伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人 有価証券報告書(内国投資証券) 第4期(令和2年2月1日-令和2年7月31日)

提出書類 有価証券報告書(内国投資証券)-第4期(令和2年2月1日-令和2年7月31日)
提出日
提出者 伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人
カテゴリ 有価証券報告書(内国投資証券)

                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    【表紙】
    【提出書類】                   有価証券報告書

    【提出先】                   関東財務局長

    【提出日】                   2020年10月27日

    【計算期間】                   第4期(自 2020年2月1日 至 2020年7月31日)

    【発行者名】                   伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人

    【代表者の役職氏名】                   執行役員  東海林 淳一

    【本店の所在の場所】                   東京都千代田区麹町三丁目6番地5

    【事務連絡者氏名】                   伊藤忠リート・マネジメント株式会社

                      取締役財務企画部長  吉田 圭一
    【連絡場所】                   東京都千代田区麹町三丁目6番地5

    【電話番号】                   03-3556-3901

    【縦覧に供する場所】                   株式会社東京証券取引所

                      (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/184











                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第一部【ファンド情報】
    第1【ファンドの状況】

    1【投資法人の概況】

    (1)【主要な経営指標等の推移】
    ① 主要な経営指標等の推移
                                第1期       第2期       第3期       第4期
              期 別             単位   自 2018年5月    1日  自 2019年2月    1日  自 2019年8月    1日  自 2020年2月    1日
                              至 2019年1月31日
                                     至 2019年7月31日      至 2020年1月31日      至 2020年7月31日
    営業収益                       百万円        1,300       1,718       1,759       2,399
    (うち不動産賃貸事業収益)                a       百万円       (1,300)       (1,718)       (1,759)       (2,399)
    営業費用                       百万円         563       908       920      1,206
    (うち不動産賃貸事業費用)                b       百万円        (408)       (676)       (683)       (877)
    営業利益                       百万円         736       810       839      1,193
    経常利益                c       百万円         521       733       760      1,047
    当期純利益                d       百万円         520       732       759      1,046
    総資産額                e       百万円       59,378       62,220       61,739       88,955
    (対前期比)                       %       (-)        4.8      △0.8        44.1
    有利子負債額                f       百万円       21,990       24,580       23,940       36,153
    純資産額                g       百万円       36,018       36,133       36,067       50,728
    (対前期比)                       %       (-)        0.3      △0.2        40.6
    出資総額(純額)                h   (注3)    百万円       35,498       35,401       35,308       49,681
    分配金総額                i       百万円         617       825       855      1,178
     配当性向                  (注4)     %       100.0       100.0       100.0        99.3
    発行済投資口の総口数                j        口      357,143       357,143       357,143       486,000
    1口当たり純資産額               g/j        円      100,852       101,174       100,989       104,378
    1口当たり当期純利益                  (注5)     円       2,708       2,050       2,126       2,161
    1口当たり分配金               i/j        円       1,729       2,311       2,395       2,425
     うち1口当たり利益分配金                       円       1,456       2,050       2,126       2,138
     うち1口当たり利益超過分配金                       円        273       261       269       287
    1口当たりFFO              (d+k)/j         円       2,425       3,302       3,421       3,465
    総資産経常利益率                  (注6)     %        0.9       1.2       1.2       1.4
     年換算値                  (注7)     %        2.2       2.4       2.4       2.8
    自己資本比率               g/e        %       60.7       58.1       58.4       57.0
    (対前期増減)                       %        -      △2.5        0.3      △1.4
    自己資本利益率                  (注8)     %        1.5       2.0       2.1       2.4
     年換算値                  (注7)     %        3.6       4.1       4.2       4.8
    総資産有利子負債比率(LTV)               f/e        %       37.0       39.5       38.8       40.6
    賃貸NOI                  (注9)    百万円        1,237       1,488       1,538       2,160
    減価償却費                k  (注10)    百万円         345       447       462       637
    期末投資口価格                l        円      87,500       103,000       126,200       161,700
    [その他参考情報]
    当期運用日数                  (注11)     日        276       181       184       182
    期末投資物件数                       件         7       8       8       9
    期末稼働率                  (注12)     %       100.0       100.0       100.0        99.9
    資本的支出額                       百万円         -        2       8       13
     (注1)
        伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(以下「本投資法人」といいます。)の営業期間は、毎年2月1日から7月末日まで及び8
        月1日から翌年1月末日までですが、第1期の営業期間は本投資法人設立の日である2018年5月1日から2019年1月末日までとなります。
        なお、第1期の実質的な営業期間は、実際に運用を開始した日である2018年9月7日から2019年1月末日まで(147日)となります。
     (注2)
        営業収益等には、消費税等は含まれていません。また、金額については、記載未満の桁数を切り捨てて記載し、各種比率等について
        は、小数第2位を四捨五入して記載しています。以下、特に記載ない限り同様です。
     (注3)
        出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しています。なお、一時差異等調整引当額に係る利益超過分配の実施に伴う出
        資総額の変動も考慮して算出した金額を記載しています。
     (注4)
        配当性向=1口当たり分配金(利益超過分配金は含まない)÷1口当たり当期純利益×100
        なお、第1期及び第4期の配当性向については、期中に公募増資を行ったことにより、期中の投資口数に変動が生じているため、次の
        算式により計算しています。
        分配金総額(利益超過分配金は含まない)÷当期純利益×100
     (注5)
        1口当たり当期純利益は、当期純利益を期間の日数による加重平均投資口数で除することにより算出しています。なお、第1期につい
        ては、実際に運用を開始した日である2018年9月7日時点を期首とみなして、日数による加重平均投資口数(357,143口)により算出し
        た1口当たり当期純利益は1,456円です。
     (注6)
        総資産経常利益率=経常利益/{(期首総資産額+期末総資産額)÷2}×100
        なお、第1期の期首総資産額については、実際に運用を開始した日である2018年9月7日時点の総資産額を使用しています。
     (注7)
        第1期については実質的な運用日数147日(実際に運用を開始した日である2018年9月7日から2019年1月末日まで)に基づいた年換算値
        を算出しています。
     (注8)
        自己資本利益率=当期純利益/{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100
        なお、第1期の期首純資産額については、実際に運用を開始した日である2018年9月7日時点の純資産額を使用しています。
     (注9)
        賃貸NOI=不動産賃貸事業収益-不動産賃貸事業費用+賃貸事業費用に含まれる減価償却費
    (注10)
        減価償却費は、賃貸事業費用に関する減価償却費を記載しています。第2期より上記のとおり集計対象を変更したことから第1期につ
        いても遡って同様の方法で集計した数値を記載しています。
    (注11)
        本投資法人における第1期の計算期間は2018年5月1日から2019年1月31日までの276日間ですが、実質的な資産運用期間は2018年9月7日
        からの147日間です。
                                  2/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (注12)
        期末稼働率は、各期末日現在における各保有資産に係る賃貸可能面積(後記「5                               運用状況 (2)      投資資産 ③      その他投資資産の主要
        なもの (ロ)      ポートフォリオの概要」に定義されます。)に対する賃貸面積(後記「5                            運用状況 (2)      投資資産 ③      その他投資
        資産の主要なもの (ロ)           ポートフォリオの概要」に定義されます。)が占める割合を、小数第2位を四捨五入して記載していま
        す。ただし、四捨五入した結果が100.0%となる場合においては、小数第2位を切り捨てて99.9%と記載しています。以下同じです。
                                  3/184




















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ② 事業の状況
    (イ)投資法人の主な推移
        本投資法人は、投資信託及び投資法人に関する法律(昭和26年法律第198号。その後の改正を含みます。)(以
       下「投信法」といいます。)に基づき、伊藤忠リート・マネジメント株式会社(以下「本資産運用会社」といいま
       す。)を設立企画人として、2018年5月1日に設立され、2018年9月7日に株式会社東京証券取引所(以下「東京証券
       取引所」といいます。)不動産投資信託証券市場(J-REIT市場)に上場しました(銘柄コード3493)。
        本投資法人は、物流不動産(主として物流施設の用に供され、又は供されることが可能なものをいいます。以下
       同じです。)を主な投資対象とする上場投資法人として、物流との親和性の高い衣料品や食品等の生活消費関連
       (注1)ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事株式会社(以下「伊藤忠商事」といいます。)をス
       ポンサー(注2)としており、伊藤忠グループ(注3)との「拡張的協働関係」(注4)の構築を通じて、物流不動
       産をはじめとした物流インフラを発展させることで豊かな社会づくりに寄与するとともに、本投資法人の投資主価
       値の最大化及びJ-REIT市場の健全な発展に貢献することを目指します。
        当期(2020年7月期)においては、2020年2月3日付でアイミッションズパーク柏2(準共有持分70%)、2020年4月
       1日付でアイミッションズパーク印西(準共有持分20%の追加取得)を取得しました(計2物件、取得価格(注5)含
       計25,270百万円)。
        当期(2020年7月期)末時点における本投資法人の保有資産は9物件、取得価格合計84,100百万円となっていま
       す。
       (注1)伊藤忠商事では、繊維、食料、住生活、情報・金融、第8の各カンパニーを「生活消費関連」と定義しています。以下同じで
          す。なお、第8カンパニーとは、生活消費分野に強みを持つ伊藤忠商事の様々なビジネス基盤を最大限活用し、「マーケットイ
          ンの発想」による新たなビジネス・客先の開拓を行うことを目指し、2019年7月に創設されたディビジョンカンパニーです。  
       (注2)「スポンサー」とは、本投資法人及び本資産運用会社との間でスポンサーサポート契約を締結している者をいい、2020年7月末
          日現在、伊藤忠商事及び伊藤忠都市開発をいいます。以下同じです。
       (注3)「伊藤忠グループ」とは、伊藤忠商事並びにその連結子会社204社及び持分法適用関連会社85社(2020年6月30日時点)により構
          成される企業集団をいいます。以下同じです。
       (注4)伊藤忠グループが有するプラットフォーム(「不動産・物流プラットフォーム」及び「商社・商流プラットフォーム」(以下、
          それぞれ、後記「③ 次期の見通し (イ)今後の運用方針 a.外部成長戦略」で定義します。詳細については、後記「2                                               投資
          方針 (1)     投資方針 ①      本投資法人の基本戦略 (ハ)            本投資法人と伊藤忠グループがともに成長する「拡張的協働関係」の
          構築」をご参照ください。))を活用することで、本投資法人が安定的に成長するとともに、伊藤忠グループも本投資法人の資
          産運用を通じ自身が有するプラットフォームを強化することができます。このような本投資法人と伊藤忠グループとの好循環の
          協働関係を「拡張的協働関係」といいます。
       (注5)「取得価格」は、本投資法人の保有資産に係る各売買契約に記載された各保有資産の売買代金を記載しています。なお、売買代
          金には、消費税及び地方消費税並びに取得に要する諸費用は含みません。以下同じです。
    (ロ)当期の運用実績
        当期(2020年7月期)における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大により経済活動が減速しており、
       政府による各種政策は実施されているものの、依然景気の先行きは不透明な状況となっています。
        新型コロナウイルス感染症拡大に伴う活動自粛の影響から、不動産賃貸需要、特にホテルや商業施設については
       大きく減退しており、その影響からJ-REIT市場についても、東証REIT指数(終値ベース)が2020年3月19日には
       1,145ポイントまで下落するなど低迷が続いています。
        しかしながら、物流不動産賃貸市場は、このような状況下においても足元では電子商取引(EC)市場の拡大は継
       続しており、生活に必要なインフラとして引き続き需要増が予想されます。従って、不動産売買取引市場において
       も、物流不動産に対する需要はJ-REIT、私募リート、私募ファンド等による投資姿勢の継続を背景に今後も堅調に
       推移すると予想されます。
        このような状況下、本投資法人は、当期(2020年7月期)において、2020年2月3日付でアイミッションズパーク
       柏2(準共有持分70%)、2020年4月1日付でアイミッションズパーク印西(準共有持分20%の追加取得)を取得しま
       した(計2物件、取得価格合計25,270百万円)。そして、伊藤忠グループと連携し、適切な管理運営のもとに保有9
       物件(取得価格合計84,100百万円)の着実な運用を行った結果、保有資産全体の稼働率は当期末時点99.9%と良好
       な稼働状況を維持しています。
                                  4/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ハ)資金調達の概要
        当期においては、2020年2月3日を払込期日とする公募増資により13,852百万円を、2020年2月19日を払込期日と
       する第三者割当増資により617百万円をそれぞれ調達し、当期末時点の出資総額(純額)は49,681百万円(注1)と
       なりました。
        また、新規2物件(うち1物件は、準共有持分の追加取得)の取得資金及び関連費用の支払いの一部に充当する
       ことを目的として、2020年2月3日付で6,700百万円(長期借入金)、2020年3月31日付で5,513百万円(短期借入金
       1,513百万円、長期借入金4,000百万円)の借入れを行いました。その結果、当期末時点の有利子負債残高は36,153
       百万円、当期末時点における総資産のうち有利子負債の占める割合(以下「LTV」(注2)といいます。)は40.6%
       となりました。
        なお、当期末時点において本投資法人が取得している格付                           (注3)    は以下のとおりです。
            信用格付業者              格付対象              格付          格付の見通し
         株式会社日本格付研究所
                        長期発行体格付               A+           安定的
             (JCR)
         (注1)   出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しています。なお、一時差異等調整引当額に係る利益超過分配の実施
            に伴う出資総額の変動も考慮して算出した金額を記載しています。
         (注2)「LTV」は、以下の計算式により求めて記載しています。以下同じです。
            LTV=有利子負債総額÷総資産額×100
         (注3)かかる格付は、本投資法人に対する格付であり、本投資法人の投資口(以下「本投資口」といいます。)に対する格付では
            ありません。また、本投資口について、本投資法人の依頼により、信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供された信
            用格付、又は信用格付業者から提供され若しくは閲覧に供される予定の信用格付はありません。
    (ニ)業績及び分配の概要
        上記運用の結果、当期の業績は営業収益2,399百万円、営業利益1,193百万円、経常利益1,047百万円、当期純利
       益1,046百万円となりました。
        当期の利益分配金については、本投資法人の規約に定める分配の方針(注1)に従い、投資法人の税制の特例
       (租税特別措置法(昭和32年法律第26号。その後の改正を含みます。以下「租税特別措置法」といいます。)第67
       条の15)を適用し、当期未処分利益から一時差異等調整引当額の戻入額を控除した額のうち発行済投資口の総口数
       486,000口の整数倍である1,039,068,000円を分配することとし、投資口1口当たりの利益分配金は2,138円としま
       した。
        これに加え、本投資法人は、規約に定める分配の方針に従い、原則として毎期継続的に利益を超える金銭の分配
       を行うこととしています。これに基づき、税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻しとしてFFO(注2)の
       70%である1,178百万円から利益分配金額1,039百万円を控除した残額にほぼ相当する額である139百万円を分配する
       こととし、投資口1口当たりの利益超過分配金は287円としました。
       (注1)本投資法人は、適切なキャッシュマネジメントによる安定的な分配水準を確保するため、不動産売却損益を除いた、保有資産の
          運用から生じるキャッシュ・フローに重点をおいて、長期的な保有資産の維持管理及び財務の安定性が確保される範囲内で、原
          則FFOの70%を目処(ただし、当面の間においては減価償却費の30%を上限としてFFOの70%を超える場合もあります。)に決定し
          た金額の利益超過分配(以下「継続的な利益超過分配」といいます。)を、利益分配に加えて継続的に行う方針です。
       (注2)「FFO」とは、Funds           From  Operationsの略称であり、当期純利益(ただし、不動産売却損益を除きます。)に当該営業期間の                                      賃
          貸事業費用に関する        減価償却費を加算した値をいいます。以下同じです。
                                  5/184







                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ③ 次期の見通し
    (イ)今後の運用方針
        本投資法人は、生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事を中心とする伊藤忠グルー
       プとの「拡張的協働関係」を活用した以下の戦略を着実に実行することによって、1口当たり当期純利益の着実な
       成長を目指します。
       a.外部成長戦略

        本投資法人は、伊藤忠商事及び伊藤忠都市開発株式会社(以下「伊藤忠都市開発」といいます。)との間でそ
       れぞれ締結したスポンサーサポート契約に基づく優先交渉権を活用し、伊藤忠グループが取得・開発した優良物流
       不動産への重点投資を行います。
        本投資法人は、伊藤忠グループが有する以下の二つのビジネスプラットフォームを積極的に活用し、優良な物
       流不動産に投資していくことで持続的な成長を図ります。
       i.  不動産・物流プラットフォーム(注1)の活用
        本投資法人のスポンサーである伊藤忠商事は、住生活カンパニー(注3)において物流事業を手掛けるととも
       に、賃貸型物流不動産開発事業の黎明期である2004年より物流不動産開発事業を本格的に展開しており、物流事
       業者(注2)としての顔と老舗デベロッパーとしての顔を有しています。こうした経験から培われたテナント目
       線での知見が、高い汎用性を有しかつ長期契約につながる使い勝手の良い施設づくりに活かされています。本投
       資法人のもう一社のスポンサーである専業デベロッパーの伊藤忠都市開発も2017年4月より物流不動産開発の専
       門部署を立ち上げ、積極的な物流不動産開発に着手しています。本投資法人は、これらスポンサー2社を両輪
       に、安定的な外部成長を目指します。
       (注1)「不動産・物流プラットフォーム」とは、伊藤忠商事住生活カンパニーにおいて構築されている不動産の用地仕入、施設開発、
          リーシング、物流オペレーション(注4)及び運用・管理を統合的に所管する組織体制をいいます。以下同じです。
       (注2)「物流事業者」とは、物流オペレーションを行う各事業者のことをいいます。以下同じです。
       (注3)伊藤忠グループでは、8つのディビジョンカンパニーが事業活動を展開していますが、そのうち「住生活カンパニー」は、紙パ
          ルプ、天然ゴム・タイヤ、並びに3PL(注5)、国際輸送等の物流事業を取り扱う「生活資材・物流部門」と、木材・住宅資材を
          取り扱う「建設・不動産部門」の2部門から構成されています。以下同じです。
       (注4)「物流オペレーション」とは、サプライヤー・メーカー・小売事業者・消費者間の流通、流通過程における商品の保管等を含む
          物流事業における業務運営をいいます。以下同じです。
       (注5)「3PL」とは、3rd          Party   Logisticsの略称であり、企業の物流全般を一括受注し、運営するアウトソーシング業務のことをい
          い、3PLの活用によって、自身が直接物流業務を手がけない企業が、調達から在庫保管、配送までの業務を外部の物流事業者を
          使って、顧客企業にとって最適な体制を計画し、運営することが可能となります。
       ii.商社・商流プラットフォーム(注1)の活用

        生活消費関連ビジネスに強みをもつ伊藤忠グループは、物流と親和性の高い商流(注2)領域を中心に約10万
       社(注3)に及ぶ顧客ネットワークを有しており、顧客本来のビジネスに深く入り込んだ顧客リレーションを活
       用することで、優良なテナント企業の開拓・獲得や開発用地の確保(CRE(注4)戦略)を進めることが可能です。
       (注1)「商社・商流プラットフォーム」とは、生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事が携わる様々な分野
          のビジネスで関わる約10万社に及ぶ豊富な取引顧客網及び各顧客と経営レベルで構築した取引関係をいいます。以下同じです。
       (注2)「商流」とは、サプライヤー、メーカー、小売事業者、消費者へと原材料が加工・取引等を経て商品化され消費される流れ全般
          を意味する言葉です。以下同じです。
       (注3)伊藤忠商事のデータベースに同社が過去に取引を行ったことがある先として記録されている会社等の数を記載しており、2020年
          7月末日現在、継続的な取引を行っていない先も含みます。また、公益法人等の会社以外の法人や、個人事業主も含みます。以
          下同じです。
       (注4)「CRE」とは、Corporate             Real  Estateの略称で、企業の保有する不動産又はその戦略的な活用のための取り組みを意味します。
                                  6/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       b.内部成長戦略

        本投資法人は、伊藤忠商事とのリーシングマネジメント契約(後記「(3)投資法人の仕組み ②                                               本投資法
       人、本投資法人の関係法人及び主な関係者の名称、運営上の役割及び関係業務の内容」に定義されます。)に基づ
       く、以下二つのビジネスプラットフォームを最大限活用した商社ならではのリーシング、及び保有物件にかかる水
       道光熱費、保険料等の運用コストや借入コストの削減により、着実な内部成長を図ります。
       i.  不動産・物流プラットフォームの活用
        伊藤忠商事の15年に及ぶ物流不動産開発経験によって培われたリーシングのノウハウと、伊藤忠グループにお
       ける物流企業・荷主企業との取引顧客網や物流オペレーションの経験を活用し、収益の長期安定化を目指しま
       す。
       ii.  商社・商流プラットフォームの活用

        伊藤忠商事は、約10万社に及ぶ取引顧客網、並びに約300社の伊藤忠グループ各社及びその取引顧客網を有効に
       活用したリーシングを行います。また、伊藤忠グループの扱う様々なソリューションを商社本来のビジネスとして
       提供することでテナント企業の経営や物流オペレーションにおける課題を解決する「御用聞き」(注)機能は、再
       契約や長期契約の動機付けとなるテナントとの粘着性を生み出し継続的な賃料収入に貢献します。
       (注)  伊藤忠グループの各企業は、取引先及び取引先候補(保有資産、その他の伊藤忠グループが開発した物流不動産のテナント企業を
         含みます。)からの要望を把握し、伊藤忠グループの総合力を活かし、要望に対する適切なソリューションを提供するよう努めて
         います。この一連の過程を「御用聞き」と呼んでいます。以下同じです。
       c.財務戦略

        本投資法人は、保守的な財務運営を基本とし、成長性に配慮してLTVコントロールを行うとともに、効率的な
       キャッシュマネジメントにより投資主価値の向上を目指します。具体的には、借入期間の長期化、金利の固定化
       及び返済期限の分散化を通じた財務基盤の安定化を図りつつ、資金調達余力の確保に配慮したLTVコントロール
       に努めます。また、適切なキャッシュマネジメントを通じて、効果的な資本的支出の実施、新規物件の取得資金
       や有利子負債返済への一部充当など、資金の有効活用を図るとともに、継続的な利益超過分配(後記「d.分配金
       戦略」に定義されます。)を行うことで、投資主価値の最大化に努めます。
       d.分配金戦略

        本投資法人は、適切なキャッシュマネジメントによる安定的な分配水準を確保するため、不動産売却損益を除
       いた、保有資産の運用から生じるキャッシュ・フローに重点をおいて、長期的な保有資産の維持管理及び財務の
       安定性が確保される範囲内で、原則FFOの70                    % を目処(ただし、当面の間においては減価償却費の30                         % を上限とし
       てFFOの70     % を超える場合もあります。)に決定した金額の利益超過分配(以下「継続的な利益超過分配」といい
       ます。)を、利益分配に加えて継続的に行う方針です。
                                  7/184









                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ロ)情報開示
        本投資法人は、透明性確保の観点から、法定開示に加えて、有用かつ適切と判断される投資情報について、正
       確、迅速かつ理解し易い開示に努めます。具体的には、東京証券取引所の適時開示(TDnet登録及びプレスリリー
       ス)に加えて、本投資法人のホームページ(https://www.ial-reit.com/)を通じた積極的な情報開示を行いま
       す。
    (ハ)決算後に生じた重要な事実

       該当事項はありません。
                                  8/184


















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (2)【投資法人の目的及び基本的性格】
    ① 投資法人の目的及び基本的性格
     本投資法人は、投信法に基づき、投資法人の資産を主として特定資産(投信法第2条第1項に規定する特定資産をいい
    ます。以下同じです。)のうち不動産等資産(投資信託及び投資法人に関する法律施行規則(平成12年総理府令第129
    号。その後の改正を含みます。以下「投信法施行規則」といいます。)第105条第1号ヘに規定するものをいいます。以
    下同じです。)に対する投資として運用することを目的とし(規約第2条)、また、本投資法人は、主として不動産等資
    産のうち、不動産、不動産の賃借権、地上権及びこれらの資産のみを信託する信託の受益権を投資対象とし、中長期に
    わたる安定的収益の獲得と運用資産の成長を目指し、投資主価値の極大化を図ります(規約第29条)。
     本投資法人は、投信法第198条第1項及び規約第40条第1項の規定に基づき、その資産の運用に係る業務を本資産運用会
    社にすべて委託しています。本投資法人と本資産運用会社との間で2018年5月1日に締結された資産運用委託契約(その
    後の変更を含み、以下「資産運用委託契約」といいます。)の規定に従い、本資産運用会社は、本投資法人の運用資産
    に係る運用の方針につき、その社内規程として運用ガイドライン(以下「運用ガイドライン」といいます。)(注)を制
    定しています。
    (注)  運用ガイドラインは、本資産運用会社の判断により、規約に定める本投資法人の資産運用の基本方針の最適な実現を目指し、かつ今後の諸
      要因の動向、変化等を勘案し、これに機動的に対応するため、規約及び資産運用委託契約に定める範囲内において、変更されることがあり
      ます。
    ② 投資法人の特色

     本投資法人は、投信法に基づき、資産を主として特定資産に対する投資として運用することを目的とします。本投資
    法人は、投資主の請求による払戻しが認められないクローズド・エンド型です(規約第8条第1項)。本投資法人の資産
    運用は、金融商品取引法(昭和23年法律第25号。その後の改正を含みます。以下「金融商品取引法」といいます。)上
    の金融商品取引業者である本資産運用会社にすべて委託してこれを行います。
                                  9/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (3)【投資法人の仕組み】
    ① 本投資法人の仕組図
     <契約の名称>










     (イ) 資産運用委託契約/商標権使用許諾契約
     (ロ) 資産保管委託契約/一般事務委託契約(機関運営・計算・会計)
     (ハ) 一般事務委託契約(納税)
     (ニ) 事務委託契約(投資口事務受託契約)
     (ホ) 財務代理契約
     (ヘ) スポンサーサポート契約/リーシングマネジメント業務委託契約
     (ト) 商標権使用許諾契約/信託受益権売買契約
     (チ) スポンサーサポート契約
     (リ) マスターリース契約兼プロパティマネジメント業務委託契約
                                 10/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ② 本投資法人、本投資法人の関係法人及び主な関係者の名称、運営上の役割及び関係業務の内容
        運営上の役割                名称                  関係業務の内容
    投資法人              伊藤忠アドバンス・               規約に基づき、中長期にわたる安定的収益の獲得と運
                  ロジスティクス投資法人              用資産の成長を目指し、不動産等資産を主たる投資対象
                                として運用を行うものとします。
    資産運用会社              伊藤忠リート・マネジメント               本投資法人との間で2018年5月1日付で資産運用委託契
                  株式会社              約(その後の変更を含みます。)を締結しています。
                                 投信法上の資産運用会社として、同契約に基づき、規
                                約に定める資産運用の対象及び方針に従い、資産の運用
                                に係る業務を行います(投信法第198条第1項)。
                                 本資産運用会社に委託された業務の内容は、(イ)                        本
                                投資法人の資産の運用に係る業務、(ロ)                    投資法人の資
                                金調達等に係る業務、(ハ)             本投資法人への報告業務、
                                (ニ)   その他本投資法人が随時委託する前記(イ)から
                                (ハ)までに関連し又は付随する業務(本投資法人の役員
                                会に出席して報告を行うことを含みます。)です。
                                 また、本投資法人との間で2018年6月29日付で商標権
                                使用許諾契約を締結し、商標権の使用を許諾していま
                                す。
    資産保管会社              三井住友信託銀行株式会社               本投資法人との間で2018年5月1日付で資産保管委託契
    一般事務受託者(機関運営・                            約及び一般事務委託契約(機関運営・計算・会計)(い
    計算・会計)                            ずれもその後の変更を含みます。)をそれぞれ締結して
                                います。
                                 投信法上の資産保管会社として、資産保管委託契約に
                                基づき、(イ)       資産保管業務、(ロ)          金銭出納管理業務並
                                びに(ハ)     その他前記(イ)及び(ロ)に付随関連する業務
                                を行います(投信法第208条第1項)。
                                 また、投信法上の一般事務受託者として、一般事務委
                                託契約(機関運営・計算・会計)に基づき、(イ)                        計算
                                に関する事務、(ロ)           会計帳簿の作成に関する事務、
                                (ハ)   納税に関する事務、(ニ)            機関(役員会及び投資主
                                総会をいいます。)の運営に関する事務(ただし、投資
                                主総会関係書類の発送、議決権行使書の受理、集計に関
                                する事務を除きます。)及び(ホ)                その他前記(イ)から
                                (ニ)までに付随関連する事務(ただし、行政手続におけ
                                る特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法
                                律(平成25年法律第27号。その後の改正を含みます。以
                                下「番号法」といいます。)に係る個人番号に関する管
                                理取扱い業務を除きます。)を行います(投信法第117
                                条第4号、第5号及び第6号)。
    一般事務受託者(納税)              デロイト     トーマツ税理士法          本投資法人との間で2019年4月26日付で一般事務委託
                                契約(納税に関する事務)及び税務関連業務に関する業
                  人
                                務委託契約書(その後の変更を含みます。)を締結して
                                います。
                                 投信法上の一般事務受託者として、同契約に基づき、
                                納税に関する事務を行います(投信法第117条第6号)。
                                 11/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        運営上の役割                名称                  関係業務の内容
    投資主名簿等管理人              みずほ信託銀行株式会社               本投資法人の設立企画人としての本資産運用会社との
                                間で2018年3月29日付で事務委託契約(投資口事務受託
                                契約)(その後の変更を含みます。)を締結しています
                                (本投資法人は2018年5月1日付で本資産運用会社から同
                                契約上の地位を承継しています。)。
                                 投信法上の一般事務受託者として、同契約に基づき、
                                (イ)   投資主名簿及び新投資口予約権原簿の作成及び備
                                置きその他の投資主名簿及び新投資口予約権原簿に関す
                                る事務、(ロ)       投資証券及び新投資口予約権証券の発行
                                に関する事務、(ハ)          投資主に対して分配する金銭の支
                                払に関する事務、(ニ)           投資主の権利行使に関する請求
                                その他の投資主からの申出の受付に関する事務、(ホ)
                                新投資口予約権者の権利行使に関する請求その他の新投
                                資口予約権者からの申出の受付に関する事務を行います
                                (投信法第117条第2号、第3号及び第6号)。
    投資法人債に関する一般事務              三井住友信託銀行株式会社               本投資法人との間で2019年12月6日付で第1回無担保投
    受託者                            資法人債に係る財務代理契約(その後の変更を含みま
                                す。)を締結しています。
                                 投信法上の一般事務受託者として、同契約に基づき、
                                第1回無担保投資法人債に係る(イ)                 発行代理人事務、
                                (ロ)   投資法人債権者に対する利息又は償還金の支払に
                                関する事務、及び(ハ)           投資法人債原簿に関する事務等
                                を行います(投信法第117条第2号、第3号及び第6号のう
                                ち、投資法人債に関する事務)。
    資産運用会社の親会社              伊藤忠商事株式会社               本投資法人との間で2018年6月29日付で商標権使用許
                  (注1)              諾契約(その後の変更を含みます。)を締結していま
                                す。
                                 本投資法人及び本資産運用会社との間で2018年7月17
                                日付でリーシングマネジメント業務委託契約(その後の
                                変更を含みます。以下「リーシングマネジメント契約」
                                ということがあります。)を締結しています。
                                 物件情報提供を含むスポンサーサポートの提供を行
                                い、商標権の使用を許諾し、リーシングマネジメント業
                                務(注2)を提供します。詳細については、後記「第二部
                                投資法人の詳細情報 第3            管理及び運営 2        利害関係人
                                との取引制限 (2)         本資産運用会社の自主ルール(利害
                                関係者取引規程) ④利害関係人等との取引 (ホ)                         ス
                                ポンサーサポート契約」をご参照ください。
                                 また、本投資法人の保有資産の一部の売主です。
    資産運用会社の株主              伊藤忠都市開発株式会社               本投資法人及び本資産運用会社との間で2018年7月17
                                日付でスポンサーサポート契約(その後の変更を含みま
                                す。)を締結しています。
                                 物件情報提供を含むスポンサーサポートの提供を行い
                                ます。詳細については、後記「第二部投資法人の詳細情
                                報 第3    管理及び運営 2         利害関係人との取引制限 
                                (2)  本資産運用会社の自主ルール(利害関係者取引規
                                程) ④利害関係人等との取引 (ホ)                   スポンサーサ
                                ポート契約」をご参照ください。
    保有資産のマスターリース会              伊藤忠アーバンコミュニティ               保有資産のすべてについて、信託受託者及び本資産運
    社兼プロパティマネジメント              株式会社(以下「伊藤忠アー              用会社との間でマスターリース契約兼プロパティマネジ
    会社              バンコミュニティ」といいま              メント業務委託契約を締結している、マスターリース
                  す。)(注1)              (注3)会社及びプロパティマネジメント(注3)会社です。
    (注1)   伊藤忠商事及び伊藤忠アーバンコミュニティは、特定有価証券の内容等の開示に関する内閣府令(平成5年大蔵省令第22号。その後の改正
      を含みます。)第12条第3項に定める特定関係法人に該当します。
    (注2)   「リーシングマネジメント業務」とは、伊藤忠商事が、本投資法人及び本資産運用会社との間で締結するリーシングマネジメント契約に
      基づき提供する、本投資法人が保有する又は取得を検討する物件における既存テナントとのリレーション強化、既存テナントとの再契約
      等の折衝窓口、本投資法人の保有資産及び新規検討物件に関するマーケット情報の提供等の業務をいいます。本投資法人は、伊藤忠商事
      によるリーシングマネジメント業務の提供を通じて、既存テナントとの継続的関係の深化・発展を図ることを目指しています。以下同じ
      です。
    (注3)   以下、マスターリースのことを「ML」といい、プロパティマネジメントのことを「PM」ということがあります。
                                 12/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ③   匿名組合出資等の仕組み
     本投資法人は、本書の日付現在において、匿名組合出資持分(後記「2                                 投資方針 (2)       投資対象 ①       投資対象とする
    資産の種類 (イ)         不動産等」に定義されます。)等に出資は行っていません。
                                 13/184




















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (4)【投資法人の機構】
    ①   投資法人の統治に関する事項
    (イ)    機関の内容
     a.   投資主総会
     i. 投信法又は規約により定められる本投資法人に関する一定の事項は、投資主により構成される投資主総会にて決
       定されます。投資主総会における各投資主の議決権及び決議方法については、後記「第二部 投資法人の詳細情
       報 第3    管理及び運営 3        投資主・投資法人債権者の権利 (1)                   投資主の権利 ①         投資主総会における議決
       権」をご参照ください。
     ii.  本投資法人の投資主総会は、原則として、2年に1回以上開催します(規約第9条第1項)。
     iii.投資主総会は、法令に別段の定めがある場合の他、役員会の承認に基づき、執行役員が1名の場合は当該執行役
       員が、執行役員が2名以上の場合は役員会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1名が、これを招集し
       ます(規約第9条第2項)。
     iv.  投資主総会は、2020年4月1日及び同日以後遅滞なく招集し、以後、隔年ごとの4月1日及び同日以後遅滞なく招集
       します。また、必要があるときは随時投資主総会を招集することができます(規約第9条第3項)。
     v. 投資主総会を招集するには、投資主総会の日の2か月前までに投資主総会の日を公告し、投資主総会の日の2週間
       前までに各投資主に対して書面にて又は法令の定めるところに従い電磁的方法により通知を発します。ただし、
       前記iv.第一文の定めに従って開催された直前の投資主総会の日から25か月を経過する前に開催される投資主総
       会については、当該公告をすることを要しません(規約第9条第4項)。
     vi.  投資主総会の議長は、執行役員が1名の場合は当該執行役員が、執行役員が2名以上の場合は役員会においてあら
       かじめ定めた順序に従い執行役員の1名がこれにあたります。すべての執行役員に欠員又は事故がある場合は、
       役員会においてあらかじめ定めた順序に従い、監督役員の1名がこれにあたります(規約第10条)。
     b.   執行役員、監督役員及び役員会

     i.   執行役員は、本投資法人の業務を執行し、本投資法人を代表して本投資法人の業務に関する一切の裁判上又は裁
       判外の行為をする権限を有しています(投信法第109条第1項及び第5項、会社法(平成17年法律第86号。その後
       の改正を含みます。以下「会社法」といいます。)第349条第4項)。ただし、投資主総会の招集、一般事務受託
       者への事務の委託、資産運用委託契約若しくは資産保管委託契約の締結又はこれらの契約内容の変更、本資産運
       用会社からの資産運用委託契約の解約への同意その他投信法に定められた重要な職務の執行については、役員会
       の承認を受けなければなりません(投信法第109条第2項)。監督役員は、執行役員の職務の執行を監督する権限
       を有しています(投信法第111条第1項)。また、役員会は、重要な職務の執行に関する上記の承認権限を有する
       ほか、投信法及び規約に定める権限並びに執行役員の職務の執行を監督する権限を有しています(投信法第114
       条第1項)。執行役員又は監督役員は、その任務を怠ったときには、本投資法人に対し、これによって生じた損
       害を賠償する責任を負いますが(投信法第115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6
       第7項)により、規約をもって、当該責任について、当該執行役員又は監督役員が職務を行うにつき善意でかつ
       重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該執行役員又は監督役員の職務の執行の状
       況その他の事情を勘案して特に必要と認めるときは、法令に定める限度において役員会の決議によって免除する
       ことができる旨を定めています(規約第20条)。
     ii.  執行役員は1名以上、監督役員は2名以上(ただし、執行役員の数に1を加えた数以上とします。)とします(規
       約第17条)。
     iii.執行役員及び監督役員は、投資主総会の決議によって選任します(投信法第96条第1項、規約第18条第1項本
       文)。ただし、法令の規定により、設立に際して役員となる設立時役員はこの限りではありません(規約第18条
       第1項ただし書)。
     iv.  執行役員及び監督役員の任期は、就任後2年とします。ただし、投資主総会の決議によって、法令に定める限度
       において、その期間を延長又は短縮することを妨げません。また、補欠として又は増員のために選任された執行
       役員又は監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一とします(規約第18条第2項)。
                                 14/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     v.   補欠役員の選任に係る決議が効力を有する期間は、当該決議がなされた投資主総会(当該投資主総会において役
       員が選任されなかった場合には、役員が選任された直近の投資主総会)において選任された役員の任期が終了す
       る時までとします。ただし、投資主総会の決議によってその期間を短縮することを妨げません(投信法第96条第
       2項、会社法第329条第3項、投信法施行規則第163条第3項ただし書、規約第18条第3項)。
     vi.  役員会は、法令に別段の定めがある場合を除き、執行役員が1名の場合は当該執行役員が、執行役員が2名以上の
       場合は役員会においてあらかじめ定めた順序に従い執行役員の1名がこれを招集し、その議長となります(規約
       第21条第1項)。
     vii.役員会の招集通知は、役員会の日の3日前までに、役員の全員に対して発します。ただし、役員の全員の同意を
       得て、招集期間を短縮し、又は招集手続を省略することができます(規約第21条第2項)。
     viii.役員会招集権を有しない執行役員及び監督役員は、投信法の規定に従い、それぞれ役員会の招集を請求するこ
       とができます(投信法第113条第2項、第3項、規約第21条第3項)。
     ix.  役員会の決議は、法令又は規約に別段の定めがある場合を除き、議決に加わることができる構成員の過半数が出
       席の上、出席者の過半数の議決をもって行います(規約第22条)。
     c.   会計監査人

     i.   会計監査人は、投資主総会の決議によって選任します(投信法第96条第1項、規約第25条本文)。ただし、法令
       の規定により、設立に際して会計監査人となる設立時会計監査人はこの限りでありません(投信法第72条、規約
       第25条ただし書)。
     ii.  会計監査人の任期は、就任後1年経過後に最初に迎える決算期後(営業期間の末日をいいます。以下同じで
       す。)に開催される最初の投資主総会の終結の時までとします(投信法第103条第1項、規約第26条第1項)。な
       お、会計監査人は、上記の投資主総会において別段の決議がなされなかったときは、その投資主総会において再
       任されたものとみなします(投信法第103条第2項、規約第26条第2項)。
     iii.会計監査人は、本投資法人の計算書類等の監査を行うとともに、執行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法
       令若しくは規約に違反する重大な事実があることを発見した場合における監督役員への報告その他法令で定める
       業務を行います(投信法第115条の2第1項、第115条の3第1項等)。
     vi.  会計監査人は、その任務を怠り本投資法人に損害を与えた場合はこれを賠償する責任を負いますが(投信法第
       115条の6第1項)、本投資法人は、投信法の規定(投信法第115条の6第7項)により、規約をもって、会計監査人
       の投信法第115条の6第1項の賠償責任について、当該会計監査人が職務を行うにつき善意でかつ重大な過失がな
       い場合において、責任の原因となった事実の内容、当該会計監査人の職務の執行の状況その他の事情を勘案して
       特に必要と認めるときは、法令に定める限度において役員会の決議によって免除することができる旨を定めてい
       ます(規約第28条)。
     d.   資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者

     i.   本投資法人は、投信法に基づき、資産の運用に係る業務を本資産運用会社へ、資産の保管に係る業務を資産保管
       会社へ委託しています。本投資法人は、資産の運用及び保管に係る業務以外の業務に係る事務で投信法により第
       三者に委託しなければならないとされる事務については一般事務受託者へ委託しています。
     ii.  本投資法人の資産運用を行う本資産運用会社に係る、本書の日付現在における運用体制については、後記「第二
       部 投資法人の詳細情報 第4              関係法人の状況 1         資産運用会社の概況 (2)運用体制」をご参照ください。
    (ロ)    内部管理及び監督役員による監督の組織、人員及び手続

     本投資法人は、その役員会規程において、役員会を原則として1か月に1回以上開催すると定めています。本投資法人
    の役員会においては、執行役員及び監督役員が出席し、本資産運用会社が同席の上、執行役員の職務執行状況並びに本
    資産運用会社、一般事務受託者及び資産保管会社の業務執行状況等について執行役員の報告が行われることとされてお
    り、役員会を通じた管理を行う内部管理体制を確立しています。また、本書の日付現在、本投資法人の監督役員には、
    弁護士1名、公認会計士1名の計2名が選任されており、各監督役員は、これまでの実務経験と見識に基づき、執行役員の
    職務執行につき様々な見地から監督を行っています。
                                 15/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ハ)    内部管理、監督役員による監督及び会計監査人との相互連携
     監督役員は、本投資法人の役員会において、執行役員から職務執行状況、本資産運用会社による資産の運用管理状況
    並びにコンプライアンス及びリスクに関する事項について報告を受けます。また、会計監査人は、会計監査報告を作成
    することに加え、その職務を行うに際して執行役員の職務の執行に関し不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重
    大な事実があることを発見したときには、遅滞なくこれを監督役員に報告する職務を担っています。
    (ニ)    投資法人による関係法人に対する管理体制の整備の状況

     本投資法人と本資産運用会社又はその取締役、本資産運用会社が資産の運用を行う他の投資法人、本資産運用会社が
    運用の指図を行う投資信託財産、利害関係人等(投信法第201条第1項に定める意味を有します。以下同じです。)との
    間において特定資産の売買その他投資信託及び投資法人に関する法律施行令(平成12年政令第480号。その後の改正を含
    みます。以下「投信法施行令」といいます。)で定める取引が行われたときは、本資産運用会社は、投信法施行規則の
    定めに従い、当該取引に係る事項を記載した書面を、本投資法人、本資産運用会社が資産の運用を行う他の投資法人、
    その他投信法施行令で定める者へ交付するものとされています。
     その他の関係法人については、本資産運用会社を通じて、その業務の状況についての掌握を図っています。
    ②   投資法人の運用体制、投資運用の意思決定機構及び投資運用に関するリスク管理体制の整備の状況

     上記のとおり、本投資法人は資産の運用を本資産運用会社に委託して行います。なお、本資産運用会社の運用体制全
    般については、後記「第二部 投資法人の詳細情報 第4                           関係法人の状況 1         資産運用会社の概況 (2)運用体制」
    を、投資運用の意思決定機構及び投資運用に関するリスク管理体制の整備状況については、それぞれ、後記「第二部 
    投資法人の詳細情報 第4            関係法人の状況 1         資産運用会社の概況 (2)運用体制 ②                    投資運用の意思決定機構」及
    び同「③     投資運用に関するリスク管理体制の整備の状況」をご参照ください。
                                 16/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (5)【投資法人の出資総額】
     本書の日付現在の出資総額、発行可能投資口総口数及び発行済投資口の総口数は以下のとおりです。
    出資総額(純額)(注1)                                                49,549百万円
    発行可能投資口総口数                                                10,000,000口
    発行済投資口の総口数                                                 486,000口
     最近5年間における出資総額及び発行済投資口の総口数の増減は以下のとおりです。

                                     出資総額(純額)(百万円)
                      発行済投資口の総口数(口)
                                          (注1)
      年 月 日          摘 要                                      備 考
                       増減口数        残 高       増減額        残 高
    2018年5月1日         私募設立             1,000       1,000         100        100    (注2)

    2018年9月6日         公募増資            356,143       357,143        35,398       35,498      (注3)

             利益を超える
    2019年4月15日         金銭の分配              -     357,143         △97      35,401      (注4)
             (出資の払戻し)
             利益を超える
    2019年10月23日         金銭の分配              -     357,143         △93      35,308      (注5)
             (出資の払戻し)
    2020年2月3日         公募増資            123,357       480,500        13,852       49,160      (注6)

             第三者割当によ

    2020年2月19日                     5,500      486,000          617      49,777      (注7)
             る増資
             利益を超える
    2020年4月13日         金銭の分配              -     486,000         △96      49,681      (注8)
             (出資の払戻し)
             利益を超える
    2020年10月23日         金銭の分配              -     486,000         △132       49,549      (注9)
             (出資の払戻し)
    (注1)   出資総額から出資総額控除額を差し引いた金額を記載しています。なお、一時差異等調整引当額に係る利益超過分
      配の実施や一時差異等調整引当額戻入れの実施に伴う出資総額の変動も考慮して算出した金額を記載しています。
      かかる算出方法に変更したことから、2020年4月13日付の出資総額(純額)についても遡って同様の方法で算出し
      た数値を記載しています。
    (注2)   1口当たり発行価格100,000円にて、伊藤忠商事株式会社(1,000口)の出資により、本投資法人が設立されました。
    (注3)   1口当たり発行価格103,000円(発行価額99,395円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、公募新投資口を発行しました。
    (注4)   2019年3月14日開催の本投資法人役員会において、第1期(2019年1月期)に係る金銭の分配として、1口当たり273円の利益を超える金銭
      の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2019年4月15日よりその支払を開始しました。
    (注5)   2019年9月13日開催の本投資法人役員会において、第2期(2019年7月期)に係る金銭の分配として、1口当たり261円の利益を超える金銭
      の分配(税法上の出資等減少分配に該当する出資の払戻し)を行うことを決議し、2019年10月23日よりその支払を開始しました。
    (注6)   1口当たり発行価格116,350円(発行価額112,292円)にて、新規物件の取得資金の調達等を目的として、公募新投資口を発行しました。
    (注7)   1口当たり発行価格112,292円にて、将来の新規物件の取得資金の調達等を目的として、SMBC日興証券株式会社を割当先とする第三者割当
      により新投資口を発行しました。
    (注8)   2020年3月16日開催の本投資法人役員会において、第3期(2020年1月期)に係る金銭の分配として、1口当たり269円の利益を超える金銭
      の分配を行うことを決議し、2020年4月13日よりその支払を開始しました。
    (注9)   2020年9月14日開催の本投資法人役員会において、第4期(2020年7月期)に係る金銭の分配として、1口当たり287円の利益を超える金銭
      の分配を行うことを決議し、2020年10月23日よりその支払を開始しました。
    (注10)   金額は百万円未満を切り捨てて記載しています。
                                 17/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (6)【主要な投資主の状況】
    2020年7月末日現在における主要な投資主は以下のとおりです。

                                                  発行済投資口の総
                                         所有投資口数         口数に対する所有
        氏名又は名称                    住所
                                           (口)        投資口数の割合
                                                    (%)(注)
    株式会社日本カストディ銀行
                   東京都中央区晴海一丁目8番12号                           81,061          16.67
    (信託口)
    日本マスタートラスト信託銀
                   東京都港区浜松町二丁目11番3号                           69,498          14.30
    行株式会社(信託口)
    伊藤忠商事株式会社               東京都港区北青山二丁目5番1号                           33,635          6.92
    株式会社日本カストディ銀行
                   東京都中央区晴海一丁目8番12号                           29,148          5.99
    (証券投資信託口)
    野村信託銀行株式会社(投信
                   東京都千代田区大手町二丁目2番2号                           11,980          2.46
    口)
    三菱UFJモルガン・スタン
                   東京都千代田区丸の内二丁目5番2号                           10,732          2.20
    レー証券株式会社
    株式会社八十二銀行               長野県長野市中御所字岡田178番地8                            9,782          2.01
    全国信用協同組合連合会               東京都中央区京橋一丁目9番5号                            9,480          1.95

    株式会社百十四銀行               香川県高松市亀井町5番地の1                            9,124          1.87

    BNYMSANV     RE  GCLB   RE  JP  RD   RUE  MONTOYER,     46  B-1000,    BRUSSELS
                                               7,029          1.44
    LMGC               BELGIUM
                     計                        271,469          55.85
    (注)発行済投資口の総口数に対する所有投資口数の割合は、小数第2位未満を切り捨てして記載しています。
    (7)【資産運用会社従業員等投資口所有制度の内容】

    ① 役員・従業員等投資口所有制度の概要
     本資産運用会社は、本資産運用会社の従業員に本投資法人の投資口を取得する機会を提供し、これにより本投資法人の業績
    向上及び継続的な成長への意識を高め、ひいては中長期的な投資主価値の向上を図ること等を目的として、持投資口制度を導
    入しています。当該持投資口制度では、持投資口会が、従業員からの拠出金等を原資として、一定の計画に従い、個別の投資判
    断に基づかず、継続的に本投資法人の投資口を買い付けます(注)。当該持投資口制度の概要は、以下のとおりです。
    持 投資  口会の名称       伊藤忠リート・マネジメント従業員持投資口会

               ・本資産運用会社の従業員による取得対象投資口の取得、保有の促進

    設立の目的          ・従業員の福利厚生の増進
               ・投資主との利害の一致による中長期的な投資主価値の向上
    (注)本投資法人の持投資口制度は、参加者の一定の拠出金を原資に定期的に市場で本投資法人の投資口を買増すものであり、他者からの融資等に

     よって信託会社等が本投資法人の投資口を買い付けるスキームが組み合わさったものではありません。
    ② 役員・従業員持投資口会に取得させ、又は売り付ける予定の投資口の総数又は総額

     特段の定めは設けていません。
    ③ 役員・従業員等投資口所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

    持投資口会の名称          伊藤忠リート・マネジメント従業員持投資口会
    入会資格          本資産運用会社の従業員

                                 18/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    2【投資方針】
    (1)【投資方針】
    ①   本投資法人の基本戦略
    (イ)    本投資法人の理念
     本投資法人は、生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事を中心とする伊藤忠グループと
    「拡張的協働関係」(本投資法人と伊藤忠グループとの「拡張的協働関係」の詳細については、後記「(ハ)                                                  本投資法人
    と伊藤忠グループがともに成長する「拡張的協働関係」の構築」をご参照ください。)を構築し、物流不動産をはじめ
    とした物流インフラを発展させることで豊かな社会づくりに寄与するとともに、本投資法人の投資主価値の最大化及び
    J-REIT市場の健全な発展に貢献することを目指します。
    (ロ)    伊藤忠グループ及び本投資法人の使命

     伊藤忠商事のグループ企業行動指針は、「ひとりの商人、無数の使命」とされています。この言葉には、商いの先に
    広がる豊かさを提供し続けるという社会への約束、そして、さらなる挑戦に向けて伊藤忠商事の全社員が共有すべき価
    値観を表現するために、豊かな個性を持った人々、自由闊達な風土、「個の力」等、様々な「伊藤忠らしさ」が込めら
    れています。
     昨今の物流業界を取り巻く環境は大きく変化しています。従来、倉庫としての保管が主な機能であった物流不動産
    は、物流のさらなる効率化・多機能化が進む中で、求められる機能が多様化しており、事業者にとって「物流」は経営
    上の重要な戦略となってきています。伊藤忠グループは、多種多様な商流に携わる総合商社グループとして、物流を通
    じてお客様の経営戦略をはじめとした様々な課題解決を行うことを「使命」として捉えています。
     かかる使命を果たすことが、物流インフラを発展させ豊かな社会づくりに寄与すると伊藤忠グループは考えていま
    す。
     伊藤忠グループでは、このような「使命」(Mission)を踏まえ、伊藤忠グループが開発する物流不動産に『i
    Missions     Park/アイミッションズパーク』の名称を付しています。また、そのロゴマークには、人やものを大切に、あ
    たたかく包み込むイメージと、この物流施設で取り扱われる荷物が大切に運ばれ、事業に関わる人びとにも、届けられ
    る先の人びとにも、幸せを広げたいという想いを表現しました。
                     <アイミッションズパークのロゴマーク>

     スポンサーである伊藤忠商事の創業からの160年間の歴史は、企業理念である「三方よし」の経営哲学を先人が継承




    し、実践してきたからこそ刻むことができた歴史と本投資法人は考えています。
     「三方よし」とは、1858(安政5)年に麻布の行商(関西から関東をはじめとする全国各地へ行商する持ち下り)を開
    始し、伊藤忠商事を創業した近江商人の初代伊藤忠兵衛の座右の銘に由来します。すなわち、初代伊藤忠兵衛の座右の
    銘である「商売は菩薩の業、商売道の尊さは売り買い何れをも益し、世の不足をうずめ、御仏の心にかなうもの」を
    ルーツとして「三方よし(売り手よし、買い手よし、世間よし)」という理念が生まれました。現代にも通用するその
    理念は、伊藤忠グループのDNAとして今でも受け継がれています。
                                 19/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     本投資法人は、伊藤忠グループの企業理念である「三方よし」及びグループ企業行動指針である「ひとりの商人、無
    数の使命」という理念を共有し、投資主、不動産・J-REIT市場、社会に対する豊かさの実現という使命をもって、物流
    不動産分野において伊藤忠グループとの「拡張的協働関係」を構築し、中長期にわたる安定的な収益と運用資産の成長
    を目指します。
    (ハ)    本投資法人と伊藤忠グループがともに成長する「拡張的協働関係」の構築

     本投資法人は、伊藤忠グループの有するプラットフォームを活用し、伊藤忠グループからの物件供給やリーシングサ
    ポートを通じて、本投資法人の持続的な成長を目指します。
     本投資法人は、上記の伊藤忠グループが有するプラットフォームとして、以下の2つがあると考えています。
     a. 伊藤忠商事住生活カンパニーにおいて構築されている不動産の用地仕入・施設開発・リーシング、物流オペレー

       ション及び運用・管理を統合的に所管する組織体制(以下「不動産・物流プラットフォーム」といいます。)
     b.   生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社である伊藤忠商事が携わる様々な分野のビジネスで関わる約10
       万社に及ぶ豊富な取引顧客網及び各顧客と経営レベルで構築した取引関係(以下「商社・商流プラットフォー
       ム」といいます。)
     本投資法人は、伊藤忠商事の住生活カンパニーで構築される「不動産・物流プラットフォーム」をベースに、伊藤忠

    商事の約10万社に及ぶ豊富な取引顧客網から成る「商社・商流プラットフォーム」を活用した物件供給やリーシングサ
    ポートによる本投資法人の持続的な成長を目指します。
     一方、本投資法人が物流不動産の保有・運用という役割を担い、伊藤忠グループがリーシングマネジメント業務を継
    続的に受託することで、テナント企業との接点が増え、ビジネス上の要望を把握する機会が増加します。かかるテナン
    ト企業からのビジネス上の要望に即座にソリューション(解決策)を提供することで、関係強化を図り、伊藤忠グルー
    プのプラットフォームの強化につながる新たな物流不動産の開発・リーシングにつなげます。
     そして、このような伊藤忠グループによる新たな物流不動産の開発・リーシングが、本投資法人のさらなる成長につ
    ながる好循環を生み出すものと、本投資法人は考えています。
     このように、伊藤忠グループが有するプラットフォームを活用することで、本投資法人が安定的に成長するととも
    に、伊藤忠グループも本投資法人の資産運用を通じ自身が有するプラットフォームを強化することができます。このよ
    うな本投資法人と伊藤忠グループとの好循環の協働関係を「拡張的協働関係」といいます。
     本投資法人は、この「拡張的協働関係」をもとに、商流・物流両視点から今後の物流市場の動向を捉えることで、変
    化に対して柔軟に対応できるJ-REITとして、物流インフラの発展及び投資主価値の最大化を目指します。
                                 20/184









                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ニ)    「拡張的協働関係」の礎となる2つのプラットフォーム







     本投資法人は、伊藤忠商事の住生活カンパニーが、長年の知見を活かしテナントニーズに即して開発し、総合商社な
    らではのリーシングにより優良テナントが入居する物流不動産を取得します。また、生活消費関連ビジネスに強みを持
    つ大手総合商社としての伊藤忠商事が有する約10万社に及ぶ豊富な取引顧客網の活用を通じて、長期安定的な成長を目
    指します。
     a.   不動産・物流プラットフォームの活用
       伊藤忠グループは、住生活カンパニーにおいて①用地仕入・施設開発・リーシング、②物流オペレーション及び
      ③運用・管理を統合的に所管する体制を構築しています。このような統合的な所管体制のもと、本投資法人は、伊
      藤忠グループより、テナントニーズに即して開発された物流不動産の供給及び独自のリーシング体制を活用したサ
      ポートを受けることで、長期安定的な成長を目指します。
       伊藤忠グループが住生活カンパニーにおいて採用している体制の詳細は、以下のとおりです。
       用地仕入、施設開発、リーシングに関しては、2004年度からの物流不動産開発の経験を持つ伊藤忠商事に加え、
      伊藤忠都市開発も総合デベロッパーとしての独自の用地仕入力、マンション開発で培ったものづくりの開発力を活
      かし、スポンサー2社が両輪となって行います。
       物流オペレーションに関しては、伊藤忠ロジスティクス株式会社を主管する伊藤忠商事物流物資部が所管してお
      り、物流事業者として培った経験を活用します。
       不動産の管理に関しては、伊藤忠アーバンコミュニティが担い、不動産の運用に関しては、本資産運用会社が担
      います。伊藤忠グループがこれまでに蓄積してきた、伊藤忠グループがスポンサーを務めるJ-REITであるアドバン
      ス・レジデンス投資法人の運用・管理経験を横展開することで、不動産の運用・管理体制をより一層強化します。
       これらを一体として機能させることにより、伊藤忠グループでは、顧客に対し、それぞれの分野の強みを融合さ
      せたシナジーを提供できると考えています。具体的には、(i)用地仕入・施設開発・リーシング分野の強みと物流オ
      ペレーション分野の強みを融合させた、物流事業者のユーザー目線を活用した独自の施設開発及び取引顧客網を活
      用したリーシング、(ii)物流オペレーション分野の強みと不動産の運用・管理分野の強みを融合させた、テナント
      企業に対する物流オペレーションと管理の一括での物流ソリューションの提供、(iii)不動産の運用・管理分野の強
      みと用地仕入・施設開発・リーシング分野の強みを融合させた、長期運用・管理を前提とした施設開発が可能とな
      ると考えています。このように、伊藤忠グループにおいては、本投資法人の成長を一気通貫で支援するための体制
      が整備されていると、本投資法人は考えています。
                                 21/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     b.     商社・商流プラットフォームの活用
       物流不動産開発事業は、商流の川上から川下までを幅広く事業領域とする総合商社の得意分野であると本投資法
      人は考えています。本投資法人は、伊藤忠グループの多様な取引顧客網及び経営レベルでの取引関係を活用したサ
      ポートを受けることで、長期安定的な成長を目指します。
       伊藤忠商事は、総合商社という性質から、原材料(川上)、製品(川中)、販売(川下)のすべての段階に関与
      しており、サプライヤー、メーカー、小売事業者、消費者それぞれと良好な関係を構築しています。伊藤忠商事
      は、生活消費関連ビジネスに強みを持つ大手総合商社であり、約10万社に及ぶ豊富な取引顧客網及び生活消費関連
      ビジネスにおける高いプレゼンスを有しています。繊維、機械、金属、エネルギー・化学品、食料、住生活、情
      報・金融の各分野において、国内外での商取引及び事業投資等のビジネスを営んでおり、グループ会社も含めた
      ネットワークを通じて、適時に適切な事業分野にアクセスすることができます。
       また、伊藤忠商事は、幅広い取引顧客網を構築するだけでなく、顧客一社一社との関係性を深めることも大切に
      しています。伊藤忠商事は、上記の総合商社ならではの幅広いリソースを活用して、各顧客との取引規模のさらな
      る拡大を図ります。加えて、各顧客の経営課題の解決に向けた多様かつ質の高いサービスを提供しています。例え
      ば、伊藤忠グループでは、同グループの重要顧客であるEコマース(注)事業者に対し、伊藤忠グループが開発した
      物流不動産を賃貸するだけではなく、伊藤忠グループの各社から様々な事業上の課題を解決する適切なソリュー
      ションを提供しています。かかるサービスの提供を通じ、各顧客との経営レベルでの関係、すなわち経営のパート
      ナー(商売相手、提携先、投資先等)となることも目指します。
       伊藤忠商事は、大局的な視点から各顧客との経営戦略等の共有を通じて、顧客の物流拠点戦略に対応していきま
      す。また、当該顧客がテナントとして本投資法人が保有する物流不動産に入居した場合には、その幅広い要望を把
      握し適切なソリューションを提供することで、テナントの満足度を向上させる御用聞きの担い手としての役割も果
      たします。
       このように、伊藤忠グループにおいては、本投資法人の成長を多面的に支援するための体制が整備されていると
      本投資法人は考えています。特に、伊藤忠商事の有する上記の豊富な取引顧客網及び長年の経験に裏付けられた御
      用聞きの機能は、物流不動産とテナント企業を結びつけるリーシングの場面でその本領を発揮し、本投資法人の成
      長をさらに押し上げるものと、本投資法人は考えています。
       (注)「Eコマース」とは、インターネットやコンピューター等の電子的な手段を介して行う商取引の総称をいいます。
                                 22/184











                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ②   ポートフォリオ構築方針
    (イ)    投資対象と投資エリア
     本投資法人は、多様なテナントニーズを踏まえた伊藤忠グループが開発する物流不動産へ重点投資を行うことで、長
    期安定的なポートフォリオの構築を目指します。
     本投資法人の投資対象用途及び投資対象エリアは以下のとおりです。
      a.   投資対象用途
        本投資法人は、物流不動産を投資対象とします。また、本投資法人は、物流不動産以外の工場、データセン
       ター、通信施設、研究施設、供給処理施設、再生可能エネルギー関連施設等、主として事業活動の拠点又は基盤
       の用に供され、又は供されることが可能なもの(以下「その他不動産」といいます。)も投資対象とします。な
       お、投資対象が底地の場合には、底地上の建物の主たる用途に基づき、用途区分の判断を行うものとします。た
       だし、物理的ないし経済的な利用形態等に照らし、複数の不動産を一体としてみた場合の用途が、主として物流
       不動産又はその他不動産の用に供され、又は供されることが可能なものと評価される場合には、当該一体として
       の複数の不動産の全部又は一部に係る不動産等又は不動産対応証券(後記「(2)                                     投資対象 ①       投資対象とする資
       産の種類」に定義されます。以下同じです。)を取得することができます。
        本投資法人の用途別投資比率(注)は以下のとおりです。
      (注)  「用途別投資比率」は、取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)を基準とします。また、用途別投資比率は、あくま



        でも原則であり、例外的に、これらの割合を超過し又は下回る可能性があります。
      b.   投資対象エリア

        本投資法人は、国内有数の大消費地及び生産地であり、また、国内物流の重要拠点である関東エリア(注1)及び
       関西エリア(注1)を中心として投資を行います。関東エリア及び関西エリア以外のエリア(以下「その他エリア」
       といいます。)については、消費地や生産地への交通アクセス、物流不動産の需要動向及び周辺インフラの整備
       状況等を考慮し、中長期的に安定した収益確保を企図し得る場合には投資を行います。
        また、本投資法人は、国内の投資エリアと同等の中長期的な安定収益確保の蓋然性が高いと判断し得る場合に
       は、その他エリアの一部として、海外エリアにおいても投資を行います。海外エリアにおける投資を行うにあ
       たっては、伊藤忠グループが有するグローバルネットワークを最大限活用するとともに、投資対象地域、投資基
       準を定める等、海外不動産等への投資に係る社内規程類及び業務運営体制を整備の上、投資判断を行います。
        本投資法人のエリア別投資比率(注2)は以下のとおりです。
      (注1)   「関東エリア」とは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県及び茨城県を、「関西エリア」とは、大阪府、京都府、兵庫県、奈良県及



        び滋賀県をいいます。以下同じです。
      (注2)   エリア別投資比率は、取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)を基準とします。また、エリア別投資比率は、あくま
        でも原則であり、例外的に、これらの割合を超過し又は下回る可能性があります。
                                 23/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     c.   キャッシュマネジメント
        本投資法人は、一般社団法人投資信託協会(以下「投信協会」又は「投資信託協会」ということがありま
       す。)の不動産投資信託及び不動産投資法人に関する規則(以下「投信協会規則」といいます。)に定める額(注
       1)を上限として、本投資法人が決定した額を、利益を超える金銭の分配(出資の払戻し)として、利益の範囲内
       で行う金銭の分配(以下、本「c.キャッシュマネジメント」において「利益分配」といいます。)に加えて分配
       することができると定めています。本投資法人は、他の不動産資産との比較において、一般的に土地建物価格の
       うち建物価格の割合が高く、減価償却費の割合が大きいという物流不動産の特徴を活かし、効果的な資本的支出
       の実施、新規物件の取得資金への充当及び有利子負債の返済等、資金の有効活用に係る様々な選択肢について検
       討の上、当該営業期間の減価償却費の30%を上限に、利益超過分配を原則毎期継続的に行う方針です。利益超過分
       配の詳細については、後記「(3)                分配方針 ②       利益を超えた金銭の分配(規約第39条第2号)」をご参照くださ
       い。
        本投資法人は、柔軟なキャッシュマネジメントによる安定的な分配水準を確保するため、不動産売却損益を除
       いた、保有資産の運用から生じるキャッシュ・フローに重点をおいて、長期的な保有資産の維持管理及び財務の
       安定性が確保される範囲内で、原則FFOの70%を目処(ただし、当面の間においては減価償却費の30%を上限として
       FFOの70%を超える場合もあります。)に、下記の算定方式に基づき決定した金額の利益超過分配を、利益分配に
       加えて継続的に行う方針です。
       継続的な利益超過分配の算定方式

       i.   当該営業期間の当期純利益に基づき利益分配を決定します。
       ii.  当該営業期間の当期純利益(ただし、不動産売却損益を除きます。)に減価償却費を加算し、当該営業期間
         のFFOを算定します。
       iii.   当該営業期間のFFOの70%に相当する金額を目処に、利益超過分配を含めた分配可能総額を算定します。
       iv.  利益超過分配を含めた分配可能総額から、利益分配(ただし、不動産売却損益を除きます。)の額を控除
         し、利益超過分配可能額を算定します。
       v.   前記iv.において算定された利益超過分配可能額を原則継続的な利益超過分配額としますが、算定された額が
         当該計算期間の減価償却費の30%を超える場合は、減価償却費の30%を継続的な利益超過分配の額とします。
       vi.  前記v.において決定した利益超過分配を、前記i.において決定した利益分配に加えた額を、分配総額として
         原則として毎期継続的に行います。
       さらに、継続的な利益超過分配に加えて、新投資口発行等の資金調達等又は大規模修繕等により、1口当たり分配

      金の分配額が、一時的に一定程度減少することが見込まれる場合には、1口当たり分配金の金額を平準化する目的
      で、継続的な利益超過分配の分配額に加えて、一時的な利益超過分配を行うことがあります。
       ただし、経済環境、不動産市場及び賃貸市場等の動向、保有資産の状況並びに本投資法人における当該営業期間
      の減価償却費に占める利益超過分配の割合、LTV水準及び余剰資金の状況を勘案し、継続的な利益超過分配を行わな
      い場合もあります。
       また、安定的な財務運営を継続する観点から、上記の金銭の分配を実施した場合に鑑定LTV(注2)が60%を超える場
      合においては、利益超過分配を実施しないものとします。
      (注1)   投信協会規則においては、クローズド・エンド型の投資法人は、計算期間の末日に算定された減価償却累計額の合計から前計算期間

        の末日に計上された減価償却累計額の合計を控除した額の100分の60に相当する金額を限度として、利益超過分配を行うことが可能
        とされています。詳細については、後記「(3)                  分配方針 ②利益を超えた金銭の分配(規約第39条第2号)」をご参照ください。
      (注2)   「鑑定LTV」とは、本投資法人の当該決算期末において、貸借対照表上の総資産額から保有資産の帳簿価格合計を減算し、当該決算
        期における鑑定評価額の合計額を加算した額に占める有利子負債総額の占める割合をいいます。
                                 24/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (注)  上記はあくまでもイメージであり、実際のFFOに対する当期純利益や利益超過分配の比率等を示すものではありません。なお、経済環






        境、不動産市場及び賃貸市場等の動向、保有資産の状況並びに財務の状況等を踏まえ、本投資法人が不適切と判断した場合には分配
        可能金額を超える金銭の分配を行わない可能性もあります。詳細については、後記「(3)                                  分配方針 ②      利益を超えた金銭の分配(規
        約第39条第2号)」をご参照ください。
                                 25/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ③   投資方針
    (イ)      投資基準
     本投資法人の投資基準は、上記のほか、中長期的に安定した収益を確保し得るポートフォリオを構築するため、物件
    の汎用性とテナントの利用継続性の観点から、以下の立地、規模、建物の状況、築年数、テナント関連、環境配慮、土
    壌、権利関係及び開発中又は開発予定物件に係る事情等の事項を総合的に判断し、その投資価値を見極めた上で、投資
    を行うものとします。ただし、新耐震基準又はそれと同水準以上の性能の確保がなされていない物件は取得しません。
    なお、以下の投資基準のうち建物に関するものについては、投資対象が底地の場合には、底地上の建物について以下に
    準じた判断を行います。ただし、この場合、建物そのものを保有しないことに鑑み、適切と認められる場合には建物に
    関する基準を適用しないことができます。
     a.   立地

       個別物件の特性を精査し、次の要素を総合的に評価した上で汎用性が認められ、高い競争力を有する物件に投資
      します。ただし、必ずしも汎用性を満たさない場合であっても、特定テナントによる中長期的な安定利用の蓋然性
      が認められる物件については投資対象とします。
       i.     物流拠点としての用途地域、周辺環境の適格性(自然環境や夜間操業の可否等)
       ii.    物流拠点としての交通立地上の優位性・競争力の把握(消費地及び生産地への近接性、高速道路及び主要道
         路へのアクセス、港湾・空港・鉄道・トラックターミナルへのアクセス等)
       iii.   施設労働者の確保可能性・通勤の利便性
       iv.    物流拠点としての周辺環境における地域将来性
       v.     法規制や開発計画に対する公的助成制度の有無
     b.   規模

       物流不動産の1物件当たりの規模は、効率的な物流オペレーションの観点から、延床面積10,000㎡以上、基準階床
      面積3,300㎡以上を原則投資対象とします。ただし、テナントニーズとの適合性、立地特性及び代替可能性等を考慮
      し、安定した収益性を有する物流不動産については、上記の規模を満たさない場合でも投資対象とします。また、
      その他不動産については個別に判断するものとします。1物件のポートフォリオ全体に占める割合については、投資
      総額(取得価格基準・当該物件取得後)の25%を上限とします。ただし、本投資法人の資産規模が2,000億円(取得
      価格基準)を超えるまでの間は、当該上限を超えて取得することができるものとします。
     c.   建物の状況

       個別物件の特性を精査し、次の要素を総合的に評価した上で、建物スペックに関して汎用性が認められ、高い競
      争力を有する物件に投資します。ただし、建物スペックに関して汎用性が低い場合であっても、特定テナントによ
      る中長期的な安定利用の蓋然性が認められ、収益の安定性を有する物件については投資対象とします。
       i.   主要スペック(基準階床面積、有効天井高、柱間隔、床耐荷重、賃貸区画の形状、エレベーター、垂直搬送
         機、バース(注)、ドックレベラー(注)、ランプウェイ(注)、スロープ、接車可能台数、駐車場、空調、照明
         照度、電気容量等)
       ii.    築年数に応じた管理・修繕・更新状況
       iii.   防災対応(免震・耐震性能、自然災害に備えた構造・設備の安全性)
       (注)  「バース」とは、倉庫スペースに面したトラックの着車場所をいい、「ドックレベラー」とは、バースに着車したトラックの荷台
         と倉庫床の高さに差があるとき、当該高低差を解消するための機械をいい、「ランプウェイ」とは、多層階の物流施設において、
         車両が直接各階に乗り入れ、荷降ろし作業を行うことを可能とする傾斜路をいいます。以下同じです。
     d.   築年数

       個別物件の築年数を考慮し中長期の安定運用に耐え得るものを投資対象とします。
                                 26/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     e.   テナント関連
       収益性確保の観点から、現在の入居テナントに関して次の要素を総合的に評価し、投資判断を行います。
       i.     賃料・契約期間等の賃貸借条件
       ii.    テナントの信用力
       iii.   テナントの業種及びその業況トレンド
       iv.    継続使用の蓋然性等
     f.   環境配慮

       不動産の設計、施工及び運営管理等における環境負荷への配慮の有無・程度を総合的に評価し投資判断を行いま
      す。
     g.   土壌

       土壌汚染対策法(平成14年法律第53号。その後の改正を含みます。以下「土壌汚染対策法」といいます。)及び
      環境関連法令、各地方自治体の条例等に従って適切に処理されているものに限り投資対象とします。
     h.   権利関係

       i.     共有物件及び区分所有物件
         不動産全体の処分・利用への関与の度合いや権利割合、他の共有者及び区分所有者の状況等を考慮して取得
        不動産としての適否を個別に判断します。
       ii.    借地物件
         借地契約の内容と収益性、権利の安定性を考慮して投資対象としての適否を個別に判断します。
       iii.   担保権付着物件
         原則として当該不動産に付着している権利関係の解消が可能なものに限定します。
     i.   開発中又は開発予定物件

       本投資法人は、原則として自ら素地を取得し、建物の建築を行う開発中又は開発予定物件への投資は行わないも
      のとします。ただし、開発中又は未稼働の不動産に関しては、建物の竣工に関するリスク、リーシングに関するリ
      スク、開発者のクレジットリスク等が軽減又は最小化されると判断される場合で、その不動産が本資産運用会社の
      定める投資基準に適合した資産であることを条件に投資を行うことができるものとします。
     j.   保有物件の再開発

       本投資法人は、本投資法人が保有運用中の物件において、大規模な増改築や老朽化による再建築等を行う必要が
      生じた場合は、資産価値の増大、収益力の向上及び許容し得るリスクを比較考量の上、再開発投資を行うことがで
      きるものとします。
     k.   不動産対応証券への投資

       本投資法人は、以下の事項を総合的に勘案した上で、第三者が資産運用を行う不動産ファンド(開発型を含みま
      す。)に係る不動産対応証券への投資を行うことができるものとします。
       i.     不動産対応証券の裏付けとなる不動産等(以下「裏付け資産」といいます。)が、本資産運用会社の定める投
         資基準に適合した資産であること。
       ii.    投資対象となる不動産対応証券の裏付け資産について、原則として、当該裏付け資産の売却時における取得
         機会が本投資法人に与えられており、かつ本投資法人の保有資産の総額に対する不動産対応証券の割合が
         10%以内であること。ただし、海外エリアへの投資時における当該国の規制上、当該裏付け資産そのものを
         直接取得することが困難であるような場合、その他不動産対応証券への投資が当該裏付け資産への投資と実
         質的に同意義であると認められる場合においては、この限りではありません。
                                 27/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ロ)      デューディリジェンス基準
     投資対象資産の取得に際しては、以下の各評価項目及び各調査事項について、経済的調査、物理的調査及び法的調査
    を十分に実施します。
     本投資法人は、調査プロセスにおいて、公正かつ調査能力と経験があると認められる第三者の専門会社等からエンジ
    ニアリング・レポート、不動産鑑定評価書等を取得し、これらの内容についても考慮するものとします。
          評価項目       調査事項

                  i.     不動産鑑定(投信法に基づく不動産鑑定評価上の留意事項及び不動産の鑑定評価
                    に関する法律(昭和38年法律第152号。その後の改正を含みます。)並びに不動産
          取得価格の妥          鑑定評価基準に基づき、土地若しくは建物又はこれらに関する所有権以外の権利
          当性          の経済価値を判定し、その結果を価額に表示することをいいます。)の内容・妥
                    当性の検証
                  ii.    本資産運用会社によるバリュエーションと不動産鑑定評価書との比較検証
                  i.     テナントの信用力
                  ii.    テナントの賃料支払状況
          テナント関連
                  iii.   テナントの業種、賃借目的、契約内容、用途、利用状況、遵法性の確保
                  iv.    各建物における各テナントの占有割合等
    経済的調査
                  i.     賃料相場、稼働状況
                  ii.    競合物件・物流ニーズ(荷主・物流業者)の動向等
          市場
                  iii.   周辺の新規物件供給の動向、開発余地
                  i.     賃貸借契約内容
                  ii.    テナント継続使用(契約更新)の可能性
                  iii.   新規テナント誘致の競争力(現在及び過去の稼働率、平均入居期間等)
          収益関係
                  iv.    現行賃料と市場賃料の乖離、将来賃料の見通し
                  v.     現行費用及び将来予想される費用、適正費用水準
                  vi.    修繕計画
                  i.     主要都市、公共交通機関及び高速道路のインターチェンジとの接近性
                  ii.    周辺道路との関係(交通量、道路幅員、信号位置、車両動線等)
                  iii.   物流不動産立地としての法規制(都市計画法(昭和43年法律第100号。その後の改
                    正を含みます。以下「都市計画法」といいます。)、港湾労働法(昭和63年法律
          立地要因
                    第40号。その後の改正を含みます。以下「港湾労働法」といいます。)等)
                  iv.    周辺環境との適合性(近隣との関係、夜間操業、トラック動線等)
                  v.     エリア将来性(後背・労働者人口、物流不動産の需給)
                  vi.    法規制や開発計画に対する公的助成制度の有無
                  i.     主要構造、築年数、設計・施工業者等
                  ii.    主要スペック(基準階床面積、有効天井高、柱間隔、床耐荷重、賃貸区画の形
          建築・設備・
                    状、エレベーター、垂直搬送機、バース、ドックレベラー、ランプウェイ、ス
          仕様
                    ロープ、接車可能台数、駐車場、空調、照明照度、電気容量等)
                  iii.   敷地内におけるトラック・一般車両・歩行者動線等
                  i.    許認可取得の進捗及び見通し
          開発・再開発
                  ii.    コストオーバーラン・タイムオーバーランのリスク
    物理的調査
          物件
                  iii.   開発者の信用力
                  i.     関係法規(建築基準法(昭和25年法律第201号。その後の改正を含みます。以下
                    「建築基準法」といいます。)、消防法(昭和23年法律第186号。その後の改正を
                    含みます。以下「消防法」といいます。)、都市計画法その他建築法規及び自治
          建物・管理
                    体による指導要綱等)の遵守状況
          診断
                  ii.    エンジニアリング・レポートにおける内容(再調達価格、長期修繕計画、遵法性
                    等)・妥当性検証
                  iii.   建物管理状況の良否、修繕履歴等
                  i.     新耐震基準への適合又はそれと同水準以上の性能の確保の確認
                  ii.    地震リスク分析
          耐震性能診断
                  iii.   構造計算書レビュー及び構造再計算
                  i.     アスベスト・フロン・PCB等の有害物質の使用・管理状況
                  ii.    地質状況、土地利用履歴、土壌等の環境調査
          環境・土壌等
                  iii.   洪水、水害等のリスク
                                 28/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
          評価項目       調査事項
                 前所有者等の権利の確実性を検討します。特に共有・区分所有・借地物件等、本投資法人
                 が所有権を有しない又は単独では所有権を有しない等権利関係が複雑な物件について、以
                 下の点を含めその権利関係について慎重に調査します。
                  i.     借地権に関する対抗要件具備の有無及び借地権に優先する他の権利の有無 
                  ii.    敷地権登記の有無、建物と敷地権の分離処分の制限及びその登記の有無、持分割
                    合の状況
                  iii.   共有物不分割特約及びその登記の有無、共有物分割請求及び共有持分売却等に関
                    する適切な措置の有無並びに共有者間における債権債務関係 
          権利関係への
                  iv.    管理組合における修繕積立金の積立及び利用方針
          対応
                  v.     本投資法人による取得前に設定された担保の設定状況や契約の内容とその承継の
    法的調査
                    有無
                  vi.    借地権設定者、区分所有者及び共有者等と締結された規約・特約等の内容(特に
                    優先譲渡条項の有無とその内容)
                  vii.   借地権設定者、区分所有者及び共有者等の法人・個人の別及びそれらの属性
                  viii.不動産信託受益権については信託契約の内容
                  ix.    施工業者に対する工事に関する瑕疵担保請求権の承継の有無
                  i.     境界確定の状況、境界確認書
                  ii.    越境物の有無、越境に関する覚書
          境界調査
                  iii.   近隣住民との協定書
    (ハ)      フォワード・コミットメント等に関する方針

     本投資法人は、フォワード・コミットメント等(先日付での売買契約であって、売買契約締結から1か月以上経過した
    後に決済・物件引渡しを行うこととしている契約及びこれに類する契約をいいます。以下同じです。)の実行に際して
    は、過大なフォワード・コミットメント等が本投資法人の損益・財務に与える影響を勘案し、特に以下の点に留意して
    対応するものとします。
    ・解約金、違約金の上限金額
    ・物件引渡しまでの期間並びに不動産売買市場及び金融市場の変動リスク
    ・決済資金の調達方法
     フォワード・コミットメント等を行った場合には、速やかにその事実及び設定理由、解除条件並びに履行できない場
    合の本投資法人の財務に与える影響等の概要を開示するものとします。
    (ニ)    運営管理方針

     a.   運営管理基本方針
       本投資法人は、保有資産の運営管理を行うに際して、中長期に安定した収益を維持し、さらなる成長を目指すた
      めに、伊藤忠グループの持つノウハウを活用し、優良テナントの確保、運用資産価値の維持向上、空室率の低減並
      びに運営管理コストの削減等を図り、効率的な運営管理体制を構築することにより、運用資産の収益最大化に努め
      ることを基本方針とします。
     b.   テナントリーシング等に係る方針

       本投資法人は、基本方針に基づき、マーケット動向、テナント動向を把握し、物流不動産に対するニーズ・要望
      に適確に応えるとともに、テナントの事業運営そのものにおいて生じる様々な課題・要望についても、伊藤忠グ
      ループのソリューションサービスを提供し解決することで、テナントの満足度向上と信頼関係の構築を図り、優良
      テナントの維持・確保に努めます。
       本投資法人は、上記の方針を実現すべく、リーシングマネジメント業務については、経験及び実績、財務体質・
      信用力、報酬手数料の水準等を総合的に勘案の上、原則として伊藤忠商事へ委託し、伊藤忠グループが有する顧客
      ネットワークを最大限に活用します。
       テナント選定に際しては、賃料水準、賃貸借契約期間、賃貸面積、信用状況、業種、テナント構成、賃借目的や
      用途等を総合的に判断します。
     c.   プロパティマネジメントに係る方針

       i.   本投資法人は、基本方針に基づき、効率的かつ効果的な運営管理体制を構築することで、運用資産の物理
         的・機能的価値の維持向上を図るとともに、入居テナントの要望への適確な対応や課題解決を通じて、テナ
         ントの満足度を向上させ、賃料発生期間及び賃料水準の最大化に努めます。また、プロパティマネジメント
         業務の委託にあたっては、本資産運用会社の定める「運用資産管理規程」及びその他の関連規程類にて定め
         る基準(不動産運営管理の経験及び実績、財務体質・信用力、報酬手数料の水準等)を総合的に勘案し、本
         投資法人の収益性向上に寄与する業者を選定します。
                                 29/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       ii.  本投資法人は、前記i.記載の方針に従い、以下の事由について勘案した上で、運用資産に係るプロパティマ
         ネジメント業務を、原則として伊藤忠アーバンコミュニティに委託します。
        (i)     伊藤忠アーバンコミュニティが、プロパティマネジメント業務を既に受託している場合であって、物件
           の状況を熟知するとともに既存テナントとの信頼関係を構築しており、今後とも賃貸借契約の継続と賃
           料水準の維持改善に寄与し得ると判断されること。
        (ii)    前記(i)の場合以外であっても、本資産運用会社との密な情報共有等の連携体制の維持構築が可能であっ
           て、当該業務の委託契約に基づき策定される賃貸運営計画に沿った業務遂行の実現性が高いと判断され
           ること。
        (iii)   リーシングマネジメント業務の原則的な委託先である伊藤忠商事と連携し、伊藤忠グループとして入居
           テナントとの信頼関係の構築とそのさらなる強化を可能とすることで、新たな施設利用ニーズの発掘に
           寄与し得ると判断されること。
     d.   プロパティマネジメント会社の監督・評価に係る方針

       本投資法人は、プロパティマネジメント業務の委託先において、前記「c.                                  プロパティマネジメントに係る方針」
      記載の方針及び賃貸運営計画に沿った業務の遂行がなされているかについて、本資産運用会社の定める「運用資産
      管理規程」及びその他の関連規程類の定めに従い、適切な監督を行うとともに、その運営管理実績に関し定期の評
      価を実施することで、効率的かつ効果的な管理水準の維持・向上を図ります。
     e.   修繕工事・更新工事等に係る方針

       本投資法人は、中長期的な視点から物件の市場競争力及びテナントの満足度の維持・向上の期待できる修繕工
      事・更新工事等について、費用対効果を考慮の上、適時実施します。また、テナントの要請、施設の賃貸借ニー
      ズ、容積率の消化状況等を考慮して、物件の増改築の実施を検討するほか、市場競争力の向上が見込まれる場合や
      経年劣化に伴い維持管理コストの負担が経済合理性に見合わないと判断される場合は、必要に応じて建替えの検討
      を行います。
     f.   付保方針

       本投資法人は、災害・事故等による建物等の損害及び収益の減少又は第三者への損害賠償を担保するため、資産
      特性に応じて適正な火災保険、賠償責任保険を付保するものとします。また、地震保険の付保については、地震発
      生時に予想される個別物件及びポートフォリオ全体に対する影響と保険の実効性を勘案して、総合的に判断しま
      す。ただし、個別物件のPML値(注)が15%を超過する場合若しくは個別投資物件が加わることによりポートフォリオ
      全体のPML値が10%を超過する場合には、災害による影響と保険料負担等を総合的に比較の上、地震保険の付保を検
      討するものとします。
      (注)  「PML値」とは、地震による予想最大損失率を意味しますが、統一された厳密な定義はなく目的や用途に応じて様々に定義されていま
        す。本書においては、対象施設又は施設群に対して最大級の損失をもたらすと考えられる、今後50年間に超過確率が10%であるような
        地震(再現年間475年相当の地震)が発生し、その場合の90%非超過確率に相当する物的損失額の再調達価格に対する割合を意味しま
        す。以下同じです。
     g.   資産運用計画・資産管理計画書

       本資産運用会社は、本投資法人の資産運用に関して、資産運用計画及び資産管理計画書を策定し、計画的な資産
      の運用を行うものとします。資産運用計画及び資産管理計画書の具体的な作成内容及び制定・変更手続について
      は、投信協会規則、「運用資産管理規程」及びその他の関連規程類に基づくものとします。
    (ホ)      売却方針

     本投資法人は、中長期的な物件の保有運用から生じる安定的な収益を確保することを目的としており、原則として短
    期的な物件売却は行わないものとします。
     ただし、賃貸及び売買市場の動向、中長期的な物件収支の見通し、ポートフォリオ全体に及ぼす売却損益の影響等を
    総合的に勘案し、投資主価値の向上に資すると判断した場合には、物件売却を行う場合があります。
                                 30/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ④   財務方針
     本投資法人は、中長期に安定した収益の確保と運用資産の規模の着実な成長及び運用の安定性を優先し、機動的な財
    務戦略を実行します。
    (イ)      基本方針

     本投資法人は、中長期的に安定した収益の確保と運用資産の規模の着実な成長及び運用の安定性を確保するため、資
    金調達の機動性及び財務体質の健全性の維持強化に努めるものとします。
     本投資法人は必要に応じて借入れ及び投資法人債の発行により必要資金を調達します。当該調達した資金の使途は、
    資産の取得、修繕、分配金の支払、本投資法人の運営に要する資金又は債務の返済(敷金及び保証金の返還、借入金の
    返済並びに投資法人債の償還を含みます。)等とします。
    (ロ)      エクイティ戦略

     本投資法人は、以下のエクイティ戦略に基づき、新投資口の発行等を行うものとします。
     新投資口の発行は、運用資産の中長期的かつ安定的な成長を目的として、資本市場の動向、経済環境、新たな運用資
    産の取得時期、本投資法人の資本構成及び既存投資主への影響等を総合的に考慮し、投資口の希薄化に十分に配慮した
    上で、機動的に行うものとします。
     本投資法人は、新投資口の発行に際し、投資主間の公平性に配慮しつつ、円滑に資金調達を行うことを目的として、
    新投資口予約権の無償割当て(ライツオファリング)を行うことができるものとします。
    (ハ)      デット戦略

     本投資法人は、以下のデット戦略に基づき、財務体質の維持強化に努めるものとします。
     本投資法人は、金利の動向、資金調達コスト、固定比率、調達先、調達期間、債務の返済及び償還期日等を総合的に
    勘案した上で、借入れの実行及び投資法人債(短期投資法人債を含みます。)の発行を行います。
     また、借入先の選定にあたっては、借入期間、金利、担保提供の要否、手数料等の諸条件につき、金融市場相場と比
    較しながら総合的に判断して決定するものとします。なお、借入先は、金融商品取引法第2条第3項第1号に規定する適格
    機関投資家(ただし、租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家に限ります。)に限定します。
     財務健全性及び資金余力の確保に留意し、LTVは、原則として60%を上限とします。ただし、新たな運用資産の取得等
    に伴い、一時的に60%を超えることがあります。
     借入金及び投資法人債の限度額はそれぞれ1兆円とし、借入金と投資法人債の合計額が1兆円を超えないものとしま
    す。また、借入れについては、信用力、実績及び資金量を総合的に勘案し、継続的に安定的な取引が可能な借入先を選
    定します。
     なお、借入先は金融商品取引法第2条第3項第1号に規定する適格機関投資家(ただし、租税特別措置法第67条の15に定
    める機関投資家に限ります。)に限ります。
     借入れを行う場合又は投資法人債を発行する場合、無担保を原則としますが、必要な場合においては、本投資法人の
    運用資産を担保として提供する場合があります。
     必要資金の機動的な調達を目的として、コミットメント・ライン契約等の事前の借入枠設定又は随時の借入れの予約
    契約を締結する場合があります。
     借入れその他の資金調達に係る金利変動リスクその他リスクをヘッジする目的として、金融先物取引及び金融デリバ
    ティブ取引をする場合があります。
                                 31/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ニ)      キャッシュマネジメント
     本投資法人は、他の不動産資産との比較において建物の割合が高く、賃貸収益に占める減価償却費割合が大きい反
    面、資本的支出の必要額は少額に留まる傾向があるという物流不動産の一般的な特性を踏まえ、適切なキャッシュマネ
    ジメントを行うことで、最適な分配施策や効果的な資本的支出の実施、借入金の返済及び新規物件の取得資金への充当
    等、様々な選択肢について検討し投資主価値の最大化に努めるものとします。
     想定される資金需要(新規物件の取得資金、修繕費用、資本的支出、運転資金、敷金及び保証金等の返還金等)に対
    応するため、融資極度枠等の設定状況も勘案した上で、減価償却費相当額のうち、一定程度を資金留保することで、必
    要かつ十分と考えられる金額の現預金を常時保有するものとします。
     余剰資金の運用は、安全性及び換金性を考慮し、市場環境及び資金繰りの状況を十分に勘案の上、有価証券又は金銭
    債権に投資することができます。
     本投資法人は、安全性及び換金性を勘案した上で、有価証券及び金銭債権へ投資を行う場合があります。ただし、積
    極的な運用益の取得のみを目指した投資は行わないものとし、有価証券の引受け及び信用取引についても行わないもの
    とします。
     本投資法人は、不動産の賃貸に際し、敷金、保証金又はこれらに類する金銭を収受する場合があり、かかる収受した
    金銭を運用ガイドラインの規定に基づき、運用することができるものとします。
    (ホ)      自己投資口の取得及び消却

     本投資法人は、資本効率の向上と投資主還元のため、財務、資本政策の一環として自己投資口の取得及び消却を行う
    ことができるものとします。なお、投資口価格の水準、手元資金の状況、財務状況、資本市場環境等を慎重に見極めた
    上で、中長期的な投資主価値の向上に資するかを判断して実行するものとします。
    ⑤     開示方針

     本投資法人は、透明性確保の観点から、法定開示に加えて、有用かつ適切と判断される投資情報を、情報の透明性及
    び分かりやすさに配慮し、正確かつ迅速に開示するものとします。
                                 32/184












                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (2)【投資対象】
    ①   投資対象とする資産の種類
     本投資法人は、主として不動産等資産(投信法施行規則第105条第1号ヘに規定するものをいいます。)のうち、不動
    産、不動産の賃借権、地上権及びこれらの資産のみを信託する信託の受益権を投資対象とします(規約第29条)。本投
    資法人は、後記(イ)に定める不動産等及び後記(ロ)に定める不動産対応証券に投資します(規約第31条第1項)。また、
    本投資法人は、後記(イ)に定める不動産等又は後記(ロ)に定める不動産対応証券のほか、後記(ハ)に掲げる特定資産に
    投資することができます(規約第31条第2項)。また、本投資法人は、後記(イ)に定める不動産等及び後記(ロ)に定める
    不動産対応証券への投資に付随して後記(ニ)に掲げる権利に投資することができます(規約第31条第3項)。
    (イ)     不動産等(次に掲げるものを総称していいます。以下同じです。)

     a.     不動産
     b.     不動産の賃借権
     c.     地上権
     d.     外国の法令に基づく前記a.、b.又はc.に掲げる資産
     e.     前記a.からd.までに掲げる資産を信託する信託の受益権(不動産に付随する金銭と合わせて信託する包括信託を
       含みます。)
     f.     信託財産を主として前記a.からd.までに掲げる資産に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の
       受益権
     g.     当事者の一方が相手方の行う前記a.からf.に掲げる資産の運用のために出資を行い、相手方がその出資された財
       産を主として当該資産に対する投資として運用し、当該運用から生ずる利益の分配を行うことを約する契約に係
       る出資の持分(以下「匿名組合出資持分」といいます。)
     h.     信託財産を主として匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益権
     i.     外国の法令に準拠して組成された前記e.からh.までに掲げる資産と同様の性質を有する資産
     j.     投信法第194条第2項に規定する場合において、投信法施行規則第221条の2第1項に規定する法人のうち、資産の
       すべてが不動産及び当該不動産に係る金銭債権等である法人(外国金融商品市場に上場されているもの及び外国
       において開設されている店頭売買金融商品市場に登録等をされているものを除きます。)が発行する株式又は出
       資
    (ロ)      裏付けとなる資産の2分の1を超える額を不動産等に投資することを目的とする、次に掲げるもの(以下「不動産

       対応証券」と総称していいます。以下同じです。)
     a.     優先出資証券(資産の流動化に関する法律(平成10年法律第105号。その後の改正を含みます。以下「資産流動
       化法」といいます。)第2条第9項に定める優先出資証券をいいます。)
     b.     受益証券(投信法第2条第7項に定める受益証券をいいます。)
     c.     投資証券(投信法第2条第15項に定める投資証券をいいます。)
     d.     特定目的信託の受益証券(資産流動化法第2条第15項に定める特定目的信託の受益証券(前記(イ)e.、f.及びh.
       に掲げる資産に該当するものを除きます。)をいいます。)
     e.     外国の法令に基づく権利又は外国の者の発行する証券で前記a.からd.に掲げる権利又は証券の性質を有するもの
    (ハ)      その他の特定資産

     a.     預金
     b.     コールローン
     c.     譲渡性預金証書
     d.     国債証券(金融商品取引法第2条第1項第1号に定めるものをいいます。)
     e.     地方債証券(金融商品取引法第2条第1項第2号に定めるものをいいます。)
     f.     金銭債権(投信法施行令第3条第7号に定めるものをいいます。)
     g.     有価証券(金融商品取引法第2条第1項に定める有価証券及び同条第2項の規定により有価証券とみなされる権利
       のうち、前記(イ)及び(ロ)並びに本(ハ)のa.からf.まで並びにh.及びi.に定めるものを除きます。)
     h.     デリバティブ取引に係る権利(投信法施行令第3条第2号に定めるデリバティブ取引に係る権利をいいます。)
     i.     再生可能エネルギー発電設備(投信法施行令第3条第11号に定める再生可能エネルギー発電設備をいいます。)
                                 33/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ニ)      不動産等又は不動産対応証券への投資に付随して取得する次に掲げる権利
     a.     商標法(昭和34年法律第127号。その後の改正を含みます。)に基づく商標権等(商標権又はその専用使用権若
       しくは通常使用権をいいます。)
     b.     著作権法(昭和45年法律第48号。その後の改正を含みます。)に基づく著作権等
     c.     資産流動化法第2条第6項に規定する特定出資
     d.     温泉法(昭和23年法律第125号。その後の改正を含みます。)に定める温泉の源泉を利用する権利及び当該温泉
       に関する設備等
     e.     動産(民法(明治29年法律第89号。その後の改正を含みます。以下「民法」といいます。)で規定されるものの
       うち、設備、備品その他の構造上又は利用上不動産に附加された物をいいます。)
     f.     民法上の地役権
     g.     地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号。その後の改正を含みます。)に基づく算定割当量
       その他これに類似するもの又は排出権(温室効果ガスに関する排出権を含みます。)
     h.     持分会社(会社法第575条第1項に定めるものをいいます。)の社員権
     i.     保険契約に基づく権利(不動産等又は不動産対応証券への投資に係るリスクを軽減することを目的として取得す
       る場合に限ります。)
     j.     前記a.からi.までに掲げる資産のいずれかを信託する信託の受益権
     k.     信託財産を主として前記a.からi.までに掲げる資産のいずれかに対する投資として運用することを目的とする金
       銭の信託の受益権
     l.     前記a.からi.までに定めるもののほか、不動産等又は不動産対応証券への投資に付随して取得が必要又は有益と
       なるその他の権利
    (ホ)      金融商品取引法第2条第2項に定める有価証券表示権利について当該権利を表示する有価証券が発行されていない

       場合においては、当該権利を有価証券とみなして、前記(イ)から(ニ)までを適用するものとします。
    ②   投資基準及び地域別、用途別等による投資割合

    (イ)      投資基準については、前記「(1)               投資方針 ③       投資方針 (イ)        投資基準」をご参照ください。
    (ロ)      投資対象エリア別、用途別等による投資割合は、前記「(1)                            投資方針 ②ポートフォリオ構築方針 (イ)                     投資

       対象と投資エリア」をご参照ください。
                                 34/184










                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (3)【分配方針】
     本投資法人は、原則として以下の方針に基づき分配を行います(規約第39条柱書)。
    ① 利益の分配(規約第39条第1号)
    (イ) 投資主に分配する金銭の総額のうち、投信法第136条第1項に定める利益の額(以下「分配可能金額」といいま
      す。)は、わが国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して計算します。
    (ロ) 分配金額は、原則として租税特別措置法第67条の15第1項に規定される本投資法人の配当可能利益の額(以下
      「配当可能利益の額」といいます。)の100分の90に相当する金額(法令改正等により当該金額の計算に変更が
      あった場合には変更後の金額とします。)を超えて本投資法人が決定する金額とします。なお、本投資法人は、運
      用資産の維持又は価値向上に必要と認められる長期修繕積立金、支払準備金、分配準備積立金、一時差異等調整積
      立金並びにこれらに類する積立金及び引当金等の他必要な金額を分配可能金額から積み立て、又は留保その他の処
      理を行うことができます。
    (ハ) 利益の金額のうち、分配金に充当せず留保したものについては、本投資法人の資産運用の対象及び方針に基づき
      運用を行います。
    ② 利益を超えた金銭の分配(規約第39条第2号)

    (イ) 本投資法人は、分配可能金額が配当可能利益の額の100分の90に相当する金額に満たない場合、本投資法人が適
      切と判断した場合、又は本投資法人における法人税等の課税負担を軽減することができる場合は、投信協会規則に
      定められる金額を限度として、本投資法人が決定した金額を、利益を超えた金銭として分配することができます。
      ただし、この場合において、金銭の分配金額が投資法人に係る課税の特例規定における要件を満たさないときは、
      当該要件を満たす目的をもって本投資法人が決定した金額をもって、分配可能金額を超えて金銭の分配をすること
      ができます。
    (ロ) なお、本投資法人は、原則として毎期継続的に分配可能金額を超える金銭の分配を行うことを方針とし、その実
      施及び金額の決定にあたっては、保有資産の競争力の維持・向上に向けて必要となる資本的支出の金額及び本投資
      法人の財務状態に十分配慮します。ただし、経済環境、不動産市場及び賃貸市場等の動向、保有資産の状況、財務
      の状況等を踏まえ、本投資法人が不適切と判断した場合には分配可能金額を超える金銭の分配を行いません。
      (注1)   利益を超える金銭の分配(出資の払戻し)は、すべての投資主に対して、利益の範囲内で行う金銭の分配に加えて本投資法人の判
         断により行う分配であり、オープン・エンド型の投資法人の投資口の場合に各投資主からの請求により行われる投資口の払戻しと
         は異なります。なお、本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しが認められないクローズド・エンド型です。
      (注2)   クローズド・エンド型の投資法人は、計算期間の末日に算定された減価償却累計額の合計から前計算期間の末日に計上された減価
         償却累計額の合計を控除した額の100分の60に相当する金額を限度として、利益の金額を超える金額の分配(出資の払戻し)を行う
         ことが可能です(投信協会規則第43条)。
    ③ 分配金の分配方法(規約第39条第3号)

     本「(3)    分配方針」に基づく分配は、金銭により行うものとし、原則として決算期から3か月以内に、決算期現在の最
    終の投資主名簿に記載又は記録のある投資主又は登録投資口質権者を対象にその有する投資口の口数又は登録投資口質
    権の対象たる投資口の口数に応じて分配します。
    ④ 分配金請求権の除斥期間(規約第39条第4号)

     本投資法人は、本「(3)           分配方針」に基づく分配金が受領されずにその支払開始の日から満3年を経過したときは、そ
    の分配金の支払義務を免れます。なお、未払分配金には利息は付さないものとします。
    ⑤ 投信協会の規則(規約第39条第5号)

     本投資法人は、前記①から④までの他、金銭の分配にあたっては、投信協会の定める規則等に従うものとします。
                                 35/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (4)【投資制限】
    ① 規約に基づく投資制限
     規約に基づく投資制限は、以下のとおりです。
    (イ)     投資制限(規約第32条)
     a. 有価証券及び金銭債権に係る制限
      本投資法人は、金銭債権(投信法施行令第3条第7号に定めるものをいいます。)に対する投資は、積極的に行うも
     のでなく、安全性、換金性を重視して行います。
     b. デリバティブ取引に係る制限
     本投資法人は、デリバティブ取引に係る権利への投資を、本投資法人に係る負債から生じる金利変動リスクその他の
     リスクをヘッジすることを目的としてのみ行います。
    (ロ)     取得した資産の貸付けの目的及び範囲(規約第33条)

     a. 本投資法人は、特定資産である不動産について、運用を図ることを目的とし第三者との間で賃貸借契約を締結し
      貸付を行うことを原則とし、特定資産である信託受益権に係る信託財産である不動産については当該信託の受託者
      に第三者との間で賃貸借契約を締結させ貸付を行うことを原則とします。
     b. 本投資法人は、不動産の賃貸に際し、敷金又は保証金等これらに類する金銭を収受することがあり、かかる収受
      した金銭を資産運用の基本方針及び投資態度に従い運用することができます。
     c.   本投資法人は、運用資産に属する不動産以外の運用資産の貸付けを行うことができます。
    (ハ)     借入金及び投資法人債発行の限度額等(規約第37条)

     a. 本投資法人は、安定した収益の確保及び運用資産の着実な成長を目的として、資金の借入れ又は投資法人債(短
      期投資法人債を含みます。以下同じです。)の発行を行うことができます。なお、資金を借り入れる場合は、金融
      商品取引法第2条第3項第1号に規定する適格機関投資家(ただし、租税特別措置法第67条の15に規定する機関投資家
      に限ります。)からの借入れに限ります。
     b. 前記a.に係る借入れ及び投資法人債の発行により収受した金銭の使途は、資産の取得、修繕、分配金の支払、本
      投資法人の運営に要する資金又は債務の返済(敷金及び保証金の返還、借入金の返済並びに投資法人債の償還を含
      みます。)等とします。
     c. 前記a.に基づき借入れを行う場合又は投資法人債を発行する場合、本投資法人は、運用資産を担保として提供す
      ることができます。
     d. 借入金及び投資法人債発行の限度額は、それぞれ1兆円とし、かつ、その合計額が1兆円を超えないものとしま
      す。
    ② 法令に基づく投資制限

    (イ)     資産運用会社による運用制限
     登録投資法人は、資産運用会社にその資産の運用に係る業務の委託をしなければなりませんが、資産運用会社は、当
    該投資法人の資産の運用に係る業務に関して一定の行為を行うことが禁止されており、結果的に、本投資法人が一定の
    投資制限に服することになります。かかる禁止行為のうち、主なものは以下のとおりです。
     a. 自己取引等
     資産運用会社が自己又はその取締役若しくは執行役との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金
     融商品取引法第42条の2第1号)。ただし、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の
     信用を失墜させるおそれのないものとして金融商品取引業等に関する内閣府令(平成19年内閣府令第52号。その後の
     改正を含みます。以下「業府令」といいます。)第128条で定めるものを除きます。
     b. 運用財産の相互間取引

     資産運用会社が運用財産相互間において取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第2
     号)。ただし、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引業の信用を失墜させるおそれが
     ないものとして業府令第129条で定めるものを除きます。
     c. 第三者の利益を図る取引

     資産運用会社が特定の金融商品、金融指標又はオプションに関し、取引に基づく価格、指標、数値又は対価の額の変
     動を利用して自己又は登録投資法人以外の第三者の利益を図る目的をもって、正当な根拠を有しない取引を行うこと
                                 36/184

                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     を内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第3号)。
     d. 投資法人の利益を害する取引

     資産運用会社が通常の取引の条件と異なる条件で、かつ、当該条件での取引が登録投資法人の利益を害することとな
     る条件での取引を行うことを内容とした運用を行うこと(金融商品取引法第42条の2第4号)。
     e. 運用として行う取引に関する情報を利用した自己の計算における取引

     資産運用会社が運用として行う取引に関する情報を利用して、自己の計算において有価証券の売買その他の取引等を
     行うこと(金融商品取引法第42条の2第5号)。
     f. 損失補てん

     資産運用会社が運用財産の運用として行った取引により生じた登録投資法人の損失の全部若しくは一部を補てんし、
     又は運用財産の運用として行った取引により生じた登録投資法人の利益に追加するため、登録投資法人又は第三者に
     対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させること(事故による損失の全部又は一部を補てんする場合を除
     きます。)(金融商品取引法第42条の2第6号)。
     g. 分別管理が確保されていない場合の売買等の禁止

     資産運用会社が、以下の権利又は有価証券について、これに関して出資され又は拠出された金銭(これに類するもの
     として政令で定めるものを含みます。)が、当該金銭を充てて行われる事業を行う者の固有財産その他当該者の行う
     他の事業に係る財産と分別して管理することが当該権利又は有価証券に係る契約その他の法律行為において確保され
     ているものとして業府令で定めるものでない場合に、当該権利についての取引(金融商品取引法第2条第8項第1号、
     第2号又は第7号から第9号までに掲げる行為をいいます。)を行うこと(金融商品取引法第40条の3)。
     i.     金融商品取引法第2条第2項第5号又は第6号に掲げる権利
     ii.    金融商品取引法第2条第1項第21号に掲げる有価証券(金融商品取引法施行令で定めるものに限ります。)
     iii.   金融商品取引法第2条第2項第7号に掲げる権利(金融商品取引法施行令で定めるものに限ります。)
     h. その他業府令で定める取引

     上記のほか、資産運用会社が行う行為のうち、投資者の保護に欠け、若しくは取引の公正を害し、又は金融商品取引
     業の信用を失墜させるものとして業府令で定める以下の行為(金融商品取引法第42条の2第7号、業府令第130条)。
     i.   資産運用会社が自己の監査役、役員に類する役職にある者又は使用人との間における取引を行うことを内容と
        した運用を行うこと(業府令第128条各号に掲げる行為を除きます。)(業府令第130条第1項第1号)。
     ii. 資産運用会社が自己又は第三者の利益を図るため、登録投資法人の利益を害することとなる取引を行うことを
        内容とした運用を行うこと(同項第2号)。
     iii.   第三者の利益を図るため、その行う投資運用業に関して運用の方針、運用財産の額又は市場の状況に照らして
        不必要な取引を行うことを内容とした運用を行うこと(同項第3号)。
     iv. 他人から不当な取引の制限その他の拘束を受けて運用財産の運用を行うこと(同項第4号)。
     v.    有価証券の売買その他の取引等について、不当に取引高を増加させ、又は作為的な値付けをすることを目的と
        した取引を行うことを内容とした運用を行うこと(同項第5号)。
     vi. 第三者の代理人となって当該第三者との間における取引を行うことを内容とした運用を行うこと(ただし、資
        産運用会社があらかじめ個別の取引ごとにすべての権利者に当該取引の内容及び当該取引を行おうとする理由
        を説明し、当該権利者の同意を得て行うものを除きます。)(同項第6号)。
     vii.   その他業府令に定められる内容の運用を行うこと。
                                 37/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ロ)     資産の運用の範囲
     登録投資法人は、規約に定める資産運用の対象及び方針に従い、投信法所定の取引を行うことができますが、宅地の
    造成又は建物の建築を自ら行うことに係る取引、商品の生産、製造、加工等を自ら行うことに係る取引及び再生可能エ
    ネルギー発電設備の製造、設置等を自ら行うことに係る取引を行うことはできません(投信法第193条、投信法施行令第
    116条、投信法施行規則第220条の2)。
    (ハ)     同一株式の取得制限

     登録投資法人は、同一の法人の発行する株式につき、登録投資法人の保有する当該株式に係る議決権の総数が、当該
    株式に係る議決権の総数の100分の50を超えることとなる場合には、当該株式を取得することができません(投信法第
    194条第1項、投信法施行規則第221条)。
    ただし、国外の特定資産について、当該特定資産が所在する国の法令の規定その他の制限により、投信法第193条第1項
    第3号から第5号に掲げる取引を行うことができない場合において、専らこれらの取引を行うことを目的とする法人の発
    行する株式を取得するときは、適用されません(投信法第194条第2項、投信法施行令第116条の2)。
    (ニ)    自己投資口の取得及び質受けの制限

     投資法人は、自らが発行した投資口を取得し、又は質権の目的として受けることができません。ただし、以下に掲げ
    る場合において自らが発行した投資口を取得するときは、この限りではありません(投信法第80条第1項)。なお、本投
    資法人は後記a.に対応する規約の定めを有しています(規約第8条第2項)。
     a. その資産を主として一定の特定資産に対する投資として運用することを目的とする投資法人が、投資主との合意
      により当該投資法人の投資口を有償で取得することができる旨を規約で定めた場合。
     b. 合併後消滅する投資法人から当該投資口を承継する場合。
     c. 投信法の規定により当該投資口の買取りをする場合。
     d. その他投信法施行規則で定める場合。
       投信法施行規則で定める場合は、以下に掲げる場合とします(投信法施行規則第129条)。
     i.   当該投資法人の投資口を無償で取得する場合。
     ii. 当該投資法人が有する他の法人等の株式(持分その他これに準ずるものを含みます。後記iii.において同じで
        す。)につき当該他の法人等が行う剰余金の配当又は残余財産の分配等により当該投資法人の投資口の交付を
        受ける場合。
     iii.   当該投資法人が有する他の法人等の株式につき当該他の法人等が行う次に掲げる行為に際して当該株式と引換
        えに当該投資法人の投資口の交付を受ける場合。
       (i)     組織の変更
       (ii) 合併
       (iii)   株式交換(会社法以外の法令(外国の法令を含みます。)に基づく株式交換に相当する行為を含みま
          す。)
     iv. その権利の実行にあたり目的を達成するために当該投資法人の投資口を取得することが必要、かつ、不可欠で
        ある場合(投信法第80条第1項第2号及び第3号並びに前記i.からiii.に掲げる場合を除きます。)。
    (ホ)    子法人による親法人投資口の取得制限

     他の投資法人(子法人)の発行済投資口の総口数の過半数に当たる投資口を有する投資法人(親法人)の投資口(以
    下「親法人投資口」といいます。)については、以下に掲げる場合を除くほか、当該子法人は、取得することができま
    せん(投信法第81条第1項及び第2項)。なお、他の投資法人の発行済投資口の過半数の投資口を、親法人及び子法人又
    は子法人が有するときは、当該他の投資法人はその親法人の子法人とみなされます(投信法第81条第4項)。
     a. 合併後消滅する投資法人から親法人投資口を承継する場合。
     b. その他投信法施行規則で定める場合。
       投信法施行規則で定める場合は、以下に掲げる場合とします(投信法施行規則第131条)。
      i.    親法人投資口を無償で取得する場合。
      ii. その有する他の法人等の株式(持分その他これに準ずるものを含みます。後記iii.において同じです。)につ
        き当該他の法人等が行う剰余金の配当又は残余財産の分配等により親法人投資口の交付を受ける場合。
      iii.   その有する他の法人等の株式につき当該他の法人等が行う次に掲げる行為に際して当該株式と引換えに当該親
        法人投資口の交付を受ける場合。
                                 38/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       (i)     組織の変更
       (ii) 合併
       (iii)   株式交換(会社法以外の法令(外国の法令を含みます。)に基づく株式交換に相当する行為を含みま
          す。)
       (iv) 株式移転(会社法以外の法令(外国の法令を含みます。)に基づく株式移転に相当する行為を含みま
          す。)
      iv. その権利の実行にあたり目的を達成するために親法人投資口を取得することが必要、かつ、不可欠である場合
        (投信法第81条第2項第1号及び前記i.からiii.に掲げる場合を除きます。)。
    ③ その他の投資制限

    (イ)     有価証券の引受け及び信用取引
     本投資法人は、有価証券の引受け及び信用取引は行いません。
    (ロ)     集中投資

     集中投資について制限はありません。なお、ポートフォリオの構築方針については、前記「(1)                                              投資方針 ②ポート
    フォリオ構築方針」をご参照ください。
    (ハ)    他のファンドへの投資

     他のファンドへの投資について制限はありません。
                                 39/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    3【投資リスク】
    (1)リスク要因
     以下には、本投資法人が発行する投資証券(以下「本投資証券」といいます。)又は本投資法人が発行する投資法人
    債(以下「本投資法人債券」といいます。)への投資に関してリスク要因となる可能性があると考えられる主な事項を
    記載しています。ただし、以下は本投資証券又は本投資法人債券への投資に関するすべてのリスクを網羅したものでは
    なく、記載されたリスク以外のリスクも存在します。また、本投資法人の保有資産に特有のリスクについては、後記「5
     運用状況       (2)投資資産         ③   その他投資資産の主要なもの              (ル)保有資産の個別の概要」を併せてご参照くださ
    い。
     本投資法人は、対応可能な限りにおいてこれらのリスクの発生の回避及び発生した場合の対応に努める方針ですが、
    回避及び対応が結果的に十分である保証はありません。以下に記載するリスクが現実化した場合、本投資証券又は本投
    資法人債券の市場価格は下落し、発行価格に比べ低くなることもあると予想され、その結果、投資主又は投資法人債権
    者が損失を被る可能性があります。また、本投資法人の純資産額の低下、その他財務状況の悪化による分配金の減少が
    生じる可能性があります。
     各投資家又は投資法人債権者は、自らの責任において、本項及び本書中の本項以外の記載事項を慎重に検討した上で
    本投資証券又は本投資法人債券に関する投資判断を行う必要があります。
     本項に記載されているリスク項目は、以下のとおりです。なお、本項において将来に関する事項が記載されている場
    合がありますが、当該事項については、本投資法人が本書の日付現在において判断したものです。
    ①   本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク
     (イ) 本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
     (ロ) 本投資証券の市場での取引に関するリスク
     (ハ) 金銭の分配に関するリスク
     (ニ) 収入及び支出の変動に関するリスク
     (ホ) 投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク
     (ヘ) 投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことに関するリスク
     (ト) 投資法人債券の償還・利払に関するリスク
    ② 本投資法人の運用方針に関するリスク
     (イ) スポンサーサポート契約に基づく物件取得が想定どおりに行えないリスク
     (ロ) 地域的な偏在に関するリスク
     (ハ) 不動産を取得又は処分できないリスク
     (ニ) 投資口の追加発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
     (ホ) 投資対象を物流不動産に特化していることによるリスク
    ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク
     (イ) 伊藤忠グループへの依存、利益相反に関するリスク
     (ロ) PM会社に関するリスク
     (ハ) 本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク
     (ニ) 本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク
     (ホ) 本投資法人及び本資産運用会社の歴史が浅いことによるリスク
     (ヘ) 本投資法人の投資方針の変更に関するリスク
     (ト) 本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
     (チ) 敷金及び保証金に関するリスク
    ④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク
     (イ) 不動産の欠陥、瑕疵又は契約不適合に関するリスク
     (ロ) 賃貸借契約に関するリスク
     (ハ) 災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク
     (ニ) 不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク
     (ホ) 不動産に係る行政法規及び条例等に関するリスク
     (ヘ) 法令の制定又は変更に関するリスク
     (ト) 売主の倒産等の影響を受けるリスク
     (チ) マスターリース会社に関するリスク
     (リ) 転貸に関するリスク
     (ヌ) テナント等による不動産の利用状況に関するリスク
                                 40/184

                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ル) 共有物件に関するリスク
     (ヲ) 区分所有建物に関するリスク
     (ワ) 借地物件に関するリスク
     (カ) 借家物件に関するリスク
     (ヨ) 開発物件に関するリスク
     (タ) 有害物質に関するリスク
     (レ) 保留地に関するリスク
     (ソ) 不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク
     (ツ) フォワード・コミットメント等に係るリスク
     (ネ) テナント集中に関するリスク
     (ナ) 底地物件に関するリスク
    ⑤ 税制に関するリスク
     (イ) 導管性の維持に関する一般的なリスク
     (ロ) 過大な税負担の発生により支払配当要件が満たされないリスク
     (ハ) 借入れに係る導管性要件に関するリスク
     (ニ) 資金不足により計上された利益の全部を配当できないリスク
     (ホ) 同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク
     (ヘ) 投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク
     (ト) 税務調査等による更正処分のため、追加的な税金が発生するリスク
     (チ) 不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
     (リ) 一般的な税制の変更に関するリスク
     (ヌ) 減損会計の適用に関するリスク
     (ル) 納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク
    ⑥ その他
     (イ) 不動産の売却に伴う責任に関するリスク
     (ロ) 専門家報告書等に関するリスク
     (ハ) 過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク
     (ニ) 匿名組合出資持分又は不動産対応証券への投資に関するリスク
    ① 本投資証券又は本投資法人債券の商品性に関するリスク

     (イ) 本投資証券又は本投資法人債券の市場価格の変動に関するリスク
        本投資法人は、投資主からの請求による払戻しを行わないクローズド・エンド型であるため、投資主が本投資
       証券を換価する手段は、第三者に対する売却に限定されます(ただし、本投資法人は、投資主との合意により本
       投資口を有償で取得することができます(規約第8条第2項)。)。
        本投資証券又は本投資法人債券の市場価格は、金融商品取引所における需給バランスにより影響を受け、一定
       の期間内に大量の売却が出た場合には、大きく価格が下落する可能性があります。
        また、市場価格は、金利情勢、経済情勢、不動産市況その他市場を取り巻く様々な要因の影響を受けて変動し
       ます。近時、新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大し、業務の停滞や経済活動への悪影響が多方面に生じて
       います。本投資法人の保有資産は物流不動産が中心であり、本投資法人としてはその影響が直ちに生じるとは考
       えていませんが、日本経済全体のみならず、世界経済が悪影響を受け、収益に悪影響を及ぼす等の懸念から株式
       市場において株価が下落する可能性があり、本投資証券の市場価格もその影響を受ける可能性があります。本投
       資法人若しくは本資産運用会社、又は他の投資法人若しくは他の資産運用会社に対して監督官庁による行政処分
       の勧告や行政処分が行われた場合にも、本投資証券又は本投資法人債券の市場価格が下落することがあります。
                                 41/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        そのため、投資主又は投資法人債権者は、本投資証券又は本投資法人債券を取得した価格で売却できない可能
       性があり、その結果、損失を被る可能性があります。
     (ロ) 本投資証券の市場での取引に関するリスク

        本投資証券は、東京証券取引所に上場していますが、本投資法人の資産総額の減少、投資証券の売買高の減少
       その他の東京証券取引所の有価証券上場規程に定める上場廃止基準に抵触する場合には、本投資証券の上場が廃
       止されます。本投資証券の上場が廃止される場合、投資主は、保有する本投資証券を相対で譲渡する他に換金の
       手段がないため、本投資法人の純資産額に比して相当に廉価で譲渡せざるを得ない場合や本投資証券の譲渡自体
       が事実上不可能となる場合があり、損失を被る可能性があります。
     (ハ) 金銭の分配に関するリスク

        本投資法人は前記「2          投資方針 (3)       分配方針」に記載の分配方針に従って、投資主に対して金銭の分配を行
       う予定ですが、分配の有無及びその金額は、いかなる場合においても保証されるものではありません。本投資法
       人が取得する不動産及び不動産を裏付けとする資産の当該裏付け不動産(以下、本「(1)                                          リスク要因」において
       「不動産」と総称します。)の賃貸状況、売却に伴う損益、減損損失の発生や建替えに伴う除却損等により、期
       間損益が変動し、投資主への分配金が増減することがあります。また、課税負担を軽減する目的で期間利益を超
       える分配を行うことや、逆に下回る分配に留まることがあります。
        本投資法人は、前記「2           投資方針 (3)       分配方針 ②       利益を超えた金銭の分配(規約第39条第2号)」に記載
       のとおり、利益超過分配を実施する方針ですが、利益超過分配が行われるとの保証はありません。利益を超えた
       金銭の分配は、実質的には出資の払戻しに相当しますので、利益を超えた金銭の分配が実施された場合、本投資
       法人の純資産は減少することになります。また、これにより手元資金が減少することとなるため、突発的な事象
       等により本投資法人の想定を超えて資本的支出等を行う必要が生じた場合に手元資金の不足が生じる可能性や、
       機動的な物件取得にあたり資金面での制約となる可能性があります。
     (ニ) 収入及び支出の変動に関するリスク

        本投資法人の収入は、不動産の賃料収入に主として依存しています。不動産に係る賃料収入は、不動産の稼働
       率の低下等により、大きく減少する可能性があるほか、賃借人との協議や賃借人からの請求等により賃料が減額
       されることや、契約どおりの増額改定を行えない可能性もあります(なお、これら不動産に係る賃料収入に関す
       るリスクについては、後記「④               不動産及び信託の受益権に関するリスク (ロ)                      賃貸借契約に関するリスク」を
       ご参照ください。)。また、当該不動産に関して締結される賃貸借契約に基づく賃料が、一般的な賃料水準に比
       して適正な水準にあるとは限りません。
        一方、収入の減少だけでなく、退去するテナントへの預り敷金及び保証金の返還、大規模修繕等に要する費用
       支出、多額の資本的支出、不動産の取得等に要する費用、その他不動産に関する支出が状況により増大し、
       キャッシュ・フローを減ずる要因となる可能性があります。
        このように、不動産からの収入が減少する可能性があるとともに、不動産に関する支出は増大する可能性があ
       り、これら双方又はいずれか一方の事由が生じた場合、投資主への分配金額が減少することや、本投資証券の市
       場価格が下落することがあります。
     (ホ) 投資口の追加発行時の1口当たりの価値の希薄化に関するリスク

        本投資法人は、新規投資口を随時追加発行する予定ですが、かかる追加発行により既存の投資主の保有する投
       資口の持分割合が減少します。また、本投資法人の営業期間中に追加発行された投資口に対して、当該営業期間
       の期初から存在する投資口と同額の金銭の分配が行われる場合には、既存の投資主は、追加発行がなかった場合
       に比して、悪影響を受ける可能性があります。
        さらに、追加発行の結果、本投資口1口当たりの価値や市場における需給バランスが影響を受ける可能性があり
       ます。
                                 42/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ) 投資主の権利が必ずしも株主の権利と同一ではないことに関するリスク
        本投資法人の投資主は、投資主総会を通じて、本投資法人の意思決定に参画することができるほか、本投資法
       人に対して一定の権利を行使することができますが、かかる権利は株式会社における株主の権利とは必ずしも同
       一ではありません。たとえば、金銭の分配に係る計算書を含む本投資法人の計算書類等は、役員会の承認のみで
       確定し(投信法第131条第2項)、投資主総会の承認を得る必要はないことから、投資主総会は、必ずしも、決算
       期毎に招集されるわけではありません。また、投資主が投資主総会に出席せず、かつ、議決権を行使しないとき
       は、当該投資主はその投資主総会に提出された議案(複数の議案が提出された場合において、これらのうちに相
       反する趣旨の議案があるときは、当該議案のいずれをも除きます。)について賛成するものとみなします(投信
       法第93条第1項、規約第14条第1項)。さらに、本投資法人は、資産の運用に係る業務その他の業務を本資産運用
       会社その他の第三者に委託しています。これらの要因により、投資主による資産の運用に係る業務その他の業務
       に対する統制が効果的に行えない可能性もあります。
     (ト) 投資法人債券の償還・利払に関するリスク

        本投資法人の信用状況の悪化その他の事由により、本投資法人債券について元本や利子の支払が滞ったり、支
       払不能が生じるリスクがあります。
    ② 本投資法人の運用方針に関するリスク

     (イ) スポンサーサポート契約に基づく物件取得が想定どおりに行えないリスク
        本投資法人及び本資産運用会社は、伊藤忠商事及び伊藤忠都市開発との間で、それぞれ、スポンサーサポート
       契約を締結しています。しかし、これらの会社は、一定の不動産につき、本投資法人及び本資産運用会社に情報
       の提供を受ける権利や取得に関する優先交渉権等を与えるものにすぎず、これらの会社は、本投資法人に対し
       て、不動産を本投資法人の希望する価格で売却する義務等を負っているわけではありません。また、これらの会
       社が本投資法人と競合して不動産を取得する可能性を完全に排除するものではありません。すなわち、本投資法
       人は、各スポンサーサポート契約により、本投資法人が適切であると判断する不動産を適切な価格で取得できる
       ことまで常に確保されているわけではありません。
        したがって、本投資法人は、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポート
       フォリオを構築できない可能性があります。
     (ロ) 地域的な偏在に関するリスク

        本投資法人は、取得価格(取得に伴う諸費用及び税金を含みません。)を基準として70%以上を関東エリア及び
       関西エリアに所在する不動産等に投資する方針です。このように、投資対象となる不動産が地域的に偏在してい
       ることから、関東エリア及び関西エリアにおける地域経済や不動産マーケットの変動、地震・台風等の災害、人
       口変動等の特有な事象の発生によって、本投資法人の収益に重大な悪影響が生じる可能性があります。
     (ハ) 不動産を取得又は処分できないリスク

        不動産は、一般的にそれぞれの物件の個別性が強いために代替性がなく、流動性が低いため、希望する時期に
       希望する物件を取得又は処分できない可能性があります。また、不動産投資信託、その他のファンド及び投資家
       等による不動産に対する投資が活況である場合には、必ずしも、本投資法人が取得を希望した不動産等及び不動
       産対応証券等を取得することができるとは限りません。取得が可能であったとしても、投資採算の観点から希望
       した価格、時期その他の条件で取引を行えない可能性等もあります。さらに、本投資法人が不動産等及び不動産
       対応証券等を取得した後にこれらを処分する場合にも、投資採算の観点から希望した価格、時期その他の条件で
       取引を行えない可能性等もあります。
        以上の結果、本投資法人が利回りの向上や収益の安定化等のために最適と考える資産のポートフォリオを構築
       できない可能性があり、またポートフォリオの組替えが適時に行えない可能性があります。
                                 43/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ニ) 投資口の追加発行、借入れ及び投資法人債の発行による資金調達に関するリスク
        投資口の追加発行、金銭の借入れ及び投資法人債の発行の可能性及び条件は、本投資法人の経済的信用力、金
       利情勢その他の要因による影響を受けるため、今後本投資法人の希望する時期及び条件で投資口の追加発行、金
       銭の借入れ及び投資法人債の発行を行うことができる保証はなく、その結果、予定した資産を取得できなかった
       り、予定しない資産の売却を余儀なくされたり、資金繰りがつかなくなる可能性があります。
        また、本投資法人が金銭の借入れ又は投資法人債の発行を行う場合において、当該金銭の借入れ又は投資法人
       債の発行の条件として、投資主への金銭の分配を制約する等の財務制限条項が設けられたり、運用資産に担保を
       設定することとなったり、規約の変更が制限される等の可能性があり、このような制約が本投資法人の運営に支
       障をきたし、又は投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。加えて、これらの制限に
       違反した場合には、追加の担保設定や費用負担等を求められ、本投資法人の運営に重大な悪影響が生じる可能性
       があります。なお、本投資法人は、財務制限条項を設けることを借入先と合意しています。かかる財務制限条項
       には、本投資法人のLTV等の財務指標に関する数値が一定の数値を超過した場合の、現金等の留保義務、期限の利
       益喪失等に関する条件や投資主への分配の制約等が含まれていますが、本書の日付現在において、当該財務制限
       条項に抵触する事実又は抵触するおそれがある事実は生じていません。
        本投資法人の運用資産に担保が設定された場合、本投資法人が担保の設定された運用資産の売却を希望したと
       しても、担保の解除手続その他の事情により、希望どおりの時期に売却できない可能性又は希望する価格で売却
       できない可能性があります。また、収益性の悪化等により運用資産の評価額が引き下げられた場合又は他の借入
       れを行う場合等、一定の条件のもとに投資対象不動産に対して追加して担保を設定することを要求される可能性
       もあります。この場合、他の借入れ等のために担保が既に設定されている等の理由で担保に供する適切な資産が
       ない可能性もあります。また、担保不動産からのキャッシュ・フローが減少したり、その評価額が引き下げられ
       たりした場合には、本投資法人の希望しない条件で借換資金を調達せざるを得なくなったり、本投資法人の希望
       しない時期及び条件で運用資産を処分せざるを得なくなったりする状況も想定され、その結果、本投資法人の収
       益に悪影響を及ぼす可能性があります。さらに、担保に供する適切な資産がないために、本投資法人の希望どお
       りの借入れ等を行えない可能性もあります。
        さらに、借入れ及び投資法人債の金利は、借入時及び投資法人債発行時の市場動向に左右され、変動金利の場
       合には、その後の市場動向にも左右されます。借入れ及び投資法人債の金利が上昇し、又は、本投資法人の借入
       額及び投資法人債発行額が増加した場合には、本投資法人の利払額は増加します。このような利払額の増加によ
       り、投資主に対する金銭の分配額等に悪影響を及ぼす可能性があります。
        また、本投資法人は、金利の上昇により支払利息が増加するリスクを軽減するために、変動金利による借入れ
       の金利固定化を図る金利スワップ取引を行うことがあります。しかし、こうした取引を行った場合においても、
       関連する契約の内容や、取引相手方が万が一破綻した際の中途解約等により、金利リスク低減のメリットを受け
       られない可能性があります。
     (ホ) 投資対象を物流不動産に特化していることによるリスク

        本投資法人は、不動産の中でも、物流不動産を主たる投資対象としていますが、本投資法人はこれに伴う特有
       のリスクを抱えています。
        まず、物流不動産に対する需要は、日本経済全体の動向、特に流通量の動向に影響を与える様々な事象による
       影響を受けています。これには、今後の日本の景気動向、生産活動の海外移転等の進捗状況、人口の推移、生産
       活動と消費活動を結ぶ流通形態の変化等が含まれます。また、本投資法人が投資対象としている物流不動産には
       海外への輸出拠点又は海外からの輸入拠点として使用される物件も含まれることから、テナント需要は、為替等
       の経済情勢にも左右される可能性があります。これらの推移によっては、本投資法人が投資対象とする物流不動
       産に対する需要が全般的に減少し、その結果、本投資法人の収益等に悪影響が生じる可能性があります。
        物流不動産全体に対する需要が減少しない場合でも、今後の生産拠点や物流形態の変化等により、特定の物流
       不動産に対する需要が低下し、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。例えば、生産拠点の移
       転、新たな道路網の整備等により、既存の物流拠点がその立地上の優位性を失い、当該物流不動産のテナント需
       要が低下する可能性があります。また、現状の船舶、鉄道、航空機、自動車による物流輸送の役割が、技術革新
       や、インフラの利便性の変化、環境関連法規の制定による規制等により大きく変化した場合、それぞれを主要な
       輸送手段とする物流不動産の役割が衰退することとなり、当該物流不動産のテナント需要が低下する可能性もあ
       ります。
                                 44/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        さらに、特定の物流不動産の周辺の市街地化により、共同住宅・戸建住宅や学校・病院等の公益不動産の建設
       が近隣で行われ、周辺環境が変動し、テナントの操業に支障が発生することがあります。その結果、テナント需
       要が後退し、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性等も考えられます。また、既存テナントが退去した場
       合、物流不動産は他の用途の不動産と比較して、代替テナントとなり得る者が限定されるため、代替テナントが
       入居するまでの空室期間が長期化する可能性があります。
        また、本投資法人の保有する物流不動産のテナントが、港湾労働法に定める港湾運送の業務に従事すること等
       により、同法の適用を受ける場合、当該テナントには、同法を遵守するための費用負担等が生じ、その結果、テ
       ナントの収益を悪化させる可能性及び同法の適用のない他の物流不動産に比べて競合上不利になる可能性があ
       り、これらを通じて本投資法人の収益性に悪影響が及ぶ可能性があります。
        上記のほかにも、本投資法人が物流不動産を投資対象としていることから、その建物の特性、適用規制、テナ
       ント特性、取り扱われる物品等に起因して、特有のリスクが生じ、これらが本投資法人の収益に悪影響を及ぼす
       可能性があります。
    ③ 本投資法人の関係者、仕組みに関するリスク

     (イ) 伊藤忠グループへの依存、利益相反に関するリスク
        本書の日付現在、伊藤忠グループのうち、伊藤忠商事は本資産運用会社の80%の、伊藤忠都市開発は20%の株式
       を保有しています。また、伊藤忠商事は、本資産運用会社の役職員の主要な出向元であり、本資産運用会社の社
       外取締役及び監査役の兼任先です。また、本投資法人及び本資産運用会社は、伊藤忠商事及び伊藤忠都市開発と
       の間で、それぞれ、スポンサーサポート契約を締結しています(各スポンサーサポート契約については、後記
       「第二部     投資法人の詳細情報 第3            管理及び運営 2        利害関係人との取引制限 (2)              本資産運用会社の自主ルー
       ル(利害関係者取引規程) ④                利害関係人等との取引 (ホ)               スポンサーサポート契約」をご参照くださ
       い。)。
        また、本投資法人は、伊藤忠グループから、物件の供給その他の外部成長のためのサポートを受けるととも
       に、基本的に、伊藤忠グループに対してリーシングマネジメント業務を委託するほか、マスターリース兼プロパ
       ティマネジメント業務委託を集約化する等、保有物件に対する内部成長のためのサポートを今後継続的に受ける
       方針です。
        すなわち、本投資法人及び本資産運用会社は、伊藤忠グループと密接な関係を有しており、本投資法人による
       安定した収益の確保と成長性に対する影響は相当程度高いということができます。
        したがって、本投資法人及び本資産運用会社が伊藤忠グループとの間で、本書の日付現在における関係と同様
       の関係を維持できなくなった場合や、伊藤忠グループに業務の懈怠その他義務違反があった場合、上記契約が解
       除された場合、伊藤忠グループが倒産手続その他の理由により業務遂行能力を維持できなくなった場合等には、
       本投資法人に悪影響が及ぶ可能性があります。
        さらに、本投資法人や本資産運用会社が、資産運用活動その他を通じて、伊藤忠グループ又は同グループが運
       用するファンドとの間で取引を行う場合、本資産運用会社と伊藤忠グループの上記のような関係から、伊藤忠グ
       ループ又は同グループが運用するファンドの利益のために、本投資法人の投資主又は投資法人債権者の利益に反
       する行為が行われる可能性もあり、その場合には、本投資法人の投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可
       能性があります。
     (ロ) PM会社に関するリスク

        一般に、賃借人の管理、建物の保守管理等不動産の管理業務全般の成否は、PM会社の能力、経験、ノウハウに
       よるところが大きく、本投資法人が保有している不動産の管理についても、管理を委託するPM会社の業務遂行能
       力に強く依拠することになります。
        管理委託先を選定するにあたっては、当該PM会社の能力、経験及びノウハウ等を十分考慮することが前提とな
       りますが、そのPM会社における人的又は財産的基盤が維持される保証はありません。また、複数の不動産に関し
       て、他の顧客(他の不動産投資法人を含みます。)から不動産の管理及び運営業務を受託し、本投資法人の投資
       対象不動産に係るPM業務と類似又は同種の業務を行う可能性があります。これらの場合、当該PM会社は、本投資
       法人以外の者の利益を優先することにより、本投資法人の利益を害する可能性があります。さらに、PM会社につ
       き、業務懈怠又は倒産事由が生じないとの保証はありません。これらの事象が生じた場合、本投資法人は、管理
       委託契約を解除することはできますが、この場合、後任のPM会社が任命されるまではPM会社不在又は機能不全の
       リスクが生じるため、一時的に当該投資対象不動産の管理状況が悪化する可能性があります。また、本投資法人
       の希望する時期及び条件で現在と同等又はそれ以上の能力と専門性を有する新たなPM会社を選任できる保証はあ
                                 45/184

                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       りません。
     (ハ) 本投資法人の関係者への依存、利益相反に関するリスク

        本投資法人は、投信法に基づき、すべての執行役員及び監督役員から構成される役員会において重要な意思決
       定を行い、資産の運用を本資産運用会社に、資産の保管を資産保管会社に、一般事務を一般事務受託者に、それ
       ぞれ委託しています。本投資法人の円滑な業務遂行の実現のためにはこれらの者の能力、経験及びノウハウに依
       存するところが大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行に必要な人的・財政的基盤等を必ずしも維持で
       きる保証はありません。また、投信法は、本投資法人の執行役員及び監督役員並びに本投資法人の関係者に関す
       る義務及び責任を定めていますが、これらの本投資法人の関係者が投信法その他の法令に反し、又は、法定の措
       置をとらないときは、投資主又は投資法人債権者に損害が発生する可能性があります。
        また、本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者は、それぞれの立場において本投資法人の利益を害
       し、自己又は第三者の利益を図ることが可能な立場にあります。本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受
       託者は、法令上又は契約上負っている善良な管理者としての注意義務(善管注意義務)、本投資法人のために忠
       実に職務を遂行する義務(忠実義務)、利益相反状況にある場合に本投資法人の利益を害してはならない義務、
       その他の義務を負っていますが、これらに違反し、本投資法人の利益を害することとなる取引を行った場合に
       は、本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者が損害を受ける可能性がありま
       す。
        さらに、本資産運用会社、資産保管会社及び一般事務受託者との契約が解約されることがあります。投信法
       上、資産の運用、資産の保管及び一般事務に関して第三者へ委託することが要求されているため、各契約が解約
       された場合には、本投資法人は新たな受託者に委託する必要があります。しかし、本投資法人の希望する時期及
       び条件で現在と同等又はそれ以上の能力と専門性を有する新たな受託者を選任できる保証はなく、速やかに選任
       できない場合には本投資法人の存続及び収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。
        このほかに、本資産運用会社又は本投資法人若しくは運用資産である不動産信託受益権に関する信託受託者か
       ら委託を受ける業者として、PM会社、建物の管理会社等があります。本投資法人の収益性の向上及び安定のため
       にはこれらの者の能力、経験及びノウハウに依存するところも大きいと考えられますが、これらの者が業務遂行
       に必要な人的・財政的基盤等を必ずしも維持できる保証はなく、またこれらの者との契約が将来にわたり維持さ
       れる保証もありません。これらの者について業務の懈怠その他の義務違反があった場合や業務遂行能力が失われ
       た場合その他何らかの理由によりこれらの者との契約が終了した場合には本投資法人の存続及び収益等に悪影響
       を及ぼす可能性があります。
     (ニ) 本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に依存しているリスク

        本投資法人の運営は、本投資法人の執行役員及び本資産運用会社の人材に大きく依存しており、これらの人材
       が失われた場合、本投資法人の運営に悪影響をもたらす可能性があります。
     (ホ) 本投資法人及び本資産運用会社の歴史が浅いことによるリスク

        本投資法人は、2018年5月1日に設立され、2018年9月7日に資産の運用が開始されました。また、本資産運用会
       社は、2017年12月14日に投資運用業の登録を完了し、本投資法人が、投資法人の資産の運用を行う初めての投資
       法人となります。したがって、本投資法人及び本資産運用会社には、過去の実績が少ないため、過去の実績から
       今後の実績を予測することは困難です。
     (ヘ) 本投資法人の投資方針の変更に関するリスク

        規約に記載されている資産運用の対象及び方針等の基本的な事項の変更には、投資主総会の承認が必要です
       が、本投資法人の役員会及び本資産運用会社の取締役会が定めたより詳細な投資方針、ポートフォリオ構築方
       針、運用ガイドライン等については、投資主総会の承認を経ることなく、変更することが可能です。そのため、
       本投資法人の投資主の意思が反映されないまま、これらが変更される可能性があります。
        また、本投資法人の発行する投資証券について支配権獲得その他を意図した取得が行われた場合、投資主総会
       での決議等の結果として本投資法人の運用方針、運営形態等が他の投資主の想定しなかった方針、形態等に変更
       される可能性があります。
        一方で、運用環境の変化に対応して、適切に本投資法人の運用方針、運用形態等を変更できない可能性もあ
       り、そのような場合には、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
                                 46/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ト) 本投資法人の倒産又は登録抹消のリスク
        本投資法人は、破産法(平成16年法律第75号。その後の改正を含みます。以下「破産法」といいます。)上の
       破産手続、民事再生法(平成11年法律第225号。その後の改正を含みます。以下「民事再生法」といいます。)上
       の再生手続及び投信法上の特別清算手続(投信法第164条)に服する可能性があります。
        本投資法人は、投信法に基づいて投資法人としての登録を受けていますが、一定の事由が発生した場合に投信
       法に従ってその登録が取り消される可能性があります(投信法第216条)。その場合には、本投資証券の上場が廃
       止され、本投資法人は解散し、清算手続に入ります。
        本投資法人が清算される場合、投資主は、すべての債権者への弁済(投資法人債の償還を含みます。)後の残
       余財産の分配を受けることによってしか投資金額を回収することができません。このため、投資主は、投資金額
       の全部又は一部を回収することができない可能性があります。
     (チ) 敷金及び保証金に関するリスク

        本投資法人は、運用資産の賃借人が無利息又は低利で預託した敷金又は保証金を運用資産の取得資金の一部と
       して利用する場合があります。しかし、賃貸市場の動向、賃借人との交渉等により、本投資法人の想定よりも賃
       借人からの敷金及び保証金の預託額が少なくなり、又は預託期間が短くなる可能性があり、この場合、必要な資
       金を借入れ等により調達せざるを得なくなります。また、敷金又は保証金を本投資法人が利用する条件として、
       本投資法人が敷金又は保証金の返還債務を負う場合があり、当該返還債務の履行に必要な資金を借入れ等により
       調達する可能性があります。これらの結果、本投資法人の収益に悪影響をもたらす可能性があります。
    ④ 不動産及び信託の受益権に関するリスク

        本投資法人の主たる運用資産は、前記「2                    投資方針 (2)       投資対象 ①       投資対象とする資産の種類」に記載の
       とおり、不動産等及び不動産対応証券です。不動産を信託する信託の受益権その他不動産を裏付けとする資産の
       所有者は、その信託財産である不動産又は裏付けとなる不動産を直接所有する場合と、経済的には、ほぼ同様の
       利益状況に置かれます。したがって、以下に記載する不動産に関するリスクは、不動産を信託する信託の受益権
       その他不動産を裏付けとする資産についても、ほぼ同様にあてはまります。
        なお、信託の受益権特有のリスクについては、後記「(ソ)                           不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有
       のリスク」をご参照ください。
     (イ) 不動産の欠陥、瑕疵又は契約不適合に関するリスク

        不動産には権利、地盤、地質、構造等に関して欠陥、瑕疵、契約不適合等(工事における施工の不具合や施工
       報告書の施工データの転用・加筆及び性能検査記録データの書き換え等がなされているものを含みますが、これ
       らに限りません。)が存在している可能性があり、また、かかる欠陥、瑕疵、契約不適合等が取得後に判明する
       可能性もあります。建築基準法等の行政法規が求める所定の手続を経由した不動産についても、一般的に、建物
       の施工を請負った建築会社又はその下請け業者において、建物が適正に施工されない場合があり得るほか、建築
       基準関係規定の求める安全性や構造耐力等を有することが保証されるわけではありません。本投資法人は、状況
       によっては、前所有者又は前信託受益者に対し一定の事項につき表明及び保証を要求し、瑕疵担保責任又は契約
       不適合責任を負担させる場合もありますが、たとえかかる表明及び保証が真実でなかったことを理由とする損害
       賠償責任、瑕疵担保責任又は契約不適合責任を追及できたとしても、これらの責任の期間及び責任額は一定範囲
       に限定されるのが通例であり、また、前所有者又は前信託受益者が解散したり無資力になっているために実効性
       がない場合もあります。
        これらの場合には、当該欠陥、瑕疵、契約不適合等の程度によっては当該不動産の資産価値が低下することを
       防ぐために買主である本投資法人が当該欠陥、瑕疵、契約不適合等の修補、建替えその他に係る予定外の費用を
       負担せざるを得なくなることがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        また、本投資法人が不動産を売却する場合、本投資法人は、宅地建物取引業法(昭和27年法律第176号。その後
       の改正を含みます。以下「宅建業法」といいます。)上、宅地建物取引業者とみなされるため、同法に基づき、
       売却の相手方が宅地建物取引業者である場合を除いて、不動産の売買契約において、瑕疵担保責任又は契約不適
       合責任に関し、買主に不利となる特約をすることが制限されています。したがって、本投資法人が不動産を売却
       する場合は、売却した不動産の欠陥、瑕疵、契約不適合等の修補その他に係る予定外の費用を負担せざるを得な
       くなることがあり、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。さらに、賃貸不動産の売却に
       おいては、新所有者が賃借人に対する敷金返還債務等を承継することとされていますが(民法第605条の3、第605
       条の2第4項、第622条の2第1項)、旧所有者が当該債務を免れることについて賃借人の承諾を得ていない場合に
                                 47/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       は、旧所有者は新所有者とともに当該債務を負い続けると解される可能性があり、予想外の債務又は義務等を負
       う場合があり得ます。
        加えて、不動産をめぐる権利義務関係の複雑さゆえに、不動産に関する権利が第三者の権利や行政法規等によ
       り制限を受ける可能性があるほか、第三者の権利を侵害していることが後になって判明する可能性があります。
       その結果、本投資法人の収益等に悪影響をもたらす可能性があります。
        また、登記簿の記録を信じて取引した場合にも、買主は不動産に係る権利を取得できないことがあります。さ
       らに、権利に関する事項のみならず、登記簿の不動産の表示に関する事項が現況と一致していない場合もありま
       す。このような場合、上記と同じく、本投資法人は売主等に対して法律上又は契約上可能な範囲で責任を追及す
       ることとなりますが、その実効性があるとの保証はありません。
     (ロ) 賃貸借契約に関するリスク

     a. 賃貸借契約の解約及び更新に関するリスク
        賃借人が賃貸借契約上解約権を留保している場合等には、契約期間中であっても賃貸借契約が終了することが
       あるほか、賃貸借契約の期間満了時に契約の更新がなされない場合もあるため、稼働率が低下し、不動産に係る
       賃料収入が減少することがあります。また、解約禁止条項、解約ペナルティ条項等を置いて期間中の解約権を制
       限している場合や更新料を定めている場合でも、裁判所によって所定の金額から減額されることや、かかる条項
       の効力が否定される可能性があります。
        以上のような事由により、賃料収入等が減少した場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投
       資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        他方で、賃貸人が、テナントとの賃貸借契約の更新を拒絶したり、解約を申し入れるためには、借地借家法
       (平成3年法律第90号。その後の改正を含みます。以下「借地借家法」といいます。)上、正当の事由があると認
       められる場合であることが必要であり、賃貸人側の意向どおりに賃貸借契約を終了させることができないことに
       より、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼす可能性があります。なお、賃貸借契約を定期建物賃貸借契約とすれ
       ば、契約の更新がないこととすることが認められていますが、定期建物賃貸借契約の効力が認められるために
       は、借地借家法第38条所定の要件を充足する必要があるため、借地借家法第38条所定の要件が充足されなかった
       場合には、当該契約は、いわゆる普通建物賃貸借契約として取り扱われる可能性があります。その結果、建物賃
       貸借契約が所定の時期に終了しないこと等により、本投資法人の収益性に悪影響を及ぼす可能性があります。
     b. 賃料不払に関するリスク
        賃借人の財務状況が悪化した場合又は破産手続、民事再生法上の再生手続若しくは会社更生法(平成14年法律
       第154号。その後の改正を含みます。以下「会社更生法」といいます。)上の更生手続その他の倒産手続(以下、
       併せて「倒産等手続」と総称します。)の対象となった場合、賃貸借契約に基づく賃料支払が滞る可能性があ
       り、この延滞賃料等の債務の合計額が敷金及び保証金で担保される範囲を超える状況になった場合には、投資主
       又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
     c. 賃料改定に係るリスク
        テナントとの賃貸借契約の期間が比較的長期間である場合には、多くの場合、賃料等の賃貸借契約の内容につ
       いて、定期的に見直しを行うこととされています。
        したがって、本書の日付現在の賃料が今後も維持される保証はありません。賃料改定により賃料が減額された
       場合、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        また、定期的に賃料等を増額する旨の規定が賃貸借契約にある場合でも、賃借人との交渉如何によっては、必
       ずしも、規定どおりに賃料を増額できるとは限りません。
     d. 賃借人による賃料減額請求権行使のリスク
        建物の賃借人は、定期建物賃貸借契約において借地借家法第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特約を設
       けた場合を除いて、同条に基づく賃料減額請求をすることができます。請求が認められた場合、当該不動産から
       得られる賃料収入が減少し、本投資法人の収益等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える
       可能性があります。なお、定期建物賃貸借契約において借地借家法第32条に基づく賃料減額請求権を排除する特
       約を設けた場合には、同条に基づく賃料増額請求もできなくなるので、かかる賃料が契約締結時に予期し得な
       かった事情により一般的な相場に比べて低額となり、通常の賃貸借契約の場合よりも低い賃料収入しか得られな
       い可能性があります。また、ある建物賃貸借契約を定期建物賃貸借契約とした上で借地借家法第32条に基づく賃
       料減額請求権を排除する特約を設けた場合であっても、定期建物賃貸借契約の効力が認められるためには、借地
       借家法第38条所定の要件を充足する必要があるため、借地借家法第38条所定の要件が充足されなかった場合に
       は、賃料減額請求権を排除することができず、物件から得られる賃料収入が減少する可能性があります。
                                 48/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     e. 敷引特約、更新料に関するリスク
        敷引特約がある賃貸借契約については、敷引額の敷金額に対する割合が高い場合において、敷引特約の全部又
       は一部の有効性が否定され、本投資法人が引き継いだ敷金額より多額の敷金返還債務を負う可能性があります。
       また、賃貸借契約が更新される際の更新料について規定した場合において、当該規定の全部又は一部の有効性が
       否定され、本投資法人に予想外の収入の減少が発生する可能性があります。
     (ハ) 災害等による建物の毀損、滅失及び劣化のリスク

        火災、地震、液状化、津波、暴風雨、洪水、落雷、竜巻、火山の噴火、戦争、暴動、騒乱、テロ等(以下「災
       害等」といいます。)により不動産が滅失、劣化又は毀損し、又はライフラインの断絶、周辺環境の悪化等の間
       接被害により、その価値が影響を受ける可能性があります。このような場合には、滅失、劣化又は毀損した個所
       の修復のため一定期間建物が不稼働となることや、安全な地域への退避により退去者が増加する可能性がありま
       す。その結果、賃料収入が減少し当該不動産の価値が下落することが考えられ、投資主又は投資法人債権者に損
       害を与える可能性があります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、保険契約で支払われる上
       限額を上回る損害が発生した場合、保険契約で填補されない災害等が発生した場合又は保険契約に基づく保険会
       社による支払が他の何らかの理由により行われず、減額される場合若しくは遅れる場合には、本投資法人の収益
       等に悪影響を及ぼし、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
     (ニ) 不動産に係る所有者責任、修繕・維持費用等に関するリスク

        運用資産である不動産を原因として、第三者の生命、身体又は財産等を侵害した場合に、損害賠償義務が発生
       し、結果的に本投資法人が予期せぬ損害を被る可能性があります。特に、土地の工作物の所有者は、民法上無過
       失責任を負うことがあります。不動産の個別事情により保険契約が締結されない場合、前記「(ハ)                                              災害等による
       建物の毀損、滅失及び劣化のリスク」と同様、本投資法人は悪影響を受ける可能性があります。
        また、不動産につき滅失、毀損又は劣化等が生じ、修繕が必要となる場合には、かかる修繕又は対処に関連し
       て多額の費用を要する可能性があります。加えて、不動産の所在地によっては、自然由来と推定される原因に
       よって有害物質が存在し、その対処に関連して相当の費用を要する可能性があります。かかる修繕又は対処が困
       難又は不可能な場合には、不動産から得られる賃料収入が減少し、不動産の価格が下落する可能性があります。
        さらに、経済状況によっては、インフレーション、水道光熱費等の費用の高騰、不動産管理や建物管理に係る
       費用、備品調達等の管理コスト及び各種保険料等のコストの上昇、租税公課の増大その他の理由により、不動産
       の運用に関する費用が増加する可能性があります。
     (ホ) 不動産に係る行政法規及び条例等に関するリスク

        建築基準法又はこれに基づく命令若しくは条例、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等
       の行政行為の規定の施行又は適用の際、原則としてこれらの規定に適合しない現に存する建物(現に建築中のも
       のを含みます。)又はその敷地については、当該規定が適用されない扱いとされています(いわゆる既存不適
       格)。しかし、かかる既存不適格の建物の建替え等を行う場合には、現行の規定が適用されるので、現行の規定
       に合致するよう手直しをする必要があり、追加的な費用負担が必要となる可能性があり、また、現状と同規模の
       建物を建築できない可能性があります。
        また、不動産に係る様々な行政法規や各地の条例による規制が運用資産である不動産に適用される可能性があ
       ります。例えば、都市計画法に基づく市街化調整区域等の都市計画区域又は準都市計画区域内における建築物の
       建築又は土地の区画形質の変更の制限、都市計画法及び地方公共団体の条例による風致地区内における建築等の
       規制、河川法(昭和39年法律第167号。その後の改正を含みます。)による河川保全区域における工作物の新築等
       の制限、文化財保護法(昭和25年法律第214号。その後の改正を含みます。)に基づく試掘調査義務、航空法(昭
       和27年法律第231号。その後の改正を含みます。)による建造物等の高さ制限、一定割合において住宅を付置する
       義務や、駐車場設置義務、福祉配慮設備設置義務、緑化推進義務及び雨水流出抑制施設設置義務等が挙げられま
       す。このような義務が課せられている場合、当該不動産の処分及び建替え等に際して、事実上の困難が生じるほ
       か、これらの義務を遵守するための追加的な費用負担が生じる可能性があります。さらに、運用資産である不動
       産を含む地域が道路設置等の都市計画の対象となる場合には、当該都市計画対象部分に建築制限が付されること
       や、建物の敷地とされる面積が減少することにより、収益が減少する可能性があります。また、当該不動産に関
       して建替え等を行う際に、現状と同規模の建築物を建築できない可能性があります。
     (ヘ) 法令の制定又は変更に関するリスク

                                 49/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        土壌汚染対策法のほか、将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不
       動産につき大気、土壌、地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性がありま
       す。
        また、消防法その他不動産の管理に影響する関係法令の改正により、不動産の管理費用等が増加する可能性が
       あります。さらに、建築基準法、都市計画法の改正、新たな立法、収用、再開発、区画整理等の行政行為等によ
       り不動産に関する権利が制限される可能性があります。このような法令若しくは行政行為又はその変更等が本投
       資法人の収益に悪影響をもたらす可能性があります。
     (ト) 売主の倒産等の影響を受けるリスク

        本投資法人が、債務超過の状況にある等財務状態が実質的危機時期にあると認められる又はその疑義がある者
       を売主として不動産を取得した場合には、当該不動産の売買が売主の債権者により取消される(詐害行為取消)
       可能性があります。また、本投資法人が不動産を取得した後、売主について倒産等手続が開始した場合には、不
       動産の売買が破産管財人、監督委員又は管財人により否認される可能性が生じます。
        また、本投資法人が、ある売主から不動産を取得した別の者(以下、本「(ト)                                     売主の倒産等の影響を受けるリ
       スク」において「買主」といいます。)からさらに不動産を取得した場合において、本投資法人が、当該不動産
       の取得時において、売主と買主間の当該不動産の売買が詐害行為として取消され又は否認される根拠となり得る
       事実関係を知っている場合には、本投資法人に対しても、売主・買主間の売買が否認され、その効果を主張され
       る可能性があります。
        本投資法人は、管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等について諸般の事情を慎重に検討し、実務
       的に可能な限り管財人等により売買が否認又は取消されるリスク等を回避するよう努めますが、このリスクを完
       全に排除することは困難です。
        さらに、取引の態様によっては売主と本投資法人との間の不動産の売買が、担保取引であると判断され、当該
       不動産は破産者である売主の破産財団の一部を構成し、又は更生会社若しくは再生債務者である売主の財産に属
       するとみなされる可能性(いわゆる真正譲渡でないとみなされるリスク)もあります。
     (チ) マスターリース会社に関するリスク

        運用資産である特定の不動産において、PM会社が不動産の所有者である本投資法人又は信託受託者との間でマ
       スターリース契約を締結してマスターリース会社となり、その上でエンドテナントに対して転貸している場合が
       あります。また、今後も同様の形態を用いる場合があります。
        この場合、マスターリース会社の財務状態の悪化等により、マスターリース会社の債権者がマスターリース会
       社のエンドテナントに対する賃料債権を差し押さえる等により、マスターリース会社から賃貸人である本投資法
       人又は信託受託者への賃料の支払が滞る可能性があります。
        また、マスターリース会社の倒産又は契約期間満了等によりマスターリース契約が終了した場合には、稼働率
       の低下等が生じる可能性があります。
     (リ) 転貸に関するリスク

        賃借人(転借人を含みます。)に、不動産の一部又は全部を転貸する権限を与えた場合、本投資法人は、不動
       産に入居するテナントを自己の意思により選択できなくなることや、退去させられなくなる可能性があるほか、
       賃借人の賃料が、転借人の賃借人に対する賃料に連動する場合、転借人の信用状態等が、本投資法人の収益に悪
       影響を及ぼす可能性があります。
        また、賃貸借契約が合意解約された場合、又は債務不履行を理由に解除された場合であっても、賃貸借契約
       上、賃貸借契約終了の場合に転貸人の転借人に対する敷金等の返還義務が賃貸人に承継される旨規定されている
       場合等には、かかる敷金等の返還義務が、賃貸人に承継される可能性があります。このような場合、敷金等の返
       還原資は賃貸人の負担となり、本投資法人の収益に悪影響を及ぼす可能性があります。
     (ヌ) テナント等による不動産の利用状況に関するリスク

        テナントによる不動産の利用・管理状況により、当該不動産の資産価値や、本投資法人の収益に悪影響が及ぶ
       可能性があります。また、転借人や賃借権の譲受人の属性によっては、運用資産である不動産のテナント属性が
       悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能性があります。
        例えば、建物そのものが法令や条例等の基準を満たす場合であっても、入居者による建物への変更工事、内装
       の変更、その他利用状況等により、建築基準法・消防法その他の法令や条例等に違反する状態となり、本投資法
                                 50/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       人が、その改善のための費用を負担する必要が生じ、又は法令上不利益を被る可能性があります。また、賃貸借
       契約における規定の如何にかかわらず、入居者による転貸や賃借権の譲渡が本投資法人の承諾なしに行われる可
       能 性があります。テナントによる不動産の利用・管理が不適切であるために火災等の災害が生じ、当該不動産の
       資産価値や、本投資法人の収益に悪影響が及ぶ可能性があります。その他、転借人や賃借権の譲受人の属性に
       よっては、運用資産である不動産のテナント属性が悪化し、これに起因して建物全体の賃料水準が低下する可能
       性があります。
        なお、本投資法人は、かかるリスクを低減するため、独自のテナント審査基準に基づくテナント審査の実施、
       また、定期的にテナントの不動産利用状況の調査を行う方針ですが、なおかかるリスクが現実化しないという保
       証はありません。
     (ル) 共有物件に関するリスク

        運用資産である不動産が第三者との間で共有されている場合には、その保存・利用・処分等について単独で所
       有する場合には存在しない種々のリスクがあります。
        まず、共有物の管理は、共有者間で別段の定めをした場合を除き、共有者の持分の価格に従い、その過半数で
       行うものとされているため(民法第252条)、持分の過半数を有していない場合には、当該不動産の管理及び運営
       について本投資法人の意向を反映させることができない可能性があります。また、共有者はその持分の割合に応
       じて共有物の全体を利用することができるため(民法第249条)、他の共有者によるこれらの権利行使によって、
       本投資法人の当該不動産の保有又は利用が妨げられるおそれがあります。
        さらに、共有の場合、他の共有者からの共有物全体に対する分割請求権行使を受ける可能性(民法第256条)、
       及び裁判所により共有物全体の競売を命じられる可能性(民法第258条第2項)があり、ある共有者の意図に反し
       て他の共有者からの分割請求権行使によって共有物全体が処分されるリスクがあります。
        この分割請求権を行使しないという共有者間の特約は有効ですが、この特約は5年を超えては効力を有しませ
       ん。また、登記済みの不分割特約がある場合でも、特約をした者について倒産手続の対象となった場合には、管
       財人等はその換価処分権を確保するために分割請求ができるとされています。ただし、共有者は、倒産手続の対
       象となった他の共有者の有する共有持分を相当の対価で取得することができます(破産法第52条、会社更生法第
       60条、民事再生法第48条)。
        他の共有者の共有持分に抵当権が設定された場合には、共有物が分割されると、共有されていた物件全体につ
       いて当該共有者(抵当権設定者)の持分割合に応じて、当該抵当権の効力が及ぶことになると考えられていま
       す。したがって、運用資産である共有持分には抵当権が設定されていなくても、他の共有者の共有持分に抵当権
       が設定された場合には、共有物が分割されると、分割後の運用資産についても、他の共有者の持分割合に応じ
       て、当該抵当権の効力が及ぶこととなるリスクがあります。
        共有持分の処分は単独所有物と同様に自由に行えると解されていますが、共有不動産については、共有者間で
       共有持分の優先的購入権の合意をすることにより、共有者がその共有持分を第三者に売却する場合に他の共有者
       が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。
        不動産の共有者が賃貸人となる場合には、賃料債権は不可分債権となり敷金返還債務は不可分債務になると一
       般的には解されており、共有者は他の賃貸人である共有者の信用リスクの影響を受ける可能性があります。
        また、所有権以外の権利について準共有する場合にも、同様の制限やリスクが存在します。
        共有不動産については、単独所有の場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、取得及び売却により
       多くの時間と費用を要し、あるいは価格の減価要因が増す可能性があります。
     (ヲ) 区分所有建物に関するリスク

        区分所有建物とは建物の区分所有等に関する法律(昭和37年法律第69号。その後の改正を含みます。以下「区
       分所有法」といいます。)の適用を受ける建物で、単独所有の対象となる専有部分(居室等)と共有となる共用
       部分(エントランス部分等)及び建物の敷地部分から構成されます。区分所有建物の場合には、区分所有法上、
       法定の管理方法及び管理規約(管理規約の定めがある場合)によって管理方法が定められます。建替決議等をす
       る場合には集会において区分所有者及び議決権(管理規約に別段の定めのない限り、その有する専有部分の床面
       積の割合)の各5分の4以上の多数の建替決議が必要とされる等(区分所有法第62条)、区分所有法の適用を受け
       ない単独所有物件と異なり管理方法に制限があります。
        区分所有建物の専有部分の処分は自由に行うことができますが、区分所有者間で優先的購入権の合意をするこ
       とがあることは、共有物件の場合と同様です。
        区分所有建物と敷地の関係については以下のようなリスクがあります。
                                 51/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        区分所有建物の専有部分を所有するために区分所有者が敷地に関して有する権利を敷地利用権といいます。区
       分所有建物では、専有部分と敷地利用権の一体性を保持するために、法律で、専有部分とそれに係る敷地利用権
       を 分離して処分することが原則として禁止されています(区分所有法第22条)。ただし、敷地権の登記がなされ
       ていない場合には、分離処分の禁止を善意の第三者に対抗することができず、分離処分が有効となります(区分
       所有法第23条)。また、区分所有建物の敷地が数筆に分かれ、区分所有者が、それぞれ、その敷地のうちの一筆
       又は数筆の土地について、単独で、所有権、賃借権等を敷地利用権(いわゆる分有形式の敷地利用権)として有
       している場合には、分離して処分することが可能とされています。このように専有部分とそれに係る敷地利用権
       が分離して処分された場合、敷地利用権を有しない区分所有者が出現する可能性があります。
        また、敷地利用権が使用借権及びそれに類似した権利である場合には、当該敷地が売却、競売等により第三者
       に移転された場合に、区分所有者が当該第三者に対して従前の敷地利用権を対抗できなくなる可能性がありま
       す。
        このような区分所有建物と敷地の関係を反映して、区分所有建物の場合には、取得及び売却により多くの時間
       と費用を要し、あるいは価格の減価要因が増す可能性があります。
     (ワ) 借地物件に関するリスク

        借地権とその借地上に存在する建物については、自らが所有権を有する土地上に存在する建物と比べて特有の
       リスクがあります。借地権は、所有権と異なり永久に存続するものではなく、期限の到来により当然に消滅し
       (定期借地権の場合)又は期限到来時に借地権設定者が更新を拒絶しかつ更新を拒絶する正当事由がある場合に
       消滅します(普通借地権の場合)。また、借地権が地代の不払その他により解除その他の理由により消滅してし
       まう可能性もあります。借地権が消滅すれば、時価での建物買取りを請求できる場合(借地借家法第13条、借地
       法(大正10年法律第49号。その後の改正を含みます。)第4条)を除き、借地上に存在する建物を取り壊した上
       で、土地を返還しなければなりません。普通借地権の場合、借地権の期限到来時の更新拒絶につき上記正当事由
       が認められるか否かを本投資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、仮に建物の買取請求権を
       有する場合でも、買取価格が本投資法人が希望する価格以上である保証はありません。
        また、本投資法人が借地権を有している土地の所有権が、他に転売されるほか、借地権設定時に既に存在する
       土地上の抵当権等の実行により第三者に移ってしまう可能性があります。この場合、借地権について適用のある
       法令に従い第三者対抗要件が具備されていないときは、本投資法人は、借地権を当該土地の新所有者に対して対
       抗できず、当該土地の明渡義務を負う可能性があります。
        さらに、借地権が賃借権である場合、借地権を譲渡するには、原則として、借地権設定者の承諾が必要となり
       ます。借地上の建物の所有権を譲渡する場合には、当該借地に係る借地権も一緒に譲渡することになるので、原
       則として、借地権設定者の承諾が必要となります。かかる借地権設定者の承諾に関しては、借地権設定者への承
       諾料の支払があらかじめ約束されている場合のほか、約束されていなくても慣行を理由として借地権設定者が承
       諾料を承諾の条件として請求してくる場合があります(なお、法律上借地権設定者に当然に承諾料請求権が認め
       られているものではありません。)。
        加えて、借地権設定者の資力の悪化や倒産等により、借地権設定者に差し入れた敷金及び保証金等の全額又は
       一部が返還されない可能性があります。借地権設定者に対する敷金及び保証金等の返還請求権について担保設定
       や保証はなされないのが通例です。
        借地権と借地上に建てられている建物については、敷地と建物を一括して所有している場合と比べて、上記の
       ような制限やリスクがあるため、取得及び売却により多くの時間と費用を要し、あるいは価格の減価要因が増す
       可能性があります。
     (カ) 借家物件に関するリスク

        本投資法人は、建物(共有持分、区分所有権等を含みます。)を第三者から賃借の上又は信託受託者に賃借さ
       せた上、当該賃借部分を直接若しくは信託受託者を通じて保有する建物と一体的に又は当該賃借部分を単独で、
       テナントへ転貸することがあります。
        この場合、建物の賃貸人の資力の悪化や倒産等により、建物の賃貸人に差し入れた敷金及び保証金等の全額又
       は一部が返還されない可能性があることは、前記「(ワ)                           借地物件に関するリスク」の借地物件の場合と同じで
       す。
        加えて、民法上、本投資法人が第三者との間で直接又は信託受託者を通じて締結した賃貸借契約が何らかの理
       由により終了した場合、原則として、本投資法人又は当該受託者とテナントの間の転貸借契約も終了するとされ
       ているため、テナントから、転貸借契約の終了に基づく損害賠償請求等がなされるおそれがあります。
                                 52/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヨ) 開発物件に関するリスク

        本投資法人は、規約に定める投資方針に従って、竣工後の物件を取得するためにあらかじめ開発段階で売買契
       約を締結することがあります。かかる場合、既に完成した物件につき売買契約を締結して取得する場合とは異な
       り、様々な事由により、開発が遅延し、変更され、又は中止されることにより、売買契約どおりの引渡しを受け
       られない可能性があります。この結果、開発物件からの収益等が本投資法人の予想を大きく下回る可能性がある
       ほか、予定された時期に収益等が得られなかったり、収益等が全く得られなかったり、又は予定されていない費
       用、損害若しくは損失を本投資法人が負担し若しくは被る可能性があり、その結果、本投資法人の収益等が悪影
       響を受ける可能性があります。
     (タ) 有害物質に関するリスク

        本投資法人が土地又は土地の賃借権若しくは地上権又はこれらを信託する信託の受益権を取得する場合におい
       て、当該土地について産業廃棄物等の有害物質が埋蔵されている可能性があり、かかる有害物質が埋蔵されてい
       る場合には当該土地の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するために土壌の入替え
       や洗浄が必要となる場合には、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。また、かかる有
       害物質によって第三者が損害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人がかかる損
       害を賠償する義務を負う可能性があります。なお、土壌汚染対策法によれば、土地の所有者、管理者又は占有者
       は、鉛、砒素、トリクロロエチレンその他の特定有害物質による土地の土壌の汚染の状況について、都道府県知
       事により調査・報告を命ぜられることがあり、また、土壌の特定有害物質による汚染により、人の健康に係る被
       害が生じ、又は生ずるおそれがあるときは、都道府県知事によりその被害を防止するため必要な汚染の除去等の
       措置を命ぜられることがあります。
        この場合、本投資法人に多額の負担が生じる可能性があり、また、本投資法人は、支出を余儀なくされた費用
       について、その原因となった者やその他の者から常に償還を受けられるとは限りません。
        また、本投資法人が建物又は建物を信託する信託の受益権を取得する場合において、当該建物の建材等にアス
       ベストその他の有害物質を含む建材が使用されているか若しくは使用されている可能性がある場合やPCB廃棄物が
       保管されている場合等には、当該建物の価格が下落する可能性があります。また、かかる有害物質を除去するた
       めに建材の全面的若しくは部分的交換が必要となる場合又は有害物質の処分若しくは保管が必要となる場合に
       は、これに係る予想外の費用や時間が必要となる可能性があります。また、かかる有害物質によって第三者が損
       害を受けた場合には、直接又は信託受託者を通じて間接的に、本投資法人にかかる損害を賠償する義務が発生す
       る可能性があります。
        将来的に環境保護を目的とする法令等が制定・施行され、過失の有無にかかわらず不動産につき大気、土壌、
       地下水等の汚染に係る調査義務、除去義務、損害賠償義務等が課される可能性があります。
     (レ) 保留地に関するリスク

        保留地とは、土地区画整理法(昭和29年法律第119号。その後の改正を含みます。以下「土地区画整理法」とい
       います。)に基づき、換地計画において保留地として定められた土地をいいます。
        保留地の所有権は、土地区画整理法により換地処分の公告の日の翌日までは取得できないものとされているた
       め、本投資法人が上記保留地を取得した後も、換地処分の公告の日の翌日までは当該保留地について所有権の取
       得及び所有権移転登記ができません。そのため、保留地の売主が当該保留地を第三者に重ねて譲渡した場合に
       は、本投資法人による当該保留地の取得の効果を第三者に対抗することができなくなる可能性があります。ま
       た、換地処分の公告の日の翌日より前の保留地に対する権利は、所有権ではなく、保留地を使用収益する権利等
       であると考えられます。しかし、かかる保留地を使用収益する権利等の性質や対抗要件具備の方法について確立
       した判例はなく、当該権利等の性質又は対抗要件具備の方法について裁判所が異なる判断をした場合、本投資法
       人が期待していた利益が得られなくなり、又は想定されていない費用の負担が生じる可能性があります。なお、
       上記の換地処分の時期等は事業計画に定められていますが、かかる定めどおりに換地処分が完了する保証はな
       く、換地処分が予定どおりに完了しない場合、本投資法人は、相当期間当該保留地の完全な所有権を取得するこ
       とができない可能性があります。
     (ソ) 不動産を信託の受益権の形態で保有する場合の固有のリスク

        本投資法人は、不動産を信託の受益権の形態で取得することがあります。
        信託受託者が信託財産としての不動産、不動産の賃借権又は地上権を所有し管理するのは受益者のためであ
                                 53/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       り、その経済的利益と損失は、最終的にはすべて受益者に帰属することになります。したがって、本投資法人
       は、信託受益権の保有に伴い、信託受託者を介して、運用資産が不動産である場合と実質的にほぼ同じリスクを
       負 担することになります。
        信託契約上、信託の受益権を譲渡しようとする場合には、信託受託者の承諾を要求されるのが通常です。さら
       に、不動産、不動産の賃借権又は地上権を信託する信託の受益権は受益証券発行信託の受益証券でない限り私法
       上の有価証券としての性格を有していませんので、債権譲渡と同様の譲渡方法によって譲渡することになり、有
       価証券のような流動性がありません。
        信託法(大正11年法律第62号。その後の改正を含みますが、信託法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法
       律(平成18年法律第109号)による改正前のもの。)及び信託法(平成18年法律第108号。その後の改正を含みま
       す。)上、信託受託者が倒産等手続の対象となった場合に、信託の受益権の目的となっている不動産が信託財産
       であることを破産管財人等の第三者に対抗するためには、信託された不動産に信託設定登記をする必要があり、
       仮にかかる登記が具備されていない場合には、本投資法人は、当該不動産が信託受益権の目的となっていること
       を第三者に対抗できない可能性があります。
        また、信託財産の受託者が、信託目的に反して信託財産である不動産を処分した場合、又は信託財産である不
       動産を引当てとして、何らかの債務を負うことにより、不動産を信託する信託の受益権を保有する本投資法人が
       不測の損害を被る可能性があります。
        さらに、信託契約上、信託開始時において既に存在していた信託不動産の欠陥、瑕疵、契約不適合等につき、
       当初委託者が信託財産の受託者に対し一定の瑕疵担保責任又は契約不適合責任を負担する場合に、信託財産の受
       託者が、かかる瑕疵担保責任又は契約不適合責任を適切に追及しない、又はできない結果、本投資法人が不測の
       損害を被り、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
                                 54/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        本投資法人が信託受益権を準共有する場合、共有物件とほぼ同様のリスクが存在します。まず、準共有する信
       託受益権の行使については、それが信託財産の管理に関する事項である場合、準共有者間で別段の定めをした場
       合を除き、準共有者の過半数で行うものと解されるため(民法第264条、民法第252条)、持分の過半数を有して
       いない場合には、当該信託受益権の行使について本投資法人の意向を反映させることができない可能性がありま
       す。また、準共有持分の処分は、準共有者間で別段の定めをした場合を除き、単独所有する場合と同様に自由に
       行えると解されていますが、準共有する信託受益権については、準共有者間の合意により、他の準共有者の承諾
       なく準共有持分につき譲渡その他の処分を行わないことが義務付けられたり、準共有者がその準共有持分を第三
       者に売却する場合に他の準共有者が優先的に購入できる機会を与えるようにする義務を負う場合があります。準
       共有する信託受益権については、単独保有する場合と比べて上記のような制限やリスクがあるため、取得及び売
       却により多くの時間と費用を要したり、減価要因となる可能性があります。
     (ツ) フォワード・コミットメント等に係るリスク

        本投資法人は、不動産等を取得するにあたり、いわゆるフォワード・コミットメント等を行うことがありま
       す。不動産売買契約が買主の事情により解約された場合には、買主は債務不履行による損害賠償義務を負担する
       こととなります。また、損害額等の立証にかかわらず、不動産等の売買価格に対して一定の割合の違約金が発生
       する旨の合意がなされることも少なくありません。フォワード・コミットメント等の場合には、契約締結後、決
       済・物件引渡しまでに一定の期間があるため、その期間における市場環境の変化等により本投資法人が不動産取
       得資金を調達できない場合等、売買契約を解約せざるを得なくなった場合には、違約金等の支払により、本投資
       法人の財務状況等が悪影響を受ける可能性があります。
     (ネ) テナント集中に関するリスク

        運用資産である投資対象不動産のテナント数が少なくなればなるほど、本投資法人は特定のテナントの支払能
       力、退去その他の事情による影響を受けやすくなります。特に、一テナントしか存在しない投資対象不動産にお
       いては、本投資法人の当該投資対象不動産からの収益等は、当該テナントの支払能力、当該投資対象不動産から
       の転出・退去その他の事情により大きく左右されます。また、賃貸面積の大きなテナントが退去したときに、大
       きな空室が生じ、他のテナントを探しその空室を回復させるのに時間を要することがあり、その期間が長期にな
       ればなるほど、本投資法人の収益等が悪影響を受ける可能性があります。また、本投資法人の運用資産における
       特定の少数のテナントの賃借比率が増大したときは、当該テナントの財務状況や営業状況が悪化した場合、本投
       資法人の収益も悪影響を受ける可能性があります。
     (ナ) 底地物件に関するリスク

        本投資法人は、第三者が賃借してその上に建物を所有している土地、いわゆる底地を取得することがありま
       す。底地物件の場合は特有のリスクがあります。借地権は、期限の到来により当然に消滅し(定期借地権の場
       合)又は期限到来時に本投資法人が更新を拒絶しかつ本投資法人に更新を拒絶する正当事由がある場合に限り消
       滅します(普通借地権の場合)。借地権が消滅する場合、本投資法人は借地権者より時価での建物買取を請求さ
       れる場合があります(借地借家法第13条、借地法第4条)。普通借地権の場合、借地権の期限到来時に更新拒絶に
       つき上記正当事由が認められるか否かを本投資法人の物件取得時に正確に予測することは不可能であり、借地権
       者より時価での建物買取を請求される場合においても、買取価格が本投資法人が希望する価格以下である保証は
       ありません。
        借地権が賃借権である場合、借地権者による借地権の譲渡には、原則として、本投資法人の承諾が必要となり
       ますが、裁判所が承諾に代わる許可をした場合(借地借家法第19条)や、借地契約上事前に一定範囲での借地権
       の譲渡を承諾している場合には、本投資法人の承諾なく借地権が譲渡される結果、財務状態に問題がある等の本
       投資法人が望まない者に借地権が譲渡される可能性があり、その結果、投資主又は投資法人債権者に損害を与え
       る可能性があります。
        また、借地権者の財務状況が悪化した場合又は倒産等手続の対象となった場合、借地契約に基づく土地の賃料
       の支払が滞る可能性があり、この延滞賃料の合計額が敷金及び保証金等で担保される範囲を超える場合は投資主
       又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
        さらに、借地契約では、多くの場合、賃料等の借地契約の内容について、定期的に見直しを行うこととされて
       います。賃料の改定により賃料が減額された場合、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性がありま
       す。また、借地権者は借地借家法第11条に基づく土地の借賃の減額請求をすることができ、これにより、当該底
       地から得られる賃料収入が減少し、投資主又は投資法人債権者に損害を与える可能性があります。
                                 55/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ⑤ 税制に関するリスク

     (イ) 導管性の維持に関する一般的なリスク
        税法上、投資法人に係る課税の特例規定により一定の要件(以下「導管性要件」といいます。)を満たした投
       資法人に対しては、投資法人と投資主との間の二重課税を排除するため、後記「4                                      手数料等及び税金 (5)           課税
       上の取扱い」に記載する配当等の額を投資法人の損金に算入することが認められています。導管性要件のうち一
       定のものについては、計算期間毎に判定を行う必要があります。本投資法人は、導管性要件を継続して満たすよ
       う努める予定ですが、今後、本投資法人の投資主の異動・減少、海外投資主比率の増加、資金の調達先、分配金
       支払原資の制限・不足、法律の改正その他の要因により導管性要件を満たすことができない計算期間が生じる可
       能性があります。現行税法上、導管性要件を満たさなかったことについてやむを得ない事情がある場合の救済措
       置が設けられていないため、後記「(ホ)                   同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないことによる
       リスク」に記載する同族会社化の場合等、本投資法人の意図しないやむを得ない理由により要件を満たすことが
       できなかった場合においても、配当等の額を損金算入できなくなり、本投資法人の税負担が増大する結果、投資
       主への分配額や純資産額が減少する可能性があり、本投資証券の市場価格に影響を及ぼすこともあります。
        なお、課税上の取扱いについては、後記「4                    手数料等及び税金 (5)           課税上の取扱い」をご参照ください。
     (ロ) 過大な税負担の発生により支払配当要件が満たされないリスク

        導管性要件のうち、租税特別措置法施行令(昭和32年政令第43号。その後の改正を含みます。以下「租税特別
       措置法施行令」といいます。)に規定する配当可能利益の額の90%超の金銭の分配を行うべきとする要件(以下
       「支払配当要件」といいます。)においては、投資法人の税引前の会計上の利益を基礎として支払配当要件の判
       定を行うこととされています。したがって、会計処理と税務上の取扱いの差異により、又は90%の算定について税
       務当局の解釈・運用・取扱いが本投資法人の見解と異なること等により、過大な税負担が発生した場合には、こ
       の要件を満たすことが困難となる計算期間が生じる場合があり得ます。なお、2015年4月1日以後に開始する計算
       期間については、会計処理と税務上の取扱いの差異が生じた場合であっても、一時差異等調整引当額の増加額
       (後記「4     手数料等及び税金 (5)           課税上の取扱い」をご参照ください。)を配当等の額として取り扱い、損金
       算入することが可能になるという手当てがなされています。
     (ハ) 借入れに係る導管性要件に関するリスク

        税法上、上記の計算期間毎に判定を行う導管性要件の一つに、借入れを行う場合には投資法人が租税特別措置
       法に規定する機関投資家以外の者から借入れを行っていないことという要件があります。したがって、本投資法
       人が何らかの理由により上記の機関投資家以外からの借入れを行わざるを得ない場合、又は、本投資法人に対す
       る貸付債権が機関投資家以外の者に譲渡された場合や、保証金若しくは敷金の全部若しくは一部がテナントから
       の借入金に該当すると解釈された場合においては、導管性要件を満たせないことになります。この結果、本投資
       法人の税負担が増大し、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
     (ニ) 資金不足により計上された利益の全部を配当できないリスク

        本投資法人において利益が生じているにもかかわらず金銭の借入れ又は投資法人債の発行に際しての財務制限
       条項上、一定額を内部留保しなければならない等、配当原資となる資金が不足する場合は、借入金や資産の処分
       により配当原資を確保する場合があります。しかしながら、導管性要件に基づく借入先の制限や資産の処分の遅
       延等により機動的な資金調達ができない場合には、配当の金額が租税特別措置法施行令に規定する配当可能利益
       の額の90%超とならない可能性があります。かかる場合、配当等の額を損金算入できなくなることにより本投資法
       人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
     (ホ) 同族会社要件について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク

        計算期間毎に判定を行う導管性要件のうち、計算期間終了時に同族会社のうち租税特別措置法施行令で定める
       ものに該当していないこと(発行済投資口の総数又は一定の議決権総数の50%超が1人の投資主グループによって
       保有されていないこと等)とする要件、すなわち、同族会社要件については、本投資証券が市場で流通すること
       により、公開買付等により、本投資法人のコントロールの及ばないところで、結果として満たされなくなる計算
       期間が生じる可能性があります。
        本投資法人が同族会社要件を満たさなくなった場合、配当等の額を損金算入できなくなることにより本投資法
       人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
                                 56/184

                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ) 投資口を保有する投資主数について本投資法人のコントロールが及ばないことによるリスク

        税法上、導管性要件の一つに、計算期間末において投資法人の投資口が租税特別措置法に規定する機関投資家
       のみにより保有されること、又は50人以上の投資主に保有されることという要件があります。しかし、本投資法
       人は投資主による投資口の売買をコントロールすることができないため、本投資口が50人未満の投資主により保
       有される(上記の機関投資家のみに保有される場合を除きます。)こととなる可能性があります。かかる場合、
       配当等の額を損金算入できなくなることにより本投資法人の税負担が増大する結果、投資主への分配額や純資産
       額が減少する可能性があります。
     (ト) 税務調査等による更正処分のため、追加的な税金が発生するリスク

        本投資法人に対して税務調査が行われ、税務当局との見解の相違により過年度の課税所得計算について追加の
       税務否認項目等の更正処分を受けた場合には、予想外の追加的な課税が発生することとなり、投資家への分配金
       の予想額の修正が必要となる場合があります。かかる場合、本投資法人の税負担が増大し、投資主への分配額や
       純資産額が減少する可能性があります。
                                 57/184















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (チ) 不動産の取得に伴う軽減税制が適用されないリスク
        本投資法人は、本書の日付現在において、一定の内容の投資方針を規約に定めることその他の税制上の要件を
       充足することを前提として、直接に不動産を取得する場合の不動産取得税及び登録免許税の軽減措置の適用を受
       けることができると考えています。しかし、本投資法人がかかる軽減措置の要件を満たすことができない場合、
       又は軽減措置の要件が変更され若しくは軽減措置が廃止された場合において、軽減措置の適用を受けることがで
       きなくなる可能性があります。
     (リ) 一般的な税制の変更に関するリスク

        不動産、信託の受益権その他投資法人の運用資産に関する税制若しくは投資法人に関する税制又はかかる税制
       に関する解釈・運用・取扱いが変更された場合、公租公課の負担が増大し、その結果本投資法人の収益に悪影響
       をもたらす可能性があります。また、投資証券に係る税制又はかかる税制に関する解釈・運用・取扱いが変更さ
       れた場合、本投資証券の保有又は売却による手取金の額が減少する可能性があります。
     (ヌ) 減損会計の適用に関するリスク

        固定資産の減損に係る会計基準(「固定資産の減損に係る会計基準の設定に関する意見書」(企業会計審議
       会 2002年8月9日))及び「固定資産の減損に係る会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第6号 2003年
       10月31日)が、2005年4月1日以後に開始する事業年度より強制適用されることになったことに伴い、本投資法人
       においても「減損会計」が適用されています。「減損会計」とは、主として土地・建物等の事業用不動産につい
       て、収益性の低下により投資額を回収する見込みが立たなくなった場合に、一定の条件のもとで回収可能性を反
       映させるように帳簿価額を減額する会計処理のことをいいます。
        「減損会計」の適用に伴い、地価の動向及び運用資産の収益状況等によっては、会計上減損損失が発生し、本
       投資法人の損益に悪影響を及ぼす可能性があります。なお、2015年4月1日以後に開始する計算期間については、
       会計処理と税務上の取扱いの差異が生じた場合であっても、一時差異等調整引当額の増加額(後記「4                                                手数料等
       及び税金 (5)       課税上の取扱い」をご参照ください。)を配当等の額として取り扱い、損金算入することが可能
       になるという手当てがなされています。
     (ル) 納税遅延に係る延滞税等の発生に関するリスク

        本投資法人において納税義務が発生した場合に、納付原資の不足等の事情により納期限内に納税が完了しない
       可能性があります。この場合、遅延納付となった税額に対し遅延期間に応じ延滞税等が発生し、納税が発生した
       事業年度の投資主への分配額や純資産額が減少する可能性があります。
                                 58/184









                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ⑥ その他
     (イ) 不動産の売却に伴う責任に関するリスク
        本投資法人が不動産を売却した場合に、当該不動産に物的若しくは法的な瑕疵又は契約不適合があるために、
       法令の規定又は売買契約上の規定に従い、瑕疵担保責任、契約不適合責任又は表明保証責任を負担する可能性が
       あります。特に、本投資法人は、宅建業法上のみなし宅地建物取引業者となりますので、買主が宅地建物取引業
       者でない場合には、本投資法人の瑕疵担保責任又は契約不適合責任に関するリスクを排除できない場合がありま
       す。
     (ロ) 専門家報告書等に関するリスク

        不動産の鑑定評価額及び不動産価格調査の調査価額は、個々の不動産鑑定士等の分析に基づく、分析の時点に
       おける評価に関する意見を示したものにとどまり、客観的に適正な不動産価格と一致するとは限りません。同じ
       物件について鑑定、調査等を行った場合でも、不動産鑑定士等、評価方法又は調査の方法若しくは時期によって
       鑑定評価額、調査価額の内容が異なる可能性があります。また、かかる鑑定等の結果は、現在及び将来において
       当該鑑定評価額や調査価額による売買の可能性を保証又は約束するものではありません。エンジニアリング・レ
       ポート及び地震PML評価報告書は、建物の評価に関する専門家が、設計図書等の確認、現況の目視調査又は施設管
       理者への聞き取り等を行うことにより、現在又は将来発生することが予想される建物の不具合、必要と考えられ
       る修繕又は更新工事の抽出及びそれらに要する概算費用並びに再調達価格の算出、並びに建物の耐震性能及び地
       震による損失リスク等を検討した結果を記載したものであり、不動産に欠陥、瑕疵、契約不適合等が存在しない
       ことを保証又は約束するものではありません。
        また、不動産に関して算出されるPML値も個々の専門家の分析に基づく予想値にすぎません。PML値は、損害の
       予想復旧費用の再調達価格に対する比率で示されますが、将来、地震が発生した場合、予想以上の多額の復旧費
       用が必要となる可能性があります。
     (ハ) 過去の収支状況が将来の本投資法人の収支状況と一致しないリスク

        本投資法人が取得する個別投資資産の過去の収支状況を開示する場合、不動産又は不動産信託受益権に係る不
       動産の前所有者等における賃貸事業収支をあくまで参考として記載することがあります。これらは不動産又は不
       動産信託受益権に係る不動産の前所有者等から提供を受けた未監査の情報を基礎としているため、すべてが正確
       であり、かつ完全な情報であるとの保証はありません。また、これらの情報は本投資法人に適用される会計原則
       と同じ基準に基づいて作成されたとの保証もありません。
        したがって、当該投資資産を取得した後の本投資法人の収支はこれと大幅に異なるおそれがあります。
     (ニ) 匿名組合出資持分又は不動産対応証券への投資に関するリスク

        本投資法人は、規約に基づき、不動産に関する匿名組合出資持分又は優先出資証券等の不動産対応証券への投
       資を行うことがあります。
        本投資法人が出資するかかる匿名組合又は特定目的会社等においては、本投資法人の出資金が不動産等に投資
       されますが、当該不動産等に係る収益が悪化した場合、当該不動産等の価値が下落した場合、意図されない課税
       が生じた場合等には、本投資法人が得られる分配金、配当金、元本の償還金額、残余財産分配額等が減少し、そ
       の結果、本投資法人が出資した金額を回収できない等の損害を被る可能性があります。
        また、匿名組合出資持分又は優先出資証券等については契約上譲渡が制限されていることがあり、又は、確立
       された流通市場が存在しないため、その流動性が低く、本投資法人が譲渡を意図しても、適切な時期及び価格で
       譲渡することが困難となる可能性があります。
    (2)投資リスクに対する管理体制

     本投資法人及び本資産運用会社は、以上のようなリスクが投資リスクであることを認識しており、その上でこのよう
    なリスクに最大限対応できるようリスク管理体制を整備しています。
     しかしながら、当該リスク管理体制については、十分に効果があることが保証されているものではなく、リスク管理
    体制が適切に機能しない場合、投資主又は投資法人債権者に損害が及ぶおそれがあります。
                                 59/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ① 本投資法人の体制
     (イ) 役員会
        本投資法人は、業務執行の意思決定及び執行役員に対する監督機関として役員会が十分に機能し、執行役員が
       本投資法人のために忠実にその職務を遂行するよう努めています。本投資法人の定例役員会は、原則として1か月
       に一度、開催され、定例役員会において、執行役員は、本資産運用会社及び資産保管会社の業務執行状況並びに
       一般事務受託者の事務執行状況等を報告するものとされています。
     (ロ) 本資産運用会社への牽制

        本投資法人と本資産運用会社との間で締結された資産運用委託契約には、本資産運用会社が規約の基準に従っ
       て運用ガイドラインを作成すること並びに投信法、規約、運用ガイドライン及び本資産運用会社の社内諸規則に
       従って委託業務を遂行することを定めています。また、本資産運用会社が作成する資産運用計画書等は、本資産
       運用会社に対して本投資法人への報告義務を負わしめていることにより、本投資法人の投資リスクに対する管理
       体制を強化しています。
     (ハ) 投資法人内部者取引管理規程

        本投資法人は、投資法人内部者取引管理規程を制定し、役員によるインサイダー類似取引の防止に努めていま
       す。なお、同規程においては、原則として本投資法人の執行役員が投資口の売買等を行うことは禁止されていま
       す。
    ② 本資産運用会社の体制

     本資産運用会社は、上記のようなリスクの存在及びそのリスク量を十分に把握するよう努めており、それらのリスク
    を回避する手段を以下のように構築し、厳格なルールに則り運用資産への投資及び運用を行っています。
     (イ) 運用ガイドラインの制定及び遵守

        本資産運用会社は、規約に沿って、本投資法人から資産運用の一任を受けた投資法人資産運用会社として、運
       用ガイドラインを制定し、ポートフォリオ構築方針、利益相反防止方針、分配方針、開示方針等の投資運用に関
       する基本的な考え方について定めています。本資産運用会社は、運用ガイドラインを遵守することにより、投資
       運用に係るリスクの管理に努めます。
     (ロ) 組織体制

        本資産運用会社では、利害関係者との取引等の一定の重要事項については、コンプライアンス・オフィサーが
       審査した上、コンプライアンス委員会及び投資委員会の審議・決議を経て、さらに、本投資法人の役員会及び本
       資産運用会社の取締役会の承認を得るという厳格な手続を経ることが要求されています。このような手続によ
       り、本資産運用会社は、リスクの存在及び量を十分に把握します。後記「第二部                                      投資法人の詳細情報 第4            関係
       法人の状況 1       資産運用会社の概況 (2)            運用体制 ③       投資運用に関するリスク管理体制の整備の状況」をご参
       照ください。
     (ハ)  利害関係者取引規程

        後記「第二部       投資法人の詳細情報 第3            管理及び運営 2        利害関係人との取引制限 (2)              本資産運用会社の自
       主ルール(利害関係者取引規程)」をご参照ください。
     (ニ)  内部者取引等管理規程

        本資産運用会社では、内部者取引等管理規程を制定し、本資産運用会社の役職員等によるインサイダー取引の
       防止に努めています。
                                 60/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    4【手数料等及び税金】
    (1)【申込手数料】
     該当事項はありません。
    (2)【買戻し手数料】

     本投資法人は、投資主の請求による投資口の払戻しを行わないため(規約第8条第1項)、該当事項はありません。た
    だし、本投資法人は、投資主との合意により本投資口を有償で取得することができます(規約第8条第2項)。この場
    合、所定の手数料が課されることがあります。
    (3)【管理報酬等】

    ① 役員報酬(規約第19条)
     本投資法人の執行役員及び監督役員の報酬の支払基準及び支払の時期は、次のとおりです。
     (イ) 各執行役員の報酬は、1人当たり月額100万円を上限として役員会で決定する金額とし、毎月、当月分を当月末
        日までに支払います。
     (ロ) 各監督役員の報酬は、1人当たり月額50万円を上限として役員会で決定する金額とし、毎月、当月分を当月末日
        までに支払います。
      (注) 本投資法人は、投信法第115条の6第7項に基づき、役員の投信法第115条の6第1項の賠償責任について、当該役員が職務を行うにつ
         き善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該役員の職務の執行の状況その他の事情を勘案
         して特に必要と認めるときは、法令に定める限度において役員会の決議によって免除することができます(規約第20条)。
    ② 本資産運用会社への資産運用報酬(規約第34条及び別紙「資産運用会社に対する資産運用報酬」)

     本投資法人が、本資産運用会社に支払う報酬は、運用報酬Ⅰ、運用報酬Ⅱ、運用報酬Ⅲ、取得報酬、譲渡報酬及び合
    併報酬から構成されるものとし、本資産運用会社の指定する口座へ振込む方法により支払うものとします。
     (イ)   報酬体系

      a. 運用報酬Ⅰ
        年0.1%を上限として本投資法人及び本資産運用会社が別途合意する報酬料率により、次の算式に従って算出さ
       れる各月ごとの金額の営業期間の総額(1円未満切捨て)とします。
          各月末総資産の額×報酬料率×各月実日数/365

      b. 運用報酬Ⅱ

        各営業期間について5.0%を上限として本投資法人及び本資産運用会社が別途合意する報酬料率により、次の算
       式に従って算出される金額(1円未満切捨て)とします。
          賃貸事業NOI      (注1)   ×報酬料率

       (注1)   「賃貸事業NOI」とは、本投資法人の各営業期間の不動産賃貸事業収入合計(運用資産に不動産に関する匿名組合出資持分又は不

        動産対応証券が含まれる場合には、当該運用資産に係る配当その他これに類する収益の額を含みます。)から不動産賃貸事業費用合
        計(減価償却費及び固定資産除却損を除きます。)を控除した額をいいます。
                                 61/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      c. 運用報酬Ⅲ
        各営業期間について0.005%を上限として本投資法人及び本資産運用会社が別途合意する報酬料率により、次の
       算式に従って算出される金額(1円未満切捨て)とします。
          当該営業期間に係る税引前当期純利益(注2)×(調整後EPU(注3)×報酬料率)

       (注2)   税引前当期純利益とは、本投資法人の各営業期間における損益計算書上に記載されるべき税引前当期純利益から運用報酬Ⅰ及び

         運用報酬Ⅱ並びにそれに伴う消費税及び地方消費税の納付額を差し引く前の税引前当期純利益をいいます。なお、前営業期間よ
         り繰り越された前期繰越損失の額があるときには、その金額を補てん後の金額をいいます。
       (注3)   調整後EPUとは、次のAをBで除したものをいいます。
          A:当該営業期間に係る税引前当期純利益
          B:当該決算期における発行済投資口数
        なお、当該営業期間において、後記i.からiii.に規定する事由の効力が発生し、発行済投資口数が増加又は減

       少した場合には、当該事由ごとに後記i.からiii.に規定する方法により、運用報酬Ⅲの金額を調整します。
            i. 投資口の分割又は併合

              (i)1:Xの割合で本投資口の分割が行われた場合には、当該営業期間及び以降の各営業期間におけ
             る運用報酬Ⅲの金額は、上記式による運用報酬Ⅲの算出値のX倍(1円未満切捨て)とし、(ii)Y:1
             の割合で本投資口の併合が行われた場合には、当該営業期間及び以降の各営業期間における運用報
             酬Ⅲの金額は、上記式による運用報酬Ⅲの算出値のY分の1倍(1円未満切捨て)とします。
            ii. 投資主に対する無償割当てに係る新投資口予約権の行使による新投資口の発行

              当該営業期間において、新投資口予約権の行使により新投資口の発行がなされた場合、増加した
             投資口の口数から、みなし時価発行口数(かかる新投資口の発行により増加した投資口の口数に新
             投資口予約権の行使時の1口当たり払込金額を1口当たりの時価で除した割合を乗じた口数をいいま
             す。以下同じです。)を除いた口数が増加したものとみなします。この場合、当該営業期間及び以
             降の各営業期間における運用報酬Ⅲの金額は、上記式による運用報酬Ⅲの算出値に、当該営業期間
             の決算期の発行済投資口数を当該営業期間の直前の決算期における発行済投資口数に当該営業期間
             に生じたみなし時価発行口数の総数を加えた口数で除した割合を乗じた金額(1円未満切捨て)とし
             ます。
            iii. 自己投資口の取得

              本投資法人が自己投資口を取得し、当該営業期間の決算期において未処分又は未消却の自己投資
             口を保有する場合、保有する自己投資口の数を当該営業期間の決算期における発行済投資口の総数
             から除いた口数を「当該営業期間の決算期における発行済投資口数」とみなすものとします。
      d. 取得報酬

        1.0%(ただし、本資産運用会社の定める「利害関係者取引規程」に定義される利害関係者から取得した場合
       は、0.5%)を上限とし本投資法人及び本資産運用会社が別途合意する報酬料率により、次の算式によって算出さ
       れる額とします。
          取得価格×報酬料率

                                 62/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      e. 譲渡報酬
        0.5%を上限とし本投資法人及び本資産運用会社が別途合意する報酬料率により、次の算式によって算出される
       額とします。ただし、譲渡損失が生じる場合には譲渡報酬は発生しないものとします。
          譲渡価格(注4)×報酬料率

       (注4)   「譲渡価格」とは、本投資法人が運用資産である不動産等を譲渡した場合の当該不動産等の譲渡価格(ただし、消費税及び地方

         消費税並びに譲渡に伴う費用を除きます。)をいいます。
        なお、本資産運用会社は、取得報酬及び譲渡報酬のほかに、別途、宅建業法第46条第1項に定める報酬を収受し

       ません。
      f. 合併報酬

        本資産運用会社が、本投資法人の合併(新設合併及び本投資法人が吸収合併存続法人又は吸収合併消滅法人と
       なる吸収合併を含みます。以下同じです。)の相手方の保有資産等の調査及び評価その他の合併に係る業務を実
       施した場合には、1.0%を上限とし本投資法人及び本資産運用会社が別途合意する報酬料率により、次の算式に
       よって算出される額とします。
          合併時における合併の相手方の保有資産等(注5)の合併効力発生日における評価額×報酬料率

       (注5)   合併時における合併の相手方の保有資産等とは、不動産等、不動産対応証券、特定社債券(資産流動化法第2条第9項に定めるも

         のをいいます。)及び不動産関連ローン(不動産等に投資することを目的とする特定目的会社(資産流動化法に定めるものをい
         います。)、特別目的会社その他これらに類する形態の法人等に対する貸付債権等の金銭債権をいいます。)等の資産をいいま
         す。
     (ロ) 資産運用報酬の支払時期

     a. 運用報酬Ⅰ
      本投資法人の当該営業期間に係る決算期後2か月以内に支払います。
     b. 運用報酬Ⅱ
      本投資法人の当該営業期間に係る決算期後3か月以内に支払います。
     c. 運用報酬Ⅲ
      本投資法人の当該営業期間に係る決算期後3か月以内に支払います。
     d. 取得報酬
      当該不動産等を取得した日(所有権移転等の権利移転の効果が生じた日をいいます。)から1か月以内に支払いま
      す。
     e. 譲渡報酬
      当該不動産等を譲渡した日(所有権移転等の権利移転の効果が生じた日をいいます。)から1か月以内に支払いま
      す。
     f. 合併報酬
      合併の効力発生日の属する月の月末から3か月以内に支払います。
     (ハ) 各報酬の支払に際しては、当該報酬に係る消費税及び地方消費税相当額を別途本投資法人が負担するものと

       し、本投資法人は、当該支払に係る報酬に、それに係る消費税及び地方消費税相当額を加えた金額を、本資産運
       用会社の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資
       法人の負担とします。)又は口座間振替の方法により支払うものとします。
                                 63/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ③ 資産保管会社、一般事務受託者(機関運営・計算・会計)、投資主名簿等管理人、一般事務受託者(納税)及び投
     資法人債に関する一般事務受託者への支払手数料
     資産保管会社、一般事務受託者(機関運営・計算・会計)、投資主名簿等管理人、一般事務受託者(納税)及び投資
    法人債に関する一般事務受託者がそれぞれの業務を遂行することに対する対価である事務受託手数料は、以下のとおり
    です。
     (イ) 資産保管会社の報酬

      a. 本投資法人は、委託業務の対価として、資産保管会社に対し、後記c.に基づき計算された業務手数料並びに当
       該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとします。ただし、後記c.に定めのない業務
       に対する業務手数料は、本投資法人及び資産保管会社が協議の上、決定するものとします。
      b. 資産保管会社は、本投資法人の計算期間ごとに、前記a.に基づき業務手数料並びに当該業務手数料金額に係る

       消費税及び地方消費税相当額を計算し、本投資法人の計算期間の末日の属する月の翌月以降に、本投資法人に書
       面により請求し、本投資法人は請求を受けた月の翌月末日(銀行休業日の場合は前営業日)までに資産保管会社
       の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の
       負担とします。)により支払うものとします。
      c. 業務手数料の計算方法

        ある暦月(以下、本「c.            業務手数料の計算方法」において「計算対象月」といいます。)における業務手数料
       (月額)の金額は、以下の計算式により計算した月額手数料の合計金額(ただし、以下の計算式で計算した結果
       の月額手数料が金50万円に満たなかった場合は金50万円とします。)を上限として、本投資法人の資産構成に応
       じて本投資法人及び資産保管会社の間で別途合意の上で算出した金額とします。
        (計算式)

        各計算対象月の前月末時点における本投資法人の合計残高試算表上の総資産額×0.03%÷12
        なお、計算対象月における資産保管会社の委託業務日数が1か月に満たない月の業務手数料(月額)について

       は、当該月の実日数中における資産保管会社の委託業務日数に基づき日割計算して算出するものとします。
        上記計算により算出された計算対象月に係る業務手数料の金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨
       てるものとします。
     (ロ) 一般事務受託者(機関運営・計算・会計)の報酬

      a. 本投資法人は、委託業務の対価として、一般事務受託者(機関運営・計算・会計)に対し、後記c.に基づき計
       算された業務手数料並びに当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を支払うものとします。ただ
       し、後記c.に定めのない業務に対する業務手数料は、本投資法人及び一般事務受託者(機関運営・計算・会計)
       が協議の上、決定するものとします。
      b. 一般事務受託者(機関運営・計算・会計)は、本投資法人の計算期間ごとに、前記a.に基づき業務手数料並び

       に当該業務手数料金額に係る消費税及び地方消費税相当額を計算し、本投資法人の計算期間の末日の属する月の
       翌月以降に、本投資法人に書面により請求し、本投資法人は請求を受けた月の翌月末日(銀行休業日の場合は前
       営業日)までに一般事務受託者(機関運営・計算・会計)の指定する銀行口座へ振込(振込手数料並びに当該振
       込手数料金額に係る消費税及び地方消費税は本投資法人の負担とします。)により支払うものとします。
                                 64/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      c. 業務手数料の計算方法
        ある暦月(以下、本「c.            業務手数料の計算方法」において「計算対象月」といいます。)における業務手数料
       (月額)の金額は、以下の計算式により計算した月額手数料の合計金額(ただし、以下の計算式で計算した結果
       の月額手数料が金50万円に満たなかった場合は金50万円とします。)を上限として、本投資法人の資産構成に応
       じて本投資法人及び一般事務受託者(機関運営・計算・会計)の間で別途合意の上で算出した金額とします。
        (計算式)

        各計算対象月の前月末時点における本投資法人の合計残高試算表の上の総資産額×0.09%÷12
        なお、計算対象月における一般事務受託者(機関運営・計算・会計)の委託業務日数が1か月に満たない月の業

       務手数料(月額)については、当該月の実日数中における一般事務受託者(機関運営・計算・会計)の委託業務
       日数に基づき日割計算して算出するものとします。
        上記計算により算出された計算対象月に係る業務手数料の金額に1円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨
       てるものとします。
     (ハ) 投資主名簿等管理人の報酬

       a. 本投資法人は、事務委託契約(投資口事務受託契約)に従い委託事務が開始されて以降、委託事務手数料と
        して、後記の委託事務手数料表により計算した金額を上限として別途合意する金額を支払うものとします。た
        だし、募集投資口の発行に関する事務及び新投資口予約権原簿の作成、管理及び備置に関する事務並びに新投
        資口予約権の行使による本投資口の発行に関する事務その他本投資法人が臨時に委託する事務については、そ
        の都度本投資法人及び投資主名簿等管理人協議の上、その手数料を定めるものとします。
                                 65/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       b. 投資主名簿等管理人は、前記a.の手数料を毎月末に締切り、翌月20日までに本投資法人に請求し、本投資法
        人はその月末までにこれを支払うものとします。月末が銀行休業日の場合、前営業日までに支払うものとしま
        す。
                          (委託事務手数料表)

     項目      対象事務の内容                     計算単位及び計算方法                     (消費税別)
         1.  投資主名簿の作成、管            毎月の基本料は、各月末現在の投資主数につき下記段階に応じ区分計算したも
                      のの合計額の6分の1とします。
          理及び備置き投資主名
          簿の維持管理
                                                     (投資主1名
                                  (投資主数)
          期末、中間及び四半期
                                                     当たりの
          投資主の確定
                                                     基本料)
                      投資主数のうち最初の5,000名について                  ………………………………
                                                     320円
    基本料
         2.  期末統計資料の作成            5,000名超       10,000名以下の部分について              ……………………………
                                                     320円
          (所有者別、所有数            10,000名超      30,000名以下の部分について              ……………………………
                                                     320円
          別、地域別分布状況)
                      30,000名超      50,000名以下の部分について              ……………………………
                                                     320円
          投資主一覧表の作成
                                                     320円
                      50,000名超      100,000名以下の部分について……………………………
          (全投資主、大投資
                                                     320円
                      100,000名を超える部分について               ………………………………………
          主)
                      ※資料提供はWebによります。書面での提供は、別途手数料が必要です。
         1.  分配金支払原簿、分配            1.  分配金等を受領する投資主数につき、下記段階に応じ区分計算したものの合
          金領収書、指定口座振             計額とします。ただし、1回の対象事務の最低管理料を350,000円とします。
          込票、払込通知書の作
                                                     (投資主1名
          成、支払済分配金領収                        (投資主数)
                                                     当たりの
          証等による記帳整理、
                                                     管理料)
          未払分配金確定及び支            投資主数のうち最初の5,000名について                  ………………………………
    分配金                                                120円
          払調書の作成、印紙税
                      5,000名超       10,000名以下の部分について              ……………………………
     支払                                                110円
          納付の手続
                      10,000名超      30,000名以下の部分について              ……………………………
    管理料                                                100円
                      30,000名超      50,000名以下の部分について ……………………………
                                                     80円
         2.  銀行取扱期間経過後の
                                                     60円
                      50,000名超      100,000名以下の部分について……………………………
          分配金等の支払及び支
                                                     50円
                      100,000名を超える部分について               ………………………………………
          払原簿の管理
                      2.  指定口座振込分については1件につき130円を加算します。
                      3.  各支払基準日現在の未払い対象投資主に対する支払1件につき…
                                                     450円
         1.  投資主等からの諸届関            1.  照会、受付1件につき…………………………………………………                             600円
          係等の照会、受付(個
          人番号等の初回取得、
     諸届     投資主情報等変更通知
    管理料      の受付含む)
         2.  投資主等からの依頼に            2.  調査、証明1件につき…………………………………………………                             600円

          基づく調査、証明
         1.  議決権行使書用紙の作            1.  議決権行使書用紙の作成1通につき…………………………………                             15円
                                                     100円
    投資主      成並びに返送議決権行             議決権行使書用紙の集計1通につき…………………………………
     総会     使書の受理、集計            ただし、1回の議決権行使書用紙集計の最低管理料を50,000円とします。
     関係    2.  投資主総会当日出席投            2.  派遣者1名につき………………………………………………………                             20,000円
    手数料
          資主の受付、議決権個            ただし、電子機器等の取扱支援者は別途料金が必要です。
          数集計の記録等の事務
         1.  投資主総会の招集通           1.  封入物3種まで 期末、基準日現在投資主1名につき                        ……………     35円
                                                     10円
          知、同決議通知、決算             追加封入1種ごとに、追加……………………………………………
          報告書、分配金領収証            ※手封入、名寄せする場合は別途手数料がかかります。
                                                     23円
          (又は計算書、振込案             ハガキ期末、基準日現在投資主1名につき                   …………………………
    郵便物
          内)等投資主総会、決
     関係
          算関係書類の封入・
    手数料
          発送事務
         2.  返戻郵便物データの管            2.  返戻郵便物を登録する都度、郵便1通につき………………………                             200円
          理
    投資主等     振替機関からの総投資主             データ1件につき        …………………………………………………………                       0円
    データ    通知の受付、新規記録に
    受付料    伴う受付、通知
    契約終了     契約終了・解除に伴う             対象投資主1名につき          ……………………………………………………                     2,000円
    ・解除に     データ引継等事務作業費
    伴うデー
    タ引継料
                                 66/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (ニ)    一般事務受託者(納税)の報酬
     a.  一般事務受託者(納税)に対する法人税、消費税、住民税、事業税申告書作成業務に関する報酬額の見積りは、決
    算期毎に150万円(消費税及び地方消費税を除きます。)になります。ただし、本見積りは、委託業務に必要な資料・人
    員等に一般事務受託者(納税)が適時・適切にアクセスできることを前提とします。また、本見積りは、あくまで見積
    金額であり、一般事務受託者(納税)の責めに帰すべき事由によらずに業務内容が拡大された場合、一般事務受託者
    (納税)は、当該金額を変更できるものとします。なお、一般事務受託者(納税)は、有価証券報告書レビュー等の税
    務コンサルティング業務に係る報酬額を別途受領します。
     b.  本投資法人は、一般事務受託者(納税)から提示を受けた請求書記載の金額について直ちに支払を行う義務を負い
    ます。請求書の日付から30日以内に支払が受領されない場合、一般事務受託者(納税)は、年6%の遅延利息を請求する
    権利を有します。
    (ホ) 投資法人債に関する一般事務受託者の報酬

     a. 本投資法人が第1回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して支払う元利金支払事務に関する元利金支払
    手数料は次のとおりです。なお、本投資法人は、当該元利金支払手数料を元利金の支払日の前銀行営業日に支払いま
    す。
    ① 元金支払の場合 支払元金の10,000分の0.075
    ② 利金支払の場合 残存元金の10,000分の0.075(各利払い毎)
     b. 本投資法人が第1回無担保投資法人債に関する一般事務受託者に対して支払うその他の事務に関する手数料は、
    14,000,000円を上限として、本投資法人及び一般事務受託者間で別途合意した額を、当該投資法人債の払込日に、払込
    金から手数料及び消費税等を控除した金額を一般事務受託者から受領することにより、支払済みです。
    ④ 会計監査人の報酬(規約第27条)

     会計監査人の報酬は、監査の対象となる決算期毎に2,000万円を上限とし、役員会で決定する金額を、当該決算期後3
    か月以内に支払います。
    (注)  本投資法人は、投信法第115条の6第7項に基づき、会計監査人の投信法第115条の6第1項の賠償責任について、当該会計監査人が職務を行う
      につき善意でかつ重大な過失がない場合において、責任の原因となった事実の内容、当該会計監査人の職務の執行の状況その他の事情を勘
      案して特に必要と認めるときは、法令に定める限度において役員会の決議によって免除することができる旨を定めています(規約第28
      条)。
    ⑤ 手数料等の金額又は料率についての投資者による照会方法

     上記手数料等については、以下の照会先までお問い合わせください。
      (照会先)
      伊藤忠リート・マネジメント株式会社
      東京都千代田区麹町三丁目6番地5
      電話番号 0120-300780
                                 67/184








                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (4)【その他の手数料等】
     本投資法人は、以下の費用について負担するものとします。
     ① 運用資産に関する公租公課、一般事務受託者、資産運用会社及び資産保管会社が本投資法人から委託を受けた業
       務又は事務を処理するために要した諸費用又は一般事務受託者、資産運用会社及び資産保管会社が立て替えた立
       替金の利息若しくは損害金
     ② 投資口、新投資口予約権又は投資法人債の発行並びに上場及び上場維持に関する費用(券面の作成、印刷及び交
       付に係る費用、引受証券会社への手数料を含みます。)
     ③ 有価証券届出書、有価証券報告書及び臨時報告書その他の法定開示書類の作成、印刷及び提出に係る費用
     ④ 目論見書及び仮目論見書の作成、印刷及び交付に係る費用
     ⑤ 法令等に定める財務諸表、資産運用報告等の作成、印刷及び交付に係る費用(これを監督官庁に提出する場合の
       提出費用を含みます。)
     ⑥ 本投資法人の公告に要する費用及び広告宣伝及びIR活動等に要する費用
     ⑦ 専門家等に対する報酬又は費用(本投資法人の法律顧問、税務顧問及び司法書士等に対する各報酬及び各費用、
       鑑定評価及び資産精査等の費用を含みます。)
     ⑧ 投資主総会及び役員会開催に係る費用及び公告に係る費用並びに投資主に対して送付する書面の作成、印刷及び
       交付に係る費用
     ⑨ 執行役員、監督役員に係る実費、保険料及び立替金等
     ⑩ 運用資産の取得、管理、運営、処分等に係る費用(仲介手数料、媒介手数料、管理委託費用、損害保険料、維
       持・修繕費用、水道光熱費等を含みます。)
     ⑪ 借入金及び投資法人債に係る利息
     ⑫ 本投資法人の運営に要する費用
     ⑬ その他前記①から⑫までに類する費用で本投資法人が負担すべき費用
                                 68/184












                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (5)【課税上の取扱い】
     本書の日付現在、日本の居住者又は日本法人である投資主及び投資法人に関する課税上の一般的な取扱いは下記のと
    おりです。なお、税法等の改正、税務当局等による解釈・運用の変更により、以下の内容は変更されることがありま
    す。また、個々の投資主の固有の事情によっては異なる取扱いが行われることがあります。
    ① 投資主の税務

    (イ) 個人投資主の税務
     a. 配当等の額に係る税務
       個人投資主が投資法人から受け取る金銭の分配のうち、本投資法人の利益及び一時差異等調整引当額の増加額か
      らなる金額(以下、本「(5)             課税上の取扱い」において「配当等の額」といいます。)は、株式の配当と同様に配
      当所得として取り扱われます。したがって、分配金を受け取る際に、原則20%の税率により所得税が源泉徴収された
      後、総合課税の対象となります。ただし、二重課税の調整措置を目的として設けられている配当控除の適用はあり
      ません。上場投資法人である本投資口(以下「本上場投資口」といいます。)の配当等の額(以下「上場株式等の
      配当等」といいます。)については、以下の特例の対象となります。なお、大口個人投資主(発行済投資口総数の
      3%以上を保有)が1回に受け取る配当金額が5万円超(6か月決算換算)の場合には下記にかかわらず、原則どおり
      20%の税率により所得税が源泉徴収され、総合課税による確定申告が要求されます。また、2037年12月31日までの
      間、源泉徴収される配当等の額に係る所得税の額に対して2.1%の税率により復興特別所得税が源泉徴収されます。
       i. 上場株式等の配当等の源泉徴収税率は、原則として20%(所得税15%、住民税5%)となります(復興特別所得
        税が併せて源泉徴収されます。)。
       ii.  上場株式等の配当等の金額にかかわらず、源泉徴収だけで納税手続を終了させる確定申告不要の制度を選択
        できます。
       iii.確定申告を行う場合には、総合課税に代えて、申告分離課税が選択できます。上場株式等の譲渡損失の金額
        がある場合には、一定の要件のもと、申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得等の金額から控除するこ
        とができます。申告分離課税の税率は、20%(所得税15%、住民税5%)となります(復興特別所得税が併せて源
        泉徴収されます。)。
       iv.  上場株式等の配当等は、金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座(源泉徴収を選択した特
        定口座)内に受け入れることを選択できます。
       v. 2014年1月1日から2028年12月31日までの期間、少額投資非課税制度(NISA)に基づき、金融商品取引業者等
        の営業所に開設した非課税口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理勘定に係るもの
        (2014年1月1日から2023年12月31日までの期間における新規投資額で毎年120万円を上限。ただし、2015年分以
        前は100万円を上限。)及び特定非課税管理勘定に係るもの(2024年1月1日から2028年12月31日までの期間にお
        ける新規投資額で毎年102万円を上限。)に係る配当等で、非課税口座に非課税管理勘定及び特定非課税管理勘
        定を設けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払を受けるべきものについては、
        所得税及び住民税が課されません。なお、非課税口座を開設できるのは、その年の1月1日において満20歳以上
        (2023年1月1日以降は満18歳以上)である方に限ります。
       vi.  2016年4月1日から2023年12月31日までの期間、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に基づき、金
        融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理
        勘定に係るもの(新規投資額で毎年80万円を上限。)に係る配当等で、未成年者口座に非課税管理勘定を設け
        た日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に支払を受けるべきものについては、所得税及
        び住民税が課されません。なお、未成年者口座を開設できるのは、その年の1月1日において満20歳未満(2023年
        1月1日以降は満18歳未満)である方又はその年中に出生した方に限ります。
       (注1)   一時差異等調整引当額は、利益を超える金銭の分配で、投資法人の計算に関する規則(平成18年内閣府令第47号。その後の改正を
         含みます。以下「投資法人計算規則」といいます。)第2条第2項第30号に定義される金額をいいます。
       (注2)   非課税口座で買い付けた上場株式の配当金等を非課税とするためには、証券会社等で分配金等を受け取る「株式数比例配分方式」
         を選択する必要があります。「配当金領収証方式」や「登録配当金受領口座方式」等を選択される場合には、非課税口座で買い付
         けた上場株式の配当金等は非課税とならず20%(復興特別所得税を含めると20.315%)にて課税されることになります。
       (注3)   2018年1月1日から2042年12月31日までの間、非課税累積投資契約に係る非課税措置(通称つみたてNISA)に基づき、証券会社等の
         金融商品取引業者等に開設した非課税口座において設定した累積投資勘定に管理されている一定の公募等株式投資信託(新規投資
         額で毎年40万円を上限。)に係る配当等で、その非課税口座に累積投資勘定を設けた年の1月1日から20年内に支払を受けるべきも
         のについても、所得税及び住民税が課されないこととされています。しかし、本投資口自体はつみたてNISAの対象となる一定の公
         募等株式投資信託には該当しないこととされています。
       (注4)   非課税口座に設けられる勘定は、毎年、非課税管理勘定(NISA)又は累積投資勘定(つみたてNISA)のいずれかに限ります。
     b. 出資等減少分配に係る税務

                                 69/184

                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       個人投資主が本投資法人から受け取る利益を超えた金銭の分配(分割型分割及び株式分配並びに組織変更による
      事由を除きます。)のうち、一時差異等調整引当額の増加額以外のもの(以下、本「(5)                                         課税上の取扱い」におい
      て 「出資等減少分配」といいます。)は、出資総額等の減少額として取り扱われ、この金額のうち本投資法人の税
      務上の資本金等の額に相当する金額を超える金額がある場合には、みなし配当(注1)として前記「a.                                              配当等の額に
      係る税務」における配当等の額と同様の課税関係が適用されます。また、出資等減少分配額のうちみなし配当以外
      の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額(注2)として取り扱われます。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価
      (注3)を算定し、投資口の譲渡損益の額(注4)を計算します。この譲渡損益の取扱いは、後記「c.                                            投資口の譲渡に係
      る税務」の場合と同様になります。
       (注1)   みなし配当の金額は、次のように計算されます。なお、この金額は、本投資法人からお知らせします。
          みなし配当の金額       = 出資等減少分配額       - 投資主の所有投資口に相当する投資法人の資本金等の額
       (注2)   投資口の譲渡に係る収入金額は、以下のとおり算定されます。
          投資口の譲渡に係る収入金額            = 出資等減少分配額       - みなし配当金額(注1)
       (注3)   投資主の譲渡原価は、次の算式により計算されます。
                                 投資法人の出資等減少分配による出資総額等
                                 の減少額
          投資主の譲渡原価       = 出資等減少分配直前の取得価額            ×
                                 税務上の投資法人の前々期末の簿価純資産価額
         ※上記分数式の分母の金額は、前々期末からの出資等減少分配の直前までの間に税務上の資本金等の額が増加又は減少した場合
          には、その増加額を加算した金額又は減少額を控除した金額となります。
         ※上記分数式の割合は、小数第3位未満の端数がある時は切り上げとなります。この割合に関しては、本投資法人からお知らせし
          ます。
       (注4)   投資口の譲渡損益の額は、次のように計算されます。
          投資口の譲渡損益の額         = 譲渡に係る収入金額(注2)          - 譲渡原価の額(注3)
     c. 投資口の譲渡に係る税務

       個人投資主が本上場投資口を譲渡した際の譲渡益の取扱いについては、株式を譲渡した場合と同様に、株式等の
      譲渡所得等として申告分離課税の対象となり、原則20%(所得税15%、住民税5%)の税率により課税されます。譲渡
      損が生じた場合は、他の上場株式等の譲渡所得等との相殺は認められますが、一般株式等(上場株式等以外の株式
      等をいいます。)に係る譲渡所得等の金額との相殺は認められません。また、株式等の譲渡所得等の合計額が損失
      となった場合には、その損失は他の所得と相殺することはできません。ただし、本上場投資口を、金融商品取引業
      者等を通じて譲渡等した場合は、以下の特例の対象となります。なお、2037年12月31日までの各年分の株式等に係
      る譲渡所得等に課される所得税の額に対して、2.1%の税率により復興特別所得税が課されます。
       i. その年分の上場株式等に係る譲渡損失の金額があるとき、又はその年の前年以前3年内の各年に生じた上場株
        式等に係る譲渡損失の金額(前年以前に既に控除したものを除きます。)があるときは、これらの損失の金額
        を上場株式等に係る配当所得等の金額(上場株式等に係る利子所得の金額及び配当所得の金額で申告分離課税
        を選択したものに限ります。)から控除することができます。
       ii.  上場株式等の譲渡等により生じた譲渡損失のうちその譲渡日の属する年分の上場株式等に係る譲渡所得等の
        金額の計算上控除しきれない金額(前記i.の適用を受けている場合には適用後の金額)は、一定の要件のもと
        で、その年の翌年以後3年内の各年分の上場株式等に係る譲渡所得等の金額からの繰越控除が認められます。こ
        の規定の適用を受ける場合は、譲渡損失が生じた年以降、連続して確定申告書及び譲渡損失の金額の計算に関
        する明細書等の提出が必要です。
       iii.金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座内において譲渡等をした場合の所得に関しては、
        源泉徴収だけで納税手続を終了させる申告不要の選択が認められます。源泉徴収税率は、20%(所得税15%、住
        民税5%)となります(2037年12月31日までの間の譲渡等については、復興特別所得税が併せて源泉徴収されま
        す。)。
       iv.  金融商品取引業者等における特定口座の源泉徴収選択口座内に上場株式等の配当等を受け入れることを選択
        した場合において、その年中にその源泉徴収口座内における上場株式等の譲渡損失の金額があるときは、その
        年中に受け入れた源泉徴収選択口座内における上場株式等の配当等の額の総額からその譲渡損失の金額を控除
        した金額に対して源泉徴収税率を適用して所得税の計算が行われます。
                                 70/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       v. 2014年1月1日から2028年12月31日までの期間、少額投資非課税制度(NISA)に基づき、金融商品取引業者等
        の営業所に開設した非課税口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理勘定に係るもの
        (2014年1月1日から2023年12月31日までの期間における新規投資額で毎年120万円を上限。ただし、2015年分以
        前は100万円を上限。)及び特定非課税管理勘定に係るもの                            (2024年1月1日から2028年12月31日までの期間にお
        ける新規投資額で毎年102万円を上限。)について、非課税口座に非課税管理勘定及び特定非課税管理勘定を設
        けた日から同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品取引業者等への売委託による方
        法等により上場株式等を譲渡した場合には、その譲渡所得等については、所得税及び住民税が課されません。
        なお、非課税口座を開設できるのは、その年の1月1日において満20歳以上(2023年1月1日以降は満18歳以上)で
        ある方に限ります。
       vi.  2016年4月1日から2023年12月31日までの期間、未成年者少額投資非課税制度(ジュニアNISA)に基づき、金
        融商品取引業者等の営業所に開設した未成年者口座内において管理されている上場株式等のうち、非課税管理
        勘定に係るもの(新規投資額で毎年80万円を上限。)について、未成年者口座に非課税管理勘定を設けた日か
        ら同日の属する年の1月1日以後5年を経過する日までの間に、金融商品取引業者等への売委託による方法等によ
        り上場株式等を譲渡した場合には、その譲渡所得等については、所得税及び住民税が課されません。なお、未
        成年者口座を開設できるのは、その年の1月1日において満20歳未満(2023年1月1日以降は満18歳未満)である方
        又はその年中に出生した方に限ります。
       (注1)   2016年1月1日以降、株式等は上場株式等(金融商品取引所に上場されている株式等や国債、地方債、公募公社債等をいいま
         す。)と一般株式等(上場株式等以外の株式等をいいます。)に区分され、株式等を譲渡した場合はそれぞれ別々の申告分離課
         税制度となりました。
       (注2)   本c.v.における非課税口座及び本c.vi.における未成年者口座で譲渡損失が生じても、本c.i.の配当所得の金額からの控除及び本
         c.iv.の配当等の額からの控除、並びに本c.ii.の譲渡損失の繰越控除は適用できません。
       (注3)   2018年1月1日から2042年12月31日までの間、非課税累積投資契約に係る非課税措置(通称つみたてNISA)に基づき、証券会社等
         の金融商品取引業者等に開設した非課税口座において設定した累積投資勘定に管理されている一定の公募等株式投資信託(新規
         投資額で毎年40万円を上限。)に係る配当等で、その非課税口座に累積投資勘定を設けた年の1月1日から20年内に支払を受ける
         べきものについても、所得税及び住民税が課されないこととされています。しかし、本投資口自体はつみたてNISAの対象となる
         一定の公募等株式投資信託には該当しないこととされています。
       (注4)   非課税口座に設けられる勘定は、毎年、非課税管理勘定(NISA)又は累積投資勘定(つみたてNISA)のいずれかに限ります。
    (ロ) 法人投資主の税務

     a. 配当等の額に係る税務
       法人投資主が本投資法人から配当等の額を受け取る際には、株式の配当と同様に取り扱われ、原則20%の税率によ
      り所得税が源泉徴収されます。ただし、本上場投資口の配当等の額は特例の対象となり、源泉徴収税率は15%となり
      ます。この源泉税は、利子配当等に対する所得税として所得税額控除の対象となります。なお、受取配当等の益金
      不算入の規定の適用はありません。また、2037年12月31日までの間、源泉徴収される配当等の額に係る所得税の額
      に対して2.1%の税率により復興特別所得税が源泉徴収されます。源泉徴収された復興特別所得税は、法人税の額か
      ら控除されます。
     b. 出資等減少分配に係る税務

       法人投資主が本投資法人から受け取る出資等減少分配のうち本投資法人の税務上の資本金等の額に相当する金額
      を超える金額がある場合には、みなし配当として前記「a.                           配当等の額に係る税務」における配当等の額と同様の課
      税関係が適用されます。また、出資等減少分配のうちみなし配当以外の金額は、投資口の譲渡に係る収入金額とし
      て取り扱われます。各投資主はこの譲渡収入に対応する譲渡原価を算定し、投資口の譲渡損益の額を計算します。
      この譲渡損益の取扱いは、後記「c.                 投資口の譲渡に係る税務」の場合と同様となります。なお、みなし配当、譲渡
      原価及び譲渡損益の計算方法は個人投資主の場合と同様です。
     c. 投資口の譲渡に係る税務

       法人投資主が投資口を譲渡した際の取扱いについては、有価証券の譲渡として、原則約定日の属する事業年度に
      譲渡損益を計上します。
                                 71/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    ② 投資法人の税務
    (イ) 配当等の額の損金算入要件
      税法上、「投資法人に係る課税の特例規定」により一定の要件を満たした投資法人に対しては、投資法人と投資主
     との間の二重課税を排除するため、配当等の額を損金に算入することが認められています。配当等の額を損金算入す
     るために留意すべき主要な要件(導管性要件)は以下のとおりです。
     a. 配当等の額が租税特別措置法施行令に規定する配当可能利益の額の90%超であること
     b. 他の法人(租税特別措置法施行規則(昭和32年大蔵省令第15号。その後の改正も含みます。)に定める一定の法
       人を除きます。)の株式又は出資(匿名組合に対する出資及びそれを通じた間接的な株式又は出資の保有を含み
       ます。)の50%以上を有していないこと
     c. 租税特別措置法に規定する機関投資家以外の者から借入れを行っていないこと
     d. 事業年度の終了時において、同族会社のうち租税特別措置法施行令に定めるもの(投資法人の投資主の1人及びこ
       れと特殊の関係にある者等が、その投資法人の発行済投資口の総数又は一定の議決権の総数の100分の50を超える
       数を有する場合等における当該投資法人をいいます。)に該当していないこと
     e. 投資口の発行価額の総額のうちに国内において募集される投資口の発行価額の占める割合が50%を超える旨が投資
       法人の規約に記載・記録されていること
     f. 事業年度の終了時において発行済の投資口が50人以上の者又は租税特別措置法に規定する機関投資家のみによっ
       て所有されていること
     g. 特定資産のうち一定の資産の事業年度末の帳簿価額の合計額が、事業年度末において有する総資産の帳簿価額の
       合計額の2分の1超であること
    (ロ) 不動産流通税の軽減措置

     a. 登録免許税
       不動産を取得した際の所有権の移転登記に対しては、原則として登録免許税が課税標準額の2%の税率により課さ
      れますが、売買により取得した土地については、2021年3月31日までは1.5%となります。ただし、規約において、資
      産運用の方針として、本投資法人が取得する特定資産のうち特定不動産(不動産、不動産の賃借権若しくは地上権
      又は不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の合計額が本投
      資法人の有する特定資産の価額の合計額に占める割合を100分の75以上とする旨の記載があること、借入れは金融商
      品取引法に規定する適格機関投資家からのものであること等の要件を満たす投資法人は、取得する不動産に対する
      登録免許税の税率が特例により2021年3月31日までは1.3%に軽減されます。
     b. 不動産取得税

       不動産を取得した際には、原則として不動産取得税が課税標準額の4%の税率により課されますが、住宅及び土地
      の取得については、2021年3月31日までに取得される場合に限り、3%となります。また、宅地及び宅地比準土地につ
      いては、2021年3月31日までに取得した場合には課税標準が2分の1に軽減されます。ただし、規約において、資産運
      用の方針として、本投資法人が取得する特定資産のうち特定不動産(不動産、不動産の賃借権若しくは地上権又は
      不動産の所有権、土地の賃借権若しくは地上権を信託する信託の受益権をいいます。)の価額の合計額が本投資法
      人の有する特定資産の価額の合計額に占める割合を100分の75以上とする旨の記載があること、借入れは地方税法施
      行規則(昭和29年総理府令第23号。その後の改正を含みます。)に規定する適格機関投資家からのものであること
      等の要件を満たす投資法人に対しては、2021年3月31日までに取得する不動産に対しては、特例により不動産取得税
      の課税標準が5分の2に軽減されます。
                                 72/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    5【運用状況】
    (1)【投資状況】
      本投資法人の2020年7月末日現在における投資状況の概要は、以下のとおりです。
                                   第3期               第4期

                                2020年1月31日現在               2020年7月31日現在
              用途
     資産の種類                 エリア
                               保有総額      対総資産比率        保有総額      対総資産比率
             (注1)
                              (百万円)        (%)      (百万円)        (%)
                                (注2)       (注3)       (注2)       (注3)
                   関東エリア・
                                 58,032        94.0      82,941        93.2
                   関西エリア
            物流不動産
                   その他エリア(注4)                -       -       -       -
                   小計              58,032        94.0      82,941        93.2
     信託不動産
                   関東エリア・
                                   -       -       -       -
            その他不動産
                   関西エリア
             (注5)
                   その他エリア      (注4)          -       -       -       -
                   小計                -       -       -       -
    預金・その他の資産                             3,707        6.0      6,013        6.8
    資産総額                             61,739        100.0       88,955        100.0
     (注1)「用途」は、本投資法人の各保有資産について、本投資法人の投資方針において定められる用途の分類に応じて記載しています。以下
       同じです。
     (注2)「保有総額」は、決算日現在の貸借対照表計上額(信託不動産については、減価償却後の帳簿価額の合計額)によっており、百万円未
       満を切り捨てて記載しています。
     (注3)「対総資産比率」は、資産総額に対する当該不動産等の貸借対照表計上額の比率を表しており、小数第2位を四捨五入して記載していま
       す。以下同じです。
     (注4)「その他エリア」とは、関東エリア及び関西エリア以外のエリアをいいます。以下同じです。
     (注5)「その他不動産」とは、物流不動産以外の工場、データセンター、通信施設、研究施設、供給処理施設、再生可能エネルギー関連施設
       等、主として事業活動の拠点又は基盤の用に供され、又は供されることが可能なものをいいます。
     (注6)   金額は切捨て、比率は四捨五入表記のため、各数値の合計は上記表中の合計とは必ずしも一致しません。以下、別段の記載のない限り
       同じです。
                          第3期                     第4期

                       2020年1月31日現在                     2020年7月31日現在
                     金額       対総資産比率(%)              金額       対総資産比率(%)
                    (百万円)           (注2)          (百万円)           (注2)
    負債総額(注1)                    25,672           41.6         38,227           43.0
    純資産総額(注1)                    36,067           58.4         50,728           57.0
    資産総額(注1)                    61,739           100.0          88,955           100.0
     (注1)「負債総額」、「純資産総額」及び「資産総額」は、決算日時点の貸借対照表計上額を記載しています。
     (注2)「対総資産比率」については、小数第2位を四捨五入しています。
                                 73/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (2)【投資資産】
      ①【投資有価証券の主要銘柄】
        本投資法人は、金融商品取引法第2条第2項第1号において有価証券とされる不動産の信託受益権を保有していま
       すが、参照の便宜上、当該信託受益権に係る信託不動産につき、後記                                「③その他投資資産の主要なもの」に含め
       て記載しています。
      ②【投資不動産物件】

        本投資法人が保有する不動産及び不動産信託受益権に係る信託不動産は、後記「③その他投資資産の主要なも
       の」に一括表記しています。
                                 74/184

















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      ③【その他投資資産の主要なもの】
       2020年7月末日現在における本投資法人の保有資産の概要は以下のとおりです。
     (イ)ポートフォリオ一覧

                                                    鑑定NOI
          物件                        投資比率           鑑定評価額
                                        帳簿価額
                             取得価格                       利回り
      用途     番号     物件名称        所在地           (%)          (百万円)
                            (百万円)                        (%)
                                       (百万円)
          (注1)                         (注2)           (注3)
                                                    (注4)
             アイミッションズ          神奈川県
           L-1                    5,300      6.3     5,233      5,850      5.0
             パーク厚木           厚木市
             アイミッションズ           千葉県
           L-2                    6,140      7.3     6,013      6,840      5.1
             パーク柏           柏市
             アイミッションズ           千葉県
           L-3                    12,600      15.0     12,329      13,800       4.9
             パーク野田           野田市
                        茨城県
             アイミッションズ
           L-4             つくば       3,200      3.8     3,114      3,460      5.2
             パーク守谷(注5)
                        みらい市
             アイミッションズ           埼玉県
           L-5                    6,100      7.3     5,994      6,940      5.0
    物流不動産         パーク三郷           三郷市
             アイミッションズ           千葉県
           L-6                    2,600      3.1     2,564      2,850      5.3
             パーク千葉北(注6)           千葉市
             アイミッションズ
                        千葉県
           L-7   パーク印西                 27,810      33.1     27,265      29,800       5.1
                        印西市
             (注6)
                        茨城県
             アイミッションズ
           L-8             つくば        750     0.9      754      849     6.6
             パーク守谷2(注7)
                        みらい市
             アイミッションズ           千葉県
           L-9                    19,600      23.3     19,672      20,600       4.8
             パーク柏2(注8)           柏市
          合計(平均)               -     84,100      100.0     82,941      90,989       5.0
    (注1)   「物件番号」は、各用途に応じて、物件毎に番号を付したものであり、Lは物流不動産を表します。以下同じです。
    (注2)   「投資比率」は、取得価格の合計額に対する各保有資産の取得価格の比率を、小数第2位を四捨五入して記載しています。したがって、各
      物件の投資比率の合計が合計欄と一致しない場合があります。
    (注3)   「鑑定評価額」は、2020年7月末日を価格時点とする各不動産鑑定評価書に記載された評価額を記載しています。なお、保有資産の鑑定評
      価については、株式会社谷澤総合鑑定所、一般財団法人日本不動産研究所及び大和不動産鑑定株式会社に委託しています。
    (注4)   「鑑定NOI利回り」は、取得価格に対する各保有資産の鑑定NOI(アイミッションズパーク柏2については、本投資法人が2020年7月末日現
      在において保有している当該物件の準共有持分割合(70%)に相当する数値)の比率を、小数第2位を四捨五入して記載しています。な
      お、合計(平均)欄には、取得価格に基づく加重平均値を記載しています。
      「鑑定NOI」とは、各不動産鑑定評価書に記載された直接還元法における運営純収益(運営収益から運営費用を控除して得た金額)をい
      い、減価償却費を控除する前の収益です。なお、鑑定NOIは、敷金等の運用益を加算し、資本的支出を控除したNCF(純収益、Net                                                   Cash
      Flow)とは異なります。
    (注5)   アイミッションズパーク守谷に係る鑑定評価額のうち土地に相当する鑑定評価額については、当該物件の不動産鑑定評価書において評価
      対象とされている土地の持分割合(70%)に相当する数値を用いています。
    (注6)   アイミッションズパーク千葉北及びアイミッションズパーク印西に係る取得価格については、本投資法人が各売主から取得した各物件の
      準共有持分に係る取得価格の合計を記載しています。
    (注7)   アイミッションズパーク守谷2に係る鑑定評価額のうち土地に相当する鑑定評価額については、当該物件の不動産鑑定評価書において評価
      対象とされている土地の持分割合(30%)に相当する数値を用いています。
    (注8)   アイミッションズパーク柏2に係る取得価格及び鑑定評価額については、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件
      の準共有持分割合(70%)に相当する数値を記載しています。
                                 75/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ロ)ポートフォリオの概要
                                      賃貸
                      敷地面積        延床面積              賃貸面積      建築時期      築年数
        物件                            可能面積
     用途         物件名称         (㎡)        (㎡)              (㎡)     (竣工日)      (年)
        番号                             (㎡)
                       (注1)       (注1)              (注3)      (注1)     (注4)
                                     (注2)
                                                   A棟
                          A棟       A棟       A棟                 A棟
                                                  2012年
                       4,287.00        3,909.97       4,120.34                   7.9
                                                  9月14日
           アイミッションズ
        L-1                                   20,576.45
           パーク厚木(注5)
                                                   B棟
                          B棟       B棟       B棟                 B棟
                                                  2012年
                       20,665.99       15,387.63       16,456.11                    7.9
                                                  8月30日
           アイミッションズ                                       2015年
        L-2               16,069.19       31,976.44       31,999.12       31,999.12             5.4
           パーク柏                                      3月20日
           アイミッションズ                                       2016年
        L-3               31,281.56       62,750.90       61,278.97       60,956.41             4.5
           パーク野田                                       2月9日
           アイミッションズ                                       2017年
        L-4               20,330.13       18,680.16       18,111.58       18,111.58             3.3
     物流
           パーク守谷(注6)                                      3月31日
    不動産
           アイミッションズ                                       2017年
        L-5               15,110.43       22,506.53       22,664.74       22,664.74             3.0
           パーク三郷                                      7月25日
           アイミッションズ                                       2017年
        L-6               14,447.38        9,841.24      10,478.12       10,478.12             2.7
           パーク千葉北                                      11月30日
           アイミッションズ                                       2018年
        L-7               54,614.91       110,022.51       110,516.00       110,516.00              2.4
           パーク印西                                      2月27日
           アイミッションズ                                       1994年
        L-8               20,330.13        6,779.95       7,043.95       7,043.95            25.6
           パーク守谷2(注6)                                      12月20日
           アイミッションズ
                       58,391.32       117,435.21                    2018年
        L-9   パーク柏2                          81,818.26       81,818.26             1.9
                      (40,873.92)       (82,204.64)                    8月20日
           (注7)    (注8)
                      235,197.91       399,290.54
        合計(平均)(注9)                             364,487.19       364,164.63        -      3.5
                     (217,680.50)       (364,059.97)
    (注1)   「敷地面積」、「延床面積」及び「建築時期(竣工日)」は、登記簿上の記載に基づいて記載しており、現況とは一致しない場合があり
      ます。なお、「延床面積」は主たる建物と附属建物の延床面積の合計について、「建築時期(竣工日)」は附属建物を含まない主たる建
      物について、それぞれ記載しています。
    (注2)   「賃貸可能面積」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約(屋根
      及び駐車場に係る賃貸借契約は除きます。また、パス・スルー型マスターリース契約(エンドテナントからの賃料等を原則としてそのま
      ま受け取る方式でのマスターリース契約をいい、現実に転貸借がなされた場合にのみ、賃料を収受することができます。以下同じで
      す。)が締結されている場合には、エンドテナントとの賃貸借契約とします。以下同じです。)に表示された賃貸面積及び建物図面等に
      基づき賃貸が可能と考えられる空室部分の面積の合計を記載しています。なお、各不動産又は各信託不動産に係る賃貸借契約において
      は、延床面積に含まれない部分が賃貸面積に含まれて表示されている場合があるため、賃貸(可能)面積が延床面積を上回る場合があり
      ます。特に、物流不動産において庇部分が賃貸(可能)面積に含まれる場合、賃貸(可能)面積が延床面積を大幅に上回る場合がありま
      す。以下同じです。
    (注3)   「賃貸面積」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している各賃貸借契約に表示された
      賃貸面積の合計を記載しています。以下同じです。
    (注4)   「築年数」は、各不動産又は各信託不動産の登記簿上の新築の日から2020年7月末日までの築年数を、小数第2位を四捨五入して記載して
      います。以下同じです。なお、合計(平均)欄には、取得価格に基づく加重平均値を記載しており、アイミッションズパーク厚木は、2棟
      の物流不動産(A棟及びB棟)により構成されているため、当該計算上、当該物件については、2棟のうち築年数の古いB棟の築年数を用い
      ています。
    (注5)   アイミッションズパーク厚木は、2棟の物流不動産(A棟及びB棟)により構成されており、敷地面積、延床面積、賃貸可能面積、建築時期
      (竣工日)及び築年数については、各物流不動産に係る数値を記載しています。また、B棟の敷地面積は、B棟の建物の敷地に加え、給油
      所及び緑地としてB棟のテナントに賃貸している土地の面積の合計値を記載しています。
    (注6)   アイミッションズパーク守谷及びアイミッションズパーク守谷2は、同一土地上に所在しているため、各物件の敷地面積とも20,330.13㎡
      となります。
    (注7  ) アイミッションズパーク柏2に係る敷地面積及び延床面積は、括弧内に本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の
      準共有持分割合(70%)に相当する数値を、小数第3位以下を切り捨てて記載しています。
    (注8)   アイミッションズパーク柏2に係る賃貸可能面積及び賃貸面積は、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の準共
      有持分割合(70%)に相当する数値を記載しています。
    (注9)   合計(平均)欄に係る敷地面積及び延床面積は、各物件の準共有持分割合を考慮した合計値を括弧内に記載しています。なお、アイミッ
      ションズパーク守谷及びアイミッションズパーク守谷2は、同一土地上に所在しているため、当該物件の敷地面積である20,330.13㎡を重
      複して計算することはしていません。
                                 76/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ハ)賃貸借の状況
       a.賃貸借の概要
                                          平均      平均
                             年間      敷金・
                     テナント数                     賃貸借     賃貸借   契約    稼働率
        物件                     賃料      保証金
    用途         物件名称         (件)                   契約期間      残存期間       (%)
        番号                    (百万円)      (百万円)
                      (注1)                   (年)      (年)      (注6)
                             (注2)      (注3)
                                          (注4)      (注5)
                         A棟
                          1
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-1                                                100.0
          パーク厚木(注7)                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
                         B棟
                          1
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-2                  1                              100.0
          パーク柏                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
          アイミッションズ
        L-3                  5     776      207      7.2      4.3     99.5
          パーク野田
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-4                  2                              100.0
    物流
          パーク守谷                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
    不動産
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-5                  1                              100.0
          パーク三郷                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-6                  1                              100.0
          パーク千葉北                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-7                  1                              100.0
          パーク印西                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-8                  1                              100.0
          パーク守谷2                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
          アイミッションズ                    非開示      非開示      非開示      非開示
        L-9                  1                              100.0
          パーク柏2(注8)                    (注9)      (注9)      (注9)      (注9)
         合計(平均)                 15     4,835      1,183       8.4      6.1     99.9
    (注1)   「テナント数」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に基づく
      テナント(ただし、パス・スルー型マスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナントとします。以下同じです。)数の合
      計を記載しています。ただし、保有資産につき同一のテナントが複数の賃貸借契約を締結している場合には、当該テナントは1として「テ
      ナント数」を算出しています。
    (注2)   「年間賃料」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規定され
      ている共益費を含む年間賃料(月間賃料のみ定めのある場合には賃貸借契約の規定に従い計算した1年分の賃料)の合計金額を、単位未満
      を切り捨てて記載しています。なお、同日時点のフリーレント及びレントホリデー(特定の月の賃料の支払を免除することをいいま
      す。)は考慮しないものとします。以下同じです。
    (注3)   「敷金・保証金」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規定
      されている敷金・保証金の合計金額を、単位未満を切り捨てて記載しています。
    (注4)   「平均賃貸借契約期間」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約
      に規定された契約期間を、各不動産又は各信託不動産毎に、年間賃料ベースで加重平均して算出しており、小数第2位を四捨五入して記載
      しています。また、合計(平均)欄に記載する平均賃貸借契約期間は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締
      結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規定された契約期間を、ポートフォリオ全体で年間賃料ベースで加重平均して算出してお
      り、小数第2位を四捨五入して記載しています。
    (注5)   「平均賃貸借契約残存期間」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借
      契約について、2020年7月末日から当該契約に規定された賃貸借契約満了日までの期間を、各不動産又は各信託不動産毎に、年間賃料ベー
      スで加重平均して算出しており、小数第2位を四捨五入して記載しています。また、合計(平均)欄に記載する平均賃貸借契約残存期間
      は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規定された契約期間
      を、ポートフォリオ全体で年間賃料ベースで加重平均して算出しており、小数第2位を四捨五入して記載しています。
    (注6)   「稼働率」は、2020年7月末日現在における各保有資産に係る賃貸可能面積に対する賃貸面積が占める割合を、小数第2位を四捨五入して
      記載しています。また、合計(平均)には、各物件の賃貸可能面積の合計に対して各物件の賃貸面積の合計が占める割合を、小数第2位を
      四捨五入して記載しています。ただし、四捨五入した結果が100.0%となる場合においては、小数第2位を切り捨てて99.9%と記載してい
      ます。
       以下、本(ハ)において同じです。
    (注7)   アイミッションズパーク厚木は、2棟の物流不動産(A棟及びB棟)により構成されており、テナント数については、各物流不動産に係る数
      値を記載しています。
    (注8)   アイミッションズパーク柏2に係る年間賃料及び敷金・保証金は、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の準共
      有持分割合(70%)に相当する数値を記載し、又は当該数値を用いて合計値を記載しています。以下同じです。
    (注9)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 77/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      b.    稼働率の推移
                                  稼働率(%)

       物件
                      第1期         第2期         第3期         第4期
    用途        物件名称
       番号
                   自  2018年5月     1日   自  2019年2月     1日  自  2019年8月     1日  自  2020年2月     1日
                   至  2019年1月31日        至  2019年7月31日       至  2020年1月31日       至  2020年7月31日
          アイミッションズ
       L-1                  100.0         100.0         100.0         100.0
          パーク厚木
          アイミッションズ
       L-2                  100.0         100.0         100.0         100.0
          パーク柏
          アイミッションズ
       L-3                  100.0         100.0         100.0          99.5
          パーク野田
          アイミッションズ
       L-4                  100.0         100.0         100.0         100.0
          パーク守谷
    物流     アイミッションズ
       L-5                  100.0         100.0         100.0         100.0
    不動産      パーク三郷
          アイミッションズ
       L-6                  100.0         100.0         100.0         100.0
          パーク千葉北
          アイミッションズ
       L-7                  100.0         100.0         100.0         100.0
          パーク印西
          アイミッションズ
       L-8                    -        100.0         100.0         100.0
          パーク守谷2
          アイミッションズ
       L-9                    -         -         -        100.0
          パーク柏2
        合計(平均)                 100.0         100.0         100.0          99.9
                                 78/184












                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ニ)不動産鑑定評価書の概要
        保有資産について、本投資法人及び本資産運用会社が株式会社谷澤総合鑑定所、一般財団法人日本不動産研究
       所又は大和不動産鑑定株式会社に鑑定評価を委託し作成された各不動産鑑定評価書の概要は以下のとおりです。
       当該不動産鑑定評価書は、一定時点における評価者たる鑑定機関の判断と意見であり、その内容の妥当性、正確
       性及び当該鑑定評価額での取引可能性等を保証するものではありません。なお、株式会社谷澤総合鑑定所、一般
       財団法人日本不動産研究所又は大和不動産鑑定株式会社と本投資法人及び本資産運用会社との間には、特別の利
       害関係はありません。
                                             収益還元法

                                 原価法
                                       直接還元法            DCF法
                             鑑定
        物件                          による
                                                        最終
    用途        物件名称       鑑定機関     価格時点     評価額
                                          還元
        番号                         積算価格
                                     収益価格         収益価格     割引率     還元
                            (百万円)
                                          利回り
                                 (百万円)
                                     (百万円)         (百万円)     (%)    利回り
                                          (%)
                                                       (%)
                                                  1~2年度
                   株式会社
                                                     4.3
          アイミッションズ              2020年
        L-1           谷澤総合          5,850    5,310    5,910     4.4   5,830          4.6
          パーク厚木              7月31日
                                                  3年度以降
                   鑑定所
                                                     4.5
                   一般財団
          アイミッションズ         法人日本     2020年
        L-2                      6,840    5,340    6,890     4.5   6,780      4.2    4.7
          パーク柏         不動産研     7月31日
                   究所
                   株式会社
          アイミッションズ              2020年
        L-3           谷澤総合          13,800    12,600    13,800      4.4   13,800      4.5    4.6
          パーク野田              7月31日
                   鑑定所
                   大和不動
          アイミッションズ              2020年
        L-4           産鑑定株          3,460    3,330    3,470     4.7   3,460      4.5    4.9
          パーク守谷(注1)              7月31日
                   式会社
                   一般財団
    物流      アイミッションズ         法人日本     2020年
        L-5                      6,940    5,240    6,970     4.3   6,900      3.9    4.5
    不動産      パーク三郷         不動産研     7月31日
                   究所
                   一般財団
          アイミッションズ         法人日本     2020年
        L-6                      2,850    2,750    2,870     4.7   2,820      4.3    5.0
          パーク千葉北         不動産研     7月31日
                   究所
                   大和不動
          アイミッションズ              2020年
        L-7           産鑑定株          29,800    20,500    30,000      4.6   29,700      4.4    4.8
          パーク印西              7月31日
                   式会社
                   大和不動
          アイミッションズ              2020年
        L-8           産鑑定株            849    670    843    4.9    852     4.7    5.1
          パーク守谷2(注2)              7月31日
                   式会社
                                                  1~8年度
                   株式会社
                                                     4.3
          アイミッションズ              2020年
        L-9           谷澤総合          20,600    20,500    20,900      4.4   20,400          4.6
          パーク柏2(注3)              7月31日
                                                  9年度以降
                   鑑定所
                                                     4.5
          合計         -      -    90,989    76,240    91,653      -  90,542       -    -
    (注1)   アイミッションズパーク守谷に係る鑑定評価額、原価法による積算価格、直接還元法による収益価格及びDCF法による収益価格のうちそれ
      ぞれ土地に相当する額については、当該物件の不動産鑑定評価書において評価対象とされている土地の持分割合(70%)に相当する数値を
      用いています。
    (注2)   アイミッションズパーク守谷2に係る鑑定評価額、原価法による積算価格、直接還元法による収益価格及びDCF法による収益価格のうちそ
      れぞれ土地に相当する額については、当該物件の不動産鑑定評価書において評価対象とされている土地の持分割合(30%)に相当する数値
      を用いています。
    (注3)   アイミッションズパーク柏2に係る鑑定評価額、原価法による積算価格、直接還元法による収益価格及びDCF法による収益価格について
      は、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の準共有持分割合(70%)に相当する数値を記載しています。
                                 79/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ホ)建物状況調査報告書及び地震リスク評価報告書の概要
        保有資産について、本投資法人及び本資産運用会社からの委託に基づき、東京海上日動リスクコンサルティン
       グ株式会社、株式会社イー・アール・エス又は株式会社ERIソリューションにより行われた建物状況評価の結果作
       成された評価結果に係る報告書(建物状況調査報告書)及び東京海上日動リスクコンサルティング株式会社によ
       り行われた地震リスク分析の結果作成された評価結果に係る報告書(地震リスク評価報告書)の概要は、以下の
       とおりです。当該報告書の内容は、一定時点における調査業者の判断と意見であり、その内容の妥当性及び正確
       性を保証するものではありません。なお、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社、株式会社イー・アー
       ル・エス又は株式会社ERIソリューションと本投資法人及び本資産運用会社との間には、特別の利害関係はありま
       せん。本書の日付現在、保有資産について地震保険は付保する予定はありません。
                          建物状況調査報告書                    地震リスク評価報告書

                                                       PML値
                                緊急・
                                    中長期修繕
       物件
                                                      (予想最大
                               早期修繕
    用途        物件名称
                                     更新費用
       番号
                   調査時点      調査業者      更新費用           調査時点      調査業者
                                                      損失率)
                                     (千円)
                               (千円)
                                                       (%)
                                      (注2)
                                (注1)
                                                       (注3)
                                  A棟     A棟                 A棟
                        東京海上日動                       東京海上日動
                                   -   16,780                   8.9
          アイミッションズ              リスクコンサ                       リスクコンサ
        L-1           2018年5月                       2018年5月
          パーク厚木(注4)              ルティング株                       ルティング株
                                  B棟     B棟                 B棟
                        式会社                       式会社
                                   -   38,881                   8.2
                                               東京海上日動
                        株  式  会  社
          アイミッションズ                                     リスクコンサ
        L-2           2018年5月     イー・アー           -   30,305    2018年5月               5.4
          パーク柏                                     ルティング株
                        ル・エス
                                               式会社
                        東京海上日動                       東京海上日動
          アイミッションズ              リスクコンサ                       リスクコンサ
        L-3           2018年5月                -   135,580    2018年5月               1.8
          パーク野田              ルティング株                       ルティング株
                        式会社                       式会社
                        東京海上日動                       東京海上日動
          アイミッションズ              リスクコンサ                       リスクコンサ
        L-4           2018年5月                -   39,032    2018年5月               5.4
          パーク守谷              ルティング株                       ルティング株
                        式会社                       式会社
                                               東京海上日動
                        株式会社ERI
    物流
          アイミッションズ                                     リスクコンサ
        L-5           2018年5月     ソリューショ           -   62,120    2018年5月               4.4
    不動産
          パーク三郷                                     ルティング株
                        ン
                                               式会社
                                               東京海上日動
                        株式会社ERI
          アイミッションズ                                     リスクコンサ
        L-6           2018年5月     ソリューショ           -   14,860    2018年5月               4.9
          パーク千葉北                                     ルティング株
                        ン
                                               式会社
                        東京海上日動                       東京海上日動
          アイミッションズ              リスクコンサ                       リスクコンサ
        L-7           2018年5月                -   278,710    2018年5月               1.5
          パーク印西              ルティング株                       ルティング株
                        式会社                       式会社
                        東京海上日動                       東京海上日動
          アイミッションズ              リスクコンサ                       リスクコンサ
        L-8           2019年3月                -   117,157    2019年3月               7.3
          パーク守谷2              ルティング株                       ルティング株
                        式会社                       式会社
                        東京海上日動                       東京海上日動
          アイミッションズ              リスクコンサ                       リスクコンサ
        L-9           2019年9月                -   221,459    2019年9月               2.9
          パーク柏2(注5)              ルティング株                       ルティング株
                        式会社                       式会社
     合計/ポートフォリオPML値
                   -     -           -   954,884    -     -          2.7
          (注6)
    (注1)   「緊急・早期修繕更新費用」は、調査時点から起算して緊急及び概ね1年以内に必要とされる修繕更新費用として建物状況調査報告書に記
      載された費用を記載しています。
    (注2)   「中長期修繕更新費用」は、調査時点から起算して今後12年間の予測される修繕更新費用として建物状況調査報告書に記載された費用
      を、単位未満を切り捨てて記載しています。
    (注3)   「PML値(予想最大損失率)」は、調査業者から提供を受けた地震リスク評価報告書に記載された数値を記載しています。
    (注4)   アイミッションズパーク厚木は、2棟の物流不動産(A棟及びB棟)により構成されており、緊急・早期修繕更新費用、中長期修繕更新費用
      及びPML値(予想最大損失率)については、各物流不動産に係る数値を記載しています。
    (注5)   アイミッションズパーク柏2に係る緊急・早期修繕更新費用及び中長期修繕更新費用は、本投資法人が2020年7月末日現在において保有し
      ている当該物件の準共有持分割合(70%)に相当する数値を、単位未満を切り捨てて記載しています。
    (注6)   「ポートフォリオPML値」は、東京海上日動リスクコンサルティング株式会社による2019年11月付地震リスク調査ポートフォリオ解析報告
      書に基づいて保有資産9物件10棟の集合体に対して個別物件と同様にPML値(予想最大損失率)を求めた数値を記載しています。
                                 80/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヘ)設計者、構造計算者、施工者、確認検査機関等
       保有資産に係る設計者、構造計算者、施工者、確認検査機関及び構造計算確認機関は、以下のとおりです。
     物件                                                構造計算

           物件名称          設計者       構造計算者         施工者       確認検査機関
     番号                                                確認機関
                                           ビューローベリ
        アイミッションズ
     L-1              株式会社フジタ        株式会社フジタ        株式会社フジタ        タスジャパン株        -(注2)
        パーク厚木
                                           式会社
                                           ビューローベリ
        アイミッションズ
     L-2              株式会社フジタ        株式会社フジタ        株式会社フジタ        タスジャパン株        -(注2)
        パーク柏
                                           式会社
                   新日鉄住金エン        新日鉄住金エン        新日鉄住金エン
        アイミッションズ                                   日本ERI株式会
     L-3              ジニアリング株        ジニアリング株        ジニアリング株                -(注2)
        パーク野田                                   社
                   式会社        式会社        式会社
                                           ビューローベリ
        アイミッションズ
     L-4              株式会社フジタ        株式会社フジタ        株式会社フジタ        タスジャパン株        -(注2)
        パーク守谷
                                           式会社
        アイミッションズ                                   日本ERI株式会
     L-5              株式会社フジタ        株式会社フジタ        株式会社フジタ                -(注2)
        パーク三郷                                   社
                                           ビューローベリ
        アイミッションズ
     L-6              株式会社フジタ        株式会社フジタ        株式会社フジタ        タスジャパン株        -(注2)
        パーク千葉北
                                           式会社
                   株式会社フク        株式会社フク
                   ダ・アンド・        ダ・アンド・
                                   新日鉄住金エン
        アイミッションズ           パートナーズ        パートナーズ                日本ERI株式会
     L-7                              ジニアリング株                -(注2)
        パーク印西           新日鉄住金エン        新日鉄住金エン                社
                                   式会社
                   ジニアリング株        ジニアリング株
                   式会社(注4)        式会社(注4)
        アイミッションズ           株式会社市川建        株式会社市川建        戸田建設株式会
     L-8                                      茨城県建築主事        茨城県建築主事
        パーク守谷2           築設計事務所        築設計事務所        社
                   株式会社フク        株式会社フク
                   ダ・アンド・        ダ・アンド・
        アイミッションズ                                   日本ERI株式会
     L-9              パートナーズ        パートナーズ        株式会社フジタ                -(注2)
        パーク柏2                                   社
                   株式会社フジタ        株式会社フジタ
                   (注5)        (注5)
    (注1)   設計者、構造計算者、施工者、確認検査機関及び構造計算確認期間の名称は、当時の名称を記載しています。
    (注2)   構造計算適合性判定(注3)を受けているため記載していません。
    (注3)   2007年6月20日施行の改正建築基準法により、同法改正日以降に建築確認申請された建築物で、高度な構造計算を要する一定の高さ以上等
      の建築物について、構造計算適合性判定が義務付けられており、都道府県知事は、構造計算が適正に行われたかどうかを判定することに
      なっています。
    (注4)   アイミッションズパーク印西に係る設計及び構造計算は、基本設計を株式会社フクダ・アンド・パートナーズが行っており、実施設計以
      降を株式会社フクダ・アンド・パートナーズ及び新日鉄住金エンジニアリング株式会社が行っています。
    (注5)   アイミッションズパーク柏2(準共有持分70%)に係る設計及び構造計算は、基本設計を株式会社フクダ・アンド・パートナーズが行って
      おり、実施設計以降を株式会社フクダ・アンド・パートナーズ及び株式会社フジタが行っています。
                                 81/184







                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ト)主要な不動産等の物件の概要
        保有資産のうち、2020年7月末日現在において、年間賃料がポートフォリオ全体の年間賃料総額の10%以上を占
       める不動産等の物件は以下のとおりです。
     物件                                         賃料比率(%)

            物件名称             年間賃料(百万円)
     番号                                           (注1)
        アイミッションズ
     L-7                            非開示(注2)                    非開示(注2)
        パーク印西
        アイミッションズ
     L-9                            非開示(注2)                    非開示(注2)
        パーク柏2
        アイミッションズ
     L-3                                776                   16.1
        パーク野田
           合計                          3,410                    70.5
    (注1)   「賃料比率」は、当該物件の年間賃料のポートフォリオ全体の年間賃料総額に対する比率であり、小数第2位を四捨五入して記載していま
      す。以下同じです。
    (注2)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
    (注3)   上記各物件の賃貸面積及び賃貸可能面積については、前記「(ロ)ポートフォリオの概要」を、テナント数及び稼働率については、前記
      「(ハ)   賃貸借の状況」をご参照ください。
     (チ)主要なテナントの概要

        保有資産のうち、2020年7月末日現在において、賃貸面積がポートフォリオ全体の総賃貸面積の10%以上を占め
       る各テナント(パス・スルー型マスターリース契約が締結されている場合には、エンドテナント)に対する賃貸
       状況は、以下のとおりです。
                                                     面積比率

                               契約期間
               業種                    年間賃料     賃料比率      賃貸面積
     テナント名称                  物件名称                               (%)
               (注1)                     (百万円)      (%)      (㎡)
                               満了日
                                                      (注2)
       非開示        非開示      アイミッションズ          非開示     非開示     非開示
                                              110,516.00          30.3
       (注3)        (注3)       パーク印西         (注3)     (注3)     (注3)
    株式会社日立物流          特別積合せ       アイミッションズ          非開示     非開示     非開示
                                               81,818.26         22.5
       首都圏        貨物輸送        パーク柏2         (注3)     (注3)     (注3)
                                    非開示     非開示
                合計                -              192,334.26          52.8
                                    (注3)     (注3)
    (注1)   「業種」は、株式会社帝国データバンクが公表する業種の区分に従ったテナントの業種を記載しています。
    (注2)   「面積比率」は、各主要なテナントの賃貸面積のポートフォリオ全体の総賃貸面積に対する比率であり、小数第2位を四捨五入して記載し
      ています。したがって、各物件の面積比率の合計が合計欄と一致しない場合があります。
    (注3)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
    (注4)上記各テナントに係る契約更改の方法、敷金・保証金等賃貸借契約の内容については、後記「(ル)保有資産の個別の概要」をご参照く
      ださい。
                                 82/184








                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (リ)保有資産に係る担保提供の状況

        該当事項はありません。
     (ヌ)ポートフォリオ分散の状況

        保有資産に係るポートフォリオ分散の状況は、以下のとおりです。
         a.用途別

                                                  比率(%)

          用途            物件数(件)            取得価格(百万円)
                                                   (注)
        物流不動産                      9           84,100              100.0
        その他不動産                      -              -              -

          合計                     9           84,100              100.0

    (注)  「比率」は、小数第2位を四捨五入して記載しています。以下、本「(ヌ)ポートフォリオ分散の状況」において同じです。
         b.エリア別

                       延床面積(㎡)                    取得価格

       エリア        物件数(件)                   比率(%)                  比率(%)
                          (注)                 (百万円)
    関東エリア・関西
                      9    364,059.97            100.0         84,100          100.0
       エリア
     その他エリア                -         -         -         -         -
       合計              9    364,059.97            100.0         84,100          100.0

     (注)  アイミッションズパーク柏2に係る延床面積は、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の準共有持分割合
       (70%)に相当する数値を用いています。以下、本「(ヌ)ポートフォリオ分散の状況」において同じです。
         c.築年数別

                                           取得価格

       築年数        物件数(件)         延床面積(㎡)          比率(%)                  比率(%)
                                           (百万円)
       1年以内              -         -         -         -         -
     1年超3年以内                3    202,068.39             55.5        50,010          59.5

     3年超7年以内                4    135,914.03             37.3        28,040          33.3

       7年超              2     26,077.55            7.2        6,050          7.2

       合計              9     364,059.97            100.0         84,100          100.0

                                 83/184







                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
         d.規模(延床面積)別
        規模                                    取得価格

               物件数(件)         延床面積(㎡)          比率(%)                  比率(%)
     (延床面積)                                     (百万円)
     30,000㎡以上                4    286,954.49            78.8        66,150          78.7
     10,000㎡以上
                      3     60,484.29            16.6        14,600          17.4
     30,000㎡未満
     10,000㎡未満                2     16,621.19            4.6        3,350          4.0
        合計              9    364,059.97            100.0         84,100          100.0

         e.賃貸借契約期間別

         賃貸借契約期間                 年間賃料(百万円)

                                               比率(%)
            (注1)                  (注2)
           10年以上                           2,116                   43.8
         7年以上10年未満                            1,068                   22.1

         5年以上7年未満                            1,474                   30.5

           5年未満                           175                  3.6

            合計                          4,835                  100.0

    (注1)   「賃貸借契約期間」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規
      定された契約期間をいいます。
    (注2)   アイミッションズパーク柏2に係る年間賃料は、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の準共有持分割合(70%)
      に相当する数値を用いています。以下、本「(ヌ)ポートフォリオ分散の状況」において同じです。
         f.賃貸借契約残存期間別

        賃貸借   契約  残存期間

                           年間賃料(百万円)                     比率(%)
            (注)
           7年以上                          3,020                   62.5
         5年以上7年未満                             108                  2.3

         3年以上5年未満                             854                  17.7

         1年以上3年未満                             468                  9.7

           1年未満                           382                  7.9

            合計                         4,835                  100.0

    (注)  「賃貸借契約残存期間」は、2020年7月末日現在における各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している各賃貸借契約に
      ついて、2020年7月末日から当該契約書に規定された賃貸借契約満了日までの期間をいいます。
                                 84/184






                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ル)保有資産の個別の概要
       保有資産の個別の概要は、以下のとおりです。なお、以下に記載する各物件の「用途」、「特定資産の概要」及
      び「賃貸借の概要」の各欄の記載については、特段の記載がない限り、以下のとおりであり、2020年7月末日現在
      の情報に基づいて記載しています。
       a.「物件番号」の記載について
        ・「物件番号」は、各用途に応じて、物件毎に番号を付したものであり、Lは物流不動産を表します。
       b.「用途」の記載について

        ・「用途」は、本投資法人の各保有資産について、本投資法人の投資方針において定められる用途の分類に応
         じて記載しています。
       c.「特定資産の概要」の記載について

        ・「取得年月日」は、本投資法人の保有資産に係る各売買契約に記載された取得年月日を記載しています。
        ・「取得価格」は、本投資法人の保有資産に係る各売買契約に記載された各保有資産の売買代金を記載してい
         ます。なお、売買代金には、消費税及び地方消費税並びに取得に要する諸費用は含みません。
        ・「信託受益権の概要」の「信託受託者」は、各保有資産について、信託受託者を記載しています。
        ・「信託受益権の概要」の「信託期間満了日」は、信託契約所定の信託期間の満了日を記載しています。
        ・「土地」及び「建物」の「所有形態」は、いずれも本投資法人、信託受託者が保有する権利の種類を記載し
         ています。
        ・「土地」の所在地は、登記簿上の建物所在地(複数ある場合にはそのうちの一所在地)を記載しています。
         また、「土地」の「敷地面積」並びに「建物」の「延床面積」、「建築時期(竣工日)」、「種類」及び
         「構造・階数」は、登記簿上の記載に基づいて記載しており、現況とは一致しない場合があります。なお、
         「建物」の「延床面積」は主たる建物と附属建物の延床面積の合計について、建物の「建築時期(竣工
         日)」、「種類」及び「構造・階数」は附属建物を含まない主たる建物について、それぞれ記載していま
         す。
        ・「土地」の「用途地域」は、都市計画法第8条第1項第1号に掲げる用途地域の種類を記載しています。
        ・「土地」の「建蔽率」は、用途地域等に応じて都市計画で定められる建蔽率の上限値(指定建蔽率)を記載
         しています。指定建蔽率は、防火地域内の耐火建築物であることその他の理由により緩和若しくは割増さ
         れ、又は減少することがあり、実際に適用される建蔽率とは異なる場合があります。
        ・「土地」の「容積率」は、容積率の上限値(指定容積率)を記載しています。指定容積率は、敷地に接続す
         る道路の幅員その他の理由により緩和若しくは割増され、又は減少することがあり、実際に適用される容積
         率とは異なる場合があります。
        ・「プロパティマネジメント会社」は、プロパティマネジメント業務を委託しているプロパティマネジメント
         会社を記載しています。
        ・「マスターリース会社」は、マスターリース契約を締結しているマスターリース会社を記載しています。
        ・「マスターリース種別」は、マスターリース会社との間のマスターリース契約の内容に応じ、エンドテナン
         トからの賃料等を原則としてそのまま受け取る形式のパス・スルー型マスターリースについては「パス・ス
         ルー型」と、エンドテナントからの賃料等の変動にかかわらず一定の賃料を受け取る形式のサブ・リース型
         マスターリースについては「サブ・リース型」と、それぞれ記載しています。なお、保有資産について締結
         されているマスターリース契約は、いずれも「パス・スルー型」です。
        ・「テナント数」は、各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約(屋根
         及び駐車場に係る賃貸借契約は除きます。また、パス・スルー型マスターリース契約が締結されている場合
         には、エンドテナントとの賃貸借契約とします。以下、本「(ル)保有資産の個別の概要」において同じで
         す。)に基づくテナント(ただし、パス・スルー型マスターリース契約が締結されている場合には、エンド
         テナントとします。以下、本「(ル)保有資産の個別の概要」において同じです。)数の合計を記載してい
         ます。ただし、保有資産につき同一のテナントが複数の賃貸借契約を締結している場合には、当該テナント
         は1として「テナント数」を算出しています。
                                 85/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        ・「特記事項」は、2020年7月末日現在における各保有資産の権利関係や利用等で重要と考えられる事項のほ
         か、各保有資産の評価額、収益性及び処分性への影響等を考慮して重要と考えられる事項に関して記載して
         います。
       d.「賃貸借の概要」の記載について

        ・「賃貸借の概要」は、各不動産又は各信託不動産について賃貸可能面積(賃貸借契約に表示された賃貸面積
         及び建物図面等に基づき賃貸が可能と考えられる空室部分の面積の合計をいいます。なお、各不動産又は各
         信託不動産に係る賃貸借契約においては、延床面積に含まれない部分が賃貸面積に含まれて表示されている
         場合があるため、賃貸(可能)面積が延床面積を上回る場合があります。特に、物流不動産において庇部分
         が賃貸(可能)面積に含まれる場合、賃貸(可能)面積が延床面積を大幅に上回る場合があります。以下、
         本「(ル)保有資産の個別の概要」において同じです。)に対する賃貸面積(賃貸借契約に表示された賃貸
         面積の合計をいいます。)の比率が上位の3テナント(同順位のテナントがある場合には、それらのいずれも
         含みます。)及び当該テナントとの賃貸借契約に関する事項を、各賃貸借契約の内容に基づいて記載してい
         ます。
        ・「業種」は、株式会社帝国データバンクが公表する業種の区分に従ったテナントの業種を記載しています。
        ・「賃貸面積」は、各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に表示さ
         れた賃貸面積の合計を記載しています。
        ・「面積比率」は、各不動産又は各信託不動産の賃貸可能面積に対する賃貸面積の比率を、小数第2位を四捨五
         入して記載しています。
        ・「賃貸借契約期間」は、賃貸を開始している賃貸借契約に規定された契約期間を記載しています。当該契約
         期間は、契約書所定の賃貸借開始日から、賃貸借の終了日までの期間であり、本投資法人の取得時点におけ
         る賃貸借契約残存期間とは異なります。なお、各保有資産のテナントの平均賃貸借契約残存期間について
         は、前記「      (ハ)   賃貸借の状況」をご参照ください。
        ・「年間賃料」は、各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規定さ
         れている共益費を含む年間賃料(月間賃料のみ定めのある場合には賃貸借契約の規定に従い計算した1年分の
         賃料)の合計額を、単位未満を切り捨てて記載しています。なお、同日時点のフリーレント及びレントホリ
         デー(特定の月の賃料の支払を免除することをいいます。)は考慮しないものとします。
        ・「敷金・保証金」は、各不動産又は各信託不動産について締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約に規
         定されている敷金・保証金の合計額を、単位未満を切り捨てて記載しています。
        ・「賃貸借形態」、「中途解約」、「賃料改定」及び「契約更改の方法」は、各不動産又は各信託不動産につ
         いて締結され賃貸を開始している、各賃貸借契約の規定に基づいて記載しています。
                                 86/184









                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-1   物件名    アイミッションズパーク厚木              用途     物流不動産
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日                   信託設定日        2014年9月12日
    取得価格              5,300百万円                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         A棟                   延床面積        A棟
                  神奈川県厚木市金田字                           3,909.97㎡
                  新台畑下1463番地3
                  B棟                           B棟
                  神奈川県厚木市金田字                           15,387.63㎡
                  新白鳥1497番地1
         敷地面積         A棟                   建築時期        A棟
                  4,287.00㎡                   (竣工日)        2012年9月14日
                  B棟                           B棟
                  20,665.99㎡(注2)                           2012年8月30日
         用途地域         A棟                   種類        A棟
                  地域指定なし(市街化調整区                           倉庫
                  域)
                  B棟                           B棟
                  地域指定なし(市街化調整区                           倉庫
                  域)
         建蔽率         A棟                   構造・階数        A棟
                  50%(注3)                           鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき
                                             2階建
                  B棟
                  50%(注3)
         容積率         A棟                           B棟
                  100%                           鉄骨造亜鉛メッキ鋼板ぶき
                                             2階建
                  B棟
                  100%
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             A棟
    社              株式会社                           1
                                             B棟
                                             1
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
    株式会社ヒュー        一般貨物自動車                          非開示        非開示        非開示
                     16,456.11㎡         80.0%
    テックノオリン          運送                       (注4)        (注4)        (注4)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、当事者の合意により、賃借人
    が賃貸人に一定額の違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      東邦興産      一般貨物自動車                          非開示        非開示        非開示
                     4,120.34㎡         20.0%
      株式会社         運送                       (注4)        (注4)        (注4)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、当事者の合意により、賃借人
    が賃貸人に一定額の違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、引渡日から5年経過後は、一定の場合、当事者間の合意により
    賃料を増額することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   本投資法人は2棟の物流不動産(A棟及びB棟)により構成されており、土地及び建物の各項目の一部については、各物流不動産に係る情報
      を記載しています。
    (注2)   B棟の敷地面積は、B棟の建物の敷地に加え、給油所及び緑地としてB棟のテナントに賃貸している土地の面積の合計値を記載しています。
    (注3)   指定建蔽率は50%ですが、実際に適用される建蔽率は60%となっています。
    (注4)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 87/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-2   物件名    アイミッションズパーク柏              用途     物流不動産
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日                   信託設定日        2016年4月28日
    取得価格              6,140百万円                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         千葉県柏市鷲野谷字宮後原                   延床面積        31,976.44㎡
                  1027番地23
         敷地面積         16,069.19㎡                   建築時期        2015年3月20日
                                     (竣工日)
         用途地域         工業専用地域                   種類        倉庫
         建蔽率         60%(注1)                   構造・階数        鉄骨・鉄筋コンクリート造
                                             合金メッキ鋼板ぶき
         容積率         200%
                                             3階建
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             1
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
     株式会社日立       特別積合せ貨物                          非開示        非開示        非開示
                     31,999.12㎡         100.0%
     物流首都圏         輸送                       (注2)        (注2)        (注2)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の
    違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    上記にかかわらず、賃借人は、賃貸借期間開始日から2年6か月が経過する日までに賃貸人に書面にて通知することによ
    り、賃貸借期間開始日から3年が経過した日をもって本契約を解約することができ、この場合、賃借人は違約金の支払
    を要しないものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   指定建蔽率は60%ですが、実際に適用される建蔽率は70%となっています。
    (注2)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 88/184










                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-3    物件名    アイミッションズパーク野田                用途    物流不動産
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日                   信託設定日        2016年2月29日
    取得価格              12,600百万円                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         千葉県野田市泉二丁目1番地1                   延床面積        62,750.90㎡
         敷地面積         31,281.56㎡                   建築時期        2016年2月9日
                                     (竣工日)
         用途地域         工業専用地域                   種類        倉庫
         建蔽率         60%(注1)                   構造・階数        鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき
                                             4階建
         容積率         200%
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             5
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      株式会社                                非開示        非開示        非開示
             男子服卸       18,566.17㎡         30.3%
     エドウイン                                 (注2)        (注2)        (注2)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:賃借人は、以下の内容に従い、本契約を解約することができるものとされています。
    ①賃貸借期間開始日より5年経過するまでに、賃貸人に一定額の違約金を支払うことで解約すること
    ②賃貸借期間開始日より5年経過した後は、希望する解約日の1年前までに賃貸人に書面にて通知すること
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      新柏倉庫                                非開示        非開示        非開示
             普通倉庫業        14,807.33㎡         24.2%
      株式会社                                (注2)        (注2)        (注2)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の
    違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      篠崎運輸      一般貨物自動車                          非開示        非開示        非開示
                     13,014.24㎡         21.2%
      株式会社         運送                       (注2)        (注2)        (注2)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の
    違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   指定建蔽率は60%ですが、実際に適用される建蔽率は70%となっています。
    (注2)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 89/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-4   物件名    アイミッションズパーク守谷              用途     物流不動産
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日                   信託設定日        2015年10月30日
    取得価格              3,200百万円                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         茨城県つくばみらい市絹の台                   延床面積        18,680.16㎡
                  四丁目4番地
         敷地面積         20,330.13㎡(注1)                   建築時期        2017年3月31日
                                     (竣工日)
         用途地域         準工業地域                   種類        倉庫
         建蔽率         50%(注2)                   構造・階数        鉄骨・鉄筋コンクリート造
                                             合金メッキ鋼板ぶき
         容積率         150%
                                             3階建
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             2
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      非開示        非開示        非開示        非開示        非開示        非開示        非開示
      (注3)        (注3)        (注3)        (注3)        (注3)        (注3)        (注3)
    賃貸借形態:非開示(注3)
    中途解約:非開示(注3)
    賃料改定:非開示(注3)
    期間満了時の更新:非開示(注3)
     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
    TSネットワー                  非開示        非開示        非開示        非開示        非開示
             たばこ卸
     ク株式会社                 (注3)        (注3)        (注3)        (注3)        (注3)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の
    違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は、賃借人と協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   アイミッションズパーク守谷及びアイミッションズパーク守谷2は、同一土地上に所在しているため、各物件の敷地面積とも20,330.13㎡
      となります。
    (注2)   指定建蔽率は50%ですが、実際に適用される建蔽率は60%となっています。
    (注3)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 90/184








                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-5   物件名    アイミッションズパーク三郷              用途     物流不動産
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日                   信託設定日        2017年9月15日
    取得価格              6,100百万円                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         埼玉県三郷市栄四丁目72番地                   延床面積        22,506.53㎡
                  1
         敷地面積         15,110.43㎡                   建築時期        2017年7月25日
                                     (竣工日)
         用途地域         地域指定なし(市街化調整区                   種類        倉庫
                  域)
         建蔽率         60%(注1)                   構造・階数        鉄筋コンクリート・鉄骨造
                                             亜鉛メッキ鋼板ぶき
         容積率         200%
                                             3階建
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             1
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
    株式会社イー・                                 非開示        非開示        非開示
              梱包業       22,664.74㎡         100.0%
      ロジット                                (注2)        (注2)        (注2)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の
    違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は賃借人と協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   指定建蔽率は60%ですが、実際に適用される建蔽率は70%となっています。
    (注2)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 91/184










                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-6   物件名    アイミッションズパーク千葉              用途     物流不動産
                  北
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日                   信託設定日        2017年3月2日
    取得価格              2,600百万円(注1)                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         千葉県千葉市若葉区若松町                   延床面積        9,841.24㎡
                  439番地120
         敷地面積         14,447.38㎡                   建築時期        2017年11月30日
                                     (竣工日)
         用途地域         地域指定なし(市街化調整区                   種類        倉庫
                  域)
         建蔽率         60%                   構造・階数        鉄筋コンクリート・鉄骨造
                                             合金メッキ鋼板ぶき
         容積率         200%
                                             2階建
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             1
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:
    敷地内車路及び駐車場の一部に係る計画幅員18mの都市計画道路の事業認可がされています。事業実施時期は未定で
    す。
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      株式会社      その他の食料飲                          非開示        非開示        非開示
                     10,478.12㎡         100.0%
     日本アクセス          料卸                       (注2)        (注2)        (注2)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、当事者の合意により、賃借人
    が賃貸人に一定額の違約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   取得価格については、本投資法人が各売主から取得した準共有持分に係る取得価格の合計を記載しています。
    (注2)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 92/184










                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-7   物件名    アイミッションズパーク印西              用途     物流不動産
                            特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2018年9月7日(注1)                   信託設定日        2013年2月15日
    取得価格              27,810百万円(注2)                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         千葉県印西市松崎台                   延床面積        110,022.51㎡
                  二丁目4番地3
         敷地面積         54,614.91㎡                   建築時期        2018年2月27日
                                     (竣工日)
         用途地域         工業地域                   種類        倉庫
         建蔽率         60%(注3)                   構造・階数        鉄骨造合金メッキ鋼板ぶき
                                             5階建
         容積率         200%
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             1
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      非開示        非開示                        非開示        非開示        非開示
                    110,516.00㎡         100.0%
      (注4)        (注4)                        (注4)        (注4)        (注4)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸借契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の
    違約金(新賃借人を紹介し、本契約と同等かつ賃貸人が合理的に容認できる条件の新賃貸借契約を締結させた場合は、
    同契約期間中の賃料合計額は控除されます。)を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   本投資法人は、2018年9月7日に準共有持分65%を取得し、2019年4月1日に準共有持分15%を追加取得し、2020年4月1日に準共有持分20%を追
      加取得していますが、取得年月日には本物件の当初の取得年月日を記載しています。
    (注2)   取得価格については、本投資法人が各売主から取得した準共有持分に係る取得価格の合計を記載しています。
    (注3)   指定建蔽率は60%ですが、実際に適用される建蔽率は70%となっています。
    (注4)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 93/184











                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-8   物件名    アイミッションズパーク守谷              用途     物流不動産
                  2
                           特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                                権の概要
    取得年月日              2019年4月1日                   信託設定日        2018年5月18日
    取得価格              750百万円                   信託期間満了日        2028年9月30日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         茨城県つくばみらい市絹の台                   延床面積        6,779.95㎡
                  四丁目4番地
         敷地面積         20,330.13㎡(注1)                   建築時期        1994年12月20日
                                     (竣工日)
         用途地域         準工業地域                   種類        倉庫
         建蔽率         50%(注2)                   構造・階数        鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺4階
                                             建
         容積率         150%
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             1
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:特になし
                            賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
    丸紅ロジスティ        他運輸付帯サー                          非開示        非開示        非開示
                     7,043.95㎡         100.0%
     クス株式会社          ビス                       (注3)        (注3)        (注3)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の違
    約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は賃借人と協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)   アイミッションズパーク守谷及びアイミッションズパーク守谷2は、同一土地上に所在しているため、各物件の敷地面積とも20,330.13㎡
      となります。
    (注2)   指定建蔽率は50%ですが、実際に適用される建蔽率は60%となっています。
    (注3)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 94/184









                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    物件番号      L-9   物件名    アイミッションズパーク柏2              用途     物流不動産
                           特定資産の概要
    特定資産の種類              不動産信託受益権(準共有持              信託受益     信託受託者        三井住友信託銀行株式会社
                  分70%)              権の概要
    取得年月日              2020年2月3日                   信託設定日        2017年1月31日
    取得価格              19,600百万円(注1)                   信託期間満了日        2030年2月28日
    土地     所有形態         所有権              建物     所有形態        所有権
         所在地         千葉県柏市新十余二7番地1                   延床面積        117,435.21㎡(82,204.64㎡)
                                             (注2)
         敷地面積         58,391.32㎡(40,873.92㎡)                   建築時期        2018年8月20日
                  (注2)                   (竣工日)
         用途地域         工業専用地域                   種類        倉庫
         建蔽率         60%(注3)                   構造・階数        鉄筋コンクリート・鉄骨造合
                                             金メッキ鋼板ぶき6階建
         容積率         200%
    プロパティマネジメント会              伊藤忠アーバンコミュニティ              テナント数             1
    社              株式会社
    マスターリース会社              伊藤忠アーバンコミュニティ              マスターリース種別             パス・スルー型
                  株式会社
    特記事項:
    ・本投資法人は、本物件についての不動産信託受益権の準共有者である合同会社柏2プロパティーズらとの間で受益者
     間協定書を締結しており、当該協定書において、以下の事項を合意しています。
     ① 準共有者は、信託契約の終了その他の事由により本物件が準共有者に現物交付される場合には、信託契約終了日
       から5年間、本物件の分割を請求しません。
     ② 各準共有者は、各自の有する受益権準共有持分の一部のみを譲渡することはできません。
     ③ 各準共有者は、原則として、他の準共有者の事前の書面による承諾を得た場合に限り、自己の保有する受益権準
       共有持分について担保権を設定し、又は第三者に譲渡することができ、また、各準共有者が本物件の共有持分を
       将来現物で返還を受けることを停止条件として抵当権を設定する等当該準共有持分の処分を行う場合には、あら
       かじめ、他の準共有者の事前の書面による承諾を得た上で行うものとします。ただし、各準共有者は、これらの
       他の準共有者の事前の書面による承諾を得る前に、後記④及び⑤に従った行為を行うものとします。
     ④ 各準共有者は、受益権準共有持分を譲渡しようとする場合又は信託受託者に対して自らの保有する受益権準共有
       持分に対応する本物件の共有持分の譲渡に関する指図を行おうとする場合(これらの準共有持分を、以下「本件
       準共有持分」といいます。)には、あらかじめ他の準共有者に優先交渉権を付与します。
     ⑤ 各準共有者は、前記④の優先交渉の結果他の準共有者との間で本件準共有持分の譲渡について合意に至らず、優
       先交渉期間が経過した後、第三者との間で本件準共有持分の譲渡について合意した場合には、他の準共有者に対
       して譲渡予定価格を通知します。この場合において、他の準共有者は、自らが当該譲渡予定価格で本件準共有持
       分を譲り受けることができる優先購入権を有します。
     ⑥ 各準共有者(以下「被違反当事者」といいます。)は、他の準共有者(以下「違反当事者」といいます。)にお
       いて信託契約に規定する解除事由が発生した場合で信託受託者からかかる旨の通知を受けた場合、又は違反当事
       者(本投資法人の場合は本資産運用会社を含み、合同会社柏2プロパティーズの場合はそのアセットマネジメン
       ト会社を含みます。)が本協定書に違反し、相当期間の催告にもかかわらず治癒されない場合、違反当事者に対
       して、被違反当事者が希望する価格で違反当事者の有する受益権準共有持分を被違反当事者に譲り渡すよう請求
       することができます。この場合において、違反当事者は、当該価格でその受益権準共有持分を被違反当事者に売
       り渡すか、又は被違反当事者の有する受益権準共有持分を当該価格と同水準の当該受益権準共有持分割合相当額
       で買い取る旨を被違反当事者に回答する義務を負います。この場合、被違反当事者は、当初希望価格により違反
       当事者の受益権準共有持分を買い取るか、当該価格に基づく算定価格で被違反当事者の有する受益権準共有持分
       を違反当事者に譲り渡す義務を負います。
    ・本物件の一部には、土壌汚染(テトラクロロエチレン等の基準値超過)が確認されており、土壌汚染対策法第11条
     第1項に定める形質変更時要届出区域に指定されています。本投資法人は、東京海上日動リスクコンサルティング株
     式会社に対して土壌汚染調査を委託しており、「人為的原因による土壌汚染は存在するが、対象地は全面がアス
     ファルト等によって被覆されており、地下水の飲用もないことから、健康被害リスクは低いと評価する。」旨の意
     見を得ています。
    賃貸借の概要

     テナント名         業種       賃貸面積        面積比率      賃貸借契約期間         年間賃料       敷金・保証金
      株式会社      特別積合せ貨物         81,818.26㎡                 非開示        非開示        非開示
                              100.0%
    日立物流首都圏          輸送       (注2)                (注4)        (注4)        (注4)
    賃貸借形態:定期建物賃貸借契約
    中途解約:原則として賃貸契約期間中に本契約を解約することはできません。ただし、賃借人は、賃貸人に一定額の違
    約金を支払うことで解約することができるものとされています。
    賃料改定:賃料は改定することができません。ただし、経済情勢、公租公課等に著しい変動があった場合には、賃貸人
    は賃借人と協議の上、賃料の額を変更することができるものとされています。
    契約更改の方法:定期建物賃貸借契約のため、該当事項はありません。
    (注1)取得価格については、2020年7月末日現在において、本投資法人が保有している準共有持分に係る取得価格を記載しています。
    (注2)   本投資法人は、2020年7月末日現在において、不動産信託受益権の準共有持分のうち70%を保有していますが、敷地面積及び延床面積につ
      いては、括弧内に本投資法人が当該時点において保有している当該物件の準共有持分割合(70%)に相当する数値を、小数第3位以下を切
                                 95/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      り捨てて記載しています。また、賃貸面積については、本投資法人が2020年7月末日現在において保有している当該物件の準共有持分割合
      (70%)に相当する数値を記載しています。
    (注3)   指定建蔽率は50%ですが、実際に適用される建蔽率は70%となっています。
    (注4)   テナントから開示の承諾が得られていないため、非開示としています。
                                 96/184



















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     (ヲ)資本的支出の状況
         a.資本的支出の予定
          本投資法人が保有する不動産及び不動産信託受益権に係る信託不動産に関し、現在計画されている改修等
         に伴う資本的支出の予定額のうち、主要なものは以下のとおりです。なお、工事予定金額には、会計上の費
         用に区分される部分が含まれています。
                                           工事予定金額(百万円)
       不動産等の名称
                      目的          予定期間
        (所在地)
                                                当期      既支払
                                         総額
                                               支払額       総額
    アイミッションズパーク
                              自 2021年2月
    野田              1・2F区画LED化工事                          15       -       -
                              至 2021年6月
    (千葉県野田市)
    アイミッションズパーク
                  B棟垂直搬送機蓄電池            自 2020年12月
    厚木                                        2      -       -
                  交換工事            至 2020年12月
    (神奈川県厚木市)
    アイミッションズパーク
                  事務所サッシ廻りシー            自 2020年10月
    守谷2                                        1      -       -
                  リング工事            至 2020年10月
    (茨城県つくばみらい市)
         b.期中の資本的支出

          本投資法人が保有している不動産等に関して、当期中に行った資本的支出に該当する主要な工事の概要は
         以下のとおりです。当期の資本的支出は13百万円であり、この他当期営業費用に区分された修繕費8百万円
         があります。
        不動産等の名称

                           目的             実施期間        支払金額(百万円)
         (所在地)
    アイミッションズパーク野田

                         LED更新工事              2020年3月                  6
    (千葉県野田市)
    アイミッションズパーク守谷2
                        自火報設備更新工事                2020年7月                  3
    (茨城県つくばみらい市)
    アイミッションズパーク守谷2
                        屋上屋根防水工事                2020年5月                  2
    (茨城県つくばみらい市)
    その他                       -              -                0

    合計                                                     13

         c.長期修繕計画等のために積立てた金銭

          本投資法人は物件毎に策定している中長期修繕計画に基づき、減価償却費等の余剰キャッシュ・フロー
         (利益の内部留保に伴うものを含みます。)の中から大規模な修繕等に充当するため、以下のとおり金銭の
         積立てを行っています。
                                                  (単位:百万円)
                     第1期          第2期          第3期          第4期
                  自 2018年5月       1日   自 2019年2月       1日   自 2019年8月       1日   自 2020年2月       1日
         営業期間
                  至 2019年1月31日          至 2019年7月31日          至 2020年1月31日          至 2020年7月31日
    当期首積立金残高                      -          12          40          71
    当期積立額                      12          28          30          37
    当期積立金取崩額                      -          -          -          -
    次期繰越額                      12          40          71          108
                                 97/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (3)【運用実績】
     ①【純資産等の推移】
      下記期末日における本投資法人の総資産額、純資産総額及び1口当たり純資産額は、以下のとおりです。なお、総
     資産額、純資産総額及び1口当たり純資産額について、期中では正確に把握できないため、各月末における推移は記
     載していません。
                     総資産額(百万円)             純資産総額(百万円)              1口当たり純資産額
          年月日
                      (注1、2、3)             (注1、2、3)             (円)(注2、3)
          第1期末                 59,378             36,018             100,852
       (2019年1月31日)                   (58,760)             (35,401)             (99,123)
          第2期末                 62,220             36,133             101,174
       (2019年7月31日)                   (61,395)             (35,308)             (98,863)
          第3期末                 61,739             36,067             100,989
       (2020年1月31日)                   (60,884)             (35,212)             (98,594)
          第4期末                 88,955             50,728             104,378
       (2020年7月31日)                   (87,776)             (49,549)             (101,953)
     (注1)「総資産額」及び「純資産総額」は、各計算期間末日時点の貸借対照表計上額を記載しています。
     (注2)金額は表示単位未満を切り捨てて記載しています。
     (注3)各計算期間末に分配を行った後の分配落後の額を括弧内に記載しています。
      また、本投資法人の発行する投資証券は、2018年9月7日に東京証券取引所に上場されており、同取引所における市

     場相場は以下のとおりです。
    (本投資証券の取引価格及び売買高の推移)

                 期      第1期      第2期      第3期      第4期
      計算期間別の
               決算年月      2019年1月      2019年7月      2020年1月      2020年7月
       最高・最低
               最高(円)         95,300      104,900      130,800      164,800
       投資口価格
               最低(円)         81,200      86,600      102,700       73,000
                月別     2020年2月      2020年3月      2020年4月      2020年5月      2020年6月      2020年7月

      月別最高・最低
               最高(円)        130,200      122,900      127,600      134,500      135,500      164,800
      投資口価格及び
               最低(円)        116,700       73,000      96,900      126,000      128,300      137,500
      投資証券売買高
              売買高(口)         113,508      113,369       65,653      60,508      44,774      103,157
     (注)最高・最低投資口価格は、東京証券取引所の終値によります。
     ②【分配の推移】

                                      1口当たり

                   分配総額
                         うち利益       うち利益            うち1口当た       うち1口当た
                                       分配金
                   (百万円)
                         分配金総額      超過分配金総             り利益分配金       り利益超過分
                                       (円)
                         (百万円)      額(百万円)               (円)      配金(円)
      第1期

         自 2018年5月       1日
                      617       520       97     1,729       1,456        273
         至 2019年1月31日
      第2期
         自 2019年2月       1日
                      825       732       93     2,311       2,050        261
         至 2019年7月31日
      第3期
         自 2019年8月       1日
                      855       759       96     2,395       2,126        269
         至 2020年1月31日
      第4期
         自 2020年2月       1日
                     1,178       1,039        139      2,425       2,138        287
         至 2020年7月31日
                                 98/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     ③【自己資本利益率(収益率)の推移】
             計算期間               自己資本利益率(注1)                   年換算値(注2)
             自 2018年5月       1日
         第1期                              1.5%                 3.6%
             至 2019年1月31日
             自 2019年2月       1日
         第2期                              2.0%                 4.1%
             至 2019年7月31日
             自 2019年8月       1日
         第3期                              2.1%                 4.2%
             至 2020年1月31日
             自 2020年2月       1日
         第4期                              2.4%                 4.8%
             至 2020年7月31日
     (注1)自己資本利益率は、「当期純利益/{(期首純資産額+期末純資産額)÷2}×100」により算出しており、小数第2位を四捨五入して
        記載しています。
     (注2)年換算をする場合において1年を365日とし、第1期については実質的な運用日数147日(2018年9月7日から2019年1月31日まで)に基づ
        いて年換算値を算出しています。
                                 99/184
















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第二部【投資法人の詳細情報】
    第1【投資法人の追加情報】

    1【投資法人の沿革】

     2018年4月23日          設立企画人(伊藤忠リート・マネジメント株式会社)による投信法第69条第1項に基づく設立に
               係る届出
     2018年5月1日          投信法第166条に基づく設立の登記、本投資法人の成立
     2018年5月7日          投信法第188条に基づく登録の申請
     2018年5月24日          内閣総理大臣による投信法第189条に基づく本投資法人の登録の実施(登録番号 関東財務局
               長 第138号)
     2018年7月10日          規約の変更
     2018年7月23日          規約の変更
     2018年9月7日          東京証券取引所に上場
     2020年4月28日          規約の変更
    2【役員の状況】

                                                 (本書の日付現在)

                                                      所有投
     役職名       氏名                     主要略歴                      資口数
                                                      (口)
                1988年4月       伊藤忠商事株式会社 入社
                1999年4月       株式会社センチュリー21・ジャパン 出向(東京駐在)
                2002年4月       伊藤忠商事株式会社 大阪建設部大阪建設第一課長
                2007年4月       同社 建設・不動産部門企画統轄課長
                2009年4月       同社 建設第一部建設第一課長
                2010年4月       同社 建設第一部長代行
         東海林    淳一
    執行役員                                                   6
                2012年4月       ADインベストメント・マネジメント株式会社 出向 社長補佐
                2012年6月       同社 常務取締役管理本部長
                2016年10月       伊藤忠商事株式会社 建設・物流部門長補佐
                2017年2月       伊藤忠リート・マネジメント株式会社 代表取締役社長(現
                       任)
                2018年5月       本投資法人 執行役員(現任)
                1994年4月       中央クーパース・アンド・ライブランド国際税務事務所 入所
                1997年4月       国税庁 入庁
                1999年7月       日本貿易振興会 出向
                2002年7月       財務省 出向
                2007年4月       税理士法人プライスウォーターハウスクーパース 入所
                2007年4月       公認会計士登録
                2009年8月       税理士登録
                2011年10月       遠山公認会計士事務所 設立 所長(現任)
         遠山   壮一
    監督役員                                                   -
                2013年12月       マッコーリーアセットマネジメント株式会社 監査役(非常
                       勤)
                2016年4月       ミズタニ自転車株式会社 監査役(非常勤)(現任)
                2017年6月       日本化学工業株式会社 監査等委員(非常勤)(現任)
                2017年9月       明星監査法人 社員(非常勤)(現任)
                2018年5月       本投資法人 監督役員(現任)
                2019年3月       ライコン・カレンシー・ジャパン株式会社 監査役(非常勤)
                       (現任)
                                100/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
                                                      所有投
     役職名       氏名                     主要略歴                      資口数
                                                      (口)
                2000年10月       弁護士登録
                2000年10月       森綜合法律事務所 入所
                2003年4月       阿部・井窪・片山法律事務所 入所
                2004年4月       特定非営利活動法人日本医療政策機構 監事(非常勤)(現
                       任)
                2005年10月       大総合法律事務所 設立 代表弁護士(現任)
                2012年7月       株式会社スリー・ディー・マトリックス 監査役(非常勤)
                       (現任)
                2014年1月       グッディア株式会社 監査役(非常勤)
                2014年5月       一般財団法人クリステルヴィアンサンブル 監事(非常勤)
                       (現任)
                2015年9月       公益財団法人日本ヒューマン・ライツ・ウォッチ協会 監事
                       (非常勤)(現任)
         大  毅      2015年10月       JITSUBO株式会社 監査役(非常勤)(現任)
    監督役員                                                   -
                2015年12月       大江戸温泉アセットマネジメント株式会社                     コンプライアンス
                       委員会 委員(非常勤)(現任)
                2016年2月       公益財団法人メイク・ア・ウィッシュオブジャパン 評議員
                       (非常勤)(現任)
                2016年3月       株式会社オロ 監査役(非常勤)(現任)
                2016年8月       株式会社ビーアンドピー 監査役(非常勤)
                2016年12月       株式会社ヘリオス 研究倫理審査委員会 委員(非常勤)(現
                       任)
                2017年3月       株式会社スコヒアファーマ 監査役(非常勤)(現任)
                2017年8月       株式会社リログループ 監査役(非常勤)(現任)
                2017年9月       株式会社プロレド・パートナーズ 監査役(非常勤)(現任)
                2018年5月       本投資法人 監督役員(現任)
                2018年5月       株式会社    LOOPLACE     取締役 監査等委員(非常勤)(現任)
    (注1)   主要略歴の記載に関しては、在籍時の旧称に統一して記載しています。
    (注2)   執行役員が欠けた場合又は法令に定める員数を欠くこととなる場合に備え、2020年4月28日開催の第3回投資主総会において、補欠執行役
      員として吉田圭一を第一順位、大久保暁彦を第二順位として選任しています。なお、吉田圭一は本資産運用会社の取締役財務企画部長兼
      総務人事部長、大久保暁彦は本資産運用会社の法律顧問です。
    (注3)   監督役員が欠けた場合又は法令に定める員数を欠くこととなる場合に備え、2020年4月28日開催の第3回投資主総会において、補欠監督役
      員として島村和也を選任しています。
                                101/184










                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    3【その他】
    (1)役員の変更
      執行役員及び監督役員は、法令の規定により、設立に際して役員となる設立時執行役員及び設立時監督役員を除
     き、投資主総会の決議によって選任されます(投信法第96条、規約第18条第1項)。ただし、役員が欠けた場合等にお
     いて、内閣総理大臣は、必要があると認めるときは、利害関係人の申立てにより、一時役員の職務を行うべき者を選
     任することができます(投信法第108条第2項)。
      執行役員及び監督役員の任期は、就任後2年とします。ただし、投資主総会の決議によって、法令に定める限度にお
     いて、その期間を延長又は短縮することを妨げません。また、補欠として又は増員のために選任された執行役員又は
     監督役員の任期は、前任者又は在任者の残存期間と同一とします(規約第18条第2項)。また、補欠役員の選任に係る
     決議が効力を有する期間は、当該決議がなされた投資主総会(当該投資主総会において執行役員又は監督役員が選任
     されなかった場合には、執行役員又は監督役員が選任された直近の投資主総会)において選任された執行役員又は監
     督役員の任期が終了する時までとします。ただし、投資主総会の決議によってその期間を短縮することを妨げません
     (規約第18条第3項)。
      執行役員及び監督役員の解任は投資主総会において、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席し、出
     席した当該投資主の議決権の過半数をもって行います(投信法第104条、第106条)。執行役員又は監督役員の職務の
     執行に関し不正の行為又は法令若しくは規約に違反する重大な事実があったにもかかわらず、当該役員を解任する旨
     の議案が投資主総会において否決されたときは、発行済投資口の100分の3以上の口数の投資口を有する投資主(6か月
     前から引き続き当該投資口を有する投資主に限ります。)は、当該投資主総会の日から30日以内に、訴えをもって当
     該執行役員又は監督役員の解任を請求することができます(投信法第104条第3項、会社法第854条第1項第2号)。
    (2)規約の変更、事業譲渡又は事業譲受、出資の状況その他の重要事項

     ① 規約等の重要事項の変更
       後記「第3     管理及び運営 1        資産管理等の概要 (5)           その他 ③      規約の変更に関する手続」をご参照ください。
       本投資法人は、投資主総会の決議に基づき、2020年4月28日に規約を変更しました。
     ② 事業譲渡又は事業譲受
       該当事項はありません。
     ③ 出資の状況その他の重要事項
       該当事項はありません。
    (3)訴訟事件その他投資法人に重要な影響を及ぼすことが予想される事実

      本書の日付現在、訴訟事件その他本投資法人に重要な影響を及ぼすことが予想される事実はありません。
                                102/184









                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第2【手続等】
    1【申込(販売)手続等】

     該当事項はありません。
    2【買戻し手続等】

     本投資口は、クローズド・エンド型であり、投資主の請求による投資口の払戻しを行いません(規約第8条第1項)。
     本投資口は、東京証券取引所に上場されており、同金融商品取引所を通じて売買することが可能です。また、同金融
    商品取引所外で本投資口を譲渡することも可能です。
     なお、本投資法人は、投資主との合意により本投資口を有償で取得することができます(規約第8条第2項)。
                                103/184

















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    第3【管理及び運営】
    1【資産管理等の概要】

    (1)【資産の評価】
     ① 本投資法人が発行する投資口の1口当たりの純資産額は、後記「(4)                                  計算期間」記載の決算期ごとに、以下の算
       式で算出します。
           1口当たり純資産額=(総資産の資産評価額-負債総額)÷発行済投資口総数

     ② 本投資法人の資産評価の方法及び基準は、投資対象資産の種類ごとに定めるものとします(規約第36条第1

       項)。
      (イ) 不動産、不動産の賃借権及び地上権(規約第31条第1項第1号①ないし③に定めるもの)
         取得価額から減価償却累計額を控除した価額により評価します。なお、建物及び設備等についての減価償却
        額の算定方法は定額法によります。ただし、本投資法人が採用する算定方法が正当な事由により適当ではない
        と判断される場合でかつ投資者保護上、問題がないと合理的に判断できる場合には、他の算定方法に変更する
        ことができます。
      (ロ) 不動産、不動産の賃借権及び地上権を信託する信託の受益権(規約第31条第1項第1号⑤に定めるもの)
         信託財産が前記(イ)に掲げる資産の場合は、前記(イ)に従った評価を行い、金融資産の場合は一般に公正妥
        当と認められる企業会計の基準に従った評価をした上で、これらの合計額から負債の額を控除して当該信託の
        受益権の持分相当額を算定した価額により評価します。
      (ハ) 信託財産を主として不動産、不動産の賃借権又は地上権に対する投資として運用することを目的とする金銭
         の信託の受益権(規約第31条第1項第1号⑥に定めるもの)
         信託財産の構成資産が前記(イ)に掲げる資産の場合は、前記(イ)に従った評価を行い、金融資産の場合は一
        般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従った評価を行った上で、これらの合計額から負債の額を控除し
        て当該信託の受益権の持分相当額を算定した価額により評価します。
      (ニ) 匿名組合出資持分(規約第31条第1項第1号⑦に定めるもの)
         匿名組合出資持分の構成資産が前記(イ)から(ハ)までに掲げる資産の場合は、それぞれに定める方法に従っ
        た評価を行い、金融資産の場合は一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従った評価を行った上で、こ
        れらの合計額から負債の額を控除して当該匿名組合出資の持分相当額を算定した価額により評価します。
      (ホ) 信託財産を主として匿名組合出資持分に対する投資として運用することを目的とする金銭の信託の受益権
         (規約第31条第1項第1号⑧に定めるもの)
         信託財産である匿名組合出資持分について前記(ニ)に従った評価を行い、金融資産については一般に公正妥
        当と認められる企業会計の基準に従った評価を行った上で、これらの合計額から負債の額を控除して当該信託
        の受益権の持分相当額を算定した価額により評価します。
      (ヘ) 有価証券(規約第31条第2項④、⑤及び⑦に定めるもの)
         当該有価証券の市場価格がある場合には、市場価格に基づく価額を用います。市場価格がない場合には、合
        理的に算定された価額により評価します。ただし、合理的な方法により価額を算定することが極めて困難と認
        められる場合には取得価額で評価できるものとします。
      (ト) 金銭債権(規約第31条第2項⑥に定めるもの)
         取得価額から、貸倒引当金を控除した金額により評価します。ただし、当該金銭債権を債権金額より低い価
        額又は高い価額で取得した場合において、取得金額と債権金額との差額の性格が金利の調整と認められるとき
        は、償却原価法に基づいて算定された価額から貸倒引当金を控除した金額により評価します。
                                104/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (チ) デリバティブ取引に係る権利(規約第31条第2項⑧に定めるもの)
         a. 金融商品取引所に上場しているデリバティブ取引により生じる債権及び債務
           当該金融商品取引所の最終価格(終値、終値がなければ気配値(公表された売り気配の最安値又は買い
          気配の最高値、それらがともに公表されている場合にはそれらの仲値))に基づき算出した価額により評
          価します。
         b. 金融商品取引所の相場がない非上場デリバティブ取引により生じる債権及び債務
           市場価格に準ずるものとして合理的な方法により算定された価額により評価するものとします。なお、
          公正な評価額を算定することが極めて困難と認められる場合には、取得価額により評価します。
         c. 前記a.及びb.にかかわらず、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準によりヘッジ取引と認められ
          るものについては、ヘッジ会計を適用することができます。
      (リ) 金銭の信託の受益権(規約第31条第3項⑪に定めるもの)
         投資運用する資産に応じて、前記(イ)から(チ)まで及び後記(ヌ)に定める当該投資資産の評価方法に従い評
        価を行い、金融資産の場合は一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従った評価を行った上で、これら
        の合計額から負債の額を控除して当該信託の受益権の持分相当額を算定した価額により評価します。
      (ヌ) その他
         上記に定めがない場合は、投信法、投信協会の評価規則に準じて付されるべき評価額又は一般に公正妥当と
        認められる企業会計の基準により付されるべき評価額をもって評価します。
     ③ 資産運用報告等に価格を記載する目的で、前記②と異なる方法で評価する場合には、下記のように評価します

       (規約第36条第2項)。
      (イ) 不動産、不動産の賃借権及び地上権
         原則として、不動産鑑定士による鑑定評価等により求めた評価額。
      (ロ) 不動産、不動産の賃借権及び地上権を信託する信託の受益権並びに不動産等に関する匿名組合出資持分
         信託財産の構成資産が前記(イ)に掲げる資産の場合は前記(イ)に従った評価を、匿名組合出資持分の構成資
        産が前記(イ)に掲げる資産の場合は投信協会の評価規則に準じて付されるべき評価額等をもって評価します。
        信託財産又は匿名組合の構成資産が金融資産の場合には、一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に従っ
        た評価をした上で、これらの合計額から負債の額を控除して当該匿名組合出資持分相当額又は信託の受益権の
        持分相当額を算定した価額により評価します。
     ④ 本投資法人の資産評価の基準日は、原則として決算期(毎年1月末日及び7月末日)とします(規約第36条第3

       項)。
     ⑤ 1口当たりの純資産額については、投資法人の計算書類の注記表に記載されることになっています(投資法人計

       算規則第58条及び第68条)。投資法人は、各営業期間(毎年2月1日から7月末日まで、及び8月1日から翌年1月末
       日まで)に係る計算書類(貸借対照表、損益計算書を含みます。)、資産運用報告及び金銭の分配に係る計算書
       並びにこれらの附属明細書を作成し(投信法第129条)、役員会により承認された場合、遅滞なく投資主に対し
       て承認された旨を通知し、承認済みの計算書類等を会計監査報告とともに投資主に提供する(投信法第131条第2
       項から第5項まで、投資法人計算規則第81条)ほか、金融商品取引法に基づいて決算期後3か月以内に提出される
       有価証券報告書に記載されます。
       投資主は、純資産額の情報について、本投資法人のウェブサイトにおいて、計算書類等を閲覧することができま
       す。
                                105/184





                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
    (2)【保管】
     ① 本投資口
     本投資口は、振替投資口であるため、本「(2)                      保管」について該当事項はありません。ただし、投資主は、保管振替
    機構が振替機関の指定を取り消された場合若しくは当該指定が効力を失った場合であって保管振替機構の振替業を承継
    する者が存しないとき、又は社債、株式等の振替に関する法律(平成13年法律第75号。その後の改正を含みます。以下
    「振替法」といいます。)の規定の適用を受ける振替投資口(振替投資口である本投資口を、以下「本振替投資口」と
    いいます。以下同じです。)が振替機関によって取り扱われなくなったときには、本投資法人に対し、投資証券の発行
    を請求することができます(振替法第227条第2項)。この場合、投資主は証券会社等と保護預り契約を締結して投資証
    券の保管を依頼し、又は、投資主自身が直接保管することができます。
     ② 本投資法人債

     本投資法人債は、振替投資法人債であるため、本「(2)                          保管」について該当事項はありません。ただし、本投資法人
    債の保有者は、保管振替機構が振替機関の指定を取り消された場合若しくは当該指定が効力を失った場合であって保管
    振替機構の振替業を承継する者が存しないとき、又は振替法の規定の適用を受ける振替投資法人債(振替投資法人債で
    ある本投資法人債を、以下「本振替投資法人債」といいます。以下同じです。)が振替機関によって取り扱われなく
    なったときには、本投資法人に対し、投資法人債券の発行を請求することができます(振替法第115条、第67条第2
    項)。この場合、本投資法人債の保有者は証券会社等と保護預り契約を締結して投資法人債券の保管を依頼し、又は、
    本投資法人債の保有者自身が直接保管することができます。
    (3)【存続期間】

     本投資法人には存続期間の定めはありません。
    (4)【計算期間】

     本投資法人の営業期間は、毎年2月1日から7月末日まで、及び8月1日から翌年1月末日までとします(規約第38条本
    文)。ただし、第1期の営業期間は、本投資法人設立の日である2018年5月1日から2019年1月末日までとします(規約第
    38条ただし書)。
    (5)【その他】

     ① 増減資に関する制限
      (イ) 最低純資産額
         本投資法人の最低純資産額は、5,000万円とします(規約第7条)。
      (ロ) 投資口の追加発行

         本投資法人の発行可能投資口総口数は、1,000万口とします(規約第5条第1項)。本投資法人は、発行可能投
        資口総口数の範囲内において、役員会の承認を得て、その発行する投資口を引き受ける者を募集することがで
        きます。募集投資口(当該募集に応じて当該投資口の引受けの申込みをした者に対して割り当てる投資口をい
        います。)1口当たりの払込金額は、本投資法人の保有する資産の内容に照らし公正な金額として執行役員が決
        定し、役員会が承認する金額とします(規約第5条第3項)。
      (ハ) 国内における募集

         本投資口の発行価額の総額のうち、国内において募集される投資口の発行価額の占める割合は、100分の50を
        超えるものとします(規約第5条第2項)。
     ② 解散条件

       本投資法人における解散事由は以下のとおりです(投信法第143条)。
      (イ) 投資主総会の決議
      (ロ) 合併(合併により本投資法人が、消滅する場合に限ります。)
      (ハ) 破産手続開始の決定
      (ニ) 解散を命ずる裁判
      (ホ) 投信法第216条に基づく投信法第187条の登録の取消し
                                106/184


                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
     ③ 規約の変更に関する手続
       規約を変更するには、発行済投資口の過半数の投資口を有する投資主が出席した投資主総会において、出席した
      当該投資主の議決権の3分の2以上に当たる多数をもって可決される必要があります(投信法第140条、第93条の2第
      2項)。
       投資主総会において規約の変更が決議された場合には、東京証券取引所の有価証券上場規程に従ってその旨が開
      示されるほか、かかる規約の変更が、運用に関する基本方針、投資制限又は分配方針に関する重要な変更に該当す
      る場合には、金融商品取引法に基づいて遅滞なく提出する臨時報告書により開示されます。また、変更後の規約
      は、金融商品取引法に基づいて本投資法人が提出する有価証券報告書の添付書類として開示されます。なお、投資
      主総会における決議の方法については、後記「3                       投資主・投資法人債権者の権利 (1)                  投資主の権利 ①         投資主
      総会における議決権」をご参照ください。
     ④ 関係法人との契約の更改等に関する手続

       本投資法人と各関係法人との間で締結されている契約における、当該契約の期間、更新、解約、変更等に関する
      規定は、以下のとおりです。
      (イ)    本資産運用会社:伊藤忠リート・マネジメント株式会社
       資産運用委託契約(以下、下記表において「本契約」といいます。)
        期間    本契約は、本投資法人が投信法に基づく登録を受けた日に効力を生ずるものとし、契約期
            間は定めません。
        更新    該当事項はありません。
        解約    i.    本投資法人は、本資産運用会社が投信協会の会員でなくなった場合には、事前に投資
              主総会の決議を経た上で、本資産運用会社に対して書面による通知を行うことにより
              直ちに本契約を解約することができます。
            ii.    本投資法人は、本資産運用会社に対して、6か月前に書面による通知をし、かつ、事
              前に投資主総会の決議を経た上で、本契約を解約することができます。
            iii.   前記i.及びii.の規定にかかわらず、本投資法人は、本資産運用会社が次の(i)から
              (iii)のいずれかに該当する場合、役員会の決議により、直ちに本契約を解約するこ
              とができます。
             (i)    本資産運用会社が本契約の規定に違反した場合(ただし、当該違反が是正可能な
                ものである場合に、本資産運用会社が本投資法人からの是正を求める催告を受領
                した日から30営業日以内にこれを是正したと、本投資法人の役員会が認めた場合
                を除きます。)
             (ii)    本資産運用会社につき、支払停止、支払不能、破産手続開始、再生手続開始、更
                生手続開始又は特別清算開始の申立て、重要な財産に対する差押命令の送達等の
                事由が発生した場合
             (iii)   前記(i)及び(ii)に掲げる場合のほか、委託業務を引き続き委託することに堪え
                ない重大な事由がある場合
            iv.    本投資法人は、本資産運用会社が次の(i)から(iii)のいずれかに該当する場合、本契
              約を解約します。
             (i)    金融商品取引法に定める金融商品取引業者(金融商品取引法に定める投資運用業
                を行うものであり、かつ、宅建業法第3条第1項の免許及び同法第50条の2第l項の
                認可を受けている者に限ります。)でなくなった場合
             (ii)    投信法第200条各号のいずれかに該当する場合
             (iii)   解散した場合
            v.    本資産運用会社は、本投資法人に対して、6か月前の書面による通知をもって、本契
              約の解約を申し入れることができ、本投資法人は、当該解約の申入れを受けた場合、
              直ちに投資主総会を開催して本契約の解約に関する承認を求め、又は、やむを得ない
              事由がある場合は内閣総理大臣の許可を求めます。本契約の解約に関し投資主総会の
              承認が得られた場合又は内閣総理大臣の許可が得られた場合、本投資法人は、当該解
              約申入れに同意し、本契約は、通知に定められた解約日において終了します。
            vi.    本契約における契約期間中の解約に関する事項の規定に従い、本契約の解約が行われ
              る場合においても、本資産運用会社は、委託業務を遂行する後任者が選任され、当該
              業務を開始するまでは、本投資法人の指示に従い、引き続き委託業務を遂行します。
        変更等    本契約は、両当事者の書面による合意に基づき、法令に規定される手続に従って、変更す
            ることができるものとします。
                                107/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
        再委託    本資産運用会社は、委託業務の全部又は一部を第三者に委託することができません。ただ
            し、事前に本投資法人の書面による同意を得た場合は、委託業務の一部を第三者に委託す
            ることができます。また、資産運用会社は、委託業務の遂行にあたり、再委託とみなされ
            ない範囲で、第三者から役務の提供を受け、その他第三者のサービスを利用することがで
            きます。
                                108/184



















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       商標権使用許諾契約(以下、下記表において「本契約」といいます。)
        期間    有効期間:10年間
            自 2018年6月29日 至 2028年6月28日
        更新    本契約の有効期間は、本契約満了6か月前までに本資産運用会社又は本投資法人から相手方
            に対する契約更新しない旨の通知がない限り、本契約は同一条件をもってさらに2年間自動
            更新するものとします。なお、これ以降も同様とします。
        解約    i.    いずれの当事者も、相手方に以下の事由が生じた場合には、当該相手方に何ら事前の
              通知催告を要せず、直ちに本契約を解除することができます。
             (i)    手形又は小切手が不渡となったとき
             (ii)    差押、仮差押、仮処分、又は競売の申立があったとき
             (iii)   破産、会社更生、民事再生の手続開始の申立を自ら行ったとき、又は申立てられ
                たとき
             (iv)    解散若しくは会社の財産の全部又は重要な一部を第三者に譲渡(事業譲渡又は会
                社分割)したとき
             (v)     本契約の条項に違反した相手方が、書面による催告を受領した後1か月後以内に
                かかる違反を治癒しなかった場合
             (vi)    本資産運用会社と本投資法人との間で締結済みの2018年5月1日付資産運用委託契
                約(その後の変更を含みます。)が理由の如何を問わず終了した場合
            ii.    各当事者は、自己又は自己の役員(本資産運用会社については取締役、監査役、執行
              役及び執行役員をいい、本投資法人については執行役員及び監督役員をいいます。)
              が、(i)暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、暴力団員・暴力団準構成員でなくなっ
              た日から5年を経過しない者、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標ぼうゴロ、特
              殊知能暴力団、その他これらに準ずる者でないこと、(ii)暴力的要求行為、不当要求
              行為、脅迫的言動、暴力行為、風説流布・偽計による信用毀損行為、業務妨害行為、
              その他これらに準ずる行為を行わないこと(第三者を利用して行う場合を含みま
              す。)を表明し、保証します。
            iii.   各当事者は、相手方が上記事由に一つでも違反した場合、何らの通知催告なく本契約
              を解除することができます。
        変更等    本契約は、両当事者の書面による合意によってのみ変更することができます。
      (ロ)    資産保管会社兼一般事務受託者(機関運営・計算・会計):三井住友信託銀行株式会社

       資産保管委託契約(以下、下記表において「本契約」といいます。)
        期間    2018年5月1日を契約開始日とし、2018年9月7日から5年間を経過する日を契約終了日としま

            す。
        更新    有効期間満了の6か月前までに本投資法人及び資産保管会社のいずれからも文書による別段
            の申し出がなされなかったときは、本契約は従前と同一の条件にて自動的に5年間延長する
            ものとし、その後も同様とします。
        解約    i.    当事者間の文書による解約の合意。ただし、本投資法人の役員会の承認を条件としま
              す。この場合には本契約は、両当事者の合意によって指定したときから失効します。
            ii. 当事者のいずれか一方が本契約に違反し、他方の当事者が合理的期間を定め違反を是
              正することを催告したにもかかわらず、当該期間内に違反が是正されず、他方の当事
              者が行う文書による解除の通知があった場合、文書で指定された日をもって本契約は
              失効するものとします。ただし、本投資法人からの解除は本投資法人の役員会の承認
              を条件とします。なお、本投資法人及び資産保管会社は本契約失効後においても本契
              約の失効前に生じた本契約に基づく残存債権を相互に請求することを妨げません。
            iii.   当事者のいずれか一方について、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開
              始若しくは特別清算開始の申立(その後の法律改正によりこれに準ずる倒産手続が創
              設された場合、当該手続の開始申立を含みます。)がなされたとき又は手形交換所の
              取引停止処分が生じたときに、他方の当事者が行う文書による解除の通知があった場
              合、文書で指定された日をもって本契約は失効するものとします。
        変更等    i.   本契約の内容については、本投資法人は役員会の承認を得た上で、両当事者の合意に
              より、これを変更することができます。
            ii. 前記i.の変更にあたっては、規約及び投信法を含む法令及び諸規則等を遵守するもの
              とします。
                                109/184



                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
       一般事務委託契約(機関運営・計算・会計)(以下、下記表において「本契約」といいます。)
       期間     2018年5月1日を契約開始日とし、2018年9月7日から5年間を経過する日を契約終了日とし
            ます。
       更新     有効期間満了の6か月前までに本投資法人及び一般事務受託者(機関運営・計算・会計)
            のいずれからも文書による別段の申し出がなされなかったときは、本契約は従前と同一の
            条件にて自動的に5年間延長するものとし、その後も同様とします。
       解約     i.     当事者間の文書による解約の合意。ただし、本投資法人の役員会の承認を条件とし
               ます。この場合には本契約は、両当事者の合意によって指定したときから失効しま
               す。
            ii.    当事者のいずれか一方が本契約に違反し、他方の当事者が合理的期間を定め違反を
               是正することを催告したにもかかわらず、当該期間内に違反が是正されず、他方の
               当事者が行う文書による解除の通知があった場合、文書で指定された日をもって本
               契約は失効するものとします。ただし、本投資法人からの解除は本投資法人の役員
               会の承認を条件とします。なお、本投資法人及び一般事務受託者(機関運営・計
               算・会計)は本契約失効後においても本契約の失効前に生じた本契約に基づく残存
               債権を相互に請求することを妨げません。
            iii.   当事者のいずれか一方について、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続
               開始若しくは特別清算開始の申立(その後の法律改正によりこれに準ずる倒産手続
               が創設された場合、当該手続の開始申立を含みます。)がなされたとき又は手形交
               換所の取引停止処分が生じたときに、他方の当事者が行う文書による解除の通知が
               あった場合、文書で指定された日をもって本契約は失効するものとします。
       変更等     i.     本契約の内容については、本投資法人は役員会の承認を得た上で、両当事者の合意
               により、これを変更することができます。
            ii.    前記i.の変更にあたっては、規約及び投信法を含む法令及び諸規則等を遵守するも
               のとします。
                                110/184













                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ハ)    一般事務受託者(納税):デロイト                  トーマツ税理士法人
       一般事務委託契約(納税)(以下、下記表において「本契約」といいます。)
            2019年5月1日に開始され2019年10月31日に終了するものとします。なお、本書の日付現

        期間
            在、本契約は延長により有効に継続しています。
            本契約は、いずれかの当事者が当初契約期間終了日の60日前までに(ⅰ)本契約を終了する
            旨を書面で通知しない限り、また、(ⅱ)基本約款の規定に従い解約・解除されない限り、
        更新
            上記の契約期間終了時に自動的にさらに6か月延長されるものとします。この定めは、その
            後も同様とします。
        解約    ⅰ.     いずれの当事者も解約予定日の60日以上前に他方当事者に書面で通知することによ
              り、いつでも理由なく本契約を解約することができます。
            ⅱ.     いずれの当事者も、以下の事由が生じた後は、いつでも他方当事者に対する書面通
              知をもって、本契約を解除できます。
             (ⅰ)    他方当事者による本契約上の義務の重大な違反があった場合(違反が是正可能で
                ある場合は、違反当事者が当該違反の通知受領後30日以内に是正できなかった場
                合に限ります。)
             (ⅱ)    他方当事者が支払不能となった場合
             (ⅲ)    他方当事者の清算又は解散の決議又は申立がなされた場合(支払能力が継承され
                る合併と再建の目的である場合を除きます。)
             (ⅳ)    他方当事者に対し行政管理下に置く命令が出された場合、他方当事者の資産につ
                いて管財人が指名された場合、又はその資産が担保権者の所有となり、若しくは
                担保権者により売却された場合
             (ⅴ)    他方当事者が債権者との全般的な協定又は整理の合意をした場合又は所轄裁判所
                に債権者全般からの保護申請を行った場合、又は
             (ⅵ)    関連する法域における上記(ⅱ)乃至(ⅴ)の事由に類似した事由の場合
            ⅲ.     一般事務受託者(納税)は、以下の(ⅰ)又は(ⅱ)の事由が発生したと判断する揚合、
              本投資法人に対する書面による通知をもって、本契約の全部又は一部を直ちに解除で
              きます。
             (ⅰ)    政府機関、規制機関、職業団体その他の法的拘束力を有する主体が新規の法令、
                規則、規制、解釈若しくは決定を導入し、又は現行の法令、規則、規制、解釈若
                しくは決定を修正した結果、一般事務受託者(納税)による本契約のいずれかの
                部分の履行が違法となり、又は独立性若しくは職業上の規制に抵触することとな
                る場合、又は
             (ⅱ)    事情の変化(本投資法人又は閧連会社の所有関係の変動を含みますが、これに限
                られません。)により、一般事務受託者(納税)による本契約のいずれかの部分の
                履行が違法となり、又は独立性若しくは職業上の規制に抵触することとなる場合
            ⅳ.     理由の如何を問わず、本契約が終了した場合、本投資法人は、本契約の条項に基づ
              き、本契約終了日までに履行された委託業務に係る報酬及び発生した経費を一般事務
              受託者(納税)に支払います。
            ⅴ.     本契約の一部の解除は、本契約の他の部分に影響しないものとします。
            ⅵ.     本投資法人及び一般事務受託者(納税)は相手方に対し、自らが、暴力団、暴力団
              員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係
              企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準
              ずる者(以下総称して「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、及び以下の
              (ⅰ)乃至(ⅴ)のいずれにも該当しないことを表明し、かつ本契約の有効期間にわたっ
              て該当しないことに合意します。
              (ⅰ)    暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
              (ⅱ)    暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
              (ⅲ)    自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える
                 目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を
                 有すること
              (ⅳ)    暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしてい
                 ると認められる関係を有すること
              (ⅴ)    取締役及び役員又は経営に実質的に関与している者が、暴力団員等と社会的に
                 非難されるべき態様で関係を有すること
                                111/184




                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
            ⅶ.   本投資法人及び一般事務受託者(納税)は、本契約の有効期間中、自ら又は第三者を
              利用して次の(ⅰ)乃至(ⅴ)のいずれに該当する行為も行わないことを確約します。
              (ⅰ)    暴力的な要求行為
              (ⅱ)    法的な責任を超えた不当な要求行為
              (ⅲ)    取引に関して、脅迫をし、又は暴力を用いる行為
              (ⅳ)    風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手
                 方の業務を妨害する行為
              (ⅴ)    その他上記(ⅰ)乃至(ⅳ)に準ずる行為
            ⅷ. 本投資法人又は一般事務受託者(納税)は、相手方が上記ⅵ.及びⅶ.の表明及び確約に

              違反した場合には、何らの催告をすることなく、相手方に対する通知をもって本契約
              をただちに解除することができます。この場合において、当該解除をした者は、その
              相手方に対して、解除の結果生じた損害を賠償することは要しません。また、違反を
              した当事者は、当該解除をした当事者にかかる解除による損害が生じたときは、全て
              の損害を賠償するものとします。
        変更等    本契約に関するいかなる変更も、書面化され本投資法人及び一般事務受託者(納税)双方の
            権限ある代表者に署名されなければ、有効となりません。ただし、委託業務の範囲につい
            ては、電子メール又はファクシミリを含む両当事者の書面合意により変更することができ
            ます。
                                112/184















                                                          EDINET提出書類
                                            伊藤忠アドバンス・ロジスティクス投資法人(E34181)
                                                    有価証券報告書(内国投資証券)
      (ニ)    投資主名簿等管理人:みずほ信託銀行株式会社
       事務委託契約(投資口事務受託契約)(以下、下記表において「本契約」といいます。)
        期間    2018年5月1日から2029年4月末日まで
        更新    上記で定める有効期間満了の3か月前までに本投資法人及び投資主名簿等管理人のいずれか

            らも文書による別段の申し出がなされなかったときは、本契約は従前と同一の条件にて自
            動的に3年延長するものとし、その後も同様とします。
        解約    i.     本投資法人又は投資主名簿等管理人は、次の(i)から(iv)に掲げる場合には、本契約
              を解約又は解除することができます。
             (i)     本投資法人及び投資主名簿等管理人が、書面により本契約の解約に合意した場
                合。なお、本契約は本投資法人及び投資主名簿等管理人が合意して指定した日に
                終了します。
             (ii)    本投資法人又は投資主名簿等管理人のいずれか一方が本契約に違反し、本契約の
                履行に重大な支障を及ぼすと認められるときに、相手方が書面にてその違反を催
                告してから30日間以内に違反した当事者が同違反を是正しない場合。なお、本契
                約は同30日間の経過後に解除することができます。
             (iii)   本投資法人又は投資主名簿等管理人のいずれか一方が、手形交換所の取引停止処
                分、支払の停止又は破産手続開始、再生手続開始、特別清算開始、更生手続開始
                の申立等により信用状態が著しく不安定になり、本契約の履行に重大な支障を及
                ぼすと認められる場合。なお、本契約は直ちに解除することができます。
             (iv)    本投資法人が何らかの理由により、上場廃止となった場合、投資主名簿等管理人
                は本契約を直ちに解除することができます。
            ii.    前記i.の定めに従い本契約が解約又は解除される場合、本投資法人は、本契約の終了
              に伴う事務に係る費用(実費)及び投資主名簿等管理人が別途定める手数料を投資主
              名簿等管理人に支払うものとします。ただし、本契約の解除が投資主名簿等管理人の
              責めによる場合には、この限りではありません。
            iii.   前記i.に従い本契約が終了又は解除された場合、本投資法人は、本投資法人が委託事
      &n