株式会社ネオマーケティング 有価証券届出書(新規公開時)

提出書類 有価証券届出書(新規公開時)
提出日
提出者 株式会社ネオマーケティング
カテゴリ 有価証券届出書(新規公開時)

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【表紙】
    【提出書類】                       有価証券届出書

    【提出先】                       関東財務局長

    【提出日】                       2021年3月19日

    【会社名】                       株式会社ネオマーケティング

    【英訳名】                       NEO  MARKETING     Inc.

    【代表者の役職氏名】                       代表取締役       橋本 光伸

    【本店の所在の場所】                       東京都渋谷区南平台町16番25号

    【電話番号】                       03-6328-2880(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理本部長 秋田 誠

    【最寄りの連絡場所】                       東京都渋谷区南平台町16番25号

    【電話番号】                       03-6328-2880(代表)

    【事務連絡者氏名】                       取締役管理本部長 秋田 誠

    【届出の対象とした募集(売出)有価証券の種類】                       株式

    【届出の対象とした募集(売出)金額】                       募集金額

                           ブックビルディング方式による募集                        324,530,000      円
                           売出金額
                           (引受人の買取引受による売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        381,800,000      円
                           (オーバーアロットメントによる売出し)
                           ブックビルディング方式による売出し                        114,540,000      円
                           (注) 募集金額は、有価証券届出書提出時における見込額(会社法
                              上の払込金額の総額)であり、売出金額は、有価証券届出書
                              提出時における見込額であります。
    【縦覧に供する場所】                       該当事項はありません。

                                  1/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第一部     【証券情報】
    第1   【募集要項】

    1  【新規発行株式】

        種類         発行数(株)                        内容

                         完全議決権株式であり、           権利内容に何ら限定のない当社における標準と

       普通株式        230,000(注)2       .
                         なる株式であります。なお、単元株式数は100株であります                           。
     (注)   1.2021年3月19日開催の取締役会決議によっております。
       2.  発行数については、2021年3月19日開催の取締役会において決議された公募による新株式発行に係る募集株
         式数40,000株及び公募による自己株式の処分に係る募集株式数190,000株の合計であります。したがって本
         有価証券届出書の対象とした募集(以下、「本募集」という。)のうち自己株式の処分に係る募集は、金融商
         品取引法第二条に規定する定義に関する内閣府令第9条第1号に定める売付けの申込み又は買付けの申込み
         の勧誘であります。なお、2021年4月2日開催予定の取締役会において変更される可能性があります                                              。
       3.当社は、いちよし証券株式会社に対し、上記引受株式数のうち、                                10,000   株を上限として、福利厚生を目的
         に、  ネオマーケティング従業員持株会               を当社が指定する販売先(親引け先)として要請する予定であります。
         なお、親引けは、日本証券業協会の定める「株券等の募集等の引受け等に係る顧客への配分に関する規則」
         に従い、発行者が指定する販売先への売付け(販売先を示唆する等実質的に類似する行為を含む。)でありま
         す。
       4.当社の定める振替機関の名称及び住所は、以下のとおりであります。
         名称:株式会社証券保管振替機構
         住所:東京都中央区日本橋茅場町二丁目1番1号
                                  2/147













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【募集の方法】
      2021年4月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「4 株式の引受け」
     欄記載の金融商品取引業者(以下「第1 募集要項」において「引受人」という。)は、買取引受けを行い、当該引受
     価額と異なる価額(発行価格)で本募集を行います。引受価額は2021年4月2日開催予定の取締役会において決定され
     る会社法上の払込金額以上の価額となります。引受人は払込期日までに引受価額の総額を当社に払込み、本募集にお
     ける発行価格の総額との差額は引受人の手取金といたします。当社は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
      なお、本募集は、株式会社東京証券取引所(以下「取引所」という。)の定める「有価証券上場規程施行規則」第233
     条に規定するブックビルディング方式(株式の取得の申込みの勧誘時において発行価格又は売出価格に係る仮条件を投
     資家に提示し、株式に係る投資家の需要状況を把握したうえで発行価格等を決定する方法をいう。)により決定する価
     格で行います。
             区分              発行数(株)         発行価額の総額(円)          資本組入額の総額(円)

    入札方式のうち入札による募集                             ―           ―           ―

    入札方式のうち入札によらない募集                             ―           ―           ―

                 新株式発行               40,000         56,440,000           30,544,000

    ブックビルディング方式
                 自己株式の処分               190,000         268,090,000                ―
    計(総発行株式)                           230,000         324,530,000            30,544,000

     (注)   1.全株式を引受人の買取引受けにより募集いたします。
       2.上場前の公募を行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       3.発行価額の総額は、会社法上の払込金額の総額であり、有価証券届出書提出時における見込額であります。
       4.資本組入額の総額は、会社法上の増加する資本金であり、2021年3月19日開催の取締役会決議に基づき、
         2021年4月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第1項に基づき算出される
         資本金等増加限度額(見込額)の2分の1相当額を資本金に計上することを前提として算出した見込額であり
         ます。なお、本募集における自己株式の処分に係る払込金額の総額は資本組入れされません。
       5.  有価証券届出書提出時における想定発行価格(1,660円)で算出した場合、本募集における発行価格の総額(見
         込額)は381,800,000円となります               。
       6.本募集並びに「第2 売出要項 1 売出株式(引受人の買取引受による売出し)」及び「2 売出しの条件
         (引受人の買取引受による売出し)」における「引受人の買取引受による売出し」にあたっては、需要状況を
         勘案し、オーバーアロットメントによる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「第2 売出要項 3 売出株式(オーバーア
         ロットメントによる売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照
         下さい。
       7.本募集に関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容については、「募集又は売出
         しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  3/147








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【募集の条件】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による募集】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない募集】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                    資本組入額      申込株数                 申込証拠金

    発行価格     引受価額     払込金額
                                  申込期間                 払込期日
     (円)     (円)     (円)
                     (円)     単位(株)                   (円)
     未定     未定     未定      未定          自 2021年4月14日(水)              未定
                            100                     2021年4月21日(水)
    (注)1.     (注)1.     (注)2.      (注)3.           至 2021年4月19日(月)             (注)4.
     (注)   1.発行価格は、ブックビルディング方式によって決定いたします。
         発行価格は、2021年4月2日に仮条件を決定し、当該仮条件による需要状況、上場日までの価格変動リスク
         等を総合的に勘案した上で、2021年4月13日に引受価額と同時に決定する予定であります。
         仮条件は、事業内容、経営成績及び財政状態、事業内容等の類似性が高い上場会社との比較、価格算定能力
         が高いと推定される機関投資家等の意見その他を総合的に勘案して決定する予定であります。
         需要の申込みの受付けに当たり、引受人は、当社株式が市場において適正な評価を受けることを目的に、機
         関投資家等を中心に需要の申告を促す予定であります。
       2.払込金額は、会社法上の払込金額であり、2021年4月2日開催予定の取締役会において決定される予定であ
         ります。また、「2 募集の方法」の冒頭に記載のとおり、発行価格と会社法上の払込金額及び2021年4
         月 13日に決定される予定の引受価額とは各々異なります。発行価格と引受価額との差額の総額は、引受人
         の手取金となります。
       3.資本組入額は、1株当たりの増加する資本金であります。なお、2021年3月19日開催の取締役会において、
         増加する資本金の額は、2021年4月13日に決定される予定の引受価額を基礎として、会社計算規則第14条第
         1項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
         きは、その端数を切り上げるものとすること、及び増加する資本準備金の額は資本金等増加限度額から増加
         する資本金の額を減じた額とする旨、決議しております。
       4.申込証拠金は、発行価格と同一の金額とし、利息をつけません。申込証拠金のうち引受価額相当額は、払込
         期日に新株式払込金及び自己株式の処分に対する払込金に振替充当いたします。
       5.株式受渡期日は、2021年4月22日(木)(以下「上場(売買開始)日」という。)の予定であります。本募集に係
         る株式は、株式会社証券保管振替機構(以下「機構」という。)の「株式等の振替に関する業務規程」に従
         い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、本募集に係る株券
         は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に後記申込取扱場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.申込みに先立ち、2021年4月6日から2021年4月12日までの間で引受人に対して、当該仮条件を参考として
         需要の申告を行うことができます。当該需要の申告は変更または撤回することが可能であります。
         販売に当たりましては、取引所の「有価証券上場規程」に定める株主数基準の充足、上場後の株式の流通性
         の確保等を勘案し、需要の申告を行わなかった投資家にも販売が行われることがあります。
         引受人は、公平かつ公正な販売に努めることとし、自社で定める配分に関する基本方針及び社内規程等に従
         い、販売を行う方針であります。配分に関する基本方針については引受人の店頭における表示またはホーム
         ページにおける表示等をご確認下さい。
       8.引受価額が会社法上の払込金額を下回る場合は本募集を中止いたします。
      ①  【申込取扱場所】

        後記「4 株式の引受け」欄記載の引受人の全国の本支店及び営業所で申込みの取扱いをいたします。
      ②  【払込取扱場所】

                店名                          所在地

    株式会社みずほ銀行 渋谷支店                           東京都渋谷区渋谷一丁目24番16号

     (注) 上記の払込取扱場所での申込みの取扱いは行いません。
                                  4/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【株式の引受け】
                                      引受株式数

     引受人の氏名又は名称                     住所                      引受けの条件
                                        (株)
                                            1.買取引受けによります。
    いちよし証券株式会社             東京都中央区日本橋茅場町一丁目5番8号
                                            2.引受人は新株式払込金及び
                                              自己株式の処分に対する払
    みずほ証券株式会社             東京都千代田区大手町一丁目5番1号
                                              込金として、2021年4月21
    SMBC日興証券株式会社             東京都千代田区丸の内三丁目3番1号
                                              日までに払込取扱場所へ引
                                              受価額と同額を払込むこと
    株式会社SBI証券             東京都港区六本木一丁目6番1号
                                              といたします。
                                            3.  引受手数料は支払われませ
    楽天証券株式会社             東京都港区南青山二丁目6番21号
                                              ん。ただし、発行価格と引
    あかつき証券株式会社             東京都中央区日本橋小舟町8番1号
                                              受価額との差額の総額は引
                                              受人の手取金となります。
    岩井コスモ証券株式会社             大阪府大阪市中央区今橋一丁目8番12号                      未定
    エース証券株式会社             大阪府大阪市中央区本町二丁目6番11号

    岡三証券株式会社             東京都中央区日本橋一丁目17番6号

    極東証券株式会社             東京都中央区日本橋茅場町一丁目4番7号

    東洋証券株式会社             東京都中央区八丁堀四丁目7番1号

    松井証券株式会社             東京都千代田区麹町一丁目4番地

    マネックス証券株式会社             東京都港区赤坂一丁目12番32号

          計                 ―            230,000           ―

     (注)   1.2021年4月2日開催予定の取締役会において各引受人の引受株式数が決定される予定であります。
       2.上記引受人と発行価格決定日(2021年4月13日)に元引受契約を締結する予定であります。
       3.引受人は、上記引受株式数のうち、2,000株を上限として、全国の販売を希望する引受人以外の金融商品取
         引業者に販売を委託する方針であります。
                                  5/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【新規発行による手取金の使途】
     (1)  【新規発行による手取金の額】
        払込金額の総額(円)                 発行諸費用の概算額(円)                   差引手取概算額(円)

               351,256,000                  17,000,000                 334,256,000

     (注)   1.払込金額の総額、発行諸費用の概算額及び差引手取概算額は、本募集における新株式発行及び自己株式の処
         分に係るそれぞれの合計額であります。
       2.払込金額の総額は、会社法上の払込金額の総額とは異なり、新株式発行及び自己株式の処分に際して当社に
         払い込まれる引受価額の総額であり、有価証券届出書提出時における想定発行価格(                                      1,660   円)を基礎として
         算出した見込額であります。
       3.発行諸費用の概算額には、消費税及び地方消費税(以下「消費税等」という。)は含まれておりません。
       4.引受手数料は支払わないため、発行諸費用の概算額は、これ以外の費用を合計したものであります。
     (2)  【手取金の使途】

       上記の手取概算額334,256千円については、当社グループの事業運営上のリスクでもある人材の確保と維持につい
      ての対策と合わせて業容拡大に応じて急務となっている優秀な人材獲得の採用費として、2021年9月期に10,500千
      円、2022年9月期に16,800千円、2023年9月期に18,900千円、前述の獲得人材の獲得期の人件費として、2021年9月期
      に30,000千円、2022年9月期に48,000千円、2023年9月期に54,000千円、新卒研修を除いた従業員のスキルアップ研
      修として、2021年9月期に3,100千円、2022年9月期・2023年9月期に各2,650千円を計画しております                                              。
       また、地方の優良企業をターゲットとする営業戦略から拠点設置に伴う設備投資として、2021年9月期に5,000千
      円、   2022年9月期に3,000千円、中期経営計画に基づく新規顧客獲得を達成するため当社グループのサービスの知名
      度向上とブランディングのための広告宣伝費として、2021年9月期・2022年9月期・2023年9月期に各2,000千円、事
      業拡大施策としてのマーケティング費として、2021年9月期に7,800千円、2022年9月期・2023年9月期に各10,200千
      円を計画しております          。
       その他、2023年9月期末に自己資本比率65%以上とする中期経営計画のもと、金融機関からの借入金の返済として
      2021年9月期に50,000千円、2022年9月期に30,000千円を計画しております                                  。
       なお、   残額につきましては、前述の金融機関からの借入金の返済とは別に2021年9月期の金融機関からの借入金の
      返済資金に充当する予定であります。
                                  6/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【売出要項】
    1  【売出株式(引受人の買取引受による売出し)】

      2021年4月13日に決定される予定の引受価額にて、当社と元引受契約を締結する予定の後記「2 売出しの条件(引
     受人の買取引受による売出し) (2)                 ブックビルディング方式」に記載の金融商品取引業者(以下「第2 売出要項」
     において「引受人」という。)は、下記売出人から買取引受けを行い、当該引受価額と異なる価額(売出価格、発行価
     格と同一の価格)で売出し(以下「引受人の買取引受による売出し」という。)を行います。引受人は株式受渡期日に引
     受価額の総額を売出人に支払い、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格の総額との差額は引受人の手取金
     といたします。売出人は、引受人に対して引受手数料を支払いません。
                                         売出しに係る株式の所有者の

                              売出価額の総額
       種類            売出数(株)
                                 (円)
                                          住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                     ―        ―           ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                     ―        ―           ―
             によらない売出し
                                       沖縄県那覇市
                                       小林 康裕                   78,000株
                                       東京都墨田区
                                       村上 直                    45,000株
                                       東京都新宿区西新宿1丁目25番1号
                                       新宿センタービル46階
                                       株式会社エイジェック              43,000株
             ブックビルディング
                                       東京都稲城市
    普通株式                     230,000      381,800,000
             方式
                                       原島 茂雄                   30,000株
                                       愛知県名古屋市瑞穂区
                                       葛山 博志                   25,000株
                                       東京都品川区
                                       藤元 拓志                    5,000株
                                       東京都港区
                                       中川 達也                    4,000株
    計(総売出株式)             ―         230,000      381,800,000               ―
     (注)   1.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       2.「第1 募集要項」における新株式発行及び自己株式の処分を中止した場合には、引受人の買取引受による
         売出しも中止いたします。
       3.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                1,660   円)で算出した見込額であります。
       4.売出数等については今後変更される可能性があります。
       5.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
         であります。
       6.本募集並びに引受人の買取引受による売出しにあたっては、需要状況を勘案し、オーバーアロットメントに
         よる売出しを行う場合があります。
         なお、オーバーアロットメントによる売出しについては、「3 売出株式(オーバーアロットメントによる
         売出し)」及び「4 売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)」をご参照下さい。
       7.引受人の買取引受による売出しに関連して、ロックアップに関する合意がなされております。その内容につ
         いては、「募集又は売出しに関する特別記載事項 3.ロックアップについて」をご参照下さい。
                                  7/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【売出しの条件(引受人の買取引受による売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                      申込株数     申込証拠金              引受人の住所及び氏名            元引受契

    売出価格     引受価額
               申込期間                 申込受付場所
     (円)     (円)
                      単位(株)       (円)               又は名称         約の内容
               自 2021年
     未定                            引受人の本店       東京都中央区日本橋茅
          未定    4月14日(水)              未定                         未定
    (注)1.                    100         及び全国各支       場町一丁目5番8号
         (注)2.      至 2021年            (注)2.                         (注)3.
    (注)2.                             店       いちよし証券株式会社
              4月19日(月)
     (注)   1.売出価格の決定方法は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                 ブックビルディング方式」の(注)1.と
         同様であります。
       2.売出価格及び申込証拠金は、本募集における発行価格及び申込証拠金とそれぞれ同一となります。ただし、
         申込証拠金には、利息をつけません。
         引受人の買取引受による売出しにおける引受価額は、本募集における引受価額と同一となります。
       3.引受人の引受価額による買取引受によることとし、その他元引受契約の内容、売出しに必要な条件は、売出
         価格決定日(2021年4月13日)に決定する予定であります。
         なお、元引受契約においては、引受手数料は支払われません。ただし、売出価格と引受価額との差額の総額
         は引受人の手取金となります。
       4.上記引受人と売出価格決定日に元引受契約を締結する予定であります。
       5.株式受渡期日は、上場(売買開始)日の予定であります。引受人の買取引受による売出しに係る株式は、機構
         の「株式等の振替に関する業務規程」に従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行う
         ことができます。なお、引受人の買取引受による売出しに係る株券は、発行されません。
       6.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       7.上記引受人の販売方針は、「第1 募集要項 3 募集の条件 (2)                                  ブックビルディング方式」の(注)7.
         に記載した販売方針と同様であります。
                                  8/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【売出株式(オーバーアロットメントによる売出し)】
                                          売出しに係る株式の所有者の

                              売出価額の総額
       種類           売出数(株)
                                 (円)
                                           住所及び氏名又は名称
             入札方式のうち入札
       ―                     ―        ―           ―
             による売出し
             入札方式のうち入札
       ―                     ―        ―           ―
             によらない売出し
                                      東京都中央区日本橋茅場町一丁目5番8号
             ブックビルディング
    普通株式                      69,000      114,540,000
                                      いちよし証券株式会社                 69,000   株
             方式
    計(総売出株式)             ―         69,000      114,540,000                ―

     (注)   1.オーバーアロットメントによる売出しは、本募集並びに引受人の買取引受による売出しに伴い、その需要状
         況を勘案し、いちよし証券株式会社が行う売出しであります。したがってオーバーアロットメントによる売
         出しに係る売出株式数は上限株式数を示したものであり、需要状況により減少若しくは中止される場合があ
         ります。
       2.オーバーアロットメントによる売出しに関連して、いちよし証券株式会社は、東京証券取引所においてオー
         バーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とする当社普通株式の買付け(以下「シンジケー
         トカバー取引」という。)を行う場合があります。
         なお、その内容については、「募集又は売出しに関する特別記載事項 2.グリーンシューオプションとシ
         ンジケートカバー取引について」をご参照下さい。
       3.上場前の売出しを行うに際しての手続き等は、取引所の有価証券上場規程施行規則により規定されておりま
         す。
       4.「第1 募集要項」における新株式発行及び自己株式の処分を中止した場合には、オーバーアロットメント
         による売出しも中止いたします。
       5.売出価額の総額は、有価証券届出書提出時における想定売出価格(                                1,660   円)で算出した見込額であります。
       6.振替機関の名称及び住所は、「第1 募集要項 1 新規発行株式」の(注)4.に記載した振替機関と同一
         であります。
                                  9/147












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【売出しの条件(オーバーアロットメントによる売出し)】
     (1)  【入札方式】
      ①  【入札による売出し】
        該当事項はありません。
      ②  【入札によらない売出し】

        該当事項はありません。
     (2)  【ブックビルディング方式】

                  申込株数                         引受人の住所及び         元引受契約

    売出価格                  申込証拠金
           申込期間                     申込受付場所
     (円)                   (円)
                  単位(株)                          氏名又は名称         の内容
          自 2021年
     未定     4月14日(水)              未定     いちよし証券株式会社の
                    100                          ―        ―
    (注)1.      至 2021年             (注)1.      本店及び全国各支店
          4月19日(月)
     (注)   1.売出価格及び申込証拠金については、引受人の買取引受による売出しにおける売出価格及び申込証拠金とそ
         れぞれ同一とし、売出価格決定日(2021年4月13日)に決定する予定であります。ただし、申込証拠金には、
         利息をつけません。
       2.株式受渡期日は、引受人の買取引受による売出しにおける株式受渡期日と同じ上場(売買開始)日の予定であ
         ります。オーバーアロットメントによる売出しに係る株式は、機構の「株式等の振替に関する業務規程」に
         従い、機構にて取扱いますので、上場(売買開始)日から売買を行うことができます。なお、オーバーアロッ
         トメントによる売出しに係る株券は、発行されません。
       3.申込みの方法は、申込期間内に上記申込受付場所へ申込証拠金を添えて申込みをするものといたします。
       4.いちよし証券株式会社の販売方針は、「第2 売出要項 2 売出しの条件(引受人の買取引受による売出
         し) (2)     ブックビルディング方式」の(注)7.に記載した販売方針と同様であります。
                                 10/147












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    【募集又は売出しに関する特別記載事項】
    1.東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場について

      当社は、「第1 募集要項」における新規発行株式及び「第2 売出要項」における売出株式を含む当社普通株式
     について、いちよし証券株式会社を主幹事会社として、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)への上場を予定
     しております。
    2.  グリーンシューオプションとシンジケートカバー取引について

      オーバーアロットメントによる売出しの対象となる当社普通株式は、オーバーアロットメントによる売出しのため
     に、主幹事会社が当社株主である小林康裕(以下「貸株人」という。)より借入れる株式であります。これに関連し
     て、主幹事会社は、69,000株を上限として貸株人より追加的に当社株式を取得する権利(以下「グリーンシューオプ
     ション」という。)を、2021年5月17日を行使期限として貸株人より付与される予定であります                                            。
      また、主幹事会社は、2021年4月22日から2021年5月13日までの間、貸株人から借入れる株式の返却を目的とし
     て、東京証券取引所においてオーバーアロットメントによる売出しに係る売出株式数を上限とするシンジケートカ
     バー取引を行う場合があります。
      主幹事会社は、上記シンジケートカバー取引により取得した株式について、当該株式数については、グリーン
     シューオプションを行使しない予定であります。また、シンジケートカバー取引期間内においても、主幹事会社の判
     断でシンジケートカバー取引を全く行わないか若しくは上限株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終
     了させる場合があります。
    3.ロックアップについて

      本募集並びに引受人の買取引受による売出しに関連して、当社株主であり当社取締役である橋本光伸及び荒池和史
     並びに当社株主であり当社執行役員である今泉陽介並びに当社株主であり売出人かつ貸株人である小林康裕並びに当
     社株主であり売出人かつ当社取締役である原島茂雄、藤元拓志及び中川達也並びに当社株主であり売出人かつ当社従
     業員である村上直並びに当社株主であり売出人である株式会社エイジェック及び葛山博志並びに当社株主である株式
     会社エムスリードリームインベスター及び株式会社TRMブラザーズは、主幹事会社に対し、元引受契約締結日から上場
     (売買開始)日(当日を含む)後90日目の2021年7月20日までの期間(以下「ロックアップ期間」という。)中、主
     幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式の売却(ただし、引受人の買取引受による売出し、オーバーア
     ロットメントによる売出しのために当社普通株式を貸し渡すこと、グリーンシューオプションの対象となる当社普通
     株式を主幹事会社が取得すること及びその売却価格が「第1 募集要項」における発行価格の1.5                                             倍以上であって、主
     幹事会社を通して行う東京証券取引所での売却等は除く。)等は行わない旨合意しております。
      また、   当社の株主であり取締役かつ新株予約権を保有する荒池和史、及び当社の株主であり取締役かつ売出人かつ
     新株予約権を保有する中川達也及び当社の株主であり執行役員かつ新株予約権を保有する今泉陽介は、主幹事会社に
     対し、ロックアップ期間中、主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社新株予約権及び新株予約権の行使に
     より取得した当社株式の売却等は行わない旨合意しております。
      さらに、当社は主幹事会社に対し、ロックアップ期間中は主幹事会社の事前の書面による同意なしには、当社株式
     の発行、当社株式に転換若しくは交換される有価証券の発行または当社株式を取得若しくは受領する権利を付与され
     た有価証券の発行(ただし、本募集、株式分割及びストックオプションとしての新株予約権の発行等を除く。)等を
     行わない旨合意しております。
      なお、上記のいずれの場合においても、主幹事会社はロックアップ期間中であってもその裁量で当該合意の内容を
     一部若しくは全部につき解除できる権限を有しております。
      上記の   ほか、当社は、取引所の定める有価証券上場規程施行規則の規定に基づき、上場前の第三者割当等による募
     集株式等の割当等に関し、割当を受けた者との間に継続所有等の確約を行っております。その内容については、「第
     四部 株式公開情報 第2 第三者割当等の概況」をご参照下さい。
                                 11/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【その他の記載事項】
     新株式発行及び自己株式処分並びに株式売出届出目論見書に記載しようとする事項

     (1)  表紙に当社のロゴマーク

                                  を記載いたします。
     (2)  裏表紙に当社のロゴマーク

                                                 を記載いたします。
     (3)  表紙の次に     「Our   Vision」~「業績等の推移」             をカラー印刷したものを記載いたします。

                                 12/147
















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 13/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 14/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 15/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 16/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 17/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 18/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                 19/147





















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第二部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

     (1)  連結経営指標等
              回次              第20期       第21期
             決算年月              2019年9月       2020年9月

    売上高                   (千円)     1,132,272       1,427,555

    経常利益                   (千円)       19,674      173,652

    親会社株主に帰属する当期純利益                   (千円)       8,027      116,650

    包括利益                   (千円)       7,512      116,460

    純資産額                   (千円)      156,427       211,887

    総資産額                   (千円)      830,897       982,064

    1株当たり純資産額                   (円)       66.85       95.53

    1株当たり当期純利益                   (円)       3.43      50.24

    潜在株式調整後1株当たり当期純利益                   (円)        -       -

    自己資本比率                   (%)       18.83       21.58

    自己資本利益率                   (%)       5.26      63.34

    株価収益率                   (倍)        -       -

    営業活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)       11,169      233,185

    投資活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)      △ 10,910     △ 156,164

    財務活動によるキャッシュ・フロー                   (千円)       35,444       80,842

    現金及び現金同等物の期末残高                   (千円)      318,783       476,458

    従業員数                            69       78
                        (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                           ( 43 )     ( 42 )
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
       4.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
         向者を含む。)であり、臨時雇用者数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含
         む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
       5.第20期及び第21期の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」
         (1976年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽
         有限責任監査法人の監査を受けております。
       6.当社は、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割
         合で株式分割を行っております。第20期の期首に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額及
         び1株当たり当期純利益を算定しております。
                                 20/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  提出会社の経営指標等
             回次             第17期      第18期      第19期       第20期      第21期
            決算年月             2016年9月      2017年9月      2018年9月       2019年9月      2020年9月

    売上高                 (千円)     1,035,595      1,177,553      1,020,213       1,077,844      1,326,165

    経常利益                 (千円)       22,877      37,315      59,457       49,041      164,497

    当期純利益                 (千円)       28,170      27,377      55,088       37,925      117,428

    資本金                 (千円)       47,560      47,560      47,560       47,560      47,560

    発行済株式総数                 (株)       6,020      6,020      6,020       6,020    1,204,000

    純資産額                 (千円)       95,498      117,266      172,354       210,279      266,708

    総資産額                 (千円)      543,734      557,608      628,715       877,483     1,018,280

    1株当たり純資産額                 (円)     15,863.57      20,045.55      29,462.36         89.86      120.25

    1株当たり配当額                         -      -      -      -      -
                      (円)
    (うち1株当たり中間配当額)                         ( -)      ( -)      ( -)      ( -)      ( -)
    1株当たり当期純利益                 (円)     4,810.56      4,652.55      9,416.82        16.21      50.58
    潜在株式調整後1株当たり当期純
                      (円)        -      -      -      -      -
    利益
    自己資本比率                 (%)       17.56      21.03      27.41       23.96      26.19
    自己資本利益率                 (%)       36.22      25.74      38.04       19.82      49.24
    株価収益率                 (倍)        -      -      -      -      -

    配当性向                 (%)        -      -      -      -      -

    従業員数                         81      79      64      67      73
                      (人)
    (外、平均臨時雇用者数)                         ( 40 )     ( 45 )     ( 50 )     ( 42 )     ( 42 )
     (注)   1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であ
         り、期中平均株価が把握できないため、記載しておりません。
       3.株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
       4.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
         者数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含む。)は、最近1年間の平均人員を
         ( )外数で記載しております。
       5.1株当たり配当額及び配当性向については、配当を実施していないため記載しておりません。
       6.第20期及び第21期の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年
         大蔵省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、太陽有限責任
         監査法人により監査を受けておりますが、第17期、第18期及び第19期の財務諸表については、「会社計算規
         則」(2006年法務省令第13号)の規定に基づき各数値を算出しており、金融商品取引法第193条の2第1項の
         規定に基づく、太陽有限責任監査法人の監査を受けておりません。
       7.当社は、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株割合
         で株式分割を行っておりますが、第20期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額及
         び1株当たり当期純利益を算定しております。
       8.当社は、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割
         合で株式分割を行っております。
         そこで、東京証券取引所自主規制法人(現 日本取引所自主規制法人)の引受担当者宛通知「『新規上場申請
         のための有価証券報告書(Ⅰの部)』の作成上の留意点について」(2012年8月21日付東証上審第133号)に基
         づき、第17期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して算出した場合の1株当たり指標の推移を参考まで
         に掲げると、以下のとおりとなります。
         なお、第17期、第18期及び第19期の数値(1株当たり配当額についてはすべての数値)については、太陽有限
         責任監査法人の監査を受けておりません。
                                 21/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
             回次             第17期      第18期      第19期       第20期      第21期

            決算年月             2016年9月      2017年9月      2018年9月       2019年9月      2020年9月

    1株当たり純資産額                 (円)       39.66      50.11      73.66       89.86      120.25

    1株当たり当期純利益                 (円)       12.03      11.63      23.54       16.21      50.58

    潜在株式調整後1株当たり当期純
                      (円)        -      -      -      -      -
    利益
    1株当たり配当額                         -      -      -      -      -
                      (円)
    (うち1株当たり中間配当額)                         (-)      (-)      (-)       (-)      (-)
                                 22/147

















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【沿革】
       2000年10月       東京都港区赤坂において            マーケティング支援事業            を目的として、有限会社メディアインタラク
              ティブ(資本金3,000千円)を設立
       2002年9月       株式会社メディアインタラクティブに組織変更
       2005年12月       本社を東京都渋谷区桜丘町に移転
       2006年12月       マーケティングプラットフォーム「アイリサーチ」のサービス提供を開始
       2007年4月       本社を東京都渋谷区渋谷二丁目に移転
       2010年4月       本社を東京都渋谷区渋谷三丁目に移転
       2011年11月       沖縄県石垣市にマーケティングセンター「石垣マーケティングラボ」を開設
       2012年4月       株式会社ネオマーケティングに商号変更
       2012年6月       データ蓄積とデータマーケティングを運営する子会社としてテレビウォッチャー株式会社(現パ
              イルアップ株式会社)を設立
       2012年10月       テレビウォッチャー株式会社をデータニュース株式会社に商号変更
       2013年8月       本社を東京都渋谷区南平台町に移転
       2014年6月       中華人民共和国香港特別行政区にNeo                 Marketing     Asia   LIMITEDを開設
       2015年4月       スマホ向けアンケートアプリ「アイリサーチforスマートフォン」のサービス提供を開始
       2015年5月       沖縄県那覇市にマーケティングセンター「沖縄なはマーケティングラボ」を開設
       2015年11月       BtoBマーケティング支援事業を展開する株式会社セールスサポートの全株式を取得し子会社化
       2017年7月       兵庫県三田市に関西オフィスを開設
       2018年10月       大阪府大阪市中央区に大阪営業所を開設
       2019年1月       宮城県仙台市青葉区に仙台営業所を開設
       2019年2月       データニュース株式会社をパイルアップ株式会社に商号変更
       2021年2月       Neo  Marketing     Asia   LIMITEDの清算結了
                                 23/147












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【事業の内容】
      当社グループは、「人と企業の架け橋となる価値ある情報サービスを提供し、人々の生活向上と社会発展に貢献す
     る」という経営理念のもと、マーケティング支援事業を行っております。「生活者起点のマーケティング支援」とい
     うコンセプトのもとに挑戦し続けてきたことにより、マーケティング領域におけるノウハウ、経験、データを蓄積し
     てまいりました       。
      当社グループは、当社と連結子会社3社(株式会社セールスサポート、パイルアップ株式会社、NEO                                                MARKETING
     ASIA   LIMITED)で構成されております               。
      当社グループはクライアント企業のマーケティングプロセスを4つのプロセスに分けて考察したうえでサービスを提
     供しております。マーケティングプロセスとは一般的に企業が市場調査を実施し、市場調査結果を基に商品を開発
     し、開発した商品を宣伝し、宣伝効果や効果の結果もたらされた売上等の成果を検証していくという一連のプロセス
     のことを指します。
      それぞれのプロセスごとに適切なマーケティング施策を、各サービスと対応するかたちで考案した、独自の「マー
     ケティングフレームワーク4K」を開発しております。独自フレームワークを活用してクライアント企業のマーケ
     ティングプロセス全般に渡って、一気通貫でサービス提供出来ることを特長としています                                         。
      [独自のマーケティングフレームワーク4K]

      「 4K  」とは、生活者インサイトの発見(カクシン)から商品開発(カイハツ)、販売促進(カイタク)から各施策の改







     善(カイゼン)までを指します。
      クライアント企業は、当社のインサイトドリブン(定性調査を核としたイノベーション創造マーケティング)やカ
     スタマードリブン(定量調査を核とした顧客起点マーケティング)といったマーケティングサービスによって、商品
     やサービスを開発します。商品やサービスが市場に上市された後は、当社はデジタルマーケティングやPRでプロ
     モーションし、カスタマーサクセスによって顧客のクライアント企業に対するロイヤリティを高めるよう、支援しま
     す。一連のマーケティングプロセス全般に渡って、クライアント企業に寄り添い、マーケティング活動を統合的に支
     援出来る体制を構築しております。創業以来累計で約2,000社強の取引実績があるため、新規顧客からの売上に加え
     て、既存顧客に対するクロスセル(複数サービスの提供)・アップセル(案件単価増大)にも努めております                                                。
      一連のマーケティングプロセスの中で実施されるそれぞれの施策を、生活者起点で実行していくことも大きな特長
     の一つです。生活者起点とは「生活者にとって必要な商品やサービスとは」、「生活者にとって好ましいコミュニ
     ケーションとは」、「生活者にとって必要な情報とは」、といった視点を最重要視し、その視点をマーケティング戦
     略に反映していくことです            。
      この「生活者起点のマーケティング支援」を実現するためのインフラとして独自のマーケティングプラットフォー
     ムを運営しております。当社独自で運営する生活者パネル(※)「アイリサーチ」は55万人(2020年10月時点)の登録
     者があり、自宅に居ながらご自身のPCやタブレット、スマートフォンを使用して企業からのマーケティング上のタス
     ク依頼に応えることで報酬を得られる仕組みを構築しております。『アイリサーチ』は全登録者における性別・年
     齢・居住地といった属性情報の比率が、インターネット人口における比率に近似することに配慮して構成された生活
                                 24/147

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     者パネルであり、属性の偏りを極力排除したパネル構成となるよう努めております。提携会社とのパネル連携によ
     り、のべ1,983万人以上(2020年10月時点)の生活者パネルを活用することが可能となっております。
      生活者パネルの情報を収集し分析することで得られるデータを基に、一連のマーケティングサービスを「マーケ
     ティングフレームワーク4K」に基づいて提供しております。『アイリサーチ』は当社が生活者起点のマーケティン
     グ支援事業を展開するうえで基礎となるサービスインフラとなっております。デモグラフィック情報(年齢、収入、
     職業)やジオグラフィック情報(住居、勤務地)を基にデータベースから案件ごとに必要となるマーケティング対象
     者を抽出出来る点が特長です。例えば、埼玉県在住で年収500万円の男性看護師といった条件で対象者を抽出すること
     が可能です     。
      これらの強みを最大限に活かし、お客様の課題を本質的に解決し、お客様の事業を成功に導くためのサービスを開
     発し続けることによって、世の中に良い商品や素晴らしいサービスが溢れ、企業は成功し、人々の生活が豊かになる
     社会を実現していくことを目指しております                    。
      当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略しております
     が、個別サービスを整理し以下のとおり記載いたします。
      ※ 生活者パネルとは、企業が実施する市場調査等のマーケティング活動に協力することに承諾し登録された、一般
       消費者のパネルネットワークです。登録者には協力した度合いに応じて企業から謝礼が支払われます。
     (1)  カスタマードリブン

       生活者パネルから収集した定量的データを数値化し分析する、定量調査を核とした顧客起点マーケティングで
      す。
       特長はマーケティング施策に実効性高く活用できるよう顧客を分類(優良顧客・一般顧客・離反顧客・非購入者・
      非認知者)し、顧客が商品やサービスを知ってから最終的に購買するまでの行動・思考・感情等(カスタマージャー
      ニー)を解析することにより、顧客起点のプロモーション施策の戦略立案・実行後の検証までを                                             クライアントに提
      供出来る点です       。
       当社のサービスは何れも生活者の情報を収集し、生活者の理解をベースにマーケティング戦略を立案しておりま
      すが、この定量調査を核としたサービスを特に「カスタマードリブン」と呼んでおります。
     (2)  インサイトドリブン

       生活者パネルの中から最適な対象者を抽出し、インタビューや行動観察(実際に商品を使用している姿の観察)
      を実施することで、数値では計測出来ない潜在的な意識を明らかにします。定性調査を核とした、生活者自身が気
      づいていない意識下に存在している人を動かす隠れた心理(インサイト)を発見するのに適したマーケティング
      サービスです      。
       特徴的な事例としては、ユーザー自身も気づいていない本質的なニーズの発見やイノベーションを引き出すため
      に、仮説や検証を重視する実験的思考法をベースとし、エクストリームユーザー(極端な消費者)の行動観察調査
      を実施します。これによりインサイトを発見し、発見したインサイトを起点に当社グループでアイデア・コンセプ
      ト、プロトタイプまで創り上げクライアントに提案をするといったものがあります。
     (3)  デジタルマーケティング

       デジタルマーケティング戦略設計にあたり、生活者に対する理解をベースにWeb広告に関する戦略立案から作成、
      運用、効果検証まで一貫してデジタルを通じた生活者との対話を設計・実行するサービスです。当社グループのメ
      イン顧客層である製造業にはD2C(自ら企画生産した製品を生活者にダイレクトに販売する手法)支援サービスとし
      て、世界で最も利用されているECプラットフォームであるShopifyを利用し、クライアントに代わって当社グループ
      でECサイトの構築から集客・運用まで一気通貫で支援しております                               。
     (4)  PR

       認知拡大・ブランディングを目的としたPR支援サービスです。特徴的な事例としては、Evoked                                            Set(※)    を指標と
      し、クライアントの目指すあるべきブランド像や世界観を、当社グループでメディアリリースを作成し、カスタ
      マードリブンサービスによって明確化したターゲットに対して、ニュースや記事を通じて届けるといったものがあ
      ります。
       ※ Evoked    Setとは消費者が購買行動の前に購入検討の対象として頭の中に思い出すブランドの組み合わせのこ
        と。
                                 25/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  カスタマーサクセス

       クライアント企業の顧客を成功させる為に、クライアントが提供している商品やサービスの価値を最大限に引き
      出せるよう支援するサービスです。購入・契約後の顧客にさまざまな方法で働きかけ関与することにより、商品や
      サービスを使って顧客が実現したいことを支援します。解約率の低減、リピート率の向上、アップセル、好意的な
      クチコミの醸成といった、クライアントが求める成果を実現するための戦略を立案し施策を実行するサービスで
      す 。
       沖縄県那覇市と沖縄県石垣市にカスタマーサクセスセンターの拠点を設けており、電話・メールによる顧客対応
      はもちろん、AIチャットボットの品質評価やサブスクリプションモデルの課金ユーザー離脱防止プログラムにも対
      応しております       。
     (6)  BtoBマーケティング支援サービス

       累計導入企業数約50,000社の企業リスト収集ツール「Urizo」を提供し、企業間のマーケティング活動や営業活動
      の支援を行っております。クライアントからは、他社と比べて使いやすい操作性、費用対効果、長期間のサービス
      提供による信頼感から支持されており、企業への新規アプローチやリード獲得を強力に支援する自社独自開発ツー
      ルです   。
       「Urizo」は、ソフトウェアを提供するSaaS型(※)、月額課金のサブスクリプションモデル、法人顧客を対象とし
      たBtoBのサービスモデルを特徴としております。
       ※ SaaS型とは、従来のソフトウェアのようにパッケージとして販売するのではなく、ソフトウェアの機能をイン
        ターネット上でサービスとして提供する販売形態です                         。
     (7)  クラウドソーシング

       人を活用したクラウドソーシング(※)やマーケティングサポートを提供するために、当社が運営する会員組織の
      プラットフォーム『SOLPANEL(ソルパネ)』(2020年10月現在約6,000名)を利用して不特定多数の人に業務を依頼
      することができる仕組みを構築しております                    。
       ※クラウドソーシングとは、インターネットを介して不特定多数の人々に業務を委託するアウトソーシングの一
        種です   。
      [事業系統図]

                                 26/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【関係会社の状況】
                                        議決権の所
                           資本金      主要な事業       有割合又は
          名称           住所                             関係内容
                           (千円)       の内容      被所有割合
                                         (%)
    (連結子会社)
                                              資金援助:あり
                                              役員の兼任:あり
    パイルアップ株式会社                           マーケティング               営業上の取引:あり
                  東京都渋谷区          8,000                100
    (注)2                           支援事業               当社で運営している
                                              マーケティングプラッ
                                              トフォームを一部共有
                                              資金援助:なし
                                              役員の兼任:あり
                                              営業上の取引:あり
                                マーケティング
    株式会社セールスサポート              東京都渋谷区          1,500                100   当社のWebマーケティ
                                支援事業
                                              ングサービスの販売及
                                              び当社からリスト収集
                                              の業務委託
    NEO  MARKETING     ASIA
                                              資金援助:なし
                  中華人民共和国           150   マーケティング
                                           100   役員の兼任:あり
    LIMITED
                  香港特別行政区        千米ドル     支援事業
                                              営業上の取引:なし
    (注)2,4
     (注)   1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。
       2.特定子会社であります。
       3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
       4.NEO    MARKETING     ASIA   LIMITEDは、      2021年2月19日をもって清算結了しております                     。
                                 27/147













                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    5  【従業員の状況】
     (1)  連結会社の状況
                                               2021年2月28日現在
             セグメントの名称                            従業員数(人)
    マーケティング支援事業                                          80   ( 51 )

                合計                               80   ( 51 )

     (注)   1.従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出
         向者を含む。)であり、臨時雇用者数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含
         む。)は、最近1年間の平均人員を( )外数で記載しております。
       2.当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであります。
     (2)  提出会社の状況

                                               2021年2月28日現在
       従業員数(人)             平均年齢(歳)            平均勤続年数(年)             平均年間給与(円)
            75 ( 51 )             34.22              4.54           4,666,468

             セグメントの名称                            従業員数(人)

    マーケティング支援事業                                          75   ( 51 )

                合計                               75   ( 51 )

     (注)   1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用
         者数(契約社員、パートタイマー、人材会社からの派遣社員、季節工を含む。)は、最近1年間の平均人員を
         ( )外数で記載しております。
       2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
       3.当社は、マーケティング支援事業の単一セグメントであります。
     (3)  労働組合の状況

       当社グループにおいて労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。
                                 28/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第2   【事業の状況】
    1  【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】

      文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
     (1)  経営方針

       当社グループは、以下の経営理念・ビジョン・アイデンティティ・事業コンセプトを策定し全従業員で共有して
      おります。
    経営理念         人と企業の架け橋となる価値ある情報サービスを提供し、人々の生活向上と社会発展に貢献する

             Make   everyone     Wonderful

    VISION
             私たちは人の心を満たす商品・サービスがあふれる社会を目指している
             Professional       team   for  client    success
    IDENTITY
             私たちは生活者の喜びのために顧客を成功に導くプロフェッショナル集団である
             Customer     driven    marketing
    CONCEPT
             生活者起点のマーケティング支援会社
       当社グループは、「人と企業の架け橋となる価値ある情報サービスを提供し、人々の生活向上と社会発展に貢献

      する」を経営理念に掲げ、会社を永続的に存在させ、顧客と社会に貢献出来る組織として成長し続けることを主題
      に置いております。お客様の課題を本質的に解決し、お客様の事業を成功に導くためのサービスを開発し続けるこ
      とによって、世の中に良い商品や素晴らしいサービスが溢れ、企業は成功し、人々の生活が豊かになる社会を実現
      していくことを目指しております。現代の成熟社会では商品やサービスを開発する際に優位な差別化が困難になっ
      ておりますが、お客様と共にイノベーションを共創できるよう新規事業開発を行っております。
     (2)  経営戦略等

       当社グループは、クライアントのマーケティングプロセスを一気通貫でサポート出来るサービス体制の強化と優
      良な地方企業の開拓を積極的に行っていくことを中期経営計画(2021年9月期~2023年9月期)として掲げておりま
      す 。
       中期経営計画では、計画1期目の売上目標を2021年9月期18.2億円としており、達成するために次の3つの活動に
      注力することを基本的な戦略としております                    。
       (基本戦略)
      ① マーケティングコンサルタントの増加
        当社グループにとってマーケティングコンサルタントを安定的・継続的に採用し育成していくことが、顧客企
       業に手厚いサポートを実施出来る体制を構築するうえで大きな課題となります。
        当社グループでは、人材こそ最重要の経営リソースと位置付け、新卒・中途を問わず採用から教育、エンゲー
       ジメント向上まで一貫した施策を実行しておりますが、一連のプロセスをブラッシュアップし、さらなる競争優
       位性を獲得してまいります。
      ② 顧客数の増大
        定期的なウェブセミナーを開催し参加者へのアプローチ、自主調査結果・ホワイトペーパーをダウンロードい
       ただいた見込客への提案、インサイドセールスの強化、Evoked                              Setメディア(※)運営を通じての情報発信等の集
       客施策を実施し問い合わせや引き合いを増加させるとともに、顧客数を増大してまいります。
        また、地方拠点の設置も視野に入れた営業活動により、優良な地方企業の開拓を積極的に行ってまいります。
        ※  消費者が商品やサービスを購入する前に検討の対象として頭の中に想起するブランドの組み合わせについ
         て、調査結果を掲載しているウェブサイト。
      ③ 顧客単価の増大。
        当社の戦略はマーケティングプロセスの開始地点である、生活者インサイトの発見において顧客企業と接点を
       持ち、取引がスタートした後は、商品開発やプロモーション・効果測定といった後に続く工程においても顧客企
       業と伴走し、顧客1社あたりの取引単価を最大化していくことにあります。それを実現するために、当社グルー
       プの営業担当となるマーケティングコンサルタントがクライアントとの窓口となり、クライアントが抱えるマー
       ケティング課題に対し、当社が独自に開発した『マーケティングフレームワーク4K』に基づいて最適な解決策
                                 29/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       を提案しております。一人のマーケティングコンサルタントが複数のクライアントを担当し、クライアントごと
       に最適なマーケティング支援サービスを提案できることが強みであるため、「マーケティングフレームワーク4
       K」  の教育を徹底し、提案機会を創出することで取引量を増加させてまいります                                   。
     (3)  経営環境

       近年とみに、生活者の趣味嗜好やライフスタイルの複雑化、多様化がすすみ、さらにウイルスと共生していく
      Withコロナ時代に突入したことにより生活者意識や購買行動が大きく変化しております。それに伴い流行や商品サ
      イクル・サービスサイクルの短命化に拍車がかかっております。企業活動においても製品開発、価格・コンセプト
      決定、チャネル構築、販売促進というあらゆるフェーズで戦略を策定しにくい環境になっており、生活者のニーズ
      やインサイトを的確に捉え、売れる商品、成功するサービスを生み出すことが難しくなってきていると当社は考え
      ております。変化が激しく不確実性の高い時代であるからこそ、当社グループに期待される使命や役割はより一層
      大きなものになりマーケティングサービスへの需要は拡大していくと考えております                                       。
       当社グループの主なサービスが該当するデジタルマーケティング業界、マーケティングリサーチ業界、PR業界は
      いずれも市場が成長基調にあり、とりわけデジタルマーケティング業界はデジタル化の推進やD2C(自ら企画生産し
      た製品を生活者にダイレクトに販売する手法)の普及に伴って大きな成長が見込まれる市場となっています。当社
      は成長市場に属する各サービスを、独自の「マーケティングフレームワーク4K」に基づいて一気通貫で提供可能
      な点が特長となっております。この優位性を活かして2,000社超の既存顧客基盤に対して当該サービス提供を加速し
      顧客単価を増大してまいります              。
     (4)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

       当社グループは、高い成長性及び収益性を確保する観点から、売上高営業利益率とROEを重要な経営指標としてお
      りました。     今後は、より高い成長性及び収益性を確保する観点から、「顧客数」「顧客単価」「マーケティングコ
      ンサルタント人員数」を重要な経営指標とし引き続き事業を推進してまいります。
     (5)  優先的に対処すべき         事業上及び財務上の対処すべき課題

       当社グループは、顧客単価の増大・顧客数の増大・マーケティングコンサルタントの増加の3つの活動に注力す
      ることを基本的な経営戦略としており、変化の激しい経営環境のなかで常に新しいマーケティングソリューション
      を産み出し続けることによって着実に成長を続けております。今後も、顧客と共にイノベーションを創造し価値あ
      る情報サービスを提供することにより事業規模の拡大を推進するためには、この3つの基本的な経営戦略を優先的
      に対処すべき事業上の課題とし、以下のとおり重点的に対処してまいります                                   。
      ①   顧客単価の増大
        顧客最優先と品質至上を徹底し、信頼性を高め、価値ある製品とサービスを提供します。具体的には、社会が
       急激にデジタルトランスフォーメーションに舵を切り、インフラやデバイスの技術革新が激しい環境の中で、継
       続的に価値ある製品とサービスを提供し続けるためには、新技術の有用性の見極めと適時の対応を行うことが重
       要であると考えております。当社グループは、次々と登場する新技術やデバイスを吟味し応用していくことが重
       要であると認識し、必要な対応や積極的な投資を行ってまいります。
      ②   顧客数の増大
        当社グループが、安定的に新規取引先を増やし成長していくためには、当社グループが見込顧客と接点を持つ
       きっかけとして、お問い合わせをしていただくための導線や仕掛けの構築を含めた自社のマーケティング活動が
       新規顧客獲得のための重要なファクターになります。自社メディアを活用した導線強化や見込顧客を顧客化して
       いく仕組みの構築に取り組んでまいります                   。
        また、当社グループが見込顧客から指名されて業務を委託いただく、あるいは企画コンペティションに参加す
       る確率を上げるためには、知名度を相当程度向上させていく必要があると認識しております。自社の強みを明確
       化しブランディングと知名度を向上すべく取り組んでまいります。
      ③   マーケティングコンサルタントの増加
        当社グループの成長には、質の高い提案を行うことができるマーケティングコンサルトの増加が重要となりま
       すが、当社グループが提供するサービスについての知識やノウハウを吸収し、顧客に対する提案力を向上させて
       いくためには相当程度の時間を要することが課題となっております。そのため、当社グループの提供するサービ
       スに適応力の高い優秀な人材を採用するため、求人媒体による採用活動だけではなくリファラル採用や人材紹介
       会社からの紹介による採用にも積極的に取り組んでまいります。また、採用した人材をいちはやく戦力化するた
       めの社内教育体制の構築に取り組んでまいります                      。
                                 30/147

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        当社グループは、優先的に対処すべき財務上の課題として、資本コストを上回る高い自己資本利益率(ROE)の実

       現と、安定的かつ継続的な株主還元の充実を目指すため、以下のとおり重点的に対処してまいります                                              。
       ① 収益性の向上
         事業上の重点経営課題への取組みを積極的に推進する中で、必要な設備投資・システム投資については積極
        的に実施する一方で、グループ全社を挙げて、合理化・効率化等によるコスト削減に取組み、収益性の向上を
        図ってまいります        。
       ② 財務基盤の強化
         売掛金の回収促進により必要運転資金の最小化を図るとともに、投資効率の更なる向上に努めることで資産
        効率を高め、財務基盤の強化を図ってまいります。
                                 31/147

















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【事業等のリスク】
      当社グループの事業展開上のリスク要因となる可能性があると考えられる事項を以下に記載しております。投資者
     の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項には、投資者に対する積極的な情報開示の観点から開示しておりま
     す。当社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める方
     針であります。なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将
     来において発生の蓋然性がある全てのリスクを網羅的に記載しているものではありません。また、当該リスクが顕在
     化する可能性の程度や時期、顕在化した場合に当社グループの事業、業績及び財務状況に与える影響につきまして
     は、合理的に予見することが困難であるため、記載しておりません。
     (1)  事業運営上のリスク

      ① 人材の確保と維持について
        当社グループは、業容の拡大に伴って各分野における一定水準以上の専門知識やスキルを有する                                             マーケティン
       グコンサルタントを         確保していくことが重要だと考えております。もっとも必要な人材の確保が計画どおりに進
       まない場合や、重要な人材が退職した場合には、競争力が低下したり事業拡大に制約がかかる可能性があり、そ
       の結果、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。そこで、当社グループでは、新卒採用
       だけでなくリファラル採用や中途採用を積極的に進めるとともに、社内公募による上級職への挑戦や他部署への
       異動等、既存の従業員に対しても新たなチャレンジの機会を提供し、従業員のモチベーション・満足度を高める
       施策を実施しております。
        なお、当社グループでは、事業の競争優位性を維持するため、人材の教育に時間と費用をかけて取り組んでい
       るため、現時点でリスクが顕在化する可能性は低いと考えておりますが、短期間に複数名のマーケティングコン
       サルタントの退職が発生した場合は、一時的に人材の確保や中途入社のマーケティングコンサルタントの教育効
       果が十分に出ず、売上及び売上総利益の減少により当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す 。
      ② 生活者パネルを確保できないリスクについて

        当社グループでは、自社開発のアイリサーチのサイトを用いて生活者パネルを確保しております。現時点で
       は、一定数の生活者パネルの登録を維持できているためリスクが顕在化する可能性は低いと考えておりますが、
       今後も一定数の生活者パネルの登録を維持するためにはアイリサーチの競合となる他社サイトと同水準かそれ以
       上のポイントを付与する必要があり、競合となる他社サイトよりも優位性を示すことができなければ、生活者パ
       ネルの確保が進まず、一定数の生活者パネルの登録を維持が出来なくなる可能性があります。その結果、生活者
       パネルが不足し、案件を受注することができず、売上及び売上総利益の減少により当社グループの事業及び業績
       に影響を及ぼす可能性があります               。
        また、アイリサーチだけでは、生活者パネルを十分に確保できない場合、顧客へのサービス提供に必要な生活
       者パネルを複数のパートナー企業と連携しながら相互に調達する仕組みを構築しております。当社グループと協
       力関係にあるパートナー企業に不測の事態が生じまたは何らかの理由により連携が出来なくなった場合にも、顧
       客へのサービス提供基盤が脆弱になり生活者パネルが不足し、案件を受注することができず、売上及び売上総利
       益の減少により当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります                                    。
      ③ 新規事業について

        当社グループは事業規模の拡大及び収益基盤の強化のため、今後も新サービスや新規事業の展開に積極的に取
       り組んでまいります。もっとも、新サービスや新規事業への取り組みを開始してから安定的な収益を生み出すま
       でに通常であれば半年から1年程度を必要とし、かつ、その過程において人材の採用やシステム開発等の追加的
       投資が必要になります。
        また、新サービスや新規事業については、事業のレピュテーションリスクにも留意して組織横断的なリスクの
       洗い出し・評価・対応策の検討を行っております。
        現時点で、業績に影響を及ぼす新サービスや新規事業の計画がないことからリスクが顕在化する可能性は低い
       と考えておりますが、今後新サービスや新規事業が計画及び実施され、計画通りに進まない場合は見込んでいた
       売上高を計上できず、かつ、回収できなくなった投資額を損失に計上せざるを得なくなり、売上及び売上総利益
       の減少、特別損失の計上により当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります                                           。
                                 32/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④ M&Aに関するリスクについて
        当社グループは、成長戦略の一つとして、既存事業の関連分野におけるM&Aを検討・実施しております。                                                現時点
       で、業績に影響を及ぼすM&Aの計画がないことからリスクが顕在化する可能性は低いと考えておりますが、今後
       M&A  が実施され、その後における事業環境の急速な悪化や想定外の事態の発生等により、取得した事業の損益が当
       初の目標どおりに推移しない可能性、のれんの減損が必要になる等、特別損失の計上により当社グループの事業
       及び業績に影響を及ぼす可能性があります                   。
      ⑤ 季節変動要因について

        当社グループは、例年の傾向として多くの企業の決算月付近である2~3月に売上高が増加する傾向にあるた
       め、当社グループの売上高には一定の季節変動があります。2020年9月期には、第2四半期(2020年1月~3
       月)の売上構成比率は32.3%となっており、通期の業績に占める第2四半期会計期間の比重が他の四半期会計期
       間に比べ相対的に高くなっております。
        当社グループは、決算月の異なる顧客を含む幅広い顧客層の開拓に取り組み、年間を通じたサービスの平準化
       に努めておりますが、季節変動の傾向は現時点では解消されておりません。そのため、第2四半期累計期間の業
       績と同程度の利益等が第3四半期以降の6か月間で獲得できないリスクが顕在化する可能性は、前期実績と同程
       度は発生する可能性があります              。
        また、現状の取引実績ではリスクが顕在化する可能性は低いと考えておりますが、来期以降第2四半期会計期
       間において、顧客のマーケティング支援需要の低下や当社の営業活動阻害要因等が発生した場合は、売上及び売
       上総利益の減少により通期の業績に影響を与える可能性があります                               。
        なお、2020年9月期における四半期ごとの業績は次の通りです。
                                    2020年9月期
                             (2019年10月1日~2020年9月30日)
                   第1四半期                                   合計
                            第2四半期         第3四半期         第4四半期
                  (10~12月期)                                   (通期)
                          (1~3月期)        (4~6月期)        (7~9月期)
        売上高(千円)             336,221        461,336        287,539        342,458       1,427,555
        構成比(%)               23.6        32.3        20.1        24.0        100.0
      ⑥ 小規模組織であることについて

        当社グループの組織は小規模であり、内部管理体制も企業規模に応じたものとなっております。その結果、今
       後の成長に伴う事業規模の拡大によっては、適切かつ充分な組織対応ができない状況も想定されます。
        また、特定の人員に過度に依存しないよう、優秀な人材の確保及び育成により経営リスクの軽減に努め、今後
       の業容拡大を見据えて内部管理体制のさらなる充実を図る方針です。
      ⑦ 経済情勢について

        当社グループが行うマーケティング支援事業は、充分な検討を重ねた上で展開を図っておりますが、予期せぬ
       日本国内外の経済状況、各業界の動向、各企業の経営成績やマーケティング予算、広告代理店の広告取扱高の変
       動等による影響を受ける可能性があります。当社グループの売上の大部分を占める日本では、消費税率の増加や
       政府・日本銀行の政策・世界経済の動向等によって、個人消費の減速や企業活動の停滞が発生する可能性があ
       り、当社グループの顧客の商品・サービスの市場規模や活動が縮小し又は停滞する場合には、当社グループの
       サービスに対する需要が減退する等、当社グループの事業、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり
       ます。
        また、当社グループでは、今後の事業規模の拡大にあわせて、人件費が増加することが見込まれますが、人件
       費は固定費であることから、景気の変動等で急激に需要が縮小した場合は、結果として相対的に人件費の負担が
       増加し、当社グループの利益を損なう可能性があります。
     (2)  偶発的リスク

      ① システム障害に関するリスクについて
        当社グループの事業は、サービスの基盤をインターネット通信網に依存しております。そのため、大規模なシ
       ステム障害が発生した場合には、サービスの提供に支障をきたし、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす
       可能性があります。そこで、顧客へのサービス提供が妨げられるようなシステム障害の発生やサイバー攻撃によ
       るシステムダウン等の発生に備えて、稼働状況の監視等を実施しております。
                                 33/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ② 情報セキュリティ及び個人情報漏えいに関するリスクについて

        当社グループは「個人情報の保護に関する法律」における個人情報取扱事業者として同法の適用を受けており
       ます。現在、当社グループの主要なサービスの利用にあたっては会員登録を求めており、氏名、性別、年齢、居
       住地等の個人を特定出来る情報を取得しております。これらの情報の管理について、当社グループでは「プライ
       バシーマーク」及び「ISO27001」の認証を取得し、個人情報や機密情報の保護に最大限の注意を払い、法令並び
       に行政機関のガイドラインを遵守し、適切な管理を行っております。
        しかしながら、BOT型ウィルス(※)や不正な手段による外部からのシステムへの侵入、システムの瑕疵、役職員
       の過誤、自然災害等による情報流出の可能性は皆無とは言えず、情報が流出した場合には社会的信用の低下等に
       直面し当社グループの事業及び経営成績に影響を及ぼす可能性があります。このため、当社グループは、社内に
       専門組織を設置し、各種認証の取得や情報セキュリティ教育を推進するとともに、ビジネス基盤におけるセキュ
       リティ対策を随時実施し、情報管理体制の強化に努めております。
        ※ BOT型ウイルスとは、コンピュータを外部から遠隔操作するためのコンピュータウイルスです。
      ③ 新型コロナウイルス等の感染症に伴うリスクについて

        当社グループは、クライアントにマーケティング支援サービスを提供する企業として事業活動を継続し社会機
       能を維持する役割を果たすため、新型コロナウイルス感染症等に対応するための行動基準を整備しております。
        今般の新型コロナウイルス感染症への対応においては、迅速な情報収集と適切な対応に努めるとともに、従業
       員に対してはリモートワークの活用といった体制の整備を通じて感染防止に努めております。
        しかしながら、従業員やクライアントの罹患等により営業活動に制約が生じた場合、業績及び財政状態に影響
       を及ぼす可能性があります。
      ④ 自然災害等のリスクについて

        当社グループは全国の生活者パネルを組織化し、そこから収集した情報を活用していくことを事業の一つの柱
       としております。地震、火災等の自然災害や、戦争、テロ等により、当社グループにおいて人的被害または物的
       被害が生じた場合、または、外部通信インフラ、コンピュータネットワークに障害が生じた場合等の事由によっ
       て当社グループの業務の遂行に支障が生じた場合、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性がありま
       す。当社グループにおいては、自然災害等が発生した場合に備え、事業継続計画の策定等有事の際の対応策検討
       と準備を推進しておりますが、各種災害等の発生による影響を完全に防止できる保証はなく、各種災害等による
       物的、人的損害が甚大である場合には事業の継続自体が困難又は不可能となる可能性があります。
     (3)  その他のリスク

      ① 財務報告に係る内部統制に関するリスクについて
        当社グループは、財務報告の信頼性に係る内部統制の整備及び運用を重要な経営課題の一つとして位置づけ、
       グループを挙げて管理体制等の点検・改善等に継続的に取り組んでおります。しかし、内部統制報告制度のもと
       で当社グループの財務報告に係る内部統制に重要な不備が発見される可能性は否定できず、また、内部統制には
       本質的に内在する固有の限界があるため、今後、当社グループの財務報告に係る内部統制が有効に機能しなかっ
       た場合や財務報告に係る内部統制に重要な不備が発生した場合には、当社グループの財務報告の信頼性に影響が
       及ぶ可能性があります。
      ② 資金使途について

        上場時の公募増資等により調達した資金の使途については、充分な検討を重ねた上で主に当社グループ及び当
       社グループのサービスの知名度向上のための広告宣伝費、専門性の高い優秀な人材の確保に係る採用費及び人件
       費、マーケティングサービスの強化及びブラッシュアップのための投資等に充当する予定であります。しかしな
       がら、急激な経営環境の変化が生じ、当初の計画に沿って資金を使用した場合においても想定した投資効果が得
       られない可能性があります。
      ③ 知的財産権について

        当社グループによる第三者の知的財産権の侵害の可能性については、調査可能な範囲で対応を行っております
       が、当社グループの事業領域に関する第三者の知的財産権を完全かつ網羅的に把握する事は困難であり、認識せ
       ずに第三者の知的財産権を侵害してしまう可能性は否定できません。かかる事態が発生した場合には、損害賠償
                                 34/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       請求やロイヤリティの支払い要求等が行われることにより、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性
       があります。
      ④ 配当政策について

        当社は、設立以来配当を実施した実績はありませんが、株主に対する利益還元を重要な経営課題として認識し
       ております。しかしながら、当社は成長過程にあると考えており、内部留保の充実を図り、将来の事業展開及び
       経営体質の強化のための投資等に充当し、一層の事業拡大を目指すことが、株主に対する最大の利益還元につな
       がると考えております。将来的には、各期の財政状態及び経営成績を勘案しながら株主への利益還元を検討して
       まいりますが、現時点において配当の実施及びその実施時期等については未定であります。
      ⑤ 新株予約権の行使による株式価値の希薄化について

        当社グループでは、株主価値の向上を意識した経営の推進を図るとともに、役員及び従業員の業績向上に対す
       る意欲や士気を一層高めることを目的として、当社の役職員に対して新株予約権を付与しております。本書提出
       日現在、新株予約権による潜在株式は165,200株であり、発行済株式総数の6.7%に相当しております。
        これらの新株予約権が行使された場合には、当社の1株当たりの株式価値が希薄化し、当社の株価に影響を及
       ぼす可能性があります。
                                 35/147















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
     (1)  経営成績等の状況の概要
       当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次の
      とおりであります。
      ① 財政状態の状況

        第21期連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
        (資産)
         当連結会計年度末の総資産につきましては、982,064千円となり、前連結会計年度末に比べ151,167千円増加
        いたしました。これは主に、              既存顧客からのリピート売上及び新規獲得顧客からの売上が順調に推移したこと
        により、カスタマードリブンサービス売上、インサイトドリブンサービス売上が伸長したことにより                                               現金及び
        預金が151,674千円、受取手形及び売掛金が7,416千円増加したことによるものです。
        (負債)
         当連結会計年度末の負債につきましては、770,176千円となり、前連結会計年度末に比べ95,706千円増加いた
        しました。これは主に、前連結会計年度に発生した事業譲受に伴う譲渡代金が支払われたことにより未払金が
        140,382千円減少した一方、カスタマードリブンサービス売上、インサイトドリブンサービス売上の伸長等に伴
        い親会社株主に帰属する当期純利益の増加により未払法人税等が42,969千円増加し、未払消費税が47,977千円
        増加するとともに、新型コロナウイルス禍における運転資金として長期借入金が134,701千円増加したことによ
        るものです     。
        (純資産)
         当連結会計年度末の純資産につきましては、211,887千円となり、前連結会計年度末に比べ55,460千円増加い
        たしました。これは主に、カスタマードリブンサービス売上、インサイトドリブンサービス売上の伸長等に伴
        い親会社株主に帰属する当期純利益が増加したことにより利益剰余金が116,650千円増加した一方で、自己株式
        の取得が61,000千円あったためです                。
        第22期第1四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)

        (資産)
         当第1四半期連結会計期間末の資産につきましては、997,894千円となり、前連結会計年度末に比べ15,829千
        円増加いたしました。これは主に、冬季賞与の支払い及び法人税等の支払による現金及び預金が63,019千円減
        少し、減価償却の進行に伴い固定資産が7,747千円減少したものの、カスタマードリブンサービス売上、インサ
        イトドリブンサービス売上の売上が順調に推移したこと等に伴い受取手形及び売掛金が54,062千円増加し、仕
        掛品が27,716千円増加したことによるものです                     。
        (負債)
         当第1四半期連結会計期間末の負債につきましては、729,480千円となり、前連結会計年度末に比べ40,696千
        円減少いたしました。これは主に、夏季賞与引当金が9,920千円増加したものの、法人税等の支払いにより未払
        法人税等が17,732千円減少し、借入金の返済により長期借入金が29,676千円減少したことによるものです                                                。
        (純資産)
         当第1四半期連結会計期間末の純資産につきましては、268,413千円となり、前連結会計年度末に比べ56,525
        千円増加いたしました。これは主に、カスタマードリブンサービス売上、インサイトドリブンサービス売上の
        売上が順調に推移したこと等に伴い親会社株主に帰属する四半期純利益を55,782千円計上したためです                                               。
      ② 経営成績の状況

        第21期連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
         当連結会計年度におけるわが国経済は、2019年10月における消費税増税により個人消費が伸び悩む中スター
        トしました。2020年に入り、新型コロナウイルス感染症の拡大により、世界的に経済活動は停滞し、景気が急
        速に悪化したことから、先行きは著しく不透明な状況にあります。
         当社においては、新型コロナウイルスの感染拡大に対し、従業員の安心・安全を守る施策として全従業員へ
        毎日の非接触型検温測定と全社的な在宅勤務の推奨、それに伴い従業員の在宅勤務を可能にするための機器及
        びルールの整備と体制の構築等の対策を進めてまいりました。
         業務面・受注面における影響として、対面型のインタビュー調査や会場調査が実施できず延期になるといっ
        た事象や、一部のお客様において予定されていたプロモーション時期が変更されるといった事象が発生いたし
                                 36/147

                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        ました。これらの事象は、当事業年度におきましては一時的に業績を押し下げる要因として働きましたが、中
        長期的には社会がWithコロナ時代に適合していく過程の中で、変化した生活者の意識や消費行動を捕捉してい
        く 必要性から、当社が提供するマーケティングサービスの需要が喚起されるものと予想しております。
         当社がサービスを提供するマーケティング関連市場においては、新型コロナウイルスに対応する施策として
        拡大しているテレワークやオンラインミーティングへの社会的要請とも相まって、社会全体に変革を起こすDX
        (デジタル・トランスフォーメーション)という概念が浸透いたしました。当社の顧客の中心であるメーカー企
        業においては、コロナウイルス禍の中で既存の流通・販売チャネルへの依存度を低減する試みとして、自社の
        ECサイトを活用して直接消費者に製品を販売するD2C(ダイレクトtoコンシューマー)という形態を本格的に模索
        し始めており、急速に市場環境が変化しております。
         このような状況の中、消費者調査の結果をもとにメインターゲットの設定とブランドの在り方にふさわしい
        コミュニケーションを設計したうえでShopifyのサイトを構築する支援を開始いたしました。サイト構築後は設
        計に基づきコンバージョン獲得のためのデジタルマーケティング施策を提供することでお客様のD2C施策をトー
        タルでサポート出来るサービスに進化させる等、当社の根幹であるマーケティング支援事業の事業基盤確立の
        ため、直面する課題に応じて事業の変革とブラッシュアップに努めて参りました。
         営業面での取り組みにおいては、オンラインWEBセミナーを実施出来るシステムと仕組みを構築し、非対面に
        おいて当社のサービスを提案し見込み顧客を獲得する施策を実施いたしました。
         以上の取り組みの結果、当連結会計年度の業績は、売上高1,427,555千円(前年同期比26.1%増)、営業利益
        173,600千円(同750.8%増)、経常利益173,652千円(同782.6%増)、親会社株主に帰属する当期純利益116,650千
        円(同1,353.2%増)となりました。
         なお、当社グループはマーケティング支援事業の単一セグメントであるため、セグメント毎の記載はしてお
        りません。
        第22期第1四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)

         当第1四半期連結累計期間における我が国の経済は、新型コロナウイルス感染症の拡大傾向が再燃してお
        り、多くの産業において経済活動の縮小・停滞などの影響が継続しております。各種の経済対策などにより株
        価を含めた経済指標の持ち直しの傾向もみられましたが、世界的に見ても感染症の拡大傾向は継続しており、
        依然として国内外における経済的な見通しは不透明な状況が続いております。
         新型コロナウイルスの感染拡大を受け、当社グループにおいては、従業員の安全・安心を守る施策として、
        始業前の全従業員への非接触型検温測定の義務付け、二酸化炭素濃度測定器導入による換気と密の回避、全社
        的なテレワークの推奨とそれに向けての機器及びルールの整備・体制の構築等の対策について、グループ一丸
        となって取り組んでまいりました。
         当社グループのメインの顧客層である製造業のお客様においては新型コロナウイルス感染症拡大の影響は他
        業種との比較において軽微であり、現時点の経済活動状況を前提とした場合に当社グループが業績面において
        受ける影響は限定的と考えております。中長期的には社会がWithコロナ時代に適合していく過程の中で、変化
        した生活者の意識や消費行動を捕捉していく必要性から、当社グループが提供するマーケティングサービスの
        需要が喚起されていくものと予想しております。
         当社グループがサービスを提供するマーケティング関連市場においては、新型コロナウイルスに対応する施
        策として拡大しているテレワークやオンラインミーティングへの社会的要請とも相まって、社会全体に変革を
        起こすDX(デジタル・トランスフォーメーション)という概念が浸透いたしました。当社グループの顧客の中
        心である製造業のお客様においては、コロナウイルス禍の中で既存の流通・販売チャネルへの依存度を低減す
        る試みとして、自社のECサイトを活用して消費者に製品を直接販売する、D2C(ダイレクトtoコンシューマー)
        という形態に取り組み始めており急速に市場環境が変化しています。
         このような状況の中、消費者調査の結果をもとにターゲットとブランドコミュニケーションを設計しShopify
        の株式会社ネオマーケティングサイトを構築するD2C支援サービスの提案活動に注力する等、デジタルマーケ
        ティングサービスのブラッシュアップに努めてまいりました。
         営業面での取り組みにおいては、マーケティングコンサルタントが顧客に対し包括的・統合的なマーケティ
        ングソリューションを提案出来る組織体制に移行し、既存のお客様に対して、独自に開発した「マーケティン
        グフレームワーク4K」に基づいてクロスセル・アップセルの提案活動を実施いたしました。
         以上の取り組みの結果、当第1四半期連結累計期間の業績は、売上高415,522千円、営業利益89,105千円、経
        常利益86,844千円、親会社株主に帰属する四半期純利益55,782千円となりました。
         なお、当社グループはマーケティング支援事業の単一セグメントであるため、セグメント毎の記載はしてお
                                 37/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        りません。
      ③ キャッシュ・フローの状況

        第21期連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
         当連結会計年度末における連結ベースの現金及び現金同等物は、前連結会計年度末に比べ157,674千円増加
        し、476,458千円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         営業活動によるキャッシュ・フローは233,185千円の収入(前期は11,169千円の収入)となりました。キャッ
        シュ・フローの主な増加要因は税金等調整前当期純利益173,589千円、減価償却費9,080千円、のれん償却費
        16,799千円、その他の流動負債の増加60,831千円等であり、一方でキャッシュ・フローの主な減少要因は仕入
        債務の減少16,370千円、法人税等の支払額10,228千円等であります                               。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         投資活動によるキャッシュ・フローは156,164千円の支出(前期は10,910千円の支出)となりました。                                              これは主
        に、定期積金の払戻7,503千円による収入と有形固定資産の取得3,706千円による支出、2019年9月にカスタ
        マードリブンサービスの体制強化を目的とし、株式会社モニタスよりリサーチ事業の事業譲受を受けたことに
        よる支出158,888千円によるものであります                    。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         財務活動によるキャッシュ・フローは80,842千円の収入(前期は35,444千円の収入)となりました。これは主
        に、  コロナ禍における先行きの不透明感から経営基盤の強化を図ることを目的とした                                     長期借入金の調達による
        300,000千円の収入、長期借入金の返済による157,056千円、自己株式の取得による61,000千円の支出によるも
        のであります。
      ④ 生産、受注及び販売の実績

       a.生産実績
         当社グループでは、提供するサービスに生産に該当する事項がありませんので、生産実績に関する記載を省
        略しております。
       b.受注実績

         当社グループでは、概ね受注から納品までの期間が短く、受注管理を行う必要性が乏しいため記載を省略し
        ております。
                                 38/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.販売実績
         第21期連結会計年度及び第22期第1四半期連結累計期間の販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおり
        であります。      マーケティング支援事業につきましては、前連結会計年度の売上実績からのリピート売上率と新
        規の顧客獲得による売上が順調に推移したことにより前年同期126.1%となりました。
                         第21期連結会計年度                   第22期第1四半期連結累計期間
                         (自 2019年10月1日                     (自 2020年10月1日
      セグメントの名称                    至 2020年9月30日)                      至 2020年12月31日)
                    金額(千円)             前年同期比(%)               金額(千円)

    マーケティング支援事業                    1,427,555                126.1              415,522

     (注)   1.当社グループはマーケティング支援事業の単一セグメントであります。
       2.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合については、連結損益計算書の売上高
         の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。
       3.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
     (2)  経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりでありま
      す。
       なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
      ①   重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

        当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成されてお
       ります。この連結財務諸表の作成にあたって、経営者は、見積りが必要な事項については過去の実績や現状等を
       考慮し、合理的な基準に基づき会計上の見積りを行っております。但し、将来に関する事項には不確実性がある
       ため、実際の結果は、これらの見積りと異なる可能性があります。
        なお、当社グループの連結財務諸表で採用する重要な会計方針は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 
       (1)  連結財務諸表 注記事項 (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)」に記載しております。
        また、当社の財務諸表作成にあたり、特に重要と判断している会計上の見積りは以下のとおりです。
       a.のれんの減損
         のれんについて、その効果の発現する期間を見積り、その期間で均等償却しております。また、その資産性
        については対象事業の業績や事業計画等を基に検討し、判断しておりますが、将来において当初想定した収益
        が見込めなくなり、減損の必要性を認識した場合には、当該連結会計年度においてのれんの減損処理を行う可
        能性があります。
       b.繰延税金資産        の回収可能性

         繰延税金資産の回収可能性については、将来の利益計画に基づいた課税所得が十分に確保できることや、回
        収可能性があると判断した将来減算一時差異等について繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産の回
        収可能性は、将来の課税所得の見積もりに依存するため、その見積もりを前提とした条件や仮定に変更が生じ
        た場合、繰延税金資産及び法人税等調整額に影響を及ぼす可能性があります                                   。
      ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

       a 経営成績の分析
         第21期連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
         (売上高)
          当連結会計年度の売上高は、前連結会計年度から295,283千円増加し、1,427,555千円(前年同期比26.1%
         増)となりました。これは主にPRサービスを除く各サービスが総じて増収基調で伸長したことと、事業譲受に
         よりカスタマードリブンサービスを強化したことによるものです。
         (売上原価、売上総利益)
          当連結会計年度の売上原価は、前連結会計年度から97,643千円増加し、719,564千円(前年同期比15.7%増)
         となりました。社内業務運用効率化と外注比率最適化の施策により、売上高の増加率26.1%に比して売上原
         価の増加率は15.7%に抑える事ができました。この結果、売上総利益は、前連結会計年度から197,640千円増
         加し、707,991千円(前年同期比38.7%増)となりました。
                                 39/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         (販売費及び一般管理費、営業利益)
          当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、前連結会計年度から44,444千円増加し、534,391千円(前年同
         期比9.1%増)となりました。これは主に成長に向けた人材採用を積極的に行ったことによるものです。この
         結果営業利益は、前連結会計年度から153,196千円増加し、173,600千円(前年同期比750.8%増)となりまし
         た。
         (営業外収益、営業外費用、経常利益)
          当連結会計年度の営業外収益は、3,304千円となりました。これは主に補助金収入によるものです。営業外
         費用は3,252千円となりました。これは主に借入金の金利負担によるものです。この結果、経常利益は、前連
         結会計年度から153,977千円増加し、173,652千円(前年同期比782.6%増)となりました。
         (特別利益、特別損失及び親会社株主に帰属する当期純利益)
          当連結会計年度の特別利益はありませんでした。特別損失は62千円となりました。これは固定資産売却損
         によるものです。法人税、住民税及び事業税53,198千円、法人税等調整額3,740千円を計上した結果、親会社
         株主に帰属する当期純利益は、116,650千円(前年同期比1,353.2%増)となりました。
         第22期第1四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)

         (売上高)
          当第1四半期連結累計期間の売上高は415,522千円となりました。これは主に、カスタマードリブンサービ
         ス、インサイトドリブンサービスの売上高が順調に推移したことによるものであります                                        。
         (売上原価、売上総利益)
          当第1四半期連結累計期間の売上原価は194,746千円となり、売上総利益は220,775千円となりました。こ
         れは主に、カスタマードリブンサービス、インサイトドリブンサービスの売上高が増加したことによるもの
         であります。
         (販売費及び一般管理費、営業利益)
          当第1四半期連結累計期間の販売費及び一般管理費は131,670千円となり、営業利益は89,105千円となりま
         した。これは主に、人件費及び広告宣伝費、事務所賃借料、採用費によるものであります。
         (営業外収益、営業外費用、経常利益)
          当第1四半期連結累計期間の営業外収益は430千円となりました。これは主に、補助金収入によるもので
         す。営業外費用は2,691千円となりました。これは主に上場準備に伴い上場関連費用が発生したことと、借入
         金の金利負担によるものです。この結果、経常利益は、86,844千円となりました                                     。
         (特別利益、特別損失及び親会社株主に帰属する当期純利益)
          当第1四半期連結累計期間の特別利益及び特別損失は発生しておりません。法人税、住民税及び事業税
         30,225千円、法人税等調整額835千円を計上した結果、親会社株主に帰属する四半期純利益は、55,782千円と
         なりました     。
       b 財政状態の分析

         財政状態の分析については、「(1)                経営成績等の状況の概要 ① 財政状態の状況」をご参照ください。
       c キャッシュ・フローの分析

         キャッシュ・フローの分析については、「(1)                      経営成績等の状況の概要 ③ キャッシュ・フローの状況」
        をご参照ください。
      ③ 資本の財源及び資金の流動性について

        当社グループの運転資金需要のうち主なものは、外注費等の売上原価、販売費及び一般管理費等の営業費用で
       あります。当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の源泉を安定的に確保することを基本方針としてお
       り、短期運転資金は自己資金を基本とし、設備投資や長期運転資金の調達につきましては、金融機関からの長期
       借入を基本としております。
        なお、資金の流動性については、営業債権の回収、営業債務の支払とともに概ね2ヶ月以内に滞りなく処理さ
       れており、営業活動に伴う資金収入を安定的に確保しております。
      ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について

        経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 1 経営方針、経営環境及び対処すべ
                                 40/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       き課題等、2 事業等のリスク及び 3 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
       析 (2)    経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容 ① 重要な会計上の見積り及
       び 当該見積りに用いた仮定」に記載しているとおりであります。
      ⑤ 経営方針・経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

        当社グループは、これまで、目標とする経営指標を売上高営業利益率10%以上、ROE10%以上としており、当連
       結会計年度における売上高営業利益率は12.2%、ROEは63.3%となりました。この理由は、PRサービスを除く各
       サービスが総じて増収基調で伸長したことと、事業譲受によりカスタマードリブンサービスを強化したことによ
       り売上高が増加したためであります                。
        直近2期の経営指標推移は下記のとおりです。
                     2019年9月期         2020年9月期
         売上高営業利益率              1.8%         12.2%
        自己資本利益率(ROE)               5.3%         63.3%
        当社グループは、より高い成長性及び収益性を確保する観点から、今後は「顧客数」「顧客単価」「マーケ
       ティングコンサルタント人員数」を重要な経営指標とし、今後も引き続き事業を推進してまいります。
                                 41/147















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【経営上の重要な契約等】
      該当事項はありません。
    5  【研究開発活動】

      該当事項はありません。
                                 42/147



















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第3   【設備の状況】
    1  【設備投資等の概要】

     第21期連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
      当連結会計年度における設備投資の総額は、                     3,706   千円であります。その主なものは、本社ビルの執務室リフォーム
     に伴う建物、その他3,706千円であります。
      当連結会計年度において重要な設備の除却、売却等はありません。
      なお、当社グループの事業は、マーケティング支援を行う単一のセグメントであるため、セグメントごとの設備の
     状況の記載は省略しております。
     第22期第1四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)

      当第1四半期連結累計期間における設備投資の総額は、                          270  千円であります。アンケート結果のうち、不適切な回答
     を自動的に排除するためのデータクリーニングシステムの機能追加に伴うソフトウエア270千円であります。
      当第1四半期連結累計期間において重要な設備の除却、売却等はありません。
      なお、当社グループの事業は、マーケティング支援を行う単一のセグメントであるため、セグメントごとの設備の
     状況の記載は省略しております。
    2  【主要な設備の状況】

      当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
     (1)  提出会社
                                               2020年9月30日現在
                                       帳簿価額
        事業所名                                            従業員数
                                     リース
                     設備の内容
                                建物          その他      合計
        (所在地)                                             (人)
                                      資産
                                (千円)          (千円)     (千円)
                                     (千円)
    東京本社            内部造作、情報通信機器、
                                12,197      1,374     14,511     28,082     56(12)
    (東京都渋谷区)            ソフトウエア
    石垣マーケティングラボ

                                                      8 (6)
                 内部造作                  94     -     -     94
    (沖縄県石垣市)
    沖縄なはマーケティング

    ラボ            内部造作、情報通信機器                1,255       -     60    1,315     3(18)
    (沖縄県那覇市)
    関西オフィス

                                                      2 (6)
                 情報通信機器、ソフトウエア                  -     -    1,144     1,144
    (兵庫県三田市)
     (注)   1.現在休止中の主要な設備はありません。
       2.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
       3.帳簿価額のうち「その他」は、工具、器具及び備品、ソフトウエアの合計であります。
       4.当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略してお
         ります。
       5.従業員数の(        )は、臨時雇用者数を外書しております。
       6.上記の他、主要な賃借設備は次のとおりであります。
             事業所名
                        設備の内容          年間賃借料(千円)
             (所在地)
             東京本社
                       本社事務所等                45,761
           (東京都渋谷区)
     (2)  国内子会社

       重要性に乏しいため、記載を省略しております。
     (3)  在外子会社

       該当事項はありません。
                                 43/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【設備の新設、除却等の計画】(2021年2月28日現在)
      該当事項はありません。
                                 44/147




















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第4   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)
               普通株式                                     9,600,000

                計                                   9,600,000

     (注)   1.2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日を効力発生日とする発行可能株式総数の増
         加 に係る定款変更が行われ、2020年9月29日付で発行可能株式総数は4,750,000株増加し4,800,000株と
         なっております。
       2.2021年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で株式分割に伴う定款の一部変更が行われ、
         発行可能株式総数は4,800,000株増加し、9,600,000株となっております。
      ②  【発行済株式】

                             上場金融商品取引所名又は
        種類           発行数(株)                               内容
                            登録認可金融商品取引業協会名
                                           完全議決権株式であり、権利
                                           内容に何ら限定のない当社に
      普通株式                2,408,000           非上場         おける標準となる株式であり
                                           ます。なお、単元株式数は
                                           100株であります。
        計               2,408,000            -               -
     (注)   1.2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合で株式
         分割を行っております。これにより、発行済株式総数は1,197,980株増加し、1,204,000株となっておりま
         す。
       2.2020年9月30日開催の臨時株主総会決議により、単元株制度導入に伴う定款変更を行い、単元株式数を100
         株とする単元株制度を導入しております。
       3.  2021年2月12日開催の取締役会決議に基づき、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分
         割を行っております。これにより、発行済株式総数は1,204,000株増加し、2,408,000株となっております                                                。
                                 45/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【新株予約権等の状況】
      ①  【ストックオプション制度の内容】
        第1回新株予約権
    決議年月日                   2016年6月14日
                        当社取締役    1
                        当社子会社取締役 1
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員            90  (注)4.
                        196  (注)1.
    新株予約権の数(個)※
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 39,200[78,400]             (注)1.3.
    内容及び数(株)※
                        165[82.5]     (注)2.3.
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                   自 2018年6月29日 至 2026年6月14日

    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格          165[82.5]     (注)2.3.
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 82.5[41.25]            (注)2.3.
    額(円)※
                        ①新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社または
                         当社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要する。ただ
    新株予約権の行使の条件※                    し、定年退職した場合はこの限りでない。
                        ②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認
                         めない。
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                        ものとする。
                        当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換または株式移転(以下これらを総称して「組織再編行
                        為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
                        おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予
                        約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イ
                        からホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                        約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する。この場合においては、残
                        存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する。
                        ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
                        を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式
                        移転計画において定めた場合に限る。
                        ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
                         残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数
                         をそれぞれ交付するものとする。
                        ②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
                         再編対象会社の普通株式とするものとする。
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                        ③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
    付に関する事項※
                         組織再編行為の条件等を勘案の上、決定するものとする。
                        ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組
                         織再編行為の条件等を勘案の上、行使価額を調整して得られる再編後
                         の払込金額に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会
                         社の株式の数を乗じて得られる額とするものとする。
                        ⑤新株予約権を行使できる期間
                         新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれ
                         か遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとするものとす
                         る。
                        ⑥新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における
                         増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                         ア.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
                          等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
                          が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                                 46/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                         イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本準備金の額は、前記アの資本金等増加限度額から前記アに定め
                          る増加資本金の額を減じた額とするものとする。
                        ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
                         譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会
                         (再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の
                         承認を要するものとする。
                        ⑧新株予約権の取得事由及び条件
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                         ア.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割
    付に関する事項※
                          契約もしくは新設分割計画、または当社が完全子会社となる株式
                          交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、
                          当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取
                          得することができるものとする。
                         イ.新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場
                          合、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放
                          棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得するものとする。
     ※ 最近事業年度の末日(2020年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月

       末現在(2021年2月28日)において、これらの事項に変更はありませんが、提出日の前月末現在から本書提出日現
       在(2021年3月19日)にかけて変更された事項については、本書提出日現在における内容を[ ]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日及び提出日の前月末現在は200株、本書提
         出日現在は400株であります。
         新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整し、
         調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の
         算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新規発行(処分)株式数
       3.  2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合、                                               2021
         年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
       4.  付与対象者の退職による権利の喪失等により、本書提出日現在における付与対象者の区分及び人数は、当社
         取締役1名、当社子会社取締役1名、当社従業員32名、元従業員1名、社外協力者1名の合計36名となって
         おります    。
                                 47/147







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第2回新株予約権
    決議年月日                   2016年6月14日
    付与対象者の区分及び人数(名)                   社外協力者 1

    新株予約権の数(個)※                   46 (注)1.

    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 9,200[18,400]            (注)1.3.
    内容及び数(株)※
                        165[82.5]     (注)2.3.
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                   自 2016年7月7日 至 2026年7月7日

    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格          165[82.5]     (注)2.3.
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 82.5[41.25]            (注)2.3.
    額(円)※
                        ①新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社の取締
                         役会が認める社外協力者の地位にあることを要する。
    新株予約権の行使の条件※
                        ②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認
                         めない。
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                        ものとする。
                        当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換または株式移転(以下これらを総称して「組織再編行
                        為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
                        おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予
                        約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イ
                        からホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                        約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する。この場合においては、残
                        存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する。
                        ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
                        を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式
                        移転計画において定めた場合に限る。
                        ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
                         残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数
                         をそれぞれ交付するものとする。
                        ②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
                         再編対象会社の普通株式とするものとする。
                        ③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交                    組織再編行為の条件等を勘案の上、決定するものとする。
    付に関する事項※                   ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組
                         織再編行為の条件等を勘案の上、行使価額を調整して得られる再編後
                         の払込金額に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会
                         社の株式の数を乗じて得られる額とするものとする。
                        ⑤新株予約権を行使できる期間
                         新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれ
                         か遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとするものとす
                         る。
                        ⑥新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における
                         増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                         ア.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
                          等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
                          が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                         イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本準備金の額は、前記アの資本金等増加限度額から前記アに定め
                          る増加資本金の額を減じた額とするものとする。
                                 48/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
                         譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会
                         (再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の
                         承認を要するものとする。
                        ⑧新株予約権の取得事由及び条件
                         ア.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          契約もしくは新設分割計画、または当社が完全子会社となる株式
    付に関する事項※
                          交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、
                          当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取
                          得することができるものとする。
                         イ.新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場
                          合、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放
                          棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得するものとする。
     ※ 最近事業年度の末日(2020年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年2月28日)において、これらの事項に変更はありませんが、提出日の前月末現在から本書提出日現
       在(2021年3月19日)にかけて変更された事項については、本書提出日現在における内容を[ ]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日及び提出日の前月末現在は200株、本書提
         出日現在は400株であります。
         新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整し、
         調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の
         算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新規発行(処分)株式数
       3.  2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合、                                               2021
         年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 49/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第3回新株予約権
    決議年月日                   2018年9月6日
                        当社取締役    1
                        当社子会社取締役 1
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        当社従業員            63  (注)4.
                        101  (注)1.
    新株予約権の数(個)※
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 20,200[40,400]             (注)1.3.
    内容及び数(株)※
                        695[347.5]      (注)2.3.
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                   自 2020年9月7日 至 2028年9月5日

    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格           695[347.5]      (注)2.3.
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 347.5[173.75]             (注)2.3.
    額(円)※
                        ①新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社または
                         当社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要する。ただ
    新株予約権の行使の条件※                    し、定年退職した場合はこの限りでない。
                        ②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認
                         めない。
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                        ものとする。
                        当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換または株式移転(以下これらを総称して「組織再編行
                        為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
                        おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予
                        約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イ
                        からホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                        約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する。この場合においては、残
                        存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する。
                        ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
                        を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式
                        移転計画において定めた場合に限る。
                        ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
                         残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数
                         をそれぞれ交付するものとする。
                        ②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
                         再編対象会社の普通株式とするものとする。
                        ③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交                    組織再編行為の条件等を勘案の上、決定するものとする。
    付に関する事項※                   ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組
                         織再編行為の条件等を勘案の上、行使価額を調整して得られる再編後
                         の払込金額に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会
                         社の株式の数を乗じて得られる額とするものとする。
                        ⑤新株予約権を行使できる期間
                         新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれ
                         か遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとするものとす
                         る。
                        ⑥新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における
                         増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                         ア.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
                          等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
                          が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                         イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本準備金の額は、前記アの資本金等増加限度額から前記アに定め
                          る増加資本金の額を減じた額とするものとする。
                                 50/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
                         譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会
                         (再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の
                         承認を要するものとする。
                        ⑧新株予約権の取得事由及び条件
                         ア.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          契約もしくは新設分割計画、または当社が完全子会社となる株式
    付に関する事項※
                          交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、
                          当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取
                          得することができるものとする。
                         イ.新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場
                          合、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放
                          棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得するものとする。
     ※ 最近事業年度の末日(2020年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年2月28日)において、これらの事項に変更はありませんが、提出日の前月末現在から本書提出日現
       在(2021年3月19日)にかけて変更された事項については、本書提出日現在における内容を[ ]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日及び提出日の前月末現在は200株、本書提
         出日現在は400株であります。
         新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整し、
         調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の
         算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新規発行(処分)株式数
       3.  2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合、                                               2021
         年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
       4.  付与対象者の退職による権利の喪失等により、本書提出日現在における付与対象者の区分及び人数は、当社
         取締役1名、当社子会社取締役1名、当社従業員45名の合計47名となっております                                      。
                                 51/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第4回新株予約権
    決議年月日                   2019年9月18日
                        当社従業員 23        (注)4.
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        31  (注)1.
    新株予約権の数(個)※
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 6,200[12,400]            (注)1.3.
    内容及び数(株)※
                        705[352.5]      (注)2.3.
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                   自 2021年9月19日 至 2029年9月18日

    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格           705[352.5]      (注)2.3.
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額 352.5[176.25]             (注)2.3.
    額(円)※
                        ①新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社または
                         当社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要する。ただ
    新株予約権の行使の条件※                    し、定年退職した場合はこの限りでない。
                        ②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認
                         めない。
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                        ものとする。
                        当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換または株式移転(以下これらを総称して「組織再編行
                        為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
                        おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予
                        約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イ
                        からホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                        約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する。この場合においては、残
                        存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する。
                        ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
                        を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式
                        移転計画において定めた場合に限る。
                        ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
                         残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数
                         をそれぞれ交付するものとする。
                        ②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
                         再編対象会社の普通株式とするものとする。
                        ③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交                    組織再編行為の条件等を勘案の上、決定するものとする。
    付に関する事項※                   ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組
                         織再編行為の条件等を勘案の上、行使価額を調整して得られる再編後
                         の払込金額に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会
                         社の株式の数を乗じて得られる額とするものとする。
                        ⑤新株予約権を行使できる期間
                         新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれ
                         か遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとするものとす
                         る。
                        ⑥新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行す
                        る場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                         ア.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
                          等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
                          が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                         イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本準備金の額は、前記アの資本金等増加限度額から前記アに定め
                          る増加資本金の額を減じた額とするものとする。
                                 52/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
                         譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会
                         (再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の
                         承認を要するものとする。
                        ⑧新株予約権の取得事由及び条件
                         ア.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          契約もしくは新設分割計画、または当社が完全子会社となる株式
    付に関する事項※
                          交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、
                          当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取
                          得することができるものとする。
                         イ.新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場
                          合、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放
                          棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得するものとする。
     ※ 最近事業年度の末日(2020年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年2月28日)において、これらの事項に変更はありませんが、提出日の前月末現在から本書提出日現
       在(2021年3月19日)にかけて変更された事項については、本書提出日現在における内容を[ ]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日及び提出日の前月末現在は200株、本書提
         出日現在は400株であります。
         新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整し、
         調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の
         算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新規発行(処分)株式数
       3.  2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合、                                               2021
         年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
       4.  付与対象者の退職による権利の喪失等により、                     本書提出日の前月末現在における付与対象者の区分及び人数
         は、当社取締役1名、当社従業員18名の合計19名となっております。
                                 53/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第5回新株予約権
    決議年月日                   2020年4月14日
    付与対象者の区分及び人数(名)                   当社従業員 24
                        32  (注)1.
    新株予約権の数(個)※
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 6,400[12,800]            (注)1.3.
    内容及び数(株)※
                        1,000[500]      (注)2.3.
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                   自 2022年4月15日 至 2030年4月14日

    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格  1,000[500]            (注)2.3.
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額  500[250]            (注)2.3.
    額(円)※
                        ①新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社または
                         当社子会社の取締役または従業員の地位にあることを要する。ただ
    新株予約権の行使の条件※                    し、定年退職した場合はこの限りでない。
                        ②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認
                         めない。
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                        ものとする。
                        当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換または株式移転(以下これらを総称して「組織再編行
                        為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
                        おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予
                        約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イ
                        からホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                        約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する。この場合においては、残
                        存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する。
                        ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
                        を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式
                        移転計画において定めた場合に限る。
                        ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
                         残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数
                         をそれぞれ交付するものとする。
                        ②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
                         再編対象会社の普通株式とするものとする。
                        ③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交                    組織再編行為の条件等を勘案の上、決定するものとする。
    付に関する事項※                   ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組
                         織再編行為の条件等を勘案の上、行使価額を調整して得られる再編後
                         の払込金額に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会
                         社の株式の数を乗じて得られる額とするものとする。
                        ⑤新株予約権を行使できる期間
                         新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれ
                         か遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとするものとす
                         る。
                        ⑥新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における
                         増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                         ア.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
                          等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
                          が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                         イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本準備金の額は、前記アの資本金等増加限度額から前記アに定め
                          る増加資本金の額を減じた額とするものとする。
                                 54/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
                         譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会
                         (再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の
                         承認を要するものとする。
                        ⑧新株予約権の取得事由及び条件
                         ア.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          契約もしくは新設分割計画、または当社が完全子会社となる株式
    付に関する事項※
                          交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、
                          当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取
                          得することができるものとする。
                         イ.新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場
                          合、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放
                          棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得するものとする。
     ※ 最近事業年度の末日(2020年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年2月28日)において、これらの事項に変更はありませんが、提出日の前月末現在から本書提出日現
       在(2021年3月19日)にかけて変更された事項については、本書提出日現在における内容を[ ]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日及び提出日の前月末現在は200株、本書提
         出日現在は400株であります。
         新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整し、
         調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の
         算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新規発行(処分)株式数
       3.  2020年9月11日開催の取締役会決議に基づき、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合、                                               2021
         年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
         行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使
         時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調
         整されております。
                                 55/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        第6回新株予約権
    決議年月日                   2020年9月30日
                        当社従業員 2       (注)4.
    付与対象者の区分及び人数(名)
                        社外協力者 1
                        11  [7]    (注)1.
    新株予約権の数(個)※
    新株予約権の目的となる株式の種類、
                        普通株式 2,200[2,800]            (注)1.3.
    内容及び数(株)※
                        1,000[500]      (注)2.3.
    新株予約権の行使時の払込金額(円)※
    新株予約権の行使期間※                   自 2022年10月1日 至 2030年9月30日

    新株予約権の行使により株式を発行す
                        発行価格       1,000[500] (注)2.3.
    る場合の株式の発行価格及び資本組入
                        資本組入額        500[250]     (注)2.3.
    額(円)※
                        ①新株予約権の割当を受けた者は、権利行使時においても、当社または
                         当社子会社の取締役または従業員、社外協力者の地位にあることを要
    新株予約権の行使の条件※                    する。ただし、定年退職した場合はこの限りでない。
                        ②新株予約権の割当てを受けた者の相続人による新株予約権の行使は認
                         めない。
                        譲渡による新株予約権の取得については、当社取締役会の承認を要する
    新株予約権の譲渡に関する事項※
                        ものとする。
                        当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設
                        分割、株式交換または株式移転(以下これらを総称して「組織再編行
                        為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生の時点に
                        おいて残存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予
                        約権者に対し、それぞれの場合につき、会社法第236条第1項第8号イ
                        からホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予
                        約権を以下の条件に基づきそれぞれ交付する。この場合においては、残
                        存新株予約権は消滅し、再編対象会社は新株予約権を新たに発行する。
                        ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨
                        を、合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株式
                        移転計画において定めた場合に限る。
                        ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
                         残存新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の数と同一の数
                         をそれぞれ交付するものとする。
                        ②新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の種類
                         再編対象会社の普通株式とするものとする。
                        ③新株予約権の目的たる再編対象会社の株式の数
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交                    組織再編行為の条件等を勘案の上、決定するものとする。
    付に関する事項※                   ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
                         交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組
                         織再編行為の条件等を勘案の上、行使価額を調整して得られる再編後
                         の払込金額に従って決定される当該新株予約権の目的たる再編対象会
                         社の株式の数を乗じて得られる額とするものとする。
                        ⑤新株予約権を行使できる期間
                         新株予約権の行使期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のいずれ
                         か遅い日から、新株予約権の行使期間の最終日までとするものとす
                         る。
                        ⑥新株予約権の行使により再編対象会社が株式を発行する場合における
                         増加する資本金及び資本準備金に関する事項
                         ア.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本金の額は、会社計算規則第17条第1項に従い算出される資本金
                          等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数
                          が生じたときは、その端数を切り上げるものとする。
                         イ.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資
                          本準備金の額は、前記アの資本金等増加限度額から前記アに定め
                          る増加資本金の額を減じた額とするものとする。
                                 56/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                        ⑦譲渡による新株予約権の取得の制限
                         譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会
                         (再編対象会社が取締役会設置会社でない場合には取締役の過半数)の
                         承認を要するものとする。
                        ⑧新株予約権の取得事由及び条件
                         ア.当社が消滅会社となる合併契約、当社が分割会社となる吸収分割
    組織再編成行為に伴う新株予約権の交
                          契約もしくは新設分割計画、または当社が完全子会社となる株式
    付に関する事項※
                          交換契約もしくは株式移転計画が株主総会で承認されたときは、
                          当社は、当社取締役会が別途定める日に、新株予約権を無償で取
                          得することができるものとする。
                         イ.新株予約権者が新株予約権の行使の条件に該当しなくなった場
                          合、または当社所定の書面により新株予約権の全部又は一部を放
                          棄した場合、当社は新株予約権を無償で取得するものとする。
     ※ 最近事業年度の末日(2020年9月30日)における内容を記載しております。最近事業年度の末日から提出日の前月
       末現在(2021年2月28日)において、これらの事項に変更はありませんが、提出日の前月末現在から本書提出日現
       在(2021年3月19日)にかけて変更された事項については、本書提出日現在における内容を[ ]内に記載してお
       り、その他の事項については最近事業年度の末日における内容から変更はありません。
     (注)   1.新株予約権1個につき目的となる株式数は、最近事業年度の末日及び提出日の前月末現在は200株、本書提
         出日現在は400株であります。
         新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、次の算式により付与株式数を調整し、
         調整により生じる1株未満の端数はこれを切り捨てる。
          調整後付与株式数=調整前付与株式数×分割・併合の比率
       2.新株予約権の割当日後、当社が株式分割または株式併合を行う場合、それぞれの効力発生の時をもって次の
         算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                 1
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                              分割・併合の比率
         また、新株予約権の割当日後に行使価額を下回る価額で新株式の発行または自己株式の処分を行う場合は、
         次の算式により払込金額を調整し、調整により生ずる1円未満の端数は切り上げる。
                                     新規発行(処分)株式数×1株当たり払込金額
                             既発行株式数       +
                                           1株当たり時価
           調整後行使価額        = 調整前行使価額        ×
                                  既発行株式数+新規発行(処分)株式数
       3.2021年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割
         を行っております。これにより、「新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行
         使時の払込金額」及び「新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が
         調整されております。
       4.  付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在における付与対象者の区分及び人数は、当社従
         業員1名、社外協力者1名の合計2名となっております                          。
      ②  【ライツプランの内容】

        該当事項はありません。
      ③  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
                                 57/147







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【発行済株式総数、資本金等の推移】
                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                    (千円)       (千円)
    2016年6月30日(注)1                220      6,020       7,260      47,560         -       -
    2020年9月29日(注)2             1,197,980       1,204,000           -     47,560         -       -

    2021年3月2日(注)3             1,204,000       2,408,000           -     47,560         -       -

     (注)   1.有償第三者割当
         割当先 金刺直子 荒池和史 末廣貴司 220株
         発行価格  33,000円
         資本組入額 33,000円
       2.株式分割(1:200)によるものです。
       3.株式分割(1:2)によるものです。
     (4)  【所有者別状況】

                                               2021年2月28日現在
                       株式の状況(1単元の株式数             100  株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数(人)          -     -     -      3     -     -     11     14     -

    所有株式数
              -     -     -    5,332       -     -    6,708     12,040        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -    44.29       -     -    55.71     100.00        -
    の割合(%)
     (注)1.自己株式95,000株は、「個人その他」に含めて記載しております。
       2.2021年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っ
         ております。なお、2021年3月19日現在の所有者別状況は以下のとおりであります。
                                               2021年3月19日現在

                       株式の状況(1単元の株式数100株)
                                                    単元未満
      区分                           外国法人等                  株式の状況
           政府及び
                     金融商品     その他の                個人
                                                     (株)
           地方公共     金融機関                                計
                     取引業者      法人               その他
            団体
                               個人以外      個人
    株主数(人)          -     -     -      3     -     -     11     14     -

    所有株式数
              -     -     -   10,664       -     -   13,416     24,080        -
    (単元)
    所有株式数
              -     -     -    44.29       -     -    55.71     100.00        -
    の割合(%)
     (注)自己株式190,000株は、「個人その他」に含めて記載しております。
                                 58/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (5)  【議決権の状況】
      ①  【発行済株式】
                                               2021年2月28日現在
          区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        -           -               -

    議決権制限株式(自己株式等)                        -           -               -

    議決権制限株式(その他)                        -           -               -

                                          完全議決権株式であり、権利関
                    (自己保有株式)
                                          係に何ら限定のない当社におけ
    完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                    普通株式       95,000
                                          る標準となる株式であり、単元
                                          株式数は100株であります。
                    普通株式     1,109,000
    完全議決権株式(その他)                                  11,090    同上
    単元未満株式                        -           -               -

    発行済株式総数                     1,204,000               -               -

    総株主の議決権                        -         11,090                  -

      (注)2021年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行って
        おります。なお、2021年3月19日現在の発行済株式は以下のとおりであります。
                                               2021年3月19日現在

          区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                        -           -               -

    議決権制限株式(自己株式等)                        -           -               -

    議決権制限株式(その他)                        -           -               -

                                          完全議決権株式であり、権利関
                    (自己保有株式)
                                          係に何ら限定のない当社におけ
    完全議決権株式(自己株式等)                                    -
                    普通株式      190,000
                                          る標準となる株式であり、単元
                                          株式数は100株であります。
                    普通株式     2,218,000
    完全議決権株式(その他)                                  22,180    同上
    単元未満株式                        -           -               -

    発行済株式総数                     2,408,000               -               -

    総株主の議決権                        -         22,180                  -

      ②  【自己株式等】

                                               2021年2月28日現在
                                                   発行済株式
                              自己名義所       他人名義      所有株式数
                                                  総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          有株式数      所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)               東京都渋谷区
                                 95,000         -     95,000        7.89
    株式会社ネオマーケティング               南平台町16番25号
           計             -         95,000         -     95,000        7.89
      (注)2021年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行って
        おります。なお、2021年3月19日現在の発行済株式は以下のとおりであります。
                                 59/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                               2021年3月19日現在
                                                   発行済株式
                              自己名義所       他人名義      所有株式数
                                                  総数に対する
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所          有株式数      所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
                   東京都渋谷区
    (自己保有株式)
                                190,000         -    190,000        7.89
    株式会社ネオマーケティング
                   南平台町16番25号
           計             -         190,000         -    190,000        7.89
                                 60/147


















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2  【自己株式の取得等の状況】
       【株式の種類等】            会社法第155条第3号による普通株式の取得
     (1)  【株主総会決議による取得の状況】
               区分                  株式数(株)             価額の総額(千円)
    株主総会(2020年7月31日)での決議状況
                                        750            150,000
    (取得期間2020年7月31日~2020年8月7日)
    最近事業年度前における取得自己株式                                     -              -
    最近事業年度における取得自己株式
                                        305             61,000
    (2019年10月1日~2020年9月30日)
    残存授権株式の総数及び価額の総額                                    445             89,000
    最近事業年度の末日現在の未行使割合(%)                                    59.3              59.3

    最近期間における取得自己株式                                     -              -

    提出日現在の未行使割合(%)                                    59.3              59.3

     (注)2020年9月29日付で普通株式1株につき200株、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を
       行っておりますが、上記「株式数」は当該株式分割前の数値を記載しております。
     (2)  【取締役会決議による取得の状況】

       該当事項はありません。
     (3)  【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

       該当事項はありません。
     (4)  【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                            最近事業年度                   最近期間
            区分
                                処分価額の総額                  処分価額の総額
                        株式数(株)                  株式数(株)
                                  (千円)                  (千円)
    引き受けるものの募集を行った取得
                             -         -         -         -
    自己株式
    消却の処分を行った取得自己株式                         -         -         -         -
    合併、株式交換、株式交付、会社分
                             -         -         -         -
    割に係る移転を行った取得自己株式
    その他(-)                         -         -         -         -
    保有自己株式数                       95,000           -       190,000            -

     (注)2021年2月12日開催の取締役会決議により、2021年3月2日付で普通株式1株を2株に分割する株式分割が行わ
       れ、保有自己株式数は95,000株増加し、190,000株となっております。
                                 61/147







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    3  【配当政策】
      当社は、現在成長過程にあり、経営基盤の長期安定化に向けた財務体質の強化及び事業の継続的な拡大発展を目指
     すため、内部留保の充実が重要であると考え、会社設立以降、金銭による配当は実施しておりません。
      今後の株主への利益配当につきましては、当面は引き続き配当を行わない予定でありますが、財務状況、経営成
     績、内部留保の状況、資金需要、全般的な業務の状況や当社経営陣が必要と認めた要因等、複数の要因を総合的に勘
     案し、検討していく方針であります。
      剰余金の配当を行う際には、当該株式の発行日及び基準日以降の株式の譲渡にかかわらず、基準日時点で当社発行
     済株式を保有している株主が配当金を受け取る権利を有するものとし、年1回の期末配当を基本方針としておりま
     す。期末配当の決定機関は株主総会であります。
      また、当社は中間配当を取締役会の決議によって行うことができる旨を定款に定めております。
      なお、当事業年度につきましては、配当を実施しておりません。内部留保資金につきましては、将来の事業展開と
     経営体質の強化のための投資資金として活用していく予定であります。
                                 62/147
















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    4  【コーポレート・ガバナンスの状況等】
     (1)  【コーポレート・ガバナンスの概要】
      ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
        当社は、コーポレート・ガバナンスの確立が重要課題の1つであると認識しており、継続的な企業価値向上の
       ため、経営管理体制を整備し、経営の効率化と透明性の向上、経営監視機能の強化に努めております。
      ② 企業統治の体制の概要及び当該体制を採用する理由

       イ.企業統治の体制の概要及び概要図
         当社は、会社法に基づく機関として株主総会、取締役会及び監査等委員会を設置するとともに、日常業務遂
        行を監査する役割として、代表取締役直轄部門として内部監査室を設置しております。これら各機関の相互連
        携により事業活動をモニタリングし、当社グループのガバナンスを推進しております。
        (a)  取締役会

          当社の取締役会は、代表取締役               橋本光伸を議長とし、荒池和史、秋田誠、藤元拓志(社外)、原島茂雄(社
         外)、中川達也(社外)の取締役6名で構成されており、取締役会は原則として毎月1回開催し、経営の最高意
         思決定機関として重要な経営事項の審議や意思決定を行っております。また、迅速な審議や意思決定が必要
         になった際は、随時臨時取締役会を開催しております。
          また、当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入して
         おります。
        (b)  監査等委員会

          当社の監査等委員会は、藤元拓志を監査等委員長とし、原島茂雄、中川達也の非業務執行取締役3名によ
         り構成されており、「監査等委員会規程」に則り、監査計画に基づき監査を実施する他、適宜監査等委員会
         を開催しております。監査等委員は全員社外取締役であり、弁護士、公認会計士及び税理士それぞれ1名ず
         つで構成されております。
          また、当社の内部監査室及び会計監査人と定期的に会合を開催することにより、監査に必要な情報の共有
         化を図っております。
        (c)  経営会議

          当社の経営会議は、代表取締役               橋本光伸を議長とし、取締役              荒池和史、取締役         秋田誠、執行役員         今泉
         陽介の4名で構成されており、経営の基本方針や経営計画に関わる事項や各部門の重要な案件について審議
         及び方向付けを行っております。経営会議は、常勤役員及び常勤役員が指名する各部署責任者等をもって構
         成し、意思決定の迅速化と業務運営の効率化を図っております。
        (d)  リスクマネジメント委員会

          当社のリスクマネジメント委員会は、代表取締役                        橋本光伸を議長とし、取締役              荒池和史、取締役         秋田
         誠、社外取締役(監査等委員長)               藤元拓志、執行役員          今泉陽介、マネージャー5名、サブマネージャー7
         名、拠点長2名の19名で構成されており、直面するリスクを網羅的に把握してリスクが高いまま放置されな
         いようコントロールすることにより、業務の円滑な運営を実現することを目的として、「リスク管理規程」
         を制定しており、これに基づき、四半期に一度リスクマネジメント委員会を開催することとしております。
        (e)  内部監査室

          当社は、他の業務執行部門から独立した代表取締役直轄の内部監査室(1名)を設置しております。
          内部監査室は、監査等委員会及び会計監査人と情報共有を行う等連携を密にし、監査に必要な情報共有化
         を図ることにより、各監査の実効性を高めております。
                                 63/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        (f)  会計監査人
          当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。なお、当社と同監査法
         人及び業務執行社員との間には、公認会計士法の定めによる特別利害関係はありません。
       ロ.当該体制を採用する理由







         当社は上記のように監査等委員会を採用しておりますが、以下の2点を採用理由に考えております。
        1.監査・監督機能の強化
          監査等委員である取締役が取締役会で議決権を持つことにより、監査・監督機能の強化が期待できるこ
         と。
        2.意思決定の迅速化
          業務執行の権限委譲を進め、取締役会をモニタリング型にシフトすることで意思決定の迅速化が期待でき
         ること。
      ③ 企業統治に関するその他の事項

       イ.内部統制システムの整備の状況
         当社では、2020年12月25日開催の取締役会で「内部統制システムの基本方針」を改訂し、この基本方針に基
        づき内部統制システムの運用を行っております。当社の「内部統制システムの基本方針」は、次のとおりであ
        ります。
        Ⅰ 当社及び子会社の取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
         1 当社及び子会社(以下「当社グループ」という。)は、「経営理念」を共有し、当社グループの取締役及
          び使用人は、「6つのバリュー」に基づいて行動しております。
         2 当社グループの取締役及び使用人が、当社または子会社における法令ないし定款等に違反する、あるい
          は違反の疑義がある行為等を発見した場合には、直ちに当社の監査等委員会または内部監査室に報告ある
          いは内部通報制度を利用した通報を行うこととしております。報告・通報に対してはその内容を調査し、
          必要に応じて関係部署と協議の上、是正措置を取ると共に再発防止策を策定し、当社グループ全体に実施
          させることとしております。
         3 当社の監査等委員会は、当社グループのコンプライアンス体制及び内部通報制度の運用に問題があると
          認めた場合は、取締役会ないしは代表取締役に意見を述べるとともに、改善策の策定を求めることとして
          おります。
         4 当社の内部監査室は、「内部監査規程」に基づき、独立した立場から法令及び定款、社内規程等の遵守
          状況等について監査し、その結果を代表取締役に報告しております。
         5 当社の取締役会は、各取締役の職務執行を監督するため、取締役会に基づき各取締役は業務の執行状況
          を取締役会に報告すると共に、他の取締役の職務執行を相互に監視及び監督することとしております。
                                 64/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        Ⅱ 当社の取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

         1 当社の取締役は、株主総会議事録や取締役会議事録、その他重要な意思決定に関する文書等(電磁的記録
          を含む。以下同じとする。)を法令及び「文書管理規程」に基づき作成すると共に管理及び保存することと
          しております。
         2 前項で定めた文書等は、各取締役及び会計監査人等が、必要に応じ閲覧ないし謄写可能なこととしてお
          ります。
        Ⅲ 当社及び子会社の損失の危険の管理に関する規程その他の体制

         1 当社グループのリスクマネジメントの基本方針は、取締役会で決定しております。
         2 当社の業務執行におけるリスクは、リスクマネジメント委員会で対応方針を策定するとともに、各業務
          執行取締役がその対応に責任を持ち、重要なリスクについては取締役会で分析及び評価を行い、対応を決
          定することとしております。
         3 当社グループにとって重要な投資については、収益性や事業戦略性、組織運営上のリスクを事前に取締
          役会で十分検討すると共に、事後的なモニタリングを随時実施しております。
        Ⅳ 当社及び子会社の取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

         1 当社は毎月定例の取締役会を開催し、「取締役会規程」に基づく重要事項の決定並びに各取締役の業務
          執行状況の監督を実施しております。
         2 当社は、当社グループの取締役及び使用人が共有する経営計画を年度ごとに策定し、各担当取締役は、
          グループ全体の目標達成のための具体的目標及び権限の適切な配分等、当該目標達成のための方法を定め
          ると共に、定例の取締役会で目標達成の進捗状況についての報告を実施しております。
         3 当社取締役会の決定に基づく業務執行については、「組織規程」「職務分掌規程」「職務権限規程」で
          その責任者や執行手続等の詳細について定めております。
        Ⅴ 当社グループにおける業務の適正を確保するための体制

         1 当社グループの業務執行の状況は、定期的に取締役会において報告されております。
         2 当社グループの経営に関する一定の事項については、当社の関連部署と随時協議を行うと共に、重要事
          項については当社の取締役会の承認を要することとしております。
         3 当社子会社の取締役及び使用人は、当社からの経営管理や経営指導内容が法令ないしは定款等に違反す
          ると認められる場合は、当社の監査等委員会または内部監査室に報告あるいは内部通報制度を利用した通
          報を行うこととしております。報告・通報に対してはその内容を調査し、必要に応じて関係部署と協議の
          上、是正措置を取ると共に再発防止策を策定することとしております。
        Ⅵ 当社の監査等委員会の職務を補助すべき使用人に関する事項、当該使用人の監査等委員以外の取締役から

         の独立性に関する事項及び当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項
         1 当社の監査等委員会が監査等委員会スタッフを求める場合、当社管理本部を監査等委員会の職務を補助
          する組織とし、その使用人が監査等委員会スタッフを兼務することとしております。
         2 監査等委員会スタッフの任命や異動については、監査等委員会の事前同意を要することとしておりま
          す。
         3 監査等委員会スタッフは、監査等委員会から指示を受けた場合に、当該指示された業務に関しては監査
          等委員である取締役以外の取締役からの指揮命令を受けないこととしております。
        Ⅶ 当社及び子会社の取締役、使用人等が監査等委員会に報告をするための体制及び監査等委員会の業務が実

         効的に行われることを確保するための体制
         1 当社グループの取締役及び使用人は、法令ないしは定款、社内規程等の違反行為他、当社グループに重
          大な損害を及ぼすおそれのある事実が発見された場合、直ちに監査等委員会に対して報告を行うこととし
          ております。
         2 当社グループの取締役及び使用人は、監査等委員会から業務執行に関する事項について報告を求められ
          た場合には速やかにその報告を行うこととし、また監査等委員会が業務や財産等の調査を行う場合は、積
          極的に協力することとしております。
                                 65/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
         3 当社の内部監査室は、内部監査の実施状況や内部通報制度への通報状況等を監査等委員会に定期的かつ
          適時に報告することとしております。
        Ⅷ 当社の監査等委員会へ報告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な扱いを受けないことを確保

         するための体制
           当社グループの取締役及び使用人は、監査等委員会にいつでも直接報告を行うことができることとして
          おり、当社グループは当該報告を行ったことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止しております。
        Ⅸ 当社の監査等委員の職務の執行について生ずる費用又は債務の処理、費用の前払又は償還の手続きに係る

         方針
           当社グループは、監査等委員会がその職務の執行に際し、会社法第399条の2第4項に基づく費用の前払
          等の請求をした場合、または監査等委員会が独自に外部専門家をその職務執行のために利用した場合は、
          当該費用または債務が監査等委員会の職務執行に必要と認められない場合を除き、速やかに当該費用また
          は債務に応じ、処理することとしております。
        Ⅹ その他当社の監査等委員会の監査が実効的に行われることを確保するための体制

         1 当社の各監査等委員は、その職務のため必要な場合、各会議に自由に参加できることとしております。
         2 当社の監査等委員会は、定期的に代表取締役や内部監査室、会計監査人と意見交換を行うこととしてお
          ります。
        Ⅺ 当社の反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方及びその整備状況

         1 当社グループは、社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力と一切の付き合いをせず、毅然とした
          態度でその排除に努めることとしております。また、不当な要求を受けた場合は、警察等と連携し、断固
          拒否することとしております。
         2 当社グループは、反社会的勢力の情報を当社管理本部で管理することとしており、取引先との各種契約
          書等で反社会的勢力の排除を確認すると共に、当該情報を当社グループでの注意喚起等に利用しておりま
          す。
       ロ.リスク管理体制の整備の状況

         当社のリスク管理体制は、管理本部が中心となり、各部署と情報共有を行うことによりリスクの早期発見に
        努めるとともに、「ネオほっとライン規程」を制定し、社外取締役である各監査等委員や内部監査室等の通報
        窓口を有する内部通報制度を設け、不正行為等に起因する不祥事の未然防止や早期発見を図っております。
         また、当社では経営危機に繋がる可能性がある事象が発生した場合に備え、「経営危機管理規程」を制定
        し、代表取締役を本部長とする対策本部を設置し、対応することとしております。
         さらに、当社は個人情報の保護について最大限の注意を払っており、「個人情報取扱規程」を制定し、個人
        情報の適正な取扱いの確保を図るとともに、JISQ15001に基づく個人情報保護マネジメントシステムを整備し、
        プライバシーマークの認定を受けております。
       ハ.子会社の業務の適性を確保するための体制整備の状況

         当社の子会社の業務の適性を確保するため、「グループ会社管理規程」を制定し、当社の管理本部が子会社
        の管理業務を行うことで、子会社の経営情報等を適宜把握できる体制を構築しております。
         また、子会社に対する内部監査を実施することで、子会社業務が「グループ会社管理規程」に基づき適正に
        運用されていることを確認する体制を構築しております。
       ニ.  取締役の責任免除

         当社は、会社法第426条第1項の規定により、任務を怠ったことによる取締役(取締役であった者を含む。)
        の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨定款に定めており
        ます。当該責任免除が認められるのは、当該役員が責任の原因となった職務の遂行において善意かつ重大な過
        失がないときに限られます。これは、取締役が、期待される役割を十分に発揮すること等を目的とするもので
        あります    。
                                 66/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ホ.  責任限定契約の内容の概要
         当社と社外取締役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する
        契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が定める額としております。
         なお、当該責任限定契約が認められるのは、当該社外取締役が責任の原因となった職務の遂行について善意
        でかつ重大な過失がないときに限られます。
      ④ 内部監査及び監査等委員会監査の状況

        当社の内部監査及び監査等委員会監査の組織は、内部監査室が1名、監査等委員会は監査等委員である非業務
       執行取締役3名で構成されております。
        内部監査室は、代表取締役直轄の組織であり、内部監査規程や年度監査計画に基づき、業務執行の適正性や有
       効性を監査しております。
        監査等委員会は、監査等委員である非業務執行取締役3名いずれも社外取締役で構成され、「監査等委員会規
       程」に基づき監査方針及び監査計画を作成し、取締役会等の重要会議に出席する他、重要な書類の閲覧や内部統
       制システムが適切に運用されているか監査する他、適宜監査等委員会を開催し、業務執行取締役の業務執行を監
       督しております。
        また、内部監査と監査等委員会監査が有機的に連携するよう内部監査結果について、内部監査室担当者が監査
       等委員会に内部監査の実施状況を適宜報告し、意見交換しております。さらに、監査等委員会は会計監査人から
       監査計画について説明を受ける他、適宜情報共有及び意見交換をしております。
      ⑤ 取締役の定数

        当社は、取締役を10名以内とし、そのうち監査等委員である取締役を3名以上とする旨を定款で定めておりま
       す。
      ⑥ 取締役の選任の決議要件

        当社は、取締役の選任決議について、監査等委員である取締役とそれ以外の取締役を区別して、それぞれ議決
       権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行
       う旨を定款で定めております。また、取締役の選任決議について、累積投票によらないものとする旨を定款で定
       めております。
      ⑦ 中間配当

        当社は、会社法第454条第5項の定めに基づき、機動的な配当政策を遂行できるよう、取締役会の決議によって
       中間配当を行うことができる旨を定款に定めております。
      ⑧ 株主総会の特別決議要件

        当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議の要件について、議決権を行使することができる株
       主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めてお
       ります。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うこと
       を目的とするものであります。
                                 67/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (2)  【役員の状況】
      ① 役員一覧
    男性  6 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率              -%)
                                                     所有株式数
        役職名         氏名       生年月日               略歴            任期
                                                      (株)
                              1999年4月      株式会社日本経済広告社入社
                              2000年10月      有限会社メディアインタラクティ
                                                     1,156,800
                                   ブ(現当社)設立 代表取締役(現
       代表取締役        橋本 光伸      1975年10月25日      生                      (注)3
                                                       (注)6
                                   任)
                              2015年11月      株式会社セールスサポート代表取
                                   締役(現任)
                              1999年3月      株式会社セブン-イレブン・ジャパ
                                   ン入社
                              2004年12月      株式会社クークー入社
                              2006年8月      イー・ガーディアン株式会社入社
                              2008年12月      同社取締役就任
                              2012年6月      イーオペ株式会社(現         イー・ガー
        取締役        荒池 和史      1976年3月24日      生                      (注)3     44,000
                                   ディアン東北株式会社)代表取締役
                                   就任
                              2015年12月      当社入社    事業企画室長
                              2016年4月      株式会社セールスサポート取締役
                                   (現任)
                              2016年12月      当社取締役(営業管掌)就任(現任)
                              2001年9月      株式会社マルゼン入社
                              2006年7月      富士ソフト株式会社入社
                              2011年5月      エイベックス・グループ・ホール
                                   ディングス㈱入社(現 エイベック
                                   ス株式会社)
        取締役
                秋田 誠      1976年4月12日      生                      (注)3       -
                              2017年7月      株式会社ロゼッタ入社
       管理本部長
                              2018年3月      同社  執行役員グループ管理本部長
                                   就任
                              2019年8月      当社入社    執行役員管理本部長
                              2020年12月      当社取締役管理本部長就任(現任)
                              1996年10月      監査法人トーマツ(現         有限責任監
                                   査法人トーマツ)入所
                              1999年4月      公認会計士登録
                              2010年2月      インヴィンシブル投資法人監督役
        取締役
               藤元 拓志      1970年3月31日      生                      (注)4     10,000
                                   員就任(現任)
      (監査等委員)
                              2017年1月      株式会社ブライセン監査役就任(現
                                   任)
                              2017年7月      当社取締役(監査等委員)就任(現
                                   任)
                              1997年7月      加藤公認会計事務所入所
                              2000年1月      森谷会計事務所入所
                              2005年3月      税理士登録
                              2006年5月      株式会社メディアインタラクティ
                                   ブ(現当社)監査役就任
                              2006年7月      はらしま会計事務所所長(現任)
        取締役
               原島 茂雄      1974年10月31日      生                      (注)4     78,400
                              2012年2月      ゲーシーズアカウンツ(現             J
      (監査等委員)
                                   Glocal   Accounting株式会社)設
                                   立 代表取締役就任(現任)
                              2013年12月      J Glocal   Accounting     Co.,  Ltd.
                                   (タイ国)代表取締役(現任)
                              2015年12月      当社取締役(監査等委員)就任(現
                                   任)
                              2000年10月      弁護士登録 染井・前田法律事務
                                   所入所
                              2004年10月      染井・前田・中川法律事務所パー
                                   トナー就任(現任)
        取締役
                              2010年6月      パウダーテック株式会社取締役就
               中川 達也      1976年1月21日      生                      (注)4      8,000
                                   任(現任)
      (監査等委員)
                              2015年12月      当社取締役(監査等委員)就任(現
                                   任)
                              2019年3月      株式会社グッピーズ監査役就任(現
                                   任)
                            計                          1,297,200
                                 68/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (注)   1.藤元拓志、原島茂雄及び中川達也は、社外取締役であります。
       2.当社の監査等委員会は次のとおりであります。
         委員長 藤元拓志、委員 原島茂雄、委員 中川達也
       3.2020年12月25日開催の定時株主総会の終結の時から、2021年9月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
       4.2019年12月23日開催の定時株主総会の終結の時から、2021年9月期に係る定時株主総会の終結の時までであ
         ります。
       5.当社では、意思決定・監督と執行の分離による取締役会の活性化のため、執行役員制度を導入しておりま
         す。執行役員は、カスタマードリブンディビジョン長 今泉陽介の1名です。
       6.代表取締役 橋本光伸の所有株式数には資産管理会社である株式会社エムスリードリームインベスターが所
         有する株式数(658,000株)を含め表示しております。
      ② 社外役員の状況

        藤元拓志氏は、公認会計士の資格を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。原島茂雄
       氏は、税理士の資格を有し、税務に関する相当程度の知見を有しております。中川達也氏は、弁護士の資格を有
       し、法務に関する相当程度の知見を有しております。
        当社は、株式会社東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準等を参考にして、社外取締役を選任す
       るための独立性に関する基準を定めております。藤元拓志、原島茂雄及び中川達也を同取引所に独立役員として
       届け出る予定であります           。
        当社は監査等委員会設置会社であり、経営の監視・監督機能を強化するため、3名の監査等委員である社外取
       締役を選任しております。社外取締役は、代表取締役と利害関係を有することなく、また当社の業務執行と関わ
       らない客観的な立場から経営判断を受けることで、取締役会の監督機能強化を図っております。
        なお、社外取締役で構成される監査等委員会は、当社の内部統制システムが有効に機能しているか監査すると
       ともに、内部監査室及び会計監査人と情報・意見等を交換するための会合を定期的に開催しております。
        社外取締役である、藤元拓志は当社株式10,000株、原島茂雄は当社株式78,400株、中川達也は当社株式8,000株
       及び新株予約権3個を保有しておりますが、それ以外に当社との間に、人的関係、資本的関係又は取引関係その
       他の利害関係はありません。
      ③ 社外取締役による監督又は監査と内部監査、監査等委員会監査及び会計監査との相互連携並びに内部統制部門

       との関係
        社外取締役は全員、監査等委員を兼ねており、取締役会及び監査等委員会に出席し、内部監査・監査等委員会
       監査及び会計監査との相互連携を行っております。その他、監査等委員である社外取締役は、監査等委員会等に
       おいて会計監査人及び内部監査室より定期的にその活動状況等について報告を受け、また、意見交換を行う等の
       相互連携を図っております。
                                 69/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (3)  【監査の状況】
      ① 監査等委員監査の状況
        当社の監査等委員会は、監査等委員である社外取締役3名で構成されております。監査等委員である社外取締
       役は、取締役会への出席により経営監督機能を担うとともに、内部監査室や会計監査人と緊密に連携すること
       で、監査・監督の成果を高めております。また、監査等委員会の委員長である社外取締役の藤元拓志は、監査等
       委員会の監査計画に基づき、社内の重要な会議に随時出席する他、重要な書類の閲覧、取締役(監査等委員である
       取締役を除く)並びに使用人への意見聴取及び内部通報の社内窓口対応を行っております。
        また、監査等委員、内部監査責任者並びに会計監査人は必要に応じて随時情報交換を行い、相互の連携を高め
       会社業務の適法性・妥当性の確保に万全を期しております。
        なお、監査等委員藤元拓志は公認会計士及び税理士の資格を有しており、財務及び会計に関する相当程度の知
       見を有しております。監査等委員原島茂雄は、税理士の資格を有し、税務に関する相当程度の知見を有しており
       ます。監査等委員中川達也は、弁護士の資格を有し、法務に関する相当程度の知見を有しております。
        当社では、監査等委員会を月1回の定例開催に加えて必要に応じて随時開催しております。最近事業年度にお
       ける個々の監査等委員の監査等委員会への出席状況は次のとおりであります。
           氏 名        開催回数       出席回数(出席率)
          藤元 拓志          16回        16回(100%)
          原島 茂雄          16回        16回(100%)
          中川 達也          16回        16回(100%)
        監査等委員会における主な検討事項として、重点監査項目を以下のとおり設定し、期初に監査計画として決議

       し取締役会に報告するとともに、活動状況を定期的に取締役会に報告しております。
        ・取締役会等の意思決定の監査
        ・内部統制システムに係る監査
        ・企業情報開示体制の監査
        ・事業報告等及び計算関係書類の監査
        ・会計監査人の職務遂行が適正に行われることを確保するための体制の監査
        ・競業取引及び利益相反取引等の監査
        ・売上計上の内部統制の監視・検証
        ・勤怠管理システムの監視・検証
        また、上記に加えて、内部通報への対応方針の検討も随時実施しております。
      ② 内部監査の状況

        当社の内部監査体制は、代表取締役直轄組織として内部監査室を設置しており、人員は内部監査室長1名と
       なっております。内部監査室長は、「内部監査規程」及び代表取締役から承認を得た内部監査計画に基づき、子
       会社も含めた各部門の業務活動を対象として、会計監査、業務監査、システム監査、個人情報保護監査を行って
       おります。また、内部監査室長は、監査等委員会と定期的に内部監査の実施状況等について情報交換を行ってお
       ります。さらに、内部監査室長は、監査等委員及び会計監査人と、相互に連携して、三者間で定期的に会合を開
       催し、課題・改善事項等の情報共有を行っており、より実効性の高い監査を実施するように努めております。
      ③ 会計監査の状況

        当社は、太陽有限責任監査法人と監査契約を締結し、会計監査を受けております。また、会計監査の一環とし
       て、当社の内部統制の整備、運用状況について検証を受け、内部統制の状況に関する報告を受けております。
        なお、同監査法人及び当社監査に従事する同監査法人の業務執行社員との間には、特別な利害関係はありませ
       ん。継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。
       a.監査法人の名称

         太陽有限責任監査法人
       b.継続監査期間 5年

                                 70/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       c.業務を執行した公認会計士
         石上 卓哉
         田村 知弘
       c.監査業務に係る補助者の構成

         当社の会計監査業務に係る補助者は、公認会計士7名、その他14名、計21名であります。
       d.監査法人の選定方針と理由

         監査委員会は、会計監査人の職務の遂行が適正に行われることを確保するため、品質管理体制、監査体制、
        監査計画及び監査報酬水準等の観点から「会計監査人候補を選定するための基準」を設けており、当該基準に
        照らして適切な会計監査人を選定することとしております                           。
         会計監査人として太陽有限責任監査法人を選定した理由は、その適格性、監査体制、監査計画等が当社の基
        準を満たしており、また、監査の継続性も勘案し検討した結果、適任と判断したためとなります                                            。
         監査等委員会は、会計監査人が会社法第340条第1項各号に定める事由に該当すると認められた場合、監査等
        委員全員の同意に基づき、会計監査人を解任いたします。この場合、監査等委員会が選定した監査等委員は、
        解任した旨及び解任の理由を解任後最初に招集される株主総会において報告いたします                                        。
         また、監査等委員会は、会計監査人の監査品質、職務遂行状況等諸般の事情を総合的に勘案し、再任しない
        ことが適切であると判断した場合には、同法第399条の2第3項第2号の定めに従い、株主総会に提出する会計
        監査人の不再任に関する議案の内容を決定いたします。
       e.監査等委員会による監査法人の評価

         監査等委員会は、日本監査役協会が公表する「会計監査人の評価及び選定基準策定に関する監査役等の実務
        指針」を踏まえ、会計監査人から監査計画・監査の実施状況・職務の遂行が適正に行われていることを確保す
        るための体制・監査に関する品質管理基準等の報告を受けた上で検討を行い、会計監査人を総合的に評価して
        おります。上記評価の結果、当社の会計監査人である太陽有限責任監査法人に問題は認められず、解任及び不
        再任に該当する事象も認められないと認識しております                          。
      (監査報酬の内容等)

       a.監査公認会計士等に対する報酬
                  最近連結会計年度の前連結会計年度                          最近連結会計年度
        区分
                 監査証明業務に           非監査業務に          監査証明業務に           非監査業務に
                基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)           基づく報酬(千円)
       提出会社               12,000             -         14,400             -
       連結子会社                 -           -           -           -

         計             12,000             -         14,400             -

       b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(グラント・ソントン)に対する報酬(a.を除く)

         該当事項はありません。
       c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容

         該当事項はありません。
       d.監査報酬の決定方針

         監査法人により提示された監査の体制・手続・日程等の監査計画や監査見積時間等を検討した上で、監査等
        委員会の同意を得て監査報酬を決定しております                       。
       e.監査等委員会が会計監査人の報酬等に同意した理由

         監査等委員会は、会計監査人の監査計画の内容、会計監査の職務遂行状況及び報酬見積りの算出根拠等が適
        切であるかどうかについて検討した結果、会計監査人の報酬額について妥当な水準であると判断し、会社法第
        399条第1項及び同条第3項の同意を行っております                        。
                                 71/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     (4)  【役員の報酬等】
      ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
        当社の取締役の報酬限度額は、2015年12月22日開催の定時株主総会において年額100,000千円以内、監査等委員
       である社外取締役の報酬限度額は年額30,000千円以内と決議いただいており、当社はその報酬限度額内で役員報
       酬を決定しております。
        本書提出日現在において、これらの限度額に基づく報酬等の支給対象となる役員は、取締役3名、監査等委員
       3名であります。
        各取締役の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は、役位、在籍年数、業績評価、会社の業績等を
       総合的に勘案し、監査等委員である社外取締役については個々の監査等委員である取締役の職務と責任に応じた
       報酬額を、監査等委員の協議にて決定することとしております。
        なお、当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動内容につきましては、
       2019年12月23日開催の取締役会において、協議・決議されております。
      ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                               報酬等の種類別の総額(千円)
                                                   対象となる
                    報酬等の総額
         役員区分                                         役員の員数
                     (千円)
                            固定報酬       業績連動報酬        退職慰労金
                                                    (人)
    取締役(監査等委員及び社外取
                       24,675        24,675          -        -        2
    締役を除く)
    取締役(監査等委員)(社外取締
                         -        -        -        -        -
    役を除く)
    社外取締役                   8,700        8,700         -        -        3

      ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

        連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
      ④ 使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

        該当事項はありません。
     (5)  【株式の保有状況】

       該当事項はありません。
                                 72/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    第5   【経理の状況】
    1.連結財務諸表及び四半期連結財務諸表並びに財務諸表の作成方法について

     (1)  当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1976年大蔵省令第28号)に基
      づいて作成しております。
     (2)  当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令

      第64号)に基づいて作成しております。
     (3)  当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(1963年大蔵省令第59号)に基づいて

      作成しております。
    2.監査証明について

     (1)  当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、前連結会計年度(2018年10月1日から2019年9月30
      日まで)及び当連結会計年度(2019年10月1日から2020年9月30日まで)の連結財務諸表並びに前事業年度(2018年10
      月1日から2019年9月30日まで)及び当事業年度(2019年10月1日から2020年9月30日まで)の財務諸表について、太
      陽有限責任監査法人により監査を受けております。
     (2) 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020

      年12月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年10月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表
      について、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
    3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

      当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
     容を適切に把握し、会計基準の変更等についても適確に対応することができる体制を整備するため、外部研修等に適
     宜参加しております。
                                 73/147











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    1 【連結財務諸表等】
     (1) 【連結財務諸表】
      ①  【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年9月30日)              (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               324,783              476,458
        受取手形及び売掛金                               186,978              194,395
        仕掛品                                13,932              18,660
        貯蔵品                                4,740              5,960
        その他                                35,750              28,513
                                         △ 69             △ 45
        貸倒引当金
        流動資産合計                               566,116              723,942
      固定資産
        有形固定資産
         建物                               23,073              23,831
                                       △ 9,196             △ 10,283
          減価償却累計額
          建物(純額)                             13,876              13,547
         リース資産
                                        3,465              3,465
                                       △ 1,397             △ 2,090
          減価償却累計額
          リース資産(純額)                              2,067              1,374
         その他
                                        11,323              12,983
                                       △ 7,501             △ 8,501
          減価償却累計額
          その他(純額)                              3,822              4,481
         有形固定資産合計                               19,765              19,403
        無形固定資産
         のれん                              143,802              147,002
                                        16,339              11,233
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                              160,141              158,236
        投資その他の資産
         繰延税金資産                               65,662              61,922
                                        19,210              18,559
         その他
         投資その他の資産合計                               84,873              80,482
        固定資産合計                               264,780              258,121
      資産合計                                 830,897              982,064
                                 74/147








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                                (2019年9月30日)              (2020年9月30日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                53,837              37,466
        1年内返済予定の長期借入金                               134,392              142,635
        未払金                               169,029               28,646
        リース債務                                1,101               918
        未払法人税等                                4,988              47,958
        未払消費税等                                1,143              49,120
        ポイント引当金                                52,377              57,699
        未払費用                                44,518              49,438
                                        17,122              26,550
        その他
        流動負債合計                               478,510              440,435
      固定負債
        長期借入金                               193,061              327,762
                                        2,898              1,979
        リース債務
        固定負債合計                               195,959              329,741
      負債合計                                 674,470              770,176
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                47,560              47,560
        利益剰余金                               112,536              229,186
                                       △ 5,610             △ 66,610
        自己株式
        株主資本合計                               154,486              210,136
      その他の包括利益累計額
                                        1,941              1,751
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                1,941              1,751
      純資産合計                                 156,427              211,887
     負債純資産合計                                  830,897              982,064
                                 75/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結貸借対照表】
                                    (単位:千円)
                              当第1四半期連結会計期間
                                (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               413,438
        受取手形及び売掛金                               248,457
        仕掛品                                46,376
        貯蔵品                                6,130
        その他                                33,174
                                         △ 58
        貸倒引当金
        流動資産合計                               747,519
      固定資産
        有形固定資産                                18,459
        無形固定資産
         のれん                              142,760
                                        10,399
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                              153,160
        投資その他の資産                                78,755
        固定資産合計                               250,374
      資産合計                                 997,894
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                38,158
        1年内返済予定の長期借入金                               146,277
        未払法人税等                                30,225
        賞与引当金                                9,920
        ポイント引当金                                61,678
                                       143,339
        その他
        流動負債合計                               429,599
      固定負債
        長期借入金                               298,086
                                        1,795
        リース債務
        固定負債合計                               299,881
      負債合計                                 729,480
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                47,560
        利益剰余金                               284,969
                                      △ 66,610
        自己株式
        株主資本合計                               265,919
      その他の包括利益累計額
                                        2,494
        為替換算調整勘定
        その他の包括利益累計額合計                                2,494
      純資産合計                                 268,413
     負債純資産合計                                  997,894
                                 76/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
       【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年10月1日              (自 2019年10月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     売上高                                 1,132,272              1,427,555
                                       621,921              719,564
     売上原価
     売上総利益                                  510,351              707,991
                                     ※1  489,947            ※1  534,391
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   20,403              173,600
     営業外収益
      受取利息                                    13               4
      受取配当金                                    2              2
      補助金収入                                  2,067              3,200
                                         467               98
      その他
      営業外収益合計                                  2,550              3,304
     営業外費用
      支払利息                                  2,576              2,654
      支払保証料                                   540              587
                                         162               9
      その他
      営業外費用合計                                  3,279              3,252
     経常利益                                   19,674              173,652
     特別損失
                                                     ※2  62
      固定資産売却損                                    -
                                      ※3  1,315
                                                        -
      固定資産除却損
      特別損失合計                                  1,315                62
     税金等調整前当期純利益                                   18,359              173,589
     法人税、住民税及び事業税
                                        10,931              53,198
                                        △ 599             3,740
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   10,332              56,939
     当期純利益                                   8,027             116,650
     親会社株主に帰属する当期純利益                                   8,027             116,650
                                 77/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年10月1日              (自 2019年10月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     当期純利益                                   8,027             116,650
     その他の包括利益
                                        △ 514             △ 190
      為替換算調整勘定
                                      ※  △  514           ※  △  190
      その他の包括利益合計
     包括利益                                   7,512             116,460
     (内訳)
      親会社株主に係る包括利益                                  7,512             116,460
      非支配株主に係る包括利益                                    -              -
                                 78/147
















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年10月1日
                                至 2020年12月31日)
     売上高                                  415,522
                                       194,746
     売上原価
     売上総利益                                  220,775
     販売費及び一般管理費                                  131,670
     営業利益                                   89,105
     営業外収益
      受取利息                                    0
      補助金収入                                   398
                                          31
      その他
      営業外収益合計                                   430
     営業外費用
      支払利息                                   559
      支払保証料                                   132
                                        2,000
      上場関連費用
      営業外費用合計                                  2,691
     経常利益                                   86,844
     税金等調整前四半期純利益                                   86,844
     法人税、住民税及び事業税
                                        30,225
                                         835
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   31,061
     四半期純利益                                   55,782
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   55,782
                                 79/147











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                    (単位:千円)
                              当第1四半期連結累計期間
                               (自 2020年10月1日
                                至 2020年12月31日)
     四半期純利益                                   55,782
     その他の包括利益
                                         743
      為替換算調整勘定
      その他の包括利益合計                                   743
     四半期包括利益                                   56,525
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                 56,525
                                 80/147
















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【連結株主資本等変動計算書】
      前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                                      株主資本
                         資本金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高                       47,560        104,508         △ 5,610        146,458
    当期変動額
     親会社株主に帰属する当期純利益                                8,027                  8,027
     株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                                                  -
    当期変動額合計                         -       8,027          -       8,027
    当期末残高                       47,560        112,536         △ 5,610        154,486
                             その他の包括利益累計額

                                                 純資産合計
                        為替換算調整勘定          その他の包括利益累計額合計
    当期首残高                           2,455            2,455           148,914
    当期変動額
     親会社株主に帰属する当期純利益                                                 8,027
     株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                          △ 514           △ 514           △ 514
    当期変動額合計                           △ 514           △ 514           7,512
    当期末残高                           1,941            1,941           156,427
      当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

                                                  (単位:千円)
                                      株主資本
                         資本金        利益剰余金         自己株式        株主資本合計
    当期首残高                       47,560        112,536         △ 5,610        154,486
    当期変動額
     親会社株主に帰属する当期純利益                               116,650                  116,650
     自己株式の取得                                       △ 61,000        △ 61,000
     株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                                                  -
    当期変動額合計                         -       116,650        △ 61,000         55,650
    当期末残高                       47,560        229,186        △ 66,610        210,136
                             その他の包括利益累計額

                                                 純資産合計
                        為替換算調整勘定          その他の包括利益累計額合計
    当期首残高                           1,941            1,941           156,427
    当期変動額
     親会社株主に帰属する当期純利益                                                116,650
     自己株式の取得                                                △ 61,000
     株主資本以外の項目の当期変動額(純額)                          △ 190           △ 190           △ 190
    当期変動額合計                           △ 190           △ 190          55,460
    当期末残高                           1,751            1,751           211,887
                                 81/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ④  【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                前連結会計年度              当連結会計年度
                               (自 2018年10月1日              (自 2019年10月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
      税金等調整前当期純利益                                 18,359              173,589
      減価償却費                                  9,564              9,080
      のれん償却額                                  9,414              16,799
      貸倒引当金の増減額(△は減少)                                    59             △ 23
      ポイント引当金の増減額(△は減少)                                  2,484              5,322
      受取利息及び受取配当金                                  △ 15              △ 6
      支払利息                                  2,576              2,654
      固定資産売却損益(△は益)                                    -              62
      固定資産除却損                                  1,315                -
      売上債権の増減額(△は増加)                                △ 61,752              △ 7,416
      たな卸資産の増減額(△は増加)                                   455            △ 5,948
      その他の流動資産の増減額(△は増加)                                 10,142               7,487
      仕入債務の増減額(△は減少)                                 33,057             △ 16,370
                                       △ 3,352              60,831
      その他の流動負債の増減額(△は減少)
      小計                                 22,307              246,063
      利息及び配当金の受取額
                                          15               6
      利息の支払額                                 △ 2,576             △ 2,654
                                       △ 8,576             △ 10,228
      法人税等の支払額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                 11,169              233,185
     投資活動によるキャッシュ・フロー
      定期積金の預入による支出                                 △ 7,100             △ 1,103
      定期積金の払戻による収入                                  6,000              7,503
      有形固定資産の取得による支出                                 △ 5,631             △ 3,706
      有形固定資産の売却による収入                                    -              30
      無形固定資産の取得による支出                                 △ 4,179                -
                                       ※2  -        ※2   △  158,888
      事業譲受による支出
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 10,910             △ 156,164
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      長期借入れによる収入                                 180,000              300,000
      長期借入金の返済による支出                                △ 143,628             △ 157,056
      自己株式の取得による支出                                    -           △ 61,000
                                        △ 927            △ 1,101
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                 35,444              80,842
     現金及び現金同等物に係る換算差額                                   △ 514             △ 190
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   35,188              157,674
     現金及び現金同等物の期首残高                                  283,595              318,783
                                     ※1  318,783            ※1  476,458
     現金及び現金同等物の期末残高
                                 82/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      1.連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数 3社
         すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の名称
          パイルアップ株式会社
          株式会社セールスサポート
          NEO  MARKETING     ASIA   LIMITED
       (2)  非連結子会社の名称等

         該当事項はありません。
      2.持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は、次のとおりであります。
             会社名            決算日
        NEO  MARKETING     ASIA   LIMITED
                         12月31日
        連結決算日現在で本決算に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎としております。
      4.会計方針に関する事項

       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
        イ 仕掛品
          個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
        ロ 貯蔵品
          先入先出法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しておりま
          す。
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        イ 有形固定資産(リース資産を除く)
          当社及び国内連結子会社は主に定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物
          附属設備については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物         3年~30年
          工具、器具及び備品  4年~10年
        ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ハ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リースに係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
                                 83/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (3)  重要な引当金の計上基準
        イ 貸倒引当金
          売上債権の貸倒損失に備えるため、当社及び国内連結子会社は一般債権については貸倒実績率により、貸
          倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ロ ポイント引当金

          アイリサーチに登録されている生活者パネルへのポイント交換申請による支出に備えるため、期末累計ポ
          イントから期末累計ポイントに過去3年間のポイント失効実績率を乗じた金額を控除して計算した見積額
          を計上しております。
       (4)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
         ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
         費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上し
         ております。
       (5)  のれんの償却方法及び償却期間

         のれんの償却については、10~15年間の定額法により償却を行っております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
         か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

      1.連結の範囲に関する事項
       (1)  連結子会社の数 3社
         すべての子会社を連結しております。
         連結子会社の名称
          パイルアップ株式会社
          株式会社セールスサポート
          NEO  MARKETING     ASIA   LIMITED
       (2)  非連結子会社の名称等

         該当事項はありません。
      2.持分法の適用に関する事項

        該当事項はありません。
      3.連結子会社の事業年度等に関する事項

        連結子会社の決算日が連結決算日と異なる会社は、次のとおりであります。
             会社名            決算日
        NEO  MARKETING     ASIA   LIMITED
                         12月31日
        連結決算日現在で本決算に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎としております。
                                 84/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      4.会計方針に関する事項
       (1)  重要な資産の評価基準及び評価方法
         たな卸資産
        イ 仕掛品
          個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。
        ロ 貯蔵品
          先入先出法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しておりま
          す。
       (2)  重要な減価償却資産の減価償却の方法

        イ 有形固定資産(リース資産を除く)
          当社及び国内連結子会社は主に定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物
          附属設備については、定額法を採用しております。
          なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
          建物         3年~30年
          工具、器具及び備品  4年~10年
        ロ 無形固定資産(リース資産を除く)
          定額法を採用しております。
          なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
        ハ リース資産
          所有権移転外ファイナンス・リースに係るリース資産
          リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
       (3)  重要な引当金の計上基準

        イ 貸倒引当金
          売上債権の貸倒損失に備えるため、当社及び国内連結子会社は一般債権については貸倒実績率により、貸
          倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
        ロ ポイント引当金
          アイリサーチに登録されている生活者パネルへのポイント交換申請による支出に備えるため、期末累計ポ
          イントから期末累計ポイントに過去3年間のポイント失効実績率を乗じた金額を控除して計算した見積額
          を計上しております。
       (4)  重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

         外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理してお
         ります。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び
         費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上し
         ております。
       (5)  のれんの償却      方法及び償却期間

         のれんの償却については、10年~15年間の定額法により償却を行っております。
       (6)  連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

         手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクし
         か負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
       (7)  その他連結財務諸表作成のための重要な事項

         消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
                                 85/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (未適用の会計基準等)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     (収益認識に関する会計基準等)
     ・「収益認識に関する会計基準」
      (企業会計基準第29号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
      (企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日 企業会計基準委員会)
     1.概要

       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準
      の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
      Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日よ
      り後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な
      会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
      を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
      点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
      には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     2.適用予定日

       2022年9月期の期首から適用予定です。
     3.当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
     (時価の算定に関する会計基準等)

     ・「時価の算定に関する会計基準」
      (企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」
      (企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「金融商品に関する会計基準」
      (企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」
      (企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     1.概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
      ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
      ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
      事項が定められました。
     2.適用予定日

       2022年9月期の期首から適用予定です。
                                 86/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.当該会計基準等の適用による影響
       「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
      ります。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

     (収益認識に関する会計基準等)
     ・「収益認識に関する会計基準」
      (企業会計基準第29号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」
      (企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     1.概要

       国際会計基準審議会(IASB)及び米国財務会計基準審議会(FASB)は、共同して収益認識に関する包括的な会計基準
      の開発を行い、2014年5月に「顧客との契約から生じる収益」(IASBにおいてはIFRS第15号、FASBにおいては
      Topic606)を公表しており、IFRS第15号は2018年1月1日以後開始する事業年度から、Topic606は2017年12月15日よ
      り後に開始する事業年度から適用される状況を踏まえ、企業会計基準委員会において、収益認識に関する包括的な
      会計基準が開発され、適用指針と合わせて公表されたものです。
       企業会計基準委員会の収益認識に関する会計基準の開発にあたっての基本的な方針として、IFRS第15号と整合性
      を図る便益の1つである財務諸表間の比較可能性の観点から、IFRS第15号の基本的な原則を取り入れることを出発
      点とし、会計基準を定めることとされ、また、これまで我が国で行われてきた実務等に配慮すべき項目がある場合
      には、比較可能性を損なわせない範囲で代替的な取扱いを追加することとされております。
     2.適用予定日

       2022年9月期の期首から適用予定です。
     3.当該会計基準等の適用による影響

       「収益認識に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であり
      ます。
     (時価の算定に関する会計基準等)

     ・「時価の算定に関する会計基準」
      (企業会計基準第30号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」
      (企業会計基準第9号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「金融商品に関する会計基準」
      (企業会計基準第10号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」
      (企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日 企業会計基準委員会)
     ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」
      (企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     1.概要

       国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び「時価の算定
      に関する会計基準の適用指針」(以下「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に関するガイ
      ダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
       ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品
       ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
       また、「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」が改訂され、金融商品の時価のレベルごとの内訳等の注記
      事項が定められました。
     2.適用予定日

                                 87/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       2022年9月期の期首から適用予定です。
     3.当該会計基準等の適用による影響

       「時価の算定に関する会計基準」等の適用による連結財務諸表に与える影響額については、現時点で評価中であ
      ります。
     (会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準)

     ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」
      (企業会計基準第24号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     1.概要

       関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に、採用した会計処理の原則及び手続きの概要を示すことを目的
      とするものです。
     2.適用予定日

       2021年9月期の連結会計年度末より適用予定です。
     (会計上の見積りの開示に関する会計基準)

     ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」
      (企業会計基準第31号 2020年3月31日 企業会計基準委員会)
     1.概要

       当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財務諸表に重要な影響を及ぼす
      リスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利用者の理解に資する情報を開示することを
      目的とするものです。
     2.適用予定日

       2021年9月期の連結会計年度末より適用予定です。
       (追加情報)

     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

     (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
      当社グループでは、固定資産の減損会計、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、連結財務諸表
     作成時において入手可能な情報に基づき実施しております。
      新型コロナウイルス感染症による当連結会計年度の事業及び業績に大きな影響を及ぼす事項はございません。ま
     た、今後の影響も限定的と考えております。
      しかしながら、新型コロナウイルス感染症拡大による影響は不確定要素が多いため、引き続き今後の動向を注視し
     てまいります。
                                 88/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結貸借対照表関係)
       保証債務
       他の会社の金融機関等からの借入に対し、債務保証を行っております。
                前連結会計年度                         当連結会計年度
               (2019年9月30日)                         (2020年9月30日)
       株式会社エムスリードリーム                         株式会社エムスリードリーム
                         40,000千円                           -千円
       インベスター(債務根保証)                         インベスター(債務根保証)
             計           40,000              計             -
       (連結損益計算書関係)

    ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当連結会計年度
                            (自 2018年10月1日               (自 2019年10月1日
                             至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
       給料及び手当                            171,805    千円            212,981    千円
       貸倒引当金繰入額                              59               △23
       のれん償却額                             9,414               16,799
    ※2 固定資産売却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自 2018年10月1日                (自 2019年10月1日
                             至 2019年9月30日)                至 2020年9月30日)
       その他                              -千円                62千円
               計                      -                62
    ※3 固定資産除却損の内容は次のとおりであります。

                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自 2018年10月1日                (自 2019年10月1日
                             至 2019年9月30日)                至 2020年9月30日)
       リース資産                             1,269千円                 -千円
       その他                              46                -
               計                     1,315                 -
       (連結包括利益計算書関係)

     ※ その他の包括利益に係る組替調整額
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自 2018年10月1日                (自 2019年10月1日
                             至 2019年9月30日)                至 2020年9月30日)
       為替換算調整勘定:
        当期発生額                            △514千円                △190千円
                                      -                -
        組替調整額
        計                            △514                △190
        税効果調整前合計
                                    △514                △190
                                      -                -
        税効果額
       その他の包括利益合計                             △514                △190
                                 89/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結株主資本等変動計算書関係)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                     期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)          株式数(株)
    発行済株式

     普通株式(注)1                      6,020           -         -        6,020

           合計               6,020           -         -        6,020

    自己株式

     普通株式(注)1                       170          -         -         170

           合計                170          -         -         170

     (注)   1.当社は、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っておりますが、株式数に記
         載している事項は当該株式分割前の株式数を基準としております。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

     1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                     当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度         当連結会計年度末
                     期首株式数(株)         増加株式数(株)         減少株式数(株)          株式数(株)
    発行済株式

     普通株式(注)1,         2
                           6,020       1,197,980             -      1,204,000
           合計               6,020       1,197,980             -      1,204,000

    自己株式

     普通株式(注)1,         3
                            170        94,830           -       95,000
           合計                170        94,830           -       95,000

     (注)   1.当社は、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株の割合で株式分割を行っております。
       2.普通株式の発行済株式総数の増加1,197,980株は株式分割によるものであります。
       3.普通株式の自己株式数の増加94,830株は、株主総会決議による自己株式の取得による増加305株、株式分割
         による増加94,525株であります。
     2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

       該当事項はありません。
     3.配当に関する事項

       該当事項はありません。
                                 90/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
    ※1 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                              前連結会計年度                当連結会計年度
                            (自 2018年10月1日                (自 2019年10月1日
                             至 2019年9月30日)                至 2020年9月30日)
       現金及び預金勘定                            324,783千円                476,458千円
       預入期間が3か月を超える定期預金                            △6,000                  -
       現金及び現金同等物                            318,783                476,458
    ※2 事業譲受により取得した資産及び負債の内訳

       前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
       株式会社モニタスからの事業譲受により取得した資産及び負債の内訳並びに事業譲受の取得価額と事業譲受によ
      る支出(純額)の関係は次のとおりであります                    。
       のれん                               90,847千円

       固定資産                               48,041
       事業譲受の取得価格                              138,888
       事業譲受に     係る未払金                        △138,888
       差引:事業譲受による支出                                 -
       当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

       前連結会計年度の事業譲受に係る未払金の支出と、株式会社エコンテからの事業譲受により取得した資産及び負
      債の内訳並びに事業譲受の取得価額と事業譲受による支出(純額)の関係は次のとおりであります                                            。
       のれん                               20,000千円

       事業譲受の取得価格                               20,000
       前連結会計年度の事業譲受に係る未払金                              138,888
       差引:事業譲受による支出                              158,888
                                 91/147











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (リース取引関係)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     (借主側)
     1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       有形固定資産
        主として、複合機(工具、器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却の方法

        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                     (2)  重要な減価償却資産の減価
       償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

     1.ファイナンス・リース取引
      所有権移転外ファイナンス・リース取引
      ① リース資産の内容
       有形固定資産
        主として、複合機(工具、器具及び備品)であります。
      ② リース資産の減価償却の方法

        連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項「4.会計方針に関する事項                                     (2)  重要な減価償却資産の減価
       償却の方法」に記載のとおりであります。
     2.オペレーティング・リース取引

       該当事項はありません。
                                 92/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (金融商品関係)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については安全性を最優先に流動性と有利性のバランスを勘案した運用を基本姿勢
       としており、事業計画に照らして必要資金を金融機関からの借入により調達しております                                          。なお、デリバティブ
       に関連する取引は行っておりません。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、外貨建て預金は、為替
       の変動リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
        借入金は、運転資金への充当を目的としたものであり、返済日は最長で決算日後5年であり、一部を除き金利
       の変動リスクに晒されております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、営業債権について、新規取引先等につきまして、審査を行っております。また、管理本部が取引先
        の状況をモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収
        懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、同様の管理を行っております。
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         当社は、借入金の金利変動リスクについては、金融機関より情報を収集し定期的に契約条件の見直しを行っ
        ております。      外貨預金については、為替の変動リスクに対して、経理財務部が運用方針に基づき、日本円への
        転換を行っております          。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、各グループ企業や各部署からの報告に基づき、管理本部が資金繰り表を作成及び更新するととも
        に、手許流動性の維持等により流動性を管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。
                                 93/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                      連結貸借対照表計上額
                                    時価(千円)            差額(千円)
                         (千円)
    (1)  現金及び預金
                             324,783            324,783               -
    (2)  受取手形及び売掛金
                             186,978
                              △69
       貸倒引当金(*)
                             186,909            186,909               -

           資産計                  511,693            511,693               -

    (1)  買掛金

                             53,837            53,837              -
    (2)  1年内返済予定の長期借入金
                             134,392            134,392               -
    (3)  リース債務(流動負債)
                              1,101            1,101              -
    (4)  未払法人税等
                              4,988            4,988              -
    (5)  長期借入金
                             193,061            192,689             △371
    (6)  リース債務(固定負債)
                              2,898            2,793            △104
           負債計                  390,278            389,802             △476

     (*)  受取手形及び売掛金に対応している貸倒引当金を控除しております。
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
         負 債

          (1)  買掛金、(2)      1年内返済予定の長期借入金、(3)                リース債務(流動負債)、(4)             未払法人税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
          (5)  長期借入金、(6)        リース債務(固定負債)
            これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利率
           で割り引いた現在価値により算定しております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                      (単位:千円)
                                 当連結会計年度
                  区分
                                (2019年9月30日)
          出資金                                100
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記表に
         は含めておりません。
                                 94/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超
                                1年以内                    10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                             324,783         -       -       -
    受取手形及び売掛金                             186,978         -       -       -
                合計                 511,762         -       -       -

     4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    1年内返済予定の
                    134,392         -       -       -       -       -
    長期借入金
    長期借入金                  -    106,951       66,066       17,273       2,771        -
    リース債務                1,101        918       736       743       499       -
         合計          135,493       107,869       66,802       18,016       3,270        -

     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

     1.金融商品の状況に関する事項
      (1)  金融商品に対する取組方針
        当社グループは、資金運用については安全性を最優先に流動性と有利性のバランスを勘案した運用を基本姿勢
       としており、事業計画に照らして必要資金を金融機関からの借入により調達しております。なお、デリバティブ
       に関連する取引は行っておりません                。
      (2)  金融商品の内容及びそのリスク

        営業債権である受取手形及び売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。また、外貨建て預金は、為替
       の変動リスクに晒されております。
        営業債務である買掛金は、そのほとんどが2ヶ月以内の支払期日であります。
        借入金は、運転資金への充当を目的としたものであり、返済日は最長で決算日後10年であり、一部を除き金利
       の変動リスクに晒されております。
      (3)  金融商品に係るリスク管理体制

       ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
         当社は、営業債権について、新規取引先等につきまして、審査を行っております。また、管理本部が取引先
        の状況をモニタリングし、取引相手ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収
        懸念の早期把握や軽減を図っております。連結子会社についても、同様の管理を行っております。
       ② 市場リスク(為替や金利等の変動リスク)の管理
         当社は、借入金の金利変動リスクについては、金融機関より情報を収集し定期的に契約条件の見直しを行っ
        ております。      外貨預金については、為替の変動リスクに対して、経理財務部が運用方針に基づき、日本円への
        転換を行っております          。
       ③ 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
         当社は、各グループ企業や各部署からの報告に基づき、管理本部が資金繰り表を作成及び更新するととも
        に、手許流動性の維持等により流動性を管理しております。
      (4)  金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

        金融商品の時価には、市場価格に基づく価額の他、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれ
       ております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採用することによ
       り、当該価額が変動することがあります。
                                 95/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     2.金融商品の時価等に関する事項
       連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。なお、時価を把握すること
      が極めて困難と認められるものは含まれておりません((注)2.参照)。
                      連結貸借対照表計上額
                                    時価(千円)            差額(千円)
                         (千円)
    (1)  現金及び預金
                             476,458            476,458               -
    (2)  受取手形及び売掛金
                             194,395
                              △45
       貸倒引当金(*1)
                             194,349            194,349               -

           資産計                  670,807            670,807               -

    (1)  買掛金

                             37,466            37,466              -
    (2)  1年以内返済予定の
                             142,635            142,635               -
      長期借入金
    (3)  リース債務(流動負債)
                               918            918             -
    (4)  未払法人税等
                             47,958            47,958              -
    (5)  未払消費税等
                             49,120            49,120              -
    (6)  長期借入金
                             327,762            324,410            △3,351
    (7)  リース債務(固定負債)
                              1,979            1,894             △84
           負債計                  607,840            604,404            △3,435

     (*)受取手形及び売掛金に対応している貸倒引当金を控除しております。
     (注)   1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

         資 産
          (1)  現金及び預金、(2)         受取手形及び売掛金
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
         負 債

          (1)  買掛金、(2)      1年内返済予定の長期借入金、(3)                 リース債務(流動負債)、(4)              未払法人税等、(5)         未
          払消費税等
            これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価
           額によっております。
          (6)  長期借入金、(7)        リース債務(固定負債)
            これらの時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入又はリース取引を行った場合に想定される利率
           で割り引いた現在価値により算定しております。
        2.時価を把握することが極めて困難と認められる金融商品

                                      (単位:千円)
                                 当連結会計年度
                  区分
                                (2020年9月30日)
          出資金                                100
          これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上記表に
         は含めておりません。
                                 96/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     3.金銭債権の連結決算日後の償還予定額
                                       1年超       5年超
                                1年以内                    10年超
                                      5年以内       10年以内
                                (千円)                    (千円)
                                       (千円)       (千円)
    現金及び預金                             476,458         -       -       -
    受取手形及び売掛金                             194,395         -       -       -
                合計                 670,853         -       -       -

     4.長期借入金及びリース債務の連結決算日後の返済予定額

                         1年超       2年超       3年超       4年超
                  1年以内                                  5年超
                         2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                 (千円)
                         (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
    1年内返済予定の
                    142,635         -       -       -       -       -
    長期借入金
    長期借入金                  -    134,190       64,095       24,513       8,296      96,668
    リース債務                 918       736       743       499       -       -
         合計          143,553       134,926       64,838       25,012       8,296      96,668

                                 97/147














                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (ストック・オプション等関係)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
       該当する事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
                第1回           第2回           第3回           第4回
             ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
             当社取締役   1名                       当社取締役   1名
    付与対象者の
             当社子会社取締役1名           社外協力者 1名           当社子会社取締役1名           当社従業員   23名
    区分及び人数
             当社従業員   90名                       当社従業員   63名
    株式の種類別の
    ストック・オプ        普通株式 122,000株           普通株式 18,400株           普通株式 51,200株           普通株式 14,000株
    ションの数(注)
    付与日        2016年7月7日           2016年7月7日           2018年9月6日           2019年9月18日
             権利行使時において           権利行使時において           権利行使時において           権利行使時において
             も、当社または当社子           も、当社の取締役会が           も、当社または当社子           も、当社または当社子
             会社の取締役、従業員           認める社外協力者の地           会社の取締役、従業員           会社の取締役、従業員
    権利確定条件        の地位にあることを要           位にあることを要しま           の地位にあることを要           の地位にあることを要
             します。ただし、定年           す。           します。ただし、定年           します。ただし、定年
             退職した場合はこの限                       退職した場合はこの限           退職した場合はこの限
             りではありません。                       りではありません。           りではありません。
             対象期間の定めはあり           対象期間の定めはあり           対象期間の定めはあり           対象期間の定めはあり
    対象勤務期間
             ません。           ません。           ません。           ません。
             2018年6月29日から           2016年7月7日から           2020年9月7日から           2021年9月19日から
    権利行使期間
             2026年6月14日           2026年7月7日           2028年9月5日           2029年9月18日
     (注) 株式数に換算して記載しております。                    なお、2020年9月29日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)、
        2021年3月2日付株式分割(普通株式1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況

        当連結会計年度(2019年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
       数については、株式数に換算して記載しております。
       ① ストック・オプションの数
                 第1回           第2回           第3回           第4回
              ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利確定前       (株)
     前連結会計
                       -           -         50,400             -
     年度末
     付与                 -           -           -         14,000
     失効                 -           -         7,200            -

     権利確定                 -           -           -           -

     未確定残                 -           -         43,200           14,000

    権利確定後       (株)

     前連結会計
                     94,000           18,400             -           -
     年度末
     権利確定                 -           -           -           -
     権利行使                 -           -           -           -

     失効               13,600             -           -           -

     未行使残               80,400           18,400             -           -

     (注) 株式数に換算して記載しております。                     なお、2020年9月29日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)、
        2021年3月2日付株式分割(普通株式1株につき2株の割合)による分割後の株式数に換算して記載しておりま
                                 98/147


                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
        す。
       ② 単価情報

                 第1回           第2回           第3回           第4回
              ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利行使価格       (円)          82.5           82.5          347.5           352.5
    行使時
           (円)            -           -           -           -
    平均株価
    付与日に
    おける公正な       (円)            -           -           -           -
    評価単価
     (注) 2020年9月29日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)、2021年3月2日付株式分割(普通株式1株につ
        き2株の割合)による分割後の価格に換算して記載しております。
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       ストック・オプション付与日時点において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評価
      単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
       また、単位当たりの本源的価値を算定するための基礎となる当社株式の評価方法は、ディスカウント・キャッ
      シュ・フロー方式と純資産方式の折衷した方式によっております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用してお
      ります。
     5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値

      の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合
      計額
      ①当連結会計年度末における本源的価値の合計額                        26,892千円
      ②当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
      額                              
                                                      -千円
                                 99/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
     1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
       該当する事項はありません。
     2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

      (1)  ストック・オプションの内容
                      第1回             第2回             第3回
                   ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
                  当社取締役   1名                           当社取締役   1名
    付与対象者の区分及び人数             当社子会社取締役1名             社外協力者 1名             当社子会社取締役1名
                  当社従業員   90名                           当社従業員   63名
    株式の種類別のストック・
                  普通株式 122,000株             普通株式 18,400株             普通株式 51,200株
    オプションの数(注)
    付与日             2016年7月7日             2016年7月7日             2018年9月6日
                  権利行使時においても、当             権利行使時においても、当             権利行使時においても、当
                  社または当社子会社の取締             社の取締役会が認める社外             社または当社子会社の取締
                  役、従業員の地位にあるこ             協力者の地位にあることを             役、従業員の地位にあるこ
    権利確定条件
                  とを要します。ただし、定             要します。             とを要します。ただし、定
                  年退職した場合はこの限り                           年退職した場合はこの限り
                  ではありません。                           ではありません。
                  対象期間の定めはありませ             対象期間の定めはありませ             対象期間の定めはありませ
    対象勤務期間
                  ん。             ん。             ん。
                  2018年6月29日から             2016年7月7日から             2020年9月7日から
    権利行使期間
                  2026年6月14日             2026年7月7日             2028年9月5日
                      第4回             第5回             第6回

                   ストック・オプション             ストック・オプション             ストック・オプション
                                            当社従業員   2名
    付与対象者の区分及び人数             当社従業員   23名             当社従業員   24名
                                            社外協力者   1名
    株式の種類別のストック・
                  普通株式 14,000株             普通株式 12,800株             普通株式 4,400株
    オプションの数(注)
    付与日             2019年9月18日             2020年4月14日             2020年9月30日
                  権利行使時においても、当             権利行使時においても、当             権利行使時においても、当
                  社または当社子会社の取締             社または当社子会社の取締             社または当社子会社の取締
                  役、従業員の地位にあるこ             役、従業員の地位にあるこ             役、従業員または社外協力
    権利確定条件             とを要します。ただし、定             とを要します。ただし、定             者の地位にあることを要し
                  年退職した場合はこの限り             年退職した場合はこの限り             ます。ただし、定年退職し
                  ではありません。             ではありません。             た場合はこの限りではあり
                                            ません。
                  対象期間の定めはありませ             対象期間の定めはありませ             対象期間の定めはありませ
    対象勤務期間
                  ん。             ん。             ん。
                  2021年9月19日から             2022年4月15日から             2022年10月1日から
    権利行使期間
                  2029年9月18日             2030年4月14日             2030年9月30日
     (注) 株式数に換算して記載しております。なお、2020年9月29日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)                                                    、
        2021年3月2日付株式分割(普通株式1株につき2株の割合)                            による分割後の株式数に換算して記載しておりま
        す。
                                100/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      (2)  ストック・オプションの規模及びその変動状況
        当連結会計年度(2020年9月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの
       数については、株式数に換算して記載しております。
       ① ストック・オプションの数
                 第1回           第2回           第3回
              ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利確定前       (株)
     前連結会計
                       -           -         43,200
     年度末
     付与                 -           -           -
     失効                 -           -         2,800

     権利確定                 -           -         40,400

     未確定残                 -           -           -

    権利確定後       (株)

     前連結会計
                     80,400           18,400             -
     年度末
     権利確定                 -           -         40,400
     権利行使                 -           -           -

     失効                2,000            -           -

     未行使残               78,400           18,400           40,400

                 第4回           第5回           第6回

              ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利確定前       (株)
     前連結会計
                     14,000             -           -
     年度末
     付与                 -         12,800           4,400
     失効                1,600            -           -

     権利確定                 -           -           -

     未確定残               12,400           12,800           4,400

    権利確定後       (株)

     前連結会計
                       -           -           -
     年度末
     権利確定                 -           -           -
     権利行使                 -           -           -

     失効                 -           -           -

     未行使残                 -           -           -

     (注) 2020年9月29日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)                               、2021年3月2日付株式分割(普通株式1株につ
        き2株の割合)       による分割後の株式数に換算して記載しております。
                                101/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       ② 単価情報
                 第1回           第2回           第3回
              ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利行使価格       (円)          82.5           82.5          347.5
    行使時
           (円)            -           -           -
    平均株価
    付与日に
    おける公正な       (円)            -           -           -
    評価単価
                 第4回           第5回           第6回

              ストック・オプション           ストック・オプション           ストック・オプション
    権利行使価格       (円)          352.5            500           500
    行使時
           (円)            -           -           -
    平均株価
    付与日に
    おける公正な       (円)            -           -           -
    評価単価
     (注) 2020年9月29日付株式分割(普通株式1株につき200株の割合)                               、2021年3月2日付株式分割(普通株式1株につ
        き2株の割合)       による分割後の価格に換算して記載しております。
     3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

       ストック・オプション付与日時点において、当社は未公開企業であるため、ストック・オプションの公正な評価
      単価の見積方法を単位当たりの本源的価値の見積りによっております。
       また、単位当たりの本源的価値を算定するための基礎となる当社株式の評価方法は、ディスカウント・キャッ
      シュ・フロー方式と純資産方式の折衷した方式によっております。
     4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

       基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採
      用しております。
     5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源的価値

      の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合
      計額
      ①当連結会計年度末における本源的価値の合計額                        48,404千円
      ②当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における本源的価値の合計
      額                              
                                                      -千円
                                102/147







                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (税効果会計関係)
     前連結会計年度(2019年9月30日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 前連結会計年度
                                 (2019年9月30日)
       繰延税金資産
        未払事業税                                644千円
        ポイント引当金                              17,391
        資産除去債務                               2,609
        資産調整勘定                              47,240
        税務上の繰越欠損金 (注)                               3,071
                                       385
        その他
       繰延税金資産小計                               71,344
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額 (注)
                                     △3,071
                                     △2,609
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計                               △5,681
       繰延税金資産合計                               65,662
       (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

                         1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                            5年超      合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (千円)                           (千円)     (千円)
                         (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
          税務上の繰越
                      -     -     -     -     -    3,071     3,071
          欠損金(※1)
          評価性引当額            -     -     -     -     -   △3,071     △3,071
                                                    (※2)   -
          繰延税金資産            -     -     -     -     -     -
          (※1) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          (※2) 税務上の繰越欠損金については、全額を回収不能と判断しております。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
                                 前連結会計年度
                                 (2019年9月30日)
       法定実効税率
                                       34.6%
       (調整)
        税額控除                               △1.7
        住民税均等割                                6.6
        軽減税率適用による影響                               △8.4
        評価性引当額の増減                               10.2
        税率変更による差異                                0.3
        連結子会社の適用税率差異                               △1.0
        のれん償却額                               17.7
                                      △2.0
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                56.3
                                103/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(2020年9月30日)
     1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                 当連結会計年度
                                 (2020年9月30日)
       繰延税金資産
        未払事業税                               5,208千円
        ポイント引当金                              18,834
        資産除去債務                               2,672
        資産調整勘定                              43,230
        税務上の繰越欠損金          (注)
                                      3,436
                                       246
        その他
       繰延税金資産小計                               73,629
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                   (注)
                                     △3,436
                                     △8,270
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額
       評価性引当額小計                              △11,706
       繰延税金資産合計                               61,922
       (注) 税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

                         1年超     2年超     3年超     4年超
                   1年以内                            5年超      合計
                         2年以内     3年以内     4年以内     5年以内
                    (千円)                           (千円)     (千円)
                         (千円)     (千円)     (千円)     (千円)
          税務上の繰越
                      -     -     -     -     -    3,436     3,436
          欠損金(※1)
          評価性引当額            -     -     -     -     -   △3,436     △3,436
                                                    (※2)   -
          繰延税金資産            -     -     -     -     -     -
          (※1) 税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          (※2) 税務上の繰越欠損金については、全額を回収不能と判断しております。
     2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となっ

      た主要な項目別の内訳
                                 当連結会計年度
                                 (2020年9月30日)
       法定実効税率
                                       34.6%
       (調整)
        税額控除                               △4.3
        住民税均等割                                0.7
        軽減税率適用による影響                               △0.9
        評価性引当額の増減                               △0.4
        連結子会社の適用税率差異                               △0.2
        のれん償却額                                3.4
                                      △0.1
        その他
       税効果会計適用後の法人税等の負担率                                32.8
                                104/147





                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (企業結合等関係)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      取得による企業結合
      1.企業結合の概要
       (1)  譲り受けた相手会社の名称及びその事業内容
         名称     株式会社モニタス
         事業内容   インターネットリサーチ事業
       (2)  企業結合を行った主な理由
         マーケティング支援事業の更なる拡大と収益向上を目的としております。
       (3)  企業結合日
         2019年9月30日
       (4)  企業結合の法的形式
         事業譲受
       (5)  結合後企業の名称
         変更はありません。
       (6)  取得企業を決定するに至った主な根拠
         当社が現金を対価として事業を譲り受けるためであります。
      2.連結財務諸表に含まれる取得した事業の業績の期間

         企業結合日が連結会計年度の期末であるため、該当事項はありません。
      3.取得した事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

         取得原価は138,888千円であり、現金を対価としております。
         なお、取得に直接要した費用はありません。
      4.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       (1)  発生したのれんの金額
         90,847千円
       (2)  発生原因
         今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       (3)  償却方法及び償却期間
         15年間にわたる均等償却
      5.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

         固定資産48,041千円
         資産合計48,041千円
      6.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影

       響の概算額及びその算定方法
         当連結会計年度における概算額の算定が困難であるため、記載しておりません。
                                105/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)
      取得による企業結合
      1.企業結合の概要
       (1)  譲り受けた相手会社の名称及びその事業内容
         名称     株式会社エコンテ
         事業内容   メディア事業
       (2)  企業結合を行った主な理由
         マーケティング支援事業の更なる拡大と収益向上を目的としております。
       (3)  企業結合日
         2019年11月30日
       (4)  企業結合の法的形式
         事業譲受
       (5)  結合後企業の名称
         変更はありません。
       (6)  取得企業を決定するに至った主な根拠
         株式会社パイルアップが現金を対価として事業を譲り受けるためであります。
      2.連結財務諸表に含まれる取得した事業の業績の期間

         2019年12月1日~2020年9月30日
      3.取得した事業の取得原価及び対価の種類ごとの内訳

         取得原価は20,000千円であり、現金を対価としております。
      4.主要な取得関連費用の内容及び金額

         アドバイザリー費用    1,000千円
      5.発生したのれんの金額、発生原因、償却方法及び償却期間

       (1)  発生したのれんの金額
         20,000千円
       (2)  発生原因
         今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       (3)  償却方法及び償却期間
         10年間にわたる均等償却
      6.企業結合日に受け入れた資産及び引き受けた負債の額並びにその主な内訳

         該当事項はありません。
      7.企業結合が連結会計年度の開始の日に完了したと仮定した場合の当連結会計年度の連結損益計算書に及ぼす影

       響の概算額及びその算定方法
         当連結会計年度における概算額の算定が困難であるため、記載しておりません。
                                106/147






                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (資産除去債務関係)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
       当社は、本社建物等について、不動産所有者と不動産賃借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する
      義務を有しております。なお、資産除去債務の負債計上に代えて、当該賃借契約に係る敷金の回収が最終的に見込
      めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に属する金額を費用として以下のとおり計上して
      おります。
       敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額の期首における残高は7,365千円、当連結会計年度における残
      高は7,545千円です。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

       当社は、本社建物等について、不動産所有者と不動産賃借契約を締結しており、賃借期間終了時に原状回復する
      義務を有しております。なお、資産除去債務の負債計上に代えて、当該賃借契約に係る敷金の回収が最終的に見込
      めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当期の負担に属する金額を費用として以下のとおり計上して
      おります。
       敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額の期首における残高は7,545千円、当連結会計年度における残
      高は7,725千円です。
                                107/147















                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (セグメント情報等)
       【セグメント情報】
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

      当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
       【関連情報】

     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     1.製品及びサービスごとの情報
       当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております                                             。
     2.地域ごとの情報

       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略して
      おります。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

     1.製品及びサービスごとの情報
       当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております                                             。
     2.地域ごとの情報

       本邦の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、記載を省略しております。
     3.主要な顧客ごとの情報

       外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がいないため、記載を省略して
      おります。
                                108/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】
       前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

        該当事項はありません。
       【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

       前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
        当社はマーケティング支援事業を単一のセグメントとして事業を行っております。そのため、報告セグメント
       ごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報の記載を省略しております。
       当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

        当社はマーケティング支援事業を単一のセグメントとして事業を行っております。そのため、報告セグメント
       ごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報の記載を省略しております。
       【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

       前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
        該当事項はありません。
       当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

        該当事項はありません。
                                109/147












                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【関連当事者情報】
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
     1 関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
      連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
                             議決権等
          会社等の         資本金又          の所有
                        事業の内容          関連当事者           取引金額         期末残高
      種類     名称又は     所在地    は出資金         (被所有)          取引の内容          科目
                        又は職業          との関係           (千円)         (千円)
           氏名         (千円)          割合
                              (%)
                                       当社銀行借
                             被所有
                                       入に対する
    役員・主要                    当社代表
                             直接  20.7
          橋本光伸       -    -             債務被保証     債務被保証      327,453     -    -
    株主(個人)                    取締役
                             間接  24.0        (注)1.
                                       2.
    役員及びそ
    の近親者が
          株式会社エ
    議決権の過                                   銀行借入に
          ムスリード     神奈川県
                             被所有
    半数を所有                    純粋持株               対する根保
          リームイン     川崎市高      1,000             債務保証            40,000     -    -
                             直接  24.0
    している会                    会社               証
          ベスター     津区
    社等・主要                                   (注)4
          (注)3
    株主
    (会社等)
     (注)   1.取引金額には消費税等が含まれておりません。
       2.当社は、銀行借入に対して代表取締役                    橋本光伸より債務保証を受けております。なお、保証料の支払は
         行っておりません。
       3.当社代表取締役橋本光伸が議決権の100%を直接保有しております。
       4.取引は、取引内容を勘案して両者の協議の上で決定しております。なお、保証料の受入れはありません。
     2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

      (1)  親会社情報
        該当事項はありません。
      (2)  重要な関連会社の要約財務情報
        該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

      該当事項はありません。
                                110/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
                                 前連結会計年度             当連結会計年度

                                (自 2018年10月1日              (自 2019年10月1日
                                至 2019年9月30日)             至 2020年9月30日)
    1株当たり純資産額                                   66.85円             95.53円
    1株当たり当期純利益                                    3.43円             50.24円

     (注)   1.当社は、2020年9月29日付で普通株式1株につき200株、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割
         合で株式分割を行っております。前連結会計年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純
         資産額及び1株当たり当期純利益を算定しております。
       2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場であ
         るため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
       3.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前連結会計年度             当連結会計年度
                                (自 2018年10月1日              (自 2019年10月1日
                                至 2019年9月30日)             至 2020年9月30日)
    1株当たり当期純利益
     親会社株主に帰属する当期純利益(千円)                                   8,027            116,650

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -             -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        8,027            116,650
     当期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                 2,340,000             2,321,667
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た                            新株予約権4種類(新株             新株予約権6種類(新株予
    り当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要                           予約権の数390個)             約権の数433個)
                                なお、新株予約権の概             なお、新株予約権の概要
                               要は「第4 提出会社の             は「第4 提出会社の状
                               状況、1 株式等の状             況、1 株式等の状況、
                               況、(2)    新株予約権等の         (2)  新株予約権等の状
                               状況 ①     ストックオプ        況 ① ストックオプ
                                            ション制度の内容」に記
                               ション制度の内容」に記
                                            載のとおりであります。
                               載のとおりであります。
                                111/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (重要な後発事象)
     前連結会計年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      該当事項はありません。
     当連結会計年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

      (株式分割)
       当社は、2021年2月12日開催の取締役会決議に基づき、2021年3月1日を基準日とし同年3月2日を効力発生日
      とする普通株式1株につき2株の株式分割及びそれに伴う定款の一部変更を行っております。
       1.株式分割の目的

         当社株式の1株当たりの投資金額を引下げ投資家の利便性向上を図るため
       2.株式分割の概要

        (1)分割方法
           2021年3月1日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通
          株式1株につき2株の割合をもって分割しております。
        (2)分割により増加する株式数

           株式分割前の発行済株式総数     1,204,000株
           今回の分割により増加する株式数   1,204,000株
           株式分割後の発行済株式総数     2,408,000株
           株式分割後の発行可能株式総数    9,600,000株
        (3)株式分割の効力発生日

           2021年3月2日
        (4)1株当たり情報に与える影響

           「1株当たり情報」は、当該株式分割が当連結会計年度の期首に行われたと仮定して算出しており、こ
           れによる影響については、当該箇所に反映されております。
                                112/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (1)  連結の範囲の重要な変更
        該当事項はありません。
      (2)  持分法適用の範囲の重要な変更

        該当事項はありません。
       (会計方針の変更)

       該当事項はありません。
       (会計上の見積りの変更)

       該当事項はありません。
       (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

       該当事項はありません。
       (追加情報)

     ( 賞与引当金     )
      当第1四半期連結会計期間末においては賞与支給額が確定していないため、賞与支給見込額のうち、当第1四半期
     連結累計期間の負担額を賞与引当金として計上しています                           。
      なお、前連結会計年度末においては、賞与支給確定額12,055千円を流動負債の「未払費用」として計上していま
     す。
     (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)

      新型コロナウイルス感染症の感染拡大は経済や企業活動に広範な影響を与える事象となっており、その影響は当初
     の収束見通しよりも、更に長期化しております                     。
      当社グループでは、固定資産の減損会計、繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りについて、四半期連結財
     務諸表作成時において入手可能な情報に基づき実施しております。新型コロナウイルス感染症による当社グループの
     事業及び業績への影響は現時点で限定的であり、当連結会計年度の見積りに大きな影響を与えるものではないと判断
     しております      。
       (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、
       次のとおりであります。
                           当第1四半期連結累計期間
                            (自 2020年10月1日
                             至 2020年12月31日)
       減価償却費                             2,048千円
       のれんの償却額                             4,241
       (セグメント情報等)

       【セグメント情報】
      当第1四半期連結累計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
       当社グループは、マーケティング支援事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
                                113/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               当第1四半期連結累計期間
                                (自 2020年10月1日
                                至 2020年12月31日)
    1株当たり四半期純利益                                   25円15銭
    (算定上の基礎)

     親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                   55,782

     普通株主に帰属しない金額(千円)                                     -

     普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        55,782
     四半期純利益(千円)
     普通株式の期中平均株式数(株)                                 2,218,000
    希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当た
    り四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式で、前                                -
    連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
     (注)   1.当社は、2021年3月2日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。当連結会計年度
         の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期純利益を算定しております。
       2.潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社株式は非上場で
         あるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。
       (重要な後発事象)

       (株式分割)
       当社は、2021年2月12日開催の取締役会決議に基づき、2021年3月1日を基準日とし同年3月2日を効力発生日
      とする普通株式1株につき2株の株式分割及びそれに伴う定款の一部変更を行っております。
       1.株式分割の目的

         当社株式の1株当たりの投資金額を引下げ投資家の利便性向上を図るため
       2.株式分割の概要

        (1)分割方法
           2021年3月1日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載又は記録された株主の所有株式数を、普通
          株式1株につき2株の割合をもって分割しております。
        (2)分割により増加する株式数

           株式分割前の発行済株式総数     1,204,000株
           今回の分割により増加する株式数   1,204,000株
           株式分割後の発行済株式総数     2,408,000株
           株式分割後の発行可能株式総数    9,600,000株
        (3)株式分割の効力発生日

           2021年3月2日
        (4)1株当たり情報に与える影響

           「1株当たり情報」は、当該株式分割が当連結会計年度の期首に行われたと仮定して算出しており、こ
           れによる影響については、当該箇所に反映されております。
                                114/147




                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ⑤  【連結附属明細表】(2020年9月30日現在)
       【社債明細表】
       該当事項はありません。
       【借入金等明細表】

                      当期首残高         当期末残高         平均利率
           区分                                       返済期限
                       (千円)         (千円)         (%)
    1年以内に返済予定の長期借入金                     134,392         142,635           0.5       -

    1年以内に返済予定のリース債務                      1,101          918         -      -

    長期借入金(1年以内に返済予定

                         193,061         327,762           0.5    2021年~2030年
    のものを除く。)
    リース債務(1年以内に返済予定
                          2,898         1,979          -     2024年
    のものを除く。)
           合計              331,452         473,295           -      -

     (注)   1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
       2.リース債務の平均利率については、リース料総額に含まれる利息相当額を定額法により各連結会計年度に配
         分しているため、記載しておりません。
       3.長期借入金及びリース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下
         のとおりであります。
                    1年超2年以内          2年超3年以内          3年超4年以内          4年超5年以内
                      (千円)          (千円)          (千円)          (千円)
          長期借入金              134,190          64,095          24,513          8,296
          リース債務                736          743          499          -

       【資産除去債務明細表】

       本明細表に記載すべき事項が連結財務諸表規則第15条の23に規定する注記事項として記載されているため、資産
      除去債務明細表の記載を省略しております。
     (2)【その他】

       該当事項はありません。
                                115/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
    2 【財務諸表等】
     (1) 【財務諸表】
      ①  【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年9月30日)              (2020年9月30日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                               294,894              429,297
        受取手形                                14,198              14,036
                                     ※1  172,877            ※1  176,396
        売掛金
        仕掛品                                13,932              18,655
        貯蔵品                                4,740              5,960
        前払費用                                15,683              13,074
                                     ※1  13,540            ※1  14,969
        その他
                                         △ 71             △ 46
        貸倒引当金
        流動資産合計                               529,796              672,345
      固定資産
        有形固定資産
         建物(純額)                               13,876              13,547
         工具、器具及び備品(純額)                               3,822              4,481
                                        2,067              1,374
         リース資産(純額)
         有形固定資産合計                               19,765              19,403
        無形固定資産
         のれん                               90,342              84,286
                                        16,339              11,233
         ソフトウエア
         無形固定資産合計                              106,681               95,519
        投資その他の資産
         関係会社株式                              136,511              136,511
         出資金                                100              100
         関係会社長期貸付金                                 -            14,724
         長期前払費用                               2,250              2,341
         繰延税金資産                               65,517              61,216
                                        16,859              16,118
         その他
         投資その他の資産合計                              221,239              231,011
        固定資産合計                               347,687              345,935
      資産合計                                 877,483             1,018,280
                                116/147








                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                                (2019年9月30日)              (2020年9月30日)
     負債の部
      流動負債
                                     ※1  53,459            ※1  35,033
        買掛金
        1年内返済予定の長期借入金                               134,392              142,635
        リース債務                                1,101               918
                                     ※1  168,158            ※1  28,404
        未払金
        未払費用                                44,518              49,436
        未払法人税等                                2,996              39,846
        前受金                                3,200              9,398
        預り金                                10,165              11,628
        ポイント引当金                                52,377              57,699
                                         874             46,829
        その他
        流動負債合計                               471,244              421,831
      固定負債
        長期借入金                               193,061              327,762
                                        2,898              1,979
        リース債務
        固定負債合計                               195,959              329,741
      負債合計                                 667,203              751,572
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                47,560              47,560
        利益剰余金
         その他利益剰余金
                                       168,329              285,758
          繰越利益剰余金
         利益剰余金合計                              168,329              285,758
        自己株式                               △ 5,610             △ 66,610
        株主資本合計                               210,279              266,708
      純資産合計                                 210,279              266,708
     負債純資産合計                                  877,483             1,018,280
                                117/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ②  【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                 前事業年度              当事業年度
                               (自 2018年10月1日              (自 2019年10月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     売上高                                 1,077,844              1,326,165
                                       613,023              691,745
     売上原価
     売上総利益                                  464,821              634,419
                                     ※2  453,223            ※2  488,823
     販売費及び一般管理費
     営業利益                                   11,597              145,596
     営業外収益
                                     ※1  34,008            ※1  14,265
      受取利息及び配当金
                                      ※1  1,200            ※1  1,280
      業務受託料
                                      ※1  3,336            ※1  3,336
      経営指導料
      補助金収入                                  2,067              3,200
                                         106               72
      その他
      営業外収益合計                                 40,718              22,153
     営業外費用
      支払利息                                  2,571              2,654
      支払保証料                                   540              587
                                         162               9
      その他
      営業外費用合計                                  3,274              3,252
     経常利益                                   49,041              164,497
     特別損失
                                                     ※3  62
      固定資産売却損                                    -
                                      ※4  1,315
      固定資産除却損                                                  -
                                      ※5  4,687
                                                        -
      関係会社株式評価損
      特別損失合計                                  6,003                62
     税引前当期純利益                                   43,038              164,434
     法人税、住民税及び事業税
                                        5,830              42,705
                                        △ 717             4,300
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   5,113              47,006
     当期純利益                                   37,925              117,428
                                118/147










                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
       【売上原価明細書】
                            前事業年度                 当事業年度
                          (自 2018年10月1日                  (自 2019年10月1日
                          至 2019年9月30日)                   至 2020年9月30日)
                   注記                構成比                 構成比

          区分               金額(千円)                  金額(千円)
                   番号                 (%)                 (%)
    Ⅰ 外注費                          281,808       46.0           342,567       49.2

    Ⅱ 労務費                          200,138       32.7           217,112       31.2
                              130,681                  136,788
    Ⅲ 経費                ※                 21.3                 19.6
      当期総費用                              100.0                 100.0

                              612,628                  696,468
                               14,328                 13,932
      期首仕掛品たな卸高
       合計

                              626,956                  710,401
                               13,932                 18,655
      期末仕掛品たな卸高
      当期売上原価
                              613,023                  691,745
      原価計算の方法
       原価計算の方法は、実際原価による個別原価計算を採用しております。
      (注)   ※ 主な内訳は次のとおりであります。

                                前事業年度               当事業年度
                              (自    2018年10月1日            (自    2019年10月1日
                  項目
                              至    2019年9月30日)             至    2020年9月30日)
           ポイント引当金繰入額(千円)                           75,838               80,560
           モニター手数料(千円)                            3,621               4,958
           通信費(千円)                            8,843               7,356
           消耗品費(千円)                            3,542               4,482
           地代家賃(千円)                           17,275               19,117
           ITサービス費(千円)                            5,731              11,014
                                119/147









                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      ③  【株主資本等変動計算書】
      前事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
                                                  (単位:千円)
                              株主資本
                          利益剰余金
                                                   純資産合計
                資本金     その他利益剰余金                自己株式      株主資本合計
                             利益剰余金合計
                      繰越利益剰余金
    当期首残高              47,560       130,404       130,404       △ 5,610      172,354       172,354
    当期変動額
     当期純利益                    37,925       37,925              37,925       37,925
    当期変動額合計               -     37,925       37,925         -     37,925       37,925
    当期末残高              47,560       168,329       168,329       △ 5,610      210,279       210,279
      当事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

                                                  (単位:千円)
                              株主資本
                          利益剰余金
                                                   純資産合計
                資本金     その他利益剰余金                自己株式      株主資本合計
                             利益剰余金合計
                      繰越利益剰余金
    当期首残高              47,560       168,329       168,329       △ 5,610      210,279       210,279
    当期変動額
     当期純利益                    117,428       117,428              117,428       117,428
     自己株式の取得                                 △ 61,000      △ 61,000      △ 61,000
    当期変動額合計               -     117,428       117,428       △ 61,000       56,428       56,428
    当期末残高              47,560       285,758       285,758       △ 66,610       266,708       266,708
                                120/147











                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      【注記事項】
       (重要な会計方針)
     前事業年度(自 2018年10月1日 至 2019年9月30日)
      1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法を採用しております。
      2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

       (1)  仕掛品
         個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
         ります。
       (2)  貯蔵品

         先入先出法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
         ております。
      3.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         主に定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法
         を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物         3年~30年
         工具、器具及び備品  4年~10年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)  リース資産

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
        す。
      5.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         売上債権の貸倒損失に備えるため、当社は一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
         権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  ポイント引当金

         アイリサーチに登録されている生活者パネルからのポイント交換申請による支出に備えるため、期末累計ポ
         イントから期末累計ポイントに過去3年間のポイント失効実績率を乗じた金額を控除して計算した見積額を
         計上しております。
      6.のれんの償却方法及び償却期間

        のれんの償却については、15年間の定額法により償却を行っております。
                                121/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
       (1)  消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
     当事業年度(自 2019年10月1日 至 2020年9月30日)

      1.有価証券の評価基準及び評価方法
       (1)  子会社株式及び関連会社株式
         移動平均法による原価法を採用しております。
      2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

       (1)  仕掛品
         個別法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用してお
         ります。
       (2)  貯蔵品

         先入先出法に基づく原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
         ております。
      3.固定資産の減価償却の方法

       (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         主に定率法を採用しております。ただし、2016年4月1日以降に取得した建物附属設備については、定額法
         を採用しております。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
         建物         3年~30年
         工具、器具及び備品  4年~10年
       (2)  無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法を採用しております。
         なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
       (3)  リース資産

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

        外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しておりま
        す。
      5.引当金の計上基準

       (1)  貸倒引当金
         売上債権の貸倒損失に備えるため、当社は一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債
         権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
       (2)  ポイント引当金

         アイリサーチに登録されている生活者パネルからのポイント交換申請による支出に備えるため、期末累計ポ
         イントから期末累計ポイントに過去3年間のポイント失効実績率を乗じた金額を控除して計算した見積額を
         計上しております。
                                122/147



                                                          EDINET提出書類
                                                  株式会社ネオマーケティング(E36532)
                                                     有価証券届出書(新規公開時)
      6.のれんの償却方法及び償却期間
        のれんの償却については、15年間の定額法により償却を行っております。
      7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  消費税等の会計処理
         消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
       (追加情報)

     前事業年度(2019年9月30日)
      該当事項はありません。
     当事業年度(2020年9月30日)

     (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
      連結財務諸表の「注記事項(追加情報)」に同一の内容を記載しているため、注記を省略しております。
       (貸借対照表関係)

    ※1 関係会社項目