KDDI株式会社 四半期報告書 第37期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)

提出書類 四半期報告書-第37期第3四半期(令和2年10月1日-令和2年12月31日)
提出日
提出者 KDDI株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                    四半期報告書

     【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                    関東財務局長
     【提出日】                    2021年2月3日
     【四半期会計期間】                    第37期第3四半期(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)
     【会社名】                    KDDI株式会社
     【英訳名】                    KDDI   CORPORATION
     【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長  髙橋 誠
     【本店の所在の場所】                    東京都新宿区西新宿二丁目3番2号
                          (同所は登記上の本店所在地で実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                           行っております。)
     【電話番号】                    該当事項はありません。
     【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
     【最寄りの連絡場所】                    東京都千代田区飯田橋三丁目10番10号
     【電話番号】                    (03)3347-0077
     【事務連絡者氏名】                    執行役員 コーポレート統括本部 経営管理本部長  最勝寺 奈苗
     【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                          (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/43












                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第36期           第37期
              回次               第3四半期           第3四半期            第36期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自2019年4月1日           自2020年4月1日           自2019年4月1日

             会計期間
                           至2019年12月31日           至2020年12月31日           至2020年3月31日
                                3,902,576           3,923,775           5,237,221
     売上高
                     (百万円)
     (第3四半期連結会計期間)                           ( 1,338,118     )      ( 1,386,579     )
                     (百万円)             840,544           870,766          1,020,699
     税引前四半期(当期)利益
     親会社の所有者に帰属する四半
                                 530,876           548,726           639,767
                     (百万円)
     期(当期)利益
     (第3四半期連結会計期間)                            ( 183,331    )       ( 175,826    )
     親会社の所有者に帰属する四半
                     (百万円)             538,625           569,067           612,402
     期(当期)包括利益
                     (百万円)           4,314,483           4,615,142           4,384,424
     親会社の所有者に帰属する持分
                     (百万円)           9,397,360           10,160,505            9,580,149

     総資産額
     基本的1株当たり
                                  228.09           238.97           275.69
     四半期(当期)利益                 (円)
     (第3四半期連結会計期間)
                                  ( 79.46   )        ( 76.83   )
     希薄化後1株当たり
                      (円)            228.02           238.81           275.49
     四半期(当期)利益
                      (%)             45.9           45.4           45.8
     親会社所有者帰属持分比率
     営業活動による
                                 855,443          1,050,227           1,323,356
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                                △ 424,351          △ 486,974
                                                       △ 610,950
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                                △ 285,499          △ 504,355
                                                       △ 546,381
                     (百万円)
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                                 349,837           427,213           369,202
                     (百万円)
     (期末)残高
     (注)1.上記指標は国際財務報告基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいて
           おります。
         2.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記
           載しておりません。
         3.売上高には、消費税等は含まれておりません。
                                 2/43







                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
     2【事業の内容】
         当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重
        要な変更はありません。
         また、主要な関係会社の異動もありません。
                                 3/43



















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
         当第3四半期連結累計期間において、当四半期報告書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のう
        ち、経営者が連結会社の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響を与える可能性があると
        認識している以下の主要なリスクが発生しております。
         なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループが判断したものであ
        ります。
        (電力の卸市場価格の高騰)

         当社グループの扱う電力は、燃料価格の変動や電力需給バランスのギャップ等の影響を受けて価格が変動する電
        力卸市場から一部の電力を調達しております。昨年末から続く全国的な電力需給の逼迫による卸市場価格の高騰に
        より、当社グループの経営成績等に影響を及ぼす可能性があります。
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
     (1)財政状態及び経営成績の状況

      業績等の概要

      ■業界動向と当社の状況
        近年、5G/IoT、AI・ビッグデータなどの技術の進展により本格的なデジタル化が進み、データにさらなる価値を見
      出す「データ駆動型社会」へと変容しています。これらの技術の浸透により、あらゆる産業においてデジタルトラン
      スフォーメーション(以下             DX)の動きが加速するとともに、経済発展と社会課題の解決を両立する「Society                                       5.0
      (※1)for      SDGs(※2)」の実現に期待が持たれています。また、昨今の新型コロナウイルス感染症の影響により、
      生活や産業のあらゆる場面に「ニューノーマル(新常態)」が浸透し、感染症拡大防止と経済成長の両立を支えるレ
      ジリエントな社会基盤構築に向けたDXの加速が求められています。
        こうした中、昨年3月、第5世代移動通信サービス「au                          5G」の提供を開始しました。

        個人のお客さまには、データ通信が使い放題(※3)で人気のエンタメコンテンツがセットになった「データMAX
      5G  ALL  STARパック」などのau           5G料金プランを提供するとともに、エンタメコンテンツの視聴に最適な5Gスマート
      フォンの販売を開始しています。大量のデータを瞬時にストレスなく、自由に扱うことができ、従来の制約から解放
      された「UNLIMITED         WORLD   au  5G」をコンセプトに、さまざまな業界のパートナー様とともに、「ニューノーマル」
      におけるエンターテインメント、スポーツ、アートなどの新しい楽しみ方をご提案していきます。また、全てのお客
      さまに5Gを提供するとともに、データ通信が使い放題(※4)となるauのスマートフォン向け新料金プラン「使い放
      題MAX   5G」「使い放題MAX         4G」、auのオンライン専用の新料金ブランド「povo」、シンプルでおトクなUQ                                     mobileの
      新料金プラン「くりこしプラン」を通じて、家族でも一人でも多様なニーズや生活スタイルに寄り添った、「わかり
      やすく」・「シンプル」・「選べる」、低廉な料金プランの提供を本年2月以降順次開始します。
        法人のお客さまにおいては、さまざまな業界、利用シーンで企業のDXが加速し、ビジネスモデル自体が大きく変化
      しています。お客さまのDXを支援する5G/IoT時代のビジネス開発拠点「KDDI                                    DIGITAL    GATE」および2030年を見据え
      た新たなライフスタイルを提案する調査・応用研究拠点「KDDI                              research     atelier    (リサーチ     アトリエ)」におい
      て、さまざまなパートナー企業とともに5G時代ならではの新しい体験価値とビジネスの創造を進めるとともに、環境
      変化に強いレジリエントな基盤構築に貢献していきます。
        当社は、SDGsの達成に向け、全社でサステナビリティ活動を推進しています。これからも事業を通じてさまざまな

      社会課題の解決に取り組み続ける決意をこめて、昨年5月に2030年を見据えた「KDDI                                        Sustainable      Action」を新た
      に策定しました。5GやIoTなどを活用しながら、「命をつなぐ」、「暮らしをつなぐ」、「心をつなぐ」で、社会の
      持続的な成長に貢献していきます。
        また、「KDDI       Sustainable      Action」の考え方に基づき、5つの方針を軸とした「新型コロナウイルス感染症対応
      に関するKDDIの基本方針」を発表しました。社会の基盤・ライフラインである通信サービスを維持するとともに、政
      府・自治体・公共団体などの取り組みに積極的に協力するなど、今後もグループの力を結集し、皆さまの生活や産業
      を支え続ける社会的使命に応えていきます。
                                 4/43


                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        当社は昨年10月、トヨタ自動車株式会社と、両社の提携関係の更なる強化を目的として、新たな業務資本提携に合
      意しました。両社は、街、家、人、クルマの全てがつながる未来社会の到来に向け、それぞれの中核事業である「移
      動」と「通信」の枠を超えて新しい取り組みを加速しております。今後も、通信技術及びコネクティッドカー技術の
      研 究開発を推進するとともに、人々の生活を豊かにするサービスの開発や、ビッグデータの活用などによる社会課題
      解決に取り組んでいきます。
      ※1  日本の中長期的な成長戦略の一つで、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより目

         指すべき人間中心の社会のこと。
      ※2  「Sustainable      Development     Goals   (持続可能な開発目標)」の略で、2015年9月に国連サミットで採択された国際目標。
      ※3  テザリング・データシェア・国際ローミング通信(世界データ定額)をご利用の場合、「データMAX                                       5G」は30GB/月、「データMAX            5G
         Netflixパック」は60GB/月、「データMAX                5G ALL  STARパック」は80GB/月の上限があります。大量のデータ通信のご利用時、混雑時間
         帯の通信速度を制限する場合があります。動画などの視聴時には通信速度を制限します。
      ※4  テザリング・データシェア・国際ローミング通信                    (世界データ定額)        をご利用の場合、「使い放題MAX             5G」「使い放題MAX        4G」は
         30GB/月の上限があります。大量のデータ通信のご利用時、混雑時間帯の通信速度を制限する場合があります。動画などの視聴時には
         通信速度を制限します。
                                 5/43
















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      ■ 連結業績
     第3四半期連結累計期間

                                                   (単位:百万円)
                           前第3四半期
                                    当第3四半期
                           連結累計期間                           増減率
                                    連結累計期間
                                               比較増減
                           自 2019年4月1日
                                    自 2020年4月1日
                                                       (%)
                           至 2019年12月31日
                                    至 2020年12月31日
                             3,902,576         3,923,775          21,199        0.5
       売         上         高
                             2,120,834         2,077,973         △42,861        △2.0
       売      上      原      価
                             1,781,742         1,845,802          64,060        3.6
      売     上     総     利     益
                               947,124         988,173         41,049        4.3
       販  売  費  及  び  一  般  管  理  費
       その他の損益(△損失)                         6,070         10,027         3,957       65.2
                                3,181         3,386          205       6.4
       持  分  法  に  よ  る  投  資  利  益
                               843,869         871,042         27,173        3.2
      営      業      利      益
       金  融  損  益  (△   損  失  )      △4,827         △3,019          1,807        -
       その他の営業外損益(△損失)                         1,502         2,743        1,241       82.6
                               840,544         870,766         30,222        3.6
      税   引   前   四   半   期   利   益
                               263,544         271,727          8,183        3.1
       法   人   所   得   税   費   用
                               577,000         599,039         22,038        3.8
      四     半     期     利     益
                               530,876         548,726         17,850        3.4
       親   会   社   の   所   有   者
                                        50,313
                               46,124                  4,189        9.1
       非    支    配    持    分
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、前年同期と比較し、端末販売収入が減少したものの、モバイル通信料収
      入(ローミング収入等含む)やエネルギー事業収入の増加等により、                                3,923,775百万円        ( 0.5%増    )となりました。
        営業利益は、前年同期と比較し、売上高の増加に加えて、端末販売コストの減少等により、                                             871,042百万円
      ( 3.2%増    )となりました。
        親会社の所有者に帰属する四半期利益は、                   548,726百万円       ( 3.4%増    )となりました。
        当社を取り巻く事業環境において、新型コロナウイルス感染症による影響が生じておりますが、事業戦略の推進

      及び経営基盤の強化に引き続き取り組んできており、当第3四半期連結累計期間における業績においては重要な影
      響を与えておりません。
                                 6/43









                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
     セグメント別の状況
       パーソナルセグメント

        パーソナルセグメントでは、個人のお客さま向けにサービスを提供しています。

        日本国内においては、従来の通信サービス(主に「au」ブランドによるスマートフォン・携帯電話、FTTH/CATV

      サービス等)を中心に、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育等のライフデザインサービス
      を連携しながら拡充することで、新たな体験価値の提供を目指しています。「au」に加え、シンプルでお手頃価格
      の「UQ    mobile」のマルチブランドで市場環境やお客さまニーズに即した機動的なサービスの提供を進めていきま
      す。
        また、海外においては、国内で培った事業ノウハウを生かし、ミャンマーやモンゴルをはじめとするアジア地域
      を中心とした個人のお客さま向けビジネスにも積極的に取り組んでいます。
        <当第3四半期のトピックス>

      ●昨年10月に、「UQ          mobile」の事業承継が完了しました。また、昨年11月には、オンラインに特化したMVNO新会社

       「KDDI    Digital    Life株式会社」を設立しました。また、オンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を有する
       Circles    Asia社と同事業のサポートを目的とする包括的パートナーシップを構築することで合意しました。   
       当社は、安心の使い放題で大容量の「au」、シンプル・お手頃価格で小中容量の「UQ                                        mobile」に加え、本年1月
       に発表したオンライン専用の新料金ブランド「povo」のマルチブランドで多種多様なお客さまニーズ、生活スタイ
       ルにきめ細かくお応えできるよう取り組んでいきます。
      ●昨年11月より、お客さまのライフスタイルにあわせた新たな体験価値を提案・実現する店舗コンセプト「au
       Style」を新たに展開しています。KDDI直営店の「au                         渋谷スクランブルスクエア」のリニューアルを皮切りに、全
       国のKDDI直営店と一部のauショップが新たに生まれ変わります。加えて、UQ                                    mobileの取り扱いを「au            Style」全
       店舗で順次開始しています。
      ●昨年12月には、通信サービス選択の利便性向上に向け、「au」と「UQ                                  mobile」のブランド間の移行に係る手数料
       などの見直し(適用時期は本年2月以降)、手続きのシンプル化(適用時期は本年夏以降)を発表しました。  
       また、昨年12月から、データ使い放題(※1)で「Amazonプライム」(※2)と「TELASA」がついてくる5Gスマート
       フォン向け新料金プラン「データMAX                 5G  with   Amazonプライム」の提供を開始しました。
      ●au   5Gの本格稼働を推進するため、プロ仕様のリッチな縦型動画サービス「smash.」をSHOWROOM株式会社との協業
       のもと、昨年10月に開始しました。オンライン初解禁となったジャニーズ事務所所属のアイドルグループのオリジ
       ナルMV、及びオリジナル作品の独占配信やトップアーティスト、人気声優陣のコンテンツ参加を皮切りに、ライ
       ブ・音楽映像、ドラマ、ドキュメンタリー、アニメなど、幅広いジャンルのオリジナル短尺コンテンツを配信して
       いきます。
      ●au経済圏のさらなる拡大を目指し、auじぶん銀行ではauの通信回線をご契約のお客さまに「住宅ローンau金利優遇
       割」として、ネット銀行ならではの圧倒的な低金利を実現する住宅ローンサービスを昨年12月から受付開始しまし
       た(適用開始は本年3月から)。また、au                    PAY  ゴールドカードの特典に関しても、本年2月からau                        PAYマーケッ
       トのお買い物で最大17%還元、auでんきご利用で最大11%還元に加え、auの通信回線をご契約のお客さまご本人、
       家族カード(※3)をお持ちのご家族の通信料や固定通信料も11%還元と大幅にグレードアップすることを昨年11
       月に発表しました。
      ●au   PAY及びPontaポイントの利用促進施策として、昨年12月から「たぬきの大恩返しキャンペーン」と称し、百貨
       店・ショッピングセンター・ドラッグストア・飲食店でのポイント還元増量キャンペーンを行い、TVCMなどを通し
       て利用者獲得を進めています。
      ●ミャンマーでは(※4)、昨年9月より統合型パッケージサービス(データ・音声利用、人気ゲーム・Facebook等
       の使い放題)の提供を開始しました。これにより、エンゲージメントを強化し、顧客基盤の拡大を図ります。  
       モバイル電子決済サービスにおいては、ミャンマーにて昨年12月にサービス名称を「MPT                                         Money」から「MPT         Pay」
       に変更しました。新ブランド「MPT                 Pay」の認知向上と、取扱店拡大によるお客さまの利便性向上に努めていきま
       す。また、モンゴルでは(※5)、昨年10月にモンゴル政府が電子行政サービスe-Mongoliaを立ち上げ、MobiComの
       モバイル電子決済サービス「monpay」で手数料や税金の支払が可能となりました。今後も両国におけるキャッシュ
       レス決済の普及に貢献していきます。
                                 7/43


                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      ※1  テザリング・データシェア・国際ローミング通信(世界データ定額)をご利用の場合、60GB/月の上限があります。大量のデータ通信
         のご利用時、混雑時間帯の通信速度を制限する場合があります。動画などの視聴時には通信速度を制限します。
      ※2  「Amazonプライムがついてくる」とは、「Amazonプライム」の会費相当額をKDDI/沖縄セルラーが負担することをいいます(「データ
         MAX  5G with  Amazonプライム」においては、会費相当額は、対象プランにかかるauのご利用料金に含まれます。)。
      ※3  キャンペーン期間(2021年2月1日~2022年3月31日)内に家族カードにご加入いただくと、加入から1年間、ご家族のau通信料
         1,000円(税抜)毎に100Pontaポイントを還元します。月途中にご加入の場合は当月のご利用分から適用開始となります。既に家族
         カードをお持ちの場合、2021年2月ご利用分から適用開始となり、2022年1月ご利用分までが対象となります。ポイントは本会員さま
         へ還元します。予告なくキャンペーンの内容が変更、終了する場合があります。
      ※4  連結子会社であるKDDI         Summit   Global   Myanmar   Co.,  Ltd.が、ミャンマー国営郵便・電気通信事業体(MPT)と共同で、ミャンマー国
         内の通信事業を行っています。
      ※5  連結子会社であるMobiCom          Corporation     LLCが、モンゴル国内の通信事業を行っています。
        パーソナルセグメントにおける、当第3四半期の業績概要等は以下のとおりです。

      ■ 業 績

      第3四半期連結累計期間
                                                  (単位:百万円)
                       前第3四半期
                                当第3四半期
                                                    増減率
                       連結累計期間
                                連結累計期間
                                           比較増減
                      自 2019年4月1日
                                自 2020年4月1日
                                                    (%)
                      至 2019年12月31日
                                至 2020年12月31日
                         3,397,777          3,400,145           2,368          0.1
       売      上      高
                                    730,160
                          719,700                   10,460          1.5
       営    業    利    益
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、前年同期と比較し、端末販売収入が減少したものの、モバイル通信料収
      入(ローミング収入等含む)やエネルギー事業収入の増加等により、                                3,400,145百万円        ( 0.1%増    )となりました。
        営業利益は、前年同期と比較し、売上高の増加に加えて、端末販売コストの減少等により、                                             730,160百万円
      ( 1.5%増    )となりました。
                                 8/43










                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
       ビジネスセグメント
        ビジネスセグメントでは、日本国内及び海外において、幅広い法人のお客さま向けに、スマートフォン等のデバ

      イス、ネットワーク・クラウド等の多様なソリューションに加え、「TELEHOUSE」ブランドでのデータセンターサー
      ビス等を提供しています。
        さらに、5GやIoT等の技術を活用し、パートナー企業との連携により、グローバル規模でお客さまのビジネスの
      発展・拡大に貢献するソリューションをワンストップで提供することで、お客さまのDXを共創しています。
        また、日本国内の中小企業のお客さまについては、連結子会社のKDDIまとめてオフィスグループによる地域に密
      着したサポート体制を全国規模で実現しています。
        <当第3四半期のトピックス>

      ●昨年11月、株式会社J.D.パワー                ジャパンによる「2020年法人向けネットワークサービス顧客満足度調査」<大企

       業市場部門>において総合満足度第1位を2年連続で受賞しました。また昨年10月、「2020年法人向けIP電話・直
       収電話サービス顧客満足度調査」において総合満足度第1位を8年連続で受賞しました。昨年9月の「法人向け携
       帯電話サービス顧客満足度調査」と合わせて3つのサービスで顧客満足度第1位となりました。
      ●昨年12月、株式会社SUBARUと、通信を活用した安心・安全なクルマづくりのためのパートナーシップを構築し、新
       型レヴォーグを皮切りに、SUBARUの最新の安全技術とKDDIの高品質で安定した通信サービスを連携させ、先進事故
       自動通報(ヘルプネット)やSOSコールなどの「つながる安全」を実現するコネクティッドサービスの展開を推進
       していくことを発表しました。今後両社は、コネクティッド領域でのパートナーシップを深めることでサービスの
       発展に努めるとともに、乗る人すべてが安心・安全を感じられるクルマづくりを推進していきます。
      ●昨年12月、東日本旅客鉄道株式会社と、交通と通信の融合により、場所や時間に捉われない多様な働き方やくらし
       を創出する新しい分散型まちづくり「空間自在プロジェクト」の実現に向け、基本合意書を締結しました。                                                  今後
       両社は、本プロジェクトに基づくまちづくりのコアシティとなる品川開発プロジェクトの共同推進、分散拠点とし
       てのサテライトシティ(日本各地)の開発、コアシティとその周辺におけるモビリティサービスの開発を検討し、
       共同事業化を目指します。
        今後も、法人のお客さまのビジネスの発展・拡大に一層貢献し、お客さまから真の事業パートナーとしてお選び

      いただけることを目指し、事業の変革に取り組んでいきます。
        ビジネスセグメントにおける、当第3四半期の業績概要等は以下のとおりです。

      ■ 業 績

      第3四半期連結累計期間
                                                  (単位:百万円)
                       前第3四半期
                                当第3四半期
                                                    増減率
                       連結累計期間
                                連結累計期間
                                           比較増減
                      自 2019年4月1日
                                自 2020年4月1日
                                                    (%)
                      至 2019年12月31日
                                至 2020年12月31日
                          692,951          721,996         29,045          4.2
       売      上      高
                                    134,367
                          119,380                   14,986          12.6
       営    業    利    益
        当第3四半期連結累計期間の売上高は、前年同期と比較し、端末販売収入が減少したものの、モバイル通信料収
      入やソリューション収入の増加等により、                   721,996百万円       ( 4.2%増    )となりました。
        営業利益は、前年同期と比較し、売上高の増加等により、                           134,367百万円       ( 12.6%増    )となりました。
                                 9/43




                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
     財政状態及びキャッシュ・フローの状況
      ①  財政状態
                                         当第3四半期

                               前連結会計年度                     比較増減
                                         連結会計期間
                               2020年3月31日
                                         2020年12月31日
       資産合計(百万円)                          9,580,149         10,160,505            580,356
       負債合計(百万円)                          4,721,041          5,056,363           335,322
       資本合計(百万円)                          4,859,108          5,104,142           245,034
       親会社の所有者に帰属する持分(百万円)                          4,384,424          4,615,142           230,718
                                              45.4
       親会社所有者帰属持分比率(%)                             45.8                   △0.3
      (資産)

        資産は、無形資産等が減少したものの、金融事業の貸出金、現金及び現金同等物等が増加したことにより、前
       連結会計年度末と比較し、            580,356    百万円増加し、       10,160,505百万円        となりました。
      (負債)

        負債は、未払法人所得税等が減少したものの、金融事業の預金、コールマネー等が増加したことにより、前連
       結会計年度末と比較し、           335,322    百万円増加し、       5,056,363百万円        となりました。
      (資本)
        資本は、親会社の所有者に帰属する持分の増加等により、                           5,104,142百万円        となりました。
        以上の結果、親会社所有者帰属持分比率は、前連結会計年度末の45.8%から                                   45.4%   となりました。
                                10/43












                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      ②  キャッシュ・フローの状況
                                                  (単位:百万円)
                                前第3四半期
                                          当第3四半期
                                連結累計期間
                                          連結累計期間
                                                    比較増減
                                自 2019年4月1日
                                         自 2020年4月1日
                                至 2019年12月31日
                                         至 2020年12月31日
                                    855,443        1,050,227           194,784
       営業活動によるキャッシュ・フロー
                                   △424,351         △486,974           △62,622
       投資活動によるキャッシュ・フロー
       フリー・キャッシュ・フロー                  ※            431,091         563,253          132,162
                                   △285,499         △504,355          △218,855
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                     △352         △888          △536
       現金及び現金同等物に係る換算差額
       現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                             145,240          58,011         △87,229
                                    204,597         369,202          164,605
       現金及び現金同等物の期首残高
                                             427,213
                                    349,837                    77,376
       現金及び現金同等物の期末残高
        ※ フリー・キャッシュ・フローは「営業活動によるキャッシュ・フロー」と「投資活動によるキャッシュ・フロー」の合計であり
         ます。
        営業活動によるキャッシュ・フロー(収入)は、前年同期と比較し、営業債権及びその他の営業債権の増加幅

       が小さくなったことや、金融事業の預金の増加幅が大きくなったこと等により、                                     194,784    百万円増加し、
       1,050,227     百万円の収入となりました。
        投資活動によるキャッシュ・フロー(支出)は、前年同期と比較し、関連会社株式の取得による支出等が減少
       したものの、子会社の支配獲得による収入の減少や、金融事業の有価証券の取得による支出の増加等により、
       62,622   百万円増加し、       486,974    百万円の支出となりました。
        財務活動によるキャッシュ・フロー(支出)は、前年同期と比較し、社債発行及び長期借入による収入の減少
       や、短期借入金の純増加額の減少等により、                    218,855    百万円増加し、       504,355    百万円の支出となりました。
        また、上記キャッシュ・フローに加えて、現金及び現金同等物に係る換算差額                                    888  百万円の減少を加味した結
       果、当第3四半期連結累計期間末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比較し、                                               58,011   百
       万円増加し、      427,213    百万円となりました。
     (2)経営方針・経営戦略等

         当社は、2020年10月30日開催の取締役会において、中期経営計画(2019-21年度)における全ての自己株式を消却
        することについて見直しを行い、自己株式の機動的な活用や消却を実施することを決議いたしました。
         これに伴い、前事業年度の第36期有価証券報告書に記載した「第一部                                企業情報     第2   事業の状況      1.経営方
        針、経営環境及び対処すべき課題等」のうち、「(1)中長期的な会社の経営戦略」について変更すべき事項が生
        じております。以下の内容は当該有価証券報告書の該当箇所を一括して記載したものであり、当該変更については
        下線で示しております。
         <中期経営計画(2019-21年度)>

         ■財務目標
         営業利益については、持続的な成長を目指し、EPS                       ※ については、2024年度1.5倍(2018年度比)の実現を目指し
        ます。
         株主還元については、安定的な配当を継続し、連結配当性向は従来の35%超から40%超へ、成長投資とのバラン
        スにより    自己株式の機動的な活用や消却を実施します。
         ※  「Earnings      Per  Share」の略で、1株当たり当期利益。
                                11/43




                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
     (3)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第3四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
     (4)研究開発活動

         当第3四半期連結累計期間における研究開発費の総額は、16,382百万円であります。
         なお、当第3四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動に重要な変更はありません。
     3【経営上の重要な契約等】


         当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                12/43
















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                                        発行可能株式総数(株)
                 種類
                                                    4,200,000,000

                普通株式
                                                    4,200,000,000

                  計
        ②【発行済株式】

              第3四半期会計期間末
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品                内容
                            (2021年2月3日)
               (2020年12月31日)                         取引業協会名
                                          東京証券取引所

                                                    単元株式数
                   2,304,179,550             2,304,179,550
       普通株式
                                          (市場第一部)
                                                    100株
                   2,304,179,550             2,304,179,550             -          -

        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式                      資本準備金        資本準備金
                              資本金増減額        資本金残高
                総数増減数        総数残高                       増減額        残高
        年月日
                               (百万円)        (百万円)
                 (株)        (株)                     (百万円)        (百万円)
     2020年10月1日~
                  -     2,304,179,550          -        141,852       -        305,676
     2020年12月31日
      (5)【大株主の状況】

          当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                13/43







                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      (6)【議決権の状況】
         当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
        することができないことから、直前の基準日(2020年9月30日)に基づく株主名簿による記載をしております。
        ①【発行済株式】
                                                  2020年9月30日現在
                             株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                        内容
                                      -      -          -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                                 -      -          -

     議決権制限株式(その他)                                 -      -          -

                         (自己保有株式)

     完全議決権株式(自己株式等)                                       -          -
                                  4,117,000
                         普通株式
     完全議決権株式(その他)                           2,299,764,100            22,997,641          -

                         普通株式
                                   298,450         -          -

     単元未満株式                    普通株式
                                2,304,179,550            -          -

     発行済株式総数
                                      -      22,997,641          -

     総株主の議決権
    (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄には、証券保管振替機構名義の株式が118,200                                          株含まれております。また、
          「議決権の数」の欄には、同機構名義の完全議決権株式に係る議決権の数1,182個が含まれております。
        2.「完全議決権株式(自己株式等)」には、役員報酬BIP信託口及び株式付与ESOP信託口が保有する当社株式を
          含めて表示しております。
        ②【自己株式等】

                                                  2020年9月30日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の
                                                    に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)       合計(株)
                                                    式数の割合(%)
     (自己保有株式)
                  東京都新宿区西新宿
                                   -    4,117,000        4,117,000        0.18
                  二丁目3番2号
     KDDI株式会社
                       -            -    4,117,000        4,117,000        0.18
          計
    (注)1.株主名簿上は当社名義となっているものの、実質的に所有していない株式が1,200                                            株(議決権12個)ありま
          す。なお、当該株式数は上記①「発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式に含めておりま
          す。
        2.他人名義で保有している理由等
         ・役員に対する株式報酬制度「役員報酬BIP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信託銀行株式会社
          (役員報酬BIP信託口・75842口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しております。
         ・管理職に対するインセンティブ・プラン「株式付与ESOP信託」の信託財産として、日本マスタートラスト信託
          銀行株式会社(株式付与ESOP信託口・75841口、東京都港区浜松町二丁目11番3号)が保有しております。
     2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                14/43





                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
      1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について

      (1)当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年
        内閣府令第64号)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。
      (2)本報告書の要約四半期連結財務諸表の金額の表示は、百万円未満を四捨五入して記載しております。

      2.監査証明について

         当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年10月1日から
        2020年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る要約四半期
        連結財務諸表について、PwC京都監査法人による四半期レビューを受けております。
                                15/43
















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
     1【要約四半期連結財務諸表】
      (1)【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                  (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
                             注記
     資産
      非流動資産:
                                        2,406,231              2,455,544
       有形固定資産
                                         378,870              401,192
       使用権資産
                                         540,886              539,422
       のれん
                                        1,035,399              1,010,317
       無形資産
                                         233,225              231,364
       持分法で会計処理されている投資
                              6           952,070             1,297,466
       金融事業の貸出金
                              6           248,025              281,232
       金融事業の有価証券
                              6           285,879              314,780
       その他の長期金融資産
                                          23,783              15,201
       繰延税金資産
                                         436,675              452,264
       契約コスト
                                          15,975              18,444
       その他の非流動資産
                                        6,557,018              7,017,226
       非流動資産合計
      流動資産:

                                          75,366              83,036
       棚卸資産
                                        2,168,355              2,180,584
       営業債権及びその他の債権
                              6           216,601              232,627
       金融事業の貸出金
                                          50,937              34,535
       コールローン
                              6            53,358              68,529
       その他の短期金融資産
                                          4,712              6,512
       未収法人所得税
                                          84,600              110,243
       その他の流動資産
                                         369,202              427,213
       現金及び現金同等物
                                        3,023,131              3,143,279
       流動資産合計
                                        9,580,149              10,160,505
      資産合計
                                16/43










                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                   前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                                  (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
                             注記
     負債及び資本
     負債
      非流動負債:
                              6          1,147,551              1,183,226
       借入金及び社債
                              6            25,728              30,152
       金融事業の預金
                                         268,648              289,690
       リース負債
                              6            13,342              15,264
       その他の長期金融負債
                                          37,230              40,762
       退職給付に係る負債
                                          98,570              98,785
       繰延税金負債
                                          36,770              73,892
       引当金
                                          72,053              72,784
       契約負債
                                          7,411              8,112
       その他の非流動負債
                                        1,707,303              1,812,667
       非流動負債合計
      流動負債:

                              6           153,262               90,775
       借入金及び社債
                                         657,298              638,129
       営業債務及びその他の債務
                              6          1,401,691              1,757,171
       金融事業の預金
                                          72,100              103,842
       コールマネー
                                         110,906              109,672
       リース負債
                              6            3,496              2,445
       その他の短期金融負債
                                         179,915              124,751
       未払法人所得税
                                          44,966              45,617
       引当金
                                         107,897              100,348
       契約負債
                                         282,209              270,946
       その他の流動負債
                                        3,013,738              3,243,696
       流動負債合計
                                        4,721,041              5,056,363
      負債合計
     資本

      親会社の所有者に帰属する持分
                                         141,852              141,852
       資本金
                                         280,591              280,886
       資本剰余金
                                        △ 156,550              △ 69,155
       自己株式
                                        4,138,195              4,263,266
       利益剰余金
                                         △ 19,665              △ 1,708
       その他の包括利益累計額
      親会社の所有者に帰属する持分合計                                  4,384,424              4,615,142
                                         474,684              489,000
      非支配持分
                                        4,859,108              5,104,142
      資本合計
                                        9,580,149              10,160,505
      負債及び資本合計
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                17/43





                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      (2)【要約四半期連結損益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                            注記
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                             5
                                       3,902,576               3,923,775
     売上高
                                       2,120,834               2,077,973
     売上原価
                                       1,781,742               1,845,802
     売上総利益
                                        947,124               988,173
     販売費及び一般管理費
                                         7,940               12,303
     その他の収益
                                         1,869               2,276
     その他の費用
                                         3,181               3,386
     持分法による投資利益
                                        843,869               871,042
     営業利益
     金融収益                                     3,480               3,580
                                         8,307               6,599
     金融費用
                                         1,502               2,743
     その他の営業外損益(△は損失)
                                        840,544               870,766
     税引前四半期利益
                                        263,544               271,727
     法人所得税費用
                                        577,000               599,039
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                        530,876               548,726
      親会社の所有者
                                         46,124               50,313
      非支配持分
                                        577,000               599,039
     四半期利益
                             8

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                                   228.09               238.97
                                         228.02               238.81
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                18/43










                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                                (自 2019年10月1日               (自 2020年10月1日
                            注記
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     売上高                                  1,338,118               1,386,579
                                        729,386               763,886
     売上原価
                                        608,732               622,693
     売上総利益
     販売費及び一般管理費                                    321,779               345,176
                                         3,258               3,793
     その他の収益
                                           624               784
     その他の費用
                                           874              1,754
     持分法による投資利益
                                        290,462               282,279
     営業利益
                                         2,119               1,455
     金融収益
                                         2,232               2,183
     金融費用
                                           -               831
     その他の営業外損益(△は損失)
                                        290,349               282,381
     税引前四半期利益
                                         90,927               87,684
     法人所得税費用
                                        199,422               194,696
     四半期利益
     四半期利益の帰属

                                        183,331               175,826
      親会社の所有者
                                         16,090               18,870
      非支配持分
                                        199,422               194,696
     四半期利益
                             8

     親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益
      基本的1株当たり四半期利益(円)                                    79.46               76.83
                                         79.44               76.78
      希薄化後1株当たり四半期利益(円)
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                19/43










                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      (3)【要約四半期連結包括利益計算書】
        【第3四半期連結累計期間】
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                            注記
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
                                        577,000               599,039
     四半期利益
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                         13,513               21,255
       する金融資産の公正価値変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                        △ 3,157                148
       に対する持分相当額
                                         10,356               21,403
        合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                          804               212
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                        △ 4,091              △ 3,375
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                          116              △ 213
       に対する持分相当額
                                        △ 3,171              △ 3,375
        合計
                                         7,185               18,027
     その他の包括利益合計
                                        584,185               617,066
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

                                        538,625               569,067
      親会社の所有者
                                         45,560               47,999
      非支配持分
                                        584,185               617,066
       合計
     (注)上記の計算書の項目は税引後で開示しております。
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                20/43










                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        【第3四半期連結会計期間】
                                                    (単位:百万円)
                               前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                                (自 2019年10月1日               (自 2020年10月1日
                            注記
                                 至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     四半期利益                                   199,422               194,696
     その他の包括利益

      純損益に振り替えられることのない項目
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定
                                          456              11,412
       する金融資産の公正価値変動額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                          △ 23               27
       に対する持分相当額
                                          434              11,438
        合計
      純損益に振り替えられる可能性のある項目
                                          985                82
       キャッシュ・フロー・ヘッジ
                                         7,232              △ 1,250
       在外営業活動体の換算差額
       持分法適用会社におけるその他の包括利益
                                           36              △ 101
       に対する持分相当額
                                         8,254              △ 1,269
        合計
                                         8,687               10,170
     その他の包括利益合計
                                        208,109               204,866
     四半期包括利益合計
     四半期包括利益合計の帰属

                                        190,382               186,672
      親会社の所有者
                                         17,727               18,194
      非支配持分
                                        208,109               204,866
       合計
     (注)上記の計算書の項目は税引後で開示しております。
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                21/43










                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      (4)【要約四半期連結持分変動計算書】
        前 第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)
                                                     (単位:百万円)

                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                                        その他の
                                                   持分     合計
                         資本     自己     利益
                注記   資本金                    包括利益      合計
                         剰余金      株式     剰余金
                                        累計額
     2019年4月1日
                    141,852     284,409    △ 383,728    4,144,133      △ 3,174    4,183,492      429,440    4,612,932
     会計方針の変更による累積的
                      -     -     -    △ 181      -    △ 181    △ 149    △ 329
     影響額
       修正再表示後の残高
                    141,852     284,409    △ 383,728    4,143,952      △ 3,174    4,183,311      429,291    4,612,603
     四半期包括利益
      四半期利益
                      -     -     -   530,876       -   530,876      46,124     577,000
                      -     -     -     -    7,749     7,749     △ 564    7,185
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計               -     -     -   530,876      7,749    538,625      45,560     584,185
     所有者との取引額等
      剰余金の配当           7     -     -     -  △ 256,876       -  △ 256,876     △ 33,066    △ 289,941
      その他の包括利益累計額か
                      -     -     -    3,206    △ 3,206       -     -     -
      ら利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分                -    △ 75  △ 150,000       -     -  △ 150,075       -  △ 150,075
      自己株式の消却                -  △ 377,034     377,034       -     -     -     -     -
      利益剰余金から資本剰余金
                      -   377,034       -  △ 377,034       -     -     -     -
      への振替
      企業結合による変動
                      -     -     -     -     -     -    26,574     26,574
      支配継続子会社に対する
                      -   △ 1,924       -     -     -   △ 1,924      240    △ 1,684
      持分変動
                      -    1,279      143      -     -    1,421      -    1,421
      その他
       所有者との取引額等合計
                      -    △ 721    227,177    △ 630,703     △ 3,206    △ 407,453     △ 6,251    △ 413,704
                    141,852     283,688    △ 156,551    4,044,125       1,369    4,314,483      468,600    4,783,083
     2019年12月31日
                                22/43











                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)
                                                     (単位:百万円)

                            親会社の所有者に帰属する持分
                                                   非支配      資本
                                        その他の
                                                   持分     合計
                         資本     自己     利益
                注記   資本金                    包括利益      合計
                         剰余金      株式     剰余金
                                        累計額
     2020年4月1日
                    141,852     280,591    △ 156,550    4,138,195      △ 19,665    4,384,424      474,684    4,859,108
     四半期包括利益
      四半期利益                -     -     -   548,726       -   548,726      50,313     599,039
                      -     -     -     -    20,341     20,341     △ 2,314     18,027
      その他の包括利益
       四半期包括利益合計               -     -     -   548,726      20,341     569,067      47,999     617,066
     所有者との取引額等
      剰余金の配当
                 7     -     -     -  △ 276,040       -  △ 276,040     △ 31,299    △ 307,339
      その他の包括利益累計額か
                      -     -     -    2,384    △ 2,384       -     -     -
      ら利益剰余金への振替
      自己株式の取得及び処分                -     △ 4  △ 63,063       -     -   △ 63,067       -   △ 63,067
      自己株式の消却                -  △ 150,000     150,000       -     -     -     -     -
      利益剰余金から資本剰余金
                      -   150,000       -  △ 150,000       -     -     -     -
      への振替
      支配継続子会社に対する
                      -   △ 1,052       -     -     -   △ 1,052    △ 2,383    △ 3,435
      持分変動
                      -    1,352      458      -     -    1,809      -    1,809
      その他
       所有者との取引額等合計
                      -     295    87,395    △ 423,655     △ 2,384    △ 338,349     △ 33,683    △ 372,032
                    141,852     280,886     △ 69,155    4,263,266      △ 1,708    4,615,142      489,000    5,104,142
     2020年12月31日
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                23/43












                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      (5)【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
        (第3四半期連結累計期間)
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                             注記
                                  至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                                         840,544               870,766
      税引前四半期利益
                                         514,893               533,978
      減価償却費及び償却費
                                            51             1,516
      減損損失
      持分法による投資損益(△は益)                                   △ 3,181              △ 3,386
      固定資産売却損益(△は益)                                      13            △ 2,061
                                         △ 3,444              △ 3,352
      受取利息及び受取配当金
                                          6,254               5,311
      支払利息
      営業債権及びその他の債権の増減額(△は増加)                                  △ 146,074               △ 6,423
      営業債務及びその他の債務の増減額(△は減少)                                   △ 44,172               6,255
      金融事業の貸出金の増減額(△は増加)                                  △ 282,568              △ 361,422
      金融事業の預金の増減額(△は減少)                                   283,366               359,904
      コールローンの増減額(△は増加)                                   △ 11,052               16,402
      コールマネーの増減額(△は減少)                                    8,500              31,742
      棚卸資産の増減額(△は増加)                                    4,340              △ 7,782
      退職給付に係る負債の増減額(△は減少)                                    3,105               3,533
                                         △ 14,565              △ 68,687
      その他
                                        1,156,012               1,376,295
       小計
                                          6,585               6,297
      利息及び配当金の受取額
                                         △ 6,600              △ 5,816
      利息の支払額
                                        △ 300,555              △ 326,548
      法人所得税の支払額
                                         855,443              1,050,227
       営業活動によるキャッシュ・フロー合計
     投資活動によるキャッシュ・フロー

                                        △ 284,236              △ 312,645
      有形固定資産の取得による支出
                                           581              4,083
      有形固定資産の売却による収入
                                        △ 163,619              △ 140,127
      無形資産の取得による支出
                                         △ 22,801             △ 102,251
      金融事業の有価証券の取得による支出
                                          54,462               72,585
      金融事業の有価証券の売却または償還による収入
                                         △ 5,981             △ 13,817
      その他の金融資産の取得による支出
                                          5,560               4,403
      その他の金融資産の売却または償還による収入
                                          86,219                 -
      子会社の支配獲得による収入
                                         △ 92,228              △ 1,148
      関連会社株式の取得による支出
                                            16             3,958
      子会社及び関連会社株式の売却による収入
                                         △ 2,323              △ 2,014
      その他
                                        △ 424,351              △ 486,974
       投資活動によるキャッシュ・フロー合計
                                24/43






                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
                                                    (単位:百万円)
                                前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                             注記
                                  至 2019年12月31日)                 至 2020年12月31日)
     財務活動によるキャッシュ・フロー
      短期借入の純増減額(△は減少)                                   191,500               47,500
                                         180,000               77,500
      社債発行及び長期借入による収入
                                        △ 116,954              △ 151,733
      社債償還及び長期借入返済による支出
                                         △ 98,835             △ 104,171
      リース負債の返済による支出
                                         △ 3,097              △ 3,161
      非支配持分からの子会社持分取得による支出
                                          1,126                 8
      非支配持分からの払込みによる収入
                                        △ 150,000              △ 63,063
      自己株式の取得による支出
                                        △ 255,960              △ 275,858
      配当金の支払額
                                         △ 33,275              △ 31,374
      非支配持分への配当金の支払額
                                           △ 4              △ 2
      その他
                                        △ 285,499              △ 504,355
       財務活動によるキャッシュ・フロー合計
                                          △ 352              △ 888
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   145,240               58,011
                                         204,597               369,202
      現金及び現金同等物の期首残高
                                         349,837               427,213
      現金及び現金同等物の四半期末残高
        後述の注記1~11は、当要約四半期連結財務諸表の不可欠な一部を構成しております。

                                25/43













                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
        1.報告企業
          KDDI株式会社(以下「当社」)は日本の会社法に従い設立された株式会社であります。当社の所在地は日本で

         あり、登記している本社の住所は東京都新宿区西新宿二丁目3番2号であります。当社の要約四半期連結財務諸
         表は2020年12月31日を期末日とし、当社及び子会社(以下「当社グループ」)、ならびに当社グループの関連会
         社及び共同支配企業に対する持分により構成されております。なお、当社は、当社グループの最終的な親会社で
         あります。
         当社グループの主な事業内容及び主要な活動は、「パーソナル事業」、「ビジネス事業」であります。
          詳細については、「4.セグメント情報(1)報告セグメントの概要」に記載しております。
        2.作成の基礎

         (1)要約四半期連結財務諸表がIFRSに準拠している旨に関する事項

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規
          則」(平成19年内閣府令第64号)第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特定会社」の要件を満たすことか
          ら、同第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して作成しております。なお、要約
          四半期連結財務諸表は、年度の連結財務諸表で要求されている全ての情報を含んでいないため、2020年3月31
          日に終了した1年間の連結財務諸表と併せて利用されるべきものです。
         (2)測定の基礎

           当社グループの要約四半期連結財務諸表は、要約四半期連結財政状態計算書における以下の重要な項目を除
          き、取得原価を基礎として作成しております。
          ・デリバティブ資産及びデリバティブ負債(公正価値で測定)
          ・純損益を通じて公正価値で測定する金融資産または金融負債
          ・その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
          ・確定給付制度に係る資産または負債(確定給付制度債務の現在価値から制度資産の公正価値を控除して測
           定)
         (3)表示通貨及び単位

           当社グループの要約四半期連結財務諸表の表示通貨は、当社が営業活動を行う主要な経済環境における通貨
          である日本円であり、百万円未満を四捨五入して表示しております。
         (4)見積り及び判断の利用

           IFRSに準拠した要約四半期連結財務諸表の作成において、会計方針の適用、資産・負債・収益及び費用の報
          告額に影響を及ぼす判断、見積り及び仮定の設定を行っております。これらの見積り及び仮定は、過去の経験
          及び利用可能な情報を収集し、決算日において合理的であると考えられる様々な要因等を勘案した経営者の最
          善の判断に基づいております。しかし、その性質上、これらの見積り及び仮定に基づく数値は実際の結果と異
          なる可能性があります。
           見積り及び仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの見直しによる影響は、その見積りを見直した連
          結会計期間と将来の連結会計期間において認識されます。
           本要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える判断、見積り及び仮定は、以下新型コロナウイルス
          感染症による影響を除き、原則として前連結会計年度に係る連結財務諸表と同様であります。
           新型コロナウイルス感染症による影響は、2020年度上期まで継続するとの仮定を前連結会計年度末において
          設定しておりましたが、今般の状況を踏まえ現時点で入手可能な情報に基づき、少なくとも2020年度を通して
          影響を及ぼすとの仮定に変更し、会計上の見積りを行っております。なお、当該変更による四半期連結財務諸
          表への影響は軽微です。
                                26/43





                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
         (5)新たな基準書及び解釈指針の適用
           当社グループが、当第1四半期連結会計期間より新たに適用を開始した重要な基準書及び解釈指針はありま
          せん。
         (6)未適用の公表済み基準書

           本要約四半期連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書の新設または改訂が公表されておりますが、
          2020年12月31日現在において強制適用されるものではなく、当社グループでは早期適用しておりません。
                     強制適用時期

                              当社グループ
     基準書        基準名                               新設・改訂の概要
                    (以降開始年度)
                              適用予定時期
    IFRS第17号        保険契約        2023年1月1日         2024年3月期        IFRS第17号は、現在多様な実務慣行を許容して
                                      いるIFRS第4号を置き換え、保険契約及び裁量
                                      権のある有配当性を有する投資契約を発行する
                                      すべての企業の会計処理を変更するものであり
                                      ます。
                                      IFRS第17号の一般モデルの下では、企業は、当
                                      初認識時に保険契約の履行キャッシュ・フロー
                                      と契約サービス・マージンの合計額の測定が要
                                      求されますが、このうち履行キャッシュ・フ
                                      ローは、将来キャッシュ・フローの見積り、貨
                                      幣の時間価値を反映する調整、及び非財務リス
                                      クに係るリスク調整によって構成され、各報告
                                      期間において最新の測定基礎を用いて再測定さ
                                      れます。未稼得利益(契約サービス・マージ
                                      ン)は、カバー期間にわたり認識されます。
           この基準書を上記に示した適用時期の要約四半期連結財務諸表に反映いたします。当該適用による当社グ

          ループの要約四半期連結財務諸表への影響については、検討中であり、現時点では見積ることはできませ
          ん。
        3.重要な会計方針

          当社グループが本要約四半期連結財務諸表の作成にあたって採用した重要な会計方針は、前連結会計年度に係

         る連結財務諸表において採用した会計方針と同一であります。なお、要約四半期連結財務諸表における法人所得
         税費用は、税引前四半期利益に対して、見積平均年次実効税率を用いて算定しております。
                                27/43








                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        4.セグメント情報
         (1)報告セグメントの概要

           当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、
          取締役会等が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているもの
          であります。
           当社グループは、「パーソナル」、「ビジネス」の2つを報告セグメントとしております。なお、当社グ
          ループの報告セグメントは、事業セグメントの区分と同じとしております。
           「パーソナル」では、個人のお客さま向けにサービスを提供しています。

           日本国内においては、従来の通信サービス(主に「au」ブランドによるスマートフォン・携帯電話、
          FTTH/CATVサービス等)を中心に、コマース・金融・エネルギー・エンターテインメント・教育等のライフデ
          ザインサービスを連携しながら拡充することで、「通信とライフデザインの融合」をより一層推し進め、新た
          な体験価値の提供を目指しています。
           また、海外においては、国内で培った事業ノウハウを生かし、ミャンマーやモンゴルをはじめとするアジア
          域を中心とした個人のお客さま向けビジネスにも積極的に取り組んでいます。
           「ビジネス」では、日本国内及び海外において、幅広い法人のお客さま向けに、スマートフォン等のデバイ

          スやお客さまのIoTビジネスを支えるKDDI「IoT世界基盤」をはじめとしたネットワーク・クラウド型サービス
          等の多様なソリューションに加え、「TELEHOUSE」ブランドでのデータセンターサービス等を提供していま
          す。
           また、日本国内の中小企業のお客さまについては、連結子会社のKDDIまとめてオフィスグループによる地域
          に密着したサポート体制を全国規模で構築しています。
           5GやIoT等の技術を活用し、パートナー企業との連携により、グローバル規模でお客さまのビジネスに貢献
          するサービス・ソリューションをワンストップで提供することで、お客さまのデジタルトランスフォーメー
          ションをサポートしています。
           当第1四半期連結会計期間より、組織変更に伴い一部の連結子会社の所管セグメントを見直しております。

           これに伴い、前第3四半期連結累計期間及び前第3四半期連結会計期間のセグメント情報については、変更
          後のセグメント区分に基づき作成したものを開示しております。
         (2)報告セグメントごとの売上高、利益または損失、その他の項目の金額の算定方法

           報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「3.重要な会計方針」をご参照ください。
           報告セグメントの利益は、営業利益をベースとした数値であります。
           セグメント間の取引価格は、第三者取引価格または総原価を勘案し、価格交渉のうえ決定しております。
           資産及び負債は、報告セグメントに配分しておりません。
                                28/43








                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
         (3)報告セグメントごとの売上高、利益または損失の金額に関する情報
           当社グループのセグメント情報は以下のとおりであります。
           前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

                                                 (単位:百万円)
                     報告セグメント                               要約四半期
                                   その他            調整額
                                                    連結財務
                                         合計
                                  (注)1            (注)2
                                                     諸表
                 パーソ
                      ビジネス       計
                                                     計上額
                 ナル
     売上高
                 3,337,366       549,209     3,886,575       16,001     3,902,576         -   3,902,576
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                  60,411      143,742      204,153      40,300      244,453     △ 244,453        -
      売上高または振替高
                 3,397,777       692,951     4,090,728       56,301     4,147,028      △ 244,453     3,902,576
          計
                  719,700      119,380      839,081       4,149     843,230        639    843,869
     セグメント利益
                                                      △ 4,827
     金融収益及び金融費用
                                                      1,502
     その他の営業外損益
                                                      840,544
     税引前四半期利益
           当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

                                                 (単位:百万円)
                     報告セグメント                               要約四半期
                                   その他            調整額
                                                    連結財務
                                         合計
                                  (注)1            (注)2
                                                     諸表
                 パーソ
                      ビジネス       計
                                                     計上額
                 ナル
     売上高
                 3,342,101       563,659     3,905,760       18,015     3,923,775         -   3,923,775
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                  58,045      158,337      216,382      37,318      253,699     △ 253,699        -
      売上高または振替高
                 3,400,145       721,996     4,122,141       55,333     4,177,474      △ 253,699     3,923,775
          計
                  730,160      134,367      864,527       6,675     871,201       △ 159    871,042
     セグメント利益
                                                      △ 3,019
     金融収益及び金融費用
                                                      2,743
     その他の営業外損益
                                                      870,766
     税引前四半期利益
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・
           先端技術開発等の事業を含んでおります。
         2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
                                29/43








                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
           前第3四半期連結会計期間(自 2019年10月1日 至 2019年12月31日)
                                                 (単位:百万円)
                     報告セグメント                               要約四半期
                                   その他            調整額
                                                    連結財務
                                         合計
                                  (注)1            (注)2
                                                     諸表
                 パーソ
                      ビジネス       計
                                                     計上額
                 ナル
     売上高
                 1,147,471       184,723     1,332,194        5,925    1,338,118         -   1,338,118
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                  20,869      48,954      69,823      14,775      84,598     △ 84,598        -
      売上高または振替高
                 1,168,340       233,677     1,402,017       20,700     1,422,717      △ 84,598     1,338,118
          計
                  251,482      36,267      287,749       2,576     290,325        137    290,462
     セグメント利益
                                                      △ 113
     金融収益及び金融費用
                                                        -
     その他の営業外損益
                                                      290,349
     税引前四半期利益
           当第3四半期連結会計期間(自 2020年10月1日 至 2020年12月31日)

                                                 (単位:百万円)
                     報告セグメント                               要約四半期
                                   その他            調整額
                                                    連結財務
                                         合計
                                  (注)1            (注)2
                                                     諸表
                 パーソ
                      ビジネス       計
                                                     計上額
                 ナル
     売上高
                 1,188,604       191,303     1,379,907        6,672    1,386,579         -   1,386,579
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                  18,697      54,466      73,163      13,040      86,203     △ 86,203        -
      売上高または振替高
                 1,207,301       245,769     1,453,070       19,712     1,472,782      △ 86,203     1,386,579
          計
                  235,086      44,313      279,399       2,740     282,139        139    282,279
     セグメント利益
                                                      △ 729
     金融収益及び金融費用
                                                       831
     その他の営業外損益
                                                      282,381
     税引前四半期利益
     (注)1.「その他」の区分は、報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、設備の建設及び保守、研究・
           先端技術開発等の事業を含んでおります。
         2.セグメント利益の調整額は、セグメント間取引消去であります。
                                30/43









                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        5.  売上高
         当社グループの分解した収益とセグメント売上高との関連は、以下のとおりであります。
         前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

                                             (単位:百万円)
                セグメント             商品/サービス                金額
                                                3,337,366
            パーソナルセグメント
                                                1,683,739
                          au総合ARPA収入
                          UQ  mobile+MVNO収入                      47,082
                                                 601,141
                          固定通信料収入
                                                1,005,405
                          その他
                                                 549,209
            ビジネスセグメント
                                                 16,001
            その他セグメント
                                                3,902,576
                        合計
                                                3,836,934
                  顧客との契約から生じる収益
                                                 65,642
                  その他の源泉から生じる収益
         当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

                                             (単位:百万円)
                セグメント             商品/サービス                金額
                                                3,342,101
            パーソナルセグメント
                                                1,721,484
                          au総合ARPA収入
                          UQ  mobile+MVNO収入                      70,210
                                                 608,994
                          固定通信料収入
                                                 941,412
                          その他
                                                 563,659
            ビジネスセグメント
                                                 18,015
            その他セグメント
                                                3,923,775
                        合計
                                                3,854,374
                  顧客との契約から生じる収益
                                                 69,401
                  その他の源泉から生じる収益
    (注)1.     セグメント間取引控除後の金額を表示しております。

        2.当第3四半期連結会計期間より、一部の商品/サービス名を見直しております。
          これに伴い、上記の商品/サービス名については、変更後の名称に基づき開示しております。
          当該見直しによる数値定義の変更はありません。
                                31/43







                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        6.金融商品の公正価値
          金融商品は、その公正価値の測定にあたって、その公正価値の測定に用いたインプットの観察可能性及び重要

         性に応じて、公正価値ヒエラルキーの3つのレベルに分類しております。当該分類において、それぞれの公正価
         値のヒエラルキーは、以下のように定義しております。
          ・レベル1:同一の資産または負債の活発な市場における相場価格
          ・レベル2:      資産または負債について、直接的に観察可能なインプットまたは間接的に観察可能なインプット
                のうち、レベル1に含まれる相場価格以外のインプットを使用して測定した公正価値
          ・レベル3:      資産または負債について、観察可能な市場データに基づかないインプット(すなわち観察不能な
                インプット)を使用して測定した公正価値
          当社グループは、公正価値の測定に使用される公正価値の階層のレベルを、公正価値の測定の重要なインプッ
         トの最も低いレベルによって決定しております。
         (1)  経常的に公正価値で測定する金融資産及び金融負債の公正価値

          ① 公正価値のヒエラルキー
            公正価値の階層ごとに分類された、要約四半期連結財政状態計算書に公正価値で認識する金融資産及び金
           融負債は以下のとおりであります。
         前連結会計年度(2020年3月31日)

                                                   (単位:百万円)
                                  レベル1       レベル2       レベル3
                                                        合計
     経常的な公正価値測定
     金融資産:
      その他の金融資産
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                    77,635         -     44,105      121,740
        株式
                                   229,749       18,275         -    248,024
        金融事業の有価証券
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
        デリバティブ
                                      -      181       -      181
         為替予約
                                      -     1,735        -     1,735
         為替スワップ
                                      -      163       -      163
         金利スワップ
                                      -      434       -      434
        投資信託
     金融負債:

      その他の金融負債
       純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
        デリバティブ
                                      -       32       -       32
         為替予約
                                      -     2,871        -     2,871
         為替スワップ
                                      -     5,148        -     5,148
         金利スワップ
                                32/43






                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
         当第3四半期連結会計期間(2020年12月31日)
                                                   (単位:百万円)
                                  レベル1       レベル2       レベル3
                                                        合計
     経常的な公正価値測定
     金融資産:
      その他の金融資産
       その他の包括利益を通じて公正価値で測定する金融資産
                                   111,026          -    53,176      164,202
        株式
                                   262,361       18,870         -    281,231
        金融事業の有価証券
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産
        デリバティブ
                                      -      157        -      157
         為替予約
                                      -     3,401         -     3,401
         為替スワップ
                                      -      196        -      196
         金利スワップ
                                      -      730        -      730
        投資信託
     金融負債:

      その他の金融負債
       純損益を通じて公正価値で測定する金融負債
        デリバティブ
                                      -      207        -      207
         為替予約
                                      -     1,830         -     1,830
         為替スワップ
                                      -     4,379         -     4,379
         金利スワップ
          レベル間の重要な振替が行われた金融商品の有無は毎期末日に判断しております。前連結会計年度及び当第3
         四半期連結会計期間において、レベル間の重要な振替が行われた金融商品はありません。
          ② 公正価値の測定方法

           (a)株式
             上場株式については、取引所の価格によっており、公正価値ヒエラルキーレベル1に区分しておりま
            す。
             非上場株式については、割引将来キャッシュ・フローに基づく評価技法、類似会社の市場価格に基づく
            評価技法、純資産価値に基づく評価技法、その他の評価技法を用いて算定しており、公正価値ヒエラル
            キーレベル3に区分しております。非上場株式の公正価値測定にあたっては、割引率、評価倍率等の観察
            可能でないインプットを利用しており、必要に応じて一定の非流動性ディスカウント、非支配持分ディス
            カウントを加味しております。
           (b)金融事業の有価証券

             金融事業の有価証券の公正価値は、活発な市場における取引所の価格が入手できる場合には、公正価値
            ヒエラルキーレベル1に区分しております。活発な市場における取引所の価格が入手できない場合には、
            主にブローカーによる提示相場等、利用可能な情報に基づく取引価格を使用して測定している他、リスク
            フリーレートや信用スプレッドを加味した割引率のインプットを用いて、割引将来キャッシュ・フローに
            基づく評価技法で測定しており、インプットの観察可能性に応じてレベル2に分類しております。
           (c)デリバティブ

            (i)為替予約
               外国為替先物予約の公正価値は、期末日現在の先物為替レートを用いて算定した価値を現在価値に
              割引くことにより算定しております。為替予約に係る金融資産及び金融負債については、公正価値ヒ
              エラルキーレベル2に区分しております。
            (ⅱ)為替スワップ

               為替スワップの公正価値は、期末日現在の先物為替レートを用いて算定した価値を現在価値に割引
              くことにより算定しております。為替スワップに係る金融資産及び金融負債については、公正価値ヒ
              エラルキーレベル2に区分しております。
                                33/43


                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
            (ⅲ)金利スワップ

               金利スワップについては、将来キャッシュ・フローを満期日までの期間及び信用リスクを加味した
              利率で割り引いた現在価値により算定しております。金利スワップに係る金融資産及び金融負債につ
              いては、公正価値ヒエラルキーレベル2に区分しております。
           (d)  投資信託

              投資信託については、マーケット・アプローチに基づき、活発でない市場における同一資産の市場価
             格によっており、公正価値ヒエラルキーレベル2に区分しております。
          ③ レベル3の調整表

            以下の表は、前第3四半期連結累計期間(2019年12月31日に終了した9カ月間)におけるレベル3の金融
           商品の変動を表示しております。
                                  (単位:百万円)

                                その他の包括利益を通
                                じて公正価値で測定す
                                る金融資産
                                    株式
           2019年4月1日残高                            37,804
                                       6,086
           取得
                                       △234
           売却
           包括利益
                                       △589
            その他の包括利益
                                       △460
           その他
                                       42,607
           2019年12月31日残高
            以下の表は、当第3四半期連結累計期間(2020年12月31日に終了した9カ月間)におけるレベル3の金融

           商品の変動を表示しております。
                                  (単位:百万円)

                                その他の包括利益を通
                                じて公正価値で測定す
                                る金融資産
                                    株式
           2020年4月1日残高                            44,105
                                       3,872
           取得
                                       △914
           売却
           包括利益
                                       3,280
            その他の包括利益
                                       2,834
           その他
                                       53,176
           2020年12月31日残高
          ④ レベル3の評価プロセス

            非上場株式の公正価値の評価方針及び手続の決定は、株式を管理する部門から独立した財務・経理部門に
           より行われており、評価モデルを含む公正価値測定については、個々の株式の事業内容、事業計画の入手可
           否及び類似上場企業等を定期的に確認し、その妥当性を検証しております。
                                34/43





                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
          ⑤ レベル3に分類される資産に関する定量的情報
            前連結会計年度末及び当第3四半期連結会計期間末において、経常的に                                 公 正価値で測定するレベル3に分
           類される資産の評価技法及び重要な観察可能でないインプットに関する情報は以下のとおりであります。
            前連結会計年度(2020年3月31日)
                       公正価値

                                          観察可能でない
                                 評価技法                     範囲
                       (百万円)
                                           インプット
                          44,105                          5.7%~11.2%
               株式                インカムアプローチ             割引率
            当第3四半期連結会計期間(2020年12月31日)

                       公正価値

                                          観察可能でない
                                 評価技法                     範囲
                       (百万円)
                                           インプット
                          53,176                          4.4%~6.3%
               株式                インカムアプローチ             割引率
          ⑥ 重要な観察可能でないインプットの変動に係る感応度分析

            レベル3に分類した金融商品について、観察可能でないインプットを合理的に考え得る代替的な仮定に変
           更した場合に重要な公正価値の増減は見込まれておりません。
                                35/43















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
         (2)償却原価で測定する金融資産及び金融負債
          ① 公正価値
            償却原価で測定する金融            資産及び金融負債の公正価値は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)
                          前連結会計年度                  当第3四半期連結会計期間
                         (2020年3月31日)                    (2020年12月31日)
                       帳簿価額          公正価値          帳簿価額          公正価値

     金融資産:
                        1,168,671          1,162,160          1,530,093          1,518,131
      金融事業の貸出金
      その他の金融資産
                          21,808          20,290          18,220          17,811
       買入金銭債権
     金融負債:
      借入金及び社債
                         851,591          858,682          817,157          824,214
       借入金
                         369,222          370,499          329,344          331,402
       社債
                        1,427,419          1,428,422          1,787,324          1,788,555
      金融事業の預金
     (注)1.     金融事業の貸出金は、1年返済(償還)予定の残高を含んでおります。

     (注  )2.   借入金、社債は、1年返済(償還)予定の残高を含んでおります。
     (注  )3.公正価値と帳簿価額とが近似している金融資産、金融負債は、上表には含めておりません。
          ② 公正価値の測定方法

           (a)  金融事業の貸出金
             金融事業の貸出金の公正価値は、将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味し
            た利率により割り引いた現在価値によって算定しております。
           (b)  買入金銭債権
             買入金銭債権については、            マーケット・アプローチに基づき、活発でない市場における同一資産の市場
            価格、   あるいは    将来のキャッシュ・フローを満期までの期間及び信用リスクを加味した利率により割り引
            いた現在価値によって算定しております。
           (c)  借入金
             変動金利による借入金は、短期間で市場金利を反映しており、また、グループ企業の信用状態に借入
            後、大きな変動はないと考えられることから、帳簿価額を公正価値とみなしております。固定金利による
            借入金は、元利金の合計額を当該借入金の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引く方法によ
            り、公正価値を算定しております。
           (d)  社債
             社債の公正価値は、市場価格のあるものは市場価格に基づき、市場価格のないものは元利金の合計額を
            当該社債の残存期間及び信用リスクを加味した利率で割り引く方法により算定しております。
           (e)  金融事業の     預金
             要求払預金については、決算日に要求された場合の支払額(帳簿価額)を時価とみなしております。ま
            た、定期預金の時価は、一定の期間ごとに区分して、将来のキャッシュ・フローを割り引いて現在価値を
            算定しております。この割引率は、新規に預金を受け入れる際に使用する利率を用いております。なお、
            区分経理を行っている定期預金の約定元利金は、区分経理後のものとしております。
                                36/43






                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        7.配当金
          配当金の支払額は以下のとおりであります。

          前第3四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年12月31日)

                           配当金の総額        1株当たり

           決議        株式の種類                         基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
        2019年6月19日
        定時株主総会                      129,308          55
                    普通株式                       2019年3月31日         2019年6月20日
        (注)1、2
                           配当金の総額        1株当たり

           決議        株式の種類                         基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
        2019年11月1日
        取締役会                      127,733          55
                    普通株式                       2019年9月30日         2019年12月3日
        (注)1、2
          当第3四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年12月31日)

                           配当金の総額        1株当たり

           決議        株式の種類                         基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
        2020年6月17日
        定時株主総会                      137,995          60
                    普通株式                       2020年3月31日         2020年6月18日
        (注)1、2
                           配当金の総額        1株当たり

           決議        株式の種類                         基準日        効力発生日
                           (百万円)       配当額(円)
        2020年10月30日
        取締役会                      138,004          60
                    普通株式                       2020年9月30日         2020年12月2日
        (注)1、2
      (注)1.配当金の総額には役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託が所有する当社株式の配当金は含めておりませ

            ん。
      (注)2.上記のほかに、役員報酬BIP信託及び株式付与ESOP信託受益者に対する配当金の支払があります。
                                37/43







                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        8.1株当たり四半期利益
      (1)基本的1株当たり四半期利益

         基本的1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                 (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                         530,876              548,726
                                        2,327,526              2,296,202
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                         228.09              238.97
     基本的1株当たり四半期利益(円)
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                 (自 2019年10月1日               (自 2020年10月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     親会社の所有者に帰属する四半期利益(百万円)
                                         183,331              175,826
                                        2,307,268              2,288,592
     発行済普通株式の加重平均株式数(千株)
                                          79.46              76.83
     基本的1株当たり四半期利益(円)
      (2)希薄化後1株当たり           四半期利益

         希薄化後1株当たり四半期利益及びその算定上の基礎は以下のとおりであります。
                                                   (単位:百万円)

                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
                                         530,876              548,726
     親会社の普通株主に帰属する四半期利益
                                           -              -
     利益調整額
                                         530,876              548,726
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する利益
                                                    (単位:千株)

                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                                 (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
                                        2,327,526              2,296,202
     発行済普通株式の加重平均株式数
     希薄化性潜在的普通株式の影響
                                           659             1,538
      役員報酬BIP信託及びESOP信託
                                        2,328,185              2,297,740
     希薄化後の加重平均株式数
                                 前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間

                                 (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                                         228.02              238.81
    (注)   基本的   1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半期利益の算定において、役員報酬BIP信託及び株式付与

        ESOP信託が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末株式数及び加重平均株式数から当該株
        式数を控除しております。
                                38/43




                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:百万円)
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2019年10月1日               (自 2020年10月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
                                         183,331              175,826
     親会社の普通株主に帰属する四半期利益
                                           -              -
     利益調整額
                                         183,331              175,826
     希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する利益
                                                    (単位:千株)

                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間
                                 (自 2019年10月1日               (自 2020年10月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
                                        2,307,268              2,288,592
     発行済普通株式の加重平均株式数
     希薄化性潜在的普通株式の影響
                                           646             1,500
      役員報酬BIP信託及びESOP信託
                                        2,307,915              2,290,092
     希薄化後の加重平均株式数
                                 前第3四半期連結会計期間               当第3四半期連結会計期間

                                 (自 2019年10月1日               (自 2020年10月1日
                                  至 2019年12月31日)                至 2020年12月31日)
     希薄化後1株当たり四半期利益(円)
                                          79.44              76.78
    (注)   基本的   1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半期利益の算定において、役員報酬BIP信託及び株式付与

        ESOP信託が所有する当社株式を自己株式として処理していることから、期末株式数及び加重平均株式数から当該株
        式数を控除しております。
        9.  偶発事象

          貸出コミットメントライン契約

          一部の連結子会社は、クレジットカードに付帯するキャッシング及びカードローンによる融資業務を行ってお
         ります。当該貸付金については、貸出契約の際に設定した額(契約限度額)のうち、当該連結子会社が与信した
         額(利用限度額)の範囲内で顧客が随時借入を行うことができる契約となっています。
          なお、当該利用限度額は融資実行されずに終了するものもあり、かつ、利用限度額についても当社グループが
         任意に増減させることができるものであるため、融資未実行残高は必ずしも全額が貸出実行されるものではあり
         ません。
          上記の貸出コミットメントに係る未実行残高の状況は以下のとおりであります。

                                                 (単位:百万円)
                                前連結会計年度            当第3四半期連結会計期間
                               (2020年3月31日)              (2020年12月31日)
          貸出コミットメントの総額                             602,448              611,220
                                       192,155              197,893
          貸出実行残高
                                       410,293              413,328
          貸出未実行残高
        10.後発事象

          該当事項はありません。

        11.要約四半期連結財務諸表の承認

          要約四半期連結財務諸表(2021年3月期第3四半期)は、2021年2月3日に当社代表取締役社長                                            髙橋誠   に

         よって承認されております。
                                39/43


                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
     2【その他】
        2020年10月30日開催の取締役会において、当期中間配当に関し、次のとおり決議いたしました。
        (イ)中間配当による配当金の総額…………………138,004百万円
        (ロ)1株当たりの金額………………………………60円
        (ハ)支払請求の効力発生日及び支払開始日………2020年12月2日
        (注)2020年9月30日現在の株主名簿に記載または記録された株主に対し、支払いを行っております。
          なお、上記配当金の総額には役員報酬BIP信託及び株主付与ESOP信託が所有する当社株式の配当金は含めて
          おりません。
                                40/43


















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                41/43




















                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
                  独  立  監  査  人  の  四  半  期  レ  ビ  ュ  ー  報  告  書
                                                     2021年2月3日

    K D D I 株 式 会 社

      取 締 役 会 御 中

                             P w C 京 都 監 査 法 人

                             東京事務所
                              指  定  社  員

                                      公認会計士        若  山        聡   満   印
                              業務執行社員
                              指  定  社  員

                                      公認会計士        岩   崎   亮   一   印
                              業務執行社員
                              指  定  社  員

                                      公認会計士        岩   瀬  哲  朗           印
                              業務執行社員
     監査人の結論

       当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているKDDI株
     式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第3四半期連結会計期間(2020年10月1日か
     ら2020年12月31日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年12月31日まで)に係る要
     約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半期連結包
     括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連結財務
     諸表注記について四半期レビューを行った。
       当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、「四半期連結財務諸表の用
     語、様式及び作成方法に関する規則」第93条により規定された国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠し
     て、KDDI株式会社及び連結子会社の2020年12月31日現在の財政状態、同日をもって終了する第3四半期連結
     会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正
     に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
     監査人の結論の根拠
       当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを
     行った。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける
     監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子
     会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の
     基礎となる証拠を入手したと判断している。
     要約四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
       経営者の責任は、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表
     示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表
     示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
       要約四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、経営者が清算若しくは事業停止の意図があるか、又は
     それ以外に現実的な代替案がない場合を除いて、継続企業の前提に基づき要約四半期連結財務諸表を作成することが
     適切であるかどうかを評価し、国際会計基準第1号「財務諸表の表示」第4項に基づき、継続企業に関する事項を開
     示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
       監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することに
     ある。
     要約四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
       監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から
     要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
       監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程
     を通じて、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・  主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レ
        ビュー手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠し
        て実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・  継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が
        認められると判断した場合には、入手した証拠に基づき、要約四半期連結財務諸表において、国際会計基準第1号
                                42/43

                                                          EDINET提出書類
                                                       KDDI株式会社(E04425)
                                                            四半期報告書
        「財務諸表の表示」第4項に基づき、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかどうか結論付け
        る。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において要約四半
        期 連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する要約四半期連結財務諸表の注記事
        項が適切でない場合は、要約四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められて
        いる。監査人の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況によ
        り、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・  要約四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、国際会計基準第34号「期中財務報告」に準拠していないと信
        じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた要約四半期連結財務諸表の表示、構成
        及び内容、並びに要約四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさせる事項
        が認められないかどうかを評価する。
     ・  要約四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手す
        る。監査人は、要約四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査
        人は、単独で監査人の結論に対して責任を負う。
       監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の
     重要な発見事項について報告を行う。
       監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこ
     と、並びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセー
     フガードを講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係
       会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係
     はない。
                                                      以  上
       (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四

           半期報告書提出会社)が別途保管しております。
          2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                43/43












PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク