株式会社平山ホールディングス 四半期報告書 第55期第2四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第55期第2四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 株式会社平山ホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年2月15日
     【四半期会計期間】                   第55期第2四半期(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   株式会社平山ホールディングス
     【英訳名】                   HIRAYAMA     HOLDINGS     Co.,Ltd.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  平山 善一
     【本店の所在の場所】                   東京都港区港南一丁目8番40号 A-PLACE品川6階
     【電話番号】                   03-5769-4680(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員 グループ財務経理部 兼 管理部管掌  松田 光敏
     【最寄りの連絡場所】                   東京都港区港南一丁目8番40号 A-PLACE品川6階
     【電話番号】                   03-5769-4680(代表)
     【事務連絡者氏名】                   執行役員 グループ財務経理部 兼 管理部管掌  松田 光敏
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/22













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第54期           第55期
              回次              第2四半期連結           第2四半期連結             第54期
                              累計期間           累計期間
                           自2019年7月1日           自2020年7月1日           自2019年7月1日

             会計期間
                           至2019年12月31日           至2020年12月31日           至2020年6月30日
                     (千円)          11,790,327           10,897,128           22,970,455
     売上高
                     (千円)            316,127           266,898           396,822

     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)           △ 72,833           162,939           293,932
     する四半期純損失(△)
                     (千円)           △ 77,697           163,927           297,539
     四半期包括利益又は包括利益
                     (千円)           2,539,131           2,948,495           2,887,544

     純資産額
                     (千円)           7,405,556           7,718,367           7,372,832

     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)           △ 21.05           47.63           85.51
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -          44.00           78.99
     (当期)純利益
                      (%)             34.0           38.1           38.9
     自己資本比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)            239,190           587,018           499,172
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           △ 29,191          △ 22,217          △ 39,174
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                     (千円)           △ 332,313          △ 236,431          △ 532,214
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (千円)           3,231,985           3,608,528           3,280,030
     (期末)残高
                              第54期           第55期

              回次              第2四半期連結           第2四半期連結
                              会計期間           会計期間
                           自2019年10月1日           自2020年10月1日

             会計期間
                           至2019年12月31日           至2020年12月31日
     1株当たり四半期純利益又は1株
                      (円)                        37.11
                                 △ 23.55
     当たり四半期純損失(△)
     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第53期において行われた企業結合に係る暫定的な会計処理が前連結会計年度末に確定しており、前第2四半
           期連結累計期間及び前第2四半期連結会計期間の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理
           の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
         4.第54期第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
     2【事業の内容】

        当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/22


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、
      経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると認識し
      ている主要なリスクの発生又は前事業年度の有価証券報告書に記載した「事業等のリスク」についての重要な変更は
      ありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が判
      断したものであります。
        なお、第53期において行われた企業結合に係る暫定的な会計処理が前連結会計年度末に確定したため、前第2四半
      期連結累計期間については、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させ、当第2四半期連結累計期間と比較・分析を
      行っております。
       (1)業績の状況

       当第2四半期連結累計期間におけるわが国経済は、2020年12月14日発表の日銀短観にみられるとおり景況感が「良
      い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた割合を引いた業況判断指数(DI)は大企業製造業でマイナス10と、
      前回の9月調査から17ポイント改善しました。6月に11年ぶりの低水準となったマイナス34を底に、2四半期連続の
      改善となりました。中国や米国向けの自動車輸出が好調で、関連する鉄鋼や生産用機械、非鉄金属などの改善にも寄
      与しました。大企業非製造業の業況判断DIは7ポイント上昇のマイナス5。小売や宿泊・飲食サービス、運輸・郵
      便などが改善しました。しかしながら、新型コロナウイルス感染拡大前にあたる2019年12月時点の水準(製造業ゼ
      ロ、非製造業プラス20)にはなお遠く、その後新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念されております。
       一方、2020年11月の失業率も2.9%と前月から0.2ポイント改善するとともに、有効求人倍率は1.06倍と前月から
      0.02ポイント上昇しております。
       海外につきましては、主力のタイにおいて、製造業生産指数は5月に前年同月比マイナス23.8%を底に10月には同
      0.5%まで回復しております。
       このような環境下、当社グループは、自動車関連分野を中心に顧客の生産が回復し、受注を売上実績に繋いだこ
      と、またオフィス関連分野が低調であったものの、医療機器分野および食品製造分野が堅調に推移したこと、海外生
      産減が底を打ったことから、概ね計画どおりの売上高となりました。利益面では、請負職場での現場改善および受注
      単価の高い案件を獲得したこと、販売費および一般管理費を効率的に使用したことから計画を上回った利益を確保し
      ました。
        この結果、当第2四半期連結累計期間の業績は、2020年7                           ~9  月期が前期に比べ顧客生産が回復途上であったこ
      とから、売上高10,897,128千円(前年同四半期                     比 7.6%減)、営業利益207,376千円(前年同四半期比30.6%減)、経
      常利益は助成金収入49,942千円が営業外収益として発生したものの266,898千円(前年同四半期比15.6%減)となり
      ました。なお、親会社株主に帰属する四半期純利益(法人税等控除後)は消費税等簡易課税差額収入が特別利益とし
      て44,221千円発生したこと、法人税等を139,165千円計上したことから162,939千円(前年同四半期は親会社株主に帰
      属する四半期純損失72,833千円)となりました。
         セグメント別の業績の概況は、次のとおりです。

        ① インソーシング・派遣事業
         イ  ンソーシング・派遣事業につきましては、機械、医療機器、食品、小売、物流等の業種を中心に、受注は堅調
        に推移いたしました。また、利益面では、売上高が減少する中でも、受注の回復傾向から次の成長に備え、雇用を
        維持しつつ積極的に人材採用および教育を行い、費用を効率的に使用したことから増益を確保しました。
         この結果、売上高は9,099,564千円(前年同四半期比4.2%減)、セグメント利益は745,069千円(前年同四半期
        比1.6%増)となりました。
        ② 技術者派遣事業

         技術者派遣事業につきましては、全製品産業分野において、米中貿易摩擦や新型コロナウイルスの感染拡大によ
        る影響を受けており、技術者増員については慎重な対応をとる企業が増加しました。自動車業界、自動車関連事業
        を行うICT(情報通信技術)業界においては、外部人材を大幅に削減する企業も散見されましたが、生産の回復
        とともに主力事業である自動車関連を筆頭に多数の企業に人員欠員がみられる状況となりました。
         このような環境の下、当グループでは、前期に引き続きグループシナジーを活かしつつ教育による付加価値の提
        供により既存取引下にある技術社員については、大半が契約更新を果たし取引継続になっております。また、海外
        で育成した外国人技術者が、2月から3月にかけて順次配属が決定しております。
         一方、人材採用面では経験値の低い人材、外国籍人材を中心に応募者が増加しております。当社グループでは一
        昨年より未経験者育成プログラム及びグループ内企業の非技術系人材の技術者転換プログラムに取り組んでおりま
                                 3/22


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        す。そのプログラムの活用により、外部人材利用企業において削減となった人材に対する教育の取り組みを強化す
        ることで、継続的な技術系人材の育成・輩出拡大の大きな機会と捉えています。
         この結果、売上高は729,705千円(前年同四半期比3.5%減)、セグメント利益は42,579千円(前年同四半期比
        5.3%減)となりました。
        ③   海外事業

         海外事業におきましては、主力のタイにおいて、製造業生産指数が、2020年1~3月期前年比▲6.4%、2020年
        4~6月期前年比▲20.0%と低成長となりました。通貨バーツ高が進行して輸出が振るわなかったのに加え、新型
        コロナウイルスの影響による経済活動の低迷が影響しましたが、タイ工業連盟(FTI)発表によると、自動車生産
        数において、2020年7月以降マイナス幅が縮小し、2020年11月は、前年同月比11.9%増とプラスに転じ急回復が見ら
        れており、今後も回復傾向は続くものと見込まれます。
         このような状況の中、当社グループでは、製造業の様々な効率化を支援すべく、「定着が望まれる労働力」とし
        てミャンマーを主体とした外国人MOUサービスの提案並びに外国人労務管理サービスの提案を進めておりますが、
        新型コロナウイルスの影響が大きく一時的に保留となっており、状況の改善が見られ次第再開予定となっておりま
        す。
         この結果、回復の兆しが見えるものの、当第2四半期連結累計期間においては底打ちの期間であったため売上高
        は627,693千円(前年同四半期比40.3%減)、セグメント損失は、49,291千円(前年同四半期はセグメント利益
        2,510千円)となりました。
         注:海外事業につきましては、2020年4~9月期実績を、3ヶ月遅れで当第2四半期連結累計期間に計上してお
        ります。
        ④ その他事業

         その他事業につきましては、現場改善コンサル事業及び海外からの研修ツアーは、依然新型コロナウイルスの影
        響を大きく受けるなか、有料のWebセミナーの積極的な展開を進め、既にインド、シンガポール、中国、ブラジ
        ル、UAE、グルジア等向けに実施し、今後は更にインドネシア、マレーシア、タイ等グローバルな展開を予定して
        おります。その結果、少しずつ現場改善コンサルへの引き合いも増え、ベトナム向けにはオンラインでの改善指導
        につながっております。また、オンラインによる展開は海外からの研修ツアーにも拡大し、オンラインによる工場
        見学、経営者との意見交換等を積極的に進め、高い評価を得ております。さらには、電子マニュアル化サービスは
        顧客開拓が進み、着実に売上に寄与し始めております。
         この結果、売上高は440,164千円(前年同四半期比9.3%減)、収益化が未だ道半ばであることから、セグメント
        損失は29,721千円(前年同四半期はセグメント利益49,907千円)となりました。
      (2)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (3)財政状態の分析

         当第2四半期連結会計期間末における総資産は7,718,367千円となり、前連結会計年度末に比べ345,534千円増加
        しました。主な要因は、現金及び預金が346,497千円増加、受取手形及び売掛金が111,341千円増加したことに対し
        未収入金が65,426千円減少したことによるものであります。
         負債合計は4,769,871千円となり、前連結会計年度末に比べ284,583千円増加しました。主な要因は、流動負債が
        387,047千円増加した一方で長期借入金が134,836千円減少したことによるものであります。
         純資産合計は2,948,495千円となり、前連結会計年度末に比べ60,950千円増加しました。主な要因は、利益剰余
        金が60,465千円増加したことによるものであります。
      (4)キャッシュ・フローの状況

         当第2四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ
        328,497千円増加し、3,608,528千円となりました。
         当第2四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
          営業活動による資金の増加は、587,018千円(前年同四半期比145.4%増)となりました。これは、主に税金等
         調整前四半期純利益298,400千円の計上、預り金の増加264,366千円、未払消費税等の増加205,884千円などが
         あったことによるものであります。
                                 4/22



                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動による資金の減少は、22,217千円(前年同四半期は29,191千円の減少)となりました。これは、主に
         定期預金の純増額18,000千円などがあったことによるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動による資金の減少は、236,431千円(前年同四半期は332,313千円の減少)となりました。これは、主
         に長期借入金の返済による支出174,836千円、配当金の支払額102,324千円などがあったことによるものでありま
         す。
      (5)事業上及び財務上の対処すべき課題
         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (6)研究開発活動

         該当事項はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/22















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                        発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                 14,350,400
        普通株式
                                                 14,350,400
                  計
        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末
                                      上場金融商品取引所名
                          提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
        種類                              又は登録認可金融商品               内容
                           (2021年2月15日)
              (2020年12月31日)                        取引業協会名
                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、権利内容に何ら限
                                        東京証券取引所
                                                 定のない当社における
                                        JASDAQ
                    3,608,400            3,608,400
     普通株式
                                                 標準となる株式であ
                                       (スタンダード)
                                                 り、単元株式数は100
                                                 株であります。
                    3,608,400            3,608,400           -           -
         計
    (注)「提出日現在発行数」欄には、2021年2月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発行さ
       れた株式数は含まれておりません。
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式総                             資本準備金増
                        発行済株式総       資本金増減額        資本金残高              資本準備金残
                 数増減数                             減額
         年月日
                        数残高(株)        (千円)       (千円)             高(千円)
                   (株)                            (千円)
     2020年10月1日~
                     2,000     3,608,400          463     440,578         463     340,578
     2020年12月31日(注)
     (注)新株予約権の行使による増加であります。
                                 6/22







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2020年12月31日現在
                                                    発行済株式(自
                                                    己株式を除
                                             所有株式数
                                                    く。)の総数に
          氏名又は名称                      住所
                                              (株)
                                                    対する所有株式
                                                    数の割合(%)
                       静岡県裾野市葛山625-7                         852,000         24.88

     株式会社スリーアローズ
                                               586,400         17.12
     平山 善一                  静岡県裾野市
                                               394,800         11.53

     平山 惠一                  兵庫県芦屋市
                       兵庫県芦屋市岩園町15-24                         255,600          7.46

     ハクトコーポレーション株式会社
     NOMURA    PB  NOMINEES     LIMITED        1 ANGEL LANE,        LONDON, EC4R       3AB,         166,900          4.87
     OMNIBUS-MARGIN(CASHPB)                  UNAITED    KINGDOM
     (常任代理人 野村證券株式会社)                  (東京都中央区日本橋1丁目13-1)
     NORTHERN     TRUST   CO.(AVFC)          50  BANK   STREET    CANARY    WHARF   LONDON    E14       120,000          3.50
      (常任代理人 香港上海銀行)                  5NT,   UK
                       (東京都中央区日本橋3丁目11-1)
                                               104,800          3.06
     平山 智一                  福岡県福岡市城南区
                       東京都港区港南1丁目8-40            A-PLACE品川6階             81,300         2.37

     平山従業員持株会
                                                80,800         2.36

     平山 上一                  山口県下関市
     MSIP   CLIENT    SECURITIES            25  CABOT   SQUARE,    CANARY    WHARF,    LONDON         70,900         2.07
     (モルガン・ステンレーMUFG証券株式                  E14  4QA,   U.  K.
     会社)
                       (東京都千代田区大手町1丁目9-7 大手町
                       フィナンシャルシティ サウスタワー)
                                -              2,713,500          79.24
             計
      (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2020年12月31日現在
                          株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                  -       -            -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
     議決権制限株式(その他)                             -       -            -

                       (自己保有株式)
     完全議決権株式(自己株式等)                                    -            -
                               183,800
                       普通株式
     完全議決権株式(その他)                         3,424,000             34,240          -
                       普通株式
                                 600        -            -
     単元未満株式                  普通株式
                              3,608,400           -            -
     発行済株式総数
                                  -          34,240          -
     総株主の議決権
                                 7/22





                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                  2020年12月31日現在
                               自己名義所       他人名義所       所有株式数       発行済株式総数
                               有株式数       有株式数       の合計       に対する所有株
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                               (株)       (株)       (株)       式数の割合(%)
       株式会社平山         東京都港区港南一丁目8番40号
                                  183,800          -    183,800          5.09
      ホールディングス          A-PLACE品川6階
                       -           183,800          -    183,800          5.09
         計
     2【役員の状況】

           該当事項はありません。
                                 8/22

















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
         当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣
        府令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年10月1日から
        2020年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年7月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結
        財務諸表について、爽監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 9/22

















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年6月30日)              (2020年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                       3,514,341              3,860,839
        現金及び預金
                                       2,356,208              2,467,550
        受取手形及び売掛金
                                        532,123              457,927
        その他
                                       △ 41,756             △ 42,940
        貸倒引当金
                                       6,360,916              6,743,377
        流動資産合計
       固定資産
                                        258,053              252,838
        有形固定資産
                                        187,099              160,169
        無形固定資産
                                        566,763              561,982
        投資その他の資産
                                       1,011,915               974,990
        固定資産合計
                                       7,372,832              7,718,367
       資産合計
     負債の部
       流動負債
                                        349,672              349,672
        1年内返済予定の長期借入金
                                       1,652,052              1,680,658
        未払金
                                        261,435              119,729
        未払法人税等
                                        108,478              138,863
        賞与引当金
                                        643,394             1,113,156
        その他
                                       3,015,032              3,402,079
        流動負債合計
       固定負債
                                        505,855              371,019
        長期借入金
                                        534,795              575,968
        退職給付に係る負債
                                        315,463              313,363
        役員退職慰労引当金
                                        114,142              107,441
        その他
                                       1,470,255              1,367,792
        固定負債合計
                                       4,485,288              4,769,871
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        438,541              440,578
        資本金
                                        358,472              360,509
        資本剰余金
                                       2,221,363              2,281,828
        利益剰余金
                                       △ 156,934             △ 156,983
        自己株式
                                       2,861,442              2,925,933
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         9,414              15,280
        為替換算調整勘定
                                         9,414              15,280
        その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                   960              960
                                        15,727               6,320
       非支配株主持分
                                       2,887,544              2,948,495
       純資産合計
                                       7,372,832              7,718,367
     負債純資産合計
                                10/22






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                      11,790,327              10,897,128
     売上高
                                       9,784,491              9,002,500
     売上原価
                                       2,005,836              1,894,628
     売上総利益
                                     ※1  1,706,839            ※1  1,687,252
     販売費及び一般管理費
                                        298,996              207,376
     営業利益
     営業外収益
                                         6,225              1,797
       為替差益
                                         2,066              49,942
       助成金収入
                                        12,638              15,364
       その他
                                        20,930              67,104
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,329              6,373
       支払利息
                                         1,470              1,208
       その他
                                         3,799              7,581
       営業外費用合計
                                        316,127              266,898
     経常利益
     特別利益
                                        349,674               44,221
       消費税等簡易課税差額収入
                                           -             236
       投資有価証券売却益
                                        349,674               44,458
       特別利益合計
     特別損失
                                      ※2  296,459
                                                         -
       減損損失
                                       ※3  83,234
                                                         -
       特別調査費用等
                                          459               -
       固定資産除却損
                                      ※4  134,801
                                                         -
       貸倒引当金繰入額
                                           -            12,955
       関係会社株式評価損
                                        514,954               12,955
       特別損失合計
                                        150,847              298,400
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                   268,208              150,958
                                       △ 42,367             △ 11,793
     法人税等調整額
                                        225,840              139,165
     法人税等合計
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 74,992              159,235
     非支配株主に帰属する四半期純損失(△)                                   △ 2,159             △ 3,703
     親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △ 72,833              162,939
     に帰属する四半期純損失(△)
                                11/22







                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 74,992              159,235
     その他の包括利益
       その他有価証券評価差額金(税引前)                                   △ 35               -
                                        △ 2,659              4,467
       為替換算調整勘定
                                          △ 8             224
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                        △ 2,704              4,692
       その他の包括利益合計
                                       △ 77,697              163,927
     四半期包括利益
     (内訳)
                                       △ 74,431              168,804
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 3,265             △ 4,877
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/22















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年7月1日              (自 2020年7月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                        150,847              298,400
       税金等調整前四半期純利益
                                        34,582              26,103
       減価償却費
                                        40,769              12,765
       のれん償却額
                                        296,459                 -
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                 134,913               1,402
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                  29,621              30,419
       退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                  15,161              41,173
       役員退職慰労引当金の増減額(△は減少)                                 △ 6,250             △ 2,100
                                         △ 408             △ 323
       受取利息及び受取配当金
                                         2,329              6,373
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                 △ 4,873              △ 249
                                           -            12,955
       関係会社株式評価損
       売上債権の増減額(△は増加)                                △ 160,629             △ 110,744
       未収入金の増減額(△は増加)                                 △ 10,792              67,394
       未払費用の増減額(△は減少)                                  20,277              △ 3,120
       未払金の増減額(△は減少)                                △ 128,159               26,986
       未払消費税等の増減額(△は減少)                                  56,261              205,884
       預り金の増減額(△は減少)                                 △ 4,925             264,366
                                         2,991             △ 28,660
       その他
                                        468,176              849,028
       小計
       利息及び配当金の受取額                                   670              139
                                        △ 2,292             △ 6,316
       利息の支払額
                                       △ 295,616             △ 334,036
       法人税等の支払額
                                        68,253              78,204
       法人税等の還付額
                                        239,190              587,018
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
       定期預金の純増減額(△は増加)                                 △ 18,000             △ 18,000
                                        △ 6,553             △ 6,077
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 7,686             △ 2,390
       無形固定資産の取得による支出
                                        10,577                 -
       貸付金の回収による収入
                                         8,683              10,561
       敷金及び保証金の回収による収入
                                        △ 9,900             △ 7,271
       敷金及び保証金の差入による支出
                                        △ 6,312               962
       その他
                                       △ 29,191             △ 22,217
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                           -            40,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 174,836             △ 174,836
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 50,622                 0
       自己株式の取得による支出
                                       △ 103,946             △ 102,324
       配当金の支払額
                                        △ 2,908               729
       その他
                                       △ 332,313             △ 236,431
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 3,639               127
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                 △ 125,954              328,497
                                       3,357,940              3,280,030
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 3,231,985             ※ 3,608,528
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                13/22




                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (四半期連結貸借対照表関係)
          当座貸越契約及びコミットメントライン契約
           当社及び連結子会社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と当座貸越契約及びコ
          ミットメントライン契約を締結しております。これらの契約に基づく借入未実行残高は次のとおりでありま
          す。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2020年6月30日)                 (2020年12月31日)
          当座貸越極度額及びコミットメ
                                   2,200,000千円                 2,200,000千円
          ントラインの総額
                                       -                 -
          借入実行残高
                差引額                   2,200,000千円                 2,200,000千円

        (四半期連結損益計算書関係)

         ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                           (自 2019年7月1日                 (自 2020年7月1日
                            至 2019年12月31日)                   至 2020年12月31日)
          給与及び賞与                        676,470    千円              702,651    千円
                                   23,677                 33,025
          賞与引当金繰入額
                                   5,569                 7,230
          退職給付費用
                                    611                1,931
          貸倒引当金繰入額
         ※2 減損損失

          前第2四半期連結累計期間(自 2019年7月1日 至 2019年12月31日)
           当社は、連結子会社であるFUNtoFUN株式会社の株式取得時に発生したのれんについて、同社の業績
          が特定取引先の取立遅延による貸倒引当金繰入額の計上等により当初の策定計画を下回って推移していること
          から、今後の事業計画を見直し、回収可能性を慎重に検討した結果、当該のれんの未償却残高の全部及び無形
          固定資産の一部を減損損失296,459千円として特別損失に計上しております。
         ※3 特別調査費用等

          前第2四半期連結累計期間(自 2019年7月1日 至 2019年12月31日)
           2019年6月期において発生した当社連結子会社における不適切な売上計上に関する第三者委員会による調
          査費用及び追加の監査報酬等83,734千円を特別調査費用等として計上しております。
         ※4 貸倒引当金繰入額

          前第2四半期連結累計期間(自 2019年7月1日 至 2019年12月31日)
           当第2四半期累計期間において、当社子会社における取引先債権につき取引先より支払延期の要請があり、
          当該取引先の売掛債権の保全を行った上で保全できなかった売掛債権額に関し、回収状況等を勘案し算定した
          ところ、担保保全以外の債権額全額に関し回収困難と判断し、貸倒引当金繰入額134,801千円を特別損失とし
          て計上しております。
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※   現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係は下記 
          のとおりであります。
                          前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                          (自    2019年7月1日              (自    2020年7月1日
                           至   2019年12月31日)               至   2020年12月31日)
          現金及び預金勘定                       3,484,279千円                 3,860,839千円
          預入期間が3か月を超える
                                 △252,293千円                 △252,310千円
          定期預金
          現金及び現金同等物                       3,231,985千円                 3,608,528千円
                                14/22


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年7月1日 至 2019年12月31日)
          1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
          (決議)
                 株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                        (千円)       当額(円)
        2019年9月27日
                         104,115        60.00
                  普通株式                    2019年6月30日         2019年9月30日        利益剰余金
        定時株主総会
        (注)1.当社は、2019年7月1日付で普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を実施しております
             が、1株当たり配当額は株式分割前の株式数を基準とした金額を記載しております。
           2.株主資本の金額の著しい変動
              当社は、2019年10月1日開催の取締役会決議に基づき、自己株式41,700株の取得を行いました。第2
             四半期連結累計期間において自己株式が50,622千円増加し、当第2四半期連結累計期間末において自己
             株式が129,591千円となっております。
         Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年7月1日 至 2020年12月31日)

          1.配当金支払額
                       配当金の総額       1株当たり配
          (決議)
                 株式の種類                      基準日       効力発生日       配当の原資
                        (千円)       当額(円)
        2020年9月25日
                         102,473        30.00
                  普通株式                    2020年6月30日         2020年9月28日        利益剰余金
        定時株主総会
                                15/22













                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第2四半期連結累計期間(自 2019年7月1日 至 2019年12月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                    報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                     その他            調整額
                                                     益計算書計上
            インソーシ                               合計
                                    (注)1            (注)2
                  技術者派遣
                                                      額(注)3
            ング・派遣             海外事業        計
                    事業
             事業
     売上高
      外部顧客
            9,497,152       756,542     1,051,562      11,305,257      485,070     11,790,327          -  11,790,327
      への売上
      高
      セグメン
      ト間の内
              21,592       1,308       600     23,500     74,085       97,586     △ 97,586         -
      部売上高
      又は振替
      高
            9,518,745       757,850     1,052,162      11,328,757      559,156     11,887,913       △ 97,586     11,790,327
       計
     セグメント
             733,346       44,952       2,510     780,809     49,907      830,716     △ 531,720       298,996
     利益
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、当社グループが行っている
           コンサルティング事業・教育事業・有料職業紹介事業等を含んでおります。
         2.セグメント利益の調整額△531,720千円の内訳は、セグメント間取引消去9,478千円、各報告セグメントに配
           分していない全社費用△541,198千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管理
           費であります。
         3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
         4.前第2四半期連結累計期間のセグメント情報は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載の暫定的な会計処
           理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により開示しています。
          2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
            「インソーシング・派遣事業」セグメントにおいて、FUNtoFUN株式会社の株式取得時に発生した
           のれんについて、同社の業績が特定取引先の取立遅延による貸倒引当金繰入額の計上等により当初の策定計
           画を下回って推移していることから、今後の事業計画を見直し、固定資産の減損損失を計上しております。
           なお、当該減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間においては296,459千円であります。
            (のれんの金額の重要な変動)

            「インソーシング・派遣事業」セグメントにおいて、FUNtoFUN株式会社の株式取得時に発生した
           のれんについて、同社の業績が当初の策定計画を下回って推移していることから、今後の事業計画を見直
           し、のれんの減損損失を計上しております。なお、当該減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間に
           おいては260,213千円であります。
                                16/22






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
          Ⅱ 当第2四半期連結累計期間(自 2020年7月1日 至 2020年12月31日)
          1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                    報告セグメント
                                                     四半期連結損
                                     その他            調整額
                                                     益計算書計上
            インソーシ                               合計
                                    (注)1            (注)2
                  技術者派遣
                                                      額(注)3
            ング・派遣             海外事業        計
                    事業
             事業
     売上高
      外部顧客
            9,099,564       729,705      627,693     10,456,963       440,164     10,897,128          -  10,897,128
      への売上
      高
      セグメン
      ト間の内
                -    5,783        -    5,783     45,715      51,498     △ 51,498         -
      部売上高
      又は振替
      高
            9,099,564       735,489      627,693     10,462,747       485,880     10,948,627       △ 51,498     10,897,128
       計
     セグメント
     利益又は損        745,069       42,579     △ 49,291      738,356     △ 29,721      708,635     △ 501,258       207,376
     失(△)
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれていない事業セグメントであり、当社グループが行っている
           コンサルティング事業・教育事業・有料職業紹介事業等を含んでおります。
         2.セグメント利益の調整額△501,258千円の内訳は、セグメント間取引消去31,189千円、各報告セグメントに
           配分していない全社費用△532,447千円であります。全社費用は、主に報告セグメントに帰属しない一般管
           理費であります。
         3.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                17/22












                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        (企業結合等関係)
         比較情報における取得原価の当初配分額の重要な見直し
          2019年6月30日に取得いたしました株式会社大松サービシーズ(2019年7月18日付で株式会社大松自動車より
         商号変更)との企業結合について前々連結会計年度末において暫定的な会計処理を行っておりましたが、前連結
         会計年度末に確定しております。
          これらの暫定的な会計処理の確定に伴い、当第2四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表に含まれる比較情
         報において取得原価の当初配分額に重要な見直しが反映されております。
          なお、前第2四半期連結累計期間の四半期連結損益計算書に与える影響は軽微であります。
                                18/22


















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
        (1株当たり情報)
          1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純
         利益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年7月1日               (自 2020年7月1日
                                 至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
          (1)  1株当たり四半期純利益又は1株当た
                                      △21円05銭                47円63銭
          り四半期純損失(△)
          (算定上の基礎)
           親会社株主に帰属する四半期純利益又は
           親会社株主に帰属する四半期純損失                            △72,833               162,939
           (△) (千円)
           普通株主に帰属しない金額(千円)                                -               -
           普通株式に係る親会社株主に帰属する四
           半期純利益又は普通株式に係る親会社株                            △72,833               162,939
           主に帰属する四半期純損失(千円)
           普通株式の期中平均株式数(株)                            3,459,435               3,420,711
          (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利
                                          -
                                                      44円00銭
            益
          (算定上の基礎)
           親会社株主に帰属する四半期純利益調整
                                          -            162,939
           額(千円)
           普通株式増加数(株)                               -            282,784
          希薄化効果を有しないため、潜在株式調整
          後1株当たり四半期純利益の算定に含めな
                                          -               -
          かった潜在株式で、前連結会計年度末から
          重要な変動があったものの概要
         (注)1.前第2四半期連結累計期間の1株当たり四半期純損失は、「注記事項(企業結合等関係)」に記載
            の暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により算
            定しております。
            2.前第2四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在
            するものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

        該当事項はありません。
                                19/22






                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                20/22




















                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2021年2月15日

    株式会社平山ホールディングス
      取締役会 御中
                           爽監査法人

                            東京都千代田区
                            代表社員

                                      公認会計士
                                             熊谷 輝美        印
                            業務執行社員
                            業務執行社員         公認会計士

                                             貝沼 彩        印
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社平山
    ホールディングスの2020年7月1日から2021年6月30日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期間(2020年10月1日
    から2020年12月31日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年7月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財
    務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四半期連結キャッ
    シュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社平山ホールディングス及び連結子会社の2020年12月31日現在
    の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フローの状況を適正に表示
    していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表
    を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継
    続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手
    続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される年
    度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
    れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結
    論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四半期連
    結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない
    場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四
                                21/22


                                                          EDINET提出書類
                                                 株式会社平山ホールディングス(E31602)
                                                            四半期報告書
    半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続でき
    なくなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基
    準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸表
    の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事
    項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人
    は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人の
    結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガード
    を講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報
           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                22/22














PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク