ユニ・チャーム株式会社 四半期報告書 第62期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第62期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 ユニ・チャーム株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項

     【提出先】                   関東財務局長

                         2021年5月14日

     【提出日】
                         第62期第1四半期(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)

     【四半期会計期間】
                         ユニ・チャーム株式会社

     【会社名】
                         UNICHARM     CORPORATION

     【英訳名】
                         代表取締役 社長執行役員  高                原 豪    久

     【代表者の役職氏名】
                         愛媛県四国中央市金生町下分182番地

     【本店の所在の場所】
                         (上記は登記上の本店所在地であり実際の本社業務は
                         下記の場所で行っております。)
                         東京都港区三田三丁目5番27号
                         住友不動産三田ツインビル西館
                         03(3451)5111(代表)
     【電話番号】
                         上席執行役員経理財務本部長  島                 田 弘    達

     【事務連絡者氏名】
                         東京都港区三田三丁目5番27号

     【最寄りの連絡場所】
                         住友不動産三田ツインビル西館
                         03(3451)5111(代表)
     【電話番号】
                         上席執行役員経理財務本部長  島                 田 弘    達

     【事務連絡者氏名】
     【縦覧に供する場所】                   ユニ・チャーム株式会社本社事務所

                         (東京都港区三田三丁目5番27号
                         住友不動産三田ツインビル西館)
                         ユニ・チャーム株式会社共振館

                         (愛媛県四国中央市金生町下分131番地)
                         ユニ・チャーム株式会社大阪事業所

                         (大阪府大阪市北区中之島三丁目2番18号
                         住友中之島ビル)
                         株式会社東京証券取引所

                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/30




                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】

     1【主要な経営指標等の推移】

                              第61期           第62期
              回次               第1四半期           第1四半期            第61期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自 2020年1月1日           自 2021年1月1日           自 2020年1月1日

             会計期間
                           至 2020年3月31日           至 2021年3月31日           至 2020年12月31日
                    (百万円)            183,788           182,015           727,475
     売上高
                    (百万円)             27,910           34,220           95,849
     税引前四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する
                    (百万円)             19,215           20,104           52,344
     四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する
                    (百万円)            △ 1,292           38,001           36,248
     四半期(当期)包括利益
                    (百万円)            466,079           522,012           493,002
     親会社の所有者に帰属する持分
                    (百万円)            837,072           919,435           893,413
     資産合計
     基本的1株当たり
                     (円)            32.19           33.56           87.60
     四半期(当期)利益
     希薄化後1株当たり
                     (円)            32.12           33.53           87.46
     四半期(当期)利益
                     (%)             55.7           56.8           55.2
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動による
                    (百万円)             44,250           22,364           150,254
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                    (百万円)            △ 12,797           △ 6,720          △ 41,698
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                    (百万円)            △ 11,718           △ 9,119          △ 35,239
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                    (百万円)            144,588           210,467           199,522
     (期末)残高
     (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移に                                              つきまして
          は記載しておりません。
         3.上記指標は、国際財務報告基準(IFRS)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づ
          いております。
     2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
      に重要な変更はありません。
        また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/30





                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】

        当第1四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      経営者が    当社グループ(当社及び連結子会社)                 の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を
      与える可能性があると認識している主要なリスク                       の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリ
      スク」について、重要な変更はありません。
        また、重要な事象等は存在しておりません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
        また、コア営業利益は売上総利益から販売費及び一般管理費を控除した利益であり、IFRSで定義されている指標で
      はありませんが、当社グループの経常的な事業業績を測る指標として有用な情報であると考えられるため、自主的に
      開示しております。
      (1)経営成績の状況

        当 第1四半期連結累計期間(2021年1月1日~2021年3月31日)における当社グループをとりまく経営環境は、                                                 海外
       におきましては、主要参入国である中国で新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)による景気の悪化から持
       ち直しています。一方、インドやインドネシアなどで景気が回復傾向にありますが、依然として多くの参入国では
       COVID-19が消費行動に影響を及ぼす厳しい状況が続くなか、当社商品は生活必需品であることから安定供給に向け
       て取り組んでまいりました。
        国内におきましては、COVID-19の再拡大の影響により景気は依然として厳しいものの、マスクやウェットティッ
       シュなどの感染症対策商品やペット関連商品の需要が安定的に推移するなか、高付加価値商品の需要を喚起するた
       めの新価値提案を実施し、市場シェアの拡大に努めてまいりました。
        このような経営環境のなか、当社グループは、“世界中の全ての人々のために、快適と感動と喜びを与えるよう
       な、世界初・世界No.1の商品とサービスを提供しつづけます”の基本方針に基づき、独自の不織布加工・成形技術
       と消費者ニーズを捉えた商品の開発に努め、世界中の人々が平等で不自由なく、その人らしさを尊重し、やさしさ
       で包み支え合う、心つながる豊かな社会である「共生社会」=Social                                 Inclusionの実現に向けて取り組んでまいり
       ました   。
        こ の結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高182,015百万円(前年同四半期比1.0%減)、コア営業利益
       31,353百万円(前年同四半期比3.5%増)、税引前四半期利益34,220百万円(前年同四半期比22.6%増)、四半期利
       益23,078百万円(前年同四半期比8.7%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益20,104百万円(前年同四半期比
       4.6%増)となりました           。
         セグメントの業績を示すと次のとおりであります。

        ①パーソナルケア
         ●ウェルネスケア関連商品
         海外におきましては、日本            以上のスピードで高齢化が進む中国をはじめ、タイ、インドネシア、ベトナムといっ
        たアジア地域でも、大人用排泄ケア用品の本格的な需要が見込まれることから、日本で確立したケアモデルの普及
        促進に向けて、新たに海外ブランドマネジメント部を組成し取り組んでまいりました。
         高齢者人口の増加により拡大が続く国内市場におきましては、感染予防意識の高まりから外出が抑制されるな
        か、健康寿命の延伸に繋がる軽度・中度商品を中心に幅広い商品ラインアップの拡充により、安定的な成長を実現
        いたしました。
         また、COVID-19発生後からの消費者の感染予防意識の向上に加え、安心・安全の面から日本メーカー製の需要                                                  の
        高まりに応じて、マスクの『超快適』、『超立体』両ブランドと、ウェットティッシュの『シルコット』ブランド
        の供給を強化し、市場シェアの拡大に努めました。また、学校法人北里研究所 北里大学医療衛生学部への委託研
        究により、『シルコット 消毒ウェット』、『ウイルス除去 ノロクリア ウェット』『99.99%除菌』の絞り液
        でCOVID-19を抑制することを実証                いたしました。
                       ※
         今後は日本だけではなく世界的にも同様に衛生意識や感染予防意識の高まりが見込まれることから、マスクや
        ウェットティッシュの海外展開も視野に入れ、さらなる成長に向けて取り組んでまいります。
         ※ 実使用環境によるものではありません。

                                 3/30


                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
         ●フェミニンケア関連商品
         中国におきましては、若年層から品質の高さとデザインのかわいらしさに対して引き続き高いご支持を頂いてい
        るなか、継続的な新価値提案を実施し、販売エリアや、取り扱い店舗数の拡大、eコマースチャネルの販売強化な
        どに努めた結果、高い成長を実現いたしました。また、その他のアジア地域におきましても、安定的な成長を遂げ
        ました。
         国内におきましては、健康意識と安心志向の高まりに応えた商品や、女性のライフスタイルに合わせた高付加価
        値商品などの展開で市場の活性化に努めました。一方、昨年のCOVID-19関連による特需の反動により、売上高が伸
        び悩みました。
         ●ベビーケア関連商品

         COVID-19の影響で市場の二極化が進むタイやインドネシアにおきましては、2018年に買収したDSG                                               (Cayman)
        Ltd.とのシナジーを活かし、幅広いお客様のニーズに応えてまいりました。新興国のなかでも紙おむつの普及率が
        未だ低いインドにおきましては、昨年のインド西部の工場火災により供給不足が発生したことから、近隣諸国から
        の輸入と既存工場の生産増強を進め、パンツ型紙おむつで普及促進を図りながら販売エリアと、市場シェアの回復
        に努めました。また、日本製需要の減退がみられる中国では、eコマースチャネルを中心に高付加価値商品である
        中国製『ムーニー』ブランドの販売強化に努め、多様化する消費者ニーズに応えてまいりました。一方、政情不安
        が続く中東では、サウジアラビア国内販売に加え、サウジアラビアから近隣中東諸国への輸出が堅調に推移した結
        果、安定的な成長を実現いたしました。
         国内におきましては、『ムーニー』『ナチュラル ムーニー』など高付加価値商品を含めた幅広い商品ライン
        アップで笑顔あふれる育児生活の実現に取り組み、ブランド価値の向上に努めました。一方、昨年のCOVID-19関連
        による特需の反動により、売上高が伸び悩みました                        。
         こ の結果、パーソナルケアの売上高は157,754百万円(前年同四半期比1.8%減)、セグメント利益(コア営業利

        益)は27,837百万円(前年同四半期比2.2%増)となりました                            。
        ②ペットケア

         国内では、昨年のCOVID-19の拡大で在宅時間が増えたことによる飼育頭数の増加に加え、ペットとの接触機会が
        増加しました。そのようななか、ペットフードにおきましては、犬用では犬種ごとの身体の特徴や年齢に合わせた
        商品や、猫用では健康志向の高まりに応えた商品などで、消費者の満足度向上に努めてまいりました。また、ペッ
        トトイレタリーにおきましても、犬用ペットシートや猫用システムトイレなどが堅調に推移し、安定した成長を実
        現いたしました。
         北米市場におきましては、昨年COVID-19の影響で飼育頭数やペットとの接触機会が増加しペット市場が急拡大し
        た反動、寒波の影響で物流の停滞や一部商品の販売が想定を下回ったこともあり、売上高は伸び悩みました。引き
        続き、日本の技術を搭載した犬用ペットシートや、これまで市場になかった新たなコンセプトの猫用ウェットタイ
        プ副食などの販売を強化してまいります。また、さらなる成長に向け、近年台頭が著しいeコマースチャネルや
        ペット専門店、米国特有のダラーストア(均一価格店)業態への取り組みを強化してまいります。
         こ の結果、ペットケアの売上高は22,311百万円(前年同四半期比4.6%増)、セグメント利益(コア営業利益)

        は3,327百万円(前年同四半期比               15.5  %増)となりました         。
        ③その他

         不織布・吸収体の加工・成形技術を活かした業務用商品分野におきまして、産業用資材を中心に販売を進めてま
        いりました     。
         こ の結果、その他の売上高は1,950百万円(前年同四半期比4.3%増)、セグメント利益(コア営業利益)は189

        百万円(前年同四半期比20.4%増)となりました                       。
                                 4/30





                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
      (2)財政状態の状況
        (資産)
         当第1四半期連結会計期間末における                 資産合計    は 919,435    百万円(前連結会計年度比2.9%増)となりました。主
        な増加は、現金及び現金同等物               10,945   百万円、有形固定資産6,608百万円、                 投資有価証券等のその他の金融               資産
        5,983   百万円によるものです。
        (負債)

         当第1四半期連結会計期間            末 における負債合計は         322,813    百万円(前連結会計年度比            2.4  %減)となりました。主
        な増加は、繰延税金負債3,786百万円、借入金3,463百万円、主な減少は、未払消費税等のその他の流動負債8,808
        百万円、未払法人所得税6,571百万円によるものです。
        (資本)

         当第1四半期連結会計期間            末 における資本合計は596,622百万円(前連結会計年度比6.0%増)となりました。主
        な増加は、親会社の所有者に帰属する四半期利益                       20,104   百万円、在外営業活動体の為替換算差額等のその他の資
        本の構成要素      17,861   百万円によるものです。
        (親会社所有者帰属持分比率)

         当第1四半期連結会計期間末における親会社所有者帰属持分比率は                              56.8  %となりました。
      (3)キャッシュ・フローの状況

         当第1四半期連結会計期間末における現金及び現金同等物の残高は210,467百万円となり、前連結会計年度末に
        比べ10,945     百万円増加しております。当第1四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況は次のとお
        りです。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

         営業活動により得られたキャッシュ・フローは、22,364百万円の収入(前年同四半期は、44,250百万円の収
        入)となりました。主な収入は、税引前四半期利益、減価償却費及び償却費によるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)

         投資活動により使用したキャッシュ・フローは、6,720百万円の支出(前年同四半期は、12,797百万円の支出)
        となりました。主な支出は、             有形固定資産及び無形資産の取得による支出                    によるものです。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)

         財務活動により使用したキャッシュ・フローは、9,119百万円の支出(前年同四半期は、11,718百万円の支出)
        となりました。主な支出は、親会社の所有者への配当金支払額によるものです。
      (4)   会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の
        分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (5)経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        り ません。
      (6)   優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当 第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更及び新たに生じた課題はありません                   。
      (7)財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

         当第1四半期連結累計期間において、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
        について重要な変更はありません。
      (8)研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は、                       1,784   百万円であります。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
                                 5/30


                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
     3【経営上の重要な契約等】
        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等は、行われておりません。
                                 6/30




















                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】

      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 827,779,092
                  計                               827,779,092

        ②【発行済株式】

             第1四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
       種類                                又は登録認可金融商品               内容
                           (2021年5月14日)
              (2021年3月31日)                           取引業協会名
                                         東京証券取引所
                                                   単元株式数は100
                   620,834,319             620,834,319
      普通株式
                                         (市場第一部)
                                                   株であります。
                   620,834,319             620,834,319            -           -
        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                                資本金増減額        資本金残高
         年月日         総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                                (百万円)       (百万円)
                   (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
     2021年1月1日~
                                                        18,591
                      -   620,834,319            -     15,993         -
     2021年3月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/30







                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」につきましては、株主名簿の記載内容が確認できないた
         め、記載することができないことから、直前の基準日(2020年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしてお
         ります。
        ①【発行済株式】

                                                  2020年12月31日現在
                       株式数(株)            議決権の数(個)
           区分                                         内容
                                -             -        -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -             -        -
     議決権制限株式(その他)                           -             -        -

                                               権利関係に何ら限定のない
                    (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                       -
                                               当社における標準となる株
                           21,742,600
                    普通株式
                                               式
     完全議決権株式(その他)                      598,996,200              5,989,962
                    普通株式                                同上
                             95,519               -
     単元未満株式               普通株式                                同上
                           620,834,319                 -        -
     発行済株式総数
                                -         5,989,962            -
     総株主の議決権
     (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式76株が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義        他人名義        所有株式数
                                                    に対する所有株
                             所有株式数        所有株式数         の合計
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                                                     式数の割合
                              (株)        (株)        (株)
                                                      (%)
     (自己保有株式)

                愛媛県四国中央市金生
     ユニ・チャーム㈱                        21,742,600            -    21,742,600           3.50
                町下分182番地
                     -        21,742,600            -    21,742,600           3.50
          計
     2【役員の状況】

        前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 8/30








                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1 要約四半期連結財務諸表の作成方法について

        当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内
       閣府令第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務
       報告」(以下「IAS第34号」という。)に準拠して作成しております。
     2 監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当第1四半期連結会計期間(2021年1月1日~2021年3月
       31日)及び当第1四半期連結累計期間(2021年1月1日~2021年3月31日)に係る要約四半期連結財務諸表について、
       PwCあらた有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/30
















                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                          注記
                                 (2020年12月31日)                (2021年3月31日)
     資産

     流動資産
                                        199,522               210,467
      現金及び現金同等物
                                        112,698               108,174
      売上債権及びその他の債権
                                         61,617               66,802
      棚卸資産
                           9              97,588               97,230
      その他の金融資産
                                         19,536               18,650
      その他の流動資産
       流動資産合計                                 490,962               501,323

     非流動資産

                                        258,814               265,422
      有形固定資産
                                         90,006               92,512
      無形資産
                                         13,078               12,948
      繰延税金資産
                                         1,262               1,556
      持分法で会計処理されている投資
                           9              37,372               43,713
      その他の金融資産
                                         1,920               1,962
      その他の非流動資産
                                        402,451               418,113
       非流動資産合計
                                        893,413               919,435
     資産合計
                                10/30










                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                          注記
                                 (2020年12月31日)                (2021年3月31日)
     負債及び資本

     負債
     流動負債

                                        145,316               145,805
      仕入債務及びその他の債務
                           9              8,975               12,271
      借入金
                                         16,183                9,612
      未払法人所得税
                           9              5,765               5,552
      その他の金融負債
                                         56,976               48,168
      その他の流動負債
       流動負債合計                                 233,215               221,408

     非流動負債

                           9              24,202               24,369
      借入金
                                         21,116               24,902
      繰延税金負債
                                         11,483               12,040
      退職給付に係る負債
                           9              36,743               36,277
      その他の金融負債
                                         4,001               3,818
      その他の非流動負債
                                         97,545               101,405
       非流動負債合計
     負債合計                                   330,760               322,813

     資本

     親会社の所有者に帰属する持分

                                         15,993               15,993
      資本金
                                         13,208               13,624
      資本剰余金
                                        547,259               557,782
      利益剰余金
                           10             △ 54,572              △ 54,362
      自己株式
                                        △ 28,886              △ 11,025
                           11
      その他の資本の構成要素
                                        493,002               522,012
       親会社の所有者に帰属する持分合計
                                         69,651               74,610
     非支配持分
     資本合計                                   562,653               596,622
                                        893,413               919,435

     負債及び資本合計
                                11/30




                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                          注記
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                           5,6              183,788               182,015

     売上高
                                       △ 111,444              △ 107,975
     売上原価
     売上総利益                                    72,344               74,039

                           7            △ 42,063              △ 42,686
     販売費及び一般管理費
                                          447              1,858
     その他の収益
                                         △ 699              △ 595
     その他の費用
                                         1,091               1,916
     金融収益
                                        △ 3,210               △ 312
     金融費用
     税引前四半期利益                                    27,910               34,220

                                        △ 6,682              △ 11,143
     法人所得税費用
     四半期利益                                    21,228               23,078

     四半期利益の帰属

                                         19,215               20,104
      親会社の所有者
                                         2,014               2,973
      非支配持分
                                         21,228               23,078
      四半期利益
     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期

     利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                     8              32.19               33.56
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                     8              32.12               33.53
     売上総利益からコア営業利益への調整表

                                                   (単位:百万円)
      売上総利益                                   72,344               74,039
                                        △42,063               △42,686
      販売費及び一般管理費
      コア営業利益(※)
                                         30,281               31,353
     (※) コア営業利益は売上総利益から販売費及び一般管理費を控除した利益であり、IFRSで定義されている指標では

          ありませんが、当社の取締役会はコア営業利益に基づいて事業セグメントの実績を評価しており、当社グルー
          プの経常的な事業業績を測る指標として有用な情報であると考えられるため、要約四半期連結損益計算書及び
          注記「5.セグメント情報」に自主的に開示しております。
                                12/30




                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                          注記
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
                                         21,228               23,078

     四半期利益
     その他の包括利益(税引後)
      純損益に組み替えられることのない項目

       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                        △ 1,215                188
       定する資本性金融資産の純変動
       退職給付に係る負債(資産)の純額に係
                                          △ 0               -
       る再測定
              小計                          △ 1,216                188
      純損益に組み替えられる可能性のある項目

       その他の包括利益を通じて公正価値で測
                                           -                1
       定する負債性金融資産の純変動
       キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値
                                           56               25
       変動
                                        △ 23,439               21,246
       在外営業活動体の為替換算差額
                                           -                6
       持分法によるその他の包括利益
                                        △ 23,383               21,278
              小計
                                        △ 24,599               21,465
     その他の包括利益(税引後)合計額
                                        △ 3,370               44,543
     四半期包括利益合計額
     四半期包括利益合計額の帰属

                                        △ 1,292               38,001
      親会社の所有者
                                        △ 2,078               6,542
      非支配持分
                                        △ 3,370               44,543
     四半期包括利益合計額
                                13/30








                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
      (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
        前第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                                                  非支配
                注記                        その他の               資本合計
                         資本     利益                    持分
                    資本金               自己株式      資本の      合計
                         剰余金     剰余金
                                        構成要素
                    15,993     14,960     513,066     △ 58,769    △ 12,177     473,073      69,827     542,900
     2020年1月1日残高
                      -     -   19,215       -     -   19,215      2,014     21,228

     四半期利益
                      -     -     -     -  △ 20,507    △ 20,507     △ 4,091    △ 24,599
     その他の包括利益
      四半期包括利益合計                -     -   19,215       -  △ 20,507     △ 1,292    △ 2,078    △ 3,370

                      -     -     -     △ 0     -     △ 0     -     △ 0
     自己株式の取得
     転換社債型新株予約権
                 10      -     243      -    2,627     △ 217    2,653       -    2,653
     付社債の転換
                 12      -     -   △ 8,347       -     -   △ 8,347     △ 489   △ 8,837
     配当金
     非支配持分との資本取
                      -     △ 7     -     -     -     △ 7     98     90
     引
     その他の資本の構成要
                      -     -      8     -     △ 8     -     -     -
     素から利益剰余金への
     振替
      所有者との取引額等
                      -     236   △ 8,339     2,627     △ 225   △ 5,701     △ 392   △ 6,093
      合計
                    15,993     15,196     523,942     △ 56,142    △ 32,909     466,079      67,358     533,437
     2020年3月31日残高
                                14/30












                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
        当第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
                                                   (単位:百万円)
                           親会社の所有者に帰属する持分
                                                  非支配
                注記                        その他の               資本合計
                         資本     利益                    持分
                    資本金               自己株式      資本の      合計
                         剰余金     剰余金
                                        構成要素
                    15,993     13,208     547,259     △ 54,572    △ 28,886     493,002      69,651     562,653
     2021年1月1日残高
                      -     -   20,104       -     -   20,104      2,973     23,078

     四半期利益
                      -     -     -     -   17,896     17,896      3,569     21,465
     その他の包括利益
      四半期包括利益合計                -     -   20,104       -   17,896     38,001      6,542     44,543

                      -     -     -     △ 0     -     △ 0     -     △ 0
     自己株式の取得
                 10      -     64     -     211     △ 31     244      -     244
     自己株式の処分
                 12      -     -   △ 9,585       -     -   △ 9,585    △ 1,631    △ 11,217
     配当金
                      -     -     -     -     -     -     48     48
     連結範囲の変動
                      -     351      -     -     -     351      -     351
     株式報酬取引
     その他の資本の構成要
                      -     -      4     -     △ 4     -     -     -
     素から利益剰余金への
     振替
      所有者との取引額等
                      -     415   △ 9,581      211     △ 36   △ 8,991    △ 1,583    △ 10,574
      合計
                    15,993     13,624     557,782     △ 54,362    △ 11,025     522,012      74,610     596,622
     2021年3月31日残高
                                15/30












                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
      (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                          注記
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー

                                         27,910               34,220
      税引前四半期利益
                                         9,280               9,205
      減価償却費及び償却費
                                        △ 1,091               △ 863
      受取利息及び受取配当金
                                          314               257
      支払利息
      為替差損益(△は益)                                   1,031                782
      固定資産除売却損益(△は益)                                     19               16

      売上債権及びその他の債権の増減額(△は
                                         12,115                9,111
      増加)
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                   3,514              △ 2,586
      仕入債務及びその他の債務の増減額(△は
                                        △ 7,077              △ 4,134
      減少)
      その他の流動負債の増減額(△は減少)                                    966             △ 12,424
                                          771              △ 531
      その他
                                         47,753               33,054
              小計
                                         1,070                926
      利息及び配当金の受取額
                                         △ 341              △ 279
      利息の支払額
                                           -              1,565
      法人所得税の還付額
                                        △ 4,231              △ 12,900
      法人所得税の支払額
       営業活動によるキャッシュ・フロー                                  44,250               22,364
                                16/30










                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                          注記
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                        △ 7,895              △ 15,703
      定期預金の預入による支出
                                         4,132               22,675
      定期預金の払戻による収入
      有形固定資産及び無形資産の取得による支
                                        △ 7,789              △ 6,811
      出
      有形固定資産及び無形資産の売却による収
                                          747                7
      入
      償却原価で測定する金融資産の取得による
                                           -             △ 2,013
      支出
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資
                                        △ 1,000              △ 2,000
      産の取得による支出
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                        △ 3,001              △ 4,957
      する資本性金融資産の取得による支出
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資
                                         2,000               2,000
      産の売却及び償還による収入
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                           6               -
      する資本性金融資産の売却及び償還による
      収入
      その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                           -               400
      する負債性金融資産の売却及び償還による
      収入
                                           -              △ 317
      関係会社株式の取得による支出
                                           4               0
      その他
                                        △ 12,797               △ 6,720
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー

      短期借入金の純増減額(△は減少)                                  △ 1,255               2,797
                                         △ 267                -

      長期借入金の返済による支出
                                        △ 1,290              △ 1,162
      リース負債の返済による支出
                                          △ 0              △ 0
      自己株式の取得による支出
                                        △ 8,349              △ 9,595
      親会社の所有者への配当金支払額
                                         △ 556             △ 1,403
      非支配持分への配当金支払額
                                           -               244
                           10
      ストック・オプションの行使による収入
                                        △ 11,718               △ 9,119
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,935               4,420
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                    15,800               10,945
                                        128,787               199,522

     現金及び現金同等物の期首残高
     現金及び現金同等物の四半期末残高                                   144,588               210,467
                                17/30




                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
         当社グループは、ウェルネスケア関連商品・フェミニンケア関連商品・ベビーケア関連商品等のパーソナルケ
        ア並びにペットケア等の製造及び販売を主な事業とし、アジアを中心に事業活動を行っております。当社グルー
        プは、アジア、中東・北アフリカ、南米などの新興各地域における、生理用品やベビー用紙おむつの需要の高ま
        りに伴い、世界各地域で生産体制を強化しております。
         当社は日本に所在する株式会社であり、東京証券取引所に上場しております。登記上の本社の住所は、愛媛県
        四国中央市です。
        2.作成の基礎

         (1)準拠する会計基準
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準
          特定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、2021年5月14日開催の取締役会により承認されております。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定される金融商品等を除き、取得原価を基礎とし
          て作成しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの各企業の財務諸表に含まれる項目は、企業が営業活動を行う主たる経済環境における通貨
          (以下「機能通貨」という。)を用いて測定しております。当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社
          の機能通貨である日本円により表示しており、百万円未満を四捨五入しております。
        3.重要な会計方針

         本要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度に係る連結財務諸表において
        適用した会計方針と同一であります。
        4.重要な会計上の見積り及び判断

         当社グループの要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益
        及び費用の金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を設定しております。ただし、実際の業績は、これらの見
        積りとは異なる結果となる可能性があります。見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。会
        計上の見積りの変更による影響は、その見積りを見直した会計期間と将来の会計期間において認識しておりま
        す。
         なお、当社グループの要約四半期連結財務諸表における重要な会計上の見積り及び判断は、前連結会計年度に
        係る連結財務諸表と同様であります。
        5.セグメント情報

         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          当社グループの最高経営意思決定機関である取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、
          定期的に検討を行う対象として決定しております。
           当社グループは、パーソナルケア、ペットケア、その他の3つの事業単位を基本に組織が構成されており、
          各事業単位で日本及び海外の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。
           したがって、当社グループは「パーソナルケア」「ペットケア」「その他」の3つを報告セグメントとして
          おります。
           「パーソナルケア」は、ウェルネスケア関連商品、フェミニンケア関連商品及びベビーケア関連商品等の製
          造・販売をしております。「ペットケア」は、ペットフード関連商品及びペットトイレタリー関連商品等の製
          造・販売をしております。「その他」は、産業用資材関連商品等の製造・販売をしております。
           なお、報告セグメントの会計方針は要約四半期連結財務諸表と同一であります。また、セグメント利益はコ
          ア営業利益(売上総利益から販売費及び一般管理費を控除した利益)であり、取締役会はコア営業利益に基づ
          いて事業セグメントの実績を評価しております。
                                18/30



                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
         (2)報告セグメントごとの売上高及び業績
           報告セグメントごとの売上高及び業績は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                   前第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
                               報告セグメント

                                                      要約四半期
                                                調整額     連結財務諸表
                      パーソナル
                            ペットケア       その他       計            計上額
                        ケア
                        160,599       21,320       1,868     183,788         -     183,788
     外部顧客への売上高
     セグメント間の売上高(注)                     -      -      13      13     △ 13       -
                        160,599       21,320       1,882     183,801        △ 13     183,788

     セグメント売上高合計
     セグメント利益(コア営業利益)                   27,243       2,881       157     30,281        -     30,281
                                                          447

     その他の収益
                                                         △ 699
     その他の費用
                                                         1,091
     金融収益
                                                        △ 3,210
     金融費用
     税引前四半期利益                                                   27,910
                                                   (単位:百万円)

                                   当第1四半期連結累計期間
                               (自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)
                               報告セグメント

                                                      要約四半期
                                                調整額     連結財務諸表
                      パーソナル
                            ペットケア       その他       計            計上額
                        ケア
                        157,754       22,311       1,950     182,015         -     182,015

     外部顧客への売上高
     セグメント間の売上高(注)                     -      -       5      5     △ 5       -
                        157,754       22,311       1,954     182,019        △ 5    182,015

     セグメント売上高合計
     セグメント利益(コア営業利益)                   27,837       3,327       189     31,353        -     31,353
                                                         1,858

     その他の収益
                                                         △ 595
     その他の費用
                                                         1,916
     金融収益
                                                         △ 312
     金融費用
     税引前四半期利益                                                   34,220
     (注)セグメント間の売上高は、市場実勢価格を参考にしております。
                                19/30





                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
        6.収益
         当社グループの売上高は、一時点で顧客に移転される財から生じる収益で構成されております。                                            また、各報告
        セグメントの売上高は、連結会社の所在地に基づき分解しております。これらの分解した売上高は以下のとおり
        であります     。
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     パーソナルケア

      日本                                   51,059               48,527
      中国                                   23,123               26,379

      アジア                                   64,880               61,681

      その他                                   21,537               21,167
                小計                         160,599               157,754

     ペットケア(注)1
                                         21,320               22,311
     その他   (注)2
                                         1,868               1,950
                合計                         183,788               182,015

     (注)1.ペットケア事業は、主に日本及び北米地域(その他に区分される地域)における売上高であります。
         2.その他事業は、主に日本における売上高であります。
        7.販売費及び一般管理費

         販売費及び一般管理費の内訳は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     販売運賃諸掛                                    11,911               12,326

     販売促進費                                    5,010               4,621
     広告宣伝費                                    4,944               5,704

     従業員給付費用                                    9,641               9,965

     減価償却費及び償却費                                    2,683               2,738

     研究開発費                                    1,857               1,784

     その他                                    6,017               5,549
                合計                         42,063               42,686

                                20/30






                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
        8.1株当たり利益
         (1)基本的1株当たり四半期利益
           基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)

                                         19,215               20,104
     親会社の普通株主に帰属しない四半期利益(百万
                                           -               -
     円)
     基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する四半
                                         19,215               20,104
     期利益(百万円)
     普通株式の加重平均株式数(千株)
                                        596,839               599,133
     基本的1株当たり四半期利益(円)
                                         32.19               33.56
         (2)希薄化後1株当たり四半期利益

           希薄化後1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     基本的1株当たり四半期利益の計算に使用する四半
                                         19,215               20,104
     期利益(百万円)
     四半期利益調整額(百万円)
                                           1               -
     希薄化後1株当たり利益の計算に使用する四半期利
                                         19,216               20,104
     益(百万円)
     普通株式の加重平均株式数(千株)
                                        596,839               599,133
     希薄化効果を有する潜在的普通株式の影響
      転換社債型新株予約権付社債(千株)                                    844                -
      新株予約権(千株)                                    637               532
     希薄化後普通株式の加重平均株式数(千株)

                                        598,319               599,664
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                                         32.12               33.53
     希薄化効果を有しないため、希薄化後1株当たり四
                                           -               -
     半期利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                21/30








                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
        9.金融商品
         金融商品の公正価値
         (1)  公正価値で測定する金融資産及び金融負債
           当社グループは、公正価値の測定に使用されるインプットの市場における観察可能性に応じて、公正価値
          のヒエラルキーを、以下の3つのレベルに区分しております。
            レベル1:活発な市場における同一資産または同一負債の無調整の公表価格
            レベル2:レベル1に属さない、直接的または間接的に観察可能なインプット
            レベル3:観察不能なインプット
           当社グループが経常的に公正価値で測定している                       金融資産及び金融負債          は以下のとおりであります。

                                                   (単位:百万円)
                                   前連結会計年度(2020年12月31日)

                             レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     <金融資産>

      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

       債券                           -        -       5,496        5,496

       デリバティブ資産                           -        240         -        240

       その他                           -        112        600        712

      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
      る資本性金融資産
       株式                        23,448          -       1,495        24,943
       その他                           -        -        23        23

      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
      る負債性金融資産
       債券                           -        399         -        399
               合計                 23,448          752       7,615        31,815

     <金融負債>

      純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

       デリバティブ負債                           -        559         -        559
               合計                   -        559         -        559

                                22/30








                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                 当第1四半期連結会計期間(2021年3月31日)

                             レベル1        レベル2        レベル3

                                                       合計
     <金融資産>
      純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

       債券                           -        -       5,497        5,497

       デリバティブ資産                           -        929         -        929

       その他                           -        114        600        714

      その他の包括利益を通じて公正価値で測定す
      る資本性金融資産
       株式                        28,693          -       1,471        30,165
       その他                           -        -        23        23
               合計                 28,693         1,043        7,591        37,328

     <金融負債>

      純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

       デリバティブ負債                           -        266         -        266
               合計                   -        266         -        266

           当社グループは、振替の原因となった事象または状況の変化が認められた時点で、公正価値のヒエラル

          キ ーをレベル間で振り替えております。
           前 第3四半期連結会計期間において、保有銘柄の持株会社体制への移行(2020年10月1日付)に伴う上場廃
          止(2020年9月29日付)により、レベル1からレベル2への振替が行われておりましたが、持株会社の上場
          (2020年10月1日付)により、前連結会計年度末時点では、レベル2からレベル1への振替が行われておりま
          す。
           当第1四半期連結会計期間において、レベル1、2及び3の間の振替はありません。
           公正価値の算定方法は以下のとおりであります。

           債券

            債券の公正価値は、取引先金融機関から提示された評価額を用いて算定しております。
            提示された評価額は、市場金利及びクレジットスプレッドを加味した割引率のインプットを用いた割引
           キャッシュ・フロー法により算定しております。
           デリバティブ資産、デリバティブ負債

            為替予約及び直物為替先渡取引は、期末日の先物為替相場に基づき算定しております。通貨スワップ
           は、取引先金融機関等から提示された金利等観察可能な市場データに基づき算定しております。
           株式

            市場性のある株式の公正価値は、期末日の市場価格を用いて算定しております。非上場株式は、類似企
           業比較法等、適切な評価技法を用いて公正価値を算定しております                               。
                                23/30





                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
            レベル3に分類された金融商品の連結累計期間中の増減は、以下のとおりで                                  ありま   す。
                                                   (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間

                                (自 2020年1月1日               (自 2021年1月1日
                                 至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     期首残高                                    4,367               7,615

     利得または損失       合計                               8              △24

      純損益(注)1                                     0               1
      その他の包括利益(注)2                                     8              △24
                                         1,000               2,000

     購入
                                        △2,000               △2,000
     売却・決済
                                         3,375               7,591
     期末残高
     (注)1.純損益に含まれている利得または損失は、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に関するものです。
          これらの損益は「金融収益」及び「金融費用」に含まれております。
         2.その他の包括利益に含まれている利得または損失は、その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本性
          金融資産に関するものであり、連結包括利益計算書の「その他の包括利益を通じて公正価値で測定する資本
          性金融資産の純変動」及び「在外営業活動体の為替換算差額」に含めております。
           レベル3に分類されている金融商品は、主に債券及び非上場株式により構成されております。

           レベル3に分類される金融商品の重要な観察可能でないインプットは、主に信用リスクや非流動性ディスカ
          ウントであり、公正価値は信用リスクや非流動性ディスカウントの上昇(低下)により減少(増加)しま
          す。なお、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変更した場合の公正価値の増減は
          重要ではありません。
           担当部門が公正価値測定の評価方針及び手続きに従い、各対象資産の評価方法を決定し、公正価値を測定
          しております。また、公正価値の測定結果につきましては適切な責任者が承認しております。
         (2)  償却原価で測定する金融資産及び金融負債の帳簿価額及び公正価値

           各決算日における償却原価で測定する金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりであります。なお、
          帳簿価額が公正価値の合理的な近似値となっている金融商品(主として売上債権及びその他の債権、3ヶ月超
          の定期預金、仕入債務及びその他の債務等)につきましては、次表には含めておりません。
                                                   (単位:百万円)
                                 前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                                (2020年12月31日)                (2021年3月31日)
                               帳簿価額        公正価値        帳簿価額        公正価値

     <金融資産>

                                   -        -      2,012        2,008
       債券
     <金融負債>

                                 33,176        33,169        36,639        36,640
       借入金
     (注)債券及び借入金の公正価値のレベルはレベル2であります。
                                24/30





                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
           公正価値の算定方法は以下のとおりで                 ありま   す。
           債券

            債券の公正価値は、取引先金融機関から提示された評価額を用いて算定しております。
            提示された評価額は、市場金利及びクレジットスプレッドを加味した割引率のインプットを用いた割引
           キャッシュ・フロー法により算定しております。
           借入金

            借入金の公正価値は、類似した負債を当社グループが新たに借入れる場合に適用される利率を用いて、
           将来キャッシュ・フローを現在価値に割り引くことにより見積もっております。なお、変動金利によるも
           のは一定期間ごとに金利の改定が行われているため、帳簿価額と公正価値は近似しております。
        10.自己株式

          前第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
          当第1四半期連結累計期間において、転換社債型新株予約権付社債の権利行使に伴い、自己株式の処分を
         1,100,039株実施いたしました。
          この結果、自己株式が2,627百万円減少、資本剰余金が243百万円増加しております                                      。
          当第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)

          当第1四半期連結累計期間において                、ストック・オプションの権利行使に伴い                    、自己株式の処分を84,100株実
         施いたしました。
          この結果、自己株式が211百万円減少、資本剰余金が                        64百万円増加しております            。
        11.その他の資本の構成要素

          その他の資本の構成要素の内訳は以下のとおりであります。
                                                    (単位:百万円)
                                 前連結会計年度             当第1四半期連結会計期間

                                (2020年12月31日)                (2021年3月31日)
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                                         6,797
                                         6,609
     資本性金融資産の公正価値変動
     その他の包括利益を通じて公正価値で測定する
                                                          -
                                          △1
     負債性金融資産の公正価値変動
                                                           4
     キャッシュ・フロー・ヘッジの公正価値変動                                     △8
                                        △35,905               △18,236
     在外営業活動体の為替換算差額
                                          436               405
     新株予約権
                                          △16                 6
     持分法適用会社における持分相当額
                                        △28,886               △11,025
                合計
                                25/30







                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
        12.配当
          前第1四半期連結累計期間(自 2020年1月1日 至 2020年3月31日)
         (1)配当金支払額
                        配当金の総額          1株当たり
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     2020年2月21日
                             8,347          14.0
                普通株式                          2019年12月31日          2020年3月5日
     取締役会
         (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末

          日後となるもの
           該当事項はありません。
          当第1四半期連結累計期間(自 2021年1月1日 至 2021年3月31日)

         (1)配当金支払額
                        配当金の総額          1株当たり
        決議        株式の種類                             基準日        効力発生日
                         (百万円)         配当額(円)
     2021年2月22日
                             9,585          16.0
                普通株式                          2020年12月31日          2021年3月8日
     取締役会
         (2)基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末

          日後となるもの
           該当事項はありません。
        13.後発事象

          該当事項はありません。
                                26/30












                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
        第61期(2020年1月1日~2020年12月31日)の期末配当につきましては、2021年2月22日開催の取締役会において、
      2020年12月31日の最終の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり期末配当を行うことを決議し、実施いたしま
      した。
        ①配当金の総額             9,585百万円
        ②1株当たりの金額                               16円00銭
        ③支払請求権の効力発生日及び支払開始日 2021年3月8日
                                27/30


















                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                28/30



















                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年5月14日

    ユニ・チャーム株式会社
      取締役会 御中
                           PwCあらた有限責任監査法人

                           東京事務所
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           齊  藤            剛     印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           本  多            守     印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                   公認会計士
                                           谷  口  寿  洋              印
                          業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているユニ・チャーム株
    式会社の2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年3月31
    日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年3月31日まで)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわ
    ち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分
    変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、様
    式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、ユニ・チャー
    ム株式会社及び連結子会社の2021年3月31日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成
    績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかっ
    た。
    監査人の結論の根拠
     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の
    責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を
    入手したと判断している。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任
     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するこ
    とにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成する
    ことが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事項を開
    示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約四
    半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
    手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
    年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
    られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財務諸表
                                29/30


                                                          EDINET提出書類
                                                    ユニ・チャーム株式会社(E00678)
                                                            四半期報告書
    の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企
    業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財務諸表の注記事
    項 に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、要約四
    半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レ
    ビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくな
    る可能性がある。
    ・ 要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさせ
    る事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並
    びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかど
    うかを評価する。
    ・ 要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。
    監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独
    で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係
     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                30/30












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク