鉄建建設株式会社 四半期報告書 第80期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第80期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 鉄建建設株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   令和3年2月12日
     【四半期会計期間】                   第80期第3四半期(自 令和2年10月1日 至 令和2年12月31日)
     【会社名】                   鉄建建設株式会社
     【英訳名】                   TEKKEN    CORPORATION
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  伊藤 泰司
     【本店の所在の場所】                   東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
     【電話番号】                   03(3221)2158
     【事務連絡者氏名】                   管理本部経理部長 金井 陽一
     【最寄りの連絡場所】                   東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
     【電話番号】                   03(3221)2158
     【事務連絡者氏名】                   管理本部経理部長 金井 陽一
     【縦覧に供する場所】                   鉄建建設株式会社 関越支店
                         (さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地7)
                         鉄建建設株式会社 東関東支店
                         (千葉市中央区新千葉一丁目7番3号)
                         鉄建建設株式会社 横浜支店
                         (横浜市中区不老町二丁目9番2号)
                         鉄建建設株式会社 名古屋支店
                         (名古屋市中村区名駅一丁目1番4号)
                         鉄建建設株式会社 大阪支店
                         (大阪市北区堂島一丁目5番17号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/19










                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                               第79期           第80期

               回次               第3四半期           第3四半期            第79期
                             連結累計期間           連結累計期間
                            自平成31年4月1日           自令和2年4月1日           自平成31年4月1日

              会計期間
                            至令和元年12月31日           至令和2年12月31日           至令和2年3月31日
                     (百万円)            129,857           129,520           192,842

      売上高
                     (百万円)             5,567           4,961           6,053
      経常利益
      親会社株主に帰属する四半期
                     (百万円)             3,940           3,277           4,960
      (当期)純利益
                     (百万円)             2,718           1,087          △ 1,446
      四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             63,901           59,571           59,735
      純資産額
                     (百万円)            216,281           223,957           200,137
      総資産額
      1株当たり四半期(当期)純利
                      (円)            252.48           210.03           317.85
      益金額
      潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)              -           -           -
      期(当期)純利益金額
                      (%)             29.3           26.4           29.6
      自己資本比率
                               第79期           第80期

               回次               第3四半期           第3四半期
                             連結会計期間           連結会計期間
                            自令和元年10月1日           自令和2年10月1日

              会計期間
                            至令和元年12月31日           至令和2年12月31日
                                  107.34           66.42

      1株当たり四半期純利益金額                (円)
        (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成していますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載

            していません。
          2.売上高には、消費税等は含まれていません。
          3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載して
            いません。
                                 2/19







                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
       当社グループは、連結財務諸表提出会社(以下「当社」という。)、子会社6社及び関連会社5社(内、連結対象
      は子会社3社)で構成され、土木工事・建築工事を主な事業とし、その他不動産事業などの事業活動を展開していま
      す。
       当第3四半期連結累計期間における、各セグメントに係る事業内容の変更と関係会社の異動は、次のとおりです。
      (土木工事)
       事業内容及び関係会社の異動はありません。
      (建築工事)
       事業内容及び関係会社の異動はありません。
      (不動産事業)
       令和2年4月1日付で、当社の不動産部門のうち、首都圏における不動産賃貸事業を新設分割し、新たに「鉄建プ
      ロパティーズ株式会社」を設立しました。これに伴い、当社の子会社が1社増加しました。
      (付帯事業)
       事業内容及び関係会社の異動はありません。
      (その他)
       事業内容及び関係会社の異動はありません。
                                 3/19















                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     以下、「第2.事業の状況」における各事項の記載については、消費税等抜きの金額で表示しています。
     1【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当社に重大な影響を及ぼすものではありませんでしたが、サイバー攻撃によ
      るシステム障害が発生したことを踏まえ、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて、次のと
      おり追加します。なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断
      したものです。
       また、以下の見出しに付された項目番号は、前事業年度の有価証券報告書における「第一部 企業情報 第2 事
      業の状況 2 事業等のリスク」の項目番号に対応したものです。
      (13)サイバー攻撃
        マルウェア等のサイバー攻撃によるデータの破壊や改ざん、情報漏洩等の被害があった場合、当社グループの業
      績に影響を及ぼす可能性があります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものです。
      (1)財政状態の状況

        当第3四半期連結会計期間末における資産合計は、前連結会計年度末に比べ23,819百万円増加し223,957百万円と
      なりました。主な要因は、受取手形・完成工事未収入金等の増加23,088百万円、未成工事支出金の増加3,561百万
      円、現金預金の減少5,775百万円です。負債合計は、前連結会計年度末に比べ23,983百万円増加し164,385百万円とな
      りました。主な要因は、短期借入金の増加52,329百万円、支払手形・工事未払金等の減少20,794百万円です。純資産
      合計は、前連結会計年度末に比べ164百万円減少し59,571百万円となりました。主な要因は、その他有価証券評価差
      額金の減少2,245百万円、利益剰余金の増加2,029百万円です。
      (2)経営成績の状況

        当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により依然として厳しい状況
      にあります。また、感染症拡大による社会経済活動への影響が内外経済を下振れさせるリスクに十分注意する必要が
      あり、金融資本市場の変動等の影響にも注視する必要があります。
       建設業界におきましては、公共投資は堅調に推移しているものの、民間投資については、新型コロナウイルス感染
      症の影響等により、住宅建設が弱含んでおり、企業の設備投資も減少すると見込まれています。また、建設労働者の
      需給状況や資機材価格の動向などについては、引き続き留意する必要があります。
       このような経済情勢のもと、当社グル-プの当第3四半期連結累計期間における連結業績につきましては、売上高
      は129,520百万円(前年同四半期比0.3%減)、営業利益4,999百万円(前年同四半期比5.1%減)、経常利益4,961百
      万円(前年同四半期比10.9%減)となり、親会社株主に帰属する四半期純利益3,277百万円(前年同四半期比16.8%
      減)となりました。
       セグメントの業績は次のとおりです。(セグメントごとの業績については、セグメント間の内部売上高等を含めて

      記載しています。)
      (土木工事)

       土木工事については、売上高69,263百万円(前年同四半期比5.5%減)、セグメント利益4,111百万円(前年同四半
      期比12.7%増)となりました。
      (建築工事)
       建築工事については、売上高58,258百万円(前年同四半期比6.0%増)、セグメント利益476百万円(前年同四半期
      比62.3%減)となりました。
      (不動産事業)
       不動産事業については、売上高833百万円(前年同四半期比4.1%減)、セグメント利益185百万円(前年同四半期
      比42.6%増)となりました。
      (付帯事業)
       付帯事業については、売上高17,481百万円(前年同四半期比16.1%減)、セグメント利益128百万円(前年同四半
      期比19.3%減)となりました。
      (その他)
       その他については、売上高273百万円(前年同四半期比14.6%増)、セグメント利益107百万円(前年同四半期比
      33.4%増)となりました。
                                 4/19


                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      (注)土木工事、建築工事においては、契約により工事の完成引渡しが第4四半期連結会計期間に集中しているた
         め、第1四半期連結会計期間から第3四半期連結会計期間における完成工事高に比べ、第4四半期連結会計期
         間の完成工事高が著しく多くなるといった季節的変動があります。
      (3)会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

       前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
      析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
      な変更はありません。
      (5)研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、578百万円です。(土木工事561百万
      円・建築工事17百万円)
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 5/19














                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
      ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          29,847,600

                  計                                29,847,600

      ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末
                          提出日現在発行数
                                     上場金融商品取引所
               現在発行数
                            (株)
       種類                              名又は登録認可金融                内容
                (株)
                         (令和3年2月12日)            商品取引業協会名
             (令和2年12月31日)
                                      東京証券取引所
                                                   単元株式数
                 15,668,956            15,668,956
      普通株式
                                      (市場第一部)
                                                     100株
                 15,668,956            15,668,956             -            -
        計
      (2)【新株予約権等の状況】

      ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                      資本準備金
                発行済株式        発行済株式                      資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                                               残高
                総数増減数        総数残高                       増減額
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                     (百万円)
                                                      (百万円)
      令和2年10月1日
         ~            -   15,668,956            -     18,293          -      5,289
      令和2年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
           なお、株式会社みずほ銀行から、令和2年11月20日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書におい
          て、令和2年11月13日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨が記載されているものの、当社と
          して当第3四半期会計期間末時点における実質所有株式数の確認ができません。
                                          保有株券等の数         株券等保有割合
             氏名又は名称                  住所
                                             (株)         (%)
          株式会社みずほ銀行               東京都千代田区大手町1丁目5-5                      515,258           3.29
          アセットマネジメントOne               東京都千代田区丸の内1丁目8-2                      392,300           2.50
          株式会社
                計                -              907,558           5.79
                                 6/19




                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
          当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
         載することができないことから、直前の基準日(令和2年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしていま
         す。
      ①【発行済株式】
                                                  令和2年12月31日現在
                          株式数(株)          議決権の数(個)

            区分                                       内容
                             -           -            -

      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                       -           -            -
      議決権制限株式(その他)                       -           -            -

                      (自己保有株式)
      完全議決権株式(自己株式等)                                  -            -
                                64,200
                      普通株式
      完全議決権株式(その他)                        15,525,000         155,250             -
                      普通株式
                                79,756        -
      単元未満株式                 普通株式                       1単元(100株)未満の株式
                              15,668,956          -            -
      発行済株式総数
                             -          155,250             -
      総株主の議決権
      (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が600株(議決権6個)が含まれてい
          ます。
      ②【自己株式等】

                                                  令和2年12月31日現在
                                                    発行済株式総数
                          自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合         に対する所有株
      所有者の氏名又は
                 所有者の住所
                          式数(株)         式数(株)         計(株)         式数の割合
      名称
                                                    (%)
     (自己保有株式)           東京都千代田区神田
                              64,200        -         64,200        0.41
                三崎町二丁目5-3
     鉄建建設株式会社
                    -          64,200        -         64,200        0.41

         計
      (注)上記のほか、株主名簿上は当社名義となっていますが実質的に所有していない株式が100株(議決権1個)あ

          ります。なお、当該株式は上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれています。
     2【役員の状況】

       該当事項はありません。
                                 7/19







                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しています。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(令和2年10月1日から令
      和2年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(令和2年4月1日から令和2年12月31日まで)に係る四半期連
      結財務諸表について、有限責任               あずさ監査法人による四半期レビューを受けています。
                                 8/19

















                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (令和2年3月31日)              (令和2年12月31日)
     資産の部
       流動資産
                                        19,077              13,302
        現金預金
                                                    ※2  123,755
                                        100,666
        受取手形・完成工事未収入金等
                                          87              955
        販売用不動産
                                         6,579              10,141
        未成工事支出金
                                         1,748              2,121
        不動産事業支出金
                                         1,055               783
        その他のたな卸資産
                                        11,465              15,577
        その他
                                         △ 21             △ 27
        貸倒引当金
                                        140,657              166,609
        流動資産合計
       固定資産
                                        25,013              25,932
        有形固定資産
                                          297              296
        無形固定資産
        投資その他の資産
                                        32,069              28,933
          投資有価証券
                                          631              672
          退職給付に係る資産
                                         1,850              1,894
          その他
                                         △ 382             △ 382
          貸倒引当金
                                        34,169              31,118
          投資その他の資産合計
                                        59,479              57,347
        固定資産合計
                                        200,137              223,957
       資産合計
                                 9/19












                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                 前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (令和2年3月31日)              (令和2年12月31日)
     負債の部
       流動負債
                                        61,263              40,469
        支払手形・工事未払金等
                                                     ※3  76,967
                                        24,638
        短期借入金
                                         6,654               801
        未払金
                                         8,423              5,982
        未成工事受入金
                                         2,560              2,704
        工事損失引当金
                                         1,489               702
        その他の引当金
                                        18,200              21,937
        その他
                                        123,230              149,565
        流動負債合計
       固定負債
                                         7,964              6,269
        長期借入金
                                         2,022              2,022
        再評価に係る繰延税金負債
                                         5,908              5,844
        退職給付に係る負債
                                         1,275               684
        その他
                                        17,171              14,820
        固定負債合計
                                        140,401              164,385
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        18,293              18,293
        資本金
                                         5,330              5,330
        資本剰余金
                                        22,358              24,387
        利益剰余金
                                         △ 97             △ 98
        自己株式
                                        45,885              47,912
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         9,936              7,690
        その他有価証券評価差額金
                                         3,756              3,756
        土地再評価差額金
                                         △ 294             △ 239
        退職給付に係る調整累計額
                                        13,397              11,206
        その他の包括利益累計額合計
                                          453              452
       非支配株主持分
                                        59,735              59,571
       純資産合計
                                        200,137              223,957
     負債純資産合計
                                10/19









                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成31年4月1日              (自 令和2年4月1日
                                至 令和元年12月31日)               至 令和2年12月31日)
     売上高
                                        128,217              127,521
       完成工事高
                                         1,640              1,998
       兼業事業売上高
                                        129,857              129,520
       売上高合計
     売上原価
                                        115,989              115,909
       完成工事原価
                                         1,250              1,577
       兼業事業売上原価
                                        117,239              117,487
       売上原価合計
     売上総利益
                                        12,228              11,611
       完成工事総利益
                                          389              421
       兼業事業総利益
                                        12,617              12,032
       売上総利益合計
                                         7,349              7,032
     販売費及び一般管理費
                                         5,268              4,999
     営業利益
     営業外収益
                                          659              541
       受取配当金
                                          77              56
       その他
                                          737              597
       営業外収益合計
     営業外費用
                                          325              347
       支払利息
                                          95              273
       為替差損
                                          17              15
       その他
                                          438              636
       営業外費用合計
                                         5,567              4,961
     経常利益
     特別利益
                                           4              -
       固定資産売却益
                                          152               -
       投資有価証券売却益
                                          156               -
       特別利益合計
     特別損失
                                           2              -
       固定資産売却損
                                          -              20
       減損損失
                                          91              15
       固定資産撤去費用
                                          -              54
       システム障害対応費用
                                          30              12
       その他
                                          124              103
       特別損失合計
                                         5,600              4,857
     税金等調整前四半期純利益
     法人税、住民税及び事業税                                    1,241              1,213
                                          415              365
     法人税等調整額
                                         1,656              1,579
     法人税等合計
                                         3,943              3,278
     四半期純利益
                                           3              1
     非支配株主に帰属する四半期純利益
                                         3,940              3,277
     親会社株主に帰属する四半期純利益
                                11/19





                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成31年4月1日              (自 令和2年4月1日
                                至 令和元年12月31日)               至 令和2年12月31日)
                                         3,943              3,278
     四半期純利益
     その他の包括利益
                                        △ 1,231             △ 2,245
       その他有価証券評価差額金
                                           6              54
       退職給付に係る調整額
                                        △ 1,225             △ 2,191
       その他の包括利益合計
                                         2,718              1,087
     四半期包括利益
     (内訳)
                                         2,715              1,086
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           3              1
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                12/19
















                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (連結の範囲の重要な変更)
      第1四半期連結会計期間において会社分割(新設分割)により設立した鉄建プロパティーズ株式会社を連結の範囲に
     含めています。
      (追加情報)

      前連結会計年度末の有価証券報告書の追加情報に記載した新型コロナウイルス感染症の影響に関する仮定について重
     要な変更はありません。
      (四半期連結貸借対照表関係)

     1.偶発債務
        (1)連結会社以外の会社等の金融機関借入金等について保証を行っています。
          ①  借入金保証
               前連結会計年度                         当第3四半期連結会計期間
             (令和2年3月31日)                            (令和2年12月31日)
     マンション購入者                      11百万円     マンション購入者                       9百万円
            計               11            計                9
     ※2.四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしています。なお、当

        第3四半期連結会計期間の末日が金融機関の休業日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形が四半期
        連結会計期間末日残高に含まれています。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (令和2年3月31日)                 (令和2年12月31日)
     受取手形                                 -百万円                 26百万円
     ※3.当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行3行と貸出コミットメント契約を締結しています。

        当四半期連結会計期間末における貸出コミットメントに係る借入金未実行残高等は次のとおりです。
                              前連結会計年度               当第3四半期連結会計期間
                             (令和2年3月31日)                 (令和2年12月31日)
     貸出コミットメントの総額                                 -百万円               20,000百万円
     借入実行残高                                 -               20,000
     差引額                                 -                 -
      (四半期連結損益計算書関係)

      前第3四半期連結累計期間(自 平成31年4月1日 至 令和元年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自 
      令和2年4月1日          至   令和2年12月31日)
      当社グループの売上高は、主たる事業である土木工事・建築工事において、契約により工事の完成引渡しが第4四半
     期連結会計期間に集中しているため、第1四半期連結会計期間から第3四半期連結会計期間における売上高に比べ、第
     4四半期連結会計期間の売上高が著しく多くなるといった季節的変動があります。
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成していません。なお、第3四半期連結
     累計期間に係る減価償却費(無形固定資産に係る償却費を含む。)は、次のとおりです。
                           前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                           (自    平成31年4月1日              (自    令和2年4月1日
                            至   令和元年12月31日)               至   令和2年12月31日)
     減価償却費                                517百万円                 517百万円
                                13/19




                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成31年4月1日 至 令和元年12月31日)
          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
     令和元年6月27日
               普通株式          1,248       80.0    平成31年3月31日         令和元年6月28日         利益剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
           該当事項はありません。
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 令和2年4月1日 至 令和2年12月31日)

          1.配当金支払額
                      配当金の総額        1株当たり
        決議       株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                       (百万円)       配当額(円)
     令和2年6月26日
               普通株式          1,248       80.0    令和2年3月31日         令和2年6月29日         利益剰余金
      定時株主総会
          2.基準日が当第3四半期連結累計期間に属する配当のうち、配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間

           の末日後となるもの
           該当事項はありません。
                                14/19













                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      (セグメント情報等)
        【セグメント情報】
         Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 平成31年4月1日 至 令和元年12月31日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期連
                          報告セグメント
                                         その他         調整額    結損益計
                                              合計
                  土木     建築    不動産     付帯
                                         (注1)         (注2)    算書計上
                                      計
                  工事     工事     事業     事業
                                                       額(注3)
      売上高
                  73,281     54,935      639     762   129,619       238   129,857       -   129,857
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                    -     -    230   20,062     20,293       -   20,293    △ 20,293       -
       売上高又は振替高
                  73,281     54,935      869   20,825    149,912       238   150,150    △ 20,293     129,857
          計
                  3,646     1,262      130     159    5,198      80   5,279     △ 11    5,268

       セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、スポーツ施設運営等の事業

              を含んでいます。
            2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
         Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 令和2年4月1日 至 令和2年12月31日)

           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                   (単位:百万円)
                                                       四半期連
                          報告セグメント
                                         その他         調整額    結損益計
                                              合計
                  土木     建築    不動産     付帯
                                         (注1)         (注2)    算書計上
                                      計
                  工事     工事     事業     事業
                                                       額(注3)
      売上高
                  69,263     58,258      605    1,120    129,247       273   129,520       -   129,520
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部
                    -     -    228   16,361     16,589       -   16,589    △ 16,589       -
       売上高又は振替高
                  69,263     58,258      833   17,481    145,836       273   146,109    △ 16,589     129,520
          計
                  4,111      476     185     128    4,901      107    5,009      △ 9   4,999

       セグメント利益
         (注)1.「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、スポーツ施設運営等の事業

              を含んでいます。
            2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去です。
            3.セグメント利益は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っています。
                                15/19






                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
      (企業結合等関係)
      共通支配下の取引等
      当社は令和元年12月17日開催の取締役会の決議に基づき、令和2年4月1日付で、当社の不動産部門のうち、首都圏
     における不動産賃貸事業を新設分割し、新たに設立した「鉄建プロパティーズ株式会社」に同事業を承継しました。
     (1)新設分割の目的
      不動産事業の強化に向けた新体制の整備と新たな事業化の支援の一環として、土木・建築事業に次ぐ収益の柱となる
     不動産事業推進の中核となり、中長期的にグループとしての企業価値の向上に寄与することが目的です。
     (2)企業結合日
      令和2年4月1日
     (3)企業結合の法的形式
      当社を分割会社とし、鉄建プロパティーズ株式会社を新設会社とする新設分割(簡易新設分割)とします。
     (4)新設分割に係る割当ての内容
      新設会社である鉄建プロパティーズ株式会社は、本新設分割に際して普通株式1,000株を発行し、そのすべてを当社
     に割当て交付します。
     (5)新設分割設立会社の概要
      商号        鉄建プロパティーズ株式会社
      事業内容      首都圏における不動産賃貸事業、不動産事業全般、事務業務受託事業
      本店所在地     東京都千代田区神田三崎町二丁目5番3号
      代表者の氏名・役職 代表取締役社長 柳下 哲
      資本金の額      100百万円
      資産の額      7,284百万円
      負債の額                    62百万円
      純資産の額     7,222百万円
     (6)実施した会計処理の概要
      「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成31年1月16日)及び「企業結合会計基準及び事業分離等
     会計基準に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号 平成31年1月16日)に基づき、共通支配下の取引として
     処理しています。
      (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純利益金額及び算定上の基礎は、以下のとおりです。
                               前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自 平成31年4月1日               (自 令和2年4月1日
                                至 令和元年12月31日)               至 令和2年12月31日)
     1株当たり四半期純利益金額                                 252円48銭               210円03銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純利益金額
                                        3,940               3,277
                       (百万円)
       普通株主に帰属しない金額    (百万円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                        3,940               3,277
       四半期純利益金額        (百万円)
       普通株式の期中平均株式数     (千株)                                15,605               15,604
     (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していません。
      (重要な後発事象)

      該当事項はありません。
     2【その他】

      該当事項はありません。
                                16/19




                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                17/19




















                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                   令和3年2月12日

    鉄建建設株式会社

      取締役会 御中

                             有限責任     あずさ監査法人

                             東京事務所
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               川上 尚志
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               斉藤 直樹
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている鉄建建設株式会
    社の令和2年4月1日から令和3年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(令和2年10月1日から令和
    2年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(令和2年4月1日から令和2年12月31日まで)に係る四半期連結財務
    諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の                           四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、                        鉄建建設株式会社及び連結子会社の令和2年12月31日現在の財政状態
    及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な
    点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「                            四半期連結財務諸表の          四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の          四半期レビューにおける           監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー手
     続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
     年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認めら
     れると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と認
     められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどう
     か結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において四
                                18/19

                                                          EDINET提出書類
                                                       鉄建建設株式会社(E00065)
                                                            四半期報告書
     半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が適
     切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の
     結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業と
     して存続できなくなる可能性がある。
    ・四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基
     準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務諸
     表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせ
     る事項が認められないかどうかを評価する。
    ・四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査人
     は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査人
     の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

     (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

          告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含                        まれていません。
                                19/19












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク