループの業績及び財政状況に影
      響を及ぼす可能性があります。
     (4)  海外進出

       当社グループは、アジア、北中米、欧州などにおいて積極的な事業展開を図っております。金属素形材事業及び
      工作機器事業につきましては、海外に生産拠点を有しており、グローバル市場における価格競争力の強化に取り組
      んでいます。しかし、これらの国、地域においては、予期しない法律または諸規則の変更、政府による政策発動、
      急激な経済の変化などの要因、宗教・文化の相違、商習慣に関する障害、特別な税金及び関税などが、当社グルー
      プの業績に影響を及ぼす可能性があります。
     (5)  競合及び価格交渉

       当社グループは、金属素形材事業、産業機械事業、工作機器事業のいずれの市場においても同業他社との激しい
      競合環境にあり、当社グループにとって有利な価格決定をすることが困難な状況に置かれています。これは、当社
      グループの収益の維持に対する深刻な圧力となっており、特に市場が低迷した場合の影響が顕著となると考えられ
      ます。当社グループは高付加価値製品の提供と省人化・効率化によるコスト競争力の向上により対応していく方針
      ではありますが、販売価格の下落及び競合の市場競争力強化が進んだ場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可
      能性があります。
                                 11/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (6)  災害

       当社グループは、日本国内をはじめ、タイ、メキシコなどの主要施設・生産拠点に関して、火災・地震・豪雨等
      の災害に対する防止策、軽減策及び財務リスクを最小化すべく保険加入などの対策を行っています。さらに、災害
      発生時及び発生後の迅速な対応・早期復旧を可能とするための体制整備などの対策も進めております。しかし、大
      規模な地震、台風等の自然災害及び火災等の事故が発生し、主要施設・生産拠点などが被害を受けた場合、生産・
      販売活動の中断による製品供給の停止、修復費用の発生などにより、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性が
      あります。
     (7)  為替相場

       当社グループは、貿易取引において外貨建決済を行うことや、生産拠点のグローバル化を進めることによる外貨
      建債権の保有など、為替相場の変動によるリスクを有しております。これらの取引に対し、先物為替予約や外貨建
      見合債務の保有などによるヘッジ策を講じておりますが、為替相場の変動によるリスクが完全に回避される保証は
      なく、当社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
      (8)   新型コロナウイルス感染症の拡大

       当社グループは、新型コロナウイルス感染症の事態が長期化すれば、世界的な景気の悪化、生産活動の縮減また
      は停止等により、業績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。このような状況の中、当社グループでは、
      従業員の安全を確保するために、国内外の感染の状況を踏まえて、出張の制限、オフィス内でのソーシャルディス
      タンスの確保、在宅勤務の実施等の感染予防対策を講じております。
                                 12/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)   経営成績等の概要
      ①   財政状態及び経営成績の状況
       当連結会計年度における世界経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行により人と物の移動が制限され
      たことで急激に減速し、非常に厳しい状態が続きました。また、わが国の経済におきましても一時は回復の兆しが
      見えたものの、新規感染者数の再拡大により緊急事態宣言が再発出されるなど依然として先行き不透明な状態で推
      移しました。
       このような状況のもと、当社グループでは、事業効率を高めて収益確保に取り組むとともに、新規事業の成長加
      速や中核事業の競争力強化など、持続的成長へ向けた事業基盤の強化に取り組んでまいりました。また、当社グ
      ループを取り巻く市場環境は、第3四半期以降は新型コロナウイルス感染症の影響からの回復に向けた動きが見ら
      れ、第2四半期連結累計期間までとは異なった経済回復基調の経営環境下での事業運営となりました。
       その結果、当連結会計年度の売上高はグループ全体で、48,753百万円(前期比16.4%減)、営業利益は、第3四
      半期連結累計期間の503百万円の赤字から551百万円(前期比81.0%減)と通期で黒字となりました。また、経常利
      益は、1,167百万円(前期比64.8%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は、244百万円(前期比85.1%減)とな
      りました。
       セグメントの業績は、次のとおりであります。

      キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー(金属素形材事業)

       自動車関連業界におきましては、新型コロナウイルス感染症の影響により一時は市場全体が急激に減速しました
      が、第2四半期以降は中国市場を中心に経済活動の正常化が進み、回復傾向で推移しました。また、農業機械・建
      設機械関連業界におきましても、回復基調で推移しました。
       このような状況のもと、当カンパニーにおきましては、国内外の生産拠点間の連携強化、生産効率の向上、部品
      の付加価値の向上などを積極的に推進するとともに、脱炭素社会移行に伴う事業リスクの洗い出しや主要部品の重
      点的な品質改善による収益力の向上に努めてまいりました。また、メキシコ子会社では、自動車の次期モデルに搭
      載される部品の量産に向けて準備を進めてまいりました。一方で、カンパニー全体では自動車メーカーの生産調整
      に対応するため、操業時間をコントロールするなど、固定費の削減に努めてまいりました。
       売上およびセグメント利益につきましては新型コロナウイルス感染症の影響を払拭できず厳しい状況で推移しま
      したが、上記の取り組みを進めたことにより、第3および第4四半期におきましては売上およびセグメント利益と
      もに前年同期を上回りました。
       その結果、当カンパニーの売上高は23,190百万円(前期比15.8%減)、セグメント損失(営業損失)は664百万
      円(前期セグメント利益297百万円)となりました。
      キタガワ サン テック カンパニー(産業機械事業)

       国内の建設業界におきましては、公共投資が底堅く推移したものの、民間設備投資は企業収益の落ち込みを背景
      に慎重な姿勢がみられました。当カンパニーの関連業界におきましては、限定的ではありますが、新型コロナウイ
      ルス感染症の影響による計画の中止や納期の延長が発生しており、厳しい状況で推移しました。
       このような状況のもと、コンクリートプラント事業では、総メッキ仕様の生コンプラントZ                                           STEELや新型ミキサ
      のZCROSS     NEOなどの新商品の販売拡大や既存商品のさらなる品質向上に努めてまいりました。荷役機械関連事業で
      は、風力発電の風車建設用クレーンやクレーンの自動操縦システムの開発のみならず新規市場の開拓に注力してま
      いりました。自走式立体駐車場事業では空間を最大限に活用できるスーパーロングスパンタイプ立体駐車場の開発
      および市場認知度の向上を図ってまいりました。
       これらの取り組みを進めることによって、コンクリートプラント事業はメンテナンス工事を含め順調に推移し、
      荷役機械関連事業もビル建設用クレーンの出荷を維持しつつ、風車建設用クレーンの市場投入も実現しました。自
      走式立体駐車場事業につきましては新商品の市場認知度が少しずつ高まってきたものの、新型コロナウイルス感染
      症の影響による民間設備投資意欲の減退により低調に推移しました。
       その結果、当カンパニーの売上高は17,699百万円(前期比16.4%減)、セグメント利益(営業利益)は1,825百
      万円(前期比29.7%減)となりました。
      キタガワ グローバル ハンド カンパニー(工作機器事業)

       工作機械関連業界におきましては、米中貿易摩擦等の影響に加え新型コロナウイルス感染症拡大により厳しい市
                                 13/102

                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      場環境が続きました。内需につきましては、自動車関連業界を中心に回復の兆しが見えておりますが、全体として
      は依然として先行き不透明な状況が続いております。また、外需につきましては中国市場において回復基調が続き
      ま したが、欧州、北米は厳しい状況が続いており、市場全体としては低水準で推移しました。
       このような状況のもと、当カンパニーにおきましては、産業用ロボット周辺機器市場での事業化を推進していく
      ために、ロボットハンドのQCD改善や開発の推進、インテグレータとのネットワーク構築など、今後の成長に向け
      た経営課題の解決に取り組みました。また、新型標準チャックBRシリーズの市場認知度を向上させるためWEB展示
      会等を利用するなど積極的に営業活動を行いました。一方で、収益面においては、操業時間のコントロール、品質
      の改善、製造工程の見直し等によるコスト低減に努めてまいりました。
       これらの取り組みを進めてまいりましたが、国内外ともに企業の設備投資意欲が向上せず、当カンパニーを取り
      巻く市場環境は厳しい状況で推移し、売上、利益とも低調に推移しました。
       その結果、当カンパニーの売上高は7,464百万円(前期比16.0%減)、セグメント利益(営業利益)は473百万円
      (前期比48.3%減)となりました。
      ②   キャッシュ・フローの状況

       当連結会計年度の営業活動によるキャッシュ・フローは、3,105百万円の収入となりました。収入の主な内訳
      は、税金等調整前当期純利益774百万円、減価償却費3,801百万円であり、支出の主な内訳は、売上債権の増加額
      2,515百万円及び法人税等の支払額372百万円によるものであります。
       投資活動によるキャッシュ・フローは、3,301百万円の支出となりました。支出の主な内訳は、有形固定資産の
      取得による支出3,583百万円であります。
       財務活動によるキャッシュ・フローは、1,096百万円の収入となりました。収入の主な内訳は、長期借入金の純
      増加額    1,381百万円であります。
       これらにより、当連結会計年度末の現金及び現金同等物の期末残高は、前連結会計年度末に比べ                                              887百万円増加
      し、10,349百万円となりました。
                                 14/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      ③   生産、受注及び販売の実績
     a.  生産実績
       当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             セグメントの名称                      金額(百万円)              前期比(%)

     キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー                                      23,107          △16.1
     キタガワ サン テック カンパニー                                      17,800          △17.0
     キタガワ グローバル ハンド カンパニー                                      7,043          △25.2
     その他                                       399         △39.3
                 合計                           48,350          △18.2
     (注)   1 金額は販売価格で表示しており、セグメント間の取引については相殺消去しておりません。
       2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     b.  受注実績

       当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
        セグメントの名称              受注高(百万円)          前期比(%)        受注残高(百万円)           前期比(%)

     キタガワ マテリアル 
                          23,404         △14.6           920         30.2
     テクノロジー カンパニー
     キタガワ サン テック 
                          18,174          △4.4         17,568           2.8
     カンパニー
     キタガワ グローバル ハン
                          7,734         △1.2         1,411          23.6
     ド カンパニー
     その他                      418       △15.5           150         15.3
           合計              49,731          △9.1         20,050           5.1
     (注)   1 セグメント間の取引については、相殺消去しております。
       2 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     c.  販売実績

       当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。
             セグメントの名称                      金額(百万円)              前期比(%)

     キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー                                      23,190          △15.8
     キタガワ サン テック カンパニー                                      17,699          △16.4
     キタガワ グローバル ハンド カンパニー                                      7,464          △16.0
     その他                                       398         △43.9
                合計                          48,753          △16.4
     (注)   1 セグメント間の取引については、相殺消去しております。
       2 主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は次のとおりであります。
                          前連結会計年度                  当連結会計年度
             相手先
                       販売高(百万円)          割合(%)       販売高(百万円)          割合(%)
          株式会社クボタ                   7,336       12.6          7,098       14.6
          アイシン・エィ・
                            6,670       11.4          6,029       12.4
          ダブリュ株式会社
       3 上記の金額には、消費税等は含まれておりません。

                                 15/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (2)   経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容
       本項に記載した予想、見通し、方針等の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判
      断したものであります。
      ①   重要な会計方針及び見積り

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成され
       ております。この連結財務諸表の作成にあたって、当社経営陣は決算日における資産・負債の報告数値及び報告
       期間における収入・費用に影響を与える見積りを行っております。また、見積りに関しては、過去の実績等の情
       報に基づいて判断しておりますが、不確実な要素も含んでおり、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があ
       ります。連結財務諸表の作成にあたって用いた会計上の見積り及び仮定のうち、重要なものは「第5 経理の状
       況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項 (重要な会計上の見積り)」に記載しております。
        当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 注記
       事項(連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載のとおりであります。
        なお、新型コロナウイルス感染症の影響により、不確実性が大きく将来の事業計画の合理的な作成が困難であ
       りますが、期末時点で入手可能な情報に基づいて検証しております。
      ②   財政状態の分析

       a  資産
        当連結会計年度末の総資産は、売上債権の増加などにより、前連結会計年度末に比べて2,253百万円増加し、
       72,904百万円となりました。
       b  負債
        当連結会計年度末の負債は、借入金の増加などにより、前連結会計年度末に比べて1,984百万円増加し、
       34,553百万円となりました。
       c  純資産
        当連結会計年度末の純資産は、為替換算調整勘定の減少がありましたが、退職給付に係る調整累計額及びその
       他有価証券評価差額金の増加があり、前連結会計年度末に比べて269百万円増加し、38,351百万円となりまし
       た。純資産から非支配株主持分を差し引いた自己資本は37,184百万円となり、自己資本比率は51.0%となりまし
       た。
      ③   経営成績の分析

       a  売上高
        当連結会計年度の売上高は、前期比16.4%減の48,753百万円となりました。
        事業別では、キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニーは第2四半期連結会計年度までに発生した新
       型コロナウイルス感染症の影響を払拭することができず、前期比15.8%の減収となりました。
        キタガワ サン テック カンパニーは一部で新型コロナウイルス感染症の影響による契約の中止や納期の延
       期が発生したため、前期比16.4%の減収となりました。
        キタガワ グローバル ハンド カンパニーは国内外ともに企業の設備投資意欲が向上せず、前期比16.0%の
       減収となりました。
       b  営業利益

        当連結会計年度の営業利益は、前期比81.0%減の551百万円となりました。
       事業別では、キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニーは自動車メーカーの生産調整に伴い売上が減少
       し、664百万円の赤字となりました。
        キタガワ サン テック カンパニーは民間設備投資意欲の減退により自走式立体駐車場事業部の売上が大幅
       に減少したため、営業利益につきましても前期比29.7%の減益となりました。
        キタガワ グローバル ハンド カンパニーにおきましては、国内外を問わず受注が減少したことにより、十
       分な生産量を確保することができず、前期比48.3%の減益となりました。
                                 16/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       c  経常利益
        当連結会計年度の経常利益は、為替差益等の営業外収益があったものの営業利益の減少による影響が甚大であ
       り、前期比64.8%減の1,167百万円となりました。
       d  親会社株主に帰属する当期純利益

        当連結会計年度の親会社株主に帰属する当期純利益は、経常利益の減少により、前期比85.1%減の244百万円
       となりました。
      ④   キャッシュ・フローの状況の分析

        キャッシュ・フローの状況については、「(1)経営成績等の概要                               ②キャッシュ・フローの状況」に
       記載しております。
        なお、キャッシュ・フロー指標のトレンドは下記のとおりであります。
                              2017年3     2018年3     2019年3     2020年3     2021年3
                               月 期    月 期    月 期    月 期    月 期
        自己資本比率(%)                       46.6     48.6     49.4     52.0     51.0
        時価ベースの自己資本比率(%)                       30.6     35.4     28.7     20.4     20.3
        キャッシュ・フロー対有利子負債比率(年)                       2.6     1.7     2.5     1.5     4.2
        インタレスト・カバレッジ・レシオ(倍)                       41.7     62.2     48.6     78.8     37.1
        自己資本比率:自己資本/総資産
        時価ベースの自己資本比率:株式時価総額/総資産
        キャッシュ・フロー対有利子負債比率:有利子負債/キャッシュ・フロー
        インタレスト・カバレッジ・レシオ:営業キャッシュ・フロー/利払い
        (注)1 いずれも連結ベースの財務数値により計算しております。
           2 株式時価総額は自己株式を除く発行済株式数をベースに計算しております。
           3 キャッシュ・フローは、営業キャッシュ・フローを利用しております。
           4 有利子負債は連結貸借対照表に計上されている負債のうち利子を支払っている全ての負債を対象と
             しております。
      ⑤   資本の財源及び資金の流動性についての分析

       当社グループにおける資金需要の主なものは、製品製造のための原材料及び部品の購入のほか、製造費用、販売
      費及び一般管理費の営業費用による運転資金、また、製造設備の増強、合理化及び更新を目的とした設備資金であ
      ります。当社グループの資金の源泉は、主として、営業活動によるキャッシュ・フロー及び金融機関からの借入に
      よる資金調達となります。
       当連結会計年度におきましては、キタガワ サン テック カンパニーを中心に設備投資を行いましたが、長期
      借入金の増加等により、当連結会計年度末における当社グループの現金及び現金同等物の残高は10,349百万円とな
      り、前期末比887百万円の増加となりました。
      ⑥   経営者の問題認識と今後の方針について

       当社グループ経営陣は、企業価値の最大化を目指し、現在の経営環境や入手可能な情報を元に最善の経営方針を
      立案するように努めております。当社グループ全体としては、各セグメントの成長追求、開発体制の再構築、人的
      資源の戦略的投入、持続的成長へ向けた経営基盤の確立を経営課題と認識して取り組んでまいります。
       なお、各セグメントの具体的な取り組みは「第2 事業の状況」の「1                                  経営方針、経営環境及び対処すべき課
      題等」に記載した活動を進めてまいります。
    4  【経営上の重要な契約等】

       当連結会計年度において、経営上の重要な契約等はありません。
                                 17/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    5  【研究開発活動】
       当連結会計年度は、ウォーターカッターの小型ユニットタイプを開発しました。機能を最小限に絞ることで小型
      化を実現し、導入しやすいモデルにして、ゴム・パッキン市場でプロッター加工機を使用しているユーザーを対象
      として販売を開始しました。発売開始以降、数多くのテストカットの依頼を頂いております。新事業分野では、微
      小重力環境細胞培養装置「Zeromo」、非接触濡れ性評価装置「Wettio」を販売しており、関係機関との共同研究を
      進めて、装置の有用性について論文投稿を行っております。メカトロ分野においては、開発を進めておりました
      「低温摩擦接合機」を完成させ販売を開始しました。また、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)などの加工を目的
      とした「ロボット加工ユニット」は、ユーザーからの要望を取入れブラッシュアップを行っております。
       その他、研究開発活動としては、連結子会社と連携したUAV(無人航空機)の開発や「高速画像処理技術」を応
      用した「風力発電用点検装置」、「機械の状態監視装置」などへAIを活用した装置開発を目指して調査・研究を進
      めております。これら研究開発テーマにつきましては、翌連結会計年度も引き続いて試験機の開発を進め製品化に
      繋げる取組みを行います。
       当連結会計年度における研究開発費の総額は                     571  百万円であり、各セグメントの主な研究開発活動の内容は、次
      のとおりであります。なお、開発本部で行っている各セグメントに配分できない基礎研究費用                                            341  百万円が含まれ
      ております。
      キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー(金属素形材事業)

       当連結会計年度は、前連結会計年度に開発した福山工場における生砂管理の安定化策(鋳造製品別による添加剤
      添加量調整)の運用確認・調整と、本社地区全ラインへの展開を始めました。これにより福山工場ではコロナ禍で
      の生産量変動、および生産品目の変化に対しても、安定した品質を維持することができました。
       また、高強度快削性鋳鉄での製品実現に向けて、基礎データの収集および、被削性評価試験を実施しました。翌
      連結会計年度においては、自動車のEV化に対応した鋳鉄実製品を用いて材質調整や加工条件の見直しなどによ
      り、快削性の追究から量産適用への取組みを進めてまいります。
       また、前連結会計年度までに導入した、鋳造シミュレーションソフトと3D樹脂プリンターを用いて試作型の製作
      を行い、社内試作のスピードアップを図っております。当連結会計年度では、ラインの生産効率アップのため、主
      力製品のライン変更のための試作を行い、成果を上げております。翌連結会計年度においては受注製品の生産準備
      の充実を図るため、鋳造シミュレーションの能力アップ、高速化を行います。
       当事業に係る研究開発費は            21 百万円であります。
                                 18/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      キタガワ サン テック カンパニー(産業機械事業)
       当連結会計年度は、NEDOの戦略的省エネルギー技術革新プログラムとして取り組んでいる「生コンクリートス
      ラッジ水高度利用システムの開発」が、環境負荷低減と脱炭素化に貢献する技術として、国土交通省の建設技術研
      究開発助成制度に採択されました。実用化に向けた設備設計を終え、プロトタイプにて実証試験を行いました。翌
      連結会計年度におきましても建設技術研究開発助成制度を活用し、同技術のJIS規格化に向けた取組みを行う予定
      です。
       生コンプラント関係では、次世代2軸強制練りミキサ「ジクロスNEO」について、シリーズ最大クラスの機種開
      発を進め、プロトタイプの製作に着手しました。翌連結会計年度に実際のコンクリートプラントでの性能確認を
      行った後、製品ラインナップに加える計画です。
       建設機械関係ではクレーン運転の自動化に向けた技術開発を進めており、前連結会計年度から引き続きバージョ
      ンアップを行いました。翌連結会計年度も引き続き周辺機能の開発を行う予定です。また、吊荷旋回制御装置につ
      いては工場向けの試作機を完成させました。
       立体駐車場関係では、2019年度に大臣認定を取得した車室横に柱の無い大空間を実現したスーパーロングスパン
      タイプの4層5段と5層6段に引き続き、新たに3層4段の大臣認定取得に向けた作業に着手しました。翌連結会
      計年度に大臣認定を取得する予定です。また、立体駐車場に付帯することができる感染症診察スペースに関して、
      特許を取得しました。立体駐車場内に設ける感染症診察スペースのコロナ禍での有効性を病院向けに積極的にPR
      してまいります。
       当事業に係る研究開発費は            50 百万円であります。
      キタガワ グローバル ハンド カンパニー(工作機器事業)

       当連結会計年度は、把握精度とデザインを一新した新型標準チャックBRシリーズで、6、8、10インチに加
      え、新たに12インチも開発し量産販売を開始しました。
       また各種の高機能チャックやオートジョーチェンジチャック(AJC)の開発に継続して取組みました。NC円テー
      ブルでは、低速から高速まで様々な回転速度の機種の開発を継続すると共に、専用回転継手の開発にも取り組みま
      した。また測長機能付きロボットハンド(日刊工業新聞社モノづくり部品大賞機械ロボット部品賞を受賞)、耐環
      境性ロボットハンド、マシニングセンタ組込用円テーブルアプリケーション、その他自動化用周辺機器類の開発や
      改良に取り組みました。
       当事業に係る研究開発費は            157  百万円であります。
                                 19/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第3 【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

      当社グループでは、製造設備の増強、合理化及び更新を目的とし、当連結会計年度に総額                                          3,103   百万円の設備投資
     を行いました。
      キタガワ サン テック              カンパニーでは、生産拠点再配置に伴い、甲山工場の工場建屋の一部改築、事務所の
     改修、産業用機械製造設備の更新及び増設をしております。
      なお、重要な設備の除却または売却はありません。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループ(当社及び連結子会社)における主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)  提出会社
                                               2021年3月31日       現在
                                     帳簿価額(百万円)
                                                        従業
     事業所名
             セグメント
                     設備の内容                                   員数
                            建物    機械装置
              の名称
     (所在地)
                                      土地    リース
                                                        (人)
                            及び
                                               その他     合計
                                 及び
                                     (面積千㎡)      資産
                           構築物     運搬具
           キタガワ サン テ
    本社及び      ック カンパニー          産業用機械
                                        617
    本社工場      キタガワ グローバ          製造設備・
                             626    1,044      (52)     28    657    2,973    668
    (広島県      ル ハンド カンパ          工作機器製
                                        [14]
    府中市)      ニー          造設備
           全社的管理業務
    本山工場      キタガワ グローバ
                     工作機器製                   453
    (広島県      ル ハンド カンパ                   79     460          ―    192    1,186     55
                     造設備                   (24)
    府中市)      ニー
    下川辺工場      キタガワ マテリア                              11
                     鋳物製造設
    (広島県      ル テクノロジー                    174     475      (4)     ―    127     790   185
                     備
    府中市)      カンパニー                             [31]
    福山工場
           キタガワ マテリア          鋳物製造設
    (広島県                                   1,206
           ル テクノロジー           備・鋳物加       1,162     3,105           ―    127    5,602    125
    福山市)                                    (75)
           カンパニー          工設備
    (注)2
    中須工場      キタガワ マテリア
                     鋳物製造設                   25
    (広島県      ル テクノロジー                    22     22          ―     20     90   24
                     備                   (11)
    府中市)      カンパニー
    東京工場       キタガワ マテリア          鋳物製造設
                                        43
    (さいたま市       ル テクノロジー           備・鋳物加         554    1,335            1    168    2,104    153
                                        (29)
    北区)       カンパニー          工設備
    和歌山工場
           キタガワ サン テ
                     産業用機械                   130
    (和歌山県                         111      76          1    28    348    40
                     製造設備                   (22)
           ック カンパニー
    橋本市)
           キタガワ マテリア
    甲山工場                 鋳物加工設
           ル テクノロジー 
                                        31
    (広島県                 備・産業用
           カンパニー
                            1,355     1,175      (27)     36     54   2,653     32
    世羅郡                 機械製造設
           キタガワ サン テ
                                        [13]
    世羅町)                 備
           ック カンパニー
    大阪支店
    (大阪市                                    142
    住之江区)      販売業務          販売設備         51     24     (2)     ―     71    288   158
    他全国6支                                    [1]
    店4営業所
     (注)   1 帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。
       2 貸与中の機械装置509百万円を含んでおり、キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニーの鋳物加工
         のため総社工業㈱に貸与しております。
       3 土地及び建物の一部を賃借しており、年間賃借料は245百万円であります。賃借している土地の面積は
         [ ]で外書きしております。
       4 現在休止中の主要な設備はありません。
       5 金額には、消費税等は含まれておりません。
       6 表示すべき主要なリース資産はありません。
                                 20/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (2)  国内子会社
       表示すべき主要な設備はありません。
     (3)  在外子会社

                                               2021年3月31日       現在
                                     帳簿価額(百万円)
                                                        従業
     会社名
             セグメント
                     設備の内容                                   員数
                            建物    機械装置
              の名称
     (所在地)
                                      土地
                                          リース
                                                        (人)
                            及び
                                               その他     合計
                                 及び
                                           資産
                                     (面積千㎡)
                           構築物     運搬具
    KITAGAWA
    (THAILAND)
          キタガワ マテリア          鋳物製造設
                                        303
    CO.,LTD.
          ル テクノロジー           備・鋳物加         664    1,688            0    30   2,686    517
                                        (94)
    (タイ   チョ
          カンパニー          工設備
    ンブリ県)
    KITAGAWA
    MEXICO,S.A.
    DEC.V.
          キタガワ マテリア          鋳物製造設
                                        325
    (メキシコ
          ル テクノロジー           備・鋳物加       1,847     4,173           ―    622    6,969    587
                                        (86)
          カンパニー          工設備
    アグアスカ
    リエンテス
    州)
     (注)   1 帳簿価額のうち「その他」は、工具器具及び備品及び建設仮勘定の合計であります。
       2 現在貸与中の主要な設備はありません。
       3 現在休止中の主要な設備はありません。
       4 表示すべき主要なリース資産はありません。
    3  【設備の新設、除却等の計画】

     (1)  重要な設備の新設等
                                 投資予定額
            事業所名                                      完了予定    完成後の
                   セグメント                     資金調達
     会社名                     設備の内容                   着手年月
                     の名称                     方法
            (所在地)                                       年月   増加能力
                                 総額   既支払額
                                (百万円)    (百万円)
                  キタガワ マテ
                                         自己資金
          福山工場
                  リアル テクノ        鋳物製造                   2020年    2022年    生産能力
    提出会社                             132     0   及び
          (広島県福山市)
                  ロジー カンパ        設備                    12月    6月    向上
                                         借入金
                  ニー
                          産業用機
                  キタガワ サ                      自己資金
          本社工場
                          械製造建                    2020年    2021年    生産能力
    提出会社              ン  テック                371     9   及び
          (広島県府中市)
                          屋及び設                    4月    5月    向上
                  カンパニー                       借入金
                          備
                   キタガワ グ
                          工作機械              自己資金
          本社工場        ローバル ハ                            2019年    2021年    生産能力
    提出会社                      製造建屋       443    320    及び
          (広島県府中市)        ンド カンパ                            12月    10月    増強
                          及び設備               借入金
                   ニー
                   キタガワ グ
                                         自己資金
          本山工場        ローバル ハ        工作機器                    2020年    2022年    生産能力
    提出会社                              117     6   及び
          (広島県府中市)        ンド カンパ        製造建屋                    11月    2月    向上
                                         借入金
                   ニー
                                         自己資金
          本社工場                                    2020年    2021年    生産能力
    提出会社              全社共通        情報機器       183    118    及び
          (広島県府中市)                                     9月    12月    向上
                                         借入金
                  キタガワ マテ        鋳物製造

          (メキシコ     アグ
    KITAGAWA                                     自己資金
                  リアル テクノ        設備及び                    2018年    2022年    生産能力
    MEXICO,S.A                             2,134     320    及び
          アスカリエンテ
                  ロジー カンパ        加工建屋                    9月    8月    増強
    .DEC.V.                                     借入金
          ス州)
                  ニー        及び設備
     (注)   1 金額には、消費税等は含まれておりません。
       2 投資予定額に外貨が含まれる場合、円貨建に換算しております。
     (2)  重要な設備の除却等

       経常的な設備の更新を除き、重要な設備の除却または売却の計画はありません。
                                 21/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第4   【提出会社の状況】
    1 【株式等の状況】

     (1) 【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                    30,800,000
                計                                   30,800,000
      ②  【発行済株式】

                事業年度末          提出日現在
                                 上場金融商品取引所
        種類       現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
                                 商品取引業協会名
              ( 2021年3月31日       )  (2021年6月21日)
                                  東京証券取引所             単元株式数は
       普通株式           9,650,803          9,650,803
                                  (市場第一部)           100株であります。
        計          9,650,803          9,650,803         ―            ―
     (2) 【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。 
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
    2016年10月1日
                △86,857,227        9,650,803          -     8,640        -     5,080
    (注)
     (注) 株式併合(10:1)によるものであります。
     (5)  【所有者別状況】

                                               2021年3月31日       現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
      区分                                              株式の状況
           政府及び
                                 外国法人等
                     金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
                               個人以外      個人
            団体
    株主数
              1     30     41     160      85      3   9,486     9,806       ─
    (人)
    所有株式数
              2   26,061      2,926     8,562     15,179       12   43,059     95,801      70,703
    (単元)
    所有株式数
             0.01     27.20      3.05     8.94     15.84      0.01     44.95     100.00        ─
    の割合(%)
     (注)   1 自己株式288,626株は「個人その他」に2,886単元及び「単元未満株式の状況」に26株それぞれ含まれて
         おります。
       2 株主数には、単元未満株式のみを所有する株主の人数を含めております。
                                 22/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (6)  【大株主の状況】
                                               2021年3月31日       現在
                                                  発行済株式
                                                  (自己株式を
                                           所有株式数        除く。)の
         氏名又は名称                     住所
                                            (千株)      総数に対する
                                                  所有株式数の
                                                   割合(%)
    北川鉄工所みのり会                広島県府中市元町77-1                           591       6.32
    日本マスタートラスト信託銀行
                    東京都港区浜松町2丁目11-3                           577       6.17
    株式会社(信託口)
    株式会社広島銀行                広島市中区紙屋町1丁目3-8                           446       4.76
    株式会社日本カストディ銀行
                    東京都中央区晴海1丁目8-12                           314       3.36
    (信託口)
                    25 CABOT SQUARE, CAN
    MSIP CLIENT SE
                    ARY WHARF, LONDON E1
    CURITIES
                    4 4QA, U.K.
                                               254       2.72
    (常任代理人 モルガン・スタ
                    (東京都千代田区大手町1丁目9-7                  大手
    ンレーMUFG証券株式会社)
                    町フィナンシャルシティ            サウスタワー)
                    東京都中央区八重洲1丁目2-1
    みずほ信託銀行株式会社                                           230       2.46
    北川鉄工所自社株投資会                広島県府中市元町77-1                           213       2.28

    朝日生命保険相互会社                東京都新宿区四谷1丁目6-1                           171       1.83

    DFA    INTL     SMALL      C
                    PALISADES WEST 6300,
    AP   VALUE      PORTFO       BEE CAVE ROAD BUILDI
                    NG ONE AUSTIN TX 787
                                               169       1.81
    LIO
                    46 US
    (常任代理人 シティバンク、
                    (東京都新宿区新宿6丁目27-30) 
    エヌ・エイ東京支店)
    損害保険ジャパン株式会社                東京都新宿区西新宿1丁目26-1                           162       1.73
           計                   ―                3,130        33.44

     (注)   1 上記のほか当社所有の自己株式288千株があります。
       2 上記の日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口)所有株式数のうち信託業務に係る株式数は
         444千株であります。
         なお、それらの内訳は、年金信託設定分5千株、投資信託設定分438千株となっております。
       3 上記の株式会社日本カストディ銀行(信託口)所有株式数のうち信託業務に係る株式数は202千株で
         あります。
         なお、それらの内訳は、年金信託設定分13千株、投資信託設定分189千株となっております。
       4 上記株主の英文名は、株式会社証券保管振替機構から通知された「総株主通知」に基づき記載しておりま
         す。
       5 2020年7月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書の変更報告書において、野村アセットマネジ
         メント株式会社が2020年7月15日現在で以下の株式を保有している旨の記載がされているものの、当社とし
         て2021年3月31日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めており
         ません。
         なお、大量保有報告書の変更報告書の内容は以下のとおりであります。
                                          保有株券等の数
                                                  株券等保有割合
            氏名又は名称                   住所
                                                    (%)
                                            (千株)
         野村アセットマネジメント
                      東京都江東区豊洲2丁目2-1                         796       8.25
         株式会社
                                 23/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (7)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年3月31日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        ―          ―                  ―

    議決権制限株式(自己株式等)                        ―          ―                  ―

    議決権制限株式(その他)                        ―          ―                  ―

                    (自己保有株式)
                    普通株式
    完全議決権株式(自己株式等)                                 ―                  ―
                         288,600
                    普通株式
    完全議決権株式(その他)                               92,915                    ―
                        9,291,500
                    普通株式
    単元未満株式                                 ―      一単元(100株)未満の株式
                          70,703
    発行済株式総数                    9,650,803             ―                  ―
    総株主の議決権                        ―        92,915                    ―

     (注) 「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己保有株式26株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                               2021年3月31日       現在
                               自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数
       所有者の氏名
                    所有者の住所          所有株式数      所有株式数       の合計      に対する所有
        又は名称
                                (株)      (株)      (株)    株式数の割合(%)
    (自己保有株式)
                 広島県府中市元町77-1               288,600         ―    288,600          2.99
    株式会社北川鉄工所
          計                  ―    288,600         ―    288,600          2.99
                                 24/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    2  【自己株式の取得等の状況】
      【株式の種類等】 会社法第155条第7号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
        該当事項はありません。
     (2) 【取締役会決議による取得の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

        会社法第155条第7号による普通株式の取得
               区分                  株式数(株)             価額の総額(円)
    当事業年度における取得自己株式
                                        832           1,228,986
    (2020年4月1日~2021年3月31日)
    当期間における取得自己株式
                                        182            279,138
    (2021年4月1日~2021年5月31日)
     (注) 当期間における取得自己株式には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りに
        よる株式数は含まれておりません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                              当事業年度                 当期間
             区分
                                 処分価額の総額                処分価額の総額
                          株式数(株)                株式数(株)
                                   (円)                (円)
    引き受ける者の募集を行った
                              ―         ―        ―         ―
    取得自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                          ―         ―        ―         ―
    合併、株式交換、株式交付、会社分割
                              ―         ―        ―         ―
    に係る移転を行った取得自己株式
    その他                          ―         ―        ―         ―
    保有自己株式数                        288,626           ―     288,808           ―

     (注) 当期間における保有自己株式数には、2021年6月1日から有価証券報告書提出日までの取締役会決議による自
        己株式の取得及び単元未満株式の買取りによる株式数は含まれておりません。
    3  【配当政策】

      当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営上の重要課題の一つと考えており、将来の事業展開及び経営体質の強
     化のため内部留保の充実を図りつつ、連結配当性向30%を目標とした安定した配当を継続することを利益配分の基本
     方針としております。
      当社の剰余金の配当は、中間配当及び期末配当の年2回を基本方針としております。配当の決定機関は、中間配当
     は取締役会、期末配当は株主総会であります。
      当事業年度の剰余金の配当につきましては、継続的な安定配当の基本方針のもと、1株あたり20円(うち中間配当
     金は無配)としております。
      内部留保資金の使途につきましては、技術革新対応への設備投資・研究開発投資など、企業体質強化に備えるため
     のものであり、将来の企業価値増大への原資と考えております。
      なお、当社は中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
     (注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、以下のとおりであります。

                           配当金の総額                 1株当たり配当額
          決議年月日
                            (百万円)                   (円)
    2021年6月18日
                                     187                  20
    定時株主総会
                                 25/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
     (コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方)
       当社では、経営環境の激しい変化に対応すべく、経営の効率化・意思決定の迅速化や経営の透明性の確保が必要
      不可欠であると考えております。そのため、コーポレート・ガバナンスの充実を経営上の重要課題の一つとして位
      置付け、企業の健全性を確保し、企業価値の増大を図り、企業の社会的責任を果たす事業活動の展開に努めており
      ます。
      ①  企業統治の体制
       イ  企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由
          当社は、取締役会と監査役会から構成される監査役会設置会社の形態を採用しております。株主をはじめ
        とするステークホルダーのために有効なコーポレート・ガバナンスを実現するため、以下の体制を構築し、維
        持・向上に努めております。
         また、当社は、取締役の経営意思決定機能と業務執行機能の強化を図るため、執行役員制度を導入しており
        ます。提出日現在、16名(うち取締役8名が兼務)が執行役員に就任しております。執行役員は、取締役会に
        おいて業務の執行状況を報告、確認し、各カンパニーのマネジメント会議等を通じて取締役会の決定事項を効
        率的かつ効果的に執行しております。
        a.取締役会

          取締役会は経営意思決定の最高機関であり、法令、定款、取締役会規程に定める取締役会付議事項の審議
         を行っております。取締役会は原則として毎月1回開催し、必要に応じて臨時取締役会を開催しています。
          提出日現在、取締役会は代表取締役会長兼社長である北川祐治を議長とし、代表取締役副会長である北川
         宏、取締役である北川日出夫、畑島敏勝、栗本和昌、佐藤靖、近藤正樹、藤本一、門田廣夫、北川和紀、内
         田雅敏(社外)、西川三佐子(社外)、監査役である野上武志(常勤・社外)、貝原潤司(社外)、平浩介
         (社外)を構成員とした15名で構成されています。
       b.監査役会

          監査役会は株主の負託を受けた独立の機関として取締役の職務執行を監査し、監査の方針、方法、その他
         の監査役の職務の執行に関する事項等の決定をしております。監査役会は原則として毎月1回開催し、必要
         に応じて随時監査役会を開催しています。
          提出日現在、監査役会は監査役である野上武志(常勤・社外)を議長とし、貝原潤司(社外)、平浩介
         (社外)の3名で構成されています。
        c.社外役員会

          社外役員会は経営に関する意思決定の透明性を確保し、取締役会によって恣意的な判断がなされることを
         防止する目的で設置され、取締役の報酬や取締役候補者の指名等について取締役会または代表取締役から諮
         問を受けた場合、その内容に対して審議・答申を行っております。
          提出日現在、社外役員会は代表取締役会長兼社長である北川祐治を議長とし、代表取締役副会長である北
         川宏、取締役である内田雅敏(社外)、西川三佐子(社外)、監査役である野上武志(常勤・社外)の5名
         で構成されています。
        当社の業務執行の体制、経営監視及び内部監査の体制は次のとおりであります。

                                 26/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ロ  内部統制システムの整備の状況








         取締役会の運営については取締役会規程に定められており、月1回の定例取締役会の開催と、必要に応じた
        臨時取締役会の開催によって、相互の意思疎通を図るとともに、相互の業務執行を監督し、必要に応じ外部の
        専門家を起用して法令定款違反行為を未然に防止しております。
         また、当社は、取締役の職務執行については監査役会の定める監査の方針及び分担に従い、監査役の監査対
        象になっております。
       ハ  当社の子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況
         グループ会社に年度毎に当社経営基本方針を周知し、当社意向の徹底と課題の共有を行い、毎月の取締役会
        においてもグループ各社の状況把握と対策を協議しております。
         コンプライアンス体制の基本として、キタガワ企業行動憲章及びキタガワ自主行動基準があり、その運用に
        ついてはコンプライアンス規程及びコンプライアンスマニュアルを定めております。取締役会は、内部統制シ
        ステムの基本事項及び重要事項を決定し、その構築、維持、向上を推進するとともに、その下部組織としてコ
        ンプライアンス委員会を組織して、コンプライアンスに関する個別の課題について協議、決定を行い、合わせ
        てコンプライアンスプログラムの策定及び進捗状況の管理を行っております。
         当社の企業グループ各社は、キタガワ企業ビジョンを共有し、すべての企業グループに適用するキタガワ企
        業行動憲章及びキタガワ自主行動基準をもとに各社で諸規程を定めて業務の運営を行っております。
         グループ各社には、各社社長等をコンプライアンス担当責任者として、コンプライアンス体制を構築し、本
        社コンプライアンス委員会は各社のコンプライアンス担当者に指導、指示を行っております。
         また当社グループは、相談通報体制を設けており、グループ各社を含めコンプライアンス違反があったと
        き、行われようとしていることを知ったときには、相談通報窓口に通報できる体制としております。
       ニ  リスク管理体制の整備の状況
         当社を取り巻くリスクとして、経営環境動向、法律対応、製品品質、販売及び調達価格、海外取引、天災事
        変など、さまざまな事業上のリスクが想定されます。
         全取締役及び全執行役員を委員とするリスク管理委員会を組織し、全社のリスク管理にあたり、業務執行に
        係るリスクを認識するために、各部門ごとにリスク管理委員会を設けております。
         グループ各社には、各社社長等をリスク管理担当責任者として、リスク管理体制を構築し、本社リスク管理
        委員会は各社のリスク管理担当者に指導、指示を行っております。
         総体的な経営リスクについては、取締役会、経営会議、カンパニーマネジメント会議にて分析対応を検討し
        管理しております。不測の事態が発生したときは社長を本部長とする対策本部を設置し、情報連絡チーム及び
        顧問弁護士等を含んだアドバイザリーチームを組織して迅速に対応し、損害の発生防止及びその極小化に万全
                                 27/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
        を図っております。
      ②  株主総会決議事項を取締役会で決議することができることとした事項
       イ  自己の株式の取得
         当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得
        することができる旨を定款で定めております。これは、機動的な資本政策の遂行を可能とすることを目的とす
        るものであります。
       ロ  中間配当
         当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年9月30日を基準日として中間配
        当をすることができる旨を定款で定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能とすることを目
        的とするものであります。
       ハ  社外取締役及び社外監査役の責任免除
         当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議によって任務を怠ったことによる社外取締役
        及び社外監査役の損害賠償責任を、同法第425条第1項に定める最低限度額において免除することができる旨
        を定款で定めております。これは、社外取締役及び社外監査役が職務を遂行するにあたり、期待される役割を
        十分発揮できるようにすることを目的とするものであります。
      ③  株主総会の特別決議要件
        当社は、会社法第309条第2項に定める特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権
       の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって決議を行う旨を定款で定めておりま
       す。これは、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。
      ④  責任限定契約の概要
        当社は、社外取締役及び社外監査役全員と会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠
       償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、同法第425条第1項に
       定める最低限度額であります。なお、当該責任限定が認められるのは、社外取締役及び社外監査役がその職務を
       行うにつき善意かつ重大な過失がない場合に限られます。
                                 28/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【役員の状況】
      ①  役員一覧
    男性  14 名 女性    1 名 (役員のうち女性の比率             6.7  %)
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                      (株)
                           1983年9月     当社入社
                           1991年6月     当社取締役
                           1995年4月     当社常務取締役
                           1997年4月     当社専務取締役
                           1999年4月     当社代表取締役専務
                           2001年4月     当社代表取締役社長
      代表取締役
                                北川冷機株式会社代表取締役社長(現)
             北川 祐治     1957年4月1日      生                          ※1   132,202
      会長兼社長
                           2011年10月     府中商工会議所会頭(現)
                           2016年4月     当社代表取締役社長 工機事業部長
                           2016年5月     株式会社北川製作所代表取締役会長(現)
                           2016年6月     株式会社ケーブル・ジョイ代表取締役会長(現)
                           2018年4月     当社代表取締役会長兼社長(現)
                           2021年3月     株式会社吉舎鉄工所代表取締役会長(現)
                           1981年4月     当社入社
                           1993年6月     当社取締役
                           1997年4月     当社常務取締役
                           2001年4月     当社代表取締役専務
                           2009年4月     当社代表取締役副社長 執行役員東京営業本
                                部長
                           2010年4月     当社代表取締役副社長
      代表取締役
                           2012年6月     当社代表取締役副社長
       副会長       北川 宏     1958年12月12日      生                          ※1   15,541
                                KITAGAWA    MEXICO,S.A.DE      C.V.出向(代表取締
     経営管理本部長
                                役社長)
                           2015年4月     当社代表取締役副社長 素形材事業本部長
                                KITAGAWA    MEXICO,S.A.DE      C.V.出向(代表取締
                                役社長)
                           2017年4月     当社代表取締役副社長 素形材事業本部長
                           2018年4月     当社代表取締役副会長 キタガワ マテリア
                                ル テクノロジー カンパニー社長
                           2021年4月     当社代表取締役副会長 経営管理本部長(現)
                           1985年4月     当社入社
                           2001年4月     当社住環境事業部長
                           2004年10月     当社工機事業部長
                           2005年6月     当社取締役工機事業部長
                           2009年4月     当社取締役執行役員営業本部営業推進部長兼
                                海外営業部長
                           2010年4月     当社取締役執行役員中国事業準備室長
                           2011年4月     当社取締役執行役員工機事業部長
                           2014年4月     当社取締役常務執行役員経営管理本部長
       取締役
                           2016年9月     当社取締役常務執行役員
      常務執行役員
                                KITAGAWA(THAILAND)CO.,LTD.出向(代表取締役
             北川  日出夫
                   1963年3月3日      生                          ※1    7,473
     キタガワ マテリア
                                会長)
     ル テクノロジー
     カンパニー社長
                           2017年4月     当社取締役常務執行役員
                                KITAGAWA(THAILAND)CO.,LTD.出向(代表取締役
                                会長兼社長)
                           2018年4月     当社取締役常務執行役員
                                KITAGAWA(THAILAND)CO.,LTD.出向(代表取締役
                                社長)
                           2021年1月     当社取締役常務執行役員キタガワ マテリア
                                ル テクノロジー カンパニー社長(現)
                           2021年4月     KITAGAWA(THAILAND)CO.,LTD.代表取締役会長
                                (現)
                                KITAGAWA    MEXICO,S.A.DE      C.V.取締役会長(現)
                                 29/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                      (株)
                           1979年4月
                                当社入社
                           2006年4月
                                当社産業機械事業部開発部長
                           2006年10月
                                当社開発部長
                           2008年4月
                                当社工機事業部技術部長
                           2009年4月
                                当社執行役員開発本部長
       取締役
                           2010年4月
                                当社執行役員工機事業部長兼開発本部長
      常務執行役員
             畑島 敏勝     1954年9月25日      生                          ※1    2,389
                           2011年4月
                                当社執行役員開発本部長
      開発本部長
    兼 新事業推進本部長
                           2015年6月
                                当社取締役執行役員開発本部長
                           2016年4月
                                当社取締役執行役員開発本部長兼工機事業部
                                副事業部長
                           2018年4月
                                当社取締役執行役員開発本部長
                           2019年4月
                                当社取締役常務執行役員開発本部長兼新事業
                                推進本部長(現)
                           1981年4月
                                当社入社
                           2009年4月
                                当社営業本部環境営業部長
                           2010年4月
                                当社執行役員立体駐車場事業部長
                           2011年4月
                                当社執行役員立体駐車場事業部長兼営業部長
                           2012年4月
                                当社執行役員経営管理本部経営企画室長
       取締役
                           2013年4月
                                当社執行役員開発本部副本部長
      常務執行役員
             栗本 和昌     1958年9月21日      生                          ※1    3,892
                           2014年4月
                                当社執行役員東京支店副支店長
    キタガワ サン テッ
     ク カンパニー社長
                           2015年4月
                                当社執行役員東京支店長
                           2016年6月
                                当社取締役執行役員東京支店長
                           2018年4月
                                当社取締役執行役員キタガワ サン テッ
                                ク カンパニー社長
                           2019年4月
                                当社取締役常務執行役員キタガワ サン 
                                テック カンパニー社長(現)
                           1980年4月     当社入社
                           2003年10月     当社総務部長
                           2004年10月     当社住環境事業部長
                           2005年6月     当社取締役住環境事業部長
                           2009年1月     当社取締役立体駐車場事業部長
                           2009年4月     当社取締役執行役員立体駐車場事業部長
       取締役
                           2010年4月     当社取締役執行役員素形材事業部長
       執行役員       佐藤 靖     1956年4月17日      生                          ※1    5,180
                           2011年10月     当社取締役執行役員
     DX戦略本部長
                                KITAGAWA(THAILAND)CO.,LTD.出向(代表取締役
                                社長)
                           2015年4月     当社取締役執行役員東日本統括兼素形材事業
                                本部素形材事業部東京工場長
                           2016年9月     当社取締役執行役員経営管理本部長
                           2018年4月     当社取締役執行役員東京支店長
                           2021年1月     当社取締役執行役員DX戦略本部長(現)
                           1983年4月
                                株式会社広島銀行入行
                           2013年4月
                                同行福山南支店長
       取締役
                           2015年4月
                                当社入社、工機事業部副事業部長
       執行役員
                           2016年4月
                                当社工機事業部営業部長
     キタガワ グローバ
             近藤 正樹     1960年11月16日      生                          ※1    1,093
     ル ハンド カンパ
                           2018年4月
                                当社執行役員名古屋支店長
        ニー
                           2020年6月
     副社長兼営業部長
                                当社取締役執行役員名古屋支店長
                           2021年4月
                                当社取締役執行役員キタガワ グローバル 
                                ハンド カンパニー副社長兼営業部長(現)
                                 30/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                      (株)
                           1989年4月
                                当社入社
                           2009年1月
                                当社立体駐車場事業部営業部長(次長)
                           2011年4月
                                当社工機事業部営業部次長
                           2014年4月
                                当社名古屋支店長
                           2018年4月
                                当社執行役員キタガワ         グローバル     ハンド   カ
       取締役
                                ンパニー社長
       執行役員       藤本 一     1967年3月5日      生                          ※1     172
                           2019年4月
                                当社常務執行役員キタガワ           グローバル     ハン
      東京支店長
                                ド カンパニー社長
                           2018年7月
                                上海北川鉄社貿易有限公司董事長(現)
                                北川(瀋陽)工業機械製造有限公司董事長(現)
                           2021年1月
                                当社常務執行役員東京支店長
                           2021年6月
                                当社取締役執行役員東京支店長(現)
                           1978年4月
                                株式会社ダイエー入社
                           1997年4月
                                同社財務本部財務企画部長
                           2006年4月
                                同社管理本部長
                           2008年4月
                                当社入社、経営管理本部副担当部長
                           2009年4月
                                当社経営管理本部総務部長
       取締役
       執行役員       門田 廣夫     1955年7月4日      生                          ※1    3,954
                           2012年4月
                                当社執行役員経営管理本部経理部長
    経営管理本部経理部長
                           2018年4月
                                当社執行役員キタガワ         マテリアル     テクノロ
                                ジー  カンパニー副社長
                           2020年4月
                                当社執行役員経営管理本部経理部長
                           2021年6月
                                当社取締役執行役員経営管理本部経理部長
                                (現)
                           2010年4月
                                当社入社
                           2011年4月
                                当社工機事業部事業推進室
                           2014年11月
                                KITAGAWA    MEXICO,S.A.DE      C.V.出向
       取締役
                           2017年4月
                                当社素形材事業本部グローバル戦略部事業企
       執行役員
                                画室長
     キタガワ グローバ
             北川 和紀     1984年1月16日      生                          ※1    4,400
                           2018年4月
                                当社執行役員キタガワ         グローバル     ハンド   カ
     ル ハンド カンパ
        ニー
                                ンパニー副社長
        社長
                           2021年1月
                                当社執行役員キタガワ         グローバル     ハンド   カ
                                ンパニー社長
                           2021年6月
                                当社取締役執行役員キタガワ グローバル 
                                ハンド カンパニー社長(現)
                           1989年4月     マツダ株式会社入社
                           1997年4月     北川精機株式会社入社
                           1999年7月     同社代表取締役専務
       取締役
                           2007年9月     当社仮監査役
             内田 雅敏     1963年10月27日      生                          ※1    1,004
       (社外)
                           2008年6月     当社監査役
                           2016年7月     北川精機株式会社代表取締役社長(現)
                           2019年6月     当社取締役(現)
                           1994年6月     中国生産性本部入職
       取締役
                           2016年2月     同本部専任部長(現)
             西川  三佐子
                   1967年10月11日      生                          ※1     ―
       (社外)
                           2021年6月     当社取締役(現)
                                 31/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                                                     所有株式数
       役職名        氏名      生年月日                 略歴             任期
                                                      (株)
                           1987年4月     株式会社広島銀行入行
                           2015年4月     同行東部統括本部担当部長
                           2017年4月     同行営業統括部室長
      常勤監査役
             野上 武志     1964年12月23日      生                          ※2     235
       (社外)
                           2018年4月     同行個人ローン部長
                           2020年4月     同行人事総務部付
                           2020年6月     当社常勤監査役(現)
                           1974年7月     貝原織布株式会社(現         カイハラ株式会社)入社
                           1991年9月     同社取締役副社長
       監査役
                           2003年4月     同社代表取締役社長
             貝原 潤司     1949年8月11日      生                          ※2     192
       (社外)
                           2014年5月     同社代表取締役副会長(現)
                           2018年6月     当社監査役(現)
                           1986年4月     広島県議会議員
                           1987年1月     クロダルマ株式会社取締役(現)
                           1997年7月     広島県監査委員
       監査役
                           2008年3月     財団法人広島県学校給食会(現             公益財団法人
              平 浩介     1954年6月6日      生                          ※2     136
       (社外)
                                広島県学校給食会)会長兼理事長
                           2013年4月     同会理事長(現)
                           2019年6月     当社監査役(現)
                           計                           177,863
     (注)   1 代表取締役副会長           北川   宏は、代表取締役会長兼社長              北川祐治の弟であります。
         また、取締役       北川   和紀は、代表取締役会長兼社長               北川祐治の長男であります。
       2 取締役      内田雅敏、西川三佐子は、社外取締役であります。
       3 監査役      野上武志、貝原潤司、平浩介は、社外監査役であります。
       4 当社は、社外取締役の内田雅敏、西川三佐子、社外監査役の野上武志、貝原潤司、平浩介の5名との間で会
         社法第427条第1項に基づく責任限定契約を締結しております。
       5 当社では、経営意思決定機能と業務執行機能を分離し、取締役の経営意思決定機能と業務執行機能の強化を
         図るため、執行役員制度を導入し、8名の取締役が執行役員に就任しております。
       6 所有株式数は、役員持株会及び従業員持株会を通じての保有分(1株未満切捨て)を含めた、2021年6月21
         日現在の状況を記載しております。
       7 ※1 2021年6月18日開催の定時株主総会から1年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時
            株主総会の終結の時までであります。
         ※2 2020年6月19日開催の定時株主総会から4年以内に終了する事業年度のうち最終のものに関する定時
            株主総会の終結の時までであります。
                                 32/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      ②  社外取締役及び社外監査役
         当社は社外取締役を2名選任しております。内田雅敏氏は長年にわたって経営に携わった豊富な経験と知識
        を有しており、取締役の職務執行に対する監督機能の強化及び経営の透明性をさらに向上させ、コーポレー
        ト・ガバナンス体制の充実を図り、当社の経営に関して有益な助言を行っております。
         西川三佐子氏は、人材育成や組織活性化について豊富な経験と知識を有しており、取締役の職務執行に対す
        る監督機能の強化及び経営の透明性をさらに向上させ、コーポレート・ガバナンス体制の充実を図り、当社の
        経営に関して有益な助言を行っていただくことが期待されます。
         内田雅敏氏は、北川精機株式会社の代表取締役であり、同社は当社の取引先ではありますが、当社との間に
        意思決定に関して影響を与え得る重要な取引関係その他の関係はないと認識しております。
         西川三佐子氏は、中国生産性本部の業務執行者であり、同社は当社の取引先ではありますが、当社との間に
        意思決定に関して影響を与え得る重要な取引関係その他の関係はないと認識しております。
         監査役3名は、全員が社外監査役であり、金融機関や企業経営者としての経験や見識に基づき、業務執行や
        意思決定の適法性・妥当性を確保する立場から適切に監査を実施しております。
         野上武志氏は、当社の主要取引銀行である株式会社広島銀行の出身者ですが、当社との間に意思決定に関し
        て影響を与え得る重要な取引関係その他の関係はないと認識しております。
         貝原潤司氏は、カイハラ株式会社の代表取締役、また、平浩介氏は、クロダルマ株式会社取締役及び公益財
        団法人広島県学校給食会理事長でありますが、当社との間に意思決定に関して影響を与え得る重要な取引関係
        その他の関係はないと認識しております。
         当社は、社外取締役及び社外監査役の独立性確保の要件につきましては、金融商品取引所が定める独立性に
        関する判断基準を参考に、当社独自の社外役員独立性基準を定めております。一般株主との利益相反が生じる
        おそれがなく、人格、識見とも優れ、また、他社の経営者として豊富な経験を有するなど、会社業務の全般に
        わたって経営を監視する立場に適した人材を選任しております。なお、当社が定める社外役員独立性基準は次
        のとおりであります。
        「社外役員独立性基準」
         当社の社外役員が、次のいずれかの項目に該当する場合、独立性に欠けるものと判断します。
          1.当社及び当社の関係会社(以下、併せて「当社グループ」という)の業務執行者(注1)
          2.当社グループを主要な取引先とする者又はその業務執行者(注2)
          3.当社グループの主要な取引先である者又はその業務執行者(注3)
          4.当社の大株主(総議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している者)又はその業務執行者
          5.当社グループが総議決権の10%以上の議決権を直接又は間接的に保有している者又はその業務執行者
          6.当社グループの会計監査人である監査法人に所属する者
         7.当社グループから役員報酬以外に直近3事業年度における年間平均1,000万円以上の金銭その他の財産
           を 得ているコンサルタント、会計専門家又は法律専門家
          8.上記1.から7.までの重要な者(注4)の配偶者または2親等以内の親族、同居の親族である者
         注1:「業務執行者」とは、会社法施行規則第2条第3項第6号に規定する業務執行者をいい、業務執行取

            締役のみでなく、使用人を含む。監査役は含まれない。
         注2:「当社グループを主要な取引先とする者」とは、その者の直近3事業年度における年間平均売上高の
            2%以上の額の支払いを当社グループから受けた者をいう。
         注3:「当社グループの主要な取引先である者」とは、当社グループに対して、当社グループの直近3事業
            年度における年間平均売上2%以上の額の支払いを行っている者をいう。
         注4:「重要な者」とは、各会社・取引先の取締役(社外取締役を除く)・執行役・部長、監査法人に所属す
            る公認会計士、法律事務所に所属する弁護士等をいう。
      ③  社外取締役及び社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部

        統制部門との関係
         監査役は、全員、社外監査役であり、社外取締役及び会計監査人並びに内部監査室と、それぞれ定期的に会
        合を開き、積極的に意見及び情報の交換を行うほか、必要に応じて往査に立会う等、連携を保ちながら監査の
        実効性を高めております。
         また、内部統制推進会議において、内部統制推進担当者から報告を受け、推進状況の監査を行っておりま
        す。
                                 33/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (3)  【監査の状況】
      ①  監査役監査の状況
       (組織・人員・手続)
         当社監査役会は、常勤社外監査役1名、非常勤社外監査役2名の合計3名で構成され、常勤社外監査役が議
        長を務めています。
         なお、常勤社外監査役野上武志氏は、金融機関における長年の経験があり、財務及び会計に関する相当程度
        の知見を有しています。
       (監査役及び監査役会の活動状況)
         監査役会は、取締役会開催に先立ち月次で開催するほか、必要に応じて臨時に開催しています。当事業年度
        においては13回開催し、主な検討事項として、監査報告の作成、監査役選任議案の同意、監査方針・計画・職
        務分担・予算の策定、会計監査人の評価及び再任・不再任、会計監査人の報酬同意等の審議を行いました。各
        監査役の出席状況は以下の通りです。
               役職名                氏名         出席回数

       常勤監査役(社外監査役)                       野上 武志          10回/10回
       監査役(社外監査役)                       貝原 潤司          13回/13回
       監査役(社外監査役)                       平  浩介          13回/13回
      (注) 野上武志氏は、2020年6月19日開催の第110回定時株主総会にて選任された後の監査役会への出席回数を記
        載しております。
         各監査役は、取締役会に出席し、取締役等から経営上の重要事項に関する説明を聴取し、必要に応じて意見

        を述べるなど、取締役の職務執行について適法性・妥当性の観点から監査を行っています。また、代表取締
        役、社外取締役等との間で定期的に会合を開催し、意見交換を行っています。
         常勤監査役は、取締役会以外の重要な会議への出席、重要書類の閲覧、支店・工場及びグループ会社への往
        査等を通じて業務及び財産の調査等を実施し、その結果について、監査役会へ報告しています。
      ②  内部監査の状況

         内部監査は、社長直轄組織である内部監査室(人員7名)を設置し、社内各部門の業務活動が法令、諸規程
        等に準拠し、適正に運営されているか、主に財務報告の信頼性確保の観点から活動しております。
      ③  会計監査の状況

       a.監査法人の名称
         有限責任     あずさ監査法人
       b.継続監査期間
         53年間
         上記は、調査が著しく困難であったため、現任の監査人である有限責任                                  あずさ監査法人の前身の1つであ
        る監査法人石光公認会計士事務所が監査法人組織になって以降の期間について記載したものです。実際の継続
        監査期間は、この期間を超える可能性があります。
       c.業務を執行した公認会計士
         指定有限責任社員 業務執行社員 小松原浩平、福田真也
       d.監査業務に係る補助者の構成
         公認会計士7名、その他8名
                                 34/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       e.監査法人を選定した理由
         当社が、会計監査人として、有限責任                   あずさ監査法人を選定した理由は、同法人の独立性、品質管理体
        制、専門性を総合的に勘案した結果、適任と判断したためであります。
       f.監査役及び監査役会による監査法人の評価
         当社監査役会は、監査役会で定めている「会計監査人の(再任・選任)についての検討事項」に基づき、会
        社法への適格性、金融庁・日本公認会計士協会等からの処分の有無、監査法人の品質管理、監査チーム、監査
        報酬等、監査役とのコミュニケーション、経営者との関係、グループ監査、不正リスク、監査の方法と結果の
        相当性、執行部の考え方等の観点から検討した結果、会計監査人として相当であると評価しております。
      ④  監査報酬の内容等

       a.監査公認会計士等に対する報酬の内容
                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                48           0          48           1
       連結子会社                 ―           ―           ―           ―
         計               48           0          48           1
         当社における非監査業務の内容は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置
        法」に基づく賦課金に係る特例の認定の申請に係る業務および新収益認識基準の適用支援業務です。
       b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(KPMGグループ)に対する報酬(a.を除く)

                      前連結会計年度                     当連結会計年度
         区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)           基づく報酬(百万円)
        提出会社                ―           0          ―           0
       連結子会社                 5           3           4           3
         計               5           3           4           4
         当社における非監査業務の内容は、移転価格税制に関するアドバイザリー業務です。
         また、連結子会社における非監査業務の内容は、税務に関するアドバイザリー、申告業務等です。
       c.その他重要な報酬の内容

        前連結会計年度
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
        当連結会計年度
         重要性が乏しいため、記載を省略しております。
       d.監査報酬の決定方針

         該当事項はありません。
       e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         当社監査役会は、取締役及び経理部ならびに会計監査人からの必要な資料の入手や報告の聴取等を通じて、
        会計監査人の職務の執行状況、監査計画の内容、報酬の見積根拠等を検討し、総合的に勘案した結果、会計監
        査人の報酬等は相当であると判断し、同意を行っております。
                                 35/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (4)  【役員の報酬等】
      ①  役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針
         当社は、2021年3月19日開催の取締役会において、取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針を協議
        しております。決議内容につきましては、公平性・透明性を確保するため、社外役員会の諮問を経た後に当該
        取締役会にて決議しております。
         また、取締役会は、当事業年度に係る取締役の個人別の報酬等について、報酬等の内容の決定方法及び決定
        された報酬等の内容が取締役会で決議された決定方針と整合していることや、社外役員会からの答申が尊重さ
        れていることを確認しており、当該決定方針に沿うものであると判断しています。
         取締役の個人別の報酬等の内容にかかる決定方針の内容は次のとおりです。
         1.報酬の額またはその算定方法の基本方針

          当社の取締役の報酬は、企業価値の持続的な向上を動機づける報酬体系とし、個々の取締役の報酬の決定
         に際しては各職責を踏まえた適正な水準とすることを基本方針としています。
         2.報酬の決定方針

          当社の取締役報酬制度は、金銭報酬での「基本報酬」としています。
         3.報酬等を与える時期または条件の決定方針

         (1)「基本報酬」は毎月固定報酬として支払う他、毎年一定の時期に賞与として支給しています。
         (2)「基本報酬」は、職位別に定めて支給しており、その額については株主総会の決議によって決定した限度
          内において、会社の業績、世間水準等を総合的に勘案し、決定しています。
         4.個人別報酬の内容の決定方法

         (1)  公平性かつ透明性を図るため、社外役員を中心に構成する社外役員会に諮問し、同役員会の意見を尊重
          した上で、取締役会において報酬ガイドラインを決定しています。
         (2)  当社の取締役の個人別の報酬額については、取締役会から委任をうけた代表取締役会長兼社長北川祐治
          が、株主総会で承認を受けた報酬枠の範囲内で報酬ガイドラインに基づき各取締役の個人別の基本報酬を
          決定しています。
           これらの権限を委任した理由は、当社の要職を歴任し、豊富な経営経験を有しているとともに、当社グ
          ループを取り巻く経営環境等を当社グループにおいて最も熟知し、総合的に役員の報酬額を決定できると
          判断したためです。
      ②  提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                              報酬等の種類別の総額(百万円)
                                                  対象となる
                   報酬等の総額
           役員区分                                       役員の員数
                                 ストック
                    (百万円)
                           基本報酬             賞与    退職慰労金
                                                   (人)
                                オプション
           取締役
                        208      160      ―      48      ―      8
       (社外取締役を除く。)
           監査役
                         ―      ―      ―      ―      ―      ―
       (社外監査役を除く。)
           社外役員              23      23      ―      ―      ―      6
        (注)   1 取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。
          2 取締役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第96回定時株主総会において年額500百万円以内と決
            議をいただいております。当該定時株主総会終結時点の取締役の員数は12名です。
          3 監査役の報酬限度額は、2006年6月29日開催の第96回定時株主総会において年額50百万円以内と決議
            をいただいております。当該定時株主総会終結時点の監査役は3名です。
          4 報酬等の額には、当事業年度に係る役員賞与引当金繰入額48百万円(取締役7名に対して48百万円)
            が含まれております。
          5 取締役には、業績連動報酬等及び非金銭報酬等を支給しておりません。
     (5)  【株式の保有状況】

                                 36/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      ①  投資株式の区分の基準及び考え方
         当社は、保有目的が純投資目的である投資株式と純投資目的以外の目的である投資株式の区分について、専
        ら株式の価値の変動又は配当の受領によって利益を得ることを目的とする株式を純投資目的の投資株式とし、
        そ れ以外の株式を純投資目的以外の投資株式として区分しています。純投資目的の投資株式につきましては、
        保有しておらず、純投資目的以外の投資株式につきましては、基本的には当社の取引先を対象として一定数の
        株式を保有しております。
      ②  保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式

       a.保有方針及び保有の合理性を検証する方法並びに個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等における検証の
         内容
       (保有方針)
          当社は、原則として政策保有株式の新規取得は行いませんが、事業戦略や取引関係などを総合的に勘案
        し、中長期的な観点から当社グループの企業価値の向上に資すると判断した場合には、保有する場合がありま
        す。
         既に保有している株式については、毎年取締役会にて保有合理性を検証し、保有合理性が認められない株式
        については適切な時期に削減することとします。
       (保有合理性の検証方法)

          当社は、個別銘柄毎に次に定める事項を踏まえ、定期的に保有合理性を検証しております。
           ・中長期的な企業価値の向上及び良好な取引関係の維持につながるか
           ・関連取引や配当金等保有に伴う便益やリスクが資本コストに見合っているか
       (個別銘柄の保有の適否に関する取締役会等の検証の内容)

         毎年6月の取締役会において、同年3月末時点で保有している銘柄を対象に、上記検証事項を踏まえて、保
        有の合理性・必要性を総合的に検討し、政策保有株式の継続の可否について、個別に判断しております。
       b.銘柄数及び貸借対照表計上額

                            貸借対照表計上額の

                     銘柄数
                     (銘柄)
                             合計額(百万円)
        非上場株式              10               45
        非上場株式以外の株式              23              3,143
       (当事業年度において株式数が増加した銘柄)

                      銘柄数     株式数の増加に係る取得
                                            株式数の増加の理由
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式              ―               ―          ―
        非上場株式以外の株式               3               7  取引先持株会を通じた株式の取得。
       (当事業年度において株式数が減少した銘柄)

                      銘柄数     株式数の減少に係る売却
                     (銘柄)      価額の合計額(百万円)
        非上場株式               2               12
        非上場株式以外の株式              ―               ―
        (注)非上場株式の銘柄数の減少のうち1社は、会社清算によるものです。
                                 37/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       c.特定投資株式及びみなし保有株式の銘柄ごとの株式数、貸借対照表計上額等に関する情報
    特定投資株式

              当事業年度         前事業年度

                                                    当社の株
                                  保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                               キタガワ グローバル ハンド カンパニー
                               の代理店であり、取引関係の維持及び販売強
                 587,473         583,134
                               化を図る。株式数が増加した理由は取引先持
    ㈱山善                          株会を通じた株式の取得。毎年、取締役会に                       有
                               おいて、保有目的の合理性や保有に伴う便
                   612         525
                               益・リスクなどを検証し、その検証結果を踏
                               まえて保有の可否を判断しております。
                               キタガワ マテリアル テクノロジー カン
                 147,000         147,000
                               パニーの取引先であり、取引関係の維持及び
                               販売強化を図る。毎年、取締役会において、
    ㈱クボタ                                                 有
                               保有目的の合理性や保有に伴う便益・リスク
                               などを検証し、その検証結果を踏まえて保有
                   370         203
                               の可否を判断しております。
                               海外子会社の共同出資先であり、キタガワ 
                               マテリアル テクノロジー カンパニーにお
                  79,488         79,488
                               ける資材購入先でもあり、協力関係の維持を
    日鉄物産㈱                          図る。毎年、取締役会において、保有目的の                       有
                               合理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                   322         290
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                               断しております。
                               ㈱ひろぎんホールディングスのグループ会社
                 467,000         467,000
                               である㈱広島銀行は、当社の主要取引銀行で
    ㈱ひろぎんホー
                               あり、良好な関係の維持を図る。毎年、取締
    ルディングス                                                 無
                               役会において、保有目的の合理性や保有に伴
    (注1)
                               う便益・リスクなどを検証し、その検証結果
                   316         210
                               を踏まえて保有の可否を判断しております。
                               商社を通じて標準チャックの販売や工作機械
                  44,000         44,000
                               の購入があり、取引関係の維持・拡大を図
                               る。毎年、取締役会において、保有目的の合
    オークマ㈱                                                 有
                               理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                   279         153
                               断しております。
                               キタガワ サン テック カンパニー及びキ
                               タガワ マテリアル テクノロジー カンパ
                  82,800         82,800
                               ニーの仕入先であり、取引関係の維持・強化
    アマノ㈱                          を図る。毎年、取締役会において、保有目的                       有
                               の合理性や保有に伴う便益・リスクなどを検
                   222         197
                               証し、その検証結果を踏まえて保有の可否を
                               判断しております。
                               今後の共同開発などによる、取引強化の為、
                 120,000         120,000
                               協力関係の維持を図る。毎年、取締役会にお
    ㈱鶴見製作所                          いて、保有目的の合理性や保有に伴う便益・                       有
                               リスクなどを検証し、その検証結果を踏まえ
                   217         232
                               て保有の可否を判断しております。
                               キタガワ サン テック カンパニーの取引
                  66,500         66,500
                               先であり、取引関係の維持・強化を図る。毎
                               年、取締役会において、保有目的の合理性や
    ㈱中電工                                                 有
                               保有に伴う便益・リスクなどを検証し、その
                               検証結果を踏まえて保有の可否を判断してお
                   157         146
                               ります。
                               地元企業で、地域の社会活動などに対する相
                  88,600         88,600
                               談等を行っている。毎年、取締役会におい
    リョービ㈱                          て、保有目的の合理性や保有に伴う便益・リ                       有
                               スクなどを検証し、その検証結果を踏まえて
                   147         117
                               保有の可否を判断しております。
                                 38/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
              当事業年度         前事業年度
                                                    当社の株
                                  保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                               広島県企業であり、タイ、メキシコへ進出さ
                  74,000         74,000
                               れており、現地情報の入手など協力関係を図
                               る。毎年、取締役会において、保有目的の合
    西川ゴム工業㈱                                                 有
                               理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                   111         89
                               断しております。
                               キタガワ マテリアル テクノロジー カン
                 104,800         104,800
                               パニーの取引先であり、取引関係の維持・強
                               化を図る。毎年、取締役会において、保有目
    新東工業㈱                                                 有
                               的の合理性や保有に伴う便益・リスクなどを
                               検証し、その検証結果を踏まえて保有の可否
                    81         78
                               を判断しております。
                               地元企業であり、地域の社会活動など多岐に
                  98,000         98,000
                               わたる協力関係の構築を図る。毎年、取締役
    北川精機㈱                          会において、保有目的の合理性や保有に伴う                       無
                               便益・リスクなどを検証し、その検証結果を
                    79         32
                               踏まえて保有の可否を判断しております。
                               地元メーカーを通じて取引があるため、取引
                  44,131         44,131
                               関係の維持・拡大を図る。毎年、取締役会に
    マツダ㈱                          おいて、保有目的の合理性や保有に伴う便                       無
                               益・リスクなどを検証し、その検証結果を踏
                    39         25
                               まえて保有の可否を判断しております。
                               商社を通じて標準チャックの販売や工作機械
                               の購入があり、取引関係の維持・拡大を図
                  19,493         18,061
                               る。株式数が増加した理由は、取引先持株会
    DMG森精機㈱                          を通じた株式の取得。毎年、取締役会におい                       無
                               て、保有目的の合理性や保有に伴う便益・リ
                    35         16
                               スクなどを検証し、その検証結果を踏まえて
                               保有の可否を判断しております。
                               キタガワ サン テック カンパニーの取引
                  33,000         33,000
                               先であり、取引関係の維持及び販売拡大を図
                               る。毎年、取締役会において、保有目的の合
    前田建設工業㈱                                                 無
                               理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                    31         26
                               断しております。
                               当社の取引先であり、取引関係の維持・強化
                  14,656        146,561
    ㈱みずほフィナ                          を図る。毎年、取締役会において、保有目的
    ンシャルグルー                          の合理性や保有に伴う便益・リスクなどを検                       無
    プ(注2)                          証し、その検証結果を踏まえて保有の可否を
                    23         18
                               判断しております。 
                               キタガワ マテリアル テクノロジー カン
                  20,000         20,000
                               パニーでの取引があり、取引関係の維持・拡
                               大を図る。毎年、取締役会において、保有目
    日精樹脂工業㈱                                                 無
                               的の合理性や保有に伴う便益・リスクなどを
                               検証し、その検証結果を踏まえて保有の可否
                    20         18
                               を判断しております。
                               キタガワ グローバル ハンド カンパニー
                               の取引先であり、取引関係の維持及び販売強
                  18,951         17,755
                               化を図る。株式数が増加した理由は取引先持
    ㈱トミタ                          株会を通じた株式の取得。毎年、取締役会に                       無
                               おいて、保有目的の合理性や保有に伴う便
                    19         16
                               益・リスクなどを検証し、その検証結果を踏
                               まえて保有の可否を判断しております。
                               キタガワ サン テック カンパニーの取引
                  4,600         4,600
                               先であり、取引関係の維持及び販売拡大を図
                               る。毎年、取締役会において、保有目的の合
    三谷セキサン㈱                                                 無
                               理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                    18         21
                               断しております。
                               地元企業であり、取引先となっている為、取
                  2,100         2,100
                               引関係の維持を図る。毎年、取締役会におい
    ㈱自重堂                          て、保有目的の合理性や保有に伴う便益・リ                       無
                               スクなどを検証し、その検証結果を踏まえて
                    14         13
                               保有の可否を判断しております。
                                 39/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
              当事業年度         前事業年度
                                                    当社の株
                                  保有目的、定量的な保有効果
              株式数(株)         株式数(株)
       銘柄                                             式の保有
                                   及び株式数が増加した理由
             貸借対照表計上額         貸借対照表計上額
                                                     の有無
               (百万円)         (百万円)
                               キタガワ サン テック カンパニーの取引
                  4,000         4,000
                               先であり、取引関係の維持及び販売拡大を図
                               る。毎年、取締役会において、保有目的の合
    ㈱トクヤマ                                                 無
                               理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                    11         8
                               断しております。
                               キタガワ サン テック カンパニーの取引
                  12,100         12,100
                               先であり、取引関係の維持及び販売拡大を図
                               る。毎年、取締役会において、保有目的の合
    五洋建設㈱                                                 無
                               理性や保有に伴う便益・リスクなどを検証
                               し、その検証結果を踏まえて保有の可否を判
                    10         6
                               断しております。
                               グループに工作機械製造メーカーがあり、キ
                  3,990         3,990
                               タガワ グローバル ハンド カンパニーの
                               販売強化を図る。毎年、取締役会において、
    シチズン時計㈱                                                 無
                               保有目的の合理性や保有に伴う便益・リスク
                               などを検証し、その検証結果を踏まえて保有
                    1         1
                               の可否を判断しております。
     (注)   1 ㈱ひろぎんホールディングスは、当社の株式を保有しておりませんが、グループ会社である㈱広島銀行は当
         社の株式を保有しております。
       2 ㈱みずほフィナンシャルグループは、当社の株式を保有しておりませんが、グループ会社であるみずほ信託
         銀行㈱、みずほ証券㈱は当社の株式を保有しております。
      ③ 保有目的が純投資目的である投資株式

        該当事項はありません。
      ④ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的から純投資目的以外の目的に変更したもの

        該当事項はありません。
      ⑤ 当事業年度中に投資株式の保有目的を純投資目的以外の目的から純投資目的に変更したもの

        該当事項はありません。
                                 40/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第5   【経理の状況】
    1 連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

     (1) 当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以
      下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
     (2) 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財

      務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しておりま
      す。
    2 監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2020年4月1日から2021年3月31日ま
     で)の連結財務諸表及び事業年度(2020年4月1日から2021年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任 あずさ監
     査法人により監査を受けております。
    3 連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取り組みを行っております。具体的には、会計基準等の
     内容を適切に把握し、または会計基準等の変更等について的確に対応することができる体制を整備するため、公益財
     団法人財務会計基準機構へ加入し、会計基準設定主体等の行う研修に参加しております。
                                 41/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    1  【連結財務諸表等】
     (1)  【連結財務諸表】
       ①【連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                9,954              10,584
        受取手形及び売掛金                                9,254              11,196
        電子記録債権                                5,064              5,728
        商品及び製品                                4,000              3,766
        仕掛品                                4,266              4,205
        原材料及び貯蔵品                                2,413              2,157
        その他                                  342              390
                                         △ 13             △ 16
        貸倒引当金
        流動資産合計                                35,283              38,013
      固定資産
        有形固定資産
                                     ※2  16,194            ※2  16,884
         建物及び構築物
                                       △ 9,337             △ 9,579
          減価償却累計額
          建物及び構築物(純額)                              6,857              7,304
                                     ※2  50,688            ※2  49,903
         機械装置及び運搬具
                                      △ 35,912             △ 36,185
          減価償却累計額
          機械装置及び運搬具(純額)                             14,776              13,718
                                      ※2  3,733            ※2  3,720
         土地
         リース資産                                688              395
                                        △ 410             △ 197
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                               277              198
         建設仮勘定
                                        2,613              1,600
         その他                               2,835              2,627
                                       △ 2,223             △ 2,085
          減価償却累計額
          その他(純額)                               611              542
         有形固定資産合計                               28,870              27,084
        無形固定資産
                                         548              530
        投資その他の資産
                                     ※1   2,762            ※1   3,375
         投資有価証券
         繰延税金資産                               1,003               298
         退職給付に係る資産                               1,880              3,397
         その他                                346              248
                                         △ 43             △ 43
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               5,949              7,276
        固定資産合計                                35,367              34,891
      資産合計                                 70,651              72,904
                                 42/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                5,049              4,609
        電子記録債務                                4,369              4,696
                                      ※2  3,688            ※2  4,024
        短期借入金
                                      ※2  1,477             ※2  825
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                  102               50
        未払法人税等                                  275              530
        賞与引当金                                  642              552
        役員賞与引当金                                  53              48
        製品保証引当金                                  211               39
                                        4,888              5,470
        その他
        流動負債合計                                20,758              20,846
      固定負債
                                      ※2  6,078            ※2  8,163
        長期借入金
        リース債務                                  156              123
        繰延税金負債                                   0              0
        環境対策引当金                                  219              159
        退職給付に係る負債                                5,239              5,144
                                         116              115
        その他
        固定負債合計                                11,810              13,707
      負債合計                                 32,569              34,553
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                8,640              8,640
        資本剰余金                                5,104              5,091
        利益剰余金                                22,617              22,393
                                        △ 614             △ 616
        自己株式
        株主資本合計                                35,746              35,509
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  947             1,426
        繰延ヘッジ損益                                  ―               3
        為替換算調整勘定                                1,514               761
                                       △ 1,495              △ 516
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                  965             1,674
      非支配株主持分                                  1,369              1,167
      純資産合計                                 38,082              38,351
     負債純資産合計                                   70,651              72,904
                                 43/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
        【連結損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高                                   58,288              48,753
                                     ※2  49,033            ※2  42,258
     売上原価
     売上総利益                                   9,255              6,495
                                    ※1 ,※2  6,347           ※1 ,※2  5,944
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   2,907               551
     営業外収益
      受取利息                                    61              21
      受取配当金                                    95              74
      持分法による投資利益                                   175               ―
      為替差益                                    ―              166
      不動産賃貸料                                    55              54
      スクラップ売却益                                   179              155
      助成金収入                                    0             241
                                         131              158
      その他
      営業外収益合計                                   699              872
     営業外費用
      支払利息                                    90              82
      持分法による投資損失                                    ―              107
      売上割引                                    26              15
      為替差損                                   155               ―
                                          14              50
      その他
      営業外費用合計                                   287              256
     経常利益                                   3,319              1,167
     特別利益
                                       ※3  113
                                                        ―
      固定資産売却益
      特別利益合計                                   113               ―
     特別損失
                                       ※4  94           ※4  130
      固定資産除却損
                                       ※5  303            ※5  215
      減損損失
                                       ※6  267
      製品保証費用                                                  ―
                                                     ※7  46
                                          ―
      寄付金
      特別損失合計                                   664              393
     税金等調整前当期純利益                                   2,768               774
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,146               553
                                         △ 64              69
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   1,082               623
     当期純利益                                   1,686               151
     非支配株主に帰属する当期純利益
                                          41             △ 93
     又は非支配株主に帰属する当期純損失(△)
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   1,645               244
                                 44/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
        【連結包括利益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     当期純利益                                   1,686               151
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 486              478
      繰延ヘッジ損益                                   △ 0              3
      為替換算調整勘定                                   297             △ 869
      退職給付に係る調整額                                  △ 126              986
                                         △ 16               2
      持分法適用会社に対する持分相当額
                                      ※1   △  331            ※1  602
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   1,354               753
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  1,340               954
      非支配株主に係る包括利益                                    14             △ 200
                                 45/102















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ③【連結株主資本等変動計算書】
        前連結会計年度(自         2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                     (単位:百万円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
    当期首残高             8,640      5,113      21,861       △ 611     35,003
    当期変動額
     剰余金の配当                         △ 889           △ 889
     親会社株主に帰属す
                              1,645            1,645
     る当期純利益
     自己株式の取得                                △ 3     △ 3
     自己株式の処分                    0            0      0
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                   △ 9                  △ 9
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―      △ 8     755      △ 3     743
    当期末残高             8,640      5,104      22,617       △ 614     35,746
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分       純資産合計
              その他有価証             為替換算     退職給付に係      その他の包括
                    繰延ヘッジ損益
              券評価差額金             調整勘定     る調整累計額      利益累計額合計
    当期首残高             1,433        0    1,206     △ 1,369      1,270      1,355      37,629
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 889
     親会社株主に帰属す
                                                      1,645
     る当期純利益
     自己株式の取得                                                  △ 3
     自己株式の処分                                                   0
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                                                  △ 9
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純            △ 486      △ 0     307     △ 126     △ 304       14     △ 290
     額)
    当期変動額合計             △ 486      △ 0     307     △ 126     △ 304       14      453
    当期末残高              947       ―     1,514     △ 1,495       965     1,369      38,082
                                 46/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
         当連結会計年度(自         2020年4月1日 至          2021年3月31日)
                                     (単位:百万円)
                            株主資本
                資本金     資本剰余金      利益剰余金       自己株式     株主資本合計
    当期首残高             8,640      5,104      22,617       △ 614     35,746
    当期変動額
     剰余金の配当                         △ 468           △ 468
     親会社株主に帰属す
                               244            244
     る当期純利益
     自己株式の取得                                △ 1     △ 1
     自己株式の処分                                      ―
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                   △ 12                  △ 12
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純
     額)
    当期変動額合計              ―     △ 12     △ 223      △ 1    △ 237
    当期末残高             8,640      5,091      22,393       △ 616     35,509
                         その他の包括利益累計額

                                             非支配株主持分       純資産合計
              その他有価証             為替換算     退職給付に係      その他の包括
                    繰延ヘッジ損益
              券評価差額金             調整勘定     る調整累計額      利益累計額合計
    当期首残高              947       ―     1,514     △ 1,495       965     1,369      38,082
    当期変動額
     剰余金の配当                                                 △ 468
     親会社株主に帰属す
                                                       244
     る当期純利益
     自己株式の取得                                                  △ 1
     自己株式の処分                                                  ―
     非支配株主との取引
     に係る親会社の持分                                            △ 2     △ 15
     変動
     株主資本以外の項目
     の当期変動額(純             478       3    △ 752      979      709     △ 200      509
     額)
    当期変動額合計              478       3    △ 752      979      709     △ 202      269
    当期末残高             1,426        3     761     △ 516     1,674      1,167      38,351
                                 47/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                  2,768               774
      減価償却費                                  3,830              3,801
      減損損失                                   303              215
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  △ 12               2
      賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 13             △ 90
      役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                  △ 12              △ 5
      製品保証引当金の増減額(△は減少)                                   211             △ 171
      環境対策引当金の増減額(△は減少)                                    ―             △ 59
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                   109               4
      受取利息及び受取配当金                                  △ 157              △ 95
      支払利息                                    90              82
      持分法による投資損益(△は益)                                  △ 175              107
      有形固定資産売却損益(△は益)                                  △ 113               ―
      有形固定資産除却損                                    94              130
      売上債権の増減額(△は増加)                                  5,376             △ 2,515
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                  △ 298              467
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 2,151               △ 90
      未払消費税等の増減額(△は減少)                                   210              319
                                        △ 591              585
      その他
      小計                                  9,466              3,463
      利息及び配当金の受取額
                                         138               99
      利息の支払額                                  △ 95             △ 83
                                       △ 1,964              △ 372
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                  7,545              3,105
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 4,099             △ 3,583
      投資有価証券の取得による支出                                   △ 9             △ 7
      貸付金の回収による収入                                    78              76
                                        △ 254              212
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 4,284             △ 3,301
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入金の純増減額(△は減少)                                   407              272
      長期借入れによる収入                                  2,627              2,851
      長期借入金の返済による支出                                 △ 3,351             △ 1,469
      自己株式の取得による支出                                   △ 3             △ 1
      リース債務の返済による支出                                  △ 91             △ 73
      配当金の支払額                                  △ 889             △ 468
      連結の範囲の変更を伴わない子会社株式の取得
                                         △ 9             △ 15
      による支出
                                          0              ―
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 △ 1,309              1,096
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                      0             △ 13
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   1,952               887
     現金及び現金同等物の期首残高                                   7,509              9,461
                                      ※1  9,461           ※1  10,349
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 48/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
    1 連結の範囲に関する事項
      すべての子会社を連結しております。
       連結子会社の数
       8 社
       連結子会社の名称
       北川冷機㈱、㈱北川製作所、㈱吉舎鉄工所、㈱AileLinX、KITAGAWA                               (THAILAND)      CO.,LTD.、
       KITAGAWA     MEXICO,S.A.DE       C.V.、北川(瀋陽)工業機械製造有限公司、上海北川鉄社貿易有限公司
    2 持分法の適用に関する事項

     (1)持分法適用の関連会社数
       3 社
       会社の名称
       ㈱ケーブル・ジョイ、KITAGAWA               EUROPE    LTD.、KITAGAWA-NORTHTECH             INC.
     (2)持分法適用会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使用し
      ております。
    3 連結子会社の事業年度等に関する事項

      連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は次のとおりであります。
            会社名              決算日
      ㈱吉舎鉄工所                     1月20日
      ㈱AileLinX                     12月31日
      KITAGAWA     (THAILAND)      CO.,LTD.
                          12月31日
      KITAGAWA     MEXICO,S.A.DE       C.V.
                          12月31日
      北川(瀋陽)工業機械製造有限公司                     12月31日
      上海北川鉄社貿易有限公司                     12月31日
       連結財務諸表の作成にあたっては、同日現在の財務諸表を使用し、連結決算日との間に生じた重要な取引につい
      ては、連結決算上必要な調整を行っております。
    4 会計方針に関する事項

     (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
      ① 有価証券
       その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は主として移動平
        均法により算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
      ② たな卸資産
        主として総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採
       用しております。
        ただし、キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニーは、主として売価還元法による原価法(貸借対照
       表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。
                                 49/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
      ① 有形固定資産(リース資産を除く)
        当社及び国内連結子会社は、定率法を採用しております。ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附
       属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建物附属設備及び構築物については、定額法を採用しており
       ます。
        在外連結子会社は、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物及び構築物             3~50年
         機械装置及び運搬具             3~12年
      ② 無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。
        なお、ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
       ております。
      ③ リース資産
        所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロ(残価保証の取決めがある場合は残価保証額)とする定額法を採
       用しております。
     (3)重要な引当金の計上基準

      ① 貸倒引当金
        当社及び国内連結子会社は、売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に
       より、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
       また在外連結子会社は、特定の債権について個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
      ② 賞与引当金
        当社及び国内連結子会社は、従業員賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
      ③ 役員賞与引当金
        当社及び国内連結子会社は、役員賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
      ④ 製品保証引当金
        当社及び国内連結子会社は、製品保証の支出に備えるため、損失見込額を計上しております。
      ⑤ 環境対策引当金
        当社及び国内連結子会社は、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」によって
       処理することが義務付けられているPCB廃棄物の処理に備えるため、処理費用見込額を計上しております。
     (4)退職給付に係る会計処理の方法

      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当連結会計年度末までの期間に帰属させる方法については、
       期間定額基準によっております。
      ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法により費用
       処理しております。
        数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)
       による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしております。
      ③ 小規模企業等における簡便法の採用
        一部の連結子会社は、退職給付に係る負債及び退職給付費用の計算に、退職給付に係る期末自己都合要支給額
       を退職給付債務とする方法を用いた簡便法を適用しております。
                                 50/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (5)重要な収益及び費用の計上基準
       完成工事高及び完成工事原価の計上基準
        当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進
       捗率の見積もりは原価比例法)を適用し、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
     (6)重要なヘッジ会計の方法

      ① ヘッジ会計の方法
        為替予約について振当処理の要件を満たしている場合は振当処理を、金利スワップについて特例処理の要件を
       満たしている場合は特例処理を採用しております。
      ② ヘッジ手段とヘッジ対象
          ヘッジ手段           ヘッジ対象
        為替予約           外貨建債権債務
        金利スワップ           借入金
      ③ ヘッジ方針
        外貨建債権債務の為替変動リスクを軽減する目的で為替予約取引を、また、借入金の金利変動リスクを軽減す
       る目的で金利スワップ取引を行っております。
      ④ ヘッジ有効性評価の方法
        ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件は同一であり、かつ、ヘッジ開始以降も継続して相場変動又は
       キャッシュ・フロー変動を完全に相殺するものと想定できるため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
     (7)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

        手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか
       負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期的な投資からなっております。
     (8)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

       消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
      (重要な会計上の見積り)

      工事進行基準における収益認識
     (1)当連結会計年度の連結財務諸表に計上した金額 3,311百万円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
       当連結会計年度末までの進捗部分について、成果の確実性が認められる特定の工事請負契約は、工事進行基準を
      適用しております。工事進行基準を適用する場合は、工事収益総額、工事原価総額及び期末における工事進捗度を
      合理的に見積り、これに応じて完成工事高を計上しております。工事原価総額の見積りは、実行予算に基づいてお
      り、作成時点で入手可能な情報に基づいた施工条件や資材価額について仮定し、作業の諸条件等を勘案して工事の
      各工程における工事原価の詳細な見積りを内容としております。
       工事着手後は、各現場ごとの見積原価と実際原価を対比し、適時に実行予算の見直しを行っておりますが、経済
      情勢の変化等により資材の高騰や納品の遅れ、想定外の追加原価の発生により、工事原価総額の見積りが大きく変
      動し、工事収益が変動する可能性があります。
       このように完成工事高の計上額の算定においては、様々な仮定要素があり、それらについて適時・適切に見積り
      を行っておりますが、翌年度の損益は見積り金額と異なる場合があります。
                                 51/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (未適用の会計基準等)
     ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2021年3月26日)
     (1)   概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
       ステップ1:顧客との契約を識別する。
       ステップ2:契約における履行義務を識別する。
       ステップ3:取引価格を算定する。
       ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
       ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
     (2)   適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用により、翌連結会計年度の期首の純資産に累積的影響額が反映され、利
      益剰余金の期首残高が11百万円増加すると見込まれます。
     ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)

     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
     ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号                                     2020年3月31日)
     (1) 概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
     ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記事
      項が定められました。
     (2)   適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
     (3)   当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
      (表示方法の変更)

      (連結損益計算書関係)
       前連結会計年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「助成金収入」は、営業外収益の総額の100
      分の10を超えたため、当連結会計年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるた
      め、前連結会計年度の連結財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前連結会計年度の連結損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた0百万円は、
      「助成金収入」0百万円として組替えております。
      (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用)

       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当連結会計年度の年度
      末に係る連結財務諸表から適用し、連結財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
       ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年
      度に係る内容については記載しておりません。
                                 52/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (連結貸借対照表関係)
    ※1 非連結子会社及び関連会社に対するものは、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         投資有価証券(株式)                       208百万円                 186百万円
    ※2 担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         建物及び構築物                       998百万円                 980百万円
         機械装置及び運搬具                       753百万円                 745百万円
         土地                       692百万円                 692百万円
         計                      2,444百万円                 2,417百万円
       上記のうち工場財団抵当に供している資産は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         建物及び構築物                       928百万円                 913百万円
         機械装置及び運搬具                       753百万円                 745百万円
         土地                       594百万円                 594百万円
         計                      2,276百万円                 2,253百万円
       担保付債務は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         短期借入金                       100百万円                 145百万円
         1年内返済予定の長期借入金                       306百万円                 306百万円
         長期借入金                      1,949百万円                 1,841百万円
         計                      2,356百万円                 2,293百万円
       上記のうち工場財団抵当に対応する担保付債務は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         短期借入金                       100百万円                 145百万円
         1年内返済予定の長期借入金                       306百万円                 306百万円
         長期借入金                      1,949百万円                 1,841百万円
         計                      2,356百万円                 2,293百万円
     3 保証債務

       連結会社以外の会社の金融機関等からの借入に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         ㈱ケーブル・ジョイ                        18百万円                 13百万円
                                 53/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (連結損益計算書関係)

    ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
         運賃及び荷造費                       808  百万円               677  百万円
         従業員給料及び賞与                      2,517   百万円              2,542   百万円
         賞与引当金繰入額                       173  百万円               147  百万円
         役員賞与引当金繰入額                        53 百万円                48 百万円
         退職給付費用                       101  百万円               152  百万円
         減価償却費                       115  百万円               140  百万円
    ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は、次のとおりであります。

                前連結会計年度                         当連結会計年度
              (自    2019年4月1日                      (自    2020年4月1日
               至   2020年3月31日       )                至   2021年3月31日       )
                 566  百万円                       571  百万円
    ※3 固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
         機械装置及び運搬具                        4百万円                ―百万円
         土地                       109百万円                 ―百万円
         計                       113百万円                 ―百万円
    ※4 固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。

                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2020年3月31日       )       至   2021年3月31日       )
         建物及び構築物                        33百万円                 12百万円
         機械装置及び運搬具                        59百万円                 90百万円
         その他                        1百万円                27百万円
         計                        94百万円                130百万円
                                 54/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    ※5 減損損失
      前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
       当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
          用途             場所            種類          減損損失額
    銑鉄鋳物製造、加工設備              タイ チョンブリ県            機械装置及び運搬具                  303百万円
       当社グループは、事業用資産については、事業の種類別セグメントを基礎として、遊休資産、賃貸資産について

      は、物件単位ごとにグルーピングしております。
       このたび、タイ子会社の既存銑鉄鋳物製造、加工設備について当期営業キャッシュ・フローがマイナスとなった
      ため、回収可能価額まで帳簿価額を減額し、当該減少額                          303百万円を減損損失として計上しております。                      なお、回
      収可能価額は、正味売却価額により測定しており、正味売却価額は鑑定評価に基づいて合理的に算定された価額に
      よって評価しております。
      当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

      当社グループは、以下の資産グループについて減損損失を計上しております。
          用途             場所            種類          減損損失額
    銑鉄鋳物製造、加工設備              タイ チョンブリ県            機械装置及び運搬具                  194百万円
       当社グループは、事業用資産については、事業の種類別セグメントを基礎として、遊休資産、賃貸資産について

      は、物件単位ごとにグルーピングしております。
       このたび、タイ子会社の生産品目について一部次年度の生産終了を予定したため、生産終了に係る銑鉄鋳物製
      造、加工設備について、回収可能価額まで帳簿価額を減額し、当該減少額194百万円を減損損失として計上しており
      ます。   なお、回収可能価額は、正味売却価額により測定しており、正味売却価額は鑑定評価に基づいて合理的に算
      定された価額によって評価しております。
    ※6 製品保証費用

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
       製品保証費用は、当社が顧客に提供した製品の一部に不具合があり、現在行っております同製品の無償改修に伴
      う費用であります。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

       該当事項はありません。
     ※7 寄付金

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
       該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

       寄付金は、広島県府中市の「府中市の観光・街づくりへの地域貢献」への寄付として支払しております。
                                 55/102







                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (連結包括利益計算書関係)
    ※1 その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                             前連結会計年度                 当連結会計年度
                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至   2020年3月31日       )        至   2021年3月31日       )
         その他有価証券評価差額金
          当期発生額                       △684百万円                  684百万円
                                 ―百万円                 ―百万円
          組替調整額
           税効果調整前
                               △684百万円                  684百万円
                                 197百万円                △205百万円
           税効果額
           その他有価証券評価差額金                       △486百万円                  478百万円
         繰延ヘッジ損益
          当期発生額                        ―百万円                  5百万円
                                 △0百万円                  ―百万円
          組替調整額
           税効果調整前
                                 △0百万円                  5百万円
                                  0百万円                △1百万円
           税効果額
           繰延ヘッジ損益                        △0百万円                  3百万円
         為替換算調整勘定
                                 297百万円                △869百万円
          当期発生額
         退職給付に係る調整額
          当期発生額                       △373百万円                 1,172百万円
                                 192百万円                 233百万円
          組替調整額
           税効果調整前
                               △181百万円                 1,406百万円
                                 54百万円                △420百万円
           税効果額
           退職給付に係る調整額                       △126百万円                  986百万円
         持分法適用会社に対する
         持分相当額
                                △16百万円                   2百万円
          当期発生額
            その他の包括利益合計                   △331百万円                  602百万円
                                 56/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
     1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末

                株式数(千株)          増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
    発行済株式

     普通株式                 9,650            ―           ―         9,650
        合計              9,650            ―           ―         9,650
    自己株式
     普通株式                  286            1           0          287
        合計               286            1           0          287
     (注) 単元未満株式の買取による増加                     1千株
     2 新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
        決議       株式の種類        配当金の総額       1株当たり配当額            基準日        効力発生日
    2019年6月21日
               普通株式         421百万円           45円    2019年3月31日         2019年6月24日
    定時株主総会
    2019年11月8日
               普通株式         468百万円           50円    2019年9月30日         2019年12月2日
    取締役会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                 1株当たり
       決議      株式の種類      配当金の総額       配当の原資              基準日        効力発生日
                                  配当額
    2020年6月19日
              普通株式       468百万円      利益剰余金         50円    2020年3月31日         2020年6月22日
    定時株主総会
                                 57/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
     1 発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
               当連結会計年度期首            当連結会計年度           当連結会計年度          当連結会計年度末

                株式数(千株)          増加株式数(千株)           減少株式数(千株)            株式数(千株)
    発行済株式

     普通株式                 9,650            ―           ―         9,650
        合計              9,650            ―           ―         9,650
    自己株式
     普通株式                  287            0          ―          288
        合計               287            0          ―          288
     (注) 単元未満株式の買取による増加                     0千株
     2 新株予約権等に関する事項

         該当事項はありません。
     3 配当に関する事項

      (1)  配当金支払額
        決議       株式の種類        配当金の総額       1株当たり配当額            基準日        効力発生日
    2020年6月19日
               普通株式         468百万円           50円    2020年3月31日         2020年6月22日
    定時株主総会
      (2)  基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの

                                 1株当たり
       決議      株式の種類      配当金の総額       配当の原資              基準日        効力発生日
                                  配当額
    2021年6月18日
              普通株式       187百万円      利益剰余金         20円    2021年3月31日         2021年6月21日
    定時株主総会
                                 58/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                            (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日       )      至   2021年3月31日       )
        現金及び預金勘定                        9,954百万円               10,584百万円
        預入期間が3ヶ月を超える定期預金                        △492百万円               △235百万円
        現金及び現金同等物                        9,461百万円               10,349百万円
     2 ファイナンス・リース取引に係る資産及び債務の額は、以下のとおりであります。

                              前連結会計年度               当連結会計年度

                            (自    2019年4月1日             (自    2020年4月1日
                             至   2020年3月31日       )      至   2021年3月31日       )
        ファイナンス・リース取引に係る
                                 36百万円               17百万円
        資産及び債務の額
      (リース取引関係)

      ファイナンス・リース取引
      (借主側)
       所有権移転外ファイナンス・リース取引
        ① リース資産の内容
          有形固定資産
           主にキタガワ マテリアル テクノロジー カンパニーにおける生産設備(機械装置及び運搬具)であ
          ります。
        ② リース資産の減価償却の方法
           連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項 (2)重要な減価償却資
          産の減価償却の方法」に記載の通りであります。
                                 59/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (金融商品関係)
    1 金融商品の状況に関する事項
     (1)  金融商品に対する取組方針
       当社グループは、資金運用については預金等の安全性の高い金融資産で行い、また、資金調達については銀行等
      金融機関からの借入による方針であります。デリバティブ取引は、ヘッジ目的以外には行わないものとしておりま
      す。
     (2)  金融商品の内容及びそのリスク

       営業債権である受取手形及び売掛金、電子記録債権は、顧客の信用リスクに晒されております。また、海外に事
      業を展開していることで生じる一部の外貨建営業債権は、為替変動リスクに晒されております。
       投資有価証券は、主に取引先企業との業務等に関連する株式であり、市場価格の変動リスクに晒されておりま
      す。
       営業債務である支払手形及び買掛金、電子記録債務は、1年以内の支払期日であります。
       借入金及びファイナンス・リース取引に係るリース債務は、主に設備投資に必要な資金の調達を目的としたもの
      であります。
       デリバティブ取引は、外貨建債権債務に係る為替変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした先物為替予約取引
      及び借入金に係る支払金利の変動リスクに対するヘッジ取引を目的とした金利スワップ取引であります。なお、
      ヘッジ会計に関するヘッジ手段、ヘッジ方針、ヘッジ有効性評価の方法等については、「連結財務諸表作成のため
      の基本となる重要な事項 4              会計方針に関する事項 (6)             重要なヘッジ会計の方法」に記載しております。
     (3)  金融商品に係るリスク管理体制

      ①   信用リスク(取引先等の契約不履行等に係るリスク)の管理
        当社は、営業債権について、営業部門において主要な取引先の状況を定期的にモニタリングし、財務状況等の
       悪化等による回収懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、同様の管理を行っておりま
       す。
        当期の連結決算日現在における最大信用リスク額は、信用リスクに晒される金融資産の貸借対照表価額により
       表されております。
      ②   市場リスク(為替等の変動リスク)の管理
        当社は、外貨建ての営業債権債務について、通貨別月別に把握された為替の変動リスクに対して、主に外貨建
       て借入金及び先物為替予約を利用してヘッジしております。
        また、借入金に係る支払利息の変動リスクを抑制するために、金利スワップ取引を利用しております。
        投資有価証券については、定期的に時価や発行体(取引先企業)の財務状況等を把握しております。
      ③   資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
        当社は、各部門からの報告等に基づき財務部門が適時に資金繰計画を作成・更新するとともに、相当額の手許
       流動性を維持し、流動性リスクを管理しております。
     (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
      ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
      り、当該価額が変動することがあります。
                                 60/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    2 金融商品の時価等に関する事項
      連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握することが
     極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2を参照ください。)。
      前連結会計年度(        2020年3月31日       )

                                       時価
                       連結貸借対照表                          差額
                                     (百万円)
                       計上額(百万円)                         (百万円)
    (1)  現金及び預金
                              9,954            9,954             ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                              9,254            9,254             ―
    (3)  電子記録債権
                              5,064            5,064             ―
    (4)  投資有価証券
                              2,450            2,450             ―
           資産計                  26,724            26,724              ―
    (1)  支払手形及び買掛金
                              5,049            5,049             ―
    (2)  電子記録債務
                              4,369            4,369             ―
    (3)  短期借入金
                              3,688            3,688             ―
    (4)  1年内返済予定の長期借入金
                              1,477            1,477             ―
    (5)  長期借入金
                              6,078            6,199             120
    (6)  リース債務
                               259            261             1
           負債計                  20,923            21,045             121
         デリバティブ取引                       ―            ―            ―
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                       時価
                       連結貸借対照表                          差額
                                     (百万円)
                       計上額(百万円)                         (百万円)
    (1)  現金及び預金
                             10,584            10,584              ―
    (2)  受取手形及び売掛金
                             11,196            11,196              ―
    (3)  電子記録債権
                              5,728            5,728             ―
    (4)  投資有価証券
                              3,143            3,143             ―
           資産計                  30,652            30,652              ―
    (1)  支払手形及び買掛金
                              4,609            4,609             ―
    (2)  電子記録債務
                              4,696            4,696             ―
    (3)  短期借入金
                              4,024            4,024             ―
    (4)  1年内返済予定の長期借入金
                               825            825            ―
    (5)  長期借入金
                              8,163            8,325             161
    (6)  リース債務
                               174            175             0
           負債計                  22,493            22,655             162
         デリバティブ取引                       ―            ―            ―
     (注) 1 金融商品の時価の算定方法並びに有価証券及びデリバティブ取引に関する事項
          資産
          (1)  現金及び預金
            預金はすべて短期であるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっており
           ます。
          (2)  受取手形及び売掛金、(3)            電子記録債権
            短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額によっ
           ております。
          (4)  投資有価証券
            これらの時価については、取引所の価格によっております。また、保有目的ごとの有価証券に関する
           注記事項については、「有価証券関係」注記を参照ください。
                                 61/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
          負債
          (1)  支払手形及び買掛金、(2)            電子記録債務、(3)         短期借入金、(4)        1年内返済予定の長期借入金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
          (5)  長期借入金、(6)リース債務
            これらの時価については、元利金の合計額を、新規に同様の借入又は、リース取引を行った場合に想
           定される利率で割り引いた現在価値により算定しております。
          デリバティブ取引
            デリバティブ取引によって生じた正味の債権・債務は純額で表示しております。デリバティブ取引の
           時価は、取引先金融機関から提示された価格に基づき算定しております。また、為替予約の振当処理に
           よるものは、ヘッジ対象とされている債権債務と一体として処理されているため、その時価は、当該債
           権債務の時価に含めて記載しております。なお、金利スワップの特例処理によるものは、ヘッジ対象と
           されている長期借入金と一体として処理されているため、その時価は、当該長期借入金の時価に含めて
           記載しております。
       2 時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品の連結貸借対照表計上額

                                                (単位:百万円)
                 区分            2020年3月31日              2021年3月31日
           非上場株式                          102               45
           関係会社株式                          208              186
                 合計                    311              231
            これらについては、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・フローが約定されておらず、時価を把握
           することが極めて困難と認められることから、「(4)                         投資有価証券」には含めておりません。
       3 金銭債権の連結決算日後の償還予定額

          前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                                       1年超       5年超
                                1年以内       5年以内       10年以内       10年超
                                (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
           現金及び預金                       9,954        ―       ―       ―
           受取手形及び売掛金                       9,254        ―       ―       ―
           電子記録債権                       5,064        ―       ―       ―
                    合計              24,274         ―       ―       ―
          当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                                       1年超       5年超
                                1年以内       5年以内       10年以内       10年超
                                (百万円)       (百万円)       (百万円)       (百万円)
           現金及び預金                      10,584         ―       ―       ―
           受取手形及び売掛金                      11,196         ―       ―       ―
           電子記録債権                       5,728        ―       ―       ―
                    合計              27,509         ―       ―       ―
       4 短期借入金、長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

          前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内      5年超
                      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
           短期借入金             3,688        ―      ―      ―      ―      ―
           長期借入金             1,477       677      777     1,816      2,457       350
           リース債務              102      46      39      31      12      27
               合計         5,268       724      816     1,847      2,469       377
                                 62/102


                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
          当連結会計年度(        2021年3月31日       )
                             1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内      2年以内      3年以内      4年以内      5年以内      5年超
                      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)      (百万円)
           短期借入金             4,024        ―      ―      ―      ―      ―
           長期借入金              825     1,015      2,049      2,692      1,147      1,258
           リース債務              50      42      35      15      12      17
               合計         4,900      1,058      2,085      2,708      1,159      1,275
      (有価証券関係)

      前連結会計年度(        2020年3月31日       )
      その他有価証券
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
           区分
                         (百万円)            (百万円)            (百万円)
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     株式                         2,407            1,124            1,283
           小計                   2,407            1,124            1,283

    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     株式                          43            54           △11
           小計                    43            54           △11

           合計                   2,450            1,178            1,272

      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

      その他有価証券
                      連結貸借対照表計上額               取得原価             差額
           区分
                         (百万円)            (百万円)            (百万円)
    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えるもの
     株式                         3,141            1,184            1,957
           小計                   3,141            1,184            1,957

    連結貸借対照表計上額が
    取得原価を超えないもの
     株式                           1            1           △0
           小計                     1            1           △0

           合計                   3,143            1,185            1,957

      (デリバティブ取引関係)

      前連結会計年度(        2020年3月31日       )
       重要性が乏しいため記載を省略しております。
      当連結会計年度(        2021年3月31日       )

       重要性が乏しいため記載を省略しております。
                                 63/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (退職給付関係)
    1 採用している退職給付制度の概要
      当社及び一部国内連結子会社は、従業員の退職給付に充てるため、確定給付型の制度として、確定給付企業年金制
     度及び退職一時金制度を、また、確定拠出型の制度として確定拠出年金制度を設けております。
      なお、一部の連結子会社が有する退職一時金制度は、簡便法により退職給付に係る負債及び退職給付費用を計算し
     ております。
    2 確定給付制度

     (1)  退職給付債務の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)
                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      退職給付債務の期首残高                                  14,648              14,083
       勤務費用                                  595              580
       利息費用                                   24              42
       数理計算上の差異の発生額                                 △302              △149
       退職給付の支払額                                 △882              △931
      退職給付債務の期末残高                                  14,083              13,625
     (2)  年金資産の期首残高と期末残高の調整表(簡便法を適用した制度を除く。)

                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      年金資産の期首残高                                  11,436              10,957
       期待運用収益                                  558              478
       数理計算上の差異の発生額                                 △675              1,022
       事業主からの拠出額                                  217              224
       退職給付の支払額                                 △578              △564
      年金資産の期末残高                                  10,957              12,119
     (3)  簡便法を適用した制度の、退職給付に係る負債の期首残高と期末残高の調整表

                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      退職給付に係る負債の期首残高                                   218              232
       退職給付費用                                   32              15
       退職給付の支払額                                  △31              △29
       その他(為替)                                   12              23
      退職給付に係る負債の期末残高                                   232              241
     (4)  退職給付債務及び年金資産の期末残高と連結貸借対照表に計上された退職給付に係る負債及び退職給付に係る資

      産の調整表
                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
      積立型制度の退職給付債務                                  9,076              8,721
      年金資産                                 △10,957              △12,119
                                        △1,880              △3,397
      非積立型制度の退職給付債務                                  5,239              5,144
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  3,358              1,746
      退職給付に係る負債                                  5,239              5,144
      退職給付に係る資産                                 △1,880              △3,397
      連結貸借対照表に計上された負債と資産の純額                                  3,358              1,746
      (注)簡便法を適用した制度を含みます。
                                 64/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (5)  退職給付費用及びその内訳項目の金額
                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      勤務費用                                   595              580
      利息費用                                    24              42
      期待運用収益                                  △558              △478
      数理計算上の差異の費用処理額                                   209              233
      過去勤務費用の費用処理額                                   △17               ―
      簡便法で計算した退職給付費用                                    32              15
      確定給付制度に係る退職給付費用                                   287              393
     (6)  退職給付に係る調整額

       退職給付に係る調整額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      過去勤務費用                                   △17               ―
      数理計算上の差異                                  △164              1,406
      合計                                  △181              1,406
     (7)  退職給付に係る調整累計額

       退職給付に係る調整累計額に計上した項目(税効果控除前)の内訳は次のとおりであります。
                                                    (百万円)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
      未認識数理計算上の差異                                  2,157               758
      合計                                  2,157               758
     (8)  年金資産に関する事項

      ①年金資産の主な内訳
        年金資産合計に対する主な分類ごとの比率は、次のとおりであります。
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                                ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
      債券                                  47.5%              42.0%
      株式                                  50.4%              57.8%
      現金及び預金                                   1.6%              0.1%
      その他                                   0.5%              0.1%
      合計                                  100.0%              100.0%
      ②長期期待運用収益率の設定方法

        年金資産の長期期待運用収益率を決定するため、現在及び予想される年金資産の配分と、年金資産を構成する
       多様な資産からの現在及び将来期待される長期の収益率を考慮しております。
     (9)  数理計算上の計算基礎に関する事項

       主要な数理計算上の計算基礎(加重平均で表わしております。)
                                 前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
      割引率                                  0.17%              0.33%
      長期期待運用収益率                                  4.88%              4.37%
      予想昇給率                                  6.36%              6.03%
      (注)    予想昇給率は、退職ポイントの平均昇給率であります。
    3 確定拠出制度

      当社及び一部国内連結子会社の確定拠出制度への要拠出額は、前連結会計年度                                     28百万円、当連結会計年度             31百万
     円であります。
                                 65/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
        繰延税金資産
         減損損失                       258百万円                 287百万円
         投資有価証券                       143百万円                 146百万円
         未払事業税                        35百万円                 68百万円
         賞与引当金                       195百万円                 168百万円
         環境対策引当金                        66百万円                 48百万円
         退職給付に係る負債                      1,571百万円                 1,549百万円
         税務上の繰越欠損金 (注)2                       688百万円                 780百万円
                                513百万円                 467百万円
         その他
        繰延税金資産小計                       3,472百万円                 3,515百万円
         税務上の繰越欠損金に係る
                               △570百万円                 △616百万円
         評価性引当額 (注)2
         将来減算一時差異等の
                               △678百万円                 △656百万円
         合計に係る評価性引当額
        評価性引当額小計 (注)1                      △1,248百万円                 △1,272百万円
        繰延税金資産合計
                               2,223百万円                 2,243百万円
        繰延税金負債
         退職給付に係る資産                      △572百万円                △1,034百万円
         固定資産圧縮積立金                      △233百万円                 △227百万円
         為替差益                       △41百万円                △101百万円
         留保利益金                       △48百万円                 △50百万円
                               △324百万円                 △530百万円
         その他有価証券評価差額金
        繰延税金負債合計                      △1,220百万円                 △1,945百万円
        繰延税金資産の純額
                               1,003百万円                  298百万円
     (注)   1.評価性引当額が23百万円増加しております。この増加の主な要因は、連結子会社において税務上の繰越欠損
         金に係る評価性引当額を45百万円計上したこと及び連結子会社における減損損失に係る評価性引当額を28百
         万円計上したこと、また、親会社における環境対策引当金に係る評価性引当額を53百万円取崩したことによ
         るものであります。
       2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
        前連結会計年度(        2020年3月31日       )
                         1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                          5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越欠損金(a)               90    125     138      31    134     167    688百万円
        評価性引当額              △90    △125     △138      △31    △111      △72    △570百万円
                                                  (b)  117百万円
        繰延税金資産               ―     ―     ―     ―     23     94
       (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (b)  税務上の繰越欠損金688百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産117百万円を計上してお
         ります。当該繰延税金資産117百万円は、連結子会社における税務上の繰越欠損金の残高117百万円(法定実
         効税率を乗じた額)の全額について認識したものであります。当該繰延税金資産を計上した税務上の繰越欠
         損金は、2015年3月期に税引前当期純損失を535百万円計上したことにより生じたものであり、将来の課税
         所得の見込みにより、回収可能と判断し評価性引当額を認識しておりません。
        当連結会計年度(        2021年3月31日       )

                         1年超     2年超     3年超     4年超
                    1年以内                          5年超       合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
        税務上の繰越欠損金(c)               120     132      31    130     209     155    780百万円
        評価性引当額              △120     △132      △31    △109     △122     △100    △616百万円
                                                  (d)  163百万円
        繰延税金資産               ―     ―     ―     21     87     55
       (c)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
       (d)  税務上の繰越欠損金780百万円(法定実効税率を乗じた額)について、繰延税金資産163百万円を計上してお
         ります。当該繰延税金資産163百万円は、連結子会社における税務上の繰越欠損金の残高163百万円(法定実
         効税率を乗じた額)の全額について認識したものであります。
                                 66/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった
     主要な項目別の内訳
                            前連結会計年度                 当連結会計年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
        法定実効税率                          30.5%                 30.5%
        (調整)
                                 △1.9%                  4.2%
         関連会社持分法損益
         交際費等永久に損金に
                                  2.9%                 6.1%
         算入されない項目
         住民税均等割                         0.9%                 3.3%
         税額控除                        △0.1%                 △1.9%
         評価性引当額の増減                         7.3%                 7.0%
         繰越欠損金の期限切れ                         0.6%                11.1%
         過年度法人税等                         0.4%                  ―
         実効税率差                         2.9%                13.3%
                                 △4.3%                  6.8%
         その他
        税効果会計適用後の法人税等の
                                  39.1%                 80.5%
        負担率
    (表示方法の変更)

     前連結会計年度において「その他」に含めて表示しておりました「実効税率差」は、重要性が増したため、当連結会
    計年度より独立掲記しております。この表示方法の変更を反映させるため、前連結会計年度の注記の組み替えを行って
    おります。
     この結果、前連結会計年度の「その他」に表示しておりました△1.4%は、「実効税率差」2.9%、「その他」△4.3%
    として組み替えております。
                                 67/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (セグメント情報等)
     【セグメント情報】
     1 報告セグメントの概要
       当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
      の配分の決定及び業績を評価する為に、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
       当社グループは、製品・サービス別の製造販売体制を置き、取り扱う製品・サービスについて国内及び海外の包
      括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
       従って、当社グループは、製造販売体制を基礎とした製品・サービス別セグメントから構成されており、「キタ
      ガワ マテリアル テクノロジー カンパニー」「キタガワ サン テック カンパニー」「キタガワ グローバ
      ル ハンド カンパニー」の3つを報告セグメントとしております。
       「キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー」は、自動車部品及び各種機械部品の製造販売をしており
      ます。「キタガワ サン テック カンパニー」は、コンクリートミキサ、コンクリートプラント、クレーン、環
      境関連設備、リサイクルプラント及び自走式立体駐車場等の製造販売をしております。「キタガワ グローバル 
      ハンド カンパニー」は、旋盤用チャック、油圧回転シリンダ、NC円テーブル、パワーバイス及びグリッパ等の製
      造販売をしております。
     2 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額の算定方法

       報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」にお
      ける記載と概ね同一であります。
       なお、当連結会計年度より、組織構造の変更に伴い、従来は全社費用に含めていた無人航空機事業の開発部門を
      「その他」に含める方法に変更しております。前連結会計年度のセグメント情報については、変更後の区分方法に
      より作成したものを記載しております。
       セグメント間の内部売上高及び振替高は、セグメント別の原価に基づいております。
                                 68/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     3 報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、負債その他の項目の金額に関する情報

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                                                  (単位:百万円)
                           報告セグメント
                  キタガワ       キタガワ       キタガワ
                                               その他
                                                      合計
                  マテリアル         サン     グローバル
                                               (注)
                                         計
                 テクノロジー         テック       ハンド
                  カンパニー       カンパニー       カンパニー
    売上高

      外部顧客への売上高                27,531       21,160       8,886      57,578         710     58,288

      セグメント間の内部
                      245        0       7      254       ―      254
      売上高又は振替高
          計          27,777       21,160       8,894      57,832         710     58,542
    セグメント利益又は損失
                      297      2,597        915      3,810       △ 102      3,707
    (△)
    セグメント資産                32,628       14,636       11,849       59,113         781     59,894
    その他の項目

      減価償却費                3,009        161       423      3,593         27     3,621

     特別損失
                      303       ―       ―      303       ―      303
     (減損損失)
      有形固定資産及び
                     3,532        186       306      4,026        239      4,265
      無形固定資産の増加額
     (注)   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、特機事業を含んでおります。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

                                                  (単位:百万円)
                           報告セグメント
                  キタガワ       キタガワ       キタガワ
                                               その他
                                                      合計
                  マテリアル         サン     グローバル
                                               (注)
                                         計
                 テクノロジー         テック       ハンド
                  カンパニー       カンパニー       カンパニー
    売上高

      外部顧客への売上高                23,190       17,699       7,464      48,355         398     48,753

      セグメント間の内部
                      172        0       9      181        0      182
      売上高又は振替高
          計          23,363       17,699       7,473      48,536         398     48,935
    セグメント利益又は損失
                     △ 664      1,825        473      1,634       △ 372      1,261
    (△)
    セグメント資産                30,320       15,487       11,965       57,772         333     58,106
    その他の項目

      減価償却費                2,911        177       399      3,488        111      3,600

     特別損失
                      215       ―       ―      215       ―      215
     (減損損失)
      有形固定資産及び
                      992      1,156        541      2,690        112      2,803
      無形固定資産の増加額
     (注)   「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、特機事業を含んでおります。
                                 69/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     4 報告セグメント合計額と連結財務諸表計上額との差額及び当該差額の主な内容(差異調整に関する事項)

                                                (単位:百万円)
               売上高                  前連結会計年度              当連結会計年度
    報告セグメント計                                   57,832              48,536

    「その他」の区分の売上                                     710              398

    セグメント間取引消去                                    △254              △182

    連結財務諸表の売上高                                   58,288              48,753

                                                (単位:百万円)

               利益                 前連結会計年度              当連結会計年度
    報告セグメント計                                    3,810              1,634

    「その他」の区分の損失                                    △102              △372

    全社費用(注)                                    △800              △710

    連結財務諸表の営業利益                                    2,907               551

     (注) 主に提出会社の管理部門に係る費用及び各セグメント共通の費用で便益の程度が直接把握できない費用部分で
        あります。
                                                (単位:百万円)

               資産                 前連結会計年度              当連結会計年度
    報告セグメント計                                   59,113              57,772

    「その他」の区分の資産                                     781              333

    全社資産(注)                                   10,756              14,798

    連結財務諸表の資産合計                                   70,651              72,904

     (注) 主に提出会社における余資運用資金、投資資金(投資有価証券)及び管理部門に係る資産等であります。
                                                 (単位:百万円)
                 報告セグメント計             その他          調整額       連結財務諸表計上額
       その他の項目
                 前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結     前連結     当連結
                 会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度     会計年度
    減価償却費              3,593     3,488       27     111     208     200    3,830     3,801
    特別損失
                   303     215      ―     ―     ―     ―     303     215
    (減損損失)
    有形固定資産及び
                  4,026     2,690      239     112     200     300    4,465     3,103
    無形固定資産の増加額
     (注)   1 減価償却費の調整額は、主に本社建物及び本社地区福利厚生施設であります。
       2 有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、本社地区の情報通信機器の更新によるものでありま
         す。
                                 70/102





                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    【関連情報】

      前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
     1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                                 (単位:百万円)
       日本       アジア        北米        欧州       中南米      その他の地域          合計
        48,596        5,007         550        552       3,565         16      58,288

    (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

                                                (単位:百万円)
        日本          タイ          中国         メキシコ            合計
          17,162           3,493           278         7,937           28,870

    (注) 有形固定資産は連結会社の所在地を基礎とし、国ごとに分類しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:百万円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
                                        キタガワ マテリアル 
    株式会社クボタ                                7,336
                                        テクノロジー カンパニー
                                        キタガワ マテリアル 
    アイシン・エィ・ダブリュ株式会社                                6,670
                                        テクノロジー カンパニー
                                 71/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
     1 製品及びサービスごとの情報
      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
     2 地域ごとの情報

      (1)  売上高
                                                 (単位:百万円)
       日本       アジア        北米        欧州       中南米      その他の地域          合計
        40,561        4,569         582        465       2,550         25      48,753

    (注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

                                                (単位:百万円)
        日本          タイ          中国         メキシコ            合計
          17,164           2,686           264         6,969           27,084

    (注) 有形固定資産は連結会社の所在地を基礎とし、国ごとに分類しております。
     3 主要な顧客ごとの情報

                                                  (単位:百万円)
        顧客の名称又は氏名                     売上高              関連するセグメント名
                                        キタガワ マテリアル 
    株式会社クボタ                                7,098
                                        テクノロジー カンパニー
                                        キタガワ マテリアル 
    アイシン・エィ・ダブリュ株式会社                                6,029
                                        テクノロジー カンパニー
    【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

      セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。
    【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

      該当事項はありません。
    【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

      該当事項はありません。
                                 72/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      【関連当事者情報】
     1 関連当事者との取引
      (1)  連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引
       (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等
         該当事項はありません。
       (イ)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
                            議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係          (百万円)          (百万円)
                   (百万円)
                            割合(%)
                                               投資その他
                                     資金の回収         19 の資産(長        406
                            (所有)
                                同社への資
     関連   ㈱ケーブル・      広島県府        有線テレビ                        期貸付金)
                              直接
                     303           金援助
     会社   ジョイ      中市        放送
                                役員の兼任
                              31.8
                                     債務保証         18   ─
    取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注)   1 資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
       2 債務保証については、市場価格を勘案して保証料率を合理的に決定しております。
       3 持分法の適用により連結財務諸表上は投資その他の資産(長期貸付金)を                                   365百万円直接減額しております。
                 資本金又         議決権等
       会社等の名称          は出資金    事業の内容     の所有    関連当事者          取引金額            期末残高
    種類         所在地                      取引の内容            科目
        又は氏名          (千英    又は職業    (被所有)     との関係          (百万円)            (百万円)
                 ポンド)         割合(%)
                                   工作機器製
                                           637  売掛金          542
                              欧州におけ
                                   品の販売
             英国                  る当社製品
                          (所有)
                                             流動資産その他
       KITAGAWA
                                                        54
    関連        ソール        工作機器販         の販売及び
                                             (短期貸付金)
                   225         直接
    会社   EUROPE   LTD.   ズ  ベ      売         同社への資
                                   資金の回
                            50.0                56
                                             投資その他の資
             リー市                 金援助
                                   収
                                             産
                                                       300
                              役員の兼任
                                             (長期貸付金)
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)   1 当社工作機器製品の販売については、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっております。
       2 資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
       3 持分法の適用により連結財務諸表上は投資その他の資産(長期貸付金)を                                   219百万円直接減額しております。
                                 73/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )
                            議決権等
                   資本金又
        会社等の名称               事業の内容      の所有    関連当事者           取引金額          期末残高
     種類          所在地    は出資金                   取引の内容           科目
         又は氏名              又は職業     (被所有)     との関係          (百万円)          (百万円)
                   (百万円)
                            割合(%)
                                               投資その他
                                     資金の回収         19 の資産(長        386
                            (所有)
                                同社への資
     関連   ㈱ケーブル・      広島県府        有線テレビ                        期貸付金)
                              直接
                     303           金援助
     会社   ジョイ      中市        放送
                                役員の兼任
                              31.8
                                     債務保証         13   ─
    取引条件及び取引条件の決定方針等

     (注)   1 資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
       2 債務保証については、市場価格を勘案して保証料率を合理的に決定しております。
       3 持分法の適用により連結財務諸表上は投資その他の資産(長期貸付金)を                                   367百万円直接減額しております。
                 資本金又         議決権等
       会社等の名称          は出資金    事業の内容     の所有    関連当事者          取引金額            期末残高
    種類         所在地                      取引の内容            科目
        又は氏名          (千英    又は職業    (被所有)     との関係          (百万円)            (百万円)
                 ポンド)         割合(%)
                                   工作機器製
                                           354  売掛金          615
                              欧州におけ
                                   品の販売
             英国                  る当社製品
                          (所有)
                                             流動資産その他
       KITAGAWA
                                                        62
    関連        ソール        工作機器販         の販売及び
                                             (短期貸付金)
                   225         直接
    会社   EUROPE   LTD.   ズ  ベ      売         同社への資
                                   資金の回
                            50.0                55
                                             投資その他の資
             リー市                 金援助
                                   収
                                             産
                                                       280
                              役員の兼任
                                             (長期貸付金)
    取引条件及び取引条件の決定方針等
     (注)   1 当社工作機器製品の販売については、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっております。
       2 資金の貸付については、市場金利を勘案して利率を合理的に決定しております。
       3 持分法の適用により連結財務諸表上は投資その他の資産(長期貸付金)を                                   269百万円直接減額しております。
       (ウ)   連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社

         等
          該当事項はありません。
       (エ)   連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

       前連結会計年度(自           2019年4月1日        至    2020年3月31日       )
          該当事項はありません。
       当連結会計年度(自           2020年4月1日        至    2021年3月31日       )

          該当事項はありません。
      (2)  連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

          該当事項はありません。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

        該当事項はありません。
                                 74/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (1株当たり情報)
                           前連結会計年度                  当連結会計年度
                         (自    2019年4月1日               (自    2020年4月1日
                          至   2020年3月31日       )         至   2021年3月31日       )
    1株当たり純資産額                             3,921.01円                  3,971.74円
    1株当たり当期純利益                              175.68円                  26.14円

     (注)   1 潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                項目                (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    1株当たり当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)                                   1,645              244
     普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     ―             ―
     普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純利益
                                         1,645              244
     (百万円)
     普通株式の期中平均株式数(千株)                                   9,363             9,362
       3 1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

                                  前連結会計年度             当連結会計年度
                項目
                                 ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
    純資産の部の合計額(百万円)                                    38,082             38,351
    純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)                                    1,369             1,167
    (うち非支配株主持分(百万円))                                    1,369             1,167
    普通株式に係る期末の純資産額(百万円)                                    36,712             37,184
    1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株
                                         9,363             9,362
    式の数(千株)
      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                 75/102










                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ⑤  【連結附属明細表】
         【社債明細表】
         該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率

           区分                                       返済期限
                       (百万円)         (百万円)          (%)
    短期借入金                      3,688         4,024          0.4       ―
    1年以内に返済予定の長期借入金                      1,477          825         1.3       ―

    1年以内に返済予定のリース債務                       102         50         ―      ―

                                                  2022年4月~
    長期借入金(1年以内に返済予定
                          6,078         8,163          0.7
    のものを除く)
                                                  2030年5月
                                                  2022年4月~
    リース債務(1年以内に返済予定
                           156         123         ―
    のものを除く)
                                                  2029年12月
    その他有利子負債                       ―         ―         ―      ―
           合計              11,503         13,187           ―      ―

     (注) 1 「平均利率」については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2 リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を控除する前の金額でリース債務を
         連結貸借対照表に計上しているため、記載しておりません。
       3 長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は
         以下のとおりであります。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内

             区分
                      (百万円)          (百万円)          (百万円)          (百万円)
          長期借入金               1,015          2,049          2,692          1,147
          リース債務                 42          35          15          12

         【資産除去債務明細表】

         該当事項はありません。
                                 76/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     (2)  【その他】
       当連結会計年度における四半期情報等
           (累計期間)               第1四半期        第2四半期        第3四半期       当連結会計年度

    売上高               (百万円)         9,449       21,434        33,495        48,753

    税金等調整前四半期
    (当期)純利益又は
                    (百万円)         △420        △815        △225         774
    税金等調整前四半期
    (当期)純損失(△)
    親会社株主に帰属する
    四半期(当期)純利益又は
                    (百万円)         △654        △804        △391         244
    親会社株主に帰属する
    四半期(当期)純損失(△)
    1株当たり
    四半期(当期)純利益又は
                     (円)       △69.86        △85.94        △41.80         26.14
    1株当たり
    四半期(当期)純損失(△)
           (会計期間)               第1四半期        第2四半期        第3四半期        第4四半期

    1株当たり
    四半期純利益又は
                     (円)       △69.86        △16.08         44.14        67.94
    1株当たり
    四半期純損失(△)
                                 77/102













                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    2  【財務諸表等】
     (1)  【財務諸表】
       ①【貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                7,453              7,181
        受取手形                                1,110              1,073
        電子記録債権                                5,023              5,687
                                      ※1  7,466            ※1  9,787
        売掛金
        商品及び製品                                3,531              3,345
        仕掛品                                3,849              3,852
        原材料及び貯蔵品                                1,294              1,169
        前払費用                                  50              62
                                      ※1  1,408            ※1  1,553
        その他
                                         △ 13             △ 16
        貸倒引当金
        流動資産合計                                31,174              33,695
      固定資産
        有形固定資産
                                      ※2  3,489            ※2  4,281
         建物
         構築物                                258              274
                                      ※2  7,406            ※2  7,694
         機械及び装置
         車両運搬具                                 20              31
         工具、器具及び備品                                372              450
                                      ※2  3,040            ※2  3,063
         土地
         リース資産                                126               67
                                        1,903               998
         建設仮勘定
         有形固定資産合計                               16,618              16,863
        無形固定資産
         借地権                                222              222
         ソフトウエア                                239              242
                                          11              11
         その他
         無形固定資産合計                                473              477
                                 78/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
        投資その他の資産
         投資有価証券                               2,543              3,188
         関係会社株式                               9,433              9,022
         出資金                                 2              2
         従業員に対する長期貸付金                                 1              0
         関係会社長期貸付金                               2,808              3,175
         破産更生債権等                                 4              4
         長期前払費用                                 0              0
         前払年金費用                               3,273              3,492
         繰延税金資産                                132               ―
         関係会社長期未収入金                                 19              20
         その他                                118              117
         投資損失引当金                                 ―             △ 626
                                        △ 532             △ 595
         貸倒引当金
         投資その他の資産合計                               17,805              17,803
        固定資産合計                                34,897              35,144
      資産合計                                 66,071              68,839
     負債の部
      流動負債
        支払手形                                1,549              1,130
        電子記録債務                                4,369              4,696
                                      ※1  3,266            ※1  3,552
        買掛金
                                      ※2  3,658            ※2  3,994
        短期借入金
                                      ※2  1,477             ※2  825
        1年内返済予定の長期借入金
        リース債務                                  75              26
                                      ※1  1,410             ※1  996
        未払金
        未払費用                                  368              400
        未払法人税等                                  208              378
        未払消費税等                                  304              590
        前受金                                1,047              1,942
                                       ※1  220            ※1  221
        預り金
        賞与引当金                                  580              495
        役員賞与引当金                                  53              48
        製品保証引当金                                  211               39
                                         935              772
        設備関係支払手形
        流動負債合計                                19,736              20,111
      固定負債
                                      ※2  6,078            ※2  8,163
        長期借入金
        リース債務                                  58              44
        繰延税金負債                                  ―              123
        退職給付引当金                                4,343              4,335
        環境対策引当金                                  219              159
                                       ※1  496            ※1  496
        その他
        固定負債合計                                11,196              13,324
      負債合計                                 30,932              33,436
                                 79/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2020年3月31日)              (2021年3月31日)
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                8,640              8,640
        資本剰余金
         資本準備金                               5,080              5,080
                                          28              28
         その他資本剰余金
         資本剰余金合計                               5,109              5,109
        利益剰余金
         利益準備金                                997              997
         その他利益剰余金
          圧縮記帳積立金                               533              519
          別途積立金                              3,700              3,700
                                        15,826              15,622
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                               21,057              20,840
        自己株式                                △ 614             △ 616
        株主資本合計                                34,191              33,973
      評価・換算差額等
        その他有価証券評価差額金                                  947             1,426
                                          ―               3
        繰延ヘッジ損益
        評価・換算差額等合計                                  947             1,429
      純資産合計                                 35,139              35,403
     負債純資産合計                                   66,071              68,839
                                 80/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ②【損益計算書】
                                                  (単位:百万円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                     ※1  50,796            ※1  43,725
     売上高
                                     ※1  42,735            ※1  37,914
     売上原価
     売上総利益                                   8,061              5,811
                                    ※1 ,※2  5,402           ※1 ,※2  5,071
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   2,659               740
     営業外収益
                                       ※1  132            ※1  83
      受取利息
                                       ※1  730            ※1  387
      受取配当金
                                       ※1  124            ※1  128
      不動産賃貸料
      為替差益                                    ―              134
                                       ※1  68            ※1  74
      スクラップ売却益
      貸倒引当金戻入額                                   135               ―
      助成金収入                                    0             197
                                       ※1  125            ※1  126
      その他
      営業外収益合計                                  1,316              1,133
     営業外費用
      支払利息                                    84              77
      売上割引                                    26              15
      為替差損                                   127               ―
      貸倒引当金繰入額                                    ―              64
                                          9              44
      その他
      営業外費用合計                                   248              201
     経常利益                                   3,727              1,671
     特別利益
                                         113               ―
      固定資産売却益
      特別利益合計                                   113               ―
     特別損失
      固定資産除却損                                    92              119
      関係会社株式評価損                                   755              267
      投資損失引当金繰入額                                    ―              626
      製品保証費用                                   267               ―
                                          ―              67
      その他
      特別損失合計                                  1,114              1,080
     税引前当期純利益                                   2,726               591
     法人税、住民税及び事業税
                                         914              291
                                          37              48
     法人税等調整額
     法人税等合計                                    951              340
     当期純利益                                   1,774               250
                                 81/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ③【株主資本等変動計算書】
        前事業年度(自       2019年4月1日 至          2020年3月31日)
                                   (単位:百万円)
                           株主資本
                              資本剰余金
                 資本金
                       資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計
    当期首残高               8,640       5,080        28      5,109

    当期変動額
     圧縮記帳積立金の積立
     圧縮記帳積立金の取崩
     剰余金の配当
     当期純利益
     自己株式の取得
     自己株式の処分                              0       0
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                ―       ―        0       0
    当期末残高               8,640       5,080        28      5,109
                               株主資本

                              利益剰余金
                             その他利益剰余金
                利益準備金                            利益剰余金合計
                      圧縮記帳積立金        別途積立金      繰越利益剰余金
    当期首残高               997       489      3,700       14,985       20,172
    当期変動額
     圧縮記帳積立金の積立                      61             △ 61       ―
     圧縮記帳積立金の取崩                     △ 17              17       ―
     剰余金の配当                                   △ 889      △ 889
     当期純利益                                   1,774       1,774
     自己株式の取得
     自己株式の処分
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                ―       44       ―       840       884
    当期末残高               997       533      3,700       15,826       21,057
                                 82/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                    株主資本                評価・換算差額等

                                                    純資産合計

                             その他有価証券               評価・換算
                自己株式      株主資本合計              繰延ヘッジ損益
                              評価差額金              差額等合計
    当期首残高               △ 611      33,309        1,433         0     1,433       34,743

    当期変動額
     圧縮記帳積立金の積立                      ―                             ―
     圧縮記帳積立金の取崩                      ―                             ―
     剰余金の配当                     △ 889                            △ 889
     当期純利益                     1,774                             1,774
     自己株式の取得               △ 3      △ 3                            △ 3
     自己株式の処分               0       0                             0
     株主資本以外の項目の
                                 △ 486       △ 0     △ 486      △ 486
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               △ 3      881      △ 486       △ 0     △ 486       395
    当期末残高               △ 614      34,191        947        ―       947      35,139
     当事業年度(自        2020年4月1日 至          2021年3月31日)

                                   (単位:百万円)
                           株主資本
                              資本剰余金
                 資本金
                       資本準備金      その他資本剰余金        資本剰余金合計
    当期首残高               8,640       5,080        28      5,109

    当期変動額
     圧縮記帳積立金の積立
     圧縮記帳積立金の取崩
     剰余金の配当
     当期純利益
     自己株式の取得
     自己株式の処分
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                ―       ―       ―       ―
    当期末残高               8,640       5,080        28      5,109
                                 83/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                               株主資本

                              利益剰余金
                             その他利益剰余金
                利益準備金                            利益剰余金合計
                      圧縮記帳積立金        別途積立金      繰越利益剰余金
    当期首残高               997       533      3,700       15,826       21,057
    当期変動額
     圧縮記帳積立金の積立                                            ―
     圧縮記帳積立金の取崩                     △ 13              13       ―
     剰余金の配当                                   △ 468      △ 468
     当期純利益                                    250       250
     自己株式の取得
     自己株式の処分
     株主資本以外の項目の
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計                ―      △ 13       ―      △ 203      △ 217
    当期末残高               997       519      3,700       15,622       20,840
                    株主資本                評価・換算差額等

                                                    純資産合計

                             その他有価証券               評価・換算
                自己株式      株主資本合計              繰延ヘッジ損益
                              評価差額金              差額等合計
    当期首残高               △ 614      34,191        947        ―       947      35,139

    当期変動額
     圧縮記帳積立金の積立                      ―                             ―
     圧縮記帳積立金の取崩                      ―                             ―
     剰余金の配当                     △ 468                            △ 468
     当期純利益                      250                             250
     自己株式の取得               △ 1      △ 1                            △ 1
     自己株式の処分                      ―                             ―
     株主資本以外の項目の
                                  478        3      482       482
     当期変動額(純額)
    当期変動額合計               △ 1     △ 218       478        3      482       264
    当期末残高               △ 616      33,973        1,426         3     1,429       35,403
                                 84/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
     【注記事項】
      (重要な会計方針)
    1 有価証券の評価基準及び評価方法
     (1)  子会社株式及び関連会社株式
       移動平均法による原価法
     (2)  その他有価証券
        時価のあるもの
         決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法によ
        り算定)
        時価のないもの
         移動平均法による原価法
    2 たな卸資産の評価基準及び評価方法

     (1)  製品、仕掛品
       キタガワ サン テック カンパニー、キタガワ グローバル ハンド カンパニー
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
       ります。
       キタガワ マテリアル テクノロジー カンパニー
        売価還元法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用して
       おります。
     (2)  原材料
        総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
       ります。
     (3)  貯蔵品
        個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しており
       ます。
    3 固定資産の減価償却の方法

     (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
        定率法を採用しております。
        ただし、1998年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)並びに2016年4月1日以降に取得した建
       物附属設備及び構築物については、定額法を採用しております。
        なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
         建物             3~50年
         機械及び装置             3~12年
     (2)  無形固定資産(リース資産を除く)
        定額法を採用しております。
        なお、ソフトウエア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用し
       ております。
     (3)  リース資産
       所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産
        リース期間を耐用年数とし、残存価額をゼロ(残価保証の取決めがある場合は残価保証額)とする定額法を採
       用しております。
                                 85/102




                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    4 引当金の計上基準
     (1)  貸倒引当金
        売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の
       債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
     (2)  投資損失引当金
        関係会社への投資に対する損失に備えるため、投資先関係会社の財政状態等を勘案して必要額を計上しており
       ます。
     (3)  賞与引当金
        従業員賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
     (4)  役員賞与引当金
        役員賞与の支出に備えるため、支給見込額に基づき計上しております。
     (5)  製品保証引当金
        製品保証の支出に備えるため、損失見込額を計上しております。
     (6)  退職給付引当金
        従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産に基づき計上しておりま
       す。
      ① 退職給付見込額の期間帰属方法
        退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、期間
       定額基準によっております。
      ② 数理計算上の差異及び過去勤務費用の費用処理方法
        過去勤務費用は、その発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)による定額法によ
       り費用処理しております。
        数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(15年)によ
       る定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
     (7)  環境対策引当金
        「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」によって処理することが義務付けられ
       ているPCB廃棄物の処理に備えるため、処理費用見込額を計上しております。
    5 収益及び費用の計上基準

      完成工事高及び完成工事原価の計上基準
       当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進捗率の
      見積りは原価比例法)を適用し、その他の工事については工事完成基準を適用しております。
    6 ヘッジ会計の方法

     (1)  ヘッジ会計の方法
        為替予約について振当処理の要件を満たしている場合は振当処理を、金利スワップについて特例処理の要件を
       満たしている場合は特例処理を採用しております。
     (2)  ヘッジ手段とヘッジ対象
         ヘッジ手段           ヘッジ対象
       為替予約           外貨建債権債務
       金利スワップ           借入金
     (3)  ヘッジ方針
        外貨建債権債務の為替変動リスクを軽減する目的で為替予約取引を、また、借入金の金利変動リスクを軽減す
       る目的で金利スワップ取引を行っております。
     (4)  ヘッジ有効性評価の方法
        ヘッジ手段とヘッジ対象に関する重要な条件は同一であり、かつヘッジ開始以降も継続して相場変動又は
       キャッシュ・フロー変動を完全に相殺するものと想定できるため、ヘッジの有効性の評価を省略しております。
                                 86/102



                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    7 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
     (1)  退職給付に係る会計処理
        退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の会計処理の方法は、連結財務諸表における
       これらの会計処理の方法と異なっております。
     (2)  消費税等の会計処理
        消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
      (重要な会計上の見積り)

      工事進行基準における収益認識
     (1)当事業年度の財務諸表に計上した金額 3,311百万円
     (2)識別した項目に係る重要な会計上の見積りの内容に関する情報
       連結財務諸表「注記事項(重要な会計上の見積り)」に同一の内容を記載しておりますので、注記を省略してお
      ります。
      (表示方法の変更)

      (損益計算書関係)
       前事業年度において、「営業外収益」の「その他」に含めていた「助成金収入」は、営業外収益の総額の100分の
      10を超えたため、当事業年度より独立掲記することとしております。この表示方法の変更を反映させるため、前事
      業年度の財務諸表の組替えを行っております。
       この結果、前事業年度の損益計算書において、「営業外収益」の「その他」に表示していた0百万円は、「助成金
      収入」0百万円として組替えております。
      (「会計上の見積りの開示に関する会計基準」の適用に伴う変更)

       「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)を当事業年度の年度末に
      係る財務諸表から適用し、財務諸表に重要な会計上の見積りに関する注記を記載しております。
       ただし、当該注記においては、当該会計基準第11項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って、前事業年度に
      係る内容については記載しておりません
                                 87/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (貸借対照表関係)
    ※1 関係会社に対する資産及び負債
       区分表示されたもの以外で当該関係会社に対する金銭債権又は金銭債務の金額は、次のとおりであります。
                             前事業年度                 当事業年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
        短期金銭債権                       2,369百万円                 2,854百万円
        短期金銭債務                        412百万円                 500百万円
        長期金銭債務                        399百万円                 399百万円
    ※2 担保資産及び担保付債務

       担保に供している資産は、次のとおりであります。
                             前事業年度                 当事業年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         建物                       998百万円                 980百万円
         機械及び装置                       753百万円                 745百万円
         土地                       692百万円                 692百万円
         計                      2,444百万円                 2,417百万円
       担保付債務は、次のとおりであります。

                             前事業年度                 当事業年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         短期借入金                       100百万円                 145百万円
         1年内返済予定の長期借入金                       306百万円                 306百万円
         長期借入金                      1,949百万円                 1,841百万円
         計                      2,356百万円                 2,293百万円
     3 保証債務

       下記の会社の金融機関からの借入に対して、次のとおり債務保証を行っております。
                             前事業年度                 当事業年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         ㈱吉舎鉄工所                        30百万円                 30百万円
         ㈱ケーブル・ジョイ                        18百万円                 13百万円
         計                        48百万円                 43百万円
                                 88/102









                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (損益計算書関係)
    ※1    関係会社との取引高
                                前事業年度              当事業年度
                              (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
        営業取引による取引高
         売上高                        1,919百万円              1,970百万円
         仕入高                        4,619百万円              4,153百万円
        営業取引以外の取引による取引高                         1,479百万円                840百万円
    ※2 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額並びにおおよその割合は、次のとおりであります。

                                前事業年度              当事業年度
                              (自    2019年4月1日            (自    2020年4月1日
                              至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
         運賃及び荷造費                         762  百万円             637  百万円
         貸倒引当金繰入額                         △ 5 百万円              2 百万円
         従業員給料及び賞与                        2,209   百万円            2,224   百万円
         賞与引当金繰入額                         173  百万円             147  百万円
         役員賞与引当金繰入額                          53 百万円             48 百万円
         退職給付費用                          97 百万円             128  百万円
         減価償却費                          57 百万円             83 百万円
       おおよその割合

        販売費                            39.0%              37.6%
        一般管理費                            61.0%              62.4%
      (有価証券関係)

       子会社株式及び関連会社株式は、市場価格がなく時価を把握することが極めて困難と認められるため、子会社株
      式及び関連会社株式の時価を記載しておりません。
       なお、時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額は次のと
      おりです。
                                                 (単位:百万円)
                                 前事業年度               当事業年度
                 区分
                               ( 2020年3月31日       )      ( 2021年3月31日       )
        子会社株式                               9,335               8,925
        関連会社株式                                97              97
                 計                      9,433               9,022
                                 89/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
      (税効果会計関係)
    1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                             前事業年度                 当事業年度
                            ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
        繰延税金資産
         減損損失                        60百万円                 60百万円
         投資有価証券                      1,720百万円                 1,804百万円
         未払事業税                        30百万円                 57百万円
         投資損失引当金                        ―百万円                190百万円
         貸倒引当金                       166百万円                 186百万円
         賞与引当金                       176百万円                 151百万円
         製品保証引当金                        81百万円                 81百万円
         退職給付引当金                      1,322百万円                 1,320百万円
         環境対策引当金                        66百万円                 48百万円
                                227百万円                 249百万円
         その他
          繰延税金資産小計
                               3,853百万円                 4,152百万円
                              △2,143百万円                 △2,384百万円
          評価性引当額
          繰延税金資産合計
                               1,709百万円                 1,767百万円
        繰延税金負債
         前払年金費用                      △996百万円                △1,063百万円
         固定資産圧縮積立金                      △233百万円                 △227百万円
         その他有価証券評価差額金                      △324百万円                 △530百万円
                               △21百万円                 △68百万円
         その他
          繰延税金負債合計                    △1,577百万円                 △1,891百万円
          繰延税金資産の純額
                                132百万円                △123百万円
    2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった

     主要な項目別の内訳
                              前事業年度                 当事業年度
                             ( 2020年3月31日       )         ( 2021年3月31日       )
         法定実効税率                          30.5%                 30.5%
         (調整)
          交際費等永久に損金に
                                   3.0%                 5.0%
          算入されない項目
          受取配当金等永久に益金に算入
                                  △7.3%                △17.2%
          されない項目
          評価性引当額の増減                         7.9%                40.8%
          その他                         0.8%                △1.5%
         税効果会計適用後の法人税等の
                                   34.9%                 57.6%
         負担率
      (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
                                 90/102






                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
       ④ 【附属明細表】
         【有形固定資産等明細表】
                                                 (単位:百万円)
                                                    減価償却
       区分      資産の種類       当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期償却額      当期末残高
                                                     累計額
    有形固定資産
            建物
                      3,489      1,014        6     215     4,281      5,954
            構築物           258       48       0      31      274      794
            機械及び装置          7,406      2,056        87     1,681      7,694      24,261
            車両運搬具            20      23       0      12      31      215
            工具、器具
                       372      366       94      194      450     1,639
            及び備品
            土地          3,040        23      ―      ―     3,063        ―
            リース資産           126       13      31      41      67      83
                                   3,650
            建設仮勘定          1,903      2,746              ―      998       ―
                                    (21)
               計       16,618       6,292      3,870      2,177      16,863      32,947
    無形固定資産
            借地権           222       ―      ―      ―      222       ―
            ソフトウエア           239       95      ―      92      242      264
            その他の無形
                        11      ―      ―       0      11       1
            固定資産
               計         473       95      ―      92      477      265
     (注)    「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。
        当期増加額のうち主なものは、次のとおりであります。
        建物
          甲山工場建替                     866百万円
        機械及び装置

          福山工場銑鉄鋳物加工設備              1,228百万円
          甲山工場産業用機械製造設備              182百万円
          東京工場銑鉄鋳物鋳造設備               172百万円
        建設仮勘定

          本社工場工作機器製造設備               213百万円
                                 91/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
         【引当金明細表】
                                                 (単位:百万円)
        科目         当期首残高           当期増加額           当期減少額           当期末残高
    貸倒引当金                   545           80           13          612
    投資損失引当金                   ―          626           ―          626
    賞与引当金                   580           495           580           495
    役員賞与引当金                   53           48           53           48
    製品保証引当金                   211           ―          171           39
    環境対策引当金                   219           ―           59          159
     (2)  【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
     (3)  【その他】

       該当事項はありません。
                                 92/102














                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第6   【提出会社の株式事務の概要】
    事業年度             4月1日から3月31日まで

    定時株主総会             6月中

    基準日             3月31日

                 9月30日
    剰余金の配当の基準日
                 3月31日
    1単元の株式数             100株
    単元未満株式の買取り・
    売渡し
                 (特別口座)
      取扱場所
                 みずほ信託銀行株式会社 本店及び全国各支店
                 みずほ証券株式会社 本店及び全国各支店
                 (特別口座)
      株主名簿管理人           東京都中央区八重洲一丁目2番1号
                 みずほ信託銀行株式会社
      取次所           ―
      買取・売渡し手数料           株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                 当社の公告方法は、電子公告としております。ただし、事故その他やむを得ない事由

    公告掲載方法             により電子公告をすることができないときは、日本経済新聞に掲載しております。当
                 社の公告掲載URLは次のとおりであります。(https://www.kiw.co.jp/)
    株主に対する特典             該当事項はありません

                                 93/102












                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第7 【提出会社の参考情報】
    1 【提出会社の親会社等の情報】

      当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
    2  【その他の参考情報】

      当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
    (1)  有価証券報告書             ( 事業年度          自   2019年4月1日           2020年6月22日

                                        )
      及びその添付書類              ( 第110期    )     至   2020年3月31日           関東財務局長に提出
      並びに確認書
    (2)  内部統制報告書及びその添付書類                                    2020年6月22日

                                          関東財務局長に提出
    (3)  四半期報告書            ( 第111期    第1四半期       自   2020年4月1日           2020年8月7日

                                        )
      及び確認書                       至   2020年6月30日           関東財務局長に提出
                  ( 第111期    第2四半期       自   2020年7月1日           2020年11月13日

                                        )
                             至   2020年9月30日           関東財務局長に提出
                  ( 第111期    第3四半期       自   2020年10月1日           2021年2月10日

                                        )
                             至   2020年12月31日           関東財務局長に提出
    (4)  臨時報告書                                    2020年6月22日

                                          関東財務局長に提出
      企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第9号の2(株主総会にお
      ける議決権行使の結果)の規定に基づく臨時報告書
                                 94/102











                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                 95/102



















                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
                独立監査人の監査報告書及び内部統制監査報告書
                                                    2021年6月21日

    株式会社北川鉄工所
     取締役会 御中
                      有限責任     あずさ監査法人
                       広島事務所

                       指定有限責任社員

                                          小  松  原      浩      平
                                   公認会計士                   ㊞
                       業務執行社員
                       指定有限責任社員

                                   公認会計士       福  田  真  也            ㊞
                       業務執行社員
    <財務諸表監査>

    監査意見
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
    いる株式会社北川鉄工所の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸
    借対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結
    財務諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
     当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、株
    式会社北川鉄工所及び連結子会社の2021年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準におけ
    る当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国におけ
    る職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責
    任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査上の主要な検討事項

     監査上の主要な検討事項とは、当連結会計年度の連結財務諸表の監査において、監査人が職業的専門家として特に重
    要であると判断した事項である。監査上の主要な検討事項は、連結財務諸表全体に対する監査の実施過程及び監査意見
    の形成において対応した事項であり、当監査法人は、当該事項に対して個別に意見を表明するものではない。
                                 96/102








                                                          EDINET提出書類
                                                      株式会社北川鉄工所(E01584)
                                                           有価証券報告書
    工事進行基準の適用における実際工事原価総額の妥当性の評価
           監査上の主要な検討事項の
                                         監査上の対応
             内容及び決定理由
     注記事項(重要な会計上の見積り)                 に記載のとおり、          当監査法人は、工事進行基準の適用に関連する実際工
    株式会社北川鉄工所において、キタガワ サン テッ                           事原価の妥当性を評価するため、主に以下の監査手続を
    ク カンパニー セグメントに含まれる工事契約の一部                           実施した。
    について工事進行基準を適用している。当連結会計年度                           (1)内部統制の評価
    に工事進行基準に基づいて計上した工事収益の金額は                            権限規程に基づく承認者が日々の工事進捗を承認する
    3,311百万円であり、連結売上高の6%を占めている。                           統制及び工事開始後の進捗が適切に実際発生工事原価に
     工事進行基準は当連結会計年度末までの進捗部分につ                          反映されていることを確かめるための統制に焦点を当て
    いて成果の確実性が認められる工事に適用され、工事の                           て、内部統制の整備及び運用状況の有効性を評価した。
    進捗率は原価比例法により見積られる。                           (2)実際発生工事原価の妥当性の評価
     工事進行基準の売上高は、実際発生工事原価を付替え                           連結会計年度末時点で未完成の工事進行基準案件の実
    ることにより売上高を恣意的に操作することが可能とな                           際発生工事原価の妥当性を評価するため、以下を含む手
    る。                           続を実施した。
     また、工事進行基準案件については1件当たりの実際                          ●期末月における工事進行基準対象の工事案件への原価
    発生工事原価が多額であり、期末月の実際発生工事原価
                                付替えによる売上高の水増しの有無を確かめるため
    の集計にあたって、翌月仕入の前倒し計上による工事進
                                に、仕入実績データにおける資材仕入の検収資料を確
    行基準売上高の水増しの可能性がある。
                                認し、資材が発注元の工事案件に適切に納入されてい
     以上から、当監査法人は、工事進行基準案件における
                                るかどうかを確かめた。
    工事進行基準の適用に関連する実際発生工事原価の妥当
                               ●期末月における部門を超えた原価付替えによる売上高
    性が、当連結会計年度の連結財務諸表監査において特に
                                の水増しの有無を確かめるために、期末月及び翌月の
    重要