日清食品ホールディングス株式会社 四半期報告書 第73期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第73期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 日清食品ホールディングス株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2021年2月3日
     【四半期会計期間】                   第73期第3四半期(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                   日清食品ホールディングス株式会社
     【英訳名】                   NISSIN    FOODS   HOLDINGS     CO.,LTD.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  安藤 宏基
     【本店の所在の場所】                   大阪市淀川区西中島四丁目1番1号
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                         行っております。)
     【電話番号】                   該当事項はありません。
     【事務連絡者氏名】                   該当事項はありません。
     【最寄りの連絡場所】                   東京都新宿区新宿六丁目28番1号
     【電話番号】                   (03)3205-5111(代表)
     【事務連絡者氏名】                   取締役・CFO(グループ財務責任者)                   兼  常務執行役員  横山 之雄
     【縦覧に供する場所】                   日清食品ホールディングス株式会社 東京本社
                         (東京都新宿区新宿六丁目28番1号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/33












                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第72期           第73期
              回次              第3四半期連結           第3四半期連結             第72期
                              累計期間           累計期間
                           自2019年4月1日           自2020年4月1日           自2019年4月1日

             会計期間
                           至2019年12月31日           至2020年12月31日           至2020年3月31日
                                 348,044           373,859           468,879
     売上収益
                    (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                           ( 126,683    )       ( 132,727    )
     税引前四半期利益又は税引前利
                    (百万円)             36,973           50,679           42,650
     益
     親会社の所有者に帰属する四半
                                 25,648           36,281           29,316
     期(当期)利益               (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 12,178   )        ( 14,307   )
     親会社の所有者に帰属する四半
                    (百万円)             21,619           52,634           12,444
     期(当期)包括利益
                    (百万円)            337,169           369,595           327,994
     親会社の所有者に帰属する持分
                    (百万円)            589,849           649,748           576,621

     資産合計
     基本的1株当たり四半期(当
                                 246.23           348.28           281.45
     期)利益                (円)
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 116.91   )        ( 137.34   )
     希薄化後1株当たり四半期(当
                     (円)            244.90           346.29           279.93
     期)利益
                     (%)             57.2           56.9           56.9
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動によるキャッシュ・フ
                    (百万円)             41,411           52,571           57,533
     ロー
     投資活動によるキャッシュ・フ
                    (百万円)            △ 32,413          △ 28,445          △ 40,413
     ロー
     財務活動によるキャッシュ・フ
                    (百万円)            △ 7,060          △ 16,599          △ 10,142
     ロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                    (百万円)             57,539           68,796           60,163
     (期末)残高
    (注)1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
          載しておりません。
        2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
        3.上記指標は、国際会計基準(以下「IFRS」という。)により作成された要約四半期連結財務諸表及び連結財務
          諸表に基づいております。
     2【事業の内容】

        当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
       要な変更はありません。
        また、主要な関係会社の異動は、以下のとおりであります。
        <その他>

        その他の区分において、持分法適用会社であった株式会社湖池屋の株式を追加取得し、連結子会社化しました。
                                 2/33




                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第3四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。
       また、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

      (1) 経営成績の状況
       当第3四半期連結累計期間の業績は、売上収益では前年同期比                              7.4%増の3,738億59百万円となりました。利益面で
      は、営業利益は前年同期比40.6%増の499億66百万円、税引前四半期利益は前年同期比37.1%増の506億79百万円、親
      会社の所有者に帰属する四半期利益は、前年同期比41.5%増の362億81百万円となりました。
       当社グループは2017年3月期からの5ヵ年を対象とする「中期経営計画2020」に基づき、                                          「本業で稼ぐ力」と「資
      本市場での価値」の向上を実現すべく                 、戦略テーマである①グローバルブランディングの促進、②海外重点地域への
      集中、③国内収益基盤の盤石化、④第2の収益の柱の構築、⑤グローバル経営人材の育成・強化に取り組んでおりま
      す。
       <連結業績>

                                                   (単位:百万円)
                      2020年3月期             2021年3月期              対前年同期比
            区分
                    自 2019年4月1日             自 2020年4月1日
                                                       %
                                               金額
                    至 2019年12月31日             至 2020年12月31日
                           348,044             373,859        25,814         7.4
       売上収益
                            35,533             49,966        14,433         40.6

       営業利益
                            36,973             50,679        13,706         37.1

       税引前四半期利益
       親会社の所有者に帰属
                            25,648             36,281        10,632         41.5
       する四半期利益
       報告セグメント別の業績の概況は、以下のとおりです。

       ①日清食品
        日清食品㈱の販売状況は、カップめん類、袋めん類が売上を伸ばし、前年同期比で増収となりました。カップめ
       ん類では、「あっさりおいしいカップヌードル」シリーズ、「あっさりおだしがおいしいどん兵衛」シリーズの売
       上が引き続き好調だった事に加え、日本歴代映画興行収入1位を獲得した“鬼滅の刃”とのコラボ商品である「チ
       キンラーメンどんぶり」「出前一丁どんぶり」「チキンラーメンの油そば」の限定パッケージ品が売上に大きく貢
       献しました。袋めん類では、「チキンラーメン」、「出前一丁」、「日清焼そば」シリーズが売上を伸ばしたほ
       か、寒い時期に向け〆の鍋ラ王として提案された「日清ラ王」シリーズの売上も好調でした。また2020年9月に発
       売した若年ファミリー向けの3食入り袋めん「日清これ絶対うまいやつ!」シリーズも引き続き売上に貢献しまし
       た。カップめん類、袋めん類ともに平時の需要に加え、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた外出自粛による
       商品需要の増加も売上に貢献しました。利益面では、関西工場稼働に伴う減価償却費の増加、物流費の上昇等があ
       りましたが、増収効果により増益となりました。
        この結果、報告セグメントにおける日清食品の売上収益は、前年同期比                                 2.8%増    の 1,549億17百万円        となり、    セグ
       メント利益     は、前年同期比       18.5%増    の 265億65百万円       となりました。
                                 3/33






                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
       ②明星食品
        明星食品㈱の販売状況は、袋めん類では、主要ブランドの「明星                              チャルメラ」が「宮崎辛麺」の好調もあり伸
       長したほか、新ブランド「明星               麺神(めがみ)」の発売も寄与し、前年同期比で増収となりました。カップめん類
       においては、「明星          一平ちゃん夜店の焼そば」シリーズが堅調に推移し、新ブランド「明星                                 麺神」が貢献したも
       のの、新型コロナウイルス禍の影響でCVS向けが苦戦し、前年を僅かに下回りました。
        利益面では、販売数量増加による増収と促進費や一般管理費等の減少、広告費の投入時期見直し等により、前年
       同期比で増益となりました。
        この結果、報告セグメントにおける明星食品の売上収益は、前年同期比                                 4.0%増    の 280億35百万円       となり、    セグメ
       ント利益    は、前年同期比       27.0%増    の 30億80百万円      となりました。
       ③低温事業

        日清食品チルド㈱の販売状況は、新型コロナウイルス感染症拡大による需要の増加により主力ブランド「行列の
       できる店のラーメン」、「つけ麺の達人」、「日清のラーメン屋さん」、「まぜ麺の匠」、「日清の太麺焼そば」
       の各シリーズを中心に引き続き売上が伸長し、前年同期比で増収増益となりました。
        日清食品冷凍㈱の販売状況は、主力商品である「冷凍                          日清もちっと生パスタ」、「冷凍                日清スパ王プレミア
       ム」、「冷凍       日清中華」、「冷凍          日清具多」の各シリーズが順調に売上を伸ばし、また、新型コロナウイルスの
       感染症の拡大による需要の増加もあり、前年同期比で増収となりました。利益面では、増収効果や増産に伴う生産
       性の向上により前年同期比で増益となりました。
        この結果、報告セグメントにおける低温事業の売上収益は、前年同期比                                 8.2%増    の 464億25百万円       となり、    セグメ
       ント利益    は、前年同期比       104.6%増     の 30億29百万円      となりました。
       ④米州地域

        米州地域においては、既存商品の収益力の向上に加え、新たな需要の創造に向けた付加価値商品の提案強化に取
       り組んでおります。
        売上につきましては、ブラジルでは主力商品の「Nissin                            Lamen」が引き続き好調に推移したことに加え「CUP
       NOODLES」の売上も伸長しました。また、新型コロナウイルス感染症の拡大による需要の増加も売上に貢献しまし
       た。米国においても新型コロナウイルス感染症の拡大により普及価格帯商品の売上が好調に推移し、また高価格帯
       商品も新製品が好調に推移し大幅に伸長したことによりセグメント全体で増収となりました。利益につきまして
       は、売上増、高価格帯商品の販売増等の増収効果により増益となりました。
        この結果、報告セグメントにおける米州地域の売上収益は、前年同期比                                 9.9%増    の 532億83百万円       となり、    セグメ
       ント利益    は、前年同期比       10.4%増    の 39億89百万円      となりました。
       ⑤中国地域

        中国地域においては、中国大陸での高付加価値商品市場が拡大しており、販売エリア拡大と中国版カップヌード
       ル「合味道」のブランド強化に取り組んでおります。また、                            新型コロナウイルス感染症により、自宅での喫食機会
       が増加し、需要が更に拡大しました。こうした状況の下                          、売上収益につきましては中国大陸及び香港における「                          合
       味道」や「出前一丁」のブランドを中心とした伸びが寄与し、前年同期比で増収となりました。                                            利益につきまして
       は中国大陸及び香港における販売数量の増加及びそれに伴うコスト低減により、前年同期比で増益となりました。
        この結果、報告セグメントにおける中国地域の売上収益は、前年同期比                                  13.4%増    の 353億32百万円       となり、    セグメ
       ント利益    は、前年同期比       32.2%増    の 40億17百万円      となりました。
        また、報告セグメントに含まれない事業セグメントである国内の菓子事業、飲料事業等及び欧州地域、アジア地

       域を含んだ「その他」の売上             収益は前年同期比17.0%増の558億64百万円となり、セグメント利益は、前年同期比
       37.6%増の92億47百万円となりました。
                                 4/33






                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      (2) 財政状態の状況
        当第3四半期連結会計期間末の当社グループの資産合計は、                             前連結会計年度末に比べ           731億26百万円増加         し、
       6,497億48百万円        となりました。当第3四半期連結会計期間末の資産、負債及び資本の状況は次のとおりでありま
       す。
        資産の増加につきましては、主に非流動資産のその他の金融資産が273億86百万円、有形固定資産が138億17百万
       円、営業債権及びその他の債権が135億79百万円増加したことによるものであります。
        負債につきましては、           前連結会計年度末に比べ           217億53百万円増加         し、  2,443億12百万円        となりました。これは主
       に営業債務及びその他の債務が154億9百万円、繰延税金負債が45億4百万円増加したことによるものであります。
        資本は、     前連結会計年度末に比べ           513億72百万円増加         し、  4,054億35百万円        となりました。これは主に利益剰余金
       が248億59百万円、その他の資本の構成要素が167億38百万円増加したことによるものであります。
        この結果、親会社所有者帰属持分比率は前連結会計年度末の56.9%から56.9%となりました。
      (3) キャッシュ・フローの状況

        当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、資金という。)は、前第3四半期連結累計期間
       における4億13百万円の増加から、86億32百万円の増加となりました。当第3四半期連結累計期間における各
       キャッシュ・フローの状況は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                            前第3四半期連結累計期間             当第3四半期連結累計期間
                区分                                       増減額
                             自 2019年4月1日             自 2020年4月1日
                             至 2019年12月31日             至 2020年12月31日
                                     41,411             52,571       11,159
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                    △32,413             △28,445        3,968

       投資活動によるキャッシュ・フロー
                                    △7,060            △16,599       △9,538

       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                    △1,523              1,106       2,629

       現金及び現金同等物に係る換算差額
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                               413            8,632       8,218

                                     57,125             60,163       3,037

       現金及び現金同等物の期首残高
                                     57,539             68,796       11,256

       現金及び現金同等物の四半期末残高
      (営業活動によるキャッシュ・フロー)

       営業活動による資金の増加は525億71百万円(前年同期比111億59百万円の資金の増加)となりました。これは主に
      段階取得に係る差損益により45億89百万円減少したものの、税引前四半期利益が137億6百万円増加したことによる
      ものであります。
      (投資活動によるキャッシュ・フロー)

       投資活動による資金の減少は284億45百万円(前年同期比39億68百万円の資金の増加)となりました。これは主に
      定期預金の預入による支出の増加により資金が92億3百万円減少したものの、有形固定資産の取得による支出の減少
      により資金が56億96百万円、有価証券の取得による支出の減少により資金が37億11百万円増加したことによるもので
      あります。
      (財務活動によるキャッシュ・フロー)

       財務活動による資金の減少は165億99百万円(前年同期比95億38百万円の資金の減少)となりました。これは主に
      短期借入金の純増減額が212億59百万円増加したものの、長期借入金による収入が292億60百万円減少したことによる
      ものであります。
      (4) 経営方針・経営戦略等

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあり
      ません。
                                 5/33



                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      (5) 事業上及び財務上の対処すべき課題
       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
      (6) 研究開発活動

       当第3四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発活動の金額は、56億68百万円であります。
       なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 6/33

















                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 500,000,000

                  計                               500,000,000

        ②【発行済株式】

             第3四半期会計期間末               提出日現在
                                     上場金融商品取引所名
              現在発行数(株)             発行数(株)
       種類                              又は登録認可金融商品                内容
             (2020年12月31日)            (2021年2月3日)            取引業協会名
                                                 権利内容になんら制限
                                      東京証券取引所            のない標準となる株式
                105,700,000            105,700,000
      普通株式
                                      市場第一部            であり、単元株式数は
                                                 100株であります。
                105,700,000            105,700,000              -            -
       計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】
          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                                                     資本準備金
                 発行済株式       発行済株式                      資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                                               残高
                 総数増減数        総数残高                       増減額
                               (百万円)       (百万円)
                 (株)       (株)                     (百万円)
                                                     (百万円)
      2020年10月1日~
                     -   105,700,000            -     25,122         -     48,370
      2020年12月31日
      (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 7/33








                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
           当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                  2020年12月31日現在
                       株式数(株)           議決権の数(個)
           区分                                       内容
                               -           -         -
     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                          -           -         -
     議決権制限株式(その他)                          -           -         -

     完全議決権株式(自己株式等)                       1,527,900              -         -

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                      104,046,000           1,040,460             -
                     普通株式
                             126,100             -         -
     単元未満株式                普通株式
                           105,700,000               -         -
     発行済株式総数
                               -      1,040,460             -
     総株主の議決権
     (注) 「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、証券保管振替機構名義の株式が100株含まれております。
          また、「議決権の数」欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1個が含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年12月31日現在
                                自己名義      他人名義      所有株式数      発行済株式総数に
                               所有株式数      所有株式数        の合計     対する所有株式数
      所有者の氏名又は名称               所有者の住所
                                (株)      (株)      (株)      の割合(%)
                  大阪市淀川区西中島
     日清食品ホールディングス
                                1,527,900          -   1,527,900            1.44
                  4-1-1
     株式会社
                        -        1,527,900          -   1,527,900            1.44
           計
     2【役員の状況】

      該当事項はありません。
                                 8/33








                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
      閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」(IAS第34号)に準拠して作成しており
      ます。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から2020
      年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
      務諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 9/33

















                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                   (単位:百万円)
                                                 当第3四半期
                                 前連結会計年度
                                                 連結会計期間
                           注記
                                (2020年3月31日)
                                                (2020年12月31日)
     資産
      流動資産
                                         60,163               68,796
       現金及び現金同等物
                                         77,932               91,511
       営業債権及びその他の債権
                                         32,454               38,262
       棚卸資産
                                         2,701                838
       未収法人所得税
                            10             10,273               12,185
       その他の金融資産
                                         4,258               6,833
       その他の流動資産
                                        187,784               218,427
       流動資産合計
      非流動資産
                                        240,063               253,880
       有形固定資産
                                         3,806               12,264
       のれん及び無形資産
                                         7,108               7,365
       投資不動産
                                         47,436               40,302
       持分法で会計処理されている投資
                            10             77,209               104,596
       その他の金融資産
                                         12,844               12,388
       繰延税金資産
                                          368               522
       その他の非流動資産
                                        388,837               431,320
       非流動資産合計
                                        576,621               649,748
      資産合計
                                10/33












                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)

                                                 当第3四半期
                                 前連結会計年度
                                                 連結会計期間
                           注記
                                (2020年3月31日)
                                                (2020年12月31日)
     負債及び資本
      負債
       流動負債
                                        104,815               120,225
        営業債務及びその他の債務
                            10             6,631               6,314
        借入金
                                          337               258
        引当金
                                         6,294               7,829
        未払法人所得税
                            10             3,418               3,852
        その他の金融負債
                                         20,183               17,614
        その他の流動負債
                                        141,681               156,095
        流動負債合計
       非流動負債
                            10             41,630               42,099
        借入金
                            10             18,350               18,356
        その他の金融負債
                                         5,828               7,910
        退職給付に係る負債
                                          207               197
        引当金
                                         12,393               16,898
        繰延税金負債
                                         2,467               2,754
        その他の非流動負債
                                         80,877               88,217
        非流動負債合計
       負債合計                                 222,558               244,312
      資本
                                         25,122               25,122
       資本金
                                         50,639               50,638
       資本剰余金
                                        △ 6,660              △ 6,656
       自己株式
                                         12,275               29,014
       その他の資本の構成要素
                                        246,616               271,476
       利益剰余金
       親会社の所有者に帰属する持分合計                                 327,994               369,595
                                         26,068               35,839
       非支配持分
                                        354,063               405,435
       資本合計
                                        576,621               649,748
      負債及び資本合計
                                11/33









                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書及び要約四半期連結包括利益計算書】
        【要約四半期連結損益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                            注記
                                  至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                            5,8             348,044              373,859
     売上収益
                                         222,152              236,866
     売上原価
     売上総利益                                    125,892              136,993
                                          94,310              96,488

     販売費及び一般管理費
                                          3,533              4,532
     持分法による投資利益
                             6              1,139              6,196
     その他の収益
                                           720             1,267
     その他の費用
                             5
     営業利益                                     35,533              49,966
                                          2,153              1,633

     金融収益
                                           713              920
     金融費用
     税引前四半期利益                                     36,973              50,679
                                          9,994              12,464
     法人所得税費用
                                          26,978              38,215
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          25,648              36,281
      親会社の所有者
                                          1,330              1,934
      非支配持分
                                          26,978              38,215
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                       9             246.23              348.28
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                       9             244.90              346.29
                                12/33










                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                            注記
                                  至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                             5             126,683              132,727
     売上収益
                                          79,369              84,730
     売上原価
                                          47,314              47,996
     売上総利益
                                          33,008              36,072

     販売費及び一般管理費
                                          1,455              1,533
     持分法による投資利益
                             6               189             5,104
     その他の収益
                                           139              436
     その他の費用
                             5
                                          15,811              18,125
     営業利益
                                           934              607

     金融収益
                                           199              201
     金融費用
     税引前四半期利益                                     16,545              18,531
                                          3,947              3,719
     法人所得税費用
                                          12,597              14,812
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                          12,178              14,307
      親会社の所有者
                                           419              505
      非支配持分
                                          12,597              14,812
      四半期利益
     1株当たり四半期利益

      基本的1株当たり四半期利益(円)                       9             116.91              137.34
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)                       9             116.28              136.55
                                13/33










                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        【要約四半期連結包括利益計算書】
         【第3四半期連結累計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                  至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                          26,978              38,215
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                         △ 2,922              21,647
       する資本性金融資産
                                             1              -
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                            88             △ 24
       に対する持分
                                         △ 2,832              21,622
       純損益に振り替えられることのない項目合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                            △ 6              12
       する負債性金融資産
                                           △ 15             △ 31
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                         △ 2,236              △ 596
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                            635            △ 4,660
       に対する持分
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                         △ 1,623             △ 5,275
       合計
      税引後その他の包括利益
                                         △ 4,455              16,346
                                          22,522              54,562
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                          21,619              52,634
      親会社の所有者
                                            903             1,927
      非支配持分
                                          22,522              54,562
      四半期包括利益
                                14/33









                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
         【第3四半期連結会計期間】
                                                   (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                  至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
                                          12,597              14,812
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                           4,344              1,436
       する資本性金融資産
                                             1              -
       確定給付制度の再測定
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                             1             △ 69
       に対する持分
       純損益に振り替えられることのない項目合計                                    4,347              1,367
      純損益に振り替えられる可能性のある項目

       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                            △ 8              2
       する負債性金融資産
                                            10             △ 11
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                           2,702              1,133
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                           △ 92           △ 2,221
       に対する持分
       純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                           2,612             △ 1,096
       合計
      税引後その他の包括利益
                                           6,960               270
                                          19,558              15,083
     四半期包括利益
     四半期包括利益の帰属

                                          18,664              14,507
      親会社の所有者
                                            893              576
      非支配持分
                                          19,558              15,083
      四半期包括利益
                                15/33










                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      (3)【要約四半期連結持分変動計算書】
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                           その他の資本の構成要素

                                                      その他の包

                                                  キャッ
                 注記
                      資本金     資本剰余金      自己株式           在外営業活           括利益を通
                                                 シュ・フ
                                     新株予約権      動体の換算           じて公正価
                                                 ロー・ヘッ
                                             差額          値で測定す
                                                   ジ
                                                      る金融資産
                      25,122      50,614     △ 6,718      2,110     △ 4,656        3   31,749
     2019年4月1日 残高
                        -      -      -      -      -      -      -
     四半期利益
                        -      -      -      -   △ 1,821       △ 4   △ 2,927
     その他の包括利益
      四半期包括利益合計                  -      -      -      -   △ 1,821       △ 4   △ 2,927
                        -      -     △ 5     -      -      -      -

     自己株式の取得
                        -      27      46     △ 73      -      -      -
     自己株式の処分
                  7      -      -      -      -      -      -      -
     配当金
                        -      -      -     270      -      -      -
     株式に基づく報酬取引
     支配継続子会社に対する
                        -      2     -      -      -      -      -
     持分変動
     その他の資本の構成要素
                        -      -      -      -      -      -      46
     から利益剰余金への振替
                        -      -      -      -      -      -      -
     その他の増減
                        -      29      40     196      -      -      46
      所有者との取引額合計
                      25,122      50,644     △ 6,677      2,307     △ 6,477       △ 1   28,868
     2019年12月31日 残高
                           親会社の所有者に帰属する持分

                       その他の資本の構成要素

                          持分法適用                       非支配持分       合計

                 注記
                          会社におけ           利益剰余金       合計
                     確定給付制
                          るその他の       合計
                     度の再測定
                          包括利益に
                          対する持分
                        -      28    29,235     228,526      326,781      25,764     352,545
     2019年4月1日 残高
                        -      -      -    25,648      25,648      1,330     26,978
     四半期利益
                         1     724    △ 4,028       -   △ 4,028      △ 427    △ 4,455
     その他の包括利益
                         1     724    △ 4,028     25,648      21,619       903    22,522
      四半期包括利益合計
                        -      -      -      -     △ 5     -     △ 5

     自己株式の取得
                        -      -     △ 73      -      0     -      0
     自己株式の処分
                  7      -      -      -   △ 11,457     △ 11,457      △ 675   △ 12,132
     配当金
                        -      -     270      -     270      -     270
     株式に基づく報酬取引
     支配継続子会社に対する
                        -      -      -      -      2     313      315
     持分変動
     その他の資本の構成要素
                        △ 1     △ 9     36     △ 36      -      -      -
     から利益剰余金への振替
                        -      -      -     △ 40     △ 40     △ 42     △ 83
     その他の増減
                        △ 1     △ 9     233   △ 11,534     △ 11,231      △ 404   △ 11,635
      所有者との取引額合計
                        -     743    25,440     242,639      337,169      26,263     363,432
     2019年12月31日 残高
                                16/33



                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
           当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                 親会社の所有者に帰属する持分
                                           その他の資本の構成要素

                                                      その他の包

                                                  キャッ
                 注記
                      資本金     資本剰余金      自己株式           在外営業活           括利益を通
                                                 シュ・フ
                                     新株予約権      動体の換算           じて公正価
                                                 ロー・ヘッ
                                             差額          値で測定す
                                                   ジ
                                                      る金融資産
                      25,122      50,639     △ 6,660      2,292    △ 12,057        17    19,879
     2020年4月1日 残高
                        -      -      -      -      -      -      -
     四半期利益
                        -      -      -      -    △ 553     △ 31    21,623
     その他の包括利益
                        -      -      -      -    △ 553     △ 31    21,623
      四半期包括利益合計
                        -      -     △ 3     -      -      -      -

     自己株式の取得
                        -      0      7     △ 7     -      -      -
     自己株式の処分
                  7      -      -      -      -      -      -      -
     配当金
                        -      -      -     362      -      -      -
     株式に基づく報酬取引
                  6      -      -      -      -      -      -      -
     企業結合による変動
     支配継続子会社に対する
                        -      -      -      -      -      -      -
     持分変動
     その他の資本の構成要素
                        -      -      -      -      -      -      18
     から利益剰余金への振替
                        -     △ 1     -      -      -      -      -
     その他の増減
                        -     △ 1      3     354      -      -      18
      所有者との取引額合計
                      25,122      50,638     △ 6,656      2,647    △ 12,611       △ 14    41,521
     2020年12月31日 残高
                        親会社の所有者に帰属する持分

                    その他の資本の構成要素

                     持分法適用                      非支配持分       合計

                 注記
                     会社におけ           利益剰余金       合計
                     るその他の       合計
                     包括利益に
                     対する持分
                       2,143     12,275     246,616      327,994      26,068     354,063
     2020年4月1日 残高
                        -      -    36,281      36,281      1,934     38,215
     四半期利益
                      △ 4,684     16,353        -    16,353       △ 6   16,346
     その他の包括利益
                      △ 4,684     16,353      36,281      52,634      1,927     54,562
      四半期包括利益合計
                        -      -      -     △ 3     -     △ 3

     自己株式の取得
                        -     △ 7     -      0     -      0
     自己株式の処分
                  7      -      -   △ 11,458     △ 11,458      △ 710   △ 12,169
     配当金
                        -     362      -     362      -     362
     株式に基づく報酬取引
                  6      -      -      -      -    8,328      8,328
     企業結合による変動
     支配継続子会社に対する
                        -      -      -      -     160      160
     持分変動
     その他の資本の構成要素
                        12      30     △ 30      -      -      -
     から利益剰余金への振替
                        -      -      67      66      64     130
     その他の増減
                        12     385   △ 11,421     △ 11,033      7,843     △ 3,190
      所有者との取引額合計
                      △ 2,528     29,014     271,476      369,595      35,839     405,435
     2020年12月31日 残高
                                17/33



                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      (4)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                             注記
                                  至 2019年12月31日)               至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                          36,973              50,679
      税引前四半期利益
                                          18,580              18,880
      減価償却費
      減損損失(又は戻入れ)                                      355              104
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                      192              197
                                           △ 833            △ 1,123
      金融収益及び金融費用
      持分法による投資損益(△は益)                                    △ 3,533             △ 4,532
      固定資産除売却損益(△は益)                                     △ 473             △ 231
      段階取得に係る差損益(△は益)                        6               -           △ 4,589
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    △ 1,986             △ 4,199
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                    △ 8,648             △ 7,657
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                     7,908              13,615
                                            829            △ 1,121
      その他
                小計                          49,364              60,023
                                           4,384              4,134
      利息及び配当金の受取額
                                           △ 439             △ 438
      利息の支払額
                                         △ 13,653             △ 13,665
      法人所得税の支払額
                                           1,754              2,517
      法人所得税の還付額
      営業活動によるキャッシュ・フロー                                    41,411              52,571
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          △ 1,865             △ 11,068
      定期預金の預入による支出
                                           3,250              3,791
      定期預金の払戻による収入
                                         △ 30,181             △ 24,484
      有形固定資産の取得による支出
                                            653              564
      有形固定資産の売却による収入
                                           △ 510            △ 1,157
      無形資産の取得による支出
                                           △ 710             △ 714
      投資の取得による支出
                                            654              624
      投資の売却、償還による収入
                                          △ 3,711                -
      有価証券の取得による支出
                                             -            2,754
      有価証券の売却による収入
      連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による
                              6               -            1,230
      収入
                                             6              13
      その他
      投資活動によるキャッシュ・フロー                                   △ 32,413             △ 28,445
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                         △ 21,788               △ 529
      短期借入金の純増減額
                                          31,260               2,000
      長期借入れによる収入
                                          △ 2,015             △ 2,201
      長期借入金の返済による支出
                                            △ 5             △ 3
      自己株式の取得による支出
                                         △ 11,457             △ 11,458
      配当金の支払額
                                           △ 675             △ 710
      非支配株主への配当金の支払額
                                            313               -
      非支配持分からの払込による収入
                                          △ 2,691             △ 3,696
      その他
      財務活動によるキャッシュ・フロー                                    △ 7,060             △ 16,599
                                          △ 1,523              1,106
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)
                                            413             8,632
                                          57,125              60,163
     現金及び現金同等物の期首残高
                                          57,539              68,796
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                18/33


                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          日清食品ホールディングス株式会社(以下、当社)は日本に所在する株式会社です。当社の登記されている本
         社及び主要な事業所の住所は、当社のウェブサイト(https://www.nissin.com/jp/)で開示しております。当社
         の要約四半期連結財務諸表は、当社及び子会社(以下、当社グループ)、並びに当社の関連会社に対する持分に
         より構成されております。
          当社グループの事業内容及び主要な活動は、「5.事業セグメント」に記載しております。
        2.作成の基礎

         (1)IFRSに準拠している旨に関する事項
           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「                          指定国際会計基準        特定会社」の要件を満たすことか
          ら、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
           なお、本要約四半期連結財務諸表は、2021年2月3日に取締役会によって承認されております。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている金融商品等を除き、取得原価を基礎
          として作成しております。
         (3)機能通貨及び表示通貨

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、単位を百
          万円としております。また、百万円未満の端数は切捨てて表示しております。
        3.重要な会計方針

          当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、前連結会計年度において適用し
         た会計方針と同一です。
        4.重要な会計上の見積り及び見積りを伴う判断

          IFRSに準拠した連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の
         金額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。
          見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直しております。見積りの変更による影響は、見積りを変更した
         期間及び将来の期間において認識しています。なお、これらの見積り及び仮定に関する不確実性により、将来の
         期間において資産または負債の帳簿価額に対して重要な修正が求められる結果となる可能性があります。
          当社グループの要約四半期連結財務諸表で認識する金額に重要な影響を与える見積り及び仮定は、原則として
         前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様です。
        5.事業セグメント

         (1)報告セグメントの概要
           当社グループの報告          セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、その経営成績を定期的に検討を行う対象と
          なっているものであります。
           当社グループは、持株会社制を採り、国内8事業会社、海外4地域を戦略プラットフォームとして即席めん
          事業を中心に展開し、「日清食品」「明星食品」「低温事業」「米州地域」「中国地域」を報告セグメントと
          しております。       「日清食品」「明星食品」「米州地域」「中国地域」は主として即席袋めん及びカップめんを
          製造販売し、「低温事業」はチルド製品及び冷凍製品を製造販売しております。
         (2 )セグメント収益及び業績

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「3.重要な会計方針」における記載と概ね同一であ
          ります。
           報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実
          勢価格に基づいております。
                                19/33



                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                                        要約四半
                          報告セグメント
                                                        期連結財
                                           その他         調整額
                                                合計        務諸表計
                                           (注)1         (注)2
                                                        上額
                 日清食品    明星食品    低温事業    米州地域    中国地域      計
                                                        (注)3
     売上収益
      外部顧客への売上収益            150,769     26,959    42,908    48,492    31,151    300,283     47,761    348,044      -  348,044
      セグメント間の内部売上収
                  1,034    5,104     326     5   614   7,085    23,791    30,876   △ 30,876      -
      益又は振替高
           計        151,803     32,063    43,235    48,498    31,766    307,368     71,553    378,921    △ 30,876    348,044
     セグメント利益
                  22,412     2,425    1,480    3,614    3,039    32,973     6,722    39,695    △ 4,162    35,533
     (営業利益)
     金融収益               -    -    -    -    -    -    -    -    -   2,153
     金融費用               -    -    -    -    -    -    -    -    -    713
     税引前四半期利益               -    -    -    -    -    -    -    -    -   36,973
     その他の項目
      減価償却費
                  8,649    1,418     987    766   1,432    13,255     5,289    18,544      36   18,580
      減損損失(非金融資産)              -    -    -    -    -    -    355    355     -    355
      持分法による投資損益              -    -    -    -    -    -   3,533    3,533      -   3,533
      資本的支出            17,932     1,206    1,228    1,835    3,152    25,356     4,533    29,889     △ 577   29,312
     (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、国内の菓子事業、飲料事業等並

           びに欧州地域、アジア地域を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額△4,162百万円には、セグメント間取引消去等△120百万円、グループ関連費用△
           4,042百万円が含まれております。
         3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                                        要約四半
                          報告セグメント
                                                        期連結財
                                           その他         調整額
                                                        務諸表計
                                                合計
                                           (注)1         (注)2
                                                        上額
                 日清食品    明星食品    低温事業    米州地域    中国地域      計
                                                        (注)3
     売上収益
      外部顧客への売上収益            154,917     28,035    46,425    53,283    35,332    317,994     55,864    373,859      -  373,859
      セグメント間の内部売上収
                  1,183    3,874     414     5   823   6,301    22,574    28,876   △ 28,876      -
      益又は振替高
           計        156,100     31,909    46,839    53,289    36,156    324,295     78,439    402,735    △ 28,876    373,859
     セグメント利益
                  26,565     3,080    3,029    3,989    4,017    40,682     9,247    49,929      36   49,966
     (営業利益)
     金融収益               -    -    -    -    -    -    -    -    -   1,633
     金融費用
                   -    -    -    -    -    -    -    -    -    920
     税引前四半期利益               -    -    -    -    -    -    -    -    -   50,679
     その他の項目
      減価償却費            9,545    1,493    1,019     689   1,486    14,233     4,617    18,850      29   18,880
      減損損失(非金融資産)             103     -    -    -     1   104     -    104     -    104
      持分法による投資損益
                   -    -    -    -    -    -   4,532    4,532      -   4,532
      資本的支出
                  9,888    2,764     716   2,275    2,249    17,894     5,716    23,611     △ 201   23,409
     (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、国内の菓子事業、飲料事業等並

           びに欧州地域、アジア地域を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額36百万円には、セグメント間取引消去等△168百万円、企業結合に伴う再測定によ
           る利益4,589百万円、グループ関連費用△4,383百万円が含まれております。
         3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                20/33




                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:百万円)
                                                        要約四半
                          報告セグメント
                                                        期連結財
                                           その他         調整額
                                                合計        務諸表計
                                           (注)1         (注)2
                                                        上額
                 日清食品    明星食品    低温事業    米州地域    中国地域      計
                                                        (注)3
     売上収益
      外部顧客への売上収益            58,304     9,862    14,986    16,923    10,184    110,261     16,422    126,683      -  126,683
      セグメント間の内部売上収
                   405   1,712     122     2   119   2,362    8,544    10,906   △ 10,906      -
      益又は振替高
           計        58,709    11,574    15,109    16,926    10,303    112,623     24,966    137,589    △ 10,906    126,683
     セグメント利益
                  10,676     1,093     460   1,212     748   14,190     2,956    17,147    △ 1,335    15,811
     (営業利益)
     金融収益               -    -    -    -    -    -    -    -    -    934
     金融費用               -    -    -    -    -    -    -    -    -    199
     税引前四半期利益               -    -    -    -    -    -    -    -    -   16,545
     その他の項目
      減価償却費
                  3,072     479    332    265    489   4,638    1,831    6,469      11   6,481
      減損損失(非金融資産)              -    -    -    -    -    -    -    -    -    -
      持分法による投資損益              -    -    -    -    -    -   1,455    1,455      -   1,455
      資本的支出            4,422     579    371    758   1,919    8,051    1,126    9,177    △ 577    8,600
     (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、国内の菓子事業、飲料事業等並

           びに欧州地域、アジア地域を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額△1,335百万円には、セグメント間取引消去等11百万円、グループ関連費用△1,347
           百万円が含まれております。
         3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
           当第3四半期連結会計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)

                                                     (単位:百万円)
                                                        要約四半
                          報告セグメント
                                                        期連結財
                                           その他         調整額
                                                        務諸表計
                                                合計
                                           (注)1         (注)2
                                                        上額
                 日清食品    明星食品    低温事業    米州地域    中国地域      計
                                                        (注)3
     売上収益
      外部顧客への売上収益            57,884     9,912    15,598    17,767    11,050    112,213     20,513    132,727      -  132,727
      セグメント間の内部売上収
                   374   1,410     189     1   251   2,228    7,661    9,889    △ 9,889      -
      益又は振替高
           計        58,258    11,322    15,787    17,769    11,302    114,441     28,175    142,616    △ 9,889    132,727
     セグメント利益
                  10,017      718    573    587    930   12,827     2,230    15,057     3,068    18,125
     (営業利益)
     金融収益               -    -    -    -    -    -    -    -    -    607
     金融費用
                   -    -    -    -    -    -    -    -    -    201
     税引前四半期利益               -    -    -    -    -    -    -    -    -   18,531
     その他の項目
      減価償却費            3,281     541    350    194    483   4,852    1,623    6,475      9   6,485
      減損損失(非金融資産)              -    -    -    -     1    1    -     1    -     1
      持分法による投資損益
                   -    -    -    -    -    -   1,533    1,533      -   1,533
      資本的支出
                  2,124     285     26    729    683   3,849    2,866    6,715    △ 195    6,520
     (注)1 「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、国内の菓子事業、飲料事業等並

           びに欧州地域、アジア地域を含んでおります。
         2 セグメント利益の調整額3,068百万円には、セグメント間取引消去等△59百万円、企業結合に伴う再測定に
           よる利益4,589百万円、グループ関連費用△1,461百万円が含まれております。
         3 セグメント利益は、要約四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
                                21/33




                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        6.企業結合
        (1)企業結合の概要
         (a)被取得企業の名称及び事業の内容
           被取得企業の名称               株式会社湖池屋
           事業の内容               スナック菓子の製造及び販売
         (b)取得日                     2020年11月20日

         (c)取得した議決権付資本持分の割合

           企業結合直前に所有していた議決権比率                   :  34.54%
           企業結合日に追加取得した議決権比率                  :     10.57%
           取得後の議決権比率          :                             45.12%
         (d)企業結合を行った主な理由

           株式会社湖池屋とは、2011年5月に業務・資本提携を開始した後、2012年8月には、当社が湖池屋株式を追
          加取得し関連会社とするなど、継続的に関係の強化を図る一方、事業面においても、商品開発・マーケティン
          グ分野や営業・物流分野での協働に加え、海外事業においても合弁事業の立ち上げを行うなど、具体的な協働
          関係の構築を通じたシナジーを実現してまいりました。今回の湖池屋の連結子会社化は、これまでの取り組み
          を更に推し進め、日清食品グループと湖池屋双方の企業価値向上を図ることを目的としております。
         (e)企業結合の法的形式                  現金を対価とする持分取得

        (2)取得の対価

                                     (単位:百万円)
                 項目                    金額
     現金                                     2,255

     取得日直前に保有していた資本持分の公正価値                                     9,063

     条件付対価(注)                                     △126

                 合計                        11,192

    (注)本件は株式会社湖池屋の業績に応じて価格調整が生じるスキームを採用しております。
        条件付対価の公正価値ヒエラルキーのレベルはレベル3です。
        (3)企業結合に伴う再測定による利益

          取得日直前に保有していた被取得企業の資本持分を取得日における公正価値で再測定した結果、4,589百万円
         の段階取得に係る差益を、連結損益計算書の「その他の収益」に計上しております。
                                22/33








                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        (4)取得資産、引受負債、非支配持分及びのれん
                                     (単位:百万円)
                 項目                    金額
     流動資産

                                          3,485
      現金及び現金同等物
                                          6,192
      営業債権及びその他の債権
                                          1,977
      棚卸資産
                                          1,213
      その他
     非流動資産

                                          10,482
      有形固定資産
      無形資産(注)1                                     3,251
                                          1,291

      その他
                                          27,893
     取得資産
                                          9,280
     流動負債
                                          3,540
     非流動負債
                                          12,820
     引受負債
                                          15,072

     合計
     非支配持分(注)2                                     8,328

     のれん(注)3                                     4,447

    (注)1      無形資産に配分された主要な内訳は、商標権2,920百万円となります。

       2      非支配持分は、被取得企業の識別可能な純資産に対する非支配株主の持分割合で測定しています。
       3      のれんの内容は、主に、期待される将来の超過収益力の合理的な見積りにより発生したものです。
          なお、当該のれんについて税務上、損金算入を見込んでいる金額はありません。
        (5)取得に伴うキャッシュ・フロー

                                     (単位:百万円)
                 項目                    金額
                                          2,255
     取得により支出した現金及び現金同等物
                                         △3,485
     取得時に被取得会社が保有していた現金及び現金同等物
                                          1,230
     連結の範囲の変更を伴う子会社株式の取得による収入
        (6)取得関連費用

          取得関連費用として26百万円を「販売費及び一般管理費」に計上しています。
        (7)当社グループに与える影響

          当該企業結合に係る取得日以降の損益情報及び当該企業結合が期首に行われたと仮定した場合の損益情報
         は、連結損益計算書に与える影響額に重要性が乏しいため、記載を省略しています。
          なお、当該企業結合が期首に行われたと仮定した場合の損益情報は、監査法人の監査を受けていません。
                                23/33




                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        7.配当金
          配当金の支払額は以下のとおりであります。
        Ⅰ 前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
                   配当金の総額         1株当たり配当額
         決議日                                基準日          効力発生日
                   (百万円)           (円)
     2019年6月26日
                        5,728            55    2019年3月31日           2019年6月27日
     定時株主総会
     2019年11月7日
                        5,729            55    2019年9月30日           2019年11月28日
     取締役会
        Ⅱ 当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

                   配当金の総額         1株当たり配当額
         決議日                                基準日          効力発生日
                   (百万円)           (円)
     2020年6月25日
                        5,729            55    2020年3月31日           2020年6月26日
     定時株主総会
     2020年11月6日
                        5,729            55    2020年9月30日           2020年11月27日
     取締役会
                                24/33














                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        8.売上収益
         売上収益の分解
           当社の報告セグメントにおける、製品または地域セグメントごとの売上収益は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
       報告セグメント             売上収益セグメント
                                 至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
                                         140,072              142,677

                  即席めん
                                          10,697              12,239
                  その他
     日清食品
                                         150,769              154,917

                       合計
                                          26,472              27,483

                  即席めん
                                           487              551
                  チルド・冷凍
     明星食品
                                          26,959              28,035

                       合計
                                          42,771              46,292

                  チルド・冷凍
                                           136              132
                  その他
     低温事業
                                          42,908              46,425

                       合計
                                          47,320              52,313

                  即席めん
                                          1,172               970
                  チルド・冷凍
     米州地域
                                          48,492              53,283

                       合計
                                          13,037              13,632

                  香港
                                          18,114              21,700
                  中国
     中国地域
                                          31,151              35,332

                       合計
                                          13,377              15,782

                  即席めん
                                          31,148              37,667
                  菓子・飲料
     その他
                                          3,235              2,415
                  その他
                                          47,761              55,864

                       合計
                                         348,044              373,859

           要約四半期連結財務諸表計上額
                                25/33








                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        9.1株当たり四半期利益
         (1)基本的1株当たり四半期利益
                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                 至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                     25,648              36,281

     期中平均普通株式数(百株)                                   1,041,634              1,041,716

     基本的1株当たり四半期利益(円)                                     246.23              348.28

                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                 至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                     12,178              14,307

     期中平均普通株式数(百株)                                   1,041,668              1,041,720
     基本的1株当たり四半期利益(円)                                     116.91              137.34

         (2)希薄化後1株当たり四半期利益

                                前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                 至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                     25,648              36,281

                                            -              -

     四半期利益調整額
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する四半
                                          25,648              36,281
     期利益(百万円)
     期中平均普通株式数(百株)                                   1,041,634              1,041,716
     新株予約権に係る調整株数(百株)                                     5,635              5,978
     希薄化後の期中平均普通株式数(百株)                                   1,047,269              1,047,694

     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                     244.90              346.29

     希薄化効果を有しないため、希薄化後1株当たり四半
                                      -              -
     期利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                (自 2019年10月1日              (自 2020年10月1日
                                 至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)                                     12,178              14,307

                                            -              -
     四半期利益調整額
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する四半
                                          12,178              14,307
     期利益(百万円)
     期中平均普通株式数(百株)                                   1,041,668              1,041,720
     新株予約権に係る調整株数(百株)                                     5,698              6,068
     希薄化後の期中平均普通株式数(百株)                                   1,047,366              1,047,788

     希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                     116.28              136.55

     希薄化効果を有しないため、希薄化後1株当たり四半
                                      -              -
     期利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                26/33



                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
        10.金融商品
         金融商品の公正価値
         (1)公正価値の算定方法
           当社グループの主な金融資産及び負債の公正価値の算定方法は以下のとおりであります。
          (a)株式
            上場株式は、取引所の価格を公正価値としております。
            非上場株式は、簿価純資産法、マルチプル法及び収益還元法を併用して評価しております。マルチプル法
           では、対象企業の類似上場企業を選定し、当該類似企業の株式指標を用いて公正価値を算定しております。
           収益還元法では、対象企業の株主資本コストを収益還元率とし、対象企業の収益額から公正価値を算出して
           おります。
          (b)投資信託・債券

            投資信託及び債券は、取引金融機関から提示された公正価値に基づいて算定しております。
          (c)デリバティブ資産及び負債

            デリバティブ資産及び負債は、取引金融機関から提示された公正価値に基づいて算定しております。
          (d)借入金

            変動金利による借入金は、短期間で市場金利が反映されるため、公正価値は帳簿価額とほぼ等しいことか
           ら、当該帳簿価額を公正価値としております。
            固定金利による借入金は、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で元利金の合計額を割り引く方
           法により、公正価値を算定しております。
                                27/33













                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
         (2)経常的に公正価値で測定される金融商品
           公正価値で測定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じた公正価
          値測定額を、レベル1からレベル3まで分類しております。
           レベ  ル1:活発な市場における同一の資産又は負債の市場価格(無調整)

           レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接又は間接的に使用して算出された公正価値
           レベル3    :観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
          ① 公正価値のヒエラルキー

            公正価値で測定される金融商品の公正価値ヒエラルキーは以下のとおりであります。
            前連結会計年度(2020年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                         レベル1         レベル2         レベル3
                                                      合計
     金融資産:

                              -         44         -         44

      デリバティブ資産
                            67,637            -        2,704         70,341

      株式
                             112        5,808           -        5,921

      投資信託
                              50        5,090           -        5,140
      債券
                            67,799         10,943          2,704         81,447

             合計
     金融負債:

                              -         28         -         28

      デリバティブ負債
                              -         28         -         28

             合計
            当第3四半期連結会計期間(2020年12月31日)

                                                   (単位:百万円)
                         レベル1         レベル2         レベル3
                                                      合計
     金融資産:

                              -          1         -          1

      デリバティブ資産
                            93,745            -        2,760         96,505

      株式
                             159        2,816           -        2,976

      投資信託
                              50        5,204           -        5,254

      債券
                              -         -         126         126
      その他
                            93,955          8,022         2,887        104,865

             合計
     金融負債:

                              -         29         -         29
      デリバティブ負債
                              -         29         -         29

             合計
            各年度において、レベル1、2及び3の間の移動はありません。

                                28/33




                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
            レベル3に分類された金融資産の期首残高から期末残高への調整表は、以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)

                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                                          3,007               2,704

     期首残高
     利得及び損失合計

      その他の包括利益(注)                                    △16               △57
                                           -              △0

     売却・処分
                                           -              240

     企業結合による増加
                                          2,991               2,887

     期末残高
     (注) その他の包括利益に含まれている利得及び損失は、報告日時点のその他の包括利益を通じて公正価値で測定す
         る金融資産に関するものであります。これらの利得及び損失は、要約四半期連結包括利益計算書のその他の包括
         利益を通じて公正価値で測定する資本性金融資産に含まれております。
           観察不能なインプット情報を合理的に考え得る代替的な仮定に変更した場合に公正価値の著しい変動は見込

          まれておりません。
           なお、レベル3に分類された金融商品については、                         適切な権限者に承認された評価方針及び手続きに従い、

          評価者が各対象資産、負債の評価方法を決定し、公正価値を測定しております。
         ( 3)償却原価で測定される金融商品

           償却原価で測定される金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                                              当第3四半期
                        前連結会計年度
                                              連結会計期間
                       (2020年3月31日)
                                            (2020年12月31日)
                    帳簿価額           公正価値           帳簿価額           公正価値

     金融負債

      長期借入金(注)                  44,368           44,401           44,311           44,277
                        44,368           44,401           44,311           44,277

          合計
     (注) 1年以内返済予定の残高を含んでおり、借入金の公正価値の測定レベルはレベル3に分類しております。
          長期借入金の公正価値については、元利金の合計額を、新規に同様の借入を行った場合に想定される利率で割
         り引いた現在価値により算定しております。
        11.コミットメント

           決算日以降の支出に関する重要なコミットメントは以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                        前連結会計年度                   当第3四半期連結会計期間
                       (2020年3月31日)                     (2020年12月31日)
                                   6,355                     1,760

     有形固定資産の購入
        12.後発事象

          該当事項はありません。
                                29/33



                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
      (中間配当)
       第73期(2020年4月1日から2021年3月31日まで)中間配当については、2020年11月6日開催の取締役会におい
      て、2020年9月30日の最終の株主名簿に記載又は記録された株主に対し、次のとおり中間配当を行うことを決議し、
      配当を行っております。
      (イ)中間配当による配当金の総額…………………………5,729百万円
      (ロ)1株当たりの金額………………………………………55円00銭
      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日………………2020年11月27日
      (剰余金の配当(記念配当))

       2021年2月3日開催の取締役会において、2020年6月、当社が通過目標として掲げていた時価総額1兆円を達成し
      たことを記念し、1株当たり10円00銭の記念配当を実施することを決議いたしました。なお、本件につきましては
      2021年6月開催予定の第73期株主総会に付議する予定です。
      (イ)記念配当による配当金の総額(予定)………………1,041百万円
         ※2020年9月30日時点の発行済株式総数(自己株式を除く)で算出した概算額
      (ロ)1株当たりの金額(予定)……………………………10円00銭
      (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日(予定)……2021年6月
                                30/33















                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                31/33




















                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                      2021年2月3日

    日清食品ホールディングス株式会社

      取締役会 御中

                          有限責任監査法人トーマツ

                          東京事務所
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             鈴木 基之          印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             箕輪     恵美子      印
                           業務執行社員
                           指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                             原田 達         印
                           業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている日清食品ホール
    ディングス株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日か
    ら2020年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る要約四半期連結財
    務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包括利益計算書、要約
    四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務諸表注記について四半期
    レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用語、様
    式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して、日清食品ホー
    ルディングス株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間
    及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していな
    いと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の
    責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立
    しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を
    入手したと判断している。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

     経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するこ
    とにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成する
    ことが適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事項を開
    示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から要約四
    半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
    手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施される
    年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
                                32/33




                                                          EDINET提出書類
                                               日清食品ホールディングス株式会社(E00457)
                                                            四半期報告書
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
    られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号「財務諸表
    の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付ける。また、継続企
    業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半期連結財務諸表の注記事
    項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、要約四
    半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人の結論は、四半期レ
    ビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくな
    る可能性がある。
    ・ 要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信じさせ
    る事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成及び内容、並
    びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項が認められないかど
    うかを評価する。
    ・ 要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。
    監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独
    で監査人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                        以 上

    (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告書

         提出会社)が別途保管しております。
      2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれておりません。
                                33/33













PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク