株式会社スペースバリューホールディングス 四半期報告書 第3期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)

提出書類 四半期報告書-第3期第1四半期(令和2年4月1日-令和2年6月30日)
提出日
提出者 株式会社スペースバリューホールディングス
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年9月14日
      【四半期会計期間】                    第3期第1四半期(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)
      【会社名】                    株式会社スペースバリューホールディングス
      【英訳名】                    SPACE   VALUE   HOLDINGS     CO.,LTD.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長CEO  森岡 直樹
      【本店の所在の場所】                    石川県金沢市金石北三丁目16番10号
                         (同所は登記上の本店所在地であり、実際の業務は「最寄りの連絡場所」で
                         行っております。)
      【電話番号】                    該当事項はありません。
      【事務連絡者氏名】                    該当事項はありません。
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区芝三丁目4番12号(東京本社)
      【電話番号】                    (03)5439-6070(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員コーポレート本部IR広報部長  島田 英樹
      【縦覧に供する場所】                    株式会社スペースバリューホールディングス東京本社
                         (東京都港区芝三丁目4番12号)
                         株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/20











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第2期           第3期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第2期
                              累計期間           累計期間
                            自2019年4月1日           自2020年4月1日           自2019年4月1日
              会計期間
                            至2019年6月30日           至2020年6月30日           至2020年3月31日
                     (百万円)             16,418           16,011           85,481
     売上高
                     (百万円)               300           119          2,855
     経常利益
     親会社株主に帰属する四半期
     (当期)純利益又は親会社株主               (百万円)               141           △ 71           997
     に帰属する四半期純損失(△)
                     (百万円)              △ 109          1,033           △ 554
     四半期包括利益又は包括利益
                     (百万円)             26,069           25,080           24,558
     純資産額
                     (百万円)             87,262           79,556           79,307
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利
     益又は1株当たり四半期純損失                (円)             4.02          △ 2.02           28.39
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半
                      (円)             4.01             -         28.32
     期(当期)純利益
                      (%)             28.4           31.4           30.9
     自己資本比率
      (注)   1.当社は四半期連結財務諸表を作成しているため、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載してお
           りません。
         2.売上高には消費税等は含まれておりません。
         3.株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託が保有する当社株式は、1株当たり四半期
          (当期)純利益又は1株当たり四半期純損失及び潜在株式調整後1株当たり四半期(当期)純利益の算定上、
          普通株式の期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めております。
         4.第2期第2四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、第2期第
          1四半期連結累計期間の関連する主要な経営指標等については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の当
          初配分額の重要な見直しが反映された後の金額によっております。
         5.第3期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
          ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間における、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
                                  2/20







                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
         当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業等のリスクはありません。また、前事業年度の                                                有価証
        券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更はありません。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

         文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
         なお、前第2四半期連結会計期間において、企業結合に係る暫定的な会計処理の確定を行っており、前第1四半
        期連結累計期間との比較・分析にあたっては、暫定的な会計処理の確定による見直し後の金額を用いております。
       (1)  財政状態及び経営成績の状況

        ① 経営成績
         当第1四半期連結累計期間における我が国経済は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響による経済活動の停滞
        により、極めて厳しい状況で推移いたしました。また、本年5月25日の政府の緊急事態宣言の解除に伴い、経済活
        動に段階的な再開の動きが見受けられたものの、企業収益は著しく悪化しており、先行きの不透明な状況が続きま
        した。
         建設業界におきましては、新型コロナウイルス感染症拡大の影響下において、一部工事の休止や延期が見受けら
        れましたが、公共・民間工事ともに底堅く推移いたしました。
         このような状況のなか当社グループは、不要不急の国内外の出張の禁止、Web会議の積極的な活用、可能な範囲
        内での在宅勤務を実施するなど当社グループ役職員の感染リスクの軽減と安全確保に取り組み、営業、生産、施工
        等の事業活動を継続してまいりました。
         一方、「本業回帰」を重要なテーマとして位置づけ、具体的な成長戦略の策定に取り組むとともに、、建築に関
        わるグループ事業の持続的な成長施策の一つとして、PPP/PFI事業を通じて、社会課題の解決に携わり地域社会に
        貢献するため、その体制づくりを推進してまいりました。
         これらの結果、当第1四半期連結累計期間の経営成績は、売上高は16,011百万円(前年同期比97.5%、407百万
        円減)に留まりました。損益面では、主に事業規模等に見合った適切な人員配置の方針に伴う人件費の増加により
        販売費及び一般管理費が増加した結果、営業損失は3百万円(前年同期は営業利益232百万円)、経常利益は119百
        万円(前年同期比39.6%、181百万円減)及び親会社株主に帰属する四半期純損失は71百万円(前年同期は親会社
        株主に帰属する四半期純利益141百万円)となりました。
         セグメント別の概要は、次のとおりであります。

         (システム建築事業)
          システム建築事業につきましては、販売事業では事務所、倉庫の建築は堅調に推移いたしましたが、工場、店
         舗の建築が低調に推移したことから売上高は5,004百万円(前年同期比85.9%、819百万円減)に留まりました。
         一方、レンタル事業では学校施設の耐震化等に伴う仮設校舎は減少いたしましたが、公共施設の大規模な改修工
         事が貢献し売上高は3,885百万円(前年同期比153.4%、1,352百万円増)に増加いたしました。
          これらの結果、同事業全体の売上高は8,890百万円(前年同期比106.4%、532百万円増)となりました。
         (立体駐車場事業)

          立体駐車場事業につきましては、販売事業では時間・月極貸事業を目的とした立体駐車場の建築が減少したこ
         とから、売上高は1,470百万円(前年同期比62.1%、897百万円減)に留まりました。また、メンテナンス事業で
         はリニューアル工事が減少した結果、売上高は478百万円(前年同期比76.2%、149百万円減)に留まりました。
          一方、駐車場運営・管理事業では、国内は2020年6月末において駐車場409件4,254台(74台純減)及び駐輪場
         80件13,791台(80台純増)、海外は2020年6月末において駐車場299件126,912台(3,580台純減)と国内外あわ
         せて運営台数が減少したことに加え、経済活動が停滞したことに伴う駐車場及び駐輪場の稼働率が低下した結
         果、売上高は917百万円(前年同期比74.4%、315百万円減)となりました。
          これらの結果、同事業全体の売上高は2,867百万円(前年同期比67.8%、1,363百万円減)となりました。
         (総合建設事業)

          総合建設事業につきましては、鉄道工事や営繕工事が減少したものの、マンションの建築工事及び大規模修繕
         工事が堅調に推移した結果、売上高は3,890百万円(前年同期比115.0%、507百万円増)となりました。
                                  3/20



                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
         (開発事業)
          開発事業につきましては、大手コンビニエンスストアやドラッグストアの開発は概ね計画通りに進捗し賃料収
         入は積み上がりましたが、売上高は97百万円(前年同期比90.9%、9百万円減)に留まりました。
         (ファシリティマネジメント事業)

          ファシリティマネジメント事業につきましては、緊急事態宣言下において商業施設の一時休業に伴う清掃業務
         の中止が発生したことにより、売上高は266百万円(前年同期比78.2%、74百万円減)に留まりました。
        ② 財政状態

         当第1四半期連結会計期間末における資産合計は、主に受取手形・完成工事未収入金の減少があったものの、借
        入などによる現金預金の増加、時価上昇による投資有価証券の増加により、前連結会計年度末と比べ249百万円増
        加し、79,556百万円となりました。
         負債合計は、主に短期借入金の増加があったものの、支払手形・工事未払金等の減少により、前連結会計年度末
        と比べ273百万円減少し、54,476百万円となりました。
         純資産合計は、主にその他有価証券評価差額金の増加により、前連結会計年度末と比べ522百万円増加し、
        25,080百万円となりました。
         これらの結果、自己資本比率は31.4%(前連結会計年度末は30.9%)となりました。
       (2)  会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

         前事業年度の有価証券報告書に記載した「経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分
        析」中の会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定の記載について重要な変更はありません。
       (3)  経営方針・経営戦略等

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが定めている経営方針・経営戦略等について重要な変更はあ
        りませんが、あるべき姿を見据えた中期経営計画の見直しの検討を進めております。
       (4)  優先的に対処すべき事業上及び財務上の課題

         当第1四半期連結累計期間において、当社グループが対処すべき課題について重要な変更はありません。
       (5)  研究開発活動

         当第1四半期連結累計期間における研究開発活動の金額は1百万円であります。
         なお、当第1四半期連結累計期間において、研究開発活動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  4/20









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
       普通株式                                           60,000,000

                  計                                60,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末現
                                        上場金融商品取引所名
                           提出日現在発行数(株)
              在発行数(株)
        種類                                又は登録認可金融商品               内容
                            (2020年9月14日)
              (2020年6月30日)                          取引業協会名
                                          東京証券取引所            単元株式数
                   35,556,584             35,556,584
       普通株式
                                           市場第一部            100株
                   35,556,584             35,556,584             -          -
         計
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

           該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                発行済株式        発行済株式
                                              資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
        年月日                                       増減額        残高
                総数増減数        総数残高
                               (百万円)        (百万円)
                                              (百万円)        (百万円)
                 (千株)        (千株)
     2020年6月30日
                     -     35,556          -      7,000         52      1,145
     (注)
      (注)資本剰余金を原資とする配当に伴う積立により増加しております。
       (5)【大株主の状況】

           当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません。
                                  5/20








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
           当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、
          記載することができないことから、直前の基準日(2020年3月31日)に基づく株主名簿による記載をしており
          ます。
        ①【発行済株式】

                                                   2020年6月30日現在
                           株式数(株)           議決権の数(個)
             区分                                        内容
                                   -       -            -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -       -            -
      議決権制限株式(その他)                             -       -            -

      完全議決権株式(自己株式等)                           223,400          -            -

                        普通株式
      完全議決権株式(その他)                         35,288,400            352,884           -
                        普通株式
                                 44,784         -            -
      単元未満株式                  普通株式
                               35,556,584           -            -
      発行済株式総数
                                   -        352,884           -
      総株主の議決権
     (注)「完全議決権株式(その他)」の欄には、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式
       会社(信託E口)が保有する当社株式202,900株(議決権の数2,029個)及び証券保管振替機構名義の株式が2,500株
       (議決権の数25個)含まれております。
        ②【自己株式等】

                                                   2020年6月30日現在
                                                   発行済株式総数に
                         自己名義所有         他人名義所有         所有株式数の
      所有者の氏名
                                                   対する所有株式数
                 所有者の住所
                         株式数(株)         株式数(株)         合計(株)
      又は名称
                                                   の割合(%)
     ㈱スペースバリュー          金沢市金石北
                            223,400           -      223,400           0.63
     ホールディングス          三丁目16番10号
                   -         223,400           -      223,400           0.63
         計
     (注)上記のほか、「株式給付信託」導入において設定した資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が保有する
       当社株式が202,900株あります。
        なお、当該株式数は上記「①発行済株式」の「完全議決権株式(その他)」の欄に含まれております。
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                  6/20








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
        当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(平成19年内閣府
       令第64号)に準拠して作成し、「建設業法施行規則」(昭和24年建設省令第14号)に準じて記載しております。
      2.監査証明について

        当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年4月1日から2020
       年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る四半期連結財務諸
       表について、PwC京都監査法人による四半期レビューを受けております。
                                  7/20

















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                  (単位:百万円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2020年3月31日)              (2020年6月30日)
      資産の部
       流動資産
                                         4,245              10,480
         現金預金
                                         23,584              14,445
         受取手形・完成工事未収入金
                                         6,094              6,674
         レンタル未収入金
                                         2,080              2,080
         販売用不動産
                                         1,625              2,389
         未成工事支出金
                                           937              993
         その他のたな卸資産
                                         1,335              2,092
         その他
                                          △ 87             △ 59
         貸倒引当金
                                         39,815              39,097
         流動資産合計
       固定資産
         有形固定資産
          レンタル用建物(純額)                               3,069              2,931
          建物・構築物(純額)                               5,575              5,457
                                         8,895              8,895
          土地
                                         5,919              5,809
          その他(純額)
                                         23,459              23,094
          有形固定資産合計
         無形固定資産
                                         2,852              2,826
          のれん
                                         1,566              1,522
          その他
                                         4,418              4,348
          無形固定資産合計
         投資その他の資産
                                         9,500              11,058
          投資有価証券
                                         2,526              2,360
          その他
                                         △ 413             △ 403
          貸倒引当金
                                         11,613              13,015
          投資その他の資産合計
                                         39,491              40,459
         固定資産合計
                                         79,307              79,556
       資産合計
                                  8/20










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
                                                  (単位:百万円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2020年3月31日)              (2020年6月30日)
      負債の部
       流動負債
                                         17,288              13,189
         支払手形・工事未払金等
                                         3,256              7,143
         短期借入金
                                         3,898              3,812
         1年内返済予定の長期借入金
                                           750              378
         未払法人税等
                                         1,121              1,809
         未成工事受入金
                                         3,721              3,537
         レンタル前受収益
                                           256              263
         完成工事補償引当金
                                           735              378
         賞与引当金
                                           129              108
         その他の引当金
                                         4,073              4,609
         その他
                                         35,230              35,231
         流動負債合計
       固定負債
                                         15,123              14,432
         長期借入金
         退職給付に係る負債                                 1,928              1,923
                                           78              85
         その他の引当金
                                         2,388              2,804
         その他
                                         19,519              19,244
         固定負債合計
                                         54,749              54,476
       負債合計
      純資産の部
       株主資本
                                         7,000              7,000
         資本金
                                         2,337              1,807
         資本剰余金
                                         13,358              13,287
         利益剰余金
                                         △ 428             △ 428
         自己株式
                                         22,267              21,666
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         2,504              3,588
         その他有価証券評価差額金
                                         △ 200             △ 164
         為替換算調整勘定
                                          △ 99             △ 95
         退職給付に係る調整累計額
                                         2,204              3,329
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                    83              83
                                            2              1
       非支配株主持分
                                         24,558              25,080
       純資産合計
                                         79,307              79,556
      負債純資産合計
                                  9/20








                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      売上高
       完成工事高                                  13,778              12,028
                                         2,533              3,885
       レンタル売上高
                                           107               97
       開発事業売上高
                                         16,418              16,011
       売上高合計
      売上原価
                                         11,782              10,689
       完成工事原価
                                         2,067              2,848
       レンタル売上原価
                                           72              37
       開発事業売上原価
                                         13,922              13,575
       売上原価合計
      売上総利益
                                         1,995              1,339
       完成工事総利益
       レンタル総利益                                   465             1,036
                                           35              60
       開発事業総利益
                                         2,496              2,436
       売上総利益合計
      販売費及び一般管理費                                    2,263              2,440
      営業利益又は営業損失(△)                                     232              △ 3
      営業外収益
                                            0              7
       受取利息
                                           125               52
       受取配当金
                                           16               7
       賃貸不動産収入
                                            6              ▶
       仕入割引
                                           -              94
       助成金収入
                                           43              50
       その他
                                           192              217
       営業外収益合計
      営業外費用
                                           54              42
       支払利息
                                            3              3
       賃貸不動産原価
                                            0              31
       シンジケートローン手数料
                                           65              17
       その他
                                           124               94
       営業外費用合計
                                           300              119
      経常利益
      特別利益
                                            0              0
       固定資産売却益
                                            0              0
       特別利益合計
      特別損失
                                            2              0
       固定資産除却損
                                            2              0
       特別損失合計
                                           298              119
      税金等調整前四半期純利益
      法人税等                                     107              190
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                     191              △ 71
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                           49              △ 0
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                           141              △ 71
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 10/20




                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                  (単位:百万円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                 至 2019年6月30日)               至 2020年6月30日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                     191              △ 71
      その他の包括利益
                                         △ 203             1,084
       その他有価証券評価差額金
                                         △ 100               16
       為替換算調整勘定
                                            2              3
       退職給付に係る調整額
                                         △ 300             1,104
       その他の包括利益合計
                                         △ 109             1,033
      四半期包括利益
      (内訳)
                                         △ 194             1,033
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                           84              △ 0
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 11/20
















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (連結の範囲又は持分法適用の範囲の変更)
         (連結の範囲の重要な変更)
          NISSEI    ABSA   CO.,LTDは重要性が低下したため、当第1四半期連結会計期間より連結の範囲から除外しており
         ます。
        (四半期連結財務諸表の作成にあたり適用した特有の会計処理)

         (税金費用の計算)
          税金費用の計算については、当第1四半期連結会計期間を含む連結会計年度の税引前当期純利益に対する税効
         果会計適用後の実効税率を合理的に見積り、税引前四半期純利益に当該見積実効税率を乗じて計算しておりま
         す。
        (追加情報)

         前連結会計年度の有価証券報告書の「(追加情報)(新型コロナウイルス感染症の影響に関する会計上の見積
        り)」に記載した内容に重要な変更はありません。
        (四半期連結貸借対照表関係)

         1 保証債務
          関係会社の工事請負に係る金融機関の工事契約履行保証等に対する保証債務
                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                              (2020年3月31日)                  (2020年6月30日)
        P-PARKING     INTERNATIONAL       PTE  LTD
                                      103百万円                  105百万円
        SPACE   VALUE(THAILAND)CO.,LTD.                          225                  184
                                      329                  289
                計
         2 当社においては、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と当座貸越契約をまた取引銀行5行とコ

          ミットメントライン契約を締結しております。これら契約に基づく借入未実行残高はそれぞれ次のとおりであ
          ります。
         (1)当座貸越契約
                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                              (2020年3月31日)                  (2020年6月30日)
        当座貸越契約極度額                            -百万円                7,000百万円
        借入実行残高                            -                  -
         差引額                           -                7,000
         (2)コミットメントライン契約

                               前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                              (2020年3月31日)                  (2020年6月30日)
        コミットメントラインの総額                            -百万円               10,000百万円
        借入実行残高                            -                7,000
         差引額                           -                3,000
                                 12/20





                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)
         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、当第1四
        半期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                            前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                             (自    2019年4月1日              (自    2020年4月1日
                              至   2019年6月30日)               至   2020年6月30日)
        減価償却費                           674百万円                  944百万円
        のれんの償却額                           56                  54
        (株主資本等関係)

         Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
          配当金支払額
                    配当金の総額                 1株当たり
        決議      株式の種類               配当の原資                 基準日       効力発生日
                     (百万円)                配当額(円)
     2019年6月27日
               普通株式          924   その他資本剰余金               26  2019年3月31日        2019年6月28日
     定時株主総会
     (注)2019年6月27日開催の第1期定時株主総会決議による配当金の総額には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信
       託E口)が保有する当社株式に対する配当金5百万円及び連結子会社が保有する当社株式に対する配当金6百万円が
       含まれております。
         Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)

          配当金支払額
                    配当金の総額                 1株当たり
        決議      株式の種類               配当の原資                 基準日       効力発生日
                     (百万円)                配当額(円)
     2020年6月30日
               普通株式          529   その他資本剰余金               15  2020年3月31日        2020年6月30日
     定時株主総会
     (注)2020年6月30日開催の第2期定時株主総会決議による配当金の総額には、資産管理サービス信託銀行株式会社(信
       託E口)が保有する当社株式に対する配当金3百万円が含まれております。
                                 13/20










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
          Ⅰ 前第1四半期連結累計期間(自 2019年4月1日 至 2019年6月30日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                   報告セグメント

                                               ファシリティ

                 システム建築        総合建設       立体駐車場         開発               合計
                                               マネジメント
     売上高

                     8,357       3,382       4,230        107       340      16,418
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                       ▶       55        0       9       85       154
      売上高又は振替高
                     8,362       3,438       4,230        116       425      16,573
          計
     セグメント利益又は損
                      774        72       213        35      △ 86      1,009
     失(△)
                       (単位:百万円)

                          四半期
                   調整     連結損益計算書
                  (注)1       計上額
                          (注)2
     売上高
                      -     16,418
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     △ 154        -
      売上高又は振替高
                     △ 154      16,418
          計
     セグメント利益又は損
                     △ 776       232
     失(△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△776百万円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用で
         あり、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
        3.暫定的な会計処理の確定による取得原価の当初配分額の重要な見直しが反映された後の金額により開示してお
         ります。
                                 14/20









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
          Ⅱ 当第1四半期連結累計期間(自 2020年4月1日 至 2020年6月30日)
           報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                   報告セグメント

                                               ファシリティ

                 システム建築        総合建設       立体駐車場         開発               合計
                                               マネジメント
     売上高

                     8,890       3,890       2,867         97       266      16,011
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                       1       -       16        0       64       82
      売上高又は振替高
                     8,891       3,890       2,883         98       330      16,094
          計
     セグメント利益又は損
                      913        29      △ 54       38       △ ▶      922
     失(△)
                       (単位:百万円)

                          四半期
                   調整     連結損益計算書
                  (注)1       計上額
                          (注)2
     売上高
                       -     16,011
      外部顧客への売上高
      セグメント間の内部
                     △ 82       -
      売上高又は振替高
                     △ 82     16,011
          計
     セグメント利益又は損
                     △ 926       △ 3
     失(△)
     (注)1.セグメント利益又は損失(△)の調整額△926百万円は、主に各報告セグメントに配分していない全社費用で
         あり、報告セグメントに帰属しない一般管理費であります。
        2.セグメント利益又は損失(△)は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
                                 15/20










                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期純損失及び算定上の基礎、潜在株式調整後1株当たり四半期純利
        益及び算定上の基礎は、以下のとおりであります。
                                 前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                  (自 2019年4月1日              (自 2020年4月1日
                                   至 2019年6月30日)              至 2020年6月30日)
        (1)1株当たり四半期純利益又は1株当たり四半期
                                         4.02円             △2.02円
           純損失(△)
           (算定上の基礎)
           親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
                                           141             △71
           株主に帰属する四半期純損失(△)(百万円)
           普通株主に帰属しない金額            (百万円)                     -              -
           普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
           利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失                                141             △71
           (△)(百万円)
           普通株式の期中平均株式数(千株)                               35,104              35,130
                                                         -
        (2)潜在株式調整後1株当たり四半期純利益                                 4.01円
           (算定上の基礎)

           親会社株主に帰属する四半期純利益調整額
                                           -              -
           (百万円)
           普通株式増加数(千株)                                108              -
        希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
        たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                           -              -
        で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
        の概要
       (注)   1.  当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。
          2.株主資本において自己株式として計上されている株式給付信託が保有する当社株式は、1株当たり四半
           期純利益又は1株当たり四半期純損失及び潜在株式調整後1株当たり四半期純利益の算定上、普通株式の
           期中平均株式数の計算において控除する自己株式に含めており、当該株式数は前第1四半期連結累計期間
           において210千株、当第1四半期連結累計期間において202千株であります。
                                 16/20









                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
        (重要な後発事象)
        共通支配下の取引等
         当社は、2020年8月21日開催の取締役会の決議に基づき、当社の完全子会社である日成ビルド工業㈱に対し金銭
        債権を現物出資し、普通株式を取得することを以下の通り決議しております。
         1.取引の概要
         (1)対象となる企業の名称及びその事業の内容
             企業の名称:日成ビルド工業㈱
             事業の内容:システム建築事業、立体駐車場事業他
         (2)企業結合日
             2020年9月29日(予定)
         (3)企業結合の法的形式
             金銭債権の現物出資による株式取得(デット・エクイティ・スワップ)
         (4)結合後企業の名称
             変更はありません。
         (5)取引の目的を含む取引の概要
             同社の財務体質の健全化を目的とした増資をデット・エクイティ・スワップによる方法で引き受けま
           す。
         2.実施する会計処理の概要

          「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号)及び「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に
         関する適用指針」(企業会計基準適用指針第10号)に基づき、共通支配下の取引として会計処理を行います。
         3.子会社株式の追加取得に関する事項

          取得原価及び対価の種類ごとの内訳
           取得の対価         現物出資の対象となる債権の額面総額                     15,000百万円
           取得原価                              15,000百万円
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 17/20











                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
      該当事項はありません。
                                 18/20




















                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                     2020年9月14日

     株式会社スペースバリューホールディングス

      取締役会 御中

                              PwC京都監査法人

                              東京事務所
                               指   定   社   員

                                        公認会計士
                                                若山 聡満       印
                               業務執行社員
                               指   定   社   員

                                        公認会計士
                                                高田 佳和       印
                               業務執行社員
     監査人の結論

      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社スペー
     スバリューホールディングスの2020年4月1日から2021年3月31日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020
     年4月1日から2020年6月30日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年4月1日から2020年6月30日まで)に係る四
     半期連結財務諸表、すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記につ
     いて四半期レビューを行った。
      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社スペースバリューホールディングス及び連結子会社の2020年
     6月30日現在の財政状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさ
     せる事項が全ての重要な点において認められなかった。
     監査人の結論の根拠

      当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠して四半期レビューを行っ
     た。四半期レビューの基準における当監査法人の責任は、「四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責
     任」に記載されている。当監査法人は、我が国における職業倫理に関する規定に従って、会社及び連結子会社から独立し
     ており、また、監査人としてのその他の倫理上の責任を果たしている。当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入
     手したと判断している。
     四半期連結財務諸表に対する経営者及び監査等委員会の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
      四半期連結財務諸表を作成するに当たり、経営者は、継続企業の前提に基づき四半期連結財務諸表を作成することが適
     切であるかどうかを評価し、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に基づいて継続
     企業に関する事項を開示する必要がある場合には当該事項を開示する責任がある。
      監査等委員会の責任は、財務報告プロセスの整備及び運用における取締役の職務の執行を監視することにある。
                                 19/20






                                                           EDINET提出書類
                                            株式会社スペースバリューホールディングス(E34109)
                                                             四半期報告書
     四半期連結財務諸表の四半期レビューにおける監査人の責任
      監査人の責任は、監査人が実施した四半期レビューに基づいて、四半期レビュー報告書において独立の立場から四半期
     連結財務諸表に対する結論を表明することにある。
      監査人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に従って、四半期レビューの過程を通じ
     て、職業的専門家としての判断を行い、職業的懐疑心を保持して以下を実施する。
     ・ 主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対する質問、分析的手続その他の四半期レビュー
      手続を実施する。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認められる監査の基準に準拠して実施され
      る年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
     ・ 継続企業の前提に関する事項について、重要な疑義を生じさせるような事象又は状況に関して重要な不確実性が認め
      られると判断した場合には、入手した証拠に基づき、四半期連結財務諸表において、我が国において一般に公正妥当と
      認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、適正に表示されていないと信じさせる事項が認められないかど
      うか結論付ける。また、継続企業の前提に関する重要な不確実性が認められる場合は、四半期レビュー報告書において
      四半期連結財務諸表の注記事項に注意を喚起すること、又は重要な不確実性に関する四半期連結財務諸表の注記事項が
      適切でない場合は、四半期連結財務諸表に対して限定付結論又は否定的結論を表明することが求められている。監査人
      の結論は、四半期レビュー報告書日までに入手した証拠に基づいているが、将来の事象や状況により、企業は継続企業
      として存続できなくなる可能性がある。
     ・ 四半期連結財務諸表の表示及び注記事項が、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成
      基準に準拠していないと信じさせる事項が認められないかどうかとともに、関連する注記事項を含めた四半期連結財務
      諸表の表示、構成及び内容、並びに四半期連結財務諸表が基礎となる取引や会計事象を適正に表示していないと信じさ
      せる事項が認められないかどうかを評価する。
     ・ 四半期連結財務諸表に対する結論を表明するために、会社及び連結子会社の財務情報に関する証拠を入手する。監査
      人は、四半期連結財務諸表の四半期レビューに関する指示、監督及び実施に関して責任がある。監査人は、単独で監査
      人の結論に対して責任を負う。
      監査人は、監査等委員会に対して、計画した四半期レビューの範囲とその実施時期、四半期レビュー上の重要な発見事
     項について報告を行う。
      監査人は、監査等委員会に対して、独立性についての我が国における職業倫理に関する規定を遵守したこと、並びに監
     査人の独立性に影響を与えると合理的に考えられる事項、及び阻害要因を除去又は軽減するためにセーフガードを講じて
     いる場合はその内容について報告を行う。
     利害関係

      会社及び連結子会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はな
     い。
                                                        以 上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.  XBRLデータは四半期レビューの対象には                     含まれていません。
                                 20/20








PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク