アライアンス・バーンスタイン・グローバルESG・社債ファンド2021-02(限定追加型) 有価証券届出書(内国投資信託受益証券)

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     【表紙】

      【提出書類】                   有価証券届出書

      【提出先】                   関東財務局長殿

      【提出日】                   2021年1月8日       提出

      【発行者名】                   アライアンス・バーンスタイン株式会社

      【代表者の役職氏名】                   代表取締役社長  阪口 和子

      【本店の所在の場所】                   東京都千代田区内幸町二丁目1番6号 日比谷パークフロント

      【事務連絡者氏名】                   岡本 元樹

      【電話番号】                   03-5962-9165

      【届出の対象とした募集(売出)内国投                   アライアンス・バーンスタイン・グローバルESG・社債ファンド2021-02

       資信託受益証券に係るファンドの名                  (限定追加型)
       称】
      【届出の対象とした募集(売出)内国投                   (1)当初申込額
       資信託受益証券の金額】
                         500億円を上限とします。
                         (2)継続申込額
                         500億円を上限とします。
      【縦覧に供する場所】                   該当事項はありません。
                                 1/59













                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第一部【証券情報】
      (1)  【ファンドの名称】
        アライアンス・バーンスタイン・グローバルESG・社債ファンド2021-02(限定追加型)
        以下「当ファンド」という場合があります。
      (2)  【内国投資信託受益証券の形態等】

        追加型証券投資信託(契約型、委託者指図型)の受益権です。
        当初の信託元本は、1口当たり1円です。
        当ファンドは、委託会社の依頼により、信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供された信用格付また
       は信用格付業者から提供され、もしくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
        当ファンドの受益権は、「社債、株式等の振替に関する法律」(以下、「社振法」といいます。)の規定の
       適用を受け、受益権の帰属は、下記の「(11) 振替機関に関する事項」に記載の振替機関及び当該振替機関の
       下位の口座管理機関(社振法第2条に規定する「口座管理機関」をいい、振替機関を含め、以下「振替機関
       等」といいます。)の振替口座簿に記載または記録されることにより定まります(以下、振替口座簿に記載ま
       たは記録されることにより定まる受益権を「振替受益権」といいます。)。委託会社であるアライアンス・
       バーンスタイン株式会社は、やむを得ない事情等がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発
       行しません。また、振替受益権には無記名式や記名式の形態はありません。
      (3)  【発行(売出)価額の総額】

        ① 当初申込期間
          500億円を上限とします。
        ② 継続申込期間
          500億円を上限とします。
      (4)  【発行(売出)価格】

        ① 当初申込期間
          1口当たり1円とします。
        ② 継続申込期間
                                                          *
          取得の申込みを受付けた日(以下、「取得申込受付日」といいます。)の翌営業日の基準価額                                                 としま
         す。
          *基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令および一般社団法人投資信託協会規則
           に従って時価または一部償却原価法により評価して得た信託財産の資産総額から負債総額を控除した金額(純資産総額)を計
           算日における受益権総口数で除した金額で、1万口当たりの価額で表示します。
        基準価額は、原則として毎営業日に算出されます。また、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊の
       「オープン基準価格」(アライアンスの欄)に、「E債2102」の略称で掲載されます。
        基準価額は日々変動しますので、販売会社または以下の委託会社の照会先までお問い合わせください。
         <照会先>アライアンス・バーンスタイン株式会社
               電話番号:03-5962-9687(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
               ホームページアドレス:https://www.alliancebernstein.co.jp
      (5)  【申込手数料】

        申込価額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口当たり1円))と申込口数を乗じて
       得た金額に、販売会社が別に定める申込手数料率(1.1%(税抜1.0%)を上限とします。)を乗じて得た額と
       します。販売会社が定める申込手数料率については、販売会社にお問い合わせください。
        (販売会社については、上記(4)に記載の照会先にお問い合わせください。)
      (6)  【申込単位】

        販売会社がそれぞれ定めるものとします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
        (販売会社については、上記(4)に記載の照会先にお問い合わせください。)
                                 2/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (7)  【申込期間】
        ① 当初申込期間
          2021年1月25日から2021年2月25日までとします。
        ② 継続申込期間
          2021年2月26日          から2021年3月12日までとします。
        ※2021年3月13日以降は、購入の申込みの受付けを行いません。
      (8)  【申込取扱場所】

        申込取扱場所(販売会社)については、上記(4)に記載の照会先にお問い合わせください。
      (9)  【払込期日】

        ① 当初申込期間
          取得申込者は、当初申込期間中に、申込代金を取得申込みされた販売会社に支払うものとします。当
          初申込期間における発行価額の総額は、設定日(2021年2月26日)に、委託会社の指定する口座を経由
          して、受託会社の指定する当ファンドの口座に払込まれます。
        ② 継続申込期間
          取得申込者は、申込代金を取得申込みされた販売会社に支払うものとします。
          払込期日は販売会社が独自に定めますので、販売会社にお問い合わせください。
          (販売会社については、上記(4)に記載の照会先にお問い合わせください。)
          継続申込期間における各取得申込受付日の発行価額の総額は、追加信託が行われる日に、委託会社の
         指定する口座を経由して、受託会社の指定する当ファンドの口座に払い込まれます。
      (10)  【払込取扱場所】

        払込取扱場所は販売会社とします。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
        (販売会社については、上記(4)に記載の照会先にお問い合わせください。)
      (11)  【振替機関に関する事項】

        振替機関は以下のとおりです。
         株式会社証券保管振替機構
      (12)  【その他】

        ① 振替受益権について
          当ファンドの受益権は、社振法の規定の適用を受け、上記「(11) 振替機関に関する事項」に記載の振
         替機関の振替業に係る業務規程等の規則にしたがって取扱われます。
          当ファンドの収益分配金、償還金、換金代金は、社振法および上記「(11) 振替機関に関する事項」に
         記載の振替機関の業務規程その他の規則にしたがって支払われます。
        ② ファンドの設定中止の可能性について
          以下の場合には、委託会社の判断で当ファンドの設定を中止することがあります。
          ・当ファンドの当初募集金額が50億円を下回った場合、または下回ることが予想される場合
          ・当初申込期間中の市場環境等の変化等により、目標とする投資成果が見込めないと委託会社が判断
           した場合
                                 3/59





                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第二部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】
    1【ファンドの性格】
      (1)  【ファンドの目的及び基本的性格】
       ① ファンドの目的
         当ファンドは、主として、新興国を含む世界の社債等のうち、信託期間内に満期償還を迎える債券に投資
        し、投資した債券は、原則として各債券の満期償還日まで保有することにより、信託財産の着実な成長と安
        定した収益の確保を目指して運用を行います。
       ② 信託金の限度額
         500  億円とします。委託会社は、受託会社と合意のうえ、限度額を変更することができます。
       ③ ファンドの分類
         当ファンドの商品分類および属性区分は次のとおりです(該当区分を網掛け表示しています。)。
        ■商品分類表

                                               投資対象資産
          単位型・追加型                 投資対象地域
                                               (収益の源泉)
                                                 株  式
             単位型                国  内                    債  券
                             海  外                   不動産投信
             追加型                内  外                 その他資産(  )
                                                 資産複合
        ※商品分類表の各項目の定義について
        ・単位型・追加型の区分…追加型
          一度設定された投資信託であってもその後追加設定が行われ従来の信託財産とともに運用される投資
          信託をいいます。
        ・投資対象地域による区分…内外
          目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に国内および海外の
          資産を源泉とする旨の記載があるものをいいます。
        ・投資対象資産による区分…債券
          目論見書または投資信託約款において、組入資産による主たる投資収益が実質的に債券を源泉とする
          旨の記載があるものをいいます。
        ■属性区分表

                                                      為替
             投資対象資産               決算頻度           投資対象地域
                                                     ヘッジ
        株式                    年1回
                                        グローバル
         一般
                                       (日本含む)
         大型株                   年2回                         あり
                                         日本
         中小型株                                         (フルヘッジ)
                                         北米
        債券                    年4回
                                         欧州
         一般
                                         アジア
         公債                 年6回(隔月)                           なし
                                        オセアニア
         社債
                                         中南米
         その他債券                年12回(毎月)
                                        アフリカ
         クレジット属性 (  )
                                      中近東(中東)
        不動産投信                     日々
                                       エマージング
        その他資産 (  )
        資産複合 (  )                  その他(  )
          資産配分固定型
           資産  配分変更型
        ※属性区分表の各項目の定義について
        ・投資対象資産による属性区分…債券 一般
                                 4/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          目論見書または投資信託約款において、主として債券に投資する旨の記載があるもので、公債、社
          債、その他債券属性にあてはまらない全てのものをいいます。
        ・決算頻度による属性区分…年1回
          目論見書または投資信託約款において、年1回決算する旨の記載があるものをいいます。
        ・投資対象地域による属性区分…グローバル(日本含む)
          目論見書または投資信託約款において、組入資産による投資収益が世界(日本を含む)の資産を源泉
          とする旨の記載があるものをいいます。
        ・為替ヘッジによる属性区分…為替ヘッジあり(フルヘッジ)
          目論見書または投資信託約款において、対円での為替のフルヘッジを行う旨の記載があるものをいい
          ます。
         ※為替ヘッジによる属性区分は、対円での為替リスクに対するヘッジの有無を記載しております。
        ※当ファンドが該当するもの以外の定義の詳細につきましては、一般社団法人投資信託協会のホームページ
         (https://www.toushin.or.jp/)をご覧ください。
       ④ ファンドの特色
                                 5/59















                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  【ファンドの沿革】







        2021  年2月26日 信託契約の締結、ファンドの設定日、運用開始。                                (予定)
      (3)  【ファンドの仕組み】

       ① ファンドの仕組みおよび関係法人の概要
       <販売会社>





         ・受益権の募集・販売の取扱い、一部解約の実行の請求の受付け、収益分配金の再投資ならびに収益分
          配金、償還金、一部解約金の支払いの取扱い等を行います。
       <委託会社>
         アライアンス・バーンスタイン株式会社
         ・信託財産の運用指図、目論見書・運用報告書の作成等を行います。
       <受託会社>
         三菱UFJ信託銀行株式会社
        (再信託受託会社)
         日本マスタートラスト信託銀行株式会社
         ・信託財産の管理業務等を行います。
       <投資顧問会社>
         アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
         アライアンス・バーンスタイン・リミテッド
                                 6/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         アライアンス・バーンスタイン・オーストラリア・リミテッド
         アライアンス・バーンスタイン・香港・リミテッド
         ・信託財産の運用の指図(除く国内余剰資金の運用の指図)を行います。ただし、委託会社が自ら運用
          の指図を行う場合もあります。
       ② 関係法人との契約等の概要
        a.証券投資信託契約
          委託会社と受託会社との間において「証券投資信託契約」を締結しており、委託会社及び受託会社の
         業務、受益者の権利、受益権、信託財産の運用・評価・管理、収益の分配、信託の期間・償還等を規定
         しています。
        b.受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約
          委託会社と販売会社との間において「受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約」を締結してお
         り、販売会社が行う受益証券の募集・販売等の取扱い、収益分配金及び償還金の支払い、買取り及び一
         部解約の取扱い等を規定しています。
        c.信託財産の運用の指図に関する権限の委託契約
          委託会社と投資顧問会社との間において、「信託財産の運用の指図に関する権限の委託契約」を締結
         しており、投資顧問会社の業務内容、委託会社への報告、投資顧問会社に対する報酬、契約の期間等を
         規定しています。
       ③   委託会社等の概況
        a.資本金の額
          資本金の額は1,630百万円です。(2020年10月末現在)
        b.委託会社の沿革
          1996  年10月28日 アライアンス・キャピタル投信株式会社 設立。
          2000  年1月1日 商号をアライアンス・キャピタル・アセット・マネジメント株式会社に変更。
          2000  年1月1日 アライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インク(現                                         アライアンス・
                   バーンスタイン・ジャパン・インク)東京支店から、営業を譲り受ける。
          2006  年4月3日 商号をアライアンス・バーンスタイン株式会社に変更。
          2016  年4月1日 アライアンス・バーンスタイン証券会社                            東京支店から、事業の一部を譲り受ける。
        c.大株主の状況
                                                 (2020年10月末現在)
                名称                     住所              所有株式数       比率
                          アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
        アライアンス・バーンスタイン・
                          市アベニュー・オブ・ジ・アメリカズ                    1345
        コーポレーション・オブ・デラ                                           32,600   株   100  %
        ウェア
                          番
    2【投資方針】

      (1)  【投資方針】
       ① 基本方針
         当ファンドは、信託財産の着実な成長と安定した収益の確保を目指して運用を行います。
       ② 運用態度
        a.主として、新興国を含む世界の社債等のうち、信託期間内に満期償還を迎える債券に投資します。投資
         した債券は、原則として各債券の満期償還日まで保有することにより、信託財産の着実な成長と安定した
         収益の確保を目指します。
        b.ポートフォリオの構築にあたっては、計量分析とファンダメンタル分析による徹底したリサーチを行
         い、ESG評価(環境、社会、ガバナンス)が一定基準を満たす銘柄群の中から、将来の信用力分析やリス
         ク特性などを考慮して魅力的と判断される銘柄を選定します。
        c.ポートフォリオの構築にあたっては、取得時においてB-格相当以上の格付を有するものとし、ポート
         フォリオ構築完了時点における組入銘柄の平均格付はBBB-格相当以上とします。(S&P、ムーディーズ、
         フィッチの最高格付を参照。)
        d.外貨建資産について、原則として対円での為替ヘッジを行い為替変動リスクの低減を図ります。
        e.資金動向、市況動向の急激な変化が生じた時、および信託財産の規模によっては、上記の運用が出来                                                     な
         い場合があります。
                                 7/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  【投資対象】
       ① 投資の対象とする資産の種類
         当ファンドが投資の対象とする資産の種類は、次に掲げるものとします。
         次に掲げる特定資産(「特定資産」とは、投資信託及び投資法人に関する法律第2条第1項で定めるもの
        をいいます。以下同じ。)
         a.有価証券
         b.デリバティブ取引(金融商品取引法第2条20項に規定するものをいい、信託約款第22条、第23条およ
           び第24条に定めるものに限ります。)に係る権利
         c.金銭債権
         d.約束手形
        次に掲げる特定資産以外の資産
         a.為替手形
       ② 有価証券の指図範囲
         委託会社は、信託金を、主として次の有価証券に投資することを指図します。
         a.株券または新株引受権証書
         b.国債証券
         c.地方債証券
         d.特別の法律により法人の発行する債券
         e.社債券(新株引受権証券と社債券とが一体となった新株引受権付社債券(以下、「分離型新株引受
           権付社債券」といいます。)の新株引受権証券を除きます。)
         f.特定目的会社に係る特定社債券
         g.特別の法律により設立された法人の発行する出資証券
         h.協同組織金融機関に係る優先出資証券
         i.特定目的会社に係る優先出資証券または新優先出資引受権を表示する証券
         j.コマーシャル・ペーパー
         k.新株引受権証券(分離型新株引受権付社債券の新株引受権証券を含みます。以下同じ。)および新
           株予約権証券
         l.外国または外国の者の発行する証券または証書で、前各号の証券または証書の性質を有するもの
         m.投資信託または外国投資信託の受益証券
         n.投資証券、新投資口予約権証券もしくは投資法人債券または外国投資証券
         o.外国貸付債権信託受益証券
         p.オプションを表示する証券または証書
         q.預託証書
         r.外国法人が発行する譲渡性預金証書
         s.指定金銭信託の受益証券
         t.抵当証券
         u.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第1項第14号で定める受益証券発行信託の受益
           証券に表示されるべきもの
         v.外国の者に対する権利で前号の有価証券の性質を有するもの
        なおa.の証券または証書、l.ならびにq.の証券または証書のうちa.の証券または証書の性質を有す
        るものを以下「株式」といい、b.からf.までの証券およびl.ならびにq.の証券または証書のうち
        b.からf.までの証券の性質を有するものを以下「公社債」といい、m.の証券およびn.の証券を以下
        「投資信託証券」といいます。
       ③ 金融商品の指図範囲
         委託会社は、信託金を上記②に掲げる有価証券のほか、次に掲げる金融商品により運用することを指図す
        ることができます。
         a.預金
         b.指定金銭信託
         c.コール・ローン
         d.手形割引市場において売買される手形
         e.貸付債権信託受益権であって金融商品取引法第2条第2項第1号で定めるもの
                                 8/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         f.外国の者に対する権利で前号の権利の性質を有するもの
       ④ 金融商品の運用指図
         上記②の規定にかかわらず、この信託の設定、解約、償還、投資環境の変動等への対応等、委託会社が運
        用上必要と認めるときには、委託会社は信託金を、上記③に掲げる金融商品により運用することを指図する
        ことができます。
      (3)  【運用体制】

       ① ファンドの運用体制
         委託会社は信託財産の運用の指図に関する権限(国内余剰資金の運用の指図に関する権限を除きます。)
        を以下の者に委託します。ただし、委託会社が自ら当該権限を行使するときは、この限りではありません。
           アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
           アライアンス・バーンスタイン・リミテッド
           アライアンス・バーンスタイン・オーストラリア・リミテッド
           アライアンス・バーンスタイン・香港・リミテッド
       ② 内部管理体制および意思決定を監督する組織等
         委託会社は、ファンドの運用・管理業務およびリスク管理について、それぞれ社内規程を定めています。
        ・リーガル・コンプライアンス本部は信託約款および法令等、その他個別に定めたコンプライアンス規定等
         の遵守状況をチェックしています。
        ・運用管理部はポートフォリオに係る個別銘柄の組入比率、資産配分等が運用ガイドラインに合致している
         かについてモニターしています。
        ・クライアント本部は市場リスク等があらかじめ定められた運用の基本方針及び運用方法に則した適正範囲
         のものであるかをチェックしています。また、これらの結果は月次の投信戦略委員会に報告されます。
       ③ 委託会社によるファンドの関係法人に対する管理体制
         委託会社は、運用委託先の管理については、社内規程に従い、運用部門から独立した管理担当部署が運用
        ガイドラインの遵守状況を監視し、その結果に基づいて必要な是正勧告を行うことにより、適切な管理を行
        います。
         また、受託会社に対して、信託財産の日常の管理業務を通じ、信託事務の正確性・迅速性の確認を行い、
        問題がある場合は適宜改善を求めています。
       ◆上記の運用体制等は、今後変更する場合があります。

      (4)  【分配方針】

       ① 収益分配方針
         毎決算時(原則として、毎年2月25日。休業日の場合は翌営業日)に、原則として以下の方針に基づき分
        配を行います。
         a.分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当等収入および売買益(評価益を含みます。)等の全
          額とします。
         b.分配金額は、委託会社が基準価額水準、市場動向等を勘案して決定します。ただし、将来の収益分
          配金の支払いおよび金額について保証するものではなく、分配対象額が少額の場合等には、収益分配
          を行わないこともあります。
         c.留保益の運用については、特に制限を設けず、信託約款に定める「基本方針」および「運用方法」
          に基づいて運用を行います。
         (収益分配金に関する留意事項)
          ・分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われる
           と、その金額相当分、基準価額は下がります。
          ・分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益及び評価益を含む売買益)を超えて
           支払われる場合があります。その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することに
           なります。また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではあり
           ません。
                                 9/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ・投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻し
           に相当する場合があります。ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが
           小さかった場合も同様です。
       ② 収益の分配方式
         a.信託財産から生ずる毎計算期末における利益は、次の方法により処理します。
         (イ)配当金、利子、貸付有価証券に係る品貸料およびこれ等に類する収益から支払利息を控除した額
            (以下、「配当等収益」といいます。)は、諸経費、諸費用および当該諸費用に係る消費税等に
            相当する金額ならびに信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等に相当する金額を控除した
            後、その残金を受益者に分配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、その一
            部を分配準備積立金として積立てることができます。
         (ロ)売買損益に評価損益を加減した利益金額(以下、「売買益」といいます。)は、諸経費、諸費用
            および当該諸費用に係る消費税等相当額ならびに信託報酬および当該信託報酬に係る消費税等相
            当額を控除し、繰越欠損金のあるときは、その全額を売買益をもって補てんした後、受益者に分
            配することができます。なお、次期以降の分配にあてるため、その一部を分配準備積立金として
            積立てることができます。
         b.毎計算期末において、信託財産につき生じた損失は、次期に繰越します。
       ③ 収益分配金の支払い
         収益分配金の受取方法により、収益の分配時に分配金を受取る「一般コース」と、収益分配金を再投資す
        る「自動けいぞく投資コース」の2つのコースがあります。
         a.「一般コース」
           収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記                                     録されている受益者(当該
          収益分配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当
          該収益分配金に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記
          載または記録されている受益権については原則として取得申込者とします。)に、毎決算日後1ヵ月
          以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日目までの日)か                                             ら、販売会社
          においてお支払いを開始します。
         b.「自動けいぞく投資コース」
           収益分配金は、原則として、決算日の翌営業日に税引後無手数料で決算日の基準価額で再投資され
          ますが、再投資により増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
      (5)  【投資制限】

       ① 信託約款に定める投資制限
        a.外貨建資産への投資割合
          外貨建資産への投資割合には制限を設けません。
        b.株式への投資割合
          株式への投資は、優先証券のうち株券または新株引受権証書の性質を有するものならびに転換社債の
         転換および新株予約権(転換社債型新株予約権付社債の新株予約権に限ります。)を行使したものに限
         り、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
        c .投資する株式等の範囲
         ( イ)  委託会社が投資することを指図する株式、新株引受権証券および新株予約権証券は、金融商品取引
           所に上場されている株式の発行会社の発行するものおよび金融商品取引所に準ずる市場において取引
           されている株式の発行会社の発行するものとします。ただし、株主割当てまたは社債権者割当てによ
           り取得する株式、新株引受権証券および新株予約権証券については、この限りでありません。
         ( ロ)  上記(イ)にかかわらず、上場予定または登録予定の株式、新株引受権証券および新株予約権証券で
           目論見書等において上場または登録されることが確認できるものについては、委託会社が投資するこ
           とを指図することができるものとします。
        d.新株引受権証券等への投資割合
          新株引受権証券および新株予約権証券への投資割合は、信託財産の純資産総額の10%以内とします。
        e.投資信託証券への投資割合
          投資信託証券(上場投資信託証券等を除きます。)への投資割合は、信託財産の純資産総額の5%以内
         とします。
                                10/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        f.特別の場合の外貨建有価証券への投資制限
          外貨建有価証券への投資については、わが国の国際収支上の理由等により特に必要と認められる場合に
         は、制約されることがあります。
        g.先物取引等の運用指図・目的・範囲
         ( イ)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび
           為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における有価証券先物取引、有価証券指数
           等先物取引および有価証券オプション取引ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類
           似の取引を次の範囲で行うことの指図をすることができます。なお、選択権付取引は、オプション取
           引に含めるものとします。(以下、同じ。)
          (ⅰ)   先物取引の売建およびコール・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、ヘッジの対象と
            する有価証券(以下、「ヘッジ対象有価証券」といいます。)の時価総額の範囲内とします。
          (ⅱ)   先物取引の買建およびプット・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、ヘッジ対象有価
            証券の組入可能額(組入ヘッジ対象有価証券を差し引いた額。)に信託財産が限月までに受取る組
            入公社債、組入外国貸付債権信託受益証券、組入貸付債権信託受益権、組入抵当証券および組入指
            定金銭信託の受益証券の利払金および償還金を加えた額を限度とし、かつ信託財産が限月までに受
            取る組入有価証券に係る利払金および償還金等ならびに上記「(2)投資対象 ③金融商品の指図範
            囲a.からd.」に掲げる金融商品で運用している額の範囲内とします。
          (ⅲ)   コール・オプションおよびプット・オプションの買付けの指図は、本g.で規定する全オプショ
            ン取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上回らない
            範囲内とします。
         ( ロ)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび
           為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における通貨に係る先物取引ならびに外国
           の金融商品取引所における通貨に係る先物取引およびオプション取引を次の範囲で行うことの指図を
           することができます。
          (ⅰ)   先物取引の売建およびコール・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、為替の売予約と
            合わせてヘッジの対象とする外貨建資産の時価総額の範囲内とします。
          (ⅱ)   先物取引の買建およびプット・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、為替の買予約と
            合わせて、外貨建有価証券の買付代金等実需の範囲内とします。
          (ⅲ)   コール・オプションおよびプット・オプションの買付けの指図は、支払いプレミアム額の合計額
            が取引時点の保有外貨建資産の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ本g.で規定する全
            オプション取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%を上
            回らない範囲内とします。
         ( ハ)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび
           為替変動リスクを回避するため、わが国の金融商品取引所における金利に係る先物取引およびオプ
           ション取引ならびに外国の金融商品取引所におけるこれらの取引と類似の取引を次の範囲で行うこと
           の指図をすることができます。
          (ⅰ)   先物取引の売建およびコール・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、ヘッジの対象と
            する金利商品(信託財産が1年以内に受取る組入有価証券の利払金および償還金等ならびに上記
            「(2)投資対象 ③金融商品の指図範囲a.からd.」に掲げる金融商品で運用しているものをい
            います。以下、「ヘッジ対象金利商品」といいます。以下、同じ。)の時価総額の範囲内としま
            す。
          (ⅱ)   先物取引の買建およびプット・オプションの売付けの指図は、建玉の合計額が、信託財産が限月
            までに受取る組入有価証券に係る利払金および償還金等ならびに上記「(2)投資対象 ③金融商品
            の指図範囲a.からd.」に掲げる金融商品で運用している額(以下、「金融商品運用額等」とい
            います。)の範囲内とします。ただし、ヘッジ対象金利商品が外貨建で、信託財産の外貨建資産組
            入可能額(信託約款上の組入可能額から保有外貨建資産の時価総額を差引いた額。以下、同じ。)
            に信託財産が限月までに受取る外貨建組入公社債および組入外国貸付債権信託受益証券ならびに外
            貨建組入貸付債権信託受益権の利払金および償還金を加えた額が当該金融商品運用額等の額より少
            ない場合には、外貨建資産組入可能額に信託財産が限月までに受取る外貨建組入有価証券に係る利
            払金および償還金等を加えた額を限度とします。
                                11/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          (ⅲ)   コール・オプションおよびプット・オプションの買付けの指図は、支払いプレミアム額の合計額
            が取引時点のヘッジ対象金利商品の時価総額の5%を上回らない範囲内とし、かつ本g.で規定す
            る 全オプション取引に係る支払いプレミアム額の合計額が取引時点の信託財産の純資産総額の5%
            を上回らない範囲内とします。
        h.スワップ取引の運用指図・目的・範囲
         ( イ)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび
           為替変動リスクを回避するため、異なった通貨、異なった受取金利または異なった受取金利とその元
           本を一定の条件のもとに交換する取引(以下、「スワップ取引」といいます。)を行うことの指図を
           することができます。
         ( ロ)  スワップ取引の指図にあたっては、当該取引の契約期限が、原則として当ファンドの信託期間を超
           えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なものについては、この
           限りでありません。
         ( ハ)  スワップ取引の指図にあたっては、当該信託財産に係るスワップ取引の想定元本の総額が、信託財
           産の純資産総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事由により、上記純資産総
           額が減少して、スワップ取引の想定元本の合計額が信託財産の純資産総額を超えることとなった場合
           には、委託会社は、速やかにその超える額に相当するスワップ取引の一部の解約を指図するものとし
           ます。
         ( ニ)  スワップ取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出した価額で評価する
           ものとします。
         ( ホ)  委託会社は、スワップ取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と認めたときは、担保
           の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
        i.金利先渡取引および為替先渡取引の運用指図・目的・範囲
         ( イ)  委託会社は、信託財産に属する資産の効率的な運用に資するため、ならびに価格変動リスクおよび
           為替変動リスクを回避するため、金利先渡取引および為替先渡取引を行うことの指図をすることがで
           きます。
         ( ロ)  金利先渡取引および為替先渡取引の指図にあたっては、当該取引の決済日が、原則として当ファン
           ドの信託期間を超えないものとします。ただし、当該取引が当該信託期間内で全部解約が可能なもの
           については、この限りでありません。
         ( ハ)  金利先渡取引の指図にあたっては、当該信託財産に係る金利先渡取引の想定元本の総額が、信託財
           産に係るヘッジ対象金利商品の時価総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の事
           由により、上記ヘッジ対象金利商品の時価総額の合計額が減少して、金利先渡取引の想定元本の合計
           額がヘッジ対象金利商品の時価総額の合計額を超えることとなった場合には、委託会社は、速やかに
           その超える額に相当する金利先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
         ( ニ)  為替先渡取引の指図にあたっては、当該信託財産に係る為替先渡取引の想定元本の総額が、信託財
           産に係るヘッジ対象外貨建資産の時価総額を超えないものとします。なお、信託財産の一部解約等の
           事由により、上記ヘッジ対象外貨建資産の時価総額の合計額が減少して、為替先渡取引の想定元本の
           合計額がヘッジ対象外貨建資産の時価総額の合計額を超えることとなった場合には、委託会社は、速
           やかにその超える額に相当する為替先渡取引の一部の解約を指図するものとします。
         ( ホ)  金利先渡取引および為替先渡取引の評価は、当該取引契約の相手方が市場実勢金利等をもとに算出
           した価額で評価するものとします。
         ( ヘ)  委託会社は、金利先渡取引および為替先渡取引を行うにあたり担保の提供あるいは受入れが必要と
           認めたときは、担保の提供あるいは受入れの指図を行うものとします。
         ( ト)  本i.に規定する「金利先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ将来の特定の日(以下「決
           済日」といいます。)における決済日から一定の期間を経過した日(以下「満期日」といいます。)
           までの期間に係る国内または海外において代表的利率として公表される預金契約または金銭の貸借契
           約に基づく債権の利率(以下「指標利率」といいます。)の数値を取り決め、その取り決めに係る数
           値と決済日における当該指標利率の現実の数値との差にあらかじめ元本として定めた金額および当事
           者間で約定した日数を基準とした数値を乗じた額を決済日における当該指標利率の現実の数値で決済
           日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいいます。
                                12/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         ( チ)  本i.に規定する「為替先渡取引」は、当事者間において、あらかじめ決済日から満期日までの期
           間に係る為替スワップ取引(同一の相手方との間で直物外国為替取引および当該直物外国為替取引と
           反対売買の関係に立つ先物外国為替取引を同時に約定する取引をいいます。以下本i.において同
           じ。)   のスワップ幅(当該直物外国為替取引に係る外国為替相場と当該先物外国為替取引に係る外国
           為替相場との差を示す数値をいいます。以下本i.において同じ。)を取り決め、その取り決めに係
           るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらか
           じめ元本として定めた金額を乗じた額を決済日における指標利率の数値で決済日における現在価値に
           割り引いた額の金銭またはその取り決めに係るスワップ幅から決済日における当該為替スワップ取引
           の現実のスワップ幅を差し引いた値にあらかじめ元本として定めた金額を乗じた金額とあらかじめ元
           本として定めた金額について決済日を受渡日として行なった先物外国為替取引を決済日における直物
           外国為替取引で反対売買したときの差金に係る決済日から満期日までの利息とを合算した額を決済日
           における指標利率の数値で決済日における現在価値に割り引いた額の金銭の授受を約する取引をいい
           ます。
        j.デリバティブ取引等に係る投資制限
          委託会社は、デリバティブ取引等について、一般社団法人投資信託協会規則の定めるところに従い、
         合理的な方法により算出した額が信託財産の純資産総額を超えないものとします。
        k .信用リスク集中回避のための投資制限
           一般社団法人投資信託協会規則に定める一の者に対する株式等エクスポージャー、債券等エクスポー
         ジャーおよびデリバティブ等エクスポージャーの信託財産の純資産総額に対する比率は、原則として、
         それぞれ100分の10、合計で100分の20を超えないものとし、当該比率を超えることとなった場合には、
         委託会社は、一般社団法人投資信託協会規則に従い当該比率以内となるよう調整を行うこととします。
       ② 法令により禁止または制限される取引等
        a.同一法人の発行する株式の取得制限(投資信託及び投資法人に関する法律)
          委託会社は、同一法人の発行する株式について、委託会社が運用の指図を行うすべての委託者指図型
         投資信託の投資信託財産として有する当該株式に係る議決権の総数が、当該株式に係る議決権の総数の
         50%を超えることとなるときは、投資信託財産をもって当該株式を取得することはできません。
        b.投資信託財産の運用として行うデリバティブ取引の制限(金融商品取引業等に関する内閣府令)
          委託会社は、投資信託財産に関し、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係
         る変動その他の理由により発生し得る危険に対応する額としてあらかじめ委託会社が定めた合理的な方
         法により算出した額が当該投資信託財産の純資産額を超えることとなる場合において、デリバティブ取
         引(新株予約権証券、新投資口予約権証券またはオプションを表示する証券もしくは証書に係る取引お
         よび選択権付債券売買を含む。)を行い、または継続することを内容とした運用を行うことはできませ
         ん。
        c .信用リスク集中回避のための投資制限(金融商品取引業等に関する内閣府令)
          委託会社は、投資信託財産に関し、信用リスク(保有する有価証券その他の資産について取引の相手
         方の債務不履行その他の理由により発生し得る危険をいいます。)を適正に管理する方法としてあらか
         じめ委託会社が定めた合理的な方法に反することとなる取引を行うことを受託会社に指図しないものと
         します。
       ③ その他信託約款に定める取引の方法と条件
        a.外国為替予約の指図
          委託会社は、外貨建資産の為替ヘッジのため、信託財産に属する外貨建資産の時価総額を限度とし
         て、外国為替の売買の予約を指図することができます。
        b.有価証券の売却等および再投資の指図
         ( イ)  委託会社は、信託財産に属する有価証券の売却等の指図ができます。
         ( ロ)  委託会社は、上記(イ)の規定による売却代金、有価証券に係る利子等および償還金等、株式配当
           金、株式の清算分配金ならびにその他の収入金を再投資することの指図ができます。
        c.資金の借入れ
         ( イ)  委託会社は、信託財産の効率的な運用ならびに運用の安定性に資するため、一部解約に伴う支払資
           金の手当て(一部解約に伴う支払資金の手当てのために借入れた資金の返済を含みます。)を目的と
           して、または再投資に係る収益分配金の支払資金の手当てを目的として、資金の借入れ(コール市場
                                13/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           を通じる場合を含みます。)の指図をすることができます。なお、当該借入金をもって有価証券等の
           運用は行わないものとします。
         ( ロ)  一部解約に伴う支払資金の手当てに係る借入期間は、受益者への解約代金支払開始日から信託財産
           で保有する有価証券等の売却代金の受渡日までの間または受益者への解約代金支払開始日から信託財
           産で保有する有価証券等の解約代金入金日までの間もしくは受益者への解約代金支払開始日から信託
           財産で保有する有価証券等の償還金の入金日までの期間が5営業日以内である場合の当該期間とし、
           資金の借入額は当該有価証券等の売却代金、有価証券等の解約代金および有価証券等の償還金の合計
           額を限度とします。ただし、資金の借入額は、借入指図を行う日における信託財産の純資産総額の
           10%を超えないこととします。
         ( ハ)  収益分配金の再投資に係る借入期間は、信託財産から収益分配金が支弁される日からその翌営業日
           までとし、資金借入額は収益分配金の再投資額を限度とします。
         ( ニ)  借入金の利息は、受益者の負担とし、信託財産中から支弁します。
    3【投資リスク】

      (1)  投資リスク
        投資信託である当ファンドは、主として値動きのある有価証券等に投資しますので、組入れられた金融商品
       等の値動き(外貨建資産には為替変動リスクもあります。)により基準価額は変動し、投資元本を割り込むこ
       とがあります。したがって、元金が保証されているものではありません。当ファンドの運用による損益は全て
       投資者に帰属します。投資信託は預貯金と異なります。
        当ファンドが有する主なリスクは以下のとおりです。
       基準価額の変動要因
       ① 金利変動リスク
         一般に、債券価格は金利が上昇すれば下落し、金利が低下すれば上昇します。また、一般的に満期までの
        期間が長いほど価格変動のリスクは大きくなります。
       ② 信用リスク
         発行国の債務返済能力等の変化、発行体の業績や財務内容等の変化による格付け(信用度)の変更や変更
        の可能性、信用リスクに対する投資家の姿勢、特定の債券の信用度に関する投資家の考え方が変わることな
        どにより、債券価格が大きく変動することがあります。また、デフォルト(債務不履行)が生じる場合に
        は、債券価格が大きく下落します。なお、このような場合には流動性も低下し、機動的な売買ができないこ
        とも考えられます。格付けの高い債券に比較して、高利回り社債や新興諸国の債券はデフォルトの恐れが高
        いと考えられます。また、金融商品等の取引相手方にデフォルトが生じた場合等には、損失を被るリスクが
        あります。
       ③ 為替変動リスク
         外貨建資産について為替予約取引などを用いて為替変動リスクの低減を図りますが、為替変動リスクを完
        全に排除できるものではなく、為替相場の影響を受ける場合があります。また対象通貨国と日本の金利差に
        よってはヘッジ・コストが収益力を低下させる可能性があります。
       ④ カントリー・リスク
         発行国の政治、経済および社会情勢の変化により、金融・証券市場が混乱し、金融商品等の価格が大きく
        変動する可能性があります。
         また、新興国市場は、一般に先進諸国の金融・証券市場に比べ、市場規模、取引量が小さく、法制度(金
        融・証券市場の法制度、政府の規制、税制、外国への送金規制等)やインフラストラクチャーが未発達であ
        り、低い流動性、高い価格変動性、ならびに決済の低い効率性が考えられます。こうしたリスクには、債券
        の発行体等に対する投資家の権利保全措置や投資家の権利を迅速かつ公正に実現、執行する裁判制度の不備
        等により、デフォルト等が生じた場合、投資資金の回収が困難になる可能性も含まれています。なお、企業
        情報の開示等の基準が先進諸国と異なることから、投資判断に際して正確な情報を十分確保できないことが
        あります。このように、新興国債券は先進諸国に比べカントリー・リスクが高くなります。
       ⑤ 流動性リスク
         市場規模が小さく取引量が限られる場合などには、機動的に売買できない可能性があります。また、保有
        する金融商品等が期待された価格で処分できず、損失を被るリスクがあります。
       ⑥ 一部解約によるファンドの資金流出に伴う基準価額変動のリスク
                                14/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         受益者によるファンドの一部解約請求額が追加設定額を大きく上回った場合、解約資金を手当てするため
        に保有する金融商品等を大量に売却しなければならないことがあります。その際には、市況動向や取引量等
        の 状況によっては、保有する金融商品等を市場実勢から期待される価格で売却できない可能性があります。
        その結果、当ファンドの基準価額が大きく変動することが考えられます。
       ※市場動向や投資対象国の政治、経済、社会情勢等によっては、運用の基本方針にしたがって運用できない場
        合があります。
       ※基準価額の変動要因は上記に限定されるものではありません。
       その他の留意点

        当ファンドのお取引に関しては、金融商品取引法第37条の6の規定(いわゆるクーリング・オフ)の適用は
       ありません。
      (2)  投資リスクの管理体制

       ① 投資顧問会社におけるリスク管理
         市場/ポートフォリオ・リスクおよびオペレーショナル・リスクについて、各リスク管理担当が常時モニ
        ターしています。各リスク管理担当はリスク管理内容を債券部門チーフ・インベストメント・オフィサーに
        報告することにより、牽制が働く体制としています。
        債券運用に関わるリスクへの対応

        運用チームでは、債券運用に関わるリスクについて以下のような対応を図っています。
          金利リスク        ◆エコノミストを中心に、世界経済、債券市場を分析しています。
                 ◆金利上昇局面では、状況に応じ国別配分や債券セクター配分を変えることで対応
                  します。
          信用リスク        ◆格付機関出身者など、経験豊富な信用分析専門のアナリストがファンダメンタル
                  ズ分析を行い、管理しています。
                 ◆格付予想モデルを使った分析も行っています。
                 ◆分散投資により、1銘柄の信用リスクがポートフォリオに大きな影響を与えない
                  よう配慮しています。
         カントリー・        ◆エマージング・カントリーについては、エマージング・カントリー専担のエコノ
           リスク        ミストの分析に加え、ABでは、独自の「カントリー・リスク・ランキング・シ
                  ステム」を用い、常時監視しています。
         流動性リスク        ◆社債については、1発行体が発行した社債の買付割合、組入銘柄の分散や、発行
                  額等に留意しています。
       ② 委託会社におけるリスク管理
         運用部門から独立した部署が運用ガイドラインの遵守状況を監視し、その結果に基づいて必要な是正勧告
        を行うことにより、適切な管理を行います。具体的には、リーガル・コンプライアンス本部においては、信
        託約款及び法令等、その他個別に定めたコンプライアンス規定等の遵守状況をチェックしています。また、
        ポートフォリオにかかる個別銘柄の組入比率、資産配分等が運用ガイドラインに合致しているかについては
        運用管理部がモニターしています。さらに、クライアント本部においても運用リスク(市場リスク、信用リ
        スク、為替リスク等)があらかじめ定められた運用の基本方針、及び運用方法に即した適正範囲のものであ
        るかをチェックしており、その結果は月次の投信戦略委員会に報告されます。
         また、クライアント本部ではファンドのパフォーマンス分析も行っており、その結果は投信戦略委員会に
        報告され、運用状況の検証が行われます。
                                15/59





                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
             ※上記のリスク管理体制は、今後変更する場合があります。





                                16/59
















                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                17/59





















                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【手数料等及び税金】
      (1)  【申込手数料】
         申込価額(取得申込受付日の翌営業日の基準価額(当初申込期間は1口当たり1円))と申込口数を乗じ
        て得た金額に、販売会社が別に定める申込手数料率(1.1%(税抜1.0%)を上限とします。)を乗じて得た
        額とします。販売会社が定める申込手数料率については、販売会社にお問い合わせください。
         ただし、自動けいぞく投資コースの収益分配金を再投資する場合は、無手数料となります。
        ※申込手数料は、商品および関連する投資環境の説明や情報提供等、ならびに購入に関する事務手続きの対
         価として購入時にお支払いいただく費用です。
        ※販売会社については、以下の照会先にお問い合わせください。
         <照会先>アライアンス・バーンスタイン株式会社
               電話番号:03-5962-9687(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
               ホームページアドレス:https://www.alliancebernstein.co.jp
      (2)  【換金(解約)手数料】

       ① 換金(解約)手数料
         ありません。
       ② 信託財産留保額
         換金の申込みを受付けた日(以下、「換金申込受付日」といいます。)の翌営業日の基準価額に0.3%の
        率を乗じて得た額とします。
      (3)  【信託報酬等】

        信託財産の純資産総額に対して                、 年率0.968%(税抜0.88%)の率を乗じて得た額とします。
        信託報酬の総額は、日々の当ファンドの純資産総額に信託報酬率を乗じて得た額とします。
        信託報酬の配分(税抜)および役務の内容は、以下のとおりです。
           委託会社          年率0.45%         委託した資金の運用、基準価額の発表等の対価
                              購入後の情報提供、運用報告書等各種書類の送付、口座内
           販売会社          年率0.4%
                              でのファンドの管理および事務手続き等の対価
           受託会社          年率0.03%         運用財産の管理、委託会社からの指図の実行の対価
        ※上記の各支払先の料率には別途消費税等相当額がかかります。
        当ファンドの信託財産の運用指図に対する投資顧問会社の報酬は、上記の委託会社の受取る報酬の中から支
       払われます。
        ファンドの信託報酬(消費税等相当額を含みます。)は、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されま
       す。なお、毎計算期間の最初の6ヵ月終了日(ただし、計算期間の最初の6ヵ月終了日に該当する日が休業日
       のときはその翌営業日とします。以下同じ。)および毎計算期末または信託終了のときに、信託財産中から支
       払われます。
      (4)  【その他の手数料等】

       ① その他の費用
        a.信託財産に関する租税、信託事務の処理に要する諸費用および受託会社の立替えた立替金の利息は、信
         託財産中から支払われます。
        b.ファンドの組入金融商品等の売買の際に発生する売買委託手数料、売買委託手数料に係る消費税等相当
         額、外貨建資産の保管等に要する費用は信託財産中から支払われます。
        c.信託財産において一部解約金の支払資金、再投資に係る収益分配金の支払資金に不足額が生じるときに
         資金借入れの指図を行った場合、当該借入金の利息は、信託財産中から支払われます。
        ※その他の費用は、受益者の皆様の保有期間中その都度かかります。なお、これらの費用は運用状況等によ
         り変動するため、事前に料率、上限額等を表示することができません。
       ② 上記に加え、以下に定める諸費用は、受益者の負担とし、信託財産中から支払うことができます。
        a.信託約款の作成、印刷および監督官庁への届出等に係る費用
        b.有価証券届出書、有価証券報告書および半期報告書等の作成ならびに監督官庁への届出等に係る費用
        c.目論見書作成、印刷および交付に係る費用
                                18/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        d.運用報告書の作成、印刷および交付ならびに監督官庁への届出等に係る費用
        e.信託約款の変更または信託契約の解約に係る事項を記載した書面の作成、印刷および交付ならびに監督
         官庁への届出等に係る費用
        f.この信託契約に係る受益者に対する公告に係る費用
        g.この信託の計理業務(設定・追加設定および解約処理、約定処理、基準価額算出、決算処理等)および
         これに付随する業務(法定帳簿管理、法定報告等)に係る費用
        h.信託財産の監査に係る費用
        ⅰ.受益権の管理事務に係る費用
        j.この信託契約に係る法律顧問および税務顧問に対する報酬
        k.参考指数の使用料ならびに指数値、構成銘柄および構成比率等の情報の入手に要する費用
       ③ 上記②の諸費用は、純資産総額に対して年0.10%の率を上限とする額を、係る諸費用の合計額とみなし
        て、実際または予想される費用額を上限として、ファンドより受領することができます(これらに該当する
        業務を委託する場合は、その委託費用を含みます。)。ただし、委託会社は、信託財産の規模等を考慮のう
        え、あらかじめ委託会社が定めた範囲内で、受領する金額の上限、一定の率または一定の金額を変更するこ
        とができます。かかる諸費用は、日々計上され、ファンドの基準価額に反映されます。なお、毎計算期間の
        最初の6ヵ月終了日および毎計算期末または信託終了のときに、信託財産中から委託会社に対して支払われ
        ます。
       ※上記①および②のうち、主な手数料等を対価とする役務の内容は以下のとおりです。
        ・金融商品等の売買委託手数料は、組入金融商品等の売買の際に売買仲介人に支払う手数料です。
        ・外貨建資産の保管等に要する費用は、海外における保管銀行等に支払う有価証券等の保管および資
         金の送金・資産の移転等に要する費用です。
        ・上記②a.からf.までに記載されている法定書類関係費用は、印刷業者等に支払う法定書類の作成・印
         刷・交付および届出に係る費用です。
        ・信託財産の監査に係る費用は、監査法人等に支払うファンドの監査に係る費用(監査費用)です。
      ※手数料等の合計額については、受益者の皆様が当ファンドを保有される期間等に応じて異なりますので、表示

       することができません。
      (5)  【課税上の取扱い】

        課税上は、株式投資信託として取り扱われます。
       ① 個別元本について
        a.追加型株式投資信託について、受益者毎の信託時の受益権の価額等(申込手数料および当該申込手数料
         に係る消費税等相当額は含まれません。)が当該受益者の元本(個別元本)にあたります。
        b.受益者が同一ファンドの受益権を複数回取得した場合、個別元本は、当該受益者が追加信託を行うつど
         当該受益者の受益権口数で加重平均することにより算出されます。
        c.同一ファンドを複数の販売会社で取得する場合については販売会社毎に、個別元本の算出が行われま
         す。また、同一販売会社であっても複数支店等で同一ファンドを取得する場合は当該支店等毎に、複数の
         取得コースがある場合は取得コース毎に、個別元本の算出が行われる場合があります。
        d.元本払戻金(特別分配金)が支払われた場合、収益分配金発生時に受益者の個別元本から当該元本払戻
         金(特別分配金)を控除した額が、その後の当該受益者の個別元本となります。
       ② 収益分配金の課税について
         追加型株式投資信託の収益分配金には、課税扱いとなる「普通分配金」と非課税扱いとなる「元本払戻
        金(特別分配金)」の区分があります。収益分配金のうち所得税および住民税の課税の対象となるのは普通
        分配金のみであり、元本払戻金(特別分配金)については課税されません。
         受益者が収益分配金を受取る際、
        a.収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本と同額の場合または受益者の個別元本を上回ってい
         る場合には、収益分配金の全額が普通分配金となります。
        b.収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本を下回っている場合には、その下回る部分の額が元
         本払戻金(特別分配金)となり、収益分配金から元本払戻金(特別分配金)を控除した額が普通分配金と
         なります。
                                19/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
          ただし、収益分配金落ち後の基準価額が、受益者の個別元本を下回っており、かつ収益分配金と収益分
         配金落ち後の基準価額を加えたものが受益者の個別元本と同額か下回っている場合には、収益分配金の
         全額が元本払戻金(特別分配金)となります。
       ③ 個人・法人別の課税の取扱い
        a.個人の受益者に対する課税
         ( イ) 収益分配金(普通分配金)ならびに一部解約時および償還時の差益の取扱い
            収益分配時の普通分配金については、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および住民税
                 *
          5%)の税率        で源泉徴収され、申告不要制度が適用されます。なお確定申告することにより、申告
          分離課税または総合課税(配当控除の適用はありません。)を選択することもできます。
            一部解約時および償還時の価額から取得費用(申込手数料(税込)を含みます。)を控除した利益
          は、譲渡所得等とみなされ、20.315%(所得税15%、復興特別所得税0.315%および住民税5%)の税
            *
          率  により申告分離課税が適用されます。特定口座(源泉徴収選択口座)の場合、20.315%(所得税
                                       *
          15%、復興特別所得税0.315%および住民税5%)の税率                              で源泉徴収され、申告は不要となります。
          *2037年12月31日まで適用される税率です。2038年1月1日以降は20%(所得税15%および住民税5%)の税率となります。
          ※外国税額控除の適用となった場合には、収益分配時の税金が上記と異なる場合があります。
         ( ロ) 損益通算について
           確定申告により、普通分配金(申告分離課税を選択したものに限ります。)ならびに一部解約時お
          よび償還時の譲渡損(または譲渡益)は、上場株式等の申告分離課税を選択した配当所得および譲渡
          益(または譲渡損)ならびに特定公社債等の利子所得および譲渡益(または譲渡損)と損益通算が可
          能です。
           特定口座にかかる課税上の取扱いにつきましては、販売会社にお問い合わせください。
         ( ハ) 少額投資非課税制度「愛称:NISA(ニーサ)」および未成年者少額投資非課税制度「愛称:ジュ
          ニアNISA」をご利用の場合
           公募株式投資信託は税法上、少額投資非課税制度                           「NISA」および未成年者少額投資非課税制度
          「ジュニアNISA」         の適用対象です        。NISAおよびジュニアNISAをご利用の場合、毎年、一定額の範囲で
          新たに購入した公募株式投資信託等から生じる配当所得および譲渡所得が一定期間非課税となりま
          す。ご利用になれるのは、販売会社で非課税口座を開設する等、一定の条件に該当する方が対象とな
          ります。他の口座で生じた配当所得および譲渡所得との損益通算はできません。詳しくは販売会社に
          お問い合わせください。
        b.法人の受益者に対する課税
          法人の受益者が支払いを受ける収益分配金(普通分配金)ならびに一部解約時および償還時の個別元
                                                    *
         本超過額については、15.315%(所得税15%および復興特別所得税0.315%)の税率                                            で源泉徴収されま
         す。住民税は源泉徴収されません。源泉徴収された所得税は、所有期間に応じて法人税額から控除する
         ことができます。
          なお、益金不算入制度の適用はありません。
         *2037年12月31日まで適用される税率です。2038年1月1日以降は15%(所得税のみ)の税率となります。
        ※上記は2020年10月末現在のものですので、税法が改正された場合等には、上記の内容が変更になることが

         あります。
        ※「課税上の取扱い」に関する詳細については、税務の専門家にご確認ください。
                                20/59





                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    5【運用状況】
      当ファンドは、2021年2月26日から運用を開始するため、2021年1月8日現在、記載すべき事項はありませ
      ん。
    (1)  【投資状況】

       該当事項はありません。
    (2)  【投資資産】

     ①【投資有価証券の主要銘柄】
       該当事項はありません。
     ②【投資不動産物件】

       該当事項はありません。
     ③【その他投資資産の主要なもの】

       該当事項はありません。
    (3)  【運用実績】

     ①【純資産の推移】
       該当事項はありません。
     ②【分配の推移】

       該当事項はありません。
     ③【収益率の推移】

       該当事項はありません。
    (4)  【設定及び解約の実績】

       該当事項はありません。
    ( 参考情報)

    ※当ファンドは、2021年2月26日から運用を開始する予定であり、2021年1月8日現在、以下の①~④について記
      載すべき事項はありません。なお、当ファンドにはベンチマークはありません。
    ※ファンドの運用実績については、委託会社のホームページにおいても適宜開示する予定です。
     ①基準価額・純資産総額の推移

     ②分配の推移

     ③主要な資産の状況

     ④年間収益率の推移(暦年ベース)

                                21/59





                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【管理及び運営】
    1【申込(販売)手続等】
     (1)申込方法
                    ※
         原則として、毎営業日            に販売会社にて取得の申込みの受付けを行います。
         ただし、以下のいずれかに該当する日には、取得申込みの受付けは行いません。
         ・ニューヨーク証券取引所またはロンドン証券取引所の休業日
         ・ニューヨークの銀行またはロンドンの銀行の休業日
         取得申込みの受付時間は午後3時までとし、その時間を過ぎての受付は翌営業日の取扱いとなります。
         (受付時間は販売会社によって異なる場合がありますので、販売会社にご確認ください。)
         受益権の取得申込者は販売会社に、取得申込みと同時にまたはあらかじめ取得申込者が受益権の振替を行
        うための振替機関等の口座を申し出るものとし、その口座に取得申込みによる口数の増加の記載または記録
        が行われます。
         ※2021年1月25日から2021年3月12日までの間に限定して受付けのため、2021年3月13日以降は取得の申
        込みの受付けは行いません。
     (2)取扱いコース

         収益分配金の受取方法により、2つのコースがあります。
         「一般コース」      収益の分配時に収益分配金を受取るコース
         「自動けいぞく投資コース」収益分配金が税引後無手数料で再投資されるコース
         自動けいぞく投資コースをお申込みの場合、当ファンドにかかる自動けいぞく投資約款に基づく契約を販
        売会社との間で結んでいただきます。
        ※取扱うコースや自動けいぞく投資約款の名称は、販売会社によって異なる場合があり                                            ますので、販売会社
         にご確認の上お申込みください。
     (3)申込価額

         当初申込期間:1口当たり1円とします。
         継続申込期間:取得申込受付日の翌営業日の基準価額とします。
         ただし、自動けいぞく投資コースの収益分配金は、原則、決算日の基準価額で再投資されます。
     (4)申込単位

         販売会社がそれぞれ定める単位とします。
         ただし、自動けいぞく投資コースの収益分配金の再投資は、1口以上1口単位となります。
         詳しくは、販売会社にお問い合わせください。
     (5)申込手数料

         申込価額と申込口数を乗じて得た金額に、販売会社が別に定める                                 申込  手数料率(1.1%(税抜1.0%)を上
        限とします。)を乗じて得た額とします。販売会社が定める手数料率については、販売会社にお問い合わせ
        ください。
         ただし、自動けいぞく投資コースにおける収益分配金は、税引後無手数料で再投資されます。
     (6)受渡方法

         申込代金を、販売会社が指定する期日までにお支払いください。
         なお、取得申込受付日の発行価額の総額は、当初申込期間にかかるものについては当ファンドの設定日
        (2021年2月26日)に、継続申込期間にかかるものについては追加信託が行われる日に、委託会社の指定す
        る口座を経由して、受託会社の指定する当ファンドの口座に払い込まれます。
     (7)その他留意点

                                22/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         委託会社は、合理的な理由から信託財産に属する資産の効率的な運用が妨げられると判断した場合、金融
        商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得ない事情があるとき
        (当  ファンドの投資対象国における経済、政治、社会情勢の急変等を含みます。)は、受益権の取得申込み
        の受付けを中止することおよびすでに受付けた取得申込みを取消すことがあります。
        また、以下の場合には、委託会社の判断で当ファンドの設定を中止することがあります。
         ・当ファンドの当初募集金額が50億円を下回った場合、または下回ることが予想される場合
         ・当初申込期間中の市場環境等の変化等により、目標とする投資成果が見込めないと委託会社が判断した
          場合
      ※販売会社等については、以下の照会先にお問い合わせください。

       <照会先>アライアンス・バーンスタイン株式会社
            電話番号:03-5962-9687(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
            ホームページアドレス:https://www.alliancebernstein.co.jp
    2【換金(解約)手続等】

     (1)換金方法
         原則として、毎営業日に販売会社にて換金の申込みの受付けを行います。
         ただし、以下のいずれかに該当する日には、換金の申込みの受付けは行いません。
         ・ニューヨーク証券取引所またはロンドン証券取引所の休業日
         ・ニューヨークの銀行またはロンドンの銀行の休業日
         換金申込みの受付時間は午後3時までとし、その時間を過ぎての受付けは、翌営業日の取扱いとなりま
        す。(受付時間は販売会社によって異なる場合がありますので、販売会社にご確認ください。)
         一部解約の実行の請求をするときは、振替受益権をもって行うものとします。
         一部解約の実行の請求を行う受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して受益者が請求する
        この信託契約の一部解約を委託会社が行うのと引換えに、一部解約による受益権の口数と同口数の抹消の申
        請を行うものとし、社振法の規定にしたがい振替機関等の口座において口数の減少の記載または記録が行わ
        れます。
     (2)換金価額

         換金申込受付日の翌営業日の基準価額から、信託財産留保額を控除した価額とします。
     (3)信託財産留保額

         換金申込受付日の翌営業日の基準価額に0.3%の率を乗じて得た額とします。
     (4)換金単位

         販売会社が定める単位とします。詳しくは販売会社にお問い合わせください。
     (5)換金手数料

         ありません。
     (6)換金代金支払日

         換金申込受付日から起算して、原則として5営業日目から販売会社において支払います。
     (7)その他留意点

         委託会社は、金融商品取引所における取引の停止、外国為替取引の停止、決済機能の停止その他やむを得
        ない事情があるとき(当ファンドの投資対象国における経済、政治、社会情勢の急変等を含みます。)は、
        換金の申込みの受付けを中止することおよびすでに受付けた換金の申込みの受付けを取消すことがありま
        す。
                                23/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         換金の申込みの受付けが中止された場合には、受益者は当該受付け中止以前に行った当日の換金申込みを
        撤回できます。ただし、受益者がその換金申込みを撤回しない場合には、当該受益権の換金価額は、当該受
        付 け中止を解除した後の最初の基準価額の計算日に換金申込みを受付けたものとして、上記(2)に準じて
        計算された価額とします。
         また、信託財産の資金管理を円滑に行うために大口の一部解約の実行の請求には、制限を設ける場合があ
         ります。
      ※販売会社等については、以下の照会先にお問い合わせください。

       <照会先>アライアンス・バーンスタイン株式会社
            電話番号:03-5962-9687(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
            ホームページアドレス:https://www.alliancebernstein.co.jp
    3【資産管理等の概要】

     (1)  【資産の評価】
       ① 基準価額とは、信託財産に属する資産(受入担保金代用有価証券を除きます。)を法令および一般社団法
        人投資信託協会規則に従って時価または一部償却原価法により評価して得た信託財産の資産総額から負債総
        額を控除した金額(純資産総額)を計算日における受益権総口数で除した金額で、1万口当たりの価額で表
        示します。
       ② 基準価額は、原則として毎営業日に算出されます。また、原則として計算日の翌日付の日本経済新聞朝刊
        の「オープン基準価格」(アライアンスの欄)に、「E債2102」の略称で掲載されます。
         基準価額は日々変動しますので、販売会社または以下の委託会社の照会先までお問い合わせください。
         <照会先>アライアンス・バーンスタイン株式会社
               電話番号:03-5962-9687(受付時間:営業日の午前9時~午後5時)
               ホームページアドレス:https://www.alliancebernstein.co.jp
       ③ 主な資産の評価方法は以下のとおりです。
                     原則として、計算日(外国で取引されているものについては計算日の前日)
           国内債券/         における以下のいずれかの価額で評価します。
            外国債券         1.価格情報会社の提供する価額
                     2.金融商品取引業者、銀行等の提示する価額
        ・外貨建資産(外国通貨表示の有価証券、預金その他の資産をいいます。)の円換算については、原則とし
         てわが国における計算日の対顧客電信売買相場の仲値によって計算します。
        ・外国為替の売買の予約取引の評価は、原則としてわが国における計算日の対顧客先物売買相場の仲値に
         よって計算します。
     (2)  【保管】

        受益証券の保管に関する該当事項はありません。
     (3)  【信託期間】

        当ファンドの信託期間は2021年2月26日から2026年2月25日までとします                                      が、委託会社は、信託期間終了前
       に、信託期間の延長が受益者に有利であると認めたときは、受託会社と協議のうえ、信託期間を延長すること
       ができます      。また、下記「(5)その他              ①信託契約の解約(繰上償還)」の場合にはこの信託契約を解約し、信
       託を終了させる場合があります。
     (4)  【計算期間】

        計算期間は、毎年2月26日から翌年2月25日までとすることを原則としますが、計算期間の終了日が休業日
       のときは、その翌営業日を当該計算期間の終了日とし、次の計算期間はその翌日から開始します。ただし、第
       1計算期間は、2021年2月26日から2022年2月25日までとし、最終計算期間の終了日は、信託期間の終了日と
       します。
                                24/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (5)  【その他】
       ① 信託契約の解約(繰上償還)
        a.委託会社は、以下の事由に該当する場合には、受託会社と合意のうえ、当ファンドの信託契約を解約
         し、信託を終了(繰上償還)させることができます。この場合、委託会社は、あらかじめ、解約しよう
         とする旨を監督官庁に届出ます。
           ◆ファンドの信託財産の純資産総額が30億円を下回ったとき
           ◆受益者のため有利であると認めるとき、またはやむを得ない事情が発生したとき
        b.委託会社は、上記a.の事項について、書面による決議(以下、「書面決議」といいます。)を行いま
         す。この場合において、あらかじめ、書面決議の日及び繰上償還の理由等の事項を定め、当該決議の日
         の2週間前までに、当ファンドの信託契約に係る知れている受益者に対し、書面をもってこれらの事項
         を記載した書面決議の通知を発します。
        c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社及び当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権が属
         するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本c.において同じ。)は受益
         権の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、当ファンドの信託契約に係
         る知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成する
         ものとみなします。
        d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の議決権の3分の2以上に当たる多数を
         もって行います。
        e.上記b.からd.までの規定は、委託会社が繰上償還について提案をした場合において、当該提案につ
         き、当ファンドの信託契約に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意の意思表示をした
         ときには適用しません。また、信託財産の状態に照らし、真にやむを得ない事情が生じている場合で
         あって、上記b.からd.までに規定する当ファンドの繰上償還の手続きを行うことが困難なときには
         適用しません。
        f.委託会社は、監督官庁よりこの信託契約の解約の命令を受けたときは、その命令にしたがい、信託契約
         を解約し信託を終了させます。
        g.委託会社が監督官庁より登録の取消しを受けたとき、解散したときまたは業務を廃止したときは、委託
         会社は、この信託契約を解約し、信託を終了させます。ただし、監督官庁がこの信託契約に関する委託
         会社の業務を他の投資信託委託会社に引き継ぐことを命じたときは、この信託は、以下の「②信託約款
         の変更等」に記載の書面決議が否決となる場合を除き、当該投資信託委託会社と受託会社との間におい
         て存続します。
        h.受託会社は、委託会社の承諾を受けてその任務を辞任することができます。受託会社がその任務に違反
         して信託財産に著しい損害を与えたことその他重要な事由があるときは、委託会社または受益者は、裁
         判所に受託会社の解任を申立てることができます。受託会社が辞任した場合、または裁判所が受託会社
         を解任した場合、委託会社は、以下の「②信託約款の変更等」に記載の規定にしたがい、新受託会社を
         選任します。なお、受益者は、上記によって行う場合を除き、受託会社を解任することはできないもの
         とします。委託会社が新受託会社を選任できないときは、委託会社はこの信託契約を解約し、信託を終
         了させます。
       ② 信託約款の変更等
        a.委託会社は、当ファンドの信託約款を変更することが受益者の利益のため必要と認めるとき、監督官庁
         より変更の命令を受けたとき、その他やむを得ない事情が発生したときは、受託会社と合意のうえ、当
         ファンドの信託約款を変更すること、または当ファンドと他のファンドとの併合(投資信託及び投資法
         人に関する法律第16条第2号に規定する「委託者指図型投資信託の併合」をいいます。)を行うことが
         できるものとし、あらかじめ、変更または併合しようとする旨およびその内容を監督官庁に届け出ま
         す。なお、当ファンドの信託約款は本②に掲げる方法以外の方法によって変更することができないもの
         とします。
        b.委託会社は、上記a.の事項(信託約款の変更事項にあっては、その内容が重大なものに該当する場合
         に限り   、併合事項にあっては、その併合が受益者の利益に及ぼす影響が軽微なものに該当する場合を除
         き ます。以下、「重大な信託約款の変更等」といいます。)について、書面決議を行います。この場合
         において、あらかじめ、書面決議の日ならびに重大な信託約款の変更等の内容及びその理由等の事項を
         定め、当該決議の日の2週間前までに、当ファンドの信託約款に係る知れている受益者に対し、書面を
         もってこれらの事項を記載した書面決議の通知を発します。
                                25/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        c.上記b.の書面決議において、受益者(委託会社及び当ファンドの信託財産に当ファンドの受益権が属
         するときの当該受益権に係る受益者としての受託会社を除きます。以下本c.において同じ。)は受益
         権 の口数に応じて、議決権を有し、これを行使することができます。なお、当ファンドの信託約款に係
         る知れている受益者が議決権を行使しないときは、当該知れている受益者は書面決議について賛成する
         ものとみなします。
        d.上記b.の書面決議は議決権を行使することができる受益者の3分の2以上に当たる多数をもって行い
         ます。書面決議の効力は、当ファンドのすべての受益者に対してその効力を生じます。
        e.上記b.からd.までの規定は、委託会社が重大な信託約款の変更等について提案をした場合におい
         て、当該提案につき、当ファンドの信託約款に係るすべての受益者が書面または電磁的記録により同意
         の意思表示をしたときには適用しません。
        f.上記の規定にかかわらず、当ファンドにおいて併合の書面決議が可決された場合にあっても、当該併合
         に係る一または複数の他のファンドにおいて当該併合の書面決議が否決された場合は、当該他のファン
         ドとの併合を行うことはできません。
       ③ 反対受益者の受益権買取請求の不適用
         当ファンドは、受益者が一部解約請求を行ったときは、委託会社が信託契約の一部の解約をすることによ
        り当該請求に応じ、当該受益権の公正な価格が当該受益者に一部解約金として支払われることとなる委託者
        指図型投資信託に該当するため、信託約款に定める信託契約の解約または重大な信託約款の変更等を行う場
        合において、投資信託及び投資法人に関する法律第18条第1項に定める反対受益者による受益権買取請求の
        規定の適用を受けません。
       ④ 他の受益者の氏名等の開示の請求の制限
         受益者は委託会社または受託会社に対し、次に掲げる事項の開示請求を行うことはできません。
        a.他の受益者の氏名または名称および住所
        b.他の受益者が有する受益権の内容
       ⑤ 公告
         委託会社が受益者に対して行う公告は、日本経済新聞に掲載します。
       ⑥ 運用報告書
         委託会社は、毎決算時および償還時に、                     運用報告書(全体版)(投資信託及び投資法人に関する法律第14
        条第1項に定める運用報告書)および期間中の運用経過や信託財産の内容等の重要な事項を記載した交付運
        用報告書を作成します。
         交付運用報告書は、知れている受益者に対して販売会社を通じて交付します。
         運用報告書(全体版)は、委託会社のホームページに掲載します。これにより委託会社は運用報告書を交
        付したものとみなされます。
         なお、受益者から運用報告書(全体版)の交付の請求があった場合には交付します。
         ホームページアドレス: https://www.alliancebernstein.co.jp
       ⑦ 委託会社の事業の譲渡および承継に伴う取扱い
        a.委託会社は、事業の全部または一部を譲渡することがあり、これに伴い、この信託契約に関する事業を
         譲渡することがあります。
        b.委託会社は、分割により事業の全部または一部を承継させることがあり、これに伴い、この信託契約に
         関する事業を承継させることがあります。
       ⑧ 関係法人との契約の更改等
         受益権の募集・販売の取扱い等に関する契約
          当初の契約の有効期間は、1年間とします。ただし、期間満了の3ヵ月前までに、委託会社および販売
         会社いずれからも別段の意思表示のないときは、自動的に1年間延長されるものとし、自動延長後の取扱
         いについてもこれと同様とします。
       ⑨ 信託事務の委託
         受託会社は、信託事務の処理の一部について、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律第1条第1項の
        規定による信託業務の兼営の認可を受けた一の金融機関と信託契約を締結し、これを委託することができま
        す。
    4【受益者の権利等】

       受益者の有する主な権利は以下のとおりです。
                                26/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (1)  収益分配金に対する請求権
       ① 受益者は保有する受益権の口数に応じて収益分配金を請求する権利を有します。
       ② 収益分配金は、決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(当該収益分
        配金に係る決算日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該収益分配金
        に係る決算日以前に設定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されて
        いる受益権については原則として取得申込者とします。)に帰属します。
       ③ 受託会社が、委託会社の指定する預金口座等に払込むことにより、原則として、毎決算日の翌営業日に、
        収益分配金が販売会社に交付されます。
        収益分配金は、次の区分に従い支払われ、または再投資されます。
        a.「一般コース」の場合
          毎決算日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として決算日から起算して5営業日までの日)か
         ら、毎決算日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者に販売会社において支
         払います。
        b.「自動けいぞく投資コース」の場合
          原則として、決算日の翌営業日に税引後無手数料で決算日の基準価額で再投資されますが、再投資によ
         り増加した受益権は、振替口座簿に記載または記録されます。
       ④ 受益者が、収益分配金について上記③の支払開始日から5年間その支払いを請求しないときは、その権利
        を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
     (2)  償還金に対する請求権

       ① 受益者は保有する受益権の口数に応じて償還金(信託終了時における信託財産の純資産総額を受益権総口
        数で除した額をいいます。以下同じ。)を請求する権利を有します。
       ② 償還金は、信託終了日後1ヵ月以内の委託会社の指定する日(原則として信託終了の日から起算して5営
        業日までの日)から、信託終了日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(信
        託終了日以前において一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該信託終了日以前に設
        定された受益権で取得申込代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については
        原則として取得申込者とします。)に、販売会社において支払います。
         なお、当該受益者は、その口座が開設されている振替機関等に対して委託会社が当ファンドの償還をする
        のと引換えに、当該償還に係る受益権の口数と同口数の抹消の申請を行うものとし、社振法の規定にしたが
        い当該振替機関等の口座において当該口数の減少の記載または記録が行われます。
       ③ 受益者が、信託終了による償還金について、上記②の支払開始日から10年間その支払いを請求しないとき
        は、その権利を失い、受託会社から交付を受けた金銭は、委託会社に帰属します。
     (3)  一部解約請求権

        受益者は自己に帰属する受益権について、持分に応じて解約請求する権利があります。権利行使の方法等に
       ついては、前記「2           換金(解約)手続等」の項をご参照ください。
     (4)  帳簿閲覧権

        受益者は、委託会社に対し、その営業時間内において当ファンドの信託財産に関する帳簿書類の閲覧または
       謄写を請求する権利を有します。
     (5)書面決議における議決権

        委託会社が、書面決議において信託契約の解約(監督官庁の命令による解約等の場合を除きます)または重
       大な約款の変更等を行おうとする場合において、受益者は、受益権の口数に応じて議決権を有し、これを行使
       することができます。
                                27/59




                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第3【ファンドの経理状況】
      当ファンドは、2021年2月26日から運用を開始するため、2021年1月8日現在、記載すべき事項はありませ
    ん。なお、当ファンドの監査はEY新日本有限責任監査法人が行います。
    1【財務諸表】

    (1)【貸借対照表】

       該当事項はありません。
    (2)【損益及び剰余金計算書】

       該当事項はありません。
    (3)【注記表】

       該当事項はありません。
    (4)【附属明細表】

       該当事項はありません。
    2【ファンドの現況】

      【純資産額計算書】
       該当事項はありません。
                                28/59













                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第4【内国投資信託受益証券事務の概要】
     (1)  受益証券の名義書換等
        委託会社は、当ファンドの受益権を取扱う振替機関が社振法の規定により主務大臣の指定を取消された場合
       または当該指定が効力を失った場合であって、当該振替機関の振替業を承継する者が存在しない場合その他や
       むを得ない事情がある場合を除き、当該振替受益権を表示する受益証券を発行しません。
        受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、無記名式受益証券から記
       名式受益証券への変更の請求、記名式受益証券から無記名式受益証券への変更の請求を行わないものとしま
       す。
     (2)  受益者等に対する特典

        該当事項はありません。
     (3)  受益証券の譲渡制限の内容

        受益証券の譲渡制限はありません。
     (4)  受益証券の再発行

        受益者は、委託会社がやむを得ない事情等により受益証券を発行する場合を除き、受益証券の再発行の請求
       を行わないものとします。
     (5)  受益権の譲渡

       ① 受益者は、その保有する受益権を譲渡する場合には、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または
        記録されている振替口座簿に係る振替機関等に振替の申請をするものとします。
       ② 上記①の申請のある場合には、上記①の振替機関等は、当該譲渡に係る譲渡人の保有する受益権の口数の
        減少および譲受人の保有する受益権の口数の増加につき、その備える振替口座簿に記載または記録するもの
        とします。ただし、上記①の振替機関等が振替先口座を開設したものでない場合には、譲受人の振替先口座
        を開設した他の振替機関等(当該他の振替機関等の上位機関を含みます。)に社振法の規定にしたがい、譲
        受人の振替先口座に受益権の口数の増加の記載または記録が行われるよう通知するものとします。
       ③ 上記①の振替について、委託会社は、当該受益者の譲渡の対象とする受益権が記載または記録されている
        振替口座簿に係る振替機関等と譲受人の振替先口座を開設した振替機関等が異なる場合等において、委託会
        社が必要と認めたときまたはやむを得ない事情があると判断したときは、振替停止日や振替停止期間を設け
        ることができます。
     (6)  受益権の譲渡の対抗要件

        受益権の譲渡は、振替口座簿への記載または記録によらなければ、委託会社および受託会社に対抗すること
       ができません。
     (7)  受益権の再分割

        委託会社は、受託会社と協議のうえ、社振法に定めるところにしたがい、一定日現在の受益権を均等に再分
       割できるものとします。
     (8)  償還金

        償還金は、償還日において振替機関等の振替口座簿に記載または記録されている受益者(償還日以前におい
       て一部解約が行われた受益権に係る受益者を除きます。また、当該償還日以前に設定された受益権で取得申込
       代金支払前のため販売会社の名義で記載または記録されている受益権については原則として取得申込者としま
       す。)に支払います。
     (9)  質権口記載または記録の受益権の取り扱いについて

        振替機関等の振替口座簿の質権口に記載または記録されている受益権に係る収益分配金の支払い、一部解約
       の実行の請求の受付け、一部解約金および償還金の支払い等については、信託約款の規定によるほか、民法そ
       の他の法令等にしたがって取り扱われます。
                                29/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                30/59





















                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第三部【委託会社等の情報】
    第1【委託会社等の概況】
    1【委託会社等の概況】
     (1)  資本金の額
        資本金の額は       1,630   百万円です。(2020年10月末現在)
        委託会社の発行する株式の総数は                 100,000    株、うち発行済株式総数は              32,600   株です。
        <最近5年間における資本金の額の増減>
        2018  年9月 資本金の額130百万円から1,630百万円に増資
     (2)  委託会社の機構

       ① 会社の意思決定機構
         委託会社は最低3名で構成される取締役会により運営されます。取締役は委託会社の株主であることを要
        しません。取締役は株主総会において株主によって選任され、その任期は就任後2年内の最終の決算期に関
        する定時株主総会の終結のときまでとします。ただし、補充選任された取締役の任期は、前任者の残存期間
        とします。
         取締役会は、取締役の中から代表取締役最低1名を選任します。また、取締役会は、その互選により、取
        締役会長および取締役社長を各1名ならびに取締役副会長、取締役副社長、専務取締役および常務取締役を
        各若干名選出することができます。
         取締役会は、法令に別段の定めがある場合を除き、原則として取締役会長が召集します。
         取締役会の議長は、原則として取締役会長がこれにあたります。
         取締役会の決議は、法令に別段の定めがある場合を除き、取締役の過半数が出席して、出席取締役の過半
        数をもって決します。
       ② 投資決定のプロセス
        a.運用方針の策定
          全信託財産および個別ファンドの運用の基本方針は、投信戦略委員会で審議し、決定します。
        b.信託財産の運用
          信託財産の運用に当たっては上記a.の基本方針に基づき、担当する運用部門が運用方針を策定し運用
         の指図を行います。なお、信託財産の運用の指図に関する権限(国内余剰資金の運用を除きます。)は、
         正当な契約を締結した投資顧問会社に委託します。
        c.コンプライアンス
          リーガル・コンプライアンス本部においては、信託約款及び法令等、その他個別に定めたコンプライア
         ンス規定等の遵守状況をチェックしています。また、ポートフォリオにかかる個別銘柄の組入比率、資産
         配分等が運用ガイドラインに合致しているかについては運用管理部がモニターしています。
    2【事業の内容及び営業の概況】

       投資信託及び投資法人に関する法律に定める投資信託委託会社であるアライアンス・バーンスタイン株式会社
     は、証券投資信託の設定を行うとともに、金融商品取引法に定める金融商品取引業者として投資運用業務を行っ
     ております。また、金融商品取引法に定める投資助言業務                              、第一種金融商品取引業務および第二種金融商品取引
     業務等を行っております。
       委託会社の運用する証券投資信託は2020年10月末現在次のとおりです(ただし、親投資信託を除きます。)。
          ファンドの種類                    本数                 純資産総額
       追加型株式投資信託                          70本                2,601,711百万円
       追加型公社債投資信託                           -                      -
       単位型株式投資信託                          13本                  77,672百万円
       単位型公社債投資信託                           -                      -
             合計                   83本                2,679,384百万円
     ※純資産総額は、百万円未満を切り捨てた額を記載しております。
                                31/59



                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    3【委託会社等の経理状況】
     1.当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)第2

       条に基づき、同規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19年8月6日内閣府令第52号)に従って
       作成しております。
       また、当社の中間財務諸表は、「中間財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和52年大蔵
      省令第38号)第38条及び第57条の規定に基づき、同規則及び「金融商品取引業等に関する内閣府令」(平成19
      年8月6日内閣府令第52号)に基づいて作成しております。
     2.財務諸表及び中間財務諸表の記載金額は、千円未満の端数を四捨五入して記載しております。

     3.当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第24期事業年度(自2019年1月1日 至2019年12

       月31日)の財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人の監査を受けております。
       また、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第25期事業年度に係る中間会計期間(自2020年1月
      1日 至2020年6月30日)の中間財務諸表について、PwCあらた有限責任監査法人の中間監査を受けておりま
      す。
                                32/59














                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (1)  【貸借対照表】
                       期   別

                                    第23期                第24期
                           注記
                                 (2018年12月31日現在)                (2019年12月31日現在)
                           番号
      科   目
                                    金    額             金    額
      (資産の部)                                     千円                千円
      Ⅰ   流 動 資 産
        預金
                                         2,114,958                2,759,787
        有価証券                                   1,986,627                2,010,114
        前払費用
                                          55,561                87,371
        未収入金
                                          16,768                17,118
        未収委託者報酬
                                          789,456               1,048,114
        未収運用受託報酬
                                          558,585                532,203
        その他                                    826                706
           流 動 資 産 合計
                                         5,522,781                6,455,413
      Ⅱ   固 定 資 産
        有形固定資産
         建物
                           *2
                                          973,768                871,310
         器具備品                                 335,316                277,251
                           *2
           有形固定資産合計
                                         1,309,084                1,148,561
        無形固定資産
         ソフトウェア
                                             -               824
         電話加入権                                  2,204                2,204
           無形固定資産合計
                                           2,204                3,028
        投資その他の資産
         投資有価証券
                                          26,930                30,091
         長期差入保証金
                                          255,800                239,050
         長期前払費用
                                          26,626                22,749
         繰延税金資産                                 468,395                496,727
           投資その他の資産合計
                                          777,751                788,617
           固 定 資 産 合 計
                                         2,089,039                1,940,206
      資    産    合    計                            7,611,820                8,395,619
      (負債の部)

      Ⅰ   流 動 負      債
        預り金
                                          34,059                25,383
        未払金
         未払手数料
                                          245,481                340,464
         未払委託計算費
                                           9,159               10,913
         その他未払金
                           *1
                                          277,420                613,280
        未払費用
                                          245,242                263,441
        未払賞与
                                          568,818                549,240
        未払法人税等
                                          207,469                319,758
                                          43,333                33,333
        前受収益
           流 動 負 債 合 計
                                         1,630,981                2,155,812
      Ⅱ   固 定 負      債
        退職給付引当金
                                          370,339                309,930
        関係会社長期借入金                                 1,974,870                1,956,150
           固 定 負 債 合 計
                                         2,345,209                2,266,080
      負    債    合    計
                                         3,976,190                4,421,892
      (純資産の部)

      Ⅰ   株 主 資 本
        資本金                                   1,630,000                1,630,000
        資本剰余金
         資本準備金                                   1,500,000                1,500,000
        利益剰余金
         利益準備金
                                             -                -
                                33/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         その他利益剰余金
          繰越利益剰余金                                530,028                883,918
        利益剰余金合計                                    530,028                883,918
         株主資本合計
                                         3,660,028                4,013,918
      Ⅱ   評 価 ・ 換 算 差 額 等
                                         △24,398                △40,191
        その他有価証券評価差額金
         評価・換算差額等合計                                   △24,398                △40,191
      純   資   産   合   計
                                         3,635,630                3,973,727
                                         7,611,820                8,395,619
      負 債 ・ 純 資 産 合 計
      (2)  【損益計算書】

                       期   別

                                    第23期                第24期
                                  (自2018年    4月  1日         (自2019年    1月  1日
                           注記
                                  至2018年12月31日)                至2019年12月31日)
                           番号
      科   目
                                    金    額             金    額
                                           千円                千円
      Ⅰ   営業収益
         委託者報酬
                                         6,043,077               10,610,896
         運用受託報酬
                                          970,299               1,175,012
         販売代行報酬                                    29,966                44,467
         その他営業収益                                  △315,181               △1,668,491
                           *1
           営業収益計
                                         6,728,161               10,161,884
      Ⅱ   営業経費
         支払手数料                                   2,489,682                4,431,826
         広告宣伝費
                                          42,989                50,469
         調査費
          調査費
                                          47,127                58,783
          図書費
                                            984               1,005
         委託計算費
                                          303,898                443,720
         営業雑経費
          通信費
                                          31,096                40,386
          印刷費
                                          22,331                22,781
          協会費
                                          11,540                17,041
                                           1,172                2,357
          諸会費
           営業経費計
                                         2,950,819                5,068,368
      Ⅲ   一般管理費
         給料
          役員報酬
                                          155,979                135,076
          給料・手当
                                          976,874               1,357,412
          賞与
                                          377,273                583,769
         交際費
                                          10,393                8,320
         旅費交通費
                                          68,132                74,158
         租税公課
                                          60,232                83,585
         不動産賃借料
                                          394,435                244,747
         退職給付費用
                                          56,275               131,973
         固定資産減価償却費
                                          131,709                184,532
         関係会社付替費用
                                          359,124                494,692
                                          430,121                485,706
         諸経費
           一般管理費計
                                         3,020,547                3,783,970
        営業利益
                                          756,795               1,309,546
      Ⅳ   営業外収益
         受取利息
                                          13,687                44,214
         為替差益                                  21,723                18,198
         その他営業外収益                                    1,966                 939
           営業外収益計
                                          37,376                63,351
      Ⅴ   営業外費用
                                34/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         支払利息                                   22,549                77,593
                           *1
           営業外費用計
                                          22,549                77,593
        経常利益
                                          771,622               1,295,304
      Ⅵ   特別利益
         資産除去債務履行差額
                                          92,990                  -
                                             -               19
         投資有価証券売却益
           特別利益計
                                          92,990                 19
        税引前当期純利益                                    864,612               1,295,323
        法人税、住民税及び事業税
                                          296,971                464,139
                                          37,614               △28,332
        法人税等調整額
           法人税等計
                                          334,585                435,807
        当期純利益
                                          530,027                859,516
      (3)  【株主資本等変動計算書】

      第23期(自2018年4月1日 至2018年12月31日)

                                                       (単位:千円)
      第24期(自2019年1月1日 至2019年12月31日)








                                                       (単位:千円)
                                35/59






                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     重要な会計方針








     1.   有価証券の評価基準及び評価方法

       有価証券(預金と同様の性格を有するもの)
         移動平均法による原価法により行っております。
       その他有価証券(時価のあるもの)
          決算日の市場価値等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算
          定)を採用しております。
      2.  固定資産の減価償却の方法

        (1)  有形固定資産(リース資産を除く)
         定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は下記のとおりであります。
          建物         2 ~10年
          器具備品     3 ~10年
        (2)  無形固定資産

         定額法により償却しております。なお、主な耐用年数は下記のとおりであります。
          ソフトウェア 5年
        (3)  リース資産

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
      3.  引当金の計上基準

        (1)  退職給付引当金
         役員及び従業員の退職給付に備えるため、「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25
        号)に定める簡便法(期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法)により、事業年度末において発生していると認
        められる額を計上しております。
      4.  その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

       (1)  消費税等の会計処理
                                36/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
         消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しております。
       (2)  外貨建の資産及び負債
         外貨建の資産・負債は、主として決算日の為替相場による円換算額を付しております。
       (3)  決算期の変更
         当社は2018年6月28日開催の臨時株主総会における定款の一部変更の決議により、決算期末を3月31日から12月31日に
        変更しました。
        したがって、第23期事業年度は2018年4月1日から2018年12月31日までの9ヶ月となっております。
      未適用の会計基準等

      (1)  収益認識に関する会計基準
       ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2018年3月30日)
       ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2018年3月30日)
       1.  概要

        収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
         ステップ1        : 顧客との契約を識別する。

         ステップ2        : 契約における履行義務を識別する。
         ステップ3        : 取引価格を算定する。
         ステップ4        : 契約における履行義務に取引価格を配分する。
         ステップ5        : 履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
       2.  適用予定日

        2022年12月期の期首より適用予定であります。
       3.  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
      (2)  時価の算定に関する会計基準

       ・「時価の算定に関する会計基準」(企業会計基準第30号 2019年7月4日)
       ・「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第31号 2019年7月4日)
       ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 2019年7月4日)
       ・「金融商品に関する会計基準」(企業会計基準第10号 2019年7月4日)
      1.  概要

        国際的な会計基準の定めとの比較可能性を向上させるため、「時価の算定に関する会計基準」及び
       「時価の算定に関する会計基準の適用指針」(以下、「時価算定会計基準等」という。)が開発され、時価の算定方法に
       関するガイダンス等が定められました。時価算定会計基準等は次の項目の時価に適用されます。
       ・「金融商品に関する会計基準」における金融商品

       ・「棚卸資産の評価に関する会計基準」におけるトレーディング目的で保有する棚卸資産
      2.  適用予定日

        2022年12月期の期首より適用予定であります。
      3.  当該会計基準等の適用による影響

        影響額は、当財務諸表の作成時において評価中であります。
      注記事項

                                37/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (貸借対照表関係)
                  第23期                            第24期
              (2018年12月31日         現在)                   (2019年12月31日         現在)
      *1  区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係                          *1  区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係
       会社に対するものは以下のとおりであります。                            会社に対するものは以下のとおりであります。
        未払金                      155,459    千円     未払金                      171,135    千円

      *2  有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりであり                          *2  有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりであり
       ます。                            ます。
        建物                            建物

                            119,938    千円                         225,027    千円
        器具備品                            器具備品
                            73,433    千円                        134,905    千円
      (損益計算書関係)

                  第23期                            第24期
               ( 自2018年     4月  1日                    ( 自2019年     1月  1日
                至2018年12月31日)                            至2019年12月31日)
      *1  各科目に含まれている関係会社に対するものは以下の                          *1  各科目に含まれている関係会社に対するものは以下のと
       とおりであり、当社の親会社および海外子会社との移転                            おりであり、当社の親会社および海外子会社との移転価
       価格契約に基づく投資顧問業取引に関する調整でありま                            格契約に基づく投資顧問業取引に関する調整でありま
       す。                            す。
       その他営業収益                            その他営業収益

                          △317,804千円                           △1,671,139千円
       支払利息                      22,549    千円    支払利息                      77,593    千円
      (株主資本等変動計算書関係)

      第23期(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
      1.  発行済株式に関する事項
                    当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末

          株式の種類
                     株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
           普通株式               2,600          30,000        -             32,600
       (注)普通株式の発行済株式総数の増加30,000株は、第三者割当による関係会社に対する新株の発行による増加でありま
         す。
      2.  剰余金の配当に関する事項

       配当金支払額
        2018年6月28日開催の臨時株主総会において、次のとおり決議しております。
        配当金の総額                   599,914千円
        1 株当たりの配当額                 230,736円
        基準日                    2018年3月31日
        効力発生日                     2018年6月29日
       配当金支払額

        2018   年9月20日開催の臨時株主総会において、次のとおり決議しております。
        配当金の総額                 5,664,131千円
        1 株当たりの配当額                2,178,512円
        基準日                         2018年3月31日
        効力発生日                     2018年9月20日
      第24期(自2019年1月1日 至2019年12月31日)

      1.   発行済株式に関する事項
                                38/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                    当事業年度期首           当事業年度増加           当事業年度減少           当事業年度末
          株式の種類
                     株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)           株式数(株)
           普通株式               32,600        -           -             32,600
      2.  剰余金の配当に関する事項

       配当金支払額
        2019年8月29日開催の臨時株主総会において、次のとおり決議しております。
        配当金の総額                   505,626千円
        1 株当たりの配当額                  15,510円
        基準日                    2018年12月31日
        効力発生日                     2019年    8月30日
      (リース取引関係)

                  第23期                            第24期
               ( 自2018年     4月  1日                    ( 自2019年     1月  1日
                至2018年12月31日)                            至2019年12月31日)
      オペレーティング・リース取引(借主側)                            オペレーティング・リース取引(借主側)
       オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに                             オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに
      係る未経過リース料                            係る未経過リース料
             1年内              188,930    千円          1年内              264,498    千円

             1年超              881,659    千円          1年超              617,161    千円
             合計             1,070,589     千円           合計              881,659    千円
      (金融商品関係)

      第23期(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
      1 .金融商品の状況に関する事項

      (1)金融商品の内容及び金融商品に対する取組方針
       当社は、主として投資信託委託会社としての業務、投資一任業務を行っており、未収入金、未収委託者報酬、未収運用受
      託報酬及び未払金(未払手数料)はこれらの業務にかかる債権債務であります。有価証券は、当社が設定するマネーマー
      ケットファンドへの投入によるものであります。ただし、資金運用は短期的な預金等に限定して行っております。投資有価
      証券は、当社が設定する証券投資信託へのシードマネーの投入によるものであります。ただし、資金運用は短期的な預金等
      に限定して行っております。また、主な金融債務は親会社からの借入金であります。
      (2)金融商品のリスク及びそのリスク管理体制

       預金は取引先金融機関の信用リスクに晒されておりますが、当社が預金を預け入れる金融機関の選定に際しては、取引先
      の財政状態及び経営成績を考慮して決定しており、格付けの高い銀行に限定して取引を行っております。
       有価証券は証券投資信託が株式及び公社債等に投資しているため、市場リスク及び為替変動リスクに晒されております
      が、経理部が経理規程に従い月次で投資有価証券の時価を算出、評価損益の把握及び測定を行うことにより時価変動のモニ
      タリングを行っております。
       営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、運用資産を複数の信託銀行に分散して委託しており、信託銀行
      は受託資産を自己勘定と分別して保管しているため、これら営業債権が信用リスクに晒されることは限定的と考えておりま
      す。未収入金および未払金は、主として親会社であるアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーへの営業債務であるた
      め、信用リスクはほとんど無いものと考えております。また、営業債務である未払手数料は、そのほとんどが半年以内の支
      払期日です。長期借入金は、直接親会社であるアライアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェアから
      の借入金であり、信用リスクはほとんどないものと考えております。
       投資有価証券は、証券投資信託が株式及び公社債等に投資しているため、市場リスク及び為替変動リスクに晒されており
      ますが、経理部が経理規程に従い月次で投資有価証券の時価を算出、評価損益の把握及び測定を行うことにより時価変動の
      モニタリングを行っております。
      (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

                                39/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれていま
      す。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なる
      こ ともあります。
      2 .金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額
      第23期(2018年12月31日現在)
                                                      (単位:千円)
                     貸借対照表計上額                  時価              差額
      預金                      2,114,958               2,114,958                  -
      有価証券                      1,986,627               1,986,627                  -
      未収入金                       16,768               16,768                -
      未収委託者報酬                       789,456               789,456                 -
      未収運用受託報酬                       558,585               558,585                 -
      投資有価証券                       26,930               26,930                -
      資産計                      5,493,324               5,493,324                  -
      未払金                       245,481               245,481                 -
      未払賞与                       568,818               568,818                 -
      未払法人税等                       207,469               207,469                 -
      関係会社長期借入金                      1,974,870               2,046,032               71,162
      負債計                      2,996,638               3,067,800               71,162
     (注1)金融商品時価の算定方法に関する事項

     (1) 預金、未収入金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未払金、未払賞与、未払法人税等

          これらの金融商品については、短期間で決済されることから、時価は帳簿価額と近似しているため、当該帳簿価額
          によっております。
     (2) 有価証券
          有価証券につきましては、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
          ております。
     (3)     投資有価証券
          投資有価証券については、証券投資信託の基準価額によっております。
     (4)     関係会社長期借入金
          長期借入金は親会社からの借入れであり、時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定
          される利率で割り引いて算定する方法によっております。
     (注2)長期差入保証金

         長期差入保証金 255,800千円は、市場価値がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時価を
         把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めておりません。
     (注3)金銭債権の決算日後の償還予定額                                                 ( 単位:千円)

                       1 年超        2 年超       3 年超        4 年超
                1 年以内                                      5 年超
                       2 年以内        3 年以内       4 年以内        5 年以内
      預金            2,114,958            -        -        -       -       -
      有価証券            1,986,627            -        -        -       -       -
      未収入金              16,768           -        -        -       -       -
      未収委託者報酬             789,456           -        -        -       -       -
      未収運用受託報酬             558,585           -        -        -       -       -
      投資有価証券              26,930           -        -        -       -       -
      合計            5,493,323            -        -        -       -        -
     (注4)長期借入金の返済予定額                                                 ( 単位:千円)

                       1 年超       2 年超       3 年超       4 年超
                1 年以内                                   5 年超
                       2 年以内       3 年以内       4 年以内       5 年以内
      関係会社長期借入金                -       -       -       -    493,718        1,481,152
                                40/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      合計                -       -       -       -    493,718        1,481,152
      第24期(自2019年1月1日 至2019年12月31日)

      1 .金融商品の状況に関する事項

      (1)金融商品の内容及び金融商品に対する取組方針
       当社は、主として投資信託委託会社としての業務、投資一任業務を行っており、未収入金、未収委託者報酬、未収運用受
      託報酬及び未払金(未払手数料)はこれらの業務にかかる債権債務であります。有価証券は、当社が設定するマネーマー
      ケットファンドへの投入によるものであります。ただし、資金運用は短期的な預金等に限定して行っております。投資有価
      証券は、当社が設定する証券投資信託へのシードマネーの投入によるものであります。ただし、資金運用は短期的な預金等
      に限定して行っております。また、主な金融債務は親会社からの借入金であります。
      (2)金融商品のリスク及びそのリスク管理体制

       預金は取引先金融機関の信用リスクに晒されておりますが、当社が預金を預け入れる金融機関の選定に際しては、取引先
      の財政状態及び経営成績を考慮して決定しており、格付けの高い銀行に限定して取引を行っております。
       有価証券は証券投資信託が株式及び公社債等に投資しているため、市場リスク及び為替変動リスクに晒されております
      が、経理部が経理規程に従い月次で投資有価証券の時価を算出、評価損益の把握及び測定を行うことにより時価変動のモニ
      タリングを行っております。
       営業債権である未収委託者報酬及び未収運用受託報酬は、運用資産を複数の信託銀行に分散して委託しており、信託銀行
      は受託資産を自己勘定と分別して保管しているため、これら営業債権が信用リスクに晒されることは限定的と考えておりま
      す。未収入金および未払金は、主として親会社であるアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーへの営業債務であるた
      め、信用リスクはほとんど無いものと考えております。また、営業債務である未払手数料は、そのほとんどが半年以内の支
      払期日です。長期借入金は、直接親会社であるアライアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェアから
      の借入金であり、信用リスクはほとんどないものと考えております。
       投資有価証券は、証券投資信託が株式及び公社債等に投資しているため、市場リスク及び為替変動リスクに晒されており
      ますが、経理部が経理規程に従い月次で投資有価証券の時価を算出、評価損益の把握及び測定を行うことにより時価変動の
      モニタリングを行っております。
      (3)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

       金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額が含まれていま
      す。当該価額の算定においては一定の前提条件等を採用しているため、異なる前提条件等によった場合、当該価額が異なる
      こともあります。
      2 .金融商品の時価等に関する事項

      貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額
      第24期(2019年12月31日現在)
                                                      (単位:千円)
                     貸借対照表計上額                  時価              差額
      預金                      2,759,787               2,759,787                  -
      有価証券                      2,010,114               2,010,114                  -
      未収入金                       17,118               17,118                -
      未収委託者報酬                      1,048,114               1,048,114                  -
      未収運用受託報酬                       532,203               532,203                 -
      投資有価証券                       30,091               30,091                -
      資産計                      6,397,427               6,397,427                  -
      未払手数料                       340,464               340,464                 -
      未払委託計算費                       10,913               10,913                -
      その他未払金                       613,280               613,280                 -
      未払費用                       263,441               263,441                 -
      未払賞与                       549,240               549,240                 -
      未払法人税等                       319,758               319,758                 -
      関係会社長期借入金                      1,956,150               2,122,219               166,069
      負債計                      4,053,246               4,219,315               166,069
                                41/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     (注1)金融商品時価の算定方法に関する事項

     (1) 預金、未収入金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未払手数料、未払委託計算費、その他未払金、

          未払費用、未払賞与、未払法人税等 これらの金融商品については、短期間で決済されることから、
          時価は帳簿価額と近似しているため、当該帳簿価額によっております。
     (2) 有価証券
          有価証券につきましては、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳簿価額によっ
          ております。
     (3)     投資有価証券
          投資有価証券については、証券投資信託の基準価額によっております。
     (4)     関係会社長期借入金
          長期借入金は親会社からの借入れであり、時価については、元利金の合計額を同様の新規借入を行った場合に想定
          される利率で割り引いて算定する方法によっております。
     (注2)長期差入保証金

         長期差入保証金 239,050千円は、市場価値がなく、かつ将来キャッシュ・フローを見積ること等ができず、時価を
         把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めておりません。
     (注3)金銭債権の決算日後の償還予定額                                                 ( 単位:千円)

                       1 年超        2 年超       3 年超        4 年超
                1 年以内                                      5 年超
                       2 年以内        3 年以内       4 年以内        5 年以内
      預金            2,759,787            -        -        -       -       -
      有価証券            2,010,114            -        -        -       -       -
      未収入金              17,118           -        -        -       -       -
      未収委託者報酬            1,048,114            -        -        -       -       -
      未収運用受託報酬             532,203           -        -        -       -       -
      投資有価証券              30,091           -        -        -       -       -
      合計            6,397,427            -        -        -       -        -
     (注4)長期借入金の返済予定額                                                 ( 単位:千円)

                       1 年超       2 年超       3 年超       4 年超
                1 年以内                                   5 年超
                       2 年以内       3 年以内       4 年以内       5 年以内
      関係会社長期借入金                -       -       -    489,038          -     1,467,112
      合計                -       -       -    489,038          -     1,467,112
      (有価証券関係)

     第23期(2018年12月31日現在)
      1.  その他有価証券                                               (単位:千円)

                      種類        貸借対照表計上額             取得原価            差額
                 (1)  株式                    -           -          -
                 (2)  債券
                   ①国債・地方債等                    -           -          -
      貸借対照表計上額が取
                   ②社債                    -           -          -
      得原価を超えるもの
                   ③その他                    -           -          -
                 (3)  その他                    -           -          -
                      小計                 -           -          -
                 (1)  株式                    -           -          -
                 (2)  債券
                   ①国債・地方債等                    -           -          -
      貸借対照表計上額が取
                   ②社債                    -           -          -
      得原価を超えないもの
                   ③その他                    -           -          -
                 (3)  その他                 26,930           30,000          △3,070
                      小計                 -           -          -
                                42/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                合計                    26,930           30,000          △3,070
      (注)    有価証券のうち1,986,627千円は預金と同様の性格を有するため、取得原価をもって貸借対照表計上額としているた
      め、上表には含めておりません。
      2.   当事業年度中に売却したその他有価証券

        該当事項はありません。
     第24期(2019年12月31日現在)

      1.  その他有価証券                                               (単位:千円)

                      種類        貸借対照表計上額             取得原価            差額
                 (1)  株式                    -           -          -
                 (2)  債券
                   ①国債・地方債等                    -           -          -
      貸借対照表計上額が取
                   ②社債                    -           -          -
      得原価を超えるもの
                   ③その他                    -           -          -
                 (3)  その他                  30,091           30,000            91
                      小計               30,091           30,000            91
                 (1)  株式                    -           -          -
                 (2)  債券
                   ①国債・地方債等                    -           -          -
      貸借対照表計上額が取
                   ②社債                    -           -          -
      得原価を超えないもの
                   ③その他                    -           -          -
                 (3)  その他                    -           -          -
                      小計                 -           -          -
                合計                    30,091           30,000            91
      (注)    有価証券のうち2,010,114千円は預金と同様の性格を有するため、取得原価をもって貸借対照表計上額としているた
      め、上表には含めておりません。
      2.   当事業年度中に売却した投資有価証券

                                                      (単位:千円)
           種類             売却額             売却益の合計額              売却損の合計額
      (1)  株式                        -               -             -
      (2)  債券
      ①国債・地方債等                         -               -             -
      ②社債                         -               -             -
      ③その他                         -               -             -
      (3)  その他                      1,019                 19              -
           合計                   1,019                 19              -
      (退職給付関係)

                  第23期                            第24期
               (自   2018年    4月  1日                   (自   2019年    1月  1日
                至  2018年12月31日)                          至  2019年12月31日)
      1. 採用している退職金制度の概要                           1. 採用している退職金制度の概要
       当社は確定拠出年金制度と退職一時金制度を設けており                             当社は確定拠出年金制度と退職一時金制度を設けており
      ます。退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤務                            ます。退職一時金制度では、退職給付として、給与と勤務
      時間に基づいた一時金を支給しており、簡便法により退職                            時間に基づいた一時金を支給しており、簡便法により退職
      給付引当金及び退職給付費用を計算しております。                            給付引当金及び退職給付費用を計算しております。
      2. 確定給付制度                           2. 確定給付制度

      (1)  退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表                          (1)  退職給付引当金の期首残高と期末残高の調整表
                           369,114    千円                        370,339    千円
       期首における退職給付引当金                            期首における退職給付引当金
                           37,725    千円                        70,111    千円
       退職給付費用                            退職給付費用
                           36,500    千円                        130,520    千円
       退職給付の支払額                            退職給付の支払額
                           370,339    千円                        309,930    千円
       期末における退職給付引当金                            期末における退職給付引当金
                                43/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (2)  退職給付債務及び年金資産と貸借対照表に計上された                          (2)  退職給付債務及び年金資産と貸借対照表に計上された
       前払年金費用及び退職給付引当金の調整表                            前払年金費用及び退職給付引当金の調整表
       積立型制度の退職給付債務                          -  積立型制度の退職給付債務                          -
       年金資産                          -  年金資産                          -
                                -                            -
       非積立型制度の退職給付債務                    370,339    千円    非積立型制度の退職給付債務                    309,930    千円
       貸借対照表に計上された負債と資産                            貸借対照表に計上された負債と資産
                           370,339    千円                        309,930    千円
       の純額                            の純額
       退職給付引当金                            退職給付引当金
                           370,339    千円                        309,930    千円
       貸借対照表に計上された負債と資産                            貸借対照表に計上された負債と資産
                           370,339    千円                        309,930    千円
       の純額                            の純額
      (3)  退職給付に関連する損益                          (3)  退職給付に関連する損益

       簡便法で計算した退職給付費用                     37,725    千円    簡便法で計算した退職給付費用                     70,111    千円
      3. 確定拠出制度                           3. 確定拠出制度

       当社の確定拠出制度への要拠出額は、18,550千円であり                             当社の確定拠出制度への要拠出額は、24,533千円であり
      ました。                            ました。
     (税効果会計関係)

                  第23期                            第24期
              (2018年12月31日現在)                            (2019年12月31日現在)
      1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内                           1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内
      訳                            訳
       繰延税金資産                       千円     繰延税金資産                       千円
       固定資産                            固定資産
        未払事業税否認                       7,419       未払事業税否認                      10,672
        未払費用否認                      74,829       未払費用否認                      81,261
        親会社持分報酬制度負担額                      76,729       親会社持分報酬制度負担額                      94,241
        賞与引当金損金算入限度超過額                      158,627        賞与引当金損金算入限度超過額                      154,733
        貯蔵品                       1,000       貯蔵品                       1,745
        減価償却超過額                      25,093       減価償却超過額                      50,934
        退職給付引当金損金算入限度超過額                      111,431        退職給付引当金損金算入限度超過額                      92,934
                                    原状回復費用否認
        原状回復費用否認
                            11,282                            16,722
        長期繰延資産(移転支援金)                                                10,207
                                    長期繰延資産(移転支援金)
                            13,269
                              △1
        その他                               繰延税金資産小計
                                                       513,449
                                                       △16,722
         繰延税金資産小計                             将来減算一時差異における評価性引当額
                            479,678
                           △11,283                            496,727
       将来減算一時差異における評価性引当額                               繰延税金資産計
                            468,395
         繰延税金資産計
      2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率と                           2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率と

      の差異の原因となった主要な項目別の内訳                            の差異の原因となった主要な項目別の内訳
      法定実効税率                       30.6  %  法定実効税率                       30.6  %
      (調整)                            (調整)
        交際費・役員賞与等永久に損金に算入                            交際費・役員賞与等永久に損金に算入
                              6.1                            2.1
        されない項目                            されない項目
        評価性引当額取崩し                     1.3      評価性引当額取崩し                     0.4
                              0.7                            0.5
        その他                            その他
                             38.7                            33.6
        税効果会計適用後の法人税等の負担率                        %    税効果会計適用後の法人税等の負担率                        %
      (資産除去債務関係)

      第23期(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
       当社は、建物等の賃借契約において、建物所有者との間で定期建物賃貸借契約書を締結しており、賃借期間終了                                                        時に原

      状回復する義務を有しているため、法令及び契約上の義務に関して資産除去債務を計上しております。
                                44/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
       資産除去債務の見積りにあたり、使用見込期間は10年間としております。なお、当該賃貸借契約に関連する差入敷金が計
      上されているため、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち事業年度の負担に
      属する金額を費用計上し、直接減額しております。
      第24期(自2019年1月1日 至2019年12月31日)

       当社は、建物等の賃借契約において、建物所有者との間で定期建物賃貸借契約書を締結しており、賃借期間終了                                                       時に原

      状回復する義務を有しているため、法令及び契約上の義務に関して資産除去債務を計上しております。
       資産除去債務の見積りにあたり、使用見込期間は10年間としております。なお、当該賃貸借契約に関連する差入敷金が計
      上されているため、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち事業年度の負担に
      属する金額を費用計上し、直接減額しております。
      (関連当事者情報)

      第23期    (自2018年4月1日          至2018年12月31日)
      1.  関連当事者との取引

       親会社及び法人主要株主等

                            事業の    議決権等の
                        資本金又               関連当事者           取引金額        期末残高
      種類    会社等の名称         住所         内容又    所有(被所           取引の内容          科目
                        は出資金               との関係          (千円)        (千円)
                            は職業   有)割合(%)
                                             その他
                                       当社設定・
                                                 △317,804
         アライアンス・        アメリカ合衆国
                                            営業収益
                        4,115,546     投資顧    (被所有)      運用商品の
      親会社   バーンスタイン・        ニューヨーク州                                     未払金    155,459
                        千米ドル     問業    間接100.0       運用を
                                            諸経費の
         エル・ピー        ニューヨーク市
                                                  359,123
                                        再委託
                                             支払
      (注)1.上記金額は、取引金額及び期末残高ともに消費税等が含まれておりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         上記親会社との取引については、市場価格を参考に決定しております。
                                   議決権等の

                                事業の         関連当
                            資本金又        所有(被所              取引金額       期末残高
       種類     会社等の名称           住所          内容又         事者と    取引の内容          科目
                            は出資金        有)割合              (千円)       (千円)
                                は職業         の関係
                                    (%)
                    アメリカ合衆国
          アライアンス・バーン
                    デラウェア州            持株   (被所有)      資金の    資本再構築
      親会社    スタイン・ジャパン・                     -                   3,000,000      -    -
                   ニューキャッスル             会社   直接100.0     提供   につき増資
             インク
                     カウンティ
      (注)1.上記金額は、取引金額及び期末残高ともに消費税等が含まれておりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         上記親会社との取引については、株主総会の決議に基づき決定をしております。
                                  議決権等の

                          資本金又    事業の        関連当
                                  所有(被所             取引金額          期末残高
      種類     会社等の名称          住所     は出資金    内容又        事者と   取引の内容           科目
                                  有)割合             (千米ドル)         (千米ドル   )
                         (千米ドル   ) は職業        の関係
                                  (%)
                                          長期借入金          関係会社
         アライアンス・バーン
                                                18,000          18,000
                   アメリカ合衆国               (被所有)
                                          の借入          長期借入金
         スタイン・コーポレー                     持株        資金の
      親会社                    157,256
          ション・オブ・デラ                     会社        提供
                   ニューヨーク州
                                                   その他 
                                  直接100.0
                                          支払 利息        201          201
            ウェア
                   ニューヨーク市
                                                   未払金
      (注)1.上記金額は、取引金額及び期末残高ともに消費税等が含まれておりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         上記親会社との取引については、長期借入契約に基づき決定をしております。
                                45/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        3.  弊社の直接親会社であったアライアンス・バーンスタイン・ジャパン・インクの清算に伴い、同社の親会社であったアライアンス・バー
         ンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェアが2018年10月1日付で弊社の100%直接親会社となりました。なお変更後もアライアンス・
         バーンスタイン・エル・ピーが弊社の100%間接親会社であることには変わりはありません。
          また、2018年9月20日付に、資本再構築のため資本金1,500,000千円および資本準備金1,500,000千円の増資を行い、長期借入金につきまし
         ても、アライアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェアから借入を受け入れております。
      2.  親会社又は重要な関連会社に関する注記

      親会社情報

       アライアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェア(非上場)
       アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー(非上場)
       アクサ(ユーロネクスト証券取引所に上場)
      *  弊社の直接親会社であったアライアンス・バーンスタイン・ジャパン・インクの清算に伴い、同社の親会社であったアラ

      イアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェアが2018年10月1日付で弊社の100%直接親会社となりまし
      た。なお変更後もアライアンス・バーンスタイン・エル・ピーが弊社の100%間接親会社であることには変わりはありませ
      ん。
    第24期    (自2019年1月1日          至2019年12月31日)

      1.  関連当事者との取引

       親会社及び法人主要株主等

                            事業の    議決権等の
                        資本金又               関連当事者           取引金額        期末残高
      種類    会社等の名称         住所         内容又    所有(被所           取引の内容           科目
                        は出資金               との関係          (千円)        (千円)
                            は職業   有)割合(%)
                                            その他
                                      当社設定・
                                                 △1,671,139
         アライアンス・        アメリカ合衆国
                                            営業収益
                        4,215,426     投資顧    (被所有)      運用商品の
      親会社   バーンスタイン・        ニューヨーク州                                     未払金    171,135
                        千米ドル     問業    間接100.0       運用を
                                            諸経費の
         エル・ピー        ニューヨーク市
                                                  494,692
                                       再委託
                                             支払
      (注)1.上記金額は、取引金額及び期末残高ともに消費税等が含まれておりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         上記親会社との取引については、市場価格を参考に決定しております。
                                  議決権等の

                          資本金又    事業の        関連当
                                  所有(被所             取引金額          期末残高
      種類     会社等の名称          住所     は出資金    内容又        事者と   取引の内容           科目
                                  有)割合             (千米ドル)         (千米ドル   )
                         (千米ドル   ) は職業        の関係
                                  (%)
                                          長期借入金          関係会社
         アライアンス・バーン
                                                  -        18,000
                   アメリカ合衆国               (被所有)
                                          の借入          長期借入金
         スタイン・コーポレー                     持株        資金の
      親会社                    157,256
          ション・オブ・デラ                     会社        提供
                   ニューヨーク州
                                                   その他
                                  直接100.0
                                          支払 利息        713          199
            ウェア
                   ニューヨーク市
                                                   未払金
      (注)1.上記金額は、取引金額及び期末残高ともに消費税等が含まれておりません。
        2.取引条件及び取引条件の決定方針等
         上記親会社との取引については、長期借入契約に基づき決定をしております。
      2.  親会社又は重要な関連会社に関する注記

      親会社情報

       アライアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェア(非上場)
       アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー(非上場)
       アクサ・エクイタブル・ホールディングス・インク(ニューヨーク証券取引所に上場)
                                46/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (セグメント情報等)
      [セグメント情報]
       当社の報告セグメントは投信投資顧問業の一つであるため、記載を省略しております。
      [関連情報]

      第23期(自2018年4月1日 至2018年12月31日)
      1.  製品及びサービスごとの情報                                                ( 単位:千円)

                 委託者         運用受託         販売代行          その他          合計
                 報酬         報酬        手数料報酬          営業収益
       外部顧問への
        売上高          6,043,077           970,299          29,966        △315,181          6,728,161
      2.  地域ごとの情報

      (1)  売上高                                              (単位:千円)
              日本                   米国                  合計
                    7,045,965                  △317,804                  6,728,161
      (注)売上高は顧客の所在を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形固定資
      産の記載を省略しております。
      3.   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客からの営業収益のうち、本事業年度損益計算書の営業収益の10%超に該当する項目はございません。
      第24期(自2019年1月1日 至2019年12月31日)

      1.  製品及びサービスごとの情報                                                ( 単位:千円)

                 委託者         運用受託         販売代行          その他          合計
                 報酬         報酬        手数料報酬          営業収益
       外部顧問への
        売上高         10,610,896          1,175,012           44,467       △1,668,491          10,161,884
      2.  地域ごとの情報

      (1)  売上高                                              (単位:千円)
            日本              米国             その他              合計
               11,788,557             △1,663,507                36,834            10,161,884
      (注)売上高は顧客の所在を基礎とし、国又は地域に分類しております。
      (2)  有形固定資産

       本邦に所在している有形固定資産の金額が貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、地域ごとの有形固定資
      産の記載を省略しております。
      3.   主要な顧客ごとの情報

        外部顧客からの営業収益のうち、本事業年度損益計算書の営業収益の10%を超える相手先は、アライアンス・バーンス
       タイン・エル・ピー(投信投資顧問業)に対する△1,663,507千円となります。
      (1株当たり情報)

                                 第23期                  第24期
              項   目              ( 自2018年     4月  1日           ( 自2019年     1月  1日
                              至2018年12月31日)                  至2019年12月31日)
           1 株当たり純資産額                       111,522    円  39  銭           121,893    円  48  銭

                                47/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
           1 株当たり当期純利益                        38,307    円  79  銭           26,365    円  54  銭

                           なお、潜在株式調整後1株当たり当                  なお、潜在株式調整後1株当たり当

                         期純利益については、潜在株式が存                  期純利益については、潜在株式が存
                         在しないため記載しておりません。                  在しないため記載しておりません。
      (注)1株当たり当期純利益の算定上の基礎は以下のとおりであります。

                                 第23期                  第24期
              項   目              ( 自2018年     4月  1日           ( 自2019年     1月  1日
                              至2018年12月31日)                  至2019年12月31日)
           当期純利益(千円)                            530,027                  859,516

       普通株主に帰属しない金額(千円)                                   -                  -

        普通株式に係る当期純利益(千円)                               530,027                  859,516

          期中平均株式数(株)                             13,836                  32,600

      (重要な後発事象)

        該当事項はありません。
                                48/59













                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    中間財務諸表
    (1)中間貸借対照表
                                                第25期中間会計期間
                                                2020  年6月30日現在
                                                 (単位:千円)
     資産の部
      流動資産
       預金                                                2,317,411
       有価証券                                                2,003,382
       未収入金                                                  33,822
       未収委託者報酬                                                1,148,920
       未収運用受託報酬                                                  353,240
        差入保証金
                                                        5,994
        その他                                                74,510
                                                      5,937,279
           流動資産合計
      固定資産
       有形固定資産
        建物                                    ※2             827,035
        器具備品                                    ※2             247,919
       無形固定資産                                                   2,925
       投資その他の資産
        投資有価証券                                                  27,049
        長期差入保証金                                                  229,724
         繰延税金資産
                                                       431,459
                                                        21,198
        その他
                                                      1,787,309
           固定資産合計
                                                      7,724,588
      資産合計
     負債の部

      流動負債
       預り金                                                  25,223
       未払金
        未払手数料                                                  401,930
        その他未払金                                     ※1             782,801
       未払費用                                                  245,626
       未払法人税等                                                  162,844
       賞与引当金                                                  277,339
                                                        28,333
       前受収益
                                                      1,924,096
           流動負債合計
      固定負債
       退職給付引当金                                                  324,285
        関係会社長期借入金                                              1,941,930
                                                      2,266,215
           固定負債合計
                                                      4,190,311
      負債合計
     純資産の部
      株主資本
                                                      1,630,000
       資本金
       資本剰余金
                                                      1,500,000
        資本準備金
                                                      1,500,000
        資本剰余金合計
       利益剰余金
        その他利益剰余金
                                                       462,129
         繰越利益剰余金
                                                       462,129
         利益剰余金合計
                                                      3,592,129
       株主資本合計
        評価・換算差額等
                                                      △57,852
        その他有価証券評価差額金
                                                      △57,852
         評価・換算差額等合計
                                                      3,534,277
      純資産合計
                                49/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                                                      7,724,588
      負債・純資産合計
    (2)中間損益計算書

                                                第25期中間会計期間
                                                自  2020年1月      1日
                                                至  2020年6月30日
                                                 (単位:千円)
     営業収益
      委託者報酬                                                 7,072,102
      運用受託報酬                                                  636,837
                                                     △1,823,423
      その他営業収益                                     ※1
                                                      5,885,516
         営業収益合計
     営業費用

      支払手数料                                                 3,081,134
                                                       351,504
      その他
                                                      3,432,638
         営業費用合計
                                                      1,822,822
     一般管理費                                    ※2
                                                       630,056
     営業利益
       営業外収益
                                          ※3              22,617
                                                        38,303
       営業外費用                                   ※4
                                                       614,370
     経常利益
     特別損失
                                                         195
      固定資産除却損
                                                       614,175
     税引前中間純利益
                                                       126,977
       法人税、住民税及び事業税
                                                        65,268
      法人税等調整額
                                                       421,930
     中間純利益
                                50/59











                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
     [重要な会計方針]
    1.有価証券の評価基準及び評価方法

        有価証券(預金と同様の性格を有するもの)
          移動平均法による原価法により行っております。
        その他有価証券(時価のあるもの)
          中間決算日の市場価値等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移
          動平均法により算定)を採用しております。
    2.固定資産の減価償却の方法

     (1)有形固定資産(リース資産を除く)
         定額法により償却しております。
         なお、主な耐用年数は下記のとおりであります。
             建物                   2~10年
             器具備品               3~10年
     (2)無形固定資産(リース資産を除く)

         定額法により償却しております。なお、ソフトウェア(自社利用)については、社内における見込利用可
        能期間(5年)による定額法を採用しております。
     (3)リース資産

         リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しております。
    3.引当金の計上基準

     (1)賞与引当金
         役員及び従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当中間会計期間に見合う
        分を計上しております。
     (2)退職給付引当金

         役員及び従業員の退職給付に備えるため、「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用
        指針第25号)に定める簡便法(期末自己都合要支給額を退職給付債務とする方法)により、当中間会計期間
        末において発生していると認められる額を計上しております。
    4.その他中間財務諸表作成のための基本となる重要な事項

     (1)消費税等の会計処理
          消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式を採用しております。
     (2)外貨建の資産及び負債
          外貨建の資産・負債は、主として中間決算日の為替相場による円換算額を付しております。
    (中間貸借対照表関係)

    ※1 仮払消費税等及び仮受消費税等は相殺のうえ、金額的重要性が乏しいため、流動負債の「その他未払金」に

       含めて表示しております。
    ※2 第25期中間会計期間末(2020年6月30日現在)の有形固定資産の減価償却累計額は以下のとおりでありま

       す。
               建物                          275,762    千円

               器具備品                          143,369    千円
                                51/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    (中間損益計算書関係)
    ※1 その他営業収益のうち、△1,849,907千円につきましては、当社の親会社および海外グループ会社との

       移転価格契約に基づく投資顧問業取引に関する調整であります。
    ※2 第25期中間会計期間(自2020年1月1日 至2020年6月30日)の有形固定資産の減価償却実施額は、

       92,832   千円及び無形固定資産の減価償却実施額は、103千円であります。
    ※3 営業外収益のうち主要なものは、為替差益                          12,736千円および受取利息              9,386千円となります。

    ※4 営業外費用のうち主要なものは、支払利息                          38,303千円となります。

    (リース取引関係)

     第25期中間会計期間末(2020年6月30日現在)オペレーティング・リース取引(借主側)のうち解約不能のもの

    に係る未経過リース料は、以下のとおりであります。
               1年内                          264,498    千円

               1年超                          484,912    千円
                合計
                                         749,410    千円
    (金融商品関係)

     金融商品の時価等に関する事項

     第25期中間会計期間末(2020年6月30日現在)の、中間貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、

    以下のとおりであります。
                                                     (単位:千円)
                   中間貸借対照表計上額                   時価              差額
      預金                     2,317,411               2,317,411                  -
      有価証券                     2,003,382               2,003,382                  -
      未収入金                       33,822               33,822                 -
      未収委託者報酬                     1,148,920               1,148,920                  -
      未収運用受託報酬                      353,240               353,240                 -
      投資有価証券                       27,049               27,049                 -
      資産計                     5,883,824               5,883,824                  -
      未払手数料                      401,930               401,930                 -
      その他未払金                      782,801               782,801                 -
      未払費用                      245,626               245,626                 -
      未払法人税等                      162,844               162,844                 -
      関係会社長期借入金                     1,941,930               2,265,837               323,907
      負債計                     3,535,131               3,859,038               323,907
     (注1)金融商品時価の算定方法並びに有価証券に関する事項

       (1) 預金、未収入金、未収委託者報酬、未収運用受託報酬、未払手数料、その他未払金、

           未払費用、未払法人税等
           これらの金融商品については、短期間で決済されることから、時価は帳簿価額と近似しているため、
           当該帳簿価額によっております。
       (2) 有価証券
           有価証券につきましては、短期間で決済されるため、時価は帳簿価額とほぼ等しいことから、当該帳
           簿価額によっております。
      (3) 投資有価証券
          投資有価証券については、証券投資信託の基準価額によっております。
                                52/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
      (4) 関係会社長期借入金
          関係会社長期借入金の時価については、固定金利によるものは元利金の合計額を同様の新規借入を
           行った場合に想定される利率で割り引いて算定する方法によっております。
     (注2)長期差入保証金(中間貸借対照表計上額 229,724千円)は、市場価格がなく、かつ将来キャッシュ・

          フローを見積ること等ができず、時価を把握することが極めて困難と認められるため、上表には含めて
          おりません。
    (有価証券関係)

     第25期中間会計期間末(2020年6月30日現在)中間貸借対照表計上額が、取得原価を超えない

    投資有価証券は、以下のとおりであります。
               中間貸借対照表計上額                           27,049   千円

               取得原価                           30,000   千円
                差額
                                         △2,951    千円
     有価証券のうち2,003,382千円は預金と同様の性格を有するため、取得原価をもって中間貸借対照表計上額とし

     ているため、上表には含めておりません。
    (資産除去債務関係)

     第25期中間会計期間(自2020年1月1日 至2020年6月30日)

     当社は、建物等の賃借契約において、建物所有者との間で定期建物賃貸借契約書を締結しており、賃借期間終了

    時に原状回復する義務を有しているため、法令及び契約上の義務に関して資産除去債務を計上しております。
     資産除去債務の見積りにあたり、使用見込期間は10年間としております。なお、当該賃貸借契約に関連する差入
    敷金が計上されているため、当該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち
    当中間会計期間の負担に属する金額を費用計上し、直接減額しております。
    (セグメント情報等)

     第25期中間会計期間(自2020年1月1日 至2020年6月30日) 

    1.セグメント情報

       当社の報告セグメントは投信投資顧問業の一つであるため、記載を省略しております。
    2.関連情報

     (1)製品及びサービスごとの情報
         製品及びサービスごとに分類した売上は、以下のとおりであります。
               委託者報酬                          7,072,102     千円

               運用受託報酬                           636,837    千円
               その他営業収益                        △1,823,423千円
                合計
                                         5,885,516     千円
     (2)地域ごとの情報

         ①営業収益
          顧客の所在を基礎とし、国又は地域に分類した売上は、以下のとおりであります。
                                53/59

                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
               日本                          7,709,740     千円

               米国                         △1,846,647千円
               その他                            22,423   千円
                合計
                                          5,885,516     千円
         ②有形固定資産

         本邦に所在している有形固定資産の金額が中間貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超える
         ため、地域ごとの有形固定資産の記載を省略しております。
    (3)主要な顧客ごとの情報

        外部顧客からの営業収益のうち、中間損益計算書の営業収益の10%超える相手先は、アライアンス・バー
        ンスタイン・エル・ピー(投信投資顧問業)に対する△1,846,647千円となります。
    (1株当たり情報)

     第25期中間会計期間(自2020年1月1日 至2020年6月30日)

               1株当たり純資産額                         108,413    円40銭

               1株当たり中間純利益                          12,942   円66銭

      (注)1.      潜在株式調整後1株当たり中間純利益については、潜在株式がないため、記載しておりません。

         2.   1株当たり中間純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
               中間純利益                          421,930    千円

               普通株主に帰属しない金額                                -
               普通株式に係る中間純利益                          421,930    千円
               期中平均株式数                            32,600   株
    (重要な後発事象)

     該当事項はありません。

                                54/59








                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    4【利害関係人との取引制限】
       委託会社は、金融商品取引法の定めるところにより、利害関係人との取引について、次に掲げる行為が禁止さ
      れています。
      (1)  自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の
       保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内
       閣府令で定めるものを除きます。)。
      (2)  運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(投資者の保護に欠け、若しくは取引

       の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれがないものとして内閣府令で定めるものを除き
       ます。)。
      (3)  通常の取引の条件と異なる条件であって取引の公正を害するおそれのある条件で、委託会社の親法人等(委

       託会社の総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を有する
       法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下(4)(5)において同じ。)又は子法人
       等(委託会社が総株主等の議決権の過半数を保有していることその他の当該金融商品取引業者と密接な関係を
       有する法人その他の団体として政令で定める要件に該当する者をいいます。以下同じ。)と有価証券の売買そ
       の他の取引又は店頭デリバティブ取引を行うこと。
      (4)  委託会社の親法人等又は子法人等の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の

       額若しくは市場の状況に照らして不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと。
      (5)  上記(3)(4)に掲げるもののほか、委託会社の親法人等又は子法人等が関与する行為であって、投資者の保護

       に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれのあるものとして内閣府
       令で定める行為。
    5【その他】

      (1)  定款の変更、事業譲渡または事業譲受、出資の状況その他の重要事項
        該当事項はありません。
      (2)  訴訟事件その他の重要事項

         訴訟事件その他委託会社等に重要な影響を及ぼした事実及び重要な影響を及ぼすことが予想される事実は
        ありません。
                                55/59








                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
    第2【その他の関係法人の概況】
    1【名称、資本金の額及び事業の内容】
      (1)  受託会社
        名   称:三菱UFJ信託銀行株式会社
        資本金の額:       324,279百万円(2020年3月末現在)
        事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むと共に、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託
               業務を営んでいます。
       <再信託受託会社>
        名   称:日本マスタートラスト信託銀行株式会社
        資本金の額:       10,000百万円(2020年3月末現在)
        事業の内容:銀行法に基づき銀行業を営むと共に、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律に基づき信託
               業務を営んでいます。
      (2)  販売会社

        販売会社の名称、資本金の額及び事業の内容は以下のとおりです。
                                     資本金の額
                   名 称                               事業の内容
                                   (2020   年3月末現在)
        株式会社三菱UFJ銀行                            1,711,958     百万円

                                              銀行法に基づき銀行業を営
                                              んでいます。
        株式会社北陸銀行                             140,409百万円
        三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社                              40,500   百万円

                                              「金融商品取引法」に定め
                                              る第一種金融商品取引業を
                                              営んでいます。
        ワイエム証券株式会社                              1,270百万円
      (3)  投資顧問会社

                                      資本金の額
               名   称                                        事業の内容
                                   (2019年12月末現在)
                                    *
                           40 億17百万米ドル         (約4,401億円)
         アライアンス・バーンスタイン・
                           米ドルの邦貨換算レートは、1米ドル=109.56円(                        2019
         エル・ピー
                           年12月30日の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電信売買
                           相場の仲値)によります。
                           19 百万英ポンド(約28億円)
                           英ポンドの邦貨換算レートは、1英ポンド=                      143.48   円
         アライアンス・バーンスタイン・
                           ( 2019  年12月30日の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電
         リミテッド
                                                      投資運用業
                           信売買相場の仲値)によります。
                                                      務を営んで
                           9 百万オーストラリアドル(約7億円)
                                                      います。
                           オーストラリアドルの邦貨換算レートは、1オーストラ
         アライアンス・バーンスタイン・
                           リアドル=     76.52   円(  2019  年12月30日の株式会社三菱UF
         オーストラリア・リミテッド
                           J銀行の対顧客電信売買相場の仲値)によります。
                           80 百万香港ドル(約11億円)
                           香港ドルの邦貨換算レートは、1香港ドル=                       14.07   円
         アライアンス・バーンスタイン・
                           ( 2019  年12月30日の株式会社三菱UFJ銀行の対顧客電
         香港・リミテッド
                           信売買相場の仲値)によります。
       *出資者に帰属するパートナー資本を記載しています。
    2【関係業務の概要】

      (1)  受託会社の業務
        当ファンドの受託会社として信託財産の保管・管理・計算等を行います。
      (2)  販売会社の業務

                                56/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
        当ファンドの取扱販売会社として、受益権の募集・販売の取扱い、一部解約の請求の受付け、収益分配金の
       再投資ならびに収益分配金、償還金、一部解約金の支払いの取扱い等を行います。
      (3)  投資顧問会社の業務

        当ファンドの投資顧問会社として、委託会社との信託財産の運用の指図に関する権限(国内余剰金の運
       用の指図を除きます。)の委託契約に基づき、信託財産の運用の指図を行います。
    3【資本関係】

        アライアンス・バーンスタイン・コーポレーション・オブ・デラウェアは委託会社の全株を保有し、同社お
       よび、アライアンス・バーンスタイン・リミテッド、アライアンス・バーンスタイン・オーストラリア・リミ
       テッド、アライアンス・バーンスタイン・香港・リミテッドは、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピー
       の実質的な子会社です。
    第3【その他】

      (1)  目論見書の表紙または表紙裏に以下の内容を記載することがあります。
        ①ロゴ・マークや写真、イラスト、キャッチコピー、図案等
        ②金融商品取引法第13条の規定に基づく目論見書である旨
        ③金融商品取引業者登録番号等の委託会社情報
        ④委託会社のホームページのアドレス等
        ⑤請求目論見書の入手方法および投資信託約款が請求目論見書に掲載されている旨
        ⑥目論見書の使用開始日
        ⑦有価証券届出書の届出の効力に関する事項
        ⑧ファンドの基本的性格等
        ⑨当ファンドの商品内容に関して重大な変更を行う場合には、投資信託及び投資法人に関する法律に基づき
         事前に投資者(受益者)の意向を確認する手続きを行う旨
        ⑩投資信託の財産は受託会社において信託法に基づき分別管理されている旨
        ⑪請求目論見書は投資者の請求により販売会社から交付される旨および当該請求を行った場合にはその旨の
         記録をしておくべきである旨
        ⑫「ご購入に際しては、本書の内容を十分にお読みください。」との趣旨を示す記載
      (2 ) 請求目論見書表紙裏に以下の内容を記載することがあります。

        ①投資信託は預金等や保険契約と異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象ではない旨
        ②登録金融機関で投資信託を購入した場合は、投資者保護基金の支払いの対象にならない旨
        ③投資信託は金融商品等に投資するため、投資元本は保証されない旨
        ④投資信託の収益や投資利回り等は未確定であり、ファンドの信託財産に生じた利益及び損失は全て受益者
         に帰属する旨
      (3)  目論見書の別称として、「投資信託説明書」と称して使用する場合があります。また、ファンドの名称につ

        いて略称を追加記載する場合があります。
      (4)  目論見書に、届出書の記載内容を説明する図表等を記載することがあります。

      (5)  目論見書は電子媒体等として使用される他、インターネット等に掲載されることが                                          あります     。

      (6)  請求  目論見書に信託約款を掲載することがあります。

      (7)  交付目論見書に記載する運用実績は、適宜更新することがあります。

                                57/59


                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                  独 立 監 査 人 の 監 査 報 告 書
                                                   2020年3月13日

      アライアンス・バーンスタイン株式会社

      取 締 役 会 御 中
                         PwCあらた有限責任監査法人

                          指定有限責任社員
                                    公認会計士 大 畑 茂
                          業務執行社員
     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状


    況」に掲げられているアライアンス・バーンスタイン株式会社の2019年1月1日から2019年12月31日までの第24期事
    業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針及びその他の注記
    について監査を行った。
    財務諸表に対する経営者の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に
    表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために
    経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
    監査人の責任
     当監査法人の責任は、当監査法人が実施した監査に基づいて、独立の立場から財務諸表に対する意見を表明するこ
    とにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の
    基準は、当監査法人に財務諸表に重要な虚偽表示がないかどうかについて合理的な保証を得るために、監査計画を策
    定し、これに基づき監査を実施することを求めている。
     監査においては、財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するための手続が実施される。監査手続は、当
    監査法人の判断により、不正又は誤謬による財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて選択及び適用され
    る。財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、当監査法人は、リスク
    評価の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、財務諸表の作成と適正な表示に関連する内部
    統制を検討する。また、監査には、経営者が採用した会計方針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積
    りの評価も含め全体としての財務諸表の表示を検討することが含まれる。
     当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
    監査意見
     当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、アラ
    イアンス・バーンスタイン株式会社の2019年12月31日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績
    をすべての重要な点において適正に表示しているものと認める。
    利害関係
     会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
    (注)    1.  上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管してお

          ります。
        2.  XBRL  データは監査の対象には含まれていません。
                                58/59





                                                          EDINET提出書類
                                              アライアンス・バーンスタイン株式会社(E12480)
                                                有価証券届出書(内国投資信託受益証券)
                独 立 監 査 人 の 中 間 監 査 報 告 書

                                                  2020年9月18日

     アライアンス・バーンスタイン株式会社

      取 締 役 会 御 中
                         PwCあらた有限責任監査法人

                          指定有限責任社員
                                   公認会計士  大 畑   茂
                          業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「委託会社等の経理状


     況」に掲げられているアライアンス・バーンスタイン株式会社の2020年1月1日から2020年12月31日までの第25期
     事業年度の中間会計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)に係る中間財務諸表、すなわち、中間貸借対
     照表、中間損益計算書、重要な会計方針及びその他の注記について中間監査を行った。
     中間財務諸表に対する経営者の責任
      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に準拠して中間財務諸表
     を作成し有用な情報を表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない中間財務諸表を
     作成し有用な情報を表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任
      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した中間監査に基づいて、独立の立場から中間財務諸表に対する意見を
     表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる中間監査の基準に準拠して中間
     監査を行った。中間監査の基準は、当監査法人に中間財務諸表には全体として中間財務諸表の有用な情報の表示に
     関して投資者の判断を損なうような重要な虚偽表示がないかどうかの合理的な保証を得るために、中間監査に係る
     監査計画を策定し、これに基づき中間監査を実施することを求めている。
      中間監査においては、中間財務諸表の金額及び開示について監査証拠を入手するために年度監査と比べて監査手
     続の一部を省略した中間監査手続が実施される。中間監査手続は、当監査法人の判断により、不正又は誤謬による
     中間財務諸表の重要な虚偽表示のリスクの評価に基づいて、分析的手続等を中心とした監査手続に必要に応じて追
     加の監査手続が選択及び適用される。中間監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものでは
     ないが、当監査法人は、リスク評価の実施に際して、状況に応じた適切な中間監査手続を立案するために、中間財
     務諸表の作成と有用な情報の表示に関連する内部統制を検討する。また、中間監査には、経営者が採用した会計方
     針及びその適用方法並びに経営者によって行われた見積りの評価も含め中間財務諸表の表示を検討することが含ま
     れる。
      当監査法人は、中間監査の意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     中間監査意見
      当監査法人は、上記の中間財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる中間財務諸表の作成基準に
     準拠して、アライアンス・バーンスタイン株式会社の2020年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する中
     間会計期間(2020年1月1日から2020年6月30日まで)の経営成績に関する有用な情報を表示しているものと認め
     る。
     利害関係
      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                    以    上
     (注)1.     上記は中間監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社が別途保管し

          ております。
        2.  XBRL  データは中間監査の対象には含まれていません。
                                59/59



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク