株式会社トライステージ 四半期報告書 第15期第1四半期(令和2年3月1日-令和2年5月31日)

提出書類 四半期報告書-第15期第1四半期(令和2年3月1日-令和2年5月31日)
提出日
提出者 株式会社トライステージ
カテゴリ 四半期報告書

                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
     【表紙】
      【提出書類】                    四半期報告書

      【根拠条文】                    金融商品取引法第24条の4の7第1項
      【提出先】                    関東財務局長
      【提出日】                    2020年7月15日
      【四半期会計期間】                    第15期第1四半期(自            2020年3月1日         至   2020年5月31日)
      【会社名】                    株式会社トライステージ
      【英訳名】                    Tri-Stage     Inc.
      【代表者の役職氏名】                    代表取締役社長            倉田 育尚
      【本店の所在の場所】                    東京都港区海岸一丁目2番20号
      【電話番号】                    03-5402-4111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員         福田 大
      【最寄りの連絡場所】                    東京都港区海岸一丁目2番20号
      【電話番号】                    03-5402-4111(代表)
      【事務連絡者氏名】                    執行役員         福田 大
      【縦覧に供する場所】                    株式会社東京証券取引所
                         (東京都中央区日本橋兜町2番1号)
                                  1/22













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
     第一部【企業情報】
     第1【企業の概況】
      1【主要な経営指標等の推移】
                               第14期           第15期
               回次              第1四半期連結           第1四半期連結             第14期
                              累計期間           累計期間
                           自   2019年3月1日         自   2020年3月1日         自   2019年3月1日

              会計期間
                           至   2019年5月31日         至   2020年5月31日         至   2020年2月29日
                      (千円)          13,269,431           11,629,422           50,440,437

     売上高
     経常利益又は経常損失(△)                (千円)           △ 210,380           357,418           404,014
     親会社株主に帰属する四半期(当
     期)純利益又は親会社株主に帰属                (千円)           △ 217,610           256,848           182,613
     する四半期純損失(△)
                      (千円)           △ 207,099           139,536           222,624
     四半期包括利益又は包括利益
                      (千円)           6,500,078           6,292,275           6,927,182
     純資産額
                      (千円)          15,513,449           14,532,588           15,480,655
     総資産額
     1株当たり四半期(当期)純利益
     又は1株当たり四半期純損失                 (円)            △ 7.92           9.70           6.69
     (△)
     潜在株式調整後1株当たり四半期
                      (円)              -           -          6.69
     (当期)純利益
                      (%)             40.6           42.1           43.3
     自己資本比率
      (注)1.当社は四半期連結財務諸表を作成しておりますので、提出会社の主要な経営指標等の推移については記載し
           ておりません。
         2.売上高には、消費税等は含まれておりません。
         3.第14期第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在する
           ものの1株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。また、第15期第1四半期連結累計期間の潜
           在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの希薄化効果を有しないため記
           載しておりません。
      2【事業の内容】

        当第1四半期連結累計期間において、当社グループ(当社及び当社の関係会社)が営む事業の内容について、重要
       な変更はありません。また、主要な関係会社における異動もありません。
        なお、当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの変更を行っております。詳細は、「第4 経理の状況 
       1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。
                                  2/22







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
     第2【事業の状況】
      1【事業等のリスク】
        当第1四半期連結累計期間において、前事業年度の有価証券報告書に記載した事業等のリスクについて重要な変更
       があった事項は次のとおりであります。
        なお、文中の将来に関する事項は、提出日現在において、当社グループが判断したものであります。
       訴訟等について

        当社が、2019年12月27日付「当社元従業員に対する訴訟提起に関するお知らせ」にて公表した元従業員に対する損
       害賠償請求訴訟は、2020年5月18日に当社の請求が全て認容される判決が言い渡され、同判決は確定し同訴訟は終結
       いたしました。
      2【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

        文中の将来に関する事項は、当四半期連結会計期間の末日現在において判断したものであります。
       (1)  経営成績の状況

        当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染症の影響により急速な悪化が続きまし
       た。当社グループのクライアントが属するダイレクトマーケティング市場は、テレビ通販の定着、ECの拡大及びダイ
       レクトマーケティングの多様化等により、長期的に拡大基調が続いておりますが、新型コロナウイルス感染症の拡大
       による経済活動の停滞が世界経済及び国内経済に与える影響が懸念され、先行きは不透明な状況にあります。
        当社グループでは、各社にて在宅ワークをはじめとして新型コロナウイルス感染症の拡大防止へ対処しつつ、事業
       を推進いたしました。前連結会計年度にて実施した事業の選択と集中により、テレビ事業、WEB事業、DM事業への経
       営資源の配分が進み、また、2019年12月に開始した「Tri-DDM」により、ダイレクトマーケティングにおける新規顧
       客獲得とLTV向上を両軸で支援するための基盤が整い、さらに追加の開発も行っております。こうした体制のもと、
       各事業において着実に当期の戦略を推進してまいりました。
        この結果、当社グループの当第1四半期連結累計期間における売上高は                                  11,629,422千円       (前年同期比      12.4%減    )、
       売上総利益は1,317,750千円             (前年同期比      13.3%減    )となりました。販売費及び一般管理費は                    957,402千円      (前年同期
       比 42.8%減    )となり、     営業利益は360,348千円           (前年同期は      155,348千円の損失         )、  経常利益は357,418千円           (前年同
       期は  210,380千円の損失         )、  親会社株主に帰属する四半期純利益は256,848千円                       (前年同期は      217,610千円の損失         )と
       なりました。
        セグメント別の業績は、次のとおりであります。

        なお、当第1四半期連結会計期間より、報告セグメントの変更を行っております。詳細は、「第4 経理の状況 
       1 四半期連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」をご参照ください。
       ①  ダイレクトマーケティング支援事業

        テレビ事業は、ダイレクトマーケティング事業者に対し、テレビ番組枠・CMの提供から番組・CM制作、受注管
       理、顧客管理までダイレクトマーケティングに必要なソリューションを総合的に提供しており、「データ分析に基
       づく最適な媒体提供」、「売れる映像制作」、「効率的な受注管理」による新規顧客獲得支援を強みとしておりま
       す。また、ダイレクトデータマーケティング基盤「Tri-DDM」により、放送枠や受注等の各種データを統合し、BI
       ツールで即時に精緻な分析を行うことで、放送枠価値の明確化やコンタクトセンターの適切な運用状況の把握等を
       実現しております。当第1四半期連結会計期間においては、新型コロナウイルス感染症の影響により、一部クライ
       アントにて商品製造遅延による出稿控えがあったものの、消費者の在宅率向上や健康意識の高まりによって、健康
       食品や医薬品等のテレビ通販におけるレスポンスが好調に推移いたしました。
        WEB事業は、株式会社アドフレックス・コミュニケーションズを中心として、テレビとWEBの相互提案とAIツール
       の積極導入を実施し、クライアントの売上及び利益の最大化に取り組んでおります。リスティング広告最適化AI
       ツールについては、導入企業数が堅調に増加しておりますが、新型コロナウイルス感染症流行に伴う各種展示会の
       延期やリモートワークの影響等により商談の機会が減少いたしました。同社ではリスティング広告最適化以外でも
       有力なAIツールの導入を進めており、引き続き、新規クライアントの獲得及び既存クライアントとの取引拡大に取
       り組んでまいります。
        この結果、売上高は          6,893,179千円       (前年同期比      10.3%減    )、  営業利益は257,534千円           (前年同期比      101.6%増     )と
       なりました。
                                  3/22



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
       ②  DM事業
        DM事業は、メールカスタマーセンター株式会社を中心として、「ゆうメール」や「クロネコDM便」等のダイレク
       トメール発送代行業務に取り組んでおります。当第1四半期連結会計期間においては、「ネコポス」や「ゆうパ
       ケット」等の小型宅配便への対応については堅調に推移しているものの、一部の業界にてDM発送の差し控えが生じ
       た関係で、前年に対し売上が減少しております。
        この結果、売上高は          4,302,569千円       (前年同期比      9.6%減    )、  営業利益は125,514千円           (前年同期は      161,304千円の
       損失  )となりました。
       ③  海外事業

        海外事業は、PT.         Merdis    Internationalを中心として、ASEANでのテレビ通販及び卸売に取り組んでおります。前
       連結会計年度においてJML            Singapore     Pte.   Ltd.から撤退したことにより事業規模は縮小いたしましたが、損失が大
       幅に減少いたしました。PT.             Merdis    Internationalでは、新型コロナウイルス感染症流行により、一部商品供給に
       影響はあったものの、消費者の在宅率向上によりテレビショッピングチャンネル向けの商品卸が堅調に推移いたし
       ました。
        この結果、売上高は          257,980千円      (前年同期比      24.6%減    )、  営業利益は18,545千円          (前年同期は      94,658千円の損
       失 )となりました。
       ④  小売事業

        小売事業は、株式会社日本百貨店の営む「日本百貨店」において、各店舗の収益拡大及び卸売事業の強化に取り
       組んでおります。当第1四半期連結会計期間においては、期初より新型コロナウイルス感染症流行の影響により厳
       しい状況を想定しておりましたが、4月7日の緊急事態宣言を受け、全店舗にて休館や短縮営業を余儀なくされま
       した。こうした中で、コストの抑制に取り組みました。また、経営基盤の整備や不採算店舗からの撤退、新商品開
       発等、収益性改善に向けた取り組みは着実に進捗いたしました。
        この結果、売上高は          175,693千円      (前年同期比      55.8%減    )、  営業損失は41,900千円          (前年同期は      5,212千円の損
       失 )となりました。
       (2 ) 財政状態の状況

       (資産)
        当第1四半期連結会計期間末における総資産は、前連結会計年度末に比べ                                   948,067千円減少        し、  14,532,588千円       と
       なりました。これは主に受取手形及び売掛金が                      208,596千円増加        した一方、     現金及び預金が       903,402千円      、商品が
       95,067千円減少       したこと等によるものであります。
       (負債)

        当第1四半期連結会計期間末における負債の合計は、前連結会計年度末に比べ                                     313,159千円減少        し、8,240,312千
       円となりました。これは主に短期借入金が999,894千円増加した一方、買掛金が101,096千円、長期借入金が
       1,008,606千円減少したこと等によるものであります。
       (純資産)

        当第1四半期連結会計期間末における純資産の合計は、前連結会計年度末に比べ                                      634,907千円減少        し、  6,292,275
       千円  となりました。こ        れは主に親会社株主に帰属する四半期純利益を                      256,848千円      計上した一方      、自己株式を
       539,970千円      取得し、剰余金の配当を190,777千円行ったこと等によるものであります。
                                  4/22







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
       (3 ) 事業上及び財務上の対処すべき課題
        当第1四半期連結累計期間において、新たに発生した事業上及び財務上の対処すべき課題はありません。
        なお、当社は財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針を定めており、その内容等(会社
       法施行規則第118条第3号に掲げる事項)は次のとおりであります。
       ①  基本方針の内容の概要

        当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の企業理念や経営理念、当社企業価値の源泉、
       クライアント等の当社のステークホルダーとの信頼関係を十分に理解し、当社の企業価値ひいては株主共同の利益
       を確保・向上させる者でなければならないと考えております。
        一方で、当社は、金融商品取引所に株式を上場している者として、市場における当社株式の自由な取引を尊重
       し、会社の支配権の移転を伴う特定の者による当社株式の大規模買付等であっても、当社の企業価値ひいては株主
       共同の利益の確保・向上に資するものである限り、これを一概に否定するものではありません。また、当社株式の
       大規模買付提案に応じるかどうかについては、最終的には株主の皆様の決定に委ねられるべきだと考えておりま
       す。
        しかしながら、株式の大規模買付提案の中には、その目的等から見て企業価値ひいては株主共同の利益に対して
       明白な侵害をもたらすおそれのあるもの、株主の皆様に株式の売却を事実上強要するおそれがあるもの、当社の株
       主や取締役会が買付や買収提案の内容等について検討し、当社の取締役会が代替案を提示するために合理的に必要
       な期間・情報を与えないもの、当社の企業価値を十分に反映しているとはいえないもの等もありえます。
        当社は、上記の例を含め当社の企業価値ひいては株主共同の利益を侵害するおそれのある大規模買付等を行う者
       は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であると考えており、このような者による当社株
       式の大規模買付行為に対しては、必要かつ相当な対抗措置を取ることにより、株主の皆様に大規模買付行為に応じ
       るかどうかを検討するための情報・時間を確保するとともに、当社の企業価値ひいては株主の皆様の共同の利益を
       守る必要があると考えております。
       ②  基本方針の実現に資する特別な取り組みの内容の概要

        イ.企業理念及び企業価値の源泉
          当社は、「消費者の喜びは、クライアントの喜びであり、私たちの喜び」を社是とし、ダイレクトマーケティ
         ング支援事業を行っております。
          ダイレクトマーケティングによって商品がより多く消費者に選択されるためには、ダイレクトマーケティング
         を構成するバリューチェーン、すなわち商品開発、事業計画、表現企画、媒体選定、受注、効果分析、情報加
         工、物流・決済、顧客管理の各局面を充実させる必要があります。当社は、クライアントの商品が、消費者から
         選ばれ、より多く売れるために、ダイレクトマーケティングのバリューチェーンの全ての局面におけるソリュー
         ションメニューを有しており、クライアントに合わせてその全部又は一部を提供しています。当社では、これら
         のソリューションメニューの提供を総合的に実施することを「トータルソリューションサービス」と称し、当社
         の事業の特長としております。
          トータルソリューションサービスにおける当社の強みは、データ分析に基づく一括仕入れによる豊富かつ費用
         対効果の高い媒体の調達力、経験と独自の評価・分析に基づく番組・CM制作ノウハウ、複数のコンタクトセン
         ターを一括管理することによる受注管理ノウハウ、各種データ・情報の分析力にあります。
          媒体調達は参入障壁の高い分野ですが、広告代理店出身の創業者による広告代理店やテレビ局との長期的な信
         頼関係と媒体取り扱い経験とデータ分析に基づいた一括仕入れにより、安定的に豊富な媒体を仕入れることを可
         能としております。
          番組・CM制作ノウハウにおいては、豊富な経験のみならず、表現制作物のモニタリングテストを実施し、商品
         の魅力が消費者に伝わるかを定量的に評価する等の独自の評価・分析を行っております。
          受注管理ノウハウにおいては、当社が各コンタクトセンターを一括して取りまとめ、クライアント商品の理解
         を促進させる独自の受電マニュアルを作成し、受注データを基に改善を繰り返すことで受注効率の向上を実現し
         ております。
          データ・情報の分析力においては、多種多様な商品の取り扱い実績及び番組・CM枠の取り扱い実績を保有して
         おり、クライアントに対し効果的なプランを提案しております。また、番組・CM放送後には、受注時の各種デー
         タ等を用いて売り上げ効率を数値化し、分析しております。
          これらの強みは、当社の重要な事業基盤であり、企業価値の源泉となっております。
          また、当社の企業理念に共感して集まり、多岐にわたるサービス内容を熟知して、経験とノウハウを蓄積した
         従業員は当社の重要な経営資源であり、クライアントとの長期的かつ強い信頼関係の源泉となっております。
                                  5/22



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
         ロ.企業価値の向上に資する取り組み
          当社グループは、継続的な企業価値向上のため、市場動向や消費者のニーズを捉え定期的に経営計画を見直し
         ております。2019年4月3日に公表した「中期経営計画ローリングプラン2019」では、「ダイレクトマーケティ
         ングのイノベーション・カンパニー」をビジョンに掲げ、中長期的な成長を目指すべく、ダイレクトデータマー
         ケティング基盤構築、テレビ事業、WEB事業、DM事業を集中領域と定め、経営資源の集中を進めております。
          テレビ事業は、営業体制の強化、クライアントの需要動向に応じた柔軟なメディア仕入、放送予定管理システ
         ムの活用等の業務効率化等により、安定的な売上総利益の創出を図っております。WEB事業は、人員の強化、有
         力なAIツールの提供等により、新規クライアントを開拓し売上拡大を図っております。DM事業は、従来のDM発送
         代行に加え、「ゆうパケット」や「ネコポス」といった郵便ポストに投函できる小型の宅配便への対応を強化し
         ております。
          一方で、海外事業、通販事業及び小売事業については、今後の収益性やグループシナジーを判断軸に見極めを
         行いました。同方針の下、海外事業に属するJML                       Singapore     Pte.   Ltd.については、2019年8月30日付で株式譲
         渡を実施、通販事業に属する株式会社日本ヘルスケアアドバイザーズについては2019年7月3日付で解散し、
         2019年9月1日付で事業譲渡を実施いたしました。
       ③  基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取

         り組みの内容の概要
          基本方針に照らして、不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するため
         の取り組みとして、当社は、2019年5月28日開催の第13期定時株主総会において、当社株式の大規模買付行為に
         関する対応策(以下「本プラン」)を更新いたしました。本プランの概要は以下のとおりです。
          当社の発行する株券等の買付行為を行おうとする者のうち、本プランの対象となる者は、①当該買付者を含む
         株主グループ(以下「大規模買付者グループ」)の議決権割合を25%以上とすることを目的とする買付行為もし
         くはこれに類似する行為を行おうとする者、又は、②当該買付行為の結果、大規模買付者グループの議決権割合
         が25%以上となる買付行為もしくはこれに類似する行為を行おうとする者(以下、①及び②の買付行為又はこれ
         に類似する行為の一方又は双方を「大規模買付行為」、これを行おうとする者を「大規模買付者」)です。
          大規模買付者には、大規模買付行為を開始する前に、当社宛に、大規模買付者の氏名又は名称、住所又は本店
         事務所等の所在地、設立準拠法、代表者の役職及び氏名、国内連絡先、大株主又は大口出資者(所有株式又は出
         資割合上位10名)の概要及び大規模買付行為によって達成しようとする目的の概要を明示し、本プランに定めら
         れた手続を遵守することを約束する旨を記載した書面(以下「意向表明書」)をご提出いただきます。
          当社取締役会は、大規模買付者から提出された意向表明書受領後10営業日以内に、大規模買付者に対し、当社
         取締役会が大規模買付者の大規模買付行為の内容を検討するために必要と考える情報(以下「必要情報」)の提
         供を要請する必要情報リストを交付します。当社取締役会は、大規模買付者から提供された情報が十分ではない
         と認めた場合、大規模買付者に対して、追加的に情報の提供を要求することがあります。当社取締役会は、大規
         模買付者から意向表明書が提出された場合及び必要情報が提供された場合にはその旨を開示します。また、当社
         取締役会が、当社株主の皆様の判断のために必要であると判断した場合には、適切と判断される時期に、必要情
         報の全部又は一部を開示します。
          当社取締役会は、大規模買付者から十分な必要情報の提供を受けた日から起算して60営業日以内の期間(以下
         「分析検討期間」)、必要に応じて外部専門家の助言を受けるなどしながら、提供された必要情報の分析・検討
         を行い、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上の観点から、大規模買付者による大規模買付行為
         の内容の検討等を行うものとします。当社取締役会は、大規模買付者から十分な必要情報の提供を受けたと判断
         した場合には、速やかにその旨及び分析検討期間の満了日を開示します。ただし、当社取締役会は、上記検討を
         行うにあたり必要があると認める場合には、30営業日を上限として分析検討期間を延長することができるものと
         し、その場合には、具体的な延長期間及び延長の理由を開示するものとします。当社取締役会は、これらの検討
         等を通じて、大規模買付行為に関する当社取締役会としての対応方針を取りまとめ、公表します。
          当社取締役会は、分析検討期間中、必要に応じて、大規模買付者と交渉し、あるいは、株主の皆様に対する代
         替案の提示を行うことがあります。また、当社取締役会は、一定の場合には、大規模買付行為に対する対抗措置
         の発動等に関して株主総会を招集する場合があります。
          大規模買付者は、分          析検討期間の経過後(当社取締役会が分析検討期間内に大規模買付行為に対する対抗措置
         の発動等に関して株主総会を招集する旨を決議した場合には、当該株主総会の終結後)にのみ大規模買付行為を
         開始することができるものとします。
          当社取締役会は、分析検討期間が終了しているか否かにかかわらず、大規模買付者による大規模買付行為が当
         社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすおそれがないと判断した場合は、当該大規
         模買付行為について以後本プランを適用せず、また、対抗措置を発動しない旨を直ちに決議し、公表します。
                                  6/22



                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
          大規模買付者が本プランを遵守しなかった場合、当社取締役会は、会社法その他の法律及び当社定款の下で可
         能な対抗措置のうちから、そのときの状況に応じ最も適切と判断した手段を選択し、対抗措置を発動することが
         あります。
          当社取締役会は、大規模買付者が本プランを遵守している場合には、原則として、大規模買付行為に対する対
         抗措置を発動しません。ただし、当該大規模買付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益に対する明白な
         侵害をもたらすおそれがある場合であり、かつ、対抗措置を取ることが相当であると認められる場合には、当社
         取締役会は、前記と同様の対抗措置を発動することがあります。
          当社取締役会は、大規模買付行為に対して対抗措置を発動するか否かの判断の公正性を確保するため、事前
         に、本プランに関して設置する当社の業務執行を行う経営陣から独立した者のみから構成される特別委員会に対
         し、必ず対抗措置の発動の是非等について諮問します。なお、当社取締役会が特別委員会に諮問して答申を受け
         るまでの期間は、取締役会の分析検討期間に含まれるものとします。特別委員会は、当社取締役会からの諮問に
         基づき、必要に応じて外部専門家の助言を受けるなどしながら意見を取りまとめ、当社取締役会に対して対抗措
         置の発動の是非等について勧告します。特別委員会は、勧告に際して、対抗措置の発動に関して予め株主意思の
         確認を得るべき旨の留保を付すことができるものとします。当社取締役会は、この特別委員会による勧告を株主
         の皆様に開示した上で、当該勧告を最大限尊重して、対抗措置の発動に関して決議を行います。
          当社取締役会は、特別委員会が予め株主総会の承認を得るべき旨の留保を付した上、株主総会の承認を得れば
         対抗措置の発動を認める勧告を行った場合には、株主総会を招集し、対抗措置の発動に関する株主の皆様の意思
         を確認します。株主総会を開催する場合には、当社取締役会は、株主総会の決議に従い、対抗措置の発動等に関
         する決議を行うものとします。そのほか、当社取締役会は、大規模買付行為による当社の企業価値ひいては株主
         共同の利益に対する侵害が認められるか否かが問題となっており、かつ、当社取締役会が善管注意義務に照らし
         株主の意思を確認することが適切と判断する場合には、事前に特別委員会に対し、株主総会を招集して株主の意
         思を確認することの是非等について諮問した上で、株主総会を招集し、当該大規模買付行為に関する株主の皆様
         の意思を確認することができるものとします。当社取締役会が特別委員会に諮問して答申を受けるまでの期間
         は、取締役会の分析検討期間に含まれるものとします。当社取締役会は、特別委員会による勧告を株主の皆様に
         開示した上で、当該勧告を最大限尊重して、株主総会の招集に関して決議を行います。なお、特別委員会が対抗
         措置の発動を認めない旨の勧告を行った場合には、原則として、株主総会を招集することはありません。
          当社取締役会が上記の手続に従い対抗措置の発動を決議した後又は発動後においても、①大規模買付者が大規
         模買付行為を中止した場合、又は、②対抗措置を発動するか否かの判断の前提となった事実関係等に変動が生
         じ、かつ、当社の企業価値ひいては株主共同の利益の確保・向上という観点から対抗措置の発動が相当でないと
         考えられる状況に至った場合には、当社取締役会は、特別委員会の勧告に基づき又は勧告の有無にかかわらず、
         対抗措置の中止又は発動の停止を決議するものとします。
          本プランの有効期間は、2019年5月28日開催の当社第13期定時株主総会の終結後3年以内に終了する事業年度
         のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとします。ただし、本プランの有効期間の満了前であっ
         ても、①当社の株主総会において本プランの変更又は廃止の決議がなされた場合、又は、②当社株主総会におい
         て選任された取締役により構成される当社取締役会により本プランの変更又は廃止の決議がなされた場合には、
         本プランは、当該決議に従い、その時点で変更又は廃止されるものとします。
       ④  当社取締役会の判断及び理由

          当社取締役会は、以下の理由から、本プランは、基本方針に沿うものであり、当社株主共同の利益を損なうも
         のではなく、当社の役員の地位の維持を目的とするものではないと考えております。
         イ.買収防衛策に関する指針の要件を充足していること
          本プランは、経済産業省及び法務省が2005年5月27日に発表した企業価値・株主共同の利益の確保又は向上の
         ための買収防衛策に関する指針の定める三原則(企業価値・株主共同の利益の確保・向上の原則、事前開示・株
         主意思の原則、必要性・相当性の原則)を完全に充足しております。また、本プランは、企業価値研究会が2008
         年6月30日に公表した「近時の諸環境の変化をふまえた買収防衛策の在り方」をふまえた内容となっておりま
         す。
         ロ.株主意思を重視するものであること
          本プランの有効期間は、2019年5月28日開催の当社第13期定時株主総会の終結後3年以内に終了する事業年度
         のうち最終のものに関する定時株主総会の終結の時までとし、当該株主総会において、株主の皆様より本プラン
         の更新についてご承認を頂戴した場合に限り、当該株主総会終了後本プランを更新することを予定しておりま
         す。また、当社は、本プランの有効期間の満了前であっても、当社の株主総会又は当社株主総会で選任された取
         締役により構成される取締役会において、本プランを変更又は廃止する旨の決議がなされた場合には、本プラン
         をその時点で変更又は廃止します。その意味で、本プランは、当社株主の皆様の意思に基づくこととなっており
         ます。
                                  7/22


                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
         ハ.独立性の高い社外者の判断の重視と情報開示
          実際に大規模買付者が出現した場合には、当社の業務執行を行う経営陣から独立した者のみにより構成される
         特別委員会によって、当該大規模買付行為が当社の企業価値ひいては株主共同の利益を侵害するか否かなどの実
         質的な判断を行い、当該判断を当社取締役会に最大限尊重させることによって、当社取締役会の恣意的行動を厳
         しく監視するとともに、当該判断の概要については株主の皆様に情報開示することとされており、本プランの透
         明な運用が行われる仕組みが確保されております。
         ニ.合理的な客観的要件の設定
          本プランにおける対抗措置は、本プランに定める合理的かつ客観的な要件が充足される場合でなければ発動さ
         れないように設計されており、当社取締役会による恣意的な発動を防止するための仕組みを確保しているものと
         いえます。
         ホ.デッドハンド型やスローハンド型買収防衛策ではないこと
          本プランは、大規模買付者の指名に基づき当社株主総会において選任された取締役で構成される取締役会によ
         り廃止することができないいわゆるデッドハンド型の買収防衛策ではありません。また、当社取締役の任期は1
         年とされており、期差任期制は採用されていないため、本プランは、いわゆるスローハンド型の買収防衛策では
         ございません。
       (4 ) 研究開発活動

        金額が僅少のため、記載しておりません。なお、当第1四半期連結累計期間において、当社グループの研究開発活
       動の状況に重要な変更はありません。
      3【経営上の重要な契約等】

        当第1四半期連結会計期間において、経営上の重要な契約等の決定又は締結等はありません。
                                  8/22













                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
     第3【提出会社の状況】
      1【株式等の状況】
       (1)【株式の総数等】
        ①【株式の総数】
                  種類                       発行可能株式総数(株)
        普通株式                                          96,000,000

                  計                                96,000,000

        ②【発行済株式】

              第1四半期会計期間末
                                       上場金融商品取引所名又
                          提出日現在発行数(株)
              現在発行数(株)
        種類                               は登録認可金融商品取引                内容
                           (2020年7月15日)
              (2020年5月31日)                         業協会名
                                         東京証券取引所            単元株式数
                  30,517,200             30,517,200
       普通株式
                                         (マザーズ)             100株
                  30,517,200             30,517,200             -           -
        計
       (注)   「 提出  日 現在発行数」欄には、2020年7月1日からこの四半期報告書提出日までの新株予約権の行使により発
         行された株式数は含まれておりません。
       (2)【新株予約権等の状況】

        ①【ストックオプション制度の内容】
          該当事項はありません。
        ②【その他の新株予約権等の状況】

          該当事項はありません。
       (3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

         該当事項はありません。
       (4)【発行済株式総数、資本金等の推移】

                 発行済株式        発行済株式                      資本準備金        資本準備金
                               資本金増減額        資本金残高
         年月日        総数増減数        総数残高                       増減額        残高
                                (千円)       (千円)
                  (株)        (株)                      (千円)        (千円)
      2020年3月1日~

                     -   30,517,200            -     645,547          -     635,547
      2020年5月31日
       (5)【大株主の状況】

         当四半期会計期間は第1四半期会計期間であるため、記載事項はありません                                   。
                                  9/22







                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
       (6)【議決権の状況】
         当第1四半期会計期間末日現在の「議決権の状況」については、株主名簿の記載内容が確認できないため、記
        載することができないことから、直前の基準日(2020年2月29日)に基づく株主名簿による記載をしておりま
        す。
        ①【発行済株式】

                                                   2020年5月31日現在
                            株式数(株)           議決権の数(個)
              区分                                        内容
                                   -            -       -
      無議決権株式
      議決権制限株式(自己株式等)                             -            -       -
      議決権制限株式(その他)                             -            -       -

      完全議決権株式(自己株式等)                          3,263,200               -       -

                         普通株式
      完全議決権株式(その他)                         27,252,000             272,520          -
                         普通株式
                                                  一単元(100株)未満
                                  2,000             -
      単元未満株式                    普通株式
                                                     の株式
                               30,517,200                -       -
      発行済株式総数
                                   -         272,520          -
      総株主の議決権
        ②【自己株式等】

                                                   2020年5月31日現在
                                                    発行済株式総数
                         自己名義所有株         他人名義所有株         所有株式数の合
      所有者の氏名又
                                                    に対する所有株
                所有者の住所
                         式数(株)         式数(株)         計(株)
      は名称
                                                    式数の割合(%)
     株式会社          東京都港区海岸
                           3,263,200             -     3,263,200           10.69
     トライステージ          一丁目2番20号
                   -         3,263,200             -     3,263,200           10.69
         計
      2【役員の状況】

        該当事項はありません。
                                 10/22









                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
     第4【経理の状況】
      1.四半期連結財務諸表の作成方法について
       当社の四半期連結財務諸表は、「四半期連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(2007(平成19)年
      内閣府令第64号)に基づいて作成しております。
      2.監査証明について

       当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、第1四半期連結会計期間(2020年3月1日から2020年
      5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表に
      ついて、EY新日本有限責任監査法人による四半期レビューを受けております。
                                 11/22

















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
      1【四半期連結財務諸表】
       (1)【四半期連結貸借対照表】
                                                   (単位:千円)
                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2020年2月29日)              (2020年5月31日)
      資産の部
       流動資産
                                       6,348,597              5,445,195
         現金及び預金
                                       6,601,503              6,810,100
         受取手形及び売掛金
                                        279,027              183,959
         商品
                                         2,824              1,470
         仕掛品
                                         6,315              6,453
         貯蔵品
                                        295,292              308,214
         その他
                                       △ 104,324              △ 76,160
         貸倒引当金
                                       13,429,235              12,679,232
         流動資産合計
       固定資産
                                        377,255              354,689
         有形固定資産
         無形固定資産
                                        338,662              322,006
          のれん
                                        239,549              239,337
          その他
          無形固定資産合計                              578,211              561,344
         投資その他の資産
                                        335,724              299,697
          投資有価証券
                                       1,096,924               929,269
          その他
                                       △ 336,695             △ 291,644
          貸倒引当金
                                       1,095,952               937,321
          投資その他の資産合計
                                       2,051,419              1,853,355
         固定資産合計
                                       15,480,655              14,532,588
       資産合計
      負債の部
       流動負債
                                       3,977,875              3,876,778
         買掛金
                                        ※ 570,374             ※ 1,570,269
         短期借入金
                                         57,902               3,213
         未払法人税等
                                         7,005              70,387
         賞与引当金
                                         1,700                -
         役員賞与引当金
                                         3,890              3,904
         その他の引当金
                                        665,240              455,366
         その他
         流動負債合計                               5,283,988              5,979,919
       固定負債
                                       2,945,317              1,936,711
         長期借入金
                                        114,799              114,698
         退職給付に係る負債
                                        106,446              110,797
         資産除去債務
                                        102,920               98,185
         その他
                                       3,269,483              2,260,393
         固定負債合計
                                       8,553,472              8,240,312
       負債合計
                                 12/22






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
                                                   (単位:千円)

                                  前連結会計年度            当第1四半期連結会計期間
                                 (2020年2月29日)              (2020年5月31日)
      純資産の部
       株主資本
                                        645,547              645,547
         資本金
                                        744,808              735,426
         資本剰余金
                                       6,557,325              6,623,396
         利益剰余金
                                      △ 1,297,807             △ 1,837,778
         自己株式
                                       6,649,873              6,166,592
         株主資本合計
       その他の包括利益累計額
                                         1,044               100
         その他有価証券評価差額金
                                         51,966             △ 44,820
         為替換算調整勘定
                                         53,010             △ 44,719
         その他の包括利益累計額合計
       新株予約権                                  36,837              30,627
                                        187,460              139,775
       非支配株主持分
                                       6,927,182              6,292,275
       純資産合計
      負債純資産合計                                 15,480,655              14,532,588
                                 13/22














                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
       (2)【四半期連結損益計算書及び四半期連結包括利益計算書】
        【四半期連結損益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年3月1日              (自 2020年3月1日
                                 至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
      売上高                                 13,269,431              11,629,422
                                       11,724,119              10,311,671
      売上原価
                                       1,545,312              1,317,750
      売上総利益
                                         26,016                -
      返品調整引当金繰入額
                                       1,519,295              1,317,750
      差引売上総利益
                                       1,674,644               957,402
      販売費及び一般管理費
      営業利益又は営業損失(△)                                  △ 155,348              360,348
      営業外収益
                                         2,188              1,407
       受取利息
                                           -             9,828
       為替差益
                                         1,311                -
       助成金収入
                                           678             1,133
       その他
                                         4,179              12,369
       営業外収益合計
      営業外費用
                                         5,423              6,141
       支払利息
                                         2,619              9,143
       持分法による投資損失
                                         46,390                -
       開業費償却
                                         4,777                15
       その他
                                         59,211              15,299
       営業外費用合計
      経常利益又は経常損失(△)                                  △ 210,380              357,418
      特別利益
                                         1,800              6,897
       新株予約権戻入益
                                         1,800              6,897
       特別利益合計
      特別損失
                                           -              177
       固定資産売却損
                                           -             1,652
       リース解約損
                                           -             1,829
       特別損失合計
      税金等調整前四半期純利益又は税金等調整前四半期
                                       △ 208,579              362,486
      純損失(△)
      法人税、住民税及び事業税                                   74,961              59,468
                                           -           △ 78,693
      法人税等還付税額
                                        △ 61,639              118,801
      法人税等調整額
                                         13,321              99,576
      法人税等合計
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 221,901              262,909
      非支配株主に帰属する四半期純利益又は非支配株主
                                        △ 4,290              6,061
      に帰属する四半期純損失(△)
      親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社株主
                                       △ 217,610              256,848
      に帰属する四半期純損失(△)
                                 14/22






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
        【四半期連結包括利益計算書】
         【第1四半期連結累計期間】
                                                   (単位:千円)
                               前第1四半期連結累計期間              当第1四半期連結累計期間
                                (自 2019年3月1日              (自 2020年3月1日
                                 至 2019年5月31日)               至 2020年5月31日)
      四半期純利益又は四半期純損失(△)                                  △ 221,901              262,909
      その他の包括利益
                                           93              174
       その他有価証券評価差額金
                                         3,360             △ 96,397
       為替換算調整勘定
                                         11,347             △ 27,150
       持分法適用会社に対する持分相当額
                                         14,801             △ 123,372
       その他の包括利益合計
                                       △ 207,099              139,536
      四半期包括利益
      (内訳)
                                       △ 204,403              159,118
       親会社株主に係る四半期包括利益
                                        △ 2,696             △ 19,581
       非支配株主に係る四半期包括利益
                                 15/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
       【注記事項】
        (追加情報)
        (新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う会計上の見積りについて)
         新型コロナウイルス感染症の拡大による経済活動の停滞が世界経済及び国内経済に与える影響が懸念され、先行
        きは不透明な状況にあります。
         当社グループでは、一部の連結子会社で店舗の休業や短縮営業等が発生、また、一部クライアント企業が広告出
        稿を抑制するなど一定の影響は出ておりますが、下期以降に一定程度状況が改善されると見込んでおり、それに従
        い、固定資産の減損及び繰延税金資産の回収可能性等の会計上の見積りを行っております。
        (連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用)

         当社及び一部の国内連結子会社は、「所得税法等の一部を改正する法律                                  」(令和2年法律第8号)            において創設
        されたグループ通算制度への移行及びグループ通算制度への移行にあわせて単体納税制度の見直しが行われた項目
        については、「連結納税制度からグループ通算制度への移行に係る税効果会計の適用に関する取扱い」(実務対応
        報告第39号 2020(令和2)年3月31日)第3項の取扱いにより、「税効果会計に係る会計基準の適用指針」(企
        業会計基準適用指針第28号 2018(平成30)年2月16日)第44項の定めを適用せず、繰延税金資産及び繰延税金負
        債の額について、改正前の税法の規定に基づいております。
        (四半期連結貸借対照表関係)

        ※ 当座貸越契約
         当社及び一部の連結子会社は、運転資金の効率的な調達を行うため、金融機関7行と当座貸越契約を締結してお
        ります。これらの契約に基づく前連結会計年度末及び当第1四半期連結会計期間末における当座貸越契約に係る借
        入未実行残高は次のとおりであります。
         (円建て)
                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (2020年2月29日)                  (2020年5月31日)
         当座貸越極度額
                                   6,700,000千円                  6,700,000千円
         借入実行残高                           460,000                  460,000
               差引額                    6,240,000                  6,240,000
         (米ドル建て)

                              前連結会計年度               当第1四半期連結会計期間
                             (2020年2月29日)                  (2020年5月31日)
         当座貸越極度額
                                    6,000千ドル                  6,000千ドル
         借入実行残高                            660                  660
               差引額                     5,339                  5,339
        (四半期連結キャッシュ・フロー計算書関係)

         当第1四半期連結累計期間に係る四半期連結キャッシュ・フロー計算書は作成しておりません。なお、第1四半
        期連結累計期間に係る減価償却費(のれんを除く無形固定資産に係る償却費を含む。)及びのれんの償却額は、次
        のとおりであります。
                           前第1四半期連結累計期間                  当第1四半期連結累計期間
                            (自    2019年3月1日               (自    2020年3月1日
                             至   2019年5月31日)                至   2020年5月31日)
         減価償却費
                                    34,022千円                  35,916千円
         のれんの償却額
                                    21,519                  16,655
                                 16/22





                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
        (株主資本等関係)
         Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自                2019年3月1日         至   2019年5月31日)
            配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)       配当額(円)
     2019年5月28日
               普通株式        193,639          7   2019年2月28日          2019年5月29日         利益剰余金
     定時株主総会
         Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自                2020年3月1日         至   2020年5月31日)

            配当金支払額
                     配当金の総額        1株当たり
         決議      株式の種類                       基準日        効力発生日        配当の原資
                      (千円)       配当額(円)
     2020年5月26日
               普通株式        190,777          7   2020年2月29日          2020年5月27日         利益剰余金
     定時株主総会
                                 17/22
















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
        (セグメント情報等)
         【セグメント情報】
      Ⅰ   前第1四半期連結累計期間(自 2019年3月1日 至 2019年5月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                                    (単位:千円)
                                    報告セグメント
                      ダイレクト
                     マーケティング          DM事業       海外事業       通販事業       小売事業
                       支援事業
      売上高
       外部顧客への売上高                7,681,274       4,757,766        342,224        90,889       397,276
       セグメント間の内部売上高
                         36,044        7,050         21       -       713
       又は振替高
                        7,717,319       4,764,816        342,246        90,889       397,989
             計
      セグメント利益又は損失(△)                  127,765      △ 161,304       △ 94,658      △ 22,516       △ 5,212
                                     (単位:千円)

                                    四半期連結損益
                               調整額
                                     計算書計上額
                        合計
                              (注)1
                                      (注)2
      売上高
                       13,269,431            -   13,269,431
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                         43,830      △ 43,830          -
       又は振替高
                       13,313,261        △ 43,830     13,269,431
             計
      セグメント利益又は損失(△)                 △ 155,927          578    △ 155,348
        (注)1   .セグメント利益又は損失の調整額は、主にセグメント間取引消去によるもので                                     あります。
          2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業損失と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
         該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

         該当事項はありません。
       (重要な負ののれん発生益)

         該当事項はありません。
                                 18/22








                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
      Ⅱ   当第1四半期連結累計期間(自 2020年3月1日 至 2020年5月31日)
       1.報告セグメントごとの売上高及び利益又は損失の金額に関する情報
                                             (単位:千円)
                                 報告セグメント
                      ダイレクト
                     マーケティング          DM事業       海外事業       小売事業
                       支援事業
      売上高
                        6,893,179       4,302,569        257,980       175,693
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                           -     12,209          -       17
       又は振替高
                        6,893,179       4,314,778        257,980       175,710
             計
      セグメント利益又は損失(△)                  257,534       125,514        18,545      △ 41,900
                                     (単位:千円)

                                    四半期連結損益
                               調整額
                                     計算書計上額
                        合計
                              (注)1
                                      (注)2
      売上高
                       11,629,422            -   11,629,422
       外部顧客への売上高
       セグメント間の内部売上高
                         12,227      △ 12,227          -
       又は振替高
                       11,641,649        △ 12,227     11,629,422
             計
      セグメント利益又は損失(△)                  359,695          653     360,348
        (注)1   .セグメント利益又は損失の調整額は、主にセグメント間取引消去によるもので                                     あります。
          2.セグメント利益又は損失は、四半期連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。
       2.報告セグメントごとの固定資産の減損損失又はのれん等に関する情報

       (固定資産に係る重要な減損損失)
         該当事項はありません。
       (のれんの金額の重要な変動)

         該当事項はありません。
       (重要な負ののれん発生益)

         該当事項はありません。
       3.報告セグメントの変更等に関する事項

         前連結会計年度において、当社の連結子会社である日本ヘルスケアアドバイザーズの清算が結了し、通販事業
        から撤退したことから、当第1四半期連結会計期間より、「通販事業」セグメントを廃止しております。
         また、当第1四半期連結会計期間より、「その他」に含まれていた「小売事業」について量的な重要性が増し
        たため、報告セグメントとして記載する方法に変更しております。
         なお、前第1四半期連結累計期間のセグメント情報は、変更後の報告セグメントの区分に基づき作成したもの
        を開示しております。
                                 19/22






                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
        (1株当たり情報)
         1株当たり四半期純利益又は             1株当たり四半期純損失及            び算定上の基礎は。         次のとおりであります。
                               前第1四半期連結累計期間               当第1四半期連結累計期間
                                (自    2019年3月1日            (自    2020年3月1日
                                 至   2019年5月31日)             至   2020年5月31日)
     1株当たり四半期純利益又は
                                      △7円92銭                 9円70銭
     1株当たり四半期純損失(△)
      (算定上の基礎)
       親会社株主に帰属する四半期純利益又は親会社
                                      △217,610                 256,848
       株主に帰属する四半期純損失(△)(千円)
       普通株主に帰属しない金額(千円)                                  -               -
       普通株式に係る親会社株主に帰属する四半期純
       利益又は親会社株主に帰属する四半期純損失
                                      △217,610                 256,848
       (△)(千円)
       普通株式の期中平均株式数(株)                              27,473,338               26,490,461
     希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当
     たり四半期純利益の算定に含めなかった潜在株式
                                          -               -
     で、前連結会計年度末から重要な変動があったもの
     の概要
      (注)前第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの1
        株当たり四半期純損失であるため記載しておりません。また、当第1四半期連結累計期間の潜在株式調整後1株
        当たり四半期純利益については、潜在株式は存在するものの希薄化効果を有しないため記載しておりません。
      2【その他】

        該当事項はありません。
                                 20/22












                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
     第二部【提出会社の保証会社等の情報】
       該当事項はありません。
                                 21/22




















                                                           EDINET提出書類
                                                     株式会社トライステージ(E21322)
                                                             四半期報告書
                       独立監査人の四半期レビュー報告書
                                                      2020年7月15日

     株式会社トライステージ

      取締役会       御中

                            EY新日本有限責任監査法人

                            指定有限責任社員

                                      公認会計士
                                              吉田     亮一      印
                            業務執行社員
                            指定有限責任社員

                                      公認会計士        石井        誠     印
                            業務執行社員
      当監査法人は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、「経理の状況」に掲げられている株式会社トライ

     ステージの2020年3月1日から2021年2月28日までの連結会計年度の第1四半期連結会計期間(2020年3月1日から2020
     年5月31日まで)及び第1四半期連結累計期間(2020年3月1日から2020年5月31日まで)に係る四半期連結財務諸表、
     すなわち、四半期連結貸借対照表、四半期連結損益計算書、四半期連結包括利益計算書及び注記について四半期レビュー
     を行った。
     四半期連結財務諸表に対する経営者の責任

      経営者の責任は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して四半期連結財
     務諸表を作成し適正に表示することにある。これには、不正又は誤謬による重要な虚偽表示のない四半期連結財務諸表を
     作成し適正に表示するために経営者が必要と判断した内部統制を整備及び運用することが含まれる。
     監査人の責任

      当監査法人の責任は、当監査法人が実施した四半期レビューに基づいて、独立の立場から四半期連結財務諸表に対する
     結論を表明することにある。当監査法人は、我が国において一般に公正妥当と認められる四半期レビューの基準に準拠し
     て四半期レビューを行った。
      四半期レビューにおいては、主として経営者、財務及び会計に関する事項に責任を有する者等に対して実施される質
     問、分析的手続その他の四半期レビュー手続が実施される。四半期レビュー手続は、我が国において一般に公正妥当と認
     められる監査の基準に準拠して実施される年度の財務諸表の監査に比べて限定された手続である。
      当監査法人は、結論の表明の基礎となる証拠を入手したと判断している。
     監査人の結論

      当監査法人が実施した四半期レビューにおいて、上記の四半期連結財務諸表が、我が国において一般に公正妥当と認め
     られる四半期連結財務諸表の作成基準に準拠して、株式会社トライステージ及び連結子会社の2020年5月31日現在の財政
     状態及び同日をもって終了する第1四半期連結累計期間の経営成績を適正に表示していないと信じさせる事項がすべての
     重要な点において認められなかった。
     利害関係

      会社と当監査法人又は業務執行社員との間には、公認会計士法の規定により記載すべき利害関係はない。
                                                        以   上

      (注)1.上記は四半期レビュー報告書の原本に記載された事項を電子化したものであり、その原本は当社(四半期報

           告書提出会社)が別途保管しております。
         2.XBRLデータは四半期レビューの対象には含まれていません。
                                 22/22



PDFをダウンロード

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

書類提出日で検索

今日注目の企業・投資家

お知らせ

2022年4月25日

社名の変更履歴が表示されるようになりました

2020年12月21日

新規上場の通知機能を追加しました。Myページにて通知の設定が行えます。

2020年9月22日

企業・投資家の個別ページに掲載情報を追加しました。また、併せて細かい改修を行いました。

2019年3月22日

2019年4月より、5年より前の報告書については登録会員さまのみへのご提供と変更させていただきます。

2017年10月31日

キーワードに関する報告書の検出処理を改善いたしました。これまで表示されていなかった一部の報告書にも「増加」「減少」が表示されるようになっりました。

2017年2月12日

キーワードに関する報告書のRSS配信を開始いたしました。

2017年1月23日

キーワードに関する報告書が一覧で閲覧できるようになりました。

スポンサーリンク