あおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)2020-Ⅰ 半期報告書(内国投資信託受益証券) 第1期(令和2年5月28日-令和3年5月20日)

提出書類 半期報告書(内国投資信託受益証券)-第1期(令和2年5月28日-令和3年5月20日)
提出日
提出者 あおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)2020-Ⅰ
カテゴリ 半期報告書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【表紙】
     【提出書類】

                         半期報告書
     【提出先】

                         関東財務局長殿
     【提出日】

                         2021年2月19日
     【計算期間】

                         第1期中(自 2020年5月28日 至 2020年11月27日)
     【ファンド名】

                         あおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)2020-
                         Ⅰ
     【発行者名】

                         あおぞら投信株式会社
     【代表者の役職氏名】

                         代表取締役  原田           政明
     【本店の所在の場所】

                         東京都千代田区麹町六丁目1番地1
     【事務連絡者氏名】

                         大久保 由美子
     【連絡場所】

                         東京都千代田区麹町六丁目1番地1
     【電話番号】

                         03-6752-1050
     【縦覧に供する場所】

                         該当事項はありません。
                                 1/32













                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    1【ファンドの運用状況】
      以下は2020年12月30日現在の運用状況であります。
      投資比率とはファンドの純資産総額に対する当該資産の時価比率をいいます。
      また、各投資比率の合計は端数処理の関係上、100%にならない場合があります。
    (1)【投資状況】

             資産の種類                国/地域          時価合計(円)            投資比率(%)
    投資証券                        アイルランド               4,398,654,772             98.80
    現金・預金・その他の資産(負債控除後)                           ―              53,042,245            1.19
                合計(純資産総額)                           4,451,697,017             100.00
    (2)【運用実績】

       ①【純資産の推移】

    2020年12月末日および同日前1年以内における各月末ならびに下記計算期間末の純資産の推移は次の通りです。
                       純資産総額(円)                    1口当たり純資産額(円)

         期別
                   (分配落)           (分配付)           (分配落)           (分配付)
       2020年     5月末日
                     156,240,529               ―         1.0000             ―
           6月末日

                     852,830,733               ―         1.0070             ―
           7月末日

                    1,922,484,307                 ―         1.0150             ―
           8月末日

                    3,133,640,559                 ―         1.0212             ―
           9月末日

                    4,175,036,063                 ―         1.0163             ―
          10月末日              4,358,567,607                 ―         1.0136             ―

          11月末日              4,452,879,542                 ―         1.0410             ―

          12月末日              4,451,697,017                 ―         1.0481             ―

       ②【分配の推移】

    該当事項はありません。
       ③【収益率の推移】

          期                  計算期間                     収益率(%)
                2020年    5月28日~2020年11月27日
      第1中間計算期間                                                    4.0
    (注)各計算期間の収益率は、計算期間末の基準価額(分配落ち)に当該計算期間の分配金を加算し、当該計算期間の直前

      の計算期間末の基準価額(分配落ち。以下「前期末基準価額」といいます。)を控除した額を前期末基準価額で除し
      て得た数に100を乗じた数です。なお、小数点以下2桁目を四捨五入し、小数点以下1桁目まで表示しております。
    2【設定及び解約の実績】

         期             計算期間             設定口数(口)        解約口数(口)        発行済み口数(口)
              2020年    5月28日~2020年11月27日
     第1中間計算期間                              4,369,310,485          91,651,595        4,277,658,890
    (注)第1中間計算期間の設定口数には、当初設定口数を含みます。
                                 2/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    3【ファンドの経理状況】
    (1)本ファンドの中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和
    52年大蔵省令第38号)」並びに同規則第38条の3及び第57条の2の規定により、「投資信託財産の計算
    に関する規則(平成12年総理府令第133号)」に基づいて作成しております。
    なお、中間財務諸表に記載している金額は、円単位で表示しております。
    (2)本ファンドは、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1期中間計算期間(2020年

    5月28日(設定日)から2020年11月27日まで)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツに
    よる中間監査を受けております。
                                 3/32


















                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    【あおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)2020-Ⅰ】
    (1)【中間貸借対照表】
                                      (単位:円)
                                第1期中間計算期間
                                2020年11月27日現在
     資産の部
       流動資産
        コール・ローン                              30,463,116
        投資証券                            4,410,001,681
                                      30,000,000
        未収入金
        流動資産合計                            4,470,464,797
       資産合計
                                     4,470,464,797
     負債の部
       流動負債
        未払解約金                               5,621,422
        未払受託者報酬                                373,184
        未払委託者報酬                              14,554,126
        未払利息                                  83
                                       1,859,935
        その他未払費用
        流動負債合計                              22,408,750
       負債合計                                22,408,750
     純資産の部
       元本等
        元本                            4,277,658,890
        剰余金
                                      170,397,157
          中間剰余金又は中間欠損金(△)
        元本等合計                            4,448,056,047
       純資産合計                              4,448,056,047
     負債純資産合計                               4,470,464,797
                                 4/32











                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【中間損益及び剰余金計算書】
                                      (単位:円)
                                第1期中間計算期間
                                自 2020年      5月28日
                                至 2020年11月27日
     営業収益
       受取配当金                                4,702,892
                                      120,317,789
       有価証券売買等損益
       営業収益合計                               125,020,681
     営業費用
       支払利息                                  49,428
       受託者報酬                                 373,184
       委託者報酬                                14,554,126
                                       1,859,935
       その他費用
       営業費用合計                                16,836,673
     営業利益又は営業損失(△)                                108,184,008
     経常利益又は経常損失(△)                                108,184,008
     中間純利益又は中間純損失(△)                                108,184,008
     一部解約に伴う中間純利益金額の分配額又は一部解
                                        939,293
     約に伴う中間純損失金額の分配額(△)
     期首剰余金又は期首欠損金(△)                                     -
     剰余金増加額又は欠損金減少額                                 64,373,658
       中間一部解約に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                          -
       額
       中間追加信託に伴う剰余金増加額又は欠損金減少
                                      64,373,658
       額
     剰余金減少額又は欠損金増加額                                 1,221,216
       中間一部解約に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                       1,221,216
       額
       中間追加信託に伴う剰余金減少額又は欠損金増加
                                          -
       額
                                          -
     分配金
     中間剰余金又は中間欠損金(△)                                170,397,157
                                 5/32










                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【中間注記表】
    (重要な会計方針に係る事項に関する注記)
    1.有価証券の評価基準及び評価方法                  投資証券
                      移動平均法に基づき、原則として時価で評価しております。
                      時価評価にあたっては、投資証券の基準価額で評価しております。
    2.収益及び費用の計上基準                  受取配当金
                      原則として、投資証券の収益分配落ち日において、当該収益分配金金額を計上し
                      ております。
    3.その他財務諸表作成のための基本                  本ファンドの計算期間は、原則として、毎年5月21日から翌年5月20日までとなっ
      となる重要な事項                ておりますが、第1期中間計算期間は信託約款の定めにより、2020年                                 5月28日か
                      ら2020年11月27日までとなっております。
    (中間貸借対照表に関する注記)

                            第1期中間計算期間
                           2020年11月27日現在
    1.   計算期間の末日における受益権の総数
                                                    4,277,658,890口
    2.   計算期間の末日における1単位当たりの純資産の額
         1口当たり純資産額                                              1.0398円
         (10,000口当たり純資産額)                                             (10,398円)
    (中間損益及び剰余金計算書に関する注記)

    該当事項はありません。
    (金融商品に関する注記)

    金融商品の時価等に関する事項
                    期別                第1期中間計算期間
    項目                                2020年11月27日現在
    1.貸借対照表計上額、時価及びその                  中間貸借対照表上の金融商品は原則として時価で評価しているため、中間貸借対
       差額                照表計上額と時価の差額はありません。
    2.時価の算定方法                  有価証券
                      売買目的有価証券
                      (重要な会計方針に係る事項に関する注記)に記載しております。
                      上記以外の金融商品
                      上記以外の金融商品(コール・ローン等の金銭債権及び金銭債務)は短期間で決
                      済されるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該金融商品の帳簿価
                      額を時価としております。
    3.金融商品の時価等に関する事項に                  金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合
       ついての補足説明                理的に算定された価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前
                      提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異な
                      ることもあります。
    (重要な後発事象に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 6/32






                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (その他の注記)
    元本の移動
                                               第1期中間計算期間
                                               自  2020年    5月28日
                       区分
                                               至  2020年11月27日
    投資信託財産に係る元本の状況
    期首元本額                                                156,246,949円
    期中追加設定元本額                                               4,213,063,536円
    期中一部解約元本額                                                 91,651,595円
    (デリバティブ取引等に関する注記)

    該当事項はありません。
                                 7/32

















                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    4【委託会社等の概況】
    (1)【資本金の額】(本書提出日現在)

        ①  資本金の額              4億5,000万円
        ②  会社が発行する株式の総数                                   45,000株
        ③  発行済株式総数                                   18,000株
        ④  最近5年間における主な資本金の額の増減
         設立  2014年2月4日   資本金2億2,500万円
              2017年5月26日   資本金4億5,000万円に増資
    (2)【事業の内容及び営業の状況】

        「投資信託及び投資法人に関する法律」に定める投資信託委託会社である委託会社は、証券投資
       信託の設定を行うとともに「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者としてその運用(投資運
       用業)を行っています。また、「金融商品取引法」に定める金融商品取引業者として第二種金融商
       品取引業にかかる業務の一部として勧誘業務を行うことができます。
        なお、2020年12月末日現在、委託会社の運用する証券投資信託は以下の通りです(親投資信託を
       除きます。)。
                                       純資産総額(円)

                  種類            本数
                              34             112,261,281,654
            追加型株式投資信託
                              10             38,273,764,577
            単位型株式投資信託
                              44             150,535,046,231
            合計
    (3)【その他】

        ①  定款の変更
         定款の変更に関しては、株主総会の決議が必要です。
        ②  訴訟事件その他の重要事項

         委託会社およびファンドに重要な影響を与えた事実、または与えると予想される事実はありま
         せん。
                                 8/32








                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    5【委託会社等の経理状況】
    (1)  財務諸表及び中間財務諸表の作成方法について

        委託会社であるあおぞら投信株式会社(以下「当社」という。)の財務諸表は、「財務諸表等の
       用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)(以下「財務諸表等規則」と
       いう。)第2条の規定により、財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府令(平成19
       年内閣府令第52号)」に基づき作成しております。
        また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則(昭和
       52年大蔵省令第38号)」(以下、「中間財務諸表等規則」)という。)第38条及び第57条の規定に
       より、中間財務諸表等規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府令」に基づき作成しておりま
       す。
       財務諸表及び中間財務諸表に記載している金額は、千円未満の端数を切り捨てて表示しておりま

      す。
    (2)  監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第7期事業年度(2019年4月1日から
       2020年3月31日まで)の財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる監査を受けておりま
       す。
        また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第8期事業年度に係る中間会計期間(自
       2020年4月1日 至2020年9月30日)の中間財務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる中
       間監査を受けております。
                                 9/32













                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)【貸借対照表】
                                               当事業年度末
                            前事業年度末
           期別
                          (2019年     3月31日現在)             (2020年     3月31日現在)
                    注記       内訳         金額         内訳         金額
           科目
                         (千円)         (千円)         (千円)         (千円)
                    番号
     (資産の部)
     流動資産
                    ※2                 447,654                  453,969
      現金・預金
                                      5,323                  5,286
      前払費用
                    ※2                  9,246                    -
      未収入金
                                    156,873                  207,130
      未収委託者報酬
                                    619,098                  666,386
       流動資産計
     固定資産

                    ※1                 12,811                  12,165
      有形固定資産
                            12,341                  11,850
       建物
                              470                  314
       器具備品
                                      4,530                  3,545
      無形固定資産
                            4,530                  3,545
       ソフトウェア
                                     17,341                  15,711
       固定資産計
                                    636,440                  682,097
       資産合計
     (負債の部)

     流動負債
                                    126,613                  164,711
      未払金
                    ※2        78,688                  104,686
       未払手数料
                    ※2        47,925                  60,024
       その他未払金
                                      7,835                  7,550
      未払費用
                                      3,797                  4,708
      未払法人税等
                                      7,762                  13,304
      未払消費税等
                                     28,490                  30,960
      預り金
                                    174,499                  221,234
       流動負債計
     固定負債

                                     12,037                  12,134
      資産除去債務
                                      3,397                  3,276
      繰延税金負債
                                     15,435                  15,411
       固定負債計
                                    189,934                  236,645
       負債合計
     (純資産の部)

     株主資本
                                    450,000                  450,000
      資本金
                                    450,000                  450,000
      資本剰余金
                           450,000                  450,000
       資本準備金
                                   △453,494                  △454,548
      利益剰余金
       その他利益剰余金
                          △453,494                  △454,548
        繰越利益剰余金
                                    446,505                  445,451
       純資産合計
                                    636,440                  682,097
       負債・純資産合計
                                10/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)【損益計算書】
                                                 当事業年度
                                 前事業年度
                              (自 2018年4月          1日      (自 2019年4月          1日
             期別
                                               至   2020年3月31日)
                               至   2019年3月31日)
                         注記      内訳        金額        内訳        金額
             科目
                              (千円)        (千円)        (千円)        (千円)
                         番号
      営業収益
                               743,495                896,319
       委託者報酬
                                       743,495                896,319
        営業収益計
      営業費用
                         ※1      345,418                432,928
       支払手数料
                                57,797                39,995
       支払投資顧問料
                                 6,633                5,367
       広告宣伝費
                                15,249                16,887
       調査費
                                18,755                18,745
       委託計算費
                                39,789                50,527
       営業雑経費
                                 2,743                3,000
        通信費
                                35,903                46,202
        印刷費
                                 1,142                1,324
        協会費
                                       483,644                564,452
        営業費用計
      一般管理費
                         ※1      218,238                238,047
       給料
                                55,121                55,024
        役員報酬
                               131,071                139,279
        給料・手当
                                32,046                43,743
        賞与
                         ※1       25,255                27,570
       法定福利費
                                  617               1,545
       交際費
                                15,197                13,254
       旅費交通費
                                 5,937                7,261
       租税公課
                         ※1       16,077                15,998
       不動産賃借料
                         ※1       4,129                4,366
       賃借料
                                 1,085                1,630
       固定資産減価償却費
                                  96                97
       資産除去債務利息費用
                                 7,376                6,535
       支払報酬料
                                  725               1,047
       消耗品費
                                 3,996                3,996
       外注費
                                 1,266                6,069
       保守修理費
                                  456                301
       会議費
                                  560                244
       保険料
                                  886               1,575
       送金手数料
                                       301,905                329,543
        一般管理費計
          営業利益                              △42,054                  2,323
      営業外収益
                         ※1          1                1
       受取利息
                                  135                107
       雑収入
                                          136                108
        営業外収益計
          経常利益                              △41,917                  2,432
                                       △41,917                  2,432
         税引前当期純利益
                         ※1
                                       △9,053                 3,608
         法人税、住民税及び事業税
                                        △120                △120
         法人税等調整額
                                       △32,742                 △1,054
         当期純損失
                                11/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)【株主資本等変動計算書】
    前事業年度(自          2018年    4月  1日    至  2019年    3月31日)               (単位:千円)
                                株主資本
                                                       純資産
                                                       合計
                                                株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                 資本金
                                                 合計
                        資本      資本             利益
                                   その他利
                                   益剰余金
                       準備金      剰余金             剰余金
                              合計             合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
                 450,000      450,000      450,000     △420,751       △420,751       479,248      479,248
     当期首残高
     当期変動額
                                   △32,742       △32,742      △32,742      △32,742
      当期純損失
                    -      -      -  △32,742       △32,742      △32,742      △32,742
     当期変動額合計
                 450,000      450,000      450,000     △453,494       △453,494       446,505      446,505
     当期末残高
    当事業年度(自          2019年    4月  1日    至  2020年    3月31日)               (単位:千円)

                                株主資本
                                                       純資産
                                                       合計
                                                株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                 資本金
                                                 合計
                        資本      資本             利益
                                   その他利
                                   益剰余金
                       準備金      剰余金             剰余金
                              合計             合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
                 450,000      450,000      450,000     △453,494       △453,494       446,505      446,505
     当期首残高
     当期変動額
                                    △1,054       △1,054      △1,054      △1,054
      当期純損失
                    -      -      -   △1,054       △1,054      △1,054      △1,054
     当期変動額合計
                 450,000      450,000      450,000     △454,548       △454,548       445,451      445,451
     当期末残高
    重要な会計方針

    1.固定資産の減価償却の方法
      (1)  有形固定資産
       建物については、定額法を採用しております。器具備品については、主に定率法によっておりま
       す。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物        15年
           器具備品          3~15年
      (2)  無形固定資産

       定額法を採用しております。
       なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           自社利用のソフトウェア                   5年
    2.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっております。
      (2)連結納税制度の適用

       親会社である株式会社あおぞら銀行を連結納税親会社として、連結納税制度を適用しておりま
       す。
                                12/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      (3)「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」の適用
       繰延税金資産及び繰延税金負債の額については、実務対応報告第39号、「連結納税制度からグ
       ループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」第3項の取扱いに従い、企業会
       計基準適用指針第28号「税効果会計に係る会計基準の適用指針」第44項の定めを適用せず、改正前
       の税法の規定に基づいております。
    未適用の会計基準等

    ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月30日)
    ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月30日)
    (1)  概要

       収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されま
      す。
        ステップ1:顧客との契約を識別する。
        ステップ2:契約における履行義務を識別する。
        ステップ3:取引価格を算定する。
        ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
        ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
    (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

       影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
    ・「会計上の見積りの開示に関する会計基準」(企業会計基準第31号 2020年3月31日)

    (1)  概要

       本会計基準は、当年度の財務諸表に計上した金額が会計上の見積りによるもののうち、翌年度の財
      務諸表に重要な影響を及ぼすリスクがある項目における会計上の見積りの内容について、財務諸表利
      用者の理解に資する情報を開示することを目的とするものです。
    (2)  適用予定日

       2021年3月期の年度末より適用予定であります。
    ・「会計方針の開示、会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号 2020年3

      月31日)
    (1)  概要

       本会計基準は、関連する会計基準等の定めが明らかでない場合に採用した会計処理の原則及び手続
      に係る注記情報の充実のため、所要の改正が行われたものです。
    (2)  適用予定日

       2021年3月期の年度末より適用予定であります。
                                13/32






                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
    ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
    ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
    ・「金融商品の時価等の開示に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第19号 2020年3月31日)
    (1)  概要

       金融商品の時価の算定・開示に関し、包括的に会計基準としての手当てがなされたものです。
       ・時価を「出口価格」と定義しています。
       ・時価の算定にあたり、インプットの利用方法を定めています。
       ・インプットに基づき、金融商品の時価をレベル1~レベル3に区分します。レベルに応じた開示
       項目が求められます。
    (2)  適用予定日

       2022年3月期の期首より適用予定であります。
    (3)  当該会計基準等の適用による影響

       当該会計基準等の適用による影響については、評価中であります。
    注記事項

    (貸借対照表関係)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額
                             前事業年度                 当事業年度
                          (2019年     3月31日現在)           (2020年     3月31日現在)
      有形固定資産の減価償却累計額                             1,642千円                 2,289千円
      ※2.関係会社に対する資産・負債

                             前事業年度                 当事業年度
                         (2019年     3月31日現在)            (2020年     3月31日現在)
      流動資産
       預金                           78,911千円                136,064千円
       未収入金                            9,246                   -
      流動負債
       未払手数料                           47,224                 40,673
       その他未払金                           37,036                 48,747
    (損益計算書関係)

      ※1.関係会社に対する事項
                             前事業年度                 当事業年度
                          (自 2018年4月          1日        (自 2019年4月          1日
                           至      2019年3月31日)              至    2020年3月31日)
      支払手数料                           161,833     千円            151,471     千円
      給料                           218,238                 238,047
      法定福利費                            24,895                 27,102
      不動産賃借料                            16,077                 15,998
      賃借料                            2,988                 3,265
      受取利息                               1                 1
      法人税、住民税及び事業税                           △9,246                  3,240
       当該金額は、連結法人税額のうち、当社の個別帰属額であり、連結納税親会社と授受する金
      額であります。
                                14/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (株主資本等変動計算書関係)
     前事業年度(自 2018年               4月  1日  至 2019年           3月31日)
      発行済株式の種類及び総数に関する事項
                 当事業年度        当事業年度        当事業年度        当事業年度末
        株式の種類
                 期首株式数        増加株式数        減少株式数          株式数
                            -         -
         普通株式        18,000株                         18,000株
      当事業年度(自 2019年              4月  1日  至 2020年           3月31日)

      発行済株式の種類及び総数に関する事項
                 当事業年度        当事業年度        当事業年度        当事業年度末
        株式の種類
                 期首株式数        増加株式数        減少株式数          株式数
                            -         -
         普通株式        18,000株                         18,000株
    (金融商品関係)

      1.金融商品の状況に関する事項
       (1)    金融商品に対する取組方針
         当社が事業を行うための資金運用については、短期的な預金等に限定し、また、資金調達につ
        いては、借入によらず、株式の発行により行う方針です。なお、デリバティブ取引は行っており
        ません。
       (2)    金融商品の内容及びそのリスク並びにリスク管理体制

         当社の営業債権である未収委託者報酬の基礎となる投資信託財産は、信託法により信託銀行の
        固有資産と分別管理されており、当該報酬は、計理上毎日の未払費用として投資信託財産の負債
        項目に計上されております。このため、顧客の信用リスクはありません。また、未収入金に係る
        顧客の信用リスクについては、取引先ごとの期日管理及び残高管理を行い、リスク低減を図って
        おります。
       (3)    金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

         金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定さ
        れた価額が含まれております。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているた
        め、異なる前提条件等によった場合には、当該価額が異なる場合もあります。
      2.金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
       前事業年度(2019年           3月31日現在)                         (単位:千円)

                        貸借対照表            時価          差額
                         計上額
       (1)  現金・預金                  447,654          447,654              -
       (2)  未収入金                   9,246          9,246             -
       (3)  未収委託者報酬                  156,873          156,873              -
       資産計                    613,774          613,774              -
       (1)  未払手数料                  78,688          78,688             -
       (2)  その他未払金                  47,925          47,925             -
       負債計                    126,613          126,613              -
                                15/32





                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       当事業年度(2020年           3月31日現在)                         (単位:千円)
                        貸借対照表            時価          差額
                         計上額
       (1)  現金・預金                  453,969          453,969              -
       (2)  未収委託者報酬                  207,130          207,130              -
       資産計                    661,099          661,099              -
       (1)  未払手数料                  104,686          104,686              -
       (2)  その他未払金                  60,024          60,024             -
       負債計                    164,711          164,711              -
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

      資産
      (1)     現金・預金、(2)          未収入金、並びに(3)            未収委託者報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
       よっております。
      負債
      (1)     未払手数料、並びに(2)その他未払金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
       よっております。
    (注2)金銭債権の決算日後の償還予定額

       前事業年度(2019年           3月31日現在)              (単位:千円)
                        1年以内           1年超
       (1)  現金・預金                  447,654              -
       (2)  未収入金                   9,246            -
       (3)  未収委託者報酬                  156,873              -
             合計              613,774              -
       当事業年度(2020年           3月31日現在)              (単位:千円)

                        1年以内           1年超
       (1)  現金・預金                  453,969              -
       (2)  未収委託者報酬                  207,130              -
             合計              661,099              -
                                16/32









                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (税効果会計関係)
      1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (2019年     3月31日現在)         (2020年     3月31日現在)
      繰延税金資産
                                         (千円)              (千円)
       未払費用                                   2,399              2,311
       未払賞与                                   11,251              13,840
       資産除去債務                                   3,685              3,715
       未払事業税                                   1,074              1,352
       未払事業所税                                     30               -
       税務上の繰越欠損金(注2)                                   34,028              33,473
       繰延資産償却超過額                                     25               -
       繰延税金資産小計
                                          52,494              54,695
       税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注2)                                  △34,028              △33,473
       将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                                  △18,466              △21,221
       評価性引当額小計(注1)
                                         △52,494              △54,695
       繰延税金資産合計
                                             -              -
      繰延税金負債
       資産除去債務に対応する除去費用                                  △3,397              △3,276
       繰延税金負債合計
                                         △3,397              △3,276
      繰延税金資産(負債)の純額
                                         △3,397              △3,276
     (注)1.評価性引当額が2,200千円増加しております。この増加の主な内容は、将来減算一時差異等
          の合計に係る評価性引当額が増加したことに伴うものであります。
        2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額
         前事業年度(2019年           3月31日)(単位:千円)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                             5年超      合計
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
         税務上の繰越欠損金(b)                -      -      -     247    12,938      20,841      34,028
         評価性引当額                -      -      -    △247    △12,938      △20,841      △34,028
         繰延税金資産                -      -      -      -      -      -      -
        (a)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
         当事業年度(2020年           3月31日)(単位:千円)
                            1年超      2年超      3年超      4年超
                      1年以内                             5年超      合計
                           2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
         税務上の繰越欠損金(b)                -      -      -   12,632      8,740     12,101      33,473
         評価性引当額                -      -      -  △12,632      △8,740     △12,101      △33,473
         繰延税金資産                -      -      -      -      -      -      -
        (b)  税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
      2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差

       異の原因となった主要な項目別の内訳
                                    前事業年度              当事業年度
                                 (2019年     3月31日現在)         (2020年     3月31日現在)
      実効税率
                                             -           30.6%
      (調整)
       交際費等永久に損金に算入されない項目                                      -           21.4
       住民税均等割                                      -           11.9
       評価性引当額の増加                                      -           90.5
       連結納税による影響                                      -          △11.7
       その他                                      -            0.7
      税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                             -           143.4%
     (注) 前事業年度は、税引前当期純損失を計上したため記載を省略しております。
                                17/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (資産除去債務関係)
       資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
       (1)  当該資産除去債務の概要
        オフィスの不動産賃貸借契約に伴う原状回復義務等であります。
       (2)  当該資産除去債務の金額の算定方法

         使用見込期間を取得から360箇月と見積り、割引率は0.808%を使用して資産除去債務の金額を
        算定しております。
       (3)  資産除去債務の総額の増減                   (単位:千円)

                               前事業年度              当事業年度
                             (自   2018年4月1日           (自   2019年4月1日
                             至  2019年3月31日)            至  2020年3月31日)
        期首残高                             11,941              12,037
        有形固定資産の取得に伴う増加額                                -              -
        時の経過による調整額                               96              97
        資産除去債務の履行による減少額                                -              -
        期末残高                             12,037              12,134
    (セグメント情報等)

      前事業年度(自 2018年              4月  1日  至 2019年           3月31日)
     1.セグメント情報
       当社は金融商品取引業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
      2.関連情報

       (1)  商品及びサービスごとの情報
         単一の商品・サービスの区分の外部顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
       (2)  地域ごとの情報

       ①   営業収益
         投資信託の受益者の情報を制度上知り得ないため、記載を省略しております。
       ②  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
       (3)  主要な顧客ごとの情報

         投資信託の受益者の情報を制度上知り得ないため、記載を省略しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

        該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         該当事項はありません。
                                18/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      当事業年度(自 2019年              4月  1日  至 2020年           3月31日)
     1.セグメント情報
       当社は金融商品取引業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

       (1)  商品及びサービスごとの情報
         単一の商品・サービスの区分の外部顧客からの営業収益が損益計算書の営業収益の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
       (2)  地域ごとの情報

       ①   営業収益
         投資信託の受益者の情報を制度上知り得ないため、記載を省略しております。
       ②  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるた
        め、記載を省略しております。
       (3)  主要な顧客ごとの情報

         投資信託の受益者の情報を制度上知り得ないため、記載を省略しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

        該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         該当事項はありません。
    (関連当事者情報)

     1.関連当事者との取引
       (ア)     財務諸表提出会社の親会社及び主要株主等
       前事業年度(自 2018年                 4月  1日  至 2019年           3月31日)
            会社等の     所在地    資本金又     事業の    議決権等     関連当    取引の    取引金額      科目    期末残高
        種類    名称        は出資金     内容    の所有    事者と    内容
                                           (千円)          (千円)
                                  の関係
                     (億円)        (被所有)
                             割合(%)
        親会社    ㈱あおぞ     東京都         銀行業    被所有    役員の    税額の         未収入金
                     1,000                      9,246          9,246
            ら銀行    千代田              直接    受入    うち連
                 区                 出向者    結納税
                              100%
                                  の受入    親会社
                                  事務代    からの
                                   行    受入
                                  連結納
                                      出向者         その他
                                           243,134          37,036
                                   税
                                      負担金         未払金
                                       代行         未払
                                           161,833          47,224
                                      手数料         手数料
                                19/32






                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
        当事業年度(自 2019年              4月  1日  至 2020年           3月31日)
            会社等の     所在地    資本金又     事業の    議決権等     関連当    取引の    取引金額      科目    期末残高
        種類    名称        は出資金     内容    の所有    事者と    内容
                                           (千円)          (千円)
                                  の関係
                     (億円)        (被所有)
                             割合(%)
        親会社    ㈱あおぞ     東京都         銀行業    被所有    役員の    税額の         その他
                     1,000                      3,240          3,240
            ら銀行    千代田              直接    受入    うち連         未払金
                 区                 出向者    結納税
                              100%
                                  の受入    親会社
                                  事務代    への支
                                   行    払
                                  連結納
                                      出向者         その他
                                           265,150          45,507
                                   税
                                      負担金         未払金
                                       代行         未払
                                           151,471          40,673
                                      手数料         手数料
       (イ) 財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び財務諸表提出会社のその他の関係会社の

          子会社等
       前事業年度(自 2018年                 4月  1日  至 2019年           3月31日)
        種類    会社等の     所在地    資本金又     事業の    議決権等     関連当    取引の    取引金額      科目    期末残高
             名称        は出資金     内容    の所有    事者と    内容
                                           (千円)          (千円)
                                  の関係
                     (億円)        (被所有)
                             割合(%)
        同一の    あおぞら     東京都         金融商     なし    事務代    代行         未払
                      30                     137,900          10,470
        親会社         千代田         品取引          行   手数料         手数料
            証券㈱
        を持つ          区         業
        会社
        当事業年度(自 2019年              4月  1日  至 2020年           3月31日)

        種類    会社等の     所在地    資本金又     事業の    議決権等     関連当    取引の    取引金額      科目    期末残高
             名称        は出資金     内容    の所有    事者と    内容
                                           (千円)          (千円)
                                  の関係
                     (億円)        (被所有)
                             割合(%)
        同一の    あおぞら     東京都         金融商     なし    事務代    代行         未払
                      30                     152,555          11,485
        親会社         千代田         品取引          行   手数料         手数料
            証券㈱
        を持つ          区         業
        会社
      (注)1.上記(ア)~(イ)の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高に

            は消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
            (1)   出向者負担金については、親会社の給料基準に基づいて金額を決定しております。
           (2)      代行手数料については、一般の取引条件と同様に決定しております。
     2.親会社に関する注記

      (1)     親会社情報
        ㈱あおぞら銀行 (東京証券取引所に上場)
    (1株当たり情報)

                              前事業年度                 当事業年度
                          (自    2018年    4月  1日        (自    2019年    4月  1日
                           至    2019年    3月31日)           至    2020年    3月31日)
     1株当たり純資産額                         24,805.88円                 24,747.30円
     1株当たり当期純損失金額                          1,819.04円                   58.59円
    (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、1株当たり当期純損失であり、ま
          た、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
        2.1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                20/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                              前事業年度                 当事業年度
                          (自    2018年    4月  1日        (自    2019年    4月  1日
                           至    2019年    3月31日)           至    2020年    3月31日)
     当期純損失(千円)                            32,742                 1,054
     普通株主に帰属しない金額(千円)                               -                 -
     普通株式に係る当期純損失(千円)                            32,742                 1,054
     普通株式の期中平均株式数(株)                            18,000                 18,000
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                21/32

















                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (1)中間貸借対照表
                                 当中間会計期間末
            期別
                               (2020年     9月30日現在)
                      注記        内訳             金額
            科目
                            (千円)             (千円)
                      番号
     (資産の部)
     流動資産
                                              439,641
      現金・預金
                                                4,094
      前払費用
                                                2,042
      未収入金
                                              220,767
      未収委託者報酬
                                              666,546
       流動資産計
     固定資産

                      ※1                         11,899
      有形固定資産
                                 11,605
       建物
                                  293
       器具備品
                                                3,053
      無形固定資産
                                 3,053
       ソフトウェア
                                               14,952
       固定資産計
                                              681,499
       資産合計
     (負債の部)

     流動負債
                                              148,637
      未払金
                                111,714
       未払手数料
                                 36,922
       その他未払金
                                                7,867
      未払費用
                                                3,732
      未払法人税等
                                                8,632
      未払消費税等
                                               39,274
      預り金
                                              208,143
       流動負債計
     固定負債

                                               12,183
      資産除去債務
                                                3,216
      繰延税金負債
                                               15,399
       固定負債計
                                              223,543
       負債合計
     (純資産の部)

     株主資本
                                              450,000
      資本金
                                              450,000
      資本剰余金
                                450,000
       資本準備金
                                             △442,044
      利益剰余金
       その他利益剰余金
                               △442,044
        繰越利益剰余金
                                              457,955
       純資産合計
                                              681,499
       負債・純資産合計
                                22/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (2)中間損益計算書
                                  当中間会計期間
                                (自 2020年        4月  1日
             期別
                                 至 2020年         9月30日)
                             内訳             金額
             科目
                            (千円)             (千円)
      営業収益
                                455,487
       委託者報酬
                                              455,487
        営業収益計
      営業費用
                                223,269
       支払手数料
                                 14,709
       支払投資顧問料
                                 4,095
       広告宣伝費
                                 10,870
       調査費
                                 11,567
       委託計算費
                                 24,869
       営業雑経費
                                 2,555
        通信費
                                 21,627
        印刷費
                                  685
        協会費
                                              289,381
        営業費用計
      一般管理費
                                116,977
       給料
                                 26,491
        役員報酬
                                 73,015
        給料・手当
                                 17,470
        賞与
                                 13,679
       法定福利費
                                   66
       交際費
                                 1,050
       旅費交通費
                                 3,652
       租税公課
                                 7,975
       不動産賃借料
                                 1,960
       賃借料
                                  758
       固定資産減価償却費
                                   49
       資産除去債務利息費用
                                 3,362
       支払報酬料
                                  253
       消耗品費
                                 1,998
       外注費
                                 2,711
       保守修理費
                                  249
       保険料
                                  817
       送金手数料
                                              155,561
         一般管理費計
          営業利益                                      10,544
      営業外収益
                                   1
       受取利息
                                                  1
        営業外収益計
          経常利益                                      10,545
                                               10,545
         税引前中間純利益
                                              △1,897
         法人税、住民税及び事業税
          法人税等調整額                                      △60
                                               12,504
         中間純利益
                                23/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (3)中間株主資本等変動計算書
    当中間会計期間(自 2020年                4月  1日  至 2020年           9月30日)
                                                   (単位:千円)
                                株主資本
                                                       純資産
                                                       合計
                                                株主資本
                         資本剰余金             利益剰余金
                 資本金
                                                 合計
                       資本      資本             利益
                                  その他利益
                                   剰余金
                       準備金      剰余金             剰余金
                             合計             合計
                                   繰越利益
                                   剰余金
                 450,000      450,000      450,000     △454,548       △454,548        445,451      445,451
     当期首残高
     当中間期変動額
                                    12,504       12,504      12,504      12,504
      中間純利益
                    -      -      -    12,504       12,504      12,504      12,504
     当中間期変動額合計
                 450,000      450,000      450,000     △442,044       △442,044        457,955      457,955
     当中間期末残高
    重要な会計方針

    1.固定資産の減価償却の方法
      (1)  有形固定資産
         建物については、定額法を採用しております。器具備品については、定率法によっておりま
       す。
         なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
           建物        15年
           器具備品          15年
      (2)  無形固定資産

         定額法を採用しております。
        なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいており
       ます。
    2.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

      (1)消費税等の会計処理
       消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜き方式によっております。
      (2)連結納税制度の適用

       親会社である株式会社あおぞら銀行を連結納税親会社として、連結納税制度を適用しておりま
       す。
      (3)「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」の適用

        繰延税金資産及び繰延税金負債の額については、実務対応報告第39号、「連結納税制度からグ
       ループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」第3項の取扱いに従い、企業会
       計基準適用指針第28号「税効果会計に係る会計基準の適用指針」第44項の定めを適用せず、改正前
       の税法の規定に基づいております。
    注記事項

    (中間貸借対照表関係)
      当中間会計期間(2020年              9月30日現在)
      ※1.有形固定資産の減価償却累計額   2,234千円
                                24/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    (中間株主資本等変動計算書関係)
     当中間会計期間(自 2020年                 4月  1日  至 2020年           9月30日)
     発行済株式の種類及び総数に関する事項
               当事業年度        当中間会計期間         当中間会計期間         当中間会計期間
      株式の種類
               期首株式数         増加株式数         減少株式数          末株式数
                           -          -
      普通株式         18,000株                            18,000株
    (金融商品関係)

      1.金融商品の時価等に関する事項
      2020年9月30日における中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりで
      あります。
       当中間会計期間(2020年              9月30日現在)
                                         (単位:千円)
                     中間貸借対照表             時価          差額
                       計上額
     (1)  現金・預金                  439,641          439,641              -
     (2)  未収入金                   2,042          2,042             -
     (3)  未収委託者報酬                  220,767          220,767              -
     資産計                    662,452          662,452              -
     (1)  未払手数料                  111,714          111,714              -
     (2)  その他未払金                  36,922          36,922             -
     負債計                    148,637          148,637              -
    (注1)金融商品の時価の算定方法に関する事項

      資産
      (1)     現金・預金、(2)          未収入金、並びに(3)            未収委託者報酬
         これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
       よっております。
      負債
      (1)     未払手数料、並びに(2)その他未払金
        これらは短期間で決済されるため、時価は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額に
       よっております。
    (資産除去債務関係)

      当中間会計期間(自 2020年                4月  1日  至 2020年           9月30日)
       資産除去債務のうち貸借対照表に計上しているもの
       (1)  資産除去債務の総額の増減
                                   (単位:千円)
        期首残高                               12,134
        有形固定資産の取得に伴う増加額                                  -
        時の経過による調整額                                 49
        資産除去債務の履行による減少額                                  -
        期末残高                               12,183
    (セグメント情報等)

     当中間会計期間(自 2020年                 4月  1日  至 2020年           9月30日)
     1.セグメント情報
       当社は金融商品取引業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
     2.関連情報

       (1)  商品及びサービスごとの情報
         単一の商品・サービスの区分の外部顧客からの営業収益が中間損益計算書の営業収益の90%を
        超えるため、記載を省略しております。
                                25/32



                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
       (2)  地域ごとの情報
       ①   営業収益
         投資信託の受益者の情報を制度上知り得ないため、記載を省略しております。
       ②  有形固定資産

        本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超え
        るため、記載を省略しております。
       (3)  主要な顧客ごとの情報

         投資信託の受益者の情報を制度上知り得ないため、記載を省略しております。
     3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報

         該当事項はありません。
     4.報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報

        該当事項はありません。
     5.報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報

         該当事項はありません。
    (1株当たり情報)

      当中間会計期間(自 2020年                4月  1日  至 2020年           9月30日)
       1株当たり純資産額                               25,441.98円
       1株当たり中間純利益金額        694.68円
       なお、潜在株式調整後1株当たり中間純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して

      おりません。
      (注)1株当たり中間純利益金額の算定上の基礎は以下のとおりであります。

                                      当中間会計期間
                                    (自    2020年    4月  1日
                                     至    2020年    9月30日)
       中間純利益(千円)                                       12,504
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                          -
       普通株式に係る中間純利益(千円)                                       12,504
       普通株式の期中平均株式数(株)                                       18,000
    (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
                                26/32








                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の監査報告書

                                                2020年5月20日

    あ  お  ぞ  ら  投  信  株  式  会  社

       取    締    役    会   御中

                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                             東    京    事    務    所
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                           山    田    信    之   印
                          業 務 執 行 社 員
    監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられているあおぞら投信株式会社の2019年4月1日から2020年3月3
    1日までの第7期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、
    重要な会計方針及びその他の注記について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
    拠して、あおぞら投信株式会社の2020年3月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業
    年度の経営成績を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監
    査の基準における当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当
    監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人と
    してのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
    査証拠を入手したと判断している。
    財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を
    作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作
    成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切で
    あるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企
    業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重
    要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸
    表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別
    に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性
    があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、
    職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対
      応した監査手続を立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見
      表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。
    ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人
      は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内
      部統制を検討する。
                                27/32


                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見
      積りの合理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監
      査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確
      実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合
      は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する財
      務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見を表明することが求められ
      ている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の事象や状
      況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準
      拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財
      務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統
    制の重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項につい
    て報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上

    (注)上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しております。

                                28/32













                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                     独立監査人の中間監査報告書

                                               2020年11月20日

    あ  お  ぞ  ら  投  信  株  式  会  社

       取    締    役    会   御中

                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                             東    京    事    務    所
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                           松    崎    雅    則   ㊞
                          業 務 執 行 社 員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会
    社等の経理状況」に掲げられているあおぞら投信株式会社の2020年4月1日から2021年3月3
    1日までの第8期事業年度の中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係
    る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間損益計算書、中間株主資本等変動計算書、重要な会
    計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に準拠して、あおぞら投信株式会社の2020年9月30日現在の財政状態及び同日をもって
    終了する中間会計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)の経営成績に関する有用
    な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社から独立してお
    り、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、中間監査の意見表明
    の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者及び監査役の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
    運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表
    示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監
    査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正
    又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                29/32




                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
      ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚
       偽表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人
       の判断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。な
       お、中間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又
       は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした
       監査手続に必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
      ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監
       査人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財
       務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
      ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合
       理性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
      ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手
       した監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重
       要な不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認めら
       れる場合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な
       不確実性に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付
       意見を表明することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証
       拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性が
       ある。
      ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表
       の作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構
       成及び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示している
       かどうかを評価する。
      監査人は、監査役に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施                                               過程  で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以 上
    (注)上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管しておりま

       す。
                                30/32










                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
                   独立監査人の中間監査報告書

                                                    2021年1月15日

    あ  お  ぞ  ら  投  信  株  式  会  社

       取    締    役    会   御中

                         有限責任監査法人 ト ー マ ツ

                             東  京  事  務  所
                          指定有限責任社員

                                    公認会計士
                                           松    崎    雅    則   印
                          業 務 執 行 社 員
    中間監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「ファンドの
    経理状況」に掲げられているあおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)2020-Iの2020
    年5月28日から2020年11月27日までの中間計算期間の中間財務諸表、すなわち、中間貸借対照表、中間
    損益及び剰余金計算書並びに中間注記表について中間監査を行った。
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
    作成基準に準拠して、あおぞら・新グローバル・コア・ファンド(限定追加型)2020-Iの2020年11月
    27日現在の信託財産の状態及び同日をもって終了する中間計算期間(2020年5月28日から2020年11月27
    日まで)の損益の状況に関する有用な情報を表示しているものと認める。
    中間監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間監査を
    行った。中間監査の基準における当監査法人の責任は、「中間財務諸表監査における監査人の責任」に
    記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、あおぞら投信株式会
    社及びファンドから独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監
    査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    中間財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中
    間財務諸表を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示
    のない中間財務諸表を作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び
    運用することが含まれる。
      中間財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき中間財務諸表を作成すること
    が適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準
    に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
    中間財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した中間監査に基づいて、全体として中間財務諸表の有用な情報の表
    示に関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得て、中間監
    査報告書において独立の立場から中間財務諸表に対する意見を表明することにある。虚偽表示は、不正
    又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、中間財務諸表の利用者の意思決定に影
    響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に従って、中間監査の過程を
    通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 不正又は誤謬による中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽
      表示リスクに対応する中間監査手続を立案し、実施する。中間監査手続の選択及び適用は監査人の判
      断による。さらに、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手する。なお、中
      間監査手続は、年度監査と比べて監査手続の一部が省略され、監査人の判断により、不正又は誤謬に
      よる中間財務諸表の重要な虚偽表示リスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に
      必要に応じて追加の監査手続が選択及び適用される。
                                31/32


                                                          EDINET提出書類
                                                     あおぞら投信株式会社(E30689)
                                                  半期報告書(内国投資信託受益証券)
    ・ 中間財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査
      人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財務諸
      表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。
    ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理
      性及び関連する注記事項の妥当性を評価する。
    ・ 経営者が継続企業を前提として中間財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手し
      た監査証拠に基づき、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な
      不確実性が認められるかどうか結論付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場
      合は、中間監査報告書において中間財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性
      に関する中間財務諸表の注記事項が適切でない場合は、中間財務諸表に対して除外事項付意見を表明
      することが求められている。監査人の結論は、中間監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいて
      いるが、将来の事象や状況により、ファンドは継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 中間財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の
      作成基準に準拠しているかどうかとともに、関連する注記事項を含めた中間財務諸表の表示、構成及
      び内容、並びに中間財務諸表が基礎となる取引や会計事象に関して有用な情報を表示しているかどう
      かを評価する。
      監査人は、経営者に対して、計画した中間監査の範囲とその実施時期、中間監査の実施過程で識別し
    た内部統制の重要な不備を含む中間監査上の重要な発見事項、及び中間監査の基準で求められているそ
    の他の事項について報告を行う。
    利害関係

      あおぞら投信株式会社及びファンドと当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定
    により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上

    (注)1.上記は、当社が、中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保

         管しております。
        2.XBRLデータは中間監査の対象には含まれていません。
                                32/32











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク