株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス 四半期報告書 第24期第3四半期(令和2年9月1日-令和2年11月30日)

提出書類 四半期報告書-第24期第3四半期(令和2年9月1日-令和2年11月30日)
提出日
提出者 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    【表紙】

    【提出書類】               四半期報告書

    【根拠条文】               金融商品取引法第24条の4の7第1項

    【提出先】               関東財務局長

    【提出日】               2021年1月14日

    【四半期会計期間】               第24期第3四半期(自            2020年9月1日         至   2020年11月30日)

    【会社名】               株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス

    【英訳名】               create    restaurants      holdings     inc.

    【代表者の役職氏名】               代表取締役社長            岡   本   晴   彦

    【本店の所在の場所】               東京都品川区東五反田五丁目10番18号

    【電話番号】               03(5488)8001(代表)

    【事務連絡者氏名】               執行役員     CFO  経理部管掌 大 内 源 太

    【最寄りの連絡場所】               東京都品川区東五反田五丁目10番18号

    【電話番号】               03(5488)8022

    【事務連絡者氏名】               執行役員     CFO  経理部管掌 大 内 源 太

    【縦覧に供する場所】               株式会社東京証券取引所

                    (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/31









                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    第一部     【企業情報】
    第1   【企業の概況】
    1  【主要な経営指標等の推移】
                            第23期           第24期
             回次              第3四半期           第3四半期            第23期
                           連結累計期間           連結累計期間
                          自 2019年3月1日          自 2020年3月1日          自 2019年3月1日
            会計期間
                          至 2019年11月30日          至 2020年11月30日          至 2020年2月29日
    売上収益                           99,481           56,732
                    (百万円)                                 139,328
    (第3四半期連結会計期間)                           ( 35,956   )       ( 24,700   )
    税引前四半期(当期)利益又は税
                    (百万円)            4,573          △ 9,816           3,012
    引前四半期損失(△)
    親会社の所有者に帰属する
    四半期(当期)利益又は親会社の
                                2,465          △ 8,779
    所有者に帰属する四半期損失
                    (百万円)                                  1,205
    (△)
    (第3四半期連結会計期間)                             ( 64 )         ( 385  )
    四半期(当期)利益又は四半期損
                    (百万円)            2,907          △ 9,869           1,745
    失(△)
    親会社の所有者に帰属する
                    (百万円)            2,578          △ 9,221           1,292
    四半期(当期)包括利益
    四半期(当期)包括利益                (百万円)            3,020         △ 10,310           1,828
    親会社の所有者に帰属する持分                (百万円)           17,491           7,086          16,216

    総資産額                (百万円)           155,234           163,446           150,317

    基本的1株当たり四半期(当期)
    利益又は基本的1株当たり四半                            13.20          △ 47.01
                     (円)                                 6.45
    期損失(△)
    (第3四半期連結会計期間)                            ( 0.34  )        ( 2.06  )
    希薄化後1株当たり四半期(当
    期)利益又は希薄化後1株当たり                 (円)           13.19          △ 47.01           6.43
    四半期損失(△)
    親会社所有者帰属持分比率                 (%)           11.3           4.3          10.8
    営業活動による
                    (百万円)           17,645           △ 125         24,818
    キャッシュ・フロー
    投資活動による
                    (百万円)          △ 23,578          △ 3,056         △ 25,672
    キャッシュ・フロー
    財務活動による
                    (百万円)           10,882           23,168           5,449
    キャッシュ・フロー
    現金及び現金同等物の
                    (百万円)           18,277           37,876           17,918
    四半期末(期末)残高
    (注)   1.当社は要約四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載
        しておりません。
      2.売上収益には、消費税等は含まれておりません。
      3.上記指標は、国際財務報告基準(IFRS)により作成した要約四半期連結財務諸表及び連結財務諸表に基づいてお
        ります。
      4.  第24期第3四半期連結累計期間の希薄化後1株当たり四半期損失において、連結子会社の発行するストックオ
        プション12,000株は逆希薄化効果を有するため、希薄化後1株当たり四半期損失の計算に含めておりません。
      5.2020年3月1日付で、普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。このため、第23期の期初
        に当該株式分割が行われたと仮定し、基本的1株当たり四半期(当期)利益又は基本的1株当たり四半期損失
        (△)及び希薄化後1株当たり四半期(当期)利益又は希薄化後1株当たり四半期損失(△)を算定しておりま
        す。
      6.  前第4四半期連結会計期間及び当第3四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定
        を行っており、前第3四半期連結累計期間、前第3四半期連結会計期間及び前連結会計年度の関連する主要な
        経営指標等について、暫定的な会計処理の確定の内容を反映させております。
    2  【事業の内容】

      当第3四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要な
     変更はありません。
                                 2/31


                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    第2   【事業の状況】
    1  【事業等のリスク】
      当第3四半期連結累計期間において、新たな事業等のリスクの発生または前事業年度の有価証券報告書に記載した
     事業等のリスクについての重要な変更はありません。
    2  【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

     ※当社グループは、国際財務報告基準(IFRS)を適用しております。
      また、文中の将来に関する事項は、当第3四半期連結会計期間末日現在において当社グループが判断したものであ
      ります。
     (1)   業績の状況

       当第3四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、4月に政府か
      らの緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛等により消費活動が著しく減少したため、国内の経済は非常に
      厳しい状況となりました。5月の緊急事態宣言解除後においては、経済活動は徐々に回復し、政府主導の「Go                                                    To
      キャンペーン」等の需要喚起策により、個人消費も持ち直しつつあるものの、新型コロナウイルス感染症の第2
      波、第3波が生じ、経済活動は新型コロナウイルス感染症の動向に左右される状況が続いております。
       外食産業におきましても、外出自粛や各自治体からの営業自粛や営業時間短縮等の要請に伴う来客数の減少に加
      え、大手企業をはじめとしたリモートワークの拡大等により、特に都市部においては、会食や宴席の減少も加わ
      り、新型コロナウイルス感染症の動向に左右される厳しい経営環境が続いております。
       当社グループにおきましては、政府の緊急事態宣言を受け、一時休業となる商業施設内にある店舗や繁華街の居
      酒屋業態等において、多くの店舗が一時休業を余儀なくされました。緊急事態宣言解除後は段階的に営業が再開
      し、新型コロナウイルス感染症の動向に左右されながらも売上収益は回復傾向にあります。また、「Go                                                To  キャン
      ペーン」等により、来客数は増加傾向にあるものの、一部店舗では営業時間の短縮を引き続き余儀なくされている
      ほか、各店舗において感染拡大防止の観点から座席の間隔を空ける等の社会的距離(ソーシャルディスタンス)の
      確保に対応した店舗運営が必要となっております。
       こうした環境の中、当社グループは、各店舗での新型コロナウイルス感染症の感染防止策を徹底したうえで、
      「Go   To  キャンペーン」に積極的に参加し、売上収益の確保を図ってまいりました。また、コストを極力圧縮する
      ことを通じて、利益を確保できるよう、休業店舗の従業員の一時帰休等による人件費削減、家賃の減免交渉、新規
      投資の抑制等、あらゆる手段を通じて、支出を削減しております。また、本社におきましても、緊急体制に移行
      し、従業員の一時帰休及びテレワークを実施しております。それらに加え、2020年9月1日にはグループ内組織再
      編を行い、連結子会社5社を2社に合併して、各社の本社業務の効率化を図ったほか、連結子会社であるSFP
      ホールディングス株式会社と、経理・人事事務に関するシェアードサービス子会社を設立し、業務の共通化・標準
      化によるコスト削減と業務の効率的運用を図っております。
       なお、上記施策の実行による損益の改善に加え、必要な運転資金について手許資金及び当第3四半期連結累計期
      間に実行した金融機関からの借入等で確保していることから、継続企業の前提に関する重要な不確実性は認められ
      ないと判断しております。
       以上の結果、当第3四半期連結累計期間における                       売上収益は56,732百万円            (前年同期比      43.0%減    )、営業損失は
      9,230百万円      (前年同期は営業利益          4,786百万円      )、税引前四半期損失は           9,816百万円      (前年同期は税引前四半期利益
      4,573百万円      )、四半期損失は        9,869百万円      (前年同期は四半期利益           2,907百万円      )、親会社の所有者に帰属する四半
      期損失は    8,779百万円      (前年同期は親会社の所有者に帰属する四半期利益                       2,465百万円      )となりました。また、           調整後
      EBITDAは3,694百万円          (前年同期比      79.8%減    )、調整後EBITDAマージンは6.5%(前年同期は18.4%)となりました
      (注1)。
      (注1)当社グループの業績の有用な指標として、調整後EBITDA及び調整後EBITDAマージンを用いております。

       調整後EBITDA及び調整後EBITDAマージンの計算式は以下のとおりです。
       ・調整後EBITDA=営業利益             +  その他営業費用        -  その他営業収益(協賛金収入、雇用調整助成金及び賃料減免
               分等を除く)       +  減価償却費 +        非経常的費用項目(株式取得に関するアドバイザリー費用
               等)
       ・調整後EBITDAマージン=調整後EBITDA                   ÷  売上収益     ×  100
     (2)   財政状態の分析

       (資産の部)
                                 3/31

                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
        当第3四半期連結会計期間末の流動資産の残高は、前連結会計年度末に比べ                                   20,738百万円増加        し、  46,651百万
       円 となりました。この主な要因は、現金及び現金同等物が                          19,957百万円増加        したこと等によるものであります。
        当第3四半期連結会計期間末の非流動資産の残高は、前連結会計年度末に比べ                                    7,609百万円減少        し、  116,794百
       万円  となりました。この主な要因は、有形固定資産が                       5,806百万円      、その他の金融資産に含まれる差入保証金が
       854百万円減少したこと等によるものであります。
       (負債の部)
        当第3四半期連結会計期間末の負債の残高は、前連結会計年度末に比べ                                 23,344百万円増加        し、  149,546百万円       と
       なりました。この主な要因は、社債及び借入金が32,529百万円増加したこと等によるものであります。
       (資本の部)
        当第3四半期連結会計期間末の資本合計の残高は、前連結会計年度末に比べ                                   10,216百万円減少        し、  13,899百万
       円 となりました。この主な要因は、利益剰余金が                     8,779百万円減少        したこと等によるものであります。
     (3)   キャッシュ・フローの状況

       当第3四半期連結累計期間における現金及び現金同等物(以下、「資金」という。)は、前連結会計年度末から
      19,957百万円増加        し、  37,876百万円      となりました。
       当第3四半期連結累計期間における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりです。
       (営業活動によるキャッシュ・フロー)
        当第3四半期連結累計期間における営業活動によって                         使用した資金は125百万円            (前年同期は      17,645百万円      の収
       入)となりました。これは主に、税引前四半期損失                       9,816百万円      、減価償却費      12,951百万円      を計上したこと等によ
       るものです。
       (投資活動によるキャッシュ・フロー)
        当第3四半期連結累計期間における投資活動によって                         使用した資金は3,056百万円             (前年同期比      87.0%減    )となり
       ました。これは主に、有形固定資産の取得による支出                         2,939百万円      等によるものです。
       (財務活動によるキャッシュ・フロー)
        当第3四半期連結累計期間における財務活動によって                         得られた資金は23,168百万円             (前年同期比      112.9%増     )とな
       りました。これは主に、長期借入金の返済による支出                         10,192百万円      、リース負債の返済による支出              9,355百万円      が
       あった一方で、短期借入金の純増額                40,910百万円      、長期借入れによる収入           2,080百万円      等によるものです。
     (4)経営方針・経営戦略等

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループの経営方針・経営戦略等について重要な変更はありません。
     (5)   事業上及び財務上の対処すべき課題

       当第3四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
     (6)   研究開発活動

       該当事項はありません。
     (7)   主要な設備

       該当事項はありません。
    3  【経営上の重要な契約等】

      当第3四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定または締結等はありません。
                                 4/31





                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    第3   【提出会社の状況】
    1  【株式等の状況】
     (1)   【株式の総数等】
      ①  【株式の総数】
                種類                       発行可能株式総数(株)

               普通株式                                    381,600,000

                計                                  381,600,000

      ②  【発行済株式】

              第3四半期会計期間            提出日現在        上場金融商品取引所
        種類       末現在発行数(株)           発行数(株)        名又は登録認可金融                内容
              ( 2020年11月30日       )  (2021年1月14日)          商品取引業協会名
                                  東京証券取引所
      普通株式          189,445,284          189,445,284                   単元株式数100株
                                  (市場第一部)
        計         189,445,284          189,445,284          -            -
     (2)   【新株予約権等の状況】

      ①  【ストックオプション制度の内容】
        該当事項はありません。
      ②  【その他の新株予約権等の状況】

        該当事項はありません。
     (3)   【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

        該当事項はありません。
     (4)   【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式       発行済株式                     資本準備金       資本準備金
                              資本金増減額       資本金残高
        年月日        総数増減数       総数残高                     増減額       残高
                               (百万円)       (百万円)
                  (株)       (株)                    (百万円)       (百万円)
    2020年9月1日~
                  ―     189,445,284         ―        1,012      ―        1,224
    2020年11月30日
     (5)   【大株主の状況】

       当四半期会計期間は第3四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                 5/31







                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     (6)   【議決権の状況】
       当第3四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記載
      することができないことから、直前の基準日(2020年8月31日)に基づく株主名簿による記載をしております。
      ①  【発行済株式】
                                               2020年8月31日       現在
           区分            株式数(株)          議決権の数(個)                内容
    無議決権株式                     -           -             -

    議決権制限株式(自己株式等)                     -           -             -

    議決権制限株式(その他)                     -           -             -

                    普通株式        666,500

    完全議決権株式(自己株式等)                                -             -
                                          権利内容に何ら限定のない当社に
                    普通株式      188,763,100
    完全議決権株式(その他)                                1,887,631
                                          おける標準となる株式
                    普通株式         15,684
    単元未満株式                                -      一単元(100株)未満の株式
    発行済株式総数                      189,445,284          -             -

    総株主の議決権                     -           1,887,631             -

    (注)1.「完全議決権株式(その他)」欄の普通株式には、従業員インセンティブ・プラン「従業員向け株式交付信
         託型ESOP」が保有する当社株式1,997,200株(議決権個数19,972個)が含まれております。
       2.「単元未満株式」欄の普通株式には、当社保有の自己株式50株が含まれております。
      ②  【自己株式等】

                                              2020年8月31日       現在
                                                   発行済株式
                               自己名義       他人名義      所有株式数
                                                  総数に対する
     所有者の氏名又は名称               所有者の住所          所有株式数       所有株式数        の合計
                                                   所有株式数
                                (株)       (株)       (株)
                                                  の割合(%)
    株式会社クリエイト・
                 東京都品川区東五反田
    レストランツ・                            666,500       ―      666,500        0.35
                 五丁目10番18号
    ホールディングス
          計             -          666,500       ―      666,500        0.35
    (注)「従業員向け株式交付信託型ESOP」が保有する当社株式1,997,200株は、上記の自己株式等には含まれておりませ
       ん。
     2  【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動はありません。
                                 6/31







                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    第4   【経理の状況】
     1.要約四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の要約四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内
      閣府令第64号。以下、「四半期連結財務諸表規則」という。)第93条の規定により、国際会計基準第34号「期中財務
      報告」(以下、「IAS第34号」という。)に準拠して作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期間(2020年9月1日から2020
      年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年11月30日まで)に係る要約四半期連結財務
      諸表について、有限責任監査法人トーマツによる四半期レビューを受けております。
                                 7/31

















                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    1  【要約四半期連結財務諸表】
      (1)   【要約四半期連結財政状態計算書】
                                                (単位:百万円)
                                            当第3四半期連結会計期間
                               前連結会計年度
                          注記
                               (2020年2月29日)
                                              (2020年11月30日)
    資産
     流動資産
      現金及び現金同等物                               17,918                37,876
      営業債権及びその他の債権                                5,113                5,690
      その他の金融資産                    12             545                289
      棚卸資産                                 994                745
                                      1,341                2,049
      その他の流動資産
      流動資産合計                               25,913                46,651
     非流動資産
      有形固定資産                    8           77,532                71,726
      のれん                               23,188                23,040
      無形資産                                8,123                7,543
      その他の金融資産                    12           11,661                10,769
      繰延税金資産                                3,860                3,702
                                       36                11
      その他の非流動資産
      非流動資産合計                               124,403                116,794
     資産合計                                150,317                163,446
                                 8/31













                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
                                                (単位:百万円)
                                            当第3四半期連結会計期間
                               前連結会計年度
                          注記
                               (2020年2月29日)
                                              (2020年11月30日)
    負債及び資本
     負債
      流動負債
       営業債務及びその他の債務                   12            5,137                3,680
       社債及び借入金                   12           27,706                62,717
       リース負債                   12           12,035                11,244
       その他の金融負債                                145                94
       未払法人所得税等                              1,369                 548
       引当金                              1,132                1,420
                                     10,767                8,666
       その他の流動負債
       流動負債合計                              58,295                88,371
      非流動負債
       社債及び借入金                   12           22,067                19,586
       リース負債                   12           39,814                36,010
       退職給付に係る負債                                762                789
       引当金                              3,875                3,366
       繰延税金負債                                845                809
                                       540                612
       その他の非流動負債
       非流動負債合計                              67,906                61,175
      負債合計                               126,201                149,546
     資本

      資本金                                1,012                1,012
      資本剰余金                                3,153                3,244
      利益剰余金                               13,244                4,464
      自己株式                               △ 1,252               △ 1,251
                                       58              △ 382
      その他の資本の構成要素
      親会社の所有者に帰属する持分合計                               16,216                7,086
      非支配持分                                7,899                6,812
      資本合計                               24,115                13,899
     負債及び資本合計                                150,317                163,446
                                 9/31









                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      (2)   【要約四半期連結損益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自  2019年3月1日              (自  2020年3月1日
                          注記
                              至  2019年11月30日)              至  2020年11月30日)
    売上収益                      10           99,481                56,732
                                    △ 28,372               △ 16,221
    売上原価
    売上総利益                                 71,108                40,510
    販売費及び一般管理費
                                    △ 65,770               △ 57,715
    その他の営業収益                                  1,420               10,226
                                     △ 1,973               △ 2,252
    その他の営業費用
    営業利益又は営業損失(△)                                  4,786               △ 9,230
    金融収益
                                       145                10
                                      △ 358               △ 596
    金融費用
    税引前四半期利益又は税引前四半期損失
                                      4,573               △ 9,816
    (△)
    法人所得税費用                                 △ 1,666                △ 53
    四半期利益又は四半期損失(△)                                  2,907               △ 9,869
    四半期利益の帰属

     親会社の所有者                                 2,465               △ 8,779
                                       441              △ 1,089
     非支配持分
     四半期利益又は四半期損失(△)                                 2,907               △ 9,869
    親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益(円)

     基本的1株当たり四半期利益又は基本的
                          11            13.20               △ 47.01
     1株当たり四半期損失(△)
     希薄化後1株当たり四半期利益又は希薄
                          11            13.19               △ 47.01
     化後1株当たり四半期損失(△)
                                10/31











                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
       【第3四半期連結会計期間】
                                                (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                              (自  2019年9月1日              (自  2020年9月1日
                          注記
                              至  2019年11月30日)              至  2020年11月30日)
    売上収益                      10           35,956                24,700
                                    △ 10,281               △ 6,852
    売上原価
    売上総利益                                 25,674                17,847
    販売費及び一般管理費
                                    △ 24,876               △ 19,309
    その他の営業収益                                   375               2,866
                                      △ 684               △ 875
    その他の営業費用
    営業利益                                   490                529
    金融収益
                                       11                32
                                      △ 231               △ 180
    金融費用
    税引前四半期利益                                   269                381
    法人所得税費用                                  △ 136               △ 81
    四半期利益                                   133                300
    四半期利益の帰属

     親会社の所有者                                  64               385
                                       69               △ 85
     非支配持分
     四半期利益                                  133                300
    親会社の所有者に帰属する1株当たり四半期利益(円)

     基本的1株当たり四半期利益                     11            0.34                2.06
     希薄化後1株当たり四半期利益                     11            0.34                2.06
                                11/31












                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      (3)   【要約四半期連結包括利益計算書】
       【第3四半期連結累計期間】
                                                (単位:百万円)
                             前第3四半期連結累計期間                当第3四半期連結累計期間
                              (自  2019年3月1日              (自  2020年3月1日
                          注記
                              至  2019年11月30日)              至  2020年11月30日)
    四半期利益又は四半期損失(△)                                  2,907               △ 9,869
    その他の包括利益

     純損益にその後に振り替えられる可能性
     のある項目
                                       113               △ 441
      在外営業活動体の換算差額
       項目合計                                113               △ 441
      その他の包括利益合計                                 113               △ 441
      四半期包括利益                                3,020              △ 10,310
    四半期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                 2,578               △ 9,221
                                       441              △ 1,089
     非支配持分
     四半期包括利益                                 3,020              △ 10,310
                                12/31














                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
       【第3四半期連結会計期間】
                                                (単位:百万円)
                             前第3四半期連結会計期間                当第3四半期連結会計期間
                              (自  2019年9月1日              (自  2020年9月1日
                          注記
                              至  2019年11月30日)              至  2020年11月30日)
    四半期利益                                   133                300
    その他の包括利益

     純損益にその後に振り替えられる可能性
     のある項目
                                       195               △ 113
      在外営業活動体の換算差額
       項目合計                                195               △ 113
      その他の包括利益合計                                 195               △ 113
      四半期包括利益                                 328                186
    四半期包括利益の帰属

     親会社の所有者                                  259                272
                                       69               △ 85
     非支配持分
     四半期包括利益                                  328                186
                                13/31














                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      (4)   【要約四半期連結持分変動計算書】
       前第3四半期連結累計期間(自 2019年3月1日                      至 2019年11月30日)
                                              (単位:百万円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                 その他の資本の構成
                                    要素
                                  在外営業
                       資本    利益    自己               非支配    資本
               注記   資本金                        合計
                                  活動体の     合計
                      剰余金    剰余金    株式                持分    合計
                                  換算差額
    2019年3月1日残高               1,012    3,071    13,551    △ 1,253    △ 20   △ 20  16,361    7,635    23,996
     会計方針の変更による
                     -    -   △ 386    -    -    -   △ 386    △ 53   △ 439
     累積的影響額
    2019年3月1日残高(修正
                   1,012    3,071    13,164    △ 1,253    △ 20   △ 20  15,974    7,582    23,557
    後)
     四半期利益               -    -   2,465     -    -    -   2,465     441   2,907
     その他包括利益               -    -    -    -    113    113    113    -    113
    四半期包括利益                -    -   2,465     -    113    113   2,578     441   3,020
     配当金          9     -    -  △ 1,132     -    -    -  △ 1,132    △ 242  △ 1,374
     連結子会社に対する持
     分変動に伴うその他資               -   △ 21    -    -    -    -   △ 21    23    1
     本剰余金の増減
     株式報酬取引               -    91    -    -    -    -    91    -    91
     その他               -    -    -    0    -    -    0    0    1
    所有者との取引額等合計                -    69  △ 1,132      0    -    -  △ 1,061    △ 218  △ 1,280
    2019年11月30日残高               1,012    3,141    14,497    △ 1,252     93    93  17,491    7,805    25,297
       当第3四半期連結累計期間(自 2020年3月1日                      至 2020年11月30日)

                                              (単位:百万円)
                         親会社の所有者に帰属する持分
                                 その他の資本の構成
                                    要素
                                  在外営業
                       資本    利益    自己               非支配    資本
               注記   資本金                        合計
                                  活動体の     合計
                      剰余金    剰余金    株式                持分    合計
                                  換算差額
    2020年3月1日残高               1,012    3,153    13,244    △ 1,252     58    58  16,216    7,899    24,115
     四半期損失(△)               -    -  △ 8,779     -    -    -  △ 8,779   △ 1,089   △ 9,869
     その他包括利益               -    -    -    -   △ 441   △ 441   △ 441    -   △ 441
    四半期包括利益                -    -  △ 8,779     -   △ 441   △ 441  △ 9,221   △ 1,089   △ 10,310
     連結子会社に対する持
     分変動に伴うその他資               -    △ 2    -    -    -    -    △ 2    2    0
     本剰余金の増減
     株式報酬取引               -    93    -    -    -    -    93    -    93
     その他               -    △ 0    -    0    -    -    0    0    0
    所有者との取引額等合計                -    90    -    0    -    -    91    3    94
    2020年11月30日残高               1,012    3,244    4,464   △ 1,251    △ 382   △ 382   7,086    6,812    13,899
                                14/31







                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      (5)   【要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                (単位:百万円)

                              前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自  2019年3月1日             (自  2020年3月1日
                           注記
                                至  2019年11月30日)             至  2020年11月30日)
    営業活動によるキャッシュ・フロー
     税引前四半期利益又は税引前四半期損失(△)                                  4,573              △ 9,816
     減価償却費                                 12,396               12,951
     減損損失                                  1,696               1,724
     受取利息                                   △ 6             △ 10
     支払利息                                   350               440
     固定資産売却損益(△は益)                                   △ 0              △ 1
     固定資産除却損                                   64               23
     棚卸資産の増減                                  △ 77              242
     営業債権及びその他の債権の増減(△は増加)                                 △ 2,125               △ 603
     営業債務及びその他の債務の増減(△は減少)                                   604             △ 1,140
     退職給付に係る負債の増減(△は減少)                                    1              26
     引当金の増減(△は減少)                                  △ 143              △ 41
                                       1,698              △ 2,179
     その他の増減
     小計                                 19,031               1,614
     利息及び配当金の受取額
                                         10               10
     利息の支払額                                  △ 344              △ 222
     法人所得税の支払額                                 △ 2,108              △ 1,529
                                       1,057                 0
     法人所得税の還付額
     営業活動によるキャッシュ・フロー                                 17,645               △ 125
    投資活動によるキャッシュ・フロー

     定期預金の預入による支出                                   -              △ 60
     定期預金の払戻による収入                                   -              573
     有形固定資産の取得による支出                                 △ 2,569              △ 2,939
     有形固定資産の売却による収入                                   20               4
     資産除去債務の履行による支出                                  △ 158              △ 468
     無形資産の取得による支出                                  △ 63              △ 79
     差入保証金の差入による支出                                  △ 526              △ 116
     差入保証金の回収による収入                                   109               476
     連結範囲の変更を伴う子会社株式の取得によ
                            7          △ 20,243                 -
     る支出
                                       △ 146              △ 445
     その他
     投資活動によるキャッシュ・フロー                                △ 23,578              △ 3,056
                                15/31







                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
                                                (単位:百万円)
                              前第3四半期連結累計期間               当第3四半期連結累計期間
                               (自  2019年3月1日             (自  2020年3月1日
                           注記
                                至  2019年11月30日)             至  2020年11月30日)
    財務活動によるキャッシュ・フロー
     短期借入金の純増減額(△は減少)                                 14,404               40,910
     長期借入れによる収入                                 12,128               2,080
     長期借入金の返済による支出                                 △ 4,798             △ 10,192
     社債の償還による支出                                  △ 278              △ 271
     リース負債の返済による支出                                 △ 9,206              △ 9,355
     配当金の支払額                      9           △ 1,123                △ 2
     非支配持分からの払込みによる収入                                   15               0
     非支配持分への配当金の支払額                                  △ 237               △ 0
     非支配持分からの子会社持分取得による支出                                  △ 13               -
                                        △ 8               0
     その他
     財務活動によるキャッシュ・フロー                                 10,882               23,168
    現金及び現金同等物に係る換算差額                                    79              △ 29
    現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                   5,028              19,957
    現金及び現金同等物の期首残高                                  13,248               17,918
    現金及び現金同等物の四半期末残高                                  18,277               37,876
                                16/31














                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      【要約四半期連結財務諸表注記】
    1.報告企業
      株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(以下、「当社」という。)は日本に所在する株式会社であ
     ります。その登記されている本社は東京都品川区に所在し、その他主要な事業所の住所は当社のウェブサイト(URL 
     https://www.createrestaurants.com)で開示しております。2020年11月30日に終了する当社の第3四半期要約四半期
     連結財務諸表は、当社及びその子会社(以下、「当社グループ」という。)により構成されております。
      当社グループは、立地特性・顧客属性に合わせて、カジュアルなフードコートから、居酒屋、ディナータイプのレ
     ストランまで様々な業態の飲食事業を営んでおります。
      なお、IFRS第10号の規定に基づいて判定した結果、株式会社後藤国際商業研究所(東京都港区)を当社及び子会社
     の最終的な親会社としております。
    2.作成の基礎

     (1)   IFRSに準拠している旨
       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、四半期連結財務諸表規則第1条の2に掲げる「指定国際会計基準特
      定会社」の要件を満たすことから、同第93条の規定により、IAS第34号に準拠して作成しております。
       本要約四半期連結財務諸表は、2021年1月14日に当社代表取締役社長                                岡本晴彦によって承認されております。
     (2)   測定の基礎

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、公正価値で測定されている特定の金融商品等を除き、取得原価を基
      礎として作成しております。
     (3)   機能通貨及び表示通貨

       当社グループの要約四半期連結財務諸表は、当社の機能通貨である日本円を表示通貨としており、百万円未満を
      切捨てして表示しております。
    3.重要な会計方針

      当社グループの要約四半期連結財務諸表において適用する重要な会計方針は、以下を除き、前連結会計年度の連結
     財務諸表において適用した会計方針と同一であります。
      なお、当第3四半期連結累計期間の法人所得税費用は、見積年次実効税率を基に算定しております。
      当社グループは、第1四半期連結会計期間より、以下の基準を早期適用しております。
          IFRS                 新設・改訂の概要
     IFRS第16号リース             COVID-19に関連した賃料減免に関する会計処理を改訂
      本改訂は、新型コロナウイルス感染症(以下、「COVID-19」という。)の感染拡大の直接的な結果として賃料減免を
     受けたリースの借手に対して、簡便的な会計処理を選択することを認めるものであります。
      本改訂によれば、COVID-19に関する賃料減免のうち所定の要件を満たすものについて、これがIFRS第16号において
     規定される「リースの条件変更」に該当するか否かに係る評価を行わなくてもよいとする実務上の便法を借手が選択
     することができるとされております。
      当社グループは、上記の要件を満たす賃料減免について本便法を適用しております。
      また、本便法の適用により当第3四半期連結累計期間における税引前四半期損失が1,917百万円減少しております。
    4.重要な会計上の判断及び見積りを伴う判断

      要約四半期連結財務諸表の作成において、経営者は、会計方針の適用並びに資産、負債、収益及び費用の金額に影
     響を及ぼす判断、見積り及び仮定を行うことが要求されております。実際の業績は、これらの見積りとは異なる場合
     があります。
      見積り及びその基礎となる仮定は継続して見直されます。会計上の見積りの変更による影響は、その見積りを変更
     した会計期間及び影響を受ける将来の会計期間において認識されます。
      当社グループは、第1四半期連結会計期間において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による緊急事態宣言の
     発令等を受け、該当地域における商業施設内にある店舗や居酒屋業態の店舗を中心に臨時休業を実施したことに伴
     い、売上収益が大幅に減少し、営業損失を計上いたしました。また、感染者数の再拡大に伴い、2021年1月に2度目
     の緊急事態宣言が発令され、一部店舗において感染拡大の影響が継続している状況であることから、継続企業の前提
                                17/31


                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況が生じております。
      当社グループは、この感染症への対応に全力を注ぐことが喫緊の課題として、感染拡大が抑制された後の業績の回
     復を緩やかに見込むとともに、感染拡大が抑制されるまでに必要な運転資金について手許資金及び当第3四半期連結
     累計期間に実行した金融機関からの借入等で確保しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性はないと判断し
     ております。
      新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響は、2022年2月期にかけ緩やかに回復していくことを想定しておりま
     す。当社グループは、当第3四半期連結累計期間において非金融資産の減損会計について、上述した仮定をもとに、
     将来キャッシュ・フローの見積りを実施いたしました。
      非金融資産の減損損失計上額については、注記「8.有形固定資産」に記載しております。
      上記を除き、当社グループの要約四半期連結財務諸表の金額に重要な影響を与える見積り及び判断は、前連結会計
     年度に係る連結財務諸表と同様であります。
    5.連結範囲の変更

      以下に記載したものを除き、本要約四半期連結財務諸表における連結範囲は、2020年2月29日に終了した前連結会
     計年度に係る連結財務諸表から重要な変更はありません。
     (1)連結の範囲の変更
      第3四半期連結累計期間において、当社は株式会社クリエイティブ・サービスを新たに設立したため、連結の範囲
     に含めております。
      また、当社の連結子会社であった株式会社ルモンデグルメは、同じく連結子会社である株式会社LG&EW(2020年
     9月1日付で株式会社イートウォークから商号変更)を存続会社とする吸収合併により消滅、当社の連結子会社で
     あった株式会社クリエイト・ベイサイド及び木屋フーズ株式会社は、同じく連結子会社である株式会社クリエイト・
     ダイニングを存続会社とする吸収合併により消滅したため、連結の範囲から除外しております。
    6.セグメント情報

      報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が、経営資源
     の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっている事業セグメントを基礎に決定してお
     ります。事業セグメントは、他の事業セグメントとの取引を含む、収益を稼得し費用を発生させる事業活動の構成単
     位であります。
      セグメントの収益及び業績につきましては、報告セグメントが「飲食事業」のみとなるため、記載を省略しており
     ます。
    7.企業結合

     前第3四半期連結累計期間(自                2019年3月1日         至     2019年11月30日       )
      Ⅰ.木屋フーズ株式会社の株式取得について
     (1)   企業結合の概要
       2019年3月1日に、当社は木屋フーズ株式会社の株式の100%を取得いたしました。
       うどん・そばの老舗「銀座木屋」は、40年以上の長い歴史を持つ老舗ブランドであり、創業以来「本物の味の追
      及」と長い間に培われた「伝統の継承」という視点に立って、日本の伝統食であるうどんやそばを提供し続けてお
      ります。本件取組は、うどん・そばの老舗「銀座木屋」の獲得によるブランドラインナップの強化、本店のある銀
      座・羽田空港(当社グループ初出店)をはじめ都内好立地店舗による安定的な収益の貢献、グループ連邦経営に基
      づくノウハウの共有による「銀座木屋」ブランドの更なる成長を目的に、同社の株式を取得することといたしまし
      た。
                                18/31





                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     (2)   取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値
                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    支払対価の公正価値(現金)                                                   948
    合計                                                   948
    取得資産及び引受負債の公正価値
     流動資産                                                  320
     商標権                                                  137
     その他の非流動資産                                                  378
      資産合計                                                836
     流動負債                                                  241
     非流動負債                                                  433
      負債合計                                                674
    取得資産及び引受負債の公正価値(純額)                                                   161
    のれん                                                   786
       当該企業結合に係る取得関連費用は4百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
      費」に計上しております。
       のれんの主な内容は、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       なお、のれんについて、税務上損金算入を見込んでいる金額はありません。
     (3)   取得に伴うキャッシュ・フロー

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    取得により支出した現金及び現金同等物                                                   948
    取得時に被取得会社が保有していた現金及び
                                                       265
    現金同等物
    子会社の取得による支出                                                   683
     (4)   業績に与える影響

       当該企業結合から生じた売上収益及び当期利益が、要約四半期連結損益計算書に与える影響額は軽微でありま
      す。
       なお、期首における企業結合のため、プロフォーマ情報はありません。
     (5)   その他の事項

       前第1四半期連結会計期間に実施した木屋フーズ株式会社取得について、前第1四半期連結会計期間においては
      取得原価の配分が完了しなかったため暫定的な会計処理を行いました。前第4四半期連結会計期間において当該配
      分が完了したことから、前第1四半期連結会計期間の要約四半期連結財務諸表を遡及修正しております。
       当該遡及修正による取得資産及び引受負債への影響額は、商標権137百万円、非流動負債48百万円増加しており、
      前第3四半期連結累計期間の要約四半期連結損益計算書への影響は軽微であります。
      Ⅱ.当社の連結子会社における株式会社ジョー・スマイルの株式取得について

     (1)   企業結合の概要
       2019年3月1日に、当社の連結子会社であるSFPホールディングス株式会社(以下、「SFPホールディング
      ス」という。)は株式会社ジョー・スマイルの株式の100%を取得いたしました。
       SFPホールディングスは、株式会社ジョー・スマイルの株式取得を行うことで、地方都市において豊富な居酒
      屋経営ノウハウを有する企業と資本提携し、SFPホールディングスの主力ブランドを提供することで成長する
      「SFPフードアライアンス構想」の一環として実施するものであります。株式会社ジョー・スマイルは、1993年
      創業で熊本県において飲食店舗を運営しています。海鮮居酒屋の「前川水軍」のほか、カフェ業態の「前川珈琲
      店」、老舗居酒屋の「ひゃくしょう茶屋」等を繁華街とロードサイドに展開しており、地域密着の運営を続けてい
                                19/31


                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      ます。
     (2)   取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    支払対価の公正価値(現金)                                                  1,078
    合計                                                  1,078
    取得資産及び引受負債の公正価値
     流動資産                                                  305
     非流動資産                                                  757
      資産合計                                               1,062
     流動負債                                                  248
     非流動負債                                                  657
      負債合計                                                906
    取得資産及び引受負債の公正価値(純額)                                                   156
    のれん                                                   922
       当該企業結合に係る取得関連費用は40百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
      費」に計上しております。
       のれんの主な内容は、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       なお、のれんについて、税務上損金算入を見込んでいる金額はありません。
     (3)   取得に伴うキャッシュ・フロー

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    取得により支出した現金及び現金同等物                                                  1,078
    取得時に被取得会社が保有していた現金及び
                                                       250
    現金同等物
    子会社の取得による支出                                                   828
     (4)   業績に与える影響

       当該企業結合から生じた売上収益及び当期利益が、要約四半期連結損益計算書に与える影響額は軽微でありま
      す。
       なお、期首における企業結合のため、プロフォーマ情報はありません。
      Ⅲ.当社の連結子会社における株式会社クルークダイニングの株式取得について

     (1)   企業結合の概要
       2019年7月1日に、当社の連結子会社であるSFPホールディングス株式会社(以下、「SFPホールディング
      ス」という。)は株式会社クルークダイニングの株式の99.8%を取得いたしました。
       SFPホールディングスは、株式会社クルークダイニングの株式取得を行うことで、地方都市において豊富な居
      酒屋経営ノウハウを有する企業と資本提携し、SFPホールディングスの主力ブランドを提供することで成長を支
      援する「SFPフードアライアンス構想」の一環として実施したものであります。
       株式会社クルークダイニングは、2000年創業で長野県を中心に居酒屋の「からあげセンター」のほか、馬肉業態
      の「長野といえば、バニクマン」等を展開しており、地域密着の運営を続けています。
                                20/31




                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     (2)   取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値
                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    支払対価の公正価値(現金)                                                   499
    合計                                                   499
    取得資産及び引受負債の公正価値
     流動資産                                                  233
     非流動資産                                                  284
      資産合計                                                517
     流動負債                                                  209
     非流動負債                                                  266
      負債合計                                                475
    取得資産及び引受負債の公正価値(純額)                                                   41
    のれん                                                   457
       当該企業結合に係る取得関連費用は27百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
      費」に計上しております。
       のれんの主な内容は、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       なお、のれんについて、税務上損金算入を見込んでいる金額はありません。
     (3)   取得に伴うキャッシュ・フロー

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    取得により支出した現金及び現金同等物                                                   499
    取得時に被取得会社が保有していた現金及び
                                                       164
    現金同等物
    子会社の取得による支出                                                   334
     (4)   業績に与える影響

       当該企業結合から生じた売上収益及び当期利益が、要約四半期連結損益計算書に与える影響額は軽微でありま
      す。
      Ⅳ.株式会社クリエイト・スポーツ&レジャーの株式取得について 

     (1)   企業結合の概要
       2019年9月1日に、当社は株式会社クリエイト・スポーツ&レジャーの株式の100%を取得いたしました。
       西洋フード・コンパスグループは、コントラクトフードサービスにおいて世界最大手のコンパスグループの一員
      であり、オフィスや工場などの食堂運営、学校給食や教育関連施設でのフードサービス、病院や有料老人ホーム・
      高齢者施設でのフードサービス、サービスエリアやパーキングエリア等でのレストランの運営、ゴルフ場内のレス
      トランや、各種公的施設の運営管理、テーマパークや商業施設内のレストラン運営等、あらゆるジャンルで質の高
      いフードサービスを行っているグループであります。
       当社は、上記事業におけるスポーツ事業(ゴルフ場内でのレストラン運営等)及びレジャー事業(各種公的施設
      の運営管理、テーマパーク・商業施設内のレストラン運営等)の一部を譲受ける目的で、西洋フード・コンパスグ
      ループ株式会社が新たに設立したエスエスエル株式会社の株式を、同社が対象事業を吸収分割により譲受けた後に
      全て取得した上で、社名を株式会社クリエイト・スポーツ&レジャーに変更し、連結子会社化するものでありま
      す。
       当社は、株式会社クリエイト・スポーツ&レジャーを通じて、コントラクトサービス事業へと本格進出すること
      となり、クライアントが投資を負担する受託型ビジネスをまとまったポートフォリオで取得することにより、当社
      グループにおける事業ポートフォリオの質的向上が見込めると考えております。
       特に、スポーツ事業におけるゴルフ場内でのレストラン運営としては、業界NO.1のシェアを誇っており、その信
      頼と実績のもと、ゴルフ場内でのレストラン運営のアウトソーシング化の流れからも今後の受託増加が見込めると
      ともに、業界における有力企業が永年維持してきた店舗の譲受けにより、安定的な収益が確保できると考えており
                                21/31


                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      ます。
       また、多様なブランドを多様な立地にて全国に展開している当社グループにおいて、互いに培ってきた経験やノ
      ウハウ、運営や管理手法、仕入れやメニュー開発等を共有しあうことにより、店舗運営力の更なる向上が可能であ
      ると考えております。
       今般、対象事業を譲受けることで、当社グループの事業領域の拡大とグループ内シナジーの創出により、「グ
      ループ連邦経営」の更なる進化、ひいては企業価値の向上につながるものと判断し、同社の株式を取得することと
      いたしました。
     (2)   取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    支払対価の公正価値(現金)                                                  5,907
    合計                                                  5,907
    取得資産及び引受負債の公正価値
     流動資産                                                1,188
     契約関連無形資産                                                1,182
     その他の非流動資産                                                  551
      資産合計                                               2,922
     流動負債                                                  206
     非流動負債                                                  559
      負債合計                                                766
    取得資産及び引受負債の公正価値(純額)                                                  2,156
    のれん                                                  3,751
       当該企業結合に係る取得関連費用は10百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
      費」に計上しております。
       のれんの主な内容は、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       なお、認識したのれんは、税務上損金算入可能と見込んでおります。
     (3)   取得に伴うキャッシュ・フロー

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    取得により支出した現金及び現金同等物                                                  5,907
    取得時に被取得会社が保有していた現金及び
                                                       29
    現金同等物
    子会社の取得による支出                                                  5,877
     (4)   業績に与える影響

       当該企業結合から生じた売上収益及び当期利益が、要約四半期連結損益計算書に与える影響額は軽微でありま
      す。
     (5)   その他の事項

       前第3四半期連結会計期間に実施した株式会社クリエイト・スポーツ&レジャー取得について、前第3四半期連
      結会計期間においては取得原価の配分が完了しなかったため暫定的な会計処理を行いました。当第3四半期連結会
      計期間において当該配分が完了したことから、前第3四半期連結会計期間の要約四半期連結財務諸表を遡及修正し
      ております。
       当該遡及修正による取得資産及び引受負債への影響額は、契約関連無形資産1,182百万円、非流動負債409百万円
      増加しており、前第3四半期連結累計期間の要約四半期連結損益計算書への影響は軽微であります。
      Ⅴ.株式会社いっちょうの株式取得について 

     (1)   企業結合の概要
                                22/31


                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
       2019年10月1日に、当社は株式会社いっちょうの株式の100%を取得いたしました。
       和食レストラン「いっちょう」は、料亭を思わせる雰囲気づくりが特徴の店舗であり、種類豊富なお料理と美味
      しいお酒をお楽しみいただけます。大小様々な個室をご用意しており、記念日や接待からご宴会まで様々なシーン
      で地元から愛され多くの方に利用されております。
       同社のビジネスモデルは、非常に豊富なメニューや個室対応とすることで幅広い客層の多様なニーズを取り込ん
      でおり、リーズナブルな価格設定によってお客様の来店頻度が高く、地域に密着した店舗運営をしていることが特
      徴です。そして、セントラルキッチンや自社物流を通じた生産性の高いフォーマットによりコストダウンが図ら
      れ、好循環を生み出しております。
       本件取り組みは、事業継承スキームを通じて、北関東の有力外食企業を当社グループの仲間に迎え、同社が長年
      培ってきた競争力ある独自のビジネスモデルの獲得とともに、当社グループとして初の総合的なセントラルキッチ
      ンの運用ノウハウの取り込みによるグループ内シナジーの発揮などを目的に、同社の株式を全て取得し、連結子会
      社化するものであります。
       また、株式会社いっちょうと当社グループの様々な事業会社が連携し、互いに培ってきた経験やノウハウ、物件
      開発情報や運営管理手法等を共有しあうことにより、店舗運営力の更なる向上が可能であると考えており、グルー
      プ内シナジーの創出により、「グループ連邦経営」の更なる進化、ひいては企業価値の向上につながるものと判断
      し、同社の株式を取得することといたしました。
     (2)   取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    支払対価の公正価値(現金)                                                  7,000
    合計                                                  7,000
    取得資産及び引受負債の公正価値
     流動資産                                                2,645
     商標権                                                  995
     その他の非流動資産                                                7,567
      資産合計                                               11,209
     流動負債                                                2,554
     非流動負債                                                4,579
      負債合計                                               7,133
    取得資産及び引受負債の公正価値(純額)                                                  4,075
    のれん                                                  2,924
       当該企業結合に係る取得関連費用は10百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
      費」に計上しております。
       のれんの主な内容は、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       なお、のれんについて、税務上損金算入を見込んでいる金額はありません。
                                23/31






                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     (3)   取得に伴うキャッシュ・フロー
                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    取得により支出した現金及び現金同等物                                                  7,000
    取得時に被取得会社が保有していた現金及び
                                                      1,815
    現金同等物
    子会社の取得による支出                                                  5,184
     (4)   業績に与える影響

       当該企業結合から生じた売上収益及び当期利益が、要約四半期連結損益計算書に与える影響額は軽微でありま
      す。
      Ⅵ.当社の連結子会社におけるIl                Fornaio(America)LLCの持分取得について

     (1)   企業結合の概要
       2019年9月30日に、当社の連結子会社であるCreate                         Restaurants      NY  Inc.(以下、「CRNY社」という。)はIl
      Fornaio(America)LLCの持分を100%取得いたしました。
       「イルフォルナイオ」ブランドは、米国カリフォルニア州を中心に3州にて米国における正統派イタリアンとし
      て30年以上長きにわたり地域に愛されております。
       当社の連結子会社であるCRNY社を通じて、北米にてイタリアンレストラン「イルフォルナイオ」ブランドを展開
      するIl    Fornaio(America)LLCの持分取得を行うことで、北米でのプラットフォームの確立に大いに資するものであ
      り、今後の北米での事業展開の加速に繋がるエポックメイキングなものと考えております。
       また、本件取り組みにより、当社グループにおける北米事業の安定的な収益が確保できるとともに、今後は、す
      でに米国で展開しているCRNY社の運営店舗との連携や、当社グループが保有するレストランブランドの北米展開、
      他のレストランブランドの積極的なM&A等が一層可能となると判断し、同社の持分を取得することといたしました。
     (2)   取得日現在における支払対価、取得資産及び引受負債の公正価値

                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    支払対価の公正価値(現金)                                                  8,539
    合計                                                  8,539
    取得資産及び引受負債の公正価値
     流動資産                                                  844
     商標権                                                2,914
     その他の非流動資産                                                8,356
      資産合計                                               12,116
     流動負債                                                2,097
     非流動負債                                                4,366
      負債合計                                               6,463
    取得資産及び引受負債の公正価値(純額)                                                  5,652
    のれん                                                  2,886
       当該企業結合に係る取得関連費用は106百万円であり、すべて要約四半期連結損益計算書の「販売費及び一般管理
      費」に計上しております。
       のれんの主な内容は、今後の事業展開によって期待される将来の超過収益力から発生したものであります。
       なお、認識したのれんは、税務上損金算入可能と見込んでおります。
                                24/31




                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     (3)   取得に伴うキャッシュ・フロー
                                                 (単位:百万円)
                                           金額
    取得により支出した現金及び現金同等物                                                  8,539
    取得時に被取得会社が保有していた現金及び
                                                       572
    現金同等物
    子会社の取得による支出                                                  7,966
     (4)   業績に与える影響

       当該企業結合から生じた売上収益及び当期利益が、要約四半期連結損益計算書に与える影響額は軽微でありま
      す。
     (5)   その他の事項

       前第3四半期連結会計期間に実施したIl                   Fornaio(America)LLCの持分取得について、前第3四半期連結会計期間
      においては取得原価の配分が完了しなかったため暫定的な会計処理を行いました。当第3四半期連結会計期間にお
      いて当該配分が完了したことから、前第3四半期連結会計期間の要約四半期連結財務諸表を遡及修正しておりま
      す。
       当該遡及修正による取得資産の影響額は、その他の非流動資産515百万円増加しており、前第3四半期連結累計期
      間の要約四半期連結損益計算書への影響は軽微であります。
     当第3四半期連結累計期間(自                2020年3月1日         至     2020年11月30日       )

       該当事項はありません。
    8.有形固定資産

      有形固定資産(使用権資産を含む)の取得は前第3四半期連結累計期間において12,097百万円、当第3四半期連結
     累計期間において12,468百万円であります。
      また、営業活動から生ずる損益が著しく低下した店舗について、前第3四半期連結累計期間は1,684百万円、当第3
     四半期連結累計期間は1,707百万円の減損損失を認識しました。
    9.配当金

    (1)配当金の支払額
      配当金の支払額は以下のとおりであります。
     前第3四半期連結累計期間(自                2019年3月1日        至    2019年11月30日       )
                 配当金の総額          1株当たり配当額
        決議日                                基準日          効力発生日
                  (百万円)            (円)
    2019年4月19日
                       566          6.00    2019年2月28日           2019年5月15日
    取締役会
    2019年10月11日
                       566          6.00    2019年8月31日           2019年11月11日
    取締役会
     (注)1.2019年4月19日取締役会決議の配当金の総額には、株式給付信託に係る信託口が保有する当社株式に対する
         配当金6百万円を含んでおります。
        2.2019年10月11日取締役会決議の配当金の総額には、株式給付信託に係る信託口が保有する当社株式に対する
         配当金5百万円を含んでおります。
     当第3四半期連結累計期間(自                2020年3月1日        至    2020年11月30日       )

      該当事項はありません。
    (2)配当の効力発生日が当第3四半期連結会計期間末後となるもの

      該当事項はありません。
                                25/31




                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    10.売上収益
      当社グループは、飲食事業から計上される収益を売上収益として表示しており、顧客との契約から生じる収益を以
     下のとおり分解しております。
                                                 (単位:百万円)
                        前第3四半期連結累計期間                  当第3四半期連結累計期間
                         (自    2019年3月1日               (自    2020年3月1日
                          至    2019年11月30日       )        至    2020年11月30日       )
    飲食事業                               98,985                  55,786
    その他                                 495                  945
            合計                        99,481                  56,732
                                                 (単位:百万円)

                        前第3四半期連結会計期間                  当第3四半期連結会計期間
                         (自    2019年9月1日               (自    2020年9月1日
                          至    2019年11月30日       )        至    2020年11月30日       )
    飲食事業                               35,680                  24,341
    その他                                 275                  358
            合計                        35,956                  24,700
    11.1株当たり利益

                                                 (単位:百万円)
                               前第3四半期連結累計期間
                                             当第3四半期連結累計期間
                                (自    2019年3月1日
                                             (自    2020年3月1日
                                至    2019年11月30日       )
                                              至    2020年11月30日       )
    親会社の所有者に帰属する四半期利益又は親会社の所
                                        2,465             △8,779
    有者に帰属する四半期損失(△)
    四半期利益調整額
     子会社の発行する潜在株式に係る調整額                                    △1              -

    希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                        2,463             △8,779
    四半期利益又は四半期損失(△)
    発行済普通株式の加重平均株式数(株)                                 186,779,523              186,781,201
    希薄化後の普通株式の加重平均株式数(株)                                 186,779,523              186,781,201
    基本的1株当たり四半期利益又は基本的1株当たり四
                                        13.20             △47.01
    半期損失(△)(円)
    希薄化後1株当たり四半期利益又は希薄化後1株当た
                                        13.19             △47.01
    り四半期損失(△)(円)
                                           連結子会社の発行する
    逆希薄化効果を有するため、希薄化後1株当たり四半
                                           ストックオプション
                                    -
                                           (ストックオプションの目的
    期損失の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                           となる株式の数12,000株)
     (注)1.「基本的1株当たり四半期利益又は基本的1株当たり四半期損失(△)」及び「希薄化後1株当たり四半期利益
         又は希薄化後1株当たり四半期損失(△)」の算定上、その他の資本の構成要素において自己株式として計上
         されている「従業員向け株式交付信託型ESOP」が所有する当社株式を期中平均株式数の計算において控除す
         る自己株式に含めております(前第3四半期連結累計期間1,999,210株、当第3四半期連結累計期間
         1,997,532株)。
       2.当第3四半期連結累計期間の希薄化後1株当たり四半期損失において、連結子会社の発行するストックオプ
         ション12,000株は逆希薄化効果を有するため、希薄化後1株当たり四半期損失の計算に含めておりません。
       3.2020年3月1日付で、普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。このため、前連結会計
         年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して基本的1株当たり四半期利益又は基本的1株当たり四半期
         損失(△)及び希薄化後1株当たり四半期利益又は希薄化後1株当たり四半期損失(△)を算定しております。
                                26/31




                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
                                                 (単位:百万円)
                               前第3四半期連結会計期間
                                             当第3四半期連結会計期間
                                (自    2019年9月1日
                                             (自    2020年9月1日
                                至    2019年11月30日       )
                                              至    2020年11月30日       )
    親会社の所有者に帰属する四半期利益                                     64             385
    四半期利益調整額
     子会社の発行する潜在株式に係る調整額                                    △0              -

    希薄化後1株当たり四半期利益の計算に使用する
                                          64             385
    四半期利益
    発行済普通株式の加重平均株式数(株)                                 186,780,155              186,781,534
    希薄化後の普通株式の加重平均株式数(株)                                 186,780,155              186,781,534
    基本的1株当たり四半期利益(円)                                    0.34              2.06
    希薄化後1株当たり四半期利益(円)                                    0.34              2.06
                                           連結子会社の発行する
    逆希薄化効果を有するため、希薄化後1株当たり四半
                                           ストックオプション
                                    -
                                           (ストックオプションの目的
    期利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
                                           となる株式の数12,000株)
     (注)1.「基本的1株当たり四半期利益」及び「希薄化後1株当たり四半期利益」の算定上、その他の資本の構成要素
         において自己株式として計上されている「従業員向け株式交付信託型ESOP」が所有する当社株式を期中平均
         株式数の計算において控除する自己株式に含めております(前第3四半期連結会計期間1,998,578株、当第3
         四半期連結会計期間1,997,200株)。
       2.当第3四半期連結会計期間の希薄化後1株当たり四半期利益において、連結子会社の発行するストックオプ
         ション12,000株は逆希薄化効果を有するため、希薄化後1株当たり四半期利益の計算に含めておりません。
       3.2020年3月1日付で、普通株式1株につき2株の割合で株式分割を行っております。このため、前連結会計
         年度の期首に当該株式分割が行われたと仮定して基本的1株当たり四半期利益及び希薄化後1株当たり四半
         期利益を算定しております。
    12.金融商品

      金融商品の公正価値
     (1)   公正価値ヒエラルキーのレベル別分類
      公正価値で測定される金融商品について、測定に用いたインプットの観察可能性及び重要性に応じた公正価値測定
     額を、レベル1からレベル3まで分類しております。
       レベル1:活発な市場における同一の資産または負債の市場価格(無調整)
       レベル2:レベル1以外の、観察可能な価格を直接または間接的に使用して算出された公正価値
       レベル3:観察不能なインプットを含む評価技法から算出された公正価値
     (2)   公正価値の算定方法

       金融商品の公正価値の算定方法は以下のとおりであります。
       (現金及び現金同等物、営業債権及びその他の債権、営業債務及びその他の債務)
       短期間で決済されるため、公正価値は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっております。
       (デリバティブ)
       純損益を通じて公正価値で測定する金融資産または金融負債として、取引先金融機関から提示された価格に基づ
      いて算定しております。
       (差入保証金)
       想定した賃借契約期間に基づき、相手先の信用リスクを加味した上で、その将来キャッシュ・フローを国債の利
      回り等適切な指標に基づく利率で割り引いた現在価値により算定しております。
       (借入金)
       短期借入金は、短期間で決済されるため、公正価値は帳簿価額にほぼ等しいことから、当該帳簿価額によってお
      ります。
       長期借入金のうち変動金利によるものは、短期間で市場金利が反映されるため、公正価値は帳簿価額にほぼ等し
      いことから、当該帳簿価額によっております。
       長期借入金のうち固定金利によるものは、将来キャッシュ・フローを新規に同様の契約を実行した場合に想定さ
      れる利率で割り引いた現在価値により算定しております。
                                27/31


                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
     (3)   償却原価で測定される金融商品

       償却原価で測定される金融商品の帳簿価額と公正価値は以下のとおりであります。なお、当該金融商品の帳簿価
      額が公正価値の合理的な近似値である場合、それらの項目に関する情報はこの表には含まれておりません。
      前連結会計年度(        2020年2月29日       )

                                                 (単位:百万円)
                                        公正価値
                     帳簿価額
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計
    <金融資産>
     その他の金融資産
      差入保証金(注)2                   10,571          -      10,609          -      10,609
    <金融負債>
     借入金及び社債                   49,774          -      50,104          -      50,104
     (注)1.前連結会計年度においてレベル1、レベル2及びレベル3の間における振替はありません。
        2.帳簿価額は、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
      当第3四半期連結会計期間(             2020年11月30日       )

                                                 (単位:百万円)
                                        公正価値
                     帳簿価額
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計
    <金融資産>
     その他の金融資産
      差入保証金(注)2                   9,717         -      9,820         -      9,820
    <金融負債>
     借入金及び社債                   82,304          -      82,410          -      82,410
     (注)1.当第3四半期連結会計期間においてレベル1、レベル2及びレベル3の間における振替はありません。
        2.帳簿価額は、貸倒引当金控除後の金額で表示しております。
     (4)   公正価値で測定される金融商品

       公正価値で測定される金融商品の帳簿価額及び公正価値は以下のとおりであります。
      前連結会計年度(        2020年2月29日       )

                                                 (単位:百万円)
                                        公正価値
                     帳簿価額
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計
    <金融負債>
     経常的に公正価値測定され
     る金融負債
      デリバティブ負債                  145        -       145        -       145
     (注)前連結会計年度においてレベル1、レベル2及びレベル3の間における振替はありません。
                                28/31





                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
      当第3四半期連結会計期間(             2020年11月30日       )
                                                 (単位:百万円)
                                        公正価値
                     帳簿価額
                            レベル1        レベル2        レベル3         合計
    <金融負債>
     経常的に公正価値測定され
     る金融負債
      デリバティブ負債                    94        -        94        -        94
     (注)当第3四半期連結会計期間においてレベル1、レベル2及びレベル3の間における振替はありません。
     (5)   レベル3に分類された金融商品

       当社グループは、レベル3に分類された金融商品はありません。
    13.後発事象

      該当事項はありません。
    2  【その他】

      該当事項はありません。
                                29/31














                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
    第二部     【提出会社の保証会社等の情報】
         該当事項はありません。
                                30/31




















                                                          EDINET提出書類
                                       株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス(E05517)
                                                            四半期報告書
                    独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                    2021年1月14日

    株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
      取   締   役   会   御   中
                       有限責任監査法人          トーマツ

                        指定有限責任社員

                                  公認会計士       朽  木  利  宏            印
                        業務執行社員
                        指定有限責任社員

                                  公認会計士         関   信  治            印
                        業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社クリエ

    イト・レストランツ・ホールディングスの2020年3月1日から2021年2月28日までの連結会計年度の第3四半期連結会
    計期間(2020年9月1日から2020年11月30日まで)及び第3四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年11月30日ま
    で)に係る要約四半期連結財務諸表、すなわち、要約四半期連結財政状態計算書、要約四半期連結損益計算書、要約四半
    期連結包括利益計算書、要約四半期連結持分変動計算書、要約四半期連結キャッシュ・フロー計算書及び要約四半期連
    結財務諸表注記について四半期レビューを行った。
    要約四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

     経営者の責任は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」第93条の規定により国際会計基準
    第34号「期中財務報告」に準拠して要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は
    誤謬による重要な虚偽表示のない要約四半期連結財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部
    統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任

     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から要約四半期連結財務諸表に
    対する結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準
    に準拠して四半期レビューを行った。
     四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
    問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と
    認められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
    監査人の結論

     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の要約四半期連結財務諸表が、国際会計基準第34号「期中財務
    報告」に準拠して、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス及び連結子会社の2020年11月30日現在の財
    政状態、同日をもって終了する第3四半期連結会計期間及び第3四半期連結累計期間の経営成績並びに第3四半期連結
    累計期間のキャッシュ・フローの状況を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての重要な点において認められ
    なかった。
    利害関係

     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以 上
     (注)   1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

        告書提出会社)が別途保管しております。
       2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                31/31



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク