ファースト住建株式会社 四半期報告書 第23期第1四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)

提出書類 四半期報告書-第23期第1四半期(令和2年11月1日-令和3年1月31日)
提出日
提出者 ファースト住建株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   近畿財務局長
     【提出日】                   令和3年3月16日
     【四半期会計期間】                   第23期第1四半期(自 令和2年11月1日 至 令和3年1月31日)
     【会社名】                   ファースト住建株式会社
     【英訳名】                   First   Juken   Co.,   Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  中島 雄司
     【本店の所在の場所】                   兵庫県尼崎市東難波町五丁目6番9号
     【電話番号】                   06(4868)5388(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理部長  東  秀彦
     【最寄りの連絡場所】                   兵庫県尼崎市東難波町五丁目6番9号
     【電話番号】                   06(4868)5388(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役管理部長  東  秀彦
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/17













                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第22期           第23期
              回次               第1四半期           第1四半期            第22期
                            連結累計期間           連結累計期間
                          自 令和元年11月1日           自 令和2年11月1日           自 令和元年11月1日

             会計期間
                          至 令和2年1月31日           至 令和3年1月31日           至 令和2年10月31日
                     (千円)           7,667,982           9,549,002           43,593,545
     売上高
                     (千円)            414,317           659,470          2,579,875

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (千円)            278,924           420,597          1,670,875
     期)純利益
                     (千円)            279,029           460,662          1,739,180
     四半期包括利益又は包括利益
                     (千円)          33,247,940           34,583,665           34,428,709

     純資産額
                     (千円)          47,509,262           46,357,929           47,565,238

     総資産額
                      (円)            20.10           30.27           120.29

     1株当たり四半期(当期)純利益
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)            20.04           30.19           119.97
     (当期)純利益
                      (%)             68.0           72.5           70.3
     自己資本比率
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
        2.売上高には、消費税等は含んでおりません。
     2【事業の内容】

       当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/17










                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第1四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前連結会計年度の有価証券報告書に
      記載した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

        ① 経営成績の状況
          当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響から少しずつ持ち直しの
         動きが表れつつありましたが、新規感染者数が急増する状況となり、令和3年1月から11都府県を対象とする緊
         急事態宣言が発出され持ち直しの動きが弱含むなど、依然として厳しい状況が続いております。
          不動産業界におきましては、リモートワークを始めとする各種の感染対策を働き方や日常生活に取り入れた新
         しい生活様式の広まりにより、戸建住宅に対する需要の拡大など、住宅需要の変化が一部ではみられるものの、
         景気の厳しさによる住宅需要の落ち込みや競争環境の激化など、事業環境の厳しさも強まりつつあります。
          このような環境の中、当社グループでは、お客様のニーズに即した魅力的な住宅造りに注力し、健全な財務体
         質の維持と企業価値の向上に取り組んでおります。
          戸建事業におきまして、戸建分譲では引き続き、収益性の回復と在庫状況の健全化・強化に取り組んでまいり
         ました。前連結会計年度において、収益性の回復に向けて分譲用地仕入を一層厳選して行ってきたことで、仕掛
         在庫が縮小する状況となっておりましたが、当連結会計年度に通期で1,390棟の販売を目指すためには在庫棟数
         を確保することが重要となるため、完成在庫の販売を進める一方、仕入業務を強化し、厳選した仕入を継続しつ
         つ仕入棟数の増加に取り組んでまいりました。また、建築コストの適正化にも継続して注力し、収益性の回復に
         向けて、仕様や設備の見直し・協力業者の選定や交渉などを進めております。請負工事につきましては、京都府
         八幡市の当社分譲地にモデルハウスを設置するための建築工事を開始し、建築条件付き土地分譲からの受注獲得
         を目指すほか、新しい生活様式を取り入れた顧客ニーズに対応するプランにも取り組んでおります。
          マンション事業では、新規の賃貸物件の供用開始に向けて、現在保有している賃貸用不動産建築用地で建築工
         事を進めております。また、リノベーションマンションの販売にも取り組み、収益機会の拡大を図っておりま
         す。
          これらの結果、当第1四半期連結累計期間における経営成績は、売上高                                   95億49百万     円(前年同期比        24.5%
         増)、営業利益       6億62百万     円(同    50.7%増)、経常利益          6億59百万     円(同    59.2%増)、親会社株主に帰属する
         四半期純利益      4億20百万     円(同    50.8%増)となりました。
          セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。

         (戸建事業)

           戸建事業のうち主力の戸建分譲について、当第1四半期連結累計期間における販売棟数は310棟(うち、戸
          建分譲    281棟、土地分譲        29区画)(前年同期比           18.3%増)となり、売上高は90億78百万円(同                      26.9%増)
          となりました。当社における販売棟数は、引き続き完成在庫の早期販売に注力した成果などにより前年同期の
          247棟より10.1%増加した272棟となり、アオイ建設株式会社の販売棟数は、建売方式による戸建分譲の販売棟
          数拡大や土地分譲の増加などにより、前年同期の15棟より153.3%増加した38棟となりました。また、これま
          で滞留期間の長くなった完成在庫の販売促進や厳選した分譲用地の仕入などにより、在庫状況の改善を進めて
          きた成果により、収益性も前連結会計年度より改善する傾向となりました。請負工事におきましては、販売棟
          数は12棟(同       33.3%減)となり、売上高は2億36百万円(同                      37.5%減)となりました。戸建事業に関するそ
          の他の売上高は36百万円(同              21.0%増)となりました。
           これらの結果、戸建事業全体の売上高は93億51百万円(同                            23.7%増)となり、セグメント利益は8億35百
          万円(同     24.2%増)となりました。
         (その他)

           その他の事業セグメントのうち、マンション事業について、賃貸収益による売上高は1億44百万円(前年同
          期比   38.3%増)となりました。マンション分譲については、前年同期には販売実績はありませんでしたが、
          当第1四半期連結累計期間には、前連結会計年度に固定資産からたな卸資産へ振替えた区分所有マンション1
          戸及びリノベーションマンション2戸を販売し、売上高は51百万円(同                                  -)となりました。特建事業では、
          前年同期、当第1四半期連結累計期間ともに売上高はありませんでした。
           これらにマンション事業に関するその他の売上高を加え、その他の事業セグメント全体の売上高は1億96百
          万円(同     87.7%増)となり、セグメント利益は67百万円(同                        678.4%増)となりました。
                                 3/17



                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
        ② 財政状態の状況
          当第1四半期連結会計期間末における総資産は463億57百万円(前連結会計年度末比                                        2.5%減)となり、前連
         結会計年度末に比べて12億7百万円減少いたしました。その主な増減の要因は、現金及び預金の増加2億24百万
         円及びたな卸資産の減少13億77百万円であります。当第1四半期連結累計期間におきましては、完成在庫の早期
         販売に引き続き注力するとともに、分譲用地の仕入については厳選した仕入を継続しつつ仕入棟数の増加に取り
         組んでおり、完成在庫が減少する一方、仕掛在庫は少しずつ増加する状況となっております。その結果、前連結
         会計年度末に比べて、販売用不動産は23億31百万円減少し、仕掛販売用不動産は7億36百万円、未成工事支出金
         は2億16百万円、それぞれ増加いたしました。
          負債合計は      117億74百万円(同         10.4%減)となり、前連結会計年度末に比べて13億62百万円減少いたしまし
         た。その主な増減の要因は、支払手形・工事未払金の減少5億82百万円、短期有利子負債の減少2億9百万円及
         び未払法人税等の減少2億74百万円であります。
          また、純資産は345億83百万円(同                  0.5%増)となり、前連結会計年度末に比べて1億54百万円増加しており
         ます。その主な増減の要因は、当第1四半期連結累計期間における親会社株主に帰属する四半期純利益4億20百
         万円に対して前連結会計年度の期末配当金の支払3億5百万円を行った結果、利益剰余金が1億14百万円増加し
         たことであります。
          これらの結果、自己資本比率は72.5%となり、前連結会計年度末に比べて2.2ポイント上昇いたしました。
      (2)  会計上の    見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当第1四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成
        績及びキャッシュ・フローの状況の分析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な
        変更はありません。
         なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積りについては、「第4 経理の状況 
        1 四半期連結財務諸表 注記事項(追加情報)」に記載しております。
      (3)経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成を判断するための客観的な指標等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等及び経営上の目標の達成
        状況を判断するための客観的な指標等について重要な変更はありません。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (5)財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

         当第1四半期連結累計期間において、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針
        について重要な変更はありません。
      (6)研究開発活動

         該当事項はありません。
      (7)経営成績に重要な影響を与える要因

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因について、前連結会計
        年度の有価証券報告書に記載した内容から重要な変更はありません。
      (8)  資本の財源及び資金の流動性についての分析

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループの資本の財源及び資金の流動性について、前連結会計年度の
        有価証券報告書に記載した内容から重要な変更はありません。なお、当第1四半期連結会計期間末における現金及
        び預金の残高は197億32百万円となり、前連結会計年度末に比べて2億24百万円増加いたしました。また、社債、
        借入金及びリース債務を含む有利子負債の残高は72億14百万円となり、前連結会計年度末に比べて3億9百万円減
        少いたしました。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
       なお、当社は、平成30年3月30日付「アオイ建設株式会社の株式取得に関するお知らせ」にて公表いたしましたと
      おり、平成30年5月1日に第1回株式譲渡としてアオイ建設株式会社(以下、「アオイ建設」という。)の株式の
      60%を取得し当社の連結子会社といたしました。また、令和3年4月30日に第2回株式譲渡として残りの40%を取得
      することを予定しておりましたが、令和3年2月20日開催の取締役会において、第2回株式譲渡を取り止めることを
      決定いたしました。本件の詳細につきましては、令和3年2月22日付で公表いたしました「アオイ建設株式会社の株
      式取得の変更に関するお知らせ」をご参照ください。
                                 4/17


                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           67,600,000

                  計                                67,600,000

        ②【発行済株式】

           第1四半期会計期間末現
                                     上場金融商品取引所名
                        提出日現在発行数(株)
           在発行数(株)
      種類                               又は登録認可金融商品                内容
                         (令和3年3月16日)
           (令和3年1月31日)                          取引業協会名
                                     東京証券取引所
                16,901,900             16,901,900
     普通株式                                             単元株式数 100株
                                     (市場第一部)
                16,901,900             16,901,900             -            -
       計
     (注)「提出日現在発行数」欄には、令和3年3月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の権利行使によ
         り発行された株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                      資本準備金       資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数       総数残高                      増減額       残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)       (株)                     (千円)       (千円)
     自 令和2年11月1日
                     -   16,901,900           -    1,584,837           -       -
     至 令和3年1月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/17







                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(令和2年10月31日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
         す。
        ①【発行済株式】

                                                 令和2年10月31日現在
                         株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                        内容
                                 -       -             -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                           -       -             -
      議決権制限株式(その他)                           -       -             -

                                               権利内容に何ら限定のな
      完全議決権株式(自己株式等)                       3,006,100           -
                      普通株式                          い当社における標準とな
                                               る株式
      完全議決権株式(その他)                       13,889,500              138,895
                      普通株式                              同上
                               6,300         -             -
      単元未満株式                普通株式
                            16,901,900            -             -
      発行済株式総数
                                 -          138,895           -
      総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                 令和2年10月31日現在
                                                   発行済株式総数に
                            自己名義所有        他人名義所有        所有株式数の
                                                   対する所有株式数
     所有者の氏名又は名称             所有者の住所
                            株式数(株)        株式数(株)        合計(株)
                                                   の割合(%)
                 兵庫県尼崎市東難波町
     ファースト住建株式
                             3,006,100          -      3,006,100          17.79
                 5-6-9
     会社
                     -        3,006,100          -      3,006,100          17.79
          計
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 6/17









                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(令和2年11月1日から令
      和3年1月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(令和2年11月1日から令和3年1月31日まで)に係る四半期連
      結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 7/17

















                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                (令和2年10月31日)              (令和3年1月31日)
     資産の部
       流動資産
                                      19,508,399              19,732,572
        現金及び預金
                                      11,454,696               9,122,826
        販売用不動産
                                       5,552,683              6,289,303
        仕掛販売用不動産
                                        840,789             1,057,742
        未成工事支出金
                                         7,901              9,116
        貯蔵品
                                        306,285              273,871
        その他
                                      37,670,755              36,485,433
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                             3,504,150              3,457,397
                                       5,356,544              5,367,559
          土地
                                        81,884              84,022
          その他(純額)
                                       8,942,579              8,908,978
          有形固定資産合計
        無形固定資産                                362,798              356,232
                                        589,104              607,284
        投資その他の資産
                                       9,894,482              9,872,495
        固定資産合計
                                      47,565,238              46,357,929
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                       3,839,654              3,257,463
        支払手形・工事未払金
                                       4,294,170              4,112,950
        短期借入金
                                        10,000                -
        1年内償還予定の社債
                                        505,758              487,535
        1年内返済予定の長期借入金
                                        494,951              220,787
        未払法人税等
                                        140,504               73,078
        賞与引当金
                                        12,000              15,400
        役員賞与引当金
                                        21,324              21,291
        完成工事補償引当金
                                        750,398              617,360
        その他
                                      10,068,761               8,805,866
        流動負債合計
       固定負債
                                       2,699,813              2,601,452
        長期借入金
                                        344,076              344,921
        退職給付に係る負債
                                        23,877              22,023
        その他
                                       3,067,767              2,968,396
        固定負債合計
                                      13,136,528              11,774,263
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                       1,584,837              1,584,837
        資本金
                                       1,344,145              1,344,145
        資本剰余金
                                      33,061,596              33,176,487
        利益剰余金
                                      △ 2,576,632             △ 2,576,632
        自己株式
                                      33,413,947              33,528,839
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                        42,637              59,240
        その他有価証券評価差額金
                                        42,637              59,240
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  37,692              37,692
                                        934,432              957,893
       非支配株主持分
                                      34,428,709              34,583,665
       純資産合計
                                      47,565,238              46,357,929
     負債純資産合計
                                 8/17



                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 令和元年11月1日              (自 令和2年11月1日
                               至 令和2年1月31日)               至 令和3年1月31日)
                                       7,667,982              9,549,002
     売上高
                                       6,369,706              8,048,736
     売上原価
                                       1,298,276              1,500,266
     売上総利益
                                        858,846              837,991
     販売費及び一般管理費
                                        439,429              662,274
     営業利益
     営業外収益
                                          362              329
       受取利息
                                         1,442              1,444
       受取配当金
                                          -            12,852
       不動産取得税還付金
                                         2,646              2,458
       その他
                                         4,450              17,086
       営業外収益合計
     営業外費用
                                        25,753              19,436
       支払利息
                                         3,809               454
       その他
                                        29,563              19,890
       営業外費用合計
                                        414,317              659,470
     経常利益
     特別損失
                                          -            12,245
       投資有価証券評価損
                                          -            12,245
       特別損失合計
                                        414,317              647,224
     税金等調整前四半期純利益
                                        132,198              206,884
     法人税等
                                        282,118              440,339
     四半期純利益
                                         3,193              19,742
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                        278,924              420,597
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                 9/17











                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 令和元年11月1日              (自 令和2年11月1日
                               至 令和2年1月31日)               至 令和3年1月31日)
                                        282,118              440,339
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                        △ 3,089              20,322
       その他有価証券評価差額金
                                        △ 3,089              20,322
       その他の包括利益合計
                                        279,029              460,662
     四半期包括利益
     (内訳)
                                        276,204              437,201
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                         2,824              23,461
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                10/17
















                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
          該当事項はありません。
        (会計方針の変更)

          該当事項はありません。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
           税金費用については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会
          計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (追加情報)

         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
           前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会
          計上の見積り)に記載した新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定について重要な変更はありません。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四
         半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額
         は、次のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                当第1四半期連結累計期間
                            (自    令和元年11月1日             (自    令和2年11月1日
                             至   令和2年1月31日)              至   令和3年1月31日)
         減価償却費                         43,391千円                52,252千円
         のれんの償却額                         5,231                5,231
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 令和元年11月1日 至 令和2年1月31日)
          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      (決議)
      令和元年12月13日
                普通株式        305,287         22  令和元年10月31日         令和2年1月10日          利益剰余金
         取締役会
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 令和2年11月1日 至 令和3年1月31日)

          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
                株式の種類              配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                       (千円)
                              (円)
      (決議)
      令和2年12月14日
                普通株式        305,706         22  令和2年10月31日         令和3年1月14日          利益剰余金
         取締役会
        (セグメント情報等)

         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 令和元年11月1日 至 令和2年1月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                     四半期連結
                   報告セグメント
                              その他         合計        調整額       損益計算書
                    戸建事業
                                                      計上額
     売上高
                      7,562,215         104,535       7,666,750          1,231      7,667,982
      外部顧客への売上高
                      7,562,215         104,535       7,666,750          1,231      7,667,982
           計
                       672,792         8,720       681,513       △ 267,196        414,317
     セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり「マンション事業」及び
              「特建事業」を含んでおります。
            2.外部顧客への売上高の調整額1,231千円は、事業セグメントに帰属しない売上高であります。
                                11/17


                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
            3.セグメント利益の調整額△267,196千円は、事業セグメントに帰属しない売上高、各事業セグメント
              に配分していない全社費用及びのれんの償却額5,231千円であります。全社費用は、主に事業セグメ
              ントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
            4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 令和2年11月1日 至 令和3年1月31日)

           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                                     四半期連結
                   報告セグメント
                              その他         合計        調整額       損益計算書
                    戸建事業
                                                      計上額
     売上高
                      9,351,349         196,224       9,547,573          1,428      9,549,002
      外部顧客への売上高
                      9,351,349         196,224       9,547,573          1,428      9,549,002
           計
                       835,834         67,885        903,720       △ 244,249        659,470
     セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり「マンション事業」及び
              「特建事業」を含んでおります。
            2.外部顧客への売上高の調整額1,428千円は、事業セグメントに帰属しない売上高であります。
            3.セグメント利益の調整額△244,249千円は、事業セグメントに帰属しない売上高、各事業セグメント
              に配分していない全社費用及びのれんの償却額5,231千円であります。全社費用は、主に事業セグメ
              ントに帰属しない販売費及び一般管理費であります。
            4.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の経常利益と調整を行っております。
        (1株当たり情報)

          1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
         下のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                               (自 令和元年11月1日               (自 令和2年11月1日
                                至 令和2年1月31日)               至 令和3年1月31日)
     (1)1株当たり四半期純利益                                 20円10銭               30円27銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益(千円)                                278,924               420,597

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -

       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                       278,924               420,597
       利益(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              13,877,603               13,895,734
     (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 20円04銭               30円19銭

      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                         -               -
       (千円)
       普通株式増加数(株)                                41,082               36,635
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                    -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
        (重要な後発事象)

         (取締役(監査等委員である取締役を除く。)に対する株式報酬型ストック・オプションとしての新株予約権の
         発行)
           当社は、令和3年2月20日開催の取締役会において、当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)に
          対し株式報酬型ストック・オプションとして割り当てる新株予約権の募集事項について、下記のとおり決議い
          たしました。
          (1)新株予約権の名称
            ファースト住建株式会社第5回新株予約権(株式報酬型ストック・オプション)
          (2)新株予約権の割当対象者及び人数
                                12/17

                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
            当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。) 4名
          (3)新株予約権の数
            当社の取締役(監査等委員である取締役を除く。)に付与する新株予約権は1,197個とする。
            上記総数は、割当予定数であり、引受けの申込みがなされなかった場合等、割り当てる募集新株予約権の
           総数が減少したときは、割り当てる募集新株予約権の総数をもって発行する募集新株予約権の総数とする。
           また、上記新株予約権の割当日における公正価値の総合計が株主総会で決議された報酬の限度を超える場合
           はこれを下回る個数まで減少させる。各人別の減少数は、当初の割当数に比例する。
          (4)新株予約権の目的となる株式の種類及び数
            当社普通株式とし、新株予約権1個当たりの目的となる株式数(以下、「付与株式数」という。)は、10
           株とする。
            なお、新株予約権の割当日後に、当社が普通株式の株式分割(株式無償割当てを含む。以下同じ。)又は
           株式併合を行う場合は、新株予約権のうち、当該株式分割又は株式併合の時点で行使されていない新株予約
           権について、次の計算式により付与株式数の調整を行い、調整により生じる1株未満の端数については、こ
           れを切り捨てる。
            調整後付与株式数          =  調整前付与株式数         ×  分割又は併合の比率
            また、割当日後に当社が合併又は株式分割を行う場合、その他これらの場合に準じ付与株式数の調整を必
           要とする場合には、合併又は会社分割の条件等を勘案のうえ、合理的な範囲内で株式数を調整されるものと
           する。
          (5)新株予約権の払込金額
            新株予約権の払込金額は、新株予約権の割当日において「ブラック・ショールズ・モデル」により算定さ
           れる公正な評価額とする。
            なお、新株予約権の割り当てを受けた者に対し、当該払込金額の総額に相当する金銭報酬を支給すること
           とし、この報酬債権と新株予約権の払込金額の払込債務を相殺することをもって、当該新株予約権を取得さ
           せるものとする。
          (6)新株予約権の割当日
            令和3年3月31日
          (7)新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、新株予約権の行使により交付を受けることができ
           る株式1株当たり1円とし、これに付与株式数の総数を乗じた金額とする。
          (8)新株予約権を行使できる期間
            令和3年4月1日から令和23年3月31日までとする。
            ただし、権利行使期間の最終日が当社の休日にあたるときは、その前営業日を最終日とする。
          (9)新株予約権の行使の条件
            新株予約権者は、権利行使時において、当社の取締役、監査等委員である取締役のいずれの地位も喪失し
           た時に限り、新株予約権を行使できるものとする。ただし、この場合、新株予約権者は、取締役、監査等委
           員である取締役のいずれの地位も喪失した日の翌日から10日を経過する日までの間に限り、新株予約権を一
           括して行使することができる。
          (10)新株予約権の譲渡制限
            譲渡による新株予約権の取得については、当社の取締役会の承認を要するものとする。
          (11)新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
           ① 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1
            項に基づき算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたと
            きは、その端数を切り上げるものとする。
           ② 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本準備金の額は、上記①記載の資本金
            等増加限度額から上記①に定める増加する資本金の額を減じた金額とする。
          (12)組織再編を実施する際の新株予約権の取扱
            当社が、合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転
           (以上を総称して以下、「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日にお
           いて残存する新株予約権(以下、「残存新株予約権」という。)については、会社法第236条第1項第8号
           イからホまでに掲げる株式会社(以下、「再編対象会社」という。)の新株予約権を以下の条件に基づき、
           新株予約権者に交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再編対象会社の新株
           予約権を新たに交付するものとする。
            ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予約権を交付する旨を、合併契約、吸収分割契約、新設
           分割計画、株式交換契約又は株式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ① 交付する再編対象会社の新株予約権の数
             新株予約権者が保有する残存新株予約権の数と同一の数を交付するものとする。
           ② 新株予約権の目的となる再編対象会社の株式の種類および数
                                13/17


                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
             新株予約権の目的となる株式の種類は再編対象会社普通株式とし、新株予約権の行使により交付する再
            編対象会社普通株式の数は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、前記(4)に準じて決定する。
           ③ 新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
             交付される新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、以下に定める再編後行使価額に当該各
            新株予約権の目的となる株式数を乗じて得られる金額とする。再編後行使価額は、交付される新株予約権
            を行使することにより交付を受けることができる再編対象会社の株式1株当たりの金額を1円とする。
           ④ 新株予約権を行使することができる期間
             前記(8)に定める新株予約権を行使することができる期間の開始日と組織再編行為の効力発生日のうち
            いずれか遅い日から、前記(8)に定める新株予約権の行使期間の満了日までとする。
           ⑤ 新株予約権の譲渡制限
             譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の取締役会の承認を要するものとする。
           ⑥ 新株予約権の行使により株式を発行する場合における増加する資本金及び資本準備金に関する事項
             前記(11)に準じて決定する。
          (13)新株予約権の行使により発生する端数の切捨て
            新株予約権者に交付する株式の数に1株に満たない端数がある場合には、これを切り捨てるものとする。
     2【その他】

       令和2年12月14日開催の取締役会において、次のとおり剰余金の配当を行うことを決議いたしました。
      (イ)配当金の総額             305,706千円
      (ロ)1株当たりの金額           22円00銭
      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日  令和3年1月14日
       (注)令和2年10月31日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主又は登録株式質権者に対し、支払いを行いま
           した。
                                14/17













                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                15/17




















                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   令和3年3月16日

    ファースト住建株式会社

      取締役会 御中

                           EY新日本有限責任監査法人

                           大阪事務所
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             増田  豊        印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             仲下     寛司    印
                           業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているファースト住建
    株式会社の令和2年11月1日から令和3年10月31日まで                          の連結会計年      度の第1四半      期連  結会計期間(令和2年11月1日か
    ら令和3年1月31日まで)及び第1四半                  期連  結累計期間(令和2年11月1日から令和3年1月31日まで)に係る四半期                                  連
    結 財務諸表、すなわち、四半期             連結  貸借対照表、四半期         連結  損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四
    半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期                              連結  財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期      連結  財務諸表の作成基準に準拠して、ファースト住建株式会社及び連結子会社の令和3年1月31日現在の財
    政状態及び同日をもって終了する第1四半期                    連結  累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての
    重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期   連結  財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期                                 連結  財務諸表の作成基準に準拠して四半期                 連結  財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期                                                連結  財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結  財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
                                16/17

                                                          EDINET提出書類
                                                    ファースト住建株式会社(E04013)
                                                            四半期報告書
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四 半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注) 1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期

            報告書提出会社)が別途保管しております。
         2.       XBRLデータは四半期レビューの対象には含                     まれていません。
                                17/17











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク