株式会社ジェイ・エス・ビー 四半期報告書 第33期第2四半期(令和3年2月1日-令和3年4月30日)

提出書類 四半期報告書-第33期第2四半期(令和3年2月1日-令和3年4月30日)
提出日
提出者 株式会社ジェイ・エス・ビー
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   2021年6月11日
     【四半期会計期間】                   第33期第2四半期(自 2021年2月1日 至 2021年4月30日)
     【会社名】                   株式会社ジェイ・エス・ビー
     【英訳名】                   J.S.B.Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  近藤 雅彦
     【本店の所在の場所】                   京都市下京区因幡堂町655番地
     【電話番号】                   (075)341-2728(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部副本部長兼経営管理部長  大仲 賢一
     【最寄りの連絡場所】                   京都市下京区因幡堂町655番地
     【電話番号】                   (075)341-2728(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員管理本部副本部長兼経営管理部長  大仲 賢一
     【縦覧に供する場所】                   東京本部
                         (東京都新宿区西新宿一丁目6番1号)
                         名古屋支社
                         (名古屋市中村区椿町7番1号)
                         大阪支社
                         (大阪市東淀川区東中島一丁目20番14号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/21











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第32期          第33期
               回次               第2四半期          第2四半期           第32期
                             連結累計期間          連結累計期間
                            自2019年11月1日          自2020年11月1日          自2019年11月1日
             会計期間
                            至2020年4月30日          至2021年4月30日          至2020年10月31日
                      (千円)         25,834,748          28,551,564          48,058,282
     売上高
                      (千円)          3,964,169          4,611,693          4,248,712
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                      (千円)          2,654,906          3,071,316          2,761,826
     期)純利益
                      (千円)          2,577,214          3,244,758          2,892,680
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)         16,881,564          19,956,380          17,235,694
     純資産額
                      (千円)         41,286,251          48,940,772          40,245,739
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
                       (円)          277.98          320.36          289.06
     金額
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                       (円)          270.83          312.96          281.68
     (当期)純利益金額
                       (%)           40.9          40.7          42.7
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)          4,831,881          4,365,618          5,003,753
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)         △ 4,033,556         △ 4,175,443         △ 5,542,422
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                      (千円)          1,097,618          3,140,229          1,232,835
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                      (千円)         10,499,921          12,629,056           9,298,405
     (期末)残高
                              第32期          第33期

               回次               第2四半期          第2四半期
                             連結会計期間          連結会計期間
                            自2020年2月1日          自2021年2月1日
             会計期間
                            至2020年4月30日          至2021年4月30日
                       (円)          302.56          352.82
     1株当たり四半期純利益金額
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.当社は     2020年3月6日付の取締役会決議に基づき、                    2020年5月1日付で普通株式1株につき普通株式2株の
           割合で株式分割を行っております。そのため、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、
           1株当たり四半期(当期)純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額を算定して
           おります。
     2【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/21




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した事
      業等のリスクについての重要な変更はありません。
       新型コロナウイルス感染症拡大による事業への影響については、引き続き今後の状況を注視してまいります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)経営成績の状況
         当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、依然として新型コロナウイルス感染症の世界的大流行に伴う
        経済活動の制限により、実体経済が深刻な影響を受け、厳しい状況が継続しております。また、今後の先行きにつ
        いても、引き続き感染拡大防止策を講じながら、経済活動の再開に向けた取り組みがなされる一方で、一部の地域
        においては、感染拡大が確認され、緊急事態宣言の発令が相次ぐなど収束の時期を見通すことができず、今後のさ
        らなる経済の下振れや金融資本市場への影響に留意が必要な状況となっております。
         このような経営環境のもと、当社グループにおきましては、賃貸入居需要の集中する最繁忙期(3月~4月)を
        迎えました。
         当連結会計年度では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響が懸念される運営環境を背景に、感染防止策
        を徹底した上での募集活動の実施、オンラインを通じた非対面での営業活動の推進など、従来の営業スタイルとは
        異なる顧客へのアプローチを実践してまいりました。こうした取り組みの効果もあり、従来の増収ペースを崩すこ
        となく、物件管理戸数では当初計画を上回り、当社グループの収益基盤の底上げに繋ったことに加え、当初計画策
        定時に最も懸念していた4月時点での入居率におきましても、前年以上の高水準を確保することができました。
         新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響から、今後の当社グループの経営成績にとって予期しない下降圧力
        が発生するリスクは今後も引き続き想定されることから、その動向を継続して注視していくとともに、計数等の管
        理につきましても慎重に進めてまいります。
         以上の結果、       当第2四半期連結累計期間における売上高は                    28,551百万円(前年同期比10.5%増)、経常利益は
        4,611百万円(同16.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は3,071百万円(同15.7%増)となりました。
         なお、当社グループの主力事業である不動産賃貸管理事業において、前述にもありますとおり、賃貸入居需要の
        繁忙期である第2四半期連結会計期間に新規契約件数が増加することから、経営成績は季節的に変動し、売上高は
        上期、特に第2四半期連結会計期間の割合が大きく、営業利益につきましても第2四半期連結会計期間に偏在する
        傾向があります。
         セグメントごとの経営成績の概況は次のとおりであります。
         ①  不動産賃貸管理事業
          物件管理戸数は順調に増加しました。(前年同期比3,462戸増                             75,946戸)     入居率についてはコロナ禍におけ
         る学生や大学等教育機関の動向を考慮の上、全国各エリアにおける低下を見込んでおりましたが、非対面を中
         心とした営業戦略へシフトすることで、計画上の下落幅を補うかたちとなり、前年同期99.8%から0.1ポイント
         の増加となりました。(99.9%)
          新規物件開発では、国立大学法人山口大学の吉田キャンパス構内に、山口大学生協との共同運営となる『U
         ni   E'  terna      山口吉田学生会館』(ユニエターナ                 ヤマグチヨシダガクセイカイカン)の運営を開始し
         ました。また、新潟県内で運営される学生マンションの中では最大級の規模で、自社所有物件では新潟県初進
         出となる『学生会館Uni             E'meal新潟大学前』(ガクセイカイカン                     ユニエミール       ニイガタダイガクマ
         エ)の運営を開始しました。
          費用面では人員数の増加による人件費の増加はあったものの、刷新本稼働から3期目を迎える基幹システム
         運用の定着と、非対面を中心とした営業戦略による一定の効率化が図れたものと考えており、一般管理費等固
         定費の縮減が進み営業利益率の向上に繋がりました。
          新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響については、前連結会計年度に引き続き、当第2四半期連結累
         計期間において、経営成績への直接的な影響はありません。しかしながら、様々な影響を受ける主要顧客層で
         ある各入居者への対応をはじめ、ステークホルダーに対して果たすべき責任を意識し、当社グループとして出
         来得る限りの積極的な対策を継続して講じてまいります。
          以上の結果、売上高         26,907百万円(前年同期比10.8%増)、セグメント利益5,169百万円(同13.4%増)となりま
         した。
                                 3/21



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
         ②  高齢者住宅事業
          当第2四半期連結累計期間におきましては、各高齢者施設の稼働状況は概ね計画通りの進捗となっておりま
         す。2019年10月にオープンした『グランメゾン迎賓館大津大将軍』の稼働状況につきましても、前連結会計年
         度に引き続き、良好な状況で推移しております。
          また、地域課題を解決するプラットフォームを目指す事業コンセプトのもと、急速に進む高齢化社会で増加
         する空き家問題の解決の推進として、不動産事業を全国で展開するハウスドゥグループの株式会社ピーエム
         ドゥと業務提携を行い、高齢者の住まいを対象に、ご自宅の売却・利活用の支援への取り組みを開始いたしま
         した。
          新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響については、前連結会計年度に引き続き、当第2四半期連結累
         計期間における経営成績への大きな影響はありません。感染防止を徹底した各種取り組みを継続的に行ってま
         いります。
          以上の結果、売上高         1,399百万円(前年同期比6.1%増)、セグメント利益213百万円(同34.9%増)となりまし
         た。
         ③  その他
          当第2四半期連結累計期間において、採用関連事業では合説、就活セミナーをWEB開催中心に進めてまい
         りました。今後はグループ会社のスタイルガーデン社と連携し、グループシナジーの発揮に注力してまいりま
         す。
          日本語学校事業では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を引き続き受けることとなり、入国制限
         による待機留学生の発生等、受け入れ時期の遅延が継続しております。
          新規事業分野では、前連結会計年度において子会社化した事業会社のM&A後の統合効果を最大化するた
         め、引き続き統合プロセスを中心に進めてまいりました。
          また、学生支援活動として、プロサッカー選手の本田圭佑氏が公式アンバサダーを務めるNext                                              Conn
         ect株式会社が主催する学生支援イベントの公式冠スポンサーに就任するなど、若者の将来の活躍を目指し
         た取り組みも進めてまいりました。
          以上の結果、売上高         244百万円(前年同期比10.6%増)、セグメント                     損失  86百万円(前年同期はセグメント損失
         22百万円)となりました。
      (2)財政状態に関する分析

         当  第2四半期連結会計期間末            の資産合計は      48,940百万円となり、前連結会計年度末の40,245百万円から8,695百
        万円の増加(前期末比21.6%増)となりました。
         ①  流動資産
          流動資産につきましては、15,075百万円となり、前連結会計年度末の10,840百万円から4,235百万円の増加
         (前期末比39.1%増)となりました。これは、主として現金及び預金が3,330百万円、営業未収入金が591百万
         円それぞれ増加したことによるものであります。
         ②  固定資産
          固定資産につきましては、33,865百万円となり、前連結会計年度末の29,405百万円から4,459百万円の増加
         (前期末比15.2%増)となりました。これは、主として有形固定資産が3,487百万円増加したことによるもので
         あります。
         ③  流動負債
          流動負債につきましては、10,508百万円となり、前連結会計年度末の8,360百万円から2,148百万円の増加
         (前期末比25.7%増)となりました。これは、主として未払法人税等が885百万円、前受収益が960百万円、前
         受金及び営業預り金が515百万円それぞれ増加したことによるものであります。
         ④  固定負債
          固定負債につきましては、18,475百万円となり、前連結会計年度末の14,649百万円から3,826百万円の増加
         (前期末比26.1%増)となりました。これは、主として長期借入金が3,628百万円増加したことによるものであ
         ります。
         ⑤  純資産
           純資産につきましては、19,956百万円となり、前連結会計年度末の17,235百万円から2,720百万円の増加
          (前期末比15.8%増)となりました。これは、主として親会社株主に帰属する四半期純利益の計上と配当金の
          支払いにより利益剰余金が2,744百万円増加したこと、また、その他有価証券評価差額金が169百万円増加した
          こと、自己株式の取得及び処分により自己株式が224百万円増加したことによるものであります。
                                 4/21



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
      (3)キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)の四半期末残高は、前連結会
        計年度末に比べ3,330百万円増加し、12,629百万円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における営業活動の結果、資金の増加は4,365百万円(前年同期4,831百万円 資金
        の増加)となりました。これは、主に税金等調整前四半期純利益4,638百万円、前受収益の増加960百万円及び法
        人税等の支払額1,057百万円によるものであります。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における投資活動の結果、使用した資金は4,175百万円(前年同期4,033百万円 資
        金の使用)となりました。これは、主に有形固定資産の取得による支出3,929百万円、敷金及び保証金の差入によ
        る支出170百万円によるものであります。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間における財務活動の結果、資金の増加は3,140百万円(前年同期1,097百万円 資金
        の増加)となりました。これは、主に長期借入れによる収入4,240百万円、長期借入金の返済による支出464百万
        円及び配当金の支払額326百万円によるものであります。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         該当事項はありません。
      (6)主要な設備

         前連結会計年度末において計画中であった主要な設備の新設のうち、当第2四半期連結累計期間に完了したもの
        は、次のとりであります。
                                                投資総額
               会社名                 セグメント
                           所在地             設備の内容              完了  年月
                                                (千円)
              事業所名                 の名称
        当社
                           新潟県     不動産賃貸
                                       賃貸用不動産        1,709,448      2021年2月
        学生会館Uni      E'meal    新潟大学前
                           新潟市     管理事業
        当社
                           石川県     不動産賃貸
                                       賃貸用不動産        1,121,993      2021年2月
        学生会館Uni      E'meal    金沢工大前Ⅲ
                          野々市市     管理事業
        当社
                           山口県     不動産賃貸
                                       賃貸用不動産         839,393     2021年3月
        Uni  E'terna    山口吉田学生会館
                           山口市     管理事業
        (注)上記の金額には消費税等は含まれておりません。
      (7)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち「第4 経理の状況 1                                       四半期連結財務諸表 注記
        事項(追加情報)」に記載のとおり、新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定について、重要な変更はあり
        ません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/21





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                                                 32,296,000
        普通株式
                                                 32,296,000
                  計
        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末
                                     上場金融商品取引所名
                         提出日現在発行数(株)
               現在発行数(株)
        種類                             又は登録認可金融商品                内容
                          (2021年6月11日)
              (2021年4月30日)                       取引業協会名
                                     東京証券取引所            単元株式数
                    9,803,500            9,805,000
     普通株式
                                     市場第一部            100株
                    9,803,500            9,805,000          -            -
        計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、2021年6月1日から本書提出日までの新株予約権の権利行使により発行された株
        式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式                             資本準備金       資本準備金
                       発行済株式総       資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数                              増減額        残高
                       数残高(株)        (千円)       (千円)
                  (株)                            (千円)       (千円)
     2021年2月1日       ~
                         9,803,500              2,629,907              2,509,907
     2021年4月30日               6,800              2,210              2,210
     (注)
    (注)新株予約権の行使による増加であります。
                                 6/21









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2021年4月30日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
          氏名又は名称                    住所
                                            (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                               3,860         40.35

     岡 靖子                 京都市北区
     ㈱日本カストディ銀行(信託口)                 東京都中央区晴海1丁目8-12                         1,330         13.90
     OMインベストメント㈱                                           570         5.95

                      京都市北区小山下内河原町115番地
     光通信㈱                 東京都豊島区西池袋4-10                          337         3.53
     日本マスタートラスト信託銀行㈱
                                                295         3.08
                      東京都港区浜松町2丁目11番3号
     (信託口)
                      東京都港区虎ノ門2丁目3-17 虎ノ門
     森トラスト㈱                                           240         2.50
                      2丁目タワー
     STATE   STREET    BANK   AND  TRUST
                      AIB  INTERNATIONAL       CENTER    P.O.   BOX
     COMPANY    505019
                      518  IFSC   DUBLIN,    IRELAND                 219         2.29
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
                      (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     店)
     BNP  PARIBAS    SECURITIES      SERVICES
                      33  RUE  DE  GASPERICH,      L-5826    HOWALD-
     LUXEMBOURG/JASDEC/FIM/LUXEMBOURG
                      HESPERANGE,      LUXEMBOURG                    194         2.02
     FUNDS/UCITS      ASSETS
                      (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
     (常任代理人 香港上海銀行東京支
     店)
     三菱UFJキャピタル4号投資事業有
                      東京都中央区日本橋2丁目3-4                          182         1.90
     限責任組合
                      25  Cabot   Square,    Canary    Wharf,
     MSIP   CLIENT    SECURITIES
                      London    E14  4QA,   U.K.
                                                160         1.67
     (常任代理人 モルガン・スタン
                      (東京都千代田区大手町1丁目9-7 
     レーMUFG証券㈱)
                      大手町フィナンシャルシティ サウスタ
                      ワー)
                               -                7,390         77.26
             計
    (注)1.当社は、自己株式を238,436株所有しておりますが、上記大株主の状況からは除外しております。
        2.上記㈱日本カストディ銀行(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は1,329,600株でありま
          す。
        3.上記日本マスタートラスト信託銀行㈱(信託口)の所有株式数のうち、信託業務に係る株式数は295,500株で
          あります。
        4.2020年12月21日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.1)において、三井住友DS
          アセットマネジメント          ㈱ が2020年12月15日現在で以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社
          として2021年4月30日現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主には含めておりませ
          ん。
          その大量保有報告書(変更報告書No.1)の内容は次のとおりであります。
           大量保有者    三井住友DSアセットマネジメント                          ㈱
           住所       東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー26階
           保有株券等の数  株式 624,400株
           株券等保有割合  6.38%
        5.  2020年7月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書                             (変更報告書No.1)          において、ノムラ イン
          ターナショナル ピーエルシー(NOMURA                   INTERNATIONAL       PLC)及び野村アセットマネジメント                 ㈱ が2020年7月
          15日現在でそれぞれ以下の株式を所有している旨が記載されているものの、当社として2021年4月30日現在に
          おける実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主には含めておりません。
          その大量保有報告書(変更報告書No.1)の内容は次のとおりであります。
                                 7/21



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
                                         保有株券等の数          株券等保有割合
            氏名又は名称                 住所
                                           (株)          (%)
           ノムラ インターナ
           ショナル ピーエル
                     1 Angel   Lane,   London    EC4R   3AB,
           シー(NOMURA
                                        株式          6,900
                                                        0.07
                     United    Kingdom
           INTERNATIONAL
           PLC)
           野村アセットマネジ
                                        株式       479,700
                     東京都江東区豊洲二丁目2番1号                                  4.94
           メント   ㈱
        6.2020年8月28日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書(変更報告書No.4)において、レオス・キャ

          ピタルワークス       ㈱ 及びその共同保有者である            ㈱ SBI証券が2020年8月21日現在でそれぞれ以下の株式を所有
          している旨が記載されているものの、当社として2021年4月30日現在における実質所有株式数の確認ができま
          せんので、上記大株主には含めておりません。
          その大量保有報告書(変更報告書No.4)の内容は次のとおりであります。
                                         保有株券等の数          株券等保有割合
            氏名又は名称                 住所
                                           (株)          (%)
           レオス・キャピタル
                                         株式      837,200
                     東京都千代田区丸の内1丁目11番1号                                  8.61
           ワークス    ㈱
                                         株式       13,300

           ㈱ SBI証券          東京都港区六本木一丁目6番1号                                  0.14
      (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2021年4月30日現在
                        株式数(株)            議決権の数(個)
           区分                                         内容
                                -        -             -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -        -             -
     議決権制限株式(その他)                           -        -             -

                     (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                  -             -
                             238,400
                     普通株式
                                               権利内容に何ら限定のな
                                               い当社における標準とな
     完全議決権株式(その他)                       9,563,700              95,637
                     普通株式                          る株式であります。な
                                               お、単元株式数は100株で
                                               あります。
                              1,400         -             -
     単元未満株式                普通株式
                            9,803,500           -             -
     発行済株式総数
                                -           95,637          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                  2021年4月30日現在
                                                    発行済株式総数
                              自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                    に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                              株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    式数の割合(%)
    (自己保有株式)
                   京都市下京区因幡堂
                                238,400          -    238,400          2.43
                   町655番地
      ㈱ジェイ・エス・ビー
                       -         238,400          -    238,400          2.43
           計
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 8/21


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
       府令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2021年2月1日から2021
       年4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年11月1日から2021年4月30日まで)に係る四半期連結財務
       諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 9/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年10月31日)              (2021年4月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       9,387,201              12,717,852
        現金及び預金
                                        626,975             1,218,504
        営業未収入金
                                       ※ 167,346             ※ 174,876
        たな卸資産
                                        663,170              966,804
        その他
                                        △ 4,577             △ 2,804
        貸倒引当金
                                      10,840,117              15,075,234
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             13,853,848              17,168,339
                                       8,408,071              9,177,933
          土地
                                        881,253              284,697
          その他(純額)
                                      23,143,172              26,630,970
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                        618,784              568,896
          のれん
                                        563,686              522,224
          その他
                                       1,182,470              1,091,120
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                       3,146,906              3,292,813
          敷金及び保証金
                                        512,369              774,505
          繰延税金資産
                                       1,431,076              2,086,501
          その他
                                       △ 10,373             △ 10,373
          貸倒引当金
                                       5,079,979              6,143,446
          投資その他の資産合計
                                      29,405,622              33,865,537
        固定資産合計
                                      40,245,739              48,940,772
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        454,726              494,214
        営業未払金
                                        66,000              66,000
        短期借入金
                                        27,200              20,000
        1年内償還予定の社債
                                        825,450              972,570
        1年内返済予定の長期借入金
                                       1,000,374              1,886,339
        未払法人税等
                                       3,842,374              4,357,962
        前受金及び営業預り金
                                        791,828             1,752,541
        前受収益
                                        267,047              161,255
        賞与引当金
                                        25,000                -
        役員賞与引当金
                                       1,060,424               797,605
        その他
                                       8,360,425              10,508,488
        流動負債合計
       固定負債
                                        50,000              40,000
        社債
                                      11,725,637              15,353,975
        長期借入金
                                       2,476,035              2,649,670
        長期預り敷金保証金
                                        283,773              296,135
        退職給付に係る負債
                                        48,758              103,052
        資産除去債務
                                        65,414              33,068
        その他
                                      14,649,619              18,475,902
        固定負債合計
                                      23,010,045              28,984,391
       負債合計
                                10/21




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年10月31日)              (2021年4月30日)
     純資産の部
       株主資本
                                       2,624,024              2,629,907
        資本金
                                       2,516,568              2,537,976
        資本剰余金
                                      12,142,848              14,887,449
        利益剰余金
                                       △ 449,688             △ 674,357
        自己株式
                                      16,833,753              19,380,975
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        413,901              583,497
        その他有価証券評価差額金
                                        △ 4,775             △ 3,754
        繰延ヘッジ損益
                                       △ 40,785             △ 35,156
        退職給付に係る調整累計額
                                        368,341              544,586
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  1,157              1,179
                                        32,442              29,639
       非支配株主持分
                                      17,235,694              19,956,380
       純資産合計
                                      40,245,739              48,940,772
     負債純資産合計
                                11/21














                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年4月30日)               至 2021年4月30日)
                                      25,834,748              28,551,564
     売上高
                                      20,121,035              22,118,599
     売上原価
                                       5,713,713              6,432,965
     売上総利益
                                     ※1  1,676,415            ※1  1,774,631
     販売費及び一般管理費
                                       4,037,297              4,658,334
     営業利益
     営業外収益
                                          761             2,408
       受取利息及び配当金
                                         4,261              4,261
       受取手数料
                                          -             7,984
       受取保険金
                                         6,325                -
       保険解約返戻金
                                         4,037                -
       貸倒引当金戻入額
                                        15,927              22,208
       その他
                                        31,312              36,863
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        57,657              63,046
       支払利息
                                        22,827              15,860
       資金調達費用
                                        23,956               4,597
       その他
                                        104,441               83,504
       営業外費用合計
                                       3,964,169              4,611,693
     経常利益
     特別利益
                                         6,689                -
       関係会社清算益
                                          -            56,160
       違約金収入
                                         6,689              56,160
       特別利益合計
     特別損失
                                         4,190                -
       固定資産除却損
                                          -            28,892
       訴訟関連損失
                                         4,190              28,892
       特別損失合計
                                       3,966,668              4,638,960
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                 1,702,436              1,935,969
                                       △ 390,675             △ 365,522
     法人税等調整額
                                       1,311,761              1,570,447
     法人税等合計
                                       2,654,906              3,068,513
     四半期純利益
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                     -            △ 2,802
                                       2,654,906              3,071,316
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                12/21







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年4月30日)               至 2021年4月30日)
                                       2,654,906              3,068,513
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                       △ 82,206              169,595
       その他有価証券評価差額金
                                         1,669              1,021
       繰延ヘッジ損益
                                         2,844              5,628
       退職給付に係る調整額
                                       △ 77,692              176,244
       その他の包括利益合計
                                       2,577,214              3,244,758
     四半期包括利益
     (内訳)
                                       2,577,214              3,247,561
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          -            △ 2,802
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                13/21















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                至 2020年4月30日)               至 2021年4月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                       3,966,668              4,638,960
       税金等調整前四半期純利益
                                        423,761              490,370
       減価償却費
                                        16,086              49,887
       のれん償却額
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 △ 89,799              △ 1,773
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  27,909             △ 105,792
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                    -           △ 25,000
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  13,090              15,105
                                         △ 761            △ 2,408
       受取利息及び受取配当金
                                        57,657              63,046
       支払利息
       関係会社清算損益(△は益)                                 △ 6,689                -
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 606,605             △ 591,529
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                 △ 23,940              △ 7,529
       仕入債務の増減額(△は減少)                                  47,786              39,488
       前払費用の増減額(△は増加)                                △ 241,727             △ 531,096
       前受金及び営業預り金の増減額(△は減少)                                 453,188              515,588
       前受収益の増減額(△は減少)                                 874,783              960,713
       預り敷金及び保証金の増減額(△は減少)                                 274,162              172,803
                                        358,842             △ 192,365
       その他
                                       5,544,413              5,488,468
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   577             2,223
                                       △ 58,361             △ 67,486
       利息の支払額
                                       △ 654,749            △ 1,057,586
       法人税等の支払額
                                       4,831,881              4,365,618
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                      △ 3,476,980             △ 3,929,959
       有形固定資産の取得による支出
                                          434               -
       有形固定資産の売却による収入
                                       △ 63,419             △ 32,011
       無形固定資産の取得による支出
                                       △ 67,541             △ 69,249
       投資有価証券の取得による支出
                                         1,080              1,028
       投資有価証券の償還による収入
                                       △ 479,271             △ 170,100
       敷金及び保証金の差入による支出
                                        73,948              24,852
       敷金及び保証金の回収による収入
                                       △ 30,000                -
       貸付けによる支出
                                         9,189                -
       関係会社の整理による収入
                                         △ 998              △ 2
       その他
                                      △ 4,033,556             △ 4,175,443
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       2,027,750              4,240,400
       長期借入れによる収入
                                       △ 405,888             △ 464,941
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 28,560             △ 17,200
       社債の償還による支出
                                        △ 6,938             △ 3,102
       リース債務の返済による支出
                                        24,440              11,765
       株式の発行による収入
                                       △ 249,484             △ 299,999
       自己株式の取得による支出
                                          -              22
       新株予約権の発行による収入
                                       △ 263,701             △ 326,715
       配当金の支払額
                                       1,097,618              3,140,229
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 129              246
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 1,895,813              3,330,651
                                       8,604,108              9,298,405
     現金及び現金同等物の期首残高
                                     ※ 10,499,921             ※ 12,629,056
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                14/21



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
         (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱いの適用)
          当社及び一部の連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律」(令和2年法律第8号)において創設され
         たグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目に
         ついては、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応
         報告第39号 2020年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企業会計基
         準適用指針第28号 2018年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負債の額について、
         改正前の税法の規定に基づいております。
         (新型コロナウイルス感染症拡大に伴う会計上の見積りについて)
          前事業年度の有価証券報告書(追加情報)「新型コロナウイルスの影響」に記載した新型コロナウイルス感染
         症の今後の広がり方や収束時期等を含む仮定について重要な変更はありません。
          しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は、不確定要素が多く、当連結会計年度以降の当社
         グループの財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ たな卸資産の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2020年10月31日)                 (2021年4月30日)
     商品                                19,924   千円              14,162   千円
                                    147,422                 160,713
     原材料及び貯蔵品
                                    167,346                 174,876
              計
         コミットメント期間付タームローン契約

          当社は自社物件の開発資金調達を目的として、取引銀行とコミットメント期間付タームローン契約を締結して
         おります。当第2四半期連結会計期間における当該契約に係る借入未実行残高は、次のとおりであります。
                                前連結会計年度             当第2四半期連結会計期間
                               (2020年10月31日)                (2021年4月30日)
     コミットメント期間付タームローン契約の総額                                2,300,000千円                 800,000千円
     借入実行残高                                   -                -
               差引額                      2,300,000                 800,000
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自 2019年11月1日                 (自 2020年11月1日
                             至 2020年4月30日)                   至 2021年4月30日)
     給与手当                               432,030    千円              465,162    千円
                                     42,700                 21,832
     賞与引当金繰入額
                                     29,487                 44,034
     退職給付費用
                                    268,201                 282,734
     租税公課
                                    △ 4,565                △ 1,108
     貸倒引当金繰入額
         2 売上高の季節的変動

           前第2四半期連結累計期間            (自 2019年11月1日 至 2020年4月30日)及び                        当第2四半期連結累計期間
           (自 2020年11月1日 至 2021年4月30日)
            当社グループの主力事業である不動産賃貸管理事業において、賃貸入居需要の繁忙期である第2四半期連
           結会計期間に新規契約件数が増加することから、業績は季節的に変動し、売上高は上期、特に第2四半期連
           結会計期間の割合が大きく、営業利益に                  つきましても第2四半期連結会計期間に偏在する傾向があります。
                                15/21




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は次のと
          おりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2019年11月1日              (自    2020年11月1日
                             至   2020年4月30日)               至   2021年4月30日)
     現金及び預金勘定                              10,588,713千円                 12,717,852千円
     預入期間が3か月を超える定期預金                               △88,791                 △88,795
     現金及び現金同等物                              10,499,921                 12,629,056
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年11月1日 至 2020年4月30日)
           1.配当金支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)       株式の種類              配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             (円)
      2019年12月13日
               普通株式        263,701        55.00    2019年10月31日          2020年1月29日         利益剰余金
       取締役会
    (注)当社は、2020年3月6日付の取締役会決議に基づき、                            2020年5月1日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合
      で株式分割を行       っております。「1株当たり配当額」につきましては、当該株式分割前の金額を記載しております。
           2.株主資本の著しい変動

             当社は、2019年12月13日開催の取締役会決議に基づき、自己株式45,100株の取得を行いました。この結
            果、当第2四半期連結累計期間において自己株式が249,484千円増加し、当第2四半期連結会計期間末に
            おいて自己株式が449,468千円となっております。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年11月1日 至 2021年4月30日)

           1.配当金支払額
                            1株当たり
                     配当金の総額
       (決議)       株式の種類              配当額        基準日         効力発生日        配当の原資
                      (千円)
                             (円)
      2020年12月14日
               普通株式        326,715        34.00    2020年10月31日          2021年1月28日         利益剰余金
       取締役会
           2.株主資本の著しい変動

             当社は、2020年12月14日開催の取締役会決議に基づき、自己株式88,700株の取得を行いました。また、
            2021年2月25日の会社法第370条及び当社定款第26条(取締役会の決議の省略)による決議に基づき、譲
            渡制限付株式報酬として自己株式27,000株の処分を行いました。この結果、当第2四半期連結累計期間に
            おいて自己株式が224,669千円増加し、当第2四半期連結会計期間末において自己株式が674,357千円と
            なっております。
                                16/21







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年11月1日 至 2020年4月30日)
            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:千円)
                                                 四半期連結
                    報告セグメント
                                                 損益計算書
                                  その他          調整額
                                        合計
                                  (注)1          (注)2
                                                  計上額
                不動産      高齢者
                             計
               賃貸管理事業       住宅事業
                                                 (注)3
     売上高
      外部顧客への売上高
               24,295,458       1,318,283      25,613,742      221,006    25,834,748         -  25,834,748
      セグメント間の内部
                 39,696        -     39,696      8,340     48,037    △ 48,037       -
      売上高又は振替高
         計
               24,335,155       1,318,283      25,653,438      229,346    25,882,785      △ 48,037    25,834,748
     セグメント利益又は
                4,557,474       158,212     4,715,686      △ 22,232    4,693,453     △ 656,156    4,037,297
     損失(△)
    (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産販売事業、学生支援サービス
          及び日本語学校事業等を含んでおります。
       2.セグメント利益の調整額△656,156千円は、各報告セグメントに配分していない一般管理費等であります。
       3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年11月1日 至 2021年4月30日)

            報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                (単位:千円)
                                                 四半期連結
                    報告セグメント
                                                 損益計算書
                                  その他          調整額
                                        合計
                                  (注)1          (注)2
                                                  計上額
                不動産      高齢者
                             計
               賃貸管理事業       住宅事業
                                                 (注)3
     売上高
      外部顧客への売上高          26,907,934       1,399,167      28,307,101      244,463    28,551,564         -  28,551,564
      セグメント間の内部
                 32,372        -     32,372      9,846     42,218    △ 42,218       -
      売上高又は振替高
         計       26,940,306       1,399,167      28,339,473      254,309    28,593,782      △ 42,218    28,551,564
     セグメント利益又は
                5,169,530       213,484     5,383,015      △ 86,520    5,296,495     △ 638,160    4,658,334
     損失(△)
    (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、不動産販売事業、学生支援サービス
          及び日本語学校事業等を含んでおります。
       2.セグメント利益の調整額△638,160千円は、各報告セグメントに配分していない一般管理費等であります。
       3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        (金融商品関係)

         当第2四半期連結貸借対照表計上額と時価との差額及び前連結会計年度末に係る連結貸借対照表計上額と時価と
        の差額に重要性が乏しいため、記載を省略しています。
                                17/21





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎
        は、以下のとおりであります。
                                前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                 (自 2019年11月1日              (自 2020年11月1日
                                  至 2020年4月30日)              至 2021年4月30日)
     (1)  1株当たり四半期純利益金額
                                       277円98銭              320円36銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益金額(千円)                                2,654,906              3,071,316
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -              -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利
                                       2,654,906              3,071,316
       益金額(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                                9,550,841              9,587,007
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額
                                       270円83銭              312円96銭
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(千
                                          -              -
       円)
       普通株式増加数(株)                                 251,868              226,727
      希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当                                -              -
      たり四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株
      式で、前連結会計年度末から重要な変動があったも
      のの概要
    (注)当社は2020年3月6日付の取締役会決議に基づき、2020年5月1日付で普通株式1株につき普通株式2株の割合で
      株式分割を行っております。そのため、前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり四半
      期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額を算定しております。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                18/21










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                19/21




















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   2021年6月9日

    株式会社ジェイ・エス・ビー

     取締役会 御中

                            有限責任監査法人トーマツ

                            京都事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             岩淵 貴史        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             安田 秀樹        印
                            業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社ジェ
    イ・エス・ビーの2020年11月1日から2021年10月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2021年2月1日か
    ら2021年4月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年11月1日から2021年4月30日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッシュ・
    フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社ジェイ・エス・ビー及び連結子会社の2021年4月30日現在の
    財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示し
    ていないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
      ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
      実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
      められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
      当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
      いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
      において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
                                20/21


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ジェイ・エス・ビー(E25148)
                                                            四半期報告書
      注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
      いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
      企 業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
      成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
      財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
      信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
      査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
      監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                21/21













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク