三井海洋開発株式会社 四半期報告書 第36期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)

提出書類 四半期報告書-第36期第1四半期(令和3年1月1日-令和3年3月31日)
提出日
提出者 三井海洋開発株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年5月10日

    【四半期会計期間】               第36期第1四半期(自            2021年1月1日         至   2021年3月31日)

    【会社名】               三井海洋開発株式会社

    【英訳名】               MODEC,    INC.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長  金 森   健

    【本店の所在の場所】               東京都中央区日本橋二丁目3番10号

    【電話番号】               03-5290-1200(代表)

    【事務連絡者氏名】               常務執行役員  高 野 育 浩

    【最寄りの連絡場所】               東京都中央区日本橋二丁目3番10号

    【電話番号】               03-5290-1200(代表)

    【事務連絡者氏名】               常務執行役員  高 野 育 浩

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/20









                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第35期           第36期

             回次              第1四半期           第1四半期            第35期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2020年1月1日         自   2021年1月1日         自   2020年1月1日
            会計期間
                         至   2020年3月31日         至   2021年3月31日         至   2020年12月31日
    売上高                (百万円)            80,566          119,855           309,925
    経常利益又は経常損失(△)                (百万円)           △ 10,340           5,168         △ 12,854

    親会社株主に帰属する四半期純
    利益又は親会社株主に帰属する                (百万円)           △ 10,066           3,875         △ 13,076
    四半期(当期)純損失(△)
    四半期包括利益又は包括利益                (百万円)           △ 26,763           21,138          △ 27,762
    純資産額                (百万円)            97,333          110,376           95,015

    総資産額                (百万円)           362,394           374,467           357,532

    1株当たり四半期純利益又は
    1株当たり四半期(当期)純                 (円)          △ 178.66           68.77         △ 232.05
    損失(△)
    自己資本比率                 (%)            25.9           28.6           25.6
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりませ
         ん。
       4.当社は、「役員向け株式報酬制度」を導入しており、株主資本において自己株式として計上されている「役
         員向け株式報酬制度」に残存する自社の株式を、1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期(当期)純
         損失の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
       5.「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)及び「収益認識に関する会計基準
         の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)を当第1四半期連結会計期間の期首から適
         用しており、その累積的影響額を期首の利益剰余金に加減しております。なお、詳細は「第4 経理の状
         況 1(四半期連結財務諸表)(注記事項)(会計方針の変更)」に記載のとおりであります。
    2  【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)の営む事業の内容について、重
      要な変更はありません。
       また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/20






                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
     した「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
      なお、当第1四半期連結累計期間における、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響は、「2「経営者に
     よる財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」(1)経営成績の分析」に記載のとおりですが、今
     後の経過によっては当社グループの経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものでありま
      す。なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)及び「収益認識に関する会計
      基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)を当第1四半期連結会計期間の期首から適用
      しております。これにより、当連結累計期間と比較対象となる前連結累計期間の収益認識基準が異なるため、経営
      成績に関する説明においては前期比増減を記載しておりません。
     (1) 経営成績の分析

        当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、一時持ち直しの動きも見られたものの、新型コロナウイル
       ス感染症の再拡大などから依然として厳しい状況にあります。世界経済も、概して新型コロナウイルス感染症の
       拡大による影響が依然として深刻なものの、昨年早期に経済活動の再開を行った中国では景気回復傾向が持続す
       るなど、各国ごとに回復のペースに濃淡が見られました。
        原油価格は、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種の普及による経済活動の正常化に対する期待や、石油輸
       出国機構(OPEC)と非加盟国の主要産油国で構成するOPECプラスが、協調減産を続けるスタンスを維持しているこ
       となどから、60米ドル前後まで回復しました。こうした環境下、エネルギー資源の持続的な供給の観点から、石
       油会社による深海域を中心とした開発は継続的に行われると考えられ、当社グループの主要事業である浮体式海
       洋石油・ガス生産設備に関する事業は中長期的に安定した成長が期待されます。
        こうした状況のもと、当第1四半期連結累計期間の連結業績は、FPSO建造プロジェクトの新規受注等により、
       受注高は45,840百万円(前年同期は159,147百万円)となりました。売上高はFPSO建造工事の進捗により                                                119,855
       百万円(前年同期は         80,566   百万円)となりました。
        利益面では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響は継続して発生しているものの、前連結会計年度末
       において見直された建造工事の見積りに追加費用の変更を加える程の影響は生じておらず、また大型建造工事の
       収益認識を当第1四半期連結累計期間より新たに開始した事等により、営業利益は                                      1,665   百万円(前年同期は営業
       損失  12,046   百万円)となりました。なお、世界的なパンデミックが宣言されていることから新型コロナウイルス
       感染症による納期遅延は契約及び法令に照らして不可抗力事由に相当すると考えており、ペナルティの発生は見
       込んでおりません。
        以上から、利息収入や持分法投資利益などを加えた経常利益は                             5,168   百万円(前年同期は経常損失              10,340   百万
       円)となりました。これらにより、親会社株主に帰属する四半期純利益は                                  3,875   百万円(前年同期は親会社株主に
       帰属する四半期純損失          10,066   百万円)となりました。
     (2) 財政状態の分析

        当第1四半期連結会計期間末の資産の状況は、主に現金及び預金と投資有価証券の増加により、前連結会計年
       度末比   16,934   百万円増加して       374,467    百万円となりました。
        負債は、主に契約負債(前年度においては前受金)の増加により、前連結会計年度末比                                         1,573   百万円増加して
       264,090    百万円となりました。
        純資産は、主に繰延ヘッジ損益と為替換算調整勘定が増加したことにより、前連結会計年度末比                                             15,361   百万円
       増加して    110,376    百万円となりました。
                                 3/20




                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
     (3) 事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第1四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新た
       に生じた課題はありません。
     (4) 研究開発活動

        当第1四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                       88百万円    であります。
        なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 4/20

















                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    102,868,000

                計                                  102,868,000

      ②  【発行済株式】

              第1四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所

        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2021年3月31日       )  (2021年5月10日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
      普通株式           56,408,000          56,408,000                単元株式数は100株であります
                                  (市場第一部)
        計         56,408,000          56,408,000          -            -
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

       該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                 (千株)       (千株)                    (百万円)       (百万円)
    2021年3月31日                -     56,408         -     30,122         -     30,852
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/20






                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2020年12月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                              ( 2021年3月31日       現在)
           区分             株式数(株)          議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                     -           -            -

    議決権制限株式(自己株式等)                     -           -            -

    議決権制限株式(その他)                     -           -            -

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                -            -
                    普通株式         900
                    普通株式      56,399,200
    完全議決権株式(その他)                                 563,992            -
                    普通株式        7,900

    単元未満株式                                -            -
    発行済株式総数                      56,408,000          -            -

    総株主の議決権                     -            563,992            -

    (注)1 「単元未満株式」欄には、当社所有の自己株式69株が含まれております。
       2 「完全議決権株式(その他)」の欄には、「役員向け株式報酬制度信託口」が保有する当社株式53,200株
         (議決権数532個)が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              ( 2021年3月31日       現在)
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所           所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                 東京都中央区日本橋二丁目
    (自己保有株式)
                                   900     -         900      0.00
     三井海洋開発株式会社
                 3番10号
          計             -            900     -         900      0.00
     (注) 「役員向け株式報酬制度」の信託財産として、三井住友信託銀行株式会社が保有する当社株式53,200株
        (0.09%)は、上記自己株式等の数に含めておりません。
    2  【役員の状況】

      前事業年度の有価証券報告書提出日後、当四半期報告書提出日までにおける役員の異動は、次のとおりです。
     (1)役職の異動
         新役職名              旧役職名              氏 名             異動年月日
                       代表取締役
       代表取締役社長                            金森  健             2021年4月5日
                      副社長執行役員
         特別顧問                           香西 勇治             2021年4月5日
                      代表取締役社長
     (2)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

       男性    11 名 女性    2 名 (役員のうち女性の比率             15.4  %)
                                 6/20




                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
      なお、当第1四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年3月31日まで)及び当第1四半期連結累計期間
     (2021年1月1日から2021年3月31日まで)は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則等の一部を改
     正する内閣府令」(令和2年6月12日内閣府令第46号)附則第3条第1項ただし書きより、改正後の四半期連結財務
     諸表規則に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021年
     3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、有限責任 あずさ監査法人により四半期レビューを受けております。
                                 7/20















                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年3月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                66,117              76,751
        売掛金                               124,741                 -
        売掛金及び契約資産                                  -            130,083
        たな卸資産                                19,066                797
        短期貸付金                                  -             5,043
        その他                                19,082              19,391
                                       △ 1,061             △ 1,238
        貸倒引当金
        流動資産合計                               227,946              230,829
      固定資産
        有形固定資産
         機械装置及び運搬具(純額)                                 35              36
                                        4,692              4,393
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               4,728              4,430
        無形固定資産
         のれん                                653              658
                                        9,622              9,894
         その他
         無形固定資産合計                               10,275              10,552
        投資その他の資産
         投資有価証券                               67,543              77,384
         関係会社長期貸付金                               38,004              42,090
                                        9,033              9,180
         その他
         投資その他の資産合計                              114,581              128,655
        固定資産合計                               129,585              143,638
      資産合計                                 357,532              374,467
                                 8/20










                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)              (2021年3月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                               151,331              132,110
        短期借入金                                3,001              3,210
        1年内返済予定の長期借入金                                5,748              6,013
        未払費用                                15,653              15,312
        未払法人税等                                5,189              5,028
        前受金                                32,455                -
        契約負債                                  -            59,342
        賞与引当金                                  158              275
        工事損失引当金                                5,579              5,427
        保証工事引当金                                7,256              8,075
        修繕引当金                                3,731              3,985
                                        7,690              8,586
        その他
        流動負債合計                               237,796              247,368
      固定負債
        長期借入金                                4,746              2,650
        退職給付に係る負債                                  885              884
                                        19,088              13,187
        その他
        固定負債合計                                24,720              16,721
      負債合計                                 262,517              264,090
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                30,122              30,122
        資本剰余金                                29,301              29,301
        利益剰余金                                56,265              54,796
                                        △ 169             △ 169
        自己株式
        株主資本合計                               115,519              114,051
      その他の包括利益累計額
        繰延ヘッジ損益                               △ 15,274              △ 7,211
        為替換算調整勘定                               △ 7,610              1,500
                                       △ 1,211             △ 1,295
        在外子会社の退職給付債務等調整額
        その他の包括利益累計額合計                               △ 24,097              △ 7,006
      非支配株主持分                                  3,592              3,331
      純資産合計                                 95,015              110,376
     負債純資産合計                                  357,532              374,467
                                 9/20







                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     売上高                                   80,566              119,855
                                        89,540              114,874
     売上原価
     売上総利益又は売上総損失(△)                                  △ 8,973              4,981
     販売費及び一般管理費                                   3,072              3,315
     営業利益又は営業損失(△)                                  △ 12,046               1,665
     営業外収益
      受取利息                                  1,202              1,063
      持分法による投資利益                                  1,010              1,513
      為替差益                                    20              865
                                          43              270
      その他
      営業外収益合計                                  2,276              3,712
     営業外費用
      支払利息                                   184              109
      デリバティブ評価損                                   305               39
                                          80              60
      その他
      営業外費用合計                                   570              209
     経常利益又は経常損失(△)                                  △ 10,340               5,168
     特別損失
                                         447               -
      退職給付費用
      特別損失合計                                   447               -
     税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                      △ 10,788               5,168
     純損失(△)
     法人税、住民税及び事業税
                                         929              357
     過年度法人税等                                    △ 5             △ 6
                                       △ 1,496               990
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   △ 573             1,341
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 10,215               3,827
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 148              △ 48
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                      △ 10,066               3,875
     に帰属する四半期純損失(△)
                                10/20









                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年1月1日              (自 2021年1月1日
                                至 2020年3月31日)               至 2021年3月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 10,215               3,827
     その他の包括利益
      繰延ヘッジ損益                                 △ 1,604             △ 1,910
      為替換算調整勘定                                 △ 2,903              3,843
      在外子会社の退職給付債務等調整額                                    30             △ 109
                                      △ 12,071              15,487
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                △ 16,548              17,310
     四半期包括利益                                  △ 26,763              21,138
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                △ 26,590              20,966
      非支配株主に係る四半期包括利益                                  △ 173              171
                                11/20















                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    【注記事項】
     (継続企業の前提に関する事項)
       該当事項はありません。
     (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)

                         当第1四半期連結累計期間
                     (自    2021年1月1日        至   2021年3月31日       )
    連結の範囲の重要な変更
    (1)連結の範囲の重要な変更
     前連結会計年度において非連結子会社であったMODEC                          UK  LTD.とMODEC      SENEGAL    SASU  は重要性が増したため、当第
    1四半期連結会計期間より連結の範囲に含めております。
    (2)変更後の連結子会社の数
     23社
     (会計方針の変更)

      (収益認識に関する会計基準等の適用)
        「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日。以下「収益認識会計基準」とい
       う。)等を当第1四半期連結会計期間の期首から適用し、約束した財又はサービスの支配が顧客に移転した時点
       で、当該財又はサービスと交換に受け取ると見込まれる金額で収益を認識することとしております。これによ
       り、工事進行基準における進捗率の算定にあたり出来高基準を採用しておりました契約については、進捗率の算
       定方法を原価比例法に変更することといたしました。
        収益認識会計基準等の適用については、収益認識会計基準第84項ただし書きに定める経過的な取扱いに従って
       おり、当第1四半期連結会計期間の期首より前に新たな会計方針を遡及適用した場合の累積的影響額を、当第1
       四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減し、当該期首残高から新たな会計方針を適用しております。                                                  ただ
       し、収益認識会計基準第86項に定める方法を適用し、当第1四半期連結会計期間の期首より前までに従前の取扱
       いに従ってほとんどすべての収益の額を認識した契約に、新たな会計方針を遡及適用しておりません。また、収
       益認識会計基準第86項また書き(1)に定める方法を適用し、当第1四半期連結会計期間の期首より前までに行われ
       た契約変更について、すべての契約変更を反映した後の契約条件に基づき、会計処理を行い、その累積的影響額
       を当第1四半期連結会計期間の期首の利益剰余金に加減しております。
        この結果、当第1四半期連結累計期間の売上高が3,255百万円減少し、売上原価は2,851百万円減少し、営業利
       益、経常利益及び税金等調整前四半期純利益がそれぞれ403百万円減少しております。また、利益剰余金の当期首
       残高は4,145百万円減少しております。
        収益認識会計基準等を適用したため、前連結会計年度の連結貸借対照表において、「流動資産」に表示してい
       た「売掛金」は、当第1四半期連結会計期間より「売掛金及び契約資産」に含めて表示し、また、「流動負債」
       に表示していた「前受金」は、当第1四半期連結会計期間より「契約負債」に含めて表示することとしました。
       なお、収益認識会計基準第89-2項に定める経過的な取扱いに従って、前連結会計年度について新たな表示方法に
       よる組替えを行っておりません。さらに、「四半期財務諸表に関する会計基準」(2020年3月31日)第28-15項に
       定める経過的な取扱いに従って、前第1四半期連結累計期間に係る顧客との契約から生じる利益を分解した情報
       を記載しておりません。
     (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

                              当第1四半期連結累計期間
                          (自    2021年1月1日        至   2021年3月31日       )
     税金費用の計算
                税金費用に関しては、一部の連結子会社において、主として当第1四半期連結累計期間を
               含む連結会計年度の税金等調整前当期純利益に対する税効果会計適用後の実効税率を合理的
               に見積り、税金等調整前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
                                12/20



                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
     (追加情報)
       新型コロナウイルス感染症の影響について
       新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって、当社グループの建造中のプロジェクトにおいては建造工事の中
      断や、機器の調達の遅れ、また建造工事現場への移動制限などからスケジュール全体の進捗に影響を及ぼす状況と
      なっており、またこの収束時期についても不透明な状況が続いております。
       当社グループでは、斯かる状況を踏まえて、前連結会計年度において、プロジェクトスケジュールを延長する形
      で見直しを行っており、それにより見込まれる追加費用について、会計上の見積りに反映し、計上を行っておりま
      すが、当第1四半期連結会計期間においては、前連結会計年度において行った仮定から大きく乖離した状況ではな
      く、見積りについて重要な変更は生じておりません。
       なお、会計上の見積りにあたり、新型コロナウイルス感染症によって生じるプロジェクトへの進捗への影響は短
      期間では解消されない状況が続くものの、見直されたプロジェクトスケジュールのクリティカルパスに影響を与え
      る程の事象は生じないとの前提を置いております。
       また、世界的なパンデミックが宣言されていることから新型コロナウイルス感染症による納期遅延は契約及び法
      令に照らして不可抗力事由に相当すると考えており、ペナルティの発生は会計上の見積りを行うにあたり見込んで
      おりません。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1 偶発債務
     (1)保証債務
       連結子会社以外の関連会社の金融機関からの借入金及び契約履行等に対し、債務保証を行っております。
      前連結会計年度(        2020年12月31日       )
        GAS  OPPORTUNITY      MV20   B.V.
                                         618  百万円
        TUPI   PILOT   MV22   B.V.
                                         852  百万円
        GUARA   MV23   B.V.
                                         798  百万円
        CERNAMBI     SUL  MV24   B.V.
                                       2,065   百万円
        T.E.N.    GHANA   MV25   B.V.
                                         842  百万円
        CERNAMBI     NORTE   MV26   B.V.
                                         811  百万円
        CARIOCA MV27 B.V.                                912  百万円
        TARTARUGA     MV29   B.V.
                                         985  百万円
        SEPIA MV30 B.V.                               34,637   百万円
        LIBRA MV31 B.V.                               30,184   百万円
        BUZIOS5    MV32   B.V.
                                       51,750   百万円
        MARLIM1    MV33   B.V.
                                       26,910   百万円
        AREA1 MEXICO MV34 B.V.                               30,594   百万円
         上記のうち外貨による保証金額はUS$                  1,757   百万及びMXN      20 百万であります。また、上記のほか持分法適用
        関連会社の金利スワップ取引について債務保証を行っております。なお、当該スワップの時価のうち、当社持
        分相当額については、「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第24号 平成
        30年9月14日)を適用したことに伴い、連結財務諸表に反映させております。
         。
      当第1四半期連結会計期間(             2021年3月31日       )

        GAS  OPPORTUNITY      MV20   B.V.
                                        661  百万円
        TUPI   PILOT   MV22   B.V.
                                        912  百万円
        GUARA   MV23   B.V.
                                        853  百万円
        CERNAMBI     SUL  MV24   B.V.
                                       2,209   百万円
        T.E.N.GHANA      MV25   B.V.
                                        901  百万円
        CERNAMBI     NORTE   MV26   B.V.
                                        868  百万円
        CARIOCA    MV27   B.V.
                                        975  百万円
        TARTARUGA     MV29   B.V.
                                       1,052   百万円
        SEPIA   MV30   B.V.
                                       37,641   百万円
        LIBRA   MV31   B.V.
                                       34,070   百万円
        BUZIOS5    MV32   B.V.
                                       55,355   百万円
        MARLIM1    MV33   B.V.
                                       28,784   百万円
        AREA1   MEXICO    MV34   B.V.
                                       37,095   百万円
                                13/20



                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
         上記のうち外貨による保証金額はUS$                  1,817   百万及びMXN      37 百万であります。また、上記のほか持分法適用
        関連会社の金利スワップ取引について債務保証を行っております。なお、当該スワップの時価のうち、当社持
        分相当額については、「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」(実務対応報告第24号 平成
        30年9月14日)を適用したことに伴い、四半期連結財務諸表に反映させております。
     (2)その他

       当社の連結子会社である            MODEC   MANAGEMENT      SERVICES     PTE.LTD.社、MODEC(GHANA)LTD.社、及びMODEC                      PRODUCTION
      SERVICES     GHANA   JV  LIMITED社、持分法適用会社である                 T.E.N.GHANA      MV25   B.V.の4社は、ガーナ税務当局による
      2012年から2018年を対象とした税務調査を受けており、2019年に一旦追徴課税を通知する文書を受領したものの、
      2020年に入り税務調査が再開され、2020年11月に再度追徴課税を通知する文書を受領しております。しかしなが
      ら、当社グループでは、指摘を受けた4社は現地税法に従って適正に申告を行っていると考えており、追加課税へ
      の反論書を当局へ提出しております。従いまして、この指摘による影響は当第1四半期連結会計期間の四半期連結
      財務諸表には反映しておらず、今後も当社の業績に大きな影響を及ぼすものではないと認識しております。
     2 コミットメント契約及び当座貸越契約

      前連結会計年度(        2020年12月31日       )
       当社及び連結子会社(MODEC             SERVICES     NETHERLANDS      B.V.)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引
      銀行6行と貸出コミットメント契約を、また取引銀行2行と当座貸越契約を締結しております。
       当連結会計年度末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
        貸出コミットメントの総額                                     US$  160  百万
        借入実行残高                                     US$  - 百万
        差引額                                     US$  160  百万
       当連結会計年度末における当座貸越に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。

       (円建て)
        当座貸越枠                                    3,000   百万円
        借入実行残高                                      - 百万円
        差引額                                    3,000   百万円
       (ドル建て)

        当座貸越枠                                     US$  30 百万
        借入実行残高                                     US$  - 百万
        差引額                                     US$  30 百万
      当第1四半期連結会計期間(             2021年3月31日       )

       当社及び連結子会社(MODEC             SERVICES     NETHERLANDS      B.V.)においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引
      銀行6行と貸出コミットメント契約を、また取引銀行1行と当座貸越契約を締結しております。
       当第1四半期連結会計期間末における貸出コミットメントに係る借入未実行残高等は次のとおりであります。
        貸出コミットメントの総額                                     US$  160  百万
        借入実行残高                                     US$  - 百万
        差引額                                     US$  160  百万
       当第1四半期連結会計期間末における当座貸越に係る借入未実行残高等は次のとおりであります。

       (ドル建て)
        当座貸越枠                                     US$  30 百万
        借入実行残高                                     US$  - 百万
        差引額                                     US$  30 百万
                                14/20





                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
      (四半期連結損益計算書関係)
       該当事項はありません。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

       当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
      期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次の
      とおりであります。
                              前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                               (自    2020年1月1日            (自    2021年1月1日
                               至   2020年3月31日       )     至   2021年3月31日       )
        減価償却費                           887  百万円             938  百万円
        のれんの償却額                            39 百万円             40 百万円
      (株主資本等関係)

     前第1四半期連結累計期間(自                2020年1月1日        至   2020年3月31日       )
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2020年3月19日
              普通株式         1,269       22.50    2019年12月31日         2020年3月23日         利益剰余金
    定時株主総会
     (注) 配当金の総額には、「役員向け株式報酬制度」が保有する当社株式に対する配当金1百万円が含まれておりま
        す。
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     当第1四半期連結累計期間(自                2021年1月1日        至   2021年3月31日       )

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり

       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2021年3月23日
              普通株式         1,198       21.25    2020年12月31日         2021年3月24日         利益剰余金
    定時株主総会
     (注) 配当金の総額には、「役員向け株式報酬制度」が保有する当社株式に対する配当金1百万円が含まれておりま
        す。
     2.基準日が当第1四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第1四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
                                15/20






                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
       当社グループは、浮体式石油生産設備の建造及びこれに関連する各種サービスを提供する単一の事業を展開して
      いるため、記載を省略しております。
      (収益認識関係)

       地域別及び財又はサービスに分解した分析は、次のとおりであります。
      当第1四半期連結累計期間(自                  2021年1月1日        至    2021年3月31日       )
                                                   (単位:百万円)
                                              売上高
       主たる地域市場

        ブラジル                                                 92,382
        セネガル                                                 11,986

        ガーナ                                                 4,013

        メキシコ                                                 3,660

        オーストラリア                                                 3,428

        その他                                                 4,383
                                    計                  119,855

       主要な財又はサービスのライン

        建造工事                                                102,365
        リース、チャーター及びオペレーション                                                 16,907

        その他                                                  582
                                    計                  119,855

      (金融商品関係)

       四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (有価証券関係)

       四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (デリバティブ取引関係)

       四半期連結財務諸表規則第17条の2の規定に基づき、注記を省略しております。
      (企業結合等関係)

       該当事項はありません。
                                16/20




                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間             当第1四半期連結累計期間

                                (自    2020年1月1日           (自    2021年1月1日
                項目
                                至   2020年3月31日       )    至   2021年3月31日       )
    1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失
                                     △178円66銭               68円77銭
    (△)
    (算定上の基礎)
    親会社株主に帰属する四半期純利益又は
                                       △10,066               3,875
    親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
    普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      -             -
    普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純利益
                                       △10,066               3,875
    又は親会社株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
    普通株式の期中平均株式数(千株)                                    56,347             56,353
     (注)1     潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
       2 「役員向け株式報酬制度」が保有する当社株式を、「1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損
         失」の算定上、期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第1四半期連結累計
         期間59.5千株、当第1四半期連結累計期間53.2千株)。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。 
                                17/20











                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                18/20



















                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年5月10日

    三井海洋開発株式会社
     取締役会      御中
                       有限責任     あずさ監査法人

                        東京事務所

                        指定有限責任社員

                                          山    田          真
                                   公認会計士                   ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                          大    谷    文    隆
                                   公認会計士                   ㊞
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている三井海洋開発株
    式会社の2021年1月1日から2021年12月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2021年1月1日から2021
    年3月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2021年1月1日から2021年3月31日まで)に係る四半期連結財務諸
    表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、三井海洋開発株式会社及び連結子会社の2021年3月31日現在の財
    政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全て
    の重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる                                               。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある                                       。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る 。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する                                      。
                                19/20



                                                          EDINET提出書類
                                                     三井海洋開発株式会社(E01725)
                                                            四半期報告書
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施さ
     れる年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当
     と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められない
     かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書に
     おいて四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注
     記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められてい
     る。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企
     業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財
     務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信
     じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監
     査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う                        。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは監査の対象に含まれていません。
                                20/20








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。