フィーチャ株式会社 有価証券報告書 第15期(令和1年7月1日-令和2年6月30日)

提出書類 有価証券報告書-第15期(令和1年7月1日-令和2年6月30日)
提出日
提出者 フィーチャ株式会社
カテゴリ 有価証券報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    有価証券報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年9月30日
      【事業年度】                    第15期(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)
      【会社名】                    フィーチャ株式会社
      【英訳名】                    Ficha   Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長CEO 脇 健一郎
      【本店の所在の場所】                    東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
      【電話番号】                    03-6907-0312(代表)
      【事務連絡者氏名】                    管理部長 立花 嵩大
      【最寄りの連絡場所】                    東京都豊島区東池袋三丁目1番1号
      【電話番号】                    03-6907-0312(代表)
      【事務連絡者氏名】                    管理部長 立花 嵩大
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/78













                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
       (1)連結経営指標等
                回次               第13期       第14期       第15期
               決算年月               2018年6月       2019年6月       2020年6月

                         (千円)      210,396       282,465       419,701
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                   (千円)       50,661      △ 5,531      90,800
     親会社株主に帰属する当期純利益又は親
                         (千円)       42,587      △ 8,203      66,537
     会社株主に帰属する当期純損失(△)
                         (千円)       42,266      △ 8,621      66,061
     包括利益
                         (千円)      395,026       386,405       524,227
     純資産額
                         (千円)      438,853       449,340       578,065
     総資産額
                         (円)       0.31      △ 1.33      96.92
     1株当たり純資産額
     1株当たり当期純利益又は
                         (円)       8.10      △ 1.56      12.62
     1株当たり当期純損失(△)
                         (円)        -       -     12.50
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益
                         (%)       90.0       86.0       90.7
     自己資本比率
                         (%)       16.9        -      14.6
     自己資本利益率
                         (倍)        -       -     332.40
     株価収益率
                         (千円)       49,410      △ 1,225      36,496
     営業活動によるキャッシュ・フロー
                         (千円)      △ 5,358     △ 47,235      △ 18,813
     投資活動によるキャッシュ・フロー
                         (千円)      222,622       △ 5,012      62,917
     財務活動によるキャッシュ・フロー
                         (千円)      395,642       339,854       419,513
     現金及び現金同等物の期末残高
                                  16       22       21
     従業員数
                         (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                            ( 11 )     ( 13 )     ( 13 )
      (注)1.当社は第13期より、連結財務諸表を作成しております。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第13期及び第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当
           社株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため記載しておりません。第14期の潜在株式調整後1
           株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であるため記載しておりません。
         4.当社株式は、2020年6月24日に東京証券取引所マザーズに上場しており、第15期の潜在株式調整後1株当た
           り当期純利益については、新規上場日から当連結会計年度末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定
           しております。
         5.第14期の自己資本利益率については、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されているため記載しており
           ません。
         6.第13期及び第14期の株価収益率については、当社株式は非上場であるため、記載しておりません。
         7.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         8.第13期以降の連結財務諸表については、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51
           年大蔵省令第28号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本
           有限責任監査法人の監査を受けております。
         9.2018年3月1日付で普通株式1株、A種優先株式1株及びB種優先株式1株につきそれぞれ1,000株の割合
           で、2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。第13期の期首に当該
           株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び
           潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
                                  2/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (2)提出会社の経営指標等
             回次             第11期       第12期       第13期       第14期       第15期
            決算年月             2016年6月       2017年6月       2018年6月       2019年6月       2020年6月

                    (千円)       93,497       83,940       210,396       282,465       419,701
     売上高
     経常利益又は経常損失(△)              (千円)       △ 5,156      △ 27,603       53,165      △ 17,386       83,987
     当期純利益又は
                    (千円)       △ 5,755      △ 27,894       45,091      △ 17,676       70,269
     当期純損失(△)
                    (千円)       66,350       90,680       213,000       213,000       248,880
     資本金
     発行済株式総数
                            1,300       1,360     1,360,000       1,360,000       5,409,000
      普通株式
                             60       -       -       -       -
      甲種類株式              (株)
                             182       182     182,000       182,000          -
      A種優先株式
                             -       35     211,000       211,000          -
      B種優先株式
                    (千円)       87,363       108,119       397,851       380,174       522,204
     純資産額
                    (千円)       120,930       149,095       441,221       440,563       580,486
     総資産額
                    (円)     △ 8,259.45      △ 25,764.24          0.85      △ 2.51       96.54
     1株当たり純資産額
                             -       -       -       -       -
     1株当たり配当額
                    (円)
     (うち1株当たり中間配当
                             ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
     額)
     1株当たり当期純利益又は
                    (円)     △ 4,010.79      △ 18,021.22          8.57      △ 3.36       13.33
     1株当たり当期純損失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当
                    (円)         -       -       -       -      13.21
     期純利益
                    (%)        72.2       72.5       90.2       86.3       90.0
     自己資本比率
                    (%)         -       -      17.8        -      15.6
     自己資本利益率
                    (倍)         -       -       -       -     314.70
     株価収益率
                    (%)         -       -       -       -       -
     配当性向
                              6       8       16       21       19
     従業員数
                    (人)
     (外、平均臨時雇用者数)                        ( 0 )      ( 5 )      ( 11 )      ( 11 )      ( 10 )
                    (%)         -       -       -       -       -
     株主総利回り
     (比較指標:-)               (%)        ( - )      ( - )      ( - )      ( - )      ( - )
                    (円)         -       -       -       -      5,410

     最高株価
                    (円)         -       -       -       -      3,700
     最低株価
      (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         2.当社は配当を行っておりませんので、1株当たり配当額及び配当性向につきましては、それぞれ記載してお
           りません。
         3.第11期及び第12期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載して
           おりません。第13期及び第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はあ
           りますが、当社株式は非上場であるため、期中平均株価が把握できませんので記載しておりません。第11
           期、第12期及び第14期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、1株当たり当期純損失であるた
           め記載しておりません。
         4.当社株式は、2020年6月24日に東京証券取引所マザーズに上場しており、第15期の潜在株式調整後1株当た
           り当期純利益については、新規上場日から当事業年度末までの平均株価を期中平均株価とみなして算定して
           おります。
         5.第11期、第12期及び第14期の自己資本利益率については、当期純損失が計上されているため記載しておりま
           せん。
         6.第11期から第14期までの株価収益率については、当社株式は非上場であるため記載しておりません。
         7.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
                                  3/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         8.第13期以降の財務諸表については、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵
           省令第59号)に基づき作成しており、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、EY新日本有限責
           任 監査法人の監査を受けております。なお、第11期及び第12期については、「会社計算規則」(平成18年法
           務省令第13号)の規定に基づき算出した各数値を記載しております。また、当該各数値については、金融商
           品取引法第193条の2第1項の規定に基づくEY新日本有限責任監査法人の監査を受けておりません。
         9.2019年11月18日付で、A種優先株主及びB種優先株主の株式取得請求権の行使を受けたことにより、全ての
           A種優先株式及びB種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該A種優先株主及びB種優先株主に
           A種優先株式及びB種優先株式1株につき普通株式1株を交付しております。また、その後2019年11月30日
           付で当該A種優先株式及びB種優先株式の全てを消却しております。なお、2018年3月1日付で普通株式1
           株、A種優先株式1株及びB種優先株式1株につきそれぞれ1,000株の割合で、2019年11月30日付で普通株
           式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、第13期の期首に当該株式分割が行われたと仮定
           し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり
           当期純利益を算定しております。
         10.2020年6月24日付をもって東京証券取引所マザーズに株式を上場いたしましたので、第11期から第15期まで
           の株主総利回り及び比較指標については記載しておりません。
         11.最高株価及び最低株価は東京証券取引所マザーズにおけるものであります。                                     なお、2020年6月24日付をもっ
           て同取引所に株式を上場いたしましたので、それ以前の株価については記載しておりません。
      2【沿革】

        2005年8月        神奈川県横浜市都筑区にクワンター・ビュー有限会社設立
                レンズ検査装置事業を開始
        2009年4月        本社を埼玉県新座市に移転
        2009年5月        クワンタービュー株式会社へ組織変更
        2012年8月        画像認識ソフトウェア開発事業を開始
        2015年7月        新設分割によりレンズ検査装置事業をクワンタービューシステム株式会社に承継
                フィーチャ株式会社に社名変更
                本社を東京都豊島区に移転
        2018年3月        ディープラーニングの研究開発促進のため、中華人民共和国北京市に北京                                   澈科技有限公司
                (連結子会社)を設立
        2018年12月        本社を東京都豊島区内で移転
        2020年6月        東京証券取引所マザーズに株式を上場
                                  4/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      3【事業の内容】
        当社グループは、当社(フィーチャ株式会社)及び連結子会社である北京                                    澈科技有限公司により構成されてお
       り、「Make      Things    Intelligent」をミッションとして掲げ、画像認識ソフトウェア開発事業を行っております。
        当社は2005年の創業以来、主にレンズ検査装置事業を行ってきましたが、2012年に画像認識ソフトウェア開発事業
       を開始しました。それ以来、コンピュータビジョン(コンピュータを用いた画像技術)と機械学習の経験を活かし、
       車載カメラやドライブレコーダー向けの画像認識ソフトウェアを提供してまいりました。今後も当社グループは、
       様々な端末に実装しやすい画像認識技術の実現を目指してまいります。
       ・当社グループの事業内容

         当社は、画像認識ソフトウェアを開発しておりますが、特に車載カメラやドライブレコーダー向けに歩行者や車
        両、車線、標識などを検知するADAS(※1)用の組み込みソフトウェアの開発に注力しております。主な顧客は
        Tier   1(※2)と呼ばれる自動車部品メーカーやドライブレコーダーメーカーです。また、顔認証やよそ見運転、
        危険運転、居眠り運転等を検知するDMS(※3)用ソフトウェアが、自動車部品メーカー等を通して自動車に搭載
        されております。
        ※1 ADAS

         Advanced      driver-assistance         systems。自動車の運転手の運転操作を支援するシステム。
        ※2 Tier     1
         自動車メーカーに直接部品を供給する企業。
        ※3 DMS
         Driver     Monitoring      System。自動車の運転手を監視するシステム。
       ・当社グループのソフトウェア技術について

         当社は、コンピュータビジョンに特化したソフトウェア、特に機械学習を用いた画像認識ソフトウェアを主に開
        発しております。機械学習とは、大量のデータを用いて学習を行い、特徴量(※4)と呼ばれる辞書を作成し、そ
        の辞書を参照しながら画像から歩行者などの対象物を検知する技術であります。
         機械学習は、近年AI技術を大きく発展させたディープラーニングとディープラーニング出現前の非ディープラー
        ニングに分けることができ、当社は、現在、主にディープラーニング技術を用いたアルゴリズム及びソフトウェア
        の開発に注力しております。ディープラーニングは、非ディープラーニングに比べて認識性能が高く、当社では
        ADAS用ソフトウェアだけでなく、運転手監視ソフトウェアにも用いております。
         一方、実装性能に優れた非ディープラーニングを有することも、当社の大きな強みであります。画像認識ソフト
        ウェアを安価な車載カメラやドライブレコーダーに搭載する場合には、比較的性能が低いLSI(※5)で動作させ
        ることが必要ですが、当社の非ディープラーニングは、そういった比較的性能が低いLSIでも動作させることが可
        能となります。
         このように当社は製品の仕様に応じて、非ディープラーニングとディープラーニングを使い分け、あるいはその
        両方を組み合わせて使うハイブリッド化を行い、車載カメラやドライブレコーダ用カメラにソフトウェアを提供し
        ております。
        ※4 特徴量

         データの特徴を数値化したもの
        ※5 LSI
         Large-Scale       Integration。集積回路のうち、素子の集積度が数千ゲートかそれ以上のもの。
       ・当社グループのビジネスモデル

         当社は、顧客の車載カメラやドライブレコーダー向けに画像認識ソフトウェアのカスタマイズや実装を行う対価
        を受託開発収入として計上しております。また、量産以降に発生する、搭載数量に応じたソフトウェア使用料をラ
        イセンス収入として計上しております。なお、一部の取引には商社が介在しております。
                                  5/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        なお、当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略し
       ております。
       [事業系統図]

        以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。
                                  6/78



















                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      4【関係会社の状況】
                                         議決権の所
                            資本金      主要な事業の        有割合又は
          名称           住所                               関係内容
                           (千円)      内容        被所有割合
                                          (%)
     (連結子会社)

                  中華人民共和国               画像認識ソフト              役員の兼任2名

     北京   澈科技有限公司                     10,000               100.0
                  北京市               ウェア開発事業              研究開発業務の委託
      (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

         2.特定子会社に該当している会社はありません。
         3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。
      5【従業員の状況】

       (1)連結会社の状況
                                                   2020年6月30日現在
                                           従業員数(人)
               セグメントの名称
                                                 21    ( 13 )
      画像認識ソフトウェア開発事業
      (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
         2.当社グループは、画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、グループ全体の従業員数を
           記載しております。
       (2)提出会社の状況

                                                   2020年6月30日現在
        従業員数(人)              平均年齢(歳)             平均勤続年数(年)             平均年間給与(千円)
           19   ( 10 )          33.8              2.0             4,807

     (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。
        2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。
        3.当社は、画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略しておりま
          す。
       (3)労働組合の状況

         当社グループにおいて、労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満であり、特記すべき事項はありま
        せん。
                                  7/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第2【事業の状況】
      1【経営方針、経営環境及び対処すべき課題等】
        当社グループの経営方針、経営環境及び対処すべき課題等は、以下の項目であると認識しております。文中の将来
       に関する事項は、本書提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
       (1)  経営方針

         当社グループは、「Make             Things    Intelligent」をミッションに掲げ、「あらゆるモノのインテリジェント化を
        目指し、スマート社会の安全や快適、効率に貢献する」という経営理念のもと、実用性に優れ、かつ高性能なソフ
        トウェアを提供することを通じて企業価値の最大化を図ります。この企業活動を支えるフィーチャグループ行動規
        範は以下のとおりであります。
         1.社会に対する行動
         2.誠実・健全な企業活動
         これらを経営の基本理念として事業展開を行っております。
       (2)  経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

         当社グループは、売上高、営業利益及びROE(株主資本利益率)を重要指標と位置づけ、持続的な事業拡大と企
        業価値向上を図ってまいります。
       (3)  経営環境

         当社グループの属する画像認識ソフトウェア業界においては、近年、大学発ベンチャー等の企業が新規参入して
        おります。そこで当社グループは、2013年6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」により、2015年時点の0.5
        兆円から2030年には20兆円まで成長すると見込まれている安全運転支援装置・システム市場において、当該装置・
        システムのキーデバイスである車載カメラ市場を主なターゲットとすることで、持続的な収益の拡大を図ってまい
        ります。
         なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う自動車販売台数の落ち込みを受け、自動車関連企業の開発予
        算は縮小傾向にあります。しかしながら、先進運転支援システムや自動運転に対する需要は底堅いことから、開発
        予算は徐々に平常時の水準に回復し、将来的には拡大していくことが想定されます。従いまして、短期的には新型
        コロナウイルス感染症による業績への影響が生じるものの、当社グループの経営方針及び経営戦略の見直しを要す
        るまでには至らないものと認識しております。
       (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

        ① 開発体制の強化
          安定的かつ着実な事業拡大を図る上では、既存顧客の契約を継続することや案件数等が増加した場合において
         も、収益率を高水準に維持し、かつ顧客に提供するサービスのパフォーマンスを維持・向上することが重要であ
         ると考えております。
          そのためには、さらなる優秀な人材の確保及び開発プロセスの改善、社内におけるノウハウの共有や教育訓練
         等が不可欠であるため、優秀な人材を積極的に採用するとともに、開発プロセスを継続的に見直し、社内におけ
         るノウハウの共有や教育訓練等を実施し、より強固な開発体制の構築に努めてまいります。
        ② 内部管理体制の強化

          当社グループは成長段階にあり、業務運営の効率化やリスク管理のための内部管理体制の強化が重要な課題で
         あると考えております。このため、バックオフィス業務の整備を推進し、経営の公正性・透明性を確保するた
         め、より強固な内部管理体制の構築に取り組んでまいります。
                                  8/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      2【事業等のリスク】
        本書に記載した事業の状況、経理の状況等に関する事項のうち、投資者の判断に重要な影響を及ぼす可能性のある
       事項には、以下のようなものがあります。必ずしもそのようなリスク要因に該当しない事項につきましても、投資者
       の投資判断上、重要であると考えられる事項につきまして、投資者に対する積極的な情報開示の観点から以下のとお
       り記載しております。
        なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において当社グループが判断したものであり、将来において発
       生の可能性があるすべてのリスクを網羅することを保証するものではありません。
       (1)  市場動向について

         当社グループは、車載カメラ及びドライブレコーダー用画像認識ソフトウェアの開発を主力事業としておりま
        す。今後、新たな法的規制や業界団体による規制の導入、その他予期せぬ要因等により、顧客企業におけるソフト
        ウェア開発の外部委託の縮小や内製化若しくはニーズの変化、新車販売動向の低迷等、市場規模が縮小する動きが
        みられた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
         そのため、当社グループは、常に市場動向を把握し、市場動向に応じた柔軟な対応を行うとともに、他市場への
        展開を積極的に進めることでリスクの低減を図ってまいります。
       (2)  自然災害等のリスクについて

         当社グループが事業活動を展開する国や地域において、地震、台風、洪水等の自然災害または感染症の流行等が
        発生し、当社グループや顧客の事業活動に支障が生じた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可
        能性があります。
       (3)  技術動向について

         当社グループの事業分野においては、技術革新が急速に進んでおり、特にディープラーニング技術の分野におい
        ては、技術革新の速度は顕著であります。当社グループでは、優秀な人材の採用や開発に取り組んでおります。し
        かしながら、当社グループの技術革新が想定どおりに進まない場合や、予想以上の急速な技術革新や代替技術・競
        合商品の出現、依存する技術標準・基盤の変化等により、当社グループの製品が十分な競争力や付加価値を確保で
        きない場合等には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (4)  知的財産について

         当社グループによる第三者の知的財産権侵害の可能性につきましては、調査可能な範囲で対応を行っております
        が、当社グループの事業領域に関する第三者の知的財産権の完全な把握は困難であり、当社グループが認識せずに
        他社の特許を侵害してしまう可能性は否定できません。この場合、第三者からの損害賠償請求等により、当社グ
        ループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (5)  品質管理について

         当社グループは、開発業務においてプロジェクト管理やソフトウェア解析ツールの導入等により、品質管理を
        行っております。しかしながら、関連する製品及び技術の複雑化等の理由で品質問題を起こし、損害賠償責任等が
        生じた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (6)  情報管理について

         当社グループは、事業を通じて顧客の機密情報や個人情報を保有しております。これらの情報の取扱いについて
        は、規程の整備、運用並びに社員教育を徹底するとともに情報セキュリティ機器の導入等の対策を実施しておりま
        す。しかしながら、これらの対策にも関わらず当社グループの人的オペレーションのミス、システム障害、サイ
        バー攻撃、その他予期せぬ要因等により、情報漏洩が発生し、当社グループの社会的信用の失墜や損害賠償責任等
        が生じた場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (7)  人材の確保・育成について

         当社グループは、今後の事業展開に応じて、積極的にエンジニアの育成及び採用を進めていく方針であります。
        しかしながら、人材の確保が思うように進まない場合や、人材の社外流出等何らかの事由によりこれらの施策が計
        画どおりに進行しなかった場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
                                  9/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (8)  コンプライアンス体制について
         当社グループは、今後企業価値を高めていくためにはコンプライアンス体制を有効に機能させることが重要であ
        ると考えております。そのためコンプライアンスに関する社内規程を策定するとともに適宜研修を実施し、周知徹
        底を図っております。しかしながら、これらの取り組みにも関わらずコンプライアンス上のリスクを完全に解消す
        ることは困難であり、今後の当社グループの事業運営に関して法令等に抵触する事態が発生した場合、当社グルー
        プの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (9)  特定人物への依存について

         当社グループの代表取締役社長CEO                  脇健一郎及び代表取締役CTO             曹暉は、経営戦略、開発戦略等当社の業務に関
        して専門的な知識・技術を有し、重要な役割を果たしております。当社グループでは、取締役会等において役員及
        び社員への情報共有や権限委譲を進める等、組織体制の強化を図りながら、経営体制の整備を進めており、また、
        役員の異動がある場合は入念な引継ぎ、権限移譲を行うことで、経営に関するリスクを低減しております。しかし
        ながら、現状では両氏が当社グループを退任した場合、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があり
        ます。
       (10)小規模組織であることについて

         当社グループは、小規模な組織であり、現在の人員構成における最適と考えられる内部管理体制や業務執行体制
        を構築しております。今後におきましても、業容拡大及び業務内容の多様化に対応するため、人員の増強及び内部
        管理体制及び業務執行体制の一層の充実を図っていく方針でありますが、これらの施策が適時適切に進行しなかっ
        た場合には、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (11)海外での事業展開について

         当社グループは、海外に開発拠点を設置する等、海外での事業拡大を積極的に進めております。しかしながら、
        それらの国で予期しない法律や制度の改正、政治及び経済情勢の変化、急激な為替変動等の事象が発生した場合に
        は、当社グループの事業及び業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (12)ライセンス収入の変動について

         当社グループのライセンス収入は、当社ソフトウェアが搭載された製品の製造、販売または使用に伴い認識され
        ます。しかしながら、製品の製造、販売または使用は、顧客の販売計画や営業活動に依存するため、顧客の販売計
        画が変更等された場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
       (13)特定顧客への依存度について

         当社グループの売上高は、特定の主要顧客に依存しており、2020年6月期においては、売上高上位3社に対する
        売上高が売上高全体の70.9%を占めております。また、主要顧客は、自動車及び自動車関連企業であり、当社グ
        ループの売上高は同業界の設備投資動向や生産計画の影響を受けやすくなっており、これら主要顧客との取引関係
        や自動車業界の動向に変化が生じた場合、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。
         そのため、当社グループは、主要顧客との良好な関係の維持に努めるとともに、他市場を含めた新規顧客の獲得
        を積極的に進めることでリスクの低減を図ってまいります。
       (14)売上計上時期の期ずれについて

         受託開発取引においては、大幅な仕様変更や予期せぬトラブルの発生等に伴う納入時期の変更や検収遅延によ
        り、売上の計上時期が当初の予定から翌四半期あるいは翌連結会計年度にずれる場合があります。それらの期ずれ
        が発生した場合には、各四半期あるいは連結会計年度における当社グループの業績に影響を及ぼす可能性がありま
        す。
       (15)受託開発案件の中断について

         当社は、主に量産が見込まれる案件の受託開発を行っておりますが、顧客の販売計画の変更等により開発が中断
        され、当初想定した受託開発収入やライセンス収入を得られない場合には、当社グループの業績に影響を及ぼす可
        能性があります。
                                 10/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (16)配当政策について
         当社は、設立以来配当を実施した実績はありませんが、株主に対する利益還元を重要な経営課題として認識して
        おります。しかしながら、当社は現在、成長過程にあると考えており、内部留保の充実を図り、将来の事業展開及
        び経営体質の強化のための投資等に充当し、なお一層の事業拡大を目指すことが、株主に対する最大の利益還元に
        つながると考えております。
         将来的には、各期の経営成績及び財政状態を勘案しながら株主に対して利益還元を実施していく方針ではありま
        すが、現時点において配当実施の可能性及びその実施時期等については未定であります。
       (17)資金使途について

         公募増資等による調達資金の使途については、事業規模拡大及び研究開発促進のための採用教育費や人件費に充
        当することを計画しております。
         しかしながら、事業環境が大きく変化した場合には、その変化に柔軟に対応するため、上記以外の使途に充当す
        る可能性があります。また、計画どおりに資金を使用した場合においても、期待どおりの効果を得られない可能性
        があります。
       (18)新型コロナウイルス感染症について

         当社グループの顧客は、主に日本や中国において生産活動を行っております。それらの国や地域において新型コ
        ロナウイルス感染症の感染が拡大し、当社ソフトウェアが搭載された車載カメラやドライブレコーダー等の製品の
        生産が停止または減産された場合には、ライセンス収入が落ち込み、当社グループの業績に影響を及ぼす可能性が
        あります。
         そのため、     当社グループでは、開発案件の進捗状況や今後の見通し等について、顧客からの定期的な情報収集に
        努めております。
                                 11/78













                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      3【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】
       (1)経営成績等の状況の概要
         当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の概要は次のとおり
        であります。
         なお、当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省略
        しております。
        ① 財政状態の状況

         (資産)
          当連結会計年度末における流動資産は527,707千円(前連結会計年度末比126,668千円増)となりました。これ
         は主に、2020年6月の東京証券取引所マザーズへの株式上場に伴う公募増資等により現金及び預金が79,659千円
         増加したこと並びに売上高増加に伴い売掛金が57,343千円増加したことによるものであります。
          また、固定資産は50,358千円(同2,056千円増)となりました。
          以上の結果、資産合計は578,065千円(同128,725千円増)となりました。
         (負債)
          当連結会計年度末における流動負債は53,838千円(前連結会計年度末比9,096千円減)となりました。これは
         主に、未払法人税等が18,492千円増加したものの、前受収益が24,126千円減少したこと及び借入金の返済により
         1年内返済予定の長期借入金が8,843千円減少したことによるものであります。
          以上の結果、負債合計は53,838千円(同9,096千円減)となりました。
         (純資産)
          当連結会計年度末における純資産は524,227千円(前連結会計年度末比137,821千円増)となりました。これは
         主に、2020年6月の東京証券取引所マザーズへの株式上場に伴う公募増資により資本金及び資本準備金がそれぞ
         れ35,880千円増加したこと並びに利益剰余金が親会社株主に帰属する当期純利益の計上により66,537千円増加し
         たことによるものであります。
        ② 経営成績の状況

          当社グループは、「Make             Things    Intelligent」をミッションに掲げ、画像認識ソフトウェアの開発を行って
         おります。
          当社グループが属する画像認識ソフトウェア業界におきましては、自動車向け先進運転支援システム(ADAS)
         の普及や自動運転技術の実用化に向けて、自動車関連企業各社が取り組みを強化しております。
          こうした環境の中で、当社グループは新規案件の獲得及びディープラーニングをはじめとした画像認識技術の
         研究開発を積極的に進めてまいりました。
          この結果、当連結会計年度の経営成績は、売上高419,701千円(同48.6%増)、営業利益98,513千円(前連結
         会計年度は営業損失3,521千円)、経常利益90,800千円(前連結会計年度は経常損失5,531千円)、親会社株主に
         帰属する当期純利益66,537千円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純損失8,203千円)となりまし
         た。
          売上高の収入形態別の内訳は、次のとおりであります。
                            前連結会計年度
                                          当連結会計年度
                                                      前期実績比
                          (自 2018年7月1日
                                        (自 2019年7月1日
                                                       増減率
                           至 2019年6月30日)
                                         至 2020年6月30日)
     売上高                        282,465千円              419,701千円             48.6%

      うち、受託開発収入                        223,550千円              285,948千円             27.9%

      うち、ライセンス収入                         58,915千円              133,753千円            127.0%

          受託開発収入に関しては、既存顧客からの新規案件受注及び新規顧客獲得により増加し、285,948千円(前連

         結会計年度比27.9%増)となりました。また、ライセンス収入に関しては、ドライブレコーダー向けライセンス
         が好調に推移したことや、新車用車載カメラ向けライセンスが新たに発生したこと等により                                          133,753千円(同
         127.0%増)と大幅に増加いたしました。
          なお、当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載を省
         略しております。
                                 12/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ③ キャッシュ・フローの状況
          当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下「資金」という。)は、前連結会計年度末に比べ79,659
         千円増加し、419,513千円となりました。なお、当該増加には、現金及び現金同等物に係る為替変動による影響
         940千円が含まれております。
          当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は、次のとおりであります。
        (営業活動によるキャッシュ・フロー)

          営業活動の結果得られた資金は36,496千円(前連結会計年度は1,225千円の支出)となりました。これは主
         に、売上債権の増加57,343千円及び前受収益の減少24,126千円があったものの、税金等調整前当期純利益の計上
         90,800千円及び非現金支出となる減価償却費の計上15,426千円があったことによるものであります。
        (投資活動によるキャッシュ・フロー)
          投資活動の結果使用した資金は18,813千円(前連結会計年度比60.2%減)となりました。これは有形固定資産
         の取得による支出18,813千円によるものであります。
        (財務活動によるキャッシュ・フロー)
          財務活動の結果得られた資金は62,917千円(前連結会計年度は5,012千円の支出)となりました。これは主
         に、東京証券取引所マザーズへの株式上場に伴う株式の発行による収入71,760千円によるものであります。
        ④ 生産、受注及び販売の実績

         a.生産実績
           当社グループは生産活動を行っておりませんので、該当事項はありません。
         b.受注実績

           当社グループは受注生産を行っておりませんので、該当事項はありません。
         c.販売実績

           当連結会計年度における販売実績は、次のとおりであります。
                                        当連結会計年度
                                      (自 2019年7月1日
            セグメントの名称                           至 2020年6月30日)
                                 金額(千円)               前年同期比(%)

     画像認識ソフトウェア開発事業                                  419,701                  148.6

     合計                                  419,701                  148.6

      (注)1.最近2連結会計年度の主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合は、次のとおり
           であります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2018年7月1日                 (自 2019年7月1日
               相手先                 至 2019年6月30日)                 至 2020年6月30日)
                             金額(千円)         割合(%)        金額(千円)         割合(%)

     株式会社JVCケンウッド                           65,724         23.3       118,359          28.2

     株式会社ネクスティエレクトロニクス                           47,250         16.7       104,438          24.9

     トヨタコネクティッド株式会社                           67,945         24.1       74,800         17.8

     惠州市德     西威汽   车电  子股份有限公司                30,000         10.6       56,033         13.4

         2.上記の金額には、消費税等は含まれておりません。
                                 13/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容
         経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は、次のとおりでありま
        す。
         なお、文中の将来に関する事項は、本書提出日現在において判断したものであります。
         ① 重要な会計方針及び見積り

           当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づいて作成され
          ております。その作成にあたっては、経営者による会計方針の選択・適用、資産・負債及び収益・費用の報告
          金額並びに開示に影響を与える見積りを必要としております。経営者は、これらの見積りについて、過去の実
          績等を勘案し合理的に判断しておりますが、実際の結果は、見積りによる不確実性のため、これらの見積りと
          異なる場合があります。
           この連結財務諸表を作成するにあたり重要となる会計方針については「第5                                     経理の状況 1        連結財務諸表
          等 (1)    連結財務諸表 注記事項 連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」に記載のとおりであり
          ますが、特に以下の重要な会計方針が連結財務諸表における重要な見積りの判断に大きな影響を及ぼすと考え
          ております。
          a.  繰延税金資産

            財務諸表と税務上の資産または負債の額に相違が発生する場合、将来減算一時差異に係る税効果につい
           て、繰延税金資産を計上しております。繰延税金資産のうち、実現が不確実であると考えられる金額に対し
           評価性引当額を計上して繰延税金資産を減額しております。繰延税金資産の実現の可能性により、評価性引
           当額が変動し、損益に影響を及ぼす可能性があります。
            なお、新型コロナウイルス感染症の影響については、                          「第5    経理の状況 1        連結財務諸表等 (1)          連結
           財務諸表 注記事項 追加情報」に記載のとおりであります。
         ② 経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

          a.  売上高
            当連結会計年度の売上高は、              419,701千円(前連結会計年度比48.6%増                   )となりました。受託開発収入の
           増加に関しては、既存顧客からの新規案件受注及び新規顧客獲得によるものであります。また、ライセンス
           収入の増加に関しては、ドライブレコーダー向けライセンスが好調に推移したことや、新車用車載カメラ向
           けライセンスが新たに発生したこと等によるものであります                            。
          b.  売上原価、売上総利益

            当連結会計年度の売上原価は、119,135千円(前連結会計年度比28.9%増)となりました。これは主に、
           既存社員の昇給に伴い人件費等が増加したことによるものであります。
            以上の結果、当連結会計年度の売上総利益は、300,565千円(前連結会計年度比58.2%増)となりまし
           た。
          c.  販売費及び一般管理費、営業損益

            当連結会計年度の販売費及び一般管理費は、202,052千円(前連結会計年度比4.4%増)となりました。こ
           れは主に、上場関連費用の発生により経費等が増加したことによるものであります。
            以上の結果、当連結会計年度の営業利益は、98,513千円(前連結会計年度は営業損失3,521千円)となり
           ました。
          d.  営業外損益、経常損益

            当連結会計年度の営業外収益は、51千円(前連結会計年度比223.2%増)となりました。これは主に、雑
           収入によるものであります。一方で、営業外費用は、7,764千円(前連結会計年度比283.4%増)となりまし
           た。これは主に、株式公開費用によるものであります。
            以上の結果、当連結会計年度の経常利益は、90,800千円(前連結会計年度は経常損失5,531千円)となり
           ました。
                                 14/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
          e.  特別損益、親会社株主に帰属する当期純損益
            当連結会計年度において特別利益及び特別損失は発生しておりません。
            以上の結果、当連結会計年度の税金等調整前当期純利益は、90,800千円(前連結会計年度は税金等調整前
           当期純損失5,531千円)となり、法人税等を24,262千円計上したことにより、親会社株主に帰属する当期純
           利益は、66,537千円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純損失8,203千円)となりました。
         ③ キャッシュ・フローの分析

           各キャッシュ・フローの分析については、「(1)                        経営成績等の状況の概要 ③ キャッシュ・フローの状
          況」に記載のとおりであります。
         ④ 経営成績に重要な影響を与える要因について

           当社グループの将来の財政状態及び経営成績に重要な影響を与えるリスク要因については、「2 事業等の
          リスク」に記載のとおりであります。
         ⑤ 資本の財源及び資金の流動性

           当社グループは、事業運営上必要な流動性と資金の財源を安定的に確保することを基本方針としておりま
          す。運転資金や自社サーバー購入等を目的とした資金需要は自己資金によることを基本としておりますが、必
          要に応じて多様な調達手段を検討してまいります。
           なお、当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は419,513千円であります。
         ⑥ 経営方針、経営戦略、経営上の目標の達成状況を判断するための客観的な指標等

           当社グループは、重要な経営指標として売上高、営業利益及びROEを掲げております。
           当連結会計年度を含む、直近2連結会計年度の各指標の推移は、次のとおりであります。
                            2019年6月期           2020年6月期
      売上高(千円)                          282,465           419,701

      営業利益又は営業損失(△)(千円)                          △3,521            98,513

      ROE(%)                           △2.1            14.6

      4【経営上の重要な契約等】

        該当事項はありません。
      5【研究開発活動】

        当社グループは、認識精度と認識速度を両立した画像認識ソフトウェアにより安全で安心な社会を実現するため、
       ディープラーニング技術等の先端技術分野の研究開発を進めております。
        現在の研究開発は、当社の開発部及び連結子会社において推進されております。研究開発メンバーは、博士号取得
       者をはじめとした高度な知識を有するメンバーにより構成されております。
        当連結会計年度においては、主にフリースペース検知技術、三次元物体検知技術及び最適なディープラーニングモ
       デルの自動探索技術の開発を行いました。
        当連結会計年度の研究開発費の総額は                   48,122   千円であります。
        なお、当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略し
       ております。
                                 15/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第3【設備の状況】
      1【設備投資等の概要】
        当社グループでは、ソフトウェアの新規開発及び充実・強化を目的とした設備投資を継続的に実施しております。
        当連結会計年度において実施した設備投資の総額は                         18,813   千円であり、その主な内容は、工具、器具及び備品であ
       ります。
        なお、当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメント別の記載は省略し
       ております。
        また、当連結会計年度において重要な設備の除却又は売却はありません。
      2【主要な設備の状況】

        当社グループにおける主要な設備は、次のとおりであります。
       (1)提出会社
                                                     2020年6月30日現在
                                        帳簿価額
        事業所名                                                従業員数
                   設備の内容
                               建物       工具、器具及び備品             合計
        (所在地)                                                 (人)
                              (千円)          (千円)          (千円)
     本社
                事務所                  5,568         16,086         21,655    19(10)
     (東京都豊島区)
       (2)在外子会社

                                                     2020年6月30日現在
                                            帳簿価額
                   事業所名                                      従業員数
         会社名                    設備の内容
                   (所在地)                   工具、器具及び備品             合計       (人)
                                        (千円)          (千円)
                本社
     北京   澈科技有限公司                  コンピュータ周辺装置                 2,131         2,131    2(3)
                (中華人民共和国北京市)
      (注)1.提出会社の本社の事務所は賃借しているものであり、年間賃借料は25,430千円であります。
         2.現在休止中の主要な設備はありません。
         3.上記の金額には消費税等は含まれておりません。
         4.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均人                             員を( )外書で記載しております。
         5.当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、セグメントに係る記載は省略
           しており    ます。
      3【設備の新設、除却等の計画】

       (1)  重要な設備の新設
         該当事項はありません。
       (2)  重要な設備の除却等

         該当事項はありません。
                                 16/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第4【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                        20,000,000

                  計                             20,000,000

        ②【発行済株式】

            事業年度末現在発行数
                                    上場金融商品取引所名又
                        提出日現在発行数(株)
                (株)
       種類                             は登録認可金融商品取引                 内容
                         (2020年9月30日)
             (2020年6月30日)                        業協会名
                                                 完全議決権株式であり、
                                                 権利内容に何ら限定のな
                                    東京証券取引所
                                                 い当社における標準とな
                 5,409,000            5,496,000
      普通株式
                                    (マザーズ)
                                                 る株式であります。な
                                                 お、単元株式数は100株
                                                 であります。
                 5,409,000            5,496,000            -            -
       計
     (注)提出日現在発行数には、2020年9月1日からこの有価証券報告書提出日までの新株予約権の行使により発行された
        株式数は含まれておりません。
                                 17/78













                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (2)【新株予約権等の状況】
        ①【ストックオプション制度の内容】
         第1回新株予約権
      決議年月日                              2018年3月14日
                                    当社監査役 1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                    当社従業員 8(注)8
      新株予約権の数(個)           ※
                                    3,332
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                           ※   普通株式     9,996   (注)1.7
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                   ※            464  (注)2.7

      新株予約権の行使期間           ※

                                    自 2020年3月15日 至 2028年3月14日
                                    発行価格            464
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価
      格及び資本組入額(円)            ※
                                    資本組入額          232  (注)3.7
      新株予約権の行使の条件            ※                  (注)4
                                    譲渡による新株予約権の取得については、当社取
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                    締役会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          ※
                                    (注)6
         ※ 当   事業年度の末日(2020年6月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年8月
           31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現
           在に係る記載を省略しております。
      (注)1    .新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、3株とする。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合
           を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約
           権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果
           生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
           他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
           のとする。
         2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込金額(以下「行
           使価額」という。)に1に定める新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
           なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
           整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
            調整後行使価額        =           ×
                      調整前行使価額
                                  分割・併合の比率
           また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
           行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
           の端数は切り上げる。
                       既発行       調整前       新規発行       1株当たり
                            ×       +       ×
                       株式数       行使価額        株式数       払込金額
            調整後行使価額        =
                             既発行株式数+新規発行株式数
           上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
           数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
           「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
           う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
           る。
                                 18/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         3.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
           従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、そ
           の端数を切り上げるものとする。
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限
           度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         4.①新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または
            当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期
            満了により退任または定年退職した場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限
            りではない。
           ②本新株予約権者は、「新株予約権を行使することができる期間」に定める行使期間内に当社普通株式が日
            本国内のいずれかの金融商品取引所に上場した場合、上場日を基準として、以下の割合を上限に段階的に
            本新株予約権を行使することができる。なお、各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数に以
            下の割合を乗じた本新株予約権数に端数が生じる場合には、これを切り捨てるものとする。
             ⅰ.上場日から1年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の40%
             ⅱ.上場日から2年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の60%
             ⅲ.上場日から3年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の80%
             ⅳ.上場日から3年後の日以降
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の100%
           ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.①新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
            なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
            が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
            る。
           ②新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
            予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
                                 19/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         6.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
           上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
           存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
           社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
           権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
           編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
           約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株
           式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
            数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
           ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、1に準じて決定する。
           ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
            前記2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予
            約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤新株予約権を行使することができる期間
            2020年3月15日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、2028年3月14日までとする。
           ⑥新株予約権の行使の条件
            前記4に準じて決定する。
           ⑦増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            前記3に準じて決定する。
           ⑧譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨新株予約権の取得事由
            前記5に準じて決定する。
         7.  2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。                                      これにより「新株予約
           権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使
           により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         8.  付与対象者の退職による権利の喪失及び監査役・従業員の取締役就任により、本書提出日現在の「付与対象
           者の区分及び人数」は、当社取締役2名、当社従業員3名となっております。
                                 20/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         第2回新株予約権
      決議年月日                              2019年1月25日
                                    当社取締役 1
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                    当社従業員 14(注)8
      新株予約権の数(個)           ※
                                    6,050
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                           ※   普通株式     18,150    (注)1.7
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                   ※            1,000   (注)2.7

      新株予約権の行使期間           ※

                                    自 2021年1月26日 至 2029年1月25日
                                    発行価格         1,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価
      格及び資本組入額(円)            ※
                                    資本組入額          500  (注)3.7
      新株予約権の行使の条件            ※                  (注)4
                                    譲渡による新株予約権の取得については、当社取
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                    締役会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          ※
                                    (注)6
         ※ 当   事業年度の末日(2020年6月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年8月
           31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現
           在に係る記載を省略しております。
      (注)1    .新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、3株とする。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合
           を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約
           権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果
           生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
           他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
           のとする。
         2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込金額(以下「行
           使価額」という。)に1に定める新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
           なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
           整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
            調整後行使価額        =           ×
                      調整前行使価額
                                  分割・併合の比率
           また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
           行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
           の端数は切り上げる。
                       既発行       調整前       新規発行       1株当たり
                            ×       +       ×
                       株式数       行使価額        株式数       払込金額
            調整後行使価額        =
                             既発行株式数+新規発行株式数
           上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
           数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
           「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
           う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
           る。
                                 21/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         3.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
           従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、そ
           の端数を切り上げるものとする。
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限
           度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         4.①新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または
            当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期
            満了により退任または定年退職した場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限
            りではない。
           ②本新株予約権者は、「新株予約権を行使することができる期間」に定める行使期間内に当社普通株式が日
            本国内のいずれかの金融商品取引所に上場した場合、上場日を基準として、以下の割合を上限に段階的に
            本新株予約権を行使することができる。なお、各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数に以
            下の割合を乗じた本新株予約権数に端数が生じる場合には、これを切り捨てるものとする。
             ⅰ.上場日から1年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の40%
             ⅱ.上場日から2年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の60%
             ⅲ.上場日から3年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の80%
             ⅳ.上場日から3年後の日以降
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の100%
           ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.①新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
            なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
            が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
            る。
           ②新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
            予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
                                 22/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         6.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
           上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
           存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
           社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
           権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
           編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
           約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株
           式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
            数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
           ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、1に準じて決定する。
           ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
            前記2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予
            約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤新株予約権を行使することができる期間
            2021年1月26日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、2029年1月25日までとする。
           ⑥新株予約権の行使の条件
            前記4に準じて決定する。
           ⑦増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            前記3に準じて決定する。
           ⑧譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨新株予約権の取得事由
            前記5に準じて決定する。
         7.  2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。                                      これにより「新株予約
           権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使
           により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         8.  付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締
           役1名、当社従業員11名となっております。
                                 23/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         第3回新株予約権
      決議年月日                              2019年6月21日
                                    当社取締役 2
      付与対象者の区分及び人数(名)
                                    当社従業員 21(注)8
      新株予約権の数(個)           ※
                                    12,190
      新株予約権の目的となる株式の種類、内容及び数(株)                           ※   普通株式     36,570    (注)1.7
      新株予約権の行使時の払込金額(円)                   ※

                                    1,000(注)2.7
      新株予約権の行使期間           ※
                                    自 2021年6月22日 至 2029年6月21日
                                    発行価格         1,000
      新株予約権の行使により株式を発行する場合の株式の発行価
      格及び資本組入額(円)            ※
                                    資本組入額          500  (注)3.7
      新株予約権の行使の条件            ※                  (注)4
                                    譲渡による新株予約権の取得については、当社取
      新株予約権の譲渡に関する事項               ※
                                    締役会の決議による承認を要するものとする。
      組織再編成行為に伴う新株予約権の交付に関する事項                          ※
                                    (注)6
         ※ 当   事業年度の末日(2020年6月30日)における内容を記載しております。提出日の前月末現在(2020年8月
           31日)において、記載すべき内容が当事業年度の末日における内容から変更がないため、提出日の前月末現
           在に係る記載を省略しております。
      (注)1    .新株予約権1個当たりの目的となる株式数は、3株とする。
           なお、付与株式数は、本新株予約権の割当日後、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合
           を行う場合、次の算式により目的となる株式の数を調整するものとする。ただし、かかる調整は、新株予約
           権のうち、当該時点で権利行使されていない新株予約権の目的となる株式の数について行われ、調整の結果
           生じる1株未満の端数については、これを切り捨てる。
            調整後株式数=調整前株式数×分割・併合の比率
           また、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行なう場合又はその
           他やむを得ない事由が生じた場合には、新株予約権の目的となる株式の数は、合理的な範囲で調整されるも
           のとする。
         2.新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、次により決定される1株当たりの払込金額(以下「行
           使価額」という。)に1に定める新株予約権1個の株式数を乗じた金額とする。
           なお、当社が株式分割(株式無償割当を含む。)または株式併合を行う場合、次の算式により行使価額を調
           整し、1円未満の端数は切り上げる。
                                     1
            調整後行使価額        =           ×
                      調整前行使価額
                                  分割・併合の比率
           また、当社が行使価額を下回る払込金額で募集株式の発行または自己株式の処分を行う場合(新株予約権の
           行使に基づく株式の発行・処分を除く)は、次の算式により行使価額を調整し、調整により生じる1円未満
           の端数は切り上げる。
                       既発行       調整前       新規発行       1株当たり
                            ×       +       ×
                       株式数       行使価額        株式数       払込金額
            調整後行使価額        =
                             既発行株式数+新規発行株式数
           上記算式において「既発行株式数」とは、当社の発行済株式総数から当社が保有する自己株式数を控除した
           数とし、自己株式の処分を行う場合には「新規発行」を「自己株式の処分」、「1株当たり払込金額」を
           「1株当たり処分金額」と読み替えるものとする。
           さらに、上記のほか、当社が吸収合併、新設合併、吸収分割、新設分割、株式交換もしくは株式移転を行な
           う場合又はその他やむを得ない事由が生じた場合には、行使価額は、合理的な範囲で調整されるものとす
           る。
                                 24/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         3.新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本金の額は、会社計算規則第17条第1項に
           従い算出される資本金等増加限度額の2分の1の金額とし、計算の結果1円未満の端数が生じたときは、そ
           の端数を切り上げるものとする。
           本新株予約権の行使により株式を発行する場合において増加する資本準備金の額は、上記の資本金等増加限
           度額から上記に定める増加する資本金の額を減じた額とする。
         4.①新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または
            当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期
            満了により退任または定年退職した場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限
            りではない。
           ②本新株予約権者は、「新株予約権を行使することができる期間」に定める行使期間内に当社普通株式が日
            本国内のいずれかの金融商品取引所に上場した場合、上場日を基準として、以下の割合を上限に段階的に
            本新株予約権を行使することができる。なお、各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数に以
            下の割合を乗じた本新株予約権数に端数が生じる場合には、これを切り捨てるものとする。
             ⅰ.上場日から1年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の40%
             ⅱ.上場日から2年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の60%
             ⅲ.上場日から3年以内
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の80%
             ⅳ.上場日から3年後の日以降
               各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の100%
           ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
         5.①新株予約権者が権利行使をする前に、当社が消滅会社となる合併契約承認の議案又は当社が完全子会社と
            なる株式交換契約承認もしくは株式移転計画承認の議案につき株主総会で承認された場合(株主総会決議
            が不要の場合は、当社取締役会決議がなされた場合)は、当社は無償で新株予約権を取得することができ
            る。
           ②新株予約権者が権利行使をする前に、新株予約権の行使の条件の規定に該当しなくなった場合、及び新株
            予約権者が保有する新株予約権を放棄した場合には、当社は無償で新株予約権を取得することができる。
                                 25/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         6.当社が合併(当社が合併により消滅する場合に限る。)、吸収分割、新設分割、株式交換又は株式移転(以
           上を総称して以下「組織再編行為」という。)をする場合において、組織再編行為の効力発生日において残
           存する新株予約権(以下「残存新株予約権」という。)の新株予約権者に対し、それぞれの場合につき、会
           社法第236条第1項第8号のイからホまでに掲げる株式会社(以下「再編対象会社」という。)の新株予約
           権を以下の条件に基づきそれぞれ交付することとする。この場合においては、残存新株予約権は消滅し、再
           編対象会社は新株予約権を新たに発行するものとする。ただし、以下の条件に沿って再編対象会社の新株予
           約権を交付する旨を、吸収合併契約、新設合併契約、吸収分割契約、新設分割計画、株式交換契約または株
           式移転計画において定めた場合に限るものとする。
           ①交付する再編対象会社の新株予約権の数
            組織再編行為の効力発生の時点において残存する募集新株予約権の新株予約権者が保有する新株予約権の
            数と同一の数をそれぞれ交付するものとする。
           ②新株予約権の目的である再編対象会社の株式の種類
            再編対象会社の普通株式とする。
           ③新株予約権の目的である再編対象会社の株式の数
            組織再編行為の条件等を勘案のうえ、1に準じて決定する。
           ④新株予約権の行使に際して出資される財産の価額
            交付される各新株予約権の行使に際して出資される財産の価額は、組織再編行為の条件等を勘案のうえ、
            前記2で定められた行使価額を調整して得られる再編後払込金額に上記③に従って決定される当該新株予
            約権の目的である再編対象会社の株式の数を乗じて得られる金額とする。
           ⑤新株予約権を行使することができる期間
            2021年6月22日と組織再編行為の効力発生日のうちいずれか遅い日から、2029年6月21日までとする。
           ⑥新株予約権の行使の条件
            前記4に準じて決定する。
           ⑦増加する資本金及び資本準備金に関する事項
            前記3に準じて決定する。
           ⑧譲渡による新株予約権の取得の制限
            譲渡による新株予約権の取得については、再編対象会社の承認を要するものとする。
           ⑨新株予約権の取得事由
            前記5に準じて決定する。
         7.  2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。                                      これにより「新株予約
           権の目的となる株式の種類、内容及び数」、「新株予約権の行使時の払込金額」及び「新株予約権の行使
           により株式を発行する場合の株式の発行価格及び資本組入額」が調整されております。
         8.  付与対象者の退職による権利の喪失により、本書提出日現在の「付与対象者の区分及び人数」は、当社取締
           役2名、当社従業員17名となっております。
        ②【ライツプランの内容】
          該当事項はありません。
        ③【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
                                 26/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】
             発行済株式総
                     発行済株式総        資本金増減額        資本金残高       資本準備金増        資本準備金残
       年月日      数増減数
                     数残高(株)         (千円)        (千円)       減額(千円)        高(千円)
               (株)
                       普通株式
                         1,300
             A種優先株式
     2016年2月26日                 甲種類株式
                                50,050        66,350        50,050        50,050
                  182
       (注)1                    60
                     A種優先株式
                          182
                普通株式
                       普通株式
                   60
     2016年10月11日                    1,360
                                   -                -
                                        66,350                50,050
       (注)2        甲種類株式       A種優先株式
                  △60        182
                       普通株式
                         1,360
                     A種優先株式
     2017年5月31日        B種優先株式
                                24,330        90,680        24,320        74,370
                          182
       (注)3            35
                     B種優先株式
                           35
                       普通株式
                         1,360
                     A種優先株式
     2017年7月3日        B種優先株式
                                122,320        213,000        122,320        196,690
                          182
       (注)4           176
                     B種優先株式
                          211
                       普通株式
                普通株式
                       1,360,000
               1,358,640
                     A種優先株式
     2018年3月1日        A種優先株式
                                   -     213,000           -     196,690
                        182,000
       (注)5         181,818
             B種優先株式
                     B種優先株式
                210,789
                        211,000
                       普通株式
                       1,753,000
                     A種優先株式
     2019年11月18日          普通株式
                                   -     213,000           -     196,690
                        182,000
       (注)6         393,000
                     B種優先株式
                        211,000
             A種優先株式
               △182,000
     2019年11月30日                  普通株式
                                   -     213,000           -     196,690
             B種優先株式
       (注)6                1,753,000
               △211,000
     2019年11月30日          普通株式        普通株式
                                   -     213,000           -     196,690
       (注)7        3,506,000        5,259,000
                       普通株式
     2020年6月23日          普通株式
                                35,880       248,880        35,880       232,570
                       5,409,000
       (注)8         150,000
      (注)1.有償第三者割当
           発行価格         550,000円
           資本組入額        275,000円
           割当先 NVCC7号投資事業有限責任組合、ニッセイ・キャピタル6号投資事業有限責任組合、三菱UFJキャ
                ピタル5号投資事業有限責任組合
         2.甲種類株式を普通株式に変更したことによるものであります。
         3.  有償第三者割当
           発行価格       1,390,000円
           資本組入額        695,142円
           割当先 名古屋大学・東海地区大学広域ベンチャー1号投資事業有限責任組合
         4.  有償第三者割当
                                 27/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
           発行価格       1,390,000円
           資本組入額        695,000円
           割当先 惠州市德         西威汽   车电  子股份有限公司
         5.株式分割(1:1,000)によるものであります。
         6.2019年11月18日付で、A種優先株主及びB種優先株主の株式取得請求権の行使を受けたことにより、すべ
           てのA種優先株式及びB種優先株式を自己株式として取得し、対価として当該A種優先株主及びB種優先
           株主にA種優先株式及びB種優先株式1株につき普通株式1株を交付しております。また、その後2019年
           11月30日付で、当該A種優先株式及びB種優先株式のすべてを消却しております。
         7.株式分割(1:3)によるものであります。
         8.有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)
           発行価格             520円
           引受価額   478.40円
           資本組入額  239.20円
         9.2020年7月29日を払込期日とするオーバーアロットメントによる売出しに関連した第三者割当増資によ
           り、発行済株式総数が87,000株、資本金及び資本準備金がそれぞれ20,810千円増加しております。
       (5)【所有者別状況】

                                                     2020年6月30日現在
                          株式の状況(1単元の株式数           100 株)
                                                        単元未満
       区分                             外国法人等                   株式の状況
            政府及び地           金融商品取     その他の法
                  金融機関                           個人その他       計     (株)
            方公共団体           引業者     人
                                  個人以外      個人
     株主数(人)          -      7     ▶     34     15      ▶    1,899      1,963     -
     所有株式数
                -    2,986       87     236     7,490     25,397      17,892      54,088     200
     (単元)
     所有株式数の割
                -     5.52     0.16     0.44     13.85     46.95      33.08      100    -
     合(%)
                                 28/78












                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (6)【大株主の状況】
                                                   2020年6月30日現在
                                                    発行済株式(自己
                                                    株式を除く。)の
                                            所有株式数
                                                    総数に対する所有
          氏名又は名称                     住所
                                             (株)
                                                    株式数の割合
                                                    (%)
                                              1,393,500           25.76

     曹 暉                  東京都豊島区
                                              1,146,000           21.18
     王 潞                  東京都豊島区
                                               759,500          14.04
     脇 健一郎                  東京都国分寺市
                       103,     HECHANG        5TH    RO
                       AD   WEST,ZHONGKAI              NA
     HUIZHOU        DESAY      SV
                       TIONAL       HI-TECH        INDU
     AUTOMOTIVE           CO.,L
                       STRIAL       DEVELOPMENT                 528,000           9.76
     TD.
                       ZONE     HUIZHOU,GUANG
     (常任代理人 SMBC日興証券株
     式会社)
                       DONG
                       (東京都中央区日本橋2丁目5番1号)
     特定金外信託受託者
                                               264,000           4.88
                       東京都港区西新橋1丁目3番1号
     株式会社SMBC信託銀行
     ニッセイ・キャピタル6号投資事業
                                               219,000           4.04
                       東京都千代田区丸の内2丁目3番2号
     有限責任組合
                       PLUMTREE         COURT,       25
     GOLDMAN        SACHS      INT
                       SHOE     LANE,      LONDON       E
     ERNATIONAL
                                               172,400           3.18
                       C4A    4AU,     U.K.
     (常任代理人 ゴールドマン・サッ
     クス証券株式会社)
                       (東京都港区六本木6丁目10番1号)
                       東京都千代田区丸の内2丁目4-1                        136,500           2.52
     NVCC7号投資事業有限責任組合
     名古屋大学・東海地区大学広域ベン
                       東京都千代田区丸の内2丁目4-1                         52,500          0.97
     チャー1号投資事業有限責任組合
     三菱UFJキャピタル5号投資事業
                       東京都中央区日本橋2丁目3-4                         39,600          0.73
     有限責任組合
                                -              4,711,000           87.10
             計
     (注)前事業年度末において主要株主であったHUIZHOU                             DESAY      SV   AUTOMOTIVE           CO.,LT
        D.は、当事業年度末現在では主要株主ではなくなりました。
                                 29/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (7)【議決権の状況】
        ①【発行済株式】
                                                   2020年6月30日現在
                         株式数(株)            議決権の数(個)
            区分                                         内容
                                -             -         -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                          -             -         -
      議決権制限株式(その他)                          -             -         -

      完全議決権株式(自己株式等)                          -             -         -

                                                 完全議決権株式であ
                                                 り、株主としての権利
                                                 内容に何ら限定のない
      完全議決権株式(その他)                      5,408,800               54,088
                      普通株式                           当社における標準とな
                                                 る株式であります。な
                                                 お、単元株式数は100
                                                 株となっております。
                               200              -         -
      単元未満株式                普通株式
                            5,409,000                 -         -
      発行済株式総数
                                -           54,088           -
      総株主の議決権
        ②【自己株式等】

          該当事項はありません。
                                 30/78












                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      2【自己株式の取得等の状況】
        【株式の種類等】会社法第155条第1号によるA種優先株式、B種優先株式の取得
       (1)【株主総会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (2)【取締役会決議による取得の状況】

           該当事項はありません。
       (3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

                   区分                  株式数(株)            価額の総額(円)
                                   A種優先株式 182,000
       当事業年度における取得自己株式                                              -
                                   B種優先株式 211,000
       当期間における取得自己株式                                 -             -
      (注)当社は、2019年11月18日付で、                 株主からの取得請求権行使に基づき、A種優先株式、B種優先株式すべてを自己
         株式として取得し、対価として当該A種優先株式、B種優先株式1株につきそれぞれ普通株式1株を交付してお
         ります。また、当社が取得したA種優先株式、B種優先株式について、2019年11月29日開催の取締役会決議によ
         り、2019年11月30日付で、会社法第178条に基づきすべて消却しております。
       (4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

                                当事業年度                  当期間
               区分
                                    処分価額の総額                 処分価額の総額
                            株式数(株)                 株式数(株)
                                      (円)                 (円)
      引き受ける者の募集を行った取得自己株式                           -         -         -         -
                            A種優先株式
                              182,000
      消却の処分を行った取得自己株式                                    -         -         -
                            B種優先株式
                              211,000
      合併、株式交換、会社分割に係る移転を
                                 -         -         -         -
      行った取得自己株式
      その他(-)                           -         -         -         -
      保有自己株式数                           -         -         -         -

      (注)2019年11月29日開催の取締役会決議により、2019年11月30日付で、A種優先株式、B種優先株式のすべてを消
         却しております。
      3【配当政策】

        当社は、剰余金の配当につきましては、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、
       安定した配当を継続して実施していくことを基本方針としております。
        当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。これらの剰余金の配
       当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
        しかしながら、当社は現在、成長過程にあると考えており、内部留保の充実を図り、将来の事業展開及び経営体質
       の強化のための投資等に充当し、なお一層の事業拡大を目指すことが、株主に対する最大の利益還元につながると考
       えております。将来的には、各期の経営成績及び財政状態を勘案しながら株主に対して利益還元を実施していく方針
       ではありますが、現時点において配当実施の可能性及びその実施時期等については未定であります。
        なお、当社は、取締役会の決議により、毎年12月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款に定め
       ております。
                                 31/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      4【コーポレート・ガバナンスの状況等】
       (1)【コーポレート・ガバナンスの概要】
        ① コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
          当社は、経営の透明性・公正性・迅速性を高め、中長期的、安定的かつ継続的に企業価値を向上させること
         が、コーポレート・ガバナンスの基本であると認識しております。
          このため、企業倫理の醸成と法令遵守、経営環境の変化に迅速・適切・効率的に対応できる経営の意思決定体
         制を構築して、コーポレート・ガバナンスの充実を図ります。
          また、全てのステークホルダーからの信頼を得ることが不可欠であると考え、情報の適時開示を通じて透明・
         健全な経営を行ってまいります。
        ② 企業統治の体制

         a.企業統治の体制の概要
           当社は監査役制度を採用しており、会社の機関として会社法で定められた株主総会、取締役会及び監査役会
          を設置しております。
           当社の会社の機関・内部統制システムの体制を図示すると、次のとおりであります。

          (a)  取締役会







            当社の取締役会は、取締役4名(うち、社外取締役1名)で構成されております。取締役会は、効率的かつ
           迅速な意思決定を行えるよう、定時取締役会を毎月1回開催するほか必要に応じて臨時取締役会を開催して
           おります。取締役会は、法令及び定款に則り、経営の意思決定機関及び監督機関として機能しております。
          (b)  監査役会

            当社の監査役会は3名(うち、社外監査役3名)で構成され、1名が常勤監査役であります。社外監査役に
           は公認会計士及び弁護士をそれぞれ1名含んでおります。監査役は取締役会その他社内会議に出席し、取締
           役の職務執行について適宜意見を述べております。監査役は、「監査役監査規程」及び「監査役会規程」に
           基づき、監査計画を策定し、取締役会その他社内会議に出席するほか、各取締役に対する面談等を通じて、
           取締役の職務執行について監査しております。また、監査役は、監査役会を毎月1回開催するほか必要に応
           じて臨時監査役会を開催しております。さらに、監査役は、内部監査室及び会計監査人と定期的に意見交換
           を実施することにより、監査に必要な情報の共有化を図っております。
                                 32/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
          (c)  内部監査室
            当社は現時点においては専任の内部監査担当者を配置しておらず、代表取締役社長により指名された3名
           の内部監査担当者が内部監査を実施しております。内部監査は「内部監査規程」に基づき、会社の業務運営
           が法令、定款及び会社の諸規程に準拠して正確に処理され、経営目的達成のために合理的かつ効果的に運営
           されているか確認しております。なお、自己監査とならないように、内部監査担当者は、自己の所属部門以
           外について内部監査を実施しております。                    また、内部監査担当者は監査役及び会計監査人と定期的に意見交
           換を実施することにより、監査に必要な情報の共有化を図っております。
          (d)  会計監査人

            当社は、EY新日本有限責任監査法人と監査契約を締結し、適時適切な監査が実施されております。
         b.当該体制を採用する理由

           上記の体制を採用することにより、当社の取締役会は業務執行に対する十分な監督機能を有しており、また
          監査役会についても、経営監視機能の客観性及び中立性が確保されていると考えられることから、現行の体制
          を採用しております。
         c.その他の企業統治に関する事項

          ・内部統制システムの整備の状況
            当社は、取締役会決議によって「内部統制の整備に関する基本方針」を定め、当該方針に基づき、各種社
           内規程等を整備するとともに規程遵守の徹底を図り、内部統制システムが有効に機能する体制を確保してお
           ります。また、内部統制システムが有効に機能していることを確認するため、内部監査室による内部監査を
           実施しております。
            取締役会が定めた「内部統制の整備に関する基本方針」は、以下のとおりであります。
            (a)  取締役、使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制
              当社は、コンプライアンス規程に基づき、グループ全体のコンプライアンス体制の構築、維持、整備
             にあたる。
              取締役は、使用人が適切に行動するために当社グループ全体へ法令、定款、フィーチャグループ行動
             規範及び各規程を周知徹底させるとともに、問題点の把握と改善に努める。
              代表取締役直轄の内部監査室を設置し、当社グループ全体の法令、定款、コンプライアンス体制の問
             題の有無を調査し、代表取締役社長に報告する。
              法令違反、不正行為が行われたことを認知した場合、「内部通報規程」の定めにより、当社及びグ
             ループ会社の使用人は、内部通報窓口等に通報する義務を負い、当社及びグループ会社は通報した使用
             人に対して当該通報をしたことを理由とする不利益な取り扱いを行わない。
            (b)  取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制
              取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理を総括する責任部署を管理部とする。重要な会議の議
             事録等、取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理は法令及び「文書管理規程」に従い、定められ
             た期間中、厳正に当該情報を文書又は電磁的媒体に記録し整理・保存する。
            (c)  損失の危険の管理に関する規程及びその他体制
              グループ全体のリスク管理については、当社取締役会にて、当社の成長規模、市場の変化に即し、リ
             スクの想定や回避、対応策の検討及び危機発生時の管理体制の整備を行う。
              経営危機発生が疑われる時は、「経営危機管理規程」に基づき管理部長が内容を集約し代表取締役社
             長に報告する。代表取締役社長が経営危機に該当するかを判断し、経営危機と判断した場合には、代表
             取締役社長が対策本部長となり、管理部長を事務局長とした経営危機対策本部を設置してこれに対応す
             る。
            (d)  取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制
              代表取締役社長は、自らが取締役の職務の効率性に関しての総括責任者となり、中期経営計画に基づ
             き、グループ会社が目標に対して職務執行を効率的に行うよう監督する。
              当社及びグループ会社の取締役ほか部門責任者は「組織規程」、「業務分掌規程」、「職務権限規
             程」に基づき、経営計画における各部門が実施すべき具体的な施策及び効率的な職務執行体制を決定す
             る。
              総括責任者である代表取締役社長は月に1回開催される定例取締役会及び適宜開催される臨時取締役
             会において、取締役のほか必要に応じて部門責任者に対して定期的に職務執行に関して報告させるとと
             もに、効率的な職務執行を行うために問題の把握と改善に努める。
                                 33/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
            (e)  当社及び子会社からなる企業集団における業務の適正を確保するための体制
              当社は、グループ会社の「経営管理方針」に基づき、グループ会社の業務遂行を指導、支援及び監督
             する。取締役会がグループ全体の業務執行機関として意思決定を行い、全体最適の観点から経営資源の
             配置・配分を決定し、当社グループの企業価値の向上を図る。
              当社は、グループの「内部監査方針」に基づき、内部監査室がグループ全体の監査を定期的に実施す
             ることができるよう体制を整備し、必要に応じて内部監査室と監査役が連携し業務の適正の確保を図
             る。
            (f)  監査役がその職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に関する体制、当
              該使用人の取締役からの独立性に関する事項および監査役の当該使用人に対する指示の実効性の確保
              に関する事項
              監査役は、必要に応じてその職務を補助すべき者を置くことを求めることができる。また、取締役会
             は監査役と協議の上、補助すべき者を指名することができる。
              監査役が指定する補助すべき期間中は監査役が当該補助すべき者に対する指揮権を持ち、取締役の指
             揮命令は受けないものとし、その人事異動、人事考課、懲戒に関しては監査役の事前の同意を得るもの
             とする。
            (g)  取締役および使用人が監査役に報告するための体制その他監査役への報告に関する体制、監査役に報
              告をした者が当該報告をしたことを理由として不利な取り扱いを受けないことを確保するための体制
              監査役は社内会議の全てに出席できるものとし、取締役及び使用人から「監査役監査規程」に従っ
             て、内部統制システムの整備に関わる部門の活動状況、重要な会計方針・会計基準及びその変更、業績
             及び業績見込みの発表内容、適時開示情報、内部通報制度の運用状況、重要な意思決定プロセスや業務
             執行状況を示す社内稟議書及び各種申請書、重要な契約の内容などの報告を適宜受けるものとする。
              当社及びグループ会社は、監査役に報告した者に対して当該報告をしたことを理由とする不利な取り
             扱いを行わない。
            (h)  監査役の職務の執行について生ずる費用の前払いまたは償還の手続その他の当該職務の執行について
              生ずる費用または債務の処理に係る方針に関する事項
              当社及びグループ会社の取締役は、取締役及び使用人が監査役監査に対する理解を深め、監査役監査
             が実効的に行われることを確保する。
              監査役は代表取締役社長との間に意見交換会を開催し、内部監査室との連携を図って適切な意思疎通
             及び効果的な監査体制を構築する。
              監査役は監査の実施にあたり必要と認めるときは、会社の顧問弁護士とは別の弁護士その他外部専門
             家を自らの判断で起用することができるものとする。また、当社は、かかる起用に関する費用又は債務
             について監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、当該費用又は債務を速やかに処理
             する。
            (i)  反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方およびその整備状況
              当社は、社会の秩序や企業の健全な活動に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関わりを持
             たず、反社会的勢力からの不当な要求に対しては、毅然とした態度で臨むものとする。
              対応統括部署を中心に、弁護士、警察等の外部専門機関と連携、情報を収集し、反社会的勢力排除の
             ための社内体制の整備を推進する。
          ・リスク管理体制の整備の状況

            当社のリスク管理は、管理部が主管部門として担当しております。当社では、物理的、経済的若しくは信
           用上の損失または不利益を生じさせるすべての可能性をリスクと定義し、リスクに関する措置、対応等につ
           いて、「経営危機管理規程」に定め、適切な対応を実施する体制を整えております。
          ・子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

            当社では子会社の業務の適正を確保するために、「関係会社管理規程」に基づき、子会社の経営情報等を
           適宜把握できる体制を構築し、子会社の経営状況のモニタリングを行っております。また、子会社に対する
           内部監査を実施することで、子会社の業務が「関係会社管理規程」や子会社の諸規程に基づき適正に運営さ
           れていることを確認する体制を構築し、業務の適正を確保しております。
                                 34/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ③ 取締役の定数
          当社の取締役の定数は6名以内とする旨定款で定めております。
        ④ 取締役の選任の決議要件

          当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株
         主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票に
         よらない旨を定款で定めております。
        ⑤ 株主総会の特別決議要件

          当社は、会社法第309条第2項の定めによる決議は、定款に別段の定めがある場合を除き、議決権を行使する
         ことができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を
         定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な
         運営を行うことを目的とするものであります。
        ⑥ 中間配当の決定機関

          当社は、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年12月31日を基準日として、中間配
         当を行うことができる旨定款に定めております。これは、株主への機動的な利益還元を可能にするためでありま
         す。
        ⑦ 取締役及び監査役の責任免除

          当社は、会社法第426条第1項の規定により、取締役会の決議をもって同法第423条第1項の行為に関する取締
         役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の責任を法令の限度において免除す
         ることができる旨定款に定めております。これは、取締役及び監査役が職務を遂行するにあたり、その能力を十
         分に発揮して、期待される役割を果たしうる環境を整備することを目的とするものであります。
        ⑧ 責任限定契約の内容

          当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づ
         き、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任限
         度額は、法令が定める額としております。
        ⑨ 自己の株式の取得

          当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって、自己の株式を取得することができる
         旨を定款に定めております。これは、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とするため、市
         場取引等により自己の株式を取得することを目的とするものであります。
                                 35/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (2)【役員の状況】
        ① 役員一覧
          男性   7 名 女性    -名 (役員のうち女性の比率                -%)
                                                        所有株式数
        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                         (株)
                             1986年4月 キヤノン株式会社入社
                             2000年10月 株式会社プラザクリエイト入社
                             2003年10月 アキュートロジック株式会社入社
                             2007年11月 株式会社ジェテック入社
                             2009年5月 クワンタービュー株式会社(現当社)代表
      代表取締役社長CEO         脇 健一郎      1960年12月4日      生                        (注)3     846,500
                                  取締役就任
                             2017年7月 当社代表取締役社長CEO就任(現任)
                             2019年11月 北京       飞 澈科技有限公司執行董事就任(現
                                  任)
                             2007年4月 国立研究開発法人理化学研究所入所
                             2008年1月 株式会社豊田中央研究所入社
                             2010年10月 アキュートロジック株式会社入社
       代表取締役CTO         曹 暉     1977年12月30日      生  2012年8月 クワンタービュー株式会社(現当社)入社                      (注)3     1,393,500
                             2013年11月 クワンタービュー株式会社(現当社)取締
                                  役就任
                             2017年7月 当社代表取締役CTO就任(現任)
                             2011年4月 あずさ監査法人(現 有限責任                  あずさ監
                                  査法人)入所
                             2014年6月 公認会計士登録
        取締役CFO        横田 和之      1985年2月14日      生                        (注)3        -
                             2017年10月 当社入社管理部長就任
                             2018年9月 当社取締役CFO管理部長就任
                             2018年12月 北京       飞 澈科技有限公司監事就任(現任)
                             2019年7月 当社取締役CFO就任(現任)
                             1996年4月 朝日監査法人(現 有限責任                 あずさ監査
                                  法人)入所
                             1998年4月 公認会計士登録
                             2005年9月 クリフィックス税理士法人入所
                             2006年3月 税理士登録
                             2006年6月 株式会社スタートトゥデイ(現株式会社
                                  ZOZO)監査役就任(現任)
        取締役      茂田井 純一      1974年3月19日      生
                                                    (注)3        -
                             2008年12月 株式会社アカウンティング・アシスト設
                                  立 代表取締役就任(現任)
                             2009年9月 株式会社ECナビ(現 株式会社CARTA
                                  HOLDINGS)監査役就任(現任)
                             2015年3月 株式会社ビジョン監査役就任(現任)
                             2016年2月 当社監査役就任
                             2018年9月 当社取締役就任(現任)
                             1980年4月 株式会社第一勧業銀行(現 株式会社みず
                                  ほ銀行)入行
                             1997年2月 オランダ第一勧業銀行副総支配人就任
                             2005年4月 株式会社みずほコーポレート銀行(現 株
                                  式会社みずほ銀行)サンパウロ駐在員事務
        常勤監査役        福田 勝美      1955年10月5日      生                        (注)4        -
                                  所所長就任
                             2010年6月 山下ゴム株式会社執行役員管理本部長就任
                             2014年6月 山下ゴム株式会社常勤監査役就任
                             2018年6月 日本道路株式会社監査役就任(現任)
                             2018年9月 当社常勤監査役就任(現任)
                                 36/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
                                                        所有株式数

        役職名        氏名      生年月日                略歴             任期
                                                         (株)
                             2004年10月 弁護士登録(第一東京弁護士会所属)
                             2004年10月 弁護士法人英知法律事務所入所
        監査役       安藤 広人      1975年5月18日      生                        (注)4        -
                             2019年1月 当社監査役就任(現任)
                             2019年3月 ファイ法律事務所パートナー(現任)
                             1973年10月 アーサーアンダーセン会計事務所(現 有
                                  限責任   あずさ監査法人)入所
                             1979年2月 ネミック・ラムダ株式会社(現 TDKラ
                                  ムダ株式会社)
                             1979年3月 公認会計士登録
                             1986年6月 ネミック・ラムダ(シンガポール)PT
                                  E.LTD.(現 TDK-Lambd
                                  a Singapore Pte.Lt
                                  d.)社長就任
        監査役       佐野 高志      1948年4月3日      生
                                                    (注)4        -
                             1992年12月 井上斎藤英和監査法人(現 有限責任                    あ
                                  ずさ監査法人)入所
                             1997年8月 朝日監査法人(現 有限責任                 あずさ監査
                                  法人)代表社員
                             2007年12月 佐野公認会計士事務所開設(現任)
                             2011年6月 株式会社図研社外監査役就任
                             2014年6月 株式会社図研社外取締役就任(現任)
                             2015年6月 アンリツ株式会社社外取締役就任
                             2019年9月 当社監査役就任(現任)
                              計                           2,240,000
      (注)1.取締役茂田井純一は、社外取締役であります。
         2.常勤監査役福田勝美、監査役安藤広人及び佐野高志は、社外監査役であります。
         3.2019年11月30日から、2021年6月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
         4.2019年11月30日から、2023年6月期に係る定時株主総会の終結の時までであります。
        ② 社外役員の状況

          当社の取締役4名のうち、1名は社外取締役であります。また、監査役3名全員が社外監査役であります。
          当社は、経営監視機能の客観性及び中立性を確保することを目的として、社外取締役及び社外監査役につい
         て、高い専門性及び見識等に基づき、客観的、中立的な観点からの助言を期待しております。なお、当社は社外
         取締役及び社外監査役の選任について、当社からの独立性に関する基準又は方針を定めておりませんが、株式会
         社東京証券取引所が定める独立役員の独立性の判断基準等を参考に、経歴や当社との関係を踏まえて、会社法に
         定める要件に該当し、独立性に問題がない人物を社外取締役及び社外監査役として選任しております。
          社外取締役茂田井純一は、新株予約権1,754個(5,262株)を保有しておりますが、当社と人的関係、取引関係
         及びその他の利害関係はありません。
          社外取締役茂田井純一は、公認会計士として企業会計に精通し、その専門家としての豊富な経験、財務及び会
         計に関する高い知見を有していることから、社外取締役として適任であると判断しております。
          当社と社外監査役福田勝美、安藤広人及び                     佐野高志との間には、人的関係・資本的関係又は取引関係及びその
         他の利害関係はありません。
          社外監査役福田勝美は、銀行におけるファイナンス業務や事業会社における管理業務に関する豊富な経験及び
         事業会社の監査役経験によりガバナンスに関する高い見識等を有していることから、社外監査役として適任であ
         ると判断しております。
          社外監査役安藤広人は、弁護士として企業法務に精通し、その専門家としての豊富な経験、法律に関する高い
         見識等を有していることから、社外監査役として適任であると判断しております。
          社外監査役佐野高志は、公認会計士として企業会計に精通し、その専門家としての豊富な経験、財務及び会計
         に関する高い知見を有していることから、社外監査役として適任であ                                ると判断しております。
        ③ 社外取締役又は社外監査役による監督又は監査と内部監査、監査役監査及び会計監査との相互連携並びに内部統

        制部門との関係
          社外取締役及び社外監査役は、取締役会を通じ必要な情報の収集及び意見の表明を行うとともに、適宜、内部
         監査室及び会計監査人と情報交換を行い、連携を保つことで、監督又は監査の有効性、効率性を高めておりま
         す。
                                 37/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (3)【監査の状況】
        ① 監査役監査の状況
          当社における監査役監査は、監査役会制度を採用しております。監査役会は、常勤監査役1名、非常勤監査役
         2名で構成され、いずれも社外監査役であります。監査役は、取締役会及びその他の社内会議に出席し、取締役
         及び内部監査室からその職務の執行状況について報告を受け、必要に応じて説明を求め、重要な決裁書類等を閲
         覧し、取締役の業務執行状況を調査しております。内部監査室とは随時打合せを行い、監査の内容の確認、意見
         交換を行っております。また、会計監査人からは監査計画についての説明を受けるとともに、四半期ごとに意見
         交換を実施し、連携を行っております。
          当事業年度において当社は、監査役会(2019年8月以前は監査役協議会)を原則として月1回開催しており、
         個々の監査役の出席状況は、次のとおりであります。なお、監査役                               佐野高志氏は新任のため出席可能な開催回
         数は10回となっております。
           氏 名        開催回数(うち出席可能回数)                       出席回数
         福田 勝美               13回                  13回
         安藤 広人               13回                  13回
         佐野 高志             13回(10回)                    10回
          監査役会における主な検討事項は、監査の方針・実施計画、内部統制システムの整備・運用状況、会計監査人
         の監査の方法及び結果の相当性等です。
          また、常勤監査役の活動としては、                  業務執行取締役との意見交換、重要な会議への出席、重要書類の閲覧、重
         要な財産の調査、事業部門等へのヒアリング、子会社調査等を行うとともに、内部監査室、会計監査人との連携
         を行っております        。
        ② 内部監査の状況

          当社は、現時点においては専任の内部監査担当者を配置しておらず、代表取締役社長により指名された3名の
         内部監査担当者により          、当社及び当社子会社に対し内部統制システムの整備、コンプライアンス、リスク管理体
         制の遵守、整備状況を監査するとともに、内部監査の結果については、改善状況を定期的に確認し、その内容を
         代表取締役社長、監査役及び関係部署へ報告しています。監査役とは随時打合せを行い、監査の内容の確認、意
         見交換を行っております。また、会計監査人とは四半期ごとに意見交換を実施し、内部監査で把握した内部統制
         に関する重要な事象に関しては、会計監査人へ情報を提供し、必要に応じ指導を受け、助言を得ております。
        ③ 会計監査の状況

         a.監査法人の名称
           EY新日本有限責任監査法人
         b.継続監査期間
           3年間
         c.業務を執行した公認会計士の氏名
           指定有限責任社員・業務執行社員                      飯塚 徹
           指定有限責任社員・業務執行社員                      辻本 慶太
         d.監査業務における補助者の構成
           公認会計士          4名
           その他           11名
         e.監査法人の選定方針と理由
           当社は、会計監査人の選定に際して、当社の事業活動に対応して効率的な監査業務を実施することができる
          一定の規模とグローバルなネットワークを持つこと、高い品質管理体制が整備されていること、監査日数、監
          査期間及び具体的な監査実施要領並びに監査費用が合理的かつ妥当な水準であること等を総合的に判断し、選
          定する方針であります。
         f.監査役及び監査役会による監査法人の評価
           当社の監査役及び監査役会は、監査役会の「会計監査人の評価基準」に基づき、会計監査人に対する評価を
          行っております。
           当該評価の結果、EY新日本有限責任監査法人が、当社の会計監査人に必要とされる専門性、独立性、品質管
          理体制及び当社の事業活動に対する理解に基づき監査する体制を有していること等を総合的に判断、検討した
          結果、適任と判断しました。
                                 38/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ④ 監査報酬の内容等
         a.監査公認会計士等に対する報酬
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
                報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)
                     13,440             -         20,125            1,500

        提出会社
                       -           -           -           -
       連結子会社
                     13,440             -         20,125            1,500
         計
           当社における当連結会計年度の非監査業務の内容は、コンフォートレター作成業務です。
         b.監査公認会計士等と同一のネットワーク(Ernst                         & Young)に属する組織に対する報酬(a.を除く)
                       前連結会計年度                       当連結会計年度
         区分
                監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく           監査証明業務に基づく           非監査業務に基づく
                報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)           報酬(千円)
                       -           -           -          1,363

        提出会社
                      1,301             -           -          1,619
       連結子会社
                      1,301             -           -          2,982
         計
          (前連結会計年度)
            当社の連結子会社である北京              飞 澈科技有限公司は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属し
           ているErnst      & Young   Hua  Ming   LLPの監査を受けており、当社は1,301千円の監査報酬を支払っておりま
           す。
          (当連結会計年度)
            当社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属しているEY弁護士法人に対して、法務に関す
           る助言業務等の被監査業務に基づく報酬として1,363千円を支払っております。
            また、当社の連結子会社である北京                  飞 澈科技有限公司は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワーク
           に属しているErnst         & Young   Hua  Ming   LLPの監査を受けており、当社は1,619千円の監査報酬を支払ってお
           ります。
         c.その他の重要な監査証明業務に基づく報酬の内容
           該当事項はありません。
         d.監査報酬の決定方針
           当社の監査公認会計士等に対する監査報酬は、監査日数、当社グループの規模及び業務の特性等の要素を勘
          案し、監査役会の同意のもと適切に決定する方針であります。
         e.監査役会が会計監査人の報酬等に同意した理由
           監査役会は、会計監査人の監査計画の内容、職務執行状況、監査報酬の見積根拠等が適切かどうかについて
          検討した結果、会計監査人の報酬等の額について妥当と判断し、同意しました。
                                 39/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
       (4)【役員の報酬等】
        ① 役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針に係る事項
          取締役の報酬額は、株主総会で決議された報酬限度額及び取締役規程に定めた役職別の報酬の範囲内におい
         て、各取締役の職務と実績に応じて決定することについて、取締役会から代表取締役社長に委任しております。
         また、監査役の報酬は、株主総会で決議された報酬限度額の範囲内において、監査役の協議により決定するもの
         としております。
          取締役の報酬限度額は、2019年9月26日開催の第14回定時株主総会において年額200百万円以内(ただし、使
         用人兼務取締役の使用人分給与は含まない。)と決議されております。同決議時の当該定めに係る取締役は4
         名、本書提出日現在においては4名となっております。また、監査役の報酬限度額は、2019年9月26日開催の第
         14回定時株主総会において年額30百万円以内と決議されております。同決議時の当該定めに係る監査役は3名、
         本書提出日現在においては3名となっております。
          当事業年度における当社の役員の報酬等の額の決定過程における取締役会の活動は、2019年9月26日開催の取
         締役会において、取締役報酬の決議を行っております。
        ② 役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

                                 報酬等の種類別の総額(千円)
                                                      対象となる
                    報酬等の総額
                                                      役員の員数
          役員区分
                     (千円)
                                                       (人)
                             固定報酬       業績連動報酬         退職慰労金
      取締役

                        44,409        44,409          -        -         ▶
      (社外取締役を除く。)
      監査役
                          -        -        -        -        -
      (社外監査役を除く。)
                        11,550        11,550          -        -         ▶
      社外役員
          (注)1.     上記には、2019年9月26日開催の第14回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役1名が含ま
               れております。
             2.報酬等の総額には、当社子会社の取締役を兼務した当社取締役に対する当該子会社から受ける役員
               報酬等の金額を含んでおります。
        ③ 役員ごとの連結報酬等の総額等

           連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。
       (5)【株式の保有状況】

          該当事項はありません。
                                 40/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第5【経理の状況】
      1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
       (1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)
        に基づいて作成しております。
       (2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号)に基づ
        いて作成しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(2019年7月1日から2020年6月30日
       まで)の連結財務諸表及び事業年度(2019年7月1日から2020年6月30日まで)の財務諸表について、EY新日本有限
       責任監査法人により監査を受けております。
      3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みについて

        当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組みを行っております。具体的には、会計基準等の内
       容を適切に把握し、会計基準の変更等に的確にできる体制を整備するため、監査法人等が主催するセミナーへ参加し
       ております。
                                 41/78















                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      1【連結財務諸表等】
       (1)【連結財務諸表】
        ①【連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度              当連結会計年度
                                 (2019年6月30日)              (2020年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        339,854              419,513
         現金及び預金
                                         43,398              100,741
         売掛金
                                         5,191              1,076
         仕掛品
                                         9,249              6,375
         前払費用
                                         3,344                -
         未収還付法人税等
                                        401,038              527,707
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         11,809              11,809
          建物
                                        △ 2,299             △ 6,240
            減価償却累計額
            建物(純額)                              9,510              5,568
          工具、器具及び備品                               15,025              33,806
                                        △ 4,136             △ 15,589
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                             10,888              18,217
                                         20,398              23,786
          有形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         25,854              21,753
          敷金及び保証金
                                         2,048              1,643
          長期前払費用
                                           -             3,174
          繰延税金資産
                                         27,903              26,572
          投資その他の資産合計
                                         48,301              50,358
         固定資産合計
                                        449,340              578,065
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         8,843                -
         1年内返済予定の長期借入金
                                         11,594              10,197
         未払金
                                         1,517              20,010
         未払法人税等
                                         4,995              15,587
         未払消費税等
                                         26,353               2,227
         前受収益
                                         9,631              5,814
         その他
                                         62,935              53,838
         流動負債合計
                                         62,935              53,838
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        213,000              248,880
         資本金
                                        196,690              232,570
         資本剰余金
                                        △ 22,545              43,992
         利益剰余金
                                        387,144              525,442
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         △ 739            △ 1,214
         為替換算調整勘定
                                         △ 739            △ 1,214
         その他の包括利益累計額合計
                                        386,405              524,227
       純資産合計
                                        449,340              578,065
      負債純資産合計
                                 42/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ②【連結損益計算書及び連結包括利益計算書】
         【連結損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年7月1日              (自 2019年7月1日
                                至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
                                        282,465              419,701
      売上高
                                         92,447              119,135
      売上原価
                                        190,017              300,565
      売上総利益
                                     ※1 , ※2 193,539           ※1 , ※2 202,052
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                   △ 3,521              98,513
      営業外収益
                                           12              15
       受取利息
                                            2              36
       雑収入
                                           15              51
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           127               3
       支払利息
                                           -             6,184
       株式公開費用
                                         1,897              1,575
       為替差損
                                         2,025              7,764
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                   △ 5,531              90,800
      税金等調整前当期純利益又は
                                        △ 5,531              90,800
      税金等調整前当期純損失(△)
                                         2,672              19,855
      法人税、住民税及び事業税
                                           -             7,581
      過年度法人税等
                                           -            △ 3,174
      法人税等調整額
                                         2,672              24,262
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   △ 8,203              66,537
      親会社株主に帰属する当期純利益又は
                                        △ 8,203              66,537
      親会社株主に帰属する当期純損失(△)
                                 43/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         【連結包括利益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年7月1日              (自 2019年7月1日
                                至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      当期純利益又は当期純損失(△)                                   △ 8,203              66,537
      その他の包括利益
                                         △ 417             △ 475
       為替換算調整勘定
                                         ※ △ 417             ※ △ 475
       その他の包括利益合計
                                        △ 8,621              66,061
      包括利益
      (内訳)
                                        △ 8,621              66,061
       親会社株主に係る包括利益
                                 44/78

















                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ③【連結株主資本等変動計算書】
          前連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)
                                                      (単位:千円)
                           株主資本                その他の包括利益累計額
                                                       純資産合計
                                           為替換算     その他の包括利
                  資本金     資本剰余金      利益剰余金      株主資本合計
                                           調整勘定     益累計額合計
     当期首残高
                   213,000      196,690      △ 14,342      395,347       △ 321     △ 321     395,026
     当期変動額
      親会社株主に帰属する当
                                △ 8,203     △ 8,203                  △ 8,203
      期純損失(△)
      株主資本以外の項目の
                                             △ 417     △ 417     △ 417
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -      -    △ 8,203     △ 8,203      △ 417     △ 417     △ 8,621
     当期末残高              213,000      196,690      △ 22,545      387,144       △ 739     △ 739     386,405
          当連結会計年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)

                                                      (単位:千円)
                           株主資本                その他の包括利益累計額
                                                       純資産合計
                                           為替換算     その他の包括利
                  資本金     資本剰余金      利益剰余金      株主資本合計
                                           調整勘定     益累計額合計
     当期首残高              213,000      196,690      △ 22,545      387,144       △ 739     △ 739     386,405
     当期変動額
      新株の発行             35,880      35,880             71,760                   71,760

      親会社株主に帰属する当

                                66,537      66,537                   66,537
      期純利益
      株主資本以外の項目の
                                             △ 475     △ 475     △ 475
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計
                    35,880      35,880      66,537      138,297       △ 475     △ 475     137,821
     当期末残高              248,880      232,570       43,992      525,442      △ 1,214     △ 1,214     524,227
                                 45/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ④【連結キャッシュ・フロー計算書】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                (自 2018年7月1日              (自 2019年7月1日
                                至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      営業活動によるキャッシュ・フロー
       税金等調整前当期純利益又は
                                        △ 5,531              90,800
       税金等調整前当期純損失(△)
                                         5,195              15,426
       減価償却費
                                         2,352              4,033
       敷金償却
                                          △ 12             △ 15
       受取利息
                                           127               3
       支払利息
       為替差損益(△は益)                                  1,897               464
       売上債権の増減額(△は増加)                                 △ 30,890             △ 57,343
       たな卸資産の増減額(△は増加)                                  9,654              4,114
       未払金の増減額(△は減少)                                  4,092             △ 1,396
       前受収益の増減額(△は減少)                                  26,353             △ 24,126
                                        △ 1,869              15,632
       その他
                                         11,370              47,594
       小計
       利息の受取額                                    12              15
                                         △ 127              △ 3
       利息の支払額
                                        △ 12,480             △ 11,109
       法人税等の支払額
                                        △ 1,225              36,496
       営業活動によるキャッシュ・フロー
      投資活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 22,841             △ 18,813
       有形固定資産の取得による支出
                                        △ 27,657                -
       敷金及び保証金の差入による支出
                                         3,264                -
       その他
                                        △ 47,235             △ 18,813
       投資活動によるキャッシュ・フロー
      財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 5,012             △ 8,843
       長期借入金の返済による支出
                                           -            71,760
       株式の発行による収入
                                        △ 5,012              62,917
       財務活動によるキャッシュ・フロー
                                        △ 2,315              △ 940
      現金及び現金同等物に係る換算差額
      現金及び現金同等物の増減額(△は減少)                                  △ 55,788              79,659
                                        395,642              339,854
      現金及び現金同等物の期首残高
                                        ※ 339,854              ※ 419,513
      現金及び現金同等物の期末残高
                                 46/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項)
          1.連結の範囲に関する事項
           (1)連結子会社の数           1 社
            連結子会社の名称
             北京   澈科技有限公司
           (2)主要な非連結子会社の名称等

             該当事項はありません。
          2.持分法の適用に関する事項

            該当事項はありません。
          3.連結子会社の事業年度等に関する事項

            連結子会社である         北京   澈科技有限公司の決算日は12月31日であります。連結財務諸表の作成に当たって
           は、  連結決算日現在で本決算に準じた仮決算を行った財務諸表を基礎としております。
          4.会計方針に関する事項

           (1)重要な資産の評価基準及び評価方法
             仕掛品
               評価基準は個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切り下げの方法によ
              り算定)を採用しております。
           (2)重要な減価償却資産の減価償却の方法

             有形固定資産
               定率法を採用しております。
               ただし、建物及び建物附属設備については、定額法を採用しております。
               なお、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、3年間の均等償却をしてお
              ります。
               主な耐用年数は以下のとおりであります。
               建物           3年
               工具、器具及び備品  3~8年
           (3)重要な収益及び費用の計上基準

             受注制作のソフトウェアに係る収益の計上基準
               当連結会計年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクトについては工事
              進行基準を適用し、その他のプロジェクトについては工事完成基準を適用しております。
               なお、工事進行基準を適用するプロジェクトの当連結会計年度末における工事進捗度の見積りは、
              原価比例法によっております。
           (4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準

             外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理し
            ております。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収
            益及び費用は連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調
            整勘定に含めて計上しております。
           (5)連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲

             手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリス
            クしか負わない取得日から3か月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
           (6)その他連結財務諸表作成のための重要な事項

             繰延資産の会計処理
               株式交付費は支出時に全額費用として処理しております。
             消費税等の会計処理
               消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
                                 47/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (未適用の会計基準等)
          (収益認識に関する会計基準等)
           ・「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)
           ・「収益認識に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第30号 2020年3月31日)
           (1)  概要

             収益認識に関する包括的な会計基準であります。収益は、次の5つのステップを適用し認識されます。
              ステップ1:顧客との契約を識別する。
              ステップ2:契約における履行義務を識別する。
              ステップ3:取引価格を算定する。
              ステップ4:契約における履行義務に取引価格を配分する。
              ステップ5:履行義務を充足した時に又は充足するにつれて収益を認識する。
           (2)  適用予定日

             2022年6月期の期首より適用予定であります。
           (3)  当該会計基準等の適用による影響

             影響額は、当連結財務諸表の作成時において評価中であります。
         (追加情報)

          会計上の見積りを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響
           新型コロナウイルス感染症拡大は、経済や企業活動に広範な影響を与える事象であり、現時点で当社グ
          ループに及ぼす影響及び新型コロナウイルス感染症の収束時期を予測することは困難ですが、顧客企業、そ
          の他外部からの情報等から、翌連結会計年度にわたり新型コロナウイルス感染症の影響が継続するという一
          定の仮定に基づいて、当連結会計年度の繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りを行っております。
          これらの見積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表におい
          て、繰延税金資産の調整が必要となる可能性があります。
         (連結貸借対照表関係)

           該当事項はありません。
         (連結損益計算書関係)

          ※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自 2018年7月1日                  (自 2019年7月1日
                             至 2019年6月30日)                    至 2020年6月30日)
     役員報酬                                54,823   千円              55,959   千円
                                     64,725                  48,122
     研究開発費
     支払報酬                                22,572                  39,621
          ※2 一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費の総額

                               前連結会計年度                   当連結会計年度
                             (自 2018年7月1日                  (自 2019年7月1日
                             至 2019年6月30日)                    至 2020年6月30日)
     研究開発費                                64,725   千円              48,122   千円
                                 48/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (連結包括利益計算書関係)
          ※ その他の包括利益に係る組替調整額及び税効果額
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2018年7月1日                  (自 2019年7月1日
                              至 2019年6月30日)                  至 2020年6月30日)
     為替換算調整勘定:
      当期発生額                               △417千円                  △475千円
       その他の包括利益合計
                                      △417                  △475
         (連結株主資本等変動計算書関係)

          前連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式                     1,360,000             -         -      1,360,000

      A種優先株式                      182,000            -         -       182,000

      B種優先株式                      211,000            -         -       211,000

                                                       1,753,000
             合計              1,753,000             -         -
     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

      A種優先株式                         -         -         -         -

      B種優先株式                         -         -         -         -

             合計                  -         -         -         -

           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
                                 49/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
          当連結会計年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)
           1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
                        当連結会計年度期         当連結会計年度増         当連結会計年度減         当連結会計年度末
                        首株式数(株)         加株式数(株)         少株式数(株)         株式数(株)
     発行済株式

      普通株式(注)1
                           1,360,000         4,049,000             -      5,409,000
      A種優先株式      (注)2                182,000            -       182,000            -

      B種優先株式      (注)3                211,000            -       211,000            -

                           1,753,000
             合計                        4,049,000          393,000        5,409,000
     自己株式

      普通株式                         -         -         -         -

      A種優先株式(注)4                         -       182,000         182,000            -

      B種優先株式(注)5                         -       211,000         211,000            -

             合計                  -       393,000         393,000            -

     (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加は、A種優先株主及びB種優先株主からの取得請求に伴う交付による増加
          393,000株、株式分割による増加3,506,000株、公募増資に伴う新株の発行による増加150,000株であります。
        2.A種優先株式の発行済株式総数の減少は、A種優先株主からの取得請求に伴い自己株式として取得したことに
          よるものであります。
        3.B種優先株式の発行済株式総数の減少は、B種優先株主からの取得請求に伴い自己株式として取得したことに
          よるものであります。
        4.A種優先株式の増加は、A種優先株主からの取得請求による増加であります。また、A種優先株式の減少は、
          自己株式の消却によるものであります。
        5.B種優先株式の増加は、B種優先株主からの取得請求による増加であります。また、B種優先株式の減少は、
          自己株式の消却によるものであります。
           2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項

             該当事項はありません。
           3.配当に関する事項

             該当事項はありません。
         (連結キャッシュ・フロー計算書関係)

          ※ 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
                               前連結会計年度                  当連結会計年度
                             (自 2018年7月1日                  (自 2019年7月1日
                              至 2019年6月30日)                  至 2020年6月30日)
     現金及び預金勘定                               339,854千円                  419,513千円
     現金及び現金同等物                               339,854                  419,513
                                 50/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (リース取引関係)
       1.オペレーティング・リース取引(借主側)
         オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料
                                                     (単位:千円)
                                  前連結会計年度               当連結会計年度
                                 (2019年6月30日)               (2020年6月30日)
      1年内                                    27,454               27,454

      1年超                                    38,893               11,439

      合計                                    66,347               38,893

         (金融商品関係)

          1.金融商品の状況に関する事項
           (1)金融商品に対する取組方針
             当社グループは、設備投資計画に照らして、必要な資金を調達(主に銀行借入)しております。なお、
            一時的な余裕資金は安全性の高い短期的な預金等の金融資産で運用しております。また、デリバティブを
            含む投機的な取引は行わない方針であります。
           (2)金融商品の内容及びそのリスク

             営業債権である売掛金は、顧客の信用リスクに晒されております。
             敷金及び保証金は、本社の不動産賃貸借契約に基づく敷金であり、貸主の信用リスクに晒されておりま
            す。
             未払金、未払法人税等及び未払消費税等は全て1年以内の支払期日であります。
             借入金は主に運転資金に係る資金調達を目的としたものであり、借入金のうち一部は、金利の変動リ
            スクに晒されております。
           (3)金融商品に係るリスク管理体制

            ① 信用リスク(取引先の契約不履行等に係るリスク)の管理
              当社グループは、社内規程に従い、営業債権について、管理部が主要な取引先の状況を定期的にモニ
             タリングし、取引相手先ごとに期日及び残高を管理するとともに、財務状況等の悪化等による回収懸念
             の早期把握や軽減を図っております。
            ② 資金調達に係る流動性リスク(支払期日に支払いを実行できなくなるリスク)の管理
              当社グループは、当社管理部がグループ全体の資金計画を作成・更新するとともに、手許流動性の維
             持などにより流動性リスクを管理しております。
           (4)金融商品の時価等に関する事項についての補足説明

             金融商品の時価には、市場価格に基づく価額のほか、市場価格がない場合には合理的に算定された価額
            が含まれております。当該価額の算定においては変動要因を織り込んでいるため、異なる前提条件等を採
            用することにより、当該価額が変動することがあります。
                                 51/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
          2.金融商品の時価等に関する事項
            連結貸借対照表計上額、時価及びこれらの差額については、次のとおりであります。
            前連結会計年度(2019年6月30日)
                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          339,854            339,854              -

      (2)売掛金                           43,398            43,398              -
      (3)敷金及び保証金                           25,854            25,854              -
       資産計                         409,107            409,107              -

      (1)未払金                           11,594            11,594              -

      (2)未払法人税等                           1,517            1,517             -
      (3)未払消費税等                           4,995            4,995             -

      (4)長期借入金 ※                           8,843            8,843              0
       負債計                          26,950            26,950              0

      ※ 1年内返済予定の長期借入金を含んでおります。
            当連結会計年度(2020年6月30日)

                          連結貸借対照表計上額
                                        時価(千円)            差額(千円)
                             (千円)
      (1)現金及び預金                          419,513            419,513              -

      (2)売掛金                          100,741            100,741              -
      (3)敷金及び保証金                           21,753            21,753              -
       資産計                         542,008            542,008              -

      (1)未払金                           10,197            10,197              -

      (2)未払法人税等                           20,010            20,010              -
      (3)未払消費税等                           15,587            15,587              -
       負債計                          45,795            45,795              -

      (注)1.金融商品の時価の算定方法に関する事項

          資 産
           (1)現金及び預金、(2)売掛金
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
           (3)敷金及び保証金
             敷金及び保証金の時価は、合理的に見積った敷金及び保証金の回収予定時期に基づき、リスクフリー
            レートで割引いた現在価値により算定しております。なお、リスクフリーレートの利率がマイナスの場合
            は、割引率をゼロとして時価を算定しております。
                                 52/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
          負 債
           (1)未払金、(2)未払法人税等、(3)未払消費税等
             これらは短期間で決済されるものであるため、時価は帳簿価額と近似していることから、当該帳簿価額
            によっております。
           (4)長期借入金
             変動金利は、短期間で市場金利を反映し、また、当社の信用状態は実行後大きく異なっていないことか
            ら、変動金利による借入金の時価は帳簿価額と近似していると考えられるため、当該帳簿価額によってお
            ります。
             固定金利による借入金の時価は、元利金の合計額を、同様の新規借入を行った場合に想定される利率で
            割り引いた現在価値により算定しております。
         2.金銭債権の連結決算日後の償還予定額

           前連結会計年度(2019年6月30日)
                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      339,854            -         -         -

      売掛金                       43,398           -         -         -

      敷金及び保証金                         -       25,854           -         -
                            383,252

             合計                         25,854           -         -
           当連結会計年度(2020年6月30日)

                                    1年超         5年超
                          1年以内                            10年超
                                   5年以内         10年以内
                          (千円)                            (千円)
                                   (千円)         (千円)
      現金及び預金                      419,513            -         -         -

      売掛金                      100,741            -         -         -
                                      21,753
      敷金及び保証金                         -                   -         -
             合計               520,254          21,753           -         -

         3.長期借入金の連結決算日後の返済予定額

           前連結会計年度(2019年6月30日)
                          1年超       2年超       3年超       4年超
                   1年以内                                     5年超
                          2年以内       3年以内       4年以内       5年以内
                   (千円)                                    (千円)
                          (千円)       (千円)       (千円)       (千円)
      長期借入金               8,843         -       -       -       -       -

          合計           8,843         -       -       -       -       -

           当連結会計年度(2020年6月30日)

            該当事項はありません。
                                 53/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (ストック・オプション等関係)
          1.ストック・オプションに係る費用計上額及び科目名
            該当事項はありません。
          2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況

           (1)ストック・オプションの内容
                      第1回          第2回          第3回          第4回
                   ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション
                   当社監査役 1名          当社取締役 1名          当社取締役 2       名
     付与対象者の区分及び人数                                             社外協力者 1       名
                   当社従業員 8名          当社従業員 14名          当社従業員 21名
     株式の種類別のストック・
     オプションの数              普通株式 14,730株          普通株式 19,992株          普通株式 38,679株          普通株式 2,628株
     (注)1、2
     付与日              2018年3月15日          2019年1月26日          2019年6月22日          2019年6月22日
     権利確定条件              (注)3          (注)3          (注)3          (注)4

                   期間の定めはありま          期間の定めはありま          期間の定めはありま          期間の定めはありま
     対象勤務期間
                   せん。          せん。          せん。          せん。
                   自 2020年3月15日          自 2021年1月26日          自 2021年6月22日          自 2021年6月22日
     権利行使期間
                   至 2028年3月14日          至 2029年1月25日          至 2029年6月21日          至 2029年6月21日
      (注)1.株式数に換算して記載しております。
         2.2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、上記株式の種類別のス
           トック・オプションの数は、当該株式分割を反映して記載しております。
         3.権利確定条件は以下のとおりであります。
           ①新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または
            当社子会社の取締役、監査役、従業員の地位を有していなければならない。ただし、新株予約権者が任期
            満了により退任または定年退職した場合、あるいは取締役会が正当な理由があると認めた場合は、この限
            りではない。
           ②本新株予約権者は、「新株予約権を行使することができる期間」に定める行使期間内に当社普通株式が日
            本国内のいずれかの金融商品取引所に上場した場合、上場日を基準として、以下の割合を上限に段階的に
            本新株予約権を行使することができる。なお、各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数に以
            下の割合を乗じた本新株予約権数に端数が生じる場合には、これを切り捨てるものとする。
            ⅰ.上場日から1年以内
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の40%
            ⅱ.上場日から2年以内
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の60%
            ⅲ.上場日から3年以内
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の80%
            ⅳ.上場日から3年後の日以降
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の100%
           ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
                                 54/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         4.権利確定条件は以下のとおりであります。
           ①新株予約権の割当を受けた者(以下「新株予約権者」という。)は、権利行使時においても、当社または
            当社子会社の取締役、監査役、従業員または顧問、社外協力者その他これに準ずる地位を有していなけれ
            ばならない。ただし、新株予約権者が任期満了により退任または定年退職した場合、あるいは取締役会が
            正当な理由があると認めた場合は、この限りではない。
           ②本新株予約権者は、「新株予約権を行使することができる期間」に定める行使期間内に当社普通株式が日
            本国内のいずれかの金融商品取引所に上場した場合、上場日を基準として、以下の割合を上限に段階的に
            本新株予約権を行使することができる。なお、各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数に以
            下の割合を乗じた本新株予約権数に端数が生じる場合には、これを切り捨てるものとする。
            ⅰ.上場日から1年以内
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の40%
            ⅱ.上場日から2年以内
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の60%
            ⅲ.上場日から3年以内
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の80%
            ⅳ.上場日から3年後の日以降
              各本新株予約権者に割り当てられた本新株予約権総数の100%
           ③新株予約権者が死亡した場合、その相続人による新株予約権の権利行使は認めないものとする。
                                 55/78















                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
           (2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
             当連結会計年度(2020年6月期)において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプ
            ションの数については、株式数に換算して記載しております。
            ① ストック・オプションの数
                      第1回          第2回          第3回          第4回
                   ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション
     権利確定前          (株)
      前連結会計年度末                  10,260          19,992          38,679           2,628

      付与                     -          -          -          -

      失効                    264         1,842          2,109          2,628

                         9,996
      権利確定                               -          -          -
      未確定残                     -        18,150          36,570             -

     権利確定後          (株)

      前連結会計年度末                     -          -          -          -

      権利確定                   9,996            -          -          -

      権利行使                     -          -          -          -

      失効                     -          -          -          -

      未行使残                   9,996            -          -          -

      (注)1.2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、上記ストック・オプ
          ションの数は、当該株式分割を反映して記載しております。
            ② 単価情報

                      第1回          第2回          第3回          第4回
                   ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション          ストック・オプション
     権利行使価格          (円)           464         1,000          1,000          1,000
     行使時平均株価          (円)            -          -          -          -

     付与日における
               (円)            -          -          -          -
     公正な評価単価
      (注)2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、上記単価情報は、当該株式
         分割を反映して記載しております。
          3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法

            該当事項はありません。
          4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法

            将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しており
           ます。
          5.ストック・オプションの単位当たりの本源的価値により算定を行う場合の当連結会計年度末における本源

            的価値の合計額及び当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの権利行使日における
            本源的価値の合計額
           ① 当連結会計年度末における本源的価値の合計額                                    212,125千円
           ② 当連結会計年度において権利行使されたストック・オプションの
             権利行使日における本源的価値の合計額            -千円
                                 56/78




                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                       前連結会計年度            当連結会計年度
                                      (2019年6月30日)            (2020年6月30日)
            繰延税金資産
             未払事業税                               350千円           1,860千円
             税務上の繰越欠損金(注)2
                                           9,161              -
             資産除去債務                               720           1,955
             減価償却超過額                               579           1,570
                                           2,481            1,572
             その他
            繰延税金資産小計
                                           13,293             6,959
             税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額(注)2                             △9,161               -
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                             △4,131            △3,784
            評価性引当額小計(注)1                              △13,293             △3,784
            繰延税金資産合計                                 -           3,174
          (注)1.評価制引当額の変動の主たる要因は、当連結会計年度における所得の発生に伴う繰越欠損金の減少

               によるものであります。
             2.税務上の繰越欠損金及びその繰延税金資産の繰越期限別の金額

             前連結会計年度(2019年6月30日)
                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                             5年超      合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                             (千円)      (千円)
                       (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        税務上の繰越
                    -      -      -      -      -    9,161      9,161
        欠損金(a)
        評価性引当額            -      -      -      -      -   △9,161      △9,161
        繰延税金資産            -      -      -      -      -      -      -

          (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
             当連結会計年度(2020年6月30日)

                        1年超      2年超      3年超      4年超
                 1年以内                             5年超      合計
                       2年以内      3年以内      4年以内      5年以内
                 (千円)                             (千円)      (千円)
                       (千円)      (千円)      (千円)      (千円)
        税務上の繰越
                    -      -      -      -      -      -      -
        欠損金(a)
        評価性引当額            -      -      -      -      -      -      -
        繰延税金資産            -      -      -      -      -      -      -

          (a)税務上の繰越欠損金は、法定実効税率を乗じた額であります。
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
           前連結会計年度(2019年6月30日)
            税金等調整前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
           当連結会計年度(2020年6月30日)

            法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であ
           るため注記を省略しております。
                                 57/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (資産除去債務関係)
          前連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)
            当社は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき、オフィスの退去時における原状回復に係る債務を資産
           除去債務として認識しております。
            なお、賃借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当該資産除去債務の負債計上に代えて、当
           該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に
           属する金額を費用計上する方法によっております。
          当連結会計年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)

            当社は、本社オフィスの不動産賃借契約に基づき、オフィスの退去時における原状回復に係る債務を資産
           除去債務として認識しております。
            なお、賃借契約に関連する敷金が資産に計上されているため、当該資産除去債務の負債計上に代えて、当
           該敷金の回収が最終的に見込めないと認められる金額を合理的に見積り、そのうち当連結会計年度の負担に
           属する金額を費用計上する方法によっております。
         (セグメント情報等)

          【セグメント情報】
           当社グループは、画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、記載を省略しております。
          【関連情報】

           前連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、
             記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
                         (単位:千円)
        日本       中華人民共和国            合計

          252,465          30,000         282,465
      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
             (2)有形固定資産

                         (単位:千円)
        日本       中華人民共和国            合計

          16,558          3,840         20,398
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名                      売上高              関連するセグメント名

     トヨタコネクティッド株式会社                                 67,945             -
     株式会社JVCケンウッド                                 65,724             -
     株式会社ネクスティエレクトロニクス                                 47,250             -
     惠州市德    赛 西威汽   车电  子股份有限公司                       30,000             -
      (注)当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、関連するセグメント名の記載を省
         略しております。
                                 58/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
           当連結会計年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)
            1.製品及びサービスごとの情報
              単一の製品・サービスの区分の外部顧客への売上高が連結損益計算書の売上高の90%を超えるため、
             記載を省略しております。
            2.地域ごとの情報

             (1)売上高
                         (単位:千円)
        日本       中華人民共和国            合計

          363,667          56,033         419,701
      (注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。
             (2)有形固定資産

                         (単位:千円)
        日本       中華人民共和国            合計

          21,655          2,131         23,786
            3.主要な顧客ごとの情報

                                                     (単位:千円)
          顧客の名称又は氏名                      売上高              関連するセグメント名

     株式会社JVCケンウッド                                118,359             -
     株式会社ネクスティエレクトロニクス                                104,438             -
     トヨタコネクティッド株式会社                                 74,800             -
     惠州市德    赛 西威汽   车电  子股份有限公司                       56,033             -
      (注)当社グループは画像認識ソフトウェア開発事業の単一セグメントであるため、関連するセグメント名の記載を省
         略しております。
          【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

           該当事項はありません。
          【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

           該当事項はありません。
                                 59/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         【関連当事者情報】
          関連当事者との取引
           連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引
           (ア)連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等の場合に限る。)等
              前連結会計年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)
                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                              (千円)          (千円)
                    (百万元)     業
                               (%)
          惠州市德   赛                          受託開発及
                中華人民
                              (被所有)
          西威汽   车电            自動車部          主要株主     びライセン
     主要株主          共和国広       550                        30,000    前受収益       24,166
                              直接  10.04
          子股份有限               品製造業          販売先     スの提供
                東省
          公司
                                        (注)2
              当連結会計年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)

                              議決権等の
                    資本金又     事業の内
          会社等の名                   所有(被所     関連当事者           取引金額          期末残高
       種類          所在地    は出資金     容又は職               取引の内容            科目
          称又は氏名                   有)割合     との関係
                                              (千円)          (千円)
                    (百万元)     業
                               (%)
                                        受託開発及
          惠州市德   赛
                中華人民
                              (被所有)
          西威汽   车电            自動車部          主要株主     びライセン
     主要株主          共和国広       550                        53,034    売掛金       15,923
                              直接  9.76
          子股份有限               品製造業          販売先     スの提供
                東省
          公司
                                        (注)2
      (注)1.上記金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれております。
         2.取引条件及び取引条件の決定方針等
           価格等の取引条件は、独立第三者間取引価格等を参考にして、その都度交渉の上で決定しております。
         3.  主要株主である       惠州市德    赛 西威汽   车电  子股份有限公司       は、2020年6月23日付けで公募による新株発行が行わ
           れたことに伴い、議決権割合が減少したため、関連当事者の対象から外れております。表中の取引金額は関
           連当事者であった期間の取引金額であり、期末残高は関連当事者から外れた時点の金額であります。
           (イ)連結財務諸表提出会社の非連結子会社及び関連会社等
             該当事項はありません。
           (ウ)連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る。)等
             該当事項はありません。
                                 60/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (1株当たり情報)
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2018年7月1日                 (自 2019年7月1日
                               至 2019年6月30日)                 至 2020年6月30日)
     1株当たり純資産額                               △1.33円                 96.92円

     1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損
                                     △1.56円                 12.62円
     失(△)
     潜在株式調整後1株当たり当期純利益                                  -              12.50円
      (注)1.前連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新株予約権の残高はありますが、当社
           株式は非上場であり、期中平均株価が把握できないため、また、1株当たり当期純損失であるため記載して
           おりません。
         2.当連結会計年度の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、新規上場日から当連結会計年度末まで
           の平均株価を期中平均株価とみなして算定しております。
         3.2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っておりますが、前連結会計年度の期首
           に当該株式分割が行われたと仮定し、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損
           失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益を算定しております。
         4.1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損失及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎
           は、以下のとおりであります。
                                前連結会計年度                 当連結会計年度
                              (自 2018年7月1日                 (自 2019年7月1日
                               至 2019年6月30日)                 至 2020年6月30日)
     1株当たり当期純利益又は1株当たり当期純損
     失(△)
      親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社
                                    △8,203                 66,537
      株主に帰属する当期純損失(△)(千円)
      普通株主に帰属しない金額(千円)                                -                 -
      普通株式に係る親会社株主に帰属する当期純
      利益又は親会社株主に帰属する当期純損失                              △8,203                 66,537
      (△)(千円)
      普通株式の期中平均株式数(株)                             5,259,000                 5,271,295
      (うち普通株式数(株))                           (4,080,000)                 (5,271,295)

      (うちA種優先株式(株))                            (546,000)                   (-)

      (うちB種優先株式(株))                            (633,000)                   (-)

     潜在株式調整後1株当たり当期純利益

      親会社株主に帰属する当期純利益調整額
                                       -                 -
      (千円)
      普通株式増加数(株)                                -              49,963
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1                       第1回新株予約権、第2回新株予
     株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在                       約権、第3回新株予約権、第4回                        -
     株式の概要                       新株予約権
                                 61/78





                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (重要な後発事象)
        第三者割当増資による新株式の発行
         当社は、2020年5月21日及び2020年6月8日開催の取締役会において、オーバーアロットメントによる当社株式
        の売出しに関連して、SMBC日興証券株式会社が当社株主である脇健一郎より借入れた当社普通株式の返却を目
        的として、同社を割当先とする第三者割当増資による新株式の発行を下記のとおり決議し、2020年7月29日に払込
        みが完了しております。
        (1)発行株式数                       普通株式 87,000株

        (2)払込金額                       1株につき399.50円
         払込金額は会社法第199条第1項第2号所定の払込金額であり、割当先より払い込まれる金額は割
         当価格(東京証券取引所マザーズへの株式上場に伴い発行した株式の募集並びに株式の売出しの引
         受価額と同額)となります。
        (3)払込金額の総額                       34,756,500円
        (4)割当価格                       1株につき478.40円
        (5)割当価格の総額                       41,620,800円
        (6)増加する資本金及び資本準備金                       増加する資本金   1株につき239.20円
         に関する事項                     増加する資本準備金 1株につき239.20円
        (7)割当先及び割当株式数                       SMBC日興証券株式会社
                              87,000株
        (8)払込期日                       2020年7月29日
                              ディープラーニングをはじめとした画像認識技術の
        (9)資金の使途
                              研究開発を促進して認識精度や実装性といった技術
                              力を向上させること及び増加が見込まれる受託案件
                              に対応できる開発体制の構築のための人件費及び
                              エージェント利用料や紹介料等の採用費に充当する
                              予定であります。
                                 62/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ⑤【連結附属明細表】
         【社債明細表】
           該当事項はありません。
         【借入金等明細表】

                               当期首残高       当期末残高        平均利率
                区分                                      返済期限
                               (千円)       (千円)        (%)
     短期借入金                             -       -       -      -

     1年以内に返済予定の長期借入金                            8,843         -             -

     1年以内に返済予定のリース債務                             -       -       -      -

     長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)                             -       -       -      -

     リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。)                             -       -       -      -

     その他有利子負債                             -       -       -      -

                合計                 8,843         -     -        -

         【資産除去債務明細表】

           該当事項はありません。
       (2)【その他】

           当連結会計年度における四半期情報等
     (累計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期         当連結会計年度
     売上高(千円)                       -          -        311,642          419,701

     税金等調整前四半期(当期)
                            -          -        74,889          90,800
     純利益(千円)
     親会社株主に帰属する四半期
                            -          -        52,484          66,537
     (当期)純利益(千円)
     1株当たり四半期(当期)純
                            -          -         9.98          12.62
     利益(円)
     (会計期間)                第1四半期          第2四半期          第3四半期          第4四半期

     1株当たり四半期純利益
                            -          -         8.99          2.65
     (円)
      (注)1.当社は、2020年6月24日付で東京証券取引所マザーズに上場いたしましたので、当連結会計年度の四半期報
           告書は提出しておりませんが、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第3四半期連結会計期
           間及び第3四半期連結累計期間の四半期連結財務諸表について、EY新日本有限責任監査法人により四半期レ
           ビューを受けております。
         2.当社は、2019年11月30日付で普通株式1株につき3株の割合で株式分割を行っております。当連結会計年度
           の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり四半期(当期)純利益を算定しております。
                                 63/78






                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
      2【財務諸表等】
       (1)【財務諸表】
        ①【貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度              当事業年度
                                 (2019年6月30日)              (2020年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                        326,326              415,347
         現金及び預金
                                         43,398              100,741
         売掛金
                                         5,191              1,076
         仕掛品
                                         8,593              5,778
         前払費用
                                         3,344                -
         未収還付法人税等
                                        386,854              522,944
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
                                         11,809              11,809
          建物
                                        △ 2,299             △ 6,240
            減価償却累計額
            建物(純額)                              9,510              5,568
          工具、器具及び備品                               10,090              29,016
                                        △ 3,042             △ 12,930
            減価償却累計額
            工具、器具及び備品(純額)                              7,047              16,086
                                         16,558              21,655
          有形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         10,000              10,000
          関係会社株式
                                         25,101              21,068
          敷金及び保証金
                                         2,048              1,643
          長期前払費用
                                           -             3,174
          繰延税金資産
                                         37,150              35,886
          投資その他の資産合計
                                         53,708              57,541
         固定資産合計
                                        440,563              580,486
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                         8,843                -
         1年内返済予定の長期借入金
                                         10,230              15,496
         未払金
                                         5,593              3,439
         未払費用
                                         1,227              19,907
         未払法人税等
                                         4,995              15,587
         未払消費税等
                                         3,145              1,623
         預り金
                                         26,353               2,227
         前受収益
                                         60,388              58,282
         流動負債合計
                                         60,388              58,282
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                        213,000              248,880
         資本金
         資本剰余金
                                        196,690              232,570
          資本準備金
                                        196,690              232,570
          資本剰余金合計
         利益剰余金
          その他利益剰余金
                                        △ 29,515              40,754
            繰越利益剰余金
                                        △ 29,515              40,754
          利益剰余金合計
                                        380,174              522,204
         株主資本合計
                                        380,174              522,204
       純資産合計
                                        440,563              580,486
      負債純資産合計
                                 64/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ②【損益計算書】
                                                   (単位:千円)
                                   前事業年度               当事業年度
                                (自 2018年7月1日              (自 2019年7月1日
                                至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
                                        282,465              419,701
      売上高
                                         92,447              119,135
      売上原価
                                        190,017              300,565
      売上総利益
                                     ※1 , ※2 207,283           ※1 , ※2 210,226
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 17,265              90,339
      営業外収益
                                            3              2
       受取利息
                                            2              36
       雑収入
                                            6              39
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           127               3
       支払利息
                                           -             6,184
       株式公開費用
                                           -              202
       為替差損
                                           127             6,391
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 17,386              83,987
      税引前当期純利益又は税引前当期純損失(△)                                  △ 17,386              83,987
      法人税、住民税及び事業税                                     290             16,892
                                           -            △ 3,174
      法人税等調整額
                                           290             13,717
      法人税等合計
      当期純利益又は当期純損失(△)                                  △ 17,676              70,269
                                 65/78













                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        【売上原価明細書】
                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2018年7月1日                   (自 2019年7月1日
                            至 2019年6月30日)                   至 2020年6月30日)
                                      構成比                   構成比

                     注記
                           金額(千円)                   金額(千円)
           区分
                                      (%)                   (%)
                     番号
                                92,182        69.5          105,336        71.2

     Ⅰ 労務費
                                40,523                   42,648
                     ※1                  30.5                   28.8
     Ⅱ 経費
                                       100.0                   100.0
       当期総製造費用                        132,706                   147,985
                                14,846                   5,191
       期首仕掛品たな卸高
            合計                   147,552                   153,176

                                5,191                   1,076
       期末仕掛品たな卸高
                                49,913                   32,964
                     ※2
       他勘定振替高
       売上原価                        92,447                  119,135
       原価計算の方法
        原価計算の方法は、個別原価計算による実際原価計算であります。
      (注) ※1 主な内訳は次のとおりであります。

                              前事業年度                   当事業年度
                           (自 2018年7月1日                   (自 2019年7月1日
             項目
                            至 2019年6月30日)                   至 2020年6月30日)
     地代家賃    (千円)                           15,777                   16,573
     減価償却費(千円)
                                     3,197                  11,017
          ※2 他勘定振替高の内容は、研究開発費への振替であります。

                                 66/78











                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ③【株主資本等変動計算書】
          前事業年度(自 2018年7月1日 至 2019年6月30日)
                                                   (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金           利益剰余金
                                   その他利益                 純資産合計
                                               株主資本
                  資本金                 剰余金
                             資本剰余金           利益剰余金       合計
                       資本準備金
                              合計           合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
     当期首残高              213,000      196,690      196,690     △ 11,838     △ 11,838     397,851      397,851
     当期変動額
      新株の発行                                                 -
      当期純損失(△)                              △ 17,676     △ 17,676     △ 17,676     △ 17,676
      株主資本以外の項目の
                                                        -
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計                -      -      -   △ 17,676     △ 17,676     △ 17,676     △ 17,676
     当期末残高              213,000      196,690      196,690     △ 29,515     △ 29,515     380,174      380,174
          当事業年度(自 2019年7月1日 至 2020年6月30日)

                                                   (単位:千円)
                                株主資本
                          資本剰余金           利益剰余金
                                   その他利益                 純資産合計
                                               株主資本
                  資本金                 剰余金
                             資本剰余金           利益剰余金       合計
                       資本準備金
                              合計           合計
                                   繰越利益
                                    剰余金
     当期首残高              213,000      196,690      196,690     △ 29,515     △ 29,515     380,174      380,174
     当期変動額
      新株の発行             35,880      35,880      35,880                 71,760      71,760
      当期純利益                               70,269      70,269      70,269      70,269
      株主資本以外の項目の
      当期変動額(純額)
     当期変動額合計              35,880      35,880      35,880      70,269      70,269     142,029      142,029
     当期末残高              248,880      232,570      232,570      40,754      40,754     522,204      522,204
                                 67/78








                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        【注記事項】
         (重要な会計方針)
          1.有価証券の評価基準及び評価方法
           子会社株式及び関連会社株式
             移動平均法による原価法を採用しております。
          2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

           仕掛品
             個別法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用し
            ております。
          3.固定資産の減価償却の方法

           有形固定資産
             定率法を採用しております。
             ただし、建物及び建物附属設備については、定額法を採用しております。
             なお、取得価額10万円以上20万円未満の少額減価償却資産については、3年間の均等償却をしておりま
            す。
             主な耐用年数は以下のとおりであります。
             建物             3年
             工具、器具及び備品    4~8年
          4.  重要な収益及び費用の計上基準

           受注制作のソフトウェアに係る収益の計上基準
             当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められるプロジェクトについては工事進行基準
            を適用し、その他のプロジェクトについては工事完成基準を適用しております。
             なお、工事進行基準を適用するプロジェクトの当事業年度末における工事進捗度の見積りは、原価比例
            法によっております。
          5.重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

            外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しており
           ます。
          6.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

           繰延資産の会計処理
             株式交付費は支出時に全額費用として処理しております。
           消費税等の会計処理
             消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
         (表示方法の変更)

           財務諸表等規則第121条第1項第1号に定める有価証券明細表については、同条第3項により、記載を省略
          しております。
         (追加情報)

          会計上の見積りを行う上での新型コロナウイルス感染症の影響
           新型コロナウイルス感染症拡大は、経済や企業活動に広範な影響を与える事象であり、現時点で当社グルー
          プに及ぼす影響及び新型コロナウイルス感染症の収束時期を予測することは困難ですが、顧客企業、その他外
          部からの情報等から、翌連結会計年度にわたり新型コロナウイルス感染症の影響が継続するという一定の仮定
          に基づいて、当連結会計年度の繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りを行っております。これらの見
          積りの前提とした条件や仮定に変更が生じた場合、翌連結会計年度以降の連結財務諸表において、繰延税金資
          産の調整が必要となる可能性があります。
         (貸借対照表関係)

           該当事項はありません。
                                 68/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (損益計算書関係)
          ※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
                                前事業年度                  当事業年度
                             (自 2018年7月1日                  (自 2019年7月1日
                              至 2019年6月30日)                  至 2020年6月30日)
     関係会社への業務委託費                                36,000千円                  30,943千円
          ※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度0%、当事業年度0%、一般管理費に属する費用の

            おおよその割合は前事業年度100%、当事業年度100%であります。
             販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりであります。
                                前事業年度                   当事業年度
                             (自 2018年7月1日                  (自 2019年7月1日
                             至 2019年6月30日)                    至 2020年6月30日)
     減価償却費                                  920  千円               2,811   千円
                                     50,899                  54,749
     役員報酬
                                     20,333                  37,730
     支払報酬
                                     87,663                  63,908
     研究開発費
         (有価証券関係)

          前事業年度(2019年6月30日)
            子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式                       10,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握すること
           が極めて困難と認められることから、記載しておりません。
          当事業年度(2020年6月30日)

            子会社株式(貸借対照表計上額は関係会社株式                       10,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握すること
           が極めて困難と認められることから、記載しておりません。
                                 69/78












                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
         (税効果会計関係)
          1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
                                        前事業年度            当事業年度
                                      (2019年6月30日)            (2020年6月30日)
            繰延税金資産
             未払事業税                               350千円           1,860千円
             税務上の繰越欠損金                              9,161              -
             資産除去債務                               720           1,955
             減価償却超過額                               579           1,570
                                           2,481            1,572
             その他
            繰延税金資産小計
                                           13,293             6,959
             税務上の繰越欠損金に係る評価性引当額                             △9,161               -
             将来減算一時差異等の合計に係る評価性引当額                             △4,131            △3,784
            評価性引当額小計                              △13,293             △3,784
            繰延税金資産合計                                 -           3,174
          2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因

            となった主要な項目別の内訳
                                        前事業年度            当事業年度
                                      (2019年6月30日)            (2020年6月30日)
            法定実効税率
             (調整)                                           30.62%
                                             -%
             評価性引当額の増減                                -          △11.31
             所得拡大税制による税額控除                                -          △2.47
             外国税額控除                                -          △1.00
                                             -           0.47
             その他
            税効果会計適用後の法人税等の負担率
                                             -           16.32
           (注)前事業年度は、税引前当期純損失を計上しているため、記載を省略しております。
         (重要な後発事象)

           連結財務諸表「注記事項 重要な後発事象」に記載しているため、注記を省略しております。
                                 70/78










                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
        ④【附属明細表】
         【有価証券明細表】
           該当事項はありません。
         【有形固定資産等明細表】

                                          当期末減価償
                  当期首残高      当期増加額      当期減少額      当期末残高      却累計額又は       当期償却額      差引当期末残
         資産の種類
                                          償却累計額
                  (千円)      (千円)      (千円)      (千円)            (千円)     高(千円)
                                           (千円)
     有形固定資産
      建物              11,809        -      -    11,809       6,240      3,941      5,568
      工具、器具及び備品              10,090      18,926        -    29,016      12,930       9,887      16,086
        有形固定資産計            21,899      18,926        -    40,826      19,170      13,829      21,655
     長期前払費用               2,808       373      648     2,533       889      129     1,643
      (注)当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
          工具、器具及び備品 セキュリティ対策サーバー一式  13,988千円
         【引当金明細表】

           該当事項はありません。
       (2)【主な資産及び負債の内容】

         連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。
       (3)【その他】

         該当事項はありません。
                                 71/78












                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第6【提出会社の株式事務の概要】
      事業年度                  毎年7月1日から翌年6月30日まで

      定時株主総会                  毎事業年度終了後3か月以内

      基準日                  毎年6月末日

                       毎年12月31日

      剰余金の配当の基準日
                       毎事業年度末日
      1単元の株式数                  100株

      単元未満株式の買取り

                       東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

       取扱場所
                       証券代行部
       株主名簿管理人                 東京都千代田区丸の内一丁目4番5号 三菱UFJ信託銀行株式会社

       取次所                 -

       買取手数料                 株式の売買の委託に係る手数料相当額として別途定める金額

                       電子公告により行う。ただし電子公告によることができない事故その他やむ

                       を得ない事由が生じたときは、日本経済新聞に掲載して行う。
      公告掲載方法
                       公告掲載URL
                       https://ficha.jp
      株主に対する特典                  該当事項はありません。

      (注)    当会社の株主は、その有する単元未満株式について、次に掲げる権利以外の権利を行使することができない

          旨、定款に定めております。
          (1)会社法第189条第2項各号に掲げる権利
          (2)会社法第166条第1項の規定による請求をする権利
          (3)株主の有する株式数に応じて募集株式の割当て及び募集新株予約権の割当てを受ける権利
                                 72/78









                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第7【提出会社の参考情報】
      1【提出会社の親会社等の情報】
        当社は、金融商品取引法第24条の7第1項に規定する親会社等はありません。
      2【その他の参考情報】

        当事業年度の開始日から有価証券報告書提出日までの間に、次の書類を提出しております。
        (1)有価証券届出書(有償一般募集増資及び売出し)及びその添付書類
          2020年5月21日関東財務局長に提出。
        (2)有価証券届出書の訂正届出書
          2020年5月25日、2020年6月8日及び2020年6月16日関東財務局長に提出。
          2020年5月21日提出の有価証券届出書に係る訂正届出書であります。
        (3)臨時報告書
          2020年6月24日関東財務局長に提出。
          企業内容等の開示に関する内閣府令第19条第2項第4号(主要株主の異動)に基づく臨時報告書であります。
                                 73/78
















                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
           該当事項はありません。
                                 74/78




















                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2020年9月29日

     フィーチャ株式会社

      取締役会 御中
                              EY新日本有限責任監査法人

                                  東京事務所

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               飯塚 徹         印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               辻本 慶太         印
                               業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるフィーチャ株式会社の2019年7月1日から2020年6月30日までの連結会計年度の連結財務諸表、すなわち、連結貸借
     対照表、連結損益計算書、連結包括利益計算書、連結株主資本等変動計算書、連結キャッシュ・フロー計算書、連結財務
     諸表作成のための基本となる重要な事項、その他の注記及び連結附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、
     フィーチャ株式会社及び連結子会社の2020年6月30日現在の財政状態並びに同日をもって終了する連結会計年度の経営成
     績及びキャッシュ・フローの状況を、全ての重要な点において適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「連結財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職
     業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果
     たしている。当監査法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、2020年5月21日及び2020年6月8日開催の取締役会において、オー
     バーアロットメントによる株式の売出しに関連して、第三者割当による新株式の発行を決議し、2020年7月29日に払込が
     完了している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     連結財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して連結財務諸表を作成し適正に
     表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない連結財務諸表を作成し適正に表示するために
     経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき連結財務諸表を作成することが適切であるかど
     うかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する
     必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにあ
     る。
                                 75/78



                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     連結財務諸表監査における監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての連結財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示
     がないかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から連結財務諸表に対する意見を表明する
     ことにある。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、連結財務諸表の利用者の
     意思決定に影響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査証拠を入手する。
     ・ 連結財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価
      の実施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として連結財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づ
      き、継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論
      付ける。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において連結財務諸表の注記事項に
      注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する連結財務諸表の注記事項が適切でない場合は、連結財務諸表に対し
      て除外事項付意見を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づい
      ているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているか
      どうかとともに、関連する注記事項を含めた連結財務諸表の表示、構成及び内容、並びに連結財務諸表が基礎となる取
      引や会計事象を適正に表示しているかどうかを評価する。
     ・ 連結財務諸表に対する意見を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する十分かつ適切な監査証拠を入
      手する。監査人は、連結財務諸表の監査に関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査意見
      に対して責任を負う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
     重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
     びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
     講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 76/78







                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
                          独立監査人の監査報告書
                                                     2020年9月29日

     フィーチャ株式会社

      取締役会 御中
                              EY新日本有限責任監査法人

                                  東京事務所

                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               飯塚 徹           印
                               業務執行社員
                               指定有限責任社員

                                        公認会計士
                                               辻本 慶太         印
                               業務執行社員
     監査意見

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づく監査証明を行うため、「経理の状況」に掲げられて
     いるフィーチャ株式会社の2019年7月1日から2020年6月30日までの第15期事業年度の財務諸表、すなわち、貸借対照
     表、損益計算書、株主資本等変動計算書、重要な会計方針、その他の注記及び附属明細表について監査を行った。
      当監査法人は、上記の財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して、フィー
     チャ株式会社の2020年6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する事業年度の経営成績を、全ての重要な点におい
     て適正に表示しているものと認める。
     監査意見の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して監査を行った。監査の基準における
     当監査法人の責任は、「財務諸表監査における監査人の責任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫
     理に関する規定に従って、会社から独立しており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査
     法人は、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監査証拠を入手したと判断している。
     強調事項

      重要な後発事象に記載されているとおり、会社は、2020年5月21日及び2020年6月8日開催の取締役会において、オー
     バーアロットメントによる株式の売出しに関連して、第三者割当による新株式の発行を決議し、2020年7月29日に払込が
     完了している。
      当該事項は、当監査法人の意見に影響を及ぼすものではない。
     財務諸表に対する経営者並びに監査役及び監査役会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠して財務諸表を作成し適正に表示
     することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない財務諸表を作成し適正に表示するために経営者が
     必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき財務諸表を作成することが適切であるかどうかを評
     価し、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に基づいて継続企業に関する事項を開示する必要があ
     る場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査役及び監査役会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
     財務諸表監査における監査人の責任

      監査人の責任は、監査人が実施した監査に基づいて、全体としての財務諸表に不正又は誤謬による重要な虚偽表示がな
     いかどうかについて合理的な保証を得て、監査報告書において独立の立場から財務諸表に対する意見を表明することにあ
     る。虚偽表示は、不正又は誤謬により発生する可能性があり、個別に又は集計すると、財務諸表の利用者の意思決定に影
     響を与えると合理的に見込まれる場合に、重要性があると判断される。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に従って、監査の過程を通じて、職業的専門家とし
     ての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
                                 77/78


                                                           EDINET提出書類
                                                      フィーチャ株式会社(E35758)
                                                            有価証券報告書
     ・ 不正又は誤謬による重要な虚偽表示リスクを識別し、評価する。また、重要な虚偽表示リスクに対応した監査手続を
      立案し、実施する。監査手続の選択及び適用は監査人の判断による。さらに、意見表明の基礎となる十分かつ適切な監
      査 証拠を入手する。
     ・ 財務諸表監査の目的は、内部統制の有効性について意見表明するためのものではないが、監査人は、リスク評価の実
      施に際して、状況に応じた適切な監査手続を立案するために、監査に関連する内部統制を検討する。
     ・ 経営者が採用した会計方針及びその適用方法の適切性、並びに経営者によって行われた会計上の見積りの合理性及び
      関連する注記事項の妥当性を評価する。
     ・ 経営者が継続企業を前提として財務諸表を作成することが適切であるかどうか、また、入手した監査証拠に基づき、
      継続企業の前提に重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認められるかどうか結論付け
      る。継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、監査報告書において財務諸表の注記事項に注意を喚
      起すること、又は重要な不確実性に関する財務諸表の注記事項が適切でない場合は、財務諸表に対して除外事項付意見
      を表明することが求められている。監査人の結論は、監査報告書日までに入手した監査証拠に基づいているが、将来の
      事象や状況により、企業は継続企業として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる企業会計の基準に準拠しているかどう
      かとともに、関連する注記事項を含めた財務諸表の表示、構成及び内容、並びに財務諸表が基礎となる取引や会計事象
      を適正に表示しているかどうかを評価する。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、計画した監査の範囲とその実施時期、監査の実施過程で識別した内部統制の
     重要な不備を含む監査上の重要な発見事項、及び監査の基準で求められているその他の事項について報告を行う。
      監査人は、監査役及び監査役会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並
     びに監査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを
     講じている場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                       以  上

      (注)1.上記は監査報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(有価証券報告書提出

           会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは監査の対象には含まれていません。
                                 78/78











PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク