スターゼン株式会社 四半期報告書 第82期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第82期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 スターゼン株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】                 四半期報告書

    【根拠条文】                 金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】                 関東財務局長

    【提出日】                 2021年2月12日

    【四半期会計期間】                 第82期第3四半期(自            2020年10月1日         至   2020年12月31日)

    【会社名】                 スターゼン株式会社

    【英訳名】                 Starzen    Company    Limited

    【代表者の役職氏名】                 代表取締役会長兼社長 中 津 濵 健

    【本店の所在の場所】                 東京都港区港南二丁目5番7号

    【電話番号】                 03(3471)5521(代表)

    【事務連絡者氏名】                 経理本部長 堀 畑 貴 裕

    【最寄りの連絡場所】                 東京都港区港南二丁目5番7号

    【電話番号】                 03(3471)5521(代表)

    【事務連絡者氏名】                 経理本部長 堀 畑 貴 裕

    【縦覧に供する場所】                 株式会社東京証券取引所

                     (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/23









                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】

    1  【主要な経営指標等の推移】

                          第81期            第82期

            回次             第3四半期            第3四半期             第81期
                         連結累計期間            連結累計期間
                       自   2019年4月1日          自   2020年4月1日          自   2019年4月1日
           会計期間
                       至   2019年12月31日          至   2020年12月31日          至   2020年3月31日
    売上高              (百万円)            268,535            270,450            351,356
    経常利益              (百万円)             5,054            7,773            5,795

    親会社株主に帰属する
                  (百万円)             2,732            6,021            1,743
    四半期(当期)純利益
    四半期包括利益又は
                  (百万円)             2,744            6,414            1,144
    包括利益
    純資産額              (百万円)            53,820            57,616            52,310
    総資産額              (百万円)            144,047            141,453            125,932

    1株当たり四半期(当期)
                   (円)           280.54            617.46            178.93
    純利益
    潜在株式調整後1株当たり
                   (円)           263.71              -          169.04
    四半期(当期)純利益
    自己資本比率               (%)            37.4            40.7            41.5
                          第81期            第82期

            回次             第3四半期            第3四半期
                         連結会計期間            連結会計期間
                       自   2019年10月1日          自   2020年10月1日
           会計期間
                       至   2019年12月31日          至   2020年12月31日
    1株当たり四半期純利益               (円)           136.22            289.76
    (注)1 当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し

         ておりません。
       2 売上高には、消費税等は含まれておりません。
       3 第82期第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しな
         いため記載しておりません。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)において営まれている事業の内容
     について、重要な変更はありません。
      また、主要な関係会社の異動については以下のとおりです。
      (食肉関連事業)

      第1四半期連結会計期間において、連結子会社であったスターゼン販売株式会社及び株式会社ゼンチク販売は当社
     を存続会社とする吸収合併により消滅しております。
                                 2/23





                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】

       当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
      ち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある事項の発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した
      「事業等のリスク」についての重要な変更はありません。
       なお、重要事象等は存在しておりません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

       文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会社)が
      判断したものであります。
     (1)  財政状態及び経営成績の状況

      ① 経営成績
       当第3四半期連結累計期間における我が国経済は、5月の緊急事態宣言解除後に景気回復の兆しがみられたもの
      の、新型コロナウイルス感染症が再拡大するなど先行き不透明な状況となり、厳しい状況が続いております。
       食品業界では、新しい生活様式下で消費形態に急激な変化が生じており、特に外食需要が縮小する一方で家庭内
      消費需要が拡大するなど、新たな事業環境への対応が求められております。
       食肉業界においても、各商品の調達、販売環境が激変するなど不確実性の高い事業環境が続きました。
       このような事業環境の中、当社グループは新型コロナウイルス感染症への対応を見据えて一層の成長を遂げるた
      めの施策に取り組んでまいりました。2020年4月には、販売部門の集約化と物流機能等の強化、意思決定の迅速化
      や業務のスリム化などを図りました。また、昨年度に着手した全社的業務プロセス改革プロジェクト(ZeusDXプロ
      ジェクト)も順調に進捗しております。加えて、新型コロナウイルス禍においても食品を安定的に供給する責務を
      果たすべく、衛生管理を徹底するとともに柔軟な勤務体制等の対策を講じ、社員の安全確保に配慮しつつお客様の
      ご要望にお応えする体制を整えてまいりました。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における売上高は                           270,450百万円       (前年同四半期比0.7%増)             、 営業利益
      は 5,996百万円      (前年同四半期比62.8%増)、               経常利益は     7,773百万円      (前年同四半期比53.8%増)             、親会社株主に
      帰属する四半期純利益は           6,021百万円      (前年同四半期比120.4%増)              となりました。
       事業部門別の営業概況は、次のとおりです。

      <食肉関連事業>

       食肉関連事業の売上高は           268,256百万円       (前年同四半期比0.7%増)             となりました。
       また、部門別の業績は次のとおりです。
       (食肉)
       国内事業は、家庭内消費需要の拡大と外食向け業務用需要縮小の影響を強く受けましたが、取扱量、売上高は前
      年同四半期比でほぼ横ばいとなりました。売上総利益は、外食需要縮小により特に輸入鶏肉で厳しい収益環境が続
      いたものの、家庭内消費向け商品の販売強化や国産牛肉の販売環境の改善等により前年同四半期を上回りました。
       また、カテゴリー別の業績は次のとおりです。
       国産食肉において、取扱量は前年同四半期を上回りました。要因は主に、家庭内消費の拡大により豚肉の取扱量
      が増加したことです。売上高は牛肉で外食需要、インバウンド需要の縮小に起因し販売単価低下の影響を受けたも
      のの、豚肉で販売単価が上昇し、国産食肉全体では前年同四半期比でほぼ横ばいとなりました。売上総利益は前述
      の牛肉の販売状況が影響し、前年同四半期を上回りました。
       輸入食肉において、取扱量は前年同四半期を下回りました。要因は主に、外食需要中心の鶏肉が大きく販売量を
      減らしたことです。売上高は前年同四半期ほぼ横ばいとなり、売上総利益は前年同四半期を上回りました。要因は
      主に、鶏肉と比較し販売単価が高く利幅の厚い牛肉と豚肉で、家庭内消費向けの販売に注力したことです。
       輸出事業は、第1四半期に各国の新型コロナウイルス感染症拡大による需要減退で、欧米向けの輸出が大きく落
      ち込みましたが、第2四半期以降回復に向かいました。また、感染拡大封じ込めに成功している台湾を中心に取り
      組みを強化した結果、輸出全体の取扱量は前年同四半期比で伸長しました。売上高も増加したものの国産牛肉の輸
      出単価低下の影響を受けました。
       これらの結果、食肉部門の売上高は                 215,267百万円       (前年同四半期比0.5%増)             とほぼ横ばいとなり、売上総利益
                                 3/23

                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
      は 前年同四半期を上回りました。
       (加工食品)
       加工食品は、新型コロナウイルス禍により、外食向けハンバーグを中心に業務用商品で厳しい販売環境となりま
      した。一方で内食需要の拡大に対応するため、小売業向けに家庭内調理ニーズに沿った商品の販売を強化し、焼肉
      用商品等の取扱いが順調に推移しました。また、大手外食チェーン向け一部商品の取扱いも順調に推移しました。
      以上の結果、取扱量、売上高、売上総利益ともに前年同四半期を上回り、売上高は                                      42,254百万円      (前年同四半期比
      4.6%増)     となりました。
       (ハム・ソーセージ)
       ハ ム・ソーセージについても、外食向けを中心に業務用商品で厳しい販売環境となりました。コンシューマ向け
      商品の販売は比較的堅調に推移したものの、全体では取扱量、売上高、売上総利益ともに前年同四半期を下回り、
      売上高は    9,222百万円      (前年同四半期比10.1%減)             となりました。
       (その他)
       その他の取扱品につきましては、売上高は                    1,511百万円      (前年同四半期比7.9%減)             となりました。 
      <その他の事業>

       その他の事業につきましては、売上高は                   2,194百万円      (前年同四半期比4.2%増)             となりました。
       ② 財務状態

       (資産)
       流動資産は、前連結会計年度末と比べて、                    13,984百万円増加し、          94,216百万円      となりました。これは、主として
      受取手形及び売掛金が増加したことによります。
       固定資産は、前連結会計年度末と比べて、                     1,541百万円増加し、          47,228百万円      となりました。これは、主として投
      資有価証券が増加したことによります。
       この結果、総資産では、前連結会計年度末に比べて、                          15,521百万円増加し、          141,453百万円       となりました。
       (負債)
       流動負債は、前連結会計年度末と比べて、                    7,044百万円増加し、          51,740百万円      となりました。これは、主として短
      期借入金、買掛金や1年内返済予定の長期借入金が増加したことによります。
       固定負債は、前連結会計年度末と比べて、                     3,170百万円増加し、          32,097百万円      となりました。これは、主として長
      期借入金が増加したことによります。
       この結果、負債合計では、前連結会計年度末に比べて、                          10,215百万円増加し、          83,837百万円      となりました。
       (純資産)
       純資産合計は、前連結会計年度末と比べて、                    5,306百万円増加し、          57,616百万円      となりました。
     (2)  事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、事業上及び財務上の対処すべき課題に重要な変更及び新たに生じた課題は
      ありません。
       なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会
      社法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりです。
       ①  基本方針の概要

        当社グループは、「食を通して人を幸せにするグローバルな生活関連企業を目指す」を経営ビジョンとして、
       創業以来、食肉卸売業を中核として、業界のイノベーター(革新者)たるべく様々な機能を強化してまいりまし
       た。今後もさらに国民の食生活の更なる向上に資するべく、食肉の安定供給の推進のため国内、海外の生産事業
       や調達基盤の整備・拡充と、産地から食卓までの一貫した食肉卸売事業の拡大を図り、一層多様化する食への要
       望に的確に応えるべく、食肉を原料にした食品群の取り扱い拡大のため迅速な対応を進めております。
        当社は、当社株式の大規模な買付行為等の是非については、最終的に株主の皆様の判断に委ねられるべきもの
       と考えており、そのために株主の皆様が適切な状況判断を行えるよう、十分な情報提供と考慮期間を設ける必要
       があると認識しております。
        また、当社は、一概に当社株式に対する大規模な買付行為等に対して否定的な見解を有するものではありませ
       ん。しかしながら、実際に資本市場で発生する大規模な買付行為の中には、
         a.当社株式の大量買付の目的が真摯に合理的な経営を目指すものではないことが明白であるもの、
         b.買収者が一般株主に対し、不利益な条件で株式売却を事実上強要する恐れがあるもの、
                                 4/23


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
         c.買収者が、一般株主が適切に判断するために必要な情報の提供や考慮期間を用意していないもの、
         d.買収者が当社取締役会に対し、買収提案および事業計画等の提示、ならびに交渉機会、考慮期間を用意し
          ていないもの等、会社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させることにならないものも想
          定されます。
        そのような買付行為を行う者は、当社の会社支配に関する基本方針に照らして適当でないと判断し、企業価値
       ひいては株主共同の利益を確保する為に、不適切な者からの大規模な買付行為等を防止するために何らかの対抗
       処置を講ずる必要があると考えます。
       ②  会社支配に関する基本方針の実現に資する取り組み

        厳しい事業環境が続く中、第82期は『事業の再生と成長』のテーマのもとグループ社員が一丸となり、以下の
       課題に取り組みます。
         a.既存事業の一層の強化

          さらなる成長のための足固めとして、加工食品の製造販売機能の再構築も含めた既存事業の一層の強化を
         図ります。具体的にはマーケティング機能・商品開発機能の強化並びに販売力の強化を図り、よりニーズに
         沿った商品提供を実現し収益力の改善に努めてまいります。また、新型コロナウイルス感染症の影響により
         利用者が増加しているECサイトを通じた販売も積極的に取り組んでまいります。
         b.海外事業の強化

          大きな成長が望める海外マーケットへの取り組みとして、米国、中国を取り組み強化国とし、物流・加工
         機能を有する事業所モデルの横展開を図るとともに和牛輸出事業との連携も密に行います。
         c.デジタルトランスフォーメーション(DX)、業務プロセス改革の推進

          販売競争の激化や物流費・人件費等の高騰、疾病問題によるマーケット変化等、激変する環境に対応しさ
         らなる成長を図るため、DX、業務改革に取り組みます。
          製造加工、販売戦略、経営管理に至るまで事業横断的に業務改革を行い、企業価値向上、そして100年企業
         へ向けて高収益体質への変革を目指します。
          当社グループは、以上のような取り組みを基本として、事業環境の変化への対応強化、顧客価値の創造及

         び企業価値向上を目指すとともに、株主共同の利益の一層の向上を追求し、さらには財務体質の強化と内部
         留保の充実を考慮しつつ、株主利益を重視した配当政策を実施してまいります。
       ③  会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されること

       を防止する取り組み
        当社は、会社支配に関する基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配さ
       れることを防止し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させるための取り組みとして、2019
       年6月27日開催の第80回定時株主総会において、「当社株式等の大規模買付行為に関する対応策(買収防衛
       策)」(以下、「現プラン」といいます。)の内容を一部変更(以下、変更後の対応策を「本プラン」といいま
       す。)し継続することを、2022年6月30日までに開催される第83回定時株主総会終結の時を期限としてご承認を
       得ております。
         a.本プランの対象となる当社株式の買付

          本プランの対象となる当社株式の買付とは、特定株主グループ(注1)の議決権割合(注2)を20%以上
         とすることを目的とする当社株券等(注3)の買付行為、または結果として特定株主グループの議決権割合
         が20%以上となる当社株式等の買付行為(いずれについてもあらかじめ当社取締役会が同意したものを除
         き、また市場取引、公開買付け等の具体的な買付方法の如何を問いません。以下、係る買付行為を「大規模
         買付行為」といい、係る買付行為を行う者を「大規模買付者」といいます。)とします。
        (注)1.特定株主グループとは、
         (1)当社の株券等(金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等をいいます。)の保有者(同法第27条
         の23第3項に基づき保有者に含まれる者を含みます。以下同じとします。)及びその共同保有者(同法第27
         条の23第5項に規定する共同保有者をいい、同条第6項に基づく共同保有者とみなされる者を含みます。以
         下同じとします。)又は、
         (2)当社の株券等(同法第27条の2第1項に規定する株券等をいいます。)の買付け等(同法第27条の2第1
                                 5/23


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
         項に規定する買付け等をいい、取引所金融商品市場において行われるものを含みます。)を行う者及びその
         特別関係者(同法第27条の2第7項に規定する特別関係者をいいます。)を意味します。
        (注)2.議決権割合とは、
         (1)特定株主グループが、(注1)の(1)記載の場合は、当該保有者の株券等保有割合(金融商品取引法第27条の
         23第4項に規定する株券等保有割合をいいます。この場合においては、当該保有者の共同保有者の保有株券
         等の数(同項に規定する保有株券等の数をいいます。以下同じとします。)も加算するものとします。)                                                 又
         は、
         (2)特定株主グループが、(注1)の(2)記載の場合は、当該大規模買付者及び当該特別関係者の株券等所有割合
         (同法第27条の2第8項に規定する株式等所有割合をいいます。)の合計をいいます。
         各議決権割合の算出に当たっては、総議決権の数(同法第27条の2第8項に規定するものをいいます。)及
         び発行済株式の総数(同法第27条の23第4項に規定するものをいいます。)は、有価証券報告書、四半期報
         告書及び自己株券買付状況報告書のうち直近に提出されたものを参照することができるものとします。
        (注)3.株券等とは、金融商品取引法第27条の23第1項に規定する株券等または同法第27条の2第1項に規定
        す る株券等のいずれかに該当するものを意味します。
         b.独立委員会の設置

          大規模買付ルールが遵守されたか否か、あるいは大規模買付ルールが遵守された場合でも、当該大規模買
         付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なうものであることを理由として対抗措置を講
         じるか否かについては、当社取締役会が最終的な判断を行いますが、本プランを適正に運用し、取締役会に
         よって恣意的な判断がなされることを防止し、その判断の合理性・公正性を担保するため、現プランと同様
         に独立委員会規程に基づき、独立委員会を設置いたします。独立委員会の委員は3名以上とし、公正で中立
         的な判断を可能とするため、当社の業務執行を行う経営陣から独立している社外取締役、社外監査役または
         社外有識者(注)のいずれかに該当する者の中から選任します。本プランの独立委員会の委員については、
         社外取締役の大原 亘氏、社外監査役の小越 信吾氏、ならびに弁護士の多田 敏明氏を選任しました。
          当社取締役会は、対抗措置の発動に先立ち、独立委員会に対し対抗措置の発動の是非について諮問し、独
         立委員会は当社の企業価値ひいては株主共同の利益の向上の観点から大規模買付行為について慎重に評価・
         検討の上で当社取締役会に対し対抗措置を発動することができる状態にあるか否かについての勧告を行うも
         のとします。当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重した上で対抗措置の発動について決定するこ
         ととします。独立委員会の勧告内容については、その概要を適宜公表することといたします。
          なお、独立委員会の判断が、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に資するようになされることを確保
         するために、独立委員会は、当社の費用で、独立した第三者である専門家(ファイナンシャル・アドバイ
         ザー、公認会計士、弁護士、コンサルタントその他の専門家)等の助言を得ることができるものとします。
         (注)社外有識者とは、経営経験豊富な企業経営者、投資銀行業務に精通する者、弁護士、公認会計士、会社
         法等を主たる研究対象とする学識経験者、またはこれらに準ずる者をいいます。
         c.大規模買付ルールの概要

         イ.大規模買付者による当社に対する意向表明書の提出
           大規模買付者が大規模買付行為を行おうとする場合には、大規模買付行為または大規模買付行為の提案に
          先立ち、まず、大規模買付ルールに従う旨の法的拘束力を有する誓約文言を含む以下の内容等を日本語で記
          載した意向表明書を、当社の定める書式により当社取締役会に提出していただきます。
         (ⅰ)    大規模買付者の名称、住所

         (ⅱ)    設立準拠法
         (ⅲ)    代表者の氏名
         (ⅳ)    国内連絡先
         (ⅴ)    提案する大規模買付行為の概要
         (ⅵ) 本プランに定められた大規模買付ルールに従う旨の誓約
           当社取締役会が、大規模買付者から意向表明書を受領した場合は、速やかにその旨及び必要に応じ、その

          内容について公表します。
         ロ.大規模買付者による当社に対する評価必要情報の提供
           当社取締役会は、上記イ、(ⅰ)から(ⅵ)までの全てが記載された意向表明書を受領した日の翌日から起
                                 6/23

                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
          算して10営業日以内に、大規模買付者に対して、大規模買付行為に関する情報として当社取締役会への提
          出を求める事項について記載した書面を交付し、大規模買付者には、当該書面に従い、大規模買付行為に
          関 する情報(以下「評価必要情報」といいます。)を、当社取締役会に書面にて提出していただきます。
           評価必要情報の一般的な項目は以下のとおりです。その具体的内容は、大規模買付者の属性、大規模買
          付行為の目的及び内容によって異なりますが、いずれの場合も当社株主の皆様の判断及び当社取締役会と
          しての意見形成のために必要かつ十分な範囲に限定するものとします。
         (ⅰ)    大規模買付者及びそのグループ(共同保有者、特別関係者及び組合員(ファンドの場合)その他の構
          成員を含みます。)の概要(名称、事業内容、経歴または沿革、資本構成、当社及び当社グループの事業
          と同種の事業についての経験等に関する情報を含みます。)
         (ⅱ)    大規模買付行為の目的、方法及び内容(大規模買付行為の対価の価額・種類、大規模買付行為の時
          期、関連する取引の仕組み、大規模買付行為の方法の適法性、大規模買付行為及びその関連する取引の実
          現可能性等を含みます。)
         (ⅲ)    大規模買付行為の買付価格の算定根拠(算定の前提となる事実、算定方法、算定に用いた数値情報及
          び大規模買付行為に係る一連の取引により生じることが予想されるシナジーの内容を含みます。)
         (ⅳ)    大規模買付行為の資金の裏付け(資金の提供者(実質的提供者を含みます。)の具体的名称、調達方
          法、関連する取引の内容を含みます。)
         (ⅴ)    当社及び当社グループの経営に参画した後に想定している役員候補(当社及び当社グループの事業と
          同種の事業についての経験等に関する情報を含みます。)、経営方針、事業計画、財務計画、資本政策、
          配当政策、資産活用策等
         (ⅵ)    当社及び当社グループの経営に参画した後に予定している当社及び当社グループの取引先、顧客、従
          業員等のステークホルダーと当社及び当社グループとの関係に関しての変更の有無及びその内容
           当社取締役会は、大規模買付ルールの迅速な運用を図る観点から、必要に応じて、大規模買付者に対し
          情報提供の期限を設定することがあります。但し、大規模買付者から合理的な理由に基づく延長要請が
          あった場合は、その期限を延長することができるものとします。
           また、上記に基づき提出された評価必要情報について当社取締役会が精査した結果、当該評価必要情報
          が大規模買付行為を評価・検討するための情報として必要十分でないと考えられる場合には、当社取締役
          会は、大規模買付者に対して、適宜合理的な期限を定めた上、評価必要情報が揃うまで追加的に情報提供
          を求めることがあります。
           当社取締役会は、大規模買付行為を評価・検討するための必要十分な評価必要情報が大規模買付者から
          提出されたと判断した場合には、その旨の通知を大規模買付者に発送するとともに、その旨を公表いたし
          ます。
           また、当社取締役会が評価必要情報の追加的な提供を要請したにもかかわらず、大規模買付者から当該
          情報の一部について提供が難しい旨の合理的な説明がある場合には、取締役会が求める評価必要情報が全
          て揃わなくても、大規模買付者との情報提供に係る交渉等を打ち切り、その旨を公表するとともに、後記
          ハ  の取締役会による評価・検討を開始する場合があります。
           当社取締役会に提供された評価必要情報は、独立委員会に提出するとともに、株主の皆様の判断のため
          に必要であると認められる場合には、当社取締役会が適切と判断する時点で、その全部または一部を公表
          します。
         ハ.  当社取締役会による評価必要情報の評価・検討等
           当社取締役会は、大規模買付行為の評価等の難易度に応じ、大規模買付者が当社取締役会に対し評価必
          要情報の提供を完了した後、対価を現金(円価)のみとする公開買付による当社全株式の買付の場合は最
          長60日間、その他の大規模買付行為の場合は最長90日間を当社取締役会による評価、検討、交渉、意見形
          成、代替案立案のための期間(以下「取締役会評価期間」といいます。)として設定します。従って、大
          規模買付行為は、かかる取締役会評価期間の経過後にのみ開始されるものとします。
           取締役会評価期間中、当社取締役会は、必要に応じて独立した第三者である専門家(ファイナンシャル・
          アドバイザー、公認会計士、弁護士、コンサルタントその他の専門家)等の助言を受けながら、提供された
          評価必要情報を十分に評価・検討し、独立委員会からの勧告を最大限尊重した上で、当社取締役会としての
          意見を慎重にとりまとめ、公表いたします。また、必要に応じ、大規模買付者との間で大規模買付行為に関
          する条件改善について交渉し、当社取締役会として株主の皆様へ代替案を提示することもあります。
         ニ.  大規模買付行為が為された場合の対応方針
                                 7/23


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
         (ⅰ)    大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しない場合
            大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合には、具体的な買付方法の如何にかかわら
           ず、当社取締役会は、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を守ることを目的として、新株予約権の
           無償割当て等、会社法その他の法律及び当社定款が認める対抗措置を取ることにより大規模買付行為に
           対抗する場合があります。対抗措置を発動することについて判断するにあたっては、当社取締役会は、
           独立委員会の勧告を最大限尊重して、対抗措置の必要性、相当性等を十分検討した上で発動の是非につ
           いて判断するものとします。なお、大規模買付ルールを遵守したか否かを判断するにあたっては、大規
           模買付者側の事情をも合理的な範囲で十分勘案し、少なくとも評価必要情報の一部が提出されないこと
           のみをもって大規模買付ルールを遵守しないと認定することはしないものとします。
            具体的にいかなる手段を講じるかについては、その時点で最も適切と当社取締役会が判断したものを
           選択することとしますが、当社取締役会が具体的対抗措置として新株予約権の無償割当てをする場合に
           は、議決権割合が一定割合以上の特定株主グループに属さないことを新株予約権の行使条件とするな
           ど、対抗措置としての効果を勘案した行使期間および行使条件を設けることがあります。
         (ⅱ)    大規模買付者が大規模買付ルールを遵守した場合
            大規模買付者が大規模買付ルールを遵守した場合には、当社取締役会は、仮に当該大規模買付行為に
           反対であったとしても、当該買付提案についての反対意見を表明したり、代替案を提示することによ
           り、株主の皆様を説得するに留め、原則として当該大規模買付行為に対する対抗措置は講じません。大
           規模買付者の買付提案に応じるか否かは、株主の皆様において、当該買付提案及び当社が提示する当該
           買付提案に対する意見、代替案等をご考慮の上、ご判断いただくことになります。
            但し、大規模買付ルールが遵守されている場合であっても、当該大規模買付行為が、例えば以下のa)
           からi)のいずれかに該当し、結果として会社に回復し難い損害をもたらすなど、当社の企業価値ひいて
           は株主共同の利益を著しく損なうと当社取締役会が判断する場合には、例外的に当社取締役会は、当社
           の企業価値ひいては株主共同の利益を守ることを目的として必要かつ相当な範囲で、上記(ⅰ)で述べた
           対抗措置の発動を決定することができるものとします。
           a) 真に当社グループの経営に参加する意思がないにもかかわらず、ただ株価をつり上げて高値で株式
             を当社関係者に引き取らせる目的で当社株式の買収を行っている場合(いわゆるグリーンメーラー
             である場合)
           b) 当社グループの経営を一時的に支配して当社グループの事業経営上必要な知的財産権、ノウハウ、
             企業秘密情報、主要取引先や顧客等を当該買収者やそのグループ会社等に移譲させるなど、いわゆ
             る焦土化経営を行う目的で当社株式の買収を行っている場合
           c) 当社グループの経営を支配した後に、当社グループの資産を当該買収者やそのグループ会社等の債
             務の担保や弁済原資として流用する予定で当社株式の買収を行っている場合
           d) 当社グループの経営を一時的に支配して当社グループの事業に当面関係していない不動産、有価証
             券など高額資産等を売却等処分させ、その処分利益をもって一時的な高配当をさせるかあるいは一
             時的高配当による株価の急上昇の機会を狙って株式の高値売り抜けをする目的で当社株式の買収を
             行っている場合
           e) 大規模買付者の提案する当社株式の買付方法が、いわゆる強圧的二段階買収(最初の買付で当社の
             株式の全部の買付を勧誘することなく、二段階目の買収条件を不利に設定し、あるいは明確にしな
             いで、公開買付等による株式の買付を行うことをいいます。)等の、株主の皆様の判断の機会また
             は自由を制約し、事実上、株主の皆様に当社株式の売却を強要するおそれがあると判断された場合
           f) 大規模買付者の提案する当社の株式の買付条件(買付対価の種類及び金額、当該金額の算定根拠、そ
             の他の条件の具体的内容、違法性の有無、実現可能性等を含むがこれに限りません。)が当社の企業
             価値ひいては株主共同の利益に照らして著しく不十分または不適切であると判断される場合
           g)   大規模買付者による支配権獲得により、当社株主はもとより、顧客、従業員、地域社会その他の利
             害関係者との関係を破壊する等によって、当社の企業価値ひいては株主共同の利益を著しく損なう
             と判断される場合
           h)   大規模買付者による買付後経営方針が不十分または不適当であるため、当社事業の成長性・安定性
             が阻害され、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上に重大な支障をきたすおそれが
             あると判断される場合
           i)   大規模買付者の経営陣または主要株主に反社会的勢力と関係を有する者が含まれている場合等、大
             規模買付者が公序良俗の観点から当社の支配株主として著しく不適切であると合理的な根拠をもっ
                                 8/23

                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
             て判断される場合
            上記のとおり例外的に対抗措置を発動することについて判断する場合には、その判断の客観性および
           合理性を担保するため、当社取締役会は、対抗措置の発動に先立ち、独立委員会に対し対抗措置の発動
           の是非について諮問し、独立委員会は対抗措置発動の必要性、相当性を十分検討した上で上記                                            c.ハ   の
           取締役会評価期間内に勧告を行うものとします。当社取締役会は、独立委員会の勧告を最大限尊重した
           上で、対抗措置発動または不発動について判断を行うものとします。
            また、選択した対抗措置の内容によっては、法令および定款の定めに従って株主総会で決議を求める
           こと、あるいは独立委員会の勧告に基づいて株主総会の場で株主承認を求めることがあります。このよ
           うに株主意思確認手続きをとった場合は、株主の皆様の意思を確認の上、対抗措置の発動、不発動の手
           続きが完了するまでは、大規模買付行為は開始できないものとします。
         (ⅲ) 対抗措置発動の停止等について
            上記(ⅰ)または(ⅱ)において、当社が具体的対抗措置を講ずることを決定した後、当該大規模買付者
           が大規模買付行為の撤回または変更を行った場合など対抗措置の発動が適切でないと当社取締役会が判
           断した場合には、独立委員会の意見または勧告を十分に尊重した上で、対抗措置の発動の停止等を行う
           ことがあります。
            例えば、対抗措置として新株予約権の無償割当てを行う場合、当社取締役会において、無償割当てが
           決議され、または、無償割当てが行われた後においても、大規模買付者が大規模買付行為の撤回または
           変更を行うなど対抗措置の発動が適切でないと取締役会が判断した場合には、独立委員会の勧告を受け
           た上で、新株予約権の効力発生日の前日までの間は、新株予約権無償割当ての中止、または新株予約権
           無償割当て後において、行使期間開始日の前日までの間は、当社による当該新株予約権の無償取得の方
           法により対抗措置発動の停止等を行うことができるものとします。
            このような対抗措置発動の停止等を行う場合は、独立委員会が必要と認める事項とともに、法令及び
           当社が上場する金融商品取引所の上場規則等に従い、当該決定について適時・適切に開示します。
         ホ.  本プランによる株主の皆様に与える影響等
         (ⅰ)    大規模買付ルールが株主の皆様に与える影響等
            大規模買付ルールは、株主の皆様が大規模買付行為に応じるか否かを判断するために必要な情報や、
           現に当社の経営を担っている当社取締役会の意見を提供し、株主の皆様が代替案の提示を受ける機会を
           確保することを目的としています。これにより株主の皆様は、十分な情報のもとで、大規模買付行為に
           応じるか否かについて適切な判断をすることが可能となり、そのことが当社の企業価値ひいては株主共
           同の利益の保護につながるものと考えます。従いまして、大規模買付ルールの設定は、株主の皆様が適
           切な投資判断を行う上での前提となるものであり、株主の皆様の利益に資するものであると考えており
           ます。
            なお、上記      ニ  において述べたとおり、大規模買付者が大規模買付ルールを遵守するか否か等により
           大規模買付行為に対する当社の対応方針が異なりますので、株主の皆様におかれましては、大規模買付
           者の動向にご注意ください。
         (ⅱ)    対抗措置発動時に株主の皆様に与える影響
            大規模買付者が大規模買付ルールを遵守しなかった場合または、大規模買付ルールが遵守されている
           場合であっても、大規模買付行為が当社に回復し難い損害をもたらすなど当社の企業価値ひいては株主
           共同の利益を著しく損なうと判断される場合には、当社取締役会は、当社の企業価値ひいては株主共同
           の利益を守ることを目的として、会社法その他の法律及び当社定款により認められている対抗措置をと
           ることがありますが、当該対抗措置の仕組上、株主の皆様(大規模買付ルールを遵守しない大規模買付
           者及び会社に回復し難い損害をもたらすなど当社株主全体の利益を損なうと認められるような大規模買
           付行為を行う大規模買付者を除きます。)が法的権利または経済的側面において格別の損失を被るよう
           な事態が生じることは想定しておりません。当社取締役会が具体的対抗措置をとることを決定した場合
           には、法令及び当社が上場する金融商品取引所の規則に従って適時・適切な開示を行います。
            対抗措置の一つとして、例えば新株予約権の無償割当てを実施する場合には、株主の皆様は引受けの
           申込みを要することなく新株予約権の割当てを受け、また当社が新株予約権の取得の手続をとることに
           より、新株予約権の行使価額相当の金銭を払込むことなく当社による新株予約権の取得の対価として当
           社株式を受領することになるため、申込みや払込み等の手続は必要となりません。但し、この場合当社
           は、新株予約権の割当てを受ける株主の皆様に対し、別途ご自身が大規模買付者等でないこと等を誓約
           する当社所定の書式による書面のご提出を求めることがあります。
                                 9/23

                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
            なお、当社は、新株予約権の割当て期日や新株予約権の効力発生後においても、例えば、大規模買付
           者が大規模買付行為を撤回した等の事情により、新株予約権の行使期間開始日の前日までに、新株予約
           権 の割当てを中止し、または当社が新株予約権に当社株式を交付することなく無償にて新株予約権を取
           得することがあります。これらの場合には、1株あたりの株式の価値の希釈化が生じることを前提にし
           て売付等を行った株主または投資家の皆様は、株価の変動により相応の損害を被る可能性があります。
         ヘ.  本プランの適用開始、有効期限、廃止及び修正・変更

           本プランは、本株主総会における株主の皆様のご承認があった日より発効する事とし、有効期限は2022
          年6月30日までに開催される当社第83回定時株主総会の終結の時までとします。本プランは、有効期間で
          あっても、①当社株主総会において本プランを廃止する旨の決議が行われた場合、②当社取締役会により
          本プランを廃止する旨の決議が行われた場合には、その時点で廃止されるものとします。
           また、本プランの有効期間中であっても、当社取締役会は、企業価値ひいては株主共同の利益の向上の
          観点から随時見直しを行い、株主総会の承認を得て本プランの変更を行うことがあります。このように、
          当社取締役会が本プランについて継続、変更、廃止等の決定を行った場合には、当社取締役会は、その内
          容を速やかに開示します。
           なお、当社取締役会は、本プランの有効期間中であっても、本プランに関する法令、金融商品取引所規
          則等の新設または改廃が行われ、かかる新設または改廃を反映するのが適切である場合、誤字脱字等の理
          由により字句の修正を行うのが適切な場合等、株主の皆様に不利益を与えない場合には、必要に応じて独
          立委員会の承認を得た上で、本プランを修正し、または変更する場合があります。
       ④  取締役会の判断及びその判断に係る理由

        上記②に記載した取り組みは、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に合致し、当社の役員の地位の維持を
       目的とするものではなく、基本方針に沿うものです。
         a .買収防衛策に関する指針の要件を充足していること
          本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した「企業価値・株主共同の利益の確保また
         は向上のための買収防衛策に関する指針」の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原
         則、事前開示・株主意思の原則、必要性・相当性確保の原則)を充足しています。
          また、経済産業省に設置された企業価値研究会が2008年6月30日に発表した報告書「近時の諸環境の変化
         を踏まえた買収防衛策の在り方」及び東京証券取引所が2015年6月1日に公表した「コーポレートガバナン
         ス・コード」の「原則1-5いわゆる買収防衛策」の内容も踏まえたものとなっております。
         b .株主共同の利益の確保・向上の目的をもって継続されていること
          本プランは、上記に記載したとおり、当社株式に対する大規模買付行為がなされた際に、当該大規模買付
         行為に応じるべきか否かを株主の皆様が判断し、あるいは当社取締役会が代替案を提示するために必要な情
         報や時間を確保し、または株主の皆様のために買付者等と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社
         の企業価値ひいては株主共同の利益を確保し、向上させるという目的をもって継続されるものです。
         c .株主意思を反映するものであること
          本プランは、本株主総会での承認により発効することとしており、株主総会において本プランに関する株
         主の皆様のご意思をご確認させていただくため、その継続について株主の皆様のご意向が反映されることと
         なっております。
          また、本プラン継続後、有効期間の満了前であっても、株主総会において本プランを廃止する旨の決議が
         行われた場合には、本プランはその時点で廃止されることになり、株主の皆様のご意向が反映されます。
         d.独立性の高い社外者の判断の重視と情報開示
          本プランにおける対抗措置の発動は、上記                    c.ニ「大規模買付行為が為された場合の対応方針」にて記載し
         たとおり、当社の業務執行を行う経営陣から独立している委員で構成される独立委員会へ諮問し、同委員会
         の勧告を最大限尊重するものとされております。また、その判断の概要については株主の皆様に適宜公表す
         ることとされており、当社の企業価値ひいては株主共同の利益に適うように本プランの透明な運用を担保す
         るための手続も確保されております。
         e.デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと
          本プランは、当社株主総会で選任された取締役で構成される取締役会により、本プランを廃止することが
         可能です。従って、本プランは、デッドハンド型買収防衛策(取締役会の構成員の過半数を交替させてもな
                                10/23


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
         お、発動を阻止できない買収防衛策)ではありません。
          また、当社は、期差任期制を採用していないため、本プランはスローハンド型買収防衛策(取締役会の構
         成員の交代を一度に行うことができないため、その発動を阻止するのに時間を要する買収防衛策)でもあり
         ません。
     (3)  研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間の研究開発費の総額は                      74百万円    であります。
    3  【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                11/23

















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】

     (1)  【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)

                普通株式                          22,000,000

                 計                         22,000,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間末              提出日現在         上場金融商品取引所名

       種類        現在発行数(株)            発行数(株)          又は登録認可金融               内容
               ( 2020年12月31日       )   (2021年2月12日)           商品取引業協会名
                                      東京証券取引所           単元株式数は100株
      普通株式              9,761,276          9,761,276
                                      (市場第一部)            であります。
        計            9,761,276          9,761,276           ―            ―
     (2)  【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)  【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)  【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金

                              資本金増減額        資本金残高
        年月日        総数増減数        総数残高                      増減額        残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (千株)       (千株)                     (百万円)       (百万円)
     2020年10月1日~
                     -      9,761         -     11,658         -      7,590
     2020年12月31日
     (5)  【大株主の状況】

        当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                12/23






                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     (6)  【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】

                                              2020年9月30日       現在
           区分            株式数(株)           議決権の数(個)               内容
    無議決権株式                     ―            ―            ―

    議決権制限株式(自己株式等)                     ―            ―            ―

    議決権制限株式(その他)                     ―            ―            ―

                    (自己保有株式)
    完全議決権株式(自己株式等)                                 ―            ―
                     普通株式        9,400
                     普通株式      9,629,800
    完全議決権株式(その他)                                     96,298         ―
                     普通株式       122,076

    単元未満株式                                 ―            ―
    発行済株式総数                      9,761,276           ―            ―

    総株主の議決権                     ―                96,298         ―

    (注)単元未満株式には、当社所有の自己株式7株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              2020年9月30日       現在
                                                    発行済株式
                                 自己名義       他人名義
       所有者の氏名                                             総数に対する
                                             所有株式数の
                     所有者の住所            所有株式数       所有株式数
                                              合計(株)
        又は名称                                             所有株式数
                                  (株)       (株)
                                                    の割合(%)
    (自己保有株式)
                東京都港区港南二丁目5番7号                   9,400      ―        9,400       0.09
    スターゼン株式会社
         計              ―            9,400      ―        9,400       0.09
    2  【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                13/23









                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
    1.四半期連結財務諸表の作成方法について

      当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007年内閣府令第
     64号)に基づいて作成しております。
    2.監査証明について

      当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年
     12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表につ
     いて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                14/23

















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    1  【四半期連結財務諸表】
     (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     資産の部
      流動資産
        現金及び預金                                9,232              15,027
                                                   ※3  45,248
        受取手形及び売掛金                                31,999
        商品及び製品                                26,841              24,372
        仕掛品                                  423              387
        原材料及び貯蔵品                                2,474              1,247
        前渡金                                7,197              6,580
        その他                                2,073              1,368
                                         △ 9             △ 15
        貸倒引当金
        流動資産合計                                80,232              94,216
      固定資産
        有形固定資産
         建物及び構築物(純額)                               12,078              13,283
         土地                               10,678              10,678
                                        6,156              5,710
         その他(純額)
         有形固定資産合計                               28,912              29,672
        無形固定資産
         のれん                                 18               9
                                         828              888
         その他
         無形固定資産合計                                847              897
        投資その他の資産
         投資有価証券                               13,061              14,415
                                        2,866              2,243
         その他
                                     ※1  15,927            ※1  16,658
         投資その他の資産合計
        固定資産合計                                45,687              47,228
      繰延資産                                    12               8
      資産合計                                 125,932              141,453
                                15/23









                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
                                                  (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
     負債の部
      流動負債
        買掛金                                15,245              17,872
        短期借入金                                8,208              11,203
        1年内償還予定の社債                                1,000                -
        1年内返済予定の長期借入金                                8,273              9,908
        未払法人税等                                1,219               403
        賞与引当金                                1,553               774
                                        9,195              11,578
        その他
        流動負債合計                                44,695              51,740
      固定負債
        社債                                2,100              2,100
        長期借入金                                22,023              25,231
        退職給付に係る負債                                2,010              2,037
        債務保証損失引当金                                  -              19
                                        2,791              2,708
        その他
        固定負債合計                                28,926              32,097
      負債合計                                 73,621              83,837
     純資産の部
      株主資本
        資本金                                11,658              11,658
        資本剰余金                                12,513              12,511
        利益剰余金                                27,516              32,464
                                         △ 9             △ 42
        自己株式
        株主資本合計                                51,678              56,591
      その他の包括利益累計額
        その他有価証券評価差額金                                  900             1,408
        繰延ヘッジ損益                                  98             △ 30
        為替換算調整勘定                                △ 245             △ 283
                                        △ 121              △ 80
        退職給付に係る調整累計額
        その他の包括利益累計額合計                                  631             1,013
      非支配株主持分                                    -              10
      純資産合計                                 52,310              57,616
     負債純資産合計                                  125,932              141,453
                                16/23








                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
      【四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     売上高                                  268,535              270,450
                                       244,431              243,719
     売上原価
     売上総利益                                   24,104              26,731
     販売費及び一般管理費                                   20,420              20,734
     営業利益                                   3,684              5,996
     営業外収益
      受取利息                                    6              1
      受取配当金                                   104              110
      持分法による投資利益                                   608             1,049
      不動産賃貸料                                   323              303
      受取保険金及び配当金                                   370              249
                                         409              509
      その他
      営業外収益合計                                  1,822              2,224
     営業外費用
      支払利息                                   223              209
      不動産賃貸費用                                   115               98
                                         113              139
      その他
      営業外費用合計                                   452              447
     経常利益                                   5,054              7,773
     特別利益
      固定資産売却益                                    0              0
                                          5              -
      関係会社株式売却益
      特別利益合計                                    6              0
     特別損失
      固定資産売却損                                    3              1
      固定資産除却損                                    61              18
      減損損失                                   780               20
      投資有価証券売却損                                    -              49
                                          -              114
      関係会社株式評価損
      特別損失合計                                   845              203
     税金等調整前四半期純利益                                   4,214              7,570
     法人税、住民税及び事業税
                                        1,304              1,178
                                         173              359
     法人税等調整額
     法人税等合計                                   1,477              1,538
     四半期純利益                                   2,736              6,031
     非支配株主に帰属する四半期純利益                                      4              10
     親会社株主に帰属する四半期純利益                                   2,732              6,021
                                17/23






                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
      【四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     四半期純利益                                   2,736              6,031
     その他の包括利益
      その他有価証券評価差額金                                  △ 19              487
      繰延ヘッジ損益                                    34             △ 128
      為替換算調整勘定                                  △ 39             △ 14
      退職給付に係る調整額                                    4              15
                                          27              21
      持分法適用会社に対する持分相当額
      その他の包括利益合計                                    7             382
     四半期包括利益                                   2,744              6,414
     (内訳)
      親会社株主に係る四半期包括利益                                  2,739              6,403
      非支配株主に係る四半期包括利益                                    4              10
                                18/23















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     【注記事項】
      (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
      (連結の範囲の変更)
       第1四半期連結会計期間において、連結子会社であったスターゼン販売株式会社及び株式会社ゼンチク販売は当
      社を存続会社とする吸収合併により消滅しております。
      (追加情報)

     (新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響に関する会計上の見積り)
       前連結会計年度においては、「外出自粛による経済停滞の影響が2021年3月期の一定期間にわたり継続する」と
      仮定しておりましたが、昨今の新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、見直しを実施した結果、「当第3四半期連
      結会計期間末以降、一定期間にわたり継続する」との仮定に変更し、会計上の見積りを行っております。
       この結果、四半期連結財務諸表への影響はありません。
      (四半期連結貸借対照表関係)

    ※1    資産の金額から直接控除している貸倒引当金の額
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                           ( 2020年3月31日       )         ( 2020年12月31日       )
       投資その他の資産                       93 百万円                63 百万円
     2    保証債務

       連結会社以外の会社の金融機関等からの借入に対して、債務保証を行っております。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                           ( 2020年3月31日       )         ( 2020年12月31日       )
       株式会社栗原農場                     1,152   百万円              1,152   百万円
       株式会社阿久根食肉流通センター                     1,119    〃             1,274    〃
       株式会社雲仙有明ファーム                      886   〃              833   〃
       北海道はまなか肉牛牧場株式会社                      800   〃              733   〃
       株式会社北村ファーム                      560   〃              560   〃
       有限会社八戸農場                      510   〃              456   〃
       その他                      488   〃              660   〃
              計              5,517   百万円              5,669   百万円
    ※3    四半期連結会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。

       なお、当第3四半期連結会計期間末日が金融機関の休日であったため、次の四半期連結会計期間末日満期手形
      が、四半期連結会計期間末残高に含まれております。
                            前連結会計年度              当第3四半期連結会計期間
                           ( 2020年3月31日       )         ( 2020年12月31日       )
       受取手形                       - 百万円                26 百万円
      (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

      当第3四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第3四半期
     連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次のとお
     りであります。
                         前第3四半期連結累計期間                 当第3四半期連結累計期間
                          (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                           至   2019年12月31日       )       至   2020年12月31日       )
       減価償却費                     2,108   百万円              2,016   百万円
       のれんの償却額                      103   〃               9  〃
                                19/23



                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
      (株主資本等関係)
      前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日        至    2019年12月31日       )
       配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2019年6月27日
              普通株式         1,168       120.00    2019年3月31日         2019年6月28日         利益剰余金
    定時株主総会
      当第3四半期連結累計期間(自                2020年4月1日        至    2020年12月31日       )

       配当金支払額
                    配当金の総額        1株当たり
       決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                     (百万円)       配当額(円)
    2020年6月26日
              普通株式         1,073       110.00    2020年3月31日         2020年6月29日         利益剰余金
    定時株主総会
      (セグメント情報等)

      【セグメント情報】
      前第3四半期連結累計期間(自                2019年4月1日         至   2019年12月31日)及び当第3四半期連結累計期間(自                          2020年
      4月1日      至   2020年12月31日)
       当社は、生産肥育から食肉の処理加工、製造、販売に至るまでの事業を主に国内で行う「食肉関連事業」を中心
      に事業活動を展開しており、報告セグメントは「食肉関連事業」のみであるため、セグメント情報の記載を省略し
      ております。
      (1株当たり情報)

      1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎並びに潜在株式調整後1株当たり四半期純利益及び算定上の基礎は、以
     下のとおりであります。
                                前第3四半期連結累計期間              当第3四半期連結累計期間
                                 (自    2019年4月1日           (自    2020年4月1日
                 項目
                                 至   2019年12月31日       )    至   2020年12月31日       )
     (1)  1株当たり四半期純利益
                                       280円54銭              617円46銭
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益(百万円)                                   2,732              6,021

      普通株主に帰属しない金額(百万円)                                     -              -

      普通株式に係る親会社株主に帰属する
                                         2,732              6,021
      四半期純利益(百万円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                                 9,739,570              9,751,342
     (2)  潜在株式調整後1株当たり四半期純利益

                                       263円71銭                 -
     (算定上の基礎)

      親会社株主に帰属する四半期純利益調整額(百万円)                                     -              -

      普通株式増加数(株)                                  621,780                -

     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり

     四半期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式で、前                                      -              -
     連結会計年度末から重要な変動があったものの概要
    (注)当第3四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式が存在しないため記

       載しておりません。
    2  【その他】

       該当事項はありません。
                                20/23


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
     該当事項はありません。

                                21/23



















                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年2月12日

    スターゼン株式会社
     取 締 役 会  御 中
                         EY新日本有限責任監査法人

                          東 京 事 務 所
                          指定有限責任社員
                                      公認会計士      伊 藤 栄 司           印
                          業務執行社員
                          指定有限責任社員

                                      公認会計士      大 野 祐 平           印
                          業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているスターゼン株式
    会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020年
    12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、
    すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レ
    ビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認
    められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、スターゼン株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在の財政
    状態及び同日をもって終了する第3四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての
    重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠
    を入手したと判断している。
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結
    財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸
    表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが
    適切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて
    継続企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
    る。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半
    期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通
    じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
     ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して
     実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認
                                22/23


                                                          EDINET提出書類
                                                      スターゼン株式会社(E02574)
                                                            四半期報告書
     められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥
     当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められな
     い かどうか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書
     において四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の
     注記事項が適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
     いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、
     企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作
     成基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結
     財務諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと
     信じさせる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監
     査人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で
     監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要
    な発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、
    並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガー
    ドを講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                       以   上
     (注)   1.  上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                23/23










PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2023年2月15日

2023年1月より一部報告書の通知、表示が旧社名で通知、表示される現象が発生しておりました。対応を行い現在は解消しております。

2023年2月15日

メール通知設定可能件数を15件から25件に変更しました。

2023年1月7日

2023年分の情報が更新されない問題、解消しました。

2023年1月6日

2023年分より情報が更新されない状態となっております。原因調査中です。

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。