三谷セキサン株式会社 四半期報告書 第88期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第88期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 三谷セキサン株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               北陸財務局長

    【提出日】               2021年2月15日

    【四半期会計期間】               第88期第3四半期(自            2020年10月1日         至   2020年12月31日)

    【会社名】               三谷セキサン株式会社

    【英訳名】               MITANI    SEKISAN    Co.,   Ltd.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長 三 谷 進 治

    【本店の所在の場所】               福井市豊島1丁目3番1号

    【電話番号】               0776-20-3333(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役    管理本部長  阿 部  亨

    【最寄りの連絡場所】               福井市豊島1丁目3番1号

    【電話番号】               0776-20-3333(代表)

    【事務連絡者氏名】               取締役    管理本部長  阿 部  亨

    【縦覧に供する場所】               三谷セキサン株式会社 東京本社

                    (東京都台東区柳橋2丁目19番6号)

                   株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)

                                 1/21







                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                            第87期           第88期

             回次              第3四半期           第3四半期            第87期
                           連結累計期間           連結累計期間
                         自   2019年4月1日         自   2020年4月1日         自   2019年4月1日
            会計期間
                         至   2019年12月31日         至   2020年12月31日         至   2020年3月31日
    売上高                (百万円)           54,934           51,098           75,094
    経常利益                (百万円)            6,570           6,418           8,813

    親会社株主に帰属する
                    (百万円)            4,324           4,247           5,614
    四半期(当期)純利益
    四半期包括利益又は包括利益                (百万円)            5,631           6,879           5,148
    純資産額                (百万円)           62,630           67,118           61,529

    総資産額                (百万円)           91,859           94,230           91,743

    1株当たり四半期(当期)
                     (円)          222.04           221.49           289.15
    純利益金額
    潜在株式調整後1株当たり
                     (円)             ―           ―           ―
    四半期(当期)純利益金額
    自己資本比率                 (%)           65.9           69.1           65.0
                            第87期           第88期

             回次              第3四半期           第3四半期
                           連結会計期間           連結会計期間
                         自   2019年10月1日         自   2020年10月1日
            会計期間
                         至   2019年12月31日         至   2020年12月31日
    1株当たり四半期純利益金額                 (円)           78.08           84.87
     (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
         ておりません。
       2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しており
         ません。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。 
      また、主要な関係会社についても異動はありません。
                                 2/21






                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

      当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生、または、前事業年度の有価証券報告書に記載
     した事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況
        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の世界的な大流行により、経済
       活動が制約される状況となり、国内景気や企業収益に与える影響については依然として先行き不透明な状況が続
       いております。
        当社グループの主力製品であるコンクリートパイル業界におきましては、官公需要、民間需要ともに減少した
       ため、業界全体の出荷量は前年同四半期比で7.3%減少いたしました。
        当第3四半期連結累計期間の経営成績につきましては、売上高は510億98百万円(前年同四半期比7.0%減)、
       営業利益は60億30百万円(同3.8%減)、経常利益は64億18百万円(同2.3%減)、親会社株主に帰属する四半期
       純利益は42億47百万円(同1.8%減)となりました。
        セグメントの業績は、次のとおりであります。

       ①   コンクリート二次製品関連事業
         コンクリート二次製品関連事業につきましては、主力のコンクリートパイル部門において需要が減少する厳
        しい経営環境の中で、販売強化に努めました。その結果、当部門の売上高は417億84百万円(前年同四半期比
        6.2%減)となり、営業利益は54億32百万円(同1.2%増)となりました。
       ②   情報関連事業

         情報関連事業につきましては、Windows10対応による特需が終了したこと等により、売上高は53億32百万円
        (前年同四半期比11.6%減)となり、営業利益は3億18百万円(同8.1%減)となりました。
       ③   その他事業

         その他事業につきましては、ホテル事業並びにボウリング事業において稼働率が低下したため、売上高は39
        億82百万円(前年同四半期比8.7%減)となり、営業利益は7億44百万円(同22.3%減)となりました。
        当第3四半期連結会計期間末における資産合計は942億30百万円となり、前連結会計年度末と比べ24億86百万

       円増加いたしました。これは主に、投資等の固定資産の増加によるものであります。
        負債合計は271億12百万円となり、前連結会計年度末と比べ31億2百万円減少いたしました。これは主に、仕入
       債務等の流動負債の減少によるものであります。
        純資産合計は671億18百万円となり、前連結会計年度末と比べ55億88百万円増加いたしました。これは主に、
       利益剰余金及びその他有価証券評価差額金の増加によるものであります。
      (2)経営方針・経営戦略等

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について、重要な変
        更はありません。
                                 3/21





                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
      (3)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第3四半期連結累計期間において、当連結会社の事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新
        たに生じた課題はありません。
         なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等

        (会社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
        会社の支配に関する基本方針

        1.      基本方針の内容
         当社取締役会は、上場会社として当社株式の自由な売買が認められている以上、当社取締役会の賛同を得ず
        に行われる、いわゆる「敵対的買収」であっても、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に資する
        ものであれば、これを一概に否定するものではありません。また、当社の支配権の移転を伴う買付提案に応じ
        るか否かの判断も、最終的には株主全体の意思に基づき行われるべきものと考えています。
         しかしながら、株式の大量買付行為の中には、その目的等から見て企業価値ひいては株主共同の利益に対す
        る明白な侵害をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、対象会社の取締役会や
        株主が株式の大量買付行為の内容等について検討するためあるいは対象会社の取締役会が代替案を提案するた
        めに必要な十分な時間や情報を提供しないもの、対象会社が買収者の提示した条件よりも有利な条件をもたら
        すために買収者との交渉を必要とするもの等、対象会社の企業価値ひいては株主共同の利益に資さないものも
        少なくありません。当社グループが建築資材メーカーとして業界での確固たる地位を築き、当社グループが構
        築してきたコーポレートブランド・企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させていくためには、企業
        価値の源泉である①高性能かつ安全な商品・工法を創造する最先端の技術開発力、②お客様の高度なニーズに
        も対応するコンサルティング営業力と一気通貫の責任施工体制、③高品質な商品を安定的に供給する全国的な
        製造販売体制が必要不可欠であり、これらが当社の株式の大量買付行為を行う者により中長期的に確保され、
        向上させられるのでなければ、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益は毀損されることになりま
        す。また、外部者である買収者からの大量買付行為の提案を受けた際には、前記事項のほか、当社グループの
        有形無形の経営資源、将来を見据えた施策の潜在的効果その他当社グループの企業価値を構成する事項等、さ
        まざまな事項を適切に把握した上で、当該買付が当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に及ぼす影
        響を判断する必要があります。
         当社としては、当社株式に対する大量買付行為が行われた際に、株主の皆様が当該大量買付に応じるべきか
        否かについて、必要十分な情報の提供と一定の評価期間が与えられた上で、熟慮に基づいて判断できるような
        体制を確保することが、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に資するものと考えております。
         当社取締役会は、当社株式に対する大量買付行為が行われた際に、必要かつ十分な情報や時間を確保した上
        で、株主の皆様に対し当社経営陣の計画や代替案等を提示すること、あるいは必要に応じ株主の皆様のために
        買収者と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当該大量買付行為に応じるべきか否かを株主の皆様が適
        切に判断することを可能とするための枠組みが、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益に反する大
        量買付行為を抑止するために必要不可欠であり、さらには、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益
        を著しく損なう大量買付行為(3.に定義されます。)を行う者は、例外的に当社の財務および事業の方針の決
        定を支配する者として適当でないと判断し、このような者による大量買付行為に対しては、当社が必要かつ相
        当な対抗をすることにより、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を確保する必要があると考えて
        おります。
        2.  当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社の支配に関する基本方針の実現に資する特

          別な取組み
         当社は、企業価値をさらに向上させるために、研究開発投資、人材育成投資を積極的に行い、当社の企業価
        値の源泉である技術開発力、コンサルティング営業力、製造販売力の一層の強化を進めます。技術開発力の強
        化においては、顧客ニーズと品質管理に対応した商品開発を行っており、既存事業領域に留まらない新分野へ
        の技術開発に取り組むと同時に、環境保全に配慮した地球に優しく安全性の高い商品・工法の開発を推進し、
        豊かな国土開発に貢献できる企業を目指します。また、全国を網羅する製造販売拠点においては、新鋭設備の
        導入による効率化をすすめ、高品質な商品を低コストで供給するノウハウの洗練を図ると共に、IT技術を活
        用した生産管理システムの構築により迅速な供給体制を整備いたします。
         このような企業活動により、これからも当社は、「開拓者精神」を持ったジオテクノロジーのトップブラン
        ドカンパニーとして様々なソリューションを通じて社会に貢献し、当社の企業価値および株主共同の利益の向
        上を図ってまいります。
         当社のコーポレート・ガバナンスの考え方は、企業価値ひいては株主共同の利益の向上のために、社会の信
                                 4/21


                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
        頼を得られる企業であり続けることです。その強化の一環として、これまでに以下の施策を行ってまいりまし
        た。
         当社は、2000年6月28日開催の当社取締役会において、業務執行責任の強化、明確化を図るため、執行役員
        制度を導入いたしました。2001年6月26日開催の定時株主総会において、株主の皆様に対する経営陣の責任を
        明確化するために、当社の取締役の任期を2年から1年に短縮しております。当社の取締役会は、独立社外取
        締役1名を含む取締役6名で構成され、経営の最高意思決定機関として重要事項を決定しております。また、
        経営執行役会においても専門性に優れる執行役員が迅速に業務執行事項を決定しております。業務執行にあた
        り監査役会は、社外監査役2名を含む監査役3名で構成されており、取締役とは職責を異にする独立機関であ
        ることを認識し、十分な経営チェックを行える体制としております。
         さらに、当社は、内部監査部門としての内部監査室によるコンプライアンスやリスク管理の状況などの定期
        的な監査、会計監査人による当社の内部統制システムの適正性・有効性についての監査および子会社に対する
        適切な管理を行うなど、適切な企業統治体制を確立しております。
         当社は、今後とも、より一層のコーポレート・ガバナンスの強化・充実に取り組んで参ります。
        3.  会社の支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配され

          ることを防止するための取組み
         当社は、2018年5月11日開催の取締役会および2018年6月14日開催の当社第85回定時株主総会の決議に基づ
        き、2015年6月12日に更新した「当社株式の大量買付行為への対応策」(買収防衛策)の内容を一部改定した
        上で、更新いたしました(以下、更新後の買収防衛策を「本プラン」といいます。)。
         本プランは、当社グループの企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させることを目的として、当社
        の株券等の大量買付行為が行われる場合に、大量買付行為を行おうとする者(以下「大量買付者」といいま
        す。)に対し、(i)事前に当該大量買付行為に関する必要かつ十分な情報の提供を求め、(ii)当社が当該
        大量買付行為についての情報収集・検討等を行う時間を確保した上で、(iii)株主の皆様に対し当社経営陣
        の計画や代替案等を提示すること、あるいは大量買付者との交渉を行っていくための手続を定めています。か
        かる大量買付行為についての必要かつ十分な情報の収集・検討等を行う時間を確保するため、大量買付者に
        は、取締役会評価期間が経過し、かつ当社取締役会または株主総会が対抗措置としての新株予約権無償割当て
        を実施するか否かについて決議を行うまで大量買付行為の開始をお待ちいただくように要請するものです。
         当社取締役会は、大量買付者が本プランに定められた手続を遵守したか否か、大量買付者が本プランに定め
        られた手続を遵守した場合であってもその大量買付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損
        なうものとして対抗措置としての新株予約権無償割当てを実施するか否か、および、対抗措置としての新株予
        約権無償割当てを実施するか否かについて株主総会に諮るか否かの判断については、その客観性、公正性およ
        び合理性を担保するため、当社取締役会は、当社取締役会から独立した組織として独立委員会を設置し、独立
        委員会に必ず諮問することとします。
         本プランは、以下の①ないし③のいずれかに該当しまたはその可能性がある行為がなされ、またはなされよ
        うとする場合(以下「大量買付行為」といいます。)を適用対象とします。
         ①  当社が発行者である株券等に関する大量買付者の株券等保有割合が20%以上となる当該株券等の買付そ

           の他の取得
         ②  当社が発行者である株券等に関する大量買付者の株券等所有割合とその特別関係者の株券等所有割合と
           の合計が20%以上となる当該株券等の買付その他の取得
         ③  当社が発行者である株券等に関する大量買付者が、当社の他の株主との間で当該他の株主が当該大量買
           付者の共同保有者に該当することとなる行為を行うことにより、当該大量買付者の株券等保有割合が
           20%以上となるような行為
         大量買付行為を行う大量買付者には、当社取締役会が不要と判断した場合を除き、大量買付行為の実行に先

        立ち、本プランに定める手続を遵守する旨の誓約文言を含む書面(以下「意向表明書」といいます。)を当社
        に対して提出して頂きます。当社は、意向表明書を受領した日から10営業日以内に、買付説明書(以下に定義
        されます。)の様式を大量買付者に対して交付いたします。大量買付者は、当社が交付した書式に従い、当社
        株主の皆様の判断および当社取締役会としての意見形成のために必要かつ十分な情報(以下「本必要情報」と
        いいます。)等を記載した買付説明書を、当社に提出していただきます。なお、意向表明書および買付説明書
        における使用言語は日本語に限ります。
         次に、大量買付者より本必要情報の提供が十分になされたと認めた場合、当社取締役会は、60日間(対価を
                                 5/21


                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
        現金(円貨)のみとする公開買付けによる当社全株式の買付けの場合)または90日間(その他の大量買付行為
        の場合)の取締役会評価期間を設定します。当社取締役会は、その判断の透明性を高めるため、大量買付行為
        の 内容に対する当社取締役会の意見、当社取締役会が代替案を作成した場合にはその概要、その他当社取締役
        会が適切と判断する事項について、営業秘密等開示に不適切と当社取締役会が判断した情報を除き、情報開示
        を行います。
         独立委員会は、大量買付者および当社取締役会から提供された情報に基づき、必要に応じて、外部専門家等
        の助言を得て大量買付行為の内容の評価・検討等を行い、取締役会評価期間内に対抗措置としての新株予約権
        無償割当てを実施するか否かにつき株主総会に諮るべきである旨を当社取締役会に勧告します。独立委員会
        は、その判断の透明性を高めるため、大量買付者から提供された本必要情報、大量買付行為の内容に対する当
        社取締役会の意見、当社取締役会から提出された代替案の概要その他独立委員会が適切と判断する事項につい
        て、営業秘密等開示に不適切と独立委員会が判断した情報を除き、取締役会を通じて情報開示を行います。
         当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重したうえで、取締役会評価期間内に対抗措置としての新株
        予約権無償割当ての実施もしくは不実施の決議または株主総会招集の決議その他必要な決議を遅滞なく行いま
        す。新株予約権無償割当てを実施するか否かにつき株主総会において株主の皆様にお諮りする場合には、株主
        総会招集の決議の日より最長60日以内に当社株主総会を開催することとします。
         対抗措置としての新株予約権無償割当てを実施する場合には、新株予約権者は、当社取締役会が定めた1円
        以上の額を払い込むことにより新株予約権を行使し、当社普通株式を取得することができるものとし、当該新
        株予約権には、大量買付者等による権利行使が認められないという行使条件や当社が大量買付者等以外の者か
        ら当社株式と引換えに新株予約権を取得することができる旨の取得条項等を付すことがあるものとします。ま
        た、当社取締役会は、当社取締役会または株主総会が新株予約権無償割当てを実施することを決定した後も、
        新株予約権無償割当ての実施が適切でないと判断した場合には、独立委員会の勧告を最大限尊重した上で、新
        株予約権無償割当ての中止または変更を行うことがあります。当社取締役会は、前述の決議を行った場合は、
        適時適切に情報開示をします。
         本プランの有効期間は、2018年6月14日開催の当社第85回定時株主総会の終結の時から3年以内に終了する
        事業年度のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。また、取締役会は、本プランの有
        効期間中に独立委員会の承認を得たうえで、本プランの内容を変更する場合があります。
         なお、本プランの詳細については、インターネット上の当社ウェブサイト(アドレスhttp://www.m-
        sekisan.co.jp/ir/)に掲載する2018年5月11日付プレスリリースをご覧ください。
        4.      具体的取組みに対する当社取締役会の判断及びその理由

         2.に記載した当社の財産の有効な活用、適切な企業集団の形成その他の会社支配に関する基本方針の実現に
        資する特別な取組みは、2.に記載したとおり、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させるた
        めの具体的方策であり、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではなく、当社の基本方針に沿うもの
        です。
         また、3.に記載した本プランも、3.に記載したとおり、企業価値ひいては株主共同の利益を確保・向上させ
        るために導入されたものであり、当社の役員の地位の維持を目的とするものではなく、当社の基本方針に沿う
        ものです。特に、本プランは、当社取締役会から独立した組織として独立委員会を設置し、新株予約権無償割
        当ての実施もしくは不実施または株主総会招集の判断の際には取締役会はこれに必ず諮問することとなってい
        ること、独立委員会は当社の費用で独立した第三者である外部専門家等を利用することができるとされている
        こと、本プランの有効期間は3年であり、その更新については株主の皆様のご承認をいただくこととなってい
        ること等その内容において公正性・客観性が担保される工夫がなされている点において、企業価値ひいては株
        主共同の利益に資するものであって、当社の会社役員の地位の維持を目的とするものではありません。
                                 6/21





                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
      (4)研究開発活動 
         当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は210百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。 
                                 7/21


















                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    30,000,000

                計                                   30,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末                     上場金融商品取引所

                        提出日現在発行数(株)
        種類        現在発行数(株)                    名又は登録認可金融               内容
                         (2021年2月15日)
               ( 2020年12月31日       )             商品取引業協会名
                                    東京証券取引所
                                            単元株式数は100株であり
      普通株式            24,986,599           24,986,599
                                            ます。
                                    (市場第一部)
        計          24,986,599           24,986,599          ―           ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
         該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
    2020年10月1日~
                     ―   24,986,599           ―     2,146        ―       ―
    2020年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 8/21






                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
        当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
       載することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
       す。
      ①  【発行済株式】

                                               2020年9月30日       現在
           区分           株式数(株)         議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(自己株式等)                    ―          ―              ―

    議決権制限株式(その他)                    ―          ―              ―

                     (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                  普通株式              ―              ―
                        5,796,800
                      普通株式
    完全議決権株式(その他)                               191,746            ―
                        19,174,600
                      普通株式
    単元未満株式                             ―      1単元(100株)未満の株式
                          15,199
    発行済株式総数                    24,986,599          ―              ―
    総株主の議決権                    ―           191,746            ―

      ②  【自己株式等】
                                               2020年9月30日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
       所有者の氏名                                           総数に対する
                    所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
        又は名称                                           所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                   の割合(%)
    (自己保有株式)             福井県福井市豊島1丁目
                               5,796,800          ―   5,796,800         23.20
    三谷セキサン株式会社             3番1号
          計             ―         5,796,800          ―   5,796,800         23.20
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 9/21









                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府令
     第64号。以下「四半期連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、太陽有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                10/21

















                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    1 【四半期連結財務諸表】
     (1) 【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                31,699              33,232
                                                   ※1  17,112
        受取手形及び売掛金                                20,341
                                                    ※1  2,629
        電子記録債権                                2,253
        商品及び製品                                2,339              2,563
        仕掛品                                  36              82
        原材料及び貯蔵品                                  832              839
        その他                                  525              561
                                         △ 1             △ 1
        貸倒引当金
        流動資産合計
                                        58,025              57,019
      固定資産
        有形固定資産                                15,946              15,938
         土地                               7,360              7,360
         その他                               8,586              8,577
        無形固定資産                                  945             1,075
        投資その他の資産                                16,825              20,196
         投資有価証券                               15,428              19,032
         その他                               1,409              1,177
                                         △ 13             △ 12
         貸倒引当金
        固定資産合計                                33,718              37,210
      資産合計                                 91,743              94,230
                                11/21











                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        支払手形及び買掛金                                8,695              7,737
        電子記録債務                                6,550              5,645
        短期借入金                                  36              36
        未払法人税等                                1,504               624
        工事損失引当金                                  73              57
        保証工事引当金                                  26              26
        建物解体費用引当金                                  100              100
                                        6,347              5,002
        その他
        流動負債合計
                                        23,333              19,228
      固定負債
        長期借入金                                  242              215
        役員退職慰労引当金                                  553              548
        退職給付に係る負債                                  981             1,053
        保証工事引当金                                  128              128
                                        4,975              5,938
        その他
        固定負債合計                                6,881              7,883
      負債合計                                 30,214              27,112
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                2,146              2,146
        資本剰余金                                1,847              1,847
        利益剰余金                                51,371              54,812
                                       △ 5,122             △ 5,593
        自己株式
        株主資本合計
                                        50,241              53,212
      その他の包括利益累計額
                                        9,427              11,919
        その他有価証券評価差額金
        その他の包括利益累計額合計                                9,427              11,919
      非支配株主持分                                  1,859              1,985
      純資産合計                                 61,529              67,118
     負債純資産合計                                   91,743              94,230
                                12/21









                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
     (2)  【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
       【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     売上高                                   54,934              51,098
                                        44,736              41,163
     売上原価
     売上総利益                                   10,197               9,934
     販売費及び一般管理費                                   3,931              3,904
     営業利益                                   6,266              6,030
     営業外収益
      受取配当金                                   246              405
                                         134              120
      その他
      営業外収益合計                                   381              525
     営業外費用
      為替差損                                    35              114
                                          41              23
      その他
      営業外費用合計                                    76              137
     経常利益                                   6,570              6,418
     特別利益
      固定資産売却益                                    3              2
                                          ―               8
      受取賠償金
      特別利益合計                                    3              10
     特別損失
      固定資産除売却損                                    3              9
      損害賠償金                                    41              ―
      操業休止費用                                    ―              15
                                          ―               0
      その他
      特別損失合計                                    44              25
     税金等調整前四半期純利益                                   6,529              6,403
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,955              1,918
                                         129              107
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   2,085              2,026
     四半期純利益                                   4,444              4,377
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                    119              130
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   4,324              4,247
                                13/21








                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
       【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純利益                                   4,444              4,377
     その他の包括利益
                                        1,186              2,501
      その他有価証券評価差額金
      その他の包括利益合計                                  1,186              2,501
     四半期包括利益                                   5,631              6,879
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  5,506              6,739
      非支配株主に係る四半期包括利益                                   124              139
                                14/21
















                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (四半期連結貸借対照表関係)
     ※1 四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
       なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
      が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間

                            ( 2020年3月31日       )         ( 2020年12月31日       )
        受取手形                         ― 百万円               90  百万円
        電子記録債権                         ―  〃               67   〃
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

        当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四
       半期連結累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次の通りであります。
                          前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間

                           (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                            至     2019年12月31日       )       至     2020年12月31日       )
        減価償却費                        1,734   百万円              1,796   百万円
                                15/21














                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
     前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至   2019年12月31日       )
     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2019年6月13日
              普通株式          384      19.50    2019年3月31日         2019年6月14日         利益剰余金
    定時株主総会
    2019年11月8日
              普通株式          260      13.50    2019年9月30日         2019年12月9日         利益剰余金
    取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。
     当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )

     1.配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2020年6月18日
              普通株式          508      26.50    2020年3月31日         2020年6月19日         利益剰余金
    定時株主総会
    2020年11月9日
              普通株式          297      15.50    2020年9月30日         2020年12月7日         利益剰余金
    取締役会
     2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間の末日

      後となるもの
       該当事項はありません。
     3.株主資本の著しい変動

       株主資本の金額は、前連結会計年度末日と比較して著しい変動がありません。
                                16/21










                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
      【セグメント情報】
    Ⅰ   前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至   2019年12月31日       )
     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                                     四半期連結
                                    その他            調整額     損益計算書
                                          合計
                コンクリー
                                   (注1)            (注2)      計上額
                ト二次製品       情報関連        計
                                                      (注3)
                  関連
    売上高
     (1)   外部顧客に
                  44,543       6,028      50,571       4,362      54,934        ―    54,934
       対する売上高
     (2)   セグメント間の
       内部売上高又は                16      ―      16      174      190     △ 190       ―
       振替高
         計              44,559       6,028      50,587       4,537      55,125       △ 190     54,934
    セグメント利益              5,367       347     5,714       958     6,672      △ 406     6,266

    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、環境衛生部門、ホテル部門、技術
        提供収入部門、不動産賃貸収入部門及び太陽光発電収入部門が含まれております。
       2.セグメント利益の調整額△406百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用
        は、各報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.セグメント利益の調整後の金額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
    Ⅱ   当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至   2020年12月31日       )

     1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                     報告セグメント
                                                     四半期連結
                                    その他            調整額     損益計算書
                                          合計
                コンクリー
                                   (注1)            (注2)      計上額
                ト二次製品       情報関連        計
                                                      (注3)
                  関連
    売上高
     (1)   外部顧客に
                  41,784       5,332      47,116       3,982      51,098        ―    51,098
       対する売上高
     (2)   セグメント間の
       内部売上高又は                20      ―      20      182      202     △ 202       ―
       振替高
         計              41,804       5,332      47,136       4,164      51,301       △ 202     51,098
    セグメント利益              5,432       318     5,751       744     6,495      △ 465     6,030

    (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、環境衛生部門、ホテル部門、技術
        提供収入部門、不動産賃貸収入部門及び太陽光発電収入部門が含まれております。
       2.セグメント利益の調整額△465百万円は、各報告セグメントに配分していない全社費用であります。全社費用
        は、各報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
       3.セグメント利益の調整後の金額は、四半期連結損益計算書の営業利益と一致しております。
                                17/21





                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
      (1株当たり情報)
       1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間

                                (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                項目
                                至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
      1株当たり四半期純利益金額                                  222円04銭             221円49銭
        (算定上の基礎)
      親会社株主に帰属する四半期純利益金額(百万円)
                                        4,324             4,247
        普通株主に帰属しない金額(百万円)                                      ―             ―
      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        4,324             4,247
      四半期純利益金額(百万円)
        普通株式の期中平均株式数(株)                                  19,478,498             19,176,700
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在していないため記載しておりません。
      (重要な後発事象)

       該当事項はありません。 
    2  【その他】

       第88期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)中間配当について、2020年11月9日開催の取締役会におい
      て、2020年9月30日の株主名簿に記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議いたしました。
       ① 配当金の総額                                            297百万円
       ② 1株当たりの金額                                         15円50銭
       ③ 支払請求権の効力発生日及び支払開始日   2020年12月7日
                                18/21












                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                19/21



















                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年2月15日

    三谷セキサン株式会社
     取締役会      御中
                       太陽有限責任監査法人

                        北陸事務所

                        指定有限責任社員

                                   公認会計士      石  原  鉄  也             ㊞
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                   公認会計士      沖        聡             ㊞
                        業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている三谷セキサン株
    式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年
    12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、すな
    わち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビューを
    行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、三谷セキサン株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在の財
    政状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全て
    の重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
                                20/21





                                                          EDINET提出書類
                                                     三谷セキサン株式会社(E01169)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     いかどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上

     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                21/21







PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク