MUTOHホールディングス株式会社 四半期報告書 第72期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第72期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 MUTOHホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年2月15日
     【四半期会計期間】                   第72期第3四半期(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   MUTOHホールディングス株式会社
     【英訳名】                   MUTOH   HOLDINGS     CO.,   LTD.
     【代表者の役職氏名】                   取締役社長  礒邊 泰彦
     【本店の所在の場所】                   東京都世田谷区池尻三丁目1番3号
     【電話番号】                   (03)6758-7100
     【事務連絡者氏名】                   経営管理部長  福冨 弘悦
     【最寄りの連絡場所】                   東京都世田谷区池尻三丁目1番3号
     【電話番号】                   (03)6758-7100
     【事務連絡者氏名】                   経営管理部長  福冨 弘悦
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/20













                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第71期           第72期
              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第71期
                              累計期間           累計期間
                              自2019年           自2020年           自2019年

                              4月1日            4月1日            4月1日
             会計期間
                              至2019年           至2020年           至2020年
                              12月31日            12月31日            3月31日
                    (百万円)             12,148           10,067           16,124
     売上高
     経常損失(△)               (百万円)              △ 343          △ 425          △ 600
     親会社株主に帰属する四半期
                    (百万円)              △ 339         △ 1,146          △ 1,015
     (当期)純損失(△)
                    (百万円)              △ 253          △ 891          △ 949
     四半期包括利益又は包括利益
                    (百万円)             21,808           20,020           21,113
     純資産額
                    (百万円)             28,511           24,054           26,869
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損
                     (円)            △ 74.59          △ 251.91          △ 223.25
     失(△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                     (円)              -           -           -
     期(当期)純利益
                     (%)             73.9           80.2           75.9
     自己資本比率
                              第71期           第72期

              回次              第3四半期連結           第3四半期連結
                              会計期間           会計期間
                              自2019年           自2020年

                              10月1日            10月1日
             会計期間
                              至2019年           至2020年
                              12月31日            12月31日
     1株当たり四半期純損失(△)

                     (円)            △ 50.14          △ 121.69
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、1株当たり四半期(当期)純損失であり、ま
           た、潜在株式が存在しないため、記載しておりません。
     2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/20






                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
      した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況

       当第3四半期連結累計期間における世界経済環境は、世界中に拡大している新型コロナウイルス感染症に収束の兆
      しが見えない中、段階的に経済活動が再開されておりましたが、感染症再拡大によって経済活動が制限される国や地
      域が出てくるなど、先行きは非常に不透明となっております。米国経済は、製造業の生産が持ち直し傾向にあるもの
      の、活動規制の強化により雇用と消費の回復は停滞しております。欧州においてはユーロ圏主要国において新型コロ
      ナウイルスの感染再拡大の影響により、上向きつつあった景気は再び減速に転じ、英国では昨春並みの厳格なロック
      ダウンを実施するなど、厳しい情勢が続いています。中国は、活動制限により個人消費の回復は遅れているものの、
      政府の経済対策や外需の回復による輸出拡大が景気を下支えし、GDPは新型コロナウイルス感染症の拡大前の水準
      を上回るまで回復しております。国内経済においては、景気は一部に持ち直しの動きがみられましたが、再度の感染
      拡大により、経済活動の停滞は長期化傾向にあります。
        このような状況の中、当社グループは、生産調整、流通在庫・保有資産の圧縮、経費の抜本的見直しなどキャッ

      シュ・フローを重視した施策を推進して参りました。さらに新型コロナウイルス感染症の感染拡大の長期化をにら
      み、稼ぐ、削る、防ぐ、の3つの視点で開発・製造・販売を行うと共に、働き方改革に取り組み、新常態下での新し
      い経営の姿を模索しています。
       大判インクジェットプリンタ事業においては、当社初の自社開発RIPソフトウェア『VerteLith』を2020年11月より
      市場投入しました。今後とも進化・発展する同製品の併用により、当社プリンタの性能・操作性を最大限に引き出す
      と共に、ユーザーのワークフロー全体の効率性・利便性を高めて参ります。また、米国にて6つの製品が『2020
      Product    of  the  Year   Awards』(PRINTING          United    Alliance主催)を受賞し、9年連続での同賞の受賞に続いて、欧
      州にて小型フラットベッドUV              LEDプリンタの「XPJ-461UF/661UF」の2機種が欧州デジタルプレス協会(EDP)にお
      ける『Best      Object    Printer』賞を受賞いたしました。同賞は、デジタル制作プロセスに焦点を当てた欧州の主要な
      20の業界誌が、欧州市場に導入されたその年の最優秀製品を評価、審査、表彰したものです。スピード、品質、使い
      やすさ、機能性の向上につながる技術のイノベーション、あるいは、環境負荷やユーザーコストの低減につながるイ
      ノベーションなど、製品が提供する新しい技術的価値を評価、判定しています。MUTOHはこれからも最先端の技
      術と特徴のある製品を展開し、新しいアプリケーションを提供して参ります。
       3Dプリンタ並びに設計計測機器においては、従来の商流での販売活動減退を補うためにインターネット販売に注
      力するとともに、オンラインの特性を活かした海外の著名アーティストと3Dプリンタの可能性に関するディスカッ
      ションセミナーの開催や、当社グループ製品での実際の活用事例セミナーなど積極的に展開しております。また、外
      部委託している生産の一部を自社生産に移行し、工場稼働率の改善と物流の集約による収益力の強化に取り組んでお
      ります。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響による

      経済活動制限の影響を強く受け、販売が減少したことにより                            100億67百万円       (前年同期比      17.1%減    )となり、営業損
      益は、販管費を前年同期に比べ7億70百万削減したものの、販売減の影響を吸収しきれず                                         5億91百万円の損失         (前年
      同期は   3億50百万円の損失         )となりました。経常損益は、助成金収入および為替差益等の計上により、                                   4億25百万円
      の損失   (前年同期は      3億43百万円の損失         )となりました。親会社株主に帰属する四半期純損益は、特別損失で減損損
      失5億82百万円、法人税等63百万円などの計上により、                          11億46百万円の損失         (前年同期は      3億39百万円の損失         )とな
      りました。
                                 3/20





                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
     ①財政状態に関する分析
      (資産)
       当第3四半期連結会計期間末における資産は240億54百万円となり、前連結会計年度末に比べ28億15百万円の減少
      となりました。
       流動資産は142億70百万円となり、14億48百万円の減少となりました。その主な要因は、受取手形及び売掛金の減
      少2億69百万円、たな卸資産の減少11億38百万円等であります。
       固定資産は97億83百万円となり、13億66百万円の減少となりました。その主な要因は、土地の減少7億67百万円、
      建物及び構築物の減少1億55百万円、無形固定資産の減少4億90百万円、投資有価証券の増加99百万円等でありま
      す。
      (負債)
       当第3四半期連結会計期間末における負債は40億33百万円となり、前連結会計年度末に比べ17億22百万円の減少と
      なりました。
       流動負債は25億74百万円となり、18億円の減少となりました。その主な要因は、支払手形及び買掛金の減少13億10
      百万円、未払金の減少1億33百万円、未払法人税等の減少1億24百万円、賞与引当金の減少80百万円、製品保証引当
      金の減少31百万円等であります。
       固定負債は14億59百万円となり、78百万円の増加となりました。その主な要因は、退職給付に係る負債の増加37百
      万円、役員退職慰労引当金の減少31百万円、繰延税金負債の増加5百万円、その他固定負債の増加67百万円等であり
      ます。
      (純資産)
       当第3四半期連結会計期間末における純資産は200億20百万円となり、前連結会計年度末に比べ10億92百万円の減
      少 となりました。その主な要因は、配当金の支払い1億59百万円と親会社株主に帰属する四半期純                                            損失11億46百万円
      の計上等による利益剰余金の             減少13億6百万円        、その他有価証券評価差額金の              増加1億8百万円        、為替換算調整勘定
      の 増加47百万円      、退職給付に係る調整累計額の              増加42百万円      、非支配株主持分の         増加7百万円      等であります。
     ②経営成績の状況の分析

       当第3四半期連結累計期間の業績は、売上高は                       100億67百万円       (前年同期比      17.1%減    )となり、営業損失は          5億91
      百万円   (前年同期は      3億50百万円の損失         )、経常損失      4億25百万円      (前年同期は      3億43百万円の損失         )となりまし
      た。親会社株主に帰属する四半期純損失は                   11億46百万円      (前年同期は      3億39百万円の損失         )となりました。
      (売上高)

       当第3四半期連結累計期間の業績は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響による経済活動制限の影響を強
      く受け、特に主力の大判インクジェットプリンタを含む情報画像関連機器事業において販売が減少し、売上高は                                                   100
      億67百万円     (前第3四半期連結累計期間             121億48百万円       )で  20億81百万円の減収         となりました。
      (営業費用)

       当第3四半期連結累計期間の売上原価は                   70億97百万円      (前第3四半期連結累計期間             81億68百万円      )で  10億70百万円
      の減少   となり、売上原価率は新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響による経済活動制限の影響を強く受け生産
      活動の停滞などから70.5%となりました。販売費及び一般管理費は、経費の抜本的見直しなどキャッシュ・フローを
      重視した施策を継続して推進し              35億60百万円      (前第3四半期連結累計期間             43億30百万円      )で  7億70百万円の減少         とな
      りました。
      (営業外損益)

       当第3四半期連結累計期間の営業外収益は                    1億76百万円      (前第3四半期連結累計期間             43百万円    )で  1億32百万円の
      増加  、営業外費用は       10百万円    (前第3四半期連結累計期間             36百万円    )で  25百万円の減少       となりました。主な営業外収
      益の要因は、雇用調整助成金の計上によるものです。
      (特別損益)

       当第3四半期連結累計期間の特別利益は                   37百万円    (前第3四半期連結累計期間             1億15百万円      )で  78百万円の減少       、
      特別損失は     6億44百万円      (前第3四半期連結累計期間             23百万円    )で  6億20百万円の増加         となりました。特別損失の主
      な要因は、当社の連結子会社である武藤工業(株)の新型コロナウイルス感染症拡大をはじめとする直近の経営環境
      の変化等による収益性の低下により、「固定資産の減損に係る会計基準」に基づく減損の兆候が認められたことか
      ら、同社および当社が保有するソフトウェアその他固定資産5億82百万円を減損損失として計上したことによるもの
      です。
                                 4/20



                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
        セグメントごとの経営成績は、次のとおりであります。
      〔情報画像関連機器(アジア・北アメリカ・ヨーロッパ)〕
        当第3四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルス感染症の世界的拡大が販売に大きく影響し北アメリカ
      地域を除き減収減益となり、第2四半期よりは改善傾向にあるものの事業全体で売上高71億92百万円(前年同期比
      20.0%減)、セグメント損失5億78百万円(前年同期は5億47百万円の損失)となりました。
       地域別には、アジア地域は売上高                26億72百万円      (前年同期比      23.0%減    )、  セグメント損失5億19百万円             (前年同期
      は 3億97百万円の損失         )、北アメリカ地域は売上高             18億78百万円      (前年同期比      3.8%減    )、  セグメント利益33百万円
      (前年同期は      78百万円の損失       )、ヨーロッパ地域は売上高             26億41百万円      (前年同期比      24.9%減    )、  セグメント損失92
      百万円   (前年同期は      71百万円の損失       )となりました。
      〔情報サービス〕

       当第3四半期連結累計期間においては、販売は前年より微減に推移したものの費用増により、売上高                                               16億75百万円
      (前年同期比      4.2%減    ) 、セグメント利益        79百万円    (前年同期比      59.1%減    )となりました。
      〔設計計測機器〕

        当第3四半期連結累計期間においては、売上高                     8億83百万円      (前年同期比      6.0%減    )、  セグメント利益1億18百万
      円 (前年同期比      24.8%減    )となりました。
      〔不動産賃貸〕

       当第3四半期連結累計期間においては、賃貸物件の売却による賃貸収入の減少により減収減益となり、売上高                                                   1億
      32百万円    (前年同期比      49.2%減    )、  セグメント利益1億24百万円             (前年同期比      30.7%減    )となりました。
      〔その他〕

       当第3四半期連結累計期間においては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により販売が伸びず、売上高                                                  1億83
      百万円   (前年同期比      29.8%減    )、  セグメント損失15百万円           (前年同期は      5百万円の損失       )となりました。
      (2)経営方針・経営戦略等

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあり
      ません。
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (4)研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間における当社グループの研究開発活動の金額は6億22百万円となりました。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/20







                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          17,000,000

                  計                                17,000,000

        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
                在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2021年2月15日)
               (2020年12月31日)                         取引業協会名
                                       東京証券取引所
                                                     単元株式数
                   5,054,818             5,054,818
     普通株式
                                       (市場第一部)
                                                      100株
                   5,054,818             5,054,818             -          -
        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
           該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

           該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                        発行済株式                             資本準備金
                 発行済株式                             資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数                             増減額
                        総数残高                             残高
                                (百万円)       (百万円)
                  (株)                            (百万円)
                         (株)                            (百万円)
      2020年10月1日~
                                                        2,549
                     -    5,054,818           -     10,199         -
      2020年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 6/20








                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                  2020年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                               499,900
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                         4,519,200             45,192          -
                       普通株式
                                35,718         -            -
     単元未満株式                  普通株式
                              5,054,818           -            -
     発行済株式総数
                                  -          45,192          -
     総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                               自己名義所有       他人名義所有       所有株式数の
                                                    に対する所有株
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               株式数(株)       株式数(株)       合計(株)
                                                    式数の割合(%)
     MUTOHホールディ            東京都世田谷区池尻三丁
                                 499,900          -     499,900          9.89
     ングス株式会社            目1番3号
                       -          499,900          -     499,900          9.89
          計
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 7/20











                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 8/20

















                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                         7,472              7,636
        現金及び預金
                                                     ※2  2,601
                                         2,871
        受取手形及び売掛金
                                         3,145              2,381
        商品及び製品
                                          46              72
        仕掛品
                                         1,441              1,041
        原材料及び貯蔵品
                                          781              580
        その他
                                         △ 39             △ 43
        貸倒引当金
                                        15,719              14,270
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               1,890              1,734
          機械装置及び運搬具(純額)                                 51              52
          工具、器具及び備品(純額)                                 54              38
                                         2,450              1,683
          土地
                                          48              27
          リース資産(純額)
                                         4,496              3,537
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          569               79
          その他
                                          569               79
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                         5,576              5,676
          投資有価証券
                                          31              32
          差入保証金
                                          265              281
          退職給付に係る資産
                                          194              175
          繰延税金資産
                                          20               4
          その他
                                          △ 4             △ 3
          貸倒引当金
                                         6,083              6,167
          投資その他の資産合計
                                        11,149               9,783
        固定資産合計
                                        26,869              24,054
       資産合計
                                 9/20









                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                         2,489              1,179
        支払手形及び買掛金
                                          449              316
        未払金
                                          169               44
        未払法人税等
                                          163               82
        賞与引当金
                                          142              111
        製品保証引当金
                                          961              840
        その他
                                         4,375              2,574
        流動負債合計
       固定負債
                                          122              128
        繰延税金負債
                                         1,040              1,077
        退職給付に係る負債
                                          37               6
        役員退職慰労引当金
                                          179              247
        その他
                                         1,381              1,459
        固定負債合計
                                         5,756              4,033
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        10,199              10,199
        資本金
                                         3,064              3,058
        資本剰余金
                                        10,792               9,486
        利益剰余金
                                        △ 1,323             △ 1,308
        自己株式
                                        22,732              21,434
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 98               9
        その他有価証券評価差額金
                                        △ 1,988             △ 1,941
        為替換算調整勘定
                                         △ 259             △ 217
        退職給付に係る調整累計額
                                        △ 2,346             △ 2,148
        その他の包括利益累計額合計
                                          726              734
       非支配株主持分
                                        21,113              20,020
       純資産合計
                                        26,869              24,054
     負債純資産合計
                                10/20









                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                        12,148              10,067
     売上高
                                         8,168              7,097
     売上原価
                                         3,980              2,969
     売上総利益
                                         4,330              3,560
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                    △ 350             △ 591
     営業外収益
                                          15              30
       受取利息
                                          10               8
       受取配当金
                                          -              84
       助成金収入
                                          -              24
       為替差益
                                           6              15
       持分法による投資利益
                                          10              12
       その他
                                          43              176
       営業外収益合計
     営業外費用
                                           1              4
       支払利息
                                           1              1
       売上割引
                                          30              -
       支払補償費
                                           2              -
       為替差損
                                          -               4
       遊休資産費用
                                           0              0
       その他
                                          36              10
       営業外費用合計
     経常損失(△)                                    △ 343             △ 425
     特別利益
                                           1              27
       固定資産売却益
                                          106               10
       投資有価証券売却益
                                           7              -
       子会社清算益
                                          115               37
       特別利益合計
     特別損失
                                           0              -
       固定資産売却損
                                           1              4
       固定資産廃棄損
                                          22               4
       投資有価証券評価損
                                                       ※ 582
                                          -
       減損損失
                                          -              41
       特別退職金
                                          -              10
       その他
                                          23              644
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純損失(△)                                    △ 251            △ 1,032
                                          54              63
     法人税等
     四半期純損失(△)                                    △ 306            △ 1,096
                                          32              50
     非支配株主に帰属する四半期純利益
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                    △ 339            △ 1,146
                                11/20






                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純損失(△)                                    △ 306            △ 1,096
     その他の包括利益
                                          54              80
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 85              45
       為替換算調整勘定
                                          66              41
       退職給付に係る調整額
                                          17              36
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                          52              205
       その他の包括利益合計
                                         △ 253             △ 891
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         △ 294             △ 949
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                          40              57
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/20















                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (追加情報)
         (新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会計上の見積りについて)
          前連結会計年度の有価証券報告書の(追加情報)(新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会計上の見積
         りについて)において、当連結会計年度の上期にわたって影響が続くものと仮定しておりましたが、当第3四半
         期報告書提出日現在において緊急事態宣言が再発出されるなど収束の兆しは見えず、今後の広がり方や収束時期
         等を正確に予測することは困難な状況にありますが、当該影響が少なくとも翌連結会計年度の上半期にわたって
         続くものと仮定を変更し、当第3四半期会計期間の繰延税金資産の回収可能性及び固定資産の減損会計等の会計
         上の見積りを行っております。
          なお、新型コロナウイルス感染症による経済活動への影響は不確実性が高いため、上記仮定に変化が生じた場
         合には、当社グループの連結財務諸表に影響を及ぼす可能性があります。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用については、当第3四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効果会計
         適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         1 保証債務
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2020年3月31日)                 (2020年12月31日)
     当社の顧客(リース契約保証)                                 2百万円                 2百万円
        ※2 四半期連結会計期間末日満期手形

           四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。な
          お、当四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半
          期連結会計期間末日残高に含まれております。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (2020年3月31日)                 (2020年12月31日)
     受取手形                                 -百万円                 16百万円
        (四半期連結損益計算書関係)

        ※ 減損損失
     当第3四半期連結累計期間            (自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループは以下の資産グループについて減損損失を計上しました。
                                                   減損損失
          場所              用途              種類
                                                  (百万円)
                                                          8
                   情報画像関連機器        事業等      工具、器具及び備品
      東京都世田谷区
                   共用資産              無形固定資産その他                        438
                                                          1
                                 建物及び構築物
                                                          49
                   情報画像関連機器製造設              工具、器具及び備品
      長野県諏訪市
                   備              無形固定資産その他                        48
                                 その他
                                                          34
         当社グループは、原則として、事業用資産については事業別・会社別を基礎とし、賃貸用不動産については個々
        の物件ごとに、遊休資産については個別資産ごとに、グルーピングを行っております。
         当第3四半期連結累計期間において、                 情報画像関連機器        事業等共用資産及び情報画像関連機器製造設備につい
        て、収益性の低下により回収可能価額が帳簿価額を下回ったため、該当する資産グループの帳簿価額を回収可能価
        額まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上しました。なお、回収可能価額は正味売却価額又は使
        用価値により測定しておりますが、将来キャッシュ・フローに基づく使用価値が見込めない場合には、帳簿価額の
        全額を減損損失として計上しております。
                                13/20




                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2019年12月31日)               至   2020年12月31日)
     減価償却費                                369百万円                 252百万円
     のれんの償却額                                 15                 -
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決 議)        株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                              (円)
      2019年6月27日
                普通株式          159       35   2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
       定時株主総会
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

          配当金支払額
                             1株当たり
                      配当金の総額
       (決 議)        株式の種類               配当額        基準日        効力発生日        配当の原資
                      (百万円)
                              (円)
      2020年6月25日
                普通株式          159       35   2020年3月31日         2020年6月26日         利益剰余金
       定時株主総会
                                14/20












                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                       情報画像関連機器

                                         情報
                                              設計計測機
                                                      不動産賃貸
                                                器
                                        サービス
                   アジア      北アメリカ       ヨーロッパ
      売上高

      (1)外部顧客への売上
                     3,468       1,952       3,517       1,748        939       261
        高
      (2)セグメント間の内
                     3,046         -        3       98       -       119
       部売上高又は振替
       高
                     6,514       1,952       3,520       1,846        939       380
          計
       セグメント利益又は
       セグメント損失              △ 397       △ 78      △ 71       195       157       180
       (△)
                  報告セグメ                             四半期連結

                   ント       その他              調整額      損益計算書
                                  合計
                         (注1)              (注2)        計上額
                    計
                                               (注3)
      売上高
      (1)外部顧客への売上
                    11,887         261      12,148         -     12,148
        高
      (2)セグメント間の内
                     3,268         24      3,292      △ 3,292         -
       部売上高又は振替
       高
                    15,155         285      15,441       △ 3,292       12,148
          計
       セグメント利益又は
       セグメント損失               △ 14       △ 5      △ 20      △ 330      △ 350
       (△)
    (注)1.その他には、スポーツサポート用品の販売、飲食業を含んでおります。
        2.調整額は以下のとおりであります。
          セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額△330百万円は、セグメント間取引消去145百万円、各報告
         セグメントに配分していない全社費用△475百万円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
         管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            該当事項はありません。
                                15/20





                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
          Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                   報告セグメント
                       情報画像関連機器

                                         情報
                                              設計計測機
                                                      不動産賃貸
                                                器
                                        サービス
                   アジア      北アメリカ       ヨーロッパ
      売上高

      (1)外部顧客への売上
                     2,672       1,878       2,641       1,675        883       132
        高
      (2)セグメント間の内
                     1,867         -        2       25       -       119
       部売上高又は振替
       高
                     4,539       1,878       2,643       1,700        883       252
          計
       セグメント利益又は
       セグメント損失              △ 519        33      △ 92       79       118       124
       (△)
                                              四半期連結

                  報告セグメ
                   ント       その他              調整額      損益計算書
                                  合計
                         (注1)              (注2)        計上額
                    計
                                               (注3)
      売上高
      (1)外部顧客への売上
                     9,883        183      10,067         -     10,067
        高
      (2)セグメント間の内
                     2,015         23      2,038      △ 2,038         -
       部売上高又は振替
       高
                    11,898         206      12,105       △ 2,038       10,067
          計
       セグメント利益又は
       セグメント損失              △ 255       △ 15      △ 271      △ 320      △ 591
       (△)
    (注)1.その他には、スポーツサポート用品の販売、飲食業を含んでおります。
        2.調整額は以下のとおりであります。
          セグメント利益又はセグメント損失(△)の調整額△320百万円は、セグメント間取引消去107百万円、各報告
         セグメントに配分していない全社費用△427百万円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない
         管理部門に係る費用であります。
        3.セグメント利益又はセグメント損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
           2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報固定資産

            (固定資産に係る重要な減損損失)
              「情報画像関連機器(アジア)」セグメントにおいて、製造設備に係る減損損失を135百万円計上し
              ております。
              また、情報画像関連機器事業等共用資産に係る減損損失を447百万円計上しております。
                                16/20





                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純損失           及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     1株当たり四半期純損失(△)

                                     △74円59銭               △251円91銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                   ( 百
                                        △339              △1,146
       万 円)
       普通株主に帰属しない金額(百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する                 四半期純
                                        △339              △1,146
       損失(△)     ( 百万  円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               4,549,852               4,553,009
     (注) 潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存在
          しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                17/20












                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
          該当事項はありません。
                                18/20




















                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                 2021年2月15日

    MUTOHホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                             EY新日本有限責任監査法人

                             東京事務所
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             片岡 直彦        印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             池田 洋平        印
                            業務執行社員
    監査人の結論


     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているMUTOH
    ホールディングス株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期
    間(2020年10月1日から2020年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2
    020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四
    半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、MUTOHホールディングス株式会社及び連結子会社の2020年1
    2月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じ
    させる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                19/20

                                                          EDINET提出書類
                                              MUTOHホールディングス株式会社(E02305)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認 められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
    項について報告を行う。
     監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
    査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
    いる場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRL      データは四半期レビューの対象には含                 まれていません。
                                20/20










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク