ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社 四半期報告書 第40期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)

提出書類 四半期報告書-第40期第2四半期(令和2年7月1日-令和2年9月30日)
提出日
提出者 ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
カテゴリ 四半期報告書

                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    【表紙】
     【提出書類】                   四半期報告書

     【根拠条文】                   金融商品取引法第24条の4の7第1項
     【提出先】                   関東財務局長
     【提出日】                   2020年11月12日
     【四半期会計期間】                   第40期第2四半期(自 2020年7月1日 至 2020年9月30日)
     【会社名】                   ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社
     【英訳名】                   WILSON    LEARNING     WORLDWIDE     INC.
     【代表者の役職氏名】                   代表取締役副社長  大谷 彰一
     【本店の所在の場所】                   東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
     【電話番号】                   03(6381)0234
     【事務連絡者氏名】                   執行役員グローバルコーポレート本部 本部長  渡壁 淳司
     【最寄りの連絡場所】                   東京都港区虎ノ門二丁目10番1号
     【電話番号】                   03(6381)0234
     【事務連絡者氏名】                   執行役員グローバルコーポレート本部 本部長  渡壁 淳司
     【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                 1/22













                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    第一部【企業情報】
    第1【企業の概況】
     1【主要な経営指標等の推移】
                              第39期           第40期
              回次               第2四半期           第2四半期            第39期
                            連結累計期間           連結累計期間
                           自2019年4月1日           自2020年4月1日           自2019年4月1日

             会計期間
                           至2019年9月30日           至2020年9月30日           至2020年3月31日
                     (千円)           1,101,678            502,379          2,408,150

     売上高
     経常損失(△)                (千円)           △ 285,574          △ 545,293          △ 515,802
     親会社株主に帰属する四半期(当
                     (千円)           △ 260,418          △ 554,722          △ 828,562
     期)純損失(△)
                     (千円)           △ 316,823          △ 578,096          △ 876,645
     四半期包括利益又は包括利益
                     (千円)           2,247,706           1,109,744           1,687,841
     純資産額
                     (千円)           3,009,398           1,979,215           2,540,760
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純損失
                      (円)           △ 50.53          △ 107.63          △ 160.76
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -           -
     (当期)純利益
                      (%)             74.7           56.1           66.4
     自己資本比率
     営業活動による
                     (千円)            66,542          △ 327,525          △ 246,217
     キャッシュ・フロー
     投資活動による
                     (千円)           △ 84,214           12,768          △ 145,343
     キャッシュ・フロー
     財務活動による
                     (千円)           △ 39,053           176,510           △ 72,013
     キャッシュ・フロー
     現金及び現金同等物の四半期末
                     (千円)           1,831,999           1,280,144           1,425,240
     (期末)残高
                              第39期           第40期

              回次               第2四半期           第2四半期
                            連結会計期間           連結会計期間
                           自2019年7月1日           自2020年7月1日

             会計期間
                           至2019年9月30日           至2020年9月30日
     1株当たり四半期純損失           (△)      (円)           △ 25.61          △ 44.87

     (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益については、1株当たり四半期(当期)純損失であり、ま
           た、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
     2【事業の内容】

       当第2四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
      な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                 2/22




                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    第2【事業の状況】
     1【事業等のリスク】
       当第2四半期連結累計期間において新たに発生した事業等のリスクは、次のとおりであります。
       なお、文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において当社グループ(当社及び連結子会
      社)が判断したものであります。
        継続企業の前提に関する重要事象等

         当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、重要な営業損失、経常損失及び親会社株主に
        帰属する当期純損失、重要なマイナスの営業キャッシュ・フローを計上しました。また、当第2四半期連結累計期
        間においても、売上高が著しく減少し、重要な                     営業損失551,164千円          、 経常損失545,293千円          、 親会社株主に帰属す
        る四半期純損失554,722千円             、重要なマイナスの営業キャッシュ・フロー                    327,525千円      を計上しました。また、今後
        追加の運転資金が必要になることが想定されますが、現時点では金融機関等からの新たな資金調達について確実な
        見通しが得られている状況にはありません。これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるよう
        な事象又は状況が存在しております。当該事象又は状況を解消するために、下記の対応策を実施しておりますが、
        当社グループの対応策は実施途上にあり、今後の事業進捗や追加的な資金調達の状況等によっては、当社の資金繰
        りに重要な影響を及ぼす可能性があるため、継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在するものと認識してお
        ります。
        事業等のリスクに記載した重要事象等を解消するための対応策

         当社グループは、上記に記載のとおり、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しておりま
        す。当該事象又は状況を解消するための対応策として、当社グループは以下の施策を実施してまいります。
        ①収益構造の改善

        ・高収益化体質の確立に向け、営業要員の早期戦力化を図り、利益率の高いライセンス型の案件の提案に引続き注
         力してまいります。
        ・アフターコロナ時代の新しい研修スタイルを睨んだWebマーケティング投資、リーダーシップ領域、オンライン
         研修領域における新規商品群への開発投資を積極的に推進しております。既に、国内外において複数のお客様に
         向けたオンライン研修やアセスメントサービスを実施しているほか、2020年5月には、顧客ニーズの高い、オン
         ライン研修を実施するインストラクターのための「オンライン研修インストラクター育成コース」を含む4種類
         の公開型オンライン研修をリリースしました。さらに、リリース済のカードゲーム型研修等のオンライン化の取
         り組みにより、収益機会の拡大を図ってまいります。
        ・販売費及び一般管理費について、人件費や業務委託費の見直しを行い、本社移転(2020年1月実施済)等により
         諸経費削減を推進してまいります。
        ②財務基盤の安定化

         当社グループは、運転資金及び開発投資資金の安定的な確保と維持に向け、グループ内の資金を最大限に有効活
        用してまいります。また、新型コロナウイルス感染症に関連する各国政府・自治体の資金融資の申込や、雇用助成
        金等の受領を進めており、運転資金の改善に努めております。また、金融機関に対しても、新規の資金融資交渉を
        行っております。
         なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、このような継続企業の前提に関する重要な不

        確実性の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                 3/22






                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
     2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       文中の将来に関する事項は、当四半期報告書提出日現在において判断したものであります。
      (1)財政状態及び経営成績の状況
          当第2四半期連結累計期間における国内経済は、新型コロナウイルスの感染拡大による2020年4月の「緊急事
         態宣言」の発令や各自治体による自粛要請以降減退をしておりましたが、緩やかな回復傾向にあります。グロー
         バル全体における経済活動へは大きな影響を及ぼしており、また感染第3波への警戒もあり世界経済の先行きは
         引続き非常に不透明な状況となっております。
          人材育成業界におきましても、人が物理的に集合しての企業研修の凍結が多発し、また経済の減速による研修
         予算の縮小や計画の見直しの傾向が続きました。
          国内におきましては、8月から9月以降の企業研修市場は回復傾向にありますが、グローバル全体では人材育
         成計画の凍結傾向は継続しております。
          一方、オンラインでの研修ニーズが非常に高まり、研修コンテンツは同期型、非同期型のオンライン化への急
         速な変化を遂げております。そのため、日本におけるiCTビジネスは、「緊急事態宣言」等の影響を受けず比較
         的堅調に推移をいたしました。
          グループ全体としても、短期間でこの変化に対応する商品開発を行いました。
          日本及び米国での当第2四半期連結累計期間の開発実績は下記となります。
          国内
           ・2020年5月には、顧客ニーズの高い、オンライン研修を実施するインストラクターのための「オンライン
            研修インストラクター育成コース」を含む4種類の公開型オンライン研修をリリースしました。
           ・2020年8月に、営業メンバーをコーチする上司に対するオンラインアセスメント「A-SPC(アスパッ
            ク)」をリリースしました。
           ・2020年10月に、オンラインでの実施に最適化した、集合研修では最も定評のある主力3コースの提供を開
            始しました。
           ・2020年2月にリリースし、市場評価が非常に高評価であった「価値創造リーダーシップカードゲーム」の
            オンライン版のリリース(2020年11月1日)等によりオンライン商品群での収益機会の拡大を図ってまい
            ります。
          海外
           ・オンライン協働学習プラットフォーム(LXP)として、スタンフォード大学ソーシャルアルゴリズム研究
            所発のベンチャー企業           NovoEd    Inc社をビジネスパートナーに選定し「カウンセラー                         セールスパーソ
            ン/LXP(英語版)」を、2020年9月にリリースしました。今後このプラットフォーム上で、LXP版のオン
            ラインコースを順次展開していく予定であります。
          これらの商品リリースにより、ワールドワイドでオンライン研修の比重をさらに高めていく計画としておりま
         す。
          しかしながら、グローバル全体では、集合型研修の停止の影響が大きく、当第2四半期連結累計期間において
         は、グループ全体で減収になり、営業損失を計上いたしました。
         ①財政状態

         (イ)   流動資産
           当第   2 四半期連結会計期間末における流動資産の残高は、                        16億2千9百万円        (前連結会計年度末は21億7千
          9百万円)となり、5億4千9              百 万円減少しました。これは、主に現金及び預金の減少1億4千6百万円、受
          取手形及び売掛金の減少           2億7   千万円があったことによるものです。
         (ロ)   固定資産
           当第   2 四半期連結会計期間末における固定資産の残高は、                        3億4千9百万円        (前連結会計年度末は3億6千
          1百万円)となり、         1千1百万円減少        しました。これは、主に           建物及び構築物(純額)の減少4百万円、投資
          有価証券の減少7百万円           があったことによるものです。
         (ハ)   流動負債
           当第   2 四半期連結会計期間末における流動負債の残高は、                        5億9千2百万円        (前連結会計年度末は6億5千
          3百万円)となり、6          千1百万円     減少しました。これは、主に短期借入金の増加1億7百万円がありました
          が、買掛金の減少4千8百万円、未払金の減少9千5百万円があったことによるものです。
         (ニ)   固定負債
           当第   2 四半期連結会計期間末における固定負債の残高は、                        2億7千7百万円        (前連結会計年度末は1億9千
          9百万円)となり、7千7百万円増加しました。これは、主に長期借入金の増加8千9百万円があったことに
          よるものです。
                                 4/22



                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
         (ホ)   純資産
           当第   2 四半期連結会計期間末における純資産の残高は、                      11億9百万円      (前連結会計年度末は16億8千7百万
          円)となり、5億7千8百万円減少しました。これは、親会社株主に帰属する四半期純損失の計上等による利
          益剰余金の減少5億5千4百万円があったことによるものです。
         ②経営成績

          当第2四半期連結累計期間における連結業績は、売上高                           5億2百万円      (前年同期比54.4%減)、営業              損失5億
         5千1百万円      (前年同期は2億7千3百万円の営業損失)、経常                        損失5億4千5百万円          (前年同期は2億8千5
         百万円の経常損失)となっております。また親会社株主に帰属する四半期純                                   損失は5億5千4百万円           (前年同期
         は2億6千万円の親会社株主に帰属する四半期純損失)となりました。
          セグメントの経営成績は、次のとおりであります。

         (イ)   国内
           日本では、8月から9月にかけて企業のオンラインによる研修実施が回復基調にありましたが、集合研修
          の延期や凍結が相次いだ影響で、売上高は前年同期を大きく下回りました。また、グループ会社の売上が減
          少した影響で、ロイヤリティ収入も引続き減少しております。iCT分野は比較して堅調に推移をいたしまし
          た。販売管理費については、オフィスの移転効果による家賃の減少やテレワーク化での交通費節減等により
          経費の節減に努めました。
           この結果、売上高2億6千4百万円(前年同期比49.2%減)、営業損失2億8千1百万円(前年同期は1
          億2千9百万円の営業損失)となりました。
         (ロ)   北米
           米国では、引続き新型コロナウイルスの感染拡大が顕著であり、企業研修市場に大きな影響を与えまし
          た。しかしながら、顧客企業の人材育成計画は緩やかに回復基調にあり、下半期に向けてのオンライン研修
          の提案機会も増加しております。販売管理費については、人件費を中心に節減をしております。
           この結果、売上高2億7千9百万円(前年同期比53.6%減)、営業損失2億3百万円(前年同期は1億2
          千8百万円の営業損失)となりました。
         (ハ)   欧州
           ウィルソン・ラーニング             ヨーロッパ(英国)及びウィルソン・ラーニング                       フランスは、継続して新型コ
          ロナ感染症による教室研修実施の凍結の影響を受けておりますが、他セグメントに比較してオンライン研修
          の実施が増加しており、顧客との商談も増加傾向にありました。
           この結果、売上高8千6百万円(前年同期比47.2%減)、営業損失2千1百万円(前年同期は9百万円の
          営業利益)となりました。
         (ニ)   中国
           中国では、新型コロナウイルスの感染収束が見られ経済活動が回復したこと及び営業パイプラインが増加
          基調にあったため、売上は他セグメントに比較して堅調な結果となり、前年同期比を上回りました。
           また、香港での人員削減を行い人件費の節減をいたしましたが、退職にかかる経費により販売管理費が一
          時的に増加しております。
           この結果、売上高4千2百万円(前年同期比15.5%増)、営業損失1千7百万円(前年同期は1千9百万
          円の営業損失)となりました。
         (ホ)   アジア・パシフィック
           インドでは、長期間のロックダウンの影響及び、オンライン研修に対するマーケットの違いにより、販売
          活動が引続き停滞しました。また、オーストラリアも、ロックダウンの影響が大きく売上高は前年同期を大
          幅に下回りました。アジアでは、グループ間売上が減少いたしました。
           この結果、売上高1千6百万円(前年同期比77.0%減)、営業損失3千6百万円(前年同期は1千8百万
          円の営業損失)となりました。
                                 5/22





                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
      (2)キャッシュ・フローの状況
         当第2四半期連結会計期間末における連結ベースの現金及び現金同等物(以下「資金」という)は、前連結会計
        年度末に比べ1億4千5百万円減少し、12億8千万円となりました。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間において営業活動の結果減少した資金は、3億2千7百万円(前第2四半期連結累計
        期間は6千6百万円の資金の増加)となりました。この主な理由は、収入として売上債権の減少2億6千5百万円
        等がありましたが、支出として税金等調整前四半期純損失5億5千3百万円を計上し、仕入債務の減少4千6百万
        円等があったことによるものです。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間において投資活動の結果増加した資金は、1千2百万円(前第2四半期連結累計期間
        は8千4百万円の資金の減少)となりました。この主な理由は、支出として                                   資産除去債務の履行による支出              8千6
        百万円等がありましたが、収入として敷金及び保証金の回収による収入9千9百万円等があったことによるもので
        す。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
         当第2四半期連結累計期間において財務活動の結果増加した資金は、1億7千6百万円(前第2四半期連結累計
        期間は3千9百万円の資金の減少)となりました。これは、                            短期借入れによる収入          1億7百万円、       長期借入れによ
        る収入   1億円があったことによるものです。
      (3)経営方針・経営戦略等

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りません。
      (4)優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第2四半期連結累計期間において、当社グループが優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題について重要
        な変更はありません。
      (5)研究開発活動

         当第2四半期連結累計期間におけるグループ全体の研究開発費の金額は41                                  百万円   となっております。
         なお、当第2四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      (6)生産、受注及び販売の実績

         当第2四半期連結累計期間においては、販売実績が前年同期比54.4%減少しております。これは主に新型コロナ
        ウイルス感染症の世界的な急拡大による緊急事態宣言やロックダウン、及びその後の企業の研修実施計画の凍結・
        延期により、各国において主要事業である集合研修の実施が不可能になったためであります。
         なお、当社グループは主に人材育成事業を行っているため、生産及び受注に関しては該当事項がありません。
                                 6/22









                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
      (7)資本の財源及び資金の流動性についての分析
         当社は、以下のように新型コロナウイルスに関連する各国政府・自治体の資金融資等の申込を進めており、運転
        資金の改善に努めております。(実際の融資の可否、金額や時期について、現時点では未確定の申請も含めており
        ます。)
         ウィルソン・ラーニングワールドワイド株式会社において申請した融資の内、「感染症対応緊急融資(一般)」
        は2020年7月において80百万円、「感染症対応緊急融資(全国制度 セーフティネット4号)」は、2020年9月に
        おいて20百万円、それぞれ融資が確定し、入金が完了しております。現在申請中の融資は、「新型コロナウイルス
        感染症に関する特別相談窓口に係る制度融資」110百万円であります。
         また、ウィルソン・ラーニング               コーポレーション(米国)、ウィルソン・ラーニング                         ワールドワイド        インク
        (米国)において申請した雇用助成金※については2020年4月において、合計$1,015,750を既に受領済みでありま
        す。
        ※四半期連結貸借対照表上は短期借入金として表示しておりますが、給与の支払いなど指定された用途に使用した
         場合には返済不要となる見込みです。
      (8)重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         当第2四半期連結累計期間において、前連結会計年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経
        営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析」中の重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載につ
        いて重要な変更はありません。
         ただし、当連結会計年度は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、日本、米国、欧州、中国、インド、オース
        トラリア等、当社グループの全ての拠点において、集合研修の凍結、減少の状態が続いており、研修のカスタマイ
        ズ納品、ライセンス売上、iCTビジネス領域の商品やオンライン研修を除き、売上高の減少等が想定されます。財
        務諸表の作成に当たっては、新型コロナウイルス感染拡大の影響が2020年9月まで続き、2020年10月以降当連結会
        計年度末に向けて緩やかに回復すると仮定し、見積り及び予測を行っておりますが、現時点で全ての影響について
        合理的に見積り及び予測を行うことは困難な状況であるため、収束時期等によって変動する可能性があります。
     3【経営上の重要な契約等】

       当第2四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                 7/22











                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    第3【提出会社の状況】
     1【株式等の状況】
      (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                 種類                       発行可能株式総数(株)
                普通株式                                 17,230,720

                  計                                17,230,720

        ②【発行済株式】

              第2四半期会計期間末
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年11月12日)
              (2020年9月30日)                            取引業協会名
                                          東京証券取引所
                                          JASDAQ
                   5,154,580             5,154,580
     普通株式                                               単元株式数100株
                                         (スタンダード)
                   5,154,580             5,154,580             -          -
        計
      (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
      (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

          該当事項はありません。
      (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                  発行済株式       発行済株式        資本金       資本金      資本準備金       資本準備金
         年月日         総数増減数        総数残高        増減額        残高       増減額        残高
                   (株)       (株)       (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
     2020年7月1日~
                      -    5,154,580           -     722,698          -     557,452
     2020年9月30日
                                 8/22









                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
      (5)【大株主の状況】
                                                  2020年9月30日現在
                                                   発行済株式(自己
                                                   株式を除く。)の
                                           所有株式数
                                                   総数に対する所有
         氏名又は名称                    住所
                                           (千株)
                                                   株式数の割合
                                                   (%)
                                              906         17.58

     森 捷三               東京都千代田区
                    兵庫県神戸市東灘区西岡本2-7-2-1121                          750         14.57

     サンウッド株式会社
                                              520         10.09

     秋元 利規               東京都小平市
                    東京都千代田区大手町1-3-7                          360         7.00

     株式会社日本経済新聞社
                    東京都港区虎ノ門1-23-1                          200         3.90

     株式会社ジャフコ
                                              140         2.72

     水元 公仁               東京都新宿区
                    東京都港区六本木1-6-1                          125         2.44

     株式会社SBI証券
                                              121         2.35

     吉川 直樹               東京都港区
                    東京都千代田区丸の内1-1-2                           86         1.67

     株式会社三井住友銀行
                                              66         1.28

     永井 宏親               静岡県袋井市
                             -                3,277          63.59

           計
     (注)株式会社ジャフコは、2020年10月1日付でジャフコ                            グループ株式会社に商号変更しております。
      (6)【議決権の状況】

        ①【発行済株式】
                                                  2020年9月30日現在
                        株式数(株)           議決権の数(個)
            区分                                        内容
                                -            -        -

     無議決権株式
     議決権制限株式(自己株式等)                           -            -        -
     議決権制限株式(その他)                           -            -        -

     完全議決権株式(自己株式等)                          500             -        -

                     普通株式
     完全議決権株式(その他)                       5,150,800              51,508          -
                     普通株式
                              3,280              -        -
     単元未満株式                普通株式
                            5,154,580                -        -
     発行済株式総数
                                -          51,508          -
     総株主の議決権
     (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、証券保管振替機構名義の株式が、100株(議決権の数1個)含まれて
         おります。
                                 9/22






                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
        ②【自己株式等】
                                                  2020年9月30日現在
                                                    発行済株式総数
                             自己名義所有        他人名義所有       所有株式数の        に対する所有株
      所有者の氏名又は名称              所有者の住所
                             株式数(株)        株式数(株)       合計(株)        式数の割合
                                                    (%)
     ウィルソン・ラーニング             東京都港区虎ノ門二丁
                                  500        -       500        0.01
                  目10-1
     ワールドワイド株式会社
                      -            500        -       500        0.01
          計
     2【役員の状況】

       前事業年度の有価証券報告書の提出日後、当四半期累計期間における役員の異動は、次のとおりであります。
      (1)退任役員
            役職名                   氏名                 退任年月日
         代表取締役会長CEO                     森 捷三                 2020年8月1日

      (2)役職の異動

         新役職名              旧役職名               氏名            異動年月日
       代表取締役副社長             常務取締役執行役員                大谷 彰一             2020年8月1日

      (3)異動後の役員の男女別人数及び女性の比率

         男性  7 名 女性    1 名(役員のうち女性の比率            12.5  %)
                                10/22












                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    第4【経理の状況】
     1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
      令第64号)に基づいて作成しております。
     2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第2四半期連結会計期間(2020年7月1日から2020
      年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)に係る四半期連結財務諸
      表について、有限責任           あずさ監査法人による四半期レビューを受けております。
                                11/22

















                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
     1【四半期連結財務諸表】
      (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     資産の部
       流動資産
                                       1,481,652              1,335,187
        現金及び預金
                                        453,407              183,264
        受取手形及び売掛金
                                          38              38
        有価証券
                                       ※ 11,386             ※ 11,530
        たな卸資産
                                        236,271              102,975
        その他
                                        △ 3,098             △ 3,305
        貸倒引当金
                                       2,179,657              1,629,691
        流動資産合計
       固定資産
        有形固定資産
          建物及び構築物(純額)                               36,276              32,226
          工具、器具及び備品(純額)                               3,143              2,679
                                           0              0
          リース資産(純額)
                                        39,420              34,905
          有形固定資産合計
        無形固定資産
                                          188              144
          ソフトウエア
                                          188              144
          無形固定資産合計
        投資その他の資産
                                        138,124              131,015
          投資有価証券
                                         1,784              1,816
          長期貸付金
                                        88,132              89,362
          退職給付に係る資産
                                        92,372              91,664
          敷金及び保証金
                                          115               -
          繰延税金資産
                                         5,761              5,409
          その他
                                        △ 4,795             △ 4,795
          貸倒引当金
                                        321,494              314,473
          投資その他の資産合計
                                        361,102              349,524
        固定資産合計
                                       2,540,760              1,979,215
       資産合計
                                12/22










                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                 前連結会計年度            当第2四半期連結会計期間
                                (2020年3月31日)              (2020年9月30日)
     負債の部
       流動負債
                                        100,967               52,900
        買掛金
                                        100,000              207,467
        短期借入金
                                        20,400              20,400
        1年内返済予定の長期借入金
                                        41,563              44,467
        リース債務
                                        112,903               17,457
        未払金
                                        113,201              111,810
        未払費用
                                        13,254               9,212
        未払法人税等
                                         7,557              6,929
        未払消費税等
                                        108,840               98,337
        前受金
                                        28,583              10,386
        賞与引当金
                                         6,185              12,797
        その他
                                        653,457              592,167
        流動負債合計
       固定負債
                                        15,000              104,800
        長期借入金
                                        88,161              82,637
        リース債務
                                        40,040              37,200
        繰延税金負債
                                         5,497              6,234
        退職給付に係る負債
                                        42,791              42,939
        資産除去債務
                                         7,970              3,490
        その他
                                        199,461              277,303
        固定負債合計
                                        852,918              869,470
       負債合計
     純資産の部
       株主資本
                                        722,698              722,698
        資本金
                                        557,452              557,452
        資本剰余金
                                        206,351             △ 348,370
        利益剰余金
                                         △ 216             △ 216
        自己株式
                                       1,486,287               931,564
        株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                          111              343
        その他有価証券評価差額金
                                        201,442              177,836
        為替換算調整勘定
                                        201,554              178,179
        その他の包括利益累計額合計
                                       1,687,841              1,109,744
       純資産合計
                                       2,540,760              1,979,215
     負債純資産合計
                                13/22








                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
      (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
                                       1,101,678               502,379
     売上高
                                        333,540              170,708
     売上原価
                                        768,138              331,671
     売上総利益
                                      ※ 1,041,153              ※ 882,836
     販売費及び一般管理費
     営業損失(△)                                 △ 273,015             △ 551,164
     営業外収益
                                          621              541
       受取利息
                                         1,000              1,000
       受取配当金
                                        10,527                -
       賃貸料収入
                                         8,808                -
       受取保険金
                                          -            16,916
       補助金収入
                                         3,426              1,061
       雑収入
                                        24,383              19,519
       営業外収益合計
     営業外費用
                                         2,255              1,327
       支払利息
                                          310               -
       持分法による投資損失
                                        20,828               2,548
       為替差損
                                         1,055              7,442
       投資事業組合運用損
                                        10,527                -
       賃貸収入原価
                                         1,964              2,329
       雑損失
                                        36,942              13,648
       営業外費用合計
     経常損失(△)                                 △ 285,574             △ 545,293
     特別利益
                                          253             3,640
       固定資産売却益
                                          253             3,640
       特別利益合計
     特別損失
                                          -            11,399
       減損損失
                                          -              15
       その他
                                          -            11,414
       特別損失合計
     税金等調整前四半期純損失(△)                                 △ 285,320             △ 553,067
                                        10,145               4,314
     法人税、住民税及び事業税
                                       △ 26,362              △ 1,749
     法人税等調整額
                                        △ 8,683              △ 909
     法人税等還付税額
                                       △ 24,901               1,654
     法人税等合計
     四半期純損失(△)                                 △ 260,418             △ 554,722
     親会社株主に帰属する四半期純損失(△)                                 △ 260,418             △ 554,722
        【四半期連結包括利益計算書】

         【第2四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     四半期純損失(△)                                 △ 260,418             △ 554,722
     その他の包括利益
                                         △ 315              231
       その他有価証券評価差額金
                                       △ 56,088             △ 23,606
       為替換算調整勘定
                                       △ 56,404             △ 23,374
       その他の包括利益合計
                                       △ 316,823             △ 578,096
     四半期包括利益
     (内訳)
                                       △ 316,823             △ 578,096
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                14/22


                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
      (3)【四半期連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                              前第2四半期連結累計期間              当第2四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前四半期純損失(△)                                △ 285,320             △ 553,067
                                        14,883               1,660
       減価償却費
                                          -            11,399
       減損損失
       貸倒引当金の増減額(△は減少)                                  16,035                288
       賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 36,639             △ 18,232
       役員賞与引当金の増減額(△は減少)                                 △ 11,364                -
                                        △ 1,621             △ 1,541
       受取利息及び受取配当金
                                        △ 8,808                -
       受取保険金
                                          -           △ 16,916
       補助金収入
                                         2,255              1,327
       支払利息
       持分法による投資損益(△は益)                                   310               -
       投資事業組合運用損益(△は益)                                  1,055              7,442
       固定資産売却損益(△は益)                                  △ 253            △ 3,625
       売上債権の増減額(△は増加)                                 542,259              265,992
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  1,274              △ 208
       その他の資産の増減額(△は増加)                                 △ 16,325              26,081
       仕入債務の増減額(△は減少)                                 △ 87,934             △ 46,858
       前受金の増減額(△は減少)                                  5,478             △ 9,626
       未払金の増減額(△は減少)                                 △ 5,279             △ 8,546
       未払費用の増減額(△は減少)                                 △ 77,252              △ 1,062
       その他の負債の増減額(△は減少)                                 △ 2,711              5,105
                                          835            △ 6,598
       その他
                                        50,876             △ 346,986
       小計
       利息及び配当金の受取額                                  1,604              1,536
                                        △ 2,371             △ 1,326
       利息の支払額
                                        △ 5,704             △ 8,318
       法人税等の支払額
                                        13,330              10,652
       法人税等の還付額
                                         8,808                -
       保険金の受取額
                                          -            16,916
       補助金の受取額
                                        66,542             △ 327,525
       営業活動によるキャッシュ・フロー
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                                          881               -
       定期預金の払戻による収入
                                         1,570                -
       投資事業組合分配金による収入
                                        △ 6,835              △ 677
       有形固定資産の取得による支出
                                          253              572
       有形固定資産の売却による収入
                                          -           △ 86,900
       資産除去債務の履行による支出
                                        △ 1,971                -
       ソフトウエアの取得による支出
                                       △ 84,261                -
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         1,310              99,756
       敷金及び保証金の回収による収入
                                         4,838                15
       その他
                                       △ 84,214              12,768
       投資活動によるキャッシュ・フロー
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                                          -            107,467
       短期借入れによる収入
                                          -            100,000
       長期借入れによる収入
                                       △ 19,380             △ 10,200
       長期借入金の返済による支出
                                       △ 19,673             △ 20,756
       リース債務の返済による支出
                                       △ 39,053              176,510
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                       △ 37,441              △ 6,849
     現金及び現金同等物に係る換算差額
     現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 94,167             △ 145,095
                                       1,926,166              1,425,240
     現金及び現金同等物の期首残高
                                      ※ 1,831,999             ※ 1,280,144
     現金及び現金同等物の四半期末残高
                                15/22



                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
      【注記事項】
        (継続企業の前提に関する事項)
         当社グループは、前連結会計年度において売上高が著しく減少し、重要な営業損失、経常損失及び親会社株主に
        帰属する当期純損失、重要なマイナスの営業キャッシュ・フローを計上しました。また、当第2四半期連結累計期
        間においても、売上高が著しく減少し、重要な                     営業損失551,164千円          、 経常損失545,293千円          、 親会社株主に帰属す
        る四半期純損失554,722千円             、重要なマイナスの営業キャッシュ・フロー                    327,525千円      を計上しました。また、今後
        追加の運転資金が必要になることが想定されますが、現時点では金融機関等からの新たな資金調達について確実な
        見通しが得られている状況にはありません。これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるよう
        な事象又は状況が存在しております。このような状況の解消を図るべく、当社グループは、以下の諸施策を遂行す
        ることにより、収益構造の改善及び財務基盤の安定化に取り組んでおります。
        ①収益構造の改善

        ・高収益化体質の確立に向け、営業要員の早期戦力化を図り、利益率の高いライセンス型の案件の提案に引続き注
         力してまいります。
        ・アフターコロナ時代の新しい研修スタイルを睨んだWebマーケティング投資、リーダーシップ領域、オンライン
         研修領域における新規商品群への開発投資を積極的に推進しております。既に、国内外において複数のお客様に
         向けたオンライン研修やアセスメントサービスを実施しているほか、2020年5月には、顧客ニーズの高い、オン
         ライン研修を実施するインストラクターのための「オンライン研修インストラクター育成コース」を含む、4種
         類の公開型オンライン研修をリリースしました。さらに、リリース済のカードゲーム型研修等のオンライン化の
         取り組みにより、収益機会の拡大を図ってまいります。
        ・販売費及び一般管理費について、人件費や業務委託費の見直しを行い、本社移転(2020年1月実施済)等により
         諸経費削減を推進してまいります。
        ②財務基盤の安定化

         当社グループは、運転資金及び開発投資資金の安定的な確保と維持に向け、グループ内の資金を最大限に有効活
        用してまいります。また、新型コロナウイルス感染症に関連する各国政府・自治体の資金融資の申込や、雇用助成
        金等の受領を進めており、運転資金の改善に努めております。また、金融機関に対しても、新規の資金融資交渉を
        行っております。なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、このような継続企業の前提に
        関する重要な不確実性の影響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
         以上の施策を実施するとともに、今後も引き続き有効と考えられる施策につきましては、積極的に実施してまい

        ります。しかしながら、収益構造の改善にはアフターコロナ時代における新しい取り組みが含まれていることから
        不確実性が認められるとともに、新型コロナウイルス感染拡大による業績への影響について不透明感が増しており
        ます。また、当社グループにおける追加的な資金調達の状況等によっては、当社グループの資金繰りに重要な影響
        を及ぼす可能性があります。このため、継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在するものと認識しておりま
        す。
         なお、四半期連結財務諸表は継続企業を前提として作成しており、継続企業の前提に関する重要な不確実性の影

        響を四半期連結財務諸表に反映しておりません。
                                16/22







                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
        (追加情報)
         新型コロナウイルス感染拡大を受けて、当社グループでは、集合研修の凍結等による影響を受けております。
         当社グループにおいては、新型コロナウイルス感染拡大の影響について、前連結会計年度においては、少なくと
        も2020年9月まで続き、2020年10月以降は回復するものと仮定して会計上の見積りを行っておりました。
         しかしながら、当第2四半期連結累計期間の実績等に鑑み、その回復にはなお一定の期間を要するものと見込ま
        れることが判明しました。このため、新型コロナウイルス感染拡大の影響が2020年9月まで続き、2020年10月以降
        当連結会計年度末に向けて緩やかに回復すると仮定し、今後の資金計画の策定や、減損損失の判定に用いるなど、
        一定の仮定のもと会計上の見積りを会計処理に反映しております。
         なお、新型コロナウイルス感染拡大による影響は不確定要素が多く、上記仮定に変化が生じた場合には、当社グ
        ループの財政状態、経営成績に影響を及ぼす可能性があります。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         ※ たな卸資産の内訳は次のとおりであります。
                              前連結会計年度               当第2四半期連結会計期間
                             (2020年3月31日)                 (2020年9月30日)
     研修材料                                2,206   千円               2,518   千円
                                     8,931                 8,636
     仕掛品
                                      248                 375
     貯蔵品
        (四半期連結損益計算書関係)

         ※ 販売費及び一般管理費のうち主要な費目と金額は次のとおりであります。
                           前第2四半期連結累計期間                  当第2四半期連結累計期間
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至     2019年9月30日)               至     2020年9月30日)
     給与手当                               427,585    千円              378,220    千円
                                     16,959                 19,693
     退職給付費用
                                     27,274                 10,081
     賞与引当金繰入額
                                     3,794                   -
     役員賞与引当金繰入額
                                     15,572                  △ 152
     貸倒引当金繰入額
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         ※ 現金及び現金同等物の四半期末残高と四半期連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                           前第2四半期連結累計期間                 当第2四半期連結累計期間
                            (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                             至   2019年9月30日)               至   2020年9月30日)
     現金及び預金勘定                              1,887,014千円                 1,335,187千円
     預入期間が3か月を超える定期預金及び担
                                    △55,015                 △55,043
     保預金
     現金及び現金同等物                              1,831,999                 1,280,144
                                17/22







                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ   前第2四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年9月30日)
           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                               アジア・パシ

                      国内       北米       欧州       中国             合計
                                                フィック
         売上高

          外部顧客への売上高             447,824       426,900       140,683       27,916       58,355     1,101,678

          セグメント間の内部              71,939      175,719       23,456       8,567      14,363      294,047

          売上高又は振替高
                       519,763       602,619       164,139       36,483       72,718     1,395,725
              計
         セグメント利益又は
                      △ 129,411      △ 128,446        9,759     △ 19,628      △ 18,548     △ 286,274
         セグメント損失(△)
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の

             主な内容(差異調整に関する事項)
                                        (単位:千円)
                    利益                  金額

                                          △286,274
           報告セグメント計
                                           13,259
           セグメント間取引消去
           四半期連結損益計算書の営業損失(△)                               △273,015
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

             該当事項はありません。
          Ⅱ   当第2四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年9月30日)

           1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                     (単位:千円)
                                               アジア・パシ

                      国内       北米       欧州       中国             合計
                                                フィック
         売上高

          外部顧客への売上高             240,136       125,628       82,323       38,506       15,785      502,379

          セグメント間の内部              24,058      153,943        4,296       3,639        907     186,844

          売上高又は振替高
                       264,194       279,572       86,619       42,145       16,692      689,224
              計
         セグメント損失(△)             △ 281,498      △ 203,368      △ 21,316      △ 17,742      △ 36,183     △ 560,109

                                18/22





                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
           2.報告セグメントの利益又は損失の金額の合計額と四半期連結損益計算書計上額との差額及び当該差額の
             主な内容(差異調整に関する事項)
                                        (単位:千円)
                    利益                  金額

                                          △560,109
           報告セグメント計
                                            8,945
           セグメント間取引消去
           四半期連結損益計算書の営業損失(△)                               △551,164
           3.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

            (固定資産に係る重要な減損損失)
             「アジア・パシフィック」セグメントにおいて、インドの建物及び構築物について減損損失を計上して
            おります。
             なお、当該減損損失の計上額は、当第2四半期連結累計期間においては11,399千円であります。
        (1株当たり情報)

         1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                               前第2四半期連結累計期間               当第2四半期連結累計期間
                               (自 2019年4月1日               (自 2020年4月1日
                                至 2019年9月30日)               至 2020年9月30日)
     1株当たり四半期純損失(△)
                                     △50円53銭               △107円63銭
      (算定上の基礎)

       親会社株主に帰属する四半期純損失(△)
                                      △260,418               △554,722
       (千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
                                      △260,418               △554,722
       損失(△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                               5,154,038               5,154,038
       (注)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、1株当たり四半期純損失であり、また、潜在株式が存
          在しないため記載しておりません。
        (重要な後発事象)

         該当事項はありません。
     2【その他】

       該当事項はありません。
                                19/22







                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                20/22




















                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年11月12日

    ウィルソン・ラーニング              ワールドワイド株式会社

      取締役会 御中

                             有限責任     あずさ監査法人

                             東京事務所
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                             松木  豊        印
                              業務執行社員
                              指定有限責任社員

                                       公認会計士
                                             関根 義明        印
                              業務執行社員
    監査人の結論

     当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられているウィルソン・
    ラーニング      ワールドワイド株式会社の2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第2四半期連結会計期
    間(2020年7月1日から2020年9月30日まで)及び第2四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年9月30日まで)
    に係る四半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書、四
    半期連結キャッシュ・フロー計算書及び注記について四半期レビューを行った。
     当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
    られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、ウィルソン・ラーニング                                   ワールドワイド株式会社及び連結子会社の
    2020年9月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する第2四半期連結累計期間の経営成績及びキャッシュ・フロー
    の状況を適正に表示していないと信じさせる事項が全ての重要な点において認められなかった。
    監査人の結論の根拠

     当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
    た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
    任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
    ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
    手したと判断している。
    継続企業の前提に関する重要な不確実性

     「注記事項(継続企業の前提に関する事項)」に記載されているとおり、会社は、前連結会計年度において売上高が著
    しく減少し、重要な営業損失、経常損失及び親会社株主に帰属する当期純損失、重要なマイナスの営業キャッシュ・フ
    ローを計上しており、当第2四半期連結累計期間においても売上高が著しく減少し、重要な営業損失                                              551,164    千円、経常
    損失545,293千円、親会社株主に帰属する四半期純損失554,722千円、重要なマイナスの営業キャッシュ・フロー327,525
    千円を計上している。また、今後追加の運転資金が必要になることが想定されるが、現時点では金融機関等からの新たな
    資金調達について確実な見通しが得られている状況にはない。これらの状況により、継続企業の前提に重要な疑義を生じ
    させるような事象又は状況が存在しており、現時点では継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる。なお、当
    該事象又は状況に対する対応策及び重要な不確実性が認められる理由については当該注記に記載されている。四半期連結
    財務諸表は継続企業を前提として作成されており、このような重要な不確実性の影響は四半期連結財務諸表に反映されて
    いない。
    当該事項は、当監査法人の結論に影響を及ぼすものではない。
                                21/22



                                                          EDINET提出書類
                                         ウィルソン・ラーニング ワールドワイド株式会社(E04916)
                                                            四半期報告書
    四半期連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任
     経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
    務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
    作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
    切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
    企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
     監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
    四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任

     監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
    連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
     監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
    て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
    ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
     手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
     る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
    ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
     られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
     認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
     うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
     四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
     適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
     の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
     として存続できなくなる可能性がある。
    ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
     基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
     諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が認められないかどうかを評価する。
    ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
     人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
     人の結論に対して責任を負う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な
    発見事項について報告を行う。
     監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
    びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
    講じている場合はその内容について報告を行う。
    利害関係

     会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
    い。
                                                         以 上
    (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報告

         書提出会社)が別途保管しております。
        2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には含                     まれていません。
                                22/22





PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク